取扱説明書 - 日立の家電品

取扱説明書 - 日立の家電品
〈取扱説明書・料理集〉
保証書別添付
日立オーブンレンジ
エム
型式
トースト
このたびは日立オーブンレンジをお買い上げいただき、
まことにありがとうございました。
このクッキングガイドをよくお読みになり、正しく
お使いください。
お読みになったあとは、保証書とともに大切に保存して
ください。
「安全上のご注意」 P.8∼12 をお読みいただき、
正しくお使いください。
アール
オー
エヌ
ティー
MRO-NT5
もくじ
一度ドアを開閉し、表示部に「0」を表示させてからお使い
ください。
まず確認
●使用していないときの消費電力を節約するため、
「0」表示の
状態で放置すると、約10分後に、自動的に電源を切ります。
また、電源プラグをコンセントに差し込んだだけでは電源
は入りません。
(待機時消費電力オフ機能)
ご使用前に必ずお読みください
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
はじめに ・
初めて使うときの確認と準備 ・
・
・
・
・
・
・
・
・ 据え付けの確認 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 電源の入れかた ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 重量センサーの0点調節のしかた ・
・
・
・
・ 空焼き 脱臭 のしかた・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
ドアを開閉すると電源が「入」になり、表示部に「0」を表示します。
「電源の入れかた」
P.4
4
4
5
5
6、7
7
安全上のご注意・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 8∼12
予熱中は節電のため庫内灯を消灯しています。
ボタンを押すと、庫内灯が点灯します。
※庫内灯が点灯している間は、回転台が回転します。庫内灯を消灯させるときは、もう一度 を押します。
28
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
トースター・グリル加熱・
29
・ 魚など表面に焦げ目をつけながら加熱する
29
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 30、31
オーブン加熱 ・
・ 予熱「あり」で加熱する・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 30
・ 予熱「なし」で加熱する・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 31
加熱のしくみ ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
13
付属品の使いかた・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ オート調理で使う場合 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 手動調理で使う場合
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
13
13
手動調理をするときの加熱時間・
・
・
・ 34、35
13
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 14、15
使える容器・使えない容器・
お手入れ
使いかた
・
・
・
・
・
・
・
・
・
本体・付属品のお手入れ ・
36
臭いが気になるとき 脱臭 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
36
P.5
高周波出力950Wについて
・ 調理後の食品(容器)や付属品の取り出し
17
・ 終了音(メロディー)の切りかえ ・
・
・
・
・
17
オート調理
ごはん・お総菜のあたため・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 18、19
●高周波出力 レンジ 950W は短時間高出力機能(最大3分間)です。
1あたため
オート調理の 1あたため 等の限定したメニューにのみ働きます。
冷凍保存した ごはん・お総菜のあたため
手動調理(レンジ加熱)では レンジ 950W は設定できません。
20、21
8冷凍ごはん 9解凍あたため
オートメニューを使った上手なあたため
あたためる食品
飲み物・コンビニ弁当のあたため、
下ごしらえ、調理する ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 22∼25
使用するオートメニュー
常温で保存したごはん・お総菜
1あ た た め
6 10分蒸し物 7 10分煮物 10解凍 11半解凍
ます。
冷蔵室で冷蔵保存したごはん・お総菜
1あ た た め
12葉・果菜 13根菜 14飲み物・牛乳 15酒かん
冷凍室で冷凍保存したごはん
8冷凍ごはん
16焼きそば 17冷凍めん 18フライあたため
9 解凍あたため
※飲み物や揚げ物などに適したオートメニューもあります。
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 37∼39
うまく仕上がらないとき・
・ ごはんのあたため ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・・
・ 37
・ 解凍・半解凍・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 37
・ お総菜のあたため・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 38
・ 牛乳のあたため・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 38
・ 野菜・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 39
・ スポンジケーキ・
・
・・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 39
・ クッキー ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 39
・ バターロール ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 39
・ その他 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 39
お困りのときは ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 40、41
お知らせ表示が出たとき ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
42
保証とアフターサービス・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
67
「ご相談窓口」
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
67
仕様・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 裏表紙
2鶏のから揚げ 3あじフライ 4コロッケ 5ハムカツ
または3段階で調節することができ
冷凍室で冷凍保存したお総菜
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
●加熱方法や時間、温度の設定が不要な23種類のオートメニューを用意
しています。メニューを選んでスタートするだけで上手に仕上がります。
・ 加熱途中で出力(W)を自動的に
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
下げる(リレー加熱)・
発酵・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 32、33
・ レンジ発酵で加熱する ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 32
・ オーブン発酵で加熱する・
・
・
・
・
・
・
・
・ 33
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 16、17
上手な使いかたとコツ ・
・ 食品の分量と容器の大きさ・重さ・
16
・
・
・
・ 食品を置く位置・
16
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 2個以上の食品の同時あたため・
16
・
・
・
・
・
・ オート調理の仕上がり調節 ・
17
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 調理中の仕上がり状態確認・
・
・
・
・
・
・
・
・
17
・ オート調理後の追加加熱 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
17
●食品の分量を計ってオート調理する重量センサーが内蔵されています。
P.17
26
ご使用前の準備
オート調理を上手に使うために
●オートメニューの仕上がりを5段階
・ 食品を一定の出力(W)で加熱する
お手入れ
●予熱中は、節電のため庫内灯を消灯しています。予熱中に加熱室の様子を見たいときは、
1ヶ月に1回程度「0点調節」が必要です。
4、5
レンジ加熱 ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・ 26∼28
使いかた
各部のなまえ・操作パネル・付属品 ・
・
・
・ 操作パネルのはたらき ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
2
手動調理
まず確認
はじめに
19グラタン 20トースト 21お菓子 22簡単パン
23コンビ二弁当
料理集
料理集 もくじ ・・・・・・・・・・・・・・
ノンフライメニュー ・・・・・・・・・・・
43∼66
43
44、45
初めて使うときの確認と準備
据え付けの確認
重量センサーの0点調節のしかた
20cm以上 排気口
後部上面に排気口があり、熱気が出ます。
●壁や収納棚が熱に弱い物ではありませんか。
●背面の壁がガラスの場合、20cm以上間があいていますか。
近いと温度差で割れるおそれがあります。
10cm
以上
5cm
以上
5cm
以上
●熱に弱い物やカーテンのそばに据え付けないでください。
●底面の吸気口をふさぐ設置はしないでください。
●事故防止のため、アースを確実に取り付けてください。 後部上面に排気口があり、熱気が出ます。
P.9、12
●5面(上面・左側面・右側面・背面・底面)を囲む設置は
●オート調理は、加熱方法や時間、温度の設定が不要で、メニューを選んでスタートするだけで自動
で調理します。仕上がりをよくするため、食品を入れた容器の重さを計る重量センサーを内蔵して
います。初めてお使いになるときには、
「重量センサーの0点調節」を次の手順で行ってください。
1
2
付属品の丸皿を回転台にセットする
表示部に「0」を表示させた状態で、
ドアを閉めて を3秒以上押す
ピッとブザーが鳴り、庫内灯と計量中の表示が
点灯し数秒後に、0点調節が終了します。
十分な放熱スペースがないと、壁面が変色
したり、本体が故障する原因になります。
庫内灯と計量中の表示が消灯したら完了です。
しないでください。
製品のまわりにすき間があっても、
上面・左側面・右側面・背面のいずれか1面を開放してください。
●水平で丈夫な台の上に据え付けてください。
●本体は、ラジオ、無線機器(無線LAN)やアンテナ線などから3m以上離してください。
雑音や映像の乱れ、通信エラーの原因になります。
転倒防止金具セット(別売品)
「0点調節」中
庫内灯点灯
「0点調節」完了
庫内灯消灯
よい仕上がりを保つために、1ヶ月に1回程度「重量センサーの0点調節」をしてください。
空焼き 脱臭 のしかた
希望小売価格
脱臭
MRO-N80 016
1,000 円(税別)
お願い
医療用ペースメーカーをお使いの方は、この製品を
ご使用の際には、専門医師とよくご相談の上お使い
ください。
「空焼き 脱臭 」を次の手順で行い、油を焼き切ってください。
●梱包材は、すべて取り除いてからご使用ください。
●空焼き 脱臭 はヒーター(オーブン加熱)で行います。本体が熱くなるので、ご注意ください。
準備
部品番号
注意
故障の原因になります
計量中の表示
●加熱室壁面にはさびを防ぐため油が塗ってあります。初めてお使いになるときには、
2014年 7月現在
転倒防止金具セットを別売品として扱っています。
お買い上げの販売店にご相談ください。
落雷のおそれがあるときは、電源プラグ
をコンセントから抜く
まず確認
まず確認
●設置の際は下図にしたがって放熱スペースをあけてください。
1
丸皿を取り出し、加熱室を回転台
のみの状態にしてドアを閉める
丸皿を入れない。
回転台をセットする。
梱包材はすべて取る。
空焼き 脱臭 をする
を押す
空焼き 脱臭 はヒーター(オーブン加熱)で行います。
加熱時間は20分です。
電源の入れかた
2
ドアを開けると電源が入ります。(表示部に「 」を表示)
●使用していないときの消費電力を節約するため電源プラ
表示なし
を押してスタートする
終了音が鳴ったら終了です
グをコンセントに差し込んだだけでは電源は入りません。
●一度ドアを開けると電源が入り、表示部に「 」を表示します。
加熱時間
・空焼き終了後はすぐに調理せず、加熱室が冷めて
から使用してください。
「0」表示
●空焼き 脱臭 の加熱中や終了後しばらくは、本体(ドア、キャビネット、
加熱室とその周辺)に触れない。
接触禁止
自動的に電源が切れます。
(待機時消費電力オフ機能)
ドアを開けると
● 電源を「入」の状態で放置すると、約10分後には、
電源「入」
「0」表示
約10分後 電源「切」
表示なし
注意
やけど・けが・火災の原因になります
●空焼き 脱臭 を行うときは、加熱室の丸皿を取り出し、回転台のみをセットする。
●空焼き 脱臭 を行うときは、油の焼ける臭いや、煙が出る場合がある
ので、窓を開けるか、換気扇を使って換気を行う。
●煙や臭いなどに敏感な小鳥などの小動物は、別の部屋に移す。
●加熱室が冷めてから使用する。
各部のなまえ・操作パネル・付属品
キャビネット
操作パネルのはたらき
排気口
吸気口
まず確認
まず確認
ドア
ハンドル
表示部
設定内容や運転状況を表示し
ます。(表示は全点灯イメージ
図です。)
操作パネル
レッグ
アース線
電源プラグ
(電源コードの長さは約1.4mです。)
庫内灯
保護カバー
(取り外しません)
手動調理ボタン
あたためスタートボタン
手動調理で調理するとき
に加熱の種類に合わせて
選択します。
1あたため、オート調 理 、
手動調理などの運転のス
タートを行います。
加熱中に点灯し、
ドアを開けると消灯します。
オーブン予熱中は節電のため消
灯しています。予熱中に、加熱室
(庫内)の様子を見たいときは 上ヒーター
飲み物・牛乳
を押してください。庫内灯を消灯
設定内容や運転のとりけし
を行います。
させるときは、もう一度 を
押してください。庫内灯点灯中は、
回転台が回転します。
回転台
中央部のシャフトを
回転軸に入れます。
丸皿を中央にのせます。
とりけしボタン
時間設定ボタン
手動調理の時間の設定を
行います。
ドアファインダー
ドア
下ヒーター
温度/仕上がりボタン
オート調 理 の 仕 上 がりや
手動調理の温度の設定を
行います。
加熱室底部に内蔵
されています。
オート調理ボタン
ボタンを押してオート調理の
種類を選択します。
回転軸
脱臭ボタン
付属品
■丸皿
■回転台
(セラミック製)
脱臭を行うときに押します。
■クッキングガイド (本書)
■保証書
レンジ 、トースター・グリル
オーブン に使用します。
P.13
●高周波出力 レンジ 950W について
高周波出力 レンジ 950W は、短時間高出力機能(最大3分間)です。
オート調理の 1あたため 等の限定したメニューにのみ働きます。
手動調理(レンジ加熱)では レンジ 950W は設定できません。
安全上のご注意
この製品は一般家庭用です。業務用にはお使いにならないでください。
据え付けをするときは
警告
人身への危害、財産への損害を未然に防ぐため、お守りいただくことを、次のように区分して説明しています。
本文中の注意事項についてもよくお読みのうえ、正しくご使用ください。
●幼児の手の届く場所
■お守りいただく内容を図記号で区分して説明して
います。
危険
「死亡または重傷を負うおそれが
特に高い」内容です。
警告
「死亡または重傷を負うおそれが
ある」内容です。
してはいけない「禁止」内容です。
注意
「傷害を負うおそれや、物的損害の
発生のおそれがある」内容です。
実行しなければならない「指示」
内容です。
オーブンやグリル
加熱時などの高温
で、引火の原因に
なります
次のような場所では使用しない
事故・やけど・けがの原因になります
●カーテンやスプレー缶など燃えやすい物の近く
●たたみ、じゅうたん、テーブルクロスなど、熱に弱い物の上
「警告や注意を促す」内容です。
まず確認
まず確認
■誤った使いかたをしたときに生じる危害や損害の程度
を区分して、説明しています。
P.4
本体の上にスプレー缶などの物を置かない
オーブンやトースター・グリル加熱時などは、高温となり過熱して事故・やけど・変形の原因になります
製品や付属品の梱包材はすべて取り除き、ポリ袋は幼児の手の届かない場所に保管、または廃棄する
梱包材の発火、ポリ袋をかぶることによる窒息事故の原因になります
注意
製品内部には高圧部があります
危険
分解禁止
●すき間があっても5面(上面、左側面、右側面、背面、底面)を囲む設置はしない。
改造はしない
修理技術者(サービスマン)以外の人は
修理・分解をしない
吸気口・排気口など、製品の穴やすき間に
指や物を差し込まない(特に子供のいたず
らなどに注意する)
火災・感電・けがの原因になります
火災・感電・けがの原因になります
故障した場合は、お買い上げの販売店にご
相談ください。
異物が本体に入った場
合は、電源プラグを抜い
て、お買い上げの販 売
店にご相談ください。
製品のまわりにすき間があっても、上面・左側面・右側面・背面のいずれか
1面を開放してください。
電源プラグ、電源コードを傷つけない
感電のおそれがあります
感電・発火・火災の原因になります
傷ついた物、ゆるんだコン
セントを使用しない
傷つけのおそれのある取り扱い例
●加工する
●束ねる
●無理に曲げる
●重い物をのせる
●引っ張る
●挟み込む
●ねじる
感電・発火・火災の原因になります
電源プラグはコンセントの奥まで
しっかり差し込む
●電源プラグの抜き差しは、電源コードを持たずに、電源プラグを持って行う。
●使用前に包装材はすべて取り除く。
●本体と壁などの間は下表の距離以上にあける。
(過熱して変色、変形、発火の原因になります。)
ほこりに湿気がたまり、絶縁が弱まり、火災の原
因になります
電源は、交流100V・定格15A以上の
コンセントを単独で使用する
他の器具との併用は、コンセント部
が異常発熱して、
発火の原因に
なります
(タコ足配線は禁止)
断線して、発火の原因になります
電源プラグを持って抜いてください。
後:10cm
以上
右:5cm
以上
左:5cm
以上
警告
アースを確実に取り付ける
感電や漏電の原因になります
アース線を接続せよ
電源コードを傷める
原因になります
下方
0
アース線は
絶縁が弱まり、漏電・感電・火災の原因になります
電源プラグを抜くときは、電源コードを
引っ張って抜かない
側方(左)側方(右) 後方
5
5
10
このオーブンレンジは「消防法
設置基準」に基づく試験基準に
適合しています。
建築物の可燃物等からの離隔
距離は表に掲げる値以上の距離
を保ってください。
下方
周囲の保護のために
周囲が熱に弱い壁材や家具でない場所・コンセントが排気口近傍に無い場所に据え付けてください。
後方がガラスの場合、温度差で割れるおそれがあるので、20cm以上あけてください。
表や図の距離をあけても、排気で汚れたり結露することがあります。距離をさらにあけるか、
壁面側にアルミホイルを貼ると汚れや結露を軽減できます。
電源プラグ
を抜く
電源コードは排気口などの高温部に近
づけない
上:20cm以上
可燃物からの離隔距離(cm)
上方
20
長期間使用しないときは、電源プラグを
コンセントから抜く
注意
消防法 基準適合
電源プラグのほこりは確実にふき取る
(特に刃や刃の取り付け面)
感電・発火・火災の原因になります
右側面
本体の落下・転倒を防ぐために、転倒防止金具(部品番号MRO-N80 016)を別売品として
扱っています。お買い上げの販売店または「ご相談窓口」にご相談ください。 P.4、P67
警告
ぬれた手で電源プラグの抜き差しをしない
背面
左側面
●電源コードは、排気口や湿度の高い部分に近づけない。
火気の近くで使わない。
(感電や漏電の原因になります。
) 底面
●水のかかるところや熱気、
●水平で丈夫な場所に置く。
(振動・騒音・本体落下の原因になります。)
●製品本体が転倒落下した場合は、使用せず、点検を依頼する。
電源プラグ・電源コード・コンセントの取り扱いは
ぬれ手禁止
上面
(火災・発火・感電の原因になります)
コンセントにアース端子がある場合
アース線先端の被覆を取り、芯線を
アース端子に確実に取り付ける
先の被覆
芯線
●アース端子がない場合は、アース接地工事をする
接地工事には「電気工事士」の有資格者による接地工事
が法律で義務づけられています。お買い上げの販売店にご
相談ください(本体価格には、工事費は含まれていません)
●湿気の多い場所や水けのある場所で使用する場合は、感
電事故を防止するため「電気工事士」の有資格者による
D種接地工事が法律で義務づけられています
P.12
ガス管、水道管、電話や避雷針のアースには取り付けないでください。
(爆発・火災・感電などの事故防止のため法令で禁止されています)
安全上のご注意(つづき)
ご使用にあたっては
レンジ加熱(オート調理のあたためや手動調理のレンジ加熱)を使う時は
警告
子供だけで使わせたり、幼児に触れさせたりしない
警告
調理の目的以外には使用しない
やけど・感電・けがの原因になります
やけど・けが・火災の原因になります
発火・火災の原因になります
本体が転倒・落下した場合は、そのまま
使用しない
お買い上げの販売店へ点検をご依頼ください
ひびや割れるおそれがあり、そのままの使用は
故障の原因になります
● 少 量 の 食 品(100g未 満)は 手 動 調 理 の
レンジ 600W 以下で、加熱時間を20 ∼
50秒に設定し、様子を見ながら加熱する
●オート調理は、食品分量・容器など本書
記載の内容に従って加熱する
・容器の重さは、食品分量と同じくらい
の物を使用して加熱する
●手動調理(レンジ加熱)は、設定する時間
を控えめにし、食品の仕上がり具合を見
ながら加熱する
発火・火災の原因になります
加熱室壁面や丸皿などに食品くずがついた
まま調理しない
発火・火災の原因になります
生卵
食品を加熱し過ぎない
吸気口・排気口をふさがない
転倒・落下を防ぐ「転倒防止金具」
(別売品)を
ご利用ください(部品番号 MRO-N80 016)
×× ×
丸皿は、容器を強く当てたり落としたり
しない
ひびや割れた場合はそのまま使用せず、お買
い上げの販売店にご相談ください。
電波もれや熱もれ・感電・やけどの原因になります
破損するおそれがあります
×
注意
電波もれや熱もれによる傷害・やけど・発火・
火災の原因になります
卵が破裂して、丸皿やドアファインダーが
本体に水をかけない
誤って水をこぼした場合は、お買い上げの販
売店にご相談ください。
発火・やけど・けがの原因になります
ドアに無理な力を加えたり、本体にのったりしない
ドアがガタつき、電波もれや熱もれによる傷害・やけどの原因になります
油の焼ける臭いや煙が出る場合があります
加熱中や加熱後に突然沸とう(突沸)して飛び
飲み物をあたためるときは、背の低い
広口の容器を使用する
散り、やけど・けがの原因になります
背の高い細口の容器を使用すると、加熱中や
●飲み物(水・牛乳・お酒・コーヒー・豆乳など)
●とろみのある物(カレー・シチューなど)
●油脂分の多い物(生クリーム・バターなど)
加熱後に突然沸とう(突沸)して飛び散り、や
加熱室内で食品が燃え出したときはドアを
開けない
1あたため で飲み物や汁物などを加
熱しない
加熱前によくかき混ぜる
勢いよく燃えるおそれがあります
加熱中や加熱後に突然沸とう(突沸)して飛び
して飛び散り、やけど・けがの原因
1.すぐに
散り、やけど・けがの原因になります
になります
先に電源プラグを抜くと、火災・感電の原因になります 注意
高温になっているので、キャビネット・ドア・
加熱室・丸皿・回転台などに直接触れない
やけど・けがの原因になります
接触禁止
食品や容器、付属品などの出し入れは、
厚めの乾いたふきんや、市販のオーブン
用手袋を使用する
直接触れると、やけど・けがの原因になります
●鮮度保持剤(脱酸素剤など)を入れた状態
●包装や食品にラベルやテープを貼った状態
●びんや容器にふたや栓などをした状態
●缶詰の缶のままの状態
●市販のレトルト食品の袋のままの状態
鮮度保持剤は出し、ラベル・テープは剥が
し、ふたや栓は外し、缶詰などは別の容器
に移しかえて加熱してください
飲み物などのあたためは(突沸にご注意ください)
飲み物などを加熱し過ぎしない
ボタンを押す
割れるおそれがあります
やけど・けが・火災の原因になります
警告
警告
高温のドアファインダー(ドアガラス)や丸
皿などに水をかけない
次のような状態のまま加熱しない
●窓を開けるか換気扇を使って換気する
調理中や調理後は(空焼き( 脱臭 )運転を含む)
熱気や水蒸気などで、やけどの原因になります
卵を加熱する場合は、溶きほぐして
から加熱する
破裂して、やけど・けがの原因になります
●加熱室の丸皿を取り出し、回転台のみをセットする
●煙や臭いなどに敏感な小鳥などの小動物は、
別の部屋に移す
ドアを開けるときは、のぞき込まない
黄身や目玉焼き
殻や膜のある食品は、割れ目や切り目を入れてから加熱する
空焼き( 脱臭 )は次の状態で行う
調理を中止するときは
ゆで卵
まず確認
まず確認
やけど・けが・火災の原因になります
市販のレンジ加熱用の湯たんぽ、
哺乳びん(消毒バック)、玩具など
は加熱しないでください
食品分量・容器・使用付属品など、本書記載の内容に従って調理する
ドアに物を挟んだまま調理しない
生卵やゆで卵(殻つき・殻なしとも)
、
目玉焼きは加熱しない
食品以外は加熱しない
ボタンを押し、運転を止め、電源
プラグを抜く
2.本体から燃えやすい物を遠ざけ、鎮火するま
で待つ。火がなかなか衰えないときは水か消
火器で消す
鎮火後、そのまま使用せず、お買い求めの販売
店にご相談ください。
●牛乳・コーヒー・お茶・水などは
14飲み物・牛乳 で加熱する
●お酒は 15酒かん で加熱する
●みそ汁・スープなどは手動調理(レンジ
加熱)で加熱する
小鳥などの小動物を近づけない
加熱直後は上からのぞき込まない
別の部屋に移すか、窓を開ける、換気扇を回すなど
煙や臭いがこもらないようにする
ドアを開閉するときは、指の挟み込みに
注意する
やけど・けがの原因になります
けど・けがの原因になります
加熱中や加熱後に突然沸とう(突沸)
加熱前
突然沸とう(突沸)して飛び散り、やけど・けがの原因になります
加熱直後はインスタントコーヒーなどの粉末やミルクなどの液体を入れない
突然沸とう(突沸)して飛び散り、やけど・けがの原因になります
安全上のご注意(つづき)
レンジ加熱(オート調理のあたためや手動調理のレンジ加熱)を使う時は
レ
加熱室に食品を入れない状態で加熱
しない
市販のベビーフードは、別の容器に移し
かえて加熱する
故障・発火の原因になります
やけど、けがの原因になります
金属製の次の物は使用しない
乳幼児用ミルクやベビーフードはオート
調理で加熱しない
火花(スパーク)で故障・発火・ドアファインダー破損の
原因になります
手動調理(レンジ加熱)で様子を見ながら
加熱する
ン
ジ
電波(高周波)で食品
を加熱します。
レンジ加熱の特長
スピーディーで
経済的です。
電 波(高周波)には 3
つの性質があります。
水分を含んだ食品には
「吸収」されます。
金属にあたると「反射」
します。
水を使わないの
で栄養素が保た
れます。
ガラス、陶磁器などの
ラップなどのおおいは、ゆっくり剥がす
容器では
「透過」します。
食品に吸収された電波は、水の分子のまさつ
運動を活発にし、熱を発生させます。このま
さつ熱で食品をスピーディーに加熱します。
警告
電源プラグを抜いてから行う
保護カバーは取り外さない
差し込んだままでは、感電の原因になります
故障の原因になります
保護カバーは機械室内部を保護するためのカ
バーです
電源プラグ
を抜く
本体各部や付属品などが冷めるまで行わ
ない
オ
ン
ブ
ー
上下ヒーターで加熱室の温度を
均一に保ち、食品全体を包み込
むようにして焼き上げます。
盛りつけたまま
で加熱できま
す。
蒸気が一気に出てやけどの原因になります
お手入れをするときは
食品を上ヒーターで加熱し、食
品の表面に焦げ目をつけ、中は
やわらかく仕上がります。
色や形、風味が
保たれます。
やけどの原因になります
●金ぐしや金属の調理用具
●アルミホイル
●アルミなどで表面加工されたプラスチック容器
●金属・ホーロー製の鍋、ふた
ター
ス
トー リ ル
グ
まず確認
まず確認
警告
加熱のしくみ
付属品の使いかた
オート調理で使う場合
●操作手順や料理集のイラストに従い、正しくセットしてください。
付属品イラストの見かた
20トースト
その他のオート調理
熱いと、やけどの原因になります
異常・故障時は
警告
火災・感電・けがの原因になります
すぐに電源プラグをコンセントから抜き、
お買い上げの販売店に点検・修理をご依
頼ください
異常・故障の例
直ちに「とりけし」ボタンを押し使用を中
止する
●電源コードや電源プラグが異常に熱い
●焦げくさい臭いがする
●異常な音がする
●火花(スパーク)が出る
●本体に触れるとビリビリと電気を感じる
●ドアに著しいガタつきや変形がある
●加熱が自動的に終了しないときがある
アース工事が必要なときは
●次の場合は、感電事故を防止するため電気工事士の資格のある者による、施工「D種接地工事」が法律で
義務づけられています。
お買い上げの販売店、電気工事店にご相談ください。
(本体価格には工事費は含まれていません)
■湿気の多い場所
水蒸気が充満する場所、土間・コンクリート床、酒・しょうゆなどを醸造または貯蔵する場所
■水けのある場所(漏電遮断機の取り付けも義務づけられています)
水を取り扱う土間、洗い場など水けのある場所
地下室など常に水滴が漏出したり、結露する場所
回転台
回転台と丸皿
回転軸に回転台をセットする
回転台に丸皿をセットする
手動調理で使う場合
回転台
レンジ加熱
丸皿
レンジ加熱のときは、回転台だけで加熱
すると故障の原因になります。
オーブン加熱
予熱中は、回転台だけをセットします。
トースター・
グリル加熱
20トースト を焼くときは、回転台だけをセットします。
使える容器・使えない容器
耐熱性のある
プラスチック容器
その他の
プラスチック容器
ポリプロピレン製など
レン ジ
耐熱温度が140℃以
上の物で、
「電子レンジ
使用可」の表示のある
物を使います。
ただし、砂糖、バター、
油を使った料理は高温
になり、
容器が変形して
使えません。
×
耐熱温度が140℃未満
の物(ポリエチレン、ス
チロール樹脂など)や耐
熱温度が高くても電波
で変質する物(メラミン、
フェノール、ユリア樹脂、
アルミなどで表面加工した
樹脂など)は使えません。
ただし、10解凍 11半解凍
のときにだけ、発泡スチ
ロールのトレーが使えます。
オーブン、トースター・グリル
× ×
ただし、
「グリル、オー
ブン使用可」の表示の
ある物は使えます。
×
は使えない。
陶器・磁器
耐熱性のある
陶器・磁器
日常使っている
陶器・磁器
ココット皿
グラタン皿など
茶わん・皿など
ただし、色絵付け、ひび
模様、金、銀模様のあ
る物は、器を傷めたり、
火 花(スパーク)が 出
るので使えません。
また素焼きの陶器、土鍋
など吸水性の高い物や、
長時間浸水させた陶器、
磁器は、
熱くなり、
割れる
おそれがあるので注意
してください。
×
使用上のご注意
■レンジ加熱とオーブン、グリル加熱を間違えないでください。間違えると食品や容器が発煙・
発火することがあります。加熱する前に、加熱の種類を確認してください。
■プラスチック類は家庭用品質表示法に基づく耐熱温度表示をごらんください。
■材質や耐熱温度がわからない容器は使わないでください。
ガラス容器
耐熱性のある
ガラス容器
耐熱性のない
ガラス容器
その他
ラップ類
強化ガラス
クリスタルガラス
カットグラスなど
ただし、加熱後、
急冷すると割れる
ことがあります。
ただし、加熱後、
急冷すると割れる
ことがあります。
×
まず確認
まず確認
プラスチック容器
は使える。
金属、ホーロー製の 竹・木・籐・紙・
鍋、
ふた・金属容器・ ニス塗り・漆塗り
金串・アルミホイル
容器など
など
× ×
耐熱温度が140℃ 電波を反射するので使
以上の物は使えます。 えません。
ただし、
砂糖、
バター、
油 を 使った 料 理 は
高 温になり、
ラップ
が溶けて使えません。
オーブン、
トースター・
グリル加熱後は、加
熱室が熱くラップ類
が溶けるおそれがあ
るので注意してくだ
さい。
× ×
ただし、発酵では使
えます。
ただし、アルミホイルは
電波を反射する性質を
利用し、加熱し過ぎる
部分をおおうなど、部
分的に使えます。
このとき、加熱室壁面、
ドアファインダーに触
れると火花(スパーク)
が出て、破損や故障の
おそれがあるので注意
してください。
焦 げ たり、塗りが
は げ たり、ひ び 割
れすることがある
ので使えません。
とくに針金を使っ
ている物は燃えや
すくなります。
ただし、竹ぐし、楊子、
紙は本書に記載し
ている使いかたに
限り使えます。
×
ただし、硫酸紙や
ただし、取っ手がプラス
チックの物は使えません。 耐熱性の加工を
施したオーブン
シートなどの紙
製品は使えます。
上手な使いかたとコツ
オート調理の仕上がり調節
食品の分量と容器の大きさ・重さ
100g未満
■ 仕上がり調節(あたためや焼き加減調節)は
「中」に自動設定されますが、 お好みで調節
できます。調節は、オート調理のメニュー番号を
マーク
容器の大きさ・重さ
食品の分量
選択し、 を押す前に を押してマークを
100g∼900g
希望の位置に設定します。
■ 1あたため のみ を押した
後に仕上がり調節をします。
※メニューによっては
「強/やや強/中/やや弱/弱」の
5段階と「強/中/弱」の3段階の
調節となります。
※ 14飲み物・牛乳 と 15酒かん は前回の仕上がり設定を記憶しています。
手動調理で
調理中の仕上がり状態確認
食品が7∼8分目に
なる容器が目安
オート調理か
手動調理で
食品分量と同じくらいの
重さが目安
■ 調理中のドアの開閉はできるだけさけ、
開閉するときは短時間にする。
確認はドアごしに
飲み物・牛乳
オート調理や手動調理は、本書に記載
されている分量や容器に従ってください。
オート調理
使いかた
使いかた
あたためる
開閉する
ときは短時間に
■温度を下げないためです。
■ドアを開けると調理は中断されます。
オート調理後の追加加熱
■ 追加加熱は、 手動調理で様子を見ながら行う。
調理する
食品の分量や容器は本書の
該当ページに従ってください。
手動調理
食品を置く位置
調理が終了
こんなときは・
・
・
もう少し熱くしたい
もう少し焼きたい
手動調理で様子を見な
がら追加加熱する
調理後の食品(容器)や付属品の取り出し
■ 調理が終了したら、食品を早めに出す。
■中央部に置く。
調 理 終 了 音 が 鳴ったら
取り出してください。
※余熱で仕上がり(焼き色など)がかわることがあるためです。
※ オーブン、トースターグリル調理で熱くなった食品や付属品を取り出すときは、
厚めの乾いたふきんやお手持ちのオーブン用
手袋を使い両手で取り出します。
取り出し忘れ防止のために調理終了後、
ドアが開け
■食品、特に飲み物や汁物を取り出すときは、 られるまでに3分間、1分ごとに「ピピピッ」と3回
鳴ってお知らせします。
(取り出し忘れ防止音)
こぼさないように気をつける。
2個以上の食品の同時あたため
■分量を同じくらいにして中央部に寄せて置きます。
■異なる容器や食品はうまくあたたまらないこと
があります。
■異なる食品は手動調理(レンジ加熱)で
様子を見ながら加熱。 P.26
調理中や調理終了後は食品や容器、 付属品、 加熱室、ドアなど各部が
熱くなる場合があるので、注意する。
注意
やけどの原因になります
終了音(メロディー)の切りかえ
■ 終了音
(メロディー)は
「ブザー音」や「無音」
に切りかえられます。
メロディー音 ブザー音 無音
ドアを開閉して
表示部に「0」を
表示させる
を3秒間押す
※さらに同じ操作で無音をメロディー音に戻すことができます。
※無音にしたときは、取り出し忘れ防止音、操作音も無音になります。
メロディー音とブザー音の切りかえ完了
同じ操作でブザー音を無音に切りかえられます
メロディー音はメロディー、ブザー音は
「ピピピピッ」と3回、無音は「ピッ」と
1回鳴り、切りかえが完了します。
オート調理(あたため)
ごはん・お総菜のあたため
1 あたため
●常温や冷蔵で保存した食品をあたためます。
●冷凍ごはんは 8 冷凍ごはん であたためます。 P.20、21
●冷凍保存(ホームフリージング)
した食品は 9 解凍あたため であたためます。 P.20、21
●飲み物(牛乳、コーヒー、
豆乳、
お茶、
水など)は 14 飲み物・牛乳 であたためます。 P.22、23
●お酒は 15 酒かん であたためます。 P.22、23
ごはん・お総菜の上手なあたためかた
■お総菜やご家庭で調理した食品をあたためます。
■オート調理の1回分の分量の目安は1∼2人分です。
(分量は食品と容器を合わせて200∼1200gまでが目安です。)
■食品の温度は、常温は約20℃、冷蔵は0∼10℃が目安です。
このマークのついた
食品はラップなどの
おおいをする。
常温や冷蔵保存した食品をあたためる
「0」表示
の中央に置き、 ドアを閉める
●メニュー番号「
」と「
」を表示し、
焼き物
(加熱時間を表示する前に調節します。)
表示部に「 」が表示されているときに
調節できます。
残り時間:食品によっ
てかわります。
皿にのせる。加熱後、かき混ぜる。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
■仕上がり調節のしかた
︵強︶
強
︵ やや強︶
︵ 標準︶
︵ やや弱︶
︵弱︶
弱 中
する前に を押して、
「強」
∼
「弱」の希望の仕
いため物
(5段階調節)
仕上がりは「中(標準)
」
に自動設 定されます。
調節は加熱時間を表示
飛び散ることがあるのでおおいをする。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
ハンバーグ
ソースは飛び散ることがあるので加熱
後にかける。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
皿に並べる。たれを塗ってから加熱する。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
揚げ物
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
天ぷら・フライ・コロッケ
皿に並べる。えびやいかは飛び散ること
があるのでおおいをする。
分量の少ないときは仕上がり調節
やや弱 または 弱 に合わせる。
野菜のいため物・酢豚・八宝菜
●パン類
●冷凍野菜
●市販のおにぎり
●乳幼児用ミルク、
ベビーフード
●市販の調理
済み食品
1あたため であたためるときは
●生卵やゆで卵(殻つき、殻なしとも)、目玉焼きは加熱しない
●ふた、およびふたつきの容器は使用しない
やけど・けが・火災の原因になります。
※包装を外します
えびやいか、丸ごとのマッシュルームは
飛び散ることがあるのでおおいをする。
加熱後よくかき混ぜる。
(丸ごとのマッ
シュルームはあらかじめ取り除き、加熱
後加える)仕上がり調節 やや強 または
強 に合わせる。
※調理する際にあらかじめえびやいかは切
り目を入れ、丸ごとのマッシュルームは
半分に切っておきます。みそ汁・スープな
どは、手動調理(レンジ加熱)
で様子を見
P.26、27、35
ながら加熱します。
使用する容器は、陶磁器や耐熱性の
ある容器を使います。
P.14、15
漆器や耐熱性のない容器は使えません。
警告
P.26、27、35
卵が破裂して丸皿やドアファインダーが破損するおそれがあります。
100g未満
少しすき間をあけて皿に並べ、水分を
補ってから加熱する。乾燥ぎみのとき
は、サッと水にくぐらせる。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
上がりに調節します。
次の食品は「手動調理(レンジ加熱)」で様子を見ながらあたためる
●まんじゅう
シューマイ
カレー・シチュー
容器に入れる。野菜いためが乾燥してい
る場合は、バターかサラダ油を加える。
加熱後、かき混ぜる。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
● 前回の仕上がり調節は、記憶されません。
●重量が100g
未満の食品
容器に入れて、煮汁をかける。煮魚は
身が飛び散ることがあるので、
深めの皿を使い、おおいをする。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
スパゲッティ・焼きそば
焼きとり・焼き肉
調理終了
終了音が鳴ったら食品を取り出す
様子を見ながら、さらに加熱します。オート調理で追加加熱
P.26
すると、熱くなり過ぎます。
● ごはんのあたためは、1あたため 仕上がり調節 やや弱 で
あたためます。
P.19
容器に入れて、煮汁をかける。
冷蔵は仕上がり調節 やや強 に合わせる。
煮魚
汁物︵とろみのある物︶
加熱途中で「 」が残時間表示にかわり
ます。
● 仕上がりがぬるかったときは、手動調理 レンジ 600W で
野菜の煮物・おでん
(たまごは取り除く)
蒸し物
計量・加熱時間計算中
仕上がり調節をするときは
れている間)に を押してください。ドアを開閉して約10分を
過ぎるとスタートしません。
ドアを開閉して を押してください。
チャーハン・ピラフ
おおい
の有無
焼き魚
自動的に加熱がスタートします
お願い ● 1あたため は、ドアを閉めて約10分以内(表示部に「0」が表示さ
常温および冷蔵は仕上がり調節 やや弱
または 中 に合わせる。
煮物
1 あたため(常温や冷蔵保存品)
めん類
:1あたため
メニュー名および調理のコツ
ごはん
加熱後、かき混ぜる。
を押してスタートする
おおい
の有無
1あたため
使いかた
メニュー名および調理のコツ
ごはん物
1
使いかた
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
食品を入れた容器や皿を丸皿
1 あたため
※別の容器に移 ※別の容器に移
しかえます
しかえます
×× ×
生卵
ゆで卵
黄身や目玉焼き
オート調理(あたため)
冷凍保存したごはん・お総菜のあたため
8 冷凍ごはん
9 解凍あたため
●冷凍ごはんをあたためます。 8 冷凍ごはん
●冷凍保存(ホームフリージング)した食品をあたためます。 9 解凍あたため
例:8 冷凍ごはん の場合
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
準備
■1回にあたためられる量は、8冷凍ごはん は100∼600g、9解凍あたため の場合、食品と容器を合わ
せて200∼1200gまでです。
このマークのついた
■ 9解凍あたため の場合は、お総菜やご家庭で調理した食品で、
食品はラップなどの
分量と容器の重さは同じくらいにしてください。
おおいをする。
■食品の温度は、冷凍は約ー18℃が目安です。
「0」表示
冷凍保存した食品を解凍してあたためる
ごはん物
ボタンを押すごとに
8冷凍ごはん 9解凍あたため
8冷凍ごはん の順に選択できます。
: 8冷凍ごはん
仕上がり調節をするときは
8冷凍ごはん
おおいの有無
メニュー名および調理のコツ
を押す
8冷凍ごはん
9解凍あたため
使いかた
1
使いかた
冷凍ごはん、または容器や皿に
入れた冷凍保存した食品を丸皿
の中央に置き、ドアを閉める
冷凍保存したごはん・お総菜の上手なあたためかた
冷凍ごはん・チャーハン・ピラフ
ラップに包んで四角形に形作った冷凍ごはんは、丸皿の中央に直接のせる。
耐熱性のあるプラスチック製の冷凍保存容器に入った冷凍ごはんは、保存容器のメーカーの
指示通りに準備してから丸皿の中央に直接のせる。
2個以上のときは分量を同じにして、中央にのせる。
冷凍チャーハン、ピラフは、仕上がり調節 やや弱 に合わせ、加熱後かき混ぜる。
P.17
( を押す前に調節します。)
※冷凍ごはんを皿にのせて使用する場合は 9解凍あたため で加熱します。
2
計量・加熱時間計算中
冷凍保存した食品を解凍してあたためる
を押してスタートする
メニュー名および調理のコツ
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
残り時間:食品によっ
てかわります。
冷凍スパゲッティ・焼きそば
皿にのせる。加熱後、かき混ぜる。
メニュー名および調理のコツ
いため物
出す
めん類
終了音が鳴ったら食品を取り
おおい
の有無
9解凍あたため
おおい
の有無
冷凍八宝菜・ミートボール
容器に入れる。加熱後、かき混ぜる。
調理終了
厚さ
2∼3cm
●ごはんやカレーなどは
ごはんは 1 杯分(150g)ずつに、カレーなど
は 100 ∼ 300g ずつに分け、薄く(厚さ 2 ∼
3cm)平らにして冷凍します。(丸ごとのマッシ
ュルームなど飛び散りやすい物は、あらかじめ
半分に切っておきます。)
冷凍天ぷら・フライ・コロッケ
皿に並べる。仕上がり調節 やや弱
または 弱 に合わせる。
油が気になるときは、 加熱後、ペー
パータオルで取る。
汁物 ︵とろみのある物︶
1 回分ずつ(200 ∼ 300g)
に分け、2 ∼ 3cm の厚さで、
極端に薄くならないように平
らな形にまとめます。
揚げ物
●材料は新鮮な物を
皿にのせる。加熱後、裏返して1∼2分
ほどおく。
蒸し物
焼き物
上手な冷凍保存(フリージング)のコツ
冷凍ハンバーグ
冷凍シューマイ
サッと水にくぐらせて皿に並べる。
加熱後はすぐにラップを外す。
冷凍カレー・シチュー
容器に入れ、おおいをする。ふたのかわ
りにラップをするときは、
ゆとりをもっておおい、仕上がり調節
やや強 または 強 に合わせる。
加熱後、かたまりをほぐし、かき混ぜる。
●野菜は
かためにゆで、水けをよく切って 1 回分(100 ∼
200g)ずつラップなどで包み、冷凍します。
オート調理 飲み物の上手なあたためかた
●1回であたためられる分量 ●容器の 7 ∼ 8 分目が適量です。
飲み物・コンビニ弁当のあたため、下ごしらえ、調理する
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
食品とメニューに合った付属品
を入れ、ドアを閉める
例: 20トースト の場合
希望のメニュー番号を選択
する
2鶏のから揚げ
:20トースト
3あじフライ
P.17
150mL
水
180mL
お
茶
● 2 個以上の場合は、丸皿の中央に寄せて置きます。
●ラップなどのおおいはしません。
●牛乳は冷蔵室から出したての物を使います。
●牛乳びんでの加熱はできません。
● 100mL の場合は、手動調理(レンジ加熱)で様子を
P.26、
27、35
見ながら加熱します。
180mL
お酒の上手なあたためかた
計量・加熱時間計算中
熱)で様子を見ながら加熱します。
14 飲み物・牛乳 、15 酒かん は仕上が
り調節の目盛を記憶します。
P.26、
27、35
12 葉・果菜 13 根菜
2
水けを切らずラップでぴったりと包み、丸皿の中央に直接置き加熱します。
皿などの上にのせて加熱すると加熱し過ぎの原因になります。
加熱できる分量は 12 葉・果菜 で 100 ∼ 300g 13 根菜 で 100 ∼ 600g です。
を押してスタートする
12 葉・果菜
13 根菜
終了音が鳴ったら食品を取り出す
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
やけどのおそれがあります
上手な野菜のゆでかた
残り時間:食品によっ
てかわります。
注意
「臭いが気になるとき 脱臭 」
を参照して で加熱してく
ださい。 P.36
15 酒かん
・半分以下の少量で加熱すると、加熱室から取り出
した後でも突然沸とう(突沸)して飛び散り、や
けどをすることがあります。手動調理(レンジ加
( を押す前に調節します。)
熱くなった食品や付属品の取り
出しは、厚めの乾いたふきんや、
お手持ちのオーブン用手袋を使う。
×
●容器の種類と飲み物の入れかた
● 1 回にあたためられる分量は
・容器はコップまたは徳利を使います。
100 ∼ 300mL です。
・コップであたためる場合は、7 ∼ 8 分目まで入れ、
●丸皿の中央に置いて加熱します
徳利であたためるときはくびれた部分より 1cm
● 1 あたため では熱くなり過ぎます
下くらいまで入れます。
●仕上がりがぬるかったときは
レンジ 600W であたたまり加減を見ながら加熱します。 ・びん詰めのお酒は栓を抜きます。
P.26、
27
2鶏のから揚げ ・
・
・
の順に選択できます。
仕上がり調節をするときは
コーヒー
飲み物の種類
仕上がり調節
■2つのメニューがあるボタンは、押す
ごとにメニューが切りかわります。
例えば、 は、ボタンを押すごとに
牛 乳
容器に対して少量(12量以下)の場合は、加熱室から取り出
1mL =1cc した後でも、突然沸とうして飛び散り、やけどすることがあ
るので加熱し過ぎに注意しながら手動調理(レンジ加熱)で加
1杯分の分量
27、35
200mL(冷蔵) 熱します。 P.26、
は 1 ∼ 4 杯(本)です。
使いかた
1
使いかた
調理後の加熱室の油汚れは
14 飲み物・牛乳
■調理後は、ふきんなどで加熱室内やドアの水滴を
P.36
よくふき取ります。
P.44
4 コ ロ ッ ケ
5 ハ ム カ ツ
P.45
6 10分蒸し物
7 10 分 煮 物
P.46、47
10 解
11 半
P.44
P.45
P.47、48
凍
P.24
解
凍
P.24
12 葉 ・ 果
13 根
菜
P.23、51
菜
P.23、51
果菜
ほうれん草、小松菜
など葉が食べられる物
なす、かぼちゃなど果実
や種子が食べられる物
●料理に合わせた下ごしらえを
コツ・料理集参照ページ
2 鶏のから揚げ
3 あ じフ ラ イ
花菜
葉菜
14 飲み物・牛乳
15 酒 か ん
P.23、65
16 焼 き そ ば
17 冷 凍 め ん
P.55
18 フライあたため
19 グ ラ タ ン
P.25、50
P.23、65
葉、果・花菜の根の太い物には、十文字の切り
目を入れたり、房になっている物は小房に分け
ます。根菜類は、同じ大きさに切りそろえたり、
なるべく同じ大きさの物を選びます。
P.49
P.53
20 ト ー ス ト
21 お 菓 子
P.65
22 簡 単 パ ン
23 コンビニ弁当
P.61∼63
P.56、57
P.25
カリフラワー、ブロッコリーなど
花弁やつぼみが食べられる物
根菜
じゃがいも、さつまいも
など地中にある根茎や根
が食べられる物
●さいの目切りや薄切りにした場合は、仕上がり
調節 弱 に合わせます。
●材料に合ったアク抜きを
ほうれん草などは、加熱後すぐに水に取ります。
なすやカリフラワーなどは、加熱前に薄い塩水や
酢水にさらしてアク抜きをします。
●丸のままのじゃがいもなど複数個を
加熱するときは、中央を開けてラップ
に包んで加熱します。
加熱後、
上下を返して 3 ∼ 5 分ほどそのままおきます。
分量が 100g 未満のときはオート調理で加熱しない。
注意
火災の原因になります。
手動調理 レンジ 600W で様子を見ながら加熱します。
● オーブンシートなどの紙類で包んで加熱しない。
P.26、27、34
上手な解凍のしかた
10 解凍 11 半解凍
コンビニ弁当の上手なあたためかた
●あたためられる弁当はコンビニエンスストアなどで販売されている弁当です。
●包装しているラップやふたは変形することがあるため、必ず外します。
●ごはんとおかずが分かれて入っている弁当(加熱時間の目安 1個(約 450g)約 2 分 10 秒)
●解凍できるのは、冷凍室から出したばかりのコチコチに凍った肉や魚です。
● 1 回に解凍できる分量は、100 ∼ 600g です。
●発泡スチロール製のトレーにのせたまま解凍します。
他に「のり弁当」や「さけ弁当」のように、ごはんの上に具がのっている物もあたためられます。
ラップなどのおおいを外し、丸皿の中央に置いて解凍します。陶磁器や耐熱皿などは使わないでください。
トレーがない場合は、丸皿にオーブンシートかペーパータオルを敷いて解凍します。
●発泡スチロール製のトレーは、解凍以外に使用しないでください。
●加熱室は冷ましてから使ってください。
オーブン 、トースター・グリル の使用後は加熱室や丸皿が熱くなっています。発泡スチロールのトレーが
溶けたり、加熱し過ぎることがあります。十分冷ましてから使ってください。
●丼物(カツ丼・カレーライス・チャーハン・スパゲッティーなど)
*あんかけ類(中華丼、あんかけ焼きそばなど)をあたためる場合、容器やふたが変形
したり、あんかけの具(いか、えび、うずらの卵など)が加熱中に破裂する場合があ
ります。ふたを取り外し、 これらの具を取り除いてから加熱し、加熱後加えます。
● 1 回にあたためられる分量は 1 個(1人分)です。
※ 冷蔵室から出した物は仕上がり調節 やや強 または 強 に合わせます。
23 コンビニ弁当 であたためられないお弁当の例
形、厚みが均一でない物は、細いところや薄いところに巻きます。大きなかたまりには、
まわり(側面) に巻きます。頭や尾の部分は、先に加熱されやすいのでアルミホイルを
ピッタリと巻いて解凍すると、変色や煮えが防げます。
アルミホイルが加熱室壁面、ドアファインダーに触れると火花(スパーク)が出て、
丸皿やドアファインダーが割れるおそれがあります。
●電子レンジ加熱に使えない容器を使用して
いる弁当
●解凍後そのまま 3 ∼ 5 分おき自然解凍をします。
次の場合は手動調理(レンジ加熱)で途中様子を見ながら解凍します。
凍野菜
● 分量が
P.26
解 凍 の目安 は 200g で
4 ∼ 5 分です。
20℃以下の冷凍食品
オート調理で行う解凍は、冷凍保存温度が
− 18℃を基準にしています。
● オート調理で加熱不足の場合
レンジ 100W または レンジ 200W で加熱する。
肉や魚を解凍後、すぐ調理する場合 : 10 解凍
●おにぎり
● 1 種類ずつ小分けしているお総菜のパック
●対角線・直径が 26cm 以上の容器の弁当
から揚げ・シューマイなど、お総菜のパックは重
量がかるく、うまくあたたまりません。手動調理
P.26
(レンジ加熱)であたためます。
重量がかるく、うまくあたたまりません。
手動調理(レンジ加熱)であたためます。
P.26
加熱室内に当たり回転できないため、うまくあ
たたまりません。
警告
● 解凍が足りなかったとき
●−
使われている容器が耐熱性ではない場合があります。
紙や木でできた容器、アルミで加工された容器、
発泡スチロール製の容器、ホッチキスなどで止め
てある容器などを使用した弁当
● 溶けかけている食品
100g 未満の場合
● バラバラになって凍っている物
レンジ 200W で加熱する。
●弁当屋の持ち帰り弁当
使いかた
使いかた
●形、厚みが均一でない物はアルミホイルを使って解凍します。
● 調理済み冷凍食品や冷
23 コンビニ弁当
レンジ 100W または
レンジ 200W で加熱
する。
さしみを解凍後、そのまま生で食べる場合 : 11 半解凍
食品の中心が、少し凍って
い る 状 態 に 仕 上 が り ま す。
包丁で切りやすく、食卓に
出すとき食べごろになります。
薄切り肉は、解凍後両手で
大きくしならせます。
ひき肉やかたまり肉は仕上
がり調節 強 で解凍します。
ゆで卵や目玉焼きは破裂するおそれがあるので、
加熱しない。
(あたためる前に取り除きます。
)
卵が破裂して丸皿やドアファインダーが破損す
るおそれがあります。
フライの上手なあたためかた
×× ×
生卵
ゆで卵
黄身や目玉焼き
18 フライあたため
●丸皿にアルミホイルは敷かないでください。
レンジ加熱のとき、火花(スパーク)の原因になります。オーブンシートは使用できます。
●置きかたは
市販の冷凍フライ類は袋やラップ、トレーなどを外し、凍ったまま丸皿に並べます。
上手な冷凍保存(フリージング)のコツ
●材料は新鮮な物を
1 回分ずつ(200 ∼ 300g)
に分け、2 ∼ 3cm の厚さで、
極端に薄くならないように平
らな形にまとめます。
厚さ
2∼3cm
●ラップなどでピッタリ密封します。
ラップで包むときは、ラップが食品の間に入らな
いように包むとはがしやすくなります。
●バランなどの飾りや敷き物は取り除きます。
●魚の下ごしらえは
魚はうろこやえら、内臓を取り、塩水で洗って
水けをふき取り、1 尾ずつ冷凍します。
●熱い物は
よく冷ましてから冷凍します。
手動調理(レンジ加熱)
食品を一定の出力(W)で加熱する
加熱時間の決めかた
P.32 を参照してください。
600W 200W 100W の操作方法を説明しています。レンジ 発酵 の操作方法は、 ●同じ分量でも食品の種類によって調理時間も違います。
※高周波出力 レンジ 950W はオート調理の 1 あたため 等の限定したメニューにのみ働きます。
手動調理(レンジ加熱)では、レンジ 950W は設定できません。 食品100g当たり レンジ 600W の加熱時間の目安
食品の種類
を押し 出力(W)を選択
する
押すごとに
600 W
200 W
100 W (レンジ)発酵 例 : レンジ 600W で
1 分 40 秒 加熱する場合
2
を押し
600W
( 最大設定時間 19 分 50 秒 )
レンジ出力(W)
:1回
:4回
3
を押してスタートする
残り時間
出す
調理終了
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
1分30秒∼2分
50秒∼1分10秒
(お酒・牛乳など)
1分50秒∼
2分30秒
1分∼1分30秒
50秒∼
1分10秒
汁物
1分10秒∼
1分30秒
飲み物
40秒∼1分
パン・まんじゅう
40∼50秒
● レンジ 950W は手動調理では設定できません
レンジ 600W で加熱します。オート調理の
1あたため 等の限定したメニューにのみ働きます。
●食品の分量にほぼ比例します
同じ食品でも、冷蔵室や冷凍室から出して使う場合は、
加熱時間がかかります。
常温(約20℃のとき)に対して、冷蔵は約1.3倍、
冷凍は約2.3倍が目安です。
また夏と冬で多少加熱時間が違います。
30∼50秒
ケーキ
40秒∼50秒
●使う容器によっても違います
容器の材質や大きさ、形状によっても加熱時間は
多少違ってきます。
●少量の食品(100g未満)を加熱する場合
レンジ 600W で加熱時間を20∼50秒に設定し、
様子を見ながら加熱します。特に小さく切ったにん
じんなど野菜が少量(100g未満)のときに乾燥した
り、火花(スパーク)が出て焦げたりすることがあり
ます。水を多めにふりかけてラップに包むか皿など
に広げ、浸るくらいの水を入れてラップでおおい、
加熱します。
はじけや飛び散りなどを防ぐ加熱のしかた
終了音が鳴ったら食品を取り
警告
(みそ汁・スープなど)
●加熱前の食品温度によっても違います
加熱時間
200W 10 秒∼20 分 : 10 秒単位
100W 20 分∼90 分 : 1 分単位
1分30秒∼2分
50秒∼1分10秒
分量が倍になれば時間もほぼ倍、半分になれば時間もほぼ
半分になります。
200W 100W
( 最大設定時間 90 分 )
生からの調理 あたため
めん類
50秒∼1分10秒
ごはん類
加熱時間を設定する
加熱時間選択範囲
10 秒∼
600W
19分 50 秒 : 10 秒単位
肉 類
食品の種類
1分∼1分30秒
根 菜
:1回
の順に表示します。
出力
葉・果菜類
魚介類
生からの調理 あたため
使いかた
「0」表示
1
使いかた
食品を入れた容器や皿を丸皿
の中央に置き、ドアを閉める
野菜類
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
レンジ加熱で生卵やゆで卵
(殻つき、
殻なしとも)、
目玉
焼きは加熱しない。
卵が破裂して丸皿やドア
ファインダーが破損する
生卵
ゆで卵 黄身や目玉焼き
おそれがあります
(※生卵を加熱する場合は、溶きほぐしてから加熱する。)
●いか、たこ、えびなどの皮や殻つきの
物は、表面に
切り目を
入れる
※ レンジ 200W で加熱時間を
控えめにします。
●殻つきの栗やぎんなん
●マッシュルームは半分に切る
※切り目や割れ目を入れておおいを
して加熱します。
●ひじき
※ レンジ 200W で加熱時間を
控えめにします。
●飲み物・汁物などは加熱前に
よくかき混ぜる
●さいの目野菜(にんじんなど)
●カレー、シチュー
などのとろみのあ
るものはおおいを
する
※100g以上にするか、水をふりかけ、
ラップをして レンジ 600W で加熱します。
加熱前
手動調理(レンジ加熱)
手動調理(トースター・グリル加熱)
加熱途中で出力(W)を自動的に下げる(リレー加熱)
煮込みや炊飯など加熱の途中から弱火にする加熱方法です。
魚の切り身などを焼きます。
■焼きもち、丸身の魚は焼けません。
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
食品を入れた容器や皿を丸皿
の中央に置き、ドアを閉める
準備
魚など表面に焦げ目をつけながら加熱する
「0」表示
押すごとに
600 W
200 W
例 : レンジ 600W で10分
加熱後、レンジ 200W で
25分 加熱する場合
100 W (レンジ)発酵 :1回
の順に表示します。
「0」表示
を押す
2
を選択する
例 : トースター・グリル
で 28分 加熱する場合
2
を押し、
3
( 最大設定時間 19 分 50 秒 )
加熱時間を設定する
:1回
加熱時間
を押してスタートする
調理終了
加熱時間
押すごとに
200W 100W
:1回
200W 10 秒∼ 20 分 :10 秒単位
100W 20 分∼ 90 分 : 1 分単位
4
加熱時間選択範囲
10 秒∼
600W
19 分 50 秒 :10 秒単位
加熱時間選択範囲
終了音が鳴ったら食品を取り
10 秒∼ 20 分 :10 秒単位
20 分∼ 40 分 : 1 分単位
出す
の順に表示します。
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
注意
を押し、
レンジ出力(W)
加熱時間を設定する
( 最大設定時間 90 分 )
5
:2回
:5回
熱くなった食品や付属品の取り出しは、
■ 40 分以上のときは残り時間を追加加熱してくだ
厚めの乾いたふきんや、お手持ちの
さい。
オーブン用手袋を使う。
調理後の加熱室
の油汚れは
「臭いが気になるとき
脱 臭 」を 参 照 し て
で 加 熱 し て く
ださい。
やけどのおそれがあります
P.36
トースター・グリル の上手な使いかた
を押してスタートする
途中で裏返しをしてさらに焼く
加熱時間
終了音が鳴ったら食品を取り
出す
:2回
:8回
( 最大設定時間 40 分 )
レンジ出力(W)
200W または
を押し
100W を選択する
出力
を押し、
3
加熱時間を設定する
使いかた
を押し 600W
1
1
使いかた
食品をのせた丸皿を入れ、
ドアを閉める
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
調理終了
片面を焼いてから裏返して、さらに焼きます。魚などは盛りつけたとき上になる方を下にして並べて焼き、
途中裏返してさらに焼きます。
■加熱時間を変えるときは温度 / 仕上がり を押すと、1 分単位で増減できます。ただし、最大加熱時間
(40 分)を設定した場合、加熱時間を追加することはできません。また、残時間表示が 1 分未満となった場合
は加熱時間を増減することはできません。
手動調理(オーブン加熱)
手動調理(オーブン加熱)
予熱「あり」で加熱する
予熱「なし」で加熱する
●加熱室を予熱しないで調理します。
●先に加熱室を予熱してから調理します。
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
予熱「あり」→「予熱」が点灯
に進みます。
2
3
熱くなった食品や付属品の取り出
しは、厚めの乾いたふきんや、お
手持ちのオーブン用手袋を使う。
やけどのおそれがあります
:2回
■予熱が終わってそのままにしておくと、10分
間予熱を継続した後、設定した時間を加熱し
ます。
(庫内灯は消灯しています。)
を押してスタートする
注意
熱くなった食品や付属品の取り出し
加熱時間
は、厚めの乾いたふきんや、お手持
ちのオーブン用手袋を使う。
やけどのおそれがあります
※時間表示に切りかわった場合は、
を押し、温度表示にしてから
操作します。
を押し、
※ 250℃設定時の運転
時間は約 5 分です。
その後は自動的に
210℃に切りかわり
ます。
:2回
:4回
加熱時間を設定する
( 最大設定時間 90 分 )
加熱時間
を押してスタートする
※ 250℃設定時の運転
加熱時間選択範囲
10 秒∼ 20 分 :10 秒単位
20 分∼ 90 分 : 1 分単位
オーブン温度
4
5
注意
( 最大設定時間 90 分 )
予熱終了音が鳴り予熱が終わったら、
ドアを開けて食品をのせた丸皿を回
転台にセットし、ドアを閉める
させるときは、もう一度 を
押してください。
:2回
:1回
100℃∼210℃(10℃単位)
・250℃まで
設定できます。
(加熱室が熱い場合、
最大設定温度は210℃になります。)
3
4
室の様子を見たいときは
を押すと庫内灯が点灯し、回転
台が回転します。庫内灯を消灯
:2回
に進みます。
を押し 温度を設定する
を押し、
を押して
予熱をスタートする
消灯しています。予熱中に加熱
:1回
オーブン温度
加熱時間を設定する
■予熱中は節電のため庫内灯を
予熱「なし」→「予熱」が消灯
そのまま
※時間表示に切りかわった場合は、
を押し、温度表示にしてから
操作します。
10 秒∼ 20 分 : 10 秒単位
20 分∼ 90 分 : 1 分単位
予熱「あり」→「予熱」が点灯
例: オーブン 予熱なし
170℃ で 24分 加熱
する場合
※約2秒後に時間表示に切りかわりますが
100℃∼210℃(10℃単位)
・250℃まで
設定できます。
(加熱室が熱い場合、
最大設定温度は210℃になります。)
加熱時間選択範囲
■ ボタンを押すごとに予熱「あり」 予熱「なし」
を押し温度を設定する
予熱「なし」
を選択する
予熱「あり」の順に選択できます。
点灯
そのまま
:1回
予熱「なし」→「予熱」が消灯
※約2秒後に時間表示に切りかわりますが
を2回押し
使いかた
例: オーブン 予熱あり
150℃ で 22分 加熱
■ ボタンを押すごとに予熱「あり」 予熱「なし」
する場合
予熱「あり」の順に選択できます。
を選択する
2
を押し 予熱「あり」
食品をのせた丸皿を回転台に
セットし、ドアを閉める
﹁予熱﹂消灯
使いかた
加熱室は回転台
だけにする
1
1
食品をのせた丸皿を用意する
準備
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
終了音が鳴ったら食品を取り出す
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
時間は約 5 分で
す。その後は自動
的に 210℃に切り
かわります。
加熱のポイント
食品の焼き色を調節するため、加熱途中で温度と加熱時間を変えることができます。
■ 加熱中に を押すと、設定した温度が表示されます。温度 / 仕上がり を押して温度を変えることができます。
約 2 秒後に時間表示に戻ります。
終了音が鳴ったら食品を取り出す
追加加熱などで予熱
が不要なとき
庫内灯が消灯し、表示が
「0」
になり、
加熱が終わります。
予熱なしの使いかた
で行います。
P.31
熱時間(90 分)を設定した場合、加熱時間を追加することはできません。また、残時間表示が 1 分未満となった場合は
■ オーブン 加熱中に、加熱時間を変えるときは、温度 / 仕上がり を押すと、1 分単位で増減できます。ただし、最大加
加熱時間を増減することはできません。
手動調理(発酵)
レンジ発酵で加熱する
オーブン発酵で加熱する
●簡単パンの生地など少量の発酵が手早くできます。
●パン生地などの発酵をします。
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
準備
食品を丸皿の中央に置き、
1
押すごとに
600W
の順に表示します。
P.17
※約 2 秒後に時間表示に切りかわりますが
( を押す前に調節します。)
2
レンジ発酵
:1回
3
( 最大設定時間 90 分 )
終了音が鳴ったら食品を取り出す
加熱時間
加熱時間選択範囲
10 秒∼ 20 分 :10 秒単位
20 分∼ 90 分 : 1 分単位
温度 / 仕上がり を使い分けます。
(右表参照)
レンジ 発酵 は温度 / 仕上がり で発酵温度をコントロール
します。温度 / 仕上がり を誤って調節すると上手に
P.17
中
レンジ 発酵
●市販の料理ブックの発酵や、好みの料理の発酵は
オーブン 予熱なし で温度 / 仕上がり を押して
オーブン 発酵(40℃)に設定し、様子を見ながら
行ってください。
やや弱
ヨーグルト(64)
ヨーグルトソース(64)
:2回
:4回
( 最大設定時間 90 分 )
を押してスタートする
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
レンジ 発酵 メニューと記載ページ
ボタン
仕上がり調節 メニュー・記載ページ
簡単パン(61)
簡単肉まん(61)
レーズンパン(62)
セサミパン(62)
簡単あんパン(62)
簡単クリームパン(62)
簡単うぐいすパン(62)
かぼちゃパン(63)
全粒粉パン(63)
チョコチップメロンパン(63)
オーブン発酵
終了音が鳴ったら食品を取り出す
つづく
加熱室の温度が低いとき、上ヒーターが加熱する場合があります。
ドア、キャビネット、加熱室の周辺に触れない。
●メニューによって発酵温度が違います。
調理終了
庫内灯が消灯し、表示が「0」になり、
加熱が終わります。
レンジ 発酵のコツ
仕上がりません。
押し、温度表示にしてから操作します。
加熱時間を設定する
4
を押してスタートする
注意
:7回
を押し、
加熱時間選択範囲
10 秒∼ 20 分 :10 秒単位
20 分∼ 90 分 : 1 分単位
発酵(40℃)に
設定する
※時間表示に切りかわった場合は、 を
3
加熱時間を設定する
:2回
に進みます。
を押し
を押し、
で 24分 加熱する場合
予熱「あり」の順に選択できます。
そのまま
:4回
仕上がり調節をするときは
予熱「なし」
を選択する
■ ボタンを押すごとに予熱「あり」 予熱「なし」 例: オーブン 発酵 40℃
例:レンジ 発酵 仕上がり
調節 中 で 10分
100W (レンジ)発酵 加熱する場合
2
200W
を 2 回押し
使いかた
使いかた
を選択
を4回押し「発酵」
する
「0」表示
セットし、ドアを閉める
「0」表示
ドアを閉める
食品をのせた丸皿を回転台に
1
準備
お知らせ ドアを開けると電源が入ります。
つづき
加熱時間
調理終了
レンジ 発酵のコツ
本書に記載してある、バターロール、ピザなどの一次発酵を
レンジ 発酵 で行う場合は
●こね上げた生地を耐熱性ガラスのボウルに入れてそのまま
丸皿にのせて発酵します。(金属製の容器は使えません。)
レンジ 発酵 仕上がり調節 中 で調理します。
メニュー・記載ページ
バターロール
P.60
分 量
6 個分
一次発酵時間
15∼20分
P.61
●簡単パン を参照し、ポリ袋を使ってこねることも
●発酵温度の目安:こね上げた生地の温度が約 25℃
できます。この場合は袋のまま、記載の発酵時間の少なめ
のとき、中 設定(約 10 分)のときは、発酵終了
の時間を目安にして発酵させます。
時の生地の温度は約 30℃になります。
手動調理をするときの加熱時間 レンジ調理
● 焼き魚や煮魚、カレーやシチューのあたためは、加熱中に
レンジ調理
(野菜)
カ リ フ ラ ワ ー
ブ ロ ッ コ リ ー
12 葉・果菜
はかまを外し、穂先と根元を交互にする。
さ や い ん げ ん
さ や え ん ど う
筋を取る。
加熱後、さっと冷水をかけて色止めをする。
と う も ろ こ し
皮をラップがわりにするときは、ひげを取り除く。
ぼ
ち
強 ∼ やや強
ゃ
ん
も
も
う
ん
大
13 根 菜
根
200g
2分30秒∼3分
300g(1本)
5∼6分
200g
3分∼3分30秒
200g
約4分
有
150g
300g
約4分
6∼7分
パン類
じ ゃ が い も
13 根 菜
やや弱 ∼ 弱
有
大きさをそろえて切る。
皮をむいた里いもは、塩もみして水で洗い、ぬめりを
取る。さいの目切りや、薄切りのオート調理の場
合は 弱 に合わせる。
ごぼう、 れんこんは酢水につけ、アク抜きして
から酢をふりかけて加熱する。
じゃがいも丸ごと 1・2 個を加熱したときは、加熱後、
上下を返してそのまま 3 ∼ 5 分ほどおく。
さいの目切りや薄切りは に合わせる。
弱
2分30秒∼3分
飲み物
に
ん
じ
さ つ ま い
里
い
ご
ぼ
れ
ん
こ
200g
2 分 10 秒
∼ 2 分 30 秒
汁物
か
12 葉・果菜
200g
加熱時間
蒸し物
グリーンアスパラガス
分 量
まんじゅう
(いため物)
焼
き
そ
ば
牛肉とピーマンの細切りいため
八
宝
菜
その他
レンジ調理
P.22、55
16 焼きそば
有
標準量
分量
分量
有
2分∼2分40秒
有
冷凍ピラフ(パラパラの物)
1 人分(250g) 3分20秒∼4分
有
冷凍スパゲッティ
1 人分(250g) 3分20秒∼4分
有
冷凍ハンバーグ
1 個(100g)
2分30秒∼3分
有
冷凍フライ
2 ∼ 4 個(100g) 1分50秒∼2分
−
冷凍シューマイ
15 個(220g) 3分∼4分20秒
有
冷凍肉だんご(甘酢あんかけ)
1 袋(200g) 2分∼3分20秒
有
冷凍カレー・シチュー
1 人分(200g) 3分50秒∼4分
有
冷凍おにぎり(かたまり) 1 個(150g)
冷凍ミックスベジタブル
200g
2分∼2分40秒
有
冷凍さやいんげん
200g
2分40秒∼3分
有
冷凍枝豆・かぼちゃ
200g
2分∼3分20秒
有
冷凍スイートコーン
300g
5分∼6分40秒
有
冷凍あんまん・肉まん
各 1 個(80g) 50秒∼1分20秒
有
加熱時間
レンジ 100W
おおいの
有無
1 杯(150g)
50 秒∼ 1 分
−
まぐろ(ブロック)
200g
4∼6分
−
おにぎり
1 個(150g)
約 1分
−
いか(ロール)
100g
2∼3分
−
チャーハン・ピラフ
1人分(各250g)
約 1 分 50 秒
−
えび
10尾(約200g)
3∼5分
−
1切れ
(約100g)
2∼3分
−
1人分(各250g)
約 2 分 40 秒
−
切り身魚
焼き魚
1 人分(100g)
約 1分
有
ひき肉
200g
5∼7分
−
ハンバーグ
1 個(100g)
約 1分
−
薄切り肉
200g
4∼6分
−
フライ
2∼4 個
(100g)
40 ∼ 50 秒
−
鶏もも肉(骨なし)
250g
6∼7分
−
コロッケ
2 個(150g)
50 秒∼ 1 分
−
鶏もも肉(骨あり)
250g
7∼8分
−
スパゲッティ・焼きそば
野菜のいため物
1 人分(200g)
約 1 分 50 秒
−
八宝菜
1 人分(300g)
約 2 分 40 秒
−
野菜の煮物
1 人分(200g) 1 分 50 秒∼ 2 分
煮魚
1 切れ(100g)
約 50 秒
シューマイ
1 人分(200g)
約 1 分 50 秒
みそ汁・コンソメスープ
1 人分(150g) 1 分∼ 1 分 50 秒
カレー・シチュー
1人分(各200g)
ポタージュスープ
1 人分(150g) 1 分 40 秒∼ 2 分
牛乳
1 杯(200mL)
約 1 分 40 秒
−
コーヒー
1 杯(150mL)
約 1 分 10 秒
−
お酒
1 本(180mL)
50 秒∼ 1 分
−
ハンバーガー
1 個(100g)
30 ∼ 40 秒
−
ホットドッグ
1 本(80g)
20 ∼ 30 秒
−
バターロール
2 個(80g)
約 20 秒
−
あんまん・肉まん
各1個
(80g)
30 ∼ 40 秒
有
まんじゅう
2 個(100g)
20 ∼ 30 秒
−
コンビニ弁当
1 個(500g) 1 分 40 秒∼ 2 分
らせてから、ゆとりをもってラップで包み、皿にのせて加熱し
ます。
●パンやまんじゅうのあたためは、時間がたつとかたくなるので、
食べる直前に加熱します。
●ミックスベジタブルや枝豆は、水にくぐらせて皿に広げて加熱し
ます。少量(100g 未満)をラップに包んで加熱すると、火花(ス
パーク)が発生して食品が焦げたり、乾燥することがあります。
P.27 参照)
(「少量の食品(100g 未満)を加熱する場合」
水を多めにふりかけてラップで包むか皿などに広げ、浸るくら
いの水を入れてラップでおおい、加熱します。
●市販の冷凍食品(フライやコロッケなど)を加熱するときは、 食品メーカーが指示するトレーや容器に入れて、丸皿の中央に
寄せて置きます。加熱時間は、食品メーカーが表示している時
間を目安にして、加熱します。
約 1 分 50 秒
−
有
−
−
有
−
レンジ調理
(ゆでて冷凍した野菜の解凍)
分量
加熱時間
レンジ 600W
おおいの
有無
ミックスベジタブル
200g
1 分 50 秒∼2 分 10 秒
−
さやいんげん
200g
約2分
−
メニュー名
−
● 手動調理での付属品は丸皿を使用します。
ただし、トーストは回転台のみを使用します。
時間を参考にして、手動調理で様子を見ながら焼いてください。
手動調理の目安
メニュー名
軽食 トースト
・
お総菜 マカロニグラタン
お 菓 子 ・ パ ン
冷凍ごはん(2∼3cm厚さのかたまり) 1 杯分(150g) 2分∼2分40秒
分量
※市販の料理ブックのオーブンメニューや市販の生地を使うときは、この料理集の類似したメニューの温度と
●あんまん、肉まんのあたためは、底の紙を取り、サッと水にくぐ
メニュー名
メニュー名
8∼9分
(冷凍食品の解凍あたため)
おおいの
加熱時間
有無
レンジ 600W
おおいの
有無
ごはん
オーブン調理
レンジ調理
加熱時間
レンジ 600W
使いかた
す
有
600W )
手動調理の目安( レンジ
煮物
花 ・ 果 菜
使いかた
な
12 葉・果菜
太い茎には切り目を入れ、葉先と根元を交互にする。
加熱後、冷水に取ってアク抜き、色止めをする。
白菜は葉先と根元を交互にする。
加熱後、ざるに上げて水けを切る。
用途に合わせて切り、塩水につけてアク抜きをする。
加熱後、冷水に取って色止めをする。
小房に分ける。
ブロッコリーは加熱後、冷水に取って色止めをする。
おおい
の有無
揚げ物 いため物
草
菊
し
ツ
調理のコツ
焼き物
ほ う れ ん
小 松 菜 ・春
白 菜 ・も や
キ
ャ
ベ
葉
菜
根
菜
オート調理
メニュー名
製のトレーにのせて加熱します。
3 ∼ 5 分放置して自然解凍します。 ● 加熱後
飛び散ることがあるのでおおいをします。
ごはん類/めん類
メニュー名
12 葉・果菜 で、 P.22、23
根菜は、13 根菜 で加熱します。
● おおいの有無の「−」は、ラップ等のおおいのなしを示す。
(生ものの解凍)
● ラップやふたなどのおおいを外し、発泡スチロール
● おおいの有無の「−」は、ラップ等のおおいのなしを示す。
● オート調理する場合、葉菜、果・花菜は
レンジ調理
(ごはん、お総菜のあたため)
型抜きクッキー
絞り出しクッキー
オート調理
加熱時間
標準分量
加熱方法
20 トースト
2枚
トースター・グリル
4分30秒∼6分30秒
65
19 グラタン
2皿
オーブン 210℃ 25∼30分 25∼35分
53
21 お菓子
丸皿 1 枚分
オーブン 180℃ 19∼23分 22∼26分
56
予熱あり 予熱なし
61
簡単パン
レーズンパン
セサミパン
簡単あんパン
簡単クリームパン
簡単うぐいすパン
かぼちゃパン
全粒粉パン
チョコチップメロンパン
記 載
ページ
各 8 個分
オーブン 170℃ 24∼28分 26∼30分
22 簡単パン
各 1 個分
62
63
うまく仕上がらないとき
本体・付属品のお手入れ
保護カバー
(取り外しません)
お手入れはすぐにこまめにがポイントです。
調理を上手に仕上げるために
加熱室内壁・前面・ドア内側・ カバー
こんなときは
回転台を両手で持ち上げて取り
外してから、かたく絞ったぬれ
ぶきんでふきます。
回転台
汚れがひどいときは台所用中性洗剤をつ
けた布でふき取り、その後、かたく絞っ
たぬれぶきんで洗剤をよくふき取ります。
回転軸
カバーは強くこすらないでください。
破損、割れ、カケのおそれがあります。
台所用中性洗剤をつけたスポンジ
たわしで汚れを落として水洗いし、
水けを十分にふき取ります。
かたく絞ったぬれぶきんでふきます。
やわらかい布でふき取ります。
●ふきんで取れにくい汚れは丸皿を
取り出し、市販のクリームクレン
ザー ( 研磨剤入り ) をつけて、そ
の部分をこすって洗い流します。
汚れがひどいときは台所用中性洗剤を
つけた布でふき取り、その後、かたく
絞ったぬれぶきんで洗剤をよくふき取
ります。
衝撃を加えると割れるおそれが
お手入れ
警告
お手入れは電源プラグを
抜いて、本体が冷めてか
ら行う。
感電、やけどの原因になります
あります。
●割れたり、ひびが入ったときは、
そのまま使用せず、お買い上げの
販売店にご相談ください。そのま
ま使用すると故障の原因になり
ます。
注意
回転台を外すときは
上ヒーターに当てない。
❶ ごはんのあたため
回転台
外 側
丸皿
ごはんがあたたまらない
仕上がりにむらがみら
れる
ごはんが熱くなり過ぎる
●ごはんの分量(重量)に対して、大き過ぎる容器を使っていませんか。
● 1あたため 仕上がり調節 やや弱 であたためてください。
●重量センサーの0点調節をしてください。 P.5
ごはんがぱさつく
● 加熱前に霧を吹いてから加熱すると、しっとり仕上がります。
9 解凍あたため で 冷 凍
ごはんがあたたまらない
仕上がりにむらがみら
れる
●ラップの重なっている部分を下にして容器(平皿)にのせ、加熱します。
●プラスチック製の容器で加熱したり、ラップに包んだ状態で丸皿に直接
のせて加熱していませんか。加熱不足でむらのある仕上がりになります。
●使う容器(平皿)の大きさは、冷凍ごはんの分量(重量)に合った大き
さ、重さの物を使います。
●ごはんを冷凍するときは、1杯分、1人分(約150gくらい)に分け、
厚みは2 ∼ 3cmの四角形に作ります。
●2個を同時にあたためるときは、同じ分量、同じ大きさの物で加熱し
ます。むらの原因になります。
●2個を同時にあたためるときは、中央をあけるようにして並べ、重ね
ないでください。
8 冷凍ごはん で
冷凍ごはんが熱くなり過ぎる
●陶器、磁器(茶わんなど)の容器に入れて加熱していませんか。プラス
チック製の容器又はラップに包んで丸皿の中央に直接のせて加熱して
ください。
●溶けかけていませんか。冷凍室から取り出して、すぐに加熱します。
●重量センサーの0点調節をしてください。 P.5
9 解凍あたため で 冷凍
ごはんが熱くなり過ぎる
●ごはんの分量(重量)に対して、大き過ぎる容器を使っていませんか。
●溶けかけていませんか。冷凍室から取り出して、すぐに加熱します。
解凍不足でかたい
●半解凍(七∼八分解凍)状態に仕上げます。加熱後3 ∼ 5分の自然解凍
をすると、きれいに解凍されます。
●食品(肉やさしみ等)や使用用途(解凍後すぐ調理する場合か、そのま
ま生で食べる場合)によってメニューが違います。同じメニューを使っ
ても食品によって「仕上がり調節」が必要な物があります。設定を確認
してください。
●丸皿の中央にのせて加熱します。
食品が煮えた
●皿などの上にのせて加熱していませんか。スチロール製の発泡トレー
にのせて加熱します。
●食品の厚みや形が不均一だと、細い部分やうすい部分が煮えやすくな
ります。魚などは、尾にアルミホイルを巻きます。
●冷凍するときは、食品の厚みを3cm以下にそろえてください。
●加熱するときはラップなどの包装は外してください。
●同時に2個以上を解凍するときは、同じ種類の物で、同じ大きさの物
にしてください。
感電、故障、けがの原因になります
破損・さびの原因になります
傷・変形の原因になります
★化学ぞうきんの使用は、その注意
書きに従ってください。
火花(スパーク)
や炎が出たり、
さびや悪臭の原因になります
● 加熱室側面のカバーの汚れがひどく、
汚れが取れなくなった場合には、
お買い上げの販売店または「ご相談
窓口」にご相談ください。
● 加熱室底面には塗装コート処理が
してあります。傷つきやすいので、
たわしなどかたい物でこすらない
でください。
さび、感電、故障の原因にな
ります
※付属品のお手入れは、十分冷ましてから行ってください。
臭いが気になるとき 脱臭
を使います
魚を焼いた後、別の料理をするときや、加熱室の臭いが気になるときに使います。
加熱室の臭いを軽減することができます。
操作の手順は、初めてお使いになるときの準備「空焼き 脱臭 のしかた」を参照してください。
P.5
❷ 解凍・半解凍
キャビネットやドア、操作
パネルに水をかけない。
加熱室内壁、ドアファインダー、
丸皿に食品くずや汁をつけた
ままにしない。
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
操作パネルやドア、加熱室
などをオーブンクリーナー、
シンナー、ベンジン、スプレ
ーのガラスみがき、漂白剤な
どでふかない。
確認してください/直しかた
●プラスチック製の容器に入れて加熱していませんか。
陶器・磁器(茶わんなど)に入れて加熱してください。
●ごはんの分量(重量)に合った大きさ、重さの容器(茶わんなど)に入れ
て加熱します。
●2 ∼ 4杯を同時にあたためるときは、同じ分量、同じ大きさの容器に
入れ、丸皿の中央に寄せて置き、加熱します。
注意
丸皿、回転台は、金属たわし
や鋭利な物でこすらない。
丸皿は傷がつき、割れや
すくなります。回転台は、
さびることがあります。
※月に1回程度、
「重量センサーの0点調節」をしてください。 P.5
うまく仕上がらないとき(つづき)
こんなときは
食品をあたためても熱
くならない
カレーやシチューがあ
たたまらない
●牛乳の分量(重量)は少なくありませんか。容器の大きさに対して半分
以下の量のときは手動調理 レンジ 600W で様子を見ながらあたた
めてください。
●冷めかけた牛乳をあたためていませんか。
●メニューを間違えていませんか。 1あたため で加熱すると熱くなり
過ぎます。
●重量センサーの0点調節をしてください。
P.5
❾ その他
●牛乳の分量(重量)に対して、かるい容器を使っていませんか。
●市販のパックのままで加熱していませんか。 マグカップやコップに
移しかえて加熱してください。
● 14飲み物・牛乳 は仕上がり調節の目盛を記憶します。セットされて
いる目盛を確認し、お好みにより調節してください。
●丸皿の中央に置いて加熱してください。 2 ∼ 4杯を一度に加熱する
ときは、分量を同じくらいにして、丸皿の中央に寄せて並べ、加熱し
ます。
野菜がうまくゆであがら
ない
ほうれん草など葉菜が
乾燥したり、むらがあ
る
●ほうれん草などの葉菜は、洗った後の水けを切らない状態で、ラップ
で包みます。
●ラップで包むときは、茎と葉を交互にして重ね、しっかり包みます。
ラップの包みかたがゆるかったり、広げた状態で包むと、うまくでき
ません。
ブロッコリーなどの果
菜類を包むときは
●ブロッコリーなどの果菜類は小房に分けて、ラップの上にすき間を作
らないようにして並べて、ピッタリと包みます。
●ラップの重なった方を下にして丸皿の中央に直接のせて加熱します。
●食品の種類や切りかたによって「仕上がり調節」を使い分けます。
P.34
●100g未満のオート調理はできません。手動調理 レンジ 600W で様
子を見ながら加熱してください。
じゃがいもが加熱不足
になった
●加熱後ラップを外さないですぐに上下を返して3 ∼ 5分ほどおいて、
蒸らします。
ケーキのふくらみが悪い
●卵はしっかりと泡立てましたか。
●ハンドミキサーや泡立て器の先から落ちる泡で「の」の字が書けるく
らい、しっかりと泡立ててください。 P.58
●粉を加えた後やバターを加えた後に、混ぜ過ぎていませんか。
いくら泡立てても泡立ち ●泡立てるときのボウルや泡立て器に、水分や油がついていると泡立ち
が悪くなります。 卵は新鮮な物を使ってください。
が悪い
きめがあらく、粉がダマ ●小麦粉はよくふるいながら入れましたか。
●小麦粉を加えてから、粉がなじむまでしっかり混ぜてください。
になって残る
ケーキがうまく焼けない
●分量に合った大きさの型で焼いてください。
焼き色にむらがある
●生地の大きさや厚みはそろえてください。
ふくらみが悪い
●生地の発酵は十分でしたか。発酵途中で生地の表面が乾いているとき
は、霧吹きで水分を補ってください。
●成形するとき生地をいじめていませんか。生地はていねいに扱ってく
ださい。
焼き色にむらがある
●生地の大きさが異なると焼いたときにむらになります。
−
●焼きもち、丸身の魚は焼けません。
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
● 9解凍あたため であたためます。 P.20
●丸皿の中央にのせて、加熱してください。
●容器を使わないで食品だけで加熱していませんか。食品の分量(重量)
に合った大きさ、重さの容器に入れて加熱してください。
●プラスチック容器に入れて加熱していませんか。かる過ぎて加熱時間
が短くなり、加熱不足となります。
確認してください/直しかた
●野菜はラップで包んだままの状態で、丸皿の中央に直接のせて加熱します。
●ラップの重なっている部分を上にして加熱するとうまくゆであがりません。
●ほうれん草などの葉菜は100 ∼ 300g、じゃがいもなどの根菜は
100 ∼ 600gまで加熱できます。分量が多過ぎたり、少な過ぎると
うまくできません。
じゃがいもやにんじん
などの根菜類が加熱し
過ぎになった
●とろみがある物はラップなどでおおいをして「仕上がり調節」を
やや強 または 強 に合わせます。
●加熱前後、かき混ぜます。
● 14飲み物・牛乳 は仕上がり調節の目盛を記憶します。セットされて
いる目盛を確認し、お好みにより調節してください。
牛乳がぬるい
●食品の分量(重量)に対して、大きい(重い)容器を使っていませんか。
食品の分量(重量)に合った重さの容器を使ってください。
●あたためる食品の量が少な過ぎませんか。100g以上にしてください。
●オート調理でぬるかった物を、オート調理で追加加熱をしていません
か。手動調理 レンジ 600W で様子を見ながら、追加加熱をしてく
ださい。
●冷めかけた食品をオート調理であたためていませんか。
手動調理 レンジ 600W で様子を見ながら加熱してください。
❼ クッキー ❽ バターロール
牛乳が熱くなり過ぎる
● 1あたため で容器を使わないで、食品だけでそのまま加熱していませ
んか。食品の分量(重量)に合った大きさ、重さの容器に入れて加熱し
ます。
●食品が、金属容器かアルミホイルでおおわれていると加熱されません。
●プラスチック容器に入れて加熱していませんか。かる過ぎて加熱時間
が短く設定されてしまいます。
●丸皿の中央にのせて、加熱してください。
●保存状態(常温、冷蔵、冷凍)が違う物を同時にあたためると上手にあ
たたまりません。
●食品の種類や保存状態(常温・冷蔵)によって「仕上がり調節」を使い分
けます。 P.19
こんなときは
❻ スポンジケーキ
❹ 牛乳のあたため
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
冷凍食品があたたまら
ない
確認してください/直しかた
❺ 野菜
❸ お総菜のあたため
食品をあたためると熱
くなり過ぎる
うまく仕上がらないとき(つづき)
お困りのときは
お困りのときは(つづき)
現 象
食品がまったくあたた
まらない
●電源プラグが抜けていませんか。
●配電盤のヒューズ、またはブレーカーが切れていませんか。
●表示部に「0」が表示されていますか。表示がない場合ドアを開閉してく
ださい。
「0」表示します。
(待機時消費電力オフ機能が働いています。
)
P.2
●ドアはきちんと閉まっていますか。
●ドアを開け閉めし直しても正常になりませんか。
●専用ブレーカーを切り入れし直してドアを開閉しても正常になりませんか。
ボタンを押し表示部に「M」が表示されていませんか。店頭用の
「モード」に設定されています。「
を3回押し、
を1回押す」この
操作を3回繰り返すと、表示部の「M」表示が消え、加熱できます。
加熱中、表示部やドア
がくもったり、 水 滴 が
落ちる
加熱室内に水滴が付着
する
加熱室が熱い場合の最大設定温度は210℃になります。
レンジ加熱のとき
「パチン」 と音がする
ドアと加熱室の接触面に付着していた水滴がはじける音です。
セットした温度が途中
でかわることがある
オーブン、トースター・グ
リル加熱のとき「ポコッ」
と音がする
高温のため、加熱室が膨張する音がすることがありますが故障ではあり
ません。
調理終了後、しばらく
すると 「カチ」 と音が
する
調理終了後にドアを閉めてから10分過ぎたときに働く待機電力をオフ
するスイッチの音です。
電源プラグを差し込むとき 「カチッ」
と音がしたり、火花(スパーク)が出る
電源回路に充電するためで故障ではありません。
レンジのとき火 花(ス
パーク)が出る
●加熱室壁面、ドアファインダーなどに金属製の調理道具やアルミホイ
ルが触れていませんか。
●加熱室壁面や丸皿、回転台などに食品くずがついていませんか。
は じ め て オ ーブ ン を
使ったとき煙がでた
加熱室は防錆のため油を塗っています。はじめてお使いのときは、空焼
き(脱臭)をして油を焼き切ってください。
P.5
を
を押してく
ださい。
オーブン のとき、250℃の運転時間は約5分です。その後は自動的に
210℃に切りかわります。
予熱途中で加熱室温度
の 表 示 が10 ∼ 20 ℃
上下する 加熱室温度が安定するまで温度表示がかわります。故障ではありません。
予熱設定温度が表示され
る前に予熱が終了した
電源電圧や室温等の影響で設定温度まで表示される前に予熱が終了する
ことがあります。
残り時間が途中でかわ
ることがある
オート調理のとき、料理を上手に仕上げるため加熱途中で残りの加熱時
間がかわることがあります。
ドアを開けると加熱が取
り消される
オート調理では残りの加熱時間を表示していないときにドアを開ける
と、加熱が取り消されます。
表示部が見えにくいこと
がある
暗い場所で使用すると表示部が見えにくい場合があります。
市販の料理ブックのオーブン
メニューや市販の生地を使う
と上手にできないことがある
この料理集の類似したメニューの温度と時間を参考にして、手動調理で
様子を見ながら焼いてください。 P.35
オート調理で時間が表
示されないことがある
オート調理の場合、メニュー番号によってスタート直後、表示部に
高周波出力
レンジ 950W が設定
できない
高周波出力 レンジ 950W は、短時間高周波出力機能のため最大3分間
でオート調理の 1あたため 等の限定したメニューにのみ働きます。
手動調理では高周波出力 レンジ 950W は設定できません。
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
250℃に設定できな
いことがある
P.17
予熱中は節電のため庫内灯を消灯しています。 オーブン 予熱中に
断続運転のとき庫内灯の明るさがかわることがあります。
故障ではありません。
インバーターの作動音です。
音に切りかえられます。
メニューによって食品から出た水蒸気が加熱室壁面に水滴として付着し
ます。水滴はこまめにふき取ってください。 P.36
庫内灯の明るさがかわ
るときがある
加熱中「ジージー」と
音がする
ドアを開閉して表示部に「0」を表示させてから、温度/仕上がり を
3秒間押すと終了音の音色が切りかわります。同じ操作でブザー音を無
メニューによって食品から出た水分が水蒸気となり、表示部やドアの内
側がくもることがあります。ドアの内側などに露がつき、床に落ちたと
きは、ふきんでふき取ってください。
押すと庫内灯が点灯します。消灯するときは、もう一度
マイコンがレンジやヒーターなどの切りかえをするときのスイッチ音です。
終了音 の 音 色 が切りか
わったり、無音になった
原 因
オーブン予熱中に庫内
灯が消灯している
加熱中「カチ、カチ・
・・」
と音がする
❹ 設定・表示・その他
❷ 音・火花・煙・付着物
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
現 象
❸ 水滴・庫内灯・ヒーター
❶ 動作しない
電源が入らない
ボタンを押しても受
け付けない
原 因
を表示します。残りの加熱時間が確定すると残り時間を表示します。
お知らせ表示が出たとき
表示例
もくじ
原因・調べるところ
直しかた
●重量センサーの0点調節の方
法が間違っています。
回転台に丸皿だけをのせてドアを閉めて、
●印は「オート調理」で調理できます
料 理 集
お菓子・パン
揚げ物(ノンフライ)
を押します。数秒後、「0」表示で0点
調節が完了します。
●重量センサーの調節中にドア
を開けました。
ドアを閉めて、
P.5
44
44
44
45
45
10 分蒸し物
を押します。
数秒後、「0」表示で0点調節が完了します。
● あさりのワイン蒸し ....................................
● たらのチーズ蒸し .......................................
● 豆腐と春雨のマーボー蒸し ...........................
● 蒸し鶏のねぎみそあえ .................................
46
46
46
47
10 分煮物
●レンジ加熱のとき、回転台と 回転台と丸皿をセットします。
丸皿がセットされていません。
●本体内部の電気部品が高温に
なっています。
● 鶏のから揚げ .............................................
● あじフライ ................................................
煎りパン粉の作りかた .................................
● コロッケ ...................................................
● ハムカツ ...................................................
● マーボーなす ..............................................
● 鶏ささみと豆腐のみぞれ煮 ............................
● 肉豆腐 .......................................................
● 簡単ぶり大根 ..............................................
● 牛肉とごぼうのしぐれ煮 ...............................
本体を冷ましてから調理を行ってください。
据え付け状態を確認してください。 P.4
47
47
48
48
48
簡単メニュー
● 冷凍めん .................................................... 49
軽食&お総菜
プリン ...................................................... 56
● 型抜きクッキー ..........................................
● 絞り出しクッキー .......................................
● スコーン ...................................................
● マフィン ...................................................
● ソフトクッキー(紙包み焼き)........................
スポンジケーキ(デコレーションケーキ)..........
スフレチーズケーキ ....................................
チョコレートケーキ ..................................
マドレーヌ ................................................
バターロール(ロールパン).............................
● 簡単パン ...................................................
簡単肉まん ................................................
● レーズンパン .............................................
● セサミパン ................................................
● 簡単あんパン .............................................
カスタードクリーム ....................................
● 簡単クリームパン .......................................
● 簡単うぐいすパン .......................................
● かぼちゃパン .............................................
● 全粒粉パン ................................................
● チョコチップメロンパン ..............................
ピザ 市販のピザを焼くときは .......................... 50
※※
●外来ノイズなどの影響による
一時的な誤動作や機械室内の
異常を検出した際などに運転
を停止します。
※※は2けたの数字が表示します。
を押します。
(
「H※※」の表示は消えます。
)
または電源プラグを抜いて、差し込み直し
た後、ドアを開閉し、もう一度電源を入れ
てください。
うまく仕上がらないとき・お困りのときは
H※※表示例
●部品の故障表示
正常にならない場合や同じ表示がでる場合は、電源プラグを抜き、本書記載の「ご相談窓口」にお問い合わせください。
P.67
● フライ、ナゲット ........................................ 50
ウインナーソーセージのベーコン巻き ............
● イタリアンサラダ ........................................
里いもの含め煮 かぼちゃの含め煮 ...................
● いかの三種盛り ...........................................
焼きいも ベークドポテト ...............................
さけのホイル焼き........................................
ぶりの照り焼き まぐろ / さわら ......................
● マカロニグラタン ........................................
ホワイトソース...........................................
市販の冷凍グラタン ....................................
ごはん(炊飯)..............................................
おこわ)..............................................
赤飯(
おかゆ(白がゆ)............................................
茶わん蒸し.................................................
いため物
● 焼きそば ................................................... 55
● 牛肉とピーマンの細切りいため(チンジャオロウスー).... 55
● 八宝菜 ...................................................... 55
ヨーグルト
● ヨーグルト ................................................ 64
● ヨーグルトソース ....................................... 64
あたため
● 牛乳 ........................................................... 65
● 酒かん ....................................................... 65
トースト
● トースト ..................................................... 65
インスタント食品
インスタント食品 ........................................ 65
ラーメン・ヌードル/カレー・丼物の具/ごはん物
レンジの便利な使いかた
切りもち・市販のパックもちいそべ巻き / 大福もち ..... 66
湯せん 溶かしバター/溶かしチョコレート .................... 66
乾燥 湿った塩、かたまった砂糖/煮干しでカルシウムふりかけ .. 66
(1mL = 1cc)
標準計量カップ・スプーンでの食品の質量表(単位 g)
本書に使用している計
量カップ・スプーンで
の食品の質量(重量)
は表の通りです。
50
51
51
51
52
52
52
53
53
53
54
54
54
54
56
56
57
57
57
58
59
59
59
60
61
61
62
62
62
62
62
62
63
63
63
食品名
計量 小さじ 大さじ カップ
(5mL)
(15mL)
(200mL) 食品名
水・酢・酒
しょうゆ・みりん・みそ
食塩
砂糖(上白糖)
・片栗粉
小麦粉(薄力粉)
小麦粉(強力粉)
パン粉
粉ゼラチン
トマトケチャップ
5
6
6
3
3
3
1
3
5
15
18
18
9
9
9
3
9
15
200
230
240
130
110
110
40
130
230
計量 小さじ 大さじ カップ
(5mL)
(15mL)
(200mL)
トマトピューレ
ウスターソース
マヨネーズ
粉チーズ
生クリーム
油・バター・ラード
ココア
白米
炊きたてごはん
5
6
4
2
5
4
2
−
−
15
18
12
6
15
12
6
−
−
210
240
190
90
200
180
ラードは 170
90
160
120
揚げ物(ノンフライ)
使用ボタン
P.22
加熱方法
付属品
使用ボタン
レンジ
オーブン
鶏のから揚げ
加熱時間の目安 約 21 分
材料(8 個分)
鶏もも肉(皮つき、1 枚約 250g の物)
..........................................1 枚
から揚げ粉(市販)
........................ 大さじ2(約20g)
作りかた
1 鶏肉は 8 等分にして、から揚げ粉
をまぶし、5分以上おく。
2 丸皿にオーブンシートを敷き、①を
余分な粉をたたいて落とし、皮を上に
して並べ、 2 鶏のから揚げ で加熱す
る。
2 鶏のから揚げ のコツ
●分量は
表示の分量です。
加熱方法
13 根菜
レンジ 600W
約2分30秒∼3分
P.22 (下ごしらえ)
オーブン
付属品
材料(8 個分)
コロッケ
加熱時間の目安 約 17 分
●丸皿にアルミホイルは
敷かないでください。
(火花(スパー
ク)の原因になります)
●から揚げ粉(市販)は
まぶすタイプの物を使用します。
水で溶くタイプの物は上手に仕上が
りません。
●から揚げ粉の量は
表示の分量より多くまぶすと、粉が
残る仕上がりになります。
オーブン 予熱なし 210℃ で様子を見
ながら加熱します。
P.31
揚げ物
︵ノンフライ︶
P.22
加熱方法
付属品
使用ボタン
レンジ
オーブン
あじフライ
加熱時間の目安 約 17 分
「レンジ加熱の使いかた」
P.22
P.26
4 コロッケ のコツ
●分量は
表示の分量です。
●加熱が足りなかったときは
オーブン 予熱なし 210℃ で様子を見
ながら加熱します。
P.31
付属品
オーブン
P.22
材料(8 個分)
あじ(3枚におろし、1 枚約 45g の物)
.............................................4 枚
塩、こしょう .........................各少々
.................大さじ 2
小麦粉(薄力粉)
.......................
卵(溶きほぐす)
1個
煎りパン粉 ............................. 40g
作りかた
1 あ じ は 1 枚 を 2 等 分 に 切 り、 塩、
こしょうをする。
2 1 に小麦粉、卵、煎りパン粉の順に
つける。
3 丸皿にオーブンシートを敷き、 2 を
並べ、 3 あじフライ で加熱する。
加熱方法
「 13 根菜 の使いかた」
揚げ物
︵ノンフライ︶
作りかた
1 じゃがいもはきれいに洗い、皮ごと
ラ ッ プ で 包 み 13 根菜 で 加 熱 す る。
熱いうちに皮をむき、つぶしておく。
2 耐熱容器に合びき肉と玉ねぎを入れ、
ラップをし、 レンジ 600W 約2分30秒∼3分
で加熱し、加熱後フォークなどでほぐす。
3 2 を 1 に加え塩、こしょうをし、よ
く混ぜ合わせて 8 等分(1 個約 30g)
にし、 丸 めて平たくつぶし、 厚 さ 約
1cm の小判型にする。
4 3 に小麦粉、卵、煎りパン粉の順に
つける。
5 丸皿にオーブンシートを敷き、 4 を
並べ、 4 コロッケ で加熱する。
●加熱が足りなかったときは
使用ボタン
じゃがいも .........大 1 個(約 200g)
合びき肉 ................................ 50g
................ 50g
玉ねぎ(みじん切り)
塩、こしょう ........................各少々
.................大さじ 2
小麦粉(薄力粉)
.......................1 個
卵(溶きほぐす)
煎りパン粉
P.44 ............. 40g
3 あじフライ のコツ
●分量は
表示の分量です。
●丸皿にアルミホイルは
敷かないでください。
(火花
(スパーク)
の原因になります。)
●加熱が足りなかったときは
オーブン 予熱なし 210℃ で様子を見
ながら加熱します。
P.31
ハムカツ
加熱時間の目安 約 20 分
材料(4 個分)
ハム(7 ∼ 8mm 厚さ、1 枚約 40g の物)
.............................................4 枚
.................大さじ 2
小麦粉(薄力粉)
.......................1 個
卵(溶きほぐす)
煎りパン粉
P.44 ............. 40g
作りかた
1 ハムに小麦粉、卵、煎りパン粉の順
につける。
2 丸皿にオーブンシートを敷き、 1 を
並べ、 5 ハムカツ で加熱する。
5 ハムカツ のコツ
●分量は
表示の分量です。
●加熱が足りなかったときは
オーブン 予熱なし 210℃ で様子を見
ながら加熱します。
P.31
煎りパン粉の作りかた
フライパンにパン粉を入れ、中火で煎り、
焦がさないように途中でこまめにゆすっ
て煎る。
10 分煮物
10 分蒸し物
使用ボタン
加熱方法
使用ボタン
付属品
P.22
あさりのワイン蒸し
加熱時間の目安
たらのチーズ蒸し
加熱時間の目安
約6分
材料(2 ∼ 3 人分)
................ 約 400g
あさり(殻つき)
...........................
白ワイン
大さじ 3
バター ..............................小さじ 1
.................少々
パセリ(みじん切り)
約6分
材料(2 ∼ 3 人分)
たらの切り身(1 切れ約 100g の物)
.......................................2 切れ
塩、こしょう ........................各少々
白ワイン ...........................大さじ 1
トマトソース .....................大さじ 3
ピーマン(薄切り)................... 12個
ナチュラルチーズ(細かくきざんだ物)
......................................... 20g
作りかた
1 深めの容器にたらをのせ、塩、こしょ
うをして、白ワインをふりかける。
2 その上にトマトソースをかけ、ピー
マンとチーズをのせ、片側 1cm をあ
けるようにしてかるくラップをする。
3 6 10分蒸し物 で加熱する。
〔ひとくちメモ〕
貝が小さい場合は、 仕上がり調節 弱 で
加熱するとよいでしょう。
●
砂をはかせるときの水の量は半分つかる
程度にします。貝が呼吸して水を飛ばす
ことがあるので、アルミホイルかボウルを
かぶせておきます。
●
6 10 分蒸し物 のコツ
● 分量は
●加熱が足りなかったときは
1回に作れる分量は2∼3人分です。
レンジ200W で様子を見ながら加
熱します。
P.26
● 容器は
深さのある陶磁器や耐熱性のある容
器を使います。
● 加熱後は
約 5 分ほど蒸らし、味をなじませます。
● ラップをして
耐熱温度が 140℃以上の物を使い 〔ラップのしかた〕
破裂防止のため
1cm くらいあける
豆腐と春雨のマーボー蒸し
仕上がり調節 強
加熱時間の目安
蒸し鶏のねぎみそあえ
約9分
加熱時間の目安
材料(2 ∼ 3 人分)
材料(2 ∼ 3 人分)
木綿豆腐 ................ 1 丁(約 300g)
............1 パック
麻婆春雨の素(市販)
春雨 ............................ 約 50g
麻婆ソース ................. 約 100g
水 .................................... 150mL
(
鶏むね肉(1 枚約 250g の物)... 1 枚
.............................. 大さじ 1
酒
A
しょうが汁 ....................... 少々
塩、こしょう ........................ 各少々
みそ .......................大さじ 1 12
砂糖 ....................... 大さじ 1 弱
B
みりん ....................... 大さじ12
酢 .............................. 大さじ 1
.......大さじ 1 12
長ねぎ(みじん切り)
白髪ねぎ、あさつき(小口切り).... 各適量
)
作りかた
1 麻婆春雨の素に含まれている春雨
を水にくぐらせておく。
2 深 め の 容 器 に 1 の 春 雨 を 入 れ、
4 cm 角の厚さ 1cm に切った豆腐を
春雨の上と周囲におく。
3 麻婆ソースと水を混ぜて 2 にかけ、
片側 1cm をあけるようにしてかるく
ラップをし、 6 10分蒸し物 仕上がり
調節 強 で加熱してかるく混ぜ、小口
切りにしたあさつき(分量外)を散ら
す。
注意
● 6 10分蒸し物 の と き は
少 量(100g 未満)の 食 品
を加熱しない。
少量(100g 未満)で加熱す
ると食品が焦げたりすること
があります。
●ラップなどのおおいは、ゆっ
くり剥がす。
蒸気が一気に出てやけどの原
因になります。
約6分
作りかた
1 鶏肉は皮にフォークや竹ぐしで穴を
あけ、肉の厚い部分にかくし包丁を入
れて塩、こしょうをし、深めの容器に
入れ、 A をふりかけ 5 ∼ 10 分おく。
2 1 の皮を下にして片側 1cm をあけ
るようにしてかるくラップする。
6 10分蒸し物 で加熱し、そのまま約
5 分蒸らす。
3 別の容器に合わせた B を入れ、
P.26
レンジ 200W 約 1 分
加熱し、ねぎのみじん切りを加えて混
ぜ、2 の蒸し鶏を食べやすい大きさに
切ってあえ、白髪ねぎを敷いた容器
に盛り、あさつきをのせる。
マーボーなす
加熱時間の目安 約 10 分
材料(2 人分)
なす....................... 2 本(約 200g)
豚ひき肉................................. 70g
長ねぎ(みじん切り).........小さじ 2
にんにく(みじん切り)........... 12片
しょうが(みじん切り)........ 12かけ
豆板醤........................... 小さじ12
甜面醤(テンメンジャン)... 小さじ 1 12
A 水................................. カップ12
鶏がらスープの素(顆粒).. 小さじ12
しょうゆ.........................小さじ 2
砂糖.............................. 小さじ12
ごま油........................... 小さじ12
塩........................................少々
片栗粉............................小さじ 2
B
水..................................小さじ 2
作りかた
1 なすはへたを切り取ってタテに 4
等分し、水にさらしておく。
2 大きくて深めの耐熱ガラスボウル
に水けを切った 1 と豚ひき肉、 A の材
料を入れよく混ぜる。
3 2 にオーブ ンシートで 落としぶ た
P.48 )
( 7 10分煮物 のコツ参照
をし、かるくラップをして 7 10分煮物
で加熱する。加熱後熱いうちに、合わ
せた B を加えてよくかき混ぜ、とろみ
をつける。
鶏ささみと豆腐
のみぞれ煮
加熱時間の目安 約 10 分
材料(2 人分)
木綿豆腐.................2 3丁(約 200g)
鶏ささみ(筋を取ってそぎ切り).. 100g
大根おろし........................... 70g
しょうが(すりおろす)..... 小さじ 1
だし汁........................... カップ12
A しょうゆ......................... 小さじ 2
みりん............................ 小さじ 2
酒.............................. 小さじ 1 強
砂糖............................... 小さじ 1
塩........................................ 少々
あさつき(小口切り)................. 適量
10 10
分煮物
分蒸し物
分蒸し物
作りかた
1 あさりは3%の食塩水(分量外)に
浸して、約3時間から半日くらい暗
く涼しい場所において砂をはかせる。
2 殻と殻をこすり合わせてよく洗い、
深めの容器に並べ、ワインをかけてバ
ターを散らし、片側 1cm をあけるよ
うにしてかるくラップをする。
3 6 10分蒸し物 で 加 熱 し、 蒸 し 上
がりにパセリをふる。
ます。
付属品
レンジ
レンジ
P.22
10
加熱方法
作りかた
1 豆腐は水切りをして 9 等分する。
2 大きくて深めの耐熱ガラスボウルに
1 とささみ、合わせた A を入れてかき
混 ぜ オ ーブ ン シ ートで 落 とし ぶ た
P.48 )
( 7 10分煮物 のコツ参照
をし、かるくラップをして 7 10分煮物
で加熱する。加熱後、あさつきを添え
る。
〔ひとくちメモ〕
●
B のねぎみそのかわりに市販の棒々鶏
の素12∼ 1 パックであえれば中華風に
なります。
使用ボタン
加熱方法
付属品
簡単メニュー
レンジ
P.22
冷凍めん
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ
P.22
加熱時間の目安
約5分
材料(1 人分)
冷凍めん(うどん、ラーメン、そばなど)
....................................... 各 1 人分
湯(熱湯).................. 250 ∼ 350mL
好みの具 ..................................適量
肉豆腐
簡単ぶり大根
加熱時間の目安 約 10 分
材料(2 人分)
材料(2 人分)
加熱時間の目安 約 10 分
材料(2 人分)
牛バラ肉(薄切り).................150g
木綿豆腐.................2 3丁(約 200g)
長ねぎ.................................... 50g
えのきだけ.............................. 70g
白滝....................................... 70g
砂糖...............................小さじ 4
しょうゆ.........................大さじ 2
A
酒..................................小さじ 2
だし汁........................... カップ12
大根..................................... 100g
ぶりの切り身(1 切れ約100g の物).. 2 切れ
塩........................................... 適量
酒.................................. 小さじ 2
A
しょうゆ......................... 小さじ 2
だし汁........................... カップ34
砂糖............................... 小さじ 2
B しょうゆ......................... 大さじ1
みりん............................ 大さじ1
酒.................................. 大さじ 2
牛切り落とし肉......................150g
酒.....................................小さじ 2
ごぼう(ささがきにし、酢水につける)... 70g
しょうが(せん切り).............. 12かけ
しょうゆ.........................大さじ 2
みりん............................大さじ 2
A
酒..................................大さじ 2
砂糖...............................大さじ 2
作りかた
1 豆腐は水切りをして 9 等分する。
2 えのきだけは石づきを切ってほぐ
し、長ねぎは 5 mm 幅のナナメ切り
にする。
3 大きくて深めの耐熱ガラスボウル
に牛肉と白滝を離して材料をすべて
並べて入れ、合わせた A をかけオー
ブンシートで落としぶた
( 7 10分煮物
のコツ参照)をし、かるくラップをして
7 10分煮物で加熱してかき混ぜる。
作りかた
1 大根は皮を厚めにむいて 3 mm 幅
のいちょう切りにしておく。
2 ぶりは 3 等分して全体に塩をふり、
合わせた A に 10 ∼15 分つけておく。
3 大きくて深めの耐熱ガラスボウルに
1 と水けをふき取った 2 を入れ、合わ
せた B を加えオーブンシートで落とし
ぶた
( 7 10分煮物 のコツ参 照)をし、
かるくラップをして 7 10分煮物 で加熱
する。
4 加熱後、そのまま加熱室に約20分
置いて味をしみ込ませる。
作りかた
1 牛肉は酒をふっておく。
2 大きくて深めの耐熱ガラスボウルに
材料と合わせた A をよく混ぜ、オーブ
ンシートで落としぶた( 7 10分煮物
のコツ参照)をし、かるくラップをして
7 10分煮物 で加熱する。
●容器は
●落としぶたをする
1 回に作れる分量は表示の分量です。
直径約 25cm( 内 径 約 22.5cm)
、
深さ約 10 cm の広口の耐熱ガラス
ボウルが適しています。
煮汁が全体にゆきわたるようにしま
す。落としぶたは、オーブンシート
を容器の大きさよりひとまわり小さ
く丸形に切り、十文字の切り目を入
れた物を使います。
●材料は
大きさをなるべくそろえて均一に加
熱されるようにします。
ゆでた野菜をのせる場合
● P.22、34
1 回に作れる分量は 1 人分です。
17 冷凍めんでは上手にできません。
レンジ 600W で様子を見ながら加
● 容器は
深さのある陶磁器や耐熱性のある物
で、分量にあった大きさの容器を使
います。
● 湯は熱い物を
熱します。
P.26、
65
●加熱が足りなかったときは
レンジ 600W で様子を見ながら加
熱します。
P.26
湯は熱湯を使います。ぬるま湯や水を
使う場 合は 仕上がり調節を やや強
または 強 にします。
● ラップまたはふたはしないで
● めんの種類によって
めんの種類(保存状態)によって仕
上がり調節を使い分けます。
(湯を使った場合)
弱
…常温、冷蔵保存タイプめん
やや弱
………冷凍めん
中
〔盛りつけ例〕
うどん
●分量は
10 分以内の加熱で作るレシピのた
め上手に加熱されません。食品を容
器に入れてかるくラップをして、
レンジ 600W で様子を見ながら加熱
P.26 します。
〔ひとくちメモ〕
● インスタントめんは
やや強
…具
(冷凍)のついた冷凍めん
強
7 10分煮物 のコツ
●表示以外の分量は
作りかた
1 袋からめんを出し、陶磁器や耐熱
性のある容器に入れ、食品メーカー
の指示量の湯を入れる。
2 17 冷凍めん で加熱し、つゆまた
はスープを入れ、よく混ぜる。
3 好みの具をのせる。
● 分量は
簡単メニュー
分煮物
10
加熱時間の目安 約 10 分
牛肉とごぼうの
しぐれ煮
17 冷凍めん のコツ
そば
ラーメン
●加熱が足りなかったときは
レンジ 600W で様子を見ながら加熱
P.26
します。
軽食&お総菜
真砂あえ
うにあえ
イタリアンサラダ
フライ、ナゲット
ピザ
使用ボタン
予熱あり
P.30
加熱方法
オーブン
予熱 約7分
210℃
15∼22分
付属品
材料(直径 18 ∼ 20cm の物 1 枚分)
作りかた
1 丸皿にアルミホイルまたはオーブン
シートを敷いてピザクラストをのせる。
ピザソースを塗り、 A を並べてかるく
塩、こしょうをし、チーズとオリーブ
を全体に散らす。
2 オーブン 予熱あり 210℃ 15∼22分
で予熱する。 3 予熱終了音が鳴ったら 1 を回転台
の上にセットし、焼く。
「オーブン
(予熱あり)
加熱の使いかた」
P.30
P.22
加熱方法
付属品
使用ボタン 加熱方法
レンジ
オーブン
加熱時間の目安
市販のピザを焼くときは、手動調理で
様子を見ながら焼く。アルミホイルまた
はオーブンシートを敷いた丸皿にのせ、
オーブン 予熱なし 210℃ 冷 凍 の 場 合
20∼30分 、冷蔵の場合15∼28分焼く。
予熱をしてから焼くときは、冷凍の場合
10∼20分、冷蔵の場合 10∼15分 焼く。
「オーブン(予熱なし)加熱の使いかた」
P.31
「オーブン
(予熱あり)
加熱の使いかた」
P.30
P.26
約 10 分
材料
揚げ調理済み冷凍フライ、チキンナゲット
............................. 100 ∼ 300g
作りかた
丸皿に直接またはオーブンシートを
敷いた上に並べ18 フライあたため で
加熱する。
18 フライあたため のコツ
●分量は 市販の揚げ調理済み冷凍フライの
1
2∼2袋分です。
●丸皿にアルミホイルは
敷かないでください。
レンジ加熱の時に、火花(スパーク)
の原因になります。
袋やラップを取り外し、凍ったまま
丸皿に並べます。
●冷めたコロッケ、フライ、天ぷ
らなどのあたため
● 仕 上 がり調 節は 量が少ないときは 弱 、量が多かっ
たり、カリっとさせたいときは 強
で加熱します。
●加熱が足りなかったときは
オーブン 予熱なし 210℃ で様子を見
ながら、さらに加熱します。
P.31
●食品が丸皿にくっつくときは
フライ返しを使ってていねいに取り
出すか、丸皿にオーブンシートを敷
いて加熱します。
材料(12 個分)
ベーコン(半分に切る).... 6 枚
(約 100g)
ウインナーソーセージ ... 6 本
(約 100g)
作りかた
1 ウインナーソーセージは切り目を
入れるか、フォークや竹ぐしで穴を
あけ、半分に切る。
2 ウインナーソーセージをベーコンで巻
き、楊枝で止めて皿に並べ レンジ 600W
2 ∼ 3 分 加熱する。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
〔ひとくちメモ〕
●
付属品
里いもの含め煮 いかの三種盛り
レンジ
使用ボタン
P.22
加熱時間の目安
約8分
材料(4 人分)
レンジ 600W
2∼3分
仕上がり調節 弱 で加熱します。
市販のピザを焼くときは
付属品
加熱方法
ウインナーソーセージのかわりにチーズ
やさやいんげんなどを使ってもよいでし
ょう。
さやいんげん........................... 200g
じゃがいも........... 大 2 個(約 400g)
サラミソーセージ(薄切り)........ 12 枚
プロセスチーズ......................... 60g
スタッフドオリーブ(薄切り)..... 12 個
アンチョビ(みじん切り)......... 8 枚
玉ねぎ(みじん切り)14個(約 50g)
A
パセリ
(みじん切り)........ 大さじ 1
レモン汁 ..................... 大さじ 1
こしょう............................ 少々
オリーブ油........................ カップ12
レモン(くし形切り)................... 適量
作りかた
1 さやいんげんはへたを取り、長い
物は半分に切ってラップで包み
12 葉・果菜 で加熱してざるに取る。
2 じゃがいもはきれいに洗い、皮ごとラッ
プで包み 13 根菜 で加熱する。熱いうち
に皮をむき、厚さ 1cm の半月切りにする。
3 プロセスチーズは 1cm 角のさいの
目切りにする。
4 ボウルに A を入れ、かき混ぜながら
オリーブ油を加えてドレッシングを作る。
5 材料すべてを 4 のドレッシングで
あえて皿に盛り、レモンを飾る。
12 葉・果菜 、13 根菜 のコツ
P.23
●料理に合わせた下ごしらえを 葉・果花菜類の根の太い物には、十文
字の切り目を入れたり、房になってい
る物は小房に分けます。
根菜類は、同じ大きさに切りそろえたり、
なるべく同じ大きさの物を選びます。
●材料にあったアク抜きを
加熱前に、水、薄い塩水や酢水にさら
してアク抜きをします。
●水けを切らずにラップでぴったり包む
加熱方法
付属品
使用ボタン
レンジ 600W
約8分
(リレー加熱) レンジ 200W
P.28 25∼29分
P.22
加熱時間の目安
里いも ................................. 500g
だし汁 ..................... カップ214
しょうゆ
、砂糖 .......... 各大さじ3
A
..............................
塩
小さじ12
....................................
木の芽
適量
作りかた
1 里いもはひとくち大に切り、塩(分量
外)
でよくもみ、
水で洗ってぬめりを取る。
2 容 器に 1 と合わせた A を入れて落
としぶ た( 煮 物 のコツ 参 照)と ふ た
をし、レンジ 600W 約8分 、レンジ 200W
25∼29分 リレー加熱し、かき混ぜる。
3 器に盛り、木の芽を添える。
「リレー加熱の使いかた」
付属品
レンジ
材料(4 人分)
P.28
〔ひとくちメモ〕
●
加熱方法
里いものかわりに、かぼちゃを使ってか
ぼちゃの含め煮にしてもよいでしょう。
煮物のコツ
● 大きくて深めの容器で ふきこぼれないようにします。市販の
ふたつき煮込容器を使うと便利です。
●煮汁は多めにする
煮汁から材料が出て、脱水したり、
焦げたりしないようにします。
約 6 分 30 秒
材料(4 人分)
冷凍いか ............................. 300g
〈真砂あえ〉
たらこまたは明太子... 12腹
(約 50g)
酒 ...................................... 少々
〈うにあえ〉
ねりうに ....................... 大さじ 1
卵黄 ................................ 12個分
酒 ...................................... 少々
〈木の芽あえ〉
白みそ .......................... 大さじ 1
砂糖、だし汁 .............. 各小さじ 1
酒 ...................................... 少々
木の芽(みじん切り)............. 4 枚
軽食&お総菜
軽食&お総菜
市販のピザクラスト(ピザの台)......1枚
ピザソース(市販の物)................ 適量
玉ねぎ(薄切り)... 14個弱(約 40g)
ベーコン(たんざく切り)........ 30g
A
(薄切り).... 4枚
サラミソーセージ
ピーマン(輪切り)..................1個
マッシュルーム缶(スライス)
................... 小12缶(約 25g)
スタッフドオリーブ(薄切り)....... 3個
ナチュラルチーズ(ピザ用).......... 50g
塩、こしょう......................... 各少々
使用ボタン
ウインナーソーセージ
のベーコン巻き
使用ボタン
木の芽あえ
作りかた
1 いかはラップなどの包装を外して発
泡スチロールのトレーにのせ11 半解凍
で解凍する。
2 1 をサッと洗って水けをふき、糸
づくりにして 3 等分する。
それぞれ、合わせた衣であえる。
〔ひとくちメモ〕
衣のかたさは酒、だし汁で加減します。
P.24
11 半解凍 のコツ
● 加熱が足りないときは、レンジ 100W で
様子を見ながら加熱します。
P.26
●
●
●落としぶたをする
煮汁が全体にゆきわたるようにしま
す。落としぶたは、平皿またはオー
ブンシートを容器の大きさよりひと
まわり小さく丸形に切って十文字の
切り目を入れた物を使います。
●加熱後は約
20 分置く
味をなじませます。
焼きいも
使用ボタン
加熱方法
付属品
さけのホイル焼き
ぶりの照り焼き
使用ボタン
使用ボタン
オーブン
250℃
予熱なし
50∼60分
P.31
材料
さつまいも(1 本約 250g の物)
..................................... 2∼4本
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
ベ−クドポテト
付属品
加熱方法
オーブン
トースター・グリル
210℃
40∼44分
30∼40分
材料(4 個分)
生ざけの切り身(1 切れ約 80g の物)... 4切れ
大正えび(尾と一節を残して殻をむき、背わた
を取る).................................. 4尾
生しいたけ(石づきを取る)......... 4枚
玉ねぎ( 薄切り).......... 1個(約 200g)
レモン(薄切り)........................... 4枚
バター(5mm 角に切る)............... 20g
塩、こしょう、レモン汁.......... 各少々
作りかた
1 さけはかるく塩、こしょうをして
レモン汁をふりかける。
2 25×25cm の大きさに切ったアル
ミホイル4枚に薄くバター(分量外)
を塗る。
3 2 に玉ねぎを等分にのせ、 1 、えび、
しいたけをそれぞれ入れ、塩、こしょ
うをしてレモン汁をふり、上にレモン
をのせ、バターを等分して散らす。
4 アルミホイルの口を閉じて丸皿に並べ
オーブン 予熱なし 210℃ 40∼44分 焼く。
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
付属品
使用ボタン
マカロニグラタン
使用ボタン
P.29
材料(4 切れ分)
ぶりの切り身(1切れ約100gの物)... 4切れ
しょうゆ ..................... カップ14
A
みりん ........................ カップ14
加熱方法
付属品
レンジ 600W
約6分
予熱なし (下ごしらえ)
P.22
オーブン
2 皿分の加熱時間の目安 約 20 分
材料(4 人分)
作りかた
1 ぶりの切り身は、 A のつけ汁に約
30 分ほどつける。
2 丸皿にアルミホイルを敷き、サラ
ダ油(分量外)を塗ってから 1 を並べ、
トースター・グリル 30 ∼40 分 焼く。
「トースター・グリル加熱の使いかた」
P.29
〔ひとくちメモ〕
まぐろやさわらなどの切り身(各 1 切
れ・ 約 100g の 物・各 4 切 れ )も、約
30 分ほどたれにつけてから、同様に
して焼くことができます。
● さんまやあじなど、1 尾の魚や丸身は
焼けません。
● さけの切り身や塩ざけは上手に焼けま
せん。
マカロニ ................................ 80g
鶏もも肉(1cm 角切り).........100g
大正えび(尾と殻を取り、背わたを取って
半分に切る).......... 8尾(約 100g)
A
(薄切り)... 12個(約 100g)
玉ねぎ
マッシュルーム缶(スライス)
..................... 小1缶(約 50g)
バター ............................ 25g
塩、こしょう .................. 各少々
ホワイトソース................... カップ3
ナチュラルチーズ(ピザ用または粉チーズを
適量)..................................... 80g
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
〔ひとくちメモ〕
●
焼く前に冷めてしまったら レンジ 600W
で人肌くらいにあたためてから焼きます。
付属品
オーブン
予熱なし
P.31
210℃
35∼40分
材料(2 人分)
市販の冷凍グラタン(1 個・約 250g くらいの物)
................................................. 2 皿
作りかた
冷凍グラタンを丸皿に並べ、 オーブン
予熱なし 210℃ 35∼40 分 焼く。
「オーブン(予熱なし)加熱の使いかた」
P.31
〔ひとくちメモ〕
ソースがふきこぼれることがあります。
アルミケースのふちを折り上げて加熱
するとふきこぼれが防げます。
● 電子レンジ用のプラスチック製容器の
物は焼けません。
(容器が変形したり、
溶けるおそれがあります。)
●
●
ホワイトソース
作りかた
1 深めの容器に小麦粉とバターを入
れ レンジ 600W で加熱して泡立て器
でよく混ぜます。
分 量
材料
●分量は
2 牛乳を少しずつ加えながらのばし
レンジ 600W で途中かき混ぜながら
加熱します。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
1 ∼ 4 人分です。
●容器は グラタン皿を使います。
●焼くときの皿の置きかたは
カップ 2
カップ 3
カップ1
カップ2
カップ3
小麦粉(薄力粉)
20g
30g
40g
●具の状態によって
バター
30g
40g
50g
各少々
各少々
各少々
ホワイトソースのかたさやチーズに
よって焼き色が異なります。
焼きが足りなかったときは オーブン
予熱なし 210℃ で 様 子 を 見 な が
ら、さらに焼きます。
P.31
塩、こしょう
作 1
り
か
た 2
19 グラタン のコツ
カップ1
牛乳
材料・作りかた
じゃがいも(1 個約 150g の物)4
個を焼きいも(上記)を参照して焼く。
作りかた
1 マカロニはゆでてざるにあげ、サラ
ダ油(分量外)をまぶす。
2 深めの耐熱容器に A を入れ レンジ 600W
約6分 加熱し、マカロニと合わせる。
3 2 にホワイトソースの半量を加え
てあえる。
4 バター(分量外)を塗ったグラタン
皿に 3 を分け入れ、残りのホワイト
ソースを全体にかけて、上にチーズ
を散らす。 5 4 の 2 皿分を丸皿に並べ、19グラタン
で焼く。 6 残りの 2 皿分も同様にして焼く。
加熱方法
軽食&お総菜
軽食&お総菜
作りかた
さ つ ま い も は 丸 皿 に 並 べ オーブン
予熱なし 250℃ 50∼60 分 焼く。竹
ぐしで刺してみて、通ればでき上がり。
予熱なし
P.31
加熱方法
市販の冷凍グラタン
小麦粉、バターを加熱 レンジ 600 W 約1分 10 秒 約1分 40 秒
牛乳を加えて加熱
レンジ 600 W
4∼5分
6∼8分
約2分
11 ∼12 分
容器によっては 3 皿が入らない物
があります。
焼き色が違う
●仕上がり調節は
注意
具によっては飛び散ることがあるので注意する。
いか、たこ、えびなどの皮や 殻 つきの具 材を使うときは全 体に切り目を入れ、
マッシュルームは切った物を使ってください。
焼き色を濃いめにしたいときは 強 に、
薄めにしたいときは 弱 にします。
● 冷凍グラタンは 19 グラタン で
は焼けません
市販の冷凍グラタンを参照して様子
を見ながら焼きます。
いため物
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ
P.22
加熱時間の目安 約 7 分
ごはん(炊飯)
使用ボタン
使用ボタン
加熱方法
付属品
赤飯(おこわ) レンジ 600W
約 10 分
(リレー加熱) レンジ 200W
P.28 25∼29分
P.26
材料(4 人分)
米 ........................ カップ2(320g)
水 ......................... 440 ∼ 480mL
作りかた
1 米は洗い、ざるにあげて水けを切
り、容器に入れ、分量の水を加えてふ
たをし、約1時間つけて吸水させる。
2 レンジ 600W 約10分 、 レンジ 200W
25∼29分 リレー加熱してかき混ぜ、
ふきんとふたをして約 10 分蒸らす。
P.28
注意
金属・ホーロー製の鍋、ふたは
使用できません。
火花(スパーク)
、故障の原因になります。
ごはんのコツ
●大きくて深めの容器で
ふきこぼれないようにします。市販の
ふたつき煮込容器を使うと便利です。
●米は吸水させる
加熱する前に分量の水に1時間ほど
つけ、十分吸水させます。
●水の量と加熱時間(1mL =1cc)
加熱時間
水の量
レンジ 600 W
レンジ 200 W
(リレー加熱)
240 ∼ レンジ 600W(約7分)
カップ1
(160g)
レンジ 200W(約22分)
260mL
(リレー加熱)
レンジ 600W(約12分)
カップ3 640 ∼
(480g) 700mL レンジ 200W(約37分)
(リレー加熱)
もち米 ................. カップ2(320g)
ゆでささげ(乾燥豆約 40g)........ 約 80g
ささげのゆで汁
...... 280 ∼ 320mL
水
ごま塩 ................................... 少々
作りかた
1 もち米は洗い、ざるにあげて水け
を切り、
容器に入れて分量の水を加え、
約 1 時間つけておく。
2 ささげを加えてかき混ぜ、ふたを
し て レンジ 600W 14∼17分 加 熱
し、残り時間4∼5分でかき混ぜ、再
び加熱してかき混ぜる。
3 器に盛り、ごま塩を添える。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
〔ひとくちメモ〕
●
●
ささげの量は好みで加減します。
赤飯の色の濃淡は、ささげのゆで汁の
量で加減します。
おかゆ(白がゆ)
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ 600W
約10分
(リレー加熱)レンジ 200W
P.28 35∼40分
材料(4 人分)
米 ........................ カップ12(80g)
水 ........................ 500 ∼ 600mL
塩 ......................................... 少々
作りかた
米は洗い、ざるにあげて水けを切り、
深めの容器に入れて分量の水を加え、
ふたをして 20 ∼ 30 分おいてから
レンジ 600W 約10分 、レンジ 200W
35∼40分 リレー加熱し、塩を加える。
「リレー加熱の使いかた」
P.28
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ 200W
2∼3分
(下ごしらえ)
予熱なし
オーブン
150℃
P.31
36∼42分
材料(4 人分)
卵 ...................... 2 個(約 100mL)
だし汁 ........................ 350mL
............ 各小さじ12
A
しょうゆ、塩
みりん ....................... 小さじ 1
鶏肉(そぎ切り)....................... 約 40g
酒 ......................................... 少々
えび(殻つき)........... 小4尾(約 40g)
かまぼこ(薄切り)....................... 8枚
干ししいたけ(戻して石づきを取り、そぎ切り)
.............................. 2枚(8切れ)
ゆでぎんなん .......................... 8個
三つ葉 ................................... 適量
作りかた
1 ボ ウ ル で 卵 を よ く 溶 き ほ ぐ し、
A を加えて混ぜ、裏ごしする。
2 鶏肉は酒をふりかけておく。えびは尾
と一節を残して殻をむき、背わたを取る。
3 容器に 2 を入れてラップまたはふ
たをして レンジ 200W 2∼3分 加熱
する。
4 茶わん蒸し容器に 3 、かまぼこ、し
いたけ、ぎんなんを入れ、 1 を4等
分して注ぎ入れ、共ぶたをする。
5 4 を丸皿の周囲に等間隔に間をあ
け て 並 べ オーブン 予熱なし 150℃
36∼42分 加熱し、加熱
後、加熱室から出して
三つ葉をのせ、ふたを
して約5分ほど蒸らす。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
焼きそば
牛肉とピーマンの細切りいため
八宝菜
(チンジャオロウスー)
材料(1 ∼ 2 人分)
焼きそば用めん(ソースつき)......... 1袋
野菜ミックス(約 250g の物)........ 1袋
豚薄切り肉(ひとくち大に切る)...... 50g
塩、こしょう......................... 各少々
作りかた
1 深めの皿にめん、豚肉、野菜ミックス
の半量を順に入れ、ソース、塩、こしょう
(各少々・分量外)をかけ、残りの野菜を
のせてラップをする。
2 16 焼きそば で加熱し、
かき混ぜる。
16 焼きそば のコツ
●分量は
表示の分量の 12 量∼表示の分量です。
(この分量以外のオート調理はできま
せん)
●容器は 少し深さのある陶磁器や耐熱性のあ
る皿を使います。
●ラップをして
耐熱温度が 140℃以上の物を使いま
す。
●加熱が足りなかったときは
レンジ 600W で様子を見ながら加熱
します。
P.26
材料(2 ∼ 3 人分)
牛もも肉(細切り).................... 150g
. 4個
ピーマン(種を取り、タテに細切り)
A
..........
ゆでたけのこ(細切り)
50g
しょうゆ ..................... 小さじ1
オイスターソース.......... 大さじ1
酒............................... 大さじ1
B
砂糖............................ 小さじ1
鶏がらスープの素(顆粒) 小さじ12
片栗粉 ....................... 小さじ1
作りかた
1 牛肉にかるく塩、こしょう(少々・
分量外)をし、
片栗粉小さじ1
(分量外)
をふり、よくまぶしておく。
2 深めの皿に 1 と A 、合わせた B を入
れてかるく混ぜ、ラップをする。 3 16 焼きそば で加熱し、
かき混ぜる。
〔ひとくちメモ〕
B のかわりに市販のチンジャオロウスー
の素(液状の物約 12 袋)を使ってもよい
でしょう。
● 牛もも肉のかわりに、豚肉を使っても
よいでしょう。
● 切った野菜は、しっかり水切りしてお
くとよいでしょう。
●
材料(2 ∼ 3 人分)
... 50g
豚バラ肉(薄切り、ひとくち大に切る)
A
(尾と一節を残して殻をむき、背わた
えび
を取る)............................ 4尾
白菜(ひとくち大のそぎ切り).... 150g
ねぎ(5mm 幅のナナメ切り)...... 50g
ゆでたけのこ(薄切り)........... 50g
B
しいたけ(そぎ切り).............. 2枚
にんじん(薄切り)................. 25g
さやえんどう(筋を取る)........ 4 枚
(顆粒).... 小さじ2
鶏がらスープの素
酒............................... 大さじ1
砂糖............................. 小さじ12
C
片栗粉......................... 小さじ1
ごま油......................... 小さじ12
塩、こしょう.....................各少々
いため物
軽食&お総菜
「リレー加熱の使いかた」
米の量
付属品
レンジ 600W
14∼17分
材料(4 人分)
加熱方法
茶わん蒸し
作りかた
1 A にかるく塩、こしょう(各少々・分
量外)をし、片栗粉小さじ2(分量外)
をふり、よくまぶしておく。
2 深めの皿に 1 と B 、合わせた C を入
れてかるく混ぜ、ラップをする。
3 16 焼きそば で加熱し、
かき混ぜる。
〔ひとくちメモ〕
C のかわりに市販の八宝菜の素(液状
の物約12袋)を使ってもよいでしょう。
● 切った野菜は、しっかり水切りしてお
くとよいでしょう。
●
〔ひとくちメモ〕
●
白がゆに梅干しや明太子、ゆでた野菜
など好みの具をのせて、いろいろな味
が楽しめます。
お菓子・パン
使用ボタン
加熱方法
付属品
型抜きクッキー
予熱なし
P.22
オーブン
型抜きクッキー
絞り出しクッキー
絞り出しクッキー
加熱時間の目安 約 23 分
材料(丸皿1枚分)
プリン
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ 600W
2∼5分
(下ごしらえ)
オーブン
予熱なし
150℃
P.31
32∼38分
〈カラメルソース〉
砂糖 ................................ 60g
A
水................................ 大さじ2
水 .................................... 大さじ1
〈卵液〉
牛乳 ............................ カップ2
B
砂糖 ................................ 80g
卵(溶きほぐす).......................... 4個
バニラエッセンス ..................... 少々
作りかた
1 バターはハンドミキサーで白っぽ
くなるまでよくねり、砂糖を加えて、
さらによく混ぜる。
2 卵を加えてクリーム状になるまで
よく混ぜ、バニラエッセンスを加え
る。
3 小麦粉をふるいながら加え、木しゃ
もじでさっくりと混ぜる。ひとつにま
とめてラップで包み、冷蔵室で約1時
間休ませる。
4 生地をラップの間にはさみ、めん
棒で5mm の厚さにのばす。
約 23 分
材料(丸皿1枚分)
小麦粉(薄力粉)......................... 90g
バター(室温に戻す).................... 50g
砂糖 ...................................... 30g
卵(溶きほぐす).................... 大さじ2
バニラエッセンス...................... 少々
ドライフルーツ(小さく切った物).... 適量
作りかた
1 型抜きクッキー作りかた 1 ∼ 3 の要
領で生地を作り、菊型の口金をつけた
絞り出し袋に入れる。
2 丸皿にアルミホイルを敷いて 1 を
絞り出し、上にドライフルーツを飾り
21 お菓子 で焼く。
クッキーのコツ
●小麦粉を混ぜるとき
切るようにさっくりと混ぜ、ねらない
ようにします。
●生地がベタつくときは
作りかた
1 耐熱容器に A を入れ レンジ 600W
3∼5分 様子を見ながら加熱し、カラ
メル色になったら水を加える。
(このと
き、ソースが飛び散るので注意する。)
2 型にバター(分量外)を塗り、 1 を
小さじ 1 ずつ入れる。
3 容器に B を合わせて入れ レンジ 600W
約2分 加熱し、かき混ぜて砂糖を溶かす。
卵と合わせ、裏ごししてバニラエッセ
ンスを加え、 2 の型に流し入れる。
4 丸皿の中央に寄せて並べ、 オーブン
予熱なし 150℃ 32∼38分 焼く。
あら熱が取れたら冷蔵室で冷やす。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
ラップで包み、冷蔵室で 15 ∼ 20 分
冷やしてから作ります。
打ち粉を多く使うと粉っぽくなり、口
当りが悪くなります。
●生地の大きさや厚みはそろえて
5 上のラップを外し、直径3cm の型
で抜き、アルミホイルを敷いた丸皿に
並べ、 21 お菓子 で焼く。
プリンの並べかた
●焼き上がったらすぐ取り出す そのまま加熱室に置くと、余熱で焦げ
過ぎることがあります。
●焼きが足りなかったときは
オーブン 予熱なし 180℃ で様子を
見ながら焼きます。
「オーブン(予熱なし)加熱の使いかた」
P.31
●生地の保存は
〔ひとくちメモ〕
ハンドミキサーがない場合
クッキーの
は泡立て器を使います。
並べかた
● 市販の生地を使うときは
生地の種類により、焼けかたが違うの
で、途中で様子を見ながら焼きます。
● 大きさや厚みが違うと、焼き上がりに
むらができます。
冷蔵室で1週間、冷凍室で1か月く
らいもちます。ラップに包んで保存
しておきます。
マフィン
スコーン
使用ボタン
予熱なし
P.22
加熱方法
付属品
使用ボタン
加熱方法
ソフトクッキー(紙包み焼き)
付属品
レンジ 200W
約 1 分 10 秒
予熱なし (下ごしらえ)
オーブン
P.22
オーブン
予熱なし
P.22
加熱時間の目安 約 23 分
仕上がり調節 強
小麦粉(強力粉)...................... 70g
小麦粉(薄力粉)...................... 70g
ベーキングパウダー............ 大さじ12
砂糖....................................... 30g
バター.................................... 35g
卵....................................... 大12個
牛乳............................. 大さじ 1 13
つやだし用卵
卵..................................... 12個
A
塩............................... 小さじ14
作りかた
1 ボウルに小麦粉、ベーキングパウ
ダ ー、 砂 糖 を 合 わ せ て ふ る い 入 れ、
5mm 角に切ったバターをつぶしなが
ら粉と混ぜ合わせ、パサパサの状態
にする。
2 溶きほぐした卵と牛乳を加えて手
早く混ぜ、ひとまとめにする。打ち
粉 を し た の し 台 に の せ、 め ん 棒 で
1.5cm の厚さにのばし、直径 5cm
の型で抜く。
3 アルミホイルを敷いた丸皿の円周
に、8 ∼ 9 個並べ、表面につやだし
用卵を塗り、 21 お菓子 仕上がり調
節 強 で焼く。
〔ひとくちメモ〕
溶きほぐした卵と牛乳は、手早く混ぜ
てねらないように生地を作ります。
●
作り方 2 で卵と牛乳を加えた後にさい
の目に切ったチーズ(30g)を加える
とチーズ入りスコーンが楽しめます。
●
加熱方法
材料(直径 7cm の菊型アルミケース 8 個分)
付属品
オーブン
仕上がり調節 弱
加熱時間の目安
加熱時間の目安 約 26 分
材料(8 ∼ 9 個分)
使用ボタン
約 21 分
材料(8 個分)
小麦粉(薄力粉)...................... 80g
ベーキングパウダー............ 小さじ13
卵....................................... 大 1 個
砂糖....................................... 30g
バター.................... 大さじ 2(24g)
牛乳.................................. カップ14
小麦粉(薄力粉)....................... 40g
ベーキングパウダー............. 小さじ14
バター.................................... 40g
砂糖........................................ 30g
卵 ......................................... 1 個
小倉あん................................. 40g
バニラエッセンス...................... 少々
作りかた
1 バターは容器に入れ、レンジ 200W
約1分10秒 加熱して溶かす。
2 ボウルに卵を割り入れ、ハンドミ
キサーで七分通り泡立ててから砂糖
を加え、白くもったりするまでさら
に泡立てる。
3 牛乳を加えて混ぜ、小麦粉とベー
キングパウダーを合わせてふるいな
がら加え、木しゃもじまたはゴムべ
らでねらないように混ぜ合わせたら、
1 を加えて手早く混ぜる。
4 アルミケースに生地を等分して入
れ、丸皿の円周に並べ、 21 お菓子
で焼く。
作りかた
1 オーブンシート(12 × 15 cm)を
8 枚用意する。
2 ボウルに室温で柔らかくしたバター、
砂糖を入れハンドミキサーでよくすり
混ぜる。
3 溶きほぐした卵をクリーム状にな
るまで混ぜバニラエッセンスを加え
る。
4 小麦粉とベーキングパウダーを合
わせふるい入れ、木しゃもじでねら
ないように混ぜる。
5 直径 1cm の口金をつけた絞り出し
袋に入れ、 1 の上に生地の半量を絞
り 出 し、8 等 分 に し た あ ん を の せ、
残りを絞り出し、オーブンシートで
包む。
6 丸皿の円周に並べ、 21 お菓子 仕
上がり調節 弱 で焼く。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
〔ひとくちメモ〕
溶かしバターが冷めないうちに、手早
く作りましょう。
●
好みでチョコチップやブルーベリージャム
を加えてもよいでしょう。
● アルミケースは、厚手の物の方が形よ
く焼き上がります。
●
お菓子・パン
お菓子・パン
材料(直径 6cm・高さ 5cm のアルミ製
プリン型 8 個分)
小麦粉(薄力粉)....................... 110g
バター(室温に戻す).................... 50g
砂糖 ...................................... 40g
卵(溶きほぐす)........................... 12個
バニラエッセンス...................... 少々
加熱時間の目安
●市販の生地を使うときは
生地の種類により焼けかたが違うので、
P.35
「手動調理をするときの加熱時間」
を参考に、様子を見ながら焼きます。
スポンジケーキのコツ
●直径 15 ∼ 21cm のケーキが作れます。
大きさ
材料
小麦粉
(薄力粉)
スポンジケーキ(デコレーションケーキ)
使用ボタン
付属品
材料(直径 18cm の金属製ケーキ型 1 個分)
作りかた
1 型にバター(分量外)を塗って硫酸
紙(ケーキ用型紙)を底と側面にぴっ
たりと敷く。A を合わせ レンジ 200W
約1分 加熱して溶かす。
(直径 18cm の場合、その他は右表を参照します。)
2 ボウルに卵白を入れ、ハンドミキサー
で七分通り
泡立てて砂糖
を加え、ツノ
が立つまで泡
立てる。
(別立て法)
枝の先端から14を生地に刺してすぐ
倒れなければ、泡立て十分。バニラ
エッセンスを加え、低速で混ぜる。
4 小麦粉をふるい入れ、
木しゃもじま
たはゴムべらでねらないように、粉
けがなくなるまでボウルの底からす
くい上げるようにしてさっくりと混
ぜ、 A を加えて手早く混ぜる。
5 一気に型に流し入れ、型をトントンとかるく
落として空気を抜き、丸皿にのせ オーブン
予熱なし 160℃ 38∼44分 で焼く。
6 型ごと 10 ∼ 20cm の高さから落
として焼き縮みを防ぎ、型から取り
出して硫酸紙を剥がす。十分に冷ま
し、クリームやくだものなどで飾る。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱なし)加熱の使いかた」
P.31
共立て法の作りかた
2 ボウルに室温に戻した卵を割り入れ、
ハンドミキサーで七分通り泡立てる。砂
糖を加え、もったりするまで泡立てて(生
地で「の」の字が書けてすぐに消えない
状態)からバニラ
エッセンスを 加
え、混ぜる。作り
かた 4 から同様
にする。
50g
120g
砂糖
50g
120g
卵
2個
4個
バター
10g
20g
大さじ 大さじ 1
約1分
約 1 分 20 秒
牛乳
1
2
1
加熱時間
36 ∼ 40 分
の 目 安
42 ∼ 46 分
●ケーキの型は
底は取り外しができ、側面は止め金
などのないフラットな物を使います。
表面にフッ素やシリコンが施されて
いる型では上手に仕上がらないこと
があります。
●卵やボウルはあたためると
泡立ちやすくなります。
●卵白の泡立ては十分に
泡立ての目安は、泡立て器かハンドミ
キサーで生地を持ち上げた跡がピン
とツノが立ったようになるまでです。
●良好な仕上がりは
きめがそろっていてふくらみがよい。
スポンジケーキ作りのポイント
断 面
状 況
原
因
ふくらみが悪い
●全体にきめ(目)が詰まっている
●かたくしまっている
●
ふくらみが悪い
●ぼそぼそしている
●きめがあらく、粉がダマになって
残っている
●
●小麦粉の混ぜかたが足りない
卵の泡立てかたが足りない
粉やバターを入れた後に混ぜ過ぎ ●小麦粉をふるっていない
て、卵の泡がつぶれた(切るよう に混ぜる)
●生地を長時間放置した
●砂糖の量が少なかった
表面に目立つシワがある
●全体にきめがあらい
●中央部が沈む
●
部分的に目の詰まったところがある
●ふくらみやきめにむらがある
●
きちんと空気抜きをしていない ●溶かしバターが均一に混ざってい
ボウルに残っている泡の消えた生地を、 ない(バターが熱いうちに混ぜる
型の中央に入れた(端の方へ入れる) こと)
●小麦粉の量が少なかった
●粉やバターを入れた後に混ぜ過ぎて
卵の泡がつぶれた(切るように混ぜる)
●
●
●
●
スフレチーズケーキ
使用ボタン
加熱方法
付属品
チョコレートケーキ
マドレーヌ
使用ボタン
使用ボタン
レンジ 200W
1∼2分
(下ごしらえ)
予熱なし
P.31
オーブン
160℃
33∼41分
材料(直径 7.5cm、高さ 4cm スフレ型 6 個分)
クリームチーズ ................. 60g
A
バター ............................. 12g
砂糖 ...................................... 35g
卵黄 ................................... 1 個分
生クリーム............................ 40mL
牛乳..................................... 25mL
レモン汁 ......................... 大さじ12
ブランデー ...................... 大さじ12
コーンスターチ......................... 20g
卵白 ................................... 2 個分
作りかた
1 耐熱ガラスのボウルに A を入れ
レンジ 200W 1∼2分 加熱して柔らか
くし、なめらかになるまでハンドミ
キサーでよく混ぜる。
2 1 に砂糖の半量を入れ、しっかり
混ぜ、卵黄を加えてなめらかになる
まで混ぜる。
3 2 に生クリーム、牛乳、レモン汁、
ブランデーを順に加え、そのつどハ
ンドミキサーで混ぜ、コーンスター
チを加えて木しゃもじまたはゴムべ
らでダマにならないように混ぜる。
4 別のボウルに卵白を入れ、七分通
り泡立て残りの砂糖を加え、ツノが
立つまで泡立てる。
5 3 に 4 を 3 回に分けて加え、さっ
くりと泡をこわさないように生地と
なじませながら混ぜる。
6 5 を容器に分け入れて、丸皿の中央に
寄せて並べ、オーブン 予熱なし 160℃
33∼41分 で焼く。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
加熱方法
付属品
オーブン
160℃
33∼41分
材料(直径 7.5cm、高さ 4cm スフレ型 6 個分)
付属品
レンジ 200W
約2分
(下ごしらえ)
オーブン
予熱あり 予熱 約 5 分
P.30
160℃
22∼28分
レンジ 200W
3∼4分
(下ごしらえ)
予熱なし
P.31
加熱方法
材料(直径 8cm の金属製マドレーヌ型 5 個分)
小麦粉
(薄力粉).. 大さじ 1 弱(約 8g)
A
ココア .............小さじ 2(約 4g)
ブラックチョコレート ........ 70g
B
バター ............................. 40g
ラム酒 ............................. 小さじ 1
卵(卵黄と卵白に分ける)............ 2 個
砂糖 ..................................... 50g
小麦粉(薄力粉).......................... 60g
砂糖 ...................................... 60g
バター ................................... 60g
卵(溶きほぐす)..................... 112個
レモン汁 .................... 小さじ2
A
レモンの皮(すりおろす)..... 13個分
作りかた
1 容器に B を入れ レンジ 200W 3∼4分
加熱して溶かし、よくかき混ぜてな
めらかにし、ラム酒を加える。
2 ボウルに卵黄と砂糖 12 量を入れ、
ハンドミキサーで白っぽくなるまで
よくねり、 1 を加えてハンドミキサ
ーの低速でさっと混ぜ、 A を合わせ
てふるい入れ、なめらかになるまで
混ぜる。
3 ボウルに卵白と塩ひとつまみ(分
量外)を入れハンドミキサーでかる
く 泡 立 て て か ら 残 り の 砂 糖 を 加 え、
ツノが立つまで泡立てる。
4 2 に 3 の12量を加えて、ハンドミキ
サーの低速で混ぜ、残りは木しゃもじま
たはゴムべらでさっくり混ぜて容器に
分け入れて、丸皿の中央に寄せて並べ、
オーブン 予熱なし 160℃ 33∼41分 で
焼く。
作りかた
1 型にバター(分量外)を塗って型紙
を敷く。
2 バターは容器に入れ レンジ 200W
約2分 加熱する。
3 卵をハンドミキサーで七分通り泡
立て、砂糖を加え、もったりするまで
泡立てる。 A を加えて混ぜ、小麦粉を
ふるい入れ木しゃもじまたはゴムべ
らでねらないように混ぜ、 2 を加えて
手早く混ぜる。
4 3 を型に分け入れ、丸皿に並べる。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱なし)
加熱の使いかた」
P.31
お菓子・パン
お菓子・パン
小麦粉(薄力粉)......................... 90g
砂糖....................................... 90g
卵(卵黄と卵白に分ける)............... 3個
バニラエッセンス .................... 少々
牛乳(室温に戻す)........... 小さじ2
A
バター.............................. 15g
ホイップクリーム...................... 適量
くだもの、アーモンド ........... 各適量
3 卵黄を加えてさらに泡立てる。楊
直径 21cm
作りかた
加熱方法
レンジ 200W
約1分
(下ごしらえ)
予熱なし
オーブン
P.31
160℃
38∼44分
直径 15cm
マドレーヌの並べかた
5 オーブン 予熱あり 160℃ 22∼28分
予熱する。予熱終了音が鳴ったら 4
を入れて焼く。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「オーブン
(予熱あり)
加熱の使いかた」
P.30
〔ひとくちメモ〕
●
溶かしバターはあたたかい物を使います。
バターロール(ロールパン)
使用ボタン
加熱方法
付属品
に小麦粉をつけ、生地の中央を刺して
みて、指の穴
がそのまま残
れば発酵は十
分。
オーブン 発酵
25∼70分
(下ごしらえ)
予熱あり
P.30
5 生地が2∼ 2.5 倍に発酵したら指
オーブン
予熱 約 5 分
160℃
18∼24分
材料(6 個分)
作りかた
1 ボウルに A とドライイーストをふる
い入れ、 B を加えて手でかるく混ぜ、
バターを少しずつ加え、よく混ぜて
ひとまとめにする。
2 生地がベトつかなくなり、ボウルか
らくるんと離れるようになるまでよくこ
ねる。
3 台にたたきつけてのばしたり、
半分
に折って押し
たりしながら
約 15 分こね、
生地を丸める。
4 バター(分量外)を薄く塗ったボウ
ルに入れ、霧を吹き、ラップかかたく
絞ったぬれぶきんをかける。
丸皿にのせて オーブン 予熱なし
40℃(発酵)
50∼70 分 発 酵
させる。
「オーブン発酵の使いかた」
P.33
6 ボウルをふせて生地を取り出し、手で
かるく押して
中のガスを抜く。
3 2 を 1 に入れてポリ袋の口を閉じ、
振って粉と水分をよく混ぜ合わせる。
4 10 分 間 十 分
に こ ね る。 こ の
時、 ポ リ 袋 に 少
し空気を入れて
口 を 閉 じ る と、
簡単に両手でこねることができる。
12 生地に霧を吹き、オーブン 予熱なし
5 4 の生地を2∼
3cmの厚さに整え
て丸皿の中央にの
せ レンジ 発酵
8∼14分 一次 発 酵
させる。
40℃(発酵)25∼35分 生 地 が 2 ∼
2.5 倍になるまで発酵し、表面につ
やだし用卵を薄く、ていねいに塗る。
13 オーブン 予熱あり 160℃ 18∼24分
予熱する。予熱終了音が鳴ったら 12
を回転台の上にセットし、焼く。
「オーブン
(予熱あり)
加熱の使いかた」
P.30
〔ひとくちメモ〕
●
作りかた 1 の材料を全部もちつき機に
入れ、8∼ 10 分ねると生地が簡単に作
れ ま す。 こ の 場 合、ぬ る ま 湯 は 20 ∼
25℃まで冷まして使います。
バターロールのコツ
●牛乳は室温に戻して
冷蔵室から出したての冷たい物を使う
と、ふくらみが悪くなります。
●こね上げた生地の温度
7 生地をスケッパー(または包丁)で
6個(1個約 46g)に切り分ける。
手でちぎると
生地が傷んで
ふくらみが悪
くなる。
25 ∼ 27℃が最適です。夏場のように
室温が高いときは、多少低めにします。
●発酵の仕上がり具合は
イーストの種類や室温、季節によって
多少違います。発酵不足のときは、様
子を見ながら時間を追加してください。
加熱方法
レンジ 600W
約 30 秒
レンジ 発酵
予熱なし 8 ∼ 14 分
P.22 (下ごしらえ)
オーブン
使用ボタン
付属品
加熱時間の目安
約 30 分
材料(8 個分)
小麦粉(強力粉).................. 150g
............... 大さじ 1(約 9g)
A
砂糖
塩 ................. 小さじ13(約 2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物)
....................... 小さじ1
(約 2.5g)
水............................. 90 ∼ 100mL
バター................. 大さじ 1(約 12g)
作りかた
1 ポリ袋(市販)に A とドライイースト
を入れて混ぜ合わせる。
2 バターを容器に入れ レンジ 600W
約30秒 加熱して溶かし、
水を加える。
7 生地をかるく押
して中のガスを抜
き、スケッパーま
たは包丁で 8 個
(1
個約 33g)に切り
分ける。
加熱方法
付属品
レンジ 200W
4∼6分
6 のし台に少し打ち粉
(強力粉)
をして、
生地を袋から取り出す。
簡単パン
使用ボタン
簡単肉まん
P.26
材料(6 個分)
簡単パンの生地...................... 1回分
冷凍シューマイ(室温に戻しておく)... 6個
作りかた
1 簡単パン 作りかた 1 ∼ 6 を参照して
生地を作り、一次発酵、ガス抜きをし、
6個(1個約 45g)に切り分けて丸める。
2 生地を丸くのばしてシューマイを包
み、口をしっかり止める。
3 深めの皿に2個を並べて霧を吹き、
ラップをする。
4 丸 皿 の 中 央 に 置 き レンジ 200W
4∼6分 加 熱する。 加 熱 後は すぐに
ラップを外し、残りも同様に加熱する。
8 生地を手のひら
で丸めてオーブン
シートを敷いた丸
皿の円周に
(写 真
参照)並べる。
9 生地に霧を吹
き レンジ 発酵
8∼12分 ニ次発
酵させる。
「レンジ加熱の使いかた」
10 発酵が終わったらそのまま22簡単パン
で焼く。
〔ひとくちメモ〕
●
●
「レンジ加熱の使いかた」
「レンジ発酵の使いかた」
P.26
P.32
P.26
お菓子・パン
お菓子・パン
小麦粉(強力粉)................. 150g
..........大さじ 2 強(約 20g)
A
砂糖
..............
塩
小さじ12弱(約 2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物)
................... 小さじ 1(約 2.5g)
ぬるま湯(約 40℃)... 20 ∼ 30mL
卵
B (溶きほぐす).... 13個(約 25mL)
牛乳(室温に戻す).............. 50mL
バター(室温に戻す).................... 25g
〈つやだし用卵〉
......................................
1
卵
2個
塩 .............................. ひとつまみ
11 三角形の底辺からクルクルと巻き、
バター(分量外)を薄く塗った丸皿に
巻き終わりを下に
して放射状に並べ
る。
まんじゅうの閉じ口はしっかり止めます。
シューマイを冷凍のミートボールなどにか
えてもよいでしょう。
● 生地が乾燥しないように 8 生地のひとつひとつを手のひらか、
のし台で表面
がなめらかに
なるように丸
める。
かたく絞ったふきんをかけたり、霧を
吹いたり湿り気をあたえます。表面が
乾燥するとふくらみが悪くなります。
●生地の扱いはていねいに
手のひらでかるく扱います。ちぎった
り、形が悪くやり直したりすると、生
地が傷んでふくらみが悪くなります。
●つやだし用卵は薄く、ていねいに
9 丸めた生地をのし台に並べ、かた
く絞ったぬれぶきんかラップをかけ
て生地の温度が下がらないようにし
て約 20 分休ませる。
(ベンチタイム)
10 生地を手のひらにはさみ、
すり合わ
せるようにし
ながら円すい
形にし、さら
にめん棒で細
長い三角形に
のばす。
なでるようにして表面に塗ります。
たっぷり塗ると丸皿に流れ落ち、パン
の底が焦げてしまいます。
●発酵し過ぎたパン生地は
きれいにふくらみません。ピザや揚げ
パンにするとよいでしょう。
●パンをおいしく保存するには
あら熱が取れたらポリ袋に入れておき
ます。すぐ食べないときは 1 個ずつ
ラップで包み、冷凍室で保存します。
食べるときはラップを外し1個あたり
レンジ 600W 20∼30秒 加熱します。
22 簡単パン のコツ
●1
回の分量は
表示の分量です。手軽に簡単に、短
時間で作れる最適分量です。
●発酵の仕上がり目安は
●生地が乾燥しないように
室温やイーストの種類によって多少違っ
てきます。一次発酵は生地が網目状にな
り 1.2 ∼ 1.5 倍になるのが目安です。
分割や成形のときはかたく絞ったぬ
れぶきんをかけたり、ポリ袋に入れ、
二次発酵のときは霧を吹きます。
●使えるポリ袋は
市 販 の 25×35cm ほ ど の 大 き さ
で、電子レンジで使える半透明の袋
が適していますが、透明なポリ袋で
もよいでしょう。穴のあいていない
ことを確認してから使いましょう。
●生地の丸めかた(成形)は 一次発酵
二次発酵は生地が 1.5 倍くらいにな
るのが目安です。
●パンの表面につやを出したいときは
焼く直前に、生地の表面に塩少々を
加え、溶き卵を薄く塗ります。
● こね上げの目安は 粉のかたまりがなくなり、粘り気が
出て、ガムのように伸びるようにな
って、生地が袋から離れてひとつに
なるのが目安です。
なめらかな面を表にして切り口を中
にかくすように丸め、裏側の開いて
いる部分を指でつまんで閉じます。
二次発酵
●発酵の時間は
季節や室温、丸皿の冷え具合によっ
て違います。一次発酵は 8 ∼ 14 分
発酵させ、二次発酵で調節します。
ふくらみが小さい ふくらみが大きい
二次発酵 12 ∼ 20 分
5∼7分
● 焼きが足りなかったときは オーブン 予熱なし 170℃ で 様 子 を
見ながら焼きます。
「オーブン(予熱なし)加熱の使いかた」
P.31
使用ボタン
予熱なし
P.22
加熱方法
使用ボタン 加熱方法
レンジ 600W
1 分∼ 1 分 40 秒
レンジ 発酵
予熱なし 10 ∼ 14 分
P.22 (下ごしらえ)
オーブン
付属品
オーブン
レーズンパン
セサミパン
簡単あんパン
材料(8 個分)
材料(8 個分)
加熱時間の目安 約 30 分
(材料・作りかた
加熱時間の目安 約 30 分
材料(8 個分)
簡単パンの生地
P.61 )..... 1回分
(材料・作りかた
P.61 )..... 1回分
作りかた
1 簡単パン 作りかた 1 ∼ 4 を参照し
て生地を作り、こね上がった生地に
レーズンを加えてよく混ぜる。 2 簡単パン 作りかた 5 ∼ 8 を参照して
一次 発 酵、 ガ ス
抜き、分割をして
生地を丸める。
生地をキッチン
バサミで十字の
切り込みを入れ、
切り口にグラニュー糖をかける。
3 生 地 に 霧 を 吹 き レンジ 発酵
8∼12分 ニ次発酵させる。
4 発酵が終わったらそのまま22簡単パン
で焼く。
作りかた
1 簡単パン 作りかた 1 ∼ 4 を参照し
て生地を作り、こね上がった生地にご
まを加えてよく混ぜる。 2 簡単パン 作りかた 5 ∼ 8 を参照し
て一次発酵、ガス抜き、分割をして
生地を丸める。
3 生地の表面に強力粉をまぶし、生地
の真上に箸など
の細い棒を置き
下へ強めに押す。
オーブンシート
を敷いた丸皿に
並べる。
4 生 地 に 霧 を 吹 き レンジ 発酵
8∼12分 ニ次発酵させる。
5 発酵が終わったらそのまま22簡単パン
で焼く。
レーズンをくるみや小麦胚芽などにかえ
てもよいでしょう。
カスタードクリーム
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ 600W
3∼4分
P.26
材料(簡単クリームパン 8 個分)
牛乳 ............................... 220mL
小麦粉(薄力粉)................. 16g
................... 9g
A
コーンスターチ
..............................
砂糖
55g
卵黄(溶きほぐす).................. 2個分
バター ............................. 7g
B
バニラエッセンス.............. 適量
作りかた
1 深めの容器に A を合わせて入れ、牛
乳を少しずつ加えながら泡立て器で
かき混ぜる。
2 1 に卵黄を少しずつ加えてよく混
ぜ レンジ 600W 3∼4分 で 途 中 よ く
かき混ぜながら加熱する。
手早く B を加えて混ぜ、あら熱を取っ
てラップをし、冷蔵室で冷ます。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
〔ひとくちメモ〕
●
加熱直後は柔らかめでも、冷めるとか
たさがでてきます。
(材料・作りかた
使用ボタン
加熱方法
付属品
レンジ 発酵
8 ∼ 12 分
予熱なし (下ごしらえ)
P.22
オーブン
かぼちゃパン
加熱時間の目安
約 32 分
(下ごしらえ)12葉・果菜 仕上がり調節 やや強
P.61 )..... 1回分
つぶあん .............................. 200g
桜の花の塩漬け ........................ 4 個
けしの実 ................................. 適量
〈つやだし用卵 〉
卵(溶きほぐす).................... 1 2個
1
塩................................ 小さじ 4
作りかた
1 つぶあんを深めの容器に入れ
レンジ 600W 1 分∼1 分 40 秒 で 途
中かき混ぜながら加熱し、冷めてか
ら 8 等分して丸めておく。 2 桜の花の塩漬けは水に 30 分∼ 1 時
間つけて塩抜きをし、水けを切っておく。
3 簡単パン作りかた 1 ∼ 7 を参照し
て一次発酵、ガス抜きをし、8 個(1
に切り分け、生地を丸める。
個約 33g)
4 円形にのばし 1 のあんを包み、閉じ
口をしっかり止め、オーブンシートを
敷 い た 丸 皿 に 並 べ る。 レンジ 発酵
10 ∼14 分 二次発酵させる。
5 生地の表面をかるく押して平らに
し、表面につやだし用卵を薄く、て
いねいに塗る。半分は中心を指で押
してへソをつけ、上に桜の花をのせ
る。残り半分にはけしの実を散らす。
6 生 地 に 霧 を 吹 き レンジ 発酵
8∼12分 ニ次発酵させる。
7 発酵が終わったらそのまま22簡単パン
で焼く。
簡単クリームパン
材料・作りかた
簡単あんパンのつぶあんをカスタード
クリーム(200g)
にかえて作りかた
1 ∼ 6 を参照して焼く。
材料(1 個分)
小麦粉(強力粉)................. 150g
.............. 大さじ 1(約 9g)
A
砂糖
................
塩
小さじ13(約 2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物)
...................... 小さじ1
(約 2.5g)
水............................... 50 ∼ 70mL
バター................ 大さじ 1(約 12g)
かぼちゃ............................... 100g
作りかた
1 かぼちゃの皮をむき、3cm 角に切り
ラップで包み 12 葉・果菜 仕上がり調
節 やや強 で加熱する。
2 1 のかぼちゃをフォークなどでつ
ぶし、あら熱を取る。
3 簡単パン 作りかた
P.61 1 ∼ 4 を参照し、かぼちゃを加えて
袋の口を閉じ、振って粉と水分をよ
く混ぜ合わせ、10 分間こねる。
4 簡単パン 作りかた 5 を参照して一
次発酵させ、ガス抜きをしながらひ
とつに丸め、
中心を押してくぼませる。
5 オーブンシートを敷いた丸皿の中央
に生地を置いて霧を吹き、レンジ 発酵
8 ∼ 12 分 二次発酵させる。
6 かみそりまたは包
丁で切り目を 8 本入
れ、へ た の 部 分 を は
さみで切る。 7 22 簡単パン で
焼く。
材料・作りかた
簡単あんパンのつぶあんを市販のう
ぐいすあん(200g)にかえて作りか
た 1 ∼ 6 を参照して焼く。 チョコチップメロンパン
加熱時間の目安
約 30 分
材料(1 個分)
小麦粉(強力粉)................. 120g
全粒粉(あらびき)................. 30g
A
砂糖 .............. 大さじ 1(約 9g)
塩 ................ 小さじ13(約 2g)
ドライイースト(顆粒状で予備発酵不要の物)
...................... 小さじ1( 約 2.5g)
水............................ 90 ∼ 100mL
バター................ 大さじ 1(約 12g)
作りかた
1 簡単パン 作りかた
P.61
1 ∼ 6 を参照して生地を作り、一次発
酵させ、ガス抜きをしながらひとつに
丸める。
2 丸めた生地を楕円形に伸ばし、タテ
1
さらにタテ二つ
3 ずつ内側に折り込み、
折にして合わせ目をしっかり閉じる。
3 オーブンシートを敷いた丸皿の中
央 に 生 地 を 置 い て、 霧 を 吹 き、
レンジ 発酵 8 ∼ 12 分 二 次 発 酵 さ
せる。
4 3 の生地に霧をふいて表面を湿ら
せ、全粒粉(分量外)
をふりかける。 5 生地の中心にかみ
そりまたは包丁で切
り目を 1 本入れる。
6 22 簡単パン で焼く。
「レンジ発酵の使いかた」
P.32
〔メロンパンのひとくちメモ〕
「 12葉・果菜 の使いかた」
「レンジ発酵の使いかた」
P.22
P.32
〔ひとくちメモ〕
簡単うぐいすパン
全粒粉パン
●
加える水の分量は、かぼちゃが柔らかい
ときは少なめに、ホクホクしたかぼちゃ
の場合は多めにして、生地のかたさを調
節します。
メロンパンのすじにそって、パン切り
ナイフで小分けに切ると食べやすいで
しょう。
● 焼き色をつけたくない場合には、
残り時
間 10 分くらいで上に 12cm 角に切っ
たアルミホイルをかぶせるとよいで
しょう。
●
加熱時間の目安 約 30 分
材料(1 個分)
簡単パンの生地
(材料・作りかたは
P.61 )...... 1回分
型抜きクッキーの生地
P.56 ) 丸皿 1 枚分
チョコチップ ........................... 20g
グラニュー糖............................ 適量
(材料・作りかたは
作りかた
1 型抜きクッキー 作りかた
P.56
1 ∼ 2 を参照して生地を作る。
2 型抜きクッキー 作りかた 3 で小麦粉
を加えてひとまとめにしたら、チョ
コチップを加えて混ぜ、ラップで包
み、冷蔵室で休ませる。
P.61 3 簡単パン 作りかた
1 ∼ 5 を参照して一次発酵させる。
4 生地を発酵させている間に 2 のクッキ
ー生地をラップの間にはさみ、中央部分が
厚めになるように、直
径 約 20cm に の ば し
て片面にグラニュー糖
をまぶし、手で押さえ
て生地に密着させる。
5 3 のパン生地を袋
から取り出しガス抜
きしながらひとつに
丸める。 6 5 のパン生地に 4
のクッキー生 地をグ
ラニュー 糖 の面を上
にしてかぶせ、底を写
真のように折り込む。
7 オーブンシートを敷いた丸皿の中央
に生地を置き 、 レンジ 発酵 8∼12分
二次発酵させる。
8 カードまたはパレッ
トナイフで生地を押
さえつけるようにし
て、すじをつける。
9 22 簡単パン で焼く。
「レンジ発酵の使いかた」
P.32
お菓子・パン
お菓子・パン
黒ごま ................................... 20g
●
加熱時間の目安 約 30 分
簡単パンの生地
簡単パンの生地
レーズン ............................... 30g
グラニュー糖 .......................... 適量
〔ひとくちメモ〕
付属品
ヨーグルト
あたため
トースト
牛乳
トースト
使用ボタン
加熱方法
付属品
使用ボタン
飲み物・牛乳
レンジ
P.22
P.22
付属品
●1
回に焼ける分量は 1 ∼ 2 枚
●パンの置きかたは
トースター・
グリル
1枚のときは、片方に
寄せて置きます。
加熱時間の目安 4 分 20 秒∼ 6 分 20 秒
P.23
14 飲み物・牛乳 のコツ
加熱方法
20 トースト のコツ
フランスパンなど小形の
パンは、円周に置きます。
山形パンは交互になる
ように置きます。
材料(2 枚分)
食パン(1枚1.5∼3cm厚さの物)...... 2枚
酒かん
使用ボタン
加熱方法
作りかた
回 転 台の中央に寄
せて食パ ンを 並べ
20 トースト で焼く。
付属品
飲み物・牛乳
レンジ
P.22
〔ひとくちメモ〕
15 酒かん のコツ
ヨーグルト
使用ボタン
加熱方法
〔ひとくちメモ〕
好みでジャムやくだものを加えたり、
カレーやタンドリーチキンなどに加え
てもよいでしょう。
手作りヨーグルト .............. 大さじ 2
クリームチーズ......................... 40g
マヨネーズ......................... 大さじ 1
塩............................................ 適量
材料を混ぜ合わせ、好みで塩を加え、
サラダなどに。
トースター・グリル で様子を見なが
P.29
ら焼きます。
●焼き上がったらすぐ取り出す
● 使用する牛乳は 新鮮な普通牛乳で脂肪分 3.0%以
上の物を使います。低脂肪乳を使う
と水っぽくなってしまいます。高温
殺 菌(120 ∼ 140 ℃ 表 示 ) し た
牛乳でも 80℃ぐらいにあたためて
か ら 使 っ て く だ さ い。 乳 酸 菌 は
60℃以上になると死んでしまいま
す。ヨーグルトを加えるときの牛乳
の温度に注意してください。
● 種菌(スターター)は 市販されている新鮮なプレーンヨー
グルト(無脂肪固形分 9.5%、乳
脂肪分 3.0%の物)を使います。
● 無脂肪固形分や乳脂肪分の違う物
や、糖分、果肉などが入ったヨーグ
ルトでは上手に作れません。
● 種菌の分量が多いほど作りやすく
なります。
● 手作りのヨーグルトは種菌
(スター
ター)として使わないでください。
インスタント食品
種 類
発泡スチロールや
袋入り
ラーメン・
ヌードル
など
冷蔵室に保存し、2∼3日の間に食
べ切ってください。
加熱時間
カップまたは袋から出して別の容器に移します。
水の量はめんが水面から出ないように 400 ∼ 500mL を入れ
て図のようにラップをします。
破裂防止のため
● 調味料は食品メーカーの指示に従って加え
ます。
1cm くらい
あける
を使います。
● 加熱後、よくかき混ぜます。
袋から出して陶磁器や耐熱容器に移し、ラップまたはふたをし
ます。
カレー・
● 加熱後、よくかき混ぜます。
丼物の
具など
● おかゆなどは、加熱後しばらくおくと柔らかくなります。
真空パック食品
ごはん物など
カップめん(標準量)
レンジ 600W
5∼6分
P.26
袋入りラーメン
レンジ 600W
6∼7分
アルミパックの
レトルト食品
●でき上がりの目安は
●保存方法、保存期間は
作りかたとコツ
● 容器は、めんが水面から出ない大きさの物
●
牛乳がかたまったらでき上がりです。
手早くあら熱を取り、早めに冷蔵室
に入れてください。そのままにして
おくと発酵が進み、酸っぱさが増し
ます。
*電子レンジでの使いかたが指示してあるときは、その指示を目安に加熱してください。
*加熱時間は、レンジ 600W の目安時間です。 (1mL = 1cc)
P.26
1 あたため
※いかやえび、丸ごとのマッシュルームやきくらげなどが入ってい
る物、カレーなどとろみのある物は、飛び散ることがあります。
(丸ごとのマッシュルームはあらかじめ取り除き、加熱後加えます)
袋から出して陶磁器や耐熱容器に移し、よくほぐしてからラッ
プまたはふたをします。
●加熱後、よくかき混ぜます。
●パックのまま加熱するときは食品メーカーの指示に従い、穴をあけ
たり一部シールを剥がしたりしてから レンジ 600W で加熱します。
●加熱時間は、食品メーカーの指示時間を目安にして様子を見なが
ら加熱します。
※市販のおにぎりをあたためるときは、
P.18、34、35 を参照します。
1 あたため
あたため/トースト
P.26
P.32
材料(4 人分)
上下ヒーターで、表と裏を同時に焼
きます。
(回転台の構造上、表と裏
の焼け具合はやや違います。
)
インスタント食品
ヨーグルト
牛乳(脂肪分 3.0%以上の物)... 500mL
ヨーグルト
(市販のプレーンタイプの物)
............................. 50 ∼ 100g
ヨーグルトソース
●裏返しは不要
●焼きが足りなかったときは
P.29
火災の原因になります
使う直前に熱湯で殺菌をして、乾か
してから使います。スプーンやカッ
プなども清潔な物を使います。
材料(4 人分)
「トースター・グリル加熱の使いかた」
バター、ジャム等を多量
に塗ったパンを焼かない。
●容器はふたつきの耐熱性のある物を
作りかた
1 使用するふたつきの耐熱性のある
容器は熱湯で殺菌し、乾かしておく。
2 容 器 に 牛 乳 を 入 れ、 ふ た を し て
レンジ 600W 6∼8分 加熱し、約 80℃
P.26
ぐらいまであたためる。
3 人肌ぐらいまで冷ました牛乳にヨー
グルトを加え、かたまりが残らないよ
うにスプーンなどでよく混ぜる。
4 ふたをして レンジ 発酵 仕上がり調
節 やや弱 約90分 発酵させる。
5 終了音が鳴ったら再び レンジ 発酵
仕上がり調節 やや弱 10∼40分 牛乳
が好みのかたさにかたまるまで発酵さ
せる。
6 加熱が終わったら、あら熱を取り、
冷蔵室で冷やす。
注意
牛乳の分量は 500mL です。
500mL 以外の分量では加熱時間
や発酵時間の調節が必要です。
仕上がり調節 やや弱
●
トースター・グリル 2∼3分 焼きます。
● 1 回 の 分 量 は レンジ 600W
6∼8分
(下ごしらえ)
P.32 レンジ 発酵
10∼90分
「レンジ加熱の使いかた」
「レンジ発酵の使いかた」
加熱室の大きさがオーブントースターよ
り広いので、時間が多めにかかります。
● 市販のロールパンや菓子パン
(2 ∼4個)
を焼くときは包装を外し、回転台に並べ
●
P.23
ヨーグルト作りのコツ
付属品
●冷蔵または冷凍保存したパンは
仕上がり調節 やや強 または 強 で加
熱します。冷蔵または冷凍保存した
パンは、パンの厚さや種類また大き
さや保存状態によって焼け具合が異
なります。焼き加減を見ながら加熱
してください。
レンジの
保証とアフターサービス
便利な使いかた
★本体内部には高圧配線がしてありますので、ご家庭での修理はおやめください。
切りもち・市販
のパックもち 使用ボタン
加熱方法
付属品
湯せん
使用ボタン
レンジ 600W
40秒∼1分
加熱方法
レンジ 200W
1分30秒∼2分
乾燥
使用ボタン
付属品
P.26
※焼き色はつきません
付属品
レンジ 600W
1∼2分
または
P.26
加熱方法
P.26
レンジ 100W
1分30秒∼2分
湿った塩、かたまった砂糖
材料・作りかた
塩、砂糖(各 100g)はそれぞれ皿
に 広 げ レンジ 600W 1∼2分 ず つ 加
熱すればもとのサラサラ状態になる。
溶かしバター
材料・作りかた
水にくぐらせたもち1切れ(約 50g)
を皿にのせ、割りじょうゆ、または生
じょうゆを少々かけて レンジ 600W
40秒∼1分 加熱する。すぐにのりを
巻く。
材料・作りかた
バ タ ー(40g)を 耐 熱 容 器 に 入 れ
レンジ 200W 1分30秒∼2分 加 熱す
る。トースト用の塗りバターにするとき
は レンジ 100W を使い 1分30秒∼2分
加熱して柔らかくする。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
「レンジ加熱の使いかた」
使用ボタン
P.26
加熱方法
P.26
付属品
レンジ 200W
4∼5分
大福もち
材料・作りかた
水にくぐらせたもち1切れ(約 50g)は
片栗粉を敷いた皿にのせ レンジ 600W
40秒∼1分 加熱する。
ふくらんだもちの上にひとくち大に
丸めたあんをのせて包み込む。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
加熱方法
付属品
レンジ 200W
4∼5分
P.26
煮干しで
カルシウムふりかけ
材料・作りかた
煮干し(100g)は内臓を取って皿に広
げ レンジ 200W 4∼5分 途 中 か き
混ぜながら加熱する。
冷めてからクッキング
カッターかミキサーに
かけ、塩(少々)で味を
つける。
「レンジ加熱の使いかた」
P.26
保証書は必ず「お買い上げ日・販売店名」などの記入を
お確かめのうえ、販売店から受け取っていただき、内容
をよくお読みのあと、大切に保管してください。
なお、保証期間内でも次の場合には原則として有料修理に
させていただきます。
(イ)使用上の誤り、または改造や不当な修理による故障及び損傷。
(ロ)お買い上げ後の取付場所の移動、落下、輸送等による
故障及び損傷。
(ハ)火災、地震、風水害、落雷、その他天災地変、塩害、公害、
ガス害(硫化ガスなど)や異常電圧、指定外の使用電源
(電圧、周波数)による故障及び損傷。
(ニ)一般家庭用以外《例えば業務用等への長時間使用及び車両(車
載用を除く)、船舶への搭載》に使用された場合の故障及び損傷。
●保証期間は、お買い上げの日から 1 年です。
●ただし、マグネトロンについては 2 年です。
補修用性能部品の保有期間
当社はこのオーブンレンジの補修用性能部品を、製造打
ち切り後 8 年保有しています。
補修用性能部品とは、その商品の機能を維持するために
必要な部品です。
修理を依頼されるときは
■保証期間が過ぎているときは
修理して使用できる場合には、ご希望により有料で修理さ
せていただきます。
ご転居されるときは
ご転居によりお買い上げの販売店のアフターサービスを受け
られなくなる場合は、前もって販売店にご相談ください。ご
転居先での日立の家電品取扱店を紹介させていただきます。
●このオーブンレンジは、電源周波数が50Hz・60Hzどちら
の地域でもご使用になれます。
(部品交換の必要はありません。)
●ご転居されたり、移動したりした場合には、販売店ま
たは電気工事店に依頼して、アースの取り付け直しを
行ってからご使用ください。 P.9、
12
ご不明な点や修理に関するご相談は
修理に関するご相談ならびにご不明な点は、お買い上げの
販売店または、
「ご相談窓口」
(下記)にお問い合わせください。
修理料金のしくみ
出張修理
P.40∼42 に従って調べていただき、なお異常のあるとき
は、ご使用を中止し、電源プラグを抜いてから、お買い上
げの販売店にご相談ください。
■連絡していただきたい内容
品
名 日立オーブンレンジ
形
名 ( 銘 板 に 書 い て あ り ま す )
お買い上げ日 年 月 日
故 障 の 状 況 ( で き る だ け 具 体 的 に )
ご
住
所 (付近の目印等も併せてお知らせください)
お
名
前
電 話 番 号
訪問ご希望日
修理料金=技術料+部品代+出張料で構成されています。
診断、部品交換、調整、修理完了時の点検など
の作業にかかる費用です。技術者の人件費、技
技術料 術教育費、測定機器などの設備費、一般管理費
などが含まれます。
部品代
修理に使用した部品代金です。その他修理に付
帯する部材などを含む場合もあります。
製品のある場所へ技術者を派遣する場合の費用で
出張料 す。別途、駐車料金をいただく場合があります。
※銘板は本体右側面にあります。
「ご相談窓口」
(家庭電気製品の表示に関する公正競争規約による表示)
日立家電品についてのご相談や修理はお買上げの販売店へ
なお、転居されたり、贈物でいただいたものの修理などで、ご不明な点は下記窓口にご相談ください。
溶かしチョコレート
※下記窓口の内容は、予告なく変更させていただく場合がございます。
修理に関するご相談はエコーセンターへ
材料・作りかた
チョコレート(50g)を細かく砕い
て耐熱容器に入れ、途中かき混ぜな
が ら レンジ 200W 4∼5分 加 熱 す
る。
「レンジ加熱の使いかた」
TEL 0120−3121−68
FAX 0120−3121−87
(受付時間)9:00∼19:00(月∼土)、9:00∼17:30(日・祝日)
携帯電話、PHSからもご利用できます。
P.26
●
600W で加熱すると、飛び散ったり、
焦げたりすることがあります。
●食品は保存状態や種類によって加熱時間が多少異なります。
様子を見ながら加熱してください。
商品情報やお取り扱いについてのご相談は
お客様相談センターへ
TEL 0120−3121−11
FAX 0120−3121−34
(受付時間)9:00∼17:30(月∼土)、9:00∼17:00(日・祝日)
年末年始は休ませていただきます。
携帯電話、PHSからもご利用できます。
出張修理のご用命はインターネットからも申し込みいただけます。
URL http://kadenfan.hitachi.co.jp/afterservice/toiawase.html
●バターやチョコレート、煮干しは レンジ
修理に際しましては保証書をご提示ください。
保証書の規定に従って、修理させていただきます。
保証とアフターサービス
﹁ ご相談窓口﹂
レンジの
便利な使いかた
いそべ巻き
使用ボタン
■保証期間中は
保証書(別添)
出張修理のWeb受付 ボタンより入力画面にお進みください。
日立家電修理
検索 「お問い合わせ」ページ または、 (注)対象製品をご確認のうえお申込みください。
「持込修理」および「部品購入」については、上記サービス窓口にて各地区のサービスセンターをご紹介させていただきます。
ご相談、ご依頼いただいた内容によっては弊社のグループ会社に個人情報を提供し対応させていただくことがあります。
● 修理をご依頼いただいたお客様へ、
アフターサービスに関するアンケートハガキを送付させていただくことがあります。
●
●
仕 様
電 源
交流100V、50Hz−60Hz共用
電
消 費 電 力
子
レ
高 周 波 出 力
ン
発 振 周 波 数
ジ
1,450W
2,450MHz
ト ー ス タ ー ・ グ リ ル
消費電力1,390W(ヒーター1,370W)
オ ー ブ ン
消費電力1,390W(ヒーター1,370W)
温 度 調 節 範 囲
発酵、100∼210℃、250℃
250℃の運転時間は約5分です。その後は自動的に210℃に切り替わります。
外 形 寸 法
×高さ300mm
幅470×奥行400
(418 ※2 )
加 熱 室 有 効 寸 法
幅295×奥行307×高さ165mm
質 量 (重 量)
約11kg
タ ー ン テ ー ブ ル 直 径
280mm
電
約1.4m
源
コ
ー
ド の 長 さ
950W ※1 、600W、200W相当、100W相当
消費電力量の目安 ※3
B
電子レンジ機能の年間消費電力量
59.5kWh/年
オーブン機能の年間消費電力量
9.0kWh/年
年 間 待 機 時 消 費 電 力 量
0.0kWh/年 ※4
年 間 消 費 電 力 量
型式
区 分 名
68.5kWh/年
このマークは、特定の化学物質(鉛・水銀・カドミウム・六価クロム・PBB(ポリブロモビフェニル)
・PBDE
(ポリブロモジフェニルエーテル))の含有率が基準値以下であることを示しています。
JIS C 0950 : 2008
(規定の除外項目を除く)
詳しい環境情報は、当社のホームページでご覧いただけます。http://www.hitachi-ap.co.jp/company/environment/kankyo/
お客様メモ
購入店名 電話( ) −
ご購入年月日 年 月 日
● 長年ご使用のオーブンレンジの点検を!
愛情点検
● オーブンレンジの補修用性能部品の保有期間は
製造打ち切り後8年です。
● 電源コードや電源プラグが異常に熱くなる。
ご使用の際、
このような
症状はあり
ませんか?
故障や事故防止のため、コン
● ドアに著しいガタや変形がある。
セントから電源プラグを抜い
● スタートボタンを押しても食品が加熱されない。
● 自動的に切れないときがある。
● 焦げくさい臭いがしたり、運転中に異常な音や火花
(スパーク)
が出る。
● 本体に触れるとビリビリと電気を感じることがある。
● その他の異常や故障がある。
ご使用
中 止
て販売店にご連絡ください。
点検・修理についての費用な
ど詳しいことは、販売店にご
相談ください。
このオーブンレンジの製造時期は本体の右側面に表示されています。
1−E0351−1
E4(HP)
MRO−NT5
※1 高周波出力950Wは短時間高出力機能(最大3分間)です。この機能はオート調理のあたためなどの限定したメニューにのみ働きます。
※2( )内は、ハンドルを含む奥行寸法です。
※3 年間消費電力量(kWh/年)は省エネ法・特定機器「電子レンジ」測定方法による数値です。区分名も同法に基づいています。
※3 実際お使いになるときの年間消費電力量は周囲環境、使用回数、使用時間、食品の量によって変化します。
※4 コンセントに電源プラグを差した状態で、表示部が消灯しているときの消費電力は「0」Wです。
(表示部「0」表示時約2W)
後日のために記入しておいて
ください。
サービスを依頼されるとき、
お役に立ちます。
日立オーブンレンジ クッキングガイド〈取扱説明書・料理集〉
この製品は、日本国内家庭用です。電源電圧や電源周波数の異なる海外では使用できま
せん。また、アフターサービスもできません。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement