取扱説明書基本編 - ソニー製品情報

取扱説明書基本編 - ソニー製品情報
3-213-243-02(1)
取扱説明書 基本編
NV-U1
パーソナルナビゲーションシステム
© 2007 Sony Corporation
目次
はじめに
nav-u を快適に使うために
はじめにお読みください
ナビゲーションを使う
パソコンを使ってさらに便利に
付属ディスクについて
取扱説明書について
各部のなまえとはたらき
準備
電源を入れる / 切る
操作のしかた
タッチパネルの使いかた
メニュー操作
文字入力のしかた
ナビゲーション
地図の見かたと操作
地図を動かす―スクロール
地図の縮尺を変える
地図の向きを変えて表示する
地図の表示方法を切り替える
自車位置を表示する
自宅を登録する
4
4
4
5
6
6
7
9
10
10
10
12
14
16
17
19
20
22
25
ルートガイド中の運転サポート機能
ルートが見つからないときは
自宅に帰る
困ったときは
主な仕様
使用上のご注意とお手入れ
廃棄時のお願い
保証書
アフターサービス
付録
47
ジェスチャー操作一覧
裏表紙
その他
地図画面各部のなまえ
ナビゲーション
保証書とアフターサービス
35
38
40
44
46
46
46
準備
その他
27
29
32
34
はじめに
行き先を決めて出発する
付録
nav-u を快適に使うために
はじめにお読みください
● 本機をお使いになる前に、以下のご注意を必ずお読みください。
( 別紙)
• 「 取扱説明書 安全のために」
( 別冊)の「 重要なご注意」
• 「 取扱説明書 本編」
( 別冊)
• 「 取付接続編」
●「 取付接続編」をご覧になり、付属品がお手元にあることを確認してください。
ナビゲーションを使う
初めて使うときは、自車位置を正しく表示( 測位)するための準備(22 ページ)が必要です。
付属の CD-ROM の専用ソフトウェアを使うと、nav-u 本体の地図を入れ換えたり、マーク
情報を保存したりできます。また、
“ メモリースティック PRO デュオ”
( 別売り)に検索
データを追加して使用することもできます。
(PDF)
• 操作方法については、付属の CD-ROM に収録された「 取扱説明書 PC アプリ編」
をご覧ください。
「 取扱説明書 本編」
( 別冊)をご覧く
• パソコンとの接続やインストール方法については、
ださい。
はじめに
パソコンを使ってさらに便利に
「 取扱説明書 PC アプリ編」
(PDF)を読むには
「 取扱説明書 PC アプリ編」は、PC アプリを
インストールすると、
「 スタート」→「 すべ
てのプログラム」→「Sony nav-u」→
「nav-u ツール」→「 取扱説明書」から閲覧
できます。
また、CD-ROM を Windows Explorer で開
き、manual フォルダの中の nav-uTool.pdf
を選んでも閲覧することができます。
PDF を読むには、Adobe Reader が必要で
す。お使いのパソコンに Adobe Reader が
インストールされていない場合は、アドビ
システムズ社ホームページより最新の
AdobeReader を入手していただくか、
CD-ROM を Windows Explorer で開き、
Adobe フォルダの Reader フォルダの中の
AdbeRdr.exe を実行してインストールして
ください。
付属ディスクについて
•「PC アプリケーション
CD-ROM」
•「 地図・検索データ
DVD-ROM」
パソコンを使って地図を書き換えたり“ メモリースティッ
ク PRO デュオ”に検索データを転送するためのアプリケー
ションソフト(nav-u ツール)と、
「 取扱説明書 PC アプリ
編」
(PDF)が収録されています。
本体に転送する全国版の地図データ と地方版の地図デー
タ、
“ メモリースティック PRO デュオ”に転送する検索デー
タ が収録されています。
取扱説明書について
•「 取扱説明書 安全のために」安全のために必ずお読みください。
付属品の一覧や、車への取り付け・接続について説明して
•「 取付接続編」
•「 取扱説明書 基本編」
( 本書)
•「 取扱説明書 本編」
います。
初めて使うときに必要な設定、各部のなまえとはたらき、機
能の切り替えかたなど、基本的な操作方法を説明していま
す。
nav-u に搭載されているアプリケーションソフトの機能を
メニューごとに説明しています。目的の機能がどのメ
ニューに入っているか確認したいときや、
「 困ったな」と思
われるときに参照してください。
 メニューボタン
 現在地ボタン
画面( タッチパネル)
はじめに
各部のなまえとはたらき
/( パワーオン /
スタンバイ ) ボタン
 リセットボタン
スピーカー
 充電ランプ
メニューボタン
メニュー画面を表示します。
現在地ボタン
現在地の地図を表示します。
ルートガイド中に現在地を表示してい
るとき、タッチすると、再度音声案内し
ます。
メモリースティック
デュオスロット
/( パワーオン / スタンバイ)ボタン
本機の電源を入 / 切します。
( パワーオ
ン / スタンバイ状態)
 リセットボタン
つまようじの先などで本機をリセット
します。
充電ランプ
充電中に点灯し、充電が完了すると消
えます。
オートディマー
センサー
クレードル端子
 USB 端子
 DC IN 5-5.2V 端子
オートディマーセンサー
周囲の明るさを検知し、自動的に画面
の明るさを調整します。
USB 端子
付属の USB ケーブルを使って、パソコ
ンと接続します。
DC IN 5-5.2V 端子
付属の AC アダプターを接続します。
電源を入れる / 切る
お買い上げ時には本体の内蔵バッテリーは充電されていない場合があります。
その場合は、AC アダプターかシガー電源コードを接続して使用してください。
/( パワーオン / スタンバイ)ボタンを押す
最初に電源を入れたときやリセットしたとき、地図を入れ
換えたときに、品川付近が表示されますが、GPS を受信す
ると現在地表示に変わります。また、地図画面上の現在時
刻は GPS を受信すると正しく表示されます。
GPS の受信について詳しくは、本書の「 ナビゲーション」
→「 自車位置を表示する」をご覧ください。
準備
1
電源を切るには
/( パワーオン / スタンバイ)ボタンを押します。
本機を充電するには、AC アダプターかシガー電源コードを接続してください。
本機は充電中もご使用になれます。
充電時間などについては、39 ページをご参照ください。
ご注意
• 次のような場合には、自車位置を表示するために時間がかかることがあります。
- はじめてお使いになる場合
- リセットボタンを押した場合
- 充電池が空になった場合
• 本機を使用しないときは、本体をクレードルから取り外し、シガー電源コードを抜いてくださ
い。エンジンを切ってもシガーソケットの電源が切れない車でシガー電源コードを差したまま
にすると、微小電力を消費し、車のバッテリー上がりの原因になります。
操作のしかた
タッチパネルの使いかた
本機の操作は、タッチパネルで行います。
タッチパネルを指先でタッチしてください。
ご注意
タッチパネルは指で強く押したり、ペンやつまようじなどの先の鋭い物で触れないでください。
タッチパネルの故障の原因となることがあります。
メニュー操作
設定したいメニュー項目を表示するには、次のように操作します。
1
2
10
「 メニュー」ボタンをタッチする
トップメニュー画面が表示されます。
使いたい項目をタッチする
1 ステップ前に戻るには
「 戻る」をタッチします。
「 メニュー」ボタンや「 現在地」ボタンでも地図画面に戻ることができます。
「メニュー」ボタンをタッチすると、最後に表示していた地図画面に戻ります。
「現在地」ボタンをタッチすると、現在地の地図画面になります。
準備
ご注意
メニューの階層や設定方法は、選択した項目によって異なります。
ツールバーを使う
地図下段のツールバーにはよく使う機能をまとめました。
ここに表示されるボタンをタッチするとその機能が簡単に操作できます。
ご注意
ツールバー
表示される項目については
「 取扱説明書 本編」
( 別冊)をご覧ください。
• 安全のため走行中は以下の操作ができません。
• メニュー
• ツールバー →「 地点」
- 最寄検索
「 よみ」、
「 グループ」、
「 マークアイコン」、
「 サウンド設定」
- マーク登録の「 名称」、
- マーク編集
• ツールバー →「 ガイド」
- ルート確認
• 操作は安全な場所に停車して行ってください。
11
文字入力のしかた
文字や数字は、施設の名称や電話番号などを入力するときに使います。
機能によって、文字入力画面は異なります。
ここでは代表的な文字入力画面を例に、文字入力のしかたを説明します。
名称検索画面
行き先の名称を入力するときに使用します。
メニューボタン→「 行き先」→「 名称」とタッチすると表示されます。





 かな入力キーボード
タッチして入力します。続けてタッチする
と、各行の文字が順次送られ、入力されま
す。
( 例:
「 あ」→「 い」→「 う」→「 え」→
「 お」)
ちょっと一言
「ー」は、
「 わ」を繰り返しタッチすると入力で
きます。
12
/
カーソル位置を変更します。
 名称検索
文字入力後、検索を実行します。
 削除
入力中の文字を 1 文字ずつ削除します。
 戻る
文字入力を中止して、元の画面に戻ります。
名称設定画面
マークの名称を編集するときに使用します。
メニューボタン→「 編集・設定」→「 マーク編集」→「 マーク編集」→( 編集するマークグ
ループを選択)→( 編集するマークを選択)→「 名称」とタッチすると表示されます。



準備






 文字入力領域
入力した文字を表示します。
 削除
文字を削除します。
 変換候補表示領域
文字の候補を表示します。
タッチすると、その候補を採用します。
 戻る
文字入力を中止して、元の画面に戻ります。
  変換候補表示
更に多くの変換候補が表示されます。
/
カーソル位置を変更します。
文字入力領域のカーソルを移動します。
 確定
文字を確定します。
 かな入力キーボード
タッチして入力します。
続けてタッチすると、各行の文字が順次送
られ、入力されます。
( 例:
「 あ」→「 い」→「 う」→「 え」→「 お」)
ちょっと一言
「・」
「、」
「 −」
「!」などの記号は、
「 わ」を繰り
返しタッチすると入力できます。
「 ひらがな」
「 カタカナ」
「ABC」
「123」
入力する文字の種類を切り替えます。
13
地図の見かたと操作
地図画面を表示するには、
「 現在地」ボタンをタッチします。










14




 方位 / 現在時刻
地図の表示方向 / 現在時刻を表示します。
 経由地、目的地方向
ルートガイド時に次の経由地または目的地
の方向を示します。
 縮尺(17、19 ページ)
 表示切替 *
 地点 *
 ガイド *
 目的地への到着予想時刻
ルートガイド時に、目的地までの到着予想
時刻を表示します。
* ボタンをタッチしたとき表示される項目に
 目的地までの距離
ルートガイド時に、目的地までの距離を表
示します。
 音量
タッチすると、 / で音量を調整できま
す。
消音ボタンをタッチすると、全ての音声が
出なくなり、ツールバーに
が表示
されます。消音を解除するには
を
再度タッチします。
 自車位置
GPS の受信状況により色が変わります。
赤:GPS を受信し、測位している場合
オレンジ:GPS は受信していないが、自車
位置を推測して表示している場合( 高
架下やトンネル内など)
グレー:GPS を受信できておらず、正しい
自車位置が表示できていない場合
 ツールバー
表示されているボタンをタッチすると、そ
の機能が使えます。
ナビゲーション
 ガイド情報と距離
次のガイド地点での曲がる方向と地点まで
の距離を表示します。
ついては、
「 取扱説明書 本編」
( 別冊)をご覧
ください。
 VICS 情報
VICS ビーコンユニット NVA-VB6( 別売り)
を接続し、VICS 情報を受信したとき表示さ
れます。ルート上に渋滞があるときは赤く
表示されます。
 車線案内
次の交差点の車線情報を表示します。
ルートガイド時には、走行レーンを黄色で
表示します。
15
地図を動かす―スクロール
地図をタッチすると、タッチした位置が地図画面の
中心になり、スクロールモードになります。
十字カーソルが表示されます。
十字カーソルが表示された状態で、地図画面をタッ
チしたまま、動かしたい方向へ指をずらすと、指の
動きに合わせて地図が動きます。
:指の動き
:画面の動き
地図画面の中心をしばらくタッチ()し続けたあ
と、見たい方向へ指をずらして()タッチし続け
ると、地図がその方向に動き続けます。
指をずらす長さによって、スクロール速度は 3 段階
に変化します。最速の状態では、ズームアウトしな
がらスクロールします。ズームアウトしないように
するには、
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→「 設
定」→「 地図表示」→「 ズームスクロール」の設定を
「OFF」にします。

16
3D マップでスクロールを行おうとすると、2D マップに切り替わります。
地図の縮尺を変える
地図の縮尺は「 縮尺」をタッチすることで変更できます。
1
ツールバーの「 縮尺」をタッチします。
ナビゲーション
縮尺
2
「 広域」または「 詳細」をタッチします。
広域
詳細
タッチし続けると、縮尺を連続して変更できます。
縮尺の範囲は 25m ∼ 800km です。
次ページへつづく
17
広域画面
詳細画面
 ジェスチャー操作もできます( 裏表紙)。
現在地を表示しているときに地図画面をタッチしたまま円を描くと設定されている縮尺に変更
できます。右回り / 左回りで異なる縮尺に設定できます。
縮尺の設定は、
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→「 設定」→「 地図表示」→「 プリセットスケー
ル」で変更できます。
ご注意
十字カーソルが表示されているとき( スクロールモード)は、ジェスチャー操作は使えません。
ジェスチャー操作は、現在地ボタンをタッチしてから行ってください。
18
地図の向きを変えて表示する
地図の表示方向は方位 / 現在時刻アイコンで確認できます。
( 常に北が上)または
1
( 進行方向が上)を切り替えるには、次のように操作します。
ツールバーの「 縮尺」をタッチします。
2

( 常に北が上)または
( 進行方向が上)をタッチします。
ナビゲーション
縮尺
または
3D マップでは、進行方向が上の表示のみです。
19
地図の表示方法を切り替える
お買い上げ時に表示されている 2D マップ( 地図帳のような平面地図)を 3 段階の 3D マッ
プ( 斜め上から見たような地図)にすることができます。
1
メニューボタンをタッチして、
「 編集・設定」をタッチします。
「 編集・設定」
2
「 設定」をタッチします。
「 設定」
3
4
20
「 地図表示」をタッチします。
「2D/3D マップ切替」をタッチします。
5
「3D」
(3 種類)のいずれかをタッチします。
「3D」
3D マップ
ナビゲーション
2D マップ
2D マップに戻すには
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→「 設定」→「 地図表示」→「2D/3D マップ切替」で
「2D」をタッチします。
21
自車位置を表示する
自車位置は、GPS 衛星の電波の受信、および加速度センサーやマップマッチングの働きで
測定されています。
1
「 現在地」ボタンをタッチします。
自車位置を表示するには、GPS 衛星を受信している必要があります。
GPS は、周りに高い建物や木々がない屋外で受信してください。
数分から 20 分ほどで自車位置を測位します。
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→「 設定」→「 システム設定」
GPS の受信状態は、
→「 測位情報」で、確認できます。
本機の自律航法について
高架下やトンネルなどで GPS 衛星からの電波が一時的に途切れても、自車位置を測定して表示す
ることができます。
状況によっては自車位置がずれたり止まったりすることがありますが、GPS 衛星が受信できる状
態でしばらく走行すると、自車位置が修正されます。
本機能は、本体をクレードルに取り付け、電源を入れた後、GPS を受信した状態でしばらく走行
すると、働くようになります。
22
ご注意
• 次の場合は、改めてしばらく走行してください。
- 本体をクレードルに載せなおした場合
- 本体の向きを変更した場合
- / ボタンで電源を入 / 切した場合
• クレードルからはずした状態では、自律航法は働きません。
GPS とは
Global Positioning System( 全世界測位システムの意味)の略。GPS 衛星は位置測定用
マップマッチングとは
地図上に表示されている自車位置と実際の自車位置のずれを補正する機能です。この機能
は地図データにマップマッチングデータのある道路でのみ働きます。
ナビゲーション
電波を地上に放射しています。ナビゲーションシステムではこの電波を受信し、自車位置
を算出しています。カーナビゲーションシステムの GPS 測位は場合によっては数 10m か
ら約 200m の誤差が生じることがあります。
 以下のような場合、GPS 衛星の電波を安定して受信できず、自車位置が正しく表示されない
ことがあります。
トンネルの中や地下
高架の下
高層ビルの間
密集した樹木の間
次ページへつづく
23
V 字の谷
勾配の急な坂道
急なカーブ
並行している道がある
有料道路と一般道路が
並行している
長い直線が続いた直後に
右折または左折したとき
角度の小さな Y 字路
その他、以下のような場合も自車位置が正しく表示されない場合があります。
• 地図にない道路や駐車場を走行しているとき
• フェリーやレッカー車移動の際
• 電源が OFF された状態で走行した場合
• 電源を入れて GPS を正しく受信できるまでの間
• クレードルから取り外された状態での使用
• 本体設置場所付近に他の電気製品がある場合
• 熱線防止ガラスなどにより GPS を正しく受信できない場合
24
自宅を登録する
自宅を登録しておくと、どこへ行っても帰宅時にはトップメニューの「 自宅へ」をタッチ
するだけで、自宅までのルートガイドを開始できます(34 ページ)。
1
2
「 メニュー」ボタンをタッチします。
メニュー項目が表示されます。
「 自宅登録」をタッチします。
ナビゲーション
3
自宅に駐車した状態で、
「 現在地」ボタンをタッチします。
「 自宅登録」
 すでに自宅が登録済の場合には、
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→「 設定」→「 シ
ステム設定」→「 自宅登録」から変更できます。
4
地点設定の方法を選びます。
ここでは「 地図から」をタッチします。
「 最寄」、
「 住所」、
「 名称」、
「 ジャンル」、
「 電話番号」、
「 マーク」、
「 履歴」、
「 お気に入り」、
「 現在地」をタッチしても地点設定ができます。
次ページへつづく
25
5
6
26
十字カーソルの中心に自宅の位置が表示されていることを確認し、
「 決定」をタッチします。
確認画面で「 はい」をタッチします。
行き先を決めて出発する
行き先( 目的地)を設定すれば、本機が適切なルートを自動的に探して案内してくれます。
1
2
「 メニュー」ボタンをタッチします。
「 行き先」をタッチします。
「 行き先」
ナビゲーション
3
「 ジャンル」をタッチします。
ここでは「 行き先」をジャンルから探す例で説明します。
「 ジャンル」
4
画面に従い、行きたい施設を探します。
次ページへつづく
27
5
行きたい施設をタッチします。
「 あ」
「 か」
「 さ」
「 た」
「 な」ボタンをタッチすると、その読みではじまる地名リストが
表示されます。詳しくは、
「 取扱説明書 本編」をご覧ください。
6
目的地が表示されていることを確認し、
「 ここへ行く」をタッチします。
( 目的地)マークが付き、ルートを探索します。完了すると、自動的にルートガ
イドを開始します。ルートが見つからないときは、32 ページをご覧ください。
 ツールバーの
をタッチすると
音量が調整できます。
 目的地は次の方法からも選べます。
28
「 最寄」
「 自宅へ」
「 お気に入り」または、
「 行き先」→「 住所」、
「 電話番号」、
「 名称」、
「 マーク」、
「 履歴」
• 個人宅の電話番号は検索できません。
• 電話番号検索データは、タウンページに掲載されている施設情報を元に作成しています。
“ メモリースティック PRO デュオ”を使用することで検索
• 行き先がみつからないときは、
データを増やすことができます。
− 付属の DVD-ROM から“ メモリースティック PRO デュオ”に転送できるデータについて
は、別冊「 取扱説明書 本編」の「 その他」→「 地図について」→「 地図データと検索デー
タについて」をご覧ください。
− DVD-ROM からパソコンに挿入された“ メモリースティック PRO デュオ”への転送方法
については、付属の CD-ROM に収録されている「 取扱説明書 PC アプリ編」
(PDF)をご
覧ください。
ルートガイド中の運転サポート機能
ルートに合わせて自動的に表示を切り替え、きめ細やかな案内で運転をサポートします。
右左折する交差点が近づくとお知らせします。
音声案内のほか、曲がる方向と走行車線をわかりやすく
表示します。
走行車線
曲がる方向
ナビゲーション
交差点まで
の距離
交差点名
音声案内の音量を調整できます。
ツールバーの
をタッチして音量が調整できます。調
整後、音量調整表示は自動的に消えますが、
をタッチ
して消すこともできます。
次ページへつづく
29
万一、道を間違えても大丈夫です。
本機が自動的に適切なルートをすばやく探し直して、ルート
ガイドを続けます。
元のルート
▼
探し直したルート
道路状況がリアルタイムでわかります。
VICS ビーコンユニット NVA-VB6( 別売り)を接続すると、渋
滞などの道路状況がリアルタイムで表示されます。
また、自動的に渋滞を避けるルートを案内します。
30
高速道路上ではさらに‥
進行方向の高速道路出口、SA/PA などの名称、そこに到着す
るまでのおおよその距離と所要時間を表示します。
ナビゲーション
高速道路の出口と分岐点を拡大表示で案内します。
31
ルートが見つからないときは
出発地と目的地の位置関係や、目的地付近での交通規制情報などによって、ルート探索で
きないことがあります。以下の場合、目的地を少しずらしたり、経由地を追加したりするこ
とで、正しくルート探索できることがあります。ルート変更について詳しくは、別冊「 取扱
説明書 本編」の「 編集・設定メニュー」→「 ルート編集」をご覧ください。
出発地と目的地を結ぶルートが、大きく弓なりになるとき
出発地と目的地の間に、海や険しい山があると、ルート
を発見できないことがあります。弓なりなルートの中央
付近を経由地(
)に追加してみてください。
目的地が国道などの幹線道路から大きく離れているとき
山の中のスキー場などを目的地に設定すると、ルートを
発見できないことがあります。目的地近くの幹線道路に、
経由地(
)を追加してみてください。
32
目的地が中央分離帯のある道路上やその近くにあるとき
U ターン禁止の道路上に目的地を設定すると、道路規制
の内容によって、ルートを発見できないことがあります。
反対車線側に、目的地(
)を設定してみてください。
目的地が観光地や駅周辺など、交通規制の厳しい場所にあるとき
ナビゲーション
交通規制の内容によって、ルート探索に失敗することが
あります。少し手前の交差点などに、目的地(
)ま
たは経由地(
)を設定してみてください。
ご注意
次のような場合には、正しいルートが表示されないことがあるため、実際の交通規則に従って走
行してください。
• 次のような場所に出発地 /( 経由地)/ 目的地を設定した場合
- 山岳部など、近くに道路のない地域
- 商店街の中など、細い道路しかない地域
- 道路データ上、道がつながっていない場合( 離島など)
- ゴルフ場など、広い場所
- 近くに交通規制が存在する場合
• 探索されたルートの色がピンク色の場合
( 通常のルート探索では対象にならない細い道はピンク色で表示されます。)
33
自宅に帰る
自宅を登録しておけば(25 ページ)、どこにいても「 自宅へ」をタッチするだけで、自宅ま
でのルートが案内されます。
1
2
「 メニュー」ボタンをタッチします。
「 自宅へ」をタッチします。
自宅へ
自宅までのルートを探索します。完了すると、自動的にルートガイドを開始します。
 地図画面を「 へ」の字になぞっても、自宅までのルートガイドを開始できます( ジェスチャー
操作:裏表紙)。
ご注意
十字カーソルが表示されているとき( スクロールモード)は、ジェスチャー操作は使えません。
ジェスチャー操作は、現在地ボタンをタッチしてから行ってください。
34
困ったときは
本機をご使用中にトラブルが発生した場合は、サービス窓口にご相談になる前に、もう一
度下記の流れにしたがってチェックしてみてください。メッセージなどが表示されている
場合は、書きとめておくことをおすすめします。
• 手順 1:本書で調べる
•
•
この「 困ったときは」をチェックし、該当する項目を調べる。また、別冊の「 取付接続編」、
「取
扱説明書 本編」にも、様々な情報があります。該当する項目を調べてください。
手順 2:nav-u 関連のホームページで調べる
http://www.sony.jp/products/me/ で調べる。
最新サポート情報や、よくあるお問い合わせとその回答を掲載しています。
手順 3:それでもトラブルが解決しないときは
お客様ご相談センター( 裏表紙)またはお買い上げ店にご相談ください。
症状
原因および処置
電源が入らない。
( 別冊)を参考に本機を正しく取り付けてくださ
•「 取付接続編」
その他
い。
• AC アダプターと電源コードを正しく接続してください。
• 内蔵バッテリーが空になった後には、本機側面のリセットボタ
ンを押してください。
バッテリーの充電ができな
い。
• AC アダプターで使用しているときは、電源コンセントから電
源コードを外して、再接続してください。
• 内蔵リチウムイオンバッテリーの動作温度は 5 ∼ 45℃です。
直射日光などが原因で本機内部の温度が上昇すると充電できな
くなりますが、故障ではありません。
次ページへつづく
35
症状
原因および処置
GPS が受信できない。
• 障害物の影響で GPS 衛星の電波が受信できない。見晴らしの
良い場所に移動してください。
• GPS の受信状態が弱い。メニューボタン→「 編集・設定」→
「 設定」→「 システム設定」→「 測位情報」で GPS の受信状態
を確認してください。
• 車体の一部が GPS アンテナの受信を妨げている。取り付け位
置を変更してください。
• 熱線防止ガラスの一部には、GPS を受信できないものがあり
ます。
自車位置がずれる。
• GPS 衛星からの電波の誤差が大きい。誤差は最大で数百メー
トル生じます。
(22 ページ)
• GPS 衛星からの電波が受信できない。
音声ガイドが聞こえない。
• 音量が小さすぎる。画面上の音量アイコン(
)をタッ
チして音量を調整してください。内蔵バッテリーで操作して
いる場合、音量はわずかに小さくなります。
• ガイド音声の設定が「OFF」になっている。メニューボタン→
「 編集・設定」→「 設定」→「 システム設定」→「 音量」→「 ガ
イド音声」で設定してください。
画面が正常に表示されな
い。
• 高温時は画面が暗くなったり、ぼやけたりします。低温時は表
示が遅れることがあります。これらの症状は、本機が動作温度
範囲に戻ると正常に戻ります。
• オートディマーセンサーを手などでふさいでいないか確認し
てください。
36
症状
原因および処置
画面が突然消える。
• 省電力モードが「ON」の状態で一定時間操作しなかった。画
面をタッチすると通常の明るさに戻ります。メニューボタン
→「 編集・設定」→「 設定」→「 システム設定」→「 省電力モー
ド」を確認してください。
メニュー操作が行えず、走
行中を示すメッセージが表
示される。
• 安全のため走行中は以下の操作ができません。
• メニュー
• ツールバー →「 地点」
- 最寄検索
「 よみ」、
「 グループ」、
「 マークアイコ
- マーク登録の「 名称」、
ン」、
「 サウンド設定」
- マーク編集
• ツールバー →「 ガイド」
- ルート確認
• 操作は安全な場所に停車して行ってください。
• オートデモスタートが「ON」になっている。メニューボタン
→「 編集・設定」→「 設定」→「 システム設定」→「 デモンスト
レーション」→「 オートデモスタート」で「OFF」にしてくだ
さい。
その他
何も操作していないのに、
デモンストレーションが始
まる。
37
クレードル
使用温度範囲
電源
主な仕様
本体
使用温度範囲
電源
5℃∼ 45℃
DC 5V( 付属の AC アダプ
ター接続時)
最大 1.5 A
クレードル端子
DC IN 5-5.2V 端子
USB 端子
メモリーカードスロット
メモリースティックデュ
オスロット(“ メモリース
ティック PRO デュオ”対
応)
スピーカー
20 × 40mm だ円型
外形寸法
約 134.4 × 79.1mm、
44.0mm( 幅×高さ×奥
行き)
( 突起部含まず)
重量
約 380g
消費電流
接続端子
モニター
種類
表示方式
駆動方式
画面の大きさ
38
液晶カラーモニター
透過型 TN 液晶パネル
a-si TFT アクティブマト
リクス方式
95.0 × 53.9、109.2mm
( 幅×高さ、対角線径)
消費電流
接続端子
5℃∼ 45℃
DC12V カーバッテリー
( マイナスアース)
最大約 600mA
本体端子
DC IN 12V 端子
内蔵バッテリー充電時間 / 使用時間
充電時間
電源を入れた状態で 5.0
時間
スタンバイ状態で 2.5 時
間
使用時間
最大 4.0 時間( 使用状況に
よる)
別売りアクセサリー
VICS ビーコンユニット NVA-VB6
本機の仕様および外観は、改良のため予告
なく変更することがありますがご了承くだ
さい。
• 包装用緩衝材に段ボールを使
用しています。
• 外箱の印刷に VOC(揮発性有
その他
機化合物)ゼロ植物油型イン
キを使用しています。
39
使用上のご注意とお手
入れ
• 吸盤をクレードルに取り付けたまま絶対に
別冊「 取扱説明書 本編」の「 重要なご注意」
もあわせてお読みください。
•
本機の取り扱い
吸盤について
吸盤の表面が汚れていると、取り付け強度
が弱くなります。吸盤の表面は、取り付け
前に、以下の手順できれいにしてください。
1 吸盤をクレードルから取り外します。
2
3
40
吸盤を水洗いします。
吸盤を完全に乾かします。
ご注意
•
洗わないでください。クレードルが故障す
る恐れがあります。
洗剤などは使わず、必ず水で洗ってくださ
い。
取り付け前には、吸盤が乾燥していることを
確認してください。
液晶画面の輝点・滅点について
画面の同じ場所に、青い点や赤い点などが
現れることがあります。このような現象を
輝点といいます。液晶画面の性質上発生す
るものです。本機の画面は非常に精密度の
高い技術で作られており、99.99%以上の
有効画素がありますが、0.01%の画素欠け
や常時点灯する画素があります。いずれの
場合も使用上、支障はありません。
結露について
結露とは本機を寒い場所から急に暖かい場
所に持ち込んだときなどに、本機の表面や
内部に水滴が付くことで、そのまま使うと
故障の原因となります。このような場合は
スタンバイ状態にしてしばらく放置してお
くと結露が取り除かれ、正常に戻ります。
もし、何時間経過しても正常に動作しない
場合は、お買い上げ店やサービス窓口へご
相談ください。
無線機や携帯電話、レーダー探知機などに
ついて
無線機や携帯電話、レーダー探知機など強
い電波を出したり、受信する機器を本機の
近くで使うと以下のようなことが起きるこ
とがあります。これらの機器は本機から遠
ざけてご使用ください。
• 画像が乱れることがあります。
• 自車位置を正しく表示できないことがあ
ります。
• 本機が正しく動作しないことがあります。
• 無線機や携帯電話、レーダー探知機など
が正しく動作しないことがあります。
電波障害自主規制について
ヒューズを交換するときは、必ずヒューズ
に記してある規定容量( アンペア数)の
ヒューズを使用してください。
ヒューズ(5A)
締める
取り外す
“ メモリースティックデュオ”につ
いて
“ メモリースティック”とは?
“ メモリースティック”は、小さくて大容量
の IC 記録メディアです。
“ メモリース
ティック”対応機器間でデータをやりとり
するのにお使いいただけるだけでなく、着
脱可能な外部記録メディアの 1 つとして
データの保存にもお使いいただけます。
その他
この装置は、情報処理装置等電波障害自
主規制協議会(VCCI)の基準に基づくク
ラス B 情報技術装置です。この装置は、
家庭環境で使用することを目的として
いますが、この装置がラジオやテレビ
ジョン受信機に近接して使用されると、
受信障害を引き起こすことがあります。
本書に従って正しい取り扱いをしてく
ださい。
ヒューズの交換について
本機で対応している“ メモリースティッ
ク”
• 本機では以下の“ メモリースティック”
が使用できます。
( マジック
-“ メモリースティックデュオ”
ゲート非対応)
次ページへつづく
41
-“ マジックゲートメモリースティック
デュオ”
-“ メモリースティック PRO デュオ”
• 本機では 8GB 以下の“ メモリースティック
デュオ”が使用可能です。ただし、8GB 以下
のすべての“ メモリースティックデュオ”の
使用を保証するものではありません。
•“ マジックゲート メモリースティックデュ
オ”および“ メモリースティック PRO デュ
オ”の場合、マジックゲートによってコピー
が禁止されているデータの書き込み / 読み
取りはできません。
“ メモリースティックデュオ”使用上のご
注意
• 本機は高速データ転送には対応していま
せん。
• 標準サイズの“ メモリースティック”は
使用できません。
• “ メモリースティックデュオ”は、正し
い挿入方向をご確認の上ご使用ください。
間違ったご使用は機器の破損の原因とな
りますのでご注意ください。
• “ メモリースティックデュオ”は、小さ
な子供の手が届く範囲に置かないでくだ
さい。誤って飲み込む恐れがあります。
• 読み込み中や書き込み中に“ メモリース
ティックデュオ”を抜かないでください。
42
• 以下の場合、データが破壊されることが
あります。
- 読み込み中や書き込み中に“ メモ
リースティックデュオ”を抜いたり、
電源を切ったりした場合。
- 静電気や電気的ノイズの影響を受け
る場所で使った場合。
• 大切なデータは必ずバックアップを取っ
ておくことをおすすめします。
• 著作権の対象になっているデータの記録
された“ メモリースティック PRO デュ
オ”は著作権法の規定による範囲内で使
用する以外はご利用いただけませんので、
ご注意ください。
フォーマット( 初期化)についてのご注意
• すでにデータが書き込まれている“ メモ
リースティック PRO デュオ”をフォー
マットすると、そのデータは消去されて
しまいます。誤って大切なデータを消去
することがないようにご注意ください。
• “ メモリースティックデュオ”は、標準
フォーマットとして専用の FAT フォー
マットで出荷されています。 • フォーマット( 初期化)が必要な場合は
必ず、以下の手順でフォーマットを行っ
てください。
「 メニュー」ボタン→「 編集・設定」→
「 設定」→「 システム設定」→「M.S.
フォーマット」
• Windows エクスプローラで初期化され
た“ メモリースティック”を入れると、
FORMAT ERROR になり、本機では使え
ません。
誤消去防止スイッチ
メモエリア
• 誤消去防止スイッチのない“ メモリース
ティックデュオ”を使用するときは、大
切なデータを誤って編集 / 消去しないよ
うにご注意ください。
• 誤消去防止スイッチ を「LOCK」にする
と記録や編集、消去ができなくなります。
• 誤消去防止スイッチは、先の細いもので
切り換えてください。
• メモエリアに書き込むときは、あまり強
い圧力をかけないでください。
• 持ち運びや保管の際は、付属の収納ケー
スに入れてください。
- 高温になった車の中や炎天下など気
お手入れと廃棄について
• 本機のお手入れは必ず電源を切ってから
- 直射日光のあたる場所
- 湿気の多い場所や腐食性のものがあ
- 必ず本機の電源を切り、電源プラグま
温の高い場所
る場所
その他
“ メモリースティックデュオ”の取り扱い
について
• 端子部には手や金属で触れないでくださ
い。
• 強い衝撃を与えたり、曲げたり、落とし
たりしないでください。
• 分解したり、改造したりしないでくださ
い。
• 水にぬらさないでください。
• 以下のような場所での使用や保存は避け
てください。
端子部
行ってください。お手入れは以下の点に
注意して行ってください。
たはシガー電源コードを抜いてから
行ってください。
次ページへつづく
43
- 画面の汚れを拭きとるときは、市販の
クリーニングクロスで軽く拭きとっ
てください。
- nav-u 本体やクレードルは、乾いた柔
らかい布、または水をつけて硬く絞っ
た布で軽く拭いてください。
- アルコール、シンナー、ベンジンなど
は使わないでください。変質したり、
塗装がはげたりすることがあります。
- 液体状の洗剤などは使わないでくだ
さい。nav-u 本体の内部に入って故
障の原因となります。
- 化学ぞうきんを使うと、色落ちや変色
することがあります。
- 殺虫剤やヘアスプレーのような揮発
•
性のものをかけたり、ゴム、ビニール
製品、防虫剤などに長時間接触させる
と、変質したり、塗装がはげたりする
ことがあります。
廃棄するときは以下の点に注意して行っ
てください。
- 一般の廃棄物と一緒にしないでくだ
さい。ごみ廃棄場で処分されるごみ
の中に本機を捨てないでください。
- 本機には充電式リチウムイオン電池
が使用されています。次に記載の「 廃
棄時のお願い」をご参照の上、電池の
リサイクルにご協力ください。
44
廃棄時のお願い
電池廃棄時のお願い
リチウムイオン電池は、リサイ
クルできます。不要になったリ
チウムイオン電池はリサイクル
協力店へお持ち下さい。
充電式電池の回収・リサイクルおよびリサ
イクル協力店については、有限責任中間法
人 JBRC ホームページ http://www.jbrc.
net/hp/contents/index.html を参照して
ください。
本機を廃棄するときは、下記の手順でリチ
ウムイオン電池を取り出してください。リ
チウムイオン電池は、リサイクルできます。
ご注意
廃棄時以外は本機を分解しないでください。
準備 :本体の電源を切ります。
1
本体底部のネジ 2 本を、ドラ
イバーを使って外します。
2
4
リアカバーを外します。
 本体の上部を下図のように外し
ます。
電池を取り出します。
 本体の下部を同様に外します。
3
バッテリー端子からコードを
外します。
リチウムイオン電池についてのご注意
• 取り出した電池は子供の手の届かない所に
•
その他
保管してください。
• 取り外した電池の、その他の注意事項につい
ては、
「 取扱説明書 安全のために」
( 別紙)を
ご覧ください。
バッテリー端子を外す場合、金属製のピン
セットなどを使用しないでください。
バッテリー端子
45
保証書とアフターサー
ビス
保証書
• この製品には保証書が添付されています
•
•
ので、お買い上げの際お受け取りくださ
い。
所定事項の記入および記載内容をお確か
めのうえ、大切に保存してください。
保証期間は、お買い上げ日より 1 年間で
す。
アフターサービス
調子が悪いときはまずチェックを
この説明書をもう一度ご覧になってお調べ
ください。
それでも具合の悪いときは
お買い上げ店、または添付の「 ソニーご相
談窓口のご案内」にある「 ソニーサービス
窓口」にご相談ください。
保証期間中の修理は
保証書の記載内容に基づいて修理させてい
ただきます。詳しくは保証書をご覧くださ
い。
46
保証期間経過後の修理は
修理によって機能が維持できる場合は、ご
要望により有料修理させていただきます。
部品の保有期間について
当社ではナビゲーションシステムの補修用
性能部品( 製品の機能を維持するために必
要な部品)を、製造打ち切り後 6 年間保有
しています。この部品保有期間を修理可能
の期間とさせていただきます。保有期間が
経過したあとも、故障箇所によっては修理
可能の場合がありますので、お買い上げ店
またはソニーサービス窓口にご相談くださ
い。
地図画面各部のなまえ













 縮尺
 経由地、目的地方向
 表示切替
 目的地への到着予想時刻
 地点
 目的地までの距離
 ガイド
 ガイド情報と距離
 音量
 自車位置
 VICS 情報
 ツールバー
 車線案内
付録
 方位 / 現在時刻

47
ジェスチャー操作一覧
画面に円や直線を描くようにタッチすると( ジェスチャー操作)、よく使う機能を簡単に使
えます。
機能
ジェスチャー操作
プリセットスケールに変
更する
自宅までのルートを探索
する( 自宅が登録されて
いる場合のみ)
までのルートを探索
する ( お気に入り 1 が登
録されている場合のみ )
までのルートを探索
する ( お気に入り 2 が登
録されている場合のみ )
地図画面で右回り / 左回りになぞる。
地図画面で「 へ」の字になぞる。
地図画面で「 L」の字になぞる。
地図画面で逆「 L」の字になぞる。
十字カーソルが表示されているとき( スクロールモード)は、ジェスチャー操作は使えません。
ジェスチャー操作は、現在地ボタンをタッチしてから行ってください。
困ったときは
nav-u 関連のホームページ( 下記 URL)
でお調べください。
http://www.sony.jp/products/me/
「 よくあるご質問(Q&A)
」は、上記 URL
の「 サポート」からご確認いただけます。
Printed in Thailand
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement