説明 - 日本HP

説明 - 日本HP
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3,
HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド
部品番号 505922-192
2009年11月 (初版)
© Copyright 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.
ここに記載されている内容は予告なく変更されることがあります。HP製品およびサービスへの唯一の保証は、製品およびサービスに付随する保証説
明書に明記されています。ここに記載されているいかなる内容も、保証の形成または追加と解釈しないでください。HPは、
ここに記載されている技術
上あるいは編集上の誤り、
または省略に対して責任を負いません。
読者の前提
このガイドは、UPSの操作、設定、
メンテナンス、故障修理を行う方のためのものです。HPでは、当ガイドのユーザーが高電
圧の機器の修理における資格があり、危険なエネルギー準位をもった商品における危険性を認知するのに長けていること
を前提としています。
特殊記号
重要な情報をお知らせするためにUPSで使用されている記号の例を以下に示します。
感電の危険 - 感電の危険記号に関わる警告を順守してください。
注意: 操作者用マニュアルを参照 - 重要な操作・メンテナンス説明などの付加的情報に関する操作者用マニ
ュアルを参照してください。
RJ-45 レセプタクル - 230Vの製品のみ: このレセプタクルによって、ネットワークインターフェースとの接続が可
能になります。このレセプタクルに電話や通信機器のプラグを差し込まないでください。
µ インジケーター点灯、消灯)するには、この記号の
負荷オン/オフ - 出力レセプタクルの電源を入り切り
(
付いたボタンを押してください。
規制順守通知
規制順守識別番号
規制順守証明書および検証の目的で、当製品には独自の規制型番が割り当てられています。規制型番は、要請された承認マークおよび情報のすべ
てとともに、製品のネームプレートラベルに記載されています。当製品の順守情報の要請には、常に当規制型番をご参照ください。規制型番は、製
品の市場名称あるいは型番ではありません。
連邦通信委員会
クラスB機器
当機器は、検査済みで、
クラスBデジタル装置に対する制限に準拠しており、連邦通信委員会の第15条に準じています。これらの制限は、住居に適し
た取り付けにおける有害な混信に対し妥当な保護を提供することを目的としています。当機器は、無線周波エネルギーを生じ、使用し、放射する可
能性があり、説明書に従わないで取り付け、使用した場合、無線通信に有害な混信を引き起こす可能性があります。しかし、混信が特別に取り付け
た場合に起こらないという保証はありません。当機器が、
ラジオまたはテレビの受信に有害な混信を引き起こす場合、機器の電源の切/入にもより
ますが、ユーザーが以下の方法の一つまたは複数によって混信を避けるようお勧めします:
•
受信アンテナの方向を変える、
または別の場所に配置する。
•
機器とレシーバー間の距離をさらに離す。
•
レシーバーが接続されているコンセントと異なる回路のコンセントに機器を接続する。
•
ご質問に関しましては、販売店、
または熟練のラジオ・テレビ技術者にお問い合わせください。
米国のみの、連邦通信委員会のロゴマークがついた製品への適合宣言
この装置は、連邦通信委員会規定第15条に準じています。操作は、以下の2つの条件に従います:(1)
この装置は、有害な混信を引き起こしてはな
らない、および(2)
この装置は、望ましくない動作を起こす可能性のある混信を含み、受信されたいかなる混信も受容しなければならない。
この製品に関するご質問は、
メールまたはお電話でお問い合わせください:
•
Hewlett-Packard Company
P. O. Box 692000, Mail Stop 530113
Houston, Texas 77269-2000
•
1-800-HP-INVENT (1-800-474-6836)。
(コミュニケーションにおける継続的品質改善のために、お電話の内容を録音、
または監視することもご
ざいます。)
当連邦通信委員会の宣言に関するご質問は、
メールまたはお電話でお問い合わせください:
•
Hewlett-Packard Company
P. O. Box 692000, Mail Stop 510101
Houston, Texas 77269-2000
•
1-281-514-3333
当製品の識別には、製品上に記載されている部品番号、
シリアル番号または型番をご参照ください。
修正
連邦通信委員会では、ヒューレット・パッカード社が明示的に認可していない、当装置への変更または修正は、ユーザーの機器操作の権限を無効に
する可能性があるということをユーザーに通知することが要請されています。
ケーブル
連邦通信委員会規定に常に準じて、金属製のRFI/EMIコネクターフードの付いたシールドケーブルを使用して当装置への接続を行う必要がありま
す。
カナダにおける通知(Avis Canadien)
クラスB機器
このクラスBデジタル機器は、
カナダの干渉発生機器規格の全要件を満たしています。
Cet appareil numérique de la classe B respecte toutes les exigences du Règlement sur le matériel brouilleur du Canada.
欧州規定通知
この製品は、以下の欧州指令に準じています:
•
低電圧指令 2006/95/EC
•
EMC指令 2004/108/EC
これらの指令の順守は、当製品あるいは製品系に対しヒューレット・パッカードが発行したEU適合宣言に記載されている適切な欧州整合規格への
適合を意味しています。
この順守は、製品にある以下の適合マークによって示されています:
このマークは、非電気通信製品および欧州で整合化された電気通信製品(例:Bluetooth)に有効です。
このマークは、欧州非電気通信製品に有効です。
*通知を受けた本体番号(該当する場合のみ使用-製品ラベルを参照)
Hewlett-Packard GmbH, HQ-TRE, Herrenberger Strasse 140, 71034 Boeblingen, Germany
製品上あるいは梱包材上の当記号は、当製品がその他の家庭廃棄物と一緒に処理してはいけないことを意味していま
す。電気製品・電子製品廃棄物のリサイクル用の指定された収集場所に持ち運び、廃棄処分機器の処分を行うことはお客
さまの義務となります。ごみ処理の際、廃棄処分機器の分別やリサイクルを行うことは、天然資源を保存し、人体の健康や
環境を保護する方法でリサイクルされていることを保証することに役立ちます。廃棄処分機器のリサイクル用処理可能な
場所に関する詳細は、お近くの市役所、家庭廃棄物サービス、
またはお客さまが製品をご購入された店へお問い合わせく
ださい。
日本の通知
この装置は、
クラスB情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、
この装置がラジオやテレビジョ
ン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って 正しい取り扱いをして下さい。VCCI-B
電池交換通知
警告:電力製品には、鉛酸密閉電池モジュールが含まれています。電池を適切に取り扱わないと、火災や火傷の危険があ
ります。身体障害の危険を抑えるには:
• 電池のリチャージを行わないでください。
• 電池を60℃(140°
F)以上の温度にさらさないでください。
• 分解、破砕、穿刺、外部接触、あるいは火や水の中に投げこまないでください。電池は爆発する恐れがあります。
電池や電池パック、畜電器を、一般の家庭廃棄物と一緒に処分しないでください。リサイクルや適切な処理を行う場
合は、公共の収集システムを利用するか、HP、公認のHP提携会社、あるいは代理店までお戻しください。
電池交換または適切な処分に関する詳細は、公認の再販売業者または公認のサービス会社へお尋ねください。
日本における電源コード記述
静電気による放電
静電放電の防止
システムの損傷を防ぐには、
システムの設定または操作部品の取扱の際に従う必要のある使用上の注意をご覧ください。指などの伝導体による静
電気放電は、
システムボードあるいはその他の静電気に敏感な装置に損傷を与える可能性があります。この種の損傷は、装置の予想寿命を縮める
可能性があります。
静電気による損傷を防ぐには:
•
静電気に安全な容器で製品を移動し保存して、手で触れないでください。
•
静電気のない作業場に置かれるまで、静電気に敏感な部品を容器内に保存してください。
•
容器から動かす前に、接地された面に部品を置いてください。
•
ピンや鉛、電気回路への接触を避けてください。
•
静電気に敏感な部品、あるいは組立品に接触する際、常に適切に接地されるようにしてください。
静電気放電を防ぐ接地方法
接地にはいくつかの方法が使われます。静電気に敏感な部品を取り扱う、あるいは取り付ける際は、以下の方法のうち、1つまたは複数の方法を使用
してください:
•
接地された作業場またはコンピューターシャーシには、接地コードに接続されているリスト・ストラップを使用してください。リスト・ストラップは、
接地コードにおいて最低1メガオーム+10%抵抗を持つ、柔軟性のあるストラップです。適切な接地を行うには、皮膚にぴったり合ったストラップを
着用してください。
•
作業場に立つ際は、ヒールストラップ、
トーストラップ、
またはブーツストラップをご使用ください。伝導性の床や消散型床マットの上に立つ際は、
両足にストラップを着用してください。
•
伝導性のあるフィールドサービスツールをご使用ください。
•
折り畳式の静電気消散作業マットを使用し、持ち運び可能なフィールドサービスキットをお使いください。
適切な接地用の推奨器具がない場合は、公認の再販売業者に部品の取り付けをご依頼ください。
静電気に関する詳細や製品の取り付けの援助が必要な場合は、公認の再販売業者にご連絡ください。
目次
第1章
はじめに.....................................................................................................................................................................1
第2章
安全性に関する警告..............................................................................................................................................3
第3章
取り付け.....................................................................................................................................................................4
製品の検査...............................................................................................................................................................................................4
UPS内部電池の接続..............................................................................................................................................................................4
UPSを取り付けます...............................................................................................................................................................................6
UPSのリヤパネル...................................................................................................................................................................................7
第4章
操作.......................................................................................................................................................................... 10
UPSの電源を入れる........................................................................................................................................................................... 10
電池上のUPSの起動........................................................................................................................................................................... 10
UPSの電源を切る................................................................................................................................................................................ 11
スタンバイモード................................................................................................................................................................................. 11
UPSフロントパネル............................................................................................................................................................................. 11
セルフテストの開始............................................................................................................................................................................ 12
第5章
追加のUPS機能.................................................................................................................................................... 13
電圧構成................................................................................................................................................................................................. 13
通信オプション..................................................................................................................................................................................... 14
USBポート................................................................................................................................................................................ 14
シリアルポート....................................................................................................................................................................... 15
ネットワーク過度電流プロテクタ................................................................................................................................................... 16
HP Power Manager ソフトウェア................................................................................................................................................... 16
第6章
UPSのメンテナンス............................................................................................................................................. 17
UPSおよび電池の手入れ.................................................................................................................................................................. 17
UPSの移動............................................................................................................................................................................................. 17
UPSおよび電池の保管方法............................................................................................................................................................. 18
UPS電池予備........................................................................................................................................................................................ 19
予備部品の注文方法........................................................................................................................................................... 19
予備部品番号......................................................................................................................................................................... 19
電池の交換方法................................................................................................................................................................................... 20
新しい電池のテスト方法................................................................................................................................................................... 22
使用済み電池やUPSのリサイクル方法........................................................................................................................................ 23
第7章
仕様.......................................................................................................................................................................... 24
第8章
トラブルシューティング..................................................................................................................................... 27
警報音およびUPSの状態.................................................................................................................................................................. 27
警報音を止めるには............................................................................................................................................................ 27
配線の欠陥 (100–120V型のみ)...................................................................................................................................... 27
テクニカルサポート............................................................................................................................................................................ 29
HPにご連絡いただく前に................................................................................................................................................... 29
HP連絡先情報........................................................................................................................................................................ 30
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 目次
第9章
保証情報................................................................................................................................................................. 31
限定保証................................................................................................................................................................................................. 31
$250,000のコンピューター負荷保護保証 ................................................................................................................................. 31
事前故障電池保証 ............................................................................................................................................................................. 31
ii HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第1章
はじめに
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3, および HP T1500J
UPS型は、電力故障、電力低下、電力サージ、電圧低下、回線ノイズなどの基本的な電
力の問題から、敏感な電子装置を保護します。
思いもしなかった時に停電は起こる場合があり、電力の質が不安定になる場合があり
ます。こういった電力問題には、重要データを破損させ、保存されていない作業セッ
ションを破壊し、ハードウェアに損傷をもたらす可能性があり、生産性の多大な損失
や高額な修理代がかかります。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J
は、パワー切断防止や装置の安定性保持ができます。UPSには一連のネットワーク機
器を扱うことができる柔軟性があるため、お客さまのLANやサーバー、
ワークステーシ
ョン、その他の電子機器を保護する最適な選択です。
図1はHP T750 G2 UPSを示しています。
図1 HP T750 G2 UPS
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
はじめに
UPSは優れた性能や信頼性を提供し、以下のような独自の利点がございます:
• 電圧変動を修正することで、負荷への一貫した電圧を保証する
「昇降圧」電圧調
節。
• 電池の使用年数を増加し、
リチャージ時間を調整して、電池の耐用年数に達する前
に警告をお知らせする高度な電池管理。
• 外部電力がないときでもUPSの電力を入れることができる始動電池の能力。
• 限界負荷の出力を下げることなく電池を安全に交換できることでメンテナンスを
簡素化したホットスワップ可能な電池。
• 2つの標準通信オプション(USBおよびシリアルポート)。
• サージからネットワーク通信機器を保護するネットワーク過度電流プロテクタ。低
圧型は、モデムやファックス機、あるいはその他の通信機器も保護することができ
ます。
• 正常な運転停止や電力監視用のHP Power Manager ソフトウェアを使用した高度
な電力管理。
• 世界中の代理店の承認による支持。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第2章
安全性に関する警告
重要な安全に関する説明書
この説明書を保管してください
この説明書には、UPSおよび電池の取り付けおよびメンテナンスの最中に従うべき重
要な説明が含まれます。機器の操作の前にすべての指示をお読みいただき、今後の参
考のためにこの説明書を保管してください。
危険
このUPSの中には致死的な電圧が掛かっています。すべての修理や点検は、公認のサ
ービススタッフのみが行うべきです。UPS内にはユーザーが修理可能な部品はありませ
ん。
警告
• このUPSには、装置自体のエネルギー源(電池)が含まれています。UPSがAC電源に
接続されていない時でも、出力レセプタクルに、生きた電圧が掛かる場合がありま
す。
• 220-240V型用では、出力レセプタクルに生きた電圧が残っている可能性がありま
す。使用される入力電源がラインから中性点に配線されている場合は(ほとんどの
ヨーロッパにおける使用)、出力レセプタクルへの電圧は0Vです。ラインからライン
入力への配線の場合、出力レセプタクルへの電圧は100-120V(ライン‐接地間、
ま
たはライン‐中性点間の測定で、UPS配線による)
です。
• UPSの電源が入っている際は、入力コードを取り外したり抜いたりしないでくださ
い。これは、UPSやUPSに接続されている機器から安全な接地を取り除くことになり
ます。
• 火災や感電の危険を抑えるためには、管理された温度や湿度における室内環境の
もとで、導電性汚染のない場所で当UPSを取り付けてください。大気温度は、40°
C
(104°
F)を越えないようにします。水の近くや過度な湿度(最高95%)のもとで操作し
ないでください。
• 国際標準や配線規定を順守するには、このUPSの出力に接続された全機器には、
1.5mA以上の接地漏れ電流がないようにします。
注意
• 壁コンセントは、機器の2メートル以内にあり、操作員が利用しやすい場所にないと
いけません。
• 電池には、大きな短絡回路電流による感電や火傷の危険があります。以下の予防措
置に注意してください:1)腕時計や指輪、その他の金属物質を取り外す; 2)絶縁
ハンドルでツールを使用する; 3)バッテリー上にツールや金属部分を置かない;
4)電池端子を接続または切り離す前に充電ソースを切り離します。
• 電池の適切な廃棄を行う必要があります。処理の際の必要条件に関しましては、現
地の条例をご参照ください。
• 火の中に電池を捨てないでください。炎に近づけると、電池が爆発する可能性があ
ります。
• 電池を開けたり破損しないでください。放出された電解質は、肌や目に害を及ぼし、
非常に有毒である可能性があります。
• UPSに最初に取り付けたものと同じ番号や種類の電池で、電池交換を行ってくださ
い。
• UPSの移動を必要とする場合は、移動の前に内部のUPS電池を切り離してください。
(17ページ参照)。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 第3章
取り付け
このセクションでの説明内容:
• 製品の検査
• UPS内部バッテリー接続
• UPS取り付け
• UPSリヤパネル
製品の検査
発送中に製品が損傷を受けた場合は、輸送業者あるいは購入場所が分かるように発
送用段ボールおよび梱包材を処分せず保存し、発送中の損傷の支払い請求を行って
ください。受領後に損傷が分かった場合は、隠ぺい損害の支払い請求を行ってくだ
さい。
輸送中の損傷、あるいは隠ぺい損害の支払い請求を行うには以下のことを行ってく
ださい: 1)製品の受領後15日間以内に輸送業者に請求。2)15日以内にサービス担
当者へ損害請求のコピーを送付。
注意: 発送用段ボールのラベルに記載されているバッテリーの再充電日をご確認くだ
さい。日付が過ぎていて、電池の再充電がされていない場合は、UPSのご使用はおひか
えください。サービス担当者へご連絡ください。
UPS内部電池の接続
適切な電池動作を確かめるために以下のことを行ってください:
1.
UPSの電源がオフになっていて、
プラグが抜かれていることを確認します。
2.
上面の左端を前方に引き、UPSの前面枠を取り外します(図2参照)。
図2 UPS前面枠の取り外し方
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
取り付け
3 金属製電池カバーを上にスライドさせて、取り外します(図3参照)。ネジを取りはず
さないでください。
注意: HP T750 G2, HP T750J および HP T1000 G3モデルに関しては、電池切断ブレードの
損傷を防ぐために、金属電池カバーを取り除く際には注意を払ってください。
HP T750 G2
HP T750J
および HP T1000 G3
HP T1000J
HP T1500 G3
および HP T1500J
図3 電池カバーの取り外し方
4 内部電池コネクターから保護ラベルを取り外します(図4参照)。
図4 保護ラベルの取り外し方
5 赤色のワイヤをプラス(+)の電池コネクターへ接続します(図5参照)。
注意: 電池を接続する際、少量のアーク放電が起こることがあります。これは正常であり、装
置に損傷を与えたり、安全にかかわる心配はありません。
図5 内部電池コネクターの接続の仕方
6 金属製電池カバーを元にもどします。
7 UPSの前面枠を元にもどします。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 取り付け
UPSを取り付けます
注意: UPSや付属品に不正な変更を行わないでください;製品に損傷を起こし、保証が
無効となる可能性があります。
UPSの取り付け方法:
1.
DIPスイッチが適切な出力電圧および入力電圧の範囲に設定されているか確認
します(14ページ目の表1を参照)。
2.
HP Power Managerのソフトウェアを使用する場合は、
まず同梱ケーブルを使っ
てコンピューターをUSBポート、
またはUPSシリアルポートへ接続します。通信オ
プションに関する詳細は、14ページをご参照ください。
3.
230Vの型用のみ、取り外し可能な電力入力コードをUPSのリヤパネルにある入
力コネクタへ差し込みます。
4.
UPSの電源コードを電源コンセントに差し込みます。
5.
保護される装置のプラグをUPS出力レセプタクルに差し込みます。
注意:レーザープリンターは、発熱体が非常に大きな電力を必要とするので、UPSに接続
しないでください。
コンピューターからUPSへの通信ケ
ーブルを接続(オプション)
DIPスイッチを確認
(入/切)ボタンを押す
(フロントパネル上)
UPSを電源に接続
機器をUPSへ接続
図6 一般的なUPSの取り付け(120V型が表示されています)
6 UPSから警告音が聞こえるまで入/切ボタンを押してそのまま保持してください。
~(電源オン)インジケータが緑色に点灯し、製品に電源が入っていることを示
します。UPSはセルフテストを実行し、
ノーマルモードに入ります。
UPSからの警告音が鳴る、
または警告インジケータが点灯したままの場合は、
27ページ目の表10をご参照ください。
注意:約3時間で容量の90%まで電池がチャージされます。しかし、容量の100%までチ
ャージするには、取り付け後あるいは長時間の格納の後、6~24時間、電池のチャージを
行うことをHPは推奨します。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
取り付け
UPSのリヤパネル
このセクションではUPSリヤパネルを表示しています。
DIPスイッチ
シリアルポート
USBポート
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
現場誤配線インジケータ
ファン
5-15レセプタクル 4ヶ 所
入力過電流プロテクタ
5-15プラグ付き6フィート
電力コード
図7 HP T750 G2 120V リヤパネル
シリアルポート
現場誤配線インジケータ
ファン
DIPスイッチ
USBポート
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
5-15レセプタクル 2ヶ所
5-15レセプタクル 4ヶ 所
入力過電流プロテクタ
5-15プラグ付き6フィート
電力コード
図8 HP T750J 100V および HP T1000 G3 120V リヤパネル
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 取り付け
シリアルポート
DIPスイッチ USBポート
現場誤配線インジケータ
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
ファン
5-15レセプタクル 6ヶ所
入力過電流プロテクタ
5-15プラグ付き6フィー
ト電力コード
図9 HP T1000J 100V, HP T1500J 100V および HP T1500 G3 120V リヤパネル
DIPスイッチ
USBポート
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
シリアルポート
10A、IEC-320レセプタクル
4ヶ所
ファン
10A、IEC-320入力コネクタ
図10 HP T750 G2, 230V リヤパネル
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
取り付け
DIPスイッチ
シリアルポート
ファン
USBポート
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
10A、IEC-320レセプタクル
4ヶ所
10A、IEC-320レセプタク
ル 2ヶ所
10A、IEC-320入力コネクタ
図11 HP T1000 G3, 230V リヤパネル
USBポート
ネットワーク過渡電
流プロテクタ
DIPスイッチ
シリアルポート
ファン
10A、IEC-320レセプタクル
6ヶ所
10A、IEC-320入力コネクタ
図12 HP T1500 G3, 230V リヤパネル
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 第4章
操作
このセクションの説明事項:
• UPSの電源の入/切
• 電池上のUPSの起動
• スタンバイモード
• UPSフロントパネルおよびインジケータ
• セルフテストの開始
UPSの電源を入れる
UPSが電源出力に接続した後、UPSはスタンバイモードに入ります。
UPSの電源を入れるには、UPSから警告音が聞こえるまで (入/切)ボタンを押し
続けます。UPSの電源が入った後、セルフテストが実行され、
ノーマルモードに入りま
す。 (電源オン)インジケータが、機器に電源が入っていることを示す緑色の点灯
を示します。
~
電池上のUPSの起動
注意:電池を始動する際にUPSが入力周波数を自動探知せず、初期設定は、UPSを使用
した最後の周波数です。
外部電力を使用せずにUPSの電源を入れるには、2秒間ほど (入/切)ボタンを押
した続けてください。UPSはバッテリーモードで起動し、機器にバッテリー電力を供
給します。UPSが電池上で起動する際、バッテリー電力を保存するためにセルフテス
トは実行されません。
10
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
操作
UPSの電源を切る
注意: UPSがバッテリーモードになっている間に
ぐにシャットダウンしてしまいます。
(入/切)ボタンを押すと、UPSがす
UPSの電源を切るには:
1.
UPSに接続されている機器の電源を切ります。
2.
(入/切)ボタンを2秒間押し続けます。UPSはスタンバイモードになり
(外部
電力がある場合)、機器から電源を取りはずします。
3.
電源出力からUPSのプラグを抜きます。
UPSのプラグを抜かない場合、
スタンバイモードのままになります。
スタンバイモード
UPSの電源を切り、電源出力にプラグが差し込んだままだと、UPSはスタンバイモード
のままになります。すべてのインジケータがオフになっていると、機器に電源はあり
ません。必要な際に電池の充電を行ってください。
注意:220‐240Vでは、出力レセプタクルに電流が残っている可能性があります。出力レ
セプタクルに電力がないか確認するため、UPSのプラグを抜いてください。
UPSフロントパネル
UPSフロントパネルは、UPSの状態を示し、可能性のある電力問題を特定します。図
13は、UPSフロントパネルインジケータおよびコントロールを示しています。
入/切ボタン
テスト/警告リセットボタン
電源オンインジケータ
(緑)
バッテリーオンインジケータ
(黄)
過重電流インジケータ
(赤)
サービスインジケータ
(赤)
図13 UPSフロントパネル
UPSの警告音や警告表示が消えない場合は、27ページ目の表10を参照し、問題を特
定し修正してください。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 11
操作
セルフテストの開始
注意: 電池は十分に充電されていなければいけなく、セルフテストを実行する際に
UPSがバッテリーモードになっていてはいけません。
(テスト/警告リセット)ボタンを3秒間押し続け、セルフテストを開始します。5秒
間のテスト中は、棒グラフのインジケータが2度電源をいったん切ってすぐに入れな
おす作業を行います。UPSの警告音や警告表示が消えない場合は、26ページ目の「ト
ラブルシューティング」を参照してください。
12
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第5章
追加のUPS機能
このセクションの説明内容:
• 電圧構成
• USBポートおよびシリアルポート
• ネットワーク過度電流プロテクタ
• HP Power Manager ソフトウェア
電圧構成
各ユニットのリヤパネルのDIPスイッチ(図14を参照)は、出力電圧および入力電圧の
範囲を構成するために使用されています。
電圧を構成するには:
1.
UPSは完全に運転停止になっていなければいけません。
UPSの電源を切るには、 (入/切)ボタンを2秒間押し続け、電源コンセントか
らUPSのプラグを抜きます。
2.
14ページ目の表1にある構成に従い、DIPスイッチを設定します。
3.
UPSの電源コードを電源コンセントに差し込みます。
4.
UPSの警告音が聞こえるまで
ます。
(入/切)ボタンを押し続け、UPSの電源を入れ
UPSリヤパネル
オフ
オン
図14 DIPスイッチ
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 13
追加のUPS機能
表1 DIPスイッチ設定
100V型
出力電圧
入力電圧範囲
DIPスイッチ1
DIPスイッチ2
90–106V
オン
オン
入力電圧範囲
DIPスイッチ1
DIPスイッチ2
110V
99–116V
オン
オフ
120V*
108–127V*
オフ
オフまたはオン
入力電圧範囲
DIPスイッチ1
DIPスイッチ2
198–233V
オン
オフ
100V
120V型
出力電圧
230V型
出力電圧
220V
230V*
207–243V*
オフ
オフまたはオン
240V
216–254V
オン
オン
* 初期設定ポジション
通信オプション
UPSには、USBポートおよびシリアルポートが同梱されています。UPSの監視用に、
USBポートまたはシリアルポートのどちらかを使用します;しかし、両方を同時に操作
することはできません。
USBポート
UPSは、HP Power Managerソフトウェアを使用してUSB対応のコンピューターと通信
することができます。
UPSとコンピューター間の通信を構築するには:
1.
USBケーブルをUPSリヤパネル上にあるUSBポートへ接続します。
USBケーブルのもう一端をlコンピューター上のUSBポートへ接続します。
USBポート
図15 USBポート
2.
14
ソフトウェアに同梱の説明書に従い、HP Power Managerソフトウェアをインスト
ールします。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
追加のUPS機能
シリアルポート
UPSとコンピューター間の通信を構築するには、同梱のコミュニケーションケーブル
を使用して、
コンピューターをUPSシリアルポートへ接続します。
通信ケーブルが取り付けられたら、HP Power Managerソフトウェアは、UPSを使用し
てデータを交換することができます。ソフトウェアは、電力環境のステータスにおける
詳を記録するためにUPSをポーリングします。電源異常が起こった場合は、
ソフトウェ
アはすべてのデータを保存し、機器の電源を順序正しく切るよう伝えます。
ケーブルピンは図16に指定されており、ピンの機能は表2に説明しております。
UPSリヤパネル
図16 シリアルポート
表2 シリアルポート・ピンの配置
ピン番号
シグナル名
機能
UPSによる指示
1
低バッテリー
低バッテリーリレー接点;20 mA、30 Vdc接点
容量
アウト
2
TxD
外部装置に転送
アウト
3
RxD
外部装置から受信
イン
外部装置からPnP(プラグ・アンド・プレイ) (ピン6に直結)
4
DTR
イン
5
GND
シグナル共通(シャーシに直結)
—
6
DSR
外部装置へ(ピン4に直結)
アウト
7
—
無接続
—
8
AC不具合
AC不具合リレー接点;20 mA、30 Vdc接点容量 アウト
9
電源
+ V(8~24ボルトDC電流)
アウト
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 15
追加のUPS機能
ネットワーク過度電流プロテクタ
図17に示しているネットワーク過度電流プロテクタは、
リヤパネル上にあり、
「IN」およ
び「OUT」のラベル表示されているジャックがあります。この機能には、一つのRJ-45(
10BaseT)ネットワークコネクタがあります。
低電圧型では、RJ-11電話コネクタを取り付けることができ、モデムやファックス機、そ
の他の通信機器を保護します。たいていのモデム機器のように、デジタルPBX(構内
電話交換機)環境においてこのジャックを使用することはお勧めできません。
注意:いかなる電話やファックス/モデム機器(RJ-11)も230V型に接続しないでくださ
い;ネットワークケーブル(RJ-45)のみを230V型へ接続してください。
1.
保護している機器の入力コネクタを、INとラベル表示されたジャックに接続して
ください。
2.
ネットワークまたは電話(低電圧型のみ)ケーブルを、OUTとラベル表示されたジ
ャックに接続してください。
IN
IN
OUT
OUT
図17 ネットワーク過度電流プロテクタ
HP Power Manager ソフトウェア
HP Power Managerソフトウェアは、UPSの総合的な制御を通じてコンピューターシ
ステムの最大電力信頼性を保証します。使いやすいブラウザインターフェースによっ
て、初心者のユーザーが電力保護設定を構築し管理することができます。HP Power
Managerソフトウェアの最新版をダウンロードするには、HPのウェブサイトをご覧く
ださい(http://www.hp.com/go/rackandpower)。
注意:ソフトウェアのインストールおよび設定を行うには、
ソフトウェアユーザーガイドを
ご覧ください。ソフトウェアユーザーガイドは、HPウェブサイト (http://www.hp.com/
go/rackandpower)からダウンロードすることができます。
HP Power Manager:
• 複雑な管理システムを必要とせず、UPS保護環境の展開、設定、管理を簡素化。
• 外部電力の故障の際に、付属装置の適切なシャットダウンを管理。
• 付属の負荷デバイスのシャットダウンのタイミングを最優先。
• ユーザーが指定したスケジュールに基づき、UPSや付属の負荷デバイスをシャット
ダウンし、再起動。
• 調整可能なダイアログボックスや、
コマンド実行、Eメールやブロードキャストのメ
ッセージを使った警告発生をカスタマイズ。
• UPSのステータスを監視し、警告を報告。
• 分析用にパワーログを表示。
16
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第6章
UPSのメンテナンス
このセクションの説明内容:
• UPSおよび電池の手入れ
• UPSの移動
• UPSおよび電池の保管方法
• 予備電池の注文方法
• 電池の交換方法
• 新しい電池の試験方法
• 使用済み電池やUPSのリサイクル方法
UPSおよび電池の手入れ
最適な予防整備には、UPS周辺をきれいにし、ほこりのない状態にしておいてくださ
い。周辺がほこりが多い場合は、
システムの外側を掃除機で清掃してください。
バッテリー寿命を最大限にするには、室温が25°
C (77°
F)の中でUPSを保管してくださ
い。
注意:UPSの電池の耐用年数は、3~5年と見なされています。使用頻度や室温によって、
耐用年数は異なります。予想されている耐用年数以上使用した電池は、
ランタイムが極
端に減少することがあります。最低5年おきに電池を交換し、最大効率で装置を操作して
ください。
UPSの移動
注意:内部のUPS電池は、移動中は切断する必要があります。
UPSを移動する必要がある場合は:
1.
UPSのプラグが抜かれており、電源が入っていないことをご確認ください。
2.
上面の左端を前方に引き、UPSの前面枠を取り除きます(図18参照)。
図18 UPS前面枠の取り外し方
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 17
UPSのメンテナンス
3 金属製電池カバーを上にスライドし、取り除きます(図19参照)。ネジを取りはず
さないでください。
注意:HP T750 G2, HP T750J および HP T1000 G3モデルに関しては、電池切断ブレード
の損傷を防ぐために、金属電池カバーを取り除く際には注意を払ってください。
HP T750 G2
HP T750J
および HP T1000 G3
HP T1000J
HP T1500 G3
および HP T1500J
図19 電池カバーの取り外し方
4 プラス極(+)電池コネクタから赤いワイヤを切断します(図20参照)。
図20 内部電池コネクタの切断方法
5 金属製電池カバーを取り外します。
6 UPSの前面枠を取りはずします。
UPSおよび電池の保管方法
UPSを長期間保管する場合は、UPSを電気コンセントに差し込み、6か月おきに電池の
再充電を行ってください。約3時間で容量の90%まで電池がチャージされます。しか
し、HPでは、十分な充電には、長期間の保管後は6~24時間電池の充電を行うことを
お勧めします。
発送用段ボールのラベルに記載された電池の再充電日をご確認ください。日付が過
ぎていたり、電池が一度も充電されていない場合は、UPSのご使用をお控えください。
サービス担当へご連絡ください。
18
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
UPSのメンテナンス
UPS電池予備
予備部品の注文方法
予備部品の注文は、HPウェブサイト (http://h61003.www6.hp.com)をご覧ください。
保証期間中の部品の交換は、HPの公認サービス担当へご連絡ください。
予備部品番号
説明
予備部品番号
T750G2 UPS電池モジュール
502538-001
T750J, T1000G3 UPS電池モジュール
502539-001
T1000J, T1500J, T1500G3 UPS電池モジュール
502540-001
T750G2 UPSユニットNA
502532-001
T750G2 UPS ユニットINTL
502533-001
T750J UPSユニットJPN
538256-001
T1000G3 UPSユニットNA
502534-001
T1000G3 UPS ユニットINTL
502535-001
T1000J UPSユニットJPN
538257-001
T1500 UPSユニットNA
502536-001
T1500 UPS ユニットINTL
502537-001
T1500J UPSユニットJPN
538258-001
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 19
UPSのメンテナンス
電池の交換方法
注意:UPSがバッテリーモードの間は、電池の切断を行わないでください。
ホットスワップ可能な電池機能があるため、UPSの電源を切ったり負荷を切断せずに
簡単に電池を交換することができます。
入力電力を取り外し電池交換したい場合は、 (入/切)ボタンを2秒間押し続け、
UPSのプラグを抜きます。
電池交換の前に、すべての警告、注意に記載されている内容をご確認ください。
警告
• 電池には、高度な短絡回路電流による感電または火傷の危険があります。以下に記
載の使用上の注意をご確認ください:1)腕時計や指輪、その他の金属物質を取り外
す;2)絶縁ハンドルでツールを使用する;3)バッテリー上にツールや金属部分を置
かない。
• 電気エネルギー危険。電池の配線やコネクタの変更を行わないでください。配線
の変更は、害を及ぼす危険があります。
• UPSに最初に取り付けた際と同じ番号や種類の電池で、電池交換を行ってください。
_____________________________________________________________________
注意
しっかりとした平坦な場所で電池を抜いてください。電池をUPSから抜く際、電池は対
応されていません。
UPS内の電池を交換するには:
1.
上面の左端を前方に引き、UPSの前面枠を取り除きます(図21参照)。
図21 UPSの前面枠の取り除き方
20
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
UPSのメンテナンス
2.
金属製電池カバーを上にスライドし、取り除きます(図22参照)。ネジを取りはずさ
ないでください。
注意: HP T750 G2, HP T750J および HP T1000 G3モデルに関しては、電池切断ブレードの
損傷を防ぐために、金属電池カバーを取り除く際には注意を払ってください。
HP T750 G2
HP T750J
および HP T1000 G3
HP T1000J
HP T1500 G3
および HP T1500J
図22 電池カバーの取り外し方
HP T750 G2, HP T750J および HP T1000 G3モデルに関しては、図23をご参照ください。
HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500 G3モデルに関しては、図24をご参照くださ
い:
3 赤の電池ケーブルを切断します。
4 しっかりとした平坦な場所で電池を抜きます。
HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500Jに関しては、電池をゆっくり黒の電池ケ
ーブルのケーブルリテイナーが露出するまで引っ張り出し、慎重に電池ケーブルを
リテイナーから切断して下さい。
5 UPS上の黒の電池ケーブルを切断します。
5
3
4
図23 電池を外す(HP T750 G2, HP T750J および HP T1000 G3 モデル)
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 21
UPSのメンテナンス
ケーブル保護機
図24 電池を外す (HP T1000J, HP T1500J, HP T1500 G3 モデル)
6 電池を交換します。適切な処理に関しては、22ページ目の「使用電池または
UPSのリサイクル」をご参照ください。
7 上面にある電池端子と同じ位置に新しい電池パックを配置します。
8 黒の電池ケーブルを新しい電池に接続します。
9 電池をUPSにスライドさせます。HP T100J, HP T1500 G3 および HP T1500Jに関
しては、慎重に黒の電池ケーブルをケーブルリテイナーに取り替えて下さい。
注意
損傷防止の為、電池を再インストールする際には、ケーブルがガイドレールに結合
しないように気を付けて下さい。
10 赤の電池ケーブルを接続します。
注意:電池を接続する際に、少量のアーク放電が起こることがあります。これは正常であ
り、装置に損傷を与えたり、安全にかかわる心配はありません。
11 金属製の電池カバーとUPS前面枠を元に戻します。
新しい電池のテスト方法
注意:テスト前に6~24時間電池を充電してください。
注意: 電池は十分に充電を行い、UPSはセルフテストを行うためバッテリーモードにな
っていてはいけません。
セルフテストを開始するため (テスト/警報リセット)ボタンを3秒間押し続けま
す。15秒間のテストが自動的に電池へ負荷を分配し、電池のパフォーマンスをテスト
します。テストが進行中の間、インジケータが循環し、UPSからビーという警告音が
聞こえます。テストが完了したら、
(
電源オン)インジケータが表示するように、
UPSはノーマルモードに戻ります。
µ
電池に問題がある場合は、UPSから警告音が鳴り、+ - (バッテリー使用)インジケー
タが点灯し、 (サービス)インジケータが点滅します。
電池が
+ 電池の接続を確認し、
+ ++
十分充電されているか確かめてください。問題が変わらない場合は、
サービス担当
+
へお電話ください。
22
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
UPSのメンテナンス
使用済み電池やUPSのリサイクル方法
使用済み電池やUPSの適切な処分に関する情報に関しては、お近くのリサイクルセンタ
ーまたは危険廃棄物センターへご連絡ください。
警告
• 電池を火の中に捨てないでください。電池が爆発する恐れがあります。電池の適切な
廃棄処分が必要です。廃棄物処分に関する必要条件に関しては、現地の条例をご参照
ください。
• 電池を開けたり、切断しないでください。放出された電解質は、肌や目に害を及ぼしま
す。有毒であることもあります。
注意
UPSやUPSの電池をゴミ箱に捨てないでください。この製品には、密閉型鉛酸畜電池を含
み、適切に処分しなければいけません。詳細に関しては、現地のリサイクル/再利用セン
ターまたは危険廃棄物センターまでご連絡ください。
注意
電気機器または電子機器(WEEE)をゴミ箱に捨てないでください。適切に廃棄するには、
最寄のリサイクル/再利用あるいは有害廃棄物センターに連絡してください。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 23
第7章
仕様
このセクションでは、以下の仕様について説明します:
• 型リスト
• 寸法および重量
• 電気入力および出力
• 環境保護および安全性
• 電池
表3 型リスト
UPS 型
100V 型
120V 型
230V 型
HP T750J (HSTNR-U017-N)
HP T750 G2 (HSTNR-U016-N)
HP T750 G2 (HSTNR-U016-I)
HP T1000J (HSTNR-U018-N)
HP T1000 G3 (HSTNR-U017-N)
HP T1000 G3 (HSTNR-U017-I)
HP T1500J (HSTNR-U018-J)
HP T1500 G3 (HSTNR-U018-N)
HP T1500 G3 (HSTNR-U018-I)
表4 寸法および重量
100V 型
UPS寸法(幅x高さx奥行)
120V 型
230V 型
HP T750 G2, HP T750J, および HP T1000 G3: 15.0 x 19.3 x 33.5 cm (5.9インチ 7.6インチ13.2インチ”)
HP T1000J, HP T1500 G3, および HP T1500J: 15.0 x 19.3 x 39.0 cm (5.9インチ 7.6インチ 15.4インチ)
HP T750 G2: 12.4 kg (27.3 ポンド)
HP T750J および HP T1000 G3: 12.6 kg (27.8 ポンド)
HP T1000J および HP T1500 G3: 16.8 kg (37.0 ポンド)
HP T1500J: 17.2 kg (37.9 ポンド)
UPS 重量
表5 電気入力
公称電圧
電圧範囲
公称周波数
効率(ノーマルモード)
ノイズフィルタリング
(ノーマルモード)
過電流保護
接続
100V 型
120V 型
230V 型
100V
110V、120V の中から選択可能
220V、230V、240V の中から選択
可能
全負荷時、公称電圧±20%
45–65 Hz、50/60 Hz 自動センサー
95%
フルタイムEMI/RFIフィルタリング
再設定可能な入力過電流プロテクタ
非適用
6フィート、5-15P 電力コード (角度90°)
10A、IEC-320 入力コネクタ
仕様
表6 電気出力
100V 型
電力レベル(公称入力時での定
格)
100V: 750 VA, 500W
1000 VA, 680W
1200 VA, 980W
120V 型
230V 型
110V および120V: 750 VA、500W
1000 VA、670W
120V: 1400 VA、950W
750 VA、500W
1000 VA、670W
1400 VA、950W
0.67
力率
公称電圧の‐10%から+6%
電圧変動範囲(ノーマルモード)
電圧調整範囲(バッテリーモー
ド)、公称電圧±5%
選択された最小限入力ボルテ 選択された最小限入力ボルテージ
ージ値100Vと同じ
値110V 、120Vと同じ
正弦波
電圧波形
インバータ飽和電流制限
過電流保護
出力レセプタクル
選択された公称入力電圧220V、
230V、240Vと同じ
HP T750J, HP T1000J,
および HP T1500J: (6) 5-15
HP T750 G2: (4) 5-15
HP T1000 G3 および
HP T1500 G3: (6) 5-15
HP T750: (4) 10A、IEC-320
HP T1000 およびHP T1500:
(6) 10A、IEC-320
表7 環境保護および安全性
100/120V 型
操作温度
輸送/保管温度
230V 型
最高1,500メートル: 0°
C から 40°
C (32°
F から 104°
F); UL 検査済み 25°
C (77°
F) 1,500 メートル以上: 0°
C から35°
C (32°
F から95°
F)
-15°
C から55°
C (5°
F から131°
F)
相対湿度
5–95% 結露なし
操作高度
海抜3,000メートルまで
可聴ノイズ
通常45 dBA 以下
サージ抑制
ANSI C62.41 Category A (かつての IEEE 587)
安全適合
安全マーク
EMC (クラスB)
UL 1778 第2版; UL 497A;CSA C22.2, No. 107.1
IEC/EN 62040-1-1 およびIEC/EN 60950-1
cULus、cUL、NOM-NYCE
CE、TÜV、C-Tick、GOST R、EK、IRAM、TISI
FCC 第15章、ICES-003, VCCI
IEC/EN 62040-2、FCC 第15章、ICES-003、VCCI
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 25
仕様
表8 電池
HP T750 G2: (2) 12V、7 または 7.2 Ah 内部電池
HP T750J および HP T1000 G3: (2) 12V、9 Ah 内部電池
HP T1000J, HP T1500 G3, および HP T1500J: (3) 12V、9 Ah 内部電池
UPSの機器構成
電圧
HP T750 G2, HP T750J, および HP T1000 G3: 24 Vdc
HP T1000J, HP T1500 G3, および HP T1500J: 36 Vdc
種類
密閉式、
メンテナンス不要、バルブ制御、鉛酸
充電
急速回復用の高度な充電;公称ライン時で約3時間、90%まで使用可能、補充電力負荷なし
初期の不具合検知および警告用の高度なモニタリング
モニタリング
表9 電池動作時間(分)
VA評価によるUPS型
負荷(VA)
ワット
750
1000
1400
200
128
38
41
58
300
192
27
28
41
500
320
14
15
28
600
402
9
10
19
750
503
6
8
14
900
603
6
10
1000
670
5
8
1200
804
6
1400
938
5
注意 電池の時間はおよその目安であり、負荷形態および電池充電によって変わります。
26
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第8章
トラブルシューティング
このセクションの説明内容:
• UPSの警報および状態
• 警報音を止めるには
• 現場配線欠陥(120V用のみ)
• サービスおよびサポート
警報音およびUPSの状態
UPSには、起こりうる電力問題をユーザーに警告するために警報音機能があります。UPSの
警報および状態を究明し解決するには、表10をご参照ください。
インジケータの説明
入/切ボタン
非点灯
点灯
テスト/警告リセットボタン
点滅
電源オンインジケータ
(緑)
バッテリーオンインジケータ
(黄)
過重電流インジケータ
(赤)
サービスインジケータ
(赤)
図25 UPSフロントパネル
警報音を止めるには
警報音を止める前に、警報の状態を確認し、状態を解決するための適切な行動を取ってく
ださい(表10を参照)。
存在する不具合を表す警報音を止めるには、 (テスト/警告リセット)ボタンを押してく
ださい。UPSのステータスが変わったら、UPSはビーと鳴り、以前の警報音の消音を無効に
します。
UPSに不具合があったり、低バッテリー状態の場合、あるいは電池交換が必要な場合は、警
報音は止まりません。
配線の欠陥 (100–120V型のみ)
接地線が接続されていない、
またはラインや中性線がラインレセプタクルで逆になってい
る場合、UPSリヤパネルにある現場配線欠陥インジケータが点灯します。このインジケータ
は、状態が解決されるまで点灯し続けます。資格のある電気技師に配線欠陥修理をご依頼
ください。インジケータが点灯している際、UPSは動作しますが、定格ノイズおよびサージ
抑制はしません。
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 27
トラブルシューティング
表10 トラブルシューティングガイド
警報音および状態
可能性のある原因
行動
電力コードが正しく接続されて
いません。
電力コードの接続をご確認ください。
UPSがスタンドバイ・モードに
なっている。
UPSから警告音が聞こえるまで (入/切)ボタンを押し続け、
接続された機器に電力を供給してください。
壁コンセントが故障している。
資格のある電気技師に検査を依頼し、
コンセントを修理して
もらってください。
通常の外部電力が存在していても、
UPSはバッテリーモードのみで動作し
ます。
入力過電流プロテクタが開い
ています(100–120V用のみ)。
作業内容を保存し、機器の電源を切ってください。UPSの電
源を切ってください。負荷を抑え、UPSリヤパネル上にある
入力過電流プロテクタを押します。
UPSは、予期されたバックアップ時間を
提供しません。
電池の充電または修理が必要
です。
電池の充電を行うため、JPSを24時間電気コンセントに差し込
んでおきます。 (テスト/警報リセット)ボタンを押します。
UPSから警告音が聞こえたら、19ページ目の「電池の交換」を参
照し、電池交換を行ってください。
延長された停電の間は、作業内容を保存し、機器の電源を切り、
バッテリー電力を保存します。
通常動作。
なし。UPSがノーマルモードで動作し、バックブースト機能に
よって安定した電圧を自動的に提供します。
14秒間ごとに警告音1回。
beep every 4 seconds.
UPSは、外部電力の不具合の
ため、バッテリー使用中となり
ます。
UPSは、バッテリー電力で機器に電力を供給します。機器の
電源を切る準備を行ってください。延長された停電の間は、
作業内容を保存し、機器の電源を切り、バッテリー電力を保
存します。
12秒間ごとに警告音1回。
beep every 2 seconds.
電池のパワーが不足してい
ます。
負荷構成やバッテリー充電によりますが、電池の電力が2分
ないしは2分以下分残っています。作業内容を保存し、機器
の電源をお切ください。警告音を止めることができません。
4秒間ごとに警告音1回。
1
beep every 4 seconds.
入力電圧が高すぎる、あるいは
低すぎるため、UPSがバッテリ
ー使用で作動しています。
可能であれば、入力電圧を修正してください。状態が修正さ
れるまで、
または電池が完全に充電されるまで、UPSはバッ
テリーで作動し続けます。
状態が変わらない場合は、お客さまのお住まいの地域での
入力電圧は、UPSの公称入力電圧とは異なる可能性があり
ます。お客さまの地域の電圧に合わせUPSの入力電圧を変
更してください(13ページ目の「電圧設定」を参照)。
1秒につき警告音1回。
1 beep per second.
所要電力がUPSの限度容量を
超えています(過負荷が120%
以上)、
または負荷に問題があ
ります。
UPSは、3分以内に自動的にシャットダウンします。直ちに作
業内容を保存し、機器の電源をお切りください。UPSの電源
を切ってください。
UPSから機器のいくつかを取り外します。より容量の大きい
UPSが必要となることもあります。
1秒につき警告音1回。
1
beep per second.
UPSはバッテリー使用となり、
所要電力がUPSの限度要領を
超え
(過負荷が120%以上)、あ
るいは負荷に問題があります。
すぐにシャットダウンします(30秒)。作業内容を保存し、機
器の電源を切ってください。UPSの電源を切り、
プラグを抜
いてください。
UPSから機器のいくつかを取り外します。すべてのLEDが消
えるまで最低5秒間待ち、その後UPSを再起動します。より容
量の大きいUPSが必要となることもあります。
Continuous beep.
バッテリーテスト不具合。
電池の状態を確認し、電池が十分充電されているかご確認くだ
さい。
µ インジケータがONになっていな
い;UPSが起動しない。
連続した警告音。
Continuous beep.
(サービス)インジケータが依然として点滅している場合
は、19ページ目の「電池交換」をご参照ください。問題が変わら
ないようでしたら、サービス担当へお電話ください。
28
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
トラブルシューティング
表10 トラブルシューティングガイド
警報音および状態
可能性のある原因
行動
連続した警告音。
Continuous
beep.
UPSの内部温度が高すぎる。
すぐにシャットダウンします。作業内容を保存し、機器の電
源を切ってください。UPSの電源を切ってください。
通気口を清掃し、熱の原因となるものを除去してください。
UPS周辺の空気の循環が妨げられていないか確認してくだ
さい。最低5分間待ち、UPSを再起動します。状態が変わらな
い場合は、サービス担当へご連絡ください。
連続した警告音。
Continuous
beep.
UPSのファンの不具合。
作業内容を保存し、機器の電源を切ってください。UPSの電
源を切ってください。サービス担当へご連絡ください。
Continuous beep.
10秒間ごとに警告音3回。
3
beeps every 10 seconds.
UPSをバッテリー使用で起動す
るのが失敗。
電池の充電を行うため、JPSを24時間電気コンセントに差し込
Continuous
beep. (テスト/警報リセット)ボタ
んでおきます。
電池の充電後、
ンを3秒間押し続け、 (サービス)インジケータを確認して
ください。
(サービス)インジケータが依然として点滅している場合
は、19ページ目の「電池交換」をご参照ください。
連続した警告音。
Continuous
beep.
UPSがバッテリー使用中に出力
波が異常。
すぐにシャットダウンします。作業内容を保存し、機器の電
源を切ってください。UPSの電源を切ってください。サービ
ス担当へご連絡ください。
連続した警告音。
Continuous beep.
UPSがバッテリー使用中に出力
電圧が限度以下または以上。
作業内容を保存し、機器の電源を切ってください。UPSの電
源を切ってください。サービス担当へご連絡ください。
テクニカルサポート
HPにご連絡いただく前に
HPへお電話いただく前に、以下の情報をご確認ください:
• テクニカルサポート登録番号(該当する場合)
• 製品シリアル番号
• 製品モデル名および番号
• 製品識別番号
• 適用されるエラーメッセージ
• アドオン・ボードまたはハードウェア
• 第三者ハードウェアまたはソフトウェア
• 操作しているシステムタイプおよびリビジョン・レベル
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 29
トラブルシューティング
HP連絡先情報
最寄りの公認再販売業者名:
• アメリカでは、HPのUSサービス検索ウェブサイト
(http://www.hp.com/service_locator)をご参照ください。
• その他の地域では、HPの世界共通(英語)
ウェブサイト
(http://welcome.hp.com/country/us/en/wwcontact.html)をご覧ください。
HPテクニカルサポート:
• アメリカ国内で連絡先を調べるには、HP米国専用ウェブサイトの連絡先
(http://welcome.hp.com/country/us/en/contact_us.html)をご参照ください。お
電話によるHPへのご連絡:
o 1-800-HP-INVENT (1-800-474-6836)までお電話ください。このサービスは、
年
中無休ご利用いただけます。電話対応の継続的品質改善のため、お電話内容
を録音または監視させていただくこともございます。
o Care Pack(アップグレードサービス)をご購入した場合は、1-800-633-3600まで
お電話ください。Care Packに関する詳細は、 HPのウェブサイト (http://www.
hp.com/hp)をご覧ください
• その他の地域では、HPの世界共通(英語)
ウェブサイト
(http://welcome.hp.com/country/us/en/wwcontact.html)をご覧ください。
30
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
第9章
保証情報
限定保証
UPSで提供されている広範囲の機能を支持するため、3年間の限定保証が提供されていま
す。
$250,000のコンピューター負荷保護保証
限定保証に加え、$250,000のコンピューター負荷保護保証(元々の製品製造会社が提供)
が提供されています。
重要:$250,000のコンピューター負荷保護保証は、米国およびカナダのみで提供されます。
以下の場合に限り、$250,000のコンピューター負荷保護保証が適用されます:
• 延長コードやアダプター、その他のアース線、その他の電源接続を使用せず、UPSが、適
切に接地され、配線されたコンセントに差し込まれている。
• UPSの取り付けが、NECによって指定された適切な電源コードおよび安全コードに準拠
している。
• UPSが通常の操作条件下で使用され、ユーザーがすべての説明書やラベルに準拠して
いる。
• UPSが事故(過度外部電力以外)や誤用、乱用によって損傷が与えられていない。
o 保証は、
最初に購入したエンドユーザーのみに適用され、譲渡不可です。
o 保証には、
いかなるデータ損失に対する返済、あるいは返却は含まれていませ
ん。
• UPSは、サーバーやワークステーション、パーソナルコンピューターに直接接続された企
業レベルのPDUに直接接続されているか、サーバーやワークステーション、パーソナルコ
ンピューターに直接接続されているものとします。
事前故障電池保証
すべてのUPS機器に標準となっている事前故障電池保証により、実際に故障する前に電池
に適用することによって、
さらに3年間の制限保証が延長されます。事前故障電池保証によ
り、電池が故障している可能性があるという通知を電力管理ソフトウェアから受けた場合、
電池を無料で交換することが保証されます。電池の部品の保証期間は、3年間です。所有権
の初年度の保証には、部品および作業費が含まれます。特定のUPS型番用に電池の部品の
在庫がない場合は、電池を含むUPS一式が交換されます。
事前故障電池保証の警告は、電池の故障前に30日前に通知されます。警告は以下のどちら
か、あるいは両方で表示されます:
• 電池の残量が低いことを表示するLED
• 電力管理ソフトウェアによる通知
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192 31
32
HP T750 G2, HP T750J, HP T1000 G3, HP T1000J, HP T1500 G3 および HP T1500J UPSモデルユーザーガイド • 505922-192
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement