製品マニュアルPDF

製品マニュアルPDF
G•MAJOR 2
GUITAR EFFECTS PROCESSOR
ユーザーマニュアル
重要 - 安全のために
正三角形に括られた矢印付きの落雷マークは、
正三角形に括られた「!」サインは、本体の使用
人体に対して電気ショックを与えうる、危険な
上、あるいはサービス/メンテナンス上で、重要
高電圧の絶縁されていない部品が本体内部に配置
な情報が製品に同梱の書類に含まれていることを
されていることを示します。
示します。
1
必ずお読みください。
警告!
2
この書類は手の届くところに保管してください。
•
3
全ての警告をお守りください。
4
全ての指示に従ってください。
5
本機を水気の近くで使用しないでください。
•
必ずアースを正しく接続してください。
6
本体の手入れは、乾いた布で乾拭きしてください。
•
製品に同梱されているのと同様の、アース付 3 芯の電源
7
換気に必要となる本体の開口部は塞がないでください。
•
適切な電源ケーブルとプラグ形状・動作電圧は地域に
•
以下の表に従い、各地域の規格に準拠した電源ケーブル
本体の設置は、製造者の指示に従ってください。
8
電気ショック、あるいは火事等の恐れがあります。
ケーブルを使用してください。
ラジエーター、ヒート・レジスター、ストーブ、音響用
アンプリファイア等、またそれに限定されないあらゆる
よって異なります。
熱を発する機器の近くに設置しないでください。
9
本体に水が垂れたり、はねる環境での保管・使用は避け、
花瓶等液体の入った物を本体の上に置かないでください。
を使用してください。
極性プラグ、あるいは接地プラグの安全機構に手を加え
ないでください。極性プラグは、二つの金属ブレードの
電圧
内、片側が大きく設計されています。接地プラグは、
110-125V
UL817 and CSA C22.2 no 42.
二つの金属ブレードに加えてアース用のピンがございま
220-230V
CEE 7 page VII, SR section
す。これらは、安全のための機構です。付属のプラグが
プラグ規格
107-2-D1/IEC 83 page C4.
コンセントの形状に合わない場合は、旧式のコンセント
240V
BS 1363 of 1984. Specification for
の更新について最寄りの電気工事事業者までご相談くだ
13A fused plugs and switched and
さい。
unswitched socket outlets.
10 電源ケーブルとプラグは、踏み付けられたりはさまれ
たりしない様に設置してください。特に、プラグとコン
•
本機は、電源ケーブルの抜き差しが容易に行える、コン
•
コンセントから完全に絶縁するには、パワーサプライの
•
パワーサプライのプラグは容易に抜き差しができる様に
セント、そして本体と電源ケーブルが接続される周りに
はご注意ください。
セントの近くに設置してください。
11 本機に設置するアクセサリーや装着器具は、製造者指定
のもののみをご使用ください。
12
ケーブルをコンセントから外してください。
カート、スタンド、三脚、ブラケット、テー
してください。
ブルは製造者が指定するものまたは本体との
•
組み合わせで販売されているもののみを使用
•
してください。カートを使 用 する際 には、
閉じられた空間に設置しないでください。
本体を開けないでください。人体に対して有害な高電圧
の電気ショックの恐れがあります。
カートと機器の移動時の転倒や荷物の落下による事故に
ご注意ください。
注意
13 落雷を伴う天候の場合、あるいは本機を長期間使用し
本マニュアルに明示されていない本体への変更・改造を行っ
ない場合は、本機の電源ケーブルをコンセントから抜い
た場合、本機器を操作する権利を失うことがあります。
てください。
14 本体の点検・修理が必要となった場合は、必ず認定技術
サービスについて
者までご連絡ください。電源ケーブルやプラグが破損
•
した、液体を本体にこぼした、本体シャーシ内に異物が
•
入ってしまった、雨や過度の湿度にさらした、本体の
本体内にユーザ保守可能なパーツはございません。
サービスが必要となった場合は、必ず認定の技術者まで
ご連絡ください。
動作異常が生じた、本体を落としたなど、原因に関わ
らず本機に破損が生じた場合はサービスが必要です。
a
重要 - 安全のために & 海外準拠規格に基づく記載
EMC/EMI
本機器は FCC 基準 Part 15 に準ずる Class B デジタル機器の
制限事項に適合するための試験に合格しています。
これらの制限事項は、居住地域での設置時に生じうる有害な
電波障害を規制するために制定されたものです。本機器は
無線周波エネルギーを生成・使用しており、これを放射する
Certificate of Conformity
TC Electronic A/S, Sindalsvej 34, 8240
Risskov, Denmark, hereby declares on own
responsibility that the following product:
ことがあります。指示に従った設置と使用を行わないと、
無線通信に障害を及ぼす可能性があります。しかしながら、
G-Major 2 – Guitar Effects Processor
特定の設置状況において電波障害を起こさないという保証は
– that is covered by this certificate and
marked with CE-label conforms with
following standards:
EN 60065
Safety requirements for mains
(IEC 60065) operated electronic and
related apparatus for
household and similar general
use
EN 55103-1 Product family standard for
audio, video, audio-visual and
entertainment lighting control
apparatus for professional
use. Part 1: Emission.
EN 55103-2 Product family standard for
audio, video, audio-visual and
entertainment lighting control
apparatus for professional
use. Part 2: Immunity.
With reference to regulations in following
directives:
73/23/EEC, 89/336/EEC
Issued in Risskov, January 2009
Anders Fauerskov
Chief Executive Officer
ありません。本機器がラジオやテレビの受信に障害を与えて
いないかを判断するには、本機器の電源を落としてから再
投入してください。障害を及ぼすことがわかった場合、次の
方法で障害の解消を試みることを推奨します。
•
受信アンテナの方向、設置場所を変更する
•
本機器と受信機の距離を遠ざける
•
本機器を受信機とは別の系統の電源回路に接続する
•
必要に応じて、販売代理店、または経験のある無線/
TV の専門技術者に問い合わせてください。
For the customers in Canada:
This Class B digital apparatus complies with Canadian
ICES-003.
Cet appareil numérique de la classe B est conforme à la
norme NMB-003 du Canada.
本 Class B デジタル機器は、カナダ ICES-003 に準拠してい
ます。
b
目次
イントロダクション
重要 - 安全のために . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . a-b
海外準拠規格に基づく記載 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . b
目次 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
イントロダクション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
フロントパネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
リアパネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
シグナルフロー図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
基本セットアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
基本操作
ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
RECALL - プリセットのリコール(呼び出し) . . . . . . . . 13
プリセットのエディット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
STORE - プリセットのストア(保存). . . . . . . . . . . . . . . 13
MIDI を経由したプリセットのバックアップ . . . . . . . . . . 14
GLOBAL - グローバル・メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
MIDI メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
MOD メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
外部コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
モディファイアーによる外部コントロール . . . . . . . . . . . 20
チューナー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
リレー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ROUTING - ルーティング・メニュー . . . . . . . . . . . . . . . 26
ハウツー集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
PITCH - ピッチ
Detune - ディチューン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Whammy - ワーミー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
Octaver - オクターバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
Pitch Shifter - ピッチ・シフター . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
Intelligent Pitch Shifter インテリジェント・ピッチ・シフター . . . . . . . . . . . 39
MODULATION - モジュレーション
Classic Chorus - クラシック・コーラス . . . . . . . . . . . . 40
Advanced Chorus - アドバンス・コーラス . . . . . . . . . . 40
Tri-Chorus Normal - トライ・コーラス・ノーマル . . . . 41
Tri-Chorus Asymmetric - トライ・コーラス・非対称 . . 41
Classic Flanger - クラシック・フランジャー . . . . . . . . . 42
Advanced Flanger - アドバンス・フランジャー . . . . . . 43
Through Zero Flanger Negative スルー・ゼロ・フランジャー・マイナス . . . . . . . . . 43
Through Zero Flanger Positive スルー・ゼロ・フランジャー・プラス . . . . . . . . . . . 43
Vibrato - ビブラート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
Vintage Phaser - ヴィンテージ・フェーザー . . . . . . . . . 45
Smooth Phaser - スムーズ・フェーザー . . . . . . . . . . . . 45
Vintage Univibe - ヴィンテージ・ユニヴァイブ . . . . . . . 46
Modern Univibe - モダーン・ユニヴァイブ . . . . . . . . . . 46
DELAY - ディレイ
Ping Pong - ピンポン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
Dynamic - ダイナミック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
エフェクト・ブロック
Dual - デュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
エフェクトについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
Reverse - リバース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
エフェクト・メニューの基本操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
REVERB - リバーブ
GATE & EQ - ゲート & EQ
Spring - スプリング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
Noise Gate - ノイズゲート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
Hall - ホール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
EQ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
Room - ルーム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
Plate - プレート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
FILTER - フィルター
WahWah - ワウワウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
TouchWah - タッチワウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
Auto Wah - オートワウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
Resonance Filter - レゾナンス・フィルター . . . . . . . . . 32
付録
MIDI インプレメンテーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
技術仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
FAQ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
Touch Resonance Filter タッチ・レゾナンス・フィルター . . . . . . . . . . . . . . 33
Tremolo - トレモロ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
Panner - パンナー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
COMPRESSOR - コンプレッサー
Compressor - コンプレッサー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 35
TC Electronic, Sindalsvej 34, DK-8240 Risskov
Japanese Version
Prod. No: E60510911
Rev 1 – SW – V 1
3
イントロダクション
この度は、G-Major 2 エフェクト・プロセッサーをご購入いただき、ありがとうございます。
これまでマルチエフェクト・プロセッサーを使用した経験のない方は、G-Major 2 を戸惑いなくクリエイティブに使いこなせ
るようになるまでに、どれだけの日数がかかるものか不安に思われるかもしれません。しかし、心配は無用です!基本的
なニーズの多くをカバーしている豊富な内蔵プリセットを使えば、G-Major 2 をわずか数分で使い始められることでしょう。
またファクトリー・プリセットでは満足できず、G-Major 2 を自分なりにアレンジして使いたい人にとっても、難しい操作は
ありません。
G-Major 2 をどの様に活用するかを考えた場合、いくつかの可能性が考えられます。
コンパクト・エフェクト風の活用法
コンパクト・エフェクトを使い慣れている人は、各種エフェクトの設定自体は変更せず、エフェクトの ON/OFF の組み合わせ
でサウンドに変化をつける方法が一番自然と感じられるかもしれません。その場合は、MIDI コントロール・チェンジ情報の
送信に対応した外部 MIDI フットコントローラーを接続します。基本的なセットアップを作成したら、複数のコンパクト・
エフェクトを操るように MIDI フットコントローラーからエフェクトを個別に ON/OFF できます。
プリセットの活用法
MIDI フットコントローラーからの操作で、エフェクトの組み合わせや各エフェクトの設定自体を変えることも可能です。
また、このプリセット切り替え方式の操作は、上記の個別エフェクトの ON/OFF 方式とを併用することもできます。
チャンネル・スイッチング
バッキング用のクリーントーンからリード系の歪みにサウンドを変更したい場合、一般的にはエフェクトの切り替えだけでは
なく、アンプ側のクリーン/歪みのスイッチングも行わなければなりません。MIDI 経由でアンプのチャンネルを切り替える
には、別途 MIDI スイッチング・システムの投資が必要となりがちでした。G-Major 2 は、リレー・スイッチング機能を内蔵し、
プリアンプ/コンボ・アンプのチャンネルを最大 4 チャンネルまでスイッチングできます。
モディファイアー ─ リアルタイムのパラメータ操作
設定の切り替えだけでは満足を得られず、リアルタイムにエフェクトを変化させたい場合、G-Major 2 のモディファイアー機
能を使用します。外部 MIDI コントローラーやエキスプレッション・ペダルに対して、エフェクトのパラメータを割り当て
ることができます。エキスプレッション・ペダルからエフェクトのレベルやパンニング・スピードを変更したり、音程を変
化させることにより、一般的に「ワーミー」と呼ばれる効果などが得られます。
4
イントロダクション
G-Major と G-Major 2 の違い
G-Major 2 は、フロントパネル構成の見直しにより定評ある G-Major の操作性に磨きをかけ、新規エフェクトも搭載。TC の
最もポピュラーな機種の一つであった G-Major の機能と操作性が全面的にパワーアップしています。主な改良点は次の通り
です:
• Univibe - ユニヴァイブ
• Tri-Chorus - トライ・コーラス
• Through-Zero Flanger - スルー・ゼロ・フランジャー
• TC エレクトロニック・リバーブのチューニング見直し
• フィルター/ワウ・ブロックを G-System から完全移植
• リバース・ディレイ
• インテリジェント・ピッチシフト
• モジュレーション・ディレイ
• PC/Mac エディター
• リレー・スイッチング
本マニュアルについて
最新版のマニュアルは www.tcelectronic.co.jp からダウンロード可能です。より詳細の情報やサポートをお求めの場合は、TC
のオンライン・サポート・サイト、TC Support Interactive をご参照ください(http://tcjsupport.custhelp.com)
5
フロントパネル
1 - パワー・ボタン
10 - LEVELS セクション
電源を ON/OFF します。
編集しているブロックの入出力レベルと
2 - IN LEVEL ノブ
入力レベルを調節します。
3 - OUT LEVEL ノブ
出力レベルを調節します。
4 - インプット・メーター
入力レベルを示すピーク・メーターです。
ミックス・レベルを表示します。
PPM(ピーク・プログラム・メーター):
15 - MIDI IN
MIDI 入力信号を検知すると点灯
IN メーター:エフェクト・ブロックの
入力レベルを示します。
OUT メーター:エフェクト・ブロックの
出力レベルを示します。
5 - インプット・オーバーロード LED
MIX メーター: エディットしているエ
この LED は、過大入力レベルによる入力
フェクト・ブロックのミックス・レベル
段のオーバーロードか、DSP 内部処理の
を示します。
ゲイン増幅等によるオーバーフローを示
8 - チューナー・セクション
G-Major 2 は、チューナーを内蔵してい
ます。チューナーは常に作動します。
チューニングが合っているときは両方の
矢印が点灯します。
11 - DAMP
ノイズゲート作動時にはノイズのカット
量を、コンプレッサー作動時にはコンプ
レッションの量を示します。
12 - プリセット番号表示
プリセット番 号 を表 示 します。番号が
点灯している場合は、プリセットが選択
されていることを示します。プリセット
9 - MATRIX
の変更時には数字が点滅し、RECALL ボ
G-Major 2 では、エフェクトの内部接続
タンを押すと選択が確定します。
形 態 をシリアル/ シリアル 2 / セミ・
パラレル/ パラレルの 4 種 類 から選 択
できます。 MATRIX 表示は、選択されて
いるルーティングの構造を示します。
6
します。
エフェクト・ブロックのピーク・レベル
-18、-24、-40dB です。
プット・レベルを下げてください。
使用しているプリセットのバンク
(ファクトリー/ユーザー)を表示
を示します。
メーターのレンジは、 0、 -3、 -6、 -12、
します。LED が点灯した場合には、イン
14 - FACTORY/USER
13 - EDITED
現在呼び出されているプリセットに変更
を加えると点灯します。
します。
16 - MIX TOGGLE ホイール
個別エフェクトのミックス値を
選択します。
フロントパネル
エフェクト・ブロック・ボタン概要
28 - BYPASS ボタン
EFFECTS セクションのエフェクト・
全てのエフェクトを一括してバイパスし
ボタンをクリックすることでエフェクト
ます。約一秒ボタンを長押しすると
のオン/オフを行います。ダブル・ク
出力はミュートされ、ギターのチュー
リックで選択エフェクトのエディット・
ニングなどが無音で行えます。
メニューに入 ります。 LED ボタンが
点灯している状態は、エフェクト・
ブロックがアクティブであることを示し
ます。
17 〜 24 - エフェクト・オン/オフ &
アクセス・キー
エフェクト・ブロックのオン/オフと、
エフェクト・ブロックをエディットする
29/30 - 矢印ボタン
メニュー項目の移動に使用します。
31 - ADJUST ホイール/ ENTER ボタン
ADJUST は調 節 という意 味 で、この
ホイールで選択したパラメータの値を
調節します。ホイールを押すと、エン
ター・ボタンとして機能します。
ためのボタンです。クリックでエフェ
32 - RECALL ボタン
クトのオン/オフを行ない、ダブル
プリセットの呼び出し操作を行います。
クリックでエフェクトのエディット・
RECALL ボ タ ン を 一 度 押 し た 後 に
メニューにアクセスします。
ADJUST ホイールでプリセットを選択
25 - GLOBAL ボタン
Global メ ニ ュ ー に ア ク セ ス し ま す 。
キルドライ、ペダル・キャリブレーショ
した後 に、ホイールまたは RECALL
ボタンを押すと、指定したプリセット
が呼び出されます。
ン、チューナー基準ピッチ、エフェ
33 - STORE ボタン
クト・ミュート等、全体の動作に関わ
プリセットの保存操作を行います。
るグローバル・パラメータの設定を
STORE ボ タ ン を 一 度 押 し た 後 、
行なえます。
26 - MOD ボタン
MOD メニューにアクセスします。MOD
は Modifier ( モ デ ィ フ ァ イ ア ー ) の
略で、G-Major 2 のパラメータを外部コ
ADJUST ホイールで保存先を選択し、
ホイールを 2 度押すと、指定したプリ
セットを保存します( ADJUST ホイー
ルを押す操作は「エンター」として
機能します)。
ントロールする際の各種設定を行なえ
プリセットを保存する前に、プリセッ
ます。
トの名称を指定/変更できます。矢印
27 - MIDI ボタン
MIDI に関するパラメータを設定します。
ボタンで文字の位置を選択し、ADJUST
ホイールで文字を選択します。入力が
完了した時点で、 ADJUST ホイールを
二度押すと、プリセットが保存され
ます。
7
リアパネル
SWITCH
バランス
バランス
OUT
1/4"
1/4"
リレー
アナログ
アナログ
ジャック
入力
出力
MIDI
In / Out /Thru
電源入力
外部
コントロール
100 〜 240V
MIDI ケーブル
バランスと標準オーディオ・ケーブルについて
G-Major 2 のアナログ入出力ジャックはバランス式の
1/4 インチ・ジャックです。バランス式の機器を最適
に接続するには、バランス・ケーブルを使用してくだ
さい。とはいえ大半のギター装置はバランス式でない
DIN コネクター
5 芯 - オス
45 度
シールドケーブル(3 または 5 ワイヤー)
最大 10m
DIN コネクター
5 芯 - オス
45 度
ため、通常は下に示すモノラル−モノラルの標準ケー
ブルを使っても問題ありません。
ジャック・ケーブル
ジャック・ケーブル
リレー・ジャック・ケーブル
リレー・ジャック・ケーブル
モノラル−モノラル
ステレオ−モノラル
ステレオ・ジャック・タイプ
Y スプリッター・タイプ
TIP
GND
GND
TIP
8
TIP
RING
GND
GND
TIP
TIP
RING
GND
TIP
RING
GND
GND
RING
TIP
GND
TIP
GND
TIP
シグナルフロー図
9
基本セットアップ
G-MAJOR 2 の接続とセットアップ
ギタリストのセットアップは、多様に渡ります。このセクションでは、一般的なセットアップをいくつかご紹介します。サウ
ンド全体が G-Major 2 を通過する、直列の接続方法をお勧めいたします。この設定では、G-Major 2 に搭載されているエフェ
クト全てのメリットをフルに活用できます。
プリアンプとパワー・アンプを使用した直列のセットアップ
• プリアンプの出力を G-Major 2 の入力に接続します。
• G-Major 2 の出力をパワー・アンプの入力に接続します。
• G-Major 2 からプリアンプのチャンネルをスイッチングす
るには、G-Major 2 の SWITCH OUT 端子をプリアンプの
チャンネル・スイッチ端子に接続します。 MIDI コント
ロール対応のプリアンプの場合は、この接続を行なう必要
はありません。
プリアンプとコンボ・アンプを使用した直列のセットアップ
• プリアンプの出力を G-Major 2 の入力に接続します。
• G-Major 2 の出力を、コンボ・アンプの通常の入力または
ループ・リターン入力に接続します *。
• G-Major 2 からプリアンプのチャンネルをスイッチング
するには、G-Major 2 の SWITCH OUT 端子をプリアンプ
のチャンネル・スイッチ端子に接続します。 MIDI コント
ロール対応のプリアンプの場合は、この接続を行なう必要
はありません。
* コンボ・アンプのエフェクト・リターンを使用したセット
アップはほとんどの場合において上記「プリアンプとパ
ワー・アンプを使用した直列のセットアップ」に近い状態
となります。コンボ・アンプの通常の入力を使用すると、
コンボ・アンプ側のトーン・コントロールなどを使用でき
るダブル・プリアンプのセットアップとなります。一般的
に、ダブル・プリアンプのセットアップは、エフェクト・
リターンを使用する場合に比べてノイズ量が増えますが、
Vox AC 30 や Fender Bassman 等との組み合わせで近年
ポピュラーになりつつある接続方法です。
10
基本セットアップ
G-Major 2 の接続とセットアップ
ライン・ミキサーを使用した並列のセットアップ
• プリアンプの出力をライン・ミキサーの入力に接続し
ます。
• G-Major 2 からプリアンプのチャンネルをスイッチング
するには、G-Major 2 の SWITCH OUT 端子をプリアン
プのチャンネル・スイッチ端子に接続します。MIDI コン
トロール対応のプリアンプの場合は、この接続を行な
う必要はありません。
• ライン・ミキサーのループ・センドを G-Major 2 の入力
に、そして G-Major 2 の出力をライン・ミキサーのルー
プ・リターンに接続します。
• ライン・ミキサーのメイン出力をアンプに接続します。
左の図ではコンボ・アンプが描かれていますが、代わりに
パワー・アンプを使用することも可能です。また、図の
プリアンプの代わりにコンボ・アンプのプリアンプ・セク
ションを使用することも可能です。
通常のエフェクト・ペダル、G-MAJOR 2、ならびに MIDI
ペダルを組み合わせたセットアップ
• コンボ・アンプのエフェクト・ループ・センドを G-Major
2 の入力に接続します。
• G-Major 2 の出力をエフェクト・ループ入力に接続し
ます。
• ギターを最初のペダルの入力に、最後のペダルの出力を
コンボの入力に、通常通り接続します。
• プリアンプやコンボ・アンプのチャンネル・スイッチン
グを含む G-Major 2 のプリセット切り替えを行なうに
は、 MIDI ペダルを G-Major 2 に接続し、リレー・ス
イッチング機能を使用します。
11
ディスプレイ
オーバー
ロード LED
MATRIX ルーティング・マトリクス
ブロックのレベル −
入力/出力/ミックス
DAMP コンプレッション/
ノイズゲート適用量
プリセット番号
MIDI 受信、
ファクトリーとユー
ザー・バンクの区別、
ならびにプリセット
のエディット状況の
表示
インプット・メーター
入力ピッチ
INPUT - インプット・メーター
チューナー
MATRIX - ルーティング・マトリクス
入力レベルを示すピーク・メーターです。メーターのレンジ
G-Major 2 には、シリアル/シリアル 2 /セミ・パラレル/
は、0、-3、-6、-12、-18、-24、-40 dB です。
パラレルのエフェクト・ルーティング(内部接続方法)が
入力レベルの設定方法
• プリアンプ等 G-Major 2 に音を供給する機器側で、最も
用意されています。この表示は、エフェクト・ブロックの
ルーティング方法を図で示します。
ダイナミックな内容をもつ最大レベルのサウンドを選択
します。通常はクリーントーンとなります。
• G-Major 2 の入力レベルを調整して、-3 dB の LED が頻
繁に点 滅 し、かつ -0 dB の LED が絶 対 的 な最 高 レベ
Serial - シリアル
Serial 2 - シリアル 2
ルでのみ点滅するようにします。
インプット・オーバーロード LED
この LED は、過大入力レベルによる入力段のオーバーロー
Semi Parallel -
Parallel -
ドか、DSP 内部処理のゲイン増幅等によるオーバーフローを
セミ・パラレル
パラレル
示します。G-Major 2 の直前の機器の出力を絞るか、IN LEV-
EL ノブで G-Major 2 の入力ゲインを落とします。
LEVELS IN/OUT/MIX -
チューナー
エディット中のブロックのみに関連した表示を行ないます。
G-Major 2 はチューナーを内蔵しています。チューナーは常
に作動します。チューニングが合っているときは両方の矢印
が点灯します。
レベル・セクション、イン/アウト/ミックス
PPM - ピーク・プログラム・メーター
エディット中のブロックのピーク・レベルを示します。
IN メーター
エディット中のブロックの入力レベルを示します。
OUT メーター
エディット中のブロックの出力レベルを示します。
MIX メーター
エディット中のブロックのミックス・レベルを示します。
12
ディスプレイ & プリセット操作
DAMP - ダンプ(コンプレッション/ノイズゲート適用量)
ノイズゲートとコンプレッサーが共に使用状態にあるとき、
ノイズゲート作動時にはノイズのカット量を、コンプレッ
サー作動時にはコンプレッションの量を示します。
プリセット番号表示
プリセット番号を表示します。数字が点灯している場合には、
現在リコールされているプリセット番号を示します。ADJUST
ホイールで次に呼び出したいプリセット番号の選択(プレビ
ュー)中には数字が点滅し、RECALL ボタンを押して操作を
確定すると点滅が点灯へと変わります。
EDITED - エディット中
最後に呼び出されたプリセットの内容が変更され、その設定
がまだ保存されていない状態にある時に点灯します。
FACTORY/USER - ファクトリー/ユーザー
最後に呼び出されたプリセットのバンク(ファクトリーまた
はユーザー)を表示します。
プリセットの種類
ユーザー・プリセット(RAM)
設定を変更可能で、好きなユーザー保存位置に保存すること
ができます。ユーザー・バンクには最大 100 種類のユー
ザー・プリセットが保存できます。
ファクトリー・プリセット(ROM)
G-Major 2 には 100 種類のファクトリー・プリセットが用意
されています。ファクトリー・プリセットに変更を加えた
設定は好きなユーザー保存領域に保存することができます。
ファクトリー領域は読み込み専用で、設定の保存先としては
選択できません。
RECALL - プリセットのリコール
(呼び出し)
「プリセットの呼び出し」とは、G-Major 2 の設定を、既存
のプリセットの内容に変更することを指します。
• RECALL ボタンを押し、RECALL メニューに入ります。
• ADJUST ホイールでプリセットを選びます。プリセット
番号が点滅している状態は、これから呼び出すプリセッ
ト番号の選択途中であることを示し、点滅状態のプリ
セット番号の設定はまだ本体に反映されていません。
• ENTER または RECALL ボタンを押すと、本体の設定が
プリセット内容に切り替わります。
操作を中断して元の状態に戻るには、プリセット番号の点滅
中に、他のいずれかのボタンを押します。
プリセット選択中の状態とルーティングについて
現在使用しているルーティングとは異なる設定の
プ リ セ ッ ト を 選 ぶ と 、 ENTER を 押 す ま で の 間 、
ルーティング・マトリクス LED が点滅します。
プリセットのエディット
- エディットしたいエフェクト・ブロックのボタンをダブル
クリックします。
- 矢印ボタンでパラメータを選択し、ADJUST ホイールで
値を変更します。
- プリセットの保存方法については次のセクションをご参
照ください。
13
プリセット操作
STORE - プリセットのストア(保存)
プリセットを、同じ名前で保存する場合の手順
• STORE ボタンを押します。
ファクトリー・プリセットに変更を加えたものを保存
する場合は、自動的にユーザー・プリセット領域の一番
始めの空領域が表示されます。そのままそこに設定を
保存するか、ADJUST ホイールで別の保存先を選択でき
ます。ユーザー・プリセットに変更を加えたものを保存
する場合は、自動的に元のユーザー・プリセット領域が
MIDI を経由したプリセットのバック
アップ
MIDI 経由で、シーケンサーや別の G-Major 2 に、ユーザー・
プリセットの設定内容全体をバックアップすることができます。
ユーザー・プリセットの設定内容を送信することを「バルク・
ダンプ」と呼びます。MIDI バルクダンプの手順は以下の通り
です。
• G-Major 2 の MIDI Out を、別の G-Major 2 かシーケンサ
表示されます。そのまま元の設定を上書きするか、
ー側(DAW 側の MIDI インターフェイスかもしれません)
ADJUST ホイールで別の保存先を選択できます。
の MIDI In に接続します。
• ENTER を二度押すとプリセットが保存されます。
• MIDI ボタンを押し、矢印ボタンで Bulk Dump を選択し
プリセット名を変更して保存する場合の手順
• 別の G-Major 2 に接続しているときは、 ENTER を押す
• STORE ボタンを押します。
ファクトリー・プリセットに変更を加えたものを保存
する場合は、自動的にユーザー・プリセット領域の一番
始めの空領域が表示されます。そのままそこに設定を
保存するか、ADJUST ホイールで別の保存先を選択でき
ます。ENTER を一度押します。
• プリセット名を変更するには、矢印ボタンでカーソルを
移動し、ADJUST ホイールで文字を選択します。
• プリセット名の指定が完了したら、 ENTER を二度押し
ます。プリセットが新しい名前で保存されます。
ます。
だけで全ユーザー・プリセットの設定内容が接続先の
G-Major 2 にコピーされます。
• シーケンサーにバルク・ダンプを行う場合は、シーケン
サーを OMNI モード(全チャンネル)で記録状態にし、
G-Major 2 の ENTER を押します。
G-Major 2 は常時 MIDI バルク・ダンプを受信できます。
MIDI バルク・ダンプを受信するには、ダンプ情報の送信機器
の MIDI Out を受信側の G-Major 2 の MIDI In に接続します。
シーケンサーから G-Major 2 にダンプするときは、バルク情
報をもつシーケンサーをそのまま演奏します。 G-Major 2
からダンプする方法については、上の説明をご覧ください。
14
GLOBAL - グローバル・メニュー
GLOBAL - グローバル・メニュー
概要
Global メニューは、インプット・タイプ/クロック/入出力
レンジなど、本体の基本的な動作に関わる重要なパラメータ
が多く含まれています。G-Major 2 のポテンシャルをフルに
発揮させるには、このセクションで正しい設定を行なうこと
が必須となります。
このメニューのパラメータは本体全体の動作に関連するもの
で、設定内容はプリセットの一部としては保存されません。
基本操作
• GLOBAL ボタンを押します。
• 矢印ボタンでパラメータを選択します。
• ADJUST ホイールで値を選択します。
Kill Dry - キルドライ
設定レンジ: On / Off
G-Major2 の全てのエフェクトと機能をフルに活用するために
も、システムに組み込む際にはシリアル・ループで使用す
ることを推奨します。しかしながら、G-Major 2 をパラレル
のセットアップ(またはパラレル・ループ)で使用する場合
には、キルドライ機能は重宝する機能となるでしょう。
Kill Dry をオンにすると、原音が G-Major 2 から出力されな
くなります。
パラレル・セットアップにおける Kill Dry 機能の留意点
まず、
• ルーティングは Parallel (パラレル)で使用することを
お勧めいたします。
• Kill Dry パラメータをオンにすると、アウトプットから
クリーンの信号が出力されなくなり、全エフェクト・ブ
ロックの Mix パラメータが「Wet」に変わります。
別の留意点として、パラレル・ループにおける信号の流れは
Pedal Type - ペダル・タイプ
外部コントロール用の 1/4"ジャックに接続したペダルのタイ
プを指定します。エキスプレッション・ペダル、そしてモメ
ンタリーとオルタネーティング・スイッチの 3 つの種類から
選べます。
Momentary(モメンタリー - アンラッチ)タイプのペダルは、
キーボードで使われるホールド・ペダルのような動作で、
ペダルを踏んでいる間のみ TIP と GND が接続されるタイプ
のペダルです。
Alternate(オルターネイティング - ラッチ)タイプのペダル
は、一度押すと「接続されている」状態が保たれ、もう一
度押すと OFF に戻るタイプのペダルです。
エキスプレッション・ペダルを使用する際には、 Exp/Vol
(エキスプレッション/ボリューム)を選択します。
Pedal Calibrate - ペダル・キャリブレーション
エキスプレッション・ペダルは、各社より異なる抵抗値と
曲線のものが発売されています。G-Major 2 をエキスプレッ
ション・ペダルの操作に正しく応答させるには、次の手順で
ペダルのキャリブレーションを行なってからご使用ください。
1 ペダルを接続し、ペダルの種類を設定します(上記 Pedal Type パラメータ参照)
2 Pedal Calibrate を選択し、ENTER を押します。
3 ペダルを最大の位置(つま先側)に動かしてから、ENTER
を押します。
4 ペダルを最小の位置(かかと側)に動かしてから、ENTER
を押します。
これで、キャリブレーションは完了です。
使用するペダルの種類によっては、3 と 4 番を数回
繰り返す様に指示されるかもしれません。
ミキサー内のルーティングに類似していることがあげられま
す。信号は分割され、片方はそのまま出力に、もう片方はエ
フェクト・プロセッサーを通過します。すなわち、この「も
う片方」の信号は G-Major 2 で処理され、後に原音と混ざる
こととなる訳です。そのため、パラレル・セットアップでは、
全てのエフェクトの利点を享受できなくなります。トレモロ
やパンナーなどのレベルを扱うエフェクトは原音と混ぜてし
まうと効果が損なわれますし、コーラス/フランジャー/フ
ェーザー/ビブラート、そして PITCH ブロックなども影響を
受けてしまいます。
15
GLOBAL - グローバル・メニュー
MOD Master - MOD マスター
Tuner Ref. - チューナー基準ピッチ
設定レンジ: Preset / Mod
設定レンジ: 420 〜 460 Hz
モディファイアーという言葉をご存知ない方は、本マニュア
内蔵チューナーの基準ピッチを指定します。標準の設定は
ルの「モディファイアー」のセクションをご参照ください。
440 Hz です。
G-Major 2 のパラメータは、 MIDI エキスプレッション・
ペダルなどの外部コントローラーから操作できます。たと
えばモディファイアーがプリセットの出力レベルをコント
ロールするように設定されている場合、プリセットの変更時
Tuner Mode - チューナー・モード
チューニングは 2 種類の精度で行えます。
Fine Tune
に G-Major 2 がエキスプレッション・ペダルの位置に対して
最高精度。ギターをより正確にチューニングするときに選択
どう反応するかをこの MOD Master パラメータで決めるこ
します。
とができます。適正な設定は、モディファイアーがどのパ
ラメータをコントロールするかによって異なります。
Coarse
Preset - プリセット(プリセットの設定値を適用)
ライブ用途などに適しています。
G-Major 2 は外部コントローラーの位置を無視し、リコール
したプリセットに保存されているモディファイアーの設定値
精度はやや劣りるものの、より素早くチューニングが行え、
Tuner Range - チューナー・レンジ
を適用します。
チューナーのレンジを設定します。使用する楽器に合わせて
Mod - モディファイアー(モディファイアーの設定値を適
ギター)のいずれかを選択します。この設定が使用楽器に合
用)
っていないとチューナーの精度が損なわれることがあります
G-Major 2 はプリセット変更がなされるたびに外部コント
のでご注意ください。
ローラーの位置をチェックし、その位置に応じたパラメータ
Guitar(ギター)/ Bass(ベース)/ 7-string Guitar(7 弦
設定に変更します。そのため、モディファイアーにおける
Tap Master - タップ・マスター
関連パラメータの値は無視されます。
Preset
プリセット設定値のテンポを適用します。
Tap
グローバル・タップ・テンポを適用します。
「Preset」の設定を選んでいる状態でエキスプレッ
ション・ペダルがレベル・パラメータをコントロー
ルする設定になっている場合、プリセット変更後に
ペダルを動かした瞬間に、パラメータはペダルの
位置に相当する値へとジャンプします。突然の大幅
なレベル変動が起こることがありますので、ご注意
ください。
16
Tap Unit - タップ単位
設定レンジ: BPM / ms
テンポ表示の単位を指定します。
GLOBAL - グローバル・メニュー
FX Mute - エフェクト・ミュート
設定レンジ: Hard / Soft
プリセット変更時の、リバーブ及びディレイの余韻の扱いを
指定します。
Hard
プリセット変更時に、エフェクトがミュートされま
Soft
プリセット変更時に、エフェクトの余韻が鳴り
す。
続けます。
View Angle - ヴュー・アングル
液晶ディスプレイのバックライトを見やすい様に調節します。
Input Range - 入力レンジ
設定レンジ: Pro / Consumer
入力のセンシティビティを切り替えます。ディフォルトの
設定は「Pro」で、ほとんどのプリアンプとの組み合わせに
適切な設定です。
Output Range - 出力レンジ
レンジ: 2dBu / 8dBu / 14dBu / 20dBu
アナログ出力段の最大ゲイン・レンジを設定します。
17
MIDI メニュー
MIDI メニュー
MIDI メニューからは、 G-Major2 の全体的な動作に関連
する MIDI 関連のパラメータを設定できます。
MIDI Channel - MIDI チャンネル
設定レンジ: Off / 1 〜 16 / Omni
G-Major 2 の MIDI 受信チャンネルを設定します。OMNI を
選択すると、全チャンネルの入力に反応します。
されるプリセット番号の関連づけのことを、
「マッピング」と
言います。
この機能は、複数の MIDI 対応機器を併用する際に効果的
です。例えば、G-Major 2 と MIDI プリアンプを同時使用し
ている場合、 MIDI フットコントローラーからプログラム・
チェンジ 1 番を選択した場合に、プリアンプ側ではプログ
ラム 1 番、G-Major 2 側ではプリセット番号 10 番を呼び出
したいとします。この様な場合、MIDI マッピング機能を使
MIDI Program Change - MIDI プログラム・チェンジ
用して、プログラム・チェンジ 1 番の MIDI 情報を受信した
設定レンジ: On / Off
場合に実際に呼び出されるプリセット番号を指定できます。
受信した MIDI プログラム・チェンジ情報に応答するべきか
どうかを指定します。
Bulk Dump - バルク・ダンプ
ENTER を押すと、全ユーザー・プリセット内容の MIDI バル
ク・ダンプを行います。G-Major 2 は、常時 MIDI バルク・
ダンプの受信を行えます。詳しくは、
「MIDI を経由したプリ
セットのバックアップ」セクションをご参照ください。シス
テム・エクスクルーシブ情報を使って、単体プリセットと
設定全体を保存できます。
基本的な操作は、
「受信プログラム・チェンジ番号 XX 番を」
、
「プリセット番号 XX 番にマッピングする」という手順で行い
ます。
• MIDI を押します。
• Prg Bank パラメータを選択し、ADJUST ホイールで Custom を選びます。
• ENTER を押します。
• ディスプレイには、次のように表示されます。
バルク・ダンプを使用する場合、必ず事前に GLOB-
AL メニューの Send Tuner パラメータをオフに設定
してください。
Program Bank - プログラム・バンク
MIDI のプログラム・チェンジ情報を受信した際に選択され
るバンクを指定します。External(エキスターナル)、Facto-
ry(ファクトリー)、User(ユーザー)、Custom(カスタム)
が選択できます。
• この数字は、マッピングの「元」となる、 MIDI フット
コントローラー側のプログラム番号を指定します。 1 〜
128 の番号を選択できます。
• 下矢印ボタンで「 Map To... 」(マッピング先)を選択し
ます。
External を選択した場合、 CC #0=0 でファクトリー・バン
クが、CC #0=1 でユーザー・バンクが選択されます。
SysEx ID - システム・エクスクルーシブ ID
MIDI システム・エクスクルーシブ ID を指定します。
MIDI Clock - MIDI クロック
設定レンジ: On / Off
グローバル・タップ・テンポを MIDI シーケンサー等からの
• ADJUST ホイールで、マッピング先のプリセット番号を
指定します。この例では、プログラム・チェンジ 1 番は
ファクトリー・プリセット 7 番にマッピングされます。
• マッピングしたい全てのプログラム・チェンジ番号を、
同様に設定します。
外部 MIDI クロックに同期させることができます。ここで、
「User」は
「Fact」はファクトリー・プリセット、
MIDI クロックに反応するか否かを指定します。ディレイを
ユーザー・プリセットを示します。「None」を選
楽曲のテンポに同期させる、等の用途に使用できます。
択した場合、該当するプログラム・チェンジ番
MIDI マッピング
変更を行いません。
MIDI マッピングとは ?
G-Major 2 では、MIDI プログラム・チェンジを受信した際に、
それぞれ異なるプリセット番号を呼び出す様に設定できます。
受信した MIDI プログラム・チェンジ番号と、実際に呼び出
18
号を受信した際に G-Major 2 側ではプリセットの
MIDI マップのリセット
MIDI マッピングの設定を全てリセットするには、「Reset Map
<Enter>」を選択し、ENTER を押します。
MOD メニュー
はじめに
いる場合は、MIDI フットコントローラー側での表示も更新
G-Major 2 を使い始めてプリセットをいくつか作成したら、
されます。この機能を活用する場合の注意点として、プリ
MIDI フットコントローラーやエキスプレッション・ペダル
セットの出力レベルが 0 dB に設定されていると、ブースト
などでコントロールしたいと思われることでしょう。
されるレベルの幅が存在しないために、効果があらわれない
ラック・エフェクトの世界に足を踏み入れたばかりの方は、
点が挙げられます。
最初このセクションの内容に戸惑われるかもしれません。
PresetBoost 機能の設定方法の詳細については、27 ページの
しかし、基本的な構造さえ把握できれば操作は極めてシン
例をご参照ください。
プルで、 G-Major 2 を外部コントロールする利点はきっと
なくてはならないものとなるはずです。G-Major 2 では、後
述の学習機能により、各種パラメータに関する外部コントロ
ールの設定がきわめて簡単に行えます。
MOD メニュー
MOD は Modifier(モディファイアー)の略です。このセク
ションでは、MOD メニューの設定方法とパラメータを解説
します。
Mod 1 〜 4
モディファイアーは、エキスプレッション・ペダル等の外部
コントロール装置と、ディレイ・タイムやビブラート・ス
Global Out Level - グローバル・アウト・レベル *
外部コントローラーから Global Out レベルを調節します。
Relay 1 & 2 - リレー 1 & 2
外部コントローラーから Relay 1 と 2 をコントロールします。
Comp On/Off - コンプレッサー ON/OFF
外部コントローラーからコンプレッサーをオン/オフします。
Filter On/Off - フィルター ON/OFF
外部コントローラーからフィルター・ブロックをオン/オフ
します。
Pitch On/Off - ピッチ ON/OFF
ピード等のパラメータをつなぐインタフェースであると考え
外部コントローラーからピッチ・ブロックをオン/オフし
ることができます。モディファイアーの操作については 20
ます。
ページをご参照ください。
Cho/Flg On/Off - コーラス/フランジャー ON/OFF
Bypass All - オール・バイパス
外部コントローラーからコーラス/フランジャー・ブロック
外部コントローラーから G-Major 2 全体のバイパス機能を
をオン/オフします。
オン/オフします。
Delay On/Off - ディレイ ON/OFF
Tuner Mute - チューナー・ミュート
外部コントローラーからディレイ・ブロックをオン/オフし
チューニング時に G-Major 2 の出力をミュートします。
ます。
Global In Level - グローバル・イン・レベル *
Reverb On/Off - リバーブ ON/OFF
外部コントローラーから全体的な入力レベルを調節します。
Preset Out Level - プリセット・アウト・レベル *
外部コントローラーからプリセット出力レベルを調節します。
PresetBoost - プリセット・ブースト
外部コントローラーからの操作で、Levels All メニューで設
外部コントローラーからリバーブ・ブロックをオン/オフし
ます。
Noise Gate On/Off - ノイズゲート ON/OFF
外部コントローラーからノイズゲート・ブロックをオン/
オフします。
定したプリセット出力レベルを一時的に 0dB までブースト
EQ On/Off
する機能です。これは、あらゆるプリセットにおいて使用
外部コントローラーから EQ ブロックをオン/オフします。
可能で、フィルの演奏時など同一のプリセット内で一時的に
レベルをブーストしたい時に便利です。MIDI CC の値が 64
以上になるとレベルがブーストされ、 MIDI CC の値が 64
以下になるとプリセット出力レベルに戻ります。
新しいプリセットを呼び出すと、Preset Boost は一旦リセッ
トされます(すなわち、64 以下の数値が送られます)ので、
MIDI In/Out が両方 MIDI フットコントローラーに接続されて
* 使用するエキスプレッション・ペダルの種類によって、
様々な効果を得るのには異なる設定が必要となります。
そのため、G-Major 2 では、MOD メニューでレベル関連
のパラメータに個別にレスポンス・カーブ(反応の曲線)
を指定できます。
レスポンス・カーブを設定するには、パラメータ(例:
19
MOD メニュー
Preset Out Level)を選択し、ENTER を押します。次に、
最小/中間/最大値を指定します。モディファイアーの
レスポンス・カーブの設定方法に関する詳細は、次ペー
ジをご参照ください。
外部コントロール
外部コントローラーをパラメータに割り当てる手順を順番に
見てみましょう。
• MOD ボタンを押し、矢印ボタンでパラメータを選択し
ます。
• パラメータ毎に、コントロールの方法が設定できます。
ADJUST ホイールで次のいずれかを選択します。
OFF / Learn(学習)/ Pedal(ペダル)/ CC 1 〜 128
Off
モディファイアーの外部コントロールは行われません。
Learn - 学習
- ENTER を押すとディスプレイに「 >>>Learning<<< 」
(
「学習中」
)と点滅し、学習モードであることを示します。
- ここで、モディファイアーをコントロールする外部コント
ローラーを G-Major 2 に学習させます。 CC を送出する
( MIDI フットコントローラーの CC ボタンを押す)か、
エキスプレッション・ペダルまたはスイッチを動かし
ます。
- 「>>>Learning<<<」の点滅が止まれば作業は終了です。
Pedal
Pedal を選択すると、リア・パネルの EXTERNAL CONTROL
端子につないだペダルからのみモディファイアーのコント
ロールを行ないます。
CC 0-127
モディファイアーが反応するべき CC 番号を手動で指定し
ます。
エフェクト・ ブロックのオン/ オフとチュー
ナー・ミュートは MIDI フットコントローラーの
スイッチの操作(MIDI CC)で行ない、レベル/
スピード/ピッチ関連のパラメータはエキスプ
レッション・ペダルで行なうのが一番自然な選択
肢といえるでしょう。
20
MOD メニュー
モディファイアーによる外部コントロール
例
外部コントローラーを特定のパラメータに割り当てるには、
2 段階の操作が必要です。
ステップ 1 :
モディファイアーを外部コントローラーに割り当てる
前ページで解説した手順で設定を行ないます。
ステップ 2 :
パラメータをモディファイアーに割り当てる
• MOD メニューにまだ入っていないときは MOD ボタンを
押し、ディスプレイ部に MOD 1 〜 4 のいずれかを表示
させます。ENTER を押します。
• コントロールしたいパラメータを矢印ボタンで選択します。
このリストには、プリセットで使用されているエフェク
エキスプレッション・ペダルをワーミー・ペダルとして割り
当てる
この例では、先に説明した学習機能などを使って、エキスプ
レッション・ペダルをモディファイアー 1 に事前に割り当て
ておく必要があります。
ト・ブロックのみが表示されます。ディスプレイ部の左
側にはパラメータ名が、右側には割り当てられているモ
ディファイアーが表示されます。
• ADJUST ホイールで、4 つ用意されているモディファイ
アーのいずれかにパラメータを割り当てます。ENTER を
アルゴリズム パラメータ 割り当てモディファイアー
押すと、モディファイアーのレスポンス・カーブを指定
する画面に切り替わります。
モディファイアーのレスポンス・カーブ(反応曲線)の設定
モディファイアーのレスポンス・カーブは、エキスプレッ
ション・ペダル等の動きに対するモディファイアーの反応の
曲線を決定します。設定するパラメータは 3 つです。
MinOut - ミニマム・アウト
エキスプレッション・ペダルまたはモディファイアー入力が
最小位置にあるときのモディファイアーの出力レベルを指定
します。
MidOut - ミッド・アウト
エキスプレッション・ペダルまたはモディファイアー入力が
中央位置にあるときのモディファイアーの出力レベルを指定
します。
MaxOut - マックス・アウト
エキスプレッション・ペダルまたはモディファイアー入力が
最大位置にあるときのモディファイアーの出力レベルを指定
します。
例
- エキスプレッション・ペダルを、 G-Major リアパネルの
EXTERNAL CONTROL 端子、または MIDI ペダルのエキス
プレッション・ペダル入力端子に接続します。
- エキスプレッション・ペダルをまだキャリブレーションし
ていない場合は、前述「ペダル・キャリブレーション」を
ご参照ください。
- PITCH ブロックのエフェクト・タイプを Whammy に設定
します。
- MOD ボタンを押し、MOD メニューに入ります。
- ENTER を押します。
- 矢印ボタンで PIT Pitch を選択し、 ADJUST ホイールで
MOD 1 を選択します。
接続しているエキスプレッション・ペダルのタイ
プに応じてキャリブレーションを行う必要があり
ます。操作は GLOBAL メニューで行います。詳細
は 15 ページをご参照ください。
割り当て可能なパラメータの種類
モディファイアーに割り当て可能なパラメータは、 MOD
メニューの最後に表示されています。パラメータ一覧の内容
は、各種エフェクト・ブロックにおいて動作しているアルゴ
リズムの種類によって異なります。
21
チューナー
チューナー
チューナーは常に作動し、LCD ディスプレイに値が表示さ
れ ます。
例
MIDI ペダルからの MIDI コントロールチェンジ信号で G-Major
2 のミュートを行なうには、次の設定を行います。
• MIDI ペダルを G-Major 2 に接続します。
• MOD ボタンを押し、矢印ボタンで Tuner Mute を選択し
ます。
• ADJUST ホイールで Learn を選択して ENTER を押し
ます。
「>>>Learning<<<」と点滅します。
チューナーのパラメータ操作は、GLOBAL メニューで行な
います。
- GLOBAL ボタンを押します。
- 矢印ボタンでパラメータを選択します。
- ADJUST ホイールで値を選択します。
Tuner Mode - チューナー・モード
チューニングは 2 種類の精度で行えます。
Fine Tune
最高精度。ギターをより正確にチューニングするときに選択
します。
Coarse
精度はやや劣りるものの、より素早くチューニングが行え、
ライブ用途などに適しています。
Tuner Range - チューナー・レンジ
チューナーのレンジを設定します。使用する楽器に合わせて
Bass(ベース)/ 7-string(7 弦ギター)/ Guitar(6 弦ギ
ター)のいずれかを選択します。この設定が使用楽器に合っ
ていないとチューナーの精度が損なわれることがありますの
でご注意ください。
Tuner Frequency - チューナー 周波数
設定レンジ: 420 〜 460 Hz
チューナーの基準ピッチを指定します。標準的な基準ピッチ
は 440 Hz で、クラシックでは通常 438 〜 442 Hz が使用さ
れます。
Tuner Mute - チューナー・ミュート
ギターをチューニングする際、G-Major 2 の出力をミュート
すると都合の良い場合が多々あります。ミュート機能を
オン/オフするには、MIDI CC を送信する MIDI ペダル、モ
メンタリー・スイッチまたはオルタネーティング・スイッチ、
あるいはエキスプレッション・ペダルをセットアップします。
これらのセットアップは MOD メニューで行います。
22
• チューナー・ミュートに割り当てたい MIDI フットコント
ローラーのスイッチを踏みます。
これで完了です。今後、このスイッチを踏む度に、無音状態
でチューニングが行えます。
LEVELS ALL & RELAY 1+2 - レベル(全体)& リレー 1+2
LEVELS ALL & RELAY 1+2 レベル(全体)& リレー 1+2
基本操作
- LEVELS/ROUTING ボタンを押します。
- 矢印ボタンでパラメータを選択します。
- ADJUST ホイールで値を選択します。
Preset Out Level - プリセット・アウト・レベル
設定レンジ: Off(-100 dB)〜 0 dB
選択されているプリセットの出力レベルを設定します。プリ
Kill Dry - キルドライ
設定レンジ: On / Off
G-Major2 の全てのエフェクトと機能をフルに活用するため
にも、システムに組み込む際にはシリアル・ループで使用
することを推奨します。しかしながら、G-Major 2 をパラレ
ルのセットアップ(またはパラレル・ループ)で使用する場
合には、キルドライ機能は重宝する機能となるでしょう。
Kill Dry をオンにすると、原音が G-Major 2 から出力されな
くなります。
セット毎にレベルを設定できます。リズムとリード用のプリ
パラレル・セットアップにおける Kill Dry 機能の留意点
セットで異なるレベルを設定したり、逆にプリセット間の
まず、
音量的な統一感を保つことができます。
• ルーティングは Parallel(パラレル)で使用することをお
プリセット・アウト・レベルの設定は、プリセットに保存
されます。
ファクトリー・プリセットはこの値が全て-6dB に
設定されていますので、後に作成するプリセット
でブーストを加えることが可能です。ソロ用の
レベルの設定の仕方は、後述の「ハウツー集」
セクションをご参照ください。
Global In Level - グローバル・イン・レベル
設定レンジ: Off(-100 dB)〜 0 dB
G-Major 2 の全体的なインプット・レベルを設定します。
勧めいたします。
• Kill Dry パラメータをオンにすると、アウトプットから
クリーンの信号が出力されなくなり、全エフェクト・
ブロックの Mix パラメータが Wet に変わります。
別の留意点として、パラレル・ループにおける信号の流れは
ミキサー内でのルーティングに類似していることがあげられ
ます。信号は分割され、片方はそのまま出力に、もう片方は
エフェクト・プロセッサーを通過します。すなわち、この
「もう片方」の信号は G-Major 2 で処理され、後に原音と混
ざることとなる訳です。
そのため、パラレル・セットアップでは、全てのエフェクト
パラメータ名からもわかるように、この設定は本体全体に適
の利点を享受できなくなります。トレモロやパンナーなどの
用され、プリセットには保存されません。
レベルを扱うエフェクトは原音と混ぜてしまうと効果が損な
エキスプレッション・ペダルから全体のボリュー
ムをコントロールしたい場合は、ペダルをこの
パラメータに割り当てることにより、ボリューム
われますし、コーラス/フランジャー/フェーザー/ビブ
ラート、そして PITCH ブロックなども影響を受けてしまい
ます。
を落としてもディレイやリバーブなど余韻の残る
エフェクトの減衰音は鳴り続く自然な効果が得ら
れます。
Global Out Level - グローバル・アウト・レベル
設定レンジ: OFF(-100dB)〜 0dB
G-Major 2 の全体的なアウトプット・レベルを設定します。
パラメータ名からもわかるように、この設定は本体全体に
適用され、プリセットには保存されません。
このパラメータを全体のボリューム・コントロールとして
使用すると、ディレイやリバーブなど余韻の残るエフェクト
の音量を含めた全体の音量コントロールとして機能します。
23
リレー
リレー 1 & 2 を使った外部プリアンプの
チャンネル・スイッチング
より複雑なチャンネル・スイッチングの構造を
持ったギター・アンプとの組み合わせでお好みの
スイッチング構成を得るには、ギター・アンプの
G-Major 2 は 2 系統のスイッチング・リレーを内蔵しており、
メーカーか、専門のギター・テクニシャンにご相
プリセット切り替え時、または MIDI フットコントローラー
談ください。TC エレクトロニック・ウェブサイト
からの MIDI CC メッセージでアナログ・プリアンプのチャ
のサポート・セクションには、現在市場でポピュ
ンネル・スイッチングが行なえます。すなわち、
ラーなアンプに対応したスイッチング配線の回路
図が掲載されています。システムのセットアップ
• プリセットごとにプリアンプのクリーンと歪みのチャン
に疑問をもたれましたら、まずはウェブサイトを
ネルのいずれかを割り当てることができます。
ご参照いただくことをお勧めいたします。
• MIDI フットコントローラーからの MIDI CC メッセージで
リレー/プリアンプ・チャンネルをスイッチングすること
ができます。
モディファイアー機能で、MIDI または SWITCH OUT ジャック
に接続されたペダルからこのパラメータを操作できます。
ケーブルは、プリアンプやコンボ・アンプに備わるチャン
ネル・スイッチング用の端子に応じて、ステレオの 1/4 イン
チ・ジャックを2つのモノ・ジャックに分離するY字分岐
ケーブル( TIP to TIP および TIP to RING)、またはステレ
オ−ステレオ・ケーブルのいずれかを使用します。
- Relay 1 (TIP) をオンにすると、スイッチング用 1/4 イン
チ・ジャックのチップがスリーブ( GND )にショート
されます。オフの状態ではリレーが開きます。
- Relay 2 (RING) をオンにすると、スイッチング用 1/4 イン
チ・ジャックのチップがスリーブ( GND )にショート
されます。オフの状態ではリレーが開きます。
設定は、 MOD メニューで行ないます。
リレーの設定方法
- LEVELS/ROUTING ボタンを押します。
- 矢印ボタンで Relay 1 または Relay 2 をを選択します。
- ADJUST ホイールでリレーの状態を選択します。
例
ここでは、 G-Major 2 と 3 チャンネル・コンボ(またはプ
リアンプ)の組み合わせを想定します。
• はじめに、アンプ側のチャンネル・スイッチング用の端子
が 2 つのモノ端子か 1 つのステレオ端子かを確認し、それ
に従ってケーブルを選択します。
• G-Major 2 リアパネルの SWITCH OUT 端子にステレオ・
ジャックを差し込みます。
• コンボ・アンプまたはプリアンプのチャンネル切り替え
Y 字分岐ケーブル
ステレオ−ステレオ・
ケーブル
端子に、端子に合わせてモノ・ジャック 2 つまたはステ
レオ・ジャック 1 つを差し込みます。
• チャンネル・スイッチングを割り当てるプリセットを
TIP
RING
GND
TIP
RING
GND
G-Major 2 側で呼び出します。
• LEVELS/ROUTING ボタンを押します。
• 矢印ボタンで Relay 1(Rly 1)または Relay 2(Rly 2)を
選択し、ADJUST ホイールでリレーの状態を選択します。
この操作によってプリアンプのチャンネルが切り替わります。
リレーの状態がクリーン/クランチ/ディストーション・
チャンネルのいずれかに割り当てられているかはアンプに
よって異なるため、ここで具体的にどのチャンネルだという
ことは断言できません。複数のアンプをご使用の場合は、
GND
TIP
24
GND
RING
TIP
アンプごとに様々な設定を試した上で、有効なセッティング
をメモしておくことをお勧めいたします。
リレー
• プリセットを保存するには、 STORE ボタンを 2 度押し
ます(詳細は「プリセット操作」セクションをご参照
ください)。
25
ROUTING - ルーティング・メニュー
ROUTING −ルーティング・メニュー
G-Major 2 には、Serial(シリアル)/ Serial 2(シリアル
2)/ Semi-Parallel(セミ・パラレル)/ Parallel(パラ
レル)の 4 種類のルーティングが用意されています。ルー
ティングの概念は、たとえばコンパクト・エフェクトを複数
台使用する際の、各エフェクト機の接続方法とお考えいた
だければ分かりやすいかもしれません。
Semi Parallel - セミ・パラレル
Semi Parallel では、最初の 5 つのエフェクト・ブロックが直
列に接続されますが、リバーブとディレイは並列に接続さ
れます。そのため、ディレイとリバーブのエフェクトが影
響しあうことがありません。これは、たとえば、ディレイの
反復がリバーブしたり、その逆が発生しないことを意味し
ます。リバーブとディレイが並列に接続されることで、エ
フェクトの音像がクリアになる効果が表れることもあります。
ルーティングの設定はプリセットに保存されます。プリセッ
トによってルーティングが変わるのを防止したい場合には、
Routing Lock 機能でルーティングを固定できます。
基本操作
• LEVELS/ROUTING ボタンを押します。
• 矢印ボタンでルーティング・タイプを選択します。
• ADJUST ホイールで Serial(シリアル)/ Serial 2(シリ
アル 2)/ Semi-Parallel(セミ・パラレル)/ Parallel
(パラレル)のいずれかを選択します。
Serial - シリアル(直列)
Parallel - パラレル(並列)
Parallel では、ノイズゲート、コンプレッサー、トレモロと
いったエフェクトが直列に接続され、その先のピッチ、コー
ラス、ディレイ、リバーブが並列接続となります。
Serial は、通常のコンパクト・エフェクトの配線と同様、
7 つのエフェクト・ブロックを順番に直列で接続します。
各ブロックは前に置かれたブロックの影響を受け、また次の
ブロックに影響を与えます。
ロング・ディレイを使用すすると、ディレイの
反復成分にリバーブが重なるのが邪魔と感じら
れるかもしれません。その場合は、セミ・パラ
レルかパラレル・ルーティングをご使用ください。
Routing Lock - ルーティング・ロック
ルーティングの設定はプリセット単位で保存されます。 G-
Major 2 は、MIDI のプログラムを変更する度にルーティング
の設定を確認します。変更先のプリセットが元のプリセット
Serial 2 - シリアル(直列)2
と異なるルーティングを使用している場合は、ルーティング
Serial 2 は Serial のバリエーションで、ディレイの反復成分
が変更されます。Routing Lock 機能はこの切り替わりを阻止
にのみモジュレーションがかかります。
し、ルーティングを固定します。そのためプリセット変更に
Serial 2 の利点としては、ロング・ディレイを使用
する場合に、原音が濁ることなく極端なモジュ
よって変更されるのは、エフェクト関連のパラメータのみと
なります。
レーション・エフェクトを施すことが可能となり
LEVELS/ROUTING ボタンを押し、矢印ボタンで Routing
ます。
Lock パラメータを選択します。
プリセット変更をスムーズにするため、そしてプロ
グラミングを簡単にする意味合いからも、ルーティ
ングは極力一つに固定することをお勧めいたします。
設定を固定させるには、好みのルーティングを選択
して、Routing Lock をオンにします。
26
ハウツー集
ハウツー集
基本設定
• 10 〜 11 ページの説 明 に従 って G-Major 2 を接 続 し、
電源を投入します。
• 最大のダイナミクスをもつ最大レベルのサウンドをプリ
アンプまたはエフェクト・ペダルから探し、ピークがおよ
そ -3 dB になるようインプット・レベルを設定します。
歪んだ音は本質的にコンプレッションされているため、
通常はクリーントーンの方が大きいダイナミクスをもち
ます。
• G-Major 2 の出力の接続先とレベルが一致するよう、出
力を設定します。適正な設定値は接続先の機種によって
大きく異なりますので、様々な設定をお試しください。
プリセット内で特定のエフェクト・ブロックをバイパスする
方法
オフにしたいエフェクト・ブロックのボタンを押すだけです。
エフェクト・ブロックをオフにしても、設定が瞬時に失わ
れることはありませんので、後にオンにした際に同じ状態に
復帰できます。
プリセットを保存するには STORE ボタンを押し、続いて
ENTER を 2 度押します。プリセット保存の詳細は、「プリ
セットの保存」セクションをご参照ください。オフの状態の
• 矢印ボタンで Preset Boost を選択します。
• ADJUST ホイールで LEARN を選択します。
• ENTER を押します。
フットコントローラーから CC を送信するか、ペダル端子
に接続されたペダルを動かします。ラッチまたはアンラッ
チ・タイプのフットスイッチをペダル端子に接続すること
も可能です。
• ペダル端子の接続先を使用した場合は PEDAL と表示さ
れ、 MIDI フットコントローラーから CC を送信した場
合は CC 番号が表示されます。
• プリセットを保存します。
これで、設定したプリセットを呼び出した度に、 LEVELS
メニューで設定された-6 dB のレベルになり、プリセット・
ブーストを使用している時には一時的に 0 dB までブースト
されます。この例のブースト幅は 6 dB となります。
チューニング時にアウトプットをミュートする方法
G-Major 2 をシリアルのセットアップしていることが前提と
なります。
フロント・パネルからのミュート
• BYPASS ボタンを約 1 秒長押しします。ミュートを解除
するには BYPASS ボタンをもう一度押します。
エフェクト・ブロックのボタンを再度押すことにより、前の
MIDI フットコントローラー等からの CC メッセージによる
設定内容のままいつでもオンにすることができます。
ミュート
バイパスしたブロックは音に一切の影響を与えませんので、
ノイズや音痩せの原因にはなりません。
特定のプリセットをブーストする方法
G-Major 2 のファクトリー・プリセットはすべて-6 dB で統一
されています。プリセット・ブースト機能を使用すると、
この設定を一時的に 0 dB に変更し、ソロ時などでレベル
をブーストさせることができます。全体のレベルを統一させ
ることと、いざという時のヘッドルームを確保する観点から、
• MOD ボタンを押します。
• 矢印ボタンで Tuner Mute を選択します。
• ENTER を押し、学習機能を開始します。ディスプレイが
点滅します。
• ミュート制御に使いたい MIDI CC を送信するか、ペダル
端子に接続されたスイッチを踏みます。
これで、チューニング・ミュート用のコントローラーが G-
Major 2 に記憶されました。
ユーザー・プリセットでも同様に 6 dB のヘッドルームを確保
プリセット変更時にディレイの余韻を途切らせたくない
することをお勧めいたします。このレベルは、 LEVELS メ
ロング・ディレイのプリセットからショート・ディレイまた
ニューの Preset Out Level で設定します。
はディレイを使用していないプリセットに変更する場合に、
プリセット・ブースト機能は、フィルやキメなどの場面で
状況に遭遇するかもしれません。
一時的にレベルをブーストさせる用途に使用します。次の例
元のロング・ディレイは最後まで鳴らし続けたいといった
では、全てのプリセットが-6 dB で保存されていることが前
このいわゆる「スピルオーバー」効果を得るには、GLOBAL
提となります。
メニューの FX Mute パラメータを「Soft」に設定します。
• ブーストを行いたいプリセットを選択します。
• LEVELS/ROUTING メニューで、プリセットのレベルを
-6 dB 等、0 dB 以下の値に設定します。
• MOD ボタンを押します。
27
ハウツー集
トレモロやビブラートの周期を MIDI シーケンスに
同期させる方法
• MIDI クロックを送出するシーケンサーなどの MIDI 出力を、
G-Major 2 の MIDI 入力に接続します。
• MIDI ボタンを押します。
• 矢印ボタンで MIDI Clock を選択します。
• ADJUST ホイールで MIDI Clock を On に設定します。
これで G-Major 2 は、受信 MIDI クロックのテンポをグロー
バル・テンポとして扱うようになります。テンポに対する
周期の長さは、エフェクト・ブロックの Tempo パラメータ
で設定します。
G-Major 2 の SWITCH OUT 端子と MIDI CC を送出する
MIDI フットコントローラーを使ったプリアンプのチャン
ネル・スイッチング
• G-Major 2 の SWITCH OUT 端子をプリアンプ(または
コンボ)アンプのチャンネル・スイッチング用端子に接続
します。
• MOD ボタンを押します。
• 矢印ボタンで Relay 1 / 2 のいずれかを選択します。
• ENTER を押して学習機能を ON にします。
• MIDI フットコントローラーの MIDI CC スイッチを押し
ます。
これで、MIDI CC スイッチからアンプのチャンネル・スイッ
チング行なえるようになります。スイッチングしたいチャン
ネルが他にもある場合は、同じ手順でもう片方のリレーを
設定します。
28
エフェクトについて
エフェクトについて
NOISE GATE - ノイズゲート
NOISE GATE - ノイズゲート
エフェクト・メニューの基本操作
ノイズゲートは、ギターを演奏しない時に信号を減衰させる
フロント・パネルには 6 つ(ノイズゲートを含めると 7 つ)
ことにより、セットアップや外部要因に起因するヒスやハム
のエフェクト・ボタンがあります。基本的な操作方法は次の
などの雑音を落とす目的に使用されます。
通りです。
- シングルクリック:エフェクトのオン/オフの状態を切り
替えます。
- ダブルクリック:エフェクトのエディット・ページに入り
ます。
エフェクト・エディット・ページの操作には、矢印ボタンと
しかしながら、これは、ノイズ問題の根本的な解決につな
がる訳ではありません。まずは、ノイズの発生を極力防止
することが必要です。ノイズの発生要因は様々で、一般的な
ノイズ源としては、品質の低いケーブル、シールドが不十分
なシングルコイルのピックアップ、信号ケーブルの近くに
ある AC アダプターなどがあげられます。
ADJUST ホイールを使います。エフェクトによっては、複数
どの様なギターのセットアップにも、多少のノイズは常在
のアルゴリズムが用意されています。たとえばフィルター・
します。通常、ノイズのレベルは演奏のレベルに関わらず
ブロックには、フェーザー、トレモロ、パンナー、レゾナン
一定なため、ノイズの相対的なレベルは楽器を演奏してい
ス・フィルターなどがあります。アルゴリズムの選択は、
ない時が一番高くなります。ノイズゲートは、無音時のノイ
エフェクト・エディット・ページの最初のパラメータとして
ズを減少させることに役立ちます。ただし、スレッショルド
表示されます。
すべてのエフェクト・ブロックは常に存在していて、いつ
でもエフェクト・ボタンのシングル・クリックでオン/オフ、
またはダブル・クリックでエディットできます。エフェ
クト・ブロックをバイパスするとエフェクトは無効になり
ます。オフのエフェクトはルーティング(内部接続形態)
(しきい値)とリリース・レートを設定する時には注意が
必要です。スレッショルドが高すぎると、ギターをソフトに
弾いたときなどにゲートが開かなくなります。リリースが
遅すぎると、アタックがカットされてしまい、不自然な音に
なってしまいます。
適 正 値 はインプットの信 号 によって異 なります。通 常 、
上は存在しつづけるものの、サウンドには一切影響を与え
クリーントーンとオーバードライブでは、異なる設定が必要
ません。
となります。
全てのブロックの設定は、バイパスの状態に関わらずプリ
Mode - モード
セットに保存されています。バイパスされているエフェクト
設定レンジ: Off / Hard(ハード)/ Soft(ソフト)
をオンに切り替えると、元の設定のまま再度オンになります。
ノイズゲートの基本的な特性を指定します。信号がスレッ
この機能は、コンパクト・エフェクトのオン/オフを切り
ショルドを下回ったときにノイズゲートが信号を減衰させる
替えるようなものだとお考えいただけます。
速度を指定します。
Mix/Wet パラメータ
Threshold - スレッショルド
LEVELS メニューの Kill Dry パラメータをオンにすると、原
設定レンジ:-60 dB 〜 0 dB
音はアウトプットされなくなります。この場合、全アルゴ
ノイズゲートが信号の減衰を開始するレベルを指定します。
リズムの Mix パラメータは Wet に変わります。
このパラメータを設定するには、まずは演奏していない状態
でギター本体のボリュームを上げます。続いて、Threshold
を-60 dB から所望の減衰開始値まで上げます。後述の Max
Damping パラメータが 0 dB の設定ではダンピングが起き
ませんので、Damp パラメータは 0dB 以外であることが必須
となります。
29
NOISE GATE & EQ - ノイズゲート & EQ
Max. Damping - 最大ダンピング
Frequency - フリーケンシー(周波数)
設定レンジ: 0 dB 〜 90 dB
設定レンジ: 40 Hz 〜 20 kHz
信号がスレッショルドを下回ったときに信号をアッテネート
アッテネートまたはブーストしたい周波数の中心点を指定
する強さを設定します。最大の減衰量が常に適切であると思
します。
われるかもしれませんが、違和感を感じさせないにはゲート
の作動/非作動時の切り替えがスムーズであることも重要な
ポイントとなります。ゲートの状態によるレベル差が大きい
程、ノイズゲートの切り替わりが明確になりがちです。適正
値はセットアップによって大きく異なりますので、様々な
設定でお試しの上、ご使用のセットアップに合った値でご
使用ください。
Release - リリース
設定レンジ: 0 dB/sec 〜 200 dB/sec
入力信号がスレッショルドを超えた時に信号がリリース
(解放)される速さを設定します。原則として、このパラ
メータは高めの設定でご使用ください。
Gain - ゲイン
設定レンジ:-12 〜 +12 dB
Frequency パラメータで指定した周波数レンジのブースト/
カット量を指定します。
Width - ワイズ(幅)
設定レンジ: 0.2 〜 4 oct
Freq で指定した周波数を中心にして、どれだけの幅で EQ を
施すかを指定します。
例
• まずは、トレブル/ミッド/ベースのどの帯域を変えたい
かを決め、設定は帯域一つずつ行ないます。
• 該当する周波数帯域のゲインをブーストまたはカットし
ます。
• +6 dB など一度ゲインの量を決めたら、Freq パラメータ
で周波数を移動してみて、周波数が本当に狙っているポイ
ントに合っているか確認します。
必要に応じて、各バンドで同じ手順を繰り返します。
EQ - パラメトリック EQ
EQ のパラメータにアクセスするには、 GATE/EQ
ボタンをダブルクリックして、矢印ボタンでパラ
メータを切り替えます。
G-Major 2 の EQ は、3 バンドのパラメトリック構成です。ギ
ター・セットアップの EQ に適した 3 つの周波数レンジがあ
らかじめ設定されていますが、Freq パラメータで周波数の指
定を変更することも可能です。
極端な設定は内部オーバーロードの原因となり、
ノイズを発生させる可能性があります。お好みの
バンド毎(EQ 1 / 2 / 3)に次のパラメータが用意されて
サウンドを得るために極端な設定が必要だと感じ
います。
られた場合には、信号の全体の流れの中で他に
EQ Active - EQ アクティブ
EQ をオン/オフします。
EQ とノイズゲートは同じボタンに割り当てられており、
ボタンの LED はノイズゲートの状態のみを示します。EQ の
オン/オフの状態はボタンの LED とは完全に独立しており、
設定はこのパラメータからのみ行ないます。
30
調節できる箇所がないか今一度ご確認ください。
FILTER - フィルター
Wah Wah - ワウワウ
Touch Wah - タッチ・ワウ
このエフェクト・タイプでは、エキスプレッション・ペダル
比較的狭い周波数帯域をブーストし、レンジ内をスイープ
を Sweep パラメーターに割り当てることにより、足下で
します。スイープは入力のダイナミクス(強弱)でコント
エフェクトをコントロールする単体ワウ・ペダルと同様の
ロールします。すなわち、より強く演奏することにより、
効果を得られます。このワウ・エフェクトを使ったファク
ブーストされる周波数が高くなります。
トリー・プリセットを選択すると、ペダル端子に接続された
エキスプレッション・ペダルは自動的にこのパラメータを
コントロールする様に設定されています。
Sense (Sensitivity) - センシティビティ(感度)
設定レンジ: 0 〜 10
効果の強弱の感度を設定します。センシティビティは、入力
Sweep (Freq) - スイープ周波数
レベルに合わせて設定します。タッチ・ワウの前のエフェ
設定レンジ: 0 〜 100%
クトの出力レベルを揃えないと、タッチ・ワウの設定を変更
エキスプレッション・ペダルをワウ・ペダルとして使用する
しなくてもエフェクトのかかり具合が異なることとなります
には、ペダルをこのパラメータに割り当てます。
ので、ご注意ください。
Range - レンジ(楽器モード)
Resp - レスポンス
設定レンジ: Low / High
設定レンジ: Slow / Fast
使用する楽器によって、ワウ効果の適切な周波数レンジは
効果の速度(レスポンス・タイム)を指定します。
異なります。このパラメーターは、ワウ効果の周波数レンジ
を設定します。
Mix - ミックス
Range - レンジ(楽器モード)
設定レンジ: Low / High
使用する楽器によって、タッチ・ワウ効果の適切な周波数
設定レンジ: 0 〜 100 %
レンジは異なります。タッチ・ワウ効果の周波数レンジを
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
ロー/ハイのいずれかに設定します。
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
Mix - ミックス
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ: 0 〜 100 %
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
31
FILTER - フィルター
Auto Wah - オート・ワウ
比較的狭い周波数帯域をブーストし、レンジ内をスイープ
Resonance Filter レゾナンス・フィルター
します。スイープは LFO(低周波発振器)によりコントロー
基本的には、可変 Q(レゾナンス)を持ったハイカット・
ルされます。
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 Hz 〜 20 Hz
エフェクトのスピードを調節します。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
を示します。 Ignore の設定では、 Speed パラメーターの
設定を適用します。
Shape - シェイプ(形状)
設定レンジ: Triangle(三角)/ Sine(サイン)
信号を変調する波形を指定します。
フィルターです。 Resonance( Q)パラメータを上げると、
カットオフ周波数におけるピークが狭く、かつ鋭くなり、
特徴的なサウンドを形成します。
Style - スタイル
設定レンジ: 2nd / 4th
フィルターの鋭さを設定します。 2 次フィルターは 12 dB /
オクターブ、 4 次フィルターは 24 dB /オクターブです。
4 次フィルターは、 2 次フィルターよりも鳴りの強い、極端
なレゾナンス効果を生成します。
Hi-Cut - ハイカット周波数
レンジ: 160 Hz 〜 14 kHz
この値より高い周波数のレベルを減少させます。
Resnce (Resonance) - レゾナンス
レンジ: 0 〜 100%
ハイカット・フィルターのレゾナンス量を設定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
Range - レンジ(楽器モード)
設定レンジ: Low / High
使用する楽器によって、オート・ワウ効果の適切な周波数
レンジは異なります。オート・ワウ効果の周波数レンジを
ロー/ハイのいずれかに設定します。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
32
FILTER - フィルター
Touch Resonance Filter タッチ・レゾナンス・フィルター
Tremolo - トレモロ
概要
タッチ・レゾナンス・フィルターは、タッチワウに近い効果
トレモロは基本的に LFO によってレベルを変調する効果
を実現します。レゾナンス周波数が入力のレベルに連動し
です。G-Major 2 にはいくつかのバリエーションが用意され
ます。
Touch Resonance Filter の追加パラメータ
ており、ソフトで滑らかな効果からハードでアグレッシブ
なものまで幅広いトレモロが得られます。
Speed - スピード
Sense (Sensitivity) - センシティビティ
設定レンジ: 0.050 Hz 〜 20 Hz
設定レンジ: 0 〜 10
エフェクトの周期を調節します。
FILTER ブロックのインプット・レベルに合わせて入力感度
を設定します。設定が低いほど、効果を得るのに強く演奏
するのが必要となります。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
Response - レスポンス
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
設定レンジ: Slow / Fast
を示します。 Ignore の設定では、 Speed パラメーターの
入力レベルに応じた周波数のスイープ速度を設定します。
設定を適用します。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
FMax (Frequency Max) - 最大周波数
設定レンジ: 1 〜 10.0 kHz
リセットの変更の際にグローバル・テンポと Speed
スイープが行われる周波数帯域を設定します。通常、周波数
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
帯域全体をスイープさせてしまうと、効果が強すぎてサウン
ドがきつく感じられます。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100%
2 kHz 〜 4 kHz 近辺に設定することで、一般的なサウンドが
エフェクトの深さを調節します。値は、変調波形の振幅を
得られます。
示します。
Type - タイプ
設定レンジ: Soft(ソフト - サイン)/ Hard(ハード - 矩形)
2 種類のトレモロ曲線を選択できます。 Hard はより強い
効果が得られます。実際に違いを耳で聞いてみてください。
サイン波
矩形波
c
33
c
FILTER - フィルター
PulseWidth - パルスワイズ(パルス幅)
設定レンジ: 0 〜 100 %
LFO 波形のパルス幅を調節します。 Type が Hard の設定で
この設定値が 20% の場合は、周期の凹凸が 80% と 20% の
バランスとなります。Type が Soft の場合、50% の設定では
Panner - パンナー
概要
信号を左右チャンネル間に揺らします。ステレオ感の強い
エフェクトを得られます。
サイン波が得られ、0% では下から上に向かう波形、100%
Speed - スピード
では上から下に向かう波形となります。
設定レンジ: 0.050 Hz 〜 20 Hz
パルスワイズ
エフェクトの速度を調節します。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
Hi-Cut - ハイカット
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
この値より高い周波数のレベルを減少させます。 Depth の
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
を示します。Ignore の設定では、Speed パラメータの設定を
適用します。
設定を変更することなく効果を和らげるには、このパラメー
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
タを試してみてください。
リセットの変更の際にグローバル・テンポとプリセ
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
ットの Speed パラメータのいずれを適用するかを指
定できます。
Width - パンニング幅
設定 レンジ: 0 〜 100%
100% の設定では、信号は左から右へと完全に移動します。
設定を落とすと幅が狭まり、全体のサウンドなじみやすい
サウンドが得られます。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
34
COMPRESSOR - コンプレッサー
Compressor - コンプレッサー
図
概要
コンプレッサーは、信号のダイナミクス(音量の強弱)を
コントロールするためのエフェクトです。そもそも、そう
することによってなぜサウンドの印象が変わるのでしょうか。
確実に言えることとしては、ギターにコンプレッサーをかけ
ない方がいい状況もあれば、コンプレッサーがサウンドを
よりソリッドにする鍵となることもあります。いくつかの
例を紹介します。
常に一定のレベルでクリーンなリズム・ギターのパターンを
延々と繰り返したいとします。これは、超人でない限り不可
能と言ってよく、ギターの達人でもたまにはストロークが
強すぎることもあるでしょう。現場では、これは単純に「ミ
スタッチ」の一言で済まされるとは限らず、強く弾きすぎた
時の音量が大きすぎると、サウンド・エンジニアはギターの
レベルを下げ、ピークが耳障りになるのを隠そうとしがち
です。全体的なレベルを下げてしまうと、今度は弱いスト
Threshold - スレッショルド
設定レンジ:-30 dB 〜 0 dB
入力がこの値を超えると、コンプレッサーが作動します。
スレッショルドを超えた信号は、レシオ/アタック/リリー
スで設定された特性に合わせてプロセスされます。
ロークの時にギターの音が消えてしまいます。こういった
Ratio - レシオ
状況は、コンプレッサーを導入するアプローチが最適といえ
設定レンジ: Off 〜 Infinite(無限):1
ます。コンプレッサーを正しく設定すれば、最大のピークを
レシオの設定値は、信号の圧縮の強さを示します。
抑えることにより音量的なばらつきを圧縮し、プレイヤーと
エンジニア両方にとってギターのレベルを適正に保ちやすく
なります。
このほかリード音にコンプレッションをかけ、レベルを均等
化するという使い方もあります。スレッショルドを低く設定
してコンプレッサーを常に作動させる一方でレシオを高く
すれば、一聴してわかりやすいコンプレッション効果が得ら
れます。
逆に、演奏スタイルやジャンル・楽曲が広いダイナミック・
レンジを要求する場合は、コンプレッションは演奏の味を
損なってしまうと言ったことも考えられます。
例: 2:1 にレシオを設定した場合、入力がスレッショルド値
から 4 dB 上がると、出力は 2 dB 上がります。Infinite の設
定では、リミッターとして作動します。
Attack - アタック
設定レンジ: 0 ms 〜 200 ms
コンプレッサーが反応するのにかかる時間です。アタック・
タイムが短いほど、信号がスレッショルド値を超えてから
指定レシオに圧縮されるまでの時間が短くなります。
Release - リリース
設定レンジ: 0 ms 〜 200 ms
入力信号がスレッショルド値を下回った際に、コンプレッ
コンプレッサーは、適切な設定では非常に明確な利点を持つ
サーがゲイン・リダクションを「解放」し、入出力レベルの
ものの、かけすぎるとサウンドを損ないます。これは、他の
比率が 1:1 に戻るまでの時間です。
多くのエフェクトにも当てはまりますが、ダイナミクス系の
エフェクトは特にそうであると言えます。
Gain - ゲイン
設定レンジ:-6 dB 〜 +6 dB
実際の活用法は、演奏法や音楽のスタイルなどによって、
ゲインを調節します。コンプレッションによって変動した
様々です。まずはコンプレッサーが使われているファクト
レベルの補正に使用します。
リー・プリセットをリードとバッキング用のサウンドでお
試しいただき、コンプレッサーの設定をご自身のスタイルに
合わせて調節してみてください。他のエフェクト同様、実験
することが鍵となります。
35
PITCH - ピッチ
Detune - ディチューン
Whammy - ワーミー
ディチューンは、指定したセント数、音程をずらします(100
外部エキスプレッション・ペダルから音程をコントロール
セント=半音)。効果はコーラスと類似していますが、ディ
できます。
チューンは音程差が一定で、元の音程に対してピッチを固定
幅ずらしたものを重ねることでその効果を得ます。
PITCH ブロックのディチューン・アルゴリズムは 2 ヴォイス
Pitch - ピッチ
設定レンジ: 0 〜 100%
ドライ信号とウェット(エフェクト)信号の比率を指定し
の構成です。サウンドが「直接的」過ぎると感じる時は、
ます。 100% に設定するとギターの原音は聴こえずにピッ
Voice 1 に +2 セント、Voice 2 に-3 セント、といった具合に、
チ・プロセッシングされたサウンドのみとなります(シリ
ヴォイス毎の設定を数セントずらしてみてください。
アルとセミ・パラレル・モードのみ)。
各ヴォイスにディレイを与えることができ、スラップバック
Direction - 方向
効果を生成できます。
設定レンジ: Up / Down
Voice L - ヴォイス L
設定レンジ:-100 〜 100(セント)
ヴォイス 1 のディチューン量を指定します。
Voice R - ヴォイス R
設定レンジ:-100 〜 100(セント)
ヴォイス 2 のディチューン量を指定します。
Dly L - ディレイ L
設定レンジ: 0 〜 50 ms
ヴォイス 1 に与えるディレイの量を指定します。
Dly R - ディレイ R
設定レンジ: 0 〜 50 ms
ヴォイス 2 に与えるディレイの量を指定します。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
36
ペダルを踏み込んだ時にピッチを上げるか下げるかを設定
します。
Range - レンジ
設定レンジ: 1-Oct / 2-Oct
音程変更の上下幅を指定します。極端な効果には 2-Oct を、
一般的なワーミー効果には 1-Oct を選択します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
PITCH - ピッチ
Octaver - オクターバー
オクターバーは、原音に対して、上下いずれかの方向に 1 か
2 オクターブ音程をずらした音を加えます。
Dir(Direction) - ディレクション(方向)
設定レンジ: Up / Down
原音に対してのオクターバーの音程を、上下で指定します。
Range - レンジ
設定レンジ: 1 Octaves / 2 Octaves
原音に対してのオクターブ差を指定します。オクターブの
上下の指定は、Dir パラメータで行ないます。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
37
PITCH - ピッチ
Pitch Shifter - ピッチシフター
概要
ピッチシフターは、信号に特定の音程をずらした音を加え
ます。G-Major 2 のピッチシフターは、原音に対して 2 ヴォ
イス分、それぞれ最大 1 オクターブずらした音を加えられ
ます。G-Major 2 の処理速度は、ピッチ検出にかかる遅延を
気にすることなく使用でき、かつてのオクターバーと比べ物
Level 1 - レベル 1
設定レンジ:-100dB 〜 0dB
ヴォイス 1 のレベルを指定します。
Level 2 - レベル 2
設定レンジ:-100dB 〜 0dB
ヴォイス 2 のレベルを指定します。
にならないほど高速です。-1200 セント(100 セント=半音)
Mix - ミックス
に設定したヴォイス 1 つだけを Mix=100% で使用すると、
設定レンジ: 0 〜 100 %
そこそこなベース・シミュレーションが行なえます。
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
Voice 1 - ヴォイス 1
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
設定レンジ:-2400 〜 2400 Cent(セント)
OutLev - アウトプット・レベル
ヴォイス 1 のピッチシフト量を指定します。 100 セントは
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
半音なので、入力ピッチの 1 オクターブ下から 1 オクターブ
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
上まで音程を指定できます。
Voice 2 - ヴォイス 2
設定レンジ:-2400 〜 2400 Cent(セント)
ヴォイス 2 のピッチシフト量を指定します。 100 セントは
半音なので、入力ピッチの 1 オクターブ下から 1 オクターブ
上まで音程を指定できます。
Pan 1 - パン 1
設定レンジ: 50L 〜 50R
ヴォイス 1 のパンニングを指定します。
Pan 2 - パン 2
設定レンジ: 50L 〜 50R
ヴォイス 2 のパンニングを指定します。
Delay 1 - ディレイ 1
設定レンジ: 0 〜 350ms
ヴォイス 1 のディレイ・タイムです。
Delay 2 - ディレイ 2
設定レンジ: 0 〜 350ms
ヴォイス 2 のディレイ・タイムです。
FB 1 - フィードバック 1
設定レンジ: 0 〜 100%
ヴォイス 1 のディレイ成分の反復量を指定します。
FB 2 - フィードバック 2
設定レンジ: 0 〜 100%
ヴォイス 2 のディレイ成分の反復量を指定します。
38
PITCH - ピッチ
Intelligent Pitch Shifter インテリジェント・ピッチシフター
G-Major 2 のインテリジェント・ピッチシフターは 2 ヴォイ
スの構成で、あらゆるキーで様々なスケールを使用可能です。
ヴォイスのレンジは、上下それぞれ 13 スケール・ステップ
で、これは音程に換算すると上下 1 オクターブを超えたダイ
アトニック 6th となります。
Voice 1-2 - ヴォイス 1-2
設定レンジ:-13 〜 Unison(ユニゾン)〜 13
インテリジェント・ピッチシフターは、選択したスケールで
2 つのヴォイスを追加できます。演奏されている音程と、
選択したスケールタイプならびにキーに応じて、正しいイン
ターバルが自動的に計算されます。
Level 1-2 - レベル 1-2
設定レンジ:-100 〜 0 dB
Key - キー
インテリジェント・ピッチシフターに正しくヴォイシングを
各ヴォイスのレベルを独立して調節できます。
行わせるには、演奏するキーを指定する必要があります。
Pan Position 1-2 - パン・ポジション 1-2
次のキーを選択できます: C / C# / D / D# / E / F /
設定レンジ:± 50
F# / G / G# / A / A# / B。
各ヴォイスのパンニング・ポジションを独立して調節でき
ます。0 がセンターとなります。ヴォイスをパンニングする
Scale - スケール
演奏するスケールを指定します。次のスケールを選択でき
ます:
ことによって、よりワイドなサウンドが得られます。
Delay 1-2 - ディレイ 1-2
ラベル
フルネーム
スケール・ステップ
Ionian
Ionian - イオニアン
1,2,3,4,5,6,7
Dorian
Dorian - ドリアン
1,2,b3,4,5,6,b7
Phrygi
Phrygian - フリジアン
1,b2,b3,4,5,b6,b7
1,2,3,#4,5,6,7
設定レンジ: 0 〜 50 ms
二人のギタリストが同時に演奏している場合、タイミングが
完全に一致することはあり得ず、若干のズレが生じます。
ハーモニー・ヴォイスに対して若干のディレイを加えること
で、その効果をシミュレートできます。わずか 10 〜 20 ms
Lydian
Lydian - リディアン
Mixoly
Mixolydian ミキソリディアン
1,2,3,4,5,6,b7
Aeolia
Aeolian - エオリアン
1,2,b3,4,5,b6,b7
Mix - ミックス
Locria
Locrian - ロクリアン
1,b2,b3,4,b5,b6,b7
設定レンジ: 0 〜 100 %
PntMin
Pentatonic minor -
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
ペンタトニック・マイナー 1,b3,4,5,b7
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
PntMaj
Pentatonic major -
Blues
Blues - ブルーズ
DimHlf
Diminished half -
ペンタトニック・メジャー 1,2,3,5,6
ディミニッシュ・ハーフ
1,b3,4,b5,5,b7
Diminished whole -
Whole
Wholetone - ホールトーン 1,2,3,#4,#5,b7
MelMin
Melodic minor -
HrmMin
Harmonic minor -
メロディック・マイナー
ハーモニック・マイナー
ます。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
1,b2,b3,3,b5,5,6,b7
DimWhl
ディミニッシュ・ホール
程度のディレイで、ナチュラル且つスムーズな効果が得られ
1,2,b3,4,b5,b6,6,7
1,2,b3,4,5,6,7
1,2,b3,4,5,b6,7
SuperLoc Super Locrian スーパー・ロクリアン
1,b2,b3,b4,b5,b6,b7
Lyd b7
Lydian b7 - リディアン b7 1,2,3,#4,5,6,b7
PhryMa
Phrygian major フリジアン・メジャー
1,b2,3,4,5,b6,b7
39
MODULATION - モジュレーション
Chorus - コーラス
G-Major 2 はシンプルなクラシック・コーラスと、いくつか
Advanced Chorus アドバンス・コーラス
の追加パラメータが用意されているアドバンス・コーラス、
アドバンス・コーラスは、クラシック・コーラスの全パラ
そしてトライ・コーラスが用意されています。
メータに加え、次のパラメータが用意されています。
コーラスは、信号を 2 系統に分割して、片方の音程に若干の
Chorus Dl (Chorus Delay) - コーラス・ディレイ
変調を加える効果です。
Classic Chorus - クラシック・コーラス
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 mHz 〜 20 Hz
エフェクトの速度を調節します。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
エフェクトの深さを調節します。ノブを時計回りに回す程、
変調波形の振幅が大きくなります。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
を示します。 Ignore の設定では、 Speed パラメーターの
設定を適用します。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
リセットの変更の際にグローバル・テンポと Speed
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
HiCut - ハイカット
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
この値より高い周波数のレベルを減少させます。効果が強す
ぎると感じ、ミックスまたは出力レベルを下げても効果が
思う様に低減されない場合は、このパラメータを試してみて
ください。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
40
設定レンジ: 0 〜 50 ms
前述の通り、コーラス/フランジャーは LFO 変調されたディ
レイと解釈できます。ここで、そのディレイ・タイムを指定
できます。典型的なコーラスは 10 ms 前後、フランジャーは
5 ms 前後の設定となります。
コーラスの本来の使い方ではありませんが、ディ
レイを 30 〜 50ms と長めに設定することにより、
スラップバック効果を意図的に活用することができ
ます。
Golden Ratio - ゴールデン・レシオ
設定レンジ: Off / On
ゴールデン・レシオは、スピードとデプスの相互関係を自動
的に調節し、片方のパラメータを調節した際にもう片方を
自動的に補正することにより、聴感上のエフェクトの強さを
一定に保つ機能です。この機能は、名機 TC 2290 から継承
されています。
Phase Reverse - フェーズ反転
設定レンジ: Off / On
エフェクト信号の右チャンネルの位相を反転させます。この
機能は、ステレオ・イメージを広げるのに有効です。
MODULATION - モジュレーション
Tri-Chorus Normal/Asym トライ・コーラス(ノーマル/非対称)
トライ・コーラスはコーラスのバリエーションで、デプス/
スピード/フェイズ/ディレイ・タイムに異なるオフセット
をかけた 3 つのコーラスを混ぜ合わせることによって、独特
でステレオ感の強い高密度のコーラス・サウンドを生成し
Width - ワイズ
設定レンジ: 0 〜 100 %
設定を上げるほどエフェクトのスペース感が増します。この
差は、ステレオのセットアップでより顕著に表れます。0%
の設定では狭く、100% の設定では広がりのあるサウンドに
なります。
ます。Speed / Depth / Time パラメータの内容は、標準的
Phase Reverse - フェーズ反転
なコーラスと同じです。
設定レンジ: Off / On
Normal & Asymmetrical - ノーマル & 非対称
Normal - ノーマル
「ノーマル」のバリエーションでは 3 つのコーラスの位相を
エフェクト信号の右チャンネルの位相を反転させます。この
機能は、ステレオ・イメージを広げるのに有効です。
Mix - ミックス
90 °/ 180 °/ 270 °ずらし、比較的標準的なコーラス・
設定レンジ: 0 〜 100 %
サウンドが得られます。
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
Asymmetrical - 非対称
「非対称」のバリエーションでは非対称型のフェイズとデプ
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
スのチューニングがなされており、より派手な効果が得られ
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
ます。
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 mHz 〜 20 Hz
エフェクトの速度を調節します。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
エフェクトの深さを調節します。ノブを時計回りに回す程、
変調波形の振幅が大きくなります。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
を示します。 Ignore の設定では、 Speed パラメーターの
設定を適用します。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
リセットの変更の際にグローバル・テンポと Speed
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
41
MODULATION - モジュレーション
Flanger - フランジャー
概要
フランジャーはコーラスと同じ系統のモジュレーション・
エフェクトです。原音は 2 系統に分割され、片方の音程が
変調されます。
フランジャーは、信号の一部に若干のディレイを施して、
Feedback - フィードバック
設定レンジ:-100 〜 100
短いモジュレーション・ディレイの成分をエフェクトの出力
から入力に循環させるフィードバック(レゾナンス)信号の
量を調節します。フィードバック値が高きすぎる(90 〜 95%
以上)と、内部フィードバックにより発振ノイズが発生する
可能性がありますので、大音量で試すときには注意してくだ
エフェクトの入力にフィードバックすることにより、その
さい。マイナスの値に設定すると、アルゴリズムの入力に
独特なサウンドを生成します。その効果を確認するには、
フィードバックされる信号の位相が反転します。
フィードバックを様々な値でお試しください。
Classic Flanger クラシック・フランジャー
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 mHz 〜 20 Hz
エフェクトの速度を調節します。
Tempo - テンポ
設定レンジ: Ignore(無視)/ 2 〜 1/32T
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
FB Cut(Feedback Highcut)- フィードバック・ハイカッ
ト
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
Feedback パラメータの設定によって生じるレゾナンス成分
の高周波をアッテネートします。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
を示します。 Ignore の設定では、 Speed パラメーターの
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
設定を適用します。
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
Tempo を Ignore 以外の値に設定すると、Speed パラメータ
によって定義したテンポは無視されます。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
リセットの変更の際にグローバル・テンポと Speed
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
エフェクトの深さを調節します。ノブを時計回りに回す程、
変調波形の振幅が大きくなります。
HiCut - ハイカット
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
この値より高い周波数のレベルを減少させます。効果が強す
ぎると感じ、ミックスないし出力レベルを下げても効果が
思う様に低減されない場合は、このパラメータを試してみて
ください。
42
MODULATION - モジュレーション
Advanced Flanger アドバンス・フランジャー
アドバンス・フランジャーは、クラシック・フランジャーの
Through Zero Flanger (Negative/
Positive) - スルー・ゼロ・フランジャー
(プラス/マイナス)
全パラメータに加え、次のパラメータが用意されています。
TZF フランジャーは、複数のテープデッキを使用した古典的
Flanger Delay - フランジャー・ディレイ
設定レンジ: 0 〜 50 ms
フランジャーのディレイ・タイムを指定します。典型的な
コーラスは 10 ms 前後、フランジャーは 5 ms 前後の設定と
なります。
Golden Ratio - ゴールデン・レシオ
なフランジャー効果の生成方法をエミュレートします。昔は、
2 台のテープデッキを同時に再生させて、それぞれ異なる
タイミングでデッキの再生スピードを上下に変えることに
よってフランジャー効果を作り出していました。この手法に
よるフランジャー効果は、再生中の 2 つのテープがまるで
同じ再生ポイント(ゼロ・ポイント)を通過する際に、独特
な位相のキャンセレーションが生じました。現在一般的な
設定レンジ: Off / On
フランジャー・ペダルやアルゴリズムでは 2 系統の信号が
ゴールデン・レシオは、スピードとデプスの相互関係を自動
時間軸上まるで同一のポイントを交差することはないために、
的に調節し、片方のパラメータを調節した際にもう片方を
今までフェイズ・キャンセレーションを起こすことはでき
自動的に補正することにより、聴感上のエフェクトの強さを
ませんでした。 G-Major 2 の TZF モードは、これを可能に
一定に保つ機能です。この機能は、名機 TC 2290 から継承
します。
されています。
Phase Reverse - フェーズ反転
設定レンジ: Off / On
エフェクト信号の右チャンネルの位相を反転させます。この
機能は、ステレオ・イメージを広げるのに有効です。
43
MODULATION - モジュレーション
Vibrato - ビブラート
概要
ビブラートは入力信号のピッチを変調するエフェクトです。
得られる結果は、ボーカリストのビブラート・テクニックに
似ています。コーラスやフランジャーとは異なり、ピッチ
変調音に対して元の信号は加えません。
Speed
Depth
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 mHz 〜 19.95 Hz
エフェクトの速度を調節します。
このエフェクトの周期は、状況によってこのパラ
メータか Tempo パラメータのいずれかが適用され
ます。 Speed パラメータは、 GLOBAL メニューの
Tap Master パラメータが Ignore に設定されている場
合にのみ有効です。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
エフェクトの深さを調節します。ノブを時計回りに回す程、
変調波形の振幅が大きくなります。
Tempo - テンポ
設定レンジ: 1 〜 1/32T / Ignored(無視)
グローバル・テンポとの関係を指定します。
1 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの
「D」
関係を、音符の表記で決定します。
「T」は 3 連符、
は符点音符を示します。Ignored の設定では、Speed
パラメーターの設定を適用します。
HiCut - ハイカット
設定レンジ: 19.95 Hz 〜 20 kHz
この値より高い周波数のレベルを減少させます。効果が強す
ぎると感じる場合にお試しください。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
44
MODULATION - モジュレーション
Vintage Phaser & Smooth Phaser ヴィンテージ & スムーズ・フェーザー
概要
G-Major 2 は 2 種類のフェーザーを搭載しています。ヴィン
テージ・フェーザーは、古いコンパクト・エフェクトに似た
フェージング効果をもたらします。スムーズ・フェーザーは
Phase Reverse - フェーズ反転
設定レンジ: On / Off
On に設定すると、 LFO 波形の開始点に若干のディレイが
加わり、位相が変わります。左右チャンネルで異なる変調
波形を使用することにより、より派手なフェーザー効果が
得られます。
より繊細で、薄い効果を軽くかけるときに優れた性能を発揮
Mix - ミックス
します。
設定レンジ: 0 〜 100 %
ヴィンテージ・フェーザーは 4 つのオールパス・フィルター
を使用しています。それがコム・フィルター的な特性を持ち、
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
エフェクト音がドライ音とミックスされることにより、独特
OutLev - アウトプット・レベル
な位相感が得られます。
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
スムーズ・フェーザーでは 12 のオールパス・フィルターを
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
使用しています。フィルター数を多く使用することにより、
ヴィンテージ・フェーザーよりも滑らかなサウンドが得られ
ます。
Speed - スピード
設定レンジ: 0.050 mHz 〜 19.95 Hz
エフェクトの速度を調節します。
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
エフェクトの深さを調節します。
Tempo - テンポ
設定レンジ: 1 〜 1/32T / Ignored(無視)
グローバル・テンポとの関係を指定します。
1 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの
「D」
関係を、音符の表記で決定します。
「T」は 3 連符、
は符点音符を示します。Ignored の設定では、Speed
パラメーターの設定を適用します。
Feedback - フィードバック
設定レンジ:-100 〜 +100
フェーザーのフィードバック量を調節します。-100 に設定す
ると、アルゴリズムの入力にフィードバックされる信号の位
相が反転します。
Range - レンジ
設定レンジ: Low / High
フェーザー効果の重心となる周波数帯域を指定します。
45
MODULATION - モジュレーション
Vintage Univibe ヴィンテージ・ユニヴァイブ
Vintage Univibe はクラシックなロータリー・スピーカーのエ
フェクトを再現します。フェーズ間の強い厚みのあるコーラ
スから密度の高いビブラートまで、幅広い効果が得られま
す。スピードの設定が 2 つ用意されており、ロータリー・ス
Select - セレクト(選択)
設定レンジ: Speed 1 / Speed 2
ディフォルトで使用する Speed パラメータを指定します。
このパラメータにモディファイアーを指定することでフット
スイッチや MIDI フットコントローラー等の外部コントローラ
からスピードを切り替えられます。
ピーカー同様にスピードを切り替える際の加速/減速によ
BpMode - バイパス・モード
る独特な効果を得られます。効果をご確認いただくとわか
設定レンジ: Direct(ダイレクト)/ Delayed(ディレイ)
る通り、 Univibe はレズリーのコピーではなく、 Univibe な
スピード 1/2 間の切り替え、またはエフェクトをバイパス
らではの独自のキャラクターを持っています。
した場合のエフェクトの反応を指定します。 Direct を選択
Speed 1/2 - スピード 1/2
設定レンジ: 150 Hz 〜 10 kHz
外部コントローラーからここで指定した 2 つの Speed 設定
すると、ユニヴァイブのエフェクトは瞬時に切れます。
Delayed を選択すると、Release パラメータの設定に応じた
速度で減速します。
を切り替えることで「ギア変更」を行ないます。設定値の
PhaseReverse - フェイズ(位相)反転
差が大きい程、切り替えの際のエフェクトが派手になります。
設定レンジ: Off / On
Depth - デプス
設定レンジ: 0 〜 100 %
ピッチ変調の深さを調節します。
Tempo 1/2 - テンポ 1/2
設定レンジ: Ignored(無視)/ 1 〜 1/32T
1 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
位相を 180 °反転させます。ぜひお試しください。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
を示します。 Ignored の設定では、 Speed パラメーターの
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
設定を適用します。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、プ
モダン・ユニヴァイブは、ヴィンテージ版と同じパラメータ
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
構成ながらも、質感が大きく異なります。回転している感覚
Attack - アタック
設定レンジ: 0.05 〜 5 sec
低速から高速への切り替わりに要する時間を指定します。
Speed 1 と Speed 2 のどちらを「低速」「高速」にしても
構いません。
Attack - アタック
設定レンジ: 0.05 〜 5 sec
Attack パラメータの逆で、高速から低速への切り替わりに
要する時間を指定します。
46
Modern Univibe - モダン・ユニヴァイブ
リセットの変更の際にグローバル・テンポと Speed
は若干薄いながらも、フェイズ感の強いより派手な効果が
得られます。
DELAY - ディレイ
ディレイの共通パラメータ
次のパラメータは、全ディレイ・タイプに共通です。特定の
タイプに固有のパラメータは、それぞれのディレイ・タイプ
のセクションで解説します。
LoCut(Feedback LoCut) - フィードバック・ローカット
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
指定周波数を下回る周波数のレベルを落とします。ここで
ローを削ることで、Feedback HiCut パラメータがエフェク
トのハイエンドを削ぐのと同様に、ディレイ成分をより馴染
Delay - ディレイ・タイム
みのよいサウンドに仕立て上げることができる場合がありま
レンジ: 0 〜 1800 ms
す。
ディレイ成分の間隔を指定します。
Mix - ミックス
Tempo - テンポ
設定レンジ: 0 〜 100 %
設定レンジ: Ignore(無視)/ 1 〜 1/32T
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
2 から 1/32T の設定では、グローバル・テンポとの関係を、
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
音符の表記で決定します。「T」は 3 連符、「D」は符点音符
を示します。Ignored の設定では、Delay パラメータの設定
を適用します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
GLOBAL メニューの Tap Master パラメータで、
プリセットの変更の際にグローバル・テンポと Delay
パラメータのいずれを適用するかを指定できます。
Ping Pong - ピンポン
ピンポン・ディレイは、ディレイの反復成分を左右にパン
Fb(Feedback)- フィードバック
ニングし、ステレオ感を強調します。Width パラメータで、
設定レンジ: 0 〜 120%
エフェクトのステレオ感を調節できます。
エフェクトの出力から入力に循環させる信号の量を設定し、
反復する成分の量を指定します。
高い設定値では内部フィードバックが生じますので、
十分にお気を付けください。G-Major 2 はディレイ
のスピルオーバー機能を搭載しているため、内部
フィードバックが生じた際に一度ディレイをオフに
しただけではフィードバックは消えません。ここ
での設定を 100% 以下に落とすのが一番直接的な
このディレイ・タイプでは、「ディレイの共通パラメータ」
セクションの内容に加えて、次の追加パラメータが用意され
ています。
Width - ワイズ(幅)
設定レンジ: 0 〜 100 %
ディレイの反復成分がセンターからどれだけ左右に振られる
かを指定します。
解決法ですが、2 度連続してディレイ・タイプを変
更するか、ディレイを使用している他のプリセット
に 2 度連続して切り替える方法もございます。
FbhCut(Feedback HiCut)- フィードバック・ハイカッ
ト
設定レンジ: 20 Hz 〜 20 kHz
最新のデジタル技術は、極めて正確な音声の再現を可能と
し、ディレイ効果における反復成分なども極めて高音質で
行える様になりました。しかし、原音に忠実なディレイは、
その忠実さ故に原音を邪魔してしまう場合があります。
FbhCut は、指定周波数を超える周波数のレベルをアッテ
ネートします。ディレイのハイを落とすことによってアナ
ログ・ライクなサウンドが得られ、多くの場面で、より馴染
みのよいサウンドに仕立て上げることができます。
47
DELAY - ディレイ
Dynamic Delay ダイナミック・ディレイ
Dual Delay - デュアル・ディレイ
ダイナミック・ディレイは名機 TC2290 で初めて搭載された
作動させます。それぞれ独立してテンポ、ハイ/ローカット、
機能で、ディレイの出力レベルを入力レベルのダイナミクス
パンを指定できます。
に連動させます。演奏中は原音をクリアに聞かせ、演奏して
いない時点でディレイ成分をより明確に聞かせることができ
る、デリケートで上品な効果です。
Sense パラメータで、ディレイが再浮上する際の特性を指定
できます。Offset パラメータで、ステレオ・イメージを広げ
ることができます。
このディレイ・タイプでは、「ディレイの共通パラメータ」
デュアル・ディレイは、 2 つの独立したディレイを同時に
このディレイ・タイプでは、「ディレイの共通パラメータ」
セクションの内容に加えて、次の追加パラメータが用意され
ています。
Pan 1 & Pan 2 - パン 1 & パン 2
設定レンジ: 50L 〜 50R
各ディレイ・ラインのパンニング位置を指定します。
セクションの内容に加えて、次の追加パラメータが用意され
Reverse Delay - リバース・ディレイ
ています。
リバース・ディレイは、ミステリアスでエギゾチックなサウ
Offset - オフセット
設定レンジ: 0 〜 200
ンドを演出します。Feedback Hi-Cut パラメータでディレイ
のサウンドを和らげることができます。
右チャンネルのディレイ成分のタイムをオフセットします。
このディレイ・タイプのパラメータは、
「ディレイの共通パラ
左右チャンネルのディレイ・タイムは、異なる方がワイドな
メータ」セクションの内容をご参照ください。
ディレイ効果を得られます。数ミリ秒でワイド感が得られ、
それ以上の設定では、スラップバック効果や、より極端な
効果が得られます。
Sense(Sensitivity) - センシティビティー(感度)
設定レンジ:-50 〜 0 dB
入力信号のレベルと連動してどの時点でディレイの反復成分
を聴こえる様にするかを指定します。ギター信号とディレイ
成分のスレッショルドと解釈することができます。
Damp - ダンピング
設定レンジ: 0 〜 100 dB
概要で説明されている通り、ダイナミック・ディレイは入力
レベルに連動してディレイの反復成分のレベルを調節します。
Damp は、アッテネートの量を設定します。
Rel(Release) - リリース
設定レンジ: 20 〜 1000 ms
ダイナミック・ディレイによるアッテネーションが終了する
際に要する時間を設定します。
48
このディレイ・タイプのディレイ・タイム設定レンジは、50
ms 〜 800 ms です。
REVERB - リバーブ
Reverb - リバーブ
リバーブの共通パラメータ
概要
Decay - ディケイ
リバーブは、残響を生成します。G-Major 2 は、4 種類のク
設定レンジ: 0.1 〜 20 sec
ラシックなリバーブを搭載しています。それぞれは共通のパ
余韻の減衰時間を指定します。この時間は、拡散音場がおよ
ラメータを持ちますが、同じ設定でも得られるサウンドは異
そ 60 dB 減衰する時間として定義されます。
なります。
PreDly(Pre Delay)- プリディレイ
Spring - スプリング
設定レンジ: 0 〜 100 ms
ヴィンテージのギターアンプなどに内蔵される、往年のスプ
原音と拡散音場の間に挿入される短いディレイです。リバー
リング・リバーブのサウンドを再現します。
ブ音が原音の輪郭を損なわない様に原音とリバーブの拡散
Hall - ホール
音場を分離させる効果が得られます。
比較的大きいホールを想定し、ナチュラルな音響特性を念頭
Shape - シェイプ
にデザインされています。中間から長めのディケイタイムを
空間の形状は、リバーブの特性に大きい影響を与えます。
要求する素材に優れた適応性を発揮する、汎用性の高いリ
様々な設定をお試しください。
バーブです。
Room - ルーム
Size - サイズ
設定レンジ: Small / Medium / Large
内装された比較的小さい部屋を想定しています。多くの反射
ディケイ・タイムは全てのリバーブ・タイプで 0.1 から 20 秒
は内装の柔らかい素材により吸収され、音の反射と残響の
まで設定できますが、このパラメータで空間の全体的な大
持続は壁面が主成分となります。
Plate - プレート
デジタル世代以前のリバーブ機は、反響するスプリングか
大きな鉄板を用いてリバーブの効果を生成していました。
きさを指定できます。よりリアルな余韻の長い大きい空間を
得るには、ここでの設定を Large にしてください。同様に、
それよりも小さい空間を得るには、Medium か Small を選択
します。
鉄板を使用した機器はプレート・リバーブと呼ばれ、拡散的
しかしながら、求めるサウンドが必ずしもリアルな効果を
でブライトな音を特徴としています。ナチュラルに溶け込む
必要としているとは限りません。意図的に逆の設定を行なう
音ではなく、エフェクトを目立たせる用途に適しています。
ことによって効果的なサウンドを得られるかもしれません。
これらの解説は、目的に応じてリバーブの種類を選ぶ際の
Hi Col(High Color) & Lo Col(Low Color)-
目安としてご使用ください。「リバーブ」と一言でくくって
ハイ/ロー・カラー
もサウンドは幅広いため、実験する際には、様々なタイプで
設定レンジ: Hi Col −
Wool / Warm / Real /
Clear / Bright / Crisp / Glass
各種の設定をお試しいただくことをお勧めいたします。
Lo Col −
Thick / Round / Real /
Light / Tight / Thin / NoBass
ローとハイの成分において、異なるカラーのリバーブが得ら
れます。ダークでアンビエントな効果からブライトなもの
まで、設定によってリバーブの特性が大幅に変化します。
49
REVERB - リバーブ
HiFact(High Factor)& LoFact(Low Factor)ハイ/ロー・ファクター
設定レンジ:-25 〜 25
選択した Hi Color と Lo Color タイプの特徴を強調またはアッ
テネートします。
RoomLv(Room Level) - ルーム・レベル
設定レンジ:-100 〜 0 dB
リバーブの初期反射音のレベルを指定します。
RevLev(Reverb Level) - リバーブ・レベル
設定レンジ:-100 〜 0 dB
リバーブの拡散音場のレベルを指定します。
Diff(Diffuse) - ディフュージョン(拡散)
設定レンジ:-25 〜 25
リバーブの拡散音場の密度を調節します。ディケイ・タイム
を指定すると自動的に設定され、余韻のフラッターを最小限
に抑えます。
Mix - ミックス
設定レンジ: 0 〜 100 %
このエフェクト・ブロックの、ドライ(ダイレクト)音と
エフェクト音のミックス・バランスを決定します。
OutLev - アウトプット・レベル
設定レンジ:-100 dB 〜 0 dB
このエフェクトの全体的な出力レベルを指定します。
50
MIDI インプレメンテーション
Guitar Effects Processor G-Major 2 – February 2009
Function
Basic Channel
Recognized
1
1 to 16
Remarks
1
1 to 16
X
X
Pitch Bend
Control Change
X
X
X
X
X
X
X
0 to 127
X
X
X
X
X
X
X
0 to 127
Prog Change
O
O
O
X
X
X
X
X
X
X
X
X
O
X
X
X
O
X
X
X
X
X
Mode
Transmitted
Default
Changed
Default
Messages
Altered
Note Number
True Voice
Note ON
Note OFF
Keys
Ch’s
Velocity
After Touch
System Excl.
Common
System real time
Aux Messages
O:YES
X:NO
Song Pos
Song Sel
Tune
Clock
Commands
Local ON/OFF
All Notes OFF
Active Sense
Reset
Mode 1: OMNI ON, POLY
Mode 3: OMNI OFF, POLY
Mode 2: OMNI ON, MONO
Mode 4: OMNI OFF, MONO
51
技術仕様
アナログ入力
コネクター
インピーダンス
最大入力レベル
0 dBFS 到達最低入力レベル
感度 @ 12 dB ヘッドルーム
A/D 変換
A/D 変換遅延
ダイナミックレンジ
THD
周波数特性
クロストーク
アナログ出力
コネクター
インピーダンス
最大出力レベル
出力レンジ
D/A 変換
D/A 変換遅延
ダイナミックレンジ
THD
周波数特性
クロストーク
EMC
準拠基準
1/4"フォーンジャック、バランス
21 k Ω(バランス)/ 13 k Ω(アンバランス)
+24 dBu
0 dBu
-12 dBu 〜 +12 dBu
24 ビット、128x オーバーサンプリング・
ビットストリーム
0.65 ms / 0.70 ms @ 48 kHz / 44.1 kHz
100 dB typ.、20 Hz 〜 20 kHz
typ. < 92 dB (0.0025 %) @ 1 kHz
+0/-0.1 dB @ 48 kHz、20 Hz 〜 20 kHz
<-95 dB、20 Hz 〜 20 kHz
1/4"フォーンジャック、バランス
40 Ω
+20 dBu(バランス)
バランス: 20 / 14 / 8 / 2 dBu
アンバランス/ 14 / 8 / 2 dBu
24 ビット、128x オーバーサンプリング・
ビットストリーム
0.63 ms / 0.68 ms @ 48 kHz / 44.1 kHz
104 dB typ.、20 Hz 〜 20 kHz
typ. <-94 dB(0.002 %)@ 1 kHz、+20 dBu
出力
+0/-0.5 dB @ 48 kHz、20 Hz 〜 20 kHz
<-100 dB、20 Hz 〜 20 kHz
承認基準
EN 55103-1 and EN 55103-2
FCC part 15, Class B, CISPR 22, Class B
IEC 65, EN 60065, UL6500 and CSA E65
環境
作動環境温度
保管環境温度
湿度
0 ° C 〜 50 ° C(32 ° F 〜 122 ° F )
-30 ° C 〜 70 ° C(-22 ° F 〜 167 ° F )
最大 90%(結露なきこと)
コントロール・インターフェイス
MIDI
In / Out / Thru : 5 ピン DIN
1/4"フォーンジャック
ペダル
リレー・クロージャー(TIP/
RING は個別にスリーブに結線) 1/4"フォーンジャック
一般
仕上げ
ディスプレイ
寸法
重量
電圧
消費電力
保証
アノダイズ・アルミニウム・フロント、プレー
トならびにペイント・スチール・シャーシ
23 キャラクター/ 280 アイコン STN-LCD
483 × 44 × 195 mm(19"× 1.75"× 8.2" )
1.85 kg(4.1 lb.)
100 〜 240 VAC、50 / 60 Hz (自動選択)
<15 W
1年
製品の改良のため、仕様は予告なく変更となる場合がございます。
52
FAQ
このセクションでは、G-Major 2 に関する一般的な質問にお
G-Major 2 を工場出荷時の状態に戻したいのですが、どのよ
答えします。より詳細の情報やサポートをお求めの場合は、
うな手順で操作すればよいのでしょうか?
TC のオンライン・サポート・サイト、TC Support Interac-
• フロントパネルのボタンで G-Major 2 の電源を落としま
tive(http://tcjsupport.custhelp.com)をご参照ください。
G-Major 2 との組み合わせにはどの MIDI フットコントロー
ラーが最も適していますか?
G-Major 2 は多くの MIDI フットコントローラーでご使用いた
だけますが、G-Major 2 の多彩な機能をフルに活用するには、
MIDI プログラムチェンジと MIDI コントロールチェンジ(CC)
情報を両方送信できるものをご選択ください。コントロール
チェンジ情報は、オンとオフでそれぞれ 0 と 127 の値を切
り替えられるものをご選択ください。
コントロールチェンジ情報は、エフェクトのバイパスやタッ
プ・テンポなどに使用します。プログラムチェンジ情報は
プリセットのリコールに使用します。
インプット・レベルはどうやって調節するのですか?
まずは高レベルのクリーントーンを使います。一般的には
歪み系の方がクリーントーンよりも音量が大きいと思われが
ちですが、通常はクリーントーんで一番大きいダイナミック
レンジが得られます。インプット・メーターが通常は -12
dB 〜 -6 dB 程度、そして演奏のピーク時で -3 dB 近辺に
なるように設定します。
G-Major 2 フロントパネルのインプット・レベルや、プ
リアンプのアウトプット・レベル(または G-Major 2 の直前
に配線されている機器)の調節で最適なレベルが得られな
い場合は、 GLOBAL メニューの Input Range パラメータで
インプット・レンジの設定を変更してみてください。
G-Major 2 と MIDI コントロール対応のプリアンプを組み合
わせる方法は?
設定はシンプルです。
• MIDI フットペダルの MIDI Out を、プリアンプの MIDI In
に接続します。
• プリアンプの MIDI Thru/Out を、G-Major 2 の MIDI In に
す。
• RECALL を押しながら電源を投入します。
• 表示されるメニューで「Reset sys param」を選択すると、
ユーザー・プリセットは保持したままシステム関連のパラ
メータがリセットされます。
• 「Clear all Presets」を選択すると、全てのユーザー・プ
リセットが消去されます。ファクトリー・プリセットは消
去できません。
アナログ・プリアンプのチャンネルをスイッチングする方法
がわかりません。
アンプの製造者または代理店から、プリアンプの回路図を
入手してください。G-Major 2 のリレーの操作方法は 24 ペ
ージをご参照ください。
G-Major 2 を電源をオン/オフしたら、エディットしていた
プリセットの内容が消えてしまいました。
プリセットのエディット中に G-Major 2 の電源ケーブルを
抜いてしまうと、エディット内容は失われます。フロント
パネルのパワー・ボタンで電源のオン/オフを行なえば、
内容は失われません。
プリセットをエディットする場合は、原則として、本体を
オフにする前に保存しておくことをお勧めいたします。再度
オンにした時に、そのセッティングを保存し忘れかねません。
システム・ソフトウェア(ファームウェア)をアップデート
できますか?
今後、 G-Major 2 の新しいシステム・ソフトウェアが供給
される可能性があります。このソフトウェアを G-Major 2 に
転送するには、標準 PC または Mac、そして MIDI インター
フェイスが必要となります。ソフトウェアは TC ウェブサイ
トで公開されます。アップデートの方法については、ウェブ
サイト、またはダウンロード・ファイルの添付書類をご参照
ください。
接続します。
G-Major 2 は MIDI マッピング機能を装備していますので、受
信プログラムチェンジ情報ごとにリコールするプリセット番
号を指定できます。詳細は、18 ページをご参照ください。
53
FAQ
G-Major2 のソフトウェア・アップデートがうまくいきま
パラレル・ループは、ミックス機能を備えていないエフェ
せん。
クトを使う場合や、S/N 比が現代のものに比べて劣るヴィン
使用する MIDI インターフェイスによっては「Download Error」
テージ・エフェクトを使う場合に適しています。近年のヴィ
(ダウンロード・エラー)が生じる可能性があります。通常
は、数回試すことでアップデートを行なえます。
G-Major 2 をコンボのエフェクト・ループに入れる方法がわ
ンテージ・エフェクトやコンパクト・エフェクトの盛り上り
も、パラレル・ループがポピュラーになっている一因かも
しれません。
かりません。
しかしながら、上記のとおり、パラレル・ループは信号の
多くのコンボ・アンプはエフェクト・ループを装備してい
ボリュームを変えるエフェクト(トレモロ、コンプレッショ
ます。しかしながら、ループの仕様に標準はなく、場合に
ン、ノイズゲート等)には適していません。さらに、ループ
よってはシリアル・ループなのかパラレル・ループなのか
でエフェクトのドライとウェット信号を混ぜると、A/D-D/A
さえわからないことさえもあります。
変化による位相がずれている状況が生じてします(G-Major
シリアル・ループは、プリアンプとパワーアンプ・セクショ
2 の場合、この遅延は 1 ms 以下です)。
ンの間を物理的に分離させるのと同様に、信号を一旦とぎら
原理的には、パラレル・エフェクト・ループのミックスを
せて間にループの機器を挟みます。この場合は、プリアンプ
100% にすれば、シリアル・ループとまったく同じになる
の出力全体が外部プロセッサー(この場合は G-Major 2)を
はずですが、全てのアンプがそうであるとは言えない現状も
通ってからパワーアンプ・セクションに送られます。信号は
あります。
一方通行でプリアンプ→外部プロセッサー→パワーアンプ、
と進みます。
まとめると、G-Major 2 自体はシリアルとパラレル・ループ
のどちらにも適応しますが、先に述べた理由から、技術的
パラレル・ループでは、プリアンプからパワーアンプへの
に可能な限りトゥルー・シリアルのループまたはセットアッ
2 系統が二つ用意されています。一つ目はプリアンプから
プで使用することをお勧めいたします。
パワーアンプへの直接の系統で、これはすなわちループが
ない状態と同じです。二つ目の系統はプリアンプの信号を
ループを経由してエフェクト・プロセッサーに送り、その
ご使用のアンプのループの種類を確認するには、アンプの製
造者にお問い合わせください。
戻りをパワーアンプに送ります。これら二つの系統はパワー
本マニュアルについて
アンプの前でミックスされます。パラレル・ループのほとん
マニュアルの内容は予告なく変更となることがあります。
どのアンプでは、エフェクトに原音をどれだけ加えるかを
最新版のマニュアルは弊社ウェブサイトからダウンロード
指定するミックス・ノブを装備しています。
可能です( www.tcelectronic.co.jp )。より詳細の情報や
パラレル・ループのセットアップを使う場合、 G-Major 2
から原音を出力させるべきではありません。そうするには、
LEVELS メニューの Kill Dry パラメータを使います。エフ
ェクトの量の調節には、ブロック毎のアウトプット・パラメ
ータを使います。
シリアルとパラレルはどっちが良いのでしょうか?
G-Major 2 の性能をフルに発揮させるには、シリアル・ルー
プが適しています。これは、トレモロやコンプレッション
などのレベルを扱うエフェクト、そしてコーラスや EQ など
について特に言えることです。このマニュアルですでに述べ
られていますが、G-Major 2 は音質の劣化を防ぐ高品質 A/D-
D/A コンバータを採用していますので、音質は特段心配する
必要はないでしょう。
54
サポートをお求めの場合は、 TC のオンライン・サポート・
サイト、TC Support Interactive をご参照ください。
http://tcjsupport. custhelp.com
55
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement