デジタルカメラ COOLPIX P90 使用説明書

デジタルカメラ COOLPIX P90 使用説明書
デジタルカメラ
クールピクス P90
使用説明書
Jp
商標説明
・ Microsoft、Windows および Windows Vista は、Microsoft Corporation の
米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・ Macintosh、Mac OS および QuickTime は、Apple Inc. の商標です。
・ Adobe および Adobe Acrobat は Adobe Systems, Inc.(アドビシステムズ
社)の商標、または特定地域における同社の登録商標です。
・ SD ロゴおよび PictBridge ロゴは商標です。
・ その他の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。
はじめに
撮影の準備
A
簡単な撮影と再生
―オート撮影モードを使う
y /x シーンに合わせて撮影する
a/y
笑顔を自動撮影する
d
高速で連写する(スポーツ連写)
A、B、C、D、E、Fで撮影する
c
再生機能を使いこなす
D
動画を撮影する / 再生する
E
音声レコード機能を使う
テレビやパソコン、プリンターに接続する
d
撮影、再生、セットアップ
メニューを使う
付録
i
安全上のご注意
お使いになる前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しい方法でお使い
ください。
この「安全上のご注意」は製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の
人々への危害や財産への損害を未然に防止するために重要な内容を記載して
います。内容を理解してから本文をお読みいただき、お読みになった後は、お
使いになる方がいつでも見られるところに必ず保管してください。
表示と意味は以下のようになっています。
危険
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重
傷を負う可能性が高いと想定される内容を示しています。
警告
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重
傷を負う可能性が想定される内容を示しています。
注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可
能性が想定される内容および物的損害の発生が想定される内容を示
しています。
お守りいただく内容の種類を、以下の図記号で区分し、説明しています。
絵表示の例
記号は、注意(警告を含む)を促す内容を告げるものです。図の中や近
くに具体的な注意内容(左図の場合は感電注意)が描かれています。
記号は、禁止(してはいけないこと)の行為を告げるものです。図の中
や近くに具体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
記号は、行為を強制すること(必ずすること)を告げるものです。図の
中や近くに具体的な強制内容(左図の場合はプラグをコンセントから抜く)
が描かれています。
警告(カメラについて)
分解したり、修理や改造をしないこと
感電したり、異常動作をしてケガの
分解禁止 原因となります。
落下などによって破損し、内部が露
出したときは、露出部に手を触れな
接触禁止 いこと
感電したり、破損部でケガをする原
因となります。
電池、
電源を抜いて、ニコンサービ
すぐに
ス機関に修理を依頼してください。
修理依頼を
ii
水かけ
禁止
水につけたり、水をかけたり、雨に
ぬらしたりしないこと
発火したり感電の原因となります。
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなど
の異常時は、
すみやかに電池を取り
出すこと
電池を
そのまま使用すると火災、
やけどの
取る
原因となります。
電池を取り出す際、
やけどに充分注
意してください。
すぐに
電池を抜いて、
ニコンサービス機関
修理依頼を に修理を依頼してください。
安全上のご注意
引火、爆発のおそれのある場所では
使用しないこと
ガソリンなど引火性
使用禁止 プロパンガス、
ガスや粉塵の発生する場所で使用す
ると爆発や火災の原因となります。
使用しないときは、
レンズにキャッ
プを付けて太陽光のあたらない所
に保管すること
保管注意
太陽光が焦点を結び、
火災の原因に
なることがあります。
車の運転者等にむけてフラッシュ
を発光しないこと
発光禁止 事故の原因となります。
三脚にカメラを取り付けたまま移
動しないこと
移動注意 転倒したりぶつけたりしてケガの
原因になることがあります。
フラッシュを人の目に近づけて発
光しないこと
発光禁止 視力障害の原因となります。
特に乳幼児を撮影する時は 1 m 以上
離れてください。
幼児の口に入る小さな付属品は、幼
児の手の届かないところに置くこと
保管注意 幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだときは、直ちに医師
にご相談ください。
ストラップが首に巻き付かないよ
うにすること
児童の首にストラップを
保管注意 特に幼児、
かけないこと
首に巻き付いて窒息の原因となります。
警告
指 定 の電 池ま た は専 用 AC アダ プ
ターを使用すること
指定以外のものを使用すると、火災
や感電の原因となります。
AC アダプター使用時に雷が鳴り出
したら、
電源プラグに触れないこと
航空機内で使うときは、
離着陸時に
電源を OFF にすること
使用注意 病院で使うときは病院の指示に従
うこと
本機器が出す電磁波などにより、航
空機の計器や医療機器に影響を与
えるおそれがあります。
長期間使用しないときは電源(電池
や AC アダプター)を外すこと
火災、ケガや
電池を 電池の液もれにより、
周囲を汚損する原因になることが
取る
あります。
AC アダプターをご使用の際には、
AC アダプターを取り外し、その後電
プラグを 源プラグをコンセントから抜いて
抜く
ください。火災の原因になることが
あります。
内蔵フラッシュの発光窓を人体やも
のに密着させて発光させないこと
発光禁止 やけどや発火の原因になることが
あります。
使用禁止 感電の原因となります。
雷が鳴り止むまで機器から離れて
ください。
注意(カメラについて)
感電注意
ぬれた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
製品は、幼児の手の届かない所に置
くこと
保管注意 ケガの原因になることがあります。
禁止
布団でおおったり、
つつんだりして
使用しないこと
熱がこもりケースが変形し、
火災の
原因になることがあります。
窓を閉め切った自動車の中や直射
日光が当たる場所など、
異常に温度
が高くなる場所に放置しないこと
放置禁止
内部の部品に悪い影響を与え、火災
の原因になることがあります。
禁止
付属の CD-ROM を音楽用 CD プレー
ヤーで使用しないこと
機器に損傷を与えたり大きな音が
して聴力に悪影響を及ぼすことが
あります。
iii
安全上のご注意
危険
(専用 Li-ion リチャージャブルバッテリー
について)
禁止
分解禁止
危険
電池を火に入れたり、
加熱しないこと
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
電池をショート、分解しないこと
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
専用の充電器を使用すること
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
Li-ion リチャージャブルバッテリー
EN-EL5 は、ニコンデジタルカメラ専
用の充電池で、
COOLPIX P90 に対応
使用禁止
しています。EN-EL5 に対応してい
ない機器には使用しないこと
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
危険
危険
ネックレス、ヘアピンなど金属製の
ものと一緒に持ち運んだり、保管し
ないこと
ショートして液もれ、発熱、破裂の
原因となります。
持ち運ぶときは端子カバーを付け
てください。
電池からもれた液が目に入ったと
きは、すぐにきれいな水で洗い、医
師の治療を受けること
そのままにしておくと、目に傷害を
与える原因となります。
警告
(専用 Li-ion リチャージャブルバッテリー
について)
電池は幼児の手の届かないところ
に置くこと
保管注意 幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだときは、
直ちに医師
にご相談ください。
水かけ禁止
水につけたり、ぬらさないこと
液もれ、発熱の原因となります。
変色や変形、
そのほか今までと異な
ることに気づいたときは、
使用しな
いこと
使用禁止
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
警告
警告
警告
充電の際に所定の充電時間を超え
ても充電が完了しないときは、充電
をやめること
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
電池をリサイクルするときや、やむ
なく廃棄するときは、
テープなどで
接点部を絶縁すること
他の金属と接触すると、発熱、破裂、
発火の原因となります。ニコンサー
ビス機関またはリサイクル協力店
にご持参いただくか、
お住まいの自
治体の規則にしたがって廃棄して
ください。
電池からもれた液が皮膚や衣服に
付いたときは、
すぐにきれいな水で
洗うこと
そのままにしておくと、
皮膚がかぶ
れたりする原因となります。
注意
(専用 Li-ion リチャージャブルバッテリー
について)
注意
iv
電池に強い衝撃を与えたり、
投げた
りしないこと
液もれ、
発熱、
破裂の原因となります。
安全上のご注意
警告
(バッテリーチャージャーについて)
禁止
分解したり、
修理や改造をしないこと
感電したり、異常動作をしてケガの
分解禁止 原因となります。
落下などによって破損し、内部が露
出した時は、露出部に手を触れない
こと
接触禁止
感電したり、破損部でケガをする原
因となります。
電源プラグをコンセントから抜い
て、
ニコンサービス機関に修理を依
すぐに
修理依頼を 頼してください。
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなど
の異常時は、速やかに電源プラグを
コンセントから抜くこと
プラグを そのまま使用すると火災、
やけどの
抜く
原因となります。
電源プラグを抜く際、やけどに充分
注意してください。
電源プラグをコンセントから抜い
すぐに
ニコンサービス機関に修理を依
修理依頼を て、
頼してください。
水につけたり、水をかけたり、雨に
ぬらしたりしないこと
水かけ禁止 発火したり感電の原因となります。
引火、爆発のおそれのある場所では
使用しないこと
ガソリンなど引火性
使用禁止 プロパンガス、
ガスや粉塵の発生する場所で使用す
ると爆発や火災の原因となります。
警告
電源コードを傷つけたり、
加工した
りしないこと
また、重いものを載せたり、加熱し
たり、引っぱったり、むりに曲げた
りしないこと
電源コードが破損し、火災、感電の
原因となります。
ぬれた手で電源プラグを抜き差し
しないこと
感電注意 感電の原因となります。
禁止
海外旅行者用電子式変圧器
(トラベ
ルコ ンバ ータ ー)や DC/AC イ ン
バーターなどの電源に接続して使
わないこと
発熱、
故障、火災の原因となります。
注意
(バッテリーチャージャーについて)
感電注意
ぬれた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
製品は、幼児の手の届かない所に置
くこと
放置禁止 ケガの原因になることがあります。
禁止
布団でおおったり、
つつんだりして
使用しないこと
熱がこもりケースが変形し、
火災の
原因になることがあります。
電源プラグの金属部やその周辺に
ほこりが付着しているときは、乾い
た布で拭き取ること
そのまま使用すると、火災の原因に
なります。
雷が鳴り出したら、電源プラグに触
れないこと
使用禁止 感電の原因となります。
雷が鳴り止むまで機器から離れて
ください。
v
目次
安全上のご注意 ..........................................................................................ii
はじめに ....................................................................................................1
使用説明書について .......................................................................................................... 1
ご確認ください ................................................................................................................... 2
各部の名称 ........................................................................................................................... 4
カメラ本体 ................................................................................................................... 4
液晶モニターの角度を変える.................................................................................. 6
内蔵フラッシュのポップアップと収納 ................................................................. 7
ストラップとレンズキャップの取り付け方 ........................................................ 7
液晶モニターの表示内容 .......................................................................................... 8
主なボタン操作とヘルプの使い方 ...............................................................................10
モードダイヤル .........................................................................................................10
コマンドダイヤル .....................................................................................................11
マルチセレクター .....................................................................................................12
d(メニュー)ボタン .........................................................................................13
タブの切り換え方法 ................................................................................................13
ヘルプの表示方法 .....................................................................................................14
x(モニター)ボタン ..........................................................................................14
s(表示切り換え)ボタン ...............................................................................15
撮影の準備 ...............................................................................................16
バッテリーを充電する ....................................................................................................16
バッテリーを入れる ........................................................................................................18
バッテリーを取り出すときは................................................................................19
電源を ON/OFF するには ......................................................................................19
表示言語と日時を設定する ............................................................................................20
SD カードを入れる ..........................................................................................................22
SD カードを取り出すときは .................................................................................22
vi
目次
A 簡単な撮影と再生―オート撮影モードを使う ........................................24
ステップ 1 電源を ON にして A(オート撮影)を選ぶ ....................................24
A(オート撮影)モードでの液晶モニター表示 .............................................25
ステップ 2 カメラを構え、構図を決める ...............................................................26
電子ビューファインダーを使う ...........................................................................26
ズームを使う .............................................................................................................27
ステップ 3 ピントを合わせてシャッターボタンを押す ......................................28
ステップ 4 撮影した画像を再生する / 削除する ...................................................30
画像を再生する(再生モード).............................................................................30
画像を削除する .........................................................................................................30
フラッシュを使う ............................................................................................................32
フラッシュモードの設定方法................................................................................33
セルフタイマーを使う ....................................................................................................35
フォーカスモードを使う ................................................................................................36
フォーカスモードの設定方法................................................................................37
マニュアルフォーカスでピントを合わせる ......................................................38
露出を補正する .................................................................................................................39
y/x シーンに合わせて撮影する ........................................................40
シーンモードを使う ........................................................................................................40
シーンモードの設定方法 ........................................................................................40
シーンモードの種類と特徴 ....................................................................................41
料理モードを使った撮影方法................................................................................48
パノラマアシストを使った撮影方法 ...................................................................50
カメラまかせでシーンに合わせて撮影する(おまかせシーンモード)..............52
a/y 笑顔を自動撮影する ........................................................................54
笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減を使う ...............................................................54
目つぶり軽減機能について ....................................................................................55
d 高速で連写する(スポーツ連写)...........................................................56
スポーツ連写モードを使う ............................................................................................56
スポーツ連写の設定を変更する(スポーツ連写メニュー)...................................58
vii
目次
A、B、C、D、E、F で撮影する .......................................................60
A、B、C、D モードについて ....................................................................................60
A(プログラムオート)...................................................................................................62
B(シャッター優先オート)..........................................................................................63
C(絞り優先オート)......................................................................................................64
D(マニュアル露出)......................................................................................................65
E、F(ユーザーセッティング)モードを使う .................................................67
E/F に設定内容を登録する ............................................................................68
登録した設定内容をリセットする .......................................................................69
白とびや黒つぶれを抑えて撮影する(アクティブ D- ライティング)................70
c 再生機能を使いこなす .........................................................................71
複数の画像を一覧表示する(サムネイル表示)........................................................71
カレンダー表示 .........................................................................................................72
画像を拡大表示する ........................................................................................................73
画像を編集する .................................................................................................................74
簡単にレタッチする ................................................................................................75
画像の暗い部分を明るく補正する(D- ライティング)..................................76
画像の一部を切り抜く(トリミング).................................................................77
小さいサイズの画像を作成する(スモールピクチャー)...............................78
画像の周りに黒い枠を付ける(黒フレーム)....................................................79
画像に音声メモを付ける ................................................................................................80
音声メモを録音する ................................................................................................80
音声メモを再生する ................................................................................................80
音声メモを削除する ................................................................................................80
D 動画を撮影する / 再生する ...................................................................81
動画を撮影する .................................................................................................................81
動画撮影の設定を変更する(動画メニュー)............................................................82
D 動画設定 ................................................................................................................82
I AF モード .............................................................................................................83
w 電子式手ブレ補正 ..............................................................................................84
微速度撮影をする .....................................................................................................84
動画を再生する .................................................................................................................86
動画ファイルを削除する ........................................................................................86
E 音声レコード機能を使う .......................................................................87
音声を録音する .................................................................................................................87
音声を再生する .................................................................................................................89
音声データを削除する ............................................................................................90
音声データをコピーする ................................................................................................91
viii
目次
テレビやパソコン、プリンターに接続する ................................................92
テレビに接続する ............................................................................................................92
パソコンに接続する ........................................................................................................93
カメラとパソコンを接続する前に .......................................................................93
カメラからパソコンに画像を転送する ...............................................................94
プリンターに接続する ....................................................................................................97
カメラとプリンターを接続する ...........................................................................98
1 コマだけプリントする.........................................................................................99
複数の画像をプリントする ................................................................................. 100
SD カードにプリントする画像や枚数を設定する(プリント指定)................. 103
d 撮影、再生、セットアップメニューを使う ...................................... 105
撮影に関する設定―撮影メニュー ............................................................................ 105
撮影メニューの表示方法 ..................................................................................... 106
q 画質 .................................................................................................................. 107
r 画像サイズ ...................................................................................................... 108
F 仕上がり設定 ................................................................................................. 111
B ホワイトバランス ......................................................................................... 114
E ISO 感度設定 .................................................................................................. 116
G 測光方式 ......................................................................................................... 117
C 連写 .................................................................................................................. 118
H ブラケティング ............................................................................................. 121
G AF エリア選択 ............................................................................................... 122
I AF モード(オートフォーカスモード)................................................... 125
J 調光補正 .......................................................................................................... 125
M ノイズ低減 ..................................................................................................... 126
Q ゆがみ補正 ...................................................................................................... 126
同時に設定できない機能 ..................................................................................... 127
再生に関する設定―再生メニュー ............................................................................ 129
再生メニューの表示方法 ..................................................................................... 129
b スライドショー ............................................................................................. 131
c 削除 ................................................................................................................... 132
d プロテクト設定 ............................................................................................ 132
f 画像回転 .......................................................................................................... 133
i 非表示設定...................................................................................................... 133
h 画像コピー ..................................................................................................... 134
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー ............................................... 135
セットアップメニューの表示方法 .................................................................... 136
c オープニング画面 ......................................................................................... 137
d 日時設定 .......................................................................................................... 138
e モニター設定 ................................................................................................. 141
f デート写し込み ............................................................................................. 142
ix
目次
g 手ブレ補正 ..................................................................................................... 143
U モーション検知 ............................................................................................. 144
h AF 補助光 ....................................................................................................... 145
u 電子ズーム ..................................................................................................... 145
i 操作音 .............................................................................................................. 146
k オートパワーオフ ......................................................................................... 146
l/m メモリー / カードの初期化(フォーマット)................................... 147
n 言語 /Language............................................................................................ 148
o ビデオ出力 ...................................................................................................... 148
d 目つぶり検出設定 ......................................................................................... 149
p 設定クリアー ................................................................................................. 151
P 連番リセット ................................................................................................. 154
r バージョン情報 ............................................................................................. 154
付録 ...................................................................................................... 155
別売アクセサリー ......................................................................................................... 155
推奨 SD カード ...................................................................................................... 155
記録データのファイル名とフォルダー名 ............................................................... 156
カメラのお手入れ方法 ................................................................................................. 158
クリーニングについて ......................................................................................... 158
保管について .......................................................................................................... 158
取り扱い上のご注意 ..................................................................................................... 159
カメラについて ...................................................................................................... 159
バッテリーについて ............................................................................................. 160
警告メッセージ .............................................................................................................. 162
故障かな?と思ったら ................................................................................................. 166
主な仕様 .......................................................................................................................... 172
このカメラの準拠規格 ......................................................................................... 175
索引 ................................................................................................................................... 176
アフターサービスについて ......................................................................................... 182
x
はじめに
使用説明書について
ニコンデジタルカメラ COOLPIX P90 をお買い上げいただき、まことにありが
とうございます。
はじめに
お使いになる前に、この使用説明書をよくお読みになり、内容を充分に理解し
てから正しくお使いください。お読みになった後は、お使いになる方がいつで
も見られるところに保管し、撮影を楽しむためにお役立てください。
●本文中のマークについて
B
カメラの故障を防ぐために、使
用前に注意していただきたいこ
とや守っていただきたいことを
記載しています。
D
カメラを使用するときに、便利
な情報を記載しています。
C
カメラを使用する前に知ってお
いていただきたいことを記載し
ています。
A
関連情報を記載した参照ページ
を記載しています。
●表記について
・ SD メモリーカードを「SD カード」と表記しています。
・ ご購入時のカメラの設定を「初期設定」と表記しています。
・ 液晶モニターに表示されるメニュー項目や、パソコンに表示されるボタン
名、メッセージなどは、[ ]で囲って表記しています。
●画面例について
本書では、液晶モニター上や電子ビューファインダー内の表示をわかりやすく
説明するために、被写体の表示を省略する場合があります。
●本文中のイラストについて
本文中の画面表示を含むイラストは、実際と異なる場合があります。
C
内蔵メモリーと SD カードについて
本機は、内蔵メモリーと SDカードの両方に対応しています。SD カードをカメラにセット
しているときは、SD カードが優先して使用されます。内蔵メモリーを使用して、撮影、再
生、削除、初期化などの操作をするときは、SD カードをカメラから取り出してください。
1
ご確認ください
はじめに
●保証書について
この製品には「保証書」が付いていますのでご確認ください。
「保証書」は、
お買い上げの際、ご購入店からお客様へ直接お渡しすることになっています。
必ず「ご購入年月日」と「ご購入店」が記入された保証書をお受け取りくださ
い。
「保証書」をお受け取りにならないと、ご購入 1 年以内の保証修理が受けら
れないことになります。お受け取りにならなかった場合は、ただちに購入店に
ご請求ください。
●カスタマー登録
下記のホームページからカスタマー登録が行えます。
https://reg.nikon-image.com/
付属の「登録のご案内」に記載されている登録コードをご用意ください。
●カスタマーサポート
下記のホームページでサポート情報をご案内しています。
http://www.nikon-image.com/jpn/support/
●大切な撮影を行う前には試し撮りを
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)の前には、必ず試し撮りをしてカメラが
正常に機能することを事前に確認してください。本製品の故障に起因する付随
的損害(撮影に要した諸費用および利益喪失等に関する損害等)についての補
償はご容赦願います。
●本製品を安心してご使用いただくために
本製品は、当社製のアクセサリー(バッテリー、バッテリーチャージャー、AC
アダプターなど)に適合するように作られていますので、当社製品との組み合
わせでお使いください。
・ Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5 には、ニコン純
正品であることを示すホログラムシールが貼られています。
ホログラム
・ 模倣品の Li-ion リチャージャブルバッテリーをお使いになる
シール
と、カメラの充分な性能が出せないことや、バッテリーの異
常な発熱や液もれ、破裂、発火などの原因となることがあります。
・ 他社製品や模倣品と組み合わせてお使いになると、事故や故障などが起こる
可能性があります。その場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意く
ださい。
2
ご確認ください
●使用説明書について
はじめに
・ この使用説明書の一部または全部を無断で転載することは、固くお断りいた
します。
・ 仕様、性能は予告なく変更することがありますので、ご承知ください。
・ 使用説明書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
・ 使用説明書の内容が破損などによって判読できなくなったときは、下記の
ホームページから使用説明書の PDF ファイルをダウンロードすることがで
きます。
http://www.nikon-image.com/jpn/support/manual/
ニコンサービス機関で新しい使用説明書を購入することもできます(有料)
。
●著作権についてのご注意
あなたがカメラで撮影または録音したものは、個人として楽しむなどの他は、
著作権上、権利者に無断で使うことができません。なお、実演や興業、展示物
の中には、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影や録音を制限してい
る場合がありますのでご注意ください。また、著作権の目的となっている画像
や音楽は、著作権法の規定による範囲内でお使いになる以外は、ご利用いただ
けませんのでご注意ください。
●カメラやメモリーカードを譲渡 / 廃棄するときのご注意
メモリー(SD カード / カメラ内蔵メモリーを含む)内のデータはカメラやパソ
コンで初期化または削除しただけでは、完全には削除されません。譲渡 / 廃棄
した後に市販のデータ修復ソフトなどを使ってデータが復元され、重要なデー
タが流出してしまう可能性があります。メモリー内のデータはお客様の責任に
おいて管理してください。
メモリーを譲渡 / 廃棄する際は、市販のデータ削除専用ソフトなどを使って
データを完全に削除するか、初期化後にメモリーがいっぱいになるまで、空や
地面などを撮影することをおすすめします。なお、
「オープニング画面」の「撮
影した画像」
(A137)も、同様に別の画像で置き換えてから譲渡 / 廃棄してく
ださい。メモリーを物理的に破壊して廃棄するときは、周囲の状況やけがなど
に充分ご注意ください。
●ラジオ、テレビなどへの電波障害についてのご注意
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づ
くクラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的と
していますが、ラジオやテレビの近くでお使いになると、受信障害を引き起こ
すことがあります。使用説明書にしたがって正しくお取り扱いください。
3
各部の名称
カメラ本体
はじめに
内蔵フラッシュポップアップ時
3
1
2
6
7
4
5
8
9
4
10 11 12
1
電源スイッチ / 電源ランプ
........................................19、146
2
モードダイヤル .......................... 10
3
マイク......................... 80、81、87
4
内蔵フラッシュ .................... 7、32
5
m(フラッシュポップアップ)
ボタン.................................... 7、33
6
ストラップ取り付け部(2 カ所)
.....................................................7
7
端子カバー ................. 92、94、98
8
ケーブル接続端子 ..... 92、94、98
9
パワーコネクターカバー ......... 155
13
10 シャッターボタン....................... 28
ズームレバー .............................. 27
f:広角ズーム...................... 27
g :望遠ズーム...................... 27
11
h:サムネイル表示 .............. 71
i :拡大 ................................. 73
j:ヘルプ.............................. 14
12 セルフタイマーランプ ............... 35
AF 補助光 ................................... 145
13 レンズ ............................. 158、172
各部の名称
3
4
はじめに
1 2
5
13
6
7
8
9
10 11 12
14 15
16 17 18
1
x(モニター)ボタン ............. 14
10 マルチセレクター....................... 12
2
視度調節ダイヤル ...................... 14
3
電子ビューファインダー ........... 14
11 l(削除)ボタン
................ 30、31、80、86、90
4
s(表示切り換え)ボタン
.................................................. 15
5
コマンドダイヤル ...................... 11
6
スピーカー ................. 80、86、89
7
液晶モニター ................ 8、15、25
8
c(再生)ボタン ..................... 30
9
d(メニュー)ボタン
... 13、40、82、106、129、136
12 k(決定)ボタン ...................... 12
13 三脚ネジ穴
14 バッテリー /SD カードカバー
..........................................18、22
15 ロックレバー ...................... 18、22
16 SD カードスロット ..................... 22
17 バッテリーロックレバー
..........................................18、19
18 バッテリー室 .............................. 18
5
各部の名称
液晶モニターの角度を変える
はじめに
液晶モニターの角度を、下向きに 45°、上向きに 90°動かせます。カメラを
高い位置や低い位置に構えて撮影するときなどに便利です。
B
6
液晶モニターについてのご注意
・ 液晶モニターの角度を変えるときは、無理な力を加えないでください。
・ 液晶モニターは、左右方向には動かせません。
・ 通常は、液晶モニターの位置をもとに戻してお使いください。
各部の名称
内蔵フラッシュのポップアップと収納
はじめに
m(フラッシュポップアップ)ボタンを押すと、内蔵フラッシュがポップアッ
プします。
・ フラッシュを使わないときは、内蔵フラッシュをカチッと音がするまで手で
軽く押し下げてください。
ストラップとレンズキャップの取り付け方
レンズキャップをストラップに取り付けてから、スト
ラップをカメラに取り付けます(2 カ所)
。
B
レンズキャップについて
・ 撮影するときはレンズキャップを外してください。
・ 電源を OFF にしているときや持ち運び中など、撮影して
いないときは、レンズキャップをカメラに取り付けてレ
ンズを保護してください。
7
各部の名称
液晶モニターの表示内容
はじめに
説明のため、すべての表示を点灯させています。
モニター表示の切り換え方は、15 ページをご覧ください。
撮影時
34
33
32
31
30
29
24
2
4
1
5
6
3
7
8
9
35
10
12 13 14
11
28
27
26
25
15
1/125 F2.8
22
20 19
23
21
16
999
a
999
9999
17
b
1m00s
1m00s
18
撮影モード※
1
........ 24、40、52、56、60、81
2 フォーカスモード....................... 36
3 ズーム表示 .................................. 27
4 AF 表示......................................... 28
5 AE/AF-L 表示 ............................... 51
6 フラッシュ表示........................... 34
7 フラッシュモード....................... 32
8 モーション検知表示................. 144
9 バッテリーチェック................... 24
手ブレ補正表示(静止画)
....................................... 25、143
10
電子式手ブレ補正表示(動画)
.................................................. 84
11 ゆがみ補正 ................................ 126
12 アクティブ D- ライティング ...... 70
13 AF エリア .......................... 28、122
14 AF エリア(顔認識時).............. 122
時計マーク ................................ 162
15
ワールドタイム......................... 138
16 デート写し込み......................... 142
画像サイズ ................................ 108
17
動画設定 ...................................... 82
8
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
(a)記録可能コマ数(静止画)..... 24
(b)記録可能時間(動画)............ 81
内蔵メモリー表示 ....................... 25
絞り値 .......................................... 61
画質 ........................................... 107
シャッタースピード ................... 61
露出インジケーター ................... 65
ISO 感度表示 ..................... 34、116
露出補正値................................... 39
調光補正 ................................... 125
ノイズ低減................................ 126
カラー同時記録........................ 113
仕上がり設定............................ 111
ホワイトバランス .................... 114
セルフタイマー........................... 35
笑顔自動シャッター ................... 54
目つぶり軽減............................... 55
ブラケティング........................ 121
連写モード................................ 118
高速連写設定............................... 58
先取り撮影.......................... 58、59
※ 撮影モードによって表示されるアイコンが異なります。
各部の名称
はじめに
再生時
1
17
16
15
18
2 3
4
5
2009/05/15 12:00
9999.JPG
6
7
14
13
999/ 999
9
10
11
12
8
999/ 999
9999/9999
a
1m00s
1m00s
b
1
撮影日 .......................................... 20
10 音声メモガイド(録音).............80
2
撮影時刻 ...................................... 20
11 音声メモガイド(再生).............80
3
プロテクト表示.........................132
12 動画再生ガイド ...........................86
4
音量表示 ............................. 80、86
13 プリント指定表示 .................... 103
5
バッテリーチェック ................... 24
14 スモールピクチャー .......... 77、78
6
画質※ .................................................. 107
15 黒フレーム済み表示 ...................79
7
画像サイズ※.................................... 108
動画設定※............................................ 82
16 D- ライティング済み表示...........76
(a)画像の番号 / 全画像数 ............ 30
(b)動画の再生時間...................... 86
9 内蔵メモリー表示 ....................... 30
8
17 簡単レタッチ済み表示 ...............75
18 ファイル名................................ 156
※ 撮影時の設定によって表示されるアイコンが異なります。
9
主なボタン操作とヘルプの使い方
モードダイヤル
はじめに
モードダイヤルを回して、使用するモードのアイコン
(図記号)を指標に合わせます。
A(オート撮影)モード
(A24)
細か い設 定を気 にせ ず
気軽に撮影できます。は
じめ てデ ジタル カメ ラ
を使 う方 でも簡 単に 撮
影できます。
A、B、C、Dモード
(A60)
シ ャッ タース ピー ドや
絞 りな どを自 分で 決め
て、より本格的な撮影を
楽しめます。
E、F ユー ザ ー セ ッ
ティングモード(A67)
dスポーツ連写モード
(A56)
シャ ッタ ーボタ ンの 全
押しを続けている間、高
速で連写(連続撮影)で
きます。
y(シーン)モード
(A40)
撮 影シ ーンを 選ぶ だけ
の 簡 単 な 操 作 で、そ の
シ ーン に合っ た撮 影が
できます。音声のみを録
音 する 音声レ コー ド機
能も選べます。
10
撮影モードA、B、C、D
で設 定し た内容 を登録
できます。登録すると、
この モー ドに切 り換え
るだけで、よく使う設定
で撮影できます。
D(動画)モード
(A81)
動画を撮影できます。
x おまかせシーンモー
ド(A52)
構 図を 決める だけ でカ
メ ラが 撮影シ ーン を自
動的に判別するので、よ
り 簡単 にシー ンに 合っ
た撮影ができます。
主なボタン操作とヘルプの使い方
コマンドダイヤル
はじめに
コマンドダイヤルを回すと、メニュー画面で項目を選んだり、以下の機能の設
定や選択ができます。
撮影時に使う
状態
操作
内容
A
モードダイヤルがAのとき
プログラムシフト量の変更
62
モードダイヤルがBのとき
シャッタースピードの変更
63
モードダイヤルがCのとき
絞り値の変更
64
モードダイヤルがDのとき
シャッタースピードまたは絞
り値の変更(変更する項目はマ
ルチセレクターの K を押して
切り換えます。
)
65
再生時に使う
状態
1 コマ表示またはサムネイ
ル表示
操作
内容
画像の選択
A
30、
71
カレンダー表示
日付の選択
72
拡大表示
拡大倍率の変更
動画、音声データ再生中
早送り / 巻き戻し
73
86、
90
11
主なボタン操作とヘルプの使い方
マルチセレクター
モードやメニューを選んで決定するときは、マルチセレクターを使います。
はじめに
撮影時に使う
m(フラッシュモード)のメニューを表示(A32)/
上の項目を選択
o(露出補正)
のガイドを表示
n(セルフタイマー /
(A39)
笑顔自動シャッター /
目つぶり軽減)の
メニューを表示
(A35、54)
自動発光
選択を決定
D(フォーカスモード)のメニューを表示(A36)/
下の項目を選択
再生時に使う
2009/05/15 15:30
0004.JPG
前の画像を選択
4
4
次の画像を選択
メニュー画面で使う
上の項目を選択
次画面に進む
(選択を決定)
前の画面に戻る
下の項目を選択
C
12
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
選択を決定
(次画面に進む)
マルチセレクターの使い方の記載について
本書ではマルチセレクターの上、下、左、右の各操作部をH、I、J、Kと表記する場合
があります。
主なボタン操作とヘルプの使い方
d(メニュー)ボタン
はじめに
dボタンを押すと、メニューを表示して、メニュー項目を設定できます。
・ 各メニュー項目を設定するには、マルチセレクターを使います(A12)
。
・ コマンドダイヤルを回しても、メニュー項目を選べます。
・ 左側のタブを選ぶと、各メニュー項目を表示できます。
・ メニュー表示を終了するには、もう一度dボタンを押します。
メニュー画面が 2 ページ以上あるとき
• 上タブ:モードダイヤルで選ん
でいるモードで使える
メニューを表示
• 中タブ:再生メニューを表示
• 下タブ:セットアップメニュー
を表示
下にもメニュー項目があるとき
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
選ばれた項目
上にもメニュー
項目があるとき
撮影メニュー
連写
ブラケティング
AFエリア選択
AFモード
調光補正
ノイズ低減
kボタンを押す、またはマ
ルチセレクターのKを押す
と、選んだ項目の設定画面
を表示します。
ブラケティング
±0.3
±0.7
±1.0
OFF
kボタンを押す、または
マルチセレクターのKを押
すと、設定が確定します。
タブの切り換え方法
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
マルチセレクターのJを
押してタブに入ります。
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
マルチセレクターのHI
を押してタブを選び、k
ボタンまたはKを押しま
す。
セットアップ
オープニング画面
日時設定
モニター設定
デート写し込み
手ブレ補正
モーション検知
選んだタブのメニューが
表示されます。
13
主なボタン操作とヘルプの使い方
ヘルプの表示方法
はじめに
メニュー画面の下にMが表示されているときにズームレバーをg(j)方向に
回すと、選んでいる項目の説明(ヘルプ)を表示できます。
メニュー画面に戻るには、もう一度ズームレバーをg(j)方向に回します。
ホワイトバランス
撮影時の照明光に合わせ
て、画像の色合いを調整
します。
戻る
x(モニター)ボタン
x(モニター)ボタンを押すたびに、液晶モニターまたは電子ビューファイ
ンダーのどちらかにモニター表示が切り換わります。明るい場所で液晶モニ
ターが見えにくいときは電子ビューファインダーを使用するなど、撮影状況に
合わせて切り換えてください。
液晶モニター
電子ビューファインダー
1/125
F2.8
16
1/125
1/125
B
F2.8
16
電子ビューファインダーの視度調節について
電子ビューファインダーの視度が合わず、表示が見えにく
いときは、視度調節ダイヤルで視度を調節できます。ファ
インダーをのぞきながら、表示が最もはっきり見える位置
まで視度調節ダイヤルを回してください。
視度調節ダイヤルを操作するときは、爪や指先で目を傷つ
けないようにご注意ください。
14
F2.8
視度調節ダイヤル
16
主なボタン操作とヘルプの使い方
s(表示切り換え)ボタン
はじめに
s(表示切り換え)ボタンを押すたびに、
撮影時や再生時に液晶モニターに表示する情
報の切り換えができます。
撮影時
1/125
16
F2.8
1/125
16
F2.8
方眼表示※ 1
情報 ON
撮影画像と撮影情報を表示
します。
情報 OFF
構図を決めるための格子 撮影画像だけを表示します。
状のガイドを表示します。
再生時
2009/05/15 15:30
0004.JPG
100NIKON
0004.JPG
P
1/125 F2.8
ISO
4
4
4
+1.0
64
4
画像情報 ON
撮影情報 ON
情報 OFF
再生画像と画像情報を表示
します。
(動画は除く)
ハイライト表示※ 2 とヒス
トグラム※ 3、撮影情報※ 4
を表示します。
再生画像だけを表示します。
※ 1 モードダイヤルがA、B、C、D、E、Fのときのみ可能です。
※ 2 画像の中の非常に明るい部分(ハイライト部分)を点滅表示します。露出補正などで
画像の明るさを調整する際の目安になります。
※ 3 ヒストグラムとは、明るさの分布を表す山状のグラフのことです。横軸は輝度を示し、
左へ行くほど暗くなり、右へ行くほど明るくなります。縦軸は画素数を示します。
※ 4 ここで表示される撮影情報は、フォルダー名、ファイル名、撮影モード A、B、C、
D、シャッタースピード、絞り値、露出補正値、ISO 感度、画像番号 / 全画像数です。
撮影モードが、A、y、x、d、AのときにはAと表示されます。
15
撮影の準備
バッテリーを充電する
付属の Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5(リチウムイオン充電池)
を、付属のバッテリーチャージャー MH-61(充電器)で充電します。
1
電源コードを1、2の順に接続する
・ CHARGE ランプが点灯します。
撮影の準備
2
バッテリーを奥に押し込みながら
チャージャーにセットする2
1、バッテリー
・ CHARGE ランプが点滅し、充電が始まります。
・ CHARGE ランプが点灯したら、充電完了です。
・ 残量がないバッテリーの場合、充電時間は約 2 時間です。
CHARGE ランプの状態と意味は以下のとおりです。
CHARGE ランプ
バッテリーは充電中です。
点灯
バッテリーの充電が完了しました。
速い点滅
16
意味
点滅
・ バッテリーのセットミスです。バッテリーを取り外し
て、バッテリーチャージャーに寝かせるようにセット
し直してください。
・ 使用可能な温度ではありません。周囲の温度が 5 ∼ 35 ℃
の室内で充電してください。
・ バッテリーの異常です。ただちに電源プラグをコンセ
ントから抜いて充電を中止してください。バッテリー
およびバッテリーチャージャーは、ご購入店またはニ
コンサービス機関にお持ちください。
バッテリーを充電する
3
充電が完了したら、バッテリーをバッテリーチャージャーから取り外し、
電源プラグをコンセントから抜く
撮影の準備
B
バッテリーチャージャーについてのご注意
・ 付属のバッテリーチャージャーは、ニコン Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5
以外には使えません。
・ バッテリーチャージャーをお使いになるときは、
「安全上のご注意」の「警告」
(Av)、
「注意」(Av)の注意事項を必ずお守りください。
・ バッテリーチャージャーの電源コードは、MH-61 以外の機器に接続しないでください。
この電源コードは、日本国内専用
(AC 100 V 対応)です。日本国外でお使いになるには、
別売の電源コードが必要です。別売の電源コードについては、
ニコンサービス機関にお
問い合わせください。また、オンラインショップ(ニコンダイレクト)
http://shop.nikon-image.com/ でもお求めいただけます。
B
バッテリーについてのご注意
・ リチャージャブルバッテリーをお使いになるときは、必ず「安全上のご注意」の「危
険」(Aiv)、「警告」(Aiv)
、「注意」
(Aiv)の注意事項をお守りください。
・「取り扱い上のご注意 バッテリーについて」
(A160)をよくお読みの上、内容を充分
に理解してから正しくお使いください。
・ バッテリーは、長期間使わないときでも必ず半年に 1 回は充電し、使い切った状態で保
管してください。
C
AC 電源について
別売の AC アダプター EH-62A(A155)を使うと、家庭用コンセント(AC 100 V)から
このカメラへ電源を供給できます。EH-62A 以外の AC アダプターは絶対に使わないでくだ
さい。カメラの故障、発熱の原因となります。
17
バッテリーを入れる
付属の Li-ion リチャージャブルバッテリー(リチウムイオン充電池)EN-EL5 を
カメラに入れます。
・ ご購入直後やバッテリー残量が少なくなったときは、バッテリーを充電して
からお使いください(A16)。
撮影の準備
1
バッテリー /SD カードカバーを開ける
2
バッテリーを入れる
・ バッテリー室内の表示を見ながら、+と−を正し
い向きで入れてください。
・ バッテリーでオレンジ色のバッテリーロックレ
バーを押し下げながら 1、奥まで差し込みます
2。奥まで差し込むと、バッテリーロックレバー
でバッテリーが固定されます。
B
逆挿入に注意
バッテリーの向きを間違えると、カメラを破損する
おそれがあります。正しい向きになっているか、必
ずご確認ください。
3
バッテリー /SD カードカバーを閉じる
・ カバーを閉じ1、ロックレバーをZ側にスラ
イドさせます2。
18
バッテリーを入れる
バッテリーを取り出すときは
撮影の準備
電源を OFF にし、電源ランプと液晶モニターの消灯を
確認してから、バッテリー /SD カードカバーを開けて
ください。
オレンジ色のバッテリーロックレバーを矢印の方向
に押すと 1、バッテリーが押し出されるので、まっ
すぐ引き抜いてください2。
・ カメラを使った直後は、バッテリーが熱くなって
いることがあります。取り出すときは充分ご注意
ください。
電源を ON/OFF するには
レンズキャップを外してから、電源を ON にします。
電源スイッチを押すと、電源が ON になります。電源
ランプ(緑色)が一瞬点灯した後、液晶モニターが点
灯します。
電源ランプ(緑色)または液晶モニターが点灯してい
るときに、電源スイッチを押すと、電源は OFF になり
ます。
・ 電源が OFF の状態でcボタンを押し続けると、再生モードで電源を ON にで
きます(A30)
。
・[レンズエラー]が表示されたときは、レンズキャップが外れていることを
確認して、電源を入れ直してください。
D
撮影時の節電機能について
カメラを操作しない状態が約 1 分(初期設定)続くと、液晶モニターが自動的に消灯して
待機状態になります。そのまま約 3 分経過すると、電源が自動的に OFF になります(オー
トパワーオフ機能)。
待機状態で液晶モニターが消灯しているときは、電源スイッチまたはシャッターボタンを
押すと、液晶モニターが点灯します。
・ 待機状態になるまでの時間は、セットアップメニュー(A135)の[オートパワーオ
フ]
(A146)で変更できます。
19
表示言語と日時を設定する
ご購入後はじめて電源を ON にすると、表示言語やカメラの内蔵時計の日時を
設定する画面が自動的に表示されます。
1
電源スイッチを押して、電源を ON にする
撮影の準備
・ 電源ランプ(緑色)が一瞬点灯し、液晶モニター
が点灯します。
・ レンズキャップは外してください。
2
マルチセレクターで表示言語を選び、
kボタンを押す
・ マルチセレクターの使い方➝A12
言語/Language
日本語
English
キャンセル
3
[はい]を選び、kボタンを押す
・ 日時設定を中止するときは[いいえ]を選びます。
日時設定
日時を設定しますか?
いいえ
はい
4
JまたはKを押して自宅のあるタイムゾーン(都
市名)(A140)を選び、kボタンを押す
Tokyo
Seoul
戻る
D
夏時間を設定する
夏時間(サマータイム)が現在実施されているときは、手順
4 の地域設定画面でHを押して夏時間の設定をオンにします。
設定をオンにすると、画面上部にWマークが表示されます。
オフにするときは、Iを押してください。
20
Tokyo
Seoul
戻る
表示言語と日時を設定する
5
日時を合わせる
・ H または I を押してカーソルのある項目を合わ
せます。
日時設定
年
月
日
2009
01
01
00
00
撮影の準備
・ K を押すと、カーソルは[年]➝[月]➝[日]
➝[時]➝[分]➝[年月日]
(日付の表示順)に
移動します。
変更
・ Jを押すと、前のカーソルに移動します。
6
年月日の表示順を選ぶ
日時設定
年
月
日
2009
05
15
15
10
変更
7
レンズキャップが外れていることを確認して、kボタンを押す
・ 設定が有効になり、撮影画面になります。
・ このときレンズが繰り出します。
D
設定した日時を変更する
・ すでに設定した日時を変更するときは、セットアップメニュー(A135)の[日時設
定]
(A138)で[日時]を選び、上記の手順 5 から設定してください。
・ 地域(タイムゾーン)や夏時間の設定を変更するときは、セットアップメニューの[日
時設定]から[ワールドタイム]を選んで設定してください(A138)。
21
SD カードを入れる
撮影の準備
撮影または録音したデータは、カメラの内蔵メモリー(約 47 MB)、または市
販の SD カード(A155)のどちらかに記録されます。
カメラに SD カードを入れると、SD カードに記録し、SD カードのデータを再
生、削除、または転送します。内蔵メモリーを使うときは、SD カードを取り
出してください。
1
電源ランプと液晶モニターの消灯を確認してか
ら、バッテリー /SD カードカバーを開ける
・ バッテリー /SD カードカバーを開けるときは、必
ず電源を OFF にしてください。
2
SD カードを入れる
・ 右図のように正しい向きで、カチッと音がするま
で差し込んでください。
・ 挿入後、バッテリー /SD カードカバーを閉めてく
ださい。
B
逆挿入に注意
SD カードの向きを間違えると、カメラや SD カードを破
損するおそれがあります。正しい向きになっているか、
必ずご確認ください。
SD カードを取り出すときは
電源を OFF にし、電源ランプと液晶モニターの消灯
を確認してから、バッテリー /SD カードカバーを開
けてください。
カードを指で軽く奥に押し込むと 1、カードが押し
出されます。まっすぐ引き抜いてください2。
22
SD カードを入れる
B
SD カードの初期化
撮影の準備
電源を ON にしたときに右の画面が表示された場合は、SD
このカードは初期化さ
れていません。
カードを初期化する必要があります。ただし、SD カードを初
初期化しますか?
期化(A147)すると、カード内のデータはすべて消えてし
まいます。カード内に必要なデータが残っているときは、初
いいえ
期化する前に、パソコンなどに保存してください。
はい
マルチセレクターで[はい]を選び、kボタンを押してくだ
さい。確認画面が表示されたら[初期化する]を選び、kボタンを押すと初期化が始まり
ます。
・ 初期化中は、電源を OFF にしたり、バッテリー /SD カードカバーを開けたりしないでく
ださい。
・ 他の機器で使った SD カードをこのカメラで初めて使うときは、必ずこのカメラで初期
化(A147)してからお使いください。
B
SD カードの書き込み禁止スイッチについてのご注意
SD カードには、書き込み禁止スイッチが付いてい
書き込み禁止スイッチ
ます。このスイッチを「Lock」の位置にすると、
データの書き込みや削除が禁止され、カード内の
画像を保護できます。撮影時や画像を削除すると
き、カードを初期化するときは「Lock」を解除し
てください。
B
SD カードの取り扱い上のご注意
・ SD カード以外のメモリーカードは使えません。
・ 初期化中、画像の記録や削除中、パソコンとの通信時などには、以下の操作をしないで
ください。記録しているデータの破損やカードの故障の原因となります。
- カードを着脱しないでください
- バッテリーを取り出さないでください
- カメラの電源を OFF にしないでください
- AC アダプターを外さないでください
・ SD カードをパソコンで初期化(フォーマット)しないでください。
・ 分解や改造をしないでください。
・ 強い衝撃を与えたり、曲げたり、落としたり、水に濡らしたりしないでください。
・ 端子部を手や金属で触らないでください。
・ ラベルやシールを貼らないでください。
・ 高温になる車の中や直射日光の当たるところなどには置かないでください。
・ 湿度の高いところやほこりが多いところ、腐食性のガスなどが発生するところには置か
ないでください。
23
簡単な撮影と再生―オート撮影モードを使う
ステップ 1 電源を ON にしてA(オート撮影)を選ぶ
A(オート撮影)モードでは、細かい設定を気にせず気軽に撮影できます。は
じめてデジタルカメラを使う方でも簡単に撮影できます。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
1
モードダイヤルをAに合わせる
2
レンズキャップを外して、電源スイッチを押す
・ 電源が ON になり、レンズが繰り出します。
・ 電源ランプ(緑色)が一瞬点灯し、液晶モニター
が点灯します。
3
液晶モニターでバッテリー残量と記録可能コマ
数を確認する
バッテリーチェック
バッテリー残量
モニター表示
内容
表示なし
バッテリー残量は充分にあります。
B
バッテリー残量が少なくなりまし
た。バッテリーの充電や交換の準備
をしてください。
N
電池残量が
ありません
撮影できません。バッテリーを充電
または交換してください。
1/125
F2.8
16
記録可能コマ数
記録可能コマ数
撮影できる残りのコマ数が表示されます。
記録可能コマ数は、内蔵メモリーまたはセットしている SD カードのメモリー残
量、画質、画像サイズによって異なります(A109)。
24
ステップ 1 電源を ON にして A(オート撮影)を選ぶ
A(オート撮影)モードでの液晶モニター表示
撮影モード
オート撮影のときには
Aが表示されます。
1/125
F2.8
絞り値(A61)
内蔵メモリー表示
画像を内蔵メモリーに記録します。
SD カードをカメラに入れると、Cは表示
されず、画像を SD カードに記録します。
D
16
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
シャッタースピード
(A61)
手ブレ補正表示
手ブレを補正します。
画質 / 画像サイズ
画質(圧縮率)と画像サイズの
組み合わせを表示します。初期
設定は画質がW(NORMAL)、
画像サイズがG(4000 ×
3000)です。
フラッシュについて
内蔵フラッシュを閉じているときは発光禁止に固定され、画面上部にW が表示されます。
暗いところや逆光などフラッシュが必要なときは、内蔵フラッシュをポップアップしてく
ださい(A33)。
D
A(オート撮影)モードで使用可能な機能について
A(オート撮影)モードではフラッシュモード(A32)の変更、セルフタイマー(A35)、
フォーカスモード(A36)、および露出補正(A39)の設定ができます。また、A(オー
ト撮影)モードのときに d ボタンを押すと、撮影メニューの[画質]
(A107)と[画
像サイズ](A108)を設定できます。
D
手ブレ補正について
[手ブレ補正]
(A143)を[ON]
(初期設定)にすると、望遠側での撮影やスローシャッ
ター撮影時におこりがちな手ブレを効果的に補正できます。
三脚などに固定して撮影するときは、[手ブレ補正]を[OFF]にしてください。
25
ステップ 2 カメラを構え、構図を決める
1
カメラをしっかりと構える
・ カメラを両手でしっかりと持ってください。
・ レンズや AF 補助光、マイク、スピーカーなどに指や髪、ストラップなどがか
からないようにご注意ください。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
26
2
構図を決める
・ 写したいもの(被写体)を画面の中央付近に合わ
せます。
1/125
F2.8
16
電子ビューファインダーを使う
日差しの強い屋外など、明るい場所で液晶モニターが見えにくいときは、電子
ビューファインダーを使って撮影してください。x ボタンを押すと、電子
ビューファインダーに切り換えられます(A14)。
電子ビューファインダーの視度が合わない場合は、被写体がもっともよく見え
る位置まで視度調節ダイヤルを回してください(A14)。
ステップ 2 カメラを構え、構図を決める
ズームを使う
広角側
望遠側
ズームレバーを回すと液晶モニターの画面上部に
ズームの量が表示されます。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
ズームレバーを回すと、光学ズームが作動します。
被写体を大きく写したいときは g 方向にズームレ
バーを回してください。
広い範囲を写したいときは f 方向にズームレバー
を回してください。
ズームレバーをいっぱいまで回すとズーム動作が
速くなり、途中まで回すとズーム動作がゆっくりに
なります。
光学ズーム 電子ズーム
電子ズームについて
光学ズームを最も望遠側(光学ズームの最大倍率)にして、さらにg方向に回
し続けると、電子ズームが作動します。光学ズームの最大倍率の約 4 倍まで拡
大できます。
電子ズーム使用時は、AF エリアは表示されず、画面中央でピントが合います。
光学ズームの最大倍率
C
電子ズームが作動
電子ズームと画質の劣化について
電子ズームは光学ズームとは異なり、画像をデジタル処理で拡大するため、使用する画像
サイズ(A108)や電子ズーム倍率により、画質が劣化します。
ズーム表示の V マークは、画質の劣化が始まるズーム位置を示しています。このマーク
を越えてズーム倍率を上げると劣化が始まり、ズーム表示が黄色に変わります。
V マークの位置は画像サイズが小さいほど右に移動しますので、設定した画像サイズで
画質を劣化させずに撮影できるズーム位置を事前に確認できます。
画像サイズが小さい場合
・ セットアップメニュー(A135)の[電子ズーム]
(A145)で、電子ズームの倍率を
画質が劣化しない範囲内に制限することや、電子ズームが作動しない設定にできます。
27
ステップ 3 ピントを合わせてシャッターボタンを押す
1
シャッターボタンを半押しする
・ 画面中央の AF エリアに重なっている被写体にピ
ントが合います。ピントが合うと、AF エリアが
緑色に点灯します。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
1/125
F2.8
・ 電子ズーム使用時は、AF エリアは表示されず、画面中央でピントが合うと AF
表示(A8)が緑色に点灯します。
・ 半押しを続けている間、ピントと露出を固定します。
・ 半押しして、AF エリアまたは AF 表示が赤色に点滅したときは、ピントが合っ
ていません。構図を変えて、もう一度シャッターボタンを半押ししてくださ
い。
2
シャッターボタンを半押ししたまま、さらに深
く押し込む(全押しする)
・ シャッターがきれ、画像が記録されます。
D
シャッターボタンの半押しと全押し
シャッターボタンを軽く抵抗を感じるところまで押して、そのまま指を止めることを、
「シャッターボタンを半押しする」といいます。半押しするとピントと露出が合い、その
まま深く押し込む(全押しする)と、シャッターがきれます。
シャッターボタンを押すときに力を入れすぎると、カメラが動いて画像がぶれる(手ブレ
する)ことがあるので、ゆっくりと押し込んでください。
28
半押しすると、
ピントと露出が固定
そのまま深く
押し込んで撮影
ステップ 3 ピントを合わせてシャッターボタンを押す
B
画像の記録についてのご注意
液晶モニターの「記録可能コマ数」が点滅しているときは、画像の記録中です。バッテリー/
SD カードカバーを開けないでください。画像の記録中に SD カードやバッテリーを取り出
すと、画像が記録されないことや、撮影した画像やカメラ、
SD カードが壊れることがあり
ます。
B
オートフォーカスが苦手な被写体
D
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
以下のような被写体では、オートフォーカスによるピント合わせができないことがありま
す。また、AF エリアや AF 表示が緑色に点灯しても、まれにピントが合っていないことが
あります。
・ 被写体が非常に暗い
・ 画面内の輝度差が非常に大きい(太陽が背景に入った日陰の人物など)
・ 被写体にコントラストがない(白壁や背景と同色の服を着ている人物など)
・ 遠いものと近いものが混在する被写体(オリの中の動物など)
・ 動きの速い被写体
このような被写体を撮影するときは、シャッターボタンを何回か半押ししてみるか、同距
離にある別の被写体にピントを合わせてフォーカスロック撮影をお試しください。
フォーカスロック撮影
AF(オートフォーカス)エリアが画面中央でも、ピントを固定(フォーカスロック)す
る方法を使うと、構図を工夫して撮影できます。
・ フォーカスロックをしている間は被写体との距離を変えないでください。
・ シャッターボタンを半押しすると、露出は固定されます。
1/125
F2.8
16
ピントを合わせた
い被写体に
カメラを向ける
D
1/125
半押し
する
F2.8
AF エリアが緑色
に点灯したら
1/125
F2.8
半押ししたまま
構図を変える
そのまま
深く
押し込む
AF 補助光について
暗い場所などでは、シャッターボタンを半押しすると AF 補助光(A145)が点灯するこ
とがあります。
29
ステップ 4 撮影した画像を再生する / 削除する
画像を再生する(再生モード)
cボタンを押す
・ 最後に撮影した画像が 1 コマ表示され
ます。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
・ マルチセレクターのHIJ Kで前後
の画像を表示できます。ボタンを押
し続けると、画像を早送りできます。
コマンドダイヤルを回しても画像を選べます。
・ 前の画像や次の画像に切り換えた直後は、表示が粗いことがあります。
・ 撮影に戻るには、もう一度 c ボタンを押すか、シャッターボタンを押します。
・ 内蔵メモリーの画像を再生しているときは、Cが表示
されます。SD カードをカメラに入れたときは、C は
表示されず、SD カードの画像が再生されます。
4
4
内蔵メモリー表示
画像を削除する
1
削除したい画像を表示して l ボ
タンを押す
2
マルチセレクターで[は
い]を選び、kボタンを
押す
・ 削 除 を や め る と き は、
[いいえ]を選んで k ボ
タンを押します。
30
2009/05/15 15:30
0004.JPG
1枚削除します
よろしいですか?
いいえ
はい
削除終了
ステップ 4 撮影した画像を再生する / 削除する
C
再生モードで使える機能
再生モードの 1 コマ表示中は、以下の機能が使えます。
内容
A
g(i)
最大約 10 倍までの倍率に拡大します。
k ボタンを押すと、1 コマ表示に戻り
ます。
73
f(h)
4 コマ、9 コマ、または16 コマのサムネイ
ル画像またはカレンダーを表示します。
71
s
液晶モニターに表示される画像情報、撮
影情報の表示 / 非表示を切り換えます。
15
モニターを切り換え
る
x
液晶モニターと電子ビューファイン
ダーのどちらで再生するかを切り換え
ます。
14
音声メモを録音 / 再生
する
k
最大 20 秒の音声を録音 / 再生します。
80
c ボタンまたはシャッターボタンを
押すと、モードダイヤルで選んでいる
モードになります。
30
画像を拡大する
サムネイル表示 / カレ
ンダー表示にする
情報を表示 /
非表示にする
c
撮影モードに切り換
える
C
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
ボタン
機能
cボタンによる電源 ON
電源が OFF の状態でcボタンを押し続けると、再生モードで電源を ON にできます。この
とき、レンズは繰り出しません。
C
画像の再生について
・ 内蔵メモリーに記録した画像を再生するときは、SD カードをカメラから取り出してく
ださい。
・ 顔認識して撮影した画像(A123)は、1 コマ表示で再生すると、顔の上下方向に合わ
せて自動的に回転して表示されます。
・ 節電による待機状態で液晶モニターが消灯しているときは、c ボタンを押すと、液晶
モニターが点灯します(A146)
。
C
撮影モードで画像を削除する
撮影時にlボタンを押すと、直前に撮影した画像を削除でき
ます。
1枚削除します
よろしいですか?
いいえ
はい
D
複数の画像をまとめて削除する
再生メニュー(A129)の[削除]
(A132)を選ぶと、複数の画像をまとめて削除できます。
31
フラッシュを使う
暗いところや逆光などでは、内蔵フラッシュをポップアップするとフラッシュ
撮影ができます。
フラッシュの光が充分に届く距離は、広角側で約 0.5∼ 8 m、望遠側で約1.7∼ 5 m
です(
[ISO感度設定]が[オート]時)
。
内蔵フラッシュをポップアップしたときは、撮影状況に合わせてフラッシュの
発光モードを設定できます。
U 自動発光
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
暗い場所などで、自動的にフラッシュを発光します。
V
赤目軽減自動発光
人物撮影に適しており、人物の目が赤く写る「赤目現象」を軽減できます
(A34)。
W
発光禁止
フラッシュは発光しません。
X
強制発光
被写体の明るさに関係なく、フラッシュを発光します。逆光で撮影すると
きなどに使います。
Y
スローシンクロ
強制発光モードにスロー(低速)シャッターを組み合わせて撮影します。
夕景や夜景を背景にした人物撮影に適しています。フラッシュでメインの
被写体を明るく照らすと同時に、遅いシャッタースピードで背景をきれい
に写します。
Z
リアシンクロ
シャッターが閉じる直前にフラッシュを強制発光します。動いている被写
体の後方に流れる光や軌跡などを表現したいときなどに適しています。
32
フラッシュを使う
フラッシュモードの設定方法
1
m(フラッシュポップアップ)ボタンを押す
内蔵フラッシュがポップアップします。
・ 内蔵フラッシュを閉じているときはW(発光禁止)に固定されます。
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
2
m(フラッシュモード)を押す
・ 液晶モニターにフラッシュモードの設定メ
ニューが表示されます。
3
マルチセレクターでモードを選び、k ボタンを
押す
・ 設定したフラッシュモードが表示されます。
・ U(自 動 発 光)に す る と モ ニ タ ー 情 報 表 示
(A15)が ON でも、Dが数秒間で消えます。
・ kボタンを押さないまま数秒経過すると、選択は
キャンセルされます。
自動発光
1/125
B
F2.8
16
内蔵フラッシュの収納
フラッシュを使わないときは、内蔵フラッシュをカチッと音が
するまで手で軽く押し下げてください(A7)
。
33
フラッシュを使う
B W(発光禁止)にして撮影するときや、暗い場所で撮影するときのご注意
・ 手ブレしやすくなるため、三脚などの使用をおすすめします。三脚などに固定して撮影
するときは、[手ブレ補正](A143)を[OFF]にしてください。
・ 液晶モニターに E と表示されることがあります。E と表示されたときは、ISO 感度
が上がっているため、通常よりもざらついた画像になることがあります。
B
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
フラッシュ使用時のご注意
フラッシュを使用して撮影すると、フラッシュの光が空気中のほこりなどに反射して、画
像の中に白い点のように写り込んでしまうことがあります。このようなときは、フラッ
シュモードをW(発光禁止)にするか、内蔵フラッシュを閉じて撮影するようおすすめし
ます。
C
フラッシュ表示について
シャッターボタン半押し時に、フラッシュ表示でフラッシュ
の状態を確認できます。
・ 点灯:撮影時にフラッシュが発光します。
・ 点滅:フラッシュが充電中のため、撮影できません。
・ 消灯:撮影時にフラッシュは発光しません。
C
フラッシュモードの設定について
・ フラッシュモードの初期設定は、撮影モードによって異なります。
- A(オート撮影)モード:U(自動発光)
- A、B、C、Dモード:U(自動発光)
- シーンモード:シーンによって異なります(A41 ∼ 47)
- x(おまかせシーン)モード:U(自動発光)自動判別されたシーンに合わせて
カメラがフラッシュモードを設定します(A32)
- d(スポーツ連写)モード:W(発光禁止)に固定
- 動画の微速度撮影:U(自動発光)
・ A(オート撮影)モードの場合、フラッシュモードの設定を V(赤目軽減自動発光)
にして撮影すると、電源を OFF にしても設定は記憶されます。
・ 撮影モードA、B、C、Dの場合、フラッシュモードの設定は、電源を OFF にしても記
憶されます。
C
34
赤目軽減自動発光について
このカメラは、「アドバンスト赤目軽減方式」を採用しています。
フラッシュが本発光する前に、少量発光を数回行い赤目現象の発生を軽減します。
さらに、カメラが撮影した画像を記録する前に赤目現象を検出したときは、赤目部分に補
正を加えてから記録します。
撮影する際には、以下の点にご注意ください。
・ シャッターボタンを押してからシャッターがきれるまでに、通常よりも時間がかかりま
す。そのため、シャッターチャンスを優先する撮影にはおすすめできません。
・ 次の撮影ができるまでの時間は、通常よりも少し長くなります。
・ 撮影状況によっては、望ましい結果を得られないことがあります。
・ ごくまれに赤目以外の部分を補正することがあります。この場合は、他のフラッシュ
モードにして撮影し直してください。
セルフタイマーを使う
記念撮影などで自分も一緒に写りたいときや、シャッターボタンを押す操作に
よる手ブレを軽減したいときは、セルフタイマーが便利です。セルフタイマー
撮影時は、三脚の使用をおすすめします。三脚を使うときは、
[手ブレ補正]
(A143)を[OFF]にしてください。
1
n(セルフタイマー)を押す
2
マルチセレクターで[10s]または[2s]を選
び、kボタンを押す
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
・ 液晶モニターにセルフタイマーの設定メニュー
が表示されます。
10s
2s
・[10s](10 秒)
:記念撮影などに適しています。
・[2s](2 秒)
:手ブレの軽減に適しています。
・ 設定したセルフタイマーモードが表示されます。
セルフタイマー
・ kボタンを押さないまま数秒経過すると、選択は
キャンセルされます。
3
構図を決め、シャッターボタンを半押し
する
・ ピントと露出が合います。
4
1/125
F2.8
1/125
F2.8
シャッターボタンを全押しする
・ セルフタイマーが作動し、シャッターが
きれるまでの秒数が液晶モニターに表示
されます。作動中は、セルフタイマーラ
ンプが点滅し、シャッターがきれる約 1
秒前になると、点灯に変わります。
9
・ シャッターがきれると、セルフタイマー
は[OFF]になります。
・ セルフタイマーを途中で止めるときは、
もう一度シャッターボタンを押します。
D
a(笑顔自動シャッター)、y(目つぶり軽減)について
aまたはyを選ぶと、顔認識した人物の笑顔を検出して、カメラが自動的にシャッターを
きります(A54)。
35
フォーカスモードを使う
撮影目的に合わせて、以下のフォーカスモードを選べます。
A
通常 AF
被写体までの距離に応じて自動的にピントを合わせます。レンズから
50 cm 以上(最も望遠側の場合は 1.7 m 以上)離れた被写体を撮影するとき
に使います。
D
マクロ AF
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
花や虫など小さな被写体の近接撮影に使います。
最短撮影距離はズーム位置によって異なり、モニターの F マークが緑色に
なる広角側のズーム位置で、レンズ前約 10 cm までの被写体にピントを合
わせられます。また、K マークのズーム位置では、レンズ前約 1 cm まで
の被写体にピントを合わせられます。
B
遠景 AF
窓越しの景色や風景、建物などを撮影するときに使います。
シャッターボタンを半押しすると、常に AF エリアまたは AF 表示(A8)が
緑色に点灯します。ただし、近くの被写体にはピントが合わないことがあ
ります。フラッシュモードは、W(発光禁止)になります。
E
マニュアルフォーカス
レンズ前約 1 cm ∼無限遠(∞)の任意の被写体にピントを合わせることが
できます(A38)。
各撮影モードで使用できるフォーカスモード
A
A、B、C、D、 y
E、F
A(通常 AF)
○※ 1
○※ 1
D(マクロ AF)
○
○
B(遠景 AF)
○
○
E(マニュアル
フォーカス)
×
○
x
※3
※2
×
d
D
○※ 1
○※ 1
○
○
○
○
○
×
※ 1 各撮影モードの初期設定です。
※ 2 使用できるフォーカスモードと初期設定は、シーンによって異なります(A41 ∼ 51)。
※ 3 自動判別されたシーンに合わせてカメラがフォーカスモードを設定します(A52)。
C
36
フォーカスモードの設定について
撮影モードA、B、C、Dの場合、変更したフォーカスモードの設定は、電源を OFF にし
ても記憶されます。
フォーカスモードを使う
フォーカスモードの設定方法
1
p(フォーカスモード)を押す
・ 液晶モニターにフォーカスモードの
設定メニューが表示されます。
通常AF
マルチセレクターでフォーカスモードを選び、
kボタンを押す
・ 設定したフォーカスモードが表示されます。
・ A(通常 AF)にするとモニター情報表示(A15)
が ON でも、Pが数秒間で消えます。
・ k ボタンを押さないまま数秒経過すると、選択は
キャンセルされます。
C
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
2
1/125
F2.8
16
マクロ AF について
マクロ AF では、カメラが自動的に AF(オートフォーカス)によるピント合わせを繰り返
します。シャッターボタンを半押しするとピントを固定して、露出が決まります。
ただし、モードダイヤルがA、B、C、D、E、Fのときは、
[AF モード]
(A125)の
設定が優先されます。
C
遠景 AF について
A(オート撮影)モード、A、B、C、D、E、F モードで遠景 AF に設定したときは、
画面に AF エリアは表示されません。
37
フォーカスモードを使う
マニュアルフォーカスでピントを合わせる
1
p(フォー カス モード)を押し て、
フォーカスモードの設定メニューを
表示する
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
・ マルチセレクターで E(マニュアル
フォーカス)を選び、k ボタンを押
してください。
・ 画像の中央部が画面全体に拡大表示
されます。
2
マルチセレクターの H または I を押してピント
合わせをする
・
・
・
・
3
液晶モニターを見ながらピント合わせをします。
Hを押すと、遠くの被写体にピントが合います。
Iを押すと、近くの被写体にピントが合います。
シャッターボタンを半押しすると、構図を確認で
きます。そのまま全押ししても撮影できます。
1/60
F4.5
1/60
F4.5
1/60
F4.5
kボタンを押して、写る範囲を確認する
・ 写る範囲と画像中央部の拡大表示が同時に表示さ
れます。
・ シャッターボタンを押すと、そのまま撮影ができ
ます。
4
kボタンを押す
・ 画面上部に W が表示され、設定したピントに固定
されます。固定したピントで続けて撮影できます。
・ 設定したピントを変更するときは、手順 1 から繰り
返します。
・ オートフォーカスに戻すときは、手順 1 に戻ってE
以外を選びます。
C
38
MF
16
E(マニュアルフォーカス)について
・ シャッターボタンを半押しすると、おおよその被写界深度(被写体の前後のピントの合
う範囲)を確認できます。
・ 電子ズームは使えません。
露出を補正する
画像全体を明るくしたいときや暗くしたいときなどに使います。
1
o(露出補正)を押す
・ 液晶モニターに露出補正のガイドが表示されま
す。
・ モードダイヤルがD(マニュアル露出)のときは、
露出補正ができません。
マルチセレクターの H またはIを押して補正値
を選ぶ
簡単な撮影と再生︱オート撮影モードを使う
2
・ 被写体が暗すぎるとき:補正値を+側に設定して
ください。
・ 被写体が明るすぎるとき:補正値を−側に設定し
てください。
・ − 2.0 EV から+ 2.0 EV の範囲で 1/3 ステップごとに補正できます。
3
kボタンを押して露出補正の設定を終了する
・[0.0]以外に設定すると、液晶モニターにHマークと補正値が表示されます。
・ 露出補正を解除するときは、補正値を[0.0]にして k ボタンを押してくだ
さい。
4
シャッターボタンを押して撮影する
・ 手順 2 でシャッターボタンを押しても、設定した
補正値で撮影できます(顔認識撮影(A123)は
できません)。
1/125
F2.8
16
C
露出補正の設定について
撮影モードA、B、Cの場合、露出補正の設定は、電源を OFF にしても記憶されます。
D
露出補正について
・ 構図の大部分が非常に明るいとき(太陽が反射する水や砂、雪を撮影するときなど)、
背景が被写体より明るすぎるときは、カメラが自動的に被写体を暗くする傾向がありま
す。被写体が暗すぎるときは、露出補正値を「+」側に設定してください。
・ 構図の大部分が非常に暗いとき(暗い緑の森を撮影するときなど)、背景が被写体より
も暗すぎるときは、カメラが自動的に被写体を明るくする傾向があります。被写体が明
るすぎるときは、露出補正値を「ー」側に設定してください。
39
シーンに合わせて撮影する
シーンモードを使う
以下の撮影シーンを選ぶだけの簡単な操作で、そのシーンに合った撮影ができま
す。
b ポートレート
c 風景
e 夜景ポートレート
f パーティー
g 海・雪
h 夕焼け
k クローズアップ n モノクロコピー
u 料理
o 逆光
i トワイライト
j 夜景
l ミュージアム
m 打ち上げ花火
p パノラマアシスト
E 音声レコード※
※「音声レコード機能を使う」(A87)をご覧ください。
シーンモードの設定方法
シーンに合わせて撮影する
1
モードダイヤルをyに合わせる
2
dボタンを押してシーンメニュー
を表示し、マルチセレクターでシーン
を選んで、kボタンを押す
・ シーンメニューが表示されないとき
は、Cタブを選びます(A13)。
3
シーンメニュー
ポートレート
風景
夜景ポートレート
パーティー
海・雪
夕焼け
構図を決めて撮影する
・ フラッシュを使うシーンでは、m(フ
ラッシュポップアップ)ボタンを押し
て、内蔵フラッシュをポップアップし
てから撮影してください。
1/125
D
40
F2.8
画質と画像サイズの設定
シーンメニューで[画質](A107)と[画像サイズ](A108)を設定できます。画質
と画像サイズの設定を変更すると、他の撮影モードでも同じ画質と画像サイズの設定にな
ります(スポーツ連写モード、撮影モードE、F、動画モードを除く)。
シーンモードを使う
シーンモードの種類と特徴
Q
b ポートレート
人物を美しく撮影したいときに使います。人物の肌をな
めらかで自然な感じに仕上げます。
・ カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔にピント
が合います(顔認識撮影について ➝A123)。
・ 複数の顔を認識したときは、最もカメラに近い顔にピ
ントが合います。
X
V※
n
OFF ※
p
A
o
シーンに合わせて撮影する
・ 顔を認識しないときは、画面中央でピントが合います。
・[目つぶり検出設定](A149)が[ON](初期設定)のときは、目つぶり確認
の画面が表示されることがあります。撮影画面に戻るには k ボタンを押すか、
シャッターボタンを半押しします。詳しくは「目つぶり確認画面の操作方法」
(A150)をご覧ください。
・ 電子ズームは使えません。
0.0 ※
※ 変更できます。
Q
c 風景
自然の風景や街並みなどを、色鮮やかに撮影したいとき
に使います。
・ 遠景にピントが合います。シャッターボタンを半押し
すると、常に AF エリアまたは AF 表示(A8)が緑色
に点灯します。ただし、ピントは遠景に合うため、近
くの被写体にはピントが合わないことがあります。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
X
W
n
OFF ※1
p
B
o
0.0 ※ 2
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 変更できます。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
C
説明で使われているマークについて
X は内蔵フラッシュをポップアップしているときのフラッシュモード(A32)の設定で
す。nはセルフタイマー / 笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減(A35、54)、pはフォー
カスモード(A36)、oは露出補正(A39)の設定です。
41
シーンモードを使う
OQ
e 夜景ポートレート
夕景や夜景をバックに人物を撮影するときに使います。
人物と背景の両方を美しく表現します。
・ カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔にピント
が合います(顔認識撮影について ➝A123)。
・ 複数の顔を認識したときは、最もカメラに近い顔にピ
ントが合います。
シーンに合わせて撮影する
・ 顔を認識しないときは、画面中央でピントが合います。
・[目つぶり検出設定](A149)が[ON](初期設定)のときは、目つぶり確認
の画面が表示されることがあります。撮影画面に戻るには k ボタンを押すか、
シャッターボタンを半押しします。詳しくは「目つぶり確認画面の操作方法」
(A150)をご覧ください。
・ 内蔵フラッシュをポップアップして撮影してください。
・ 電子ズームは使えません。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
X
V※1
n
OFF ※2
p
A
o
0.0 ※ 3
o
0.0 ※ 3
※ 1 赤目軽減スローシンクロ強制発光に固定されます。
※ 2 セルフタイマーとa(笑顔自動シャッター)を使えます。
※ 3 変更できます。
f パーティー
パーティー会場などでの撮影に使います。キャンドルラ
イトなどの背景を活かして、雰囲気のある画像に仕上げ
ます。
・ 画面中央でピントを合わせます。
・ 手ブレしやすいため、カメラをしっかり持ってくださ
い。暗い場所では、三脚などの使用をおすすめします。
三脚などに固定して撮影するときは、
[手ブレ補正]
(A143)を[OFF]にしてください。
X
V※1
n
OFF ※2
p
A
※ 1 赤目軽減スローシンクロに切り換わることがあります。変更できます。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
※ 3 変更できます。
42
O:Oがついたシーンモードでは、三脚などのご使用をおすすめします。三脚を使うとき
は、[手ブレ補正](A143)を[OFF]にしてください。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
シーンモードを使う
Q
g 海・雪
晴天の海や砂浜、雪景色などを明るく鮮やかに撮影した
いときに使います。
・ 画面中央でピントを合わせます。
X
U※1
n
OFF ※2
p
A
o
0.0 ※ 1
o
0.0 ※ 1
※ 1 変更できます。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
シーンに合わせて撮影する
OQ
h 夕焼け
赤い夕焼けや朝焼けの撮影に使います。
・ 画面中央でピントを合わせます。
X
W ※1
n
OFF ※2
p
A
※ 1 変更できます。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
OQ
i トワイライト
夜明け前や日没後のわずかな自然光の中での風景撮影に
使います。
・ 遠景にピントが合います。シャッターボタンを半押し
すると、常に AF エリアまたは AF 表示(A8)が緑色
に点灯します。ただし、ピントは遠景に合うため、近
くの被写体にはピントが合わないことがあります。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
X
W
n
OFF ※1
p
B
o
0.0 ※ 2
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 変更できます。
O:Oがついたシーンモードでは、三脚などのご使用をおすすめします。三脚を使うとき
は、[手ブレ補正](A143)を[OFF]にしてください。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
43
シーンモードを使う
OQ
j 夜景
夜景の撮影に使います。スローシャッターで夜景の雰囲
気を表現します。
・ 遠景にピントが合います。
シャッターボタンを半押し
すると、常に AF エリアまたは AF 表示(A8)が緑色に
点灯します。ただし、ピントは遠景に合うため、近くの
被写体にはピントが合わないことがあります。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
シーンに合わせて撮影する
X
W
n
OFF ※1
p
B
o
0.0 ※ 2
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 変更できます。
Q
k クローズアップ
草花や昆虫、小さな被写体などの接写(近接撮影)に使
います。
・ フォーカスモード(A36)が D(マクロ AF)になり、ズー
ムが自動的に最短距離で撮影可能な位置まで移動しま
す。
・ 最短撮影距離はズーム位置によって異なり、
モニターの F マークが緑色になる
広角側のズーム位置で、
レンズ前約 10 cm までの被写体にピントを合わせられ
ます。また、K マークのズーム位置では、
レンズ前約 1 cm までの被写体にピン
トを合わせられます。
・[AF エリア選択]は[マニュアル]になり、k ボタンを押すとピント合わせを行う
AF エリアを選べます(A122)。
・ シャッターボタンの半押しでピントを固定するまで、
ピント合わせを繰り返し
ます。
・ 手ブレしやすいため、
[手ブレ補正]
(A143)の設定を確認し、カメラをしっかり
持ってください。
X
U※1
n
OFF ※2
p
p
o
0.0 ※ 1
※ 1 変更できます。被写体から 50 cm 以上離れなければ、フラッシュの光が充分に行き渡
らないことがありますのでご注意ください。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
44
O:Oがついたシーンモードでは、三脚などのご使用をおすすめします。三脚を使うとき
は、[手ブレ補正](A143)を[OFF]にしてください。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
シーンモードを使う
u 料理
料理をきれいに撮影したいときに使います。詳しくは
「料理モードを使った撮影方法」
(A48)をご覧くださ
い。
・[AF エリア選択]は[マニュアル]になり、k ボタン
を押すとピント合わせを行う AF エリアを選べます
(A122)。
X
W
n
OFF ※1
p
p
o
0.0 ※ 2
シーンに合わせて撮影する
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 変更できます。
l ミュージアム
フラッシュ撮影が禁止されている美術館など、フラッシュ
を発光させたくない場所で撮影するときに使います。
・ 画面中央でピントを合わせます。
(A118)を使って撮影
・ BSS(ベストショットセレクター)
できます。
・ 手ブレしやすいため、[手ブレ補正](A143)の設定を確認し、カメラをしっ
かり持ってください。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
X
W
n
OFF ※1
p
A※2
o
0.0 ※ 3
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 D(マクロ AF)に変更できます。
※ 3 変更できます。
45
シーンモードを使う
O
m 打ち上げ花火
スローシャッターで、打ち上げ花火をきれいに撮影できます。
・ 遠景にピントが固定されます。シャッターボタンを半
(A8)が緑色に点灯します。た
押しすると、常に AF 表示
だし、
ピントは遠景に合うため、近くの被写体にはピン
トが合わないことがあります。
・ 電子ズームは使えません。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
X
W
n
OFF
p
B
シーンに合わせて撮影する
o
0.0
o
0.0 ※ 1
o
0.0 ※ 2
Q
n モノクロコピー
ホワイトボードや印刷物などの文字を、シャープに撮影
したいときに使います。
・ 画面中央でピントを合わせます。
・ 近 く の も の を 撮 影 す る と き は、フ ォ ー カ ス モ ー ド
(A36)の p(マクロ AF)を併用してください。
・ 赤色、青色などの被写体を撮影すると、文字などが薄
くなることがあります。
X
W ※1
n
OFF ※2
p
A※3
※ 1 変更できます。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
※ 3 D(マクロ AF)に変更できます。
o 逆光
逆光状態での撮影に使います。内蔵フラッシュが常に発
光し、人物が影にならずに美しく撮影できます。
・ 画面中央でピントを合わせます。
・ 内蔵フラッシュをポップアップして撮影してくださ
い。
・ モーション検知(A144)は作動しません。
X
X
n
OFF ※1
p
A
※ 1 セルフタイマーを使えます。
※ 2 変更できます。
46
O:Oがついたシーンモードでは、三脚などのご使用をおすすめします。三脚を使うとき
は、[手ブレ補正](A143)を[OFF]にしてください。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
シーンモードを使う
Q
p パノラマアシスト
撮影した複数の画像をつなげて、パノラマ写真に合成したいときに使います。撮
影した画像は、付属のソフトウェア「Panorama Maker」を使ってパソコンでパ
ノラマ写真に合成します。詳しくは「パノラマアシストを使った撮影方法」
(A50)
をご覧ください。
W ※1
n
OFF ※2
p
A※3
o
シーンに合わせて撮影する
X
0.0 ※ 1
※ 1 変更できます。
※ 2 セルフタイマーを使えます。
※ 3 D(マクロ AF)またはB(遠景 AF)に変更できます。
Q:Qがついたシーンモードでは、自動的にノイズ低減を行うため、画像の記録時間が通
常より長くなります。
47
シーンモードを使う
料理モードを使った撮影方法
料理をきれいに撮影したいときに使います。
1
シーンメニューからマルチセレクターで[u 料
理]を選び、kボタンを押す(A40)
・ フォーカスモード(A36)がp(マクロ AF)に
なり、ズームが自動的に最短距離で撮影可能な位
置まで移動します。
シーンに合わせて撮影する
2
マルチセレクターの HI でホワイトバランスを
選ぶ
・ Hを押すと赤味、Iを押すと青味が増します。
3
1/125
F2.8
16
1/125
F2.8
16
構図を決める
・ 最短撮影距離はズーム位置によって異なり、モニ
ターの F マークが緑色になる広角側のズーム位
置で、レンズ前約 10 cm までの被写体にピントを
合わせられます。また、K マークのズーム位置
では、レンズ前約 1 cm までの被写体にピントを
合わせられます。
・ 手ブレしやすいため、
[手ブレ補正]
(A143)の
設定を確認し、カメラをしっかり持ってくださ
い。
・[AF エリア選択]は[マニュアル]になります(A122)。
kボタンを押すと AF エリアを移動できます。マルチセ
レクターのHIJ Kを押して、ピントを合わせたい位
置に AF エリアを動かします。もう一度kボタンを押す
と、AF エリアを固定します。
・ AF エリアを固定した状態で、セルフタイマー(A35)
と露出補正(A39)を設定できます。
48
シーンメニュー
トワイライト
夜景
クローズアップ
料理
ミュージアム
打ち上げ花火
シーンモードを使う
4
シャッターボタンを押して撮影する
・ シャッターボタンを半押しするとピント
と露出が固定され、全押しするとシャッ
ターがきれます。
・ AF エリアが点滅したときは、ピントが合っ
て い ま せ ん。構 図 を 変 え て、も う 一 度
シャッターボタンを半押ししてください。
1/125
F2.8
シーンに合わせて撮影する
B
料理モードについてのご注意
フラッシュは使えません。フォーカスモード(A36)はp(マクロ AF)に固定されます。
C
料理モードのホワイトバランスについて
・ 赤味や青味を増すことで、照明による影響を軽減できます。
・ 料理モードのホワイトバランスを変更しても、撮影メニューの[ホワイトバランス]
(A114)は変わりません。
・ 料理モードのホワイトバランス設定は、電源を OFF にしても記憶されます。
49
シーンモードを使う
パノラマアシストを使った撮影方法
画面中央でピントを合わせます。三脚を使うと、構図を合わせやすくなりま
す。三脚などに固定して撮影するときは[手ブレ補正](A143)を[OFF]
にしてください。
1
シーンメニューからマルチセレクターで[p パ
ノ ラ マ ア シ ス ト]を 選 び、k ボ タ ン を 押 す
(A40)
・ パノラマ方向(画像をつなげる方向)を示すIマー
クが表示されます。
シーンに合わせて撮影する
2
シーンメニュー
モノクロコピー
逆光
パノラマアシスト
音声レコード
画質
画像サイズ
マルチセレクターでパノラマ方向を選び、k ボ
タンを押す
・ 右方向につなげるときは I、左方向は J、上方向
はK、下方向はLを選びます。
・ 選んだ方向に黄色い II マークが移動し、k ボタ
ンを押すと方向を決定します。決定した方向の I
(白色)が表示されます。
1/125
F2.8
16
・ フラッシュモード(A32)、セルフタイマー(A35)、フォーカスモード
(A36)、露出補正(A39)を設定したいときは、ここで設定してください。
・ もう一度kボタンを押すと、パノラマ方向を選び直せます。
3
一番端の被写体に構図を合わせ、1 コマ
目を撮影する
・ 撮影した画像が、画面の約 1/3 の部分に
半透明で表示されます。
1/125
4
16
2 コマ目以降を撮影する
・ 次の被写体の 1/3 が前の絵柄に重なるよ
うに構図を合わせて、シャッターボタン
を押してください。
・ この手順を繰り返して、必要な画像を撮
影してください。
50
F2.8
終了
15
シーンモードを使う
5
必要な画像を撮影し終わったら、kボタンを押
す
・ 手順 2 の状態に戻ります。
終了
シーンに合わせて撮影する
B
13
パノラマアシストについてのご注意
・ フラッシュモード、セルフタイマー、フォーカスモード、露出補正は、撮影開始前に設
定してください。撮影開始後に設定の変更はできません。撮影開始後は、画質(A107)、
画像サイズ(A108)の変更やズーム操作、画像の削除もできません。
・ 撮影中にオートパワーオフ(A146)による待機状態になると撮影が終了します。オー
トパワーオフの時間を長めに設定しておくことをおすすめします。
D
R表示について
パノラマアシストモードでは、1 コマ目を撮影すると、画面
にRと表示されます。これは、露出、ホワイトバラン
スおよびピントがロック(固定)されたことを示しています。
これによってパノラマ写真を構成するすべての画像を、同じ
露出、ホワイトバランスとピントで撮影できます。
終了
15
D
Panorama Maker について
Panorama Maker は、付属の Software Suite CD-ROM を使ってパソコンにインストール
できます。
撮影した画像をパソコンに転送して(A93)、Panorama Maker でパノラマ写真に合成
してください(A96)。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
51
カメラまかせでシーンに合わせて撮影する(おまかせシーンモード)
構図を決めるだけでカメラが撮影シーンを自動的に判別するので、より簡単に
シーンに合った撮影ができます。「xおまかせシーンモード」にして、カメラ
を被写体に向けると、以下のいずれかの撮影モードに自動的に切り換わりま
す。
・ オート撮影
・ ポートレート(A40)
・ 風景(A41)
・ 夜景ポートレート(A42)
・ 夜景(A44)
・ クローズアップ(A44)
・ 逆光(A46)
シーンに合わせて撮影する
1
モードダイヤルをxに合わせる
・ 内蔵フラッシュが閉じていると、
[フ
ラッシュが閉じています]と表示され
ます。
・ m(フラッシュポップアップ)ボタン
を押して、内蔵フラッシュをポップ
アップしてください。
2
1/125
F2.8
16
1/125
F2.8
16
構図を決めて撮影する
・ カメラがシーンを自動判別すると、撮影モードア
イコンが切り換わります。
d:オート撮影
e:ポートレート
f:風景
h:夜景ポートレート
g:夜景
i:クローズアップ
j:逆光
・ シャッターボタンを半押しするとピントと露出が合います。ピントが合うと、
ピントが合った場所の AF エリア表示が緑色に点灯します。
・ シャッターボタンを全押しするとシャッターがきれます。
・[目つぶり検出設定]
(A149)が[ON]
(初期設定)のときは、目つぶり確
認の画面が表示されることがあります。撮影画面に戻るにはkボタンを押す
か、シャッターボタンを半押しします。詳しくは「目つぶり確認画面の操作
方法」(A150)をご覧ください。
52
カメラまかせでシーンに合わせて撮影する(おまかせシーンモード)
B
おまかせシーンモードのご注意
撮影状況によっては、意図したシーンに切り換わらないことがあります。その場合は、
オート撮影モード(A24)に切り換えるか、目的にあったシーンモード(A40)を選ん
で撮影してください。
C
おまかせシーンモードでのピント合わせについて
・ おまかせシーンモードでは、カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔にピントが合
います(顔認識撮影について➝A123)
。
・ 撮影モードアイコンがdやi(クローズアップ)のときは、
[AFエリア選択]
(A122)
の[オート]と同様に 9 つある AF エリアのうち、最も手前の被写体をとらえている AF
エリアにピントが合います。
おまかせシーンモードのフラッシュモード設定
シーンに合わせて撮影する
C
フラッシュモード(A32)は、U(自動発光)(初期設定)または W(発光禁止)を
選べます。
・ U(自動発光)にすると、自動判別したシーンに合わせて、カメラが自動的にフラッ
シュモードを設定します。
・ W(発光禁止)にすると、撮影状況にかかわらず、フラッシュは発光しません。
C
おまかせシーンモードで制限される機能
・ 電子ズームは使えません。
・ a(笑顔自動シャッター)、y(目つぶり軽減)は使えません。
・ マルチセレクターのpフォーカスモードボタン(A12、36)は使えません。
53
笑顔を自動撮影する
笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減を使う
顔認識した人物の笑顔を検出して、カメラが自動でシャッターをきります。
撮影モードが、A(オート撮影)モード、シーンモードの[ポートレート]、
[夜景ポートレート]
(目つぶり軽減を除く)
、A、B、C、D、E、Fモード
のときに使えます。
1
n(セルフタイマー)を押す
・ 液晶モニターにセルフタイマーの設定メニュー
が表示されます。
・ フラッシュモード、露出、撮影メニューなどを設
定するときは、nを押す前に設定してください。
2
笑顔を自動撮影する
・ kボタンを押さないまま数秒経過すると、選択は
キャンセルされます。
3
10s
2s
笑顔自動シャッター
構図を決める
・ カメラを被写体に向けます。
・ カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔が黄
色い二重枠の AF エリア表示で囲まれ、ピントが合
うと二重枠が一瞬緑色になりピントが固定され
開始
16
1/125 F2.8
ます。
・ 最大 3 人の顔を認識します。複数の顔を認識した
ときは、最も画面の中央に近い顔が二重枠の AF エリア表示で囲まれ、他の顔
が一重枠で囲まれます。
・ 電子ズームは使えません。
4
54
マルチセレクターでa(笑顔自動シャッター)ま
たはy(目つぶり軽減)
(A55)を選び、kボ
タンを押す
シャッターボタンを全押しする
・ シャッターボタンを押して 5 秒後に笑顔検出が始まります。笑顔検出が始ま
るまでの秒数が液晶モニターに表示され、二重枠が緑色になります。
・ 笑顔検出が始まる前にシャッターボタンを押すと、カウントダウンを中止で
きます。
・ カメラが二重枠で囲まれた人物の笑顔を検出すると、自動的にシャッターが
きれます。
・ カウントダウンを開始した後にカメラが認識した顔でも、二重枠で囲まれて
いれば、笑顔を検出できます。
・ カメラはシャッターがきれるたびに、顔認識と笑顔検出による自動撮影を繰
り返します。
笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減を使う
5
必要な画像を撮影し終わったら、シャッターボタンを押す
・ 自動撮影を終了します。
・ 以下の場合も、撮影が終了します。
- 9 コマ撮影したとき
- 手順 4 でシャッターボタンを押してから、笑顔が検出されずに 5 分経過した
とき
目つぶり軽減機能について
前ページの手順 2 でy(目つぶり軽減)を選ぶと、笑顔自動シャッターに目つ
ぶり軽減機能を組み合わせて撮影できます。
手順 4 で笑顔検出を開始すると、笑顔を検出するたびに自動的に 2 コマ連写し、
人物が目をつぶっていない画像を優先して 1 コマだけ記録します。
記録した画像に目を閉じた
人がいるかもしれません
・[夜景ポートレート]では、y(目つぶり軽減)を
選べません。
C
顔認識と笑顔検出について
a(笑顔自動シャッター)/y(目つぶり軽減)では、人物の顔(正面)にカメラを向け
ると自動的に顔を認識し、認識した顔の笑顔を検出します。
・ 撮影条件などによっては、適切に顔の認識や笑顔の検出ができないことがあります。
・ 顔認識について詳しくは、「顔認識撮影について」(A123)をご覧ください。
笑顔を自動撮影する
・ 記録した画像に目つぶりの可能性があることを検
出したときは、右のメッセージが数秒間表示されま
す。
C 笑顔自動シャッター /目つぶり軽減でのセルフタイマーランプ動作
・ 手順 4 でシャッターボタンを押すと、セルフタイマーランプが点滅します。笑顔検出が
始まる約 1 秒前になると、点灯にかわります。
・ カメラが人物の顔を認識したまま笑顔を待っているときも、セルフタイマーランプが点
滅します。
・ 笑顔を検出してシャッターがきれた直後は、セルフタイマーランプが速く点滅します。
C 笑顔自動シャッター /目つぶり軽減で制限される機能
・ フォーカスモードはA(通常 AF)になります。A(通常 AF)以外に設定すると、a(笑
顔自動シャッター)またはy(目つぶり軽減)は、キャンセルされます。
・ フラッシュは、y(目つぶり軽減)のときは使えません。
・ 撮影モードが A、B、C、D、E、F の場合、
[仕上がり設定](A111)の[白黒]
で[カラー同時記録]を設定しているときは、y(目つぶり軽減)は使えません。
D
関連ページ
オートフォーカスが苦手な被写体➝A29
55
高速で連写する(スポーツ連写)
スポーツ連写モードを使う
スポーツ連写モードでは、シャッターボタンの全押しを続けている間、高速で
連写(連続撮影)できます。動きのある被写体の一瞬の動きを連写によって鮮
明にとらえることができます。
・ ISO 感度は、640 から 6400 の範囲で自動的に設定されます。
・ 選べる画像サイズは[C 2048 × 1536]以下です。
・ ピントと露出、ホワイトバランスは、最初の 1 コマと同じ条件に固定されます。
1
モードダイヤルをd(スポーツ連写)
に合わせる
・ スポーツ連写モードになります。
1/125
2
dボタンを押して、スポーツ連写メニューの設
定をする
高速で連写する
・ スポーツ連写メニュー ➝A58
・ スポーツ連写メニューが表示されないときは、
dタブを選びます(A13)。
F2.8
60
スポーツ連写
高速連写設定
先取り撮影
画質
画像サイズ
・ 設定したらdボタンを押して、撮影画面に戻り
ます。シャッターボタンを押しても撮影画面に戻ります。
3
構図を決めて撮影する
・ 画面中央でピントを合わせます。
・ シャッターボタンを全押ししている間、最大 45 コ
マまで連写できます。
1/125
56
F2.8
60
スポーツ連写モードを使う
B
スポーツ連写についてのご注意
B
高速連写 H 16:9、高速連写 H についてのご注意
高速連写 H 16:9、高速連写 H では、画面内に太陽や電灯などの輝度の高い被写体があると、
記録した画像の上下方向に光の帯(スミアー)が発生することがあります。また、その光
の帯を境にして画像の一部または全部が暗くなったり、緑色になったりすることもありま
す。これらの現象を避けるには、太陽や電灯などを画面内に入れずに撮影するようおすす
めします。
D
高速で連写する
・ 撮影後の画像の記録に時間がかかります。記録が終了するまでの時間は、撮影コマ数、
画質や画像サイズ、SD カードへの書き込み速度などによって異なります。
・ 露出は自動的に設定されます。
[高速連写設定]
(A58)が、
[高速連写 H]または[高
速連写 H 16:9]の場合、シャッタースピードは 1/4000 ∼ 1/20 秒の範囲で自動的に設定
されます。
・ ISO 感度が高く設定されるため、撮影した画像がざらつくことがあります。
・ 常に ISO 640 以上で撮影されるため、晴天下では適切な露出が得られない(露出がオー
バーになる)ことがあります。
・ 高速で明滅する蛍光灯や水銀灯の下では、撮影した画像の露出やホワイトバランスにば
らつきが発生することがあります。
・ シャッターボタンの全押しを続けているときに、内蔵フラッシュをポップアップまたは
収納すると、撮影が中止されますのでご注意ください。
・ フラッシュモード(A32)はW(発光禁止)に固定されます。
・ フォーカスモード(A36)の設定ができます。スポーツ連写モードでA(通常 AF)
(初
期設定)またはD(マクロ AF)にすると、常時 AF(A125)になります。
・ 露出補正(A39)の設定ができます。
・ セルフタイマーは使えません。
・ AF 補助光(A145)の設定にかかわらず、AF 補助光は点灯しません。
関連ページ
オートフォーカスが苦手な被写体➝A29
57
スポーツ連写の設定を変更する(スポーツ連写メニュー)
スポーツ連写メニューで以下の項目を設定できます。
スポーツ連写モードで、d ボタンを押してスポーツ連写メニューを表示し、
マルチセレクターで設定してください。
・ スポーツ連写メニューが表示されないときは、dタブを選びます(A13)。
高速連写設定
スポーツ連写の種類を選びます。
種類
i 高速連写 H
16:9
最大連写速度
約 15 コマ / 秒
k 高速連写 H
約 11 コマ / 秒
(初期設定)
l 高速連写 M 約 6 コマ / 秒
m 高速連写 L
内容
[高速連写 H]よりも高速で連写し、画
像サイズ 16:9(1920 × 1080 ピクセル)
で記録します。
高速で連写します。
約 4 コマ / 秒
高速で連写する
先取り撮影
[高速連写設定]が[高速連写 H 16:9]、
[高速連写 H]のときに設定でき
ます。
先取り撮影を[ON]にすると、シャッターボタンの半押しで撮影を開始
し、全押しする直前の画像も最大 10 コマまで記録できます。全押しして
いる間の画像は、最大 35 コマまで記録できます。
先取り撮影を使うと、シャッターチャンスを逃しにくくなります(A59)。
画質
[画質](A107)を設定できます。
画像サイズ
[画像サイズ](A108)を設定できます。
(初期
・ スポーツ連写モードで選べる画像サイズは、
[C 2048 × 1536]
[J 1024 × 768]、
設定)、[B 1600 × 1200]、[A 1280 × 960]、
[K 640 × 480]です。
・[高速連写 H 16:9]のときは[O 1920 × 1080]となり、画像サイズ
を選べません。
・ スポーツ連写モードの画質と画像サイズの設定は、他の撮影モードの設定と
は連動せずに独立して記憶されます。
58
スポーツ連写の設定を変更する(スポーツ連写メニュー)
C
先取り撮影について
先取り撮影が[ON]のときに、シャッターボタンを 0.5 秒以上半押しすると撮影を開始
し、全押しする直前の画像も最大 10 コマまで記録できます。全押ししている間の画像は、
最大 35コマまで記録できます。
先取り撮影の設定は撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、何も表示されませ
ん)
(A8)
。シャッターボタンの半押し中は、先取り撮影アイコンが緑色に変わります。
半押し開始
全押し開始
全押しで記録する画像
(最大 35 コマ)
高速で連写する
半押しで記録する画像
(最大 10 コマ)
・ 撮影前に記録可能コマ数をご確認ください。45 コマ以上残っているときに撮影するよ
うおすすめします。
記録可能コマ数
45 コマ以上
44 コマ以下
6 コマ以下
先取り撮影で記録できるコマ数
最大 10 コマ
最大 5 コマ
先取り撮影できません
59
A、B、C、D、E、Fで撮影する
A、B、C、Dモードについて
モードダイヤルを切り換えて、A(プログラムオート)、B(シャッター優先
オート)、C(絞り優先オート)、D(マニュアル露出)の 4 種類の露出モード
を使って撮影できます。シャッタースピードや絞りを自分で設定できるほか、
撮影メニュー(A105)で ISO 感度やホワイトバランスなどを変更して、さら
に高度な撮影を楽しめます。
露出モード
A
プログラム
オート
(A62)
B
シャッター
優先オート
(A63)
絞り優先
オート
(A64)
マニュアル
D 露出
(A65)
C
内容
こんなときに
シャッタースピードと絞り値
の両方をカメラが自動的に
セ ッ ト し ま す。同 じ 露 出 で
ほとんどの撮影状況に適して
シャッタースピードと絞り値
います。
の組み合わせを変えるプログ
ラムシフト(A62)もできま
す。
動きの速い被写体を速い
設定したシャッタースピード シャッタースピードで撮影し
に合わせて、カメラが自動的 たり、遅いシャッタースピー
ドで動きを強調するときなど
に絞り値をセットします。
に使います。
設定した絞り値に合わせて、 手前から奥まで鮮明に写した
カメラが自動的にシャッター り、背景の描写をやわらげた
スピードをセットします。
いときなどに使います。
シャッタースピードも絞り値 撮影意図に合わせて、露出を
も撮影者が自由に設定できま コントロールしたいときに使
す。
います。
撮影モードA、B、C、Dでよく使う設定の組み合わせをモードダイヤルEま
たはFに登録できます。モードダイヤルをEまたはFに合わせると、登録
したよく使う設定の組み合わせで撮影ができます(A68)。
60
A、B、C、D モードについて
D
露出について
シャッタースピードと絞り値を調整して、画像が
意図した明るさ(露出)で撮影されるようにする
ことを「露出を合わせる」といいます。同じ露出
の画像でも、シャッタースピードと絞りの組み合
わせによって、撮影される画像の流動感や背景の
1/125
ぼかし具合などが変わってきます。ISO感度設定
(A116)を 変 え る と、適 正 露 出 を 得 ら れ る シャッタースピード
シャッタースピードと絞り値の範囲も変化しま
す。
F2.8
速いシャッタースピードのとき
1/1000秒
遅いシャッタースピードのとき
1/30秒
絞りを開いたとき
(絞り値が小さいとき)
絞りを絞り込んだとき
(絞り値が大きいとき)
f/2.8
16
絞り値
f/8.0
61
A(プログラムオート)
カメラが自動的にセットしたシャッタースピードと絞り値で撮影します。
1
モードダイヤルをAに合わせる
1/125
2
F3.2
16
構図を決めて撮影する
・ 初期設定では、9 つある AF エリアのうち、最も手
前の被写体をとらえている AF エリアでピントが
合います(A122)。
プログラムシフトについて
A(プログラムオート)で撮影中にコマンドダイヤルを回す
と、露出値を変えずにシャッタースピードと絞り値の組み合
わせを変えられます。これを「プログラムシフト」といいま
す。プログラムシフト中は、液晶モニター左上の A 表示の横
にプログラムシフトマーク(A)が表示されます。
・ 背景をぼかしたい(絞り値を小さく設定したい)場合や、
動きの速い被写体を撮影したい(速いシャッタースピード
を設定したい)場合には、コマンドダイヤルを右に回して
ください。
・ 近くから遠くまでピントの合った写真を撮影したい(絞り
値を大きく設定したい)場合や被写体の動きを強調したい
(遅いシャッタースピードを設定したい)場合には、コマ
16
1/250 F2.8
ンドダイヤルを左に回してください。
・ プログラムシフトを解除するには、プログラムシフトマーク(A)が消えるまでコマン
ドダイヤルを回してください。モードダイヤルを切り換えたり、電源を OFF にしても、
プログラムシフトを解除できます。
B
62
シャッタースピードについてのご注意
[連写]
(A118)を[マルチ連写]にすると、シャッタースピードの最大速度は 1/2500
秒になり、最長は 1/30 秒に制限されます。
B(シャッター優先オート)
シャッタースピードを設定して撮影します。
1
2
3
モードダイヤルをBに合わせる
1/125
F2.8
16
1/250
F2.8
16
コマンドダイヤルを回して、シャッ
タースピード(1/2000 ∼ 8 秒)を設定
する
ピントを合わせて撮影する
・ 初期設定では、9 つある AF エリアのうち、最も手
前の被写体をとらえている AF エリアでピントが
合います(A122)。
B
B(シャッター優先オート)撮影時のご注意
・ 被写体が暗すぎたり明るすぎたりすると、設定したシャッタースピードで撮影できない
ことがあります。このようなときは適切な露出が得られていないため、シャッターボタ
ンを半押しすると、液晶モニターのシャッタースピード表示が点滅します。設定した
シャッタースピードを変えてください。
・ 1/4 秒以上の低速シャッタースピードに設定すると、撮影画像にノイズが出ることがあ
ります。このようなときは液晶モニターのシャッタースピード表示が赤色に点灯しま
す。撮影メニューの[ノイズ低減]
(A126)を[ON]にするようおすすめします。
B
シャッタースピードについてのご注意
[連写]
(A118)を[マルチ連写]にすると、シャッタースピードの最大速度は 1/2500
秒になり、最長は 1/30 秒に制限されます。
63
C(絞り優先オート)
絞り値を設定して撮影します。
1
2
モードダイヤルをCに合わせる
1/125
F2.8
16
1/125
F3.2
16
コマンドダイヤルを回して、絞り値
(開放絞り∼最小絞り)を設定する
・ 絞り値は、
f/2.8 ∼ 8.0(広角側)、f/5.0 ∼
8.0(望遠側)の範囲で設定できます。
3
ピントを合わせて撮影する
・ 初期設定では、9 つある AF エリアのうち、最も手
前の被写体をとらえている AF エリアでピントが
合います(A122)。
B
C(絞り優先オート)撮影時のご注意
被写体が暗すぎたり明るすぎたりすると、設定した絞り値で撮影できないことがありま
す。このようなときは適切な露出が得られていないため、シャッターボタンを半押しする
と、液晶モニターの絞り値表示が点滅します。設定した絞り値を変えてください。
B
シャッタースピードについてのご注意
[連写]
(A118)を[マルチ連写]にすると、シャッタースピードの最大速度は 1/2500
秒になり、最長は 1/30 秒に制限されます。
D
64
絞りとズームについて
絞り値(F 値)とはレンズの明るさを示す値で、レンズの焦点距離を有効口径(レンズの
中にある絞りとそこを通る光の関係を数値化したもの)で割った数値のことをいいます。
この数値が小さくなるに従って明るくなり、大きくなるに従って暗くなります。また、そ
のレンズの絞りの一番小さい数値を開放絞り値といい、一番大きい数値を最小絞り値とい
います。このカメラのレンズ(4.6-110.4mm f/2.8-5)はズーム位置によって絞り値が変
化します。望遠側にズームすると絞り値が大きくなり、広角側にズームすると絞り値が小
さくなります。
D(マニュアル露出)
シャッタースピードと絞り値を設定して撮影します。
1
2
モードダイヤルをDに合わせる
1/125
F2.8
16
1/125
F2.8
16
1/60
F2.8
16
マルチセレクターの K を押して、シャッタース
ピードを選ぶ
・ マルチセレクターのKを押すごとに、シャッター
スピードと絞り値が交互に切り換わります。
・ 1/4 秒以上の低速シャッタースピードの場合は、
液晶モニターのシャッタースピード表示が赤色
に点灯します(A63)。
3
コマンドダイヤルを回して、シャッ
タースピード(1/2000 ∼ 8 秒)を設定
する
・ 設定したシャッタースピードと絞り
値の組み合わせによる露出値と、カメ
ラが測定した適正露出値の差が液晶
モニターの露出インジケーターに数
秒間表示されます。
・ 設定された露出値とカメラの測光した適 ←露出オーバー 露出アンダー→
正露出値の差は、露出インジケーターに
+0
+2
-2
− 2 EVから +2 EVの範囲で 1/3 段ごとに表
示されます。
+1
-1
図は露出が 1 段オーバーのときの例です。
露出インジケーター
4
マルチセレクターのKを押して、絞り値を選ぶ
1/250
F2.8
16
65
D(マニュアル露出)
5
コマンドダイヤルを回して、絞り値を
設定する
・ 必要に応じて、手順 2 ∼ 5 を繰り返して
シャッタースピードと絞り値を調整
します。
6
1/250
F2.8
16
ピントを合わせて撮影する
・ 初期設定では、9 つある AF エリアのうち、最も手
前の被写体をとらえている AF エリアでピントが
合います(A122)。
B
シャッタースピードについてのご注意
[連写]
(A118)を[マルチ連写]にすると、シャッタースピードの最大速度は 1/2500
秒になり、最長は 1/30 秒に制限されます。
B
66
ISO 感度についてのご注意
[ISO 感度設定](A116)を[オート]
(初期設定)、
[高感度オート]または[感度制限
オート]に設定していると、ISO 感度は ISO 64 に固定されます。
E、F(ユーザーセッティング)モードを使う
撮影モードA、B、C、Dでよく使う設定の組み合わせをモードダイヤルのE
またはFに登録できます。
モードダイヤルを E または F に合わせると、登録した設定の組み合わせで
撮影できます。
EまたはFには、以下の設定内容を登録できます。
基本設定
撮影モードA/B/C/D
(A60)※ 1
モニター表示
(A14、15)
ズーム位置
(A27)
p フォーカスモード
(A36)※ 2
o 露出補正
(A39)
q 画質
(A107)
r 画像サイズ
(A108)
F 仕上がり設定
(A111)
B ホワイトバランス
(A114)※ 3
E ISO 感度設定
(A116)
G 測光方式
(A117)
C 連写
(A118)
H ブラケティング
(A121)
G AF エリア選択
(A122)※ 4
I AF モード
(A125)
J 調光補正
(A125)
M ノイズ低減
(A126)
Q ゆがみ補正
(A126)
J Active D-ライティング
(A70)
m フラッシュモード
(A32)
撮影メニュー
※ 1 登録時のプログラムシフトの設定(Aのとき)
、シャッタースピード(B、Dのとき)、
絞り値(C、Dのとき)も記憶します。
※ 2 フォーカスモードがE(マニュアルフォーカス)のときは、登録時のフォーカスの距
離も記憶します。
※ 3 プリセットマニュアルのプリセット値は、撮影モードA、B、C、D、E、Fで共
通です。
※ 4 AF エリア選択が[マニュアル]のときは、登録時の AF エリアの位置も記憶します。
B
バックアップ用電池のご注意
内蔵のバックアップ用電池(A139)が切れると、E、Fに登録した設定内容がリセッ
トされますのでご注意ください。重要な設定は、必要に応じてメモしておくことをおすす
めします。
67
E、F(ユーザーセッティング)モードを使う
E/Fに設定内容を登録する
1
登録したい露出モードにモードダイヤルを合わ
せる
・ A、B、CまたはDに合わせてください。
・ EまたはFに合わせても登録できます(ご購入時
は、撮影モードAの初期設定が登録されています)。
2
3
撮影時の設定をよく使う組み合わせに変更する
dボタンを押す
・ 撮影メニューが表示されます。
・ 撮影メニューが表示されないときは、A、B、C、
D、EまたはFタブを選びます(A13)。
4
マルチセレクターで[User Setting 登録]を選
んで、kボタンを押す
5
登録先を選んで、kボタンを押す
・ 現在の設定内容が登録されます。
・ 選んだ登録先の設定内容が上書きされます。
68
撮影メニュー
ゆがみ補正
Active D-ライティング
User Setting 登録
User Setting リセット
User Setting 登録
U1 に登録
U2 に登録
E、F(ユーザーセッティング)モードを使う
登録した設定内容をリセットする
リセットすると、登録された設定内容は、撮影モードAの初期設定に戻ります。
1
撮影メニュー画面で[User Setting リセット]
を選んで、kボタンを押す
2
リセットする登録先を選んで、kボタンを押す
・ 登録された設定内容がリセットされます。
撮影メニュー
ゆがみ補正
Active D-ライティング
User Setting 登録
User Setting リセット
User Setting リセット
U1 をリセット
U2 をリセット
69
白とびや黒つぶれを抑えて撮影する(アクティブ D- ライティング)
撮影の前にあらかじめ「アクティブ D- ライティング」を設定しておくと、ハ
イライトの白とびを抑え、暗部の黒つぶれを軽減する効果があります。撮影し
た画像は、見た目のコントラストに近い仕上がりになります。暗い室内から外
の風景を撮ったり、直射日光の強い海辺など明暗差の激しい景色を撮影すると
きに効果的です。撮影モードがA、B、C、D、E、Fのときに使えます。
1
モードダイヤルをA、B、CまたはDに合わせる
・ EまたはFに合わせても設定できます。
2
d ボタンを押して撮影メニューを
表示し、マルチセレクターで[Active
D- ライティング]を選んで、k ボタ
ンを押す
撮影メニュー
ゆがみ補正
Active D-ライティング
User Setting 登録
User Setting リセット
・ 撮影メニューが表示されないときは、
A、B、C、D、E または F タブを
選びます(A13)。
3
効果の度合いを選び、kボタンを押す
・ アクティブ D- ライティングの設定は、撮影時の画
面で確認できます([OFF]のときは、何も表示
されません)(A8)。
Active D-ライティング
強め
標準
弱め
OFF
B アクティブ D-ライティングについてのご注意
・ アクティブ D- ライティングで撮影する場合は、記録に時間がかかります。
・ アクティブ D- ライティングを設定した場合、設定しないで撮影した場合よりも露出を
アンダー側に制御して撮影します。階調が適切な明るさになるように、ハイライト部や
シャドー部および中間調を調整します。
・ アクティブ D- ライティングを設定したときは、
[測光方式]
(A117)が[マルチパター
ン]に変更されます。
・ 仕上がり設定の[カスタマイズ]
(A112)と[白黒]
(A113)の[カスタマイズ]の
[コントラスト]は[オート]に変更されます。
・[ISO 感度設定](A116)を[高感度オート]または[1600]以上に設定すると、ア
クティブ D- ライティングは[OFF]になります。
70
B [Active D- ライティング]と[D- ライティング]の違い
[Active D- ライティング]は、撮影前に階調が適切に調整できるようにアンダー側に露出
を制御して撮影します。一方、再生メニューの[D- ライティング]
(A76)は、撮影し
た画像に対して階調を適切に再調整します。
再生機能を使いこなす
複数の画像を一覧表示する(サムネイル表示)
再生モードの 1 コマ表示(A30)でズームレバーを
f(h)方向に回すと、画像を一覧できる「サムネ
イル表示」になります。
1/ 10
サムネイル表示では、以下の操作ができます。
機能
ボタン
画像を選ぶ
表示コマ数を増やす
/ カレンダーを表示
する
1 コマ表示に戻る
A
マルチセレクターのHIJ Kを押しま
す。
12
コマンドダイヤルを回します。
−
ズームレバーをf(h)方向に回すと、4
コマ➝9コマ➝16コマ➝カレンダー表示に
切り換わります。
f
(h) 「カレンダー表示」にすると、撮影日単位
で画像の選択を移動できます(A72)。
g(i)方向に回すと、サムネイル表示に −
戻ります。
g(i)
k
再生機能を使いこなす
表示コマ数を減らす
内容
ズームレバーをg(i)方向に回すと、16
コマ➝9 コマ➝4 コマに切り換わります。
4 コマ表示でg(i)方向に回すと、1 コマ
表示に戻ります。
kボタンを押します。
30
c
撮影モードに切り換
える
c ボタンまたはシャッターボタンを押す
と、モードダイヤルで選んでいるモードに 30
なります。
71
複数の画像を一覧表示する(サムネイル表示)
C
サムネイルに表示されるマーク
プリント指定表示
[プリント指定](A103)や[プロテク
ト設定]
(A132)をした画像の選択中は
右のマークが表示されます。
動画は、映画フィルムの1コマのように表
示されます。
プロテクト設定表示
1/ 10
動画表示
カレンダー表示
再生モードのサムネイル表示を 16 コマ表示にした後
(A71)、さらにズームレバーを f(h)方向に回
すと「カレンダー表示」になります。
撮影日単位で画像の選択を移動できます。撮影画像
のある日付には、黄色の下線が表示されます。
3
カレンダー表示では、以下の操作ができます。
機能
ボタン
内容
A
マルチセレクターのHIJ Kを押します。 12
再生機能を使いこなす
日付を選ぶ
コマンドダイヤルを回します。
1 コマ表示に戻る
サムネイル表示に戻
る
B
k
g(i)
選んだ日の最初に撮影した画像の1コマ表
30
示に移動します。
ズームレバーをg(i)方向に回します。
カレンダー表示モードについてのご注意
・ 日時を設定せずに撮影した画像は、「2009 年 1 月 1 日」の画像として扱われます。
・ カレンダー表示中は、dボタンおよびlボタンは使えません。
72
−
−
画像を拡大表示する
再生モードの 1 コマ表示(A30)でズームレバーを
g(i)方向に回すと、表示中の画像の中央部が拡大
表示されます。
・ 画面右下のガイドは、どの部分を表示しているか
を示しています。
拡大表示では、
以下の操作ができます。
機能
3.0
3.0
A
内容
ボタン
拡大倍率を上げる
g(i)
ズームレバーをg(i)方向に回します。
約 10 倍まで拡大できます。コマンドダイヤ −
ルを右に回しても拡大倍率が上がります。
拡大倍率を下げる
f(h)
ズームレバーを f(h)方向に回します。
倍率が 1 倍になると、1 コマ表示に戻ります。
−
コマンドダイヤルを左に回しても拡大倍
率が下がります。
マルチセレクターの HIJ K を押して、
12
表示範囲を移動します。
表示範囲を移動する
1 コマ表示に戻る
k
d
c
撮影モードに切り換
える
30
kボタンを押します。
拡大表示した部分だけを別画像として保
77
存します。
再生機能を使いこなす
画像の一部を切り抜
く(トリミング)
c ボタンまたはシャッターボタンを押す
と、モードダイヤルで選んでいるモード 30
になります。
顔認識して撮影した画像の場合
顔認識(A123)して撮影した画像は、再生モード
の 1 コマ表示でズームレバーをg(i)方向に回すと、
撮影時に認識した顔を中心に拡大表示されます。
・ 複数の顔を認識していたときは、ピント合わせを
行った顔を中心に拡大表示され、マルチセレクター
のHIJ Kを押すと表示する顔が切り換わります。
2.0
2.0
・ さらにg(i)方向またはf(h)方向に回すと拡大率が変わり、通常の拡
大表示になります。
73
画像を編集する
このカメラでは以下の機能を使って画像を簡単に編集できます。編集した画像
。
は元画像とは別の画像として、異なるファイル名で保存されます(A156)
編集の種類
内容
コントラストと色の鮮やかさを高めた画像を簡単に作成
簡単レタッチ(A75)
します。
逆光やフラッシュの光量不足で暗くなった部分を明るく
D- ライティング
補正します。
(A76)
画像の一部を切り抜きます。被写体をクローズアップし
トリミング(A77)
たいときや構図に手を加えたいときなどに使います。
ス モ ー ル ピ ク チ ャ ー 小さいサイズの画像を作成します。メールに添付して送
信するときなどに使います。
(A78)
画像の周りに黒い枠を付けます。画像に境界線を付けた
黒フレーム(A79)
いときなどに使います。
C
画像編集を適用する際のご注意
・[画像サイズ]
(A108)を[I 3984 × 2656]
、
[G 3968 × 2232]
、
[H 2992 × 2992]
(A58)で撮影した画像は、黒フレーム以
にして撮影した画像や[高速連写 H 16:9]
外の編集ができません。
・ このカメラ以外で撮影した画像は、編集できません。
・ このカメラ以外のデジタルカメラでは、このカメラで編集した画像の正常な表示やパソ
コンへの転送ができないことがあります。
・ 内蔵メモリー /SD カードに充分な空き容量がないときは、編集できません。
C
画像編集の制限
再生機能を使いこなす
1 回目の編集
2 回目の編集
Dライティ
スモールピ
簡単レタッチ
トリミング
黒フレーム
ング
クチャー
簡単レタッチ
×
×
○
○
×
D- ライティング
×
×
○
○
×
トリミング
×
×
×
×
×
スモールピクチャー
×
×
×
×
×
黒フレーム
×
×
×
×
×
・ 同じ画像編集を 2 回行うことはできません。
・ 簡単レタッチまたは D- ライティングと、トリミングまたはスモールピクチャーを組み
合わせて編集するときは、簡単レタッチまたは D- ライティングを先に行ってください。
・ 編集した画像に黒フレームは付けられません。
D
74
元画像と編集画像の関係について
・ 編集で作成した画像は、元画像を削除しても削除されません。また、編集で作成した画
像を削除しても、元画像は削除されません。
・ 編集で作成した画像の撮影日時は、元の画像と同じです。
(A132)された画像を編集しても、
・[プリント指定](A103)や[プロテクト設定]
これらの設定内容は編集で作成した画像に反映されません。
画像を編集する
簡単にレタッチする
コントラストと色の鮮やかさを高めた画像を簡単に作成できます。簡単レタッ
チで補正した画像は、元の画像とは別の画像として保存されます。
1
再生モードの 1 コマ表示(A30)またはサムネ
イル表示(A71)で画像を選び、dボタンを
押す
・ 再生メニューが表示されます。
・ 再生メニューが表示されないときは、cタブを選
びます(A13)。
2
マルチセレクターで[k 簡単レタッチ]を選び、
kボタンを押す
・ 補正前(左側)と補正後(右側)の見本が表示さ
れます。
・ 再生モード以外で再生メニューを表示したとき
は、[簡 単 レ タ ッ チ]を 選 ぶ と 画 像 選 択 画 面
(A130)が表示されます。編集する画像を選び、
kボタンを押します。
3
簡単レタッチ
再生機能を使いこなす
マルチセレクターの HI を押して効果の度合い
を選び、kボタンを押す
再生メニュー
簡単レタッチ
D-ライティング
プリント指定
スライドショー
削除
プロテクト設定
・ 補正画像が作成されます。
・ 簡単レタッチを中止するときは、dボタンを押
します。
・ 簡単レタッチで作成した画像は、再生画面でsが
表示されます。
標準
キャンセル
強弱
2009/05/15 15:30
0004.JPG
4
D
4
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
75
画像を編集する
画像の暗い部分を明るく補正する(D- ライティング)
逆光やフラッシュの光量不足などで暗くなった被写体を、明るく補正できま
す。D- ライティングで補正した画像は、元の画像とは別の画像として保存され
ます。
1
再生モードの 1 コマ表示(A30)またはサムネ
イル表示(A71)で画像を選び、dボタンを
押す
・ 再生メニューが表示されます。
・ 再生メニューが表示されないときは、cタブを選
びます(A13)。
2
マルチセレクターで[I D- ライティング]を選
び、kボタンを押す
・ 補正前(左側)と補正後(右側)の見本が表示さ
れます。
・ 再生モード以外で再生メニューを表示したとき
は、[D- ライティング]を選ぶと画像選択画面
(A130)が表示されます。編集する画像を選び、
kボタンを押します。
再生機能を使いこなす
3
マルチセレクターの HI を押して効果の度合い
を選び、kボタンを押す
再生メニュー
簡単レタッチ
D-ライティング
プリント指定
スライドショー
削除
プロテクト設定
D-ライティング
・ 補正画像が作成されます。
・ D- ライティングを中止するときは、dボタンを
押します。
・ D- ライティングを行った画像は、再生画面でcが
表示されます。
標準
キャンセル
強弱
2009/05/15 15:30
0004.JPG
4
D
76
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
4
画像を編集する
画像の一部を切り抜く(トリミング)
拡大表示(A73)中にuマークが表示されている画像は、液晶モニター
に表示している部分だけにトリミング(切り抜き)できます。トリミングした
画像は、元の画像とは別の画像として保存されます。
1
再生モードの 1 コマ表示(A30)でズームレバー
をg(i)方向に回して、画像を拡大表示する
・ 縦位置画像は、左右の黒い帯が見えなくなるまで
画像を拡大するとトリミングできますが、トリミ
ング画像は横位置になります。縦位置のトリミン
グ画像を作るには[画像回転]
(A133)で横位
置にしてからトリミングし、再度トリミング画像
を縦位置に戻します。
2
切り抜きたい部分だけが表示されるように調節
する
・ ズームレバーをg(i)またはf(h)方向に回
して拡大率を調節します。
・ マルチセレクターのHIJ Kを押して表示範囲
を移動します。
dボタンを押す
4
マルチセレクターで[はい]を選び、k ボタン
を押す
・ トリミング画像が作成されます。
再生機能を使いこなす
3
4.0
4.0
表示している画像で
保存しますか?
・ 作成をやめるときは、[いいえ]を選びます。
C
いいえ
はい
画像サイズについて
切り抜く範囲が狭くなるほど、トリミングで作成した画像の画像サイズ(ピクセル数)は
小さくなります。トリミング後の画像サイズが 320 × 240 ピクセルまたは 160 × 120 ピ
クセルになった画像は、再生時にグレーの枠で囲まれ、画面左側にスモールピクチャーの
BまたはCアイコンが表示されます。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
77
画像を編集する
小さいサイズの画像を作成する(スモールピクチャー)
撮影した画像から、小さいサイズの画像を新しく作ります。作成するスモール
ピクチャーの大きさは、以下の 3 種類から選べます。スモールピクチャーは、
元の画像とは別の画像(圧縮率約 1/16)として保存されます。
種類
l 640 × 480
m 320 × 240
内容
テレビでの表示に適しています。
ホームページでの使用に適しています。
n 160 × 120
電子メールへの添付に適しています。
1
再生モードの 1 コマ表示(A30)またはサムネ
イル表示(A71)で画像を選び、dボタンを
押す
・ 再生メニューが表示されます。
・ 再生メニューが表示されないときは、cタブを選
びます(A13)。
2
マルチセレクターで[g スモールピクチャー]
を選び、kボタンを押す
再生機能を使いこなす
・ 再生モード以外で再生メニューを表示したとき
は、[スモールピクチャー]を選ぶと画像選択画
面(A130)が表示されます。編集する画像を選
び、kボタンを押します。
3
4
スモールピクチャーのサイズを選び、k ボタン
を押す
・ 作成をやめるときは、[いいえ]を選びます。
・ スモールピクチャーで作成した画像は、グレーの
枠で囲まれて表示されます。
78
スモールピクチャー
640×480
320×240
160×120
[はい]を選び、kボタンを押す
・ スモールピクチャーが作成されます。
D
再生メニュー
画像回転
非表示設定
スモールピクチャー
画像コピー
黒フレーム
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
スモールピクチャーを
作成しますか?
いいえ
はい
画像を編集する
画像の周りに黒い枠を付ける(黒フレーム)
撮影した画像の周りに黒い枠を付けます。黒い枠の太さは、
[細]、
[中]
、
[太]
の 3 種類から選べます。黒い枠を付けた画像は、元の画像とは別の画像として
保存されます。
1
再生モードの 1 コマ表示(A30)またはサムネ
イル表示(A71)で画像を選び、dボタンを
押す
・ 再生メニューが表示されます。
・ 再生メニューが表示されないときは、cタブを選
びます(A13)。
2
マルチセレクターで[j 黒フレーム]を選び、
kボタンを押す
・ 再生モード以外で再生メニューを表示したとき
は、
[黒フレーム]を選ぶと画像選択画面(A130)
が表示されます。編集する画像を選び、kボタン
を押します。
3
黒フレーム
細
中
太
再生機能を使いこなす
4
黒い枠の太さを選び、kボタンを押す
再生メニュー
画像回転
非表示設定
スモールピクチャー
画像コピー
黒フレーム
[はい]を選び、kボタンを押す
・ 黒い枠を付けた画像が作成されます。
・ 作成をやめるときは、[いいえ]を選びます。
黒フレーム付き画像を
作成しますか?
いいえ
はい
B
黒フレームについてのご注意
・ 黒い枠は画像の上に重ねられるため、黒い枠の太さに応じて画像が削られます。
・ 黒い枠を付けた画像をフチなしでプリントすると、黒い枠がプリントされないことがあ
ります。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
79
画像に音声メモを付ける
再生モードの 1 コマ表示(A30)でnマーク(音
声メモ録音ガイド)が表示されている画像に、カメラ
のマイクを使って音声によるメモが付けられます。
2009/05/15 15:30
0004.JPG
4
音声メモを録音する
4
k ボタンを押している間、約 20 秒まで音
声メモを録音できます。
・ 録音中は、カメラのマイクに触れないよ
うにご注意ください。
・ 録音中はoとpが点滅します。
17s
音声メモを再生する
音声メモを録音した画像を 1 コマ表示し
て、kボタンを押すと音声メモが再生され
ます。再生が終わるか、もう一度kボタン
を押すと再生が終了します。
2009/05/15 15:30
0004.JPG
・ 音声メモ付きの画像には、q(音声
メモ再生ガイド)が表示されます。
4
4
・ 再生中は、ズームレバー g(i)/f(h)で音量を調節できます。
再生機能を使いこなす
音声メモを削除する
音声メモ付き画像を選んで l ボタンを押します。マ
ルチセレクターで[w]を選んでkボタンを押すと、
音声メモだけを削除します。
1枚削除します
よろしいですか?
いいえ
はい
B
音声メモについてのご注意
・ 音声メモが付いた画像を削除すると、その画像に付けた音声メモも削除されます。
・ すでに音声メモが録音されている画像には、音声メモを録音できません。録音内容を変
更するときは、いったん音声メモだけを削除してから、もう一度音声メモを録音してく
ださい。
・ このカメラ以外で撮影した画像には、このカメラで音声メモを付けられません。
D
80
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
動画を撮影する / 再生する
動画を撮影する
動画(音声付き)を撮影できます。
1
モードダイヤルをDに合わせる
・ 液晶モニターに、記録できる時間が表示されます。
2
シャッターボタンを全押しして、撮影
を開始する
・ ピントは画面中央にある被写体に合
います。
・ 液晶モニターで記録できる残り時間
の目安を確認できます。
36s
・ 撮影を終了するには、もう一度シャッターボタンを全押しします。
・ 内蔵メモリー /SD カードの残量がなくなったとき、または記録時間が 25 分に
達したときは、撮影が自動的に終了します。
B
動画撮影についてのご注意
B
動画を撮影する
再生する
・ 露出補正(A39)ができます。フォーカスモード(A36)は、A(通常 AF)、D(マ
クロ AF)または B(遠景 AF)を選べます。フラッシュ(A32)は、微速度撮影のみ
で使えます。セルフタイマー、笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減は使えません。
・ 動画撮影中にフラッシュモード、フォーカスモードまたは露出補正の設定や変更はでき
ません。撮影を開始する前に設定してください。
・ 動画撮影を開始すると光学ズームは使えません。電子ズームは動画撮影の開始前は使え
ませんが、微速度撮影以外の動画撮影中は 2 倍まで作動します。
・ 動画モードでは微速度撮影を除き、静止画の撮影モードに比べて画角(写る範囲)が小
さくなります。
動画の記録についてのご注意
撮影終了後、撮影画面になるまでは、動画の記録中です。バッテリー /SD カードカバーを
開けないでください。動画の記録中に SD カードやバッテリーを取り出すと、動画が記録
されないことや、撮影した動画やカメラ、SD カードが壊れることがあります。
D
動画撮影の設定を変更する
・ 動画メニューで[動画設定]、[AF モード]および[電子式手ブレ補正]を変更できま
す(A82)。
・[動画設定]が[微速度撮影 640P]のときは、動画に音声は付きません。
81
動画撮影の設定を変更する(動画メニュー)
動画メニューで[動画設定]、
[AF モード]および[電子式手ブレ補正]を変
更できます。
動画モードで、dボタンを押して動画メニューを表示し、マルチセレクター
で設定してください。
・ 動画メニューが表示されないときは、Dタブを選びます(A13)。
D 動画設定
D(動画)に設定 M d M D(動画メニュー)M 動画設定
撮影する動画の種類を選びます。
種類
J TV 再生 640P
(初期設定)
画像サイズ:640 × 480 ピクセル
撮影フレーム数:30 フレーム / 秒
I TV 再生 640
画像サイズ:640 × 480 ピクセル
撮影フレーム数:15 フレーム / 秒
S カメラ再生 320
画像サイズ:320 × 240 ピクセル
撮影フレーム数:15 フレーム / 秒
y 微速度撮影 640P
(A84)
動画を撮影する
再生する
82
画像サイズとフレーム数
自動的に一定間隔で静止画を連続撮影してから、その
静止画をつないで動画として記録します。
花のつぼみが開く様子を早送りで観察したいときなど
に便利です。
音声は記録できません。
画像サイズ:640 × 480 ピクセル
再生フレーム数:30 フレーム / 秒
Q セピア動画 320
セピア調の動画を撮影します。
画像サイズ:320 × 240 ピクセル
撮影フレーム数:15 フレーム / 秒
R 白黒動画 320
白黒の動画を撮影します。
画像サイズ:320 × 240 ピクセル
撮影フレーム数:15 フレーム / 秒
動画撮影の設定を変更する(動画メニュー)
C
動画の記録可能時間 / フレーム数
内蔵メモリー
(約 47 MB)
SD カード
(512 MB)
J TV 再生 640P
(初期設定)
43 秒
約 7 分 10秒
I TV 再生 640
1 分 26 秒
約 14 分 10 秒
S カメラ再生 320
2 分 50 秒
25分
y 微速度撮影 640P
(A84)
513 フレーム
動画 1 ファイルにつき
1800 フレーム
Q セピア動画 320
2 分 50 秒
25分
R 白黒動画 320
2 分 50 秒
25分
種類
※ 数値はおおよその目安です。同じ容量でも SD カードの種類によって記録可能時間は異
なります。このカメラで記録できる動画 1 ファイルの記録可能時間は、最大 25 分です。
SDカードの残量にかかわらず、撮影時の画面に表示される記録可能時間は、最大 25 分
です。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
I AF モード
D(動画)に設定 M d M D(動画メニュー)M AF モード
動画を撮影する
再生する
動画撮影時のオートフォーカスの方法を選びます。
種類
内容
A シングル AF
(初期設定)
シャッターボタンを半押しするとピント合わせを行い、半
押ししている間はピントを固定(フォーカスロック)しま
す。撮影中はそのピントで固定します。
B 常時 AF
撮影中、常にピント合わせを繰り返します。
撮影中にカメラの動作音が録音されることがあります。動
作音が気になるときは、
[シングル AF]に設定して撮影する
ことをおすすめします。
83
動画撮影の設定を変更する(動画メニュー)
w 電子式手ブレ補正
D(動画)に設定 M d M D(動画メニュー)M 電子式手ブレ補正
動画撮影時の電子式手ブレ補正を設定します。
種類
内容
[微速度撮影 640P]以外の動画撮影時に手ブレの影響を軽
w ON(初期設定)
減します。
k OFF
電子式手ブレ補正を行いません。
電子式手ブレ補正の設定状態は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のと
きは、何も表示されません)
(A8)。
D
微速度撮影の手ブレ補正について
[微速度撮影 640P]撮影時の手ブレ補正は、セットアップメニュー(A135)の[手ブ
レ補正]
(A143)で設定します。
微速度撮影をする
花のつぼみが開く様子を早送りで観察したいときなどに便利です(A82)
。
1
動画を撮影する
再生する
84
マルチセレクターで動画メニューから[動画設
定]を選び、kボタンを押す
・ 動画メニューが表示されないときは、Dタブを選
びます(A13)。
2
[y 微速度撮影 640P]を選び、kボタンを押す
動画メニュー
動画設定
AFモード
電子式手ブレ補正
動画設定
TV再生 640
TV再生 640
カメラ再生 320
微速度撮影 640
セピア動画 320
白黒動画 320
動画撮影の設定を変更する(動画メニュー)
3
撮影間隔を選び、kボタンを押す
・[30 秒]、[1 分]、[5 分]、[10 分]、[30 分]ま
たは[60 分]から選べます。
4
インターバル設定
30 秒
1分
5分
10 分
30 分
60 分
dボタンを押す
・ 撮影画面に戻ります。
1/125
5
F2.8
513
シャッターボタンを全押しして、撮影を始める
・ 撮影の合間は液晶モニターが消灯し、電源ランプが点滅します。
・ 次の撮影時間になると、自動的に液晶モニターが点灯します。
6
もう一度シャッターボタンを全押しして、撮影を終了する
・ 内蔵メモリー /SD カードの残量がなくなったとき、または撮影フレーム数が
1800 フレームに達すると、撮影が自動的に終了します。1800 フレーム撮影
した場合は、再生時間が 60 秒の動画になります。
動画を撮影する
再生する
B
微速度撮影についてのご注意
・ フラッシュモード(A32)、フォーカスモード(A36)、露出補正(A39)は、1 フ
レーム目を撮影する前に設定してください。2 フレーム目以降はすべて同じ設定で撮影
されます。撮影開始後に設定の変更はできません。
・ 途中で電源が切れないように、充分に残量のあるバッテリーをお使いください。
・ 別売の ACアダプター EH-62A を使うと、家庭用コンセント(AC 100 V)から、このカメ
ラへ電源を供給できます。EH-62A 以外の ACアダプターは絶対に使わないでください。カ
メラの故障、発熱の原因となります。
・ 微速度撮影中は、モードダイヤルを回さないでください。
85
動画を再生する
1 コマ表示(A30)で動画設定(A82)のアイコン
が表示されている画像が動画です。k ボタンを押す
と、再生できます。
2009/05/15 15:30
0010.AVI
0010
VI
20s
再生中はズームレバー g/fで音量を調節できます。
コマンドダイヤルを回すと早送り / 巻き戻しできま
す。
画面上部には操作パネルが表示されます。マルチセ
レクターの J K を押して操作パネルのボタンを選ぶ
と、以下の操作ができます。
一時停止時
8s
動画再生中
機能
ボタン
音量表示
内容
巻き戻し
K
kボタンを押している間、巻き戻します。
早送り
L
kボタンを押している間、早送りします。
kボタンを押すと、一時停止します。
一時停止中に画面上部の操作ボタンで、以下の操作がで
きます。
一時停止
動画を撮影する
再生する
86
再生終了
O
Q
M
kボタンを押すと、1 コマ戻ります。押し続けると、
連続してコマ戻しします。
N
kボタンを押すと、1 コマ進みます。押し続けると、
連続してコマ送りします。
P
kボタンを押すと、再生を再開します。
kボタンを押すと、1 コマ表示に戻ります。
動画ファイルを削除する
動画再生中や、1 コマ表示(A30)、サムネイル表示
(A71)で動画を選んでlボタンを押すと、削除確認画
面が表示されます。
[はい]を選んでkボタンを押し、動画ファイルを削除
します。削除をやめるときは、[いいえ]を選びます。
1枚削除します
よろしいですか?
いいえ
はい
音声レコード機能を使う
音声を録音する
音声レコードモードでは、ボイスレコーダーのように音声を内蔵メモリーや
SD カードに録音できます。
1
モードダイヤルをyに合わせる
2
d ボタンを押してシーンメニュー
を表示し、マルチセレクターで[E 音
声レコード]を選び、kボタンを押す
・ 録音可能時間が表示されます。
・ シーンメニューが表示されないとき
は、Cタブを選びます(A13)。
3
J Kを押して操作パネルのkを選び、kボタン
を押して録音を始める
シーンメニュー
モノクロコピー
逆光
パノラマアシスト
音声レコード
画質
画像サイズ
録音
02: 00: 00
・ 録音中は電源ランプが点灯します。
・ 録音開始後、カメラを操作しない状態が約 30 秒続
くと、節電機能が働き、液晶モニターが消灯しま
す。sボタンを押すと、液晶モニターが再点灯
します。
・ 音声録音中の操作➝A88
4
J Kを押して操作パネルのmを選び、kボタンを押して録音を終了する
音声レコード機能を使う
・ 内蔵メモリー /SD カードの残量がなくなったとき、または録音時間が 120 分
に達すると、録音が自動的に終了します。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
87
音声を録音する
音声録音中の操作
録音
録音中表示
音声録音インジケーター
01: 56: 52
01
録音可能時間
インデックスナンバー
操作パネル
機能
ボタン
内容
操作パネルの
カーソルを移動
する
マルチセレクターのJ Kを押します。
[m]
:kボタンを押すと、録音を終了します。
[r]:kボタンを押すと、録音を一時停止します。
一時停止中に[k]を選んでkボタンを押
すと録音を再開します。
インデックスを
付ける※
マルチセレクターのHIを押します。
インデックス(しおり)を付けると、再生時に聞
きたい場所を見つけやすくなります。
録音開始時のインデックスは 01 で、その後マルチ
セレクターを押すたびに、98 までのインデックス
を付けられます。
※ パソコンにコピーした音声データは、QuickTime などのソフトウェアで再生できます
が、
カメラで設定したインデックスは機能しません。
音声レコード機能を使う
88
音声を再生する
1
モードダイヤルをyに合わせる
2
d ボタンを押してシーンメニュー
を表示し、マルチセレクターで[E 音
声レコード]を選び、kボタンを押す
・ 音声レコード画面になります。
・ シーンメニューが表示されないとき
は、Cタブを選びます(A13)。
3
マルチセレクターのJ Kを押してlを選ぶ
シーンメニュー
モノクロコピー
逆光
パノラマアシスト
音声レコード
画質
画像サイズ
再生
00: 01: 00
001 2009/05/15 17:30
002 2009/05/15 18:30
003 2009/05/26 13:00
4
HI を押して再生する音声レコードのデータを
選び、kボタンを押す
・ 音声が再生されます。
・ 音声再生中の操作➝A90
再生
00: 03: 12
001 2009/05/15 17:30
002 2009/05/15 18:30
003 2009/05/26 13:00
音声レコード機能を使う
89
音声を再生する
音声再生中の操作
再生中表示
音声再生インジケーター
インデックスマーク
ファイル番号
再生
00: 00: 41
02
001 2009/05/15 17:30
002 2009/05/15 18:30
003 2009/05/26 13:00
再生時間
音量表示
インデックスナンバー
録音日時
操作パネル
音声レコードのデータ再生中は、ズームレバー g/fで音量を調節できます。
コマンドダイヤルを回すと早送り / 巻き戻しできます。
マルチセレクターのJ Kを押して、画面下部の操作パネルのボタンを選ぶと、
以下の操作ができます。
機能
音声レコード機能を使う
90
ボタン
内容
巻き戻し
n
kボタンを押している間、巻き戻します。
早送り
o
kボタンを押している間、早送りします。
前のインデッ
クスへ
p
kボタンを押すと、前のインデックスに戻ります。
次のインデッ
クスへ
q
kボタンを押すと、次のインデックスに進みます。
一時停止
r
l
kボタンを押すと、一時停止します。
一時停止中に、kボタンを押すと、再生を再開します。
再生終了
m
kボタンを押すと、再生を終了します。
音声データを削除する
音声の再生中に l ボタンを押すか、音声レコード画
面で削除する音声データを選んで l ボタンを押す
と、削除確認画面が表示されます。[はい]を選んで
k ボタンを押し、音声データを削除します。削除を
やめるときは、
[いいえ]を選びます。
削除
データを削除します
よろしいですか?
いいえ
はい
音声データをコピーする
内蔵メモリーから SD カードに、または SD カードから内蔵メモリーに、音声レ
コードで録音したデータをコピーできます。
カメラに SD カードを入れてから操作してください。
1
2
音声レコード画面(A89 手順 3)でマルチセレ
クターのJ Kを押してsを選び、kボタン
を押す
コピーする方向を選び、kボタンを押す
再生
00: 01: 00
001 2009/05/15 17:30
002 2009/05/15 18:30
003 2009/05/26 13:00
音声データコピー
・ q:内蔵メモリーからSDカードへコピーします。
・ r:SDカードから内蔵メモリーへコピーします。
3
コピーの方法を選び、kボタンを押す
・[選択データコピー]➝手順 4
・[全データコピー]➝手順 5
4
コピーするデータを選ぶ
・ Kを押してデータの選択(チェックマークあり)/
選択解除(チェックマークなし)を切り換えます。
・ 設定が終了したらkボタンを押します。
5
コピーデータ選択
001 2009/05/15
002 2009/05/15
003 2009/05/26
004 2009/05/29
005 2009/06/03
17:30
18:30
13:00
16:40
08:00
選択
音声レコード機能を使う
・ 複数のデータを選べます。
カメラ→カード
選択データコピー
全データコピー
コピーを確認する画面が表示されたら、
[はい]を選び、kボタンを押す
・ 音声データがコピーされます。
B
音声データコピーについてのご注意
このカメラ以外で録音した音声データについては、音声データコピー機能の動作は保証し
ておりません。
91
テレビやパソコン、プリンターに接続する
テレビに接続する
カメラを付属のオーディオビデオケーブル(AV ケーブル)でテレビに接続す
ると、撮影した画像をテレビ画面で再生できます。
1
カメラの電源を OFF にする
2
カメラとテレビを接続する
テレビやパソコン、プリンターに接続する
・ AV ケーブルの黄色のプラグをテレビの映像入力端子に、白のプラグを音声入
力端子に接続してください。
黄
3
白
テレビの入力をビデオ入力(外部入力)に切り換える
・ 詳しくはお使いのテレビの使用説明書をご覧ください。
4
カメラの c ボタンを押し続けて電源を ON にす
る
・ カメラは再生モードになり、撮影した画像がテレ
ビに表示されます。
・ テレビとの接続中は、カメラの液晶モニターは消
灯したままになります。
B
ケーブル接続時のご注意
ケーブルは、端子の挿入方向を確認して無理な力を加えずに、まっすぐに差し込んでくだ
さい。端子を引き抜くときも、まっすぐに引き抜いてください。
B
92
画像がテレビに映らないときは
セットアップメニュー(A135)➝[ビデオ出力]
(A148)がお使いのテレビに合って
いるか確認してください。
パソコンに接続する
付属の USB ケーブルでカメラをパソコンに接続すると、ソフトウェア「Nikon
Transfer」を使って、撮影した画像をパソコンに転送して保存できます。
カメラとパソコンを接続する前に
ソフトウェアをインストールする
カメラとパソコンを接続する前に、付属の Software Suite(CD-ROM)を使っ
て、パソコンに「Nikon Transfer」やパノラマ写真を作成する「Panorama
Maker」などのソフトウェアをインストールします。ソフトウェアのインス
トール方法は、簡単操作ガイドをご覧ください。
テレビやパソコン、プリンターに接続する
対応 OS
Windows
32 bit 版の Windows Vista Home Basic/Home Premium/Business/
Enterprise/Ultimate (Service Pack 1)
Windows XP Home Edition/Professional (Service Pack 3)
Macintosh
Mac OS X(version 10.3.9、10.4.11、10.5.5)
対応 OS に関する最新情報は、当社ホームページのサポート情報でご確認くだ
さい。
B
電源についてのご注意
・ パソコン、プリンターなどと接続するときは、途中で電源が切れないように、充分に残
量のあるバッテリーをお使いください。
・ 別売の ACアダプター EH-62A を使うと、家庭用コンセント(AC 100 V)からこのカメラ
へ電源を供給できます。EH-62A 以外の AC アダプターは絶対に使わないでください。カ
メラの故障、発熱の原因となります。
93
パソコンに接続する
カメラからパソコンに画像を転送する
テレビやパソコン、プリンターに接続する
1
2
3
Nikon Transfer がインストールされているパソコンを起動する
4
カメラの電源を ON にする
カメラの電源を OFF にする
付属の USB ケーブルで、カメラとパソコンを接続する
・ 電源ランプが点灯します。
・ Windows Vista の場合:
[自動再生]ダイアログがパソコンに表示された
ら、
[コンピュータにあるフォルダに画像をコ
ピーする− Nikon Transfer 使用]をクリックし、
Nikon Transfer を起動します。
常に Nikon Transfer で画像を転送する場合は、[このデバイスの場合は常に
次の動作を行う]にチェックマークを入れてください。
・ Windows XP の場合:
起動するプログラム(ソフトウェア)を選ぶ画面がパソコンに表示されたら、
[Nikon Transfer コンピュータにあるフォルダに画像をコピーする]を選び、
[OK]をクリックして Nikon Transfer を起動します。常に Nikon Transfer で
画像を転送する場合は、
[この動作には常にこのプログラムを使う]にチェッ
クマークを入れてください。
・ Mac OS X の場合:
Nikon Transfer のインストールで、
[自動起動の設定]を[はい]にした場合
は、パソコンで Nikon Transfer が自動起動します。
B
94
ケーブル接続時のご注意
・ ケーブルは、端子の挿入方向を確認して無理な力を加えずに、まっすぐに差し込んでく
ださい。端子を引き抜くときも、まっすぐに引き抜いてください。
・ USB ハブに接続した場合の動作は保証しておりません。
パソコンに接続する
5
Nikon Transfer の起動が終わったら、画像を転送する
・ Nikon Transfer の[転送開始]ボタンをクリックします。記録されているす
べての画像がパソコンに転送されます(Nikon Transfer の初期設定)。
P90
P90
テレビやパソコン、プリンターに接続する
[転送開始]ボタン
・ 転送が終わると、転送先のフォルダーが自動的に開きます(Nikon Transfer
の初期設定)。
・ ViewNX をインストールした場合は、ViewNX が自動的に起動し、転送した
画像を確認できます。
・ Nikon Transfer または ViewNX の操作方法については、Nikon Transfer また
は ViewNX のヘルプをご覧ください。
6
転送が終わったら、カメラとパソコンの接続を外す
・ カメラの電源を OFF にして、USB ケーブルを抜きます。
95
パソコンに接続する
D
カードリーダーを使う
Nikon Transfer は、カードリーダーなどの機器に入れた SD カード内の画像も転送できま
す。
・ 2 GB 以上の SD カードや SDHC 規格の SD カードをお使いの場合は、カードリーダーなど
の機器がそれらの SD カードに対応している必要があります。
・ カードリーダーなどに SD カードを挿入すると、Nikon Transfer が自動起動します
(Nikon Transfer の初期設定)。「カメラからパソコンに画像を転送する」の手順 5
(A95)を参照して、画像を転送してください。
・ 内蔵メモリーのデータは、カメラで SD カードにコピーしてから(A91、134)転送し
てください。
D
パソコンで画像を表示したり、音声を再生するには
テレビやパソコン、プリンターに接続する
・ 画像を保存した転送先のフォルダーを開き、OS 付属のビューアなどで表示してくださ
い。
・ 音声データは、QuickTime などで再生できます。
D
パノラマ写真に合成するには(Panorama Maker)
・ シーンモードの[パノラマアシスト]機能(A47)を使って撮影した画像を、Panorama
Maker を使ってパノラマ写真に合成できます。
・ Panorama Maker は、付属の Software Suite CD-ROM からインストールできます。
・ Panorama Maker をインストールしたら、以下のように起動します。
Windows:
[スタート]から[すべてのプログラム]➝[ArcSoft Panorama Maker 4]➝[Panorama
Maker 4]の順にクリックしてください。
Macintosh:
[アプリケーション]フォルダーを開き、[Panorama Maker 4]をダブルクリックし
てください。
・ Panorama Maker の使い方は、Panorama Maker の操作画面やヘルプをご覧ください。
D
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
96
プリンターに接続する
PictBridge(A175)対応プリンターをお使いの場合は、パソコンを使わず
に、カメラとプリンターを直接つないでプリントできます(ダイレクトプリン
ト)。ダイレクトプリントの手順は、以下のとおりです。
撮影する
プリントする画像や枚数を
あらかじめ設定する
(プリント指定:A103)
カメラとプリンターを接続する(A98)
テレビやパソコン、プリンターに接続する
1 コマだけプリントする
(A99)
複数の画像をプリントする(A100)
プリントが終了したら、カメラの電源を OFF にして USB ケーブルを抜く
B
電源についてのご注意
・ パソコン、プリンターなどと接続するときは、途中で電源が切れないように、充分に残
量のあるバッテリーをお使いください。
・ 別売の ACアダプター EH-62A を使うと、家庭用コンセント(AC 100 V)から、このカメ
ラへ電源を供給できます。EH-62A 以外の ACアダプターは絶対に使わないでください。カ
メラの故障、発熱の原因となります。
D
画像のプリント方法について
SD カードに記録した画像は、パソコンに転送したり、カメラをプリンターに接続してプ
リントする他に以下の方法でプリントできます。
・ カードスロットが付いた DPOF 対応プリンターでプリントする。
・ プリントサービス店にプリントを依頼する。
これらの方法でプリントするときは、プリントする画像やプリント枚数などを、再生メ
ニューの[プリント指定]を使って、あらかじめ SD カードに設定できます(A103)。
97
プリンターに接続する
カメラとプリンターを接続する
1
カメラの電源を OFF にする
2
プリンターの電源を ON にする
・ プリンターの設定を確認してください。
テレビやパソコン、プリンターに接続する
3
付属の USB ケーブルで、カメラとプリンターを接続する
4
カメラの電源を ON にする
・ 正しく接続されると、カメラの液晶モニターに1
の画面が表示された後、プリント画像選択画面2
が表示されます。
1
2 プリント画像選択
2009
05/15
NO. 32
[ 32]
B
ケーブル接続時のご注意
ケーブルは、端子の挿入方向を確認して無理な力を加えずに、まっすぐに差し込んでくだ
さい。端子を引き抜くときも、まっすぐに引き抜いてください。
D
98
関連ページ
画像サイズ 1:1 の画像をプリントするときのご注意➝A110
プリンターに接続する
1 コマだけプリントする
カメラとプリンターを正しく接続してから(A98)、以下の手順でプリントし
てください。
1
マルチセレクターでプリントする画像を選び、
kボタンを押す
プリント画像選択
2009
05/15
・ コマンドダイヤルを回しても画像を選べます。
NO. 32
[ 32]
・ ズームレバーをf(h)方向に回すと 12 コマ表
示に、g(i)方向に回すと 1 コマ表示に切り換わ
ります。
2
プリント枚数(9 枚まで)を設定し、kボタンを
押す
PictBridge
プリント実行
プリント枚数設定
用紙設定
テレビやパソコン、プリンターに接続する
3
[プリント枚数設定]を選び、kボタンを押す
プリント枚数設定
4
4
[用紙設定]を選び、kボタンを押す
5
用紙サイズを選び、kボタンを押す
・ プリンターの設定を優先したいときは、
[プリン
ターの設定]を選びます。
PictBridge
プリント実行
プリント枚数設定
用紙設定
用紙設定
プリンターの設定
L サイズ
2L サイズ
はがき
100×150 mm
4×6 in.
99
プリンターに接続する
6
7
[プリント実行]を選び、kボタンを押す
プリントが始まる
・ プリントが終わると、手順 1 の画面に戻ります。
・ プリントを途中で中止したいときは、kボタンを
押します。
プリント中
002/004
テレビやパソコン、プリンターに接続する
キャンセル
プリント中の枚数 / 総枚数
複数の画像をプリントする
カメラとプリンターを正しく接続してから(A98)、以下の手順でプリントし
てください。
1
プリント画像選択画面が表示されたら、dボタ
ンを押す
・ プリントメニュー画面が表示されます。
2
マルチセレクターで[用紙設定]を選び、k ボ
タンを押す
・ プリントメニューを終了したいときは、dボタ
ンを押します。
3
用紙サイズを選び、kボタンを押す
・ プリンターの設定を優先したいときは、
[プリン
ターの設定]を選びます。
100
PictBridge
プリント実行
プリント枚数設定
用紙設定
プリントメニュー
プリント選択
全画像プリント
DPOFプリント
用紙設定
用紙設定
プリンターの設定
L サイズ
2L サイズ
はがき
100×150 mm
4×6 in.
プリンターに接続する
4
[プ リ ン ト 選 択]、[全 画 像 プ リ ン ト]ま た は
[DPOF プリント]を選んで、kボタンを押す
プリントメニュー
プリント選択
全画像プリント
DPOFプリント
用紙設定
プリント選択
・ 表示される右の画面で、[プリント実行]
を選び、k ボタンを押すと画像のプリン
トが始まります。
・[キャンセル]を選んで k ボタンを押す
と、プリントメニューに戻ります。
選択画像プリント
010 枚プリント
プリント実行
キャンセル
テレビやパソコン、プリンターに接続する
プリントする画像(最大 99 コマまで)と、そ
10
プリント画像選択
れぞれのプリント枚数(各 9 枚まで)を設定
1
1
3
できます。
・ マルチセレクターの J K を押して画像を
選び、HI を押してプリント枚数を設定
します。
戻る
・ コマンドダイヤルを回しても画像を選べ
ます。
・ プリントされる画像には、チェックマークとプリント枚数が表示され
ます。枚数を 0 にすると、その画像の選択を解除できます。
・ ズームレバーを g(i)方向に回すと 1 コマ表示に、f(h)方向に回す
と 12 コマ表示に切り換わります。
・ 設定が終了したら k ボタンを押します。
全画像プリント
SD カードまたは内蔵メモリー内のすべての
画像を 1 枚ずつプリントできます。
・ 表示される右の画面で、[プリント実行]
を選び、k ボタンを押すと画像のプリン
トが始まります。
・[キャンセル]を選んで k ボタンを押す
と、プリントメニューに戻ります。
全画像プリント
018 枚プリント
プリント実行
キャンセル
101
プリンターに接続する
DPOF プリント
[プリント指定](A103)であらかじめ指
定しておいた画像をプリントできます。
・ 表示される右の画面で、[プリント実行]
を選び、k ボタンを押すと画像のプリン
トが始まります。
・[キャンセル]を選んで k ボタンを押す
と、プリントメニューに戻ります。
・[画像の確認]を選んで k ボタンを押す
と、どの画像をプリント指定したか確認で
きます。もう一度 k ボタンを押すと、画
像のプリントが始まります。
010 枚プリント
プリント実行
画像の確認
キャンセル
10
画像の確認
テレビやパソコン、プリンターに接続する
戻る
5
プリントが始まる
・ プリントが終わると、手順 2 の画面に戻ります。
・ プリントを途中で中止したいときは、kボタンを
押します。
プリント中
002/004
キャンセル
プリント中の枚数 / 総枚数
C
102
DPOFプリント
用紙設定について
[2L サイズ]、[はがき]、
用紙設定画面では、[プリンターの設定]以外に、
[L サイズ]、
[100 × 150 mm]、
[4 × 6 in.]
、
[8 × 10 in.]
、
[Letter]
、
[A3 サイズ]、
[A4 サイズ]の
うち、プリンターが対応している用紙サイズを表示します。
SD カードにプリントする画像や枚数を設定する(プリント指定)
DPOF(A175)対応のプリンターやプリントサービス店で画像をプリントす
る際は、どの画像を何枚プリントするかをあらかじめ指定できます。
プリント指定で設定した画像の選択やプリント枚数で、カメラを PictBridge 対
応プリンターに接続してプリントすることもできます。カメラから SD カード
を取り外すと、内蔵メモリーに記録した画像にもプリント指定できます。
1
再生モードでdボタンを押す
・ 再生メニューが表示されます。
2
4
[複数画像選択]を選び、kボタンを押す
プリントする画像(最大 99 コマまで)と、それ
ぞれのプリント枚数(各 9 枚まで)を設定する
再生メニュー
簡単レタッチ
D-ライティング
プリント指定
スライドショー
削除
プロテクト設定
プリント指定
複数画像選択
プリント指定取消
プリント画像選択
1
1
3
テレビやパソコン、プリンターに接続する
3
マルチセレクターで[プリント指定]を選び、k
ボタンを押す
・ マルチセレクターのJ Kを押して画像を選び、
HIを押してプリント枚数を設定します。
・ コマンドダイヤルを回しても画像を選べます。
戻る
・ プリントされる画像には、チェックマークとプリ
ント枚数が表示されます。枚数を 0 にすると、そ
の画像の選択を解除できます。
・ ズームレバーを g(i)方向に回すと 1 コマ表示に、f(h)方向に回すと
12 コマ表示に切り換わります。
・ 設定が終了したらkボタンを押します。
D
関連ページ
画像サイズ 1:1 の画像をプリントするときのご注意➝A110
103
SD カードにプリントする画像や枚数を設定する(プリント指定)
5
日付と撮影情報を画像に入れてプリントするか
どうかを設定する
プリント指定
選択終了
・[日付]を選んで k ボタンを押すと、すべての画
日付
像に撮影日を印字します。
撮影情報
・[撮影情報]を選んで k ボタンを押すと、すべて
の画像に撮影情報(シャッタースピードと絞り
値)を印字します。
・[選択終了]を選んでkボタンを押し、設定を有効にします。
プリント指定を行った画像は、再生時の画面で確認
できます。
2009/05/15 15:30
0004.JPG
テレビやパソコン、プリンターに接続する
4
4
B
日付と撮影情報を入れてプリントするときのご注意
プリント指定で設定した[日付]と[撮影情報]は、
「日付」や「撮影情報」が印字可能
な DPOF 対応プリンター(A175)で印字できます。
・ 付属の USB ケーブルでカメラをプリンターに接続して「DPOF プリント」(A102)す
るときは、「撮影情報」は印字できません。
・ プリント指定を行った後、再び[プリント指定]を表示すると、
[日付]と[撮影情報]
の設定はリセットされますのでご注意ください。
C
プリント指定をすべて取り消すには
すべての画像に対するプリント指定を取り消すには、手順 3 で[プリント指定取消]を選
びkボタンを押します。
C
日付のプリントについて
プリントされる日付は、撮影時点でカメラに設定されている
日時です。撮影後にセットアップメニューの[日時設定]を
変更してもプリントされる日付には反映されません。
2009/05/15
D [デート写し込み]について
104
セットアップメニューの[デート写し込み]
(A142)を使うと、画像に直接日付を写し
込んで記録できます。「デート写し込み」した画像は、日付の印字に対応していないプリ
ンターでも「日付」を入れてプリントできます。
デート写し込みした画像は、[プリント指定]で日付の印字を設定しても、デート写し込
みした日付のみがプリントに表示されます。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
撮影に関する設定―撮影メニュー
撮影モードA、B、C、D、E、Fの撮影メニューには、以下の項目があります。
q
画質※
A107
記録時の画質(画像の圧縮率)を選びます。
r
画像サイズ※
A108
記録時の画像の大きさを選びます。
F
仕上がり設定
A111
撮影状況や好みに合わせて、画像の仕上がりを設定できます。
B
ホワイトバランス
A114
画像を見た目に近い色で記録するように、光源に合わせてホワイトバラン
スを設定します。
E
ISO 感度設定
A116
被写体の明るさなどに応じて、ISO 感度を設定します。
G
測光方式
A117
C
連写
A118
連写(連続撮影)や BSS(ベストショットセレクター)を設定できます。
H
ブラケティング
A121
露出を少しずつずらした連続撮影を設定します。
G
AF エリア選択
A122
画面のどの位置でピントを合わせるかを設定します。
I
AF モード
A125
ピントの合わせ方を設定します。
J
調光補正
A125
フラッシュの発光量を補正します。
M
ノイズ低減
A126
撮影、再生、セットアップメニューを使う
カメラが被写体の明るさを測る方式を設定します。
低速のシャッタースピードで撮影したときに画像に入るノイズを低減します。
Q
ゆがみ補正
A126
ゆがみを補正するかどうかを設定します。
J
Active D- ライティング
A70
ハイライトの白とびを抑え、暗部の黒つぶれを軽減し、見た目のコントラ
ストに近い画像で撮影します。
105
撮影に関する設定―撮影メニュー
i
A68
User Setting 登録
変更した現在の設定内容をモードダイヤルE、Fに登録します。
i
A69
User Setting リセット
モードダイヤルE、
Fに登録した設定内容を初期設定にリセットします。
※ その他の撮影モードのメニューでも設定できます(動画モードを除く)。
撮影メニューの表示方法
モードダイヤルをA(プログラムオート)
、B(シャッター優先オート)
、C(絞
り優先オート)
、D(マニュアル露出)またはE/F(ユーザーセッティング
1/2)に合わせます。
dボタンを押して、A、B、C、D、EまたはFタブを選び、撮影メニュー
を表示します(A13)。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
。
・ メニューの選択と設定には、マルチセレクターを使います(A12)
・ 撮影メニューを終了するには、dボタンを押します。
B
同時に設定できない機能について
複数の機能を同時に設定できないことがあります(A127)
。
C
106
メニューの操作について
マルチセレクターのHIを押すかわりに、コマンドダイヤルを回してもメニュー項目を選
べます。
撮影に関する設定―撮影メニュー
q
画質
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 画質
記録する画像の圧縮率を選びます。
画質を高くするほど、画像の細部の描写が保たれますが、ファイルサイズが大
きくなるため、記録できるコマ数は少なくなります。
a
FINE
[NORMAL]よりも精細な画質になります。画像を拡大するときや、プリ
ンターで細かく表現したいときなどに適しています。圧縮率は 1/4 です。
b
NORMAL(初期設定)
一般的な撮影に適した画質モードです。圧縮率は 1/8 です。
c
BASIC
画質の設定は、撮影時や再生時の画面で確認できます(A8、9)
。
C
撮影、再生、セットアップメニューを使う
画質は[NORMAL]よりも低くなりますが、電子メールの添付やホーム
ページ掲載に適しています。圧縮率は 1/16 です。
画質の設定について
・ 画質の設定を変更すると、他の撮影モードでも同じ画質の設定になります(スポーツ連
写モード、撮影モードE、F、動画モードを除く)。
・ スポーツ連写モードの画質設定は、スポーツ連写メニューで設定してください(A58)。
D
関連ページ
記録可能コマ数➝A109
107
撮影に関する設定―撮影メニュー
r
画像サイズ
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 画像サイズ
記録する画像の大きさ(ピクセル数)を設定します。
画像サイズを大きくするほど、大きくプリントするのに適していますが、ファ
イルサイズが大きくなるため、記録できるコマ数は少なくなります。
サイズの小さい画像は、電子メールの添付やホームページ掲載に適していま
す。ただし、サイズが小さい画像を大きくプリントしようとすると、粒子の粗
い画像になります。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
画像サイズ
内容
F
4000 × 3000
(初期設定)
[E 3264 × 2448]、
[D 2592 × 1944]よりも精細な画像
になります。
E
3264 × 2448
D
2592 × 1944
ファイルサイズと画像のバランスが良く、一般的な撮影に
適した画像サイズです。
C
2048 × 1536
B
1600 × 1200
A
1280 × 960
J
1024 × 768
パソコンのモニター表示に適した画像サイズです。
K
640 × 480
電子メールへの添付やテレビへの表示に適した画像サイズ
です。
I
3984 × 2656
G
3968 × 2232
ワイドテレビと同じ縦横比(16:9)の画像になります。
H
2992×2992
正方形の画像になります。
[F 4000×3000]、
[E 3264×2448]、
[D 2592×1944]
よりも画像サイズが小さいため、より多く撮影できます。
35mm 判 フィ ル ムカ メ ラで 撮 影し た とき と 同じ 縦 横比
(3:2)の画像になります。
画像サイズの設定は、撮影時や再生時の画面で確認できます(A8、9)
。
C
108
画像サイズの設定について
・ 画像サイズの設定を変更すると、他の撮影モードでも同じ画像サイズの設定になります
(スポーツ連写モード、撮影モードE、F、動画モードを除く)。
・ スポーツ連写モードの画像サイズ設定は、スポーツ連写メニューで設定してください
(A58)。
撮影に関する設定―撮影メニュー
C
記録可能コマ数
(A107)の組み合わせで、内蔵メモリー
それぞれの[画像サイズ]
(A108)と[画質]
や 512 MB の SD カードに記録できるおおよそのコマ数は以下のとおりです。ただし、JPEG
圧縮の性質上、画像の絵柄によって記録可能コマ数は大きく異なります。同じ容量の SD
カードでも、カードの種類によって、記録可能コマ数が異なることがあります。
画像サイズ
F 4000 × 3000
(初期設定)
E 3264 × 2448
D 2592 × 1944
B 1600 × 1200
A 1280 × 960
J 1024 × 768
K 640 × 480
I 3984 × 2656
G 3968 × 2232
H 2992×2992
O 1920×1080※3
内蔵メモリー
(約 47 MB)
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
FINE
NORMAL
BASIC
8 コマ
16 コマ
32 コマ
12 コマ
24 コマ
48 コマ
19 コマ
38 コマ
75 コマ
31 コマ
60 コマ
114 コマ
50 コマ
96 コマ
171 コマ
77 コマ
140 コマ
256 コマ
114 コマ
205 コマ
342 コマ
256 コマ
385 コマ
616 コマ
9 コマ
18 コマ
36 コマ
11 コマ
22 コマ
44 コマ
11 コマ
22 コマ
43 コマ
46 コマ
88 コマ
162 コマ
SD カード※ 1
(512 MB)
約 80コマ
約 160 コマ
約 320 コマ
約 120 コマ
約 240 コマ
約 470 コマ
約 190 コマ
約 375 コマ
約 735 コマ
約 305 コマ
約 590 コマ
約 1115 コマ
約 495 コマ
約 940 コマ
約 1675 コマ
約 755 コマ
約 1370 コマ
約 2515 コマ
約 1115 コマ
約 2010 コマ
約 3355 コマ
約 2515 コマ
約 3775 コマ
約 6040 コマ
約 90コマ
約 180 コマ
約 355 コマ
約 110 コマ
約 215 コマ
約 430 コマ
約 105 コマ
約 215 コマ
約 425 コマ
約 455 コマ
約 860 コマ
約 1590 コマ
プリント時の
サイズ※ 2
約 34 × 25 cm
約 28 × 21 cm
約 22 × 16 cm
約 17 × 13 cm
約 14 × 10 cm
約 11× 8 cm
約 9 × 7 cm
約 5 × 4 cm
約 34 × 22 cm
撮影、再生、セットアップメニューを使う
C 2048 × 1536
画質
約 34 × 19 cm
約 25 × 25 cm
約 16× 9 cm
109
撮影に関する設定―撮影メニュー
※ 1 記録可能コマ数が 10,000コマ以上の場合、画面には「9999」と表示されます。
※ 2 出力解像度を 300 dpi に設定した場合のサイズです。
ピクセル数÷プリンター解像度(dpi)× 2.54 cm で計算しています。同じ画像サイ
ズでも、高い解像度で印刷すると印刷サイズは小さくなり、低い解像度で印刷する
と、印刷サイズは大きくなります。
※ 3 スポーツ連写メニューの[高速連写設定]を[高速連写 H 16:9]に設定したときの
画像サイズです。
D
画像サイズ 1:1 の画像をプリントするときのご注意
画像サイズを「1:1」にして撮影した画像をプリントするときは、プリンターの設定を「フ
チあり」にしてください。
プリンターによっては、画像を 1:1 の縦横比でプリントできない場合があります。
詳しくは、お使いのプリンターの使用説明書またはプリントサービス店などでご確認くだ
さい。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
110
撮影に関する設定―撮影メニュー
F
仕上がり設定
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 仕上がり設定
撮影状況や好みに合わせて、画像の仕上がりを設定できます。輪郭強調の度合
い、コントラスト、色の濃度(彩度)を細かく調整することもできます。
g
標準(初期設定)
標準的な画像に仕上げます。ほとんどの撮影状況に対応できます。
h
ソフトに
被写体の輪郭をソフトに再現します。人物の肌をなめらかに表現したいと
きや、撮影後にパソコン上で画像を加工したいときに適しています。
o
鮮やかに
彩度を高め、赤色と緑色を鮮やかに表現します。ややコントラストが高く、
シャープな画像になります。
より鮮やかに
彩度とコントラストを高め、被写体の輪郭を強調した画像になります。
j
ポートレート
人物撮影に適しています。コントラストを抑え、肌の質感や立体感を自然
に仕上げます。
k
カスタマイズ
仕上がりを自分で細かく設定できます(A112)。
p
白黒
白黒写真を撮影したいときに使います(A113)。
仕上がり設定の設定は、撮影時の画面で確認できます([標準]のときは、何
も表示されません)
(A8)。
B
撮影、再生、セットアップメニューを使う
i
仕上がり設定についてのご注意
仕上がり設定が[標準]、
[ソフトに]
、
[鮮やかに]、
[より鮮やかに]、
[ポートレート]ま
たは[白黒]の[スタンダード]の場合、同じような状況で撮影しても、被写体の位置や
大きさ、露出によって仕上がり具合は変化します。一連の写真を写すときに同じような仕
上がり具合にしたい場合は、
[カスタマイズ]を選んで[オート]以外の項目を設定して
ください。
111
撮影に関する設定―撮影メニュー
仕上がり設定の[カスタマイズ]について
仕上がり設定で[カスタマイズ]を選ぶと、以下の
項目を個別に設定できます。
カスタマイズ
コントラスト
輪郭強調
彩度調整
コントラスト
撮影、再生、セットアップメニューを使う
画像の階調(コントラスト)を設定します。
コントラストを弱くすると軟調な画像になり、
強くすると硬調な画像になります。晴天時の人
物撮影や白とびが気になる場合などは弱めが、
かすんだ遠景の撮影などには強めが適していま
す。
初期設定は[オート]です。
コントラスト
オート
標準
弱め
やや弱め
やや強め
強め
輪郭強調
画像の輪郭の強調度合い(シャープネス)を設
定します。
強めにするとくっきりとした画像になり、弱め
にするとソフトな画像になります。
初期設定は[オート]です。
輪郭強調
オート
標準
弱め
やや弱め
やや強め
強め
彩度調整
画像の色の鮮やかさを設定します。
弱めにすると鮮やかさが抑えられ、強めにする
とより鮮やかになります。
初期設定は[オート]です。
B
彩度調整
オート
標準
弱め
強め
コントラストについてのご注意
[Active D- ライティング]
(A70)が[OFF]以外のときは、コントラストを設定できま
せん。
B
112
輪郭強調についてのご注意
輪郭強調の効果は、撮影時の画面では確認できません。画像を再生して確認してください。
撮影に関する設定―撮影メニュー
仕上がり設定の[白黒]について
仕上がり設定で[白黒]を選ぶと、以下の項目が設
定できます。
・[スタンダード]を選ぶと標準的な仕上がりになり
ます。
白黒
スタンダード
カスタマイズ
カラー同時記録
・[カスタマイズ]を選ぶと、さらに[コントラス
ト]
、
[輪郭強調]
、
[モノクロフィルター]の 3 種類
の項目を個別に設定できます。
・[カラー同時記録]チェックボックスをオン(w)にすると、白黒画像と同
時にカラー画像も記録します。
[カスタマイズ]では以下の項目を個別に設定できます。
コントラスト
[仕上がり設定]➝[カスタマイズ]の[輪郭強調]
(A112)と同じです。
モノクロフィルター
白黒写真用カラーフィルターを通して撮影した
ときのような効果が得られます。
[黄]、[オレンジ]
、[赤]
:
コントラストを強調する効果があり、風景撮影
で空の明るさを抑えたい場合などに使います。
黄➝オレンジ➝赤の順にコントラストが強くな
ります。
モノクロフィルター
OFF
黄
オレンジ
赤
緑
[緑]:
肌の色や唇などを落ち着いた感じに仕上げます。ポートレート撮影などに
使います。
C
撮影、再生、セットアップメニューを使う
[仕上がり設定]➝[カスタマイズ]の[コントラスト]
(A112)と同じです。
輪郭強調
カラー同時記録について
カラー同時記録で記録されるカラー画像は、仕上がり設定を[標準]に設定したときと同
じ仕上がりになります。
113
撮影に関する設定―撮影メニュー
B
ホワイトバランス
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)
M ホワイトバランス
人間の目には、晴天、曇り空、白熱電球や蛍光灯の室内など、光源の色に関係
なく白い被写体は白く見えます。人間の目に白く見える色をデジタルカメラで
白く撮影するには、光源の色に合わせて調整が必要です。この調整を「ホワイ
トバランスを合わせる」といいます。
初期設定の[オート]でほとんどの光源に対応できますが、撮影した画像が思
い通りの色にならないときは、天候や光源に合わせて設定を変更してくださ
い。
a
オート(初期設定)
撮影、再生、セットアップメニューを使う
カメラが自動的にホワイトバランスを調整します。ほとんどの場合、この
設定のままで撮影できます。
b
プリセットマニュアル
特殊な照明の下などでの撮影に適しています。詳しくは「プリセットマニュ
アルの使い方」(A115)をご覧ください。
c
晴天
晴天の屋外での撮影に適しています。
d
電球
白熱電球の下での撮影に適しています。
e
蛍光灯
白色蛍光灯の下での撮影に適しています。
f
曇天
曇り空の屋外での撮影に適しています。
g
フラッシュ
フラッシュを使う撮影に適しています。
ホワイトバランスの設定は、撮影時の画面で確認できます([オート]のとき
は、何も表示されません)
(A8)。
B [オート]、[フラッシュ]以外を選んだ場合
114
[オート]、[フラッシュ]以外のホワイトバランスを選んだときは、フラッシュをW(発
光禁止)に設定してください(A32)
。
撮影に関する設定―撮影メニュー
プリセットマニュアルの使い方
特殊な照明の下で撮影するときなど、[オート]や[電球]などの設定では望
ましい結果が得られない場合に使います(たとえば、赤みがかった照明の下で
撮影した画像を、普通の照明の下で撮影したように見せたいときなど)。
1
2
撮影する照明下で、白またはグレーの被写体を用意する
マルチセレクターでホワイトバランス画面の
[b プリセットマニュアル]を選び、k ボタン
を押す
・ レンズが光学ズームの中間位置になります。
3
[新規設定]を選ぶ
4
測定窓に、用意した白またはグレーの被写体を
収める
プリセットマニュアル
前回の設定
新規設定
プリセットマニュアル
前回の設定
新規設定
測定窓
5
kボタンを押して、ホワイトバランス値を測定する
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・ 前回プリセットしたホワイトバランスを使いた
いときは、
[前回の設定]を選んで k ボタンを押
してください。ホワイトバランスが前回のプリ
セット値に設定されます。
ホワイトバランス
オート
プリセットマニュアル
晴天
電球
蛍光灯
曇天
・ シャッターがきれて、ホワイトバランスのプリセット値が新たに設定されま
す。
・ 画像は記録されません。
B
プリセットマニュアルについてのご注意
手順 5 でkボタンを押したとき、フラッシュは発光しません。このため、フラッシュ撮影
時のホワイトバランスの測定はできません。
115
撮影に関する設定―撮影メニュー
E
ISO 感度設定
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M ISO 感度設定
フィルムカメラで使うフィルムの ISO 感度に相当する数値を設定します。ISO
感度を高くすると、暗い場所や動いている被写体の撮影に効果的ですが、撮影
した画像が多少ざらつく場合があります。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
オート(初期設定)
明るい場所では ISO 64 になり、暗い場所では自動的に ISO 800 まで ISO 感度
が高くなります。D(マニュアル露出)モードのときに[オート]に設定
すると、ISO 感度は 64 に固定されます。
高感度オート
被写体の明るさに応じて、ISO 64 から ISO 1600 までの範囲で ISO 感度が自
動的に設定されます。D(マニュアル露出)モードのときに[高感度オー
ト]に設定すると、ISO 感度は 64 に固定されます。
感度制限オート
(初期設
カメラが自動的に ISO 感度を変更するときの範囲を[ISO 64-100]
定)、[ISO 64-200]、[ISO 64-400]から選べます。選んだ範囲の上限値
以上に ISO 感度は上がりません。ISO 感度の上限値を設定することで、画像
のざらつきを抑える効果があります。D(マニュアル露出)モードのとき
に[感度制限オート]に設定すると、ISO 感度は 64 に固定されます。
64、100、200、400、800、1600、3200、6400
ISO 感度を選んだ値に固定します。
ISO 感度の設定は、撮影時の画面で確認できます(A8)。
[オート]に設定した場合、ISO 64 で撮影できるときは何も表示されず、ISO
感度が自動的に上がったときにEマークが表示されます(A34)。[高感度
オート]に設定したときは V が表示され、[感度制限オート]に設定したとき
はU+ ISO 感度の上限値が表示されます。
B
116
ISO 感度[3200]および[6400]についてのご注意
・[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]にすると、撮影時の画面の画像サイズマー
クが赤く表示されます。
・[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]にすると、[画像サイズ]
(A108)の
[F 4000 × 3000]、
[E 3264 × 2448]、
[D 2592 × 1944]、
[I 3984 × 2656]、
[G 3968 × 2232]、[H 2992×2992]は選べません。これらの画像サイズのときに
[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]にすると、
[C 2048 × 1536]に変更さ
れます。[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]以外にすると、元の画像サイズに
戻ります。
撮影に関する設定―撮影メニュー
G
測光方式
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 測光方式
露出を合わせるため、被写体の明るさを測ることを「測光」といいます。
カメラが 測光する方式を設定します。
G
マルチパターン(初期設定)
さまざまな撮影状況で適正な露出が得られるマルチパターン測光になりま
す。通常の撮影では、マルチパターン測光をおすすめします。
q
中央部重点
画面に表示されている中央部重点測光範囲で測光します。ポートレート撮
影など、重点的に画面中央部に露出を合わせたいときなどに使います。露
出を合わせたい部分が画面中央部にないときは、フォーカスロック(A29)
を使用してください。
スポット
画面中央部に表示されているスポット測光範囲で測光します。被写体と背
景の明るさが著しく異なるときなどに使います。被写体がスポット測光範
囲に入るように撮影してください。露出を合わせたい部分が画面中央部に
ないときは、フォーカスロック(A29)をお使いください。
s
AF スポット
選択されている AF エリアを測光し、露出値を決定します。
[AF エリア選択]
(A122)が[中央]以外のときに設定できます。
B
測光方式についてのご注意
・ 電子ズームが 1.2 ∼ 1.8 倍のときは、
[測光方式]は[中央部重点]になります。電子
ズームが 2.0 ∼ 4.0 倍のときは、
[スポット]になります。ただし、電子ズームのときは、
測光範囲は表示されません。
・[Active D- ライティング]
(A70)の設定を[OFF]以外にすると、
[測光方式]が[マ
ルチパターン]に変更されます。
D 測光方式表示について
[測光方式]を[中央部重点]または[スポット]に設定すると、測光範囲が液晶モニター
に表示されます。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
r
スポット測光
中央部重点測光
1/125
F2.8
16
117
撮影に関する設定―撮影メニュー
C
連写
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 連写
連写(連続撮影)や BSS(ベストショットセレクター)を設定できます。
[連写]、[BSS]、
[マルチ連写]に設定するとフラッシュは W(発光禁止)に
なり、ピントと露出、ホワイトバランスは、最初の 1 コマと同じ条件に固定さ
れます。
U 単写(初期設定)
1 コマずつ撮影します。
V 連写
シャッターボタンを全押ししている間、約 1.4 コマ / 秒で最大 25 コマまで連写で
。
きます(画質が[NORMAL]、画像サイズが[F 4000× 3000]のとき)
D BSS(ベストショットセレクター)
撮影、再生、セットアップメニューを使う
暗い場所でフラッシュを使わずに撮影するときや、望遠側で撮影するときなど、
手ブレしやすい状況で撮影する場合に設定します。
シャッターボタンを全押ししている間、連写を続け(最大10コマ)、撮影した画
像の中から最も鮮明に撮れている 1コマをカメラが自動的に選んで記録します。
W マルチ連写
シャッターボタンを1回全押しすると約7.5コマ/秒で16コマ
の連続写真を撮影し、1 コマの画像(画質が[NORMAL]、
)として記録します。
画像サイズが[D 2592 × 1944]
・ 電子ズームは使えません。
(A116)は撮影モードが A、B、C の
・[ISO 感度設定]
場合、明るさに応じて自動的に設定されます。D(マニュアル露出)モー
ドの場合、ISO 感度は 400 に固定されます。
X インターバル撮影
あらかじめ設定した撮影間隔(インターバル)で、静止画を自動的に連続撮
影します(A119)。
連写モードの設定は、撮影時の画面で確認できます([単写]のときは、何も
表示されません)(A8)
。
118
撮影に関する設定―撮影メニュー
B
連写についてのご注意
・ 画質や画像サイズ、SD カードの種類により、最大連写速度が遅くなることがあります。
・[連写]または[BSS]に設定して、シャッターボタンを全押ししていても、内蔵フラッ
シュをポップアップまたは収納すると、撮影が中止されますのでご注意ください。
B
BSS についてのご注意
BSS は静止している被写体の撮影に効果的です。動いている被写体の撮影や、構図を変え
ながらの撮影では、望ましい結果が得られない場合があります。
B
マルチ連写についてのご注意
マルチ連写では、画面内に太陽や電灯などの輝度の高い被写体があると、記録した画像の
上下方向に光の帯が発生することがあります。マルチ連写では、太陽や電灯などを画面内
に入れずに撮影するようおすすめします。
B
シャッタースピードについてのご注意
[連写]を[マルチ連写]にすると、シャッタースピードの最大速度は 1/2500 秒になり、
最長は 1/30 秒に制限されます。
撮影間隔(インターバル)を決めて、静止画を自動的に連続撮影します。
[1 分]、[5 分]または[10 分]に設定できます。
撮影間隔は、
[30 秒]、
1
2
マルチセレクターで連写画面の[インターバル
撮影]を選び、kボタンを押す
撮影間隔を選び、kボタンを押す
・ インターバル撮影できる最大コマ数は、撮影間隔
によって異なります。
- [30 秒]:600 コマ
- [1 分]:300 コマ
- [5 分]:60 コマ
- [10 分]:30 コマ
3
連写
単写
連写
BSS
マルチ連写
インターバル撮影
インターバル設定
30 秒
1分
5分
10 分
撮影、再生、セットアップメニューを使う
インターバル撮影の使い方
dボタンを押す
・ 撮影画面に戻ります。
119
撮影に関する設定―撮影メニュー
4
シャッターボタンを全押しして、1 コマ目の撮影
を開始する
・ 撮影の合間は、液晶モニターが消灯し、電源ラン
プが点滅します。
・ 次のコマの撮影直前になると、自動的に液晶モニ
ターが再点灯します。
5
1/125
F2.8
16
もう一度シャッターボタンを全押しして、撮影を終了する
・ 内蔵メモリー /SD カードの残量がなくなったとき、または撮影コマ数が上限
に達すると、撮影が自動的に終了します。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
C
インターバル撮影についてのご注意
・ 途中で電源が切れないように、充分に残量のあるバッテリーをお使いください。
・ 別売の AC アダプター EH-62A を使うと、家庭用コンセント(AC 100 V)からこのカメ
ラへ電源を供給できます。EH-62A 以外の AC アダプターは絶対に使わないでください。
カメラの故障、発熱の原因となります。
・ インターバル撮影中は、モードダイヤルを回さないでください。
D
120
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
撮影に関する設定―撮影メニュー
H
ブラケティング
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)
M ブラケティング
露出を少しずつずらした連続撮影をカメラが自動的に行います。露出補正
(A39)を行うのが難しいときに使用すると便利です。
X
Y
Z
ブラケティングを行いません。
ブラケティングの設定は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、
何も表示されません)
(A8)。
B
撮影、再生、セットアップメニューを使う
k
± 0.3
0、+ 0.3、− 0.3 の順で自動的に露出をずらしながら、3 コマの画像を撮影
します。シャッターボタンを全押しすると、3 コマを連続して撮影します。
± 0.7
0、+ 0.7、− 0.7 の順で自動的に露出をずらしながら、3 コマの画像を撮影
します。シャッターボタンを全押しすると、3 コマを連続して撮影します。
± 1.0
0、+ 1.0、− 1.0 の順で自動的に露出をずらしながら、3 コマの画像を撮影
します。シャッターボタンを全押しすると、3 コマを連続して撮影します。
OFF(初期設定)
ブラケティングについてのご注意
・ D(マニュアル露出)モードの場合、[ブラケティング]は使えません。
・ 露出補正(A39)と[ブラケティング]の[± 0.3]、[± 0.7]、[± 1.0]のいずれか
を同時に設定すると、補正量を加算します。
121
撮影に関する設定―撮影メニュー
G
AF エリア選択
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M AF エリア選択
画面のどの位置でピントを合わせるかを設定します。
電子ズーム使用時は、
[AF エリア選択]の設定にかかわらず、画面中央でピン
ト合わせを行います。
z
撮影、再生、セットアップメニューを使う
122
顔認識オート
カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔にピ
ントが合います(顔認識撮影について➝A123)。
複数の顔を認識したときは、最もカメラに近い顔
にピントが合います。
人物以外の撮影や顔を認識できない構図では、
AF エリア選択が[オート]になり、9 つある AF
エリアのうち、最も手前の被写体をとらえている
AF エリアでピントが合います。
w
オート(初期設定)
9 つある AF エリアのうち、最も手前の被写体を
とらえている AF エリアにピントが合います。
シャッターボタンを半押しするまで、AF エリア
は表示されません。
半押しすると、ピントが合った AF エリアが画面
に表示されます。
1/125
F2.8
16
F2.8
16
AF エリア
1/125
AF エリア
x
マニュアル
画面内の 99 カ所から、ピントを合わせたい位置
を自分で選びます。
比較的動きの少ない被写体が画面中央にない場
合に適しています。マルチセレクターの HIJ
Kを押して、画面に表示されている AF エリアを、
ピントを合わせたい位置に動かしてから撮影し
ます。
フラッシュモードやフォーカスモード、セルフ
AF エリア
タイマー、露出補正の設定を変更するには、k
選択可能エリア
ボタンを押していったん AF エリアが選べる状態
を解除し、それぞれの設定を行います。もう一度 k ボタンを押すと、再び
AF エリアを選べる状態になります。
・[画像サイズ]
(A108)が[H 2992×2992]のときは、選べる AF エリ
アの位置は 81 カ所になります。
撮影に関する設定―撮影メニュー
y
中央
画面中央の被写体にピントが合います。
AF エリアが画面中央に常に表示されます。
1/125
F2.8
16
AF エリア
D
関連ページ
オートフォーカスが苦手な被写体➝A29
顔認識撮影について
・ AF エリア選択が[顔認識オート]のとき(A122)
(A42)
・ シーンモードが[ポートレート]
(A40)または[夜景ポートレート]
のとき
・ おまかせシーンモードのとき(A52)
・ a(笑顔自動シャッター)またはy(目つぶり軽減)を設定したとき(A54)
1
構図を決める
・ カメラが人物の顔(正面)を認識すると、顔が黄
色い二重枠の AF エリア表示で囲まれます。
1/125
F2.8
16
・ 複数の顔を認識したときは、撮影モードによって以下のように動作が変わり
ます。
撮影モード
A、B、C、D、E、Fモード
([顔認識オート])
シーンモードの[ポートレート]、
[夜景ポートレート]
おまかせシーンモード
a(笑顔自動シャッター)
y(目つぶり軽減)
二重枠で囲まれる顔
カメラに最も近い顔
※他の顔は一重枠
撮影、再生、セットアップメニューを使う
人物の顔(正面)にカメラを向けると自動的に顔を認識して、顔にピントを合
わせます。
以下のような場合は、顔認識機能が働きます。
認識する顔の数
最大 12人
画面中央に最も近い顔
最大 3 人
※他の顔は一重枠
123
撮影に関する設定―撮影メニュー
2
シャッターボタンを半押しする
・ 二重枠で囲まれた顔にピントが合います。二重枠
が緑色になりピントが固定されます。
・ 二重枠が点滅しているときは、顔にピントが合っ
ていません。もう一度シャッターボタンを半押し
して、ピントを合わせてください。
1/125
F2.8
16
・ シャッターボタンを全押しすると、シャッターが
きれます。
・ a(笑顔自動シャッター)およびy(目つぶり軽減)では、シャッターボタ
ンを全押しすると、笑顔を検出したときに自動的にシャッターがきれます
(A54)。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
124
・ セットアップメニューの[目つぶり検出設定]が[ON]
(初期設定)のとき
は、被写体の人物が目を閉じて写っている可能性があると、撮影した直後に
目つぶり確認画面が表示されます。撮影した画像を見て、撮り直すかどうか
を確認できます(A149、150)。撮影画面に戻るには k ボタンを押すか、
シャッターボタンを半押しします。
B
顔認識についてのご注意
・[顔認識オート]では、顔を認識していない状態でシャッターボタンを半押しすると、
[AF エリア選択]は、
[オート]になります。
・ シーンモードの[ポートレート]または[夜景ポートレート]では、顔を認識していな
い状態でシャッターボタンを半押しすると、画面中央にピントが合います。
・ 顔の向きなど撮影条件によっては、顔を認識できないことがあります。また、以下のよ
うな場合は、顔を認識できません。
- 顔の一部がサングラスなどでさえぎられている
- 構図内で顔を大きく、または小さくとらえすぎている
・ 複数の人物がいた場合、どの人物の顔を認識してピントを合わせるかは、顔の向きなど
によっても異なります。
・「オートフォーカスが苦手な被写体」
(A29)の撮影では、二重枠が緑色になっていて
も、まれにピントが合わないことがあります。ピントが合わないときは、オート撮影
モードにするか、撮影モード A、B、C、D、E、F で AF エリア選択を[マニュア
ル]か[中央]に切り換えて、同距離にある別の被写体にピントを合わせるフォーカス
ロック撮影(A29)をお試しください。
・ 顔認識して撮影した画像は、1 コマ表示およびサムネイル表示で再生すると、顔の上下
方向に合わせて自動的に回転して表示されます。
撮影に関する設定―撮影メニュー
I
AF モード(オートフォーカスモード)
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M AF モード
ピントの合わせ方を設定します。
A
シングル AF(初期設定)
シャッターボタンを半押ししたときだけピントを合わせます。
B
常時 AF
シャッターボタンを半押しするまで、常にピント合わせを繰り返します。
動きのある被写体の撮影に適しています。
J
調光補正
背景に対する被写体の明るさを調整したいときなどに、フラッシュの発光量を
補正できます。
− 0.3 ∼− 2.0
− 0.3 ∼− 2.0 EV まで、1/3 段ごとにフラッシュの発光量が少なくなります。
被写体に光が強く当たりすぎないよう発光量を少なくします。
0.0(初期設定)
調光補正を行いません。
+0.3 ∼ +2.0
0.3 ∼ 2.0 EV まで、1/3 段ごとにフラッシュの発光量が多くなります。構図
の中心となる被写体をより明るく照らすように発光量を多くします。
調光補正の設定は、撮影時の画面で確認できます(
[0.0]のときは、何も表示
されません)
(A8)
。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M 調光補正
125
撮影に関する設定―撮影メニュー
M
ノイズ低減
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
(A105)M ノイズ低減
暗いところなどで撮影する場合、シャッタースピードが遅くなると、画像にノ
イズが入る場合があります。このノイズを低減する設定を行います。ノイズ低
減処理が行われると、撮影開始から内蔵メモリー /SD カードへ画像が記録され
るまでの時間が、通常より長くかかります。
a
AUTO(初期設定)
ノイズが発生するような遅いシャッタースピードになると、ノイズ低減を
行います。
M
ON
1/4 秒以上の低速シャッタースピードのときに必ずノイズ低減を行います。
低速シャッタースピードで撮影するときは、[ON]にすることをおすすめ
撮影、再生、セットアップメニューを使う
します。
・ ノイズ低減の設定が[ON]のときは、[マルチ連写]は使えません。
ノイズ低減が行われるときは、撮影時の画面でxのマークが点灯します(A8)。
Q
ゆがみ補正
(A105)M ゆがみ補正
A、B、C、Dに設定 M d M A、B、C、D(撮影メニュー)
ゆがみを補正するかどうかを設定します。ゆがみを補正すると、ゆがみを補正
しない場合に比べて、撮影範囲が狭くなります。
Q
ON
レンズの特性で画像周辺部に生じるゆがみを補正します。
・[ゆがみ補正]の設定を[ON]にすると、[連写]は[単写]に、[ブラ
ケティング]は[OFF]に変更されます。
・ y(目つぶり軽減)を使った撮影では、[ゆがみ補正]が[ON]でも、
ゆがみ補正は作動しません。
k
OFF(初期設定)
ゆがみを補正しません。
ゆがみ補正の設定は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、何も
表示されません)(A8)
。
126
撮影に関する設定―撮影メニュー
同時に設定できない機能
撮影モード A、B、C、D、E、Fでは、以下のように、複数の機能を同時
に設定できないことがあります。
フラッシュモード
[連写]の設定を[連写]、
・ フォーカスモードを B(遠景 AF)にする、
[BSS]、[マルチ連写]にする、または[ブラケティング]を[OFF]以
外にすると、フラッシュモードは W(発光禁止)に固定されます。
[連写]の設定を[単写]
・ フォーカスモードを B(遠景 AF)以外にする、
か[インターバル撮影]にする、または[ブラケティング]を[OFF]に
すると、元のフラッシュモードに戻ります。
セルフタイマー / 笑顔自動シャッター / 目つぶり軽減
フォーカスモード
・ フォーカスモードが B(遠景 AF)、p(マクロ AF)、E(マニュアル
フォーカス)のときに a(笑顔自動シャッター)または y(目つぶり軽
減)を設定すると、フォーカスモードが A(通常 AF)に変更されます。
・[AF エリア選択]の設定が[顔認識オート]のときにフォーカスモード
を B(遠景 AF)にすると、[オート]に変更されます。フォーカスモー
ドを B(遠景 AF)以外にすると、[顔認識オート]に戻ります。
仕上がり設定
・[仕上がり設定]を[白黒]にすると、
[ホワイトバランス]は[オート]
になります。[仕上がり設定]を[白黒]以外にすると、元の[ホワイト
バランス]の設定に戻ります。
・[仕上がり設定]の[白黒]で[カラー同時記録]のチェックボックスを
オンにすると、[連写]は[単写]に、
[ブラケティング]は[OFF]に
変更されます。[カラー同時記録]のチェックボックスをオフにしても、
[連写]は[単写]、[ブラケティング]は[OFF]のままです。
[カスタマイ
・[Active D- ライティング]の設定を[OFF]以外にすると、
ズ]と[白黒]の[カスタマイズ]の[コントラスト]は[オート]になります。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・ セルフタイマー、a(笑顔自動シャッター)、y(目つぶり軽減)を設定
すると、
[連写]の設定は[単写]として、
[ブラケティング]の設定は
[OFF]として動作します。
・ セルフタイマー、a(笑顔自動シャッター)、y(目つぶり軽減)を
[OFF]にする(またはセルフタイマー撮影、笑顔自動撮影が完了する)
と、[連写]および[ブラケティング]の設定が有効になります。
・ 撮影モードが A、B、C、D、E、F の場合、
[仕上がり設定]の[白
黒]で[カラー同時記録]を設定しているときは、y(目つぶり軽減)
を設定できません。
127
撮影に関する設定―撮影メニュー
ISO 感度設定
・[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]にすると、
[画像サイズ]の
[E 3264 × 2448]、
[D 2592 × 1944]、
[I 3984
[F 4000 × 3000]、
× 2656]、[G 3968 × 2232]、[H 2992×2992]は選べません。
これらの画像サイズのときに[ISO 感度設定]を[3200]または[6400]
にすると、
[C 2048 × 1536]に変更されます。[ISO 感度設定]を
[3200]または[6400]以外にすると、元の画像サイズに戻ります。
・[ISO 感度設定]を[高感度オート]または[1600]以上にすると、ア
クティブ D- ライティングは[OFF]になります。
測光方式
[Active D- ライティング]の設定を[OFF]以外にすると、
[測光方式]は
[マルチパターン]になります。
連写
撮影、再生、セットアップメニューを使う
128
・[連写]の設定を[単写]以外にすると、
[ブラケティング]は[OFF]に
変更されます。
[画質]は[NORMAL]、
[画像サイズ]は[D 2592
・[マルチ連写]にすると、
× 1944]に固定されます。
撮影モードが A、B、C の場合、[ISO 感度設定]は明るさに応じて自動
的に設定されます。撮影モードがDの場合、ISO感度は400に固定されます。
[連写]の設定を[マルチ連写]以外にすると、元の[画質]、[画像サイ
ズ]、[ISO 感度設定]に戻ります。
ブラケティング
[ブラケティング]の設定を[OFF]以外にすると、
[連写]は[単写]に、
フラッシュモードはW(発光禁止)に変更されます。
AF エリア選択
・[測光方式]の設定が[AF スポット]のときに[AF エリア選択]の設定
を[中央]にすると、[測光方式]は[マルチパターン]になります。
[測光方式]は[AF
・[AF エリア選択]の設定を[中央]以外にすると、
スポット]に戻ります。
ノイズ低減
[連写]の設定が[マルチ連写]のときに[ノイズ低減]を[ON]にする
と[連写]は[単写]に変更されます。
ゆがみ補正
・[ゆがみ補正]の設定を[ON]にすると、[連写]は[単写]に、[ブラ
ケティング]は[OFF]に変更されます。
[ゆがみ補正]の設定を[OFF]に戻しても、
[連写]は[単写]のまま、
[ブラケティング]は[OFF]のままです。
・ y(目つぶり軽減)を使った撮影では、
[ゆがみ補正]が[ON]でも、
ゆがみ補正は作動しません。
再生に関する設定―再生メニュー
再生メニューには、以下の項目があります。
k
I
a
b
c
d
f
g
h
j
再生メニューの表示方法
dボタンを押してcタブを選び、再生メニューを表示します(A13)
。
2009/05/15 15:30
0004.JPG
4
4
再生メニュー
簡単レタッチ
D-ライティング
プリント指定
スライドショー
削除
プロテクト設定
撮影、再生、セットアップメニューを使う
i
簡単レタッチ
A75
コントラストと色の鮮やかさを高めた画像を簡単に作成できます。
D- ライティング
A76
撮影した画像の暗い部分を明るく補正します。
プリント指定
A103
プリンターでプリントする画像や、その枚数などを設定します。
スライドショー
A131
内蔵メモリー /SD カード内の画像を、1 コマずつ順番に自動再生します。
削除
A132
画像を削除します。
プロテクト設定
A132
大切な画像を誤って削除しないように、プロテクト(保護)します。
画像回転
A133
撮影した画像の向きを変更します。
非表示設定
A133
撮影した画像をカメラで再生できないように設定します。
スモールピクチャー
A78
撮影した画像から、小さいサイズの画像を新しく作ります。
画像コピー
A134
内蔵メモリーと SD カードの間で画像をコピーします。
黒フレーム
A79
撮影した画像に黒い枠を付けた画像を新しく作ります。
・ メニューの選択と設定にはマルチセレクターを使います(A12)
。
・ 再生メニューを終了するには、dボタンを押します。
129
再生に関する設定―再生メニュー
画像選択画面の操作方法
以下のメニューでは、画像選択時に右のような画面が
表示されます。
削除画像選択
・ 再生メニュー:簡単レタッチ※
(A75)、
D- ライティング※(A76)、
プ リ ン ト 指 定 の[複 数 画 像 選 択]
戻る
(A103)、
削除の
[削除画像選択]
(A132)、
プロテクト設定
(A132)、
画像回転
(A133)、
非表示設定(A133)、
スモールピクチャー※(A78)、
画像コピーの
[選択画像コピー]
(A134)、
黒フレーム※
(A79)、
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・ セットアップメニュー:オープニング画面(A137)
※ 再生モード以外で再生メニューを表示したとき(A13)にメニュー項目を選ぶと表示
されます。
以下の手順で画像を選びます。
1
マルチセレクターのJ Kを押して、画像を選ぶ
・[簡単レタッチ]、
[D- ライティング]、
[画像回転]、
[スモールピクチャー]、[黒フレーム]と[オー
プニング画面]の画像選択では、1 画像しか選べ
ません。➝手順 3 へ
戻る
・ ズームレバーを g(i)方向に回すと 1 コマ表示に、f(h)方向に回すと
12 コマ表示に切り換わります。
2
HIを押して ON/OFF(またはプリント枚数)を
設定する
・ ON にすると、選択画像にチェックマークが表示
されます。複数の画像に設定したいときは、手順
1 と 2 を繰り返します。
130
削除画像選択
・ マルチセレクターの J K を押すかわりに、コマ
ンドダイヤルを回しても画像を選べます。
3
kボタンを押して画像選択を決定する
削除画像選択
戻る
再生に関する設定―再生メニュー
b
スライドショー
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M b スライドショー
内蔵メモリー /SD カードに記録した画像を、1 コマずつ順番に自動再生します。
1
マルチセレクターで[開始]を選び、k ボタン
を押す
・ 画像の表示時間を変更するには、
[開始]を選ぶ
前に[インターバル設定]を選んでkボタンを押
し、画像の表示時間を選びます。
スライドショー
一時停止
開始
インターバル設定
エンドレス
・ 繰り返し再生するには、[開始]を選ぶ前に[エ
ンドレス]を選んでk ボタンを押し、チェック
ボックスをオン[w]にします。
2
スライドショーが始まる
・ 再生中にkボタンを押すと一時停止します。
3
終了または再開する
・ スライドショー終了時や一時停止中に[終了]を
選び、k ボタンを押すと再生メニューに戻りま
す。[再開]を選ぶとスライドショーを再開しま
す。
B
一時停止
再開
終了
インターバル設定
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・ 再生中にマルチセレクターの K を押すと次の画
像、Jを押すと前の画像を表示します(ボタンを
押し続けると早送り / 早戻しになります)。
スライドショーについてのご注意
・ 動画(A86)は 1 フレーム目だけを表示します。
・ スライドショーを連続再生できる時間は、
[エンドレス]に設定している場合も含め、
最大約 30 分です(A146)。
131
再生に関する設定―再生メニュー
c
削除
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M c 削除
画像を削除します。
削除画像選択
画像選択の画面で、画像を選んで削除します(操作方法 ➝A130)。
全画像削除
すべての画像を削除します。
B
画像削除についてのご注意
・ 削除した画像はもとに戻せないため、ご注意ください。残しておきたい画像はパソコン
に転送して保存することをおすすめします。
・ sマークが表示されている画像は、プロテクト(保護)されているので削除されません。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
132
d
プロテクト設定
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M d プロテクト設定
大切な画像を誤って削除しないように、画像にプロテクト(保護)を設定でき
ます。
画像選択の画面で、画像を選んで設定します(操作方法➝A130)
。
ただし、内蔵メモリー /SD カードを初期化(フォーマット、A147)すると、
プロテクト設定した画像も削除されますので、ご注意ください。
プロテクト設定した画像は、カメラでの再生時に s マーク(A9、72)が表
示されます。
再生に関する設定―再生メニュー
f
画像回転
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M f 画像回転
撮影後に、カメラなどで表示するときの画像の向き(縦横位置)を設定しま
す。静止画を時計方向に 90 度、または反時計方向に 90 度回転できます。
撮影時に縦位置で記録された画像は、時計回り / 反時計回りのどちらか一方向
に 180 度まで回転できます。
画像選択の画面で回転する画像を選ぶ(A130)と、画像回転画面が表示され
ます。マルチセレクターのJまたはKを押すと 90 度回転します。
画像回転
回転
反時計方向に
90 度回転
戻る
回転
戻る
回転
時計方向に
90 度回転
kボタンを押すと、表示している方向で決定し、画像に縦横位置情報が記録さ
れます。
i
非表示設定
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M i 非表示設定
撮影した画像をカメラで再生できないように設定します。
画像選択の画面で、画像を選んで設定します(操作方法➝A130)
。
非表示設定した画像は[削除]では削除されません。ただし、内蔵メモリー /
SD カードを初期化(フォーマット、A147)すると、非表示設定した画像も
削除されますので、ご注意ください。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
戻る
画像回転
画像回転
133
再生に関する設定―再生メニュー
h
画像コピー
dボタンを押す M c(再生メニュー)
(A129)M h 画像コピー
内蔵メモリーの画像を SD カードへ、または SD カードの画像を内蔵メモリーへ
コピーできます。
1
マルチセレクターでコピーする方向を選び、k
ボタンを押す
画像コピー
・ q:内蔵メモリーから SD カードへコピーし
ます。
・ r:SD カードから内蔵メモリーへコピーし
ます。
2
コピーの方法を選び、kボタンを押す
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・[選択画像コピー]:画像選択の画面(A130)で、
画像を選んでコピーします。
カメラ→カード
選択画像コピー
全画像コピー
・[全画像コピー]: すべての画像をコピーします。
B
画像コピーについてのご注意
・ コピーできる画像ファイルの形式は、
JPEG、AVI、WAV です。これ以外の形式のファイル
はコピーできません。
・ 画像コピーでは、画像に付けた「音声メモ」(A80)も画像と同時にコピーします。
・「音声レコード機能」
(A87)で録音したデータは、
[音声データコピー]でコピーでき
ます(A91)。
・ 他社製のカメラで撮影した画像やパソコンで加工した画像のコピーは動作を保証して
いません。
・[プリント指定]
(A103)した画像をコピーしても、プリント指定の設定内容はコピー
されません。
[プロテクト設定]
(A132)した画像をコピーすると、コピー先の画像も
プロテクトされます。
・[非表示設定](A133)した画像はコピーできません。
C [撮影画像がありません]のメッセージについて
SD カードに画像が記録されていないときに再生モードに切り換えると、
[撮影画像があり
ません]と表示されますが、d ボタンを押すと画像コピー画面が表示され、内蔵メモ
リー内の画像を SD カードにコピーできます。
D
134
関連ページ
記録データのファイル名とフォルダー名➝A156
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
セットアップメニューには、以下の項目があります。
c
d
e
f
g
U
u
i
k
l/m
n
o
d
p
P
r
撮影、再生、セットアップメニューを使う
h
オープニング画面
A137
電源を ON にしたときに表示される「オープニング画面」について設定
します。
日時設定
A138
内蔵時計を合わせます。
モニター設定
A141
撮影後の画像表示や画面の明るさを設定します。
デート写し込み
A142
画像に撮影日時を写し込む設定ができます。
手ブレ補正
A143
静止画の撮影時の手ブレ補正を設定します。
モーション検知
A144
静止画の撮影時に被写体ブレや手ブレを軽減する「モーション検知」機
能を設定します。
AF 補助光
A145
AF 補助光の点灯 / 非点灯を設定します。
電子ズーム
A145
電子ズームの動作を設定します。
操作音
A146
操作音について設定します。
オートパワーオフ
A146
待機状態に入るまでの時間を設定します。
メモリーの初期化 / カードの初期化(フォーマット)
A147
内蔵メモリー /SD カードを初期化します。
言語 /Language
A148
画面に表示する言語を設定します。
ビデオ出力
A148
テレビとの接続に必要な設定を行います。
目つぶり検出設定
A149
顔認識撮影したときに、目つぶりを検出するかどうかを設定します。
設定クリアー
A151
各種設定を初期状態に戻します。
連番リセット
A154
ファイル番号の連番をリセットします。
バージョン情報
A154
ファームウェアの情報を表示します。
135
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
セットアップメニューの表示方法
メニュー画面を表示して、z(セットアップ)タブを選びます。
1
d ボタンを押してメニュー画面を
表示する
2
マルチセレクターのJを押す
・ タブが選べるようになります。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
136
3
HIを押してzタブを選ぶ
4
Kまたはkボタンを押す
・ セットアップメニューの項目が選べるようになり
ます。
・ メニューの選択と設定には、マルチセレクターを
使います(A12)。
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
撮影メニュー
画質
画像サイズ
仕上がり設定
ホワイトバランス
ISO感度設定
測光方式
セットアップ
オープニング画面
日時設定
モニター設定
デート写し込み
手ブレ補正
モーション検知
セットアップ
オープニング画面
日時設定
モニター設定
デート写し込み
手ブレ補正
モーション検知
・ セットアップメニューを終了するには、d ボタ
ンを押すか、Jを押して撮影または再生のタブを選びます。
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
c
オープニング画面
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M オープニング画面
カメラの電源を ON にしたときに液晶モニターに表示するオープニング画面を
設定します。
なし(初期設定)
オープニング画面を表示しません。
COOLPIX
オープニング画面を表示します。
撮影した画像
撮影、再生、セットアップメニューを使う
内蔵メモリー /SD カードの画像を、オープニング画面として登録できます。
画像選択の画面で画像を選び(A130)、kボタンを押します。
登録した画像はカメラに記憶されるため、元画像を削除しても、オープニ
ング画面に残ります。
・[画像サイズ](A108)を[I 3984 × 2656]、[G 3968 × 2232]、
(A58)で
[H 2992×2992]にして撮影した画像や[高速連写 H 16:9]
撮影した画像は登録できません。
・ トリミング(A77)やスモールピクチャー(A78)で作成した画像サ
イズ 160 × 120 以下の画像は登録できません。
137
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
d
日時設定
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 日時設定
カメラに内蔵された時計を設定します。
海外旅行などに便利なワールドタイム(時差を自動的に計算する機能)も設定
できます。
日時
内蔵時計の日付と時刻を設定します。
表示される設定画面の操作方法は以下のとおりです。
・ J K:項目(年、月、日、時、分、年月日の並び順)を移動します。
・ HI:項目の内容を合わせます。
・ k:設定が有効になります。
ワールドタイム
撮影、再生、セットアップメニューを使う
自宅(w)のタイムゾーン(地域)や夏時間(サマータイム)を設定します。
また、訪問先(x)のタイムゾーンを登録すると、自宅(w)との時差
(A140)を自動的に計算し、撮影日時を現地時間で記録できます。海外旅
行などに便利です。
時差のある地域で使うには
1
マルチセレクターで[ワールドタイム]を選び、
kボタンを押す
・ ワールドタイム画面が表示されます。
日時設定
2009/05/15 15:30
日時
ワールドタイム
2
[x 訪問先]を選び、kボタンを押す
・ 訪問先の時計に切り換わります。
ワールドタイム
2009/05/15 15:30
Tokyo, Seoul
自宅
訪問先
138
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
3
Kを押す
・ 地域の設定画面が表示されます。
ワールドタイム
2009/05/15 15:30
Tokyo, Seoul
自宅
訪問先
4
JまたはKを押して訪問先のタイムゾーン
(都市
名)を選ぶ
・ 夏時間(サマータイム)が現在実施されている地
域で使うときは、Hを押して画面上部にWマーク
を表示します。夏時間の設定がオンになり、時間
が 1 時間進みます。オフにするときは、I を押し
てください。
・ 訪問先の時計に設定しているときは、撮影時の画
面にZマークが表示されます。
B
-13:00
戻る
ワールドタイム
2009/05/15 02:30
EDT:New York
Toronto, Lima
自宅
訪問先
バックアップ用電池について
カメラの内蔵時計は、カメラのバッテリーとは別のバックアップ用電池で動いています。
カメラにバッテリーを入れるか AC アダプターを接続すると、バックアップ用電池が約 10
時間で充電され、数日間、設定した日時を記憶できます。
C
撮影、再生、セットアップメニューを使う
・ kボタンを押して、訪問先を決定します。
02:30
EDT:
New York
Toronto
Lima
w(自宅)の設定について
・ 自宅のタイムゾーンに戻すには、手順 2 で[w 自宅]を選び、k ボタンを押してくだ
さい。
・ 自宅のタイムゾーンを変更するには、手順 2 で[w 自宅]を選び、
[x 訪問先]と同
様の手順でタイムゾーンを変更してください。
C
夏時間の設定について
夏時間(サマータイム)が始まったときや終わったときは、手順 4 の地域設定画面で、夏
時間のオンとオフを切り換えてください。
139
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
D
タイムゾーンについて(A20)
時差とタイムゾーンの関係は以下の表をご覧ください。
この表にない時差は、正しい時刻を[日時設定]で合わせてください。
時差
撮影、再生、セットアップメニューを使う
140
+/–
タイムゾーン
–20
Midway, Samoa(ミッドウェー、
–19
Hawaii, Tahiti(ハワイ、タヒチ)
–18
Alaska, Anchorage(アラスカ、
–17
PST (PDT): Los Angeles, Seattle,
Vancouver(ロサンゼルス、シア
サモア)
アンカレッジ)
時差
–8
Madrid, Paris, Berlin(マドリー
ド、パリ、ベルリン)
–7
Athens, Helsinki, Ankara(アテ
ネ、ヘルシンキ、アンカラ)
–6
–5
トル、バンクーバー)
–16
–15
MST (MDT): Denver, Phoenix
(デンバー、フェニックス)
CST (CDT): Chicago, Houston,
Mexico City(シカゴ、ヒュース
タイムゾーン
+/–
–4
Moscow, Nairobi, Riyadh,
Kuwait, Manama(モスクワ、ナ
イロビ、リヤド、クウェート、マ
ナマ)
Abu Dhabi, Dubai(アブダビ、
ドバイ)
Islamabad, Karachi(イスラマ
バード、カラチ)
–3.5 New Delhi(ニューデリー)
トン、メキシコシティー)
–14
EST (EDT): New York, Toronto,
Lima(ニューヨーク、トロント、
–3
リマ)
–13
Caracas, Manaus(カラカス、マ
–12
Buenos Aires, Sao Paulo(ブエノ
–11
Fernando de Noronha(フェル
–10
Azores(アゾレス)
–9
London, Casablanca(ロンドン、
ナウス)
スアイレス、サンパウロ)
ナンド・デ・ノローニャ)
カサブランカ)
–2
–1
Colombo, Dhaka(コロンボ、
ダッカ)
Bangkok, Jakarta(バンコク、
ジャカルタ)
Beijing, Hong Kong, Singapore
(北京、香港、シンガポール)
±0
Tokyo, Seoul(東京、ソウル)
+1
Sydney, Guam(シドニー、グア
+2
New Caledonia(ニューカレドニ
+3
Auckland, Fiji(オークランド、
ム)
ア)
フィジー)
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
e
モニター設定
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M モニター設定
以下の項目を設定します。
撮影後の画像表示
[ON]
(初期設定)
:撮影直後に、撮影した画像を表示してから撮影画面に
戻ります。
[OFF]:撮影直後に、撮影した画像を表示しません。
画面の明るさ
画面の明るさを 5 段階で調節できます。初期設定は[3]です。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
141
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
f
デート写し込み
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M デート写し込み
画像に直接日時を写し込みます。日付の印字(A104)に対応していないプリ
ンターでも日付入りの画像をプリントできます。
OFF(初期設定)
日付、時刻のどちらも写し込みません。
年・月・日
撮影した画像の右下に、日付を写し込みます。
年・月・日・時刻
撮影した画像の右下に、日付と時刻を写し込みます。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
デート写し込みの設定は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、
何も表示されません)
(A8)。
B
デート写し込みについてのご注意
・ 一度写し込まれた日時を画像から消したり、撮影した後で日時を写し込むことはできま
せん。
・[画像サイズ](A108)が[K 640 × 480]の画像にデート写し込みを行うと、写し
込んだ日付が読みづらいことがあります。画像サイズは[J 1024 × 768]以上に設定
してください。
・ 年月日の並びは、[日時設定]
(A20、138)での設定と同じになります。
・ 以下の場合は、日時を写し込めません(A167)
。
- シーンモードの[ミュージアム]または[パノラマアシスト]のとき
- [連写](A118)が[連写]または[BSS]のとき
- [ブラケティング](A121)が[OFF]以外のとき
- y(目つぶり軽減)(A55)のとき
- スポーツ連写モードのとき
- 動画モードのとき
C 「デート写し込み」と「プリント指定」について
142
日付や撮影情報の印刷が可能な DPOF 対応のプリンターでプリントするときは、
[デート
写し込み]で日時を写し込んでいない画像でも、
[プリント指定]
(A103)で撮影日時や
撮影情報をプリントするように設定できます。
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
g
手ブレ補正
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 手ブレ補正
静止画を撮影するときの手ブレ補正を設定します。
手ブレ補正機能は、望遠側での撮影やスローシャッター撮影時に起こりがちな
手ブレを効果的に補正します。
三脚などでカメラを固定させて撮影するときは、手ブレ補正を[OFF]にして
ください。
ON(初期設定)
静止画撮影時の手ブレを補正します。また、流し撮りでは、カメラが流し
撮りの方向を自動的に検出し、手ブレによる揺れのみを補正します。
たとえば、横方向に流し撮りするときには縦方向の手ブレだけが、縦方向
に流し撮りするときには横方向の手ブレだけが補正されます。
手ブレ補正を行いません。
手ブレ補正の設定は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、何も
表示されません)(A8)
。
B
手ブレ補正についてのご注意
撮影、再生、セットアップメニューを使う
OFF
・ カメラの電源を ON にした直後、または再生モードから撮影モードに切り換えた直後は、
液晶モニターの画像が安定してから撮影してください。
・ 手ブレ補正の原理上、撮影直後に液晶モニターの画像がずれて見えることがあります。
・ 手ブレ補正機能を設定しても、撮影状況によっては手ブレを完全に補正できないことが
あります。
D
動画の手ブレ補正について
微速度撮影以外の動画撮影時の手ブレ補正は、動画メニュー(A82)の[電子式手ブレ
補正]
(A84)で設定します。
143
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
U
モーション検知
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M モーション検知
静止画の撮影時に被写体ブレや手ブレを軽減する「モーション検知」機能を設
定します。
AUTO
カメラが被写体の動きや手ブレを検知すると、ブレを軽減するために
シャッタースピードが速くなります。
ただし、以下の場合は[AUTO]に設定していてもモーション検知は作動
しません。
・ フラッシュが強制発光のとき
・ 一部のシーンモード(A41 ∼ 47)のとき
・ 撮影モード A、B、C、D、E、F のとき
・ スポーツ連写モードのとき
撮影、再生、セットアップメニューを使う
OFF(初期設定)
モーション検知をしません。
モーション検知の設定は、撮影時の画面で確認できます([OFF]のときは、
何も表示されません)
(A8)。
カメラがブレを察知してシャッタースピードを速くしたときは、モーション検
知表示は緑色に変わります。
B
144
モーション検知のご注意
・ モーション検知を設定しても、撮影状況によっては手ブレや被写体ブレを完全に軽減で
きないことがあります。
・ 極端にブレているときや暗すぎるときは、モーション検知が作動しないことがありま
す。
・ 撮影した画像が多少ざらつくことがあります。
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
h
AF 補助光
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M AF 補助光
AF 補助光の点灯 / 非点灯を設定します。
AUTO(初期設定)
暗い場所などで自動的にAF補助光が点灯します。AF補助光が届く距離は、
[AUTO]に設定してい
広角側で約 4 m、望遠側で約 2.2 m です。ただし、
ても、一部のシーンモードでは AF 補助光が点灯しません(A41 ∼ 46)。
OFF
AF 補助光は点灯しません。暗い場所などでピントが合いにくくなること
がありますので、ご注意ください。
u
電子ズーム
電子ズームの動作を設定します。
ON(初期設定)
光学ズームが最も望遠側にある状態でズームレバーを g(i)方向に回す
と、電子ズーム(A27)が作動します。
クロップ
電子ズームによる画質の劣化が発生しない範囲内に電子ズームの倍率を制
限します。
OFF
電子ズームは作動しません(動画撮影時を除く)。
B
電子ズームについてのご注意
・ 電子ズームの作動中は AF エリア(A122)が[中央]に固定されます。
・ 以下の場合、電子ズームは使えません。
- フォーカスモード(A36)がE(マニュアルフォーカス)のとき
- a(笑顔自動シャッター)またはy(目つぶり軽減)のとき(A54)
- シーンモードが[ポートレート]、
[夜景ポートレート]または[打ち上げ花火]のとき
- おまかせシーンモードのとき
- [連写](A118)が[マルチ連写]のとき
- 動画撮影開始前(微速度撮影以外の動画撮影中は 2 倍まで作動)
・ 電子ズームが 1.2 ∼ 1.8 倍のときには、
[測光方式]は[中央部重点]に、2.0 ∼ 4.0 倍の
ときには[スポット]になります。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 電子ズーム
145
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
i
操作音
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 操作音
操作音について設定します。
設定音
設定音(電子音 1 回:設定完了時など)、合焦音(電子音 2 回:ピントが
合ったとき)、警告音(電子音 3 回:禁止動作を行ったときなど)および
オープニング音の[ON](初期設定)/[OFF]を設定します。
シャッター音
シャッターをきったときのシャッター音の[ON](初期設定)/[OFF]
を設定します。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
k
オートパワーオフ
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M オートパワーオフ
電源を ON にしたまま何も操作しないで一定時間が過ぎると、カメラはバッテ
リーの消耗を抑えるために液晶モニターを消灯し、待機状態(A19)に入り
ます。待機状態になると、電源ランプが点滅し、何も操作しないでさらに約 3
分経過すると、自動的に電源が OFF になります。
このメニューでは、カメラが無操作時に待機状態に入るまでの時間を[30 秒]
、
[1 分](初期設定)、
[5 分]
、または[30 分]から選べます。
C
待機状態の解除
電源スイッチ、シャッターボタンまたはcボタンを押すか、モードダイヤルを回すと、待
機状態を解除できます。
B
146
オートパワーオフについてのご注意
以下の場合、待機状態に入るまでの時間は固定です。
・ メニュー表示中:3 分
・ スライドショー再生中:最大 30 分
・ AC アダプター接続中:30分
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
l/m
メモリー / カードの初期化(フォーマット)
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)
M メモリーの初期化 / カードの初期化
内蔵メモリーまたは SD カードを初期化(フォーマット)します。
内蔵メモリーの初期化
内蔵メモリーを初期化するときは、SD カードを取り
出してください。セットアップメニューの項目に[メ
モリーの初期化]が表示されます。
メモリーの初期化
内蔵メモリー内のデータを
すべて削除します。
よろしいですか?
いいえ
初期化する
SD カードの初期化
きます。セットアップメニューの項目に[カードの
初期化]が表示されます。
カードの初期化
カード内のデータをすべて
削除します。
よろしいですか?
いいえ
初期化する
B
撮影、再生、セットアップメニューを使う
SD カードをカメラに入れると、SD カードを初期化で
初期化についてのご注意
・ 内蔵メモリー /SD カードを初期化すると、内蔵メモリー /SD カード内のデータはすべて
削除されます。必要なデータは初期化する前にパソコンなどに転送してください。
・ 初期化中は、電源を OFF にしたり、バッテリー /SD カードカバーを開けたりしないでく
ださい。
・ 他の機器で使った SD カードをこのカメラで初めて使うときは、必ずこのカメラで初期
化してからお使いください。
147
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
n
言語 /Language
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 言語 /Language
画面に表示される言語を、日本語(初期設定)または英語に設定します。
o
ビデオ出力
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M ビデオ出力
テレビとの接続に必要な設定を行います。
ビデオの出力方式を[NTSC]と[PAL]から選べます。[NTSC]と[PAL]は
いずれも、アナログカラーテレビ放送の規格です。日本では NTSC 方式が、欧
州では PAL 方式が主流です。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
148
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
d
目つぶり検出設定
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 目つぶり検出設定
a(笑顔自動シャッター)/y(目つぶり軽減)
(A54)以外で顔認識撮影
(A123)したときに、目つぶりを検出するかどうかを設定します。
ON(初期設定)
顔認識して撮影した直後に、被写体の人物が目を閉じて写っている可能性
があるとカメラが検出したときは、液晶モニターに目つぶり確認画面を表
示します。
目を閉じて写っている可能性のある人物の顔が黄色い枠で囲まれます。撮
影した画像を見て、撮り直すかどうかを確認できます。
➝「目つぶり確認画面の操作方法」(A150)
OFF
目つぶり検出をしません。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
B
目つぶり検出設定についてのご注意
・ 以下の場合は、目つぶり検出をしません。
- a(笑顔自動シャッター)(A54)のとき
- [連写]が[連写]、[BSS]、[マルチ連写]または[インターバル撮影]のとき
- フォーカスモードがp(マクロ AF)のとき
・ y(目つぶり軽減)で自動撮影するときは、[目つぶり検出設定]にかかわらず、笑顔
を検出するたびに自動的に 2 コマ連写し、人物が目をつぶっていない画像を優先して 1
コマだけ記録します(A55)
。
149
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
目つぶり確認画面の操作方法
a(笑顔自動シャッター)/y(目つぶり軽減)
(A55)
以外の撮影で目つぶり確認画面が表示されたとき
は、以下の操作ができます。
何も操作しないまま数秒経過すると、自動的に撮影
画面に戻ります。
終了
内容
機能
ボタン
検出した顔を拡大表
示する
g(i)
ズームレバーをg(i)方向に回します。
f(h)
ズームレバーをf(h)方向に回します。
1 コマ表示に戻る
複数の人物の目つぶりを検出した場合、拡大表
示中に J K を押すと、拡大表示する顔が切り
換わります。
表示する顔を切り換
える
撮影、再生、セットアップメニューを使う
150
目つぶり確認
撮影した画像を削除
する
l
lボタンを押します。
k
撮影画面に戻る
k ボタンまたはシャッターボタンを押しま
す。
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
p
設定クリアー
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 設定クリアー
[はい]を選ぶと、カメラの設定が初期設定にリセットされます。
撮影の基本機能
項目
フラッシュモード(A32)
セルフタイマー / 笑顔自動シャッター / 目つぶ
り軽減(A35、54)
フォーカスモード(A36)
露出補正(A39)
初期設定
自動発光
OFF
通常 AF
0.0
シーンモード
料理モードのホワイトバランス設定(A48)
初期設定
ポートレート
中央
動画メニュー
項目
初期設定
TV 再生 640P
動画設定(A82)
微速度撮影のインターバル設定(A84)
AF モード(A83)
30 秒
シングル AF
電子式手ブレ補正(A84)
ON
スポーツ連写メニュー
項目
高速連写設定(A58)
先取り撮影(A58)
画質(A58)
画像サイズ(A58)
初期設定
高速連写 H
撮影、再生、セットアップメニューを使う
項目
シーンメニュー(A40)
OFF
NORMAL
C 2048 × 1536
151
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
撮影メニュー
項目
画質(A107)
画像サイズ(A108)
仕上がり設定(A111)
F 4000 × 3000
標準
仕上がり設定のカスタマイズ(A112)
コントラスト:オート
輪郭強調:オート
彩度調整:オート
仕上がり設定の白黒のカスタマイズ(A113)
コントラスト:オート
輪郭強調:オート
モノクロフィルター:OFF
カラー同時記録:OFF
ホワイトバランス(A114)
撮影、再生、セットアップメニューを使う
152
初期設定
NORMAL
ISO 感度設定(A116)
感度制限オート(A116)
測光方式(A117)
オート
オート
ISO 64-100
マルチパターン
連写(A118)
単写
インターバル撮影のインターバル設定(A119)
30 秒
ブラケティング(A121)
OFF
AF エリア選択(A122)
AF モード(A125)
調光補正(A125)
オート
シングル AF
0.0
ノイズ低減(A126)
AUTO
ゆがみ補正(A126)
OFF
Active D- ライティング(A70)
OFF
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
セットアップメニュー
項目
初期設定
オープニング画面(A137)
なし
撮影後の画像表示(A153)
ON
画面の明るさ(A153)
デート写し込み(A142)
3
OFF
手ブレ補正(A143)
ON
モーション検知(A144)
OFF
AF 補助光(A145)
AUTO
電子ズーム(A145)
ON
設定音(A146)
ON
ON
オートパワーオフ(A146)
1分
ON
目つぶり検出設定(A149)
その他
項目
用紙設定(A99、100)
スライドショーのインターバル設定(A131)
初期設定
プリンターの設定
3秒
・[設定クリアー]を行うと、ファイル番号の連番(A156)もクリアーされ
ます。クリアー後に撮影した画像には、内蔵メモリー /SD カード内の最大
ファイル番号の次の番号から連番が付けられます。内蔵メモリー /SD カード
内の画像をすべて削除(A132)してから、[設定クリアー]をすると、次
に撮影する画像の連番は「0001」から始まります。
・ 以下の項目は、[設定クリアー]を行っても初期設定には戻りません。
撮影メニュー:
[ホワイトバランス]のプリセットマニュアルデータ
(A115)
[言語 /Language]
(A148)
、
セットアップメニュー:
[日時設定]
(A138)、
[ビデオ出力](A148)
・ モードダイヤルE、Fに登録したユーザーセッティングの内容は、
[設定
クリアー]では初期設定に戻りません。[User Setting リセット](A69)
で初期設定に戻してください。
撮影、再生、セットアップメニューを使う
シャッター音(A146)
153
カメラに関する基本設定―セットアップメニュー
P
連番リセット
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M 連番リセット
[はい]を選ぶと、ファイル番号の連番(A156)をリセットします。リセット
すると新しい記録フォルダーが作られ、次に撮影する画像の連番は、「0001」
から始まります。
B
撮影、再生、セットアップメニューを使う
154
連番リセットのご注意
・ シーンモードが[パノラマアシスト]
、
[音声レコード]のとき、または撮影モードがA、
B、C、D、E、Fで、
[連写]の設定が[インターバル撮影]のときは[連番リセッ
ト]ができません。
[パノラマアシスト]または[インターバル撮影]では、撮影のたびに新しいフォルダー
が作られ、ファイル番号 0001 から始まる一連の画像が保存されます(A156、157)。
・ フォルダー番号が 999に達し、そのフォルダー内にファイルがあるときは、
[連番リセッ
ト]ができません。SDカードを交換するか、内蔵メモリー /SDカードを初期化(A147)
する必要があります。
r
バージョン情報
dボタンを押す M z(セットアップメニュー)(A135)M バージョン情報
カメラのファームウェアのバージョン情報を表示します。
COOLPIX P90 Ver.X.X
戻る
付録
別売アクセサリー
充電式バッテリー Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5
充電器
バッテリーチャージャー MH-61 ※
AC アダプター EH-62A ※
< EH-62A の取り付け方>
1
2
3
AC アダプター
バッテリー /SD カードカバーを閉める前に、AC アダプターの
コードがバッテリー室の溝に入っていることを必ず確認して
ください。コードが溝からはみ出していると、カバーを閉め
たときにカバーを破損する恐れがあります。
USB ケーブル
AV ケーブル
USB ケーブル UC-E6
レンズキャップ
レンズキャップ LC-CP19
オーディオビデオケーブル EG-CP14
※ 日本国内専用の電源コード(AC 100 V 対応)付属。日本国外で使うには、別売
の電源コードが必要です。別売の電源コードについては、ニコンサービス機関に
お問い合わせください。
また、オンラインショップ(ニコンダイレクト)http://shop.nikon-image.com/
でもお求めいただけます。
推奨 SD カード
以下の SD カードの動作を確認しています。
・ 以下の容量の SD カードであれば、内部データ転送速度にかかわらず使用で
きます。
512 MB、1 GB、2 GB ※1、4 GB ※2、8GB ※2、16GB ※2
512 MB、1 GB、2 GB ※1、4 GB ※2、8GB ※2、16GB ※2
512 MB、1 GB、2 GB ※1、4 GB ※2、8GB ※2、16GB ※2
1 GB、2 GB ※1、4 GB ※2、8GB ※2
※ 1 カードリーダーなどをお使いの場合、お使いの機器が 2 GB の SD カードに対応
SanDisk
TOSHIBA
Panasonic
Lexar
している必要があります。
SDHC 規格に対応しています。カードリーダーなどをお使いの場合、お
使いの機器が SDHC 規格に対応している必要があります。
上記カードの機能、動作の詳細については、各カードメーカーにお問い合わせ
ください。最新の動作確認済み SD カードについては、当社ホームページのサ
ポート情報をご覧ください。
付録
※2
155
記録データのファイル名とフォルダー名
このカメラで撮影した静止画、動画、および音声ファイルには、以下のような
ファイル名が付けられます。
DSCN0001.JPG
識別子
(カメラの画面には表示されません)
編集していない静止画お
よび付随する音声メモ、動
画、音声レコード
トリミング画像および付
随する音声メモ
スモールピクチャー画像
および付随する音声メモ
簡単レタッチ、D- ライティ
ングまたは黒フレーム画
像および付随する音声メ
モ
微速度撮影で撮影した
動画
拡張子
(ファイルの種類を示します)
静止画
DSCN
RSCN
SSCN
動画
音声メモ、
音声レコード
.JPG
.AVI
.WAV
ファイル番号
(0001 からの連番で付けられます)
FSCN
INTN
・ フ ァ イ ル を 保 存 す る フ ォ ル ダ ー は、
「フ ォ ル ダ ー 番 号 + NIKON」
(例:
100NIKON)という名前で、自動的に作られます。フォルダー内のファイル
数 が 200 に 達 す る と、新 し い フ ォ ル ダ ー が 作 ら れ ま す(例:
100NIKON➝101NIKON)。フォルダー内のファイル番号が 9999 に達したと
きや[連番リセット]
(A154)したときも新しいフォルダーが作られ、ファ
イル番号は 0001 に戻ります。
フォルダー内にファイルがないときは、
[連番リセット]をしても新しいフォ
ルダーは作られません。
付録
・ 音声メモのファイル名は、音声メモを録音した画像と同じ識別子とファイル
番号になります。
・ 音声レコード(A87)のデータは「SOUND」フォルダーに保存されます。
・ パノラマアシストモード(A50)では、撮影のたびに「フォルダー番号+
P_XXX」という名前のフォルダー(例:101P_001)が作られ、ファイル番
号 0001 から始まる一連の画像が保存されます。
156
記録データのファイル名とフォルダー名
・ インターバル撮影(A119)では撮影のたびに「フォルダー番号 + INTVL」
という名前のフォルダー(例:101INTVL)が作られ、ファイル番号 0001 か
ら始まる一連の画像が保存されます。
・ 画像データや音声データを内蔵メモリーと SD カードの間でコピーする場合
(A91、134)、ファイル名は以下のようになります。
- 「選択画像コピー」または「選択データコピー」:
使用中のフォルダー(または次回の撮影で使われるフォルダー)に、デー
タがコピーされます。コピーされたデータのファイル名は、
「内蔵メモリー
および SD カード内の最大ファイル番号+ 1」から連番で付けられます。
- 「全画像コピー」または「全データコピー」:
データはフォルダーごとにコピーされます。フォルダー名は「コピー先の
最大フォルダー番号+ 1」から連番で付けられます。
ファイル名は変わりません。
・ フォルダー番号が 999 のときにファイル数が 200 個またはファイル番号が
9999 に達すると、それ以上撮影できません。SD カードを交換するか、内蔵
メモリー/SDカードを初期化(A147)してください。
付録
157
カメラのお手入れ方法
クリーニングについて
レンズ / 電子ビューファインダー
レンズや電子ビューファインダーのガラス部分をクリーニングするとき
は、手で直接触らないように注意してください。ゴミやホコリはブロアー
で吹き払ってください。ブロアーで落ちない指紋や油脂などの汚れは、乾
いた柔らかい布などでガラス部分の中央から外側にゆっくりと円を描くよ
うに拭き取ってください。汚れが取れないときは、乾いた柔らかい布に市
販のレンズクリーナーを少量湿らせて、軽く拭いてください。硬いもので
拭くと傷が付くことがありますのでご注意ください。
液晶モニター
ゴミやホコリはブロアーで吹き払ってください。指紋や油脂などの汚れは、
乾いた柔らかい布やセーム革などで軽く拭き取ってください。強く拭くと
破損や故障の原因となることがありますのでご注意ください。
カメラボディー
ゴミやホコリをブロアーで吹き払い、乾いた柔らかい布などで軽く拭いて
ください。海辺などでカメラを使った後は、真水で湿らせてよく絞った柔
らかい布で砂や塩分を軽く拭き取った後、よく乾かしてください。
ご注意:カメラ内部にゴミ、ホコリや砂などが入りこむと故障の原因とな
ります。この場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
アルコール、シンナーなど揮発性の薬品はお使いにならないでください。
保管について
長期間カメラをお使いにならないときは、バッテリーを取り出してください。
バッテリーを取り出す前に、電源が OFF になっていることをご確認ください。
次の場所にカメラを保管しないようにご注意ください。
・ 換気の悪い場所や湿度の高い場所
・ テレビやラジオなど強い電磁波を出す装置の近辺
・ 温度が 50 ℃以上、または− 10 ℃以下の場所
付録
158
・ 湿度が 60 % を超える場所
取り扱い上のご注意
カメラについて
付録
● 強いショックを与えないでください
カメラを落としたり、ぶつけたりしないように注意してください。故障の原因になりま
す。また、レンズに触れたり、無理な力を加えたりしないでください。
● 水に濡らさないでください
カメラは水に濡らさないように注意してください。カメラ内部に水滴が入ったりすると部品
がサビついてしまい、修理費用が高額になるだけでなく、修理不能になることがあります。
● 急激な温度変化を与えないでください
極端に温度差のある場所(寒いところから急激に暖かいところや、その逆になるところ)
にカメラを持ち込むと、カメラ内外に水滴が生じ、故障の原因となります。カメラをバッ
クやビニール袋などに入れて、周囲の温度になじませてから使用してください。
● 強い電波や磁気を発生する場所で撮影しないでください
強い電波や磁気を発生するテレビ塔などの周囲および強い静電気の周囲では、記録データ
が消滅したり、カメラが正常に機能しないことがあります。
● 長時間、太陽に向けて撮影または放置しないでください
太陽などの高輝度被写体に向けて長時間直接撮影したり、放置したりしないでください。
過度の光照射は撮像素子の褪色・焼き付きを起こすおそれがあります。また、その際撮影
された画像には、真っ白くにじみが生ずることがあります。
● 保管する際には
カメラを長期間お使いにならないときは、必ずバッテリーを取り出してください。また、
カビや故障を防ぎ、カメラを長期にわたってお使いいただけるように、月に一度を目安に
バッテリーを入れ、カメラを操作することをおすすめします。
● バッテリーや AC アダプターを取り外すときは必ず電源を OFF にしてください
電源が ON の状態で、バッテリーや AC アダプターを取り外すと、故障の原因となります。
特に撮影動作中、または記録データの削除中に前記の操作は行わないでください。
● 液晶モニターについて
・ 液晶モニターの特性上、一部に常時点灯あるいは常時点灯しない画素が存在することが
ありますが、故障ではありません。あらかじめご了承ください。記録される画像には影
響はありません。
・ 屋外では日差しの加減で液晶モニターが見えにくいことがあります。
・ 液晶モニター表面を強くこすったり、強く押したりしないでください。液晶モニターが
傷つく原因になります。ホコリやゴミなどが付着したときは、ブロアーブラシで吹き
払ってください。汚れがひどいときは、柔らかい布やセーム革などで軽く拭き取ってく
ださい。万一、液晶モニターが破損した場合は、ガラスの破片などでケガをするおそれ
がありますので充分ご注意ください。また、中の液晶が皮膚や目に付着したり、口に
入ったりしないよう、充分ご注意ください。
● スミアーについて
明るい被写体にレンズを向けると、液晶モニターに色のついた光の帯が表れることがあり
ます。この現象をスミアーといいますが、故障ではありません。
高速連写 H 16:9、高速連写 H、マルチ連写および動画以外の撮影では、記録される画像に
スミアーの影響はありません。
高速連写 H 16:9、高速連写 H、マルチ連写および動画の撮影では、太陽や電灯などを画面
内に入れずに撮影するようおすすめします。
159
取り扱い上のご注意
バッテリーについて
付録
160
● 使用上のご注意
・ 長時間お使いになったバッテリーは、発熱していることがあるのでご注意ください。
・ 周囲の温度が 0 ∼ 40 ℃ の範囲を超える場所ではお使いにならないでください。バッテ
リーの性能劣化や故障の原因となります。
・ 万一、異常に熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常や不具合が起きたときは、すぐ
に使用を中止して、ご購入店またはニコンサービス機関に修理を依頼してください。
・ カメラやバッテリーチャージャーから取り外したときは、必ず付属の端子カバーを付け
てください。
● 充電について
撮影の前に、充電してください。付属のバッテリーは、ご購入時にはフル充電されており
ませんので、ご注意ください。
・ 周囲の温度が 5 ∼ 35 ℃ の室内で充電してください。
・ バッテリーの温度が 0 ∼ 10 ℃ 、45 ∼ 60 ℃のときは、充電できる容量が少なくなるこ
とがあります。バッテリーの温度が 0 ℃ 以下、60 ℃ 以上のときは、充電をしません。
・ 充電が完了したバッテリーを、続けて再充電しないでください。バッテリー性能が劣化
します。
・ 充電直後にバッテリーの温度が上がることがありますが、性能その他に異常はありませ
ん。
・ カメラの使用直後など、バッテリー内部の温度が高くなっているときは、バッテリーの
温度が下がるのを待ってから充電してください。バッテリー内部の温度が高い状態で
は、充電ができなかったり、不完全な充電になるばかりでなく、バッテリーの性能が劣
化する原因となります。
● 予備バッテリーを用意する
撮影の際は、予備バッテリーをご用意ください。特に、日本国外の地域によっては入手が
困難な場合がありますので、ご注意ください。
● 低温時のバッテリーについて
バッテリーは一般的な特性として、低温時には性能が低下します。低温時にお使いになる
ときは、バッテリーおよびカメラを冷やさないようにしてください。
● 低温時には容量の充分なバッテリーを使い、予備のバッテリーを用意する
消耗したバッテリーを低温時に使うと、カメラが作動しないことがあります。低温時の撮
影には充分に充電したバッテリーと予備のバッテリーを用意してください。予備のバッテ
リーは保温し、交互にあたためながらお使いください。低温のために一時的に性能が低下
して使えなかったバッテリーでも、常温に戻ると使える場合があります。
● バッテリー接点について
バッテリーの接点が汚れると、接触不良でカメラが作動しなくなることがありますので、
ご注意ください。汚れた接点は、乾いた布できれいに拭いてからお使いください。
取り扱い上のご注意
● 残量について
残量のなくなったバッテリーをカメラに入れたまま、何度も電源スイッチの ON/OFF を繰
り返すと、バッテリーの寿命に影響をおよぼすおそれがあります。残量がなくなったバッ
テリーは、充電してからお使いください。
● 保管について
・ バッテリーをお使いにならないときは、必ずカメラやバッテリーチャージャーから取り
出してください。カメラやバッテリーチャージャーに取り付けたままにしておくと、電
源が切れていても微小電流が流れ続けることで過放電になり、使えなくなるおそれがあ
ります。
・ バッテリーは、長期間使わないときでも必ず半年に 1 回は充電し、使い切った状態で保
管してください。
・ バッテリーは付属の端子カバーを付けて、涼しい場所で保管してください。周囲の温度
が 15 ∼ 25 ℃くらいの乾燥したところをおすすめします。暑いところや極端に寒いとこ
ろは避けてください。
● 寿命について
充分に充電したにもかかわらず、バッテリーの使用期間が極端に短くなってきたときは、
バッテリーの寿命です。新しいバッテリーをお買い求めください。
● リサイクルについて
充電を繰り返して劣化し、使えなくなったバッテリーは、廃棄しないでリサ
イクルにご協力ください。接点部にテープなどを貼り付けて絶縁してから、
ニコンサービス機関やリサイクル協力店へお持ちください。
数字の有無と数値は電池
によって異なります。
付録
161
警告メッセージ
画面に表示される警告メッセージの意味は、以下のとおりです。
表示
O
(点滅)
B
N
電池残量が
ありません
P
電池が高温です
意味
対処法
カメラの時計が設定
日付と時刻を設定してください。
されていません。
電池の残量が少なく バッテリーを充電または交換する
16、18
なりました。
準備をしてください。
電池の残量がありま バッテリーを充電または交換して
16、18
せん。
ください。
電源を OFF にして、バッテリーの温
度が下がるまでしばらく放置して
からご使用ください。このメッセー
バッテリーの温度が ジが出ると 5秒後に液晶モニターが
高 温 に な っ て い ま 消灯し、電源ランプが高速点滅を開
す。
始します。ランプの点滅が 3 分続く
と電源は自動的に OFF になります
が、電源スイッチを押しても OFF に
できます。
SD カ ー ド の 書 き 込
N
み禁止スイッチが
「Lock」を解除してください。
カードがロックさ
「Lock」さ れ て い ま
れています
す。
P
このカードは使え
ません
・ 動作確認済みのカードを使って
ください。
SD カ ー ド へ の ア ク ・ カードの端子部分が汚れていな
セス異常です。
いか確認してください。
P
・ カードが正しく挿入されている
カードに異常があ
か確認してください。
ります
付録
162
A
138
P
このカードは初期化
されていません。 SD カードが、この [はい]を選んで k ボタンを押し、
初期化しますか? カメラ用に初期化さ SD カードを初期化してください。
れていません。
いいえ
はい
19
23
155
22
22
23
・ 画質または画像サイズを変更し 107、
108
てください。
・
不要な画像や音声データを削除
30
、86、
N
データを記録する空
してください。
90、132
メモリー残量があ き 容 量 が あ り ま せ
22
・ SD カードを交換してください。
りません
ん。
22
・ SD カードをカメラから取り出
し、
内蔵メモリーを使ってくださ
い。
警告メッセージ
表示
意味
対処法
A
画像記録中にエラー 内蔵メモリー /SD カードを初期化
が発生しました。
してください。
147
これ以上記録できな ・ SD カードを交換してください。
いファイル番号に達 ・ 内蔵メモリー /SD カードを初期
しました。
化してください。
22
147
[画像サイズ]
を[I 3984×2656]、
P
[G 3968×2232]
または[H 2992
画像を保存できま
58、77、
オープニング画面に × 2992]にして撮影した画像、
[高
せん
78、
登録できない画像で 速連写 H 16:9]で撮影した画像、お
107、
す。
よびトリミングやスモールピク
108
チャーで作成した画像サイズ160×
120 以下の画像は登録できません。
画像コピー先の容量 コピー先の不要な画像を削除して
不足です。
ください。
132
P
これ以上記録できな ・ SD カードを交換してください。
音声を登録できま いファイル番号に達 ・ 内蔵メモリー /SD カードを初期
せん
しました。
化してください。
22
147
N
目つぶりを検出した
記録した画像に目
画 像 を 記 録 し ま し 画像を再生して確認してください。
を閉じた人がいる
た。
かもしれません
N
編集できない画像を
この画像は編集で 編集しようとしまし
きません
た。
・ 簡単レタッチ、D- ライティング、
トリミング、スモールピクチャー
または黒フレームが可能な条件
を確認してください。
・ 動画は編集できません。
55
74
−
155
N
これ以上新しいフォ SD カードを交換するか、内蔵メモ
連番リセットでき ルダーを作成できま リー /SD カードを初期化してくだ
ません
せん。
さい。
22、
147、
154
内蔵 メ モリ ー から SD カ ード に コ
N
撮影画像がありま 撮影済みの画像があ ピーする場合は、dボタンを押し
てください。[画像コピー]が表示
りません。
せん
されます。
134
N
コピー元に音声デー コピーする方向を確認してくださ
音声データがあり
タがありません。
い。
ません
89
付録
N
SD カードに動画を
動画記録できませ 記録するのに時間が 画像記録処理の速い SD カードに交
換してください。
ん
かかっています。
163
警告メッセージ
表示
意味
対処法
N
このファイルは表
示できません
このカメラ以外で作 このカメラでは再生できません。
成されたファイルで ファイルを作成または編集したパ
P
す。
ソコンなどで再生してください。
このデータは再生
できません
スライドショーで表
示できる画像があり
ません。
−
N
表示できる画像が 内 蔵 メ モ リ ー /SD [非表示設定]で画像の非表示設定
ありません
カード内の画像がす を解除してください。
べて非表示設定され
ています。
−
131
133
N
このファイルは削 画像にプロテクトが プロテクトを解除してください。
かかっています。
除できません
132
N
自宅と訪問先を同じ
自宅と訪問先が同じ タイムゾーンに設定
タイムゾーンです しました。
140
−
P
モードダイヤルが正 モードダイヤルを回して、カメラの
モードダイヤルの位 しい位置にセットさ 指標にいずれかのモードを合わせ
置がずれています れていません。
てください。
N
フラッシュポップ
アップボタンを押し
て、フラッシュを上
げてください
付録
164
A
10
シーンモードが[夜
景ポートレート]ま m(フラッシュポップアップ)ボタ
33、42、
たは[逆光]のとき ンを押して内蔵フラッシュをポッ
46
に、内蔵フラッシュ プアップしてください。
を閉じています。
X(フラッシュポップアップ)ボタ
おまかせシーンモー ンを押して内蔵フラッシュをポッ
N
ド の と き に 内 蔵 フ プアップしてください。フラッシュ
フラッシュが閉じて
ラッシュが閉じてい を使いたくないときは、内蔵フラッ
います
ます。
シュを閉じたままでも撮影できま
す。
7、52
Q
レンズキャップが付いているとき
レンズエラー ( レン
は、外してから電源を入れ直してく
ズキャップが付いて レンズの作動不良で
ださい。エラー表示が続くときは、
いるときは、外して す。
ニコンサービス機関までご連絡く
から電源を入れなお
ださい。
してください )
19
警告メッセージ
表示
意味
対処法
A
94、98
電源を OFF にしてバッテリーを入
カメラの内部回路に れ直し、もう一度電源を ON にして
エラーが発生しまし ください。エラー表示が続くとき
た。
は、ニコンサービス機関までご連絡
ください。
19
PR
プリンターを確認し、エラーの原因
プリンターエラー: プリンターに異常が を取り除いた後、
[継続]を選んで
プリンターを確認し あります。
kボタンを押し、
プリントを再開し
てください
てください。※
−
PR
指定したサイズの用紙をセットし
指定したサイズの用
た後、
[継続]を選んでkボタンを
プリンターエラー:
紙がセットされてい
押し、プリントを再開してくださ
用紙を確認してくだ
ません。
い。※
さい
−
PR
詰まった用紙を取り除いた後、[継
用紙が詰まりまし
続]を選んで k ボタンを押し、プ
プリンターエラー:
た。
リントを再開してください。※
紙詰まりです
−
指定したサイズの用紙をセットし
PR
用紙がセットされて た後、
[継続]を選んでkボタンを
プリンターエラー:
いません。
押し、プリントを再開してくださ
用紙がありません
※
い。
−
PR
インクを確認した後、[継続]を選
プリンターエラー: インクに異常があり
んで k ボタンを押し、プリントを
インクを確認してく ます。
再開してください。※
ださい
−
PR
インクを交換した後、[継続]を選
インクがなくなりま
んで k ボタンを押し、プリントを
プリンターエラー:
した。
再開してください。※
インクがありません
−
PR
プ リ ン ト す る 画 像 [キャンセル]を選んでkボタンを
プリンターエラー: ファイルに異常があ 押し、プリントを中止してくださ
い。
ファイルが異常です ります。
−
通信エラー
システムエラー
Q
※プリンターの使用説明書もあわせてご覧ください。
付録
プリンターとの通信 カメラの電源を OFF にして、USB
中に、USB ケーブル ケーブルの接続をやり直してくだ
が外れました。
さい。
P
165
故障かな?と思ったら
カメラの動作がおかしいとお感じになったときは、ご購入店やニコンサービス
機関にお問い合わせいただく前に、以下の項目をご確認ください。
表示・設定・電源関連
こんなときは
考えられる原因や対処法
・ 電源が入っていません。
・ バッテリー残量がありません。
・ 節電機能により待機状態になっています。電源ス
イッチ、シャッターボタンまたは c ボタンを押す
か、モードダイヤルを回すと、待機状態を解除でき
液晶モニターや
ます。
電子ビューファ
・ 液晶モニターと電子ビューファインダーは同時に
インダーに何も
点灯しません。x ボタンを押して点灯させたい方
映らない
に切り換えてください。
・ カメラとパソコンが USB ケーブルで接続されてい
ます。
・ カメラとテレビが AV ケーブルで接続されています。
・ 微速度撮影中またはインターバル撮影中です。
・
液晶モニターが
よく見えない
・
・
周囲の光が明るすぎます。暗い場所に移動するか、
電子ビューファインダーをお使いください。
液晶モニターの明るさを調整してください。
液晶モニターが汚れています。
電子ビューファイ
ンダー内がはっき 視度調節ダイヤルで調節してください。
り見えない
・
x ボタンを押し
てもモニターが
液晶モニター(ま
たは電子ビュー
ファインダー)に
・
切り換わらない
19
24
19、31
14
93
92
84、119
14
141
158
14
以下の場合、モニターの切り換えはできません。
- 動画の撮影中および再生中
81、86
- 音声メモ、音声レコードの録音中および再生中
80、87、89
97
- プリンターに接続中
30、31
- 画像の削除画面の表示中
162
警告内容によっては、警告メッセージの表示中は、
モニターの切り換えができません。
・ バッテリー残量がありません。
・ 無操作状態が続いたため、オートパワーオフ機能が
カメラの電源が
働きました。
突然切れる
・ 低温下ではカメラやバッテリーが正常に動作しな
いことがあります。
付録
166
A
・ 日時を設定していない(撮影時に時計マークが点滅
している)場合は、静止画の撮影日時が「0000/00/
00 00:00」、動画の撮影日時や音声レコードの録
音 日 時 が「2009/01/01 00:00」と 記 録 さ れま す。
撮影日時が正し
セットアップメニュー[日時設定]で日時を正しく
く表示されない
設定してください。
・ 内蔵時計は腕時計などの一般的な時計ほど精度は
高くありません。定期的に日時設定を行うことをお
すすめします。
24
19
160
20、138
138
故障かな?と思ったら
こんなときは
考えられる原因や対処法
A
撮 影 情 報 や 画 像 撮影情報、画像情報を非表示にしている可能性があり
情 報 が 表 示 さ れ ます。設定内容の情報が表示されるまで、sボタン
ない
を押してください。
15
[デ ー ト 写 し 込 セットアップメニュー[日時設定]が設定されていま
み]が選べない せん。
20、138
以下の場合は日付が写し込まれません。
・ シーンモードが[ミュージアム]または[パノラマ
アシスト]になっているとき
[デ ー ト 写 し 込 ・ 撮影メニュー[連写]が[連写]
、[BSS]のとき
み]を有効にした ・ 撮影メニュー[ブラケティング]が[OFF]以外の
のに、日付が写し
とき
込まれない
・ y(目つぶり軽減)のとき
・ スポーツ連写モードのとき
・ 動画
設定内容が初期
バックアップ用電池が切れたため、設定がリセットさ
状態に戻ってし
れました。
まった
・ フォルダー番号が 999 に達し、そのフォルダー内
にファイルがあるときは、[連番リセット]ができ
ません。SD カードを交換するか、内蔵メモリー /
[連 番 リ セ ッ ト] SD カードを初期化してください。
・ シーンモードが[パノラマアシスト]、
[音声レコー
ができない
ド]のとき、または撮影モードが A、B、C、D、
E、F で、撮影メニュー[連写]が[インターバ
ル撮影]のときは[連番リセット]ができません。
バッテリーの温度が高温になっています。電源を OFF
液晶モニターが
にして、バッテリーの温度が下がるまでしばらく放置
消灯し、電源ラン
してからご使用ください。ランプの点滅が 3 分続くと
プが高速点滅す
電源は自動的に OFF になりますが、電源スイッチを押
る
しても OFF にできます。
45、47
118
121
55
56
81
139
154、156
154、156
19
付録
●デジタルカメラの特性について
きわめてまれに、液晶モニターに異常な表示が点灯したまま、カメラが作動しな
くなることがあります。原因として、外部から強力な静電気が電子回路に侵入し
たことが考えられます。このような場合は、電源を OFF にしてバッテリーを入れ
直し、もう一度電源を ON にしてみてください。これによってカメラが作動しな
くなったときのデータは失われるおそれがありますが、すでに内蔵メモリーまた
は SD カードに記録されているデータは失われません。この操作を行ってもカメ
ラに不具合が続くときは、ニコンサービス機関にお問い合わせください。
167
故障かな?と思ったら
撮影関連
こんなときは
撮影できない
考えられる原因や対処法
・ オートフォーカスが苦手な被写体を撮影していま
す。
を
[AUTO]
にし
・ セットアップメニュー[AF 補助光]
てください。
ピントが合わな
・ シャッターボタンを半押ししたときに、被写体が
い
AF エリア内に入っていません。
・ フォーカスモードが E(マニュアルフォーカス)に
なっています。
・ 電源を入れ直してください。
画像がぶれる
・ フラッシュを使ってください。
・ 手ブレ補正機能やモーション検知機能を使ってく
ださい。
・ D(ベストショットセレクター)を使ってください。
・ 三脚などでカメラを安定させてください(セルフタ
イマーを併用すると、より効果的です)。
フ ラ ッ シ ュ 撮 影 フラッシュの光が空気中のほこりなどに反射して写
時に、画像に白い り込んでいます。フラッシュモードを W(発光禁止)
点が写り込む
にしてください。
付録
・ フラッシュモードが W(発光禁止)
になっています。
・ フラッシュが発光しないシーンモードになってい
ます。
・ y(目つぶり軽減)になっています。
・ フォーカスモードが B(遠景 AF)になっています。
フ ラ ッ シ ュ が 発 ・ スポーツ連写モードになっています。
光しない
・ D モード([微速度撮影 640P]を除く)になって
います。
・ 撮影メニュー[連写]が[連写]、
[BSS]または
[マルチ連写]になっています。
・ 撮影メニュー[ブラケティング]が[OFF]以外に
なっています。
光学ズームが使
動画撮影中は使えません。
えない
168
A
30
・ 再生モードになっているときは、c ボタンまたは
シャッターボタンを押してください。
13
・ メニューが表示されているときは、d ボタンを押
してください。
24
・ バッテリー残量がありません。
・ シーンモードが[夜景ポートレート]または[逆光] 33、42、46
になっているときは、内蔵フラッシュをポップアッ
プしてください。
34
・ フラッシュ表示が点滅しているときは、フラッシュ
の充電中です。
29
145
28、122
36、38
24
32
143
118
35
32
32
40
55
36
56
81
118
121
81
故障かな?と思ったら
こんなときは
考えられる原因や対処法
・ セットアップメニュー[電子ズーム]が[OFF]に
なっています。
・ 以下の場合、電子ズームは使えません。
- フォーカスモードが E(マニュアルフォーカス)のとき
- a(笑顔自動シャッター)または y(目つぶり
軽減)のとき
電子ズームが使
えない
- シーンモードが[ポートレート]、[夜景ポート
レート]または[打ち上げ花火]のとき
- おまかせシーンモードのとき
- 撮影メニュー[連写]が[マルチ連写]のとき
- 動画の撮影開始前([微速度撮影 640P]以外の
動画撮影中は 2 倍まで作動)
・ 撮影メニュー[連写]が[マルチ連写]のときは、
設定できません。
・ 撮影メニュー[ISO 感度設定]が[3200]、[6400]
の と き、ま た は ス ポ ー ツ 連 写 モ ー ド の と き は、
[画像サイズ]が
[F 4000 × 3000]、
選べない
[E 3264 × 2448]、
[D 2592
× 1944]、
[I 3984 × 2656]、
[G 3968 × 2232]、
[H 2992 × 2992]を選べません。
・[高速連写 H 16:9]のときは、設定できません。
・ セットアップメニュー[操作音]の[シャッター音]
が[OFF]になっています。
・ 撮影メニュー[連写]が[連写]、
[BSS]または
[マルチ連写]になっています。
シ ャ ッ タ ー 音 が ・ 撮影メニュー[ブラケティング]が[OFF]以外に
鳴らない
なっています。
・ シーンモードが[ミュージアム]になっています。
・ スポーツ連写モードになっています。
・ D モードになっています。
・ スピーカーをふさがないでください。
AF 補助光]が[OFF]に
AF 補助光が点灯 ・ セットアップメニュー[
なっています。
しない
・ 一部のシーンモードでは点灯しません。
A
145
36、38
54、55
41、42、46
52
118
81
118
58、116
58
146
118
121
45
56
81
5、26
145
145
画像が鮮明でない レンズが汚れています。
158
画像の色合いが
適切なホワイトバランスが選ばれていません。
不自然になる
114
付録
画像がざらつく
被写体が暗いため、シャッタースピードが遅くなって
いるか、ISO 感度が高くなっています。
・ フラッシュを使ってください。
・ 低い ISO 感度にしてください。
・ 撮影状況に合わせて、撮影メニュー
[ノイズ低減]を
設定してください。
・ ノイズ低減機能付きのシーンモードで撮影してく
ださい。
32
116
126
40
169
故障かな?と思ったら
こんなときは
画像が暗すぎる
考えられる原因や対処法
・
・
・
・
・
・
フラッシュモードが W(発光禁止)
になっています。
内蔵フラッシュが指などでさえぎられています。
被写体にフラッシュの光が届いていません。
露出を補正してください。
ISO 感度を上げてください。
逆光で撮影しています。内蔵フラッシュをポップ
アップし、シーンモードの[逆光]にするかフラッ
シュモードを X(強制発光)にして撮影してください。
画像が明るすぎる 露出を補正してください。
V(赤目軽減自動発光)やシーンモードの[夜景ポー
トレート]の赤目軽減スローシンクロ強制発光でフ
赤 目 以 外 の 部 分 ラッシュ撮影すると、ごくまれに赤目以外の部分が補
が補正された
正されることがあります。
[夜景ポートレート]以外の
撮影モードで、フラッシュモードをV(赤目軽減自
動発光)以外にして撮影してください。
・ セルフタイマー、a(笑顔自動シャッター)または
y(目つぶり軽減)が設定されています。
・ 撮影メニュー[ノイズ低減]または[ゆがみ補正]
マルチ連写でき
が[ON]のときは、マルチ連写はできません。
ない
・ 撮影メニュー[仕上がり設定]を[白黒]にして
[カラー同時記録]のチェックボックスをオンにす
ると、マルチ連写はできません。
・ 撮影メニュー[ブラケティング]が設定されています。
仕上がり設定の
[カ ス タ マ イ ズ]
または[白黒]の 撮影メニュー[
Active D- ライティング]が[OFF]
[カ ス タ マ イ ズ]
以外になっています。
の[コ ン ト ラ ス
ト]が調整できな
い
A
32
26
32
39
116
32、46
39
32、42
35、54
126
113
121
70、111
再生関連
こんなときは
付録
再生できない
考えられる原因や対処法
・ パソコンか他社製のカメラによって画像が上書きさ
れたか、ファイル名やフォルダー名が変更されまし
た。
・ 微速度撮影中またはインターバル撮影中です。
画 像 の 拡 大 表 示 動画やスモールピクチャー、320 × 240 以下にトリミ
ができない
ングされた画像は拡大表示できません。
170
A
−
84、119
−
故障かな?と思ったら
こんなときは
考えられる原因や対処法
・ 動画には音声メモを付けられません。
音 声 メ モ の 録 音 ・ このカメラ以外で撮影した画像には、このカメラで
や再生ができな
音声メモを付けられません。また、このカメラ以外
い
で画像に音声メモを付けると、このカメラでは再生
できません。
簡単レタッチ、Dライティング、ト
リミング、スモー
ルピクチャー、黒
フレームができ
ない
・ 動画は編集できません。
・[画像サイズ]を[I3984 × 2656]、
[G3968 ×
2232]、[H2992 × 2992]にして撮影した画像
や[高速連写 H 16:9]で撮影した画像は、黒フ
レーム以外の編集ができません。
・ 簡単レタッチ、D- ライティング、トリミング、ス
モールピクチャー、黒フレームが可能な条件を確認
してください。
・ このカメラ以外で撮影した画像は編集できません。
・ 他のデジタルカメラでは、編集した画像の正常な表
示やパソコンへの転送ができないことがあります。
A
86
80
86
58、108
74
−
−
・ セットアップメニュー[ビデオ出力]が正しく設定
されていません。
画像がテレビに
・ 画像が記録されていない SD カードが入っています。
映らない
SDカードを交換してください。内蔵メモリーの画像
を再生するときは SD カードを取り出してください。
148
カメラの電源が OFF になっています。
バッテリー残量がありません。
USB ケーブルが正しく接続されていません。
パソコンにカメラが正しく認識されていません。
対応 OS を確認してください。
Nikon Transfer が自動起動しない設定になってい
ます。
Nikon Transfer については、Nikon Transfer のヘ
ルプをご参照ください。
24
24
94
・
・
カメラをパソコ ・
ンに接続しても、 ・
Nikon Transfer ・
が自動起動しな ・
い
22
ー
93
ー
22
PictBridge 対応プリンターでも、以下の場合はカメラ
で「用紙設定」はできません。プリンター側で用紙サ
イズを設定してください。
カメラ側で用紙
・ カメラ側で設定した用紙サイズにプリンターが対
設定ができない
応していません。
・ 自動的に用紙サイズを認識するプリンターを使っ
ています。
99、100
付録
プ リ ン ト す る 画 画像が記録されていない SD カードが入っています。SD
像 が 表 示 さ れ な カードを交換してください。内蔵メモリーの画像をプ
い
リントするときは SD カードを取り出してください。
ー
171
主な仕様
ニコン デジタルカメラ COOLPIX P90
型式
有効画素数
撮像素子
レンズ
焦点距離
絞り
レンズ構成
電子ズーム
f/2.8–5
11 群 14 枚
最大 4 倍(35mm 判換算で約 2496mm 相当の撮影画角)
イメージセンサーシフト方式(静止画)
電子式(動画)
オートフォーカス
コントラスト検出方式、マルチエリア AF 可能
・ レンズ前約 50 cm ∼∞(広角側)、約 1.7 m ∼∞(望
遠側)
撮影距離
(F マークが緑色になる
・ マクロ AF 時は約 10 cm ∼∞
ズーム位置 )、約 1 cm ∼∞(K マークのズーム位置)
AF エリア
顔認識オート、オート(9 点)
、中央、マニュアル(99 点)
カラー液晶ビューファインダー、0.24 型 TFT 液晶、約 23
電子ビューファインダー 万ドット
視度調節機能付き
視野率(撮影時)
上下左右とも約 97%(対実画面)
視野率(再生時)
上下左右とも約 100%(対実画面)
3 型 TFT 液晶、反射防止コート付き、約 23 万ドット
液晶モニター
輝度調節機能付き(5 段階)、
チルト式(下方 45°、上方 90°可動)
視野率(撮影時)
上下左右とも約 97%(対実画面)
視野率(再生時)
上下左右とも約 100%(対実画面)
記録方式
記録媒体
内蔵メモリー(約 47 MB)、SD メモリーカード
画像ファイル
DCF、Exif 2.2、DPOF 準拠
静止画: JPEG-Baseline 準拠、圧縮率:FINE(約 1/4)、
NORMAL(約 1/8)、BASIC(約 1/16)
ファイル形式
動画:AVI
音声:WAV
・ 4000 × 3000 [12 M ] ・ 3264 × 2448 [8 M]
・ 2592 × 1944 [5 M] ・ 2048 × 1536 [3 M]
・ 1600 × 1200 [2 M] ・ 1280 × 960 [1 M]
画像サイズ
[TV]
・ 1024 × 768 [PC] ・ 640 × 480
(記録画素数)
・ 3984 × 2656 [3:2] ・ 3968 × 2232 [16:9]
・ 2992 × 2992 [1:1] ・ 1920 × 1080 [16:9 2M]
手ブレ補正
付録
172
コンパクトデジタルカメラ
12.1 メガピクセル
1/2.33 型原色 CCD、総画素数 12.7 メガピクセル
光学 24 倍 ズームニッコールレンズ
4.6–110.4mm(35mm 判換算 26–624mm 相当の撮影画角)
主な仕様
付録
・ ISO 64、100、200、400、800、1600、3200、6400
・ オート(ISO 64 ∼ 800)
ISO感度(標準出力感度) ・ 高感度オート(ISO 64 ∼ 1600)
・ 感度制限オート
(ISO 64 ∼ 100、64 ∼ 200、64 ∼ 400)
・ スポーツ連写モード(ISO 640 ∼ 6400)
露出
マルチパターン測光(256 分割)、中央部重点測光、ス
測光方式
ポット測光、AF スポット測光(99 点 AF 対応)
プログラムオート(プログラムシフト可能)
、シャッター
優先オート、絞り優先オート、マニュアル露出、ブラケ
露出制御
ティング、モーション検知機能付き、露出補正(± 2 段
の範囲で 1/3 段刻み)可能
露出連動範囲
− 1 ∼+ 17.5 EV(広角側)
(ISO 100)
0.7 ∼ 17.6 EV(望遠側)
シャッター
メカニカルシャッターと CCD 電子シャッターの併用
1/2000 ∼ 8 秒、1/4000 ∼ 1/20 秒([高速連写 H]、
[高速
シャッタースピード
連写 H 16:9]時)
絞り
電磁駆動による 6 枚羽根虹彩絞り
制御段数
10(1/3 EV ステップ)
セルフタイマー
約 10 秒、約 2 秒、笑顔自動シャッター、目つぶり軽減
内蔵フラッシュ
調光範囲
約 0.5 ∼ 8 m(広角側)
(ISO 感度設定オート時) 約 1.7 ∼ 5 m(望遠側)
調光方式
モニター発光による TTL 自動調光
インターフェース
Hi-Speed USB
通信プロトコル
MTP、PTP
ビデオ出力
NTSC、PAL から選択可能
入出力端子
デジタル端子 / オーディオビデオ(AV)出力端子
言語
日本語、英語の 2 言語
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5(リチウム
電源
イオン充電池:付属)× 1 個
AC アダプター EH-62A(別売)
撮影可能コマ数(電池寿命)※ 約 200 コマ(EN-EL5 使用時)
寸法(幅×高さ×奥行き) 約 114 × 83 × 99 mm(突起部除く)
質量
約 460 g(バッテリー、SD カード除く)
動作環境
使用温度
0 ∼ 40 ℃
使用湿度
85 %以下(結露しないこと)
173
主な仕様
・ 仕様中のデータは、すべて常温(25 ℃)
、リチャージャブルバッテリー ENEL5 をフル充電で使用時のものです。
※ 電池寿命測定方法を定めた CIPA(カメラ映像機器工業会)規格によるものです。
測定条件は、23(±2) ℃、撮影ごとにズーム、2 回に 1 回の割合でのフラッシュ撮
影、画質[NORMAL]、画像サイズ[F 4000 × 3000]です。撮影間隔、メニュー
表示時間、画像表示時間などにより、コマ数は変動します。
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5
形式
リチウムイオン充電池
定格容量
DC 3.7 V、1100 mAh
0 ∼ 40 ℃
使用温度
寸法
(幅×高さ×奥行き)
質量
約 36 × 54 × 8 mm(突起部除く)
約 30 g(端子カバーを除く)
バッテリーチャージャー MH-61
定格入力
定格入力容量
定格出力
適応充電池
充電時間
使用温度
寸法
(幅×高さ×奥行き)
AC 100–240 V、50/60 Hz、0.12–0.08 A
11–16 VA
DC 4.2 V、950 mA
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL5
約 2 時間(残量のない状態からの充電時間)
0 ∼ 40 ℃
約 67 × 26 × 67 mm(突起部除く)
電源コード
長さ約 1.8 m、日本国内専用 AC 100 V 対応
質量
約 70 g(電源コードを除く)
付録
B
174
使用説明書について
・ 使用説明書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
・ 製品の外観、仕様、性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
主な仕様
このカメラの準拠規格
・ Design rule for Camera File system (DCF):各社のデジタルカメラで記録
された画像ファイルを相互に利用し合うための記録方式です。
・ DPOF (Digital Print Order Format):デジタルカメラで撮影した画像をプリ
ントショップや家庭用プリンターで自動プリントするための記録フォー
マットです。
・ Exif (Exchangeable image file format) Version 2.2:デジタルカメラとプ
リンターの連携を強化し、高品質なプリント出力を簡単に得ることを目指し
た規格です。この規格に対応したプリンターをお使いになると、撮影時のカ
メラ情報を活かしたプリント出力を得られます。詳しくはプリンターの使用
説明書をご覧ください。
・ PictBridge:デジタルカメラとプリンターのメーカー各社が相互接続を保証
するもので、デジタルカメラの画像をパソコンを介さずプリンターで直接プ
リントするための標準規格です。
付録
175
索引
マーク・英数字
付録
176
R 51
A オート撮影モード 24
x おまかせシーンモード 52
c 再生モード 30
y シーンモード 40
C 絞り優先オートモード 60、64
B シャッター優先オートモード 60、63
d スポーツ連写モード 56
D 動画モード 81
A プログラムオートモード 60、62
D マニュアル露出モード 60、65
E/F ユーザーセッティングモード 67
k 決定ボタン 12
c 再生ボタン 30
l 削除ボタン 30、31、80、86、90
n セルフタイマー/a 笑顔自動シャッター/
y 目つぶり軽減 35、54
s 表示切り換えボタン 15
p フォーカスモード 37
X フラッシュポップアップボタン 33
X フラッシュモード 33
d メニューボタン 13
x モニターボタン 15
o 露出補正 39
i 拡大表示 73
f 広角ズーム 27
h サムネイル表示 71
j ヘルプ 14
g 望遠ズーム 27
1 コマ表示 30、31
Active D- ライティング 70
AC アダプター 155
AF エリア 28
AF エリア選択 122
AF 表示 28
AF 補助光 4、145
AF モード 83、125
AV ケーブル 92
BSS 118
DPOF 175
DPOF プリント 102
DSCN 156
D- ライティング 76
FSCN 156
INTN 156
ISO 感度 34、116
Li-ion リチャージャブルバッテリー 18
Nikon Transfer 94
PictBridge 97、175
RSCN 156
SD カード 22、155
SD カードスロット 22
SD カードの初期化 23、147
SSCN 156
TV 再生 82、83
USB ケーブル 94、98
User Setting 登録 68
User Setting リセット 69
.AVI 156
.JPG 156
.WAV 156
ア
赤目軽減自動発光 32、34
アクティブ D- ライティング 70
インターバル撮影 118、119
打ち上げ花火 m 46
海・雪 g 43
笑顔自動シャッター 54
液晶モニター 8、9、158
遠景 AF 36
オーディオビデオケーブル 92
オート撮影モード 24
オートパワーオフ 146
オートフォーカス 37、83、125
オートフォーカスモード 125
オープニング画面 137
おまかせシーンモード 52
音声データコピー 91
音声データ再生 89
音声入力 / 映像入力端子 92
音声メモ 80
音声レコード E 87
音声録音 87
音量 86、90
カ
顔認識オート 122
索引
拡大表示 73
拡張子 156
画質 107
カスタマイズ 112
画像回転 133
画像コピー 134
画像サイズ 108
カメラ再生 82、83
画面の明るさ 141
カラー同時記録 113
カレンダー表示 72
簡単レタッチ 75
感度制限オート 116
逆光 o 46
強制発光 32
記録可能コマ数 24、109
記録可能時間 83
クローズアップ k 44
黒フレーム 79
ケーブル接続端子 92、94、98
言語 /Language 148
広角ズーム 27
光学ズーム 27
高感度オート 116
高速連写設定 58
コマンドダイヤル 11
サ
タ
タイムゾーン 140
ダイレクトプリント 97
タブの切り換え方法 13
端子カバー 4
単写 118
調光補正 125
チルト式液晶モニター 6
デート写し込み 142
手ブレ補正 143
テレビ 92
電源 20、24
電源スイッチ / 電源ランプ 20、24
電子式手ブレ補正 84
付録
再生 30、31、71、72、73、80、86、89
再生メニュー 129
再生モード 30
彩度調整 112
先取り撮影 58、59
削除 30、31、80、86、90、132
撮影 24
撮影メニュー 105
サマータイム 20、139
サムネイル表示 71
三脚ネジ穴 5
仕上がり設定 111
シーンメニュー 40
シーンモード 40
識別子 156
時差 140
自動発光 32
視度調節ダイヤル 14
絞り値 61
絞り優先オートモード 64
シャッター優先オートモード 63
シャッター音 146
シャッタースピード 61
シャッターボタン 28
充電器 155
充電式バッテリー 155
常時 AF 83、125
初期化 23、147
白黒動画 82、83
シングル AF 83、125
ズーム 27
ズームレバー 4、27
ストラップ取り付け部 4
スピーカー 5
スポーツ連写メニュー 58
スポーツ連写モード 56
スモールピクチャー 78
スライドショー 131
スローシンクロ 32
設定音 146
設定クリアー 151
セットアップメニュー 135
セピア動画 82、83
セルフタイマー 35
セルフタイマーランプ 35
操作音 146
測光方式 117
177
索引
電子ズーム 27、145
電子ビューファインダー 14
動画再生 86
動画撮影 81
動画設定 82
動画メニュー 82
動画モード 81
トリミング 77
トワイライト i 43
ナ
内蔵フラッシュ 32
内蔵メモリー 22
内蔵メモリーの初期化 147
内蔵メモリー表示 25
夏時間 20、139
日時設定 20、138
ノイズ低減 126
ハ
付録
178
バージョン情報 154
パーティー f 42
パソコン 93
発光禁止 32
バッテリー 18、139
バッテリー /SD カードカバー 18、22
バッテリー残量 24
バッテリー室 5
バッテリーチャージャー 155
バッテリーロックレバー 18
パノラマアシスト p 47、50
パワーコネクターカバー 4
半押し 28
微速度撮影 84
日付のプリント 104
ビデオ出力 148
非表示設定 133
ピント 28、83、122、125
ファイル名 156
風景 c 41
フォーカスモード 37
フォーカスロック撮影 29
フォルダー名 156
ブラケティング 121
フラッシュ表示 34
フラッシュモード 32
プリセットマニュアル 115
プリンター 97
プリント 99、100、103
プリント指定 103
プログラムオートモード 62
プロテクト設定 132
ベストショットセレクター 118
別売アクセサリー 155
ヘルプ 14
望遠ズーム 27
ポートレート b 41
ホワイトバランス 114
マ
マイク 4、80
マクロ AF 36
マニュアルフォーカス 36、38
マニュアル露出モード 65
マルチセレクター 12
マルチ連写 118
ミュージアム l 45
目つぶり軽減 55
目つぶり検出 149
メモリー残量 24
モーション検知 144
モードダイヤル 10
モノクロコピー n 46
モノクロフィルター 113
ヤ
夜景 j 44
夜景ポートレート e 42
ユーザー セッティングモード 67
夕焼け h 43
ゆがみ補正 126
用紙設定 99、100
ラ
リアシンクロ 32
リチウムイオン充電池 18
料理 u 48
輪郭強調 112
連写 118
レンズ 4、172
索引
レンズキャップ 7
連番リセット 154
露出補正 39
露出モード 60
ワ
ワールドタイム 138
付録
179
180
181
アフターサービスについて
■この製品の操作方法や修理についてのお問い合わせは
この製品の操作方法や修理について、ご質問がございましたら、ニコンカスタ
マーサポートセンターまでお問い合わせください。
・ ニコンカスタマーサポートセンターにつきましては、使用説明書裏面をご覧
ください。
●お願い
・ お問い合わせいただく場合には、次ページの「お問い合わせ承り書」の内
容をご確認の上お問い合わせください。
・ より正確、迅速にお答えするために、ご面倒でも次ページの「お問い合わ
せ承り書」の所定の項目にご記入いただき、FAX または郵送でお送りくだ
さい。
「お問い合わせ承り書」は、コピーしていただくと、繰り返しお使
いいただけます。
■修理を依頼される場合は
ご購入店、またはニコンサービス機関にご依頼ください。
・ ニコンサービス機関につきましては、
「ニコン サービス機関のご案内」をご
覧ください。
・ ご転居、ご贈答品などでご購入店に修理を依頼することができない場合は最
寄りの販売店、またはニコンサービス機関にご相談ください。
・ 修理に出されるときに、SD カードがカメラ内に挿入されていないかご確認
ください。
■補修用性能部品について
このカメラの補修用性能部品(その製品の機能を維持するために必要な部品)
の保有年数は、製造打ち切り後 5 年を目安としています。
・ 修理可能期間は、部品保有期間内とさせていただきます。なお、部品保有期
間経過後も、修理可能な場合もありますので、ご購入店またはニコンサービ
ス機関へお問い合わせください。水没、火災、落下等による故障または破損
で全損と認められる場合は、修理が不可能となります。なお、この故障また
は破損の程度の判定は、ニコンサービス機関にお任せください。
付録
■インターネットご利用の方へ
・ ソフトウェアのアップデート、使用上のヒントなど、最新の製品テクニカル
情報を次の当社ホームページでご覧いただくことができます。
http://www.nikon-image.com/jpn/support/
182
・ 製品をより有効にご利用いただくため定期的にアクセスされることをおす
すめします。
Printed in Japan
YP7J03(10)
6MMA1510-03
Printed in Japan
FX9B02(10)
© 2009 Nikon Corporation
6MM68310-02
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement