SPARK サイエンスラーニングシステム

SPARK サイエンスラーニングシステム
Cat.No.100-903
取
扱 説 明
書
SPARK SLS
サイエンスラーニングシステム
PS-2008A
この取扱説明書をよくお読みのうえ,安全事項・警告内容を
充分ご理解いただき,正しくご使用ください。
いつでもこの取扱説明書が使用できるように大切に保管ください。
100-903 SPARK SLS
ご使用に際しての安全上の注意事項
ご使用に際しての安全上の注意事項
この取扱説明書および製品には,安全にご使用いただくためのいろいろ
な絵表示をしています。その内容を理解することなく誤った取り扱いを
することによって生じる内容を次のように規定しています。
この取扱説明書に記載されている内容をよく理解してからご使用くださ
い。
警 告
注 意
注
記
誤った取り扱いをすると,人が死亡または重症を負
う可能性が想定される内容を示します。
誤った取り扱いをすると,人が傷害を負ったり,物
的損害の発生が想定される内容を示します。
装置を正しく使用していただくための情報を示し
ています。
絵表示の意味
絵表示の意味
この絵表示は,
「警告」
「注意」を促す事項を示しています。
この絵表示の近くに,具体的な警告・注意内容を表記しています。
この絵表示は,禁止事項を示しています。
この絵表示の近くに,具体的な禁止内容を表記しています。
この絵表示は,必ず実行して欲しい事項を示しています。
この絵表示の近くに,具体的な指示内容を表記しています。
2
PS-2008A
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
安全上の注意
警
告
電源は,必ず AC100V を使用してください。
感電・火災・故障などの原因となることがあります。
注
意
強い衝撃を与えないでください。
故障などの原因となることがあります。
水に濡らさないでください。
感電・故障などの原因となることがあります。
電源コードを束ねて使用しないでください。
故障などの原因となることがあります。
電源コードを傷付けないでください。
故障などの原因となることがあります。
ご使用にならないときは,安全のため電源プラグをコンセントから抜いて
下さい。
3
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
SPARK – クイック・スタート
記録ボタン
各部名称
ステータスランプ
センサポート
電圧プローブポート
USB ポート
温度プローブポート
タッチスクリーン
詳しくは
4. 「実験の開始」
4
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
詳しくは
7. 「データの表示」
詳しくは
8. 「ファイルの保存
と共有」
詳しくは
14. 「共通操作」
5
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
も く じ
安全上の注意 --------------------------------------------------------------------------- 3
SPARK – クイック・スタート ------------------------------------------------------------ 4
も く じ ------------------------------------------------------------------------------- 6
1. はじめに---------------------------------------------------------------------------- 9
2. 製品構成--------------------------------------------------------------------------- 10
3. 製品仕様--------------------------------------------------------------------------- 10
4. 実験の開始------------------------------------------------------------------------- 11
4.1 SPARK の電源を入れる ----------------------------------------------------------- 11
4.2 PASPORT センサを接続する------------------------------------------------------- 11
4.3 ScienceWorkshop センサを接続する ------------------------------------------------- 12
4.4 ライブデータを確認する---------------------------------------------------------- 13
4.5 ホーム画面から SPARKlab への移動 ------------------------------------------------ 13
4.6 分光センサの接続---------------------------------------------------------------- 15
4.7 Web カメラの接続 ---------------------------------------------------------------- 15
5. 実験の設定------------------------------------------------------------------------- 16
5.1 測定方法のカスタマイズ---------------------------------------------------------- 16
5.2 数値の表示方法のカスタマイズ---------------------------------------------------- 17
5.3 センサの校正-------------------------------------------------------------------- 19
6. データの記録----------------------------------------------------------------------- 21
6.1 連続サンプリングモードでのデータ記録-------------------------------------------- 21
6.2 手動サンプリングモードでのデータ記録-------------------------------------------- 21
6.3 測定データの削除---------------------------------------------------------------- 22
7. データの表示----------------------------------------------------------------------- 23
7.1 データのグラフ表示-------------------------------------------------------------- 23
7.2 データの表への表示-------------------------------------------------------------- 27
7.3 データのデジタル表示------------------------------------------------------------ 29
7.4 データのメータ表示-------------------------------------------------------------- 30
8. データの分析----------------------------------------------------------------------- 32
8.1 グラフ表示画面での分析---------------------------------------------------------- 32
8.2 表画面での統計表示-------------------------------------------------------------- 35
8.3 デジタル表示画面での統計表示---------------------------------------------------- 35
8.4 メータ表示画面での統計表示------------------------------------------------------ 35
9. 計算データと手動入力データ--------------------------------------------------------- 36
9.1 計算データ系列の作成(計算の実行)---------------------------------------------- 36
9.2 データの手動入力---------------------------------------------------------------- 37
6
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
10. SPARKlab ページの作成 ------------------------------------------------------------- 40
10.1 新規 SPARKlab ページの作成 ----------------------------------------------------- 40
10.2 SPARKlab ページへの画面の追加 -------------------------------------------------- 40
10.3 SPARKlab ページへの複数の要素の追加 -------------------------------------------- 43
10.4 SPARKlab ページの削除 ---------------------------------------------------------- 43
11. ファイルの保存と共有 --------------------------------------------------------------- 44
11.1 実験ファイルを保存する --------------------------------------------------------- 44
11.2 実験ファイルの印刷------------------------------------------------------------- 44
11.3 測定データのテキスト出力 ------------------------------------------------------- 44
11.4 保存した実験ファイルを開く ----------------------------------------------------- 45
11.5 USB フラッシュドライブに保存した実験ファイルを開く ----------------------------- 46
11.6 ファイルとフォルダの管理 ------------------------------------------------------- 46
11.7 SPARK をストレージデバイスとして認識させる------------------------------------- 47
11.8 ファイルの提出と収集 ----------------------------------------------------------- 48
12. ジャーナルの使用------------------------------------------------------------------- 49
12.1 画面の記録(スナップショット) ------------------------------------------------- 49
12.2 ジャーナルの操作--------------------------------------------------------------- 49
12.3 ジャーナルの保存--------------------------------------------------------------- 50
12.4 ジャーナルの出力--------------------------------------------------------------- 51
12.5 ジャーナルの提出--------------------------------------------------------------- 51
12.6 ジャーナルの印刷--------------------------------------------------------------- 52
13. 共通操作-------------------------------------------------------------------------- 53
13.1 ページをめくる----------------------------------------------------------------- 53
13.2 ホーム画面に戻る--------------------------------------------------------------- 53
13.3 オンスクリーンキーボードを使用した文字入力 ------------------------------------- 53
13.4 新規フォルダの作成------------------------------------------------------------- 54
13.5 スリープモード状態からの再起動 ------------------------------------------------- 54
13.6 電源を切る--------------------------------------------------------------------- 54
14. SPARK の管理 --------------------------------------------------------------------- 55
14.1 言語とキーボードの切り替え ----------------------------------------------------- 55
14.2 ファームウェアの更新 ----------------------------------------------------------- 55
14.3 バッテリの充電----------------------------------------------------------------- 55
14.4 バッテリの状態の表示 ----------------------------------------------------------- 56
14.5 日付と時間の設定--------------------------------------------------------------- 56
14.6 スリープモード----------------------------------------------------------------- 56
14.7 画面の明るさの調節------------------------------------------------------------- 57
14.8 タッチスクリーンの校正 --------------------------------------------------------- 58
14.9 バッテリ交換および廃棄の手順 --------------------------------------------------- 58
7
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
15. 関連製品・消耗品------------------------------------------------------------------ 60
16. 保証・アフターサービス------------------------------------------------------------- 61
16.1 保証書(別添)----------------------------------------------------------------- 61
16.2 修理を依頼されるとき----------------------------------------------------------- 61
8
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
1.はじめに
1.はじめに
この度は「SPARK SLS(サイエンスラーニングシステム)PS-2008A」をお買い上げいただき,
まことにありがとうございます。
SPARK SLS は,コンピュータ計測用の携帯端末と,“探求学習”(Inquiry-Based Learning)
の実験・学習コンテンツを統合した,データロガーです。大きなフルカラー液晶にはタッチパネル
方式を採用しており,直感的かつ簡単に操作を行うことができます。
測定データは,グラフ,デジタル(数値),メータ,表の 4 つの形式で,リアルタイムに表示す
ることができます。簡単な解析機能も搭載しており,測定したデータを解析し,その場で実験結果
についての考察を行うこともできます。
本製品には,60 種類以上の実験コンテンツ(SPARKlab)があらかじめインストールされていま
す。これらの SPARKlab には,実験の背景や実験の方法の学習から,結果の予測を立てて実際に
計測を行い,結果を考察するという一連の“探究的な”実験活動がすべて含まれており,そのまま
利用することができます。
9
2.製品構成
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
2.製品構成
① SPARK SLS 本体 ............................................................................................................................1 台
② AC アダプタ........................................................................................................................................1 個
③ 高速応答温度プローブ .................................................................................................................1 本
④ 電圧プローブ.....................................................................................................................................1 本
⑤ マニュアル CD-ROM......................................................................................................................1 枚
⑥ USB ケーブル(スタンダードA-ミニ AB).................................................................................1 本
⑦ 収納ケース.........................................................................................................................................1 箱
⑤
⑦
①
③
④
②
⑥
3.製品仕様
10
・ センサポート数:
4 ポート(内2つは温度および電圧プローブ専用)
・ ディスプレイ:
解像度 640 x 480 フルカラー液晶タッチパネル
・ 内蔵メモリー容量:
1GB フラッシュメモリー
・ 重さ:
約 600g
・ 寸法:
170 x140 x 45mm
・ ディスプレイ寸法:
5.7 インチ
・ USB 接続:
USB ポート 2 つ (スタンダード-A およびミニ-A/B)
・ 電源:
バッテリもしくは AC100V (アダプタ付き)
・ バッテリ:
リチウムポリマーバッテリ
・ 付属品:
高速応答温度プローブ,電圧プローブ(各 1 本)
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
4.実験の開始
4.実験の開始
4.1 SPARK の電源を入れる
1) バッテリが充電されていない場合は,付属の AC アダプタをコンセントと SPARK 底面の
AC アダプタポートに差し込みます。
2) 電源ボタンを長押しします。
SPARK の電源が入って起動画面が表示され,しばらく経つとホーム画面が表示されます。
① ACアダプタポート
② 電源ボタン
4.2 PASPORT センサを接続する
下図に示すように,SPARK では,最大で 2 つの PASPORT センサと温度プローブ,および
電圧プローブを使用できます。
① センサポート
② 温度ポート
③ 電圧ポート
11
4.実験の開始
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
SPARK にセンサを接続する方法は以下の通りです。
● PASPORT センサを接続する
1) PASPORT センサを,SPARK の上部にあるセンサポートのどちらかに差し込みます。
2) 2 つ目の PASPORT センサを接続する場合は,空いている方のセンサポートに差し込みます。
● 温度プローブを接続する
同梱の温度プローブ(または対応する他の温度プローブ)を,SPARK 上部の温度ポート
に差し込みます。
温度ポートに対応している温度プローブは,以下の 3 種です。
標準付属
オプション
オプション
名称
高速応答温度プローブ
表面温度プローブ
ステンレス温度プローブ
型式
PS-2135
PS-2131
PS-2153
-10~+70℃
-10~+70℃
-35~+135℃
±0.5℃
±0.5℃
±0.5℃
測定範囲
精度
● 電圧プローブを接続する
同梱の電圧プローブを,SPARK 上部の電圧ポートに差し込みます。
4.3 ScienceWorkshop センサを接続する
アダプタを使用すれば,ScienceWorkshop センサを接続して使用することができます。使用
するアダプタはセンサのタイプによって異なります。
● デジタルセンサ(
デジタルセンサ(接続端子が
センサ(接続端子が 5mm ステレオプラグ型
ステレオプラグ型のもの
プラグ型のもの)
のもの)の場合:
の場合:
デジタルアダプタ PS-2159 を使って接続します。
※スイッチタイプのセンサは,フォトゲートポート PS-2123(中止品)も使用できます。
● アナログセンサ(接続端子が DIN プラグ型のもの)の場合:
アナログアダプタ PS-2158 を使って接続します。
接続の手順は以下の通りです。
1) 接続に必要な上記のアダプタを SPARK に接続します。
2) アダプタに ScienceWorkshop センサを接続します。
3) 画面上にドロップダウンメニューが表示されますので,接続したセンサを選択します。
12
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
4.実験の開始
4.4 ライブデータを確認する
ホーム画面が開いていると,右図のように,接続
したすべてのセンサから入力されるライブデータ
が表示されます。(ホーム画面は,SPARK を起動
したときに最初に表示される画面です。)
ホーム画面が表示されていないときは,次のいず
れかの手順でホーム画面を表示させることができ
ます。
1) SPARK の電源がオフになっている場合は,電源を投入してセンサを接続します。
2) ホームボタン
ホーム
にタッチしてホーム画面に移動します。
4.5 ホーム画面から SPARKlab への移動
本製品では,実験・観測・学習などの主要な操作のほとんどを,統合ファイル環境である
SPARKlab 上で行います。
ホーム画面から SPARKlab へ移動する方法は以下の通りです。(目的に応じて以下の手順を
行ってください。)
● 既存の SPARKlab を開く
SPARK SLS には,そのまま使用できる SPARKlab がプレインストールされています。
プレインストールされている SPARKlab や,保存した SPARKlab を開くには,次の手順
を実行します。
1) 実行する SPARKlab に必要なセンサ(複数可)を接続します。
2) 不要なセンサが接続されている場合は,この段階で取り外します。
開くにタッチします。フォルダのリストが表示されます。
3) ホーム画面で,開く
開く
4) 実行する SPARKlab が保存されているフォルダにタッチします。
5) 必要であれば,サブフォルダにタッチします。
6) 開きたい SPARKlab にタッチします。
7) OK にタッチします。SPARKlab が開きます。
ページナビゲータ
8) 画面上の指示に従い,実験を続けます。ページを変えるには,ページナビゲータ
を使用します。
13
4.実験の開始
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● SPARKlab を表示する
SPARKlab の表示機能を使用すると,最も簡単にデータの記録や,グラフ・表・数値・
およびメータ表示を行うことができます。(但し,表示できるのは 1 つの測定項目のみで
す。)手順は以下の通りです。
1) センサを接続します。
2) ホーム画面で,ライブ表示されている測定項目の中から,表示したい項目を1つ選び,
タッチします。(選択された測定項目が強調表示されます。)
3) 表示にタッチします。(測定項目を選択していないと,表示ボタンは押せません。)
表示
4 ページで構成される SPARKlab が開きます。
4) 開始ボタン
開始
にタッチして,データの記録を開始します。データを別の方法で表示するには,
ページナビゲータ
を使用します。
● SPARKlab を作成する
作成する
オリジナルの SPARKlab を作成すると,表示したいデータとその表示方法をカスタマイ
ズすることができます。また,テキストや画像を追加することもできます。SPARKlab を
作成するには,次の手順を実行します。
1) センサ(複数可)を接続します。
2) ホーム画面で,作成
作成にタッチします。ページ
作成
作成画面が表示されます。
ページ作成画面:
① 測定項目
② データ表示,画像ボックス,
テキストボックスボタン
③ プレビュー
3) 1つめの表示画面にデータ表示を行う測定項目(複数可)にタッチします。(選択され
た測定項目は,強調表示されます。測定項目を再度押すと,選択を解除できます。)
4) グラフ,表,数値表示,またはメータのデータ表示ボタンのうちいずれかにタッチしま
す。選択している測定項目が 1 つだけの場合,すべてのデータ表示方法が使用できます
が,2 つを選択している場合はグラフと表だけが,3 つ以上を選択している場合は,表
だけが使用できます。
グラフ
14
デジタル
(数値表示)
メータ
表
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
4.実験の開始
5) 選択された測定項目と画面が,ページ作成画面のプレビューセクションに表示されます。
6) 必要に応じて,上記3)~5)の手順や以下の作業を行い,データ表示画面の構成を編
集します。
•
画像ボックスボタン
画像ボックス
にタッチして,大小の画像ボックスを追加します。
(SPARKlab にページを追加した後は,画像ボックスを押すと,ボックス内に表示
する画像を選択できます)
•
テキストボックスボタン
テキストボックス
にタッチして,大小のテキストボックスを追加します。
(SPARKlab にページを追加した後は,テキストボックスにタッチして,テキスト
を入力できます)
•
元に戻すボタン
元に戻す
にタッチして,プレビューから要素を削除します。
OK にタッチします。
7) データ表示画面の構成が完了したら,OK
新しい SPARKlab が開き,作成したページが表示されます。
新しいページボタン
8) 別の表示ページを追加したい場合は,新しいページ
新しいページ
にタッチして,追加する
ページの構成を行います。(ページの構成手準は,上記手順と同様です。)
9) 表示ページが作成できたら開始
開始ボタン
開始
にタッチして,データの測定を開始します。
4.6 分光センサの接続
ファームウェアのバージョンが 1.3.0 以降であれば,分光センサの接続に対応しています。接
続には,分光センサ付属の USB ケーブルを使用します。
ファームウェアが 1.3.0 よりも前の場合は,弊社ホームページからファイルをダウンロードし
て,ファームウェアの更新を行ってください。
(アップデート手順は,14.2
14.2 ファームウェアの更新をご参照ください。)
ファームウェア
4.7 Web カメラの接続
ファームウェアのバージョンが 1.3.0 以降であれば,USB Video class 準拠の Web カメラを
接続することができます。接続するときは,カメラの USB ケーブルを,SPARK 本体の USB
ポートに差し込んでください。
ファームウェアが 1.3.0 よりも前の場合は,弊社ホームページからファイルをダウンロードし
て,ファームウェアの更新を行ってください。
(アップデート手順は,14.2
14.2 ファームウェアの更新をご参照ください。)
ファームウェア
15
5.実験の設定
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
5.実験の設定
5.1 測定方法のカスタマイズ
データの測定を行う際,サンプリングレート(測定間隔)やサンプリングモードを変更する
ことができます。
● サンプリングレートを設定する
サンプリングレートを設定する
SPARK が連続サンプリングモード(デフォルトモード)の場合,以下の手順で記録する
速度(または間隔)を設定することができます。
1) サンプリングオプション
サンプリングオプションボタン
オプション
にタッチします。
サンプリングオプション画面が開きます。
2) サンプリングレートの
サンプリングレートの単位
レートの単位ボックスにタッチして,単位を選択します。
単位
3) サンプリングレートボックスにタッチして,値を選択します。(単位が
Hz の場合は 1
サンプリングレート
秒・分
分・時間
時間の場合は測定間隔を設定します。)
秒あたりの測定回数,秒
時間
4) OK にタッチします。
● SPARK を連続サンプリングモードに切り替える
連続サンプリングモードに切り替える
連続サンプリングモード(デフォルトモード)では,一定の間隔で自動的にデータを記
録します。SPARK が手動サンプリングモードになっているときは,次の手順を実行し,連
続サンプリングモードに切り替えます。
1) サンプリングオプ
サンプリングオプション
オプションボタン
ション
にタッチします。
サンプリングオプション画面が開きます。
2) 連続にタッチします。
連続
3) OK にタッチします。
● SPARK を手動サンプリングモードに切り替える
手動サンプリングモードでは,ボタンにタッチしたタイミングでデータを記録します。
SPARK を手動サンプリングモードに切り替えるには,次の手順を実行します。
1) サンプリングオプション
サンプリングオプションボタン
オプション
にタッチします。
サンプリングオプション画面が開きます。
2) 手動にタッチします。
手動
3) OK にタッチします。
16
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
5.実験の設定
● 測定の自動停止条件を設定する
測定の自動停止条件を設定する
自動停止条件を設定すると,測定開始から設定時間が経過したタイミングで測定を自動
停止させることができます。この設定は,SPARK が連続サンプリングモード(デフォルト
モード)の場合に使用することができます。設定手順は以下の通りです。
1) サンプリングオプション
サンプリングオプションボタン
オプション
にタッチします。
サンプリングオプション画面が開きます。
条件ボックスにタッチして,時間終了後に停止
時間終了後に停止を選択します。
2) 自動停止の条件内の条件
自動停止の条件
条件
時間終了後に停止
3) 単位ボックスにタッチして設定したい時間の単位を選択します。
単位
なお,単位の s は秒,µs はマイクロ秒(10-6 秒),ms はミリ秒(10-3 秒),min は分,
hr は時間を表します。
4) 値ボックスにタッチして設定したい時間の値を入力します。
5) OK にタッチします。
5.2 数値の表示方法のカスタマイズ
● 小数点以下の位を設定する
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) データプロパティにタッチします。データプロパティ画面が開きます。
データプロパティ
3) 測定ボックスにタッチして,設定したい測定項目や変数を選択します。
測定
数値形式
4) 数値形式にタッチします。数値形式のオプションが表示されます。
5) 数値スタイルにタッチし,固定小数点を選択します。
数値スタイル
6) 桁数の矢印にタッチし,小数点以下の位を選択します。
桁数
7) OK にタッチします。
● 有効数字を設定する
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) データプロパティにタッチします。データプロパティ画面が開きます。
データプロパティ
3) 測定ボックスにタッチして,設定したい測定項目や変数を選択します。
測定
4) 数値形式にタッチします。数値形式のオプションが表示されます。
数値形式
5) 数値スタイルにタッチして,有効数字を選択します。
数値スタイル
6) 桁数の矢印にタッチして,表示される有効数字の数を選択します。
桁数
7) OK にタッチします。
17
5.実験の設定
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● 科学記法によって数字を表示する
科学記法によって数字を表示する
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) データプロパティにタッチします。データプロパティ画面が開きます。
データプロパティ
3) 測定ボックスにタッチして,設定したい測定項目や変数を選択します。
測定
4) 数値形式にタッチします。数値形式のオプションが表示されます。
数値形式
5) 数値スタイルにタッチして,科学記法を選択します。
数値スタイル
6) 桁数の矢印にタッチして,表示される桁数を選択します。
桁数
7) OK にタッチします。
● データの表示単位を変更する
データの表示単位を変更する
測定結果を別の単位で表示するには,次のいずれか,または両方の作業を実行します。
•
表示中のデータ
表示中のデータの
データの表示単位を変更する
表示単位を変更する
表示中の画面内の測定データの単位を変更するには,次の手順を実行します。
ツールボタン
1) グラフ,数値表示,表,メータのいずれかのツール
ツール
にタッチして,ツー
ルパレットを開きます。
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチして,プロパティ画面を開きます。
3) 単位ボックスにタッチして,測定結果の単位を選択します。
単位
4) OK にタッチします。測定結果が,選択された単位で表示されます。
•
データの初期表示単位を変更する
データの初期表示単位を変更する
データの表示単位の初期設定を変更するには,次の手順を実行します。
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) データプロパティにタッチして,データプロパティ画面を開きます。
データプロパティ
3) 測定ボックスにタッチして,測定結果を選択します。
測定
4) 単位ボックスにタッチして,測定結果の単位を選択します。
単位
5) デフォルトとして設定にタッチして,その測定結果の単位を確定します。
デフォルトとして設定
6) OK にタッチします。次回,測定結果を表示すると,選択された単位が使用されます。
18
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
5.実験の設定
5.3 センサの校正
センサの校正は,測定結果の精度を高めるために行う任意の手順です。測定結果と校正の種
類を選択し,校正を行うには,次の作業を実行します。
● 校正を行う測定項目
校正を行う測定項目と校正の種類を選択する
項目と校正の種類を選択する
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) センサの校正にタッチします。測定項目の選択画面が開きます。
センサの校正
3) センサボックスにタッチして,校正を行うセンサを選択します。
センサ
4) 測定ボックスにタッチして,校正を行う測定結果を選択します。
測定
5) 校正の種類
校正の種類ボックスにタッチして,校正の種類を選択します。個々のセンサに対する適切な
の種類
校正方法は,センサに付属の取扱説明書を参照してください。
6) 次へにタッチします。センサの校正画面が開きます。
次へ
7) センサの校正画面で,次の作業の説明に従って校正を行います。
● 校正の実行
校正の実行
校正を行う測定結果と,校正の種類を選択します(前の作業を参照)。選択された校正
の種類により,2 ポイント校正,1 ポイントのオフセットのみの校正,または 1 ポイントの
勾配のみの校正を行います。
•
2 点校正(勾配とオフセットの校正)
校正(勾配とオフセットの校正)を行う
(勾配とオフセットの校正)を行う
センサの校正画面で,次の手順を実行します。
1) センサで校正の 1 つ目の基準となる値が測定できるように準備します。
例:pH プローブを,pH 4 の緩衝液(校正の1つ目の基準とする溶液)に入れます。
2) 校正ポイント1の校正値
校正ポイント1 校正値ボックスにタッチして,その校正値を入力します。
校正値
例:緩衝液の pH(校正の1つ目基準とする値:ここでは pH4)を入力します。
3) センサから読み取
センサ値
センサから読み取る
読み取るにタッチします。センサによって測定された値が,センサ
センサ値ボックスに転
送されます。
4) センサで校正の 2 つ目の基準となる値が測定できるように準備します。
例:pH プローブを,pH 7 の緩衝液(校正の2つ目の基準とする溶液)に入れます。
5) 校正ポイント 2 で,校正値
校正値ボックスにタッチして,2
つ目の校正値を入力します。
校正値
例:緩衝液の pH(校正の2つ目の基準とする値:ここでは pH7)を入力します。
6) センサから読み取るにタッチします。センサによって測定された値が,センサ
センサ値
センサから読み取る
センサ値ボックスに
転送されます。
7) OK にタッチします。校正の完了です。
19
5.実験の設定
•
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
1 点でオフセットのみの校正を行う
検量線の傾きは校正せず,オフセットだけを校正したい場合は,次の手順を実行します。
1) センサで校正の基準となる値が測定できるように準備します。
例:温度プローブを,0°C の氷水(校正の基準とする温度の水)に入れます。
2) 校正ポイント1で,校正値
校正ポイント1
校正値ボックスにタッチして,その基準となる値を入力します。
校正値
例:基準とする氷水の温度の値(0°C)を入力します。
3) センサから読み取る
センサから読み取るにタッチします。センサによって測定された値が,センサ
センサ値
センサ値ボックスに
転送されます。
4) OK にタッチします。校正の完了です。
•
1 点で勾配のみの校正を行う
点で勾配のみの校正を行う
オフセットは校正せず,検量線の傾きだけを校正したい場合は,次の手順を実行します。
1) センサで校正の基準となる値が測定できるように準備します。
例:溶存酸素プローブを,基準とする濃度(9.1mg/L)の水の入ったボトルに入れます。
2) 校正ポイント 2 で,校正値
校正値ボックスにタッチして,その既知量を入力します。
校正値
例:基準とする溶存酸素濃度の値(9.1mg/L)を入力します。
3) センサから読み取るにタッチします。センサによって測定された値が,センサ
センサ値
センサから読み取る
センサ値ボックスに
転送されます。
4) OK にタッチします。校正の完了です。
20
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
6.データの記録
6.データの記録
SPARK で,連続サンプリングモードおよび手動サンプリングモードでデータを記録する方法に
ついて説明します。1 つの SPARKlab 中に,複数の測定データおよびデータセットを記録できます。
6.1 連続サンプリングモードでのデータ記録
連続サンプリングモード(初期設定モード)では,自動で周期的(設定した測定間隔ごと)
にデータの記録を行うことができます。このモードで測定を行うには,以下の手順を行います。
1) 開始ボタン
開始
にタッチします。画面上の開始ボタンの代わりに,どちらかの記録ボタンを押
すこともできます。SPARK が新しい測定データを作成し,データポイントの記録を開始しま
す。
記録ボタン
停止ボタン
2) データの記録を停止するには,停止
停止
にタッチします。画面上の停止ボタンの代わり
に,どちらかの記録ボタンを押すこともできます。SPARK はデータの記録を停止します。
3) この手順を繰り返し,別の測定データを記録します。
6.2 手動サンプリングモードでのデータ記録
手動サンプリングモードでは,手動でデータを記録するタイミングを取りながら記録するこ
とができます。(ボタンにタッチした瞬間の測定値が一連のデータ系列として次々と記録され
ます。)
1) データを表で確認できる SPARKlab にページを切り替えます(任意)。使用可能な表
示タイプであればどれでもデータを記録できますが(または表示なし),通常手動でサ
ンプリングされたデータは,表を確認しながら記録します。
2) 開始ボタン
開始
にタッチします。(画面上の開始ボタンの代わりに,どちらかの記録ボタンを押
すこともできます。)
SPARKlab 内に記録用の新しいデータ系列が作成され,データ画面にライブデータが表
示され,記録ボタンが点滅します。
21
6.データの記録
100-903 SPARK SLS
3) データを記録するタイミングに合わせて保持
保持ボタン
保持
PS-2008A
にタッチします。画面上の保持ボタン
の代わりに,左右どちらかの記録ボタンにタッチしても同様に記録することができます。
SPARK では,このボタンにタッチした瞬間の測定値を,各測定項目について それぞれ 1
つずつ記録します。
記録ボタン
4) 同様の手順を繰り返して,1 つの系列として記録するすべての測定を行います。
5) 停止ボタン
停止
にタッチします。測定していたデータ系列が閉じます。(このデータ系
列にデータが記録できなくなります。)
6) 別の系列のデータセットを記録する場合は,2)~5)の手順を繰り返します。
6.3 測定データの削除
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) 測定データの管理
測定データの管理にタッチします。測定データの削除画面が開きます。
の管理
3) 次のいずれかを実行します。
最後の測定データを削除 最後に測定したデータのみを削除します。
全ての測定データを削除
全ての測定データを削除 すべての測定データを削除します。
削除するデータを選択
4) 完了にタッチします。
完了
5) OK にタッチします。
22
削除する測定データを選択して削除します。
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
7.データの表示
7.データの表示
7.1 データのグラフ表示
● 新規グラフを作成する
新しいグラフを作成するには,次のいずれかの手順を実行します。
•
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面から新しい SPARKlab を作成します。(以下の手順が最も簡単です。)
1) 表示したい測定項目(測定値)を選択します。
2) 表示にタッチします。SPARKlab
の 1 ページ目にグラフが表示されます。
表示
•
SPARKlab が開いている場合
開いている SPARKlab に,新しいページを追加します。
1) 新しいページボタン
新しいページ
にタッチします。ページ作成画面が表示されます。
2) 測定項目を選択します。
3) グラフボタン
グラフ
にタッチします。
4) OK にタッチします。グラフを含む新しいページが,SPARKlab に追加されます。
● グラフのツールパレットを表示/
グラフのツールパレットを表示/非表示にする
ツールパレットから行います。ツールパレットを表示・
画面の操作やデータの分析は,ツールパレット
ツールパレット
非表示する方法は以下の通りです。
・ ツールパレットを表示するには,グラフ左下隅にある青色のグラフツール
グラフツールボタン
グラフツール
にタッチします。
・ ツールパレットの表示を消すには,オレンジ色のグラフツール
グラフツールボタン
グラフツール
にタッチし
ます。
● グラフのスケールを調節する
グラフ表示する範囲や領域を変更するには,以下の作業を実行します。
•
グラフのサイズを画面に合わせる
1) グラフツールボタン
グラフツール
2) スケールフィットボタン
スケールフィット
にタッチして,ツールパレットを開きます。
にタッチします。グラフにすべてのデータ(または強調表示さ
れたすべてのデータ)が表示されるよう自動的に調節されます。
23
7.データの表示
•
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
直接操作でスケールを調節する
次のいずれかまたは複数の手順を実行します。操作する順序にはよりません。
・ グラフの X 軸のラベルとなる数字を 1 つ押し,左か右にドラッグします。グラフが水
平方向に拡大または縮小します。
・ グラフの Y 軸のラベルとなる数字を 1 つ押し,上か下にドラッグします。グラフが垂
直方向に拡大または縮小します。
・ グラフの中央部分にタッチして,任意の方向にドラッグします。グラフが移動します。
① 水平方向に拡大縮小
② 垂直方向に拡大縮小
③ 移動
● グラフに表示するデータ系列
グラフに表示するデータ系列を選択する
系列を選択する
データ系列のグラフへの表示/非表示を切り替えます
1) グラフ右上隅のグラフ凡例にタッチします。凡例が拡大され,表示できる測定データ系列が表
示されます。
2) 表示または非表示にする測定データの隣にあるチェックボックスを選択,または解除します。
3) 必要に応じて,凡例の外側にタッチして凡例のサイズを縮小します。
グラフ凡例
24
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
7.データの表示
● X または Y 軸の変数を変更する
1) グラフツールボタン
グラフツール
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチして,ツールパレットを開きます。
にタッチして,プロパティ画面を開きます。
3) 各軸について,測定
測定項目
測定項目ボックスにタッチして,測定項目を選択します。
項目
● グラフ上で
グラフ上で操作を行うデータを選択する
上で操作を行うデータを選択する
グラフ上で操作できる測定データ系列は,グラフ凡例中で赤い線で囲んで表示されます。
操作するデータを別の測定データに変更するには,次の手順を実行します。
1) グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
グラフ凡例
2) 凡例で,選択する測定データのマーク部分
マーク部分(右図参照)にタッ
チします。選択した測定データのところに,赤い囲み線が移
動します。
3) この状態で統計,グラフツール,または曲線フィットを選択すると,選択した測定デー
タに対して処理が行われます。
グラフ凡例
● グラフ画面上で
グラフ画面上で操作を行う
画面上で操作を行う測定データ
操作を行う測定データの一部を選択する
測定データの一部を選択する
測定データの一部が選択されていると,選択された部分が強調表示されます。画面サイ
ズ,統計,グラフツール,および曲線フィットは,選択されたデータポイントにのみ適用
されます。測定データの一部を選択するには,次の手順を実行します。
1) グラフ上に複数の測定データ系列がある場合は,選択する測定データ系列を選択します。
2) グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
3) 凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定デー
タに移動します。
25
7.データの表示
100-903 SPARK SLS
4) グラフツールボタン
グラフツール
5) 選択ボタン
選択
PS-2008A
にタッチして,ツールパレットを開きます。
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
6) グラフ領域内の任意の場所にタッチして,1 秒以内にグラフ領域内の別の場所にタッチ
します。これら 2 つの場所が選択ボックスの隅になり,選択ボックスが表示されます。
ボックス内のデータポイントが強調表示されます。
7) ボックスの隅のハンドル
ハンドル
をドラッグし,選択ボックスのサイズと位置を調節します。
OK にタッチします。選択ボックスは表示
8) 目的のデータポイントが強調表示されたら,OK
されなくなりますが,ポイントは選択されたままです。
9) 選択を解除するには,選択
選択ボタン
選択
を再度押します。
● グラフのデータに注釈を付ける
•
注釈を追加する
1) グラフ上に複数の測定データ系列がある場合は,選択する測定データ系列を選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定
データに移動します。
2) グラフツールボタン
グラフツール
3) 選択ボタン
選択
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
4) グラフ上のポイントにタッチします。
5) OK にタッチします。
6) 注釈ボタン
注釈
にタッチします。オンスクリーンキーボードが表示されます。
7) 内容を入力し,OK
OK にタッチします。グラフ上に注釈が表示されます。
8) 選択ボタン
選択
•
にタッチします。ボタンが青色に変わります。
注釈を編集/
注釈を編集/削除する
グラフツールボタン
1) 必要に応じ,グラフツール
グラフツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
2) 編集または削除する注釈にタッチします。注釈が強調表示されます。
3) 注釈ボタン
注釈
にタッチします。オンスクリーンキーボードが表示されます。
OK にタッチします。
4) 注釈を編集または削除し,OK
26
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
7.データの表示
7.2 データの表への表示
● 新しい表を作成する
新しい表を作成するには,次のいずれかの手順を実行します。
•
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面から新しい SPARKlab を作成します。
a)表示したい測定項目にタッチします。
表示にタッチします。SPARKlab
が表示されます。
b)表示
表示
c)ページナビゲータ
ページナビゲータ
•
を使用し,3 ページ目の表に移動します。
SPARKlab が開いている場合
開いている SPARKlab に,新しいページを追加します。
新しいページボタン
a)新しいページ
新しいページ
にタッチします。ページ作成画面が表示されます。
b)表示したい測定項目(最大 5 つまで)にタッチします。
c)表
表ボタン
にタッチします。
OK にタッチします。表を含む新しいページが,SPARKlab に追加されます。
d)OK
● 表のツールパレットを表示/
表のツールパレットを表示/非表示にする
画面の操作やデータの分析は,ツールパレット
ツールパレットから行います。ツールパレットを表示・非
ツールパレット
表示する方法は以下の通りです。
表ツールボタン
・ ツールパレットを表示するには,表の左上隅にある青色の表ツール
表ツール
にタッ
チします。
表ツールボタン
・ ツールパレットの表示を消すには,オレンジ色の表ツール
表ツール
にタッチします。
● 表をスクロールする
表の中央部分にタッチし,上か下にドラッグします。
27
7.データの表示
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● 表に表示するデータを選択する
•
表示する測定データ
表示する測定データを選択する
測定データを選択する
1) 列の上部にある測定データ番号にタッチします。使用可能な測定データが表示され
ます。
2) 表示する測定データにタッチします。
•
既存の列に表示する変数を変更する
1) 表ツールボタン
表ツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
3) 列ボックスにタッチし,変更する列を選択します。列は,左から右に向かって
1,2,3…の順に番号で表しています。
4) 測定項目
測定項目ボックスにタッチし,測定項目を選択します。
項目
単位ボックスにタッチし,表示する単位を選択します。
5) 必要に応じて単位
単位
6) OK にタッチします。
•
列を追加する
表は,最大で 6 列まで使用できます。表に列を追加するには,次の手順を実行します。
1) 表ツールボタン
表ツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
2) 新しい列を挿入する表の中の位置を選択します。
3) 選択ボタン
選択
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
4) 新しい列を表示させる場所の右側にある列にタッチします。(位置を選択しなけれ
ば, 新しい列は表の右側に追加されます。)
5) 列の追加ボタン
列の追加
にタッチします。表に,新しい空白の列が追加されます。
6) 新しい列の測定項目を選択するには,プロパティ
プロパティボタン
プロパティ
•
列を削除する
1) 表ツールボタン
表ツール
選択
2) 選択ボタン
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
3) 削除する列にタッチします。
4) 列の削除ボタン
列の削除
28
にタッチします。
にタッチします。
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
7.データの表示
● 操作を行うセルを選択する
表の複数のセルが操作対象として選択されている場合は,選択されているセルは線で囲
まれます。統計が表示されている場合は,選択されたセルのデータにだけ適用されます。
次の手順を実行し,セルを選択します。
1) 表ツールボタン
表ツール
2) 選択ボタン
選択
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
3) 表の列を下方向,横方向,または斜め方向にドラッグし,複数のセルを選択します。選
択された複数のセルが,線で囲まれて表示されます。
4) 選択を解除するには,選択
選択ボタン
選択
を再度押します。
① 単独の列のセルを選択
② 単独の行のセルを選択
③ 複数の列と行のセルを選択
7.3 データのデジタル表示
● 新しいデジタル
新しいデジタル表示を作成する
デジタル表示を作成する
新しいデジタル表示を作成するには,次のいずれかの手順を実行します。
•
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面から,新しい SPARKlab を作成します。
a)表示したい測定項目にタッチします。
表示にタッチします。SPARKlab
が表示されます。
b)表示
表示
ページナビゲータ
c)ページナビゲータ
•
を使用し,2 ページ目の数値表示に移動します。
SPARKlab が開いている場合
開いている SPARKlab に,新しいページを追加します。
a)新しいページ
新しいページボタン
新しいページ
にタッチします。ページ作成画面が表示されます。
b)表示したい測定項目にタッチします。
c)数値表示
数値表示ボタン
数値表示
にタッチします。
OK にタッチします。デジタル表示を含む新しいページが,SPARKlab に追加されま
d)OK
す。
29
7.データの表示
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● デジタル
デジタル表示のツールパレットを表示
タル表示のツールパレットを表示/
表示のツールパレットを表示/非表示にする
表示操作やデータの分析は,ツールパレット
ツールパレットから行います。ツールパレットを表示・非
ツールパレット
表示する方法は以下の通りです。
デジタル表示ツール
表示ツールボタン
・ ツールパレットを表示するには,デジタル表示左下隅のデジタル
デジタル
表示ツール
に
タッチします。
・ ツールパレットの表示を消すには,デジタル
デジタル表示ツール
デジタル表示ツールボタン
表示ツール
にタッチします。
● デジタル表示の
デジタル表示の測定項目と単位
表示の測定項目と単位を変更する
測定項目と単位を変更する
1) デジタル表示ツール
デジタル表示ツールボタン
表示ツール
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
3) 測定ボックスにタッチし,表示する測定結果やその他の変数を選択します。
4) OK にタッチします。
7.4 データのメータ表示
● 新規メータを作成する
新しいメータを作成するには,次のいずれかの手順を実行します。
•
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面が表示されている場合
ホーム画面から新しい SPARKlab を作成します。
1) 表示したい測定項目にタッチします。
2) 表示にタッチします。SPARKlab
が表示されます。
表示
3) ページナビゲータ
•
を使用し,4 ページ目のメータに移動します。
SPARKlab が開いている場合
開いている SPARKlab に,新しいページを追加します。
1) 新しいページボタン
新しいページ
にタッチします。ページ作成画面が表示されます。
2) 表示したい測定項目にタッチします。
3) メータボタン
メータ
にタッチします。
4) OK にタッチします。メータを含む新しいページが,SPARKlab に追加されます。
● メータのツールパレットを表示/非表示にする
表示操作やデータの分析は,ツールパレット
ツールパレットから行います。ツールパレットを表示・非
ツールパレット
表示する方法は以下の通りです。
30
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
7.データの表示
・ ツールパレットを表示するには,メータ左下隅にある青色のメータツール
メータツールボタン
メータツール
にタッチします。
メータツールボタン
・ ツールパレットの表示を消すには,オレンジ色のメータツール
メータツール
にタッチし
ます。
● メータのスケールをデータに合わせて
メータのスケールをデータに合わせて調節する
データに合わせて調節する
メータの表示範囲を測定データに合わせて簡単に調整することができます。
1) メータツール
ボタンにタッチし,ツールパレットを開きます。
2) データに合わせて目盛を設定ボタン
データに合わせて目盛を設定
にタッチします。
メータのスケールが,表示中の測定データに合わせて調節されます。
● メータのスケールを設定する
1) メータツールボタン
メータツール
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
3) 常にスケールフィット
常にスケールフィットで
スケールフィット OFF を選択します。
4) 最小ボックスにタッチし,設定する表示範囲の最低値を入力します。
最小
5) 最大ボックスにタッチし,設定する表示範囲の最高値を入力します。
最大
6) OK にタッチします。
● メータに表示される変数を変更する
7) メータツールボタン
メータツール
8) プロパティボタン
プロパティ
にタッチして,ツールパレットを開きます。
にタッチして,プロパティ画面を開きます。
9) 測定項目
測定項目ボックスにタッチし,表示する測定結果やその他の変数を選択します。
項目
10) OK にタッチします。
● メータの外観をカスタマイズする
1) メータツールボタン
メータツール
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
スモールレンジ,ハーフレンジ
3) レンジボックスにタッチし,スモールレンジ
レンジ
スモールレンジ ハーフレンジ,ラージレンジ
ハーフレンジ ラージレンジのいずれか
ラージレンジ
を選択します。
4) OK にタッチします。
31
8.データの分析
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
8.データの
データの分析
本製品は,表示画面から統計量(最小値,最大値,平均値,標準偏差,測定ポイント数など)を
分析して表示することができます。グラフ表示している場合は,領域の統計を行うこともできます。
グラフ画面では,基本関数形の近似を行ったり,予測を立ててグラフ内に書き込んだり,表示して
いる測定値を参照したり,変化の勾配を調べたりすることもできます。
8.1 グラフ表示画面での分析
● 統計をグラフで表示する
測定データの最小値,最大値,平均値,標準偏差,カウント,データ曲線の下の面積(積分
量)を分析して表示するには,次の手順を実行します。
1) 複数の測定データ系列が表示されている場合は,分析するデータを選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された
測定データに移動します。
2) 統計を適用するデータセットの一部分を選択します。
3) グラフツールボタン
グラフツール
4) 統計ボタン
統計
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,統計画面を開きます。
5) 1 つ以上の統計項目にタッチします。選択された項目が強調表示されます。
6) OK にタッチします。グラフに統計が表示されます。
7) 統計を削除するには,統計
統計ボタン
統計
を再度押します。
● 曲線フィット
曲線フィットを適用する
フィットを適用する
選択した測定データに対して,一次関数,二次関数,指数関数,1/x,逆二乗関数,または正
弦関数で近似したときの近似式を求めることができます。
(この操作を,本製品では「曲線フィッ
ト」と呼びます。)これらの基本関数型の近似式を求めるには,次の手順を実行します。
1) 複数の測定データ系列が表示されている場合は,近似するデータ系列を選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定
データに移動します。
2) 曲線フィットを適用するデータセットの一部分を選択します。
3) グラフツールボタン
グラフツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
4) 曲線フィットボタン
線フィット
にタッチし,曲線フィット画面を開きます。
5) フィット項目を 1 つ押して選択します。
6) OK にタッチします。曲線とそのパラメータがグラフに表示されます。
32
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
8.データの分析
● 曲線フィットを解除する
1) グラフツール
ボタンにタッチし,ツールパレットを開きます。
2) 曲線フィット
ボタンにタッチします。
● 予測などをグラフに書き込む
予測などをグラフに書き込む
グラフに手動でスケッチを行うには,次の手順を実行します。
1) グラフツールボタン
グラフツール
2) 予測ボタン
予測
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。
3) 次のいずれかを実行します。
・ グラフ上に線を描きます。
・ グラフ上の複数の場所にタッチします。押した点を結んだ線が表示されます。
予測ボタン
4) OK にタッチします。予測を削除するには,予測
予測
を再度押します。
● ポイントの
ポイントの X および Y の値を参照
値を参照する
参照する
グラフ上でポイントを選択してその座標を表示するには,次の手順を実行します。
1) 複数の測定データ系列が表示されている場合は,参照するデータ系列を選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定
データに移動します。
2) グラフツールボタン
グラフツール
3) 選択ボタン
選択
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
4) グラフ上のポイントにタッチします。選択したポイントの X 値と Y 値が表示されます。
5) 別の測定ポイントのデータを参照するには,ポイントセレクタ
ポイントセレクタ
を使用しま
す。
選択ボタン
6) 選択を解除するには,選択
選択
を再度押します。
● グラフ上の 2 点間の X 方向と
方向と Y 方向の差を特定する
方向の差を特定する
ポイントの範囲を選択し,その範囲内で,1 つ目のポイントと最後のポイント間の X の推移
と Y の推移を表示するには,次の手順を実行します。
1) 複数の測定データ系列が表示されている場合は,参照するデータ系列を選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定
データに移動します。
2) グラフツールボタン
グラフツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
33
8.データの分析
3) 選択ボタン
選択
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
4) グラフ領域内の任意の場所にタッチして,1 秒以内にグラフ領域内の別の場所にタッチ
します。これら 2 つの場所が選択ボックスの隅になり,選択ボックスが表示されます。
ボックス内のデータポイントが強調表示されます。
ハンドル
5) 必要に応じてボックスの隅のハンドル
をドラッグし,選択ボックスのサイズと位置を調節し
ます。
OK にタッチします。選択ボックスは表示されなくなります
6) 参照したい区間が強調表示されたら,OK
が,ポイントは選択されたままです。
7) 座標ボタン
座標
にタッチします。画面上に以下の情報を示すボックスが表示されます。
・ 選択した範囲内の,1 つ目のポイントの X 値と Y 値(x1 および y1)
・ 選択した範囲内の,最後のポイントの X 値と Y 値(x2 および y2)
・ これら 2 つのポイント間の X と Y の差(dx および dy)
座標ボタン
8) 注釈を削除するには,座標
座標
を再度押します。選択を解除するには,選択
選択ボタン
選択
を再度押します。
● グラフの接線の傾き(勾配
グラフの接線の傾き(勾配)
勾配)を調べる
選択されたポイントの勾配を表示するには,次の手順を実行します。
1) 複数の測定データ系列が表示されている場合は,データを選択します。
a)グラフ凡例にタッチします。凡例が拡大されます。
b)凡例で,選択する測定データの記号にタッチします。赤い囲み線が,選択された測定
データに移動します。
2) グラフツールボタン
グラフツール
3) スロープツールボタン
スロープツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチします。グラフに勾配ツールが表示され,1 つの
ポイントの勾配が示されます。
4) ポイントセレクタ
を使用し,勾配ツールを近くのポイントに移動します。
5) 次の手順を実行すると,データプロット上の任意の場所に勾配ツールを移動できます。
選択ボタン
a)選択
選択
にタッチします。ボタンがオレンジ色に変わります。
b)グラフ上のポイントにタッチします。勾配ツールが,選択したポイントに移動します。
c)選
選択ボタン
を再度押します。ボタンが青色に変わります。
6) 勾配ツールを別のポイントに移動するには,上記の手順を再度実行します。勾配ツール
スロープツールボタン
を非表示にするには,スロープツール
スロープツール
34
を再度押します。
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
8.データの分析
8.2 表画面での統計表示
測定データの最小値,最大値,平均値,標準偏差,またはカウントを表示するには,次の手
順を実行します。
1) 表ツールボタン
表ツール
2) 統計ボタン
統計
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,統計画面を開きます。
3) 表示したい統計項目にタッチします。選択された統計項目が強調表示されます。
4) OK にタッチします。統計が,各列の下に表示されます。
5) 統計処理を行う対象のセルを選択します。
統計ボタン
6) 統計を削除するには,統計
統計
を再度押します。
8.3 デジタル表示画面での統計表示
測定データの最小値,最大値,平均値,標準偏差,またはカウントを表示するには,次の手
順を実行します。
1) 数値表示ツールボタン
数値表示ツール
2) 統計ボタン
統計
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,統計画面を開きます。
3) 統計項目を 1 つ選択します。
4) OK にタッチします。最新の測定データに代わり,選択された統計が数値表示で示されます。
5) 数値表示を通常の状態に戻すには,統計
統計ボタン
統計
を再度押します。
8.4 メータ表示画面での統計表示
測定データの最小値,最大値,平均値,標準偏差,またはカウントを表示するには,次の手
順を実行します。
メータツール
1) メータツールボタン
2) 統計ボタン
統計
にタッチし,ツールパレットを開きます。
にタッチし,統計画面を開きます。
3) 統計項目を 1 つ選択します。
4) OK にタッチします。通常表示される最も新しい値に代わり,選択された統計がメータ表示され
ます。
統計ボタン
5) メータを通常の状態に戻すには,統計
統計
を再度押します。
35
9.計算データと手動入力データ
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
9.計算データ
計算データと手動入力データ
データと手動入力データ
本製品では,測定値などを使って演算を行ったデータ系列を作成したり,手動入力したデータ系
列を作成したりすることができます。
9.1 計算データ系列の作成(計算の実行)
● 計算式の入力
計算式の入力画面を開く
式の入力画面を開く
1) 実験ツールボタン
実験ツール
にタッチします。実験ツール画面が開きます。
2) 計算データ
計算データにタッチします。計算式の入力画面が開きます。
データ
● 計算式
計算式を入力する
入力する
計算式を入力する方法は以下の通りです。
測定項目
項目にタッチして選択します。
・ 計算式に測定結果を挿入するには,測定
測定
項目
関数ボタンにタッチします。
・ 計算式で使用するさまざまな関数表示を切り替えるには,関数
関数
・ 計算式に三角関数が含まれている場合は,RAD
RAD または DEG を選択し,角度の表示方法
を指定します。
文字ボタン
・ 計算式に単語や文字を入力するには,文字
文字
にタッチします。
・ 計算式にギリシャ文字を入力するには,ギリシャ文字
ギリシャ文字ボタン
ギリシャ文字
にタッチします。
CAPS にタッチします。
・ 大文字と小文字を切り替えるには,CAPS
・ 下付き数字または上付き数字を入力するには,ギリシャ文字キーボードの数字キーを
使います。
CAPS にタッチします。
・ 下付き数字と上付き数字を切り替えるには,CAPS
・ メイン計算機キーボードに戻るには,数値
数値ボタン
数値
にタッチします。
・ 計算式の入力が終了したら,RETURN
RETURN にタッチします。計算式で使用される変数や定
数の定義を入力するよう要求されることがあります。
完了にタッチします。
・ 計算データの入力画面を終了するには,完了
完了
● 計算データ
計算データを表示する
データを表示する
計算を作成したら,任意のデータ画面に計算を表示できます。表示する計算を選択する
には,次の手順を実行します。
ツールボタン
1) グラフ,数値表示,表,メータのいずれかのツール
ツール
パレットを開きます。
2) プロパティ
プロパティボタン
パティ
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
測定項目ボックスにタッチし,設定した計算を選択します。
3) 測定項目
項目
4) OK にタッチします。
36
にタッチし,ツール
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
9.計算データと手動入力データ
9.2 データの手動入力
次に,手動データ入力について簡単に説明します。詳細については,次の作業を参照してく
ださい。
〔操作の流れ〕
1) ページ作成画面または表のプロパティ画面で,測定結果リストを開きます。
2) 数値やテキストデータを入力するための,空白のデータセットを作成します。
3) データ入力用の表を用意します。
4) 表にデータを入力します。
5) 他の画面に入力されたデータを表示します。
6) 手動入力された数値やテキストを編集します。
● 測定項目
測定項目リストを開く
項目リストを開く
測定項目リストを開くには,次のいずれかの手順を実行します。
・ ホーム画面が開いている場合は,作成
作成にタッチします。新しいページの作成画面が開
作成
き,画面内に測定項目リストが表示されます。
・ 既に SPARKlab が開いており,新しい表のページを作成してデータを入力するには,
新しいページボタン
新しいページ
にタッチします。ページ作成画面が開き,画面内に測定項目
リストが表示されます。
・ 表示中の表にデータを入力するには,次の手順を実行します。
a)表ツール
表ツールボタン
表ツール
にタッチし,ツールパレットを開きます。
列の追加ボタン
b)列の追加
列の追加
にタッチし,新しい空白の列を追加します。
c)プロパティ
プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
測定項目
項目ボックスにタッチし,測定項目リストを開きます。
d)測定
測定
項目
・ 測定項目リストが表示されたら,以下の説明に従ってデータセットを作成します。
● 手動入力する数値の
手動入力する数値のデータセットを作成する
する数値のデータセットを作成する
数値のデータセットを作成する方法は以下の通りです。
1) ユーザ入力の数字
データセットの作成にタッチします。
ユーザ入力の数字データの下にあるデータセットの作成
データ
データセットの作成
データセットの定義画面が開きます。
2) 測定名
測定名ボックスにタッチし,作成するデータセットの名前を入力します。
3) 単位ボックスにタッチし,単位を入力します。
単位
4) OK にタッチします。
37
9.計算データと手動入力データ
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● 手動入力するテキストの
手動入力するテキストのデータセットを作成する
するテキストのデータセットを作成する
テキストのデータセットを作成する方法は以下の通りです。
1) ユーザ入力のテキストデータの下にあるデータセットの作成
ユーザ入力のテキストデータ
データセットの作成にタッチします。データセット
データセットの作成
の定義画面が開きます。
2) 測定名
測定名ボックスにタッチし,新しいデータセットの名前を入力します。
3) OK にタッチします。
● データの手動入力を行う
データの手動入力を行う表を
の手動入力を行う表を作成
表を作成する
作成する
前述の作業が終了すると,SPARK はページ作成画面か,表のプロパティ画面に戻ります。
使用する画面に応じ,次のいずれかを実行します。
OK にタッチします。データ入力の準備がで
・ 表のプロパティ画面が開いている場合は,OK
きた,空白のデータセットが表に表示されます。
・ ページ作成画面が開いている場合は,表に表示される空白のデータセットを含むペー
ジを作成します。
a)測定結果リストで,作成したデータセットにタッチして選択します。
b)表
表ボタン
にタッチします。
c)OK
OK にタッチします。データ入力の準備ができた,空白の新しいデータセットが表に
表示されます。
● データセット
ータセットを手動
ットを手動入力する
を手動入力する
前の作業で説明したようにデータセットを作成したら,次の手順を実行してデータを入
力します。
表ツールボタン
1) テーブルのツールパレットが開いていない場合は,表ツール
表ツール
2) 選択ボタン
選択
にタッチします。
にタッチします。
3) セルにデータを入力します。
a)データを入力する 1 つ目のセルを,表の中で押します。
b)注釈
注釈ボタン
注釈
にタッチし,数値またはテキストを入力します(作成したデータセットの種類
によって異なります)。
4) 前の手順を繰り返し,他のセルにもデータを入力します。
38
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
9.計算データと手動入力データ
● 手動入力データを表示する
手動入力データを表示する
データセットを作成したら,グラフなどのデータ画面に表示できるようになります。表示す
るデータセットを選択するには,次の手順を実行します。
1) グラフ,数値表示,表,メータのいずれかのツール
ツールボタン
ツール
にタッチし,
ツールパレットを開きます。
2) プロパティボタン
プロパティ
にタッチし,プロパティ画面を開きます。
3) 測定項目
測定項目ボックスにタッチし,データセットを選択します。
項目
4) OK にタッチします。
● 手動入力されたデータを編集する
表ツールボタン
1) テーブルのツールパレットが開いていない場合は,表ツール
表ツール
2) 選択ボタン
選択
にタッチします。
にタッチします。
3) 変更するデータを含むセルを,表の中で押します。
4) 注釈ボタン
注釈
にタッチし,数値またはテキストを変更または削除します。
39
10.SPARKlab ページの作成
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
10.
10.SPARKlab ページの作成
ページの作成
10.1 新規 SPARKlab ページの作成
新しいページの作成を開始するには,次のいずれかの手順を実行します。
作成にタッチします。
・ ホーム画面で,作成
作成
新しいページボタン
・ 開いている既存の SPARKlab で,新しいページ
新しいページ
にタッチします。ページ作
成画面が表示されます。
ページ作成画面:
① 測定結果
② データ表示,画像ボックス,テキストボックスボタン
③ プレビュー
10.2 SPARKlab ページへの画面の追加
必要に応じて以下の手順を行い,表示画面を作成してください。
● グラフを追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
1) 表示したい測定項目またはその他のデータ項目(最大 2 つ)にタッチして選択します。
1 つの項目だけ選択した場合は,選択した項目を Y 軸とする時間経過グラフになります。
2 つの項目を選択した場合は,一方が Y 軸で,他方が X 軸となるグラフになります。
2) グラフボタン
グラフ
にタッチします。グラフがプレビューに追加されます。
3) ページに要素を追加し終えたら,OK
OK にタッチして,ページ作成画面を終了します。
40
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
10.SPARKlab ページの作成
● 表を追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
1) 1 つ以上の測定結果,またはその他の変数(最大 5 つまで)にタッチして選択します。
2) 表ボタン
にタッチします。表がプレビューに追加されます。
3) ページに要素を追加し終えたら,OK
OK にタッチして,ページ作成画面を終了します。
● デジタル表示を追加する
デジタル表示を追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
1) 1 つの測定結果,またはその他の変数にタッチして選択します。
2) デジタル表示
デジタル表示ボタン
表示
にタッチします。数値表示がプレビューに追加されます。
OK にタッチして,ページ作成画面を終了します。
3) ページに要素を追加し終えたら,OK
● メータを追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
1) 1 つの測定結果,またはその他の変数にタッチして選択します。
2) メータボタン
メータ
にタッチします。メータがプレビューに追加されます。
3) ページに要素を追加し終えたら,OK
OK にタッチして,ページ作成画面を終了します。
● テキストボックスを追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
1) 大きい,または小さいテキストボックス
テキストボックスボタン
テキストボックス
にタッチします。テキストボック
スがプレビューに追加されます。
2) ページにその他の要素を追加します。
3) OK にタッチします。空白のテキストボックスを含む新しいページが表示されます。
4) テキストボックスにタッチし,テキストを入力します。
実験の初期設定の一部としてテキスト(実験の手順など)を入力することもできますが,
質問に対して回答したり,実験中のメモを入力したりするために,テキストボックスを空
白のまま残しておくこともできます。
41
10.SPARKlab ページの作成
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
● 画像を追加する
ページ作成画面で,次の手順を実行します。
画像ボックス
1) 大・小どちらかの画像ボックス
ボタンにタッチします。画像ボックスがプレ
ビューに追加されます。
2) ページにその他の要素を追加します。
3) OK にタッチします。空白の画像ボックスを含む新しいページが表示されます。
4) コンピュータで,画像ファイルを USB フラッシュドライブ(またはその他の USB ストレー
ジデバイス)に保存します。
画像は,どのようなサイズでもかまいません。ただし,画像ボックスのサイズに正確に合わせる
には,大きさ(ピクセル寸法)を 640×354(フルページ),640×175(ハーフページ水平),317×354
(ハーフページ垂直),417×354(2/3 ページ),209×175(1/6 ページ)のいずれかにします。
5) USB フラッシュドライブを,SPARK の USB ポートに接続します。
6) SPARKlab ページで,画像ボックスにタッチします。画像パレットが表示されます。
7) 読み込みボタン
読み込み
にタッチします。USB フラッシュドライブ上のフォルダと画像の
リストが表示されます。
8) 画像ファイルにタッチして選択し,ロードにタッチします。
選択されたファイルの画像が,画像ボックスに表示されます。
9) 画像にタッチし,画像パレットの表示を消します。
10) USB フラッシュドライブを取り外します。
● 画像ボックスの画像を削除/
画像ボックスの画像を削除/置換する
1) 画像にタッチし,画像パレットを開きます。
2) 次のいずれかを実行します。
・ 削除ボタン
削除
ロード
・ ロードボタン
にタッチし,画像を削除します。
にタッチし,接続された USB フラッシュドライブから新しい画像を
読み込みます。
● 画像をロックする
画像がロックされると,変更したり削除したりすることができなくなります。ただし,
ロックされた画像を含む SPARKlab ページは削除できます。
1) 画像にタッチし,画像パレットを開きます。
2) ロックボタン
ロック
42
にタッチします。
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
10.SPARKlab ページの作成
10.3 SPARKlab ページへの複数の要素の追加
SPARKlab ページには,複数の画面,画像,およびテキストボックスを表示することができ
ます。ページ上の要素の最大数は,要素のサイズによって異なります。
1 ページに入れることができる要素
・ 最大で 2 つの大きい要素
・ 最大で 6 つの小さい要素
・ 1 つの大きい要素と,最大で 2 つの小さい要素
小さい要素
大きい要素
グラフ
デジタル表示
表
メータ
大きい画像ボックス
小さい画像ボックス
大きいテキストボックス
小さいテキストボックス
大きいWebカメラの画像
小さいWebカメラの画像
ページに要素を追加すると,自動的に配置され,位置合わせされます。
画面レイアウトの例
1つの 大きい要素
または 小さい要素
2 つの大きい要素
2 つの小さい要素
1つの大きい要素と
2 つの小さい要素
3 つの小さい要素
6 つの小さい要素
10.4 SPARKlab ページの削除
・ SPARKlab でページを表示中に,ページの削除
ページの削除ボタン
ページの削除
にタッチします。
43
11.ファイルの保存と共有
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
11.
11.ファイルの保存と
ファイルの保存と共有
保存と共有
11.1 実験ファイルを保存する
本機で作成した SPARKlab 実験ファイルは,SPARK SLS 本体または USB フラッシュドラ
イブ(またはその他の USB ストレージデバイス)に保存することができます。保存手順は以下
の通りです。
1) USB フラッシュドライブに実験を保存する場合は,保存する USB フラッシュドライブ
を SPARK に接続しておきます。
2) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
3) 名前を付けて保存にタッチします。ファイルの保存画面が開きます。
名前を付けて保存
4) ファイル名ボックスにタッチし,保存するファイルの名前を入力します。
ファイル名
5) 実験を保存するフォルダを選択します。保存先を USB フラッシュドライブに切り替え
る場合は,ファイル名ボックス下の USB ボタンにタッチします。(再度本体に切り替
える場合は,S
SPARK ボタンにタッチします。)
6) USB フラッシュドライブに保存する場合は,
保存先フォルダにタッチして選択します。
(本体に保存する場合,保存先フォルダの指定はできません。)
7) 保存にタッチします。実験が保存され,SPARK
はファイル共有画面に戻ります。
保存
8) 完了にタッチし,SPARKlab
に戻ります。
完了
名前を付けて保存の代
9) 上記の手順によってファイルを保存したら,ファイル共有画面で名前を付けて保存
名前を付けて保存
上書き保存を押すと,元のファイルに再保存できます。
わりに上書き保存
上書き保存
11.2 実験ファイルの印刷
作成した SPARKlab をそのまま印刷することはできませんが,表示ページを画像として保存
する“ジャーナル”という環境を使用することにより,互換性のあるプリンタを使用して印刷
することができます。(HP 製の大半の USB インクジェットプリンタは,SPARK と互換性が
あります。)
手順については「12.6
12.6 ジャーナルの
ジャーナルの印刷」(p.52)を参照してください。
印刷
11.3 測定データのテキスト出力
本機では,測定データを USB フラッシュドライブ(またはその他の USB ストレージデバイ
ス)にテキスト出力することができます。(本体には出力できません。)
出力形式は,様々なコンピュータ環境で操作することができる,タブ区切りのテキストファ
イルです。
44
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
11.ファイルの保存と共有
データをテキスト形式で出力しても,SPARKlab は保存されないので,ご注意ください。
(後で,SPARKlab を再度参照するには,必ず SPARKlab 実験ファイルを保存してください。)
出力手順は以下の通りです。
1) USB フラッシュドライブを,SPARK の USB ポートに接続します。
2) ファイル共有
ボタンにタッチし,ファイル共有画面を開きます。
3) データ出力ボタンにタッチし,データのエクスポートページを開きます。
データ出力
4) ファイル名ボックスにタッチし,ファイル名を入力します。
ファイル名
USB フラッシュドライブに保存され,SPARK
5) 出力にタッチします。データファイルが
出力
はファイル共有画面に戻ります。(同時に測定した項目は,まとめて 1 つのファイル内
に保存されます。)
6) 完了にタッチします。
完了
7) 保存されたデータを表示するには,フラッシュドライブをコンピュータに接続します。
表計算プログラム,ワードプロセッサ,またはテキストエディタでファイルを開きます。
本製品を使って USB フラッシュドライブに出力したデータ(テキストファイ
ル)を,本製品と文字コードが異なるシステムで開くと,項目名に文字化け
が発生する場合があります。
注
記
文字化けのないファイルを出力したい場合は,SPARKlab 実験ファイルを保
存した後パソコンにコピーして,付属の無償ソフトウェア(SPARK Emulator)
または有償のソフトウェア SPARKvue で開いてからテキスト出力を行ってく
ださい。
(ソフトウェアの操作手順は,本製品(SPARK SLS とほぼ同等です。)
11.4 保存した実験ファイルを開く
SPARK に保存した実験ファイルを開くには,次の手順を実行します。
ホームボタン
1) 必要であれば,ホーム
ホーム
にタッチして,ホーム画面に戻ります。
2) ホーム画面で,開く
開くにタッチします。
開く
3) 保存されたファイルタブにタッチします。
4) 開きたいファイル名にタッチします。
5) OK にタッチします。SPARKlab ファイルが開きます。
45
11.ファイルの保存と共有
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
11.5 USB フラッシュドライブに保存した実験ファイルを開く
1) USB フラッシュドライブ(またはその他の USB ストレージデバイス)を SPARK に接
続します。
2) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
3) ファイルの管理にタッチします。
ファイルの管理
4) フラッシュドライブから SPARK に実験をコピー,または移動します。
5) USB フラッシュドライブを取り外します。
6) コピー/移動したファイルを開きます。
11.6 ファイルとフォルダの管理
● ファイルをコピーする
SPARK 内のフォルダ間,または SPARK と USB フラッシュドライブ(またはその他の
USB ストレージデバイス)間でファイルをコピーするには,次の手順を実行します。
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) ファイルの管理にタッチし,ファイルの管理画面を開きます。
ファイルの管理
3) ファイルのコピーにタッチします。
場所,フォルダ,ファイルのリストが表示されます。
ファイルのコピー
SPARK または USB)にタッチします。
4) コピーするファイルの場所(SPARK
USB
5) 必要に応じ,ファイルを含むフォルダ,またはサブフォルダにタッチします。
6) コピーするファイルにタッチします。
7) 次へにタッチします。
次へ
SPARK または USB)にタッチします。
8) 移動先(SPARK
USB
9) ファイルのコピーする保存先のフォルダまたはサブフォルダにタッチします。
10) コピーにタッチします。
コピー
● ファイルを移動する
SPARK 内のフォルダ間,または SPARK と USB フラッシュドライブ(またはその他の
USB ストレージデバイス)間でファイルを移動するには,次の手順を実行します。
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) ファイルの管理にタッチし,ファイルの管理画面を開きます。
ァイルの管理
3) ファイルの移動にタッチします。場所,フォルダ,ファイルのリストが表示されます。
ファイルの移動
4) 移動するファイルの場所(SPARK
SPARK または USB)にタッチします。
USB
必要に応じ,ファイルを含むフォルダ,またはサブフォルダにタッチします。
46
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
11.ファイルの保存と共有
5) 移動するファイルにタッチします。
6) 次へにタッチします。
次へ
SPARK または USB)にタッチします。
7) 移動先(SPARK
USB
8) ファイルの移動先のフォルダまたはサブフォルダにタッチします。
9) 移動にタッチします。
移動
● ファイルまたはフォルダを削除する
1) 日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) ファイルの管理にタッチし,ファイルの管理画面を開きます。
ファイルの管理
3) ファイルの削除にタッチします。場所,フォルダ,ファイルのリストが表示されます。
ファイルの削除
4) 必要に応じ,ファイルまたはフォルダを含むフォルダ,またはサブフォルダにタッチし
ます。
5) 削除するファイルまたはフォルダにタッチします。
6) 削除にタッチします。
削除
11.7 SPARK をストレージデバイスとして認識させる
ファームウェアバージョンが 1.3.0 以上であれば,USB でパソコンに接続した SPARK SLS
の実験ファイル等の保存領域を,ファイル・ストレージ・デバイスとして認識させることがで
きます。
SPARK をファイル・ストレージ・デバイスとして認識させる手順は,以下の通りです。
1) SPARK SLS を,付属の USB ケーブルを使ってコンピュータに接続します。
2) 表示されるボタンからファイルシステム
ファイルシステム
を選択します。(右図)
3) 必要に応じてドライバが自動でインス
トールされると,コンピュータ上でファ
イル・ストレージ・デバイスとして認識
されます。
認識されると,通常の USB フラッシュ
ドライブ等と同様にファイルを操作す
ることができます。
上記手順2)で Pasport インターフェースを選択すると,Pasport インターフェースと
注
記
して認識されます。(SPARKvue や DataStudio 等のソフトウェアを使って計測を行
うことができます。)
47
11.ファイルの保存と共有
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
11.8 ファイルの提出と収集
本機には,データの「提出」と「収集」という機能があります。実験ファイルやジャーナル
を提出すると,本体の特別なフォルダにデータが保存されます。
保存したファイルは,USB フラッシュドライブを使って簡単に(一度の操作で)収集を行う
ことができます。
● 実験ファイルの提出
1) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
2) 実験ファイルの提出にタッチします。ファイルの提出画面が開きます。
実験ファイルの提出
3) ファイル名ボックスにタッチし,保存するファイルの名前を入力します。
ファイル名
はファ
4) ジャーナルの提出にタッチします。実験ファイルが特別なフォルダに保存され,SPARK
ジャーナルの提出
イル共有画面に戻ります。
5) 完了にタッチし,SPARKlab
に戻ります。
完了
● ジャーナルの提出
1) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
2) ジャーナルボタンにタッチします。
ジャーナル
3) ジャーナルの提出にタッチします。ファイルの提出画面が開きます。
ジャーナルの提出
4) ファイル名ボックスにタッチし,保存するファイルの名前を入力します。
ファイル名
ファイルの種類ボックス(※)の,保存画像形式を指定します。
5) 必要に応じて,ファイルの種類
ファイルの種類
※バージョン 1.3.0 では,「イルの種類」と表示される場合があります。
6) ジャーナルの提出にタッチします。ジャーナルが特別なフォルダに保存され,SPARK
はファイ
ジャーナルの提出
ル共有画面に戻ります。
に戻ります。
7) 完了にタッチし,SPARKlab
完了
● ファイルの収集
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) ファイルの管理にタッチし,ファイルの管理画面を開きます。
ファイルの管理
3) ファイルの収集
ファイルの収集にタッチします。
収集
4) 収集後に SPARK からファイルを削除するかどうかを選択する画面が表示されますので,削除
する場合ははい
はい,しない場合はいいえ
いいえにタッチします。
はい
いいえ
5) ファイル管理画面に戻ったら,完了
完了にタッチします。
完了
完了にタッチします。
6) デバイスツール画面に戻ったら,完了
完了
48
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
12.ジャーナルの使用
12.
12.ジャーナルの使用
本製品には,測定中に変化する画面を画像として記録し,その画像のキャプションを合わせて統
合して管理することのできる「ジャーナ
ジャーナル
ジャーナル」と呼ばれるファイル環境を用意しています。
ジャーナルの大まかな操作手順は以下の通りです。(個別の具体的な手順については,それぞれ
の項目を参照してください。)
1) スナップショットを作成します。(その瞬間の表示画面が画像として記録されます。)
2) スナップショットにキャプションを追加します。
3) 実験中,必要に応じて前の手順を繰り返します。
4) ジャーナルを保存,出力,または印刷します。
12.1 画面の記録(スナップショット)
実験中,必要に応じて次の手順を実行し,SPARK 画面の画像を保存します。
・ スナップショットボタン
スナップショット
にタッチします。画面が画像として記録され,クイック
ビューがしばらくの間表示されます。
クイックビュー
12.2 ジャーナルの操作
ジャーナルの操作は,ジャーナル表示画面上で行います。操作方法は以下の通りです。
● ジャーナルを表示する
1) ジャーナルボタン
ジャーナル
にタッチします。
ジャーナルの一覧が表示されます。
① ジャーナル
② サムネイル一覧表示
2) 赤色の矢印を使用し,サムネイル一覧を
スクロールします。
49
12.ジャーナルの使用
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
3) 表示させたいサムネイルにタッチしてジャーナルを表示します。
● キャプションを追
キャプションを追加/編集する
・ キャプションの編集ボタン
キャプションの編集
を押すと,現在表示されているジャーナルのキャプ
ションが編集できます。
● ジャーナルの順序
ジャーナルの順序を変更する
順序を変更する
・ 上へ移動ボタン
上へ移動
または下へ移動
下へ移動ボタン
下へ移動
を押すと,表示中の画面の位置を上下
に移動することができます。
● ジャーナルを削除する
・ 削除ボタン
削除
を押すと,表示中の画面エントリを削除することができます。
● ジャーナルを終了する
SPARKlab に戻ります。
・ 完了を押すと,ジャーナルを終了して
完了
12.3 ジャーナルの保存
ジャーナルを保存するには SPARKlab の実験ファイルごと(実験ファイルの一部として)保
存する方法のほか,USB フラッシュドライブにジャーナルだけを出力することができます。
● 実験全体を保存する場合
作業中の SPARKlab の保存作業を行います。(SPARKlab の保存を行うと,ジャーナル
が実験ファイルの一部として保存されます。)
操作手順につきましては,
「11.1 実験ファイルを保存する」(p.44)を参照してください。
● ジャーナルだけ
ジャーナルだけを
だけを出力する場合
出力する場合
ジャーナルを USB フラッシュドライブに出力します。(本体には出力できません。)
出力データは,html 形式の Web ページ,キャプションのテキストファイル,表示画面の
画像 png ファイルです。手順については,次の項目を参照してください。
● ジャーナルを提出
ジャーナルを提出する場合
提出する場合
ジャーナルを提出すると,提出したファイルを簡単に収集することができます。詳しく
は,「11.8
11.8 ファイルの提出と収集」(p.48)または「12.5
12.5 ジャーナルの提出」(p.51)参照し
ファイルの提出と収集
ジャーナルの提出
てください。
50
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
12.ジャーナルの使用
12.4 ジャーナルの出力
作成・編集したジャーナルは,USB フラッシュドライブ(またはその他の USB ストレージ
デバイス)に出力することができます。出力には,USB フラッシュドライブ(またはその他の
USB ストレージデバイス)が必要です。
出力ファイル形式は,表示画面の png 画像,キャプションのテキスト(.txt)ファイルと,
これらをまとめた html(Web ページ)形式です。ジャーナルを出力しても,測定データは保存
されませんので,ご注意ください。(測定データを保存するには,SPARLlab 実験ファイルを
保存するか,実験データの出力を別途行ってください。)
1) USB フラッシュドライブまたはその他の USB ストレージデバイスを SPARK に接続し
ます。
完了にタッチし,SPARKlab
に戻ります。
2) ジャーナル表示中の場合は,完了
完了
3) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
4) ジャーナルタブにタッチします。
ジャーナル
5) ジャーナルの出力にタッチし,ジャーナル出力ページを開きます。
ジャーナルの出力
6) ジャーナル名ボックスにタッチし,ジャーナルの名前を入力します。
ジャーナル名
7) ジャーナルを保存したいフォルダを選択し,出力
出力にタッチします。
出力
(フォルダを選択しないと,ドライブのルートフォルダに保存されます。)
フラッシュドライブに,SPARK で入力したジャーナル名のフォルダが作成され,そこ
にジャーナルが保存されます。このフォルダ内にある html ファイルは,Web ブラウザ
で開くことができます。
保存が終ると,自動的に共有画面に戻ります。
完了
SPARKlab に戻ります。保存されたジャーナルを表示するには,フラッ
8) 完了にタッチし,
シュドライブをコンピュータに接続し,コンピュータで読み込んでください。
12.5 ジャーナルの提出
ジャーナルを提出すると,本体の特別なフォルダにデータが保存されます。
保存したファイルは,USB フラッシュドライブを使って簡単に(一度の操作で)収集を
行うことができます。
1) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
2) ジャーナルボタンにタッチします。
ジャーナル
3) ジャーナルの提出にタッチします。ファイルの提出画面が開きます。
ジャーナルの提出
4) ファイル名ボックスにタッチし,保存するファイルの名前を入力します。
ファイル名
ファイルの種類ボックス(※)の,保存画像形式を指定します。
5) 必要に応じて,ファイルの種類
ファイルの種類
※バージョン 1.3.0 では,「イルの種類」と表示される場合があります。
51
12.ジャーナルの使用
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
6) ジャーナルの提出にタッチします。ジャーナルが特別なフォルダに保存され,SPARK
はファイ
ジャーナルの提出
ル共有画面に戻ります。
に戻ります。
7) 完了にタッチし,SPARKlab
完了
提出したファイルの収集方法については,「11.8
11.8 ファイルの提出と収集」(p.48)を参照し
ファイルの提出と収集
てください。
12.6 ジャーナルの印刷
ジャーナルを印刷するには,互換性のある USB プリンタが必要です。HP 製の大半の USB
インクジェットプリンタは,SPARK に対応しています。印刷の手順は以下の通りです。
1) プリンタを SPARK の USB ポートに接続します。
2) ジャーナル表示中の場合は,完了
完了にタッチし,SPARKlab
に戻ります。
完了
3) ファイル共有ボタン
ファイル共有
にタッチし,ファイル共有画面を開きます。
4) ジャーナルタブにタッチします。
ジャーナル
5) ジャーナルの印刷にタッチし,ジャーナル印刷ページを開きます。
ジャーナルの印刷
6) OK にタッチします。ジャーナルが印刷され,SPARK は共有画面に戻ります。
7) 完了にタッチし,SPARKlab
に戻ります。
完了
52
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
13.共通操作
13.
13.共通操作
13.1 ページをめくる
ページナビゲータ
ページをめくるには,ページナビゲータ
の矢印にタッチします。
13.2 ホーム画面に戻る
ホームボタン
SPARKlab を終了し,ホーム画面に戻るには,ホーム
ホーム
にタッチします。
13.3 オンスクリーンキーボードを使用した文字入力
SPARK でテキストや数値を入力する場面では,オンスクリーンキーボードが表示され,文字
の入力を行うことができます。(日本語の入力には対応しておりません。)
CAPS にタッチします。
・ 大文字を入力するには,CAPS
・ 句読点などの記号を入力するには,記号
記号ボタン
記号
にタッチします。
・ ギリシャ文字を入力するには,ギリシャ文字
ギリシャ文字ボタン
ギリシャ文字
にタッチします。
CAPS または SHIFT にタッチしま
・ ギリシャ文字の大文字と小文字を切り替えるには,CAPS
す。
・ 添字などの下付き数字や,指数などの上付き数字を入力する場合は,ギリシャ文字キー
ボードの数字キーを使います。
・ 下付き数字と上付き数字を切り替えるには,CAPS
CAPS にタッチします。
・ 改行するには,RETURN
RETURN にタッチします。
OK にタッチします。
・ テキストまたは数字の入力が終了したら,OK
53
13.共通操作
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
13.4 新規フォルダの作成
ファイルを保存,移動,またはコピーすると,新規フォルダを作成するためのオプションが表示
されます。新しいフォルダを作成するには,次の手順を実行します。
1) 新しいフォルダを作成したいフォルダ(作成するフォルダの上位になるフォルダ)に
タッチします。
2) 新しいフォルダにタッチします。
新しいフォルダ
3) 新規フォルダの名前を入力します。新規フォルダが作成されます。
13.5 スリープモード状態からの再起動
SPARK で数分間操作を行わなかった場合は,スリープモードに切り替わることがあります。再
起動するには,次のいずれかの手順を実行します。
・ 画面にタッチします。
スクリーンスリープモードの場合にのみ,SPARK が再起動されます。
・ 電源ボタンにタッチします。
・ 記録ボタンのいずれかにタッチします。
記録ボタンで SPARK を再起動した場合,実行中のサンプリングは停止します。
13.6 電源を切る
・ SPARK 底部の電源ボタンを長押しします。
54
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
14.SPARK の管理
14.
14.SPARK の管理
14.1 言語とキーボードの切り替え
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) 言語の設定にタッチします。
言語の設定
3) 言語ボックスから,設定する言語を選択します。
言語ボックス
4) キーボードレイアウトボックスから,設定するキーボード配列を選択します。
キーボードレイアウト
5) OK にタッチします。
6) 完了にタッチします。
完了
7) SPARK の電源を一度切り,再度起動させます。
14.2 ファームウェアの更新
1) SPARK にインストールされたファームウェアのバージョンを確認します。
日付/
時間/
バッテリアイコン
a)日付
日付
/時間
/バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
b)SPARK
SPARK についてにタッチします。
について
2) 以下の URL を参照し,確認したファームウェアバージョンよりも新しいバージョンが
出ているかどうかを確認します。
URL http://www.shimadzu-rika.co.jp/kyoiku/download/
3) 新しいバージョンが見つかった場合は,Web サイトの指示に従ってアップデートをダウ
ンロードし,インストールします。
4) また,Web サイトでユーザーズガイドの最新バージョンも確認します。
14.3 バッテリの充電
1) SPARK を AC アダプタに接続します。
2) AC アダプタをコンセントに接続します。
バッテリの充電が開始します。
55
14.SPARK の管理
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
14.4 バッテリの状態の表示
SPARK の電源がオンの場合,バッテリ
バッテリアイコンにバッテリの状態が表示されます。
バッテリ
フル
残量少ない
ほぼ空
SPARK を AC 電源に接続すると,ステータスライトでバッテリの状態が示されます。
ステータスライト
ステータスランプ
バッテリの状態
緑の点灯
フル充電済
緑の点滅
バッテリスリープモード
赤の点滅
充電中
14.5 日付と時間の設定
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) 日付と時間の設定ボタンにタッチし,日付と時間の設定画面を開きます。
日付と時間の設定
3) 日付,時間,タイムゾーンを設定します。
4) OK にタッチします。
5) 完了にタッチします。
完了
14.6 スリープモード
● スリープモードについて
バッテリ寿命を節約するため,SPARK には 2 種類のスリープモードがあります。
•
スクリーンスリープモード
スクリーンスリープモード
SPARK がバッテリ電力で動作しており,一定の時間が経過しても操作がない場合には,
スクリーンスリープモードに切り替わります。画面が暗くなりますが,SPARK は引き続き
データを記録します(記録している場合)。SPARK がデータを記録している場合は,記録
ボタンが青色に点滅します。
56
100-903 SPARK SLS
•
PS-2008A
14.SPARK の管理
バッテリスリープモード
バッテリスリープモード
SPARK がバッテリ電力で動作しており,一定の時間が経過しても操作がなく,かつデー
タを記録していない場合には,バッテリスリープモードに切り替わり,画面が暗くなりま
す。ステータスライトが緑色に点滅します。
● スリープモードの設定
スリープモードの設定
スリープモードに切り替わるまでの待ち時間を設定するには,次の手順を実行します。
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
[スクリーンスリープモードの設定]
2) ディスプレイ設定にタッチし,ディスプレイ設定画面を開きます。
ディスプレイ設定
スクリーンの
スリープ時間の矢印を
3) スクリーンスリープモードの時間を調節するには,スクリーン
スクリーン
のスリープ時間
使用します。
4) OK にタッチします。
[バッテリスリープモードの設定]
5) 電力設定
電力設定にタッチし,電源設定画面を開きます。
設定
バッテリスリープ待ち時間の矢印を使
6) バッテリスリープモードの時間を調節するには,バッテリスリープ待ち時間
バッテリスリープ待ち時間
用します。
7) 必要に応じて,AC
AC 電源使用時のスリープ時間を設定します。
電源使用時のスリープ時間
8) OK にタッチします。
9) 完了にタッチします。
完了
14.7 画面の明るさの調節
1) 日付/
日付/時間/
時間/バッテリアイコン
バッテリ
にタッチし,デバイスツール画面を開きます。
2) ディスプレイ設定にタッチし,ディスプレイ設定画面を開きます。
ディスプレイ設定
3) スクリーンの明るさを,両端の矢印を使って調整します。
スクリーンの明るさ
4) OK にタッチします。
5) 完了にタッチします。
完了
57
14.SPARK の管理
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
14.8 タッチスクリーンの校正
1) 両方の記録ボタンを押し続けたまま,画面を 3 回押します。1 つ目の緑色のボックスが
表示されます。
2) 緑色のボックスの中心にタッチします。
3) OK にタッチします。
14.9 バッテリ交換および廃棄の手順
バッテリの持続時間が著しく短くなった場合などは,バッテリの交換が必要です。交換用リ
チウムイオンバッテリ PS-2569(Cat.No.190957)をお買い求めのうえ,以下の手順で交換を
行ってください。
● バッテリの交換
バッテリの交換
バッテリの取り外しの手順は,以下の通りです
1) バッテリ挿入口のふたを留めているねじを取り外し,ふたを外します。
2) バッテリケーブルを本体から取り外します。(取り外す際,端子やケーブルを破損しな
いよう,ご注意ください。)
3) SPARK からリチウムイオンバッテリをスライドして取り出します。
バッテリを装着する際は,この操作を逆順に行います。(ふたをネジで留める際,ネジ
を強く締めすぎないようにご注意ください。ふたが破損します。)
58
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
14.SPARK の管理
● バッテリの廃棄
本製品のバッテリには,環境や人体の健康に影響を及ぼす化学物質が含まれていますの
で,一般廃棄物として廃棄することはできません。
バッテリはリサイクル可能ですので,各地域の廃棄物処理センターもしくはリサイクル
業者にお問い合わせください。
59
16.保証・アフターサービス
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
15.
15.関連製品・消耗品
● 交換部品・補充部品
Cat. No
品名
型式
100-606
USB ケーブル A―ミニ B
100-607
電圧プローブ
PS-2165
100-815
高速応答温度プローブ(3 本組)
PS-2135
190957
交換用リチウムイオンバッテリ
PS-2569
● 関連製品
Cat. No
品名
型式
100-904
SPARK リンク
PS-2009
100-802
SPARKvue ソフトウェア サイトライセンス
PS-2400
100-801
SPARKvue ソフトウェア シングルユーザライセンス
PS-2401
100-804
SPARK チャージングステーション
PS-2570
100-822
ステンレス温度プローブ
PS-2153
100-814
表面温度プローブ
PS-2131
100-806
物理実験スターターキット
PS-2923
[内容]
100-807
[内容]
・ モーションセンサ
PS-2103A
PS-2104
・ センサ延長ケーブル
PS-2500
・ 電圧/電流センサ
PS-2115
・ 結線コード(10 本組)
EM-8634
化学実験スターターキット
・ マルチ化学センサ
・ 比色センサ
[内容]
100-809
[内容]
100-805
[内容]
PS-2112
・ 力センサ
PS-2103A
・ 高精度ドロップカウンタ PS-2117
100-808
・ 磁気センサ
PS-2921
・ 酸化還元(ORP)電極 CI-6716
・ センサ延長ケーブル
PS-2500
PS-2121
生物実験スターターキット
PS-2920
・ CO2(ガス)センサ PS-2110
・ pH センサ
PS-2102
・ O2(ガス)センサ
PS-2126A
・ センサ延長ケーブル
PS-2500
・ 気圧センサ
PS-2113A
・ サンプルボトル(2 穴)
ME-6936
地学環境実験スターターキット
・ マルチ水質センサ
PS-2169
PS-2922
・ 気象センサ
理科実験スターターキット
PS-2154
PS-2924C
・ モーションセンサ
PS-2103A
・ マルチ化学センサ PS-2170
・ 光センサ
PS-2177
・ 脈拍センサ
(ハンドグリップ式)
PS-2186
本機に対応するセンサは,他にも多数用意しております。詳しくは,弊社ホームページやカタログを
御覧になるか,弊社営業窓口・代理店にお問い合わせください。
60
100-903 SPARK SLS
PS-2008A
15.関連製品・消耗品
16.
16.保証・アフターサービス
16.1 保証書(別添)
●
保証書は,お買上げの販売店または弊社支店・営業所からお渡しします。「製品名,形式,機
体 No.(記載のあるもののみ),お買上げ日」の記載をお確かめのうえ,大切に保管してください。
製品名,形式,お買上げ日が記載されていない場合は保証の対象外となりますのであらかじめご
了承ください。
●
保証期間は,お買上げ日より 1 ヵ年間です。保証書の記載内容により,無償で修理いたします。
但し,下記の部品は保証の対象外となりますのであらかじめご了承ください。
●
・高速応答温度プローブ
・電圧プローブ
・AC アダプタ
・CD-ROM
・リチウムイオンバッテリ
保証期間経過後の修理については,お買上げの販売店または弊社支店・営業所にご相談くださ
い。修理によって機能が維持できる場合は,お客様のご要望により有償で修理いたします。
16.2 修理を依頼されるとき
●
万一,異常が発生しましたら,ただちに使用を中止して電源スイッチを切り,電源プラグを抜
いて,お買上げの販売店または弊社支店・営業所までご連絡ください。
●
ご連絡いただきたい内容
○製品名
○製品の形式
保証書または本器に貼付されている
銘板などをご参照ください。
○機体 No.(記載のあるもののみ)
○お買上げ日
●
故障の内容(できるだけ詳細に)
●
保証書は必ずご提示ください。
61
〒136-0071 東京都江東区亀戸 6 丁目 1 番 8 号
TEL(03)5626-6600
URL:http://www.shimadzu-rika.co.jp
本製品の技術的お問い合わせは,コールセンターまで
フリーダイヤル 0120-376-673
受付時間 平日 9:00~12:00,13:00~17:00
e-mail:[email protected] Fax:(03)6861-9419
M100903D1209KG001-A
©
Copyright 2012 株式会社島津理化 All Rights Reserved.
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement