Tascam DP-004. 取扱説明書. Portable 4

Tascam DP-004. 取扱説明書. Portable 4
D01054901B
DP-004
Portable 4-Track Digital Pocketstudio
取扱説明書
安全にお使いいただくために
この取扱説明書の表示は、製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に
防止するために、いろいろな絵表示をしています。その表示と意味は次のようになっています。内容をよく理解して
から本文をお読みください。
表示の意味
á 警告
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容を示し
ています。
á 注意
この表示を無視して、誤った取扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定される内容および物的損
害のみの発生が想定される内容を示しています。
絵表示の例
á
è
ì
△記号は注意(警告を含む)を促す内容があることを告げるものです。
í 記号は禁止の行為であることを告げるものです。
図の中に具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
º 記号は行為を強制したり指示する内容を告げるものです。
図の中に具体的な指示内容(左図の場合は電源プラグをコンセントから抜け)が描かれています。
万一、煙が出ている、変なにおいや音がするなどの異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因となりま
ì
2 TASCAM
す。すぐに機器本体の電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜いてください。煙が出なく
なるのを確認して販売店またはティアック修理センターに修理をご依頼ください。
万一、機器の内部に異物や水などが入った場合は、まず機器本体の電源スイッチを切り、電源プラグを
コンセントから抜いて、販売店またはティアック修理センターにご連絡ください。そのまま使用すると
火災・感電の原因となります。
DP-004
安全にお使いいただくために
ì
è
万一、この機器を落としたり、キャビネットを破損した場合は、機器本体の電源スイッチを切り、電源
プラグをコンセントから抜いて、販売店またはティアック修理センターにご連絡ください。そのまま使
用すると火災・感電の原因となります。
本体を絶対に分解しないでください。感電の原因となります。内部の点検・修理は販売店またはティア
ック修理センターにご依頼ください。
この機器を改造しないでください。火災・感電の原因となります。
この機器の隙間などから内部に金属類や燃えやすいものなどを差し込んだり、落とし込んだりしないで
ください。火災・感電の原因となります。
í
この機器の上に小さな金属物を置かないでください。中に入った場合、火災・感電の原因となります。
船舶などの直流(DC 電源)には接続しないで下さい。火災の原因になります。
航空機の運航の安全に支障を及ぼすおそれがあるため、離着陸時の使用は航空法令により制限されてい
ますので、離着陸時は本機の電源をお切りください。
ì
移動させる場合は、電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜き、機器間の接続コード
など外部の接続コードを外してから行なってください。コードが傷つき、火災・感電の原因となること
があります。
TASCAM DP-004
3
安全にお使いいただくために
オーディオ機器、スピーカー等の機器を接続する場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電源を
切り、説明に従って接続してください。また、接続は指定のコードを使用してください。
ó
電源を入れる前には音量を最小にしてください。突然大きな音が出て聴力障害などの原因となることが
あります。
この機器に、AC アダプターを接続する場合、専用の AC アダプター(PS-P520)をご使用ください。
それ以外の物を使用すると故障、火災、感電の原因となります。
ヘッドホンをご使用になるときは、音量を上げすぎないように注意してください。
大きな音量で長時間続けて聞くと、聴力に悪影響を与えることがあります。
í
耳を刺激する様な
次のような場所に置かないでください。火災、感電やけがの原因となることがあります。
・調理台や加湿器のそばなど油煙や湯気があたる場所
・湿気やほこりの多い場所
・ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所
(乾電池に関する警告)
本製品は乾電池を使用しています。誤って使用すると、液もれや破裂などの原因となることがあります。以下の注意
事項を必ず守ってください。
í
4 TASCAM
乾電池は絶対に充電しないでください。
乾電池の破裂、液もれにより、火災・けがの原因となります。
DP-004
安全にお使いいただくために
(電池に関する注意)
本製品は電池を使用しています。誤って使用すると、液もれや破裂などの原因となることがあります。以下の注意事
項を必ず守ってください。
ó
電池をいれるときは、極性表示(プラス ± とマイナス—の向き)に注意し、電池ケースの表示されて
いるとおりに正しく入れてください。
間違えると電池の破裂、液もれにより、火災、けがや周囲を汚損する原因となることがあります。
使い終わった電池は電池に記載された廃棄方法、もしくは各市町村の廃棄方法に従って捨ててください。
指定以外の電池は使用しないでください。また、新しい電池と古い電池、または種類の違う電池を混ぜ
て使用しないでください。
電池の破裂、液もれにより、火災、けがや周囲を汚損する原因となることがあります。
電池を金属製の小物類と一緒に携帯、保管しないでください。電池がショートして液もれや破裂などの
原因となることがあります。
í
電池は、加熱したり、分解したり、火や水の中に入れないでください。
電池の破裂、液もれにより、火災、けがや周囲を汚損する原因となることがあります。
液がもれた場合は、電池ケースについた液をよく拭き取ってから新しい電池を入れてください。
液が目に入った時には失明の恐れがありますので、目をこすらずにすぐにきれいな水で洗ったあと、た
だちに医師にご相談ください。液が体や衣服に付いた時は皮膚の怪我・やけどの原因になるのできれい
な水で洗い流したあと、ただちに医師にご相談ください。
電池のセットや交換は、本機の電源を切った状態で行ってください。
長時間使用しないときは電池を取り出しておいてください。
電池から液がもれて火災、けが、周囲を汚損する原因となることがあります。
もし液がもれた場合は、電池ケースについた液をよく拭き取ってから新しい電池を入れてください。
TASCAM DP-004
5
目次
安全にお使いいただくために..................................................................... 2
第 1 章 はじめに........................................................................................ 9
本機の概要.................................................................................................... 9
この取扱説明書について ............................................................................ 9
取扱説明書の概要 .................................................................................... 9
取扱説明書の表記について..................................................................... 9
本機の構成................................................................................................. 10
商法および著作権について...................................................................... 10
SD カードについて .................................................................................. 10
取り扱い上の注意 ................................................................................. 10
結露について............................................................................................. 10
製品のお手入れ ......................................................................................... 11
アフターサービス ..................................................................................... 11
第 2 章 クイックスタートガイド..........................................................
クイックスタートガイド 1(再生とミキシング).................................
準備する.................................................................................................
デモソングを聴く .................................................................................
終了する.................................................................................................
クイックスタートガイド 2(録音からマスタリング)..........................
入力ソースを接続、設定する..............................................................
ソングをロードする .............................................................................
ギターをトラック 1 の録音ソースにする ..........................................
入力レベル調整とモニター..................................................................
トラック 1 にギターを録音する..........................................................
聴いてみる.............................................................................................
録音を重ねる(1)∼トラック 2 にギターを録音............................
録音を重ねる(2)∼トラック 3 にボーカルを録音 ........................
ミックスダウンする .............................................................................
マスタリングする .................................................................................
終了する.................................................................................................
6 TASCAM
DP-004
12
12
12
14
15
16
16
17
18
18
20
20
21
22
24
25
27
第 3 章 各部の名称と機能 .....................................................................
トップパネル.............................................................................................
フロントパネル .........................................................................................
リアパネル.................................................................................................
右サイドネル.............................................................................................
左サイドパネル .........................................................................................
ボトム ........................................................................................................
28
28
31
31
32
32
33
第 4 章 準備.............................................................................................
SD カードと電源の準備...........................................................................
SD カードをセットする.......................................................................
電源を準備する .....................................................................................
電池をセットする .............................................................................
別売の AC アダプターを接続する ...................................................
起動と終了.................................................................................................
起動する.................................................................................................
終了する.................................................................................................
SD カードを初期フォーマットする .......................................................
ディスプレイ画面 .....................................................................................
ホーム画面.............................................................................................
画面構成.................................................................................................
画面操作.................................................................................................
名前の編集.............................................................................................
レコーダーモード .....................................................................................
外部機器との接続 .....................................................................................
リアパネル.............................................................................................
右サイドパネル .....................................................................................
左サイドパネル .....................................................................................
コントラストを設定する .........................................................................
34
34
34
35
35
36
36
36
37
38
38
38
40
40
42
43
44
44
44
45
45
第 5 章 ソングの管理 ............................................................................. 46
パーティションとソング ......................................................................... 46
アクティブパーティションを変更する .................................................. 46
目次
ソングをロードする .................................................................................
新しいソングを作成する .........................................................................
ソングを保存する .....................................................................................
ソング情報を見る .....................................................................................
ソングをコピーする .................................................................................
ソングを消去する .....................................................................................
ソングをプロテクトする .........................................................................
47
48
48
49
49
51
52
第 6 章 基本レコーディング..................................................................
入力ソースを選択する .............................................................................
入力信号のモニターについて..................................................................
モニターモードを設定する..................................................................
OL インジケーターおよびメーターについて ........................................
入力チャンネルをアサインする..............................................................
レコーディング(最初の録音)................................................................
オーバーダビング .....................................................................................
設定 ........................................................................................................
リハーサル.............................................................................................
本番 ........................................................................................................
ミックスダウン .........................................................................................
レベルとバランス .................................................................................
定位(パン)...........................................................................................
マスタリング.............................................................................................
終了点を設定する .................................................................................
マスタリングを実行する......................................................................
実行した操作を取り消す(アンドゥ)....................................................
最後に行った操作を取り消す(シングルアンドゥ).........................
ある操作以降の操作を取り消す(マルチアンドゥ).........................
操作履歴の消去について......................................................................
53
53
54
54
55
56
57
58
58
59
59
59
59
60
60
60
61
63
63
63
64
第 7 章 レコーダー機能 ......................................................................... 66
パンチイン/アウト ................................................................................. 66
トラックバウンス ..................................................................................... 66
トラックバウンスを行う......................................................................
結果を確認する .....................................................................................
ロケート/サーチ機能 .............................................................................
ダイレクトロケート機能......................................................................
RTZ と LRP ..........................................................................................
早送り/早戻しサーチ .........................................................................
リピート再生.............................................................................................
IN / OUT ポイントを設定する...........................................................
リピート再生を実行する......................................................................
リピート再生の間隔を設定する ..........................................................
67
67
68
68
68
69
69
69
70
71
第 8 章 さまざまな機能 .........................................................................
メトロノーム機能 .....................................................................................
チューナー.................................................................................................
電源のオートオフ .....................................................................................
プリファレンス設定を初期設定に戻す ..................................................
情報を見る.................................................................................................
72
72
73
74
74
75
第 9 章 SD カードの管理 ......................................................................
パーティションの概要 .............................................................................
カードのライトプロテクトについて ......................................................
カードをフォーマットする......................................................................
MTR パーティションを再フォーマットする(リフォーマット)........
FAT パーティションを再フォーマットする..........................................
カードをイニシャライズする..................................................................
77
77
77
78
79
80
81
第 10 章 トラックの編集 ......................................................................
トラック編集の概要 .................................................................................
編集ポイント .........................................................................................
編集の基本操作 .....................................................................................
クローントラック(トラック複製)........................................................
クリーンアウト(トラック削除)............................................................
82
82
82
82
83
83
TASCAM DP-004
7
目次
サイレンス(部分消去)........................................................................... 84
カット(部分削除)................................................................................... 84
オープン(無音挿入)............................................................................... 85
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信 ...........................................
必要なパソコンシステム .........................................................................
パソコンと接続する .................................................................................
接続を解除する .....................................................................................
ソングのバックアップとリストア ..........................................................
ソングをバックアップする..................................................................
ソングをリストアする .........................................................................
トラックのインポートとエクスポート ..................................................
トラックをインポートする..................................................................
トラックをエクスポートする..............................................................
ステレオマスターをエクスポートする ..................................................
86
87
87
88
89
89
90
91
91
93
94
第 12 章 トラブルシューティング....................................................... 96
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ ........................ 97
オーディオ入出力定格 ............................................................................. 97
オーディオ性能 ......................................................................................... 97
一般 ............................................................................................................ 97
別売アクセサリー ..................................................................................... 98
接続するパソコンの条件 ......................................................................... 98
寸法図 ........................................................................................................ 98
ブロックダイヤグラム ............................................................................. 99
メッセージ.............................................................................................. 100
第 14 章 こんなことをするには........................................................ 105
8 TASCAM
DP-004
第 1 章 はじめに
このたびは TASCAM DP-004 デジタルポケットスタジオをお買い上
げいただきまして、誠にありがとうございます。本機は高音質の録音が
可能な 4 トラックのデジタルレコーダーです。操作がわかりやすくシン
プルですので、録音操作に悩むことなく、音楽創作に専念することがで
きます。本機の正しい取扱い方法をご理解いただいた上で、末永くご愛
用くださいますようお願い申しあげます。
この取扱説明書をよくお読みになり、いつでも見られるところに保管し
てください。
って、実際に操作してみることをお勧めします。
「第 3 章 各部の名称と機能」には、パネル上のキー、つまみ、端子な
どの機能が説明されています。
「第 4 章 準備」と「第 5 章 ソングの管理」は、本機をご使用する前
にお読みになることをお勧めします。
「第 6 章 基本レコーディング」∼「第 11 章 パソコンを使ったデータ
送受信」までは、本機の使い方と機能が詳しく述べられています。
「第 12 章 トラブルシューティング」は、本機を操作中に困ったことが
起きたときにご覧ください。よくある質問と回答の一覧が記載されてい
本機の概要
ます。
「第 14 章 こんなことをするには」には、こんなことをしたいのに操作
本機は SD カードを使って、同時最大 2 トラック、トータル最大 4 ト
方法がわからない、というときにご覧ください。操作方法と参照ページ
ラックのマルチトラック録音を行うことができます。さらに内蔵のミ
が表にまとめてあります。
キサー機能を使ってマルチトラックをステレオミックスダウンして、
ステレオマスターを作成することができます。
こうして作成されたステレオマスターを USB 接続したパソコンに転送
することができます。
さらに本機とパソコン間でのデータ転送が可能で、個々のトラックデー
タやステレオマスターをパソコンにコピーしたり、ソングデータをパソ
コンにバックアップすることができます。
取扱説明書の表記について
º 本機および外部機器のキー/端子、画面に表示されるメッセージな
どを「MENU キー」のように太字で表記します。
º LCD ディスプレイの下に並ぶ 4 つのキーをファンクションキーと呼
び、左から順に F1、F2、F3、F4 キーと表記します。また、画面
の下部に表示される機能を、キー名の後ろにカッコ付きで表記する
この取扱説明書について
取扱説明書の概要
「第 2 章 クイックスタート」をお読みになると、本機のおおまかな使
い方がわかります。お買い上げ後、この章に述べられている操作例に従
場合があります。例: F4(¥)キー、F2(EXEC)キー。
º 必要に応じて追加情報などを、「ヒント」、「メモ」、「注意」として記
載します。
ヒント
本機をこんなふうに使うことができる、といったヒントを記載します。
TASCAM DP-004
9
第 1 章 はじめに
* Microsoft, Windows, Windows 2000, Windows XP, および
メ モ
補足説明、特殊なケースの説明などをします。
Windows Vista は、米国 Microsoft Corporation の、米国、日本
およびその他の国における登録商標または商標です。
* Macintosh, Mac OS, および Mac OS X は、Apple Inc. の商標
注 意
指示を守らないと、人がけがをしたり、機器が壊れたり、録音した
データが失われたりする可能性がある場合に記載します。
です。
* その他このマニュアルに記載されている社名・商品名およびロゴマー
クは、一般に各社の登録商標または商標です。
本機の構成
本機の構成は以下の通りです。
付属品が不足している場合や輸送中の損傷がある場合、当社までご連絡
ください。
– 本体
第三者の著作物は、個人として楽しむなどのほかは、著作権法上
権利者に無断で使用できません。装置の適正使用をお願いします。
弊社では、お客様による権利侵害行為につき一切の責任を負担致
しません。注 意
1
– SD カード(本体差込済み)
1
– USB ケーブル
1
– 単 3(AA)アルカリ乾電池
4
本機では SD カードを使って録音/再生を行います。
– 取扱説明書(本書)
1
使用できるカードは 512MB 以上の SD カードおよび SDHC カードです。
– 保証書
1
タスカムのウェブサイト(http://www.tascam.jp/)には、当社で動作
SD カードについて
確認済みの SD カードのリストが掲載されています。
商標および著作権に関して
取り扱い上の注意
SD カードは精密にできています。カードやスロットの破損を防ぐため、
* SD ロゴは商標です。
取り扱いにあたって以下の点をご注意ください。
– 極端に温度の高いあるいは低い場所に放置しないこと。
– 極端に湿度の高い場所に放置しないこと。
10 TASCAM
DP-004
第 1 章 はじめに
– 濡らさないこと。
º 保証期間経過後、または保証書を提示されない場合の修理などにつ
– 上に物を乗せたり、ねじ曲げたりしないこと。
いては、お買い上げの販売店またはティアック修理センターなどに
– 衝撃を与えないこと。
ご相談ください。修理によって機能を維持できる場合は、お客さま
のご要望により有料修理いたします。
結露について
º 万一、故障が発生し修理を依頼される場合は、次の事項を確認の上、
ティアック修理センターまでご連絡ください。
本製品を寒い場所から暖かい場所へ移動したときや、寒い部屋を暖めた
直後など、気温が急激に変化すると結露を生じることがあります。結露
したときは約 1 ∼ 2 時間放置した後、電源を入れてお使いください。
製品のお手入れ
“
型名、型番(TASCAM DP-004)
“
製造番号(Serial No.)
“
故障の症状(できるだけ詳しく)
“
お買い上げ年月日
“
お買い上げ販売店名
製品の汚れは、柔らかい布でからぶきしてください。
化学ぞうきん、ベンジン、シンナー、アルコール等で拭かないでくださ
い。表面を痛める原因となります。
アフターサービス
º この製品には保証書を別途添付しております。保証書は所定事項を
記入してお渡ししておりますので、大切に保管してください。
º 保証期間はお買い上げ日より 1 年です。保証期間中は記載内容によ
りティアック修理センターが修理いたします。ただし、業務用製品の
場合は、保証期間内であっても使用 1,000 時間を超えた場合は有償
になります。その他の詳細につきましては保証書をご参照ください。
TASCAM DP-004
11
第 2 章 クイックスタートガイド
クイックスタートガイド 1(再生とミキシング)
付属の SD カードに収録されているデモソングを再生してみましょう。
なお、本機購入時、ボトム部の電池ボックスの中には、デモソングが録
音されている SD カードがあらかじめセットされていますが、以下に述
べる手順では、SD カードをセットする方法から説明を行います。
注 意
本機の電源がオンのときに SD カードを取り出さないでください。
カードを取り出すときは必ず電源をオフにしてからカードを取り出
してください。
電源がオンのときに SD カードを取り出すと、前回のシャットダウ
ン処理もしくはソングセーブ以降の記録データや設定が全て失われ
ます。なお、失われたデータや設定は復活することができません。
準備する
1. ボトム部の電池ボックスの蓋を開けて、奥にある SD カードスロッ
メ モ
トに付属の SD カードをセットします。
新しい SD カード、あるいは本機以外の機器で使用していた SD カー
間違った向きに挿入して無理に力を加えると、スロットやカードを
ドをセットした場合は、フォーマットを促す画面が表示されます。
破損する可能性がありますのでご注意ください。
2. 下図のように電池ボックス内の ± と—の表示に合わせて、単三電池
を 4 本セットします。本機はアルカリ乾電池の他にニッケル水素電
池も使用することができます。
ヒント
別売の AC アダプタ(PS-P520)を使って電源を供給することもで
12 TASCAM
きます。( → 36 ページ「別売の AC アダプターを接続する」
)
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
注 意
ヒント
≠ 電源がオンのときに電池を外したり電源コードを抜くなどして電源
を切らないでください。
前回のシャットダウン処理もしくはソングセーブ以降の記録データ
や設定が全て失われます。なお、失われたデータや設定は復活する
ことができません。
≠ 付属のアルカリ乾電池は動作確認用です。そのため寿命が短い場合
があります。
アンプまたはアンプ内蔵スピーカーを接続することにより、スピー
カーを使ってモニターすることもできます。
5. トップパネルの POWER キーを押し続け、"TASCAM" が表示され
たら(あるいは POWER キーのインジケーターが緑色に点灯したら)
離します。
本機が起動して、ディスプレイに以下の画面(ホーム画面)が現れ
ます。
3. SD カードと電池をセットした後、電池ケースの蓋を閉じます。
4. 本機の
/LINE OUT 端子にヘッドホンを接続します。
注 意
音量調整つまみは小さく、目盛は付いていません。電源を入れる前
には必ず矢印の方向に止まるまで回して音量を最小にしてください。
突然大きな音が出て聴力障害などの原因となることがあります。
TASCAM DP-004
13
第 2 章 クイックスタートガイド
デモソングを聴く
本機に付属の SD カードには、あらかじめデモソングが録音されていま
す。このデモソングを使って、再生、ミキシングの基本を体験してみま
しょう。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
4. DATA ホイールを使って "DEMOSONG" を反転表示し、F2
(EXEC)キーを押します。
デモソングがロードされ、SONG メニュー画面に戻ります。
5. HOME キーを押します。
ディスプレイがホーム画面に戻ります。
2. DATA ホイールを使って SONG 項目を反転表示し、F4(¥)キー
を押して SONG メニュー画面を表示します。
6. 再生(Á)キーを押して、TRACK 1 ∼ 4 の LEVEL つまみ(1 ∼ 4)、
MASTER LEVEL つまみ、VOLUME ダイヤルを上げていくと、デ
モソングが聞こえてきます。
3. DATA ホイールを使って LOAD 項目を反転表示し、F4(¥)キー
を押して SONG LOAD 画面を表示します。
ソングリストが表示されます。
MASTER LEVEL つまみはトラック 1 ∼ 4 の音量をまとめて調節し
ます。
MASTER LEVEL つまみは 2 ∼ 3 時の位置が標準位置です。
TRACK 1 ∼ 4 の LEVEL つまみを使ってトラック間のバランスを
調節します。
最終的なモニター音量は VOLUME ダイヤルを使って調節します。
14 TASCAM
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
終了する
作業が終わったら本機を終了します。
なお、このまま以下に述べるクイックスタートガイド 2 に進む場合は終
了しないでください。
1. POWER キーを押し続け、ディスプレイに "POCKETSTUDIO" が
表示されたら離します。
本機が自動的にシャットダウン動作(今まで操作した各種情報の記
録)を行った後、電源がオフになります。
7. TRACK 1 ∼ 4 の PAN つまみを使って、各トラック信号のステレ
オ定位を設定することができます。
注 意
電源がオンのときに電池を外したり電源コードを抜くなどして電源
を切らないでください。
前回のシャットダウン処理もしくはソングセーブ以降の記録データ
や設定が全て失われます。なお、失われたデータや設定は復活する
ことができません。
TASCAM DP-004
15
第 2 章 クイックスタートガイド
クイックスタートガイド2(録音からマスタリング)
3. INPUT SETTING キーを押して、INPUT SETTING 画面を表示し
ます。
マルチトラックレコーディングを体験してみましょう。以下の例では、
エレキギターを使ってリズムギターパートをトラック 1、リードギター
パートをトラック 2 に録音した後、内蔵マイクを使って歌をトラック 3
に録音し、ミックスダウンを行うまでの手順を説明します。
なお、上記の「クイックスタートガイド 1(再生とミキシング)」に従っ
て、本機にはすでにモニター機器が接続され、本機が起動し、SD カー
ドがセットされていることを前提にします。
ヒント
以下の例では内蔵マイクを使って歌を録音しますが、リアパネルの
INPUT A または INPUT B 端子に外部マイクを接続して録音するこ
ともできます。
入力ソースを接続、設定する
1. リアパネルの INPUT A 端子にエレキギターを接続します。
2. 左サイドパネルの MIC/LINE - GUITAR 切換スイッチを GUITAR
側に設定します。
ヒント
ソースを選択します。
最初の状態では IN A(INPUT A チャンネル)の現在の入力ソース
が反転表示されています。
4. DATA ホイールを使って、IN A の入力ソースを GUITAR/LINE に
します。
プリアンプ内蔵のエレアコギターやアクティブタイプのエレキギター
を接続する場合や、エレキギターと本機の間にエフェクターなどを接
続する場合は、MIC/LINE - GUITAR 切換スイッチを MIC/LINE 側
に設定します。
16 TASCAM
この画面で INPUT A チャンネルおよび INPUT B チャンネルの入力
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
5. F4(¶)キーを押して IN B(INPUT B チャンネル)の現在の入力
を反転表示します。
7. 設定を終えたら HOME キーを押します。
ディスプレイがホーム画面に戻ります。
メ モ
INPUT SETTING 画面には、もうひとつ MODE 項目があり、この
項目を使って入力モニターモードを設定します。"STEREO" モード
のとき、INPUT A チャンネル、INPUT B チャンネルの入力信号が
それぞれ L、R チャンネルから聞こえます。
6. DATA ホイールを使って、IN B の入力ソースを INT.MIC B-Low、
INT.MIC B-Mid または INT.MIC B-High にします。
これで、フロントパネルの右側の内蔵マイクである MIC B が
INPUT B チャンネルの入力ソースになります。
"MONO × 2" モードのとき、それぞれの入力信号が両チャンネル
から聞こえます。
ソングをロードする
曲を録音するための「ソング」をロードします。
デモソングを聞いた後、以下の操作で SONG001 をロードします。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
メ モ
INT.MIC B-Low、INT.MIC B-Mid、INT.MIC B-High では、内蔵
マイクの感度が異なります。入力の大きさに応じて選択を行います。
どれにしたらよいかわからない場合は INT.MIC B-Low を選択して
ください。そして入力レベル調整時に十分なレベルが得られない場
合は、再びこの画面に戻って INT.MIC B-Mid に切り換えてください。
それでも十分な入力レベルが得られないときは、INT.MIC B-High
に切り換えてください。
TASCAM DP-004
17
第 2 章 クイックスタートガイド
2. DATA ホイールを使って SONG 項目を反転表示し、F4(¥)キー
ギターをトラック 1 の録音ソースにする
を押して SONG メニュー画面を表示します。
初期設定では、トラック 1、3 の録音ソースは INPUT A チャンネル、
トラック 2、4 の録音ソースは INPUT B チャンネルに設定されています。
上記(「入力ソースを接続、設定する」)の入力設定で、INPUT A チャ
ンネルの入力ソースをギター、INPUT B チャンネルの入力ソースを内
蔵マイク(MIC B)に設定しましたので、この状態で、ギターをトラッ
ク 1、3、MIC B をトラック 2、4 に録音することができます。
3. DATA ホイールを使って LOAD 項目を反転表示し、F4(¥)キー
を押して SONG LOAD 画面を表示します。
ソングリストが表示されます。
したがってこの手順例では、入力チャンネルのアサイン設定を変えずに
ギターをトラック 1 に録音することができます。
各トラックの録音ソースを変更する手順については、
「録音を重ねる(1)」
(21 ページ)、「録音を重ねる(2)
」(22 ページ)をご覧ください。
入力レベル調整とモニター
INPUT A チャンネルの LEVEL つまみを使って、ギターの入力レベルを
調整します。
4. D A T A ホ イ ー ル を 使 っ て " S O N G 0 0 1 " を 反 転 表 示 し 、 F 2
(EXEC)キーを押します。
何も記録されていないソングがロードされ、SONG メニュー画面に
戻ります。
5. HOME キーを押します。
ディスプレイがホーム画面に戻ります。
18 TASCAM
DP-004
いちばん大きい音のときに INPUT A チャンネルの OL インジケーター
が点灯しないように LEVEL つまみを設定します。LEVEL つまみを下げ
ていっても OL インジケーターが点灯する場合は、ギター信号自体が大
きすぎますので、ギターの出力レベルを下げてください。
第 2 章 クイックスタートガイド
ギターを弾くと、ディスプレイの "A" メーターに入力レベルが表示され
ます。
MASTER LEVEL つまみと VOLUME ダイヤルを上げると、ヘッドホン
の L チャンネルからギターの音が聞こえ、ディスプレイ右側の "L" メー
ターが振れます。
メ モ
INPUT SETTING 画面の MODE 項目をモノラルモード( "MONO
メ モ
入力ソースが内蔵マイクの場合、内蔵マイクを録音ソースにしてい
るトラックの REC インジケーターが消灯しているときは入力が聞こ
えません。
x2" )に変更すると、ギターの音が L、R 両チャンネルから聞こえ、
L、R 両方のメーターが振れます。( → 54 ページ「入力信号のモニ
ターについて」
)
TASCAM DP-004
19
第 2 章 クイックスタートガイド
トラック 1 にギターを録音する
1. トラック 1 の REC キーを押します。
REC インジケーターが点滅し、録音待機状態になります。
4. トラック 1 の REC キーを押して REC インジケーターを消灯します。
聴いてみる
1. レコーダーを頭に戻すには、停止(ª)キーを押しながら Ô キー
を押します(RTZ =Return To Zero 機能)
。
2. 録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押して録音を開始し、
ギターを演奏します。
2. 再生(Á)キーを押して、録音したトラックを再生します。
トラック 1 の REC インジケーターが点滅から点灯に変わります。
3. 演奏が終わったら停止(ª)キーを押して録音を停止します。
3. トラック 1 の LEVEL つまみと MASTER LEVEL つまみを使って、
再生モニターのレベルを調節します。最終的なモニター音量は
VOLUME ダイヤルを使って調節します。
20 TASCAM
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
ヒント
トラック 1 の PAN つまみを使って、トラック信号のステレオ定位を
設定することができます。
º 録音したサウンドに満足できなかったら、レコーダーを頭に戻して
から、上記「最初のトラックを録音する」の手順を初めから繰り返
します。録音したサウンドが気に入ったら、次に進みます。
録音トラックごとに、録音ソースにする入力チャンネル(INPUT A
または INPUT B)をアサインします。
録音を重ねる(1)∼トラック 2 にギターを録音
トラック 1 のリズムギターを聞きながら、トラック 2 にリードギターを
録音してみましょう。
この場合、以下の手順でトラック 2 の録音ソースを変更する必要があり
初期設定ではトラック 1 と 3 の録音ソースとして INPUT A、トラ
ック 2 と 4 の録音ソースとして INPUT B がアサインされています。
2. F4(¶)キーを使ってトラック 2 の現在の録音ソース(初期設定:
IN B)を反転します。
ます。
1. ASSIGN キーを押します。
INPUT ASSIGN 画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って、IN A に設定します。
TASCAM DP-004
21
第 2 章 クイックスタートガイド
8. レコーダーを頭に戻し、録音(º)キーを押しながら再生(Á)キー
メ モ
リードギターをトラック 3 に録音するのであれば、初期設定のまま
で録音ソースを変更する必要がありません。
4. HOME キーを押して、ホーム画面に戻します。
5. トラック 2 の REC キーを押します。
REC インジケーターが点滅し、録音待機状態になります。
を押して録音を開始し、リードギターを演奏します。
録音(º)キーが赤く点灯し、トラック 2 の REC インジケーターが
点滅から点灯に変わります。
9. 演奏が終わったら停止(ª)キーを押して録音を停止します。
10. トラック 2 の REC キーを押して REC インジケーターを消灯します。
録音を重ねる(2)∼トラック 3 にボーカルを録音
1. ASSIGN キーを押します。
INPUT ASSIGN 画面が表示されます。
6.(停止(ª)キーを押しながら REW キーを押してレコーダーを頭に
戻し、再生(Á)キーを押して)レコーダーを頭から再生し、録音
されているリズムギターに合わせて、リードギターを演奏してみます。
ヘッドホンから、トラック 1 の再生音および入力しているギターが
聞こえます。
7. 必要に応じて、トラック 1 の LEVEL つまみ、MASTER LEVEL つ
まみ、VOLUME ダイヤル使って、モニターのレベルやバランスを
調節します。
22 TASCAM
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
2. F4(¶)キーを使ってトラック 3 の現在の録音ソース(初期設定:
IN A)を反転します。
いちばん大きい音のときに INPUT B セクションの OL インジケー
ターが点灯しないように LEVEL つまみを設定します。
メ モ
LEVEL つまみを下げていっても OL インジケーターが点灯する場合
は、マイク信号自体が大きすぎます。このような場合、入力の選択が
INT.MIC B-High のときは INT.MIC B-Mid あるいは INT.MIC BLow に、入力の選択が INT.MIC B-Mid のときは INT.MIC B-Low に
3. DATA ホイールを使って、IN B に設定します。
切り換えてください。INT.MIC B-Low に設定してもまだ OL インジ
ケーターが点灯する場合は、音源をマイクから遠ざけるか、あるいは
音源の音量を下げてください。
メ モ
初期設定でトラック 2 と 4 の録音ソースとして INPUT B がアサイ
ンされていますので、ボーカルをトラック 4 に録音するのであれば、
内蔵マイクの MIC B に音を入れると、ディスプレイの "B" メーター
に入力レベルが表示されます。
録音ソースを変更する必要がありません。
4. HOME キーを押して、ホーム画面に戻します。
5. トラック 3 の REC キーを押します。
REC インジケーターが点滅し、録音待機状態になります。
6. INPUT B セクションの LEVEL つまみを使って、マイクの入力レベ
ルを適正に調整します。
TASCAM DP-004
23
第 2 章 クイックスタートガイド
MASTER LEVEL つまみと VOLUME ダイヤルが上がっている状態
で、ヘッドホンからマイクの音が聞こえます。
7.(停止(ª)キーを押しながら REW キーを押してレコーダーを頭に
戻し、再生(Á)キーを押して)レコーダーを頭から再生し、録音
されているリズムギターとリードギターに合わせて、歌ってみます。
ヘッドホンから、トラック 1、2 の再生および歌が聞こえます。
8. 必 要 に 応 じ て 、 ト ラ ッ ク 1 と ト ラ ッ ク 2 の L E V E L つ ま み 、
MASTER LEVEL つまみ、VOLUME ダイヤルを使って、モニター
のレベルやバランスを調節します。
9. レコーダーを頭に戻し、録音(º)キーを押しながら再生(Á)キー
を押して録音を開始し、歌を歌います。
録音(º)キーが赤く点灯し、トラック 3 の REC インジケーターが
点滅から点灯に変わります。
10. 演奏が終わったら停止(ª)キーを押して録音を停止します。
11. トラック 3 の REC キーを押して REC インジケーター消灯します。
注 意
マイクを使う場合は、かならずヘッドホンを使ってモニターしてく
ださい。スピーカーを使ってモニターを行うとフィードバックを起
こす可能性があります。また、正常な音で録音されません。
メ モ
ミックスダウンする
録音が終わったら、ステレオにミックスダウンします。
本機では、各ソングごとにステレオミックスを作成して保存することが
できます。
入力ソースが内蔵マイクの場合、内蔵マイクを録音ソースに設定し
ているトラックの REC インジケーターが消灯しているときは入力が
聞こえません。
1. トラック 1 ∼ 3 の LEVEL つまみを使って、レベルとバランスを調
節します。全体のレベルは MASTER LEVEL つまみを使って調節し
ます。また、トラックの PAN つまみを使って、ステレオの定位を設
定します。
ディスプレイ右にある L/R メーターを監視しながら調節します。
24 TASCAM
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
マスタリングする
ミックスしたサウンドをレコーディングして、ステレオマスターを作り
2. ソングを再生し、ステレオマスターの終了点にしたい位置で F4 キー
を押します。
"SET OUT !" が表示されます。
ましょう。この工程を本機ではマスタリングと呼びます。
ソングの頭(00:00:00:00)から OUT 点までの範囲がステレオマス
ターになります。
最初に OUT 点を設定します。
1. IN/OUT キーを押して I/O SETTING 画面を表示します。
この位置が OUT 点として設定され、マスタリングの終了点になり
ます。
ヒント
停止中に F4 キーを押しても、OUT 点を設定することができます。
TASCAM DP-004
25
第 2 章 クイックスタートガイド
3. IN/OUT キー(または HOME キー)を押してホーム画面に戻ります。
4. REC MODE キーを押します。
7. 録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押します。
ステレオマスターの録音が始まります。
OUT 点まで来ると、自動的に録音を終了します。
メ モ
録音中に LEVEL つまみを使って各トラックのレベルや全体のレベル
を変えることもできます。
8. REC MODE キーを押します。
RECORDER MODE 画面が表示されます。
RECORDER MODE 画面が表示されます。
9. DATA ホイールを使って MASTER PLAY を反転表示します。
5. DATA ホイールを使って MASTER REC を反転表示します。
6. F4(EXEC)キーを押します。
10. F4(EXEC)キーを押します。
本機がマスター再生モードになり、ホーム画面に戻ります。
本機がマスターレコーディングモードになり、ホーム画面に戻ります。
11. この状態で再生(Á)キーを押すと、作成したステレオマスター
を聞くことができます。
26 TASCAM
DP-004
第 2 章 クイックスタートガイド
終了する
作業が終わったら本機を終了します。
1. POWER キーを押し続け、ディスプレイに "POCKETSTUDIO" が
表示されたら離します。
本機が自動的にシャットダウン動作(今まで操作した各種情報の記
録)を行った後、電源がオフになります。
注 意
終了するときは必ず上記の手順で正しく終了してください。
電池を外したり電源コードを抜くなどをして電源を切ると、前回の
シャットダウン処理もしくはソングセーブ以降の記録データや設定
が全て失われます。
なお、失われたデータや設定は復活することができません。
TASCAM DP-004
27
第 3 章 各部の名称と機能
トップパネル
録するときに使います。( → 69 ページ「IN / OUT ポイントを設定
する」)
このキーを押すと I/O SETTING 画面が表示され、IN 点と OUT 点
を登録することができます。なお、OUT 点はマスタリング時の終了
点としても使われます。
4 REC MODE キー
レコーダーモードを設定するときに使います。このキーを押すと
RECORD MODE 画面が表示され、MULTI TRACK、BOUNCE、
MASTER REC、MASTER PLAY の中から選択することができま
す。( → 43 ページ「レコーダーモード」)
メ モ
本機では MULTI TRACK モードが標準モードです。これ以外のモー
ド中は受け付けない機能が多くあります。また、本機の電源をオンに
したとき、常に MULTI TRACK モードで立ち上がります。
1 POWER キー/インジケーター
5 UN/REDO キー/インジケーター
電源のオン/オフを行うときにこのキーを長押しします。( → 36
直前の操作の取り消し(シングルアンドゥ)およびシングルアンド
ページ「起動と終了」)
ゥの取り消し(リドゥ)を行うとき、このキーを押します。( → 63
電源がオンのときインジケーターが点灯します。
ページ「実行した操作を取り消す(アンドゥ)」)
停止(ª)キーを押しながらこのキーを押すと HISTORY 画面が表
2 REPEAT キー
リピート再生モードのオン/オフを行うときにこのキーを押します。
( → 69 ページ「リピート再生」)
3 IN/OUT キー
実行することができます。シングルアンドゥまたはマルチアンドゥを
実行して取り消した操作があるとき、UN/REDO インジケーターが
点灯します。
リピート再生やトラック編集の始点(IN 点)と終点(OUT 点)を登
28 TASCAM
示され、この画面を使って、複数の操作を取り消すマルチアンドゥを
DP-004
第 3 章 各部の名称と機能
6 LCD ディスプレイ
0 MASTER LEVEL つまみ
ホーム画面、各種メニュー画面、ポップアップメッセージなどを表
ステレオ出力信号のモニターレベルを調節します。
示します。( → 38 ページ「ディスプレイ画面」)
バウンス時やミックスダウン時やマスタリング時には録音レベルを
PREFERENCE 画面を使ってディスプレイのコントラストを調節す
調節します。
ることができます。( → 45 ページ「コントラストを調整する」)
7 INPUT SETTING キー
入力ソースを選択するときに使います。このキーを押すとディスプ
レイに INPUT SETTING 画面が表示されます。( → 53 ページ「入
力ソースを選択する」)
8 入力チャンネル用 LEVEL つまみ/ OL インジケーター
(INPUT A、INPUT B)
q PAN つまみ(TRACK 1 ∼ TRACK 4)
各トラック再生信号のステレオミックスにおける定位を調節します。
( → 60 ページ「定位(パン)」)
w LEVEL つまみ(TRACK 1 ∼ TRACK 4)
各トラック再生信号のレベルを調節します。( → 59 ページ「レベ
ルとバランス」)
e REC キー/インジケーター(TRACK 1 ∼ TRACK 4)
LEVEL つまみを使って、INPUT A、INPUT B チャンネルそれぞれ
REC キーを押すとトラックが録音待機状態になります(REC イン
の入力レベルを調節します。( → 57 ページ「レコーディング(最
ジケーター点滅)。録音待機状態のときに REC キーを押すと録音待
初の録音)」)
機が解除されます。録音待機状態のときに録音(º)キーを押しな
入力ソースの信号が大きすぎると OL インジケーターが点灯します。
がら再生(Á)キーを押すと、録音待機状態のトラックの録音が始
また LEVEL つまみを上げすぎると(2 ∼ 3 時位置以上に設定する
まります(REC インジケーター点灯)。
と)、入力ソース信号の大きさが適正であっても OL インジケーター
が点灯する場合があります
9 ASSINGN キー
r ファンクションキー
画面によって機能が変わるキーです。ディスプレイ表示画面の下部
に表示中の機能が現在割り当てられている機能です。
各トラックに入力チャンネル(INPUT A、INPUT B)をアサイン
するときに使います。このキーを押すとディスプレイに INPUT
メ モ
ASSIGN 画面が表示されます。アサインされた入力チャンネルの入
本取扱説明書では便宜上、4 つのファンクションキーを左から順に
力信号が録音ソースになります。( → 56 ページ「入力チャンネル
F1、F2、F3、F4 キーという名前で表記します。また、ディスプレ
をアサインする」)
イ上に表示される機能を、キー名の後ろにカッコ付きで表記する場
合があります。例: F4(¥)キー、F2(EXEC)キー。
TASCAM DP-004
29
第 3 章 各部の名称と機能
t DATA ホイール
メニュー操作中、パラメーターの値を変えたり項目を選択するとき
に使います。
p MENU キー
このキーを押すと、MENU 画面が表示されます。
a 再生(Á)キー
また、停止中でホーム画面表示中、カウンター値を変えることによ
再生を始めるとき、このキーを押します。また、録音を始めるとき、
りレコーダーの位置を移動することができます。( → 68 ページ
録音(º)キーを押しながらこのキーを押します。録音中にこのキー
「ダイレクトロケート機能」)
y HOME キー
を押すと、録音を終了して再生になります(パンチアウト)
。
s 録音(º)キー/インジケーター
このキーを押すと、ホーム画面が表示されます。
u Ô キー/ RTZ キー
録音を始めるとき、このキーを押しながら再生(Á)キーを押しま
す。録音中、インジケーターが点灯します。
停止中や再生中にこのキーを押すと早戻しを行います。押すたびに
また、いずれかのトラックの REC インジケーターが点滅していると
スピードが 10 倍→ 50 倍→ 100 倍→ 1,000 倍と変化します。
き、再生中にこのキーを押すと録音が始まります(パンチイン)
。
( →
停止(ª)キーを押しながらこのキーを押すと、ソングの先頭
66 ページ「パンチイン/アウト」
)
(00:00:00:00)にロケートします。( → 68 ページ「ロケート/
サーチ機能」)
i 停止(ª)キー
再生、録音、早送り/早戻しを停止するときにこのキーを押します。
また、Ô キーや  キーとの同時押しによって、ソングの先頭
(RTZ)、あるいは最後に録音を始めた位置(LRP)にロケートする
ことができます。( → 68 ページ「ロケート/サーチ機能」)
o  キー/ LRP キー
停止中や再生中にこのキーを押すと早送りを行います。押すたびに
スピードが 10 倍→ 50 倍→ 100 倍→ 1,000 倍と変化します。
停止(ª)キーを押しながらこのキーを押すと、最後に録音を始めた
位置(LRP)にロケートします。
( → 68 ページ「ロケート/サーチ
機能」
)
30 TASCAM
DP-004
第 3 章 各部の名称と機能
フロントパネル
d MIC A
内蔵の無指向性マイクです。INPUT A チャンネルの入力として内蔵
マイク(INT.MIC A-Low、INT.MIC A-Mid、INT.MIC A-High)
を選択したときの入力ソースになります。
f MIC B
内蔵の無指向性マイクです。INPUT B チャンネルの入力として内蔵
マイク(INT.MIC B-Low、INT.MIC B-Mid、INT.MIC B-High)
を選択したときの入力ソースになります。
リアパネル
g INPUT B 端子
INPUT SETTING 画面で、INPUT B チャンネルの入力としてライ
ン(LINE)または外部マイク(MIC)を選択したときの入力ソース
になります。アンバランスのラインまたはマイクを入力することが
できます。
h INPUT A 端子
INPUT SETTING 画面で、INPUT A チャンネルの入力としてギ
ター/ライン(GUITAR/LINE)または外部マイク(MIC)を選
択したときの入力ソースになります。アンバランスのギター、ライ
ンまたはマイクを入力することができます。
入力ソースに応じて左サイドパネルの MIC/LINE - GUITAR スイッ
チを設定します。
TASCAM DP-004
31
第 3 章 各部の名称と機能
右サイドパネル
j USB ポート
左サイドパネル
l MIC/LINE - GUITAR スイッチ
付属の USB ケーブルを使ってパソコンと接続します。パソコンとの
リアパネルの INPUT A 端子に入力する信号ソースに合わせて設定
ファイル共有や、インポート、エクスポート、ソングデータのバッ
します。マイクやライン信号を入力するときは MIC/LINE ポジショ
クアップが可能です。( → 87 ページ「パソコンと接続する」
)
ン、エレキギターやエレキベースを直接入力するときは GUITAR ポ
ジションに設定します。
k DC IN 5V ジャック
別売の専用 AC アダプター(PS-P520)を接続します。
;
/LINE OUT 端子
この端子(ステレオミニジャック)にヘッドホンまたはアンプ/
モニターシステムを接続することにより、ステレオバス信号をモ
ニターすることができます。メトロノーム動作中はメトロノーム
信号をモニターできます。
z VOLUME ダイヤル
/LINE OUT 端子の出力ボリュームを調節します。
注 意
音量調整つまみは小さく、目盛は付いていません。電源を入れる前
には必ず矢印の方向に止まるまで回して音量を最小にしてください。
突然大きな音が出て聴力障害などの原因となることがあります。
32 TASCAM
DP-004
第 3 章 各部の名称と機能
ボトム
c
v
[ 電池ボックス蓋を外した状態 ]
x 電池ボックス蓋
c 電池ボックス
本機の電源になる電池(単三電池、4 本)を収納するボックスです。
奥に SD カードスロットがあります。
v SD カードスロット
SD カードをセットするスロットです。
TASCAM DP-004
33
第 4 章 準備
SD カードと電源の準備
SD カードをセットする
本機は SD カードを使って録音/再生を行います。
º 使用できる SD カードは SD、SDHC 規格に対応したカードです。
º 512MB 以上のカードをお使いください。
º タスカムのウェブサイトには、当社でテスト済の SD カードのリス
トが掲載されています。(http://www.tascam.jp/)
本機のボトムの電池ボックス内部に SD カードスロットがあり、ここに
SD カードをセットします。
1. 電池ボックスの蓋を開けます。電池が入っている場合は本体の電源
が切れていることを確認してから電池を取り出します。
2. 奥の SD カードスロット部に SD カードを図の方向にカチッと音がす
るまで差し込みます。
34 TASCAM
DP-004
3. カードをセットしたら、蓋を閉めます。
電池を入れる場合は、電池を入れてから蓋を閉めます。
*カードを取り出すには:
セットされているカードを奥に押すと手前に出てきます。
第 4 章 準備
注 意
電池や SD カードを取り出す場合は、必ず電源をオフにしてから行
ってください。電源がオンのときに取り出すと、前回の終了処理も
しくはソングセーブ以降の記録データや設定がすべて失われます。
電源を準備する
単三電池または別売の電源アダプターを使って本機に電源を供給しま
す。本機はアルカリ乾電池の他にニッケル水素電池も使用することが
できます。
なお、失われたデータや設定は復活することができません。
メ モ
プロテクトされている SD カードをセットすると、録音や編集がで
きません(再生はできます)。
電池をセットする
上項の「SD カードをセットする」で述べたように本機のボトムに電池
ボックスがあります。
この中に単三電池 4 本を電池ボックス内の ± と—の表示に合わせてセッ
トします。
注 意
付属のアルカリ乾電池は動作確認用です。そのため寿命が短い場合
があります。
TASCAM DP-004
35
第 4 章 準備
別売の AC アダプターを接続する
起動と終了
別売の AC アダプター(PS-P520)を使う場合、アダプターと本機 、
電源コードと電源アダプター、電源コードとコンセントをそれぞれ接続
します。
起動する
トップパネルの POWER キーを押し続け、"TASCAM" が表示された
ら(あるいは POWER キーのインジケーターが緑色に点灯したら)離
します。
本機が起動して、ディスプレイに以下の画面(ホーム画面)が現れます。
[ 起動画面 ]
メ モ
電池と AC アダプターの両方をセットした場合、AC アダプターから
電源が供給されます。
[ HOME 画面 ]
36 TASCAM
DP-004
第 4 章 準備
起動時のレコーダーモードは、
(前回終了時のレコーダーモードにかかわ
シャットダウン処理(今まで操作した各種情報の記録)が実行された後
らず)常に MULTI TRACK モードです。( → 43 ページ「レコーダー
に、電源がオフになります。
モード」
)
メ モ
注 意
レコーダーモードがどのモードであっても終了することができます
本機の電源のオン/オフ操作は、本機に接続しているモニターシス
が、次回電源をオンにしたときは、常に MULTI TRACK モードで
テムのボリュームを絞った状態で行ってください。また、電源オ
立ち上がります。( → 43 ページ「レコーダーモード」)
ン/オフ操作時にヘッドホンを装着しないでください。ノイズによ
注 意
ってスピーカーや聴覚を損傷する恐れがあります。
≠ 電源がオンのときに電池を外したり電源コードを抜くなどして電源
を切らないでください。前回のシャットダウン処理もしくはソング
終了する
セーブ以降の記録データや設定が全て失われます。なお、失われた
本機を終了するには、あらかじめ以下の準備を行います。
º レコーダーを停止します。(再生中、録音中、早送り中などは本機を
終了できません。)
º ディスプレイをホーム画面に戻します。
º パソコンと USB 接続している場合、パソコンから本機を正しい手順
データや設定は復活することがきません。
≠
電源をオフにすると、現在ロードされているソングの操作履歴がす
べて消去(クリア)されます。再度電源をオンにしたときは前回の
電源オフ時の状態でソングが立ち上がり、過去の操作のアンドゥや
リドゥはできません。
で取り出してから USB ケーブルを外します。
準備ができたら、以下の画面が表示されるまで(または POWER キーの
インジケーターが点滅を始めるまで)POWER キーを押し続けます。
TASCAM DP-004
37
第 4 章 準備
SD カードを初期フォーマットする
新しい SD カードを使用するには、初期フォーマットが必要です。本機
は SD カードを FAT パーティションと MTR パーティションに分割しま
す。SD カードの容量が大きい場合、複数の MTR パーティションに分
注 意
フォーマットを実行すると他の機器で記録されたデータも全て消去
されて復元できなくなりますのでご注意ください。
1. F3(YES)キーを押します。
割することもできます。
カード容量に応じて、標準的なパーティション設定でフォーマット
パーティションに関する詳しい説明は「第 9 章 SD カードの管理」
が行われます。
(77 ページ)をご覧ください。
メ モ
フォーマットが正常に終了するとホーム画面が表示されます。
メ モ
付属の SD カードはフォーマット済みですので初期フォーマットす
る必要がありません。フォーマットを行うと、あらかじめ記録され
ているデモソングが消去されてしまいます。
≠ フォーマットを実行しない場合は F4(NO)キーを押します。
≠ カード容量によっては、あとからパーティション設定を変更できる場
合があります。その場合、CARD メニューの FORMAT 項目でパー
新しい SD カードを本機に最初にセットすると、フォーマットを促す画
ティションサイズを設定してからフォーマットを行います。
( → 77
面が表示されます。
ページ「第 9 章 SD カードの管理」
)
ディスプレイ画面
本機のディスプレイにはレコーダーの状態を示す「ホーム画面」と、設
定や機能実行を行う各種画面があります。
ホーム画面
メ モ
本機以外の機器でフォーマットを行った SD カードをセットした場
本機のディスプレイの基本画面は以下のような「ホーム画面」です。
合も、フォーマットを促す上記の画面が表示されます。
ホーム画面表示中に、録音や再生を行います。
本機の電源をオンにすると、起動完了後にホーム画面が表示されます。
38 TASCAM
DP-004
第 4 章 準備
このときのレコーダーモードは常に MULTI TRACK モードです。( →
電池残量に応じて目盛りが表示されます(
43 ページ「レコーダーモード」)
目盛り表示がなくなると
他の画面を表示中、HOME キーを押すと、ホーム画面に戻ります。
フになります。
、
、
)。
、電池切れのためにまもなく電源がオ
別売の AC アダプター使用時は
を表示します。
5 レコーダーのトランスポート状態
再生時は Á、停止時は ª、録音時は º を表示します。
6 リピート再生モード
リピート再生モード中、
を表示します。
7 レコーダーのタイムカウンター
ソングの先頭からの経過時間を表示します。
8 時間編集対象桁を示すカーソルキー
DATA ホイールを回すと、カーソル位置の時間桁の値が変わります。
9 F1 キーのモード表示
ホーム画面表示中、F1 キーを押すと、タイムカウンターのカーソル
位置が移動します。
1 レコーダーモード
0 入力チャンネル A、B のレベルメーター
現在のレコーダーモードを表示します。
それぞれ INPUT A、INPUT B の入力ソースの信号レベルを表示し
2 SD カードプロテクト表示
ます。
SD カードがプロテクトされているときに点灯します。
3 SD カードの有無
SD カードがセットされているときに
ていないときは
q レコーダートラック 1 ∼ 4 のレベルメーター
録音時は入力(録音)信号、再生時は再生信号のレベルを表示します。
を表示します(セットされ
を表示)。
w ステレオ出力(L、R)のレベルメーター
/LINE OUT 端子からの出力信号レベルを表示します。
4 電源状態表示
電池駆動時は、電池アイコンを表示します。
TASCAM DP-004
39
第 4 章 準備
画面構成
画面操作
本機では、ディスプレイを使って、さまざまな設定や機能実行、あるい
ホーム画面表示中に MENU キーまたは専用キーを使って画面を表示し
は情報表示を行います。
た後、DATA ホイールおよびディスプレイの下に並ぶ 4 つのファンクシ
各操作画面には、ホーム画面表示中に MENU キーを押して MENU 画面
ョンキーを使って画面操作を行います。なお、再生中や録音中は、カー
経由でアクセスするものと、専用キーからアクセスするものがあります。
ドアクセスが発生する可能性のある画面を呼び出すことができません。
以下に画面構成をまとめます。
このような画面を呼び出そうとした場合、"Not Stopped" がポップア
ップ表示されます。
MENU キーから MENU 画面経由でアクセス
画面内の下部にはファンクションキーに割り当てる機能が表示されま
≠ INFORMATION 画面
す。なお、本取扱説明書では便宜上、ファンクションキーを左から順に
≠ SONG メニュー画面
F1、F2、F3、F4 キーと表記します。
≠ CARD メニュー画面
≠ TRACK EDIT メニュー画面
≠ WAVE メニュー画面
º 画面内で値の設定を行わない画面(MENU 画面など)内で、項目を
選択(反転表示)するには、DATA ホイールを使います。
≠ DATA BACKUP メニュー画面
≠ TUNER 画面
≠ METRONOME 画面
≠ PREFERENCE 画面
専用キーからアクセス
≠ INPUT SETTING 画面(INPUT SETTING キー使用)
º サブ画面がある項目では右側に¥が表示されます。サブ画面に進む
≠ INPUT ASSIGN 画面(ASSIGN キー使用)
には画面下部の「¥」表示に対応するファンクションキーを押しま
≠ I/O SETTING 画面(IN/OUT キー使用)
す。(上の MENU 画面では、F4 キーを押すとサブ画面に進みます。)
≠ RECORDER MODE 画面(REC MODE キー使用)
≠ HISTORY 画面(STOP キー+ UN/REDO キー)
º 現在表示されているリストの上または(および)下にも項目がある
場合、画面の右下に§または(および)¶ が表示されます。
(上の MENU 画面では、¶ が表示され、TRACK EDIT の下にも項
目があることを示しています。)
40 TASCAM
DP-004
第 4 章 準備
º 画面内で値の設定を行う場合、DATA ホイールを使って値を設定し
ます。
º 手前の階層に戻るには、画面下部の「BACK」表示に対応するファ
ンクションキーを押します。(上の TUNER 画面では、F1 キーを押
º 次の操作に進む場合、画面下部の「NEXT」表示に対応するファン
クションキーを押します。
º 専用キーからアクセスした画面を抜ける時には「EXIT」表示に対応
するファンクションキーを押します。
すと手前の階層に戻ります。)
º 画面内に値を設定する項目が複数ある場合、画面下部の「§」、「¶」
表示に対応するファンクションキーを使って項目選択を行い、
DATA ホイールを使って値を設定します。
º 機能を実行するとき、「EXEC」表示に対応するファンクションキー
を押します。
TASCAM DP-004
41
第 4 章 準備
º メニュー画面から一気にホーム画面に戻るには HOME キーを押しま
す。メニュー操作を終えたら必ずホーム画面に戻すようにしてくだ
さい。
以下は SONG メニュー画面の例です。
SONG メニューを表示するには上記のメインメニューで SONG を
メ モ
画面操作中、手前の画面に戻るには、F1(BACK)キーを押します。
º ソングをロードするには、DATA ホイールを使って希望のソングを
反転表示し、F2(EXEC)キーを押します。
反転し、F4(¥)キーを押します。
メ モ
º DATA ホイールを使って、メニューから希望の項目を反転表示し
ます。
ディスプレイ内で「EXEC」が表示される位置は画面によって異な
ります。
以下の例では LOAD が選択されています。また、画面右下の ¶ 表
示があることから、COPY 項目の下には、他の項目が存在すること
名前の編集
がわかります。
ソングやエクスポートするファイルなどの名前(タイトル)の編集がで
きます。
以下の場合に名前の編集が可能な画面が表示されます。
ソングの保存、作成、名前編集
SONG メニューから SAVE、CREATE または NAME EDIT 項目を
º F4(¥)キーを押して、LOAD 画面を表示します。以下は LOAD
画面の例で、SD カード上に保存されているソングのリストが表示さ
れます。
42 TASCAM
DP-004
選んで F4(¥)キーを押します。( → 46 ページ「第 5 章 ソング
の管理」)
第 4 章 準備
マスタートラックの WAV ファイルをエクスポートするとき
レコーダーモード
WAVE メニューから EXPORT MASTER 項目を選んで F4(¥)
キーを押します。( → 94 ページ「ステレオマスターをエクスポー
本機には 4 つのレコーダーのモードがあります。
トする」)
通常のモードは MULTI TRACK モードで、本機がマルチトラックレコー
ダーとして動作します。他のモードは BOUNCE、MASTER REC、
ソングをバックアップするとき
MASTER PLAY の各モードで、それぞれトラックバウンス、マスター
DATA BACKUP メニューから SONG BACKUP 項目を選んで F4
レコーディング、マスタートラック再生を行うときに使用します。トラ
(¥)キーを押して SONG BACKUP 画面を表示し、この画面でソ
ックバウンスについては「トラックバウンス」
(66 ページ)
、マスターレ
ングを選んで F4(NEXT)キーを押します。( → 89 ページ「ソン
コーディングやマスタートラック再生については「マスタリング」(60
グをバックアップする」)
ページ)をご覧ください。本機の電源を入れたときは常に MULTI
TRACK モードで立ち上がります。
以下の要領で名前の編集を行います。
MULTI TRACK モード以外のモードのときは、画面を使った操作を受
º Ô /  キーを使ってカーソル(下線)位置を移動します。カー
け付けない場合が多くあります。
ソル位置が編集位置になります。
º DATA ホイールを使ってカーソル(下線)位置の文字を変更します。
本取扱説明書の説明では、特に断りのない限り、レコーダーモードが
MULTI TRACK モードであることを前提としています。
一般的な記号、数字、英大文字、英小文字を入力することができます。
º カーソル位置に空白を挿入するには F3(INS)キーを使います。
ファイルの名前を編集中にはカーソル位置に "A" が挿入されます。
º カーソル位置の文字を削除するには F4(DEL)キーを押します。
º 入力/編集を終えたら F2(EXEC)キーを押して、新しい名前を保
存します。
TASCAM DP-004
43
第 4 章 準備
外部機器との接続
リアパネル
右サイドパネル
メ モ
本機をパソコンと USB 接続しているときは、レコーダーとしての機
能を使うことができません。
44 TASCAM
DP-004
第 4 章 準備
左サイドパネル
コントラストを設定する
LCD ディスプレイのコントラストを調整することができます。
以下の手順でコントラストの調整を行います。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押します。
2. DATA ホイールを使って PREFERENCE 項目を反転表示させ、F4
(¥)キーを押します。
PREFERENCE 画面が表示されます。
3. F3(§)キー、F4(¶)キーを使って CONTRAST 項目の設定値
を反転表示し、DATA ホイールを使ってディスプレイのコントラス
トを調整します。
選択肢は "1" ∼ "10" です。数値が小さいほど表示が薄く、大きい
ほど濃くなります。
ディスプレイは見る角度によって見えかたが変わります。コントラ
ストを調整することで見えやすくなる場合がありますので、本機を
使用するポジションで実際の表示を見ながら調整してください。
TASCAM DP-004
45
第 5 章 ソングの管理
本機はソングと呼ばれる単位でデータを管理します。通常、曲ごとにソン
グを割り当てます。作業を行うときは、まず初めに希望のソングをロード
アクティブパーティションを変更する
します(既存のソングをロードするか、あるいは新たなソングを作成)。
現在のアクティブパーティション以外の MTR パーティション上のファ
ソングには録音したマルチトラック(トラック 1 ∼ 4)のオーディオデー
イルを使って作業を行ったり、新規のファイルを別の MTR パーティシ
タが保存されるだけでなく、作成したステレオマスターミックスも保存さ
ョン上に作成するには、アクティブパーティションを変更する必要があ
れます。
ります。
本章では、SD カード内のパーティションの説明に始まり、ソングのロー
以下の操作は、複数の MTR パーティションが存在する SD カードがセ
ド方法や新しいソングの作成手順といった基本操作から、各種のソング
ットされていることを前提にしています。
管理機能までを説明します。
SD カードの管理の詳細については「第 9 章 SD カードの管理」(77
ページ)をご覧ください。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って CARD を反転表示し、F4(¥)キーを押
パーティションとソング
します。
CARD メニュー画面が表示されます。
ソングのデータの記録先は SD カードです。本機でフォーマットされた
SD カードは、パーティションに仕切られています。
3. DATA ホイールを使って PARTITION を反転表示し、F4(¥)キー
パーティションには、ソングデータを記録するための「MTR パーティ
を押します。
ション」と、パソコンからの読み込みが可能な「FAT パーティション」
PARTITION 画面に進み、MTR パーティションがリスト表示され
があります。また、容量の大きい SD カードの場合、複数の MTR パー
ます。
ティションが作成される場合があります。
本機で録音、再生、編集などレコーダー操作を行うには、作業対象の
MTR パーティション(アクティブパーティションと呼びます)を選択し、
その中のソングをロードするか、あるいは新たにソングを作成します。
[ パーティションがひとつだけの場合 ]
46 TASCAM
DP-004
第 5 章 ソングの管理
ソングをロードする
以下の手順で、アクティブパーティション上の希望のソングをロードし
ます。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
[ パーティションが複数の場合 ]
アクティブパーティションの末尾には "*" が表示されています。
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
また、表示されている容量はパーティションのサイズです(空き容
します。
量ではありません)。
SONG メニュー画面が表示されます。
4. D A T A ホ イ ー ル を 使 っ て 希 望 の パ ー テ ィ シ ョ ン を 選 択 し 、 F 2
(EXEC)キーを押します。
確認メッセージ( "Are you sure?" )が表示されます。
3. DATA ホイールを使って LOAD を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
SONG LOAD 画面に進み、パーティション内のソングがリスト表示
されます。現在ロード中のソングの末尾には "*" が付いています。
5. F3(YES)キーを押します。
現在作業中のソングが保存された後、アクティブパーティションが
4. DATA ホイールを使って希望のソングを反転表示し、F2(EXEC)
変更されます。
キーを押します。
そして変更後のパーティションで前回最後に作業を行ったソングが
現在ロード中のソングが保存され、選択したソングがロードされます。
ロードされます。
TASCAM DP-004
47
第 5 章 ソングの管理
新しいソングを作成する
以下の手順で、アクティブパーティション上に新規のソングを作成し
ます。
ヒント
後からでも、SONG メニュー内の NAME EDIT 項目を使ってソング
の名前を編集することができます。また、ソングを保存するときに
もソング名を編集することができます。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
5. F2(EXEC)キーを押します。
現在ロードされているソングが保存され、新しいソングが作成され
ます。
します。
SONG メニュー画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って CREATE を反転表示し、F4(¥)キーを
ソングを保存する
本機をシャットダウンするときや別のソングを呼び出すときなど、ソン
押します。
グが自動的に保存されますが、以下の手順でいつでもソングを保存する
SONG CREATE 画面が表示されます。
ことができます。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
SONG メニュー画面が表示されます。
作成されるソングには、デフォルトのソング名 "SONG***"(*** は
番号。上の画面例では SONG002)が付けられています。
3. DATA ホイールを使って SAVE を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
4. 必要に応じて「名前の編集」(42 ページ)で述べた方法に従って、
タイトル(ソング名)を付けます。
48 TASCAM
DP-004
第 5 章 ソングの管理
2. DATA ホイールを使って INFORMATION を反転表示し、F4(¥)
キーを押します。
SONG SAVE 画面が表示されます。
INFORMATION 画面の SONG ページに進み、カレントソングの名
前と録音残時間が表示されます。
4. ソング名を変更したいときは変更してから( → 42 ページ「名前の
編集」)F2(EXEC)キーを押します。そのまま保存するときは単
に F2(EXEC)キーを押します。
ソングの保存中は "Storing Song"、保存が終了すると "Save
Complete" と表示された後、SONG メニュー画面に戻ります。
メ モ
INFORMATION 画面には SONG、CARD、SYSTEM、F/W の 4
ページがあり、F3(
「PREV)キー、F4(NEXT)キーを使ってペー
ソング情報を見る
ジを切り換えます。
( → 75 ページ「情報を見る」
)
現在ロード中のソングの名前、所属パーティション、録音残時間をチェ
ックすることができます。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
ソングをコピーする
現在のアクティブパーティション内のソングを、同じパーティションま
たは別の MTR パーティションにコピーすることができます。
複数のソングをまとめて一括コピーすることもできます。
TASCAM DP-004
49
第 5 章 ソングの管理
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示し
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
SONG メニュー画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って COPY を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
メ モ
チェックボックスのチェックを外したいときは、反転表示した状態
で F4(✔)キーを押します。
5. 複数のソングをコピーする場合、手順 4.を繰り返します。
6. コピーするソングをすべて選択したら、F2(NEXT)キーを押し
ます。
コピー先のパーティションを選択する画面が表示されます。
SONG COPY 画面に進み、アクティブパーティション内のソング
がリスト表示されます。
7. DATA ホイールを使ってコピー先パーティションを選択し、F4
(EXEC)キーを押します。
4. DATA ホイールを使ってコピーしたいソングを反転表示し、F4(✔)
キーを押します。
ソングがコピー元として選択され、チェックボックスがチェックさ
れます。
50 TASCAM
DP-004
コピーが実行され、終了すると SONG メニュー画面に戻ります。
º ソングコピーをキャンセルしたいときは、F4(EXEC)キーを押す
代わりに F1(BACK)キーを押します。
第 5 章 ソングの管理
ソングを消去する
ソングを消去することができます。複数のソングをまとめて一括消去す
4. DATA ホイールを使って消去したいソングを反転表示し、F4(✔)
キーを押します。
ソングのチェックボックスがチェックされます。
ることもできます。メディアの空き容量が少なくなった場合、不要なソ
ングを消去することをお勧めします。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
SONG メニュー画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って ERASE を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
メ モ
チェックボックスのチェックを外したいときは、反転表示した状態
で F4(✔)キーを押します。
5. 複数のソングを消去する場合、手順 4.を繰り返します。
6. 消去するソングをすべて選択したら、F2(EXEC)キーを押します。
確認画面が表示されます。
SONG ERASE 画面に進み、アクティブパーティション内のソング
がリスト表示されます。
7. F3(YES)キーを押します。
消去が実行され、終了すると SONG メニュー画面に戻ります。
TASCAM DP-004
51
第 5 章 ソングの管理
º ソングの消去をキャンセルする場合は、F3(YES)キーを押す代わ
りに F4(NO)キーを押します。
プロテクトのオン/オフを設定する SONG PROTECT 画面が表示
されます。
º MTR パーティションには必ずソングが 1 つ以上存在します。したが
って、すべてのソングを消去すると、新規のソングが 1 つ作成され
ます。
ソングをプロテクトする
ソングをプロテクトすることにより、そのソングに対する編集、録音、
消去といった操作ができなくなります。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って SONG を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
SONG メニュー画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って PROTECT を反転表示し、F4(¥)キー
を押します。
52 TASCAM
4. D A T A ホ イ ー ル を 使 っ て P R O T E C T を " O N " に 設 定 し 、 F 2
(EXEC)キーを押します。
プロテクトがオンに設定されて、SONG メニュー画面に戻ります。
º コピー、削除などを行うときに表示されるソングリスト上では、プ
ロテクトされたソングの脇に錠アイコンが付いています。
º プロテクトされたソングに対して禁止操作(編集、録音、消去)を
実行しようとすると、ディスプレイに "Song Protected" と表示さ
れ、操作を受け付けません。
º プロテクトされたソングのプロテクトを解除するには、上記の手順
4.で PROTECT を "OFF" に設定します。
DP-004
第 6 章 基本レコーディング
入力ソースを選択する
IN A の選択肢
OFF :入力オフ
本機には 2 つの入力チャンネル(INPUT A および INPUT B)があり、
INT.MIC A-Low :内蔵マイク A(感度ロー)
それぞれ個別に入力ソースを選択することができます。
INT.MIC A-Mid :内蔵マイク A(感度ミドル)
入力ソースには内蔵マイク(フロントパネルの MIC A、MIC B)また
INT.MIC A-High :内蔵マイク A(感度ハイ)
は外部入力信号(リアパネルの INPUT A、INPUT B 端子からの入力)
GUITAR/LINE :ギターまたはライン(INPUT A 端子経由)
を選択できます。INPUT A チャンネルはマイク、ライン信号のほかに
ギターを入力することができ、左サイドパネルの MIC/LINE - GUITAR
スイッチで設定を行います。なお、内蔵マイク入力時は感度を選択する
MIC :マイク(INPUT A 端子経由)
IN B の選択肢
ことができます。
OFF :入力オフ
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、INPUT SETTING キー
INT.MIC B-Mid :内蔵マイク B(感度ミドル)
INT.MIC B-Low :内蔵マイク B(感度ロー)
を押します。
INPUT SETTING 画面が表示されます。
INT.MIC B-High :内蔵マイク B(感度ハイ)
LINE :ライン(INPUT B 端子経由)
MIC :マイク(INPUT B 端子経由)
3. 設定を終えたら HOME キーを押してホーム画面に戻します。
4. 上記手順 2.で INPUT A の入力ソースを INPUT A 端子経由のソー
スとして選択した場合、左サイドパネルの MIC/LINE - GUITAR 切
換スイッチを適切に設定します。
IN A と IN B 項目で、INPUT A と INPUT B チャンネルの入力ソー
エレキギターやエレキベースを直接入力した場合、GUITAR 側に設
スを設定します。
定します。
2. F3(§)、F4(¶)キーを使って IN A または IN B の設定値を反転
マイクやライン信号を入力した場合、MIC/LINE 側に設定します。
表示し、DATA ホイールを使って入力ソースを選択します。
TASCAM DP-004
53
第 6 章 基本レコーディング
モニターモードを設定する
ヒント
プリアンプ内蔵のエレアコギターやアクティブタイプのエレキギター
を接続する場合や、エレキギターと本機の間にエフェクターなどを接
INPUT A、INPUT B チャンネルの入力信号のモニターモードを設定す
ることができます。
続する場合は、MIC/LINE - GUITAR 切換スイッチを MIC/LINE 側
に設定します。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、INPUT SETTING キー
を押します。
入力信号のモニターについて
INPUT SETTING 画面が表示されます。
リアパネルの INPUT A 端子、INPUT B 端子からの入力を入力ソースに
設定した場合、REC キーの設定にかかわらず、入力信号が常にステレオ
バスに送られますので、常に入力信号をモニターすることができます。
フロントパネルの内蔵マイクを入力ソースに設定した場合、内蔵マイク
を録音ソースにしているトラックの REC インジケーターが点滅中(録
音待機中)または点灯中(録音中)のみ入力信号がステレオバスに送ら
れ、信号をモニターすることができます。REC インジケーターが消灯
しているときは入力をモニターできません。
し、DATA ホイールを使って入力モニターモードを選択します。
MONOx2 : INPUT A および INPUT B 両チャンネルの入力信号
メ モ
が、モノラル信号として L / R 両チャンネルから聞こ
INPUT A 端子、INPUT B 端子からの入力を入力ソースに設定した
場合、レコーダー再生中は、再生信号と入力ソースの音のミックス
信号が、
2. F3(§)、F4(¶)キーを使って MODE 項目の設定値を反転表示
/LINE OUT 端子に接続したヘッドホンやモニターシス
テムから聞こえてきます。
えます。
STEREO : INPUT A チャンネル、INPUT B チャンネルの入力信
号がそれぞれ L、R チャンネルから聞こえます。
3. 設定を終えたら HOME キーを押してホーム画面に戻します。
54 TASCAM
DP-004
第 6 章 基本レコーディング
OL インジケーターおよびメーターについて
INPUT セクションの OL インジケーターとホーム画面のメーターによっ
て、本機のオーディオのレベルをチェックすることができます。
INPUT A、INPUT B の LEVEL つまみ、または入力ソースの出力ボリ
ュームを使ってレベルを調節します。
メ モ
メーターは信号のレベルを監視するためのものですが、本機に信号が入
入力メーターが適切なレベルを示しているのに入力セクションの OL
力されているかどうかをチェックするときにも使うことができます。た
インジケーターが点灯する場合、入力信号が大きすぎてサウンドが
とえばモニターに何も聞こえない場合であっても、入力メーターが振れ
歪んでいます。
ていれば本機には信号が入力されていることになります。
この場合、入力ソースの音量を下げて下げてください。
下図のように、メーターの一番上に "−" が点灯する場合、レベルがオー
バーロードに達しています( "−" 表示はしばらくホールドされた後、自
トラックメーター(1 ∼ 4)
動的に消えます)
。この状態ではサウンドが歪んでいる可能性があります
これらのメーターはトラックの再生信号レベルまたはトラック入力信号
ので、"−" が点灯しないよう、レベルを下げてください。
レベルを表示します。
OL インジケーターが点灯する場合、入力ソース信号が大きすぎるか、あ
トラックメーターは動作状態に応じて下記の信号のレベルを表示します。
るいは LEVEL つまみを上げすぎています。LEVEL つまみを 2 ∼ 3 時以
下に設定しても OL インジケーターが点灯する場合、入力ソース信号が
大きすぎますので、入力ソースの音量を下げてください。
– REC インジケーター消灯で再生時:トラック再生信号
– REC インジケーター点滅(録音待機)で再生時:トラック再生信号
– REC インジケーター点滅(録音待機)で停止時:トラック入力信号
– REC インジケーター点灯時(録音時):トラック入力信号
メ モ
再生信号表示時は、トラックに録音されている信号のレベルが表示
されますので、メーターのレベルを変えることはできません。
入力信号表示時は、INPUT A、INPUT B の LEVEL つまみによっ
入力メーター(A、B)
てメーター表示レベルが変わります。
左の 2 本のメーターは本機の入力チャンネル(INPUT A と INPUT B)
の入力レベルを表示します。
TASCAM DP-004
55
第 6 章 基本レコーディング
ステレオメーター(L、R)
本機のステレオバス出力のレベルを表示します。出力レベルは
MASTER LEVEL つまみを使って調節します。
メ モ
入力ソースが内蔵マイクの場合、内蔵マイクを録音ソースにしてい
るトラックの REC インジケーターが消灯しているときはステレオバ
上図のように各トラック(1 ∼ 4)ごとの録音ソースとなる入力チ
スに信号が送られないため、メーターが振れません。
ャンネルが表示されます。
初期設定では、トラック 1 と 3 の録音ソースとして INPUT A がア
入力チャンネルをアサインする
本機において「入力チャンネルをアサインする」ということは、それぞ
れのトラックの録音ソースとしてどちらの入力チャンネル(INPUT A
または INPUT B)信号をアサインするかということです。
本機では同時に最大 2 トラックの録音が可能です。1 つの入力チャンネ
サインされ、トラック 2 と 4 の録音ソースとして INPUT B がアサ
インされています。
2. F3(§)キー、F4(¶)キーを使って設定したいトラックの現在の
入力チャンネルを反転します。
3. DATA ホイールを使って、IN A または IN B に設定します。
ルを 2 つのトラックに同時にアサインすることもできます(この場合は
もう一方の入力チャンネルは使用できません)。2 つの入力チャンネル
を同じトラックにアサインすることはできません。
1. ASSIGN キーを押します。
INPUT ASSIGN 画面が表示されます。
4. 設定を終えたら HOME キーを押してホーム画面に戻します。
56 TASCAM
DP-004
第 6 章 基本レコーディング
レコーディング(最初の録音)
以下に述べる録音操作は、すでに録音ソースを接続し、入力チャンネル
をトラックの録音ソースとしてアサインし、モニター(ヘッドホン)を
セットしていることを前提にしています。
1. 録音するトラックの REC キーを押します。
REC インジケーターが赤く点滅します(この状態を「録音待機状態」)
と言います)。
同時に録音できるトラック数は最大 2 トラックです。
2 つのトラックの REC インジケーターが点滅しているときに別の
REC キーを押すと、最初に押したトラックの録音待機状態が解除さ
入力が大きすぎると、OL インジケーターが点灯します。LEVEL つ
まみを下げても OL インジケーターが点灯する場合は、入力ソース信
号のレベルを下げます。
れて REC インジケーターが消灯します。
例えばトラック 1、トラック 2、トラック 3 の順に REC キーを押し
た場合、最初に押したトラック 1 の録音待機状態が解除されて、後
から押したトラック 2、トラック 3 が録音待機状態になります。
2. 録音のレベルを設定します。
入力チャンネル(INPUT A、INPUT B)の LEVEL つまみを使って
入力レベルを調節します。このとき、ディスプレイのメーターと
3. 録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押します。
LEVEL つまみ左上の OL インジケーターを監視しながら、適正にレ
録音が始まり録音(º)キーのインジケーターが赤く点灯します。
ベルを設定します。同時に、ヘッドホンから聞こえてくる音が歪ん
トラックの REC インジケーターが点滅から点灯に変わります。
でいないことを確認します。
メ モ
入力信号がアサインされているトラックのメーターも、入力メーター
(A、B)と同じように振れます。
4. 録音が終わったら停止(ª)キーを押します。
5. 録音を開始した位置に戻すには、停止(ª)キーを押しながら 
キーを押します。(LRP = Last Recording Point 機能)
ソングの頭(00:00:00:00)に戻すには、停止(ª)キーを押しな
がら Ô キーを押します。(RTZ = Return To Zero 機能)
TASCAM DP-004
57
第 6 章 基本レコーディング
6. 再生(Á)キーを押して、録音したトラックを再生します。
PAN つまみを使って、左右スピーカー間における各トラック信号の
トラックの LEVEL つまみと MASTER LEVEL つまみを使って、再
定位を設定します。PAN つまみを回していくとセンター位置でクリ
生レベルを調節します。最終的なモニター音量は VOLUME ダイヤ
ック感があります。
ル、またはモニターシステムのボリュームを使って調節します。
º 録音したサウンドに満足できなかったら、上記の手順を初めからや
り直します。
º Ô /  キーを押すと、早戻し/早送りを行います(テープレコー
ダーのように)。これらのキーを押したままにすると、早戻し/早送
りのスピードが速くなります。停止(ª)キーを押すと停止します
(テープレコーダーと同様)
。
オーバーダビング
すでに録音されているトラックの再生信号に合わせて別のトラックに新
しい音を録音することをオーバーダビングと言います。すなわち、最初
の録音以降の録音はオーバーダビングであり、オーバーダビングはマル
チトラックレコーディングの基本機能です。
設定
オーバーダビングを行うには、以下の要領で設定します。
REC インジケーターの設定
– 録音済みトラックの REC インジケーターを消灯します。
メ モ
トラックの PAN つまみや LEVEL つまみは、録音済みトラックの再生
出力信号をコントロールします。入力信号はコントロールしません。
58 TASCAM
DP-004
– オーバーダビング録音するトラックの REC キーを押して、録音待機
状態にします(REC インジケーター点滅)。
第 6 章 基本レコーディング
この状態で本機を録音モードにすると、録音済みトラックは再生、オー
バーダビングするトラックは録音を始めます。
本番
録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押します。
トラックのパン/レベルの設定
録音済みトラックの PAN つまみと LEVEL つまみを使って、オー
録音トラックが録音を開始しますので、再生音を聞きながらオーバーダ
ビングを行います。
バーダビング時の再生信号モニターのレベルと定位を調節します。
ミックスダウン
録音した個々のトラックの音量、定位などを調整し、それらをステレオ
ミックスしてバランス良く仕上げるのがミックスダウンです。
レベルとバランス
トラック 1 ∼ 4 の LEVEL つまみを使ってトラックの相対バランスを調
節します。そして MASTER LEVEL つまみを使って全体のレベルを調
入力の設定
本章ですでに述べた方法で、入力ソースを入力チャンネル経由で録音ト
ラックにアサインします。
節します。ディスプレイの右にある L/R メーターを見ながらレベルが適
正になるように調節します。大きすぎると音が歪みます。
メ モ
ホーム画面のトラックメーターには、トラックに録音された信号のレ
リハーサル
設定を終えたら、再生(Á)キーを押して再生を行います。
本番の録音と同じように、録音済みトラックの再生音と録音トラックの
入力ソースをモニターすることができますので、モニターのバランスや
音量をチェックします。
ベルが表示されます。したがって、LEVEL つまみを動かしてもメー
ターの振れは変わりません。
ヒント
曲全体を通して同じ音量にする必要はありません。たとえば、ギター
ソロの間に徐々に音量を上げる、といったことも可能です。
TASCAM DP-004
59
第 6 章 基本レコーディング
1. IN/OUT キーを押して I/O SETTING 画面を表示します。
定位(パン)
各トラックの PAN つまみを使って、ステレオミックスにおける各トラ
ック信号の左右の定位を設定します。
マスタリング
納得のいくミックスができたら、実際のステレオレコーディングを行い、
本機内部にステレオマスターを作成します。この工程がマスタリングで
す。本機でレコーディングしたステレオマスターは、ソングの一部とし
て保存されます。
本機では作成したステレオマスターを外部のステレオレコーダーに録音
できるほか、本機の内部で WAV ファイル形式に変換してパソコンにエ
クスポートし、パソコン上でさらにサウンド処理やレコーディングを行
うこともできます。( → 94 ページ「ステレオマスターをエクスポート
する」)
2. ソングを再生し、ステレオマスターの終了点にしたい位置で F4
(OUT)キーを押します。
"SET OUT !" が表示されます。この位置が OUT 点として設定され
メ モ
ます。
ソング内に作成できるステレオマスターはひとつだけです。
終了点を設定する
マスタリングを実行する前に、マスタリングの終了点を設定します。ソ
ングの 00:00:00:00(ゼロポイント)から OUT ポイントまでの範囲
が、ステレオマスターとしてレコーディングされます。通常は曲の終わ
りのポイントを OUT ポイントに設定します。したがって OUT ポイント
の時間がその曲の長さになります。
以下の手順で OUT ポイント(=終了点)を設定します。
60 TASCAM
DP-004
ヒント
停止中も、F4(OUT)キーを押して OUT 点を設定することができ
ます。
第 6 章 基本レコーディング
3. HOME キーを押してホーム画面に戻します。
メ モ
OUT ポイントを修正する方法など、詳しい情報は「IN / OUT ポイ
3. F4(EXEC)キーを押します。
本機がマスターレコーディングモードになり、ホーム画面に戻ります。
この状態で再生や録音を行うと、ヘッドホンやモニターシステムか
らはトラックのミックス信号(=録音される信号)が聞こえます。
ントを設定する」(69 ページ)をご覧ください。
メ モ
マスタリングを実行する
OUT ポイントを設定後、マスタリングを行います。
1. REC MODE キーを押します。
本機がマスターレコーディングモードのとき、再生機能などで機能
しないものがあります。こうした機能を実行しようとすると、ポッ
プアップメッセージ( "In Master Mode" )が表示されます。
4. 録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押します。
マスターレコーディングが始まり、録音(º)キーのインジケーター
が点灯します。
レコーダー位置がどこであっても、"00:00:00:00" ポイント(ソ
ングの先頭)からレコーディングが始まります。
必要に応じて LEVEL つまみ、PAN つまみを使ってミックスをコン
トロールします。ここでの操作はステレオマスターのサウンドに反
映されます。
RECORDER MODE 画面が表示されます。
レコーダー位置が OUT ポイントに到達すると、レコーディングが自
動的に終了します。
終了後、作成されたマスタートラックを聞いてみるには,以下の操
作を行います。
2. DATA ホイールを使って MASTER REC を反転表示します。
TASCAM DP-004
61
第 6 章 基本レコーディング
5. REC MODE キーを押します。
RECORDER MODE 画面が表示されます。
メ モ
保存されているソングに録音されているステレオマスターを聞くに
は、そのソングをロードしてから、レコーダーモードを MASTER
PLAY に設定し、再生(Á)キーを押して再生します。
ヒント
≠ マスターレコーディング時に、ミックスダウン信号に合わせて演奏
を行い、その音を INPUT A / B に入力することにより、演奏の音
6. DATA ホイールを使って MASTER PLAY を反転表示します。
7. F4(EXEC)キーを押します。
本機がマスター再生モードになり、ホーム画面に戻ります。
8. この状態で再生(Á)キーを押すと、いま作成したステレオマスター
が再生されます。
ステレオマスターの信号は
とトラック信号をミックスしてステレオマスターを作成することが
できます。
≠ マスタリング作業の後、本機の電源をオフにする場合は、上記の手
順 9.で MULTI TRACK モードに戻す必要はありません。どのレ
コーダーモードで終了しても、次回電源を入れたときは MULTI
TRACK モードで起動します。
/LINE OUT 端子から出力されますの
で、外部のステレオレコーダーにダビングすることができます。
9. 納得のいくステレオマスターが作成できたら、REC MODE キーを
押して RECORDER MODE 画面を表示し、DATA ホイールを使っ
≠ 本機で作成したマスターミックスのファイルを、パソコンで再生可
能なファイルとして、パソコンに転送することができます。( → 94
ページ「ステレオマスターをエクスポートする」)
≠ ステレオマスターをトラック 1 ∼ 4 のうちのいずれかのペアトラッ
て MULTI TRACK を反転表示し、F4(EXEC)キーを押します。
クにコピーして「クローン」トラックを作ることができます。( →
本機がマルチトラックモード(通常のモード)に戻り、ディスプレ
83 ページ「クローントラック(トラック複製)
」)
イがホーム画面に戻ります。
でき上がったステレオマスターが気に入らない場合、上記の手順で
再度マスターレコーディングをやり直します。新しいステレオマス
ターが以前のステレオマスターを上書きします。
62 TASCAM
DP-004
第 6 章 基本レコーディング
実行した操作を取り消す(アンドゥ)
本機の操作を失敗したときや、レコーディングがうまくいかなかったと
きなど、操作を取り消すことができます。編集操作、録音操作など、多
くの通常の操作は取り消し(アンドゥ)が可能です。
本機のアンドゥには、シンプルなキー操作で行うことができるシングル
アンドゥと、操作履歴上の任意の位置に戻ることができるマルチアンド
ゥの 2 種類があります。
最後に行った操作を取り消す(シングルアンドゥ)
メ モ
以下に述べるマルチアンドゥを実行して本機が以前の状態に戻って
いるときにシングルアンドゥを実行すると、さらに一つ前の状態に
戻ります。再度 UN/REDO キーを押してリドゥを実行すると、シン
グルアンドゥ操作が取り消され、再びマルチアンドゥ後の状態に戻
ります。この場合は本機が最新の状態に戻らないため、UN/REDO
インジケーターは点灯したままです。
ある操作以降の操作を取り消す(マルチアンドゥ)
1. 停止(ª)キーを押しながら UN/REDO キーを押します。
UN/REDO キーを押します。
HISTORY 画面が表示されます。
最後の操作を行う前の状態に戻ります。
この状態で UN/REDO インジケーターが点灯し、リドゥ(以下参照)
が可能です。
メ モ
本機が最後に行った編集/録音操作後の状態でないとき、
UN/REDO インジケーターが点灯します。
アンドゥ操作を取り消すには(リドゥ):
この画面には操作の履歴がリスト表示されています。リスト上の各操作
項目を「イベント」と呼びます。
UN/REDO インジケーターが点灯中に、このキーを押します。
イベント番号 "0"(START UP)から操作順にイベントがリスト表示
最後の操作が再び有効になって本機が最新の状態に戻り、
され、いちばん上の行が最新のイベントです。最新のイベントの脇には
UN/REDO インジケーターが消灯します。
"*" が付いています。
このリスト内で指定するイベント以降のイベントを取り消すことができ
ます。このように複数のイベントを取り消してそれ以前の状態に戻す操
作を「マルチアンドゥ」と呼びます。
TASCAM DP-004
63
第 6 章 基本レコーディング
2. DATA ホイールを使って、操作をさかのぼりたいイベントを選択し
≠ ソングセーブ時にソングデータとして記録される操作履歴は最大
ます(選択したイベント以降のイベントが取り消されることになり
500 項目です。
ます)。
操作履歴が 500 項目を超えている場合、ソングセーブ時に古い操作
3. F2(EXEC)キーを押します。
マルチアンドゥが実行され、本機は選択したイベント直後の状態に
戻ります。この状態で UN/REDO インジケーターが点灯します。
履歴が削除されます。このときに削除された操作履歴は復活するこ
とはできません。
≠ 電源オフすると操作履歴はすべて消去されます。再度電源オンした
ときには電源オフした時の状態となり、それ以前の操作履歴に戻る
上記によって取り消されたイベント情報が消えるわけではありません。
ことはできません。
本機の状態がさかのぼっているだけです。HISTORY 画面上では、アン
ドゥによってさかのぼったイベントの脇に "*" が表示されます。
マルチアンドゥした状態(UN/REDO インジケーター点灯)で新たに録
音や編集作業を行うと、現在のイベントより新しいイベント履歴がクリ
アされ、新たに行った作業が最新イベントとして登録されます。
メ モ
操作履歴の消去について
電源をオフにすると、現在ロードされているソングの操作履歴がすべて
消去(クリア)されます。再度電源をオンにしたときは前回の電源オフ
時の状態でソングが立ち上がり、過去の操作のアンドゥやリドゥはでき
ません。
HISTORY 画面表示中は UN/REDO キーが無効になり、シングルア
ンドゥとリドゥを実行できません。
注 意
≠ アンドゥが実行されて取り消された操作があるとき、UN/REDO
メ モ
電源オフ時にロードされていないソングの操作履歴は消去されません。
また、電源オンのままで現在ロード中のソングの操作履歴を消去(クリ
ア)するには、以下の手順を行います。
インジケーターが点灯します。
取り消された操作がないとき(=最新の操作を行った後の状態のと
き)、UN/REDO インジケーターが消灯します。
UN/REDO インジケーターが点灯しているとき(=取り消された操
作があるとき)に新たに録音や編集作業を行うと、新たに行った作
業が最新イベントとなり、取り消された操作には戻れなくなります。
64 TASCAM
DP-004
1. 停止(ª)キーを押しながら UN/REDO キーを押します。
HISTORY 画面が表示されます。
2. F4(CLEAR)キーを押します。
確認メッセージが表示されます。
第 6 章 基本レコーディング
3. F3(YES)キーを押します。
再度、確認メッセージが表示されます。
4. F3(YES)キーを押します。
操作履歴がクリアされ、使用していないデータが消去されます。
操作が完了するとホーム画面に戻ります。
º 操作履歴の削除を中止したいときは、F3(YES)キーを押す代わり
に F4(NO)キーを押します。
ヒント
≠ 操作履歴の消去を行った直後に HISTORY 画面を見ると、イベント
(操作)番号 "0"(START UP)のみが表示され、すべての操作履
歴がクリアされたことを確認できます。
≠ 電源オフしても操作履歴を残しておきたいときは、電源オフする前
にソングプロテクトをオンにしておいてください。( → 52 ページ
「ソングをプロテクトする」)
注 意
操作履歴の消去は取り消し(アンドゥ)できません。よく確認して
から実行してください。
TASCAM DP-004
65
第 7 章 レコーダー機能
パンチイン/アウト
トラックバウンス
パンチイン/アウトは、録音済みのトラックの一部を差し替えるときに
本機のトラックバウンス(ピンポン)機能を使って、録音済みのトラッ
使うテクニックです。
ク 1 ∼ 4 をミックスしてトラックに戻すことができます。
レコーダーを再生して、差し替え部分に来たら録音に切り換え(パンチ
テープを使ったマルチトラックレコーダーでは、空きトラックにバウン
イン)、差し替え部分を終了したら再生(または停止)に切り換えます
スすることしかできません(つまり再生トラックには録音することがで
(パンチアウト)。
きません)。例えばトラック 1 ∼ 3 をトラック 4 にバウンスできますが、
トラック 1 ∼ 4 をトラック 1 にバウンスすることはできません。
1. あらかじめ差し替える部分を決めておきます。
本機ではこうした制約がなく、トラック 1 ∼ 4 をステレオミックスして
差し替えた音声が元のトラック音声とうまくつながるようなポイン
トラック 1 / 2 に録音(ステレオバウンス)、あるいはトラック 1 ∼ 4
トを選びます。
をモノラルミックスしてトラック 1 に録音(モノラルバウンス)といっ
2. 差し替えるトラックの REC キーを押して録音待機状態にします
(REC インジケーター点滅)
。
3. 差し替え部分の手前から再生を始めます。
4. 差し替え部分に来たら録音(º)キーを押し、演奏を行います。
録音に切り換わります(パンチイン)。
5. 差し替え部分の終わりに来たら再生(Á)キーを押します。
再生に切り換わります(パンチアウト)。
ヒント
差し替え部分の終わりに来たとき、停止(ª)キーを押して停止し
てパンチアウトすることもできます。
66 TASCAM
DP-004
たことが可能です。
メ モ
本機の内部では、いったんミックスダウンを行ってミックスマスター
を作成し、これを指定のトラックに録音しています。
第 7 章 レコーダー機能
再生トラック自身に録音した場合、当然、元の再生トラックは消去され
ステレオバウンスする場合はトラック 1 / 2、または 3 / 4 の REC
ます(上図ではトラック 1 と 2 のドラムスパートがミックス信号で上書
インジケーターを点灯させます。モノラルバウンス(単一トラックに
きされます)。ただし、本機には取り消し(アンドゥ)機能があります
バウンス)の場合はいずれか 1 つのトラックの REC インジケーター
ので、誤った操作を行った場合でも操作を取り消すことができます( →
を点灯させます。
63 ページ「実行した操作を取り消す(アンドゥ)
」)。
トラックバウンスを行う
1. REC MODE キーを押します。
RECORDER MODE 画面が表示されます。
5. バウンス元になるトラックの LEVEL つまみと PAN つまみを調整し
ます。
モノラルバウンスの場合はそれぞれのパンを L(トラック 1、3 の場
合)または R(トラック 2、4 の場合)いっぱいに設定します。
MASTER LEVEL つまみで全体のレベルを調節します。
6. ソングの冒頭にロケートしてから、録音(º)キーを押しながら再
生(Á)キーを押します。
トラックバウンスが実行されます。
結果を確認する
2. DATA ホイールを使って BOUNCE を反転表示します。
バウンス先のトラックの LEVEL つまみと MASTER LEVEL つまみを上
げて(他のトラックの LEVEL つまみは最小にします)、ソングの冒頭か
3. F4(EXEC)キーを押します。
本機がバウンスモードになり、ホーム画面に戻ります。
ら再生します。
楽器のバランスが良くない、あるいはパン設定が良くないなど、結果に
満足できない場合は、アンドゥを実行します。( → 63 ページ「実行し
た操作を取り消す(アンドゥ)」)
結果に満足したら、REC MODE キーを押して RECORDER MODE 画
面を表示し、MULTI TRACK を選択し、HOME キーを押してホーム画
面に戻します。
トラックバウンス後、トラック 3 と 4 には新たな音を録音(上書き)す
4. バウンス先のトラックの REC インジケーターを点灯させます。
ることができます。
TASCAM DP-004
67
第 7 章 レコーダー機能
2. DATA ホイールを使ってカーソル桁の値を変えます。
ヒント
後からオリジナルトラックが必要になる可能性がある場合は、バウン
ス(ピンポン録音)の前にトラックデータをパソコンにバックアップ
したり、ソングのコピーを作成しておいてください。
( → 49 ページ
「ソングをコピーする」
)
( → 87 ページ「パソコンと接続する」
)
それぞれの桁は自動繰り上げ/繰り下げされます。たとえばプラス
方向に DATA ホイールを回転して 59 秒から 0 秒になったとき、分
桁の値が 1 つ大きくなります。DATA ホイールを使うと時間表示が
点滅します。約 2 秒後にレコーダーが表示の位置に移動すると点滅
が止まります。
ロケート/サーチ機能
3. 別の桁を編集するには、F1(DIGIT)キー使って桁を移動し、
ダイレクトロケート機能
4. 希望の時間値を設定後、再生(Á)キーを押すと、その位置から再
ソング内の指定した位置にロケートする方法を説明します。
本機のディスプレイ上部には、現在のレコーダー位置が「時:分:秒:
フレーム」として時間表示されています(30 フレームで 1 秒)
。
DATA ホイールを使って値を変更します。
生が始まります。
RTZ と LRP
この時間表示部に指定の時間を入力することによって、レコーダーを移
シンプルなキー操作でソングの先頭、あるいは最後に録音を始めた位置
動することができます。
にロケートすることができます。
1. F1(DIGIT)キーを使って、時間桁間でカーソル(下線)を移動し
ます。
カーソル位置の桁の値を編集することができます。
下図の例では「秒」桁が選択されています。
ソングの先頭(00:00:00:00)に戻るには:
停止(ª)キーを押しながら Ô キーを押します。
最後に録音を始めた位置に戻るには:
停止(ª)キーを押しながら  キーを押します。
録音を行った後、録音をやり直したいときなどに便利な機能です。
68 TASCAM
DP-004
第 7 章 レコーダー機能
ヒント
Ô キー、 キーの下部に表記されている RTZ、LRP はそれぞ
れ、Return To Zero、Last Recording Position の意味です。
早送り/早戻しサーチ
IN / OUT ポイントを取り込む
停止中、再生中、録音中のいずれでも、IN / OUT ポイントを取り込む
(キャプチャーする)ことができます。
1. IN/OUT キーを押します。
I/O SETTING 画面が表示されます。
停止中や再生中、Ô キー、 キーを押すと、早戻し、早送りを行い
ます。
2.(停止中、再生中、録音中にかかわらず)レコーダーが希望の位置
押すたびにスピードが 10 倍→ 50 倍→ 100 倍→ 1000 倍と変化します。
にあるときに、F3(IN)キーまたは F4(OUT)キーを押します。
"SET IN !" または "SET OUT !" および取り込んだ時間が表示され
リピート再生
リピート再生機能を使って、繰り返し再生を行うことができます。
リピート範囲は IN ポイントと OUT ポイントの間です。
ます。
ヒント
ホーム画面表示中も、F3、F4 キーを使って IN、OUT ポイントを取
り込む(キャプチャーする)ことができます。
IN / OUT ポイントを設定する
IN ポイントと OUT ポイントは、リピート再生の範囲設定に使われるほ
かに、トラック編集の範囲設定にも使われます。また、OUT ポイント
はマスタリング時のマスタートラックの終点として使われます。
[ SET IN の場合 ]
TASCAM DP-004
69
第 7 章 レコーダー機能
メ モ
以下の場合は、IN / OUT ポイントの取り込みや編集ができません。
≠
≠
リピート再生中
レコーダーモードが MASTER REC モードあるいは MASTER
PLAY モード中
[ SET OUT の場合 ]
IN / OUT ポイントを編集する
1. I/O SETTING 画面表示中(前ページの画面図を参照)、F2(EDIT)
キーを押します。
編集画面に進みます。
2. 以下の要領で、IN / OUT ポイントの値を編集します。
– F3(§)、F4(¶)キーを使って、IN ポイントと OUT ポイント間
のカーソル(下線)移動を行います。
– Ô /  キーを使って時間桁間のカーソル(下線)移動を行います。
– DATA ホイールを使ってカーソル(下線)位置の値を変更します。
3. 編集を終えたら HOME キーを押してホーム画面に戻します。
70 TASCAM
DP-004
リピート再生を実行する
1. リピートしたい区間の始点と終点を、それぞれ IN ポイントと OUT
ポイントとして設定し、設定後、ホーム画面に戻します。
2. REPEAT キーを押します。
ホーム画面上にリピートアイコンが点灯し、リピート再生が始まり
ます。
第 7 章 レコーダー機能
IN ポイントから再生が始まり、OUT ポイントまで来ると、あらかじ
3. F3(§)、F4(¶)キーを使って Repeat Int 項目の設定値を反転
め設定した間隔(リピートインターバル)を置いてから、再び IN ポ
表示し、DATA ホイールを使って値を設定します。
イントからの再生が始まります。
0.5 秒∼ 9.9 秒の範囲(0.1 秒単位)で設定できます。
以後、IN ポイントと OUT ポイント間を繰り返し再生します。
4. 設定を終えたら HOME キーを押してホーム画面に戻します。
3. リピート再生を解除するには REPEAT キーを押して、ホーム画面上
のリピートアイコンを消灯します。
なお、以下に述べる方法で、OUT ポイントまで再生してから再び再
生を始めるまでのリピートインターバルを設定します。
リピート再生の間隔を設定する
リピートの間隔(リピートインターバル)を 0.5 秒∼ 9.9 秒の範囲で設
定することができます。
1. MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って PREFERENCE を反転表示し、F4(¥)
キーを押します。
PREFERENCE 画面が表示されます。
TASCAM DP-004
71
第 8 章 さまざまな機能
メトロノーム機能
BEAT
拍子を設定します。拍子の 1 拍目にアクセントが付きます。拍子は
本機はメトロノーム機能を内蔵しています。メトロノームはレコーダー
走行中に動作します。再生時と録音時の両方、または録音時のみ動作す
るように設定することができます。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って METRONOME を反転表示し、F4(¥)
1 ∼ 12 の範囲で設定できます。
LEVEL
メトロノームの音量を設定します。0 ∼ 127 の範囲で設定できます。
4. 設定を終えたら、HOME キーを押してホーム画面に戻します。
手順 3.で行った MODE 設定に従って、メトロノームが動作します。
キーを押します。
REC&PLAY では、再生時または録音時に動作します。
METRONOME 画面が表示されます。
REC ONLY では、録音時に動作します。
OFF では、メトロノーム機能が無効です。
なお、録音時にメトロノームが動作しても、メトロノーム信号は録
音されません(モニターのみです)。
メ モ
≠ メトロノームの音量は MASTER LEVEL つまみでは調節できませ
3. 以下の項目を設定します。
F3(§)、F4(¶)キーを使って項目を選択し、DATA ホイールを
使って値を選択します。
MODE
ん。METRONOME 画面の LEVEL 項目を使って調節します。
≠ メトロノーム動作中、METRONOME 画面で LEVEL の調節を行う
ことができますが、他の項目は変更できません。
ヒント
OFF(メトロノーム機能オフ)、REC&PLAY(録音/再生時にメト
≠ レコーディングの最初にベーシックトラック(リズムギター、ベー
ロノームが動作)、REC ONLY(録音時にのみ、メトロノームが動
スなど)を録音するとき、メトロノームをガイドクリックとして使
作)の中から選択します。
うことができます。
TEMPO
≠ メトロノームを使って練習をするときは、何も録音されていないソ
スピードを設定します。20 ∼ 250(BPM)の範囲で設定できます。
72 TASCAM
ングを再生するか、または MASTER LEVEL つまみを下げた状態で
ソングを再生します。
DP-004
第 8 章 さまざまな機能
チューナー
6. ギターまたはベースの弦を弾いてチューニングを行います。
弾いた音に最も近い音名がメーター上部に表示されます。
内蔵のギター/ベース用チューナーを使ってギターやベースをチューニ
合わせたい音名が表示されて、メーター中央部が点灯するように楽
ングすることができます。
器をチューニングします。
チューニングが低すぎる場合は左側、高すぎる場合は右側にバーが
1. ギターまたはベースを INPUT A に接続します。
INPUT B に接続してもチューニングできません。
表示されます。ズレが大きいほど、バーが長く表示されます。
以下の画面例は D より低い場合です。
2. I N P U T S E T T I N G 画 面 で 、 I N P U T A の 入 力 ソ ー ス を
GUITAR/LINE に設定します。( → 53 ページ「入力ソースを選択
する」)
3. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
4. DATA ホイールを使って TUNER を反転表示し、F4(¥)キーを
ぴったり合うと中央の四角が反転表示になります。
押します。
TUNER 画面が表示されます。
Calibration 項目(基準周波数)の値が反転表示されています。
7. チューニングを終えたら、HOME キーを押してホーム画面に戻し
ます。
5. DATA ホイールを使って、A 音の基準周波数を設定します。
435Hz ∼ 445Hz の範囲で設定できます。初期設定は 440Hz です。
TASCAM DP-004
73
第 8 章 さまざまな機能
電源のオートオフ
プリファレンス設定を初期設定に戻す
バッテリー駆動時、最後に動作あるいは操作してから自動的に電源がオ
PREFERENCE 画面の設定を初期状態(工場出荷時の状態)に戻すこ
フになるまでの時間を設定することができます。
とができます。この操作をイニシャライズと呼びます。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
2. PREFERENCE を反転表示し、F4(¥)キーを押します。
2. DATA ホイールを使って PREFERENCE を反転表示し、F4(¥)
PREFERENCE 画面が表示されます。
キーを押します。
PREFERENCE 画面が表示されます。
3. F3(§)、F4(¶)キーを使って Auto Off の設定値を反転表示し、
DATA ホイールを使って以下の中から値を選択します。
OFF(初期設定、自動オフしない)、3min、5min、10min、
30min
4. 設定を終えたら、HOME キーを押してホーム画面に戻します。
74 TASCAM
DP-004
3. F3(§)、F4(¶)キーを使って Initialize 項目の Exec を反転表示
し、F2(EXEC)キーを押します。
第 8 章 さまざまな機能
4. 確認画面が表示されますので、F3(YES)キーを押します。
INFORMATION 画面の SONG ページが表示されます。
イニシャライズが実行され、完了後、PREFERENCE 画面に戻り
ます。
メ モ
イニシャライズを実行しない場合は F4(NO)キーを押します。
5. 設定を終えたら、HOME キーを押してホーム画面に戻します。
INFORMATION 画面には、このページを含めて 4 ページあります。
情報を見る
カレントソング、SD カード、システム、ファームウェアの情報を見る
ことができます。
3. F3(PREV)、F4(NEXT)キーを使って、ページを切り換えます。
各ページには以下の情報が表示されます。
SONG ページ:現在ロード中のソング名、所属のパーティション、
録音時間
1. ホーム画面表示中、MENU キーを押して MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って INFORMATION を反転表示し、F4(¥)
キーを押します。
[ SONG ページ画面 ]
TASCAM DP-004
75
第 8 章 さまざまな機能
CARD ページ: MTR パーティション構成と各容量、FAT パーティ
ションの容量
[ CARD ページ画面 ]
SYSTEM ページ:リピートインターバル、オートオフ設定時間、コ
ントラスト設定値
[ SYSTEM ページ画面 ]
F/W ページ:システムのファームウェアバージョン
[ F/W ページ画面 ]
76 TASCAM
DP-004
第 9 章 SD カードの管理
パーティションの概要
「パーティションとソング」(46 ページ)でも述べたように、本機でフ
ォーマットした SD カードはパーティションに仕切られています。パー
ティションには録音データ(ソング情報)を記録するための MTR パー
ティションと、パソコンからの読み込みが可能な FAT パーティションが
あります。MTR パーティションは複数存在する場合があります。この
場合、ソングのタイプごとに MTR パーティションを分けて使ったり、
メ モ
≠ FAT フォーマット(File Allocation Table)はパソコンで読むこと
ができるディスクフォーマットです。
≠ 本機では SD カード(512M バイト∼ 2G バイト)および SDHC
カード(4G バイト∼ 32G バイト)を使うことができます。
≠ アクティブパーティションを選択する方法については「アクティブ
パーティションを変更する」(46 ページ)をご覧ください。
ソング情報を、保管などの目的のために別の MTR パーティションにコ
ピーすることができます。FAT パーティションは FAT32 形式によるフ
ォーマットで、本機と USB 接続したパソコンから読み込むことができ
カードのライトプロテクトについて
ます。パソコン上にソングを保存する場合やステレオマスターをパソコ
SD カードにはライトプロテクト(書き込み防止)スイッチが付いてい
ンにエクスポートする場合、あるいは本機のソングにオーディオファイ
ます。
ルをインポートする場合など、この FAT パーティションを介して行われ
ます。そのため、パソコンと MTR パーティション間でソング情報をコ
ピーするためには 2 段階の操作が必要です。
なお、必要に応じてカード全体のフォーマットやパーティション毎のフ
ォーマット、あるいはパーティションの仕切り直し(リパーティション)
を行うことができます。
注 意
フォーマットとリパーティションは操作の取り消し(アンドゥ)が
できません。
スイッチを下にスライドするとファイルの記録や編集ができません。
カードの内容を消去しないように保護したいときは、スイッチを下にス
ライドしてください。
TASCAM DP-004
77
第 9 章 SD カードの管理
カードをフォーマットする
この操作では、カード全体をフォーマットします。その際、容量の大き
いカードでは本機の MTR パーティションのサイズを設定することがで
きます。
注 意
この操作によってカード全体のデータが消去されます。取り消し
(アンドゥ)はできません。フォーマットを実行する前に、よく確認
してください。
次の表は、SD カードの容量別に、FAT パーティションサイズと MTR
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って CARD を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
CARD メニュー画面が表示されます。
パーティションサイズを示しています。カード容量によって FAT パーテ
ィションのサイズは決まります。MTR パーティションサイズは、4GB
以下のカードでは固定ですが、8GB 以上のカードでは選択可能です。
ただし、最後の 1 つは残ったスペースで作られますので、サイズが異な
ります。
カード容量とパーティションサイズ
3. DATA ホイールを使って FORMAT 項目を選択し、F4(¥)キーを
押します。
FORMAT 画面が表示されます。
78 TASCAM
DP-004
カード容量
FAT パーティション
サイズ
MTR パーティション
サイズ
32GB
4GB
2GB, 4GB, 8GB, 16GB から選択
16GB
4GB
2GB, 4GB, 8GB から選択
8GB
2GB
2GB, 4GB から選択
4GB
2GB
2GB 固定
2GB
1GB
1GB 固定
1GB
512MB
512MB 固定
512MB
256MB
256MB 固定
第 9 章 SD カードの管理
4.(カード容量が 8GB 以上の場合)DATA ホイールを使って MTR
パーティションサイズを選択し、F2(EXEC)キーを押します。
すべてのソングが消去されることを警告するメッセージが表示され
ます。
5. F3(YES)キーを押します。
MTR パーティションを再フォーマットする
(リフォーマット)
希望の MTR パーティションを再フォーマットすることができます。パー
ティションサイズを変更する必要がなく、特定のパーティションのみを
フォーマットしたい場合にこの機能を使います。
カードがフォーマットされます。
たとえば 16GB のカードを MTR パーティションサイズ 4GB でフ
注 意
ォーマットを行った場合、4GB の FAT パーティションを除いた
この操作は取り消し(アンドゥ)ができません。選択したパーティ
12GB が MTR パーティション用に使われ、4GB のパーティション
ション内のすべてのデータが消えます。再フォーマットを実行する
が 2 つと、残りの 3GB のパーティションが 1 つ作成されます。(本
前に、よく確認してください。
機における 1GB は 1024MB です。したがって、本機のパーティ
ションの表示サイズの合計がカードの表示サイズと一致しない場合
があります。)
º フォーマットが終わると、CARD メニュー画面に戻ります。
º フォーマット後の各 MTR パーティションには、ソングが 1 つずつ自
動作成されます。
º フォーマットを取りやめる場合は、F3(YES)キーの代わりに F4
(NO)キーを押します。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って CARD を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
CARD メニュー画面が表示されます。
3. DATA ホイールを使って REFORMAT 項目を選択し、F4(¥)キー
を押します。
TASCAM DP-004
79
第 9 章 SD カードの管理
REFORMAT 画面が表示されます。
º 再フォーマットが終わると、CARD メニュー画面に戻ります。
º 再フォーマット後の MTR パーティションには、ソングが 1 つ自動作
成されます。
º 再フォーマットを取りやめる場合は、F3(YES)キーの代わりに
F4(NO)キーを押します。
MTR パーティションのリストがパーティションのサイズ(空き容量
FAT パーティションを再フォーマットする
ではありません)とともに表示されます。
FAT パーティションのみを再フォーマットすることができます。FAT
アクティブパーティションには "*" が付いています。
パーティションのサイズは変更できません。
4. DATA ホイールを使って、再フォーマットしたいパーティションを
反転表示し F2(EXEC)キーを押します。
パーティション上のデータがすべて消えることを警告するポップア
ップメッセージが表示されます。
注 意
この操作は取り消し(アンドゥ)ができません。FAT パーティショ
ンのすべてのデータが消えます。再フォーマットを実行する前に、
よく確認してください。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って CARD を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
CARD メニュー画面が表示されます。
5. F3(YES)キーを押します。
パーティションが再フォーマットされます。
3. DATA ホイールを使って FAT REFORMAT 項目を選択し、F4(¥)
キーを押します。
FAT パーティション上のデータがすべて消えることを警告するポッ
プアップメッセージが表示されます。
80 TASCAM
DP-004
第 9 章 SD カードの管理
3. DATA ホイールを使って SD INITIALIZE 項目を反転表示し、F4
(¥)キーを押します。
カード上のデータがすべて消えることを警告するポップアップメッ
セージが表示されます。
4. F3(YES)キーを押します。
FAT パーティションが再フォーマットされます。
º 再フォーマットが終わると、CARD メニュー画面に戻ります。
º 再フォーマットを取りやめる場合は、F3(YES)キーの代わりに
F4(NO)キーを押します。
4. F3(YES)キーを押します。
カード全体がイニシャライズされ、FAT32 形式でフォーマットされ
ます。
カードをイニシャライズする
本機で使用した SD カードを他の機器で使用する場合、イニシャライズ
を行うことをお勧めします。
º イニシャライズを取りやめる場合は、F3(YES)キーの代わりに
F4(NO)キーを押します。
注 意
SD カードのイニシャライズを行うと、カード全体が FAT32 形式でフ
ォーマットされます。
DP-004 で再び使用する場合はカードのフォーマットが必要です( →
78 ページ「カードをフォーマットする」
)
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って CARD を反転表示し、F4(¥)キーを押
します。
CARD メニュー画面が表示されます。
TASCAM DP-004
81
第 10 章 トラックの編集
従来のテープレコーダーでは高度のテクニックを必要としたようなトラ
º OUT ポイントはトラック編集対象セクションの終点になります。
ック編集を、本機では簡単に、しかも正確に行うことができます。さら
にテープレコーダーでは、編集に失敗した場合にやり直しができません
編集の基本操作
でしたが、本機は「ノンデストラクティブ・エディティング(非破壊編
集)」という手法を採用し、元のデータを残したまま編集を行っている
ため、取り消し(アンドゥ)機能によって、簡単に編集をやり直すこと
ができます( → 63 ページ「実行した操作を取り消す(アンドゥ)
」)。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示します。
2. DATA ホイールを使って TRACK EDIT を反転表示し、F4(¥)
キーを押します。
トラック編集の概要
トラック編集メニューが表示されます。
本機には以下のトラック編集機能があります。
º クローントラック(トラック複製)
º クリーンアウト(トラック削除)
º サイレンス(部分消去)
º カット(部分削除)
º オープン(無音挿入)
3. DATA ホイールを使って希望のトラック編集機能を選択し、F4(¥)
キーを押します。
各編集機能の画面が表示されます。
編集ポイント
4. 設定項目の値を選択します。
トラック編集のうち、サイレント、カット、オープンでは、IN および
複数の設定項目がある場合は F3(§)、F4(¶)キー を使って項目
OUT ポイントを編集ポイントとして使います。これらのポイントは、
を選択し、DATA ホイールを使って値を選択します。
リピート再生で使う IN および OUT ポイントと共通です。
設定項目の詳細は、以下の各機能説明をお読みください。
IN、OUT ポイントの設定方法については「IN / OUT ポイントを設定
する」(69 ページ)をご覧ください。
5. F2(EXEC)キーを押して、機能を実行します。
º IN ポイントはトラック編集対象セクションの始点になります。
º F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メニュー
画面に戻ります。
82 TASCAM
DP-004
第 10 章 トラックの編集
クローントラック(トラック複製)
SOURCE TRK と し て 単 一 ト ラ ッ ク を 選 択 し た 場 合 は 、
DESTINATION TRK の選択肢は 1 ∼ 4(単一トラック)、SOURCE
TRK としてペアトラック(たとえば 1/2)または MASTER を選択し
た場合は DESTINATION TRK の選択肢は 1/2、3/4(ペアトラック)
になります。
パラメータを設定後、F2(EXEC)キーを押すと、編集が実行されます。
F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メニュー画
単一トラック、ペアトラックまたはマスタートラックを、別のトラック
にコピーして、クローントラックを作成します。トラック全体のコピー
ですので、IN / OUT ポイントは関係ありません。
面に戻ります。
メ モ
SOURCE TRK と同じトラックを DESTINATION TRK に設定する
と、F2(EXEC)キーを押したときにメッセージ( "Same Track" )
が表示され、操作を受け付けません。
クリーンアウト(トラック削除)
設定パラメータは以下の 2 つです。
SOURCE TRK
コピー元トラックを選択します。選択肢は 1 ∼ 4(単一トラック)、
指定したトラック全体を削除します。トラック全体の削除ですので、
1/2、3/4(ペアトラック)および MST(マスターステレオトラッ
IN / OUT ポイントは関係ありません。
ク)です。
DESTINATION TRK
コピー先トラック(クローントラック)を選択します。SOURCE
TRK 項目で何を選択したかによって選択肢が変わります。
TASCAM DP-004
83
第 10 章 トラックの編集
設定パラメータは 1 つだけです。
CLEAN OUT TRK
削除するトラックを選択します。選択肢は 1 ∼ 4(シングルトラッ
設定パラメータは 1 つだけです。画面に IN ポイントと OUT ポイントが
表示されますが、これらは表示のみで、設定項目ではありません。
SILENCE TRK
ク)、1/2、3/4(ペアトラック)および 1 ー 4(全トラック)です。
削除するトラックを選択します。選択肢は 1 ∼ 4(シングルトラッ
パラメータを設定後、F2(EXEC)キーを押すと、編集が実行され
ク)、1/2、3/4(ペアトラック)および 1 ー 4(全トラック)です。
ます。F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メ
パラメータを設定後、F2(EXEC)キーを押すと、編集が実行され
ニュー画面に戻ります。
ます。F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メ
ニュー画面に戻ります。
サイレンス(部分消去)
ヒント
この機能を使って、短いノイズなどを消すことができます。
カット(部分削除)
選択したトラックの IN ポイントと OUT ポイント間を消去します。
IN ポイントと OUT ポイント間に無信号を録音したときと同じです。
この操作では、トラックの長さは変わりません。
選択したトラックの IN ポイントと OUT ポイント間をカット(削除)し
て、OUT ポイント以降のパートを手前に詰めます。したがって、トラ
ックの長さが短くなります。
84 TASCAM
DP-004
第 10 章 トラックの編集
この操作では、IN ポイントの位置でトラックが前後に分割され、IN ポ
イント以降のパートが OUT ポイント以降に移動します。したがってト
ラックの長さが長くなります。
設定パラメータは 1 つだけです。画面に IN ポイントと OUT ポイントが
表示されますが、これらは表示のみで、設定項目ではありません。
CUT TRK
選択肢は 1 ∼ 4(シングルトラック)、1/2、3/4(ペアトラック)、
1 ー 4(全トラック)および ALL(1 ー 4 +マスタートラック)で
す。
パラメータを設定後、F2(EXEC)キーを押すと、編集が実行され
ます。F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メ
ニュー画面に戻ります。
設定パラメータは 1 つだけです。画面に IN ポイントと OUT ポイントが
表示されますが、これらは表示のみで、設定項目ではありません。
OPEN TRK
選択肢は 1 ∼ 4(シングルトラック)、1/2、3/4(ペアトラック)、
1 ー 4(全トラック)および ALL(1 ー 4 +マスタートラック)で
す。
パラメータを設定後、F2(EXEC)キーを押すと、編集が実行され
オープン(無音挿入)
ます。F1(BACK)キーを押すと、実行しないで TRACK EDIT メ
ニュー画面に戻ります。
選択したトラックの IN ポイントと OUT ポイント間に無音部分を挿入し
ます。
TASCAM DP-004
85
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
本機のソング情報をパソコンにバックアップしたり、バックアップした
どに使われます。アップデートの方法についてはアップデートソフ
ソング情報を本機に戻す(リストアする)ことができます。また、ソン
トウェアに添付の説明書をご覧ください。
グ内のトラックファイルやマスターファイルをパソコンにエクスポート
したり、パソコン上のオーディオファイルを本機にインポートすること
ができます。
本機では以下のデータをパソコンに転送することができます。
● ソング全体
パソコンと本機は USB 接続され、データ転送は常に本機の FAT パーテ
ィションを経由して行われますので、2 段階のプロセスが必要です。
メ モ
本機では、ソング全体のデータを FAT パーティション内の BACKUP デ
ィレクトリからパソコンに転送することができます。この操作を「バッ
クアップ」と呼びます。また、パソコンにバックアップしたデータを
≠ ソングファイルが記録されている MTR パーティションにパソコンか
ら直接アクセスすることはできません。
≠ 本章の説明の中で「パソコン」と表記する場合、本機が対応してい
FAT パーティション内の BACKUP ディレクトリに転送し、ソングデー
タとして復元することができます。この操作を「リストア」と呼びます。
● WAV フォーマットのトラック
る Windows または Macintosh のパーソナルコンピュータを指し
トラック(複数可)を WAV ファイルに変換してパソコンにエクスポー
ます。( → 87 ページ「必要なパソコンシステム」
)
トしたり、パソコン上の WAV ファイル(1 つずつ)を本機にインポー
≠ 本取扱説明書では「本機にセットしている SD カード」のことを
「本機」と呼ぶ場合があります。(例:本機の FAT パーティション)
同様に、ハードディスクなど、パソコンに装備されているデバイス
を「パソコン」と呼ぶ場合があります。
(例:パソコンに転送)
トすることができます。WAV ファイルは本機の FAT パーティション上
の WAVE ディレクトリに格納されます。
● ステレオマスターミックス
本機のステレオマスターミックスを、ステレオ WAV ファイルとして
FAT パーティション内には 3 つのディレクトリ(フォルダ)ー BACKUP、
WAVE、UTILITY −があります。
メ モ
≠ これらのディレクトリを削除したり名前を変更したりしないでくだ
さい。削除や変更を行うと本章で説明する操作ができなくなります。
≠ UTILITY ディレクトリは本機のシステムをアップデートするときな
86 TASCAM
DP-004
(FAT パーティション上の WAVE ディレクトリから)パソコンに転送す
ることができます。エクスポートのみが可能です。
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
必要なパソコンシステム
本機と以下のパソコンを接続することができます。
パソコンと接続する
本機の FAT パーティションを使う前に、本機とパソコンを USB 接続し
ます。USB 接続中は、録音/再生など本機のレコーダー操作はいっさ
º マイクロソフト OS
Windows 2000(SP4 以上)、Windows XP、Windows Vista
º アップルコンピュータ OS
Mac OS X 10.2 以上
本機とパソコンを接続すると、パソコンは本機をリムーバブルディスク
として認識します。専用のドライバは不要です。
いできません。
パソコンと接続するには、付属の USB ケーブルを使って、本機の右サ
イドパネルの USB ポートとパソコンの USB ポートを接続します。本機
の電源をオンの状態で USB 接続しても、USB 接続後に本機の電源をオ
ンにしても、どちらでも問題ありません。
本機の電源がオンのときに USB 接続を行うと、現在ロード中のソング
が保存された後、USB 接続が有効になり、本機ディスプレイに以下の
ような画面が表示されます。
注 意
パソコンから本機を接続解除する(「取り出す」)ときは、それぞれ
のパソコンの正しい取り出し方法に従ってください。正しくない方
法で取り出すと、FAT パーティションのデータが破壊される可能性
があります。( → 87 ページ「パソコンと接続する」
)
メ モ
USB 接続後に本機の電源をオンにすると、直接上記の画面が表示され
本機とパソコン間のデータ転送は、USB2.0 スピード(最大)で行
ます。
われます。ご使用のパソコンが USB1.1 の場合、データ転送は可能
パソコンのディスプレイには "DP-004" という名前の外部ドライブと
ですが、動作が遅くなります。
して表示されます。
また、USB2.0 スピードを得るためには添付ケーブルもしくは
USB2.0 に対応したケーブルを使用する必要があります。
注 意
バッテリーの残量が少ない状態で USB 接続を行わないでください。
データ転送中に電源が切れた場合、データが失われます。
また、失われたデータは復活することができません。
TASCAM DP-004
87
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
メ モ
USB 接続する前に、パソコンに転送するファイルがすべて FAT パー
ティションにコピーされていることを確認してください。
接続を解除する
以下の手順で USB 接続を正しく解除します。
1. このアイコンを左クリックしてポップアップバーを表示します。パ
ソコンから本機を取り出すには、このポップアップバーをクリック
します。
メ モ
パソコンとの接続を解除することを、パソコン側では「取り出す」
あるいは「取り外す」と言います。
2. パソコン画面に、本機を取り出すことができることを告げるメッセー
ジが表示されたら、USB ケーブルを外します。
本機が再起動してディスプレイにホーム画面が表示されます。
注 意
データを転送中に USB 接続を解除したり、USB ケーブルを抜いた
º パソコン画面に、本機を安全に取り出せないことを告げるメッセー
りしないでください。パソコンや本機のデータが破壊される可能性
ジが表示された場合、USB ケーブルを外さないでください。本機上
があります。
のファイルにアクセスしているすべてのコンピュータプログラムと
ウィンドウを閉じてから、再度上記の操作を行ってみてください。
Windows 2000(SP4 以上)/ Windows XP / Windows
Vista システムの場合
Windows 2000(SP4 以上)、Windows XP、Windows Vista
の場合、以下の手順で接続を解除します。
システムトレイ(通常は画面の右下)内に、PC カードのアイコンと
矢印があります。
Macintosh の場合
1. 本 機 の ア イ コ ン ( " D P - 0 0 4 " ) を ゴ ミ 箱 に ド ラ ッ グ す る か 、
"Command + E" 操作を行って、DP-004 を「取り出し」ます。
ヒント
OS バージョンによっては、Finder ウィンドウに表示される DP004 のイジェクトアイコンをクリックしたり、Control キーを使っ
た操作を行って、取り出すこともできます。
2. アイコンがデスクトップから消えたら、USB ケーブルを外します。
88 TASCAM
本機が自動的に再起動してディスプレイにホーム画面が表示されます。
DP-004
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
ソングのバックアップとリストア
ソングのバックアップでは、オーディオトラックだけでなく編集データ
などもバックアップします。ソングのリストアは、これと逆のプロセス
になります。つまり、パソコンから本機の FAT パーティションへ転送し、
ソングデータを復元します。
ソングをバックアップする
バックアップを開始する前に、バックアップするソングを含む MTR パー
3. DATA ホイールを使ってバックアップしたいソングを反転表示し
て、F4(NEXT)キーを押します。
バックアップするソングのファイル名を設定する画面が表示されます。
ティションが選択されていることを確認してください。( → 46 ページ
「アクティブパーティションを選択する」
)
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示し、DATA ホイールを使って DATA BACKUP
を反転表示し、F4(¥)キーを押します。
DATA BACKUP メニューが表示されます。
4. Ô /  キー、DATA ホイール、F3 / F4 キーを使って、ソン
グの名前(最大 8 文字)を付けます。
( → 42 ページ「名前の編集」
)
5. 名前を付けたら、F2(EXEC)キーを押します。
ソングがアクティブパーティションから FAT パーティションにバッ
クアップコピーされます(拡張子 ".001" が付加されます)。
ディスプレイには "Writing File" の文字とアイコンが表示されます。
2. DATA ホイールを使って SONG BACKUP 項目を選択し、F4(¥)
キーを押します。
ソングリストが表示されます。
TASCAM DP-004
89
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
ファイル名が 8 文字以内になるようにしてください。
ヒント
≠ パソコンにバックアップしたソングファイルを、さらに CD-R など
にバックアップすることができます。
≠ バックアップしたソングファイルを、自分の DP-004 以外の DPバックアップコピーを終了すると、ディスプレイが DATA BACKUP
004 にリストアすることもできます。このように DP-004 間での
メニューに戻ります。
ファイルのやりとりが自由にできますので、別の場所でオーバーダ
ビングやミックスダウンを行うことも簡単にできます。
メ モ
FAT パーティションにソングをバックアップするのに必要な空きス
ペースがない場合、エラーメッセージが表示されます。この場合、
本機とパソコンを接続し、パソコンからの操作で不要なファイルを
削除して、空きスペースを確保してください。
6. USB ケーブルを使って本機とパソコンを接続します。( → 87 ペー
ジ「パソコンと接続する」)
7. パソコン側の操作で、本機の FAT パーティションの BACKUP ディ
レクトリからパソコンにバックアップファイルをコピーします。
8. コピーを終えたら、USB 接続を解除します。( → 88 ページ「接続
を解除する」)
ソングをリストアする
リストアは基本的にバックアップの逆の作業です。つまりパソコンから
本機にバックアップファイルを転送し、ソングを復元します。
1. USB ケーブルを使って本機とパソコンを接続します。( → 87 ペー
ジ「パソコンと接続する」)
2. パソコン側の操作で、パソコン上のバックアップファイルを本機の
FAT パーティションの BACKUP ディレクトリにコピーします。
3. コピーを終えたら、本機をパソコンから正しく取り出し、USB ケー
ブルを外します。( → 88 ページ「接続を解除する」)
4. 本機が自動的に再起動した後、MENU キーを押して MENU 画面を
注 意
表示し、DATA ホイールを使って DATA BACKUP メニューを選択
≠ パソコン上でソングファイルの名前を変更すると、あとでファイル
し、F4(¥)キーを押します。
を本機にリストアするときに問題を生ずる可能性があります。
≠ バックアップしたソングファイル名をパソコン上で変更するときは
90 TASCAM
DP-004
5. DATA ホイールを使って SONG RESTORE 項目を選択し、F4(¥)
キーを押します。
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
画面に FAT パーティション上のバックアップファイルが表示され
ます。
トラックのインポートとエクスポート
パソコンと本機の FAT パーティション間で、トラック個別のインポー
ト/エクスポートが可能です。トラックのインポート/エクスポートに
使われるファイルは 16 ビット、44.1kHz のモノラル WAV 形式です
(拡張子 ".WAV" が付きます)。別の形式のオーディオを本機にインポー
トする場合、事前に 16 ビット、44.1kHz のモノラル WAV ファイルに
変換する必要があります。
メ モ
FAT パーティションにファイルが存在しない場合、エラーメッセー
ジが表示されます。
6. DATA ホイールを使ってリストアしたいファイルを反転表示し、F2
トラックをインポートする
トラックをインポートする前に、アクティブパーティションとしてイン
ポート先のパーティションが選択されていることと、インポート先のソ
ングがロードされていることを確認してください。
(EXEC)キーを押します。
「実際の」ソング名と確認メッセージ( "Are you sure?" )が表
示されます。
メ モ
ファイル名が短い場合、FAT パーティション上のファイル名の最後
にスペースが表示されますが、実際のファイル名にはそのスペース
は含まれません。
7. F3(YES)キーを押します。
1. 本機とパソコンを USB 接続します。( → 87 ページ「パソコンと接
続する」)
2. パソコン側の操作で、パソコン上の WAV ファイルを本機の FAT パー
ティションの WAVE ディレクトリにコピーします。
メ モ
コピーするファイルは、半角英数文字のファイル名を持つファイルで
なければなりません。日本語のファイル名を持つファイルをコピーし
現在ロード中のソングが保存された後、手順 6.で選択したソングが
た場合、後述の手順 5.で表記される画面上のファイル名が表示され
リストアされ、ロードされます。
ないため、インポートすることができません。
メ モ
ディスクの空きスペースが足りない場合、エラーメッセージが表示
3. 本機をパソコンから正しく取り出し、USB ケーブルを外します。
( → 88 ページ「接続を解除する」)
されます。
TASCAM DP-004
91
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
4. 本機が自動的に再起動したら、MENU キーを押して MENU 画面を
表示し、DATA ホイールを使って WAVE を反転表示し、F4(¥)
キーを押します。
5. DATA ホイールを使って、WAVE メニューから IMPORT TRACK
項目を反転表示し、F4(¥)キーを押します。
FAT パーティション上に存在するソングファイルが表示されます。
7. DATA ホイールを使って、WAV ファイルのインポート先のトラッ
クを選択し、F4(EXEC)キーを押します。
メ モ
≠ 十分な空きスペースがない場合や、ファイルのフォーマットが間違
っている場合など、エラーメッセージが表示されます。
≠ インポート先のトラックは空のトラックでなければなりません。
メ モ
本機は FAT パーティションからファイルを読み、指定のトラックに
≠ 本機は、44.1kHz 以外のサンプリング周波数の WAV ファイルやス
テレオ形式の WAV ファイルに対応していません。これらのファイ
インポートします。このときファイルの先頭がソングの先頭
(00:00:00:00)に対応します。
ルをインポートしても、ディスプレイに表示されません。
他の録音トラックと同じように、トラックにインポートされたファ
インポート可能なファイルが FAT パーティション上にない場合、
イルに対して、編集を行うことができます。( → 82 ページ「トラ
"Import File Not Found" がポップアップ表示されます。
ックの編集」
)
≠ ファイル名が短い場合、FAT パーティション上のファイル名の最後
にスペースが表示されますが、実際のファイル名にはそのスペース
は含まれません。
6. DATA ホイールを使って、インポートする WAV ファイルを選択し、
F2(NEXT)キーを押します。
ディスプレイに、現在のアクティブパーティションの空きスペース
サイズおよび選択した WAV ファイルのサイズが表示されます。
92 TASCAM
DP-004
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
トラックをエクスポートする
希望のトラックを 16 ビット、44.1kHz のモノラル WAV 形式のファイ
ルとしてエクスポートすることができます。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示し、DATA ホイールを使って WAVE を反転表示
し、F4(¥)キーを押します。
複数のチェックボックスをチェックすることにより、それらをまと
めてエクスポートすることができます。
2. DATA ホイールを使って、WAVE メニューから EXPORT TRACK
項目を反転表示し、F4(¥)キーを押します。
チェックボックスのチェックを外したいときは、そのトラックを反
転表示した状態で F4(✔)キーを押します。
オーディオが記録されているソングトラックのファイルリストがデ
ィスプレイに表示されます。ファイル名から元のトラック番号がわ
かります。
4. エクスポートしたいトラックにチェックマークを付け終えたら、F2
(NEXT)キーを押します。
FAT パーティション(エクスポートするトラックのエクスポート先)
の空きスペースおよびエクスポートするトラックの総容量が表示さ
れます。
メ モ
オーディオが記録されていないトラックはリストに表示されません。
3. DATA ホイールを使って、エクスポートするトラックを反転表示し、
F4(✔)キーを押して、チェックボックスをチェックします。
ヒント
上記手順 3.でトラックを反転表示してから(チェックマークを付け
ずに)F2(NEXT)キーを押すと、反転表示したトラックだけがエ
クスポートされます。
TASCAM DP-004
93
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
5. F4(EXEC)キーを押します。
選択したトラックが、編集した名前に拡張子 ".WAV" を付加したト
ステレオマスターをエクスポートする
ラックファイル名で FAT パーティションにエクスポートされます。
マスタリングを終えたステレオマスター( → 60 ページ「マスタリン
以前に同じ名前のトラックファイルをエクスポートしている場合、
グ」)をパソコンにエクスポートすることができます。新しいステレオ
確認メッセージ( "Duplicate name ― Are you sure?" )が表示
マスターを作成するとき、既存のステレオマスターは上書きされますの
されます。F3(YES)キーを押すと上書きされます。
で、複数の異なるステレオマスターを残しておきたい場合はパソコンに
6. 本機とパソコンを接続します。( → 87 ページ「パソコンと接続す
る」)
保存するとよいでしょう。
以下に述べるエクスポート手順を開始する前に、ステレオマスターを
エクスポートするソングが現在ロードされていることと、ステレオマ
7. パソコン側の操作で、トラックファイルを本機の FAT パーティショ
ンの WAVE ディレクトリからパソコンにコピーします。
8. トラックファイルをパソコンにエクスポートしたら、本機を正しい
手順でパソコンから取り出し、USB ケーブルを外します。( → 88
ページ「接続を解除する」)
º パソコンにエクスポートしたトラックファイルを、さらに CD-R な
どにバックアップすることもできます。
スターが作成されていることを確認してください。
1. トランスポート停止中でホーム画面表示中、MENU キーを押して
MENU 画面を表示し、DATA ホイールを使って WAVE を反転表示
し、F4(¥)キーを押します。
2. D A T A ホ イ ー ル を 使 っ て 、 W A V E メ ニ ュ ー か ら E X P O R T
MASTER 項目を反転表示し、F4(¥)キーを押します。
デフォルトのファイル名が表示されます。この状態で編集が可能です。
º パソコンにエクスポートしたトラックファイルの名前を、パソコン
側で変更することができます。この場合、「8.3 形式」に従い、拡張
子 ".WAV" を付加することを忘れないでください。また、特殊なシ
ンボルなどを使用しないでください。
º パソコンにエクスポートしたトラックを、あとで本機または他の
DP-004 にインポートすることができます。
メ モ
ステレオマスターが存在しない場合、エラーメッセージが表示され
ます。
94 TASCAM
DP-004
第 11 章 パソコンを使ったデータ送受信
3. Ô /  キー、DATA ホイール、F3 / F4 キーを使って、エク
スポートするステレオマスターファイルの名前を編集します。( →
42 ページ「名前の編集」)
4. 名前の編集を終えたら、F2(EXEC)キーを押します。
16 ビット、44.1kHz の 1 つのステレオ WAV ファイルとして、ス
テレオマスターファイルが FAT パーティションにエクスポートされ
ます。
エクスポートされたファイルは、上記手順 3.で編集した名前に拡張
子 ".WAV" を付加したファイル名になります。
メ モ
エクスポートをキャンセルしたい場合は、F1(BACK)キーを押し
ます。
5. USB ケーブルを使って本機とパソコンを接続します。( → 87 ペー
ジ「パソコンと接続する」)
6. パソコン側の操作で、本機の FAT パーティションの WAVE ディレ
クトリ内のステレオマスターファイルをパソコンにコピーします。
7. ファイルのコピーを終えたら、本機をパソコンから正しく取り出し、
USB ケーブルを外します。
( → 88 ページ「接続を解除する」)
TASCAM DP-004
95
第 12 章 トラブルシューティング
本機を使って作業しているとき、思いどおりに動作してくれなかったり、
どうしていいかわからないような場合、まずこのトラブルシューティン
グをご覧ください。「よくあるトラブル」とそれに対する「考えられる
原因」が書かれています。
また、100 ページ「メッセージ」には、ディスプレイに表示されるメ
ッセージの内容/意味が表にまとめてあります。行った操作に対して、
録音ができない
≠ 録音(º)キーを押しながら再生(Á)キーを押して録音を開始す
る時点で、少なくともいずれか一つのトラックが録音待機状態
(REC インジケーター点滅)になっていますか?
≠ 入力チャンネルがトラックにアサインされていますか?( → 56
ページ「入力チャンネルをアサインする」)
メッセージが表示されて本機が操作を受け付けない場合、この表を参
考にしてください。
再生しているのに音が出ない
≠ トラックの LEVEL つまみは適正なレベルまで上がっていますか?
≠ MASTER LEVEL つまみは適正なレベルまで上がっていますか?
≠
/LINE OUT 端子からモニターシステムに正しく接続されていま
すか?
≠ 本機が USB 端子経由でパソコンに接続されていますか?( → 87
ページ「パソコンと接続する」)
≠ USB 接続する前に、FAT パーティションにソング、トラックまたは
ステレオマスターをバックアップまたはエクスポートしてあります
か?(パソコンからは直接 MTR パーティション内のファイルを読む
ことはできません。)
また、モニターシステムが正しく設定されていますか?
≠ VOLUME ダイヤルが適正なレベルまで上がっていますか?
録音しようとするサウンドが歪んで聞こえる
≠ 本機のトップパネルの INPUT A または INPUT B セクションの
LEVEL つまみが上がりすぎていませんか?
あるいは、入力ソースのレベルが高すぎませんか?
≠ モニターレベルが高すぎて、モニターシステムが歪んでいませんか?
96 TASCAM
パソコン上に本機のファイルが表示されない
DP-004
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
オーディオ入出力定格
º IPNUT A :
端子:標準ホンジャック・不平衡
入力インピーダンス:
10k Ω以上(INPUT A 切換スイッチを "MIC/LINE" に設定時)
1M Ω(INPUT A 切換スイッチを "GUITAR" に設定時)
基準入力レベル:ー 10dBV
最大入力レベル:+ 6dBV
オーディオ性能
º 周波数特製:
INPUT(MIC/LINE)→ LINE OUT : 20Hz ∼ 20kHz
º 歪率:
INPUT(LINE)→ LINE OUT : 0.05%以下
º S/N 比:
INPUT(MIC/LINE)→ LINE OUT : 81dB 以上
ヘッドルーム: 16dB
º IPNUT B :
端子:標準ホンジャック・不平衡
入力インピーダンス: 10k Ω以上
基準入力レベル:ー 10dBV
最大入力レベル:+ 6dBV
ヘッドルーム: 16dB
º
/LINE OUT 出力:
端子: 3.5mm ミニホンジャック(ステレオ)
≠ ライン接続時
基準出力レベル:ー 16dBV
最大出力レベル: 0dBV
≠ ヘッドホン接続時
最大出力レベル: 15mW + 15mW(32 Ωヘッドホン接続時)
一般
º 記録媒体:
SD カード(512M バイト∼ 2G バイト)および SDHC カード
(4G バイト∼ 32G バイト)
º ファイルシステム:
MTR パーティション: TASCAM オリジナル
FAT パーティション: FAT32
º 電池持続時間(連続再生時):
約 8 時間(JEITA 録音時)
約 8.5 時間(JEITA 音楽再生時)
(アルカリ乾電池使用時。使用状況により変動することがあります。)
º 使用温度範囲: 5 ∼ 35 ℃
TASCAM DP-004
97
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
º 消費電力: 1W
º サポート OS :
Windows Windows 2000 SP4 以上、Windows XP 、
º 外形寸法:
155.0(幅)× 33.5(高さ)× 107.0(奥行)mm(突起部含まず)
Windows Vista
Macintosh Mac OS X 10.2 以上
º 質量: 360g(電池を含まず)
別売アクセサリー
寸法図
º AC アダプター: PS-P520
接続するパソコンの条件
º Windows マシン:
Pentium 300MHz 以上
128MB 以上の Memory
USB ポート(推奨: USB2.0)
º Macintosh マシン:
Power PC、iMac、G3、G4
266MHz 以上
64MB 以上の Memory
USB ポート(推奨: USB2.0)
º 推奨 USB ホストコントローラー:
Intel 製チップセット
98 TASCAM
DP-004
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
ブロックダイヤグラム
TASCAM DP-004
99
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
メッセージ
以下のポップアップメッセージの一覧表を示します。DP-004 では状況に応じたポップアップメッセージが表示されますが、それぞれのメッセージ
の内容を知りたいとき、および対処方法を知りたいときにこの表をご覧ください。
メッセージ
内容と対処方法
Emptry Export Track
「エクスポートトラックが空っぽです。」
何も録音されていないトラックをエクスポートしようとすると表示されます。( → 91 ページ「トラックのインポー
トとエクスポート」
)別のトラックをエクスポートしてください。
File Not Found
「ファイルが見つかりません。」
FAT パーティションにバックアップされたソングがないときに、ソングをリストアしようとすると表示されます。
( →
89 ページ「ソングのバックアップとリストア」
)
「IN ポイントと OUT ポイントが近すぎます。
」
I/O Too Short
リピートモードに入ろうとするときに IN ポイントと OUT ポイントが近すぎると表示されます。
IN ポイントと OUT ポイントを 2 フレーム以上離してください。
Import File Not Found
「インポートするファイルがみつかりません。」
WAV ファイルのない FAT パーティションから WAV ファイルをインポートしようとしています。( → 91 ページ
「トラックをインポートする」)
本機をパソコンに接続して、インポートするファイルをパソコンから本機の FAT パーティションに転送してください。
Inport File Too Large
「インポートするファイルが大きすぎます。」
アクティブパーティションの空きスペースより容量の大きい WAV ファイルを FAT パーティションからインポートし
ようとしています。アクティブパーティション内の不要なファイルを削除して空きスペースを増やしてから再度イン
ポートを試みてください。
In Bounce Mode
「バウンスモード中です。」
バウンスモード中に禁止操作をしようとしたときに表示されます。
100 TASCAM
DP-004
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
メッセージ
内容と対処方法
In Master Mode
「マスタリングモード中です。」
In Repeat Mode
「リピートモード中です。」
マスタリングモード中に禁止操作をしようとしたときに表示されます。
リピートモード中に禁止操作をしようとしたときに表示されます。
Master Track Not Found 「マスタートラックが見つかりません。」
ステレオマスターがソング内に録音されていないときにステレオマスターをエクスポートしようとすると表示されま
す。( → 94 ページ「ステレオマスターをエクスポートする」)
ソングをマスタリングしてから、ステレオマスターをエクスポートしてください。
Master Track Too Large 「マスタートラックが大きすぎます。」
FAT パーティションの空き容量より大きなステレオマスターをエクスポートしようとしています。( → 94 ページ
「ステレオマスターをエクスポートする」)
本機をパソコンに接続して、FAT パーティションの空きスペースを拡げてください。
No Disk Space
「ディスクスペースがありません。」
パーティションパーティションに十分な空きスペースがないときにソングを作成しようとすると、このメッセージが
表示されます。( → 48 ページ「新しいソングを作成する」)
スペースを拡げてからソングを作成してください。
No Master Trk
「マスタートラックが存在しません。」
トラックのクローンを作るとき、存在しないマスタートラックをソースとして選択しようとすると表示されます。
(→
83 ページ「クローントラック(トラック複製)
」
)
マスタートラックを作るか、または別のソースを選択してください。
TASCAM DP-004
101
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
メッセージ
内容と対処方法
No Song
「ソングがありません。」
ソングが存在しないパーティションからソングをロードしようとしています。( → 47 ページ「ソングをロードす
る」)
パーティションを変更してください。( → 46 ページ「アクティブパーティションを変更する」)
No Undo Histry
「アンドゥのヒストリーがありません」
Not Stopped
「レコーダーが停止していません。」
アンドゥするような操作が存在しません。( → 64 ページ「操作履歴の消去について」)
レコーダーが停止していないとき、たとえば UN/REDO キーのように停止中でないと受け付けないキーを押すと、
このメッセージが表示されます。
Now Recording
「レコーディング中です。」
レコーディングを行っているときにメニュー操作を行おうとすると表示されます。他にもレコーディング中に受け付
けない操作があります。
Same Track
「同じトラックを指定しています。」
Song Protected
「ソングがプロテクトされています。」
クローントラック設定で、"Src Trk" と "Dst Trk" とで同じトラックを指定すると表示されます。
プロテクトされているソングに変更(録音、編集など)を加えようとすると表示されます。( → 52 ページ「ソング
をプロテクトする」)
変更を加える前にプロテクトを解除してください。
Too Many songs
「これ以上ソングを作成できません。」
一つのパーティションが持つことができるソングの数は最大 250 です。不要なソングを削除してから、新しいソン
グを作成してください。
102 TASCAM
DP-004
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
メッセージ
Track Full
内容と対処方法
「トラックが録音済みです。」
FAT パーティションからすでに録音されているトラックにファイルをインポートしようとすると表示されます。( →
91 ページ「トラックをインポートする」
)
Trk Too Short
「トラックが短すぎです。」
ゼロポジションを OUT ポイントに設定してマスタリングを行おうとすると表示されます。( → 60 ページ「マスタリ
ング」)
OUT ポイントを設定し直してください。( → 69 ページ「IN / OUT ポイントを設定する」)
No SD Card
「SD カードが挿入されておりません。
」
Invalid Card
「挿入されている SD カードは DP-004 で使用できないフォーマットです。」
Protected Card
「挿入されている SD CARD はプロテクトされています。」
Card Full
「録音中に SD カードがいっぱいになりました。
」
Trk Edit Fail
「トラックエディットに失敗しました。」
Battery Empty
「電池が空です。」
電源をオフにしてから SD カードを挿入してください。
電源をオフにしてから別の SD カードを挿入するか、MENU → CARD から FORMAT してください。
録音や編集を行いたい場合は、電源を OFF して SD カードのプロテクトを解除してください。
ソングを保存してから本体の電源を入れ直して再度トラックエディットを実行してください。
電池がほどんと空の状態の時に表示されます。
新しい電池に交換するか、別売の AC アダプター(PS-P520)を接続してご使用ください。
TASCAM DP-004
103
第 13 章 仕様・ブロックダイヤグラム・メッセージ
メッセージ
内容と対処方法
Battery Low
「電池が空に近いです。」
電池が空に近い状態で録音しようとすると表示されます。
新しい電池に交換するか、別売の AC アダプター(PS-P520)を接続してご使用ください。
SD Size Error
「DP-004 では使用できない小さいサイズの SD カードが挿入されています。
」
Work Memory Full
「ソングの録音や編集のために必要なワークメモリがいっぱいになりました。」
512M バイト以上の SD カードをご使用ください。
カードの空き容量が残っていても、1 ソングでの長時間録音を行ったり、編集作業を多く行うと発生する場合があり
ます。
ヒストリのクリア( → 64 ページ「操作履歴の消去について」)を実行すると空きワークメモリが増え、作業が続行
できる場合があります。
電源をオフすることでも空きワークメモリーが増え、作業が続行できる場合があります。
SD Not Found
これらのエラーが出た場合は、本体の電源を入れなおしてください。
SD Read Busy
これらのエラーが頻繁に発生する場合は、ティアック修理センターにご相談ください。
SD Write Busy
I/F Error
FileErr
Audio Rst Fail
SaveParam Fail
Mount Error
SD-Card Error!
104 TASCAM
DP-004
第 14 章 こんなことをするには
以下に、パネルを見ただけではやり方がわからないような機能の操作方
– 「MENU キーを押し、メニュー選択画面から CARD メニューを選
法を一覧表にまとめます。メッセージ一覧と合わせてご利用下さい。
択し、CARD メニューの中から FORMAT 項目を選択する」という
なお、項目は五十音順に並んでいます。
操作を「MENUˇCARDˇFORMAT」のように表記します。
– 複雑な操作の場合、全部の操作は表記しません。
– キー名称は REPEAT のように表記します。
– STOP + Ô のような表記は、「STOP キーを押しながら Ô キー
を押す」という意味です。
こんなことをしたい
"操作方法、使用するキー"
詳しくはこちら
FAT パーティションをフォーマットしたい
ˇCARDˇ
ˇFAT REFORMAT
MENUˇ
「FAT パーティションを再フォーマットする」(80
IN、OUT ポイントを設定したい
"IN/OUT、F3、F4"
「IN / OUT ポイントを設定する」(69 ページ)
ページ)
IN、OUT ポイントを編集、トリミングしたい "IN/OUT、F2"
「IN / OUT ポイントを設定する」(69 ページ)
USB 接続を有効にしたい
本機とパソコンを USB ケーブルで接続します
「パソコンと接続する」
(87 ページ)
USB 接続を解除する
本機をパソコンから切断します
「接続を解除する」
(88 ページ)
ˇWAVEˇ
ˇIMPORT TRACK
WAV ファイルをトラックにインポートしたい MENUˇ
「トラックをインポートする」(91 ページ)
アクティブパーティションを変更したい
ˇCARDˇ
ˇPARTITION
MENUˇ
「アクティブパーティションを選択する」(46 ペー
ギターやベースをチューニングしたい
ˇTUNER
MENUˇ
「チューナー」(73 ページ)
現在のアクティブパーティションを知りたい
ˇINFORMATION
MENUˇ
「ソング情報を見る」(49 ページ)
ジ)
ˇCARDˇ
ˇSD INITIALIZE
SD カードの全領域をパソコンで使用可能に MENUˇ
「カードをイニシャライズする」(81 ページ)
したい
SD カードをフォーマットしたい
ˇCARDˇ
ˇFORMAT
MENUˇ
「カードをフォーマットする」(78 ページ)
新規ソングを作成したい
ˇSONGˇ
ˇCREATE
MENUˇ
「新しいソングを作成する」(48 ページ)
TASCAM DP-004
105
第 14 章 こんなことをするには
こんなことをしたい
"操作方法、使用するキー"
ステレオマスターを作成したい
ˇMASTER
REC MODEˇ
ˇWAVEˇ
ˇEXPORT MASTER
ステレオマスターをパソコンにエクスポート MENUˇ
したい
詳しくはこちら
「マスタリング」(60 ページ)
「ステレオマスターをエクスポートする」(94 ペー
ジ)
アンドゥした操作を取り消したい
UNDO/REDO
「実行した操作を取り消す(アンドゥ)
」
(63 ページ)
操作を取り消して、以前の状態に戻りたい
UNDO/REDO
「実行した操作を取り消す(アンドゥ)
」
(63 ページ)
ソングに名前を付けたい
ˇSONGˇ
ˇNAME EDIT
MENUˇ
「名前の編集」(42 ページ)
ソングのプロテクトを解除したい
ˇSONGˇ
ˇPROTECT
MENUˇ
「ソングをプロテクトする」(52 ページ)
ソング名を見たい
ˇINFORMATION
MENUˇ
「ソング情報を見る」(49 ページ)
ソングをコピーしたい
ˇSONGˇ
ˇCOPY
MENUˇ
「ソングをコピーする」(49 ページ)
ソングを削除(消去)したい
ˇSONGˇ
ˇERASE
MENUˇ
「ソングを消去する」(51 ページ)
ソングをバックアップしたい
ˇBACKUPˇ
ˇSONG BACKUP
MENUˇ
「ソングのバックアップとリストア」(89 ページ)
ソングをプロテクトしたい
ˇSONGˇ
ˇPROTECT
MENUˇ
「ソングをプロテクトする」(52 ページ)
ソングを保存したい
ˇSONGˇ
ˇSAVE
MENUˇ
「ソングを保存する」(48 ページ)
ソングをロードしたい
ˇSONGˇ
ˇLOAD
MENUˇ
「ソングをロードする」(47 ページ)
トラック全体を消去したい
ˇCLEAN OUT
TRACK EDITˇ
「クリーンアウト(トラック削除)」(83 ページ)
トラック内に無音パートを挿入したい
ˇOPEN
TRACK EDITˇ
「オープン(無音挿入)」(85 ページ)
トラックの一部をカットして詰めたい
ˇCUT
TRACK EDITˇ
「カット(部分削除)」(84 ページ)
トラックの一部を無音にしたい
ˇSINLENCE
TRACK EDITˇ
「サイレンス(部分消去)」(84 ページ)
トラックのクローンを作りたい
ˇCLONE TRACK
TRACK EDITˇ
「クローントラック(トラックの複製)」
(83 ページ)
106 TASCAM
DP-004
第 14 章 こんなことをするには
こんなことをしたい
"操作方法、使用するキー"
ˇWAVEˇ
ˇEXPORT TRACK
トラックの内容をパソコンにエクスポートし MENUˇ
詳しくはこちら
「トラックをエクスポートする」(93 ページ)
たい
トラックバウンスをやりたい
ˇBOUNCE
REC MODEˇ
「トラックバウンス」(66 ページ)
パーティションをフォーマットしたい
ˇCARDˇ
ˇREFORMAT
MENUˇ
「MTR パーティションをフォーマットする(リフ
パソコンからソングをリストアしたい
ˇDATA BACKUPˇ
ˇSONG RESTORE 「ソングのバックアップとリストア」(89 ページ)
MENUˇ
別のトラックにピンポン(バウンス)したい
ˇBOUNCE
REC MODEˇ
「トラックバウンス」(66 ページ)
メトロノームの設定をしたい
ˇMETRONOME
MENUˇ
「メトロノーム機能」(72 ページ)
メトロノームを使いたい
ˇMETRONOME
MENUˇ
「メトロノーム機能」(72 ページ)
録音残時間を知りたい
ˇINFORMATION
MENUˇ
「ソング情報を見る」(49 ページ)
ォーマット)」(79 ページ)
ˇMASTER PLAY
作成したステレオマスタートラックを聞きたい REC MODEˇ
「マスタリング」(60 ページ)
内蔵マイクを使いたい
INPUT SETTING
「入力ソースを選択する」(53 ページ)
ギターを録音したい
INPUT SETTING
「入力ソースを選択する」(53 ページ)
ˇMODE
入力信号をモノラル(またはステレオ)でモ INPUT SETTINGˇ
「モニターモードを設定する」(54 ページ)
ニターしたい
INPUT A/B をアサインするトラックを変更 ASSIGN
「入力チャンネルをアサインする」(56 ページ)
したい
ˇPREFERENCE
リピート時のインターバルタイムを変更したい MENUˇ
「リピート再生の間隔を設定する」(71 ページ)
オートオフ機能を使いたい
ˇPREFERENCE
MENUˇ
「電源のオートオフ」(74 ページ)
画面のコントラストを変更したい
ˇPREFERENCE
MENUˇ
「コントラストを設定する」(45 ページ)
TASCAM DP-004
107
この製品の取り扱いなどに関するお問い合わせは
タスカム営業技術までご連絡ください。お問い合わせ受付時間は、
土・日・祝日・弊社休業日を除く 10:00 ∼ 12:00 / 13:00 ∼ 17:00 です。
タスカム営業技術
〒 206-8530
東京都多摩市落合 1-47
0120-152-854
携帯電話・ PHS ・ IP 電話などからはフリーダイヤルをご利用いただけませんので、通常の電話番号(下記)に
お掛けください。
電話: 042-356-9137 / FAX : 042-356-9185
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
修理センターまでご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、土・日・祝日・弊社休業日を除く 9:30 ∼ 17:00 です。
ティアック修理センター
〒 190-1232
東京都西多摩郡瑞穂町長岡 2-2-8
一般電話・公衆電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
0570-000-501
ナビダイヤルは全国どこからお掛けになっても市内通話料金でご利用いただけます。
携帯電話・ PHS ・自動車電話などからはナビダイヤルをご利用いただけませんので、通常の電話番号(下記)にお
掛けください。
新電電各社をご利用の場合、
「0570」がナビダイヤルとして正しく認識されず、
「現在、この電話番号は使われて
おりません」などのメッセージが流れることがあります。このような場合は、ご契約の新電電各社へお問い合わせ
いただくか、通常電話番号(下記)にお掛けください。
電話: 042-556-2280 / FAX : 042-556-2281
■ 住所や電話番号は, 予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
ティアック株式会社
〒 206-8530
東京都多摩市落合 1-47
http://www.tascam.jp/
Printed in China
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement