PC520M

PC520M
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 1
D-1034-141
PC520M(和)
PC520M
DIGITAL MULTIMETER
取扱説明書
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 2
D-1034-141
PC520M(和)
目 次
【1】 安全に関する項目 ※はじめに必ずお読みください。
1−1 警告マークなどの記号説明 ………………………………001
1−2 安全使用のための警告文 …………………………………001
1−3 最大過負荷保護入力値 ……………………………………002
【2】用途と特長
2−1 用 途 ………………………………………………………003
2−2 特 長 ………………………………………………………003
【3】各部の名称
3−1 本体・テストリード ………………………………………004
3−2 表示器 ………………………………………………………005
【4】機能説明
4−1 ファンクションスイッチ …………………………………006
4−2 オートパワーオフ …………………………………………006
4−3 電池消耗警告表示 …………………………………………006
4−4 測定機能選択 ………………………………………………007
4−5 レンジホールド ……………………………………………007
4−6 データホールド ……………………………………………007
4−7 自動抵抗値校正機能 ………………………………………007
4−8 ブザー音解除機能 …………………………………………008
4−9 データ通信機能 ……………………………………………008
4−10 データロギング機能 ………………………………………008
4−11 用 語 ………………………………………………………012
【5】測定方法
5−1 始業点検 ……………………………………………………014
5−2 電圧(V/mV)
測定 …………………………………………015
5−3 周波数
(Hz)測定 ……………………………………………016
5−4 温度(熱電対)
測定 …………………………………………018
5−5 容量( )
測定/ダイオード( )テスト/抵抗
(Ω)測定/
導通( )
チェック …………………………………………019
5−6 電流(A/mA/μA)
測定 ……………………………………023
5−7 別売品による測定 …………………………………………026
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 3
D-1034-141
PC520M(和)
【6】保守管理について
6−1 保守点検 ……………………………………………………030
6−2 校 正 ………………………………………………………030
6−3 内蔵電池および内蔵ヒューズ交換 ………………………030
6−4 保管について ………………………………………………031
【7】アフターサービス
7−1 保証期間について …………………………………………032
7−2 修理について ………………………………………………032
7−3 お問い合わせ ………………………………………………033
【8】仕 様
8−1 一般仕様 ……………………………………………………034
8−2 測定範囲および確度 ………………………………………035
保証書は最終ページにあります。
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 1
D-1034-141
PC520M(和)
【1】 安全に関する項目
※はじめに必ずお読みください。
このたびはデジタル・マルチメータPC520M型をお買い上げいた
だき、誠にありがとうございます。ご使用前にはこの取扱説明書を
よくお読みいただき、正しく安全にご使用ください。そして常にご
覧いただけるように製品と一緒にして大切に保管してください。
本文中の“ 警告”の記載事項は、やけどや感電などの事故防
止のため、必ずお守りください。
1-1 警告マークなどの記号説明
本器および『取扱説明書』に使用されている記号と意味について
:安全に使用するための特に重要な事項を示します。
・警告文はやけどや感電などの人身事故を防止するためのものです。
・注意文は本器を壊すおそれのあるお取扱についての注意文です。
:高電圧が印可されることがあり危険なため触らないでください。
:グランド
:ダイオード
:ヒューズ
:ブザー
:直流(DC)
:コンデンサ
∼:交流(AC)
Hz :周波数
Ω:抵抗
:二重絶縁または強化絶縁
Temp : 温度
1-2 安全使用のための警告文
警 告
以下の項目は、やけどや感電などの人身事故を防止するため
のものです。本器をご使用する際には必ずお守りください。
1. 6kVAを超える電力ラインでは使用しないこと。
2. AC33Vrms(46.7Vpeak)またはDC70V以上の電圧は人体に危険
なため注意すること。
3. 最大定格入力値
(1-3参照)
を超える信号は入力しないこと。
4. 最大過負荷入力値を超えるおそれがあるため、誘起電圧、サー
ジ電圧の発生する
(モータ等)
ラインの測定はしないこと。
5. 本体またはテストリードが傷んでいたり、壊れていたりして
いる場合は使用しないこと。
− 1 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 2
D-1034-141
PC520M(和)
06. ケースまたは電池ふたを外した状態では使用しないこと。
07. ヒューズは必ず指定定格および仕様のものを使用すること。
ヒューズの代用品を用いたり、短絡したりすることは絶対
にしないこと。
08. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
09. テストリードは最初に接地側(テストリードの黒)を接続し、
はなす場合は最後に接地側をはなすこと。
10. 測定中は他のファンクションまたは他のレンジに切り換え
たり、プラグを他の端子へ差し換えたりしないこと。
11. 測定ごとのレンジおよびファンクション確認を確実に行うこと。
12. 本器または手が水等でぬれた状態での使用はしないこと。
13. 強力な電磁波を発生するもの、帯電しているものの近くで
は使用しないこと。
14. テストリードは指定タイプのものを使用すること。
15. 電池交換およびヒューズ交換を除く修理・改造は行わない
こと。
16. 年 1 回以上の点検は必ず行うこと。
17. 屋内で使用すること。
1-3 最大過負荷保護入力値
ファンクション 入力端子 最大定格入力値
mV
mV・V・ DC・AC 500mV
V
Ω・ ・ DC・AC 1000V
・ ・
Ω・ ・
電圧・電流
Temp・
入力禁止
●・Temp
Hz
・
最大波高値:
Hz
COM
300V
μA・mA
A
μA・mA
・
DC・AC 500mA
COM
A
・
COM
DC・AC 10A
*10A測定は連続測定可能。
− 2 −
*
最大過負荷保護入力値
600VDC/AC rms
1050V rms, 1450Vpeak
600VDC/AC rms
600VDC/AC rms
0.63A/500V Fuse
遮断電流 200kA
12.5A/500V Fuse
遮断電流 20kA
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 3
D-1034-141
PC520M(和)
【2】用途と特長
2-1 用 途
本器は弱電回路の測定用に設計された、携帯用デジタル・マル
チ・メータです。小型通信機器や家電製品、電灯線電圧や各種電池
の測定などはもちろん、付加機能を使って回路分析などに威力を発
揮します。
2-2 特 長
●IEC61010に準拠した安全設計
●本体ケースおよび回路基板には難燃材を使用
●電流ファンクションにはヒューズによる保護
●ホルスタで本体を保護
●見やすい大きな数字を使用した表示部
●速い応答速度
(数字部 5 回/秒、バーグラフ 60回/秒)
●周波数( 5 つの感度選択可能)
、幅広い容量測定
●0.01Ω/0.01 mV AC/DCの分解能
●RS-232Cインターフェイス付き
●AC True RMS
●43,000件のデータが保存できる内蔵メモリー
●温度
(熱電対)
測定機能:−50℃∼1000℃
− 3 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 4
D-1034-141
PC520M(和)
【3】各部の名称
液晶表示器
逆送りボタン
順送りボタン
コール・スタート・
ポーズ・ストップ
ボタン
メモリーインター
バルボタン
データホールド
ボタン
セレクトボタン
レンジホールド
ボタン
周波数
切り換えボタン
電源スイッチ兼
ファンクション
スイッチ
ホルスタ
V・mV・Hz・●
●・TEMP・ ・Ω
測定端子
A測定端子
μA・mA測定端子
テストピン
共通入力端子
テストプローブ
(赤)
つば
テストプローブ
(黒)
テストリード
(TL-82)
− 4 −
プラグ
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 5
D-1034-141
PC520M(和)
3-2 表示器
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑨
⑩
⑪
⑫
⑧
① 数値部
② オートレンジ動作機能表示
③ H :データホールド機能動作表示
C :キャプチャー機能動作表示
④ :直流測定動作表示
∼:交流測定動作表示
⑤ 数値データのマイナス極性表示
⑥ ダイオードテスト動作表示
⑦ 電池消耗警告表示
⑧ アナログバーグラフ
⑨ MAX:最大値表示
MIN :最小値表示
⑩ 導通チェック動作表示
⑪ 測定値単位表示
⑫ 周波数測定レンジ表示
− 5 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 6
D-1034-141
PC520M(和)
【4】機能説明
4-1 ファンクションスイッチ
このスイッチを回して電源のON/OFFおよびV∼/V /mV/ ・
●/Temp/Ω・●/A/mA/μAのファンクションを切り換えます。
注意:
表示器の下にあるプッシュボタンは押している時間によって機
能が変わります。本取扱説明書では、瞬間的に押すことを“押
す”と、長く押すことを“ 1 秒以上押す”と表記しています。
4-2 オートパワーオフ
電源投入後、約17分でオートパワーオフとなり表示が全て消えま
す。オートパワーオフ機能動作中に、以下の動作が行われると
オートパワーオフまでの時間が延長 1 )または自動的に機能が解
除 2 )されます。
1)ファンクションスイッチによる測定ファンクションの切り換
え、またはボタンを押したとき。および測定値に10%の変動
があったとき。
2)データロギング機能を使用しているとき。
オートパワーオフから再動作
SELECTボタンを押すか、被測定物を一度DMMから離してファ
ンクションスイッチをOFFにし、再度ファンクションスイッチ
を測定対象に合わせ、被測定物を接続してください。
オートパワーオフ機能の解除(パソコンへデータを転送する場合など)
RANGEボタンを押しながらファンクションスイッチをOFFか
ら回す(電源を入れる)とオートパワーオフが解除されます。
注意:
本器を使用していないときは必ずファンクションスイッチを
OFFにしてください。
4-3 電池消耗警告表示
内蔵電池が消耗し電池電圧が約7V以下になったときには、表示器
にマークが表示されます。点滅又は点灯しているときは、新しい
電池と交換してください。
− 6 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 7
D-1034-141
PC520M(和)
4-4 測定機能選択
SELECTボタンを押す
(⇒)
と、以下のように切り替わります。
mV/μA /mA/Aファンクション時: ⇒∼⇒ Ω・ ファンクション時:Ω⇒ ⇒Ω
・ ファンクション時: ⇒ ⇒ Tempファンクション時:C⇒F⇒C
(Cは℃を、Fは゜
Fを意味します。)
4-5 レンジホールド
RANGEボタンを一回押すとマニュアルモードとなり、レンジが
固定されます。マニュアルモードになると、このスイッチを押す
たびにレンジが移動しますので、表示器の単位と小数点の位置を
確認しながら適正レンジを選択してください。オートレンジに復
帰させる場合は、このボタンを 1 秒以上押してください。
備考:
周波数測定時にはマニュアルレンジへの切り換えはできません。
4-6 データホールド
HOLDボタンを押すと、その時点の表示値を維持します。
(表示器
H
には が点灯する。
)測定入力が変動しても表示は変化しません。
再度このボタンを押すと、ホールド状態は解除され測定状態に戻
ります。
(表示器の は消える。
)
H
4-7 自動抵抗値校正機能
ファンクションスイッチをΩに設定し、RANGEボタンを押し、
表示器に“Shrt”を表示させます。テストピンを約 3 秒間ショー
トさせ、表示を 0 にします。( 校正が完了するとブザーが鳴りま
す。)上記手順によりテストリード内部と保護回路内の抵抗を補正
し、より正確な低抵抗測定が可能です。補正値は5Ωです。
約 3 秒後
− 7 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 8
D-1034-141
PC520M(和)
4-8 ブザー音解除機能
Hzボタンを押しながらファンクションスイッチをOFFから回す
(電源を入れる)とすべてのブザー音が解除されます。
4-9 データ通信機能
専用ケーブル(KB-RS2)および専用ソフトウェア(PC Linkまたは
PC Link Plus)
を使用しますと、パソコンへリアルタイムでデータ
を送ることができます。
詳細についてはソフトウェアの取扱説明書をご覧ください。
備考:
容量測定ではこの機能は使用できません。
4-10 データロギング機能
測定値を最大43,000件メモリーに保存できます。不揮発性メモリー
を使用しているので、記録終了後、持ち運びや電池を交換しても
メモリー内部のデータは保存されています。
▲
▲
▲
▲
4-10-1 取込間隔
(時間)
の設定
①ファンクションスイッチを測定する任意のファンクションにセッ
トして、MEMOREY INTERVALボタンを押します。
②取込間隔が表示されます。
※t0.05は0.05秒
(20回/秒)
を意味し、工場出荷時の設定です。
③ や ボタンを押し、下記の取込間隔から選択できます。
④MEMORY INTERVALボタンを再度押して確定します。
電圧、電流(0.05秒・ 1 秒・20秒・40秒・60秒・120秒・240秒・480秒)
温度、抵抗(0.2秒・ 1 秒・20秒・40秒・60秒・120秒・240秒・480秒)
周 波 数(0.4秒・ 1 秒・20秒・40秒・60秒・120秒・240秒・480秒)
− 8 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 9
D-1034-141
PC520M(和)
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
〓
備考:
データロギング中に取込間隔は変更できません。ロギングを開
始する前に設定するか、 スイッチで休止状態にして、設定を
やりなおしてください。
▲
4-10-2 データロギングの開始と終了
データロギングを開始するときは、通常測定モード時に ボタン
を 1 秒以上押します。初めに“Strt”
(スタート)が、次に取込間隔
が表示器に表示され、記録を開始します。
データロギングを終了するときには■ボタンを 1 秒以上押しま
す。表示器には“StoP”
(ストップ)が表示され記録を停止し、通
常測定モードに戻ります。
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
1S
1S
備考:
データロギングを開始すると以前に保存したデータはメモリー
から消去され、新たにデータを記録されます。
記録中または休止中にSELECTボタンを押すと記録データ数が
表示されます。再度ボタンを押すと測定値を表示します。
取込間隔が20秒以上のとき、ロギングを始めてから約 4 分半後
にスタンバイモードとなります。このときバーグラフだけが動
作し、その他の表示は表示されません。電力消費が通常時の約
1/30になるので、長時間測定時には電池寿命を伸ばします。
SELECTボタンを押すとリアルタイムの測定値を表示します。
− 9 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 10
D-1034-141
PC520M(和)
〓
4-10-3 記録の休止と再開
ボタンを押すと休止状態になります。表示器には“PAUS”が
表示され、 H が点滅して一時停止状態になります。
ボタンを押すと記録の再開になります。表示器には“Cont”
(カウント)が表示され、記録を再開します。
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
備考:
データロギング休止中はリアルタイムの測定値を表示します。
休止中にファンクションスイッチを回すとデータロギングモー
ドが解除されます。
4-10-4 記録データの閲覧方法
データロギング終了後または、休止状態( H の点滅中)のときにメ
モリー内部のデータを表示器で閲覧できます。
SELECTボタンを押すことによって、記録データ値と記録データ
の番号(記録をはじめてから何番目のデータであるか)を交互に表
示します。
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
4-10-5 データの閲覧
CALLボタンを押します。CALLが表示器に表示され が点滅しま
C
す。このときSELECTボタンを押すとデータが何番目かを表示し
ます。
や
ボタンを押すと 1 つあとのデータや 1 つ前のデータを表
示します。
や
ボタンを押し続けるとデータの順送りや逆送りができま
す。
CALLボタンを押すと閲覧モードから通常測定モードに戻ります。
− 10 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 11
D-1034-141
PC520M(和)
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
4-10-6 最大値と最小値の閲覧
C
CALLボタンを押し閲覧モードに移ります。このとき が点滅し
ます。
と ボタンを同時に押すとメモリー内に記録されているデー
タの最大値と最小値を交互に表示します。このとき最大値表示に
時にはMAXが表示され、最小値表示の時にはMINが表示されま
す。
CALLボタンを押すと閲覧モードから通常測定モードに戻ります。
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
4-10-7 変曲点
(ターニングポイント)
の閲覧
C
CALLボタンを押し閲覧モードに移ります。このとき が点滅し
ます。
HOLDボタンを押しながら や
ボタンを押すとメモリー内に
記録されているデータの変曲点(山や谷)を順次表示します。この
とき山( )の時にはMAXが表示され、谷( )の時にはMINが表
示されます。
CALLボタンを少し押すと閲覧モードから通常測定モードに戻り
ます。
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
▲
H
− 11 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 12
D-1034-141
PC520M(和)
4-10-8 パソコンへの記録データの転送
アクセサリーの専用ケーブル(KB-RS2またはKB-USB2)と専用ソ
フトウェア(PC LinkもしくはPC Link Plus)を使用してメモリー
内の記録データをパソコンに転送できます。詳しくは専用ソフト
ウェアのヘルプをご参照ください。
備考:
●データ数は9,999件まで表示され、10,000件を超える場合には
10,000件の場合は 1 を、20,000件の場合は 2 がバーグラフ上
に点灯します。
●43,000件のデータを記録し、メモリーが一杯なるとデータロ
ギングモードが自動的にストップし、オートパワーオフモー
ドに切り換わります。記録データの信頼性を保つため、電池
電圧が低くなるとデータロギングモードは自動的に終了し、
通常測定モードに切り換わります。
注意:
●データロギング終了後には、毎回“StoP”が表示され記録デー
タはメモリーに保存されます。記録データの保存を確実に行
うために、必ずデータロギングを終了(“StoP”表示後)して
からファンクションスイッチをOFFにしてください。
●容量測定の記録は可能ですが、50μF以上のレンジでは高容
量測定時に応答速度が非常に遅くなるため記録できません。
4-11 用 語
アナログバーグラフ
アナログバーグラフは、アナログメータの指針のように入力値
を視覚的に見ることができます。
交流検波方式
AC結合真の実効値(True RMS)
入力信号が正弦波で歪のない波形測定の時、誤差とはなりませ
んが、入力波形が歪正弦波や非正弦波を測定した場合、実効値
への換算が難しくなりその分大きな誤差が生じてきます。
真の実効値では、入力信号の測定値は信号電力の尺度なります
ので平均検波した値より、より有効な値として測定されます。
本器でこのTrue RMS(Root Meen Square)回路により正弦波や
方形波、三角波等非正弦波の実効値測定ができます。
− 12 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 13
D-1034-141
PC520M(和)
クレストファクタ
(波高率)
CF
(クレストファクタ)
は信号のピーク値をその信号の実効値で割っ
た値であらわされます。正弦波や三角波等最も一般的な波形は相対
的にクレストファクタは低くなっています。また、デューティサイク
ルの低いパルス列に類似した波形ではハイ・クレストファクタ係数と
なります。代表的な各波形の電圧、クレストファクタは表を参考にし
てください。なお、クレストファクタ数は 3 以下で測定してください。
入 力 波 形
正弦波
Vp
π
0
ピーク値
Vp
実効値
Vrms
Vrms・ 2
Vp
――
2
2π
平均値 クレストファクタ 波形率
Vavg Vp/Vrms Vrms/Vavg
2Vp
――
π
=1.414Vrms =0.707Vp =0.637Vp
2
π
――
2 2
=1.414
=1.111
方形波
Vp
0
π
三角波
Vp
0
Vp
Vp
Vp
1
1
Vrms・ 3
Vp
――
3
Vp
――
2
3
2
――
3
=0.5Vp
=1.732
=1.155
2π
――
τ
2π
――
τ
2π
π
2π
=1.732Vrms =0.577Vp
パルス
Vp
0
Vp
τ
τ
τ
――・Vp ――・Vp
2π
2π
2π
各波形の電圧一覧
NMRR
(ノーマルモードノイズ除去比)
ACノイズを除去し、正確なDC測定をする機能。本器は
50/60Hz時60dB以上で機能します。
CMRR
(コモンモードノイズ除去比)
電圧測定時にLCD表示のちらつきを安定させるためCOMと+の
ターミナルの間にある電圧を除去する機能。本器はACV測定時
にDCから60Hz時60dB以上で、DCV測定時に50/60Hz時120dB
以上で機能します。
− 13 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 14
D-1034-141
PC520M(和)
【5】測定方法
警 告
1. 本体およびテストリードが傷んでいたり、壊れていたりして
いる場合は使用しないこと。
2. テストリードおよびヒューズが切れたりしていないことを確
認すること。
3. 電源スイッチをONしたとき、電池消耗警告表示が点滅または
点灯していないことを確認すること。点滅または点灯してい
るときは、新しい電池と交換すること。
スタート
▼
本体およびテスト
リードは外観上壊れて
いませんか?
壊れていない
壊れている
▼
テストリードの断線確認
▼
測定ファンクションを
●(導通チェック)に設
定します。
▼
赤黒のテストピンを
ショートさせます。
ブザーが鳴りますか。
▼
鳴らない
▼
▼
修理を依頼してください。
鳴る ▼
異常ありません。
測定可能です。
− 14 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 15
D-1034-141
5-2
PC520M(和)
電圧
(V/mV)
測定
警 告
1. 最大定格入力電圧を超えた入力信号を加えないこと。
2. 測定中はファンクションスイッチを切り換えないこと。
3. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
直流電圧
(DCmV )
直流電圧
(DCV )
交流電圧
(ACmV∼)
交流電圧
(ACV∼)
最大定格入力電圧:DC 500mV
最大定格入力電圧:DC 1000V
最大定格入力電圧:AC 500mV
最大定格入力電圧:AC 1000V
1)測定対象
DCV:電池や直流回路の電圧を測ります。
ACV:電灯線電圧などの正弦波交流電圧を測ります。
2)測定レンジ
50mV∼1000Vまでの 6 レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをV/mV端子に、黒プラグをCOM
端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをV∼またはV 、mVに設定します。※
mVの場合はSELECTボタンでAC∼またはDC を切り換え
ます。
③被測定回路に赤黒のテストピンを接触させます。
◇DCV/DCmV:被測定回路のマイナス電位側に黒のテスト
ピンを、プラス電位側に赤のテストピンをそれぞれ接触
させます。
◇ACV/ACmV:被測定回路に赤黒のテストピンをそれぞれ
接触させます。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
④
⑤
⑤
④
⑤
⑤
③
③
②
②
①
①
●テストリード開放時に表示が変動する場合がありますが故障
ではありません。
− 15 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 16
D-1034-141
PC520M(和)
5-3 周波数
(Hz)
測定
警 告
1. 最大定格入力電圧を超えた入力信号を加えないこと。
2. 測定中はファンクションスイッチを切り換えないこと。
3. 測定中はテストリードのつばよりテストピン側を持たないこと。
1)測定対象
回路等の周波数を測ります。
2)測定レンジ
10Hz∼125kHzまでオートレンジ
3)測定方法
①ファンクションスイッチをVに設定します。
②テストリードの赤プラグを電流以外ならHz端子に差し込
み、黒プラグをCOM端子に差し込みます。
③Hzボタンを押して周波数測定モード(Hz)
にします。
④被測定物に赤黒のテストピンをそれぞれ接触させます。
⑤表示器の表示値を読み取ります。
⑥測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
③
⑤
⑥
⑥
④
①
②
− 16 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 17
D-1034-141
PC520M(和)
備考:
・周波数測定時にはバーグラフは表示されません。
・Hzボタンを押す前のレンジによって入力感度は自動的に決ま
ります。
・mVレンジは最高感度(300mV)で1000Vレンジは最低感度
(300V)です。最適な感度を選択するため、まず電圧や電流を
測定し、その後Hzボタンを押すことをお勧めします。
・RANGEボタンを押すことによって手動で入力感度を変更する
ことができます。
・周波数の表示が不安定のときはノイズを避けるため低めの感
度を、表示が 0 を示している場合は高めの感度を選択してく
ださい。Ω/●、●/●レンジ、μA/mAレンジやAレンジでも
周波数は測定できます。
レンジ
入力感度(サイン波)
500mVレンジ
300mV
5Vレンジ
2V
50Vレンジ
20V
500Vレンジ
80V
1000Vレンジ
300V
Ω/●/●/●
300mV
μA/mA, Aレンジ 10% F.S.
− 17 −
測定可能周波数範囲
10Hz - 125kHzレンジ
10Hz - 125kHzレンジ
10Hz - 20kHzレンジ
10Hz - 1kHzレンジ
10Hz - 1kHzレンジ
10Hz - 125KHzレンジ
10Hz - 125kHzレンジ
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 18
D-1034-141
PC520M(和)
5-4 温度
(熱電対)
測定
警 告
1. 測温範囲を超える温度は測定しないこと。
2. 測定中はファンクションスイッチを切り換えないこと。
3. 被測定温度および測定環境により、やけどなどの危険を伴う
ため注意すること。
1)測定対象
液体や物体、外気の温度等を測ります。
2)測定範囲
摂氏:−50℃∼1000℃
3)測定方法
①標準温度センサの+をTemp端子に、−をCOM端子に差し
込みます。
②ファンクションスイッチをTempに設定し、SELECTボタン
で℃(摂氏)
または゜
F
(華氏)
を選択します。
③被測定対象にセンサをあてます。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定対象からセンサをはなします。
④
②
③
①
備考:
・温度測定時にはバーグラフは表示されません。
・付属K-type温度センサ(K-250PC)には極性があるため、+と−
を間違えず差し込んでください。
・K-250PCの測定範囲は−50℃∼250℃です。
・別売りのK-typeアダプタ(K-AD)を使用すると国際標準ミニプ
ラグ付き温度センサが使用できます。
− 18 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 19
D-1034-141
5-5
PC520M(和)
容量
(●)
測定/ダイオード
(●)
テスト/抵抗
(Ω)
測定/
導通
(●)
チェック
警 告
5-5項の測定を行う場合は入力端子に電圧を加えないこと。
5-5-1
容量
(●)
測定
注 意
コンデンサ内の電荷は測定前に放電してください。
1)測定対象
コンデンサの容量を測ります。
2)測定範囲
50nF∼9999μFまでの 6 レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグを● 端子に、テストリードの黒プ
ラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチを●/●に設定し、SELECTボタン
で● を選択します。
③被測定物に赤黒のテストピンをそれぞれあてて測定します。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
④
②
⑤
⑤
③
①
備考:
・ 容量測定時にはバーグラフは表示されません。
− 19 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 20
D-1034-141
PC520M(和)
5-5-2 ダイオード
(●)
テスト
1)測定対象
ダイオードの良否をテストします。
2)使用方法
①テストリードの赤プラグを● 端子に、テストリードの黒プ
ラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチを ●/● に設定し、SELECTボタ
ンで● を選択します。
③ダイオードのカソード側に黒のテストピンを、アノード側
に赤のテストピンを接触させます。
④表示器にダイオードの順方向電圧降下が表示されているこ
とを確認します。
※“0”表示はダイオードが短絡していて不良です。“OL”
表示はダイオードが開放していて不良です。
⑤ダイオードのカソード側に赤のテストピンを、アノード側
に黒のテストピンを接触させます。
※逆方向電圧降下を測定したとき、“OL”表示が出た場合
にはダイオードは正常です。このとき他の表示が出た場
合にはダイオードが短絡しているなどの不良です。
⑥測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
⑤
④
⑥
②
③
⑥
⑤
①
備考:
・入力端子間の開放電圧は3.5VDC以下です。
・テスト電流は0.8mAです。
・ダイオードテストのときバーグラフは表示されません。
− 20 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 21
D-1034-141
PC520M(和)
5-5-3 抵抗
(Ω)
測定
1)測定対象
抵抗器や回路の抵抗を測ります。
2)測定範囲
50Ω∼50MΩまでの 7 レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをΩ端子に、テストリードの黒プ
ラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチを●/Ωに設定し、SELECTボタン
でΩを選択します。
③被測定物に赤黒のテストピンをそれぞれあてて測定します。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
④
⑤
⑤
③
②
①
備考:
・マニュアルレンジで50Ωレンジを選択すると自動抵抗値校正
機能が働きます。詳しくは4-7を参照してください。
・入力端子間の開放電圧は50Ωレンジと500Ωレンジでは3VDC
以下で、その他のレンジは0.3VDC以下です。
− 21 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 22
D-1034-141
PC520M(和)
5-5-4 導通
(●)
チェック
1)測定対象
配線の断線、導通確認や選定に用います。
2)使用方法
①テストリードの赤プラグを● 端子に、テストリードの黒プ
ラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをΩ/●に設定し、SELECTボタン
で● を選択します。
③被測定回路または導線に赤黒のテストピンをそれぞれあて
てチェックします。
④ブザーが鳴るか鳴らないかで導通の確認をします。
⑤測定後は被測定物から赤黒のテストピンをはなします。
⑤
⑤
③
②
④
①
備考:
・スレッシュドレベルは約20Ω∼120Ωです。
・応答速度は100μs以下です。
− 22 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 23
D-1034-141
5-6
PC520M(和)
電流
(A/mA/μA)
測定
警 告
1. 入力端子には電圧を絶対に加えないこと。
2. 必ず負荷を通して直列に接続すること。
3. 入力端子に最大定格電流を超える入力は加えないこと。
4. 測定前に予め回路の電源スイッチをOFFにし、測定部分を切
り離してテストリードをしっかり接続すること。
5-6-1
電流
(A)
測定
直流電流
(DCA● )
交流電流
(ACA ∼)
最大定格入力電流:DC 10A
最大定格入力電流:AC 10A
1)測定対象
DCA:直流回路の電流を測ります。
ACA:交流回路の電流を測ります。
2)測定レンジ
5Aと10Aの 2 レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをA端子に、テストリードの黒プ
ラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをAに切り換え、SELECTボタンで
DC●またはAC∼を選択します。
− 23 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 24
D-1034-141
PC520M(和)
③被測定回路に赤黒のテストピンを負荷と直列になるように
接続します。
◇DCA:被測定回路のマイナス電位側に黒のテストピンを、
プラス電位側に赤のテストピンを直列になるよう
接続します。
◇ACA:被測定回路と直列に赤黒のテストピンをそれぞれ
接続します。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定回路から赤黒のテストピンをはなします。
④
⑤
②
⑤
③
①
備考:
・ 10A測定は連続測定可能です。
− 24 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 25
D-1034-141
5-6-2
PC520M(和)
電流
(mA/μA)
測定
直流電流
(DC mA/μA ●) 最大定格入力電流:DC 500mA
交流電流
(AC mA/μA ∼) 最大定格入力電流:AC 500mA
1)測定対象
DC mA/μA:電池や直流回路の電流を測ります。
AC mA/μA:交流回路の電流を測ります。
2)測定レンジ
500μA / 5000μAの 2 レンジと50mA / 500mAの 2 レンジの合
計 4 レンジ
3)測定方法
①テストリードの赤プラグをμA・mA端子に、テストリード
の黒プラグをCOM端子に差し込みます。
②ファンクションスイッチをμAまたはmAのいずれかに切り
換え、SELECTボタンでDC●またはAC∼を選択します。
③被測定回路に赤黒のテストピンを負荷と直列になるように
接続します。
◇DC mA/μA:被測定回路のマイナス電位側に黒のテスト
ピンを、プラス電位側に赤のテストピンを
直列になるよう接続します。
◇AC mA/μA:被測定回路と直列に赤黒のテストピンをそ
れぞれ接続します。
④表示器の表示値を読み取ります。
⑤測定後は被測定回路から赤黒のテストピンをはなします。
④
⑤
⑤
③
②
①
− 25 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 26
D-1034-141
PC520M(和)
5-7 別売品による測定
警 告
1. 使用する別売品の最大定格入力値を超える入力信号を印可し
ないこと。
2. 測定中はファンクションスイッチを切り換えないこと。
注 意
1. 電流プローブで家電製品の消費電流を測定する際は下図のよ
うにラインセパレータを介して測定してください。
2. 温度プローブを使用して温度を測定する場合は、別売品のソ
フトウェアで表示されている値を読み取ってください。
(DMM単体での測定はできません。
)
5-7-1 交流電流プローブ
(CL-20D)
による測定
1)測定対象
家電機器の消費電流や電源設備の電流など、周波数50∼60Hz
の正弦波交流の測定に用います。
2)測定レンジ
20A、200Aの 2 レンジ
3)測定方法
①クランププローブの赤プラグをV端子に、黒プラグをCOM
端子に差し込みます。
②マルチメータのファンクションスイッチを Vに設定し、
SELECTスイッチでAC∼を選択します。
③RANGEスイッチで5Vレンジに設定します。
④クランププローブのレンジ設定つまみで20Aレンジまたは
200Aレンジに合わせます。
− 26 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 27
D-1034-141
PC520M(和)
⑤クランププローブの鉄心を開き、被測定導体を鉄心中央に
挿入し、鉄心を完全に閉じます。
⑥マルチメータの表示器の表示値と下表(*1)の倍率をかけた
値を読み取ります。
⑦測定後はクランププローブの鉄心を開き、被測定導体から
クランププローブをはずします。
1
*
レンジ
020A
200A
倍 率
表示値×100
表示値×100
※許容差はクランププローブAC各レンジの確度とDMM AC5V
レンジの確度を合計したものです。
5-7-2 直流・交流電流プローブ
(CL-22AD)による測定
1)測定対象
ACA: 家電機器の消費電流や電源設備の電流など、周波数50
∼60Hzの正弦波交流の測定に用います。
DCA: 自動車の電装回路の電流や直流機器の消費電流を測り
ます。
2)測定レンジ
20A、200Aの 2 レンジ
3)測定方法
①クランププローブの赤プラグをmV端子に、黒プラグをCOM
端子に差し込みます。
②マルチメータのファンクションスイッチをmVに設定し、
SELECTスイッチでDC またはAC∼を選択します。
③RANGEスイッチで500mVレンジに設定します。
④クランププローブのレンジ設定つまみで20Aレンジまたは
200Aレンジに合わせます。
※直流(DC● )電流測定の場合はクランププローブのゼロ調
整つまみを回し、0(ゼロ)
を調整します。
⑤クランププローブの鉄心を開き、被測定導体を鉄心中央に
挿入し、鉄心を完全に閉じます。
⑥マルチメータの表示器の表示値と下表(*2)の倍率をかけた
値を読み取ります。
− 27 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 28
D-1034-141
PC520M(和)
⑦測定後はクランププローブの鉄心を開き、被測定導体から
クランププローブをはずします。
2
*
レンジ
020A
200A
倍 率
表示値×1/10
表示値×1/10
※許容差はクランププローブAC/DC各レンジの確度とAC/DC
DMM 500mVレンジの確度を合計したものです。
5-7-3 直流電流プローブ
(CL33DC)による測定
1)測定対象
自動車の電装回路の電流や直流機器の消費電流を測ります。
2)測定レンジ
30A、300Aの 2 レンジ
3)測定方法
①クランププローブの赤プラグをmV端子に、黒プラグをCOM
端子に差し込みます。
②マルチメータのファンクションスイッチをmVに設定し、
SELECTスイッチでDC● を選択します。
③RANGEスイッチで500mVレンジに設定します。
④クランププローブのレンジ設定つまみで30Aレンジまたは
300Aレンジに合わせます。
※クランププローブのゼロ調整つまみを回し、0(ゼロ)を
調整します。
⑤クランププローブの鉄心を開き、被測定導体を鉄心中央に
挿入し、鉄心を完全に閉じます。
⑥マルチメータの表示器の表示値と下表(*3)の倍率をかけた
値を読み取ります。*3
⑦測定後はクランププローブの鉄心を開き、被測定導体から
クランププローブをはずします。
3
*
レンジ
030A
300A
倍 率
表示値×1/10
表示値×1/10
※許容差はクランププローブAC/DC各レンジの確度とAC/DC
DMM 500mVレンジの確度を合計したものです。
− 28 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 29
D-1034-141
PC520M(和)
5-7-4 温度プローブ
(T-300PC)
による測定
1)測定対象
温度を測る場合に用います。
※単体での測定はできません。測定の際はsanwa製ソフトウェ
アがインストールされ、ソフトウェアが起動されているパ
ソコンと接続してご使用ください。
2)測定範囲
−50∼300℃
※DMMは5kΩレンジを使用
3)測定方法
①センサプローブの赤プラグをΩ端子に、黒プラグをCOM端
子に差し込みます。
②マルチメータのファンクションスイッチをΩ/●に設定し、
SELECTスイッチでΩを選択します。
③RANGEスイッチで5kΩレンジに設定します。
④被測定物にセンサ部分を当てます。
⑤ソフトウェアの測定値ウィンドウから値を読み取ります。
⑥測定後は被測定物からセンサプローブをはなします。
− 29 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 30
D-1034-141
PC520M(和)
【6】保守管理について
警 告
1. この項目は安全上重要です。本説明書をよく理解して管理を
行うこと。
2. 安全と確度の維持のために 1 年に 1 回以上は校正、点検を実
施すること。
6-1 保守点検
1)外観
・落下などにより、外観が壊れていませんか?
2)テストリードと内蔵ヒューズ
・入力端子にプラグを差し込んだときに、差し込みは緩くないですか?
・テストリードのコード部分が傷んでいませんか?
・テストリードのどこかの箇所から芯線が露出していませんか?
以上の項目に該当するものはそのまま使用せず、修理または
新しいものと交換してください。
テストリードが切れたりしていないことを、【5】5-1項を参照
して確認してください。
6-2 校 正
校正、点検については三和電気計器(株)
羽村工場サービス課まで
お問い合わせください。
6-3 内蔵電池および内蔵ヒューズ交換
警 告
1. 入力端子に入力が加わった状態でリヤケースを外すと、感電のおそ
れがあります。必ず入力が加わっていないこととファンクションス
イッチがOFFになっていることを確認してから作業を行うこと。
2. 交換用ヒューズは同定格のものを使用すること。ヒューズの
代用品を用いたり、短絡したりすることは絶対にしないこと。
出荷時の電池について
工場出荷時にモニター用電池が組み込まれておりますので、記
載された電池寿命に満たないうちに切れることがあります。
※モニター用電池とは製品の機能や性能をチェックするための電
池のことです。
− 30 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 31
D-1034-141
PC520M(和)
①ホルスタをはずし、スタンドを立て電池ふた止めネジをプ
ラスドライバーではずします。
②電池ふたを取りはずし、中の電池またはヒューズを新品と
交換します。
③電池ふたを取り付けてネジ止めし、ホルスタを本体にはめ
て交換終了です。
電池ふた止めねじ
電池ふた
リヤケース
ヒューズ 12.5A/500V
φ6.3×32mm
遮断電流:20kA
9V電池
ヒューズ 0.63A/500V
φ6.3×32mm
遮断電流:200kA
6-4 保管について
注 意
1. パネル、ケース等は揮発性溶剤に弱いため、シンナーやアル
コールなどでふいたりしないでください。お手入れをする場
合は、乾いた柔らかい布などで軽くふきとってください。
2. パネル、ケース等は熱に弱いため、高熱を発するもの
(はんだ
こて等)
の近くに置かないでください。
3. 振動の多い場所や落下のおそれがある場所には保管しないで
ください。
4. 直射日光下や高温または低温、多湿、結露のある場所での保
管は避けてください。
5. 長期間使用されない場合、内蔵電池を必ず抜いておいてくだ
さい。
以上の注意項目を守り、環境の良い場所(【8】8-1参照)に保管し
てください。
− 31 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 32
D-1034-141
PC520M(和)
【7】アフターサービス
7-1 保証期間について
本製品の保証期間は、お買い上げの日より3年間です。
ただし、日本国内で購入し日本国内でご使用いただく場合に限ります。
また、製品本体の確度および許容差は1年保証、製品付属の電池、ヒュ
ーズ、テストリード等は保証対象外とさせていただきます。
7-2 修理について
1)修理依頼の前に次の項目をご確認ください。
・内蔵電池の容量はありますか?装着の極性は正しいでしょうか?
・内蔵ヒューズは切れていませんか?
・テストリードは断線していませんか?
2)保証期間中の修理
保証書の記載内容によって修理させていただきます。
3)保証期間経過後の修理
・修理によって本来の機能が維持できる場合、ご要望により
有料で修理させていただきます。
・修理費用や輸送費用が製品価格より高くなる場合もありま
すので、事前にお問い合わせください。
・本品の補修用性能部品の最低保有期間は、製造打切後 6 年
間です。この補修用性能部品保有期間を修理可能期間とさ
せていただきます。ただし購買部品の入手が製造会社の製
造中止等により不可能になった場合は、保有期間が短くな
る場合もありますのでお含みおきください。
4)修理品の送り先
・製品の安全輸送のため、製品より 5 倍以上の容積の箱に入
れ、十分なクッションを詰めてお送りください。
・箱の表面に「修理品在中」と明記してください。
・輸送にかかる往復の送料は、お客様のご負担とさせていた
だきます。
[送り先] 三和電気計器株式会社・羽村工場サービス課
〒205-0023 東京都羽村市神明台4-7-15
TEL(042)
554-0113/FAX(042)555-9046
− 32 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 33
D-1034-141
PC520M(和)
5)補修用ヒューズについて
補修用ヒューズをお求めの場合は、上記サービス課宛にヒュー
ズの形状と定格を明記し、ヒューズ代金と送料分の切手を同
封してご注文ください。
〈形 状〉
〈定 格〉
〈単 価〉
〈送 料〉
φ6.3×32mm
0.63A/500V
¥505
(税込¥530) ¥120
(10本迄)
部品番号F1198 セラミックヒューズ/遮断容量200kA
〈形 状〉
〈定 格〉
〈単 価〉
〈送 料〉
φ6.3×32mm
12.5A/500V
¥505
(税込¥530) ¥120
(10本迄)
部品番号F1199 セラミックヒューズ/遮断容量20kA
7-3 お問い合わせ
お問い合わせ先
東京本社 :TEL(03)3253-4871/FAX(03)3251-7022
大阪営業所 :TEL(06)6631-7361/FAX(06)6644-3249
お客様計測相談室: 0120-51-3930
受付時間9:30∼12:00 13:00∼17:00(土日祭日を除く)
ホームページ:http://www.sanwa-meter.co.jp
− 33 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 34
D-1034-141
PC520M(和)
【8】 仕 様
8-1 一般仕様
動
作
方
式
液 晶 表 示 器
サンプルレート
電池消耗警告
使用環境条件
動 作 温 度
保 存 温 度
温 度 係 数
電
源
交流検波方式
オートパワーオフ
安
全
規
格
E . M . C .
寸
法
重
消
付
量
費
電
属
力
品
⊿-Σ方式
3-5/6桁、5000カウント、9999カ
ウント
(容量レンジ)
最大52セグメント
バーグラフ部
5回/秒
数 値 部
バーグラフ部
60回/秒
約7V以下でバッテリマークが点灯または点滅
高度2000m以下 環境汚染度Ⅱ
0℃∼35℃ 0-80%R.H. / 35℃∼50℃ 0-70%R.H.
−20℃∼60℃ 80%R.H.(電池を除く)
0.15×(23±5℃での確度)/℃(0℃∼18℃, 28℃∼50℃)
9V電池
(NEDA1604A、6LR61、またはIEC6LF22)
真の実効値方式
電源投入後から17分後
IEC61010-1(EN61010-1)2nd(2001)
V/ /Ω・ DC・AC 1kVまでにおいてはCATⅡに準拠
/ /Hz
DC・AC 600VまでにおいてはCATⅢに準拠
μA・mA
AC500V・DC300VまでにおいてはCATⅡに準拠
AC500V・DC300VまでにおいてはCATⅡに準拠
A
EN55022( 1994/A1;1995/ClassB)、EN50082-1
(1992)に準拠
L169mm×W81mm×H42mm
製 品 単 体
L179mm×W87mm×H55mm
ホルスタ装着時
製 品 単 体
320mg
ホルスタ装着時
460mg
約24mW / 約0.18mW(オートパワーオフ時)
テストリード
(TL-82)
、クリップアダプタ
(CL-13)
、
ホルスタ
(H-50)
、電池(本体内蔵)
、取扱説明書、
検査合格証、Kタイプ熱電対
(K-250PCK)
数
字
部
過電圧カテゴリ
過電圧カテゴリⅠ(CATⅠ)
:コンセントから電源変圧器(トランス)等を
経由した機器内の二次側電路。
過電圧カテゴリⅡ(CATⅡ)
:コンセントに接続する電源コード付き機器
の一次側電路。
過電圧カテゴリⅢ(CATⅢ)
:直接分電盤から電気を取り込む機器の一次
側および分岐部からコンセントまでの電路。
過電圧カテゴリⅣ(CATⅣ)
:引込み線から分電盤までの電路。
− 34 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 35
D-1034-141
PC520M(和)
8-2 測定範囲および確度
確度:±(%rdg + dg)
rdg(reading):読み取り値、dgt
(digit)
:最終桁
温度:23℃±5℃
湿度:75% R.H.以下
ACV、ACAの確度は各レンジの5%∼100%での規格
クレストファクタ:<3:1
(フルスケール時)
、<6:1
(ハーフスケール時)
直流電圧DCV
レンジ
50.00 mV
500.0 mV
5.000V, 50.00V, 500.0V, 1000V
確 度
0.12%rdg + 2 dgt
0.06%rdg + 2 dgt
0.08%rdg + 2 dgt
NMRR:60dB以上(50/60Hz)
CMRR :120dB以上(DC, 50/60Hz, アンバランス抵抗=1kΩ)
入力抵抗:10MΩ, 公称16pF(50mV & 500mV:公称44pF)
交流電圧ACV∼
レンジ
50Hz − 60Hz
50.00mV, 500.0mV, 5.000V,
50.00V, 500.0V, 1000V
40Hz − 500Hz
50.00mV, 500.0mV
5.000V, 50.00V, 500.0V
1000V
20kHz以下
50.00mV, 500.0mV
5.000V, 50.00V, 500.0V
1000V
確 度
0.5%rdg + 3 dgt
0.8%rdg + 3 dgt
1.0%rdg + 4dgt
1.2%rdg + 4dgt
0.5dB**
3dB**
Unspec'd
CMRR :60dB以上(DC∼60Hz, アンバランス抵抗=1kΩ)
入力抵抗:10MΩ, 公称16pF(50mV & 500mVレンジ:公称44pF)
**
レンジの30%∼100%での規格
− 35 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 36
D-1034-141
PC520M(和)
直流電流DCA
レンジ
500.0μA
5000μA
50.00mA
500.0mA
5.000A
10.00A*
確 度
0.2%rdg + 4dgt
負担電圧
0.15mV/μA
0.15mV/μA
3.3mV/mA
3.3mV/mA
0.03V/A
0.03V/A
*
10A測定は連続測定可能。
交流電流ACA∼
レンジ
50Hz − 60Hz
500.0μA
5000μA
50.00mA
500.0mA
5.000A
10.00A*
40Hz − 1kHz
500.0μA
5000μA
50.00mA
500.0mA
5.000A
10.00A*
確 度
0.6%rdg +3dgt
1.0%rdg +3dgt
0.6%rdg +3dgt
0.8%rdg +4dgt
1.0%rdg +4dgt
*
10A測定は連続測定可能。
− 36 −
負担電圧
0.15mV/μA
0.15mV/μA
3.3mV/mA
3.3mV/mA
0.03V/A
0.03V/A
0.15mV/μA
0.15mV/μA
3.3mV/mA
3.3mV/mA
0.03V/A
0.03V/A
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 37
D-1034-141
PC520M(和)
抵抗Ω
レンジ
50.00Ω
500.0Ω
5.000kΩ, 50.00kΩ, 500.0kΩ
5.000MΩ
50.00MΩ
確 度
0.4%rdg + 6dgt
0.2%rdg + 3dgt
0.2%rdg + 2dgt
1.0%rdg + 3dgt
1.5%rdg + 5dgt
開放電圧:<1.3V(50Ω,500Ωレンジ:<3V)
温度Temp(℃ & ゜
F)
レンジ
−50 ℃ ∼ 1000 ℃
確 度*
0.3%rdg + 3dgt
*
K type 熱電対レンジにおいての確度。K type 熱電対の確度は含まず。
周波数Hz
ファンクション
mV
5V
50V
500V
1000V
Ω,● ,● , ●
μA, mA, A
感 度*
300mV
2V
20V
80V
300V
300mV
10%F.S.
レンジ
10Hz - 125kHz
10Hz - 125kHz
10Hz - 20kHz
10Hz - 1kHz
10Hz - 1kHz
10Hz - 125kHz
10Hz - 125kHz
*
確度:0.01%rdg+ 2dgt
正弦波の実効値により規定
− 37 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 38
D-1034-141
PC520M(和)
容量●
確 度*
0.8%rdg + 3dgt
0.8%rdg + 3dgt
1.0%rdg + 3dgt
2.0%rdg + 3dgt
3.5%rdg + 5dgt
5.0%rdg + 5dgt
レンジ
50.00nF
500.0nF
5.000μF
50.00μF
500.0μF
9999μF
*
フィルムコンデンサまたは同等以上の漏れ電流が少ないものについて
の確度。
ダイオード
レンジ
5.000V
確 度
1%rdg +1dgt
測定電流
約0.8mA
開放電圧
< 3.5 V
導 通
スレッショルドレベル : 20Ω∼120Ω.
応答時間 : < 100μs
確度計算方法
例)直流電圧測定(DC mV)
真 値 :100.0 [mV]
レンジ確度 :500 [mV]レンジ…±(0.06%rdg+2dgt)
(100.0 [mV]×0.06%rdg +2dgt)≒±0.3 [mV]
誤 差 :±
計 算 式 :100.0 [mV]±(100.0 [mV]×0.06%rdg+2dgt)
表 示 値 :099.7 [mV]∼100.3 [mV] の範囲内
※500.0 [mV]レンジにおける2 [dgt]とは、0.2mVに相当し
ます。
※:トランスや大電流路など強磁界の発生している近く、また無
線機など強電界の発生している近くでは正常な測定ができ
ない場合があります。
ここに掲載した製品の仕様や外観は改良等の理由により、予告
なしに変更することがありますのでご了承ください。
− 38 −
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 39
D-1034-141 PC520M(和)
保証書
ご氏名
型 名
様
PC520M
製造No.
この製品は厳密なる品質管理を経てお
届けするものです。
本保証書は所定項目をご記入の上保管
していただき、アフターサービスの際
ご提出ください。
※本保証書は再発行はいたしませんの
で大切に保管してください。
ご住所
TEL
保証期間
ご購入日 年 月より 3 年間
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871( 代)
保証規定
保証期間中に正常な使用状態のもとで、万一故障が発生した場合には無償で修理いたし
ます。但し下記事項に該当する場合は無償修理の対象から除外いたします。
記
1. 取扱説明書と異なる不適当な取扱いまたは使用による故障
2. 当社サービスマン以外による不当な修理や改造に起因する故障
3. 火災水害などの天災を始め故障の原因が本計器以外の事由による故障
4. 電池の消耗による不動作
5. お買上げ後の輸送、移動、落下などによる故障および損傷
6. 本保証書は日本国内において有効です。
This warranty is valid only within Japan.
年 月 日
故障内容をご記入ください。
※無償の認定は当社において、行わせていただきます。
PC520M_和 06.4.28 4:00 PM ページ 40
D-1034-141
PC520M(和)
本社=東京都千代田区外神田2−4−4・電波ビル
郵便番号=101-0021・電話=東京(03)3253−4871(代)
大阪営業所=大阪市浪速区恵美須西2−7−2
郵便番号=556-0003・電話=大阪(06)6631−7361(代)
④ 06.05
B
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement