FLV,W - 富士電機

FLV,W - 富士電機
取扱説明書
設置形超音波流量計
形式:FLV
FLW, FLD
ULTRASONI
C FLOW METER
INF-TN3FLVa
はじめに
このたびは,富士の超音波流量計をお買上げいただき,まことにありがとうございます。
本取扱説明書は,超音波流量計変換器および検出器の設置・操作および点検・保守について記載していますので,
ご使用前によくお読みください。
超音波流量計について
本超音波流量計は,既設配管の外壁に超音波センサを取り付け,配管内を流れる液体の体積流量を統一電流
信号や積算パルス信号に変換する流量計です。
形式と仕様の確認
仕様銘板に形式名などが記載されています。
ご注文の仕様通りであることをご確認ください。仕様銘板は,変換器側面,検出器カバー上面(小形センサ,
大形センサ)およびフレーム側面(高温用センサ)にあります。
(1) 仕様銘板
Ultrasonic Flow Meter
Type
Output
Supply
Ser.No.
Mfd.
Fuji Electric Systems Co., Ltd. Made in Japan
変換器/大形センサ
Ultrasonic Flow Meter
Type.
Ser.No.
Mfd.
Fuji Electric Systems Co.,Ltd.
C
Made in Japan
小形センサ
Type.
Ser.No.
Mfd. Fuji Electric Systems Co., Ltd.
Made in Japan
高温用センサ
富士電機システムズ株式会社 2001
お願い
・本書の内容の一部,または全部を無断で転載することは禁止されています。
・本書の内容に関しましては,将来予告なしに変更することがあります。
・本書の中で分かりにくい箇所,記述の誤り,記載もれなどお気づきの点がござ
いましたら,巻末のマニュアルコメント用紙にご記入のうえ,担当営業員にお
渡しください。
−i−
発 行
2001-09
改 訂
2006-10
(2)
変換器形式
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13
3
Y
F L V
内 容
ケース構造(4桁目)
屋外防浸ケース
S
電源(5桁目)
AC100∼240V 50/60Hz
DC20∼30V
1
4
接点出力(6桁目)
2点(オープンコレクタ)
2
アナログ出力(7桁目)
1
1系統
同期(9桁目)
なし
0
配線接続口(10桁目)
G1/2 (めねじ )水防グランド付
G1/2 (めねじ) プリカチューブ用
グランド付
Y
A
付加仕様(11桁目)
なし
Tag表示
Y
T
Y
A
パラメータ設定(12桁目)
なし
設定付
− ii −
(3)
検出器形
<検出器・標準形>
1 2 3 4 5 6 7 8
9 10 11
F LW
YY
2
1
1
5
5
2
1
1
0
内 容
種類(4, 5, 6桁目)
小形センサ
(φ50∼φ400)
小形センサ*2 (φ50∼φ400)
大形センサ
(φ200∼φ6000)
大形センサ*2 (φ200∼φ6000)
0
0
0
0
付加仕様(7桁目)
なし
Tag表示付
Y
A
Y
2
取付方法(11桁目)
標準
Z法取付け(小形センサの場合)
*2:古い配管または鋳鉄管,モルタルライニング管
などの超音波信号が透過しにくいものは、FLW11,
FLW50 を選択してください。
*3:信号ケーブルは形式 FLY にて手配してください。
1 2 3 4 5 6 7 8
F LW
9 10 11
内 容
2
1
1
5
5
2
1
1
0
種類(4, 5, 6桁目)
小形センサ水中形 (φ50∼φ400)
小形センサ水中形 *2 (φ50∼φ400)
大形センサ水中形 (φ200∼φ6000)
大形センサ水中形 *2 (φ200∼φ6000)
1
1
1
1
付加仕様(7桁目)
なし
Tag表示付
Y
A
専用信号ケーブル(9, 10桁目)
10 m
20
30
40
50
60
70
80
90
100
110
120
130
140
150
その他
BY
CY
DY
EY
FY
GY
HY
JY
KY
LY
MY
NY
PY
QY
RY
ZY
Y
2
取付方法(11桁目)
標準
Z法取付け(小形センサの場合)
*2:古い配管または鋳鉄管,モルタルライニング管
などの超音波信号が透過しにくいものは、FLW11,
FLW50 を選択してください。
<検出器・小口径/高温用>
1 2 3 4 5 6 7 8
9
内 容
1
FL D
種類(4, 5, 6桁目)
小口径センサ (φ13∼φ100)
高温センサ*4 (φ50∼φ400)
2 2 0
3 2 0
ベルト,カプラー(7桁目)
設置形用
S
Y
同軸ケーブル(9桁目)
なし
*4:濁度の高い流体や古い配管または鋳鉄管,モル
タルライニング管などの超音波信号が透過しに
くいものは、オプションのガイドレールを使用
し、Z法で取付けてください。
適用口径範囲
V法:φ50∼φ250
Z法:φ150∼φ400
高温センサ用ガイドレール
手配図番:TK4C6164C1
− iii −
(4)
信号ケーブル形
1 2 3 4 5 6 7 8
内 容
1
F L Y
適用検出器(4 桁目)
小形,大形センサ
小口径,高温用センサ
1
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
1
1
1
1
Z
0
1
1
2
2
3
3
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
0
1
2
3
4
5
Z
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
5
0
0
0
0
0
0
Z
ケーブル長(5, 6, 7 桁目)
5m
10 m
15 m
20 m
25 m
30 m
35 m
40 m
45 m
50 m
55 m
60 m
65 m
70 m
75 m
80 m
85 m
90 m
95 m
100 m
110 m
120 m
130 m
140 m
150 m
その他(問い合わせてください)
(注)水中形センサでない場合に,手配ください。
(5)
納入範囲
品 名
変換器
検出器
納入範囲
本体,定数設定表,取扱説明書
小口径
センサユニット,ステンレスベルト,
シリコンゴム
小形
センサユニット,ステンレスチェーン,
シリコンゴム
大形
センサユニット,ステンレスワイヤ,
シリコンゴム
高温用
センサユニット,ステンレスベルト,
シリコングリス
小形水中形
センサユニット(専用信号ケーブル付),
ステンレスチェーン,シリコンゴム
大形水中形
センサユニット(専用信号ケーブル付),
ステンレスワイヤ,シリコンゴム
専用信号ケーブル
専用ケーブル2本
中継箱(オプション)
中継箱
高温センサ用ガイドフレーム(オプション) 高温センサZ法取付け用ガイドフレーム
− iv −
安全上のご注意
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上,正しくお使いください。
ここに示した注意事項は安全に関する重大な内容を記載していますので,必ず守ってください。
安全注意事項のランクを「危険」「注意」と区分してあります。
危険
取扱いを誤った場合に危険な状況が起こりえて,死亡または重傷を受ける可
注意
取扱いを誤った場合に危険な状況が起こりえて中程度の障害や軽傷を受ける
能性が測定される場合。
可能性が想定される場合,および物的損害のみの発生が想定される場合。
設置・配線
● 設置場所は本製品の「取扱説明書」に記載の使用条件に合った場所に設置
ください。使用条件を超えた場所での使用は,感電,火災,誤動作の原因
になります。
● 取り付けは「取扱説明書」記載の通りに確実に行ってください。不確実な
取り付けは落下,故障,誤動作の原因になります。
● 取り付け工事等の際,製品内部に電線くず等の異物を入れないでください。
注意
火災,故障,誤動作の原因になります。
● 定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると火
災の原因となります。
● 配線工事を行う場合は必ず元の電源を落としてから行ってください。感電
の恐れがあります。
● 配線材は機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に耐え
ない配線材の使用は火災の原因になります。
危険
● 防爆仕様ではありませんので爆発性ガスの雰囲気では使用しないでくださ
い。爆発火災等の重大な事故の原因になります。
−v−
目 次
はじめに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –i–
安全上のご注意・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –v–
1. 各部の名称とはたらき ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –1–
2. 変換器の取付 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –2–
2.1
設置場所の選定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –2–
2.2
取付方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –2–
外形図・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –3–
3. 変換器の配線 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –4–
3.1
配線の前に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –4–
3.2
適用配線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –4–
3.3
配線口の処理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –4–
3.4
各端子への配線・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –5–
4. 運転と操作 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –6–
4.1
運転の前に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –6–
4.2
電源の投入と状態・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –7–
(1)
電源仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –7–
(2)
電源の投入 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –7–
5. パラメータの設定方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –8–
5.1
操作手順の概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –8–
5.2
キー操作の説明・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –9–
5.3
設定項目一覧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –11–
5.4
各種パラメータの設定方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –12–
(1)
配管仕様の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –12–
(2)
アナログ出力のレンジ設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –14–
(3)
アナログ出力のリミット設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –16–
(4)
バーンアウトの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –17–
(5)
ダンピングの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –18–
(6)
ゼロ点校正 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –19–
(7)
測定表示仕様の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –20–
(8)
低流量出力をカットする ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –22–
(9)
積算出力の単位と定数の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –23–
(10) 積算プリセット値の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –24–
(11) 積算スイッチの設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –25–
(12) 積算パルス出力のパルス幅の選択 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –26–
(13) 測定値の上下限スイッチ設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –27–
(14) ステータス出力の設定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –28–
(15) 測定値を補正する方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –29–
− vi −
(16) 測定単位系の切換え ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –30–
(17) 言語(英語・日本語・独語・仏語)の切換え ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –31–
(18) アナログ出力の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –32–
(19) アナログ出力の校正 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –33–
(20) ステータス出力の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –34–
(21) テストモード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –35–
6. 保守・点検 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –36–
6.1
保 守・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –36–
6.2
点 検・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –36–
7. 故障診断 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –37–
7.1
正常動作の確認方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –37–
(1)
LCD表示部でチェックする場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –37–
(2)
電源投入時のLCD表示について ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –37–
(3)
異常状態の詳細を見る場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –38–
7.2
異常と処理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –39–
8. 検出器の取付 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –44–
8.1
検出器の取付け・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –44–
(1)
検出器の取付け手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –44–
(2)
取付け場所の選定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –45–
(3)
取付け方法の選定 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –46–
(4)
検出器取付け面の処理 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –46–
(5)
取付け位置の決め方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –47–
(6)
ケーブル端末処理の方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –48–
(7)
小形センサのケーブル接続方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –49–
(8)
小形センサの配管への取付け方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –50–
① V法の場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –50–
② Z法の場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –51–
(9)
センサの組立手順 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –52–
(10) 大形センサの接続方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –53–
(11) 大形センサの配管への取付け方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –54–
(12) 小口径センサの配管への取付け方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –55–
(13) 高温センサの配管への取付け方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –56–
① V法の場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –56–
② Z法の場合 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –57–
付1. 仕様 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –58–
付2. ゲージペーパーの作り方 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –61–
付3. 受信波形の確認方法 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –62–
付4. キー操作の構成 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –64–
巻末:配管データ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ –71–
− vii −
1. 各部の名称とはたらき
下記に変換器内部の各部の名称とその説明を示します。
変換器内部の各部の名称
2
ULTRASONIC FLOW METER
I-out
TR-out1
TR-out2
UP STR
7
8
2
3
4
5
6
−
+
−
+
− GND HF GND HF
9
SH
10
黒
White
白
緑
Green
Total or Status Output
(Transister)
緑
Green
アナログ出力信号
ZERO
0
FLOW SW
TOTAL
CUT OFF
DISP
4
5
6
●
STATUS
CAL
SYSTEM
CHECK
1
2
3
±
FUNK
▲
▲
/π
接続前に変換器の電源仕様を御確認下さい。
Confirm converter power specifications
before connecting.
Black
白
演算,ステータス出力
(トランジスタ接点)
9
DOWN STR
1
+
SH
DAMP
8
▲
;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;
OUTPUT
7
White
AC100–240V
1
2
L
N
3
DC20–30V
1
2
+
−
3
4
黒
Black
上流側センサへ 下流側センサへ
To Upstream Sensor To Downstream Sensor
5
Analog Output
1
名 称
説
明
① 配線口
電源ケーブル,信号ケーブルの配線口です。
② データ表示部
測定データ表示,各種設定値などを液晶表示します。
③ キーボード
調整や測定条件を設定するときに使用します。
④ メインボード端子台
センサからの信号線を接続します。
アナログ出力,ステータス出力の信号線を接続します。
⑤ 電源端子台
電源配線を接続します。
⑥ 定数表
設定データを記入するための用紙です。
−1−
ESC
▲
6
PIPE
ENTER
3
2. 変換器の取付け
2.1 設置場所の選定
次に示す条件を満たす場所に設置して
ください。
① 周囲温度が−10℃∼+60℃を超えな
い所。
EN
屋外に設置する場合は,直射日光が
当たらないような処置を施してくださ
OP
い。
240
240
② 浸水のおそれのない所,防浸形の場
580以上
合でも,水没には耐えられませんので
100
以上
水没前に排水処理をしてください。
図2−3 上から見た取付け図
③ ちり,ほこりおよび腐食性ガスのな
い所
④ 振動や衝撃の少ない所
⑤ 点検,調整などが容易にできるよう
に,図2−3に示すスペースがあるこ
と。
2.2 取付け方法
変換器は,壁取付けまたは2Bパイプスタンド取付けが可能です。
壁取付けには,M8ボルト(4本)を使用します。
取付け方向は,図2−4に示すような向きに必ず取付けてください。
下図に示す穴明け寸法に従い,壁に穴を明けて,M8ボルトで取付けてください。
天
M8ボルト
312
312
72 4− M8
地
図2−4 取付け方法
また,2Bパイプスタンド取付けの場合は,市販のUボルト(M8)を使用し取付けてください。
−2 −
外形図(単位:mm)
取付寸法(0∼270)
(50A∼300A)
72
72
500
312
220
277
20
2−
φ9
センサー
パイプ
14
95
230
フレームエンド
80
グランド用端子
40
39
60
40 40 40 40
クサリ& バネ
検出器FLW1(小形センサ)
変換器FLV
スケール
サドル
(mm)
33
スケール
(inch)
93
検出器本体
エレメント
ホルダー
カーソル
取付バネ
ロック
ナット
33
ワイヤーロープ
BNC
コネクタ
320
530
ロック
ナット
取付寸法 0∼133
スケール スケール
(inch) (mm)
サドル
BNC
コネクタ
取付寸法0∼330
104
114
カーソル
φ26
36
90 max
52.5
52
検出器FLW5(大形センサ)
エレメント
ホルダー
33
90max
205max
φ19
62
3.2
銘板
検出器FLD32(高温センサ)
−3−
検出器FLD22(小口径センサ)
3. 変換器の配線
3.1 配線の前に
① 検出器と変換器間の信号ケーブルには弊社指定の二重シールド同軸ケーブルを使用してください。また,
この信号ケーブルを途中で中継することは避けてください。
② 検出器−変換器間の信号ケーブルは必ず金属電線管に通してください。
上流用,下流用の信号ケーブルは一緒でも構いませんが,誘導障害を避けるため電源ケーブルと一緒に
する事はやめてください。
③ 出力信号用のケーブルは,なるべくシールド線を使用してください。
④ ノイズ侵入防止のため,動力線などと同一ダクト内に架設することは避けてください。
⑤ 電源ケーブルにアース線が含まれている場合は,そのまま接地してください。
⑥ 本品には電源スイッチは装備されておりませんので別途取付けてください。
⑦ 使用しない配線口は密封しておいてください。
3.2 適用配線
使用するケーブルは次の物をご使用ください。
● 電源ケーブル
:
3芯または2芯キャップタイヤケーブル
公称断面積0.75mm2以上
仕上り外形 φ11mm
● 出力信号用ケーブル
:
2芯または必要に応じて多芯キャブタイヤケーブル
仕上り外形 φ11mm
● 検出器−変換器間のケーブル :
形式指定による専用信号ケーブル
(特性インピーダンス50Ωの高周波同軸ケーブル)
仕上り外形 φ7.3mm
3.3 配管口の処理
変換器は,JIS C 0920「電気機械機具および配線材料の防水試験通則」で規定する防漫形の構造になって
います。しかし,ピット内に設置する場合のように,湿気の侵入や結露,万一の冠水に備えるためには,配
線口の気密処理が重要です。必ず本器に備え付けられた水防グランド,またはプリカチューブ用グランドを
使用し,防水対策を十分に行ってください。また,未使用のグランドは,備え付けの封止用のフタを使用し,
密封してください。
−4−
3.4 各端子への配線
下図のように配線してください。
AC電源仕様の場合
電
源
ボ
ー
ド
端
子
台
ULTRASONIC FLOW METER
OUTPUT
DAMP
ZERO
8
9
0
TOTAL
CUT OFF
DISP
4
5
6
●
STATUS
CAL
SYSTEM
CHECK
1
2
3
±
FUNK
▲
▲
ESC
▲
7
▲
PIPE
FLOW SW
ENTER
/π
DC電源仕様の場合
AC電源端子
AC
DC電源端子
DC
1
2
1
2
L
N
+
−
3
AC100∼240V
3
DC20∼30V
(注1)
M4ねじ
(注1)ケース接地端子
M4ねじ
I out
TR out1
TR out2
UP STR
1
2
3
4
5
6
+
−
+
−
+
− GND HF GND HF
7
SH
メ
イ
ン
ボ
ー
ド
端
子
台
DOWN STR
8
9
SH
10
黒
Black
白
White
白
緑
緑
Green
積算/ステータス出力
(トランジスタ接点)
Total or Status Output
(Transister)
アナログ出力信号
White
Green
黒
Black
上流側センサへ 下流側センサへ
To Upstream Sensor To Downstream Sensor
Analog Output
注1)
接地端子は,電源ボード端子台(電源用)とケース接地端子とがありますので,どちらか一方
を必ず接地してください。(D種接地)
−5−
4. 運転と操作
4.1 運転の前に
次の点を再確認して,運転に入ってください。
1
電源は
電源仕様のチェック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4.2.(1)項参照
2
配線は
① メインボード端子台チェック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
② 電源ボード端子台チェック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
③ 接地端子チェック ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3
配管は
① 満水状態か?
② 水を止めたり流したりすることは可能か?
−6−
3.4項参照
4.2 電源の投入と状態
(1)
電源仕様
① AC電源仕様
AC100∼240V±10%(50Hzまたは60Hz)の電源で使用します。
② DC電源仕様
DC20∼30Vの電源で使用します。
(2)
電源投入
電源を投入すると,機器のセルフチェックを行い,下記の様な画面を表示します。
表示している数値,記号は下記の意味を示します。
T I M E
D E L T A
S
F L V − 3
B A C K U P
M E M O R Y
不発揮性メモリよりパラメータおよびデータのロード
L O A D I N G
S t a b i
l
i
t y
W a i
t !
測定条件が満たされるまでの準備
積算,流速,レンジ%の表示(5.4.
(7)項参照)
測定画面
0 . 0 0 0
0 . 0 0 0
m / s
R
状態表示(7.1.
(1)項参照)
m 3 / s
流量表示(5.4.
(7)項参照)
流れ方向
逆流している場合や,センサの接続が上流,下流逆に
なっていると“−”表示となります。
( )
−7−
5. パラメータの設定方法
5.1 操作手順の概要
超音波流量計を購入されて,測定開始するまでには,次の作業を行ってください。
3章
変換器の設置・配線
4章
電 源 投 入
5.4.(1) 配 管 仕 様 の 確 認
NG
5.4.(1) 配 管 仕 様 の 入 力
OK
8章
検出器の取付け
測定異常
7章
故 障 診 断
測定正常
5.4.(6) ゼ ロ 調 整
出力仕様の設定
システムの設定
積算仕様の設定
流量スイッチの設定
測定表示仕様の設定
ダンピングの設定
低流量カットの設定
出力補正の設定
ステータス出力の設定
当社調整部門に納入調整を依頼された場合この部分を行います。
また調整時,次の事が必要となります。
●
変換器の電源配線が完了していること
●
検出器−変換器間のケーブル配線が完了していること
●
配管内に流体が充満していること
●
流体を止めたり流したりできること
測 定
6章
保 守 ・点 検
−8−
5.2 キー操作の説明
注)本章で調整や設定の変更を行った場合は,必ず変換器に添付されている定数表にも記入してくださ
い。
FUNC キーを押すとテンキーの上段の機能を実行することができます。
ULTRASONIC FLOW METER
DAMP
ZERO
7
8
9
0
FLOW SW
TOTAL
CUT OFF
DISP
4
5
6
●
STATUS
CAL
SYSTEM
CHECK
1
2
3
±
FUNC
▲
OUTPUT
/π
▲
▲
ESC
▲
PIPE
ENTER
キーの説明(1/2)
0 ∼ 9 , ・ , +
−
テンキー
▲
データや配管仕様の数値を入力す
るキーです。
数字の修正時にカーソルを移動さ
せるキーです。
▲
,
説 明
キーインした数値データ,対話で
選択した事項などが,このキーを
押すことによってセットされ,対
話の場合は次の質問事項に変わり
ます。
ENTER
▲
▲
ENTER
,
キー表示
▲
名 称
を押すと,左側へ移動し,
▲
を押すと,右側へ移動します。
対話中に表示されるメニュー項
目を選択します。
▲ , ▼
▲ キーを押すとメニューが進
▲ , ▼
み, ▼ キーを押すとメニュー
が戻ります。
ESCAPE(中止)
FUNC.(ファンクション)
/π
ESC
対話を中止したいときに使用し
ます。
FUNC
各テンキーの上に書いてある機
能を行うときに押します。
配管の外周寸法を入力し,この
キーを押すと外径寸法に変換さ
れます。
(配管外径の設定時のみ有効)
/π
−9 −
キーの説明(2/2)
名 称
キー表示
説 明
センサの取付けたい配管寸法,材
質等を入力するときに使用します。
PIPE(パイプ)
FUNC
PIPE
OUTPUT(アナログ出力)
FUNC
OUTPUT
DAMPING(ダンピング)
FUNC
DAMP
ダンピングを設定する時に使用し
ます。
ZERO(ゼロ)
FUNC
ZERO
ゼロ調整をするときに使用しま
す。
DISPLAY(表示画面)
FUNC
DISP
測定画面の項目や単位系を変更さ
せるキーです。
CUT OFF(低流量カット)
FUNC
CUT OFF
低流量カットを設定する時に使用
します。
TOTAL(積算)
FUNC
TOTAL
FLOW SW(フロースイッチ)
FUNC
FLOW SW
STATUS(ステータス)
FUNC
STATUS
ステータス出力の条件を設定する
ときに使用します。
(積算パルス,測定状態)
CAL.(キャリブレーション)
FUNC
CAL
ゼロ点,100%点の指示値を補正
したいときに使用します。
(電流出口にも影響します)
SYSTEM(システム)
FUNC
SYSTEM
測定単位系,言語の切換え,アナ
ログ出力の確認または校正を行う
場合使用します。
CHECK(チェック)
FUNC
CHECK
異常表示が出た時に異常内容およ
び処理表示をします。(異常表示
は,LCD画面右上に表示されます)
− 10 −
アナログ出力の条件を設定する時
に使用します。
(単位,レンジ,リミット,バーンア
ウト)
流量積算の条件を設定する時に使
用します。
(単位,定数,プリセット値,積
算スイッチ,パルス幅)
測定値の上下限スイッチを設定す
る時に使用します。
5.3 設定項目一覧
測定画面
配管仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(1)参照
( FUNC PIPE
)
出力設定
レンジ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(2)参照
( FUNC OUTPUT )
出力リミット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(3)参照
バーンアウト ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(4)参照
ダンピング・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(5)参照
( FUNC DAMP )
ゼロ調整・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(6)参照
( FUNC ZERO
)
表示設定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(7)参照
( FUNC DISP
)
低流量カット・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(8)参照
( FUNC CUT OFF )
積 算
積算単位と定数 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(9)参照
( FUNC TOTAL )
積算プリセット ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(10)参照
積算スイッチ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(11)参照
積算パルス幅 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(12)参照
フロースイッチ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(13)参照
( FUNC FLOW SW )
ステータス出力・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(14)参照
( FUNC STATUS )
出力補正・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(15)参照
( FUNC CAL
)
システム
( FUNC SYSTEM )
測定単位 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(16)参照
言語切換え ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(17)参照
アナログ出力の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(18)参照
アナログ出力の校正 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(19)参照
ステータス出力の確認 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(20)参照
テストモード ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5.4.(21)参照
− 11 −
5.4 各種パラメータの設定方法
●
(1)
単位はメートル系で表示しています。
配管仕様の設定
説明
測定に必要な配管のデータを設定します。センサの取付け寸法は自動計算されます。
各項目(下表参照)のデータを表示に従って入力してください。
項 目
入力方法
範 囲 ま た は メ ニ ュ ー
配管の外形寸法
数 値
13mm∼6100mm
配管の材質
選 択
鋼,ステンレス,塩ビ,銅,鋳鉄,アルミニウム,FRP,アスベスト
ダクタイル,PEEK,PVDF,アクリル,その他*1
配管の厚さ
数 値
0.1mm∼100mm
ライニングの有無と
材質の選択
選 択
無し,タールエポキシ,モルタル,ゴム,テフロン,パイルックスガラス
塩ビ,その他*1
流体の種類
選 択
水,海水,その他*1
流体の動粘性係数
数 値
0.001E-6m2/s∼999.999E-6m2/s *2
センサの取付け法
選 択
V法,Z法
センサの種類
選 択
FLW11, FLW12, FLW50, FLW51, FLD22, FLD32
センサの送信電圧
選 択
1倍,2倍,4倍,8倍
*1)「その他」選択の場合
配管およびライニングの材質は音速値を1000m/s∼3700m/sの範囲,流体は500m/s∼2500m/sの範囲で設
定します。(巻末データを参照ください)
*2)動粘性係数は水(20℃:1.004E-6m2/s)で設定してあります。
より精度よく測定する場合あるいは,水以外の流体は必要に応じて入力ください。
(巻末データを参照ください)
操作内容(例) 外形寸法114.3mm,配管の材質が鋼管,厚さが4.5mm,ライニングの材質がモルタル,厚さが
1.25mm,流体種類が重水,音速が1388m/s,動粘性係数が1.129×10-6m2/s,センサの取付け法がV
法,種類がFLW12,送信電圧を8倍の場合
キー操作順序
FUNC
説 明
PIPE
センサの取付け寸法を表示します。
▲ または ▼
または
.
5
または
.
.
2
または
,
,
▲
▲
1
4
▲
▲
4
1
▲
▲
1
「ガイケイスンポウ」を選択します。
3
,
ENTER
ENTER
5
,
センサ]トリツケ]スンポウ]]]
]]]]]]0.00]mm]V]
ガイケイ]スンポウ]]]]]]]
114.3]]]]]]]mm]]
「コウカン」を選択します
ハイカン]ザイシツ]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]コウカン
ENTER
,
テンキーで「114.3」と入力します。
表 示
テンキーで「4.5」と入力します。
ハイカン]アツサ]]]]]]]]
4.5]]]]]]]]]mm]]
ENTER
「モルタル」を選択します。
ライニング]ザイシツ]]]]]]
]]]]]]]]]]]]モルタル
,
ENTER
ENTER
テンキーで「1.25」と入力します。
「ソノタ」を選択します。
ライニング]アツサ]]]]]]]
1.25]]]]]]]]mm]]
リュウタイ]シュルイ]]]]]]
]]]]]]]]]]]]]ソノタ
− 12 −
キー操作順序
1
3
8
8
,
説 明
ENTER
テンキーで「1388」と入力します。
表 示
リュウタイ]オンソク]]]]]]
]]]]]]]1388]m/s]
1
または
または
▲
▲
.
▲
▲
1
2
,
,
9
,
ENTER
ENTER
テンキーで「1.129」と入力します。
]]1.129E−6]m2/s]
「V ホウ」を選択します
▲
▲
,
センサ]トリツケホウ]]]]]]
]]]]]]]]]]]]V]ホウ
ENTER
「FLW12」を選択します。
ENTER
センサ]シュルイ]]]]]]]
]]]]]]]]]]]FLW12
*3)
または
ドウネンセイケイスウ]]]]]]
「8バイ」を選択します。
ソウシン]デンアツ]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]]8バイ
センサの取付け寸法を表示します。
センサ]トリツケ]スンポウ]]]
]]]]]80.56]mm]V]
ESC
ESC
(測定表示)
*3)通常,送電圧は「4倍」を選択してください。
− 13 −
(2)
アナログ出力のレンジ設定
説明
測定値(流量または流速)を指定したレンジで,4∼20mAで出力する場合に設定します。
(測定内容)
① レンジ単位の選択*1 ・・・・・・・m/s
 の単位から1つ選択します。
L/s,L/min,L/h,ML/d
 (メートル系)
3
3
3
3
m /s,m /min,m /h,Mm /d

BBL/s,BBL/m,BBL/h,MBBL/d 
② レンジタイプの選択
●
●
●
シングル レンジ
:単レンジ
オート 2 レンジ
:自動2レンジ
セイギャク レンジ :正/逆方向自動レンジ
単レンジ
正/逆方向自動2レンジ
自動2レンジ
アナログ出力
アナログ出力
アナログ出力
20mA
20mA
4mA
流量
ベース
スケール
フル
スケール
20mA
4mA
ベース
スケール
流量
フル
フル
スケール1 スケール2
ヒステリシス
4mA
フル
スケール2
ベーススケール
フル
スケール1
ヒステリシス
③ レンジの設定
●
●
ベース スケール :4mA出力となる流量値または,流速値を設定します。
流速値で0∼±32m/sの範囲で設定します。
フル スケール
:20mA出力となる流量値または流速値を設定します。
流速値で±0.3∼±32m/sの範囲で設定します。
④ ヒステリシスの設定
レンジタイプで「オート 2 レンジ」,「セイギャク レンジ」を選択した場合に切換えヒステリシスを
持たせることができます。
スパンの0∼20%の範囲で設定します。
オート2レンジの場合:フルスケール1および2のスパンの小さい方に対するヒステリシス
セイギャクレンジの場合:動作レンジのスパンに対するヒステリシス
*1)レンジ単位の選択により,低流量カット,出力補正の流量単位も連動して変わります。
− 14 −
操作内容(例) 正/逆方向自動レンジ,ベース スケールを0m3/h,フル スケール1を100m3/h,フル スケール2
を-100m3/h,ヒステリシスを5%とした時
キー操作順序
▲
または
または
,
▲
0
0
+
−
1
0
ESC
,
ENTER
「m3/h」を選択します。
レンジ]タンイ]]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]m3/h]
ENTER
「セイギャク レンジ」を選択します
レンジ]タイプ]]]]]]]]]
]]]]]]]セイギャク]レンジ
テンキーで「0」と入力します。
ベース]スケール]]]]]]]]
]]]0]]]]]]]m3/h]
0
,
,
ENTER
1
5
表 示
OUTPUT
▲
▲
FUNC
説 明
,
ENTER
0
ENTER
,
ENTER
テンキーで「100」と入力します。
フル]スケール]1]]]]]]]
]]]100]]]]]m3/h]
テンキーで「-100」と入力します。
フル]スケール]2]]]]]]]
]]]−100]]]]m3/h]
テンキーで「5」と入力します。
レンジ]ヒステリシス]]]]]]
]]]5]]]]]]]%]]]]
ESC
(測定表示)
− 15 −
(3)
アナログ出力のリミット設定
説明
アナログ出力 0.8mA∼23.2mA(-20%∼120%)の範囲内で上下限のリミット設定を行う。
アナログ出力
上限リミット
23.2mA
20mA
下限リミット
4mA
-20%
0% 100% 120%
0.8mA
流量
,上限リミット110%(21.6mA)
操作内容(例) 下限リミット–10%(2.4mA)
キー操作順序
FUNC
説 明
表 示
「シュツリョク リミッタ」を選択します。
シュツリョク]リミッタ]]]]]
OUTPUT
▲ または ▼
サイショウ]]]]−]20]%]
+
−
1
ESC
1
1
0
0
,
,
テンキーで「–10」を入力します。
ENTER
シュツリョク]リミッタ]]]]]
サイショウ]]]]−]10]%]
テンキーで「110」と入力します。
ENTER
シュツリョク]リミッタ]]]]]
サイダイ]]]]]]110]%]
ESC
(測定表示)
オート2レンジの場合:下限リミットは,小レンジに対してリミットされ,上限リミットは,大レンジ
に対してリミットされる。
セイギャクレンジの場合:動作レンジに対してリミットされる。
(100%)20mA
自動2レンジ
上限リミット
(0%)4mA
ベース
スケール
フル
スケール1
− 16 −
フル
スケール2
(4)
バーンアウトの設定
説明
管内が空になったり,流体中に気泡が混入して測定状態が異常となった場合にアナログ出力をホールド・上
限値・下限値等に設定する機能です。バーンアウトタイマはバーンアウト処理までの時間を設定します。
(設定内容)
● ホールド
● ジョウゲン
● カゲン
● ゼロ
● シヨウシナイ
:測定値をホールドします
:120%(23.2mA)を出力します。 ● 液晶表示 ・・・・・・・・・・・・・測定値をホールドします。
● 積算パルス出力 ・・・・・・・出力停止します。*
:-20%(0.8mA)を出力します。
● 内部積算 ・・・・・・・・・・・・・積算を停止します。*
:0%(4.0mA)を出力します。
:使用しない。
*バーンアウトタイマが動作するまでは積算します。
操作内容(例) バーンアウトを下限値,バーンアウトタイマを15秒にしたい場合
キー操作順序
FUNC
説 明
表 示
OUTPUT
▲ または ▼
「バーンアウト」を選択します。
バーンアウト]]]]]]]]]]
1
または
5
▲
▲
]]]]]]]]]シヨウシナイ]
,
,
ENTER
ENTER
「カゲン」を選択します。
バーンアウト]]]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]カゲン]
テンキーで「15」と入力します。
バーンアウトタイマ]]]]]]]
]]]]]]]]]15]sec]
ESC
ESC
(測定表示)
− 17 −
(5)
ダンピングの設定
説明
測定値の変化を抑える場合に使用します。
設定値は時定数(約63%の応答時間)です。
流
量
(設定範囲:0∼100秒)
63%
時間
応答時間
ご注文時指定のない場合は5秒で納入します。
操作内容(例) 設定を20秒にした場合
キー操作順序
FUNC
2
0
説 明
表 示
DAMP
,
ENTER
テンキーで「20」と入力します。
ダンピング]]]]]]]]]]]
]]]]]]]]20]sec]]
(測定表示)
− 18 −
(6)
ゼロ点校正
説明
測定値のゼロ点を校正します。
(設定内容)
● ゼロテン チョウセイ :流れを止めた状態でゼロ点校正を行います。
設定した時点の測定状態をゼロとします。
注)流れを止めた状態で操作してください。
●
ゼロテン カイジョ
:流れを止められない場合に使用します。
「ゼロテン チョウセイ」を行った校正値を0に消去します。
操作内容(例) 静水状態でゼロ点校正を行う場合
キー操作順序
表 示
ZERO
または
▲
▲
FUNC
説 明
,
ENTER
「ゼロテン チョウセイ」を選択します。
ゼロテン]モード]]]]]]]]
]]]]]]ゼロテン]チョウセイ
(測定表示)
− 19 −
(7)
測定表示仕様の設定
説明
測定表示値を次の中から選択し,設定します。
① 測定表示1行目の設定 ・・・・・・・・・・・・表示1行目は次の7種類の中からいずれかを選択し,表示します。
●
●
●
●
●
●
●
F:セキサン
R:セキサン
サセキサン
F:セキサン パルス
R:セキサン パルス
リュウソク
レンジ %
:
:
:
:
:
:
:
正方向の積算値
逆方向の積算値
正方向と逆方向の積算値の差
正方向積算パルスカウンタ
逆方向積算パルスカウンタ
瞬時流速[m/s]
アナログ出力のレンジに対する割合
② 測定表示2行目の設定 ・・・・・・・・・・・・表示2行目は瞬時流量を表示します。
●
次の12種類の流量単位の中からいずれか1点を選択します。
L/s,L/min,L/h,ML/d

(メートル系)
m3/s,m3/min,m3/h,Mm3/d
BBL/s,BBL/m,BBL/h,MBBL/d 
③ 瞬時流量表示の少数点位置の設定 ・・・・・・・・・・・・小数点以下の桁表示設定が可能です。
次の中から選択し設定します。
少数点位置(桁)
00000000.
:
0000000.0
:
000000.00
:
00000.000
:
0000.0000
:
000.00000
:
00.000000
:
0.0000000
:
データ表示範囲
–99999999. ∼
–9999999.9 ∼
–999999.99 ∼
–99999.999 ∼
–9999.9999 ∼
–999.99999 ∼
–99.999999 ∼
–9.9999999 ∼
0.
0.0
0.00
0.000
0.0000
0.00000
0.000000
0.0000000
∼ 99999999.
∼ 9999999.9
∼ 999999.99
∼ 99999.999
∼ 9999.9999
∼ 999.99999
∼ 99.999999
∼ 9.9999999
積算値の表示
1. 正方向および逆方向の積算値の表示
□□:□□□□□□□
オーバフロー回数
0∼99
積算値
0∼9999999
2. 正方向と逆方向の積算値の差の表示
積算値の差=正方向の積算値−逆方向の積算値
注:積算値の差がオーバフローした場合,#######の表示となります。
− 20 −
操作内容(例) 瞬時流速,瞬時流量単位をm3/h,瞬時流量を少数点以下3桁で表示する場合。
キー操作順序
▲
または
▲
▲
または
▲
または
▲
ESC
表 示
DISP
▲
FUNC
説 明
,
,
,
ENTER
「リュウソク」を選択します。
1:]ヒョウジ]シュルイ]]]]
]]]リュウソク]]]]]]]]
ENTER
「m3/h」を選択します。
2:]リュウリョウ]タンイ]]]
]]]]]]]]]]]m3/h]
ENTER
「00000.000」を選択します。
2:]ショウスウテン]イチ]]]
]00000.000]m3/h]
ESC
(測定表示)
− 21 −
(8)
低流量出力をカットする
説明
流れる量の少ない場合に出力をカットすることができます。
本流量計はバルブが閉じている時でも配管内の流体が対流などで動いている時には,流量指示を出す時があ
りますので,必要に応じてカット点の設定を行ってください。
(設定範囲:流速値で0∼5m/s)
出力
流量
カット設定値
操作内容(例) カット点を0.05m/sとする時
キー操作順序
FUNC
0
説 明
表 示
CUT OFF
.
0
5
,
ENTER
テンキーで「0.05」と入力します。
テイリュウリョウ]カット]]]]
]]]]]]0.05]m/s]]
(測定表示)
− 22 −
(9)
積算出力の単位と定数の設定
説明
測定値(流量)の積算をするときに設定します。
① 積算単位・・・・・・・・次の8種類の積算単位の中からいずれか1点を選択します。
mL,L,m3,km3,Mm3,mBBL,BBL,kBBL(メートル系)
注:積算単位を変更した場合,積算定数および積算プリセット値はクリアされます。
② 積算定数・・・・・・・・積算体積が積算定数によって設定された量に達した時に測定画面の積算パルス値が加
算され積算パルスが1パルス出力されます。
設定範囲:0∼9999999
●
操作内容(例) 積算出力を100m3として,積算を開始する。
キー操作順序
FUNC
表 示
TOTAL
▲ または ▼
または
▲
▲
説 明
,
,
ENTER
セキサン モードを表示する。
セキサン]モード]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]ストップ]
ENTER
「m3」を選択します。
セキサン]タンイ]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]m3]]]
1
0
0
,
ENTER
テンキーで「100」を入力します。
セキサン]ジョウスウ]]]]]]
]]]]]]]100]m3]]]
セキサン モードを表示する。
ESC
セキサン]モード]]]]]]]]
または
▲
▲
]]]]]]]]]]]ストップ]
,
ENTER
「スタート」を選択する。
セキサン]モード]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]スタート]
ESC
ESC
(測定表示)
積算モード
ストップ:積算を停止します。
スタート:積算を開始します。(スタート中は,積算パラメータの変更はできません)
リセット:積算値を積算プリセット値にし,積算を停止します。
停電等より復帰した場合は,停電前の積算モード状態で動作します。
〔注:測定異常時の積算はバーンアウトの設定を参照してください〕
− 23 −
(10) 積算プリセット値の設定
説明
積算プリセット値を設定します。
● F:セキサン プリセット:正方向の積算プリセット値
● R:セキサン プリセット:逆方向の積算プリセット値
設定範囲:0∼9999999
加算
プリセット値
時間
0
注)設定する場合は積算モードをストップの状態にしてください。
操作内容(例) 正方向を1000m3,逆方向を2000m3とする時
キー操作順序
FUNC
0
0
0
,
ENTER
ENTER
2
ESC
0
表 示
TOTAL
▲ または ▼
1
説 明
0
0
,
ENTER
「F:セキサン プリセット」を選択
します。
F:]セキサン]プリセット]]]
]]]]]]]]]0]m3]]]
テンキーで「1000」と入力します。
F:]セキサン]プリセット]]]
]]]]]]1000]m3]]]
「R:セキサン プリセット」を選択
します。
R:]セキサン]プリセット]]]
]]]]]]]]]0]m3]]]
テンキーで「2000」と入力します。
R:]セキサン]プリセット]]]
]]]]]]2000]m3]]]
ESC
(測定表示)
− 24 −
(11) 積算スイッチの設定
説明
積算値が設定値以外になるとステータス出力します。
● F:セキサンスイッチ:正方向の積算スイッチ
● R:セキサンスイッチ:逆方向の積算スイッチ
設定範囲:0∼9999999
注)ステータス出力の設定で「F:セキサン スイッチ」または「R:セキサン スイッチ」が設定されてい
る場合のみ有効となります。
積算
設定値
OFF
ステータス出力
ON
注)設定する場合は積算モードをストップの状態にしてください。
操作内容(例) 正方向の積算スイッチの設定値を50000m3とする時
キー操作順序
FUNC
説 明
TOTAL
▲ または ▼
5
ESC
0
表 示
0
「F:セキサン スイッチ」を選択
します。
0
0
,
ENTER
テンキーで「50000」と入力します。
ESC
F:]セキサン]スイッチ]]]]
]]]]]]]]]0]m3]]]
F:]セキサン]スイッチ]]]]
]]]]]50000]m3]]]
(測定表示)
− 25 −
(12) 積算パルス出力のパルス幅の選択
説明
接続するカウンタに対応する次の2種類が選択できます。
ステータス出力の設定で「F:セキサンパルス」または「R:セキサンパルス」を使用する場合にパルス幅を
設定します。
● 50msec
● 100msec
注)設定する場合は積算モードをストップの状態にしてください。
操作内容(例) パルス幅を100msecとした時
キー操作順序
FUNC
説 明
表 示
TOTAL
▲ または ▼
「パルス ハバ」を選択します。
パルス]ハバ]]]]]]]]]]
または
▲
▲
]]]]]]]]50]msec]
,
ENTER
「100msec」を選択します。
パルス]ハバ]]]]]]]]]]
]]]]]]]100]msec]
(測定表示)
− 26 −
(13) 測定値の上下限スイッチ設定
説明
① ステータス出力の設定で「ジョウゲン リュウリョウ」または「カゲン リュウリョウ」を使用する場合に
スイッチ点の上限値,下限値を設定します。
設定範囲:流速で0∼±32m/s
[ステータス出力と設定値の関係]
●
上限設定とジョウゲン リュウリョウ
-32m/S
0m/S
●
32m/S
ON
下限設定とカゲン リュウリョウ
-32m/S
ON
OFF
0m/S
ON
OFF
32m/S
ON
OFF
上限設定値
OFF
下限設定値
ヒステリシス
ヒステリシス
② ヒステリシスの設定
切換えヒステリシスを次の範囲でもたせることができます。
設定スパン(自動2レンジおよび正逆自動レンジの場合,フル スケール1および2の小さいスパンに
対して有効)の0∼20%の範囲で設定します。
操作内容(例) 下限の流速値を3.5m/s,上限の流速値を12m/s,ヒステリシスを5%にする時
キー操作順序
FUNC
3
1
5
説 明
表 示
FLOWSW
.
2
,
5
,
,
ENTER
ENTER
ENTER
テンキーで「3.5」と入力します。
カゲン]リュウリョウ]]]]]]
]]]]]]]3.5]m/s]]
テンキーで「12」と入力します。
ジョウゲン]リュウリョウ]]]]
]]]]]]]]12]m/s]]
テンキーで「5」と入力します。
リュウリョウ]ヒステリシス]]]
]]]]]]]]]5]%]]]]
(測定表示)
− 27 −
(14) ステータス出力の設定
説明
●
設定状態や積算パルスを行う場合に出力する内容を設定します。
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑪
⑫
⑬
シヨウシナイ
ジュハ イジョウ
F:セキサン パルス
R:セキサン パルス
ジョウゲン リュウリョウ
カゲン リュウリョウ
F:セキサン スイッチ
R:セキサン スイッチ
F:セキサン オーバフロー
R:セキサン オーバフロー
レンジ フルスケール2
R:ナガレ ホウコウ
レンジ オーバ
⑭ バックアップ イジョウ
●
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
:
出力しません
測定の異常時にON
正方向の流量積算パルス
逆方向の流量積算パルス
流量スイッチの上限設定を超えたときにON
流量スイッチの下限設定を下回ったときにON
正方向の流量積算スイッチを超えたときにON
逆方向の流量積算スイッチを超えたときにON
正方向の流量積算値がオーバフローしたときにON
逆方向の流量積算値がオーバフローしたときにON
アナログ出力のレンジ状態でフル スケール 2レンジのときON
流れが逆方向のときON
レンジ設定のスパンに対して−10∼110%,または,積算パルス出力
が5パルス/秒を越えたときON
バックアップ用不揮発性メモリの異常時にON
ステータス出力パルスのモード設定
ノーマル:ステータス出力はONで有効
ハンテン:ステータス出力はOFFで有効
操作内容(例) チャネル1を正方向の積算パルス,ステータス出力をノーマルモードとし,チャネル2を正方向
積算スイッチ,ステータス出力をハンテン モードとした時
キー操作順序
▲
または
または
▲
または
▲
▲
表 示
STATUS
▲
▲
FUNC
説 明
,
,
,
ENTER
「チャネル1」を選択します。
ステータス]シュツリョク]]]]
]]]]]]]]]]チャネル1]
ENTER
「F:セキサン」を選択します。
ステータス]センタク]]]:1]
]]]]]]]]]F:セキサン]
ENTER
「ノーマル」を選択します。
ステータス]モード]]:CH1]
]]]]]]]]]]]ノーマル]
または
▲
▲
▲
または
▲
ESC
または
▲
▲
ESC
,
,
,
ENTER
「チャネル2」を選択します。
ステータス]シュツリョク]]]]
]]]]]]]]]]チャネル2]
ENTER
「F:セキサン スイッチ」を選択します。
ステータス]センタク]]]:1]
]]]]F:セキサン]スイッチ]
ENTER
「ハンテン」を選択します。
ステータス]モード]]]]:1]
]]]]]]]]]]]ハンテン]
ESC
(測定表示)
− 28 −
(15) 測定値を補正する方法
説明
測定値を任意に補正したい場合に使用します。
ゼロ点およびスパンの補正ができます。
補正範囲は,ゼロ点 :流速で±5m/s
スパン :±200%
測定値およびアナログ出力値は下記の式で演算される。
出力=
測定値×[スパン設定値%]
100
+ゼロ点
出力
出力
100%
流量
0
流量
0
ゼロ点の移動
スパンの移動
操作内容(例) ゼロ点を−0.5m/s,スパンを105%に補正したい時
キー操作順序
FUNC
+
−
1
0
0
説 明
表 示
CAL
.
5
5
,
,
ENTER
ENTER
テンキーで「–0.5」と入力します。
シュツリョクホセイ]ゼロ]]]]
]]]]−0.5]]]]m/s]
テンキーで「105」と入力します。
シュツリョクホセイ]スパン]]]
]]]]]105]]]]]]%]
ESC
ESC
(測定表示)
− 29 −
(16) 測定単位系の切換え
説明
測定単位をメートル系とインチ系の2種類から設定できます。
(設定内容)
● メートル:メートル系
配管寸法 ・・・・・・mm
流速単位 ・・・・・・m/s
流量単位 ・・・・・・L/s,L/min,L/h,ML/d
m3/s,m3/min,m3/h,Mm3/h
BBL/s,BBL/m,BBL/h,MBBL/d
積算単位 ・・・・・・mL,L,m3,km3,Mm3,mBBL,BBL,kBBL
●
インチ:インチ系
配管寸法 ・・・・・・inch
流速単位 ・・・・・・ft/s
流量単位 ・・・・・・gal/s,gal/m,gal/h,Mgal/d
ft3/s,ftm3/m,ft3/h,Mft3/d
BBL/s,BBL/m,BBL/h,MBBL/d
積算単位 ・・・・・・gal,kgal,ft3,kft3,Mft3,mBBL,BBL,kBBL
操作内容(例) 単位系をインチ系へ変える場合
キー操作順序
ESC
表 示
SYSTEM
または
▲
▲
FUNC
説 明
,
ENTER
「インチ」を選択します。
ソクテイ]タンイ]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]インチ]
ESC
(測定表示)
− 30 −
(17) 言語(英語・日本語・独語・仏語)の切換え
説明
設定時における画面表示が英語,日本語
(カタカナ),独語,仏語の4種類から選択できます。
操作内容(例) 英語表示に切換える場合
キー操作順序
FUNC
説 明
表 示
SYSTEM
▲ または ▼
「ゲンゴ」を選択します。
ゲンゴ]]]]]]]]]]]]]
ESC
または
▲
▲
]]]]]]]]]]]]ニホンゴ
,
ENTER
「エイゴ」を選択します。
ゲンゴ]]]]]]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]エイゴ]
ESC
(測定表示)
− 31 −
(18) アナログ出力の確認
説明
アナログ出力の確認を行います。
−20%∼120%の各出力値が0.8mA∼23.2mAになることを確認します。
確認は下図のようにI out端子に電流計を接続して行います。
I out
1
TR out 1
2
3
4
電流計
操作内容(例) アナログ出力4mA,8mA,12mA,16mA,20mA,を確認する時
キー操作順序
FUNC
2
5
7
1
ESC
,
5
0
5
0
表 示
SYSTEM
▲ または ▼
0
説 明
ENTER
,
,
,
0
ENTER
ENTER
ENTER
,
ENTER
「アナログシュツリョク カクニン」を
選択します。
アナログシュツリョク]カクニン]
テンキーで「0」と入力します。
〔0%(4mA)の確認〕
アナログシュツリョク]カクニン]
テンキーで「25」と入力します。
〔25%(8mA)の確認〕
アナログシュツリョク]カクニン]
テンキーで「50」と入力します。
〔50%(12mA)の確認〕
アナログシュツリョク]カクニン]
テンキー「75」と入力します。
〔75%(16mA)の確認〕
アナログシュツリョク]カクニン]
テンキーで「100」と入力します。
〔100%(20mA)の確認〕
アナログシュツリョク]カクニン]
ESC
]]]]]]]]]0]%]]]]
]]]]]]]]]0]%]]]]
]]]]]]]]25]%]]]]
]]]]]]]]50]%]]]]
]]]]]]]]75]%]]]]
]]]]]]]100]%]]]]
(測定表示)
− 32 −
(19) アナログ出力の校正
説明
測定流量がベーススケールの時に4mA出力,フルスケールの時に20mA出力になるようにアナログ出力の校
正をします。
校正は下図のようにI out端子に電流計を接続して行います。
I out
1
TR out 1
2
3
4
電流計
操作内容(例) 4mA,20mA出力を校正する時
キー操作順序
FUNC
▲
または
,
ENTER
「アナログシュツリョク コウセイ」を
選択します。
アナログシュツリョク]コウセイ]
「セッテイ」を選択します。
アナログシュツリョク]コウセイ]
微調整します。
粗調整します。
▲ (増)または ▼ (減)
微調整します。
▲
(増)
(減)または
]]]]]]]]]スキップ]]]
]]]]]]]]]]]セッテイ]
▲ (増)または ▼ (減)
▲
表 示
SYSTEM
▲ または ▼
▲
説 明
電流計が4mAになるよう
にします。
アナログシュツリョク]コウセイ]
]]]]]]]]]4mA]]]]
(減)または
▲
▲
ENTER
(増)
粗調整します。
電流計が20mAになるよう
にします。
アナログシュツリョク]コウセイ]
]]]]]]]]20mA]]]]
ENTER
ESC
ESC
(測定表示)
注:校正終了後は,校正モードを「スキップ」状態にしてください。
− 33 −
(20) ステータス出力の確認
説明
ステータス出力のON-OFF動作を確認します。ステータス出力はオープンコレクタです。
下図のようにTR out 1およびTR out 2端子に電圧計を接続して行います。
TR out 1 TR out 2
1
2
3
受信計器
4
電圧計
V
電圧計
V
操作内容(例) ステータス チャネル1を確認する
キー操作順序
FUNC
説 明
表 示
SYSTEM
▲ または ▼
「ステータス カクニン」を選択します。
ステータス]カクニン]]]]]]
または
,
ENTER
▲
▲
または
▲
▲
]]]]]]]]]チャネル1]]
「チャネル1」を選択します。
ステータス]カクニン]]]]]]
]]]]]]]]]]チャネル1]
「オンまたはオフ」を選択します。
ステータス]カクニン]]]:1]
]]]]]]]]]]オン]]]]
ESC
,
ESC
,
ESC
(測定表示)
注:ステータス出力は,ステータスモード条件のノーマルおよびハンテンに左右されます。
− 34 −
(21) テストモード
説明
測定流量を模似的に入力し,積算状態および流量スイッチ等の動作を確認する場合に使用します。
ベーススケールを0%と,フルスケールを100%として扱い,また,前回値から目標値までの到達時間を任意
に設定できます。
出力
データ設定範囲:0∼±120%
追従時間設定範囲:0∼900sec
出力データ
ベース
スケール
時間
追従時間
注:測定状態では,必ずテストモードを「シヨウシナイ」にしてください。
操作内容(例) 目標値を0%から100%まで15秒で到達させたい時
キー操作順序
FUNC
「テスト モード」を選択します。
▲
または
,
「セッテイ」を選択します。
,
ENTER
5
ENTER
1
0
,
ENTER
ESC
,
ニュウリョク]データ]]]]]]
]]]]]]]]]]]]0]%]
ツイジュウ]ジカン]]]]]]]
]]]]]]]]]15]sec]
テンキーで「100」を入力します。
0
テスト]モード]]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]セッテイ]
テンキーで「15」入力します。
1
テスト]モード]]]]]]]]]
]]]]]]]]シヨウ]シナイ]
テンキーで「0」を入力します。
0
表 示
SYSTEM
▲ または ▼
▲
説 明
ENTER
ニュウリョク]データ]]]]]]
]]]]]]]]]]100]%]
(測定表示)
ESC
− 35 −
6. 保守・点検
6.1 保守
(1)
LCD表示部
LCDの公称寿命は7年であり,次第にコントラストが悪くなります。使用開始後,約5年を目処に交換し
てください。
〔交換方法〕
① 電源をOFFにします。
② キーパネル部コネクタを取り外し,LCD表示部を交換します(パーツリストによります)。
③ キーパネル部コネクタを取付けます。
④ 電源をONにします。
⑤ 正常動作か確認します。
6.2 点検
(1)
「7.1.
日常点検
正常動作の確認方法」により,LCD表示部にて確認してください。
− 36 −
7. 故 障 診 断
7.1 正常動作の確認方法
(1)
LCD表示部でチェックする場合
表示記号
– X X. X X X
m /s
– X X X X. X X X X
R
l /s
本表示でない時は
ESC を押します。
R
正常
E
レンジオーバ
S
受信波形の検出中
C,H,W,
異常
O,I
B
(2)
動 作 状 態
超音波が配管内を
正常に伝搬できない
バックアップ異常
表示なし
正方向の流れ
−
逆方向の流れ
電源投入時のLCD表示について
何も表示しない場合
システム異常(CPU動作停止)
当社にご連絡ください。
− 37 −
(3)
異常状態の詳細を見る場合
説明
測定画面の右上の状態表示の詳細は下記のようになっています。
(状態表示)
R
:
S
:
C
:
(表示内容)
測定正常
受信波形検出中
演算異常
(詳細内容)
●
●
H
:
受波の異常
●
●
W
O
I
:
:
:
受信信号範囲のオーバ
受信信号オーバフロー
受波がありません
●
●
●
●
●
●
E
:
レンジオーバ
●
●
●
B
:
バックアップ異常
●
配管入力データの確認
電源を再投入
気泡が混入していませんか?
異物が入っていませんか?
配管入力データの確認
センサ取付法を確認
配管入力データの確認
センサ取付を確認
ケーブル接続の確認
センサ種類の確認
出力設定の確認
積算定数の確認
ゼロ点の確認
不揮発性メモリの異常
操作内容(例) 測定画面の右上にIが表示している場合。
キー操作順序
FUNC
CHECK
説 明
(表示内容)
表 示
I:ジュハ]ナシ]]]]]]]]
]]]]]]]]]]]]]]]]
ENTER
(詳細内容)
ハイカン]ニュウリョク]]]]]
データノカクニン]]]]]]]]
(詳細内容)
▼
センサノトリツケヲ]カクニン]]
]]]]]]]]]]]]]]]]
(詳細内容)
▼
ケーブルセツゾクノ]カクニン]]
]]]]]]]]]]]]]]]]
(詳細内容)
▼
センサノシュルイヲ]カクニン]]
]]]]]]]]]]]]]]]]
ESC
ESC
2度押します。
− 38 −
(測定表示)
7.2 異常と処理
7.2.1
LCD表示の異常
状 態
何も表示されない
原
因
●
電源が投入されていない。
●
電源電圧が低い。
●
ヒューズ切れ。
●
LCDの異常
●
DC電源の極性が逆接続
●
電源電圧が低い。
●
DC電源の極性が逆接続
●
LCDの異常
「7.2.5
ハード故障時の処置」へ
●
ハード異常
「7.2.5
ハード故障時の処置」へ
●
周囲温度が低い(−10℃未満)
●
LCD表示器の寿命
●
周囲温度が高い(60℃以上)
「7.2.5
ハード故障時の処置」へ
上段が黒く表示
でたらめ表示
温度を上げてください。
LCD表示器を交換してください。
表示が薄い
温度を下げてください。
全体に黒くなる
7.2.2
キーの異常
状 態
キー入力に対して何も応
答しない。
原
●
ハード異常
「7.2.5
特定のキーが動作しない。
定義と違う動作をする。
− 39 −
因
ハード故障時の処置」へ
7.2.3
測定値の異常
状 態
測定値が“−”表示と
なる
原 因
●
処 理
本体−センサ間の接続
(上流側センサ,下流側セン
正しく接続してください。
サ)が逆になっている。
流量一定の時に異常に
測定値がふらつく
●
実際にそのように流れている。
●
直管長が不充分
上流側10D,下流側5Dを
確保できる所へ移してく
ださい。
●
●
付近にポンプ・バルブなどの
30D以上離して取付けてくだ
流れを乱すものがある。
さい。
実際に脈動がある。
ダンピング設定により応答
時間を増やしてください。
流量が変化しているの 超音波が配管内へ伝搬できずに測定値がホールドしている。
1. 設置の不完全
に測定値が変化しない
●
●
●
●
●
配管仕様の誤り
溶接部にセンサ取付け
センサ取付寸法の誤り
センサ取付け時のシリコ
ン充填材の不完全
センサケーブル接続の
不完全
確認した上で,センサを一
度外し,シリコン充填材を
付けなおし,位置を少しず
らして取付けてください。
2. 配管,流体の問題
◎
非満水
同一配管ラインで満水とな
っている所を探して,セン
サを移します。
● 配管ラインで最も低い所
へ取り付けてください。
◎ 気泡の混入
水を止めた時,測定が正常
となる場合,気泡の混入が
原因です。
バルブの直後に取付けた場
合,キャビテーションで気
泡混入と同じ現象となる。
気泡の混入を失くします。
● ポンプ井のレベルを上げ
てください。
● ポンプ軸シールを確認し
てください。
● 負圧配管フランジの増締
めをしてください。
● ポンプ井へ滝となって流
れ落ちないようにしてく
ださい。
気泡が混入していない所へ
センサを移します。
● ポンプの入口側
● バルブより上流側
(次ページへ続く)
− 40 −
状 態
(前ページの続き)
原 因
処 理
◎ 濁度が高い
流入汚水や,返送汚泥以
上の濁度
◎
●
センサ取付けをV法か
らZ法へ変更してくだ
さい。
●
センサを同一ラインで
配管口径の小さな所へ
移してください。
●
別の場所または、別の
配管へ移してくださ
い。
古い配管で内側にスケー
ルが付着している。
ライニングが厚い
◎
モルタルライニング等で
厚さが数十mm以上ある。
◎ ライニングのはがれ
ライニングと配管とにすき
間がある。
◎
曲り管やテーパ管の所に
センサを取付けた。
ストレートな配管に取付け
てください。
●
本体センサ間のケーブ
ルをできるだけ短くし
てください。
●
本体と配管とをアース
してください。
●
寸法は正しく,配管に
平行して取付けてくだ
さい。
●
センサは配管に密着す
るように押し付けてく
ださい。
3. 外来ノイズの影響
●
近くにラジオの放送局
がある。
●
自動車,電車等が多く通
るそばで測定している。
●
センサ取付けの不完全
● 取付け寸法
● センサが配管から浮き上
がっている
「7.2.5 ハード故障時の処
置」を参照
4. ハード異常
水が止まっているのに
測定値がゼロとならな
い。
●
配管内で水が対流
している。
正常です。
●
ゼロ調整を行った場合
●
水が止まったとき、配
管内が非満水または空
になる。
正常です。
●
− 41 −
●
完全に水が止まった状
態で再度ゼロ調を行っ
てください。
5.4項(4)「測定異常時の
出力処理決定」により
値は変わります。
状 態
原 因
測定値に誤差がある。
●
●
入力した配管仕様が実際
と異なる。
処 理
内径が1%異なると約
3%の誤差となります。
古い配管でスケールが付
着している。
直管長不充分
●
(上流10D,下流5D以上)
●
正しく入力してくだ
さい。
●
スケールをライニン
グとして入力してく
ださい。
センサ取付け場所を別に
探してください(乱す物
の上流へ)
上流30D以内に流れを乱
すものがないこと。
ポンプ,バルブ,合流管
などがないこと。
●
●
配管内が非満水か泥砂が
堆積している。
配管断面に対していろ
いろな角度でセンサを
取付け平均値の出る所
を探してセンサを取付
けてください。
断面積が少ない分だけ多
めに出ます。
●
− 42 −
垂直な配管部へ移し
てください。
7.2.4
アナログ出力の異常
状 態
原 因
表示値が0でないのに, レンジ設定を行っていない
電流出力が合わない。
処 置
●
設定してください。
アナログ出力校正を行って
ください。
出力が0mAである。
ケーブルの断線
表示値が0の時4mA以
下となる。
アナログ出力のゼロ調整がず
れている。
●
出力が20mA以上とな
る。
LCD表示にEが表示されてい
る。
レンジオーバです
● アナログ出力のレンジデー
タを再設定してください。
スパン調整がずれている。
●
アナログ出力校正を行って
ください。
表示値は変化するがア
ナログ出力は一定とな
っている。
出力の負荷が1kΩ以上
●
1kΩ以下にしてください。
表示値とアナログ出力
が合わない。
アナログ出力のゼロ,スパン
がずれている。
●
アナログ出力校正を行って
ください。
アナログ出力校正を行
っても出力が変化しな
い。
ハードの故障
●
当社へ連絡してください。
注:アナログ出力のレンジ設定でベーススケールが0でない場合,流量表示とアナログ出力が合わないこと
があります。
7.2.5
ハード故障時の処理
「6.
保守・点検」,「7.
故障診断」の処置で,ハードの故障であった場合,異常の内容と自己診断
によるメッセージを当社にご連絡ください。
− 43 −
8. 検出器の取付け
8.1 検出器の取付け
(1)
検出器の取付け手順
検出器を配管に取付けて,測定開始するまでには,次の手順に従って作業をすすめてください。
8.1(2)
.
取付け場所の選定
8.1(3)
.
取付け方法の選定
8.1(4)
.
取付け面の処理
8.1(5)
.
取付け位置の決め方
8.1(6)
.
ケーブル端末処理の方法
8.1(7)
.
小形センサのケーブ
ル接続方法
0) 大形センサの信号ケ
8.1(
.1
ーブル接続方法
8.1(8)
.
小形センサの配管へ
の取付け方法
1) 大形センサの配管へ
8.1(
.1
の取付け方法
8.1(9)
.
センサの組立手順
− 44 −
2) 高温センサの配管へ
8.1(
.1
の取付け方法
取付け場所の選定
検出器の取付け場所、すなわち流量を測定する配管の状態は、測定精度に大きく影響しますので、次の条
件を満たす場所を選んでください。
① 上流側に10D、下流側に5D程度以上の直管部がある所。
② 上流側30D程度以内に、流れを乱す要素(ポンプ、弁など)がない所。
③ 配管内には、必ず流体が充満していること。また、気泡、異物を含まないこと。
④ 検出器を取付ける配管の周囲に、保守上に必要なスペースがあること(図2−1参照)。
注 2000以上
200以上
注)配管の両サイドに人が立って作業ができるスペースを確保してください。
200以上
(2)
D+1200以上
600以上
D
600以上
D:管径
図2−1 検出器取付け場所の必要スペース
注意
① 水平配管の場合は,中心面から±45°以内に取付けてください。
垂直配管の場合は,外周の任意の位置でかまいません。
配管
45°
水平
45°
② 配管のひずみ,フランジおよび溶接部のある所は避けてください。
溶接部
フランジまたは溶接部
溶接部
− 45 −
(3)
取付け方法の選定
検出器の取付け方法には,V法,Z法の2つの方法があります(図2−2参照)。
取付寸法(L)
取付寸法(L)
検出器
取付寸法(L):
5.4.(1)配管仕様の設定で
自動計算された取付寸法に
合わせます。
D
D
検出器
V法
Z法
図2−2 取付け方法
次のような場合はZ法にしてください。
●
取付けスペースがないとき(Z法は上図に示すように,V法の約1/2の取付け寸法になります)
。
●
流入下水のような、濁度の高い流体を測定する場合。
●
配管にモルタルライニングが施してある場合。
●
配管が古く、配管の内面にスケールが厚く付着していると思われる場合。
選定基準
口径300mm以上は、大形センサのZ法取付けを推奨します。
検出器
形式
取付け法
FLW12
Z法
FLW11
V法
FLW51
Z法
FLW50
V法
小口径センサ
FLD22
V法
高温センサ
FLD32
小形センサ
適用配管口径
大形センサ
Z法
V法
150
13
(4)
50
100
250
200
400
1000
3000
6000(mm)
検出器取付け面の処理
検出器を取付ける部分の配管のピッチや錆,凹凸などをシンナー,サンドペーパーで,取付け寸法
(L)+200mm の幅で全周にわたって除去してください。
注)配管の外周にジュート巻きがしてある場合は、ジュート巻きをはがしてから,上記の処理をしてく
ださい。
ジュート巻き
配管
L+200mm
− 46 −
(5)
取付け位置の決め方(大形,小形Z法の場合)
次に示す作業を行い、取付け位置を決めてください。
この作業には,ゲージペーパーが必要です(作り方は「付1.
ゲージペーパーの作り方」を参照してくだ
さい)。
1
2
3 4 5 6
取付け部の処理をした部分の一方の端から,
100mm
約100mmのところにゲージペーパーのエッジ
を合せ,ゲージペーパーに書かれている線が
管軸と水平になるように巻きつけます(ずれ
ないように,テープで止めてください)。この
とき,ゲージペーパーのエッジがそろうよう
この面をそろえる
にしてください。
1
2
直線A
3
4 5 6
ゲージペーパーに書かれている線を延長し
て,配管に直線Aをけがきます。
1
2
3
A0
4
5 6
ゲージペーパーの一方のエッジに沿って線
をけがきます。
その線と直線Aとの交点をA0とします。
V法
Z法
A1
例)L=200mmの場合
A2
A0
B1
2
3
4
A0,A1
A0
B0
200mm
1
B0,B1
1
5
6
ゲージペーパーをはがし,A0か
2
3
4
直線B
5
6
A0からメジャーで円周を測ります。円周の1/2の所
にB 0,B 1を決め,この2点を結ぶ線(直線B)をけ
がきます。
ら取付け寸法を測り,そこから
直線Aと直交する線をけがきま
す(A2を決めます)
例)L=100mmの場合
100mm
A0とA2が取付け位置になります。
B2 B0
A0
B2
1
2
3
4
5
B0
6
B に印を付け,ゲージペーパーをはがします。
0
B 0から取付け寸法を測り,そこから直線Bと直交
する線をけがきます(B2を決めます)。
A0とB2が取付け位置になります。
− 47 −
(6)
ケーブル端末処理の方法
同軸ケーブル端末処理は,工場出荷時に済ませてあります。
もし,切断して使用する場合,心線,シールド線,外部シールド線をそれぞれ圧着端子を用いて端末処理
してください。
心線(白・+)
シールド(黒・G)
圧着端子
外部シールド(緑)
注)同軸ケーブルを切断する場合は,上流側と下流側とが同じ長さになるようにしてください。
− 48 −
(7)
小形センサのケーブル接続方法
1
2
3 4 5 6
1 2 3
センサのアースねじ,固定つまみを緩め,ドラ
4
5
6
ケーブルクランプで同軸ケーブルを固定します。
イバなどを使用して検出器のカバーを取外します。
2
カバー
G+
1
ケーブルクランプ
緩める
固定つまみ
1
1
2
3
4 5 6
1 2
配管への取付け姿勢を決めます。
3
4
5
注)上流側,下流側の検出器が区別できるよう
6
端子部の異物を除去し,付属のシリコン充填材
で端子部全体をモールドします。
● シリコン充填材のチューブの先を適当な所で
にしてください。ケーブルクランプを外し,
ケーブル接続口から同軸ケーブルを入れま
切り,チューブの先を端子部の底に付けたま
す。
ま,押し出します。
気泡が入らないように注意してください。
外部シールド線
シリコン充填材
曲げる
アースねじ
端子
1
2
3
4
5 6
1 2 3 4 5
端子(G,+)およびアースねじに接続します。
6
センサのカバーを被せます。
注)外部シールド線はアースねじを接続した後,
アンプ端子を曲げてください。
外部シールド端子
同軸ケーブル
− 49 −
(8)
小形センサの配管への取付け方法
小形センサは配管の口径がφ50∼φ300(V法取付け時)までのものを測定することができます。ただし,
Z法取付け時は口径φ150∼φ400まで測定できます。
① センサの取付け(V法の場合)
センサの取付けは,次の手順で行います。
スケールまたはノギスを用意しておいてください。
1
2
3 4 5 6
1 2
固定つまみA(4個)を緩め,取付け寸法に合
3
うように検出器をスライドさせ,取付寸法基準面
4
5 6
センサのパイプエンドを立てた状態でチェーン
の黄色いリングをフックに掛けます。
Cにスケールを当てて寸法を調整し,固定つまみ
パイプエンド
Aを締め付け固定します。
鎖
黄色
赤色
取付け寸法基準面C
固定つまみA
バネ
取付け
寸法
スケール
リング
チェーンの他方をセンサのもう一方のフックに
引っ掛け,仮固定します。
1
2
3
4 5 6
1 2 3
センサの発信面にシリコン充填材を全体に引き
4
5
6
さらにリングを引っ張り,赤色のリングをフッ
延ばしながら塗ります。このとき気泡が混入しな
クに引っ掛けます。同様な操作を他方のセンサに
いよう注意してください。
も行います。
フレームエンドを倒し,センサを配管に密着さ
発信面
せます
配管の表面をきれいにしてから,センサを取付
けてください。
最後にセンサを配管に強く押し付け,センサが
配管に密着するようにします。
− 50 −
② センサの取付け(Z法の場合)
センサの取付けは,次の手順で行います。
1
2
3 4 5 6
1 2
センサの発信面にシリコン充填材を全体に引き
3
4
5 6
センサの合わせマークとけがき線とが合ってい
延ばしながら塗ります。このとき気泡が混入しな
ることを確認してから同軸ケーブルを変換器に接
いよう注意してください。
続します。
ここをそろえる
センターマーク
シリコン充填材
けがき線
注)同軸ケーブルを引っ張らないでください。
センサが動き,測定に障害がでます。
配管の表面をきれいにしてから,センサを取付
けてください。
1
2
3
4 5 6
けがき線付近のワイヤロープを左右に広げ,セ
ンサを配管に密着させ,ワイヤロープを掛けます。
このとき,検出器の合わせマークとけがき線とが
合うようにしてください。
− 51 −
(9)
センサの組立手順
小形センサ(FLW1)の手配において,ケーブル付をご指定されケーブル長さが10m以上の場合,センサ本
体のスタンド部/パイプに運搬上ケーブル自重が掛かるため,分解して納入いたします。
下記のような手順にて組立ください。
パ ー ツ 組 立 方 法
1
2
3 4 5 6
1
注意事項をよく読んで組立てください。
2
3
2本のパイプの片側にフレームエンドを挿入し
4
5 6
もう一つのセンサをパイプに通します。
センサの挿入方向に注意してください。
ます。
フレームエンド部にはシ
リコン充填材を塗布しま
す。
フレームエンドとパイプ
のスリット方向には注意
してください。
挿入
スリット
スリット
挿入
パイプ 凸部
挿入
フレームエンド
シリコン
充填材
挿入後,フレームエンドをプラスチックハンマ
ーなどで軽くたたいてください。
1
2
3
4 5 6
1 2 3
センサの固定つまみを緩めパイプを通します。
4
5
6
もう片側のフレームエンドを挿入します。
組立方法は①と同じです。
挿入
固定つまみ
センサの挿入方向に注意してください。
注)シリコン充填材の硬化時間をとるため,一昼夜室温放置してください(組立強度を補強するため)。
− 52 −
(10) 大形センサの接続方法
1
2
3 4 5 6
1 2
センサのカバーを少しずらし,ドライバなどを
3
使用して取外します。
4
5 6
端子(G,+)に同軸ケーブルを接続し,ケー
ブル押え板で同軸ケーブルを固定します。
カバー
ケーブル押え板
発信方向マーク
1
2
3
4 5 6
1
配管への取付け姿勢を決めます。
●
2
3
4
発信方向マークが向き合うようにしてくださ
い。
5
6
端子部の異物を除去し,シリコン充填材で端子
部全体をモールドします。
●
シリコン充填材のチューブの先を適当な所で
切り,チューブの先を端子部の底に付けたま
ま,押し出します。
気泡が入らないように注意してください。
センサのカバーを被せます。
発信方向マーク
シリコン
充填材
シリコン
充填材
ケーブル押え板
同軸ケーブル
− 53 −
同軸
ケーブル
(11) 大形センサの配管への取付け方法
1
2
3 4 5 6
ガイド板の高さ調整
1
2
3
センサを配管の表面に,管軸と平行になるよう
4
5 6
センサの取付け
●
センサの発信面と配管の取付け面の汚れを拭
き取ってください。
に当てます。
●
固定ねじ
センサの発信面にシリコン充填材を全体に引
き延ばしながら塗ります。
●
ガイド板
シリコン充填材の厚みは3mm程度になるよ
うにします。
発信面
発信面
配管
発信方向マーク
●
けがき線付近のワイヤロープを左右に広げ,
センサを配管に密着させ,ワイヤロープを掛
ガイド板固定ねじを緩め,ガイド板のエッジと
けます。
発信面が配管の表面に当たる位置までスライドさ
せます。
固定ねじを緩めます。
2
3
4 5 6
ワイヤロープの長さの決め方
センサをけがき線の上に置き,ワイヤロープと
取付けばねを掛けます。
●
センサの合わせマークとけがき線を合わせま
す。また,センサの発信方向マークが向き合
取付け
ばね
このワイヤクリップ
を緩めて
ワイヤロープを
引っ張る。
0
18
けがき線
うようにします。
取付けばね
けがき線
発信マーク
センサ
600
1
配管
けがき線
合せマーク
センサ
●
センサの合わせマークとけがき線とが合って
いることを確認し,同軸ケーブルを変換器に
接続します。
配管
注)
ワイヤクリップを緩め,取付けバネの全長が
180mm位になるまでワイヤロープを引っ張り,ワ
イヤクリップを締め付けます(取付けバネの自由
長は110mm)。
ワイヤロープを固定したままでセンサを取外し
ます。
− 54 −
同軸ケーブルを引っ張らないでください。
センサが動き,測定に障害がでます。
(12) 小口径センサの配管への取付け方法
1
2
3 4 5 6
1 2
ロックナットを緩め、取付方法(表示された取
3
付寸法の小数点以下を四捨五入)に合うようにセ
4
5 6
センサの両端(サドル)を布ベルトで配管へ取
付けます。
あらかじめ、布ベルトを配管へ巻き付けておく
ンサをスライドさせ,ロックナットを締め付けま
と取付けが容易にできます。
す。
布ベルトの使用温度は80℃以下です。80℃を超
える場合はステンレスベルトを使用してください。
サドル
ロックナット
布ベルト
エレメントホルダー
BNCコネクタ
カーソル
スケール
取付け
寸法(L)
フレーム
1
2
1 2 3
3
4 5 6
センサの発信面にシリコングリースを全体に引
4
5
6
センサが管軸と平行に付いているか,取付寸法
が合っているか確認したうえで,エレメントホル
き延ばしながら塗ります。
ダを時計方向へ回し,センサを配管へ密着させま
す。
発信部
ケーブル
エレメントホルダー
エレメントホルダー
エレメントホルダを反時計方向へ回しセンサを
発信面が管表面に当って,エレメントホルダが
回りにくくなった所で回すのを止めてください。
引戻しておきます。
配管の表面をきれいにしてから,センサを取付
けてください。
− 55 −
回し過ぎには注意してください。
(13) 高温センサの配管への取付け方法
高温センサは配管の口径がφ50∼φ250(V法取付け時)までのものを測定することができます。ただし,
Z法取付け時は口径φ150∼φ400まで測定できます。
① センサの取付け(V法の場合)
センサの取付けは,次の手順で行います。
1
2
3 4 5 6
1 2
ロックナットを緩め、変換器で表示された取付
3
寸法に合うようにセンサをスライドさせ,ロック
4
5 6
センサの両端(サドル)をステンレスベルトで
配管へ取付けます。
ナットを締め付けます。
ステンレスベルト
ロックナット
BNコネクタ
エレメント
ホルダー
サドル
カーソル
取付け寸法
(L)
フレーム
スケール
1
2
3
4 5 6
1 2 3
センサの発信面に付属の高温用グリースを全体
4
に引き延ばしながら塗ります。
5
6
センサが管軸と平行に付いているか,取付寸法
が合っているか確認したうえで,エレメントホル
ダを時計方向へ回し,センサを配管へ密着させま
す。
高温用グリース
発信面
エレメントホルダー
エレメントホルダを反時計方向へ回しセンサを
エレメント
ホルダー
引戻しておきます。
ケーブル
配管の表面をきれいにしてから,センサを取付
発信面が管表面に当って,エレメントホルダが
けてください。
回りにくくなった所で回すのを止めてください。
回し過ぎには注意してください。
− 56 −
② センサの取付け(Z法の場合)
センサの取付けは,次の手順で行います。
1
2
3 4 5 6
1 2
一方のサドルの止めネジを4ヶ所外しフレーム
3
からサドルとセンサユニット1つを外します。
4
5 6
センサの発信面に付属の高温用グリースを全体
に引き延ばしながら塗ります。
高温センサ用ガイドレール(オプション)の一
高温用グリース
方のサドルも外します。
発信面
センサユニット
ロックナット
BNコネクタ
エレメント
ホルダー
サドル
エレメントホルダー
エレメントホルダを反時計方向へ回しセンサを
カーソル
引戻しておきます。
フレーム
配管の表面をきれいにしてから,センサを取付
スケール
けてください。
1
2
3
4
けます。
高温センサ用ガイドレール
1
2
5
6
1つ1つのセンサを別々に,けがき線上に取付
3
4 5 6
高温センサ用ガイドレール(オプション)に取
り外したセンサユニットを取付けます。
取付寸法(L)でセンサユニットを固定します。
1
2
3
4
5
表
裏
けがき線の上側
けがき線の下側
6
センサが管軸と平行に付いているか,取付寸法
が合っているか確認したうえでエレメントホルダ
を時計方向へ回し,センサを配管へ密着させます。
発信面が管表面に当たって,エレメントが回りに
くくなった所で回すのを止めてください。回し過
取付け寸法
(L)
ぎには注意してください。
エレメントホルダ
ケーブル
− 57 −
付1 仕 様
仕 様
変換器(形式:FLV)
測定対象
●
測定方式
: 伝搬時間差方式
●
電源
: AC100∼240V±10%,50Hzおよ
●
測定流体
: 超音波の通る均質な液体(水,
び60Hz
海水,油または音速が不明な液
体)
●
流体の濁度
: 10000度(mg/L)以下
●
流れの様子
: 満管内の偏流,旋回流がない均
一な流れ
●
流体温度
: 小口径センサ −40∼+100℃
●
消費電力
: 約20VA(約10W)
●
LCD表示
: キャラクタ表示(16桁,2行)バ
ックライト付き
●
操作部
: シートキー(20個)
●
停電復帰処理
: 不揮発性メモリによるバックア
ップ(有効期間:約10年)
小形センサ −40∼+80℃
●
測定範囲
大形センサ −40∼+80℃
●
応答速度
: 0.5秒以下
高温センサ −40∼+200℃
●
出力信号
: アナログ信号DC4∼20mA,1点
(負荷抵抗:0∼1kΩ)
: −32∼0∼+32m/s
接点信号 オープンコレクタ
(DC30V/0.1A),2点
配管条件
●
●
適用配管材質
ON電圧0.6V以下
: 鋼管,ステンレス管,鋳鉄管,
適用配管口径
塩ビ管,FRP管,石綿管,鋼管,
●
避雷機能
: 電源用内蔵
アルミニウム管,アクリル管,
●
周囲温度
: −10∼+60℃
その他
●
周囲湿度
: 90%RH以下
●
外被構造
: 防浸構造(アルミ鋳物ケース)
: 小口径センサ φ13∼φ100
IP65相当
小形センサ φ50∼φ400
大形センサ φ200∼φ6000
●
塗装色
バー)
高温センサ φ50∼φ400
●
●
ライニング材質
必要直管長
: カバー(ブルー),ケース(シル
: なし,タールエポキシ,モルタ
●
外形寸法
: H277×W244×D95mm
ル,ゴムまたは音速が既知の材
●
質量
: 約4.5kg
質
検出器(形式:FLW/FLD)
: 上流側 10D以上
下流側 5D以上(Dは管内径)
●
設置方法
: 既設配管の外側に取付け
●
センサ取付け法
: V法またはZ法
●
取付けベルト/ワイヤ:
詳細は日本工業会規格JEMIS-032
を参照。
小口径センサ ステンレスベルト
精度定格
小形センサ ステンレスチェーン
センサ種類
FLD22
口 径
φ13∼φ100
FLW12
FLD32
FLW51
φ50∼φ300未満
FLW11
FLW50
φ50∼φ300未満
φ300∼φ6000
φ300∼φ6000
流 速
2∼32 m/s
0∼2 m/s
2∼32 m/s
0∼2 m/s
1∼32 m/s
0∼1 m/s
2∼32 m/s
0∼2 m/s
1∼32 m/s
0∼1 m/s
精 度
1.5% of rate
0.03 m/s
1.0% of rate
0.02 m/s
1.0% of rate
0.01 m/s
1.5% of rate
0.03 m/s
1.5% of rate
0.015 m/s
(注)基準動作条件:日本工業規格 JEMIS-032 に準拠
大形センサ ステンレスワイヤ
高温センサ ステンレスベルト
●
音響カプラ
: 高温センサはシリコングリス
その他はシリコンゴム
●
信号ケーブル
: 専用同軸ケーブル(標準5m,最
大150m)
●
接続方法
: 端子ねじ,但し,小口径センサ,
高温センサはBNCコネクタ
●
周囲温度
− 58 −
: −20∼60℃
●
外被構造
: 100%RH以下
●
その他
: 防浸構造(IP67相当),但し,小
: フロースイッチ,積算スイッチ,
自己診断機能
口径センサ,高温センサは防滴
構造(IP52相当)
専用信号ケーブル(形式:FLY)
水中形は数日の冠水にも耐えら
●
構造
ド)
れる構造
●
●
材質
: 高周波同軸ケーブル(2重シール
:
種 類
センサケース
センサカバー ガイドレール
小口径センサ
プラスチック
SUS304
小形センサ
プラスチック
SUS304
大形センサ
プラスチック
SUS304
−
高温センサ
SUS304
−
SUS304
+アルミニウム合金
アルミニウム合金
+プラスチック
SUS304
+プラスチック
●
外部シース
: 黒色難燃ビニール
●
外形
: 約7.3mm
●
端末処理
: M4アンプ端子付(両端)
但し,小口径センサ,高温用セ
ンサ用は,BNCコネクタ付(片
側のみ)
●
質量
: 約90g/m
外形寸法・質量:
中継箱(形式:FLL)オプション
種 類
外形寸法(H×W×D)
質 量
小口径センサ
320×52.5×90mm
約0.6kg
小形センサ
500×80×40mm
約1.0kg
●
構造
: 屋外防雨形
大形センサ
104×93×62mm
約1.4kg
●
塗装色
:マンセル7.5Y6.7/0.5
高温センサ
530×52×205mm
約1.6kg
●
配線接続口
: 水防グランド付(4ヶ所)
●
外形寸法(W×H×D):200×200×75mm
●
取付方法
: 壁取付け
●
質量
: 約3kg
●
表示言語
: 日本語(カタカナ)/英語/ド
イツ語/フランス語を選択可能
●
瞬時値表示機能
: 流速,流量(流れ方向付)を選
択表示,最大8桁
メートル系
流速 m/s
流量 L/s, L/m, L/h, M L/d,
m3/s, m3/min, m/h,Mm3/d,
●
積算値表示機能
: 正方向,逆方向の積算値を選択
表示,9桁
メートル系
積算値 m L, L, m3, km3, Mm3
●
ダンピング
: 0∼100秒(時定数)
●
低流量カット
: 0∼5m/s
●
出力設定機能
: 電流出力のスケーリング/リミ
ット,バーンアウトの設定
電流出力の校正が可能
●
自動レンジ切換
: 2レンジ,接点出力でレンジを
判別
●
正逆流切換
: 正逆レンジ,接点出力で流れ方
向を判別
●
積算パルス出力
: 検出器と変換器間専用信号ケー
ブルの中継箱
機 能
●
用途
: 1パルス/日 ∼5パルス/秒,パ
ルス幅(50, 100ms選択)
−59 −
測定原理
上流側と下流側から斜めに超音波パルスを伝搬させ,流れにより生ずる時間差を検出して流量を測定します。
検出器
上流側センサ
θ
D
流速V
t1
t2
下流側センサ
検出器の取付け
超音波振動子
プラスチックくさび
パイプ
ライニング
構造図
(1) 1測線方式(V法)
ケーブル
検出器
変
換
器
DC
4∼20mA
接点
(2) 1測線方式(Z法)
ケーブル
検出器
変
換
器
DC
4∼20mA
接点
− 60 −
変換器
出力信号
付2 ゲージペーパーの作り方
① 長さ4D以上,幅200mm(できればD)以上の長辺が平行な紙(またはビニールシートなど)を用意しま
す。
200mm(又はD)以上
4D以上
平行
D:管径
② 一方の端から約100mmのところに,長辺と直交する線を書きます。
約100mm
− 61 −
付3 受信波形の確認方法
高電圧部があるので,下記作業を行う際は,必ず当社のサービスマンにご依頼ください。
以下の状態で作業を行ってください。
(1)送受信の確認
1) オシロスコープの接続方法
TRG GND GND
EXT TRIG
CH1
SMP
GND
CH2
SIG
オシロスコープ
2) 波形をオシロスコープで観測する
5V
0V
CH1
(SMP.)
2V
CH2
(SIG.)
送信
受信
送信
受信
確認事項
1. 受信波はCH1 SMPの低(0V)部分の中に受信波がなければならない。受信波が低部分から逸脱している場合
は,測定不能となる。
●
配管仕様の確認
●
取付寸法の確認
2. 受信波レベルは,正側で約2Vでなければならない。2Vよりも低い場合は受信波が弱く,AGC(受信波ゲイン
コントロール)不能となる。
●
「ソウシン デンアツ」を8倍に変更(5.4(1)を参照のこと。)
●
検出器取付を確認
●
配管内の気泡混入の確認
− 62 −
(2)受信波形をオシロスコープで確認する
1) オシロスコープの接続
TRG GND GND
EXT TRIG
CH1
RGV電圧
RGV
GND
ディジタル電圧計
SIG
(2)受信波部分を拡大し,確認する。
第4波
第3波
2V
第2波
第1波
確認
1. 波形は第3波∼5波以内までにピークに達する。
2. RGV電圧は4.5V以上とする。
− 63 −
付4 キー操作の構成
1.測定表示設定
FUNC
[初期値]
DISP(.)
1: ヒョウジ シュルイ
2: リュウリョウ タンイ
2: ショウスウテン イチ
リュウソク
レンジ %
F: セキサン
R: セキサン
サセキサン
F: セキサン パルス
R: セキサン パルス
L/s
L/min
L/h
ML/d
m3/s
m3/min
m3/h
Mm3/d
BBL/s
BBL/m
BBL/h
MBBL/d
(メートル系)
00000000.
0000000.0
000000.00
00000.000
0000.0000
000.00000
00.000000
0.0000000
− 64 −
[リュウソク]
gal/s
gal/m
gal/h
Mgal/d
ft 3/s
ft 3/m
ft 3/h
Mft 3/d
BBL/s
BBL/m
BBL/h
MBBL/d
(インチ系)
[m/s]
[ft 3/6]
[00000.000]
2.配管設定
FUNC
PIPE(7)
センサ トリツケ スンポウ
ガイケイ スンポウ (13∼6100mm)
注:外周寸法入力の場合 「/π」キー押下 外径寸法に変換
(0.5∼240 inch)
ハイカン ザイシツ
[0.52 inch] コウカン
ステンレス カン
エンビ カン
ドウカン
チュウテツカン
アルミニウム カン
FRP
アスベスト カン
ダクタイル チュウテツカン
PEEK
PVDF
アクリル カン
ソノタ
ハイカン オンソク(1000∼3700 m/s)
注:配管材質「ソノタ」を選択した場合に表示
(3281∼12140 ft/s)
[0.01 inch]
ライニング ナシ
タール エポキシ
モルタル
ゴム
テフロン
パイレックスガラス
エンビ カン
ソノタ
注:ライニング材質「ソノタ」を選択した場合に表示
(3281∼12140 ft/s)
ライニング アツサ(0.01∼100 mm)
注:ライニング材質「ソノタ」を選択した場合に表示
[1000 m/s]
[0.01 mm]
[0.01 inch]
ミズ
カイスイ
ソノタ
リュウタイ オンソク(500∼2500 m/s)
[ライニング ナシ]
[3281 ft/s]
(0.01∼4 inch)
リュウタイ シュルイ
[1000 m/s]
[0.1 mm]
(0.01∼4 inch)
ライニング オンソク(1000∼3700 m/s)
[コウカン]
[3281 ft/s]
ハイカン アツサ(0.1∼100 mm)
ライニング ザイシツ
[13mm]
[ミズ]
注:流体種類「ソノタ」を選択した場合に表示
(1641∼8202 ft/s)
[500 m/s]
[1641 ft/s]
ドウネンセイケイスウ(0.01E−6∼999/999E−6 m2/s)
(0.1E−6∼999/9E ft 2/s)
[1.003E−6 m2/s]
[10.7E−6 ft2/s]
センサ トリツケホウ
V ホウ
Z ホウ
[V ホウ]
センサ シュウルイ
FLW11
FLW12
FLD22
FLD32
FLW41
FLD12
FLW50
FLW51
[FLW12]
ソウシン デンアツ
1バイ
2バイ
4バイ
8バイ
[4バイ]
− 65 −
3.上下限スイッチ設定
FUNC
FLOW SW(4)
[0∼ m/s]
カゲン リュウリョウ(0∼±32 m/s 相当)
(0∼ ±105 ft/s 相当)
[0 ft/s]
ジョウゲン リュウリョウ(0∼±32 m/s 相当)
[32 m/s]
(0∼ ±105 ft/s 相当)
[105 ft/s]
[10 %]
リュウリョウ ヒステリシス(0∼20 %)
4.出力設定
FUNC
OUTPUT(8)
レンジ タンイ
レンジ タイプ
(インチ系)
ft/s
gal/s
gal/m
gal/h
Mgal/d
ft 3/s
ft 3/m
ft 3/h
Mft 3/d
BBL/s
BBL/m
BBL/h
MBBL/d
(メートル系)
m/s
L/s
L/min
L/h
ML/d
m3/s
m3/min
m3/h
Mm3/d
BBL/s
BBL/m
BBL/h
MBBL/d
シングル レンジ
[m/s]
[ft/s]
[シングル レンジ]
ベース スケール(0∼ ±32 m/s 相当)
(0∼ ±105 ft/s 相当)
フルスケール(±0.3∼ ±32 m/s 相当)
(±1∼ ±105 ft/s 相当)
(0 m/s )
[0 ft/s ]
(32 m/s)
[105 ft/s ]
オート 2 レンジ
ベース スケール(0∼ ±32 m/s相当)
[0 m/s]
(0∼ ±105 ft/s 相当)
[0 ft/s ]
フル スケール1(±0.3∼±32 m/s相当)
[32 m/s]
(0∼ ±105 ft/s 相当)
フル スケール2(±0.3∼±32 m/s相当)
(0∼ ±105 ft/s 相当)
レンジ ヒステリシス(0∼20 %)
[105 ft/s ]
[32 m/s]
[105 ft/s ]
(10 %)
セイギャク レンジ
オート 2 レンジと同様
シュツリョク リミッタ サイショウ(−20 ∼ 120 %)
(−20 %)
シュツリョク リミッタ サイダイ(−20 ∼ 120 %)
(120 %)
シヨウシナイ
ホールド
ジョウゲン
カゲン
ゼロ
バーンアウト タイマ(0∼900 sec)
[シヨウシナイ]
バーンアウト
[0 sec]
− 66 −
5.ダンピング
FUNC
DAMP(9)
ダンピング(0∼100 sec)
[5 sec]
6.低流量カット
FUNC
CUT OFF(6)
テイリュウリョウ カット(0∼5 m/s相当)
[0 m/s]
(0∼16.4 ft/s相当)
[0 ft/s]
7.積算設定
FUNC
TOTAL(5)
セキサン モード
セキサン タンイ
セキサン ストップ
セキサン スタート
セキサン リセット
mL
L
m3
km3
Mm3
mBBL
BBL
kBBL
(メートル系)
[セキサン ストップ]
gal
kgal
ft 3
kft 3
Mft 3
mBBL
BBL
kBBL
(インチ系)
[m3]
[ft 3]
セキサン ジョウスウ (0∼9999999)
[0]
F:セキサン プリセット(0∼ 9999999)
[0]
F:セキサン スイッチ (0∼ 9999999)
[0]
R:セキサン プリセット(0∼ 9999999)
[0]
R:セキサン スイッチ (0∼ 9999999)
[0]
パルスハバ
50 msec
100 msec
[50 msec]
ゼロテン チョウセイ
ゼロテン カイジョ
[ゼロテン チョウセイ
8.ゼロ調整
FUNC
ZERO(0)
ゼロテン モード
9.出力補正
FUNC
CAL(2)
[0 m/s]
シュツリョク ホセイ ゼロ(0∼±5 m/s相当)
(0∼±16.4 ft/s相当)
[0 ft/s]
シュツリョク ホセイ スパン(0∼200 %)
[100 %]
− 67 −
10.システム
FUNC SYSTEM(3)
ソクテイ タンイ
メートル
インチ
[メートル]
ゲンゴ
ニホンゴ(カタカナ)
エイゴ
フランスゴ
ドイツゴ
[エイゴ]
アナログシュツリョク カクニン(−20∼120 %) アナログシュツリョク コウセイ
ステータス カクニン
スキップ
セッテイ
チャネル1
チャネル2
テスト モード
[0 %]
4mA
20mA
オフ
オン
オフ
オン
ショウシナイ
セッテイ
[4mA]
[オフ]
[オフ]
[ショウシナイ]
ニュウリョク データ(0∼±120 %)
ツイジュウ ジカン(0∼900 sec)
− 68 −
[0 %]
[0 sec]
11.ステータス出力
FUNC STATUS(1)
ステータス チャネル センタク
チャネル1
ステータス センタク:1
シヨウシナイ
ジュハ イジョウ
F: セキサン パルス
R: セキサン パルス
ジョウゲン リュウリョウ
カゲン リュウリョウ
F: セキサン スイッチ
R: セキサン スイッチ
F: セキサン オーバーフロー
R: セキサン オーバーフロー
レンジ フルスケール2
R: ナガレ ホウコウ
レンジオーバ
バックアップ イジョウ
[シヨウシナイ]
ステータス モード:1
ノーマル
ハンテン
[ノーマル]
チャネル2
チャネル1と同様
ステータス ジョウホウ(表示のみ)
注:ステータス オフ→0,ステータス オン→1
ジュハ イジョウ
F: セキサン パルス
R: セキサン パルス
ジョウゲン リュウリョウ
カゲン リュウリョウ
F: セキサン スイッチ
R: セキサン スイッチ
F: セキサン オーバフロー
R: セキサン オーバフロー
レンジ フルスケール2
ナガレ ホウコウ
レンジ オーバ
予約
予約
予約
バックアップ イジョウ
− 69 −
12.エラーチェック
FUNC CHEK(±)
R:ソクテイ セイジョウ
C:エンザン イジョウ
ハイカン ニュウリョク データ ノ カクニン
デンゲン ノ サイトウニュウ オフ → オン!
H:ジュハ イジョウ
キホウ ガ ハイッテイマセンカ?
イブツ ガ ハイッテイマセンカ?
W:ジュシンシンゴウ
ハンイ オーバ
ハイカン ニュウリョク データ ノ カクニン
O:ジュシンシンゴウ
オーバフロー
センサ トリツケホウホウ ノ カクニン
I:ジュハ ナシ
ハイカン ニュウリョク データ ノ カクニン
センサノ トリツケ ノ カクニン
ケーブル セツゾク ノ カクニン
センサ シュルイ ノ カクニン
E:レンジ オーバ
シュツリョク セッテイ ノ カクニン
セキサン ジョウスウ ノ カクニン
B:バックアップ イジョウ
EEPROM イジョウ
S:ジュシンシンゴウ
ケンシュツチュウ
シバラクオマチクダサイ
T:テスト モード
テスト モード ジョウタイ
− 70 −
巻末:配管データ
配管用ステンレス鋼鋼管(JIS G3459-1988)
呼 び 厚 さ
呼び径
A
外 径
mm
B
1
15 /
2
3
20 /
4
25
1
1
32
1/
4
1
40
1/
2
50
2
1
65
2/
2
80
3
1
90
3/
2
100
4
125
5
150
6
200
8
250
10
300
12
350
14
400
16
450
18
500
20
550
22
600
24
650
26
21.7
27.2
34.0
42.7
48.6
60.5
76.3
89.1
101.6
114.3
139.8
165.2
216.3
267.4
318.5
355.6
406.4
457.2
508.0
558.8
609.6
660.4
スケジュール
5S
スケジュール
10S
スケジュール
20S
スケジュール
40
スケジュール
80
スケジュール
120
スケジュール
160
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
1.65
1.65
1.65
1.65
1.65
1.65
2.1
2.1
2.1
2.1
2.8
2.8
2.8
3.4
4.0
−
−
−
−
−
−
−
2.1
2.1
2.8
2.8
2.8
2.8
3.0
3.0
3.0
3.0
3.4
3.4
4.0
4.0
4.5
−
−
−
−
−
−
−
2.5
2.5
3.0
3.0
3.0
3.5
3.5
4.0
4.0
4.0
5.0
5.0
6.5
6.5
6.5
−
−
−
−
−
−
−
2.9
2.9
3.4
3.6
3.7
3.9
5.2
5.5
5.7
6.0
6.6
7.1
8.2
9.3
10.3
11.1
12.7
14.3
15.1
15.9
17.5
18.9
3.9
3.9
4.5
4.9
5.1
5.5
7.0
7.6
8.1
8.6
9.5
11.0
12.7
15.1
17.4
19.0
21.4
23.8
26.2
28.6
34.0
34.0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
11.1
12.7
14.3
18.2
21.4
25.4
27.8
30.9
34.9
38.1
41.3
46.0
49.1
5.5
5.5
6.4
6.4
7.1
8.7
9.5
11.1
12.7
13.5
15.9
18.2
23.0
28.6
33.3
35.7
40.5
45.2
50.0
54.0
59.5
64.2
水道用ポリエチレン管(JIS K6762-1982)
呼び径
(mm)
外 径
(mm)
13
20
25
30
40
50
21.5
27.0
34.0
42.0
48.0
60.0
1種(軟質管)
2種(硬質管)
厚 さ
(mm)
重 量
(kg/m)
厚 さ
(mm)
3.5
4.0
5.0
5.5
6.5
8.0
0.184
0.269
0.423
0.586
0.788
1.210
2.5
3.0
3.5
4.0
4.5
5.0
重 量
(kg/m)
0.143
0.217
0.322
0.458
0.590
0.829
水道用亜鉛めっき鋼管 SGPW(JIS G3442-1988)
管の呼び方
(A)
15
20
25
32
40
50
65
80
90
100
125
150
200
250
300
(B)
外 径
(mm)
1
/
2
3
/
4
1
1
1/
4
1
1/
2
2
1
2/
2
3
1
3/
2
4
5
6
8
10
12
21.7
27.2
34.0
42.7
48.6
60.5
76.3
89.1
101.6
114.3
139.8
165.2
216.3
267.4
318.5
− 71 −
厚 さ
(mm)
2.8
2.8
3.2
3.5
3.5
3.8
4.2
4.2
4.2
4.5
4.5
5.0
5.8
6.6
6.9
水道用石錦セメント管(JIS A5301-1971)
呼
び
径
(mm)
1 種
接合部
厚 さ
(mm)
2 種
接合部
外 径
(mm)
接合部
厚 さ
(mm)
3 種
4 種
接合部
外 径
(mm)
接合部
厚 さ
(mm)
接合部
外 径
(mm)
接合部
厚 さ
(mm)
接合部
外 径
(mm)
50
10
70
−
−
−
−
−
−
75
10
95
−
−
−
−
−
−
100
12
124
10
120
9
118
−
−
125
14
153
11
147
9.5
144
−
−
150
16
182
12
174
170
−
−
10
200
21
242
15
230
13
226
11
222
250
23
296
19
288
15.5
281
12
274
300
26
352
22
344
18
336
14
328
350
30
410
25
400
20.5
391
16
382
400
35
470
29
458
23
446
18
436
450
39
528
32
514
26
502
20
490
500
43
586
35
570
28.5
557
22
544
600
52
704
42
684
34
668
26
652
700
−
−
49
798
39
778
30
760
800
−
−
56
912
44
888
34
868
900
−
−
−
−
49
998
38
976
1000
−
−
−
−
54
1108
42
1084
1100
−
−
−
−
59
1218
46
1192
1200
−
−
−
−
65
1330
50
1300
1300
−
−
−
−
73
1496
57
1464
1500
−
−
−
−
81
1662
63
1626
一般用ポリエチレン管(JIS K6761-1979)
呼び径
外 径
(mm)
13
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
21.5
27.0
34.0
42.0
48.0
60.0
76.0
89.0
114 140 165 216 267 318 1種(軟質管) 2種(硬質管)
厚 さ
(mm)
厚 さ
(mm)
2.7
3.0
3.0
3.5
3.5
4.0
5.0
5.5
6.0
6.5
7.0
8.0
9.0
10.0
2.4
2.4
2.6
2.8
3.0
3.5
4.0
5.0
5.5
6.5
7.0
8.0
9.0
10.0
− 72 −
Hi 塩化ビニル管(水道サイズ)
呼 び 径
外 径
管 厚
13
20
25
30
40
50
75
100
125
150
18.0
26.0
32.0
38.0
48.0
60.0
89.0
114.0
140.0
165.0
2.5
3.0
3.5
3.5
4.0
4.5
5.8
7.0
7.5
8.5
Hi 塩化ビニル管(電線管サイズ)
管の呼び方
外 径
管 厚
28
35
41
52
65
78
34.0
42.0
48.0
60.0
76.0
89.0
3.0
3.5
3.5
4.0
4.5
5.5
立型鋳鉄管(JIS G5521)
管 厚
呼び径
D
75
100
150
200
250
300
350
400
450
500
600
700
800
900
1000
1100
1200
1350
1500
T
普通圧管
低圧管
9.0
9.0
9.5
10.0
10.8
11.4
12.0
12.8
13.4
14.0
15.4
16.5
18.0
19.5
22.0
23.5
25.0
27.5
30.0
−
−
9.0
9.4
9.8
10.2
10.6
11.0
11.5
12.0
13.0
13.8
14.8
15.5
−
−
−
−
−
− 73 −
実外径
D1
93.0
118.0
169.0
220.0
271.6
322.8
374.0
425.6
476.8
528.0
630.8
733.0
836.0
939.0
1041.0
1144.0
1246.0
1400.0
1554.0
硬質塩化ビニル管(JIS K6741-1984)
区分
呼び
(mm)
13
16
20
25
30
40
50
65
75
100
125
150
200
250
300
350
400
450
500
600
700
800
VP
VU
外 径
厚 さ
外 径
厚 さ
18
22
26
32
38
48
60
76
89
114
140
165
216
267
318
−
−
−
−
−
−
−
2.2
2.7
2.7
3.1
3.1
3.6
4.1
4.1
5.5
6.6
7.0
8.9
10.3
12.7
15.1
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
48
60
76
89
114
140
165
216
267
318
370
420
470
520
630
732
835
−
−
−
−
−
1.8
1.8
2.2
2.7
3.1
4.1
5.1
6.5
7.8
9.2
10.5
11.8
13.2
14.6
17.8
21.0
23.9
配管用炭素鋼鋼管(JIS G3452-1988)
管の呼び方
(A)
15
20
25
32
40
50
65
80
90
100
125
150
175
200
225
250
300
350
400
450
500
(B)
外 径
(mm)
厚 さ
(mm)
1
/
2
3
/
4
1
1
1/
4
1
1/
2
2
1
2/
2
3
1
3/
2
4
5
6
7
8
9
10
12
14
16
18
20
21.7
27.2
34.0
42.7
48.6
60.5
76.3
89.1
101.6
114.3
139.8
165.2
190.7
216.3
241.8
267.4
318.5
355.6
406.4
457.2
508.0
2.8
2.8
3.2
3.5
3.5
3.8
4.2
4.2
4.2
4.5
4.5
5.0
5.3
5.8
6.2
6.6
6.9
7.9
7.9
7.9
7.9
− 74 −
水道用塗覆装鋼管 STPW (JIS G3443-1968)
呼び径(A)
外 径(mm)
80
100
125
150
200
250
300
89.1
114.3
139.8
165.2
216.3
267.4
318.5
4.2
4.5
4.5
5.0
5.8
6.6
6.9
350
400
450
500
600
700
800
900
1000
1100
1200
1350
1500
355.6
406.4
457.2
508.0
609.6
711.2
812.8
914.4
1016.0
1117.6
1219.2
1371.6
1524.0
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
7.1
7.9
8.7
10.3
11.1
11.9
12.7
厚 さ(mm)
水輸送用塗覆装鋼管 STW (JIS G3443-1987)
種類の記号
種類の記号
STW 41
呼び径
A
80
100
125
150
200
250
300
350
400
450
500
600
700
800
900
1000
1100
1200
1350
1500
1600
1650
1800
1900
2000
2100
2200
2300
2400
2500
2600
2700
2800
2900
3000
外 径
mm
89.1
114.3
139.8
165.2
216.3
267.4
318.5
355.6
406.4
457.2
508.0
609.6
711.2
812.8
914.4
1016.0
1117.6
1219.2
1371.6
1524.0
1625.6
1676.4
1828.8
1930.4
2032.0
2133.6
2235.2
2336.8
2438.4
2540.0
2641.6
2743.2
2844.8
2946.4
3048.0
STW 30
STW 38
STW 400
呼び厚さ
STW 290
A
B
STW 370
呼び厚さ
A
B
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
4.2
4.5
4.5
5.0
5.8
6.6
6.9
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
4.5
4.9
5.1
5.5
6.4
6.4
6.4
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
7.0
8.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
14.0
15.0
15.0
16.0
17.0
18.0
19.0
20.0
21.0
22.0
23.0
24.0
25.0
26.0
27.0
29.0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6.0
7.0
7.0
8.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
12.0
13.0
14.0
15.0
16.0
16.0
17.0
18.0
18.0
19.0
20.0
21.0
21.0
22.0
4.2
4.5
4.5
5.0
5.8
6.6
6.9
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
4.5
4.9
5.1
5.5
6.4
6.4
6.4
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
7.0
8.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
14.0
15.0
15.0
16.0
17.0
18.0
19.0
20.0
21.0
22.0
23.0
24.0
25.0
26.0
27.0
29.0
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
−
6.0
7.0
7.0
8.0
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
12.0
13.0
14.0
15.0
16.0
16.0
17.0
18.0
18.0
19.0
20.0
21.0
21.0
22.0
− 75 −
水道用遠心力球状黒鉛鋳鉄管(A形)(JWWA G-105 1971)
管 厚
呼び径
実外径
T
D
2種管
1種管
75
100
150
200
250
300
350
400
450
500
7.5
7.5
9.5
7.5
7.5
7.5
7.5
8.5
9.0
9.5
3種管
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
6.5
6.5
7.0
7.5
7.0
−
−
−
−
−
−
−
7.5
8.0
8.5
D1
93.0
118.0
169.0
220.0
271.6
332.8
374.0
425.6
476.8
528.0
水道用遠心力球状黒鉛鋳鉄管(K形)(JWWA G-105 1971)
管 厚
呼び径
D
1種管
400
450
500
600
700
800
900
1000
1100
1200
1350
1500
8.5
9.0
9.5
11.0
12.0
13.5
15.0
16.5
18.0
19.5
21.5
23.5
実外径
2種管
3種管
D1
7.5
8.0
8.5
10.0
11.0
12.0
13.0
14.5
15.5
17.0
18.5
20.5
7.0
7.5
8.0
9.0
10.0
11.0
12.0
13.0
14.0
15.0
16.5
18.0
425.6
476.8
528.0
630.8
733.0
836.0
939.0
1041.0
1144.0
1246.0
1400.0
1554.0
配管用アーク溶接大径ステンレス鋼鋼管(JIS G3468-1988)
呼 び 厚 さ
呼び径
A
B
150
200
250
350
400
450
500
550
600
650
700
750
800
850
900
1000
6
8
10
14
16
18
20
22
24
26
28
30
32
34
36
40
外 径
mm
165.2
216.3
267.4
355.6
406.4
457.2
508.0
558.8
609.6
660.4
711.2
762.0
812.8
863.6
914.1
1016.0
スケジュール
5S
スケジュール
10S
スケジュール
20S
スケジュール
40S
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
厚 さ
mm
2.8
3.4
4.0
4.0
4.5
4.5
5.0
5.0
5.5
5.5
5.5
6.5
−
−
−
−
3.4
4.0
4.5
5.0
5.0
5.0
5.5
5.5
6.5
8.0
8.0
8.0
8.0
8.0
8.0
9.5
5.0
6.5
6.5
8.0
8.0
8.0
9.5
9.5
9.5
12.7
12.7
12.7
12.7
12.7
12.7
14.3
7.1
9.3
10.3
11.1
12.7
14.3
15.1
15.1
17.5
17.5
17.5
17.5
17.5
17.5
19.1
26.2
− 76 −
ダクタイル鋳鉄異形管
呼び径(mm)
75
管 厚(mm)
8.5
100
8.5
150
9.0
200
11.0
250
12.0
300
12.5
350
13.0
400
14.0
450
14.5
500
15.0
600
16.0
700
17.0
800
18.0
900
19.0
1000
20.0
1100
21.0
1200
22.0
1350
24.0
1500
26.0
1600
27.5
1650
28.0
1800
30.0
2000
32.0
2100
33.0
2200
34.0
2400
36.0
遠心力砂型鋳鉄管寸法(JIS G5522)
管 厚 T
呼び径
実外径
D
高圧管
普通圧管
低圧管
D2
75
100
125
150
150
200
250
300
350
400
450
500
600
700
800
900
9.0
9.0
9.0
9.5
9.5
10.0
10.8
11.4
12.0
12.8
13.4
14.0
−
−
−
−
7.5
7.5
7.8
8.0
8.0
8.8
9.5
10.0
10.8
11.5
12.0
12.8
14.2
15.5
16.8
18.2
−
−
−
7.5
7.5
8.0
8.4
9.0
9.4
10.0
10.4
11.0
11.8
12.8
13.8
14.8
93.0
118.0
143.0
169.0
169.0
220.0
271.6
322.8
374.0
425.6
476.8
528.0
630.8
733.0
836.0
939.0
遠心力金型鋳鉄管寸法(JIS G5523 1977)
管 厚 T
呼び径
(mm)
75
100
125
150
200
250
300
実外径
高圧管
普通圧管
9.0
9.0
9.0
9.5
10.0
10.8
11.4
7.5
7.5
7.8
8.0
8.8
9.5
10.0
93.0
118.0
143.0
169.0
220.0
271.6
322.8
管 厚
実内径
実外径
T
D1
D2
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
6.0
7.0
50
65
74
100
125
150
200
62
77
87
112
137
162
214
D1
排水用鋳鉄管(JIS G5525)
呼び径
50
65
75
100
125
150
200
− 77 −
配管用アーク溶接炭素鋼鋼管(JIS G3457-1976)
呼び径
厚さ
(mm)
6.0
(A) (B) 外径
(mm)
350
400
450
500
550
600
650
700
750
800
850
900
1000
1100
1200
1350
1500
1600
1800
2000
14
16
18
20
22
24
26
28
30
32
34
36
40
44
48
54
60
64
72
80
355.6
406.4
457.2
508.0
558.8
609.6
660.4
711.2
762.0
812.8
863.6
914.4
1016.0
1117.6
1219.2
1371.6
1524.0
1625.6
1828.8
2032.0
6.4
55.1
51.7
63.1
59.2
71.1
66.8
79.2
74.3
87.2
81.8
95.2
89.0
96.8 103 104 111 119 127 135 143 7.1
7.9
8.7
9.5
10.3 11.1 11.9 12.7 13.1 15.1 15.9
61.0
66.9
78.8
87.7
96.6
105 114 123 132 141 67.7
77.6
87.5
97.4
107 117 127 137 147 157 167 177 196 107
118
127
140
151
162
173
183
194
216
117
129
141
152
164
176
188
200
212
236
260
283
139
152
165
178
191
204
219
230
255
281
307
水道用硬質塩化ビニル管(JIS K6742-1975)
呼び径
外 径
厚 さ
13
20
25
30
40
50
75
100
150
18
26
32
38
48
60
89
114
165
2.5
3.0
3.5
3.5
4.0
4.5
5.9
7.1
9.6
150
164
178
192
206
219
233
247
275
303
331
160
175
190
205
220
235
250
265
295
324
354
399
444
171
187
203
219
235
251
266
282
314
346
378
426
473
258
275
291
324
357
390
439
488
521
587
297
315
335
373
411
448
505
562
600
675
751
312
332
352
392
432
472
532
591
631
711
799
PVDF-HP
外形(mm)
− 78 −
SDR33
S16
PN10
SDR21
S10
PN16
SDR17
S8
PN20
厚さ
(mm)
厚さ
(mm)
厚さ
(mm)
20
1.9
1.9
25
1.9
1.9
32
2.4
2.4
40
2.4
2.4
50
3.0
3.0
63
2.5
3.0
75
2.5
3.6
90
2.8
4.3
110
3.4
5.3
125
3.9
6.0
140
4.3
6.7
160
4.9
7.7
180
5.5
8.6
200
6.2
9.6
225
6.9
10.8
250
7.7
11.9
280
8.6
13.4
315
9.7
15.0
(a)水中の温度変化に伴う音速度(0∼100℃)
T℃
Vm/s
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
1402.74
1407.71
1412.57
1417.32
1421.98
1426.50
1430.92
1435.24
1439.46
1443.58
1447.59
1451.51
1455.34
1459.07
1462.70
1466.25
1469.70
1473.07
1476.35
1479.55
1482.66
1485.69
1488.63
1491.50
1494.29
1497.00
T℃
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
Vm/s
1499.64
1502.20
1504.68
1507.10
1509.44
1511.71
1513.91
1516.05
1518.12
1520.12
.
1522.06
1523.93
1525.74
1527.49
1529.18
1530.80
1532.37
1533.88
1535.33
1536.72
1538.06
1539.34
1540.57
1541.74
1542.87
T℃
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
Vm/s
1543.93
1544.95
1545.92
1546.83
1547.70
1548.51
1549.28
1550.00
1550.68
1551.30
1551.88
1552.42
1552.91
1553.35
1553.76
1554.11
1554.43
1554.70
1554.93
1555.12
1555.27
1555.37
1555.44
1555.47
1555.45
T℃
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
96
97
98
99
100
(b)各種液体の音速度・密度
Vm/s
1555.40
1555.31
1555.18
1555.02
1554.81
1554.57
1554.30
1553.98
1553.63
1553.25
1552.82
1552.37
1551.88
1551.35
1550.79
1550.20
1549.58
1548.92
1548.23
1547.50
1546.75
1545.96
1545.14
1544.29
1543.41
(注)T:温度,V:音速度
液 体 名
T℃
ρg/cm3
Vm/s
アセトン
アニリン
アルコール
エーテル
エチレングリコール
n−オクタン
o−キシロール
クロロフォルム
クロルベンゼン
グリセリン
酢 酸
酢酸メチル
酢酸エチル
シクロヘキサン
ジキオサン
重 水
四塩化炭素
水 銀
ニトロベンゼン
二硫化炭素
プロモフォルム
n−プロピルアルコール
n−ペンタン
n−ヘキサン
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
0.7905
1.0216
0.7893
0.7135
1.1131
0.7021
0.871
1.4870
1.1042
1.2613
1.0495
0.928
0.900
0.779
1.033
1.1053
1.5942
13.5955
1.207
1.2634
2.8904
0.8045
0.6260
0.654
1190
1659
1168
1006
1666
1192
1360
1001
1289
1923
1159
1181
1164
1284
1389
1388
938
1451
1473
1158
931
1225
1032
1083
軽 油
変圧器油
スピンドル油
石 油
ガソリン
25
32.5
32
34
34
0.81
0.859
0.905
0.825
0.803
1324
1425
1342
1295
1250
水
海水(塩分 35%)
13.5
16
1.
1.
1460
1510
(注)T:温度,ρ:密度,V:音速度
(c)配管材料別音速度
材質
3230
3206
3000
2460
3206
2260
2170
3080
2050
2640
2644
2505
モルタル
タールエポキシ
ポリエチレン
テフロン
2500
2505
1900
1240
ν(×10-6m2/s)
T℃
ρg/cm3
アセトン
アニリン
エーテル
エチレングリコール
クロロフォルム
グリセリン
酢 酸
酢酸メチル
酢酸エチル
重 水
四塩化炭素
水 銀
ニトロベンゼン
二硫化炭素
n−ペンタン
n−ヘキサン
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
20
0.7905
1.0216
0.7135
1.1131
1.4870
1.2613
1.0495
0.928
0.900
1.1053
1.5942
13.5955
1.207
1.2634
0.6260
0.654
1190
1659
1006
1666
1001
1923
1159
1181
1164
1388
938
1451
1473
1158
1032
1083
0.407
1.762
0.336
21.112
0.383
11.885
1.162
0.411
0.499
1.129
0.608
0.114
1.665
0.290
0.366
0.489
スピンドル油
ガソリン
32
34
0.905
0.803
1324
1250
15.7
0.4∼0.5
1.
1460
液 体 名
Vm/s
鉄
鋼
ダクタイル鋳鉄
鋳鉄
ステンレス鋼
銅
鉛
アルミニウム
黄銅
塩化ビニル
アクリル
FRP
(注)V:音速度
(d)各種液体の動粘性係数
13.5
水
Vm/s
(注)T:温度,ρ:密度,V:音速度,ν:動粘性係数
− 79 −
1.004(20℃)
★ マ ニ ュ ア ル コ メ ン ト 用 紙 ★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございまし
たら,この用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マニュアルNo.
ご 提 出 日 年 月 日
INF−TN3FLVa
社名
設置形超音波流量計
マニュアル名称
ご提出者 所属
取扱説明書
氏名
ページ
行
内 容
意見,要望,内容不明確‥‥‥‥‥いずれかに○印
出版元記入欄 担当
受付
年 月 日 受付番号
本社 〒102-0075 東京都千代田区三番町6番地17
http://www.fesys.co.jp
技術相談窓口(インフォメーションセンター)
http://www.fic-net.jp
(042)585-2800
FAX (042)585-2810
受付時間 AM9:00∼12:00 PM1:00∼5:00
[月∼金曜日(祝日を除く)、FAXでの受信は常時行っています]
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement