平成23年度 研究紀要 第8号

平成23年度 研究紀要 第8号
平 成 23 年 度
研究紀要
第8号
秋田県立男鹿海洋高等学校
目
(巻頭言)
Ⅰ
Ⅱ
次
・・・・・・・・・・・・・・校
長
工藤
校内職員研修・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・研
1
第1回校内職員研修(教育法規Ⅰ・Ⅱおよび特別支援教育)
2
第2回校内職員研修(ブレインライティング法による学校活性化)
校内研究授業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・研
1 第1回校内研究授業
2 第2回校内研究授業
Ⅲ
正孝
修
部
修
部
校外研修
1
10年経験者研修・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・鎌田美津子
2
A−23
高等学校新任学年主任研修講座・・・・・・・・・・・・・加藤
・・・・・・・・・・・・・船木
範昭
英也
3
B−10
高等学校英語科の授業スキルアップ・・・・・・・・・・・戸坂
圭子
4
C−26
ソーシャルスキルやエンカウンターの実践・・・・・・・・工藤
卓哉
5
C−27
教育相談に生かすカウンセリングの技法・・・・・・・・・工藤
卓哉
6
先進校視察・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大高
英俊
Ⅳ
水産フォーラム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・船木
和則
Ⅴ
参考資料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・船木
和則
編集後記・発行元・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・研
-1-
修
部
「研究する」ということ−武藤憲一先生のメッセージ−
校長
工
藤
正
孝
「研究する」ということは、結構骨が折れる。教員のほとんどは大学で専門的に経験し
てき て い る の で 、「 研 究 と は お よそ こ の よ う に 進め れ ばよ い 」程 度 は、 教 員な ら 誰で も で
きると期待されている。もちろん、レベルの高い研究ができる教員も多い。しかし、昨今
自分の研究を、自分の時間を捻出して行うことは難しくなった。先生方に「ちゃんと専門
的な研究をしなさい」などとは、なかなか言える状況にはないと私には感じられる。だか
らこそ、その中にあって地道に研究を進めている先生は、本当にすごいと思う。
「工藤さん、男鹿はいいところだよ。あそこには地球創世の歴史がそのまま見えるとこ
ろがたくさんあるんだ。」
昨年秋、武藤先生のご自宅にお邪魔した。先生とは8年前に秋田東高校で1年間同職さ
せていただき、スペース・イオ立ち上げ準備の中で私は先生の生き方、考え方に相当の影
響を受けた。先生は校長職を終えて定年退職した後、教員指導のために総合教育センター
に勤務された。その時、私は再び一緒に仕事をする機会を得た。生徒を見る眼の確かさと
温かさはいつも私の心に大きく響いた。また、研究に対する厳しさと究めていく道筋の確
かさは、多くの先生方に影響を与えた。現職である若い時分から、地理研究の大家でもあ
った。
「男鹿半島にはね岬端性(こうたんせい)という特色があり、その北側と南側で様々な
ものが違うんだよ。おもしろいところだよ。男鹿の子どもたちみんなに勉強させたいね。
ジオ パ ー ク に も 認 定 さ れ たし 、 今 が チ ャ ン ス だと 思 うよ 。『 男鹿 学 』と い う新 し い分 野 を
創ればいいね。」
お話しを伺いながら、3年間に亘る「目指せスペシャリスト」研究は地域に根ざした研
究な の で 、『 男 鹿 学 』 の 内 容 に 入っ て く る だ ろ うと 、 私は ふ と思 っ た。 そ して 、 ふる さ と
教育との関連、キャリア教育との関連と、先生とのお話はとても具体的で夢のある方向へ
と進んでいった。
「ビジョンを描くこと」、先生のお話しの中には、いつもそのメッセージが入っている。
ミッションを決めて、その達成に向けて具体的に対応策を考えて行く。手立て(選択肢)
を三つ以上考える。達成の阻害要因を当初は考慮しない。ここでは、ミッション達成のた
めの手立てをいくつ考え出せるかがポイントとなる。そして、実行の優先順位を決定する。
この発想は、先生とのおつき合いの中から生まれた。
さ て 、「 目 指 せ ス ペ シ ャ リ ス ト」 研 究 は 3 年 間の 中 で、 先 輩か ら 後輩 に 受け 継 がれ 、 一
つの ま と ま り を み た 。 生 徒た ち は 先 生 の 指 導 を受 け て、「 研 究」 を 体験 し た。 研 究を す る
ことによって、生徒は必ず変容する。実は、この「変容」が教育研究のテーマとなる。科
学研究を進めながら、生徒の変容を丁寧に見取っていくことが、教育研究の意義となる。
授業研究も同じである。学校における研究にはそこにもう一つの価値があり、それは生徒
とともに研究を推進する「教師側の研究」としての大切な視点でもある。
「男鹿海洋高校には地域を育てる学校になってもらいたい。そして、海洋の出口の先が
開けてくるといいね。」
先生は帰り際にエールを送ってくださった。微笑みながら優しく語りかけてくださった
その言葉には、『本校の存在意義は何か』という強いメッセージがこめられていた。
Ⅰ
校内職員研修
-1-
平成23年度
1
目
的
第1回校内職員研修
実施要項
新しい時代の教育の在り方について、「生徒指導」、「特別支援教育」を中心
に法令・判例を交えながら講義・演習を行う。それによって「視座を変えてと
らえる、視野を広げてみる、視点を変えてとらえる」等の力を養う。
2
期
日
平成23年7月19日(火)(野球応援の場合には延期)
3
会
場
情報処理室室
4
講
師
研修部主任
5
日
程
14:40∼14:45
校長あいさつ
14:45∼16:00
16:00∼16:10
講義
休憩
16:10∼16:40
16:40∼16:55
16:55∼17:00
グループ演習
まとめ
校長講評
6
内
容
船木和則
講義:「教育法規Ⅰ・Ⅱ」「生徒指導」「特別支援教育」など
演習:Incident processによるcase study
(平成23年度教職員中央研修より)
7
演
習
班
1A班 1B班(1年部)2A・2B班(2年部)3A・3B班(3年部)
※A・B班割は学年主任で決めて下さい。なお、武茂先生は1年部、猿田
先生は2年部へ入って下さい。
8
携
行
品
・鉛筆またはボールペン
8
そ
の
他
・非常勤講師の方で参加希望がある場合は、船木までお知らせ下さい。。
内容及び資料についてはⅤ参考資料に掲載
-1-
平成23年度
1
目
的
第2回校内職員研修
実施要項
組織マネジメントのSWOT分析法を紹介し、全職員がグループ演習を通し
て学校活性化の方策を探り、今後の教育活動に役立てる。
2
期
日
平成23年10月31日(月)(40分短縮授業)
3
会
場
会議室
4
講
師
研修部主任
5
日
程
14:40∼14:45
14:45∼15:15
校長あいさつ
講義
15:15∼15:45
15:45∼15:55
グループ演習(3分×6回)
休憩
15:55∼16:25
16:25∼16:55
16:55∼17:00
グループ演習まとめ
グループ発表(1班5分)
校長講評
6
内
7
演
8
8
船木和則
容
講義:学校におけるSWOT分析の紹介
演習:ブレインライティング法による活気のある学校づくり
習
班
1グループ6人に分かれます。(後日配付)
携
行
品
黒色ボールペン
そ
の
他
非常勤講師の方で参加希望がある場合は、船木までお知らせ下さい。。
内容及び資料についてはⅤ参考資料に掲載
-2-
演習の進め方
①
②
発表者を決めておく。
1枚の付箋紙に3分間で3つのアイディアを記入する。それをシートの最初1の空欄に、
貼る。
③
④
3分たったら、合図で全員一斉に、自分のシートを自分の左側の人に渡す。
次に、自分の右側の人から回ってきたシートの2の空欄に、1の欄に記入されたことから
連想したアイディアとは違うものを記入する。
⑤ この手順で、合計6回繰り返し、シートを埋める。
⑥ グループで、アイディアの優先順位を付け、構造化などし、別のシートにまとめる。
⑦
グループの代表者が5分以内で発表する。
[留意点]
・付箋紙は横書きでできるだけ大きな文字で、簡潔に箇条書きで記入してください。
・前の人のアイディアをヒントに、発想を広げる。
・できるだけすべての欄を埋めるようにする。
・実現できそうにないアイディアでもかまわない。
校内職員研修演習班
班
1
武茂
桜庭
小熊
鎌田美
2
佐茂
猿田
松岡
工藤
3
細谷
船木英
4
加賀谷
5
牧野
檜森
6
渡辺
佐々木佳
羽深
畠山康
岩谷
熊谷
三浦誠
正中
山科
教頭
原田
小栁
戸坂
大高
鈴木
塚本
-3-
奥田
三浦州
木藤
三浦健
加藤範
演
習
シ
ー
ト
テーマ:活気のある学校にするためには
1
A
B
付箋紙
○○○○○○○
○○○○
付箋紙
○○○○○○○
○○○○
2
3
4
5
6
-4-
C
付箋紙
○○○○○○○
○○○○
Ⅱ
校内研究授業
-1-
平成23年度
1
目
的
第1回校内研究授業
実施要項
研究協議会を活性化し、課題を具体化し共有することによって授業力
の向上を目指す。
2
授業テーマ
生徒が積極的に授業に取り組み、豊かな表現力を身につける授業展開
の工夫
3
期
日
4
日
程
5
平成23年6月22日(水)
∼13:45
短縮授業
13:45∼
清掃
14:20∼15:10
研究授業
15:20∼
研究協議会(会議室)
研究授業クラス・授業者・授業教室
クラス
科
目
授業者
使用教室
3A
数
学
Ⅱ
加藤
範昭
3年A組教室
3B
英
語
Ⅱ
桜庭
清彦
3年B組教室
2A
世 界 史 B
太田
和佳子
2年A組教室
2B
簿
記
柏谷
亜紀子
2年B組教室
1A
理科総合B
工藤
卓哉
1B
国 語 総 合
小熊
健
-5-
会
議
室
1年B組教室
授業参観時の留意点
・付箋紙には横書きでできるだけ大きな文字で、簡潔に箇条書きで記入してください。
・付箋紙(青)は指導者の参考になった点、付箋紙(ピンク)には、指導者への疑問点や
課題を、付箋紙(緑)は生徒の良かった点、付箋紙(黄)は生徒の課題等を記入します。
研究協議会
1
ワークショップ
班
授
1
加藤
業
班割
者
範昭
ワークショップ参加者
武志
良治、堀井
熊谷有紀子、奥田
2
3
4
5
6
桜庭
太田
柏谷
工藤
小熊
清彦
和佳子
亜紀子
卓哉
健
戸坂
圭子、原田智津子、佐藤
幹夫
渡邊
義人、細谷
健朗、畠山
三浦
誠一、木藤
大嗣
加賀谷富男、猿田
英幸、岩谷
三浦
健吾、松山大志郎
加藤
竜悦、牧野
江畑
邦彦
正中加代子、渡辺
英也、畠山
康治
茂、鎌田
亨
浩樹、小栁
順
裕次、鈴木
元
勝秋
山科あさか、三浦
塚本
2
崇之、船木
俊彦、船木
薫、松岡
和則、鎌田美津子
浩行、大高
英俊
誠進、
タイムスケジュール
15:25∼
・班内で、司会者・発表者を割り当ててください。
15:30∼16:20 ・ 模 造 紙 に 、 授 業 参 観 時 に 記 入 し た ワ ー ク シ ー ト を 貼 り な が
ら、意見を出します。
・同じ意見・同じ視点のものはグループ化し、改善策を考え
てみましょう。
16:20∼16:40 ・各班の発表(3分程度で協議内容を伝えてください。)
16:40∼16:50 ・講評(校長先生、教頭先生)
-6-
数 学 科(数 学 Ⅱ) 学 習 指 導 案
日 時
クラス
場 所
授業者
1.単
元 名
2.指 導 目 標
第2章
図形と方程式
2節
平成23年6月22日(水)6校時
普通科3年A組
普通科3年A組 教 室
加 藤 範 昭
円の方程式
与えられた点からの距離が一定である点の全体として円の方程式を導き、円の性質を調
べ、円についての理解を深める。
3.指導計画 教科書: 新数学Ⅱ(東京書籍)、 副教材:ニューファースト新数学Ⅱ
1.円の方程式
2.円と直線
2時間
4時間(本時1/4)
4.本時の目標 円と直線の位置関係を、それらの方程式を用いて調べ、連立方程式の解の図形的意味を明ら
かにする。(共有点の個数と2次方程式の判別式の符号の関連について理解させる)
5.生徒の実態
男子19名、女子13名からなっている。授業に対する姿勢はまじめな生徒が多いが、
基本的な計算や内容の理解に時間のかかる生徒も少なくない。
6.学習過程
過程
学習内容
学習活動
導
入
5分
・ 本時の目標の提示
する。
・共有点の求め方の確
認をする。
・本時の目標の確認
・例題を用いて、直線
と円の共有点の座標を
求める解法を示す。
・板書された内容をノート
に書き写したり、問題を解
くことで、理解を深める。
・基本的なことの確認を
しながら説明する。
・時々考える時間をとる。
・図形的意味を確認させ
るため図を書かせる。
・ 教科書P57の問6を
解く。
・共有点の座標を求めた
後、直線と円の位置関係
を描くように指導する。
・二次方程式の解の公
式を確認する。
プリントの問題を解く
・判別式の符号が異なる
例を3問提示し、既習事
項の確認をする。
・共有点を持たない例
を提示し、2次方程式
の判別式Dの符号と共
有点の個数の関係を考
えさせる。
円:x2 +y2 =2と
直線:y=x+3との共有
点の座標を求めることによ
り位置関係を考える。
☆生徒に発言・発表の場
を多く与える。
・本時のまとめ
・板書されている問題の解
答を用いて、教科書にまと
めてある考え方の理解を深
める。
・教科書P58問7は宿
題とする。
・説明を聞く。
展
開
40
分
ま
と
め
5分
※評価の観点
A:関心・意欲・態度
指導上の留意点
評価の観点
・共有点は連立方程式を
解くことによって求まる
ことの確認を、直線を例
にして示す。
・授業に臨む態度
が良好か。
(A)
B:数学的な見方や考え方
-7-
C:表現・処理
・図示できる。
(B)
既習事項を利用し
て答えを導くこと
ができる。 (C)
・本時の学習内容
を理解できたか。
(D)
D:知識・理解
授
業
案
授業者
1
2
3
桜庭
清彦
4
日 付:2011 年 6 月 22 日(水)
クラス:3年B組(18boys and 14girls)
教科書:Captain English Course Ⅱ (TAISYHUKAN)
Lesson 7“Life in Space” Part 1【2時間目】
クラス状況:生徒たちは明るく、活動的な面も見られるが、英語に対する根強い抵抗
感をもっている。授業には意外と前向きに参加しようとする姿勢もある
。
授業の狙い:(1)英語を聞き取らせ、耳慣らし、口慣らしをしながら授業への参加
を促す。
(2)過去完了の意味と用法を確認する。
5
授業展開
導入
(7分)
活動内容
1
宇宙での人類の活動の流れ
2
前時で確認した単語や表現
の確認と発音練習
1
Part 1本文
*音読 model reading
chorus reading
2
Part 1の内容確認
*プリントを使って部分ごと
の意味を確認
* Part 1全体のインタビューの流
れを確認
展開
(38分)
3
1
まとめ
(5分)
Key expressions の意味
・用法を確認
*プリントを使って過去完了
の意味を考える
*過去完了を利用した英作文
とその reading practice
学習内容の確認
指導場の留意点
評価
・フラッシュカードを用いて
リピート
・声を出し音読
に参加している
か
・新出単語の発音やイントネ
ーション、意味の区切り等
を確認しながら、音読させ
る
・プリントで不完全なところ
を埋め、内容を把握させる
・宇宙での生活
に関する情報を
正しく読み取っ
ているか
・いくつかの質問により Part
1全体の内容を把握させる
・黒板に例示し、過去完了の
意味と使用例を確認させる
・チェックした英文を音読さ
せる
・キーワードを考えさせなが
ら要旨を捉え、内容を確認
させる
・Part 2&3の展開を予測さ
せる
-8-
・読み取った内
容の要点を捉
え、整理してい
るか
・積極的に工夫
して作文にして
いるか
科
地歴・公民
科目名
学 習 指 導 案
世界史B
実施日時
授業学級
指 導 者
平成23年6月22日(水) 6校時
2年A組(実施教室:2年A組)
太 田 和佳子
1.単元(教材)
ローマ帝国と地中海世界
2.単元の目標
古代ヨーロッパ史におけるローマ帝国の重要性を、帝国の成立、政治体制の変化、
文化とともに理解し、現在まで影響を与えるローマの歴史的存在意義に気づく。
3.生徒の実態
2年A組全員履修である。世界史に対する興味関心の高い生徒が多く、授業にも
意欲的、積極的な参加が見られる。しかし、発言が一部の生徒に偏る傾向があり、
集中力の持続しない生徒もいる。授業の折々で発言や思考、活動を促しながら、
授業参加と学習内容の理解を深めていきたい。
4.指導計画(8時間)
・ローマ建国と共和制
・地中海世界の統一(本時2/8)
・帝政の始まり
・すべての道はローマに通じる
・ローマ帝国の解体
・実用的なローマ文化
・キリスト教の成立と発展 ・パルティアとササン朝
5.本時の計画
(1)本時到達目標
・ローマ帝国の発展の契機となるポエニ戦争を理解する。
・ハンニバルの戦術を具体的に学び、世界史に対する興味関心を養う。
・ローマ帝国の領土拡大を作業を通しながら理解する。
(2)学習過程
段階(分)
学習内容・活動
導入 ○前時の復習
(3)
展開 ○地中海世界の統一
(44)
・フェニキア人
指導上の留意点
・指名せず生徒の自主的発言を促す
評価規準および評価方法 観点
・発問に答えようとして ①
いるか
・フェニキア人について確認する
(民族の特徴、文字など)
・既習知識が定着してい ④
るか
・ポエニ戦争
(ハンニバル)
・ポエニ戦争を戦いや人物を通して ・理解できているか
理解させる(資料集の利用)
④
・地図の作業で理解を深める
・意欲的に作業に取り組
・机間巡視で支援する
んでいるか
①
(まだノートには貼らせない)
・領土拡大
・領土が広がる様子を作業を通して
理解させる
・机間巡視で支援する
・作業が円滑にできてい
るか
②
・地図を貼らせる。
・地図・ノートが整理さ ②
れているか
整理 ○ノート整理
(3)
-9 -
校内研究授業
簿記
学習指導案
日
時:平成23年6月22日(水)6校時
ク ラ ス:2年B組34名(男子 17 名、女子 17 名)
使用教室:2年B組教室
授 業 者:柏 谷 亜紀子
1.単
元
2.単元の目標
新簿記 新訂版(実教出版)
第10章
現金・預金などの取引
現金に関する記帳方法と現金出納帳の記帳方法について理解させる。
現金過不足の処理方法を理解させる。
当座預金・当座借越勘定の記帳方法と当座預金出納帳の記帳方法について理解させる。
小口現金のシステムを理解させ、その記帳方法と記帳の習熟をはかる。
3.生徒の実態
明るく意欲的な生徒が多く、発問に対しても答えようとする姿勢が多くの生徒に見受けられる。前向きさ
が自由な発言につながり目標を見失う場面もあるため、目標を明確にして、メリハリのある授業展開を心が
けていきたい。
4.指 導 計 画
1.現
金
3時間
6.当座預金出納帳
1.5 時間
2.現金出納帳
【本時1h/3h】
7.その他の預貯金
0.5 時間
3.現金過不足
2時間
8.小 口 現 金
2時間
4.当 座 預 金
1時間
9.小口現金出納帳
5.当 座 借 越
1時間
5.本時の目標
簿記上、現金として扱われるものは何かを整理する。
現金に関する取引の仕訳を理解させる。
現金出納帳の役割を理解し、その記入方法に習熟させる。
6.展
開
過程
学習内容
学習活動
指導上の留意点
評価の観点
導
・本時の目標
・本時の目標を確かめ
入
・簿記上の現金とは何 る
・日常の現金と簿記上 ・プリントにまとめて
10 か
・簿記上での現金には の現金の違いを明確に いるか(A)
分
何があるか知る
する
【現金に関する取引】
・各勘定の増減を見つ
展
・取引の分析
・何が増減しているか
け出せたか(B・D)
見つけ出す
開
・仕訳
・仕訳を行う
・取引の分析をもとに ・分析をもとに仕訳が
仕訳させる
できているか(C)
35
・現金出納帳
・現金出納帳に記帳す ・誰が見てもわかりや ・現金出納帳に記入す
分
る
すいように丁寧に記帳 べき事柄が記入してい
させる
るか(C)
ま
・学習内容の確認
・取引の分析から記帳 ・簿記は一連の作業に ・本時のプリントを落
と
までの流れを確かめる よって行われるため、 ち 着 い て 見 て い る か
め
流れに従って作業する (A)
5
・現金出納帳を見ると ことの重要性に気づか
分
何がわかるか考える
せる
評価−A:興味・関心
B:思考・判断
C:技能・表現
- 10 -
D:知識・理解
理科(理科総合B)学習指導案
日 時
クラス
場 所
授業者
1
単
2
指導目標
大気と水の地球規模の循環や運動について理解させ、地球上では熱の移動が行われ熱的
平衡が保たれていることを認識させる。
3
指導計画
教科書 高等学校改訂版理科総合B(第一学習社)
1 大気と水の働き 6時間(本時4/6)
2 日本の天気
5時間
3 まとめ
2時間
4
本時の目標
地球の温度を一定に保つのは、主に水蒸気の温室効果ガスによるものと理解し、さらに
影響度の高い温室効果ガスの増加による地球温暖化について学習する。
5
生徒の実態
男子16名、女子17名の普通科のクラス。真面目に学習に取り組む生徒が多い。
発問に対する応答が少なくおとなしい。
6
学習過程
過程
導
入
5
分
元
名
平成23年6月22日(水)6校時
1年普通科A組
会 議 室
工 藤 卓 哉
地球の姿と移り変わり
本時「大気と水の循環」
学習内容
ま
と
め
5
分
指導上の留意点
評価の観点
・温室効果ガスについて ・ノートを確認して、今 ・二酸化炭素や水蒸気 ・今までの学習の流
復習する。
まで学習した温室効果ガ が答えられるよう発問 れを理解できている
スを答える。
する。
か。(B,C,D)
・理科ねっとわーくの教
材を用いて温室効果ガス
のはたらきについて理解
開 させる。
・温室効果ガスの増加に
40 よる地球温暖化について
学習する。
分
展
学習活動
・地球の大気と温度平衡
の関係を理解する。
・地球温暖化の原因につ
いて追求する。
・地球温暖化の影響につ
いて考える。
・パソコンを使っての
説明になるので、一方
的な授業にならないよ
うに心がける。
・生徒のリクエストや
理解度に応じて動画を
弾力的に活用する。
・温室効果ガスのは
たらきや地球温暖化
について関心を持っ
て授業に参加してい
るか。(A)
・動画を見て状況を
イメージできるか。
(B・C)
・地球温暖化についてま ・ひとりひとりが問題に ・授業についてきちん ・地球温暖化につい
とめる。
取り組むことにより地球 とまとめるよう説明す てについて理解でき
温暖化の対策ができるこ る。
たか。(D)
とを理解する。
※
評価の観点
A:関心・意欲・態度、B:思考・判断、C:技能・表現、D:知識・理解
7
使 用 器 具 パソコン・プロジェクター
※ 5校時までに準備する。
- 11 -
(国語)科
国語総合学習指導案
日 時
クラス
場 所
授業者
教科書
1
2
3
4
5
6
単
指
1、古文に親しむ「児のそら寝」
・古文を読む楽しさを味わい、主体的に読解する態度を養う。
・基礎的な知識を学びつつ、構成・展開を的確にとらえる力を身に
つけさせる。
指 導 計 画
配当時間 4時間
・( 1 時 間 ) 読 解 の 基 礎 的 事 項 の 確 認
・( 1 時 間 ) 本 文 の 読 解
・( 1 時 間 ) 本 文 の 読 解
・ ( 1 時 間 ) 本 文 の 読 解 ・「 ま と め 評 価 プ リ ン ト 」 の 実 施 ( 本 時 )
本時(4/4時間)の目標
・単元の「まとめ評価プリント」を完成させ授業の振り返りとし、
内容の理解度を深める。
生徒の実態
男子16名、女子17、計33名のクラス。授業に真面目に取
り組む姿勢はできているが、やや積極性に欠け、基礎的な部分で
は個人差がかなり大きい。
学 習 過 程
過 程
元
:平成23年6月22日(水)5校時
:1年普通科B組
:1年普通科B組教室
:小熊
健
:新編国語総合改訂版(大修館書店)
導
目
名
標
学習内容
・学ぶ姿勢を整
導入 える。
5分 ・ 本 時 の 学 習 内
容を確認する。
学習活動
指導上の留意点
評価の観点
・学習道具を準
備する。
・本時の目標を
確認する。
・教科書、ノート
辞書等を準備させ
る。
・授業に臨む態度か。
A
・音読を繰り返 ・平易で短い文
し正確に読むこ 章を繰り返し読
とができるよう み、古文の口調
にする。
に慣れる。
・斉読や指名読み
などで古文のリズ
ム感をつかませ親
しみをもたせる。
・古文特有のリズム感
や 口 調 の よ さ を つ か
み、正確に読むことが
できたか。
B
・辞書を活用し、・ そ れ ぞ れ 辞
重要語句、難読 を活用し、適
語等を調べる。 な 内 容 を 話 し
いながら辞書
り選択する。
書
切
合
よ
・教科書の内容と
比較させ適切なも
のを選択させる。
・適切なものを選択で
きたか。
B・D・E
・内容の構成や ・ノ
展開について、 書を
プリントの形式 し合
に従いまとめる。リ ン
る。
科
話
プ
め
・机間巡視し話し
合いのアドバイス
を 行 い 考 え さ せ
る。
・話し合いに参加し、
意 見 を ま と め ら れ た
か。
D・B
・本時の学習内 ・本時の学習内
まとめ 容を確認する。 容を確認する。
5分
・プリント・ノー
ト、教科書を確認
させる。
・本時の内容が確認で
きたか。
E
展開
40分
ー
活
い
ト
ト
用
な
に
と
し
が
ま
教
、
ら
と
*評価の観点
A:関心・意欲・態度 B:話す・聞く能力 C:書く能力 D:読む能力 E:知識・理解
- 12 -
研究協議会
<各班のワークショップ>
●3A・数学Ⅱ
加藤先生
指 導 者 が 描 い た グ ラ フ は 分 か り や す く 、発 問 や 生 徒 か ら の 質 問 に 対 す る 反 応 も 良 か っ た 。
また、生徒からの答えや反応を引き出そうとしていた。生徒も反応が良く、説明を聞いて
積極的に答えたり、質問したりする生徒がいた。一方、生徒がノートを取るときの間の取
り方、説明を聞くときのメリハリを付ければ、より学力の向上につながるのではないだろ
うか。答えさせるときには起立させることも必要だろう。
●3B・英語Ⅱ
桜庭先生
指導者の和訳や過去完了のプリント、図を使っての説明が良かった。楽しく英語に取り
組ませ、声を出させるための励ましもあり、生徒との関係が良好であることが伺われた。
しかし、指示や説明の時間が長く、消極的な生徒への支援が不足気味であった。生徒は私
語がなく、英語に取り組む雰囲気が良好で、問いかけに対して良く反応し、疑問点を解決
しようとする質問や活動の仕方を確認する積極的な姿勢が見られたが、消極的な生徒も若
干いた。以上から、机間指導を通して消極的な生徒への声かけを行い、指示や活動を簡潔
に行い、適切な時間配分を行えば学力向上につながるだろう。
●2A・世界史B
太田先生
生徒の意欲・関心を引きつけ、生徒自身に地図を作らせるなど、考える機会がある授業
だった。板書の仕方や雰囲気も良く、生徒とのやりとりも多い授業だった。生徒も学習の
準備が整い、自主的な発言も多く、意欲的・積極的に取り組んでいた。しかし、発言する
生徒の席が偏ってしまっていた。このことから、生徒の整容面や言葉使いを改善し、発言
の少ない生徒が活躍できる機会を設け、より一層生徒の動きがある授業を展開すれば、よ
り学力向上につながるのではないだろうか。また、黒板下部が教室後方の生徒にも見やす
13
い環境改善をお願いしたい。
●2B・簿記
柏谷先生
本時の目標が明確で、プリントが分かりやすく、例を挙げるときも生徒に分かりやすい
内容だった。声の大きさも聞きやすく、机間指導も良かった。生徒も女子生徒を中心に積
極的に授業に臨み、質問をしていた。しかし、一部の男子生徒に集中力が不足する場面も
あった。このことから、座席を工夫し、簿記検定への意識付けにより生徒の興味関心を引
き出こと、呼名してから発問をするなど、発問の工夫があればより学力向上につながるの
ではないか。そして、可能ならばT・Tをした方が良いのではないか。
●1A・理科総合B
工藤先生
視聴覚機器を使った授業で、生徒に見せる授業をするための教材研究が充実していた。
そのスライドを見て、地球温暖化のストーリーを絵でまとめている生徒もいた。クイズ形
式の発問に積極的に答える生徒もおり、雰囲気が良かった。しかし、説明中心となってし
まったこともあり、集中力が切れてしまった生徒もいたようだ。このことから、生徒との
雰囲気作りを続けながら、生徒の把握に努め、積極的に取り組む生徒を活かしていけば、
より学力向上につながるのではないだろうか。
14
●1B・国語総合
小熊先生
声が大きく指示が明確で、グループ形態を効果的に利用した授業で、和やかな雰囲気だ
った。生徒も声を出してしっかり音読し、積極的に発言するなど、よく取り組んでいた。
しかし、集中力が切れてしまう場面も見られ、整容面も含めてその都度注意する必要があ
るだろう。また、指導者が内容の焦点を絞り、余裕のある時間配分を行えば、より生徒の
学力向上につながるのではないだろうか。
15
平成23年度
1
目
的
第2回校内研究授業
実施要項
研究協議会を活性化し、課題を具体化し共有することによって授業力
の向上を目指す。
2
授業テーマ
生徒が積極的に授業に取り組み、豊かな表現力を身につける授業展開
の工夫
3
期
日
4
日
程
5
平成23年11月21日(月)
∼13:45
短縮授業
13:45∼
清掃
14:20∼15:10
研究授業
15:20∼
研究協議会(会議室)
研究授業クラス・授業者・授業教室
クラス
科
目
授業者
使用教室
栽 培 漁 業
船木
英也
栽 培 実 習 室
電 気 工 学
猿田
英幸
3年環境科教室
3科
電気通信理論
渡辺
薫
3年科学科教室
2環
漁
業
畠山
康治
2年環境科教室
通 信 工 学
鎌田
亨
通信実習室B
水産食品管理
鎌田美津子
化 学 分 析 室
1環
水 産 基 礎
岩谷
裕次
1年環境科教室
1科
水産食品製造
畠山
浩樹
1年科学科教室
3環
2科
- 16 -
授業参観時の留意点
・付箋紙には横書きでできるだけ大きな文字で、簡潔に箇条書きで記入してください。
・付箋紙(青)は指導者の参考になった点、付箋紙(ピンク)には、指導者への疑問点や
課題を、付箋紙(緑)は生徒の良かった点、付箋紙(黄)は生徒の課題等を記入します。
研究協議会
1
2
ワークショップ
業
班割
班
授
者
ワークショップ参加者
1
船木
英也
武茂良治、加賀谷富男、鈴木元、三浦健吾
2
猿田
英幸
佐藤茂、牧野俊彦、山科あさか、三浦州
3
渡辺
薫
4
畠山
康治
細谷健朗、檜森正人、三浦誠一、松山大志郎
5
鎌田
亨
加藤範昭、正中加代子、塚本誠進、木藤大嗣
6
鎌田美津子
羽深康之、戸坂圭子、小栁順、奥田勝秋
7
岩谷
裕次
船木和則、太田和佳子、工藤卓哉、原田智津子
8
畠山
浩樹
小熊健、松岡浩行、佐々木佳奈子、江畑邦彦
渡邊義人、桜庭清彦、大高英俊、三浦幹夫
タイムスケジュール
15:25∼
・班内で、司会者・発表者を割り当ててください。
15:30∼16:15 ・ 模 造 紙 に 、 授 業 参 観 時 に 記 入 し た ワ ー ク シ ー ト を 貼 り な が
ら、意見を出します。
・同じ意見・同じ視点のものはグループ化し、改善策を考え
てみましょう。
16:15∼16:40 ・各班の発表(3分程度で協議内容を伝えてください。)
16:40∼16:50 ・講評(校長先生、教頭先生)
- 17 -
水産科(科目名 栽培漁業)学習指導案
日 時
クラス
場 所
授業者
主な栽培漁業
第3節
平成23年11月21日(月)6校時
海洋環境科3年(航海系)
栽培実習室
船木 英也
1 単 元 名
第7章
魚類の養殖
2 指導目標
主な水産生物の養殖における種苗生産技術と養殖技術について理解する。
3 指導計画
第8
1
2
ブリ(ハマチ)の養殖
種苗
放養・養成
2時間
1時間
1時間
(本時1/2)
4 本時の目標
・ブリ養殖における天然種苗生産と人工種苗生産の流れを理解する。
・人工種苗生産の必要性についてまとめることができる。
5 生徒の実態
航海系21名のクラスである。真面目に学習に取り組む生徒が多いが、やや積極性に
欠ける面もある。
6 学習過程
過程
学習内容
学習活動
指導上の留意点
導入
10分
・出生魚の種類につ
いて確認する。
・プロジェクターで
確認する。
・教科書以外の出世魚につ
いてもふれる。
・本時の目標の確
認。
・本時の目標の確認
をする。
・天然種苗
・授業に積極的に
参加しようとして
いるか。 (A)
・天然種苗の稚魚
(モジャコ)の採捕、
飼育、出荷までの流
れについて知る。
・モジャコの生態・採捕方
法についてプロジェクター
で理解させる。
・モジャコの飼育、出荷ま
での流れについて理解させ
る。
・人工種苗の採卵・
受精、飼育、出荷ま
での流れについて知
る。
・採卵法、受精法について
発問して確認する。
・飼育の注意点につ
いて理解する。
・飼育に関する注意点とし
て、餌料・予防接種・選別
について説明する。
・人工種苗生産の必
要性
・養殖経営での重要
事項について考え
る。
・完全養殖の意味及び天然
種苗と比較し、人工種苗生
産の必要性を考えさせる。
・人工種苗生産の
必要性をまとめる
ことができたか。
(B,D)
・本時の復習と次時
の学習内容を確認。
・ブリの漁獲量と漁
獲量ランキングにつ
いて考える。
・天然ブリと養殖ブリの漁
獲量及び都道府県別の漁獲
量ランキングを考えさせ
る。
・本時の学習に積
極的に取り組むこ
とができたか。
(B)
展開
30分
・人工種苗
まとめ
10分
評価の観点
※評価の観点
A:関心・意欲・態度、
B:思考・判断・表現
C:技能、
- 18 -
D:知識・理解
・天然種苗稚魚か
ら出荷までの流れ
が理解できたか。
(A,B)
・人工種苗採卵・
受精からから出荷
までの流れが理解
できたか。
(A,B)
「電気工学」学
習
指 導 案
日 時
平成23年11月21日(月)6校時
クラス
海洋環境科3年
場 所
授業者
1.単 元 名
2.指導目標
第5節 交流と交流回路
海洋環境科3年教室
猿田 英幸
第6 交流回路の基本計算
直流と交流の違いについて理解させ、交流の回路計算、交流電力の計算ができるよう
にする。
3.指導計画
教科書:電気工学(文部科学省)
第5節 交流と交流回路
第6 交流回路の基本計算 (本時1/3)
4.本時の目標 R−L直列回路のベクトル図を書き、R−L直列回路のインピーダンス、電流、各部の
電圧を求めることができるようにする。
5.生徒の実態
授業は工学科目選択者男子19名。授業に対してはまじめに取り組むことができるが、
なかなか内容についてこれず、最後まで集中できない者もいる。
6.学習過程
過程
学習内容
導
入
5分
・R、L単独回路の大
きさの関係、ベクトル
図の確認をする。
・プリントに各自書き込む。 ・ベクトル図が書けるか
・指名により板書し、各自 確認をする。
確認をする。
・本時の目標を説明す
る。
・電流と電圧の関係であ
ることを説明する。
・電圧は、各部の電圧
のベクトル和であるこ
とを説明する。
・直流との違いを確認す
る。
・
展
・ R−L直列回路の
開
学習活動
指導上の留意点
・説明を聞きながら、板書
された内容をノートに書き
写す。
ベクトル図を書き、
電圧と電流の関係に
ついて説明する。
・電圧の大きさは、
40
分
・プリントの問題を解
かせる。
ま
と
め
5分
・本時のまとめ
※評価の観点
・授業に臨む態度
はできているか。
(A)
・ベクトル図につ
いて理解できた
か。(D)
・電流が基準であること
を確認する。
・どの三角形なのかに注
意して説明する。
三平方の定理で求まる
ことを説明する。
・インピーダンスにつ
いて理解させる。
評価の観点
・プリントの問題を解く。
・交流回路の電流の流れ
を妨げるものはインピー
ダンスであることを説明
・指名された者は板書する。 する。
・個別に指導する。
・インピーダン
ス、電流、電圧を
求めることができ
るか(A、D)
・インピーダンス、電圧、
電流の関係について確認す
る。
・本時の学習内容
を理解できたか。
(D)
A:関心・意欲・態度
B:思考・判断
- 19 -
・次時のR−C直列回路
についてもふれる。
C:技能・表現
D:知識・理解
- 20 -
水産 科(電 気通信理論)学習指導 案
日
1.単
元
時 :
平成23年11月21日(水)6校時
クラス :
海洋科学科3年
場
所 :
教室
指導者 :
渡辺
教科書 :
電気通信理論1
薫
名
並列共振回路
2.指
導
目
標
特性を復習し練習問題の解法を学ぶ
3.生徒の実態
34名(男子19名、女子15名)積極的な発言は多くない。
4.指導計画
並列共振回路
3時間
5.本時のねらい
特性を復習して理解を深め、練習問題を解く。
6.本時の展開
過程(分)
指導内容
10
回路と特性
学習活動
指導上の留意点
電 流 の平衡 式を 作 式 の作 成手 順と 思
評価の観点(①∼④)
意欲的に書いている
り オ ー ム の 法 則 を 考 の流 れに 留意 す か。(①)
適 用 し て ア ド ミ タ る。
ンスを求める。
15
式の詳細
ベ ク トルと その 大
虚数に留意する。 図を書けるか。(③)
小関係を式と図で
確認する。
10
特性のまとめ
共 振 の驚く べき 特
説明を強調する。 理 解 し て い る か 。
徴を確認する。
15
練習問題
練習問題を解く。
(②、④)
概算を重視する。 計 算 が で き る か 。
(③、④)
*評価の観点 (各教科の評価の観点を記載する)
① 関心・意欲・態度
②思考・判断
- 20 -
③技能・表現
④知識理解
水産科(科目名
漁業)
日
時
ク ラ ス
場
所
授 業 者
学習指導案
平成23年11月21日(月)6校時
海洋環境科2年
海洋環境科2年教室
畠山康治
1
単元名
漁業機械と計測機械、冷凍機械
2
指導目標
漁具と漁法について理解させる。そして、これからの漁業を持続的に行うため
に、資源を有効に利用できるよう漁具と漁法を理解させ、効率良く、無駄のない
取り方を考えさせる。また漁業機械についても理解させ、取扱方法や保全管理を
身につけさせる。
3
指導計画
第3章 漁業技術
第3節 漁業機械と計測機械、冷凍機械(配当3時間)
① 漁業機械(1時間)
② 漁業計測機器(1時間)
③ 冷凍機械(1時間)
・・・ 本時
4
本時のねらい
冷凍機械のシステムを説明し、その原理を理解させる。また冷凍機械の操作方
法や凍結方式を理解させる。そして、鮮度の保持についての理解を深める。
5
生徒の実態
男子 30 名,女子 1 名,計 31 名のクラスである。授業に意欲的に取り組む生徒
が多い。漁業技術の分野に入ってからは、工学系の生徒の理解が早いように見え
る。授業態度は概ね良好である。
6
学習過程
過程
学習内容
学習活動
指導上の留意点
導入
・授業環境の整備
5分
・前時の授業内容の
確認
・本時の授業内容の
確認
・授業に向かう環境を ・自分の周りや教室
整える
の環境を整えさせ
・前時のノートを確認
る
する
・ 本 時 の 授 業 内 容 を 確 ・授業の目的を理解
認する
させる
展開
・冷凍機のサイクル
40分
・冷媒の循環について
理解する。
評価の観点
・ 人 間 の 体 を 例 に 体 ・ものを冷やすしく
温の低下について
みを理解できる
説明する
(B)
・ 蒸 発 器 ,圧 縮 器 ,凝 縮
器 ,膨張 弁に つい て理 ・ 機 器 の 役 割 を 理 解 ・機器の役割を理解
解する
させる
できる(D)
・凍結方式
・ さ ま ざ ま な 凍 結 方 式 ・ 魚 の 凍 結 率 と の 関 ・凍結の過程を理解
を理解する
係を考えさせる
できる(B・D)
・鮮度保持
・ 水 産 物 の 鮮 度 保 持 の ・ 緩 慢 凍 結 と 急 速 凍 ・凍結についてその
方法について考えて
結の違いについて
システムを理解し
みる。
考えさせる
ている(D)
・さまざまな鮮度保
持について説明す
る。
まとめ ・本時のまとめ
5分 ・次時の確認
※評価の観点
・本時に学習したこと ・本時の学習内容を
と次時に行うことを
再確認させる
確認する
A−関心・意欲・態度
B−思考・判断
- 21 -
C−技能・表現
D−知識・理解
通信工学
学習指導案
日
時
平成23年11月21日(月)6校時
クラス
海洋科学科2年(在籍
教科書
通信工学1(海文堂)
授業者
鎌
田
16名)
亨
1.単元名
電磁力について
2.単元の目標
アマチュア無線の試験にも出題される、フレミングの左手の法則(電流・磁界・
電磁力)について考える。
3.本時のねらい
電磁力を利用しているモータの原理について理解する。
4.生徒の実態
男子14名、女子2名の選択クラスである。比較的明るくまとまりのあるクラス
である。自分で考えようとする意欲がやや欠ける生徒が多いと思われる。
5.授業展開計画
過程
導入
(A:関心・意欲・態度
学習内容
B:思考・判断
学習活動
C:技能・表現
指導上の留意点
D:知識・理解)
評価の観点
・本時の目標の提示 ・電流による磁界について ・学習内容をまとめたプ ・準備ができている
(10)
練習問題を解く
リントを配布する
か(A)
・簡単な実験で磁界の発 ・実験に取り組ん
生を確認させる
展開
でいるか(C)
・電磁力の発生の ・永久磁石と電流による磁 ・磁力線の方向が理解で ・積極的に参加して
(30) しくみを理解する 力線を記入させる
きているか確認する
いるか(A)
・プリントに記入
・電磁力を偶力と ・磁力線の粗密により、電 ・磁力線の密から粗の方 しているか(A、
して活用するとモ 磁力が発生するしくみを記 向に電磁力が発生するこ B)
ータになることを 入させる
とが理解できたか確認す ・説明をよく聞いて
理解する
る
いるか(A)
・回転子に発生する電磁力 ・簡単なモデルを使用し
を記入させ、それが偶力に 理解の定着につとめる
なることを確認する
整理
(10)
・本時のまとめ
・風力発電の原理について ・プリントが記入させて ・自分の考えをま
予測を記入させる
いるかを確認し、提出さ とめているか(B、
せる
D)
水産(水産食品管理)学習指導案
日 時
クラス
場 所
授業者
平 成 23 年 11 月 21 日 ( 月 ) 6 校 時
2年海洋科学科
化学分析室
鎌田美津子
1
単 元 名
第2章 水産食品の成分変化
2
指導目標
普段から食べている食品に含まれるビタミンの働きと欠乏症を知り、食品中の
ビタミン含有量をグラフで示す。
3
指導計画
ビタミンの発見
ビタミンの種類と生理作用
4
本時の目標
ビタミンの作用と働き、欠乏症をまとめる。脂溶性ビタミンの含有量をグラフ
で示す。
5
生徒の実態
食品系科目選択者17名(男子12名、女子5名)である。理解力があり、発
想が豊かな生徒が多い。集中力が欠けるときもあるが、学習内容を理解して一
般生活の疑問点を積極的に質問し、理解を深めることもある。
6 学習過程
過程
導
入
5
分
展
開
42
分
ま
と
め
3
分
生徒の活動
第7ビタミン
1時間
3時間(本時2/3)
指導上の留意点
評価の観点
・ビタミンA、Dの生理作用、欠 ・ 前 時 の 復 習 で あ る こ と を 伝
乏症を答える
え、自主的発言を促す
・本時の目標を確認する
・到達目標を確認させる
・きちんと話を聞い
ているか(A)
・教科書を読み、生理作用、欠乏
症をまとめる
・ビタミンE
・ビタミンK
・生理作用、欠乏症について発 ・ 文 章 で 答 え る こ と
問し、きちんと文章で答えさせ ができたか(B)
る
・指名する
・過剰摂取した場合の影響をノー ・教科書に記載されていない内 ・ ノ ー ト を と っ て い
トにまとめる
容であると伝える
るか(A)
・ビタミンA
・ノートにきちんと書かせる
・ビタミンD
・ビタミンE
・ビタミンK
・ビタミン含有量を表から読みと ・水産物のビタミンについて触
り、グラフで示す
れる
・ビタミンにより、表示されて
いる単位が違うことを注意する
・グラフを作成する
こ と が で き た か( B 、
C)
・単位を間違えずに
グラフを作成するこ
とができたか(D)
・ノート、教科書を見て、本時の ・教科書、ノートを確認させる ・ ノ ー ト 、 教 科 書 を
学習事項を確認する
確 認 し て い る か( A )
※評価の観点
※評価の方法
A : 関 心 ・意 欲 ・態 度 、 B : 思 考 ・判 断 ・表 現 、 C : 技 能 、 D : 知 識 ・理 解
A→観察、B→発表・レポート、C→レポート、D→質疑応答
- 23 -
海洋環境科(水産基礎)学習指導案
指導者名
1
2
3
日 時 ・ 時 限
学年・学科・人数
生
徒
観
4
5
6
教
材
名
大 単 元 名
大 単 元 の 目 標
7
大単元の学習計画
8
9
本時の小単元名
本 時 の 目 標
10
本時の学習展開
岩谷 裕次
平成23年 11月21日(月) 6時限
第1学年・海洋環境科・29名(男子26名、女子3名)(使用教室名:1環教室)
授業内容の理解度に大きな個人差がある。また、1時間の授業に集中することがで
きない生徒が数名おり、授業展開の妨げとなる場面もある。本時は、生徒の学習意欲
を高めるためパワーポイントによる授業展開を実施する。ノートをまとめることが不
得意な面もあるため、プレゼン形式のプリントにまとめさせる方法が有効であると考
える。
使用教科書名「水産基礎」(海文堂発行)
第1章 海のあらまし
水産や海洋と人間とのかかわり、水産資源及び海洋環境の保全と管理等につい
ての知識を身に付け、それらが国民生活に果たしている役割を理解する。
1 海と生活・・・・・・・・・・・・・・ 4時間
2 海と生物・・・・・・・・・・・・・・ 8時間(2時間/8時間)
3 水産生物の採集と飼育・観察・・・・・12時間
4 海の環境と保全・・・・・・・・・・・ 8時間
2.2 水産生物の種類と分布
(2)分類の仕方
生物の分類の7段階方式を知り、身近な魚種の分類を考える。また、来年度の
国際航海での操業対象であるマグロの種類と分類を知る。
※プレゼンテーションソフト(パワーポイント)を活用して授業を展開する。
過
程
導
学 習 内 容
時
間
・「分類」について
・分類について説明を
聞き、プリントに書
き込む。
・「種」について
・マグロの種類
・身近な魚類の分類
ま
・本時のまとめ
と
・次時の予告
め
11
評価の観点・方法等
・本時の目標を知る。
・本時の目標を提示する。
・身近な魚種を挙げる。 ・生徒からの自発的な発言 本時は、
自分たちで捕獲した
を誘導しながら魚種を挙 『関心・意欲・態度』
魚種を考える。
げさせる。
『思考・判断・表現』
・プリントに魚種を書 ・図示しながら具体的なイ の2観点に重みをお 10
き込む。
メージを持たせる。
き評価する。
分
・7段階方式
開
教師の活動と指導上の留意点
・本時の目標
・身近にいる魚種
入
展
生 徒 の 活 動
本時の評価と手だて
・プリントに書き込む時間
と、説明を聞く時間の区
別を指示する。
『関心・意欲・態度』
・机間指導
授業全体を通して
・種について説明を聞 ・具体的なイメージを持た 生徒の活動を観察し
き、プリントに書き
せるように図示して説明 て評価する。基本を
込む。
する。
B として、取組状況
・種の特徴を知る。
・自然界では同種でのみ繁 の良い生徒を A と
殖することを強調する。
する。また、取組状
・机間指導
況が悪い、忘れ物を
・生物の分類の7段方 ・「読み方・漢字」に注意し す る 等 の 生 徒 は C
式を知る。
ながら指導する。
とする。
・マグロの種類を知り、 ・具体的なイメージを持た
その分類を考える。
せるように図示して説明
する。
『思考・判断・表現』
・身近な魚類の分類を ・板書しながら身近な魚類
授業全体を通して
知り、プリントに書
の分類を説明する。
生徒の活動を観察し
き込む。
・生徒の反応を確認しなが ても評価するが、主 35
ら進める。
に提出プリント(フ 分
ァイル)により後で
・生物の分類の7段方 ・プリントをファイルに綴 判断する。
式を再確認する。
じさせ指示する。
・魚類の呼び方につい ・アイナメを図示し、魚類
て考える。
の呼び方を考えさせる。
・次時予告
5
「和名と学名」
分
提出プリント(ファイル)の取組状況等から、生物の7段階方式を知り、意欲
的に授業に参加したか判断する。また、生徒の理解度を確認し、次時の授業展開
を工夫する。
- 24 -
海洋科学科(水産食品製造)学習指導案
指導者名
1
2
3
日 時 ・ 時 限
学年・学科・人数
生
徒
観
4
5
6
教
材
名
大 単 元 名
大 単 元 の 目 標
7
大単元の学習計画
8
9
本時の小単元名
本 時 の 目 標
10
本時の学習展開
過
程
学 習 内 容
・前時の復習
導
平成23年
11月21日(月)
開
6時限
授業態度良好、一部脱線したがる生徒もいるが注意は素直に聞き入れることが
できる。1 年次唯一の水産座学教科であり、好奇心も旺盛である。
使用教科書名「水産食品製造」(実教出版株式会社発行)
第2章 水産食品の保蔵・加工
化学反応や微生物増殖と温度との関係を理解するとともに温度帯による低温貯蔵法
の分類について理解する。
1 水産加工原料の性状・・・・・・・・・ 3時間
2 水産食品の保蔵と加工の原理・・・・・ 5時間
3 水産食品の保蔵法
・・・・・・8時間(3時間/8時間)
第1 低温による保蔵法
2 低温貯蔵法 (1)冷蔵 (2)凍結貯蔵
食品を凍結しない温度で冷却し貯蔵する「冷却冷蔵」と食品を凍結してから貯蔵
する「凍結冷蔵」を理解する。また、食品の低温貯蔵に用いられる温度域と名称
を理解する。
食品を凍結しない温度で冷却して貯蔵する「冷却冷蔵」と食品を凍結してから貯
蔵する「凍結冷蔵」を理解する。また、食品の低温貯蔵に用いられる温度域と名称
を理解する。
生 徒 の 活 動
教師の活動と指導上の留意点
評価の観点・方法等
・ノートを確認し明確
に答える。
・低温による植物性食品と
動物性食品の違いを確認
する。
・酵母の発育・繁殖に適す
る温度の確認。
・本時の目標を提示する。
関心・意欲・態度
身近な水産食品と食
品製造について興
味、関心を持ち、意
欲的に授業に取り組
んでいる。
・プリントに書き込む時間
と、説明を聞く時間の区
別を指示する。
・机間指導
・「冷蔵」は食品が凍結しな
い温度で水産物を生鮮状
態に保つことはできるが
鮮度低下や腐敗を完全に
抑制できないことを理解
させる。
思考・判断
魚介類の死後変化や
食品の劣化要因か
ら、適切な貯蔵法を
考えることができ
る。
・本時の目標
・本時の目標を知る。
・「冷蔵」と「冷
凍」の違いにつ
いて
・「冷蔵法」について説
明を聞き、プリント
に書き込む。
・短期間の貯蔵と長期
間の貯蔵が食品にど
のような影響を与え
るかを知る
・「冷却冷蔵」の
各温度帯につい
て
・各冷却冷蔵の必要性
をプリントに書き込
む。
・「冷凍」の温度帯を理解さ
せ「冷却冷蔵」について
も理解させる。
・プリントから実際に
利用されている温度
帯を思考できる
ま
・本時のまとめ
と
め
・次時の予告
浩 樹
第1学年・海洋科学科・31名(男子17名、女子13名)(使用教室名:1科HR)
入
展
畠 山
・考査問題に占める割
合が多いことを確認
し、家庭学習にも
「力」を入れる。
・魚介類の低温貯蔵は、需
給の調整や価格の安定策
として重要なことを知ら
せる。
・次時予告
「凍結法」
以上の観点を踏まえ
○授業への取り組み状況(授業態度、学習参加状況)を加味して評価する。
- 25 -
知識・理解
水産製造業を取り巻
く社会情勢について
理解できる。
水産加工原料の特性
と食品の貯蔵原理を
理解することができ
る。
※本時は、関心・意
欲・態度と知識・理
解を第 3 回考査の
答案を考慮して評
価に加味する。
プリント回収
時
間
8
分
35
分
7
分
研究協議会
<各班のワークショップ>
●1班 【3年環境科 栽培漁業 船木英也先生】
教材として利用していたスライドの写真が分かり易かった。生徒参加型の授業であり、
導入部で はクイズ 形式や 重要点 のチェ ック (補足 等)を行う ことで生 徒の興 味を引 く展 開が
良かった。また、授業の進度も適切であり、板書も生徒が書写しやすい速さであった。授
業後半に生徒に発表させることで最後まで集中して終わることができた。
生徒の授業態度がとてもよく、積極的に参加していた。ノート整理がよくされており、
ノートのとり方にもゆとりがあり良かった。質問時に指名された生徒の声が小さく、皆に
伝わらないのではないかと思われる場面もあった。
改善点としては、地元(秋田)の状況をもっと話題に出すことで興味が深まると思われる。
また、難しい字句の確認や発表時の起立がもっと徹底されるとよい。
●2班 【3年環境科 電気工学 猿田英幸先生】
声が大きく、またプリントを活用した前時の復習や授業の最後に行った「覚えて欲しい
こと」の確認が良かった。板書に関しては、板書の写す時間を十分にとり、教卓を移動す
るなど生徒への配慮が見られた。しかし、目標の提示の仕方、本時の目標設定等にもう少
し工夫がほしかった。また、個々の生徒の理解度を把握する上でも机間指導があればよか
った。
雰囲気はなごやかで、生徒との信頼関係ができており、指導者の愛情が感じられた。全
体的に生徒の反応も良く、自信のない問題でも答えようとする姿勢も良かった。授業後半
になると質問への反応がなくなり集中できない生徒もいた。また、指導者への信頼関係が
ある反面、生徒の慣れ合い、甘えがちなところが見られたのが残念である。
26
●3班 【3年科学科 電気通信理論 渡辺薫先生】
板書が分かりやすく、声の大きさ、スピードも適切であった。また、黒板の左側を演習、
右側を解説に使うなどの工夫や、全部板書せずに生徒に考えさせるなどの工夫がされてい
た。指導者の生徒に対する寛容な姿勢や表情が良い等、粘り強い指導で良かった。しかし、
講義中心で進められており、生徒への発問が少なかったように感じる。また、生徒に板書
をさせた際に間違いやすい点を全員で共有させるなどの工夫がほしかった。さらに、机間
指導をするなど生徒の理解度を把握する配慮がほしかった。もっと生徒が授業に参加する
機会を増やす工夫が必要ではないかと思われる。
ノートをきちんと書いている生徒や意欲的に取り組んでいる生徒がいる反面、教師の問
いかけに声を出さない、反応のない意欲不足の生徒や寝ている生徒もおり、集中力不足が
指摘された。また、内容が難しいせいかほとんど計算ができておらず、生徒の計算力不足
が感じられた。
●4班 【2年環境科 漁業 畠山康治先生】
本時の目標が明確にまとめられ、前回の復習や授業の進行スピード、授業のまとめなど
授業の構成が良かった。また、船川丸を例にとった説明が分かりやすく、生徒を引き入れ
る雰囲気で進められていた。板書についてはシンプルで見やすい反面、もっと工夫すると
インパクトのある授業になったのではないかという意見もあった。しかしながら、机間指
導が少なく、一方通行ぎみな授業の感じもあり、生徒への発問の時間があればもっと盛り
上がるのではないかという指摘があった。
生徒に関しては、全員が一体感をもって授業に臨んでおり、また、授業への反応も良く
ノートもきちんと書かれていた。しかし、後ろを向いての私語や一部寝ている生徒がいる
など集中できていない生徒もいた。生徒が興味を持つ授業を行うためには、授業内容をも
っと精査することや可能なものであれば実物を提示し興味を引く工夫などをしてほしい。
27
●5班 【2年科学科 通信工学 鎌田亨先生】
生徒は積極的に問題プリントに取り組んでおり、分からないことでもグループで相談し
たり、先生や友人に聞いたりしていた。実験に対しても興味を大いに持っていた。しかし、
集中力に欠ける生徒もおり、関心意欲のある生徒とない生徒との差が大きかった。
教材教具に関しては、具体的なものや道具で視覚に働きかけており、モデルを使って生
徒に作業をさせるなど注意を引く工夫がされていた。また、磁石の簡単な実験を丁寧に見
せているのも良く、図を使っての指導は分かりやすかった。
また、本時の目標が明確であり、板書が丁寧で声が大きく聞きやすいといった指導の基
本ができていた。しかし、私語をしている生徒や授業を受ける姿勢の悪い生徒などへの指
導が少なかったという指摘があった。
わかる授業への「鍵」として、時間配分、座席の決め方、教科書の使用などの点があげ
られる。
●6班
【2年科学科 水産食品管理 鎌田美津子先生】
生徒の積極的な発言が多く、活発であった。また、他の生徒の発表をきちんと聞いてい
た。指導者は、生徒の質問にも丁寧に答え、発言しやすい発問や助言を与えているのが良
かった。さらに、生徒の発言をひろったりまとめたりしていることや、発言の仕方を指導
している点も良かった。また、生徒はしっかりとノートをとっており、作業に集中して取
り組んでいた。
机間指導では個々をよく観察しており、授業の途中でも復習を入れながら進んでいるの
が良かった。また、時間内で授業内容がおさまっており、板書の字も大きく見やすかった。
しかし、板書は単調でメモ書きに近く工夫が必要であるとの指摘もあった。起立して発言
する生徒の声が小さかった。
28
●7班
【1年環境科 水産基礎 岩谷裕次先生】
声が大きく聞き取りやすい授業で、身近な話題を取り上げているのが良かった。特に、
パワーポイントを使ったプレゼンが分かりやすく、教材研究に独自の工夫がされていた。
しかし、生徒の作業中に話かけたり、プリント配布のタイミングが悪かったりと指示の出
し方に注意を払ってほしい点があった。また、机間指導をよくやって生徒一人ひとりの把
握に努められており、生徒との会話量も適切であった。時間的にも計画通りに進んでいた。
生徒は授業態度がよく全員が積極的に取り組んでおり、意欲的に発言するなど反応が良
かった。しかし、思い付くままの発言も中にはあり、後半は授業への集中力がなかった点
が残念であった。
●8班 【1年科学科 水産食品製造 畠山浩樹先生】
発問が多く、生徒の関心をひいている。また、会話形式で生徒との対応ができており、
信頼関係がある。質問に対し起立して答えさせるなど授業態度の指導がなされており、節
度ある授業展開である。
生徒の反応としては、積極的に発問に答えているが、発言が一部の生徒に偏っており、
反応の少ない生徒への働きかけがもっと必要ではないかという指摘があった。また、生徒
の発言を板書にするなど授業の展開に生かす工夫がほしいところである。
生徒の良い点としては、落ち着いて授業に臨む態度が素晴らしく、懸命にノートやプリ
ントへの記入をしていたが、中には集中力が続かない生徒もおり、私語が時々見られたり、
ノートの書き取りを諦めてしまったりする生徒もいる。おとなしい生徒がどの程度理解し
ているのか疑問であるとの意見が出された。
指導者は、生徒を良く見て適切に指名しており、生徒が授業から脱線し始めても雰囲気
を悪くせずに授業に引き戻している。また、分かりやすい表現で説明されていたのが良か
った。今後の課題としては、生徒の作業状態を見るために机間指導がもっと必要であるこ
とや、板書の色使いを赤よりは黄色を多用した方が効果的であるといった意見も出された。
29
30
Ⅲ
校外研修
-1-
高等学校教職10年経験者研修講座
平成23年度
教職10年経験者研修のまとめ
受講者番号
14
学校名
秋田県立男鹿海洋
高等学校
氏名
秋田県総合教育センター
- 31 -
鎌田
美津子
1
共通研修
本研修は本県の教育課題や学校経営の基本など中軸を担う教員としての使命感の確立を
目指して設定されたものです。
○本県学校教育の現状
○イブニング・セミナー
○学校の危機管理
○学校全体で取り組む情報教
○公開講演
育
「質の高い授業研究を継続的に進
□本県の教育課題とこれからの
学校教育(1月)
□教育公務員の服務(1月)
○キャリア教育のあり方
*以上2つは最終日
めていくための方略」
(1)この研修の中で最も役に立ったと思う内容について簡単にまとめてください。
内
容
公開講演
「質の高い授業研究を継続的に進めていくための方略」
専門教科を教えているため、今までの授業は知識の供与に偏ることもあった。生徒を動
かし、意欲的に授業に臨ませるための工夫や、教材の自主製作など、怠らずにやっていき
たいと感じた。
しかし、高校で学んだ内容が社会で活かされている例を挙げても、学校の枠の中で生活
している本校生徒にとって、どれほど理解されて、授業に意欲的になるのか疑問も感じ、
より一層の教材研究や授業への工夫が必要なのではないかと思った。
(2)この研修の中で,これからの自分に必要であると感じ,さらに研修を深めたい内容につい
て一つを挙げ,その理由を書いてください。
深めたい研修
本県学校教育の現状
秋田県の児童・生徒の現状は全国的に良いと見なされていることが多いが、よくデータ
を見れば決して良いと言える状況ではないことが衝撃であった。特に中学校の不登校は増
加傾向にあることが分かり、生徒一人一人がより充実した高校生活を送るためにも、本県
の学校教育の現状を知り、様々な生徒への対応の仕方を考えておく必要があると思った。
また、秋田県は少子化傾向にある為、児童・生徒に対してより良い教育を与え、将来秋
田に残る若者を増やしていくことができるようにもしていきたいと思った。
- 32 -
2
教科指導等研修
本研修は,主に教科指導に関して,10年を経験した教員として達成が望まれる内容につ
いて研修を行うものです。中軸を担う教員にふさわしい指導観及び指導技術等実践的な力量
の確立を目指します。
○これからの高等学校に求められる教科指導 のあり方
(1)この研修の中で最も自分に役に立ったと思う内容について簡単にまとめてください。
内
容
これからの高等学校に求められる教科指導 のあり方
新学習指導要領の改訂部分の確認ができた。それに伴い、本校では教育課程の編成に取
り組んでおり、育てたい生徒像や必要な科目、設備、現存する施設設備で可能な学習およ
び実習内容などを考えていくことができた。
さらには、産業構造の変化、技術の進捗等に柔軟に対応できる人材の育成や水産科の目
標を確認し、興味・関心、目的意識を持たせること、社会の発展を図る創造的な能力と実
践的な態度を育てていくために必要なことを考え直すことができた。
(2)この研修の中で,これからの自分に必要であると感じ,さらに研修を深めたい内容につい
て一つを挙げ,その理由を書いてください。
深めたい研修
内容
これからの高等学校に求められる教科指導 のあり方
生徒の実態に合わせた授業の進め方を振りかえることが大切だと感じた。教師が意図し
た質問と異なる解答をする生徒がいたり、予想しなかった解答をする生徒もいたりする。
そのため、生徒の学力把握と共に授業の進め方を改めて考えることが大切だと改めて感じ
た。
使用している教科書は地域とかけ離れている部分もあり、地域の水産業について取り扱
い、興味・関心を持たせ、意欲的に授業に取り組ませるためにも、男鹿を始め、秋田や日
本海側の水産業に関する教材研究や自作の教材などを用いていくことも大切だと思った。
- 33 -
3 生徒指導等研修
本研修は,生徒指導,教育相談,学級経営など中軸を担う教員にふさわしい指導観と児童観
の確立を目指すものです。
○生徒指導理解と人間関係づくり
○事例を通してみた問題行動・不登校・いじめ
○教師が使えるカウンセリングの技法
への具体的な指導
(1)この研修の中で最も役に立ったと思う内容について簡単にまとめてください。
内
容
教師が使えるカウンセリングの技法
生徒役、教師役になってカウンセリングをしていくことで、話をする生徒がどのような
気持ちになるのか、改めて知ることができた。話を聞いてもらいたい生徒の方を向くの
か、仕事をしながら横を向き、生徒の話を聞くのか、によって相手の感じる気持ちはまっ
たく異なることを知ることができた。
カウンセリングの技法をしっかりと身につけ、生徒の指導に応用していけるように努め
たい。また、授業の中での生徒からの質問や、授業の進め方にも活かしていけるよう今後
も努めていきたい。
(2)この研修の中で,これからの自分に必要であると感じ,さらに研修を深めたい内容につい
て一つを挙げ,その理由を書いてください。
深めたい研修
生徒指導理解と人間関係づくり
生徒が感じていることを教師はきちんと受けとめることができているか、教師の気持ち
を生徒へきちんと伝えるためにはどうするか、と考えさせられた研修であった。
生徒から「先生たちは怖い」等の話を聞くことがある。生徒を育てていくために、生徒
理解が大切であり、生徒との人間関係づくりも大切だと改めて思った。また、一概に、枠
の中に収めて生徒の個性を判断する前に、一人一人の生徒理解が大切であると思った。研
修を重ね、普段の指導や授業に活かしていけるようにしたい。
- 34 -
4
総合教育センター「教職10年経験者研修」を受講しての感想や意見を書いて
ください。
教科や生徒指導など、現在までの研修や経験の中で学んできたことも多かったが、セン
ターでの研修を受講し、きちんと確立されたものになっていったと思う。特に、カウンセ
リングの技法や生徒理解について、普段生徒が感じていることを知ることができたと思
う。教科研修は秋田県の水産教育や今後の水産について考え、育てたい生徒像を明確にす
るために、現在の状況や水産の目標を確認することができた。特に、本県学校教育の現状
や情報教育は、変化の早い情報をキャッチし、生徒が健全に生活できるように指導してい
かなければならないと感じた。
また、学校の危機管理についてやキャリア教育についてなども、学校全体として取り組
まなければならないことであり、10年を経過した教員にふさわしい内容だったと思う。
中堅教員として研修で得たことを活かして、学校運営の中核として働いていけるように頑
張っていきたいと思う。
今後は、学校に必要な研修を積極的に受講して、自分に不足している部分を見極め、質
の高い指導力を身につけていきたいと思う。
- 35 -
5
これからの5年間を見すえた研修計画の作成
(1)
研修計画を作成するに当たっての自己評価
別添「自己評価シート票」に基づき,各評価項目について自己評価を行ってください。
それを基にして,自らの資質能力の向上のための今後5年間を見通した研修計画を作成し
ます。
各評価項目の評価は,到達目標を念頭に置きながら,次に示す能力の程度に従い,当て
はまる記号を記入してください。
A:評価基準を十分に達成している。
B:評価基準をおおむね達成している。
C:評価基準に照らして,不十分である。
(2)
研修計画の作成
これから5年程度先を見すえて,研修を進めるに当たって自らの課題を踏まえた目標を
設定し,具体的に取り組みたい事項を記入してください。
番号
14
学 校 名
研
教科指導
目
秋田県立男鹿海洋高等学校
修
計
生徒指導等
氏
名
鎌田
美津子
画
学級経営等
道徳・特活・総合
・進路指導等
生徒の個々の能力
に応じた教科指導
生徒理解に努めた
カウンセリングと
生徒指導
生徒自らが積極的
に活動する学級を
つくる
生徒が自主的に進
路を選択できるよ
うにする
①教科書の内容・
教材を吟味する
授業中、発表の機
会を増やす
②単元毎に少テス
トやレポートを実
施する
③生徒の学力把握
を行う
④良くできている
部分を褒め、理解
が不足している部
分を助言する
⑤①∼④を繰り返
す
①生徒との面談を
実施する
②生徒の行動をよ
く観て、生徒に声
かけをする
③傾聴を心がける
④カウンセリング
の状態なのか、コ
ーチングの状態な
のか見極め、生徒
と話す
⑤保護者や他の職
員と協力する
⑥①∼⑤を繰り返
す
①生徒理解に努
め、生徒の個を把
握する
②生徒同士が良い
関係を築ける雰囲
気作りに務める
③レクリェーショ
ン等に参加させる
④生徒に一人一役
の係を決め、仕事
をさせる
⑤生徒同士が助言
できるよう促す
⑥①∼⑤を繰り返
す
①教科指導・体験
学習を通し、生徒
自身の自己分析を
少しずつ行わせる
②卒業生等の体験
を伝える
③職業について調
べさせる
④必要な資質や資
格を調べさせる
⑤生徒自身の進路
希望を考えさせる
⑥①∼⑤を繰り返
す
標
具
体
的
に
取
り
組
み
た
い
事
項
- 36 -
秋 田県公 立学校教職経 験者到達目 標
1
設定の経緯
「秋田県公立学校教職経験者到達目標」は、平成15年度の10年経験者研修の法定化を機に、
初任者研修・5年経験者研修・10年経験者研修終了時における,本県の全ての教職員に求め
られる能力・適性等を明確にするために設定された。
本研修体系の改訂に伴い,教職経験者研修等における研修のねらいの一層の明確化と研修
内容の充実を図るため,これまでの到達目標を次のように見直し,改訂する。
(1) 10年経験者研修終了時まで,個々の状況に応じてより長いスパンで研修に取り組めるよ
う,初任者研修・10年経験者研修終了時の内容に絞って再編集する。
(2) 記載内容の精選を図り,到達目標の一層の意識化を進める。
なお,10年経験者研修終了後は,置かれた状況や役割に応じて各自が目標を設定し,授業
改善・学校運営の改善に生かされる専門的実践力を身に付けることが求められる。
2
活用の具体例
(1) 市町村教育委員会としての活用
①管下の学校及び教職員に対して,人事評価システム(平成18年度実施)との関連を図り
ながら,到達目標を念頭においた指導を行う。
②特に,10年経験者研修の研修教員の評価に当たっては,到達目標に基づいて評価項目が
設定されていることに留意する。
(2) 管理職としての活用
①自校の教職員に対して,人事評価システムとの関連を図りながら,到達目標を念頭にお
いた指導を行う。
②特に,10年経験者研修の研修教員の評価に当たっては,到達目標に基づいて評価項目が
設定されていることに留意する。
(3) 各主任等としての活用
①校内研修の企画及び実施に当たっては,研修を通して各教職員が到達目標に近付くこと
ができるよう内容等を工夫する。
②10年経験者研修の研修教員の評価に当たって,校長等から参考意見等を求められた際に
は,到達目標に基づいて適切な判断をする。
(4) 教職員個人としての活用
①目標への到達を目指して,積極的に自己研修に努める。
②校内・校外における様々な研修においては,事前に到達目標に照らして自己評価するな
どして,目的を明確にして研修に臨む。
- 37 -
3 10年経験者研修終了時までの到達目標
※表中の「小中高」は小学校,中学校,高等学校を表す。「特支」は特別支援学校を表す。
初
教
科
等
指
導
教 小 学 校
科
等
の
専 中 学 校
門
性
高等学校
特別支援学校
構 単元構想
想 授業計画
・
計
画
教材研究
個別の
指導計画
(特別支援学校)
授 指導技術
業
実
践
小
中
高
特
支
個への対応
任
研
10
全ての教科,総合的な学習の時間
及び外国語活動の指導目標や指導
内容について理解し,指導に必要
な基本的事項を身に付けている。
担当教科及び総合的な学習の時間
の指導目標や指導内容について理
解し,指導に必要な基本的事項を
身に付けている。
担当教科及び総合的な学習の時間
の指導目標や指導内容について理
解し,指導に必要な基本的事項を
身に付けている。
全ての教科等について,指導目標
や指導内容を理解し,児童生徒の
障害や発達の程度に応じた指導に
必要な基本的事項を身に付けてい
る。
年間指導計画に基づき,各単元の
学習指導計画及び学習指導案を作
成することができる。
指導目標や指導内容を十分に理解
し,授業の準備をすることができ
る。
各種検査を実施して,児童生徒の
特別な教育的ニーズを把握すると
ともに,保護者の要望等を考慮し
ながら,指導教員の指導の下に,
自校の書式に合わせて個別の指導
計画を作成することができる。
発問,板書,教具・機器の活用,
ノート指導,机間指導など基本的
な技能を身に付け,それらを生か
して授業を進めることができる。
児童生徒の障害の状況に対応する
基本的なコミュニケーションの理
論と方法を理解し,身に付けてい
る。
児童生徒一人一人の興味・関心や
習熟の程度を考慮し,適切な学習
課題を準備することができる。
観察法やテスト法など,評価に関
年
研
全ての教科,総合的な学習の時間及び外国語活動
について,中学校との関連についての理解を深め
るとともに,周りの教員に専門的な指導上の適切
な助言をすることができる。
担当教科及び総合的な学習の時間について,小学
校や高等学校との関連についての理解を深めると
ともに,周りの教員に専門的な指導上の適切な助
言をすることができる。
担当教科及び総合的な学習の時間について,中学
校との関連についての理解を深めるとともに,周
りの教員に専門的な指導上の適切な助言をするこ
とができる。
担当教科等において,障害や発達の程度に応じた
指導について,周りの教員に適切な助言をするこ
とができる。
学校教育目標の実現に向けて,他教科や道徳,特
別活動,総合的な学習の時間との関連を考慮した
年間指導計画とそれに基づいた各単元の学習指導
計画及び学習指導案を作成するとともに,周りの
教員に対し,単元構想・授業計画に関わる適切な
助言をすることができる。
校内研修会や各種研究会の中核として,研究推進
に携わることができる。協議等でも教材準備・開
発等に関わって積極的に発言する。
周りの教員に対し,保護者の要望や児童生徒の実
態に応じた個別の指導計画作成や,その実践に関
して適切な助言をすることができる。
児童生徒の学習状況に応じて,工夫しながら臨機
応変に授業を展開し,指導のねらいを達成するこ
とができる。
児童生徒の学習状況に応じて,工夫しながら臨機
応変に授業を展開し,指導のねらいを達成するこ
とができる。
児童生徒の実態を踏まえ,適切な手立てを講じて
指導するとともに,補充的な学習,発展的な学習
を計画・実践することができる。
観察法,質問紙法,テスト法,ポートフォリオ評
評 評価について
価 の理解
する基礎的な内容と方法を理解し 価など各評価方法の特性や評価規準の作成につい
児童生徒理解 て活用し,評価を次時の授業に役 て理解し,一人一人の学習状況を把握するととも
評価の活用
立てることができる。
に,周りの教員に対し,評価の進め方・生かし方
について適切な助言をすることができる。
- 38 -
初
学 学級経営案
級 学級経営の評価
経
営
等
研
10
児童生徒理解
児童生徒とコミュニケーションを
図り,一人一人の考えを把握する
とともに,それぞれが発するサイ
ンに気付くことができる。
家庭との連携
家庭とのコミュニケーションを適
切にとることができる。
道徳教育
特別活動
進路指導
指導教員の指導の下に,全体計画
や年間指導計画などに沿って,学
習指導案を作成して授業を進めた
り実践したりすることができる。
生 生徒指導
徒
指
導
いじめの防止
と対応
児童生徒の実態や行動の変化に目
を向け,指導教員の指導の下に,
適切に生徒指導に取り組むことが
できる。
いじめについて理解を深め,指導
教員の指導の下に,いじめの未然
防止や早期発見に努めることがで
きる。
初
生
徒
指
導
任
指導教員の指導の下に学級経営案
を作成し,それに基づいて学級経
営に取り組むとともに,評価項目
に沿って学級経営の評価ができ
る。
不登校の防止
と対応
問題行動
教 教育相談
育
相
談
学習上特別な
配慮を要する
児童生徒
任
研
10
いじめられる側・いじめる側本人
とその双方の保護者に対し,周り
の教員の協力を得ながら適切な指
導や援助に努めることができる。
不登校について理解を深め,指導
教員の指導の下に,不登校の未然
防止に努めることができる。
指導教員の指導の下に教育相談を
行うなど,再登校に向けた取組に
努めることができる。
様々な問題行動とその背景につい
て理解を深め,指導教員の指導の
下に,その未然防止に努めること
ができる。
教育相談の意義について理解を深
め,指導教員の指導の下に,児童
生徒理解や問題解決に向けた相談
活動に努めることができる。
ADHDやLD等について理解を
深め,指導教員の指導の下に,学
習上特別な配慮が必要な児童生徒
について,適切な対応に努めるこ
とができる。
年
研
学校の教育目標を具現化するという視点から作成
した学級経営案に基づいて学級経営を進め,多様
な評価方法で多面的に学級経営の評価ができる。
また,指導への評価の生かし方等について,周り
の教員に適切な助言をすることができ
る。
児童生徒とコミュニケーションを図り,一人一人
の考えや集団の中での個々の様子を把握できる。
また,周りの教員に対し,児童生徒が発するサイ
ンの把握の仕方等に関する適切な助言を
することができる。
様々な手段を用いて家庭との連携を図るとともに
家庭との関わり方等について,周りの教員に適切
な助言をすることができる。
学校の教育活動との関連を明確にした年間指導計
画を適切に作成するとともに,教育目標の具現化
に向けた全体計画の作成に参画し,計画に基づい
て実践することができる。
年
研
児童生徒の実態等をとらえ,保護者や地域社会の
理解と協力を得て,適切に生徒指導に取り組むと
ともに,生徒指導全般に関して,周りの教員に適
切な助言や援助ができる。
日常の児童生徒との触れ合いや観察・調査などか
ら,きめ細かな実態の把握に努めるとともに,い
じめについて研修を積み重ね,周りの教員に未然
防止や早期発見のための適切な助言が
できる。
いじめへの対応で困っている教員への適切な助言
や,いじめられる側・いじめる側本人とその双方
の保護者に対して,適切な事例を基に指導や援助
ができる。
早期の教育相談を実施するなど,不登校の未然防
止のために迅速で適切な対応ができるとともに,
不登校について研修を積み重ね,周りの教員に未
然防止のための適切な助言ができる。
不登校児童生徒に関わる教員への適切な助言や,
不登校児童生徒及びその保護者に対して再登校に
向けた適切な指導や援助ができる。
問題行動とその背景の理解や様々な対応について
研修を積み重ね,児童生徒や保護者へのの受容と
共感に基づく適切な指導や援助ができるとともに
周りの教員に適切な助言ができる。
教育相談の在り方や様々な技法などについて研修
を積み重ね,それを生かした実践をするとともに
に周りの教員に適切な助言ができる。
ADHDやLD等の学習上特別な配慮が必要な児
童生徒の理解や指導について研修を積み重ね,児
童生徒や保護者への適切な指導や援助ができると
ともに,周りの教員に適切な助言ができる。
- 39 -
初
任
研
10
年
研
ふ ふるさと教育
る
さ
と
教
育
・ キャリア教育
キ
ャ
リ
ア
教
育
・ 情報教育
情
報
教
育
学校区を中心とした地域の自然・
歴史・文化・人材等に関心をも
ち,各教科等の教材に取り入れる
など,ふるさと教育の趣旨を理解
して教育活動に取り組むことがで
きる。
キャリア教育の趣旨を理解し,学
齢や発達の段階を踏まえた体験活
動を充実させるなど,教育活動全
体を通じたキャリア教育に取り組
むことができる。
学校の教育活動との関連を明確にした年間指導計
画を適切に作成するとともに,教育目標の具現化
に向け,キャリア教育の視点を重視したふるさと
教育の全体計画の作成に参画し,計画に基づいて
実践することができる。
情報活用能力育成の基本的な考え
方を理解し,その育成を目指した
授業を実践するとともに,図書情
報やインターネット情報などの情
報手段を活用した授業を実践する
ことができる。
学校の教育目標を具現化するという広い視野から
情報教育を捉え,主任等と連携し情報教育の全体
計画や年間指導計画を作成するとともに,様々な
情報手段の特性を効果的に生かした授業実践や,
保護の必要のある情報と積極的に公開すべき情報
の見極めと管理ができる。
学 校務分掌
校
経
営
自己に与えられた校務の内容を把 分掌した校務について年間計画を作成し,他の分
握し,組織の一員として正確かつ 掌と連携を図りながら企画や運営をするとともに
協力的に遂行できる。
分掌組織全体を把握して,周りの教員に適切な助
言ができる。
校務を遂行する上で生じた課題に 学校経営上の諸課題に対し,建設的な改善策を提
ついて認識し,報告・連絡・相談 案するなど,学校運営に積極的に参画できる。
することができる。
自校の教育目標や教育課程の特
児童生徒の実態や地域の実情を把握し,教育課程
色,教育課程実施上の課題を理解 実施上の課題を見つけることができるとともに,
することができる。
自校の教育目標に沿った教育課程の立案に参画で
きる。
初
教育課程の編成
任
学校の教育活動との関連及び他校種との連携の在
り方を明確にした年間指導計画を適切に作成する
とともに,教育目標の具現化に向け,ふるさと教
育が目指す人間像を考慮に入れたキャリア教育の
全体計画の作成に参画し,計画に基づいて実践す
ることができる。
研
10
- 40 -
年
研
様式2
選 択 研 修 計 画 書
研修教員
ね ら い
鎌田
美津子
秋田県立
所属校
男鹿海洋高等学校
TEL
0185-23-2321
FAX
0185-23-2322
水産に関する幅広い識見を会得し、生徒の教科指導に役立てる。
〒010-0531
秋田県農林水産技術センター
研 修 先
連絡先
所 在 地
水産振興センター
男鹿市船川港台島字鵜ノ崎8−4
TEL 0185-27-3003
FAX 0185-27-3004
代表者名
工藤
裕紀
正式職名
所長
担当者名
水谷
寿
部・課名
企画管理班
月日(曜)
研修時間
9:00 ∼12:00
内
容
放流用種苗(トラフグ)の標識装着作業
第1日
12:00 ∼13:00
休憩
13:00 ∼17:00
天然海域及び市場における放流魚追跡調査
7月5日
(火)
9:00 ∼12:00
一般公開イベントにおける準備・スタッフの補助等
第2日
12:00 ∼13:00
休憩
13:00 ∼17:00
一般公開イベントにおけるスタッフの補助・後片づけ等
8月6日
(土)
9:00 ∼12:00
秋田県の水産業に関する講義の受講
第3日
12:00 ∼13:00
休憩
13:00 ∼17:00
魚類の査定・測定等水産研究に関する実技研修
8月19日
(金)
- 41 -
様式3
選 択 研 修 報 告 書
所
属
校
研
修
先
秋田県農林水産技術センター
間
平成23年7月5日(火)、8月6日(土)、8月19日(金)
研
修
1
研修の概要
7月
期
秋田県立男鹿海洋高等学校
職・氏名
教諭
鎌田
美津子
水産振興センター
5日(火)秋田県沿岸・沖合の魚介類について講義
千秋丸による漁獲物の精密測定
県産魚類の検索・同定、ハタハタ耳石の標本作製
海水のpH測定
8月
6日(土)水産デー
一般者見学の為の諸準備および手伝い
八郎湖の水質調査、アオコ発生の原因プランクトン展示
淡水魚の展示・・・ヤマメ・サクラマス・カジカ(大卵生・小卵生)など
海藻の押し花製作、お魚標本作り、耳石の工作、水産物パズル、お魚クイズ
8月19日(金)講義・実習・見学
最近の水産学の知見(水産資源学、陸水学、水産増殖学)、筆記試験
お礼の挨拶
2
研修の成果
魚類の全長・体長・体重・生殖巣量を測定すると、魚類の成長を知ることができ、それが今後の漁獲
の予想につながることが分かった。例えば、ヤナギムシガレイは9月頃に漁獲されることが多いが、小
さなサイズの物も多く漁獲されている為、初産卵する前に漁獲されて資源の増加が期待できない可能性
があった。その為、資源回復の方策を取られていることも知った。また、情報不足種として扱われてい
る鳥にカワウがあるが、アユなどの重要な魚を食べ、その被害の拡大が懸念されていること、ブラック
バスなどの外来魚の再放流が法律で禁止されていることも学習することができた。
水産デーでの研修は、自分自身も海藻標本製作や淡水魚の名前、パズルによる水産物の特徴を改めて
知ることができた。10時公開とともに多くの見学者が訪れ、小学生以下の子供を連れた家族が多く、
250名を超す来場者があり、過去最高の来場を記録したと伺った。水産に興味を持つ子供たちが増え
てくれればいいと思った。
更に、講義の中で、海水温の経年変化がブリ・マダラ・スケトウダラなどの水産物の漁獲量に影響し
ていることや、水産物の成長指数と漁獲量の関係を示すデータをそれぞれ知ることができ、とても参考
になった。
秋田県の水産物漁獲量は、47都道府県の中でも下位にあると分かり、秋田県の水産業の厳しさを感
じた。しかし、ハタハタの資源回復のための調査や方策から、水産に携わる方々の強い意識を改めて知
ることができたこと、千秋丸の調査等から様々な魚種が水揚げられていることを知り、それらの水産資
源を有効利用していくことが大切であると水産高校の教員として実感した。これからの授業にぜひ活か
していきたい。
- 42 -
様式4
特 定 課 題 研 究 レ ポ ー ト
所
属
校
研 究 分 野
研 究 テ ー マ
秋田県立男鹿海洋高等学校
職・氏名
教諭
鎌田 美津子
A 教科指導
B 学級・学年・学校経営
C 生徒指導
D 進路指導
E 特別活動に係る指導
F 総合的な学習の時間に係る
指導 G 特別支援教育に係る指導
H その他
地域に根ざした教材の研究と魅力ある授業づくり
1 研究の概要
水産教育に関する教科書には、全国に共通する内容の記載が多く、生徒は標準的な知識を身
につけることができる。しかし、地域の水産業の担い手を育成するには、生徒が地域の海や海
洋生物に対して、興味や関心を持つような魅力のある水産の授業を展開することが必要と考え
た。生徒は、近くに海があるにもかかわらず、海洋生物の観察や採集などの体験が少なく、地
域の海に生息している海洋生物をほとんど知らない。そこで、地域に根ざした水産を学ぶ入り
口として、生徒が意欲的に取り組む授業づくりについて研究した。
2 成果と課題
成果
(1)教材について
学校周辺の地図から、男鹿の地形や海洋生物について調査する地点を決めた。調査の際は、
主に写真撮影やメモによって記録し、自然の風景や海洋生物について記録した。海洋生物につ
いては岩場に降りたり波打ち際へ行くなどして、どんなところに、どのように生息しているの
か、特徴となる部分を探して記録するように努めた。また、参考文献や書籍による資料調査も
行い、より詳しく授業へ活かせるようにした。
(2)授業へ活用
記録したものを一部利用して、1年水産基礎の授業に使用した。テキストの内容に沿いなが
ら授業をすすめていった。教科書を読み説明を聞き、ノートを取るなどして、授業態度は概ね
良好であった。教科書は海・船・水産物について初歩的な内容を扱い、水産について初めて学
ぶ生徒には取り組みやすい内容であると感じていたが、専門的な内容まで掘り下げて授業を行
わないと生徒の印象は薄いと感じていた。
教材として地元のことを取り上げた時、地元の風景写真や海洋生物の写真や説明、撮影箇所
を伝えたときは、生徒は驚いた様子を見せたり、感想を話し合ったりするなど、生徒の興味・
関心が引きつけられたと感じる場面が多くあった。また、授業後の生徒の感想には、「地元の
内容が初めて分かった」「写真を見ることができて良かった」「見た目は気持ちが悪いと感じ
られる海洋生物が本当に利用できるのか疑問だった」「水産物の利用と地域の活性などを考え
ていければ良い」などと書かれていた。地域の内容を取り上げて、生徒の興味・関心を引きつ
け、意欲的に学ぶ姿勢を作ることの重要性を実感した。
課題
興味・関心を引きつけ、生徒が意欲的に学ぶ姿勢を作ることができたのは良かったが、生徒
に知識を定着させ、生徒自身が応用させるための方策については準備不足であった。地域のた
めに学校の活動が様々な形で求められており、生徒の活動を活かせる場面をもっと増やしてい
かなければいけないと感じている。
また、記録した写真やメモを教材として利用できるようにするためまとめておいたが、選定
した調査地点は、岩場などのため足場が悪く簡単には降りられなかったり、写真を記録として
残せなかったところもある。そのため、口頭での説明になってしまったが、他の教材を活用す
る工夫も必要であると感じている。魅力ある授業づくりと生徒の活動を活かしていくために、
本研究の良かった点や改善点を、今後さらに応用していきたい。
(A4判1∼2枚程度、研究にかかわる資料等があれば添付すること)
- 42 -
- 43 -
「学年経営における自校の課題とその対応」
学校番号 17 学校名 秋田県立男鹿海洋高等学校 記載者 教諭 加 藤 範 昭
1 学年の概要(第2学年)
・普通科2クラス、海洋環境科・海洋科学科各1クラスの4クラス(男子91名、
女子43名、計134名)からなっている。学年の職員は学年主任、副主任(担任
を兼務)学年担任、副担任4名、共通担任2名の計11名で構成されている。
・学年目標 ・・・明確な進路目標を設定し、その実現に向けて取り組む
① 学力・就職力の向上をはかる
② コミュニケーション能力の伸長をはかる
③ 人権尊重・社会規範を守る心の育成をはかる
2 学年経営における課題とその対応
課題1 基本的な生活習慣の確立
(状況)
・ここ数年の全職員による朝の整容指導により、生徒の整容面はだいぶ改善されてき
ているが、一部の生徒ではあるがその場だけ取り繕えばいいような考えの生徒もい
る。また衣替えになり、着こなしが悪い生徒が目立つようになってきた。
・車の通行の妨げになるような登下校の通学状態や列車内での乗車マナーなど、社会
生活を営む上でのルールやマナーなどの規範意識の薄い生徒がいる。
・家庭環境や経済状況に不安のある生徒が多い。
(対応)
①朝の整容指導と同時に、一人一人と挨拶を交わすなどコミュニケーションをとり自
覚を促している。また、授業における生徒指導、定期的な整容検査の実施、違反し
ている生徒にはその場で注意して直させるなど、普段から指導の徹底を図る。
②生徒指導部・学科・部活動の顧問や事務部など、学年を超えた協力体制と、学年間
の共通理解のもとに根気強く指導を続ける。
③全校集会や学年集会を通じて、規範意識を高める指導を行う。
課題2 学力・就職力の向上
(状況)
・生徒の学力差が大きく、基礎学力が不足している生徒も多い。また、中学時代から
家庭学習の習慣が身に付いておらず、明確な進路目標をもっていない生徒も多い。
(対応)
①わかる授業を実践し、学習意欲の向上に努める。年2回校内研究授業を実施し、研
究協議の充実をはかり、学校全体で指導力の向上に努める。
②教務部で、欠点所有者に対して学習シートを配付し、授業での活動状況や家庭での
学習状況が確認できるような指導を行っている。
③進路への意識を早期に持ってもらいたいと考え、例年11月に行っているインター
ンシップを7月に実施することにした。これにより2年次の夏季休業の効果的な活
用方法を生徒に促したい。
④朝学習で国語(漢字)、英語(単語)、数学(計算)、新聞記事の切り抜きを読み感
想を書く、を実施して基礎的な学力の向上を図るとともに読解力・社会的教養を身
につけさせている。
⑤資格取得を奨励し各学科・各教科で担当者を決め補習等を行っている。
課題3 コミュニケーション能力の向上
(状況)
・自分に自信がないためか、自分の意見を相手に伝えることを苦手とし、望ましい人
間関係を気づけない生徒もいる。
(対応)
①年数回実施している学校全体での面接週間や、日常行われている担任や教科担任、
部活動顧問、学年部の職員とのコミュニケーションをもつことで改善を図っている。
②各クラスとも全員に係を割り当てることで、生徒に責任と自覚を持たせると共に、
生徒を褒めて・励まして育てていくことを心がけている。
課題4
生徒の部活動未加入と保護者の学年PTAや総会への参加者の少なさ
(状況)2年生の部活動加入率32.8%
6月20日の2年PTAの参加者 25/134
(対応)
・今のところ対応策はない。部活動は全員加入の決まりを作るしかないと思う。
実施曜日等の検討や学年PTAの案内の郵送を実施したが目標に届かず、PTA参
加者増について何かいい方法を教えていただきたいと思い記載した。
- 43 -
「学年経営における自校の課題とその対応」
秋田県立男鹿海洋高等学校
教 諭
船木 英也
1.男鹿海洋高校について
本校は、水産課と普通科を併せ持つ統合制高校である。水産科2クラス、普通科2
クラスで構成されている。3学年の職員は、学年主任、副主任、学級担任4名、副担
任4名、共通担任2名の計12名で構成されている。
2.生徒の状況と課題について
【学習面】
全体的に学習習慣が身についておらず、授業(50分)に集中できない生徒が少な
からずいる。教室内での学力差が大きく、教科指導にも苦慮している。
課題
・基礎学力の向上
・学習習慣の確立
【生活面】
複雑な家庭環境・経済的に厳しい家庭の生徒が多く、遅刻・無断早退などを繰り返
す生徒も数名いる。問題行動、生徒同士のトラブルなどは、3年になってからは落ち
着いてきている。
課題
整容面の乱れ(女子の茶髪、ピアス、男子の制服の着崩しなど)
【進路面】
進路意識が非常に希薄である。さまざまな進路関係の行事を実施しているが、自分
のこととしてとらえていない生徒もおり、参加の姿勢が今一つである。
課題
進路の早期決定
1.具体的な取り組み
【学習面】 ・朝学習(数学・国語など)で基礎的な内容を扱い、定着をはかる
・教務と連携し、成績不振者への働きかけを実施
・資格取得の奨励
【生活面】
・毎朝の挨拶、整容指導の徹底
・問題行動への適切な対応と、学年集会やLHRでの予防
【進路面】
・学年主任による全員への面接(5月∼7月)
・一斉三者面談
・面接練習や自己PR書作成などの指導を含む進路ガイダンスの活用
- 44 -
B-10 高等学校英語科の授業スキルアップ
英語科
戸坂
圭子
1
講座の概要
高等学校英語科の授業において、新学習指導要領の趣旨に沿う、習得と活用のある授
業の在り方について研修を行う。
2
対象と定員
高等学校教諭25名
3
期日
9月1∼2日
4
研修内容
1)授業改善の視点について(講義)
新学習指導要領の理念を生かした授業改善について講義があった。そこでは次のよ
うなことが言われた。
中学校では週1コマ授業が増えるが、学習内容では学習単語数の増加が著しい。高
等学校では英語で授業を行うことを基本とすることが大きく取りあげられている。し
かし、教師が現行の授業を英語で行えばいいというわけではない。今の授業の流れを
再確認し、生徒が英語を使用する場面を増やすようにしなければならない。
科目の編成も大きく変わる。採択されなければ教科書はどんどん減る。指導要領解
説をぜひじっくり読んでもらいたい。
具体的に授業のスタイルとして3つの授業が挙げられた。予備校型授業では説明が
わかりやすく、自分で英文構造がわかるようにすることができる。文章理解型授業は
文章を理解することに目標がおかれる。新学習指導要領の理念を生かすにはトレーニ
ング型授業が必要であろう。この授業では教科書の意味がわかった後からが授業の中
心である。技能そのものを習得することが目的であり、reproduction, retelling, read and
look up など音読・暗唱・暗写の様々な活動が紹介された。しかし、トレーニングは
コミュニケーション活動ではないのでその後に自分の思いを乗せられる活動を導入す
る必要があるとも言われた。中学校ではコミュニケーション活動が多いので高校教員
が思う以上に生徒はやれる。今の授業の流れをどのように変えるかが新たな活動を導
入する鍵であるとのことであった。
2)生徒の活動を豊かにする授業の工夫
・学習事項の内在化には多くの活動が必要である。音読は英語の基礎回路づくりに役
立つ。音読による input を行い retelling や reproduction で output をさせる。段階的に指
導する 必要がある 。output の 効果は言語 化により「 ずれ」に気 づくことである。認知
を比較することで言語規則の修正へつながる。
・small step をど うつくるか 。教材研究は生徒の予習と同じではない。生徒の達成感
を 大 事 に す る 視 点 が 必要 で あ る 。( 授 業 を パタ ー ン化 す る、 書 かせ た もの は 集め て コ
メント を、プリン トの工夫など)small step は記憶が不要なものから必要なものへ、
音声モデルが有るものから無いものへ単位は短いものから長いものへと組み立てると
- 45 -
よい。50分で速い英文がわかるように持っていくと生徒は達成感を実感できる。
3)授業改善への取り組み(協議)
3種類の教科書からグループごとに教科書を選び、全員が指導案を作成し模擬授業
を行った。普段の授業の教材研究と同様に授業を準備するため、時間をあまりかけず
に準備をすることとなった。短時間での授業準備、全員での模擬授業は非常に実践的
な研修となった。
4)模擬授業
生徒役で他の先生方の工夫に気づくことができ、教師役で思うようにできない情け
なさを感じるなどよい経験をすることができた。講評でくり返し言われたことは英文
を理解させるだけではだめだということである。わかることとできることにはギャッ
プがある、そのギャップを埋めることが英語を使える生徒を育てることであるという
ことが身にしみた研修であった。
5
感想
英語教師として2日間という短いながらも充実した研修を受けることができた。参
加教員は20年以上の経験のあるベテラン教員から初任研対象教員まで様々であった
が、どの先生もアイデアに富んでおり、授業技術や生徒との対応などいろいろな話を
することができた。細かな授業技術を普段の授業に取り入れていくことができるよう
今後も教材研究にしっかり取り組まなくてはと深く考えさせられた。本校英語科職員
と話題・教材を共有し授業に取り組んでいきたい。
- 46 -
総合学習センターC講座研修報告
ソーシャルスキルやエンカウンターの実践
理 科
工藤
卓哉
1
参加の経緯
この講座の講師である曽山和彦先生(名城大准教授)は、平成18年度まで「秋田・学
校におけるカウンセリング学習会」を主催していた。私はこの学習会をホームページで知
り、機会があれば参加している。学習会は毎月、構成的グループエンカウンターをはじめ、
Q−Uや教育カウンセリングの技法などをテーマを設定して体験的学習を中心の内容で実
施している。曽山先生が名城大に行ってからは1年に1度、学習会において講座を実施し
ているが、今年度は夏休み中という日程もありセンターC講座の参加を希望して参加した。
2
講座の内容
午前は構成的グループエンカウンターの基本的な理論を中心に講義・演習を行った。特
に 学 級 開 き に お い て 、「 居 心 地 の 良 い 学 級 作 り 」「 学 級 の 温 か な 人 間 関 係 作 り 」 を 作 る た
めに効果的であると話していた。展開としてはインストラクション(導入)でねらいやル
ールを説明や例示し、エクササイズ(心理的課題)を実際に体験し、シェアリング(分か
ち合い)で感じたことや気づいたことを共有するという流れである。そこで午後に実際に
エクササイズを4人組になって体験した。校種も異なる4人組だったがエクササイズを経
験す る う ち に 笑 顔 で 行 う こと が で き た 。 今 回 実施 し たエ ク ササ イ ズは 「 二者 択 一」( ど ち
ら か 好 き な 方 に ○ を し 、 選 ん だ 理 由 を 話 す 。)・「 あ り が と う シ ー ト 」( 自 分 の ほ し い も の
を書いてペアになっている人に渡し、相手から○○をプレゼントしますと言ってもらう)
「ア ド ジ ャ ン ト ー ク」( ア ド ジ ャン の か け 声 で 0∼ 5 本指 を 出し 、 その 合 計の 一 の位 の 数
字の ト ピッ ク (好 き な動 物 など 1 0種 類 準備 し てお く )に つい て話す 。)・「 いいと こ四 面
鏡 」( い ろ い ろ な い い と こ ろ を 3 0 種 類 準 備 し ( し っ か り し て い る ・ 優 し い な ど )、 同 じ
グル ー プ の メ ン バ ー か ら ○○ さ ん の い い と こ ろは ○ ○で す 。と 3 つ発 表 する 。) だっ た 。
どのエクササイズも簡単にでき、最終的には「I am OK!」の気持ちにさせてくれた。
そしてシェアリングで気づいたことを話し合った。
3
今年度の実践
今 年 度 は 1 年 担 任 と な り、 学 級 開 き で 構 成 的グ ル ープ エ ンカ ウ ンタ ー を実 施 した 。「 質
問じゃんけん」や「ネームトーク」をやってみたのだが、曽山先生のようにうまくできな
かった。しかし、友人を作るといった目標はある程度達成できた。LHRなどでも「いい
とこ四面鏡」などを実施したが、生徒がうまく機能しているところとしていないところが
見られ、まだまだリーダーとしては技術が未熟であることを認識した。
4
今後の課題
曽山先生から学んだことは構成的グループエンカウンターだけでなく、教育カウンセリ
ングやQ−Uなど様々である。学級経営がうまくいくように自分なりに実施できることを
実践した。少しずつではあるが、成果が出てきていると思う。まだ未熟な点も多々あるの
で、研修を積み重ねて実践に移したい。
- 47 -
総合学習センターC講座研修報告
教育相談に生かすカウンセリングの技法
理 科
工藤
卓哉
1
参加の経緯
本校に赴任して3年目になる。1年の副担任、1年の担任(2年連続)と生徒とのリレ
ーション作りに毎年苦労してきた。別頁に報告した曽山先生の講座には本校赴任前から学
習会に参加したりして勉強をして実践してきたが、様々なカウンセリング技法があること
から、秋田大学教育文化学部の柴田健教授のブリーフセラピーを用いたカウンセリングの
技法を学ぶため、今年度この講座に参加した。
2
講座の内容
本 講 座 の 主 な 内 容 で あ る「 解 決 志 向 ブ リ ー フセ ラ ピー 」 とは 、「 その 人 の問 題 や悩 み を
何とかしようと考えるのではなく、その人の持っている力やその人がこうなりたいと思う
希望や願いに焦点をあてる短期療法といわれる心理療法の一つ」である。今では、コーチ
ングや会社経営にも使われる。
「否定的な面よりも肯定的な、解決している、うまくいっている側面に焦点を当てる。」
「過 去 より も 未来 に 焦点 を 当て る。」「基 本 的に は クラ イア ント の行動 に焦 点を 当て る。」
「生 徒 の 欠 点 で は な く 、 良い と こ ろ に 目 を 向 け、 ほ める 、 評価 す ると い う姿 勢 で臨 む。」
など、従来のカウンセリングと異なり、カウンセラーが効率的に介入(質問や称賛)して
いくことが特徴である。
グループワークをいくつかやってみた。ホテルのコンシェルジュになり、決してNoと
いってはならないワーク、写真を見て「強み」とか「すごさ」を探すワーク、ほしいもの
について尋ねるワーク、奇跡が起こり問題が解決したときにどのように違った生活をして
いるかというワークなど、非常に濃い内容であった。
「セラピストはクライエントを変えることはできない。クライエントだけがクライエン
ト自 身 を 変 え る こ と が で きる 存 在 で あ る 。」 と 柴田 先 生は 話 され て いた 。 どち ら かと い え
ばコーチング理論に当てはまる講義であった。
3
今年度の実践
本校生徒は、自信のない生徒も数多く在籍している。この講義を聴いて、肯定的な面を
生徒に還元するよう心がけた。普段ほめられることの少ない生徒も担任との関係で良いリ
レーションを作ることができた。
4
今後の課題
上記の一方、生活面で学校の指導に従わない生徒に対して、どうしても否定的な面を見
てしまい、なかなか肯定的な面を見いだすことができなかった。また、自分の中で担任と
して 何 と か し な く て は と いう 気 持 ち が 働 い て しま い、「セ ラ ピス ト はク ラ イエ ン トを 変 え
ることはできない」という内容の通りにはできなかった。
カウンセリング技法は様々なものがある。今回のようなコーチング理論も学ぶことがで
きたのは良い経験であった。自分はカウンセラータイプの教員であることを改めて認識し、
コーチングの能力は不足していると感じた。これ以外でも様々な理論があるので、来年度
以降も勉強を積み重ね、経験したことを生徒に還元できるようがんばりたい。
- 48 -
先進校視察報告
海洋科学科
大高
英俊
1.視察研修のねらい
石川県立能登高等学校
・大型船廃船に伴うカリキュラム、諸行事について
・乗組員の配置転換について
・小型船舶の年間利用計画について
・小型船舶操縦士免許の取得について
・平成25年度の教育課程について
静岡県立焼津水産高等学校
・水産流通科の学科構成、教育課程について
・本校の将来構想ついての協議
・アンテナショップの視察、経営について
上記の内容について、本校の廃船に伴うカリキュラム等を検討するための視察を行う。
2.日程・内容
12月5日(月)能登高校訪問
大型船の廃船に伴い、小型船舶(19t)を新設した高校である。遠洋航海 ・
海技教育から小型船舶を利用した沿岸漁業の教育について説明を受けた。
12月6日(火)焼津水産高校訪問
全国の水産・海洋系高校の中で規模の 大きい学校である。無線・通信系の
学科を廃止し、水産流通系学科を新設し た高校である。商業科と水産科の協
力で成り立つ学科が人気であり、学力も向上している。
3.研修内容・状況等成果と課題
学校のあり方は一律ではなく、地域や生徒の実情で異なる。本校の「人口がさほど多く
なく、大型実習船を持たない水産海洋系高校が提示する将来像・あり方としては妥当」で
あるとのご意見をいただいた。ただし、保守的な傾向の強い水産教員がこれを納得してい
るかが重要とのことでした。「6次産業化」のキーワードは教育のみならず、昨今あらゆ
る場面で使われており、これを活用するのは大変効果的な手法である。
小型実習船を使った実習は京都や小浜が参考になるとのことでした。これに関しては特
に、海技士教育に拘泥する教員の意識変革が不可欠であり、地域の海洋環境等に応じた調
査研究の柱が欲しいとのことでした。
食品系は最も人を集めやすいうえ、出口も多いことから、学科を設置するのは良いと思
います。ただ、製造加工以外の内容はしっかり構築しなくては意味がなく、新製品や特産
品の開発はPRしやすいものの、継続的に成果を出すのは大変難しい。あまり前面に打ち
出すと首を絞めることにならないか?(先生方の能力、連携できる企業の確保、予算の裏
づけ、取り組む時間の確保等、課題は多々ある)成果を出せる見通しのある分野が必要。
流通ビジネス科は、焼津水産高校の教員が希望した内容と極めて近い。昨年度末に本校
も水産科教員全員で将来構想を検討しましたが、サービス業のくくりで水産海洋系と商業
系をまとめようと考えた。ただ、新学科に相当強力なリーダーシップを持ち中心となって
49
進めていく先生が必要だと思われる。既存科目に無いことから、実習内容の年間計画や、
学校設定科目の内容等、決めなくてはならないことが非常に多い。商業教員が簿記やコン
ピュータの資格検定ばかりになり、水産教員が各自の専門分野から離れられない状態にな
ると機能しない。先生方の覚悟が一番必要な学科だと思われる。さらに、この学科を設置
するのであれば、生徒の開発商品や実習製品、企業との共同開発商品などを販売したり、
研究成果を発信する「場」が必要で、地域の産業館や停滞する商店街などを使い、生徒が
自主的に運営する形で模擬店舗を経営すると良いかと思われる。
キャリア教育は、本校の取組はかなり参考になるかと思う。入学から卒業まで、発達段
階に応じたプログラムを設定した。就業体験もかなり緻密に行っている。県内発のデュア
ルシステムも目玉です。地域産業の方に委員になっていただき「焼津水産高等学校職業教
育委員会」も発足。国の指定事業「地域産業の担い手育成プロジェクト」が終了したが、
同等の効果が上がるよう、4分の1の予算で全体を構築した。
進学対応は、たとえ少数であっても、水産海洋系の上級学校を目指す生徒に対し、進路達
成を支援する体制を用意する必要がと思う。一定レベルの生徒に入学してもらうには、保
護者や中学校の先生に伝わる必要があり、国公立への実績が大きい効果を発揮する。
石川能登高校
小型実習船
小型実習船操舵室
小型実習船機関室
小型実習船操舵室
小型実習船 LED 集魚灯
小型実習船居室
フィッシュパラダイス魚国店舗①
フィッシュパラダイス魚国店舗②
栽培実習棟
50
栽培実習棟
ウナギ養殖
小型実習艇
51
缶詰(空缶)印刷缶
Ⅳ
水産フォーラム
-1-
文部科学省指定事業「目指せスペシャリスト」を終えて
目指せ スペシャリス ト推進委員 会
教
諭
船 木
和 則
「目指せスペシャリスト」は、文部科学省が日本の産業を支える専門家を育てようと、
平成15年に創設した事業である。この事業は「スーパー専門高校」とも呼ばれ、個性あ
る教育課程の編成により特色ある学校づくりの実現や「地域に根ざす伝統技術を基盤とし、
新しい技術を開発する」など地域産業活性化への貢献が期待されている。さらには、産業
界や大学・研究機関の知的財産の有機的連携も重要視されている。
本校では事業を申請するに当たり、県魚「ハタハタ」を選定した。ハタハタは、昭和五
十年頃までは約2万トンが漁獲されていたが、平成3年には77トンまで減少した。そこ
で漁業者は自主規制により単一魚種として日本で初めて3年間の禁漁に踏み切った。その
成果もあって資源は回復したものの、消費量が低迷し魚価は思わしくない。また、県魚で
あり な が ら 、 誤 っ た 知 識 を持 っ て い る 人 も 少 なく な いこ と から 、「 ハタ ハ タネ ッ トワ ー ク
秋田の伝統食品を地域に活かす」をテーマに、自然環境保護と若い世代への消費拡大を
目指し、秋田が誇れる水産物としての再発見と地域活性化に全校生徒で取り組んだ。
1
研究開発課題
「ハタハタに関する資源の有効活用、産卵場の環境改善保全及び漁の省力化に関する
一連の取り組みをとおした、水産スペシャリストの育成」
2
研究開発の規模
水産科を中心に、全校生徒を対象に実施する。
3
研究の概要
秋 田 県 農 林 水 産 技 術 セン タ ー 水 産 振 興 セ ン タ ーを 中 心 に 、 男 鹿市 、 秋田 県 漁業 協 同
組 合 、 男 鹿 市 商 工 会 、 県 内 大 学 、 秋 田 県総 合 食 品 研 究 所 、 秋 田県 産 業 技 術 総 合研 究 セ
ン タ ー 等 多 く の外 部 機 関 と の 連 携 を 図 りな が ら 、 短 期 間 に 集 中的 に 水 揚 げ さ れる 県 の
魚「ハタハタ」漁の省力化およびハタハタ資源の有効活用や産卵場の環境保全活動、ブ
リコ(卵)の保護活動等に取り組み、将来の水産のスペシャリストの育成を目指す。
① ハタハタの水揚げ作業の省力化を図るための自動選別機の開発研究
② ハタハタの産卵場としての藻場の再生に関する研究
③ 飼育下におけるハタハタの基礎的な生態研究
④ 海岸に打ち上げられるハタハタ卵の資源への添加に関する研究
⑤ 未利用ハタハタの有効活用に関する研究
⑥ ハタハタの消費拡大につながる新製品の開発
⑦ 未利用資源の有効活用に関する研究
4
事業内容
(1)研究実施学科、教育界や産業界等における現状、課題(社会的ニーズ)等
① 平成18年の秋田県の海面漁業・養殖業の生産量は9980トンと多くはなく、
決し て 水産 立 県と は 言え な いが 、「 ハタ ハ タ」 や 「しょ っつ る」、「石 焼き料 理」 を
- 52 -
はじめとして、秋田県独自の伝統食文化が発達している。ハタハタ資源は一時期の
低迷期を脱し回復しつつあるが、一方で消費の減少や価格の下落という課題も生じ
ている。
② 県 の 魚 「 ハ タハ タ 」 は 海 面 漁 業 生 産量 の 約 16.6 % を占 め 、秋 田 県民 に とっ て は
なくてはならない貴重な魚である。しかし、漁獲されたハタハタのうち、大型の個
体や雌魚は重宝されるが、小型魚や雄魚は市場に流通せずに、廃棄されるものも多
い。また、秋田県は水産加工業者が少なく、小型のホッケ(通称「ローソクボッケ」)
等が加工されることもなく、流通せずに沖で廃棄されている。大量に廃棄される未
利用資源や水産加工残渣の有効利用は水産業界の懸念事項である。
③ ハタハタは2∼4年の期間を沖合域で過ごした後、11月下旬から12月下旬に
かけてのごく短期間のうちに深さ250∼300mの深海から接岸し、海藻に卵を
産み付けるが、メスの数に対して海藻が足りなければ、海中に放卵し海岸に打ち寄
せられてしまう。藻場の消失によりブリコが海岸に打ち寄せられ、膨大な量の資源
が無駄になっているが、一方では、人工採卵・孵化放流を行いハタハタ資源の維持
増大を図っている。
④ 「 ハタハ タ」 は大 型の個 体や雌魚は 重宝される が、小型魚 や雄魚は 1/3 ∼ 1/100
の値段で取引され、場合によっては大量に廃棄されることすらある。
⑤ 世 界 的 に 水産 物 の需 要 が増 加 し、 品 薄状 態 と価 格 高騰 を 招い て いる 中 で、「 食 」
の安全性は今後ますます重要な問題となってくる。地産地消を推進し、地球環境に
優しい「調理技術」を研究しながら、水産物の有効利用を進める中で自給率の向上
を図る必要がある。
⑥ 男鹿市は「なまはげ」と「温泉」を中心とする観光都市であるが、少子高齢化と
地域産業の衰退により、商店街の活力が失われつつある。
(2)目的
① ハタハタ選別機の製作をとおしてのスペシャリストの育成
季節ハタハタ漁は11月下旬から12月下旬にかけて、産卵のため接岸するハタ
タハタを漁獲するものである。水揚げが短期間の間に集中するため、その期間は不
眠不休での作業が続く。また、重宝されるのは大型魚や卵(ブリコ)を孕んだ雌魚
であるため、手作業で行う選別作業に多大な労力を費やしている。ハタハタ選別機
を製作することによって、寒風の中で行われる選別作業の省力化と出荷作業の効率
化を研究する。
② 潜水技術等を生かした藻場の再生に関する研究を通してのスペシャリストの育成
ア ハタハタについてはその生態が解明されていない部分が多い。自然界での産卵
生態などごく一部については、ダイバー等により映像に残され明らかになってい
る部分もある。ハタハタを周年飼育している男鹿水族館GAOと連携し、水槽内
で飼育されているハタハタを観察しその生態を明らかにする。
イ 男鹿半島周辺の日本海沿岸はハタハタ産卵場として重要であるが、特に「寒天
」の原料となるテングサは他県より多く重要な資源となっている。テングサを中
心にツルアラメ、アカモク(ギバサ)、ホンダワラ(ジバサ)などの生息・分布状況
や海底地形構造を調査し、ハタハタ産卵場の環境改善保全活動に貢献する。
ウ 本 校 実 習船 「 眞山 丸 (1 9 t)」 を 活用 し 、海 洋 観測 及 び生 物 調査 を 行い 、 秋
田県沿岸海域の状況を把握する。
③ 未利用資源の有効活用に関する研究を通してのスペシャリストの育成
ア ハタハタは卵を孕んだ雌魚や大型魚は重宝されるが、小型のものや雄魚は食用
- 53 -
に利用されるものは少なく、投棄されるものも少なくない。これらを加工し貴重
な水産資源として有効利用する方法を研究し、製品化を目指す。
イ 秋田県では禁漁を余儀なくされるまでハタハタ資源が減少し、漁民の死活問題
にまで発展したが、その後資源が回復し年間2000トン以上の水揚げが可能に
なった。しかし、若者のハタハタ離れや消費の低迷によって魚価の下落が起こっ
ている。ハタハタを原料とした若者向けの新製品や県外向けの商品を開発しなが
ら、伝統的な「ハタハタずし」の改良にも取り組み消費拡大につながる新製品の
開発を目指す。
ウ 小 型 の ホ ッ ケ ( 通 称 「ロ ウ ソク ボ ッケ 」) や産 業 廃棄 物 とな っ てい る イワ ガ キ
の貝殻を、水産加工品や食品添加物として利用することによって水産資源として
有効利用する方法を研究し製品化する。
④ ハタハタ資源の増殖に関する研究を通してのスペシャリストの育成
11月下旬から12月下旬にかけて短期間のうちに膨大な量のブリコが海岸に打
ち寄せられるが、乾燥してしまうかあるいは海鳥の餌となり、尊い資源が失われて
いる。海岸に打ち上げられたブリコを管理飼育することによりハタハタ資源の増殖
を目指す。
⑤ 地域活性化への取り組みを通してしてのスペシャリストの育成
ア 平成18年度から実施してきた「チャレンジショップ」の成果をもとに、男鹿
市や男鹿市商工会、男鹿市民等と情報を共有し、水産加工品の開発や利用法の研
究を行い、
「観光都市男鹿」の地域活性化を目指す。そのために、水産製品開発、
宣伝広告、イベントの企画・運営等について、生徒が主体的に活動し、地域と有
機的に連携する。
イ 高校生や男鹿市民を対象とした「料理コンクール」や「料理講習会」を開催し、
新しい情報を男鹿市民とともに共有できる「アンテナショップ」を企画する。ま
た、漁業協同組合婦人部の協力を得ながら新しい調理法や新製品の特産化を目指
す。
ウ 「アンテナショップ」や研究発表会を通して、活動や研究の成果を地域に発信
し共有するために、成果の普及を目指す。
⑥ 資格取得への取り組みをとおしてのスペシャリストの育成
潜水技術検定、エンジン技術検定、食品技能検定等の従来から取り組んでいる各
種検定の他に、漁業技術検定や水産海洋技術検定への取り組みを研究し、水産・海
洋に関する興味、関心、知識の伸長を図ることによって、水産海洋のスペシャリス
トの育成を目指す。
(3)目標
① 研究成果をまとめ、研究発表や小中学校での出前講座を実施する。
② ハタハタ選別機を製作し、実用化を目指す。
③ 藻場や海底地形の調査を行い、ハタハタ産卵場の環境改善・保全に役立てる資料
を得る。
④ 未利用ハタハタ資源や他の未利用水産資源を利用した試作品を製造し、商品化す
る。
⑤ 海岸に打ち上げられたブリコを採集し、海中で飼育する方法および陸上水槽で人
工飼育する方法での種苗生産技術の開発を開発する。
⑥ アンテナショップを秋田県全域への情報発信基地へと成長させる。
- 54 -
5
調査研究の実施方法
(1)自動ハタハタ選別機の製作
得意とする機関に関する技術を生かして、ハタハタを雌雄あるいは大小に分別する
選別機を製作し、実用化を目指す。
(2)潜水技術等を生かした地域に貢献できるスペシャリストの育成
男鹿半島周辺の日本海沿岸はハタハタ産卵場として重要である。ハタハタ資源減少
の原因に産卵場となる藻場の喪失が一因として考えられる。ダイビング技術を活用し、
人工網や貝殻を利用した藻場の再生方法を研究する。
(3)ハタハタの基礎的生態の研究
ハタハタの生態については、不明な部分が多い。男鹿水族館GAOと連携し、飼育
下における生態を観察し、生態を明らかにしていく。
(4)ハタハタ資源の増殖に関する研究
11月下旬から12月下旬にかけて短期間のうちに膨大な量のブリコが海岸に打ち
寄せられるが、乾燥してしまうかあるいは海鳥の餌となり、尊い資源が失われている。
海岸に打ち上げられたブリコを管理飼育することによりハタハタ資源の増殖を目指
す。
(5)未利用資源の有効活用に関する研究
① 秋 田 県 の 県 の 魚 で あ る ハ タ ハ タ は 「 ブ リ コ 」( 卵 ) を 孕 ん だ 大 型 の 雌 魚 は 重 宝
さ れ る が 、「 白 子 」 は あ ま り 見 向 き も さ れ ず 、 小 型 の 雄 魚 は 投 棄 さ れ る も の も 少
なくない。これらの小型魚や雄魚を水産資源として商品化する。
② ハ タハ タ は 資 源 は 回 復 し た が、 若 者 の ハ タ ハタ 離 れや 消 費の 減 少に よ り、 魚 価
の 低 迷 が 続い て い る 。 若 者 や 秋 田 県以 外 の 人 に も 好 ま れ る加 工 品 を 開 発 し、 消 費
の拡大・販路の拡大に結びつける。
③ 秋 田県 は サ ザ エ や 岩 カ キ ( 天然 カ キ ) の 産 地で も ある が 、そ の 殻は 無 造作 に 廃
棄 さ れ る のが 一 般 的 で あ る 。 サ ザ エや カ キ の 貝 殻 の 海 洋 投棄 を 防 ぎ 有 効 利用 す る
方法を研究し、実用化を目指す。
6
長期計画
1年次
2年次
①外部講師による講演会
②飼育下におけるハタハタの生態観察
③男鹿半島の藻場の調査
④ハタハタ選別機の設計
⑤未利用資源の実態調査と有効活用の研究
⑥アンテナショップの企画検討
⑦学校、研究機関、地域等における研究報告会
①外部講師による講演会
②飼育下におけるハタハタの生態観察
③男鹿半島の藻場の調査と再生方法の研究
④ハタハタ選別機の試作
⑤未利用資源の有効活用法及び試作品の発表
⑥アンテナショップの新企画の導入
⑦学校、研究機関、地域等における研究報告会
①男鹿半島の藻場の調査と再生再生方法のまとめ
②ハタハタの生態調査と報告
- 55 -
3年次
7
③未利用資源の有効活用の研究報告と試作品の発表会
④ハタハタ選別機の完成・発表会
⑤アンテナショップの充実
⑥学校、研究機関、地域等における研究報告会
研究組織
(1)研究組織の概要
校内分掌に「研究指定校推進(目指スペ)委員会」を設置し、水産科を中心に全校
体制で研究に取り組む。また、秋田県農林水産技術センター水産振興センターには全
面的な指導を要請する。
(2)運営指導委員会
氏
名
所属・職名
工 藤 裕 紀 秋田県農林水産技術センター水産振興センター所長
林
信太郎 国立大学法人秋田大学・教授
山 本 春 司 男鹿市産業建設部観光商工課長
伊 藤 俊 悦 秋田県漁業協同組合船川総括支所長
畠 山 直 美 漁業者・前PTA副会長
渡 辺
勉
秋田県教育委員会・指導主事
工 藤 正 孝 秋田県立男鹿海洋高等学校・校長
加 藤 竜 悦 秋田県立男鹿海洋高等学校・教頭
(3)校内における体制
目指せ スペシャリスト推進委員会
氏
名
職
名
加 藤 竜 悦
教
頭
畠 山 浩 樹
教
諭
船 木 和 則
教
諭
船 木 英 也
教
諭
奥 田 勝 秋
教
諭
佐 藤
茂
教
諭
加賀谷 富 男
教
諭
渡 辺
薫
教
諭
鎌 田
亨
教
諭
猿 田 英 幸
教
諭
山 科 あさか
教
諭
柏 谷 亜紀子
教
諭
岩 谷裕 次
教
諭
鎌 田 美津子
教
諭
大 高 英 俊
教
諭
三 浦 誠 一
実習助手
鈴 木
元
実習助手
江 畑 邦 彦
実習助手
塚 本 誠 進
実習助手
委員長
委 員
委 員
委 員
委 員
委 員
委 員
委 員
役割分担・担当教科
研究指定推進(目指スペ)委員会委員長:理科
副委員長(総括)
:水産科代表
研究副主任:水産
研究副主任:海洋環境科長
:水産
:水産
:水産
:水産
:水産
:水産
:家庭
:商業・情報
:水産
:水産
:水産・情報
:水産
:水産
:水産
:水産
- 56 -
三
三
松
杉
8
浦 健 吾
浦 幹 夫
山 大志郎
沢
卓
実習助手
臨時実習助手
臨時実習助手
事務長補佐
:水産
:水産
:水産
:会計担当
実施の効果とその評価
研究を推進するにあたり、学科の特性を活かした水産教育分野、これからの時代に必要
な環境教育分野、若い世代からとらえた起業家精神教育分野に分け、生徒の専門性の深化
を図ることにした。
[水産教育分野」
(1)ハタハタ選別機制作班
魚の大・小、雄雌を選別するため設計・試作・改良へと進んだが、その精度はまだ
まだ手作業の方が早い。だが、生徒は「ものづくり」の難しさと楽しさを知るととも
に、地域からの期待度が高いことが自信へとつながった。
(2)3D制作班
「男鹿の海」の中を疑似体験できるようにハタハタをはじめ海の生物を3Dで制作
し表現した。アイデアや想像力が豊かになり、考える力もつき、パソコンも応用機能
が使えるようになった。
(3)生態研究班
飼育の難しさと楽しさを学んだ。ハタハタの人工授精・稚魚放流の体験により、栽
培漁業への関心・意欲が高まり、教員も種苗生産についての知識を得るため積極的に
水産振興センターとの交流を深めた。また、ハタハタ検定問題を作成しホームページ
に掲載した。一週間で三十五件というペースでアクセスがあり、予想以上の効果が伺
えた。
「環境教育分野」
(1)資源増殖班
海岸に漂着する卵塊を少なくするため、人工海藻を製作し海に設置した。波の力に
耐えることは克服したが、その構造や設置場所については、まだまだ研究・調査して
いくことが必要である。
(2)未利用水産物活用班
「 カ メ ノ テ 」・「 フ ジ ツ ボ 」 の 殻 が 水 質 浄 化 に 役 立 つ こ と を 突 き 止 め た 。 そ の 成 果
が 、 生 徒 の 研 究 を 遂 行す る 忍 耐 強 さ に つ なが っ た。 ま た、「 ワ カメ の 茎」 に つい て も
研究を行い、その茎を利用したスイーツが指導委員から好評であった。
[起業家精神教育分野]
(1)新商品開発班
ハタハタの消費量拡大を目標に、若い世代をターゲットにしたハタハタを使った餃
子とハンバーグを開発した。さらに、ハタハタ弁当や押し寿司などの試作・改良を行
った。外部からの助言によりハタハタ特有の「生臭み」を消すヒントを得たことは大
きな成果であった。ハタハタハンバーグは、冷凍保存できる利点があり、県内製造業
者への売り込みが今後の課題である。
(2)起業家精神育成班
普通科Ⅱ類の生徒が中心である。本校のサバ缶を販売するために必要なビジネスマ
ナーや方法を能代商業高校と連携することによって共有できた。生徒は「販売」する
ことの難しさを実感していた。
- 57 -
9
最後に
今年度で事業は終了するが、生徒・職員・地域の方々へのアンケート調査によると「継
続していくべき」との回答がほぼ百%という結果が得られた。生徒たちの探求心や豊かな
表現力が身に付いたことは言うまでもないが、この事業を通じて研究機関や漁業者そして
企業の人たちと接していくことで「地域の教育力」が発揮され、本県が推進する学校共通
実践課題「ふるさと教育の推進」が「問いを発する子ども(生徒)」を育むことを確信でき
たことも収穫である。
- 58 -
Ⅴ
参考資料
-1-
平成23年度
第1回校内職員研修
秋田県立男鹿海洋高等学校
教諭 船木和則
出典:「平成23年度教職員等中央研修」
日本女子大学 教授 坂田 仰氏 資料
FR教育臨床研究所 所長 花輪敏男氏 資料
早稲田大学教育・総合科学学術員 心理学博士 河村茂雄氏 資料
第1回校内職員研修
平成23年7月19日(火)15:00∼
場所:実習棟情報処理室
1 不登校の権利
2 季節の変わり目
3 演習① 疑似体験
4 居場所がない!(アセスメントとアプローチ)
Q-U法、自尊感情尺度の紹介 etc
5 演習②
Incident processによるcase study
◆教育法規Ⅰ
1 学校を取り巻く環境
学校
家庭
地域社会
モンスターの出現
2 三つのモンスター
①モンスターペアレント
②モンスターレジデント
③モンスターティーチャー
資料1
話してもわからない人の存在
わかりあえない!!
「不登校の権利」の主張
ONとOFF
地公法第33条
信用失墜の行為
◆特別支援教育
センター試験
・発達障害者に対して
「特別な配慮を」をすること。
→ 高校における具体的な実践が前提
発達障害とは
・教育の世界では、LD、ADHD、高機能自閉症(
アスペルガー症候群含む)を指すと考えてよい。
脳の機能障害
生育・環境ではない。
(親のしつけが悪いのではない。)
・全国調査 小1∼中3 通常の学級に6.3%
資料1
実は・・・・
どこにでもいる生徒
↓
発達障害の可能性
成人になって
・発達障害は昔から存在していた。
→ 二次障害に陥りやすい。
→ 社会的に成功している例
・「その子が分かりやすいように」
・長所を伸ばす。
資料1
有名人
・レオナルド・ダヴィンチ
・エジソン
・トム・クルーズ
・ビル・ゲイツ
・マイケル・フェルプス
診断と支援
・障害の状態はグラデーション
・教育の世界では
診断名が付こうが付くまいが支援していく
傾向があるなら、その障害に対する方法は
「有効であろう」と考える
資料1
理解するキーワード
わたしもADHD あなたもADHD
受け入れる学校・社会をつくる
健常者の場合
報
脳細胞
神経細胞
フィルター
行 動
情
命令
支援を要する人の場合
報
脳細胞
神経細胞
金網
行 動
情
命令
演習①
例1
十 口 →
田
例2
十日十日→
車
支援を要する生徒はこんなふう
に理解します。
資料2
◆生徒指導
日米の学校教育の構造
〈アメリカ〉
〈日本〉
ガイダンス
学習指導
学習指導
教師
ガイダンス
教師
教師
SC
育てるカウンセリングと育てる生徒指導
カウンセリング界
セラピー(治す)
問題解決カウンセリング
ディベロップメント(育てる)
予防開発的カウンセリング
生徒指導分野
リアクティブ(治す)
問題解決的生徒指導
プロアクティブ(育てる)
予防開発的生徒指導
教育相談と生徒指導
予防・開発的指導
積極的な指導
教育相談
生徒指導
「育てる」
問題解決的な指導
消極的な指導
「治す」
非社会的行動
教育相談
反社会的行動
生徒指導
育てるカウンセリングを実践するときの二つの視点
(1)第1の視点:個と集団
集団 個
木も見る
森も見る
バランスよく
(2)第二の視点:アセスメントとアプローチ
すべての教育活動において
指導方法
アプローチ
アセスメント
︵
診断的評価︶
グループ・アセスメントの紹介
学級診断テスト(Questionaire−Utilities)
侵害行為
認知群
学級生活
満足群
被侵害得点
学級生活
不満足群
非承認群
要支援群
資料1
パーソナル・アセスメントの紹介
「Child Rating Scale日本語版」「基本
的信頼感尺度」「自尊感情尺度」の3
つの尺度から構成されている。
資料3−1、3−2、3−3
演習②
Incident processによるcase study
事例提供者の報告
資料4
まとめ
1 学級集団と個の把握
2 否定形の命令は伝わらない。
3 文章は第一人称現在進行形で書かせる。
教育こそ最大の治療なり
平成23年度
第1回校内職員研修
資料1
出典:「平成23年度教職員等中央研修」
日本女子大学 教授 坂田 仰氏 資料
FR教育臨床研究所 所長 花輪敏男氏 資料
早稲田大学教育・総合科学学術員 心理学博士 河村茂雄氏 資料
◆教育法規Ⅰ
モンスターペアレント
女性教員刺殺損害賠償請求訴訟
(宇都宮地方裁判所平成16年9月15日判決)
一部認容→・・・義務教育課程を終えていない中学1
年生の少年であり、是非弁別能力等の責任能力は
一応認められるにせよ、その程度は相当に低いもの
であるから、日常生活その他のあらゆる局面におい
て親権者等の監督義務の広い監督、支配に服すべ
きである。その反射的効果として、低い責任能力し
か持たない年少少年の監督義務者の監督義務とし
ては、広範かつ重大な責任が課せられて然るべきで
ある。
モンスターレジデント
クーラー騒音差し止め請求訴訟
(京都地方裁判所平成20年9月18日判決)
一部容認・・・騒音の侵入が違法というために
は、被害の性質、程度、加害行為の公益性の
有無、態様、回避可能性等を総合的に判断し、
社会生活上、一般に受忍すべき限度を超えて
いるといえることが必要
・騒音防止条例を適用した裁判所
モンスターティーチャー
初任者研修分限処分等無効確認訴訟
(那覇地方裁判所平成21年3月11日判決)
→棄却・・・条件附採用制度・・・選考の方法
が、なお、職務を遂行する能力を完全に実
証するとはいい難いことにかんがみ、試験
等により一旦採用された職員の中に適格性
を欠く者があるときは、その排除を容易にし
ようとする制度
学校教育紛争
教師個人の価値観と「職」との衝突
毛語録懲戒免職訴訟(広島高等裁判所昭和60年5月31日判決)
→控訴棄却
中学生は、未だ十分な批判力を持たない年
代であるから、教師の持っている思想・主義を常にそのまま教
示できるとは限らず、おのずから一定の抑制を求められる。
伝習館訴訟(最高裁平成2年1月18日判決)
→破棄自判 懲戒処分は、平素から庁内の事情に通暁
し、職員の指揮監督の衝に当たる懲戒権者の裁量に任
されているものというべき
君が代伴奏職務命令訴訟(最高裁平成19年2月27日)
個人の価値観にあわないと主張
→上告棄却 音楽専科教員にとって君が代の伴奏は
通常の職務の範囲
学校事故
①部活動落雷事故国賠訴訟 (最高裁平成18年3月13日)
→破棄差し戻し 引率者兼監督の教諭には、落雷事故発生
の危険が迫っていることを予見すべき注意義務が存在し、事
故の発生を未然に防止すべき一般的な注意義務を負う。この
義務は、教育現場における慣習・常識によって左右されない。
学校現場の常識ではなく、最新の科学的知見をフォロー
する義務
②体罰国賠訴訟(最高裁平成21年4月28日)
→破棄自判 その目的、態様、継続時間等から判断して、教
員が児童に対して行うことが許される教育的指導の範囲を逸
脱するものではない。
→「懲戒としての体罰」とは区別される。「指導としての有形
力の行使」を肯定
学校文化への批判
①旅行命令簿非公開取り消し請求訴訟
(最高裁平成15年11月11日判決)
→情報公開制度は広く県民に情報を提供することを目的とする制
度であり、公務員の職務の遂行に関する情報については、私事に
関する情報が含まれる場合を除き、非公開情報にあたるとはいえ
ない。
②研修不承認訴訟(名古屋地方裁判所平成14年5月22日判決)
自立的研修権の否定
→教育公務員特例法 研修に対する校長の実質的判断権
(事前・事後)を付与
◆特別支援教育
特別な教育的ニーズ
・ニーズは多種・多様
発達障害(関連する二次障害)
虐待 神経症 精神病 緘黙
脳の器質的障害
・とりあえず「発達障害」を窓口に
しっかりと対応できる体制の学校に
こんな生徒いませんか?
・知的に問題はないようだが、学力が低い。
・漢字が極端に苦手
・朗読が下手
・ノートをうまくとれない。
・極端な方向音痴
・手紙の宛名書きがうまくできない。
こんな生徒いませんか。
・忘れ物が多い。
・整理整頓ができない。
・落ち着きがない。
・すごいおしゃべりである。
・指名されていないのに発言してしまう。
・順番が待てない。
・ケアレスミスが多い。
・提出期限が守れない。
こんな生徒がいませんか。
・その場の空気が読めない。
・他の生徒が興味を持たないようなことに興味があ
り、「自分だけの世界」を持っている。
・周囲の人が困惑するようなことも、配慮しないで
言ってしまう。
・こだわりが極端に強い。
・言葉通りに受け止めてしまう。
こんな生徒がいませんか。
・いくら言い聞かせても分からない。
・通信簿や指導要録にいつも同じことが書かれて
いる。
・本人が相当努力しているのに、効果が上がらな
い。
・何事もやる気が見られない。
・不登校
非行
・・・・・
発達障害の困難性
・状態が著しく変化する。
場面、年齢等
・診断がまちまち
年齢、医師等
・理解不足による介入の誤りが多い。
養育、環境によるとの誤解
・二次障害に陥りやすい
不登校、非行、いじめ、中途退学、学力不振等
二次障害
・調査、研究
・「不登校」の30%が発達障害
・「非行」問題の背景に発達障害
・高校中途退学者のかなりの数が発達障害
・大多数が「いじめ」にあっている。
・感触として「ひきこもり」にあっている。
・感触として「ひきこもり」の6∼7割が発達障
害という研究者も
二次障害を生じる心理的な要因
・低い自己評価
・自分がどうすればよいか分からない困惑
・自分へのあきらめ
・自分の存在を否定する周囲への反発
二次障害として現れやすい行動
・すべてに対しての「やる気」の喪失
・怒りなどの情動の抑制がきかない。
・抑制しようとする意欲の喪失
・他人への強い不信感
・自分を認めようとしない周囲への反発
・社会的ルールへの強い反発
・自分の将来への悲観から自暴自棄な行動へ
二次障害
内向き → 非社会的
外向き → 反社会的
新しい視点
・生徒指導、教育相談の分野
・学習面、行動面で「気になる子」
「もしかして・・・・・発達障害があるかも」
成人になって
・発達障害は昔から存在していた。
→ 二次障害
→ 社会的に成功している例
・「その子が分かりやすいように」
・長所を伸ばす。
診断と支援
・障害の状態はグラデーション
・教育の世界では
診断名が付こうが付くまいが支援していく
傾向があるなら、その障害に対する方法は
「有効であろう」と考える
学級担任(授業者)がポイント
・専門機関の指導 せいぜい週数時間
・生活の中核部分を大切に
教室における「特別な配慮」
6.3% → 1%?
・情報は「個別的なかかわり」が主
・集団の中でどう実現していくか
・学級経営の専門性
学級経営・授業が基盤
・「違い」を受け入れる集団
・認め合い、助け合い、協力し合う集団
・分かる授業
・自ら進んで取り組む学習
支援のポイント
・刺激の影響を強く受ける。→調整が必要
・本人にとって分かりやすい説明や指示が必要
・構造化される必要
・「脳の問題」と「心理的な問題」
視覚的なものの利用
・視覚的なものは「手がかり」としやすい
・日本語の分からない外国人が見て分かるもの
スケジュール カード シール
自閉症用タイマー 取扱説明書
ソーシャルストーリー コミック会話
授業
・問題解決型の学習は苦手
・「枠組み」があったほうが分かりやすい
・モジュール化
・構造化
・即時評価
◆生徒指導
日本の学級集団と欧米の学級集団
□欧米の学級集団−−機能体
目的:学習指導
指導者が子どもに一定の知識・技能を教えていく
○日本の学級集団−−機能体/共同体
目的:学習指導+心の教育
子ども同士の学びあい、相互の交流を通して自ら
体験学習していく。
自明視されてきた
日本の学校教育の特徴
◎児童・生徒は、固定されたメンバーで、最低1年
間、同じ教室で、共同体的な集団生活・活動体
験を行い、ながら、学習指導を受けていく。
◎教師が学習指導とガイダンス・生徒指導の両方
を統合し行っていく。
↓
今、このシステムが揺らいでいる。
◇児童・生徒の斉一性の低下
理想の学級集団の構造
〈必要条件〉
Ⅰ 集団内の規律、共有された行動様式 ルールの確立
Ⅱ 集団内の子ども同士の良好な人間関係、役割交流だけで
はなく感情交流も含まれた内面的なかかわりを含む親和
的な人間関係 〈リレーションの確立〉
↓
Ⅲ 一人ひとりの子どもが学習や学級活動に積極的に取り組
もうとする意欲と行動する習慣
同時に、子ども同士で学び合う姿勢と行動する習慣
Ⅳ 集団内に、子どもたちの中から自主的に活動しようとする
意欲、行動するシステム
【満足型】
侵害行為認知群
学級生活満足群
特徴
・学級の70%以上が「学級生活
満足群」に入っている。
・ルール、リレーションともに良好
【クラスの雰囲気】
・学級にルールが内在化してお
り、その中で、子どもたちは主体
的に生き生きと活動している状
態である。教師がいないときでも
子どもたちだけで、ある程度の
活動ができる。
・親和的な人間関係があり、子ど
も同士の関わり合いや発言が積
極的である。学級全体に活気が
あり、笑いが絶えない学級であ
る。
学級生活不満足群
非承認群
【管理型】
侵害行為認知群
学級生活満足群
特徴
・学級の70%以上が「学級生活
満足群」と「非承認群」にいる。
・ルールを重視しているため、リ
レーションが不足。
【クラスの雰囲気】
・一見静かで落ち着いた学級に
見えるが、学級生活を送る子ど
もたちの意欲には大きな差が見
られ、人間関係が希薄である。
・教師の評価を気にする傾向に
あり、子ども同士の関係にも距
離がある。シラッとした活気のな
い状態で、学級活動が低調気味
である。
学級生活不満足群
非承認群
【なれあい型】
侵害行為認知群
学級生活満足群
特徴
・学級の70%以上が「学級生活
満足群」と「侵害行為認知群」に
入っている。
・リレーションはある程度あるが、
ルールが不足。
【クラスの雰囲気】
・一見子どもたちが元気で自由
にのびのびしている雰囲気の学
級に見える。しかし、学級のルー
ルが低下しており、授業では私
語があったり、係活動の遂行に
支障が出ている。
・子どもたちの間には小さなトラ
ブルが頻発している、声の大き
い子どもたちに、学級全体が牛
耳られてしまう傾向がある。
学級生活不満足群
非承認群
【荒れ始め型】
侵害行為認知群
学級生活満足群
特徴
・学級の70%以上が「学級生活
満足群」と「学級生活不満足群」
にいる。
・リレーションもルールも不足し
はじめている。
【クラスの雰囲気】
・管理型、なれあい型の時に、具
体的な対応がなされてないまま
いくとこの形になる。学級のプラ
ス面が徐々に喪失し、マイナス
面が現れてくる。
・このような状態になると、教師
のリーダーシップは徐々に効を
奏さなくなり、子どもたちの間で
は、お互いに傷つけ合う行動が
目立ち始める。
学級生活不満足群
非承認群
【崩壊型】
侵害行為認知群
学級生活満足群
特徴
・学級の70%以上が「学級生活
不満足群」にいる。
・リレーションもルールもない状
態
【クラスの雰囲気】
・すでに学級は教育的環境とは
いえず、授業は成り立たなくなっ
てくる。私語と逸脱行動が横行し、
教師の指示に露骨に反発する
子どもが出てくる。
・学級に集まることによって子ど
もたちは互いに傷つけ合うため、
学級に所属していることに肯定
的になれない。不満と不安で緊
張しているため、不登校になる
子どももいる。
学級生活不満足群
非承認群
学級集団と学力(中学校)
OAとUAの出現率(中学校)
学級集団の発達の考え方
・2人組→4人組→小集団→中集団→学級全体へ
学級集団の発達ーー子どもたちをつなぐものは何か。
集団内の人間関係 or 共有されたルール
or 他の集団との対立
○学級崩壊の状態にある学級は、小学校の8.9%にのぼって
いる。ーー全国連合小学校長会(2006)ーー
教師が学級づくりに取り組む流れ
①日本の学級集団の理解と学級づくりの方法論を確
認する。
②担任する学級に集うすべての子どもたちの支援レベ
ルと、学級集団の現状の状態・集団発達過程の段階
のアセスメントを適切に行う。
③現状の段階をより発達させるための集団育成の
方針を定め、そのもとで具体的に席順や生活班など
の日常の学級生活面、授業の展開、学級活動への取
り組みを有機的に典型する。
④2,3ヶ月たったら再び②のアセスメントをし、③の方
針を修正しながら取り組みを続ける。
第2回校内職員研修
学校におけるSWOT分析
出典:平成23年度教員等中央研修資料
今日のキーコンピテンシー
1 講義
①
②
③
④
適度なフラット組織化
人は状況を理解してこそ動く。
ミクロ環境で見る。
KFSの明確化
2 演習
①
②
③
④
ブレインライティング法
グルーピング
概念化シート作成
グループ代表者発表
1 学校を取り巻く環境と変化の方向性
政治
行政
経済
生活者
次元飛躍的な変化
現在
未来
社会的枠組みの崩壊と再構築の過程
第1列島線(南沙・中沙・東沙)
メタンハイドレード
2020年までに空母機
動部隊3つを配置する
第2列島線
日本企業の戦略展開の方向と新たな枠組み
これまでの考え方や取り組み
組織構造
今後の考え方や取り組み
・階層的ピラミッド
・大きな本社
・安定的官僚制構造
・階層を削減したフラットな構造
・小さな本社
・ネットワーク構造
・ボトムアップ型意思決定
・トップダウン・ボトムアップな構造
・戦略的な意思決定
意思決定 ・戦術課題中心の意思決定
・安定的官僚制構造
システム
・終身雇用
・年功制
・情報・パワーの集中(集権)
・実力主義
・情報・パワーの分散(分権)
これまでの組織
指示・命令
今後の組織
意思決定+結果責任
HOW=遂行義務
過度のフラット組織化
お客
適度なフラット組織化
2 環境変化に対応するマネジメントの考え方
マネジメントとは、何か?
おかれた環境の中で「こと」を「うまく成し遂げる」こと
一般解
特殊解
唯一最善
Best
最良選択
正・誤
適・否
Better
他校でうまくいったから、自校でうまくいくとは限らない。
マネジメントの有効性を支える3つのポイント
的確な環境状況
の解釈とビジョン
づくり
×
効果的なマネジメント
のしくみの設計と活動
の計画化
(WHY)
(WHAT)
根拠
主張
×
運用の努力と
うまさ
(HOW)
人は状況を理解してこそ動く。
学校教育目標
P
L
学校内の
外部環境分析
学校内の
内部環境分析
A
学校のマネジメント構想づくり
N
具体的な活動計画作り
D
O
活 動 の 実 施
CHECK ACTION
活 動 の 評 価
次期への反映
3 SWOT分析
[外部環境]
[内部環境]
(+)
機会
(Opportunity)
(+)
強み
(−)
脅威
(Threat)
(Strength)
(−)
弱み
(Weakness)
学校におけるSWOT分析
外部環境
(+)
内部環境
(+)
強み
支援的に働く場合
(−)
阻害的に働く場合
(−)
弱み
マクロではなく、ミクロ環境で見る
外部環境を分析する視点
分析項目
分析項目の内容(例)
歴史・文化
・地域にある史跡・名勝・天然記念物
・地域の行事・催事
・地域間の交流とその特徴
・町おこし・村おこし
自然・風土
・地勢・地形の特徴と特性
・気象・気候の特徴
産業
保護者
・産業
・地元との関係
・規模・立地
・地場産業
・経済状態
・世代・年齢
・価値観・考え方
地域住民
・転出・転入
・学校への印象方
関係機関
・教育委員会
・同窓会・保護者会
内部環境を分析する視点
視点
分析項目
生徒
ヒューマン
ウェア
ハードウェア
ソフトウェア
分析項目の内容(例)
・学習面・生活・特別活動
管理職
・得意領域・経験・人的ネットワーク
教職員
・得意領域・経験・人的ネットワーク
施設面
・校舎・パソコン・グランド・プール等
設備面
・パソコン教室・教具・教材等
予算面
・研究指定・販売収入等
システム面
・職員会議・校務分掌・学校運営システム
ノウハウ面
・教科内容・カリキュラム教育方法・生徒指導のノ
ウハウ・授業研究のノウハウ等・学校の保有して
いるノウハウ
組織・文化面
・校風や伝統、学校の職場の雰囲気等
4 SWOT分析のプロセス
1 機会の探索
2 機会に合致した強みの抽出
3 強みの積極的活用
4 弱みを強みに変換
5 弱みの克服(改善・強化)
6 脅威に対する対応策の検討
7 成功要因(KFS)の明確化
重要度(高)
生徒指導
アンテナ
ショップの
充実
現場実習
継続
部活の強化
欠課指導
職員の外部研修
への参加
不登校生徒の積
極的な受け入れ
重要度(低)
学科改編
部活動の整理
緊急度︵
高 )
緊急度︵
低 )
出前授業
の実施
目指スペ
事業継続
小型実習
船建造
校内で活用するには・・・・・・・・
①校長あるいは教頭になったつもりで学校
全体を分析してみる。
その他の手法
ア 組織マネジメント手法
イ 職場診断法
ウ ミッションマネジメント手法 エ 職場活性化手法
②クラス、学年部、科、教科、校務分掌等で
分析してみる。
その他の手法(市場細分化手法)
分析項目
ア 地理学的変数によるセグメンテーション
イ 人口統計的変数によるセグメンテーション
ウ 心理学的変数によるセグメンテーション
エ 行動科学的変数によるセグメンテーション
演習からまとめまでの流れ
① ブレインライティング法でアイディアを出します。
② 各自出したアイディアを模造紙にグルーピン
グします。
③ 班ごとに概念化シートを完成させます。
④ グループの代表者が発表します。
ブレインライティング法の進め方
ルール1
1枚の付箋に1つアイディアを横書きし、3枚貼る。
ルール2
時間はきちんと守る。
ルール3
前の人のアイデアを見て、自分のアイデアを書く。
ルール4
否定的なことは書かない。
理想の学校像を描いてもらう
演習シート
テーマ:活気のある学校にするためには
階段教室が欲
しい
生徒指導を厳し
くする。
TTで習熟度別
に授業をする。
2
電子黒板、実
物投影機がほ
しい。
放課後の巡回
専門者を決め
る。
バカは入学させ
ない。
3
付箋の色にこだわらず、自由な発想で書く。
1
C
3分間
B
3分間
A
第2回校内職員研修
学校におけるSWOT分析
出典:平成23年度教員等中央研修資料
今日のキーコンピテンシー
1 講義 30分
①
②
③
④
適度なフラット組織化
人は状況を理解してこそ動く。
ミクロ環境で見る。
KFSの明確化
2 演習
①
②
③
④
ヒントは前の人!
ブレインライティング法
自分が校長
グループ代表者発表
1 学校を取り巻く環境と変化の方向性
次元飛躍的な変化
現在
未来
日本企業の戦略展開の方向と新たな枠組み
これまでの考え方や取り組み
組織構造
今後の考え方や取り組み
・階層的ピラミッド
・大きな本社
・安定的官僚制構造
・階層を削減したフラットな構造
・小さな本社
・ネットワーク構造
・ボトムアップ型意思決定
・トップダウン・ボトムアップな構造
・戦略的な意思決定
意思決定 ・戦術課題中心の意思決定
・安定的官僚制構造
システム
・終身雇用
・年功制
・情報・パワーの集中(集権)
・実力主義
・情報・パワーの分散(分権)
これまでの組織
今後の組織
2 環境変化に対応するマネジメントの考え方
マネジメントとは、何か?
おかれた環境の中で「こと」を「うまく成し遂げる」こと
マネジメントの有効性を支える3つのポイント
的確な環境状況
の解釈とビジョン
づくり
効果的なマネジメント
のしくみの設計と活動
の計画化
運用の努力と
うまさ
学校教育目標
学校のマネジメント構想づくり
具体的な活動計画作り
活 動 の 実 施
活 動 の 評 価
次期への反映
3 SWOT分析
[外部環境]
[内部環境]
(+)
機会
(Opportunity)
O
)
(+)
強み
(Strength)
(−)
脅威
(Threat)
(−)
弱み
(Weakness)
学校におけるSWOT分析
内部環境
外部環境
(+)
(+)
強み
(−)
(−)
弱み
外部環境を分析する視点
分析項目
分析項目の内容(例)
歴史・文化
・地域にある史跡・名勝・天然記念物
・地域の行事・催事
・地域間の交流とその特徴
・町おこし・村おこし
自然・風土
・地勢・地形の特徴と特性
・気象・気候の特徴
産業
保護者
・産業
・地元との関係
・規模・立地
・地場産業
・経済状態
・世代・年齢
・価値観・考え方
地域住民
・転出・転入
・学校への印象方
関係機関
・教育委員会
・同窓会・保護者会
内部環境を分析する視点
視点
分析項目
生徒
ヒューマン
ウェア
ハードウェア
ソフトウェア
分析項目の内容(例)
・学習面・生活・特別活動
管理職
・得意領域・経験・人的ネットワーク
教職員
・得意領域・経験・人的ネットワーク
施設面
・校舎・パソコン・グランド・プール等
設備面
・パソコン教室・教具・教材等
予算面
・研究指定・販売収入等
システム面
・職員会議・校務分掌・学校運営システム
ノウハウ面
・教科内容・カリキュラム教育方法・生徒指導のノ
ウハウ・授業研究のノウハウ等・学校の保有して
いるノウハウ
組織・文化面
・校風や伝統、学校の職場の雰囲気等
4 SWOT分析のプロセス
1 機会の探索
2 機会に合致した強みの抽出
3 強みの積極的活用
4 弱みを強みに変換
5 弱みの克服(改善・強化)
6 脅威に対する対応策の検討
重点課題の明確化
重要度(高)
緊急度︵
高 )
緊急度︵
低 )
重要度(低)
校内で活用するには・・・・・・・・
①校長あるいは教頭になったつもりで学校
全体を分析してみる。
その他の手法
ア 組織マネジメント手法
イ 職場診断法
ウ ミッションマネジメント手法 エ 職場活性化手法
②クラス、学年部、科、教科、校務分掌等で
分析してみる。
その他の手法(市場細分化手法)
分析項目
ア 地理学的変数によるセグメンテーション
イ 人口統計的変数によるセグメンテーション
ウ 心理学的変数によるセグメンテーション
エ 行動科学的変数によるセグメンテーション
編
集
後
記
今年度は記録的な豪雪であり、春の訪れが遅く感じられるこの3月に、本校の研究紀要
第8号を発行することができました。今後の研修および教育活動に本紀要をお役立ていた
だければ幸いです。
最後に、ご多忙中にもかかわらず貴重な原稿をお寄せいただきました諸先生方に心より
感謝申し上げます。
平成24年3月発行
研究紀要
第8号
編
集
秋田県立男鹿海洋高等学校
研修部
発
行
秋田県立男鹿海洋高等学校
研修部
-1-
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement