AD4820 - エー・アンド・デイ

AD4820 - エー・アンド・デイ
プログラマブル
メジャメント コントローラ
AD-4820
取扱説明書
WM+PD4000894A
MSAWT001
ページ 1
注意事項の表記方法
この表記は、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う差し迫った危険が想定さ
れる内容を示します。
この表記は、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容
を示します。
この表記は、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負ったり、物的損害の発生が想定される
内容を示します。
注意
正しく使用するための注意点の記述です。
お知らせ
機器を操作するのに役立つ情報の記述です。
ご注意
(1) 本書の一部または全部を無断転載することは固くお断りします。
(2) 本書の内容については将来予告なしに変更することがあります。
(3) 本書の内容は万全を期して作成しておりますが、ご不審な点や誤り、記載もれなどお気づき
の点がありましたらご連絡ください。
(4) 当社では、本機の運用を理由とする損失、損失利益等の請求については、(3)項にかかわ
らずいかなる責任も負いかねますのでご了承ください。
ã
2004 株式会社 エー・アンド・デイ
株式会社エー・アンド・デイの許可なく複製・改変などを行なうことはできません。
AD-4820
目次
1.
はじめに ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
..................................................................
.................................. 3
1.1.
特長 ....................................................................................................................................... 3
1.2.
安全にご使用いただくために................................................................................................... 4
2.
仕様 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
........................................................................
........................................ 5
2.1.
仕様 ....................................................................................................................................... 5
2.2.
外形寸法とパネルカット寸法 ................................................................................................... 6
2.3.
付属品 ................................................................................................................................... 6
2.4.
各部名称................................................................................................................................ 7
3.
設置 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
........................................................................
........................................ 8
3.1.
据え付け ................................................................................................................................ 8
3.2.
電源の接続 ............................................................................................................................ 9
3.3.
オプションの装着 .................................................................................................................. 10
4.
基本操作 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
................................................................11
................................ 11
4.1.
タッチパネルの操作方法....................................................................................................... 11
4.2.
数値入力方法....................................................................................................................... 12
4.3.
項目選択方法....................................................................................................................... 14
4.4.
モード切替方法(プロジェクト選択画面) ................................................................................. 16
4.5.
タッチパネルキャリブレーション調整(CAL MOUSE) .............................................................. 17
4.6.
操作モード............................................................................................................................ 18
5.
システム設定モード
システム設定モード................................
定モード................................................................
................................................................................................
.................................................................................
................................................. 19
5.1.
システム設定画面................................................................................................................. 19
6.
キャリブレーションモード ................................................................
................................................................................................
..........................................................................
.......................................... 21
6.1.
パスワード入力画面 ............................................................................................................. 21
6.2.
キャリブレーションメニュー画面 ............................................................................................. 22
7.
I/Oチェックモード ................................................................
................................................................................................
..................................................................................
.................................................. 28
7.1.
パスワード入力画面 ............................................................................................................. 28
7.2.
スロット情報メニュー ............................................................................................................. 29
7.3.
AD4820-01 アナログ入力インターフェイスボード.................................................................. 30
7.4.
AD4820-10 スタンダード I/O ボード .................................................................................... 31
7.5.
AD4820-12 64 チャネルデジタル出力ボード........................................................................ 33
7.6.
AD4820-13 リレー出力ボード.............................................................................................. 34
7.7.
AD4820-14 アナログ出力インタ-フェイスボード .................................................................. 35
8.
インターフェイス ................................................................
................................................................................................
......................................................................................
...................................................... 36
8.1.
LAN .................................................................................................................................... 36
8.2.
シリアルインターフェイス ....................................................................................................... 37
8.3.
USB .................................................................................................................................... 38
8.4.
CPU_RUN .......................................................................................................................... 38
9.
オプション................................
オプション ................................................................
................................................................................................
...............................................................................................
............................................................... 39
9.1.
オプション ID 番号................................................................................................................ 39
10.
10. OPOP-01 アナログ入力インターフェイスボード................................
アナログ入力インターフェイスボード ................................................................
............................................................................
............................................ 40
10.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 40
10.2. モジュールの装着方法.......................................................................................................... 40
10.3. ピンアサイン ......................................................................................................................... 41
11.
11. OPOP-02 ロードセル入力モジュール ................................................................
.........................................................................................
......................................................... 42
11.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 42
11.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 43
1/64
AD-4820
12.
12. OPOP-03 44-20mA アナログ入力モジュール ................................................................
...............................................................................
............................................... 44
12.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 44
12.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 45
13.
13. OPOP-04 00-10V アナログ入力モジュール ................................................................
..................................................................................
.................................................. 46
13.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 46
13.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 47
14.
14. OPOP-05 差動電圧入力モジュール ................................................................
...........................................................................................
........................................................... 48
14.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 48
14.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 49
15.
15. OPOP-10 スタンダード I/O ボード ................................................................
..............................................................................................
.............................................................. 50
15.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 50
15.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 51
16.
16. OPOP-12 DO64 ボード ................................................................
................................................................................................
............................................................................
............................................ 53
16.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 53
16.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 54
17.
17. OPOP-13 リレー出力ボード................................
リレー出力ボード ................................................................
................................................................................................
.......................................................................
....................................... 56
17.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 56
17.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 57
18.
18. OPOP-14 アナログ出力インターフェイスボード................................
アナログ出力インターフェイスボード ................................................................
............................................................................
............................................ 58
18.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 58
18.2. モジュールの装着方法.......................................................................................................... 58
18.3. ピンアサイン ......................................................................................................................... 59
19.
19. OPOP-15 44-20mA アナログ出力モジュール ................................................................
...............................................................................
............................................... 60
19.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 60
19.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 60
20.
20. OPOP-16 00-10V アナログ出力モジュール ................................................................
..................................................................................
.................................................. 62
20.1. 電気的仕様 .......................................................................................................................... 62
20.2. ピンアサインと結線 ............................................................................................................... 62
21.
21. 付録 ................................................................
................................................................................................
................................................................................................
......................................................................
...................................... 64
21.1. 2 ピース型コネクタの接続方法.............................................................................................. 64
2/64
AD-4820
1.
はじめに
1.1. 特長
本器は、CPU、OS、表示部、通信用インターフェイスから構成されています。プログラム、シーケンス、
表示画面を任意に作成することが可能です。また、豊富な入出力ボード群から最大 4 スロットの装着が
可能のため複合大規模システム構築の際、省スペース、低コスト化が実現できます。
n
MC Ladder パッケージソフトによる計測・制御・監視に適した独自のコントローラが製作可
能です。また、VirtualConsole(GUI 設計ツール)によるユーザオリジナル画面の作成がで
きます。
n
通信用インターフェイス(LAN、RS-232C/422/485、USB)が標準搭載されています。
n
I/O チェック機能。
設置作業や配線チェック等の作業効率が向上します。
n
非常に小型です。
W192×H144×D149 mm。
n
豊富な入出力ボード群により、いろいろな計測用途に適応できます。
3/64
AD-4820
1.2. 安全にご使用いただくために
本器を安全にご使用いただくため、ご使用になる前に次の事項を必ずお読みください。
接地
本器は必ず接地して使用して下さい。
接地はリアパネルの保護用接地端子
を大地に接続することにより行います。
また、接地線はモーターやインバータなどの動力機器とは別にして下さい。
接地をしないと、感電、発火、誤動作などの事故が発生する恐れがあります。
適切な電源ケーブルの使用
電源ケーブルは、使用する電源電圧および電流に合ったものをご使用ください。耐圧の不足したケーブル
を使用すると、漏電や発火などの事故が発生する恐れがあります。
また、電源ケーブルと端子台の接続は、圧着端子などを使用して確実に行ってください。
ヒューズの交換
本器のヒューズは発火防止の目的で装着されています。
本器はさまざまな保護回路を装備していますので、内部の回路が正常な状態ではヒューズが切れること
はありません。ヒューズが切れた場合は、雷のサージなどにより内部の回路が破損していることが考えら
れます。ヒューズが切れた場合は、お客様自身で交換せず、弊社またはお買い上げ店までご用命くださ
い。
水がかかる状態での使用
本器は防水構造ではありません。
ただし、フロントパネルに付属のパネルマウントパッキンを使用して制御盤に固定すれば、フロントパネル
面は IP65 相当の防滴構造になります。
可燃性のあるガス中での使用
発火の恐れがありますので、周囲に可燃性ガスがある環境では使用しないで下さい。
機器の放熱
本器の過熱を防止するため、周辺の機器との間隔は十分あけて下さい。
また、本器の周辺の温度が使用温度範囲を超える場合には、ファンなどで強制的に冷却を行って下さい。
カバーの取り外し
お客様自身によるカバーの取り外しは行わないで下さい。やむを得ずカバーを取り外す場合は、必ず電
源を切断した状態で行ってください。電源の切断は、本器の電源スイッチをオフにするだけでなく、電源ラ
インの元を切断して下さい。
なお、感電のおそれがありますので、電源を切断してから 10 秒以内は、本器の内部に手を触れないでく
ださい。
4/64
AD-4820
2.
仕様
2.1. 仕様
一般仕様
電源
サイズW×H×D
質量
パネルカット寸法
使用温度範囲
CPU
OS
SDRAM
コンパクトフラッシュメモリ
オプションスロット
データバックアップ方式
表示部
表示部デバイス
バックライト輝度半減期
有効表示領域
タッチパネル
標準インターフェイス
シリアルインターフェイス
USBポート
LAN
RUN
フルレンジ(電圧切り替え不要)
AC 85V~250V 50/60Hz 約30VA
電源スイッチ 両切り形(L、Nとも切断)
電源部寿命 4年以上(周囲温度40℃ 連続最大負荷時)
(電源部は定期的な予防交換を行ってください。)
192*144*149mm (突起部含まず)
192*144*191mm (全突起部含む)
約2.4kg(オプションを含まず)
186*138mm
0~40℃
SH4(SH7750S)
RT-Linux
64MB
64MB
4
システム設定: コンパクトフラッシュメモリ
キャリブレーション: コンパクトフラッシュメモリ
タッチパネル校正値: SRAM + バッテリ
リアルタイムクロック: バッテリ
バッテリ寿命 10年以上(周囲温度25℃無通電) 5年以上(周囲温度40℃無通電)
5.7インチ STNカラー液晶
75,000h typ.
117.2 * 88.4mm
アナログ抵抗膜式
全二重RS-232C/全二重RS-485 切り替え式
USB1.1対応
10BaseT対応
無極性半導体リレー
5/64
AD-4820
2.2. 外形寸法とパネルカット寸法
2.3. 付属品
品
名
電源端子台カバー
CPU_RUN 端子コネクタ
パネルマウント用パッキン
6/64
個数
1
1
1
品
07+4008561
TM+734-102
06+4014580
番
等
AD-4820
2.4. 各部名称
2.4.1. フロントパネル
Power 表示ランプ
表示部
STN カラー液晶
タッチパネル
2.4.2.
リアパネル
Ethernet ポート
シリアルポート
USB ポート
電源スイッチ
電源端子
電源電圧入力範囲
AC85~250V
接地端子
CPU_RUN
出力端子
CPU_RUN LED
オプション
スロット1
オプション
スロット 2
オプション
スロット 3
オプション
スロット 4
7/64
AD-4820
3.
設置
3.1. 据え付け
本器の据え付け形態は、スライドレールによるパネルマウントです。
パネルマウントの際に、付属のパネルマウントパッキンを使用すれば、フロントパネルは IP65相当の防滴構造
となります。
なお、本器の上面に貼られている保護シートは、据え付け時の異物混入を防止するためのものです。
据え付けが完了したら剥がしてください。
重要
上面の保護シートは据え付け
後、電源を投入する前に剥が
してください。
パネル
パネルマウントパッキン
スライドレール
M4 ナイロンワッシャ
M4×15 トラスねじ
8/64
AD-4820
3.2. 電源の接続
AD-4820 の電源には安定した AC 85~250V、50Hz または 60Hz を使用してください。
電源ラインおよび接地ラインはノイズによる誤動作を防止するため、動力系(モーター、インバータ等)とは別に
配線してください。
なお、誤動作防止のほか感電事故防止のため、接地の配線は必ず行ってください。
電源を投入する前には、上面の保護シートが剥がされていることを確認してください。
保護シートを付けたまま通電すると、内部回路が加熱により破損する可能性があります。
重要
電源を投入する前に、必ず保護
シートを剥がしてください。
AC85~250V
50Hz または 60Hz
L側
N側
接地
9/64
AD-4820
3.3. オプションの装着
オプションボードの装着は、必ず電源を切った状態で行ってください。
各オプションボードは任意のスロットに装着できますが、アナログ入力インターフェイスのように微小電圧を扱う
オプションと大電力を扱うオプションの配線が重ならないように注意してください。
スロット
1
必ず電源を切っ
た状態で作業を
行ってください。
スロット
スロット スロット
2
3
4
AIN
OP-01
OFF
AC85-250V
POWER
Ch0
1 2 3 4 5SERIAL
6 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 RUN
3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7
ON
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
Ch1
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
Ch2
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
Ch3
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
オプションボードを挿入するときに、
ボードの端がボードガイドの溝を通
っていることを確認してください。
本体とオプションボードのコネクタ
が噛み合いを確認した後、上下
のネジをしっかり締めてください。
10/64
AD-4820
4.
基本操作
4.1. タッチパネルの操作方法
•
『タッチする』
指で画面上を軽く押す動作です。画面上の設定項目を選択したり、「メニュー」、「<」、「>」ボタンな
どを選択したりします。
•
『ドラッグする』
指で画面上を軽く押したまま指を動かす動作です。
爪を立てたり、汚れた指でタッチパネル面を操作しないでください。パネル面を傷つける可能性があ
爪を立てたり、汚れた指でタッチパネル面を操作しないでください。パネル面を傷つける可能性があ
ります。
11/64
AD-4820
4.2. 数値入力方法
① 入力したい項目をタッチします。
② テンキーパッドが現れます。設定したい数値を入力し、「ENT」キーをタッチします。
タイトル
定量
数値表示部
テンキー
(小数点キー、
符号キーを含
む)
バックスペースキー
クリアキー
エスケープキー
エンターキー
n
12/64
上図テンキーパッドの機能について
•
タイトル
入力項目名が表示されます。
•
数値表示部
設定する数値が表示されます。テンキーパッドを開いたときには現在設定されている値が表
示されます。最初に入力した値が1桁目として表示されます。例えば,現在設定値が”123”と
して、ソフトキーボードを開いてから最初に”5”を入力すると、数値表示部の表示は、”5”になり
います。
•
テンキー(小数点キー、符号キーを含む)
AD-4820
•
•
•
•
テンキーで入力された値が数値表示部の値の後ろに追加されます。小数点以下の桁数がな
い場合には小数テンキーは無効になります。
バックスペースキー
数値表示部の右端の桁を削除します。
クリアキー
数値表示部の値を0にします。
エスケープキー
ソフトキーボードを閉じて、設定を無効にします。
エンターキー
テンキーパッドを閉じて、設定を確定します。
13/64
AD-4820
4.3. 項目選択方法
決められた一覧から必要な項目を選択する方法です。『
ます。
① 入力したい項目をタッチします。
』項目の右端に『▼』印は表示されてい
② プルダウンメニュー一覧あるいはリストメニュー一覧が表示されます。
• プルダウンメニュー一覧
•
リストメニュー一覧
スクロールボタン
選択設定確定『OK』ボタン
14/64
選択設定『Cancel』ボタン
AD-4820
③ プルダウンメニュー一覧の場合は、必要な項目をタッチすることで選択設定できます。リストメニュー
一覧の場合は、必要な項目をタッチし、つぎに『OK』ボタンをタッチすることで選択設定できます。
• プルダウンメニュー一覧
•
リストメニュー一覧
15/64
AD-4820
4.4. モード切替方法(プロジェクト選択画面)
本器は、動作状態に合わせてさまざまな「モード」があります。
モードの切り替えは、プロジェクト選択画面(システムモード選択画面)により行います。
プロジェクト選択画面は、電源投入とタッチパネル操作により表示することができます。
① 電源投入後、下記画面が表示されます。この画面が表示されている間に左端上端を押した状態にし
ます。
② プロジェクト選択画面(システムモード選択画面)が表示され、「キャリブレーションモード」、「システム
設定」、「I/O チェックモード」等のプロジェクト項目が表示されます。起動したいプロジェクトを選択し
「OK」ボタンを押してください。
16/64
AD-4820
4.5. タッチパネルキャリブレーション調整(Cal
タッチパネルキャリブレーション調整(
Mouse)
)
実際のタッチ位置とボタン等の操作位置がずれてきた場合、その調整をおこなう機能です。
① 『Cal Mouse』ボタンをタッチすると下記マウス調整画面が表示されます
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
十字の交点
を タッ チ し て
ください。
② 十字の交点をタッチしてください。
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
つでます。
十字の交点
を タッ チ し て
ください。
③ 右側に十字の交点が表示されます。
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
ブザーが鳴るまで、
十字 の交 点 を押 さ
えてください。
十字は 3 つ出ます。
十字の交点
を タッ チ し て
ください。
④ 『校正しました。』と表示され、プロジェクト選択画面に戻ります。
校正しました。
17/64
AD-4820
4.6. 操作モード
4.6.1. 概要
操作モードには、次の4つのモードがあります。
n ユーザモデル運転モード
ユーザが作成したモデル制御、設定、リアルタイムで運転の状態を監視するモードです。
n
キャリブレーションモード
分銅調整等のキャリブレーション、計量機能の設定をおこなうモードです。
n
I/O チェックモード
DIO チェック、A/D 値モニタ、D/A 出力値のチェックおよびモニタをおこなうモードです。
n
システム設定モード
IP アドレス設定、日付時刻設定、コントラスト設定をおこなうモードです。
電源投入
プロジェクト選択画面
電源投入後、
自動起動
パスワード
**
パスワード入力
ユーザモデル
運転モード
パスワード入力
キャリブレーション
モード
操作モードの状態遷移図
18/64
I/O チェック
モード
システム設定
モード
AD-4820
5.
システム設定モード
5.1. システム設定画面
システム設定モードを終了し、
プロジェクト選択画面へ移行します。
n
ネットワーク設定
• IP アドレス
① IP アドレス設定ボックスをタッチする。
② IP アドレステンキーが表示されます。
③ 変更するアドレスをタッチすると背景色が変わります。次に、数字を設定する。
同様にして他のアドレス設定も①~③の方法で設定する。
確定する場合は、『ENT』キーをタッチする。
•
ネットマスク
IP アドレスの設定方法で、ネットマスクを設定してください。
•
ゲートウエイ
IP アドレスの設定方法で、ゲートウエイを設定してください。
19/64
AD-4820
n
日付時刻設定
日付時刻設定をおこないます。
•
日付設定
西暦で設定してください。
•
時刻設定
24 時間形式で設定してください。
設定終了後『OK』ボタンをクリックしてください。
n
コントラスト調整
LCD 表示のコントラストを調整することができます。『<』ボタンをタッチすることでコントラストを
下げ、『>』ボタンでコントラストを上げることができます。
設定が終了したらプロジェクト選択画面に戻ります。右端下の『終了』ボタンをタッチしてください。
20/64
AD-4820
6.
キャリブレーションモード
6.1. パスワード入力画面(デフォルトパスワード:
)
パスワード入力画面(デフォルトパスワード:4820)
(デフォルトパスワード:
① セットアップモードを起動すると、パスワード入力画面が表示されます
② ここでパスワード(0~9 までの数値)を入力し、『ENT』キーをタッチします。
③ パスワードが認証確認できればキャリブレーションメニューが表示されます。
④ パスワードが間違っていた場合、『
ードを入力してください。
パスワード入力』をタッチし、再度パスワ
⑤ プロジェクト選択に戻る場合は、『ESC』ボタンをタッチし、右端下の『
チしてください。
』ボタンをタッ
21/64
AD-4820
6.2. キャリブレーションメニュー画面
ロードセルの出力電圧と重量値を関係付ける操作、および計量器の基本的な定数の設定を選択して
設定・調整します。『
設定・調整画面に移行します。
』、『
』、『
』各ボタンをタッチすることで各
キャリブレーションモードを終了し、
プロジェクト選択画面へ移行します。
n
キャリブレーション情報
計量器毎にロードセルの出力電圧と重量値を関係付ける操作・調整をおこないます。
n
計量器情報1、計量器情報2
計量器毎に計量器の基本的な定数の選択および設定をおこないます。
22/64
AD-4820
6.2.1.
キャリブレーション情報
キャリブレーション情報
調整チャネル選択ボックス
分銅荷重設定用ボックス
ゼロ調整用 ボタン
ゼロ点入力電圧値
mV/V
調整計量器切り替えボタン
•
スパン調整用ボタン
スパン入力電圧値
mV/V
キャリブレーションメニューへ戻る
•
調整チャネル選択ボックス
ボックスをタッチし、メニューの中のから設定をおこなうチャネルを選択します。
分銅校正
ゼロ調整ボタン
計量器のゼロ点を設定するボタンです。
スパン調整ボタン
計量器の感度を設定するボタンです。
デジタルスパン校正
ゼロ点入力電圧値設定ボックス
ゼロ点におけるロードセル出力(mV/V)をキー入力により設定します。
スパン入力電圧値設定ボックス
ひょう量荷重におけるロードセル出力(mV/V)をキー入力により設定します。
調整計量器切り替えボタン
•
調整をおこなう計量器を切り替えることができます。『
ンで計量器 No.が増加します。
キャリブレーションメニュー切り替えボタン
•
•
『
』ボタンで減少し、『
』ボタ
』ボタンをタッチすることにより、キャリブレーションメニューに戻ることができます。
23/64
AD-4820
6.2
2.1
1.1.
分銅校正(分銅を使用するキャリブレーション)
以下に分銅校正の手順の例を示します。
① 調整計量器の選択
調整計量器選択ボックス『
』 または調整計量器切り替えボタン『
』・
『
』により、分銅調整をおこなう計量器を指定します。
② ゼロ点調整
』をタッチします。このとき、デジタルスパ
分銅を載せない状態でゼロ調整ボタン『
ン校正のゼロ入力電圧値(mV/V)も更新されます。
③ スパン調整
(1) 分銅荷重設定用ボックスをタッチすると、テンキーバッドが表示されます。
(2) 分銅荷重値を入力し、『ENT』キーをタッチする。
』をタッチする。このとき、デジタルスパン校正のスパン入
(3) スパン調整ボタン『
力電圧値(mV/V)も更新されます。
24/64
AD-4820
6.2
2.1
1.2.
デジタルスパン校正
以下にデジタルスパン校正の手順の例を示します。
① 調整計量器の選択
調整計量器選択ボックス『
『
』 または調整計量器切り替えボタン『
』・
』により、分銅調整をおこなう計量器を指定します。
② ゼロ点調整
ゼロ点調整は 2 通りの方法があります。ゼロ点の入力電圧がわからない場合は a.の方法で
調整を行ってください。
a. ゼロ調整ボタンで行う方法
分銅を載せない状態でゼロ調整ボタン『
』をタッチします。
b. ゼロ点入力電圧値をキー入力する方法
ゼロ点入力電圧値設定ボックスをタッチし、ゼロ点におけるロードセル出力(mV/V)を
キー入力により設定します。
③ スパン調整
スパン入力電圧値設定ボックスをタッチし、ひょう量荷重におけるロードセル出力(mV/V)を
キー入力により設定します。
25/64
AD-4820
6.2.2.
計量器情報 1
計量器の基本的な定数を計量器毎に設定します。
チャネル選択ボックス
計量器情報設定ボックス
チャネル切り替えボタン
•
チャネル選択ボックス
ボックスをタッチし、メニューの中のから設定をおこなうチャネルを選択します。
•
計量情報設定ボックス
計量機能
通常は使用しませんので、「未使用」に設定してください。
最小目盛
重量値の最小目盛(飛び数)を選択し、設定します。
選択項目:1/2/5/10/20/50/100
ただし、選択項目表示は、小数点を加味した表示となります。
小数点位置
重量値の小数点位置を選択し、設定します。
選択項目: 0/0.0/0.00/0.000/0.0000
単位
重量値の単位を選択し、設定します。
選択項目:g/kg/t
ローパスフィルタ
この設定は通常は使用しません。
AD-4820 のデジタルフィルタは、ユーザモデルで任意の特性のフィルタを作成します。
(ユーザモデルに作成したデジタルフィルタの設定の切り替えに利用することもできます。
選択項目: 11.0 /8.0 /5.6 /4.0 /2.8 /2.0 /1.4 /1.0 /0.7 Hz)
ひょう量
計量器のひょう量を設定します。
•
計量器切り替えボタン
•
設定をおこなう計量器を切り替えることができます。『
ンで計量器 No.が増加します。
キャリブレーションメニュー切り替えボタン
『
26/64
キャリブレーションメニューへ戻る
』ボタンで減少し、『
』ボタ
』ボタンをタッチすることにより、キャリブレーションメニューに戻ることができます。
AD-4820
6.2.3.
6.2.4.
計量器情報 2
計量器の基本的な定数を計量器毎に設定します。
チャネル選択ボックス
計量機情報設定ボックス
チャネル切り替えボタン
キャリブレーションメニューへ戻る
•
チャネル選択ボックス
ボックスをタッチし、メニューの中のから設定をおこなうチャネルを選択します。
•
計量情報設定ボックス
安定検出
安定検出重量幅、時間幅を設定します。
ゼロトラッキング機能
ゼロトラッキング機能の ON/OFF、重量幅、時間幅を設定します。
デジタルヒステリシス機能
デジタルヒステリシス機能の ON/OFF、重量幅、時間幅を設定します。
パワーオン時ゼロ補正範囲
電源投入時にゼロ補正をおこなう範囲をキャリブレーションでゼロ調整をおこなった点を中
心に、ひょう量に対する割合(%)で設定します。
たとえば、設定を 10.0%にすると、ゼロ調整点を中心に 10.0%の範囲のときパワーオン時
にゼロを自動にゼロ補正をおこないます。
ゼロ補正範囲
キャリブレーションでゼロ調整をおこなった点を中心に、ひょう量に対する割合(%)で設定し
ます。
たとえば、設定を 2.0%にするとゼロ調整点を中心に 2.0%の範囲で『ゼロ補正』が受け付け
可能です。
•
計量器切り替えボタン
•
設定をおこなう計量器を切り替えることができます。『
ンで計量器 No.が増加します。
キャリブレーションメニュー切り替えボタン
『
』ボタンで減少し、『
』ボタ
』ボタンをタッチすることにより、キャリブレーションメニューに戻ることができます。
27/64
AD-4820
7.
I/Oチェックモード
7.1. パスワード入力画面(デフォルトパスワード:4820)
)
パスワード入力画面(デフォルトパスワード:
① モデルを起動すると、パスワード入力画面が表示されます。
② ここでパスワード(0〜9 までの数値)を入力し、『ENT』キーをタッチします。
③ パスワードが正しければスロット情報メニューが表示されます。
④ パスワードが間違っていた場合、『
い。
』をタッチし、再度パスワードを入力してくださ
パスワード画面を
開きます。
チェックモデルを終了し
プ ロ ジ ェク ト 選択 画面
へ移行します。
⑤ プロジェクト選択に戻る場合は、『ESC』ボタンをタッチ、右端下の『
してください。
28/64
』ボタンをタッチ
AD-4820
7.2. スロット情報メニュー
AD-4820 に実装されている各ボードの名称が表示されます。ボードが実装さていれない時は『非実
装』が表示されます。
スロット番号
ボード名
ボードが取り付けられ
ている場合はその名称
が表示されます。
l
表示されているボードの名称を確認し、右の『
たチェック画面が表示されます。
l
I/O チェックモードを終了し選択画面に戻る時は『
チェック画面に
移動します。
I/O チェックモードを終
了しプロジェクト選択画
面に移動します。
』ボタンを押すしてください。ボードに対応し
』ボタンを押します。
29/64
AD-4820
7.3. AD4820-01 アナログ入力インターフェイスボード
AD4820-01 のチェック画面です。
センサ種類
切り替えボタン
フィルタ選択ボタン
単位切り替えボタン
チャネル番号
データ値を表示
モジュール ID
スロット情報メニューに戻る
l
l
l
l
フィルタ選択ボタン
デジタルフィルタを選択します。1Hzと 0.1Hzが選択できます。
この設定は、I/O チェックモード専用で、他のモードのデジタルフィルタには影響しません。
チャネル番号
モジュール取付け位置を表します。
モジュール ID
各チャネルに取付けられているモジュールの種類を表します。
単位切り替えボタン
表示するデータの単位を切り替えます。
『
l
』は A/D コンバータのカウント値が表示されます。
』は A/D カウントをモジュールの種類に合わせて単位変換した値が表示されます。
『
センサ種類切り替えボタン
測温抵抗体や熱電対などのセンサの種類を選択します。
この設定は、I/O チェックモード専用で、他の設定には影響しません。
例: OP-06 測温抵抗体入力の場合
l
測温抵抗体の種類に合わせて、『
』または『
』を選択します。
関係するモジュールが実装されていない時はこのボタンは表示されません。
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
30/64
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ることができます。
AD-4820
7.4. AD4820-10
スタンダード I/O ボード
AD4820-10 には、入力と出力があります。チェックモードでは、それらを別の画面で表示します。
7.4.1.
入力のチェック(DI)
入力のチェック( )
32 点のデジタル入力と 2 点のパルス入力が同時に確認できます。
入力端子の状態
入力
オフ
入力
オン
スロット情報メニュ
ーに戻ります。
パルス入力の
周波数
パルス入力の
カウント数
l
l
l
l
l
l
出力チェック画面
に移動します。
現在の表示が入力チェック画
面であることを示します。
入力端子の状態
32 個のデジタル入力の状態を表示します。赤色のときは入力端子がオンになっています。
パルス入力の周波数
パルス入力を周波数に換算した値が表示されます。
パルス入力のカウント数
パルス入力によりインクリメントされるカウンタです。カウント値が 255 を超えると 0 に戻ります。
出力チェック画面に移動
『
』ボタンを押すと出力チェック画面に移動します。
現在の表示
入力チェック画面と出力チェック画面を確認するラベルです。入力のときは DI と表示します。
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ります。
31/64
AD-4820
7.4.2.
出力のチェック(DO)
出力のチェック( )
32 点のデジタル出力の確認をする画面です。
出力チェックスイッチ
出力
オフ
スロット情報メニ
ューに戻ります。
出力
オン
入力チェック画面に
移動します。
l
l
l
l
出力チェックスイッチ
デジタル信号のオン/オフ切り替えるスイッチです。1 回押すと ON になってもう 1 回押すと OFF
になります。
入力チェック画面に移動
『
』ボタンを押すと出力チェック画面に移動します。
現在の表示
入力チェック画面と出力チェック画面を確認するラベルです。出力のときは DO と表示します。
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
32/64
現在の表示が出力チェック
画面であることを示します。
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ります。
AD-4820
7.5. AD4820-12
64 チャネルデジタル出力ボード
64 点のデジタル出力の確認をする画面です。
出力チェックスイッチ
出力
オフ
出力
オン
スロット情報メニ
ューに戻ります。
l
出力チェックスイッチ
デジタル信号のオン/オフ切り替えるスイッチです。1 回押すと ON になってもう 1 回押すと OFF
になります。
l
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ります。
33/64
AD-4820
7.6. AD4820-13
リレー出力ボード
16 点のリレー出力を確認することができます。
出力チェックスイッチ
出力
オフ
出力
オン
スロット情報メニ
ューに戻ります。
l
出力チェックスイッチ
リレーのオン/オフ切り替えるスイッチです。1 回押すと ON になってもう 1 回押すと OFF になりま
す。
l
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
34/64
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ります。
AD-4820
7.7. AD4820-14 アナログ出力インタ−フェイスボード
出力モジュール 4 個の 8 チャネルの出力を確認することができます。
モジュールの出力単位
チャネル番号
モジュール名
l
l
l
l
l
出力値
チャネル番号
8 チャネルのチャネル番号を表します。
モジュール名
AD4820-14 ボードに実装されたモジュールの種類が表示されます。
出力値
各チャネルに出力する値を設定します。黄色い画面を押すとテンキーパッドが表れますので、出力
する電流値または電圧値を設定します。
単位
モジュールの出力値の単位です。
OP-15 は mA、OP-16 は V です。
スロット情報メニュー切り替えボタン
『
』ボタンを押すことにより、スロット情報メニューに戻ります。
35/64
AD-4820
8.
インターフェイス
AD-4820 には、LAN、シリアルインターフェイス、USB、CPU_RUN 出力が標準装備されています。
LAN
10Base-T 対応
SERIAL
シリアルインターフェイス
RS-232C、RS-485 切り替え式
CPU_RUN 出力
プログラム正常動作時にオン
USB
USB1.1 対応
RUN
CPU_RUN モニタ用 LED
8.1. LAN
10Base-T 対応の LAN インターフェイス端子です。
アプリケーションソフトの書き込みに使用します。
LAN を使用する場合は、あらかじめ IP アドレス等の設定を行ってください。
→ 5.1 システム設定画面 参照
RJ-45 コネクタ
36/64
AD-4820
8.2. シリアルインターフェイス
8.2.1. 仕様
設定の切り替えはアプリケーションソフトから行います。
信号方式
EIA RS-232C / RS-485 準拠 切り替え可 (RS-485 は 4 線式)
データビット長
7 ビット、8 ビット
スタートビット
1 ビット
パリティビット
1 ビット偶数、1 ビット奇数、なし
ストップビット
1 ビット、2 ビット
ボーレート
600、1200、2400、4800、7200、9600、14400、19200、38400、57600 bps
接続台数
最大 32 台
8.2.2.
ピンアサイン
RS-232C と RS-485 の切り替えはアプリケーションソフトにより行います。
9 8 7 6
5 4 3 2 1
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
フレーム
RxD
TxD
SG
RTS
CTS
FG
RS-232C
接続なし
入
受信データ
出
送信データ
接続なし
信号線接地
接続なし
出
送信要求
入
送信可
接続なし
フレームグラウンド
入:入力端子
AD-4820 内部
RDSDSG
SD+
RD+
FG
入
出
出
入
フレームグラウンド
出:出力端子
AD-4820 内部
5 SG
RS-485
接続なし
受信コールド側
送信コールド側
接続なし
信号線接地
接続なし
送信ホット側
受信ホット側
接続なし
5 SG
9
9
4
4
8 CTS
8 RD+
3 TXD
3 SD7 RTS
7 SD+
2 RXD
2 RD6
1
RS-232C
FG
6
1
RS-485
FG
RS-485 の終端抵抗は内蔵していません。
37/64
AD-4820
8.3. USB
USB1.1 対応のインターフェイスです。データのバックアップに使用します。
読み出し/書き込みはアプリケーションソフトから行います。
アップストーリーム(シリーズ A コネクタ)
8.4. CPU_RUN
CPU_RUN は AD-4820 のアプリケーションプログラムが正常に動作していることを示す出力です。
正常に動作しているときに出力がオンし、LED が点灯します。
8.4.1.
仕様
出力方式
出力回路耐圧
許容ドライブ電流
出力端子残留電圧
コネクタ
LED 色
8.4.2.
12
38/64
無極性半導体リレー
40V
80mA
1.0V max.(ドライブ電流 50mA のとき)
WAGO 製
734-102
緑
ピンアサイン
ピン番号
1
2
端子機能
出力端子
出力端子
AD-4820
9.
オプション
9.1. オプション ID 番号
各オプションボードには、CPU からボード機種を確認するための表
表 1で示される ID 番号が付けられていま
す。
この ID 番号は IOIDENT サイクルで読み込まれます。
アナログ入出力モジュールの ID 番号は、一般のオプションボードの ID 番号とは別に表
表 2のように規定され
ています。
機種コード
品
名
AD4820-01
OP-01 アナログ入力インターフェイスボード
AD4820-10
OP-10 スタンダード I/O ボード
AD4820-12
OP-12 DO64 ボード
AD4820-13
OP-13 リレー出力ボード
AD4820-14
OP-14 アナログ出力インターフェイスボード
★ Bit はバス上に現れる ID#です。負論理で出力されます。
ID#
Hex
10
11
13
14
15
Bit★
Hex
EF
EE
EC
EB
EA
表 1 オプションボードの ID 番号
アナログ入出力モジュール
機種コード
品
名
ID
AD4820-02
AD4820-03
AD4820-04
AD4820-05
OP-02
OP-03
OP-04
OP-05
ロードセル入力モジュール
4-20mA アナログ入力モジュール
0-10V アナログ入力モジュール
差動電圧入力モジュール
02
03
04
05
AD4820-15
AD4820-16
OP-15 4-20mA アナログ出力モジュール
OP-16 0-10V アナログ出力モジュール
11
01
表 2 アナログ入出力モジュールの ID 番号
39/64
AD-4820
10.
10. OP-01 アナログ入力インターフェイスボード
アナログ入力インターフェイスボード
10.
10.1.
電気的仕様
項目
入力方式
装着可能モジュール
チャネル数
ロードセルドライブ本数
チャネル間アイソレーション
スロット間アイソレーション
入力コネクタ
10.
10.2.
仕様
装着する入力モジュールによる
AD4820-02 (ロードセル入力)
AD4820-03 (4-20mA 入力)
AD4820-04 (0-10V 入力)
AD4820-05 (差動電圧入力)
4Ch (Ch0~Ch3)
16 本(入力抵抗 350Ωロードセル換算)
なし
あり。耐圧 200V 以上
Weidmuller 製 BLZF3.5/7 169047(黒)
備考
混在可
AD4820-02 使用時
スプリングクランプ式
アナログ入力モジュールに付属
モジュールの装着方法
AD4820-01
注意
AD4820AD4820-02 等
モジュールは Ch0
(上)から詰めて装
着する。
モジュールの装着位置
1 番ピン
1
15
AD-4820
OP-02
LC Input
注意
モジュールの向きと
ピンの位置を確認。
7
モジュールの装着方向
図 1 アナログ入力モジュールの装着方法
40/64
AD-4820
10.
10.3.
ピンアサイン
AIN
OP-01
Ch0
1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7 1 2 3 4 5 6 7
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
Ch1
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
Ch2
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
端子番号
表記 ★
機能 ★
1
EXC+
ロードセル電源+側
2
SEN+
リモートセンシング+側
3
SENリモートセンシング-側
4
EXCロードセル電源-側
5
SIG+
ロードセル入力+側
6
SIGロードセル入力-側
7
SHD
シールド
★ OP-01 のパネル面には、OP-02 ロードセル入力モジュール使用時のピ
ンアサインを表記しています。それ以外の入力モジュールを装着する場
合は、各モジュールに付属している端子ラベルを貼り付けて使用します。
Ch3
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
図 2 OPOP-01 の外観とピンアサイン
SIGSHD
41/64
AD-4820
11.
11. OP-02 ロードセル入力モジュール
ロードセル入力モジュール
11.
11.1.
電気的仕様
項目
最小
標準
最大
単位
備考
V 短絡保護回路付き
4.75
5.0
5.25
ロードセル電源電圧
Ω 350Ωロードセル 8 本まで。★1
40
ロードセル入力抵抗(EXC+ EXC間抵抗)
kΩ
10
ロードセル出力抵抗
μV Dead Load 含まず
ゼロ点オフセット
±2.0
nV/V
±400
μV/℃ Dead Load 含まず
ゼロ点温度係数
±0.1
nV/V/℃
±20
ppm/℃
スパン温度係数
±8
MΩ
100
入力抵抗(SIG+ SIG-間)
kΩ
100
入力抵抗(SEN+ SEN-間)
mV
計測範囲
±37
mV/V
±7.4
nV/count
4.66
入力感度
nVp-p サンプリングレート 100/s
150
300
入力換算 p-p ノイズ
30
60 nVp-p/V 外部 1Hz デジタルフィルタ後
ppm
非直線性
±20
ppm
デジタルスパン誤差 ★2
±150
回/s
6.25
1920
サンプリングレート ★3
℃ AD-4820 本体周囲温度
0
40
動作温度範囲
℃
-40
85
保存温度範囲
A/D コンバータ方式
24bit デルタシグマ方式
★ 1 入力抵抗 350Ωのロードセルに換算すると 8 本までドライブ可能です。ただし、アナログ入力インター
フェイスボード(AD-4820 OP-01)1 枚あたりのロードセルドライブ能力は 16 本までのため、複数のモ
ジュールを同時に使用する場合はロードセルの総数が 16 本以下でなければなりません。
★ 2 デジタルスパン(分銅を使用しないキャリブレーション)で設定した値と真値と比較した誤差。
★ 3 サンプリングレートは 6.25, 7.5, 12.5, 15, 25, 30, 50, 60, 100, 120, 200, 240, 400, 480, 800, 960,
1600, 1920 回/s が選択可
付属品
入力コネクタ
42/64
個数
1
品番等
TM+BLZF3.5/7
Weidmuller BLZF3.5/7
169047(黒)
AD-4820
11.
11.2.
ピンアサインと結線
モジュールのピンアサイン
15
EXC+
1
SEN+
2
SEN-
3
EXC-
4
OP-02
12
SIG+
5
LC Input
10
SIG-
6
ASHD
7
AD-4820
14
13
11
9
8
Top View
図 3 OPOP-02 の外観とピンアサイン
1 2 3 4 5 6 7
Ch
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
端子番号
表記
機能
1
EXC+
ロードセル電源+側
2
SEN+
リモートセンシング+側
3
SENリモートセンシング-側
4
EXCロードセル電源-側
5
SIG+
ロードセル入力+側
6
SIGロードセル入力-側
7
SHD
シールド
シールドは AD-4820 の筐体に接続されています。
図 4 OPOP-01 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
SIG-
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
SIG+
EXC-
1 2 3 4 5 6 7
EXC+
シールド線
Ch
EXC+
SEN+
SENEXCSIG+
SIGSHD
図 5 ロードセルとの結線
43/64
AD-4820
12.
12. OP-03
12.
12.1.
4-20mA アナログ入力モジュール
電気的仕様
項目
ゼロ点オフセット
ゼロ点温度係数
最小
標準
最大
スパン温度係数
入力抵抗(I+ GND 間)
計測範囲
入力感度
入力換算 p-p ノイズ
非直線性
スパン誤差
サンプリングレート ★1
動作温度範囲
保存温度範囲
A/D コンバータ方式
49
3
50
単位
±8
±1.0
±50
±1.6
±80
51
22
5.96
6.25
0
-40
24bit デルタシグマ方式
備考
μA
4mA 基準
μA/℃
ppm/℃
μA/℃
ppm/℃
Ω
mA
nA/count
51.7
nAp-p
±50
±500
1920
40
85
ppm
サンプリングレート 100/s
外部 1Hz デジタルフィルタ
後
ppm
回/s
℃
AD-4820 本体周囲温度
℃
★ 1 サンプリングレートは 6.25, 7.5, 12.5, 15, 25, 30, 50, 60, 100, 120, 200, 240, 400, 480, 800, 960,
1600, 1920 回/s が選択可
付属品
入力コネクタ
端子レイアウトシール
44/64
個数
1
1
品番等
TM+BLZF3.5/7
Weidmuller BLZF3.5/7
08+4015528
169047(黒)
AD-4820
12.
12.2.
ピンアサインと結線
モジュールのピンアサイン
15
NC
1
NC
2
NC
3
NC
4
OP-03
12
I+
5
4-20mAIn
10
GND
6
AD-4820
14
13
11
9
ASHD 7
8
Top View
図 6 OPOP-03 の外観とピンアサイン
付属品の端子レイアウトシー
ルを貼り付けてください。
OP-03 4-20mA
1 2 3 4 5 6 7
Ch
NC
NC
NC
NC
I+
GND
SHD
端子番号
表記
機能
1
NC
接続なし
2
NC
接続なし
3
NC
接続なし
4
NC
接続なし
5
I+
電流入力(+側)
6
GND
信号線グラウンド
7
SHD
シールド
シールドは AD-4820 の筐体に接続されています。
図 7 OPOP-01 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
シールド線
図 8 外部機器との結線
45/64
OP-03 4-20mA
1 2 3 4 5 6 7
I+
GND
SHD
Ch
NC
NC
NC
NC
I+
GND
SHD
AD-4820
13.
13. OP-04
13.
13.1.
0-10V アナログ入力モジュール
電気的仕様
項目
ゼロ点オフセット
ゼロ点温度係数
最小
標準
スパン温度係数
入力抵抗(V+ GND 間)
計測範囲
入力感度
入力換算 p-p ノイズ
非直線性
スパン誤差
サンプリングレート ★1
動作温度範囲
保存温度範囲
A/D コンバータ方式
180
0
最大
単位
備考
mV
±3.0
mV/℃
±0.5
ppm/℃
±50
mV/℃
±0.8
ppm/℃
±80
kΩ
11
1.61
V
μV/count
14.0
μVp-p
±50
±500
6.25
1920
0
40
-40
85
24bit デルタシグマ方式
ppm
サンプリングレート 100/s
外部 1Hz デジタルフィルタ
後
ppm
回/s
℃
AD-4820 本体周囲温度
℃
★ 1 サンプリングレートは 6.25, 7.5, 12.5, 15, 25, 30, 50, 60, 100, 120, 200, 240, 400, 480, 800, 960,
1600, 1920 回/s が選択可
付属品
入力コネクタ
端子レイアウトシール
46/64
個数
1
1
品番等
TM+BLZF3.5/7
Weidmuller BLZF3.5/7
08+4015529
169047(黒)
AD-4820
13.
13.2.
ピンアサインと結線
モジュールのピンアサイン
15
NC
1
NC
2
NC
3
NC
4
OP-04
12
V+
5
0-10V In
10
GND
6
AD-4820
14
13
11
9
ASHD 7
8
Top View
図 9 OPOP-04 の外観とピンアサイン
付属品の端子レイアウトシー
ルを貼り付けてください。
OP-04 0-10V
1 2 3 4 5 6 7
Ch
NC
NC
NC
NC
V+
GND
SHD
端子番号
表記
機能
1
NC
接続なし
2
NC
接続なし
3
NC
接続なし
4
NC
接続なし
5
V+
電圧入力(+側)
6
GND
信号線グラウンド
7
SHD
シールド
シールドは AD-4820 の筐体に接続されています。
図 10 OPOP-01 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
シールド線
図 11 外部機器との結線
47/64
OP-04 0-10V
1 2 3 4 5 6 7
V+
GND
SHD
+
-
Ch
NC
NC
NC
NC
V+
GND
SHD
AD-4820
14.
14. OP-05 差動電圧入力モジュール
14.
14.1.
電気的仕様
項目
ゼロ点オフセット
ゼロ点温度係数
最小
標準
最大
単位
備考
μV
±10.0
μV/℃
±1.9
ppm/℃
±50
μV/℃
±2.9
ppm/℃
±80
スパン温度係数
入力抵抗(V+ V-間)
計測範囲
入力感度
入力換算 p-p ノイズ
非直線性
スパン誤差
サンプリングレート ★1
動作温度範囲
保存温度範囲
A/D コンバータ方式
10
±37
MΩ
mV
4.66
6.25
0
-40
24bit デルタシグマ方式
nV/count
224
nVp-p
±50
±500
1920
40
85
ppm
サンプリングレート 100/s
外部 1Hz デジタルフィルタ
後
ppm
回/s
℃
AD-4820 本体周囲温度
℃
★ 1 サンプリングレートは 6.25, 7.5, 12.5, 15, 25, 30, 50, 60, 100, 120, 200, 240, 400, 480, 800, 960,
1600, 1920 回/s が選択可
付属品
入力コネクタ
端子レイアウトシール
48/64
個数
1
1
品番等
TM+BLZF3.5/7
Weidmuller BLZF3.5/7
08+4015530
169047(黒)
AD-4820
14.
14.2.
ピンアサインと結線
モジュールのピンアサイン
15
NC
1
NC
2
NC
3
NC
4
OP-05
12
V+
5
DIFF In
10
V-
6
AD-4820
14
13
11
9
ASHD 7
8
Top View
図 12 OPOP-05 の外観とピンアサイン
付属品の端子レイアウトシー
ルを貼り付けてください。
OP-05 DIFF V
1 2 3 4 5 6 7
Ch
NC
NC
NC
NC
V+
VSHD
端子番号
表記
機能
1
NC
接続なし
2
NC
接続なし
3
NC
接続なし
4
NC
接続なし
5
V+
電圧入力(+側)
6
V電圧入力(-側)
7
SHD
シールド
シールドは AD-4820 の筐体に接続されています。
図 13 OPOP-01 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
シールド線
図 14 外部機器との結線
49/64
OP-05 DIFF V
1 2 3 4 5 6 7
V+
VSHD
+
-
Ch
NC
NC
NC
NC
V+
VSHD
AD-4820
15.
15. OP-10 スタンダード I/O ボード
15.
15.1.
電気的仕様
入力部
項目
入力回路方式
絶縁方式
定格入力電圧
コモン端子極性
絶縁耐圧
絶縁抵抗
仕様
DC 入力(ソース形)
フォトカプラ絶縁
DC10.2~28.8V
プラスコモン
AC500V 60s
10MΩ min.
標準デジタル入力部
入力点数
定格入力電流
オン電圧/オン電流
オフ電圧/オフ電流
入力抵抗
32 点
6mA typ.
7.2V min. / 1.8mA min.
2.4V max. / 0.4mA max.
4kΩ typ.
パルス入力部とは別コモン
電源電圧 24V
パルス入力部
入力点数
定格入力電流
オン電圧/オン電流
オフ電圧/オフ電流
適応周波数範囲
2点
2.7mA typ.
8.2V min. / 2.0mA min.
2.4V max. / 0.4mA max.
DC~10kHz
2 点とも独立コモン
電源電圧 24V
出力部
項目
出力回路方式
絶縁方式
定格負荷電圧
定格負荷電流
コモン端子極性
出力端子残留電圧
出力オフ時漏れ電流
絶縁耐圧
絶縁抵抗
仕様
オープンコレクタ(シンク形)
フォトカプラ絶縁
DC10.2~28.8V
50mA max.
マイナスコモン
0.2V max.
100μA max.
AC500V 60s
10MΩ min.
付属品
入出力コネクタ
50/64
個数
2
備考
外部から供給
Duty 50%
備考
出力電流 50mA
品番等
JI+1473381-1
tyco AMP 1473381-1
AD-4820
15.
15.2.
ピンアサインと結線
STD IO
OP-10
IN
B20
B1
OUT
A20
A1
入力端子
ピン番号
信号名
ピン番号
信号名
出力端子
ピン番号
信号名
ピン番号
信号名
B20
In 00
A20
In 10
B20
Out 00
A20
Out 10
B19
In 01
A19
In 11
B19
Out 01
A19
Out 11
B18
In 02
A18
In 12
B18
Out 02
A18
Out 12
B17
In 03
A17
In 13
B17
Out 03
A17
Out 13
B16
In 04
A16
In 14
B16
Out 04
A16
Out 14
B15
In 05
A15
In 15
B15
Out 05
A15
Out 15
B14
In 06
A14
In 16
B14
Out 06
A14
Out 16
B13
In 07
A13
In 17
B13
Out 07
A13
Out 17
B12
In 08
A12
In 18
B12
Out 08
A12
Out 18
B11
In 09
A11
In 19
B11
Out 09
A11
Out 19
B10
In 0A
A10
In 1A
B10
Out 0A
A10
Out 1A
B9
In 0B
A9
In 1B
B9
Out 0B
A9
Out 1B
B8
In 0C
A8
In 1C
B8
Out 0C
A8
Out 1C
B7
In 0D
A7
In 1D
B7
Out 0D
A7
Out 1D
B6
In 0E
A6
In 1E
B6
Out 0E
A6
Out 1E
B5
In 0F
A5
In 1F
B5
Out 0F
A5
Out 1F
B4
P-COM1
A4
P-In 1
B4
NC
A4
NC
B3
P-COM2
A3
P-In 2
B3
NC
A3
NC
B2
COM1
A2
NC
B2
12/24V
A2
COM2
B1
COM1
A1
NC
B1
12/24V
A1
COM2
図 15 OPOP-10 Standard I/O の入出力端子レイアウト
51/64
AD-4820
AD-4820 OP-10
外部機器側
入力部 内部回路
入力コモン
COM1(B1,B2)
入力端子
In00~In0F(B20~B5)
In10~In1F(A20~A5)
パルス入力部 内部回路
12~24V
パルス入力コモン
P-COM1(B4)
12~24V
パルス入力端子
P-In1(A4)
パルス入力コモン
P-COM2(B3)
12~24V
パルス入力端子
P-In1(A3)
リレーやソレノイドなどの誘
導負荷には、必ず保護ダイ
オードを付けてください。
出力部 内部回路
12/24V(A1,A2)
出力端子
Out00~Out0F(B20~B5)
Out10~Out1F(A20~A5)
12~24V
出力コモン
COM2(A1,A2)
図 16 外部機器との結線
各入出力回路の電
源は、共通で使用す
ることも可能です。
52/64
AD-4820
16.
16. OP-12 DO64 ボード
16.
16.1.
電気的仕様
項目
出力回路方式
絶縁方式
定格負荷電圧
定格負荷電流
コモン端子極性
出力端子残留電圧
出力オフ時漏れ電流
絶縁耐圧
絶縁抵抗
出力コネクタ
付属品
入出力コネクタ
仕様
オープンコレクタ(シンク形)
フォトカプラ絶縁
DC10.2~28.8V
50mA max.
マイナスコモン
0.2V max.
100μA max.
AC500V 60s min.
10MΩ min.
tyco AMP 製 1473381-1
個数
2
備考
出力電流 50mA
周囲温度 70℃
富士通 FCN360 シリーズ
互換性あり
品番等
JI+1473381-1
tyco AMP 1473381-1
53/64
AD-4820
16.
16.2.
ピンアサインと結線
DO64
OP-12
OUT1 OUT2
出力端子 OUT1
ピン番号
信号名
OUT1
1B20
1B1
OUT2
1A20 2B20
1A1
2B1
2A20
ピン番号
信号名
出力端子 OUT2
ピン番号
信号名
信号名
1B20
Out 00
1A20
Out 10
2B20
Out 20
2A20
Out30
1B19
Out 01
1A19
Out 11
2B19
Out 21
2A19
Out31
1B18
Out 02
1A18
Out 12
2B18
Out 22
2A18
Out 32
1B17
Out 03
1A17
Out 13
2B17
Out 23
2A17
Out 33
1B16
Out 04
1A16
Out 14
2B16
Out 24
2A16
Out 34
1B15
Out 05
1A15
Out 15
2B15
Out 25
2A15
Out 35
1B14
Out 06
1A14
Out 16
2B14
Out 26
2A14
Out 36
1B13
Out 07
1A13
Out 17
2B13
Out 27
2A13
Out 37
1B12
Out 08
1A12
Out 18
2B12
Out 28
2A12
Out 38
1B11
Out 09
1A11
Out 19
2B11
Out 29
2A11
Out 39
1B10
Out 0A
1A10
Out 1A
2B10
Out 2A
2A10
Out 3A
1B9
Out 0B
1A9
Out 1B
2B9
Out 2B
2A9
Out 3B
1B8
Out 0C
1A8
Out 1C
2B8
Out 2C
2A8
Out 3C
1B7
Out 0D
1A7
Out 1D
2B7
Out 2D
2A7
Out 3D
1B6
Out 0E
1A6
Out 1E
2B6
Out 2E
2A6
Out 3E
1B5
Out 0F
1A5
Out 1F
2B5
Out 2F
2A5
Out 3F
1B4
NC
1A4
NC
2B4
NC
2A4
NC
1B3
NC
1A3
NC
2B3
NC
2A3
NC
1B2
12/24V
1A2
COM1
2B2
12/24V
2A2
COM2
1B1
12/24V
1A1
COM1
2B1
12/24V
2A1
COM2
2A1
図 17 OPOP-12 DO64 の出力端子レイアウト
54/64
ピン番号
AD-4820
AD-4820 OP-12
外部機器側
OUT1 側 内部回路
リレーやソレノイドなどの
誘導負荷には、必ず保護
ダイオードを付けてくださ
い
12/24V(A1,A2)
出力端子
Out00~Out0F(B20~B5)
Out10~Out1F(A20~A5)
12~24V
出力コモン
COM2(A1,A2)
OUT2 側 内部回路
12/24V(A1,A2)
出力端子
Out20~Out2F(B20~B5)
Out30~Out3F(A20~A5)
12~24V
出力コモン
COM2(A1,A2)
2 系統の出力回路の
電源は共通で使用
することも可能。
図 18 外部機器との結線
55/64
AD-4820
17.
17. OP-13 リレー出力ボード
17.
17.1.
項目
出力回路方式
出力点数
絶縁方式
定格負荷電圧
定格負荷電流
コモン分割
最小適用負荷
絶縁耐圧
絶縁抵抗
出力コネクタ
56/64
電気的仕様
仕様
機械接点
16 点(8 点+8 点)
リレーによる絶縁
AC250V max.
3A max. /端子
15A max. / コモン
8 接点ごとに 1 コモン
100μA 100mV DC
AC500V 60s min.
1000MΩ min.
WAGO 製 231-318/037-000
備考
初期値
スプリングクランプ式
AD-4820
17.
17.2.
ピンアサインと結線
AD-4820 OP-13
Out 0 ~ Out 7 内部回
Out 0
Out 1
Out 2
Out 3
Out 4
Out 5
Out 6
Out 7
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
COM 1(9)
Out 8 ~ Out F 内部回
Out 8 (10)
Out 9 (11)
Out A (12)
Out B (13)
Out C (14)
Out D (15)
Out E (16)
Out F (17)
COM 2(18)
図 19 外部機器との結線
ピン
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
表記
信号名
0
1
2
3
4
5
6
7
C1
8
9
A
B
C
D
E
F
C2
Out 0
Out 1
Out 2
Out 3
Out 4
Out 5
Out 6
Out 7
COM 1
Out 8
Out 9
Out A
Out B
Out C
Out D
Out E
Out F
COM 2
図 20 OPOP-13 リレー出力ボードの出力端子レイアウト
リレー出力ボードの出力端子レイアウト
57/64
AD-4820
18.
18.
OP-14 アナログ出力インターフェイスボード
18.
18.1.
電気的仕様
項
目
出力方式
装着可能モジュール
仕
様
装着モジュールによる
AD4820-15 (4-20mA 出力)
AD4820-16 (0-10V 出力)
1∼4 枚(2∼8Ch)
なし
あり。耐圧 200V 以上
WAGO 製 734-103
装着モジュール数
チャネル間アイソレーション
スロット間アイソレーション
出力コネクタ
18.
18.2.
備
考
混在可
スプリングクランプ式
アナログ出力モジュールに付属
モジュールの装着方法
AD4820-14
注意
モジュールは Ch0(上)
から詰めて装着する。
AD4820AD4820-15
または
AD4820AD4820-16
1
モジュールの装着位置
U1
4820
OP-15
2
3
1 番ピン
1
5
PC4150
U2
4-20
mA
4
Top View
ソケットは 1 本おきに
使用します。
4
13
モジュールの装着方向
注意
モジュールの向きとピン
の位置を確認。
図 21 アナログ出力モジュールの装着方法
58/64
5
6
7
8
9
10
11
12
13
AD-4820
18.
18.3.
ピンアサイン
端子番号
表記
機能
1
+
出力 +側
2
-
出力 -側
3
SHD
シールド
ケーブル側コネクタは、出力モジュールに付属
AOUT
OP-14
Ch0
1 2 3
+
-
SHD
1 2 3
Ch1
+
-
SHD
Ch2
1 2 3
+
-
SHD
Ch3
1 2 3
+
-
SHD
Ch4
1 2 3
+
-
SHD
Ch5
1 2 3
+
-
SHD
Ch6
最大出力チャネル数 8Ch
OP-15(4-20mA アナログ出力モジュール)およ
び OP-16(0-10V アナログ出力モジュール)に
は、ひとつのモジュールに出力が 2Ch ありま
す。
OP-14 には、OP-15、OP-16 合わせて 4 モジュ
ールが装着できますので、最大出力チャネル数
は 8Ch になります。
1 2 3
+
-
SHD
Ch7
1 2 3
+
-
SHD
図 22 OPOP-14 アナログ出力ボードの出力端子レイアウト
59/64
AD-4820
19.
19.
OP-15 4-20mA アナログ出力モジュール
19.
19.1.
電気的仕様
項
目
出力方式
最大出力電圧
適応負荷抵抗
4mA 点オフセット
電流出力(ソース型)
10.2V(min)
0~510Ω
±0.08%
仕
4mA 点オフセットドリフト
±80ppm/℃
スパン誤差
±0.25%
スパン誤差ドリフト
±80ppm/℃
非直線性
±0.02%
様
電流換算
±16μA
電流換算
±1.6μA/℃
電流換算
±50μA
電流換算
±1.6μA/℃
電流換算
±4μA
分解能
60000 または入力信号分解能のいずれか小さい方
チャネル間アイソレーシ なし
ョン
出力コネクタ
WAGO 製 734-103
19.
19.2.
ピンアサインと結線
U1
1
4820
OP-15
2
3
PC4150
4
U2
4-20
mA
Top View
図 23
60/64
OPOP-15 の外観とピンアサイン
5
6
7
8
9
10
11
12
13
スプリングクランプ式
AD-4820
1 2 3
1 2 3
Ch0
+
-
SHD
Ch1
+
-
SHD
端子番号
表記
機能
1
+
電流出力 +側
2
-
電流出力 -側
3
SHD
シールド
1 つの OP-15 には 2Ch の電流出力回路があります。
図 24 OPOP-14 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
AD-4820 本体内部回路
OP-15
内部回路
出力電流
1
+
2
-
定電流回路
最大出力電圧
10.2V min.
3
出力電流
FG
負荷抵抗
0~510Ω
SHD
1
+
2
-
定電流回路
最大出力電圧
10.2V min.
3
FG
負荷抵抗
0~510Ω
SHD
シ ー ル ド線 を使 用 す
る場合に接続してくだ
さい。
図 25 外部機器との結線
61/64
AD-4820
20.
20.
OP-16 0-10V アナログ出力モジュール
アナログ出力モジュール
20.
20.1.
電気的仕様
項
目
出力方式
最大出力電圧
適応負荷抵抗
0V 点オフセット
仕
電圧出力(マイナスコモン)
10.2V(min)
1kΩ以上
±0.10%
0V 点オフセットドリフト
±100ppm/℃
スパン誤差
±0.31%
スパン誤差ドリフト
±100ppm/℃
非直線性
±0.024%
様
電圧換算
±10mV
電圧換算
±1.0mV/℃
電圧換算
±31mV
電圧換算
±1.0mV/℃
電圧換算
±2.4mV
分解能
60000 または入力信号分解能のいずれか小さい方
チャネル間アイソレーシ なし
ョン
出力コネクタ
WAGO 製 734-103
20.
20.2.
ピンアサインと結線
U1
1
4820
OP-16
2
3
PC4150
4
U2
0-10
V
Top View
図 26 OPOP-16 の外観とピンアサイン
62/64
スプリングクランプ式
5
6
7
8
9
10
11
12
13
AD-4820
1 2 3
1 2 3
Ch0
+
-
SHD
Ch1
+
-
SHD
端子番号
表記
機能
1
+
電圧出力 +側
2
-
電圧出力 -側
3
SHD
シールド
1 つの OP-16 には 2Ch の電圧出力回路があります。
図 27 OPOP-14 に取付けたときのパネル面のピンアサイン
AD-4820 本体内部回路
OP-16
内部回路
1
+
+
-
2
-
定電圧回路
3
FG
負荷抵抗
1kΩ以上
SHD
1
+
+
-
2
-
定電圧回路
3
FG
負荷抵抗
1kΩ以上
SHD
シ ー ル ド線 を使 用 す
る場合に接続してくだ
さい。
図 28 外部機器との結線
63/64
AD-4820
21.
21.
付録
21.
21.1.
2 ピース型コネクタの接続方法
AD-4820 シリーズでは、本体の CPU_RUN 出力やいくつかのオプションボードに、ケーブル側とボード側に
分離する 2 ピース型コネクタを使用しています。
本章ではその接続方法について説明しています。
ケーブルの太さと剥き方
ボード
本体 CPU ボード (RUN 出力)
OP-01 アナログ入力インターフェイスボード
OP-13 リレー出力ボード
OP-14 アナログ出力インターフェイスボード
芯線の太さ
剥き長さ
0.08~1.5mm2
約 7mm
WAGO 734-102
コネクタメーカ、品番
0.08~1.5mm2
約 11mm
Weidmuller BLZF3.5/7
0.08~2.5mm2
8~9mm
WAGO 231-318/037-000
0.08~1.5mm2
約 7mm
WAGO 734-103
169047
剥き長さ
コネクタとケーブルの接続方法
上側から工具を差し込む方法(本体、OP-13、OP-14)
①上部の操作用スロットに
取り付けた指操作用レバ
ーを指で押しスプリングを
押し下げます。
②操作レバーを押したま
ま、電線を挿入口から突き
当たるまで差し込みます。
③操作レバーを放せば結線
できます。確認のため、電線
を軽く引っ張って下さい。(強
く引っ張らないで下さい。)
上図のように上からドライ
バーを使用して接続する
こともできます。
前側から工具を差し込む方法(本体、OP-01、OP-13、OP-14)
○
①専用工具またはドライバ
ーを上部の操作用スロット
に入れ、スプリングを開き
ます。
64/64
②正しく剥きだした電線を
挿入口から突き当たるまで
差し込みます。
③工具を引き抜けば結線で
きます。確認のため、電線を
軽く引っ張って下さい。(強く
引っ張らないで下さい。)
×
ドライバーは先端がま っ
すぐなものを使用してくだ
さい。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement