取扱説明書 - FAST CORPORATION[株式会社ファースト]

取扱説明書 - FAST CORPORATION[株式会社ファースト]
汎用画像処理装置
904シリーズ
FV904
取扱説明書
☆第6版☆
(株)ファースト
御注意
◎本書の内容の一部または全部を無断で転載することは固くお断りします。
◎本書の内容について、将来改良を目的に予告なしに変更することがあります。
◆この説明書で使われるマークについて
注意
この表示の注意事項を守らないと、感電やその他の事故によりけがをしたり周囲の物品に
損害を与えたりすることがあります。また、装置にも致命的な故障を与えることがあります。
装置を正しく使うために必ずお読みください。
装置が故障しないようにするための注意や、正しく動作させるための注意を記載します。
ご注意
(1) 本書の内容については、将来予告なしに変更することがあります。
(2) 本書の内容については、万全を期して作成いたしましたが、万一ご不審な点や誤り、記載もれ
など、お気づきの点がありましたらご連絡ください。
(3) 運用した結果の影響については、(2)項にかかわらず責任を負いかねますのでご了承ください。
(4) 本製品がお客さまにより不適当に使用されたり、本書の内容に従わずに取り扱われたりしたこ
と等に起因して生じた損害等については、責任を負いかねますのでご了承ください。
目
次
1 .はじめに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1
2 .本書の読み方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3
3 .商品の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
3.1
3.2
FV904 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5
PCカード(FV904用、別売) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
3.3
FV904基本セット(別売) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7
その他別売り商品 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8
3.4
4 .仕
4.1
4.2
様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11
一般仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 11
機能仕様一覧表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12
5 .設置について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
5.1 設置環境 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13
5.2 設置方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14
5.3 電源の配線 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15
5.3.1
5.4
電源ケーブルの接続----------------------------------------------------------- 15
外観図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
6 .保守と点検 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
6.1 日常点検 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
6.2 ヒューズが切れたら ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 17
6.3 異常とその処置 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 18
7 .本体各部の名称と取扱い/仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
7.1 本体 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19
7.1.1
7.1.2
7.2
正面パネル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 21
7.2.1
7.2.2
7.3
通気孔----------------------------------------------------------------------- 19
取付金具--------------------------------------------------------------------- 20
POWER ON表示--------------------------------------------------------- 21
PCカードスロット(押しボタン付き)----------------------------------------- 21
背面パネル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 22
7.3.1
7.3.2
7.3.3
7.3.4
電源コネクタ(AC INPUT)--------------------------------------------FG端子(FG)------------------------------------------------------------ヒューズホルダ(3A)------------------------------------------------------電源スイッチ(POWER ON/OFF)-------------------------------------
[1]
22
22
23
23
目
次
7.3.5
7.3.6
7.3.7
7.3.8
7.3.9
7.3.10
7.3.11
7.3.12
ビデオ入力(CAMERA CH0/CH1/CH2/CH3) ------------------- 23
外部同期入力(SYNC IN) ----------------------------------------------- 24
ビデオ出力(VIDEO OUT) --------------------------------------------- 25
ストロボ出力(STOROBO) ----------------------------------------------- 26
PS/2マウス コネクタ(MOUSE) ---------------------------------------- 27
RS232Cコネクタ(RS232C CH0/CH1) ------------------------ 28
外部機器(カメラ)制御コネクタ(EXT.CONTROL) -------------------- 29
フォトカプラ絶縁I/O接続コネクタ(DI/DO) ---------------------------- 31
8 .PCカードとシステム起動・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35
8.1
8.2
システムの起動方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 35
使用できる「PCカード」(1999 年 11 月 1 日現在) ・・・・・・・・ 35
PCカード使用上の注意点 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 36
8.4 『PCカード』の取り扱いについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 36
8.3
9 .12PIN ビデオパネル(オプション)の取り扱い ・・・・・・・・・・・ 37
9.1 商品の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 37
9.2 一般仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 38
9.3 ビデオパネルの交換方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 39
10 .補足説明 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
10.1 取付金具の付け方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 41
10.2 本体カバーの開け方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 42
10.3
10.4
75ΩターミネータのON/OFF ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 43
PCカードファイルシステムについて ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 44
10.4.1
10.5
映像信号廻り仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 45
10.5.1
10.5.2
10.5.3
10.5.4
10.6
割り込み設定 ---------------------------------------------------------------- 48
入力インターフェイス例 ------------------------------------------------------ 48
出力インターフェイス例 ------------------------------------------------------ 49
外部機器制御コネクタの使い方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 51
10.7.1
10.8
映像入力チャネル切り換え ---------------------------------------------------- 45
オフセット調整 -------------------------------------------------------------- 45
8ビットA/D -------------------------------------------------------------- 45
A/Dコンバータ・サンプリングレート ---------------------------------------- 46
フォトカプラ絶縁I/O ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 48
10.6.1
10.6.2
10.6.3
10.7
ファイル・システム仕様 ------------------------------------------------------ 44
カメラコントロールをする場合 ------------------------------------------------ 51
別売りケーブルの配線図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 54
10.8.1
10.8.2
RS232C シリアルケーブル3(9pin メス−25pin オス) -------------------------- 54
RS232C シリアルケーブル5(9pin メス−9pin メス) ---------------------------- 55
ブロック図 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 56
10.10 CSC901NTとの相違点比較 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 57
10.9
[2]
目
次
11 .保証について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 59
12 .サポートが必要な場合・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 59
[3]
1.はじめに
このたびは、弊社の汎用画像処理装置『FV904』をお買い上げいただき、誠にありがとうござい
ます。
『FV904』は組込用画像処理装置として小型/軽量機種として設計されている画像処理装置です。
ご使用になる前に本取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
本製品『FV904』は、弊社従来製品『CSC901NT』に比して処理速度を向上させるために
処理用のマイクロプロセッサ(CPU)を変更しています。『CSC901NT』には高速通信手段と
してC−NETインターフェイスがありましたが、『FV904』では採用していません。 更に、フ
ァイルシステムもファースト独自仕様からパソコン等と同様の DOS/Windows 互換のFAT16/FAT
12形式に変更しており、マウス/トラックボールもパソコンなどと同様のPS/2準拠インターフェ
イスに変更しています。 このようにした理由は、今後のお客様方での使用環境や開発/運用環境を考
慮した結果、パソコンとの連携がとても重要だと判断したためです。 映像入力やDI/DO等の仕様
は弊社従来製品『CSC901NT』と同等ですが、映像表示はフレームバッファを使用しないで行う
方式を採用し、映像入力と映像表示は非同期に動作する仕様になっています。 したがって、入力映像
の同期が乱れても映像表示の同期は乱れません。
本書中で、シリアル通信の伝送形式の仕様を表すために『RS232C』という表記がありますが、
この表記は古い表記形式です。 現在では、『RS232C』に替わって『EIA−232』という表
記が正しい表記形式です。 しかしながら、歴史的に長らく使用されてきた経緯、および現在でも広く
認知されていることから本書では旧表記形式を使用しています。 表記形式が替わっても規格定義内容
は同じです。
お買いあげいただいた『FV904本体』には、ファースト・ビジョンライブラリ基本ラン
タイムライセンス『FVL基本RTL/904』が標準で含まれています。
『FVL基本RTL/904』は『FV904 基本システム』および『FV904 画像処
理ライブラリ』の『FV904本体』上での使用実行権です。
他のライブラリのランタイム・ライセンスは含まれておりません。
他のライブラリを本装置で利用するには、そのライブラリのランタイム・ライセンスを別途
お買い求めください。
-1-
-2-
2.本書の読み方
本書は下記のような構成になっています。
3.商品の確認
商品購入後の確認事項が書かれています。
4.仕
様
装置の仕様について一覧表になっています。
5.設置について
装置を安全に、また信頼性を高めその機能を十分発揮させるための内容が書かれています。
必ず読み十分理解の上ご使用ください。
6.保守と点検
装置を安全に、また信頼性を高めその機能を十分発揮させ維持するための内容が書かれてい
ます。必ず読み十分理解の上ご使用ください。
7.本体各部の名称と取扱い/仕様
本体各部の使い方、仕様等について書かれています。
必ず読み十分理解の上ご使用ください。
8.PCカードとシステム起動
本装置を使う上での非常に重要な事が書かれています。
必ず読み十分理解の上ご使用ください。
9.12PIN ビデオパネル(オプション)の取り扱い
12PINビデオパネルオプションを使う上での非常に重要な事が書かれています。
このオプションを使う場合は、必ず読み十分理解の上ご使用ください。
10.補足説明
『7.本体各部の名称と取扱い/仕様』で書ききれない補足事項が書かれています。
必要な時に読んでください。
11.保証について
製品の保証範囲について書かれています。
12.サポートが必要な場合
製品のサポート連絡について書かれています。
※
本書中に掲載されている企業名や団体名および製品名称等は、一般にそれぞれの企業や
団体の商標または登録商標です。 また、本書中では、,
特に明記していませんが、ご了承願います。
-3-
, 
等の表示マークは
-4-
3.商品の確認
商品が、お手元に届きましたら、下記のとおり揃っているかどうかご確認願います。
万一、足りない場合や破損していた場合は、ただちに弊社営業までお申し出ください。
3.1
FV904
●
FV904本体 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1台
●
取付金具(2枚、M3×6mmセムスネジ(大ワ付)×6ケ) ・・・・・・・・・・ 1式
●
FV904取扱説明書(本説明書) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1冊
《はじめに必ずお読みください。》
FV904
取扱
説明書
-5-
●
3P電源ケーブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1本
●
AC3P→2P変換アダプタ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1ケ
-6-
3.2
PCカード(FV904用、別売)
PCカードは本装置を使うために必ず必要です。
FV904用にフォーマットされ、システムファイル群が格納されて起動可能な状態で出荷されます。
お客様の使用環境に合ったメモリ容量をお選びください。(最新情報は、商品説明書をご覧ください。)
『8.2 使用できる「PCカード」(1999 年 11 月 1 日現在)』を参照ください。
(注)弊社従来機『CSC901シリーズ』では、お客様方でPCカードを自己調達され、お客様
ご自身がPCカードに901システムファイル群をインストールし、ご使用になられること
も可能でした。 しかしながら、FV904では『CSC901シリーズ』と異なりファイ
ルシステムおよびファイル構成等が大幅に変更されており、お客様方でのPCカードへの
904システムファイル群のインストール手順は格段に難しくなっております。 この困難
さを回避し安心して使用していただくために、お客様がFV904でご使用になられるPC
カードは必ず弊社から購入していただく必要があります。 ご了承下さい。
3.3
FV904基本セット(別売)
この基本セットは904シリーズを使う上で必要な、説明書やソフトが含まれています。
904シリーズ製品を初めて購入されるお客様は必ず購入してください。
(もしも購入漏れの場合は弊社営業にご相談ください)
-7-
3.4
その他別売り商品
ここに紹介する商品は、用途に合わせてお客様が製作又は特殊仕様の物を購入される場合が多いため、
標準構成品に含めずに別売りとしました。
●
12PINビデオパネル
注1)FV904購入時に12PINビデオパネル仕様のモデルを選択された場合は、
本体に取り付けられて出荷されます。
●
12PINカメラケーブル
●
●
●
●
●
●
●
●
DTXC−12P02S(ダイトエレクトロン製:SONY
DTXC−12P05S(ダイトエレクトロン製:SONY
DTXC−12P10S(ダイトエレクトロン製:SONY
DTXC−12P25S(ダイトエレクトロン製:SONY
CCXC−12P05D(SONY製
CCXC−12P05U(SONY製
CCXC−12P05R(SONY製
CCXC−12P05L(SONY製
-8-
CCXC-12P02S 相当品)・・・・・・・ 2m
CCXC-12P05S 相当品)・・・・・・・ 5m
CCXC-12P10S 相当品)・・・・・・・ 10m
CCXC-12P25S 相当品)・・・・・・・ 25m
アングルタイプ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アングルタイプ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アングルタイプ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アングルタイプ) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5m
5m
5m
5m
●
●
RS232Cケーブル3(9pinメス−25pinオス) ・・・・・・・・・・・・ 4m
RS232Cケーブル5(9pinメス−9pinメス) ・・・・・・・・・・・・・・ 4m
RS232Cケーブル3
●
●
RS232Cケーブル5
BNCケーブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1m
BNCケーブル ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3m
※注文生産品で、5m品、10m品もございます。
●
トラック・ボ−ル
-9-
-10-
4.仕
4.1
様
一般仕様
●
外形寸法
300mm(横幅)×216.5mm(奥行き)×65mm(高さ)(ゴム足を含む)
ただし、コネクタ等の突起部は含んでいません。
●
重
約1.7Kg
●
塗装色本体
マンセル記号(色見本による)
焼付半ツヤレザートーン
●
電源電圧
AC100V∼220V±10%
(但し、製造時(工場出荷時)の動作試験はAC100Vで
行っています。)
●
電源周波数
50/60[Hz]
●
消費電力
50VA以下
●
動作周囲温度
0∼40℃
●
動作周囲湿度
30∼85%RH(結露のないこと)
●
保存周囲温度
−20∼60℃
●
保存周囲湿度
95%RH以下
量
-11-
DIC・F150:2版
4.2
機能仕様一覧表
表示用
フレーム
バッファ
領域
映像入力
外部同期
入力
表示映像
出力
濃淡映像表示バッファ領域
512×480画素×8ビット×1プレーン
2値映像表示バッファ領域
512×480画素×1ビット×1プレーン
文字・線画表示バッファ領域
512×480画素×1ビット×2プレーン
ウインドウ表示バッファ領域
512×480画素×1ビット×1プレーン
映像入力チャネル数
4チャネル EIA-170 準拠 (RS-170 に同じ)
入力信号
1.0 Vp-p / 75Ω コンポジットビデオ (75Ω ON/OFF 可能)
水平/垂直同期信号周波数
15.734KHz / 59.94Hz (2:1インターレース)
入力チャネル数
1チャネル EIA-170 準拠 (RS-170 に同じ)
入力信号
4.0 Vp-p / 75Ω (75Ω ON/OFF 不可)
水平/垂直同期信号周波数
15.734KHz / 59.94Hz (2:1インターレース)
表示映像出力チャネル数
1チャネル EIA-170 準拠 (RS-170 に同じ)
出力信号
1.0 Vp-p / 75Ω コンポジットビデオ (75Ω ON/OFF 不可)
水平/垂直走査周波数
RS232C
入出力
I/F
外部制御
入出力
(EIA-232)
C-LINK
15.734KHz / 59.94Hz (2:1インターレース)
チャネル数
2チャネル
転送スピード
1,200∼76,800BPS
データビット長等 データ長、パリティ、ストップビット長
チャネル数
転送スピード
全て可変
2チャネル(ハードウェアはRS232Cを利用)
約50,000 ∼ 100,000bps (使用パソコン性能による)
フォトカプラ絶縁I/O
入力16点+1点(割込)、出力16点
リセット・割り込み入力等
3点,TTL(負論理)
汎用入力
4点,TTL
汎用出力
4点,オープンコレクタ
使用プロセッサ
HD6417750(SH−4,200MHz、日立製作所)
メインメモリ
32M(DIMM)
ファイルシステム
PCカード
(PCMCIA-ATA)
(DOS/Windows互換 FAT16/12 ファイル・システム)
一般事項
外形寸法
300×216.5×65mm(ゴム足含む)
重量
本体(約1.7Kg)+取付金具(約200g)
電圧
電源
その他
AC100V∼220V±10% 但し、製造時(工場
出荷時)の動作試験はAC100Vで行っています。
周波数
50/60Hz
消費電力
50VA以下
動作環境
温度0℃∼40℃
PS/2マウスI/F
PS/2対応のマウス接続可
ストロボ出力
1点、
漢字表示
JIS第一水準漢字フォント
結露無きこと
オープンコレクタ出力/TTLレベル出力
本仕様は予告無く変更する場合があります。
-12-
湿度30∼85%RH以下
5.設置について
注意
この章では装置を設置するにあたり、安全上の非常に重要な内容が書かれています。また、システムの
信頼性を高め、その機能を十分発揮させるために以下の内容を考慮して設置してください。
5.1
設置環境
次のような場所は避けて設置してください。
□ 周囲温度が0∼40℃の範囲を超える場所
□ 温度変化が急激で結露するような場所
(もし、結露した場合は乾燥させてから電源を投入してください)
□ 相対湿度が30∼85%の範囲を超える場所
□ 強力な電界、磁界の発生している場所
□ 発熱源に近い場所
□ 本体に直接振動や衝撃がかかる場所
□ 直射日光の当たる場所
□ 塵、埃の多い場所
□ 水、油、薬品等の飛沫のある場所
-13-
5.2
設置方法
□ 本体は小型、軽量であるため、ケーブルが引っ張られただけで、移動、落下の可能性があり
ます。本体を設置する場合は、添付の取付金具等により固定してください。
□ 装置の設置に当たっては周囲に20mm以上の空間を設けてください。
□ PCカードの落下等の問題が発生しシステムが暴走したり、装置やPCカードが壊れること
を防止するために、本体の正しい取付方向を守ってください。
天井取り付け
床上取り付け
壁面取り付け
(A)PCカード上側配置
(B)PCカード下側配置
(C)PCカード横配置
(D)PCカード横配置
注1)床上取り付け、壁面取り付けの(A)(C)(D)が正しい取り付け方向です。
ただし、設置環境が悪い場合はそれなりの工夫が必要です。(たとえば、微少
振動が連続している場合、PCカードが抜ける可能性があり、別途に固定を考
える必要があります。)
注2)天井取り付けは熱対策上好ましくありません。
注3)壁面取り付けの(B)は、PCカードがソケットより抜け落ちる可能性があり
ます。
-14-
5.3
電源の配線
5.3.1
電源ケーブルの接続
◆ 電源コンセントが3Pタイプの場合
□ 添付の3P電源ケーブルを使用してください。電源とアースを同時に接続できます。
◆ 電源コンセントが2Pタイプの場合
□ 添付の3P→2P変換アダプタを使用しAC電源だけを電源ケーブルで供給し、アースは筺
体背面のFG端子より2mm2以上の電線で第3種接地を行ってください。
アース線の接続、取りはずしは電源ケーブルや接続ケーブルを抜いてから行ってください。
□ 電源ケーブルと同様アース線のタコ足配線は避けてください。
□ 本装置筺体のSG(シグナル・グランド)とFG(フレーム・グランド)は接続されていま
す。一般にビデオ機器(TVカメラ、TVモニタ等)のSGとFGは接続されています。
装置に接続されたTVカメラをロボット・アーム等に取り付ける際には、GNDレベルの
電位差がないように接地線の接続に注意してください。
また、ビデオ伝送/制御に使用するカメラケーブルおよび同軸ケーブル等を中継コネクタ
で中継する場合、中継部でGND側が露出することがありますが、このGND側は装置の
SGと同電位です。絶縁対策などを施し、高電圧に接触させる事のないように注意してく
ださい。
-15-
5.4
外観図
(300)
(320)
(340)
(166)
(6)
(6.5)
(59)
(65)
(250)
注1)上記の図で、寸法単位はmmです。
注2)取付方向については『5.2 設置方法』をご覧ください。
注3)取付金具の付け方は『10.1 取付金具の付け方』をご覧ください。
-16-
(26.5)
(26.5)
(166)
(216.5)
(4-5X10長円穴)
6.保守と点検
注意
この章では装置を正しく使用していただくための、基本的なことが書かれています。また、システムの
信頼性を高め、その機能を十分発揮させるために以下の内容を考慮して使用してください。
6.1
日常点検
定期的な保守はとくに必要としませんが、熱、湿気、ホコリなどの影響や使用の度合いにより、部品
劣化し、時には安全性を損なって事故につながることがあります。
下記の項目は日常点検で確認願います。
□ コネクタ類を抜き差しした場合、正しく作業が行われていることを確認してください。
□ 異常な音や臭気がしたり、異常に熱くなる等の危険な兆候を発見したら、すぐに使用を中止
して原因を調べてください。原因がわからない場合は弊社にご相談ください。
□ 正しく使われていて異常に気づいた場合、弊社までご連絡ください。
6.2
ヒューズが切れたら
通常の使用状態で、ヒューズが切れることはまずありません。もし切れたら原因を調べてください。
ヒューズが切れる原因には下記のようなことが考えられます。
(1) 弊社の指定環境以外で使われた場合
(2) 装置の故障
(3) ヒューズの劣化
原因が(1)、(2)の場合または、原因がわからない場合は弊社にご相談ください。
(3)が原因と思われる場合は、ヒューズを交換し、『6.1
日常点検』を行い様子を見てください。
☆ヒューズの交換
(1)
(2)
(3)
(4)
本体の電源を切り、電源ケーブルやその他接続ケーブルを抜きます。
ヒューズホルダ・キャップを矢印の方向に廻して開けてください。
新しいヒューズ(3A,250V)と交換してください。
ヒューズホルダ・キャップを矢印の逆方向に廻して締めてください。
注1)ノーマルブローヒューズ(ガラス管入り)をご使用ください。
-17-
6.3
異常とその処置
システムが異常を見つけた場合、モニタ画面に内容を表示します。
ただし、内容によってはお客様の作成したプログラムやケーブル接続等に問題がある場合があります。
よく調査し正しく使われていても異常がでる場合は弊社サポートにご相談ください。
『8.PCカードとシステム起動』もお読みください。
ただし、表示画面左上に表示される下記のようなメッセージはPCカードが正しく挿入されていない
か、カードにシステムファイルがインストールされていない可能性があります。 下記のようなメッセ
ージは他にもいくつかありますが、詳しくは『90X 操作説明書』を読んでください。また、システ
ムのインストールについても、『90X 操作説明書』および『90X ホスト通信プログラム操作説
明書』を読んでください。
-18-
7.本体各部の名称と取扱い/仕様
7.1
本体
通気孔
(両側面)
取付金具
注意
この皿ネジ(上面2ヶ所+側面2ヶ所)は電源ユニットの止めネジです。絶対に外さな
いでください。 もしもネジが外れると、電源ユニットが落下し、電源ショートによる
火災や基板が壊れる場合があります。
7.1.1
通気孔
(内部のCPU、LSI等の発熱部品を空冷するための、通気孔です。
『5.1 設置環境』、『5.2 設置方法』を参照してください。
注意
本体(筐体)は周囲と20mm以上離し、周囲と密着させないようにしてください。
本装置は本体および通気孔から放熱させていますので、密着させてしまうと内部温度が異常
上昇し、装置の暴走、破壊、火災の危険があります。
-19-
7.1.2
取付金具
(本体/筺体裏面(両側)に添付のネジで取付金具を取り付けると、この写真の状態になります)
『5.2 設置方法』、『10.1 取付金具の付け方』を参照してください。
注意
本体は小型・軽量のため、ケーブル等が引っ張られると、落下して装置を壊す事がありま
す。添付の取付金具等を利用して、設置してください。
-20-
7.2
正面パネル
POWER ON 表示
7.2.1
POWER
PC カードスロット
(押しボタン付き)
ON表示
背面の電源スイッチをONにすると緑色に点灯し、装置が通電状態であることを示します。
7.2.2
PCカードスロット(押しボタン付き)
PCカード(別売)の装着スロットです。
PCカードの挿抜は、電源スイッチがOFFの状態で行ってください。
『PCカードを入れる』
1.止まるまでPCカードを押し入れてください。
2.押しボタンが7mm程飛び出し、挿入は完了します。
『PCカードを抜く』
1.押しボタンを奥まで押してください。
2.押しボタンは本体内部に隠れます。
PCカードが飛び出します。
注意
(1) PCカードの挿入が不完全ですと、システム動作が正常に行われない場合があります。
(2) 電源スイッチがON状態(通電中)でのPCカード挿抜はお止めください。ファイル
のアクセス(読み出し/書き込み)中にカードを挿抜されるとファイル内容の破壊な
どの問題が発生するおそれがありますので、カードの抜き差しを行うときは必ず電源
を切ってください。
(3) 諸般の事情で本体カバーをはずす場合は、PCカードおよび押しボタンの突起が邪魔
なので、必ずPCカードを抜いてください。
-21-
7.3
背面パネル
外部同期入力
電源コネクタ
FG端子
ビデオ出力
ビデオ入力
ヒューズ
ストロボ出力
電源スイッチ
フォトカプラ絶縁 I/O コネクタ
外部機器制御コネクタ
RS232Cコネクタ
マウス・コネクタ
7.3.1
電源コネクタ(AC
INPUT)
添付の3P電源ケーブルを接続してください。
AC100V∼220V±10%(50/60Hz)のアース付き3P電源コンセントより電源
を供給してください。 『5.3 電源の配線』を参照してください。
7.3.2
FG端子(FG)
『5.3 電源の配線』を参照してください。
-22-
7.3.3
ヒューズホルダ(3A)
『6.2 ヒューズが切れたら』を参照してください。
7.3.4
電源スイッチ(POWER
ON/OFF)
各種ケーブル等の接続完了後に電源スイッチをONにして装置を使いましょう。
7.3.5
ビデオ入力(CAMERA
CH0/CH1/CH2/CH3)
TVカメラを最大4台まで接続でき、選択された1台のカメラより画像を取り込みます。
工場出荷時、各チャネルは本体内部で75Ω終端しています。
『10.3 75ΩターミネータのON/OFF』を参照してください。
(注)TVカメラ側のホワイトクリップを「ON」,「γ=1」にする事を推奨します。
また、フィールドまたはフレーム間で明暗差が激しい映像を入力するような場合は、TVカメラ
側の映像出力の結合方式を「DC結合」にする事を推奨します。
信号仕様
EIA−170規格準拠(RS−170に同じ)
映像信号 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.0Vp−p/75Ω
水平/垂直走査周波数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15.734KHz/59.94Hz
走査方式 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2:1インターレース
(1) PAL規格のカメラには対応していません。
(2) ビデオ信号に同期信号が含まれていない場合は、映像同期がとれません。
そのような場合は、外部同期入力に同期信号を接続してください。
(3) 接続するビデオケーブルは75Ωのものを使った時のみ、いわゆる『インピーダンス
マッチング(整合)』がとれた状態になり、信号のエネルギーが100パーセント伝
送されます。 これは映像信号における基本的な約束ごとです。
-23-
7.3.6
外部同期入力(SYNC
IN)
同期信号発生器等と接続します。(本体内部で75Ω終端しています。 ON/OFF できません。)
外部同期信号を接続する必要性は、下記の2種類に分けられ、映像信号よりも優先度の高い同期
信号として働きます。 つまり、このコネクタに同期信号が入力された場合、映像信号に関係なく
入力同期信号として扱われます。
●
●
カメラ接続コネクタより入力されるビデオ信号に同期信号が含まれていない場合。
カメラ接続コネクタより入力されるビデオ信号の同期信号を使わない場合。
信号仕様
EIA−170規格準拠(RS−170に同じ)
同期信号 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4.0Vp−p/75Ω
水平/垂直走査周波数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15.734KHz/59.94Hz
走査方式 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2:1インターレース
-24-
7.3.7
ビデオ出力(VIDEO
OUT)
TVモニタに接続します。(TVモニタ側は必ず75Ω終端してください。)
弊社従来機CSC901NT等と異なり、入力される同期信号が乱れても表示映像の同期は
乱れません。
信号仕様
EIA−170規格準拠(RS−170に同じ)
映像信号 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 1.0Vp−p(75Ω終端)
水平/垂直走査周波数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15.734KHz/59.94Hz
走査方式 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2:1インターレース
画像表示範囲(分解能)
水平:512画素
垂直:480画素
(1)映像は画面いっぱいに表示されるため、モニタを調節しないと端部が見えない場合
があります。
できれば、アンダスキャン対応のモニタを用意されると、簡単に調節が可能です。
推奨モニタ:PVM−96J(SONY) 9インチ
9VM20A(東京電子工業) 9インチ
-25-
7.3.8
ストロボ出力(STOROBO)
ストロボ装置に対して、ストロボ発光パルスを出力します。ストロボ装置のトリガ端子に接続し
てください。
各種のストロボ装置と接続できるように、出力形式は、『オープンコレクタ出力』と『TTL出
力』を用意しました。ストロボ装置の仕様に合わせて選んでください。(ソフトウェアで選択)
電気仕様
●
●
オープンコレクタ出力
TTL出力
IOL=30mA MAX
IOL=20mA MAX
タイミング仕様
発光タイミングは、出力メークのタイミング(パルスの立下がりエッジ)でとってくだ
さい。(ストロボ装置の仕様と合致している必要があります)
発光タイミング
-26-
7.3.9
PS/2マウス コネクタ(MOUSE)
メニュー画面操作のための、ポインティング・デバイスを接続します。
本装置が通電状態でも挿抜できます。
ポインティング・デバイス仕様
PS/2マウスインターフェース準拠のトラックボール、または、マウスを接続します。
MOUSEコネクタ
ピン番号
信号名
方向
1
DATA
⇔
信号説明
送受信データ信号
2
NC
未使用、接続なし
3
GND
電源/信号GND
4
+5V
→
マウスへの電源供給(+5V,
5
CLK
⇔
送受信クロック信号
6
NC
Max. 300mA)
未使用、接続なし
[注1]方向の→は出力/←は入力/⇔は双方向を示す
[注2]使用コネクタ(TCS7567−01−401 星電器 相当品)
6ピンミニDINメスコネクタ
[注 3]+5VラインにはPTCサーミスタ(ポリスイッチ)が挿入されています。
最大電流を越えて、PTCサーミスタが作動すると、+5Vは出力されなくなりま
す。 その様な場合には本装置の電源を切断し、+5Vラインが短絡していないか
どうかを確かめてください。
-27-
7.3.10
RS232Cコネクタ(RS232C
CH0/CH1)
勘合ネジはインチネジです。
RS232C(EIA−232)規格・調歩同期式のシリアル通信または、C−LINK高速
通信を提供します。 C−LINK通信は、『安価な標準RS232Cポートを利用した、弊社
独自の高速通信方式です。』
弊社製のRS232Cクロスケーブルで接続します。 市販のケーブルでは通信できないことも
ありますのでご注意ください。 『10.8 別売りケーブルの配線図』を参照してください。
調歩同期式シリアル通信仕様
ボーレート ・・・・・・・・・・・・・・・・・
データ長 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ストップビット ・・・・・・・・・・・・・
パリティ・ビット ・・・・・・・・・・・
フロー制御 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
全二重通信(割込処理)
1200∼76800bps
6∼8ビット
1,2ビット
無し/奇数/偶数
無し/Xon−off/RS−CS
C−LINK通信仕様
通信速度 ・・・・・・・・ 約50Kbps∼100Kbps(パソコン側の性能に依存します)
半二重通信
パソコンとの通信、または90Xシリーズ製品同士での通信をサポートしています。
(PC−9800シリーズ、PC/AT互換機に対応:
ホスト通信プログラムやC−LINKライブラリの形で提供しています。)
RS232C(CH0/CH1)コネクタ
ピン番号
信号名
方向
信号説明
1
NC(FG)
2
RXD
←
データ受信の信号線
3
TXD
→
データ送信の信号線
4
DTR
→
FV904が活動状態であることを示す。
5
GND
6
DSR
←
相手側が活動状態であることを確認する。
7
8
RTS
CTS
→
←
送信要求を相手に出す
相手が送信可であることを確認する。
9
NC
信号GND
[注1]方向の→は出力/←は入力/⇔は双方向を示す
[注2]使用コネクタ(RDED−9PE−LNA ヒロセ
9ピンDSUBオスコネクタ
-28-
相当品)
7.3.11
外部機器(カメラ)制御コネクタ(EXT.CONTROL)
下記、2通りの使用形態があります。
● カメラコントロール
● 外部装置との小規模インターフェース
信号仕様
RESET信号 :本体のリセット
BREAK信号 :NMI割り込み要求をします。(将来のための予約です。使用不可。)
TRG信号
:トリガ割り込み要求をします。
ALERT信号 :本体異常時の警報出力。
DI0∼3信号 :カメラコントロール(汎用入力としても使えます)
DO0∼3信号 :カメラコントロール(汎用出力としても使えます) IOL=30mA MAX
注1)DI0∼3/DO0∼3をカメラコントロールとして使う場合は、汎用入出力と
して使えません。
-29-
EXT.CONTROLコネクタ
ピン番号
信号名
方向
信号説明
1
RESET
←
リセット割込
2
TRG
←
トリガ割込
3
NC
4
DI1
←
TTL入力1(カメラCH1の状態確認用)
5
DI3
←
TTL入力3(カメラCH3の状態確認用)
6
GND
GND(信号/電源)
7
GND
GND(信号/電源)
8
+5V
→
+5V(テスト用電源出力)
→
+5V(テスト用電源出力)
9
+5V
10
NC
11
ALERT
→
アラート出力
12
DO1
→
オープンコレクタ出力1(カメラCH1へのトリガ)
13
DO3
→
オープンコレクタ出力3(カメラCH3へのトリガ)
14
BREAK
←
NMI割込(将来のための予約です。使用不可。)
15
NC
16
DI0
←
TTL入力0(カメラCH0の状態確認用)
17
DI2
←
TTL入力2(カメラCH2の状態確認用)
18
GND
GND(信号/電源)
19
GND
GND(信号/電源)
20
GND
GND(信号/電源)
21
+5V
→
+5V(テスト用電源出力)
22
+5V
→
+5V(テスト用電源出力)
23
NC
24
DO0
→
オープンコレクタ出力0(カメラCH0へのトリガ)
25
DO2
→
オープンコレクタ出力2(カメラCH2へのトリガ)
[注1]方向の→は出力/←は入力/⇔は双方向を示す
[注2]使用コネクタ(RDED−25SE−LNA ヒロセ 相当品)
25ピンDSUBメスコネクタ
[注3]+5VラインにはPTCサーミスタ(ポリスイッチ)が挿入されています。
合計電流が300mAを越えて、PTCサーミスタが作動すると、+5Vは出力さ
れなくなります。 その様な場合には本装置の電源を切断し、+5Vラインが短絡
していないかどうかを確かめてください。
-30-
7.3.12
フォトカプラ絶縁I/O接続コネクタ(DI/DO)
外部機器とフォトカプラ絶縁で接続します。
仕様
絶縁耐圧:フォトカプラ入出力間
AC500V/1分間
フォトカプラの発光素子に対して
駆動電流を流している状態を
駆動電流を流していない状態を
として説明します。
:ON状態
:OFF状態
(1)入力インターフェース
接続点数 ・・・・・・・・・・・・・ 16点
接続点信号名
DI0∼DI7
DI8∼DI15
コモン信号名
DICOM0
DICOM1
・・・・・・・・・・・・・ 1点(割込み要求可)
接続点信号名
コモン信号名
INTIN
INTCOM
[注]各コモン信号は分離されています。また、コモン信号の極性は+/−いずれでも
かまいません。
コモン信号
1K
1.8K
接続点信号(入力)
TLP620(東芝)
●
●
●
●
入力電圧範囲 ・・・・・・・・・・ DC 12V∼24V(±10%)
入力電流範囲 ・・・・・・・・・・ 5mA∼15mA/bit
フォトカプラ・スイッチング速度
・・・・・・・・・ 発光側をOFF⇒ON(ton) 約
3μS(標準)
・・・・・・・・・ 発光側をON⇒OFF(toff) 約 100μS(標準)
割り込み
割り込みに関する設定はソフトウェアで行います。
-31-
(2)出力インターフェース
●
接続点数 ・・・・・・・・・・・・・・ 16点
オープンコレクタ出力
接続点信号名
DO0∼DO7
DO8∼DO15
コモン信号名
DOCOM0
DOCOM1
[注]各コモン信号は分離されています。また、コモン信号は−極性です。
極性を誤って接続した場合、装置を破損する場合があります。注意して接続してく
ださい。
接続点信号(出力)
コモン信号
TLP627−4(東芝)
●
●
●
●
コモン接続点間電圧 ・・・・・・・・・・ DC30V(max)(推奨電圧範囲:12∼24V)
出力端子シンク電流 ・・・・・・・・・・ 120mA(max)(推奨電流範囲:0∼60mA)
電圧降下 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ Vsat=約 1V
フォトカプラ・スイッチング速度
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 発光側をOFF⇒ON(ton)
約
8μS(標準)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 発光側をON⇒OFF(toff) 約300μS(標準)
(参考)
『(株)ミスミ』などで、1本からでも特注フリースタイルケーブルを作成してくれ
ます。ホームページを参照してみてください。各地区ごとの連絡先などが判ります。
http://www.misumi.co.jp
注意
(1) 装置の電源スイッチのON/OFF時には、一時的に各フォトカプラが導通状態になる
場合があります。
-32-
DI/DOコネクタ
ピン番号
信号名
信号説明
ピン番号
信号名
信号説明
1
INTCOM
INTINのコモン
26
INTIN
割込み入力信号
2
3
4
5
6
7
DI0
DI1
入力I/F信号0
入力I/F信号1
DI0∼DI7のコモン
入力I/F信号4
入力I/F信号5
DI0∼DI7のコモン
27
28
29
30
31
32
DICOM0
DI0∼DI7のコモン
入力I/F信号2
入力I/F信号3
DI0∼DI7のコモン
入力I/F信号6
入力I/F信号7
入力I/F信号8
入力I/F信号9
DI8∼DI15のコモン
入力I/F信号12
入力I/F信号13
DI8∼DI15のコモン
33
34
35
36
37
38
DICOM1
出力I/F信号0
出力I/F信号1
DO0∼DO7のコモン
出力I/F信号4
出力I/F信号5
DO0∼DO7のコモン
39
40
41
42
43
44
DOCOM0
DICOM0
DI4
DI5
DICOM0
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
DI8
DI9
DICOM1
DI12
DI13
DICOM1
DO0
DO1
DOCOM0
DO4
DO5
DOCOM0
DI2
DI3
DICOM0
DI6
DI7
DI10
DI11
DICOM1
DI14
DI15
DO2
DO3
DOCOM0
DO6
DO7
DI8∼DI15のコモン
入力I/F信号10
入力I/F信号11
DI8∼DI15のコモン
入力I/F信号14
入力I/F信号15
DO0∼DO7のコモン
出力I/F信号2
出力I/F信号3
DO0∼DO7のコモン
出力I/F信号6
出力I/F信号7
20
DO8
出力I/F信号8
45
DOCOM1
DO8∼DO15のコモン
21
DO9
出力I/F信号9
46
DO10
出力I/F信号10
22
DOCOM1
DO8∼DO15のコモン
47
DO11
出力I/F信号11
23
DO12
出力I/F信号12
48
DOCOM1
DO8∼DO15のコモン
24
DO13
出力I/F信号13
49
DO14
出力I/F信号14
25
DOCOM1
DO8∼DO15のコモン
50
DO15
出力I/F信号15
[注1]使用コネクタ(57AE−40500−31CL(DDK)相当品)
50ピンアンフェノールタイプコネクタ
9相手側コネクタ
本装置へ接続するコネクタは、
アンフェノールタイプ 50ピンコネクタ(57E−30500(DDK)相当品)
をご使用ください。
注意
フォトカプラ絶縁I/Oは、結線間違い、使用電源の電圧、極性間違い等により、正常動作
しないだけでなく、FV904本体またはお客様側の装置を破壊する事があります。システ
ム構築時には、十分な検討、確認を行ってください。
-33-
-34-
8.PCカードとシステム起動
FV904は、PCカードによるファイル・システムを装備し、プログラム及びデータを保存/管理
しています。 プログラムはPCカードからメモリにロードされ実行されます。
8.1
システムの起動方法
システム・インストール済みの『PCカード』をPCカードスロットに挿入して電源スイッチを
ONにすることにより、904システムメニューが起動します。
詳しい操作は『90X 操作説明書』や『90X ホスト通信プログラム操作説明書』を読んでくだ
さい。
システムが正しく起動しない場合、以下の内容を読んだ上で『6.3
ださい。
異常とその処置』を参照してく
PCカードの内容が破壊された場合にはシステムが正しく起動しません。
FV904ではPCカードの内容が弊社従来機種「CSC901」シリーズとは異なりシステム起動
に要するファイルが複数存在します。 (CSC901シリーズでは1ファイルでした。)
したがって、お客様方でPCカード内容のファイルが破壊されてしまったような場合、破壊されたフ
ァイル/ディレクトリ内容にによっては「CSC901シリーズ」と同じような復帰手段が適用できま
せん。 但し、システムプログラムだけが消去された場合は同様の復帰手段が適用できます。
他のファイルが消去された場合およびフォーマット形式そのものが破壊された場合には、同様の復帰
手段が使用できません。
そのような場合には、『90X 操作説明書』『90X 操作説明書』
『90X ホスト通信プログラム操作説明書』等をお読みになり、弊社サポートにご相談下さい。以下
にFV904システムの概略のファイル/ディレクトリ構成を示します。 この構成内容は予告なく変
更されることがあります。 ご了承下さい。
¥(root)――┬―[¥CSC904¥]―┬―
│
└─
└―[¥FS0¥
]―┬―
├―
├―
│
8.2
●
904BIOS.ELF
(HIPSプログラム)
DISPK16B.FNT
(漢字フォント
)
904_SYS.SYS
(システムプログラム)
システムパラメータファイル
その他、ユーザファイル等
使用できる「PCカード」(1999 年 11 月 1 日現在)
(株)日立製作所
型
名
容
量
備
考
8M
HB28x008Ax
A4: HB289xxxA4 (008/016/032/048)
16M
HB28x016Ax
32M
HB28x032Ax
48M
HB28x048Ax
注1)型名は、カード裏面に小さな文字で表示されており末尾の“x”記号および“28x...”
の数字は、カード容量および世代交代などの理由により変わることがあります。
弊社から購入されたPCカード以外のPCカードでの動作保証はできません。
ご了承ください。
-35-
8.3
PCカード使用上の注意点
注意
(1) 弊社のPCカード・ファイルシステムは、FV904シリーズ間および DOS/Windows との
互換性を保っていますが、弊社従来の装置(CSC901シリーズ)で記録されたPCカ
ードとの互換性はありません。
CSC901シリーズの装置で記録された『PCカード』をFV904で使用した場合、
FV904は正常に起動しません。また、『PCカード』の内容を破壊する可能性があり
ます。
その様な『PCカード』を使用する場合はFV904でフォーマット仕直し、
FV904のシステムを構築してから使用してください。
(2) FV904で記録された『PCカード』を、CSC901シリーズの装置に挿入した場合も
『PCカード』の内容を破壊する可能性があります。
(3) 電源を投入後、システムが立ち上がる迄の間、電源を切断しないでください。
ファイルの内容を、破壊する恐れがあります。
8.4
『PCカード』の取り扱いについて
注意
(1)データの保存
『PCカード』は、半導体製品であり書込寿命や故障する場合があり、大切なプログラム
/データ・ファイルを失う恐れがありますので、『PCカード』のデータはパソコン等を
用いて必ずバックアップを取るようにしてください。
『PCカード』をパソコン等のPCカードスロットに装着してバックアップを取ることが
できます。
RS232C等の通信ラインでバックアップを行う場合の操作方法は『90X ホスト通
信プログラム操作説明書』の[ファイル操作]>[コピー]関連の項目を参照してくださ
い。
(2)『PCカード』の保存
『PCカード』単体で保存する場合は、以下の項目に注意してください。
● 落としたり、手で曲げたり強い衝撃を与えないでください。
● PCカードの平板面を押さないでください。
● 水に濡らさないでください。
● 直射日光の当たる場所や暖房器具の近くに置かないでください。
● コネクタ部にゴミやホコリが入らないよう注意してください。
● 静電気防止のため輸送・保管時は必ず静電気対策包装を行ってください。
-36-
9.12PIN ビデオパネル(オプション)の取り扱い
FV904の映像関連接続コネクタはパネル・モジュールの形態となっており、交換が可能です。
交換モジュールには下記の2種類を用意しております。
9 BNCビデオパネル (標準モジュール)
9 12PINビデオパネル (オプションモジュール)
注1)FV904標準品には、BNCビデオパネルが取り付けてあります。
12PINビデオパネルは、FAカメラ業界標準の12PINヒロセコネクタを映像信号入力、カメラ
電源供給に使うためのオプション・モジュールです。モジュールには[SYNC IN]、[VIDEO
OUT]、[STROBO]のBNCコネクタも付いていますが、それらについては『7.本体各部の名
称と取扱い/仕様』をご覧ください。
これからの説明は、12PINビデオパネルを使われるお客様に、仕様、注意点を理解していただくた
めの説明です。よくお読みのうえ、正しくお使いください。
9.1
商品の確認
購入品が、お手元に届きましたら、下記のとおり揃っているかどうかご確認願います。
万一、足りない場合や破損していた場合は、ただちに弊社営業までお申し出ください。
●
12PINビデオパネル
注1)FV904購入時に12PINビデオパネル仕様での納品を希望された
場合は、すでに本体に取り付けられています。
-37-
9.2
一般仕様
注意
12PINビデオパネルを使用するにあたり、安全上の非常に重要な内容が書かれています。
また、システムの信頼性を高め、その機能を十分発揮させるためによく読み十分理解の上ご使用く
ださい。
◆ カメラへ供給可能な電源は
9 電圧
+12V±1.5V
9 消費電流
230mA/1チャネル(CH0∼3の総電流容量:1A以内)
カメラの電圧、消費電流が上記に当てはまらない場合は、絶対に接続しないでください。
本体または、カメラに異常が発生し、壊れる場合があります。
◆ カメラ入力コネクタにFAカメラ業界標準の、HR10A−10R−12SB(ヒロセ)を使用
しました。接続信号は映像信号、電源のみとしました。
弊社コネクタ信号配置は下表のようになっています。お客が使用されるカメラの信号配置と照合
し、問題ない場合にカメラを接続してください。
信号配置に相違がある場合は、絶対にカメラを接続しないでください、本体またはカメラが壊れ
る場合があります。
カメラコネクタ(HR10A−10R−12SB)信号配置
ピン番号
信 号 名
方向
GND
備
1
POWER
2
+12V
3
VIDEO
4
VIDEO入力
5
GND
GND
6
NC
未接続
7
NC
未接続
8
NC
未接続
考
電源GND
→
GND
カメラへの供給電源
映像信号
←
GND
カメラからの映像信号入力
9
NC
未接続
10
NC
未接続
11
NC
未接続
12
GND
GND
[注1]+12VラインにはPTCサーミスタ(ポリスイッチ)が挿入されています。
カメラCH0∼3の合計電流が1Aを越えて、PTCサーミスタが作動すると、
+12Vは出力されなくなります。 その様な場合には本装置の電源を切断し、
+12Vラインが短絡していないかどうかを確かめてください。
-38-
9.3
ビデオパネルの交換方法
BNCビデオパネルを12PINビデオパネルに交換する場合の交換方法について説明しますが、
その逆でも同様の方法で交換ができます。
◆ビデオパネルのはずし方
1.『10.2
本体カバーの開け方』に従い、本体カバーを開けてください。
<静電気注意>
2.写真のように、基板が現れます。
ビデオパネル
接続コネクタ
3.両端の突起を同時に内側につまむとコネクタがはずれます。
4.ビデオパネル板止めネジ2ヶ所をはずしてください。ビデオパネルがはずれます。
◆ビデオパネルの取り付け方法
1.ビデオパネル板を止めネジ(3mmネジ、2本)で固定してください。
2.ビデオパネル接続コネクタを“カチャ”と音がするまで差し込んでください。
-39-
-40-
10.補足説明
10.1
取付金具の付け方
(1)
(2)
(3)
(4)
本体の電源スイッチをOFFにします。
本体に接続されている、ケーブル類はすべてはずしてください。
本体を裏返します。
写真のように取付金具を添付ネジでしっかりと固定してください。
注意
添付ネジ以外のネジを使用する場合は添付ネジと同じM3×6mmセムスネジ(大ワ付)
のネジにしてください。
長すぎるネジは本装置内部を破壊するおそれがあります。
-41-
10.2
本体カバーの開け方
<静電気注意>
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
本体の電源スイッチをOFFにします。
本体に接続されている、ケーブル類はすべてはずしてください。
PCカードの押しボタンを奥まで押し、カードを抜いてください。
本体カバー両側面のネジ(4ヶ所)をはずします。
本体カバーを上に持ち上げることにより、開きます。
DC電源ケーブル
メインメモリ (DIMM)
本体カバーを開けた写真
注意
[注1] PCカードの押しボタンが本体内部に隠れた状態でないと、本体カバーを開けることは
できません。
[注2] 本体カバーは底板と隙間なく接触しているため、持ち上げにくい場合があります。
底板を押さえて慎重に作業してください。
[注3] 内部では本体カバーと基板間はDC電源ケーブルで接続されています。
ケーブルを引っ張らないように注意してください。
[注4] 本体内部のメインメモリ(DIMM)は垂直に立った状態で実装されています。
メインメモリ(DIMM)に物をぶつけないよう十分に注意してください。
-42-
10.3
75ΩターミネータのON/OFF
FV904では映像入力の終端抵抗(75Ωターミネータ)をON/OFFできるようになっていま
す。 但し、工場出荷時は全てONの状態に設定されています。 75Ωターミネータの設定状態を変
更される際には本体カバーを開け、写真に示す75Ωターミネータ設定スイッチを変更してください。
『10.2 本体カバーの開け方』を参照してください。<静電気注意>
75Ωターミネータ
設定スイッチ
75Ωターミネータ設定スイッチ
SW1
設定表
スイッチ
番号
対応チャネル
工場出荷時
設定
SW1-1
映像入力CH0
ON
ON:75Ω終端/OFF:開放
SW1-2
未使用
ON
変更しないでください。
SW1-3
映像入力CH1
ON
ON:75Ω終端/OFF:開放
SW1-4
未使用
ON
変更しないでください。
SW1-5
映像入力CH2
ON
ON:75Ω終端/OFF:開放
SW1-6
未使用
ON
変更しないでください。
SW1-7
映像入力CH3
ON
ON:75Ω終端/OFF:開放
SW1-8
未使用
ON
変更しないでください。
備
考
※具体的には下の図に示すように、1台のTVカメラ映像を複数台の画像処理装置やCRTモニタに接続
する場合に用います。
T型コネクタ
TVカメラ
75Ω終端OFF
FV904
-43-
75Ω終端ON
CRTモニタ
FV904
その他
10.4
PCカードファイルシステムについて
10.4.1
ファイル・システム仕様
ファイル形式
:
最小容量
:
最大容量
:
最大ファイル数:
書換保証回数 :
挿抜寿命
:
DOS/Windows互換形式
(具体的なファイル形式では、FAT16またはFAT12形式に
対応しています。 FAT32形式は対応していません。
)
8Mバイト
特に制限なし
ファイルメニューにて表示出来るのは256個まで
100,000回 (500KB程度のファイルの書き換えにおいて)
10,000回
システム・プログラムの起動に要する時間: 約10秒(プログラム・サイズ/バージョンによります)
ユーザ・プログラムの起動に要する時間 : 約1秒 (プログラム・サイズによります)
(注1)上記の内容はシステム・プログラムやライブラリ等の改良(バージョンアップ)等に
より変化していくものです。 ご了承下さい。
(注2)各プログラムの起動に要する時間は、PCカードの種類や世代によっても変動します。
-44-
10.5
映像信号廻り仕様
10.5.1
映像入力チャネル切り換え
映像入力チャネルを高速に切り換えるには、各チャネルの映像信号を同期化してください。
1H時間(63μs)以内に映像信号レベルは安定しますので連続取込が可能です。
ただし、下記のような場合、映像信号のレベルに差が生じて、切り換え後の映像信号レベルの
安定に時間を要することがあります。
● 切り換えチャネル間に、無効チャネルまたは同期の異なるチャネルが含まれるとき。
● コンポジット・ビデオ信号の同期信号レベルが異なる(誤った終端抵抗接続等)とき。
無効チャネル:映像信号が入力されていないチャネル(未接続/カメラ電源off/等)
10.5.2
オフセット調整
入力映像信号は、A/D変換される前にオフセット・レベルを加算します。
オフセット制御は、EIA-170 規格映像信号(700mV振幅)に対して±20%(約140mV)
の範囲でご使用ください。(±20%以上を可変できる場合がありますが、その範囲は装置個々に
変動し保証いたしかねます。)
AD変換範囲
255
+20%
0
-20%
オフセット調整はA/D変換に入力する映像信号の基準レベルの微調整が必要な場合に使用し、
むやみに調整することはお奨めできません。
10.5.3
8ビットA/D
入力映像信号は8ビットにA/D変換します。
<A/Dコンバータ特性>
分解能
: 8bit/フルスケール
変換特性
: 直線
サンプリングモード : ポイントサンプリング(2ステップ・パラレル方式)
サンプリングレート : 12.115 MHz
12.2727MHz 切り換え方式
-45-
10.5.4
A/Dコンバータ・サンプリングレート
アスペクト比が重要なアプリケーションのために、映像クロックを2種類準備しました。
最適なクロックを選択してください。(映像クロックはシステムで選択します。映像クロックは
代表カメラ名で表示しました。)
映像クロック
映像クロック表示名
TI−324A
(日興電気通信)
TI−124A
(日興電気通信)
サンプル周波数
標準
12.115MHz
◎
12.2727MHz
映像クロック選択
代表的なカメラの映像クロック
型番
メーカ
TI-324A
TI-324AⅡ
TI-124A
TI-124B
TI-124EX
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
XC-EU/ES/EI/ST30
XC-EU/ES/EI/ST50
XC-ST70
最適な『映像クロック』選択
アスペクト比
X=1 対する Y値
TI−324A(標準設定)
TI−124A
TI−124A
TI−124A
TI−124A
0.9999
0.9975
0.9999
0.9999
0.9999
SONY
SONY
SONY
TI−124A
TI−124A
TI−124A
0.9988
1.0000
0.9975
TM-9700
TM-9700R
TM-9700M
PULNIX
PULNIX
PULNIX
TI−124A
TI−124A
TI−124A
1.0049
1.0049
1.0049
IK-542
TOSHIBA
TI−124A
0.9999
-46-
9 アスペクト比の求め方(X=1とした時のYの求め方)
●
●
●
●
fccd
fs
H ,V
Y /X
:CCDの水平駆動周波数[MHz]
:サンプル周波数
:CCDセルサイズ
:アスペクト比
fs
Y =
fccd
H
V
映像クロックに対する代表的なカメラのアスペクト比計算結果
fs1=12.115MHz fs2=12.2727MHz
fccd
型番
TI-324A
TI-324AⅡ
TI-124A
TI-124B
TI-124EX
メーカ
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
日興電気通信
XC-EU/ES/EI/ST30 SONY
XC-EU/ES/EI/ST50 SONY
XC-ST70
SONY
CCD水平駆動
セルサイズ
セルサイズ
周波数[MHz]
H[μm]
V[μm]
14.31818
14.31818
14.31818
14.31818
14.31818
11
11.6
8.4
8.4
8.4
13
13.5
9.8
9.8
9.8
0.9999
0.9847
0.9871
0.9871
0.9871
1.0129
0.9975
0.9999
0.9999
0.9999
14.318
14.318
14.318
6.35
8.4
11.6
7.4
9.8
13.5
0.9860
0.9871
0.9847
0.9988
1.0000
0.9975
TI-324Aを選択 TI-124Aを選択
y(x=1)
y(x=1)
TM-9700
TM-9700R
TM-9700M
PULNIX
PULNIX
PULNIX
14.31818
14.31818
14.31818
11.6
11.6
11.6
13.6
13.6
13.6
0.9920
0.9920
0.9920
1.0049
1.0049
1.0049
IK-542
TOSHIBA
12.272725
9.9
9.9
0.9871
0.9999
TI−324A(日興電気通信)は1997年12月で製造中止されていますが、後継機
種としてTI−324AⅡが販売されています。 アスペクト比の相違(上記表を参照)等
がありますので注意してください。 また、出力映像信号の結合回路も変更されております
ので、注意してください。 TI−324AⅡではDC結合を推奨します。
-47-
10.6
フォトカプラ絶縁I/O
10.6.1
割り込み設定
ソフトウェアによって行います。
さい。
10.6.2
『90X I/O拡張ライブラリ説明書』を参照してくだ
入力インターフェイス例
入力電圧範囲 : DC12V∼24V(±10%)
入力電流範囲 : 5mA∼15mA
DC+12V∼+24V
FV904
DICOMx
1K
1.8K
DIx
5mA∼15mA
ドライブ側
DC+12V∼+24V
INTCOM
割込設定
に依存
1K
1.8K
INTIN
5mA∼15mA
ドライブ側
9 ドライブ側は、オープンコレクタ形又は電流駆動形を使用します。
-48-
10.6.3
出力インターフェイス例
出力−コモン端子間耐圧 :
30V
(max)
(推奨電圧範囲:12∼24V)
出力端子シンク電流
: 120mA(max)
(推奨電流範囲:0∼60mA)
電圧降下(Vsat)
: 約1.0V
□ リレーを駆動する場合
ドライブ電流 I は次式で概算します。
I = ( V − Vsat
)/ R
FV904
I
DOx
コ
イ
ル
抵
抗
Vsat
R
-
DOCOMx
+
v
□ C−MOSを駆動する場合
DC+5V
FV904
DOx
I
Vsat
DOCOMx
Vsatが約1Vありますので、TTLレベルの駆動は避けてください。
-49-
2.7K∼3.3K
□ フォトカプラを駆動する場合
ドライブ電流 I は次式で概算します。
I = ( V − Vsat − Vf
)/ R
+DC5V
R
FV904
Vf
DOx
Vsat
DOCOMx
-50-
I
10.7
外部機器制御コネクタの使い方
10.7.1
カメラコントロールをする場合
カメラコントロールケーブルの作成
弊社ではカメラコントロール用のケーブルは用意しておりません。お客様でご用意してください。
『カメラコントロールケーブルの接続表』(使用するチャネルの接続だけを行ってください)
VIDEO
カメラ側
EXT.CONTROL
信号名
コネクタ
12pin コネクタ
コネクタ
CH0
CH1
CH2
CH3
SI信号
TRG信号
GND
SI信号
TRG信号
GND
SI信号
TRG信号
GND
SI信号
TRG信号
GND
10
11
1
10
11
1
10
11
1
10
11
1
16
24
18
4
12
6
17
25
19
5
13
7
[使用コネクタについて]
カメラ側12pinコネクタ
: HR10A−10P−12S(ヒロセ)相当品
EXT.CONTROLコネクタ: DSUB25ピン オス形コネクタ
(OMRON XM2A−2501相当品)
注意
1. カメラ側12pinコネクタは非常にピン間隔も狭く、ピン番号を間違えやすいです。
カメラの説明書を参考にして間違いのないように作業を行ってください。
2. 接続誤りがありますと、動作しないだけでなくカメラおよび装置を壊すことがあります。
VIDEO
OUT
カメラ
FV904 CAMERA(CH0∼3)
POWER INPUT
ACアダプタ
CH0用
AUX
CH3用
FV904
EXT.CONTROL
HR10A-10P-12S
-51-
(1) IK−542(東芝)カメラによるランダム・トリガー入力
全画素(512×480)ランダムトリガ
SYNCノンリセットモード
をサポートします。
IK−542内部スイッチの配置と機能
OPT ・ TTL
S201
S202
ON
↓
OFF
123456
S101
1 ・ 0.45
IK−542カメラ内部スイッチ配置図
スイッチ名
S201①∼④
S201⑤
機 能 名
トリガモード
フリーズ
低速シャッター
(1/30秒)
トリガ入力
インピーダンス切換え
ガンマ補正切換え
S201⑥
S202
S101
スイッチ位置
下表参照
OFF
OFF
TTL
1.0
IK−542パルストリガモード
S201①
OFF
S201②
OFF
S201③
OFF
S201④
ON
電子シャッターSW
0∼E
動作説明
1 パルストリガ SYNC ノンリセットモード
IK−542電子シャッターの設定方法
電子シャッタースイッチの数字は下表のシャッター速度に対応しています。
スイッチポジション
シャッター速度(秒)
スイッチポジション
シャッター速度(秒)
0
1
2
3
4
5
6
7
1/60
1/100
1/125
1/250
1/500
1/1000
1/1500
1/2000
8
9
A
B
C
D
E
F
1/3000
1/4000
1/6000
1/8000
1/10000
1/30000
1/50000
禁止
-52-
(2) TI−324A(日興電気通信)カメラによるランダム・トリガー入力
片フィールド(512×240)ランダムトリガ
SYNCリセットモード
をサポートします。
『TI−324A内部スイッチ設定』
スイッチ名
S301(10)
S301(7)
機
能
名
ランダムトリガ
モード
カメラ走査方式
切替
シャッタ速度切替
(1)
シャッタ速度
SW501
(1)
OFF
ON
OFF
ON
S301(3)
(2)
スイッチ位置
ゲイン切替
選
択
機
能
SYNCリセットモード
SYNCノンリセットモード
インターレース
ノンインターレース
OFF
OFF OFF OFF
OFF
OFF
ON
ON
OFF OFF
OFF
ON
OFF
ON
OFF
1/60
1/100
1/250
1/500
1/1000 1/2000 1/4000 1/10000
NORMAL
ゲイン0db
GAINUP
ゲイン+10db
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
OFF
ON
:標準設定
カメラ購入後、設定変更されていない場合は標準設定がその様になっていますのでそのままにし
てください。ただし、シャッタ速度は標準設定では1/60秒です。
変更の必要が有る場合はTI−324Aの取扱説明書に従って設定し直してください。
(2) ゲイン切替は、シャッタ速度が速く、画面が暗い場合、画面を明るくするのに用います。
印部での使用は、なるべく避けてください。
(3)
(1) 外部同期信号の入力は行わないでください。
(2) 映像取り込み要求がVブランク期間内に出された場合、シャッタタイミングはVブラン
ク終了まで待たされます。(最大1.5ms)
(3) シャッタ速度は、1/2000以上のスピードを使用してください。
(4) 1/100∼1/1000のシャッタ速度で使用すると、取り込んだ映像が垂直方向に
ズレる可能性があります。
(5) TI−324A(日興電気通信)は1997年12月で製造中止し、後継機種として
TI−324AⅡが販売されていますが、アスペクト比の相違等がありますのでご注意
ください。 また、出力映像信号の結合回路も変更されておりますので、注意してくだ
さい。 TI−324AⅡではDC結合を推奨します。
-53-
10.8 別売りケーブルの配線図
10.8.1
RS232C シリアルケーブル3(9pin メス−25pin オス)
☆外形・寸法
4m
①
②
凹メス
凸オス
XM2D-0901(OMRON)相当品
固定ネジ:インチ(#4-40UNC)
XM2A-2501(OMRON)相当品
固定ネジ:ミリ(M2.6×0.45)
表10−1
信号名
RxD
TxD
DTR
SG
DSR
RTS
CTS
①FV904
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
②相手機器
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
-54-
信号名
FG
TxD
RxD
RTS
CTS
DSR
SG
DTR
10.8.2
RS232C シリアルケーブル5(9pin メス−9pin メス)
☆外形・寸法
4m
①
②
凹メス
凹メス
①,②:XM2D-0901(OMRON)相当品
固定ネジ:インチ(#4-40UNC)
表10−2
信号名
RxD
TxD
DTR
SG
DSR
RTS
CTS
①FV904
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
②相手機器
ピン番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
-55-
信号名
RxD
TxD
DTR
SG
DSR
RTS
CTS
10.9
ブロック図
FlashROM
(EXT)
8
Connector
PS/2
Port
SCI
SH-4
(200MHz)
64
64
16
FlashROM
(INT)
16
PC-Card
SDRAM
DIM
M
CH3
|
CH0
Capture
FIFO
Analog
Circuit
64
16
16
A/D
BUS
Buffer
16
8
8
EXT.CONTRO
L
FLEX10KE
4+4+x
64
16
(MAIN Logic)
FLEX6000
(I/O Logic)
16+1
16
to CRT
D/A
8
Primary BUS
64bit 66MHz
Secondary BUS
16bit 66MHz
の部分は5V動作です。
5V←→3.3Vのインタフェースができない部分
に関してはバッファが入っています。
-56-
RS-232C
x2
DI/DO
10.10
CSC901NTとの相違点比較
FV904とCSC901NTの仕様比較
項
目
FV904
筐体サイズ
A4ノートサイズ
備
考
体積(100%),重量(89%)
ほぼ同等
2 CPU
HD6417750(200MHz)
i80960CF(40MHz)
性能的には、2∼5倍
3 メインメモリ
32M
4/16M
8倍/2倍
4 メモリバス
64Bit, 66MHz
32bit, 40MHz
ほぼ4倍
RS232C
1チャネル増加
5
9pin(オス)-2CH
9pin(オス)-1CH
(EIA-232)
およびビットレートを増大
6 ファイル形式
DOS/Windows互換
独自形式
変更
7 C−NET
なし
9pin(メス)
廃止
8 MOUSE
6pin(MiniDINメス) 9pin(メス)
PS/2仕様MOUSEに変更 ※
9 DI/DO
入出力各16点
入出力各16点
レベル割込を廃止、他は互換
10 映像入力終端切換 終端抵抗ON/OFF可能 不可能
新規
11 画像表示
入力同期に非依存
入力同期に依存
変更
12 冷却ファン
なし
あり
発熱が少ないので削除
※ トラックボール(マウス)の操作量に対するカーソルの移動量が異なる場合があります。
本仕様は予告無く変更する場合があります。
1
A4ノートサイズ
CSC901NT
300×216.5×65 (1.7Kg) 300×216.5×65 (1.9Kg)
-57-
-58-
11.保証について
本製品は、一般的な商業・工業用途で使用されることを意図して設計されております。
従いまして、極めて高い信頼性が要求される下記のような特定用途へのご使用は避けてください。
自動車電装、列車制御、交通信号制御、燃焼制御、防火・防犯装置、航空宇宙機器
海底中継機器、原子力制御システム、生命維持のための医療機器等
本製品は、厳格な検査を経て出荷されておりますが、万一製造上の不備による故障または輸送中の
事故等による故障が発生した場合には、弊社営業までご連絡ください。
なお、本製品の保証期間は納入日から1年です。
この期間に発生した故障で原因が明らかに弊社にあると判断された場合には無償修理致します。
[注1]修理はユニット、ボードまたは部品交換で対応させていただきます。
[注2]本保証は日本国内においてのみ有効です。
This warranty is valid only in Japan.
下記項目に当てはまる場合は、保証対象外となりますのでご注意ください。
1)取扱説明書・仕様書に記載の使用方法や注意に反するお取り扱いによって生じた故障または損傷
2)天災・火災ならびに公害や異常電圧や指定外の電源(電圧,周波数)の使用、その他外部要因に
よる故障または損傷
3)お客様ご自身の修理、改造による故障または損傷
4)接続している他の機器に起因する故障または損傷
5)車両や航空機や船舶等に搭載された場合による故障または損傷
6)日本国外での使用による故障または損傷
12.サポートが必要な場合
本製品について疑問や問題が生じた場合、まず、本書の最終頁に示す弊社テクニカルサポートまで
お問い合わせください。 より正確な情報を確認し、迅速なサポートをするために、なるべく E-mail,
FAX にてお問い合わせ下さい。 シリアル番号、図、画面表示内容、メッセージ等を明確に伝達するこ
とができます。
なお、お問い合わせの際は必ずシリアル番号(本体底面または背面に貼付)をお知らせください。
また、ユーザー登録番号をお持ちの方はユーザー登録番号もお知らせ下さい。 これらはサポート上、
製品構成などを知るうえで大変重要な情報になります。
-59-
904シリーズ
FV904 取扱説明書
2004年3月第6版第1刷発行
発行所
本
株式会社ファースト
社 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2791−5
ユーザ・サポート
FAX 046-272-8692
TEL 046-272-8691
E-mail : [email protected]
B-000806
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement