取扱説明書

取扱説明書
LAN/GPIO ユニット
LANIO-88RH
取扱説明書
株式会社メイツ電子
安全にお使い頂くために
設置やご使用開始の前に必ずお読みください
警告
この表示を無視して誤った取扱をすると死亡または重傷を負う
注意
この表示を無視して誤った取扱をすると人が障害を負ったり、
可能性が想定される内容を示します
物的損害の発生が想定される内容を示します
絵表示の説明
●注意(警告を含む)が必要なことを ●必ずして欲しい行為
示す記号
(強制、指示行為)を示す記号
一般的注意
一般的指示
プラグをコンセントから抜く
●してはいけない行為
(禁止行為)を示す記号
禁止
水ぬれ禁止
分解禁止
ぬれ手禁止
Rev1.0
1
警告
万が一次のような異常が発生した時は使用を中止してください
―――――――――――
煙が出ている、変なにおいがするなどの異常のとき。
内部に水や物がはいってしまったとき。
電源ケーブルが傷んだとき(断線、芯線の露出など)
このようなときはすぐに電源を切り、電源プラグをコンセントから抜いたあと、本製品を設置
した業者または弊社に修理を依頼して下さい
不安定な場所に置かない
―――――――――――――――――――――――――――
ぐらついた台の上や傾いた所には置かないでください
落ちたり、倒れたりしてけがの原因となります。
取扱説明書に記載された電源電圧以外で使用しない
―――――――――――――――
火災や感電の原因になります。
ぬらさない ―――――――――――――――――――――――――――――――――
火災や感電の原因になります。
改造しない ―――――――――――――――――――――――――――――――――
本製品のカバーやキャビネットを分解等はなさらないでくだ
さい
内部には電圧の高い部分があり火災や感電の原因となりま
す。
電源ケーブルを傷つけない
――――――――――――――――――――――――――
電源ケーブルを傷つけると、火災や感電の原因となります
電源ケーブルを加工しない
電源ケーブルの上に重いものをのせない。
電源ケーブルを熱器具に近づけない
無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったりしない。
電源プラグはコンセントの奥まで確実に差し込む
―――――――――――――――――
ショートや発熱により火災や感電の原因になります。
また、たこ足配線はしないでください
Rev1.0
2
注意
次のような場所には置かない
―――――――――――――――――――――――――
火災や感電の原因になることがあります。
湿気やほこりの多いところ
熱器具の近くなど。
窓際など水滴の発生しやすいところ。
油煙や湯気のあたるところ
通風孔をふさがない
―――――――――――――――――――――――――――――
この機器の通風孔をふさがないでください。
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災や故障の原因とな
ることがあります
移動するときは電源ケーブルや接続ケーブル類をはずす
――――――――――――――
接続したまま移動するとケーブル類に傷がつき、火災や感電
の原因となることがあります。
長時間使用しないときは電源プラグを抜く
――――――――――――――――――――
電源が「切」でも機器に電気が流れていますので安全及び節
電のためにも電源プラグは抜いてください。
お手入れの時は電源プラグを抜く。抜くときは必ずプラグを持って抜く
―――――――
お手入れの際は安全のために、必ず電源プラグをコンセント
から抜いて行ってください。また電源プラグを抜くときは、
必ずプラグを持って抜いてください。電源ケーブルを引っ張
るとケーブルが傷つき、火災・感電の原因となることがあり
ます。
濡れた手で電源プラグを抜き差ししない
―――――――――――――――――――――
濡れた手で電源プラグを抜き差ししないでください。
感電の原因になることがあります
本体付属の AC アダプタまたは、電源ケーブル以外は使わない
―――――――――――
付属のもの以外をご使用になられますと、不適合により火災
や感電の原因になることがあります。
Rev1.0
3
目次
安全にお使い頂くために .................................................................... 1
目次 ...................................................................................... 4
はじめに .................................................................................. 5
保証について .............................................................................. 5
安全のための注意事項 ...................................................................... 5
付属品の確認 .............................................................................. 5
各部の名称 ................................................................................ 6
入出力インターフェース .................................................................... 7
LAN(Ethernet)によるコントロール ........................................................... 8
IP アドレスの変更 ......................................................................... 8
通信規約 ................................................................................. 13
コマンド一覧 ............................................................................. 14
仕様 ..................................................................................... 16
Rev1.0
4
はじめに
この度は、LAN/GPIO ユニットをお買い上げいただき誠にありがとうございます。本製品の性能を十分引
き出してご活用いただくために、ご使用前に必ずこの「取扱説明書」をお読み下さい。
また、お読みになった後は、本製品近くの見やすい場所に保管してください。
保証について
本製品が万一故障した場合は、購入日から1年間無償修理を致します。
但し、保証期間内でも次の場合には有償で修理させていただきます。

火災、天災、異常電圧などによる故障、損傷

不当な修理、調整、改造された場合

取扱が不適当なために生じる故障、損傷

故障が本装置以外の原因による場合
保守部品の保有機関
製造中止製品につきましては5年間保守部品を常備いたします。
但し、不測の事態により保守部品の在庫がなくなった場合、修理が行えないケースがございますのであ
らかじめご了承下さい
安全のための注意事項
別紙の「安全にお使い頂くために」を必ずお読みください。
製品全般の注意事項が記されています。
万一、異常が発生したらただちに使用を中止してください
異常な音やにおいがする
使用を中止する
煙が出た
電源を切る
内部に水や異物が入った
電源コードを抜く
製品を落としたりして破損した
販売店または弊社に連絡する
付属品の確認
本製品には、以下の品物が入っております。梱包には万全を期しておりますが不足や破損がございまし
たら、お手数ですが弊社までご連絡ください。
LANIO-88RH 本体 ······················ ····························· 1台
接点入出力コネクタ(9 極ユーロブロック) ··························· 4ヶ
ACアダプタ(DC12V) ················ ····························· 1ヶ
取扱説明書(本書) ··················· ····························· 1冊
保証書 ····················· ········· ····························· 1部
Rev1.0
5
各部の名称
正 面
OUTPUT
通電
1
2
3
4
5
6
7
8
INPUT
通電 LED
通電 LED
状態表示LED
本機に通電時青色点灯します。
本機の汎用入出力の動作状態を表示します。
状態表示LED
緑色点等:OUTPUT(接点出力表示)
赤色点等:INPUT(接点入力表示)
背 面
RY-1 RY-2 RY-3 RY-4 12V
a c a c a c a c
PH-1 PH-2 PH-3 PH-4 12V
+ G + G + G + G
接点出力 1~4
RY-5 RY-6 RY-7 RY-8 12V
a c a c a c a c
PH-5 PH-6 PH-7 PH-8 12V
+ G + G + G + G
LAN
接点出力 5~8
接点入力 1~4
LAN
DC12V/2A
DC12V
接点入力 5~8
接点出力
リレー接点出力
接点入力
フォトカプラ入力(内蔵 DC12V 使用)
LAN
Ethernet インターフェースです。
DC12V
付属の AC アダプタを使用します。
Rev1.0
6
入出力インターフェース
出力回路
外部装置
VCC
a
LED等
c
リレー接点
(最大2A)
出力は無電圧リレー接点で出力しています。接点容量は最大 2A ですのでそれを超える負荷を直接接続し
ないでください。
入力回路
V2
(+12V)
外部装置
TLP251-4
無電圧接点または
オープンコレクタ
+
G
Gは全てGNDに接続されています
トランジスタのオープンコレクタまたは無電圧接点を接続してください。
(電圧はかけられません)
各コントロール端子[+]を GND レベルと接続することにより動作します。
Rev1.0
7
LAN(Ethernet)によるコントロール
本機とホストコンピュータとの接続は LAN(TCP)を用います。本機の LAN コネクタは RJ-45 です。ハブ
やルーターと本機を接続する場合はストレートケーブルを使用してください。ハブやルーターを介さず
にコンピュータと本機を1対1で直結する場合はクロスケーブルを使用してください。
本機の出荷時のネットワーク設定は下記の通りです。

MAC アドレス:本体に貼付

IP アドレス:192.168.0.200

サブネットマスク:255.255.255.0

デフォルト G/W:192.168.0.1

TCP 通信ポート:5500
IP アドレスの変更
本機の Ether net インターフェース部は LANTRONIX 社の XPORT を使用しています。
IP アドレスを変更するには Web ブラウザを使用します。
ホストコンピュータの IP アドレスを本機と同じセグメントに設定した後、ブラウザのアドレスバーに本
機の IP アドレスを入力してください。
ユーザー名とパスワードを求めてきますので何も入力せずにそのまま[OK]をクリックしてください。
Rev1.0
8
Network 設定
画面左のメインメニューから設定項目を選択します。
ネットワークの設定が終了しましたら画面下部の[OK]ボタンをクリックしてください
すべての設定完了後にメインメニュー(画面左)
「Apply Settings」ボタンをクリックしてください。
「Apply
Settings」を押すことで設定が書き込まれます。
Rev1.0
9
項目
内容
Network Mode
Wired Only を選択してください
Obtain IP address
IP アドレスを自動的に割り当てます。
automatically
BOOTP
サーバから自動的に IP アドレスを読み込むプロトコルを有効にします。
DHCP
DHCP サーバから自動的に提供される IP アドレスを設定するプロトコルを有
効にします。
Auto IP
クラス B サブネット “169.254.xxx.xxx” のアドレス範囲で自身の IP ア
ドレスを設定するプロトコルを有効にします。
DHCP Host Name
IP アドレスを提供するホストに名前をつけます。
Use the following
固定の IP アドレスを割り当てます。
IP configuration
IP Address
本機の IP アドレスを設定します。
Subnet Mask
サブネットマスクを設定します。
Default Gateway
ルーターの IP アドレスを設定します。
( ルーターを超えて通信されない場合は設定しないでください )
DNS Server
本機での利用は想定しておりません。
Auto Negotiate
LAN の通信速度を自動で設定します。
Speed
LAN の通信速度を 10BASE-T または 100BASE-T 固定にします。
Duplex
LAN の通信方式を全二重 (Full Duplex) または半二重 (Half Duplex) 固定に
します。
Rev1.0
10
ServerSettings
本機で使用しているデフォルト設定を以下に示します。
SerialSettings
本機で使用しているデフォルト設定を以下に示します。
Rev1.0
11
ConnectionSettings
本機で使用しているデフォルト設定を以下に示します。
Rev1.0
12
通信規約
・PCCMU 通信フォーマット(パケット構成)
┌──┬──────────┬──┬──┬──┬──┐
│STX │DATA(1~60byte 可変) │ETX │BCCH│BCCL│(CR)│
└──┴──────────┴──┴──┴──┴──┘
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
│
└0D(Hex)終端を示す
│
│
│
│
└BCC コード L(後述)
│
│
│
└BCC コード H(後述)
│
│
└03(HEX) データ本文の終わりを示す
│
└伝送したい内容 可変長の表示可能文字 20(HEX)~7E(HEX)の
│
文字コードと一部規定する文字コードのみ使用可能
└02(HEX) 通信パケットおよびデータ本体の開始を示す
・BCC 計算方法
STX から ETX 迄のデータを算術加算した結果のモジュロ 0x100 を ETX に続いて
上位 4 ビット、下位 4 ビットの順に 16 進文字コード('0'~'F')に割り当てて
付加送信する
・通信開始
相手局に伝送したい情報がある場合は、上記フォーマット様式に従って
パケットを組み送出する。
・応答
有効なデータを受信した局はデータ部に ACK(06(HEX))を設定したパケット
を返送する。
無効なデータを受信した局は、データを破棄するとともに NAK(15(HEX))を
返送する。
・再送
送信局は送信したデータが相手局へ正常に伝送されたことを ACK パケット
を受信して認識する。
ACK パケットがデータパケット送信後1秒以内に受信できない場合には
通信エラーとみなし再度同じデータを送る。
再送は初回の送信を含め 3 回までとする。
Rev1.0
13
コマンド一覧
コマンドはコマンドの種類を示す1~2バイトのデータの後に、20(HEX)
(スペース文字)で区切られた0個以上のパラメータで構成されます。
・V
(バージョン取得)
Command
V
Reply
<VER> <UnitName> Ver<Major>.<Minor>
Example Reply
100 GPIO Unit Ver1.00
Description
バージョンを示す文字列を返す
<VER>はバージョン番号の Major Minor を連結した文字列で、
ソフトウエアで読み取り判定することを想定している。
それ以降は視覚化した文字列
・M
(ダミー応答)
Command
M
Description
単純に ACK パケットを返す
制御部の存在確認をしたい時に使用する
・DO (ポートデータ出力)
Command
DO <ADR> <DATA>
Example
DO 0 5A
Description
<ADR>の示すポートへデータを出力する。
データ 16 進表記で 2 桁とします。桁数が足りない場合は上位桁
に 0 を補ったものとして処理します。
・DP (パルス出力)
Command
DP <ADR> <DATA>
Example
DP 0 12
Description
<ADR>の示すポートへ 500mSec のパルス出力をする。
データ 16 進表記で 2 桁とします。桁数が足りない場合は上位桁
に 0 を補ったものとして処理します。
パルス出力をしたビット以外の出力状態は保存されます。
DO 0 31
Bit0,4,5 のリレーを ON
DP 0 12
Bit1,4 のリレーにパルス出力(Bit4 は既に ON なので変化無し)
↓
500mSec
Bit1,4 のリレーが OFF する(Bit5 のみ ON 状態)
Rev1.0
14
・DI (ポートデータ入力)
Command
DI <ADR>
Example
DI 0
Description
<ADR>の示すポートのデータを入力する。
Reply
DI <ADR> <DATA>
Example Reply
DI 0 F6
・DS (ポートデータセット)
Command
DS <ADR> <DATA>
Example
DS 0 12
Description
<ADR>の示すポートの<DATA>の示すビットのみを ON させる
// ビット 0 と 5 を ON させる
指定していない(2 進数に変換したときに 0 のビット)は変化しない
・DR (ポートデータリセット)
Command
DR <ADR> <DATA>
Example
DR 12
Description
<ADR>の示すポートの<DATA>の示すビットのみを OFF させる
// ビット 0 と 5 を OFF させる
指定していない(2 進数に変換したときに 0 のビット)は変化しない
・DX (ポートデータ反転)
Command
DX <ADR> <DATA>
Example
DX 0 12
Description
<ADR>の示すポートの<DATA>の示すビットのみを反転させる
// ビット 0 と 5 を反転させる
指定していない(2 進数に変換したときに 0 のビット)は変化しない
ポート構成
ADR:0
GPIO
ADR:2,3 LED(LED は出力・入力を自動的に反映するので、PC から制御する必要はない)
例)
送信コマンド
DO 0 01
出力リレー1のみ ON
& LED の左上(Output-1)のみ点灯
DO 0 FF
出力リレー1~8 全て ON
& LED の上列全て点灯
受信電文
DI 0 01
入力フォトカプラ 1 のみ ON
& LED の左下(Input-1)のみ点灯している状態
DI 0 FF
入力フォトカプラ 1~8 全て ON
& LED の下列がすべて点灯している状態
Rev1.0
15
仕様
形式
LANIO-88RH
入力電源
DC12V(AC アダプタ使用)
外形寸法
480(W)×44(H)×275(D)突起部は除く
仕上げ
マンセルN1半艶焼付塗装
入力回路
フォトカプラ接点入力 8 点
着脱式 9 極ユーロブロック
出力回路
無電圧リレー接点出力 8 点
着脱式 9 極ユーロブロック
ネットワーク端子
RJ-45(Xport)
(LAN)
使用温度範囲
0~+40℃
質量
約3.5kg(本体)
付属品
AC アダプタ・ラックマウント金具・接点入出力用コネクタ×4
仕様及び外観は改良のため予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。
製造元
株式会社メイツ電子
〒216-0001
神奈川県川崎市宮前区野川1100-11
TEL044-755-6008
FAX044-755-4411
http://www.din.or.jp/~meitu/
Rev1.0
16
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement