「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」について

「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」について
医政総発 0 8 l9 第 1 号
薬食安発 08 19 第 1 号
平成 2 6 年 8 月 l9 日
都道府県
各 保健所設置市 衛生主管部 (局) 長 殿
特別区
厚生労働省 医政局総務課長
(
公
印
省
略
)
厚生労働省医薬食品局安全対策課長
(
公
印
省
略
)
電波環境協議会による 「医療機関における携帯電話等の
使用に関する指針」 について
今般、 電波環境協議会 (事務局 : 一般社団法人電波産業会) により別紙の 「医療
機関における携帯電話等の使用に関する指針 } が策 定されま した。 つき ま して は、
貴管下の医療機関及び関係団体等への周知をお願いいたしま す。
なお、 本指針及び電波環境協議会でとりまとめた 「医療機関における携帯電話等
の 使 用 に 関 す る 報 告 書 」 は、 電 波 環 境 協 議 会 ホ ー ム ペ ー ジ
(h ttp :// w w w .e m c o in 魚 ,n e v in 恥 知 魚 2 6 0 8 .h t m l) か ら 入 手 可 能 で あ る こ と を 申 し 添 え ま
す。
QU リノ
26
, 8,
拐ーi 紙
医療機関における携帯電話等の使用に関する指針
一医療機関でのより安心 ・安全な無線通信機器の活用のために一
平成 26 年 8 月 19 日
電波環境協議会
1
指針の目的 ・ 背景
医療機関 (病床数 20 床未満の診療所も含む。 以下同じ。) における携帯電話等の使用
につ いては、 これまで、 医療機器の 電磁的耐性※lに関する薬事法 (昭和 35 年法律第 145
号) に基づく規制、 平成 9 年に不要電波問題対策協議会 (現 ・電波環境協議会 ) から公
表された指針及びマナーの問題等を総合 的に勘案して、各 医療 機関に おいて独自に ル ー
ル が定められ てきた。
一方、この間、携帯電話等の日常生活への浸透、第二世代の携帯電話サー ビスの廃 止、
医療機器の電磁的耐性に関する性能の向上等、関連する状況が大きく変化してきている。
また、 医療機関にお ける携帯電話等の無線通信機器の積極的活用は、 医療の高度化 ・
効 率化や患者 の利便 性 ・生活の 質 ( Q O L ) の向 上 に大きな効果 が 見込まれるため、 今
後、 安全を確保しつつその 推進 を図ること が、 非常に重要である。
本指針は、 上記状況に鑑み、 医療機関でのより安心 ・安全な携帯電話等の無線通信機
器の活用のために、 有識者、 医療関係団体、 携帯電話各社や関係省庁等による検討を行
い作成 したものである。 今後、 各医療機関に おいて、 本 指針を参考に、 携帯電話等の使
用 に関する合理的なルール が定 められること が期待される。
なお、本指針の公表に ともない、平成 9 年に不要電波問題対策協議会から公表 した 「医
用 電気機器への電波の影響を防止するための携帯電話端末等の 使用に関する指針 」 ※2
は廃止する。
※ 1…付近の電気機器等 からの電 磁波な どによ っ て自身の動作が阻 害され ない能力。
※ 2 … h t t p :/ / M w e m C C - m f o . n e t / o t h e r s / k e 1 t a L h t m 1
2 . 指針の対象
本指針は、 新たな規制等を導入するものではない。 個々の医療機関において、 本指針
を参照して、 各機関の状況等も総合考慮しながら、 携帯電話等の適切な使用ルールの設
定がなされることを期待するものである。
本指針の記述内容は、 医療機関を対象にしているが、 背景事実や考え方を共有するた
め、 患者、 面会者、 医療従事者、 関係業者等にも幅広く 認知されるこ とが望ま しい。
なお、 在宅医療で使用される医用電気機器※3への電波の影響について は、 影響発生時
の医療従事者の関与の課題や多様な電波環境等を考慮しつつ引き続き検討することが
必要である。 その ため本指針の 直接の対象とはしていないが、 医療機関で使用されるも
のと同種の医用 電気機器への影響の防止等について、 本指針及 び 「医療機関における携
帯電話等の使用に関する報告書 く平成 26 年 8 月 19 日)J (以下、 「報告書 」 という。) の
情報を参考と しつつ、 影響の防止に取り組まれることが期待さ れる。 医療機関外でも使
用さ れるペースメ ーカ等の植込み型医療機器への電波の影響の 防止に ついては、総務省
の 「各種電波利用機器の電波が植込み型医療機器へ及ぼす影響を防止するための指針 」
l
※ を参 照 す る こ と
。
※3…医療機器のうち、 電気で駆動 し、 電気回路 かセ ンサの どちらかも し G は両方を有するもの
※ 4 … h t t p :/ / W ㈱ . t e l e ・ SO U m u ・ g o ・ j pノj / S y s / e l e / m e d主C a y c h 1 S れ n d e x , h t m
3 . 医療機関利用者向けの 携帯電話端末使用ルールの設定
近年、 携帯電話端末 (スマー トフオ ン及び携 帯電話 内蔵のタ ブ レッ ト端末を含む。 以
下同 じ。) は、 ますます生活に不可欠なものとな っ て おり、 患者の利便性 ・ 生活の質の
向上のためには、 医療機関に おいても患者や面会者 等 (以下 「利用者 」 という。) の携
帯電話端末の使用は、 可能な限 り認められること が望ま しい。 一方で、 医用電 気機器に
は一定の電磁的耐性が義務付けられているものの、携帯電話端末がごく近接して使用さ
れた場合には動作への影響を受けるおそれ が あり、 また、 通話時の音声、 着信音、 操作
音、 テ レ ビ視聴音等 (以下、 「通話等 」 という。) に関 する マナーの問題も懸 念される。
その ため、 医療機関における携帯電話端末の使用に際 しては、 一定の 使用制限を設ける
な ど、 使用に関 して適切なルール が定め られる必 要 がある。 本章では、 特に利用者向 け
の携帯電話端末の使用ルールの設定に ついて、一般的な注意事項及び使用ルール設定の
考え方を示す。
なお、 医療機関によ って医用 電気機器の種類、 施設等の状況 が 異なるため、 具体的な
ル ールは、 各医療機関において、 本指針を参 考 に、 各機関個別の状況等も総合考慮 しな
がら適切に設定する こと。
( 1 ) 一般的な注意事項
各医療機関でルールを設定 するに当たり、 注意す べ き主な事 項は下記のとおり。
① 離隔距離の設定
携帯電話端末からの電波は、 端末からの距離 が遠くなるにつ れて 減衰することから、
一定の離隔距離を確保すれば、医用電気機器への影 響は防止す ることができると考え
られる。 一方、 医用電気機 器に密着 して使用 した場合 は大きな影響が発生する おそ れ
があるため、医用電気機器の上に携帯電話端末を置くことは禁止することが必要であ
る。 離隔距離に つ いては、 医用電気機器の電磁両 立性に関する国際規格※5で用いられ
て いる推奨分離距離※6等を参考にして、影響 が懸念される 医用電気機器※7から 1 m 程
度※8 離すことを目安とすること ができ る※9。 ただ し、 各医療機関において独自に行 っ
た試験の結果や医用電気機器の取扱説明書からの情報等※loをもとに安全性を確認し
てい る場合は、 1 m 程度よりも短い離隔距 離を設定すること が できる。
なお、 医用電気機器を使用 している患者 (体外式 ペ ースメーカ使用者等) が付近に
いる場合、 同様に医用電気機器からの離隔距離を設定すること が必要である。
※ 5 … IEc 6 06 0 r l- 2。 これに基 づき、 国内規 格 J IS T 060 1‐1‐2 が 作 成 さ れ て い る。 IEC
6060 1‐1‐2 の 200 1 年版 (第 2 版 )、 2004 年版 (第 2江 版 )、 2007 年版 (第 3 版) は J IS
T 060 1‐1‐2 :20 12 (第 2 版 ) とほぼ等 しい ものと して扱 える。 同様に IEC 6 0 6 0 1‐1‐2 の
1993 年版 (第 1 版 ) Iま、 J IS T 060 r l‐2 :2002 (第 1 版 ) とほば等 しいもの と して扱 え
る。 更に輸入品の場合には、 EN (欧州規 格) 等を採用 している 場合がある。 国内で医
用 電気機器を製造、 販売するに当 たっ て は、 薬事法によりこれ らの規格への適合が求
2
め られて いる。
※ 6 … J IS T 060 1‐1‐2 :2o l2 では 「推奨分離 距離 」 と いう表現がなされているが、 本 指 針で
は、 不要電波問題対策協議会の指針や総務省の 『各種電波利用機器の電波が植込み型
医療機器 へ及 ぼす 影響を防 止するための指針 」 と 同 じ 「離隔距離 」 という表 現を用 い
て い る。
※7…特に影響が懸念される医用電気機器は、 汎用 輸 液 ポ ン プ、 注射筒輸液 ポ ン プ、 血液浄
化装置、 体外 式 ペースメ ーカ、 人工呼吸器、 補助 循環用 バルーンポ ン プ駆動装 置、 経
皮式心肺駆動装置、 補助人工心蹴駆動装置、 閉鎖循環式定置型保育器 等。
※8…本指針における離隔距離の目安は、 今回の実験調査の結果及び医用電気機器の電磁両
立性 に関 する規格 (J IS T 0601‐1-2 :20l2) 等 を考慮 して設定 した。 具体的には、 現行
の携 帯 電話の無 線アクセ ス方 式では最大の出力電力 250 m w を規格 上 の推奨分離距 離
算出 式 に当 てはめると、 推奨分離距離は L l5 m
(相対利 得 o d B で計算 ) になる が、
①実際の携 帯電話端末 では相 対利得が - 2 d B 程度であることを考慮すると推奨分離
距 離 が 0 . 9 2 m と なること、 ②今回の実験調査 (影 響が懸念される医用 電気機器に対す
る限 定的 な実験 調査で網羅 的 ではない ) において、 診療行為へ影響を与える事象 (異
音や 表示の ぶ れ 等の事象 を除 いたもの) の最 大距 離 は 18 c m であっ たこと、 ③利用 者
にと っ て 理 解 しやすい距離とす べきであること か ら、 離隔距離の目安 を 1 m 程度と し
た。 なお、 医療機 関内の 古い医用電気機器 (現行の携帯電話で使用されて いる全ての
周 波数 では試験評価をされ ていない J IS T 060 1- 1‐2 :2002 (第 l 版 ) 適合 製品や、 J I
S 規格が存 在 しない更に古い時期の製品) は、 念の ため注意が必要である。 より 詳細
な測定結果や離隔距離の考え方について は、 報告書を参照すること。
※9…この距離での診療目的が 達成できないよ う な影 響の発生 はこれまで確認され た こ と
がないが、 ス ピーカー の異音、 表示装置 への影 響等、 診療目的は維持されるが擾乱状
態となる事象は発 生する場合があり得ることには注意 が 必要で ある。
※ lo…報 告書中、 2 ,2 4 . 「参 考 : 推 奨分離距離 (離隔 距離) の記載例 」 及 び 2 .2 .3. 脚注 =
を参照。
②マナーの観点
共用空間での携帯電話端末による通話等は、他の患者の静養を妨げるおそれがある
ため、各医療機関においてマナーの観点 を考慮 した使 用制限を設けること が適切であ
る。 具体的なルールの内容は、 各医療機関の状況 を勘 案して、 それぞれ検 討 設 定す
るこ と。
③個人情報、 医療情報の保護
携帯電話端末には録音、 カメラ機能を備えるものが多いが、 個人情報の保護、 医療
情報漏えいの防止の 観点から 医療機関でのそれ らの機能の使用は、 原則として控え
られること が適切 である。 そのため、 必要に応 じて、 各 医療機関の状況を勘案 したル
ールをそれ ぞれ検討 ・ 設定すること。
④ E M C ※ = に関する体制の充実
医療機関に おいて は、 良好な E M C 環 境の実現に関する担当者を設置すること が望
ましい。 E M C 担当者は、 医療 機 関の E M C に関する管理体制の充実を図り つつ、 他
8
の関係部署と協力して携帯電話端末の使用 に関するルールを策定する等の役割を担
う。 具体的な取組について は、 「 7 . 医療機関の管理体制 の充 実 」 の項目を参照 した
上 で、 各医療機関の状況を勘案 して推 進する。
※ = … E 1e c t ro M a g n e t ic
t lb illt y ;電磁的耐性及び、 自 らが発 出する電磁波な けこよ
c om puも
る周囲の電気機器 への影響 (電磁障害) を防止すること。 電磁 両 立性。
( 2 ) エリア ごと の使用ルールの設 定
医療機関に おいては、 エリ ア によ っ て、 使用される医用電気機器の種類、 携帯電話端
末使用に対するニー ズ、他者への配慮の必要性等の状況が大きく 異なると考えられるた
め、 各医療機関におけるルールは、 エリア ごとに設定する必要 がある。 また、 携帯電話
端末が使用可能なエリアにおいては、 使用する際の条件 (離隔距 離、 使用 の際の留意事
項等 ) について もあわせ て設 定すること が必要である。 上 記を 踏まえ、 各医療機関でル .
ールを検討 ・策定する際の参考と して、 エリア ごと のルールを設定する際の 考え方を下
記に示す。
① 待 合 室、 ロ ビ ー、 食 堂、 廊 下、 エ レ ベ ータ ー ホ ー ル
等
通常は医用電気機 器 が存在 しないエリアで あるため、 マナー に は配慮 しつ つ、 通話
等を含めて使用可能とすること が でき る。 ただし、 医用電気機器 を使用 している患者
がいる場合、 医用電気機器から設定さ れた離隔距離以上離すこと。 また、 使用が制限
されるエリアに隣接 している場合は、 必要に応 じて使用制限 を設定すること。 なお、
歩きながらの使用 (いわゆる歩きスマホ) は危険であるため、 控えるよう注意喚起を
す る こと。
②病室
このエリアで通常使用されて いる医用 電気機器は限定されて おり、携帯電話端末の
使用による医用電 気機器へ の影響の 程度 は比較的少ないと考え られる。 よ っ て、 この
エリアは携帯電話端末を使用可能とすることができる。 ただし、 影響が懸念される機
器が存在する場合もあるため‘医用電気機器からは設定された離隔距離以上離すこと。
また、 医用電気機器を使用している患者がいる場合も、 医用電気機器から設定された
離隔距離以上離す こと。
多人数病室の場合は、 通話等は、 病室内の他の患者の静養が妨げられる可能性があ
るため、 制限を設ける等の配慮 がなされることが望ましい。 なお、 メ ール ・ W E B 閲
覧等の音が外部に出ない使用は他の患者の静養を妨げる可能性は低いと思われるが、
必要に応じ、 夜間の使用を禁止するな どの制限を設定する こ と。
③診察室
診察の妨げや他の患者の迷惑にならないよう、携帯電話端末の使用は控える等の配
慮がなされること が望ま しい。 ただ し、 このエリアで使用されている医用電気機器の
多くは診断用装置であり、 万 が一ノイ ズ等が発 生して も、 診療行為に与える影響は限
定的であると考えられる。 また、 診察室は医療従事者の管理下に あることから、 仮に
機器に影響が発生したとしても、 医療従事者が影響を認知し、 携帯電話端末を医用電
気機器から遠 ざける等により対処することが可能であると考えられる。 よ っ て、 この
4
エリ アは携帯電話端 末の電源を切る必要はない。 ただ し、 このとき、 医用電気機器を
使用 している患者がいる場合 は、 医用電気機器から設 定された離隔距離 以上離すこと。
④手術室、 集中治療室 ( ICU 等)、 検査室、 治療室 等
このエリアで使用されている医用電気機器には、 生命維持管理 装置 など、 万 が一 影
響 が 発生した場合のリスク が非常 に大 きいものが多く あることから、携帯電話端末の
使用は原則と して禁止す べ きである。 また、 携帯電話端末は待ち受けの状態でも電波
を発することがあるため、 必ず電源を切る (または電波を発射 しないモー ドとする )
こ と。
⑤携帯電話コーナー、 携帯電話専用室 等
医療機関に携帯電話端末を使用できる場所が少ない場合は、 利用者の利便性 ・生活
の質の向上のために、適切な場所に携帯電話使用コ ーナーが設けられることが望まし
い。 このエリアでは、 通話等を含めて使用可能とすること。
【参考事例 : エリア ごとの携帯電話端末使用ルール設定】
場所
通話等
メール
・医用電気機器からは設定された離隔距離以上
(1)食堂 ・ 待
合室 ・ 廊 下 ・
エ レベータ
エ リアことの留意事項
・ W eb 等
離すこと
O
O
・ 使用 が制限されるエリアに隣接する場合は、
必要に応じ、 使用 が制 限される
・ 歩きながらの使用 は危険であり、 控えること
一ホール等
・医用電気機器からは設定された離隔距離以上
(2)病室等
△ ※I2
O
離すこと
・ 多人数病室では、 通話等を制限するな どのマ
ナーの観点からの配慮が必要
△
(3)診察室
×
(電源を
・ 電源を切る必要はない (ただし、 医用電気機
器からは設定された離隔距離以上離すこと)
切る必要
・ 診察の妨げ、 他の患者の迷惑にならないよう、
はない)
使用を控えるなどの配慮が必要
(4)手 術室、
集 中 治療 室
( I C U
×
×
・ 使用 しないだけでなく、 電源を切る (または
電波を発射しないモ ー ドとす る) こと
等)、 検査室、
治療室等
(5)携帯電話
使用コーナ
O
O
一等
※12…マナーの観点から配慮す べ き事項は、 一 律に決められる べ きものではないため、 上 記はあ
く ま でも参考事例と して、 具体的には各医療機関で判断されることが重要である。
5
4 . 医療従事者向 けの携帯電話端末使 用 ルールの設定
医療機関における携帯電話端末の使用ルールを設定する際には、医療従事者向けの使
用ルールもあわせて設定することが必 要で ある。
医療業務用の携帯電話端末の使用について は、医療業務の迅速かつ最適な遂行に資す
るもの であるため、医用電気機器への影響の 防止に関する教育が十分になされること を
前提と して、 通 話等を含めて原則として使 用可能とすること ができる。 ただ し、 手術室
など、影響のリスクの非常に大きい医用電気機器 の存在するエリアにおける使用 につ い
て は、 各 医療機関において、 独自に試験を行 っ た場合はその試験結果、 ある いは医用 電
気機器 の取扱説明書からの情報等をもとに、当該エリアにおける医用電気機器へ影響 を
及 ぼさな いことを確認する こと。 また、 医療業務用に出力電力の低いシステム (医療用
P H S 等 ) を導入することも有効な方策 で ある。
なお、 医療業務用の携帯電話端末を使用する場合は、 専用のストラップを装着するな
どにより、 利用者がルールを混同すること を防 ぐための対策を施すことが必要で ある。
医療従事者の私用携帯電話端末の使用については、医療従事者と利用者が双方存在す
るエリ アで は、 原則と して利用者と同じルールを適用することが適切 で あり、 医療従事
者 の み が 立 ち 入 り 可 能 な エ リ ア (ナ ー ス ス テ ー シ ョ ン、 ス タ ッ フ 室 (控 室、 医 局 等 )、
事務室等 ) では、 基本的には電波の影響 が 懸念される医用電気機器、 マナーについて 考
慮すべき利用者が存在しないと考えられるため、携帯電話端末を使用可能とすることが
で き る。
5 . 医療機関での携帯電話端末の使用ルールの周知
携帯電話端末 の使用ルール が遵守されるためには、 その内容を利用者、 医療 従事 者、
関係業者等に十分周知することが必要である。 利用者に対 しては、 患者 の入院 時等に口
頭及 び 配布物等により丁寧に説明を行うとともに、医療機関内各エリアの目に つ きやす
い場所に使用 ルールの内容について分かり やす い掲示をすること。 掲示には、 通話等に
ついての使用 ルールとそれ以外のメール ・ W E B 閲覧等の使用 ルールの区別 をそれぞれ
分かりやすく 表示すること (別紙参考例参照。)。
なお、 医療従事 者や関係業者については、 率先 してルールを遵守することが求められ
るため、 文書の配 布や注意喚起等により、 特に周知徹底を図ること。
6 . 携帯電話端末以外の無線通信機器の使用
近年の I C T 技術の発展、 医療 I C T 化の進展により、 医療用システムと しての無線
通信機器の使用が急速に普及しており、今後も使用機会は増加していくことが想定され
る。 こ れらの使 用についての考え方は、 下記の とおりとする。 (※無線通信機器を活用
した医療 I C T 化の先進事例の詳細について は、 報告書を参照すること。)
(1 ) P H S
・出力電力を抑えて医療従事者向けに製造された医療用 P H S 端末は 実際に多くの医
、
療機関において既に導入されている。 これらに ついて は、 原則として医療機関において
使用が可能と 考え られるが、手術室、集中治療室 ( I C U 等 ) 等 で の使 用 に 当 た っ て は、
各医療機関において独自に試験を行 った場合 はその試験結果、あるいは医用電気機器の
6
取扱説明書からの情報等をもとに、当該エリアにおける医用電気機器へ影響を及 ぼさな
いことを確認すること。 また、 端末を医用電気機器の上に置く ことは禁止するこ と。
( 2 ) 無線 L A N
一般に使 用されている無線 L A N 機器は携帯電話端末よりも出力電力 が低 いため、医
用電気機器に影響を及 ぼす 可能性 が小さいと考えられる。 そのため、 原則と して医療機
関において使用が可能と考え られ、実際に多くの医療機関において既に導入されている。
ただし、 手術室、 集中治療室 ( I C U 等) 等での使用に当た っ ては、 各医療機関におい
て独自に試験を行った場合はその試験結果、あるいは医用電気機器の取扱説明書からの
情報等をもとに、当該エリアにおける医用電気機器へ影響を及 ぼさな いことを確認する
こと。 また、 無線 L A N 機器 を医用電気機器の上に置く ことは禁止すること。
ま た、 無 線 L A N を 搭 載 す る ス マ ー トフ オ ン、 タ ブ レ ッ ト、 ゲ ー ム 機 やモ バ イ ル ル ー .
タ 等が急速に普及 しているが、利用者 がこれらの無線 L A N 機器を医療機関で使用 した
場合、 医療機関で使用 して いる無線 L A N に混信等の障害 が発生するおそれ がある。
そのため、 無線 L A N を導入 している医療機関においては、 来訪者 が持ち込んだ無線
L A N 機器の使用の制限や、医療機関で用意 した一般来訪者用 L A N の使用推奨などの
対策を講じる必要がある。特に無線 L A N と携帯電話の両方の機能を搭載するスマー ト
フ オ ン等の機器の利用者への 注意が必要 であ る。
なお、 無線 L A N の導入に当た っては、 日本の無線設備の技術 基準に適応 しているこ
とを技術基準適合証明等のマーク ( @ ) により 確認する こと が必要である。
( 3 ) フ ェ ム トセ ル※1 3 の 設 置
フェ ム トセ ル 基地局 の設置等 は、 医療機関内の電波状況 が悪い場合に、 屋内に通信 が
できるエリア を広 げること が期 待できる。 また、 フ ェ ム トセル基地局の周辺では、 特定
の条件のもとで、この基地局 にアクセスする携帯電話端末の送信電力 が遠 方の基地局に
アクセス した場合に比 べ て小さく なる。 この場合、 携帯電話端末からの電波 が周辺医用
電気機器に与える電磁干渉を小さく抑えることができる。 ただし、電波環境の改善効果
は限定的であると考えられること、緻密にエリアを構成しなければ上記の効果が期待で
きない場合があることから、本指針に即した具体的な設置については専門業者等に相談
すること 。
※ l3…低出力で狭いエ リ アをカ バー する小 型基地局。
(4 ) その他
医療機器の識別 ・ 管理等の用途で R F I D 、 Z ig B ee、 B lu et oo th 等 の 普 及 が 進 み つ つ
ある。 これらの導入に当た っ て は、 各医療機関において独自に試験を行 っ た場合はその
試験結果、 あるいは医用電気機器の取扱説明書からの情報等をもとに、 医用電気機器へ
の影響について確認を行うこと。 特に、 R F I D は、 読み取り機 (リーダ) 等から強い
電磁波 が発出される場合 があ るので、導入に当た っ て は慎重に影響 の確認を行うこと が
必要である。
7
7 . 医療機関の管理体制の充実
本指針を参考に携帯電話端末等に関するル ールを設定することで、医療機関における
無線通信機器を適切に管理運用することが可能であると考えられるが、今後の医療 I C
T のより一層の発展に 向けて、 より安全 ・ 安心に無線通 信機器 を活用可能とするため、
今後、 各医療機関においては、 本指針を参 考にして、 E M C 環境の 管理に ついて留意す
ることが必要である。 特に、 生命維持管理装置などの高度医療機器を多数使用する特定
機能病院においては、 医療先進国の取組※= も参考と しつつ、 以下について積極的に取
り組まれることが期待される。
※ 14 … 一 例 と し て、 米 国 の F DA 等 の 発 行 す る R ec om m en da t 1o ns fo r E&1C/ E hlI i n H e a 1 t IIc a r e
Fac ill t 1es (20 lo)等 が挙 げられる。 詳 細 に ついては報告書を 参照すること。
( 1 ) E M C 管理者の配置
医療機関の E M C について継続的に取り組む担当者 (E M C 管理者) が配置されるこ
とが望ま しい。 E M C 管理者には、 臨床工 学技士、 医療機器安 全管理責任者等が 兼任す
ることが考えられ、 臨床 M E 専門認定士な ど、 E M C に関する知 識を有する者の配置 が
望 ま し い。
( 2 ) E M C 管理者に期待される取組 の事 例
E M C 管 理 者 は、 I C T の活用と電波の医用 電気機器への影響の防止を両立するため
に、 関係部署と調整 ・連携 しつつ、 下記に 例示した事項等について中心的な役割を担 っ
て推進していくことが望ま しい。
①医療機関で使用される無線通信機器 ・ 医用電気機器の E M C 評価
医療機関で使用される無線通信機器について、各医療機関で管理している無線通信
端末、 管理できない端末 (携帯電話端末等の外部から持ち込まれる端末) を特定し、
それらの使用者を整理する。 また、 医療 機関において、 特に E M C の観点から重点 的
な管理が必要な医用電気機器が使用されているエリアを把握 し、安全確保のための使
用ルールの検討等を行う。
万 が一、 医用電気機器に電波が原因と して疑われる影響が発生した場合には、 当該
医用電気機器のメー カと協働 し、その周 辺では携帯電話等の使用ルールを厳 しくする
等の暫定的措置を講じた上で、 原因を特 定するため、 状況を記録 ・ 分析する。
②電波環境の評価 ・改善
一般的に、電波状況が良好であるほど携帯電話端末からの電波の出力電力は低減す
るため、 電波状況の 改善は、 E M C 環境の改善のために有効な手段であると 考えられ
る。 そのため、 医療機関 で電 波状況が良好でない場所を特定し、 必要に応 じて対策を
行う。 本指針に即 した電波状況 の改善の ための手段としては、 敷地内基地局や屋内リ
ピータ ーの設置等が考えられるが、 具体 的には専門業者等 に相談する こと。
③携帯電話使用に関する利用者向けルール、 医療従事者向けルールの策定
本指針を参考に、 関係部署の担当者から構成される E M C に関する検討体制 (E M
C 委員会等 ) を設置し、 各医療機関の個別の状況も総合的に勘案した上 で、 利用者向
けルール及び医療従事者向けルールを設 定する。 また、 継続的に情報共有を行い、 必
8
要に応 じて随時見直 しを実施する。
④良好な E M C 環境を構築するための医用電気機器及び無線通信機器の調達 ・導入 ・
運用 ・管理の体制構築
良好な E M C 環境を構築するために、 E M C 管理者を中心に、 医用電気機器 ・無線
通信機器の取り扱いに関する管理規定を策定する。 その際、 E M C 管理者、 無線通信
機器の調達 ・管理担当者及び医用電気機器の調達 ・管理担当者の間で十分な連絡 ・調
整体制を構築する。
特に、 新規に医用電気機器や無線通信機器を導入する際は、 医療機関の E M C 環境
の維持 ・向上のため、 医用電気機器メーカ等から十分情報を 入手し、 必要な場合は試
験を実施することにより、 必要な離隔距離を見積もる。 また、 近年、 無線通信機器を
内蔵 した医療機器の普及が進んでいるため、 これらの新規導入に際しては、 特に関係
する部署と調整を行う。
@ )利用者に対する周知、 医療従事者に対する教育
携帯電話端末使用 ルールにつ いて、 掲 示 物、 配布資料、 院内マ ッ プ等により周知 を
行う。 また、
、E M C に関 して必要な知識について、 医療従事者に対して教育を行う。
⑥最新の技術情報の継続的収集
E M C 管理者は、 無線通信機器や 医用電気機器の電磁的耐性等について、 機器メ ー
カ や関係省庁等からの最新の 情報を継続的に収集 し、 それらに基 づき、 随時取組 の改
善を図る。
8 医用電気機器メーカに期待される事項
医 用 電 気 機 器 の E M C に つ い て は、 J lS T 0601‐1‐2 において、 取扱説明書に注意す
べ き点等 について説明すること、 第 2 版の J IS T 0 60 1‐1‐2 :20 12 で は、 更 に 技 術 的 説 明
文書に推奨分離距離を含めた説明を記載することとされている。
今後、 医療 I C T の普及に伴い、 医療機関における安心 ・安全を引き続き確保するた
めに、 医療機関における E M C 環境改善の必要性が高まること が予想され、 これまで以
上に医療機関の E M C 管理者に必要な情報が十分に伝達されることが求められる。
そのため、 医用電 気機 器メーカ は、 上 記の規格及 び本指 針の趣旨 を踏まえ、 携帯電話
端末との離隔距離のデータ 等、 医用電気機器の E M C に関する情報について、 医療機関
の E M C 管理者の判断に資する情報をこれま で以上 に分かりやすいかたちで提供する
ための取組を推進することが期待される。特に、 携帯電話を近接した場合や古い機種の
場合におけるリスク情報 ・注意喚起等を分かりやすい表現で提供すること、 その情報に
関し医療機関から問い合わせを受けた場合には可能な限り速やかに対処すること及び、
納入した医用電気機器について医療機関から電磁波が原因と疑われる影響発生の連絡
を受けた場合には医療機関等と協働し、原因究明等に取り組むことが期待される。また、
必要に応じて携帯電話事業者の協力を得ることを検討する。
将来的には、 電磁的耐性 が 更に向上 した医用電気機器の開発 が必 要であることから、
医用電気機器メーカは今後、 積極的に取り組むべ き である。
9
9 . 携帯電話事業者※膝に期待される事項
携帯電話事業者は、 本指針を踏まえ、 医療機関における携帯電話端末の使用上の注意
に ついて、ホーム ページや取扱説明書の記載等により利用者への周 知を積極的に行うこ
とが期待される。 また、 医療機関から電波が原因と疑われる影響発生の連絡を受けた場
合には、 医療機器メーカ等と協働して原因究明等に取り組むことが期待される。
※ 15…ここでいう携帯電話事業者とは、 携 帯電話端末の販売、 製造、 通信ネ ッ トワーク 運
営 に関わる事業者をいう。
10
別紙 : 医療機関での掲示の一例
使用可能エリア
・医用電気 機器 からは 1 m 以上
離してください。
・通 話もメー ル ・ W e b 等も可 能です。
通話禁止エリア
・医用電 気機器 からは 1 m 以上
遇話禁止
メ…ル ・ W e b等可
離してください。
・メー ル ・ W e b 等 は可 能です が
通話 はご遠 慮ください。
※上記掲示図はあくまで想定される掲 示の 例であり、.各医療機関にお いてこれを参考に、
ルールを分かりやすく表示する適切な掲示 がなされることが望ま しい。
11
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement