CX506a

CX506a
D-1034-157 CX506a(和・英)取扱説明書
CX506a
MULTITESTER
取扱説明書
INSTRUCTION MANUAL
D-1034-157 CX506a(和・英)取扱説明書
目 次
【1】 安全に関する項目∼ご使用前に必ずお読みください∼
……001
1−1 安全使用のための警告文 …………………………………001
1−2 警告マークなどの記号説明 ………………………………002
1−3 最大過負荷保護入力値 ……………………………………002
【2】用途と特長 ………………………………………………………003
2−1 用 途 ………………………………………………………003
2−2 特 長 ………………………………………………………003
【3】各部の名称 ………………………………………………………003
【4】指示の読み取り方 ………………………………………………004
【5】機能説明 …………………………………………………………005
5−1 スイッチ・調整器 …………………………………………005
5−2 スタンドの使い方 …………………………………………005
【6】測定方法 …………………………………………………………006
6−1 始業点検 ……………………………………………………006
6−2 レンジの設定方法(最適レンジの設定) ………………006
6−3 測定前の準備 ………………………………………………006
6−4 電圧(V)測定 ……………………………………………008
6−4−1 直流電圧(DCV )測定 …………………………008
6−4−2 交流電圧(ACV ∼ )測定 …………………………009
6−5 直流電流(DCA )測定 ………………………………010
6−6 抵抗(Ω)測定 ……………………………………………011
6−7 静電容量( )測定 ……………………………………013
6−7−1 C1、C2レンジでの測定 ……………………………013
6−7−2 C3レンジでの測定 …………………………………015
6−8 トランジスタの測定 ………………………………………016
6−8−1 ICEO(漏洩電流)の測定 ……………………………016
6−8−2 直流電流増幅率(hFE)の測定 ……………………017
6−9 高圧プローブ(HV-50)による直流高電圧(HV)の測定(別売品)……018
6−10 測定の終了 …………………………………………………018
D-1034-157 CX506a(和・英)取扱説明書
【7】保守管理について ………………………………………………019
7−1 保守点検 ……………………………………………………019
7−2 校正点検 ……………………………………………………019
7−3 内蔵電池・ヒューズの交換 ………………………………019
7−4 清掃と保管について ………………………………………021
【8】アフターサービス ………………………………………………021
8−1 保証期間について …………………………………………021
8−2 修理について ………………………………………………021
8−3 お問い合わせ ………………………………………………022
【9】仕 様 ……………………………………………………………023
9−1 一般仕様 ……………………………………………………023
9−2 別売付属品 …………………………………………………023
9−3 測定範囲および許容差 ……………………………………024
【1】 安全に関する項目∼ご使用前に必ずお読みください∼
このたびはアナログマルチテスタCX506a型をお買い上げいただき、
誠にありがとうございます。
ご使用前にはこの取扱説明書をよくお読みいただき、正しく安全に
ご使用ください。そして常にご覧いただけるように製品と一緒にして
大切に保管してください。
本文中の“
警告”および“
注意”の記載事項は、やけどや感
電などの事故防止のため、必ずお守りください。
1−1 安全使用のための警告文
警 告
以下の項目は、やけどや感電などの人身事故を防止するためのも
のです。本器をご使用する際には必ずお守りください。
なお、取扱説明書での説明以外の使い方をしますと、本器に与えら
れた保護が損なわれることがありますのでご注意ください。
01. 6kVAを超える電力ラインでは使用しないこと。
02. AC33Vrms
(46.7Vpeak)
またはDC70V以上の電圧は人体に危険な
ため注意すること。
03. 最大定格入力値を超える信号は入力しないこと。
04. 最大過負荷入力値を超えるおそれがあるため、誘起電圧、サー
ジ電圧の発生する
(モータ等)
ラインの測定はしないこと。
05. 本体またはテストリードが傷んでいたり、壊れている場合は使
用しないこと。
06. リヤケースをはずした状態では使用しないこと。
07. ヒューズは必ず指定定格および仕様のものを使用し、代用品を
用いたり短絡することは絶対にしないこと。
08. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
09. 測定中は他のファンクションまたは他のレンジに切り換えた
り、プラグを差し換えたりしないこと。
10. 測定ごとのレンジおよびファンクション確認を確実に行うこと。
11. 本器または手が水などでぬれた状態での使用はしないこと。
12. テストリードは指定タイプのものを使用すること。
13. 内蔵電池および内蔵ヒューズ交換を除く修理・改造は行わない
こと。
14. 年 1 回以上の点検は必ず行うこと。
15. 屋内で使用すること。
− 1 −
1−2 警告マークなどの記号説明
本器および『取扱説明書』に使用されている記号と意味について
:安全に使用するための特に重要な事項を示します。
・警告文はやけどや感電などの人身事故を防止するためのもの
です。
・注意文は本器を壊すおそれのある取り扱いについての注意文
です。
:直流電圧(DCV)
:ダイオード
∼ :交流電圧(ACV)
:グランド
Ω :抵抗
+ :プラス
:静電容量
− :マイナス
hFE :直流増幅率
:ヒューズ
:二重絶縁または強化絶縁
:ヒューズとダイオードによる回路保護
1−3 最大過負荷保護入力値(容量6kVA以内の電路について)
*1 最大過負荷保護入力値
ファンクション(レンジ) 入力端子
DCV 1000
DC・AC 1000V または peak max 1400V
ACV 750
DC・AC 750V または peak max 1100V
DCV 120/300
ACV 3/12/30
DC・AC 200V または peak max 280V
DCV 120mV
*2
+,
− DC・AC 1mA
30μ/0.3m
DC・AC 100V
または
DCA 3m
DC・AC 10mA
peak max 140V
30m/0.3
DC・AC 0.5A
Ω ×1∼×10k
*2
DC・AC 50V または peak max 75V
C1/C2/C3
・EMITTER
−
hFE
・COLLECTOR DC・AC 50V または peak max 75V
・BASE
*1 最大過負荷保護入力値の印加時間は5秒以内とする。
また、AC電圧の入力波形は正弦波とする。
*2 過負荷入力が電圧の場合はヒューズ(0.5A)とダイオードにて
回路保護をする。ただし、電圧波形の入力の極性とタイミング
によっては抵抗器なども焼損することがある。
− 2 −
【2】用途と特長
2−1 用 途
本器は、小容量電路の測定用に設計された、携帯用アナログマル
チテスタです。小型の通信機器や、家電製品、電灯線電圧や各種電
池の測定などはもちろん、コンデンサの静電容量測定やトランジス
タチェッカとしてもご使用いただけます。
2−2 特 長
● IEC61010-1測定カテゴリⅢ
(MAX 600V)に準拠
●6ファンクション/26レンジと豊富な機能
●高感度トートバンドメータの採用でDCVは50kΩ/Vと高入力抵抗
●ワイドな静電容量測定機能付き(内蔵発振器、抵抗レンジ使用)
●電源スイッチ固定機能により静電容量の連続測定が可能であり、
電源ON表示ランプで電源のON、OFFが確認できる親切設計
●+、−極性切り換えSW付き(DCVとDCAファンクション)
●簡易トランジスタチェック機能付き
【3】各部の名称
目盛板
(スケール板)
メータ指針
0Ω・C∞調整器つまみ
メータ0位調整器
ファンクション電源
ON表示ランプ
ファンクション/レンジ
切り換えスイッチつまみ
ファンクション電源用
押しボタンスイッチ
(−)入力端子兼
コレクタ接続端子
極性切り換えスイッチつまみ
ベース接続端子
パネル
スタンド
(+)入力端子兼エミッタ接続端子
リヤケース
テストピン
つば
テストプローブ(赤)
プラグ
テストプローブ(黒)
わにくちクリップ
プラグ
テストリード
(TL-21)
− 3 −
わにくちクリップ付き
リード線(CL-506)
【4】指示の読み取り方
①
②
③
④
⑤
⑥
⑧
⑦
⑨
使用レンジ
Ω×10k
Ω×1k
① Ω×100
Ω×10
Ω×1
DCV 1000
DCV 120
DCV 12
② DCV 120m
ACV 750
ACV 120
ACV 12
読み取り倍率
×10k
×1k
×100
×10
×1
×10
×1
×0.1
×1
×10
×1
×0.1
使用レンジ
DCV 300
DCV 30
DCV 3
ACV 300
ACV 30
③
DCmA 30μ
DCmA 0.3
DCmA 3
DCmA 30
DCmA 0.3A
読み取り倍率
×10
×1
×0.1
×10
×1
×1
×0.01
×0.1
×1
×0.01
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
使用レンジ
C1
C2
hFE
C3
80mA
8mA
800μA
80μA
ACV 3
読み取り倍率
×1
×1
×1
×1
×10
×1
×100
×10
×1
注)指示はなるべく指針の真上で読み取って
ください。
●上図指針位置での読み取り例
ファンクション
Ω
DCV
ACV
DCmA
レンジ
×100
120V
3V
3mA
目盛番号
①
②
⑨
③
− 4 −
読み取り方 読み取り結果
89×100 8900[Ω]=8.9[kΩ]
36×100
36[V]
1.17×100...
1.17[V]
.9×0.1
0.9[mA]
【5】機能説明
5−1 スイッチ・調整器
①ファンクション/レンジ切り換えスイッチ
つまみを回すことによりファンクションおよびそのレンジを切
り換えることができます。
②メータ0位調整器
この調整器を(−)ドライバーで回して、メータの指針を目盛
左端の0位に合わせます。
③0Ω・C∞調整器
抵抗(Ω)、静電容量(C1∼C3)、hFE測定のときに使います。
測定前にテストピンをショートしてこのつまみを回し、Ω測定
とhFE測定はΩ目盛の0に、C1∼C3測定の場合は各C目盛の∞に
メータの指針を合わせます。
④ ファンクション電源用押しボタンスイッチ
静電容量(C1、C2)を測定するときには、このボタンを操作
し、電源をONの状態にして測定します。ボタンを指先で押す
と、電源はON、離すとOFFになります。ボタンを押しながら
右へ約45°回すとボタンは沈んだまま固定され、電源は連続
ONの状態になります。測定終了後は電池の消耗を防ぐため、
必ずボタンを左に回して電源をOFFにします。
⑤ ファンクション電源ON表示ランプ
ファンクションの測定用電源がONのときに点滅します。
⑥極性切り換えスイッチ
DCV、DCAの各ファンクションでの測定時に、極性切り換え
スイッチを切り換えると測定端子の極性の+−が反転します。
従って、メータの指針が逆方向(−方向)に振れたとき、この
スイッチを−側に切り換えることにより、テストリードの接続
を変えずにメータを+方向に振らすことができます。(通常
は+側にしておきます)
5−2 スタンドの使い方
リヤケースに付いているスタンドは、次ページの図のように、立
てて使用します。
− 5 −
【6】測定方法
6−1 始業点検(次ページのフローチャートを参照のこと)
警 告
1. 感電防止のため、テスタ本体またはテストリードが損傷して
いる場合は使用しないこと。
2. テストリードまたはヒューズが切れていないことを確認する
こと。
6−2 レンジの設定方法
①電圧(DCV、ACV)、電流(DCA)の最適なレンジの選択
原則として、最大目盛値が測定しようとする値より大きく、し
かもメータがなるべく大きく振れるようなレンジを選びます。
例えば9Vの電圧を測定する場合は3Vや300Vレンジではなく12V
レンジを、15Vを測定する場合は30Vレンジを選択します。
測定値の見当がつかない場合は、最大のレンジ(DCVは1000V、
ACVは750V、DCAは0.3A)で測定してみます。
②抵抗(Ω)の最適レンジの選択
なるべく指示をΩ目盛の中央付近で読み取れるレンジを選択し
ます。
6−3 測定前の準備
0位調整器を回し、メータ指針を目盛板左端の0位置に合わせます。
スタンドの使い方
メータ0位調整
− 6 −
点検スタート
本体および
テストリードの
外観が壊れてい
ますか?
壊れている
壊れていない
テストリードおよび
ヒューズの断線確認
①黒プラグを−入力
端子に差し込みま
す。
②赤プラグを+入力
端子に差し込みま
す。
そのまま使用せず、
修理を依頼してくだ
さい。
※内蔵電池が完全に
消耗していても指
針は振れません。
⑤赤、黒のテストピ
ンをショートしま
す。
ヒューズまたはテスト
リードを交換してやり
直してみても指針が振
れない場合は、修理を
依頼してください。
⑥指針が
右に大きく振れ
ていますか?
③ファンクション/
レンジ切り換えつ
まみをΩ×10kレン
ジに合わせます。
振れていない※
ヒューズまたはテス
トリードを交換して
③からやり直してく
ださい。
振れている
④極性切り換えスイ
ッチつまみを+側
に切り換えます。
異常はありません。
点検終了です。
⑥
④
③
①
②
− 7 −
⑤
6−4 電圧(V)測定
警 告
1. 各レンジの最大定格入力電圧を超えた入力を加えないこと。
2. 測定中は他のレンジやファンクションに切り換えないこと。
3. 測定値の見当がつかない場合は、最大レンジで測定すること。
4. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
5. 負荷と並列に接続して測定すること。
6−4−1 直流電圧(DCV )
最大測定電圧 DC1000V
1)電池や直流回路の電圧を測ります。
2)測定レンジ
120m/3/12/30/120/300/1000までの7レンジ
3) 測定方法
①極性切り換えスイッ
④
⑤
チは通常+側です。
⑥
⑥
②テストリードの赤プ
ラグを+入力端子、
電池
黒プラグを−入力端
子に差し込みます。
③ファンクション/レ
①
ンジ切り換えスイッ
③
チつまみ(以後、
“フ
②
②
ァンクション切り換
えつまみ”と言う)
を回してDCV の最適レンジに合わせます。
④被測定回路のマイナス(−)電位側に黒のテストピン、プ
ラス(+)電位側に赤のテストピンを接触させます(負荷
と並列接続)。
⑤V・A目盛にてメータの指示を読み取ります。
⑥測定後は、被測定回路からテストピンをはずします。
●指針が−側(左方向)に振り切れた場合には、極性切り換
えスイッチつまみを−側に切り換えて、−何ボルトと読み
取ります。
●1000Vレンジでは、0∼120の目盛を10倍して読み取ります。
ただし、1000Vを超える電圧測定は絶対にしないでください。
− 8 −
6−4−2 交流電圧(ACV∼)測定 最大測定電圧 AC750V
1)測定対象
主に電灯線回路など、正弦波交流の電圧を測ります。
2)測定レンジ
3/12/30/120/300/750までの6レンジ
3)測定方法
①極性切り換えスイッ
④
チは+側にします。
⑥
⑥
②テストリードの赤プ
⑤
ラグを+入力端子に、
黒プラグを−入力端
コンセント
子に差し込みます。
③ファンクション切り
①
換えつまみを回して
③
ACV∼の最適なレン
②
②
ジに合わせます。
④被測定回路の測定点
に負荷と並列になるよう、赤と黒のテストピンをそれぞれ
接続します。交流は+、−の極性には無関係です。
⑤V・A目盛でメータの指示を読み取ります。
ただし、3VレンジはAC3V目盛で読み取ります。
⑥測定後は、被測定回路からテストピンをはずします。
●正弦波交流以外の交流電圧測定では、波形の歪みに応じた
大きさの誤差を生じます。
●交流の周波数が高くなると誤差が大きくなります。
3、12Vレンジは40Hz∼30kHzの範囲内
30Vレンジ以上では40Hz∼10kHzの範囲内でご使用ください。
●750Vレンジの指示は0∼120の目盛を10倍して読み取りま
す。従って750(75)以上の目盛もあるわけですが、安全上
750Vを超す電圧の測定は絶対にしないでください。
●危険ですから6kVAを超える回路の電圧測定はしないでくだ
さい。
●周波数が数10kHz以上の強力な電磁界のある環境下では誤
動作をすることがあります。
− 9 −
6−5 直流電流(DCA
)測定 最大測定電流 DC 0.3A
警 告
1. 人体への危険や本器の故障防止上、入力端子に電圧を加えな
いこと。
○正しい接続(直列) ×危険な接続(並列)
2. 必ず負荷を通して直列に
電源
電源
接続すること。
(右図参照)
負荷
負荷
3. 入力端子に最大定格電流
を超える電流を流さない
こと。
1) 測定対象
電池や直流回路の電流を測ります。
2) 測定レンジ
⑤
30μ/0.3m/3m/
30m/0.3(5レンジ)
抵抗器
電池
3) 測定方法
①極性切り換えスイッ
⑥
⑥
チは通常+側へセッ
④
トしておきます。
①
②テストリードの赤プ
③
ラグを+入力端子に、
②
②
黒プラグを−入力端
子に差し込みます。
③ファンクション切り
換えつまみをDCA の最適レンジに合わせます。
④被測定回路の−電位側に黒のテストピン、+電位側に赤のテス
トピンを直列に接触させます。
⑤V・A目盛にてメータの指示を読み取ります。
⑥測定後は、被測定回路からテストピンをはずします。
●指針が−側(左方向)に振り切れた場合には、極性切り換えス
イッチつまみを−側に切り換え、−何アンペアとして読み取り
ます。
●電流測定では電流レンジの内部抵抗が被測定回路と直列に入
り、その内部抵抗の大きさに応じて、実際の電流より小さくな
ります。
●入力端子に直接電圧を加えたり0.5Aを超える電流を流したりす
ると本器内のヒューズがしゃ断します。
− 10 −
6−6 抵抗(Ω)測定 最大測定抵抗 50MΩ
警 告
電圧の加わっている部分の抵抗測定をすると、本器の故障の原
因となるばかりではなく、人体へ危険が及ぶことがあります。
1) 測定対象
抵抗器や回路の抵抗測定、部品や回路の導通チェックをします。
2) 測定レンジ
×1/×10/×100/×1k/×10kΩ(5レンジ)
3) 測定方法
⑥
①極性切り換えスイッ
④
チは+側へセットし
ます。
抵抗器
⑦
⑦
②テストリードの赤プ
ラグを+入力端子
⑤
に、黒プラグを−入
①
力端子に差し込みま
③
す。
②
②
③ファンクション切り
換えつまみをΩの最
適レンジに合わせます。
④赤と黒のテストピンをショートして、0Ω・C∞調整器つまみを
回し、メータの指針をΩ目盛の0目盛線に合わせます。
⑤赤、黒のテストピンのショートを解き、被測定物につなぎ換え
ます。
⑥Ω目盛にてメータの指示を読み取ります。
⑦測定後は、被測定回路からテストピンをはずします。
●LI(端子間電流)は抵抗測定時の入力端子+、−間に流れる電流
です。本器パネル上、各Ωレンジの右側にLIの最大値が付記さ
れています(80μA、800μA、8mA、80mA)
。
×1k レンジの場合はLI目盛を10倍しμA単位で読み取ります。
×100 レンジの場合はLI目盛を100倍しμA単位で読み取ります。
×10 レンジの場合はLI目盛を直接mA単位で読み取ります。
×1 レンジの場合はLI目盛を10倍しmA単位で読み取ります。
− 11 −
●LEDの発光テスト
本器のΩレンジは3Vで動作させていますので、LEDの発光
テストが行えます。適当なレンジは×10レンジです。
●抵抗レンジの+、−測定端子の極性
本器パネル上の測定端子に付記されている+、−とは逆極
性となります(+測定端子に内蔵電池の−が接続される)
。
●ダイオード、トランジスタなど半導体の抵抗測定上の注意
・測定電圧の加わる方向で、その値が大きく変わります。
前項の入力端子の極性に注意してください。
・使用するレンジ(×1/×10…)により抵抗値が変わりま
す。被測定物に流れる電流が使用するレンジにより変わ
るためです。
●端子開放電圧
×1∼×1kレンジ:約3V
×10kレンジ:約12V
●人体の抵抗による影響
テストピンに指を触れて測定すると、人体の抵抗の影響を
受けて誤差を生じます。
特に、×1kレンジと×10kレンジでその影響が大きくなり
ます。
●内蔵ヒューズの抵抗の影響
仕様の項目に記された定格「500mA/250V φ5×20セラミッ
ク管入り速断ヒューズ」と異なるヒューズを使用すると、
その抵抗値の違いにより、×1レンジで0Ω調整ができなく
なったり誤差を生じたりすることがあります。必ず同定格
のヒューズを使用してください。
●測定電流の影響
電球のフィラメントや極細線のコイル、また半導体の抵抗
は、抵抗測定時に流れる電流による自己加熱で、抵抗値が
変化することがあります。測定時の電流はLI目盛で確認で
きます。
●0Ω調整ができない原因
・×1レンジの場合 :主にR6型(単3型1.5V)乾電池の消
耗です。
・×10kレンジの場合 :主に6F22型(積層型9V)乾電池の
消耗です。
新しい乾電池と交換してください。
− 12 −
6−7 静電容量(
)測定
警 告
電圧の加わっているコンデンサの測定はしないこと。
このレンジに電圧が加わると、本器の故障の原因となるばかり
ではなく、人体へ危険が及ぶことがあります。
6−7−1 C1、C2レンジでの測定(内蔵発振器を使用):測定範囲50pF∼20μF
1)測定対象
主にコンデンサの静電容量を測ります。
2)測定レンジ
C1レンジ…50pF∼0.2μF
C2レンジ…0.01∼20μF
3) 測定方法
⑦
①極性切り換えスイッ
⑤
チは+側にします。
②テストリードの赤プ
ラグを+入力端子に、
④
黒プラグを−入力端
コンデンサ
子に差し込みます。
⑧
⑧
⑨
③ファンクション切り
①
換えつまみをC1(ま
⑥
たはC2)レンジに合
③
②
②
わせます。
④ ファンクション
電源用押しボタン
スイッチをON状態にします。電源ON表示ランプが点滅し
ます。
(5ページ[5]の④参照)
⑤電源をON状態にしたままで赤、黒のテストピンをショート
します。メータの指針が右方へ大きく振れますから、0Ω・
C∞調整器つまみを回し、メータの指針をC1(またはC2)
目盛の∞目盛線に合わせます。
⑥赤、黒のテストピンのショートを解き被測定物(コンデン
サ)につなぎ換えます。
⑦メータの指示をC1(またはC2)目盛で読み取ります。
⑧測定後は被測定物(コンデンサ)からテストピンをはずし
ます。
⑨ ファンクション電源用押しボタンスイッチを必ずOFF状
態にします(電源ON表示ランプが消える)。ON状態のま
までは内蔵電池が消耗します。
− 13 −
●充電されているコンデンサを測定するときには、測定前に
コンデンサの端子間をショートし電荷を放電させてください。
充電された状態で測定すると本器を破損する恐れがあります。
●有極性コンデンサの測定ではコンデンサの+側が本器の+
入力端子側となるように接続してください。
●周波数が数10kHz以上の強力な電磁界のある環境下では誤動作
をすることがあります。
参 考
・測定周波数
C1レンジ:約900Hz
C2レンジ:約800Hz
・測定電圧
使用するレンジ、測定する静電容量の大きさにより測定
電圧が変化します。例えば……
C1レンジ :200pF測定時/約8.0V(peak)
:0.05μF測定時/約0.5V(peak)
C2 レンジ:0.1μF測定時/約4.0V(peak)
:5.0μF測定時/約0.7V(peak)
●コードの断線有無チェックへの応用(C1レンジ使用)
コードには長さに比例した静電容量があります。
コード芯線間の静電容量を標準となる同一長さのコードと
比較測定することで、断線有無のチェックができます。
Cx 1
断線箇所
Cx 2
Cx 1>Cx 2
標準となるコードと比べて静電容量が著しく小さければ、
コードの芯線が途中で断線している疑いがあります。
(注意)コード長が短い(1.5m以下)と判断が困難です。
− 14 −
6−7−2 C3レンジでの測定(Ω×1kレンジを使用) 測定範囲1∼2000μF
1)測定対象
電解コンデンサなど比較的大容量コンデンサの概略値を測り
ます。
⑥
2)測定レンジ
C3レンジ
3)測定方法
①極性切り換えスイッ
チは+側にします。
②テストリードの赤プ
C3
⑤
ラグを+入力端子
に、黒プラグを−入
⑥
コンデンサ
力端子に差し込みま
⑦
⑦
す。
③ファンクション切り
C3
①
換えつまみをC3レン
③
ジ(Ω×1kレンジと
④導線
②
②
同じ位置)に合わせ
ます。
④予め、被測定コンデンサの端子を銅線などでショートし、
電荷を放電しておきます。
・電荷が少しでも残っていると正しい測定ができません。
・高電圧の電荷が多量に残っていると本器の故障の原因とな
ります。
⑤赤と黒のテストピンをショートして、0Ω・C∞調整器つま
みを回し、指針をC3目盛の∞目盛線に合わせます。
⑥赤、黒のテストピンのショートを解き、そのテストピンを
被測定コンデンサにつなぎ換えます。
指針の振れの最大到達点をC3目盛で瞬時に読み取ります。
⑦測定後は、被測定コンデンサからテストピンをはずします。
●同じコンデンサを再度測定する時には、④の操作をしてか
ら行います。
●有極性コンデンサの測定ではコンデンサの+側が本器の−
入力端子側となるように接続してください。
●電気二重層コンデンサの測定はできません。
− 15 −
6−8 トランジスタの測定
警 告
入力端子には外部から電圧を絶対に加えないこと。
本器の故障の原因となるばかりではなく、人体へ危険が及ぶこ
とがあります。
6−8−1 ICEO(漏洩電流)の測定
1) 測定対象
トランジスタのICEO(コレクタ、エミッタ間のもれ電流)を測り
ます。
(NPNトランジスタ測定の場合)
2) 測定レンジ
E…エミッタ
hFEレンジ
B…ベース
3) 測定方法
C…コレクタ
①テストリードの赤プ
⑥
ラグを+入力端子
④
(EMITTER)に、黒プ
ラグを−入力端子
(COLLECTOR)に差
トランジスタ
し込みます。
⑦
⑦
②ファンクション切り
換えつまみをhFE位置
③
⑤
に合わせます。
②
③極性切り換えスイッ
①
①
チはトランジスタの
種類により切り換え
ます。NPN型の場合は+側、PNP型の場合は−側です。
④赤、黒両テストピンをショートし、0Ω・C∞調整器つまみを回
して、メータの指針をΩ目盛の0目盛線に合わせます。
⑤トランジスタのエミッタ(E)に赤プラグを、コレクタ(C)に黒
プラグをそれぞれ接触させます。
⑥メータの指示をL1目盛で読み取ります(目盛倍率10、mA単位)
。
⑦測定後は、トランジスタから赤、黒両ストピンを離します。
●良否は、標準となるトランジスタとの比較で判断します。
●大形のパワートランジスタを除き、正常なシリコントランジス
タの場合、指示はほぼ0mAです。
− 16 −
6−8−2 直流電流増幅率(hFE)の測定
1) 測定対象
トランジスタの直流電流増幅率(hFE)を測ります。
2) 測定レンジ
hFEレンジ
(NPNトランジスタ測定の場合)
3) 測定方法
E…エミッタ
①テストリードの赤プ
B…ベース
ラグを+入力端子
C…コレクタ
(EMITTER)に、黒プ
⑧
ラグを−入力端子
⑤
(COLLECTOR)に差
し込みます。
⑨
トランジスタ
②中央の測定端子
(BASE)にわにくちク
⑥
⑨
リップ付きリード線
④
(CL-506)を差し込み
⑦
③
ます。
①
②
①
③ファンクション切り
換えつまみをhFE位置
に合わせます。
④極性切り換えスイッチはトランジスタの種類により切り換えま
す。NPN型の場合は+側、PNP型の場合は−側です。
⑤赤、黒両テストピンをショートし、0Ω・C∞調整器つまみを回
して、メータの指針をΩ目盛の0目盛線に合わせます。
⑥トランジスタのベース(B)端子に、わにくちクリップ付きリ
ード線のクリップを接続します。
⑦トランジスタのエミッタ(E)に赤プラグを、コレクタ(C)に
黒プラグをそれぞれ接触させます。
⑧メータの指示をhFE目盛で読み取ります。
⑨測定後は、トランジスタからクリップおよび赤、黒両テストピ
ンをはずします。
●測定時のベース電流は最大で60μA、測定値が大きくなるほど
小さくなります。hFE値が500のとき、約10μAです。
− 17 −
6−9 高圧プローブ(HV-50)による直流高電圧(HV)の測定(別売品)
最大測定電圧 DC30kV
警 告
1. HV-50は微小電流回路の直流高電圧測定用プローブです。
送電線などの強電回路の測定には使用しないこと。
2. 最大測定電圧(DC30kV)を超える電圧を測定しないこと。
3. 測定中はプローブのつばよりピン先側を持たないこと。
4. 測定中はファンクション切り換えつまみを切り換えないこと。
1) 測定対象
テレビのブラウン管アノード電圧など、高インピーダンス回路
(微小電流回路)の直流高電圧を測ります。
2) 測定レンジ
HV PROBE (DC120mV)レンジ
⑤ ブラウン管
3) 測定方法
④アノード
①極性切り換えスイッ
⑥
チを+側にセットし
ます。
②高圧プローブの赤プラ
⑥
グを+入力端子に、
④アースライン
黒プラグを−入力端
①
子に差し込みます。
③
②
②
③ファンクション切り
換えつまみを回して
HV PROBE 120mVレンジに合わせます。
④まず、高圧プローブの黒クリップを被測定回路の−電位側(ア
ースライン)へ確実に接続します。次に+電位側(ブラウン管
の場合はアノード)へ高圧プローブの赤のテストピンを接続さ
せます。
⑤V・A目盛0∼30数字列にてメータの指示をkV単位で読み取ります。
⑥測定後は、被測定回路から高圧プローブのテストピン、クリッ
プの順にはずします。
6−10 測定の終了
測定終了後は入力端子からテストリードをはずし、ファンクション
切り換えつまみをOFFにします。
− 18 −
【7】保守管理について
警 告
1. この項目は安全上重要です。
本説明書をよく理解したうえで管理を行ってください。
2. 安全と確度の維持のために 1年に 1回以上は校正、点検を行って
ください。
7−1 保守点検
1)外観
●落下などにより外観(パネル、リヤケースなど)が破損し
ていないか?
2)テストリードと内蔵ヒューズ
●入力端子にプラグを差し込んだときに緩みはないか?
●テストリードのどこかに芯線など、金属部分の露出してい
る箇所はないか?
●テストリードおよびヒューズが切れていないかどうかは、7ペ
ージの点検用フローチャートにて確認してください。
以上の点検で破損や、断線を見つけた場合は、そのままの状態で
使用せずに、製造元へ修理依頼するか新品と交換してください。
7−2 校正点検
校正、点検は製造元でも行っています(有料)。
詳細は三和電気計器(株)・羽村工場サービス課(22ページ[送り先]
の項を参照)へお問い合わせください。
7−3 内蔵電池・ヒューズの交換
警 告
1. 入力端子に電圧が加わった状態でリヤケースをはずすと、感
電のおそれがあります。必ず、電圧の加わっていないことを
確認してから作業を行うこと。
2. 作業時にヒューズ、電池以外の内部の部品に手を触れないこと。
3. 交換用ヒューズは仕様と同定格のものを使用すること。別仕様の
ヒューズを使用したり、ヒューズホルダを導線で短絡したりする
ことは絶対にしないこと。
− 19 −
内蔵電池の交換方法
①リヤケース取り付けネジを緩めてリヤケースをパネルからは
ずし、更に、消耗した1.5V電池(R6型)2本または9V電池
(6F22型)1本をはずします。
②新品の電池を電池ホルダへ+、−の極性を間違わないように、
確実にはめ込みます(1.5V電池は新旧電池を混用しないこと)
。
★電池ホルダーへ電池を逆極性に入れるとヒューズがしゃ断します。
③パネルとリヤケースをしっかりとはめ合わせネジ止めします。
内蔵ヒューズの交換方法
− 20 −
R6
R6
6F22
予備ヒューズ
ΩやDCAファンクショ
単3型電池
ンに誤って電圧(100V 積層電池(9V)
(1.5V)
の 電 灯 線 電 圧 な ど )を
加えますと、安全のた
め内蔵ヒューズがしゃ
断します。ヒューズが
しゃ断すると本器は全
く動作しなくなります。
①リヤケース取り付け
ネジを緩めてリヤケー
スをパネルからはず
します。
②回路基板上のヒュー
ズホルダから溶断し
たヒューズを抜き取
り、新品のヒューズ
と交換します(予備
ヒューズ
ヒューズをご利用く
ださい)。
③リヤケースを元通りネジ止めします。
④各ファンクションの指示が正常に動作するかチェックします。
●ヒューズのしゃ断と同時に回路部品が焼損して動作不良とな
ることがあります。
●ヒューズの定格:500mA/250V(φ5×20mmセラミック管)
速断型、しゃ断容量1500A、商品番号F1176
7−4 清掃と保管について
注 意
1. パネル、リヤケース、メータカバーは揮発性溶剤(シンナー
やアルコールなど)で変質することがあります。
汚れは柔らかい布で、乾拭きをするか少量の水を含ませて拭
き取ってください。
2. パネル、リヤケース、メータカバーなどは熱に弱いため、はん
だごてなど熱を発生するものの近くに置かないでください。
3. 振動の多い場所、落下のおそれのある場所に保管しないでく
ださい。
4. 直射日光下、高温(炎天下の自動車内など)または低温、多
湿、結露のおそれのある場所での保管は避けてください。
5. 長期未使用の場合は必ず内蔵電池を抜いて保管してください。
以上の注意項目を守り、環境の良い場所(【9】9-1項参照)に保管
してください。
【8】アフターサービス
8−1 保証期間について
本品の保証期間は、お買い上げ日より 3 年間です。
8−2 修理について
1)修理依頼の前に次の項目をご確認ください。
●内蔵電池が消耗していませんか? 装着の極性は正しいで
すか?
●内蔵ヒューズはしゃ断していませんか?
●テストリードは断線していませんか?
2)保証期間中の故障修理
●保証書の記載内容によって修理させていただきます。
3)保証期間経過後の修理
●修理によって本来の機能が維持できる場合、ご要望により
有料で修理させていただきます。
●修理費用や輸送費用が製品価格より高くなることがありま
すので、事前にお問い合わせください。
●本器の補修用性能部品の保有期間は、製造打切り後 6 年間
です。この期間を修理可能期間とさせていただきます。
ただし、購買部品の入手がその製造会社の製造中止などに
− 21 −
より不可能になった場合には、保有期間が短くなる場合も
ありますのでお含みおきください。
4)修理品の送り先
●製品の安全輸送のため、修理品の5倍以上の箱に入れ、十分
なクッションを詰めてお送りください。
●箱の表面には「修理品在中」と明記してください。
●輸送にかかる往復の費用はお客様のご負担とさせていただ
きます。
[送り先] 三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒205-8604 東京都羽村市神明台4-7-15
TEL(042)
554-0113/FAX(042)555-9046
5)補修用ヒューズについて
補修用ヒューズをお求めの場合は上記サービス課宛に、本器の
機種名とヒューズのサイズ、定格、商品番号、必要数量を明記
して、ヒューズの代金と送料分の切手を同封してご注文くだ
さい。
〈サイズ〉
〈定 格〉 〈しゃ断容量〉 〈商品番号〉
φ5×20mm
500mA/250V
1500A
F1176
(セラミック管)
〈単 価〉
190円
(税入 200円)
〈送 料〉
120円(10本まで)
8−3 お問い合わせ
三和電気計器株式会社
3251―7022
東京本社
:TEL(03)3253―4871 / FAX(03)
6644―3249
大阪営業所 :TEL(06)6631―7361 / FAX(06)
E-mail
:[email protected]
ホームページ :http://www.sanwa-meter.co.jp
説明書中の仕様や内容については予告なしに変更、中止するこ
とがございますのでご了承ください。
− 22 −
【9】 仕 様
9−1 一般仕様
AC整流方式
:半波整流
メータ仕様
:内磁型トートバンド、15μA
許容差保証温湿度範囲 :23±2℃、75%RH以下、結露の無いこと
使用温湿度範囲 :5∼40℃、湿度は下記の通りで、結露の無いこと
:5∼31℃で80%RH(最大)
、31<∼40℃では
80%RHから50%RHへ直線的に減少
保存温湿度範囲 :−10∼50℃、70%RH以下、結露の無いこと
(長期保管時には、内蔵電池をはずしておくこと)
:
使用環境
:高度2000m以下、汚染度Ⅱ、屋内使用
内蔵電池
:R6(単3)
型 1.5V×2、6F22
(積層型)9V×1
内蔵ヒューズ
:500mA/250V(φ5×20mmセラミック管)速断型、
しゃ断容量1500A、商品番号F1176
寸法・重量
:165
(H)
×106
(W)×46(D)・約370g
付属品
:取扱説明書 1、テストリード(TL-21)1組
:クリップ付きリード
(CL-506):1
:予備ヒューズ0.5A/250V
:1(本体に内蔵)
安全規格
:IEC 61010-1(EN61010-1)2001-02:2001
:測定分類Ⅲ(AC・DC600V)汚染度2に準拠
EMC指令
:IEC 61326:1997+A1:1998+A2:2001
測定分類
(CATⅠ)
:
測定分類
(CATⅡ)
:
測定分類
(CATⅢ)
:
コンセントから電源変圧器(トランス)等
を経由した機器内の二次側電路。
コンセントに接続する電源コード付き機
器の一次側電路。
直接分電盤から電気を取り込む機器の一
次側および分岐部からコンセントまでの
電路。
9−2 別売付属品
●携帯ケース(C-CA)
●高圧プローブ(HV-50)
測定範囲:DC 0∼30kV
内部抵抗:1000MΩ
本器(CX506a)との組み合わせ許容差:±20%
− 23 −
9−3 測定範囲および許容差
許容差保証温湿度範囲:23±2℃、75%RH以下、結露の無いこと
姿勢
(本器の置かれている状態)
:水平に対して±5°以内
ACVレンジは正弦波交流50/60Hzで規定
ファンクション 測定レンジ(最大目盛値)
120m
直流電圧
3/12/30/120/
(DCV )
300/1000
許 容 差
備 考
最大目盛値の±4%以内 内部抵抗 4kΩ
最大目盛値の
±2.5%以内
内部抵抗
50kΩ/V
1000Vレンジ 15kΩ/V
交流電圧 3/12/30/120/
(ACV∼) 300/750
最大目盛値の
±3%以内
内部抵抗 8kΩ/V
(12V以下±4%以内)
直流電流 30μ/0.3m/3m
(DCA )30m/0.3
最大目盛値の
ヒューズを除く
±2.5%以内
電圧降下:120mV
(30μA、0.3Aレン
(0.3Aレンジのみ300mV)
ジは±3%以内)
中央目盛値 38Ω
(×1レンジ)
最大目盛値 5kΩ
(×1レンジ)
開放電圧 3V
(×10kレンジのみ12V)
×1/×10/
抵 抗
×100/×1k/
(Ω)
×10k
目盛長さの
±3%以内
静電容量 C1レンジ:50p∼0.2μ
C2レンジ:0.01∼20μ
目盛長さの
±6%以内
(μF) C3レンジ:1∼2000μ
概略値
充電電流測定式
概略値
抵抗レンジにて抵抗な
どを測定するとき、被
測定物(測定端子間)に
流れる電流
概略値
トランジスタの
直流電流増幅率
hFE=Ic/Ib
端子間
電 流
LI
(μA/mA)
0∼80μA(Ω×1kレンジ)
0∼800μA(Ω×100レンジ)
0∼8mA(Ω×10レンジ)
0∼80mA(Ω×1レンジ)
直流電流
増 幅 率 0∼1000
(hFE)
内蔵発振器で測定
●交流電圧(ACV∼)ファンクションの周波数範囲(影響量±3%以内)
3、12Vレンジ:40Hz∼30kHz 30Vレンジ以上:40Hz∼10kHz
− 24 −
D-1034-157 CX506a(和・英)取扱説明書
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871(代)
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2−7−2
郵便番号=556-0003・電話=大阪(06)6631−7361(代)
SANWA ELECTRIC INSTRUMENT CO., LTD.
Dempa Bldg, 4-4 Sotokanda2-Chome Chiyodaku, Tokyo, Japan
③ 04.03
M
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement