心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み

心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
心理教育的指導論」の実践と成果
古屋
・懸 川 武
群馬大学教育実践研究
第27号
群馬大学教育学部
245∼254頁
附属学
別刷
2010
教育臨床 合センター
群馬大学教育実践研究
第27号
245∼254頁
2010
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
心理教育的指導論」の実践と成果
古 屋
・懸 川 武
群馬大学大学院教育学研究科専門職学位課程教職リーダー専攻
A trial of pyschoeducational-group leadership training
in the class of psychoeducational teaching
Takeshi FURUYA and Takeshi KAKEGAWA
Program for Leadership in Education, Graduate School of Education, GunmaUniversity
キーワード:心理教育、リーダーシップ、コミュニケーションスキル
Keywords:psychoeducation, leadership, communication skill
(2009年10月30日受理)
目
的
まい、十 な科学的検討が加えられてこなかった。
しかし、他のさまざまな職業と比較すると、これら
今、教育現場では魅力ある優れた教員の確保が急務
の資質は職業としての教師の本質的な特徴であること
となっている。文部科学省では、そのために教員免許
がわかる。たとえば、労働政策研究・研修機構のキャ
制度の改革(免許 新制、特別免許状等)
、教員採用手
リア・マトリック( 本、2008)では、職業データベー
順の改善
(社会人の活用、人物評価重視の選 等)
、教
ス構築にあたり知識、興味、スキル、ワークスタイル、
員研修の充実(10年目研修の義務化、教職大学院の設
労働条件などを軸とするキャリア 析の枠組みによっ
置等)をはじめとするさまざまな改革を検討・実施し
て各種職業を特徴づけている。それによれば「小学
てきた。教員養成教育を担う大学及び大学院において
教員」や「中学 教員」は、興味面では「社会的」、ス
も、この社会的要請に応え、教育現場が抱える様々な
キル面では「読む・聞く・話す」
、ワークスタイル面で
教育課題に即応できる実践的指導力をもった教員の養
は「成長・自律性・達成感」が高い職業であると 析
成に取り組む必要がある。
されている。つまり、教育に必要な専門的知識に加え
教員資質の育成を目指す上で忘れてはならないこと
て、教師にふさわしい職業興味(子どもと関わること
は、教員免許を取得するために必要な単位を修得した
が好き)、職業スキル
(コミュニケーションがとれる)、
だけでは真に必要とされる教員資質は育たないという
ワークスタイル(自己研鑽できる)の育成も教員養成
ことである。教員免許は必要条件であっても、十 条
教育における重要な課題であると言える。
件ではない。たとえば、現場からは「子どもが好きで
その中から、本研究では特に興味としての他者理解
子どもとのコミュニケーションがとれる教員、自己研
(他者と関わり、他者を理解したいと思う気持ち)
、ス
鑽ができる教員」が欲しいという切実な要請がある。
キルとしてのコミュニケーション、ワークスタイルと
残念ながら、このような資質については、これまで
「教
しての自己制御(自己理解を深め、自 を伸ばしてい
師としての心構え」といった精神論で片付けられてし
こうとすること)
の側面に着目した。これらの問題は、
古屋
246
・懸川武
個々に見れば心理学の中でも広く研究されてきたテー
過去のリーダーシップ理論と決して無縁ではない。し
マである。しかし、個別の資質やスキルについて検討
かし、過去のリーダーシップ理論と異なるのは、本研
するだけでなく、教員の仕事の中でそれらがどのよう
究で伸ばそうとしているのが
「心理教育的集団」
のリー
に統合され、機能しているのかを明らかにする必要も
ダーであるという点である。たとえば、三隅(1978)
ある。そのためには、個別の資質やスキルについて教
の PM 理論に代表されるように、リーダーが果たすべ
員の職務特性に適合する方向で育成することはもちろ
き役割として一般的に えられているのは集団目標達
ん、それに加えて個々の資質が有機的に統合されて機
成機能と集団維持機能である。しかし、心理教育的集
能している姿を示す新しい教師モデルが求められる。
団では、集団目標の達成より集団成員の心理的成長が
そこで本研究で提案するのは心理教育的集団
重視され、従来のリーダーシップ概念では捉えきれな
(psychoeducational group)のリーダーとしての教師
い特殊性がある。また、Bass
(1988)
の変革型リーダー
モデルである。
「心理教育(psychoeducation)
」とは一
シップ理論では成員の成長への個別的配慮が重要な要
般に「育てるカウンセリング」と言われ、予防的カン
素として 慮されており、心理教育的リーダーシップ
セリング、時には構造的エンカウンター等と類似のも
と通ずる点がある。しかし、この理論には訓練プログ
のと見られてきた。しかし、本研究では心理教育的集
ラムに繫がる応用力に欠けていた。その意味で、心理
団を「メンバーのこころの成長を促す集団活動を行う
教育的リーダーシップを検討することはリーダーシッ
ための集団」と広くとらえることにした。これによっ
プ理論にも貢献するものとなるだろう。
て、学習集団(学級)や治療的集団(グループカウン
さて、心理教育的集団リーダーに求められる主要な
セリングのための集団)との比較の中で表1に示すよ
資質については、既に Brown(2004)による 析があ
うな特徴付けが可能になる
(Brown、2004)
。従来から
る。そのリストはきわめて多岐にわたる詳細なもので
求められてきた教員資質の背景には学習集団リーダー
あるが、筆者らはキャリアマトリックスの枠組みに準
を想定した教師モデルがあったのに対して、この新し
拠して、興味としての他者理解、
スキルとしてのコミュ
い教師モデルは今求められている教員資質を える枠
ニケーション、ワークスタイルとしての自己制御の3
組みとして多くの示唆に富んでいる。
つの側面に着目し、その評価方法、開発方法について
また、これまで国内・海外で、多様な対象、多様な
検討を加えてきた。本研究では、その一環として教員
目的の下に、さまざまなリーダーシップについての理
志望の大学生を対象に、大学の授業の中で心理教育的
論が唱えられてきた。心理教育的リーダーシップも、
リーダーシップの資質を育成する試みを行った。特に
表1
学習集団、心理教育的集団、治療的集団の比較
学習集団(学級)
心理教育的集団
治療的集団
メンバーの学習目標の達成を目標と
する
学習が焦点
カリキュラムが目標を定める
教授や教示が重視される
カリキュラムに基づいた計画的活動
メンバーの心理的成長を目標とする
メンバーは選別されない
メンバーは選別されない
メンバーの人数には上限がある
40人以下に制限される
メンバーの人数に制限はない
大人数(50人以上)になることもあ
る
自己開示は受容されるが、強制され
ない
セッション回数が1度のこともある
メンバーの個人的問題の解決や治療
を目標とする
自覚や治療が焦点
メンバーが目標を決める
経験や感情が重視される
構造化された計画的活動は われな
い
集団形成の前に選別やオリエンテー
ション
メンバーの人数が制限される
5∼10人に制限される
自己開示は期待されない
一定の期間、授業が継続して実施さ
れる
課題遂行機能が重視される
予防が焦点
リーダーが目標を決める
教授や教示が重視される
構造化された計画的活動
課題遂行機能が重視される
自己開示することが期待される
複数回のセッションから成る
課題より集団維持機能が重視される
Brown(2004)に基づき作表
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
247
目標としたのはコミュニケーションスキルの向上と自
めにエゴグラム(東大式 TEG 新版)とコミュニケー
己理解の深化である。
ション能力自己評価尺度が実施され、その結果が各自
にフィードバックされた。
実
平成21年度は開講初年度であったことから、実習内
践
容としては主に自己理解、コミュニケーションスキル
本実践は平成21年度に群馬大学教育学部で開講され
および小集団課題解決スキルの向上を意図した小集団
た「心理教育的指導論」において実施された。担当教
活動を中心に構成するとともに、多様な活動を数多く
員は筆者ら2名である。この講義は、学部共通選択科
取り入れて学生の反応や参加状況を見極め、後の授業
目である「実践的指導力及び教育基礎の科目」の中の
改善のための資料を収集することを目指した。実習の
授業実践研究科目(2単位)のひとつとして開講され、
最終的な目標は、受講生自身が心理教育的集団のリー
また教育・教育心理専攻学生に限り心理学専門科目と
ダーとして集団を指導できることで、これは最後に行
す る こ と も で き た。開 講 時 間 は 前 期 月 曜 日 の12:
われる「模擬授業」の実習で達成度が評価された。
40-14:10(5・6時限)である。なお、選択科目は原
具体的な活動内容は以下の通りである。
則的に学部2年生以上の履修を認めているが、本講義
A.バースデイライン
は教育実習の事前指導的な意味を持つことから、主に
ねらい:アイスブレーク。初対面の人との言葉を わ
教職科目の教育心理学又は発達心理学を履修済みの3
ないコミュニケーションを体験する。
年生を対象とするものであることをシラバスに明記
形 態:全員参加。
し、最初の授業でもその趣旨を説明した。
手 順:片野・国 (1996)の手順による。①参加者
平成21年度の受講登録者は68名(3年生46名、4年
全員の中で、 生日が1月1日に最も近い人が始点と
生22名)
、単位取得者は64名
(3年生43名、4年生21名)
して立つ。②インストラクターの合図に従って、参加
である。
者全員が声を出さずにジェスチャー等を って、工夫
授業は講義を中心とする前半と、実習を中心とする
後半の2つに大きく けられる。
して 生日順に並び、
ひとつの円を作る。
③並び終わっ
たた、始点の人から順に 生日を言っていき、答え合
わせをする。
1.講義内容
B.人間知恵の輪
講義は主に第一筆者(古屋)が担当し、心理教育的
ねらい:アイスブレーク。小集団で協力して課題を解
集団リーダーとして必要な心理学及び集団力学に関す
決する。
る基本的な知識を習得することを目的に、前半7回の
形 態:10人前後のグループ。
講義時間を
って実施された。主な内容は、対人心理
手 順:片野・国 (1996)の手順による。①グルー
学(印象形成・対人魅力など)
、社会的影響(社会的促
プを作る。②グループから1人代表者を決め、その人
進・社会的手抜きなど)
、集団過程(集団規範・同調と
はグループの様子が見えないところへ移動する。③グ
服従など)、リーダーシップ(社会的勢力論・PM 理論
ループごとに円になって手をつなぎ、体を って知恵
など)である。
の輪を作る。④知恵の輪が完成したら、あらかじめそ
最後の時間を利用して試験を実施し、知識・理解の
の場を離れていた代表者を呼び、自 のグループの人
定着を図った。なお、達成基準に達しなかった受講生
に指示を出して、知恵の輪を外す。⑤知恵の輪が外れ
については、別の時間に再試験を実施した。その結果、
れば成功。外れなければ知恵の輪を作っている人たち
受験した学生は全員達成基準を満たすことができた。
が自 たちで外して答えを示す。
C.
「おもしろ村」の地図作り
2.実習内容
実習は後半8回の授業時間を充て、
主に第二筆者
(懸
ねらい:エゴグラムのA機能を高める活動。小集団の
中での情報
換を通した課題解決スキルの向上を図
川)がインストラクター、第一筆者がサブとなって実
る。
施した。実習に先立ち、受講生の自己理解を深めるた
形 態:5∼6人一組のグループ。
古屋
248
手 順:柳原(2006)の手順による。①グループを作
る。②メンバーそれぞれに「おもしろ村」の様子につ
・懸川武
から代表を1人選んで全体の前で発表する。
I.私の意志決定
いて情報が書かれた紙が配られる。その紙に書かれて
ねらい:モデルに ったスムーズで適切な意思決定の
いる内容はメンバーによって異なり、自 の持ってい
プロセスを体験する。
る情報を他のメンバーに直接見せることはできない。
形 態:5∼6人一組のグループ
③メンバーそれぞれが情報を出し合い、「おもしろ村」
手 順:皆川(2002)の手順による。①グループ内で、
の地図を正確に作り上げる。④全グループが完成、ま
日常にある決断場面を思いつくだけ提示する(ブレー
たはギブアップのどちらかになったら答え合わせをす
ンストーミング)
。
②その中からテーマにする決断場面
る。
を一つ選ぶ。③そこでの対応方法を提示されたプロセ
D.「今何時ですか?」
ねらい: 流 析の「やりとり 析」について、体験
を通して理解する。
スに基づいてグループで話し合う。④グループごとに
話し合った内容を全体の前で発表する。
J.アサーショントレーニング
形 態:全員参加。
ねらい:自 を大切にすると同時に相手に配慮する、
手 順:①参加者全員の中から代表者を選ぶ。②1人
というアサーションな対応を理解する。
が「今何時ですか?」と聞き、もう1人の聞かれた人
形 態:5∼6人一組のグループ、参加者全員。
は、エゴグラムの CP, NP, A, FC, AC それぞれの特
手 順:①アサーションな対応についての説明を受け
徴に合わせた対応をする。③見ている人は、答える人
る。②提示されたある場面に基づいて、1人が相手に
がどの立場で対応しているのか える。
働きかけ、相手は攻撃的対応・受け身的対応・アサー
E.かかわり関連法
ションな対応のどれかに合う対応をする。③指名され
ねらい:わかわりについて理解を深める。
たグループの代表者が前に出て、全員の前で②と同様
携 帯:全員参加。
のことを行う。④見ている人は、答える人がどの立場
手 順:近藤(1988)の「かかわり関連法」の手順に
で対応しているのか
よる。
える。
K.聞き方ロールプレイ
F.Who am I ?
ねらい:聞き方による話し手の感情の違いを感じ、相
ねらい:自己を見つめ、表現する。
手にとって気持ちの良い聞き方を える。
形 態:5∼6人一組のグループ
形 態:全員参加
手 順: 原(1999)の手順による。①それぞれが『私
手 順:コール(2002)の手順による。①参加者全員
は…』に合わせて自 を紹介する言葉を入れて、文章
の中から代表者を2人選び、1人を話し手、1人を聞
を20作る。②グループごとに作った文を1人ひとり発
き手にする。②聞き手は話し手の方を見ず、無反応で
表して、自
いるようにする。③聞き手は話し手を見て、相づちを
について紹介する。
G.トラストウォーク
うつなどして共感的に聞くようにする。④話し手、聞
ねらい:人をサポート(支援)することを体験する。
き手の役をした代表者に②と③の気持ちの違いや感想
形 態:5∼6人一組のグループ
を話してもらう。
手 順:コール(2002)の手順による。①グループの
L.模擬授業
1人が目を閉じ、何も見えない状態でグループのメン
ねらい:小集団での課題解決スキルを高めるととも
バーのサポートを頼りに決められたコースを歩く。
に、心理教育的集団での指導を経験する。
H.私の取扱説明書
ねらい:自
を客観視、開示、主張する。
形 態:5∼6人一組のグループで全員参加。
手 順:①グループで協力して自己理解やコミュニ
形 態:5∼6人一組のグループ、参加者全員
ケーションスキルを高めるための活動を立案する。
(こ
手 順:山本(2001)の手順による。①自 をものや
れは授業時間外で行う課題とした。
)
②活動計画案につ
動物にたとえて、自 についての取扱説明書を作る。
いて順番に全員の前でプレゼンテーションする。③立
②グループ内で1人ひとり発表する。③グループの中
案したグループの指示に従い、全員参加で活動を行う。
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
成
249
ミュニケーション場面によるスキルの違いに焦点を当
果
て、さまざまな場面でのコミュニケーションの取り方
授業としての成績評価は、前半の講義については試
験により、後半の実習については出席、活動への参加
における自 の得手・不得手を自己評価し、課題意識
をもてるように工夫した。
状況および最後の「模擬授業」活動の評価により 合
選択された場面は、対友人
(主に会話スキル)
、対初
的に判定された。「模擬授業」
活動は10グループに か
対面(主に会話スキル)、対集団(プレゼンテーション・
れて行われ、活動案、プレゼンテーション、模擬授業
発表スキル)
、大集団内(発言スキル)、小集団内(活
の様子について評価された。グループにより達成水準
動参加スキル)の5場面で、各場面について4項目の
に差はあるものの、すべてのグループが合格基準を満
質問を設定し、全20項目から成る尺度を構成した(表
たしたものと評価された。
2参照)。なお、自己評価を目的とすることから、項目
はランダムとせずに場面ごとに配置されている。回答
1.コミュニケーションスキル
方法は「1:まったくない」から「4:よくある」ま
「模擬授業」はグループ別の活動としたため、個人
での4件法である。
の教育効果については評価できない。そこで、実習全
実習前の回答結果(回答者63名)について因子 析
体を通した教育効果を測定するため、実習の前後に、
した結果(表3)
、想定した場面ごとの質問項目で因子
エゴグラムとコミュニケーションスキル自己評価尺度
負荷量の高い5因子が抽出された。また、各場面に関
への回答を求めた。ここでは、独自に開発したコミュ
わる4項目による下位尺度について内的一貫性を示す
ニケーションスキル自己評価尺度の結果について報告
クロンバックの α係数を計算したところ、すべて0.80
する。
以上の高い値が得られた。そこで、各項目の評定得点
A.尺度構成
の合計によって下位尺度得点とし、全下位尺度得点の
回答者が自 のコミュニケーションスキルについて
和を合計点とした。なお、得点が高いほどその場面で
診断的に自己評価し、自己理解を深めるための補助用
のコミュニケーションスキルに問題がある(苦手意識
具として利用できる尺度として、コミュニケーション
が強い)ことを意味し、得点範囲は各下位尺度が4∼16
スキル自己評価尺度を作成した。コミュニケーション
点、合計は20∼80点である。
スキルには多様な内容が含まれるが、本研究ではコ
表2 コミュニケーション能力自己評価項目
番号
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
項
目
友人と上手に会話ができない
友人と話をするとき、不安になったり緊張したりする
友人と会話をするとき、話の流れに上手く乗れない
友人と会話をするとき、自 の えや気持ちを上手く表現できない
初対面の人と上手に会話ができない
初対面の人と話をするとき、不安になったり緊張したりする
初対面の人と会話をするとき、話の流れに上手く乗れない
初対面の人と会話をするとき、自 の えや気持ちを上手く表現できない
人前で、上手にスピーチや発表ができない
人前でピーチや発表をするとき、不安になったり緊張したりする
人前でピーチや発表をするとき、聞き手の反応に合わせた話し方ができない
人前でピーチや発表をするとき、自 の えや気持ちを上手く表現できない
大人数の集まり(講義や会議)で、上手に発言や質問ができない
大人数の集まり(講義や会議)で発言や質問をするとき、不安になったり緊張したりする
大人数の集まり(講義や会議)で発言や質問をするとき、上手くきっかけがつかめない
大人数の集まり(講義や会議)で発言や質問をするとき、自 の えや気持ちを上手く表現できない
小大人数の会議や話し合いなどに上手に参加できない
小大人数の会議や話し合いなどに参加するとき、不安になったり緊張したりする
小大人数の会議や話し合いなどに参加するとき、話の流れに乗れない
小大人数の会議や話し合いなどに参加するとき、自 の えや気持ちを上手く表現できない
古屋
250
表3
項目
・懸川武
コミュニケーション能力自己評価尺度の因子 析結果(主因子解バリマックス回転)と
信頼性(クロンバックの α係数)
因子
Ⅰ
Ⅱ
Ⅲ
Ⅳ
h
Ⅴ
α係数
1
2
3
4
.173
.496
.217
.232
.135
.112
−.139
.185
−.042
.032
.214
.150
.279
.128
.116
.175
.741
.547
.729
.634
.677
.576
.657
.543
対友人
.820
5
6
7
8
.072
.182
.108
.072
−.153
.029
.080
.112
.803
.700
.845
.564
.191
.101
.054
.410
.090
−.023
.217
.070
.718
.535
.782
.509
対初対面
.843
9
10
11
12
−.062
.057
.196
.169
.374
.210
.150
.167
.230
.286
.120
.129
.533
.577
.532
.781
.379
.173
.140
.244
.625
.492
.378
.743
対集団
.813
13
14
15
16
.092
.086
.144
.301
.823
.720
.825
.631
.041
.039
−.084
.072
.177
.224
.044
.463
.123
.042
.046
−.006
.734
.580
.712
.708
大集団内
.873
17
18
19
20
.765
.810
.792
.790
.238
.112
−.077
.237
.071
.135
.105
.215
−.051
.143
.252
.153
.167
.133
.269
.188
.677
.724
.781
.786
小集団内
.901
3.126
15.632
2.768
13.842
2.500
12.498
2.275
11.377
2.268
11.339
固有値
説明率
表4
合計
.894
コミュニケーションスキル自己評価尺度得点の変化(全体)
尺度
平
値
標準偏差
t-test
対友人
(範囲4-16)
実習前
実習後
8.1
7.7
2.37
2.38
−2.312
対初対面
(範囲4-16)
実習前
11.0
2.76
−3.545
実習後
9.8
3.18
対集団
(範囲4-16)
実習前
実習後
11.6
9.6
2.79
3.03
−6.147
大集団内
(範囲4-16)
実習前
実習後
11.5
10.3
3.10
3.18
−2.864
−2.367
小集団内
実習前
8.2
2.70
(範囲4-16)
実習後
7.4
3.03
合計
(範囲20-80)
実習前
実習後
50.4
44.8
10.00
11.31
N=56
p
−4.918
* p<.05 ** p<.01 *** p<.001
B.教育効果の測定
集団場面でのコミュニケーションスキルで顕著な改善
実習前後での尺度得点の変化を表4に示した。場面
効果が見られ、合計では平 で5.6点の改善があった。
別に見ると、対友人や小集団内コミュニケーションで
なお、受講生の中には、実習前の時点で自己評価の高
得点が低く、対集団、大集団内、対初対面コミュニケー
い者が含まれており、天井効果により尺度得点の改善
ションスキルで得点が高くなっている。対応のあるt
が見込めないケースも えられる。そこで、実習前の
テストにより差の検定を行ったところ、すべての下位
合計得点が45点以上であった39名について、実習前後
尺度および合計得点で有意な差が認められた。特に対
での変化を見た結果、
合計では平 で7.5点の改善が見
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
られた。
251
ているつもりだったけれど、実際に体験することに
よって、具体的にどのようなことが困難なのか、どの
2.実習振り返り(リフレクション)
実習で行った活動が、受講生に対して活動のねらい
通りの効果をもたらしたかどうかを確認するために、
実習全体に対する振り返りとして、全体を通して特に
ようなことをしてあげると本当に支援できるのかとい
うことに気づくことができると感じた。
」
H.私の取扱説明書
「この活動を通して学んだことは、自己の再認識と、
印象に残った活動についてコメントを求めた。ほとん
他者の理解でした。それに自 を説明するときに、何
どの受講生が複数の活動内容を上げ、活動のねらいに
か動物や製品にたとえたり、製品名や取扱注意という
応えるコメントを記していた。次に代表的なコメント
内容だったので、他人に紹介しづらいことが、わりと
を抜粋した。
すんなり表現でき、これはぜひ他の機会にやってみた
A.バースデイライン
「知らない人とでもコミュニケーションが取りやす
いと思いました。
」
I.私の意志決定
かったと思う。
やはり、
座っているだけでコミュニケー
「優柔不断な私にとって良い活動だったと思う。何
ションを図ろうとするよりも、身体を動かして、他の
かものを決定する時の方法として、参 になるもので
人と触れ合い、コミュニケーションする方が、最初の
もあった。また、自
きっかけ作りとしては良かった。」
に自 を知ることができた。
」
の弱い部 も見えてきて、さら
B.人間知恵の輪
J.アサーショントレーニング
「私自身、初対面の人と関わるのは少し苦手だった
「このような実践的なトレーニングを積むことで、
が、ボディコミュニケーションを通じて、意識せずに、
もしかしたら上手く自己主張ができる方法を身につけ
自然に笑顔、楽しい 囲気が生まれ、とても楽しかっ
ることができるのではないかなぁと思いました。
」
た。
」
C.「おもしろ村」の地図作り
「この活動では、メンバー全員が主体的に取り組も
K.聞き方ロールプレイ
「会話する時にどのようにしたら会話がうまく成立
するのかを、自 たちで実際に体験しながらやるのは
う、参加しよう(しなくてはならない)という自覚を
良いと思った。話を聞く態度で居心地が悪くなったり、
持って進められたと思います。また、いくつもの情報
気持ちよく話せたりするので、話を聞く基本姿勢が学
を一つの絵地図にまとめるということで、今、どのよ
べると思った。」
うな情報を集めればよいのか、流れを整理するリー
ダー的存在も自然と現れたように思います。」
D.「今何時ですか?」
3.授業評価
学期末に実施される「学生による授業評価アンケー
E.かかわり関連法
ト」(教育学部の共通フォーマットによる)
に対して58
この2つについてはコメントがなかった。
名(単位取得者の91%)の受講生から回答が得られた。
F.Who am I ?
主な結果は以下の通りである。
「自 の特徴を20個あげてみんなに紹介するという
A.授業への取り組み(自己評価)
のは、自 のことをよく知る機会にもなるし、他の人
出席を含めた授業への取り組みに対する受講生の自
のことを知る手立てにもなり、とても参 になった。
己評価(4件法による)の結果、
「良い」37人(63.8%)、
実際に現場にでたときのコミュニケーション活動とし
「やや良い」20人(34.5%)
、
「あまり良くない」と「良
て いたい。
」
くない」はいずれも0人(0.0%)で、回答者全員が積
G.トラストウォーク
「普段過ごしている大学という環境で行ったけれど
も、目をつぶるということだけで恐怖心をもったり、
極的に授業に参加していたことが かる。
B.授業の 合評価
授業の 合評価(4件法による)では「優れている」
また支えてくれる人を信じるという気持ちが強くなっ
39人(67.2%)、
「やや優れている」19人(32.85%)
、
た。
また、
目が見えない人は大変だということを かっ
「やや劣る」と「劣る」はいずれも0人(0.0%)で、
古屋
252
回答者全員から高い評価を受けた。
・懸川武
検討された。振り返りのコメントからは、実習に取り
C.良かったこと(自由選択、複数回答可)
入れたさまざまな活動が、ほぼ授業者のねらい通りの
6項目の中で選択者が多かった項目は、
「教師になっ
形で受講生に受け取られ、ねらいに った教育効果を
た時に役立つことが学べた」37人(63.8%)、
「興味・
持っていたことが確認できた。また、最後の「模擬授
関心が高まった」30人(51.7%)
、「教養・知識が深まっ
業」活動は、小グループ単位であったものの、ほとん
た」26人(44.8%)
、
「技能・実践的能力が身に付いた」
どの受講生が心理教育的集団のリーダーとして活動す
25人(43.1%)であった。実践的指導力の向上という
ることができていた。後に触れる課題は残るものの、
授業の大きな目標については、多くの受講生から肯定
この試行的な授業においても期待された教育効果が認
的な評価を受けた。
められたと判断することができる。
D.観点別評価(自由選択、複数回答可)
15項目の中で良かった点として選択者が多かった項
目には、
「私語等、授業の
囲気」26名(44.8%)
、
「学
コミュニケーションスキル自己評価尺度の結果から
も、実習の教育効果は明らかである。実習前の下位尺
度得点を見ると、特に対集団スキル、対初対面スキル、
生と接する態度」21名(36.2%)、
「特徴ある授業の工
大集団内スキルで得点が高く、苦手意識を抱いている
夫」19名(32.8%)
、
「内容や課題の量」18名(31.0%)
受講生が多いことが示されていた。しかし、実習後の
がある。それに対して改善を要する点として複数の受
測定ではこれらの下位尺度得点は顕著な低下を示して
講生が選択した項目として、「説明の
かりやすさ」
3
おり、大きな改善が認められた。ただし、これらの下
名(5.2%)
、
「内容や課題の量」2名(3.4%)があっ
位尺度と比較すると、対友人スキルと小集団内スキル
た。
は実習前の時点で平
点が低く、有意な差は認められ
E.自由記述
るものの、相対的に改善の程度は小さかった。これに
自由記述欄には18名(31.0%)の受講生からの回答
はいくつかの理由が
えられる。まず、対友人スキル
があった。その多くは「楽しく学べた」
「実践的な力が
については、友人を相手にしたコミュニケーションは
身についた」
「いろいろな人と知り合いになれた」と
日常的に最も頻繁に行われるものであり、そのための
いった肯定的なコメントであったが、改善すべき点と
スキルにはすべてのコミュニケーションで必要な基本
して、前半の講義内容が難しいこと、実習のグループ
的な要素が含まれているものと えられる。つまり、
編成を工夫する必要があること、いくつかの実習活動
対友人スキルの得点が低い(自己評価が高い)ことは
について手順の説明が不十 であったこと等が指摘さ
受講生の多くが基本的なスキルを備えていたことを示
れた。
していると えられる。一方、小集団スキルについて
は、実習前の時点でこのような低得点となることは予
察
想外であった。この結果が実態を反映しているとすれ
ば、多くの受講生が過去の生活や教育の中で、さまざ
本研究では、教員養成教育の中で心理教育的集団
まな小集団活動を経験してきていることを示唆するも
リーダーシップを育成することを目的に、学部の3・
のであると言えよう。このことから、本研究に参加し
4年生を対象とする授業「心理教育指導論」を開講し、
た受講生は決してランダムに選ばれた大学生ではな
その教育効果を測定した。授業は前半を講義中心、後
く、教員を目指して一定のスキルを身につけてきた学
半を実習中心の構成とし、授業としての成績評価は両
生であったことが推測される。
者を 合して判定された。実践的指導力としてのリー
このように、本研究ではいくつかの指標によって授
ダーシップの育成は主として実習を通してなされた。
業の教育効果を確認することができた。しかし、さら
ここでは、実習による成果と今後の課題について 察
に教育効果を高めるために、改善すべき問題点も明ら
する。
かになっている。特に次の3点については十 な検討
授業の教育効果は、実習のまとめとなる
「模擬授業」
が必要である。
活動、コミュニケーションスキル自己評価尺度、実習
まず、実習が小集団活動を中心とした構成となって
の振り返り、学生による授業評価アンケートによって
いるだけに、小集団メンバーの構成については十 な
心理教育的集団リーダーシップ訓練の試み
253
配慮が必要である。今回は、最初に行ったバースデイ
習が自己制御を高める効果を持っていたことが示唆さ
ラインの順番を基に10個の小集団を形成し、以後の小
れている。おそらく、その他の資質にも少なからず望
集団活動はその時の集団を利用して実施することとし
ましい効果をもたらしているであろう。そのことを確
た。これは学年や専攻に偏らずにランダムなメンバー
認するためにも、今後は心理教育的集団リーダーの資
構成になるよう意図したことであるが、実際に形成さ
質 析と評価方法について体系的に検討していく必要
れた集団にはメンバーの学年や専攻に偏りがあり、当
がある。
初の意図に反する結果となってしまった。たとえば、
今求められている教員資質を育成するために、大学
ある集団ではメンバーの多くが同じ専攻の学生で、他
の授業でも新たな方策が求められている。もちろん、
専攻の少数の学生がなかなか集団にとけこめないこと
リーダーシップの育成のために大学の授業の中ででき
があった。この問題には次の2つの解決方法が えら
ることには自ずと限界がある。教育現場で、教員は児
れる。ひとつは、課題ごとに小集団を組み替えること、
童生徒、保護者、同僚教員など、さまざまな集団・組
もうひとつは学年や専攻を 慮して意図的に多様なメ
織の中でさまざまな人を相手に活動しなければならな
ンバーから成る小集団とすることである。それぞれに
い。しかし、同じ教員志望の大学生同士の中でさえ適
一長一短があり、今後、教育効果を検証しつつ判断し
切なリーダーシップが発揮できないようなら、教育現
なければならない問題である。
場で活躍することも難しい。その意味で、教員養成教
第2の改善点は実習内容を精選することである。本
育の一環として、リーダーシップを発揮する経験を積
研究では授業開設初年度に当たることから、当初から
んでおくことは大きな意義を持つ。今後は、本研究で
できるだけ数多くの活動を取り入れ、実施結果を見て
得られた成果を基に、受講生の実態に合わせ効率的に
内容を検討する方針であった。実際、実施している間
リーダーシップを育成できるような訓練プログラムを
にも、いくつかの活動については削除することを含め
整備していくことが必要であろう。
て実施手順の再検討が必要であることが明らかになっ
た。また、実施後の振り返りコメントや授業評価アン
文献
ケートにも、いくつかの活動については説明が十 に
Brown, N. W. (2004) Psychoeducational groups: Process
行き届かず、ねらい通りの効果を発揮できなかったこ
とが示された。今後、これらの検討材料に基づき内容
を再検討し精選していく必要がある。また、利用でき
る授業時間数に応じて柔軟に対応できるよう、活動内
容に優先順位を付け、広く活用できるよう工夫する必
要もある。
最後に、教育効果の評価方法の問題がある。本研究
ではコミュニケーションスキルについて独自の自己評
and practice, 2nd ed. New York : Brunner -Routledge.
Bass,B.M .1985 Leadership and performance beyond expectations. New York : Free Press.
片野智治(編集)・ 国
康孝(監修) (1996) エンカウンター
で学級が変わる 中学
編―グループ体験を生かしたふれあ
いの学級づくり 図書文化
コール、T.(バーンズ亀山静子・矢部 文
サポート実践マニュアル
近藤
法
訳)(2002) ピア・
川島書店
卓(編)
(1988) 事例研究の方法としてのかかわり関連
学事出版
価用尺度を作成し、それによって実習の教育効果を確
原達哉(1999) 自 発見「20の私」
かめることができた。しかし、コミュニケーションス
本真作 (2008) 新キャリアマトリックスの研究開発−開発
キルは心理教育的集団リーダーの持つ資質のひとつに
の経緯とコア機能
過ぎない。その他にも、本研究で実施した実習によっ
32-36
て効果を期待できる資質がある。他者理解や自己制御
である。しかし、これらの資質については評価方法が
確立していないため、十 な評価ができなかった。た
とえば、振り返りコメントには、さまざまな活動での
東京図書
ビジネス・レーバー・トレンド
皆川興栄(2002) ライフスキル・ワークショップ
三隅二不二(1978) リーダーシップ行動の科学
405号
明治図書
有
閣
山本銀次(2001) エンカウンターによる“心の教育” 東海大
学出版会
柳原
光(2006) Creative O.D.第4巻
プレスタイム
経験、エゴグラムや自己評価尺度結果から、自己理解
が深まり、自 の長所をさらに伸ばし、短所を改めて
いきたいという意欲を述べていた受講生も見られ、実
注
本研究は平成19∼21年度科学研究費補助金
研究種目:基盤
古屋
254
・懸川武
研究
(C)
、研究課題名:心理教育的観点からみた教員資質の
山口陽弘)を得て実施された。なお、授業記録の収集整理には
析とその評価・開発方法に関する研究、研究代表者:群馬大学
群馬大学教育学部4年
教育学部・教授
謝の意を表します。
古屋
(連携研究者:所澤
潤・懸川武
・
飯沼千尋さんの協力を得た。記して感
(ふるや たけし・かけがわ たけし)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement