FUJITSU Component スマートコンセント・ゲートウェイ 取扱説明書

FUJITSU Component スマートコンセント・ゲートウェイ 取扱説明書

FUJITSU Component

スマートコンセント・ゲートウェイ

取扱説明書

07 版

Microsoft および Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国におけ

る登録商標です。

Ethernet は米国 XEROX 社の登録商標です。

Solaris は、米国およびその他の国における米国 Sun Microsystems, Inc.の商標または登録商

標です。

Linux は、Linus Torvalds の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

UNIX は、X/Open カンパニーリミテッドが独占的にライセンスしている米国ならびに他の

国における登録商標です。

SERVIS は富士通コンポーネント株式会社の登録商標です。

本書に記載されているその他の会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

なお、本文中では

®

および ™ マークは省略しています。

本製品および本書は、富士通コンポーネント株式会社の著作物です。

本製品および本書の一部または全部を無断で複製、複写、転載、改変することは法律で禁じ

られています。 ii

ゲートウェイ

取扱説明書

改版履歴

版数

01

02

03

04

05

05a

06

07

発行年月日

2011/04/15

2011/06/07

2011/06/28

2011/08/08

2012/06/27

2012/09/06

2013/06/17

2014/07/03

内容

初版作成

追加

4.2.5.2 SFTP アクセスによる計測値のダウンロード

4.3.2 コンセント名の編集

スマートコンセント名、コンセント 1-4 名称

修正

4.2.5.2 TFTP アクセスによる計測値のダウンロード

4.3.10.2 挙動の設定

追加

装置名称の設定 csv ファイルのタイムスタンプについて

アップデートおよび 設定の復元後の再起動ボタン表示

追加

4.8 シャットダウン

5.4.30 shutdown コマンド

7.1.10 ネットワーク受信バッファ枯渇時

7.1.30 不揮発性メモリの残存容量 5%以下の時

7.1.31 不揮発性メモリの残存容量 1KB 以下の時

7.1.34 不揮発性メモリとの通信不可時

7.1.37 不揮発性メモリのファイルシステム異常時

7.1.38 不揮発性メモリのフォーマット異常時

7.1.39 データの欠測発生時

7.1.40 データの欠測からの復旧時

9.1.7

9.1.8

不揮発性メモリに計測データが保存できない

データの欠測通知について

各種設定の使用可能文字の一覧追加

追加

4.10 初期設定値 の ” 「設定の初期化」により、戻る設定

値 ”

8.1

誤記訂正

本製品の仕様 「内蔵時計精度」

アップデート後の設定ファイルの読み込みについて削除

L45 に対応

シングルスマートコンセント、ワイヤレスハブ、ワイヤレス

ベースの 3 機種をサポートしたことによる全ページ見直し

を実施。

L50 に対応

シングルスマートコンセント、ワイヤレスハブ、ワイヤレス

ベースの 3 機種へのサポート機能を強化。

データベースの構造変更。

ペアリング編集のしやすさ向上。

一覧表示の見やすさ向上。

ゲートウェイ

取扱説明書 iii

はじめに

このたびは、スマートコンセント・ゲートウェイ装置(以降、本製品と略します)

をお買い上げいただきまして誠にありがとうございます。

本製品は、4 くちの AC100V 出力コンセントを持つ スマートコンセントを 4 台

まで、1 くちの AC100V 出力コンセントをもつシングルスマートコンセントを最

大で 64 台まで接続することができ、スマートコンセントに接続された機器の消

費電力値をネットワークを経由した遠隔地から確認することができます。

ご注意」には、お使いになる人や周囲の方の身体および財産への損害を未然に防

止するための内容を記載しています。

本書について

本書は、本製品における基本的な取り扱いについて説明しております。ご使用に

あたっては、本書の内容をご理解の上ご使用願います。なお、本書は PoE 受電機

能を持つモデル(モデル名:FX-5250GW/PE)、および PoE 受電機能を持たないモ

デル(モデル名:FX-5250GW/AD)で共通の取扱説明書となっています。

本書には、本製品を安全に正しくお使いいただくために守っていただきたい重要

な情報が記載されています。

本製品をお使いになる前に本書をよくお読みになり、本製品を正しくお使いくだ

さい。また、本書は本製品の使用中にいつでも参照できるよう、大切に保管して

ください。

弊社は、使用者および周囲の方々の身体や財産に被害を及ぼすことなく安全に

使っていただくために、細心の注意を払っております。本製品をご使用になる際

は、本書の説明に従ってください。

本製品および本書の内容については、改良のために予告なく変更することがあり

ます。本製品および本書の内容について、不明な点やお気づきの点がございまし

たら、弊社保守サポート係までご連絡願います。 iv

ゲートウェイ

取扱説明書

本製品の取り扱いについて

本製品として提供される取扱説明書(本書)、装置本体は、お客様の責任でご使用

ください。

本製品の使用によって発生する損失やデータの損失については、富士通コンポー

ネント株式会社では一切責任を負いかねます。また、本製品の障害の保証範囲は

どのような場合でも、本製品の代金としてお支払いいただいた金額を超えること

はありません。あらかじめご了承ください。

電波障害自主規制について

対象型格: FX-5250GW/PE

この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会 (VCCI) の基準に基づく ク

ラス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こ

すことがあります。この場合には、使用者が適切な対策を講じるよう要求される

ことがあります。

ハイセイフティ用途について

本製品は、一般事務用、パーソナル用、家庭用、通常の産業用等の一般的用途を

想定して設計・製造されているものであり、(1) 原子力施設における核反応制御、

航空機自動飛行制御、航空交通管制、大量輸送システムにおける運行制御、生命

維持のための医療用機器、兵器システムにおけるミサイル発射制御などの、極め

て高度な安全性が要求され、仮に当該安全性が確保されない場合、直接生命・身

体に対する重大な危険性を伴う用途、ならびに (2) 海底中継器、宇宙衛星など、

極めて高度な信頼性が要求される用途 (以下 「ハイセイフティ用途」 という)

に使用されるよう設計・製造されたものではございません。

お客様は当該ハイセイフティ用途に要する安全性ならびに信頼性を確保する措

置を施すことなく、本製品を使用しないでください。また、お客様がハイセイフ

ティ用途に本製品を使用したことにより発生する、お客様又は第三者からの如何

なる請求又は損害賠償に対しても、富士通コンポーネント株式会社およびその関

連会社は一切責任を負いかねます。

ゲートウェイ

取扱説明書 v

グリーン製品について

富士通グループの厳しい環境評価基準をクリアし、地球に優しく、環境への負担

の少ない 「グリーン製品」 です。

主な特長

小型・省資源化

低消費電力

鉛フリー

接続機器の節電を推進

富士通グループの環境への取り組みについては、富士通ホームページ 「環境活

動」(

http://jp.fujitsu.com/about/csr/eco/

)をご覧ください。

本製品の廃棄時の取り扱いについて

本製品は金属、電池、プラスチック部品を使用しています。廃棄するときは、各

自治体の指示に従ってください。

本書の表記について

本書の表記ルールについて以下に示します。

書体または記号 意味

AaBbCc123

AaBbCc123

Enter ↵

画面上の本製品あるいは接続機器からの出力を表します。

コマンドや設定ファイルにおいてユーザーが入力する文字

を表します。

ユーザーによる Enter キー入力を表します。

参照

重要

参照する Chapter, 項目, ページ数を表します。

本製品をご使用になる上で、気を付けていただきたい点を

示しています。 vi

ゲートウェイ

取扱説明書

目次

Chapter 1 ご利用になる前に .................................................................. 1

1.1.

製品概要 ................................................................................................... 2

1.2.

本体各部の名称と機能 ............................................................................... 3

1.2.1

1.2.2

装置前面 .......................................................................................................... 3

装置背面 .......................................................................................................... 5

Chapter 2 スタートアップ ...................................................................... 7

2.1.

接続構成 ................................................................................................... 8

2.2.

接続方法 ................................................................................................... 9

2.2.1

2.2.2

添付品以外で必要なもの ................................................................................... 9

コンソール端末の接続 .................................................................................... 10

Chapter 3 基本操作 .............................................................................. 11

3.1.

3.2.

3.3.

3.4.

3.5.

3.6.

基本操作の概要 ........................................................................................12

ディップスイッチ設定 ..............................................................................13

ネットワーク設定 .....................................................................................14

リモート端末からのログイン.....................................................................16

消費電力値の確認 .....................................................................................22

ログアウト ...............................................................................................23

Chapter 4 無線接続 .............................................................................. 25

4.1.

無線接続環境の確認 ..................................................................................26

4.1.1

4.1.2

4.1.3

4.1.4

4.1.5

4.1.6

ワイヤレスベースの接続 ................................................................................. 26

シングルスマートコンセントの接続 ................................................................ 27

ワイヤレスハブの接続 .................................................................................... 27

ワイヤレスベースの動作変更 .......................................................................... 27

無線機情報の表示 ........................................................................................... 28

コンセント一覧の表示 .................................................................................... 28

4.2.

無線機情報の編集 .....................................................................................29

Chapter 5 Web インターフェース(WebUI) .......................................... 31

5.1.

Web インターフェースの概要 ...................................................................32

5.2.

情報表示項目 ...........................................................................................33

5.2.1

5.2.2

5.2.3

5.2.4

5.2.5

5.2.6

5.2.7

コンセント一覧の表示 .................................................................................... 33

計測値の表示とダウンロード .......................................................................... 35

FTP/SFTP からの計測データのダウンロード ................................................... 37

基本設定の表示(装置情報) .............................................................................. 42

機器情報の表示 .............................................................................................. 44

無線機情報の表示 ........................................................................................... 45

ログの表示 ..................................................................................................... 46

5.3.

情報編集項目 ...........................................................................................47

5.3.1

5.3.2

ネットワーク設定の編集 ................................................................................. 47

機器情報の編集 .............................................................................................. 50

ゲートウェイ

取扱説明書 vii

5.3.3

5.3.4

5.3.5

5.3.6

5.3.7

5.3.8

5.3.9

5.3.10

5.3.11

5.4.

5.5.

無線機情報の編集 ........................................................................................... 50

SNMP 設定の編集 ........................................................................................... 55

SNMP トラップの編集 .................................................................................... 57

ユーザーの管理 .............................................................................................. 58

セッションの管理 ........................................................................................... 63

ログ機能の編集 .............................................................................................. 64

認証機能の編集 .............................................................................................. 65

日付と時刻の編集 ........................................................................................... 67

高度な設定 ..................................................................................................... 69

設定の管理 ...............................................................................................71

ファームウェアの管理 ..............................................................................74

5.6.

5.7.

5.8.

5.9.

設定の保存 ...............................................................................................77

再起動 .....................................................................................................77

シャットダウン ........................................................................................78

Copyright の表示......................................................................................79

5.10.

初期設定値 ...............................................................................................80

Chapter 6 コマンド仕様 ....................................................................... 83

6.1.

6.2.

6.3.

コマンド概要 ...........................................................................................84

コマンドの書式 ........................................................................................84

コマンド実行時のエラー表示.....................................................................85

6.4.

コマンド一覧 ...........................................................................................86

6.4.17

6.4.18

6.4.19

6.4.20

6.4.21

6.4.22

6.4.23

6.4.24

6.4.25

6.4.26

6.4.27

6.4.28

6.4.1

6.4.2

6.4.3

6.4.4

6.4.5

6.4.6

6.4.7

6.4.8

6.4.9

6.4.10

6.4.11

6.4.12

6.4.13

6.4.14

6.4.15

6.4.16

setip コマンド ................................................................................................ 87

setdns コマンド ............................................................................................. 88

setuser コマンド ............................................................................................ 89

setdate コマンド ........................................................................................... 90

settime コマンド ........................................................................................... 91

settimezone コマンド .................................................................................... 92

setntp コマンド ............................................................................................. 93

setlog コマンド .............................................................................................. 94

setsnmp コマンド .......................................................................................... 95

settrap コマンド ............................................................................................ 96

setldap コマンド ............................................................................................ 97

setsession コマンド ....................................................................................... 98

setif コマンド ................................................................................................. 99

clearlog コマンド ......................................................................................... 100

clearpwrlog コマンド ................................................................................... 101

resetport コマンド ....................................................................................... 102

showip コマンド .......................................................................................... 103

showlog コマンド ........................................................................................ 104

showuser コマンド ...................................................................................... 105

showpower コマンド ................................................................................... 106

showamp コマンド ...................................................................................... 108

shownv コマンド ......................................................................................... 110

showport コマンド ....................................................................................... 111

showversion コマンド .................................................................................. 112

showhelp コマンド ...................................................................................... 113

ping コマンド .............................................................................................. 114

saveconf コマンド........................................................................................ 115

defaultconf コマンド ................................................................................... 116

viii

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4.29

6.4.30

6.4.31

reboot コマンド ........................................................................................... 117

shutdown コマンド ...................................................................................... 118

exit コマンド ............................................................................................... 119

Chapter 7 その他の機能 ..................................................................... 121

7.1.

計測値の保存仕様 ...................................................................................122

7.1.1

7.1.2

7.1.3

7.1.4

7.1.5

データベースの全体構成 ............................................................................... 122

データの保存先 ............................................................................................ 122

データベースの特徴 ...................................................................................... 123

各数値の計算条件 ......................................................................................... 123

ファイルの更新タイミング ............................................................................ 123

7.2.

Telnet/SSH アクセス ..............................................................................124

7.3.

リカバリーモード ...................................................................................124

7.3.1

7.3.2

システムのリカバリー .................................................................................. 125

設定値の初期化 ............................................................................................ 126

7.4.

初期設定モードでの起動 .........................................................................127

7.5.

MIB 情報 ................................................................................................128

7.5.1

7.5.2

7.5.3

7.5.4

7.5.5

smcTrapAndSystem オブジェクト ................................................................ 129

smcInfo オブジェクト .................................................................................. 130

smcSyslog オブジェクト .............................................................................. 132 smcTrapObject オブジェクト ....................................................................... 132

システム情報 ................................................................................................ 133

Chapter 8 ログ .................................................................................. 135

8.1.

ログ.......................................................................................................136

8.1.1

8.1.2

8.1.3

8.1.4

8.1.5

8.1.6

8.1.7

8.1.8

8.1.9

8.1.10

8.1.11

8.1.12

8.1.13

8.1.14

8.1.15

8.1.16

8.1.17

8.1.18

8.1.19

8.1.20

8.1.21

8.1.22

8.1.23

8.1.24

8.1.25

ログの確認方法 ............................................................................................ 137

本装置の起動時 ............................................................................................ 137

ネットワーク設定の検出時 ............................................................................ 137

ネットワークの検出結果が異なる時 .............................................................. 138

ネットワークリンクの検出時 ........................................................................ 138

ネットワークリンクの喪失時 ........................................................................ 138

パケット異常時 ............................................................................................ 139

セッション開始時 ......................................................................................... 139

セッション切断時 ......................................................................................... 140

セッションタイムアウト時 ............................................................................ 140

ネットワーク受信バッファ枯渇時 .................................................................. 141

ログインの成功時 ......................................................................................... 141

ログインの失敗時 ......................................................................................... 142

ログアウトの成功時 ...................................................................................... 142

アイドルセッションタイムアウト時 .............................................................. 143

ユーザーセッションの強制切断時 .................................................................. 143

最大同時セッション数を超えた時 .................................................................. 144

複数管理者のログイン禁止通知 ..................................................................... 144

一定時間経過時の消費電力量表示 .................................................................. 145

内部時刻の変更時 ......................................................................................... 145

NTP サーバとの通信エラー発生時 ................................................................. 146

設定の内部保存実行時 .................................................................................. 147

ネットワーク設定の初期化時 ........................................................................ 147

全設定の初期化時 ......................................................................................... 148

ログのクリア実行時 ...................................................................................... 148

ゲートウェイ

取扱説明書 ix

8.1.26

8.1.27

8.1.28

8.1.29

8.1.30

8.1.31

8.1.32

8.1.33

8.1.34

8.1.35

8.1.36

8.1.37

8.1.38

8.1.39

8.1.40

8.1.41

8.1.42

8.1.43

不揮発性メモリ上のデータクリア実行時 ........................................................ 149

スマートコンセントの接続検出時 .................................................................. 149

不明なデバイスの接続検出時 ........................................................................ 150

デバイスの抜取検出時 .................................................................................. 150

不揮発性メモリの残存容量 5%以下の時......................................................... 150

不揮発性メモリの残存容量 1KB 以下の時 ...................................................... 151

不揮発性メモリの未接続 ............................................................................... 151

不揮発性メモリのライトプロテクト検出時 .................................................... 151

不揮発性メモリとの通信不可時 ..................................................................... 152

不揮発性メモリのマウント失敗時 .................................................................. 152

不揮発性メモリのサイズ取得失敗時 .............................................................. 152

不揮発性メモリのファイルシステム異常時 .................................................... 153

不揮発性メモリのフォーマット異常時 ........................................................... 153

データの欠測発生時 ...................................................................................... 153

データの欠測からの復旧時 ............................................................................ 154

本装置の重大エラー発生時 ............................................................................ 154

無線通信エラー発生時 .................................................................................. 155

無線状態変化 ................................................................................................ 155

Chapter 9 諸元 .................................................................................. 157

9.1.

本製品の仕様 .........................................................................................158

9.2.

コネクタの信号アサイン .........................................................................159

9.2.1

9.2.2

Local Console コネクタ ................................................................................ 159

Ethernet コネクタ ........................................................................................ 159

9.3.

環境条件 ................................................................................................159

Chapter 10 困ったときは ..................................................................... 161

10.1.

トラブルシューティング .........................................................................162

10.1.1

10.1.2

10.1.3

10.1.4

10.1.5

10.1.6

10.1.7

10.1.8

LED の確認 ................................................................................................... 162

本製品の電源が入らない ............................................................................... 162

通常起動しない ............................................................................................ 163

ローカルコンソールにアクセスできない ........................................................ 163

Web ページにアクセスできない .................................................................... 164

再起動すると設定が元に戻る ........................................................................ 165

計測データを保存できない ............................................................................ 166

データの欠測通知について ............................................................................ 168

10.2.

製品サポートについて ............................................................................169

x

ゲートウェイ

取扱説明書

1.1 製品概要

Chapter 1 - ご利用になる前に

本製品のセットアップを行う上で必要な情報を説明しています。作業を始める前

に必ずお読みください。

本章の内容

1.1 製品概要

1.2 本体各部の名称と機能

1.2.1 装置前面

1.2.2 装置背面

2 ページ

3 ページ

3 ページ

5 ページ

1

ゲートウェイ

取扱説明書

1

1

1.1 製品概要

1.1.

製品概要

本製品には次に示す機器を接続することが出来ます。

FX-5204PS スマートコンセント

FX-5251WB ワイヤレスベース

これらの機器を最大 4 台まで接続することができ、測定された機器の消費電力値を収

集・蓄積しながら、数値やグラフなどによって見える化を行い、ネットワークを経由

した遠隔地から確認したり、データをダウンロードしたりすることができます。

FX-5251WB ワイヤレスベース接続する事で次に示す機器も接続することが出来ま

す。

FX-5201PP/100 シングルスマートコンセント 100

FX-5251WH ワイヤレハブ

また、本製品には、PoE 受電機能のあり/なしの 2 種類のモデルがあります。

機器使用効率 ( 消費電力 ) の見える化

ゲートウェイ

本製品

LAN

Ethernet 接続

スマートコンセント

リモート端末

USB

接続

メータ表示

ワイヤレスベース

USB 接続

無線接続

ワイヤレスハブ

無線接続

USB

接続

シングルスマートコンセント

スマートコンセント

スマートコンセント またはワイヤレスベースを

組み合わせて

4

台まで接続可能

100

2

ゲートウェイ

取扱説明書

1.2 本体各部の名称と機能

1.2.

本体各部の名称と機能

1.2.1

装置前面

⑥ ⑤ ④ ③ ② ①

Reset ボタン

⑦ ⑧

本ボタンを押下すると CPU リセットが実行されます。

本ボタンの押下は、装置がシャットダウンしている状態で実行してくださ

い。シャットダウンの方法については、Init ボタンを 3 秒以上押す、もしく

は下記をご参照ください。

参照 5.8 シャットダウン (78 ページ)

参照 6.4.30 shutdown コマンド (118 ページ)

Init ボタン

本ボタンを押下しながら本製品の電源を投入すると、初期設定値で起動しま

す。

また、本ボタンを 3 秒以上押すとシャットダウンを開始し、Port 1~4 LED が

赤色点灯します。シャットダウンが完了すると本装置前面の LED は、全て消

灯します。

参照 5.8 シャットダウン (78 ページ)

参照 6.4.30 shutdown コマンド (118 ページ)

1

ゲートウェイ

取扱説明書

3

1

1.2 本体各部の名称と機能

Port 1~4 LED

スマートコンセントの接続状態などを示します。

緑色点灯: 本体裏面の接続ポートにサポート対象機器が接続されている状

態。

橙色点灯: 本体裏面の接続用ポートにサポート外の機器が接続されている状

態。または、ファームウェアの更新中。

赤色点灯: 計測データを不揮発性メモリに保存している状態。不揮発性メモ

消灯:

リへの保存は、内部時計において、毎時 00 分 00 秒(正時)に実行

されます。Port1 から Port4 へ順番に接続されているサポート対象

機器計測データの保存が実行されます。保存が終了したポート番

号の LED から赤色点灯が解除され、サポート対象機器の接続状態

に従った LED 状態(緑色点灯もしくは消灯)に戻ります。

続用ポートの接続なし。

電源を OFF する場合は、シャットダウンを実行してください。不揮発性メモ

リへの保存中にシャットダウンが実行された場合、保存を完了してから

シャットダウンされます。Port 1~4 LED が赤色点灯している間に、シャット

ダウン以外の方法により、装置本体の電源を OFF にしたり、Reset ボタンの

押下を行わないでください。不揮発性メモリの内部データが破損したり、最

悪の場合不揮発性メモリが故障する可能性があります。

Ethernet Link LED

Ethernet のリンク状態を示します。

緑色点灯: リンクアップ状態。

消灯: リンクダウン状態。

Ethernet Act LED

Ethernet ACT の状態を表示します。

橙色点滅: パケットの送受信時。

消灯: パケットの送受信なし。

Power LED

本体の電源状態を表示します。

緑色点灯: 電源 ON の状態で内部動作電源が正常の状態。

橙色点灯: システム起動の初期化中、ファームウェアの初期化中、または

ファームウェアの更新中。

消灯: 電源 OFF の状態。あるいは、シャットダウン状態。

DIPSW(ディップスイッチ)

装置前面のディップスイッチカバーを取り外すと、下のようにディップス

イッチを切り替えることができます。ディップスイッチ 1~8 の ON/OFF を切

り替えることにより、下記のように動作します。リカバリーモードの詳細に

ついては、下記をご参照ください。

参照 7.3 リカバリーモード (124 ページ)

4

ゲートウェイ

取扱説明書

1.2 本体各部の名称と機能

⑧ 不揮発性メモリ(SD カード)

計測電力値を保存する不揮発性メモリです。不揮発性メモリは、必ず装着さ

1.2.2

れた状態でご使用ください。もし、お客様ご自身で不揮発性メモリを取り外

し、本装置が正常に動作しなくなった場合、当社は一切その責任を負いかね

ますので、あらかじめご了承ください。

装置背面

⑨ ⑩ ⑪ ⑫

サポート機器接続用ポート 1~4

本製品がサポートする機器を接続するためのポート 1~4 です。

Local Console コネクタ

Dsub9 ピン⇔RJ45 変換アダプタ(FP-AD209RJX)と市販の Cat5 ストレート

ケーブルを使用してローカルコンソール端末と接続します。

通信設定は、9600bps, 8bit, Non-Parity, Stop bit 1 です。

Ethernet コネクタ

10BASE-T/100BASE-TX に対応した Ethernet 接続用ソケットです。

FX5250GW/PE の場合、PoE 給電に対応した機器と接続することによって、

電力供給を受けることができます。

AC アダプタ用コネクタ

AC アダプタを接続します。

FX5250GW/PE の場合、AC アダプタは添付されません。FX5250GW/PE は

PoE 機器に接続することで動作します。

ナイロンクランプ取り付け穴

添付のナイロンバンドの取り付け穴です。AC アダプタを固定するために使用

します。

1

ゲートウェイ

取扱説明書

5

1

1.2 本体各部の名称と機能

 AC アダプタの固定

添付のナイロンバンドを取り付けることで、AC アダプタの抜けを防止することが

できます。

☝重要

AC アダプタをご使用の際は安全のため、ナイロンバンドを用いて固定して下さ

い。

6

ゲートウェイ

取扱説明書

1.2 本体各部の名称と機能

Chapter 2 - スタートアップ

本製品を操作する前段階として、スタートアップを行う上で必要な情報を説明し

ています。システム構築作業を始める前に必ずお読みください。

本章の内容

2.1 接続構成 8 ページ

2.2 接続方法

2.2.1 添付品以外で必要なもの

2.2.2 コンソール端末の接続

9 ページ

9 ページ

10 ページ

2

ゲートウェイ

取扱説明書

7

2

2.1 接続構成

2.1.

接続構成

全体の接続構成図を以下に示します。下図のように、接続を行ってください。

RJ45⇔D-sub9

変換アダプタ(添付)

コンソール端末

リモート端末

FX5250GW/PE の場合、PoE 給電機能

に対応した機器との接続により、電力

供給を受けることができます。

CAT5 ストレート

ケーブル(非添付)

ネットワーク

本製品

(背面)

スマートコンセント

AC アダプタ

(FX5250GW/AD の場合、

添付されます。)

任意のスマートコンセント接続用ポート 1~4 に

USB ケーブルを接続してください。

USB ケーブル

最大 4 台までのスマー

トコンセントを接続する

ことができます。

任意の AC 出力コンセントに電源供給機器の AC

ケーブルを接続してください。

電源供給機器

ワイヤレスベース、ワイヤレスハブ、シングルスマートコンセントを用いた接続につ

いては、無線設置ガイドおよび Chapter 4 - 無線 を参照してください。

8

ゲートウェイ

取扱説明書

2.2 接続方法

2.2.

接続方法

2.2.1

添付品以外で必要なもの

コンソール端末

RS-232C インターフェース(D-Sub 9pin)を持つ PC もしくはインターフェー

ス変換装置をご用意ください。

本製品の初期設定などに使用します。

リモート端末

ネットワーク接続が可能な PC をご用意ください。

遠隔地からの操作に使用します。

ネットワーク機器

ネットワーク接続のためのルータ、スイッチングハブなどをご用意くださ

い。

本製品が FX5250GW/PE の場合、PoE 給電に対応した機器と接続することに

より電源供給を受けることができます。

Cat5 ストレートケーブル

本製品の Local Console コネクタおよび Ethernet コネクタに接続するための

ケーブルです。市販の CAT5e あるいは CAT6 ストレートケーブルをご用意く

ださい。

RJ45⇔D-sub9 変換アダプタ

コンソール端末の D-sub9 ピンコネクタと RJ45 を変換するためのアダプタで

す。

モデルによっては、製品に添付されていません。その場合は、ご購入先にお

問合せください。

参照 10.2 製品サポートについて (169 ページ)

2

ゲートウェイ

取扱説明書

9

2

2.2 接続方法

2.2.2

コンソール端末の接続

RJ45 ⇔ D-sub9 変換アダプタ(型格:FP-AD209RJX)および市販の Cat5 ストレー

トケーブルで本製品とコンソール端末を接続してください。

コンソール端末に、RJ45 ⇔ D-sub9 変換アダプタを接続してください。

コンソール端末

COM ポート(D-sub9)

RJ45 ⇔ D-sub9

変換アダプター

で接続した変換アダプタと本製品の Local Console コネクタを CAT5 ストレート

ケーブルで接続してください。

Cat5 ストレートケーブ

RJ45 ⇔ D-sub9

変換アダプター

10

ゲートウェイ

取扱説明書

2.2 接続方法

Chapter 3 - 基本操作

本製品を使用して、遠隔地からネットワーク経由で対象機器の電源を制御するた

めの基本的な操作手順を説明しています。

本章の内容

3.1 基本操作の概要

3.2 ディップスイッチ設定

12 ページ

13 ページ

3.3 ネットワーク設定

3.4 リモート端末からのログイン

3.5 消費電力値の確認

3.6 ログアウト

14 ページ

16 ページ

22 ページ

23 ページ

3

ゲートウェイ

取扱説明書

11

3

3.1 基本操作の概要

3.1.

基本操作の概要

ネットワーク経由にて、本製品に接続した機器で計測した消費電力値を確認する基本

Step3

Step4

Step5

的な手順について、以下に示します。

Step1 ディップスイッチを設定する

本製品をご利用になる環境に合わせてディップスイッチを設定します。

参照 3.2 ディップスイッチ設定 (13 ページ)

Step2 IP アドレスを設定する

本製品にコンソール端末を接続し、IP アドレスを設定します。

参照 3.3 ネットワーク設定 (14 ページ)

リモート端末からログインする

ネットワーク上のリモート端末から本製品に Web インターフェースにて

アクセスし、「ユーザー名」、「パスワード」を入力してログインします。

消費電力値の確認を行う

Web 画面上で計測された消費電力値を確認します。

ログアウトする

Web 画面をログアウトします。

参照 3.4 リモート端末からのログイン (16 ページ)

参照 3.5 消費電力値の確認 (22 ページ)

参照 3.6 ログアウト (23 ページ)

12

ゲートウェイ

取扱説明書

3.2 ディップスイッチ設定

3.2.

ディップスイッチ設定

ご使用のネットワーク環境に合わせて、通信速度、Duplex、DHCP の有効/無効など

の設定を本製品前面のディップスイッチで変更します。ディップスイッチ設定を変更

する場合は、前面のディップスイッチカバーを外してください。また、必ず本製品の

電源が OFF の状態で行ってください。

1 2 3 4 5 6 7 8

がスイッチを示します。

On

ディップスイッチ 1~8 の ON/OFF を切り替えることにより、下記のように動作しま

す。

番号 機能 設定内容

1 ―(未使用)

2

3

4

5

6

Duplex

Speed

オートネゴシエーション

DHCP

―(未使用)

ON:

OFF:

ON:

OFF:

ON:

OFF:

ON:

OFF:

必ず OFF の状態でご使用ください。

Ethernet の Duplex を Half にする。

Ethernet の Duplex を Full にする。

Ethernet の Speed を 10M にする。

Ethernet の Speed を 100M にする。

オートネゴシエーションが無効で

ディップスイッチ 2, 3 の設定に従う。

オートネゴシエーションが有効で

ディップスイッチ 2, 3 の設定は無視する。

DHCP を有効にする。

DHCP を無効にする。

7 ―(未使用) ―

8 リカバリーモード

ON:

OFF:

リカバリーモードを有効にする。

リカバリーモードを無効にする。

工場出荷時は 1~8 すべてのスイッチが OFF となります。

ディップスイッチ 8 を ON にする場合は下記を参照して下さい。

参照 7.3 リカバリーモード(124 ページ)

本製品と対象機器との接続およびネットワーク接続を行い、本製品を起動させます。

参照 2.1 接続構成 (8 ページ)

3

ゲートウェイ

取扱説明書

13

3

3.3 ネットワーク設定

3.3.

ネットワーク設定

ネットワーク上のリモート端末から本製品にアクセスするために、ネットワーク設定

を行う必要があります。

本製品のネットワーク設定はデフォルトで下記となっております。

デフォルト値

IP アドレス

サブネットマスク

: 192.168.0.111

: 255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ : 192.168.0.1

ブロードキャストアドレス : 192.168.0.255

※DHCP は DIPSW によって無効となっています。

本項では、本製品のローカルコンソールからコマンド操作を行いながらネットワーク

設定を行う手順を説明します。 例として、下記設定値に変更します。

IP アドレス

サブネットマスク

: 10.74.119.145

: 255.255.255.0

デフォルトゲートウェイ : 10.74.119.1

ブロードキャストアドレス : 10.74.119.255

本製品の Local Console ポートにコンソール端末を接続します。RJ45 ⇔ D-sub9 変

換アダプタおよび市販の Cat5 ストレートケーブルで接続してください。

参照 2.2.2 コンソール端末の接続 (10 ページ)

コンソール端末上のエミュレータ・アプリケーション(ハイパーターミナルなど)を起

動し、以下のようにパラメータを設定します。

通信設定 設定値

ボーレート

データ長

パリティ

ストップビッ

9600bps

8bit

なし

1bit

フロー制御 なし

本製品が起動すると、login: プロンプトが表示されます。デフォルトの管理者アカウ

ントの admin を入力します。

FX-5250GW login: admin Enter

Password: プロンプトが表示されます。admin アカウントのデフォルトのパスワー

ド: admin を入力します。(パスワードは表示されません)

FX-5250GW login: admin

Password: < 表示されません > Enter

14

ゲートウェイ

取扱説明書

3.3 ネットワーク設定

$ プロンプトが表示されます。setip コマンドにより、IP アドレス、サブネットマス

ク、デフォルトゲートウェイ、ブロードキャストアドレスの設定を行います。

$ setip -i 10.74.119.145 – m 255.255.255.0 – g 10.74.119.1 – b 10.74.119.255 Enter

IP Address : 10.74.119.145

Subnet Mask : 255.255.255.0

Gateway Address : 10.74.119.1

Broadcast Address : 10.74.119.255

$

参照 6.4.1 setip コマンド (87 ページ)

設定変更を保存するため、saveconf コマンドを実行します。

$ saveconf Enter

Save configuration

$

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

設定変更を反映するため、reboot コマンドを実行し、本装置を再起動させます。

再起動には、40 秒ほどかかります。

$ reboot Enter

The system is going down NOW!

参照 6.4.29 reboot コマンド (117 ページ)

以上で、ネットワーク設定は完了です。

3

ゲートウェイ

取扱説明書

15

3

3.4 リモート端末からのログイン

3.4.

リモート端末からのログイン

JavaScript

の有効化設定

本製品を Web インターフェー

スから操作する場合、ブラウザ

設定において、JavaScript を有

効にする必要があります。

JavaScript が無効になっている

場合、正常に動作しません。例

として、Internet Explorer

10.0 の場合の設定方法を下に

示します。

「ツール」メニュー→「イン

ターネットオプション」→「セ

キュリティ」タブ をクリック

すると以下のようなダイアログ

が表示されます。[レベルのカ

スタマイズ]ボタンをクリック

します。

左図のような「セキュリティ

の設定」ダイアログが表示さ

れます。アクティブ スクリプ

ト の項目で ” 有効にする ” に

チェックして[OK]ボタンを

クリックしてください。

以上で、JavaScript は有効になります。

16

ゲートウェイ

取扱説明書

3.4 リモート端末からのログイン

② ログイン手順

ネットワーク上のリモート端末から Web インターフェースを用いて、本製品に

ログインする手順を以下に説明します。

リモート端末でブラウザを起動し、設定した IP アドレスに対して https プロト

コルでアクセスします。以下には、Microsoft Internet Explorer 10 を用いてア

クセスした例を示します。

アドレスバーに対して、前節で設定した IP アドレスを含む URL を入力して

Enter を押すなどして接続を開始してください。

10.74.119.145

<HTTPS で開いた場合> http ではなく https で開いた場合、下記の画面が表示される事があります。

https://10.74.119.145/

この場合はまず、このサイトの閲覧を続行する をクリックしてください。

3

ゲートウェイ

取扱説明書

17

3

3.4 リモート端末からのログイン

ログインページが表示された後、アドレスバーの右横に下記の様に証明書のエ

ラーが表示される場合があります。これは証明書にエラーがある訳では無く、

Internet Explorer に本製品の証明書がインストールされていない時の規定の動

作です。

証明書のエラーを解消する手順(インストールする方法)

アドレスバーの右隣に表示されている

「証明書のエラー」をクリックすると、右のように、

「証明書は無効です」というダイアログが表示

されます(IE10)。

このダイアログ下の「証明書の表示」をクリックし、

「証明書の情報」ダイアログを表示します。

ザードの開始」を始めてください。 ウィザードが表示されたら「次へ」をク

リックしてください。

「次へ」をクリックして下さい。

18

ゲートウェイ

取扱説明書

3.4 リモート端末からのログイン

ウィザードの完了が表示されたら「完了」ボタンをクリックしてください。

「完了」をクリックすると、証明書のインストールの警告ダイアログが表示され

の作業が完了します。

証明書のインストールを完了したら、インターネットオプションを変更します。

インターネットエクスプ

ローラのツールメニューか

らインターネットオプショ

ンを開き、詳細設定タブを

開いてください。

その中の

「証明書のアドレスの不一

致について警告する*」

のチェックを外してくださ

い。

OK を押して確定し、イン

ターネットエクスプローラ

をいったん閉じてくださ

い。

ゲートウェイ

取扱説明書

19

3

3

3.4 リモート端末からのログイン

再度、本製品のログインページを表示してください。

https://10.74.119.145/

③ ログイン実行

Web ページのログイン画面が表示されます。デフォルトで管理用アカウント: admin およびパスワード: admin が設定されています。ユーザー名: admin, パ

スワード: admin を入力し、[ログイン]ボタンをクリックしてください。

セキュリティ確保のため、admin アカウントのパスワード変更をお勧めしま

す。パスワード変更の方法については、下記をご参照ください。

参照 ユーザー情報の変更 (61 ページ)

Web インターフェースに同時に接続できるユーザー数は、最大 10 ユーザーまで

です。

20

ゲートウェイ

取扱説明書

3.4 リモート端末からのログイン

ログイン後、下記の様に表示されます。画面左のメニュー選択領域からメニュー

を選択してクリックすると、右の表示領域にその内容が表示されます。

装置情報表示領域

メニュー選択領域

メニュー表示領域

ログイン情報表示領域

各フレームの表示内容は、下記のとおりです。

[シャットダウン]、[再起動]、

[設定の保存]ボタン

項目名 説明

装置情報表示領域

メニュー選択領域

メニュー表示領域

ログイン情報表示領域

[シャットダウン]ボタン

[再起動]ボタン

本装置の名称、ファームウェアバージョン、現在設定されている IP ア

ドレス、MAC アドレスを表示します。

各情報、設定メニューの選択領域です。

メニュー選択領域で選択した内容を表示します。

現在本装置にログインしているユーザーアカウント情報を表示しま

す。

このボタンをクリックすると本装置をシャットダウンすることがで

きます。

本装置を OFF する前に本ボタンをクリックし、シャットダウンしま

す。

このボタンをクリックすると本装置を再起動することができます。

再起動が必要な設定変更が実行された場合には、[再起動]ボタンが

[再起動が必要です]という表示に変わり、点滅表示を繰り返します。

[設定の保存]ボタン

起動します。

このボタンをクリックすると変更した設定内容を装置内部の ROM に

定の保存が必要です]というメッセージに変わり、点滅を繰り返しま

す。

容が ROM に書き込まれます。

次項から、本製品に接続されたスマートコンセントにおいて計測した消費電力値

の確認方法について説明します。

3

ゲートウェイ

取扱説明書

21

3

3.5 消費電力値の確認

3.5.

消費電力値の確認

本製品のスマートコンセント接続用ポートに接続されたスマートコンセントにおい

て、計測された消費電力値を確認する方法について、以下に説明します。

メニュー選択領域で、コンセント一覧の表示 をクリックすると下記ページが表示さ

れます。ここでは、スマートコンセントの各コンセントの消費電力値などを確認する

ことができます。

詳細については、下記をご参照ください。

参照 5.2.1 コンセント一覧の表示 (33 ページ)

22

ゲートウェイ

取扱説明書

3.6 ログアウト

3.6.

ログアウト

消費電力値の確認が終了したら、本製品の Web ページからログアウトします。 Web

ページの左上部の[ログアウト]ボタンをクリックすると、Web ページからログア

ウトします。

ログアウトすると、再びログインページが表示されます。

☝ 重要

本装置の電源を OFF にする場合(AC アダプタを取り外す、PoE 機器との接続を切

断する) あるいは、装置前面の Reset ボタンを押下してリセットを実行する場

合、本装置の内部時計の時刻において、毎時 00 分 00 秒から 2 分間は実行しな

いでください。

スマートコンセントで計測した電力値および電力量の値は、本装置の内部時計の

時刻において、毎時 00 分 00 秒から、内蔵している不揮発性メモリに保存する

ため書き込みが実行されます。この時、本装置の電源を OFF にすると、不揮発

性メモリの内部データが破損したり、不揮発性メモリに不具合を生ずる可能性が

あります。

3

ゲートウェイ

取扱説明書

23

3

3.6 ログアウト

MEMO

24

ゲートウェイ

取扱説明書

3.6 ログアウト

Chapter 4 - 無線接続

本製品にワイヤレスベースを接続し、シングルスマートコンセントとワイヤレス

合わせて説明します。

本章の内容

4.1 無線接続環境の確認

4.1.1 ワイヤレスベースの接続

4.1.6 コンセント一覧の表示

4.2 無線機情報の編集

4.1.2 シングルスマートコンセントの接続

4.1.3 ワイヤレスハブの接続

4.1.4 ワイヤレスベースの動作変更

4.1.5 無線機情報の表示

26 ページ

26 ページ

27 ページ

27 ページ

27 ページ

28 ページ

28 ページ

29 ページ

4

ゲートウェイ

取扱説明書

25

4

4.1 無線接続環境の確認

26

4.1.

無線接続環境の確認

ワイヤレスベース、ワイヤレスハブ、シングルスマートコンセントの 3 機種に添付さ

れております「無線設置ガイド 4 章設置」では、前記 3 機種の設置とペアリング作業

の説明を記載しておりますが、その作業における本製品の取扱いなどは記載しており

ません。

て解説していきます。

4.1.1

ワイヤレスベースの接続

無線機情報の表示

「無線設置ガイド 4.1.2 項」の通りにワイヤレスベースをゲートウェイに接続

後、ワイヤレスベースの LED が橙色に点滅していることを確認してくださ

い。

つづけて WebUI の「無線機情報の表示」を表示し、下記のようになっている

ことを確認してください。 下記の例では、ゲートウェイの USB ポート 1 番

にワイヤレスベースを接続しています。

ログの表示

次にログを確認します。接続したワイヤレスベースが「無線設置ガイド」が

言う様に動作していれば、次の対の 2 行のログを記録している筈です。

Xxx dd hh:mm:ss FX-5250GW device: port-1 Wireless Base(F9999) connected.

Xxx dd hh:mm:ss FX-5250GW device: port-1 Wireless Base(F9999) in pairing mode.

※ 日付や時間、シリアル番号、接続先のポート番号は環境毎に異なります。

ゲートウェイ

取扱説明書

4.1 無線接続環境の確認

4.1.2

シングルスマートコンセントの接続

「無線設置ガイドの 4.1.3 項」の作業を終えた後の時点では、ワイヤレスベースは

ペアリングモードのままになっています。この状態ではまだ、本製品には変化は

ありません。

WebUI の「無線機情報の表示」は前項 4.1.1 のままです。

4.1.3

ワイヤレスハブの接続

「無線設置ガイドの 4.1.4 項」の作業を終えた後の時点では、ワイヤレスベースは

ペアリングモードのままになっています。この状態ではまだ、本製品には変化は

ありません。

WebUI の「無線機情報の表示」は前項 4.1.1 のままです。

4.1.4

ワイヤレスベースの動作変更

「無線設置ガイドの 4.1.5 項」の作業を終えた後は、ワイヤレスベースの動作モー

ドがペアリングモードから通常モードに切り替わり、LED は緑色に点灯します。

それの確認後、WebUI の「無線機情報の表示」は下記のようになっておりおま

す。

※各番号や名称はご購入した機器毎に違います。

この WebUI の詳細については、下記をご参照ください。

参照 5.2.6 無線機情報の表示 (45 ページ)

4

ゲートウェイ

取扱説明書

27

4

4.1 無線接続環境の確認

4.1.5

無線機情報の表示

「無線設置ガイド 図 2-1」 基本接続構成のとおり、4 ポート・スマートコンセン

トも含めてすべて接続した場合、WebUI の「無線機情報の表示」は下記のように

なります。

4.1.6

コンセント一覧の表示

WebUI の「コンセント一覧の表示」 は下記のようになります。

この WebUI の詳細については、下記をご参照ください。

参照 5.2.1 コンセント一覧の表示 (33 ページ)

28

ゲートウェイ

取扱説明書

4.2 無線機情報の編集

4.2.

無線機情報の編集

「無線設置ガイド 図 2-1」 基本接続構成の通りに機器を設置した後、WebUI の「無

線機情報の編集」 画面は次のようになります。(名称やシリアル番号などは実際と異

なります)

この画面では、ペアリング状態のリセットや、通信チャンネルの変更を行うことが出

来ます。

この WebUI の詳細については、下記の項を参照してください。実際の変更内容を元

にした手順を説明してあります。

参照 5.3.3

無線機情報の編集 (50 ページ)

4

ゲートウェイ

取扱説明書

29

4

4.2 無線機情報の編集

MEMO

30

ゲートウェイ

取扱説明書

4.2 無線機情報の編集

Chapter 5 - Web インターフェース(WebUI)

ブラウザを用いた Web インターフェース設定画面から本装置を操作するための方

法について説明しています。

本章の内容

5.1 Web インターフェースの概要

5.2 情報表示項目

5.2.1 コンセント一覧の表示

5.2.2 計測値の表示とダウンロード

5.2.3 FTP/SFTP からの計測データ

5.2.4 基本設定の表示

5.2.5 機器情報の表示

5.2.6 無線機情報の表示

5.2.7 ログの表示

5.3 情報編集項目

5.3.1 ネットワーク設定の編集

5.3.2 機器情報の編集

5.3.3 無線機情報の編集

5.3.4 SNMP 設定の編集

5.3.5 SNMP トラップの編集

5.3.6 ユーザーの管理

5.3.7 セッションの管理

5.3.8 ログ機能の編集

5.3.9 認証機能の編集

5.3.10 日付と時刻の編集

5.3.11 高度な設定

5.4 設定の管理

5.5 ファームウェアの管理

5.6 設定の保存

5.7 再起動

5.8 シャットダウン

5.9 Copyright の表示

5.10 初期設定値

32 ページ

33 ページ

33 ページ

35 ページ

37 ページ

42 ページ

44 ページ

45 ページ

46 ページ

47 ページ

47 ページ

50 ページ

50 ページ

55 ページ

57 ページ

58 ページ

63 ページ

64 ページ

65 ページ

67 ページ

69 ページ

71 ページ

74 ページ

77 ページ

77 ページ

78 ページ

79 ページ

80 ページ

5

ゲートウェイ

取扱説明書

31

5

5.1 Web インターフェースの概要

5.1.

Web インターフェースの概要

本章では、ブラウザを用いた Web インターフェース(WebUI)から本装置を操作する

方法について説明します。 初期導入時に行う本装置の IP アドレスの設定を除き、全

ての設定はブラウザ上の Web インターフェース行うことができます。

各ページにおいて 反映 または 保存 を実行したとき、入力データ等にエラーが発見

された場合には、下図の例のように、メニュー表示領域の左上とエラーのある箇所に

赤色文字で表示されます(例では「カンマ‘」が間違い)。 間違いを訂正したら 反映

ボタンを押してください。

なお、各ページにおいて共通して、Enter キーの操作は 反映 ボタンを押したことに

相当します(いくつかの例外はあります) のでご了承下さい。

32

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

5.2.

情報表示項目

「情報表示項目」 では各種設定情報を表示して確認することができます。

5.2.1

コンセント一覧の表示

メニュー選択領域で、コンセント一覧の表示 をクリックすると、本製品に接続さ

れているすべてのコンセントの一覧が表示されます。

本ページの表示は 60 秒毎に表示が自動更新されるため、無操作(アイドル)でタイ

ムアウトすることは無いと考えています。 この自動更新の有効/無効の設定は、

メニュー選択領域の ” 高度な設定 ” にて該当項目を設定してください。(デフォル

ト設定: 有効)。 

参照 挙動の設定 (70 ページ)

ゲートウェイ

取扱説明書

33

5

5

5.2 情報表示項目

一覧表示における各項目は下記となります。

項目名 説明

No

接続構成

コンセント名称

目盛間隔

電力

電流

本製品に接続されているサポート対象機器のコンセントの番号です。

最大 256 となります。

接続構成欄では、その接続状態が分かるように構成度を表現しておりま

す。 各機器の名称は短縮名で表現しており、短縮名の詳細は画面の下段

に凡例として表示しています。

短縮名に続けて、機器のシリアル番号と機器名称を表示しています。

機器名称の内、スマートコンセント(FX-5204PS)およびシングルスマー

トコンセント(FX-5201PP/100)については名称がリンクになっておりま

す。ここからリンク先を開くと、計測値のグラフ表示とデータのダウン

ロードのページに飛びます。

計測値の表示については次節を参照してください。

参照 5.2.2 計測値の表示とダウンロード (35 ページ)

スマートコンセント(FX-5204PS)限定機能

短縮名に続いて感嘆符「!」が表示される場合、スマートコンセントの

AC コードがコンセントに刺さっていない事を示しています。 短縮名に

続いてアスタリスク「 * 」が表示される場合、ゲートウェイまたはワイヤ

レスハブの USB ポートに接続されていないことを示しています。

各コンセントの名称です。

コンセント情報の編集画面で変更することが出来ます。

詳しくは下記を参照してください。

参照 5.3.2 機器情報の編集 (50 ページ)

メータはマス目を 30 個並べられており、そのマス目 1 個分の単位を指

定します。

各スマートコンセントから取得した最新の値を表示しています。

単位は 0.1W です。値は取得期間における平均値となります。

スマートコンセント(FX-5204PS)は電圧と電流の両方の計測データから

計算した有効電力値を示しています。

シングルスマートコンセント(FX-5201PP/100)は電流の計測データと電

圧の固定データから計測した概算の有効電力値を示しています。

各スマートコンセントから取得した最新の値を表示しています。

単位は 1mA です。値は取得時の実効電流(RMS)です。

電圧

周波数

各スマートコンセントから取得した最新の値を表示しています。

単位は 1V です。値は取得時の実効電圧です。

(お断り) シングルスマートコンセントは 100V 固定です。

各スマートコンセントから取得した最新の値を表示しています。

単位は 0.01Hz です。

総電力量

各スマートコンセントから取得した電力値から 1 秒毎の平均値(Ws)を計

算し、それを積算し続けた積算電力量(Wh= ∫ Ws)を表示しています。

計測時間

本製品への接続時間の累計値を示しております。

単位は 1h です。

☝ 重要

シングルスマートコンセントの場合、電圧値は 100V 固定、周波数は 1Hz 単位の

計測となりますので、あらかじめご了承下さい。

34

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

5.2.2

計測値の表示とダウンロード

コンセント一覧の表示で、本体名称 をクリックすると、計測値の表示画面に移動

します。ここでは、で計測した電力および電力量のグラフ画像の表示と、グラフ

データおよび計測値データのダウンロードを行うことが出来ます。

グラフにおいて、点線の表示は、スマートコンセントの本装置への取り付け/取り

外し、あるいは本装置の再起動による、スマートコンセントの未検出/検出のタイ

ミングを示します。また、その履歴がグラフの右下に表示されます(最新の 4 個の

み)。

機器の接続履歴

着: 接続した時刻

脱: 外した時刻

☝ 重要

本装置から機器が外された場合、その時刻内はグラフへのプロットを継続しま

す。

時刻が変わる時、それまで接続していた機器のグラフは描画されません。

ここで言う時刻とは時分秒の 時 を指します。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

35

5

5.2 情報表示項目

グラフ表示の変更

「グラフの指定」において、グラフの表示内容を変更することができます。

ゲートウェイに直結されたスマートコンセントの場合

ワイヤレハブ経由のスマートコンセントの場合

ワイヤレスベース経由のシングルスマートコンセントの場合

☝ 重要

“ 電力[W](最新 1 時間) ” のデータはゲートウェイに 4port スマートコンセン

トが直結されている場合にのみ表示されます。

無線接続機器では最新 1 時間のデータは用意しません。

36

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

表の各セル、各プルダウンリストにおける表示項目は下記となります。

項目名 説明

グ ラ フ の

種類

重ね書き

ダ ウ ン

ロード

・電力[W](最新 1 時間): 最新 1 時間の 10 秒の平均値で折れ線表示。

・電力[W](最新 24 時間): 最新 24 時間の 5 分の平均値で折れ線表示。

・電力[W](最新 1 週間): 最新 1 週間の 30 分の平均値で折れ線表示。

・電力量[Wh](今日): 0 時~23 時台を時毎に棒グラフ表示。

・電力量[Wh](今月): 今月分を日毎に棒グラフ表示。

・電力量[Wh](今年): 今年分を月毎に棒グラフ表示。

データの取得先が 4port スマートコンセントの場合、チェックを入れると 4 つ

のコンセントのグラフを 1 枚のグラフにまとめて表示します。 チェックを外

すとコンセント毎のグラフを並べて表示します。

グラフに表示されているデータ 又は 最新値については、WebUI から直接ダウ

ンロードすることができます。

●グラフの計測値

●電力[W] (最新 24 時間)

●電力量[Wh] (最新 24 時間)

いずれのデータも CSV 形式のテキストファイルとなっております。

[反映] 変更された設定を反映する場合に押して下さい。

☝ 重要

5.2.3

「高度な設定」ページにおける、”不揮発性メモリのクリア” あるいは、コン

ソールからの clearpwrlog コマンド実行により不揮発性メモリのデータをクリ

アした後、電力量[Wh]については、データが揃うまではグラフ表示しませ

ん。

FTP/SFTP からの計測データのダウンロード

計測値の表示 画面から、本製品内のデータ保管場所に対して FTP もしくは sFTP

で接続することができます。

本体内に保管されている計測データをファイルでダウンロードする事が出来ます

が、データ形式はバイナリ形式となっておりますので、CSV 形式に変換する際は

CSV コンバータをご利用頂きます。CSV コンバータ(Windows 専用)は、弊社 web

サイトからダウンロード してご利用ください。 製品に添付してあるテンプレー

トに取り込んだりするには CSV 形式のファイルが必要です。 CSV コンバータの取

扱いについては、ダウンロードしたファイルに付随する説明書を参照してくださ

い。

CSV コンバータを用いて変換した CSV データファイルは下記形式になっていま

す。 date,time,state,ch1,ch2,ch3,ch4,V,Hz,Temp,

2012/05/25,17:11:00, on,0071,0034,0000,0001,107,60.00,36.61,

計測値のデータには、電力値[W]と電力量[Wh]の 2 種類が存在します。CSV ファ

イルの 1、2 番目の項目がタイムスタンプとなります。 電力値[W] と 電力量

[Wh] のタイムスタンプの意味は下記の通り互いに異なっています。

電力[W]のタイムスタンプ

電力量[Wh]のタイムスタンプ

: 計測した時刻

: 計測を開始した時刻

刻を記録しております。

ゲートウェイ

取扱説明書

37

5

5

5.2 情報表示項目

① FTP アクセスによる計測データファイルのダウンロード

計測値のダウンロードページにおいて、ftp サーバに接続 をクリックする

と、ブラウザ内での FTP アクセスが始まり、本装置内の保存場所にアクセス

し、計測値ファイルをダウンロードすることができます。以下に操作手順を

示します。

「ftp サーバに接続」 をクリックすると、認証用ダイアログが表示されま

す。

ださい。

※「admin」ユーザーの初期値はユーザー名もパスワードも共に「admin」で

す。

※本製品は匿名でログオンは出来ません。

認証が正しく行われると、FTP ルートを示すウィンドウが表示されます。

38

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

SFTP アクセスによる計測値のダウンロード

計測値のダウンロードページにおいて、sftp サーバに接続 をクリックする

と、SFTP アクセスによって本装置のメモリにアクセスし、計測データファイ

ルをダウンロードすることができます。

☝ 重要

各ブラウザには SFTP 機能が含まれていません。ブラウザへのアドオンなど、

別途 SFTP クライアントソフトのインストールが必要です。

ディレクトリ構成

FTP あるいは SFTP によりアクセスした場合のディレクトリ構成は下記の通り

で、RAM ディスクと不揮発性メモリの両方に記録しております。

各ディレクトリにおいて、スマートコンセント接続ポート毎、および計測年

月日毎にフォルダが作成され、電力/消費電力量をファイルに保存します。

├ bin : :ftp 用コマンド

├ ram :RAM ディスク

│└ bin

│ ├ <ch>p_<S/N>_1day_w.bin

│ └ <ch>p_<S/N>_1day_wh.bin

└ sd :SD カード

└ pwrlog

: 直近 24

: 直近 24

時間 [W] ( 間隔 1 分 )

時間 [Wh]( 間隔 1h)

└ bin

├ < 西暦 :2013 ~ >

│└

< 月

:01 ~ 12>

<ch>p_<S/N>_< 西暦 >< 月 >_wh.bin

<

<

週:

└ w1

:01

<latest1h>

6>

<ch>p_<S/N>_<

31>

<ch>p_<S/N>_<

<ch>p_<S/N>_<

西暦

西暦

西暦

><

><

><

>w<X>_wh.bin

><

><

>_wh.bin

>_w.bin

: 月単位 [Wh]( 間隔 1 日 )

: 第 X 週 [Wh]( 間隔 1h)

: 日単位 [Wh]( 間隔 1h)

: 日単位 [W] ( 間隔 1 分 )

<ch>: 1 または 4 の数字。

測定対象機器が FX-5204PS(4port スマートコンセント)なら 4、

FX-5201PP(シングルスマートコンセント)なら 1 が入る。

<S/N>: 5 桁の数字で、測定対象機器のシリアル番号が入る。

<X>: 1~6 の数字で、月内の週番号が入る。

※機器が接続されていないポートについては、計測が実行されていないた

め、ファイルの保存は行われません。

※/ram ディレクトリに保存されているファイルは、「グラフの表示」ページ

においてダウンロードすることができるファイルの元のデータファイルで

す。

参照 5.2.3 FTP/SFTP からの計測データ (37 ページ)

5

ゲートウェイ

取扱説明書

39

5

5.2 情報表示項目

40

④ 不揮発性メモリ内のデータ種類

項 ファイル名 説明

/ram/bin/ 配下

1

<ch>p_<S/N>_1day_w.bin

例)<ch>は 2 種類、<S/N>毎に存在

1p_<S/N>_1day_w.bin

4p_<S/N>_1day_w.bin

2

<ch>p_<S/N>_1day_wh.bin

例)<ch>は 2 種類、<S/N>毎に存在

1p_<S/N>_1day_wh.bin

4p_<S/N>_1day_wh.bin

消費電力の最新 24 時間分のデータ。

W として記録される数値は 1 分毎の平均

値。

配下には最大 16 個のファイルが存在。

電力量の 24 時間分のデータ。

時計の時単位で記録。

Wh として記録される数値は W として測

定された数値の 1h 分の平均値であるこ

とに基づく。

配下には最大 16 個のファイルが存在。

/sd/pwrlog/bin/<西暦>/<月>/ 配下

3

4

5

<ch>p_<S/N>_<西暦><月>_wh.bin

例)<ch>は 2 種類、<S/N>毎に存在

(<西暦><月>はディレクトリと同じ)

1p_<S/N>_<西暦><月>_wh.bin

4p_<S/N>_<西暦><月>_wh.bin

<ch>p_<S/N>_<西暦><月>wX_wh.bin

例)<ch>は 2 種類、<S/N>毎に存在

(<西暦><月>はディレクトリと同じ)

1p_<S/N>_<西暦><月>_w1.bin

4p_<S/N>_<西暦><月>_w1.bin

<ch>p_<S/N>_< 西 暦 >< 月 >< 日

>_wh.bin

例) <ch>は 2 種類、<S/N>毎に存在

(<西暦><月>はディレクトリと同じ)

1p_<S/N>_<西暦><月>1_wh.bin

4p_<S/N>_<西暦><月>1_wh.bin

電力量 Wh の 1 ヶ月分のデータ。

Wh を 24 個(時間)積算した値を 1 日の消

費電力量として 1 ヶ月記録し続けたデー

タ。

配下には最大 64 個のファイルが存在。

電力量 Wh の 1 週分のデータ。

日曜 0 時台~土曜 23 時台までを 1 週間

として Wh を記録し続けたデータ。ただ

し月をまたぐことは無いので、実質 1 日

分だけのデータもあり得る。

配下には最大 64 個のファイルが存在。

電力量 Wh の 1 日分のデータ。

0 時台~23 時台までを 1 日として、1 時

間毎の Wh を記録し続けたデータ。

配下には最大 64 個のファイルが存在。

6 <ch>p_<S/N>_<西暦><月><日>_w.bin

電力 W の 1 日分のデータ。

W として記録される数値は 1 分毎の平均

値。

配下には最大 64 個のファイルが存在。

変換された CSV データファイルの内容

バイナリデータから変換された CSV ファイル(w.csv)の例を以下に示します。 hostname,FX-5250GW,V2L40

MAC address,00:e0:00:ee:13:00,

IP address,192.168.1.100, unit,[W],Port1,

FX-5204PS,00001,V2.0L30,Ch1,Ch2,Ch3,Ch4, date,time,state,ch1,ch2,ch3,ch4,V,Hz,Temp,

2012/06/01,14:00:00, on,0028,0040,0000,0012,104,60.24,32.63,

( 途中省略 )

2012/06/01,14:55:55, on,0028,0040,0000,0012,106,60.08,31.88,

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

また、電力量のファイル(wh.csv)の例を以下に示します。 hostname,FX-5250GW,V2L40

MAC address,00:e0:00:ee:13:00,

IP address,192.168.1.100, unit,[Wh],Port1,

FX-5204PS,00001,V2.0L30,Ch1,Ch2,Ch3,Ch4, date,time,state,ch1,ch2,ch3,ch4,V,Hz,Temp,

2012/06/01,00:00:00, on,0028,0040,0000,0012,106,60.17,31.98,

( 途中省略 )

2012/06/01,23:00:00, on,0028,0040,0000,0012,104,60.06,32.45,

不揮発性メモリへの書き込み制限

本装置に内蔵の不揮発性メモリは 2GB の容量ですが、保存データにより容量

が 100%になるとそれ以上の計測データは保存されません。

現在の不揮発性メモリの使用量(%表示)は、Web インターフェースの「基本

設定の表示」ページの

きます。

不揮発性メモリの使用量/全体

で確認することがで

不揮発性メモリの容量が 100%に近づいてきた場合は、SFTP あるいは FTP で

リモート端末からアクセスし、不揮発性メモリ内の必要なデータをダウン

ロードし、その後、不揮発性メモリ内のデータをクリアしてください。

クリアすると不揮発性メモリに蓄積されている消費電力値 および 消費電力

量のデータは削除されます。

参照 ② 挙動の設定 (70 ページ)

参照 6.4.15 clearpwrlog コマンド (101 ページ)

☝ 重要

本装置の電源を OFF にする場合は、シャットダウンを実行してください。本

製品内の不揮発性メモリへの書き込み途中にシャットダウンが実行された場

合、書き込みを完了してからシャットダウンされます。

シャットダウン以外の方法により本装置の電源 OFF や Reset ボタンの押下を

行わないでください。不揮発性メモリの内部データや不揮発性メモリ自体が

破損する可能性があります。

計測データファイルは、60 分毎(本装置の内部時計の時刻において正時となる

毎時 00 分 00 秒)に本装置に内蔵している不揮発性メモリに保存されます。そ

の際、装置前面の Port 1~4 LED が赤色点灯します。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

41

5

5.2 情報表示項目

5.2.4

基本設定の表示(装置情報)

メニュー選択領域で、基本設定の表示 をクリックすると、以下の情報が表示され

ます。

主な項目の説明

項目名 説明

装置名称

ホスト名

Web インターフェースの上部ペインに表示される本装置の

名称

本装置のネットワークホスト名

DHCP 設定

Ethernet の DHCP の状態

(DIPSW の 5 番の状態、デフォルト無効)

Ethernet のオートネゴシエーションの状態

(DIPSW の 4 番の状態、デフォルト有効)

オートネゴシエーション設定の注意事項

オートネゴシエーション設定

オートネゴシエーションが有効の場合は、オートネゴシエー

ションの結果を表示します。 本装置がオートネゴシエーショ

ン有効であっても、相手側が無効であれば、10Mbps/Half に

なります(Ethernet 規程)。 相手がオートネゴシエーション

有効であっても本装置が固定の場合、相手側は 10Mbps/Half

になります(Ethernet 規程)。 オートネゴシエーションは双

方で有効である必要があります。

通信速度/通信モード

MAC アドレス

Ethernet の通信速度と通信モードの状態

(DIPSW の 2,3 番の状態、デフォルト 100Mbps/Full)

Ethernet の MAC アドレス

POE

あり : PoE 受電機能あり(FX5250GW/PE)

なし : PoE 受電機能なし(FX5250GW/AD)

不揮発性メモリの使用量/全

不揮発性メモリの状態(別表) (使用量/全容量)

42

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

不揮発性メモリ(SD カード)の 状態表記 は以下のいずれかとなります。

不揮発性メモリの状態 表示内容

1 正常動作

接続 ([使用量]/[全体サイズ] [使

用率])

3

装着されていない

本装置が稼働中に挿入したか、きちんと挿入さ

れていない場合が考えられます。

未接続

4

ライトプロテクトがかかっている

SD カードのプロテクトノッチを書込可にして

ください。

書込禁止

5

通信不可

SD カードが物理的に故障しているか、対応規

格外のカードが挿入されている場合が考えら

れます。

異常 (通信不可)

6

マウント失敗

SD カードのフォーマット情報が不正である場

合が考えられます。

異常 (マウント不可)

7

容量計測不可

フォーマットに失敗している場合が考えられ

ます。

異常 (容量計測不可)

8

残り容量が 5%以下

記録データのバックアップ後、1 ヶ月以内に

フォーマットしてください。

空き容量低下 ([不揮発性メモリの使用

量]/[全体サイズ] [使用率])

9

残り容量が 1KB 以下

本装置をシャットダウンし、記録データのバッ

クアップ後、フォーマットしてください。

容量不足 (書込不可)

10

データクリア中

フォーマット処理中に表示されます。

クリア中

ファイルシステムが破損

SD カードのデータまたはフォーマットが破壊

11

されています。

SD カードへの書き込み中にシャットダウンせ

異常 (書込不可)

ずに電源を切るか、SD カードが寿命に達した

場合が考えられます。

12

ファイルシステムのフォーマットが異常

不正なフォーマットの場合が考えられます。

フォーマット異常 (書込不可)

項目 6,7,11,12 が発生したら、メニュー「高度な設定」の 不揮発性メモリのクリ

ア を試してみてください。

参照 挙動の設定 (70 ページ)

不揮発性メモリのクリアを実行しても復旧しない場合は、弊社サポート係 または

ご購入先にお問い合わせください。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

43

5

5.2 情報表示項目

5.2.5

機器情報の表示

メニュー選択領域で、機器情報の表示 をクリックすると、以下のような情報が表

示されます。ここでは、コンセント一覧の表示では表示しきれなかった、本製品

に接続している機器のバージョンなどの各種情報を確認することができます。

表示項目

項目名 説明

No

機器構成

コンセントの一覧に対応する番号です。

コンセント一覧の表示に準じます。

コンセント名称 同上。

型格 接続機器の型格です。

SN

Rev

製造日

Ver

接続機器のシリアル番号です。

接続機器の版数です。

接続機器の製造日です。

接続機器のファームウェアバージョンです。

44

ゲートウェイ

取扱説明書

5.2 情報表示項目

5.2.6

無線機情報の表示

メニュー選択領域で、無線機情報の表示 をクリックすると、以下のような情報が

表示されます。接続構成の表示は「コンセント一覧の表示」や「機器情報の表

示」と同じく構成度を持った表示となっています。 この画面では、電波強度(各無

線機間の送受信時の電波強度の単位時間平均値。単位は[dBm] )、無線品質(プロ

トコル通信の成否状況を単位時間で平均化した状況) を表示しています。

表示項目(他のページと共通する部分は省略)

項目名 説明

電波強度

無線品質

送受信電波強度を単位時間で平均した数値。

通信の成否を直接表すものではなく、送受信機間の電波の見通し状況

を示すものです。

直近 20 回の通信結果から、通信失敗の頻度や周期、それによる計測値

計算への悪影響度をリアルタイムに品質を判断し 5 段階で表現してい

ます。

段階毎の表記、表示色、意味

とても良い

良い

悪い

とても悪い

黄緑

橙(オレンジ)

通信チャンネル 親機とその配下の機器が使用している通信チャンネルを表示します。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

45

5

5.2 情報表示項目

5.2.7

ログの表示

メニュー選択領域で、ログの表示 をクリックすると、以下のようなログ情報が表

示されます。ここでは、本装置のログを確認することができます。ログの意味に

ついては、下記をご参照ください。

参照 Chapter 8 - ログ (135 ページ)

上記の番号表示は、ログファイルのページ数を示し、1 ページあたり 200KB の

データサイズで最大 10 ページ分までログが内部保存されます。

番号が大きくなるにつれて古いログになります。 ” 1 ” をクリックした場合に表示さ

れるログが最新ログです。 ログのダウンロード をクリックすると下記のような

ダイアログが表示されます。[保存]ボタンをクリックし、保存先およびファイル

名称を指定すると、ログをダウンロードすることができます。

[ログのクリア]ボタンをクリックすると蓄積されているログはクリアされま

す。

46

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

5.3.

情報編集項目

メニュー選択領域の「情報編集項目」では、各種機能設定を行うことができます。

5.3.1

ネットワーク設定の編集

メニュー選択領域で、ネットワーク設定の編集 をクリックすると、以下のような

設定画面が表示されます。ここでは、本製品のネットワーク設定を行うことがで

きます。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

47

5

5.3 情報編集項目

項目名

装置名称

ホスト名

IP アドレス

サブネットマスク

ゲートウェイ

ゲートウェイ

ブロードキャスト

優先 DNS サーバ

代替 DNS サーバ

説明

本装置の装置名称を設定します。日本語の入力が可能で 63 文字まで設定

することができます。

本装置のホスト名を設定します。半角英数字および一部の半角記号(下記

参照)により、31 文字まで設定可能です。

本装置の IP アドレスを指定します。DHCP 設定が有効の場合(ディップス

イッチ 5 が ON)、この項目の設定値は無視されます。

本装置のサブネットマスクを指定します。 DHCP 設定が有効の場合

(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設定値は無視されます。

本装置のデフォルトゲートウェイを指定します。DHCP 設定が有効の場合

(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設定値は無視されます。

本装置のデフォルトゲートウェイを指定します。DHCP 設定が有効の場合

(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設定値は無視されます。

本装置のブロードキャストを指定します。 DHCP 設定が有効の場合

(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設定値は無視されます。

本装置が名前解決に使用する優先 DNS サーバの IP アドレスを指定しま

す。DHCP 設定が有効の場合(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設

定値は無視されます。

本装置が名前解決に使用する代替 DNS サーバの IP アドレスを指定しま

す。DHCP 設定が有効の場合(ディップスイッチ 5 が ON)、この項目の設

定値は無視されます。

このボタンをクリックすると、上記項目に入力した設定値に変更します。 [反映]ボタン

[初期化]ボタン

このボタンをクリックすると、ネットワーク設定を初期設定に戻します。

初期設定を反映させるためには、再起動が必要です。

 使用可能文字

装置名称

文字種類 文字内容

全角文字 全角文字全て

半角英数字

半角記号

0~9 a~z A~Z

半角記号

ホスト名

文字種類

#(シャープ) @(アットマーク)

半角英数字

文字内容

0~9 a~z A~Z

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダースコア) =(イ

半角記号

コール) :(コロン)

IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、ブロードキャスト、優先 DNS

サーバ、

代替 DNS サーバ

文字種類 文字内容

半角数字 0~9

.(ピリオド)

48

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

各プロトコルの TCP/UDP ポート番号の設定

ネットワークの設定画面では、さらに各プロトコルの TCP/UDP ポート番号を変

更することができます。また、値の変更の他、各プロトコルの有効・無効を選

択設定可能です。

☝重要

ネットワークの設定の変更を反映させるには、

設定の保存

および

再起動

が必要です。Web インターフェースの右下に表示される [設定の保存] ボタ

ンをクリックし、その後 [再起動]ボタンをクリックしてください。

参照 5.6 設定の保存 (77 ページ)、5.7 再起動 (77 ページ)

SSH 認証鍵のダウンロード

SSH クライアントソフトで必要な秘密鍵をダウンロードできます。

SSH クライアントソフトにおいてユーザ名とパスワードを本製品に送信する手

段に RSA 暗号を用いる場合、SSH クライアントソフト側に本製品の SSH 用秘

密鍵をインストールるする必要があります。

画面の ダウンロード をクリックすると下記画面が表示されるので、所定の場

所の秘密鍵のファイルをダウンロードしてください。

ダウンロードした秘密鍵のインストールの方法は、各ソフトウェアの説明に

従ってください。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

49

5

5.3 情報編集項目

5.3.2

機器情報の編集

メニュー選択領域で、機器情報の編集 をクリックすると、以下のような画面を表

示します。ここでは、接続機器の本体名称と、スマートコンセント及びシングル

スマートコンセントのコンセント名を編集することが出来ます。

※ただしスマートコンセントのコンセント名称を編集する時は、お手数をお掛け

いたしますが、一旦は本製品に直結して編集してください。

 使用可能文字

文字種類 文字内容

全角文字

半角英数字

全角文字全て

0~9 a~z A~Z

半角記号 #(シャープ) @(アットマーク)

5.3.3

無線機情報の編集

メニュー選択領域で、無線機情報の編集 をクリックすると、以下のような設定画

面が表示されます。

50

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

項目名

ペアリングモード

下記 2 つのチェックボックスについて

□ 1 シングルスマートコンセント

□ WH ワイヤレスベース

通信チャンネル

説明

チェックボックスをチェックすると、ワイヤレ

スベースの動作モードがペアリングモードに

切り替わります。 チェックを外すと通常モー

ドに戻ります。

チェックを外すと、ワイヤレスベースとのペア

リングが解除され、各機器の動作モードはペア

リングモードに移行します(デフォルト)。

各機器の動作モードの変更については下記を

参照して下さい。

参照 挙動の設定 (70 ページ)

ワイヤレスベースと配下の機器が使用する無

線通信チャンネルを変更できます。

[反映]ボタン

このボタンをクリックすると、上記設定を変更

します。

 無線機情報の編集手順の例 (無線設置ガイドの構成から)

ここでは、稼働中の構成に対してワイヤレスベースを 1 台追加し、いくつかの

既存の機器類をあたらしいワイヤレスベースにペアリングを入れ替えてみま

す。

☝ 重要

ペアリングの変更や通信チャンネルの変更を行う場合は、周囲の電波状況に注

意して実施してください。 ワイヤレスベース、ワイヤレスハブ、シングルス

マートコンセントの 3 製品がペアリング時の使用する通信チャンネルは「0(ゼ

ロ)ch」を使っております。

所有者の自他を含んでペアリングモードで動作しているワイヤレスベースが 2

台以上存在すると意図した通りに設定できなくなります。 あらかじめご了承下

さい。

まず「無線設置ガイド」の通りに機器を設置すると、無線機情報の編集画面は

下図の通りになります(名称やシリアル番号、通信チャンネルは実際と異なる場

合があります)が、これを稼働中の構成として説明していきます。

ゲートウェイ

取扱説明書

51

5

5

5.3 情報編集項目

52

ここで新規のワイヤレスベースを 1 台、ゲートウェイの空いている USB ポート

3 番に接続します。正しく認識すれば下記状態になる筈です (名称やシリアル

番号、通信チャンネルは実際と異なる場合があります)。

確認できたら、シングルスマートコンセントを構成から外してシングルスマー

トコンセントの動作モードをペアリングモードに変更するため、シングルス

マートコンセントのチェックを外します。

外したら 反映 ボタンを押して下さい。

しばらくすると下記のように、構成からシングルスマートコンセントが構成か

ら消えます。

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

この時点で、シングルスマートコンセントは「ペアリングモード」になってい

ます。

シングルスマートコンセントの LED が黄色に点灯している事で確認できます。

次に、このシングルスマートコンセントと追加したワイヤレスベースとのペア

リングを成立させるため、追加したワイヤレスベースのチェックボックスに

チェックを入れて下さい。

チェックを入れたら 反映 ボタンを押して下さい。

しばらくすると下記のように、追加したワイヤレスベースの動作モードが「ペ

アリングモード」になります。

この時点で、この追加したワイヤレスベースとシングルスマートコンセントの

ペアリングが成立し、シングルスマートコンセントの動作モードは自動的に

「通常モード」に切り替わっています。 これはシングルスマートコンセントの

LED が緑色に点灯している事で確認できます。

最後に、追加したワイヤレスベースの動作モードを「通常モード」に戻すた

め、追加したワイヤレスベースのチェックボックスのチェックを外して下さ

い。

外したら 反映 ボタンを押して下さい。

しばらくすると下記のように構成が変わっている事を確認できます。

ゲートウェイ

取扱説明書

53

5

5

5.3 情報編集項目

通信チャンネルの変更

本製品では、二つの技術的な理由から、ワイヤレスベース毎に通信チャンネル

を変更する事が出来ます。

理由(1): 測定周期時間の調整

本製品にはワイヤレスベースを 4 台接続することが出来ます。 そのワイヤレス

ベースは、シングルスマートコンセントとして 16 台、またはワイヤレスハブと

して 4 台とのペアリングを保つことが出来ます。

※無線接続の詳細は「無線設置ガイド」をご確認下さい。

本製品は、ワイヤレスベースを通じて各ペアリング相手と順番に無線通信を行

いますが、ワイヤレスベース毎に最大 5 秒の通信時間が必要です。 そのため、

4 つ全てのワイヤレスベースが一つの通信チャンネルを用いている場合、全ての

ペアリング相手との無線通信に掛かる時間は 20 秒となります。

本製品が複数ある環境なら、通信チャンネルは本製品毎に共通化した方が良い

と思いますが、仮に本製品が 1 台だけなら、通信チャンネルはワイヤレスベー

ス毎に別のチャンネルを使うことで、全てのペアリング相手との無線通信に掛

かる時間を 5 秒に短縮することが出来ます。

理由(2): チャンネル干渉の回避

無線設置ガイドの 3.1 節に記載しているように、おなじ 2.4GHz 帯の他の通信方

式の影響を受けた場合、正しく通信出来ない場合があります。 特に WiFi(無線

LAN) の電波の影響を受けやすくなっております。

この場合には、WiFi 側のチャンネルを固定にし、本製品側でも WiFi のチャンネ

ルから遠い周波数のチャンネルに設定することで、干渉を回避することが出来

ます。

 反映ボタンを押したときの処理待ち時間

シングルスマートコンセントおよびワイヤレスハブのどちらも、1 台あたり

2.5 秒の処理待ち時間が必要です。

ワイヤレスベースが 4 つ接続され、ワイヤレスベース毎に 16 台のシングルス

マートコンセントがペアリングされていて、全て同じ通信チャネルで稼働して

いる場合は、64 台 × 2.5 秒 = 160 秒 (2 分 40 秒) 必要になります。

ワイヤレス毎に通信チャンネルが違う場合は、16 台 × 2.5 秒 = 40 秒必要

です。

構成から外したときに自動で「ペアリングモード」に入る設定につい

接続構成欄のシングルスマートコンセントおよびワイヤレスハブのチェック

ボックスを外して構成から除外した場合に、シングルスマートコンセントおよ

びワイヤレスハブを自動的に「ペアリングモード」にするか否かは、挙動の設

定で選択出来ます。

参照 挙動の設定 (70 ページ)

54

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

5.3.4

SNMP 設定の編集

メニュー選択領域で、SNMP 設定の編集 をクリックすると、以下のような設定画

面が表示されます。本製品は、SNMP エージェント機能を持ち、本製品を管理す

るための情報を提供します。本設定画面では、SNMP 機能に関する設定を行うこ

とができます。

プライベート MIB の詳細については、をご参照ください。

項目名 説明

SNMP 機能

SNMP 機能の ”有効”/”無効” を設定します。

SNMPv2 を有効にする場合は、”有効(SNMPv2)” を選択します。

SNMPv3 を有効にする場合は、”有効(SNMPv3)” を選択します。

ポート番号 SNMP で用いるポート番号を設定します。

システム情報(SNMPv2,v3 共通)

名前

場所

連絡先

本項目は、system.sysName の値として送信されます。

この装置の名称を入力してください。63 文字まで設定可能です。

本項目は、system.sysLocation の値として送信されます。

この装置の場所を入力してください。63 文字まで設定可能です。

本項目は、system.sysContact の値として送信されます。

この装置に関して誰と連絡をとるべきであるかを説明するものです。通

常、電子メールアドレスを含む値となります。63 文字まで設定可能です。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

55

5

5.3 情報編集項目

コミュニティ名(SNMPv2 設定)

読み取り

書き込み

リードオンリーのコミュニティ名を設定します。

本項目を空白に設定した場合、読み取りでのアクセスが不可となります。

63 文字まで設定可能です。初期設定値は、”public” です。

リード/ライトのコミュニティ名を設定します。

本項目を空白に設定した場合、書き込みでのアクセスが不可となります。

63 文字まで設定可能です。初期設定値は、”private” です。

ユーザー名(SNMPv3 設定)

ユーザー名

認証

暗号

SNMPv3 で利用するユーザー名を設定します。

31 文字まで設定可能です。初期設定値は、”admin” です。

SNMPv3 認証プロトコルの指定、および認証パスフレーズを設定します。

認証プロトコルは、”MD5” あるいは ”SHA1” から選択します。

認証パスフレーズは、9 文字以上、63 文字まで設定可能です。

SNMPv3 暗号プロトコルの指定、および暗号パスフレーズを設定します。

暗号プロトコルは、”暗号なし”, ”DES” あるいは ”AES” から選択

します。暗号パスフレーズは、9 文字以上、63 文字まで設定可能です。

[反映]ボタン このボタンをクリックすると、本画面上で設定した設定値に変更します。

プ ラ イ ベ ー ト

MIB の ダ ウ ン

ロード

このアンカーをクリックすると プライベート MIB ファイルをダウンロー

ドし、保存することができます。

使用可能文字

名前、場所、連絡先、読み取り、書き込み、ユーザー名

文字種類 文字内容

半角英数字

半角記号

0~9 a~z A~Z

!(エクスクラメーション) #(シャープ) $(ドル) %(パーセント) &(アンパサン

ド) ((左小括弧) )(右小括弧) *(アスタリスク) +(プラス) ,(カンマ) -(ハイフ

ン) .(ピリオド) /(スラッシュ) :(コロン) ;(セミコロン) <(小なり) =(イコー

ル) >(大なり) ?(クエスチョン) @(アットマーク) [(左大括弧) ](右大括弧)

^(キャレット) _(アンダースコア) {(左中括弧) |(パイプ) }(右中括弧) ~(チル

ダ) (半角スペース)

認証、暗号

文字種類 文字内容

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

!(エクスクラメーション) $(ドル) %(パーセント) &(アンパサンド) ((左小括

弧) )(右小括弧) *(アスタリスク) +(プラス) ,(カンマ) -(ハイフン) .(ピリオ

ド) /(スラッシュ) :(コロン) ;(セミコロン) <(小なり) =(イコール) >(大な

り) ?(クエスチョン) @(アットマーク) [(左大括弧) ](右大括弧) ^(キャレッ

ト) _(アンダースコア) {(左中括弧) |(パイプ) }(右中括弧) ~(チルダ) (半角

スペース)

☝重要

SNMP 設定の変更を反映させるには、 ” 設定の保存 ” および ” 再起動 ” が必要で

す。Web インターフェースの右下に表示される [設定の保存] ボタンをク

リックし、その後 [再起動]ボタンをクリックしてください。

参照 5.6 設定の保存 (77 ページ)

SNMPv3 の認証あるいは暗号パスフレーズを設定した直後の本装置の起動時に

は、暗号キーなどの生成のため、時間がかかることがあります。

56

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

5.3.5

SNMP トラップの編集

メニュー選択領域で、SNMP トラップの編集 をクリックすると、以下のような設

定画面が表示されます。本製品は、イベント通知として SNMP トラップ通知が可

能です。ここでは、SNMP トラップ通知に関する設定を行います。

照ください。

項 項目名

1 トラップ機能

説明

SNMP トラップ通知機能の ”有効”/”無効” を設定します。

有効にする場合は、”有効(SNMPv2)” を選択してください。

トラップ設定

2

3

4

5

コミュニティ名

トラップ送信先

項目名

トラップ内容

[反映]ボタン

SNMP トラップのコミュニティ名を設定します。

63 文字まで設定可能です。

SNMP トラップの送信先 IP アドレスを設定します。送信先は 5 つまで

設定することができます。

説明

SNMP トラップ通知を行うイベントを選択します。

13 種類の中から通知を実施するイベントのチェックボックスにチェッ

クを入れます。

このボタンをクリックすると、本画面上で設定した設定値に変更しま

す。

6

トラップ MIB のダ

ウンロード

このアンカーをクリックすると トラップ MIB ファイルをダウンロード

し、保存することができます。

トラップ内容の詳細については、「ゲートウェイ_MIB リファレンス」 をご参照く

ださい。

ゲートウェイ

取扱説明書

57

5

5

5.3 情報編集項目

☝重要

SNMP トラップ設定の変更を保存するには、 ” 設定の保存 ” が必要です。

Web インターフェースの右下に表示される [設定の保存]ボタンをクリックして

ください。

参照 5.6 設定の保存 (77 ページ)

使用可能文字

コミュニティ名

文字種類 文字内容

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

!(エクスクラメーション) #(シャープ) $(ドル) %(パーセント) &(アンパ

サンド) ((左小括弧) )(右小括弧) *(アスタリスク) +(プラス) ,(カンマ) -

(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) :(コロン) ;(セミコロン) <(小なり)

=(イコール) >(大なり) ?(クエスチョン) @(アットマーク) [(左大括

弧) ](右大括弧) ^(キャレット) _(アンダースコア) {(左中括弧) |(パイ

プ) }(右中括弧) ~(チルダ) (半角スペース)

トラップ送信先

文字種類 文字内容

半角数字 0~9

半角記号 .(ピリオド)

5.3.6

ユーザーの管理

メニュー選択領域で、ユーザーの管理 をクリックすると、以下のような設定画面

が表示されます。ここでは、新規ユーザーアカウントの登録、ユーザー情報の変

更、削除を行うことができます。

デフォルトで下記 2 種類のユーザーアカウントが登録されています。

” admin

カウントは、削除することができません。

項 ユーザー名 アカウント権限

1

2 admin guest

管理者 (デフォルトパスワード: admin)

ユーザー (デフォルトパスワード: guest)

58

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

使用可能文字

ユーザー名、パスワード

文字種類 文字内容

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

!(エクスクラメーション) %(パーセント) *(アスタリスク) +(プラス) ,(カン

マ) -(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) =(イコール) ?(クエスチョン)

@(アットマーク) [(左大括弧) ](右大括弧) _(アンダースコア) {(左中括

弧) }(右中括弧) ~(チルダ)

☝重要

本設定により、ユーザーアカウントの登録、ユーザー情報の変更、ユーザーア

カウントの削除を行った場合、変更を保存させるには、 ” 設定の保存 ” が必要で

す。

Web インターフェースの右下に表示される [設定の保存]ボタンをクリック

してください。

参照 5.6 設定の保存 (77 ページ)

本装置には、 ” 管理者 ” と ” ユーザー ” という 2 種類のアカウント権限が存在し

ます。下表のように、それぞれのアカウントにおいて操作できる内容が異なり

ます。

機能(Web 設定ページ) 管理者 ユーザー

コンセント一覧の表示

基本設定の表示

コンセント情報の表示

無線機情報の表示

ログの表示

ネットワーク設定の編集

コンセント情報の編集

無線機情報の編集

SNMP 設定の編集

SNMP トラップの編集

ユーザーの管理

セッションの管理

ログ機能の編集

認証機能の編集

日付と時刻の編集

高度な設定

設定の管理

ファームウェアの管理

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

×

●・・・操作可能

×・・・操作不可

ゲートウェイ

取扱説明書

59

5

5

5.3 情報編集項目

① ユーザーアカウントの登録

新規にユーザーアカウントを登録する操作手順を以下に示します。

ユーザーの管理

ページにおいて、

クします。

設定ページが表示されます。新規に登録する

ユーザー名

パスワード

スワード(確認) ” に入力し、権限を ” 装置管理者 ” 、 ” ユーザー ” から選択し

文字まで設定可能です。

指定したユーザーが登録されていることが確認できます。

確認後、画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボタンを押すと

完了です。

ユーザーアカウントは、admin を含めて、16 まで登録することができます。

ユーザー名およびパスワードは、大文字と小文字を判別しています。設定時

には、ご注意ください。

60

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

② ユーザー情報の変更

ユーザーのパスワードあるいは、ユーザー権限を変更する場合は、ユーザー

リストに登録されているユーザー名をクリックします。

指定したユーザーの

■パスワード・権限の変更

ページが表示されます。パ

スワードを変更する場合は、"パスワード ” 、 ” パスワード(確認) ” に入力し、権

クリックします。パスワードは、31 文字まで設定可能です。

画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボタンを押すと完了で

す。

ユーザーアカウントの削除

現在登録されているユーザーアカウントを削除する場合は、ユーザーリスト

の [削除]ボタンをクリックします。

ゲートウェイ

取扱説明書

61

5

5

5.3 情報編集項目

指定のユーザーアカウントの削除が実行され、ユーザーリスト上からも削除

されます。

画面下で点滅中の「設定の保存が必要です」ボタンを押すと完了です。

ユーザー権限での操作

ユーザー権限で Web インターフェースにログインすると、下のような画面表

示となります。設定を変更する権限はなく、メニュー選択領域に、設定の編

集項目は表示されません。表示された項目のみアクセスすることができま

す。

表示されている、メニュー選択領域の各項目については、管理者ユーザーで

ログインした場合と同様です。

62

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

5.3.7

セッションの管理

メニュー選択領域で、セッションの管理 をクリックすると、以下のような設定画

面が表示されます。ここでは、セッションに関する各種設定を行うことができま

す。

セッションの切断

ここでは、本装置に Web 設定ページにログインしているユーザーのセッショ

ンを強制的に切断することができます。

下に示すように、■セッションの切断 のリスト上には、現在本装置にネット

ワークアクセスしているユーザー情報が表示されます。

セッションを切断するユーザーの[切断]ボタンをクリックすると、セッ

ションの強制切断が実行され、セッションを切断されたユーザーは、ログア

ウト状態となります。

切断実行後

[全切断]ボタンをクリックすると、複数のユーザーがネットワークアクセ

スしている場合に、自分を除く全てのユーザーのセッションを切断します。

管理者の複数ログイン

2 人以上の管理者ユーザーが同時に Web インターフェースからログインを行

う場合のアクセス設定を行います。ラジオボタンで ” 許可 ” / ” 禁止 ” を選択

” 許可 ” に設定すると、同時に複数の管理者ユーザーが Web インターフェース

にログインすることができます。

” 禁止 ” に設定すると、ある管理者ユーザーが Web インターフェースでログイ

ンしている間、他の管理者ユーザーは、Web インターフェースにログインす

ることはできません。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

63

5

5.3 情報編集項目

画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボタンを押すと完了で

す。

ログアウトタイム

ここでは、ログインセッションを切断するタイムアウト時間を 1~360 分の範

囲で設定することができます。 0 を設定すると、タイムアウトによるセッ

ションの切断は実行されません。初期設定値は、15 分です。

ボタンをクリック

すると、設定が変更されます。

画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボタンを押すと完了で

す。

5.3.8

ログ機能の編集

メニュー選択領域で、ログ機能の編集 をクリックすると、以下のような設定画面

が表示されます。ここでは、本装置のログを外部の Syslog サーバへ保存するため

の設定を行うことができます。ログの意味については、下記をご参照ください。

参照 Chapter 8 - ログ (135 ページ)

64

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

各項目の表示内容は、下記のとおりです。

項目名 説明

ログの送信

外部の Syslog サーバへのログ送信の ”有効”/”無効” を設定し

ます。

有効にする場合は、”許可” をラジオボタンで選択します。

ログサーバ

(IP アドレス)

外部 Syslog サーバの IP アドレスを指定します。

ログサーバ

(ポート番号)

通信プロトコル

ロ グ フ ァ シ リ

ティ

外部 Syslog サーバの TCP ポート番号を指定します。

初期設定値は、”514” です。1~65535 の範囲で設定することが

できます。

通信プロトコルタイプを ”UDP” あるいは ”TCP” から選択し

ます。

送信先 Syslog サーバのログファシリティを設定します。

LOG LOCAL0~7 のいずれかを選択することができます。

[反映]ボタン このボタンを押すと設定内容を反映させます。

反映ボタンを押した後、画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボタ

ンを押すと完了です。

5.3.9

認証機能の編集

メニュー選択領域で、認証機能の編集 をクリックすると、以下のような設定画面

が表示されます。ここでは、本装置への Web アクセスにおける LDAP 認証の設定

を行うことができます。

ゲートウェイ

取扱説明書

65

5

5

5.3 情報編集項目

各項目の表示内容は、下記のとおりです。

項目名 説明

LDAP 認証機能

認証設定

LDAP 認証の ”有効”/”無効” を設定します。

”有効”/”無効” をラジオボタンで選択します。

”無効”の場合、ローカル認証が行われます。

LDAP 認証とローカル認証の優先順位を指定します。

”LDAP 認証のみを使用” を選択すると、Web インターフェースから

のログイン時に LDAP 認証のみで認証を行います。

”LDAP 認証>ローカル認証” を選択すると、Web インターフェース

からのログイン時にまず LDAP 認証を行い、LDAP 認証に失敗した場合、

ローカル認証を行います。

”ローカル認証>LDAP 認証” を選択すると、Web インターフェース

からのログイン時にまずローカル認証を行い、ローカル認証に失敗した

場合、LDAP 認証を行います。

認証サーバ

(IP アドレス)

認証サーバ

(ポート番号)

LDAP 認証サーバの IP アドレスを指定します。

アクセスユーザー

DN

LDAP 認証サーバーの TCP ポート番号を指定します。

1~65535 の範囲で設定することができます。

ディレクトリとその操作権限を持つアカウント(Administrator)の所在

を 記 述 し ま す 。 ア カ ウ ン ト 名 が ”user1” 、 組 織 単 位 (OU)

が ”people”、

ディレクトリが ”test.com” の場合、

「cn=user1,ou=people,dc=test,dc=com」 となります。

127 文字まで設定可能です。

ディレクトリの操作権限を持つアカウント(Administrator)のパスワー

アクセスユーザー

パスワード

は、非表示となります。31 文字まで設定可能です。

アクセスユーザー

パスワード(確認)

上記 6 項のパスワード確認のために再度記述します。

検索 DN

ログイン属性

管理者属性コンテ

管理者属性文字

タイムアウト

ディレクトリのパスを指定します。ディレクトリが ”test.com” の場

合、

「dc=test,dc=com」 となります。

127 文字まで設定可能です。

LDAP サーバーから読み取るユーザー名のコンテナを指定します。

31 文字まで設定可能です。

LDAP サーバーから読み取るユーザー権限のコンテナを指定します。

31 文字まで設定可能です。

管理者属性の文字列を指定します。

例えば、”Admin” と設定している場合、LDAP サーバーの上記 10 項

「管理者属性名」で指定したコンテナを参照し、”Admin” と記載され

ているか判定されます。31 文字まで設定可能です。

LDAP 認証のタイムアウト時間(秒単位)を指定します。1~300 秒の範囲

で設定可能です。

[反映]ボタン このボタンをクリックすると 上記 1~12 項の設定を変更します。

上記の

LDAP

認証設定後、

LDAP

認証が実行されるか確認テストを行うことができます。

項目名 説明

ログイン名

パスワード

パスワード(確認)

[実行]ボタン

LDAP 認証用のアカウント名を入力します。

LDAP 認証アカウントのパスワードを入力します。

上記パスワードの確認入力を行います。

このボタンをクリックすると 現在の設定内容で LDAP サーバに対して認証

アクセスが実行されます。

66

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

使用可能文字

文字種類 文字内容

アクセスユーザ DN

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダースコア) =(イ

コール) :(コロン) ,(カンマ)

アクセスユーザーパスワード

半角英数字

半角記号

0~9 a~z A~Z

!(エクスクラメーション) %(パーセント) *(アスタリスク) +(プラス) ,(カン

マ) -(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) =(イコール) ?(クエスチョン)

@(アットマーク) [(左大括弧) ](右大括弧) _(アンダースコア) {(左中括

弧) }(右中括弧) ~(チルダ)

検索 DN、ログイン属性、管理者属性名、管理者属性文字

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダースコア) =(イ

コール) :(コロン) ,(カンマ)

反映ボタンを押した後、画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボ

タンを押すと完了です。

5.3.10

日付と時刻の編集

メニュー選択領域で、日付と時刻の編集 をクリックすると、以下のような設定画

面が表示されます。ここでは、本装置内部の時刻設定を行うことができます。

① 日付/時刻とタイムゾーンの設定

ここでは、本装置内部の日付/時刻のタイムゾーンを設定します。

「協定世界時との差分」の項目でドロップダウンリストから任意の値を選択

5

ゲートウェイ

取扱説明書

67

5

5.3 情報編集項目

使用可能文字

タイムゾーン地域名称(略称)

文字種類 文字内容

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダースコ

ア) =(イコール) :(コロン)

反映ボタンを押した後、画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」 ボ

タンを押すと完了です。

日付/時刻の変更

各項目の表示内容は、下記のとおりです。

項目名 説明

時刻を合わせる

現在アクセスしているクライアント PC の Local 時刻を本装置の時刻とし

て設定します。

NTP サーバの時刻と本装置の時刻を同期させます。その際、タイムゾーン

の設定が反映されます。 NTP サーバの時

刻に合わせる

詳細については、下記をご参照ください。

任意の方法を選択し、対応するボタンをクリックすると 日付/時刻 は設定さ

れます。

③ NTP の設定

各項目の表示内容は、下記のとおりです。

項目名 説明

NTP サーバ

(IP アドレス)

本装置が時刻同期を行う NTP サーバの IP アドレスを指定します。

起動時時刻調整

周期時刻調整

周期[分]

本設定を ”有効” にしている場合、本装置の起動時に、指定された NTP

サーバに対して時刻同期を実行します。

本設定を ”有効” にしている場合、指定の周期で NTP サーバに対して

時刻同期を実行します。

NTP サーバに対して時刻同期を行う周期を指定します(分単位)。60~

10080 分の範囲で設定可能です。

本設定は、「周期時刻調整」が ”無効” に設定されている場合は、無視

されます。

[反映]ボタン このボタンをクリックすると、上記 1 から 4 の設定を変更します。

68

ゲートウェイ

取扱説明書

5.3 情報編集項目

使用可能文字

NTP サーバ(IP アドレス)

文字種類 文字内容

半角英数字 0~9 a~z A~Z

半角記号

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダース

コア) =(イコール) :(コロン)

反映ボタンを押した後、画面下で点滅している 「設定の保存が必要です」

ボタンを押すと完了です。

5.3.11

高度な設定

メニュー選択領域で、高度な設定 をクリックすると、以下のような設定画面が表

示されます。ここでは、装置情報表示領域の色設定や挙動(その他の動作)の設定を

行うことができます。

装置情報表示領域

上部カラーの設定

ここでは、Web インターフェース上部にある、装置情報表示領域の色設定を

行います。装置情報表示領域の背景色および文字色をそれぞれのカラーボッ

クスから選択することができます。

背景色を選択する場合は、背景色のカラーボックスから任意の色をクリック

します。選択された色は、文字色カラーボックスの下のサンプル表示領域で

確認することができます。選択した色を反映させるには、[反映]ボタンをク

リックしてください。

下のように、装置情報表示領域の色が変更されます。

設定の変更を保存するには、右下の「設定の保存が必要です」ボタンをク

リックします。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

69

5

5.3 情報編集項目

② 挙動の設定

ここでは、本装置の下記 3 種類の挙動について設定します。

不揮発性メモリのクリア

本装置に内蔵されている不揮発性メモリのデータをクリアします。不揮発性

メモリのクリア中は、計測データは保存されません。

コンセント一覧の表示の自動更新

Web インターフェースの「簡易情報の表示」ページの情報更新に関する設定

を行います。

イベントログの設定

ログに記録する項目のうち、ログを圧迫する項目の記録選択を行います。

項目名 説明

不 揮 発 性 メ モ リ の ク

リア

簡易情報の自動更新

[クリア]ボタンをクリックすると 本装置に内蔵されている不

揮発性メモリ内の計測データを全てクリアします。クリアには、

数分かかります。

”自動更新を停止する” チェックボックスにチェックを入れ

プロトコルの設定

コンセント一覧の表示に反映した情報をログに記録する場合に

チェックします。 ログがすぐに溜まってしまうため、外部 syslog サーバへの送信を有効にしている場合に使用する事を推

奨します。

通信が途切たり失敗したりするなどの良くない情報を記録しま

す。デフォルトで有効です。

電波強度の変化が発生するごとに記録します。デフォルトで有

効ですが、接続台数が多くなるとログを圧迫します。

[反映]ボタン

☝重要

このボタンをクリックすると、上記設定を変更します。

不揮発性メモリのクリアの実行中は、本装置の電源を OFF にしないでくださ

い。不揮発性メモリが正常に動作しなくなり、計測データが保存できなくな

る恐れがあります。

70

ゲートウェイ

取扱説明書

5.4 設定の管理

ペアリング解除の設定

無線機情報の編集画面で、ワイヤレスハブやシングルスマートコンセントを

構成から外す事を 「ペアリングの解除」 と呼びます。 そしてそれが行われ

た時に、ワイヤレスハブまたはシングルスマートコンセントの動作モードを

「ペアリングモード」に自動的に切り替えるか否かの設定を、ここで選択す

ることができます。

☝重要

変更を保存させるには、

設定の保存

が必要です。 WebUI の右下に表示さ

れる [設定の保存]ボタンをクリックしてください。

参照 5.6 設定の保存 (77 ページ)

5.4.

設定の管理

メニュー選択領域の 設定の管理 では、設定ファイルのダウンロード、アップロード

および設定の初期化 を行うことができます。

① 設定の退避

本装置の設定ファイルをクライアント端末上にダウンロードすることができま

す。

ダウンロードした設定ファイルをアップロードすることにより、設定の復元に利

用することができます。操作手順を以下に示します。

「設定のダウンロード」の ダウンロード をクリックします。

「ファイルのダウンロード」ダイアログが表示されます。[保存]ボタンをク

リックするか、右隣をクリックしてメニューに従って操作します。

設定ファイルのダウンロードが実行され、クライアント PC 上に保存されます。

② 設定の復元

「設定のアップロード」の[参照]ボタンをクリックします。

「アップロードするファイルの選択」ダイアログが表示されます。本装置の設定

5

ゲートウェイ

取扱説明書

71

5

5.4 設定の管理

[アップロード]ボタン をクリックします。設定ファイルのアップロードが実

行され、設定の復元が実行されます。

アップロード完了後、再起動の前に設定を保存します。

画面右下の、「設定の保存が必要です」をクリックして保存を実行してくださ

い。

設定ファイルの保存後、Web インターフェース右下の[再起動]ボタンが [再

起動が必要です]という表示に変わり、色の反転表示を繰り返します(点滅して

見えます)。設定ファイルのアップロードを反映させるために、本装置を再起動

72

ゲートウェイ

取扱説明書

5.4 設定の管理

されます。再起動後、復元した設定で本装置は動作します。

③ 設定の初期化

「設定の初期化」の[初期化]ボタンをクリックすると、全ての設定値を初期状

態に戻すことができます。

参照 5.10 初期設定値 (80 ページ)

設定の初期化が実行されます。

設定の初期化を反映させるためには、本装置を再起動する必要があります。

参照 5.7 再起動(77 ページ)

5

ゲートウェイ

取扱説明書

73

5

5.5 ファームウェアの管理

5.5.

ファームウェアの管理

メニュー選択領域で、ファームウェアの管理 をクリックすると、以下のような画面

が表示されます。ここでは、本装置のファームウェアバージョンの確認、アップロー

ドを行うことができます。

バージョン情報

② 最新ファームウェアのアップデート

ここでは、アップロードファイルを指定して、最新ファームウェアにアップデー

トすることができます。以下にファームウェアアップグレードの手順を示しま

す。

ファームウェアには、下記の 3 種類のファイルがあります。どのファイルから

アップデートを行っても問題はありません。

ファイル名 内容

B081_l_Vx.xxxx_yyyymmdd_rr.bin ブートローダー

B081_k_Vx.xxxx_yyyymmdd_rr.bin カーネル

B081_f_Vx.xxxx_yyyymmdd_rr.bin ファイルシステム x には、バージョン値が入ります。(例: 2.450) yyyymmdd には、各ファイルのリリース日付が入ります。(例: 20130618) rr には、各ファイルのリビジョン番号が入ります。(例: 01)

アップロードするファームウェアデータを指定するために[参照]ボタン をク

リックします。

74

ゲートウェイ

取扱説明書

5.5 ファームウェアの管理

く]ボタン をクリックします。

[ファームウェア アップロード]ボタン をクリックします。

” アップロード中です。しばらくお待ち下さい。 ” というメッセージが表示されま

す。お待ちください。アップロードが完了すると、下のように、ファームウェア

のアップデート画面が表示されます。表示内容を確認し、[アップデートの実

行]ボタン をクリックします。

※上記は例のためバージョンが同じ値を示しております。

☝重要

アップデートの実行中に動作を中断すると、本装置が正常に動作しなくなる恐れ

があります。ファームウェア更新作業が完了するまで電源を切らないでくださ

い。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

75

5

5.5 ファームウェアの管理

” アップデート中です。しばらくお待ち下さい。 ” というメッセージが表示され、

アップデートが実行されます。

アップデートには、約 2 分かかります。アップデートが完了すると、下のように

表示されます。

ファームウェアのアップデート後、Web インターフェース右下の[再起動]ボ

タンが [再起動が必要です]という表示に変わり、色の反転表示を繰り返しま

す(点滅して見えます)。

ファームウェアのアップデートを反映させるためには、本装置を再起動する必要

があります。再起動の方法については、下記をご参照ください。

参照 5.7 再起動 (77 ページ)

もし、アップデート作業後に設定を出荷時の状態に初期化される場合には、 ” 設

定の管理 ” ページの「設定の初期化」を実行してください。

参照 ③ 設定の初期化 (73 ページ)

76

ゲートウェイ

取扱説明書

5.6 設定の保存

5.6.

設定の保存

本装置の設定を変更した場合、設定の保存を実行する必要があります。「設定の保

存」を実行しないと、本装置に関する全ての設定変更は、再起動により失われます。

設定の保存が必要な場合、Web インターフェースの右下に表示される [設定の保

存]ボタンが [設定の保存が必要です]というメッセージに変わり、点滅を繰り返

します。

[設定の保存が必要です]ボタンをクリックします。

確認ダイアログが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

設定の保存が完了するまで約 10 秒かかります。

タン表示は [設定の保存] に戻ります。

5.7.

再起動

設定の初期化、設定のアップロード、ファームウェアのアップデートなどを実行した

後、本装置の再起動が必要となります。Web インターフェースの右下に表示される

[再起動]ボタンをクリックすると本装置を再起動させることができます。

ファームウェアのアップデート後、設定の復元後、あるいは 再起動が必要な設定の

保存後に [再起動]ボタンが [再起動が必要です]という表示に変わり、点滅表示

ます。

不揮発性メモリへの計測値の保存中に再起動が実行された場合、保存が完了してから

再起動されます。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

77

5

5.8 シャットダウン

再起動が始まると Web インターフェースは、下のように表示されます。約 1 分お待

ちください。約 1 分後、再びログイン画面が表示されます。

5.8.

シャットダウン

本装置の電源を OFF にする場合、シャットダウンを実行します。

シャットダウンは、不揮発性メモリへのデータ保存の実行中に電源を OFF されること

による、不揮発性メモリ内のデータ破損を防止します。

Web インターフェースの右下に表示される [シャットダウン]ボタンをクリックす

ると本装置をシャットダウンさせることができます。

実行されます。

不揮発性メモリへの計測値の保存中にシャットダウンが実行された場合、保存が完了

してからシャットダウンされます。

Web インターフェースの画面は下のように表示されます。

シャットダウンが完了すると、本装置前面の全ての LED が消灯状態となります。そ

の状態で安全に電源を落とすことができます。AC アダプタや PoE 給電機器を取り外

してください。

また、上記の安全に電源を落とすことができる状態から、前面の Reset ボタンを押下

することにより、本装置を再び起動させることができます。

78

ゲートウェイ

取扱説明書

5.9 Copyright の表示

5.9.

Copyright の表示

ブラウザのアドレスに ” https://<本装置の IP アドレス>/licenses.html

” を入力する

と、本装置のソフトウェアに関する Copyright の情報を確認することができます。

本装置の IP アドレスが、下記のように設定されているとします。

IP Address: 10.74.119.145

https://10.74.119.145/licenses.html

以下のような画面が表示されます。

5

ゲートウェイ

取扱説明書

79

5

5.10 初期設定値

5.10.

初期設定値

本製品の Web インターフェース設定ページにおける、初期設定値の一覧を下記に示

します。

参照 ③ 設定の初期化 (73 ページ)

” ネットワーク設定の編集 ” ページ

設定名 初期値 「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

ネットワーク設定の編集

装置名称

ホスト名

スマートコンセント・ゲートウェイ

装置

FX-5250GW

IP アドレス

サブネットマスク

ゲートウェイ

ブロードキャスト

192.168.0.111

255.255.255.0

192.168.0.1

192.168.0.255

優先 DNS サーバ

代替 DNS サーバ

0.0.0.0

0.0.0.0

” コンセント情報の編集 ” ページ

設定名 初期値

「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

コンセント情報

本体名称

コンセント 1 名称

コンセント 2 名称

コンセント 3 名称

シリアル番号

Ch1

Ch2

Ch3

コンセント 4 名称 Ch4

※ ” コンセントの情報の編集 ” ページで設定される項目は、

行しても初期値に戻りません。

”SNMP

設定の編集

ページ

設定名 初期値 「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

SNMP 機能

SNMP 機能

ポート番号

有効(SNMPv2)

161

システム情報(SNMPv2,v3 共通)

名前 FX-5250GW

場所 Fujitsu Component Limited

連絡先 [email protected]

コミュニティ名(SNMPv2 設定)

読み取り

書き込み public private

ユーザー名(SNMPv3 設定)

ユーザー名 admin

認証 SHA1 auth_passphrase

暗号 AES crypt_passphrase

80

ゲートウェイ

取扱説明書

5.10 初期設定値

”SNMP

トラップの編集

ページ

設定名 初期値 「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

トラップ機能

トラップ機能

ポート番号

トラップ設定

コミュニティ名

無効

162

トラップ送信先 A

トラップ送信先 B

トラップ送信先 C

トラップ送信先 D

トラップ送信先 E

トラップ内容

システム起動時

ユーザー認証の報告

有効

有効

ユーザー設定の変更時

全セッション切断時

有効

有効

ファームウェア/設定値アップデートの報告 有効

設定の初期化時 有効 public

192.168.0.112

0.0.0.0

0.0.0.0

0.0.0.0

0.0.0.0

再起動コマンド実行時

ログのクリア時

トラップ設定の変更時

有効

有効

有効

ユーザーの管理

ページ

設定名 初期値

「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

ユーザーリスト

登録ユーザー ユーザー名: admin、

権限: 管理者

ユーザー名: guest、

” セッションの管理 ” ページ

設定名 初期値

権限: ユーザー

※ ユーザーパスワードの初期値は、ユーザー名と同じパスワードとなっていま

す。

「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

セッションの設定

管理者の複数ログイン

ログアウトタイム[分]

許可

15

” ログ機能の編集 ” ページ

設定名 初期値

「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

ログ機能の編集

ログの送信

ログサーバ(IP アドレス)

ログサーバ(ポート番号)

通信プロトコル

ログファシリティ

禁止

192.168.0.116

514

UDP

LOG_LOCAL0

ゲートウェイ

取扱説明書

81

5

5

5.10 初期設定値

認証機能の編集

ページ

設定名 初期値 「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

認証機能の編集

LDAP 認証機能

認証設定

認証サーバ(IP アドレス)

認証サーバ(ポート番号)

アクセスユーザーDN

アクセスユーザーパスワード

アクセスユーザーパスワード

(確認)

検索 DN

ログイン属性

管理者属性名

管理者属性文字

タイムアウト[秒]

日付と時刻の編集

ページ

設定名

無効

LDAP 認証のみを使用

192.168.0.112

389

CN=Administrator,CN=Users ○ password (非表示) ○ password (非表示) ○

CN=Users sAMAccountName info

Admin

10

初期値

「設定の初期化」により

初期値に戻る項目

日付

/

時刻とタイムゾーンの設定

タイムゾーン地域名称 ( 略称 )

協定世界時との差分

JST

GMT +09 : 00

NTP

の設定

NTP

サーバ ntp.nict.jp

無効 起動時時刻調整

周期時刻調整

周期[分]

無効

60

” 高度な設定 ” ページ

設定名 初期値

「設定の初期

化」により初

期値に戻る項

上部カラーの指定

背景色

文字色

挙動の設定

コンセント一覧の表示の自動更新

イベントログの設定

99CCFF

000000

自動更新を停止する

消費電力量を表示する

:無効

:無効

通信状態を表示する :有効

電波強度変化を表示する :有効

82

ゲートウェイ

取扱説明書

5.10 初期設定値

Chapter 6 - コマンド仕様

CUI 操作に関する詳細な情報を必要とする方を対象に、コマンドの仕様について説

明しています。

本章の内容

6.1 コマンド概要 84 ページ

6.2 コマンドの書式

6.3 コマンド実行時のエラー表示

6.4 コマンド一覧

6.4.1 setip コマンド

6.4.2 setdns コマンド

6.4.3 setuser コマンド

6.4.4 setdate コマンド

6.4.5 settime コマンド

6.4.6 settimezone コマンド

6.4.7 setntp コマンド

6.4.8 setlog コマンド

6.4.9 setsnmp コマンド

6.4.10 settrap コマンド

6.4.11 setldap コマンド

6.4.12 setsession コマンド

6.4.13 setif コマンド

6.4.14 clearlog コマンド

6.4.15 clearpwrlog コマンド

6.4.16 resetport コマンド

6.4.17 showip コマンド

6.4.18 showlog コマンド

6.4.19 showuser コマンド

6.4.20 showpower コマンド

6.4.21 showamp コマンド

6.4.22 shownv コマンド

6.4.23 showport コマンド

6.4.24 showversion コマンド

6.4.25 showhelp コマンド

6.4.26 ping コマンド

6.4.27 saveconf コマンド

6.4.28 defaultconf コマンド

6.4.29 reboot コマンド

6.4.30 shutdown コマンド

6.4.31 exit コマンド

84 ページ

85 ページ

86 ページ

87 ページ

88 ページ

89 ページ

90 ページ

91 ページ

92 ページ

93 ページ

94 ページ

95 ページ

96 ページ

97 ページ

98 ページ

99 ページ

100 ページ

101 ページ

102 ページ

103 ページ

104 ページ

105 ページ

106 ページ

108 ページ

110 ページ

111 ページ

112 ページ

113 ページ

114 ページ

115 ページ

116 ページ

117 ページ

118 ページ

119 ページ

6

ゲートウェイ

取扱説明書

83

6

6.1 コマンド概要

6.1.

コマンド概要

コマンドは、コンソール/Telnet/SSH 端末から 本製品の設定・操作を行うための CUI

ツールです。

6.2.

コマンドの書式

画面には、コマンドプロンプトを動作モード別に表示します。それぞれコマンドの書

式は以下のとおりです。

$ コマンド名 [オプション 1 ] [オプション 2 ] ・・・

オプションに使用される記号

[ ]は省略できる。上記の例ではオプション 1 と 2 は共に省略可能を意味し

ます

$ コマンド名 < オプション 1> < オプション 2> ・・・

< >は必須オプション。上記の例ではオプション 1 と 2 は省略できず、未入力

ではエラーになります。

$ コマンド名 [x|y]

| は 選択可能。上記の例では、オプション自体は省略できるものの、指定時

は x または y を選択して入力する必要があります。

コマンド毎にオプションは異なります。

オプション設定では、 ” -a ” のように頭に

す。

” ” を付加し、英数字 1 文字としま

 使用可能文字について

特に指定のないものは下記の規約とします。

文字種類 文字内容

半角英数字

半角記号

0~9 a~z A~Z

-(ハイフン) .(ピリオド) /(スラッシュ) +(プラス) _(アンダー

スコア)

=(イコール) :(コロン)

84

ゲートウェイ

取扱説明書

6.3 コマンド実行時のエラー表示

6.3.

コマンド実行時のエラー表示

コマンド名称あるいは 引数、オプションなどの入力パラメータに問題がある場合

は、下記のようにエラー表示され、コマンドは実行されません。

未定義コマンドを入力した場合

$ setipaddress

– i 192.168.1.100 Enter ↵

Illegal command. Command is not executed.

$

オプションに間違いがある場合 (-p が間違い)

$ setip

– p 192.168.1.100 Enter ↵

Illegal option. Command is not completed.

Usage: setip [-i <IP address>] [-m <subnet mask>] [-g <gateway address>] [-b

<broadcast address>] [-d <device name>]

Set network information such as IP address, etc.

-i <IP address> : IP address

-m <subnet mask> : Subnet mask

-g <gateway address> : Gateway address

-b <broadcast address> : Broadcast address

-d <device name> : Device name

$

コマンドを実行する権限がない場合

$ setip – i 192.168.1.100 Enter ↵

Permission denied. Command is not completed.

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

85

6

6.4 コマンド一覧

6.4.

コマンド一覧

コマンドは、大文字小文字区別なく認識します。以下にコマンド一覧を示します。

項 コマンド名 説明 実行権限

1

2

3

4

5 setip setdns setuser setdate settime

6

7

8

9 settimezone setntp setlog setsnmp

10 settrap

11 setldap

12 setsession

13 setif

14 clearlog

15 clearpwrlog

16 resetport

17 showip

18 showlog

19 showuser

20 showpower

21 showamp

22 shownv

23 showport

24 showversion

25 showhelp

26 ping

27 saveconf

28 defaultconf

29 reboot

30 shutdown

31 exit

ネットワーク設定、およびホスト名の設定を行います。

DNS 情報を設定します。

ユーザーアカウントの登録/変更/削除を行います。

本装置の日付・時刻設定を行います。

本装置の時刻設定を行います。

本装置のタイムゾーン設定を行います。

NTP サーバからの時刻調整設定を行います。

外部 Syslog サーバへのログ保存設定を行います。

SNMP エージェント機能の設定を行います。

SNMP トラップ機能の設定を行います。

LDAP 認証の設定を行います。

セッション情報の表示および現在接続中のセッションの切

断を行います。

ユーザーインターフェースにおける各種プロトコル(telnet, ssh, sftp, ftp, https, http)の有効/無効を設定します。

管理者

シスログを削除します。 管理者

不揮発性メモリに保存されている計測データを削除します。 管理者

スマートコンセント接続用ポートに対して、リセット処理を

行います。

管理者

本装置のネットワーク設定を表示します。

シスログを表示します。

登録されているユーザーをリスト表示します。

本装置に接続されているスマートコンセントにおける、現在

の各コンセントの消費電力値を表示します。

本装置に接続されているスマートコンセントにおける、現在

の各コンセントの消費電流値を表示します。

不揮発性メモリのメモリ使用量および状態を表示します。

本製品に接続しているスマートコンセントの状態を表示し

ます。

本装置のファームウェアバージョンを表示します。

コマンド書式を表示します。”help” あるいは、”?” の

入力でも同様のコマンドとなります。

ネットワーク上の機器に対して、ICMP ping パケットを送信

します。

設定変更を FlashROM に書き込み、保存します。

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

ユーザー

管理者

全ての設定値をデフォルトに戻します。

本装置をリブートします。

本装置をシャットダウンします。

ログアウトします。

管理者

管理者

管理者

管理者

ユーザー

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

管理者

86

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.1

setip コマンド

IP アドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス、ブロードキャストアド

レス、ホスト名を設定します。ただし、DHCP 設定が有効の場合(ディップスイッ

チ 5 が ON)、ホスト名以外の設定内容は無視されます。本コマンドを実行した

後、設定値を FlashROM に保存するために、saveconf コマンドを実行してくださ

い。

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

書式

 setip [-i <IP アドレス>] [-m <サブネットマスク>] [-g <ゲートウェイアドレス

>] [-b <ブロードキャストアドレス>] [-d <ホスト名>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-i IP アドレス XXX.XXX.XXX.XXX 192.168.0.111

-m サブネットマスク XXX.XXX.XXX.XXX 255.255.255.0

-g

-b

ゲートウェイアドレス

ブロードキャストアド

レス

XXX.XXX.XXX.XXX

XXX.XXX.XXX.XXX

192.168.0.1

192.168.0.255

-d ホスト名 31 文字までの半角英数、半角記号 FX-5250GW

上記表の設定値

X

には任意の数値が入ります(0.0.0.0~

255.255.255.255)。

オプションなしでコマンドを実行すると現在の設定値が表示されます。

 実行例

IP アドレスを 192.168.1.100 に設定します。

$ setip

– i 192.168.1.100 Enter ↵

IP Address : 192.168.1.100

$

IP アドレスを 192.168.1.70、サブネットマスクを 255.255.255.0、ゲート

ウェイアドレスを 192.168.1.1、ブロードキャストアドレスを 192.168.1.255

に設定します。

$ setip – i 192.168.1.70 – m 255.255.255.0 – g 192.168.1.1 – b 192.168.1.255 Enter ↵

IP Address : 192.168.1.70

Subnet Mask : 255.255.255.0

Gateway Address : 192.168.1.1

Broadcast Address : 192.168.1.255

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

87

6

6.4 コマンド一覧

6.4.2

setdns コマンド

DNS 情報を設定します。本コマンドを実行した後、設定値を FlashROM に保存す

るために、saveconf コマンドを実行してください。

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

書式

 setdns [-p <プライマリ DNS サーバアドレス>] [-s <セカンダリ DNS サーバア

ドレス>]

コマンドオプション

内容 設定値

-p

プライマリ DNS サーバアドレ

XXX.XXX.XXX.XXX

セカンダリ DNS サーバアドレ

-s XXX.XXX.XXX.XXX

上記表の設定値 ” X ” には任意の数値が入ります(0.0.0.0~

255.255.255.255)。

オプションなしでコマンドを実行すると現在の設定値が表示されます。

実行例

プライマリ DNS サーバアドレスを 192.168.1.50 に設定します。

$ setdns

– p 192.168.1.50 Enter ↵

Primary DNS : 192.168.1.50

$

セカンダリ DNS サーバアドレスを 192.168.1.55 に設定します。

$ setdns – s 192.168.1.55 Enter ↵

Secondary DNS : 192.168.1.55

$

88

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.3

setuser コマンド

ユーザーアカウントの登録、変更、削除を実行します。本コマンドを実行するこ

とができるのは、 ” 管理者 ” 権限を持つアカウントです。本コマンドを実行した

後、設定値を FlashROM に保存するために、saveconf コマンドを実行してくださ

い。

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

書式

 setuser [-a <設定ユーザー名称> -p <設定パスワード> -g <ユーザー権限>] setuser [-d <削除ユーザー名称>]

コマンドオプション

-a

-d

内容

設定ユーザー名称

削除ユーザー名称

設定値

1~31 文字、*既に登録されている名称は上書きされます。

1~31 文字、*登録されていない名称の場合、エラーとなりま

す。

0~31 文字 -p 設定パスワード

 admin=管理者

-g ユーザー権限 user=ユーザー

-a と-d のオプションは同時に指定できません。

-a と-g は同時に指定してください。

オプションなしで実行すると現在登録されているアカウントが表示されます。

-d を指定した場合、他のオプションは無視されます。

既存のユーザーのパスワードおよびユーザー権限を変更する場合は、-a オプ

ションで既存のユーザー名を指定し、上書き設定を行います。

実行例

規登録。

$ setuser

– a user1

– p test1

– g user Enter ↵

Add user : user1

$

” user1

のパスワードを「himitsu」に変更(-a オプションにて上書き)。

$ setuser

– a user1

– p himitsu

– g user Enter ↵

Add user : user1

$

” user1 ” を削除。

$ setuser – d user1 Enter ↵

Delete user : user1

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

89

6

6.4 コマンド一覧

6.4.4

setdate コマンド

本装置の日付設定を手動で行います。

書式

 setdate [YYYYMMDDhhmmss]

コマンドオプション

設定値

YYYYMMDDhhmmss

YYYY

MM

DD

ます。 hh mm

: 西暦を 4 桁数字で指定します。

: 月を 2 桁数字(01~12)で指定します。

: 日を 2 桁数字(01~ 31)で指定し

: 時を 2 桁数字(00~23)で指定します。

: 分を 2 桁数字(00~59)で指定します。

 ss : 秒を 2 桁数字(00~59)で指定します。 ss を省略した場合は、00 秒として処理されます。

オプションなしで実行すると、内部時計の現在の日時が表示されます。

2 月 29 日を指定した場合、指定の年がうるう年の場合、正しく 2/29 となりま

す。

うるう年以外の場合、3 月 1 日に設定されます。

2 月は、30, 31 日を指定した場合、エラーとなります。4, 6, 9, 11 月は、31 日

を指定した場合、エラーとなります。

実行例

本装置の内部時計の日付を 2012 年 6 月 25 日 12 時 18 分 30 秒に合わせま

す。

$ setdate 20120625121830 Enter ↵

Set date : Completed

$

オプションなしで実行すると現在の設定日時を確認します。

$ setdate Enter ↵

Mon Jun 25 12:18:37 2012

$

90

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.5

settime コマンド

本装置の時刻設定を手動で行います。

書式

 settime [hhmmss]

コマンドオプション

設定値 hhmmss hh mm

: 時を 2 桁数字(00~23) で指定します。

: 分を 2 桁数字(00~59) で指定します。

 ss : 秒を 2 桁数字(00~59) で指定します。 ss を省略した場合は、00 秒として処理されます。

オプションなしで実行すると、内部時計の現在の日時が表示されます。

実行例

本装置の内部時計の時刻を 12 時 18 分 30 秒に合わせます。

$ settime 121830 Enter ↵

Set time : Completed

$

オプションなしで実行すると現在の設定日時を確認します。

$ settime Enter ↵

Mon Jun 25 12:18:37 2012

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

91

6

6.4 コマンド一覧

6.4.6

settimezone コマンド

時刻調整を行うためのタイムゾーンの設定を行います。本コマンドを実行した

後、設定値を FlashROM に保存するために、saveconf コマンドを実行してくださ

い。

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

書式

 settimezone [-n <タイムゾーン名称>] [-d <GMT との差分>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-n

タイムゾーンの地域名称を

任意で指定します。

1~3 文字 JST

-d

協定世界時(GMT)との差分

を指定します。

+HH:MM あるいは – HH:MM の書式で指

定します。例: -03:15

+/-HH : 時の差分を -12 から

+13 の範囲で数字部は

2 桁の整数で指定する。

MM : 分の差分を 00, 15, 30,

45 のいずれかに指定

+09:0

0

する。

オプションなしで実行すると現在の設定値が表示されます。

実行例

現在のタイムゾーンの設定を確認します。

$ settimezone Enter ↵

GMT+09:00 : JST

$

タイムゾーンの地域名称を ” NGN ” に、GMT との差分を -03:30 に設定しま

す。

$ settimezone

– n NGN

– d

03:30 Enter ↵

GMT-03:30 : NGN

Set timezone : Completed.

$

92

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.7

setntp コマンド

時刻調整を行うための NTP サーバの設定を行います。本コマンドを実行した後、

設定値を FlashROM に保存するために、saveconf コマンドを実行してください。

参照 6.4.27 saveconf コマンド (115 ページ)

書式

 setntp [-d] [-s <NTP サーバアドレス>] [-b <起動時時刻調整>] [-c <周期時刻

調整>]

[-t <同期間隔>]

コマンドオプション

引数 内容 設定値 初期値

-d

-s

-b

NTP サーバとの時刻同期を

1 回実行する

NTP サーバアドレス/

NTP サーバ名

起動時時刻調整

(Boot Adjust)

なし

IP アドレス: XXX.XXX.XXX.XXX

あるいは、サーバ名 on: 起動時時刻調整の有効 off: 起動時時刻調整の無効

- ntp.nict.jp off

-c

-t

周期時刻調整

(Auto Adjust)

同期間隔

(Adjust Interval) on: 周期時刻調整の有効 off: 周期時刻調整の無効

NTP サーバに対して時刻同期を行う

周期を指定します(分単位)。

60~10080 の範囲で設定することが off

60

できます。

オプションなしで実行すると現在の設定値が表示されます。

実行例

現在の NTP サーバ設定で時刻同期を実行します。

$ setntp

– d Enter ↵

NTP Adjust : completed

$

NTP サーバへのアクセスができないなどの要因により 時刻同期に失敗した場

合、下記のように表示されます。

$ setntp

– d Enter ↵

NTP Adjust : failed

$

NTP サーバ 192.168.1.80 に対して、120 分周期で同期を行うように設定しま

す。

$ setntp – s 192.168.1.80 – c on – t 120 Enter ↵

NTP Address : 192.168.1.80

Auto Adjust : ON

Adjust Interval : 120

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

93

6

6.4 コマンド一覧

6.4.8

setlog コマンド

外部の Syslog サーバへのログ保存設定を行います。

書式

 setlog [-d <Syslog サーバへの保存 有効/無効>] [-i <Syslog サーバアドレス>]

[-p <Syslog サーバ TCP ポート番号>] [-t <プロトコル>] [-f <ログファシリティ

番号>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-d

外部 Syslog サーバへのログ保

存の有効/無効 on: Syslog サーバへのログ保存有効 off: Syslog サーバへのログ保存無効 off

192.168.0.116 -i Syslog サーバアドレス IP アドレス: XXX.XXX.XXX.XXX

-p

-t

TCP ポート番号

プロトコルタイプ

Syslog サーバにログ保存するため

の TCP ポート番号を指定します。

シスログのプロトコルを指定しま

す。 tcp: TCP を指定します。 udp: UDP を指定します。

ログファシリティ番号を指定しま

ログファシリティ番号

-f す。0~7 まで指定することができま

(Syslog Facility)

す。

オプションなしで実行すると現在の設定値が表示されます。

実行例

現在の設定を確認します。

$ setlog Enter ↵

Log Send : Disable

Syslog server IP Address : 192.168.0.116

Syslog server Port : 514

Syslog Protocol Type : UDP

Syslog Facility : LOG_LOCAL0

514 udp

0

(LOG LOCAL0)

$

Syslog サーバへのログ保存を次のように設定します。

IP アドレス “ 192.168.1.50

” 、プロトコルタイプ “ TCP ” 、Syslog ファシリティ

“ LOG LOCAL3 ” 。

$ setlog -d on -i 192.168.1.50 -t tcp -f 3 Enter ↵

Log Send : Enable

Syslog server IP Address : 192.168.1.50

Syslog Protocol Type : TCP

Syslog Facility : LOG_LOCAL3

$

94

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.9

setsnmp コマンド

SNMP エージェント機能の設定を行います。

書式

 setsnmp [-v <SNMP エージェント>] [-n <システム名>] [-l <場所>] [-c <連絡

先>] [-r <リードオンリーコミュニティ名>] [-w <リード/ライトコミュニティ名

>] [-3au <認証ユーザー名>] [-3at <認証タイプ>] [-3ap <認証パスフレーズ>]

[-3ct <暗号タイプ>] [-3cp <暗号パスフレーズ>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-v

-p

-n

-l

-c

-r

-w

-3au

-3at

-3ap

SNMP エージェント

機能選択

TCP ポート番号の

割り当て system.sysName の

値 system.sysLocation

の値 system.sysContact

の値

リードオンリー

コミュニティ名の設

(SNMPv2)

リード/ライト

コミュニティ名の設

(SNMPv2)

認証ユーザ名の設定

(SNMPv3)

認証タイプの選択

(SNMPv3)

認証パスフレーズの

設定

(SNMPv3)

3 :SNMPv3 を有効にします。

2 :SNMPv2 を有効にします。

0 :SNNP 機能を無効にします。

任意。1~65535。

任意。1 文字以上 63 文字以下。

本項目を空白に設定した場合、

読み取りアクセス不可となりま

す。

任意。1 文字以上 63 文字以下。

本項目を空白に設定した場合、

書き込みアクセス不可となりま

す。 md5 :MD5 を指定します。 sha1 :SHA1 を指定します。

2

161

任意。1 文字以上 63 文字以下。 FX-5250GW

任意。1 文字以上 63 文字以下。

Fujitsu

Limited

任意。1 文字以上 63 文字以下。 [email protected] public private

任意。1 文字以上 31 文字以下。 admin sha1

Component

任意。9 文字以上 63 文字以下。 auth_passphrase

-3ct

暗号方式の設定

(SNMPv3) aes :AES を指定します。 des :DES を指定します。 off :暗号を無効にします。 aes

-3cp

暗号パスフレーズの

設定

(SNMPv3)

任意。9 文字以上 63 文字以下。 crypt_passphrase

オプションなしで実行すると現在の設定値が表示されます。

$ setsnmp Enter ↵

Agent : v2

Port : 161

Sysname : FX-5250GW

Syslocation : Fujitsu Component Limited

Syscontact : [email protected]

ROcommunity : public

RWcommunity : private

Auth type : SHA1

Auth user name : admin

Auth passphrase : auth_passphrase

Crypt type : AES

Crypt passphrase : crypt_passphrase

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

95

6

6.4 コマンド一覧

96

6.4.10

settrap コマンド

SNMP トラップ機能の設定を行います。

書式

 settrap [-d <有効 | 無効>] [-t <トラップコミュニティ名>] [-A <トラップ送信

先 A>] [-B <トラップ送信先 B>] [-C <トラップ送信先 C>] [-D <トラップ送信先

D>] [-E <トラップ送信先 E>] [-c <SNMP トラップフラグの番号>] [-i <送信間

隔>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-d

-p

SNMP トラップ機能全体

有効/無効

トラップの TCP ポート番

トラップコミュニティ名 on : 有効にします。 off : 無効にします。

任意。1~65535。 off

162

-t

-A

-B

-C

-D

-E

トラップ送信先 A の設定

トラップ送信先 B の設定

トラップ送信先 C の設定

トラップ送信先 D の設定

トラップ送信先 E の設定

任意。1 文字以上 63 文字以下。

送信先 A の IP アドレスを設定します。

送信先 B の IP アドレスを設定します。

送信先 C の IP アドレスを設定します。

送信先 D の IP アドレスを設定します。

送信先 E の IP アドレスを設定します。

トラップ要因のリストは settrap のオプ

-

-

-

- public

192.168.0.11

2

-c

トラップ要因の選択と

有効/無効の設定

-

号を選択し、このオプションに指定すると、

有効・無効をトグルで切り替えられる。

計測データの送信間隔(秒単位)を設定。

-i 計測データの送信間隔 1~3600 の範囲で指定することができま

す。

300

オプションなしで実行すると現在の設定値とトラップ要因一覧が表示されま

す。

 実行例

現在の設定を確認します。トラップの項目は、Check 欄に[*]と表示されて

$ settrap Enter ↵

State : Disable

Port : 162

Trap community : public

IP address A : 192.168.0.112

IP address B : 0.0.0.0

IP address C : 0.0.0.0

IP address D : 0.0.0.0

IP address E : 0.0.0.0

Check| No | SNMP trap flag

-----+----+------------------------

[*] | 1 | System start.

[*] | 2 | Authentication.

[*] | 3 | User configration.

[*] | 4 | All session close.

[*] | 5 | Update firmware/config.

[*] | 6 | Init config.

[*] | 7 | System reboot.

[*] | 8 | Log clear.

[*] | 9 | Fatal error occurred.

[*] | 10 | SNMP trap settings changed.

$

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.11

setldap コマンド

LDAP 認証機能の設定を行います。

書式 setldap [-d <有効 | 無効>] [-m <認証方法>] [-i <認証サーバ IP アドレス>] [p <認証サーバ TCP ポート番号>] [-u <アクセスユーザーDN>] [-P <アクセス

ユーザーパスワード>] [-b <検索 DN>] [-l <ログイン属性>] [-a <管理者属性名

>] [-v <管理者属性文字>] [-t <タイムアウト>]

 コマンドオプション

※初期値は Microsoft Windows における ActiveDirectory に合わせてありま

す。

内容 設定値 初期値

-d

LDAP 認証機能の

有効/無効

(LDAP authentication) on: off:

有効にします。

無効にします。 off

-m

認証方法の選択

(LDAP 有効時の挙動)

(Authentication Type)

0:

ます。

1:

LDAP 認証のみを使用し

LDAP 認証に失敗したら、

ローカル認証を実行します。

2: ローカル認証に失敗した

ら、LDAP 認証を実行します。

0

-i

-p

-u

-P

-b

-l

-a

-v

-t

認証サーバの IP アドレス

(Server IP Address)

認証サーバ TCP ポート番号

(Server Port)

アクセスユーザーDN。認証

サーバの管理ユーザを指定

(Access User DN)

上記ユーザのパスワード

(Access User Password)

検索 DN

(Search Base DN)

ログイン属性。

ユーザ名コンテナを指定。

(Login Attribute)

管理者属性名。アカウント

属性コンテナを指定。

(Attribute Container)

属性文字の指定

(Admin Attribute Value)

LDAP 認証のタイムアウト

時間(秒単位)の設定

(Timeout)

任意。

任意。1~65535。

任意。1 文字以上 127 文字以下。

任意。1 文字以上 31 文字以下。

任意。1 文字以上 127 文字以下。

任意。1 文字以上 31 文字以下。

任意。1 文字以上 31 文字以下。

任意。1 文字以上 31 文字以下。

任意。1 以上 300 以下。

オプションなしで実行すると現在の設定値が表示されます。

192.168.0.112

389

CN=Administrator,C

N=Users password

CN=Users sAMAccountName info

Admin

10

6

ゲートウェイ

取扱説明書

97

6

6.4 コマンド一覧

6.4.12

setsession コマンド

セッション情報の表示および現在接続中のセッションの切断を行います。

書式

 setsession [-t <セッションタイムアウト値>] [-a <管理者の複数ログイン許可

| 禁止>] [-c <切断セッション ID 番号>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

-t

-a

-c

ログインセッション切断までのタイム

アウト値[分]を指定

管理者の複数ログインの許可/禁止の

選択

本コマンドを実行して表示した ID 番

号から選択。

1~360(分)を設定。

0 を指定すると切断はしない。 accept: 許可に設定します。 reject: 禁止に設定します。

15 accept

オプションなしで実行すると現在のセッション情報が表示されます。

実行例

現在のセッション情報を確認します。

$ setsession Enter ↵

Logout timeout : 15[min].

Multiple logins from Admin : Accept.

ID| IF | LastAccess | remoteIP(Port) | Account

--+------+-------------------+----------------------+----------------

1|https |2012/06/22 18:33:03| 192.168.1.50( 2290)|user1

11|telnet|2012/06/22 18:32:17| 192.168.1.65( 2298)|admin

12|ssh |2012/06/22 18:33:30| 192.168.1.80( 2302)|guest

$

現在のセッション情報においてリスト表示されている ID 番号 1 のセッション

を切断します。

$ setsession

– c 1 Enter ↵

Close session ID=1.

$

98

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.13

setif コマンド

ユーザーインターフェースにおける各種プロトコルの有効/無効を設定します。

書式

 setif [<プロトコル名> <有効 | 無効>]

コマンドオプション

初期値 内容 設定値

プ ロ ト コ ル

ユーザーインターフェースに

おけるプロトコルを指定しま

す。 telnet ssh sftp ftp https http

: telnet を指定します。

: SSH を指定します。

: SFTP を指定します。

: FTP を指定します。

: https を指定します。

: http を指定します。 on : 有効にします。 off : 無効にします。

有効/無効

上記で指定したプロトコルの

有効/無効を指定します。

オプションなしで実行すると、現在の状態が表示されます。

実行例

現在のプロトコルの有効/無効の状態を確認します。

$ setif Enter ↵

telnet : on 23

ssh : on 22

sftp : on 22

ftp : on 21

https : on 443

http : on 80

original : on 3001

snmp : v2 161

trap : off 162

$ telnet によるユーザーインターフェースアクセスを無効にします。

$ setif telnet off Enter ↵

telnet : off

$

- on

6

ゲートウェイ

取扱説明書

99

6

6.4 コマンド一覧

6.4.14

clearlog コマンド

本装置に保存されているシスログを削除します。

書式

 clearlog

コマンドオプション

なし

実行例

シスログを削除します。

$ clearlog Enter ↵

Are you sure [yes/no]?

yes

Clear syslog.

$

100

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.15

clearpwrlog コマンド

不揮発性メモリに保存されている電力値などの計測データを削除します。

コマンドの実行完了まで、数分かかります。

書式

 clearpwrlog

コマンドオプション

なし

実行例

不揮発性メモリ内の計測データを削除します。

$ clearpwrlog Enter ↵

Are you sure [yes/no]?

yes

Clear pwrlog.

$

☝重要

本コマンドを実行すると不揮発性メモリ(SD カード)が初期化されます。 clearpwrlog コマンドの実行中は、本装置の電源を OFF にしないでください。

不揮発性メモリが正常に動作しなくなり、計測データが保存できなくなる恐れ

があります。

☝重要 clearpwrlog コマンドの実行中は、計測データは保存されません。

6

ゲートウェイ

取扱説明書

101

6

6.4 コマンド一覧

6.4.16

resetport コマンド

スマートコンセント接続用ポートに対してリセットを行います。

書式

 resetport -p <ポート番号>

コマンドオプション

内容 設定値

-p ポート番号

 実行例

ポート 1 をリセットします。

$ resetport – p 1 Enter ↵

Reset port1.

$

リセットを実行するポート番号を指定します。

102

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.17

showip コマンド

本装置の現在のネットワーク設定を表示します。

書式 showip

 コマンドオプション

なし

実行例

現在のネットワーク設定を確認します。

$ showip Enter ↵

----------------------+----------------------------------

IP Address | 192.168.1.100

Netmask | 255.255.255.0

Gateway | 192.168.1.1

Broadcast | 192.168.1.255

Host name | FX-5250GW

Primary DNS | 0.0.0.0

Secondary DNS | 0.0.0.0

----------------------+----------------------------------

D.H.C.P. | Disabled

Auto-Negotiation | Enabled

Link speed/mode | 100Mbps/Full

MAC Address | 00:e0:00:ee:13:00

----------------------+----------------------------------

$

DHCP が有効になっており、DHCP サーバから IP アドレスが発行された場合、

下記のような表示となります。

$ showip Enter ↵

----------------------+----------------------------------

IP Address | 192.168.1.138

Netmask | 255.255.255.0

DHCP サーバから

Gateway | 192.168.1.1

割り当てられた

Broadcast | 192.168.1.255

Host name | FX-5250GW

Primary DNS | 192.168.1.1

Secondary DNS | 0.0.0.0

IP アドレス

----------------------+----------------------------------

* IP Address | 192.168.30.61

* Netmask | 255.255.255.0

* Gateway | 192.168.30.1

* Broadcast | 192.168.30.255

* Primary DNS | 192.168.30.1

* Secondary DNS | 0.0.0.0

----------------------+----------------------------------

D.H.C.P. | Enabled

Auto-Negotiation | Enabled

Link speed/mode | 100Mbps/Full

MAC Address | 00:e0:00:ee:13:00

----------------------+----------------------------------

* -> These values ignored due to DHCP.

$

* 表示の項目は、DHCP が無効の場合に設定されます。

6

ゲートウェイ

取扱説明書

103

6

6.4 コマンド一覧

6.4.18

showlog コマンド

シスログを表示します。

書式

 showlog [-n <ログページ>]

コマンドオプション

引数 内容 設定値

-n ログページ数 表示するログのページ数を指定します。

オプションなしで実行すると最新のログ(1 ページ目)の内容が表示されます。

実行例

最新のログ(1 ページ目)を確認します。

$ showlog Enter ↵

Show latest page.

Mar 13 11:41:12 FX-5250GW boot: System started.

Mar 13 11:41:12 FX-5250GW network settings: Auto Negotiation(100M FDX)

Mar 13 16:26:42 FX-5250GW user access: Successful login (admin) local

Mar 13 17:15:00 FX-5250GW user access: Successful login (admin) https

8 ページ目のログを確認します。

$ showlog

– n 8 Enter ↵

Show 8/10 page.

Mar 12 15:15:42 FX-5250GW boot: System started.

Mar 12 15:15:42 FX-5250GW network settings: Auto Negotiation(100M FDX)

Mar 12 18:23:00 FX-5250GW user access: Successful login (admin) https

104

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.19

showuser コマンド

登録されているアカウントをリスト表示します。コマンド実行後に表示されるリ

スト上の User Group の項目は、それぞれ ” admin ” : 管理者、 ” user ” : ユーザー を

示し、アカウントに対応する権限を意味します。

書式

 showuser

コマンドオプション

なし

実行例

現在の登録されているアカウント情報を確認します。

$ showuser Enter ↵

--------------------------------------------------------

User Name/User Group

--------------------------------------------------------

admin/admin

guest/user

--------------------------------------------------------

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

105

6

6.4 コマンド一覧

6.4.20

showpower コマンド

計測中の消費電力を表示します。

各コンセントの現在の消費電力を表示しながら、表示中の最大値、最小値、平均

値を表示します。

表示モードは 標準モードと CSV モードとの 2 種類から選択することができます。

標準モードの場合、現在値・最大値・最小値・平均値を整然と表示します。

CSV モードの場合、本製品からダウンロードすることができる計測値の CSV ファ

イルと同様のフォーマットで表示します。

オプション指定によって 2 回~無限回の連続表示が可能であり、連続表示中に最

大・最小・平均値を更新していきます。連続表示中にスペースキーを押下する

と、その最大値・最小値・平均値が現在値に初期化されます。

スペースキー以外の任意のキー(Alt, Shift, Ctrl キーなどは不可)を入力する、ある

いは指定の回数だけ表示を実行すると本コマンドが終了します。

書式 showpower [ -s <開始番号>] [ -l <行数>] [ -i <表示間隔>] [ -n <表示回数>] [m <表示モード>]

コマンドオプション

内容 初期値

-s 開始番号

設定値

最大 256 個のコンセントのリストから表示開始番

号を指定

1

-l 表示行数 開始番号から表示する行数を指定 20

-i

-n

表示更新間隔を指定

表示回数を指定

-m 表示モードを指定

0.5[秒]単位の値を設定可能(例: 0.5, 1.0, 1.5, 2.0,

…)

1~3600[回]の範囲で設定可能。 0 を指定すると

任意のキー入力があるまで連続表示されます。 std: 標準モード。消費電力を一

定のフォーマットで更新表示します。 csv: CSV モ ー ド 。 CSV フ ァ イ ル と 同 様 の

フォーマット

で消費電力値を表示します。

0.5

1 std

オプションなしで実行すると、各オプションの初期値条件で表示されます。

106

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

 実行例

表示回数無限で実行。表示途中で表示を終了させるには、任意のキーを入力し

ます。(デフォルトの表示は、標準モードのため ” -m std ” パラメータは省略可

能)

$ showpower -n 0

Electric Power Statistics

No. Now Max Min Avg

1 20.5[W] 21.0[W] 20.5[W] 20.5[W]

2 116.3[W] 119.5[W] 116.3[W] 116.8[W]

3 42.0[W] 42.0[W] 42.0[W] 42.0[W]

4 41.7[W] 41.7[W] 41.0[W] 41.5[W]

5 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W]

6 2.0[W] 2.0[W] 2.0[W] 2.0[W]

7 1.0[W] 1.0[W] 1.0[W] 1.0[W]

8 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W]

9 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W]

10 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W] 0.0[W]

11 2.0[W] 2.0[W] 1.7[W] 1.8[W]

12 91.3[W] 92.7[W] 91.0[W] 91.4[W]

13 40.3[W] 40.3[W] 39.9[W] 40.2[W]

Press [space] key to Init data, other key to exit this display mode.

$

標準モード時の表示内容

項目名 説明

No

Now

Max

Min

管理しているコンセントの番号。最大 256。

現在値(最新値)

最大値

最小値

Avg 平均値(本コマンド実行中の期間)

実行例: CSV モード

.

表示回数無限、CSV モードで実行。表示途中で表示を終了させるには、任意の

キーを入力します。

$ showpower -n 0 -m csv hostname,FX-5250GW,

MAC Address,00:e0:00:ee:fd:20,

IP address,192.168.1.100 , unit,[W] date,

2013/06/18 11:23:24.2,8.0,90.8,42.0,43.0,0.0,45.5,23.0,0.0,0.0,0.0,35.6,91.0,40.6,

2013/06/18 11:23:24.7,8.0,90.8,42.0,43.0,0.0,45.5,23.0,0.0,0.0,0.0,35.6,91.0,40.6,

2013/06/18 11:23:25.2,8.0,95.3,42.0,43.0,0.0,45.3,23.0,0.0,0.0,0.0,36.1,100.2,40.2,

2013/06/18 11:23:25.7,8.0,95.3,42.0,43.0,0.0,45.3,23.0,0.0,0.0,0.0,36.1,100.2,40.2,

2013/06/18 11:23:26.2,8.2,98.8,41.5,43.0,0.0,45.4,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,100.6,40.2,

2013/06/18 11:23:26.7,8.2,98.8,41.5,43.0,0.0,45.4,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,100.6,40.2,

2013/06/18 11:23:27.2,8.0,95.7,41.1,43.0,0.0,45.1,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,108.6,40.2,

2013/06/18 11:23:27.8,8.0,95.7,41.1,43.0,0.0,45.1,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,108.6,40.2,

2013/06/18 11:23:28.3,8.6,93.3,41.7,44.0,0.0,45.1,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,118.0,40.2,

2013/06/18 11:23:28.8,8.6,93.3,41.7,44.0,0.0,45.1,23.0,0.0,0.0,0.0,36.2,118.0,40.2,

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

107

6

6.4 コマンド一覧

6.4.21

showamp コマンド

計測中の電流値を表示します。

各コンセントの現在の消費電流を表示しながら、表示中の最大値、最小値、平均

値を表示します。

表示モードは、標準モードと CSV モードの 2 種類から選択することができます。

標準モードの場合、現在値・最大値・最小値・平均値を整然と表示します。

CSV モードの場合、本製品からダウンロードできる計測値の CSV ファイルと同様

のフォーマットで表示します。

オプション指定によって 2 回~無限回の連続表示が可能であり、連続表示中に最

大・最小・平均値を更新していきます。連続表示中にスペースキーを押下する

と、その最大値・最小値・平均値が現在値に初期化されます。

スペースキー以外の任意のキー(Alt, Shift, Ctrl キーなどは不可)を入力する、ある

いは指定の回数だけ表示を実行すると本コマンドが終了します。

書式 showamp [ -s <開始番号>] [ -l <行数>] [ -i <表示間隔>] [ -n <表示回数>] [-m

<表示モード>]

コマンドオプション

内容 初期値

-s 開始番号

設定値

最大 256 個のコンセントのリストから表示開始番号

を指定

1

-l 表示行数 開始番号から表示する行数を指定 20

-i

-n

表示更新間隔を指定

表示回数を指定

-m 表示モードを指定

0.5[秒]単位の値を設定可能

(例: 0.5, 1.0, 1.5, 2.0, …)

1~3600[回]の範囲で設定可能。 0 を指定すると

任意のキー入力があるまで連続表示されます。 std: 標準モード。消費電流を一

定のフォーマットで更新表示します。 csv: CSV モード。CSV ファイルと同様の

フォーマットで消費電流を表示します。

0.5

1 std

オプションなしで実行すると、各オプションの初期値条件で表示されます。

108

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

 実行例:

表示回数無限で実行。表示途中で表示を終了させるには、任意のキーを入力し

ます。(デフォルトの表示は、標準モードのため ” -m std ” パラメータは省略可

能)

$ showamp -n 0

Electric Current Statistics

No. Now Max Min Avg

1 129[mA] 132[mA] 127[mA] 129[mA]

2 1237[mA] 1250[mA] 1001[mA] 1241[mA]

3 430[mA] 432[mA] 430[mA] 430[mA]

4 645[mA] 677[mA] 629[mA] 640[mA]

5 1[mA] 1[mA] 0[mA] 0[mA]

6 559[mA] 568[mA] 557[mA] 559[mA]

7 304[mA] 306[mA] 301[mA] 303[mA]

8 0[mA] 0[mA] 0[mA] 0[mA]

9 0[mA] 0[mA] 0[mA] 0[mA]

10 0[mA] 0[mA] 0[mA] 0[mA]

11 503[mA] 503[mA] 500[mA] 502[mA]

12 1348[mA] 1367[mA] 1180[mA] 1326[mA]

13 629[mA] 641[mA] 629[mA] 630[mA]

Press [space] key to Init data, other key to exit this display mode.

$

標準モード時の表示内容

項目名 説明

No

Now

Max

Min

管理しているコンセントの番号。最大 256。

現在値(最新値)

最大値

最小値

Avg 平均値(本コマンド実行中の期間)

実行例: CSV モード

.

表示回数無限、CSV モードで実行。表示途中で表示を終了させるには、任意の

キーを入力します。

$ showamp -n 0 -m csv hostname,FX-5250GW,

MAC Address,00:e0:00:ee:fd:20,

IP address,10.74.119.145, unit,[mA] date,

2013/06/18 12:07:17.4,13.2,102.5,43.2,66.7,0.1,55.7,30.5,0.0,0.0,0.0,50.6,123.4,63.5,

2013/06/18 12:07:17.9,13.2,102.5,43.2,66.7,0.1,55.7,30.5,0.0,0.0,0.0,50.6,123.4,63.5,

2013/06/18 12:07:18.4,13.0,105.3,43.0,67.8,0.1,56.1,30.5,0.0,0.0,0.0,49.9,120.7,63.5,

2013/06/18 12:07:18.9,13.0,105.3,43.0,67.8,0.1,56.1,30.5,0.0,0.0,0.0,49.9,120.7,63.5,

2013/06/18 12:07:19.4,12.9,112.1,43.1,66.8,0.0,56.4,30.6,0.0,0.0,0.0,50.3,117.5,63.5,

2013/06/18 12:07:19.9,12.9,112.1,43.1,66.8,0.0,56.4,30.6,0.0,0.0,0.0,50.3,117.5,63.5,

2013/06/18 12:07:20.5,13.0,103.1,43.4,65.1,0.1,55.9,30.7,0.0,0.0,0.0,50.5,118.0,64.5,

2013/06/18 12:07:21.0,13.0,103.1,43.4,65.1,0.1,55.9,30.7,0.0,0.0,0.0,50.5,118.0,64.5,

2013/06/18 12:07:21.5,13.1,104.8,43.3,64.0,0.1,55.6,30.6,0.0,0.0,0.0,50.3,118.3,64.5,

2013/06/18 12:07:22.0,13.1,104.8,43.3,64.0,0.1,55.6,30.6,0.0,0.0,0.0,50.3,120.3,64.5,

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

109

6

6.4 コマンド一覧

6.4.22

shownv コマンド

不揮発性メモリの状態、全体容量と現在の使用量を表示します。

書式

 shownv

実行例

本装置に内蔵されている不揮発性メモリの容量、現在の使用量を表示します。

$ shownv Enter ↵

State : Connected

Total : 1923324 KB

Used : 1912 KB( 0%)

$

コマンド実行により、表示される State 項目には、不揮発性メモリの状態に応

じて以下にように表示されます。

不揮発性メモリの状態 表示内容

正常動作

装着されていない

ライトプロテクトがかかっている

通信不可

残り容量が 5%以下

残り容量が 1KB 以下

マウント失敗

容量不明

ファイルシステムが破損

ファイルシステムのフォーマットが

異常

Connected

Unconnected

Write protected

Error (can’t communicate)

Free space is low

Insufficient free space (can’t write)

Error (can’t mount)

Error (size unknown)

Error (can’t write)

Format error (can’t write)

データクリア中 Clearing

5、6 項が表示された場合は、FTP や sFTP により計測データファイルをダウン

ロードした後、不揮発性メモリ内のデータをクリアすることで問題が解消され

ます。

7~10 項が表示された場合、一度クリアを実行してみてください。それで表示

されなくなれば復旧したことになります。それで改善されなければ、弊社サ

ポート係 または ご購入先にお問い合わせください。

参照 ② 挙動の設定 (70 ページ)

参照 6.4.15 clearpwrlog コマンド (101 ページ)

☝重要

不揮発性メモリは取り外さずにお使いください。

もし、お客様ご自身で不揮発性メモリを取り外し、本装置が正常に動作しなく

なった場合、当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承くだ

さい。

110

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.23

showport コマンド

本製品のスマートコンセント接続用ポートに接続された装置の情報を表示しま

す。未接続ならば ” none ” 、スマートコンセント以外の装置が接続されている場合

は、 ” other ” と表示します。

書式

 showport [-p <ポート番号>]

コマンドオプション

引数 内容 設定値

-p ポート番号 情報表示するポート番号を指定します。

オプションなしでコマンドを実行すると全ポートの簡易情報が表示されます。

実行例

全ポート(1~4)の簡易情報を確認します。

$ showport Enter ↵

Port | MODEL | SN | VID/PID | Status

------+-----------+-------+---------------+----------------

1 | FX-5204PS | F0025 | 0x0430/0x0423 | NORMAL

2 | FX-5251WB | F9998 | 0x0430/0x042A | NORMAL

3 | FX-5204PS | F0018 | 0x0430/0x0423 | NORMAL

4 | FX-5251WB | F9999 | 0x0430/0x042A | NORMAL

$

ポート 1 の情報を確認します。スマートコンセントが接続されている場合、下

のように表示されます。

$ showport – p 1 Enter ↵

---------------------------------------------------------

Port 1

---------------------------------------------------------

Status | NORMAL

Serial Number | 00001

Model | FX-5204PS

Part Number | 05C

Version | V2L30

Date | 2011/08/25

$

6

ゲートウェイ

取扱説明書

111

6

6.4 コマンド一覧

6.4.24

showversion コマンド

本装置のファームウェアバージョンを表示します。

書式

 showversion

コマンドオプション

なし

実行例

本装置の現在のファームウェアバージョンを表示します。

$ showversion Enter ↵

--------------------+------------------------------------

Bootloader | V2L12

Kernel | V2L40

Filesystem | V2L50

--------------------+------------------------------------

$

112

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.25

showhelp コマンド

コマンド書式の一覧を表示します。 ” help ” あるいは、 ” ?

” の入力でも同様のコマン

ドとなります。

書式

 showhelp [<コマンド名>]

コマンドオプション

内容 設定値 初期値

コマンド名 コマンド名を指定します。 半角英字 -

 実行例 ping コマンドの書式を表示させます。

$ showhelp ping Enter ↵

Usage: ping [-c <count>] <destination IP Address>

Send ICMP ping packets.

-c <count> : Ping count

<destination IP Address> : Specify destination IP address.

$

コマンドの説明一覧を表示させます。

$ showhelp Enter ↵

Command Description

==============================================================================

setip Set network information such as IP address, etc.

setdns Set DNS information.

setuser Add/Modify/Delete user account.

setdate Set internal system date.

settime Set internal system time.

settimezone Set time zone parameter.

( 途中省略)

defaultconf Restore settings to factory defaults.

reboot Reboot this device.

shutdown Shutdown this device.

exit Logout console connection.

$

調べたいコマンドを実行する時に未サポートのオプションを指定しても、同様

のコマンドヘルプを表示する事が出来ます (一部コマンドを除く)。

6

ゲートウェイ

取扱説明書

113

6

6.4 コマンド一覧

6.4.26

ping コマンド

ネットワーク上の機器に対して、ICMP ping パケットを送信します。

書式

 ping [-c <送信回数>] <送信先 IP アドレス>

コマンド引数

送信先 IP アドレス

内容 ping パケット送信先の IP アドレス

を指定します。

設定値

XXX.XXX.XXX.XXX

(XXX は 0~255)

 オプション項目

内容 設定値

-c 送信回数 パケット送信回数を数字で指定します。

オプションなしでコマンドを実行すると 4 回 ping パケットを送信します。

実行例

192.168.1.50 に対して ping を実行します。

$ ping 192.168.1.50 Enter ↵

PING 192.168.1.50

(

192.168.1.50): 56 data bytes

64 bytes from 192.168.1.50: seq=0 ttl=128 time=0.455 ms

64 bytes from 192.168.1.50: seq=1 ttl=128 time=0.480 ms

64 bytes from 192.168.1.50: seq=2 ttl=128 time=0.482 ms

64 bytes from 192.168.1.50: seq=3 ttl=128 time=0.470 ms

--- 192.168.1.50 ping statistics ---

4 packets transmitted, 4 packets received, 0% packet loss round-trip min/avg/max = 0.455/0.471/0.482 ms

$

114

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4.27

saveconf コマンド

設定値を FlashROM に書き込みます。

書式

 saveconf

コマンド引数

なし

オプション項目

なし

実行例

設定値を FlashROM に書き込みます。

$ saveconf Enter ↵

Save configuration

$

6.4 コマンド一覧

6

ゲートウェイ

取扱説明書

115

6

6.4 コマンド一覧

6.4.28

defaultconf コマンド

設定値をデフォルトに戻します。

本コマンドを実行した後、設定値を反映させるためには、本装置を再起動する必

要があります。reboot コマンドを実行してください。

参照 6.4.29 reboot コマンド (117 ページ)

書式

 defaultconf [-n | -a]

コマンド引数

なし

オプション項目

引数 内容

-n ネットワーク設定値をデフォルトに戻す。

-a 全ての設定値をデフォルトに戻す。

実行例

ネットワーク設定をデフォルトに戻します。

$ defaultconf -n Enter ↵

Are you sure [yes/no]?

yes

Restored network settings to factory defaults.

Reboot this device to enable the factory default settings.

$

全ての設定値をデフォルトに戻します。

$ defaultconf -a Enter ↵

Are you sure [yes/no]?

yes

Restored all settings to factory defaults.

Reboot this device to enable the factory default settings.

$

116

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.29

reboot コマンド

本装置をリブートします。

書式

 reboot

コマンド引数

なし

オプション項目

なし

実行例

本装置をリブートします。

$ reboot Enter ↵

The system is going down NOW!

======================================================

Gateway

(

NC14008-B081RS) bootloader V2.120

------------------------------------------------------

( C) 2011 FUJITSU COMPONENT LIMITED All rights reserved

======================================================

DIPSW Setting: Auto-Nego

Loading system...

|----------25%---------50%---------75%---------|

KOR2.400E************************************************

FOR2.500E************************************************ please wait for 40 seconds...

MAC Address 00:e0:00:ee:13:00

FX-5250GW login:

※上記はシリアルコンソールに接続している場合に確認することができます。

6

ゲートウェイ

取扱説明書

117

6

6.4 コマンド一覧

6.4.30

shutdown コマンド

本装置をシャットダウンします。

書式

 shutdown

コマンドオプション

なし

実行例

本装置のシャットダウンを実行します。

$ shutdown Enter ↵

The system is shutting down NOW!

Done.

シャットダウンが完了すると、本装置前面の全ての LED が消灯状態となりま

す。その状態で安全に電源を落とすことができます。

AC アダプタや PoE 給電機器の取り外しによる電源の OFF あるいは、Reset ボ

タンの押下によるリセットを実行してください。

118

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

6.4.31

exit コマンド

コマンドモードからログアウトします。

書式

 exit

オプション項目

なし

実行例

ログアウトします。ログアウトすると login プロンプトが表示されます。

$ exit Enter ↵

FX-5250GW login:

6

ゲートウェイ

取扱説明書

119

6

6.4 コマンド一覧

MEMO

120

ゲートウェイ

取扱説明書

6.4 コマンド一覧

Chapter 7 - その他の機能

本製品に内蔵している不揮発性メモリへの計測値の保存機能、ファームウェアを

出荷時の初期設定に戻すためのリカバリーモードなどについて説明しています。

本章の内容

7.1 計測値の保存

7.1.1 データベースの全体構成

7.1.2 データの保存先

7.1.3 データベースの特徴

7.1.4 各数値の計算条件

7.1.5 ファイルの更新タイミング

7.2 Telnet/SSH アクセス

7.3 リカバリーモード

7.3.1 システムのリカバリー

7.3.2 設定値の初期化

7.4 初期設定モードでの起動

7.5 MIB 情報

7.5.1 smcTrapAndSystem オブジェクト

7.5.2 smcInfo オブジェクト

7.5.3 smcSyslog オブジェクト

7.5.4 smcTrapObject オブジェクト

7.5.5 システム情報

122 ページ

122 ページ

122 ページ

123 ページ

123 ページ

123 ページ

124 ページ

124 ページ

125 ページ

126 ページ

127 ページ

128 ページ

129 ページ

130 ページ

132 ページ

132 ページ

133 ページ

7

ゲートウェイ

取扱説明書

121

7

7.1 計測値の保存仕様

7.1.

計測値の保存仕様

7.1.1

データベースの全体構成

スマートコンセント

(FX-5204PS)

スマートコンセント

(FX-5204PS)

ワイヤレス・ハブ

(FX-5251WH)

ワイヤレス・ベース

(FX-5251WB)

スマートコンセント

(FX-5201PP/100)

ゲートウェイ直結

経由のデータ

ワイヤレスベース

経由のデータ

青地青枠内

L45 からの

変更点

内部データベース

瞬時値

1 秒毎の

平均値

(

無線接続の機種は

ワイヤレス・ベース接続

台数 ×5 秒毎 )

5 秒毎の

平均値

10 秒毎の

平均値

1 分毎の

平均値

5 分毎の

平均値

30

分毎の

平均値

1 時間毎 [Wh]

( 毎時 0 分にファ

イルとログに出

力後、初期化 )

1

日毎

[Wh]

( 毎日 0 時 0 分に

ファイルとログ

に出力後、初期

化 )

1

ヶ月毎

[Wh]

(

毎月

1

0

0

分にログに出

力後、初期化 )

累計 [Wh]

独自ソケット

独自ソケット

( 無線接続機種のみ )

SNMP エージェント機能

WebUI / CLI コマンド

での各表示の値

SNMP エージェント機能

グラフ

電力

[W](

最新

1

時間

)

グラフ

電力 [W]( 最新 24 時間 )

SNMP エージェント機能

グラフ

電力 [W]( 最新 1 週間 )

シスログ (1 時間毎 [Wh])

SNMP

エージェント機能

シスログ (1 日毎 [Wh])

SNMP エージェント機能

シスログ

(1

ヶ月毎

[Wh])

SNMP

エージェント機能

SNMP エージェント機能

USB

接続の

FX-5204PS

のみ

無線接続の

機種のみ

RAM ディスク上

(/ram/bin/)

最新 24 時間 [W]

.bin

ファイル

最新 24 時間 [Wh]

.bin ファイル smcPerHourWh smcPerDayWh smcPerMonthWh smcAmountWh

不揮発性メモリ上

(/sd/pwrlog/bin/)

日単位 [W]

.bin ファイル bin

csv

変換 bin → csv 変換

日単位 [Wh]

.bin ファイル

週単位

[Wh]

.bin

ファイル

月単位

[Wh]

.bin

ファイル smcRmsLatest smcRms1sMax smcRms1sMin smcRms1sAvg smcAppLatest smcApp1sMax smcApp1sMin smcApp1sAvg smcCurLatest smcCur1sMax smcCur1sMin smcCur1sAvg smcFctLatest smcFct1sMax smcFct1sMin smcFct1sAvg smcVltLatest smcVlt1sMax smcVlt1sMin smcVlt1sAvg smcAvgWatt web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ web

⇒ csv

ダウンロード web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ smcRms5mAvg smcApp5mAvg smcCur5mAvg smcFct5Avg smcVlt5mAvg web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ web ⇒ csv

ダウンロード

グラフ

電力量

[Wh](

今日

) web

⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ

グラフ

電力量

[Wh](

) web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ

グラフ

電力量 [Wh]( 今月 ) web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ

グラフ

電力量 [Wh]( 今年 ) web ⇒ csv

ダウンロード

グラフのプロットデータ

7.1.2

データの保存先

スマートコンセントおよびシングルスマートコンセント(以下、対象機器)で計測し

たデータは、RAM ディスク または 不揮発性メモリ に保存されます(図中。

122

ゲートウェイ

取扱説明書

7.1 計測値の保存仕様

7.1.3

データベースの特徴

本製品の USB ポートに、4port スマートコンセント (FX-5204PS) を接続したと

きと、ワイヤレスベースを接続したときとではデータの流れが異なります。 特に

4port スマコンが本製品に直結した場合、独自ソケットを通じて瞬時値を取得する

ことが出来ます。また、最新 1 時間分の電力推移グラフ及びデータを取り扱うこと

が出来ます。

7.1.4

各数値の計算条件

本装置の計測は内部時計による時刻に基づいており、各計測値を計算後のタイミ

ングでファイルに記録されます。 以下にその例を示します。

例) 時刻が 12 時 34 分 55 秒を示していた場合。

瞬時値 :12 時 34 分 55 秒より数百 ms 前の最新の取得値

1 秒毎の平均値 :12 時 34 分 53 秒~12 時 34 分 54 秒の W の平均値

5 秒 〃

10 秒 〃

1 分 〃

5 分 〃

30 分 〃

1 時間 〃

:12 時 34 分 50 秒~55 秒の W の平均値

:12 時 34 分 40 秒~50 秒の W の平均値

:12 時 33 分~12 時 34 分の W の平均値

:12 時 25 分~12 時 30 分の W の平均値

:12 時 00 分~12 時 30 分の W の平均値

:11 時~12 時の電力量 Wh

7.1.5

ファイルの更新タイミング

7.1.1 記載の図に示した、各種ダウンロード可能なファイルの更新タイミングの一

覧。

なお各種 csv ファイルは蓄積先頭から要求発生時点までの逐次変換。

項 ファイル 更新タイミング 場所

4

5

6

7

1

2

3

日単位[W] .bin ファイル

最新 24 時間[W] .bin ファイル

最新 24 時間[W] .CSV ファイル

日単位[Wh] .bin ファイル

最新 24 時間[Wh] .bin ファイル

最新 24 時間[Wh] .CSV ファイル

週単位[Wh] .bin ファイル

毎正時 /sd/pwrlog/bin/

毎分 /ram/bin/

WebUI から要求した時点

毎 0 時

毎正時

/sd/pwrlog/bin/

/ram/bin/

WebUI から要求した時点

毎月曜 0 時

8 月単位[Wh] .bin ファイル 毎月 1 日 0 時

保存データは RAM ディスク上で生成され、毎正時(本製品の内部時計で毎時

00 分 00 秒)に不揮発性メモリに移動されます。

更新タイミングが経過する前に対象機器が取り外されても、取り外される前ま

での計測値は不揮発性メモリへ保存されます。

☝重要

① 不揮発性メモリを取り外した場合に発生する不具合およびデータの損失に関

し、当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承くださ

い。

② 不揮発性メモリへの計測値の保存中にシャットダウン動作が実行された場

合、保存が完了してからシャットダウンされます。シャットダウンを行う

前に装置本体の電源を OFF にしたり、Reset ボタンの押下を行わないでく

ださい。不揮発性メモリの内部データが破損する恐れがあるほか、不揮発

性メモリ自体が故障する可能性があります。

7

ゲートウェイ

取扱説明書

123

7

7.2 Telnet/SSH アクセス

7.2.

Telnet/SSH アクセス

本装置に Telnet(23 番ポート)あるいは、SSH(22 番ポート)でアクセスすることによ

り、Local コンソールと同様に CUI での操作が可能となります。

Telnet および SSH アクセスは、Web インターフェースの「ネットワーク設定の編

集」ページにおいて、

有効

あるいは、

無効

を設定することができます。

参照 ② 挙動の設定 (70 ページ)

Telnet と SSH によるアクセスの同時接続可能数は、3 ユーザーまでです。

例えば、同時に Telnet で 2 ユーザーがアクセスしており、SSH で 1 ユーザーがアク

セスしている状態では、別のユーザーが Telnet/SSH でがアクセスすることはできま

せん。

CUI 操作におけるコマンド仕様については、下記をご参照ください。

参照 Chapter 6 - コマンド仕様 (83 ページ)

7.3.

リカバリーモード

ディップスイッチの切り替えにより、本装置のファームウェアを出荷時のバージョン

(初期状態)に戻すことができます。ファームウェアのアップデートに失敗したり、

アップデートしたファームウェアに問題がある場合、出荷時のファームウェア状態に

復元することにより、装置の稼動を保障する機能です。

リカバリー操作には、下表に示す 4 種類があり、それぞれ起動時に装置前面のディッ

プスイッチの状態を検出すると対応するリカバリーモードで動作します。

ディップスイッチ 8 を ON にすることでディップスイッチ 1~7 の設定の意味は変わ

ります。

ディップスイッチ

項 リカバリー動作

1 2 3 4 5 6 7 8

1

カーネル、ファイルシステムを出

荷時の状態に復元する

ON OFF ON OFF ON ON OFF ON

2

設定値を出荷時の状態に復元す

ON OFF OFF OFF OFF OFF OFF ON

さらに、ディップスイッチ 2 を ON にすると、リカバリー書き込み後にベリファイを

実行します。ディップスイッチ 2 が OFF の場合は、ベリファイは実行しません。

リカバリーモードは、本製品の Local Console コネクタに接続したコンソール端末か

らその動作を確認することができます。コンソール端末の接続方法については、下記

をご参照願います。

参照 2.2.2 コンソール端末の接続 (10 ページ)

次項から、各リカバリー動作について説明します。

124

ゲートウェイ

取扱説明書

7.3 リカバリーモード

7.3.1

システムのリカバリー

本製品のカーネルとファイルシステムを出荷時の状態にリカバリーする操作手順

を説明します。カーネルあるいはファイルシステムのアップデートにより、正常

に動作しなくなった場合などに、本操作を実行してください。

本製品前面のディップスイッチ 1, 3, 5, 6, 8 を ON の状態にして、Reset ボタンを

押下します。

1 2 3 4 5 6 7 8

がスイッチを示します。

On

コンソール端末上のエミュレータ・アプリケーションに下記のように表示されま

す。まず、この状態でカーネルのリカバリーが実行されますので、約 45 秒お待ち

ください。

======================================================

Gateway (NC14008-B082RS) bootloader V2.120

------------------------------------------------------

(C) 2011 FUJITSU COMPONENT LIMITED All rights reserved

======================================================

Return to default system(K), please wait for 45 seconds...

カーネルのリカバリーが完了すると、引き続き下記のように表示され、ファイル

システムのリカバリーが実行されます。約 2 分お待ちください。

Return to default system(F), wait for 2 minutes...

下記のように表示されれば、ファイルシステムのリカバリーは完了です。ディッ

プスイッチを全て OFF の状態に戻して、Reset ボタンを押下してください。

Please turn-off DIPSW and Reset!!

7

ゲートウェイ

取扱説明書

125

7

7.3 リカバリーモード

7.3.2

設定値の初期化

本製品の設定値を出荷時の状態にリカバリーする操作手順を説明します。

本製品前面のディップスイッチ 1, 8 を ON の状態にして、Reset ボタンを押下し

ます。

1 2 3 4 5 6 7 8

On

シリアルコンソールに下記メッセージが表示されます。

がスイッチを示します。

この状態では設定値の初期化が実行されていますので、約 5 秒お待ちください。

======================================================

Gateway (NC14008-B082RS) bootloader V2.120

------------------------------------------------------

(C) 2011 FUJITSU COMPONENT LIMITED All rights reserved

======================================================

Restore Default Configuration! please wait for 5 seconds...

下記のように表示されたら設定値の初期化は完了です。

ディップスイッチを全て OFF の状態に戻して、Reset ボタンを押下してくださ

い。

Please turn-off DIPSW and Reset!!

126

ゲートウェイ

取扱説明書

7.4 初期設定モードでの起動

7.4.

初期設定モードでの起動

前面の Init ボタンの押しながら、本装置の電源を投入すると、出荷時の初期設定値で

本装置を起動させることができます。

コンソール端末上のエミュレータ・アプリケーションに下記のように ” Loading system by default Configuration

… ”

と表示され、初期設定値でのブートが実行され

ます。

======================================================

Gateway (NC14008-B082RS) bootloader V2.120

------------------------------------------------------

(C) 2011 FUJITSU COMPONENT LIMITED All rights reserved

======================================================

DIPSW Setting: Auto-Nego

Loading system by default Configuration...

7

ゲートウェイ

取扱説明書

127

7

7.5 MIB 情報

7.5.

MIB 情報

本製品の MIB 体系図を以下に示します。 root

iso(1)

└ org(3)

└ dod(6)

└ internet(1)

└ private(4)

└ enterprises(1)

FCL(19078)

NC14008(8)

B081RS(81)

└ smcTrapAndSystem smcInfo

(1)

smcSyslog(2)

smcTrapObject(3)

(0)

次項から各オブジェクトについて、詳細に説明します。

128

ゲートウェイ

取扱説明書

7.5 MIB 情報

7.5.1

smcTrapAndSystem オブジェクト trap(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.5~22)および system 情報

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.50~58) を保持したオブジェクトです。trap は Web

インターフェースから有効/無効を指定することができます。 trap の変数(VARIABLES)は「smcTrapObject(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3)」にて定

義します。以下に、smcTrapAndSystem オブジェクトの下層オブジェクトを示し

ます。

項 VARIABLES 説明

1

オブジェクト名(OID) smcSystemStartTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.5)

システム起動時。

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11 smcUserLoginTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.6) smcUserLogoutTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.7) smcAuthenticationFailureTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.8) smcAllSessionForceLogoutTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.9) smcUserAddedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.10) smcUserDeletedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.11) smcUserModifiedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.12) smcUpgradeStartedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.13) smcUpgradeSuccessTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.14) smcUpgradeFailureTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.15) smcUserName, smcLoginType, smcIpAddress smcUserName, smcLoginType, smcIpAddress smcUserName, smcLoginType, smcIpAddress smcUserName, smcLoginType, smcIpAddress smcUserName, smcTargetUserName, smcTargetGroup smcUserName, smcTargetUserName, smcTargetGroup smcUserName, smcTargetUserName, smcTargetGroup smcUserName, smcTypeOfImage, smcImageNewVersion, smcImageCurrentVersion smcUserName, smcTypeOfImage, smcImageNewVersion, smcImageCurrentVersion smcUserName, smcTypeOfImage, smcImageNewVersion, smcImageCurrentVersion

ユーザーログイン成功時。

ユーザーログアウト時。

ユーザーログイン失敗時。

セッションの全切断時。

ユーザー追加時。

ユーザー削除時。

ユーザー情報(ユーザー名また

はパスワード)変更時。

フ ァ ー ムウ ェ ア / 設定 ア ッ プ

デート開始時。

フ ァ ー ムウ ェ ア / 設定 ア ッ プ

デート完了時。

フ ァ ー ムウ ェ ア / 設定 ア ッ プ

デート失敗時。

12

13

14

15 smcInitConfigTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.16) smcRebootStartedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.17) smcLogFileClearTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.18) smcFatalErrInfoTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.21) smcUserName smcUserName smcUserName smcErrCode

設定の初期化時。

再起動コマンド実行時。

ログクリア実行時。

本装置の異常発生時。

16 smcTrapSettingChangedTrap

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.22) smcUserName, smcLoginType, smcIpAddress

トラップ設定の変更時。

17

18

19 smcHostName

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.50) smcDipSwState

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.51) smcSystemDate

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.52)

OCTET STRING

OCTET STRING

OCTET STRING

ホスト名。

システム起動時の DIP スイッ

チ状態。

内部時計の日時とタイムゾー

ン文字列。

ゲートウェイ

取扱説明書

129

7

7

7.5 MIB 情報

20

21

22

23 smcFirmVersion

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.53) smcNvmemTotal

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.54) smcNvmemUsed

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.55) smcNvmemPercent

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.56) smcPoeFlag

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.57)

OCTET STRING

Integer32

Integer32

Integer32

ファームウェアのバージョン

情報。

不 揮 発 性 メ モ リ の 全 容 量

不 揮 発 性 メ モ リ の 使 用 量

不 揮 発 性 メ モ リ の 使 用 率

24

25 smcNvmemState

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.0.58)

Integer32

Integer32

0:POE 無し(B081)、1:POE 有

り(B082)を示す。

不揮発性メモリの状態を示す

フラグ。

0: 装着されていない

1: 正常動作

2: ライトプロテクトがかかっ

ている

3: 通信不可

4: マウント失敗

5: 容量計測不可

6: 残り容量が 5%以下

7: 残り容量が 1KB 以下

8: データクリア中

9: ファイルシステムが破損

10: フ ァ イ ル シ ス テ ム の

フォーマットが異常 dipSwState は、システム起動時に検出した DIPSW 状態を出力します。そのた

め、現在の DIPSW 状態とは異なる可能性があります。以下に出力する文字列を示

します。

1=on(または off) 2=on(または off) 3=on(または off) 4=on(または off)

5=on(または off) 6=on(または off) 7=on(または off) 8=on(または off)

次に firmVersion で出力する文字列を示します。 bootloader=V1L02 kernel=V1L01 filesystem=V1L04

7.5.2

smcInfo オブジェクト smcInfo オブジェクト(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1) は、本製品に接続されている

スマートコンセントの電力データなどについてまとめたオブジェクトです。

コンセント番号(FX-5204PS=1~4、FX-5201PP/100=1)を意味します。以下に、

下層オブジェクトを示します。

オブジェクト名(OID) 型 説明

1

2

3

4

5

6

7

8

9 smcRmsLatest

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.1) smcRms1sMax

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.2) smcRms1sMin

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.3) smcRms1sAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.4) smcRms5mAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.5) smcAppLatest

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.6) smcApp1sMax

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.7) smcApp1sMin

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.8) smcApp1sAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.9)

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

消費電力(有効電力)の最新値。

未通信・未接続時 65535 固定。

消費電力(有効電力)の 1 秒最大値。未

通信・未接続時 65535 固定。

消費電力(有効電力)の 1 秒最小値。未

通信・未接続時 65535 固定。

消費電力(有効電力)の 1 秒平均値。未

通信・未接続時 65535 固定。

消費電力(有効電力)の 5 分平均値。未

通信・未接続時 65535 固定。

皮相電力の最新値。未通信・未接続時

65535 固定。

皮相電力の 1 秒最大値。未通信・未接続

時 65535 固定。

皮相電力の 1 秒最小値。未通信・未接続

時 65535 固定。

皮相電力の 1 秒平均値。未通信・未接続

時 65535 固定。

130

ゲートウェイ

取扱説明書

7.5 MIB 情報

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

32

33

34

35

36

37

38

39

40

41

42 smcApp5mAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.10) smcCurLatest

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.11) smcCur1sMax

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.12) smcCur1sMin

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.13) smcCur1sAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.14) smcCur5mAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.15) smcFctLatest

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.16) smcFct1sMax

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.17) smcFct1sMin

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.18) smcFct1sAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.19) smcFct5mAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.20) smcVltLatest

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.21) smcVlt1sMax

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.22) smcVlt1sMin

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.23) smcVlt1sAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.24) smcVlt5mAvg

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.25) smcLatestWatt

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.26) smcMaxWatt

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.27) smcMinWatt

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.28) smcAvgWatt

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.29) smcPerHourWh

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.30) smcPerDayWh

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.31) smcPerMonthWh

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.32) smcAmountWh

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.33) smcMeasureTime

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.M.34) smcMode

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.92) smcIndex

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.93) smcSerInt

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.94) smcSer

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.95) smcModel

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.96) smcNo

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.97) smcDate

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.98) smcVer

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.99)

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

Integer32

TimeTicks

Integer32

Integer32

Integer32

OCTET STRING

OCTET STRING

OCTET STRING

OCTET STRING

Integer32

皮相電力の 5 分平均値。未通信・未接続

時 65535 固定。

消費電流(実効値)の最新値。未通信・

未接続時 65535 固定。

消費電流(実効値)の 1 秒最大値。未通

信・未接続時 65535 固定。

消費電流(実効値)の 1 秒最小値。未通

信・未接続時 65535 固定。

消費電流(実効値)の 1 秒平均値。未通

信・未接続時 65535 固定。

消費電流(実効値)の 5 分平均値。未通

信・未接続時 65535 固定。

力率の最新値。未通信・未接続時 65535

固定。

力率の 1 秒最大値。未通信・未接続時

65535 固定。

力率の 1 秒最小値。未通信・未接続時

65535 固定。

力率の 1 秒平均値。未通信・未接続時

65535 固定。

力率の 5 分平均値。未通信・未接続時

65535 固定。

供給電圧(推定実効値)の情報。後述の

構造を持つ。

供給電圧(推定実効値)の 1 秒最大値。

未通信・未接続時 65535 固定。

供給電圧(推定実効値)の 1 秒最小値。

未通信・未接続時 65535 固定。

供給電圧(推定実効値)の 1 秒平均値。

未通信・未接続時 65535 固定。

供給電圧(推定実効値)の 5 分平均値。

未通信・未接続時 65535 固定。

計測電力値[W]の最新値。未通信・未接続

時 65535 固定。

計測電力値[W]の最大値。未通信・未接続

時 65535 固定。

計測電力値[W]の最小値。未通信・未接続

時 65535 固定。

計測電力値[W]の 5 秒間の平均値(整

数)。未通信・未接続時 65535 固定。

時単位の消費電力量[Wh]を 10 倍した

値。

日単位の消費電力量[Wh]を 10 倍した

値。

月単位の消費電力量[Wh]を 10 倍した

値。

消費電力量[Wh]の累計を 10 倍した値。

計測時間[s]。

スマートコンセントの動作モード。

(-1=未通信・未接続,0=通信・接続)

最新パケットの index 値。

(0~65535)

スマートコンセントのシリアル番号。

スマートコンセントのシリアル番号。

スマートコンセントの型格。

スマートコンセントの版数。

スマートコンセントの製造日。

スマートコンセントのファームウェア

バージョン。

ゲートウェイ

取扱説明書

131

7

7

7.5 MIB 情報

43

44 smcRssi1

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.100) smcRssi2

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.S.101)

Integer32

Integer32

電波強度(送信方向)。本製品 USB ポート

にスマートコンセント接続時 65535 固

定。未通信時 0 固定。

電波強度(受信方向)。本製品 USB ポート

にスマートコンセント接続時 65535 固

定。未通信時 0 固定。

ポートのステイタス。

(例:CONNECTED)

45 smcPortStatus

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.92)

OCTET STRING

46 smcPortVidPid

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.1.N.93)

7.5.3

OCTET STRING smcSyslog オブジェクト

ポートに接続したデバイスの VID&PID

値。 syslog オブジェクトは、最新ログからさかのぼって 1 行ずつ最大 1000 行を出力

します。

項 オブジェクト名(OID) 型 説明

1 smcSyslog

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.2.1~1000)

7.5.4

OCTET STRING smcTrapObject オブジェクト trap にて送信する変数の定義一覧を示します。

項 オブジェクト名(OID) 型

1

2 smcUserName

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.1) smcIpAddress

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.2)

OCTET STRING

OCTET STRING

シスログ

説明

ログインユーザー名

アクセスしている PC の IP ア

ドレス

3 smcLoginType

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.3)

INTEGER { local(0), http(1), https(2), telnet(3), ssh(4), ftp(5), sftp(6)

}

ログイン プロトコル

4 smcTargetUserName

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.4)

OCTET STRING

追加・変更・削除されたユー

ザー名

5

6 smcTargetGroup

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.5) smcTypeOfImage

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.6)

INTEGER { administrator(0), user(1)

}

INTEGER { none(0), bootloader(1), kernel(2), filesystem(3), config(4), smartconsent(5)

}

追加・変更・削除されたユー

ザー権限

アップデート対象の種類

7

8

9 smcImageNewVersion

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.7) smcImageCurrentVersion

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.8) smcErrCode

(1.3.6.1.4.1.19078.8.81.3.10)

OCTET STRING

OCTET STRING

Integer32

アップデート後のバージョ

アップデート前のバージョ

エラーコード、5 桁の数字

132

ゲートウェイ

取扱説明書

7.5 MIB 情報

7.5.5

システム情報 snmpd 固有の Agent を追加して提供いたします。

・ メモリ使用量(OID: 1.3.6.1.4.1.2021.4)。

・ CPU ロードアベレージ(OID: 1.3.6.1.4.1.2021.10)。

MIB ファイルは UCD-SNMP-MIB.txt。net-snmpd の公式ページ等からダウン

ロードして下さい。

7

ゲートウェイ

取扱説明書

133

7

7.5 MIB 情報

MEMO

134

ゲートウェイ

取扱説明書

7.5 MIB 情報

Chapter 8 - ログ

本章の内容

8.1 ログ

8.1.1 ログの確認方法

8.1.2 本装置の起動時

8.1.3 ネットワーク設定の検出時

8.1.4 ネットワークの検出結果が異なる時

8.1.5 ネットワークリンクの検出時

8.1.6 ネットワークリンクの喪失時

8.1.7 パケット異常時

8.1.8 セッション開始時

8.1.9 セッション切断時

8.1.10 セッションタイムアウト時

8.1.11 ネットワーク受信バッファ枯渇時

8.1.12 ログインの成功時

8.1.13 ログインの失敗時

8.1.14 ログアウトの成功時

8.1.15 アイドルセッションタイムアウト時

8.1.16 ユーザーセッションの強制切断時

8.1.17 最大同時セッション数を超えた時

8.1.18 複数管理者のログイン禁止通知

8.1.19 一定時間経過時

8.1.20 内部時刻の変更時

8.1.21 NTP サーバとの通信エラー発生時

8.1.22 設定の内部保存実行時

8.1.23 ネットワーク設定の初期化時

8.1.24 全設定の初期化時

8.1.25 ログのクリア実行時

8.1.26 不揮発性メモリ上のデータクリア実行時

8.1.27 スマートコンセントの接続検出時

147 ページ

147 ページ

148 ページ

148 ページ

149 ページ

149 ページ

8.1.28 不明なデバイスの接続検出時

8.1.29 デバイスの抜取検出時

8.1.30 不揮発性メモリの残存容量 5%以下の時

150 ページ

150 ページ

150 ページ

8.1.31 不揮発性メモリの残存容量 1KB 以下の時

8.1.32 不揮発性メモリの未接続

151 ページ

151 ページ

8.1.33 不揮発性メモリのライトプロテクト検出時 151 ページ

8.1.34 不揮発性メモリとの通信不可時 152 ページ

8.1.35 不揮発性メモリのマウント失敗時

8.1.36 不揮発性メモリのサイズ取得失敗時

152 ページ

152 ページ

8.1.37 不揮発性メモリのファイルシステム異常時 153 ページ

8.1.38 不揮発性メモリのフォーマット異常時 153 ページ

8.1.39 データの欠測発生時

8.1.40 データの欠測からの復旧時

8.1.41 本装置の重大エラー発生時

153 ページ

154 ページ

154 ページ

136 ページ

137 ページ

137 ページ

137 ページ

138 ページ

138 ページ

138 ページ

139 ページ

139 ページ

140 ページ

140 ページ

141 ページ

141 ページ

142 ページ

142 ページ

143 ページ

143 ページ

144 ページ

144 ページ

145 ページ

145 ページ

146 ページ

8

ゲートウェイ

取扱説明書

135

8

8.1 ログ

38

39

40

41

42

34

35

36

37

43

24

25

26

27

20

21

22

23

28

29

30

31

32

33

16

17

18

19

12

13

14

15

5

6

7

8

1

2

3

4

9

10

11

8.1.

ログ

本製品は、下記一覧に示すイベントログを内部に保存します。

項 内容 ログ識別

本装置の起動時

ネットワーク設定 検出時

ネットワーク設定と検出結果が異なる時

ネットワークケーブル接続などにより、リンク検出時

ネットワークケーブル抜去などにより、リンク喪失時

パケット異常の検出時

セッション開始時(telnet/ssh/ftp)

セッション切断時(telnet/ssh)

セッションタイムアウト時(telnet/ssh)

ネットワーク受信バッファ枯渇時

ログイン成功時(コンソール/telnet/ssh/http/https/ftp/sftp)

ログイン失敗時(コンソール/telnet/ssh/http/https/ftp/sftp)

ログアウト成功時(コンソール/telnet/ssh/http/https)

アイドル・セッション・タイムアウト時

ユーザーセッションの強制切断時

最大同時セッション数を超えてログイン実行した時

複数管理者のログイン禁止通知

電力値表示のクリア時

消費電力量の表示(1 時間/1 日/1 ヵ月)

内部時刻の変更時

NTP サーバとの通信エラー発生時

設定の内部保存実行時

ネットワーク設定の初期化時

全設定の初期化時

ログのクリア時

不揮発性メモリ上のデータクリア時

スマートコンセントの接続検出時

不明なデバイスの接続検出時

デバイスの抜き取り検出時

不揮発性メモリの残存容量 5%以下の時

不揮発性メモリの残存容量 1KB 以下の時

不揮発性メモリの未接続

不揮発性メモリのライトプロテクト検出時

不揮発性メモリとの通信不可時

不揮発性メモリのマウント失敗時

不揮発性メモリのサイズ取得失敗時

不揮発性メモリのファイルシステムの異常時

不揮発性メモリのフォーマット異常時

データの欠測発生時

データの欠測からの復旧時

本装置の重大エラー発生時

無線通信エラー発生時

無線状態変化 system system system system system system system system system device time time conf conf conf log log device device device system system system system boot network settings network settings network network network network network network network user access user access user access user access user access user access user access data data

136

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.1

ログの確認方法

本装置のログは、Web インターフェースにログインし、メニュー選択領域で、ロ

グの表示 をクリックする、あるいは CUI 端末からの showlog コマンド実行によ

り、確認することができます。

参照 5.2.6 無線機情報の表示 (45 ページ)

参照 6.4.18 showlog コマンド (104 ページ)

次項から、各ログの表示内容について説明します。

なお、全てのログは、タイムスタンプの後に続きます。

8.1.2

本装置の起動時

本装置が起動した際にログ出力します。

書式

 boot: System started.

表示例

6 月 18 日、15 時 00 分 07 秒にホスト名 ” FX-5250GW ” が起動したことを示し

ます。

Jun 18 15:00:07 FX-5250GW boot: System started.

8.1.3

ネットワーク設定の検出時

本装置起動時にネットワーク設定を検出した際にログ出力します。

 書式 network settings: Dip-Sw 設定 (検出結果)

書式 表示内容

Dip-Sw 設定

検出結果

Auto Negotiation

Manual Setting

(100M FDX)

(100M HDX)

(10M FDX)

:自動設定のネットワーク。

:手動設定(固定)のネットワーク。

:100Mbps, Full duplex のネットワークを検出した。

:100Mbps, Half duplex のネットワークを検出した。

:10Mbps, Full duplex のネットワークを検出した。

(10M HDX) :10Mbps, Half duplex のネットワークを検出した。

 表示例

ディップスイッチ設定が オートネゴシエーション有効で、ネットワーク検出結

果が 100M-Full であることを示します。

Jun 18 15:00:07 FX-5250GW network settings: Auto Negotiation(100M FDX)

8

ゲートウェイ

取扱説明書

137

8

8.1 ログ

8.1.4

ネットワークの検出結果が異なる時

本装置起動時のネットワーク検出結果と Dip スイッチによるネットワーク設定とが

異なる際に、ログ出力します。(例: DIPSW の設定で 100Mbps, Full duplex に設

定しており、ネットワーク検出結果が 100Mbps, Half duplex であった場合)

 書式 network settings: setting error

表示例

DIPSW 設定と実際のネットワーク検出結果が異なることを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network settings: setting error

8.1.5

ネットワークリンクの検出時

ネットワークケーブルの接続などにより、リンクを検出した際にログ出力します。

書式

 network: connected.

表示例

リンクを検出したことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: connected.

8.1.6

ネットワークリンクの喪失時

ネットワークケーブルの抜去などにより、リンクを喪失した際にログ出力します。

 書式 network: disconnected.

 表示例

リンクを喪失したことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: disconnected.

138

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.7

パケット異常時

ネットワークパケットについて、エラー検出の際にログ出力します。

 書式 network: illegal packet from (IP アドレス, MAC アドレス)

書式 表示内容

IP アドレス アクセスを実行したリモート端末の IP アドレスを示します。

MAC アドレス アクセスを実行したリモート端末の MAC アドレスを示します。

 表示例

受信パケットについて、エラー検出したことを示します。カッコ内の値は、リ

モートからアクセスしていた端末の IP アドレスおよび MAC アドレスを示しま

す。(xx:xx:xx:xx:xx は、端末の MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: illegal packet from (192.168.0.50, xx:xx:xx:xx:xx)

8.1.8

セッション開始時 telnet, ssh, ftp 接続によるアクセスを検出した際にログ出力します。

 書式 network: session started プロトコル名 (IP アドレス, MAC アドレス)

書式 表示内容

[プロトコル名]

アクセス手段によって、”telnet”, ”ssh”, ”ftp” のいずれかを示

します。

[IP アドレス] アクセスを実行したリモート端末の IP アドレスを示します。

[MAC アドレス] アクセスを実行したリモート端末の MAC アドレスを示します。

 sftp 接続を行った場合は、ssh としてログ出力されます。

表示例

IP アドレス 192.168.0.50 の端末と telnet 接続によりセッションが開始された

ことを示します。(xx:xx:xx:xx:xx は、端末の MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: session started telnet (192.168.0.50, xx:xx:xx:xx:xx)

IP アドレス 192.168.0.75 の端末と ssh 接続によりセッションが開始されたこ

とを示します。(xx:xx:xx:xx:xx は MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: session started ssh (192.168.0.75, xx:xx:xx:xx:xx)

8

ゲートウェイ

取扱説明書

139

8

8.1 ログ

8.1.9

セッション切断時 telnet あるいは ssh 接続セッションの切断を検出した際にログ出力します。

 書式 network: session closed プロトコル名 (IP アドレス, MAC アドレス)

書式 表示内容

[プロトコル名]

アクセス手段によって、”telnet”, ”ssh” のいずれかを示し

ます。

アクセスを実行したリモート端末の IP アドレスを示します。 [IP アドレス]

[MAC アドレス] アクセスを実行したリモート端末の MAC アドレスを示します。

 表示例

IP アドレス 192.168.0.50 の端末との telnet 接続のセッションが切断されたこ

とを示します。(xx:xx:xx:xx:xx は、端末の MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: session closed telnet (192.168.0.50, xx:xx:xx:xx:xx)

IP アドレス 192.168.0.75 の端末との ssh 接続のセッションが切断されたこと

を示します。(xx:xx:xx:xx:xx は、端末の MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: session closed ssh (192.168.0.75, xx:xx:xx:xx:xx)

8.1.10

セッションタイムアウト時 telnet あるいは ssh 接続で本装置にアクセスしており、セッションタイムアウトが

発生した際にログ出力します。

 書式 network: session timeout プロトコル名 (IP アドレス, MAC アドレス)

書式 表示内容

プロトコル名

IP アドレス

アクセス手段によって、”telnet”, ”ssh” のいずれかを示します。

アクセスを実行したリモート端末の IP アドレスを示します。

MAC アドレス アクセスを実行したリモート端末の MAC アドレスを示します。

 表示例 telnet 接続でアクセスしていたが、セッションタイムアウトが発生したことを

示します。

(xx:xx:xx:xx:xx は、端末の MAC アドレスを示します)

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: session timeout telnet (192.168.0.50, xx:xx:xx:xx:xx)

140

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.11

ネットワーク受信バッファ枯渇時

本装置の内部処理の限界を超えるネットワークパケットを受信した際にログ出力し

ます。

なお、この現象が発生すると正常にネットワーク通信できるように内部的な復旧処

理が実行されます。

 書式 network: receive error

表示例

本装置の内部処理の限界を超えるパケットを受信したことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW network: receive error

8.1.12

ログインの成功時

ローカルコンソール、telnet 接続、ssh 接続、Web インターフェース(http あるい

は https)、sftp 接続、ftp 接続によって、ユーザーがログインした際にログ出力し

ます。

書式 user access: Successful login (ユーザー名) プロトコル名

書式 表示内容

[(ユーザー名)] ログインしたユーザー名を示します。

[プロトコル名]

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続), ”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http”, ”sftp”, ”ftp” のいずれかを示します。

表示例

ローカルコンソールから ” admin ” がログインしたことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: Successful login (admin) local

8

ゲートウェイ

取扱説明書

141

8

8.1 ログ

8.1.13

ログインの失敗時

ローカルコンソール、telnet 接続、ssh 接続、Web インターフェース(http あるい

は https)、 ftp 接続からユーザーがログインに失敗した際にログ出力します。

 書式 user access: login failed (ユーザー名) プロトコル名

書式 表示内容

(ユーザー名) ログインに失敗したユーザー名を示します。

プロトコル名

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続), ”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http”, ”ftp” のいずれかを示します。

 表示例

ローカルコンソールから ” guest ” がログインに失敗したことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: login failed (guest) local

8.1.14

ログアウトの成功時

ローカルコンソール、telnet 接続、ssh 接続、Web インターフェース(http あるい

は https)、からユーザーがログアウトした際にログ出力します。

 書式 user access: Successful logout (ユーザー名) プロトコル名 (接続時間)

書式 表示内容

(ユーザー名) ログアウトに成功したユーザー名を示します。

プロトコル名

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続), ”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

(接続時間)

”connected *m” と表示され、*には、ログアウトまでセッションを接続し

ていた時間(分単位)が入ります。

 表示例

Web インターフェース(https)から

” admin

がログアウトしたことを示しま

す。また、接続時間は、1 分であったことを示します(connected 1m 部分)。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: Successful logout (admin) https (connected

1m)

142

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.15

アイドルセッションタイムアウト時 telnet 接続、ssh 接続、Web インターフェース(http あるいは https)において、本

装置にアクセスしており、アイドル・セッション・タイムアウトが発生した際にロ

グ出力します。

 書式 user access: Idle timeout (ユーザー名) プロトコル名 (接続時間)

書式 表示内容

[(ユーザー名)] アイドルタイムアウトが発生した際にログインしていたユーザー名を示します。

[プロトコル名]

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続), ”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

[(接続時間)]

”connected *m” と表示され、*には、アイドルタイムアウト発生までセッ

ションを接続していた時間(分単位)が入ります。

 表示例

Web インターフェース(https)で admin がアクセスしており、アイドル・セッ

ション・タイムアウトが発生したことを示します。また、接続時間は、1 分で

あったことを示します(connected 1m 部分)。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: Idle timeout (admin) https (connected 1m)

8.1.16

ユーザーセッションの強制切断時

ユーザーセッションの強制切断が発生した際にログ出力します。

 書式 user access: Force logout (ユーザー名) プロトコル名 (接続時間)

書式 表示内容

[(ユーザー名)]

[プロトコル名]

セッションを強制切断されたユーザー名を示します。

強制切断されたアクセス手段について、”local”(ローカルコンソール接

続), ”telnet”, ”ssh”, ”https”, ”http”, ”ftp”, ”sftp” のいずれか

を示します。

[(接続時間)]

”connected *m” と表示され、*には、強制切断されるまでセッションを接

続していた時間(分単位)が入ります。

 表示例

Web インターフェース(https)でアクセスしている guest というユーザーのセッ

ションが強制切断されたことを示します。また、接続時間は、1 分であったこと

を示します(connected 1m 部分)。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: Force logout (guest) https (connected

1m)

8

ゲートウェイ

取扱説明書

143

8

8.1 ログ

8.1.17

最大同時セッション数を超えた時

最大同時セッション数のユーザーがログインした状態で、さらにログインを実行し

た際にログ出力します。 最大同時セッション数は、以下のとおりです。

項 アクセス手段 最大同時セッション数

1

2 https と http (Web インターフェース) telnet と ssh (CUI 操作)

10

3 (SSHv2 は 2 セッションまで)

3 sftp と ftp (計測データファイルのダウンロード) 2 (sftp は 1 セッションのみ)

書式 user access:+ login limited admin https

書式 表示内容

[(ユーザー名)] ログインを実行したユーザー名を示します。

[プロトコル名]

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続), ”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http”, ”sftp”, ”ftp” のいずれかを示します。

表示例

Web インターフェース(https)から guest というアカウントのユーザーがログイ

ンしようとしたが、最大同時セッション数を超えていたことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: login limited (guest) https

8.1.18

複数管理者のログイン禁止通知

複数管理者のログインが禁止に設定されており、既に管理者権限のユーザーがログ

インしている状態でさらに管理者権限のユーザーでログインを実行しようとした際

にログ出力します。

 書式 user access: already admin login (ユーザー名) プロトコル名

書式 表示内容

[(ユーザー名)] ログインを実行したユーザー名を示します。

[プロトコル名]

アクセス手段によって、”telnet”, ”ssh”, ”https”, ”http” のいず

れかを示します。

 表示例

Web インターフェース(https) から ” set-user ” という管理者権限のユーザーが

ログインしようとしたが、複数管理者のログインが禁止の設定となっており、

既に別の管理者ユーザーがログインしている状態であったため、ログインでき

なかったことを示します。

Jan 8 17:00:52 FX-5250GW user access: already admin login (set-user) https

144

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.19

一定時間経過時の消費電力量表示

電力値の計測において、1 時間ごと、1 日ごと、1ヵ月ごとに、各ポートに接続さ

れたスマートコンセントのコンセント 1 から 4 の消費電力量をログ出力します。

 書式

1 時間ごと(毎時 00 分)の消費電力量[Wh]出力: data: Electric Power per Hour. port-1 SPS(xxxxxx) ***Wh ***Wh ***Wh ***Wh port-2 SPS(xxxxxx) ***Wh ***Wh ***Wh ***Wh port-3 SPS(xxxxxx) ***Wh ***Wh ***Wh ***Wh port-4 SPS(xxxxxx) ***Wh ***Wh ***Wh ***Wh

1 日ごと(毎日 00 時 00 分)の消費電力量[Wh]出力: data: Electric Power per Day.

以下同出力

1 ヵ月ごと(毎月 1 日、00 時 00 分)の消費電力量[Wh]出力: data: Electric Power per Month.

以下同出力

上記 「SPS(xxxxxx) 」 の部分は スマートコンセントを示しており、シングル

スマートコンセントの場合は SPP(xxxxx) となります。

表示例

直近 1 時間の消費電力量を示します。

Feb 7 08:00:00 FX-5250GW data: Electric Power per Hour.

Feb 7 08:00:00 FX-5250GW data: port-1 SPS(01234) 128[Wh] 135[Wh] 111[Wh]

124[Wh]

Feb 7 08:00:00 FX-5250GW data: port-2 SPS(01234) 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh]

Feb 7 08:00:00 FX-5250GW data: port-3 SPS(01234) 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh]

Feb 7 08:00:00 FX-5250GW data: port-4 SPS(01234) 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh] 0[Wh]

8.1.20

内部時刻の変更時

本製品の内部時計の時刻が変更された際にログ出力します。

 書式

操作 PC の時刻に合わせた場合: time: Manual time set. (ユーザー名) IP アドレス:TCP ポート番号/local

書式 表示内容

(ユーザー名)

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号/local

時刻設定を行った ユーザー名を示します。

操作を Web インターフェースから実行した場合、操作を行った リモート

端末の IP アドレス、およびリモート端末から Web インターフェースアク

セスを行った際の TCP ポート番号を示します。

操作を CUI から実行した場合、”local” を示します。

ゲートウェイ

取扱説明書

145

8

8

8.1 ログ

NTP サーバの時刻に合わせた場合: time: Time adjusted with NTP. (ユーザー名) プロトコル名 IP アドレス:TCP

ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名)

プロトコル名

時刻調整を行った ユーザー名を示します。

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート

番号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目

は表示されません。

 表示例

本製品の時刻を Local 時刻に合わせたことを示します。また、リモート端末の

IP アドレスは 192.168.0.50 で、TCP ポート番号は 2341 でアクセスしていたこ

とを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW time: Manual time set. (admin) 192.168.0.50:2341

本製品の時刻を NTP サーバの時刻と調整したことを示します。また、リモート

端末の IP アドレスは 192.168.0.50 で、TCP ポート番号は 500008 で http アク

セスしていたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW time: Time adjusted with NTP. (admin) http

192.168.0.50:50008

8.1.21

NTP サーバとの通信エラー発生時

NTP サーバとの時刻同期において、通信エラーなどの理由で時刻を取得できなかっ

た際にログ出力します。

 書式 time: Error occurred synchronizing with NTP server. (ユーザー名) プロトコル

名 IP アドレス:TCP ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名)

プロトコル名

時刻同期を行った ユーザー名を示します。

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート

番号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目

は表示されません。

 表示例

NTP サーバとの時刻同期において、通信エラーが発生したことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW time: Error occurred synchronizing with NTP server.

(admin) ssh 192.168.1.50:49830

146

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.22

設定の内部保存実行時

設定の保存を実行した際にログ出力します。

 書式 conf: Save configuration. (ユーザー名) プロトコル名 IP アドレス:TCP ポート

番号

書式 表示内容

(ユーザー名) 設定の保存を行った ユーザー名を示します。

プロトコル名

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート

番号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目

は表示されません。

 表示例

Web インターフェース(https)から設定の保存が実行されたことを示します。ま

た、リモート端末の IP アドレスは、192.168.0.50、TCP ポート番号は、2341

でアクセスしていたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW conf: Save configuration. (admin) https

192.168.0.50:2341

8.1.23

ネットワーク設定の初期化時

ネットワーク設定の初期化を実行した際にログ出力します。

 書式 conf: Restore network settings to factory defaults. (ユーザー名) プロトコル

名 IP アドレス:TCP ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名)

プロトコル名

ネットワーク設定の初期化を行った ユーザー名を示します。

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート番

号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目は表

示されません。

 表示例

Web インターフェース(http)からネットワーク設定の初期化が実行されたこと

を示します。また、リモート端末の IP アドレスは、192.168.0.50 で、TCP

ポート番号は、2341 でアクセスしていたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW conf: Restore network settings to factory defaults.

(admin) http 192.168.0.50:2341

8

ゲートウェイ

取扱説明書

147

8

8.1 ログ

8.1.24

全設定の初期化時

全設定の初期化を実行した際にログ出力します。

 書式 conf: Restore all settings to factory defaults. (ユーザー名) プロトコル名 IP

アドレス:TCP ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名) 全ての設定の初期化を行った ユーザー名を示します。

プロトコル名

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート番

号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目は表

示されません。

 表示例

Web インターフェース(https)から全ての設定の初期化が実行されたことを示し

ます。また、リモート端末の IP アドレスは、192.168.0.50 で、TCP ポート番

号は、2341 でアクセスしていたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW conf: Restore all settings to factory defaults. (admin) https 192.168.0.50:2341

8.1.25

ログのクリア実行時

ログのクリアが実行された際にログ出力します。

 書式 log: Clear log. (ユーザー名) プロトコル名 IP アドレス:TCP ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名)

プロトコル名

ログのクリアを行った ユーザー名を示します。

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート

番号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目

は表示されません。

 表示例

ログのクリアが実行されたことを示します。

また、クリアを実行したリモート端末の IP アドレスは、192.168.0.50 で、TCP

ポート番号は、2341 でアクセスしていたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW log: Clear log. (admin) https 192.168.0.50:2341

148

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.26

不揮発性メモリ上のデータクリア実行時

不揮発性メモリに保存された計測データのクリアが実行された際にログ出力しま

す。

 書式 log: Clear pwrlog. (ユーザー名) プロトコル名 IP アドレス:TCP ポート番号

書式 表示内容

(ユーザー名)

プロトコル名

IP ア ド レ ス :TCP

ポート番号

不揮発性メモリ上の計測データのクリアを行った ユーザー名を示しま

す。

ア ク セ ス 手 段 に よ っ て 、 ”local”( ロ ー カ ル コ ン ソ ー ル 接

続),”telnet”, ”ssh”,

”https”, ”http” のいずれかを示します。

操作を行った リモート端末の IP アドレス、および その際の TCP ポート

番号を示します。操作をローカルコンソールから実行した場合は、本項目

は表示されません。

表示例

不揮発性メモリに保存された計測データのクリアが実行されたことを示しま

す。また、クリアを実行したリモート端末の IP アドレスは、192.168.0.50

で、TCP ポート番号は、2341 であることを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW log: Clear pwrlog. (admin) https 192.168.0.50:2341

8.1.27

スマートコンセントの接続検出時

本製品にスマートコンセントが接続された際にログ出力します。

書式 device: Smart Power Strip (シリアル番号) connected port-#

書式 表示内容

(シリアル番号) 接続されたスマートコンセントのシリアル番号を示します。 port-# 接続された スマートコンセント接続用ポート番号を示します。

表示例

ポート 2 にシリアル番号:00001 のスマートコンセントが接続されたことを示

します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW device: Smart Power Strip(00001) connected port-2.

8

ゲートウェイ

取扱説明書

149

8

8.1 ログ

150

8.1.28

不明なデバイスの接続検出時

本製品のスマートコンセント接続用ポートに不明なデバイスが接続された際にログ

出力します。

 書式 device: Unknown device connected port-#

書式 表示内容 port-# 接続された スマートコンセント接続用ポート番号を示します。

 表示例

ポート 3 に不明なデバイスが接続されたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW device: Unknown device connected port-3.

8.1.29

デバイスの抜取検出時

スマートコンセント接続用ポートからスマートコンセントを取り外した際にログ出

力します。

 書式 device: Remove device port-#

書式 表示内容 port-# 取り外しを行ったスマートコンセント接続用ポート番号を示します。

表示例

ポート 1 に接続されていたデバイスが取り外されたことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW device: Remove device port-1.

8.1.30

不揮発性メモリの残存容量 5%以下の時

不揮発性メモリの使用量が全体の 95%以上(残り容量が 5%以下)になった場合、不

揮発性メモリへの保存実行ごとにログ出力します。

書式 system: Warning not enough space on Non-volatile memory (used @%)

書式 表示内容 userd @% 現在の不揮発性メモリの使用量(%)を示します。

表示例

不揮発性メモリの使用量が全体の 98%であることを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Warning not enough space on Non-volatile memory

(used 98%).

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.31

不揮発性メモリの残存容量 1KB 以下の時

不揮発性メモリの残り容量が 1KB 以下になった場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできなくなります。

 書式 system: Failed to write on Non-volatile memory.

表示例

不揮発性メモリの残存容量が 1KB 以下になり、ログ出力できない状況であるこ

とを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Failed to write on Non-volatile memory.

8.1.32

不揮発性メモリの未接続

不揮発性メモリが装着されていない場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできなくなります。

書式

 system: Not found Non-volatile memory.

表示例

不揮発性メモリが装着されていないことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Not found Non-volatile memory.

8.1.33

不揮発性メモリのライトプロテクト検出時

不揮発性メモリのライトプロテクトの有効を検出した場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできません。

 書式 system: Non-volatile memory is write protected.

 表示例

不揮発性メモリのライトプロテクトが有効になっていることを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Non-volatile memory is write protected.

8

ゲートウェイ

取扱説明書

151

8

8.1 ログ

8.1.34

不揮発性メモリとの通信不可時

不揮発性メモリとの通信ができない場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできません。

 書式 system: Failed to communicate with Non-volatile memory.

表示例

不揮発性メモリとの通信ができないことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Failed to communicate with Non-volatile memory.

8.1.35

不揮発性メモリのマウント失敗時

不揮発性メモリのマウントに失敗した場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできません。

書式

 system: Non-volatile memory mount failed.

表示例

不揮発性メモリのマウントに失敗したことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Non-volatile memory mount failed.

8.1.36

不揮発性メモリのサイズ取得失敗時

不揮発性メモリのサイズ取得に失敗した場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできません。

 書式 system: Failed to get size of Non-volatile memory.

 表示例

不揮発性メモリのサイズ取得に失敗したことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Failed to get size of Non-volatile memory.

152

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.37

不揮発性メモリのファイルシステム異常時

不揮発性メモリのファイルシステムの破損が発生した場合、ログ出力します。

この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできません。

 書式 system: File system error occurred with Non-volatile memory.

表示例

不揮発性メモリのファイルシステムの破損が発生したことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: File system error occurred with Non-volatile memory.

8.1.38

不揮発性メモリのフォーマット異常時

不揮発性メモリのファイルシステムのフォーマットが異常であることを検出した場

合、ログ出力します。この場合、不揮発性メモリへの計測データの保存はできませ

ん。

書式

 system: Non-volatile memory is not FAT32.

表示例

不揮発性メモリのファイルシステムのフォーマットが異常なことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Non-volatile memory is not FAT32.

8.1.39

データの欠測発生時

データの欠測が発生した際にログ出力します。欠測とは、連続実行しているスマー

トコンセントによるデータ計測が何らかの原因で実施できず、1 秒以上その状態が

続いたことを意味します。

欠測が発生した場合は、弊社サポート係 または ご購入先にお問い合わせくださ

い。

参照 10.1.8 データの欠測通知について (168 ページ)

 書式 system: missing value occurs port-#

書式 表示内容 port-# 欠測が発生したスマートコンセントの接続ポート番号を示します。

 表示例

ポート 1 に接続のスマートコンセントにで欠測が発生したことを示します。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: missing value occurs port-1.

ゲートウェイ

取扱説明書

153

8

8

8.1 ログ

154

8.1.40

データの欠測からの復旧時

データの欠測から復旧した際にログ出力します。欠測とは、連続実行しているス

マートコンセントによるデータ計測が何らかの原因で実施できず、1 秒以上その状

態が続いたことを意味します。欠測が発生していた期間を確認することができま

す。

 書式 system: missing value port-# (欠測の発生期間を 開始の年月日 時分秒

了の年月日 時分秒 で示す)

– 終

書式 表示内容 port-# 欠測が発生したスマートコンセントの接続ポート番号を示します。

表示例

ポート 1 に接続されていたスマートコンセントにおいて、欠測から復旧したこ

とを示します。()内には、欠測が発生していた期間が表示されます。

Jun 13 05:00:00 FX-5250GW system: missing value port-1 (2012/6/13 04:35:00 –

2012/6/13 04:36:20).

8.1.41

本装置の重大エラー発生時

本装置に重大エラーが発生した際にログを出力します。その際、エラー内容を示す

エラーコードが出力されます。

本ログが出力された場合は、エラーコードを控えていただき、弊社サポート係 ま

たは ご購入先にお問い合わせください。

書式 system: Fatal error occurred Error Code: エラーコード.

書式 表示内容

エラーコード

 エラーコード

エラーコード

10001

20001

30001

40001

40002

40003

40004

5 桁のエラーコードが入ります。

エラー内容

USB ホストコントローラとの通信エラー

USB ハブとの通信エラー

スマートコンセントとの通信エラー

不揮発性メモリの接続認識エラー(リセット失敗)

不揮発性メモリの接続認識エラー(CSD 取得失敗)

不揮発性メモリの接続認識エラー(CID 取得失敗)

不揮発性メモリの接続認識エラー(ドライバでのその他エラー)

50001 RTC との通信エラー

 表示例

重大エラーが発生したことを示します。エラーコード:10001

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system: Fatal error occurred Error Code:10001.

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

8.1.42

無線通信エラー発生時

無線通信においてエラーが発生した際にログを出力します。

 書式

 system signal timeout : port-# Wireless Base(yyyyy) - Wireless Hub(xxxxx). system signal timeout : port-# Wireless Base(yyyyy) - SPP(xxxxx). system signal loss : port-# Wireless Base(yyyyy) - Wireless Hub(xxxxx). system signal loss : port-# Wireless Base(yyyyy) - SPP(xxxxx). system signal weak : port-# Wireless Base(yyyy) - Wireless Hub(xxxxx). system signal weak : port-# Wireless Base(yyyy) - SPP(xxxxx). system signal normal : port-# Wireless Base(yyyy) - Wireless Hub(xxxxx). system signal normal : port-# Wireless Base(yyyy) - SPP(xxxxx).

事象毎の文字列

書式 表示内容 port-# 対象となる機器接続用ポートの番号

XXXXX, YYYYY それぞれのシリアル番号

表示例

ポート 1 のワイヤレスベースとワイヤレスハブ間の信号がロス。

Feb 7 09:01:35 FX-5250GW system loss : port-1 Wireless Base(yyyyy)-Wireless

Hub(xxxxx).

8.1.43

無線状態変化

無線機器の着脱が発生した際にログを出力します。

 書式

 device port-# SPS(xxxxx) connected. device port-# unknown device connected. device port-# device removed. device port-# Wireless Base(xxxxx) in pairing mode. device port-# Wireless Base(xxxxx) connected. device SPS(xxxxx) connected with port-# Wireless Hub(yyyyy). device SPS(xxxxx) removed from port-# Wireless Hub(yyyyy). device SPP(xxxxx) connected. device SPP(xxxxx) removed.

事象毎の文字列

書式 表示内容 port-#

XXXXX, YYYYY

対象となる機器接続用ポートの番号

それぞれのシリアル番号

ゲートウェイ

取扱説明書

155

8

8

8.1 ログ

MEMO

156

ゲートウェイ

取扱説明書

8.1 ログ

Chapter 9 - 諸元

本製品の仕様や動作条件について説明しています。

本章の内容

9.1 本製品の仕様

9.2 コネクタの信号アサイン

9.2.1 Local Console コネクタ

9.2.2 Ethernet コネクタ

9.3 環境条件

158 ページ

159 ページ

159 ページ

159 ページ

159 ページ

9

ゲートウェイ

取扱説明書

157

9

9.1 本製品の仕様

9.1.

本製品の仕様

項目

製品名

モデル名

PoE 受電機能

CPU

メモリ

Ethernet

タイプ

オートネゴ

プロトコル

コネクタ

ゲートウェイ

FX-5250GW/AD

なし

FX-5250GW/PE

あり

32bit CPU

SDRAM: 64MB

FlashROM: 16MB

100BASE-TX, IEEE802.3 準拠

対応

ディップスイッチ設定により、オートネゴシエーション

の有効/無効、Full/Half Duplex、100/10Mbps の切替え

可能

IP, TCP, UDP, ICMP, DHCP, syslog, HTTP, HTTPS, DNS,

SSH v1/2, Telnet, NTP, SNMP v1/2/3, FTP, SFTP, LDAP

RJ45×1

EIA/TIA-232-F 準拠

使用信号: TxD/RxD/RTS/CTS/DTR/DSR

フロー制御: <無し> または <ハードウェア>

9600bps, 8bit, Non-Parity, Stop bit 1

RJ45×1

USB TypeA×4

タイプ

Local Console

通信設定

コネクタ

スマートコンセント

接続用ポート

コネクタ

内蔵時計精度

消費電力

電源

(AC アダプタ)

出力定格

外形寸法 W×D×H [mm]

質量 [g]

最大誤差 4 分/月

5W 以下

DC5V / 2A

125×104×50

511 (本体のみ) 563 (本体のみ)

サポート OS および環境について

OS やブラウザのサポート範囲は特にございませんが、各ブラウザにおいて javascript の実行を許可してください。

158

ゲートウェイ

取扱説明書

9.2 コネクタの信号アサイン

9.2.

コネクタの信号アサイン

9.2.1

1

Local Console コネクタ

8

端子番号

1

2

3

4

5

6

7

8

9.2.2

1

Ethernet コネクタ

8

端子番号

1

2

3

4

5

6

7

8

信号名

RTS

DTR

TxD

GND

GND

RxD

DSR

CTS

信号名

TX+

TX-

RX+

---

---

RX-

---

---

IN/OUT

OUT

OUT

OUT

---

---

IN

IN

IN

IN/OUT

OUT

OUT

IN

---

---

IN

---

---

PoE 電力ライン *1

Positive V (A)

Positive V (A)

Negative V (A)

Positive V (B)

Positive V (B)

Negative V (A)

Negative V (B)

Negative V (B)

*1: FX-5250GW/PE の仕様

Positive V (A)、Negative V (A) は、IEEE802.3af Alternative A 方式結線を示します。

Positive V (B)、Negative V (B) は、IEEE802.3af Alternative B 方式結線を示します。

9.3.

環境条件

項目

周囲温度

周囲湿度

振動

衝撃

適合規格

静電気耐圧

動作時: 5~35℃

保存時: -10~60℃

動作時: 10~80%RH (ただし、結露なきこと)

保存時: 5~90%RH (ただし、結露なきこと)

JIS C 0040 (IEC 60068-2-6)準拠

JIS C 0041 (IEC 60068-2-27)準拠

型格 FX-5250GW/AD: VCCI Class B

型格 FX-5250GW/PE: VCCI Class A

IEC61000-4-2 準拠

接触放電: ±8kV

間接放電: ±8kV

気中放電: ±8kV

9

ゲートウェイ

取扱説明書

159

9

9.3 環境条件

MEMO

160

ゲートウェイ

取扱説明書

9.3 環境条件

Chapter 10 - 困ったときは

本製品を使用中に何らかのトラブルが発生した場合の解決方法について説明して

います。

162 ページ

162 ページ

162 ページ

163 ページ

163 ページ

164 ページ

165 ページ

166 ページ

168 ページ

169 ページ

本章の内容

10.1 トラブルシューティング

10.1.1 LED の確認

10.1.2 本製品の電源が入らない

10.1.3 通常起動しない

10.1.4 ローカルコンソールにアクセスできない

10.1.5 Web ページにアクセスできない

10.1.6 再起動すると設定が元に戻る

10.1.7 計測データを保存できない

10.1.8 データの欠測通知について

10.2 製品サポートについて

10

ゲートウェイ

取扱説明書

161

10

10.1 トラブルシューティング

10.1.

トラブルシューティング

本製品をご使用の際に発生する可能性のある、トラブル例およびその解決方法を示し

ます。下記の内容をご確認いただいてもトラブルが解決しない場合は、ご購入先ある

いは、富士通コンポーネント お客様サービス&サポートセンター へご相談くださ

い。

参照 10.2 製品サポートについて (169 ページ)

また、その際には迅速にトラブルを解決できるように、接続構成や故障内容などでき

るだけ具体的な現象について、ご説明いただけますようご協力をお願い致します。

10.1.1

LED の確認

本製品前面あるいは背面の LED を確認しましたか?

トラブルが発生した場合は、まず本製品の前面あるいは背面にある LED の表示を

ご確認ください。電源やネットワーク関連のトラブルについては、LED で状態を

確認することができます。

参照 1.2 本体各部の名称と機能 (3 ページ)

項 LED 状態 対処方法

1 POWER 消灯

AC アダプタが外れていることが考えられます。

AC アダプタを確実に挿し込んでください。

PoE 給電機器との接続を確認してください

(FX5250GW/PE の場合のみ)。

2 Ethernet LINK 消灯

Ethernet ポートのリンクが確立されていません。

ルータやハブなどのネットワーク機器との接続を確認してくださ

い。

10.1.2

本製品の電源が入らない

 電源供給されていますか?

本製品をご利用の場合は、必ず同梱の AC アダプタをご使用ください。

FX5250GW/PE において、PoE 給電機器と接続している場合、正しく PoE 給電

されているかご確認ください。

162

ゲートウェイ

取扱説明書

10.1 トラブルシューティング

10.1.3

通常起動しない

 ディップスイッチの設定は正しいですか?

本製品前面のディップスイッチをご確認ください。本製品を通常起動させる場

合は、ディップスイッチ 1 が OFF になっている必要があります。

参照 1.2.1 装置前面 (3 ページ)

10.1.4

ローカルコンソールにアクセスできない

 使用している変換アダプタ、ケーブルは正しいですか?

コンソール端末の COM ポートに本製品に変換アダプタ(RJ45⇔D-sub9 変換)お

よび市販の Cat5 ストレートケーブルを使用しているかご確認ください。

参照 2.2.2 コンソール端末の接続 (10 ページ)

シリアル通信の設定は正しいですか?

エミュレータ・アプリケーション(ハイパーターミナルなど)のシリアル通信が

以下のように設定されているかご確認ください。

通信条件 設定値

ボーレート

データ長

パリティ

ス ト ッ プ ビ ッ

フロー制御

9600bps

8bit

なし

1bit

なし

10

ゲートウェイ

取扱説明書

163

10

10.1 トラブルシューティング

10.1.5

Web ページにアクセスできない

 ネットワークケーブルの長さが制限を越えていませんか?

10BASE-T, 100BASE-TX の場合、ケーブル長は最大 100m と規定されていま

す。ご確認ください。

ケーブルは正しく接続されていますか?

Cat5 ストレートケーブルが Ethernet ポートに接続されているかご確認くださ

い。

ネットワークとのリンクが確立されていれば、本製品前面の Ethernet Link

LED が緑色に点灯します。

ネットワーク機器の電源は入っていますか?

ネットワーク機器の電源を投入してください。もしくは、システム管理者にご

相談ください。

IP アドレスは設定されていますか?

コンソール端末で本製品に設定されている IP アドレスをご確認ください。

IP アドレスが設定されていない場合は、コンソール端末から設定してくださ

い。

参照 3.3 ネットワーク設定 (14 ページ)

IP アドレスが重複していませんか?

設定した IP アドレスが既にネットワーク上に存在していないかをご確認くださ

い。

IP アドレスが重複している場合は、システム管理者にご相談ください。

ネットワーク設定は正しく行われていますか?

デフォルトゲートウェイ、DNS、ブロードキャストの設定が正しいか本装置お

よびご使用のクライアント PC につきましてもご確認ください。

164

ゲートウェイ

取扱説明書

10.1 トラブルシューティング

10.1.6

再起動すると設定が元に戻る

 設定の保存を行いましたか?

各設定ページにおいて、任意の設定を変更した場合、Web インターフェースの

右下に表示される [設定の保存]ボタンが[設定の保存が必要です]という

われます。

確認ダイアログが表示されます。[OK]ボタンをクリックします。

設定の保存が完了するまで約 10 秒かかります。

10

ゲートウェイ

取扱説明書

165

10

10.1 トラブルシューティング

10.1.7

計測データを保存できない

 不揮発性メモリのクリアを実行してください

スマートコンセントによる計測データを不揮発性メモリに保存することができ

ない、あるいは、しばらくすると保存できなくなる状態の場合、Web インター

フェースの下部ペインに以下のような、不揮発性メモリに関するメッセージが

点滅表示されます。

詳細には、不揮発性メモリの以下のような状態の場合に、メッセージが表示さ

れます。

項 不揮発性メモリの状態 メッセージ表示内容 (Web インターフェース)

1

2

3

装着されていない

ライトプロテクトがかかってい

通信不可

不揮発性メモリに計測データを保存できません。

4 マウント失敗

5

6

7

8

9

容量計測不可

残り容量が 5%以下

残り容量が 1KB 以下

ファイルシステムが破損

ファイルシステムのフォーマッ

トが異常

不揮発性メモリの空き領域が少なくなっています。

不揮発性メモリに計測データを保存できません。

166

ゲートウェイ

取扱説明書

10.1 トラブルシューティング

6

7

4

5

また、同様のメッセージ表示が CUI においても各コマンドの実行時に、下のよ

うな 警告メッセージとして表示されます。

$ setip Enter ↵

Warning : pwrlog cannot saved. ← 警告メッセージ

----------------------+----------------------------------

IP Address | 192.168.1.100

Netmask | 255.255.255.0

( 以下省略 )

項 不揮発性メモリの状態 メッセージ表示内容 (CUI)

1

2

3

装着されていない

ライトプロテクトがかかってい

通信不可

Warning : pwrlog cannot saved.

マウント失敗

容量計測不可

残り容量が 5%以下

残り容量が 1KB 以下

Warning : not enough space on Non-volatile memory.

8 ファイルシステムが破損

Warning : pwrlog cannot saved.

9

ファイルシステムのフォーマッ

トが異常

このようなメッセージが表示されている場合は、SFTP あるいは FTP でリモート

端末からアクセスし、不揮発性メモリ内の必要なデータをダウンロードした

後、不揮発性メモリ内のデータをクリアしてください。

クリアすると不揮発性メモリに蓄積されている消費電力値 および 消費電力量

のデータは削除されます。

6, 7 項については、データのクリアによって、正常動作に戻ります。また、4,

5, 8, 9 項については、復旧することがあります。復旧するとメッセージ表示は

消えます。

参照 ② 挙動の設定 (70 ページ)

参照 6.4.15 clearpwrlog コマンド (101 ページ)

不揮発性メモリのクリアを実行しても復旧しない場合は、弊社サポート係 また

は ご購入先にお問い合わせください。

10

ゲートウェイ

取扱説明書

167

10

10.1 トラブルシューティング

10.1.8

データの欠測通知について

欠測とは、連続実行しているスマートコンセントによるデータ計測が何らかの原

因で実施できず、1 秒以上その状態が続いたことを意味します。

本装置およびスマートコンセントのハードウェアやソフトウェアに 万が一 不具

合が生じた場合に、データの計測機能が動作していないことをご利用のユーザー

に通知するためにデータの欠測通知機能を実装しています。

欠測が発生した場合、Web インターフェースの下部ペインに以下のような、メッ

セージが点滅して表示されます。メッセージ表示を消す場合は、(表示を消す) を

クリックします。

また、欠測の発生 および 欠測からの復旧に関してシスログも出力されます。シ

スログの詳細については、下記をご参照ください。

参照 8.1.39 データの欠測発生時 (153 ページ)

参照 8.1.40 データの欠測からの復旧時 (154 ページ)

欠測が発生した場合は、弊社サポート係 または ご購入先にお問い合わせくださ

い。

168

ゲートウェイ

取扱説明書

10.2 製品サポートについて

10.2.

製品サポートについて

取扱説明書をご覧になっても不明な点がございましたらお問い合わせください。

お問い合わせの前に、製品本体ラベルに記載されている、型格(MODEL)、製造番号

(SERIAL、5 ケタの数字)、製造年月(DATE)のご確認をお願いします。

技術に関するお問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社 第二マーケティング部

富士通コンポーネント株式会社 第二マーケティング部

連絡先

受付時間

電話 : 03-5449-7006

9:00~12:00, 13:00~17:00 ( 土曜、日曜、祝日、年末年始 を除く )

不具合・修理に関するお問い合わせ先

富士通コンポーネント株式会社 第二マーケティング部

連絡先

受付時間

電話 : 0120-810-225 ( 通話料無料 )

9:00~12:00, 13:00~17:00 ( 土曜、日曜、祝日、年末年始 を除く )

10

ゲートウェイ

取扱説明書

169

10.2 製品サポートについて

MEMO

10

170

ゲートウェイ

取扱説明書

10.2

製品サポートについて

スマートコンセント・ゲートウェイ

取扱説明書 (KM80-13006-07)

2014 年 7 月発行

富士通コンポーネント株式会社

〒141-8630 東京都品川区東五反田 2-3-5 五反田中央ビル

本書の記載内容は予告無しに変更する事があります。

本書に記載された情報、図面の仕様に起因する第三者の知的財産権、その他権

利侵害については、当社はその責を負いません。

びに「米国輸出管理規制(EAR)」などの法令に基づき規制されている貨物又は技

術に該当する場合に、該当製品を輸出するに際しては同法に基づく許可が必要

になります。

無断転載を禁じます。

落丁、乱丁のあるものはお取り替え致します。

KM80-13006-07

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents