取扱説明書 ロードバイク

取扱説明書 ロードバイク
PURE CYCLING
取扱説明書 ロードバイク
1
13
14
2
3
4
5
15
16
17
a
c
b
18
e
6
7
8
d
9
19
20
21
22
23
24
25
10
11
12
重要!
組立方法は12頁/初めて乗車する前に必ず4~11頁をお読みください。
!
お客様がお買い上げになった自転車および本取扱説明書は、EN ISO 規格 4210:2014 の
安全基準に適合しています。
目次
各部品の名称
1
フレーム:
a トップチューブ
b ダウンチューブ
c シートチューブ
d チェーンステイ
e シートステイ
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
サドル
シートポスト
シートポストクランプ
リアブレーキ
スプロケット
フロントディレイラー
リアディレイラー
チェーン
チェーンリング
クランクセット
ペダル
13
14
15
16
17
18
19
ステム
ハンドル
ブレーキ ・ シフトレバー
ステアリングヘッド
フロントブレーキ
フォーク
ドロップアウト
20
21
22
23
24
25
ホイール:
クイックリリース
リム
スポーク
タイヤ
ハブ
バルブ
本取扱説明書について
下記のマークには特別な意味がありますのでご注意ください。
それぞれのマークは、次のような危険を表して
います。危険性についての説明がなくてもこの
マークを見たら必ず注意が必要です。
このマークは、指示に従って行動しな
かったり、
適切な予防対策をとらなかっ
たりした場合に、生命や健康に対する危険
が生じる可能性があることを意味します。
このマークは、不適切な行動により、
! 物を破損したり、環境に害を与たりす
る恐れがあることを意味します。
このマークは、製品の取扱や取扱説
i 明書の各項目に関する、特に注意の
必要な情報であることを意味します。
2
4
7
10
12
34
35
35
ご挨拶
意図される使用
初めて乗車する前に
乗車前に必ず確認
BikeGuard から取り出して組み立てる
Canyon ロードバイクの梱包
クイックリリースとスルーアクスルの取り扱い
クイックリリースでホイールを確実に固
定するには
37 スルーアクスルでホイールを確実に固
定するには
38 アクセサリの取付や改造を行う際の注意事
項
39 カーボン素材の注意事項
40 カーボンホイールに関する注意事項
41 手入れについて
42 トライアスロン / タイムトライアルバイク・ト
ラックレーサーに関する注意事項
44 転倒してしまったら
46 フレームセット組み立てに関する注意事項
技術仕様
51 Canyon ロードバイクの身体に合わせたフィッ
ティング
52 適正なサドルの高さ
54 適正なハンドルの高さ
55 Aheadset® ステム / スレッドレス式
57 I-LOCK システム
59 サドル・ハンドル間距離とサドルの調整
60 サドルの位置と角度の修正
63 ハンドルとブレーキレバーの調整
63 ハンドルを回転させて位置を調整
65 ブレーキレバーの握り幅調整
66 ペダル
66 さまざまなタイプのペダルの仕組み
68 調整と整備
69 ブレーキ
70 ロードバイク用リムブレーキ
70
仕組みと摩耗
71
点検と微調整
71
ブレーキの点検
71
ブレーキシューの高さ調整
72
微調整とセンタリング
73
シクロクロスバイクの機械式および油圧
式ディスクブレーキ
73
仕組みと摩耗
74
握り幅の調整
74
機械式ディスクブレーキの点検と補正
75
油圧式ディスクブレーキの点検と補正
77 変速機
78 仕組みと操作
80 変速機の点検と微調整
80 リアディレイラー
81 ディレイラー可動範囲の調整
83 フロントディレイラー
84 シマノ Di2
86 チェーンの手入れ
87 チェーンの劣化
88 1 速式自転車(シングルスピード)のチェー
ンの張り調整
89 ホイール ― タイヤ・チューブ・空気圧
92 リムの真円度・スポークテンション
93 パンクの修理
93 車輪の取り外し
94 クリンチャータイヤの取り外し
95 クリンチャータイヤの取り付け
97 チューブラータイヤの取り外し
97 チューブラータイヤの取り付け
101 車輪の取り付け
102 ステアリングヘッド
102 点検と微調整
103 Aheadset® ステアリングヘッド
104 I-LOCK システムステアリングヘッド
106Canyon バイクの搬送
108手入れと点検についての一般的注意事項
108 Canyon の洗車と手入れ
110 Canyon の置き場所と保管
111 整備と点検
113 点検・整備頻度
115 推奨締め付けトルク
118 法律で定められた要件
119 瑕疵担保責任
121 保証
122 クラッシュリプレースメント
2 ご挨拶
CANYON の製品をお買い上げ頂きましてまこと
にありがとうございます。
この説明書では、お買い上げになった Canyon
のロードバイク取り扱いに関するヒントや、自転
車の仕組みと整備および手入れなどについて
役立つ情報を盛りだくさんにご紹介してありま
す。この説明書を最後までよく読んでください。
自転車には子供の頃から乗っているのでもう慣
れているという方も、きっと役に立つ情報があり
ます。最近の自転車の進歩は、めざましいもの
があるからです。
お買い上げになった Canyon を心ゆきなくお楽
しみいただけるよう、またご自分の安全のため
にも、本説明書のプリント版を最後までよくお読
みの上、以下の事項をお守りください。
▲
「BikeGuard
から取り出して組み立てる」の項
にある組立方法の解説通りに作業すること
▲
「初めて乗車する前に」の項にある注意事項
を守ること
▲
「意図される使用」
の項を読んで、お買い上げ
になったロードバイクがどのような用途のため
のものか、
また許容総重量(ライダー体重・ウェ
ア・携行品)がどれくらいかを確認する
▲乗 車する前には必ず最低限の機能点検を行
うこと。機能点検の方法については、本説明
書の「乗車前に必ず確認」の項をご覧くださ
い。
この点検で少しでも問題があった場合には、
絶対に自転車に乗らないでください。
本説明書に添付されているデジタルメディアに
は、各種の整備および修理作業の詳しい解説
があります。該当する作業を行う場合には、記
載されている方法や注意事項がこの Canyon
ロードバイクのみに関するもので、他の自転車
には適用できない点に常にご留意願います。多
数の異なる仕様が存在し、モデルチェンジも頻
繁に行われるため、記載されている作業内容
が完全なものでない可能性があります。そのた
め、弊社のサプライヤーであるそれぞれのパー
ツメーカーの取扱説明書が BikeGuard に入っ
ていますので、必ずこちらに目を通してください。
ご挨拶 3
記載されている解説やヒントは、作業を実施す
る人の経験や手先の器用さ、また使用する工
具などによっては、
さらなる補足が必要であった
り、他にも(特殊)工具や、記載されていない手
順が必要となる可能性がありますので、ご注意
ください。
弊社の公式ホームページ www.canyon.com
には、簡単な修理や整備の作業を説明する動
画も多数掲載されていますのでご利用くださ
い。ご自分の安全のためにも、無理な作業はし
ないようにしてください。自信がなかったり、疑
問がある場合には、弊社のホットライン 0503786-8496 までお問い合わせください。
以下の点にご注意ください。この説明書だけ
で、自転車整備士の技能を習得することはでき
ません。さまざまな自転車と各種コンポーネン
トの無数にある組合せを、一冊の説明書で網
羅することはできません。そのため本説明書で
は、お買い上げになった自転車と一般的なパー
ツのみについて、最も重要性の高い注意事項
や警告事項を示してあります。またこの説明書
は、Canyon のフレームセットから自転車を完全
に自作するためのものでもありません。
この説明書を読んでも、自転車の乗り方を覚え
ることはできません。よって本説明書には、お買
い上げになった自転車の説明と、最も重要性の
高い注意事項や警告事項のみが掲載されてい
ます。ただし本説明書で、自転車の乗り方や交
通規則を学ぶことはできません。
自転車に乗る時には、その行為には危険が伴う
こと、また、自転車に乗る者が責任を持って自分
の自転車をコントロールしなくてはならないこと
を忘れてはいけません。
自転車での走行も、負傷の可能性のあるスポー
ツであることには変わりありません。自転車乗車
時には、そのような危険があることを認識し、承
知の上で乗車する必要があります。
自転車には、自動車のボディやエアーバッグのよ
うな安全装置がないということをお忘れなく。
ですから、走行時には常に注意を怠らないよう
にして、人に迷惑をかけないようにしましょう。
薬品や麻薬服用時および飲酒時、また疲労時
の走行は厳禁です。二人乗りや手放し運転も禁
止です。 最後に皆さんにいくつかお願いがあります。自
転車に乗る時には、ほかの人に危険が及ばな
いように注意してください。必ず適切な装備で
自転車に乗りましょう。自分のサイズに合った自
転車用ヘルメットやサイクリング用眼鏡、しっかり
とした靴、自転車に適した目を引く明るい色の
ウェアなどが最低限必要です。
ロードを走る
Canyon バイクで最高の自転車ライフをお楽し
みください。 チーム一同
本書は、自転車をパーツから組んだり、修理し
たりするための解説書ではありません。技術仕
様の一部が、本取扱説明書に記載の内容およ
び写真とは異なることがあります。本取扱説明
書は、EN ISO 規格 4210:2014 の基準に適合
しています。本説明書には欧州法が適用されま
す。
ヘルメットとメガネは常時着用
自転車を配送する場合は、参考となる各種の適
切な説明書を製造者が添付する必要がありま
す。参考となる各種の説明書は www.canyon.com
にも掲載されていますのでご確認ください。
文、コンセプト、写真、制作:
Zedler – Institut für Fahrradtechnik
und -Sicherheit GmbH
www.zedler.de
更新:2015 年 7 月,第 3 版
© 著者の書面による事前の承認なき転載 ・ 複
製、
翻訳は、
それが一部または電子メディアであっ
ても、その他の形での使用と同様に固くお断り
します。
弊 社ホームページ www.canyon.com
i にも是非お越しください。ニュースや
お知らせ、役に立つヒントや販売代理店に関
する情報が掲載されています。
ご自分の安全のためにも、無理な組
! 立や調整作業はしないようにしてくだ
さい。確信が持てない場合には、
弊社のホッ
トライン 050-3786-8496 まで。
E メール:[email protected]
4 意図される使用
意図される使用
さまざまなタイプの自転車の用途を定義するために、弊社の自転車はいつくかのカテゴリーに分類
されています。このような分類を行う目的は、すでに自転車開発の段階でそれぞれの負荷に合わせ
たテスト要件を規定することで、完成した製品をお客様が使用する際に最大限の安全性を確保す
ることにあります。
これはすなわち、意図される使用の範囲を超えて自転車を使用しないことが極めて重要であること
を意味し、そうしないとその自転車の負荷限度を超えフレームやその他のコンポーネントが破損す
る可能性があります。その結果、重大な転倒事故につながる恐れがあります。
ライダーの携行品を含めた最大重量は 120 kg までです。この許容最大重量は、使用されているコ
ンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに制限されることがあります。
お客様の自転車がどのカテゴリーに属するかは、フレームに表示されている以下のマークを見れば
わかります。自分の自転車のカテゴリーがよくわからない場合には、弊社のサービスセンターにご遠
慮なくお問い合わせください。
条件 0
このカテゴリーは子供用自転車を対象としてい
ます。子供が崖や階段、プールの近くや、自動車
が通る道路で自転車に乗らないようにしてくだ
さい。このカテゴリーの自転車はタイヤサイズが
12 ~ 24 インチのものが一般的です。
条件 1
このカテゴリーの自転車は、舗装された道を走行す
るために設計されており、車輪が常に路面に接して
いる状態にあります。主にロードバイクで、ドロップハ
ンドルやストレートハンドルを備えたものがあり、ト
ライアスロンバイクやタイムトライアルバイクなども含
まれます。ライダーの携行品を含めた最大重量は
120 kg まで。この許容最大重量は、使用されている
コンポーネントのメーカーの推奨値によって、さらに
制限されることがあります。
このカテゴリーの特殊な例としては、シクロクロスバイ
クとして販売されている自転車があり、ドロップハンド
ルを備え、
カンチレバーブレーキまたはディスクブレー
キが装備されています。このタイプの自転車は、砂利
道やオフロードコースでの走行にも適しており、15 ~
20 cm 程度の低い段差によってタイヤが一時的に地
表から離れることがあります。
意図される使用 5
条件 2
カテゴリー 2 の自転車は、固い路面用に設計
されており、車輪が常に路面に接している状態
にあります。このタイプの自転車は市街地の移
動用で、主に公道や自転車の走行が認められ
た一般道などのために設計されています。この
カテゴリーには、アーバンバイクやシティバイク、
トレッキングバイクなどが含まれます。
ライダーの携行品を含めた最大重量は 120 kg
まで。この許容最大重量は、使用されているコ
ンポーネントのメーカーの推奨値によって、さら
に制限されることがあります。
条件 3
このカテゴリーには、カテゴリー 1 および 2 の自
転車と、さらにラフな地ならしされていない路面
の走行に適した自転車が含まれます。散発的な
ジャンプも、最高 60 cm までの高さについては
該当する自転車の使用範囲内です。ただし、こ
の程度の高さのジャンプであっても、未熟なラ
イダーはスムーズに着地できない可能性があり、
作用する力が増大して、損傷や負傷につながる
ことがあります。MTB のハードテイルや、フルサ
スペンションでもストロークの短いタイプのもの
はこのカテゴリーです。
条件 4
このカテゴリーにはカテゴリー 1 ~ 3 の自転車
が含まれます。それに加え、非常にラフで凸凹
もある路面で傾斜がきつく、それに伴う高速走
行に適した自転車を含みます。
熟練したライダー
が頻繁に軽いジャンプをしてもこのカテゴリー
の自転車では問題ありません。ただし、
このカテ
ゴリーの自転車を、頻繁かつ長期的に、ノース
ショアコースやバイクパークで使用することは避
けてください。このカテゴリーの自転車は、負荷
が大きいため、使用の度に損傷がないかどうか
点検してください。
フルサスペンションのバイクで、
ミドルストロークのものがこのカテゴリーの代表
格です。
6 意図される使用
初めて乗車する前に 7
初めて乗車する
前に
条件 5
この用途は、非常に難易度が高く、激しい凸凹
のある急傾斜の地形で、技術的に習熟した、
ト
レーニング状態が非常に良好なライダーのみ
が走りこなすことのできるコースを対象としてい
ます。高速走行中に高いジャンプをしたり、専用
のバイクパークやダウンヒルコースを集中的に
利用するのが、このカテゴリーの特徴です。この
タイプの自転車では、使用後には必ず損傷が
ないかどうかを徹底的に点検する必要がありま
す。損傷のある状態で再び使用すると、それほ
ど負荷が大きくなくても部品が折れたりする可
能性があります。また、安全に係わるコンポーネ
ントを定期的に交換することも大切です。特殊
なプロテクターを必ず装着することを推奨しま
す。
フルサスペンションのバイクでロングストロー
クのもののほか、ダートバイクもこのカテゴリー
の代表的なものです。
!
チャイルドシートの使用は一切認めら
れていません。
!
チャイルドトレーラーの牽引は一切認
められていません。
1.ロードやタイムトライアル、
トライアスロンなど
のバイク、
トラックレーサーに乗った経験があ
りますか?このような自転車はスポーツ器具
であり、乗りこなすには慣れや訓練が必要で
す。まず人通りの少ない場所で新しい自転車
に慣れてから、徐々にその走行性を試してみ
るようにしましょう。テクニック講座に参加しま
しょう。詳しくは www.canyon.com をご覧く
ださい。
2.ブレーキの操作がいつもと違いませんか?通
常 Canyon の自転車は、前輪のブレーキを
左側のブレーキレバーで操作する仕様で出
荷されます。フロントブレーキを慣れているい
つものブレーキレバーで操作できるかどうか
を確認してください。慣れているレバーではな
い場合には、新しい配置に慣れるまで徹底
的に練習する必要があります。そうしないと、
誤って前輪のブレーキをかけてしまい、転倒
事故につながる恐れがあります。どうしてもブ
レーキの配置を変更したい場合には、専門
店で改造してもらってください。
新型のブレーキの制動力は、これまでお乗り
になっていた自転車のブレーキよりもはるか
に強力である可能性があります。あらかじめ
車の通らない所で、ブレーキを試してみてく
ださい。ブレーキを徐々に強く引いてみて、減
速が最大になるまで試してみましょう。ブレー
キに関する詳細は「ブレーキ」の項をご覧く
ださい。
荷台を取り付けることはできません。
! 荷物を運びたい場合には、専用のサ
イクリング用リュックサックを使用するのが唯
一の方法です。
常に最新情報満載の弊社のウェブサ
イト www.canyon.com もご確認くだ
さい。ウェブサイトには、モデルごとに用途範
囲が図でも分かりやすく表示されています。
i
Speedmax CF SLX をお買い上げに
i なったお客様は、Speedmax の取扱
説明書も必ずご覧ください。
固定式のホームトレーナーで Canyon ロードバイクを使
用しないでください
Canyon ロードバイクをホームトレー
! ナーで使用する場合には、三本ロー
ラータイプ(ブレーキ無しのホームトレー
ナー)のみを使ってください。固定式のホー
ムトレーナーで Canyon ロードバイクを使用
しないでください。
3.変速機のタイプとその仕組みを理解していま
すか?人通りの少ない場所で変速機に慣れる
ようにしましょう。フロントとリアのギアを同時
に切り替えないことと、ギアチェンジ中は力を
入れてペダルを踏まないないように注意してく
ださい。変速機に関する詳細は「変速機」の
項をご覧ください。
フルブレーキングしたところ。真似しないでください
ブレーキレバーの配置は国により異
なることがありますのでご注意くださ
い。どのブレーキがどのレバーで動作するか
を確認しましょう。慣れている配置と異なる
場合には、改造してもらうこともできます。
外装変速機(ディレイラー)
エアロバー(トライアスロン用ハンド
ル)を握って走行していると、他の握り
位置よりもブレーキレバーまでの距離が遠く
なります。したがって、停止するまでの距離も
長くなります。常に危険の予測に努め、停止
するまでの距離が長くなることを計算に入れ
て走りましょう。
8 初めて乗車する前に
4.適切なフレームサイズで、サドルとハンドルが
適正な位置になっていますか?
トップチューブ
をまたいでみて、股下に指 2 本から 3 本程度
のスペースがあるかどうか確認してください。
十分な余裕がない場合には、弊社ホットライ
ン 050-3786-8496 までご連絡ください。フ
レームが大きすぎると、不意に下車しなくて
はならなくなった場合に怪我をする恐れがあ
ります。
ペダルが一番低い位置にある状態で、
ペダルにかかとがぎりぎり触れるように、サド
ルを調整します。サドルに座った状態で、つま
先が地面に届くかどうか確認してください。サ
ドルの位置についての詳細は、
「Canyon ロー
ドバイクの身体に合わせたフィッティング」の
項をご覧下さい。
5.ビンディングペダルと専用のシューズで走った
経験がありますか?このタイプのペダルが初
めての方は、走り出す前にまず停車した状態
で、固定と解除の方法に慣れるまで何度も練
習してください。最初は壁に寄りかかりながら
練習すると、
横転してしまう心配がありません。
必要に応じてペダルの固定と解除の強さを
調整してください。必ず最初に添付されてい
る取扱説明書をよく読んでください。ペダル
についての詳細は「ペダル」の項をご覧くだ
さい。
初めて乗車する前に 9
6.Canyon のバイクは、所定の用途にのみ使用
してください。ロードバイクおよびトライアスロ
ンバイクは、自動車道およびタール舗装や敷
石など路面が平滑な道のみで使用するため
のものです。
スタンドオーバーハイトの確認
通常 Canyon のロードバイクは、
総重量(ライ
ダーの体重と携行品の合計)120 kg の積載
を想定して設計されています。
Mavic のホイー
ルシステムを搭載するロードバイクは、許容
重量が 100 kg となっています。これらの上限
を絶対に超えないようにしてください。自転車
の用途に関する詳細は「意図される使用」の
項をご覧ください。
ビンディングペダル用のシューズ
ビンディングペダル
フレームサイズが小さい場合には
特に、足が前輪に接触する恐れが
あります。そのためできるだけビンディン
グペダルを使用してください。また、
クリ
ートの位置が適正かどうか確認してくだ
さい。
トラックレーサーは純粋な競技用自転車であ
り、
室内の競技用ピスト専用です。
トラックレー
サーを公道で使用することは許されていませ
ん。
慣れていなかったり、ビンディングペダ
ルのクリート固定力が強すぎると、ペ
ダルからシューズを外せなくなることがありま
す。転倒の危険があります。
7.お客様の自転車にはカーボン製パーツが使
用されていますか?カーボンという素材には特
に注意が必要で、慎重に取り扱う必要があり
ますのでご注意ください。必ず「カーボン素
材の注意事項」の項をよく読んでください。
Canyon レーサーはアスファルト走行用に作られています
トラックレーサー V-Drome
カーボン素材
Canyon のロード / タイムトライアル /
トライアスロンバイクやトラックレー
サーは、ハイエンドのスポーツ用製品です。
最高の技術力を駆使した軽量構造が採用
されています。あなたも、自転車の取扱のプ
ロになってください。誤った使用や、不適切
な組立、不十分な整備などは、レース用マシ
ンである自転車の安全性を損なうことがあり
ます。事故の危険があります。
10 乗車前に必ず確認
乗車前に必ず確認 11
乗車前に必ず確認
4.一般公道や夜間の走行には、ライトを点検し
ます。ライトについては「法律で定められた要
件」の項をご覧ください。
乗車する時には走り出す前に必ず以下の項目を
点検してください。
5.Canyon を軽く持ち上げてから、手を離して
地表に落とします。カタカタという異音がした
場合には、その発生源を探します。状況に応
じて、各種軸受やボルト接合部を確認してく
ださい。
1.前輪・後輪やシートポストなどの各種コンポー
ネントのクイックリリースがしっかりと締まって
いますか?詳細は「クイックリリースとスルーア
クスルの取り扱い」の項参照。
6.自転車でのライドを安心して楽しむために最
も大切なアクセサリは、サドルの下に取り付け
る工具を入れた小さなバッグです。工具バッ
グには、プラスチックのタイヤレバー 2 本とよ
く使用するサイズの六角棒レンチ、タイヤの
交換用チューブ、パッチキット、携帯電話や現
金なども入れておきましょう。エアポンプもフ
レームに取り付けて携行しましょう。
2.タイヤの状態は良好で、十分なエアーが入っ
ていますか?タイヤをそれぞれ回転させて、振
れがなく真円であることを確認します。振れ
を確認することで、タイヤ側部が破損してい
たり、軸やスポークが破断していていたりする
場合の早期発見につながります。詳細は「ホ
イール ― タイヤ・チューブ・空気圧」の項参照。
3.停車したままで、ブレーキの状態を確認する
ため、
ブレーキレバーをハンドルの方向にしっ
かりと引きつけます。少し引いた所からブレー
キが効き始め、次第に強くなってゆくはずで
す。ただし、ブレーキレバーを最大限に引い
てもハンドルの手前で止まらなくてはなりませ
ん。リムブレーキでは、ブレーキシューの全面
がリムのブレーキ面にあたっている必要があ
ります。シューがタイヤに接触してはいけませ
ん。ブレーキに関する詳細は「ブレーキ」の
項をご覧ください。
無灯火での夜間走行は絶対にやめてください
タイヤの空気圧を点検してください
7. 頑丈な鍵も持って行きましょう。Canyon を駐
車しておきたい時に役立ちます。Canyon を
停めておく時は、盗難を防ぐために必ず固定
物に繋いだ状態で鍵をかけましょう。
レバーがハンドルにつくまで引けてしまうような状態は許
されません。
クイックリリースが正しく閉じていない
と、自転車から部品が外れてしまう恐
れがあります。転倒の危険があります。
この項目のどれかに不具合がある場
合には、Canyon には乗らないでくだ
さい。
お持ちの Canyon の損傷を防ぐため
! に、最大重量を超えないようにして、
「意図される使用」の項に記載されている
荷物の運搬および子供の同乗に関する規
則を守ってください。また、自家用車や飛行
機でバイクを搬送しようとする時は、事前に
「Canyon バイクの搬送」の項をお読みくだ
さい。
非常用アイテム一式
Canyon には、路面の影響と、
ライダー
が自転車に加える力によって、大きな
負荷がかかります。このような動的な負荷を
受けた各種コンポーネントには、劣化や疲
労が生じます。劣化の兆候がないかどうか、
Canyon をこまめに点検して、消耗 の 兆し
や、キズや湾曲、変色などがないか、また小
さな亀裂が入っていないかを確認してくださ
い。耐久期間を過ぎたコンポーネントは、何
の前触れもなく急に破損することがあります。
Canyon を一定の期間ごとに点検にお持ち
いただいて、随時消耗部品を交換してもらっ
てください。修理と走行の安全に関する詳
細は「手入れと点検についての一般的注意
事項」
「推奨締め付け
、
トルク「点検
」
、 ・整備頻度」
などの項をご覧ください。
12 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARDから取
り出して組み立て
る
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 13
BIKEGUARD の同梱品を確認
自転車を BikeGuard から取り出して組み立てる
のは難しくありませんが、慎重かつ入念に作業
を進めてください。不適切な組み立ては、自転
車の安全性を損なう恐れがあります。
まず、お買い上げになった Canyon には、どの
ようなパーツがあるかを見てみましょう。
ロードバイク取扱説明書の表紙についている見
開きページを広げてみてください。Canyon ロー
ドバイクの写真に主要なパーツの名称が書き
込まれています。このページを広げたままで、本
書を読み進んでください。そうすれば、各項の
説明にでてくるパーツがどれのことだかすぐに
わかります。
BikeGuard の中には後輪およびすべてのパー
ツが取り付けられたフレームと、別添の前輪(ホ
イールバッグ入りの場合あり)
、シートポストつき
のサドル、小型のパーツ(クイックリリース、
リフレ
クタ、同梱の場合はペダルなど)および Canyon
トルクレンチ・交換用ヘッド・Canyon アッセン
ブリーペースト・ロードバイク取扱説明書・付属
CD 入りのツールケースが収められた箱が入って
います。
ロードバイクの組立に関する一般事項
お買い上げになった Canyon は、工場で完全
に組立を終了し、試乗を行ってあります。以下に
解説する手順に従って自転車を組み立てれば、
調整を行わなくても、支障なく機能するはずで
す。
以下に組み立て方法をごく簡単に説明します。
自転車の組み立てに詳しくない方や、あまり経
験のない方は、ロードバイク取扱説明書の詳し
い解説を読んでください。同梱 CD に収録され
ているコンポーネントメーカーの説明書もご確
認ください。初めて乗車する前には必ず、
「乗車
前に必ず確認」の項目に記載されている点検
作業を行ってください。
CANYONトルクレンチの使用
部品同士を確実に固定するためには、
トルクレ
ンチの使用が不可欠であると Canyon では考
えています。
写真は Canyon ロードバイクの一例です。これ
とは外観が異なるモデルもあります。
カッターを使って作業をする際には、
パーツに傷をつけたり、またご自分が
怪我をしないようにご注意ください。必ず、
自分およびパーツから離れた方向に向けて
カッターを動かしてください。
まず、BikeGuard を開封しましょう。
箱を開けるにはカーペット用カッターのような刃
先の短いカッターを使ってください。自転車本体
にはカッターを使用しないでください。
せっかくの新しい Canyonですから、
BikeGuard から出して組み立てるのも
誰かに手伝ってもらって一緒に楽しみながら
作業を進めましょう。
i
自転車作業スタンドを使うか、誰かに
手伝ってもらうと、簡単かつ確実に自
転車を組み立てることができます。
i
組み立てる時には、Canyon のフレー
ムのチューブやカーボン製のシートポ
ストを自転車作業スタンドに固定しないでく
ださい。必ず適切なアルミ製シートポストに
付け替えて自転車作業スタンドに固定します。
フレームを内側から 3 点で固定する作業台
を 使 用 す る か、組 み 立 て る 間 誰 か に
Canyon を支えていてもらうのが最適な方法
です。
!
クランプボルト(ステムやステアリングコラム、ハ
ンドル、シートポストなど)の最大締め付けトル
クを超えると、締め付け力が強くなりすぎます。
その結果部品が破損する恐れがあり、事故の
危険が大きくなります。さらに、この場合には製
品の保証が無効となります。ボルトの締め付け
が弱すぎたり、強すぎたりすると、部品が外れ
たり破損したりして事故の原因となる恐れがあり
ます。Canyon の指定トルクを必ず正確に守って
ください。
Canyonを組み立てるには、
BikeGuard
に同梱されているCanyonトルクレン
チを使用してください。
i
14 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 15
取り出す
CANYON アッセンブリーペーストの使用
サイズの合う交換用ヘッドを Canyonトルクレン
チの受けに差し込みます。
六角棒レンチをボルトの穴にしっかりと差しま
す。
Canyonトルクレンチの取っ手をゆっくりと廻し
ます。ボルトが締まるにつれて、針が目盛りの上
を動いてゆきます。針が所定の締め付けトルク
を示す数字の位置に達したら廻すのを止めてく
ださい。
Ultimate SLXのシートポスト固定に
は必ず同梱の専用トルクレンチを使
用してください。使い方は通常のトルクレン
チと同じです。
i
カーボン製の部品は、締め付け力が強すぎる
ことによる損傷を特に受けやすい性質がありま
す。
Canyonアッセンブリーペーストを使用すると、
表面同士の密着度を高めることにより、締め付
けに必要な力を最大 30%低くすることができ
ます。
さらに、防食性も最適で、濡れた状態でも腐食
を効果的に防止します。Canyon アッセンブリー
ペーストは、カーボン製およびアルミニウム製の
結合部すべてに使用することができます。硬化
しないため、この用途に最適です。
これは特に、ハンドルとステムやステアリングコ
ラムとステム、シートポストとシートチューブなど
の三箇所の締め付けに重要で、締め付け力が
強すぎると部品が破損する恐れがあり、また保
証が受けられなくなります。Canyon アッセンブ
リーペーストを使用することで締め付け力を低
下させ、カーボン繊維の破損を予防することが
できます。また、締め付け部から異音がすること
を防ぐ効果もあります。
Canyon アッセンブリーペーストを塗る前に、部
品の表面の汚れや潤滑油の残りを取り除いてく
ださい。そしてきれいになった表面に、刷毛や
セームタオルなどを使って Canyon アッセンブ
リーペーストを薄く均一に塗ります。
ペーストを塗ったら部品を所定の位置に取り付
けます。Canyonトルクレンチを使って、所定の
最大締め付けトルクを絶対に超えないようにし
てください。
多すぎたCanyonアッセンブリーペー
ストは拭き取って、ペーストの袋をしっかりと閉じ
ます。
前の保護用段ボールと小型パーツの入った箱
を取り外します。
BikeGuard の中に長手方向に収められている
前輪入りの箱を取り出してください。
モデルによっ
ては前輪がさらにホイールバッグに入っているこ
ともあります。
サドルとシートポストが前輪に固定されているこ
とに注意しながら、段ボール箱を慎重に取って
ください。
梱包材と BikeGuard はすべてそのま
ま乾燥した場所に保管しておきましょ
う。そうすれば、自転車をどこかに送ったり、
輪行したりする時に再利用できます。
i
i
ホイールバッグが同梱されていない
モデルもあります。
16 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
ハンドルまたは CANYON ハンドルバー / ステム
コンビの取り付け
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 17
CANYON ハンドルバー / ステムコンビの取り付
け
Canyon のロードバイクには各種の異なるハン
ドル仕様があります。
ハンドルバー / ステムコンビをしっかりと手で
持って、
ハンドルを固定している上のマジックテー
プを外します。
小型パーツの入った箱から、ロードバイク取扱
説明書と工具が入っているツールボックスを取り
出します。
そのひとつはすでにお馴染みの Aheadset® ス
テムとハンドルバーを使った仕様です。
各種部品と後輪が取り付けられたフレームを
BikeGuard から慎重に取り出して、倒れないよ
うに置いてください。手伝ってくれる人がいる場
合には、自転車を支えていてもらいましょう。
その他に Canyon ハンドルバー / ステムコンビ
と呼ばれる仕様のものもあります。この仕様も
Aheadset® ステアリングヘッドに対応していま
す。
お買い上げになった Canyon ロードバイクがど
の仕様であるかによって、組立方法がいくらか
違ってきます。そのため、以下二つの仕様の場
合をそれぞれ説明します。
フレームを持ち上げる時には、ハンド
! ルを手で押さえておいてください。ハ
ンドルが急に回転したり、下に向いたりして
破損する恐れがあります。
フォークはベアリング自体で固定されています
ので抜け落ちることはありません。
保護シートや保護カバーをハンドルバー / ステ
ムコンビから取ります。保護材は基本的に手で
外れます。うまく外れない場合は、ハサミを使っ
てください。カッターの使用はできる限り避けて
ください。
ハンドルバー / ステムコンビを慎重に下にぶら
下がった状態にします。
カッターを使って作業をする際には、
パーツに傷をつけたり、またご自分が
怪我をしないようにご注意ください。必ず、
自分およびパーツから離れた方向に向けて
カッターを動かしてください。
ステムの上にあるボルトを緩めてキャップと一
緒に取り外します。Canyon アッセンブリーペー
ストの角を開けます。アッセンブリーペーストを
少し押し出して、ステムの内側とステアリングコ
ラムの締め付け部分に薄く塗りつけます。
ハンドルバー / ステムコンビをステアリングコラ
ムに取り付けます。その時にケーブルやコードが
捩れたり、折れ曲がったりせず、均一な曲線を
描いて押さえやブレーキまで伸びていることを
確認してください。
18 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 19
ハンドルの取り付け
手 順 1:フロントキャップ が つ いた Canyon
Aheadset® ステムの固定方法
12
34
外したキャップを上に乗せて Canyonトルクレ
ンチを使って 2 Nmで締めます。
ハンドルバー / ステムコンビの位置を中央に合
わせます。ハンドルバー / ステムコンビと前輪を
見ながら、ハンドルバーが前輪と直交し、ステ
ムは前輪と平行になるようにします。
ハンドルバーをしっかりと手で持って、ハンドルを
ステムに固定している上のマジックテープを外
します。
ハンドルはそのまま手で持っておいてください。
ハンドルが急に回転したり、下に向いたりして破
損する恐れがあります。ハンドルをフォークに固
定している下のマジックテープを外します。
Canyonアッセンブリーペーストの角を開けます。
アッセンブリーペーストを少し押し出して、ハンド
ルクランプの内側とステム本体の締め付け部分
に薄く塗りつけます。
上のふたつのボルト(1と 2)を軽く
(1 Nm)締
めます。隙間が完全に閉じるまで締める必要
があります。フロントキャップがぴったりとつい
た状態になります。下のふたつのボルト (3 と4)
を一旦いくらか緩める必要がある場合もありま
す。
▲そうしたら下のふたつのボルト
(3 と4)をステ
ムに表示されている値(5 Nm または 8 Nm)
に従って締め付けます。
▲その次に上のふたつのボルト
(1と 2)をステム
に表示されている値
(5 Nm または 8 Nm)
に従っ
てさらに締め付けます。
▲
手順 2:フロントキャップがついた従来タイプの
Aheadset® ステムの固定方法
サイズの合う交換用ヘッドを Canyonトルクレン
チの受けに差し込みます。
ステムのクランプボル
トをそれぞれ最初は軽く均一に締めます。隙間
が均一な幅になっていることを確認します。確
認してから表示されているトルク (5 Nm) でボル
トを締め付けます。
カッターを使って作業をする際には、
パーツに傷をつけたり、またご自分が
怪我をしないようにご注意ください。必ず、
自分およびパーツから離れた方向に向けて
カッターを動かしてください。
保護シートや保護カバーをハンドルから取りま
す。保護材は基本的に手で外れます。
うまく外れ
ない場合は、ハサミを使ってください。カッター
の使用はできる限り避けてください。
ハンドルを慎重に下にぶら下がった状態にしま
す。
サイズの合う交換用ヘッドを Canyonトルクレン
チの受けに差し込みます。ステムのハンドルクラ
ンプのボルトを緩めてハンドルクランプを取り外
します。
ハンドルがステムの中央に来るようにマークに
合わせて位置を決めます。その時にケーブルや
コードが捩れたり、折れ曲がったりせず、均一な
曲線を描いて押さえやブレーキまで伸びている
ことを確認してください。
ステムのハンドルクランプの対角位置にあるボ
ルトの順に均一に締めてゆき、ハンドルが軽く
締め付けられる状態にします。
ハンドルクランプとステム本体の隙間がそれぞ
れ平行になっており、上下の隙間の幅が同じに
なっていることを確認してください。なっていな
い場合には、クランプボルトをもう一度緩めて、
均一に軽く締め直します。
20 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 21
前輪の取り付け
ブレーキ ・ シフトレバーの上の握り部分が垂直
になっていることを確認します。その時、下ハン
ドルの末端部分は水平になっているか、軽く下
向きになります。
前輪を箱(およびホイールバッグ同梱の場合に
はバック)から取り出します。
サドルとシートポストがマジックテープと保護シー
トで前輪に固定されています。マジックテープを
慎重に外して、サドルとシートポストを慎重に取
り外します。
ハブの両側にそれぞれ 1 本ずつスプリングを配
置します。クイックリリースのどちら側でも、スプ
リングの直径の小さい方が、ハブ軸側に向いて
いることを確認してください。
クイックリリースのリリースレバーは、左側(チェー
ンの反対側)に取り付けます。
ブレーキ ・ シフトレバーの保護シートを取りま
す。
前 輪 のブレ ーキ のクイックリリースレバーを
開く
(シ マノ/SRAM)か、ブレ ーキ ・ シフトレ
バーのピンを動かしてレバーを少し後ろに倒して
(Campagnolo)
、前輪のブレーキを開放します。
クイックリリース式の前輪
最後に対角位置にあるボルトの順に均一に締
めてゆき、表示されているトルクまで締め付けま
す。
前輪用のクイックリリースを小型パーツの入った
箱から取り出します。反対側のナットを廻して外
し、スプリングを 1 本クイックリリースから抜き取
ります。
クイックリリースを前輪の空洞になっている軸に
差し込みます。
クイックリリースの反対側のナットは 2 回転だけ
締めてください。クイックリリースに関する詳細は
ロードバイク取扱説明書の「クイックリリースとス
ルーアクスルの取り扱い」の項をご覧ください。
同梱 CD に収録されているコンポーネントメー
カーの説明書もご確認ください。
前輪を取り付けるには、クイックリリースのつい
たハブ軸をフォークエンドに押し込みます。
前輪のリムとタイヤがフォークのブレードの中央
に位置していることを確認してください。
作業をする前にロードバイク取扱説明書および
同梱 CD の「クイックリリースとスルーアクスルの
取り扱い」の項をご覧ください。
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 23
22 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
スルーアクスル式の前輪
ディスクブレーキが搭載されている場合に
は、ホイールを取り付ける前に、
ブレーキパ
ッドがキャリパー内の受けにぴったりと納ま
っていることを確認してください。判断の基
準になるのは、パッドの隙間が平行で、摩耗
インジケータが所定の位置にあることです。
ブレーキディスクがブレーキパッドの間に
入るように注意してください。
クイックリリースのレバーを開いた状態で反対側
のナットを締め、リリースレバーを閉じた時に力
が生じるようにします。閉じた状態のレバーが
フォークにぴったりと寄り添うようにし、絶対に
横方向や前方に向かって突き出た状態になって
いないように注意してください。
ブレーキがリムに対して中央になっているか
チェックしてください。
忘れないうちにブレーキのクイックリリースレバー
(シマノ/SRAM)を閉じるか、ブレーキ ・ シフト
レバーのピンをブレーキレバーを軽く引きなが
ら元に戻して(Campagnolo)おいてください。
前輪がフォークエンドに完全に入っており、
ブレー
ドの中央にあるかどうかを確認してください。
ホイールを取り外したら、絶対に(ディ
スク)ブレーキのレバーを引かないで
ください。車輪を取り外したらパッドスペー
サーを必ず取り付けるようにしましょう。
詳細はロードバイク取扱説明書および同梱 CD
の「ブレーキ」の項をご覧ください。
ホイールを取り付けてクイックリリースを閉じたら、
ブレーキレバーを(ディスクブレーキの場合に
は何度か繰り返し)引いてみて下さい。左右の
ブレーキの遊びが同じになっており、ブレーキ
の効き始める位置で直ぐに安定することを確認
します。
前輪用のスルーアクスルを小型パーツの入
った箱から取り出します。
両輪を回転させて、振れがなく真円であること
を確認します。
両側の受けの間で前輪の位置を合わせ、
リ
リースレバーが開いた状態で、左側から受
けとハブを通してスルーアクスルを差し込
みます。
詳細はロードバイク取扱説明書および同梱 CD
の「ホイール ― タイヤ・チューブ・空気圧」の項
をご覧ください。
!
取り付けに関する詳細はロードバイク
i 取扱説明書および同梱 CD の「ホイー
ル ― タイヤ・チューブ・空気圧」の項をご覧
ください。
ロードバイクのブレーキに関する詳細
はロードバイク取扱説明書および同
梱 CD の「ブレーキ」の項をご覧ください。
i
ブレーキシュー全体がブレーキ面に
あたっているか確認してください。
ホイールの取り付けが終わったら、停
車状態でブレーキのテストを行ってく
ださい。ブレーキレバーには遊びが必要で、
最大限に引いてもハンドルの手前で止まる
必要があります。
ホイールをフォークに嵌めて、
ブレーキディ
スクがついている場合にはキャリパーに入
るようにします。
ホイールが正しく取り付けられて
ホイールが正しく取り付けられていないと、
いないと、 重大な転倒や事故につ
ながる恐れがあります。少しでも不安が
あったり、
ご質問がありましたら弊社のホ
ットライン 050-3786-8496 までお問い合
わせください。
通常スルーアクスルには、
メーカー
の詳細な説明書が添えられていま
す。説明書の内容をよく読んでから、ホイ
ールの取り外しや整備作業をするように
しましょう。
i
24 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 25
サドルとシートポストの取り付け
反対側に届いたら、スルーアクスルを右側
のナットに時計回りにねじ込みます。力を入
れずに、
アクスルのねじ山が反対側のナット
とうまく噛み合うように注意してください。
RWS締め付けレバーを軽く外側に引き出す
と、位置を調整することができます。RWS締
め付けレバーの位置を直したら、RWS締め
付けレバーを再びハブ側に押し込みます。
最初の一回りはスルーアクスルのRWS締め
付けレバーが楽に回らないといけません。
問題がなければ、最大で合わせて二回転半
までRWS締め付けレバーを時計回りに廻し
てRWSを締め付けます。
そうするとレバーの抵抗が強くなってゆくの
がわかります。
アクスルが手で動かなくなる
まで締まったらそれ以上廻さないでくださ
い。
RWS締め付けレバーが前方に向いた状態
ではいけません。
変速機の機能を確認します。
変速機の調節に関する詳細はロードバイク取扱
説明書および同梱 CD の「変速機」の項をご覧
ください。
締め付けレバーを取り外すには、まず締め
付けレバーを軽く外側に引き出します。そし
て片手でフォークを押さえます。もう一方の
手で締め付けレバーが抜けるまで引っ張り
ます。
ギアを全段切り替えてみて、リアの一番大きな
歯車にチェーンが掛かっている状態で、ディレイ
ラーがスポークに接触する可能性がないことを
確認してください。
ブレーキレバーを数回引いて、ブレーキが
作動することを確認します。
レバーを握り幅
の三分の一引いた時点では必ずブレーキ
が効き始める必要があります。ホイールを持
ち上げて、上からホイールを強く叩いてみま
す。ホイールが確実に固定されており、ガタ
ガタ異音がしないことを確かめます。
ホイールの取り付けが終わったら、
停車状態でブレーキのテストを行っ
てください。ブレーキレバーがハンドルに
つくよりも先にブレーキが効くようになって
いなくてはいけません。液圧式の場合に
は確実にブレーキが効くようになるまで必
要に応じレバーを数回引いてください。
シートチューブの上端についている保護キャッ
プを外します。シートポストクランプのボルトを
緩めます。作業をする前にロードバイク取扱説
明書および同梱 CD の「Canyon ロードバイク
の身体に合わせたフィッティング」の項をご覧く
ださい。
シートポストは、圧力をかけたり、回転させたり
しなくてもスムーズにフレームに入らなくてはい
けません。
うまく入らない場合には、シートポスト
クランプをもう少し緩めてください。
シートポストを再度抜き取ります。シートポスト
の下部およびシートチューブの内側またはシー
トポストの締め付け部分に Canyon アッセンブ
リーペーストを少量塗ります。
26 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 27
シートポストクランプSLXに関する特別な手順
シートポストを必要なサドルの高さに合わせて
シートチューブに差し込みます。
サドルの保護シートを取ります。
シートポストの MAX マークが見えて
いる状態では、絶対に Canyon に乗
らないでください。
ステイがシートチューブに連結されている部
分のシートチューブ後ろ側についているゴム
の保護キャップを外します。
シートポストクラ
ンプのボルトを数回転緩めます。ボルトが完
全に抜けるまで緩める必要はありません。
シートポストを必要なサドルの高さに合わ
せてシートチューブに差し込みます。シート
ポストは最低でも先端がトップチューブの
下まで入るか、シートポストのMAXマーク
が中に入るまで、フレームに差し込む必要
があります。必ずシートポストにマークのつ
いた規定範囲内で固定するようにしてくだ
さい。シートポストと一緒にサドルの向きを
合わせて、シートポストクランプのボルトを
CANYONトルクレンチで軽く締めます。
シートポストを再度抜き取ります。シート
ポストの 下 部 およびシートチューブ の 内
側またはシートポストの締め付け部分に
CANYONアッセンブリーペーストを少量塗
ります。
同梱のトルクレンチを使って必要な締め付
けトルクまで締め付けます。最大許容締め
付けトルクの5NMを超えないようにしてくだ
さい。サドルの前後を両手でしっかりと押さ
えてひねってみることでシートポストがフレ
ームに確実に固定されていることを確認し
ます。ゴムキャップをシートチューブの六角
穴ボルトの頭に嵌めておきます。
シートポストは、圧力をかけたり、回転させ
たりしなくてもスムーズにフレームに入ら
なくてはいけません。
うまく入らない場合に
は、シートポストクランプをもう少し緩めて
ください。
カーボン製の締め付け部分にグリス
やオイルを塗らないでください。
最大締め付けトルクを超過しないよ
うにしてください。 最大締め付けトル
クは「推奨締め付けトルク」の項およびコン
ポーネント自体、もしくはコンポーネントメー
カーの取扱説明書に記載されています。
!
サドルの向きを合わせて、シートポストクランプ
のボルトを強すぎないように(すなわち最大許
容トルク以下で)締めます。Canyonトルクレン
チを使ってください。
これまで乗っていた自転車のボトムブ
ラケットからサドル上端までの距離を
測ってみましょう。新しい Canyonでもサドル
の高さを同じに調整します。
i
ロードバイク取扱説明書および同梱
CD の「適正なサドルの高さ」の項に
ある注意事項および「手入れと点検につい
ての一般的注意事項」の項に記載されてい
る許容締め付けトルクを守り、
コンポーネント
メーカーの所定値も遵守してください。
!
Canyon のパーフェクト・ポジション・シ
ステム(PPS)を使えば、Canyon に試
乗してみなくても、ご自分にぴったりのフレー
ムサイズを選ぶことができます。PPS は弊社
ウェブサイト www.canyon.comでご利用い
ただけます。
i
カーボン製の締め付け部分にグリ
スやオイルを塗らないでください。
これまで乗っていた自転車のボト
ムブラケットからサドル上端までの
距離を測ってみましょう。新しいCANYON
でもサドルの高さを同じに調整します。
i
サドルの高さの適正な調整につい
てはロードバイク取扱説明書およ
び同梱CDの「CANYONロードバイクの身
体に合わせたフィッティング」の項をご覧
ください。
i
28 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
CANYON SPEEDMAX CF お よ び AEROAD に
関する特別な手順
Canyon にはエアロ形状のシートポストを搭載
するモデル(Speedmax CF など)があります。
このタイプでは標準装備されているシートポス
ト以外は使用できません。
フレームカバーの進行方向後ろ側を持ち上げ
て、前部のガイドから引き抜きます。
シートチューブ内で固定メカニズムを後ろから押
しながら、上にあるボルトをいくらか緩めます。
固定部の上部がトップチューブの上端と揃った
状態、
または最大でも1ミリ突き出た状態になっ
たら手を止めてください。
カーボンフレームをフレームのチュー
ブやカーボン製のシートポストで自転
車作業スタンドに固定しないでください。パ
イプがつぶれる恐れがあります。フレームを
内側から 3 点で固定する作業台や、
フォーク
とボトムブラケットシェルで固定する作業台
などが最適です。
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 29
ペダルの取り付け
Canyon アッセンブリーペーストをシートポスト
の下部とフレームのシートチューブの内側に少
量塗ります。シートポストを適切なサドルの高さ
に合わせてシートチューブに差し込みます。
シートポストは最低でも先端がトップチューブの
下まで入るか、シートポストの MAX マークが中
に入るまで、
フレームに差し込む必要があります。
必ずシートポストにマークのついた規定範囲内
で固定するようにしてください。
Canyon ロードバイクには、市販の大手ペダル
メーカー製ロードバイク用ペダルを取り付けるこ
とができます。
ペダルをねじ込む前に、ネジ部分に軽く市販の
アッセンブリーグリスを塗ってください。
シートポストクランプの六角穴ボルトを所定のト
ルクである4 Nm ~最大 6 Nmで締め付けます。
ペダルを取り付けるには、まず軸に書かれてい
る文字を見てください。R と書いてあるペダルが
右で L と書いているのが左のペダルです。
最初の二三回は手でペダルをクランクのネジ穴
にねじ込みます。
固定クリップのついたフレームカバーをフレー
ム前方に差し込んで、後部を慎重に嵌め込みま
す。カバーはフレームにぴったりと沿った状態に
なる必要があります。
!
サドルの高さの適正な調整について
i はロードバイク取扱説明書および同
梱 CD の「Canyon ロードバイクの身体に合
わせたフィッティング」の項をご覧ください。
左のペダルは左ネジで、ネジを締める時に廻す
方向が通常とは逆の反時計回りになっています
のでご注意ください。
最大締め付けトルクを超過しないよ
うにしてください。 最大締め付けトル
クは「推奨締め付けトルク」の項およびコン
ポーネント自体、もしくはコンポーネントメー
カーの取扱説明書に記載されています。
!
それからペダルレンチを使ってペダルが固定さ
れるまで廻します。必ず六角棒レンチで締め付
ける必要があるタイプのペダルもあります。
ペダルの固定状態を 100 km 走行後
にもう一度確認してください。ペダル
が緩んでネジ山を破壊してしまい、転倒の
原因となる可能性があります。
30 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 31
公道を走るための装備
点検と調整
あとは、白いリフレクタをハンドルに、赤いリフレ
クタをシートポストに取り付け、スポークのリフレ
クタとベルをつけます。
タイヤの側面に表示されている空気圧を上限
として両輪のタイヤに空気を入れます。
「タイヤと
チューブ」に関する詳細はロードバイク取扱説明
書および同梱 CD の「ホイール ― タイヤ・チュー
ブ・空気圧」の項をご覧ください。
ブレーキ ・ シフトレバーの上の握り部分が垂直
になっていることを確認します。その時、下ハン
ドルの末端部分は水平になっているか、軽く下
向きになります。
最後にスポークリフレクタを取り付けてください。 ロードバイク取 扱 説 明 書 および 同 梱 CD の
前輪と後輪のスポークにそれぞれリフレクタを 2 「Canyon ロードバイクの身体に合わせたフィッ
個ずつ、対称の位置に取り付けるようにしてくだ
ティング」の項にある解説に従って、
サドルとグリッ
さい。
プの位置を調整してください。
フロントキャップがついた一般的な Aheadset®
ステムの場合には、ハンドルクランプとステム本
体の隙間がそれぞれ平行になっており、上下の
隙間の幅が同じになっていることを確認してくだ
さい。なっていない場合には、クランプボルトを
緩めて、均一に軽く締め直します。
ロードバイクで公道を走る際には、そ
の国の道路交通規則を遵守してくだ
さい。これに関する注意事項はロードバイク
取扱説明書および同梱 CD の「法律で定め
られた要件」の項をご覧ください。
!
Canyonトルクレンチを使って、問題がなければ
クランプボルトを完全に締め付けます。最大締
め付けトルクを超過しないようにしてください。
Canyon ステムでは、上側の隙間は完全に閉じ
ており、下側だけ隙間が見えます。
Canyonトルクレンチを使って、問題がなければ
クランプボルトを完全に締め付けます。最大締
め付けトルクを超過しないようにしてください。
自転車が水平になっている状態でサドルも水平
になっているかどうかを確認してください。
32 BIKEGUARD から取り出して組み立てる
シートポストは最低でも先端がトップチューブの
下まで入るか、シートポストの MAX マークが中
に入るまで、
フレームに差し込む必要があります。
変速機の機能を確認します。ギアを全段切り替
えてみます。
BIKEGUARD から取り出して組み立てる 33
シートポストがしっかりと固定されているかどう
か確認します。各種パーツをいろいろな方向に
ひねってみてください。
組み立てが終わったら、
「初めて乗車
する前に」
および「乗車前に必ず確認」
の項に記載されている点検作業を確実に
行ってください。
サドルがまっすぐ前を向いているかどうかを確
認します。フレームのトップチューブおよびダウ
ンチューブを見ながらサドルを合わせます。
リアの一番大きな歯車にチェーンが掛かってい
る状態で、ディレイラーがスポークに接触する
可能性がないことを確認してください。わざとリ
アディレイラーを押してみて、絶対にぶつかるこ
とがないことを確認し、ゆっくりとホイールを回
転させてみます。
変速機の調節に関する詳細はロードバイク取扱
説明書および同梱 CD の「変速機」の項をご覧
ください。
シートポストの MAX マークが見えて
いる状態では、絶対に Canyon に乗
らないでください。
ハンドルとブレーキ ・ シフトレバーがしっかりと
固定されているかどうか確認します。各種パー
ツをいろいろな方向にひねってみてください。力
を込めて下に押してもハンドルが下に回転して
しまってはいけません。回ってしまう場合は、固
定用のボルトを慎重に締め直してください。
100 ~ 300 km 走行した時点で、再度
すべてのボルトがしっかりと固定され
ているかどうか、締め付けトルク値に従って
点検してください。詳細はロードバイク取扱
説明書および同梱 CD の「手入れと点検に
ついての一般的注意事項」
「推奨締め付け
、
ト
ルク」
「点検・整備頻度」
、
などの項をご覧くだ
さい。
組み立てと点検作業が終わったら、
必ず平坦で車の通らない所(駐車場
など)で Canyon の試乗を行ってください。
組み立てや調整に問題がある場合、そのま
ま公道やオフロードを走行すると、走行中に
不具合が生じて自転車の操縦ができなくな
る恐れがあります。
34 梱包
クイックリリースとスルーアクスル 35
CANYONロードバ
イクの梱包
クイックリリースと
スルーアクスルの
取り扱い
Canyon を弊社のマイスター整備工場に点検
のため送ったり、旅行に持って行くために梱包
する必要がある場合には、いくつかの注意事項
を守ることで、大切な自転車が無事に目的地に
届きます。
操作方法が簡単なクイックリリースですが、取
り扱いを誤ったことによる事故は後を絶ちませ
ん。
BikeGuard には梱包方法の説明書「ロードバイ
クを梱包するには」が入っています。ロードバイ
クを梱包する時には、必ず説明書の内容に忠
実に従ってください。
Canyon を梱包する手順をひとつずつ説明し
た梱包方法の説明書は弊社公式ホームページ
www.canyon.com にも掲載されています。
Canyon BikeShuttle
自転車やその一部を固定しないまま
車内において運ぶのはやめてくださ
い。走行中に滑って車内を移動することがあ
り危険です。
発送時に Canyon が同梱の説明書通
! りに梱 包されていなかった場 合 に
は、運送中の損傷に対する補償を Canyon
Bicycle GmbH から受けることができなくな
ります。
リリースレバーとクランプナット
クイックリリースでホイールを確実に固定する
には
飛 行 機 で 移 動 す る 時 に は、Canyon の
BikeGuard を 使って梱 包 するか、Canyon の
BikeShuttle などの適切な自転車用ハードケー
スを使用してください。
自動車で運ぶ時には、バイクを確実かつ滑る心
配がないように固定してください。自信がなかっ
たり、疑問がある場合には、本説明書末尾ない
し同梱 CD に収録されているさらに詳しい解説
を読むか、弊社ホットライン 050-3786-8496 ま
でお問合せください。
クイックリリースには、主に 2 つの操作箇所があ
ります。
▲ハブの片側にあるリ
リースレバー:レバーを閉
じる動きをカムによって締め付け力に変換す
る機能があります。
▲ハブのもう一方の側にあるクランプナッ
ト:ス
キュアーの固定力をこのナットで調整します。
クイックリリースを開きます。この 状 態で は
OPEN の文字が見えているはずです。
▲レバーを締め付け位置の方向に回します。
レ
バーの外側に CLOSE の文字が見えるように
なります。レバーを閉める時に、最初の半分ぐ
らいまでは力を入れなくてもレバーが動く状態
(まだ締め付けていない状態)でなくてはい
けません。
▲残りの半分は、
レバーの力がどんどん強くなっ
てゆくはずです。最後にはレバーを動かすの
が難しい状態になります。フォークやフレーム
などを指でつかみながら、親指の付け根の母
指球でレバーを押してください。
▲
Canyon BikeGuard
断面積が大きなフレームチューブは、
! 通常の自転車キャリアに固定すると、
クランプによって押しつぶされてしまう恐れ
があります。カーボンフレームはそのまま使
い続けると突然折れる危険があり、アルミ製
フレームはすぐにへこんでしまいます。専用
のキャリアが自動車用品店にあります。
自動車で運送する時には、外れる可
能性のあるもの(工具・バッグ・チャイ
ルドシート等)が自転車についていないこと
を確認してください。事故の危険があります。
クイックリリースを開く
クイックリリースを閉じる
ホイールが正しく取り付けられていな
いと、重大な転倒や事故につながる
恐れがあります。
自転車をどこかに停めておく場合に
i は、
クイックリリースで固定されたホイー
ルも、フレームと一緒に固定物に繋いだ状
態で鍵をかけましょう。
ホイールがしっかりと固定されている
ことを乗る前に必ず確認しましょう。
万が一走行中に車輪が外れたら、転倒して
しまいます。
36 クイックリリースとスルーアクスル
クイックリリースとスルーアクスル 37
スルーアクスルでホイールを確実に固定する
には
レバーの最終位置は、車輪に平行になってい
る必要があります。つまり、レバーが横方向に
突き出した状態ではいけません。レバーは、フ
レームに沿った、不意に開いてしまうことのな
いような位置にくるようにしてください。
▲しっかり固定されているかどうかを確認するた
め、閉じた状態のレバーを左右に廻してみま
す。
▲リ
リースレバーが回転してしまう場合には、ホ
イールが確実に固定されていません。レバー
を一旦開いて、固定力を強くする必要があり
ます。
固定力を強くするには、
反対側のナットを、
時計回りに半回転廻します。
▲再び同じ手順でクイックリ
リースを閉じ、しっか
りと固定されたかどうかもう一度確認します。
リ
リースレバーを廻すことができなくなっていれ
ば、しっかりと固定されています。
▲次にホイールを地面から数センチ程度持ち上
げて、タイヤを上から軽く叩いてみましょう。車
輪がしっかりと固定されていれば、フレームの
ドロップアウトから外れることはありません。
しっかり固定されているかどうかを確認するため、閉じた
状態のレバーを左右に廻してみます
サドルのクイックリリースが確実に固定されてい
るかを確認するには、フレームを押さえてサドル
をひねることができるか試してみます。
クイックリリースレバーは車輪にほぼ平行に、横方向に突
き出さないように
▲
クイックリリースのリリースレバーは前
輪後輪とも常にCanyon の左側
(チェー
ンの反対側)
にあることを覚えておきましょう。
そうすれば、前輪を裏返しに取り付けてしま
うことがありません。
クイックリリースが完全に閉じていな
いとホイールが外れることがあります。
事故の原因となり非常に危険です。
DT Swiss のロードバイク用 RWS システムは、
フォークや後輪ステイの剛性を高めるスルー
アクスルです。ロードバイクに負荷がかかって
も直進安定性が損なわれることがありませ
ん。
DT Swiss の RWS シス テム を 使った 前 輪
の取り付けに関する詳細は本説明書前出の
「BikeGuard から取り出して組み立てる」の
項をご覧ください。
DT Swiss のロードバイク用 RWS システム
後輪の取り付け方法も同様です。
ホイールを取り外すには、締め付けレバーを
アクスルに差し込みます。締め付けレバー
(五
角形)がアクスルにしっかりと嵌まるように注
意してください。
レバーの最終位置はスキュアーに対して垂直になってい
る必要があります
クイックリリースを車輪盗難防止用の
i ロッキングスキュアーに付け替えるこ
ともできます。ロッキングスキュアーを開くに
は、特殊な専用のレバーか六角棒レンチが
必要となります。自信がなかったり、疑問が
ある場合には、弊社ホットライン 050-37868496 までお問い合わせください。
そして締め付けレバーを反時計回りに廻して
ください。二回転半程度廻すとスルーアクス
ルのネジが完全に外れますので、ホイールが
動かないように押さえながらアクスルをハブ
から抜き取ります。
ホイールが正しく取り付けられてい
ないと、重大な転倒や事故につな
がる恐れがあります。少しでも不安があっ
たり、ご質問がありましたら弊社のホットラ
イン 050-3786-8496 までお問い合わせく
ださい。
ホイールの取り付けが終わったら、
停車状態でブレーキのテストを行っ
てください。ブレーキレバーがハンドルに
つくよりも先にブレーキが効くようになって
いなくてはいけません。液圧式の場合に
は確実にブレーキが効くようになるまで必
要に応じレバーを数回引いてください。
後輪のスルーアクスル
取り外し可能な締め付けレバー
通常スルーアクスルには、メーカー
の詳細な説明書が添えられていま
す。説明書の内容をよく読んでから、
ホイー
ルの取り外しや整備作業をするようにしま
しょう。
i
38 アクセサリと改造
カーボン素材 39
アクセサリの取付
や改造を行う際の
注意事項
Canyon の自転車は、それぞれの用途に合わせ
た仕様のスポーツ用製品です。マッドガードなど
を取り付けることによって機能に支障をきたし、
その結果として走行時の操作性が劣化すること
があります。アクセサリの購入および取り付けの
前に、そのアクセサリがお客様の Canyon に取
り付け可能な互換性があるかどうかの確認が
必要です。
ベルやホーン、ライトなどを取り付ける時には、
その製品が認可された検査済みのものであり、
道路交通法により使用が許されているものであ
るかどうかを、よく確かめてください。電池・充
電式バッテリーを使用するライトには、波線マー
クとアルファベットの K が表示されている必要
があります。
(
「法律で定められた要件」の項参照)
荷台やチャイルドシートを取り付けたり、
チャイル
ドトレーラーを牽引したりしようとする場合には、
まず「意図される使用」の項を読んで、それが
可能かどうか確認してください。原則的に可能
である場合には、それに適したモデルについて
弊社のホットライン 050-3786-8496 までお問
い合わせください。
自分が完璧にこなすことのできる作業だけをす
るようにしましょう。
ハンドルやハンドルステム、フォークなどの交換
は、必ず専門の技術者に依頼することをお奨
めします。どのような場合にも、必ずアクセサリ
メーカーの取扱説明書に従ってください。新た
なコンポーネントやアクセサリを取り付ける時に
は、その適切な取り付けを行う責任は常にお客
様自身にあります。
少しでも疑問がある場合には、
お持ちの Canyon を弊社のマイスター整備工
場にお送りください。
カーボン素材の
注意事項
マッドガード
カーボンという素材は、正しくは炭素繊維強化
プラスチック、略称 CFRPとも呼ばれ、他の軽量
素材とは異なる特殊な点があります。その特性
を知ることは極めて重要です。そうすれば、お買
い上げになった大切な Canyon を末永くお楽
しみいただけると同時に、いつも安心してその
機材に身を任せることができます。
炭素繊維強化プラスチックが自転車競技に適し
ていることは、無数の勝利によって実証されて
います。この素材は、素材に適した設計・加工・
取扱により、極めて強度が高く、高負荷に耐え
るコンポーネントの大幅な軽量化を可能にしま
す。
荷台
マッドガードや荷台などを後から取り
付けることにより、お客様の Canyon
の機能を損なうがありますので、なるべく弊
社のラインナップにご用意しておりますアク
セサリをご利用ください。そうすれば、確実
に適合品を使用することができます。
取り付けに問題があると、コンポーネ
ントが外れたり、折れたりして、重大な
転倒事故の原因になる恐れがあります。安
全に関わる固定ボルトは、規定のトルクで締
め付けてください。
アクセサリの取り付けやコンポーネン
i トの互換性、改造などについて疑問
がある場合には、本説明書末尾ないし同梱
CD に収録されているさらに詳しい解説を読
むか、弊社ホットライン 050-3786-8496 ま
でご連絡ください。
カーボンの物性で非常に特殊なのは、素材の
脆性です。このような弱点があるために、カーボ
ンは負荷がかかっても塑性変形はしませんが、
内部構造はすでに傷んでいる可能性があるの
です。極端な場合には繊維が分離してしまい、
いわゆる剥離現象が発生して、コンポーネント
の強度が著しく低下することがあります。過度の
負荷がかかって内部の繊維がすでに損傷して
いても、スチールやアルミのように曲がったりす
ることがないので、見ただけではわからないの
です。
そのためカーボン製のパーツは、過度の負荷
がかかった後もそのまま使用し続けると折れる
ことがあり、転倒や不測の事態に至る恐れがあ
ります。過度の負荷がかかるような出来事があっ
たら、そのパーツ、できれば Canyon のバイク全
体を弊社のマイスター整備工場で検査させるこ
とを是非お奨めします。
Canyon を停めておく時は、必ず丁寧に倒れな
いように立てかけてください。カーボンフレーム
やカーボン製コンポーネントは、自転車が倒れ
ただけでも破損することがあります。
カーボン素材
走行中の状態に注意しましょう。カー
ボンコンポーネントから異音がしたら、
機材の不具合が発生する予兆かも知れませ
ん。すぐに自転車の使用をやめて弊社の整
備工場ホットラインに連絡し、その後の対応
を相談してください。ご自分の安全のために
も、カーボン製パーツの修理は絶対に禁物
です。破損したものは直ちに交換し、取り外
したものを第三者が使用することが絶対に
ないように取りはからってください。
カーボン製コンポーネントは、絶対に
高温にさらしてはいけません。
パウダー
コーティングや焼付塗装などは禁物です。そ
の際に必要な高熱によってコンポーネントが
破壊される恐れがあります。また、炎天下の
車内に保管したり、熱源の近くに置いておか
ないでください。
断面積が大きなフレームチューブは、
! 通常の自転車キャリアに固定すると、
クランプによって押しつぶされてしまう恐れ
があります。そのようなカーボンフレームを
使用し続けると、何の前触れもなく急に破損
することがあります。カーボンフレームも運べ
る特殊なタイプのキャリアがあります。
ライダーと携 行品(リュックサック)
、
i 自転車を合わせた総重量が 100 kg
を超えることは許されません。
トレーラーの
使用は一切認められていません。
40 カーボン素材
カーボン素材 41
カーボンホイールに関する注意事項
手入れについて
カーボンホイールには、
炭素繊維強化プラスチッ
クが使用され、優れたエアロダイナミクス特性
と軽量性をその特長としています。
炭素繊維強化プラスチック製コンポーネントの
清掃には、柔らかい布ときれいな水を使い、必
要に応じて少量の洗剤を水に加えます。落ちに
くい油やグリスなどの汚れは、石油系クリーナー
を使用するときれいになります。アセトンやトリク
ロロエチレン、塩化メチル等を含有する脱脂剤
や、溶剤ないし溶剤を含む非中性洗剤や化学
洗剤などは表面が腐食しますので絶対に使用
しないでください。
カーボンホイールのブレーキに関する注意事項
ブレーキ面がカーボンのため、注意しなければ
ならない点がいくつかあります。必ずカーボンホ
イール用のブレーキシューを使用してください。
弊社でいつもお奨めするのは、
ホイールメーカー
のブレーキシューを使うことです。
シマノや Campagnolo もカーボン用シューを
販 売していますが、それぞれシマノ製ないし
Campagnolo 製のリムに合わせたものになって
います。カーボン用ブレーキシューは、通常より
も摩耗が早いのが一般的です。ブレーキの効
き方が特殊で、特に濡れている環境では通常と
異なりますのでご注意ください。ブレーキをか
ける練習を車の通らない場所で繰り返して、自
転車を確実にコントロールできるようにしておき
ましょう。
カーボン製リムのブレーキ面は、高熱に強くあり
ません。そのため山を走る際に、ブレーキをか
け続けることはできません。ずっと後輪のブレー
キをかけたままで山を下りると、ホイールが過
熱して変形することがあります。リムが破壊され
て、チューブが破裂する恐れもあり、事故の原因
になりかねません。減速には必ず両方のブレー
キを使い、頻繁にブレーキを開放して熱を冷ま
すようにしてください。
リムがカーボン製のホイールはブレーキの効き方が特殊
です
カーワックスで表面を保護しましょう
表面を保護し光沢を出すには、カーワックスを
使用することもできます。研磨液や塗装面クリー
ナーには固体成分が含まれており、表面に傷を
つける恐れがあります。
カーボンホイールのブレーキ面には、ワックスや
オイルがつかないようにしてください。
カーボン製のフレームやシートポスト
! を作業スタンドのクランプに挟まない
でください。
破損する場合があります。
堅牢な
(アルミ製の)シートポストを取り付けてクラ
ンプに挟むか、フレームを内側から 3 点で
固定する作業台や、フォークとボトムブラケッ
トシェルで固定する作業台などを使用してく
ださい。
カーボン製のフレームやシートポスト
! を作業スタンドのクランプに挟まない
でください。
破損する場合があります。
堅牢な
(アルミ製の)シートポストを取り付けてクラ
ンプに挟むか、フレームを内側から 3 点で
固定する作業台や、フォークとボトムブラケッ
トシェルで固定する作業台などを使用してく
ださい。
ブレーキの 状 態 を確 認しましょう。
i 必ずカーボン 製リム 用 のブレ ーキ
シューを使用してください。
超軽量構造のパーツはすべてそうで
すが、カーボン製コンポーネントも、
その耐久期間には限りがあります。
そのため、
ハンドルやシートポスト、
カーボン製ホイール、
ステムなどは、使用頻度と負荷に応じて、た
とえば 3 年毎や 15,000 km 毎など、定期的
に交換してください。無事故の場合でも同様
です。
ブレーキシューの状態を頻繁に点検
してください。アルミ製のリムよりも摩
耗が早いので注意が必要です。
濡れていると制動力が大きく低下しま
すのでご注意ください。雨が降りそう
な時や湿度が高い時は、なるべく乗らないよ
うにしましょう。濡れた路面を走る時は、常
に危険の予測に努め、乾いている時よりも
速度を落としましょう。
ダウンチューブの下側など、カーボン
! フレームの傷つきやすい場所には専
用の保護シールを貼って、ケーブルが擦れた
り、石がぶつかることによる損傷から保護し
てください。
特殊なシールがカーボンを保護
カーボン製コンポーネントにオイルや
! グリスを塗ることは禁物です。グリス
が表面に侵入して蓄積され、摩擦係数が下
がることにより、許容締め付けトルクの範囲
内で確実に固定することができなくなります。
カーボン製コンポーネントに一度グリスがつ
いただけでも、確実な締め付けがまったくで
きなくなる場合があります。
自転車の清掃時など、定期的にカー
ボン製コンポーネントに切欠きや亀
裂、へこみ、変色などの外的損傷がないかど
うか点検してください。布がどこかに引っ掛
かるようなことがあれば、その箇所を検査す
る必要があります。Canyon の使 用をやめ
てください。直ちに弊社のホットライン 0503786-8496 までご一報ください。
42 トライアスロン / タイムトライアル /トラックレーサーに関する注意事項
トライアスロン/
タイムトライアル
バイク・トラック
レーサーに関する
注意事項
タイムトライアル用のハンドル
トライアスロン競技やタイムトライアルでは、サ
ドル上の姿勢のエアロダイナミクスが最重視さ
れるため、一般にエアロハンドルが使用されま
す。エアロハンドルではシフトレバーがエアロ
バー先端についていて、ブレーキレバーはベー
スバー
(ブルホーン)
の端にあります。エアロバー
を握る姿勢で走っていると、ブレーキレバーが
遠く、反応時間が長くなって、制動距離も伸びま
す。常に危険の予測に努めながら走るようにし
ましょう。
ハンドルの位置は、ある程度まで好みに合わせ
て調整することができます。ハンドルのまっすぐ
な部分の向きを、下にはほんの僅かだけ、上に
は最大 30 度までの範囲にしておくことをお奨め
します。
トライアスロン / タイムトライアル /トラックレーサーに関する注意事項 43
タイムトライアル用のバーエンドシフター
シマノや SRAM、Campagnolo などのトライア
スロン・タイムトライアル用バーエンドシフター
では、レバーを下に押すとリアが小さい方のス
プロケット
(ギア比大)
に、
フロントは小さいチェー
ンリング(ギア比小)に切り替わるようになって
います。シフトレバーを上に引き上げると、リア・
フロント共にスプロケットが大きくなります。
タイムトライアルバイクの走行特性は慣れないと違和感
があります
肘がアームレストよりもいくらか後ろにはみ出るようにして
おきましょう
楽に腕を乗せられるように、肘がアームレストよ
りもいくらか後ろにはみ出るようにしてください。
シフトレバーからシフトケーブルを通じて、ギア
の切り替え指示がディレイラーに伝達されます。
するとディレイラーがシフトして、チェーンが隣の
スプロケットに移動します。ギアの切り替え操作
で重要なのは、チェーンがスプロケットの間を
移動中は均一かつあまり力を入れずにペダルを
こぎ続けることです。最近の自転車は、
スプロケッ
トに特殊なスライダーが組み込まれているため、
負荷がかかっている状態でもギアの切り替えに
は問題ありません。しかし負荷状態でのギアの
切り替えによってチェーンの寿命は大幅に短くな
ります。
バーエンドシフターでリアとフロントのディレイラーを制御
リアディレイラー
また、チェーンがチェーンステイとチェーンリング
の間に噛み込む(チェーンサック)恐れもありま
す。ですから、ペダルに思い切り力を入れてこい
でいる時にギアを切り替えるのはやめてくださ
い。特にフロントディレイラーの切り替えは禁物
です。
トラックレーサー
トラックレーサーにはブレーキがついていませ
ん。
後輪のハブはフリーホイールではありません。
ホイールが回転している間は、クランクも回り続
けます。
トラックレーサーの乗り方は、経験豊富
なトレーナーの指導に従って練習してください。
トライアスロンバイクやタイムトライア
! ルバイク、トラックレーサーの走行特
性は慣れないと違和感があります。まず人通
りの少ない場所で自転車に乗ってみて、徐々
にその走行性を試してみるようにしましょう。
トラックレーサー
エアロハンドルで走行時は、停止する
までの距離が長くなりますのでご注意
ください。ブレーキレバーがすぐ手の届く距
離にありません。
トラックレーサーは通常のロードバイ
クとはまったく異なります。
フリーホイー
ルおよびブレーキがありませんので、徐々に
慣れるようにしてください。
44 転倒してしまったら
転倒してしまったら 45
転倒してしまったら
1. ホイールがまだしっかりと車輪の受け(フォー
クエンド/ドロップアウト)に固定されているこ
とと、リムがフレームないしフォークの中央に
位置していることを確認してください。車輪を
回してみて、ブレーキシューとリムのブレーキ
面との間隔を確認します。間隔が大きく変動
し、その場では振れ取りができない場合、ブ
レーキをいくらか広げて、
リムがシューに擦れ
ることなく車輪が回転できるようにする必要
があります。その場合には、ブレーキの制動
力が低下しますので、ご注意ください。詳細
は「ブレーキ」および「ホイール」の項をご覧
ください。
2. ハンドルとステムが曲がっていたり、欠けてい
たりしないか、また傾いていないか確認しま
す。ステムがフォークにしっかり固定されてい
ることを確認するために、
前輪を押さえてハン
ドルをひねってみます。また、ブレーキレバー
に体重をかけてみることで、ステムにハンドル
がしっかり固定されていることを確認します。
詳細は「Canyon ロードバイクの身体に合わ
せたフィッティング」および「ステアリングヘッド」
の項をご覧ください。
3. チェーンがまだチェーンリングとスプロケットに
かかっているかどうかを確認します。自転車
が変速機側に倒れた場合には、変速機が問
題なく機能するか確認することをお奨めしま
す。誰かにサドルを持って自転車を持ち上げ
おいてもらい、全段シフトしてみます。特にギ
アの軽い方に向かってチェーンが大きなスプ
ロケットに移動してゆく時に、
リアディレイラー
がどこまでスポークに近づくかに注意してくだ
さい。
リアディレイラーやドロップアウトが歪ん
でいると、
ディレイラーがスポークにぶつかり、
転倒の危険があります。リアディレイラーや後
輪、フレームなどが破損する恐れがあります。
フロントディレイラーを点検してください。位
置がずれているとチェーンが外れて自転車の
推進力が失われます。
(
「変速機」の項も参照)
4. サドルの向きを、
トップチューブに合わせるか、
ボトムブラケットシェルに向かって見て、サドル
がねじれていないことを確認します。
5. 自転車を数センチ程度持ち上げてから、手を
離して地表に落とします。その時に何か音が
したら、緩んでいるボルトがないかどうか確
認しましょう。
ホイールがまだしっかりとフォークエンドおよびドロップア
ウトに固定されていることを確認してください。
6. そして最後にもう一度自転車全体をよく眺め
てみてみると、歪みや変色、亀裂などに気が
つくことがあります。
サドルの向きをトップチューブに合わせて、ねじれていな
いことを確認します
すべての確認を行って問題がなかった場合に
のみ、
くれぐれも慎重に自転車に乗って帰宅して
ください。急に加速したり、ブレーキをかけたり
することは避けて、立ちこぎもしないでください。
前輪を押さえてハンドルをひねることができるか試してみ
ましょう
チェーンがまだチェーンリングとスプロケットにかかってい
るかどうかを点検します。
i
「カーボン素材の注意事項」の項に
ある注意事項も確認してください。
自転車の走行能力に疑問がある場合には、念
のため、自動車で迎えに来てもらってください。
自宅に戻ったら、改めて自転車を詳細に点検す
る必要があります。本説明書末尾ないし同梱
CD に収録されているさらに詳しい解説を読む
か、確信が持てない場合には、弊社ホットライ
ン 050-3786-8496 までご連絡ください。
衝撃的な力がかかったカーボン製の
コンポーネントや、曲がったアルミ製
のパーツは、突然折れることがあります。変
形を直す
(まっすぐに戻す)
こともできません。
まっすぐに直しても、破断する危険性が大き
いことには変わりありません。特に危険なの
はフォークやハンドル、ステム、クランク、シー
トポスト、ペダルなどです。安全が第一です
ので、確信が持てない場合には、該当する
パーツを交換することをお奨めします。
カーボン製パーツは特に入念に点検して、不安がある場
合にはご自分の安全のためにも交換しておきましょう
軽量構造のパーツは、ご自分の安全のため、転倒後は交
換しておきましょう
46 フレームセット ― 組み立て時の注意事項
フレームセット ― 組み立て時の注意事項 47
フレームセット
組み立てに関する
注意事項
技術仕様
フレームはすぐに組み上げられる状態になって
おり、ネジ切りや、各種軸受およびシートチュー
ブのリーマー加工は済んでいます。フレームに
作業を行う必要はありません。フレームや、位置
を変えることができるケーブルガイドなどの補助
パーツなどを、分割したり、穴開けなどで改造
しないでください。
Canyon は高品質のカーボンフレームおよびア
ルミフレームを単体でも自分の好みに合わせて
組み上げたい方のためにご提供しております。
したがって、フレームを組み上げパーツを取り付
ける人が、責任を持って部品の互換性と適正な
組み立てを確保する必要があります。市販され
ているパーツは無数にあるため、Canyon の本
説明書でそのすべてを網羅することはできませ
ん。Canyon は、部品のあらゆる組合せについ
ての責任は負いかねます。
また、各パーツメーカーの説明書を必ずよく読
むことをお奨めします。原則として、パーツの組
合せに問題があると、お客様の Canyon の安
全性が損なわれる可能性があります。
そのため、
組み立ては専門業者か、弊社のマイスター整
備工場に依頼することをお奨めします。ご自分
の安全のためにも、無理な作業はしないように
してください。
Canyon Ultimate CF のフレームセット
パーツをフレームに取り付ける時には必ず
(カー
ボン 製シートポスト、コラムがカーボン 製 の
フォークに取り付けるステム、カーボン製フレー
ムに取り付ける場合のあらゆるタイプのシート
ポストなどを除く)高品質のアッセンブリーグリ
スを使ってください。これが腐食の防止になりま
す。グリスを塗っておかないと、時間が経過した
時に、お客様の Canyon を分解することができ
なくなる可能性があります。
所定の締め付けトルクを必ず守ってください
Canyon のロードバイクのフレームには、ステ
アリングヘッドおよびフォークは取り付け済みで
す。
i
お客様の Canyon の組み立ては弊社
の整備工場にご依頼ください。
実際に作業を行う人の経験や手先の
i 器用さによっては、本説明書の記載内
容では十分ではない可能性もあります。作
業によっては、専用の引抜き工具などの特殊
な工具や、さらに別の説明書が必要となるこ
ともあります。
フレームのチューブを挟んで自転車作
! 業スタンドに固定しないでください。
薄肉のチューブが破損する恐れがあります。
まず堅牢な(アルミ製の)シートポストを取り
付けてクランプに挟むか、フレームを内側か
ら 3 点で固定する作業台や、フォークとボト
ムブラケットシェルで固定する作業台などを
使用してください。
必ず、締め付けトルクを弱い状態から徐々に最
大締め付けトルクまで上げてゆくようにして、コ
ンポーネントが確実に固定されているかどうか
を確認する方法は、各項の解説に従ってくださ
い。
締め付けトルクの範囲がわからないパーツは、
締め付けトルクを少しずつ上げてゆくようにして、
こまめにコンポーネントが確実に固定されてい
るかどうかを確認してください。
!
同梱されているステムのみの使用が
許されています。
Canyon のフレームを完成車に組み
上げる人が、
自分で責任を持って、
パー
ツの構成がメーカーの指針や一般の規格、
現在の科学技術の水準に適合するものであ
ることを担保する必要があります。
個々のパー
ツのフレームとの互換性に関して疑問があ
る場合には、弊社ホットライン +050-37868496 までお電話ください。
作業にはトルクレンチが必需品
Canyon F10 のフレームは、カーボ
! ン繊維を自転車走行時の負荷に合わ
せて加工してあります。そのため、リベット止
めされているケーブルエンドには、ケーブル
の方向のみに負荷をかけることができます。
ケーブルの初期伸びを予め取っておくため
に、斜めに引っ張ったり、フレームから横に
引っ張ったりしないでください。フレームが
破損してしまう恐れがあります。
コンポーネントには、締め付けトルク
i が印刷されていたり、貼り付てあるこ
とがあります。その値に従ってください。必ず
付属のコンポーネントメーカーの説明書をお
読みください。
48 フレームセット ― 組み立て時の注意事項
フレームセット ― 組み立て時の注意事項 49
ステアリングヘッド / ヘッドセット
交換式ディレイラーハンガー
フレームはすべて、カップが圧入された一体型
ヘッドセット(インテグレーテッド ヘッドセット)仕
様で出荷されます。
交換式ディレイラーハンガーは、どのフレームに
も十分に固定されています。締め付けトルク 1.5
Nm を守ってください。最大締め付けトルクで
ある1.5 Nm を絶対に超えないようにしてくださ
い。
Canyon のロードバイクフレームセットは、ステ
ムおよびフォークが取り付けられ、ステアリング
ヘッドの調整を済ませた状態で発送されます。
ボトムブラケット
ボトルケージ
ステムとフォークが取り付けられ調整済みのステアリング
ヘッド
全フレーム共通(Aeroad CF を除く)
:BSA /BSC
1.370x24T(右側は左ネジなので注意)
Aeroad CF:プレスフィット BB 91 86.5 mm
ロードバイクフレーム共通:130 mm
トラックレーサー V-Drome:120 mm
交換式ディレイラーハンガーを取り替える時には、最大締
め付けトルクである 1.5 Nm を絶対に超えないこと
ケーブルエンド
通常のカートリッジベアリングに高品質のアッセ
ンブリーグリスを塗って直接取り付けることがで
きます。ベアリングメーカー指定の締め付けトル
クを守ってください。
リアエンド幅
最大締め付けトルク 5 Nm を守ってください。
最大締め付けトルクである 5 Nm を絶対に超え
ないようにしてください。
ボトムブラケット
力のかかる方向に合わせてケーブルエンドがリ
ベット留めされている Canyon Ultimate CF の
フレームでは、シフト用ケーブルないしブレーキ
用ケーブルの方向のみに負荷をかけてください。
斜め方向や、ケーブルの方向に反する負荷は、
フレームの損傷につながる恐れがあります。
ボトルケージの取り付け時には最大締め付けトルク5 Nm
を守ってください
ディレイラーハンガーを交換する時
i は、ディレイラーハンガーとフレームの
間に少量のグリスを塗ることをお忘れなく。
50 フレームセット ― 組み立て時の注意事項
CANYONロードバイク
の身体に合わせた
フィッティング
シートポスト
新しいシートポストを取り付ける時には、必ず公
称直径がフレームのシートチューブと同じであ
ることを確認してください。シートポストは、圧力
をかけたり、回転させたりしなくてもスムーズに
フレームに入らなくてはいけません。フレームと
シートポストの寸法に差があると、シートポスト
が折れる可能性があります。
シートポストをフレームに取り付ける前に、シー
トチューブに鋭い角や縁がまったくないことをよ
く確認してください。カーボン製のシートポスト
やカーボン製シートチューブを使用する場合に
は、どちら側にもグリスやオイルがまったくつい
ていないことを確認してください。必要に応じて
シートチューブの清掃とバリ取りを行います。
シートポストクランプのクイックリリースやボルト
をきつく絞めすぎないようにしてください。
「適
正なサドルの高さ」の項にある注意事項および
「手入れと点検についての一般的注意事項」の
項に記載されている許容締め付けトルクを守り、
コンポーネントメーカーの所定値も遵守してくだ
さい。締めすぎるとシートポストが破損すること
があり、その結果として事故やライダーの負傷の
原因となる可能性があります。
シートポストがフレームにぴったり合うことを確認してくだ
さい
Canyon の専用カーボンアッセンブ
i リーペーストを使用して、シートポスト
をしっかりと固定しましょう。
Canyon のロードバイクに乗って風を切りながら
疾走したいという方も、ゆったり走りたいという
方も同じです。
(座る)姿勢が、Canyon の乗り心
地やライダーのパフォーマンスを決めます。です
から、ご自分の Canyon のサドルとハンドルを、
自分のニーズに合わせて精密に調整しましょう。
スタンドオーバーハイトは十分な股下の余裕が必要
ロードバイクは、高速走行を目的に設計された
スポーツ用の自転車です。したがって、体幹部お
よび頸背部や肩に、ある程度の筋力があること
を前提としています。
シートポストクランプのボルトを強く締めすぎないようにし
てください
シートチューブとシートポストの直径
が完全に一致していないと、フレーム
やカーボン製シートポストが折れる恐れがあ
ります。それが事故やライダーの負傷を招く
結果になる可能性があります。
弊社ホームページ掲載のシートポスト
i の直径に関する注意事項をご確認く
ださい。www.canyon.com/service
身体に合わせたフィッティング 51
カーボン製シートポストやカーボン製
フレームのシートチューブには絶対に
グリスを塗らないでください。
シートポストは最低でも先端がトップ
チューブの下まで入るか、シートポス
トの最 低ラインが中に入るまで、フレーム
に差し込む必要があります。シートポストの
最低ラインが見えている状態では、絶対に
Canyon に乗らないでください。
ライダーの身体のサイズによって、Canyon の
適切なフレームサイズが決まります。選んだ自
転車のタイプによって、乗車時の姿勢がおのず
と決まってきます。ただし、Canyon に搭載され
ているコンポーネントの中には、身体の寸法に
合わせてある程度の調整がきくものがあります。
そのようなコンポーネントには、シートポスト、ハ
ンドルステム、ブレーキレバーなどがあります。
ロードバイクライダーの一般的な姿勢
フレームサイズを選ぶ時には、
スタンドオーバー
ハイトに十分な余裕があることを確認して、
トッ
プチューブにぶつかって痛い思いをする心配が
ないようにしましょう。
Canyon のパーフェクト
・ポジション・システム
(PPS)
を使えば、Canyon に試乗してみなくても、ご自
分にぴったりのフレームサイズを選ぶことがで
きます。PPS は弊社ウェブサイトwww.canyon.com
でご利用いただけます。
次に解説する作業はどれも、ある程
度の経験と適切な工具、手先の器用
さが必要とされます。組み立てが終わったら
必ず簡易テスト(
「乗車前に必ず確認」の項
参照)を行って、人のいない広場や道で試
乗してみてください。そうすれば、落ち着いて
すべてを再確認することができます。不安な
方は、位置の確認だけにしておくのが賢明
です。必要なら Canyon を専門の知識があ
る人にみてもらってください。
サドルの高さ 身体に合わせたフィッティング 53
52 身体に合わせたフィッティング サドルの高さ
適正なサドルの高
さ
必要なサドルの高さは、ペダルをこぐ動作によっ
て決まります。
重要:ペダルをこぐ時には、足の親指の付け根
の拇指球をペダルの軸上に乗せるのが、よいこ
ぎ方です。その状態で、クランクが一番下の位
置にあっても、脚が伸びきった状態になっては
いけません。サドルが高すぎると、この一番低
い位置を通過するのが難しくなり、ペダリングの
動きが丸くスムーズにならなくなってしまいます。
サドルが低すぎると、
膝の痛みの原因になります。
ですから、次のような簡単な方法を用いて、サド
ルの高さを検査しましょう。検査には靴底が平
らな靴を履いてください。
サドルに座って、一番低い位置にしたペダルに
かかとを乗せます。
この状態では足が伸びきっ
ている必要があります。腰が斜めに傾かない
ように注意してください。
サドルの高さを調整するには、シートクランプのボルトを
緩めます
▲
サドルの高さを調節するには、シートクランプの
ボルトまたはクイックリリースを緩める必要があ
ります。
(その前に「クイックリリースとスルーアク
スルの取り扱い」の項を読んでおいてください。
)
シートクランプのボルトを適切な工具で反時計
回りに廻して緩めます。
シートポストについているマークよりも先まで
シートポストを引き出さないでください。シート
チューブが長く、
トップチューブよりも上まで突き
出ているタイプのフレームでは、シートポストの
先端が最低でもトップチューブの下まで入るよう
に差し込む必要があります。従って、最低でも差
し込みが 10 センチ以上必要となる可能性があ
ります。
緩めたシートポストの高さを調整します。シー
トチューブの中に入る部分には常にしっかりと
グリスを塗っておくようにしてください。
(カーボ
ン製のフレームおよびシートポストを除く)
シー
トポストがシートチューブの中で簡単に滑らな
い場合でも、けっして無理な力をかけないで
ください。困ったら弊社のホットライン 0503786-8496 をご利用ください。
▲サドル先端の向きを、
ボトムブラケットに向かっ
て見るか、
トップチューブに合わせて、サドルが
真っ直ぐ前を向くようにします。
▲シートポストのクランプを締めます。締めるに
はサドルクランプのボルトを時計回りに廻しま
す。それほど手に強い力を入れなくても、十分
な固定作用が得られるはずです。得られない
場合には、シートポストがフレームとうまく合っ
ていない可能性があります。確信が 持てな
い場合には、弊社のホットライン 050-37868496 にお問い合わせください。
▲シートポストがしっかりと固定されているか確
かめましょう。サドルの前後を両手でしっかりと
押さえてひねってみます。サドルが回転しなけ
れば、シートポストは固定されています。
▲これで脚の伸び方がよくなったかどうか、
再度
確認しましょう。足をペダルの最適な踏み位
置にもってゆきます。拇指球がペダルの中央
にある時には、膝は軽く曲がった状態になっ
てなければなりません。そうなっていれば、サ
ドルの高さは適切です。
▲また、
その状態で確実に足が地面に届くかも
確認しておきましょう。届かない場合は、サド
ルをもう少し下げる必要があります。
▲
一番低い位置にしたペダルにかかとを乗せた状態では
足が伸びきっていなければなりません
シートポストとフレームで、所定の最低
! 差し込み長が異なることがあります。
その場合は長い方の差し込み長に従ってく
ださい。
i
成 長 期 の 子 供 は、サドル の 高さを
2 ~ 3 ヶ月ごとに検査してください。
カーボン製フレームのシートチューブ
でアルミのスリーブがない場合には絶
対にグリスを塗らないでください。カーボン
製シートポストの使用時には、金属製のフ
レームもグリスは厳禁です。カーボン製パー
ツは一度グリスがついただけで、確実な締
め付けができなくなる場合があります。
締め 付 けトルクを 少しずつ(0.5Nm
i ずつ)規定の最大締め付けトルクまで
上げてゆくようにして、こまめにコンポーネン
トが確実に固定されているかどうかを確認し
てください。メーカー指定の最大締め付けト
ルクを超過しないようにしてください。
サドルの向きをトップチューブに合わせて、ねじれていな
いことを確認します
フレームに対してサドルをひねることができるか試してみ
ましょう
シートクランプのボルトを強く締めす
ぎないようにご注意ください。ボルト
を締めすぎるとシートポストやフレームが破
損する恐れがあります。事故の危険がありま
す。
最低ラインが見える所までシートポス
トが引き出された状態では、絶対に
自転車に乗らないでください。シートポスト
が折れたり、フレームが損傷する恐れがあり
ます。シートチューブがトップチューブよりも上
に延びているフレームでは、シートポストを
最低でもトップチューブないしシートステイの
下まで差し込むことをお奨めします。
54 身体に合わせたフィッティング ハンドルの高さ
適正なハンドルの
高さ
ハンドルの高さによって上半身の傾斜が決まり
ます。ハンドルの取り付け位置が低いほど、上
半身が前に傾斜することになります。その方がラ
イダーの受ける空気抵抗が減り、前輪に体重を
かけることができますが、強い前傾姿勢は体力
を消耗し、手首や腕、上半身やうなじへの負担
が増すため乗り心地も悪くなります。
ハンドルの高さ 身体に合わせたフィッティング 55
AHEADSET® ステム / スレッドレス式
(Aheadset® は、Dia-Compe 社の登録商標で
す。
)
ハンドルの高さによって上半身の傾斜が決まります
Aheadset® タイプのステアリングヘッドを搭載す
る自転車では、
ステムを利用してステアリングヘッ
ドの調整も行います。ステムに変更を加えた場
合には、軸受を再調整する必要があります。
(こ
れに関しては「ステアリングヘッド」の項参照)高
さを調節するには、スペーサーと呼ばれる中間
に挟まっているリングの構成を変更するか、い
わゆるフリップフロップタイプのモデルではステ
ムを上下逆にすることが唯一の方法です。
ス テアリングコラムの上についているプレ
シャープラグのボルトを取り外し、キャップを外
します。
▲ステムの横にあるボルトをそれぞれ緩めます。
ステムをフォークから抜き取ります。
▲これでスペーサーが外れるようになりました。
▲Canyon のカーボンアッセンブリーペーストを
ステムを固定する部分に少量塗ってください。
▲ステムをコラムの一番奥まで通して、取り外し
たスペーサーをすべてステムの上に嵌めます。
ステムの横にあるボルトをそれぞれ緩めます
▲
タイムトライアルバイクの走行特性は慣れないと違和感
があります
同 梱されているコンポーネントメー
カーの説明書もご覧ください。
ステアリングコラムにカーボンアッセンブリーペーストを塗
ります
ステムは自転車の構造を支える主要
部品です。変更を加えることにより、安
全上の問題が生じる場合があります。ステム
およびハンドルのボルトは、適正に締め付け
る必要がありますのでご注意ください。規定
値は「推奨締め付けトルク」の項に記載され
ています。変更を計画中で疑問がある方は、
弊社のホットライン 050-3786-8496 をご利
用ください。
スペーサーの数を減らしたい場合に
i は、ステアリングコラムを短くする必要
があります。元に戻すことはできませんので、
その前傾姿勢が間違いなく自分に合ってい
ることが確実な場合にのみ、変更を行うこと
をお奨めします。この作業は専門業者に依
頼してください。
弊社の Canyon 整備工場ホッ
トライン 050-3786-8496 にお問い合わせ頂
くのが最善策です。
i
ステムによって、長さや直 径および
ハンドルクランプ内径の寸法にはさま
ざまなものがあります。その選択を誤ると危
険を招く場合があります。ハンドルやステム
が折れて、事故の原因となる可能性がありま
す。部品の交換時には、表示のある適切な
純正部品のみをご使用願います。
トラックレーサーはピュアで妥協の一切無いスポーツ用
マシン
ハンドルとステムの組合せは、ハンド
ルおよびステムのメーカーが互換性
を確認しているものを選んでください。
スペーサーを外してステムを取り付け、外したスペーサー
はステムの上に乗せます。
56 身体に合わせたフィッティング ハンドルの高さ
I-LOCK システム
ステムを裏返す場合には、さらにハンドルも取
り外す必要があります。
ハンドルを外すには、
ステムの前方にあるハン
ドルを固定するボルトを外して、ハンドルを慎
重に取り外します。
▲こちら側の固定部分にも Canyon のカーボン
アッセンブリーペーストを塗って、ステムを裏返
したらハンドルを再び固定します。
▲また、ハンドルをステムの中央に合わせてくだ
さい。下ハンドルは水平に、角度をつけるとし
てもわずかに下向きにする程度にしておくこと
をお奨めします。
▲ステムのクランプボルトはすべてトルクレンチ
で所定値に従って締め付けてください。カー
ボンアッセンブリーペーストを使用していれ
ば、通常なら最大の締め付けトルクまで締め
付ける必要はありませんのでご注意ください。
ボルトの締め付けは指定値よりも 20 ~ 25 %
低いトルク、たとえば指定値が 8 Nmであれば
6 Nm の締め付けで十分です。こうすれば素
材への負担を軽くできます。
▲軸受を改めて調整し直します。
▲ステムが前輪と一直線になり、ハンドルが進
行方向に対して垂直になるように位置を合わ
せます。ステムの位置を合わせたらボルトを
締めて、ひねりテスト(
「ステアリングヘッド」の項
参照)を行ってください。
I-LOCK ヘッドセットシステムを搭載するモデル
では、ヘッドセットもステムによって固定されてい
ます。ステムの位置を変えた場合には、軸受も
再調整する必要があります。
(これに関しては「ス
テアリングヘッド」の項参照)
▲
ハンドルクランプの縁が鋭利になって
i いないように注 意して下さい。変 更
を計画中の方は、弊社のホットライン 0503786-8496 をご利用ください。
お持ちの Canyon ロードバイクにカー
ボン製のステアリングコラムが搭載さ
れている場合(ステムのスリット内が黒また
は黒光りしているのでわかります)には、細
心の注意が必要です。専門家に頼みましょ
う。
ハンドルの高さ 身体に合わせたフィッティング 57
軸受を改めて調整し直します
高さを変更する唯一の方法は、スペーサーと呼
ばれるリングをステムの下から上に移動するか、
いわゆるフリップフロップタイプのモデルではス
テムを上下逆にすることです。
ステムの横にあるボルトをそれぞれ 2 ~ 3 回
転だけ緩めます。ステアリングヘッド調整用の
ボルトを逆に(反時計回りに)廻します。
▲ステムの上についているキャップを取り外しま
す。
▲フォークを押さえてステムをフォークから抜き
取ります。
▲これでスペーサーが外れるようになりました。
▲Canyon などのカーボンアッセンブリーペース
トをステムを固定する部分に少量塗ってくださ
い。
▲ステムをコラムの一番奥まで通して、取り外し
たスペーサーをすべてステムの上に嵌めます。
ステムの横にあるボルトをそれぞれ緩めます
▲
そしてステムを規定の締め付けトルクで締めます
ステムおよびハンドル のボルトは、
規定のトルクで締め付ける必要があり
ますのでご注意ください。該当する値は「推
奨締め付けトルク」の項または付属のコン
ポーネントメーカーの説明書に記載されて
います。困ったら弊 社のホットライン 0503786-8496 をご利用ください。締め付けトル
クが適正でないと、ハンドルやステムが外れ
たり、折れたりする可能性があります。重大
な事故につながる恐れがあります。
この調整方法は姿勢を確認するため
! の一時的なものです。この状態で走る
とスペーサーがカタカタ動くことがあります。
ハンドルの高さが自分に合うことがわかった
ら、ステアリングコラムを専門業者にカットし
てもらってください。
ステム交換時には、表示のある適切
な純正部品のみをご使用願います。
クランプ方式が違う他のモデルを使用する
と、特にカーボン製フォークの場合には破損
する恐れがあります。転倒の危険があります。
モデルの異なるステムとの組合せについて
Canyon は一切責任を負いかねます。その
場合保証は消滅します。
ステアリングヘッド調整用のボルトを逆に(反時計回りに)
廻します
キャップを外します
お客様の Canyon ロードバイクには
カーボン製のフォークが搭載されて
います。ステムのスリットの中が黒または黒
光りしているのがその印です。コックピット周
りの作業を行う際は常に細心の注意が必
要です。
作業は専門家にお任せください。
迷っ
たら弊社の Canyon 専門整備工場に調整
をご依頼ください。困ったら弊社のホットラ
イン 050-3786-8496 をご利用ください。
58
身体に合わせたフィッティング ハンドルの高さ
サドル・ハンドル間
距離とサドルの調整
ステムを裏返す場合には、さらにハンドルも取
り外す必要があります。
ハンドルを外すには、
ステムの前方にあるハン
ドルを固定するボルトを外して、ハンドルを慎
重に取り外します。
▲こちら側の固定部分にもカーボンアッセンブ
リーペーストを塗って、ステムを裏返したらハン
ドルを再び固定します。
▲キャップをステアリングコラムの上に嵌めて、
フォークを押さえながら遊びが感じられなくな
るまでステムとキャップを下に押しつけます。
▲ステムが前輪と一直線になり、ハンドルが進
行方向に対して垂直になるように位置を合わ
せます。
▲また、ハンドルをステムの中央に合わせてくだ
さい。下ハンドルは水平に、角度をつけるとし
てもわずかに下向きにする程度にしておくこと
をお奨めします。
▲ステムのクランプボルトはすべてトルクレンチ
で所定値に従って締め付けてください。カー
ボンアッセンブリーペーストを使用していれ
ば、通常なら最大の締め付けトルクまで締め
付ける必要はありませんのでご注意ください。
ボルトの締め付けは指定値よりも 20 ~ 25 %
低いトルク、たとえば指定値が 8 Nmであれば
6 Nm の締め付けで十分です。こうすれば素
材への負担を軽くできます。
▲軸 受の遊びを下記の解説に従って調整して、
同じく解説のある強度検査を行ってください。
サドル・ハンドル間距離とサドル 身体に合わせたフィッティング 59
▲
ハンドルのグリップ部分とサドルの距離やサドル
の角度も、
前傾姿勢の角度に影響を与えるため、
乗り心地や走行性が変化します。
スペーサーを抜き取ります
ハンドルとサドルの距離は、サドルクランプをず
らすことで、わずかながら変更が可能です。ただ
し、シートポスト上でサドルレールを横にずらす
と、ペダルの踏み方も変わってきます。サドルが
前後に移動することで、ライダーがどの程度後
方からペダルを踏むかが変わってきます。
サドルが水平になっていないと、リラックスして
走行することができません。常にハンドルで身
体を支えていないと、サドルから滑り落ちてしま
うからです。
ステアリングコラムにカーボンアッセンブリーペーストを塗
ります
サドルが後ろに傾斜していてはいけません
サドルを絶対にサドルレールの湾曲し
ている部分では固定しないでくださ
い。必ずまっすぐな部分で固定します。
キャップを乗せたらフォークを押さえて下に押しつけて、
位置を合わせたステムを規定の締め付けトルクで締めま
す
ステムおよびハンドル のボルトは、
規定のトルクで締め付ける必要があり
ますのでご注意ください。該当する値はその
コンポーネント自体または付属のコンポーネ
ントメーカーの説明書に記載されています。
締め付けトルクが適正でないと、ハンドルや
ステムが外れたり、折れたりする可能性があ
ります。重大な事故につながる恐れがありま
す。
ハンドルのグリップ部分とサドルの距離は前傾姿勢の角
度に影響を与えます
ステムのクランプボルトはすべてトルクレンチで所定値に
従って締め付けてください
シートポストのボルト類は、規定のトル
クで締め付ける必要がありますので
ご注意ください。トルクレンチを使用し、最
大締め付けトルクを超過しないようにしてく
ださい。最大締め付けトルクは「推奨締め
付けトルク」の項およびコンポーネント自体、
もしくはコンポーネントメーカーの取扱説明
書に記載されています。
サドルで調整が可能な範囲は、ごくわ
i ずかしかありません。ステムの長さを
変える方法であれば、最大で十センチを超
える距離の変更が可能になります。ただしそ
の場合には、各種ケーブルの長さもそれに
応じて変更する必要があります。このような
改造を行う際には、必ず専門の自転車整備
工場に依頼してください。ご質問やご予約は
弊社のホットライン 050-3786-8496 までど
うぞ。
60
身体に合わせたフィッティング サドル・ハンドル間距離とサドル
サドルの位置と角度の修正
前後一列に配置された 2 本のボルトで固定する
クランプ
特許技術のクランプ ボルト平行 2 本締めタイプ
特許技術を搭載するこのシートポストでは、サド
ルの角度および水平方向の位置を固定するヘッ
ドを、2 本の平行の六角穴ボルトで押さえてい
ます。シートポストのヘッド部分についているボ
ルトを両方とも緩めます。ボルトを緩めるのは 2
~ 3 回転までにしてください。
それ以上緩めると、
メカニズム全体がばらばらになってしまうことが
あります。
両方のボルトを 2 ~ 3 回転だけ緩めます。それ
以上緩めると、クランプ全体がばらばらになって
しまうことがあります。サドルを水平方向に動か
してサドル・ハンドル間距離を調整します。両方
のボルトを均一に廻すことで、サドルの角度が
変わらないようにしてください。
2 本のボルトを交互に均一に締めてゆき、最大許容締め
付けトルクを絶対に超えないようにしてください。
サドルを好みの位置にずらします。サドルを軽く
叩くと動くことがよくあります。サドルのレールに
ついているマークに従って、その範囲を守ってく
ださい。
サドルの上面が水平になったまま動かないよう
に注意しながら、ボルトを均一に左右交互に締
めてゆきます。サドルの調整は、自転車が水平
な地面においてある状態で行ってください。
ボルトを締めたら、サドルの前後両端をつかん
で交互に力をかけてみることにより、サドルが傾
かないか確認してください。
ステムによって、長さや直 径および
ハンドルクランプ内径の寸法にはさま
ざまなものがあります。その選択を誤ると大
きな危険を招く場合があります。ハンドルや
ステムが折れて、事故の原因となる可能性が
あります。
月に一度は、ボルトの固定状態が「推
奨締め付けトルク」の項や付属の取扱
説明書、コンポーネント自体などに記載され
ている規定の締め付けトルクになっているか、
トルクレンチで確認してください。
サドル・ハンドル間距離とサドル 身体に合わせたフィッティング 61
ボルトを締めたら、サドルが傾かないか確認してください
サドルの先端を下げたい場合には、前のボルト
を廻します。場合によっては後ろのボルトを少し
緩める必要があることもあります。サドルの後端
を下げたい場合には、後ろのボルトを廻します。
完璧な位置が見つかったら、クランプがサドル
レールにはまっているのを確認してから、シート
ポストメーカー指定の締め付けトルクまでボルト
を締めます。
その際には「手入れと点検についての一般的
注意事項」の項に記載されている推奨締め付
けトルクに従ってください。ボルトを締めたら、サ
ドルの前後両端をつかんで交互に力をかけて
みることにより、サドルが傾かないか確認してく
ださい。
両方のボルトを 2 ~ 3 回転だけ緩めます
両方のボルトを交互かつ均一に規定の締め付けトルクで
締めます
レールのマークされている範囲内で固定するように位置
を調整してください
VCLS Post 2.0
VCLS Post 2.0 をお買い上げのお客
i 様は、VCLS Post 2.0 のマニュアルも
必ずご覧ください。
シートポストのクランプがサドルレー
ルの規定の範囲内にくるように位置を
決めてください。規定範囲がマークされてい
ない場合には、サイドレールの直線部分に
固定するようにして、前と後ろの湾曲部には
絶対に固定しないでください。折れる危険が
あります。
サドルを交換する場合、シートポスト
が通常は直径 7ミリのサドルレール用
に設計されている点にご注意ください。異な
る仕様のサドルレールを使用すると、シート
ポストが折れて転倒事故につながる恐れが
あります。
62
身体に合わせたフィッティング サドル・ハンドル間距離とサドル
ハンドルとブレーキレバー 身体に合わせたフィッティング 63
ハンドルとブレーキ
レバーの調整
シートポスト Speedmax CF
サドル固定用の六角穴ボルトが両側に 1 本ず
つあります。
(右の図の I)
サドルを固定する時には、
上のホルダーがサドルレールに嵌まっていること
を確認してから両側の六角穴ボルトを規定の締
め付けトルクである 5 Nmで締めます。
下にある 2 本の六角穴ボルト(右の図の II)は、
サドルの角度と水平方向の位置を調整するた
めのものです。この 2 本の六角穴ボルトでサド
ルのクランプを緩めなくてもサドルの角度と水
平方向の位置を調整することができます。
サドルの水平方向の位置を変えるには、下にあ
る 2 本の六角穴ボルトをそれぞれ 2 ~ 3 回転
だけ緩めます。そうするとサドルが水平方向に動
くようになり、角度もお好みで調節できます。調
整が終わったら、両方のボルトを均一に廻すこ
とでサドルの角度が変わらないように締めてく
ださい。
トルクレンチを使用してください。シート
ポストが 5 Nmではまだしっかりと固定されてい
ない場合には、少しずつトルクを上げて最大 8
Nm まで試してみてください。このトルクは絶対
に超えないでください。
Canyonトルクレンチを使ってボルトを締めてください
I
II
Speedmax のサドルクランプについている固定用と調整
用の六角穴ボルト
トルクレンチを使用し、最大締め付け
トルクを超過しないようにしてくださ
い。
最低ラインが見える所までシートポス
トが引き出された状態では、絶対に
自転車に乗らないでください。シートポスト
が折れたり破損する恐れがあります。転倒の
危険があります。
月に一度は、ボルトの固定状態が「推
奨締め付けトルク」の項や付属の取扱
説明書、コンポーネント自体などに記載され
ている規定の締め付けトルクになっているか、
トルクレンチで確認してください。
同梱 CD-Rom に収録されている取扱
説明書をご覧ください。
下ハンドルのまっすぐな部分が、地面と平行になるか、軽
く下向きになっているのが好ましい状態です
ハンドルを回転させて位置を調整
シートポストのクランプがサドルレー
ルの規定の範囲内にくるように位置を
決めてください。規定範囲がマークされてい
ない場合には、サイドレールの直線部分に
固定するようにして、前と後ろの湾曲部には
絶対に固定しないでください。折れる危険が
あります。
i
ロードバイクでは、下ハンドルのまっすぐな部分
が地面と平行になるか、
後ろが軽く下向きになっ
ているのが好ましい状態です。ブレーキレバー
の先端は、下ハンドルの湾曲部下端の延長線
上にあります。ブレーキレバーの位置を変える
作業は専門家に任せましょう。
変更後にバーテー
プをまき直す必要があります。
ステムの前についている六角穴ボルトを緩め
ます。
ハンドルを回転させて、お好きなポジションに
してください。
ステムのクランプがハンドルの中央からずれ
ないように注意して下さい。
ハンドルを確実に固定する方法は二種類の手
順がありますのでご注意ください。
手順 1
フロントキャップがついた Canyon Aheadset®
ステムの固定方法
上のふたつのボルト(1と 2)を軽く
(1 Nm)
締めます。隙間が完全に閉じるまで締める必
要があります。フロントキャップがぴったりとつ
いた状態になります。下のふたつのボルト (3
と4)を一旦いくらか緩める必要がある場合も
あります。
そうしたら下のふたつのボルト(3 と4)をステ
ムに表示されている値(5 Nm または 8 Nm)
に従って締め付けます。
その次に上のふたつのボルト(1と 2)をステ
ムに表示されている値(5 Nm または 8 Nm)
に従ってさらに締め付けます。このトルクの値
は、Canyon ステムと Canyon ハンドルバーの
組合せの場合のみ有効ですのでご注意くださ
い。
ステムの前についている六角穴ボルトを緩めます
上側の隙間が完全に閉じるまで締める
12
34
表示されているトルクでボルトを締め付けます
64 身体に合わせたフィッティング ハンドルとブレーキレバー
手順 2
フ ロントキャップ が つ い た 従 来 タイプ の
Aheadset® ステムの固定方法
まずボルトを慎重かつ均一に締めてゆきます。
ハンドルクランプとステム本体の隙間がそれ
ぞれ平行になっており、上下の隙間の幅が同
じになっているように注意してください。
位置が決まったら、
Canyonトルクレンチを使っ
て対角位置にあるボルトの順に、表示されて
いるトルクまで均一に締め付けてゆきます。そ
の際には推奨締め付けトルク(
「手入れと点検
についての一般的注意事項」
の項参照)
に従っ
てください。
ブレーキレバーの
握り幅調整
ハンドルクランプとステム本体の隙間がそれぞれ平行に
なっており、上下の隙間の幅が同じになっている必要があ
ります
ハンドルがしっかり固定されていることを確認す
るために、Canyon の前に立って、両側のブレー
キレバーを持ってハンドルを掴みます。力を込め
て下に押してもハンドルが下に回転してしまって
はいけません。回ってしまう場合は、固定用の
ボルトを慎重に締め直してください。
上 ハンドルを握った状 態 やエアロ
バーに腕を乗せて走行時は、停止す
るまでの距離が長くなりますのでご注意くだ
さい。ブレーキレバーがすぐ手の届く距離に
ありません。
ステムやハンドル、ブレーキなどのボ
ルトは、規定のトルクで締め付ける必
要がありますのでご注意ください。該当する
値は「手入れと点検についての一般的注意
事項」の項または付属のコンポーネントメー
カーの説明書に記載されています。締め付
けトルクが適正でないと、コンポーネントが
外れたり、折れたりする可能性があります。
重大な事故につながる恐れがあります。
ストレートハンドル
(フラットバー)
がロー
ドバイクに搭載されている場合には、
ハンドルの位置を調整して、手首に無理のな
い、あまり外側にひねった状態にならないよ
うにしましょう。
握り幅 身体に合わせたフィッティング 65
シフト
・
ブレーキレバーのハンドルとの距離は、
ロー
ドバイクではごくわずかですが調整することがで
きます。手が小さいライダーは、ブレーキレバー
を掴みやすいようにハンドルに近づけることが
できます。人差し指と中指の第一関節でブレー
キレバーをしっかりと握れる状態でなくてはなり
ません。ブラケットを握った状態で上からブレー
キをかけるのは、長時間や危険な状況には不
向きで、強い握力が必要となり、しっかりと体を
支えることができません。
シマノの Dura-Ace では、ボルトを外してネーム
プレートを取り、前にあるリーチアジャストボルト
を締めます。Ultegra の場合には、専用のシム
が必要です。Di2 仕様の両モデルでは、ゴムの
ブラケットカバーをめくり上げると、後ろ側にリー
チアジャストボルトがあります。
両方のボルトを規定の締め付けトルクで締めます
調整が終わったら、
「ブレーキ」の項およびブ
レーキメーカーの取扱説明書の解説に従って
ブレーキの調整と機能に問題がないかどうか
確認してください。
グリップに指がうまく届かない場合は、弊社ホッ
トライン 050-3786-8496 にご相談ください。
トライアスロンバイクやタイムトライアルバイクの
エアロハンドルについての詳細は「トライアスロ
ンバイク・タイムトライアルバイク・
トラックレーサー
に関する注意事項」をご覧ください。
i
ストレートハンドル用のブレーキレバー
シマノ Dura-Ace SRAM
SRAM の場合は、まずシフトレバーを軽く引い
て内側に入れた状態でカムを廻します。次にゴ
ムのブラケットカバーの下に隠れている本体の
ボルトを六角棒レンチで締めます。
ストレートハンドルでは、サイドプルブレーキの
ブレーキケーブルがレバーに入る部分またはレ
バー自体に小さな調整ボルトがあります。
力を込めて下に押した時にハンドルが回ってはいけませ
ん
ブレーキレバーの距離
アジャスターを廻してブレーキの遊びを調整
ステムやハンドル、ブレ ーキなどの
ボルトは、規定のトルクで締め付ける
必要がありますのでご注意ください。該当す
る値は「手入れと点検についての一般的注
意事項」の項または付属のコンポーネント
メーカーの説明書に記載されています。締
め付けトルクが適正でないと、コンポーネン
トが外れたり、折れたりする可能性がありま
す。重大な事故につながる恐れがあります。
ブレーキレバーがハンドルバーにつく
まで引けてしまうような状態は許され
ません。それよりも前の時点で制動力が最
大に達する必要があります。
66 ペダル
ペダル 67
ペダル
どのような靴でもサイクリングに適しているわけ
ではありません。自転車に乗るときに履く靴は、
靴底が硬いしっかりとしたものが好適です。靴
底が柔らかすぎると、ペダルが靴底を通して足
にあたり、足が痛くなる恐れがあります。かかと
の部分の靴底はあまり幅が広すぎると、ペダル
をこいだ時にフレームのステイにぶつかってし
まい、自然な足の位置でペダリングができない
のでよくありません。膝の痛みの原因になる恐
れがあります。
ビンディングペダル
フレームサイズが小さい場合には
特に、足が前輪に接触する恐れが
あります。そのためできるだけビンディン
グペダルを使用してください。また、
クリ
ートの位置が適正かどうか確認してくだ
さい。
固定を解除するには、かかとを外側にひねります
固定を解除するには、かかとを外側にひねるタ
イプが一般的です。初めて足をペダルに固定・
解除する練習をする時には、壁に寄りかかるか、
誰かに支えてもらってください。
さまざまなタイプのペダルの仕組み
好ましいペダルとしては、脱着可能なメカニズム
で足をペダルに固定するビンディングペダルと
呼ばれるタイプのものがあります。足が固定さ
れているため、高速のペダリング時や凹凸の激
しい所を走行時にも、ペダルから足が滑ってし
まうことがありません。また、足がしっかりと固定
されていると、ペダルを前後に動かしたり引き上
げることもできるので、
ペダリングの動きがスムー
ズになります。さらに、足の親指の付け根の拇
指球がうまくペダルの軸の上にあたることや、ハ
ンドルを切った時に誤って足の先で前輪をロッ
クしてしまうことがないという利点もあります。
ビンディングペダルでは、専用のサイクリング
シューズがペダルと噛み合って固定されるように
なっており、スキーのビンディングに似ています。
まずクリートの先端でペダルを回転させて、ペダ
ルが水平になったところで踏み込んで力をかけ
ます。ペダルはほとんどが両面仕様になってい
ますので、ペダルの向きを直す必要はありませ
ん。カチッという音とともにシューズがペダルに
はまる感触が伝わってきます。その音がクリック
とも聞こえるためドイツではクリックペダルとも呼
ばれています。
ビンディングペダル用のシューズ
ペダルのタイプによる機能面の違いは、形状や
解除角度、クリート固定力などの点にあります。
膝の弱いライダーは、
「足の遊び」があるペダル
を選ぶことをお奨めします。このタイプのペダル
では、シューズが固定された状態でかかとを左
右にある程度動かすことができるようになって
います。
靴底に組み込まれた小さな固定プレート(クリート)
ビンディングペダルの中には、クリートが靴底に
埋め込まれていて、歩行時にも邪魔にならない
ものがあります。
i
ビンディングペダルには必ず専用の
シューズが必要になります。
ペダルメーカーの取扱説明書を読む
i か、弊 社 の ホットライン 050-37868496 にお問い合わせください。
ペダルをクリートに引っ掛ける動作や
ペダルに固定する動作、そしてかかと
を外側にひねって固定を解除する動作を、
最初は停車した状態で練習してから、人の
いない道でさらに技術を磨きましょう。ペダ
ルメーカーおよびシューズメーカーの取扱説
明書をよく読んでください。ご質問がある方
は弊社のホットライン +050-3786-8496まで
どうぞ。
68 ペダル
ブレーキ 69
ブレーキ
調整と整備
ペダルのタイプによって技術仕様が大きく異な
る部分もあります。しかし、基本的な調整の仕
方はすべての仕様に共通です。
シューズのクリート固定位置は、親指の付け根
の拇指球がペダルの軸の上にくることが目安
となります。
▲足はペダルを踏む時に自然な姿勢になってい
ることが大切です。自然な姿勢では、ほとんど
の人のかかとがいくらか内側に寄っています。
▲固定用のボルトが常に硬く締まっていることを
確認する必要があります。クリートが固定され
ていないと、ペダルから外れなくなります。転
倒の危険があります。
▲ペダルのクリート固定力を自分の好みに合わ
せて調整してください。最初の内は弱くしてお
くのが賢明です。
小さな六角穴ボルトを廻して、
脱着時のバネの強さを確認します。
▲むき出しになっているバネや機械部分は定期
的にゴミを落としてオイルを注す必要がありま
す。
▲クリートから異音がする場合には、
クリートとペ
ダルが接する部分に少量のオイルを注すこと
で解消できることがあります。
▲定期的にクリートの摩耗状態を確認してくださ
い。ペダルに固定してもがたつくようなときは、
クリートか靴底がすり減っている可能性があり
ます。
▲
足はペダルを踏む時に自然な姿勢になっていることが大
切です
ペダルのクリート固定力を調整
一般的なブレーキの用途は、Canyonで走行中
に交通状況に合わせて速度を調整することです。
しかし、ブレーキを強く握って Canyon を急停止
させる必要が生じることもあります。急ブレーキ
をかけるときに知っておかなければならないの
が物理の法則です。ブレーキをかけると重心が
後ろから前に移動して、後輪が軽くなります。ブ
レーキが強すぎると、乾燥したグリップの良い路
面では、タイヤのグリップが失われるよりも、後
輪が浮き上がって自転車が前転しそうになるの
が先です。特に下り坂では、その危険が大きい
のでご注意ください。
急ブレーキをかける際には、
できる限り後方に体重を移動してください。
前輪と後輪のブレーキを同時にかける場合に
は、グリップの良い路面で重心が前に移動する
と、前輪のブレーキのほうがはるかに制動力が
強くなる点にご注意ください。左右のブレーキレ
バーの、
前輪と後輪のブレーキ本体との対応(左
のレバーで前輪のブレーキが作動など)が異な
ることがあります。ブレーキは、自転車に初めて
乗車する前に、
自分が使いやすい配置に改造し
てもらいましょう。
リムブレーキでは、ブレーキをかけ続けたり、擦
れる状態が持続するとリムが過熱状態になり、
タイヤのチューブが破損したり、リム上でタイヤ
のクリープ現象が生じたりする可能性がありま
す。走行中に突然空気が抜けると重大な事故
につながる恐れがあります。
ペダルと靴底にゴミや異物がついてい
ないことを確認し、定期的に固定部
分に注油してください。
ペダル脱着がスムーズにできなかっ
たり、
クリートの摩耗が激しい状態だと、
シューズがペダルから勝手に外れたり、外れ
にくくなったりして転倒の危険があります。
ディスクブレーキでは、
ブレーキをかけ続けたり、
擦れる状態が持続するとブレーキが過熱状態
になります。その結果制動力が低下したり、まっ
たくブレーキが効かなくなったりして、重大な事
故を招く恐れがあります。
ご自分の走り方にこのような観点から問題がな
いか今一度見直して、ブレーキは短い時間だけ
しっかりとかけるようにして、頻繁にブレーキを
解除する習慣をつけましょう。過熱している心配
がある場合には、一旦停車してブレーキレバー
から手を離し、
リムが冷めるのを待ちましょう。
ブレーキレバー
ブレーキアーチ
ブレーキをかけると重心が後ろから前に移動します
ブレーキに慣れるまではくれぐれも
慎重に行動しましょう。非常時の急ブ
レーキの練習を車の通らない場所で繰り返
して、Canyon を確実にコントロールできるよ
うにしておきましょう。それが公道での事故
の防止につながります。
濡 れているとブレ ーキ の 制 動 力は
! 低下します。雨の日は停止するまでの
距離が長くなることを計算に入れておきま
しょう。
70 ブレーキ リムブレーキ
リムブレーキ ブレーキ 71
ロードバイク用リムブレーキ
点検と微調整
仕組みと摩耗
サイドプルブレーキではブレーキのアームが一
点で吊られており、ひとつの閉鎖系システムを
構成しています。ブレーキレバーを引くと両側
のアームがワイヤで引き寄せられて、ブレーキ
シューがリムのブレーキ面に接触し摩擦が生じ
ます。
レバーを引くと、固定されたブレーキシューが
回転しているブレーキ面に押しつけられて摩擦
が生じます。この摩擦よって車輪の速度が落ち
るのです。ブレーキシューをブレーキ面に押し
つける力と、互いに擦れ合う物体の摩擦係数が
重要になります。
水分や汚れ、油などが摩擦面につくと、摩擦係
数が変化します。雨天時にリムブレーキの反応
が遅く、ブレーキの効きも悪くなるのはこのため
です。摩擦によりブレーキシューが摩耗します
が、それはリムも同じです。擦れ合うふたつの物
体の摩耗は、雨天走行が多いほど進行が早ま
ります。
リムには摩耗インジケータと呼ばれる溝や穴が
ついています。この溝や穴が見えなくなったら、
リム交換の時期です。リムの側壁が限界以上に
薄くなると、タイヤの圧力によってリムが破裂す
る場合があります。その結果ホイールが動かな
くなったり、タイヤのチューブが破裂する恐れが
あります。転倒の危険があります。
溝
(摩耗インジケータ)
が削られて無くなったブレーキシュー
(下)は交換してください
リムのブレーキ面に、
ワックスやグリス、
! オイルなどの付着が一切ないことを
確認してください。ブレーキシューの交換が
二回目になったら専門業者にリムの点検を
依頼してください。
リムが摩耗しているとチュー
ブが破裂して転 倒する恐れがあります。ブ
レーキの性能を維持するためには、定期的
な点検と調整が必要です。
ブレーキシューがリムに正対しているか、ま
たシュー厚が十分であるかを確認してください。
(
「ブレーキ」の項参照)
▲ブレーキレバーを引いた時に、左右のブレー
キシューが同時にリムにあたりますか?フルブ
レーキング時にブレーキレバーに十分な遊び
があり、最大限に引いてもハンドルの手前で
止まりますか?
▲
以上の点検項目にすべて合格すれば、ブレーキ
の調整は適正です。
定期的にリムの点検と測定を依頼しましょう
ブレーキシューの高さ調整
ブレーキシューはリムとぴったり方向が合っていないとい
けません
高さを調整したらブレーキシューの固定ボルトを規定のト
ルクで締め付けてください
ブレーキシューの固定ボルトを 1 ~ 2 回転だ
け緩めます。
▲ブレーキシューの高さを合わせて向きがリム
のブレーキ面に平行になるように調整してか
ら固定ボルトを必要なトルクで締めます。
▲
ブレーキシューの交換が二回目になるまで走っ
たら、
リムの側壁厚を点検してください。
交換時には、表示のある、お使いのリ
i ムに合った純正ブレーキシューのみを
ご使用願います。
ブレーキの点検
i
カーボンリムにはホイールメーカー指定の専用ブレーキ
シューが必要です
ブレーキケーブルが破損し個々のワイ
ヤがほつれているようなものはすぐに
交換が必要です。ブレーキが効かなくなった
り転倒の恐れがあります。
ブレーキにはメーカーの詳細な説明
i 書が添えられています。説明書の内容
をよく読んでから、ホイールの取り外しや整
備作業をするようにしましょう。
部品の交換時には、純正部品のみを
ご使用願います。
調整が終わったら、停車状態でブレー
キのテストを行ってください。レバーを
強く引いたときにブレーキシュー前面がリム
のブレーキ面にあたることと、タイヤに接触
しないこと、レバーがハンドルの手前で止ま
ることを確認してください。ブレーキの性能
不良やタイヤのパンクなどが生じて事故の
原因となる恐れがあります。
72 ブレーキ リムブレーキ
ディスクブレーキ ブレーキ 73
微調整とセンタリング
デュアルピボットブレーキの横または斜め上
に取り付けられている小さなボルトを回して、
左右のシューのリムとの間隔が同じになるよう
に調整します。
▲また、
ブレーキをフレームに固定しているボル
トがまだ適正に(
「推奨締め付けトルク」の項
記載のトルクで)締め付けられているかどうか
も確認してください。
▲ブレーキ本体についているケーブルが通った
アジャスターを回して、レバーの遊びを好みに
合わせます。センタリングは横または斜め上に
取り付けられている小さなボルトを廻します。
シクロクロスバイクの機械式および油圧式ディス
クブレーキ
▲
仕組みと摩耗
小さなボルトを回して左右のシューのリムとの間隔が同じ
になるように調整します
レバーを引くと、固定されているブレーキパッド
が回転している制動面に押しつけられて摩擦が
生じます。この摩擦よって車輪の速度が落ちる
のです。ブレーキパッドを制動面に押しつける力
と、互いに擦れ合う物体の摩擦係数が重要に
なります。
ディスクブレーキ
濡れているときのブレーキの効き方は、ディスク
ブレーキの方がリムブレーキよりもはるかに早く
反応します。
また、
整備の必要性が比較的少なく、
リムが摩耗することもありません。
ディスクブレー
キの欠点は、濡れると音が出やすいことです。
アジャスターでハンドルのブレーキレバーの遊びを調整し
ます
ブレーキケーブルが破損し個々のワイ
ヤがほつれているようなものはすぐに
交換が必要です。そのままにしておくと、ブ
レーキの故障や転倒につながる恐れがあり
ます。
シューをリムに合わせる作業には、か
なりの慣れとコツが必要です。シュー
の交換や調整は専門業者にお任せ下さい。
水分や汚れ、油などが摩擦面につくと、摩擦係
数が変化します。雨天時にディスクブレーキの
反応がやや遅く、ブレーキの効きも悪くなるの
はこのためです。摩擦によりブレーキパッドが摩
耗しますが、
それはブレーキディスクも同じです。
擦れ合うふたつの物体の摩耗は、雨天走行が
多いほど進行が早まります。
ブレーキディスクとブレーキパッドに、
! ワックスやグリス、オイルなどの付着が
一切ないことを確認してください。一度オイ
ルがついてしまったブレーキパッドから油を
除去することはできません。交換が必要にな
ります。
汚れが激しかったり、濡れていたりす
i ると、ブレーキの鳴きが発生すること
があります。
部品の交換時には、表示のある、お使
i いのブレーキに合った純正部品のみ
をご使用願います。
ディスクブレーキ
油圧式ブレーキのホースに漏れがあ
るとブレーキがまったく効かなくなる
恐れがあります。漏れは直ちに修理してくだ
さい。そうしないと事故の危険があります。
ケーブルに損傷がある場合にはすぐ
に交換してもらってください。切れる恐
れがあります。事故の危険があります。
ディスクブレーキは制動時に非常に
熱くなります。長い坂を下りてきた直後
など、ブレーキを頻繁に使用した後は、ロー
ターやキャリパーに手を触れないでくださ
い。
ディスクブレーキ ブレーキ 75
74 ブレーキ ディスクブレーキ
握り幅の調整
微調整が終わったら機能を確認し、ブレーキレ
バーから手を離してホイールを回転させた時に
ブレーキパッドが擦れないことを確かめてくださ
い。
ブレーキを最善の状態で操作できるように、
ディ
スクブレーキのブレーキレバーも、ご自分の手
の大きさに合わせてもらいましょう。通常は、そ
のための小さな六角穴ボルトがレバー自体につ
いています。
調整が終わったら機能を確認し、ブレーキレ
バーから手を離してホイールを回転させた時に
ブレーキパッドが擦れないことを確かめてくださ
い。
補正を繰り返すとキャリパーとレバーの関係が
変化します。ブレーキの効きが弱くなります。最
悪の場合にはブレーキがまったく効かなくなり
ます。事故の危険があります。
ブレーキの握り幅
機械式ディスクブレーキの点検と補正
パッドの摩耗により遊びが大きくなってきた場合
には、ある程度までキャリパーで直接補正でき
ます。ケーブルがキャリパーに入るところについ
ているボルトのロックナットを緩め、遊びがご自
分の好みに合うまでボルトを廻して引き出しま
す。ナットを締め直します。ボルトの切れ目が上
や前に向かないようにご注意ください。ゴミや
水分が入りやすくなります。
定期的にブレーキパッドの厚みが十分であるか
どうかを点検してください。パッドの摩耗状態は
キャリパーの下に突き出しているか、キャリパー
上部ののぞき窓にある金属の突起を見ればわ
かります。突起部分がディスクに約 1ミリの距離
まで近づいてきたら、メーカーの説明書に従っ
てパッドを取り外し、良く点検して、必要があれ
ば交換する時期です。
ブレーキパッドの摩耗状態点検
油圧式ディスクブレーキの点検と補正
ブレーキの遊びとブレーキケーブルの状態をハ
ンドルを引きながら定期的に点検してください。
フルブレーキング時にブレーキレバーに十分な
遊びがあり、最大限に引いてもハンドルの手前
で止まりますか?
モデルによってはキャリパーにこれ以外にも調
整箇所がありますが、慣れていないと調整は簡
単ではありません。
ストレートハンドルのブレーキレバー
ブレーキの調 整を行う前に必ずブ
i レーキメーカーの説明書を読んでく
ださい。
レバー側またはキャリパー側だけで
補正を繰り返すと、最大可能な制動
力が大幅に低下することがあります。
ブレーキケーブルが破損し個々のワイ
ヤがほつれているようなものはすぐに
交換が必要です。ブレーキが効かなくなった
り転倒の恐れがあります。
ディスクブレーキのパッドが新品の場
i 合には慣らしが必要で、最初はブレー
キの効きがよくありません。約 30 km/h まで
加速してブレーキをかけ停止する動作を 30
~ 50 回程度繰り返してください。
摩耗の補正を直接キャリパーで行う
! 必要があるシステムもあります。これ
に関してはブレーキメーカーの説明書をご覧
ください。
ホースや接続部に漏れがないかどうか、レバー
を引いた状態で定期的に点検してください。油
圧オイルやブレーキフルードが漏れていたら、直
ぐに適切な措置をとってください。漏れがある
とブレーキがまったく効かなくなる恐れがあり
ます。困ったら弊社のホットライン +050-37868496 までご一報ください。
漏れがあるとブレーキがまったく効かなくなる恐
れがあります。事故の危険があります。
ほとんどのモデルでは、ブレーキパッドの摩耗
状態が自動的に補正されます。
乗車前には必ず、
レバーがハンドルにつくよりも前に、はっきりと
止まる点があることを確認してください。
定期的にブレーキパッドの厚みが十分であるか
どうかを点検してください。パッドの摩耗状態は
キャリパーの下に突き出しているか、キャリパー
上部ののぞき窓にある金属の突起を見ればわ
かります。突起部分がディスクに約 1ミリの距離
まで近づいてきたら、メーカーの説明書に従っ
てパッドを取り外し、良く点検して、必要があれ
ば交換する時期です。
ブレーキに DOT 規格のブレーキフ
ルードが使 用されている場合には、
メーカー指定の間隔でフルードを交換する
必要があります。
ブレ ー キ ホ ースを 開 け な いでくだ さ
! い。ブレーキフルードが流出する恐れが
あります。フルードは有害で塗装が傷みます。
接続部分が閉じていなかったり、ホー
スに漏れがあったりすると、ブレーキ
の制動力が大きく低下します。システム系統
に漏れがあったり、ホースが折れていたりす
る場合には、専門業者に見てもらうか、弊社
のホットライン 050-3786-8496 にお問い合
わせください。事故の危険があります。
76 ブレーキ ディスクブレーキ
変速機 77
変速機
ブレーキメーカーによっては、
同梱の輸送用パッ
ドスペーサーに切り抜きがあります。パッドがそ
の中に入るようになったら交換の時期が来てい
ます。
交換用のパッドは純正品のみを使用し、ブレー
キメーカーの説明書に記載されている指示に
従ってください。少しでも不安がある方は、この
作業は専門業者に依頼してください。
ブレーキパッド
変速機が Canyon についているのは、地形や
出したい速度に合わせて、自分の力を調整する
ためです。変速機があっても、力学的な仕事の
量が減るわけではありません。移動距離と速度
が同じであれば仕事の量も変わらないからです。
しかし、クランクを 1 周廻すのに必要な力は変
わってきます。簡単に言えば、ギアを低くすれば
急坂でもそれほど力を入れずに登ることができ
るということです。ただし、そのかわりペダルを
踏む頻度が上がります。
外装変速機(ディレイラー)
下りは、高いギアに切り替えます。クランク 1 回
転あたりの移動距離が長くなり、速度もそれに
応じて速くなります。体力を温存するためには、
頻繁にギアを切り替える必要があります。自動
車と同じように、自転車に乗る人も自分の「エン
ジン」をフル回転させなければ、最大の能力を
発揮することはできません。
ディスクブレーキのパッドが新品の場
i 合には慣らしが必要で、最初はブレー
キの効きがよくありません約 30 km/h まで
加速してブレーキをかけ停止する動作を 30
~ 50 回程度繰り返してください。
各 社ウェブサイトに掲載されている
i 注意事項をご確認ください
www.formulabrakeusa.com
www.formula-brake.it
www.magura.com
www.shimano.com
www.sram.com
ホ イー ル を 取り外した 状 態 で は、
i ブレーキレバーを引かないでくださ
い。両側のパッドがくっついてしまって、
ホイー
ルを取り付けられなくなります。ホイールを取
り外したら、同梱のパッドスペーサーをパッド
の間に挟んでください。
平地での常識的なクランク回転数(ケイデンス)
は、1 分あたり60 回転以上です。ロードレース
の選手は、平地なら1 分間に 90 ~ 110 回転程
度のケイデンスで走っています。登り坂ではもち
ろん回転数がいくらか減ります。それでもリズム
良くペダルを踏み続けて下さい。最近の自転車
は、ギアの段数が細かく分かれており、操作も
しやすくなっているので、効率の良い走りをする
ための最善の条件が揃っています。また、チェー
ンやカセットスプロケットの摩耗と、膝の関節へ
の負担も大幅に少なくなっています。
サドルとハンドルを下にして Canyon
を輸送しないでください。ブレーキが
まったく効かなくなる恐れがあります。
チェーンを使った変速機は、自転車では最も効
率の良い伝動方式です。ディレイラーが良く整
備され注油状態も良好であれば、ライダーがし
た仕事のおよそ 97 ~ 98 パーセントが後輪に
伝達されます。変速機の操作の面でも、ブレー
キの制動力の点でも、まず申し分のない高性
能のものとなっています。
ブレーキの調 整を行う前に必ずブ
i レーキメーカーの説明書を読んでく
ださい。
歯が特殊な形状になっているスプロケットや、
柔軟性のあるチェーン、各段が正確に位置決め
されたシフトレバーなどのおかげで、ギアチェン
ジも簡単です。
リアディレイラー
フロントディレイラー
必ず先が細くなったズボンをはくか、
! ズボンクリップなどを使用してくださ
い。幅の広いズボンはチェーンやギヤに巻き
込まれて、転倒の原因となる恐れがあります。
78 変速機 仕組みと操作
仕組みと操作 変速機 79
仕組みと操作
ロードバイクではシフターとブレーキレバーが
一体になっています。
Campagnolo のレバーは、
ブレーキレバーの後ろにある小さいレバーを人
差し指か中指で内側に押すことで大きい方の
歯車に切り替わります。親指でレバーの内側に
あるボタンを押すと、チェーンが小さい方の歯車
に移ります。
シフトレバーからシフトケーブルを通じて、ギア
の切り替え指示がディレイラーに伝達されます。
するとディレイラーがシフトして、チェーンが隣の
スプロケットに移動します。ギアの切り替え操作
で重要なのは、チェーンがスプロケットの間を
移動中は均一かつあまり力を入れずにペダルを
こぎ続けることです。
Campagnolo のシフト・ブレーキレバー
シマノは、ブレーキレバー全体を内側に押すと
大きい方の歯車に切り替わるようになっていま
す。小さいレバーだけを内側に動かすとチェー
ンが小さい方の歯車に移動します。
SRAM のシフトレバーは 1 本だけで、ブレーキ
レバーの後ろについています。レバーを軽く押
し込むと、
小さい方の歯車に 1 段切り替わります。
レバーをさらに押し込むとリアディレイラーが 1
段から 3 段大きい方の歯車に切り替わります。
シマノや SRAM、Campagnolo などのトライア
スロン・タイムトライアル用バーエンドシフター
では、レバーを下に押すとリアが小さい方のス
プロケット
(ギア比大)
に、
フロントは小さいチェー
ンリング(ギア比小)に切り替わるようになって
います。シフトレバーを上に引き上げると、リア・
フロント共にスプロケットが大きくなります。
フラットバーとも呼ばれるストレートハンドルで
は、操作レバーがハンドルの下についています。
右側の大きなレバーは親指で操作します。
チェー
ンが大きいスプロケットに移動し、ギアが軽くな
ります。小さい方のレバーは人差し指か親指で
動かし、逆方向に変速します。左側の大きなレ
バーを親指で押すと、大きなチェーンリングに切
り替わり、ギア比が大きくなります。
スプロケットには特殊なスライダーが組み込ま
れているため、負荷がかかっている状態でもギ
アの切り替えには問題ありません。
悪いチェーンの掛かり方 ― 前が一番小さなチェーンリン
グで後ろが一番小さいスプロケット
しかし負荷状 態でのギアの切り替えによって
チェーンの寿命は大幅に短くなります。
ですから、
ペダルに思い切り力を入れてこいでいる時にギ
アを切り替えるのはやめてください。特にフロン
トディレイラーの切り替えは禁物です。
シマノのシフト・ブレーキレバー
SRAM のシフト・ブレーキレバー
Canyon のロードバイクには通常 20 段または
30 段の外装変速機が搭載されており、フロン
トのクランクスプロケットは 2 枚または 3 枚、リ
アのスプロケットが 10 枚となっています。このう
ちの何段かは使用しないことをお奨めします。
チェーンが極端に斜め掛けになるようなギアは、
摩擦が大きくなります。伝動効率は低下し、摩
耗が早くなります。
チェーンが前は内側の小さなチェーンリングに
掛かっていて、後ろは一番外側から 2 番目や 3
番目の(小さい)スプロケットに掛かっている場
合や、前が外側の大きなチェーンリングで、後輪
は内側の(大きな)スプロケットになっているの
はよくありません。
悪いチェーンの掛かり方 ― 前が一番大きなチェーンリン
グで後ろが一番大きいスプロケット
ギアの切り替えを車の通らないところ
で練習しましょう。そうして各種のレ
バーやグリップシフターなどの使い方に慣れ
ておくようにしましょう。一般道でギアチェン
ジの練習をすると、それに気を取られて道
路交通の危険を察知できない恐れがありま
す。
i
バーエンドシフター
ストレートハンドルのシフトレバー
ギアチェンジ中はペダルから力を抜き
i ましょう。そうすることでギアの切り替
え動作が正確に行われ、異音が発生するこ
とを防ぎ、摩耗を減らすことができます。
シマノの電動コンポーネント Di2 が搭
i 載されたロードバイクをお持ちの方は、
「シマノ Di2」の項もご覧ください。
チェーンが極端な斜め掛けになるよう
なギアは避けて下さい。
負荷状態でのギアの切り替えはやめ
ましょう。チェーンの寿命が大幅に短
くなります。また、チェーンがチェーンステイと
チェーンリングの間に噛み込む(チェーンサッ
ク)恐れもあります。ペダルに思い切り力を入
れてこいでいる時にギアを切り替えるのはや
めてください。特にフロントディレイラーの切
り替えは禁物です。
80 変速機 点検と微調整
点検と微調整 変速機 81
変速機の点検と微調整
ディレイラー可動範囲の調整
ディレイラーは出荷前に Canyon のチームが細
心の注意を払って調整してあります。しかし、新
車はしばらく乗っているとシフトケーブルが初期
伸びをして、ギアがうまく切り替わらなくなること
があります。チェーンが大きいスプロケットに上
がりにくくなるのです。
リアディレイラーやチェーンがスポークにぶつ
かったり、チェーンが一番小さなスプロケットの
外側に落ちてしまうことを防ぐため、
アジャスター
ボルトによってリアディレイラーの可動範囲は限
定されています。通常の使用でこの範囲が変化
することはありません。
リアディレイラー
ロードバイクでは、ダウンチューブ右側のケー
ブルエンドのアジャスターボルトで調整します。
リアディレイラーにも調整ボルトがあります。
▲ケ ーブルがシフトレバーまたはリアディレイ
ラーに入る部分にあるアジャスターボルトを廻
してケーブルのテンションを上げます。
▲テンションを上げたら必ず、
チェーンがスムー
ズに隣の大きなスプロケットに上がるかどう
か確認してください。確認するには、クランク
を手で回すか、Canyon に乗って走ってみる必
要があります。
▲チェーンが楽に上がるようなら、
小さいスプロ
ケットの方向にもスムーズに移行するかどうか
試してみます。完璧に調節するには、何度も試
してみる必要があります。
▲ロードバイクではシフ
トレバー自体には調整箇
所がないものがほとんどです。
その代わりダウ
ンチューブのケーブルエンドが調整可能になっ
ています。
ボルトを半回転ずつ緩めてください。
廻すと軽い段があるのが感じられます。
▲
リアディレイラーのアジャスターボルトでシフトケーブルの
テンションを調整
シフトレバーで一番高いギア(一番小さいスプロ
ケット)に切り替えます。そうするとケーブルは完全
に弛緩状態で、チェーンが自然と一番小さいスプ
ロケットに掛かっている状態です。スプロケットを
後ろから見た時に、リアディレイラーのガイドプー
リが、そのスプロケットの歯の真下にあるかどうか
を確認します。
▲真下になっていない場合には、アジャスターボル
トで位置を修正する必要があります。通常リアディ
レイラーには、“ハイギア” を意味する H および
“ローギア” を表す L のマークがボルトについて
います。ここでいう高いギアとは、ギア比が大きい
という意味で、つまり小さいスプロケットのことで
す。
▲ボルトにマークがついていない場合には、試して
みるしか方法はありません。廻した回数を数えな
がら、どちらかのボルトを廻してみて、その時のリ
アディレイラーの動きに注目します。動かないとし
たら、廻しているボルトは逆側のボルトです。また
同じ回数だけボルトを逆に廻して元に戻します。
▲ボルトを右回りに廻すとプーリは内側に移動し、
逆に回すとプーリが外側に移動します。
▲一番大きいスプロケッ
トに切り替えます。その時に
リアディレイラーがそのままスポークにぶつから
ないように注意が必要です。チェーンが一番大き
なスプロケットに掛かったら、さらにレバーを押し
てわざとギアを無理に切り替えようとしてみてくだ
さい。そして、手でもリアディレイラーをスポークの
方に押してみます。この作業はホイールを回転さ
せながら行います。
ディレイラーの可動範囲をアジャスターボルトで限定して
ください
▲
スプロケットを後ろから見た時に、リアディレイラーのガイ
ドプーリが、正しいスプロケットの歯の真下にあるかどう
かを確認します
ご自分でやってみようという方は、本
i 説明書のほか、変速機メーカーの取
扱説明書もご確認ください。変速機につい
てお困りの点がありましたら、弊社のホットラ
イン 050-3786-8496 までお問い合わせくだ
さい。
リアディレイラーやフロントディレイ
ラーの調整は、熟練した整備工でな
いと難しい作業です。
ただし Canyon が横転すると、
リアディレイラー
やその固定部分が曲がってしまう恐れがありま
す。そのような事故があった時や、新しい後輪
を取り付けた時などは、ディレイラー可動範囲
を確認してください。
誰かに後輪を持ち上げていてもらう
i のが、切り替えの具合を試してみる簡
単な方法で、クランクを自分で廻しながらギ
アを切り替えてみます。
リアディレイラーがスポークにぶつからないかどうか確認
します
ディレイラー可動範囲アジャスターボルト
ディレイラー可 動 範 囲 が 適 切でな
かったり、
リアディレーラーの固定部分
が曲がっていたりすると、自転車が大きく破
損し、後輪がロックする恐れがあります。事
故の危険があります。
82 変速機 点検と微調整
この時にプーリケージがスポークに接触した
り、チェーンがスプロケットを超えてホイール側
に落ちてしまうようなら、可動範囲を狭くする
必要があります。L のマークがついたボルトを
廻して、スポークにぶつかる可能性が完全に
なくなるまで範囲を狭めます。
▲ここでプーリケージとスプロケッ
トの位置関係
を見てください。ガイドプーリと一番大きなス
プロケットの間は、コマひとつないしふたつ以
上の間隔が適切です。
▲この距離を調節するには、
リアディレイラー
についている、
ドロップアウトの正面側を押さ
えるボルトを使用します。このボルトを締めて、
望ましい距離をとります。確認のために、クラ
ンクを逆に回してみてください。チェーンを逆
に回してもガイドプーリがスプロケットに接触
してはいけません。
▲そ れでも距 離 が十 分でなく、狭すぎてギヤ
の切り替えに支障をきたす場合には、あとは
チェーンをひとコマ縮める方法しかありません。
そうするとリアディレイラーの張りがいくらか強
くなります。ただし、チェーンを前後共に大き
な歯車に掛けても問題がないことを確認する
必要があります。ただ、
このようなギアはチェー
ンが極端な斜め掛けになるため、走行中に使
用することはお奨めできません。
点検と微調整 変速機 83
フロントディレイラー
▲
フロントディレイラーの調整には熟練が必要で
す。チェーンが擦れることのないぎりぎりのところ
で、チェーンリング上にチェーンの位置を保つこ
とのできるフロントディレイラーの範囲はごく僅
かです。
プーリケージとスプロケットの距離を調節するには、
ドロッ
プアウトの正面側を押さえるボルトを廻します
チェーンがフロントディレイラーに多少擦れても、
チェーンが外れて Canyon が失速する危険を冒
すよりはよいという場合がよくあります。
フロントディレイラーでも、
リアディレイラーとまっ
たく同じように、ケーブルの初期伸びが生じ、ギ
アが入りにくくなることがあります。
▲フレームのダウンチューブについているボル
トを廻してケーブルのテンションを調整します。
その手順は「変速機の点検と微調整」にある
説明と同様です。
▲フロントディレイラーの可動範囲をアジャス
ターボルトで限定してください。
フレームについているアジャスターボルトでシフトケーブ
ルのテンションを調整
フロントディレイラーの可動範囲調整
フロントディレイラーの調整は非常に
微妙なものです。調整を誤ると、
チェー
ンが外れて失速する恐れがあります。転倒
の危険があります。調整は専門業者に依頼
しましょう。
誰かに後輪を持ち上げていてもらう
i のが、切り替えの具合を試してみる簡
単な方法で、クランクを自分で廻しながらギ
アを切り替えてみます。
変速機の調整を行った後は、必ず車
の通らないところで乗ってみて下さい。
リアディレイラーやフロントディレイ
! ラーを新たに完全に調整するのは、
熟練した組立工でないと難しい作業です。
調整を誤ると、
メカニズムの重大な破損を招
くことも考えられます。これに関しては変速機
メーカーの取扱説明書をご覧下さい。変速
機についてお困りの点がありましたら、弊社
のホットライン 050-3786-8496 までお問い
合わせください。
変 速 機 やチェーンの調 整 作 業 が 終
! わったら、必ず平坦で車の通らない
所(駐車場など)で Canyon の試乗を行っ
てください。調整に問題がある場合、そのま
ま公道を走行すると、走行中に不具合が生
じて自転車の操縦ができなくなる恐れがあり
ます。
転倒した場合には、フロントディレイ
! ラーのガイドプレートがチェーンリング
と完全に平行かどうか確認してください。
84 変速機 点検と微調整
点検と微調整 変速機 85
シマノ Di2
バッテリー
Di2 はシマノの高性能コンポーネントの電動版
です。ケーブルを機械的に引くのではなく、電気
信号をコードで伝達する方式です。リアとフロン
トのディレイラーは小さな電気モーターによっ
て作動します。Di2 にはチェーンが斜め掛けに
なっているとフロントディレイラーの位置が自動
的に調整されて摩擦音や不要な摩耗を防ぐ機
能もついています。
バッテリーが新品で完全に充電されていれば約
1,000 キロメートルの走行が可能です。バッテ
リーの残量が約 25 % あれば、あと 250 km 程
度ならまだ走れます。
電源はフレームに取り付けられた充電式バッテ
リーを使用しています。
Di2 フロントディレイラー
操作
従来のシマノのデュアルコントロールレバーのよ
うにレバー全体もしくはその後ろにあるレバー
を内側に動かすのではなく、Di2 では操作ボタ
ンを軽く押すだけです。大きな歯車に切り替え
るにはブレーキレバーの横にある細長い操作
ボタンを押します。ブレーキレバーの後ろにあ
る三角形の操作ボタンを押すとチェーンが小さ
い方の歯車に移動します。
バッテリーが少なくなるとフロントのディレイラー
がリアよりも先に動作しなくなります。この状態
になると、リアディレイラーで変速しながら走れ
るのはあと数キロメートルだけです。できる限り
早い充電をお奨めします。バッテリーが完全に
なくなると最後に切り替えたギアでリアディレイ
ラーが止まります。そうなるともうギアを変えるこ
とはできません。
Di2 のバッテリー
バッテリー残量はいつでも確認できます。操作
ボタンのどれかを最低 0.5 秒間長押ししてくだ
さい。コントロールユニットの LED がバッテリー
残量を表示します。
リアディレイラー
ご希望により、自転車販売店で操作ボタンの機
能を逆にしてもらうこともできます。そのために
はシマノの特殊な試験装置が必要で、故障の
診断にもこの装置を使います。
- 緑が約 2 秒間点灯:
バッテリー残量 100 %
- 緑が 5 回点滅
バッテリー残量約 50 %
- 赤が約 2 秒間点灯:
バッテリー残量約 25 %
- 赤が 5 回点滅
バッテリー残量なし
時間が経つにつれてバッテリー容量が減ってゆ
くため、可能な走行距離も短くなります。これは
やむを得ません。走行距離がご自分の期待に
添うものでなくなったらバッテリーを交換するし
かありません。
バッテリーの充電には必ず同梱の充
電器を使ってください。
新しい Di2 を使う時には、必ず車の
通らないところで乗ってみて下さい。
バッテリーを長期間使用しない場合
には、十分に充電した状態(50 % 以
上)で乾燥した涼しい場所に子供の手が届
かないように保存する必要があります。六ヶ
月に一度は充電残量を確認してください。保
管時には必ず同梱の保護キャップをバッテ
リーの端子部分につけておきましょう。
i
同梱されている変速機メーカーの取
扱説明書もご確認ください。
i
(空になった)バッテリーの充電には
約 1.5 時間かかります。
86 変速機 チェーン
チェーン 変速機 87
チェーンの手入れ
チェーンの劣化
注油すれば走りが良くなるというのは、今も昔も
変わらぬ鉄則です。しかし肝心なのは潤滑油の
量ではありません。いかにオイルをまんべんな
く広げるかと、注油の頻度です。
チェーンは Canyon に使用されている消耗部品
のひとつですが、その寿命はライダーの乗り方
によっても変わってきます。ですから、定期的に
チェーンの注油を行うようにしてください。特に
雨天走行後は注油が大切です。チェーンがあま
り斜め掛けにならないギヤをなるべく使うように
しましょう。できるだけケイデンスを高く
(60 ~
70 回転 / 分以上)しましょう。
オイルのついた布を使ってチェーンを拭いて、
たまった汚れや油を取り除くことも、ある程度
の周期で必要となります。特殊なチェーン潤滑
油を必ずしも使用する必要はありません。
▲できるだけきれいな状態のチェーンのコマに、
チェーンオイルやチェーングリス、チェーンワッ
クスなどを塗布します。
▲塗 布するには、
クランクを回しながらローラに
オイルをたらしてゆきます。
▲注 油が終わったら、
チェーンを数回廻してみま
す。潤滑油がチェーンの内部まで浸透するよう
に、
Canyon をそのままにして数分間待ちます。
▲最後につきすぎた潤滑油をぼろ布で拭き取っ
ておけば、走行中に油が飛び散ったり、ゴミが
つきやすくなったりする心配がありません。
▲
布でチェーンの汚れと油を拭き取ります
できるだけきれいな状態のチェーンのコマに、チェーンオ
イルを塗布してください
環境保護のために、生分解性の潤滑
i 油のみを使用しましょう。チェーンの
潤滑油は走行中常に少量ずつ地表に落ちて
ゆくからです。
潤滑油がリムやブレーキシューにつか
ないように、
くれぐれも注意して下さい。
油がつくとブレーキが効かなくなる恐れがあ
ります。
チェーンの状態を点検
ロードバイクの外装変速機の場合、約 1,200 ~
4,000 km の走行距離でチェーンが摩耗寿命の
限界に達します。チェーンの摩耗伸びが進むと、
ギアが入りにくくなります。また、スプロケットや
チェーンリングの疲労も激しくなります。このよう
な部品の交換をするとなると、チェーンの交換よ
りも高くつきます。ですから、チェーンの摩耗状
態をこまめに確認するようにしましょう。
確認するには、前のギアを一番大きなチェーン
リングに切り替えます。チェーンを親指と人差し
指でチェーンリングからつまみ上げてみてくださ
い。チェーンリングから明らかに離れるようだと、
コマの摩耗伸びがかなり進行しています。新し
いものに交換する必要があります。
プロ用の摩耗測定スケール
チェーンの精密な検査には高精度の測定装置
があります。
チェーンの交換は専門の知識を持っ
た人にやってもらいましょう。というのは、最近
のチェーンはマスターリンクがないタイプがほと
んどだからです。エンドレス仕様になっているた
め、特殊な工具が必要になります。自転車店に
行けば、お使いの変速機に合ったチェーンを選
んで取り付けてもらえます。
ピンによるチェーンの連結状態が悪
いと、チェーンが切れて転倒事故につ
ながることがあります。チェーンの交換は専
門業者に依頼してください。
88 変速機 チェーン
タイヤとチューブ ホイール 89
ホイール ― タイヤ・チューブ・
空気圧
1 速式自転車(シングルスピード)のチェーンの
張り調整
仕組みと操作
シングルスピードバイクと呼ばれる V-Drome の
ような自転車には、1 速しかギアがないためディ
レイラーはまったく必要ありません。さらに、ハ
ブが固定式(フィクシー)になっています。
このようなモデルでは、リアのスプロケットが直
接後輪と連結されています。そのためペダルが
常に後輪と一緒に動くようになっており、その逆
もまた然りです。このタイプの自転車にはブレー
キがついていないことが多いです。
シングルスピード
点検と微調整
シングルスピードの自転車は、チェーンの張りを
約 1,000 km ないし 50 時間走行時に点検し、
必要に応じて調整しなくてはなりません。
ホイールは、ハブとスポーク、リムを組み立てた
ものです。リムの上にはタイヤが取り付けられて
おり、タイヤの中にはチューブが入っています。傷
がつきやすいチューブを保護するために、
スポー
クのニップルと、尖った部分のあることが多いリ
ムの底面にリムテープが巻かれています。
クランクを逆方向に廻してチェーンの張りが一
番強くなる位置を見つけてください。この位置で
チェーンリングとスプロケットの中間のチェーン
が 1 cm 以上上に持ち上がる場合には、チェー
ンの張りを強くすることをお奨めします。
後輪のロックナットを適切な工具で緩めます。
チェーンの張りを調整するにはホイールを後ろ
に引っ張るか、チェーン引きを緩めるまたは締め
ることになります。調整後もクランクが抵抗なく
回転する必要があります。
後輪が後部ステイの中央にくるように調整しま
す。この時にチェーン引きを押さえとして利用す
ることもできます。両側のロックナットをトルクレ
ンチで締めます。
ホイールは、Canyon と路面の接点となります。
ライダーの体重や荷物の重量、路面の凹凸な
どによって、強い負荷がかかります。ホイールは
細心の注意を払って製造され、振れ取りを行っ
て出荷されていますが、使用開始直後にはス
ポークが “初期伸び” します。したがって 100
~ 300 キロメートル程度の短距離しか走行して
いない時点でも、ホイールを振れ取りし直す必
要が生じることがあります。この位の距離を走っ
たら、ホイールの点検をこまめに行う必要があり
ますが、スポークテンションの修正が必要にな
ることはめったにありません。
ドイツ道 路 交 通 法で はシングルス
ピードバイクを公道で使用することは
許されていませんのでご注意ください。
チェーン引きはチェーンの張りと後輪
の初期調整のためだけのものです。
ホイールの位置が動かないようにしたり、ホ
イールが抜け落ちることを防止するためのも
のではありません。
チェーンの摩耗伸びに場所によって大
きな差がある場合にはチェーンの交
換が必要です。
新しいタイヤを取り付ける時には、現在使用中
のタイヤの種類と寸法を確認してください。タ
イヤの側面に書いてあります。表示には二種類
ありますが、ミリメートル単位の表示がより正確
な値です。23-622 という数字は、エアーを入れ
た状態でのタイヤの幅が 23 mmで、
(内)径が
622 mmであることを意味します。これよりも大
きなタイヤを使うと、フォークやフレームにタイ
ヤが擦れてしまうことがあります。ですから、す
でに取り付けられているタイヤのサイズに合わ
せてください。
ホイール
タイヤの寸法
リムの中にはリムテープが
標準搭載されているタイヤとは異な
る、幅の広いタイヤや高いタイヤを取
り付けると、低速走行時に足が前輪にぶつ
かる恐れがあります。事故の危険があります。
90 ホイール タイヤとチューブ
タイヤとチューブ ホイール 91
タイヤが良好に機能するためには、適正な空気
圧で充填されている必要があります。適切な空
気圧とすることで、
パンクにも強くなります。特に、
段差を通過した時にチューブが押しつぶされる
スネークバイト(リム打ちパンク)は、空気圧が
低すぎることが原因です。
メーカーの推奨空気圧は通常タイヤの側面か
型番ラベルに記載されています。空気圧の値
の低い方にすると、クッション性が増して乗り心
地良くなり、粗い路面での走行に最適です。空
気圧が上がるほど転がり抵抗は低下しますが、
その一方で乗り心地が悪くなります。
したがって、
空気圧の高い硬いタイヤは、平滑なアスファル
トを走るのに最も適しています。
バルブによって直径が異なりますのでご注意く
ださい。リムに合うバルブのついたチューブのみ
を使用してください。合っていないバルブを使
用すると、突然空気が抜けて、事故の原因とな
る恐れがあります。
仏式バルブではバルブの弁体がしっかり締まっ
ていないと、僅かずつ空気が抜けてゆきます。
細長いステムに弁体がしっかりと固定されてい
ることを確認してください。
仏式バルブ
携帯用のポンプは、タイヤに高圧のエアーを入
れるには適していないものがよくあります。高圧
の充填に適しているのは、圧力計つきのフロア
ポンプで、自宅で空気圧の検査に使用するタイ
プです。どのバルブのタイプにもアダプターがあ
ります。アダプターを使えば、仏式バルブでもガ
ソリンスタンドで空気を入れられます。
空 気 圧 を イギリス の 単 位 psi(pounds per
square inch)で表示することがよくあります。下
の表は、一般的な値を換算したものです。
タイヤとリムだけでは空気を密封することはで
きません。
(例外:ロードバイクのチューブラータ
イヤ)内部の圧力を維持するため、チューブが
タイヤの中に入っています。チューブにはバルブ
から空気を充填します。Canyonではロードバイ
ク用ともいわれる仏式バルブを採用しています。
このバルブは極めて高い空気圧に対応していま
すが、その取り扱いには慣れが必要です。バル
ブは、プラスチック製のキャップで汚れから保
護されています。
仏式バルブでは、バルブを緩める必要があります
タイヤの適正空気圧範囲
psi
80
85
90
95
100
105
110
bar
5.5
5.9
6.2
6.6
6.9
7.2
7.6
psi
115
120
125
130
135
140
145
bar
7.9
8.3
8.6
9.0
9.3
9.7
10.0
空気圧(単位:psi/bar)
ロードバイクにチューブレスタイヤ
が取り付けてある場合には、必ず
該当メーカーのアッセンブリー用剤を使
用してください。詳しい説明はタイヤメー
カーの説明書やウェブサイトをご覧くだ
さい。
i
空気圧が低すぎる状態で走行すると、
タイヤがリムから外れる恐れがありま
す。
プラスチックキャップを外す
5 bar 以上の空気圧を入れることがで
きるタイヤは、クリンチャーリムに取り
付ける必要があります。
適正空気圧範囲を超えるエアーをタ
イヤに入れることは厳禁です。タイヤ
が走行中にリムから外れたり、破裂すること
も考えられます。転倒の危険があります。
仏式バルブでは空気を入れる前にサ
i ムナットを少し緩めてから、一瞬だけ
バルブの方向に押して空気が漏れるのを確
認する必要があります。
常に規定の空気圧のタイヤで走行し、
! 一定期間ごとに空気圧を確認するよ
うにしましょう。少なくとも一週間に一度は確
認が必要です。
バルブの直径がリムの孔の大きさに
! 合っていて、バルブが常にまっすぐに
なっていることを確認してください。
トレッドがすり減ってしまったタイヤ
や、側面が傷んでいるタイヤは、交換
することをお奨めします。湿気やゴミが侵入
することによって、タイヤ内部の構造が破壊
される恐れがあります。
バルブのアダプター
リムテープに問題がある場合には、
すぐに交換する必要があります。例外:
Mavic のホイールシステムではリムテープが
不要になっています。
タイヤに損傷があると、最悪の場合
には不意にチューブが破裂して事故に
つながる恐れがあります。
92 ホイール リムとスポーク
パンク ホイール 93
リムの真円度・
スポークテンション
スポークによってリムは車輪中央のハブに連結
されています。スポークテンションが均一になっ
ていることが、真円度を出すためには大切です。
高速で段差を乗り越えたりスポーク切れによっ
て、個々のスポークのテンションが変化すると、
張力のバランスが崩れてリムに振れが生じます。
走行中に自転車がふらついて異常に気がつい
た時には、Canyon の機能にすでに障害が生じ
ている可能性があります。リムの側面は通常ブ
レーキ面も兼ねています。ホイールに振れがあ
ると制動力が損なわれる恐れがあります。
パンクの修理
ブレーキシューとの距離を見てホイールの振れを点検
ホイールの振れ取り(テンション修正)
! は高度な技術が必要な作業ですので、
専門業者に依頼することをお奨めします。
後輪を取り外す前に一番小さなスプロケットに切り替える
車輪の取り外し
ロードバイクのリムブレーキではクイックリリー
スレバーを開く
(シマノ/SRAM)か
▲ブレーキ ・ シフトレバーのピンを動かします。
(Campagnolo)
▲外 装変速機のついた後輪を取り外すには、
そ
の前にギアを一番小さなスプロケットに切り
替えておいてください。そうすれば、リアディレ
イラーが最も外側の位置に移動しますので、
車輪を取り外す時に邪魔になりません。
▲
「クイ
ックリリースとスルーアクスルの取り扱い」
の項にある解説に従ってクイックリリースを開き
ます。クイックリリースを開けてもまだ前輪が引
き出せないのは、脱落防止構造の爪が原因と
考えられます。これは、フォークエンドについて
いる突起のことです。その場合はクイックリリー
スのナットを数回廻して緩めてから、ホイール
を爪から抜き取る必要があります。
▲後 輪が取り外しやすくなるように、
リアディレイ
ラーを手で軽く後ろに引っ張ってください。
▲Canyon を軽く持ち上げて、
タイヤを軽く叩け
ば、車輪が下に抜け落ちます。
▲
振れ取り台
緩んだスポークはすぐにテンションを
! かけ直す必要があります。そのままに
しておくと、
その周囲にある他のコンポーネン
トにかかっている負荷が、急激に増大します。
パンクは自転車にはつきものです。
しかしパンク
したぐらいで、せっかくのサイクリングをあきらめ
ることはありません。タイヤやチューブの交換に
必要な工具と、
予備のチューブかパンク修理キッ
トさえ持っていれば修理できます。クイックリリー
ス式の車輪なら、チューブ交換に必要なのはタ
イヤレバー2 本とポンプだけです。車輪がナット
で固定されている場合やロッキングスキュアー
を使用してる場合には、この他にそれぞれ対応
するレバーやレンチが必要になります。
振れのあるホイールでの走行はやめ
てください。横振れが極端に大きい
とロードバイクのブレーキシューがリムのブ
レーキ面ではなくスポークにぶつかってしま
う恐れがあります。その結果として車輪が急
停止します。転倒の危険があります。ですか
ら定期的にリムの真円度を確認するようにし
ましょう。確認するには、車輪を地面から持
ち上げて手で回転させてみます。
リムとブレー
キシューの間隔を見ていると、振れの有無
がわかります。隙間が 1ミリ以上変動する場
合には、ホイールの振れ取りを専門業者に
依頼することをお奨めします。
ブレーキのクイックリリースレバーを開きます
フォークについている脱落防止構造の爪
後輪を取り外す時は、リアディレイラーを手で軽く後ろに
引く
94
ホイール パンク
パンク ホイール 95
クリンチャータイヤの取り外し
バルブからキャップとリムナットを外し、空気を
完全に抜きます。
▲タイヤをリムの側壁から中央に向けて押し込
みます。全周にわたって押し込んでおくと取り
外しがしやすくなります。
▲タイヤレバーをバルブの左右 5 cm ぐらいの
位置でタイヤの下に入れて、タイヤのビードが
リムのビード座の外にでるように持ち上げます。
レバーをこの位置で押さえておきます。
▲もう1 本のタイヤレバーを、
最初のタイヤレバー
から10 cm ぐらい離れたところで、
リムとタイヤ
の間に差し込んで、
やはりこちらもタイヤのビー
ドがリムの外に出るように持ち上げます。
▲タイヤのビードの一部がビード座の外側に出
てしまえば、
あとはタイヤレバーを全周にわたっ
てスライドさせることで、たいていの場合ビード
を完全に外すことができます。
▲これで、
チューブを抜き取れる状態になりまし
た。バルブがリムに引っ掛かったり、チューブを
傷つけたりしないように注意してください。
▲パンク修理キッ
トメーカーの取扱説明書に従っ
てチューブの穴をふさいでください。
タイヤを取り外したら、リムテープの状態を確
認しておくことをお奨めします。リムテープは、
むらや損傷、亀裂等がなく、スポークのニップ
ルと穴をすべて覆っていなくてはなりません。
断面が空洞になったダブルウォールリムでは、
リムテープがリム底面全体を覆っている必要
があります。このタイプのリムの場合は、織布
製または固形樹脂製のリムテープのみを使用
することをお奨めします。例外:Mavic のホイー
ルシステムではリムテープが不要になっていま
す。
リムテープについてお困りの点がありました
ら、弊社のホットライン 050-3786-8496 まで
お問い合わせください。
▲タイヤのもう片方のビードも必要であれば簡
単に外すことができます。
▲
▲
タイヤをリムの中央に向けて押し込む
リムの中にはリムテープが
クリンチャータイヤの取り付け
タイヤを取り付ける時には、ゴミや砂などの異
物が内部に入ったり、チューブを傷つけたりしな
いように注意してください。
タイヤレバーを差し込んでタイヤのビードをリムの外に出
す
タイヤからチューブを抜き取る
タイヤの繊維層に異物が突き刺さっ
て破損した場合には、念のためタイヤ
を交換してください。
BikeGuard に入っているブレーキメー
i カーおよび変速機メーカーの取扱説
明書をご覧下さい。
リムの片方のビード座をタイヤの中に入れま
す。こちら側のビードが完全にリムのビード座
の内側に入るように親指で押し込みます。この
作業はどのタイヤでも工具なしで可能なはず
です。チューブのバルブをリムのバルブ用の孔
に挿入します。
▲チューブに軽くエアーを入れて、円形に膨らま
せてから、タイヤの中にチューブ全体を入れま
す。
チューブに折り目がつかないように注意して
ください。
▲タイヤを完全にリムにはめる作業は、バルブ
の反対側から始めます。親指を使いタイヤを
リムの内側に押し込んでゆきます。
▲チューブがタイヤとリムの間に挟まって押しつ
ぶされてしまわないように注意してください。
そのため 作 業の 途中で 何度も人 差し指で
チューブをタイヤの中に押し込むようにします。
▲
バルブをリムの孔に差し込む
タイヤを手でリムに押し込む
リムテープに問題がある場合には、
すぐに交換する必要があります。
96
ホイール パンク
タイヤの周に沿って、左右均一に作業を進め
ます。作業が終わりに近づいたら、タイヤを思
いっきり下に引っ張って、すでに取り付けた部
分がリム中央の凹みに落ちるようにします。
こう
しておくと、最後の部分をリムにはめる作業が
かなり楽になります。
▲もう一度チューブの位置を確認してから、
手の
ひらでタイヤをリムの内側に押し込みます。
▲うまく押し込めない場合には、
タイヤレバーを
使う必要があります。タイヤレバーの丸くなって
いる側がチューブに向くようにして、チューブに
傷をつけないように注意して下さい。
▲バ ルブをタイヤ内部に押し込んで、バルブが
タイヤのビードの下に挟まってしまわないよう
にします。バルブがまっすぐになっていますか。
もしバルブが曲がっていたら、タイヤの片側を
もう一度外して、チューブの位置を直す必要が
あります。
▲チューブがタイヤの下に挟まって押しつぶされ
るのが心配な方は、タイヤに半分空気をいれ
た状態で、タイヤを全周左右に(回転方向に
垂直に)もんでやります。その時に、
リムテープ
がずれていないかも確認することができます。
▲ここでチューブに規定の空気圧でエアーを入
れます。エアーを入れることのできる最大空気
圧は、通常タイヤ側面に書いてあります。
▲タイヤがしっかりと嵌まっているかどうかをリム
ラインとリムの縁を見て確認してください。大
切なのは、リムラインのリムとの間隔がタイヤ
の全周にわたって一定になっていることです。
パンク ホイール 97
チューブラータイヤの取り外し
▲
空気を完全にタイヤから抜いてください。タイヤ
を取り外すには、バルブの反対側のタイヤを横
に押して隙間ができるようにしてタイヤをリムか
ら外します。離れにくい場合はタイヤレバーを隙
間に差し込んでタイヤを外します。
チューブが挟まっていないように、タイヤを押してください
チューブだけを交換することはできませんので、
チューブラータイヤ自体をリムに装着する必要
があります。出先では接着することができない
ため、エアーを入れてもタイヤはリムに確実に
固定されていません。
隙間ができるようにタイヤを横に押します
ゆっくり慎重に走って最短距離で帰宅してくださ
い。家に戻ったら次の解説に従ってチューブラー
タイヤを完全に接着し直す必要があります。
チューブラータイヤの取り付け
リムラインがリムに沿って見える
出先でパンクした場合には、ホイール
i を取り外さず、チューブを取り出さない
方法もあります。チューブにエアーを入れ、バ
ルブはリムにつけたままにしておいて、まず
空気が漏れている穴を探します。チューブを
耳に近づけて動かし、シューという音が聞こ
える箇所を探します。穴が見つかったら、
タイ
ヤの対応する箇所を探して、
その部分も確認
してください。
まだ異物が刺さったままになっ
ていることがよくあります。何かが刺さってい
たら取り除きます。
チューブラータイヤの固定が持続するように慎
重に取り付けるためには、段階を追って作業を
する必要があり、長い時間がかかることがあり
ます。リムセメントやそれぞれのチューブラータ
イヤのモデルの取り扱いに慣れていれば、作業
時間を短縮できます。
タイヤの接着には、接着テープか液状のリムセ
メントを使用します。接着テープの利点は取り
付けが早く済むことです。しかしタイヤの固定が
あらゆる状況において十分とはいえません。出
先でパンクした時にタイヤを外すと接着テープ
がタイヤと一緒にとれてしまい、予備のタイヤを
装着しても固定できません。
そのため、液状のリムセメント層を重ねてしっか
りとした下地を作成することをお奨めします。そ
うすればタイヤの固定が良くなるだけでなく、タ
イヤを取り外しても通常ならリムセメントはリム
から剥がれることはありません。
タイヤレバーを使えばタイヤが外れます
チューブラータイヤのリムセメント
カーボンリム用には専用のチューブ
i ラータイヤキット(Continental など)
があります。該当のキットを使用する場合に
は必ずカーボンリム用キットメーカーの取扱
説明書をご覧ください。
タイヤの接着がしっかりしていないと
タイヤがリムから外れることがありま
す。事故の危険があります。
98
ホイール パンク
パンク ホイール 99
しかしそれでも、自宅に戻ったら予備タイヤを再
び取り外す必要があります。それからタイヤキッ
トを使って既存のベースとタイヤを再度処理し
て取り付けを行うことで固定が確実になります。
ディープリムホイールの場合はバルブコアを専
用の工具でバルブから外してバルブエクステン
ションをつけます。バルブコアを延長したバル
ブの先に取り付けます。このように延長したバル
ブは、タイヤを取り付けた時に通常通りエアー
の抜き入れが可能です。
溶剤が完全に蒸発するのを待ってからタイヤの
接着作業を始めてください。リムセメントを塗る
には、ホイールを振れ取り台につけるか、万力
で古いフォークを固定してホイールをはめるの
が一番楽な方法です。
バルブエクステンションの取り付け
リムベースにグリスやオイルがついていたらアル
コールやベンジンなどを染みこませた布できれ
いにします。
チューブから直接リムセメントを塗る
バルブの反対側は 5 センチから10 センチ程度
リムセメントを塗らない部分を残しておくと、タイ
ヤを外さなければならなくなった時にそこから
攻めることができます。
タイヤが丸くなる程度に空気を入れてバルブを
リムの穴に差し込みます。バルブから両サイドに
向かって均等にタイヤを押してリムに嵌めてゆき
ます。この時点でチューブラータイヤが完全にリ
ムに装着できなかったり、大変な力を入れない
といけないようだと、次の取り付け作業がうまく
いくかどうかわかりません。
チューブラータイヤを取り付けた車輪を回転さ
せてタイヤの真円度を確認してください。よくあ
るのは、バルブが出ている部分のタイヤが分厚
くなっているために縦振れが生じ、走行時にタ
イヤがはねるケースです。リムがアルミの場合は
太いドリルや、三角スクレーパー、丸やすりなど
を使ってバルブの穴のバリを取るか穴を広げて
ください。カーボンリムの場合は丸やすりで慎
重に穴の縁のバリ取りを行ってください。やすり
は外側から内側に向けてのみ動かすようにして、
逆方向に戻さないでください。樹脂基質から繊
維が剥離することがあります。加工した箇所は
瞬間接着剤でシールしてください。こうするとバ
ルブ付近のタイヤがリムにしっくりと嵌まるように
なります。時間の余裕があれば、
リムに装着した
タイヤにエアーを入れて数日間置いておくことで、
次の組み立てがさらに簡単になります。
液状のリムセメントで接着力の強い下地を作る
には、何層か重ね塗りする必要がありあります。
リムセメントを均一に広げ、できる限り薄い膜が
リムのほぼ全周を覆うようにしてください。
ブレーキを使ってタイヤの振れを点検
リムセメントはリムやタイヤだけでな
! く、指や服にもよくつきますので、汚れ
ても構わない服を着て作業しましょう。
すでに使ったことのあるリムにタイヤ
i を取り付ける場合には、古い接着剤
やゴミを慎重に布やすりで取り除く必要があ
るかもしれません。カーボンを傷つけないよ
うにご注意ください。最後に柔らかい布とベ
ンジンでリムを拭いてください。
ベンジンや引火性のリムセメントを使
用する場合は、通気の良い部屋で作
業をしてください。子供の手が届かないとこ
ろに適切に保管してください。
慣れている人はリムセメントを直接チューブから
塗っても構いません。それができない人は毛の
硬い刷毛を使うと作業が楽になります。リムセメ
ントがチューブ入りでない場合には、当然刷毛
が不可欠です。リムセメントを塗ったら、液状で
べとつく感触がなくなるまで必ず乾燥させてくだ
さい。乾くまでには数時間かかることもあります。
それから同じ手順でさらに二層リムセメントの
薄い膜を形成し、
その度に乾燥させます。リムを
この状態で最低一晩は置いておきます。
タイヤを取り付ける前に、チューブラータイヤの
ベーステープにもリムセメントを塗ります。さらに
もう一層リムセメントを塗ってタイヤの下地を完
成させます。最後に塗った層の溶剤がある程度
蒸発し、しかしまだ粘り気がある状態のうちに、
バルブ穴を上に向けてリムを床の上に立てます。
軽くエアーを入れて丸い形状にしたタイヤのバ
ルブをリムのバルブ孔に入れてしっかりと押さえ
てください。タイヤの側面にリムセメントがつか
ないように気をつけてください。
タイヤが汚くなっ
てしまいます。
軽くエアーを入れたタイヤのバルブをリムのバルブ用の
孔に挿入します
ホイールを取り外す前に「ホイール」
! および「クイックリリースとスルーアクス
ルの取り扱い」の項を読んでおいてください。
www.conti-online.com にコンチネ
i ンタル製チューブラータイヤの確実な
接着に関するビデオが掲載されています。
100 ホイール パンク
パンク ホイール 101
車輪の取り付け
バルブの反対側にリムセメントを塗らなかった
場合には、
リムを立てかける時に床が汚れたり、
床のゴミがリムセメントについたりする心配があ
りません。
バルブの両側左右対称の位置を両手でつかん
で、タイヤを強い力で下に引っ張り、少しずつリ
ムベースに入れてゆきます。均一に作業を進め
残り約 20 センチのところまで入れます。
再度バルブのある上の部分から始めて、タイヤ
を下に引っ張りながらまだリムに入っていない部
分まで手を下に動かしてゆきます。タイヤを引っ
張ったまま、指でリムを掴み親指はタイヤを押
さえる状態で、ホイールを腰にあてがいます。両
手の親指でタイヤを押し込んでください。
タイヤがリムベースに入ったら振れ取りを行う必
要があります。そのままで真円度がとれている
ケースはまずありません。先程使った作業台に
再びホイールを取り付けて回転させます。
トレッ
ドがセンターになっていなかったり、タイヤが横
に振れている場合には、その部分を持ち上げて
すこし捻ってから手を離します。
タイヤに横振れがなくなったらホイールの固定
を外して、タイヤに適正空気圧のおよそ半分ま
でエアーを入れます。軸部分とクイックリリースを
持って車輪に負荷をかけ、床の上を数メートル
転がしてみます。車輪を垂直状態で転がすだ
けでなく、左右にも傾けて数回転転がしてくださ
い。
そして最後の確認を行ってタイヤの真円度がと
れていたら、タイヤに最大空気圧までエアーを
入れます。その後少なくとも 8 時間、
できれば丸
1 日待ってから走るようにしてください。出走の
前にタイヤメーカーの推奨空気圧の範囲内でタ
イヤの空気圧をご自分に合わせて調整してくだ
さい。
タイヤをリムベースに入れる
ホイールの取り付けは、ホイールを取り外した時
と逆の手順で行います。ホイールがドロップアウ
トないしフォークエンドにぴったりとはまっており、
フォークのブレードおよびフレームのステイの
中央にきているかどうかを確認してください。ク
イックリリースがしっかりと固定されていることを
確認し(
「クイックリリースとスルーアクスルの取り
扱い」の項参照)
、
ブレーキもすぐにクイックリリー
スレバーを閉じて元に戻しておきます。
親指でタイヤをリムに押し込む
リムラインがリムに沿って見える
ブレーキを見てタイヤの振れを点検
出先で取り付けたチューブラータイヤ
はしっかりと固定されていませんので
ご注意ください。できる限り慎重に走りましょ
う。改めて適正なチューブラータイヤの接着
を行う必要があります。
取り付けに問題があると機能に支障
i をきたし、タイヤが破損する恐れがあ
ります。ですから必ず付属の説明書に記載さ
れているメーカーの指示に従ってください。
ブレーキシューを使ってホイールの振れを点検
取り付けに問題があると機能に支障
をきたし、場 合によってはブレーキ
が完全に機能しなくなる恐れがあります。で
すから必ず付属の説明書に記載されている
メーカーの指示に従ってください。
ブレーキのクイックリリースレバー(シ
マノ/SRAM)を 閉 じ る か、ブ レ ー
キ ・ シ フトレ バ ー のピ ン を 元 に 戻して
(Campagnolo)
、ブレ ーキシューがブレ ー
キ面にあたることを確認してから走り出しま
しょう。ホイールの固定状態を確認してくだ
さい。取付作業でブレーキ面にグリスなどの
潤滑油がついていないかどうか確認してくだ
さい。必ずブレーキのテストを行ってくださ
い。
タイヤ の 繊 維 層 に 異 物 が 突 き 刺
さって破損した場合には、念のためタ
イヤを交換してください。
102 ステアリングヘッド
ステアリングヘッド 103
ステアリングヘッド
フォークやステム、ハンドルおよび前輪は、ヘッ
ドセットとも呼ばれるステアリングヘッドによっ
てフレームに回動自在に軸支されています。
Canyon が安定してまっすぐ走行するためには、
この操縦部の回転が非常にスムーズである必
要があります。路面の凹凸による衝撃によって
ステアリングヘッドには大きな負荷がかかります。
そのため、ヘッドセットが緩んだりずれたりする
場合があります。
点検と微調整
ステアリングヘッドの上わんの周りに指を回し
て、遊びがないかを確認します。
▲サドルに上半身で体重をかけながら、
もう片
方の手で前輪のブレーキをかけた状 態で、
Canyon を前後に強く動かします。
▲ステアリングヘッ
ドに遊びがあると、上わんが
下わんに対して動くのが感じられます。
▲もうひとつの方法は、
前輪を軽く地面から持ち
上げて落としてみる方法です。
ステアリングヘッ
ドに遊びがあると、そこからカタカタという音
がします。
▲ステアリングヘッ
ドが滑らかに回転することを
確認するには、片手でフレームを持ち上げて、
前輪が空中に浮いた状態にします。ハンドル
を左から右まで動かしてみます。前輪が非常
に滑らかに、どこかで止まることなく、左右いっ
ぱいまで振れるようになっている必要がありま
す。中央位置のハンドルを指で軽くたたいた
だけで自然に車輪が横に回転するような状態
でなくてはなりません。
AHEADSET® ステアリングヘッド
このシステムの特長は、ステムをステアリングコ
ラムに差し込む方式ではなく、ステムでスレッド
レスタイプのステアリングコラムを挟んで固定す
る方式を採用していることです。ステムがステア
リングヘッドを構成する重要な要素となっていま
す。ステムのクランプによってステアリングヘッド
の調整が固定されるようになっています。
ステアリングヘッドの遊びを確認するには、わんの回りに
指を回し、ブレーキをかけた状態で Canyon を前後に押
してみます
▲
ステアリングヘッドが緩んだ状態で走
行すると、フォークとステアリングヘッド
にかかる負荷が非常に大きくなります。ステ
アリングヘッドが破損したり、フォークが折れ
たりして、重大な事故につながる恐れがあり
ます。転倒の危険があります。
ステアリングヘッドが滑らかに回ることを確認するには、前
輪を持ち上げてスムーズに動くかどうかを確かめます
ステアリングヘッドの調整にはある程
! 度の経験が必要ですので、この作業
は専門業者に依頼することをお奨めします。
ご自分でやりたいという方は、調整を行う前
に、ステアリングヘッドメーカーの取扱説明
書を最後までよくお読みください。
ステアリングヘッドの調整を行った後
は、前輪を足ではさんでハンドルをひ
ねってみることで、ステムが確実に固定され
ているかどうか確認してください。ステムが
緩んでいると、転倒の原因となる可能性があ
ります。
ステムの側面または後部にあるクランプボル
トを緩めます。
▲上面に埋め込まれている調整ボルトを六角棒
レンチで慎重に少しだけ締めます。
▲ステムの方向をもう一度合わせて、直進時に
ハンドルが斜めにならないようにします。
▲ステムの横についているクランプボルトをトル
クレンチで締め直します。
トルクレンチを使用
し、最大締め付けトルクを超過しないようにし
てください。最大締め付けトルクは「推奨締め
付けトルク」の項およびコンポーネント自体、も
しくはコンポーネントメーカーの取扱説明書に
記載されています。
▲左の解説に従って遊びを確認してください。
ス
テアリングヘッドの調整もきつすぎないように
ご注意ください。
▲
横についているクランプボルトを緩めてから上面に埋め
込まれている調整ボルトで遊びを調整します
ステムの横についているクランプボルトをトルクレンチで
締め直します
最後に、Canyon の前に立って前輪を膝の間に
挟みます。
ハンドルのブレーキレバーをつかんで、
前輪を押さえたままひねってみます。ハンドルを
ひねることができる場合には、ステムのクランプ
ボルトをもう少し硬く締めてください。
前輪を押さえてハンドルをひねることができるか試してみ
ましょう
ステアリングヘッドの調整を行った後
は、ステムが確実に固定されているこ
とを確認してください。
ステムが緩んでいると、
重大な転倒事故の原因となる可能性があり
ます。
!
調整ボルトを硬く締めてしまわないで
ください。遊び調整専用です。
ステムのボルトをきつく絞めすぎると、
ステアリングコラムが押しつぶされて
しまうことがありますのでご注意ください。
104 ステアリングヘッド
ステアリングヘッド 105
I-LOCK システムステアリングヘッド
このシステムの特長は、ステムでスレッドレスタ
イプのステアリングコラムを挟んで固定する方
式を採用していることです。ステムがステアリン
グヘッドを構成する重要な要素となっています。
ステムのクランプによってステアリングヘッドの
調整が固定されるようになっています。広く普及
している Aheadset® システムとは違い、ステム
を固定したままで軸受の調整を行います。
ステムの後部側面にあるクランプボルトが表
示の規定トルクで締められているかトルクレン
チで確認してください。この最大締め付けトル
クを絶対に超えないようにしてください。
▲ヘッ
ドキャップの横にあるイモネジを 2 mm 六
角棒レンチで慎重に締めてください。最初は
90 度だけ廻してみましょう。
▲上記の解説に従って遊びを確認してください。
軸受の調整がきつすぎないようにしてくださ
い。
▲まだ緩いようであればもう一度 90 度廻して、
再度遊びを確認します。
▲最 後の確認に、
Canyon の前に立って前輪を
膝の間に挟みます。
▲
ハンドルのブレーキレバーをつかんで、前輪
を押さえたままひねってみます。ハンドルを下
にもひねってみてください。
▲ハンドルまたはステムが動く
ようであれば、ボ
ルトを緩めて位置を直してから、ステムのクラ
ンプボルトを推奨締め付けトルクで締めてくだ
さい。
▲許される最大の締め付けトルクでもハンドル
やステムが回ってしまう場合には、クランプを
取り外して油を除去し、新しいカーボンアッセ
ンブリーペーストを塗ってから組み立て直す必
要があります。
▲
側面にあるステムのクランプボルトが表示の規定トルクで
締められているかトルクレンチで確認してください
側面にある調整ボルトで軸受の遊びを調節します
前輪を押さえてハンドルを縦横にひねることができるか試
してみましょう
うまく固定できない場合にはステアリングコラムないしハ
ンドルにカーボンアッセンブリーペーストを塗ります
再び遊びを確認してください
この調整ボルトを硬く締めてしまわな
! いでください。これは遊びの微妙な調
整を行うためだけにあるボルトです。
軸受の調整を行ったらハンドルおよび
ステムがしっかりと固定され回転しな
いことを確認してください。ハンドルやステム
が緩んでいると、重大な転倒事故の原因と
なる可能性があります。
106 搬送
搬送 107
CANYONバイクの
搬送
このところ人気が高まっているリアマウントタイ
プのキャリアの利点は、搬送のために自転車
を高いところに持ち上げる必要がないことです。
キャリアの固定方法がフォークやフレームを傷
めないことをよく確認してください。部品が折れ
る危険があります。
自動車で搬送
自動車で Canyon を搬送する方法はいくつかあ
ります。Canyonではトランクに積載して搬送す
る方法のみを推奨しています。
自転車をトランクに入れると場所を取りますが、
汚れや盗難、破損などの心配がありません。
ただし、ケーブルやライト、コードなどを始め、
特にディレイラーが損傷しないように注意して
ください。Canyon を毛布などに包んで積載
しましょう。Canyon の汚れが酷い場合には、
毛布などを下に敷いて、車内が汚れないよう
にすることをお奨めします。
▲自転車が滑って動かないように固定してくださ
い。
キャリア購入時には、
ドイツの GS 規格などに相
当するお住まいの国の安全規格に準拠したも
のであることを確認してください。
ドイツでは、
ド
イツの道路交通法第 22 条に定められた承認
が自転車キャリアには必要です。
自動車での搬送
▲
自転車をトランクに積載することができない場
合には、自動車用品店や自動車販売店に行け
ば大体どこでも、自転車を分解しないで運ぶ
ことのできる自転車キャリアがあります。自転車
をルーフに取り付けたレールに乗せて、ダウン
チューブをクランプで挟んで固定するタイプが
一般的です。
シクロクロスバイクのホイールを外し
! て搬送する場合には、ディスクブレー
キにパッドスペーサーを差し込んでくださ
い。
発送時に Canyon が同梱の説明書通
! りに梱 包されていなかった場 合 に
は、運送中の損傷に対する補償を Canyon
Bicycle GmbH から受けることができなくな
ります。
シクロクロスバイクを搬送する場合に
! は、ブレーキを引いて強いゴムで固定
しておきましょう。
Canyon を上下逆さにして、ハンドルと
サドルを下にして固定するようなキャリ
アを使用しないでください。運搬中にハンド
ルやステム、サドルおよびシートポストに非常
に大きな負担がかかります。部品が折れる
危険があります。
前輪なしの Canyon をフォー
クで固定するタイプのキャリアを使用しない
でください。
車内に積載する場合も Canyon を固
! 定してください。固定されていない物
体があると、事故時に搭乗者にぶつかる危
険があります。車内に積載する場合には、前
輪または両輪を取り外さなければならない
ことがよくあります。ホイールの取り外しに関
しては、必ず「ホイール」の項およびその中
にある「パンクの修理」をご覧ください。
Canyon のロードバイクを、従来タイ
! プのクランプを使った自転車キャリア
で搬送することは許されていません。断面積
の大きなフレームチューブを押しつぶしてし
まう恐れがあります。特にカーボン製フレー
ムは修復不能になる可能性があります。外
観をみただけではわからない損傷が生じ、
重大な事故を招く恐れがあります。
Canyon BikeGuard
飛行機で搬送
Canyon を輪行して飛行機で移動する場合に
は、自転 車 を BikeGuard また は BikeShuttle
に入れて梱包してください。
ホイールは、
ホイール専用のバッグに入れてから、
ハードケースや段ボールに収納してください。目
的地で自転車を走行可能な状態に戻すことが
できるように、
トルクレンチと交換用ヘッドなど
の組み立てに必要な工具、そしてこの説明書を
持参するのもお忘れなく。
シクロクロスバイクのホイールを外し
! て搬送する場合には、ディスクブレー
キにパッドスペーサーを差し込んでください。
Canyon BikeShuttle
ホイールは、ホイール専用のバッグに
! 入れてから、ハードケースや段ボール
に収納してください。
自動車のライトやナンバープレートが
i 隠れてしまわないように注意して下さ
い。専用のサイドミラーを取り付けることが
義務づけられている場合もあります。
自転車の固定状 態を出発前だけで
なく、移動中もひんぱんに点検してく
ださい。
自転車がルーフキャリアから外れると、
周囲を巻き込む事故につながる恐れがあり
ます。
キャリアの取扱説明書に記載されて
i いる許容荷重および最高速度に従っ
てください。最高速度の遵守が義務づけら
れている場合もあります。
車高が高くなっていることに注意してく
! ださい。キャリアを含む車高を測って、
その高さをハンドルなどよく見えるところに
貼っておきましょう。
108 手入れと点検
手入れと点検 109
手入れと点検
についての
一般的注意事項
Canyon の自転車は品質の高い製品です。しか
し、他のタイプの車輌と同様、Canyon もこまめ
に手入れし、定期整備を専門業者に依頼する
必要があります。
水圧の高くない水を吹きかけるか、バケツの水
を使ったり、スポンジや大きなブラシなどで洗
車するのが、自転車を傷めない方法です。手で
自転車を洗うと、もうひとつ利点があります。塗
装の傷んでいる箇所や、部品の劣化、不具合な
どの早期発見にもつながるのです。
布と水で Canyon を洗車
また、軽量構造の自転車は、主要コンポーネン
トを定期的に交換する必要があります。
(
「点検・
整備頻度」の項参照)そうしてはじめて、確実
にすべてのパーツが常に安全に機能するように
なります。そうすれば、自転車での走行を末永く
安全に楽しむことができるのです。
Canyon が乾いたら、塗装面や金属面(リムブ
レーキのリムを除く)にはワックスを塗ります。ス
ポークやハブ、ボルト、ナットなどにもワックスを
薄く塗りましょう。あまり平らでないパーツは、ハ
ンドスプレーで吹き付けるのが簡単です。ワック
スを塗った面は柔らかい布で磨いて光沢を出
し、水をはじくようにしておきましょう。
塗装面と金属面にワックスを塗る
自転車の掃除が終わったらチェーンを点検して、
必要なら油を差しておくのがよいでしょう。
(
「変速
機」の項の「チェーンの手入れ」参照)
CANYON の洗車と手入れ
汗や汚れ、路面凍結防止用の塩や海風の塩分
などがこびりつくと Canyon が傷みます。ですか
ら、こまめな清掃と Canyon のあらゆるパーツ
を腐食から守る作業は、決して欠かすことのな
いいつもの習慣にしましょう。
Canyon の清掃にスチームジェットクリーナーを
使用しないでください。このような高速洗浄機
には重大な欠点があります。高圧で噴出される
水流が強すぎるため、水がパッキンを通過して
軸受の内部にまで入ってしまうことがあるので
す。潤滑剤が水で希釈されてしまい、摩擦が増
大しまて、腐食が始まります。その状態が続くと、
軸受の回転面が破壊されてしまい、回転が甘く
なります。スチームジェットによってシール類が
剥がれてしまうことも少なくありません。
チェーンの状態を点検
軽量構造パーツを点検しましょう
自分で行うのは、十分な知識があり、
! 必要な工具が揃っている作業のみに
して無理をしないでください。
近 距 離 から高圧の水流 やスチーム
! ジェットクリーナーを使って Canyon
を洗わないでください。
チェーンステイの上側など、ケーブルが
i 擦れそうな箇所はシールなどで保護
してください。そうすれば、醜い引っ掻き傷
や塗料の剥がれを防ぐことができます。
清掃時には、ひび割れやひっかき傷、
素材の変形や変色などがないかよく
見てください。不安がある場合には、弊社の
ホットライン 050-3786-8496 にご一報くだ
さい。傷んでいるコンポーネントがみつかっ
たらすぐに交換してもらい、塗装の傷は補修
してもらってください。
ワックスをご自分の Canyon に塗る前
! に、あまり目立たない場所に塗ってみ
て問題がないことを確認してください。
ワックスやチェーンオイルがブレーキ
シューやリムのブレーキ面につかない
ようにしてください。ブレーキが効かなくなる
恐れがあります。
(
「ブレーキ」の項参照)ハン
ドルやステム、シートポスト、シートチューブ
などで、締め付け部分がカーボン製の場合
には、グリスやオイルを塗らないでください。
オイルやグリスのがんこな汚れを塗装
! 面やカーボンから取り除くには、石油
系のクリーナーを使ってください。アセトンや
塩化メチル等を含有する脱脂剤や、溶剤を
含む非中性洗剤や化学洗剤などは使用し
ないでください。表面の腐食につながること
があります。
110
手入れと点検
手入れと点検 111
CANYON の置き場所と保管
整備と点検
シーズン中は、手入れさえこまめにしていれば、
Canyon をしばらく停めておく時にも、注意しな
ければいけないことは
(盗難防止対策以外には)
特にありません。Canyon は、乾燥した通気の
良い場所に置いておくことをお奨めします。
初回点検
弊社の熟練技術者たちは、独自に作成した整
備項目リストに従って点検を実施します。乗り始
めてしばらくの間は、ホイールの初期振れが発
生したり、シフトケーブル・ブレーキケーブルの
初期伸びが生じて、変速がうまくできなくなるこ
とがあります。また、走行距離によっては、摩耗
のため修理が必要となるパーツがでてくること
もあります。パーツの交換が必要な場合には、
担当者がお客様に予めご連絡します。
冬の間 Canyon を保管しておくには、いくつか
注意が必要な点があります。
保管期間が長くなると、チューブから次第に空
気が抜けてゆきます。空気の抜けたタイヤの
上に Canyon が乗った状態が長期間続くと、
自転車の構造によくありません。そのため、ホ
イールまたは自転車全体を吊り下げておくか、
定期的にタイヤの空気圧を点検してください。
▲上記の解説に従って Canyon を清掃し、腐食
から守ってください。
▲サドルを取り外して、内部に侵入した水分を
乾燥させます。スプレーで細かい霧状にした
オイルを少量シートチューブ内に吹き付けます。
(カーボン製のフレームを除く)
▲Canyon は乾燥した場所に保管してください。
▲フロントは一番小さいチェーンリング、
リアも一
番小さいスプロケットにしておきます。こうすれ
ばケーブルおよびばねの負荷が最小限に抑え
られます。
▲
チェーンが前後共に一番小さい歯車に掛かった状態にし
ておきましょう
Canyon のトルクレンチ
年次定期整備
長く厳しいシーズンが終わったら、自転車を徹
底的に点検してもらうことをお奨めします。点検
は、お客様の自転車を知り尽くしている弊社の
技術者に是非お任せください。
一年に一度の点検は、お客様の自転車のタイ
プに合わせて、整備頻度一覧表に従って専門
の技術者が行います。
定期的にタイヤの空気圧をチェックしてください
ワックスやチェーンオイルがブレーキ
シューやリムのブレーキ面につかない
ようにしてください。ブレーキが効かなくなっ
て事故を招く恐れがあります。
リムがカーボン 製の場 合は、リムで
自転車を吊り下げないでください。折
れる危険があります。
Canyon を弊社のマイスター整備工
i 場に送るために梱包する必要がある
場合には、BikeGuard に入っている梱包方
法の説明書「ロードバイクを梱包するには」
の解説通りに、お客様のロードバイクを梱包
してください。
軽量のコンポーネントは特に寿命が
短いことがあります。ですから、ご自分
の安全のためにも「点検・整備頻度」の項
に記載されているコンポーネントの定期点
検を行い、必要に応じて交換してもらってく
ださい。
Canyonでのライドを末永く楽しむた
! めには、定期的な整備が必要不可欠
です。
「点検・整備頻度」の項に記載されて
いる整備間隔は、年間走行距離が 1,000 ~
2,500 km の場合を前提とした目安です。走
行量がもっと多かったり、悪路やオフロード
の走行が多いと、自転車にかかる負荷が大
きくなりますので、点検間隔は短くなります。
頻繁な雨天走行や全般として雨の多い気候
での使用時も同様です。
112 手入れと点検
点検・整備頻度 113
点検・整備頻度
Canyon 安全チェック
年間の走行距離が 1000 km を大きく下回る
場合には、整備の手間もそれに応じて少なくな
ります。そのような方にぴったりなのが Canyon
安全チェックです。弊社のスペシャリストたちが
そのために特別に作成した整備項目リストは、
通常の年次定期整備よりも簡略化されていま
すが、安全に関わる項目はすべて網羅されてい
ます。
このチェックを毎年シーズンが始まる前や、
自転車旅行に出かける前に済ませておけば、心
置きなく自転車ライドを満喫できること間違いあ
りません。
待時間をできる限り短縮するために、事前のご
予約をお願いしております。
購入してからしばらく乗った自転車は、一定の
間隔で専門業者に整備してもらう必要がありま
す。下の表に記載されている整備間隔は、年間
走行距離が 1,000 ~ 2,500 km(年間走行時間
40 ~ 100 時間)の場合を前提とした目安です。
ご愛用の Canyon を定期的に整備に出しましょう
!
部品の交換が必 要になった場合に
は、必ず純正品をご使用願います。
弊社ホームページ www.canyon.com
i には、簡単な修理や整備の作業を説
明する動画も多数掲載されていますのでご
利用ください。ただし、無理な作業はしない
ようにしてください。自信がなかったり、疑問
がある場合には、弊社のホットライン 0503786-8496 までお問い合わせください。
コンポーネント
ライト
タイヤ
タイヤ
ブレーキ(リム)
ブレーキケーブル
/ホース
リム
(アルミ)
リムブレーキ
フォーク(アルミ
及びカーボン)
ボトムブラケット
ボトムブラケット
チェーン
チェーン
クランク
塗装
走行量がもっと多かったり、
悪路の走行が多いと、
自転車にかかる負荷が大きくなりますので、点
検間隔は短くなります。
作業内容
点検
空気圧点検
溝深さ
・側壁の
点検
握り幅・シュー厚
リムとの位置点検
停車時のブレーキテスト
目視検査
毎回
乗車時
•
•
•
•
側壁厚点検
必要なら交換
検査
交換
軸受の遊び点検
グリスアップ
点検および注油 点検および交換
点検および締め直し
ワックス塗布
•
毎月
毎年
その他の
間隔
X
遅くとも
二回目の
シュー交換
をしたら
X
少なくとも
2年に1回
X
転倒後
または6年
•
X
X
X
X
X
1,000km以上
•
少なくとも
半年に1回
114
点検・整備頻度
コンポーネント
ホイール/
スポーク
ホイール/
スポーク
ハンドル・
ステム
カーボン及び
アルミ
ステアリングヘッド
ステアリングヘッド
金属面
ハブ
ハブ
ペダル
ペダル
フレーム
・
フォーク
ユニット
後ディレイラー/
前ディレイラー
クイックリリース
ボルトと
ナット
バルブ
ステム/
シートポスト
シフトケーブル/
ブレーキケーブル
推奨締め付けトルク 115
作業内容
振れ・テンション点検
毎回
乗車時
毎月
•
毎年
その他の
間隔
振れ取り
・テンション修正
点検
交換
軸受の遊び点検
グリスアップ
ワックス塗布
(リムの
ブレーキ面除く)
軸受の遊び点検
グリスアップ
軸受の遊び点検
固定部分の清掃
注油
注油
•
•
X
•
X
随時
X
少なくとも
2年に1回
X
転倒後
または6年
X
•
少なくとも
半年に1回
清掃・注油
•
固定状態点検
点検および締め直し
•
位置確認
•
取り外してグリスアップ
カーボンはアッセンブリーペースト
(注意:カーボンはグリス厳禁)
取り外してグリスアップ
X
毎年
X
X
X
• の印がついた点検項目は、手先が器用で、ある程度の経験があり、
トルクレンチなどの適切な工具を
お持ちの方であれば、ご自分で実施できます。点検の結果不具合がみつかった場合には、すぐに適切
な措置をとってください。ご質問やご相談は弊社のホットライン 050-3786-8496 がお答えします。
X の印がついた作業は、最近の自転車の技術に詳しい専門業者(自転車整備の資格を持ったスタッ
フがいる自転車店など)に依頼することをお奨めします。お問い合わせは、弊社のホットライン 0503786-8496 にどうぞ。
推奨締め付けトルク
コンポーネント
ボルト
リアディレイラー
固定(フレーム/ハンガー)
ケーブル固定
プーリケージボルト
フロントディレイラー固定(フレーム)
直付台座
ケーブル固定
デュアルコントロール 固定バンド
レバー/エルゴパワー (六角穴ボルト)
/ダブルタップ
穴キャップ
フレームのアウターストッパー
取り付けボルト
(ドライバー)
ハブ
クイックリリースレバー
クイックリリースハブの
軸調整ロックナット
フリーハブ
スプロケットロックリング
クランクセット
クランクボルト
(グリスなし四角)
クランクボルト シマノオクタリンク
クランクボルト シマノホローテックII
クランク固定(Isis)
クランク固定(ギガパイプ)
多歯セレーション
ウルトラトルク軸固定ボルト
チェーンリング固定
密封式カートリッジ シェル(四角)
ボトムブラケット
シェル(シマノホローテックII
SRAMギガパイプ)
オクタリンク
ペダル
ペダル軸
シューズ
クリートのボルト
スパイク
シマノ* 8~10 Nm
5~7 Nm 2.5~3 Nm
5~7 Nm
6~7 Nm 6~8 Nm Campagnolo** SRAM ***
15 Nm 5~7 Nm
6 Nm 5~7 Nm
5 Nm 7 Nm
5 Nm 10 Nm 5~7 Nm
5 Nm
6~8 Nm
0.3~0.5 Nm
1.5~2 Nm
5~7.5 Nm
15~17 Nm
30~50 Nm
35~50 Nm 12~15 Nm
8~11 Nm
50~70 Nm
35~50 Nm
40 Nm
40 (11段)
50 (10段)
32~38 Nm
42 Nm
42~60 Nm
8 Nm
70 Nm
50~70 Nm
35~55 Nm 40 Nm
5~6 Nm
4 Nm
31~34 Nm
48~54 Nm
12~14(スチール)
8~9(アルミ)
34~41 Nm
47~54 Nm
116 推奨締め付けトルク
推奨締め付けトルク 117
コンポーネント
ボルト
サイドプルブレーキ ブレーキシューの
固定ボルト
ケーブル固定ボルト ブレーキ固定ボルト
シートポスト
シートポスト先端の
サドルクランプ固定ボルト
シマノ* 5~7 Nm
Campagnolo** SRAM ***
8 Nm
8 Nm
6~8 Nm 6~8 Nm
5 Nm
8~10 Nm
8~10 Nm 10 Nm 20~29 Nm **** 18~22 Nm ****
* www.shimano.com
** www.campagnolo.com
*** www.sram.com
****記載の値は上記コンポーネントメーカーの推奨値です。
コンポーネントメーカーの取扱説明書が付属している場合には、その取扱説明書記載の値もご確認
ください。
コンポーネントのなかには、コンポー
ネント自体に締め付けトルクが書かれ
ているものもあります。シールやプリントに記
載されている値に従ってください。
i
Canyon フレーム
ボトルケージボルト
交換式ディレイラーハンガー
5 Nm
1.5 Nm
Canyon シートポストクランプ
シートクランプ Smolik Speedmax
シートポスト Aeroad
3 ~ 5 Nm
3 Nm
5 ~ 7 Nm
ステムメーカーやシートポストメーカーの指定
値がコンポーネント自体またはその取扱説明書
に別途記載されていない場合には、以下の締
め付けトルクが適用されます。
ステム
M5 ボルト
M6 ボルト
4.5 ~ 5.5 Nm
8 ~ 9.6 Nm
Aheadset® ステムの
調整ボルト(キャップ内)
0.5 ~2 Nm
シートポスト
シートポスト先端のサドルクランプ
ボルト1 本締めタイプ
ボルト2 本締めタイプ
前後配置型
ボルト2 本締めタイプ
左右配置型
Speedmax
Monorail 20 ~24 Nm
6 ~ 9 Nm
12 ~ 14 Nm
5 Nm
8 Nm
締め付けトルクの表示
Canyon の走行の安全を確保するた
めには、各コンポーネントのボルト締
め付け時に細心の注意が必要で、その締め
付け状態を定期的に点検する必要がありま
す。この作業に最適なのは、望ましい締め
付けトルクに達した瞬間に空回りするタイプ
のトルクレンチです。必ず、締め付けトルクを
弱い状態から徐々に最大締め付けトルクま
で上げてゆくようにして、コンポーネントが確
実に固定されているかどうかを確認する方
法は、各項の解説に従ってください。締め付
けトルクの範囲がわからないパーツは、締め
付けトルクを少しずつ上げてゆくようにして、
こまめに各項の解説に従ってコンポーネント
が確実に固定されているかどうかを確認して
ください。最大締め付けトルクを絶対に超え
ないようにしてください。
コンポーネントのなかには、コンポー
i ネント自体に締め付けトルクが書かれ
ているものもあります。シールやプリントに記
載されている値に従ってください。
Canyon のトルクレンチ
ハンドルの取り付けには Canyon のトルクレンチを使う
ステアリングコラムがカーボン製の場
i 合(色が黒いのでわかる)には、締め
付けは最大 6 Nm までにしてください。
必要に応じて付属のコンポーネント
i メーカーの説明書もご確認ください。
また弊社ホームページ www.canyon.com
でもご確認いただけます。
118 法律で定められた要件
瑕疵担保責任と保証 119
法律で定められた
要件
自転車で公道を走るためには、自転車がその
国の規定に準拠した仕様になっている必要が
あります。特にその対象となるのが、
リフレクタと
ライトの装備です。公道を走るために守らなけ
ればいけない法律の規定にどのようなものが
あるかよく調べてください。
瑕疵担保責任
ドイツの認証マークつきヘッドライト
お客様の自転車は、細心の注意を払って製造
し、大部分を予め組み立てた状態でお引き渡し
しております。弊社は法律に従って、お客様の自
転車に、その価値や有用性を無くしたり、大きく
減じたりするような瑕疵がないことなどに対して
の責任を負うものです。ご購入後 2 年間は、法
律に定められた保証の完全な請求権がお客様
にはあります。瑕疵が発生した場合には、弊社
記載の住所にご相談ください。
お客様からのご苦情にできる限りスムーズにご
対応させていただけるように、購入証明書をお
手元にご用意いいただく必要があります。その
ために購入証明書は大切に保管しておいてくだ
さい。
ご自分の安全のためにも、日が陰り始
めたらライトを点灯しましょう。視界が
悪いのにライトやリフレクタなしで走行する
と、重大な事故や身体と生命に関わる不測
の事態に至る恐れがあります。
ドイツの認証マークつきテールランプ
ライトに汚れがなく確実に機能するこ
とを日頃から確認しておきましょう。特
に電池やバッテリー式ライトの場合には、出
発前に電池の残量を確かめてください。
ペダルのリフレクタは種類が多すぎる
i ため、
Canyonではご用意できません。
この点に関してはペダルメーカーの国内代
理店にお問い合わせください。連絡先はイ
ンターネットで調べることができます。
弊社ホームページ www.canyon.com
i でも各種ライトのメールオーダーを承
ります。ご希望のライトがお住まいの国で使
用できるかどうかはご自分でご確認願いま
す。
お客様の自転車の寿命と耐用期間が長く持続
するためには、お客様が自転車をその用途(
「意
図される使用」の項参照)に従ってのみ使用す
ることがその条件となります。また、許容重量や
荷物・子供の輸送に関する規定(
「意図される
使用」の項記載)を遵守してください。さらに、
各メーカーの取り付けに関する規定(ボルトの
締め付けトルクなど)および所定の整備頻度を
厳密に遵守する必要があります。本説明書およ
びその他の付属説明書に記載されている検査
および作業(
「点検・整備頻度」の項記載)およ
び状況に応じて必要となる、ハンドルやブレー
キなどの安全に関わるコンポーネントの交換を
行ってください。
お客様の自転車でのライドが常に良いものとな
りますように。何かご質問がございましたら、弊
社のホットライン 050-3786-8496 にお問合せく
ださい。
バッテリー式ライト
常に所定の用途に合わせて自転車を使ってください
各コンポーネントメーカーの取扱説明
i 書が付属しています。その中に使用・
整備・手入れなどに関する詳細が記載され
ています。本説明書では各所で、該当する詳
細な説明書の参照を促しています。ビンディ
ングペダルや変速・ブレーキ関連のコンポー
ネントなどの各種説明書をなくさないように、
本冊子および説明書と一緒に大切に保管し
ておいてください。
カーボンは、軽量化設計に使用され
i る複合材料です。その製造工程の性
格から、表面に乱れ(小さな気泡や孔)が生
じるのは避けられません。これは瑕疵には
あたりません。
120 瑕疵担保責任と保証
瑕疵担保責任と保証 121
保証
摩耗と劣化について
自転車の部品には、その機能に起因する摩耗
や劣化が生じるものがあります。摩耗や劣化の
程度は、自転車の手入れと整備、そして使い方
(走行距離、雨天走行、ゴミ、塩分など)によっ
て変わってきます。屋外に駐輪することの多い
自転車も、気候の影響を受けることにより、摩
耗や劣化が早く進行することがあります。
該当するパーツは定期的な整備と手入れが必
要ですが、使用の頻度や条件に応じて、いつか
は寿命の限界に達します。
下記のパーツは、摩耗寿命の限界に達したら
交換が必要です。
▲チェーン
▲ケーブル
▲ハンドルグリップおよびバーテープ
▲チェーンリング
▲スプロケッ
ト
▲リアディレーラーのプーリ
▲シフ
トケーブル
▲タイヤ
▲サドルの上皮
(レザー)
▲ブレーキパッ
ド
リムブレーキのブレーキシューには、その機能に
起因する摩耗が生じます。スポーツ性の高い使
用や、山の多い地形を走行すると、パッドを頻
繁に交換する必要が生じることがあります。パッ
ドの状態をこまめに点検し、必要に応じて専門
業者に交換してもらってください。
弊社では法律で定められた保証期間を超える
全 6 年間の保証をロードバイクおよびトライア
スロンバイクのフレームとフォークについて自主
的に行っています。
溝
(摩耗インジケータ)
が削られて無くなったブレーキシュー
(下)は純正品と交換してください
ブレーキシューの交換が二回目になったらリムの側壁厚
を点検してもらってください
弊社の保証は、ご購入日から始まり、その自転
車を最初に購入した人についてのみ有効です。
塗装の損傷は保証の対象とはなりません。弊社
は、不具合のあるフレームやフォークの修理ま
たは適切な後続モデルとの交換のいずれかを
行う権利を留保します。これ以外の保証を請求
することはできません。組み立てや運送などの
これ以外の費用は、弊社では負担しかねます。
6 年間保証
怠り
(不十分な手入れと整備)
や転倒、
過負荷など、
不適切な使用や意図されていない使用による
損害およびフレームまたはフォークの変更また
は追加コンポーネントの取り付けや改造による
損害は、保証の対象外となります。ジャンプやそ
の他の過度の負荷がかかった場合も、保証を
受けることはできません。
リムブレーキのリム
ブレーキをかけることで摩耗するのはブレーキ
シューだけではなくリムも同じです。タイヤにエ
アーを入れる時など、頻繁にリムを点検してくだ
さい。摩耗インジケータのついているリムでは、
摩耗寿命の限界に達するとリングや隙間が見え
るようになります。リムの表示をご確認ください。
ブレーキシューの交換が二回目になったら専門
業者か弊社整備工場でリムの側壁厚を点検し
てもらってください。
空気圧を上げた時にリムのブレーキ面が変形
したり細い亀裂ができたりする場合には、寿命
に達したことを意味しています。リムを交換する
必要があります。
Canyon のロード / タイムトライアル /
トライアスロンバイクやトラックレー
サーは、ハイエンドのスポーツ用製品です。
最高の技術力を駆使した軽量構造が採用
されています。あなたも、自転車の取扱のプ
ロになってください。誤った使用や、不適切
な組立、不十分な整備などは、レース用マシ
ンである自転車の安全性を損なうことがあり
ます。事故の危険があります。
122 クラッシュリプレースメント
PURE CYCLING
クラッシュリプレー
スメント
事故に遭ったり激しく転 倒してしまったりする
と、フレームやフォークに大きな力がかかって
破 損し、機能を損なうことがあります。クラッ
シュリプレースメント(CR)は、破損してしまった
Canyon のフレームを優待条件で交換すること
のできるサービスです。このサービスはご購入
日から 3 年間ご利用いただけます。お使いの
ものと同じまたは現行ラインナップの同等のフ
レーム(シートポストやフロントディレイラー、ス
テムなどの取り付けパーツは含まれません)を
ご用意します。
CR サービスは、自転車の最初の所有者のみに
限定され、機能を損なう破損のみを対象として
います。弊社は、個別のケースにおいて、破損
を故意に生じさせたことが判明した場合には、
本サービスを停止する権利を留保します。
クラッシュリプレースメント ― 破損した Canyon のフレー
ムを優待条件で交換
CR サービスをご希望の方は、お電話か E メー
ルで弊社サービス部 050-3786-8496 までご連
絡ください。
詳しくは弊社の公式ウェブサイトをご覧くださ
い。 www.canyon.com
弊社はドイツのコブレンツ市カール・テッシェ通り12 番に
あります。高速ジャンクションから A48 号線に入り、コブレ
ンツ北(Nord)IC で降り、連邦道 B9 号線コブレンツ方向
に進みます。モーゼル川の橋に差し掛かったら、右二つめ
の車線に入り、ラウンドアバウトに進入します。
コーヘン(Cochem)に向かう一つめの出口で右折します。
約 1 km 進んだら、信号のある最初の交差点で右折してく
ださい。
「意図される使
用」の項に記載され
i ている注意事項を守ってください。
Canyon Bicycles GmbH / Karl-Tesche-Straße 12/ D-56073 Koblenz
ご注文とお問合せ:050-3786-8496 / ファックスでのご注文:+49 (0)261 4040050 /
Eメール: [email protected]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement