オペレーションマニュアル

オペレーションマニュアル
オペレーションマニュアル
はじめに
このたびは、ZOOM 504Ⅱ(以下504Ⅱと呼びます)をお
買い上げいただき、まことにありがとうございます。
504Ⅱの機能を十分に理解し、末永くご愛用いただくため
にも、このマニュアルをよくお読みくださるようお願い致し
ます。
なお、この取扱説明書はお手元に保存し、必要に応じてご覧
ください。
目次
安全上のご注意 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2
特長 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 3
マニュアルで使う用語について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 4
電池で使用する場合 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 5
・・・・・ 6
各部の名称と機能/接続(※入力ゲインの設定)
パッチを選んで演奏する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 8
チューナー機能を使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 10
パッチを作り替える・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 12
パッチを保存/コピーする ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 14
パッチの呼び出し方を変更する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 16
フィードバックサプレッサーを使う・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 18
エクスプレッションペダルを使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 20
工場出荷時の状態に戻す ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 21
エフェクトのつながり ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 22
エフェクトパラメーター一覧 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 23
主な仕様 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 30
パッチリスト ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 31
使用上のご注意
故障かな?と思う前に
安全上のご注意
安
全
上
の
ご
注
意
この取り扱い説明書では、誤った取り扱いに
よる事故を未然に防ぐための注意事項を、マ
ークを付けて表示しています。
マークの意味はつぎの通りです。
この表示を無視して誤った取り扱
いをすると、使用者が死亡または
重傷を負う可能性が想定される
内容を示しています。
この表示を無視して誤った取り扱
いをすると、使用者が傷害を負う
可能性、または物的損傷のみの
発生が想定される内容を示して
います。
本製品を安全にご使用いただくために、つぎ
の事項にご注意ください。
電源について
● 本製品は、消費電流が大きいため、
ACアダプターのご使用をお薦めし
ますが、電池でお使いになる場合は、
アルカリ電池の使用をお薦めします。
ACアダプターによる駆動
● ACアダプターは、必ずDC9Vセン
ターマイナス300mA(ズームAD0006)をご使用ください。指定外
のACアダプターをお使いになりま
すと、故障や誤動作の原因となり危
険です。
● ACアダプターの定格入力AC電圧と
接続するコンセントのAC電圧は必
ず一致させてください。
● ACアダプターをコンセントから抜く
時は、必ずACアダプター本体を持っ
て行ってください。
● 長 時 間 ご 使 用 に なら な い 場 合 は 、
ACアダプターをコンセントから抜い
てください。
乾電池による駆動
● 市販の1.5V単三乾電池×4本(アル
カリ/マンガン)をお使いください。
● 504Ⅱは充電機能を持っていませ
ん。
2
ZOOM 504 II ACOUSTIC
特長
乾電池の注意表示をよくみてご使用
ください。
● 長時間ご使用にならない場合は、乾
電池を504Ⅱから取り出してくだ
さい。
● 万一、乾電池の液もれが発生した場
合は、電池ケース内や電池端子に付
いた液をよく拭き取ってください。
● ご使用の際は、必ず電池ブタを閉め
てください。
使用環境について
504Ⅱをつぎのような場所でご使用に
なりますと、故障の原因となります。必
ずお避けください。
● 温度が極端に高くなる所や低くなる
所
● 湿度が極端に高い所
● 砂やほこりの多い所
● 振動や衝撃の多い所
取り扱いについて
● 504Ⅱは精密機器ですのでフットス
イッチ以外のスイッチ類は足で踏む
など無理な力を加えないようにして
ください。
● 504Ⅱに異物(硬貨や針金など)ま
たは液体(水,ジュースやアルコー
ルなど)を入れないように注意して
ください。
● ケーブルを接続する際は、各機器の
電源を必ずオフにしてから行ってく
ださい。
● 移動させる場合は一旦電源をオフに
して必ずすべての接続ケーブルと
ACアダプターを抜いてから行って
ください。
改造について
● ケースを開けたり改造を加えること
は、故障の原因となりますので絶対
におやめください。
● 改造が原因で故障が発生しても当社
では責任を負いかねます。
504Ⅱは、次のような特長を備えたアコースティックギター/エレクトリック
ギター用のエフェクトプロセッサーです。
特
長
● アコースティックギター専用のエフェクトを満載
アコースティックギターをギターアンプで鳴らしたときのギラつき感を抑
えるDe-AMP、サウンドに空気感を加えるAIR、ピッキングの粒立ちを揃
えるTOUCHなど、アコースティックギターに最適化されたエフェクトを内
蔵。アコースティックギターやエレアコギターを録音する際のプリアンプ
としても利用できます。また、エレクトリックガットギター用にチューンナ
ップされたパッチも搭載されています。
● エレクトリックギターにも対応
エレクトリックギターをアコースティックギターのような響きに変えるシ
ミュレーターを搭載。ライブ演奏中に、エレクトリックギターとアコース
ティックギターのサウンドを即座に切り替えることができます。
● フィードバックを自動的に抑えるF.B.SUPPRESSORを搭載
フ ィ ー ド バ ッ ク( ハ ウ リ ン グ )を 起 こ す 周 波 数 を 自 動 検 出 す る
F.B.SUPPRESSORを搭載。演奏中にフィードバックが起きたときも、フ
ットスイッチ操作一発でその周波数ポイントを抑え込みます。
● オートクロマチックチューナー機能を搭載
ギター用のオートクロマチックチューナーを内蔵。ステージ上でも手軽に
チューニングが行えます。
● 演奏場所を選ばない2電源方式
ACアダプター以外に、単三電池×4本による駆動も可能な2電源方式。マ
ンガン電池で約8時間、アルカリ電池で約28時間の連続使用が可能です。
● フットスイッチやペダルによる操作も可能
オ プ ション の フット ス イッ チ( F S 0 1 )や エ ク ス プ レ ッ ション ペ ダ ル
(FP01/FP02)を接続するCONTROL IN端子を装備。フットスイッチを
使ってフィードバック周波数を自動検出したり、エクスプレッションペダ
ルを使ってボリュームやエフェクト音色をリアルタイムでコントロールで
きます。
● 504のサウンドをパワーアップ
ベストセラー機ZOOM 504のサウンドを継承しながら、ローコスト&コン
パクトサイズを実現。さらに、世界初のアコースティックギター専用WAH
エフェクト、レゾネーター付きギターのようなクセのある音色に変身させ
るEMPHASIZERなど、ユニークな新規エフェクトが搭載されています。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
3
■ プレイモード/エディットモード
マニュアルで使う用語について
ここでは、マニュアルで使用する504Ⅱの用語について説明します。
■ エフェクトパラメーター
マ
ニ
504Ⅱのエフェクトは、効果のかかり具合を決定するさまざまな要素を組み合
ュ
わせたものと考えることができます。これらの要素を“エフェクトパラメーター”
ア
と呼びます。504Ⅱには次の図のように10種類のエフェクトパラメーターが内
ル
蔵されています。これらエフェクトパラメーターの設定値を変えると、ちょうど
で
使
コンパクトエフェクターのツマミを回したときと同じように、音色や効果のかか
う
り具合が変化します。
用
エフェクトパラメーター
語
に
LIMIT/ LOW/ HIGH/ AIR EFFECT DLY& De-AMP
F.B.
PATCH OUT
IN
TYPE
つ
EDGE BODY TOP
REV
SUPPRESSOR LEVEL
い
グローバルパラメーター
て
■ エフェクトタイプ
エフェクトパラメーターの中には、効果の種類(これを“エフェクトタイプ”と呼
びます)を切り替えて使用できるものもあります。例えば、DLY&REVパラメー
ターにはLARGE、SMALL、DELAY、DLY+REVという4種類のエフェクトタ
イプが含まれており、いずれか1つを選んで使用します。
504Ⅱ内部の動作状態を“モード”と呼びます。504Ⅱの主要なモードには、パ
ッチを選択して演奏する“プレイモード”、エフェクトを作り替える“エディットモ
ード”があります。プレイモードとエディットモードは、[PLAY/EDIT]セレクタ
ーで切り替えます。
■ グローバルパラメーター
通常エフェクトパラメーターの設定値は、パッチごとに記憶されます。しかし、
エフェクトパラメーターの中には、すべてのパッチに共通して働くものもありま
す。このようなパラメーターを“グローバルパラメーター”
と呼びます。グローバ
ルパラメーターの設定内容は、パッチを切り替えても変化しません。
電池で使用する場合
1.504Ⅱ本体を裏返しにして、電池ブタ
を開けます。
ツメを押して引っ掛かりを外し、
フタを
上に持ち上げてください。
2.電池ケースに単三乾電池×4本を
入れます。
単三乾電池4本
■ パッチ
504Ⅱでは、
“パッチ”と呼ばれる単位で、エフェクトを呼び出したり保存したり
します。パッチは、エフェクトパラメーターの設定値やオン/オフ状態を記憶し
たものです。504Ⅱでは、本体内のメモリーに最大36のパッチを保存できます。
■ バンク
6つのパッチをひとまとめにしたものを“バンク”と呼びます。バンクは全部で6
つあり、それぞれA∼Fのアルファベットで区別します。また、1つのバンクに含
まれるパッチには、1∼6の番号(パッチ番号)が付けられています。504Ⅱでパ
ッチを指定するときは、A1(バンクAのパッチ番号1)、b6(バンクbのパッチ番
号6)のように、バンクとパッチ番号の両方を使用します。
乾電池はすべて
同じ方向に向けて
入れてください。
ツメ
電池ブタ
3.電池ブタを閉めます。
504Ⅱ本体の裏側
電池ブタのツメの部分でカチリと音がするように
しっかり閉めてください。
BANK F
BANK E
BANK d
BANK C
BANK b
BANK A
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
4
ZOOM 504 II ACOUSTIC
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
PATCH 1
PATCH 2
PATCH 3
PATCH 4
PATCH 5
PATCH 6
電池は、単三乾電池4本をご使用ください。
電池の残量が少なくなるとディスプレイ下のドット(・)が点滅を始めます。
NOTE
504Ⅱを使用しないときは、電池の消耗を防ぐためにINPUT端子からプラグを
抜いておきましょう。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
5
マ
ニ
ュ
ア
ル
で
使
う
用
語
に
つ
い
て
/
電
池
で
使
用
す
る
場
合
各部の名称と機能/接続
各部の名称/接続
[PLAY/EDIT]セレクター
フロントパネル
リアパネル/接続
各
部
の
名
称
と
機
能
/
接
続
INPUT(インプット)端子
アコースティックギターに取り付けられたピックアップ(プ
リアンプ)の出力、およびエレクトリックギターの出力を
接続する端子です。
504Ⅱを電池で駆動するときは、
この端子にプラグを差
し込むと、電源がオンになります。
プレイモード(パッチを選んで演奏する状態)と、エディッ
トモード(パッチを作り替える状態)を切り替えたり、エデ
ィットする項目を選ぶノブです。
各
部
の
名
称
と
機
能
/
接
続
[+]/[−]キー
バンクを上下に切り替えたり、設定項目を調節するとき
に使用します。
[STORE](ストア)キー
作り替えたパッチを保存したり、パッチを他の位置にコ
ピーするときなどに使用します。
ディスプレイ
パッチの番号や内部設定の値など、504Ⅱを操作するの
に必要な情報が表示されます。
[▼]/[▲]フットスイッチ
パッチを切り替えたり、
チューナーを使うときなどに利用
します。
【入力ゲインの設定】
マグネット式ピックアップやシングルコイルのエレ
クトリックギターなど、出力レベルの低いピックア
ップをご使用になる場合、次の方法で入力ゲイン
を上げることができます。
● [▼]フットスイッチを踏みながら、504Ⅱの電
源を入れてください。
ディスプレイに“HI-GAIN”とスクロール表示
され、入力ゲインが高めに設定されます。
NOTE
入力ゲインの設定は、内部メモリーには記憶
されません。電源を入れるたびに、そのつど
設定してご使用ください。
CONTROL IN(コントロールインプット)端子
オプションのフットスイッチ(FS01)やエクスプレッショ
ンペダル(FP01/FP02)を接続する端子です。
OUTPUT(アウトプット)端子
ギターアンプやハイファイな再生装置などに接続するス
テレオフォーンの出力端子です。Y字ケーブルを使って
2台のアンプに接続したり、ヘッドフォーンを接続してモ
ニターすることも可能です。
DC 9V(ACアダプター)端子
DC9Vセンターマイナス300mA(ズームAD−0006)
のACアダプターを接続します。この端子にACアダプター
を接続すると504Ⅱの電源がオンになります。
6
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
7
パッチを選んで演奏する
パッチを選んで演奏する
楽器を演奏しながらパッチを切り替えて、さまざまな効果を試してみましょう。
電源を入れる
電池で使用する場合は、504ⅡのINPUT端
子にモノラルシールドケーブルを差し込んで
ください。
パ
ッ
チ
を
選
ん
で
演
奏
す
る
ACアダプターで使用する場合は、ACアダプ
ターをコンセントに差し込み、もう一方のプラ
グを504Ⅱに接続してください。
ギターアンプの電源を入れ、ボリュームを適
切な位置に調節してください。
504Ⅱをプレイモードに
設定する
[PLAY/EDIT]セレクターが“PLAY”以外
の位置にある場合は、
“PLAY”の位置に合わ
せてください。
現在選ばれているバンクとパッチ番号は、ディス
プレイで確認できます。
バンク名 パッチ
番号
504Ⅱの電源を入れた直後は、
[PLAY/EDIT]セレクターが“PLAY”
以外の位置に設定されていても、
プレイ
モードとして動作します。
バンクを直接切り替える
パ
ッ
チ
を
選
ん
で
演
奏
す
る
A∼Fのバンクを直接切り替えたいときは、
[+]/[−]キーのどちらか一方を押してく
ださい。
マスターボリュームを
調節する
[+]/[−]キーの両方を1秒以上押し続け
てください。
マスターボリュームの値が表示されている
間に、[+]/[−]キーのどちらか一方を押し
て値を変更してください。
マスターボリュームの設定範囲は0∼50です。
電源を入れ直すと、40にリセットされます。
ヘッドフォーンでご使用の場合はここで音
量調節をすると便利です。
パッチを切り替える
プレイモードでパッチを切り替えるには、[▼]/[▲]フットスイッチの
どちらか一方を踏んでください。
8
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
9
チューナー機能を使う
504Ⅱには、オートクロマチックチューナーが内蔵されています。チューナー
機能は、504Ⅱがバイパス(エフェクトを一時的にオフにする)またはミュー
ト(原音とエフェクト音を消音する)状態のときに、利用できます。
バイパス/ミュート状態に
切り替える
チ
ュ
ー
ナ
ー
機
能
を
使
う
チューナー機能を使う
チューナーの基準ピッチを
調節したいときは
内蔵チューナーの基準となる中央Aの周波数を微
調整することが可能です。
[+]/[−]キーのどちらか一方を押してください。
チ
ュ
ー
ナ
ー
機
能
を
使
う
504Ⅱをバイパス状態にする
プレイモードで[▼]/[▲]フットスイッチの両
方を同時に踏み、すぐに離してください。
基準ピッチの値
基準ピッチの値が表示されている間に、[+]
/[−]キーを使って値を調節してください。
504Ⅱをミュート状態にする
プレイモードで[▼]/[▲]フットスイッチの両
方を同時に踏み、1秒以上踏み続けてから離
してください。
エディットモードからバイパス/ミュー
ト状態に入ることはできません。
チューニングを合わせる
チューニングを合わせたい
弦の開放弦を弾き、ピッチ
を調節してください。
基準のピッチの値は35∼45です。
(中央 A = 435Hz∼445Hz)
504Ⅱの電源を入れなおすと、基準ピッチ
が40(440Hz)にリセットされます。
プレイモードに戻る
[▼]/[▲]フットスイッチのどちらか一方を踏
んでください。
また、右側の桁には、ピッチがど
れだけずれているかを示す記号
が表示されます。
ディスプレイの左側の桁に、最
寄りの音名が表示されます。
他の弦も、同じ要領でチュー
ニングしてください。
10
ZOOM 504 II ACOUSTIC
高いピッチ 正確なピッチ 低いピッチ
ずれが大きいほど表示の回転が
速くなります
ZOOM 504 II ACOUSTIC
11
パッチを作り替える
パッチを作り替える
504Ⅱのパッチは、エフェクトパラメーターの設定値を変更することで、自由
に作り替えることができます。現在選択されているパッチをエディットして、
好みのエフェクトを作ってみましょう。
[PLAY/EDIT]セレクターを回し、エディッ
トしたいパラメーターを選んでください。
現在選ばれているパラメ
ーターの設定値がディス
プレイに表示されます。ま
た、エディットモードを表す
ディスプレイ右下のドット
が点灯します。
[+]/[−]キーを押してください。
いずれか一方のキーを押し続けると、値が連続し
て変化します。片方のキーを押しながらもう一方
のキーを押すと、値が素早く増減します。
また、両方のキーを同時に押すと、途中をスキッ
プして値が大きく変化します。
エフェクトパラメーターを
選択する
パ
ッ
チ
を
作
り
替
え
る
パラメーターの設定値を変更する
パ
ッ
チ
を
作
り
替
え
る
パラメーターの値
パラメーターのオン/オフ
を切り替えるには
[▼]/[▲]フットスイッチを両方同時に踏ん
でください。
点灯
[PLAY/EDIT]セレクターで選択可能な
エフェクトパラメーター
そのパラメーターがオフとなり、
ディスプレイに
“oF”
と表示されます。もう一度両方のフットスイッチ
を踏めば、元の状態に戻ります。
①パッチレベル
②TYPEパラメーター
③LIMIT/EDGEパラメーター
この操作はパッチレベルとTYPEパラメーター(手
順 ①と②のパラメーター)では無効です。
④LOW/BODYパラメーター
⑤HIGH/TOPパラメーター
⑥AIRパラメーター
エディットを終了する
⑦EFFECTパラメーター
⑧DLY&REVパラメーター
⑨De-AMPパラメーター(
)
⑩F.B.SUPPRESSOR
パラメーター(
)
= グローバルパラメーター
エ ディット を 終 了 し て プ レ イ モ ード に 戻 る に は 、
[PLAY/EDIT]セレクターを“PLAY”の位置に合わせ
てください。
エディットしたパッチを保存せずに、
プレイモードで他のパッ
チを選択すると、エディット内容が消去されてしまいますので
ご注意ください。パッチの保存方法は、14ページをご参照く
ださい。
12
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
13
パッチを保存/コピーする
パッチを保存/コピーする
エディットしたパッチは、本体内のどの位置にも保存できます。また、既存のパ
ッチを別の位置に保存して、パッチのコピーを作ることもできます。
プレイモードまたは
エディットモードで
[STORE]キーを押す
このときディスプレイのバンクとパッチ番号が
点滅します。
パ
ッ
チ
を
保
存
/
コ
ピ
ー
す
る
もう一度[STORE]キー
を押す
保存/コピーが完了すると、保存先のパッチが
選択された状態で、元にいたモードに戻ります。
パ
ッ
チ
を
保
存
/
コ
ピ
ー
す
る
保存/コピーを実行すると、それまで保存
先にあったパッチは消去されます。大切な
パッチを消去しないように、保存先の選択
[▼]/[▲]フットスイッチ
を使って、保存/コピー先
のパッチを指定する
は慎重に行ってください。誤って工場出荷
時のパッチを消去した場合は、個々のパッ
チ(あるいはすべてのパッチ)を工場出荷
時の状態に戻すことが可能です。詳しくは
21ページをご参照ください。
パッチを保存/コピーするときは、[+]/
[−]キーを使ってバンクのみを変更するこ
とはできません。
保存をキャンセルしたいときは
[STORE]キーの代わりに、[−]キーを押してください。
保存が中止され、元のモードに戻ります。
[−]キーを押す以外に、[PLAY/EDIT]セレクターを回した
場合も、保存がキャンセルされます。
14
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
15
パッチの呼び出し方を変更する
パッチの呼び出し方を変更する
504Ⅱの通常の操作では、プレイモードでパッチを切り替えたときに、即座に
パッチが呼び出されて音色が変化します。
しかし、メモリー内の離れた位置にあるパッチを呼び出すときは、次々と音色
が切り替わるため、この方式が不便に感じることもあります。こんなときは、
パッチの呼び出し方として“プリセレクト方式”を選ぶこともできます。プリセ
レクト方式とは、あらかじめ次に呼び出したいパッチを選んでおき、確定操作
を行ったときに初めてパッチが切り替わる方式です。
パッチの呼び出し方を
プリセレクト方式に変える
パ
ッ
チ
の
呼
び
出
し
方
を
変
更
す
る
パッチの呼び出し方法をプリセレクト方式に
切り替えるには、[▲]フットスイッチを踏みな
がら、504Ⅱの電源を入れます。
呼び出したいパッチを
指定する
パッチを確定する
呼び出したいパッチが決まったら、[▼]/[▲]
フットスイッチの両方を同時に踏んでください。
パ
ッ
チ
の
呼
び
出
し
方
を
変
更
す
る
確定
パッチが確定し、ディス
プレイの点滅が点灯に
変わります。
パッチの呼び出し方を通常
の方式に戻したいときは
プレイモードで、[▼]/[▲]フットスイッチ
を使って次に呼び出したいパッチを指定し
てください。
504Ⅱの電源を入れ直してください。
[+]/[−]キーを使ってバンクのみを切り替
えることも可能です。
パッチの呼び出し方が自動的に通常の方式に
戻ります。
ディスプレイには、次に呼び
出されるパッチのバンクや
パッチ番号が点滅して表示
されます(ただし、音色は切
り替わりません)。
16
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
17
フィードバックサプレッサーを使う
504Ⅱには、特定の周波数帯域(フィードバック周波数)をカットして、フィー
ドバックを軽減するF.B.SUPPRESSORが搭載されています。
F.B.SUPPRESSORは、プレイモードまたはエディットモードのどちらのモー
ドでも使用できます。
■F.B.SUPPRESSORをプレイモードで使用する
演奏中フィードバックが発生したときに、CONTROL IN端子に接続されたフ
ットスイッチFS01(オプション)を使ってフィードバック周波数を自動検出す
る方法です。
1. FS01のプラグを504ⅡのCONTROL
IN端子に挿入し、続いて
504Ⅱの電源をオンにしてください。
フ
ィ
ー
ド
バ
ッ
ク
サ
プ
レ
ッ
サ
ー
を
使
う
NOTE
504Ⅱの電源がオンのままCONTROL IN端子にFS01を挿入すると、誤
動作の原因となります。必ず、FS01を挿入した後で、504Ⅱの電源をオ
ンにしてください。
2. [PLAY/EDIT]セレクターを回し、
“F.B.SUPPRESSOR”に合わせてください。
3. [+]/[−]キーを使ってディスプレイに“SC”と表示
させてください。
“SC”は、フィードバックを起こしている周波数を自動
検出して、その周波数をカットするための設定値です。
F.B.SUPPRESSORパラメーターの設定値を“SC”に
変更するか、F.B.SUPPRESSORパラメーターをオフか
らオンに切り替えたときに、自動検出が始まります。
504Ⅱの電源を切った後でも“SC”の設定を記憶させ
ておきたいときは、現在選ばれているパッチの保存操
作を行ってください。
4. [PLAY/EDIT]セレクターを“PLAY”の状態に戻して
ください。
18
ZOOM 504 II ACOUSTIC
5. 演奏中にフィードバックが発生したら、FS01を2回踏
んでください。
FS01
F.B.SUPPRESSORのオン/オフが切り替わり、504Ⅱ
が自動的にフィードバック周波数を検出して、その周波数
をカットします。
■F.B.SUPPRESSORをエディットモードで使用する
エディットモードで、フィードバック周波数を自動または手動で検出する方法
です。
1. 演奏中にフィードバックが発生したら、[PLAY/EDIT]
セレクターを回し、
“F.B.SUPPRESSOR”に合わせて
ください。
フ
ィ
ー
ド
バ
ッ
ク
サ
プ
レ
ッ
サ
ー
を
使
う
504Ⅱがエディットモードに移行します。
2. [+]/[−]キーを使って、ディスプレイに表示される
設定値を“SC”に変更してください。
すでに“SC”に設定されていた場合は、値を変更してから
もう一度“SC”に戻してください。もしくは、
[▼]/[▲]フ
ットスイッチの両方(またはCONTROL IN端子に接続され
たFS01)を2回踏み、F.B.SUPPRESSORパラメーター
をオフ→オンと切り替えてください。これで自動検出が開
始されます。
3. 手順2を実行してもフィードバックがうまく軽減されな
い場合は、F.B.SUPPRESSORパラメーターを、1∼
30の範囲で最もフィードバックが軽減される値に設定
してください。
電源を切った後でもF.B.SUPPRESSORパラメーター
の設定値を記憶させておきたいときは、現在選ばれてい
るパッチの保存操作を行ってください。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
19
エクスプレッションペダル(FP01/FP02)を使う
504ⅡのCONTROL IN端子にエクスプレッションペダルFP01/FP02(オ
プション)を接続すれば、ボリュームペダルまたはエフェクトパラメーターの
コントローラーとして利用できます。
エクスプレッションペダルでコントロール可能なパラメーターについては26
∼29ページをご参照ください。
1. FP01/FP02のプラグを504ⅡのCONTROL
IN端子に挿入し、続
いて504Ⅱの電源をオンにしてください。
NOTE
504Ⅱの電源がオンのままCONTROL IN端子にエクスプレッションペダル
を挿入すると誤動作の原因となります。必ず、エクスプレッションペダルを
挿入した後で、504Ⅱの電源をオンにしてください。
1. [STORE]キーを押しながら、INPUT端子(またはDC 9V端子)にプ
ラグを挿入してください。
ディスプレイで
“AL”の表示が点滅します。
2. もう一度[STORE]キーを押してください。
がらエクスプレッションペダルを前後に動かし
てください。
そのパッチでプログラムされた内容に応じて、ボ
リュームやエフェクトパラメーターが変化します。
504Ⅱには、工場出荷時に36のファクトリーパッチが保存されています。これ
らのファクトリーパッチは、他のパッチを上書きした後でも、いつでも元の状
態に戻せます。
パッチを元に戻す方法には、すべてのパッチ情報を工場出荷時の状態に戻す
“オールイニシャライズ”
と、任意のパッチのみを工場出荷時の状態に戻す“フ
ァクトリーリコール”の2種類があります。
■ オールイニシャライズを実行する場合
2. プレイモードでパッチを選び、楽器を演奏しな
エ
ク
ス
プ
レ
ッ
シ
ョ
ン
ペ
ダ
ル
を
使
う
工場出荷時の状態に戻す
前後に動かす
エディット中でも、エクスプレッションペダルを使ってボリュームやエフェ
クトパラメーターを操作することは可能です。
すべてのパッチ情報が工場出荷時の状態に戻り、プレイモードに移行しま
す。オールイニシャライズをキャンセルしたいときは、[−]キーを押してく
ださい。
NOTE
オールイニシャライズを実行すると、ユーザーが保存したパッチはすべて
消去されますので、操作は慎重に行ってください。
■ ファクトリーリコールを実行する場合
2. [▼]/[▲]フットスイッチを使って、工場出荷時の設定に戻すパッチを
選択してください。
指定したバンク名/パッチ番号がディスプレイ上で
点滅します。
ファクトリーリコール操作中は、[+]/[−]キーを使って、バンクのみを
切り替えることはできません。
3. もう一度[STORE]キーを押してください。
指定されたパッチが工場出荷時の状態に戻ります。
必要に応じて手順2∼3を繰り返し、ファクトリーリコールを続けることが
できます。また、[−]キーを押せば、ファクトリーリコールを終了して、プレ
イモードに戻ります。
20
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
21
工
場
出
荷
時
の
状
態
に
戻
す
エフェクトパラメーター一覧
エフェクトのつながり
504Ⅱのパッチは、10種類のエフェクトパラメーター(うち2種類がグローバ
ルパラメーター)から構成されています。それぞれのパラメーターを適切な値
に設定することで、パッチの音色が決まります。
また、各パラメーターのオン/オフを切り替えたり、特定のパラメーターの値
をエクスプレッションペダルで操作できるようにプログラムすることも可能
です。
ここでは、すべてのパラメーターとその設定値について説明します。
■エフェクトパラメーター一覧の見方
[PLAY/EDIT]セレクター
ディスプレイ
そのパラメーターを呼び出すセ
レクターの位置を示しています。
それぞれのパラメーターで選択可能な設定範囲
を表します。
エフェクトパラメーター
TYPE
LIMIT/EDGE
LOW/BODY
HIGH/TOP
ACOUSTIC
LIMITER
LOW
HIGH
EDGE
BODY
TOP
FLAT
NATURAL
MILD
RHYTHM
BRIGHT
AIR
EFFECT
DLY&REV
AIR
RICH CHORUS
LIGHT CHORUS
12-STRING
DOUBLING
TOUCH
EMPHASIZER
DRY MIX
WAH
LARGE
SMALL
DELAY
DELAY+REVERB
PATCH LEVEL
原音にディレイ音(反響)やリバーブ音(残響)をミックスして、奥行き感や広がり
感を与えるパラメーターです。
DELAY+REVERB(ディレイ+リバーブ)
リバーブ効果とディレイ効果(ディレイタイムは固定210ms)をミックスしたエフェ
クトです。値が大きいほどリバーブ効果が深くなり、
ディレイ音のミックス量が大きく
なります。
ELECTRIC
THRU
NORMAL
JUMBO
PIEZO
GUT
DELAY&REVERB(ディレイ&リバーブ)
De-AMP
F.B.SUPPRESSOR
BRIGHT COMBO
COMBO
STACK
AUTO
MANUAL
PEDAL DELAY+REVERB(ペダルディレイ+リバーブ)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、ディレイ音のミックス量を調節します(この場合、
リバーブ効果の深さ
は固定となります)。
グローバルパラメーター
oF(オフ)
エ
フ
ェ
ク
ト
の
つ
な
が
り
DELAY&REVERBパラメーターがオフになります。
TYPE、LIMIT/EDGE、LOW/BODY、HIGH/TOPの各パラメーターは、それ
ぞれアコースティックギター用とエレクトリックギター用のパラメーターに分
かれています。TYPEパラメーターで選ばれた設定値の種類(ACOUSTICま
たはELECTRIC)に応じて、残り3つのパラメーターの内容が次のように変わ
ります。
TYPE
ACOUSTICが
選ばれている場合
ELECTRICが
選ばれている場合
ACOUSTIC
FLAT
NATURAL
MILD
RHYTHM
BRIGHT
ELECTRIC
THRU
NORMAL
JUMBO
PIEZO
GUT
LIMITER
LOW
HIGH
TYPE、LIMIT/EDGE、LOW/BODY、HIGH/TOPの
各パラメーターは、
アコースティックギターの音色やダイ
ナミクスを整える“プリアンプ”として機能します。
パラメーターのオン/オフ
エクスプレッションペダル
ペダルアイコン( )が表記されている場合、
その設定値を選んだときに、該当するパラメータ
ーをエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
でコントロールできることを表しています。
1つのパッチの中でペダルアイコンのあ
る設定値が1つも選択されていない場
合、エクスプレッションペダルは、
ボリュー
ムペダルとして動作します。
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
TYPEパラメーターを除くすべて
のパラメーターには、そのパラメ
ーターを無効にする“ ”という
設定値が用意されています(エデ
ィットモードで[▼]/[▲]フットスイ
ッチを両踏みしたときと同じ効果
です)。
グローバルパラメーター
EDGE
BODY
TOP
TYPE、LIMIT/EDGE、LOW/BODY、HIGH/TOPの
各パラメーターは、
エレクトリックギターをアコースティッ
クギター風の響きに変える“シミュレーター”として機能
します。
すべてのパッチに共通するグローバルパラメーターは、他のエフェクトパラメーターと区
別するために、
“ ”の印を記載します。
De-AMP(デアンプ)
アコースティックギターをギターアンプで鳴らしたときの、耳障りな帯域を軽減す
るパラメーターです。使用するギターアンプに応じてブライトコンボ、コンボ、ス
タックのうちいずれか1つを選び、適切な値を選択してください。
22
ZOOM 504 II ACOUSTIC
ZOOM 504 II ACOUSTIC
23
PATCH LEVEL(パッチレベル)
パッチごとの最終的な音量を調節するパラメーターです。この値が25に設定さ
れたときに、入力レベルと出力レベルが均等(ユニティゲイン)となります。
アコースティックギター用のプリアンプの
特性を選択します。
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
24
ACOUSTIC
ELECTRIC
LIMITER(リミッター)
EDGE(エッジ)
リミッターのかかり具合を調節し
ます。値が大きいほどリミッターの
効きが強くなり、
ピーク成分が抑え
られます。
エッジエフェクトのかかり具合を
調節します。値が大きいほどアコ
ースティックギターの弦の響きが
強調されます。
oF(オフ)
TYPE(タイプ)
ACOUSTIC
LIMITER/EDGE(リミッター/エッジ)
LIMITER/EDGEパラメーターがオフになります。
ELECTRIC
エレクトリックギターをアコースティック
ギターに変えるシミュレーターの特性を
選択します。
LOW/BODY(ロー/ボディ)
ACOUSTIC
ELECTRIC
LOW(ロー)
BODY(ボディ)
NORMAL(ノーマル)
ローEQのブースト量を調節します。
値が大きいほど低音域が強調され
ます。
シミュレートするボディの大きさ
を調節します。値が大きいほど箱
鳴りの響きが強調されます。
音楽のジャンルや奏法を選ばない、
アコースティックギターの自然な
音色が得られる特性です。
オーソドックスなアコースティック
ギターの音色をシミュレートします。
oF(オフ)
MILD(マイルド)
JUMBO(ジャンボ)
マイルドで暖かみのある音色です。
ピエゾピックアップを取り付けたア
コースティックギターにお試しくだ
さい。
ボディの大きいアコースティック
ギターの音色をシミュレートします。
RHYTHM(リズム)
PIEZO(ピエゾ)
コードストローク奏法向きのタイト
な音色です。
ピエゾピックアップを搭載したア
コースティックギターの音色をシ
ミュレートします。
BRIGHT(ブライト)
GUT(ガット)
フィンガー奏法向きの明るい音色
です。
ナイロン弦を張ったクラシックギ
ターの音色をシミュレートします。
FLAT(フラット)
THRU(スルー)
アコースティックギターの音色を
そのまま再現するフラットな特性
です。
シミュレーターを使用せず、エレ
クトリックギターの原音をそのま
ま使用します。
NATURAL(ナチュラル)
ZOOM 504 II ACOUSTIC
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
LOW/BODYパラメーターがオフになります。
HIGH/TOP(ハイ/トップ)
ACOUSTIC
ELECTRIC
HIGH(ハイ)
TOP(トップ)
ハイEQのブースト量を調節します。
値が大きいほど高音域が強調され
ます。
高音域を調節します。値が大きい
ほどハリのある音になります。
oF(オフ)
HIGH/TOPパラメーターがオフになります。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
25
AIR(エアー)
マイクで収音したような空気感をシミュレートします。
値が大きいほど、ギターをマイクから遠ざけて収音したオフマイクのサウンドに
なります。
oF(オフ)
AIRパラメーターがオフになります。
DOUBLING(ダブリング)
2人のプレーヤーが同じ音をわずかにずらして弾いたような、
ダブリング効果を
作り出します。値が大きいほど、原音とエフェクト音のずれが大きくなります。
PEDAL DOUBLING(ペダルダブリング)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、
ダブリングのエフェクト音のミックス量を調節します。
TOUCH(タッチ)
ピッキングのタッチを揃えるエフェクトです。値が大きいほど、弱いピッキングで
も1音1音がはっきり聞こえるようになります。
EFFECT(エフェクト)
音をさまざまな方法で加工する8種類のエフェクトタイプの中から1つを選択し、
そのかかり具合を設定するパラメーターです。
PEDAL TOUCH(ペダルタッチ)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、
タッチエフェクトの効き具合を調節します。
EMPHASIZER(エンファサイザー)
高音域の倍音を加えて、音色を強調するエフェクトです。値が大きいほどギラつ
いた感じの音色となります。
RICH CHORUS(リッチコーラス)
深みのあるコーラス効果です。値が大きいほど、
コーラスのかかり具合が大きく
なります。
PEDAL RICH CHORUS(ペダルリッチコーラス)
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、
リッチコーラスのエフェクト音のミックス量を調節します。
LIGHT CHORUS(ライトコーラス)
PEDAL EMPHASIZER(ペダルエンファサイザー)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、エンファサイザーの効果の深さを調節します。
AIRモジュール通過後の信号に、ギターの原音をミックスします。値が小さいほど
AIRモジュール通過後の信号のミックス量が増加し、値が大きいほどギターの原
音のミックス量が増加します。
変調感を抑えて原音を重視した、軽めのコーラス効果です。値が大きいほど、
コ
ーラスのかかり具合が大きくなります。
PEDAL LIGHT CHORUS(ペダルライトコーラス)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、
ライトコーラスのエフェクト音のミックス量を調節します。
12-STRING(12-ストリング)
12弦ギター風のサウンドが得られるエフェクトです。値が大きいほど、効果が強
くなります。
PEDAL 12-STRING(ペダル12-ストリング)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、12-ストリングの効果の強さを調節します。
26
ZOOM 504 II ACOUSTIC
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
DRY MIX(ドライミックス)
AIRモジュール通過後の信号
TYPE
LIMIT/
EDGE
LOW/
BODY
HIGH/
TOP
AIR
原音
PEDAL DRY MIX(ペダルドライミックス)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使って、AIRモジュール通過後の信号と原音のミックスバランスをコントロール
します。
このエフェクトタイプで得られる効果は、AIRモジュール以前の各モジュー
ルの設定に応じて異なります。AIRモジュール通過後の信号と原音との間
に、大きな変化がない場合は、あまり効果が感じられない場合があります。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
27
WAH(ワウ)
PEDAL DELAY(ペダルディレイ)
1音1音に対してワウがかかる、オートワウのエフェクトタイプです。値が大きいほ
ど、
オートワウの感度が高くなります。
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、ディレイ音のミックス量を調節します(この場合、ディレイタイムは
250mSとなります)。
PEDAL WAH(ペダルワウ)
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、
ワウ効果をマニュアル操作でコントロールします。ペダル未使用時は
オートワウとして機能します。
oF(オフ)
DELAY+REVERB(ディレイ+リバーブ)
リバーブ効果とディレイ効果(ディレイタイムは210mS)をミックスしたエフェク
トです。値が大きいほどリバーブ効果が深くなり、
ディレイ音のミックス量が大きく
なります。
PEDAL DELAY+REVERB(ペダルディレイ+リバーブ)
EFFECTパラメーターがオフになります。
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、ディレイ音のミックス量を調節します(この場合、
リバーブ効果の深さ
は固定となります)。
DELAY&REVERB(ディレイ&リバーブ)
oF(オフ)
DELAY&REVERBパラメーターがオフになります。
原音にディレイ音(反響)やリバーブ音(残響)をミックスして、奥行き感や広がり
感を与えるパラメーターです。
LARGE(ラージ)
比較的大きな部屋の残響をシミュレートします。値が大きいほど、
リバーブ効果
が深くなります。
De-AMP(デアンプ)
PEDAL LARGE(ペダルラージ)
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、
リバーブ音のミックス量を調節します。
SMALL(スモール)
小さな部屋の残響をシミュレートするエフェクトタイプです。値が大きいほど、
リ
バーブ効果が深くなります。
BRIGHT COMBO(ブライトコンボ)
PEDAL SMALL(ペダルスモール)
ブライトな音色を持つコンボ型アンプで鳴らしたときの、
耳障りな帯域を抑えます。
値が大きいほど効果が大きくなります。
CONTROL IN端子に接続されたエクスプレッションペダル(FP01/FP02)
を使用し、
リバーブ音のミックス量を調節します。
COMBO(コンボ)
DELAY(ディレイ)
コンボ型アンプで鳴らしたときの、耳障りな帯域を抑えます。値が大きいほど効
果が大きくなります。
最 大 デ ィレ イ タ イ ム
370mSのディレイエフェ LEVEL
クトです。値が大きいほど、
ディレイタイム(ディレイ音
同士の間隔)が長くなります。
原音
ディレイ音
ディレイタイム
28
ZOOM 504 II ACOUSTIC
TIME
値
ディレイタイム
1
2
3
4
5
6
7
8
9
100ms
150ms
180ms
215ms
230ms
250ms
280ms
340ms
370ms
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
アコースティックギターをギターアンプで鳴らしたときの、耳障りな帯域を軽減す
るパラメーターです。使用するギターアンプに応じてブライトコンボ、コンボ、ス
タックのうちいずれか1つを選び、適切な値を選択してください。
STACK(スタック)
スタック型アンプで鳴らしたときの、耳障りな帯域を抑えます。値が大きいほど効
果が大きくなります。
oF(オフ)
De-AMPパラメーターがオフになります。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
29
F.B.SUPPRESSOR(フィードバックサプレッサー)
■ パッチリスト
アコースティックギター用のプリセットパッチ
BANK
フィードバックを起こしている周波数帯域(フィードバック周波数)を抑えること
で、フィードバックを軽減します。フィードバック周波数は自動または手動で設定
します。
A
[DEMO]
AUTO SCAN(オートスキャン)
現在フィードバックを起こしている周波数を自動検出します。
MANUAL(マニュアル)
b
[WORLD]
フィードバックを抑える周波数を手動で設定します。値が大きいほどフィードバッ
クを抑える周波数が高くなります。
oF(オフ)
F.B.SUPPRESSORパラメーターがオフになります。
C
[VARIATION]
F.B.SUPPRESSORの使用法は、18∼19ページをご参照ください。
主な仕様
エ
フ
ェ
ク
ト
パ
ラ
メ
ー
タ
ー
一
覧
/
主
な
仕
様
エフェクト:
バンク/パッチ:
Analog/Digital 変換:
Digital/Analog 変換:
サンプリング周波数:
インプット:
アウトプット:
コントロール端子:
ディスプレイ:
電源:
外形寸法:
重量:
d
最大同時使用数 10エフェクト/33エフェクト
6バンク×6パッチ = 36パッチ(書き換え、保存可能)
16bit 64倍 オーバーサンプリング
16bit 8倍 オーバーサンプリング
31. 25kHz
ギターインプット 標準モノラルフォーンジャック
(定格入力レベル=−20dBm/入力インピーダンス=470KΩ)
ライン/ヘッドフォーン兼用アウトプット 標準ステレオフォーン
ジャック
(最大出力レベル=+5dBm/出力負荷インピーダンス=10KΩ
以上時)
オプションFP01 または FP02/FS01 接続端子
2桁7セグメントLED
別売 ACアダプター DC9V センターマイナス300mA
(ズーム AD−0006)
電池 単三乾電池x4本 連続使用 約28時間(アルカリ)/約8時間(マンガン)
145mm(D)x125mm(W)x 40mm(H)
280g(電池含まず)
・0dBm=0.775Vrms
・製品の仕様および外観は、改良のため予告なく変更することがあります。
30
ZOOM 504 II ACOUSTIC
[PLAY]
E
[for ELECTRIC
GUT GUITAR]
PATCH PATCH NAME
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
BAND LEAD
SPACY-12
NUANCE
WHITE PAD
ACOUSTIC DRIVE
ACOUSTIC WAH
J-FOLK
HAWAIIAN STEEL
DELTA BOTTLE
ORIENTALIZE
STREET BLUES
SPANISH GUT
RESONATOR
DIMENSION
GRAPHITE BODY
MIRACLE
STUDIO STRUM
ARPEGGIAN
STUDIO FINGER
ACOUSTIC MASTER
POWER CHORD
THE CAPO
BRILLIANT
UNIT LEAD
EMOTION
THROB
SCENE
WET
BRIGHT BOSSA
FUNKY
COMMENT
PEDAL
DLY+REV
Large
ピッキングのばらつきを抑えて、弾き易さに重点を置いたサウンド Volume
楽曲のサウンドを広げる空間系を演出したサウンド
Volume
アコースティック・ディストーション・サウンド
Volume
アコースティックギターとワウエフェクトで新境地を開拓!
Wah
ジャパニーズ・フォーク・サウンドのシミュレーション
Volume
ラップスティールサウンドをシミュレート
DLY+REV
ボトルネック奏法やデルタスタイルブルースに最適なサウンド Emphasizer
伝統的なオリエンタリィサウンドをシミュレート
12-string
タイトなストリート・ブルース向けサウンド
Volume
情熱的なガットギター・シミュレート
Volume
ドブロ・サウンドが得られる
Volume
リッチなコーラス・アンサンブル・サウンド
Volume
グラファイトボディ製ギターのクセを表現したサウンド
Volume
SFX的なミラクルサウンド
Volume
レコーディングクオリティのストロークサウンド
DLY+REV
アルペジオに最適な広がりのあるサウンド
Volume
レコーディングクオリティのフィンガーピックサウンド
Volume
オールマイティなジャンゴ・サウンド
Volume
コードをかき鳴らすのに適したパワーのあるサウンド
Volume
「カポ使用」を想定してチューニングしたサウンド
Volume
オープンチューニング向きの優雅できらびやかなサウンド
DLY+REV
小編成アンサンブルのソロやオブリに最適なサウンド
Light chorus
エレガットギターに適した、情感ある楽曲に最適なサウンド
Dry mix
サムピックスタイルのカントリーフィンガー奏法向きのサウンド Volume
情景のあるサウンドをアルペジオのアプローチで演出
Volume
ピックでもフィンガーでもウェット感が得られるサウンド
Large
エレガットでのコード弾きやアルペジオも明るく響くサウンド
Volume
エレガットとワウ!ファンキーなアプローチのサウンド
Volume
バンド演奏でも存在感のあるMIDなサウンド
奏法を選ばないゴージャスな12弦サウンド
※ BANK A∼Eのパッチをギターアンプでご使用の場合は、
De−AMP機能のご使用をお奨めします。
エレクトリックギター用のアコースティックシミュレーションパッチ
BANK
F
[DEMO]
PATCH PATCH NAME
1
2
3
4
5
6
STANDARD
EL-ACOUSTIC
12-PLUS
WARM QUALITY
SLIDE BOTTLE
NYLON
COMMENT
PEDAL
ストレートなアコースティックギターサウンド
ピエゾ・ピックアップのエレアコサウンド
アルペジオ、
リードともに最適な12弦ギターサウンド
厚いトーンをワウで演出してアコースティックにアプローチ
エンファサイズされたスライドプレイ向きのサウンド
ナイロン・ギター風サウンドをシミュレート
Volume
Rich chorus
12-string
Wah
Delay
Volume
※ BANK Fのパッチはシングルピックアップのフロントポジションでの演奏が最適です。
ZOOM 504 II ACOUSTIC
31
パ
ッ
チ
リ
ス
ト
■ 使用上のご注意
他の電気機器への影響について
504Ⅱは、安全性を考慮して本体からの電波放出
および外部からの電波干渉を極力抑えておりま
す。
しかし、電波干渉を非常に受けやすい機器や極端
に強い電波を放出する機器の周辺に設置すると影
響がでる場合があります。
そのような場合は、504Ⅱと影響する機器とを十
分に距離をおいて設置してください。
デジタル制御の電子機器では、504Ⅱも含めて、
電波障害による誤動作やデータ破損,消失など思
わぬ事故が発生しかねません。ご注意ください。
お手入れについて
504Ⅱが汚れたときは、柔らかい布で乾拭きをし
てください。
それでも汚れが落ちない場合は、湿らせた布をよ
くしぼってふいてください。
クレンザー、
ワックスおよびアルコール、ベンジン、
シンナーなどの溶剤は使用しないでください。
故障について
故障したり異常が発生した場合は、すぐにINPUT
端子に接続されているケーブルのプラグかACア
ダプターまたは電池を抜いて電源を切り、他の接
続されているケーブル類も外してください。
「製品の型番」
「 製造番号」
「 故障,異常の具体的な
症状」
「お客様のお名前、ご住所、お電話番号」をお
買い上げの販売店またはズームサービスまでご連
絡ください。
保証書の手続きとサービスについて
保証期間は、お買い上げいただいた日から1年間
です。
ご購入された店舗で必ず保証書の手続きをしてく
ださい。
万一、保証期間内に、製造上の不備による故障が
生じた場合は、無償で修理いたしますので、お買
い上げの販売店に保証書を提示して修理をご依頼
ください。
ただし、つぎの場合の修理は有償となります。
1. 保証書のご提示が無い場合
2. 保証書にご購入の年月日,販売店名の記述が
無い場合
3. お客様の取り扱いが不適当なため生じた故障
の場合
4. 指定業者以外での修理,改造が不適当なため
生じた故障の場合
5. 故障の原因が本製品以外の他の機器にある場
合
6. ご購入後に製品が受けた過度の衝撃による故
障の場合
7. 本製品に起因しない事故や人災および天災に
よる故障の場合
8. 消耗品(電池など)を交換する場合
9. 日本国外でご使用になる場合
■ 故障かな?と思う前に
● 電源が入らない
8ページ「1 電源を入れる」を
ご参照ください。
● パッチが変わらない
パッチの呼び出し方がプリセレク
ト方式になっていないか、
ご確認
ください(16ページ参照)。
● 音量が小さい
出力の小さいピックアップを使用していませんか? 6ページを
ご参照ください。
● 電池の消耗が早い
マンガン電池を使用していませんか? 連続使用可能時間は、
アルカリで28時間、
マンガンで8時間です。電池はアルカリ電
池をお薦めします。
株式会社ズーム
〒183-0022
東京都府中市宮西町2-10-2ノアビル1階
TEL: 042-369-7111 FAX: 042-369-7115
ホームページ http://www.zoom.co.jp
Printed in Japan 504Ⅱ-5010
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement