万一のときは - Porsche

万一のときは - Porsche
Cayenne Turbo, Cayenne Turbo S
取扱説明書
WKD 948 170 10
02/09
「ポルシェ」、ポルシェ・クレスト、「カイ
エン」
、
「PCCB」
、
「PCM」
、
「PSM」
、
「ティ
プトロニック」
、
「テクイップメント」はポ
ルシェ社の登録商標です。
Printed in Japan
本書の一部または全部の複製は、ポルシェ社
の文書による許可がない限り禁止致します。
 Dr.Ing.h.c.F.Porsche AG
車載マニュアル
取扱説明書や整備手帳など、車に付属の印
刷物は車内に常備してください。車を売却
されるときは、次に購入されるお客様にお
渡しください。
ご質問・ご提案
車両本体、車載マニュアルについてのご質
問やご提案がございましたら、下記までご
連絡ください。
東京都目黒区下目黒1-8-1
ポルシェ ジャパン株式会社
アフターセールス部サービスグループ
車の装備について
ポルシェ社は絶えず製品の開発と改良を行
っており、お客様の車の装備品や仕様等が、
この取扱説明書の内容と一部異なることが
あります。あらかじめご了承ください。
オプション装備品や地域別の仕様、法律等
の基準によっては、この取扱説明書の内容
と異なります。そのような項目にはアスタ
リスク(*印)を付けていますのでご留意
ください。
この取扱説明書に掲載した装備品の一部は
オプション仕様です。車の購入後にオプシ
ョン装備品を追加したいときは、ポルシェ
正規販売店にご相談ください。
この取扱説明書に掲載していない装備品等
の取り扱いについて、不明な点はポルシェ
正規販売店にお問い合わせください。ポル
シェ正規販売店は、装備品のすべての操作
方法とメンテナンスについて説明致します。
各国の法律等の違いから、この取扱説明書
の内容の一部が車の仕様と異なることがあ
ります。
目次
外観図 ............................................. 4
コックピット................................................ 5
ステアリング・ホイールと
インストルメント・クラスタ ..................... 6
センター・コンソール(フロント)........... 7
開閉操作とロック.......................... 8
概説−車外からの開閉とロック ................ 9
車外からの開閉とロック .......................... 10
車内からドアを開く、
またはロックする...................................... 19
エンジン・フードの開閉 .......................... 21
ロック/ロック解除の異常 ...................... 22
キーおよびセントラル・ロッキング・
システムの知識.......................................... 24
ポルシェ・エントリー&ドライブ ........ 25a
シート、ミラー、
ステアリング・ホイール............ 26
フロント・シート...................................... 27
コンフォート・メモリー機能付き
フロント・シート...................................... 28
イージー・エントリー機能 ...................... 30
ヘッドレスト.............................................. 31
消火器 ......................................................... 32
シート・ヒータ
(フロントおよびリア)... 32
シートベルト.............................................. 34
エアバッグ・システム.............................. 37
幼児用補助拘束装置.................................. 39
ドア・ミラー.............................................. 45
サイドビュー・モニター付きルーム・
ミラー ......................................................... 47
ステアリング・ホイール .......................... 48
ステアリング・ホイール・ヒータ........... 48
ステアリング調節...................................... 49
マルチ・ファンクション・ステアリング... 50
サンバイザ ................................................. 52
バニティー・ミラー.................................. 52
サン・ブラインド
(リア・サイド・ウィンドウ).................. 52
エアコン、補助ヒータ、
リア・ウィンドウ・ヒータ........ 53
カバー・フラップを開く .......................... 54
エアコン・システムの概要 ...................... 54
すべてのエアコン・システムに共通の
操作 ............................................................. 55
概説−2ゾーン・オート・エアコン........ 56
2ゾーン・オート・エアコン .................... 57
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
フロント・コントロール・パネル........... 60
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
リア・コントロール・パネル .................. 61
4ゾーン・オート・エアコン .................... 62
エア・ベント.............................................. 66
リア・ウィンドウ・ヒータ ...................... 67
補助ヒータ ................................................. 68
ウィンドウ、スライディング/
チルティング・ルーフ................ 73
パワー・ウィンドウ.................................. 74
概説−スライディング/チルティング・
ルーフ ......................................................... 77
スライディング/チルティング・
ルーフ ......................................................... 78
概説−パノラマ・ルーフ・システム ...... 82
パノラマ・ルーフ・システム .................. 83
パノラマ・ルーフ・システムの
緊急操作 ..................................................... 87
ランプ、方向指示灯、
フロント・ワイパー.................... 89
ランプ・スイッチ...................................... 90
メータ・パネル・ランプ .......................... 91
ヘッドランプ自動高さ調整 ...................... 92
方向指示灯/ハイ・ビーム/パッシング・
レバー ......................................................... 92
ハザード・ランプ...................................... 93
ルーム・ランプ.......................................... 93
コンフォート・ランプ.............................. 94
ウェルカム・ホーム機能(消灯遅延機能)
...95
カーテシ・ランプ.......................................95
概説−フロント・ワイパー.......................96
フロント・ワイパー/ウォッシャ・
レバー ..........................................................97
目次
1
マルチ・
ファンクション・ディスプレイ、
メータ・パネル.............................. 101
メータ・パネル........................................ 103
油温計 ....................................................... 104
タコメータ(回転計).............................. 104
積算距離計 ............................................... 104
時計........................................................... 104
燃料計 ....................................................... 104
スピードメータ(速度計)...................... 105
エンジン・ブースト圧計........................ 105
クーリング・システム............................ 105
バッテリ/オルタネータ........................ 106
エミッション・コントロール ................ 107
マルチ・ファンクション・ディスプレイの操作... 108
メイン・メニューを開く........................ 109
操作の例:平均燃費を表示する ............ 109
平均速度の表示/リセット .................... 111
燃料残量による可走距離の表示 ............ 111
タイヤ空気圧の表示................................ 111
コンパスの表示........................................ 111
ナビゲーション情報の表示 .................... 111
電話の操作 ............................................... 112
制限速度の設定........................................ 113
警告メッセージの表示............................ 114
レベリング・システム(車高)の
ステータス表示........................................ 115
ロック/リダクションのステータス表示..... 115
平均燃費の表示........................................ 116
タイヤ空気圧モニタリング・システムの設定... 116
室内モニタ・システムおよび
傾斜センサの停止.................................... 125
ドア・ミラーの同期調節........................ 125
車の開閉およびロックの設定変更 ........ 126
デイタイム・ドライビング・ランプの
点灯/消灯 ............................................... 128
2
目次
消灯遅延機能の設定................................ 129
時計の設定 ............................................... 129
ディスプレイ表示言語の変更 ................ 130
ディスプレイ表示単位の変更 ................ 130
初期設定への表示のリセット ................ 130
警告灯および警告メッセージ ................ 131
安全運転について ..................... 138
お出かけの前に........................................ 139
慣らし運転 ............................................... 139
車の技術的な仕様変更............................ 140
テール・パイプ........................................ 140
ポルシェ・セラミック・コンポジット・
ブレーキ(PCCB)................................... 140
イグニッション・ロック/ステアリング・
ロック........................................................ 141
エンジンの始動と停止............................ 143
自動車電話、無線機................................ 144
ポルシェ・コミュニケーション・
マネージメント(PCM)......................... 144
ラジオ ....................................................... 144
パーキング・ブレーキ............................ 146
フット・ブレーキ.................................... 146
クルーズ・コントロール........................ 148
ティプトロニックS ................................. 150
セレクタ・レバーの位置........................ 151
オンロードおよびオフロード走行
プログラム ............................................... 157
トランスミッションおよびシャシー・
コントロール・システム........................ 161
レベリング・システムおよび車高調整機能
付きエア・サスペンション .................... 170
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・
マネージメント(PASM)....................... 173
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)....... 174
オフロード走行........................................ 175
オフロード走行用のドライビング・
システム ................................................... 176
上り坂走行 ............................................... 177
下り坂走行 ............................................... 178
水たまりや浅瀬の走行............................ 179
障害物 ....................................................... 180
ラゲッジ・コンパートメント、
ローディン
グ・スペースおよび収納スペース.... 182
リア・シートを倒す、戻す .................... 183
ローディング・スペース........................ 186
カーゴ・マネージメント・システム..... 187
荷物の積載 ............................................... 190
ラゲッジ・コンパートメント・カバー... 191
ラゲッジ・セーフティ・ネット................. 192
スキー・バッグ........................................ 194
ルーフ・トランスポート・システム..... 196
収納スペース ........................................... 197
カップ・ホルダ........................................ 200
灰皿............................................................ 202
シガー・ライタ........................................ 203
トレーラー車両の連結.............. 204
トレーラー・ヒッチ................................ 205
着脱式ボール・ジョイント付き
トレーラー・ヒッチ................................ 207
電動格納式トレーラー・ヒッチ............... 212
駐車............................................. 214
パーキング・アシスタント .................... 215
駐車時の助手席ドア・ミラーの下向き自動
調節........................................................... 219
ガレージ・ドア・オープナー ................ 219
警報システムと盗難防止.......... 222
警報システム ........................................... 223
イモビライザー........................................ 225
ステアリング・ロック............................ 225
盗難を防止するために............................ 225
車のお手入れ ............................. 226
メンテナンス上の諸注意........................ 227
オイル・レベルの点検............................ 228
エンジン・オイルの補充........................ 229
クーラント・レベルの点検と補充 ........ 230
ブレーキ液レベルの点検と交換 ............ 232
ウォッシャ液の補充................................ 233
エア・クリーナの交換............................ 234
室内防塵用フィルタの交換 .................... 234
パワー・ステアリング............................ 234
ワイパー・ブレード................................ 235
エミッション・コントロール・システム..... 238
予備燃料タンク........................................ 238
燃料の給油 ............................................... 239
車のお手入れ ........................................... 241
万一のときは ............................. 248
軽修理について........................................ 249
発炎筒 ....................................................... 249
タイヤとホイール.................................... 251
ジャッキ ................................................... 256
工具セット ............................................... 257
コンプレッサー........................................ 257
スペーサ ................................................... 257
ホイール・ボルト.................................... 258
パンクしたときの処置............................ 259
タイヤ空気の充填.................................... 269
スペア・タイヤ........................................ 270
電気系統 ................................................... 274
バッテリ ................................................... 282
リモート・コントロールの電池交換............. 285
ジャンパー・ケーブルによるエンジン
の始動 ....................................................... 286
バルブの交換 ........................................... 288
ヘッドランプ ........................................... 289
リア・ランプ ........................................... 295
ライセンス・ランプ................................ 297
ヘッドランプの調整................................ 298
右側通行から左側通行への変更に伴う
ヘッドランプの切り替え........................ 298
バルブ・リスト........................................ 299
けん引とけん引によるエンジンの
始動........................................................... 300
タイヤ空気圧と
テクニカル・データ.................. 304
車両の識別データ.................................... 305
エンジン ................................................... 306
燃費........................................................... 306
タイヤ、ホイール、トレッド ................ 307
冷間時(20℃)のタイヤ空気圧............ 308
車両重量 ................................................... 309
地上高 ....................................................... 310
容量........................................................... 311
車両寸法 ................................................... 312
動力性能 ................................................... 313
さく引......................................... 314
目次
3
外観図
コックピット................................................ 5
ステアリング・ホイールとインストルメント・
クラスタ......................................................... 6
センター・コンソール(フロント)........... 7
4
外観図
コックピット
1. パワー・ウィンドウ(74ページ)
2. インナー・ドア・ハンドル(20ページ)
3. ドア・ミラー調節(45ページ)
4. エンジン・フード・リリース(21ページ)
5. パーキング・ブレーキ(146ページ)
6. パーキング・ブレーキ・リリース
(146ページ)
7. イグニッション・ロック/ステアリン
グ・ロック(141ページ)
8. シート調節(27ページ)
9. メータ・パネル・ランプ(91ページ)
10. ランプ・スイッチ(90ページ)
外観図
5
ステアリング・ホイールと
インストルメント・クラスタ
1. ティプトロニック・ロッカー・スイッチ
(48ページ)
2. 方向指示灯レバー(92ページ)
3. クルーズ・コントロール操作レバー
(148ページ)
4. ファンクション・ボタン(50ページ)
5. ホーン(48ページ)
6. フロント・ワイパー(96ページ)
7. タコメータ(104ページ)
8. 水温計(105ページ)
9. マルチ・ファンクション・ディスプレイ
(108ページ)
10. 積算距離計(105ページ)
11. 燃料計(104ページ)
12. スピードメータ(106ページ)
6
外観図
センター・コンソール(フロント)
1. ポルシェ・コミュニケーション・マネー
ジメント(PCM)*
(別冊の取扱説明書を参照)
2. エアコン(54ページ)
3. 灰皿/シガー・ライタ(202ページ)
4. カップ・ホルダ(200ページ)
5. リダクション(ロー・レンジ)
、ディファ
レンシャル・ロック(157ページ)
6. スポーツ・モード(159ページ)
7. ポルシェ・アクティブ・サスペンショ
ン・マネージメント(PASM)
−シャシーの設定(173ページ)
8. エア・サスペンションの車高調整(170ペ
ージ)
9. アームレスト、小物入れ(198ページ)
10. パーキング・アシスタント警告灯(217
ページ)
11. エア・ベント(66ページ)
12. グローブ・ボックス(198ページ)
*日本仕様に設定はありません。
外観図
7
開閉操作とロック
概説−車外からの開閉とロック................. 9
車外からの開閉とロック .......................... 10
車内からドアを開く、または
ロックする ................................................. 19
エンジン・フードの開閉 .......................... 21
ロック/ロック解除の異常 ...................... 22
キーおよびセントラル・ロッキング・
システムの知識.......................................... 24
ポルシェ・エントリー&ドライブ ........ 25a
8
開閉操作とロック
概説−車外からの開閉とロック
ポルシェ・エントリー&ドライブは、ド
ア・ハンドルのボタンAの操作でロック/
ロック解除ができるシステムです。
この概要説明は後述の「車外からのロッ
ク/ロック解除」に代わるものではありま
せん。操作する上での注意事項は、必ず
「車外からのロック/ロック解除」の項を
参照してください。
運転者が何をしたいか?
ロックを解除する
ロックする
キー
ポルシェ・エントリー&ドライブ
その操作方法は?
キーを使用する:
キーの
ボタンを押します。
その結果は?
キーを使用する:
ハザード・ランプが1回点滅してロックが解除されます。
ドアを開けることができます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車:
ドア・ハンドルをしっかりと握ります。
キーを使用する:
キーの ボタンを押します。
ポルシェ・エントリー&ドライブを使用する:
ロックが解除され、ドアを開けることができます。
ハザード・ランプが2回点滅してドアがロックされます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車:
ドア・ハンドルのボタンAを押します。
人や動物を車内に残したままロックする キーを使用する:
(室内モニタ・システムをOFFにする) キーの ボタンを2回押します。
(約2秒以内)
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車:
ドア・ハンドルのボタンAを2回押します。
(約2秒以内)
警報システムをOFFにする
キーの
ハザード・ランプが4回点滅してドアがロックされます。
このときインナー・ドア・ハンドルを2回引くと、ドア・
ロックを解除できます。
ボタンを押します。
開閉操作とロック
9
知識
この章では、工場で初期設定している機能
をもとに説明しています。
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイを使用して、機能の設定
を変更することができます。変更した設定
は、そのとき使用しているキーの設定情報
として記憶することができます。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イで設定できる機能の詳細について
は:
「車の開閉およびロックの設定変更」
(126ページ)を参照してください。
車外からの開閉とロック
車の装備仕様により、キーまたはポル
シェ・エントリー&ドライブで車のロック
およびロック解除ができます。
キーによるロック/ロック解除
キーのボタン操作でロックおよびロック解
除を行います。
10
開閉操作とロック
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロック/ロック解除
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
キーを身に着けていれば(例えばズボンの
ポケットに入れているだけで)、キーを使
用することなく車のロック/ロック解除お
よびエンジンの始動ができます。
キーを強い電磁波にさらさないでくだ
さい。ポルシェ・エントリー&ドライブ
の機能に悪影響を及ぼす恐れがありま
す。
知識
ドア・ロックを解除してから30秒以内にド
アを開けないと、自動的に再ロックされま
す。
室内モニタ・システムおよび傾斜センサ*
をOFFにしているとき(盗難防止機能を制
限しているとき)は、30秒後に自動的に再ロ
ックされた後も、その状態を維持します。
つまりこの状態では、インナー・ドア・ハ
ンドルを2回引くとドアを開けることがで
きます。
自動的に再ロックされた後は、室内モニ
タ・システムと傾斜センサ*が再作動しま
す。
ドア・ロックを解除してドアを開ける
キーによるロックの解除
1. キーの
ボタンを短押しします。ハ
ザード・ランプが1回点滅し、ドアのロッ
クが解除されます。
2. ドア・ハンドルを引いてドアを開けま
す。
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロックの解除(キーレス操作)
キーを身に着けて運転席ドアの近くにいれ
ば、車のロックを解除できます。
ドア・ハンドルをしっかり握ると、ド
アのロックが解除されます。
ドア・ハンドルを引いてドアを開けま
す。
*日本仕様に設定はありません。
開閉操作とロック
11
ハザード・ランプが4回点滅してドアが
ロックされます。このときは、イン
ナー・ドア・ハンドルを2回引くとドア
を開けることができます。
ドアを開けると盗難防止警報システム
が作動することを車内に残る人にお知
らせください。
ドアをロックする
キーによるロック
ドアを閉めます。
キーの ボタンを1回短押しします。ハ
ザード・ランプが2回点滅してドアが
ロックされます。このときは、車外か
らも車内からもドアを開けることがで
きません。
または、
人や動物を車内に残したままロックす
るときは、キーの ボタンを2回短押
しします。ハザード・ランプが4回点滅
してドアがロックされます。このとき
は、インナー・ドア・ハンドルを2回引
くとドアを開けることができます。
ドアを開けると盗難防止警報システム
が作動することを車内に残る人にお知
らせください。
知識
運転席ドアが開いていると、車をロックで
きません。
12
開閉操作とロック
知識
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロック(キーレス操作)
この操作を行うときは、キーを身に着けて
いなければなりません。
ドアを閉めます。
ドア・ハンドルのボタンA(ポルシェ・
エントリー&ドライブのロック・ボタ
ン)を短押しします。ハザード・ラン
プが2回点滅してドアがロックされま
す。このときは、車外からも車内から
もドアを開けることができません。
または、
人や動物を車内に残したままロックす
るときは、ドア・ハンドルのボタンA
(ポルシェ・エントリー&ドライブの
ロック・ボタン)を2回短押しします。
− 運転席ドアが開いていると、車をロッ
クできません。
− ドアをロックするときはキーを車外に
持ち出してください。キーが車内にあ
るとドアをロックできません。
− キー・リモート・コントロールが作動
範囲外にあるときは、車をロックした
後にドアを開けることができません。
キーによるロックの解除
キーの
ボタンを押します。
リア・リッドのリリース・ハンドル
(矢印)を押して、リア・リッドを開け
ます。
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロックの解除(キーレス操作)
警 告
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
キーを閉じ込む恐れがあります。
車をロックしてリア・リッドから出入
りするときは、キーを車内に残さない
でください。リア・リッドを閉めると
車が自動的にロックされます。
リア・リッド・ロックを解除してリッド
を開ける
スペア・タイヤ・ブラケット装備車*は、
リア・リッドを開ける前にスペア・タイ
ヤ・ブラケットを横に開く必要があります。
スペア・タイヤ・ブラケットの開け方につ
いては:
「スペア・タイヤ・ブラケットの開け方」
(271ページ)を参照してください。
リア・リッドのロックを解除してもドアは
ロックされたままです。
リア・リッド・ロックを解除してから30秒
以内にリア・リッドを開けないと、自動的
に再ロックされます。
キーを車内に残したままリア・リッド
を閉めると、ハザード・ランプが2回点
滅して警告音が鳴ります。リア・リッ
ドを閉めてから約30秒以内であれば、
リッドを開けることができます。リ
ア・リッドを閉めてから約30秒が経過
するとリッドがロックされ、スペア・
キーを使用しないと開けることができ
ません。
危 険
リア・リッドが開いていると排気ガスが車
内に浸入して中毒を起こす恐れがありま
す!
エンジンがかかっているときは必ずリ
ア・リッドを閉めてください。
リア・リッドを開けたままで走行しな
いでください。
キーを身に着けてリア・リッドの近くにい
れば、リア・リッドのロックを解除できま
す。
リア・リッドのリリース・ハンドル
(矢印)を押して、リア・リッドを開け
ます。
*日本仕様に設定はありません。
開閉操作とロック
13
警 告
リア・リッドは自動的に引き込まれて閉じ
る(ロックされる)ため、怪我をする恐れ
があります。
リア・リッドの下に指を入れないでく
ださい。
パワー・クロージング・メカニズムの
可動部品(ラッチ・ストライカ)に手
足や物などを近づけないでください。
お子様だけを車内に残さないでくださ
い。
知識
リア・リッドをロックする
リア・リッドにはパワー・クロージング・
メカニズムが組み込まれています。
1. リア・リッド内側のハンドル(矢印)
を引き下げて、ロックに軽く押し込み
ます。
リア・リッドが自動的に引き込まれ、
ロックされます(リア・リッドがアン
ロックのときのみ)
。
2. 車をロックします。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車で
は、キー・リモート・コントロールが作動
範囲外にあるとリア・リッド、リア・ウィ
ンドウ、スペア・タイヤ・ブラケット*を
開けることができません。
*日本仕様に設定はありません。
14
開閉操作とロック
オートマチック・リア・リッド
リア・リッドを自動開閉する
警 告
リア・リッドを不注意に自動開閉すると、
怪我をしたり車が損傷する恐れがありま
す。
停車中のみ、リア・リッドを開閉して
ください。
リア・ウィンドウまたはリア・リッド
を開けたまま走行しないでください。
排気ガスが車内に侵入して中毒を起こ
す恐れがあります。
周囲に人、動物、障害物などがないこ
とを確認してからリア・リッドを開閉
してください。
リア・リッドの開閉中は、必ず動作を
見守ってください。いざというときは
緊急停止することができます。
車体後方や上方に十分なスペースがあ
ることを確認してからリア・リッドを
開閉してください。リア・リッドが
ルーフ・トランスポート・システムや
ガレージの屋根などに衝突する恐れが
あります。
リア・リッドを自動で開ける前に、リ
ア・ラック・システムを取り外してく
ださい。
警 告
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
は、キーを閉じ込む恐れがあります。
車をロックしてリア・リッドから出入
りするときは、キーを車内に残さない
でください。リア・リッドを閉めると
車が自動的にロックされます。
キーを車内に残したままリア・リッド
を閉めると、ハザード・ランプが2回点
滅して警告音が鳴ります。リア・リッ
ドを閉めてから約30秒以内であれば、
リッドを開けることができます。リ
ア・リッドを閉めてから約30秒が経過
するとリッドがロックされ、スペア・
キーを使用しないと開けることができ
ません。
リア・リッドを自動で開ける
トレーラー車両をけん引しているときは、
リア・リッドのリリース・ボタンを操作し
たときだけリア・リッドが開きます。
リア・リッドを開けるには、以下の3通り
の方法があります:
オプション2
キーの
ボタンを約1秒間押しま
す。
このとき車がロックされていれば、リ
ア・リッドを開けてもドアはロックさ
れたままです。
オプション1
車のロックが解除されている状態で、
リア・リッドのリリース・ハンドルを
短押しします。
ただしポルシェ・エントリー&ドライブ
装備車は、車がロックされていてもリ
ア・リッドが開きます。ポルシェ・エ
ントリー&ドライブ装備車は、キーを身
に着けていれば(例えばズボンのポ
ケットに入れているだけで)
、キーを使
用することなくリア・リッドのロック
が解除されます。
開閉操作とロック
15
緊急時の開閉動作の中断
以下のいずれかの操作を行うと、リア・
リッドの開閉動作が中断されます:
キーの
ボタンを押したとき
または、
運転席ドアのボタンから手を放したと
き
または、
リア・リッド・トリム・パネルのボタ
ンを短押ししたとき
または、
リア・リッドのリリース・ボタンを短
押ししたとき
オプション3
イグニッションをONにして、リア・
リッドが完全に開くまで運転席ドアの
ボタンを引き続けます。
リア・リッドが開く動作の途中でボタ
ンから手を放すと、リッドの開動作が
中断されます。
16
開閉操作とロック
リア・リッドの自動開閉動作は、いずれか
のボタンを押すと、いつでも再開できます。
リア・リッドを自動で閉める
リア・リッドを閉める前に、リッドの可動
範囲に荷物などがないことを確認してくだ
さい。リッドが障害物に衝突すると、閉動
作が中断され、数センチメートル開きます。
リア・リッド内側のトリム・パネルに
あるボタンを短押しします。
リア・リッド開動作中の障害物の検出
リア・リッドが開く動作の途中で障害物に
衝突すると、動作が中断されて警告音が鳴
ります。
障害物を取り除いた後、以下の操作で動作
を再開できます:
キーの
ボタンを押す
または、
運転席ドアのボタンを引く
または、
リア・リッドのリリース・ボタンを押す
リア・リッド閉動作中の障害物の検出
リア・リッドが閉まる動作の途中で障害物
に衝突すると、動作が中断されて警告音が
鳴り、リッドが数センチメートル開きます。
障害物を取り除いた後、リア・リッド・ト
リム・パネルのボタンを押すとリア・リッ
ドを閉めることができます。
リア・リッドを開く高さの設定
例えば天井が低い車庫の中でリア・リッド
を開くときなど、リッドを開く高さをあら
かじめ設定することができます。
レベリング・システム装備車は、レベリン
グ・システムの設定に応じて車高が変化し
ます。このため、車高を最も高い状態にし
てからリア・リッドが開く高さを設定して
ください。車高が低い状態でリア・リッド
の高さを設定すると、レベリング・システ
ムの設定を切り替えたときにリア・リッド
が障害物と衝突する原因になります。
1. 車の後方に立ってリア・リッドを開き
ます。
2. リア・リッドが全開時の約2/3の高さま
で開いたときに、キーの
ボタン
を押して自動開動作を中断します。
3. そこから、設定したい高さになるまで
リア・リッドを手で開きます。このと
き、天井などの障害物との距離が十分
に保たれていることを確認します。
4. リア・リッド・トリム・パネルのボタ
ンを約3秒間押し続けます。
リア・リッドを開く高さが記憶される
と、確認音が鳴って方向指示灯が1回点
灯します。
上記の操作を完了したら、ボタンを短
押ししてリア・リッドを閉めます。
この設定は、1度記憶させると消去ができ
ません。リア・リッドを開く高さを変更し
たいときは、前記1∼4の手順を繰り返して
ください。
リア・リッド・ドライブ・メカニズムの
作動停止
バッテリ電圧が低下すると、リア・リッド
の自動開閉機能が作動しません。
ボタンを押すと、リア・リッド・ロックが
解除されて警告音が約3秒間鳴ります。こ
のときリア・リッドは手動で開閉すること
ができます。
バッテリを充電してください。
リア・リッドの緊急操作
メカニズムの故障などでリア・リッドの自
動開閉動作が中断されると、警告音が約3
秒間鳴ります。
リア・リッドを手で開閉してください。
開閉操作とロック
17
キーによるロックの解除
1. キーの
ボタンを押します。
2. リア・ウィンドウのリリース・ボタン
Aを押して、リア・ウィンドウを開け
ます。
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロックの解除(キーレス操作)
危 険
リア・ウィンドウが開いていると排気ガス
が車内に浸入して中毒を起こす恐れがあり
ます!
エンジンがかかっているときは必ずリ
ア・ウィンドウを閉めてください。
リア・ウィンドウを開けたままで走行
しないでください。
警 告
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
キーを閉じ込む恐れがあります。
リア・ウィンドウ・ロックを解除してリ
ア・ウィンドウを開ける
リア・ウィンドウのロックを解除してもド
アはロックされたままです。
リア・ウィンドウ・ロックを解除してから
30秒以内にリア・ウィンドウを開けない
と、自動的に再ロックされます。
キーによるロックの解除(オートマチッ
ク・リア・リッド非装備車)
キーの
ボタンを約2秒間押しま
す。
リア・ウィンドウ・ロックが解除され、
ウィンドウが少し開きます。
車をロックしてリア・ウィンドウから
出入りするときは、キーを車内に残さ
ないでください。リア・ウィンドウを
閉めると車が自動的にロックされます。
キーを身に着けてリア・リッドの近くにい
れば、リア・ウィンドウのロックを解除で
きます。
リア・ウィンドウのリリース・ボタンA
を押して、リア・ウィンドウを開けます。
リア・ウィンドウを閉める
キーを車内に残したままリア・ウィン
ドウを閉めると、ハザード・ランプが2
回点滅して警告音が鳴ります。リア・
ウィンドウを閉めてから約30秒以内で
あれば、ウィンドウを開けることがで
きます。リア・ウィンドウを閉めてか
ら約30秒が経過するとウィンドウが
ロックされ、スペア・キーを使用しな
いと開けることができません。
リア・ウィンドウを閉めて、完全にロッ
クされるまで手でウィンドウを押し付
けます。
知識
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車で
は、キー・リモート・コントロールが作動
範囲外にあるとリア・リッド、リア・ウィ
ンドウ、スペア・タイヤ・ブラケット*を
開けることができません。
*日本仕様に設定はありません。
18
開閉操作とロック
ドア・ロックを解除する
車内からドアを開く、またはロッ
クする
アームレストのボタンによるロック
解除
この章では、工場で初期設定している機能
をもとに説明しています。
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイを使用して、機能の設定
を変更することができます。変更した設定
は、そのとき使用しているキーの設定情報
として記憶することができます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
で設定できる機能(オート・ロックおよ
びオート・ロック解除など)の詳細につ
いては:
「車の開閉およびロックの設定変更」
(126ページ)を参照してください。
ドア・パネルにあるボタンの左半分を
押します。
リア・ドア・パネルのボタンを押したと
きは、ボタン操作を行ったドア・ロック
だけが解除されます。
オート・ロック解除による自動ロック解除
イグニッションをOFFにするか、またはイ
グニッション・キーを抜き取ると、車が自
動的にロック解除されます。
知識
ドアをロックする
アームレストのボタンによるロック
ドア・パネルにあるボタンの右半分を
押します。
すべてのドアがロックされます。この
ときインナー・ドア・ハンドルを2回引
くと、ドアが開きます。
リモート・コントロールまたはキーで車が
ロックされているときは、セントラル・
ロッキング・ボタンの操作でロックを解除
できません。
オート・ロック機能による自動ロック
速度が約6km/hを超えると車が自動的に
ロックされます。
開閉操作とロック
19
ドアを開ける
リア・ドアのチャイルド・ロック
ロックが解除されているドアを開ける
インナー・ドア・ハンドルを1回引きま
す。
走行中、誤操作でリア・ドアが開くことを
防ぐための機能です。
ロックされているドアを開ける
(ボタンを1回押して車がロックされている
場合は、この操作を行ってもドアが開きま
せん。
)
インナー・ドア・ハンドルを2回引きま
す。
20
開閉操作とロック
チャイルド・ロック機能の作動/解除
チャイルド・ロックを作動/解除するため
のキー・スイッチがリア・ドア開口部の
キャッチ付近にあります。
チャイルド・ロックを作動させると、イン
ナー・ドア・ハンドルの操作でリア・ドア
が開きません。
作動させるには:キー・スイッチをAの
位置に回します。
解除するには:キー・スイッチをBの位
置に回します。
チャイルド・プロテクションの
ON/OFF
運転席ドア・アームレストのセーフティ・
ボタンを操作すると、リア・ドアのパ
ワー・ウィンドウ・スイッチとセントラル・
ロッキング・ボタン、さらにエアコンのリ
ア・コントロール・パネルの機能をキャン
セルできます。
セーフティ・ボタンを押して、チャイ
ルド・プロテクション機能をON/OFF
します。
チャイルド・プロテクション機能がON
になると、セーフティ・ボタンのイン
ジケータ・ランプが点灯します。
エンジン・フードの開閉
エンジン・フードを開ける
注 意
エンジン・フードまたはフロント・ワイ
パーを損傷する恐れがあります。
エンジン・フードを開けるときは、フ
ロント・ワイパー・アームが起きてい
ないことを確認してください。
エンジン・フードを開ける前に必ずワ
イパー・システムをOFF(ワイパー・
レバーを0の位置)にしてください。
イグニッションをOFFにしていても、
フロント・ワイパーが停止位置にない
ときは、エンジン・フードを開けたと
きに自動的に停止位置まで動きます。
エンジン・フードを閉めてワイパー・
システムをOFFにしてから再度ONにす
るまで、ワイパー・アームがその位置
に保持されます。
1. リリース・レバー(矢印)を引きます。
エンジン・フードのロックが解除され
ます。
2. セーフティ・キャッチAのロックを解
除します。
3. エンジン・フードを完全に開きます。
エンジン・フードを閉める
1. エンジン・フードが閉まる直前まで手
で下ろし、そこで手を放してエンジ
ン・フードをロックします。必要であ
れば、セーフティ・キャッチの真上付
近を手のひらで押して、エンジン・
フードを確実にロックします。
2. エンジン・フードのロックが確実にか
かっていることを確認します。
エンジン・フードが完全に閉まっていない
と、車を発進させたときにメータ・パネル
のマルチ・ファンクション・ディスプレイ
にメッセージが表示されます。
開閉操作とロック
21
ロック/ロック解除の異常
1つのドアだけロックが解除される
車をロックできない
リア・リッドの緊急操作
ドアおよびリア・リッドのロック/ロック
解除機能は、メータ・パネルのマルチ・
ファンクション・ディスプレイを使用して
設定を変更することができます。ただし、
どの設定に切り替えてもすべてのドアを開
けることができます。
キーの ボタンを1回押し、約2秒以内
にもう1回押します。
車がロックされない場合は、ハザード・ラ
ンプが点滅せず、ロック音も聞こえません。
この場合は、キー・リモート・コントロー
ルが、以下のいずれかの状態になっている
可能性があります:
− 電磁波などの影響でリモート・コント
ロールが正常に機能していません。
(ポ
ルシェ・エントリー&ドライブ装備車の
リモート・コントロールと車の交信で
も、同様の不具合が発生することがあ
ります。
)
− システムが故障しています。
− リモート・コントロールに内蔵してい
る電池が消耗しています。
キー・シリンダにキーを差し込んで
ロックしてください。
リモート・コントロールでリア・リッドが
開かないとき(リモート・コントロールの
電池が弱まったときなど)は、以下の緊急
操作を行ってください。
1. キーを使用して運転席ドアのロックを
解除し、ドアを開けます。
2. イグニッションをONにして盗難防止警
報システムを解除します。
3. マルチ・ファンクション・ディスプレイ
のTAILGATE(リア・リッド)メニュー
でリア・リッド・ロックの機能を作動
させます。
「リア・リッド・ロックの設
定」
(127ページ)を参照してください。
4. アームレストのセントラル・ロッキン
グ・ボタンを押します。リア・リッド
のロックが解除されリリース・ハンド
ルでリア・リッドを開けることができ
ます。
22
開閉操作とロック
車のロックを解除できない
キー・リモート・コントロールが、以下の
いずれかの状態になっている可能性があり
ます:
− 電磁波などの影響でリモート・コント
ロールが正常に機能していません。
(ポ
ルシェ・エントリー&ドライブ装備車の
リモート・コントロールと車の交信で
も、同様の不具合が発生することがあ
ります。
)
− システムが故障しています。
− リモート・コントロールに内蔵してい
る電池が消耗しています。
キー・シリンダにキーを差し込んで
ロックを解除してください。
ドアのキー・シリンダにキーを差し込
んでロックを解除した場合は、運転席
ドアだけが開きます。
盗難防止警報システムの作動を回避す
るため、ドアを開けてから15秒以内に
イグニッションをONにしてください。
セントラル・ロッキング・システムが故障
したときは、運転席ドアのキー・シリンダ
にキーを差し込んでロックするとセントラ
ル・ロッキング・システムで作動するすべ
ての部位がロックされます。
緊急操作によるドアのロックについて
は:
「すべてのドアがロックできない」
(23
ページ)を参照してください。
セントラル・ロッキング・システムが
故障したときはポルシェ正規販売店に
修理を依頼してください。ポルシェ車
に関する全ての整備点検は、ポルシェ
正規販売店での実施を推奨します。十
分なトレーニングを受けた経験豊かな
スタッフが、最新の技術情報と専用工
具や専用装置を駆使し、確かな整備を
お約束します。
すべてのドアがロックできない
セントラル・ロッキング・システムの故障
が考えられます。この場合は、緊急用の
ロッキング・メカニズムを使用してドアを
ロックします。
1. 助手席ドアを開けます。
2. カバーAを取り外します。
3. キーを使用して、赤色のスライドBを
矢印に方向に押します。
キー・ブレードの取り出しについて
は:
「キー・ブレードを取り出す」
(24ペー
ジ)を参照してください。
4. カバーAを取り付けます。
5. リア・ドアについても同様の作業を行
います。
6. すべてのドアを閉めます。
7. 運転席ドアのキー・シリンダにキーを
差し込んで、ドアをロックします。
開閉操作とロック
23
キーの交換
キーおよびセントラル・ロッキン
グ・システムの知識
キー
この車には折りたたみ式のキー2本が付属
しており、すべてのキー・シリンダをロッ
ク/ロック解除できます。
キーの取り扱いには十分注意してくだ
さい: 特別な場合を除いて、キーを放
置しないでください。
わずかな時間でも車から離れるときは、
キーを放置せず所持してください。
キーを紛失したときや盗難に遭ったと
き、スペア・キーを作成したり交換し
たときは、ご契約の保険会社にお知ら
せください。
紛失したキーを使用すれば、キーの電
子コードを無効にしていても、第三者
がキー・シリンダを使用して機械的に
車をロック/ロック解除できます。
知識
イグニッションをOFFにして車をロックす
ると、そのときのエアコンの設定が、その
とき使用しているキーの設定情報として記
憶されます。
24
開閉操作とロック
キー・ブレードを取り出す
リリース・ボタンを押します。収納さ
れているキー・ブレードが出てきます。
キー・ブレードを収納する
リリース・ボタンを押したままキー・
ブレードを折りたたみます。
この車のキーは、ポルシェ正規販売店だけ
でお求めいただくことができます。新しい
キーを注文してから入手するまでには大変
時間がかかりますので、いつでもスペア・
キーを利用できるように用意しておくこと
をお勧めします。スペア・キーは盗難の恐
れがない安全な場所に保管し、車内や車の
近くに置かないでください。
新しいキーを使用するためには、キーの電
子コードを車のコントロール・ユニットに
登録する必要があります。この登録作業は
ポルシェ正規販売店だけで実施が可能で
す。なお、この登録作業を行うときは、現
在使用しているすべてのキーを同時に再登
録しなければなりません。再登録しなかっ
たキーは、電子コードが抹消されてしまい
ます。
セントラル・ロッキング・システム
この車にはセントラル・ロッキング・シス
テムを装備しています。セントラル・ロッ
キング・システムは、以下の部位をロッ
ク/ロック解除します:
− ドア
− リア・リッドおよびリア・ウィンドウ
− フィラー・フラップ(燃料給油口)
車をロック/ロック解除すると、セントラ
ル・ロッキング・システムが自動的に作動
します。
ドアおよびリア・リッドのロック/ロック
解除機能は、メータ・パネルのマルチ・
ファンクション・ディスプレイを使用して
設定を変更することができます。ただし、
どの設定に切り替えてもすべてのドアを開
けることができます。
キーの ボタンを1回押し、約2秒以内
にもう1回押します。
作動待機の解除
(ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車)
車のロックを一定時間以内に解除しない
と、ポルシェ・エントリー&ドライブの作
動待機が解除されます。運転席ドアは約90
時間後、その他のドアは約30時間後に作動
待機が解除されます。
ドア・ハンドルを1回引きます。システ
ムが作動待機状態に戻ります。
再度ドア・ハンドルを引くとドアが開
きます。
開閉操作とロック
25
ポルシェ・エントリー&ドライブ
植え込み型心臓ペースメーカーまたは植え
込み型除細動器を装着されているお客様へ
警 告
植え込み型心臓ペースメーカーおよび植え
込み型除細動器を装着されている方は、車
室外アンテナ“A”および車室内アンテナ
“B”から約22cm以内の範囲に植え込み型
心臓ペースメーカーおよび植え込み型除細
動器を近づけないでください。
ポルシェ・エントリー&ドライブのアン
テナの取り付け位置
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
は、リモート・コントロール付きキーと車
両のアンテナが電波で通信することで、ド
アやリア・リッドをロック解除およびロッ
クできます。
25a
開閉操作とロック
植え込み型心臓ペースメーカーおよび
植え込み型除細動器を装着されている
方は、車室外アンテナ“A”および車
室内アンテナ“B”から約22cm以内の
範囲に近づかないでください。アンテ
ナからは電波が出ており、植え込み型
心臓ペースメーカーおよび植え込み型
除細動器の作動に影響を与える恐れが
あります。
植え込み型心臓ペースメーカーおよび
植え込み型除細動器以外の医療用電気
機器を使用されている方は、医師や医
療用電気機器製造業者などに電波の影
響の有無について事前に確認してくだ
さい。電波により医療用電気機器の動
作に影響を与える恐れがあります。
memo
開閉操作とロック
25b
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
フロント・シート...................................... 27
コンフォート・メモリー機能付き
フロント・シート...................................... 28
イージー・エントリー機能 ...................... 30
ヘッドレスト.............................................. 31
消火器 ......................................................... 32
シート・ヒータ
(フロントおよびリア)... 32
シートベルト.............................................. 34
エアバッグ・システム.............................. 37
幼児用補助拘束装置.................................. 39
ドア・ミラー.............................................. 45
サイドビュー・モニター付きルーム・
ミラー ......................................................... 47
ステアリング・ホイール .......................... 48
ステアリング・ホイール・ヒータ........... 48
ステアリング調節...................................... 49
マルチ・ファンクション・ステアリング..... 50
サンバイザ ................................................. 52
バニティー・ミラー.................................. 52
サン・ブラインド
(リア・サイド・ウィンドウ).................. 52
26
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
フロント・シート
シート位置
安全で疲れにくい運転には、正しいシート
位置が重要です。運転者の体格など必要条
件に応じて、以下の要領で運転席のシート
位置を調節してください。
1. シートの高さを調節します。頭上の空
間に余裕があり、周囲の視界が開ける
高さに調節してください。
2. シートの前後位置を調節します。アク
セル・ペダルをいっぱいまで踏み込ん
だ状態でシートを前後に動かし、脚が
自然に伸びた状態で、足の裏全体がア
クセル・ペダルを踏み込める位置に調
節してください。
3. バックレストの角度を調節します。ス
テアリング・ホイールの上部を握った
ままバックレストを動かし、肘が少し
曲がる位置に調節してください。この
とき、肩がバックレストから離れてい
ないことを確認してください。
4. 必要に応じて、シートの前後位置を再
調節します。
5. ヘッドレストの高さを調節します。ヘッ
ドレストの上端が目の高さ(または目
の高さより少しだけ上)になるように
調節してください。
シートの調節
警 告
運転中はシート位置を調節しないでくださ
い。シートが予想以上に大きく動いて運転
操作を誤り、事故を起こす恐れがあります。
走行中はシート位置を調節しないでく
ださい。
シートが動く範囲に人や動物がいると、シ
ート位置を調節するときに怪我をする恐れ
があります。
シートが動く範囲に人や動物がいない
ことを確認してからシート位置を調節
してください。
A 座面前部の高さ調節
B 座面後部の高さ調節
C 前後位置の調節
D バックレストの角度調節
E ランバー・サポートの位置調節
リラックスした状態で運転操作に集中
できるように、バックレストの曲がり
加減を上下左右に調節できます。骨盤
や脊柱の形に合わせて快適と感じる位
置に調節してください。
各スイッチを矢印の方向に押して、お
好みのシート位置に調節します。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
27
警 告
誤った方法で保存しているメモリーを呼び
出すと、メモリーが消えることがあります。
シート調節スイッチのいずれかを押す
と、自動呼び出し機能がキャンセルさ
れます。
お子様だけを車内に残さないでください。
コンフォート・メモリー・オプション
コンフォート・メモリー機能付き
フロント・シート
シート、ドア・ミラー、ステアリング・ホ
イール、およびシートベルト高さを、パー
ソナル・ボタンAとそのとき使用している
キーのメモリーに保存し、運転者のお好み
に応じて呼び出すことができます。
キーまたはポルシェ・エントリー&
ドライブによるメモリーの呼び出し
運転席ドアを開けます。
運転席シートのメモリーが自動的に呼
び出されます。
自動呼び出し機能のキャンセル
運転席シート調節スイッチのいずれかを押
すと、自動呼び出し機能がただちにキャン
セルされます。
− シート調節
パーソナル・ボタン1∼3によるメモリーの
呼び出し(運転席および助手席シート)
− ドア・ミラー調節
1. 車のロックを解除します。
− ステアリング・ホイール、シートベルト
高さ調節
2. メモリー位置へのシート調節が完了す
るまで、任意のパーソナル・ボタンを
押し続けます。
または、
キーを差し込んだ状態で任意のパーソ
ナル・ボタンを短押しすると、メモリー
が呼び出されてシート位置が自動的に
調節されます。ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車は、イグニッションをON
にした状態で任意のパーソナル・ボタン
を短押しすると、メモリーが呼び出され
てシート位置が自動的に調節されます。
自動呼び出し機能のキャンセル
シート調節スイッチのいずれかを押すと、自動
呼び出し機能がただちにキャンセルされます。
28
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
運転席シート・メモリー
6. 助手席側ドア・ミラーの角度をお好み
の位置に調節します。
パーソナル・ボタンおよび、
そのとき使用しているキーへのメモリー保存
7. メモリー・ボタン「SET」を短押しし
た後、10秒以内にパーソナル・ボタン
1∼3のいずれかを確認音が聞こえるま
で押し続けてください。確認音が鳴る
と、そのとき押しているパーソナル・
ボタンにメモリーが保存されます。
1. パーキング・ブレーキをかけます。
2. イグニッションをONにします。
3. シート、ドア・ミラー、ステアリン
グ・ホイール、およびシートベルト高
さをお好みの位置に調節します。
4. メモリー・ボタン「SET」を短押しした
後、10秒以内にパーソナル・ボタン1∼
3のいずれかを確認音が聞こえるまで押
し続けてください。確認音が鳴ると、
そのとき押しているパーソナル・ボタ
ンにメモリーが保存されます。
5. キーを抜き取ります。ポルシェ・エント
リー&ドライブ装備車は、イグニッショ
ンをOFFにします。
6. 10秒以内にメモリー・ボタン「SET」を
押し、確認音が聞こえるまでボタンを
押し続けます。そのとき使用している
キーに、メモリー位置が記憶されます。
助手席シート・メモリー
1. パーキング・ブレーキをかけます。
2. イグニッションをONにします。
3. シート位置とシートベルト高さをお好
みの位置に調節します。
A−ドア・ミラー調節
C−助手席側ドア・ミラー調節
駐車時の助手席ドア・ミラー位置の記憶
車を後退させるときに、助手席側ドア・ミ
ラーを下向きに切り替えることができます。
この下向きミラー位置は、運転席シート・
メモリーに記憶させることができます。
1. パーキング・ブレーキをかけます。
2. イグニッションをONにします。
3. パーソナル・ボタンのいずれかを押します。
4. リバース(後退)ギヤを選びます。
5. ドア・ミラー・コントロール・スイッ
チAを助手席側Cの位置にします。
助手席側ドア・ミラーが下向きになります。
4. メモリー・ボタン「SET」を短押しし
た後、10秒以内にパーソナル・ボタン
1∼3のいずれかを確認音が聞こえるま
で押し続けてください。確認音が鳴る
と、そのとき押しているパーソナル・
ボタンにメモリーが保存されます。
運転席シートの自動メモリー
運転席ドアを開けた後にメモリー位置から
動かすと、車をロックしたときに、その位置
が新しい設定として一時的に記憶されます。
この設定は、メモリーを記憶しているキー
で車のロックを解除し、運転席ドアを開け
ると消去されます。その後、キーに記憶し
ているメモリー位置が呼び出されます。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
29
警 告
運転席の真後ろに乗員がいるときにメモリー
設定を呼び出すと、シートに押しつぶされ
て乗員が怪我をする恐れがあります。
リア・シートを前方に倒したままメモリー
設定を呼び出すと、車を損傷する恐れがあ
ります。
運転席の真後ろに乗員がいるときや、
リア・シートを前方に倒しているとき
は、イージー・エントリー機能を解除
してください。
イージー・エントリー機能の作動/解除
スイッチAを押します。
イージー・エントリー機能
イージー・エントリー機能は、車への乗り
降りをしやすくするための装備です。
30
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
乗車するとき
運転席ドアを開けると、運転席シートが後
方に移動します。
運転席ドアを閉めてイグニッション・キー
を差し込むと(ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車はイグニッションをONにす
ると)、シートとステアリング・ホイール
がメモリー設定の運転位置に戻ります。
降車するとき
以下の操作を行うと、ステアリング・ホイー
ルが前方および上方にいっぱいまで移動し
ます。
− イグニッション・キーを抜き取った後
または、
− ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
はイグニッションをOFFにして運転席
ドアを開けた後
または、
− ステアリング・ロックを作動させたとき
運転席ドアを開けると、運転席シートが後
方に移動します。
リア・シート
調節
ボタンBを押し、ヘッドレストを完全に
押し下げます。
フロント・シートおよびリア・シート左右外
側のヘッドレストは、高さを調節できます。
ボタンAを押しながらヘッドレストを完
全に取り外します。
ヘッドレストを上げる
取り付け
お好みの位置になるまでヘッドレスト
を持ち上げます。
リア・シートのヘッドレストを持ち上
げるときはボタンBを押します。
知識
リア・シート中央座席のヘッドレストは、
リア・シート中央の位置だけに取り付けて
ください。
例: フロント・シート
ヘッドレスト
取り外し
ヘッドレストを下げる
ボタンBを押しながらヘッドレストを押
し下げ、お好みの位置に調節します。
1. ヘッドレストをガイドに差し込みます。
2. ボタンBを押しながらヘッドレストを
押し下げ、お好みの位置に調節します。
リア・シート中央座席のヘッドレスト
をリア・シート中央の位置に取り付け、
いっぱいまで押し下げます。
フロント・シート
ボタンAを押しながらヘッドレストを完
全に取り外します。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
31
知識
消火器の最終点検日を確認してくださ
い。定期点検の期間を過ぎた消火器は
正しく作動しないことがあります。
必ず消火器の取扱説明書の指示に従っ
てください。
消火器は1∼2年毎にポルシェ正規販売
店で点検を受けてください。
消火器を使用した場合は、消火剤を充
填してください。
A−フロント・シート(左側)
B−フロント・シート(右側)
消火器*
消火器を装備している車は、右側または左
側フロント・シートの下に消火器が取り付
けてあります。
シート・ヒータ
(フロントおよびリア)
シート・ヒータはイグニッションがONの
ときに作動します。ヒータの強さはダイヤ
ルで無段階に調節できます。
左側フロント・シート下の消火器
緊急時に消火器を取り出すには、片手
で消火器本体を持ち、消火器ホルダの
PRESSボタン(矢印)を反対側の手で
押します。
右側フロント・シート下の消火器
シート下の引き出しから消火器を取り
出します。
32
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
*日本仕様に設定はありません。
C−リア・シート(左側)
D−リア・シート(右側)
ヒータを作動させる
お好みの位置までダイヤルを回します。
A−シート・ヒータ作動ボタン
B−シート・ヒータ停止ボタン
C−左側シート温度調節スイッチ
D−右側シート温度調節スイッチ
リア・シート・ヒータ
(4ゾーン・オート・エアコン装備車)
ヒータを停止する
ダイヤルを0の位置にします。
温度を調節する
スイッチCまたはDを、上または下に押
して、お好みの温度に調節します。
ヒータを停止する
ボタンBを押します。
ヒータを作動させる
ボタンAを押します。
シート・ヒータを作動させると、エアコ
ン・ディスプレイが約10秒間シート・ヒー
タ・モードに切り替わります。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
33
シートベルト
この車のシートベルトは身長150cm以上の
乗員用に設計しています。身長が150cmに
満たない乗員は、適切な補助拘束装置を使
用しなければなりません。
セーフティ・ノート
安全のため、走行中はすべての乗員が
シートベルトを着用してください。運
転者は、この章に説明している内容を
すべての乗員に伝えてください。
1本のシートベルトを複数の乗員が共用
しないでください。
だぶついた衣服を着たままシートベルト
を着用すると、シートベルトを正しく着
用できない恐れがあります。また、身
体の動きが妨げられますので、脱いで
からシートベルトを着用してください。
硬い物や壊れやすい物(眼鏡、ボール
ペン、煙草のパイプなど)の上にシー
トベルトをかけないでください。衝突
の際に怪我をする危険性が高まります。
シートベルトの捩れやたるみを取り除
いてください。
シートベルトの生地に損傷がないか、
バックルやアタッチメントが正常に機
能するかを、すべてのシートベルトに
ついて定期的に点検してください。
34
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
損傷しているシートベルトや、事故な
どで強い衝撃を受けたシートベルトは
ただちに交換してください。また、事
故などでシートベルト・プリテンショ
ナー・システムが作動したときは、プ
リテンショナー・システムをただちに
交換してください。このとき、シート
ベルトのアンカー部分に異常がないか
点検してください。
詳しくはポルシェ正規販売店にお問い
合わせください。ポルシェ車に関する
全ての整備点検は、ポルシェ正規販売
店での実施を推奨します。十分なトレ
ーニングを受けた経験豊かなスタッフ
が、最新の技術情報と専用工具や専用
装置を駆使し、確かな整備をお約束し
ます。
シートベルトを使用しないときはリトラ
クターに完全に巻き取らせてください。
汚れや損傷から保護することができます。
警告灯および警告メッセージ
シートベルトの着用を促すため、運転席シー
トベルトを完全に着用するまで以下の機能
が作動し続けます:
− イグニッションをONにするとメータ・
パネルの警告灯が点灯します。
− メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに警告を表示します。
− 速度が24km/hを超えると、警告音が約
90秒間鳴ります。
シートベルト・プリテンショナー
事故の衝撃の大きさにより作動して、着用
しているシートベルトが巻き取られ、乗員
の拘束効果を高めます。
シートベルト・プリテンショナーの作動
条件:
− 前方または後方から強い衝撃を受けた
とき
− 側面衝突のとき(フロント・シートベ
ルト・プリテンショナー)
− 車が転倒したとき
知識
1度作動したシートベルト・プリテンショナ
ー・システムは再使用できません。作動後
はただちに交換してください。
シートベルト・プリテンショナー・システ
ムに関連する作業は、必ずポルシェ正規販
売店に依頼してください。ポルシェ車に関
する全ての整備点検は、ポルシェ正規販売
店での実施を推奨します。十分なトレーニ
ングを受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆使
し、確かな整備をお約束します。
シートベルト・プリテンショナー・システ
ムが作動すると煙が発生しますが異常では
ありません。この煙は車両火災の兆候では
ありません。
知識
坂道など傾斜地に停車中や、シートベルト
を急に引き出すと、ベルトがロックされて
引き出せないことがあります。
加速中や減速中、コーナリング中、お
よび上り坂を走行中はシートベルトが
ロックされて、引き出すことができま
せん。
シートベルトのプレートは、着座して
いるシート用のバックルに差し込んで
ください。また、カチッという音がし
て確実にロックされるまで差し込んで
ください。
シートベルトの着用
シートベルトが引っかかったり捩れて
いないこと、鋭利な部分に当たってい
ないことを確認してください。
自然な姿勢で安全に運転できる位置に
着座します。シートベルトを着用した
とき、肩部のシートベルトが肩の中央
を通って上半身を斜めに横切るように
フロント・シートのバックレストを調
節します。
シートベルトを着用した後、肩部のシー
トベルトを引き上げて、腰部のシート
ベルトを骨盤の低い位置に密着させて
ください。妊娠中の方は腰部のシート
ベルトをできる限り低い位置まで下げ
て、腹部の圧迫を避けてください。
シートベルトのバックル・プレートを
手で持ち、ゆっくりと一定の速さで引
き出して、胸部と腰の下部にかかるよ
うに着用します。
走行中も肩部のシートベルトを定期的
に引き上げ、腰部のシートベルトを骨
盤の低い位置に密着させてください。
リア・シートの乗員も、フロント・シー
トの乗員と同様にシートベルトを着用
してください。
シートベルトの外し方
シートベルトのプレートを手で持ちます。
バックルの赤色のボタン(矢印)を押
します。
シートベルトをリトラクターに完全に
巻き取らせます。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
35
シートベルトの高さ調節
高さの電動調節
お好みの高さになるまでロッカー・ス
イッチBを操作します。
フロント・シートおよびリア・シート左右
外側のシートベルトは、肩部の取り付け高
さを調節できます。
肩部のシートベルトが肩の中央を通って上
半身を斜めに横切るように、シートベルト
の高さを調節してください。シートベルト
が首にかからないようにしてください。
コンフォート・メモリー装備車は、シート
ベルトの高さを、パーソナル・ボタンとそ
のとき使用しているキーのメモリーに保存
し、運転者のお好みに応じて呼び出すこと
ができます。
高さの手動調節
シートベルト高さを、そのとき使用してい
るキーに記憶する方法は:
上げる: シートベルト取り付け部を手
で持って押し上げます。
下げる: ボタンAを押し、シートベル
ト取り付け部を押し下げます。
36
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
「コンフォート・メモリー機能付きフ
ロント・シート」
(28ページ)を参照し
てください。
エアバック・システム
一般的な知識
危 険
エアバッグを装備していても、常にシ
ートベルトを着用してください。軽度
の衝撃や衝突の角度によってはエアバ
ッグが作動しないことがあり、非常に
危険です。
運転席と助手席の間、または乗員とエ
アバッグの間に幼児を座らせたり、ペ
ットや物を置かないでください。事故
のとき、生命にかかわる負傷をする恐
れがあります。
ステアリング・ホイールは、必ずリム
を外側から保持してください。
エアバッグが効果を発揮するためには、
一定の空間が必要です。フロント・シ
ートの乗員は着座位置に注意してくだ
さい。サイド・エアバッグ装備車では
ドアにもたれかからないでください。
万一のとき、エアバッグの作動の妨げ
となります。
ドアの小物入れから中身がはみ出ない
ようにしてください。
走行中は、小物入れのカバーを閉めて
ください。
安全のため、重たい荷物を助手席や助
手席の前に置かないでください。
同乗者の方にも、この項の内容をよく
理解してもらってください。
運転中、足は常に足元の空間に置いてく
ださい。ダッシュボードやシート・クッ
ションの上に足を乗せないでください。
エアバッグ・システムに不具合が発生
したときは、必ずポルシェ正規販売店
に修理を依頼してください。
エアバッグは再使用できません。エアバ
ッグが作動したら、直ちにポルシェ正規
販売店で点検または交換してください。
エアバッグの配線や構成部品を改造し
ないでください。
ステアリング・ホイール、助手席ダッ
シュボードのエアバッグ付近、サイ
ド・エアバッグ付近、ヘッド・エアバ
ッグ付近には、小物やステッカーなど
を取り付けないでください。
シートに保護カバーを装着しないでく
ださい。
エアバッグの配線の近くには、アクセ
サリー類の配線を取り付けないでくだ
さい。
エアバッグ構成部品(ステアリング・
ホイール、フロント・シート、ルー
フ・トリムなど)の分解整備は、必ず
ポルシェ正規販売店で実施してくださ
い。
車を売却される場合は、この車がエア
バッグ装備車であることを次の購入者
に知らせた上で、本書「エアバッグ・
システム」のページを読むことを薦め
てください。
エアバッグの機能点検は、ポルシェ正規
販売店で定期的に実施してください。
機能
エアバッグは、シートベルトと併用するこ
とで衝突時の乗員の負傷を最小限に抑える
よう設計されています。正面衝突や側面衝
突のとき、運転席および助手席の乗員の頭
部と上半身の動きを瞬時に吸収し、保護し
ます。
運転席側フロント・エアバッグはステアリ
ング・ホイール中央のパッド内にあり、助
手席側はダッシュボードに内蔵していま
す。
フロント・シートのサイド・エアバッグ
は、シート・バックレストの側面に内蔵し
ています。
ヘッド・エアバッグは、左右ドア上のルー
フ部分にあります。
それぞれのエアバッグは、衝突の角度およ
び衝撃力に応じて作動します。
フロント・エアバッグが作動(展開)する
と瞬間的に前方視界が妨げられますが、わ
ずかな時間で収縮します。
またエアバッグ作動(展開)時の作動音は、
事故の大きな衝突音によってかき消されま
す。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
37
危 険
警告灯
助手席エアバッグによって致命的な怪我を
する恐れがあります。
システムに不具合があると、メータ・パネ
ルの警告灯よって表示されます。
次の場合は、ポルシェ正規販売店で直
ちに不具合を修理してください。
− イグニッションをONにしても警告灯が
点灯しない。または、
− エンジン始動後に警告灯が消灯しない。
または、
− エアバッグ警告灯が走行中に点灯する。
イグニッションをONにして助手席エアバ
ッグOFFスイッチをOFFの位置にしたと
き、PASSENGER AIRBAG OFF表示灯が
点灯しなかった場合、助手席エアバッグに
より重傷または致命傷を負う恐れがありま
す。
幼児用補助拘束装置を助手席に取り付
けないでください。
直ちに故障を修理してください。
助手席エアバッグOFF(PASSENGER
AIRBAG OFF)表示灯
PASSENGER AIRBAG OFF表示灯Aの
機能について:
「助手席エアバッグの作動/非作動」
(42ページ)を参照してください。
チャイルド・シートを取り外した後、助手
席エアバッグの作動を解除したままにして
おくと、助手席乗員が重傷または致命傷を
負う恐れがあります。
チャイルド・シートを取り外した後は、
必ず助手席エアバッグを再作動させて
ください。
エアバッグの廃棄
未作動のガス発生器、それらを取り付けた
ままの車、およびエアバッグ・ユニットな
どは、一般の廃棄物やスクラップとして処
分できません。エアバッグ構成部品を廃棄
するときは、必ずポルシェ正規販売店にお
任せください。
処分に関する詳しい情報については、ポル
シェ正規販売店にお問い合わせください。
38
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
幼児用補助拘束装置
お子様が同乗するときは、必ず適切な幼児
用補助拘束装置を使用し、常にリア・シー
トに乗車させてください。
幼児用補助拘束装置を取り付けるとき
は、必ずシート・ヒータを停止してく
ださい。
危 険
助手席エアバッグにより重傷または致命傷
を負う恐れがあります。
幼児用補助拘束装置を助手席に取り付
けるときは、必ず助手席エアバッグの
作動を解除してください。
エアバッグの作動(展開)によって重
傷または致命傷を負う潜在的な危険を
回避できます。
助手席エアバッグの作動解除
「助手席エアバッグの作動/非作動」
(42ページ)を参照してください。
体重グループ0、0+のお子様:
体重グループIIのお子様:
13kgまで
15∼25kg
この体重グループのお子様は、後ろ向きに
着座するタイプの幼児用補助拘束装置を使
用します。
この体重グループのお子様は、前向きに着
座するタイプの幼児用補助拘束装置を使用
します。
助手席に取り付ける場合は、助手席エ
アバッグの作動を解除してください。
この幼児用補助拘束装置は、可能な限りリ
ア・シートに取り付けてください。
体重グループIのお子様:
9∼18kg
この体重グループのお子様は、前向きに着
座するタイプの幼児用補助拘束装置を使用
します。
助手席に取り付ける場合は、助手席エ
アバッグの作動を解除してください。
体重グループIIIのお子様:
22∼36kg
この幼児用補助拘束装置は、可能な限りリ
ア・シートに取り付けてください。
この体重グループのお子様は、前向きに着
座するタイプの幼児用補助拘束装置を使用
します。
助手席に取り付ける場合は、助手席エ
アバッグの作動を解除してください。
この幼児用補助拘束装置は、可能な限りリ
ア・シートに取り付けてください。
助手席に取り付ける場合は、助手席シ
ートをいっぱいまで後方・下方に動か
します。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
39
推奨する幼児用補助拘束装置
体重グループ/年齢
メーカー
シート・タイプ
承認番号
ポルシェ部品番号
助手席での使用
リア・シート リア・シート
左右での使用 中央での使用
グループ0 +
13kgまで
約18ヶ月まで
ポルシェ・
Britax-Römer ベビー・シート
ISOFIX G0+
E1 04301146 955.044.802.86
不可能
可能
不可能
グループ I
9∼18kg
約8ヶ月∼4歳
ポルシェ・
Britax-Römer ジュニア・シート
ISOFIX G1
E1 04301199 955.044.802.92
不可能
可能
不可能
グループ II
15∼25kg
約3.5∼6歳
ポルシェ・
Britax-Römer ジュニア・プラス
G2+G3
E1 04301169 955.044.802.90
助手席エアバッグの作動
を解除すること
可能
シートをいっぱいまで
後方・下方にすること
可能
グループ III
22∼36kg
約6∼12歳
ポルシェ・
Britax-Römer ジュニア・プラス
G2+G3
E1 04301169 955.044.802.90
シートをいっぱいまで
後方・下方にすること
可能
40
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
可能
memo
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
41
A−助手席エアバッグが作動(ON)
B−助手席エアバッグが非作動(OFF)
助手席エアバッグの作動/非作動
1. カバーが装着されている場合は、取り
外します。
2. キーを使用して、助手席エアバッグの
OFF“B”とON“A”を切り替えます。
42
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
危 険
チャイルド・シートを取り外したら、必ず
助手席エアバッグを再作動させてくださ
い。万一のときに致命的な怪我をする恐れ
があります。
チャイルド・シートを取り外したとき
は、助手席エアバッグ・スイッチをON
の位置にしてください。
PASSENGER AIRBAG OFF表示灯
助手席エアバッグの作動をOFFにすると、
イ グ ニ ッ シ ョ ン が O N の と き は
PASSENGER AIRBAG OFF表示灯Cが常時
点灯します。
危 険
助手席エアバッグの作動で致命的な怪我を
する恐れがあります。
イグニッションをONにして助手席エアバ
ッグOFFスイッチをOFFの位置にしたと
き、PASSENGER AIRBAG OFF表示灯が
点灯しない場合はシステムが故障してい
ます。
助手席に幼児用補助拘束装置を取り付
けないでください。
ただちにポルシェ正規販売店に修理を
依頼してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
エアバッグに関する重要な情報について
は:
「エアバッグ・システム」(37ページ)
を参照してください。
ISOFIX幼児用補助拘束装置
ポルシェ社が推奨する幼児用補助拘束装置
だけを使用してください。ポルシェ社推奨
の幼児用補助拘束装置は、ポルシェ社がテ
ストを実施し、この車のインテリアやお子
様の体重グループに適するように調整され
ています。
ポルシェ社が推奨していない幼児用補助拘
束装置を使用すると、万一のときに負傷す
る危険性が高まります。
ISOFIXシステム付きチャイルド・シートは
ポルシェ正規販売店で購入できます。
チャイルド・シートに付属の取扱説明
書をよく読み、注意事項を必ず遵守し
てください。
セーフティ・ノート
チャイルド・シートに付属の取扱説明
書をよく読み、注意事項を必ず遵守し
てください。
幼児用補助拘束装置を使用するときは
法律等を遵守してください。
ポルシェが推奨する幼児用補助拘束装
置だけを使用してください。
ポルシェ推奨の幼児用補助拘束装置は、
ポルシェ社がテストを実施し、この車
のインテリアやお子様の体重グループ
に適するように調整されています。
ポルシェが推奨していない幼児用補助
拘束装置を使用すると、万一の衝突時
に怪我をする危険性があります。
幼児用補助拘束装置はリア・シートで
使用することを基本としてください。
この車に適合するポルシェ推奨の幼児
用補助拘束装置については、ポルシェ
正規販売店にお尋ねください。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
43
マークの真下あたりのバックレストと座面
のすき間を探ると、ISOFIXチャイルド・
シートを固定するためのリテーニング・ラ
グAがあります。
1. チャイルド・シートに付属の取扱説明
書に従って、チャイルド・シートをリ
テーニング・ラグAに取り付けます。
2. チャイルド・シートを手前に引き、2箇
所のISOFIXアンカーが確実に固定でき
ていることを確認します。
危 険
チャイルド・シートを取り外したら、必ず
助手席エアバッグを再作動させてくださ
い。万一のときに致命的な怪我をする恐れ
があります。
助手席に幼児用補助拘束装置を取り付
けるときは、助手席エアバッグの作動
をキャンセルしてください。
このとき、助手席シートをいっぱいま
で後方および下方に動かしてください。
助手席エアバッグを作動させるときは:
「助手席エアバッグの作動/非作動」
(42ページ)を参照してください。
ISOFIXシステム付き
チャイルド・シートの取り付け
リア・シート左右外側席には、ISOFIXチャ
イルド・シートを固定するためのリテーニ
ング・ラグがあります。シートのバックレ
ストには、リテーニング・ラグの取り付け
部位を示すマークが付いています。
44
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
警 告
凸面のミラー・ガラスを使用する助手席側
ドア・ミラーは、車や物などが小さく見え
るため、実際の距離よりも遠く感じます。
このことを念頭にしないと事故を起こす恐
れがあります。
後続車との距離を判断するときや、後
退で駐車するときは、ドア・ミラーの
特性を念頭に入れてください。
後続車との距離はルーム・ミラーを併
用して判断してください。
洗車機を使用するとドア・ミラーを損傷す
る恐れがあります。
A−運転席側ドア・ミラー調節
B−ミラー・ヒータ
C−助手席側ドア・ミラー調節
D−ドア・ミラー格納
ドア・ミラーを格納してから洗車機を
使用してください。
ドア・ミラーの調節
1. イグニッションをONにします。
ドア・ミラー
ミラーの視野を広げるために、助手席側ド
ア・ミラーはミラー・ガラスが凸面、運転
席側ドア・ミラーは非球面になっています。
2. コ ン ト ロ ー ル ・ ス イ ッ チ を A の 位 置
(運転席側ミラーの調節)
、またはCの位
置(助手席側ミラーの調節)にします。
3. コントロール・スイッチをお好みの方
向に倒してミラー・ガラスの角度を調
節します。
電動調節機能が故障したとき
ミラー・ガラスを手で押して調節します。
ドア・ミラーの同期調節
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイで左右ドア・ミラーの同
期調節機能を選択できます。
「ドア・ミラーの同期調節」(125ペー
ジ)を参照してください。
ドア・ミラーの格納
イグニッションをONにします。
コントロール・スイッチをDの位置にし
ます。
左右ドア・ミラーが自動的に折りたた
まれます。
電動格納機能が故障したとき
ドア・ミラー・ハウジングを手で持っ
て折りたたみます。
ドア・ミラーの復帰
イグニッションをONにします。
コントロール・スイッチをAまたはCの
位置にします。
左右ドア・ミラーが自動的に元の位置
に復帰します。
電動復帰機能が故障したとき
ドア・ミラー・ハウジングを手で持っ
て元の位置に戻します。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
45
ドア・ミラー・ヒータ
作動条件
ドア・ミラー・ヒータはイグニッションが
ONのときに作動します。
− この機能はシート・メモリー装備車に
取り付けられています。
ヒータを作動させる
− コントロール・スイッチAをCの位置
(助手席側ドア・ミラー調節の位置)に
します。
コントロール・スイッチをBの位置にし
ます。
− リバース・ギヤを選択します。
左右ドア・ミラーのヒータが作動します。
ミラーを元の位置に戻す
ヒータを停止する
以下のときに助手席側ドア・ミラーが元の
位置に戻ります:
コントロール・スイッチをB以外の位置
にします。
ドア・ミラー設定の保存
シート・メモリー装備車は、左右ドア・ミ
ラーの位置を、パーソナル・ボタンとその
とき使用しているキーのメモリーに保存
し、運転者のお好みに応じて呼び出すこと
ができます。
ドア・ミラーの位置の記憶と呼び出しにつ
いては:
「コンフォート・メモリー機能付きフ
ロント・シート」
(28ページ)を参照し
てください。
46
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
− リバース・ギヤから他のギヤに切り替え
たとき
または、
A−運転席側ドア・ミラー調節
B−ミラー・ヒータ
C−助手席側ドア・ミラー調節
D−ドア・ミラー格納/復帰
駐車時の助手席ドア・ミラーの
下向き自動調節
リバース(後退)ギヤを選択すると、助手
席側ドア・ミラーが自動的に下向きにな
り、助手席側の車体後方下部にある障害物
を視認しやすくなります。
コントロール・スイッチをC以外の位置
にしたとき
1-明るさ調節ノブ
2-電源ボタン
サイドビュー・モニター付きルー
ム・ミラー
サイドビュー・モニターは、助手席の死角
を補うため補助的な装備です。助手席側ド
ア・ミラー・カバーに小型のカメラが取り
付けてあり、ルーム・ミラーにはTFT液晶を
使ったディスプレイが組み込まれています。
電源をONにすると、カメラの映像をルー
ム・ミラーで見ることができます。
警 告
サイドビュー・モニターはドライバーの死
角を補うための補助的な装備であり、その
視野を完全に補うものではありません。サ
イドビュー・モニターが装備されていて
も、直接目視するなど安全確認を怠らない
でください。
サイドビュー・モニターはドライバー
の注意力を補うものではありません。
サイドビュー・モニターを装備してい
ても、車の周囲の安全を常に確認する
ことは運転者の責務です。
特にルーム・ミラーの映像が見えにく
いときや、画像で識別できない物体が
あるときは、周囲の安全を必ず目視で
確認してください。細い電柱や杭など、
障害物の形状によっては解像度が不足
して画像が鮮明に表示されなかったり、
まったく表示されないこともあります。
状況によっては車から降りて、周囲の
人や物に危険を及ぼす恐れがないか確
認してください。
サイドビュー・モニターは高感度で、
夜間など周囲の明るさが不足している
ときでも使用できますが、照明などが
ない暗闇では映像が見えにくくなりま
す。必要に応じて目視で安全を確認し
てください。
システムの特性上、ルーム・ミラーには
2次元の平面画像を表示します。したが
って立体的な障害物や奥行きがある突
起物などは実際の形状と異なって見え
たり、画像に映らないことがあります。
走行中は、サイドビュー・モニターの
明るさ調節や電源のON/OFFを行わな
いでください。また、ルーム・ミラー
の画像を必要以上に注視しないでくだ
さい。注意力が散漫になって事故を起
こす恐れがあります。
サイドビュー・モニターが故障した状
態で運転するときは、周囲の安全に特
に気を使ってください。またカメラの
画像に異常を感じたときは使用しない
でください。
サイドビュー・モニターが故障したと
きや、障害物との接触などでカメラの
取り付け状態に異常があるときは直ち
に修理してください。ポルシェ車に関
する全ての整備点検は、ポルシェ正規
販売店での実施を推奨します。十分な
トレーニングを受けた経験豊かなスタ
ッフが、最新の技術情報と専用工具や
専用装置を駆使し、確かな整備をお約
束します。
注 意
サイドビュー・モニターを損傷する恐れが
あります。
高圧洗車装置などを使用するときは、
高圧の水をカメラに直接かけないでく
ださい。
レンズの汚れにより画像が曇ったとき
は、湿らせた布でレンズの表面を丁寧
に拭き取ってください。洗浄剤や溶剤、
研磨剤入りのクリーナなどは使用しな
いでください。レンズ表面の耐水コー
ティングが剥がれる恐れがあります。
温水や熱水をカメラにかけないでくだ
さい。レンズに亀裂が入る恐れがあり
ます。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
47
電源のON/OFF
ホーン
イグニッションをONにすると、サイド
ビュー・モニターが自動的に作動しま
す。
ルーム・ミラー下部の明るさ調節ノブ1
を回して、運転に適切な明るさに調節
します。
サイドビュー・モニターが作動してい
るときにルーム・ミラー下部の電源ボ
タン2を押すと、カメラの電源がOFFに
なります。再度ボタンを押すと電源が
ONになります。
ボタンBを押すとホーンが鳴ります。
エアバッグ・ユニット
ステアリング・ホイール中央のパッドCに
はエアバッグ・ユニットを内蔵しています。
エアバッグはシートベルトの補助拘束装置
で、万一の衝突事故のときに運転者が怪我
をする危険性を軽減します。
エアバッグ・システムの詳細について
は:
知識:
イグニッションをONにしてもサイドビ
ュー・モニターが作動しない場合は、
ルーム・ミラー下部の電源ボタンを押
してください。
直射日光が当たったときなど、明るさ
調節ノブを回しても映像が見えにくい
ときは、ルーム・ミラーを手で覆うと
見えやすくなります。
サイドビュー・モニターを装備する車両
のルーム・ミラーには自動防眩機能を
装備していません。ミラー面を着色す
ることで眩惑作用が軽減されています。
レンズのお手入れ
カメラのレンズが汚れたときは、水で
湿らせた布で拭き取ります。
雪が付着したときは毛先のやわらかい
ブラシで取り除きます。
「エアバッグ・システム」(37ページ)
を参照してください。
ステアリング・ホイール
ティプトロニック・ロッカー・スイッチ
ポルシェ・ティプトロニックは前進6段の
トランスミッションで、
「オートマチック」
と「マニュアル」の変速モードを備えてい
るのが特徴です。
ステアリング・ホイールのロッカー・ス
イッチAを使用すると、一時的にマニュア
ル・モードを選択したり、マニュアル・
モードで変速することができます。
ティプトロニックSの変速について詳し
くは:
「ティプトロニックS」(150ページ)
を参照してください。
48
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
ステアリング・ホイール・ヒータ
イグニッションをONにしたときの車内温
度に応じて、ステアリング・ホイール・ヒー
タが自動的に作動/停止します。
ステアリング調節
警 告
運転中はステアリング・ホイールの位置を
調節しないでください。ステアリング・ホ
イールが予想以上に大きく動いて運転操作
を誤り、事故を起こす恐れがあります。
走行中はステアリング位置を調節しな
いでください。
誤った方法で保存しているシート・メモリー
を呼び出すと、メモリーが消えることがあ
ります。
お子様だけを車内に残さないでください。
電動調節
コントロール・スイッチBを前後上下に
押して、ステアリング・ホイールをお
好みの位置に動かします。
ステアリング・ホイールの位置はシート・
メモリーに記憶することができます。
コンフォート・メモリー装備車のステ
アリング・ホイール位置の記憶と呼び
出しについては:
「コンフォート・メモリー機能付きフ
ロント・シート」
(28ページ)を参照し
てください。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
49
マルチ・ファンクション・
ステアリング*
警 告
運転中は、マルチ・ファンクション・ディ
スプレイ、ラジオ、ナビゲーション・シス
テム、電話またはその他の操作および設定
を行わないでください。運転以外の操作に
気をとられて事故を起こす恐れがあります。
周囲の交通状況などから安全性を確保
できる場合に限り、運転中に操作して
ください。
複雑な操作や設定は、必ず停車中に行っ
てください。
車の装備仕様により、マルチ・ファンクシ
ョン・ステアリングのファンクション・ボ
タンを使用してポルシェ・コミュニケーシ
ョン・システムなど以下の機能の操作がで
きます:
− PCM
− ラジオ
マルチ・ファンクション・ステアリングの
作動条件
− イグニッションをONにして、
− ポルシェ・コミュニケーション・シス
テムを作動させます。
マルチ・ファンクション・ステアリン
グのファンクション・ボタンを操作す
る前に、ポルシェ・コミュニケーショ
ン・システムに付属の取扱説明書を必
ずよく読んでください。
知識
マルチ・ファンクション・ステアリングで
はポルシェ・コミュニケーション・システ
ムをON/OFFできません。
ファンクション・ボタンの操作
マルチ・ファンクション・ステアリングの
ファンクション・ボタン(矢印)は、手前
からでも裏側からでも操作できます。
ファンクション・ボタンを数回操作するこ
とで、さまざまな機能をお好みの設定に切
り替えることができます。
− 電話
− TVチューナ
− オーディオCD、オーディオDVD、ビデ
オDVD
*日本仕様に設定はありません。
50
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
電話に応答する
− かかってきた電話に出るときに押
します。
通話を終了する
− 通話を終了するときや、かかってき
た電話を拒否するときに押します。
該当するコミュニケーション・システム
の音量を上げる
該当するコミュニケーション・システム
の音量を下げる
消音する
ステアリング・ホイールの照明ボタン
ランプ・スイッチをONにすると、ステア
リング・ホイールのロッカー・スイッチや
ファンクション・ボタンの照明が自動的に
点灯します。ステアリング・ホイール裏側
のボタン(矢印)を押すと、この照明を点
灯/消灯することができます。
照明を消灯する
ボタンを押します。
ファンクション・ボタンの操作*
マルチ・ファンクション・ステアリン
グのファンクション・ボタンを操作す
る前に、ポルシェ・コミュニケーショ
ン・システムに付属の取扱説明書を必
ず読んでください。
次のラジオ放送局/曲を選択する
− 現在受信しているラジオ放送局の
次の局/または現在再生している
曲の次の曲に切り替わります。
前のラジオ放送局/曲を選択する
− 現在受信しているラジオ放送局の
前の局/または現在再生している
曲の前の曲に切り替わります。
オーディオ・ソースを選択する
− 再生したいオーディオ・ソースに
切り替えます。
照明を点灯する
ボタンを再度押します。
*日本仕様に設定はありません。
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
51
サンバイザ
サンバイザAを手で下げて、正面方向か
らの直射日光を遮ります。
横方向からの直射日光を遮るときは、
サンバイザAのクリップをブラケット
から外してドア・ウィンドウ側に回転
させます。このときサンバイザBを下
げて使用することができます。
バニティー・ミラー
サンバイザ裏側にはバニティー・ミラーが
あり、スライド式のカバーが付いています。
注 意
怪我をする恐れがあります。
運転中はスライド・カバーを閉めてく
ださい。
知識
サンバイザAを回転させて正面に戻す前に、
サンバイザBを上げてください。サンバイ
ザBが元の位置に戻らなくなります。
52
シート、ミラー、ステアリング・ホイール
スライド・カバーを矢印の方向に開け
ると、バニティー・ミラーの照明が自
動的に点灯します。
サン・ブラインド
(リア・サイド・ウィンドウ)
リア・ドア・ウィンドウにはサン・ブラインドが
あり、ドア・トリム・パネルに収納されています。
サン・ブラインドを使用するときは手で引き上
げて、
ウィンドウ上部のホルダAにはめ込みます。
注 意
車を損傷する恐れがあります。
走行中にサン・ブラインドを使用するとき
は、
リア・ドア・ウィンドウを閉めてください。
サン・ブラインドを格納する
サン・ブラインドをホルダAから外し、ド
ア・トリムのリトラクタ・ローラーにゆっ
くりと巻き取らせます。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
カバー・フラップを開く .......................... 54
エアコン・システムの概要 ...................... 54
すべてのエアコン・システムに共通の
操作 ............................................................. 55
概説−2ゾーン・オート・エアコン ........ 56
2ゾーン・オート・エアコン .................... 57
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
フロント・コントロール・パネル........... 60
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
リア・コントロール・パネル .................. 61
4ゾーン・オート・エアコン .................... 62
エア・ベント.............................................. 66
リア・ウィンドウ・ヒータ ...................... 67
補助ヒータ ................................................. 68
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
53
エアコン・システムの概要
車の装備仕様により、以下のいずれかのエ
アコン・システムを搭載しています。
A−2ゾーン・オート・エアコン
このエアコン・システムは、設定温度に応
じてすべての機能を全自動制御します。
また車内を2つのゾーン(左側と右側)に
分けて、それぞれ車内温度を個別に設定で
きます。
B−4ゾーン・オート・エアコン
カバー・フラップを開く
カバー・フラップの突起部に指をかけ
て矢印の方向に引き下げます。
このエアコン・システムは、設定温度に応
じてすべての機能を全自動制御します。
また車内を4つのゾーン(フロント左側、
フロント右側、リア左側、リア右側)に分
けて、それぞれ車内温度、送風量および送
風口を個別に設定できます。
車に装備しているエアコン・システムの
見分け方:
A −2ゾーン・オート・エアコン装備車は、コント
ロール・パネルに「AUTO」および「REST」
ボタンがあります。
B −4ゾーン・オート・エアコン装備車は、後席乗
員用のリア・コントロール・パネルを装備して
います。
54
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
すべてのエアコン・システムに共
通の操作
知識
イグニッションをOFFにして車をロックす
ると、そのときのエアコンの設定が、その
とき使用しているリモート・コントロール
の情報として保存されます。
送風OFFの設定は約60分間、内気循環の設
定は約20分間維持されます。
RESTモード
エンジンの余熱を利用して暖房する
RESTモードはイグニッションをOFFにし
てから最大20分間使用でき、エンジンの余
熱で車内を暖めます。
2ゾーン・オート・エアコンでは
ボタン、4ゾーン・オート・エアコンで
はフロント・コントロール・パネル
の
ボタンを押します。
RESTモードではエアコン・システムの
設定を変更できません。
RESTモードを停止する
2ゾーン・オート・エアコンでは
ボタン、4ゾーン・オート・エアコンで
はフロント・コントロール・パネル
の
ボタンを押します。
知識
バッテリ電圧が低いときはRESTモードが
自動的に解除されます。
ECONモード
エアコン・コンプレッサに関する知識
警 告
ECONモードでは車内に取り込む外気の湿
気を取り除かないため、ウィンドウが曇り
やすくなり、運転視界が妨げられて事故を
起こす恐れがあります。
湿気が多いときはECONモードを使用
しないでください。
ECONモードではエアコン・コンプレッサ
が作動しません(燃費の節約などに有効で
す)。このため、エアコン・システムの冷
房機能が働きません。また温度が約3℃を
下回るとエアコン・コンプレッサが常に停
止します。
ECONモードに切り替える
ボタンを押します。
エアコン・ディスプレイに“ECON”
の文字が表示されます。
エアコン・コンプレッサが停止します。
ECONモードを解除する
車内温度が高いときは
ボタン、
または
ボタン(2ゾーン・オー
ト・エアコン)、または
ボタン
(4ゾーン・オート・エアコン)を押し
てECONモードを解除します。
エアコン・ディスプレイの“ECON”
の文字が消えます。
− エンジンの負荷が過渡的に大きくなる
と、コンプレッサを一時的に停止して
エンジンの冷却性能を確保します。
− 温度が約3℃を下回るとコンプレッサが
自動的に停止します。このときは、手動
操作でもコンプレッサが作動しません。
− ウィンドウを閉めるとエアコン・シス
テムの効果が高まります。
炎天下などで長時間駐車したときは、
はじめにウィンドウを全開にして車内
の空気を入れ替えてからエアコンを使
用すると効果的です。
− 外気温度や湿度によっては、除湿した
水分が水滴となってエバポレータから
排出され、車体の下に水たまりができ
ることがあります。これはエアコン・
システムの正常な働きであり、システ
ムからの異常な漏れではありません。
− エアコン・システムを最低温度(LO)
に設定していても冷たい風が出てこな
い場合、エアコン・コンプレッサを
OFFにしてポルシェ正規販売店で点検
を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
エアコン・コンプレッサが作動します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
55
概説−2ゾーン・オート・エアコン
この概要説明は後述の「2ゾーン・オー
ト・エアコン」に代わるものではありませ
ん。操作する上での注意事項は、必ず「2
ゾーン・オート・エアコン」の項を参照し
てください。
運転者が何をしたいか?
その操作方法は?
オート・エアコンを使用する
ボタンCを押します。
車内温度を設定する
車内左側: ロッカー・スイッチHを上方向(温度を上げる)または下方向(温度
を下げる)に押して希望の温度にします。
車内右側: ロッカー・スイッチNを上方向(温度を上げる)または下方向(温度
を下げる)に押して希望の温度にします。
送風量を調節する
ロッカー・スイッチGを上方向(送風量を多くする)または下方向(送風量を少
なくする)に押してお好みの風量に調節します。
送風口を切り替える
フロント・ウィンドウへの送風: ボタンIを押します。
中央および左右エア・ベントからの送風: ボタンKを押します。
足元への送風: ボタンJを押します。
フロント・ウィンドウ・デフロスタを作動させる
ボタンAを押します。
56
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
コントロール・パネル
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
− フロント・デフロスタ
− リア・ウィンドウ・ヒータ
− AUTO(オート・モード)
− 内気循環、自動内気循環
− エアコン・ディスプレイ
− 温度センサ
− 送風量調節
− 左側温度設定
− フロント・ウィンドウへの送風口
− 足元への送風口
− 中央および左右エア・ベントの送風口
− ECON(エアコン・コンプレッサON/OFF)
− REST(エンジン余熱ヒータ)
− 右側温度設定
フロント・デフロスタ
2ゾーン・オート・エアコン
さまざまな環境条件(日射量、車外の環境な
ど)に応じて、エアコン・システムが設定温
度を維持するように全自動制御されます。
また車内を2つのゾーン(左側と右側)に
分けて、それぞれ車内温度を個別に設定で
きます。
必要に応じてオート・エアコンの制御の一
部を手動に切り替えることもできます。
以下の操作については
「すべてのエアコン・システムに共通の操
作」
(55ページ)を参照してください。
− RESTモード
− ECONモード
− エアコン・コンプレッサに関する知識
ボタンを押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
し、フロント・ウィンドウおよびフロン
ト・サイド・ウィンドウに送風します。
この機能を利用すれば、ウィンドウの
曇りを素早く取り除くことができます。
デフロスタ機能の停止
ボタンを再度押します。または、
ボタンを押します。
設定内容はエアコン・ディスプレイに表示
されます。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
57
オート・モード
ボタンを押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
します。送風量と送風口が自動で制御
され、外気温度など環境が変化しても
車内の温度を一定に維持します。
温度の設定
このエアコン・システムは、16∼29.5℃の
範囲で乗員が快適と感じる車内温度を各ゾ
ーンで独立して設定できます。
運転に適切な快適温度(推奨)は22℃です。
設定した温度は、ロッカー・スイッチの上
部にあるディスプレイに表示されます。
知識
必要に応じてオート・エアコンの制御の一
部を手動に切り替えることもできます。
設定を手動で切り替えると、その機能の設
定を再度変更するか、または
ボタン
を押すまで、切り替えた設定が維持されま
す。
センサ
エアコン・システムの能力を維持するため
に:
ダッシュボード上には日射センサが取
り付けられており、フロント・コント
ロール・パネルには温度センサFがあり
ます。これらのセンサにカバーをかけ
てセンサ表面を塞がないでください。
58
温度を上げる
ロッカー・スイッチを上方向に押しま
す。
車内左側:スイッチH
車内右側:スイッチN
温度を下げる
ロッカー・スイッチを下方向に押しま
す。
車内左側:スイッチH
車内右側:スイッチN
ディスプレイに“LO”または“HI”と表示
されたときは、エアコン・システムが最大
の冷房または暖房能力で作動します。この
ときオート・モードが解除されます。
オート・モードで設定温度を変更すると、
その温度に適した送風量に自動で切り替わ
り、すみやかに希望温度を維持するように
エアコン・システムが作動します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
送風量の調節
設定した送風量は、ロッカー・スイッチの
上部にあるディスプレイにバーで表示され
ます。バーの数が多くなるほど風量が多い
ことを意味します。
送風量を多くする
ロッカー・スイッチGを上方向に押しま
す。
送風量を少なくする
ロッカー・スイッチGを下方向に押しま
す。
オート・モードに戻るときは
ボタン
を押します。
ロッカー・スイッチで風量を最小にする
と、ディスプレイに“OFF”の文字が表示
されて送風が停止します。
警 告
送風を停止しているとウィンドウが曇りや
すくなり、運転視界が妨げられて事故を起
こす恐れがあります。
ロッカー・スイッチGを上方向に押して
送風を開始してください。
送風口の切り替え
フロント・ウィンドウへの送風
ボタンを押します。
フロント・ウィンドウへの送風を開始
します。
中央および左右エア・ベントから
の送風
ボタンを押します。
中央および左右エア・ベントへの送風
を開始します。
エア・ベントのダイヤルを回して吹き
出し口を開いてください。
同期(MONO)機能
MONO機能をONにする
運転席側の設定温度が車内全体の設定温度
として認識されます。
ボタンを2秒間押します。
エアコン・ディスプレイに“MONO”
の文字が表示されます。
MONO機能をOFFにする
ボタンを2秒間押します。または、
助手席側の設定温度を切り替えます。
自動内気循環モード
足元への送風
ボタンを押します。
足元への送風を開始します。
手動による送風口切り替えの解除
手動に切り替えたボタンを再度押しま
す。または、
ボタンを押します。
内気循環モードへの切り替え
この機能を利用すると、運転席側の車内温
度の設定が、車内全体の設定として認識さ
れます。
ボタンを1回押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
します。外気の汚れ具合に応じて、エ
アコン・システムが自動的に内気循環
モードに切り替えます。
知識
通常は自動内気循環モードにしておくこと
を推奨します。
警 告
内気循環モードではウィンドウが曇りやす
くなり、運転視界が妨げられて事故を起こ
す恐れがあります。
内気循環モードの使用は短時間だけに
してください。
内気循環モードでウィンドウが曇りは
じめたら、内気循環ボタンを再度押し
て外気導入モードに切り替え、さらに
フロント・デフロスタをただちに作動
させてください。
ボタンを2回押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
し、外気導入が遮断されて室内の空気
が循環します。
知識
自動または手動操作に関係なく、エアコ
ン・コンプレッサが停止すると約3分後に
内気循環モードが停止します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
59
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
フロント・コントロール・パネル
この概要説明は後述の「4ゾーン・オー
ト・エアコン」に代わるものではありませ
ん。操作する上での注意事項は、必ず「4
ゾーン・オート・エアコン」の項を参照し
てください。
運転者が何をしたいか?
フロント・コントロール・パネルで
オート・エアコンを使用する
フロント・シートの車内温度を設定する
その操作方法は?
ボタンCを押します。
車内左側:ロッカー・スイッチHを上方向(温度を上げる)または下方向(温度を
下げる)に押して希望の温度にします。
車内右側:ロッカー・スイッチQを上方向(温度を上げる)または下方向(温度を
下げる)に押して希望の温度にします。
フロント・シートの送風量を調節する
車内左側:ロッカー・スイッチGを上方向(送風量を多くする)または下方向(送
風量を少なくする)に押してお好みの風量に調節します。
車内右側:ロッカー・スイッチRを上方向(送風量を多くする)または下方向(送
風量を少なくする)に押してお好みの風量に調節します。
フロント・シートの送風口を切り替える
フロント・ウィンドウへの送風(左側または右側):ボタンIまたはPを押します。
中央および左右エア・ベントからの送風(左側または右側):ボタンKまたはNを押します。
足元への送風(左側または右側):ボタンJまたはOを押します。
フロント・ウィンドウ・デフロスタを作動させる ボタンAを押します。
60
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
概説−4ゾーン・オート・エアコン、
リア・コントロール・パネル
この概要説明は後述の「4ゾーン・オー
ト・エアコン」に代わるものではありませ
ん。操作する上での注意事項は、必ず「4
ゾーン・オート・エアコン」の項を参照し
てください。
運転者が何をしたいか?
その操作方法は?
リア・コントロール・パネルで
オート・エアコンを使用する
ボタンCを押します。
リア・シートの車内温度を設定する
車内左側: ロッカー・スイッチHを上方向(温度を上げる)または下方向(温度を下
げる)に押して希望の温度にします。
車内右側: ロッカー・スイッチSを上方向(温度を上げる)または下方向(温度を下
げる)に押して希望の温度にします。
リア・シートの送風量を調節する
車内左側: ロッカー・スイッチGを上方向(送風量を多くする)または下方向(送風
量を少なくする)に押してお好みの風量に調節します。
車内右側: ロッカー・スイッチTを上方向(送風量を多くする)または下方向(送風
量を少なくする)に押してお好みの風量に調節します。
リア・シートの送風口を切り替える
サイド・ウィンドウへの送風(左側または右側): ボタンIまたはPを押します。
中央エア・ベントからの送風(左側または右側): ボタンKまたはRを押します。
足元への送風(左側または右側): ボタンJまたはQを押します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
61
フロント・コントロール・パネル
A − フロント・デフロスタ
B − リア・ウィンドウ・ヒータ
C − AUTO(オート・モード)、REST(エンジン
余熱ヒータ)
D − 内気循環、自動内気循環
E − エアコン・ディスプレイ
F − 温度センサ
G − 左側送風量調節
H − 左側温度設定
I − フロント・ウィンドウへの送風口(左側)
J − 足元への送風口(左側)
K − 中央およびサイド・エア・ベントの送風口
(左側)
L − リア・シートの設定
M − ECON(エアコン・コンプレッサON/OFF)
N − 中央およびサイド・エア・ベントの送風口
(右側)
O − 足元への送風口(右側)
P − フロント・ウィンドウへの送風口(右側)
Q − 右側温度設定
R − 右側送風量調節
以下の操作については
「すべてのエアコン・システムに共通の操
さまざまな環境条件(外気温度、日射量、 作」
(55ページ)を参照してください。
車外の環境など)に応じて、エアコン・シ
− RESTモード
ステムが設定温度を維持するように全自動
− ECONモード
制御されます。
− エアコン・コンプレッサに関する知識
また車内を4つのゾーン(フロント左側、
フロント右側、リア左側、リア右側)に分
けて、それぞれ車内温度、送風量および送
風口を個別に設定できます。
必要に応じてオート・エアコンの制御の一
部を手動に切り替えることもできます。
設定内容はエアコン・ディスプレイに表示
されます。
4ゾーン・オート・エアコン
62
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
フロント・デフロスタ
フロント・コントロール・パネル
の
ボタンを押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
し、フロント・ウィンドウおよびフロン
ト・サイド・ウィンドウに送風します。
この機能を利用すれば、ウィンドウの
曇りを素早く取り除くことができます。
デフロスタ機能の停止
ボタンを再度押します。または、
ボタンを押します。
リア・コントロール・パネル
C
F
G
H
I
J
K
O
P
Q
R
S
T
オート・モード
フロント・シートおよびリア・シートのエ
アコン・システムを、個別にオート・モー
ドにすることができます。
フロントまたはリア・コントロール・
パネルのAUTOボタンCを押します。
フロント・コントロール・パネルでは
ボタンCのインジケータ・ランプが、
リア・コントロール・パネルではディ
スプレイの“AUTO”の文字が点灯し
ます。
送風量と送風口が自動で制御され、外
気温度など環境が変化しても車内の温
度を一定に維持します。
− AUTO(オート・モード)
− エアコン/シート・ヒータ・ディスプレイ
− 左側送風量調節
− 左側温度設定、左側シート・ヒータ
− ドア・ピラー・エア・ベントの送風口(左側)
− 足元への送風口(左側)
− センター・コンソールの中央エア・ベントの
送風口(左側)
− シート・ヒータON/OFF
− ドア・ピラー・エア・ベントの送風口(右側)
− 足元への送風口(右側)
− センター・コンソールの中央エア・ベントの
送風口(右側)
− 右側温度設定、右側シート・ヒータ
− 右側送風量調節
知識
センサ
必要に応じてオート・エアコンの制御の一
部を手動に切り替えることもできます。
設定を手動で切り替えると、その機能の設
定を再度変更するか、またはAUTOボタン
Cを押すまで、切り替えた設定が維持され
ます。
エアコン・システムの能力を維持するため
に:
ダッシュボード上には日射センサが取
り付けられており、フロント・コント
ロール・パネルには温度センサFがあり
ます。これらのセンサにカバーをかけ
てセンサ表面を塞がないでください。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
63
温度の設定
このエアコン・システムは、16∼29.5℃の
範囲で乗員が快適と感じる車内温度を各ゾ
ーンで独立して設定できます。
運転に適切な快適温度(推奨)は22℃です。
設定した温度は、ロッカー・スイッチの上
部にあるディスプレイに表示されます。
温度を上げる
ロッカー・スイッチを上方向に押しま
す。
車内左側(フロント): スイッチH
車内右側(フロント): スイッチQ
車内左側(リア): スイッチH
車内右側(リア): スイッチS
温度を下げる
ロッカー・スイッチを下方向に押しま
す。
車内左側(フロント): スイッチH
車内右側(フロント): スイッチQ
車内左側(リア): スイッチH
車内右側(リア): スイッチS
送風量の調節
このエアコン・システムは、車内の4つの
ゾーンで個別に送風量の調節ができます。
設定した送風量は、ロッカー・スイッチの
上部にあるディスプレイにバーで表示され
ます。バーの数が多くなるほど風量が多い
ことを意味します。
送風量を多くする
ロッカー・スイッチを上方向に押しま
す。
車内左側(フロント): スイッチG
車内右側(フロント): スイッチR
車内左側(リア): スイッチG
車内右側(リア): スイッチT
送風量を少なくする
ロッカー・スイッチを下方向に押しま
す。
車内左側(フロント): スイッチG
車内右側(フロント): スイッチR
車内左側(リア): スイッチG
車内右側(リア): スイッチT
ディスプレイに“LO”または“HI”と表示
されたときは、エアコン・システムが最大
の冷房または暖房能力で作動します。
オート・モードで設定温度を変更すると、
その温度に適した送風量に自動で切り替わ
り、すみやかに希望温度を維持するように
エアコン・システムが作動します。
64
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
オート・モードに戻るときはAUTOボタン
Cを押します。
フロント・コントロール・パネルのロッカ
ー・スイッチで風量を最小にすると、ディ
スプレイに“OFF”の文字が表示されて送
風が停止します。
警 告
送風を停止しているとウィンドウが曇りや
すくなり、運転視界が妨げられて事故を起
こす恐れがあります。
ロッカー・スイッチGを上方向に押して
送風を開始してください。
送風口の切り替え
フロントおよびサイド・ウィンド
ウへの送風
4つのゾーンで個別に送風量を調節できま
す。
− フロント・コントロール・パネル:
フロント・ウィンドウへの送風を開始
します。
− リア・コントロール・パネル:
該当する側のサイド・ウィンドウへの
送風を開始します。
ボタンを押します。
中央およびサイド・エア・ベント
からの送風
ボタンを押します。
− フロント・コントロール・パネル:
フロント中央およびサイド・エア・ベ
ントへの送風を開始します。
− リア・コントロール・パネル:
中央エア・ベントへの送風を開始しま
す。
エア・ベントのダイヤルを回して吹き
出し口を開いてください。
足元への送風
ボタンを前後に押します。
足元への送風を開始します。
手動による送風口切り替えの解除
手動に切り替えたボタンを再度押しま
す。または、AUTOボタンCを押します。
同期(MONO)機能
内気循環モードへの切り替え
この機能を利用すると、運転席の車内温度
と送風量の設定が、車内全体の設定として
認識されます。
MONO機能をONにする
フロント・コントロール・パネル
の
ボタンを2秒間押します。
エアコン・ディスプレイに“MONO”
の文字が表示されます。
MONO機能をOFFにする
フロント・コントロール・パネルの
ボタンを2秒間押します。または、
警 告
内気循環モードではウィンドウが曇りやす
くなり、運転視界が妨げられて事故を起こ
す恐れがあります。
内気循環モードの使用は短時間だけに
してください。
内気循環モードでウィンドウが曇りは
じめたら、内気循環ボタンを再度押し
て外気導入モードに切り替え、さらに
フロント・デフロスタをただちに作動
させてください。
各ゾーンの設定温度を切り替えます。
自動内気循環モード
フロント・コントロール・パネル
の
ボタンを1回押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
します。外気の汚れ具合に応じて、エ
アコン・システムが自動的に内気循環
モードに切り替えます。
知識
フロント・コントロール・パネル
の
ボタンを2回押します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
し、外気導入が遮断されて室内の空気
が循環します。
知識
自動または手動操作に関係なく、エアコ
ン・コンプレッサが停止すると約3分後に
内気循環モードが停止します。
通常は自動内気循環モードにしておくこと
を推奨します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
65
フロント・コントロール・パネル
でリア・エアコンを制御する
ボタンを押します。
ディスプレイにシンボル・マークが表
示され、フロント・コントロール・パ
ネルでリア・エアコンの操作ができま
す。
機能の停止
ボタンを再度押します。
知識
リア・コントロール・パネルの機能停止
運転席ドア・アームレストのセーフティ・
ボタン操作で、リア・ドアのパワー・ウィ
ンドウ・スイッチとセントラル・ロッキン
グ・ボタン、さらにエアコン・リア・コン
トロール・パネルの機能が停止します。
チャイルド・プロテクションの
ON/OFF
リア・エアコンの設定を変更してから
10秒が経過すると、この機能が自動的
に停止します。
リア・シート・ヒータ
4ゾーン・オート・エアコン装備車には、
リア・シート・ヒータを装備しています。
シート・ヒータの操作については:
「リア・シート・ヒータ(4ゾーン・
オート・エアコン装備車)
」
(33ページ)
を参照してください。
セーフティ・ボタンを押してチャイル
ド・プロテクション機能をON/OFFし
ます。
チャイルド・プロテクション機能が作
動すると、セーフティ・ボタンのイン
ジケータ・ランプが点灯します。
66
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
A−吹き出し口開閉ダイヤル
B−送風方向調節レバー
エア・ベント(吹き出し口)
吹き出し口を開く
ダイヤルAを上方に回します。
吹き出し口を閉じる
ダイヤルAを下方に回します。
送風方向を調節する
吹き出し口のレバーBをお好みの方向に
動かします。
知識
車外から取り込んだ外気、およびエアコン
で除湿した外気は、送風口の設定に応じて
すべての吹き出し口から車内に送り出すこ
とができます。
外気導入口
外気導入口の通気性を維持するために:
フロント・ウィンドウとエンジン・フー
ドのすき間には外気導入口があります。
この部分に雪、氷、落ち葉などが詰ま
らないように清掃してください。
ヒータを作動させる
ボタンBを押します。
リア・ウィンドウ・ヒータ
リア・ウィンドウ・ヒータはイグニッショ
ンがONのときに作動します。
ボタンのインジケータ・ランプが点灯
します。
リア・ウィンドウ・ヒータは、外気温度に
応じて約5∼20分後に自動的に停止します。
ボタンを再度押すと、リア・ウィンドウ・
ヒータが再作動します。
ヒータを停止する
ボタンBを押します。
ボタンのインジケータ・ランプが消灯
します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
67
補助ヒータは、エアコン・フロント・コン
トロール・パネルの以下のボタンで操作し
ます:
補助ヒータの作動/停止、プログ
ラムの作動
プログラムの開始、メモリーの呼
び出し
作動時間の設定、ヒータ機能の作
動
作動時間の設定、ベンチレーショ
ン機能の作動
知識
A−“−”ボタン
B−タイマー・ボタン
C−ON/OFFボタン
D−“+”ボタン
補助ヒータ*
補助ヒータには2つの機能があります。1つ
は補助ヒータ機能で、もう1つが補助ベン
チレーション機能です。
補助ヒータはイグニッションの位置に関係
なく使用できます。
外気温度が低いときは、手動操作で機能を
停止していても作動音が聞こえることがあ
ります。
危 険
補助ヒータは燃料を使用するため、中毒を
起こす恐れがあります。
給油する前に補助ヒータを停止してく
ださい。
密閉された場所(車庫の中など)では
補助ヒータを使用しないでください。
*日本仕様に設定はありません。
68
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
補助ヒータはエンジンの燃料で作動しま
す。したがって燃料残量警告灯が点灯した
後は作動しません。
燃料残量警告については:
「燃料残量警告」(104ページ)を参照
してください。
補助ヒータは、エンジンが冷えた状態で少
なくとも1ヶ月に1度作動させてください。
イグニッションOFF:補助ヒータを作動さ
せると、ディスプレイに残りの作動時間を
表示します。
外気温度が低くエンジンが冷えているとき
は、補助ヒータの作動音がはっきりと聞こ
えます。
またエキゾースト・ガスが見えることがあ
ります。
ヒータの作動
リモート・コントロールのボタンAを約
2秒間押し続けます。リモート・コント
ロールのインジケータ・ランプが緑色
に点灯します。
エアコン・コントロール・パネル
による補助ヒータの作動/停止
ヒータの作動
ON/OFFボタン
を押します。
もっとも最近使用した機能(補助ヒー
タまたは補助ベンチレーション)が作
動します。
ヒータの停止
ON/OFFボタン
ヒータの停止
リモート・コントロールのボタンBを約
2秒間押し続けます。リモート・コント
ロールのインジケータ・ランプが赤色
に点灯します。
を再度押します。
知識
知識
ON/OFFボタン
で補助ヒータを停止
した後、再作動させるときは、少なく
とも2分待ってから再度ボタンを押して
ください。この間にヒータ燃焼室のク
リーニングが実行されます。
リモート・コントロールによる補助ヒー
タの作動/停止
補助ヒータ用リモート・コントロールの作
動範囲は最大500mです。ただし建物など
周辺の状況により、電波の届く範囲が狭く
なることがあります。
リモート・コントロールのインジケータ・
ランプは、送信した信号が受信されたとき
に点灯します。送信した信号の機能が実際
に実行されたことを示すものではありませ
んので、実際の作動状況は車で確認してく
ださい。
リモート・コントロールのインジケータ・
ランプが点滅したときは、補助ヒータを作
動/停止できません。
リモート・コントロールの作動範囲を外れ
ていないか、または補助ヒータが作動する
ように車が設定されているか確認してくだ
さい。
補助ヒータが故障したときはポルシェ正
規販売店に修理を依頼してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
69
プログラムの実行
1. イグニッションをOFFにします。
2. エアコン・フロント・コントロール・
パネルのタイマー・ボタンを押します。
ディスプレイにある補助ヒータのシン
ボル・マークI、または補助ベンチレー
ションのシンボル・マークEが点滅しま
す。
3. いずれかの機能を選択します。
補助ヒータを使用するときは
ボタ
ン、補助ベンチレーションを使用する
ときは
ボタンを押します。
E − 補助ベンチレーションのシンボル・マーク
F − 作動時間のシンボル・マーク
G − メモリーのシンボル・マーク
H − 作動時間
I − 補助ヒータのシンボル・マーク
補助ヒータのプログラム
メモリーには、以下の項目をプログラムす
る必要があります:
− 作動させる機能
および、
− 作動時間
補助ヒータの作動時間を記憶するメモリー
が3つあり、それぞれ個別にプログラムで
きます。
また、各メモリーには作動時間と作動させ
る機能(補助ヒータまたは補助ベンチレー
ション)を記憶します。
70
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
この手順の後、10秒以内に他の操作を行わ
ないと、ディスプレイが初期状態に戻りま
す。
ただし選択した機能は記憶され、次回シス
テムを起動したときに選択した機能が呼び
出されます。
作動時間のプログラム
1. イグニッションをOFFにします。
2.
ボタンを押します。
3. 補助ヒータまたは補助ベンチレーショ
ンの機能を選択します。
4.
ボタンでメモリーを選択します。
お好みのメモリーが選択されるま
で
ボタンを繰り返し押します。
5.
および
ボタンを使用して作動時
間を設定します。
ボタンを1度短押しする度に、分単位で
時間が変化します。ボタンを長押しす
ると時間が早送りされます。なお作動
時間は最大24時間有効です。
6. ON/OFFボタン
を押します。
ディスプレイFとGが約10秒間点滅しま
す。ディスプレイの点滅中にON/OFF
ボタン
を再度押すと、ディスプレイ
の点滅を途中で終了できます。次に、
作動時間H、時計シンボルF、メモリー
Gが2分間表示され、その後ディスプレ
イが消えます。
これで補助ヒータのプログラムが完了
し、選択したメモリーが有効になりま
す(シンボル・マークGが点灯します)
。
メモリーの起動
補助ヒータは30分間作動した後、自動的に
停止します。
次回作動時には、プログラムを再作動する
必要があります。
再作動の手順:
1. イグニッションをOFFにします。
2.
ボタンを押します。
3. 補助ヒータまたは補助ベンチレーショ
ンの機能を選択します。
4.
ボタンでメモリーを選択します。
最後に保存した作動時間が表示されま
す。
5. ON/OFFボタン
を押します。
プログラムが再作動します。
ディスプレイFとGが約10秒間点滅しま
す。ディスプレイの点滅中にON/OFF
ボタン
を再度押すと、ディスプレイ
の点滅を途中で終了できます。次に、
作動時間H、時計シンボルF、メモリー
Gが2分間表示され、その後ディスプレ
イが消えます。
これで補助ヒータのプログラムが完了
し、選択したメモリーが有効になりま
す(シンボル・マークGが点灯します)
。
知識
知識
メモリーは1度に1つしか実行できません。
メモリーは1度に1つしか実行できません。
プログラム例
補助ヒータを9:48 a.m.に作動させる場合の
手順:
1. イグニッションをOFFにします。
2. エアコン・フロント・コントロール・
パネルの
ボタンを押します。
補助ヒータまたは補助ベンチレーション
のシンボル・マークが点滅します。
3.
ボタンを押して補助ヒータ機能を選
択します。
4.
ボタンでメモリーを選択します。
5.
および
ボタンを使用して、作動
時間を9:48 a.m.に設定します。
6. ON/OFFボタン
を押します。
これで補助ヒータのプログラムが完了
し、選択したメモリーが有効になりま
す。
知識
メモリーを有効にしていても、プログラム
した時間になる前に手動で補助ヒータを作
動させると、そのプログラムが自動的に消
去されます。
プログラムした時間に作動させるには、再
度メモリーを起動して有効にしてください。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
71
補助ヒータの故障
しばらく使用しなかった場合の再作動
補助ヒータを数週間使用しなかったとき
は、ヒータを数回作動させなければ正常な
機能に戻らないことがあります。
補助ヒータの作動と停止を繰り返すと
きは、1度停止してから約5分間待って
再作動してください。
補助ヒータを最初に使用するときは:
− エンジン冷間時に作動させてください。
72
以下の場合は、ポルシェ正規販売店で補助
ヒータの機能を点検してください:
− 補助ヒータの作動手順を3回実行しても
ヒータが作動しないとき
− 補助ヒータが故障すると、ディスプレ
イにシンボル・マークが表示されず、
残りの作動時間だけが表示されます。
ディスプレイが短時間に点滅を繰り返
し、その後は完全に消えます。
− 大きな衝突事故などが発生すると、安
全のために補助ヒータが自動停止しま
す。この場合は補助ヒータを再作動す
ることができません。
− システムが過熱したときは、オーバー
ヒート防止機能が作動して補助ヒータ
が自動停止します。この場合は補助ヒ
ータを再作動することができません。
− バッテリ電圧が低くなると補助ヒータ
が自動停止します。この場合は補助ヒ
ータが一時的に使用できなくなります。
補助ヒータの点検と整備はポルシェ正規販
売店に依頼してください。ポルシェ車に関
する全ての整備点検は、ポルシェ正規販売
店での実施を推奨します。十分なトレーニ
ングを受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆使
し、確かな整備をお約束します。
エアコン、補助ヒータ、リア・ウィンドウ・ヒータ
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
パワー・ウィンドウ.................................. 74
概説−スライディング/チルティング・
ルーフ ......................................................... 77
スライディング/チルティング・
ルーフ ......................................................... 78
概説−パノラマ・ルーフ・システム....... 82
パノラマ・ルーフ・システム .................. 83
パノラマ・ルーフ・システムの
緊急操作 ..................................................... 87
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
73
パワー・ウィンドウ
警 告
ウィンドウを閉めるとき、挟まれて怪我を
する恐れがありますので注意してくださ
い。特にワンタッチ作動で閉めるときは十
分に注意してください。
ウィンドウを閉めるときは、同乗者に
も注意を促してください。
車を離れるときは必ずキーを抜き取っ
てください。ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車はイグニッションをOFF
にしてください。またキーは必ず携帯
してください。同乗者が誤ってパワ
ー・ウィンドウを操作し、挟まれて怪
我をする恐れがあります。
作動条件
− イグニッションをONにします。または、
− キーを抜き取ってから最大10分間は、
ドアを閉めていればパワー・ウィンド
ウを操作できます。ただし運転席また
は助手席のドアを1度でも開けると操作
できません。
ドア・ウィンドウのワンタッチ閉作動
は、イグニッションがONのときだけ作
動します。
ウィンドウの開閉
ロッカー・スイッチでウィンドウを開ける
− ウィンドウがお好みの位置になるまで
ロッカー・スイッチを押し続けます。
危険が生じたときは、ただちにキーの
ボタンを放してください。ポルシェ・
エントリー&ドライブ装備車は、ただ
ちにドア・ハンドルのボタンを放して
ください。
お子様だけを車内に残さないでくださ
い。
知識
オフロードを走行するときは常にサイ
ド・ウィンドウを閉めてください。
74
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
A - 運転席ドア・ウィンドウ・スイッチ
B - 助手席ドア・ウィンドウ・スイッチ
C - 左リア・ドア・ウィンドウ・スイッチ
D - 右リア・ドア・ウィンドウ・スイッチ
知識
運転席ドアのロッカー・スイッチAとBは2
段階の作動位置があります:
− 少し抵抗を感じる位置まで押し下げる、
または引き上げると、スイッチを操作
している間だけ該当するドア・ウィン
ドウが開閉します。
− スイッチを完全に押し下げる、または
引き上げると、ワンタッチ作動により
該当するドア・ウィンドウが自動的に
全開または全閉します。
助手席ドア/リア・ドアのロッカー・スイッチ
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備車
リア・ドア・ウィンドウの作動停止
ロッカー・スイッチでウィンドウを閉める
ウィンドウがお好みの位置になるまで
ロッカー・スイッチを引き続けます。
フロント・ドア・ウィンドウのワンタッチ
作動
運転席ドアのフロント・ドア・ウィンドウ
用ロッカー・スイッチをいっぱいまで押し
下げる、または引き上げます。
該当するウィンドウが全開、または全閉位
置まで自動的に動きます。
ウィンドウの作動中にスイッチを再度操作す
ると、ウィンドウがその位置で停止します。
運転席ドア・アームレストのセーフティ・
ボタン操作で、リア・ドアのパワー・ウィ
ンドウ・スイッチとセントラル・ロッキン
グ・ボタン、さらにエアコン・リア・コン
トロール・パネルの機能が停止します。
チャイルド・プロテクションの
ON/OFF
セーフティ・ボタンを押してチャイル
ド・プロテクション機能をON/OFFし
ます。
チャイルド・プロテクション機能が作
動すると、セーフティ・ボタンのイン
ジケータ・ランプが点灯します。
キーでウィンドウを開閉する
ドア・ロックにキーを差し込み、ウィ
ンドウがお好みの位置になるまで、ロ
ックまたはロック解除の位置にキーを
回して保持します。
ドア・ロックにキーを差し込んで車のロッ
クを解除したときは、運転席ドアだけがロ
ック解除されます。この場合は警報システ
ムの作動を防ぐため、ドアを開けてから15
秒以内にイグニッションをONにしてくだ
さい。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
75
知識
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
ドア・ハンドルのボタンでウィンドウを
閉める(ポルシェ・エントリー&ドライ
ブ装備車)
ドア・ハンドルのボタンを押して車を
ロックするとき、ボタンを押し続ける
とウィンドウとパノラマ・ルーフ・シ
ステムが閉まります。お好みの位置に
なるまでボタンを押し続けます。
知識
このコンフォート機能は、車をロックして
から約30秒間利用できます。
76
ウィンドウを閉めている途中で抵抗がある
と、動作が中断されてウィンドウが数セン
チメートル開きます。
ただし以下の場合は、この機能が働きませ
ん:
− ウィンドウの動きが中断されてから10
秒以内に、ロッカー・スイッチを再度
引き上げたとき
および、
− ドア・ロックにキーを差し込んでウィ
ンドウを閉めているとき(コンフォー
ト機能)
これらの場合は、パワー・ウィンドウが最
大の力で閉まります。
警 告
ウィンドウの動きが中断されてから10秒以
内にロッカー・スイッチを再度引き上げる
と、パワー・ウィンドウが最大の力で閉ま
ります。怪我をしないように注意してくだ
さい。
ウィンドウを閉めるときは、同乗者に
も注意を促してください。
ドア・ウィンドウの動作が抵抗により中断
されてから10秒間は、ワンタッチ作動が働
きません。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
バッテリ接続後のドア・ウィンドウ停止
位置の記憶
バッテリの接続を切り離すと、ドア・ウィ
ンドウ停止位置(全開および全閉位置)の
メモリーが消去されます。このメモリーが
消去されるとワンタッチ作動が働きません。
すべてのドア・ウィンドウで以下の操作を
行ってください:
1. ロッカー・スイッチを引き上げて、1度
ウィンドウを全閉します。
2. ロッカー・スイッチを押し下げて、1度
ウィンドウを全開します。
ロッカー・スイッチを再度引き上げて、1
度ウィンドウを全閉します。
概説−スライディング/チルティ
ング・ルーフ
この概要説明は後述の「スライディング/
チルティング・ルーフ」に代わるものでは
ありません。操作する上での注意事項は、
必ず「スライディング/チルティング・ル
ーフ」の項を参照してください。
ルーフ・コンソールのスイッチ
運転者が何をしたいか?
ルーフを開ける
その操作方法は?
スイッチをCの位置にします。
または、
スイッチをBの位置にします。
(コンフォート位置)
その結果は?
ルーフが開きます。
ルーフをチルトアップする
スイッチをDの位置にします。
ルーフがチルトアップします。
ルーフを閉める
スイッチをAの位置にします。
ルーフが閉まります。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
77
スライディング/チルティング・
ルーフ
電動スライディング/チルティング・ルー
フは、1枚構造の着色安全ガラスです。ガ
ラス・ルーフの下方には手動開閉式のスラ
イディング・ルーフ・カバーが付いており、
頭上からの直射日光を遮ることができます。
スライディング/チルティング・ルーフ
は、ルーフ・コンソールのロータリー・ス
イッチで操作します。
警 告
スライディング/チルティング・ルーフを
開閉するとき、挟まれて怪我をする恐れが
ありますので注意してください。特にワン
タッチ作動で閉めるときは十分に注意して
ください。
スライディング/チルティング・ルー
フを開閉するときは、同乗者にも注意
を促してください。
車を離れるときは必ずキーを抜き取っ
てください。ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車はイグニッションをOFF
にしてください。またキーは必ず携帯
してください。同乗者(特にお子様)
が誤ってスライディング/チルティン
グ・ルーフを操作し、挟まれて怪我を
する恐れがあります。
危険が生じたときはただちにロータリ
ー・スイッチを逆方向に回すか、また
はキーを抜き取ってください。
78
オフロードを走行するときは常にスラ
イディング/チルティング・ルーフお
よびサイド・ウィンドウを閉めてくだ
さい。
作動条件
− イグニッションをONにします。または、
− キーを抜き取ってから最大10分間は、
ドアを閉めていればスライディング/
チルティング・ルーフを操作できます。
ただしドアを1度でも開けると操作でき
ません。
スライディング/チルティング・ルーフ
のバッテリ・セーブ機能
車のロックを解除してから10分が経過する
と、バッテリ電力の過剰消費を防止するた
めに、スライディング/チルティング・ル
ーフが作動しなくなります。イグニッショ
ンをONにするか、またはエンジンを始動
すると再作動させることができます。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
A - ルーフ全閉
B - ルーフ開(コンフォート位置)
C - ルーフ全開
D - チルトアップ
知識
スライディング/チルティング・ルーフの
開閉位置があらかじめ調節されているた
め、ロータリー・スイッチを操作するだけ
で適切な位置に開閉することができます。
A−スライディング/チルティング・
ルーフを全閉する
C−スライディング/チルティング・
ルーフを全開する
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備
車のコンフォート機能
ロータリー・スイッチをAの位置にしま
す。
ロータリー・スイッチをCの位置にしま
す。スイッチがBの位置で少し抵抗を
感じますが、そのままいっぱいまで回
すとCの位置になります。スイッチか
ら手を放すと、スイッチがBの位置に
自動的に戻ります。
スライディング/チルティング・ルーフ
を閉める
ドア・ロックにキーを差し込み、ウィン
ドウとスライディング/チルティング・
ルーフがお好みの位置になるまで、ロッ
クの位置にキーを回して保持します。
D−スライディング/チルティング・
ルーフをチルトアップする
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
のコンフォート機能
知識
スライディング/チルティング・ルーフは
挟み込み防止機能を装備しています。閉め
ている途中で抵抗があると、ただちにルー
フが開きます。
挟み込み防止機能が作動した後にスライディ
ング/チルティング・ルーフを閉める
障害物を取り除きます。
ロータリー・スイッチを再度Aの位置に
します。
B−スライディング/チルティング・
ルーフを開ける(コンフォート位置)
ロータリー・スイッチをBの位置にしま
す。
スイッチをBの位置にすると、走行ノイズ
が最小に抑えられる位置までスライディン
グ/チルティング・ルーフが開きます。さ
らにスイッチをCの位置まで回すと、ルー
フが全開します。
ロータリー・スイッチをA∼Dの間にし
て、お好みの位置までスライディン
グ/チルティング・ルーフをチルトア
ップさせます。スイッチをDの位置に
すると、ルーフが最大位置に持ち上が
ります。
スライディング/チルティング・ルーフを
閉める
ドア・ロックにキーを差し込み、ウィン
ドウとスライディング/チルティング・
ルーフがお好みの位置になるまで、ロッ
クの位置にキーを回して保持します。
または、
ドア・ハンドルのボタンを押して車を
ロックするとき、ボタンを押し続ける
とウィンドウとスライディング/チル
ティング・ルーフが閉まります。お好
みの位置になるまでボタンを押し続け
ます。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
79
スライディング/チルティング・ルーフ
の緊急操作
スライディング/チルティング・ルーフの
動作に異常があるときは、手動で開閉でき
ます。
この緊急操作を行う前に、ヒューズを
点検してください。
警 告
ルーフを閉めるときに怪我をする恐れがあ
ります。
スライディング/チルティング・ルー
フを開閉するときは、同乗者にも注意
を促してください。
1. ルーフ・コンソールのサングラス・ケ
ースを開きます(矢印の方向)
。
2. カバーAを外します。
80
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
3. アームレストを持ち上げます。
4. センター・コンソールの収納スペース
(ゴム・マットの下)からレンチBを取
り出します。
5. レンチBをルーフ・コンソールの穴Cに
差し込み、しっかりと噛み合うまで押
し込みます。
この作業には、ある程度の力が必要で
す。
6. レンチを回します。
ルーフを閉めるときは: 右方向に回し
ます。
ルーフを開けるときは: 左方向に回し
ます。
7. レンチを取り外し、元の収納スペース
に戻します。
8. カバーを元に戻します。
スライディング/チルティング・ルー
フの動作に異常があるときは、ポルシ
ェ正規販売店で点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
81
概説−パノラマ・ルーフ・システム
この概要説明は後述の「パノラマ・ルー
フ・システム」に代わるものではありませ
ん。操作する上での注意事項は、必ず「パ
ノラマ・ルーフ・システム」の項を参照し
てください。
パノラマ・ルーフ・システムの構成
運転者が何をしたいか?
ルーフ・コンソールのスイッチ
その操作方法は?
その結果は?
ルーフを全開する
(ルーフ2および3)
スイッチをCの位置にします。
ルーフ2と3が開きます。
ルーフ2を開ける
スイッチをBの位置にします。
ルーフ2だけが開きます。
ルーフ3を開ける
スイッチをEの位置にします。
ルーフ3だけが開きます。
ルーフ3をチルトアップする
スイッチをDの位置にします。
ルーフ3だけがチルトアップします。
ルーフを閉める
スイッチをAの位置にします。
開いているすべてのルーフが閉まります。
82
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
パノラマ・ルーフ・システム
注 意
パノラマ・ルーフ・システムは合計4枚のル
ーフ・コンポーネントで構成されています。
パノラマ・ルーフ・システムのコンポーネ
ントの取り付けに不具合があると、ルーフ
を開閉したときに損傷する恐れがあります。
ルーフ1は、車内への風の巻き込みを防止
するためのエア・デフレクターです。パノ
ラマ・ルーフ・システムを開けたときは、
速度に応じて角度が自動調節され、乱気流
の発生を抑えます。特に高速走行時や強風
のときは効果を発揮します。
ルーフ2および3は、ロータリー・スイッチ
の操作で前後方向にスライドします。さら
にルーフ3はチルトアップも可能です。こ
れらの開閉により車内を効率よく換気でき
ます。
パノラマ・ルーフ・システムの最後尾に位
置するルーフ4は、固定式のガラス・ルー
フです。
走行を開始する前に、パノラマ・ルー
フ・システムのコンポーネントが正し
い位置にあることを点検してください。
パノラマ・ルーフ・システムのコンポ
ーネントとルーフ・パネルのすき間が
十分にあることを確認してください。
作動条件
1 - エア・デフレクター
2 - スライディング・ルーフ
3 - スライディング/チルティング・ルーフ
4 - 固定式ガラス・ルーフ
− イグニッションをONにします。または、
− キーを抜き取ってから最大10分間は、ド
アを閉めていればパノラマ・ルーフ・シ
ステムを操作できます。ただしドアを1
度でも開けると操作できません。
パノラマ・ルーフ・システムのバッテ
リ・セーブ機能
車のロックを解除してから10分が経過する
と、バッテリ電力の過剰消費を防止するた
めに、パノラマ・ルーフ・システムが作動
しなくなります。イグニッションをONに
するか、またはエンジンを始動すると再作
動させることができます。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
83
警 告
パノラマ・ルーフ・システムを開閉すると
き、挟まれて怪我をする恐れがありますの
で注意してください。特にワンタッチ作動
で閉めるときは十分に注意してください。
A - パノラマ・ルーフ・システム全閉
B - スライディング・ルーフ開
C - パノラマ・ルーフ・システム全開
D - スライディング/チルティング・ルーフのチル
トアップ
E - スライディング/チルティング・ルーフ開
パノラマ・ルーフ・システムを開閉す
るときは、同乗者にも注意を促してく
ださい。
車を離れるときは必ずキーを抜き取っ
てください。ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車はイグニッションをOFF
にしてください。またキーは必ず携帯
してください。同乗者(特にお子様)
が誤ってパノラマ・ルーフ・システム
を操作し、挟まれて怪我をする恐れが
あります。
危険が生じたときはただちにロータリ
ー・スイッチを逆方向に回すか、また
はキーを抜き取ってください。
知識
パノラマ・ルーフ・システムの開閉位置が
あらかじめ調節されているため、ロータリ
ー・スイッチを操作するだけで適切な位置
に開閉することができます。
オフロードを走行するときは常にパノ
ラマ・ルーフ・システムおよびサイ
ド・ウィンドウを閉めてください。
84
A−パノラマ・ルーフ・システムを全閉する
ロータリー・スイッチをAの位置にしま
す。
B−スライディング・ルーフを開ける
ロータリー・スイッチをBの位置にしま
す。
ルーフ2が全開位置までスライドしま
す。ルーフの動きに合わせてローラ
ー・ブラインドが自動的に開きます。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
C−パノラマ・ルーフ・システムを全開する
ロータリー・スイッチをCの位置にしま
す(Bの位置を超えていっぱいまで回
します)
。
ルーフ2と3が全開位置までスライドし
ます。ルーフの動きに合わせてローラ
ー・ブラインドが自動的に開きます。
D−スライディング/チルティング・ルー
フをチルトアップする
ロータリー・スイッチをDの位置にしま
す。
ルーフ3が全開位置までチルトアップし
ます。このときはローラー・ブライン
ドの位置が変化しません。
E−スライディング/チルティング・ルー
フを開ける
ロータリー・スイッチをEの位置にしま
す。
ルーフ3が全開位置までスライドしま
す。ルーフの動きに合わせてローラ
ー・ブラインドが自動的に開きます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備
車のコンフォート機能
パノラマ・ルーフ・システムの挟み込み
防止機能
パノラマ・ルーフ・システムの停止位置
の記憶
パノラマ・ルーフ・システムを開閉する
ドア・ロックにキーを差し込み、ウィ
ンドウとパノラマ・ルーフ・システム
がお好みの位置になるまで、ロックま
たはロック解除の位置にキーを回して
保持します。
すべてのルーフ・コンポーネントに挟み込
み防止機能を装備しています。スライディ
ング・ルーフまたはスライディング/チル
ティング・ルーフの開閉途中で抵抗がある
と、該当するコンポーネントの動きが中断
されて逆方向に動きます。
バッテリの接続を切り離したときやバッテ
リ電圧が異常に低下したとき、ジャンパ
ー・ケーブルによるエンジン始動を行った
ときなど、パノラマ・ルーフ・システム停
止位置(全開および全閉位置)のメモリー
が消去されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
のコンフォート機能
パノラマ・ルーフ・システムを開閉する
ドア・ロックにキーを差し込み、ウィ
ンドウとパノラマ・ルーフ・システム
がお好みの位置になるまで、ロックま
たはロック解除の位置にキーを回して
保持します。
パノラマ・ルーフ・システムを閉める
ドア・ハンドルのボタンを押して車を
ロックするとき、ボタンを押し続ける
とウィンドウとパノラマ・ルーフ・シ
ステムが閉まります。お好みの位置に
なるまでボタンを押し続けます。
挟み込み防止機能が作動した後にルーフ
を閉める
1. 障害物を取り除きます。
2. ロータリー・スイッチを再度Aの位置
にします。
緊急時の電動閉機能
警 告
緊急時の電動閉機能では挟み込み防止機能
が働かず、ルーフが最大の力で閉まります。
この機能を使用するときは怪我をしないよ
うに注意してください。
パノラマ・ルーフ・システムを閉める
ときは、同乗者にも注意を促してくだ
さい。
異物や氷の噛み込みなどでルーフが閉まら
ないときは、以下の操作を行います:
1. ロータリー・スイッチをAの位置にし
ます。
2. すべてのルーフが完全に閉まるまでロ
ータリー・スイッチをAの位置で保持
します。
警 告
挟み込み防止機能が働かず、ルーフが最大
の力で閉まります。パノラマ・ルーフ・シ
ステムを閉めるときは怪我をしないように
注意してください。
パノラマ・ルーフ・システムを閉めると
きは、同乗者にも注意を促してください。
1. イグニッションをOFFにします。
2. ロータリー・スイッチをAの位置にし
ます。
3. イグニッションをONにします。
4. ロータリー・スイッチがAの位置でス
イッチ前部を押し上げ、そのまま保持
します。
停止位置を記憶するプロセスが約5秒後
に開始されます。ローラー・ブライン
ドとすべてのルーフ・コンポーネント
の動きが完全に止まるまで、スイッチ
をそのまま押し続けてください。この
プロセスは最大20秒後に終了します。
5. ロータリー・スイッチから手を放しま
す。
チルトアップしているスライディン
グ/チルティング・ルーフが自動的に
閉まります。これですべてのプロセス
が完了になります。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
85
知識
ローラー・ブラインドを開閉する
停止位置を記憶するプロセスを中断したと
きは、最初からやり直してください。
ロッカー・スイッチには2段階の作動位置
があります:
− 少し抵抗を感じる位置まで押し上げる
と、スイッチを操作している間だけロ
ーラー・ブラインドが開閉します。
− スイッチを完全に押し上げると、ワン
タッチ作動によりローラー・ブライン
ドが自動的に全開または全閉します。
ローラー・ブラインドを開ける
ロッカー・スイッチの後部Fを押しま
す。
ローラー・ブラインド
パノラマ・ルーフ・システムにはローラ
ー・ブラインドが組み込まれています。ル
ーフ・コンソールのロッカー・スイッチを
操作してローラー・ブラインドの位置を調
節します。
86
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
ローラー・ブラインドを閉める
ロッカー・スイッチの前部Gを押しま
す。
知識
ルーフ・コンポーネントが動いているとき
にロッカー・スイッチをいっぱいまで押し
上げると、ルーフ・コンポーネントの動作
が終了した後でローラー・ブラインドが全
開または全閉します。
ローラー・ブラインドの清掃位置
1. パノラマ・ルーフ・システムとローラ
ー・ブラインドを完全に閉めます。
2. ロータリー・スイッチをCの位置にし
ます。
パノラマ・ルーフ・システムが全開し
ます。
3. パノラマ・ルーフ・システムの作動が
終了した後、ローラー・ブラインドが
完全に閉まるまでロッカー・スイッチ
の前部Gを3秒以上押し続けます。
4. ローラー・ブラインドを清掃します
(木の葉などを取り除きます)
。
5. ローラー・ブラインドが完全に開くま
で、ロッカー・スイッチの後部Fを押し
続けます。
6. パノラマ・ルーフ・システムを閉めま
す。
注 意
走行中にローラー・ブラインドを清掃位置
にすると、パノラマ・ルーフ・システムや
ローラー・ブラインドを損傷する恐れがあ
ります。
パノラマ・ルーフ・システムの緊
急操作
緊急時の電動閉機能が作動しないときやパ
ノラマ・ルーフ・システムの停止位置を記
憶できない場合など、特別な状況のときだ
け、この緊急操作を行ってください。
この緊急操作を行う前に、ヒューズを
点検してください。
ヒューズを1度取り外した場合は、パノ
ラマ・ルーフ・システムの停止位置を
記憶し直す必要があります。
警 告
ルーフを閉めるときに怪我をしたり車を損
傷する恐れがあります。
パノラマ・ルーフ・システムを操作す
るときは、同乗者にも注意を促してく
ださい。
1. アームレストを持ち上げます。
2. センター・コンソールの収納スペース
(ゴム・マットの下)からレンチBを取
り出します。
この緊急操作を実行中とその後は、ロ
ータリー・スイッチでパノラマ・ルー
フ・システムを動かさないでください。
走行を開始する前に、パノラマ・ルー
フ・システムをいったん全閉してくだ
さい。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
87
5. レンチを回します。
ルーフを閉めるときは: 時計方向に回
します。
ルーフを開けるときは: 反時計方向に
回します。
知識
スライディング/チルティング・ルーフを
閉めるときは、ルーフが完全に閉まった位
置(スライドとチルトアップの中間位置)
にしてください。
6. レンチを取り外し、元の収納スペース
に戻します。
7. カバーを元に戻します。
3. カバーを外します。
4. レンチBをルーフの穴HまたはIに差し込
み、しっかりと噛み合うまで押し込み
ます。
この作業には、ある程度の力が必要で
す。
穴H−スライディング・ルーフおよび
エア・デフレクターの緊急操作用
穴I−スライディング/チルティング・
ルーフの緊急操作用
88
パノラマ・ルーフ・システムの不具合を避
けるため、緊急操作を行った後はパノラ
マ・ルーフ・システムの停止位置を記憶し
直さなければなりません。
パノラマ・ルーフ・システムの動作に
異常があるときは、ポルシェ正規販売
店で点検を受けてください。ポルシェ
車に関する全ての整備点検は、ポルシ
ェ正規販売店での実施を推奨します。
十分なトレーニングを受けた経験豊か
なスタッフが、最新の技術情報と専用
工具や専用装置を駆使し、確かな整備
をお約束します。
ウィンドウ、スライディング/チルティング・ルーフ
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
ランプ・スイッチ...................................... 90
メータ・パネル・ランプ .......................... 91
ヘッドランプ自動高さ調整 ...................... 92
方向指示灯/ハイ・ビーム/
パッシング・レバー.................................. 92
ハザード・ランプ...................................... 93
ルーム・ランプ.......................................... 93
コンフォート・ランプ.............................. 94
ウェルカム・ホーム機能
(消灯遅延機能).......................................... 95
カーテシ・ランプ...................................... 95
概説−フロント・ワイパー ...................... 96
フロント・ワイパー/ウォッシャ・
レバー ......................................................... 97
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
89
知識
ランプ(パーキング・ランプを除く)を点
灯した状態でキーを抜き取ってドアを開け
ると、バッテリあがりを防止するために警
告音が鳴ってドライバーに注意を促します。
なお各国の法律に準拠して、ランプの仕様
が異なることがあります。
オートマチック・ドライビング・ラン
プ・アシスト
ドライビング・ランプ・アシスト装備車
ランプ・スイッチ
ランプ消灯
ドライビング・ランプ・アシスト
作動
ドライビング・ランプ・アシスト非装備車
フォグランプ
車幅灯またはロー・ビーム・ヘッ
ドランプ点灯時のみ点灯:
スイッチを1段階引きます。表示灯
が点灯します。
リア・フォグランプ
車幅灯
ライセンス・ランプ、メータ・パ
ネル・ランプ
ロー・ビーム、ハイ・ビーム・
ヘッドランプ
イグニッションONで点灯
90
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
スイッチを2段階引きます。表示灯
が点灯します。
ドライビング・ランプ・アシストは運転快
適性を高めるコンフォート機能です。この
車のドライビング・ランプ(ヘッドラン
プ・ロー・ビーム)は、周囲の明るさに応
じて自動的に点灯/消灯します。
ただしドライビング・ランプ・アシストを
装備していても、必要に応じてランプ・ス
イッチの手動操作によりヘッドランプを点
灯/消灯することは法律で定められたドラ
イバーの責務です。
したがってドライビング・ランプ・アシス
トを使用したヘッドランプの点灯/消灯
は、あくまでもドライバーの運転操作を支
援するものであり、ヘッドランプを点灯/
消灯するタイミングは実際の状況に応じて
ドライバーが判断してください。
以下の状況で、ヘッドランプ・ロー・ビー
ムが自動的に点灯します:
−
−
−
−
夕暮れ時
夜間
トンネル内を走行中
雨天時(レイン・センサの信号に基づ
いて点灯)
− 高速道路を走行中
知識
霧は判別できません。
霧が発生したときは、ランプ・スイッ
チの手動操作でヘッドランプを点灯し
てください。
警 告
ヘッドランプを消灯して走行すると事故を
起こす恐れがあります。
オートマチック・ドライビング・ラン
プ・アシストの作動状況を常に監視し
てください。
高速道路での自動点灯機能
速度が140km/hを超えるとドライビング・ラ
ンプが自動的に点灯します。その後、速度
が65km/h以下になると、周囲の明るさが十
分であれば約2分後にランプが消灯します。
雨天時の自動点灯機能
ワイパーが連続動作になってから5秒が経
過すると、ドライビング・ランプが自動的
に点灯します。
その後、ワイパーが停止してから約4分が
経過すると、ドライビング・ランプが消灯
します。
消灯遅延機能、カーテシ・ランプ
オートマチック・ドライビング・ランプ・
アシストを作動させると、消灯遅延機能と
カーテシ・ランプが作動します。
消灯遅延機能については:
「ウェルカム・ホーム機能(消灯遅延機
能)
」
(95ページ)を参照してください。
カーテシ・ランプについては:
「カーテシ・ランプ」
(95ページ)を参
照してください。
デイタイム・ドライビング・ランプ
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイで、デイタイム・ドライ
ビング・ランプの設定を変更できます。
A - メータ・パネル・ランプの明るさ調整ダイヤル
メータ・パネル・ランプ
ランプを点灯中は、ダイヤルAを回すとメ
ータ・パネル・ランプの明るさが調整でき
ます。
デイタイム・ドライビング・ランプを点
灯/消灯させるときは、各国の法律に準拠
してください。
デイタイム・ドライビング・ランプの
点灯/消灯については:
「デイタイム・ドライビング・ランプ
の点灯/消灯」(128ページ)を参照し
てください。
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
91
1−方向指示灯、左側
2−方向指示灯、右側
手ごたえを感じる位置までレバーを上下方
向に動かす−方向指示灯が3回点滅します。
3−ヘッドランプ・ハイ・ビーム
4−パッシング
(ランプ・スイッチがヘッドランプ点灯位
置のとき)レバーを前後方向の中央位置に
すると、ヘッドランプ・ロー・ビームが点
灯します。
5−ボイス・コントロール用のボタン*
別冊のPCM取扱説明書を参照してくだ
さい。
ヘッドランプ自動高さ調整
この車にはヘッドランプ自動高さ調整機能
が付いています。
イグニッションをONにしてヘッドラン
プ・ロー・ビームを点灯すると、乗員の数
や荷物の積載状態に応じてヘッドランプの
照射角度が自動調整されます。また加速時
や減速時は、ヘッドランプの照射角度が自
動的に一定に維持されます。
機能点検
1. イグニッションOFFのままで、ラン
プ・スイッチをヘッドランプ・ロー・
ビーム点灯位置にします。
2. イグニッションをONにします。
イグニッションをONにすると、ヘッド
ランプが点灯して照射角度がもっとも
下向きに調整されます。その後、乗員
の数や荷物の積載状態に応じて適切な
高さになるまで上方向に動きます。
上記の作動が実行されない場合は、ヘッド
ランプ自動高さ調整機能を点検してくださ
い。ポルシェ正規販売店で点検を受けてく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整備点
検は、ポルシェ正規販売店での実施を推奨
します。十分なトレーニングを受けた経験
豊かなスタッフが、最新の技術情報と専用
工具や専用装置を駆使し、確かな整備をお
約束します。
知識
方向指示灯/ハイ・ビーム/パッ
シング・レバー
イグニッションをONにすると、方向指示
灯、ヘッドランプ・ロー・ビームおよびハ
イ・ビームが点灯可能になります。
ヘッドランプ・ハイ・ビーム点灯中または
パッシングを作動させたときは、スピード
メータ(速度計)内の青色の表示灯が点灯
します。
パーキング・ランプ
パーキング・ランプはイグニッションが
OFFのときだけ点灯します。
レバーを上方向または下方向に動かす
と、右側または左側のパーキング・ラ
ンプが点灯します。
*日本仕様に設定はありません。
92
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
ルーム・ランプ(フロント)
点灯
スイッチBを左方向に動かします。
自動点灯/消灯
スイッチBを右方向に動かします。ド
ア・ロックを解除したとき、ドアを開
けたとき、またはイグニッション・ロ
ックからキーを抜き取ったときに点灯
します。
ドアを閉めてから約30秒が経過すると
消灯します。イグニッション・ロック
にキーを差し込んだとき、または車を
ロックするとただちに消灯します。
A, C - 読書灯スイッチ
B - ルーム・ランプ・スイッチ
ハザード・ランプ
ハザード・ランプはイグニッションの位置
に関係なく使用できます。
ハザード・ランプの作動/停止
ボタンAを押します。
ハザード・ランプを作動させると、すべて
の方向指示灯と、ボタンのインジケータ・
ランプが点滅します。
ルーム・ランプ
消灯
スイッチBを中央位置にします。
読書灯(フロント)
点灯
スイッチAまたはCを押します。
消灯
スイッチAまたはCを再度押します。
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
93
自動点灯/消灯
スイッチを中央位置にします。ドア・
ロックを解除したとき、ドアを開けた
とき、またはイグニッション・ロック
からキーを抜き取ったときに点灯しま
す。
ドアを閉めてから約30秒が経過すると
消灯します。イグニッションをONにす
るか、または車をロックするとただち
に消灯します。
消灯
スイッチの右側を押します。
読書灯(リア・ルーム・ランプ)
A - コンフォート・ランプ明るさ調整ボタン
読書灯(リア)
コンフォート・ランプ
点灯
スイッチの左側を押します。
94
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
暗闇での乗降性を良くするために、足元照
明およびドア・パネル・ランプを装備して
います。これらのランプは車のロックを解
除すると点灯し、ロックすると消灯します。
コンフォート・ランプの明るさ調整
すべてのドアを閉めると、足元照明とド
ア・パネル・ランプが一定の明るさまで減
光されます。
これらのコンフォート・ランプは、フロン
ト・ルーフ・コンソールの明るさ調整ボタ
ンAでお好みの明るさに調整できます。
お好みの明るさになるまでボタンAを押
し続けます。
ウェルカム・ホーム機能
(消灯遅延機能)
下記のランプが一定時間点灯したままにな
り、夕暮れ時や夜間、車から降りて歩き始
めるときの足元を明るく照らして安全性を
高めます:
− ヘッドランプ・ロー・ビーム
− ドア・ミラーのランプ
− 車幅灯
− ライセンス・ランプ
知識
ランプ・スイッチを
の位置にし
ます。
ランプ・スイッチについては:
「ランプ・スイッチ」
(90ページ)を参照し
てください。
車をロックするか、またはマルチ・ファン
クション・ディスプレイで設定した消灯遅
延時間が経過するとランプが消灯します。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの消灯遅延時間の設定については:
「消灯遅延機能の設定」(129ページ)
を参照してください。
カーテシ・ランプ
カーテシ・ランプは、暗闇で乗車するとき
の安全性を高めます。また、ドア付近の障
害物(水たまりなど)を発見しやすくなり
ます。
リモート・コントロールまたはポルシェ・
エントリー&ドライブで車のロックを解除
すると、以下のランプが点灯して車の周囲
を照らします:
− ドア・ミラーのランプ
− 車幅灯
− ライセンス・ランプ
知識
ランプ・スイッチを
の位置にし
ます。
ランプ・スイッチについては:
「ランプ・スイッチ」
(90ページ)を参照し
てください。
イグニッションをONにするか、またはマ
ルチ・ファンクション・ディスプレイで設
定した消灯遅延時間が経過するとカーテ
シ・ランプが消灯します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
消灯遅延時間の設定については:
「消灯遅延機能の設定」(129ページ)を参
照してください。
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
95
概説−フロント・ワイパー
この概要説明は後述の「フロント・ワイパ
ー/ウォッシャ・レバー」に代わるもので
はありません。操作する上での注意事項は、
必ず「フロント・ワイパー/ウォッシャ・
レバー」の項を参照してください。
ワイパー・レバー
運転者が何をしたいか?
フロント・ワイパー・オート作動
(レイン・センサ)
レイン・センサ・コントロール・スイッチ
その操作方法は?
ワイパー・レバーを1の位置にします。
レイン・センサ感度の調節
ワイパー・レバーのコントロール・スイッチAを
上方向(高感度)または下方向(低感度)に回します。
フロント・ワイパー作動
低速: ワイパー・レバーを2の位置に押します。
高速: ワイパー・レバーを3の位置に押します。
ワンタッチ: ワイパー・レバーを4の位置に短押しします。
フロント・ワイパー&ウォッシャ作動
ワイパー・レバーを5の位置まで引いて保持します。
リア・ワイパー作動
間欠: ワイパー・レバーを6の位置に押します。
ワンタッチ: ワイパー・レバーを7の位置に短押しします。
リア・ワイパー&ウォッシャ作動
ワイパー・レバーを7の位置まで押して保持します。
96
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
フロント・ワイパー/ウォッシャ・
レバー
注 意
ワイパーが不意に作動すると怪我をする恐
れがあります。また、エンジン・フード、
フロント・ウィンドウ、ワイパー・システ
ムを損傷する恐れがあります。
フロント・ウィンドウがしっかりと濡
れた状態のときにワイパーを作動させ
てください。ウィンドウが乾いている
とワイパーによる擦り傷が付く恐れが
あります。
ワイパー・ブレードが凍結したときは、
走行前に解凍してください。
ヘッドランプ・クリーニング・システ
ムが凍結したときは、ウォッシャを使
用しないでください。
洗車をする前に必ずワイパーを停止し
てください。レイン・センサの機能に
よりワイパーが不意に作動することが
あります。
洗車中はヘッドランプ・クリーニング・
システムを作動させないでください。
フロント・ウィンドウを清掃するとき
は、必ずワイパーを停止してください。
レイン・センサの機能によりワイパー
が不意に作動することがあります。
ワイパー・ブレードを交換するときは、
ワイパー・アームをしっかりと手で持っ
てください。
エンジン・フードを開けるときは、必ず
ワイパーを停止してください(レバー
を 0 の 位 置 に し て く だ さ い )。 ワ イ
パー・アームが停止位置にない場合は、
イグニッションをOFFにしていても、エ
ンジン・フードを開けるとワイパー・
アームが停止位置まで動きます。エン
ジン・フードを閉めてワイパーを停止
し、再度作動させるまでワイパー・
アームがこの位置に保持されます。
0−フロント・ワイパー停止
1−レイン・センサ作動(フロント・ワイ
パー・オート作動)
ワイパー・レバーを1の位置にします。
知識
レイン・センサがフロント・ウィンドウに
付着した水滴の量を感知して、ワイパーの
作動速さを自動調節します。
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
97
2−フロント・ワイパー、低速
ワイパー・レバーを2の位置にします。
3−フロント・ワイパー、高速
ワイパー・レバーを3の位置にします。
フロント・ワイパーを連続作動させている
ときは、速度が約4km/h以下になるとレイ
ン・センサが作動して間欠動作に切り替わ
ります。速度が約8km/hを超えると、ワイ
パーの動きがレバーで設定した速さに戻り
ます。
4−フロント・ワイパー、ワンタッチ
ワイパー・レバーを4の位置に短押しし
ます。フロント・ワイパーが1回だけ払
拭動作を行います。
イグニッションをONにしたとき、すでに
ワイパー・レバーが1の位置にあると、レ
イン・センサが作動しません。
レイン・センサを作動させるには:
ワイパー・レバーを1度0の位置にして、
再度1の位置にします。フロント・ワイ
パーが1回払拭動作を行い、レイン・セ
ンサが作動したことを知らせます。
または、
フロント・ウィンドウ・ウォッシャを
作動させます(ワイパー・レバーを5の
位置に引きます)
。フロント・ワイパー
が3回払拭動作を行い、レイン・センサ
が作動したことを知らせます。
または、
レイン・センサ・コントロール・スイッ
チAを回してセンサの感度を切り替え
ます。
98
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
レイン・センサの感度調節
コントロール・スイッチAを操作すると、
レイン・センサの感度を4段階に切り替え
ることができます:
スイッチAを上方向に回す−センサの感
度が高くなります。
フロント・ワイパーが1回払拭動作を行
い、感度が切り替わったことを知らせ
ます。
スイッチAを下方向に回す−センサの感
度が低くなります。
5−フロント・ワイパー&ウォッシャ
ワイパー・レバーをステアリング・ホ
イールの方向に(5の位置まで)引きま
す。レバーを引いている間、ウォッ
シャ・システムとワイパーが作動しま
す。レバーを放すと、さらに数回ワイ
パーが動いて停止します。
ヘッドランプ・クリーニング・システ
ム:
ヘッドランプ・クリーニング・システム
は、ヘッドランプ・ロー・ビームまたは
ハイ・ビームを点灯しているときだけ作
動します。
ヘッドランプ・クリーニング・システ
ムを作動させるときは、ワイパー・レ
バーを長めに引き続けます。
ただし1度ヘッドランプ・クリーニン
グ・システムを作動させると、その後
はウィンドウ・ウォッシャを5回作動さ
せるまで、ヘッドランプ・クリーニン
グ・システムが再作動しません。また
ワイパー・レバーを引き続けても、一
定時間が経過するとヘッドランプ・ク
リーニング・システムの噴射が自動的
に終了します。
知識
昆虫の死骸など、頑固な汚れは定期的
に清掃してください。
詳しくは「車のお手入れ」
(241ページ)
を参照してください。
イグニッションをONにすると、フロント・
ウィンドウ・ウォッシャ・ノズルのヒータ
が一定時間作動して凍結を防止します。た
だし、この機能を装備していても、専用の
ウォッシャ液を使用しないとノズルが凍結
することがあります。
6−リア・ワイパー、間欠
ワイパー・レバーを6の位置に押すと、
リア・ワイパーが一定のタイミングで
間欠作動します。
7−リア・ワイパー、ワンタッチ
ワイパー・レバーを7の位置に短押しし
ます。ウォッシャ・システムが作動し、
リア・ワイパーが3回払拭動作を行いま
す。
リア・ワイパー&ウォッシャ
ワイパー・レバーを7の位置まで押して
保持します。レバーを押している間、
ウォッシャ・システムとワイパーが作
動します。レバーを放すと、さらに数
回ワイパーが動いて停止します。
知識
ウィンドウ・クリーナを使用してワイ
パー・ブレードを定期的に清掃してく
ださい。特に洗車機を使用した後は必
ず清掃してください。
ポルシェ社が推奨するウィンドウ・ク
リーナを使用してください。虫の死骸
が付着したときなどウィンドウの汚れ
が激しいときは、スポンジまたは布で
拭き取ってください。
ワイパー・ブレードが擦れたり異音が発生
するときは、以下の原因が考えられます:
− 自動洗車機を使用すると、フロント・
ウィンドウにワックス成分が付着しま
す。このワックス成分はウィンドウ・
クリーナの濃縮液を使用しないと除去
できません。
「ウォッシャ液の補充」(233ページ)
を参照してください。
詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ねくだ
さい。
− ワイパー・ブレードが損傷または摩耗
しています。
すみやかに損傷したワイパー・ブレー
ドを交換してください。
ヘッドランプの汚れが激しいときは、
ヘッドランプ・クリーニング・システ
ムを繰り返し作動させてください。
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
99
memo
100
ランプ、方向指示灯、フロント・ワイパー
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メータ・パネル........................................ 103
油温計 ....................................................... 104
タコメータ(回転計).............................. 104
積算距離計 ............................................... 104
時計........................................................... 104
燃料計 ....................................................... 104
スピードメータ(速度計)...................... 105
エンジン・ブースト圧計........................ 105
クーリング・システム............................ 105
バッテリ/オルタネータ........................ 106
エミッション・コントロール ................ 107
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
の操作 ....................................................... 108
メイン・メニューを開く........................ 109
操作の例:平均燃費を表示する ............ 109
平均速度の表示/リセット .................... 111
燃料残量による可走距離の表示 ............ 111
タイヤ空気圧の表示................................ 111
コンパスの表示........................................ 111
ナビゲーション情報の表示 .................... 111
電話の操作 ............................................... 112
制限速度の設定........................................ 113
警告メッセージの表示............................ 114
レベリング・システム(車高)の
ステータス表示........................................ 115
ロック/リダクションの
ステータス表示........................................ 115
平均燃費の表示........................................ 116
タイヤ空気圧モニタリング・システム
の設定 ....................................................... 116
室内モニタ・システムおよび
傾斜センサの停止.................................... 125
ドア・ミラーの同期調節........................ 125
車の開閉およびロックの設定変更 ........ 126
デイタイム・ドライビング・ランプの
点灯/消灯 ............................................... 128
消灯遅延機能の設定................................ 129
時計の設定 ............................................... 129
ディスプレイ表示言語の変更 ................ 130
ディスプレイ表示単位の変更 ................ 130
初期設定への表示のリセット ................ 130
警告灯および警告メッセージ ................ 131
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
101
102
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メータ・パネル
A
油温計
B
タコメータ(回転計)
警告灯/表示灯(タコメータ内)
エミッション・コントロール警告
灯(チェック・エンジン)
C 時計調整ボタン
D 水温計
E
外気温計
F
積算距離計
G マルチ・ファンクション・ディスプレ
イ
時計
J
燃料計
K
トリップ・メータ・リセット・ボタン
L
スピードメータ(速度計)
M エンジン・ブースト圧計
リア・フォグランプ作動表示灯
方向指示灯(右側)の作動表示灯
エアバッグ警告灯
トレーラー車両方向指示灯の作動
表示灯
シートベルト警告灯
PSM警告灯
ディファレンシャル・ロック作動
表示灯
H デジタル式スピードメータ(速度計)
I
警告灯/表示灯(スピードメータ内)
ABS警告灯
ブレーキ警告灯
方向指示灯(左側)の作動表示灯
フォグランプ作動表示灯
クルーズ・コントロール作動表示
灯
タイヤ空気圧警告灯
ハイ・ビーム作動表示灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
103
A−油温計
エンジン油温が異常に高まると、メータ・
パネルのマルチ・ファンクション・ディス
プレイに警告メッセージが表示されます。
油温計の指針が赤色の部分に達したと
きは、ただちにエンジン回転数を下げ、
エンジンの負荷を軽減してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イに表示されるメッセージについて
は:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
B−タコメータ(回転計)
タコメータの目盛りが赤色に切り替わる部
分は、エンジン回転数の許容上限を示して
います。
加速中、タコメータの指針が赤色の部分に
差し掛かると、エンジンを保護するために
燃料供給が遮断されます。
F−積算距離計
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
積算距離計があります。
ディスプレイの左側には車の総走行距離
(オドメータ)を、右側にはリセット後の
区間走行距離(トリップ・メータ)を表示
します。
トリップ・メータの最大表示値は9,999km
で、それを超えると0kmに戻ります。
燃料残量警告
トリップ・メータのリセット
ボタンKを約1秒間押します。
I−時計
時計Iは、メータ・パネルのマルチ・ファン
クション・ディスプレイで時刻を調整しま
す。
ボタンCを押します。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イ・メニューのSETTING>CLOCK(設
定>時計)が自動的に選択されます。
時刻の調整については:
「時計の設定」(129ページ)を参照し
てください。
J−燃料計
イグニッションをONにすると燃料の残量
を表示します。
燃料の品質およびタンク容量について
は:「容量」(311ページ)を参照して
ください。
104
燃料の給油については:「燃料の給油」
(239ページ)を参照してください。
上り坂や下り坂を走行するときなど、車体
が傾くと燃料計の指針が少し動くことがあ
ります。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
イグニッションがONのとき、またはエン
ジンがかかっているときに燃料タンクの残
量が約12リットルを下回るか、または燃料
残量での可走距離が50kmを下回ると、メー
タ・パネルのマルチ・ファンクション・デ
ィスプレイにある警告灯が点灯します。
すみやかに給油してください。
注 意
燃料が不足したまま走行すると、エミッシ
ョン・コントロール・システムを損傷する
恐れがあります。
タンクが空になるまで運転を続けない
でください。
警告灯が点灯したときは、曲がり道を
高速で走行しないでください。
エミッション・コントロール・システ
ムについては:「エミッション・コン
トロール・システム」(238ページ)を
参照してください。
L−スピードメータ(速度計)
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイにはデジタル表示のスピ
ードメータHが組み込まれています。
なおマルチ・ファンクション・ディスプレ
イの右隣にはアナログ表示のスピードメー
タLがあります。
M−エンジン・ブースト圧計
この車のエンジンはブースト圧制御機能を
装備しており、ブースト圧が変化します。
ブースト圧は、速度、大気圧、燃料オクタ
ン価などに応じて変化します。
知識
エンジン負荷が大きくなると、メータの指
針がいっぱいに振り切れることがありま
す。
クーリング・システム
クーリング・システムに何らかの異常
がある場合は、ポルシェ正規販売店で
点検を受けてください。ポルシェ車に
関する全ての整備点検は、ポルシェ正
規販売店での実施を推奨します。十分
なトレーニングを受けた経験豊かなス
タッフが、最新の技術情報と専用工具
や専用装置を駆使し、確かな整備をお
約束します。
水温計
指針が左側にあるときはエンジンが冷え
ています
エンジンを高回転まで回したり、大き
な負荷をかけないでください。
指針が中央付近にあるときはエンジンが
通常の作動温度になっています
外気温度が高いとき、エンジンに大きな負
荷をかけると指針が赤色の部分に差し掛か
ることがあります。
エンジン水温警告
エンジン水温が異常に高まると、メータ・
パネルのマルチ・ファンクション・ディス
プレイに警告メッセージが表示されます。
エンジンを停止して冷やします。
クーラント・レベルを点検し、必要に
応じて補充します。
故障があるときは修理します。
クーラント、またはクーラント・レベ
ルの点検と補充については:
「クーラント・レベルの点検と補充」
(230ページ)を参照してください。
知識
エンジンの異常な過熱を防ぐため、空気取
り入れ口をフィルムやストーン・ガードな
どで塞がないでください。
クーラント・レベル警告
クーラントが不足すると、メータ・パネル
のマルチ・ファンクション・ディスプレイ
に警告メッセージが表示されます。
エンジンを停止して冷やします。
クーラントを補充します。
クーラントが減った原因を正規ポル
シェ販売店で点検してください。ポル
シェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨しま
す。十分なトレーニングを受けた経験
豊かなスタッフが、最新の技術情報と
専用工具や専用装置を駆使し、確かな
整備をお約束します。
ラジエータ、および車体前部の空気取
り入れ口がゴミなどで塞がれていない
か点検します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
105
クーラント、またはクーラント・レベ
ルの点検と補充については:
「クーラント・レベルの点検と補充」
(230ページ)を参照してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
に表示されるメッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
注 意
エンジンを損傷する恐れがあります。
クーラント・レベルが適正でも、警告
メッセージが表示されているときは運
転を続けないでください。
故障を修理してください。
バッテリ/オルタネータ
車両エレクトリカル・システムの電源電圧
が大きく低下したときは、メータ・パネル
のマルチ・ファンクション・ディスプレイ
に警告メッセージが表示されます。
安全な場所に停車してエンジンを停止
してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イに表示されるメッセージについて
は:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
考えられる原因
− バッテリ充電系統の故障
− オルタネータ・ドライブ・ベルトの不
具合
警 告
事故を起こしたり、エンジンを損傷する恐
れがあります。ドライブ・ベルトが切れる
などベルトの不具合が発生すると、パ
ワー・ステアリングのパワー・アシスト機
能が作動しないためステアリング操作に大
きな力が必要です。またエンジンを冷却で
きなくなります。
運転を続けないでください。
故障を修理してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整
備点検は、ポルシェ正規販売店での実
施を推奨します。十分なトレーニング
を受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆
使し、確かな整備をお約束します。
ドライブ・ベルトが滑っている状態で雨天
や水たまりの中を長時間走行すると、パ
ワー・ステアリング装置が故障する恐れが
あります。
パワー・ステアリングのパワー・アシ
スト機能が作動しないと、ステアリン
グ操作に大きな力が必要です。
106
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
エミッション・コントロール
警告灯
エミッション・コントロール・システム
は、例えば排気ガスに含まれる環境汚染物
質の増加や重大な損傷の原因になる不具合
を、できるだけ早期に発見するシステムで
す。不具合を検出すると、メータ・パネル
の警告灯が点灯または点滅します。さらに
故障の状況をコントロール・ユニットのフ
ォルト・メモリーに記憶します。
イグニッションをONにすると、警告灯の
バルブ切れがないことを確認するために警
告灯が点灯します。その後、エンジンを始
動すると約4秒後に消灯します。
エンジンがかかっているときに、エミッシ
ョン・コントロール・システムの部品に損
傷を与えるような不具合(エンジンの失火
など)が発生すると警告灯が点滅します。
この場合はただちにアクセル・ペダル
を戻し、エンジンの負荷を下げてくだ
さい。
部品を損傷するような深刻な状況が解
消されると警告灯が点滅から点灯に切
り替わります。
エンジンやエミッション・コントロール・
システム(触媒コンバータなど)の損傷を
避けるため:
注 意
アクセル・ペダルから足を放しても警告灯
が点滅し続ける場合は、エミッション・コ
ントロール・システムがオーバーヒートし
ており損傷する恐れがあります。
すみやかに安全な場所に停車してくだ
さい。このとき乾燥した草や木の葉な
ど、燃えやすい物が過熱したエキゾー
スト・システムの部品の近くにないこ
とを確認してください。
エンジンを停止してください。
故障を修理してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整
備点検は、ポルシェ正規販売店での実
施を推奨します。十分なトレーニング
を受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆
使し、確かな整備をお約束します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
107
マルチ・ファンクション・ディス
プレイの操作
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
はオンボードコンピュータの情報を表示で
きます。その他、メイン・メニューの操作
で車の設定を変更してさまざまな機能を使
用することができます。
警 告
運転中は、マルチ・ファンクション・ディ
スプレイ、ラジオ、ナビゲーション・シス
テム、電話またはその他の操作および設定
を行わないでください。運転以外の操作に
気をとられて事故を起こす恐れがあります。
周囲の交通状況などから安全性を確保
できる場合に限り、運転中に操作して
ください。
複雑な操作や設定は、必ず停車中に
行ってください。
この取扱説明書で機能のすべてを詳細に説
明することはできません。
ここではメニューの構成および主な機能に
ついて例示し、操作方法をわかりやすく説
明します。
108
知識
車の装備仕様により、マルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに表示できる情報や機能
が異なります。
また、いくつかのメニューは停車中のみ呼
び出すことができます。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレイは
イグニッションがONのときだけ使用でき
ます。
知識
以下の操作で、すべての設定を初期設定に
戻すことができます。
MAIN MENU>SETTINGS>FACTORY
SET(メイン・メニュー>設定>初期設定)
知識
メニュー・リストの上下に矢印が表示され
ているときは、メニュー項目がさらに存在
することを示します。
基本操作
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
は、ワイパー・レバーにあるロッカー・ス
イッチAとENTERボタンBで操作します。
選択と設定
ロッカー・スイッチAを使用して選択項目
(バーの強調表示で選択されているメニュー)
を上下に動かすと、メニュー項目を選ぶ、
COMFORT(コンフォート)メニューでは、 表示を切り替える、設定するなどの操作が
表示されているリストが最後になると自動
できます。
的にスクロールします。
選択した項目の決定
選択した項目を決定するときはENTERボタ
ンBを押します。選択した項目の機能が実
行されます。
ロッカー・スイッチAの上または下を押
してリストをスクロールさせます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メイン・メニューを開く
操作の例: 平均燃費を表示する
1. イグニッションをONにします。
2. MAIN MENU(メイン・メニュー)
を選択します。
3. 選択項目を決定します。
メイン・メニューが表示されま
す。
メイン・メニューには以下の機能があります:
PHONE(電話)*
SPEED LIMIT(速度制限)
VEHICLE INFO(車両情報)
TYRE PRESS(タイヤ空気圧)*
SETTINGS(設定)
ワイパー・レバーにあるロッカー・スイッ
チで項目を選択し、ENTERボタンで決定し
ます。
1. MAIN MENU>VEHICLE INFO
(メイン・メニュー>車両情報)
選択および決定します。
2. ΦCONSUM(燃費)を選択しま
す。
3. 選択項目を決定すると、平均燃
費が表示されます。
知識
燃料残量による可走距離や平均燃費の計測
値は、イグニッションをOFFにしてもリ
セットされません。このため長期にわたっ
て計測を続けることができます。
なお車のバッテリーの接続を切り離すと、
これらの記憶が消去されます。
オンボードコンピュータ機能については
PCMでも表示されます。*
別冊のPCM取扱説明書を参照してくだ
さい。
基本メニューに戻る
4. BACK(戻る)を選択します。
5. 選択項目を決定します。VEHICLE
INFO(車両情報)メニューが表
示されます。
6. BACK(戻る)を選択します。
7. 選択項目を決定します。MAIN
MENU(メイン・メニュー)が表
示されます。
8. BACK(戻る)を選択します。
9. 選択項目を決定します。基本画
面が表示されます。
*日本仕様に設定はありません。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
109
マルチ・ファンクション・ディスプレイのメニュー概要
基本画面
110
メイン・メニュー
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
サブ・メニュー
サブ・メニューの
表示と設定
平均速度の表示/リセット
平均速度の表示
1. イグニッションをONにします。
2. ΦSPEED(速度)を選択します。平均速
度が表示されます。表示される値は、最
後にリセットしてからの積算値です。
平均速度のリセット
3. ΦSPEED(速度)を選択します。平均速
度が表示されます。
4. ENTERボタンを1秒以上押し続けます。
燃料残量による可走距離の表示
1. イグニッションをONにします。
2. REMAINING RANGE(残量での可走距離)
を選択します。
走行中は、燃料タンクの残量、現在の燃費、
平均燃費をもとに可走距離が再計算され、
表示値が自動更新されます。
タイヤ空気圧の表示
コンパスの表示
この機能はタイヤ空気圧モニタリング・シ
ステム装備車で利用できます。
1. イグニッションをONにします。
2. TYRE PRESS(タイヤ空気圧)を選択し
ます。
この機能はコンパスまたはPCM装備車で利
用できます。
1. イグニッションをONにします。
2. COMPASS(コンパス)を選択します。
ナビゲーション情報の表示*
オンボードコンピュータの「タイヤ空気圧」
画面には、実測した現在のタイヤ空気圧を
表示します。この表示値は、4本のタイ
ヤ・バルブに空気圧ゲージを接続して測定
したときの値と同一で、走行中は常に変化
します。
− タイヤ内の温度が上がると、空気圧が
高くなります(高速走行中など)
。
− タイヤ内の温度が下がると、空気圧が
低くなります(山岳地帯のように気温
が低い地域を走行したときなど)
。
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
もナビゲーション情報を表示できます。
この機能はナビゲーション(PCM)装備車
で利用できます。
1. イグニッションをONにします。
2. NAVIGATION(ナビゲーション)を選択
します。
ナビゲーションの矢印が表示されます。
したがって、この表示値からはタイヤ空気
圧の偏差(異常)を判別できません。
指定タイヤ空気圧との偏差を表示する
ときは:
MAIN MENU(メイン・メニュー)項目
の中からTYRE PRESS(タイヤ空気圧)
を選択してください。
*日本仕様に設定はありません。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
111
電話の操作*
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
電話機能は、PCMおよびステアリング・ホ
イール・マルチ・ファンクション・ボタン
と連動しています。
電話機能を操作するためには、PCMのカー
ド・リーダーにSIMカードを挿入しなけれ
ばなりません。
ネットワーク通信機能が遮断されたとき、
PINを入力していないとき、SIMカードを挿
入していないとき、または電話の電源が
OFFになっているときは、該当する情報が
表示されます。
1. ENTERボタンを押します。
ディスプレイの表示が元に戻り
ます。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
は、かかってきた電話の相手先番号を表示
します。電話帳に相手先の名称を登録して
いれば、その名称を表示します。
知識
電話がかかってきたときの相手先表示
ロッカー・スイッチを1秒以上押し続ける
と、相手先の頭文字を表示します。この機
能を利用すれば、さらに検索性が高まりま
す。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
は、かかってきた電話の相手先を自動表示
することができます。この機能はPHONE
INFO(電話情報)メニューでON/OFFがで
きます。
電話を受ける、通話を拒否する、通話を
終了する
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
に、かかってきた電話の相手先が表示され
ます。(PHONE INFO(電話情報)が作動
していなければなりません。
)
画面の表示
1. A C C E P T ( 電 話 を 受 け る ) ま た は
REFUSE(通話を拒否する)を選択しま
す。
2. 選択項目を決定します。
通話を開始すると、END(通話を終了す
る)メニューが表示されます。
通話を終了する
3. END(通話を終了する)を選択します。
4. 選択項目を決定します。
*日本仕様に設定はありません。
112
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>PHONE(電話)
>PHONE INFO(電話情報)
選択、決定します。
2. ONまたはOFFを選択します。
3. 選択項目を決定します。
これで相手先の表示機能が決定されま
す。
最後の通話先表示
LAST NUMBERS(最後の通話先)メニュ
ーでは、現在挿入しているSIMカードに該
当する相手先で、一番新しい通話先を呼び
出すことができます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>PHONE(電話)
>LAST NUMBERS(最後の通話先)
選択、決定します。
2. リストから選択します。
3. 選択項目を決定します。
重要な番号の表示
不在通知
制限速度の設定
IMPORTANT NOS(重要な番号)メニュー
では、SIMカードに重要な番号として登録
している相手先を表示します。
MISSED CALLS(不在通知)メニューでは、
通話を拒否した相手先を表示します。これ
らの電話番号はSIMカードに記憶していま
す。
走行速度を監視するための制限速度を登録
することができます。制限速度を超過する
と、警告音が鳴るとともに、マルチ・ファ
ンクション・ディスプレイに「LIMIT
EXCEEDED(制限超過)
」のメッセージが
表示されます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>PHONE(電話)
>IMPORTANT NOS(重要な番号)
選択、決定します。
2. リストから選択します。
3. 選択項目を決定します。
電話帳の表示
PHONE BOOK(電話帳)メニューでは、
SIMカードに登録している電話帳を呼び出
すことができます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>PHONE(電話)
>PHONE BOOK(電話帳)
選択、決定します。
2. リストから選択します。
3. 選択項目を決定します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>PHONE(電話)
>MISSED CALLS( 不 在 通 知 )
選択、決定します。
2. リストから選択します。
3. 選択項目を決定します。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
現在の速度を制限速度に設定する
SPEED LIMIT(速度制限)メニューでは、
現在の走行速度を制限速度として設定でき
ます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SPEED LIMIT(速度制限)
選択、決定します。
2. CURRENT MPH(現在の速度)を選択し
ます。
3. 選択項目を決定します。
LIMIT ACTIVE(制限作動)が自動的に作
動し、設定した速度を表示します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
113
例:車幅灯(サイド・ランプ)チェック警告メッセージ
任意の速度を制限速度に設定する
SPEED LIMIT(速度制限)メニューでは、
任意の速度を制限速度として設定できま
す。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SPEED LIMIT(速度制限)
選択、決定します。
2. MPH SET(速度設定)を選択します。
3. 任意の速度を設定します:
− 短押しします:1マイル単位で速度
が高まります。
− 2秒以上長押しします:10マイル単
位で速度が高まります。
4. 選択項目を決定します。
LIMIT ACTIVE(制限作動)が自動的に
作動します。
114
速度制限の作動/停止
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SPEED LIMIT(速度制限)
選択、決定します。
2. LIMIT ACTIVE(制限作動)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
LIMIT ACTIVE(制限作動)が作動
します。
LIMIT ACTIVE(制限作動)が停止
します。
4. BACK(戻る)を選択します。
5. 選択項目を決定します。
サブ・メニューのSPEED LIMIT(速度
制限)が表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
警告メッセージの表示
WARNINGS(警告)メニューでは、走行
安全性に関係する現在のすべての警告や情
報を表示できます。
注 意
警告メッセージは故障の可能性があること
を示しています。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整
備点検は、ポルシェ正規販売店での実
施を推奨します。十分なトレーニング
を受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆
使し、確かな整備をお約束します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>VEHICLE INFO(車両情報)
選択、決定します。
2. WARNINGS(警告)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
車の不具合が発生していないときはNO
WARNING(警告なし)を表示します。
現在発生している不具合があれば、その
警告メッセージを表示します。
4. 繰り返し押すと、メッセージを順次表示
します。
5. 選択項目を決定します。
VEHICLE INFO(車両情報)
メニューが表示されます。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
レベリング・システム(車高)の
ステータス表示
ロック/リダクションのステータ
ス表示
レベリング・システム装備車では、LEVEL
(車高)メニューで現在の地上高を表示し
ます。
現在選択している走行プログラム(ロー・
レンジ/ハイ・レンジ)およびディファレ
ンシャル・ロックの状態を表示します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>VEHICLE INFO(車両情報)
選択、決定します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>VEHICLE INFO(車両情報)
選択、決定します。
2. LEVEL(車高)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
現在の地上高が表示されます。
4. 選択項目を決定します。
VEHICLE INFO(車両情報)
メニューが表示されます。
2. LOCKS/REDUCT(ロック/リダクショ
ン)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
以下の項目について、現在の設定が表示
されます:
− センター・ディファレンシャル・ロッ
クのON/OFF
− リダクションのON/OFF
− アクスル・ディファレンシャル・ロッ
クのON/OFF
4. 選択項目を決定します。
VEHICLE INFO(車両情報)
メニューが表示されます。
知識
車高は、センター・コンソールのギヤ・シ
フト・レバーの手前にあるロッカー・ス
イッチで切り替えます。
レベリング・システムおよび車高調整
機能については:
「レベリング・システムおよび車高調
整機能付きエア・サスペンション」
(170ページ)を参照してください。
知識
走行プログラムは、センター・コンソール
のギヤ・シフト・レバーの手前にあるロッ
カー・スイッチで切り替えます。
オンロードおよびオフロード走行プロ
グラム、ディファレンシャル・ロッ
ク/リダクションについては:
「オンロードおよびオフロード走行プ
ログラム」(157ページ)を参照してく
ださい。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
115
平均燃費の表示
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>VEHICLE INFO(車両情報)
選択、決定します。
2. ΦCONSUM(燃費)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
平均燃費が表示されます。表示される値
は、最後にリセットしてからの積算値で
す。
平均燃費のリセット
4. RESET(リセット)を選択します。
5. ENTERボタンを1秒以上押し続けます。
表示値が“- -.-”に切り替わります。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
タイヤ空気圧モニタリング・シス
テムの設定
セーフティ・ノート
タイヤ空気圧モニタリング・システムはさ
まざまな利点がありますが、マルチ・ファ
ンクション・ディスプレイを使用したシス
テムの設定、および実際のタイヤ空気圧の
点検調整は運転者の責務です。タイヤ空気
圧が不足すると車の走行安全性が低下する
だけでなく、タイヤやホイールを損傷する
恐れがあります。
タイヤのパンク警告が表示されたとき
は、適切な場所に停車してタイヤの損
傷具合を点検してください。必要に応
じてパンク修理剤(シーラント)で応
急処置を行うか、またはスペア・タイ
ヤに交換してください。
いかなる状況でも、空気が抜けたタイ
ヤを装着したままで走行しないでくだ
さい。
パンク修理剤は緊急の場合の応急措置
として、最寄りの修理工場までの短距
116
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
離走行だけに使用してください。また
80km/h以下で走行してください。
破損したタイヤは、ただちにポルシェ
正規販売店で交換してください。
いかなる場合もタイヤを修理しないで
ください。
空気圧を調整しても短時間で空気圧が
低下するタイヤは使用しないでくださ
い。ポルシェ正規販売店で点検を受け
てください。
ホイール・トランスミッターが故障し
たときなど、タイヤ空気圧モニタリン
グ・システムが正常に機能しないとき
は、ただちにポルシェ正規販売店で修
理してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システム
が正常に機能していないときは、タイ
ヤ空気圧を監視できません。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システム
は、タイヤが損傷する恐れがある空気
圧不足や、異物の噛み込みなどで空気
圧が徐々に低下したことを検出して警
告を促します。一方で、突発的な外的
要因によるタイヤの破裂など、急激な
空気圧の低下は警告できません。
タイヤ空気圧のメッセージが表示され
たときは、すみやかに空気圧を調整し
てください。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イへの入力情報に誤りがあると、警告
とメッセージを正しく表示できなくな
ります。タイヤを交換したとき、スペ
ア・タイヤを使用するとき、車の積載
荷重が変化したときは、TYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)メニュー
の設定を更新してください。
タイヤ空気圧を調整するときは、TYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)メニュー
に表示している空気圧の差異、タイヤ
空気圧メッセージまたは警告だけを使
用してください。
正常なタイヤでも長期にわたる使用で
徐々に空気圧が低下し、マルチ・ファ
ンクション・ディスプレイにタイヤ空
気圧警告が表示されることがあります。
警告が表示されたらタイヤ空気圧を調
整してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システムの
機能
タイヤ空気圧モニタリング・システムは4
輪すべてのタイヤ空気圧とタイヤの温度を
常時監視し、空気圧が異常に低下したとき
はドライバーに警告します。
知識
停車中のみ調整が可能です。
タイヤとホイールについては:
「タイヤとホイール」(251ページ)を
参照してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システムの表
示と設定は、マルチ・ファンクション・デ
ィスプレイのサブ・メニューにあるTYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)で実行します。
ただし実際の空気圧は、タイヤ本体で調整
しなければなりません。
サブ・メニューのTYRE PRESSURE(タイ
ヤ空気圧)では、指定空気圧と実際の空気
圧の差異を表示できます。
例:
ディスプレイに「−0.3bar」と表示された
ときは、実際の空気圧が指定空気圧より
0.3bar低下しています。この差異を補正す
るように空気圧を調整してください。
指定空気圧は、固定の標準値としてあらか
じめ設定されており、変更できません。
タイヤ空気圧モニタリング・システムを正
しく機能させるために、以下の項目を設定
する必要があります:
− タイヤ
車に装着しているタイヤの種類とサイ
ズを選択します。
− 荷重
荷重の種類を選択します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
117
車を発進させると、システムが各ホイール
およびホイール位置を認識する学習を開始
します。この間、スピードメータ内のタイ
ヤ空気圧警告灯が点灯します。また、学習
が完了するまでは現在のタイヤ空気圧情報
を表示できません。
知識
タイヤの種類とサイズの設定
タイヤやホイールを交換したときは、マル
チ・ファンクション・ディスプレイの設定
を更新しなければなりません。
新しく装着したタイヤやホイールの種類お
よびサイズが、これまで装着していたもの
と同一であったとしても、改めて選択し直
してください。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
118
タイヤの種類とサイズは、タイヤの側面
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー ) (サイド・ウォール)に表示されています。
>TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)
この表示の詳細については:
「ラジアル・タイヤの見方」(255ペー
>SETTINGS(設定)
ジ)を参照してください。
選択、決定します。
2. TYRES(タイヤ)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
TYRE TYPE(タイヤの種類)のリスト
が表示されます。
4. 新しく装着したタイヤに応じて、適切な
種類(サマー・タイヤなど)を選択しま
す。
選択したタイヤの種類に対応するサイズの
リストが表示されます。例えばサマー・タ
イヤを選択すると、この車に装着可能なサ
マー・タイヤのサイズ一覧が表示されま
す。
5. 新しく装着したタイヤのサイズ(19イン
チなど)を選択します。
6. 選択項目を決定します。
新しい設定が表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
知識
ポルシェ社が承認しているにもかかわら
ず、マルチ・ファンクション・ディスプレ
イに登録されていないサイズのタイヤを装
着するときは、装着の前にマルチ・ファン
クション・ディスプレイの情報を追加して
ください。
詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ねく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整
備点検は、ポルシェ正規販売店での実
施を推奨します。十分なトレーニング
を受けた経験豊かなスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆
使し、確かな整備をお約束します。
警 告
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)
>SETTINGS(設定)
選択、決定します。
速度を超過すると事故を起こす恐れがあり
ます。
タイヤの許容最高速度を常に遵守して
ください。
装着しているタイヤの許容最高速度が、
この車の最高速度よりも低い場合は、
タイヤの許容最高速度を示すステッカー
をドライバーの視野に貼り付けてくだ
さい。
各国の法律を遵守してください。
タイヤに表示している速度記号は、そのタ
イヤの許容最高速度を示しています。
タイヤ側面(サイドウォール)の速度
記号については:
「ラジアル・タイヤの見方」(255ペー
ジ)を参照してください。
車の荷重とタイヤ空気圧の設定
タイヤ空気圧は車の荷重に応じて調整する
必要があります。
以下の2種類の荷重を設定できます:
− PARTIAL LOAD(部分積載荷重)
3名乗車以下、および21kgの積載荷重ま
で
− FULL LOAD(全積載荷重)
4名乗車以上、および22kgの積載荷重を
超えるとき
2. LOAD(荷重)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
LOAD(荷重)メニューが表示されます。
荷重に応じて適切なメニュー(FULL
LOAD(全積載荷重)など)を選択しま
す。
4. 選択項目を決定します。
決定した内容が表示されます。
選択した荷重に適切なタイヤ空気圧と実際
の空気圧の差は、MAIN MENU(メイン・
メニュー)>TYRE PRESSURE(タイヤ空気
圧)>SETTINGS(設定)のサブ・メニュー
で確認できます。
表示された情報をもとに空気圧を調整
します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
119
警告「FLAT TYRE(タイヤのパンク)
」
この警告メッセージを表示するための許容
限界値は、速度に応じて変化します。
速度が160km/h以下のときは、0.5bar以上
の空気圧の低下で警告メッセージを表示し
ます。
速度が160km/hを超えると、0.4bar以上の空
気圧の低下で警告メッセージを表示します。
この警告メッセージでは、どの位置に装着
しているタイヤの空気圧が低下しているか
を特定でき、さらに適正な空気圧との差を
知ることができます。
また、警告メッセージに加えてスピードメー
タ内のタイヤ空気圧警告灯が点灯します。
警告メッセージは走行中に表示するこ
とができます。
ワイパー・レバーのENTERボタンを押
してください。スピードメータ内のタ
イヤ空気圧警告灯が点灯した状態を維
持します。
イグニッションを1度OFFにして再度
ONにしたときだけ、測定表示
SELECTION AFTER WARNING(警告
後の選択)が現れます。
120
デ ィ ス プ レ イ の 表 示 : SELECTION AFTER
WARNING(警告後の選択)
1. 適切な場所に停車します。
2. 表示されているタイヤの損傷を点検し
ます。
3. 必要に応じてタイヤ空気圧を調整する
か、またはタイヤを交換します。
− ADD AIR(空気を補充)
(例: ディスプレイに「−0.4bar」と
表示されたときは、実際の空気圧が指
定空気圧より0.4bar低下しています。
この差異を補正するように空気圧を調
整してください。
)
空気の補充については:
「タイヤ空気の充填」(269ページ)を
参照してください。
または、
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
− WHEEL CHANGE(スペア・タイヤ
またはコラプシブル・スペア・タイヤ
に交換)
車のジャッキ・アップについては:
「ジャッキ・アップ」(262ページ)を
参照してください。
タイヤ交換については:
「タイヤ交換」(265ページ)を参照し
てください。
または、
− SEALING SET(パンク修理剤で
シーリング)
パンク修理剤の取り扱いと使用方法に
ついては:
「パンク修理剤」(260ページ)を参照
してください。
4. 再度イグニッションをONにします。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イには、「FLAT TYRE(タイヤのパン
ク)
」の警告メッセージがはじめに表示
されます。それから数秒後に
「SELECTION AFTER WARNING(警告
後の選択)
」のメッセージに切り替わり
ます。
5. ロッカー・スイッチを操作して実行し
た作業を選択します。
− ADD AIR(空気を補充)
、または
− WHEEL CHANGE(スペア・タイヤ
またはコラプシブル・スペア・タイ
ヤに交換)>SPARE WHEEL(スペ
ア・タイヤ)>スペア・タイヤのタ
イプ、または
− SEALING SET(パンク修理剤でシー
リング)
6. ENTERボタンを押します。
スペア・タイヤおよびコラプシブル・スペ
ア・タイヤにはホイール・トランスミッター
を装備していません。このためタイヤ空気
圧モニタリング・システムがタイヤの空気
圧を監視できません。
知識
スペア・タイヤおよびコラプシブル・スペ
ア・タイヤにはホイール・トランスミッ
ターを装備していません。このためタイヤ
空気圧モニタリング・システムがタイヤの
空気圧を監視できません。
コラプシブル・スペア・タイヤまたはパン
ク修理剤を使用したときは、速度が80km/h
を超えるとマルチ・ファンクション・ディ
スプレイに警告メッセージが表示されます。
知識
選択項目を決定しなかったとき、または作
業を実行しないで項目を選択して決定した
ときは、警告やメッセージの表示が正しく
実行されなくなることがあります。
選択した項目に応じて、イグニッションを
ONにしたとき、発進したとき、または走行
中に該当するメッセージが表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
表示されるメッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131ペー
ジ)を参照してください。
タイヤ交換(警告メッセージが表示され
ていないとき)
警告「TYRE PRESSURE TOO LOW(タ
イヤ空気圧の異常低下)
」
タイヤ空気圧が0.3bar以上低下すると、こ
の警告メッセージが表示されます。
この警告メッセージでは、どの位置に装着
しているタイヤの空気圧が低下しているか
を特定でき、さらに適正な空気圧との差を
知ることができます。
このメッセージは停車中のみ表示されま
す。またイグニッションをOFFにしたとき
にはじめて表示され、以後はタイヤ空気圧
を適正値に調整するまでイグニッションを
ONにする度に表示されます。
メッセージはマルチ・ファンクション・ディ
スプレイに10秒間表示されます。ただし
ENTERボタンを押すとただちに消すことが
できます。
すみやかにタイヤ空気圧を点検し、必
要に応じて調整してください。
例: ディスプレイに「−0.3bar」と表示さ
れたときは、実際の空気圧が指定空気圧よ
り0.3bar低下しています。この差異を補正
するように空気圧を調整してください。
ホイールまたはタイヤを交換したときは、
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
設定を必ず更新してください。
「タイヤの種類とサイズの設定」(118ペー
ジ)を参照してください。
スペア・タイヤ/パンク修理剤の設定
(警告メッセージが表示されていないと
き)
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
「FLAT TYRE(タイヤのパンク)
」が表示さ
れていないときに、スペア・タイヤまたは
コラプシブル・スペア・タイヤを装着す
る、またはパンク修理剤を使用した場合は、
TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)のサ
ブ・メニューで設定を必ず更新してくださ
い。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
121
スペア・タイヤの設定
コラプシブル・スペア・タイヤの設定
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)
>SETTINGS(設定)
>TYRES(タイヤ)
>SPARE WHEEL(スペ
ア・タイヤ)
選択、決定します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)
>SETTINGS(設定)
>TYRES(タイヤ)
>SPARE WHEEL(スペ
ア・タイヤ)
選択、決定します。
2. SPARE WHEEL(スペア・タイヤ)を選
択します。
3. 選択項目を決定します。
ディスプレイの表示が自動的にTYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)のサブ・メ
ニューに戻り、必要なタイヤ空気圧を確
認することができます。
BACK(戻る)を選択します。
4. 選択項目を決定します。
基本画面が表示されます。
スペア・タイヤにはホイール・トランスミ
ッターを装備していません。このためタイ
ヤ空気圧モニタリング・システムがタイヤ
の空気圧を監視できません。ENTERボタン
を押すと、スピードメータ内のタイヤ空気
圧警告灯が点灯します。TYRE PRESSURE
(タイヤ空気圧)のサブ・メニューでは、
スペア・タイヤを装着している位置に“_._”
が表示されます。
またイグニッションをONにする度にSPARE
WHEEL/SEALING SET OPERATION?(スペ
ア・タイヤ/パンク修理剤を使用していま
すか?)のメッセージが表示されます。ス
ペア・タイヤ/パンク修理剤の使用につい
ては:
「スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用上
の知識」
(123ページ)を参照してください。
知識
スペア・タイヤは緊急時の応急措置とし
て短距離走行だけに使用してください。
スペア・タイヤの取り扱いと取り付
け/取り外しについては:
「スペア・タイヤ」(270ページ)を参
照してください。
122
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
2. COLLAP.WHEEL(コラプシブル・スペ
ア・タイヤ)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
コラプシブル・スペア・タイヤの適正空
気圧と制限速度が表示されます。
コラプシブル・スペア・タイヤにはホイー
ル・トランスミッターを装備していませ
ん。このためタイヤ空気圧モニタリング・
システムがタイヤの空気圧を監視できませ
ん。ENTERボタンを押すと、スピードメー
タ内のタイヤ空気圧警告灯が点灯します。
TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)のサ
ブ・メニューでは、コラプシブル・スペ
ア・タイヤを装着している位置に“_._”が
表示されます。
また速度が80km/hを超えると、マルチ・フ
ァンクション・ディスプレイに警告が表示
されます。
さらに、イグニッションをONにする度に
SPARE
WHEEL/SEALING
SET
OPERATION?(スペア・タイヤ/パンク修
理剤を使用していますか?)のメッセージ
が表示されます。
スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用につ
いては:
「スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用上
の知識」
(123ページ)を参照してください。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤは緊急時の
応急措置として短距離走行だけに使用して
ください。
コラプシブル・スペア・タイヤの取り扱い
については:
「コラプシブル・スペア・タイヤ」
(268ペー
ジ)を参照してください。
スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用につ
いては:
「スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用上
の知識」
(123ページ)を参照してください。
知識
パンク修理剤は緊急時の応急措置として短
距離走行だけに使用してください。
パンク修理剤の取り扱いと使用について
パンク修理剤の設定
は:
「パンク修理剤」(260ページ)を参照して
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー ) ください。
>TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)
スペア・タイヤ/パンク修理剤の使用上
>SETTINGS(設定)
の知識
>TYRES(タイヤ)
スペア・タイヤの種類(スペア・タイヤ、コ
>SPARE WHEEL
ラプシブル・スペア・タイヤ、またはパンク
(スペア・タイヤ)
修理剤)を設定していると、イグニッション
選択、決定します。
をONにする度にSPARE WHEEL/SEALING
SET OPERATION?(スペア・タイヤ/パン
2. SEALING SET(パンク修理剤)を選択
ク修理剤を使用していますか?)のメッセー
します。
ジが約10秒間表示されます。
3. 選択項目を決定します。
1. YES(はい)またはNO(いいえ)を選
ディスプレイの表示が自動的にTYRE
択します:
PRESSURE(タイヤ空気圧)のサブ・メ
−スペア・タイヤ、コラプシブル・スペ
ニューに戻ります。
ア・タイヤ、またはパンク修理剤を使
ディスプレイに表示されている空気圧
用しているときはYES(はい)を選び
の差に従って、タイヤ空気圧を調整し
ます。
てください。
−スペア・タイヤ、コラプシブル・スペ
速度が80km/hを超えると、マルチ・ファン
ア・タイヤ、またはパンク修理剤を使
クション・ディスプレイに警告が表示され
用していないときはNO(いいえ)を
ます。
選びます。
またイグニッションをONにする度にSPARE
2. 選択項目を決定します。
WHEEL/SEALING SET OPERATION?(スペ
これで選択した項目が設定されます。NO
ア・タイヤ/パンク修理剤を使用していま
(いいえ)を選択した場合は、現在の設定
すか?)のメッセージが表示されます。
が表示されます。
装着しているタイヤの種類、サイズを
設定します。
「タイヤの種類とサイズの設定」(118
ページ)を参照してください。
知識
このとき何も選択しないと、SPARE
WHEEL/SEALING SET OPERATION?(ス
ペア・タイヤ/パンク修理剤を使用してい
ますか?)のメッセージが約10秒後に自動
的に消え、元の選択であるYES(はい)が
維持されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
123
タイヤ空気圧モニタリング・シス
テムの故障
タイヤ空気圧モニタリング・システムが故
障したときはタイヤの空気圧を監視できま
せん。なお一時的にモニタリングできる場
合と、完全にシステムが停止する場合があ
ります。
一時的にモニタリングできる場合は、メー
タ・パネルの警告灯が点灯します。マル
チ・ファンクション・ディスプレイにはメ
ッセージが何も表示されません。
完全にシステムが停止した場合は、メー
タ・パネルの警告灯が点灯し、マルチ・フ
ァンクション・ディスプレイにメッセージ
が表示されます。
すべての故障が解消すると、警告灯が消灯
します。
以下のときは、システムが一時的にモニタ
リングできる状態になります:
− 最大2個のホイール・トランスミッター
から正常な信号を受信できない、また
は故障したとき(例: ホイール・トラ
ンスミッターを装備していないホイー
ル(スペア・タイヤ、コラプシブル・
スペア・タイヤ)を装着したとき)
一時的にモニタリングできる場合、TYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)のサブ・メ
ニューでは、ホイール・トランスミッター
に異常がある位置に“_._”が表示されます。
124
以下のときは、完全にシステムが停止しま
す:
− タイヤ空気圧モニタリング・システム
が故障したとき
− 3個以上のホイール・トランスミッター
から正常な信号を受信できない、また
は故障したとき
− タイヤを交換した直後
− 異常な数量のホイール・トランスミッ
ターを検出したとき
− 電磁波の強い影響を受けたとき(例:
ワイヤレス・ヘッドホンなど)
− タイヤ内の温度が異常に高いとき
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
に表示されるメッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
タイヤ空気圧の知識
温度の上昇に伴って空気圧が高まります
物理的な原理により、温度変化に応じて空
気圧が変化します。温度が10℃変化すると、
タイヤ空気圧が約0.1bar変化します。
タイヤには指定空気圧があります
タイヤ空気圧は、あらかじめ指定している
空気圧に調整しなければなりません。
冷間時(20℃のとき)のタイヤ空気圧は、
以下の場所で確認ができます:
− TYRE PRESSURE(タイヤ空気圧)の
サブ・メニュー:
タイヤ空気圧モニタリング・システム
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
に指定空気圧が登録されていない場合、
各アクスルの指定空気圧が表示されま
す。
− 左側フロント・ドア開口部
− 本書のテクニカル・データ:
「冷間時(20℃)のタイヤ空気圧」
(308ページ)を参照してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システムに指
定空気圧が登録されている場合、TYRE
PRESSURE(タイヤ空気圧)のサブ・メ
ニューには、各タイヤの温度に応じて個別
に指定空気圧と実際の空気圧の差が表示さ
れます。したがってタイヤが温まっている
ときでも、ディスプレイの表示に基づいて
タイヤ空気圧を調整できます。
タイヤ空気圧が不足していると、走行中に
タイヤがオーバーヒートする原因になりま
す。たとえ目に見えない小さな損傷でも、
それが原因でタイヤが損傷する恐れがあ
り、空気圧の調整だけでは正常な状態に戻
せなくなります。
このような理由から、タイヤ空気圧を
常に適正に維持してください。
タイヤおよびホイールのメンテナンス
とお手入れについては:
「タイヤとホイール」(251ページ)を
参照してください。
室内モニタ・システムおよび傾斜
センサ*の停止
ALARM(アラーム)のサブ・メニューでは、
室内モニタ・システムおよび傾斜センサ
(けん引による盗難の防止機能)を一時的
に停止できます。
ドアをロックし直すと、室内モニタ・シス
テムと傾斜センサが再作動します。
この機能については:
「室内モニタ・システムおよび傾斜セ
ンサの手動解除」(223ページ)を参照
してください。
知識
コンフォート設定は停車中のみ実行で
きます。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
室内モニタ・システムのON/OFF
ドアを閉めた状態で車内の動きを検出する
と、警報が鳴ります。これは、例えばウィ
ンドウを割って車内に侵入したときの盗難
防止機能です。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>COMFORT(コンフォート)
>ALARM(アラーム)
選択、決定します。
2. INTERIOR(インテリア)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
室内モニタ・システムが作動
ドア・ミラーの同期調節
室内モニタ・システムが停止
知識
傾斜センサのON/OFF*
ドアをロックした状態で車の異常な傾きを
検出すると、警報が鳴ります。これは、例
えばけん引による車の盗難を防止する機能
です。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>C O M F O R T ( コ ン フ ォ ー ト )
>ALARM(アラーム)
選択、決定します。
2. ANGLE(角度)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
傾斜センサが作動
コンフォート設定は停車中のみ実行できま
す。
この機能を作動させると、左右ドア・ミラ
ーの動きが同期して同じ方向に動きます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>COMFORT(コンフォート)
>MIRRORS(ミラー)
選択、決定します。
2. SYNCH(同期)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
同期調節機能が作動
同期調節機能が停止
傾斜センサが停止
*日本仕様に設定はありません。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
125
車の開閉およびロックの設定変更
ドア・ロック解除の設定
知識
ドア・ロックの解除が各ドアで個別に設定
できます。
コンフォート設定は停車中のみ実行できま
す。
この機能では、ドアおよびリア・リッドの
さまざまなロック/ロック解除パターン、
そしてロック/ロック解除時のアンサー・
バック表示を設定できます。また設定は、
そのとき使用しているリモート・コントロー
ルの設定として記憶できます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>C O M F O R T ( コ ン フ ォ ー ト )
>DOOR OPENING( ド ア 開 )
選択、決定します。
2. お好みの機能を設定します。
3. イグニッションをOFFにします。
4. 運転席ドアを閉めます。
5. キーの ボタンを押します。
これで設定が完了し、キーの設定とし
て記憶されました。
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
126
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>C O M F O R T ( コ ン フ ォ ー ト )
>DOOR OPENING( ド ア 開 )
>DOORS(ドア)
選択、決定します。
2. 以下の3種類から1つを選択します:
− SINGLE DOOR(運転席ドア)
運転席ドア・ロックだけが解除されま
す。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備
車では、車に近づいた側のフロント・
ドア・ロックだけが解除されます。
− VEH. SIDE(運転席側のフロント/リ
ア・ドア)
運転席側のフロントおよびリア・ド
ア・ロックが解除されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
では、車に近づいた側のフロントおよ
びリア・ドア・ロックが解除されます。
− ALL(すべてのドア)
すべてのドア・ロックが解除されま
す。
3. 選択項目を決定します。
知識
リモート・コントロールのロック解除
ボタンを1回押し、それから2秒以内に
再度押したときは、上記の設定に関係なく
すべてのドア・ロックが解除されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
アンサー・バックの設定
この機能を作動させると、ドアのロック/
ロック解除動作に合わせてハザード・ラン
プが点滅します。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>COMFORT(コンフォート)
>DOOR OPENING( ド ア 開 )
>SIGNAL(アンサー・バック)
選択、決定します。
2. TURN SIGNALS(方向指示灯)を選択し
ます。
3. 選択項目を決定します。
アンサー・バックが作動
アンサー・バックが停止
リア・リッド・ロックの設定
この機能を作動させると、車の後方からの
アクセス(リア・リッド、リア・ウィンド
ウ、スペア・タイヤ・ブラケット*)がセ
ントラル・ロッキング・システムに組み込
まれます。
この機能は、停車中でロックが解除されて
いるときに使用できます。
いったん速度が6km/hを超えると、次に停
車してドアを開けるまでリリース機能がロ
ックされます。
この機能を停止したときは、リモート・コ
ントロールの
ボタンを使用したとき
だけ車の後方からアクセスができます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>C O M F O R T ( コ ン フ ォ ー ト )
>DOOR OPENING(ドア開)選択、
決定します。
2. TAILGATE(リア・リッド)を選択しま
す。
3. 選択項目を決定します。
知識
オートマチック・リア・リッド装備車:
イグニッションONで停車中は、マルチ・
ファンクション・ディスプレイの設定に関
係なく、運転席ドアのボタンを引くとリ
ア・リッドを開けることができます。
「オートマチック・リア・リッド」
(14ペー
ジ)を参照してください。
AUTO LOCK(オート・ロック)および
AUTO UNLOCK(オート・ロック解除)
の設定
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>COMFORT(コンフォート)
>DOOR OPENING( ド ア 開 )
選択、決定します。
2. AUTO LOCK(オート・ロック)または
AUTO UNLOCK(オート・ロック解除)
を選択します。
3. 選択項目を決定します。
オート・ロックおよびオート・ロック解
除の種類
オート・ロック機能(AUTO LOCK)およ
びオート・ロック解除機能(AUTO
UNLOCK)には4種類があります。
オート・ロック機能でドアをロックした場
合、ドア・ロック解除機能の設定に関係な
く、インナー・ドア・ハンドルを2回引く
といつでもドアが開きます。
オプション1:
オート・ロックOFF、オート・ロック解
除OFF
ドアが自動的にロック/ロック解除されま
せん。
オプション2:
オート・ロックON、オート・ロック解除
OFF
速度が約6km/hを超えると、ドアが自動的
にロックされます。
選択項目の機能が作動
選択項目の機能が停止
リア・リッド機能が作動
リア・リッド機能が停止
*日本仕様に設定はありません。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
127
オプション3:
オート・ロックON、オート・ロック解除
ON
速度が約6km/hを超えると、ドアが自動的
にロックされます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備車
は、イグニッション・キーを抜き取るとド
アが自動的にロック解除されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
イグニッションを2回OFFにするとドアが
ロック解除されます。
オプション4:
オート・ロックOFF、オート・ロック解
除ON
ドアが自動的にロックされません。
セントラル・ロッキング・ボタンでドアを
ロックしたときは:
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備車
は、イグニッション・キーを抜き取るとド
アが自動的にロック解除されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
イグニッションを2回OFFにするとドアが
ロック解除されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イに表示されるメッセージについて
は:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
デイタイム・ドライビング・ラン
プの点灯/消灯
知識
LIGHTS(ランプ)メニューの機能は、停
車中のみ設定することができます。
DAYTIME DRIVING LIGHTS(デイタイ
ム・ドライビング・ランプ)機能を作動さ
せると、イグニッションがONのときにフ
ロントおよびリアの車幅灯とヘッドラン
プ・ロー・ビームが点灯します。
このとき室内のメータ・パネル・ランプや
インストルメント照明は点灯しません。
イグニッションをOFFにするとデイタイ
ム・ドライビング・ランプが消灯します。
ランプ・スイッチが消灯の位置にあるとき
は、警告メッセージがマルチ・ファンクシ
ョン・ディスプレイに表示されます。路上
に停車してイグニッションをOFFにすると
きなど、必要に応じてランプ・スイッチを
操作し、車外のランプを点灯してください。
128
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
> SETTINGS(設定)
>LIGHTS(ランプ)
選択、決定します。
2. DAYTIME DRIVING LIGHTS(デイタイ
ム・ドライビング・ランプ)を選択しま
す。
3. 選択項目を決定します。
デイタイム・ドライビング・ランプ
が作動
デイタイム・ドライビング・ランプ
が停止
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>LIGHTS(ランプ)
選択、決定します。
2. OFF DELAY(消灯遅延)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
消灯遅延機能の設定
知識
LIGHTS(ランプ)メニューの機能は、停
車中のみ設定することができます。
車をロックしてからランプが消灯するまで
の時間をセットすることができます。
消灯遅延時間を設定するモードにな
ります。
4. 時間入力フィールドを選択します。
5. 選択項目を決定します。
6. 消灯遅延時間(ウェルカム・ホーム機能)
を設定します:
ロッカー・スイッチを押して時間を切り
替えます。
消灯遅延時間は、15秒、30秒、60秒の中
から選択できます。
7. 選択項目を決定します。
時計の設定
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>CLOCK(時計)
選択、決定します。
2. xx:xx SET(時刻設定)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
4. 「時」または「分」のフィールドを選択
します。
5. 選択項目を決定します。
これで任意の時刻を設定できます。
6. 時刻を設定します:
ロッカー・スイッチを押すと、選択して
いるフィールド(
「時」または「分」
)の
数字が切り替わります。
7. 選択項目を決定します。
12時間表示モードの選択
8. 12 h-mode(12時間表示モード)を選択
します。
9. 選択項目を決定します。
12時間表示モードが作動
12時間表示モードが停止
知識
メータ・パネルのボタン操作でもCLOCK
(時計)メニューを呼び出せます:
「I-時計」
(104ページ)を参照してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
129
ディスプレイ表示単位の変更
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>UNITS(単位)
選択、決定します。
ディスプレイ表示言語の変更
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>LANGUAGE(言語)
選択、決定します。
2. お好みの言語を選択します。
3. 選択項目を決定します。
知識
言語の設定を変更すると、マルチ・ファン
クション・ディスプレイのすべての機能で
言語が切り替わります。
2. お好みのカテゴリーを選択します。(ス
ピードメータなど)
3. 選択項目を決定します。
4. お好みの単位を選択します。
(MPHなど)
5. 選択項目を決定します。
すべての設定(時計、コンフォート機能、
ランプ機能、単位、言語)をリセットし、
初期設定に戻すことができます。
利用可能なカテゴリー/単位
− スピードメータ:
km/h-km、mph-mls
− 燃費:
l/100km、km/l、MPG(UK)、MPG
(US)
− 温度:
℃(摂氏)
、°F(華氏)
− タイヤ空気圧:
bar、psi
知識
知識
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの基本的な操作については、
「基本操
作」
(108ページ)を参照してください。
130
初期設定への表示のリセット
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
初期設定にリセットすると、これまでに選
択したすべてのパーソナル設定が消去され
ます。
1. MAIN MENU( メ イ ン ・ メ ニ ュ ー )
>SETTINGS(設定)
>FACTORY SET(初期設定)
選択、決定します。
2. RESET(リセット)を選択します。
3. 選択項目を決定します。
警告灯および警告メッセージ
警告メッセージが表示されたときは、本書の該当する箇所の説明をよく読んでください。
警告メッセージは、あらかじめ決められたすべての条件が満たされた場合に表示されます。
このため、すべてのフルード・レベルを定期的に点検してください。特に、エンジン・オイル・レベルは給油毎に点検してください。
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
意味/対処方法
Steering faulty
ステアリング・ロックが締結しています。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Ignition lock faulty
運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
System fault
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Key not recognized in vehicle
リモート・コントロールを携帯しているか確認してください。
Turn ignition key to the left
for 2 seconds
ステアリングをロックするには、イグニッション・キーを左に回して2秒間保持
してください。
Key: replace battery
リモート・コントロールの電池を交換してください。
Move steering wheel
ステアリングを回してステアリング・ロックを締結/解除してください。
Key not found
リモート・コントロールを携帯しているか確認してください。
Move selector lever
to position P
車が動き出すことがあります。
セレクタ・レバーがPの位置にあるときだけ、イグニッション・キーを抜き取る
ことができます。
Press the brake
エンジン始動時はブレーキ・ペダルを踏んでください。
Move selector lever
to position P or N
セレクタ・レバーがPまたはNの位置にあるときだけ、エンジンを始動できます。
Immobilizer active
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
131
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
Check hitch
132
意味/対処方法
Warning Hitch
ボール・ヒッチがロック位置にありません。
ロック位置になるまでロッカー・スイッチを押してください。
適切な場所に停車してください。運転を続けないでください。
ボール・ヒッチがロック位置にありません。
ロック位置になるまでロッカー・スイッチを押してください。
Check left static
cornering light
ランプ・バルブを点検してください。
Check right static
cornering light
ランプ・バルブを点検してください。
Check dynamic
cornering light
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
警告メッセージが表示されたときは、追加で
スピードメータ内のハイ・ビーム表示灯が点滅します。
Check dipped beam
ランプ・バルブを点検してください。
Check trailer lights
ランプ・バルブを点検してください。
Check direction indicators
ランプ・バルブを点検してください。
Check high beam
ランプ・バルブを点検してください。
Check license plate light
ランプ・バルブを点検してください。
Check fog lights
ランプ・バルブを点検してください。
Check reversing lights
ランプ・バルブを点検してください。
Check front side lights
ランプ・バルブを点検してください。
Check headlight
beam adjustment
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
意味/対処方法
Daytime driving lights off
イグニッションをOFFにするとデイタイム・ドライビング・ランプが消灯します。
必要に応じてランプ・スイッチの手動操作でランプを点灯してください。
System fault headlamp
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
エアバッグが故障しています。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Seat belt
シートベルトを着用してください。
Caution flat tyre
Check tyres
タイヤ空気圧モニタリング・システムが0.4bar以上の空気圧の低下を検出しました。
適切な場所に停車してタイヤを点検してください。
必要に応じてタイヤを交換してください。
Check spare wheel
Req. pressure:
3.4bar/50psi
約6ヶ月毎に表示します。
スペア・タイヤを装着している場合は空気圧を直接点検してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システムでは監視できません。
Tyre pressure too low
Add air
タイヤ空気圧モニタリング・システムが0.3bar以上の空気圧の低下を検出しました。
すみやかに空気圧を調整してください。
Collap. wheel/Sealing
set Max. 80km/h (50mph)
許容最高速度を遵守してください。
Collap. wheel
Req. pressure: 3.5bar/51psi
Max. 80km/h (50mph)
コラプシブル・スペア・タイヤでの走行に関する情報です。
スペア・タイヤのメニューで選択後に表示されます。
許容最高速度の80km/hを遵守してください。
指定空気圧の3.5barを維持してください。
System not active
タイヤ空気圧モニタリング・システムが故障しています。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
タイヤを交換した後、タイヤ空気圧のメニューで新しいタイヤを選択してください。
System not active
Brief disturbance
電磁波(ワイヤレス・ヘッドホンなど)による影響、またはホイール・トラン
スミッターが異常に過熱(120℃以上)しています。
タイヤ空気圧モニタリング・システムは自動的に復帰します。
System not active
Too many wheel transmitters
タイヤ空気圧モニタリング・システムが5個以上のホイール・トランスミッター
を検出しました。
(ラゲッジ・コンパートメントにウインター・タイヤを積載し
ているなど)
トランスミッターの数が適正になると、タイヤ空気圧モニタリング・システム
が自動的に復帰します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
133
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
意味/対処方法
No monitoring
System learning
タイヤ空気圧のメニューでタイヤの種類とサイズを選択すると、タイヤ空気圧
モニタリング・システムがタイヤの学習を行います。
Wheel change?
Make new selection
交換したタイヤの種類とサイズがタイヤ空気圧モニタリング・システムで更新
されていません。
停車中はディスプレイの表示が切り替わります:該当するタイヤの種類とサイ
ズを選択してください。
When vehicle stops:
hit selection
「Flat tyre(タイヤのパンク)」の警告が解消された後、SELECTION AFTER
WARNING(警告後の選択)の選択が正しく行われていないと、発進後にメッセ
ージが表示されます。
停車中にマルチ・ファンクション・ディスプレイで選択してください。
Engine temperature
too high
エンジン水温または油温が異常に高まっています。
エンジンを停止して冷却してください。
クーラントまたはエンジン・オイル・レベルを点検してください。
必要に応じてクーラントまたはエンジン・オイルを補充してください。
Check coolant level
エンジンを停止して冷却してください。
クーラント・レベルを点検し、必要に応じて補充してください。
Warning battery/generator
適切な場所に停車してエンジンを停止してください。
運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Start engine
エンジン停止中に電装品が作動しているとバッテリを消耗します。
エンジンを始動するか、または電装品をOFFにしてください。
Electric load switch-off
車両エレクトリカル・システムが過負荷になっています。
消費電力が大きな電装品(リア・ウィンドウ・ヒータ、シート・ヒータなど)
をOFFにしてください。
Please refuel
Add washer fluid
134
Oil level monitoring failure
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Check oil level
できるだけ早く、オイル・レベル・ゲージでエンジン・オイル・レベルを点検
してください。
必要に応じてエンジン・オイルを補充してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
意味/対処方法
Oil pressure too low
ただちに適切な場所に停車してエンジンを停止してください。
運転を続けないでください。
エンジン・オイル・レベルを点検し、必要に応じて補充してください。
オイル・レベルが適正でも警告灯が点灯するときは、運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Oil pressure monitoring failure
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Service in 3,000km/mls
サービス・インジケータです。
表示されている距離を走行する前にメンテナンスを受けてください。
詳しくは「整備手帳」を参照してください。
Service now
サービス・インジケータです。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Brake pads
ただちにブレーキ・パッドを交換してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Warning Brake proportioning
ただちに適切な場所に停車してください。
運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
ABS failure
注意して運転してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
注意して運転してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
PSM failure
Warning Brake fluid level
ただちに適切な場所に停車してください。
運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Parking brake
パーキング・ブレーキが解除されていません。
PSM on
ポルシェ・スタビリティ・マネージメントがONになっています。
PSM off
ポルシェ・スタビリティ・マネージメントがOFFになっています。
PHC unavailable
ポルシェ・エンジン・ブレーキ・サポート(下り坂走行アシスト)が使用でき
ません。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
135
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
Brake booster faulty
ブレーキ・ペダルを踏むときに強い力が必要です。
最寄りのポルシェ正規販売店まで注意して運転してください。★
Chassis Sport
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントの現在の設定です。
Chassis Normal
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントの現在の設定です。
Chassis Comfort
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントの現在の設定です。
Chassis system faulty
ハンドリング性能に悪影響が生じます。
状況に応じた速度で運転してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Warning chassis system
コーナリング中の横方向の傾きが異常に大きくなります。
無理のない速度で、最寄りのポルシェ正規販売店まで
注意して運転してください。★
Warning chassis system
適切な場所に停車してください。
運転を続けないでください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
最寄りのポルシェ正規販売店まで注意して運転してください。★
Chassis system faulty
Spare wheel filling
Regulation switched off
136
意味/対処方法
コラプシブル・スペア・タイヤがレベリング・システム用コンプレッサで
充填されています。発進しないでください!
レベリング・システムがOFFになっています。
(ジャッキ・アップをするとき)
Not permissible
設定車高に切り替えるための作動条件が満たされていません。
Pressure accumulator charging
レベリング・システムが一時的に使用できません。
Four-wheel dr. system faulty
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Shift not possible:
speed too high
ロー・レンジとハイ・レンジを切り替えるとき、
オフロード・プログラムの制限速度を超えないでください。
Shift possible only in Neutral
ロー・レンジとハイ・レンジを切り替えるときは
セレクタ・レバーをNの位置にしてください。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
メータ・パネルの
警告灯
マルチ・ファンクション・ディスプレイの
警告メッセージ
意味/対処方法
Warning Parking lock!
Apply parking brake!
運転を続けないでください。パーキング・ブレーキをかけてください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Failure Sport mode
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
Sport mode only usable
without reduction
オフロード走行プログラム(ロー・レンジ)ではスポーツ・モードを選択でき
ません。
設定した制限速度を超過しています。
Limit exceeded
スペア・タイヤがロックされていません。怪我または車が損傷する恐れがあります。
発進する前にスペア・タイヤを必ずロックしてください。
左フロント・ドアが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除され
ているすべてのドア、およびリッドが表示されます。
右フロント・ドアが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除され
ているすべてのドア、およびリッドが表示されます。
左リア・ドアが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除されてい
るすべてのドア、およびリッドが表示されます。
右リア・ドアが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除されてい
るすべてのドア、およびリッドが表示されます。
エンジン・フードが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除され
ているすべてのドア、およびリッドが表示されます。
リア・リッドが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除されてい
るすべてのドア、およびリッドが表示されます。
リア・ウィンドウが開いています。速度が3km/hを超えると、ロックが解除され
ているすべてのドア、およびリッドが表示されます。
System fault
★
いくつかのシステムが故障しています。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてください。★
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポルシェ正規販売店での実施を推奨します。十分なトレーニングを受けた経験豊かなスタッフが、最新の技術情
報と専用工具や専用装置を駆使し、確かな整備をお約束します。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、メータ・パネル
137
安全運転について
お出かけの前に........................................ 139
慣らし運転 ............................................... 139
車の技術的な仕様変更............................ 140
テール・パイプ........................................ 140
ポルシェ・セラミック・コンポジット・
ブレーキ(PCCB)................................... 140
イグニッション・ロック/
ステアリング・ロック............................ 141
エンジンの始動と停止............................ 143
自動車電話、無線機................................ 144
ポルシェ・コミュニケーション・
マネージメント(PCM)......................... 144
ラジオ ....................................................... 144
パーキング・ブレーキ............................ 146
フット・ブレーキ.................................... 146
クルーズ・コントロール........................ 148
ティプトロニックS ................................. 150
セレクタ・レバーの位置........................ 151
オンロードおよびオフロード走行
プログラム ............................................... 157
トランスミッションおよびシャシー・
コントロール・システム........................ 161
レベリング・システムおよび車高調整
機能付きエア・サスペンション ............ 170
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・
マネージメント(PASM)....................... 173
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)....... 174
オフロード走行........................................ 175
オフロード走行用のドライビング・
システム ................................................... 176
上り坂走行 ............................................... 177
138
安全運転について
下り坂走行 ............................................... 178
水たまりや浅瀬の走行............................ 179
障害物 ....................................................... 180
お出かけの前に
タイヤの空気圧と状態に異常がありま
せんか?
ヘッドランプ、テール・ランプ、方向
指示灯のレンズ、ウィンドウが汚れて
いませんか?
ヘッドランプ、ブレーキ・ランプ、方
向指示灯は、イグニッションONで正常
に作動しますか?
エンジン停止状態でイグニッションを
ONにしたとき、各種警告灯が正常に作
動しますか?
走行距離が3,000kmに達するまでは、次
の事項を遵守してください。
なるべく長距離運転を行ってください。
冷間始動と近距離運転の繰り返しをで
きる限り避けてください。
自動車レース、スポーツ・ドライビン
グ・スクール等に参加しないでくださ
い。
オイル消費量/燃費
ルーム・ミラーおよびドア・ミラーは、
後方がきちんと確認できる位置にあり
ますか?
慣らし運転中は、オイルと燃料の消費量が
通常よりも若干多くなることがあります。
各種オイル・レベルは、指定された点
検時期以外でも定期的に点検してくだ
さい。
慣らし運転
ポルシェのエンジン性能を最高の状態まで
高めるために、新車時は慣らし運転をお薦
め致します。最新鋭の精密な製造技術を採
り入れても、可動部分が馴染む過程で摩耗
することを完全には防げません。この摩耗
は、主に新車時から3,000kmまでの期間に
生じます。
新しいタイヤの慣らし運転
新品のタイヤを装着してから最初の100
∼200kmは、タイヤのグリップ性能が
十分に発揮されません。ゆっくりとし
た速度で慣らし運転を行ってください。
エンジンを高回転域まで回さないでく
ださい。特に、エンジンの暖機が完了
するまでは注意してください。
燃料が不足していませんか?
運転者および同乗者がシートベルトを
締めていますか?
クを新品と交換した場合も、同様に慣らし
運転が必要です。
オイルと燃費の消費量についてはテク
ニカル・データを参照してください。
「エンジン」(306ページ)を参照して
ください。
「燃費」(306ページ)を参照してくだ
さい。
新しいブレーキ・パッドの慣らし運転
新品のブレーキ・パッドやブレーキ・ディ
スクも、エンジンと同様に慣らし運転をお
薦め致します。新しい部品を装着してから
最初の数百kmは、ブレーキ性能が完全に発
揮されません。通常よりもブレーキが少し
効きにくいので、いつもより強めにペダル
を踏む必要があります。ブレーキ・ディス
安全運転について
139
車の技術的な仕様変更
車の技術的な仕様変更はポルシェ正規
販売店で実施してください。
これにより、お客様のポルシェの信頼性
と走行安全性を維持することができ、
改造に起因する不具合を回避できます。
ポルシェ正規販売店は、お客様のご要望
に応じた適切なアドバイスを行います。
セーフティ・ノート
ポルシェ純正部品、またはポルシェ社が要求する
性能、品質基準に適合する同等部品だけを使用し
てください。ポルシェ純正部品は、ポルシェ正規
販売店で入手することができます。安全性に関係
するアクセサリを取り付けるときは、ポルシェ・
テクイップメント製品またはポルシェ社がテスト
を実施し、承認した部品だけをお選びください。
アクセサリについて不明な点は、ポルシェ正規販
売店にお気軽にご相談ください。ただし、ポルシ
ェ純正部品およびポルシェ社が承認した部品以外
の部品等を使用すると、車の安全性を損なう可能
性があります。ポルシェ社が承認していない部品
の使用に起因する不具合や損害について、ポルシ
ェ社は責任を負いかねます。ポルシェ純正部品や
承認部品、アクセサリを供給しているメーカーの
製品でも、特定の部品を使用することで車の安全
性に悪影響を与える可能性があります。マーケッ
トには膨大な数の部品、アクセサリが流通してい
るため、ポルシェ社はそれらのすべてについて評
価と承認を行うことができません。
140
安全運転について
また、ポルシェ純正部品または承認部
品以外の部品を使用した場合、保証期
間内であってもメーカー保証を適用で
きなくなる可能性がありますのでご注
意ください。
不具合の兆候などがないか、日頃から
定期的な点検を実施してください。ス
ポイラーやアンダー・パネルなど、空
力に影響する部品が損傷または欠損す
ると、走行特性に悪影響を及ぼす危険
性があります。これらの不具合が発生
したときは、直ちに修理してください。
テール・パイプ
警 告
エキゾースト・パイプに近づいたり、エキ
ゾースト・テール・パイプに触れると、火
傷をする恐れがあります。
エンジンがかかっているときや、エンジン
を停止してからしばらくの間はテール・パ
イプが熱くなっています。
車両後方に近づくときは、テール・パ
イプの近くで立ち止まったり、テー
ル・パイプに触れないでください。
お子様がテール・パイプの熱で火傷を
しないように注意してください。
ポルシェ・セラミック・コンポジッ
ト・ブレーキ(PCCB)
この高性能ブレーキ・システムは、すべて
の速度域および温度下で、最適の制動効果
が得られるように設計されています。
特定のスピード、ブレーキ力や車両を取り
巻く環境(気温、湿度等)によりブレーキ
鳴きが発生する恐れがあります。
ブレーキ・パッドやブレーキ・ディスクな
どのブレーキ・システムおよび関連部品の
摩耗は、個人の運転スタイルや使用状態に
大きく左右されます。したがって、摩耗の
程度を実際の走行距離数で表すことはでき
ません。
ポルシェが使用している数値は、交通状況
に合わせた通常の操作に基づいています。
サーキット走行や過激な運転スタイルは、
摩耗を相当程度に促進させます。
車両をサーキット走行などに使用され
る場合は、ポルシェ正規販売店に現在
のガイドラインについてお問い合わせ
ください。
イグニッション・キーは、イグニッショ
ン・ロックのコントロール・ユニットに変
更されました。このコントロール・ユニッ
トは、けん引のときを除いて常時イグニッ
ション・ロックに差し込まれています。
コントロール・ユニットのイグニッショ
ン・ロックからの抜き取り
ボタンAを押し、コントロール・ユニッ
トを抜き取ります。
イグニッション・ロック位置0−初期位置
キーの位置
0-初期位置
1-イグニッションON
2-エンジン始動
3-イグニッションOFF
ポルシェ・エントリー&ドライブのキーの位置
0-初期位置
1-イグニッションON
2-エンジン始動
3-イグニッションOFF
イグニッション・ロック/ステア
リング・ロック
イグニッション・ロックには4つのロック
位置があります。
イグニッションをONにするか、エンジン
を始動すると、イグニッション・キーが抜
き取れなくなります。
イグニッション・キーを抜き取るには:
停車します。
セレクタ・レバーをPの位置にします。
イグニッションをOFFにします。
イグニッション・キーを抜き取ります。
知識
注 意
複数の鍵やキー・ホルダーなど、重い物を
吊り下げたままキーをイグニッション・ロ
ックに差し込むと、イグニッション・ロッ
クを損傷する恐れがあります。
イグニッション・ロックにキーを差し
込むときは、重い物をキーに吊り下げ
ないでください。
知識
キーは、各イグニッション・ロック位置か
ら初期位置に戻ります。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車は、
キーを身に着けるだけでよく、イグニッショ
ン・ロックに差し込む必要がありません。
イグニッション・キーを差し込んだまま放
置するとバッテリが消耗します。
バッテリがあがったときは、イグニッ
ション・キー抜き取りの緊急操作を行っ
たときだけ、イグニッション・ロックか
らキーを抜き取ることができます。
「緊
急操作-イグニッション・キーの抜き取
り」
(142ページ)を参照してください。
安全運転について
141
イグニッション・ロック位置1−イグニ
ッションON
イグニッション・キーをロック位置1に
回します。
エンジンの始動と停止については:
「エンジンの始動と停止」
(143ページ)
を参照してください。
ステアリング・ロック
知識
すべての電装品が作動可能になります。警
告灯が点灯し、メータ・パネルのランプの
作動を点検します。
警告灯の配置については:「メータ・
パネル」(103ページ)を参照してくだ
さい。
イグニッションをONにした後、10分以上
電装品をONにしないと、再度イグニッシ
ョンをONにする必要があります。はじめ
にイグニッション・キーをロック位置3
(イグニッションOFF)に回します。
イグニッション・ロック位置2−エンジ
ン始動
イグニッション・キーをロック位置2に
回します。
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備車
イグニッション・キーをイグニッション・
ロックから抜き取ると、ステアリングが自
動的にロックされます。
イグニッション・キーをイグニッション・
ロックに差し込むと、ステアリングが自動
的にロック解除されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
イグニッション・キーをOFFにして車両を
ロックすると、ステアリングが自動的にロ
ックされます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車の
マニュアル・ステアリング・ロック
イグニッションをOFFにし、コントロ
ール・ユニットを再度ロック位置3に回
して2秒以上保持します。ステアリング
がロックされます。
イグニッション・ロック位置3−イグニ
ッションOFF
イグニッション・キーをロック位置3に
回します。
142
安全運転について
イグニッション・キーをロック位置0から
回すと、ステアリングが自動的にロック解
除されます。
緊急操作-イグニッション・キーの抜き
取り
バッテリがあがった場合は、この緊急操作
によりイグニッション・ロックからキーを
抜き取ることができます。
1. イグニッション・キーを反時計方向に
回します。
2. ボールペンなど先が尖ったものを使用
して、イグニッション・ロック横の穴
Aを押します。
3. イグニッション・キーを抜き取ります。
エンジンの始動と停止
あらかじめ設定されているキーを使ったと
きだけイモビライザーが解除され、エンジ
ンを始動できます。
イモビライザーについては:
「イモビライザー」(225ページ)を参
照してください。
警 告
排気ガスは無色無臭の一酸化炭素を含んで
います。一酸化炭素は少量でも人体に有害
で、中毒を起こす恐れがあります。
換気の悪い場所でエンジンを始動した
り、長時間のアイドリングをしないで
ください。
排気システムは高温になり、火災が発生す
る恐れがあります。
可燃物(乾燥した草や枯れ葉など)が
ある場所には、絶対に駐車しないでく
ださい。引火する恐れがあります。
エミッション・コントロールについて
は:
「エミッション・コントロール・システ
ム」
(238ページ)を参照してください。
始動
フット・ブレーキを踏み込みます。
ティプトロニック・ギヤ・セレクタ・
レバーを“P”または“N”の位置にし
ます。
アクセル・ペダルを踏まないでくださ
い。
エンジン・コントロール・ユニットが、
エンジン始動に適切な燃料補正を行い
ます。
イグニッション・キーをロック位置2に
回します。
スターターを10秒以上続けて回さない
でください。
エンジンが始動しないときは、約10秒
間待ってから再度始動操作を行ってく
ださい。その場合は、はじめにイグニ
ッション・キーをロック位置3(イグニ
ッションOFF)に戻してください。
停車したまま暖機運転を行わないでく
ださい。エンジンの暖機が完了するま
でアクセル・ペダルを控えめに操作し、
エンジン回転数を上げ過ぎないでくだ
さい。
バッテリがあがった場合は、ブースタ
ー・ケーブルを使用してジャンプ・ス
タートによりエンジンを始動してくだ
さい。
ブースター・ケーブルによる始動につ
いては:
「ジャンパー・ケーブルによるエンジ
ンの始動」(286ページ)を参照してく
ださい。
知識
エンジンを停止したままイグニッションを
ONにしているときや、渋滞などでエンジ
ン回転数が低いまま運転を続けるときは、
バッテリあがりを防止してエンジンの始動
能力を確保するためにも、不要な電装品を
OFFにしてください。
知識
1回でエンジンが始動した場合は、スター
ターが自動停止します。1回でエンジンが
かからず再始動を行った場合は、スタータ
ーが自動停止しません。
エンジンが始動すると警告灯が消灯しま
す。
安全運転について
143
エンジンの停止
イグニッション・キーを抜く前に、必
ず完全に停車してください。キーを抜
くとステアリング・ロックがかかり、
ステアリング操作ができなくなります。
イグニッションをOFFにするときは、必
ず完全に停車してください。イグニッ
ションをOFFにすると、パワー・ステ
アリングおよびブレーキ・ブースタが
効かなくなります。
車から離れる場合は、必ずイグニッショ
ン・キーを抜き取り、パーキング・ブ
レーキをかけてください。また、ティ
プトロニックSのパーキング・ロックを
かけてください(ティプトロニック・
セレクタ・レバーを“P”の位置にして
ください)。ポルシェ・エントリー&ド
ライブ装備車では、必ずコントロー
ル・ユニットをイグニッション・ロッ
クに差し込んだままにしてください。
自動車電話*、無線機*
自動車電話を使用する前に、必ず自動
車電話の取扱説明書をお読みください。
運転中の電話の操作や通話については、
各国の法律などを遵守してください。
ポルシェ・コミュニケーション・
マネージメント(PCM)*
PCMを使用する前に、別冊の取扱説明
書をよくお読みください。
ラジオ
セーフティ・ノート
安全上の理由から、自動車電話での通
話はハンズフリー・システムだけを使
用してください。
ラジオを使用する前に、別冊の取扱説
明書をよくお読みください。
人体の健康への影響を回避するため
に:
自動車電話や無線機を使用するときは
必ず車外に設置した外部アンテナに接
続してください。
知識
イグニッション・キーを差し込んだままに
すると、バッテリが消耗します。
ラジエータ・ファン
ラジエータ・ファンについては「ラジエ
ータ・ファン」(231ページ)を参照し
てください。
*日本仕様に設定はありません。
144
安全運転について
memo
安全運転について
145
パーキング・ブレーキをかける
フット・ペダルをしっかり踏み込みま
す。メータ・パネルの警告灯が点灯し
ます。
パーキング・ブレーキをかけたまま発
進すると、マルチ・ファンクション・
ディスプレイに警告メッセージが表示
されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
パーキング・ブレーキ
パーキング・ブレーキは、駐車中に車が動
き出さないように後輪を固定します。
146
安全運転について
パーキング・ブレーキを解除する
フット・ブレーキを踏み、パーキン
グ・ブレーキのハンドルAを引きます。
警告灯が消灯し、メッセージが消えま
す。
フット・ブレーキ
セーフティ・ノート
ブレーキ・ペダルの動きをマットなど
で妨げないでください。
ブレーキ・ブースタは、エンジンがかかっ
ているときだけ作動します。エンジン停止
中やブレーキ・ブースタの圧力が下がって
いるときは、ペダルを踏むときにかなり強
い力が必要です。
ブレーキに異常があるときは、車をけ
ん引しないでください。
けん引とけん引による始動について
は:「けん引とけん引によるエンジン
の始動」(300ページ)を参照してくだ
さい。
雨天時や水たまりを通過したとき、または
洗車後は、ブレーキの効きが悪くなり、ペ
ダルを強く踏まなければならない場合があ
ります。
車間距離をいつもより長めにとってく
ださい。ブレーキ装置を乾燥させるた
め、後方の安全を確認した上で定期的
にブレーキをかけてください。
凍結防止剤(塩分)が撒かれた道路や砂塵
の多い道路を長時間走行すると、ブレー
キ・ディスクとパッドが塩や砂で覆われて
摩擦力が低下し、ブレーキの効きが非常に
悪くなることがあります。
ブレーキ・ディスクは鋳鉄製ですが、
長期にわたって駐車したまま放置する
と腐食し、ブレーキが固着した状態に
なります。
腐食の程度や範囲、影響は、駐車して
いた期間、凍結防止剤(塩分)や砂塵
の付着、洗車時に油脂剤を使用したか
どうかなどの条件で変わります(ポル
シェ・セラミック・コンポジット・ブ
レーキ装備車を除く)
。
ブレーキ・ディスクの腐食を発生させ
ないため、駐車する前にブレーキを乾
燥させてください(ポルシェ・セラミ
ック・コンポジット・ブレーキ装備車
を除く)
。
ブレーキをかけたときに不快感がある
場合は、ポルシェ正規販売店でブレー
キ・システムを点検してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
下り坂を走行するときは、タイミング
良くギヤを落とし、エンジン・ブレー
キを利用してください。ブレーキの摩
耗が少なくなります。急な下り坂でエ
ンジン・ブレーキの効果が不十分な場
合は、間隔をおいてブレーキ・ペダル
を踏んでください。ブレーキ・ペダル
を連続して踏み続けると、ブレーキが
過熱して効きが悪くなります。
ブレーキ液とブレーキ液レベルについ
ては:「ブレーキ液レベルの点検と交
換」
(232ページ)を参照してください。
ブレーキ・パッドおよびブレーキ・ディ
スク
ブレーキ・ディスクとパッドの摩耗度合い
は、走行状態と使用環境によって異なるた
め、必ずしも走行距離には依存しません。
ブレーキ・システムは、あらゆる速度や温
度で最適な制動力が得られる高性能の設計
になっています。このため速度やブレー
キ・ペダルを踏む力、環境条件(温度や湿
度)によって、ブレーキから音が出ること
があります。
警告メッセージ
ブレーキ・パッドが摩耗限度に達すると、
マルチ・ファンクション・ディスプレイが
警告を表示します。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
直ちにポルシェ正規販売店でブレー
キ・パッドを交換してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
安全運転について
147
警 告
激しい渋滞、カーブの多い道、路面状態が
悪い場合(冬場の滑りやすい路面、濡れた
路面、起伏の多い路面など)で使用すると、
事故を起こす恐れがあります。
安全性を確保するため、このような状
況ではクルーズ・コントロールを使用
しないでください。
クルーズ・コントロールON
A−セット
1−リセット(スイッチON/クルーズ・コントロー
ル・リセット)
2−OFF(中断)
3−加速
4−減速
クルーズ・コントロール
(自動速度制御装置)
クルーズ・コントロールは、アクセル・ペ
ダルを踏まなくても30∼240km/hの範囲で
希望する速度を維持したまま走行する装置
です。クルーズ・コントロールは、ステア
リング部分にあるレバーで操作します。
148
安全運転について
クルーズ・コントロール・レバーを、
カチッと音がするまで後方に引いて1の
位置にしてください。
クルーズ・コントロール作動中
クルーズ・コントロールがONにな
ると、この緑色の表示灯がメータ
内で点灯します。
速度の設定
アクセル・ペダルを操作して、希望の
速度まで加減速します。
スイッチAを押します。そのときの速度
が設定されます。
加速(追い越しなど)
オプション1
通常走行と同じようにアクセル・ペダ
ルを踏むと加速します。
アクセル・ペダルから足を放すと、設
定速度に戻ります。
オプション2
希望の速度になるまで、操作レバーを3
の位置に保ちます。
操作レバーで加速した場合、レバーを
放したときの速度が設定速度になりま
す。
オプション3
操作レバーを3の位置にして、すぐに手
を放します。
1回押すたびに、約2km/h速度が上がり
ます(最大10回)
。
知識
設定速度を約25km/h以上超過する速度が20
秒間維持されると、クルーズ・コントロー
ルが自動的に解除されます。
減速
オプション1
希望の速度になるまで、操作レバーを4
の位置に保ちます。
操作レバーで減速した場合、レバーを
放したときの速度が設定速度になりま
す。
オプション2
操作レバーを4の位置にして、すぐに手
を放します。
1回押すたびに、約2km/h速度が下がり
ます(最大10回)
。
クルーズ・コントロールの中断
クルーズ・コントロールを中断(解除)し
たときは、設定速度が記憶されています。
クルーズ・コントロール・レバーを操作し
て、設定速度を呼び出すことができます。
「クルーズ・コントロールの再開」(149ペ
ージ)を参照してください。
レバーを2の位置(前方)に押します。
または、
ブレーキ・ペダルを踏むか、セレク
タ・レバーを“N”の位置にします。
ティプトロニックSについては:
「ティプトロニックS」(150ページ)
を参照してください。
クルーズ・コントロールの自動中断:
− 設定速度を約25km/h以上超過する速度
を20秒間維持したとき
− 上り坂などで、設定速度を約10km/h下
回る速度を5秒間維持したとき
− ポルシェ・スタビリティ・マネージメン
ト(PSM)が0.2秒以上作動したとき
− ロー・レンジ・スイッチがONになった
とき
クルーズ・コントロールの再開
操作レバーを1の位置まで後方に引きま
す。
知識
周囲の交通状況や路面状態がクルーズ・コ
ントロール走行に適した場合のみ、クルー
ズ・コントロールを再開してください。
クルーズ・コントロールOFF
操作レバーを2の位置にカチッと音がす
るまで前方に押します。メータ内の緑
色の表示灯が消灯します。
駐車してイグニッションをOFFにすると、
設定速度の記憶が消去されます。
坂道での走行
上り坂や下り坂では、設定速度を維持でき
ない場合があります。
上り坂ではエンジン回転数が適切な範
囲に維持されるように、また下り坂で
はエンジン・ブレーキがしっかりと作
用するように、適切なギヤにシフトダ
ウンしてください。
安全運転について
149
セレクタ・レバーを“R”または“P”の位
置に動かすときは、リリース・ボタンを押
してください。
電気系統に不具合が発生すると、セレクタ・
レバーを動かすことができなくなります。
セレクタ・レバーが動かなくなったと
きは、緊急解除を行ってください。
「セ
レクタ・レバーの緊急解除」(155ペー
ジ)を参照してください。
ティプトロニックS
ポルシェ社のティプトロニックは、
「オート
マチック・モード」と「マニュアル・モー
ド」の2つのギヤ・シフト・ポジションが
ある6速トランスミッションです。
セレクタ・レバーを“D”の位置にすると
オートマチック・モードになり、トランス
ミッションが自動的に変速します。このと
きステアリング・ホイールにあるロッ
カー・スイッチを操作すると、一時的にマ
ニュアル・モードになります。
セレクタ・レバーを“M”の位置にすると
マニュアル・モードになり、ステアリン
グ・ホイールにあるロッカー・スイッチの
操作、またはセレクタ・レバーを前後に動
かすことで手動変速ができます。
セレクタ・レバーが“D”または“M”の
位置での機能は、オンロード走行プログラ
ム(ハイ・レンジ)とオフロード走行プロ
グラム(ロー・レンジ)で異なります。
オートマチック・モードとマニュアル・モ
ードは、走行中でも自由に切り替えること
ができます。
セレクタ・レバーを“D”から“M”の位
置にしても、現在のギヤがそのまま保持さ
れます。
セレクタ・レバーを“M”から“D”の位
置にすると、そのときの走行状態に最適な
変速プログラムになり、適切なギヤが自動
的に選択されます。
知識
走行中、ロッカー・スイッチを誤って操作
しないでください。トランスミッションが
急に変速します。
150
安全運転について
エンジンの始動
急発進防止のため、セレクタ・レバーが
“P”または“N”の位置でブレーキ・ペダ
ルを踏んだときだけ、エンジンが始動しま
す。
セレクタ・レバー位置の変更
イグニッションがOFFのときは、セレク
タ・レバーが固定されます。
以下の一連の操作をしたときだけ、セレク
タ・レバーを“P”および“N”から動かす
ことができます。
− イグニッションをONにする。
− ブレーキ・ペダルを踏む。
− リリース・ボタン(矢印)を押す。
リリース・ボタン
セレクタ・レバーの前側にあるリリース・
ボタン(矢印)は、誤ってレバーを動かす
ことを防止するものです。
発進
エンジンがアイドリング状態のときに
ブレーキ・ペダルを踏み、セレクタ・
レバーを“P”の位置から走行レンジ
(
“D”
、
“M”または“R”の位置)に動
かします。
走行レンジにすると車がゆっくりと動
き出します(クリープ現象)
。発進の準
備が整うまでブレーキ・ペダルから足
を放さないでください。
走行レンジにした後、ギヤが完全に締
結されるまでアクセル・ペダルを踏ま
ないでください。
セレクタ・レバーの位置
P−パーキング・ロック
セレクタ・レバー・ポジション
セレクタ・レバー・ポジション・インジケ
ータ、ギヤ・ポジション・インジケータ
エンジンがかかっているときは、セレク
タ・レバーとギヤの現在の位置がメータ・
パネルに表示されます。
セレクタ・レバーを“P”の位置にすると、
駆動輪が機械的にロックされます。
完全に停車してから、“P”の位置にし
てください(パーキング・ロックを行
ってください)
。
駐車するときは、パーキング・ブレー
キをかけた後に“P”の位置にしてくだ
さい。発進するときは、“P”の位置か
ら走行レンジに動かした後、パーキン
グ・ブレーキを解除してください。
車を離れるときは、パーキング・ブレ
ーキを必ずかけてください。
セレクタ・レバーが“P”の位置にあると
きだけ、イグニッション・キーを回して抜
き取ることができます。
R−リバース
完全に停車し、ブレーキ・ペダルを踏
んでいるときだけこの位置に動かして
ください。
N−ニュートラル
例えば、車をけん引するときや洗車すると
きは、必ずこの位置にしてください。
エンジンがアイドリング状態でブレー
キ・ペダルを踏んだときだけ、“N”の
位置から走行レンジ(“D”、“M”また
は“R”の位置)に動かしてください。
D−オートマチック・モード(オンロー
ド走行プログラム)
通常走行では“D”の位置を使用します。
アクセル・ペダルの位置と速度に応じ
てギヤが自動変速します。
変速を実行するエンジン回転数は、ドライ
バーの運転スタイルやエンジン負荷(上り
坂など)により変化します。また、アクセ
ル・ペダルの操作、走行速度、前後および
横方向の加速度、路面状況などは、すべて
変速動作に影響を与えます。
PSMを解除すると、変速タイミングがエン
ジン高回転域に移ります。
カーブの手前などでアクセル・ペダルを素
早く放すと、不必要なシフトアップを回避
できます。
コーナリング中は、横方向の加速度の大き
さに応じて、エンジン回転数が規定値に達
するまでシフトアップされません。またブ
レーキ・ペダルを踏み込むと、減速の度合
いに応じてティプトロニックが通常よりも
早めにシフトダウンされ、適切なギヤでコ
ーナリングすることができます。これらの
機能により、カーブを曲がるときや加速す
るときにシフトダウン操作する必要があり
ません。
安全運転について
151
ステアリング・ホイールでのギヤ・シフト
ステアリング・ホイールのロッカー・スイ
ッチで、一時的に“D”
(オートマチック・
モード)から“M”(マニュアル・モード)
に切り替えることができます。
利点:
− カーブの手前や交通量が多い場所を走行
するとき、下り坂でエンジン・ブレーキ
を積極的に利用したいとき、急加速した
いときは、手動操作でシフトダウンでき
ます。
− 発進時、1速または2速を選ぶことができ
ます。
以下の場合は、マニュアル・モードが保持
されます:
− コーナリング中(横方向の加速度に応じ
て)
、またはオーバーランしたとき
− 交差点などで停車したとき
以下の場合は、自動的にオートマチック・
モードになります:
− マニュアル・モードに切り替えてから約
8秒後(コーナリング中やオーバーラン
時は除く)
− アクセル・ペダルを大きく踏み込んでキ
ックダウンしたとき
152
安全運転について
一時的なシフトダウン
前提条件:
− 約54km/h以上で走行しているとき
アクセル・ペダルを素早く踏み込むと、
トランスミッションが最もスポーティ
な変速プログラムを選び、直ちにシフ
トダウンを実行します。このプログラ
ムでは、エンジンが高回転を維持する
ように変速します。したがって、一気
に2∼3段のギヤをスキップする変速も
実行します。
作動停止
この機能は、アクセル・ペダルの踏み込
み率が約25%以下になると停止します。
キックダウン
キックダウン機能は、セレクタ・レバーが
“D”の位置で作動します。
前車を追い越すときなど、最大の加速
が必要な場面ではアクセル・ペダルを
いっぱいに(キックダウンの位置まで)
踏み込んでください。
速度とエンジン回転数に応じて、トランス
ミッションが最も低い適切なギヤに変速し
ます。
そのギヤでエンジン回転数が上限に達する
まで、上段のギヤにはシフトアップしませ
ん。なおアクセル・ペダルを全開時の約
80%以下に戻すまでキックダウン機能を維
持します。
D−オートマチック・モード(オフロー
ド走行プログラム)
通常走行では“D”の位置を使用します。
アクセル・ペダルの位置と速度に応じ
てギヤが自動変速します。
変速タイミングは、さまざまな地形に応じ
て車を適切にコントロールできるように選
択します。変速を行うエンジン回転数は地
形によって変化します。急な下り坂では、
エンジン回転数が中速域(2,500rpm以上)
に達するまでシフトアップを行いません。
また、エンジン回転数が上限に達した場合、
シフトアップを実行しません。
ステアリング・ホイールでのギヤ・シフト
ステアリング・ホイールのロッカー・スイ
ッチで、一時的に“D”
(オートマチック・
モード)から“M”(マニュアル・モード)
に切り替えることができます。
利点:
− 下り坂でエンジン・ブレーキを積極的に
利用したいときや、急加速したいときは、
手動操作でシフトダウンできます。
− 発進時、1速、2速または3速を選ぶこと
ができます。
以下の場合は、マニュアル・モードが保持
されます:
− オーバーランしたとき
− コーナリング中(横方向の加速度に応じ
て)
− 交差点などで停車したとき
シフトアップ
ロッカー・スイッチAの上側(+)を押
します。または、
“M”
(マニュアル・モード)の位置でセ
レクタ・レバー“B”を前方に押します。
以下の場合は、自動的にオートマチック・
モードに復帰します:
− マニュアル・モードに切り替えてから約
8秒後(コーナリング中やオーバーラン
時は除く)
− アクセル・ペダルを大きく踏み込んでキ
ックダウンしたとき
シフトダウン
ロッカー・スイッチAの下側(−)を押
します。または、
“M”
(マニュアル・モード)の位置でセ
レクタ・レバー“B”を手前に引きます。
キックダウン
キックダウン機能は、セレクタ・レバーが
“D”の位置で作動します。
前車を追い越すときなど、最大の加速
が必要な場面ではアクセル・ペダルを
いっぱいに(キックダウンの位置まで)
踏み込んでください。
速度とエンジン回転数に応じて、トランス
ミッションが最も低い適切なギヤに変速し
ます。
そのギヤでエンジン回転数が上限に達する
まで、上段のギヤにはシフトアップしませ
ん。なおアクセル・ペダルを全開時の約
80%以下に戻すまでキックダウン機能を維
持します。
知識
オンロード走行プログラムとは異なり、
“M”
の位置(マニュアル・モード)ではエンジ
ン回転数が上限に達してもシフトアップを
実行しません。
M−マニュアル・モード(オンロード走
行プログラム)
知識
セレクタ・レバーが“M”
(マニュアル・モ
ード)の位置ではキックダウンが機能しま
せん。
追い越し加速をするときなど、必要に応じ
てマニュアル操作で変速してください。
速度やエンジン回転数が適切であれば、いつ
でも次のギヤにシフトアップ/シフトダウン
できます。シフトアップ/シフトダウンの操
作を行ったとき、次のギヤに切り替えるとエ
ンジン回転数が不適切な場合は、コントロー
ル・ユニットが変速を禁止します。
ロッカー・スイッチ“A”またはセレク
タ・レバー“B”を連続して素早く2回操作
すると、ギヤを1つスキップしたシフトダ
ウンを実行します。
PSM作動中にエンジン回転数が上限に達す
ると、トランスミッションが自動的にシフ
トアップします。また、エンジン回転数が
アイドリングまで下がる直前に、自動的に
シフトダウンします。
上り坂ではエンジンに負荷がかかりす
ぎないように、また下り坂ではエンジ
ン・ブレーキが十分かかるようにシフ
トダウンして、適切なギヤを使用して
ください。
安全運転について
153
マニュアル・モードに不具合があるとき
は、オートマチック・モードに切り替わり
ます。このとき、メータ・パネルが“D”
を表示します。
このような不具合が発生した場合は、
ポルシェ正規販売店で修理してくださ
い。ポルシェ車に関する全ての整備点
検は、ポルシェ正規販売店での実施を
推奨します。十分なトレーニングを受
けた経験豊富なスタッフが、最新の技
術情報と専用工具や専用装置を駆使し、
確かな整備をお約束します。
M−マニュアル・モード(オフロード走
行プログラム)
知識
セレクタ・レバーが“M”(マニュアル・
モード)の位置ではキックダウンが機能
しません。
追い越し加速をするときなど、必要に応じ
てマニュアル操作で変速してください。
シフトアップ
ロッカー・スイッチAの上側(+)を押
します。または、
“M”
(マニュアル・モード)の位置でセ
レクタ・レバー“B”を前方に押します。
シフトダウン
ロッカー・スイッチAの下側(−)を押
します。または、
154
安全運転について
“M”
(マニュアル・モード)の位置でセ
レクタ・レバー“B”を手前に引きます。
速度やエンジン回転数が適切であれば、いつ
でも次のギヤにシフトアップ/シフトダウン
できます。シフトアップ/シフトダウンの操
作を行ったとき、次のギヤに切り替えるとエ
ンジン回転数が不適切な場合は、コントロー
ル・ユニットが変速を禁止します。
ロッカー・スイッチ“A”またはセレク
タ・レバー“B”を連続して素早く2回操作
すると、ギヤを1つスキップしたシフトダ
ウンを実行します。
エンジン回転数がアイドリングまで下がる
直前に、自動的にシフトダウンします。
上り坂ではエンジンに負荷がかかりす
ぎないように、また下り坂ではエンジ
ン・ブレーキが十分かかるようにシフ
トダウンして、適切なギヤを使用して
ください。
マニュアル・モードに不具合があるとき
は、オートマチック・モードに切り替わり
ます。このとき、メータ・パネルが“D”
を表示します。
このような不具合が発生した場合は、
ポルシェ正規販売店で修理してくださ
い。ポルシェ車に関する全ての整備点
検は、ポルシェ正規販売店での実施を
推奨します。十分なトレーニングを受
けた経験豊富なスタッフが、最新の技
術情報と専用工具や専用装置を駆使し、
確かな整備をお約束します。
停止
交差点の信号待ちなど、短時間の停車
ではセレクタ・レバーを“D”の位置
にしたままで、フット・ブレーキを踏
んでください。
上り坂で停車するとき、アクセル・ペ
ダルを踏んで車を静止させないでくだ
さい。フット・ブレーキを踏むか、パー
キング・ブレーキをかけてください。
車から離れるときは、必ずパーキング・
ブレーキをかけ、セレクタ・レバーを
“P”の位置にしてください。
知識
上り坂でセレクタ・レバーが“D”または
“M”の位置のまま(エンジンをかけたまま)
停車すると、ヒルホルダー機能が作動して
車が後退しません。このとき、ドライバー
がブレーキをかける必要がありません。
ヒルホルダー機能については、
「ヒルホ
ルダー発進アシスタント」
(169ページ)
を参照してください。
駐車
アクセル・ペダルは慎重に踏み込んで
ください。
狭い場所で移動したり、駐車するとき
は、フット・ブレーキを使って速度を
調節してください。
警 告
走行制御プログラムが作動すると、リバー
ス・ロック・モニタが機能しません。走行
中、事故および損傷の危険性があります。
セレクタ・レバーを“R”の位置にしな
いでください。
冬季の走行
積雪路や凍結路など、滑りやすい坂道では
セレクタ・レバーを“M”
(マニュアル・モ
ード)の位置にしてください。急に変速し
てホイール・スピンが発生することを防ぎ
ます。
走行制限プログラム
トランスミッションが故障している場合:
− メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに、現在のギヤ位置の
代わりに「X」が表示されます。このと
きは、トランスミッションが変速しませ
ん。
故障が発生した場合は、直ちに最寄り
のポルシェ正規販売店で修理してくだ
さい。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
知識
セレクタ・レバーが“D”の位置では3速ま
たは5速ギヤ、“R”の位置ではリバース・
ギヤが使用できます。この機能を利用して
最寄のポルシェ正規販売店まで車を移動し
てください。
できるだけ早くポルシェ正規販売店で
点検を受けてください。ポルシェ車に
関する全ての整備点検は、ポルシェ正
規販売店での実施を推奨します。十分
なトレーニングを受けた経験豊かなス
タッフが、最新の技術情報と専用工具
や専用装置を駆使し、確かな整備をお
約束します。
セレクタ・レバーの緊急解除
電気系統に故障が生じると、セレクタ・レ
バーが“P”の位置でロックされます。車
をけん引するときなど、必要に応じてこの
ロックを手動解除できます。
1. アーム・レストを折りたたみます。
2. センター・コンソールの下部(ゴムマッ
トの下)からキー“B”を取り出します。
安全運転について
155
3. キー“B”を使用してスクリュー“A”を
緩めます。
4. トリム・マウント“F”を取り外します。
5. トリム“C”の後部を持ち上げ、慎重に
取り外します。
156
安全運転について
6. コネクタ“D”を切り離します。
7. トリムを横にずらします。
8. 適切な工具を使用してロック・レバー
“E”を左横に押します。
9. セレクタ・レバーを“N”の位置にしま
す。
10. 取り外しと逆の手順で組み付けます。
走行プログラムを切り替えると、トランス
ミッションおよびシャシーの制御システム
がオフロードまたはオンロード走行に適し
たモードになります。
走行プログラムの選択
走行プログラムはロッカー・スイッチAで
切り替えます。
ロッカー・スイッチAはセンター・コンソ
ールにあります。このスイッチはマルチス
テップ機能を備えており、両方向に操作で
きます。
危 険
プログラムの切り替え動作中は、セレク
タ・レバーが固定されます。上り坂でプロ
グラムを切り替えると、切り替えが完了す
るまでは速度が下がって停車したり後退す
る恐れがあります。下り坂では、プログラ
ムが切り替わるとき、不意に加速する恐れ
があります。
ブレーキ・ペダルを通常よりも強く踏
み込んでください。
知識
オンロードおよびオフロード走行
プログラム
この車には、トランスミッションおよびシ
ャシーの特別な制御システム(ABS、オフ
ロードABS、PSMなど)を使用した2種類
の走行プログラムがあります。この走行プ
ログラムは、最適なドライビング・ダイナ
ミクスを実現しつつ走行安全性を最大限に
高めます。
− オフロード走行プログラム
(ロー・レンジ、リダクション・メカニ
ズムが作動)
− オンロード走行プログラム
(ハイ・レンジ、リダクション・メカニ
ズムが停止)
オフロード走行プログラムで使用できる
ディファレンシャル・ロックの数は、車
の装備により異なります。
手動切り替えの前提条件
オフロード走行プログラムに切り替え
るときは:
15km/h以下で走行するか、または停車
します。
オンロード走行プログラムに切り替え
るときは:
30km/h以下で走行するか、または停車
します。
セレクタ・レバーを“N”の位置にしま
す。
安全運転について
157
知識
(センター・ディファレンシャル・ロッ
ク)
センター・ディファレンシャル・ロックC
が完全に作動すると、フロント・アクスル
とリア・アクスルの回転数の差がなくなり
ます。例えば凍結路やぬかるみでフロント
の左右ホイールがトラクションを失って
も、リア・アクスルのトラクションで脱出
することができます。
知識
オフロード走行プログラムに切り替える
ロッカー・スイッチを前方
に押し
ます。
ロッカー・スイッチを押すたびに、1段
階ずつオフロード走行に適したモード
になります。
オンロード走行プログラムに切り替える
ロッカー・スイッチを手前
に引き
ます。
ロッカー・スイッチを引くたびに、1段
階ずつオンロード走行に適したモード
になります。
ロッカー・スイッチから手を放すと、スプ
リングによりスイッチが元の位置に戻りま
す。
158
安全運転について
A−オンロード走行プログラム
(ハイ・レンジ、リダクション・メカニズムが
停止)
B−オフロード走行プログラム
(ロー・レンジ、リダクション・メカニズムが
作動)
C −ロー・レンジでセンター・ディファレンシャ
ル・ロックが完全作動
D−ロー・レンジでリア・ディファレンシャル・ロ
ックが完全作動
選択した走行プログラムの表示
選択した走行プログラムが、ロッカー・ス
イッチ横のインジケータ・ランプ(イラス
ト参照)で表示されます。
走行プログラムを切り替えているときは、
メータ・パネルおよびロッカー・スイッチ
横のインジケータ・ランプが数回点滅しま
す。
(リア・ディファレンシャル・ロック)
リア・ディファレンシャル・ロックDが完
全に作動すると、左右リア・ホイールの回
転数の差がなくなります。例えば凍結路や
ぬかるみでリアの片方のホイールがトラク
ションを失っても、反対側のホイールのト
ラクションで脱出することができます。
知識
リア・ディファレンシャル・ロックは
エンジンがかかっているときだけ作動
します。
知識
イグニッションをONにしたときロッカ
ー・スイッチ横のロー・レンジ・インジケ
ータ・ランプが速く点滅する場合は、シフ
ト・システムに不具合が発生しています。
ただちにポルシェ正規販売店でブレー
キ・システムの点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
ロー・レンジ・インジケータ・ラ
ンプ
ロッカー・スイッチAを操作するとロー・
レンジ・インジケータ・ランプが点滅する
場合、以下の変速条件のいずれかが合致し
ていません。
− 規定の速度を超えて走行している。
− セレクタ・レバーが“N”の位置にない。
スポーツ・モード
機能
スポーツ・モードを作動させると、スポー
ティなドライビング・ダイナミクスが得ら
れる設定になります。
ポルシェ・コントロール・システムによる
制御が、敏捷性と走行性能を高める設定に
切り替わります。
− PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペ
ンション・マネージメント)がスポー
ツ・モードに切り替わり、サスペンショ
ンのダンピング特性が硬くなります。
− PDCC(ポルシェ・ダイナミック・シャ
シー・コントロール・システム)がス
ポーツ・モードに切り替わり、車体が
ロールしにくくなります。
− エア・サスペンションの車高が低くなり
ます。
− ティプトロニックSがスポーツ・モード
に切り替わり、エンジンの高回転域で変
速動作を実行します。つまりシフトアッ
プのタイミングが遅くなり、シフトダウ
ンのタイミングが早くなります。発進時
は1速になります。
− 電子式アクセル・ペダルの反応が敏感に
なり、エンジンのレスポンスが向上しま
す。
− スポーティなエンジン・チューニングが
作動します。
詳細について:
「ポルシェ・アクティブ・サスペンショ
ン・マネージメント(PASM)
」
(173ペー
ジ)を参照してください。
「ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)」
(174ページ)を参照してください。
安全運転について
159
スポーツ・モードのオン/オフ切り替え
イグニッションがONで、オンロード走行
プログラム(ハイ・レンジ、リダクション
が停止)を選択している場合、スポーツ・
モードを作動することができます。
センター・コンソールのSPORTボタン
Eを押します。スポーツ・モードがON
になると、SPORTボタンのインジケー
タ・ランプFが点灯します。
スポーツ・モードがONになると、マル
チ・ファンクション・ディスプレイに
「SPORT」のロゴが表示されます。
イグニッションをOFFにすると、自動的に
スポーツ・モードがリセットされてノーマ
ル・モードに切り替わります。
警告メッセージ
システムに不具合が発生すると、インスト
ルメント・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに警告が表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
の警告メッセージについて:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
160
安全運転について
知識
テスト・ベンチでの点検
スポーツ・モードを作動させたいが、乗り
心地は快適な設定を維持したいとき:
− PASMおよびPDCCを、それぞれ個別に
ノーマルまたはコンフォート・モードに
切り替えます。または、
− 車高を上げます。
パワー・テスト
ポルシェ社は、シャシー・ダイナモによる
パワー・テストを承認していません。
ブレーキ・テスト
ブレーキ・テストはオンロード走行プログ
ラム(ハイ・レンジ)だけで実施してくだ
さい。必ず、プレート型またはローラー型
テスト・ベンチを使用してください。
ローラー型テスト・ベンチでは、以下の限
界値を超えないでください。
− テスト速度7.5km/h
− テスト時間20秒
センター・コンソールの該当する
PASMボタンを押してください。選択
したシャシー設定ボタンのインジケー
タ・ランプが点灯します。さらに、選
択したシャシー設定がインストルメン
ト・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに約12秒間表示され
ます。
パーキング・ブレーキ・テスト
「ポルシェ・アクティブ・サスペンショ
ブレーキ・テスタでパーキング・ブレーキ
ン・マネージメント(PASM)
」
(173ペー
を点検するときは、必ずイグニッションを
ジ)を参照してください。
OFFにしてください。セレクタ・レバーを
「ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
“N”の位置にしてください。
コントロール・システム(PDCC)」
(174ページ)を参照してください。
オン・ザ・カー・ホイール・バランス
センター・コンソールのロッカー・ス
ホイールを車両に装着した状態でホイー
イッチを前方に押してください。シス
ル・バランスを点検するときは、車両をリ
テムの作動後、ロッカー・スイッチに
フト・アップしてホイールが自由に回転で
隣接するインジケータ・ランプが点灯
きるようにしてください。
します。また車高の変更が、インスト
ルメント・パネルのマルチ・ファンク
ション・ディスプレイに表示されます。
「レベリング・システムおよび車高調
整機能付きエア・サスペンション」
(170ページ)を参照してください。
トランスミッションおよびシャシー・コントロール・システム
トランスミッションおよびシャシーに作用するコントロール・システムは、複雑な制御が連携して作動します。この連携作動により、走
行安全性を最大限に高めつつ優れたドライビング・ダイナミクスを実現します。コントロール・システムには、以下のシステムが含まれ
ます:
システム/名称
適用
PTM
ポルシェ・トラクション・マネージメント
− フルタイム4WD
− 電子制御センター・ディファレンシャル・ロック
− オートマチック・ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)
− アンチ・スリップ・コントロール(ASR)
− リダクション・ギヤ/ロー・レンジ
PTM Plus
ポルシェ・トラクション・マネージメント・プラス
PTMの特性に加えて、以下の特性が加わります。
− 電子制御リア・ディファレンシャル・ロック
PSM
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント
− ドライビング・スタビリティ・コントロール
− アンチロック・ブレーキ・システム(ABS)
− ブレーキ・システム・プレフィル
− ブレーキ・ブースタ
− アンチ・スリップ・コントロール(ASR)
− オートマチック・ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)
− エンジン・ドラッグ・トルク・コントロール(MSR)
エア・サスペンション
レベリング・システムおよび自動車高調整機能付き
− ショック・アブソーバ内蔵全荷重式エア・スプリング・ストラット
− プレッシャ・アキュムレータ付きエア・サプライ・システム
PASM
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント
− 無段階補正コントロール付きショック・アブソーバ・システム
PDCC
− 走行中のロールを軽減して姿勢を安定させるアクティブ・シャシー・コ
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コントロール・システム ントロール・システム
安全運転について
161
セーフティ・ノート
PTMや4WDシステムを装備していても、路
面状況、天候条件、交通状況に応じた責任
ある運転を心がけてください。
走行安全性は向上しますが、無謀な運転は
避けてください。PTMや4WDシステムを装
備していても、車両の物理的限界を超える
ことはできません。また、速度の出し過ぎ
による事故の危険性を低減することもでき
ません。
ポルシェ・トラクション・マネージメン
ト(PTM)
ポルシェ・トラクション・マネージメント
は、車体前後方向および横方向のドライビ
ング・ダイナミクスを高めるために開発さ
れたフルタイム4WDコントロール・システ
ムです。ポルシェ・スタビリティ・マネー
ジメント・コントロール・システム(PSM)
と密接に連携して制御を実行します。
PTMは、フロントおよびリア・アクスルの
駆動輪に最適に出力を配分します。トラン
スファ・ケースおよびリア・ディファレン
シャルのロック・コントロール機能を制御
し、最適なトラクション性能を確保します。
PTMは常時作動しており、PSMとは異なり
解除することができません。
162
安全運転について
PTMの利点
− 車両のトラクション、走行安全性、ステ
アリング能力が大幅に向上します。
− 性能限界付近で走行しているときのコン
トロール性が高まります。
− 直進安定性が向上します。
− 上記の特徴により、シャシーのスポーテ
ィな設定が可能になります。
− ASRおよびABDにより、4輪すべてのト
ラクション性能が向上します。
フルタイム4WD
4WDシステムは、駆動力をフロントおよび
リア・アクスルに可変配分します。フロン
トおよびリア・アクスルの駆動力配分とホ
イール回転数の補正は、トランスファ・ギ
ヤが実行します。この駆動力配分は、フロ
ントおよびリア・アクスルのホイール回転
数の差に基づいています。トランスファ・
ギヤは、悪路でも駆動力が最適なバランス
で配分されるように常時制御しています。
フルタイム4WDにより、最適なハンドリン
グ特性と優れた走行安定性が高水準で維持
できます。
オートマチック・ブレーキ・ディファレ
ンシャル(ABD)
ABDシステムは、フロントおよびリア・ア
クスルを個別に制御します。いずれかのア
クスルの一方のホイールが空転しはじめる
と、そのホイールにブレーキをかけて、反
対側のホイールの駆動力を確保します。
ABDは走行状況の違いを検出し、適切な制
御方法を選択します。水平な砂利道で発進
する場合など、トラクションがほとんどか
からない状況では、エンジン低回転域から
トラクション・コントロールが作動します。
上り坂での発進や急加速時など、大きな推
進力が必要な場合、その状況に応じてABD
システムが作動します。ロー・レンジ・モ
ードでは、特別なオフロード走行プログラ
ムが作動します。
アンチ・スリップ・コントロール(ASR)
アンチ・スリップ・コントロールがエンジ
ン出力を制御することで、ホイールの空転
を防ぎ、直進安定性やハンドリング性能が
維持されます。
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント
(PSM)
PSMは、過酷な走行条件下で車体を安定さ
せるためのアクティブ・コントロール・シ
ステムです。PSMは、ポルシェ・トラクシ
ョン・マネージメント・システム(PTM)
と密接に連携して制御を実行します。
PSMは、ABD、ASRの両方を作動させ、さ
らにアンチロック・ブレーキ・システム
(ABS)やエンジン・ドラッグ・トルク・コ
ントロール・システム(MSR)も制御して
総合的に走行姿勢をコントロールします。
セーフティ・ノート
PSMは、刻一刻と変化する路面状況に追従
して走行安定性を確保するものであり、決
して無謀な運転から事故を防ぐためのもの
ではありません。
PSMを装備していても、路面状況、天候条
件、交通状況に応じた責任ある運転を心が
けてください。PSMを装備していても、車
両の物理的限界を超えることはできませ
ん。また、速度の出し過ぎによる事故の危
険性を低減することもできません。
PSMの利点
− さまざまな路面状況、運転状況で最適な
トラクション性能と直進安定性を確保し
ます。
− コーナリング中、ドライバーがアクセ
ル・ペダルやブレーキ・ペダルから足を
放したときの不意な挙動を補正します。
この補正は、横方向の加速度が限界に達
するまで持続します。
− PSMは、車線変更時や連続したカーブを
曲がるために急なステアリング操作を行
ったとき、積極的に走行安定性を維持し
ます。
− コーナリング中や変化に富んだ路面状況
下でブレーキをかけたときの走行安定性
を確保します。
− 急ブレーキをかけたときの制動力を高
め、制動距離を短くします。
作動準備
PSMは、エンジンを始動すると自動的に作
動します。
機能
ホイール、ブレーキ、ステアリングおよび
エンジンに取り付けられたセンサが、以下
の情報を検出します:
− 走行速度
− 進行方向(ステアリングの切れ角)
− 横方向の加速度
− 前後方向の加速度
− ヨー・モーメント
PSMは、各センサの信号からドライバーが
意図する進行方向を判定します。
ステアリングの切れ角と実際の進行方向の
偏差を検出し、その偏差を補正するため必
要に応じて各ホイール独立して、ブレーキ
をかけます。さらに、エンジン出力やティ
プトロニックの変速動作を制御して、車両
の安定性を高めます。
安全運転について
163
限界に近い状況ではPSMがドライバーに危
険を知らせ、路面状況や走行状態に応じた
運転を促します:
− インストルメント・パネルのマルチ・フ
ァンクション・インジケータ・ランプが
点滅します。
− PSM解除スイッチのインジケータ・ラン
プが点滅します。
− 油圧ノイズが聞こえます。
− PSMがブレーキをかけることで、減速度
合いやステアリング操作力が変化しま
す。
− エンジン出力が低下します。
− PSMがブレーキをかけたときは、ブレー
キ・ペダルが振動して位置が変化しま
す。このとき、ブレーキ・ペダルを踏む
力を弱めることなく、さらに強く踏み込
んでください。
PSMの作動例
− コーナリング中、フロント・ホイールの
空転をセンサが検出すると、エンジン出
力を抑えます。さらに、必要に応じてカ
ーブ内側のリア・ホイールにブレーキを
かけ、ステアリング・コントロール性を
確保します。
− コーナリング中、リア・ホイールの空
転をセンサが検出すると、カーブ外側
のフロント・ホイールにブレーキをか
けてステアリング・コントロール性を
確保します。
164
安全運転について
− ブレーキ・システム・プレフィル:
オフロードPSM(ロー・レンジ・オフロ
ドライバーがアクセル・ペダルから素早
ード走行プログラムのPSM)
く足を放すと、急ブレーキに備えてブレ
オフロード走行プログラム(ロー・レンジ)
ーキ・システムの圧力を少し高めます。 が作動すると、特にオフロード走行に適し
このときブレーキ・パッドが弱い力でブ
たPSMの制御モードが作動し、ホイールの
レーキ・ディスクに押し付けられ、ドラ
トラクションを高めます。
イバーが急ブレーキをかけたときに素早
悪路での走行性能を高めるため、オフロー
く制動力が立ち上がるようにします。
ド走行プログラムで低速走行中はオフロー
− ブレーキ・ブースタ:
ドPSMの作動レスポンスが抑えられます。
急ブレーキ操作時にブレーキ・ペダルを
ブレーキの負荷が大きいときは、オートマ
踏む力が弱いと、ブレーキ・ブースタが
チック・ブレーキ・ディファレンシャル
4輪すべてのブレーキ・システムの圧力 (ABD)が自動的にOFFになり、ブレー
を高めます。
キ・システムを保護します。このときABD
は、ブレーキ・システムの温度が下がるま
PSMおよびPTM/PTM Plusの併用
で作動しません。
走行安定性を高めるため、PSMが作動した
場合はセンター・ディファレンシャル・ロ
エンジン・ドラッグ・トルク・コントロ
ック(PTM)、さらにリア・ディファレン
ール(MSR)
シャル・ロック(PTM Plus)も作動します。 ホイールの空転が激しい場合、エンジン・
ドラッグ・トルク・コントロール・システ
知識
ムがオーバーランによる駆動輪のロックア
ップを防ぎます。滑りやすい路面でシフト
PSMを解除すると、各ホイールのブレーキ
ダウンした場合も同様です。
およびアンチ・スリップ・コントロール
(ASR)も停止します。オートマチック・
ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)は
作動を続行します。
ブレーキをかけると、PSMを解除していて
も一時的にPSMが作動します。
片方の駆動輪が空転すると、PSMを解除
していてもブレーキをかけて空転を抑制
します。
通常走行ではPSMを作動させてください。
ただし次の場合は、PSMをOFFにすること
をお薦めします。
− ぬかるみや深い積雪路を走行するとき
− ぬかるみなどから脱出するとき
− スノー・チェーンを使用するとき
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント
(PSM)をOFFにすると、ティプトロニッ
クのスリップ探知機能も停止します。
PSMの解除
センター・コンソールのスイッチAを押
すとPSMが解除されます。
PSM解除スイッチを押してから実際に
PSMが解除されるまでには、若干の遅
れがあります。PSM解除スイッチのイ
ンジケータ・ランプが点灯します。
PSMが解除されると、インストルメン
ト・パネルのPSM警告灯が点灯します。
またマルチ・ファンクション・ディス
プレイにも警告メッセージが表示され
ます。
警告灯
− イグニッションをONにすると、ランプ
作動点検のために警告灯が点灯します。
− PSMの作動がインジケータ・ランプで表
示されます。PSMを解除していても、片
方の駆動輪が空転してブレーキをかけた
ときは点灯します。
− インストルメント・パネルのマルチ・ファ
ンクション・ディスプレイとともに、イ
ンジケータ・ランプはPSMがOFFになっ
ていることを表示します。
− PSMに不具合が発生すると警告灯が点灯
し、マルチ・ファンクション・ディスプ
レイに警告が表示されます。この場合、
PSMが作動しません。
PSMが故障したときは直ちにポルシェ
正規販売店で点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
安全運転について
165
コラプシブル・スペア・タイヤ
コラプシブル・スペア・タイヤを装着
して走行する場合は、PSMを解除しな
いでください。
トレーラー・スタビリティ・マネージメ
ント
(各国の仕様により異なります)
トレーラー・スタビリティ・マネージメン
トは、トレーラー車両をけん引していると
きに走行安定性を確保するシステムで、ポ
ルシェ・スタビリティ・マネージメント
(PSM)の機能の一部です。
トレーラー・スタビリティ・マネージメン
トは、トレーラー車両の不安定な挙動を検
知識
出し、その挙動が安定するまでブレーキを
PSMを解除した場合、各ホイールのブレー
かけます。
キおよびアンチ・スリップ・コントロール
ただし、トレーラー・スタビリティ・マネ
(ASR)も停止します。オートマチック・
ージメントはあらゆる状況で走行安定性を
ブレーキ・ディファレンシャル(ABD)は
確保できるものではありません。例えば滑
作動を続行します。
りやすい路面やぬかるんだ路面では、トレ
ーラー車両の安定性が損なわれます。また
PSMを再度ONにする
重心位置が高い車両をけん引すると、転倒
ボタンAを押します。しばらくすると
の恐れがあります。
PSMが作動します。ボタンのインジ
この制御が作動したときは慎重にステ
ケータ・ランプとPSM警告灯が消灯し
アリングを操作してください。
ます。マルチ・ファンクション・ディ
トレーラー車両けん引時の運転につい
スプレイにメッセージが表示されます。
ては:
「トレーラー車両を連結したときの運
転」
(206ページ)を参照してください。
けん引
けん引についての情報は、
「けん引とけ
ん引によるエンジンの始動」(300ペー
ジ)を参照してください。
166
安全運転について
危 険
思わぬ事故を起こす恐れがあります。ト
レーラー・スタビリティ・マネージメントを
装備していても、路面状況、天候条件、交
通状況に応じた責任ある運転を心がけてく
ださい。
走行安全性が高められていても、無謀な運
転を許容するものではなく、車両の物理的
限界を超えることはできません。また、速
度の出し過ぎによる事故の危険性を低減す
ることもできません。
思わぬ事故を起こす恐れがあります。
滑りやすい路面やぬかるみなどで、トレー
ラー車両のジャックナイフ現象が発生して
トレーラー・スタビリティ・マネージメン
トの制御範囲を超えた場合は、走行安定性
を維持することができません。
路面状況に応じた適切な運転を心がけ
てください。
思わぬ事故を起こす恐れがあります。
トレーラー車両の重心位置が高いと、転倒
する恐れがあります。
適切な運転を行ってください。
思わぬ事故を起こす恐れがあります。
トレーラー車両をけん引しているときに速
度を出し過ぎると、走行安定性を失う恐れ
があります。
トレーラー車両をけん引しているとき
は、路面状況や交通状況に応じた速度
で、トレーラーの負荷を考慮した運転
を心がけてください。
各国の法規制を遵守してトレーラー車
両をけん引してください。
車のけん引能力や、車両およびトレー
ラー車両の総重量については「車両重
量」
(309ページ)を参照してください。
前提条件
− トレーラー車両のコネクタが差し込まれ
ている。
− トレーラー車両の整備状況が良好であ
る。
作動条件
− トレーラー・スタビリティ・マネージメ
ントは、ポルシェ・スタビリティ・マネ
ージメント(PSM)がONのときに作動
します。
各国の法規制を遵守してトレーラー車
両をけん引してください。
知識
− トレーラー・スタビリティ・マネージメ
ントは、ポルシェ・スタビリティ・マネ
ージメント(PSM)をOFFにすると停止
します。
− ブレーキ・ペダルを踏むと、ポルシェ・
スタビリティ・マネージメント(PSM)
がOFFのときでもトレーラー・スタビリ
ティ・マネージメントが作動します。
− 電動格納式トレーラー・ヒッチ*を装備
する車両は、ボール・ジョイントを完全
に伸ばして作動位置にしてください。
ABS
(アンチロック・ブレーキ・システム)
セーフティ・ノート
ABSは、急ブレーキをかけたときの走行安
定性や危険回避能力を維持するものであ
り、決して無謀な運転から事故を防ぐため
のものではありません。
ABSを装備していても、路面状況、天候条
件、交通状況に応じた責任ある運転を心が
けてください。ABSを装備していても、車
両の物理的限界を超えることはできませ
ん。また、速度の出し過ぎによる事故の危
険性を低減することもできません。
ABSの特徴:
− ステアリング・コントロール性の確保
安定したステアリング・コントロール
性能を維持します。
− 優れた走行安定性
ホイール・ロックによるスリップを回
避します。
− 制動距離の短縮
ほとんどの状況で、ブレーキをかけた
ときの制動距離が短くなります。
− ホイール・ロックの回避
*日本仕様に設定はありません。
ホイールがロックしたときに生じるタ
イヤのフラット・スポットを回避でき
ます。
安全運転について
167
機能
ABSが最も効果を発揮するのは、緊急回避
が必要な状況でブレーキをかけたときで
す。このような状況下でABSは走行安定性
を確保し、安定したステアリング・コント
ロール性を維持します。
ABSは、あらゆる路面状況下で、停車する
直前までホイールのロック(車両のスリッ
プ)を回避します。
ブレーキをかけているときにホイールがロッ
クしはじめると、ABSが作動します。
ABSが作動すると、小刻みなポンピング・
ブレーキをかけているようにブレーキ・ペ
ダルが振動します。ドライバーは、このペ
ダルの振動やジャダー音からABSが作動し
ていることを感じ取ることができます。同
時に、この振動がドライバーへの警告にも
なります。
急ブレーキ操作が必要な場面では、安
全な速度になるまでしっかりとブレー
キ・ペダルを踏み続けてください。
ABSが作動してブレーキ・ペダルが振
動しても、ペダルを踏む力を緩めない
でください。
168
安全運転について
警告灯
エンジンがかかっているときにインストル
メント・パネルのABS警告灯が点灯し、マ
ルチ・ファンクション・ディスプレイに警
告が表示される場合、何らかの不具合によ
りABSが停止していることを示します。
この場合、ブレーキ・システムはロックを
回避できない状態、つまりABSを装備して
いない車と同じ動作になります。
ABSを装備していない車両と同じよう
に慎重に運転してください。
さらに思わぬ悪影響を及ぼすような不
具合の発生を防止するため、直ちにポ
ルシェ正規販売店でABSシステムの点
検を受けてください。ポルシェ車に関
する全ての整備点検は、ポルシェ正規
販売店での実施を推奨します。十分な
トレーニングを受けた経験豊富なスタ
ッフが、最新の技術情報と専用工具や
専用装置を駆使し、確かな整備をお約
束します。
ABSコントロール・ユニットは、ポルシェ
社が認可した正規サイズのタイヤ径に合わ
せてプログラムされています。不正なタイ
ヤを使用した場合、プログラムと異なった
ホイール回転速度が検出され、ABSが停止
することがあります。
オフロードABS(ロー・レンジ・オフロ
ード走行プログラムのABS)
オフロード走行プログラム(ロー・レンジ)
が作動すると、特にオフロード走行に適し
たオフロードABSが自動的に作動します。
オフロードを走行中にブレーキをかける
と、制動距離を短縮するためにタイヤがス
リップする(路面に食い込ませて制動力を
高める)ことがあります。
ドライバーがステアリングを操作する必要
がある場合は、オフロード走行プログラム
が自動的に短時間解除され、ステアリン
グ・コントロール性を維持します。
ヒルホルダー発進アシスタント
セレクタ・レバーが“D”または“M”の
位置にあると、上り坂で停車したときにヒ
ルホルダー機能が作動して、車両の思わぬ
後退を防ぎます。このとき、ドライバーは
ブレーキをかける必要がありません。
エンジン・ブレーキ・サポート
(下り坂走行アシスタント)
エンジン・ブレーキ・サポート・システム
は、急勾配や冬季の山道などで、20km/h以
下の速度でゆっくりと坂道を下るときに使
用します。
下り坂を走行中にアクセル・ペダルを踏ま
ヒルホルダー機能が作動しない場合:
ないかぎり、エンジン・ブレーキ・サポー
− セレクタ・レバーが“N”または“R” トが作動してブレーキをかけます。
の位置にある。
いずれか1輪以上のホイールのグリップが
− 走行制限プログラムが作動している。
失われると、グリップ力が確保されている
− (悪路などで)いずれかのホイールが浮
ホイールのブレーキを制御します。
いている。
ただし通常のブレーキと同様、路面状況
(凍結路や滑りやすい路面など)によって
エンジン・ブレーキ・サポート・システム
セーフティ・ノート
の能力が制限されます。
ヒルホルダー機能を装備していても、周
囲の状況に応じた責任ある運転を心がけ
警 告
てください。ヒルホルダー機能は、危険
回避能力を高めるための装備で、決して
滑りやすい路面ではエンジン・ブレーキの
無謀な運転から事故を防ぐためのもので
効果が役立たず、思わぬ事故を起こす恐れ
はありません。
があります。
ヒルホルダー機能により、車両の物理的
常に状況に応じた責任ある運転を心が
限界を超えることはできません。またヒ
けてください。
ルホルダーの発進アシスト機能は、凍結
路や滑りやすい路面では役立たない場合
があります。
前提条件
− 下り坂を走行中、アクセル・ペダルを
踏んでいないこと。
− 速度が約20km/hを超えていないこと。
− セレクタ・レバーが“D”
、
“M”または
“R”の位置にあること。
知識
エンジン・ブレーキ・サポート・システム
は、前進および後退に関係なく下り坂で作
動します。
安全運転について
169
知識
スペシャル・オフロード・レベル
短時間で車高を何度も切り替えると、コン
プレッサーがオーバーヒートすることがあ
ります。コンプレッサーが冷えるまで数分
待ってから、再度レベリング・システムを
操作してください。
この車高は、地上高を最大まで上げる必要
があるときだけ使用してください。地上高
がノーマル・レベルより約56mm高くなり
ます。
スペシャル・オフロード・レベルを選択す
ると、メータ・パネルの警告灯
が点灯
します。
スペシャル・オフロード・レベルは、約
30km/h以下で走行する場合に手動で変更で
きます。約30km/hを超えると、自動的にオ
フロード・レベルに戻ります。
ノーマル・レベル
地上高が約215mmに調整されます。
オフロード・レベル
レベリング・システムおよび車高調
整機能付きエア・サスペンション
エア・サスペンション装備車は、5種類の
車高を選択できます。
走行速度に応じて、あらかじめ決められた
車高に自動調整されます。
積載している荷物の重さに関係なく、一定
の車高を維持します。
知識
オフロード・レベルおよびスペシャル・オ
フロード・レベルでは一般道を走行しない
でください。
170
安全運転について
この車高は、不整地(ラフロード)や野原、
林道などを走行するときに適しています。
地上高がノーマル・レベルより約26mm高
くなります。
オフロード・レベルは、約80km/h以下で走
行する場合に手動で変更できます。約
80km/hを超えると、自動的にノーマル・レ
ベルに戻ります。
オフロード走行プログラム(ロー・レンジ)
に切り替えると、自動的にオフロード・レ
ベルが選択されます。
ロー・レベル
この車高は高速走行に適しています。
走行速度が約125km/hを超えると自動的に
選択され、地上高がノーマル・レベルより
約24mm低くなります。
約40km/h以下になると、自動的にノーマ
ル・レベルに戻ります。
知識
センター・コンソールのロッカー・スイッ
チを操作すると、約40km/h以下でもロー・
レベルを選択できます。
ローディング・レベル
注 意
シャシー部品や車体のアンダーボディを損
傷する恐れがあります。
地上高が低くなるため、縁石などがある場
所で車を動かすと車体の下回りが接触する
恐れがあります。
発進する前に、必ずノーマル・レベル
に戻してください。
この車高は、ラゲッジ・コンパートメント
への荷物の積み下ろしを容易にするために
使用します。ノーマル・レベルより約
54mm低くなります。走行速度が約5km/hを
超えると、自動的にノーマル・レベルに戻
ります。
車高の手動設定
前提条件
− イグニッションをONにします。
− すべてのドアを閉めます。
知識
イグニッションをOFFにすると、そのとき
の車高が記憶されます。
A−スペシャル・オフロード・レベル
B−オフロード・レベル
C−ノーマル・レベル
D−ロー・レベル
E−ローディング・レベル
車高を上げる
ロッカー・スイッチを前方
に短く
押します。
1回押すと車高が1段階上がります。
車高を下げる
ロッカー・スイッチを手前
に短く
引きます。
1回引くと車高が1段階下がります。
安全運転について
171
設定車高の表示
警告メッセージ
ジャッキ・アップ
設定した車高は、ロッカー・スイッチ横の
各レベルを示すインジケータ・ランプ(イ
ラスト参照)で表示されます。
車高を切り替えているときはインジケー
タ・ランプが点滅します。その後、切り替
えが完了すると点灯状態になります。
また車高の切り替え状況は、メータ・パネ
ルのマルチ・ファンクション・ディスプレ
イにも表示されます。
システムに不具合が発生した場合、または
コンプレッサーがオーバーヒートして停止
した場合は、メータ・パネルのマルチ・ファ
ンクション・ディスプレイにさまざまなメッ
セージが表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
状況の変化に合わせて慎重に運転して
ください。
システムの故障修理に関してはポルシェ
正規販売店にお問い合わせください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
過負荷防止機能が作動してコンプレッ
サーが停止した場合は、コンプレッサー
が冷えるまで数分待ってください。コ
ンプレッサーが十分に冷えると、シス
テムが再使用できます。
コントロール・システムを解除した場合、ま
たはコラプシブル・スペア・タイヤを装着し
た場合は、警告メッセージが表示されます。
これは故障を示すものではありません。
通常の状況に戻ると警告メッセージが消え
ます。
ジャッキ・アップを行うときは:
手動でノーマル・レベルを選択し、レ
ベリング・システムを解除してくださ
い。
表示の例外
ノーマル・レベルからロー・レベル、また
はその逆に自動的に切り替わった場合は、
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに表示されません。
172
安全運転について
レベリング・システムの解除
1. イグニッションをONにします。
2. ロッカー・スイッチを前方に5∼10秒押
します。
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイにメッセージが表示
され、ジャッキ・アップができるよう
になります。
レベリング・システムの再作動
1. イグニッションをONにします。
2. ロッカー・スイッチを前方に5∼10秒押
します。または、
3. 発進すると、レベリング・システムが
自動的にONになります。
鉄道、カーフェリー、トランスポータに
よる車両の輸送
車両をホイールだけで固定してくださ
い。
ポルシェ・アクティブ・サスペン
ション・マネージメント(PASM)
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに、さまざまなメッセー
ジが表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
の警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
ボタンを押して、3種類のシャシー設定を
選択できます。
− コンフォート
− ノーマル
− スポーツ
「コンフォート」または「ノーマル」を選
択した場合、スポーティな運転を行うと自
動的に「スポーツ」設定に切り替わります。
シャシー設定の表示
選択したシャシー設定ボタンのランプが点
灯します。さらに、メータ・パネルのマル
チ・ファンクション・ディスプレイに選択
したシャシー設定が約12秒間表示されま
す。
警告メッセージ
システムに不具合が発生すると、メータ・
パネルのマルチ・ファンクション・ディス
プレイにメッセージが表示されます。
状況の変化に合わせて慎重に運転して
ください。
システムの故障修理に関してはポルシェ
正規販売店にお問い合わせください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
シャシー設定の選択
1. イグニッションをONにします。
2. お好みの設定ボタンを押します。
知識
イグニッションをOFFにすると、そのとき
のシャシー設定が記憶されます。
安全運転について
173
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)
機能
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・コン
トロール・システム(PDCC)は、走行中
の車体の傾き(ローリング)を抑制するシ
ステムです。フロントおよびリア・アクス
ルのアンチ・ロール・バーを積極的にコン
トロールして、走行安全性と快適性を高め
ます。
PDCCを個別に切り替えることはできませ
ん。
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・
マネージメント(PASM)でシャシー設定
を切り替えると、PDCCが自動的に切り替
わります:
− コンフォート
− ノーマル
− スポーツ
PDCCは、該当するオンロード走行プログ
ラムを自動的に起動します。
シャシー設定の選択については:
「ポルシェ・アクティブ・サスペンショ
ン・マネージメント(PASM)
」
(173ペー
ジ)を参照してください。
ロー・レンジがONの場合、PDCCが該当す
るオフロード走行プログラムを起動しま
す。
174
安全運転について
ロー・レンジのON/OFFの切り替えにつ
いては:
「オンロードおよびオフロード走行プ
ログラム」(157ページ)を参照してく
ださい。
警告メッセージ
システムに不具合が発生すると、メータ・
パネルのマルチ・ファンクション・ディス
プレイにメッセージが表示されます。
マルチ・ファンクション・ディスプレイ
の警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
状況の変化に合わせて慎重に運転して
ください。
システムの故障修理に関してはポルシェ
正規販売店にお問い合わせください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
油圧フルードの点検
油圧フルードの定期点検と交換は、最寄り
のポルシェ正規販売店にご依頼ください。
その他の重要な情報は、本書の「車のお手
入れ」の章を参照してください。
「メンテナンス上の諸注意」(227ペー
ジ)を参照してください。
オフロード走行を行う前に、この項の説明
を十分理解してください。
この車の優れたオフロード性能をご理解い
ただけるとともに、目的地までの安全な走
行に役立ちます。
はじめてオフロードを走行する場合は、適
度な地形の場所で練習することをお勧めし
ます。
メンテナンス・ノート
オフロードを走行すると、通常よりもはる
かに激しく部品が消耗します。車を安全に
使用するためには、オフロードを走行する
たびに専門的な点検とメンテナンスを実施
してください。砂塵、埃の粒子などは研磨
作用があり、これらの異物がブレーキ・シ
ステムに混入すると、ブレーキが過度に摩
耗したり、思わぬブレーキ動作を引き起こ
すことがあります。
スポーツ・デザイン・パッケージ装備車
オフロード走行のルール
オフロード走行
警 告
スポーツ・デザイン・パッケージ装備車
は、フロント、リアおよびサイドの車体下
回りの部品が塗装されています。オフロー
ドを走行すると、これらの部品が損傷する
恐れがあります。
オフロード走行時は、部品が損傷しな
いよう十分注意してください。
車体の下回りと障害物の間に十分な空
間があることを確認してください。
水たまりや浅瀬の走行は避けてくださ
い。
サイド・メンバ・トリムおよびリア・
ホイール・スポイラに足を掛けないで
ください。
最低地上高に注意してください。
詳しくはテクニカル・データ「地上高」
(310ページ)を参照してください。
オフロード走行プログラム(ロー・レ
ンジ)を作動させてください。
「オフロード走行プログラムに切り替
える」(158ページ)を参照してくださ
い。
荷物をしっかりと固定してください。
荷物と荷物の固定については:
「荷物の積載」(190ページ)を参照し
てください
運転席から路面状況がわかりにくい場
合は、車から降りて直接確認してくだ
さい。この動作を怠ると、思わぬ障害
物で車体を損傷する恐れがあります。
走行中はエンジンを止めないでくださ
い。パワー・ステアリングが作動しな
くなります。
ゆっくりと一定の速度で走行してくだ
さい。
常に全ホイールが接地した状態で運転
してください。
水たまりや浅瀬を走行する場合は、水
深、底の状態、流れの速さを確認して
ください。
障害物(岩、穴、丸太、わだちなど)
に十分注意してください。
走行中、スライディング/チルティン
グ・ルーフやパノラマ・ルーフ・シス
テム、サイド・ウィンドウを必ず閉じ
てください。
路肩に目印がある場合は、そこから外
れないでください。
自然を大切にし、環境を破壊しないで
ください。進入禁止の標識には必ず
従ってください。
安全運転について
175
オフロード走行用のドライビング・
システム
オフロード走行では、特別なトランスミッ
ションおよびシャシー・コントロール・シ
ステムやオフロード走行プログラムが使用
できます。
− オフロード走行プログラム(ロー・レ
ンジ)
− センター・ディファレンシャル・ロック
− リア・ディファレンシャル・ロック
− オフロードPSM
− オフロードABS
シャシー・コントロール・システムに
ついては:
「トランスミッションおよびシャシー・
コントロール・システム」
(161ページ)
を参照してください。
スポーツ・デザイン・パッケージ装備車
警 告
スポーツ・デザイン・パッケージ装備車
は、フロント、リアおよびサイドの車体下
回りの部品が塗装されています。オフロー
ドを走行すると、これらの部品が損傷する
恐れがあります。
オフロード走行時は、部品が損傷しな
いよう十分注意してください。
車体の下回りと障害物の間に十分な空
間があることを確認してください。
水たまりや浅瀬の走行は避けてくださ
い。
サイド・メンバ・トリムに足を掛けな
いでください。
オフロード走行前
オフロード走行後
タイヤ
トレッドの深さとタイヤ空気圧を点検
します。
トレッドの損傷がないか点検し、異物
(石など)があるときは取り除きます。
バルブ・キャップを紛失しているとき
は取り付けます。
ホイール・リム
リムにへこみや損傷があるときは、オ
フロードを走行する前に取り替えてく
ださい。
オフロード走行では、通常のオンロード走
行より大きな負荷がかかります。
オフロード走行後は、点検とメンテナ
ンスを行うことをお勧めします。目視
できないような損傷でも事故につなが
る危険があり、走行中の快適性も損な
われます。早めの点検で損傷の拡大を
防ぐことができます。
176
安全運転について
注 意
車の損傷は、乗員や通行者を事故に巻き込
む恐れがあります。
故障の疑いがある場合は、ポルシェ正
規販売店で点検してください。
タイヤの異常(亀裂、損傷、過剰な空
気圧、異物の挟まり)がないか確認し
てください。必要な場合はタイヤを交
換してください。
損傷がある場合は、ポルシェ正規販売
店で早めに修理してください。ポル
シェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨しま
す。十分なトレーニングを受けた経験
豊富なスタッフが、最新の技術情報と
専用工具や専用装置を駆使し、確かな
整備をお約束します。
推奨手順
オフロード走行プログラム(ロー・レ
ンジ)を解除します。
ヘッドランプおよびテール・ランプを
清掃し、損傷がないか点検します。
フロントおよびリアのナンバー・プレ
ートを清掃します。
高圧洗車装置でタイヤ・トレッドを洗
浄して異物を取り除きます。
高圧洗車装置でホイール、ホイール・
ハウジング、車体下周りを洗浄します。
車体に木の葉や枝などが挟まっていな
いか点検します。
これらの異物はフューエル・ライン、
ブレーキ・ホース、アクスル・ジョイ
ント・ブーツ、ドライブ・シャフトな
どを損傷する原因となり、車両火災の
原因にもなります。
オフロード走行後は、車体フロア全体、
タイヤ、ボディ、ステアリング、シャ
シー、エキゾースト・システムの損傷
がないか必ず点検してください。
ぬかるみ、砂利道、水たまり、浅瀬な
どを長時間走行した場合は、ブレー
キ・ディスク、ブレーキ・パッド、ホ
イール、アクスル・ジョイントを清掃
および点検してください。
オフロード走行後に振動が激しくなっ
た場合は、ホイールに異物がないか点
検してください。
異物があるとホイール・バランスが損
なわれ、振動の原因になることがあり
ます。この場合は異物を取り除くと、
振動が解消します。
上り坂走行
危 険
車が転倒すると、人命にかかわる負傷や、
車体を損傷する恐れがあります。
上り坂では方向転換しないでください。
急勾配で車が上がらない場合は、必ず
リバース・ギヤに入れて坂を下ってく
ださい。
土手や上がれそうにない急勾配の場所
には進入しないでください。
車体が傾きはじめた場合は、直ちに傾い
た側にステアリングを切ってください。
上り坂走行中、アイドリングやニュー
トラルで重力に任せて後退しないでく
ださい。また、この状態でフット・ブ
レーキを多用するのは非常に危険です。
知識
急勾配の坂道を上り下りするときは、
ロー・レンジに切り替えてください。
知識
走行中は変速したり、停車しないでく
ださい。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
上り坂でのトラクション
知識
必要に応じてロー・レンジを作動させ、
ディファレンシャル・ロックを使用し
てください。
知識
上り坂を走行するときは慎重にアクセ
ル・ペダルを踏み込んで、ホイールの
トラクションが失われない(空転しな
い)ように走行してください。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
速度を落としてください。
安全運転について
177
下り坂走行
危 険
車が転倒すると、人命にかかわる負傷や、
車体を損傷する恐れがあります。
下れそうにない急勾配の場所には進入
しないでください。
下り坂ではステアリング・ホイールを
直進位置にして、速度を落としてくだ
さい。
車体が傾きはじめた場合は、直ちに傾い
た側にステアリングを切ってください。
下り坂走行中、アイドリングやニュー
トラルで重力に任せて進まないでくだ
さい。
エンジン・ブレーキを使用してください。
エンジン・ブレーキだけでは不十分な
場合、フット・ブレーキを使用してく
ださい。
178
安全運転について
知識
オフロード走行プログラム(ロー・レン
ジ)を作動させてください。オフロー
ドABSが自動的に作動します。
知識
走行中は変速したり、停車しないでく
ださい。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
オフロードABSの特別な制御により、フロ
ント・ホイールが意図的に短時間ロックさ
れ、ぬかるんだ路面に効果的に食い込みま
す。このときロックされたホイールはスリ
ップし、ステアリング操作ができなくなり
ます。
未舗装の急勾配を下るときは、ブレー
キ操作を慎重に行い、滑らないように
注意してください。
ハンプ(突起物)
地上高が十分にあることを確認してく
ださい。テクニカル・データ「地上高」
(310ページ)を参照してください。
知識
必要に応じてロー・レンジを作動させ、
ディファレンシャル・ロックを使用し
てください。
知識
ハンプ(突起物)を乗り越える前にア
クセル・ペダルを緩め、慣性力を利用
して乗り越えてください。ハンプを乗
り越えるときに車がジャンプすること
を防止し、勢いよく着地することを防
げます。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
危 険
車内に水が浸入すると、水没事故につなが
る恐れがあります。また、水の浸入により
エンジンや部品が損傷する恐れがありま
す。
水たまりや浅瀬を走行する場合は、水
深A、底の状態、流れの速さを確認し
てください。水深Aが55.5cm(スペシ
ャル・オフロード・レベル時)を超え
る場所は走行しないでください。
ドア・シルやラバー・シールがきれい
になっているか、走行前に点検してく
ださい。
水たまりや浅瀬の走行
地上高が十分にあることを確認してく
ださい。テクニカル・データ「地上高」
(310ページ)を参照してください。
水深がある場所や流れの速い場所には進
入しないでください。山間部の小川な
ど、深く流れの速い場所では意図した
軌道から外れてしまうことがあります。
汚れが付着するとブレーキの効きが悪く
なります。
ブレーキが汚れていないか点検し、必
要に応じて清掃してください。
水たまりや浅瀬を長時間走行すると、ドラ
イブ・ベルトが滑りやすくなり、パワー・
ステアリングが故障する恐れがあります。
パワー・ステアリングが故障すると、
ステアリング操作に大きな力が必要で
す。
電気系統が故障する恐れがあります。
塩水の中を走行しないでください。
車体前部が水をかぶらないように適切
な速度で走行してください。
水たまりや浅瀬を走行中は、決してド
アを開けないでください。
安全運転について
179
知識
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
走行中は変速したり、停車しないでく
ださい。水たまりや浅瀬では、抵抗が
大きく地面が滑りやすいため、発進で
きなくなることがあります。
水たまりや浅瀬を横切る場合は、浅い
場所から歩行速度で進入してください。
地形を確認した後、最短距離で渡って
ください。
水たまりや浅瀬に高速で進入しないで
ください。車体前部が水をかぶり、エ
ンジンや部品が損傷する恐れがありま
す。
状況の変化に十分対処できるよう、慎
重に運転してください。
ゆっくりと一定の速度で走行してくだ
さい。
方向転換しないでください。
途中で渡り切れなくなった場合は、リ
バース・ギヤに入れて後退で水から出
てください。
水たまりや浅瀬を長時間走行すると、パワ
ー・ステアリング・ポンプやオルタネータ
が故障する恐れがあります。
パワー・ステアリング・ポンプが故障
すると、ステアリング操作に大きな力
が必要です。
180
安全運転について
知識
水たまりや浅瀬を走行した後は、特別な点
検が必要です。
タイヤ・トレッドから泥を落としてく
ださい。
水たまりや浅瀬を走行した後はブレー
キを軽くかけて、ブレーキを乾かして
ください。
障害物
注 意
不適切な方法で障害物を乗り越えると、車
体下回りやシャシー部品を損傷する恐れが
あります。
常に地上高に注意してください。
木の幹や岩などの障害物を乗り越える
ときは、片方のフロント・ホイールが
障害物の中央を通過するようにして、
ゆっくり走行してください。
リア・ホイールも同様に障害物を乗り
越えてください。
知識
必要に応じてロー・レンジを作動させ、
ディファレンシャル・ロックを使用し
てください。
知識
必要に応じて同乗者の指示を受けてく
ださい。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
速度を落としてください。
砂上走行
知識
必要に応じてロー・レンジを作動させ、
ディファレンシャル・ロックを使用し
てください。
知識
柔らかい砂道は、オフロード走行の中でも
特に運転が難しい路面です。
正しい方法で運転しないと、すぐに立ち往
生してしまいます。
すみやかに通過し、決して途中で停車
しないでください。立ち往生する恐れ
があります。
わだちが浅く、砂で覆われていない場
合、また地上高に余裕がある場合は、
わだちに沿って走行してください。
地上高に注意してください。テクニカ
ル・データ「地上高」(310ページ)を
参照してください。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
柔らかい砂の斜面を走行する場合
ロー・レンジを作動させ、
“M”の位置
(マニュアル・モード)を使用してくだ
さい。
万一、立ち往生した場合は:
ホイール・スピンを避けてください。木の
枝やマットなどを使用してトラクションを
確保し、脱出してください。
わだち
オフロードや砂利道の多くでは、他の車が
走行した跡のわだちができています。
地上高に注意してください。テクニカ
ル・データ「地上高」(310ページ)を
参照してください。
注 意
わだちが深い場所を走行すると、車体の下
周りを損傷する恐れがあります。
地上高に十分注意してください。
わだちが深すぎるときは、走行しない
でください。
知識
必要に応じてロー・レンジを作動させ、
ディファレンシャル・ロックを使用し
てください。
知識
片方のホイールが路肩の草の上を通過
するように走行すると、比較的容易に
わだちを通過することができます。
エンジンを高回転(2,500rpm以上)に
しないでください。
速度を落としてください。
安全運転について
181
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
リア・シートを倒す、戻す .................... 183
ローディング・スペース........................ 186
カーゴ・マネージメント・システム..... 187
荷物の積載 ............................................... 190
ラゲッジ・コンパートメント・カバー... 191
ラゲッジ・セーフティ・ネット ............ 192
スキー・バッグ........................................ 194
ルーフ・トランスポート・システム..... 196
収納スペース ........................................... 197
カップ・ホルダ........................................ 200
灰皿........................................................... 202
シガー・ライタ........................................ 203
182
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
リア・シートを倒す
ラゲッジ・セーフティ・ネットが取り付け
られている場合、先ず左側のシート・クッ
ションをまっすぐ起こし、次に左側のシー
ト・バックレストを前方に倒します。
4ゾーン・オート・エアコン装備車:
セーフティ・ボタン
リア・シートを倒す、戻す
リア・シートは分割式です。それぞれを個
別に倒してラゲッジ・スペースを広げるこ
とができます。
注 意
リア・シートを倒す前に、運転席ドア
のアームレストにあるセーフティ・ボ
タンを押します。
エアコンのリア・コントロール・パネ
ルの機能が停止し、エアコンが不意に
作動することを防止できます。スイッ
チのインジケータが点灯します。
1. フロント・シートを前に動かします。
2. バックレストを倒すために、ヘッドレ
ストをバックレストから取り外します。
「ヘッドレスト」(31ページ)を参照し
てください。
3. シート・クッションのループA部を引
き上げます。
4. シート・クッションをまっすぐ起こし
ます。
バックレストだけを倒すと、シート・クッ
ション、バックレストおよびシートベルト
を損傷する恐れがあります。
シート・クッションとバックレストは、
必ず一緒に倒してください。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
183
5. リリース・レバーAを引き、バックレ
ストを倒します。
リア・シート(コンフォート・シート装備車)
リア・シート(スポーツ・シート装備車)
6. コンフォート・シート装備車:
バックレストのサポート・ブラケット
をシート・クッションのサポート・フ
ックに差し込みます(矢印)
。
6. スポーツ・シート装備車:
バックレストのサポート・ブラケット
をシート・クッションのフックに差し
込みます(矢印)
。
注 意
バックレストのサポート・ブラケットがシ
ート・クッションのフックに確実に差し込
まれていないと、シート・カバーを損傷す
る恐れがあります。
サポート・ブラケットをフックにしっ
かりと差し込んでください。
184
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
7. ヘッドレストをシート・クッションの
ガイド穴に差し込みます。
リア・シートを元に戻す
1. ヘッドレストをシート・クッションか
ら取り外します。
2. シートベルトを引っ掛けないよう気を
つけてください。バックレストを起こ
し、ロック音を確認します。赤い「確
認フラグ」Aが完全に下がっているか
確認してください。
警 告
急ブレーキや事故の際に、乗員が怪我をし
たり車が損傷する恐れがあります。
シート・クッションと成型材の間に物
を置かないでください。
3. シート・クッションをバックレストの
下に押し込みます。シートベルトの
バックルに手が届くことを必ず確認し
てください。
4. ヘッドレストをバックレストに差し込
みます。
「ヘッドレスト」
(31ページ)を参照し
てください。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
185
ローディング・スペース
ラゲッジ・コンパートメント・フロアの許
容積載重量は400kgです。重い荷物は、床
面全体に均一に荷重がかかるように積んで
ください。
荷物の積載とラゲッジについては:
「荷物の積載」(190ページ)を参照し
てください。
ラゲッジ・コンパートメント・フロアを
開く
1. ハンドルAを引いてラゲッジ・コンパ
ートメント・フロアを持ち上げます。
186
2. サポート・アームBをホルダーから外
し、ラゲッジ・コンパートメント・フ
ロアの穴Cに差し込みます。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤ装備車で
は、サポート・アームBを使用しません。
ラゲッジ・コンパートメント・フロアを
閉める
1. ラゲッジ・コンパートメント・フロア
をわずかに持ち上げ、サポート・アー
ムBをフロアのホルダーに戻します。
2. ラゲッジ・コンパートメント・フロア
を閉めます。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
タイダウン・リング
ラゲッジ・コンパートメントの荷物が動か
ないように固定できます。タイダウン・ベ
ルトまたはラゲッジ・ネットをタイダウ
ン・リングDに固定します。
荷物を固定するときは、各リングに均
等に荷重をかけてください。
知識
タイダウン・リングは、衝突事故の際に荷
物を支えることができません。
カーゴ・マネージメント・システム
カーゴ・マネージメント・システムは、ラ
ゲッジ・コンパートメントの荷物を固定す
るための調整式システムです。
このシステムは、2本のテレスコピック・
レール、テレスコピック・バー、4個のタ
イダウン・リング、ストラップ・リールお
よびリバーシブル・マットで構成されま
す。リバーシブル・マットを裏返すと、荷
物のすべり止めになります。
重量物と荷物の積み込みについては:
「荷物の積載」(190ページ)を参照し
てください。
テレスコピック・バーの取り付けと調整
ストラップ・リールの取り付けと調整
1. テレスコピック・バー左右の2つの部品
を、取り付けレールの開口部Aに取り
付けます。
2. 取り付けバー(エンド・エレメント)
を下に押し、荷物を押さえ付けてくだ
さい。バーを適切な位置に固定すると、
荷物が動かなくなります。
3. 取り付けバー(エンド・エレメント)
を解除します。
4. 取り付け部品(エレメント)が、荷物
を押さえる位置で固定されているか確
認します。
ストラップ・リールは、車載バッグの中に
タイダウン・リングとともにラゲッジ・コ
ンパートメントかスペア・ホイール・ウェ
ルに格納されています。
1. バッグからストラップ・リールを取り
出します。
2. ストラップ・リールの取り付けバー
(エンド・エレメント)のボタンBを押
し、両方の部品を2本の取り付けレール
の幅に合わせて引き伸ばします。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
187
3. ストラップ・リール左右の取り付けバ
ーを、取り付けレールの開口部Aに取
り付けます。
4. 左右の取り付けバーを下に押し、荷物
に押し付けます。
5. 取り付けバー(エンド・エレメント)
を解除します。
6. 取り付け部品(エレメント)が荷物を
押さえる位置で固定されているか確認
します。
7. ボタンBを押し、荷物が動かないよう
にストラップを張ります。
8. ボタンBを解除します。
188
ストラップ・リールの片側使用
1. 取り付けバー(エンド・エレメント)
のボタンBを押し、左右の取り付け部
品(エレメント)を少し離します。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
2. 片方の取り付け部品(エレメント)を
レールの開口部Aに押し込み、適切な
位置までスライドさせます。
3. もう片方の取り付け部品(エレメント)
を同じ開口部Aに押し込み、反対側へ
スライドさせます。
4. 取り付け部品(エレメント)が荷物を
押さえる位置で固定されているか確認
します。
5. ボタンBを押してストラップを荷物の
周りに引き回し、ストラップを張って
荷物が動かないようにします。
6. ボタンBを解除します。
タイダウン・リングの取り付けと調整
タイダウン・ストラップまたはラゲッジ・
ネットは、必ずタイダウン・リングに固定
してください。
荷物を固定するときは、各リングに均等に
荷重をかけてください。
タイダウン・リングは、衝突事故の際に重
い荷物を支えることができません。
1. タイダウン・リングを取り付けレール
の開口部Aに取り付けます。
2. ボタンCを下に押し、タイダウン・リ
ングを必要な方向へスライドさせます。
3. ボタンCを解除します。
4. タイダウン・リングが押した位置で固
定されているか確認します。
5. 同じ方法で、残りのタイダウン・リン
グを取り付けます。
知識
左右のタイダウン・リングは、必ず互いに
向き合うように取り付けてください。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
189
荷物の積載
セーフティ・ノート
荷物を固定しなかったり不適切な位置に載
せると、ブレーキをかけたときや車の向き
を変えたとき、事故を起こしたときに乗員
に危険を及ぼす恐れがあります。荷物は必
ず固定してください。
荷物は、必ずラゲッジ・コンパートメ
ントなど所定の位置に入れてください。
室内(シート前方やシートの上)には
置かないでください。
可能な限り、シート・バックレストで
荷物を支えてください。このとき、バ
ックレストを必ずロックしてください。
可能な限り、荷物は乗員のいないシー
トの後ろに置いてください。
重量物はできるだけフロアの前方に寄
せ、軽い荷物はその後ろに載せてくだ
さい。
荷物はシート・バックレストの上端を
越えない高さにしてください。
ラゲッジ・セーフティ・ネットやラゲ
ッジ・コンパートメント・カバーを使
用して、荷物が室内に飛び込まないよ
うにしてください。ラゲッジ・コンパ
ートメント・カバーの上に物を載せた
まま運転しないでください。
190
後部座席に乗員がいない場合、リア・
シートベルトを使用してバックレスト
を支えることもできます。外側座席の
シートベルトを斜めに渡し、それぞれ
反対側の外側座席のバックルにはめて
ください。
運転
車のハンドリング性能は荷物の重さに
応じて変化します。車の挙動を確認し
て慎重に運転してください。
リア・ウィンドウ・ヒータ熱線および
サイド・ウィンドウのTVアンテナを傷
付けないでください。
テクニカル・データ「車両重量」(309
ページ)を参照してください。
ラゲッジ・ネット
荷物は、ラゲッジ・ネットで完全に覆
ってください。ラゲッジ・ネットは、
軽い荷物を固定するためだけに使用し
てください。
タイダウン・ベルト
ゴム・ベルトやゴムひもなどで荷物を
固定しないでください。
ベルトやひもを、鋭利な物の上にかけ
ないでください。
固定具の使用上の注意を遵守してくだ
さい。
せん断強度が700kg以上、幅が25mm以
内のベルトだけを使用してください。
荷物の上でベルトを交差してください。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
最大総重量および最大軸荷重を超過し
ないでください。
リア・ウィンドウまたはリア・リッド
を開いたまま運転しないでください。
排出ガスが室内に入る恐れがあります。
タイヤ空気圧を積載量に合わせて調節
してください。
タイヤ空気圧を変更したときは、タイ
ヤ空気圧モニタリング・システムの設
定も更新しなければなりません。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イのタイヤ空気圧モニタリング・シス
テムについては:
「車の荷重とタイヤ空気圧の設定」
(119ページ)を参照してください。
部分積載と最大積載量については:
テクニカル・データ「冷間時(20℃)
のタイヤ空気圧」(308ページ)を参照
してください。
ラゲッジ・コンパートメント・カ
バー
ラゲッジ・コンパートメント・カバーを使
用すれば、車外から荷物を隠すことができ
ます。
ラゲッジ・コンパートメントに荷物を
積んでいるときは、必ずラゲッジ・コ
ンパートメント・カバーを使用してく
ださい。ラゲッジ・コンパートメン
ト・カバーの上には物を載せないでく
ださい。
サポート・ブラケットAにバッグや荷物
を掛けないでください。サポート・ブ
ラケットが壊れることがあります。
警 告
急ブレーキ、急ハンドル、または事故によ
り荷物が室内に飛び込み、乗員が怪我をす
る恐れがあります。
ラゲッジ・コンパートメント・カバー
の上に荷物を載せないでください。
ラゲッジ・コンパートメント・カバーを
引き出す
ラゲッジ・コンパートメント・カバーを
取り外す
ハンドルを持ってラゲッジ・コンパー
トメント・カバーを引き出し、左右の
ガイドに差し込みます。
リリースBを後方に引きます。
カバーの右側を持ち上げ、カバー全体
を取り外します。
ラゲッジ・コンパートメント・カバーを
格納する
ラゲッジ・コンパートメント・カバー
を左右のガイドから外し、ゆっくりと
リトラクタ・ローラーに巻き取ります。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
191
ラゲッジ・セーフティ・ネット
急ブレーキ、急ハンドルまたは事故の際、
ラゲッジ・セーフティ・ネットを使用して
も重い荷物を支えることができません。
荷物の積載とラゲッジについては:
「荷物の積載」(190ページ)を参照し
てください。
警 告
荷物を固定していないと、急ブレーキ、急
ハンドルまたは事故の際に荷物が飛び出し
て乗員が怪我をする恐れがあります。
必ずセーフティ・ネットで荷物の室内
への飛び込みを防いでください。
ラゲッジ・コンパートメント・カバーを
取り付ける
荷物は必ずタイダウン・リングで固定
してください。
ラゲッジ・セーフティ・ネットの使用例
A−取り付け位置1
カバーを左側のガイドに差し込みます。
カチッと音がして固定されるまで、カ
バーを押さえつつ右側のガイドに入れ
ます。
リリースBを前方に押します。
シート・バックレストの上端より高い位
置に決して荷物を載せないでください。
知識
192
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
急ブレーキまたは事故などの際、セー
フティ・ネットに大きな力がかかった
り損傷した場合は、セーフティ・ネッ
トおよびブラケットをポルシェ正規販
売店で点検してください。ポルシェ車
に関する全ての整備点検は、ポルシェ
正規販売店での実施を推奨します。十
分なトレーニングを受けた経験豊富な
スタッフが、最新の技術情報と専用工
具や専用装置を駆使し、確かな整備を
お約束します。
ラゲッジ・セーフティ・ネットによる室
内保護
ラゲッジ・セーフティ・ネットを引き出
す
ラゲッジ・セーフティ・ネットを引き
出し、左右の固定フックを天井のリン
グに差し込みます。固定フックは両横
から引き出します。
ラゲッジ・セーフティ・ネット固定フッ
クが、リングに確実にはまったことを
確認します。
B−取り付け位置2
取り付け位置2の場合、リア・シートを前
方に倒してからラゲッジ・セーフティ・ネッ
トのカバーを開けてください。
リア・シートの倒し方については:
「リア・シートを倒す、戻す」
(183ページ)
を参照してください。
ラゲッジ・セーフティ・ネット・アッセ
ンブリをリア・シート・バックレストか
ら取り外す
1. 左右のリア・ドアを開きます。
2. 左側のシート・バックレストを先に倒
します。次に右側を倒します。このと
き、シート・クッションを取り外す必
要はありません。
リア・シートの倒し方については:
「リア・シートを倒す、戻す」
(183ペー
ジ)を参照してください。
3. ラゲッジ・セーフティ・ネット・アッ
センブリを矢印1の方向に押します。
4. ラゲッジ・セーフティ・ネット・アッ
センブリを矢印2の方向に持ち上げて取
り外します。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
193
スキー・バッグ
スキー板などの長尺物をスキー・バッグに
入れると、室内を汚したり損傷することな
く安全に運べます。
スキー・バッグを使う
2. リア・シート・バックレストのアーム
レストを倒します。
3. 保護カバーBの上のマジック・テープ
を外します。
4. リッドのリリース・ボタンCを押し、
カバーを倒します。
1. リッドのリリース・ボタンAを押し、
カバーを下に開きます。
194
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
5. スキー・バッグを引き出します。
6. ラゲッジ・コンパートメント側からス
キー・バッグに荷物を入れます。
スキー・バッグを収納する
1. スキー・バッグの荷物を出します。
2. スキー・バッグを室内側に引き出しま
す。
3. ラゲッジ・コンパートメント側のカバ
ーを閉じます。
4. スキー・バッグを折りたたみ、カバー
を閉じます。
5. プロテクト・カバーを取り付け、マジ
ック・テープで固定します。
知識
スキー・バッグは乾かしてから折りた
たんでください。
荷物の固定
積み込んだ荷物を固定ベルトDで締め付
けます。
ベルトの先端をバックルに差し込みま
す。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
195
ルーフ・トランスポート・システム
ルーフ・トランスポート・システムの
取付説明書を参照してください。
ポルシェ・テクイップメントまたは、
ポルシェ社がテストを実施し、承認し
たルーフ・トランスポート・システム
だけをご使用ください。市販のルー
フ・ラックは装着できません。
ポルシェ・ルーフ・トランスポート・シス
テムは、さまざまなスポーツ用品やホビー
用品を積載できます。「ルーフ・トランス
ポート・システム」の詳細は、ポルシェ正規
販売店にお問い合わせください。
セーフティ・ノート
自動洗車機を使用するときは、ルー
フ・トランスポート・システムを車か
ら取り外してください。車が損傷する
恐れがあります。
最大総重量と軸重量を超えないでくだ
さい。
詳細はテクニカル・データ「車両重量」
(309ページ)を参照してください。
車幅より大きな荷物を積まないでくだ
さい。また、できるだけ重い物を下に
して、高さを均一にしてください。
ルーフ・トランスポート・システムに
積んだ荷物は、ロープまたはワイヤー
で固定してください(ゴムひもは使用
しないでください)
。
走行前、および長距離走行中は、定期
的にルーフ・トランスポート・システ
ムと荷物の固定状態を点検してくださ
い。必要に応じて、積み方を直したり
固定用品を追加してください。
196
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
ルーフ・トランスポート・システムに荷物
を積載して走行する場合の最高速度は、積
載物の性質、大きさ、重量にもよります。
140km/hを超えないようにしてくださ
い。
ルーフ・トランスポート・システムに
何も積んでいないときは、180km/hを
超えないようにしてください。
制限速度を遵守してください。重心位
置が高くなり、空気抵抗も大きくなる
ので、運転特性、ブレーキ特性、ステ
アリング特性が変化します。安全運転
を心がけてください。
燃費を向上し、騒音を減らすために、
不要なときはルーフ・トランスポー
ト・システムを取り外してください。
収納スペース
警 告
急ブレーキ、急ハンドル、または事故によ
り荷物が室内に飛び込み、乗員が怪我をす
る恐れがあります。
室内に荷物などを置く場合は必ず固定
してください。
小物入れに重いものを入れて、カバー
を開けたまま運転しないでください。
運転中は必ず小物入れカバーを閉めて
ください。
ラゲッジ・コンパートメントは、セー
フティ・ネットおよびラゲッジ・コン
パートメント・カバーで保護してくだ
さい。
知識
荷物を固定しなかったり不適切な位置に載
せると、ブレーキをかけたりステアリング
を操作したとき、事故の際に乗員が怪我を
する恐れがあります。
荷物の積載とラゲッジについては:
「荷物の積載」(190ページ)を参照し
てください。
収納オプション
− ルーフ・コンソールのサングラス・
ケース
− グローブ・ボックス、ペン・ホルダ
− フロントおよびリア・アームレスト
− 助手席下の引き出し
− ラゲッジ・コンパートメント左右の収
納スペース
− ドア・パネル
− フロントおよびリアのセンター・コン
ソール
− フロント・シートのバックレスト
− リア・グラブ・ハンドルのコート用
フック
− ラゲッジ・コンパートメント・フロア
の下
− フロントおよびリア・カップ・ホルダ
ルーフ・コンソールのサングラス・ケース
このスペースにはサングラスなどが収納で
きます。
開く
ボタン(矢印)を押します。
閉める
カチッと音がするまで閉めます。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
197
グローブ・ボックス
グローブ・ボックス内の引き出しは、車検
証などの書類を入れておくことができます。
開く
ボタンAを押して、カバーを開きます。
閉める
ボタンAをキーで施錠することができま
す。盗難防止に役立ちます。
198
B−グローブ・ボックス内の冷却風量調節ダイヤル
C−ペン・ホルダ
グローブ・ボックス内の冷却
ダイヤルBを反時計方向に回します。
グローブボックスの冷却停止
ダイヤルBを時計方向に回します。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
フロント・アームレストの小物入れ
アームレストには2個の小物入れが付いて
います。
上部トレイを開く
ボタンAを押して、カバーを持ち上げま
す。
下側トレイを開く
ボタンBを押してカバーを閉じたまま、
上部トレイを持ち上げます。
リア・アームレストの小物入れ
アームレストには小物入れが付いていま
す。
小物入れを開く
1. アームレストを完全に倒します。
2. ボタンCを押して、カバーを持ち上げ
ます。
ラゲッジ・コンパートメント左右の収納
スペース
車の装備により、左側に収納スペースがあ
ります。
スペースを大きく使うために、中間の仕切
りを取り外すことができます。
開く
ハンドルを引いてカバーを開きます。
閉める
カバーの下側を差し込んでから、カチッ
と音がするまで閉じます。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
199
カップ・ホルダ
注 意
カップ・ホルダには、ドリンク缶やカップ
を置くことができます。
走行中はカップ・ホルダのシャッター
を閉めてください。
損傷する恐れがあります。
レベリング・システムおよび車高調整
機能付きエア・サスペンション装備車
の右側収納スペースは熱がこもります。
熱に弱い物を収納しないでください。
警 告
カップ・ホルダのドリンク類がこぼれる
と、火傷または物が損傷する恐れがありま
す。
カップ・ホルダに適切に収まる容器だ
けを使用してください。
中身が一杯に満たされた容器を置かな
いでください。
右側フロント・シート下の引き出し
右側フロント・シート下の引き出しには小
物入れがあります。
開く
ロック解除ハンドルを持ち上げ、引き
出しを開けます。
閉める
カチッと音がするまで閉めます。
200
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
熱い飲み物は置かないでください。
カップ・ホルダ(フロント)を使う
シャッターAを矢印の方向に開きます。
カップ・ホルダ・トレイを取り外す
カップ・ホルダ・トレイは取り外して掃除
ができます。
トレイを取り外すと、小物入れとして使用
できます。
シャッターAを開きます。
カップ・ホルダ・トレイの2個の取り付
け用穴Bに指を差し込みます。
カップ・ホルダ・トレイを引き上げて
外します。
カップ・ホルダ(リア)を使う
カップ・ホルダ・カバーを矢印の方向
に押します。
カップ・ホルダ(リア)を収納する
ロックするまで押し込みます。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
201
灰皿(フロント)
開く
蓋を軽く押して開きます。
掃除する
ロック解除ボタンAを右に動かし、灰皿
を持ち上げ引き抜きます。
灰皿を掃除した後、カチッと音がする
まで灰皿を押し下げて取り付けます。
202
灰皿(リア)
車の装備により、リア・ドア・パネルに灰
皿があります。
開く
蓋を軽く押して開きます。
掃除する
蓋を開き、ドア・パネルにゆっくりと
押し付けます。灰皿がわずかに持ち上
がります。
灰皿を取り外して掃除します。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
シガー・ライタ
警 告
火災や火傷をする恐れがあります。
絶対にお子様だけを車内に残さないで
ください。
加熱したシガー・ライタを持つときは、
ノブを持ってください。
シガー・ライタはイグニッションの位置に
関係なく使用できます。
フロント・シガー・ライタの使い方
灰皿の蓋を軽く押して灰皿を開きます。
ライターを押し込みます。
フィラメントが熱くなると、元の位置
に飛び出します。
リア・シガー・ライタの使い方
ライターを押し込みます(矢印)
。
フィラメントが熱くなると、元の位置
に飛び出します。
ラゲッジ・コンパートメント、ローディング・スペースおよび収納スペース
203
トレーラー車両の連結
トレーラー・ヒッチ................................ 205
着脱式ボール・ジョイント付き
トレーラー・ヒッチ................................ 207
電動格納式トレーラー・ヒッチ ............ 212
204
トレーラー車両の連結
トレーラー・ヒッチ*
トレーラー車両の取扱説明書をよくお
読みください。
トレーラー・ヒッチを改造および修理
しないでください。
後付け
トレーラー・ヒッチの後付けはポルシェ正
規販売店だけで実施してください。ポルシ
ェ正規販売店は、メーカーの仕様や取り付
けに必要な車の改造方法を熟知していま
す。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨します。
十分なトレーニングを受けた経験豊富なス
タッフが、最新の技術情報と専用工具や専
用装置を駆使し、確かな整備をお約束しま
す。
電気系統の接続
この車には、トレーラー車両の電気系統を
接続するために13ピンのコネクタが用意さ
れています。
トレーラー車両側のコネクタが7ピンの場
合、適切なアダプタを使用してください。
定義
車のけん引能力(トレーラー車両の総重量)
とは、トレーラー車両の空車重量と積載重
量を合算したものです。
セーフティ・ノート
トレーラー車両を連結しての運転
この車のけん引能力、垂直連結荷重、
リア軸荷重を必ず遵守してください。
垂直連結荷重とは、トレーラー・ドローバ
ーの重量(この車のトレーラー・ヒッチが
支える重量)です。
重量や荷重についての詳細はテクニカ
ル・データ「車両重量」(309ページ)
を参照してください。
リア軸荷重とは、リア・アクスルの車両重
量、この車の積載重量、およびトレーラー
車両の垂直連結荷重を合算したものです。
この車にトレーラー車両を連結した状
態で、トレーラー車両が水平になるよ
う調整してください。必要であれば、
調整可能なドローバーを使用してくだ
さい。
車両およびトレーラー車両の総重量とは、
この車(けん引する車両)の重量とトレー
ラー車両の重量を合算したものです。
それぞれの最大許容値を超えないよう
にしてください。
山岳地帯を走行する場合、高度(標高)
が上がるにつれてエンジン出力が低下
します。テクニカル・データの許容重
量は海抜0mでの数値です。この車がけ
ん引できる「車両およびトレーラー車
両の総重量」は、高度が1,000m上昇す
るにつれて10%ずつ低下します。この
ことを念頭において走行ルートを計画
してください。
荷物の配置
トレーラー車両は、積載する荷物をで
きるだけアクスルの近くに配置してく
ださい。荷物は必ず固定してください。
トレーラー・ヒッチの許容垂直連結荷
重を最大限に生かしてください。ただ
し、決して超過しないでください。
*日本仕様に設定はありません。
トレーラー車両の連結
205
タイヤ空気圧
トレーラー車両をけん引するときは、
タイヤ空気圧をフル積載重量に調整し
てください。
タイヤ空気圧については:
テクニカル・データ「冷間時(20℃)
のタイヤ空気圧」(308ページ)を参照
してください。
トレーラー・メーカーの取扱説明書に
従って、トレーラー車両のタイヤ空気
圧を調整してください。
ドア・ミラー
トレーラー車両の幅が広く、後方視界が
妨げられる場合は、補助ドア・ミラー
を装備してください。
ヘッドランプ、ランプ類
トレーラー車両側コネクタとこの車の
コネクタが正しく接続されているか、
すべてのランプが正常に作動するか点
検してください。
トレーラー車両を連結したときの運転
トレーラー車両をけん引するときは、道路
条件、交通状況、路面状態に合わせて適切
な運転を心がけてください。速度を出しす
ぎるとトレーラー車両との連結が不安定に
なり、コントロールを失う恐れがあります。
各国の法規制を遵守してトレーラー車両を
けん引してください。
トレーラー車両を連結した場合のハン
ドリング特性やブレーキ特性に慣れる
までは、特に慎重に運転してください。
トレーラー車両だけに荷物を積まない
でください。重量バランスを考慮し、
けん引する車にも荷物を積んでくださ
い。やむを得ず、トレーラー車両だけ
に荷物を積載する場合は、低速で走行
してください。
ブレーキング、コーナリング、追い越
し、駐車をするときなどは、車のハン
ドリング特性や車体寸法がいつもと異
なることを常に念頭においてください。
トレーラー車両を連結した場合の走行
安定性は、速度が上がるにつれて悪化
します。したがって下り坂や悪路、悪
天候(強風)のときは特に速度を落と
して運転してください。
長い下り坂では適切な低速ギヤに入れ、
エンジン・ブレーキを使用してくださ
い。
206
トレーラー車両の連結
トレーラー車両が軌道から外れたとき
は、直ちに減速してください。反対側
にステアリングを切ってはいけません。
必要に応じてブレーキをかけてくださ
い。この車とトレーラー車両の姿勢を
まっすぐに立て直すために加速しない
でください。
急坂路で発進する場合は、ロー・レン
ジにしてください。
いかなる場合も、この車とトレーラー車
両の間に人や動物がいるとき、荷物が
あるときに車を動かさないでください。
後退するときは、パーキング・アシス
タントが作動しないので注意してくだ
さい。
車のけん引能力や、車両およびトレー
ラー車両の総重量については「車両重
量」
(309ページ)を参照してください。
知識
トレーラー車両を連結すると、車のあ
らゆる部分に大きな負荷がかかります。
車の機能を正常かつ安全に作動させる
には、トレーラー車両をけん引するた
びに、専門家による点検およびメンテ
ナンスが必要です。
トレーラーの連結
警 告
トレーラー車両を連結する際は、必ず
警報システムを解除してください。傾
斜センサ*が作動して、不意に警報が
鳴ることがあります。
ボール・ジョイントを固定していないと、
急ブレーキ、急ハンドルまたは事故の際に、
乗員が怪我をしたり車が損傷する恐れがあ
ります。
ボール・ジョイントを積み込むときは、
必ず固定してください。
トレーラーの切り離し
トレーラー車両を切り離す際は、必ず
警報システムを解除してください。コ
ネクタを外すとき誤って警報が鳴るこ
とがあります。
トレーラー車両にオーバーラン・ブレー
キが装備されている場合は、トレーラー
車両のブレーキをかけたまま切り離さ
ないでください。
知識
トレーラー車両のランプがすべてLEDの場
合、トレーラー車両のコネクタを切り離し
ても警報が鳴りません。
ボール・ジョイントは必ずツール・ボ
ックスに収納してください。
ボール・ジョイントのロック機構が損傷
し、安全性を損なう恐れがあります。
着脱式ボール・ジョイント付きト
レーラー・ヒッチ*
着脱式ボール・ジョイントは、ラゲッジ・
コンパートメント・フロア・カバー下のツ
ール・ボックスに収納されています。
1. ラゲッジ・コンパートメント・フロア
を開き、フロア・ステーで支えます。
「ローディング・スペース」
(186ページ)
を参照してください。
ボール・ジョイントの脱着に補助器具や
ツールを使用しないでください。ボー
ル・ジョイントは、手の力で脱着でき
ます。
ボール・ジョイントを正しくロックしない
と思わぬ事故を起こす恐れがあります。
ボール・ジョイントをロックし、キー
を抜いている場合のみ、トレーラー・
ヒッチを使用してください。
2. ツール・ボックスのマジック・テープ
を外します。
3. ツール・ボックスの上部パーツを取り
外します。
*日本仕様に設定はありません。
4. 下部ツール・ボックスからボール・ジョ
イントを取り出します。
トレーラー車両の連結
207
知識
ボール・ジョイントの取り付け
ボール・ジョイントやマウント・チュ
ーブを改造、修理しないでください。
ハンドル操作に異常を感じたときや故
障したときは、ポルシェ正規販売店に
連絡してください。
運転する前に、ボール・ジョイントが
所定の位置に正しくロックされている
か確認してください。
トレーラー車両を連結するときは、必
ずロックを締結し、キーを抜いてくだ
さい。
トレーラー車両を連結した状態で、ボ
ール・ジョイントのロックを解除しな
いでください。
トレーラー車両を連結していないとき
は、必ずボール・ジョイントを取り外
し、ツール・ボックスに収納してくだ
さい。
ボール・ジョイントを取り外した後は、
必ずマウント・チューブをプラグで塞
いでください。
重要: はじめてボール・ジョイントを
使用するときは、キーに刻印されてい
る番号をメモしてください。
キー番号: .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
208
トレーラー車両の連結
ボール・ジョイント・マウントとソケット
はバンパーの下にあります。
マウント・チューブのプラグは、汚れが侵
入しないように保護するものです。
プラグの取り外し
プラグAをマウント・チューブから取り
外します。プラグはツール・ボックス
に収納しておきます。
ボール・ジョイントを取り付ける前に、
マウント・チューブが汚れていないか
点検します。ボール・ジョイントを確
実にロックするためには、マウント・
チューブが汚れていないことが重要で
す。
− ハンドルとボール・ジョイントのギャ
ップ(すき間)が、はっきり確認でき
るようにします。ハンドルとトレーラ
ー・ヒッチ間の距離Jを約5mmにしま
す。
− ロック・ボールCを軸の中に完全に押
し込みます。
ボール・ジョイントにプリテンションが
かかっていない場合、以下のようにプリ
テンションをかけます
ボール・ジョイントのロックを解除し
ます。キーの矢印をハンドルの「ロッ
ク開」マークに合わせます。
ボール・ジョイントの準備
軸B、ロック・ボールC、ハンドルDに、汚
れや損傷がないか点検します。
ボール・ジョイントEを差し込む前に必ず
プリテンションをかけます。
ボール・ジョイントのプリテンション点
検
− キーFをロックに差し込み、キーの矢印
を「ロック開」マークに合わせます。
この状態で、キーが抜けなくなります。
− ハンドルの赤いマークGを、ボール・
ジョイントの緑のエリアHに合わせま
す。
片手でボール・ジョイントを持ちます。
反対側の手でハンドルを矢印1の方向に
引き出し、引いたまま矢印2の方向に回
して締結させます。
これで、ボール・ジョイントにプリテ
ンションがかかります。
ボール・ジョイントにプリテンションがか
からない場合、そのボール・ジョイントは
使用しないでください。
ポルシェ正規販売店にお問い合わせくだ
さい。ポルシェ車に関する全ての整備
点検は、ポルシェ正規販売店での実施
を推奨します。十分なトレーニングを
受けた経験豊富なスタッフが、最新の
技術情報と専用工具や専用装置を駆使
し、確かな整備をお約束します。
トレーラー車両の連結
209
ボール・ジョイントの車両への取り付け
ボール・ジョイントEを差し込む際、ハン
ドルDに手を触れないでください。ボー
ル・ジョイントを所定の位置にロックする
と、ハンドルが反時計方向に回転して戻り、
トレーラー・ヒッチに当たります。
1. テンションをかけたボール・ジョイン
トEを、矢印の方向にマウント・チュー
ブKに差し込み、押し上げてボール・
ジョイントが所定の位置にカチッとは
まったことを確認します。
210
トレーラー車両の連結
2. キーLを反時計方向に回してボール・ジ
ョイントをロックし、キーを引き抜き
ます。キーを引き抜くと、ハンドルを
引き出すことができません。
3. キャップMでロック部を覆います。
4. キーをツール・ボックスに収納します。
安全確認
ボール・ジョイントが正しく取り付けられ
ているか、次の4つのポイントを確認して
ください。
2. 片手でボール・ジョイントEを持ちま
す。
ハンドルDを矢印1の方向に引き出し、
引いたまま矢印2の方向いっぱいに回し
ます。この位置でハンドルを保持します。
3. ボール・ジョイントをマウント・チュ
ーブから矢印3の方向に取り外します。
ハンドルを放すとボール・ジョイント
のテンションが抜け、この状態でツー
ル・ボックスに収納できます。
4. 必ずプラグをマウント・チューブに差
し込み、汚れが侵入しないようにしま
す。
警 告
思わぬ事故を起こす恐れがあります。
4つの確認事項のいずれか一つでも該当
しない場合、そのトレーラー・ヒッチ
は使用せず、ポルシェ正規販売店にご
相談ください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
1. ハンドルの緑のマークNが、ボール・
ジョイントの緑のエリアHに合ってい
る。
2. ハンドルがボール・ジョイントに接触
している。
3. 手で強くゆすっても、ボール・ジョイ
ントがマウント・チューブに確実には
まっている。
4. キーが抜き取られ、キャップMが所定
の位置に取り付けられている。
トレーラー・ソケット
ソケットは、差し込んだボール・ジョイン
トの左側にあります。
知識
ボール・ジョイントの取り外し
1. ロック部のキャップを外します。
キーを差し込み、時計方向に回してロッ
クを解除します。キーの矢印をハンドル
の「ロック開」マークに合わせます。
警 告
トレーラー車両を連結していないときは、
必ずボール・ジョイントを取り外してくだ
さい。
お手入れ
ボール・ジョイントとマウント・チューブ
を正しく機能させるためには、必ずきれい
な状態に保ってください。
ボール・ジョイントに挟まれて怪我をする
恐れがあります。
ボール・ジョイントの取り外しやソケット
の取り付けは、高圧洗浄、スチーム洗浄な
どをする前に行ってください。
ボール・ジョイントは重いので、取り
外すときは地面とボール・ジョイント
の間に手を挟まれないように十分注意
してください。
ボール・ジョイントを高圧洗浄、スチーム
洗浄などで清掃しないでください。トレー
ラー・ヒッチ内部の潤滑用グリースが洗い
流されます。
トレーラー車両の連結
211
電動格納式トレーラー・ヒッチ*
警 告
ボール・ジョイントの電動格納機能を使用
するときは、下記の注意事項を遵守してく
ださい。負傷または損傷の恐れがあります。
ボール・ジョイントの可動範囲に人や
動物がいないか、物がないか確認して
ください。
ボール・ジョイントの作動を緊急停止
するには、ロッカー・スイッチAを押
します。
トレーラー車両をけん引しているとき
や、自転車キャリアなどがボール・ジ
ョイントに取り付けられている場合、
ボール・ジョイントを回転させないで
ください。
トレーラー・ヒッチはボール・ジョイ
ントを完全に取り出した状態で使用し
てください。
補助具やツールなどを使用してボー
ル・ジョイントの動作を妨げないでく
ださい。ロック機構が損傷します。こ
の場合、トレーラー・ヒッチの安全性
は保証できません。
運転する前に、ボール・ジョイントが
所定の位置に正しくロックされている
か確認してください。
212
トレーラー車両の連結
トレーラー・ヒッチの取り出し
準備
− 停車します。
− リア・リッドまたはリア・ウィンドウ
を開きます。
取り出し
ロッカー・スイッチAの上半分を押しま
す。ボール・ジョイントが自動的に拡
張して作動位置になります。ジョイン
トが作動位置に動いている間、ロッカ
ー・スイッチの赤いランプが点滅しま
す。
トレーラー・ヒッチの格納
準備
− 停車します。
− リア・リッドまたはリア・ウィンドウ
を開きます。
− トレーラー車両の連結を外します。
− プラグ(およびアダプタ)をソケット
から取り外します。
− ボール保護キャップ、自転車キャリア
など、ボール・ジョイントに取り付け
られているものがあれば取り外します。
*日本仕様に設定はありません。
格納
ロッカー・スイッチAの下半分を押しま
す。ボール・ジョイントが自動的に格
納位置に戻ります。ジョイントが格納
位置に動いている間はロッカー・スイ
ッチの赤いランプが点滅します。
トレーラー・ソケット
トレーラー・ソケットは取り出したボー
ル・ジョイントの右側にあります。
ソケットはボール・ジョイントとともに引
き出されます。
オーバーロード・プロテクション
知識
− ボール・ジョイントを使用しないとき
は格納してください。
− トレーラー・ヒッチ使用時には、トレ
ーラー・コネクタや自転車キャリアな
どを必ず接続してください。
− ボール・ジョイントを緊急停止するに
は、ロッカー・スイッチAを押します。
このとき、ロッカー・スイッチの2個の
赤いランプがすばやく点滅して動作が
中断されたことを知らせます。
格納動作途中の位置でトレーラー・ヒッ
チを使用しないでください。
故障したときは、マルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイに警告が表示されま
す。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
ロッカー・スイッチをワンタッチ・モード
で使用した場合、動きを妨げる抵抗を検知
するとボール・ジョイントの作動が中断さ
れます。このとき、ロッカー・スイッチの
赤いランプがすばやく点滅して、作動が中
断されたことを知らせます。
オーバーロード・プロテクション停止
ロッカー・スイッチを押し続け(約2秒
間)
、ボール・ジョイントを作動位置ま
たは格納位置にします。
お手入れ
高圧洗浄、スチーム洗浄などで洗車する場
合は、ボール・ジョイントのシールに直接
噴射しないでください。水が浸入する恐れ
があります。
故障
ハンドル操作の異常を感じたときや、
故障した場合は、ポルシェ正規販売店
に連絡してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
トレーラー・ヒッチの固定位置の記憶
故障が発生すると(例: バッテリの切り離
し/再接続時)
、トレーラー・ヒッチの固定
位置が消去される恐れがあります。
固定位置の記憶方法:
− ボール・ヘッドが作動位置に固定され
るまで、ロッカー・スイッチAの上半
分を押し続けます。
− ボール・ヘッドが完全に格納されるま
で、ロッカー・スイッチAの下半分を
押し続けます。
トレーラー車両の連結
213
駐車
パーキング・アシスタント .................... 215
駐車時の助手席ドア・ミラーの下向き
自動調節 ................................................... 219
ガレージ・ドア・オープナー ................ 219
214
駐車
パーキング・アシスタント
超音波を利用して障害物との距離を警告音
で知らせるパーキング・アシスタントを装
備しています。
イグニッションをONにするとパーキン
グ・アシスタントが自動的に作動し、約
14km/h以下で機能します。
速度が上がるとパーキング・アシスタント
が自動停止し、約14km/h以下になると自動
的に再作動します。
ティプトロニック・セレクタ・レバーの位
置により、パーキング・アシスタントが障
害物を検出する範囲が切り替わります。
− イグニッションがONのとき、リバース
に入れるとパーキング・アシスタント
が自動的に作動します。
ティプトロニック・セレクタ・レバーの
位置:
− P: パーキング・アシスタントが作動
しません。
− R、N: フロントおよびリアのパーキン
グ・アシスタントが作動します。
− D、M: フロントのパーキング・アシ
スタントが作動します。
警 告
事故を起こす恐れがあります。
パーキング・アシスタントはドライバーの
運転操作を支援する補助的なシステムで
す。パーキング・アシスタントが作動して
いても、周囲の安全に細心の注意を払って
ください。
パーキング・アシスタントを使って車
を動かすときも、人、動物、障害物が
ないか、必ず確認してください。
パーキング・アシスタントの作動/停止
ルーフ・コンソールのボタンAでパーキ
ング・アシスタントを作動/停止させ
ます。
パーキング・アシスタントが停止する
と、ボタンのランプが点灯します。
知識
不整地やオフロードではパーキング・アシ
スタントを停止することをお勧めします。
駐車
215
知識
センサが汚れると感度が低下するため、
雪、氷、泥などの汚れを取り除いてく
ださい。
センサを擦ると、故障の原因となりま
す。
センサが故障する原因になるため、ス
チーム洗浄や高圧洗浄などを行うとき
は洗車ノズルとセンサの距離をあけて
ください。
知識
フロント超音波センサ
リア超音波センサ
センサ
フロントおよびリア・バンパーには、それ
ぞれ6個の超音波センサが組み込まれてお
り、最も車の近くにある障害物を検出しま
す。
− リア中央のセンサ(矢印)
(スペア・タ
イヤ・ブラケット非装備車):約
150cm以内
− リア中央のセンサ(スペア・タイヤ・
ブラケット装備車*):約120cm以内
センサの検出範囲:
− 外側のセンサ(フロントおよびリ
ア): 約60cm以内
− フロント中央のセンサ(矢印):約
120cm以内
背が低く地面に近い障害物およびセンサの
上方にある障害物などは、センサの死角に
なって検出できません。
*日本仕様に設定はありません。
216
駐車
ポルシェ社が承認していないタイヤをスペ
ア・タイヤ・ブラケットに取り付けた場
合、超音波センサが正しく機能しないこと
があります。
スペア・タイヤ・ブラケットを開くと、リ
ア・センサが正しく機能しないことがあり
ます。
レベリング・システムおよび車高調整機能
付きエア・サスペンション装備車で、オフ
ロード・レベルおよびスペシャル・オフロ
ード・レベルを選択している場合、地面に
近い障害物を検出できないことがありま
す。
1個目の黄色のセグメントが点灯したとき、
障害物との距離は120cm(フロント)、ま
たは120∼150cm(リア)です。後退して
いるときは、短い警告音が鳴ります。
障害物が約60cm以内に近づくと、警告音が
断続的に鳴り、4個目の黄色のセグメント
が点灯します。
障害物が約25cm以内(トレーラー・ヒッチ
装備車*の場合は約35cm以内)に近づくと、
警告音が連続して鳴り、2個目の赤色のセ
グメントが点灯します。
警告音が聞き取れるようにオーディオ
の音量を調節してください。
A−フロント・ディスプレイ−左側の警告灯
B−フロント・ディスプレイ−右側の警告灯
C−リア・ディスプレイ−右側の警告灯
D−リア・ディスプレイ−左側の警告灯
警告灯、警告音、障害物との距離
パーキング・アシスタントが作動すると、
作動しているセンサに対応する警告灯の緑
色のセグメントが点灯します。
センサが障害物を検出すると、その障害物
との距離に応じて黄色または赤色のセグメ
ントが点灯します。
フロント・センサの警告灯はダッシュボー
ド上にあり、右側と左側の警告灯が並んで
います。
リア・センサの警告灯はリア・ルーフ・ラ
イナーにあり、右側と左側の警告灯が並ん
でいます。
それぞれの警告灯は、緑色1個、黄色4個、
赤色2個のセグメントに分けられています。
警告音量は、ポルシェ正規販売店で変更で
きます。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
知識
警告音が連続して鳴り、2個目の赤色のセ
グメントが点灯したとき、そこからさらに
障害物に近づくと、パーキング・アシスタ
ントが障害物を検出できなくなる恐れがあ
ります。
*日本仕様に設定はありません。
駐車
217
超音波センサの限界
警告音を伴う故障表示
トレーラー車両をけん引するとき
下記の条件のときは、パーキング・アシス
タントが正常に作動しないことがありま
す。
− 粉雪など、超音波を遮断する物がある
とき
− ウィンドウや塗装面など超音波を反射
する物があるとき
− 細い物があるとき
パーキング・アシスタントに連続的な故障
が発生した場合、作動しているセンサに対
応する警告灯の赤色のセグメントが点灯し
ます。さらに、シフト・チェンジを行って
から3秒間警告音が連続して鳴ります。
リア・パーキング・アシスタントは、トレー
ラー車両の電源コネクタが接続されると
OFFになります。
大型車が間近で排気ブレーキを使用したと
きや工事現場など、超音波が乱れて警告音
が鳴ることがあります。
警告音を伴わない故障表示
外部の超音波の影響などでパーキング・ア
シスタントに一時的な故障が発生した場
合、作動している警告灯の赤色のセグメン
トが点灯します。
知識
一時的な故障(センサの凍結やひどい汚れ)
が発生した場合、パーキング・アシスタン
トが正常に作動しないことがあります。
このとき、システムは一時的な故障と判定
し、速度が14km/h以下のときはすべてのセ
グメントが点灯します。一時的な故障の原
因が取り除かれると、正常な作動に復帰し
ます。
218
駐車
故障が発生したとき
− 作動の不具合、またはシステムの故障
の場合:
パーキング・アシスタントをOFFにし
ます。
パーキング・アシスタントを停止する
と、ボタンのランプが点灯します。
「パーキング・アシスタントの作動/停
止」
(215ページ)を参照してください。
ポルシェ正規販売店で点検を受けてく
ださい。ポルシェ車に関する全ての整
備点検は、ポルシェ正規販売店での実
施を推奨します。十分なトレーニング
を受けた経験豊富なスタッフが、最新
の技術情報と専用工具や専用装置を駆
使し、確かな整備をお約束します。
作動条件
− 車にシート・メモリーを装備している。
− ドア・ミラー調節スイッチAが助手席
側Cになっている。
− リバース・ギヤを選択している。
ドア・ミラーを通常の位置に戻すとき
− ギヤをリバース以外にします。または、
− ドア・ミラー調節スイッチの位置を変
更します。
A−ドア・ミラー調節スイッチ
C−助手席ドア・ミラー調節スイッチ
駐車時の助手席ドア・ミラーの下
向き自動調節
リバース・ギヤを選択すると、助手席ド
ア・ミラーが自動的に下向きになります。
助手席側の車体後方下部の状況が確認しや
すくなります。
A−プログラム・ボタン
B−ステータス・インジケータ・ランプ
C−ホームリンク・トランスミッター
ガレージ・ドア・オープナー*
この車のガレージ・ドア・オープナーは、
さまざまな装置を操作するためのリモー
ト・コントロールを、最大3個まで登録す
ることができます。
装置のリモート・コントロールが、この車
のホームリンク・システムとの互換性を持
っていれば、そのリモート・コントロール
の機能を、3つのプログラム・ボタンAにそ
れぞれ登録することができます。
詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ねくだ
さい。
*日本仕様に設定はありません。
駐車
219
警 告
ガレージ・ドア・オープナーで操作する装
置の可動範囲に人や動物がいたり、物があ
ると、事故につながる恐れがあります。
ガレージ・ドア・オープナーを操作す
るときは、装置の可動範囲に人や動物、
物がないか確認してください。
装置のリモート・コントロール取扱説
明書の注意事項を遵守してください。
知識
プログラム・ボタンを押すと、ホーム
リンク・トランスミッターが車両の正
面前方に向けて信号を送ります。
装置の受信機の方向に車両を向けない
と、信号の送信エリアから外れること
があります。
装置のリモート・コントロール取扱説
明書を読み、そのリモート・コントロ
ールが固定コード式か、または可変コ
ード式かを特定してください。
ガレージ・ドア・オープナーを操作お
よび登録するときは、イグニッション
をONにしてください。また、信号の送
信エリアに装置の受信機が存在しなけ
ればなりません。
220
駐車
ガレージ・ドア・オープナー信号
のボタンへの登録
固定コード式または可変コード式システ
ムに信号を登録するときの知識
− 車両のホームリンク・トランスミッター
と、装置のリモート・コントロールの距
離を変えて、数回実行しなければならな
い場合があります。
― 登録作業中は、装置のリモート・コント
ロールが連続的に信号を送信しなければ
なりません。スタンバイ機能付きのリモ
ート・コントロールの場合は、リモー
ト・コントロールのボタンを数回押さな
ければなりません。
― 登録作業で信号を読み取るために、最大
60秒かかります。
装置のリモート・コントロール取扱説
明書を参照してください。
登録したすべての信号の消去
ステータス・インジケータ・ランプBが
素早く点滅するまで、左右両端のプロ
グラム・ボタンAを約20秒間押し続け
ます。
プログラム・ボタンに登録されている
すべての信号が消去されます。
知識
車を売却するときは、ホームリンクの
すべての信号を消去してください。
プログラム・ボタンへの登録
1. ステータス・インジケータ・ランプB
がゆっくりと点滅しはじめるまで、お
好みのプログラム・ボタンを押し続け
ます(最大20秒かかります)
。
手順3が完了するまで、プログラム・ボ
タンを押し続けてください。
2. ホームリンク・トランスミッターCか
ら約5∼30cmの位置で、装置のリモー
ト・コントロールを保持します。
このとき、装置のリモート・コントロー
ルに新しい電池が入っていることを確
認してください。
3. ステータス・インジケータ・ランプB
が素早く点滅するまで、装置のリモー
ト・コントロールのボタンを押し続け
ます。
リモート・コントロールの機能が正し
く登録されると、ステータス・インジ
ケータ・ランプBが素早く点滅します。
ステータス・インジケータ・ランプB
が素早く点滅したことを確認してから、
プログラム・ボタンとリモート・コン
トロールのボタンを放します。
4. 上記手順を完了した後、プログラム・
ボタンAを再度押します。ステータ
ス・インジケータ・ランプBが連続し
て点灯する場合は、その装置が固定コ
ード式システムであることを意味しま
す。この場合は、ここまでの手順で登
録が完了です。
ステータス・インジケータ・ランプB
が短時間素早く点滅した後、約2秒間連
続して点灯する場合は、その装置が可
変コード式システムであることを意味
します。この場合は、ガレージ・ド
ア・オープナーの受信機とホームリン
クを同期させなければなりません。
5. 上記の手順1∼4を繰り返して、その他
のプログラム・ボタンにも別の装置を
登録します。
可変コード式システムの同期
1. システムを同期させるために:
ガレージ・ドア・オープナーの受信機
のプログラム・ボタンを押します。
次の手順2に進むまでに、通常約30秒か
かります。
2. 装置を登録したプログラム・ボタンを3
回押します(約1秒間)
。
これで可変コードの同期が完了します。
3. この手順1∼2を繰り返して、その他の
プログラム・ボタンも同期させます。
知識
本書の手順、および各装置のリモー
ト・コントロール取扱説明書の記述に
従って登録作業を行っても、リモー
ト・コントロールのコード信号を登録
できない場合は、ポルシェ正規販売店
にお問い合わせください。ポルシェ正
規販売店にはガレージ・ドア・オープ
ナーに関する情報が取り揃えてありま
す。
ガレージ・ドア・オープナーの操作
お好みのプログラム・ボタンAを押しま
す。
固定コード式システムの場合は、信号
を送っている間、ステータス・インジ
ケータ・ランプBが連続して点灯しま
す。
可変コード式システムの場合は、ステー
タス・インジケータ・ランプBが短時
間素早く点滅した後、約2秒間連続して
点灯します。
駐車
221
警報システムと盗難防止
警報システム ........................................... 223
イモビライザー........................................ 225
ステアリング・ロック............................ 225
盗難を防止するために............................ 225
222
警報システムと盗難防止
警報システム
警報システムは、以下のコンポーネントを
監視します。
− ドア、リア・リッド、リア・ウィンド
ウ、およびエンジン・フード
− 室内モニタ・システム:車をロックし
た後の車内への侵入(例えば、ウィン
ドウを壊して車内に侵入したとき)
− 傾斜センサ*:車体の傾き(例えば、
車をけん引して盗難しようとしたとき)
監視しているコンポーネントのいずれか一
つでも不正な動きを検出すると、警告音が
約30秒間鳴って、ハザード・ランプが点滅
します。それから5秒間警告が中断され、
再度同じ動作を行います。この動作を10回
繰り返します。
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイを使用して、室内モニ
タ・システムと傾斜センサをそれぞれ手動
で解除することができます。
「室内モニタ・システムおよび傾斜セ
ンサの停止」(125ページ)を参照して
ください。
作動
車をロックすると、警報システムが起
動します。
作動解除
車のロックを解除すると、警報システ
ムも解除されます。
知識
ドア・ロックにキーを差し込んでドア
を開けた場合は、警報システムの作動
を停止するために、ドアを開けてから
15秒以内にイグニッションをON(イグ
ニッション・キーが1の位置)にしてく
ださい。
警報が作動したときの解除
リモート・コントロールでドアのロッ
クを解除します。または、
室内モニタ・システムおよび傾斜セン
サ*の手動解除
車内に人や動物を残して車をロックすると
きや、鉄道または船舶などで車を輸送する
場合は、室内モニタ・システムと傾斜セン
サを解除する必要があります。
ドアを開けると警報が作動するので、車内
に残る人に注意を促してください。
知識
車を再度ロックすると、室内モニタ・シス
テムと傾斜センサが再作動します。
以下のときは、室内モニタ・システムと傾
斜センサが解除されます:
− 最後に車をロックしたとき、室内モニ
タ・システムおよび傾斜センサをOFF
にした場合。および、
− ロックを解除してからドアを開けずに
30秒が経過した場合(自動的に再ロッ
クされます)
。
イグニッションをONにします。
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備車
リモート・コントロールの
ボタンを
素早く2回押します。
ハザード・ランプが4回点滅してドアが
ロックされます。このとき、インナ
ー・ドア・ハンドルを引くと、ロック
を解除できます。
*日本仕様に設定はありません。
警報システムと盗難防止
223
室内モニタ・システムと傾斜センサが
OFFのとき
− LEDが2秒間素早く点滅した後、28秒間
消灯します。その後はゆっくり点滅し
ます。
セントラル・ロッキング・システムと警
報システムの故障
LEDが2秒間素早く点滅した後、28秒間常
時点灯します。その後はゆっくり点滅しま
す。
誤作動を防止するために
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
B−警報システムのLED
(例: 運転席ドア)
ドア・ハンドルのボタンAを短く2回押
します。
機能表示
ハザード・ランプが4回点滅してドアが
ロックされます。このとき、インナ
ー・ドア・ハンドルを引くと、ロック
を解除できます。
車をロックすると、フロント・ドアの警報
システムのLED Bが点滅してシステムの起
動を知らせます。
車のロックを解除すると、LEDが消灯しま
す。
車内からドアを開ける
1. インナー・ドア・ハンドルを1回引い
て、ロックを解除します。
2. もう一度インナー・ドア・ハンドルを
引くと、ドアが開きます。
室内モニタ・システムと傾斜センサがON
のとき
− LEDが2秒間素早く点滅し、その後はゆ
っくり点滅します。
224
警報システムと盗難防止
車内に人や動物を残して車をロックす
るときや、鉄道または船舶などで車を
輸送する場合は、室内モニタ・システ
ムと傾斜センサを解除してください。
スライディング/チルティング・ルー
フ、パノラマ・ルーフ・システムおよ
びすべてのドア・ウィンドウは必ず閉
めてください。
携帯電話機の電源を入れたままで、ル
ーフ・コンソールのサングラス・ケー
スに放置しないでください。
トレーラー車両を連結または切り離す
ときは、事前に警報システムを解除し
てください。傾斜センサが車の傾きを
検出して警報が作動することがありま
す。
イモビライザー(キー内蔵型盗難
防止装置)
ステアリング・ロック
盗難を防止するために
キーのグリップ部には、コード信号を記憶
した発信器(トランスポンダー)を内蔵し
ています。イグニッションをONにすると、
イグニッション・ロックがキーのコード信
号を照合します。このコード信号が、あら
かじめ登録されている信号と合致すると、
イモビライザーを解除してエンジンを始動
できます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備
車
車から離れるときは、必ず次のことを守っ
てください:
全てのドア・ウィンドウを閉めます。
キー:
イモビライザーの解除
イグニッション・ロックにキーを差し
込むと自動的に解除されます。
イモビライザーの作動
イグニッション・ロックからキーを抜
くと自動的に作動します。
ポルシェ・エントリー&ドライブ:
イモビライザーの解除
イグニッションをONにします。
イグニッション・ロックからキーを抜く
と、ステアリングが自動的にロックします。
イグニッション・ロックにキーを差し込む
と、ステアリング・ロックが自動的に解除
されます。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
イグニッションをOFFにして車をロックす
ると、ステアリングが自動的にロックしま
す。
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
のマニュアル・ステアリング・ロック
イグニッションをいったんOFFにし、
次にコントロール・ユニットを3の位置
まで回して2秒間保持します。ステアリ
ングが自動的にロックします。
スライディング/チルティング・ルー
フ、パノラマ・ルーフ・システムを閉
めます。
イグニッション・キーを抜きます。
(ポ
ルシェ・エントリー&ドライブ装備車
はイグニッションをOFFにします。
)
グローブ・ボックスをロックします。
小物入れの蓋を閉めます。
貴重品、車の登録書類、携帯電話機、
自宅の鍵などを車内に残さないでくだ
さい。
ラゲッジ・コンパートメント・カバー
を閉めます。
リア・リッドおよびリア・ウィンドウ
を閉めます。
ドアをロックします。
イグニッション・コントロール・ユニット
を0の位置から回すと、ステアリング・ロ
ックが自動的に解除されます。
イモビライザーの作動
イグニッションをOFFにします。
警報システムと盗難防止
225
車のお手入れ
メンテナンス上の諸注意........................ 227
オイル・レベルの点検............................ 228
エンジン・オイルの補充........................ 229
クーラント・レベルの点検と補充 ........ 230
ブレーキ液レベルの点検と交換 ............ 232
ウォッシャ液の補充................................ 233
エア・クリーナの交換............................ 234
室内防塵用フィルタの交換 .................... 234
パワー・ステアリング............................ 234
ワイパー・ブレード................................ 235
エミッション・コントロール・
システム ................................................... 238
予備燃料タンク........................................ 238
燃料の給油 ............................................... 239
車のお手入れ ........................................... 241
226
車のお手入れ
メンテナンス上の諸注意
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨します。
十分なトレーニングを受けた経験豊かなス
タッフが、最新の技術情報と専用工具や専
用装置を駆使し、確かな整備をお約束しま
す。
お客様ご自身でメンテナンスされる場合も、
細心の注意を払って作業を実施してくださ
い。これらの注意事項を守ったときだけ、
信頼できる走行性能が保証されます。
不適切なメンテナンスを行うと、保証期間
中でも保証が適用されないことがあります。
パワー・テスト
ポルシェ社は、シャシー・ダイナモ・メー
タによるパワー・テストを承認していませ
ん。
危 険
メンテナンス作業は危険を伴いますので十
分に注意してください。致命的な事故、怪
我および火災になる恐れがあります。
バッテリや燃料系統の近くで喫煙した
り、火気を近付けないでください。
メンテナンス作業は、屋外か、または
屋内の換気が良い場所で実施してくだ
さい。
火傷の危険性がありますので、加熱し
たエンジン部品や排気システム部品の
近くで作業をする場合は十分注意して
ください。
エンジン・ルーム内を整備する前に、
エンジンを停止し、十分冷やしてくだ
さい。
やむを得ずエンジンをかけたまま作業す
る場合は、必ずパーキング・ブレーキ
をかけ、ティプトロニック・セレク
タ・レバーを“P”の位置にします。
手、指、衣服の一部(ネクタイ、袖な
ど)
、装飾品、長い髪などがファン、ド
ライブ・ベルト、その他の可動部品に
巻き込まれることがないように、特に
注意してください。
ラジエータ・ファン付近で作業をする
場合は、怪我をする危険性があります
ので十分注意してください。ラジエー
タおよびラジエータ・ファンは車両の
前側にあります。
ラジエータ・ファンは、エンジンが停
止していてもクーラントが一定の温度
に達すると作動することがあります。
イグニッションがONのときは、点火装
置に接続されているすべてのケーブル
とリード線に高電圧がかかっています。
特に注意が必要です。
やむを得ず車体の下に入って作業する
場合は、必ず強固なリフトで車体を持
ち上げてください。ジャッキだけで支
えた車体の下に入ることは危険ですの
で、絶対におやめください。
ジャッキ・アップについては:
「ジャッキ・アップ」(172ページ)を
参照してください。
エンジン・オイル、ウォッシャ液、ブ
レーキ液、クーラントなどの液体は人
体に有害です。これらの液体は、お子
様の手の届かない所に保管してくださ
い。廃棄する場合は、法規に従ってく
ださい。
車のお手入れ
227
オイル・レベルの点検
オイル・レベルは定期的に点検してく
ださい。給油時、および長距離走行前
の点検は特に重要です。
「メンテナンス上の諸注意」(227ペー
ジ)を参照してください。
オイル・レベル警告
オイル・レベルが低くなると、オイル・レ
ベル警告灯が点灯して知らせます。
直ちにエンジン・オイル・レベル・ゲ
ージでオイル・レベルを点検し、必要
に応じてオイルを補充してください。
マルチ・ファンクション・ディスプレ
イの警告メッセージについては:
「警告灯および警告メッセージ」(131
ページ)を参照してください。
知識
エンジン・フードを開けたとき、エンジ
ン・オイルを補充しないと、約100km走行
後に再度オイル・レベル警告が点灯しま
す。
228
車のお手入れ
警 告
ラジエータ・ファンは、エンジンが停止し
ていてもクーラントが一定の温度に達する
と作動することがあります。
また、エンジン・ルームの加熱した部品で
火傷する恐れがあります。
エンジン・ルーム内の作業を行う場合
は十分に注意してください。
オイル・レベルを正しく測定するには:
− 水平な場所に停車します。
− エンジンを完全に暖機してから、エン
ジンを停止します。
− エンジン・オイルがオイル・パンに戻
るまで、約3分待ちます。
オイル・レベルの点検
“MAX”マークまで入っているとき
これ以上、エンジン・オイルを補充し
ないでください。
1. エンジン・オイル・レベル・ゲージを
抜き取り、毛羽立たないきれいな布で
レベル・ゲージの先端を拭き取ります。 “MIN”マーク以下になっているとき
2. エンジン・オイル・レベル・ゲージを
直ちにエンジン・オイルを補充してく
チューブの中に完全に差し込み、もう
ださい。
一度抜き取ってオイル・レベルを読み
取ります。
エンジン・オイル・レベルが“MIN”
より少ない、または“MAX”を超えな
いように注意してください。
レベル・ゲージの“MIN”と“MAX”
の差は、約1.5リットルです。
3. エンジン・オイル・レベル・ゲージを
完全に差し込みます。
エンジン・オイルの補充
Porsche recommends
オイルの種類
モデル
カイエン・
ターボ
カイエン・
ターボS:
1)
規格1)
Porsche A40
粘度クラス2)
SAE 0W-403)
SAE 5W-404)
SAE 5W-504)
一般に、メーカーが推奨するエンジ
ン・オイルの仕様や規格は、オイル缶
に記載されています。または販売店に
表示されています。
最新の承認オイルについてはポルシェ
正規販売店にお尋ねください。
2)
SAEとはオイルの粘度を示す指数で、
例えばSAE 0W-40の「0W」は低温時
(冬季など)の粘度を意味します。また
「40」は高温時の粘度を意味します。
3)
すべての外気温度で使用できます。
4)
外気温度が−25℃以上のときに使用で
きます。
常に以下の点に注意してください。
− ポルシェ社が承認したエンジン・オイ
ルだけを使用してください。このこと
は、車両の信頼性を高め、故障を回避
するための前提事項です。
− エンジン・オイルは定期的に交換して
ください。
メーカーが規定したサービス・インタ
ーバル(特にオイル交換インターバル)
を遵守することが重要です。詳しくは
「整備手帳」に掲載されています。
− ポルシェ社が承認したエンジン・オイ
ルであれば、異なる種類のオイルを混
ぜることができます。
− ポルシェ車のエンジンは、添加剤を混
合しないことを前提に設計されていま
す。
− エンジン・ルームには、この車両に最
も適するオイル情報を記したステッカ
ーが貼り付けてあります。
不明な点はポルシェ正規販売店にお尋ねく
ださい。
注 意
加熱したエンジン部品にオイルが接触する
と火災の原因になります。また、オイルが
ドライブ・ベルトに付着すると損傷する恐
れがあります。
エンジン・オイルを補充するときは、
十分に注意してください。
1. オイル・フィラー・キャップを取り外
します。
2. エンジン・オイルを1回に最大0.5リッ
トルずつゆっくりと慎重に注入します。
各回、オイルを注入してから数分待っ
た後、エンジン・オイル・レベル・ゲ
ージでオイル・レベルを点検します。
決してレベル・ゲージの“MAX”を超
えないようにしてください。
3. オイルの補充が完了したら、エンジ
ン・オイル・レベル・ゲージを完全に
差し込みます。
4. オイル注入口にフィラー・キャップを
取り付けます。
車のお手入れ
229
クーラント・レベルの点検と補充
クーリング・システムに使用するロングラ
イフ・クーラントは、年間を通じた腐食防
止と、−35℃までの凍結防止の働きがあり
ます。
常に以下の点に注意してください。
ポルシェ社指定の不凍液だけを使用し
てください。
定期的にクーラント・レベルを点検し
てください。
水平な場所に停車してエンジンが冷えてい
るとき、クーラント・レベルを“MIN”と
“MAX”マークの間に維持してください。
メンテナンスに関する重要な情報は:
「メンテナンス上の諸注意」(227ペー
ジ)を参照してください。
注入口の付いたリザーバ・タンクが、エン
ジン・ルームのカバー下にあります。
230
車のお手入れ
レベルの点検(エンジン冷間時)
1. カバーを取り外します。
2. リザーバ・タンクのキャップを慎重に
開き、クーリング・システムの圧力を
逃がしてください。
圧力が下がった後、キャップを完全に
取り外します。
3. クーラント・レベルを読み取ります。
4. 必要に応じてクーラントを補充します。
不凍液と水を同量混ぜ合わせ、“MAX”
マークを超えないように注入します。
クーラントの不凍液の割合:
50%(−35℃までの凍結防止)
5. キャップをしっかりと締め付け、カバ
ーを取り付けます。
クーラント・レベルの点検(メータ・パネ
ルのマルチ・ファンクション・ディスプレ
イに警告メッセージが表示された場合)
警 告
高温のクーラントで火傷する恐れがありま
す。
エンジンが熱いときにリザーバ・タン
クのキャップを開く場合は十分に注意
してください。
1. カバーを取り外します。
2. エンジンが熱いときは、リザーバ・タ
ンクのキャップを布で覆います。リザ
ーバ・タンクのキャップを慎重に開き、
クーリング・システムの圧力を逃がし
てください。圧力が下がった後、キャ
ップを完全に取り外します。
3. クーラント・レベルを読み取ります。
必要に応じてクーラントを補充します。
不凍液と水を同量混ぜ合わせ、“MAX”
マークを超えないように注入します。
クーラントの不凍液の割合:
50%(−35℃までの凍結防止)
5. ポルシェ正規販売店でクーリング・シ
ステムの点検を行ってください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
知識
やむを得ず水だけを補充した場合は、ポル
シェ正規販売店で不凍液の割合を修正して
ください。
クーラントの減りが著しい場合は、クーリ
ング・システムに漏れが発生しています。
このような場合は、直ちにポルシェ正規
販売店で修理してください。
ラジエータ・ファン
ラジエータとラジエータ・ファンは車両の
前側にあります。
警 告
怪我をする恐れがあります。
エンジン停止後も、クーラント温度によっ
てはラジエータ・ファンが突然回りはじめ
ることがあります。
ラジエータ・ファン付近で作業をする
場合は必ずエンジンを停止し、ファン
に十分注意してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
知識
エンジンが熱いときにクーラント・レ
ベルが“MAX”マークを超えた場合は、
エンジンが冷えるのを待ってから、再
度点検してください。
4. キャップをしっかりと締め付け、カバ
ーを取り付けます。
車のお手入れ
231
ブレーキ液レベルの点検と交換
ポルシェ純正ブレーキ液、またはポル
シェ社が要求する性能および品質基準
を満たし、承認されたブレーキ液だけ
を使用してください。
メンテナンスに関する重要な情報は:
「メンテナンス上の諸注意」(227ペー
ジ)を参照してください。
警 告
ブレーキ液は人体に有害です、また車の塗
装やその他の部品の表面に損傷を与えま
す。
ブレーキ液は、お子様の手の届かない
場所に保管してください。
ブレーキ液がこぼれた場合は、直ちに
清水で洗い流してください。
ブレーキ液が目に入った場合は、直ち
に清水で数分間洗い流し、医師の診察
を受けてください。
ブレーキ液の容器に記載されている注
意事項を遵守してください。
232
車のお手入れ
ブレーキ液レベルの点検
油圧ブレーキ・システム用のフルード・リ
ザーバ・タンクは、エンジン・ルームにあ
ります。
1. ドライバーでロック(矢印)を反時計
回りに90°回し、カバーを取り外しま
す。
2. リザーバ・タンクの外側からブレーキ
液面を定期的に点検してください。
液面が“MIN”と“MAX”の間を維持
するようにしてください。
ブレーキ・パッドが摩耗すると液面が少し
低下しますが、これは正常な現象です。
液面の低下が著しいときや、
“MIN”マーク
より下がった場合は、ブレーキ・システム
に漏れが発生しています。
直ちにポルシェ正規販売店でブレーキ
系統の点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
夏季は、水とウィンドウ・クリーナを
混ぜてください。ウィンドウ・クリー
ナの容器に記載されている混合比率に
従ってください。
冬季は、水とウィンドウ・クリーナの
混合液に凍結防止剤を加えます。容器
に記載されている混合比率に従ってく
ださい。
ウィンドウ・クリーナや凍結防止剤の
容器に記載されている注意事項を遵守
してください。
以下の条件を満たしているウィンド
ウ・クリーナだけを使用してください。
ブレーキ液の交換
ブレーキ液は吸湿性があり、水分を含むと
沸点が下がってブレーキ性能に悪影響を与
えます。
整備手帳に規定された使用期間に従っ
て、必ず定期的に交換してください。
警告灯と警告メッセージ
以下の場合はブレーキ液警告灯が点灯し、
マルチ・ファンクション・ディスプレイに
警告が表示されます。
− ブレーキ液量が許容範囲を下回った場
合
− ブレーキ回路に不具合が発生して、ブ
レーキ・ペダルの踏み代が大きくなっ
た場合
知識
走行中に警告灯が点灯したときは:
直ちに安全な場所に停車してください。
それ以上の走行を避け、最寄りのポル
シェ正規販売店で修理してください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
− 濃度1:100
− 無リン
ウォッシャ液の補充
ウォッシャ液が少なくなると、メータ・パ
ネルのマルチ・ファンクション・ディスプ
レイに警告メッセージが表示されます。こ
の警告メッセージは、ウォッシャ液の残量
が約0.8リットルになると表示されます。
早めにウォッシャ液を補充してくださ
い。
ウォッシャ液タンクの容量は約7.5リットル
です。
以下の点に注意してください:
季節に合わせて、水と適切な添加剤(ウ
ィンドウ・クリーナ、凍結防止剤)を
正しい比率で混ぜ合わせてください。
− プラスチック・ヘッドランプ・レン
ズ用
ポルシェ社が推奨するウィンドウ・クリー
ナを使用してください。不明な点はポルシ
ェ正規販売店にお問い合わせください。
フロント/リア・ウィンドウ・ウォッシ
ャ、ヘッドランプ・クリーニング・システ
ム兼用のウォッシャ液タンクはエンジン・
ルームにあります。
1. ウォッシャ液タンクのキャップを取り
外します。
2. ウォッシャ液を補充します。
3. キャップを慎重に閉めます。
車のお手入れ
233
エア・クリーナの交換
定期的なエア・クリーナ・エレメントの交
換は、メンテナンスの一環です。
エア・クリーナ・エレメントは定期的
に交換してください。ほこりの多い場
所を走行する車は、より頻繁に点検し、
必要に応じて交換してください。
メンテナンスに関する重要な情報は:
「メンテナンス上の諸注意」(227ページ)
を参照してください。
室内防塵用フィルタの交換
定期的な室内防塵用フィルタの交換は、メ
ンテナンスの一環です。
フィルタが汚れていると、送風量が少なく
なります。
フィルタの交換は、最寄りのポルシェ
正規販売店にお申し付けください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
知識
室内防塵用フィルタは、車外から室内に取
り込む空気からほこりや花粉などを取り除
きます。
車外の空気が排気ガスなどで汚れてい
る場所では、内気循環に切り替えてく
ださい。
234
車のお手入れ
パワー・ステアリング
警 告
エンジンがかかっていないとき(けん引時
など)や、油圧機構に異常がある場合は、
ステアリング操作力がアシストされませ
ん。この場合、ステアリング操作に強い力
が必要となります。
けん引するときは十分注意してくださ
い。
直ちに最寄りのポルシェ正規販売店で
修理してください。ポルシェ車に関す
る全ての整備点検は、ポルシェ正規販
売店での実施を推奨します。十分なト
レーニングを受けた経験豊かなスタッ
フが、最新の技術情報と専用工具や専
用装置を駆使し、確かな整備をお約束
します。
ステアリングをいっぱいに切ったときに聞
こえるノイズは、パワー・ステアリング・
システムの構造上の特性であり、システム
の故障ではありません。
パワー・ステアリング・オイルの点検と
補充
以下の点に注意してください:
ポルシェ純正パワー・ステアリング・
オイル、またはポルシェ社が要求する
性能、品質規準を満たし、承認したパ
ワー・ステアリング・オイルだけを使
用してください。
エンジンが冷えているとき(約20℃)
に、エンジンを停止してオイル・レベ
ルを点検してください。
1. カバーAを取り外します。
知識
オイルの減り方が著しい場合は、ただ
ちにポルシェ正規販売店で修理してく
ださい。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
ワイパー・ブレード
知識
2. リザーバ・キャップを取り外します。
3. オイル・レベルを“MIN”と“MAX”
マークの間に維持してください。
4. 必要に応じてパワー・ステアリング・
オイルを補充してください。
5. リザーバ・キャップを慎重に閉めます。
6. カバーAを取り付けます。
7. エンジン・フードを閉めます。
ワイパー・ブレードをきれいな状態に保つ
ことで、良好な視界を確保できます。
1年に2回(冬季の前後に)
、ワイパー・
ブレードを交換してください。または
ワイパーの払拭性能が低下したときや、
ワイパー・ブレードが損傷したときも
交換してください。
注 意
ワイパー・アームが突然倒れてフロント・
ウィンドウが損傷しないように注意してく
ださい。
ワイパー・ブレードを交換するときは、
ワイパー・アームをしっかり保持して
ください。
ワイパー・ブレードが凍結した場合、損傷
する恐れがあります。
ワイパーを解凍してから使用してくだ
さい。
ワイパー・ブレードがきちんと取り付けら
れていないと、走行中に緩んで損傷する恐
れがあります。
確実に取り付けられているか点検して
ください。
ワイパー・ブレードは、ワイパー・ア
ームのストッパーにしっかりと押し付
けてください。
メンテナンスに関する重要な情報は:
「車のお手入れ」(241ページ)を参照
してください。
車のお手入れ
235
ウィンドウ・クリーナで定期的にワイ
パーを清掃してください。特に洗車機
を使用したときはワイパーを清掃して
ください。
ポルシェ社では、ポルシェ・ウィンド
ウ・クリーナを推奨します。昆虫の死
骸などの汚れは、スポンジや布で取り
除くことができます。
ワイパー・ブレードが擦れたり、きしみ音
が発生するときは、以下の原因が考えられ
ます:
− 自動洗車機を使用すると、フロント・
ウィンドウに洗剤などの残留物が付着
する場合があります。このような残留
物は、ウィンドウ・クリーナの濃縮液
を使用しなければ落ちません。
「ウォッシャ液の補充」(233ページ)
を参照してください。
不明な点はポルシェ正規販売店にお問い合
わせください。
− ワイパー・ブレードが損傷または摩耗
している場合があります。
すみやかに損傷したワイパー・ブレー
ドを交換してください。
236
車のお手入れ
フロント・ウィンドウ・ワイパー・ブレ
ードの交換
パーキング・ブレーキをかけます。
ワイパー・スイッチをOFF(0の位置)
にします。
イグニッションをOFFにします。
1. ワイパー・アームをフロント・ウィン
ドウから持ち上げます(矢印1)
。
2. ワイパー・ブレードの固定溝がリテー
ニング・クリップAによって解除され
るまで、ワイパー・ブレードを回しま
す(矢印2)
。
3. ワイパー・ブレードをフロント・ウィ
ンドウの方向に引き抜きます(矢印3)
。
4. 新しいワイパー・ブレードを押し込み
ます。ワイパー・ブレードがワイパー・
アームにしっかりとはまっていること
を確認します。
5. ワイパー・ブレードを元の位置に戻し
ます。リテーニング・クリップAがワ
イパー・ブレードの固定溝に完全には
まっていることを確認します。
6. ワイパー・アームを慎重にフロント・
ウィンドウの上に戻します(矢印)
。
リア・ワイパー・ブレードの交換
1. パーキング・ブレーキをかけます。
2. イグニッションをOFFにします。
3. リア・ワイパー・アームをストップ位
置(約60°)まで起こし、しっかりと
保持します。
4. ワイパー・アームを片手で支え、ワイ
パー・ブレードを引き抜きます(矢印)
。
5. 新しいワイパー・ブレードをワイパ
ー・アーム中央に取り付け、奥に押し
込みます。
6. ワイパー・アームを慎重にリア・ウィ
ンドウの上に戻します。
車のお手入れ
237
エミッション・コントロール・シ
ステム
エミッション・コントロール・システム
(3元触媒コンバータ、酸素センサ、エレク
トロニック・コントロール・ユニット)の
効率を維持するためには、
− 規定の点検時期(サービス・インター
バル)を遵守してください。
− 燃料には無鉛ガソリンだけを使用して
ください。
運転上の知識
エンジンの空燃比制御システムに不具合が
発生すると、触媒コンバータが過熱して損
傷する恐れがあります。
警 告
エミッション・コントロール・システムを
損傷する恐れがあります。
通常の操作でエンジンが始動しない場
合、スターター・モーターを何度も繰
り返し作動させたり、長時間作動させ
続けないでください。
走行中にミスファイヤーが発生したと
き(エンジンの回転がスムーズでない
ときや、出力が低下したとき)は、直
ちに最寄りのポルシェ正規販売店で修
理をしてください。
238
車のお手入れ
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
燃料残量警告灯が点灯したら、カーブ
を高速で走行しないでください。
燃料タンクが完全に空になるまで走行
を続けないでください。
この車はけん引によるエンジンの始動
または押しがけができません。
けん引や押しがけでエンジンを始動し
ようとすると、ティプトロニック・ト
ランスミッションが損傷する原因にな
ります。
高温の排気系が発火する恐れがあります。
エキゾースト・マニホールド、エキゾ
ースト・パイプ、触媒コンバータ、ヒ
ート・シールド、およびその周囲には、
アンダー・コーティング剤や防錆剤を
塗布しないでください。排気系の熱で
発火することがあります。
乾燥した草や落葉など、引火性が高い
物がある場所に駐車したり、走行しな
いでください。
予備燃料タンク
危 険
予備燃料タンクの損傷や燃料漏れによる火
災や爆発の恐れがあります。また、揮発燃
料は人体に有害です。
走行中は、予備燃料タンクを車に積ま
ないでください。
法規制に従ってください。
燃料の給油
知識
イグニッションをONにすると、燃料レベ
ルがインストルメント・パネルに表示され
ます。
詳細については:
通常、燃料の品質(オクタン価など)に関
する情報は、ガソリン・スタンドの給油機
に掲載されています。
詳しくはガソリン・スタンドのスタッフに
お尋ねください。
「J−燃料計」
(104ページ)を参照して
ください。
警 告
燃料は引火性が高く、人体に有害です。
燃料を取り扱うときは、近くで喫煙し
たり、火気を近付けないでください。
燃料が皮膚や衣類に付着しないよう十
分注意してください。
揮発燃料(蒸気したガス)を吸い込ま
ないでください。
燃料には無鉛ガソリンだけを使用してくだ
さい。不適切な燃料を使用すると、触媒コ
ンバータと酸素センサが損傷します。
この車のエンジンは、オクタン価が
98RON/88MON以上の無鉛プレミアム・ガ
ソリンを使用したときに最大の出力と最高
の燃費を引き出すように設計しています。
オクタン価が95RON/85MON以上の無鉛プ
レミアム・ガソリンも使用できますが、こ
の場合はエンジンのノック制御システムが
自動的に点火時期を補正します。
燃料タンクが完全に空になるまで走行
を続けないでください。
推奨燃料を給油できない状況では、緊急措
置として無鉛ガソリン(91RON/82.5MON)
を使うこともできます。
ただし、この燃料を使用するとエンジン出
力が低下し、燃費も悪化します。
この燃料を使用したときはアクセル・
ペダルを全開にしないでください。
地域によっては、市販の燃料がポルシェ社
の基準を満たさないことがあります。この
場合は、インテーク・バルブに煤が堆積す
ることになります。
ポルシェ社の基準を満たす燃料を入手でき
ない場合は、推奨する添加剤を混ぜ合わせ
てください。詳しくはポルシェ正規販売店
にお問い合わせください。*
ポルシェ部品番号: 000 043 206 89
混合比率は、添加剤に付属の取扱説明
書に従ってください。
1. エンジンを停止し、イグニッションを
OFFにします。
2. フィラー・フラップの後部(矢印)を
押すと、フラップが開きます。このと
き、車のロックを解除しておいてくだ
さい。
メーカーが推奨するサービス・インターバ
ルを守り、特にエンジン・オイルの交換時
期は必ず遵守してください。詳しくは整備
手帳をご覧ください。
*日本仕様に設定はありません。
車のお手入れ
239
知識
給油ノズルが自動停止したら、その時点で
燃料タンクが「満タン」になっています。
それ以上無理に給油すると、燃料が温まっ
たときに吹き出したり溢れ出ることがあり
ます。
7. 給油後、キャップを確実に取り付け、
しっかりと固定されるまで閉めます。
8. フィラー・フラップが完全に閉まるま
で、ゆっくりとフラップを押します。
知識
給油キャップを紛失した場合は、必ずポル
シェ純正部品と交換してください。
3. 給油キャップをゆっくりと取り外し、
フィラー・フラップ裏側のフックAに
かけます。
4. 必要に応じて、ポルシェ社が推奨する
燃料添加剤を入れます。*
5. 給油口の奥まで給油ノズルを差し込み
ます。このとき、給油ノズルのハンド
ルが下向きでなければなりません。
燃料タンクには約100リットルの燃料が
入ります。これには予備用の約12リッ
トルを含みます。
6. ノズルを操作して燃料を給油します。
*日本仕様に設定はありません。
240
車のお手入れ
注 意
デコラティブ・フィルムに燃料が付着する
と変色する原因になります。
燃料がこぼれたときは直ちに拭き取っ
てください。
フィラー・フラップの手動ロック解除
フィラー・フラップの電動ロック解除機構
が故障したときは、以下の手順で強制的に
開けることができます:
1. ラゲッジ・コンパートメント右側のカ
バーを取り外します。
2. エマージェンシー・リリースAを矢印
の方向に引くと、フィラー・フラップ
が開きます。
車のお手入れ
適切な方法で定期的に車のお手入れを行う
ことは、車の価値を長持ちさせるだけでな
く、保証の適用に際しても有利な条件とな
ります。
ポルシェ正規販売店は、この車に相応しい
カー・ケア用品を各種取り揃えており、用
途に応じて単品またはセットで販売してい
ます。
カー・ケア用品の使用に際しては、パ
ッケージ等に記載された注意事項を必
ず守ってください。
これらの製品は、お子様の手の届かな
い安全な場所に保管してください。
不要になった製品は、適切な方法で廃
棄してください。
高圧洗車装置、スチーム洗浄装置
警 告
高圧洗車装置やスチーム洗浄装置などを使用
すると、以下のコンポーネントを損傷する
恐れがあります。
− タイヤ
− ロゴ、エンブレム
− 塗装面
前述のコンポーネントを高圧洗車機で
清掃する場合は、ジェット・ノズルを
直接向けないでください。
− オーバー・フェンダ
− 着脱式ボール・ジョイントのロックお
よびロッキング・メカニズム
− 電動格納式ボール・ジョイントのシー
ル
− オルタネータ、バルブ・カバー
− パーキング・アシスタントのセンサ
ポルシェ正規販売店で定期的な整備点検が
実施されているか、その結果、10年間の長
期保証条件が満たされているかを記録する
ため、ポルシェ正規販売店では車のお手入
れの状態や整備状況を点検し、車に付属の
「整備手帳」にその内容を記載しています。
丸型ジェット・ノズルが付いている高
圧洗車装置やスチーム洗浄装置などは
決して使用しないでください。丸型ジ
ェット・ノズルが付いている高圧洗車
装置は車を傷めます。特にタイヤは損
傷を受けやすいため使用しないでくだ
さい。
− サイドビュー・モニター用カメラ
高圧洗車装置を使用するときは、装置
メーカーが発行する取扱説明書の指示
に従ってください。
ブレーキ液タンクのキャップをカバー
してください。高圧のジェット水流を
直接かけないでください。
フラット・ジェット・ノズルやダー
ト・ブラスターなどは、50cm以上離れ
た距離で使用してください。
デコラティブ・フィルム
注 意
高圧洗車装置やスチーム洗浄装置などを使
用するとデコラティブ・フィルムが剥がれ
て、車を損傷する恐れがあります。
デコラティブ・フィルムを清掃するた
めに、高圧洗車装置やスチーム洗浄装
置などを使用しないでください。
ドア・ロックの保護
冬季など外気温度が低いときに洗車す
る場合は、ドア・ロックの凍結を防止
するために、ロック・シリンダにカバ
ーをしてください。
万一、ドア・ロックが凍結した場合は、市
販の解凍剤を使用できます。またはキーを
温めて差し込むと効果的です。ロック・シ
リンダに無理な力をかけないでください。
車のお手入れ
241
洗車
車の外観を美しく保つには、日頃のお手入
れが大切です。こまめに洗車し、ワックス
で保護してください。
解氷剤(塩分)、砂塵、ばい煙、昆虫の死
骸、鳥の糞、樹液や花粉などは、車体に付
着してからの時間が長くなるほど塗装に悪
影響を与えます。
車体の塗装面にダメージを与えることなく
洗車するために、以下の点に注意してくだ
さい:
車体下部は汚れが激しいので、少なく
とも季節の変わり目には洗車で洗い流
してください。
洗車場など、適切な場所だけで車を清
掃してください。ばい煙、グリース、
オイル、金属粉などの廃棄物は環境を
破壊します。
濃色車は塗料の組成上、わずかに傷が
付きやすい性質があります。淡色車に
比べてこまめに手入れしてください。
また濃色車の塗装は、小さなひっかき
傷でも淡色車に比べて傷が目立ちやす
い特性があります。
日差しの強いときや、車体表面の温度
が高いときは洗車しないでください。
手洗いを行うときは、柔らかいスポン
ジ、洗車用ブラシ、カー・シャンプー
を使用して多量の水で洗ってください。
242
車のお手入れ
ポルシェ・カー・シャンプーを推奨し
ます。
車体にたっぷりと水をかけ、表面の主
な汚れを洗い流します。
洗剤を使った後は、水で十分にすすぎ、
セーム革でボディの水分を拭き取りま
す。
ボディを拭き取った布でウィンドウを
拭かないでください。
警 告
ブレーキが濡れていると、ブレーキの効き
が弱まり、事故を起こす恐れがあります。
洗車後はブレーキとステアリングの作
動を確かめ、走行中にブレーキ・ペダ
ルを軽く踏んでブレーキ・ディスクを
乾燥させてください。
このとき、後方からの追突に注意して
ください。
自動洗車機
自動洗車機を使用すると、ボディの付加物
やボディから飛び出ているものが損傷する
恐れがあります。
以下のパーツは、特に損傷の危険性があり
ます:
− フロントおよびリア・ワイパー(間欠
作動やオート作動を防止するため、ワ
イパー・スイッチをOFFにしてくださ
い。
)
− ドア・ミラー(必ず格納してください。
)
− ルーフ・トランスポート・システム
(全て取り外してください。
)
− スポイラ
− ホイール(幅広リムや超扁平タイヤを
装着していると損傷する可能性が高ま
ります。
)
自動洗車機を使用する前に、洗車場の
スタッフにお尋ねください。
ドア、トランク・リッドおよびエンジ
ン・フードのすき間、ドアの下枠など
洗車機で洗えない部分は手で洗い、水
分を拭き取ってください。
塗装の保護
機械的、化学的ダメージから最良の状態で
車体の塗装を保護するために、以下の点に
注意してください。
− 定期的に手入れをしてください。
− 必要に応じて磨いてください。
− 染みと汚れを落してください。
− 損傷箇所を修理してください。
一般知識
乾いた布で車体のほこりを払うと、ほ
こりの微粒子が塗装面を傷つけ、艶が
なくなったり傷が目立つようになりま
す。
艶消し仕上げの部品にワックスや光沢
剤を塗布すると、艶消し効果がなくな
ります。
ワックス
塗装面は風化によって徐々に艶が失われる
ので、頻繁にワックスをかけて保護してく
ださい。
定期的にワックスを掛けてください。
洗車後は塗装保護剤を塗布し、塗装面を
保護するために丁寧に磨いてください。
これらの作業で、塗装の光沢と強度を保つ
ことができます。また、塗装面に新しい汚
れが付着したり、ばい煙が浸透しにくくな
ります。
艶出し(ポリッシュ)
通常のワックスがけだけでは塗装の艶が戻
らないときだけ、光沢剤を使用します。ポ
ルシェ・ペイント・ポリッシュを推奨しま
す。
汚れ、染み
タール、グリース、昆虫の死骸などは
洗車だけでは落ちません。また、これ
らの異物が塗装面に残っていると、色
褪せの原因になります。ポルシェ社が
推奨するタール除去剤か、昆虫除去剤
で取り除いてください。
除去処理を行った後は、直ちに水で洗
い流してください。
小さな塗装の傷
亀裂、引っかき傷、飛石による塗装面
の小さな傷は、ボディの腐食が進行す
る前に修理してください。
詳しくはポルシェ正規販売店にご相談く
ださい。ポルシェ車に関する全ての整備
点検は、ポルシェ正規販売店での実施を
推奨します。十分なトレーニングを受け
た経験豊かなスタッフが、最新の技術情
報と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
ボディが腐食したときは、はじめに錆を完
全に除去します。錆を取り除いたら、その
箇所にプライマ(防錆剤)を塗布してから
上塗り塗装を施します。車のデータ・キャ
リアには、ペイント・データが記されてい
ます。
ビークル・データ・キャリアの位置につ
いては:
テクニカル・データ「ビークル・デー
タ・キャリア」(305ページ)を参照し
てください。
エンジン・ルームの清掃
注 意
オルタネータ、塗装面、バルブ・カバーな
どを損傷する恐れがあります。
丸型のジェット・ノズルが付いた高圧
洗車装置を使用しないでください。
洗車ノズルとの距離は、50cm以上離し
てください。
高圧洗車装置を使用する前に、ブレー
キ液タンクのキャップをカバーしてく
ださい。キャップにジェット水流を直
接かけないでください。
上記のコンポーネントを洗浄する場合
は、ジェット・ノズルを直接向けない
でください。
知識
オフロードや凍結防止剤が巻かれた道路を
走行するときは:
定期的にエンジン・ルームを洗浄して
ください。
車のお手入れ
243
ウィンドウの清掃
すべてのウィンドウの外側と内側をウ
ィンドウ・クリーナで定期的に清掃し
てください。ポルシェ・ウィンドウ・
クリーナを推奨します。
サイド・ウィンドウを清掃する場合、
TVアンテナを破損しないように注意し
てください。
ボディを拭き取った布でウィンドウを
拭かないでください。ワックスや光沢
剤がウィンドウに付着し、視界が悪く
なる恐れがあります。
昆虫の死骸は、ポルシェ社が推奨する
昆虫除去剤で取り除いてください。
知識
フロントおよびサイド・ウィンドウには、
ガラスの汚れを抑制する(疎水性の)撥水
剤がコーティングされています。
このコーティングは経年変化で徐々に剥が
れます。また新たにコーティングすること
もできます。
詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ね
ください。ポルシェ車に関する全ての
整備点検は、ポルシェ正規販売店での
実施を推奨します。十分なトレーニン
グを受けた経験豊かなスタッフが、最
新の技術情報と専用工具や専用装置を
駆使し、確かな整備をお約束します。
244
車のお手入れ
ワイパー・ブレードの清掃
ワイパー・ブレードをきれいな状態に保つ
ことで、良好な視界を確保できます。
1年に2回(冬季の前後に)
、ワイパー・
ブレードを交換してください。または
ワイパーの払拭性能が低下したときや、
ワイパー・ブレードが損傷したときも
交換してください。
ワイパー・ブレードの交換について
は:「ワイパー・ブレード」(235ペー
ジ)を参照してください。
ワイパー・ブレードはウィンドウ・ク
リーナで定期的に清掃してください。
特に自動洗車機で洗車後は、ウィンド
ウ・クリーナで清掃してください。ポ
ルシェ・ウィンドウ・クリーナを推奨
します。昆虫の死骸などで汚れがひど
い場合は、スポンジまたは布で清掃し
てください。
ワイパー・ブレードが擦れたり、きしみ音
が発生するときは、以下の原因が考えられ
ます:
− 自動洗車機を使用すると、フロント・
ウィンドウに洗剤などの残留物が付着
する場合があります。このような残留
物は、ウィンドウ・クリーナの濃縮液
を使用しなければ落ちません。
「ウォッシャ液の補充」(233ページ)
を参照してください。
不明な点はポルシェ正規販売店にお問い合
わせください。
− ワイパー・ブレードが損傷または摩耗
している場合があります。
すみやかに損傷したワイパー・ブレー
ドを交換してください。
アンダー・コーティングの修復
車体下部は、化学的および機械的なダメー
ジに耐えるよう保護されていますが、日常
的な車の使用で保護効果が弱まります。
ポルシェ正規販売店で定期的に点検、
修理を受けてください。
警 告
高温の排気系が発火する恐れがあります。
エキゾースト・マニホールド、エキゾ
ースト・パイプ、触媒コンバータ、ヒ
ート・シールド、およびその周囲には、
アンダー・コーティング剤や防錆剤を
塗布しないでください。排気系の熱で
発火することがあります。
ヘッドランプ、ランプ類、内外装のプラ
スチック部品、接着フィルムの清掃
以下の点に注意してください:
ヘッドランプ&ランプ類、プラスチック
部品の表面を清掃するときは、きれい
な水と少量の中性洗剤だけを使用して
ください。柔らかいスポンジまたは糸
くずが出ない布を使用してください。
知識
プラスチック表面の清掃には、ウィンド
ウ・クリーナが適しています。クリーナの
容器に記載されている注意事項を遵守して
ください。
ポルシェ・ウィンドウ・クリーナを推奨し
ます。
力をかけないで優しく表面を拭いてく
ださい。
表面が乾いた状態では清掃しないでく
ださい。
他の化学成分が入ったクリーナや溶剤
を使用しないでください。
きれいな水で洗い流します。
合金製ホイール
合金製ホイールの表面に付着した金属の微
粒子(ブレーキ・ダストに含まれる真鍮や
銅など)は、長期間放置しないでください。
金属同士の接触による腐食が発生し、小さ
な穴(ピッチング)が開きます。
知識
市販の酸化洗浄剤や、酸性/アルカリ性の
洗剤を使用しないでください。また研磨器
具や研磨剤も、ホイール表面を傷めます。
合金製ホイール専用クリーナ(pH値9.5)
をお使いください。pH値の異なるクリ
ーナを使用するとホイール表面の保護
層を損傷します。
ポルシェ純正合金製ホイール・クリー
ナを推奨します。
ホイールをスポンジかブラシで、でき
れば2週間ごとに洗ってください。
冬季に凍結防止剤が撒かれる道路や、
ばい煙の多い地域を走行する車は、毎
週洗ってください。
3ヶ月に1度、ホイールを洗浄した後に
カー・ワックスまたは中性グリース
(例: ワセリン)を塗布してください。
柔らかい布を使って、グリースを表面
によくすりこみます。
洗車機を使用した合金製ホイールの清
掃については:
「自動洗車機」(242ページ)を参照し
てください。
警 告
ブレーキ・ディスクにホイール・クリーナ
が付着すると、ブレーキの効きが低下して、
思わぬ事故を起こす恐れがあります。
ブレーキ・ディスクにホイール・クリ
ーナを付着させないでください。
ブレーキ・システムにホイール・クリ
ーナが付着したときは、高圧の水で丁
寧に洗い流してください。
ブレーキ・システムに水をかけた後は、
ゆっくりと走行しながらブレーキをか
けて、ブレーキ・ディスクを乾燥させ
てください。
ステンレス製テール・パイプ
ステンレス製テール・パイプは、高温とエ
キゾースト・ガスの残留物で汚れます。
ステンレス本来の輝きは、市販のポリッシ
ュ・ペーストや金属光沢剤で取り戻すこと
ができます。
車のお手入れ
245
ドア、ルーフ、リッドとウィンドウ・
シールの清掃
注 意
ウィンドウ・シールをコーティングしてい
る潤滑剤は、不適切な清掃や洗浄剤の使用
によりダメージを受けることがあります。
化学性の薬品や洗浄剤を使用しないで
ください。
保護剤を使用しないでください。
シールの汚れ(凍結防止剤、砂塵など)
は、石鹸を溶かした温水で定期的に清
掃してください。
凍結する恐れがある場合は、適切なカ
ー・ケア用品でドアやリッドのシール
を保護してください。
246
車のお手入れ
本革のお手入れ
本革の表面に見られる天然のしわや傷、虫
が刺したような跡、模様の違い、色合い、
銀面などの微妙な変化が、高品質本革の天
然素材としての魅力を一層引き立てます。
お手入れに関しては、以下の点に注意して
ください:
注 意
不適切なクリーナ、清掃剤、保護剤などを
使用すると、本革を傷める原因になります。
刺激性の強い洗剤や、硬い清掃具を使
用しないでください。
表面に小さな穴を開けたメッシュ加工
の本革は、裏側まで湿らせないでくだ
さい。
無色の柔らかい毛織物または市販のマ
イクロ・ファイバー布を湿らせて汚れ
を拭き取ります。定期的にお手入れし
てください。
汚れがひどいときは、レザー・クリーナ
を使用してください。容器の取扱説明
書をよく読んでから使用してください。
ポルシェ・レザー・クリーナを推奨しま
す。
清掃後は、レザー・ケア剤でお手入れ
してください。
ポルシェ・レザー・クリーナを推奨しま
す。
カーペットとフロア・マットの清掃
掃除機か、中程度の硬さのブラシを使
用してください。
汚れやしみは、しみ抜き剤で除去しま
す。ポルシェ純正のしみ抜き剤を推奨
します。
フロア・カーペットの汚れや傷つきを防ぐ
ため、正しいサイズでしっかりと固定でき
るフロア・マットをアクセサリとして用意
しています。
警 告
事故を起こす恐れがあります。
ペダル操作の妨げにならないように、
フロア・マットを確実に固定してくだ
さい。
エアバッグ・カバーの清掃
危 険
不適切な方法で清掃すると、エアバッグ・
システムが故障する原因となり、いざとい
うときに重傷または致命傷を負う恐れがあ
ります。
ステアリング・ホイールのパッド、フ
ロント・シート、ルーフ・ピラー、ル
ーフ・ライニングなどの部品を改造し
ないでください。
これらの部品を清掃するときは、ポル
シェ正規販売店にご依頼ください。
ファブリック・ライニングの清掃
ピラー、ルーフ・ライニング、サン・
ブラインドなどのファブリック・ライ
ニングは、素材に適した清掃剤やドラ
イ・フォームと柔らかいブラシを使用
してください。
アルカンターラの清掃
車の長期保管
アルカンターラの清掃に、本革用のカー・
ケア用品を使用しないでください。
日常のお手入れとしては、表面を柔らかい
ブラシで拭くだけで十分です。
研磨材を使用したり強く擦ると、アルカン
ターラの表面が傷むので注意してくださ
い。
車を長期間使用しないで保管する場合は、
ポルシェ正規販売店にご相談ください。
腐食防止対策、特別なお手入れとメンテナ
ンス、保管方法などについてアドバイスを
します。
また「車の保管」に関する重要な情報は、
他の章にも記載しています。
「バッテリ」(282ページ)を参照して
ください。
バッテリを切り離した状態で車をロッ
クするときは:
「すべてのドアがロックできない」
(23
ページ)を参照してください。
軽度の汚れ
柔らかい布を水または中性の石鹸水で
濡らして、汚れを拭き取ります。
頑固な汚れ
柔らかい布を、ぬるま湯または薄めた
クリーニング用溶剤で濡らして、外側
から汚れた部分を軽くたたきます。
シートベルトのお手入れ
シートベルトは、刺激性の少ない洗剤
で清掃してください。
ベルトを乾燥させるときは、直射日光
を避けてください。
適切な洗剤だけを使用してください。
ベルトを染色および脱色しないでくだ
さい。ベルト素材の強度が低下し、い
ざというときの安全性が損なわれます。
車のお手入れ
247
万一のときは
軽修理について........................................ 249
発炎筒 ....................................................... 249
タイヤとホイール.................................... 251
ジャッキ ................................................... 256
工具セット ............................................... 257
コンプレッサー........................................ 257
スペーサ ................................................... 257
ホイール・ボルト.................................... 258
パンクしたときの処置............................ 259
タイヤ空気の充填.................................... 269
スペア・タイヤ........................................ 270
電気系統 ................................................... 274
バッテリ ................................................... 282
リモート・コントロールの電池交換..... 285
ジャンパー・ケーブルによる
エンジンの始動........................................ 286
バルブの交換 ........................................... 288
ヘッドランプ ........................................... 289
リア・ランプ ........................................... 295
ライセンス・ランプ................................ 297
ヘッドランプの調整................................ 298
右側通行から左側通行への変更に伴う
ヘッドランプの切り替え........................ 298
バルブ・リスト........................................ 299
けん引とけん引によるエンジンの
始動........................................................... 300
248
万一のときは
軽修理について
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポル
シェ正規販売店での実施を推奨します。十分
なトレーニングを受けた経験豊かなスタッフ
が、最新の技術情報と専用工具や専用装置を
駆使し、確かな整備をお約束します。
お客様ご自身でメンテナンスされる場合
も、細心の注意を払って作業を実施してく
ださい。これらの注意事項を守ったときだ
け、信頼できる走行性能が保証されます。
不適切なメンテナンスを行うと、保証期間
中でも保証が適用されないことがあります。
工具セット
工具セットは、ラゲッジ・コンパートメン
トのフロア・カバー下に収納しています。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤまたは標準サ
イズのスペア・タイヤ装備車のみ、タイヤ交
換に必要な工具(ジャッキ、ホイール・レン
チ、ホイール取り付け補助工具、輪止めなど)
を搭載しています。詳しくはポルシェ正規販
売店にお問い合わせください。
応急処置セット*
右側リア・シートの下に応急処置セットの
収納スペースがあります。
リア・シートの倒し方については「リ
ア・シートを倒す、戻す」
(183ページ)
を参照してください。
停止表示板*
発炎筒
停止表示板は左側リア・シート・クッショ
ンの下に収納しています。
発炎筒は、事故や故障で路上に停車したとき、
周囲に危険を知らせるために使用します。
発炎筒は、助手席足元前部のドア側に固定
してあります。
警 告
急ブレーキや事故の際に、乗員が怪我をし
たり車が損傷する恐れがあります。
シート・クッションと成型材の間に物
を置かないでください。
*日本仕様に設定はありません。
警 告
火傷や火災につながる恐れがあります。
燃料などの可燃物の近くでは使用しない
でください。引火する恐れがあります。
発炎筒を使用するときは、顔や身体に
向けたり、近づけないでください。火
傷をする恐れがあります。
万一のときは
249
お子様がさわらないように注意してく
ださい。誤って使用すると火傷をした
り、車を損傷する恐れがあります。
注 意
トンネルの中などで使用すると、事故に
つながる恐れがあります。
トンネルの中など換気が悪い場所で使
用すると、発炎筒の煙で視界が遮られ
て事故につながる恐れがあります。必
要に応じてハザード・ランプを使用し
てください。
発炎筒の使い方
1. キャップを外します。本体をひねりな
がら、ケースから取り出します。
2. 本体を逆に向けて、ケースに差し込み
ます。
3. 本体の点火部を、キャップの擦り薬で
こすると着火します。
知識
発炎筒の燃焼時間は約5分間です。
発炎筒には有効期限があります。表示
してある有効期限が切れる前に、新し
い発炎筒に交換してください。ポルシェ
正規販売店にお問い合わせください。
250
万一のときは
危 険
メンテナンス作業は危険を伴いますので十
分に注意してください。致命的な事故、怪
我および火災になる恐れがあります。
バッテリや燃料系統の近くで喫煙した
り、火気を近付けないでください。
メンテナンス作業は、屋外か、または
屋内の換気が良い場所で実施してくだ
さい。
火傷の危険性がありますので、加熱し
たエンジン部品の近くで作業をする場
合は十分注意してください。
エンジン・ルーム内を整備する前に、
エンジンを停止し、十分冷やしてくだ
さい。
やむを得ずエンジンをかけたまま作業
する場合は、必ずパーキング・ブレー
キをかけ、ティプトロニック・セレク
タ・レバーを“P”の位置にします。
手、指、衣服の一部(ネクタイ、袖な
ど)
、装飾品、長い髪などがファン、ド
ライブ・ベルト、その他の可動部品に
巻き込まれることがないように、特に
注意してください。
ラジエータおよびラジエータ・ファン
は車両の前側にあります。
ラジエータ・ファンは、エンジンが停
止していてもクーラントが一定の温度
に達すると作動することがあります。
ラジエータ・ファン付近で作業をする
場合は、エンジンおよびイグニッショ
ンをOFFにしてください。怪我をする
危険性がありますので十分注意してく
ださい。
イグニッションがONのときは、点火装
置に接続されているすべてのケーブル
とリード線に高電圧がかかっています。
特に注意が必要です。
やむを得ず車体の下に入って作業する
場合は、必ず強固なリフトで車体を持
ち上げてください。ジャッキだけで支
えた車体の下に入ることは危険ですの
で、絶対にやめてください。
レベリング・システムおよび車高調整
機能付きエア・サスペンションのジャ
ッキ・アップについては:
「ジャッキ・アップ」(172ページ)を
参照してください。
エンジン・オイル、ブレーキ液、クー
ラントなどの液体は人体に有害です。
これらの液体は、お子様の手の届かな
い所に保管してください。廃棄する場
合は、法規に従ってください。
タイヤの温度が上昇すると、空気圧も高ま
ります。
タイヤの温度が高い状態で空気を抜か
ないでください。温度が下がったとき
に空気圧が不足します。
タイヤのバルブ・キャップは、バルブから
の空気漏れを防ぎ、ほこりや汚れが入るの
を防ぎます。
必ずキャップを完全に締めてください。
紛失した場合は、直ちに新しいキャッ
プを取り付けてください。
タイヤ空気圧が不足しているとタイヤが過
熱して、目に見えない損傷が発生します。
このような損傷が発生した場合は、空気圧
を調整しても正常な機能を回復できません。
タイヤとホイール
タイヤの寿命は、タイヤ空気圧やホイー
ル・アライメントだけでなく、お客様の運
転スタイルに大きく左右されます。
急加速や高速でのコーナリング、ブレーキ
を酷使する運転スタイルは、タイヤの摩耗
を早めます。また、外気温度が高いときや
悪路での走行も、タイヤ・トレッドの摩耗
を早める原因です。
エンジンと同様、タイヤも正常な状態で使
用しなければなりません。タイヤを正しく
取り扱うことで、長期にわたって安全な走
行が可能になります。いつまでも安全に車
をお使いいただくために、以下のタイヤの
取り扱い方法を守ってください。
オフロードを走行した後は、タイヤの損傷
がないか詳しく点検してください。
荷重と速度
過積載をしないでください。規定荷重
を超える荷物をルーフに積まないでく
ださい。
過積載をすると、特に以下の状況で非
常に危険です:
+タイヤの空気圧不足
+高速走行
+高い外気温度(真夏の炎天下など)
タイヤの空気圧
規定の空気圧を維持してください。
タイヤ空気圧の規定値は、以下で確認がで
きます:
− 左側フロント・ドア開口部のラベル
− 本書のテクニカル・データ:
「冷間時(20℃)のタイヤ空気圧」
(308ページ)を参照してください。
タイヤ空気圧の規定値は、タイヤが冷えて
いるとき(20℃)を基準にしています。
最低でも2週間に1度はタイヤ空気圧を
点検してください。必ずタイヤが冷え
ているときに点検してください。
タイヤ空気圧モニタリング・システム
装備車は:
「タイヤ空気圧モニタリング・システ
ムの設定」(116ページ)を参照してく
ださい。
タイヤの損傷
高圧洗車装置を使用すると、タイヤを傷付
けることがあります。
高圧洗車装置の取り扱いについては:
「高圧洗車装置、スチーム洗浄装置」
(241ページ)を参照してください。
万一のときは
251
警 告
目に見えない小さな傷でも、それが原因で
高速走行中にバースト(破裂)する恐れが
あります。
定期的にタイヤの状態(側面も含めて)
を点検し、異物の噛み込み、欠損、切
り傷、亀裂、側面の膨れなどがないか
確認してください。
縁石を乗り越えるときは、速度を下げ
て、できるだけ直角に通過してくださ
い。段差が大きな縁石や、尖った縁石
を乗り越えないでください。
ホイール・リムが損傷したとき、特に
内側が損傷した可能性がある場合は、
専門家による点検を受けてください。
以下の場合は、安全のためにタイヤ交換を
行ってください:
− タイヤ内部の構造物の層が損傷した可
能性があるとき
− タイヤ空気圧が低いまま走行したとき
や、以前に損傷していた箇所がある場
合など、それらが原因でタイヤが過熱
したり、異常な負荷がかかった可能性
があるとき
知識
損傷したタイヤを修理しないでください。
オフロードを走行した後は、タイヤに
亀裂、損傷、膨れ、異物の噛み込みな
どがないか点検してください。必要に
応じてタイヤを交換してください。
252
万一のときは
縁石
トレッド(接地面の溝)
縁石の鋭角部分や尖った部分がタイヤに当
たると、その衝撃で目に見えない損傷が生
じます。損傷が生じたときは気づかなくて
も、高速走行中にタイヤがバースト(破裂)
する原因になります。
タイヤに加わる衝撃が大きいと、ホイー
ル・リムを損傷することがあります。
トレッドが摩耗して溝深さが浅くなるほ
ど、ハイドロプレーニング現象が発生する
危険性が高まります。
走行安全性を維持するため、トレッド
のスリップ・サインが見える前にタイ
ヤを交換してください。スリップ・サ
インは、溝深さが1.6mmまで摩耗する
と現れます。
タイヤを定期的に点検してください。
特に長距離走行の前後は、入念に調べ
てください。
タイヤの保管
タイヤは常に乾燥した冷暗所に保管し
てください。ホイールに取り付けてい
ないタイヤは、立たせた状態で保管し
てください。
燃料、オイル、グリースなどにタイヤ
が触れないようにしてください。
製造から6年以上が経過したタイヤを使用
しない
「タイヤは、保管して古くなった方が摩耗
しにくい」という説がありますが、これは
完全な誤りです。年数が経過すると、ゴム
に伸縮性を与えるために添加している化学
薬品の効果が弱まり、ゴムがもろくなって
しまいます。
タイヤの製造時期は、タイヤ側面のDOTコ
ードでわかります。コードの下4桁が製造
年と週を示しており、例えば「1208」とい
うコードであれば2008年の第12週目に製造
されたタイヤです。
ホイール・バランス
安全で快適なドライブを楽しむため、
サマー・タイヤは春季に、ウインター
(スノー)・タイヤは秋季にホイール・
バランスを点検してください。
バランス・ウエイトは、必ずポルシェ社が
承認したものを使用してください。接着式
のバランス・ウエイトは洗浄剤で落下する
ことがあります。
ホイールの交換
車からホイールを取り外すときは、そ
れぞれのタイヤが付いていた位置(前
後左右)と、前進時のタイヤの回転方
向をマーキングしてください。
例:
右前のホイールは「FR」
、左前は「FL」
、
右後ろは「RR」
、左後ろは「RL」
ホイールを再度取り付けるときは、マ
ーキングに従って同じ位置に取り付け
てください。
ホイール・アライメント
タイヤの交換
トレッドの摩耗度合いに偏りがあるとき
は、ホイール・アライメントに狂いがある
ことを示しています。この場合、車を点検
する必要があります。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
新しいタイヤを取り付ける前に、ポル
シェ社が承認している最新のタイヤに
ついてポルシェ正規販売店にお尋ねく
ださい。
ポルシェ社がテストを行い、承認した
メーカーの指定の製品だけを使用して
ください。
原則として、装着するタイヤの組み合わ
せは同じメーカーの同じ仕様番号(N0、
N1…)に統一してください。
新品のタイヤはグリップ性能を十分に発揮
できません。
交換後100∼200kmは、高速走行を避け
て慎重に運転してください。
警 告
タイヤの不具合を修理することなく運転を
続けると、突然コントロールを失うことが
あり大変危険です。
走行中、タイヤや車の損傷が原因と思われ
る不規則な回転振動が発生したときは:
急ブレーキをかけないで、すみやかに
速度を下げてください。
停車してタイヤを点検してください。不
具合原因がわからないときは、慎重な
運転を心がけ、最寄りのポルシェ正規
販売店で点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊かなスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
フロントまたはリア・タイヤだけを交換す
ると、前後アクスルのタイヤ・トレッド溝
深さに差が生じるため、それまでとは違っ
た走行感覚になります。この違和感は、特
にリア・タイヤだけを交換すると顕著に現
れます。
走行距離が伸びるにつれて、違和感が次第
に減少します。
ハンドリング特性の変化に合わせて運
転してください。
タイヤの交換は、必ず専門技術を持つ整備
工場などで実施してください。損傷したタ
イヤ1本だけを交換する場合は、左右のタ
イヤ・トレッド溝深さに30%以上の差がな
いことを確認してください。
使用経歴が不明な中古タイヤは使用し
ないでください。
タイヤ・バルブ
プラスチック製のバルブ・キャップだ
けを使用してください。
ラバー製のタイヤ・バルブは、タイヤ交換
と同時に必ず交換してください。スチー
ル・バルブは純正品のみを使用し、取り付
けまたは交換に関する注意事項を遵守して
ください。
ポルシェ純正スチール・バルブ、またはポ
ルシェ社が要求する性能、品質規準を満た
す同等部品を使用してください。
バルブの汚れを防ぐため、必ずバル
ブ・キャップを取り付けてください。
バルブが汚れると、タイヤの空気圧が
低下する原因となります。
万一のときは
253
積雪や凍結の恐れがある時期が近づい
たら、早めにウインター・タイヤを4輪
すべてに装着してください。ウインタ
ー・タイヤについては、最寄りのポル
シェ正規販売店にご相談ください。
知識
最高速度ステッカーの貼り付け位置
ウインター・タイヤ
サマー・タイヤは外気温度が7℃以下にな
ると性能が低下します。早めにウインタ
ー・タイヤに交換することをお勧めしま
す。サマー・タイヤを極低温時に使用す
ると、修復不可能な損傷が生じる可能性
があります。
ウインター・タイヤは、トレッド溝深さが
4mm以下になると性能が低下します。
ウインター・タイヤと同様、オール・
シーズン・タイヤやオール・ラウン
ド・タイヤも「M+S」のカテゴリーに
属します。
警 告
法定速度を遵守してください。思わぬ事故
を起こす原因になります。
タイヤの許容最高速度を超えないでく
ださい。
最高速度を示すステッカーを、ドライ
バーの視野に貼り付けてください。
各国の法律を遵守してください。
ホイールの交換
車からホイールを取り外すときは、そ
れぞれのタイヤが付いていた位置(前
後左右)と、前進時のタイヤの回転方
向をマーキングしてください。
例:
右前のホイールは「FR」
、左前は「FL」
、
右後ろは「RR」
、左後ろは「RL」
ホイールを再度取り付けるときは、マ
ーキングに従って同じ位置に取り付け
てください。
254
万一のときは
スノー・チェーン
スノー・チェーンはリア・タイヤだけに装
着してください。
スノー・チェーンまたはコラプシブ
ル・スペア・タイヤを装着するときは、
スペーサ*を取り外してください。
注 意
リア・ホイールのスペーサを取り付けたま
まスノー・チェーンを装着すると、ホイー
ル・ハウジングを損傷する恐れがあります。
スノー・チェーンを装着する前に、リ
ア・ホイールの17mmスペーサを必ず
取り外してください。
スペーサについては:
「スペーサ」(257ページ)を参照して
ください。
スペーサの取り外しについては:
「17mmスペーサの取り外し」(266ペ
ージ)を参照してください。
スノー・チェーンとホイール・ハウジ
ングのすき間に十分な余裕を確保する
ため、ポルシェ社が推奨または承認し
たファイン・リンク・チェーンだけを
使用してください。
*日本仕様に設定はありません。
T = 190km/h以下
H = 210km/h以下
V = 240km/h以下
W = 270km/h以下
Y = 300km/h以下
ポルシェ社が承認したスノー・チェー
ンについては:
テクニカル・データ「タイヤ、ホイー
ル、トレッド」(307ページ)を参照し
てください。
スノー・チェーンを装着する前に、ホ
イール・ハウジングの内側にこびりつ
いた雪や氷を取り除いてください。
スノー・チェーンを装着したときは
50km/h以下で走行してください。
知識
タイヤ空気圧モニタリング・システム
(TPM)のセンサ付きホイール
ホイールを交換する前に、車両のタイヤ空
気圧モニタリング・システムに適合するホ
イールであることを確認してください。
詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ね
ください。
A - タイヤ幅(mm)
B - 扁平率(%)
C - タイヤ構造記号(ラジアル)
D - リム径(インチ)
E - ロード・インデックス
F - 速度記号
タイヤの側面に「M+S」の表示がある
タイヤに限り、許容最高速度がこの車
の最高速度に満たないタイヤを装着で
きます。
ウインター・タイヤの他、オール・シ
ーズン・タイヤやオール・ラウンド・
タイヤも、この「M+S」のカテゴリー
に属します。M+Sの表示があることを
確認してください。
ラジアル・タイヤの見方
速度記号
速度記号Fは、そのタイヤの許容最高速度
を示します。
この記号はタイヤの側面(サイド・ウォー
ル)に表示しています。
万一のときは
255
警 告
ジャッキが車体から外れて致命的な怪我を
する恐れがあります。
車載ジャッキは、タイヤ交換だけに使
用してください。
車の下に入るときは、安全スタンドで
車体を支えてください。ジャッキだけ
で支えた状態で、車の下に入らないで
ください。
G - リム幅(インチ)
H - フランジ形状記号
I - ドロップ・センター・リム記号
J - リム径(インチ)
K - ダブル・ハンプ
L - リム・オフセット(mm)
合金製ホイールの記号
ホイールについての情報は、ホイール・ス
ポークの裏面に表示されています。なおリ
ム幅(インチ)Gおよびリム・オフセットL
は、ホイールを車に装着した状態でも見え
るように、外側に記されています。この表
示は、タイヤ・バルブの近くにあります。
256
万一のときは
A - 工具セット
ジャッキ
車載ジャッキは、ラゲッジ・コンパートメ
ントのフロア下にある工具セットAに収納
しています。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤまたは標準
サイズのスペア・タイヤ装備車のみ、タイ
ヤ交換に必要な工具(ジャッキ、ホイー
ル・レンチ、ホイール取り付け補助工具、
輪止めなど)を搭載しています。詳しくは
ポルシェ正規販売店にお問い合わせくださ
い。
リフトまたはトロリ・ジャッキによるリ
フト・アップ
タイヤ交換については:
「タイヤ交換」(265ページ)を参照し
てください。
車体をリフト・アップするときは、ジ
ャッキ・ポイントだけを使ってくださ
い。
リフトに乗り入れるときは、車体下部
とリフト・プラット・フォームの間に
十分なスペースがあることを確認して
ください。
エンジン、トランスミッション、およ
びアクスルにはジャッキをかけないで
ください。重大な損傷を招く恐れがあ
ります。
コンプレッサー
レベリング・システム用のコンプレッサー
を使用してタイヤに空気を入れることがで
きます。
このために必要なアダプタ・ホースは、ラ
ゲッジ・コンパートメントのフロア下にあ
るスペア・ホイール内に収納しています。
レベリング・システム用のコンプレッ
サーでタイヤに空気を補充するとき
は:
「タイヤ空気の充填」(269ページ)を
参照してください。
工具セット
工具セットおよびプレッシャ・テスタ付き
コンプレッサーは、ラゲッジ・コンパート
メントのフロア下に収納しています。
知識
スペーサ*
スペーサは、ポルシェ社が承認したホ
イールだけに使用してください。
スペーサを取り付ける前に、ポルシェ
社が承認している最新のホイールにつ
いてポルシェ正規販売店にお尋ねくだ
さい。
スノー・チェーンまたはコラプシブ
ル・スペア・タイヤを装着するときは、
スペーサを取り外してください。
危 険
スペーサを取り付けたままコラプシブル・ス
ペア・タイヤを装着すると、事故を起こす恐
れがあります。
コラプシブル・スペア・タイヤを装着
する前に、必ず17mmスペーサを取り
外してください。スペーサを取り付け
たままだとホイールが正しく装着でき
ません。
コラプシブル・スペア・タイヤまたは標準
サイズのスペア・タイヤ装備車では、スク
リュー・ドライバーがホイール・レンチの
ハンドル部に収納されています。
*日本仕様に設定はありません。
万一のときは
257
締付けトルク
ホイール・ボルトは160Nmのトルクで締め
付けてください。
注 意
スノー・チェーンを装着するときは、必ず
スペーサを取り外してください。リア・ホ
イールのスペーサを取り付けたままスノ
ー・チェーンを装着すると、ホイール・ハ
ウジングを損傷する恐れがあります。
盗難防止ホイール・ボルト
盗難防止ホイール・ボルトを脱着するため
のアダプターは、工具セットに収納してい
ます。
盗難防止ホイール・ボルトを脱着するとき
は、このアダプターをホイール・ボルトと
ホイール・レンチの間に入れて使用します。
アダプターは取り付ける位置が決めら
れています。アダプターがホイール・
ボルトにしっかりとはまっていること
を確認してから、ホイール・レンチに
力をかけてください。
スノー・チェーンを装着する前に、リ
ア・ホイールの17mmスペーサを必ず
取り外してください。
知識
スペーサの取り外しについては:
「17mmスペーサの取り外し」(266ペ
ージ)を参照してください。
スペーサの取り付けについては:
「17mmスペーサの取り付け」(268ペ
ージ)を参照してください。
ホイール・ボルト
ホイール・ボルトを取り外したときは、
取り付け前に清掃してください。
知識
ホイール・ボルトには絶対に油脂類を
塗布しないでください。
損傷したホイール・ボルトは交換して
ください。その際は、必ずこの車専用
のポルシェ純正ホイール・ボルト、ま
たはポルシェ社が要求する性能、品質
規準を満たす同等部品を使用してくだ
さい。
知識
リア・ホイールに17mmスペーサ*を取り
付けている車では、スチール製ホイール・
ナットを使用しています。このホイール・
ナットには盗難防止機能が付いていませ
ん。
車を修理工場に預けるとき、ホイールを脱
着する可能性があるときは、車のキーと一
緒に盗難防止ホイール・ボルト用のアダプ
ターも忘れずお渡しください。
*日本仕様に設定はありません。
258
万一のときは
パンクしたときの処置
知識
コラプシブル・スペア・タイヤまたは標準
サイズのスペア・タイヤ装備車のみ、タイ
ヤ交換に必要な工具(ジャッキ、ホイー
ル・レンチ、ホイール取り付け補助工具、
輪止めなど)を搭載しています。詳しくは
ポルシェ正規販売店にお問い合わせくださ
い。
1. 走行車線からできるだけ離れた安全な
場所に停車します。地面が固くて水平
な場所を選んでください。
2. ハザード・ランプを点滅させます。
3. パーキング・ブレーキをしっかりとか
けます。
4. ティプトロニック・セレクタ・レバー
を“P”の位置にします。
5. フロント・ホイールを直進位置にしま
す。
6. 誤ってエンジンが始動しないよう、イ
グニッション・キーを抜き、ステアリ
ングをロックします。
7. すべての乗員を安全な場所に避難させ
ます。
8. 停止表示板を適切な場所に設置します。
A - 輪止め
A - 折りたたみ式の輪止め
車の固定
工具セットに収納している輪止めAを使用し
て、車が不意に動かないように固定します。
2. 折りたたんである輪止めを起こします。
3. 起こした位置でロックします。
1. マジック・テープを緩め、輪止めを取
り出します。
万一のときは
259
パンク修理剤
タイヤのパンク修理剤(シーラント)は、
ラゲッジ・コンパートメントのフロア下に
収納しています。
このパンク修理剤は、タイヤ・トレッドに
小さな傷が付いて空気が漏れているときに
使用できます。
パンク修理剤は、緊急の場合の応急措置と
して使用してください。パンク修理剤を使
うとタイヤの気密性が一時的に保持され、
最寄りの修理工場まで車を運転できます
が、あくまで緊急用の短距離走行だけにし
てください。
4. ジャッキで持ち上げるタイヤと対角線
の位置にあるタイヤの前後に輪止めを
設置します。
260
万一のときは
パンク修理剤は、以下のパーツで構成され
ます:
− 充填ボトル
− 充填ホース
− バルブ回し
− スペア・バルブ・インサート
− 最高速度ステッカー
− 製品の取扱説明書
危 険
事故を起こす恐れがあります。
タイヤ・パンク修理剤は、大きさが
4mm以下の切り傷や刺し傷だけに使用
してください。
ホイール・リムが損傷している場合は、
パンク修理剤を使用しないでください。
警 告
パンク修理剤は可燃性で、人体に有害です。
パンク修理剤を使用するときは喫煙し
たり、火気を近づけないでください。
皮膚、目、衣服に付着しないように注
意してください。
お子様の手の届かない場所に置いてく
ださい。
パンク修理剤が気化したガスを吸い込
まないでください。
パンク修理剤が付着したとき:
皮膚に付着したり目に入ったときは、
直ちに多量の水で洗い流してください。
衣服に付着したときは、すぐに着替え
てください。
パンク修理剤でアレルギー反応を起こ
したときは、直ちに医師の診察を受け
てください。
誤って飲み込んだときは、直ちに多量
の水でゆすぎ、さらに多量の水を飲ん
でください。嘔吐せず、至急医師の診
察を受けてください。
A - 充填ボトル
B - 充填ホース
C - 充填ホースのプラグ
D - バルブ回し
E - バルブ・インサート
F - タイヤ・バルブ
パンク修理剤(シーラント)の充填
1. タイヤの空気が抜けた原因の異物は取
り除かず、そのままタイヤに残してお
きます。
2. ラゲッジ・コンパートメントからパン
ク修理剤と同封のステッカーを取り出
します。
3. ステッカーをドライバーの視野に入る
位置に貼り付けます。
4. 充填ボトルAをよく振ります。
5. 充填ホースBを充填ボトルにねじ込み
ます。
6. タイヤ・バルブFからバルブ・キャップ
を外します。
7. バルブ回しDを使用して、バルブ・イ
ンサートEをタイヤ・バルブから取り外
します。バルブ・インサートを、きれ
いで乾いた場所に置きます。
8. 充填ホースBのプラグCを取り外しま
す。
9. 充填ホースをタイヤ・バルブに押し付
けます。
10. 充填ボトルをタイヤ・バルブより上方
に持ち上げ、ボトルを強く握って中身
をすべてタイヤに充填します。
11. ホースをタイヤ・バルブから抜きます。
12. バルブ回しを使用して、バルブ・イン
サートをタイヤ・バルブにしっかりね
じ込みます。
13. 規定のタイヤ空気圧にセットし、タイ
ヤに空気を入れます。
規定のタイヤ空気圧については、テク
ニカル・データ「冷間時(20℃)のタ
イヤ空気圧」(308ページ)を参照して
ください。
14. バルブ・キャップをタイヤ・バルブに
ねじ込みます。
15. 約10分間走行し、タイヤ空気圧を点検
します。
タイヤ空気圧が1.5 bar以下の場合は、
運転を中止してください。
タイヤ空気圧が1.5 barを超えている場
合は、規定のタイヤ空気圧に再度調整
してください。
16. ポルシェ正規販売店で点検を受けてくだ
さい。ポルシェ車に関する全ての整備点
検は、ポルシェ正規販売店での実施を推
奨します。十分なトレーニングを受けた
経験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確かな
整備をお約束します。
タイヤ空気圧モニタリング・システムに
関する知識
タイヤ・パンク修理剤を使ってタイヤ空気
圧を調整したときは、マルチ・ファンクシ
ョン・ディスプレイにタイヤ空気圧を設定
してください。「タイヤ空気圧モニタリン
グ・システムの設定」(116ページ)を参照し
てください。
万一のときは
261
取り扱い上の注意
周囲に付着したパンク修理剤は、乾燥する
とフィルム状に剥がして取り除くことがで
きます。
警 告
事故を起こす恐れがあります。
パンク修理剤は緊急時の応急措置です。
すみやかに整備工場でタイヤを交換し
てください。
急加速したり、カーブを高速で走行し
ないでください。
最高速度80km/h以下で走行してくださ
い。
パンク修理剤およびコンプレッサーに
添付している安全および取り扱い上の
注意事項を遵守してください。
ジャッキ・アップ
警 告
車からジャッキが外れて致命的な怪我をす
る恐れがあります。
ジャッキ・アップしてタイヤを交換す
る前に、すべての乗員を降ろしてくだ
さい。
坂道や安全を確保できない道路脇では
ジャッキ・アップしないでください。
車載ジャッキは、タイヤ交換時に車体
を持ち上げるためだけに使用してくだ
さい。
車体の下に入る場合は、適切なリジッ
ド・ラックなどで車体を支えてください。
車体を支えるためにジャッキを使用し
ないでください。
タイヤ交換中にレベリング・システムが作
動して怪我をする恐れがあります。
タイヤ交換時は、ジャッキ・モードに
設定してください。
ジャッキ・モードについては:
「ジャッキ・アップ」(172ページ)を
参照してください。
車が動き出し、怪我または車が損傷する恐
れがあります。
車が動き出さないように固定してくだ
さい。
車の固定については:
「車の固定」(259ページ)を参照して
ください。
262
万一のときは
知識
車体下部のジャッキ・ポイントを清掃して
ください。
1. 取り外すホイールのボルトを少しだけ
緩めます。
2. 指定のジャッキ・ポイントにジャッキ
をセットします。このとき、ジャッキ
の接地部分が傾かないように、ジャッ
キ・ポイントの真下にジャッキを置き
ます。必要に応じて、適切なリジッ
ド・ラックを併用してください。
3. ジャッキが動かないように固定し、ジャ
ッキの皿がジャッキ・ポイントに接触す
るまで、ジャッキを伸ばします。取り外
すタイヤの接地面がわずかに地面から離
れるまで、車体を持ち上げます。
4. 車体を下げた後、ジャッキを取り外し
ます。
ジャッキ・ポイント、フロント
ジャッキ・ポイント、リア
ランニング・ポート装備車のジャッキ・ポイント、
フロント
指定のジャッキ・ポイントは、車の装備仕
様によって異なります。
サイド・シル・カバーのキャップBを取り
外すと、リア・ジャッキ・ポイントが現れ
ます。
ランニング・ボード装備車のジャッキ・
ポイント
車載ジャッキは、必ず指定のジャッ
キ・ポイントDまたはEだけにセットし
ます。
ジャッキ・ポイント
車載ジャッキは、必ず指定のジャッ
キ・ポイントAまたはCだけにセットし
ます。
キャップの取り外し:
キャップBの後方下部を引くと、キャッ
プが外れます。
キャップの取り付け:
キャップBの下部をガイドに差し込み、
カチッという手応えがあるまでしっか
りと上部をはめ込みます。
万一のときは
263
ランニング・ポート装備車のジャッキ・ポイント、
リア
サイド・シル・カバー装備車のジャッキ・ポイン
ト、フロント
サイド・シル・カバー装備車のジャッキ・ポイン
ト、リア
サイド・シル・カバー装備車のジャッキ・
ポイント
サイド・シル・カバーのプラスチック・キ
ャップFまたはHを取り外すと、ジャッキ・
ポイントが現れます。
2. 車載ジャッキは、必ず指定のジャッ
キ・ポイントGまたはIだけにセットし
ます。
キャップの取り付け:
キャップFまたはHをサイド・シル・カ
バーの溝に差し込み、カチッという手応
えがあるまでしっかりと押し込みます。
キャップの取り外し:
1. キャップの切り欠きを使用し、キャッ
プを手前(矢印の方向)に引いて取り
外します。
264
万一のときは
タイヤ交換
1. 図の位置にある1本または2本のホイー
ル・ボルトを取り外します。
注 意
ブレーキ・ディスクを損傷する恐れがあり
ます。
タイヤを交換する場合は、必ずホイー
ル取り付け補助工具を挿入してくださ
い。
1本の補助工具を挿入(PCCB非装備車)
2本の補助工具を挿入(PCCB装備車)
2. 取り外したホイール・ボルトの代わり
に、ホイール取り付け補助工具をねじ
込みます。
3. 残りのホイール・ボルトを外します。
ホイール・ボルトについては:
「ホイール・ボルト」(258ページ)を
参照してください。
4. ホイールを交換します。
5. ホイール・ボルトを挿入し、手で仮締
めします。
ホイール取り付け補助工具を外し、残
りのホイール・ボルトを仮締めします。
すべてのホイール・ボルトを対角線方
向の順に少しだけ締め付け、ホイール
の中心位置がずれないようにします。
万一のときは
265
6. 必要に応じて、タイヤに空気を補充し
ます。
タイヤ空気圧については:
テクニカル・データ「冷間時(20℃)
のタイヤ空気圧」(308ページ)を参照
してください。
7. 車両を下ろした後、ジャッキを取り外
します。
8. 対角線方向の順に、ホイール・ボルト
を完全に締め付けます。
タイヤ空気圧モニタリング・システムに
ついての知識
タイヤを交換したときは、マルチ・ファン
クション・ディスプレイにタイヤ空気圧を
設定してください。「タイヤ空気圧モニタ
リング・システムの設定」(116ページ)を参
照してください。
知識
ホイール・ボルトを締め付けたら、で
きるだけ早くトルク・レンチでホイー
ル・ボルトの締付けトルクを点検して
ください。締付けトルクは160Nmです。
17mmスペーサの取り外し*
危 険
スペーサを取り付けたままコラプシブル・
スペア・タイヤを装着すると、事故を起こ
す恐れがあります。
コラプシブル・スペア・タイヤを装着
する前に、必ず17mmスペーサを取り
外してください。スペーサを取り付け
たままだとホイールが正しく装着でき
ません。
注 意
スノー・チェーンを装着するときは、必ず
スペーサを取り外してください。リア・ホ
イールのスペーサを取り付けたままスノ
ー・チェーンを装着すると、ホイール・ハ
ウジングを損傷する恐れがあります。
スノー・チェーンを装着する前に、リ
ア・ホイールの17mmスペーサを必ず
取り外してください。
プーラー
スペーサについては:
「スペーサ」(257ページ)を参照して
ください。
1. プーラーDを使用して、ホイール・ナ
ットのプラスチック・カバーを取り外
します。
スノー・チェーンまたはコラプシブ
ル・スペア・タイヤを装着するときは、
スペーサを取り外します。
スペーサにホイールを取り付けるとき
は、ホイール取り付け補助工具が不要
です。
*日本仕様に設定はありません。
266
万一のときは
8. 必要に応じて、タイヤに空気を補充し
ます。
タイヤ空気圧については:
テクニカル・データ「冷間時(20℃)
のタイヤ空気圧」(308ページ)を参照
してください。
9. 車両を下ろした後、ジャッキを取り外
します。
10. 対角線方向の順に、ホイール・ボルト
を完全に締め付けます。
2. ホイール・ナットを取り外します。
3. ス ペ ー サ B を 取 り 付 け て い る ホ イ ー
ル・ボルトAを取り外します。
4. スペーサBを取り外します。
5. 取り外したホイール・ボルトの代わり
に、ホイール取り付け補助工具をねじ
込みます。
6. ホイールを組み付けます。
7. ス ペ ー サ B を 取 り 付 け て い た ホ イ ー
ル・ボルトAを使用して、ホイールを
固定します。
ホイール・ボルトを挿入し、手で仮締
めします。ホイール取り付け補助工具
を外し、残りのホイール・ボルトを仮
締めします。
すべてのホイール・ボルトを対角線方
向の順に少しだけ締め付け、ホイール
の中心位置がずれないようにします。
タイヤ空気圧モニタリング・システムに
ついての知識
タイヤを交換したときは、マルチ・ファン
クション・ディスプレイにタイヤ空気圧を
設定してください。「タイヤ空気圧モニタ
リング・システムの設定」(116ページ)を参
照してください。
知識
ホイール・ボルトを締め付けたら、で
きるだけ早くトルク・レンチでホイー
ル・ボルトの締付けトルクを点検して
ください。締付けトルクは160Nmです。
取り外したスペーサ、ホイール・ナッ
ト、プラスチック・カバーを紛失しな
いように収納してください。
万一のときは
267
17mmスペーサの取り付け*
コラプシブル・スペア・タイヤ
1. ホイールを取り外します。
2. ホイールを取り付けていたホイール・
ボルトAを使用して、スペーサを取り
付けます。
締付けトルクは160Nmです。
3. ホイールを取り付けます。
ホイール・ナットはポルシェ純正品を
使用してください。締付けトルクは
160Nmです。
ホイール・ナットを締め付けた後、プ
ラスチック・カバーを取り付けます。
コラプシブル・スペア・タイヤは、ラゲッ
ジ・コンパートメントのフロア下に収納し
ています。
17mmスペーサ装着車*:
リア・タイヤをコラプシブル・スペア・
タイヤに交換するときは、必ずホイー
ル・スペーサを取り外してください。
スペーサについては:
「スペーサ」(257ページ)を参照して
ください。
スペーサの取り外しについては:
「17mmスペーサの取り外し」(266ペ
ージ)を参照してください。
知識
ホイール・ナットには盗難防止装置が付い
ていません。
*日本仕様に設定はありません。
268
万一のときは
1. ノブAを取り外し、スクリューBに取り
付けます。
2. スクリューBを外し、コラプシブル・
スペア・タイヤを取り出します。
3. 車をジャッキ・アップしたまま、空気
を入れていない状態でコラプシブル・
スペア・タイヤを車に取り付けます。
タイヤ交換については:
「タイヤ交換」(265ページ)を参照し
てください。
4. タイヤに空気を入れます。テクニカ
ル・データ「冷間時(20℃)のタイヤ
空気圧」(308ページ)を参照してくだ
さい。
警 告
事故を起こす恐れがあります。
コラプシブル・スペア・タイヤは、緊
急時に短距離を走行するためだけに使
用してください。安全性を確保するた
め、スリップ・サインが現れる(タイ
ヤ・トレッド溝深さが1.6mmになる)
よりも前にタイヤを交換してください。
ポルシェ・スタビリティ・マネージメ
ント(PSM)を解除しないでください。
急加速したり、カーブを高速で走行し
ないでください。コラプシブル・スペ
ア・タイヤを装着すると走行特性が大
きく変化します。またタイヤの摩耗を
避けるためにも、80km/hの最高速度を
遵守してください。
他車のコラプシブル・スペア・タイヤ
を使用しないでください。
この車のコラプシブル・スペア・タイ
ヤを他車に装着しないでください。
1度に複数のコラプシブル・スペア・タ
イヤを装着しないでください。
エア・サスペンション装備車では、コ
ラプシブル・スペア・タイヤに空気を
入れる場合だけにタイヤ充填コネクタ
を使用してください。
コラプシブル・スペア・タイヤの使用後
バルブを緩めて空気を抜きます。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤは、空気を
抜いてから数時間が経過しないと、タイヤ
が元の形状に戻りません。タイヤが膨れて
いるときは、ラゲッジ・コンパートメント
の元の位置に収納できません。
工具セットには、損傷したホイール&タイ
ヤを収納するためのビニール・シートがあ
ります。
知識
コラプシブル・スペア・タイヤの修理は、
必ずメーカーに依頼してください
コラプシブル・スペア・タイヤに不具
合が発生したら、ポルシェ正規販売店
で点検を受けてください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
タイヤ空気の充填
タイヤ空気充填用ハンド・バルブを収納し
たバッグが、ラゲッジ・コンパートメント
のフロア下にあります。
1. バッグからタイヤ空気充填用ハンド・
バルブを取り出します。
2. 右側フロント・シートの足元にあるカ
バーを取り外します。
万一のときは
269
警 告
取り扱い方法を誤ると負傷および損傷の恐
れがあります。
この装置は、この車のタイヤに空気を
充填または抜くときだけ使用してくだ
さい。
B - コンプレッサー接続スクリュー
C - プレッシャ・テスタ
D - タイヤ充填用ハンド・バルブ
E - エア・ブリード・スクリュー
F - タイヤ・バルブ接続フィラー
3. 接続スクリューBをコンプレッサー接
続口(右側フロント・シートの足元)
にねじ込みます。
4. 接続フィラーFをタイヤ・バルブにねじ
込みます。
5. イグニッションをONにします。
6. プレッシャ・テスタCで空気圧を監視
しながら、規定の空気圧になるまでハ
ンド・バルブDを押します。
7. 接続スクリューをコンプレッサー接続
口から外します。
8. 接続フィラーをタイヤ・バルブから外
します。
9. タイヤ空気充填用ハンド・バルブをバ
ッグに収納します。
知識
コンプレッサーにはオーバーヒート防止機
能があり、過熱すると自動停止します。自
動停止した場合は、コンプレッサーが冷え
るまで2∼3分待ってください。
タイヤ空気抜き
プレッシャ・テスタCで空気圧を監視し
ながら、規定の空気圧になるまでエ
ア・ブリード・スクリューEを開きま
す。
270
万一のときは
スペア・タイヤ
警 告
事故を起こす恐れがあります。
スペア・タイヤのホイール・サイズ、タイ
ヤ・サイズ、タイヤ品質は、通常のタイヤ
とは異なることがあります。
コラプシブル・スペア・タイヤなど、応急
専用のスペア・タイヤを使用する場合は、
いつもと走行特性が違うことに注意してく
ださい。
スペア・タイヤは、緊急時に短距離を
走行するためだけに使用してください。
安全性を確保するため、スリップ・サ
インが現れる(タイヤ・トレッド溝深
さが1.6mmになる)よりも前にタイヤ
を交換してください。
ポルシェ・スタビリティ・マネージメ
ント(PSM)を解除しないでください。
製造から4年以上が経過したスペア・タ
イヤは、通常のタイヤがパンクしたと
きの応急用に限定して使用してくださ
い。
急加速したり、カーブを高速で走行し
ないでください。取り付けたスペア・
タイヤが他の3つのタイヤと異なる場
合、走行特性が大きく変化します。ま
たタイヤの摩耗を避けるためにも、
80km/hの最高速度を遵守してください。
スペア・タイヤのブラケットからの取り
外し*
警 告
スペア・タイヤの取り出し方を誤ると、負
傷する恐れがあります
スペア・タイヤ・ブラケットが固定さ
れている場合のみ、スペア・タイヤを
取り外してください。
スペア・タイヤ・ブラケットからタイ
ヤを取り外すときは十分注意してくだ
さい。ホイールはたいへん重い(最大
約35kg)ことを念頭に置いてください。
1. すべてのホイール・ボルト(5本)を緩
めます。
2. 上側のホイール・ボルトを外します。
工具セットのホイール取り付け補助工
具を、取り外したホイール・ボルトの
代わりに取り付けます。残りのホイー
ル・ボルトを外します。
*日本仕様に設定はありません。
スペア・タイヤのブラケットへの取り付け*
ホイール取り付け補助工具を利用して
タイヤを取り付け、ホイール・ボルト
を仮締めします。ホイール取り付け補
助工具を外し、残りのホイール・ボル
トを仮締めします。すべてのホイー
ル・ボルトを対角線方向の順に少しだ
け締め付け、ホイールの中心位置がず
れないようにします。
すべてのホイール・ボルトを150Nmの
トルクで締め付けます。
B - スペア・タイヤ・ブラケットのロック解除ボタン
スペア・タイヤ・ブラケットの開け方*
警 告
スペア・タイヤ・ブラケットの開け方を誤
ると、負傷および事故の恐れがあります。
スペア・タイヤ・ブラケットを操作する
ときは、周囲に人や動物がいないこと、
障害物がないことを確認してください。
スペア・タイヤ・ブラケットの操作に
は必ずボタンBを使用してください。
車が左右いずれかに傾いている場合は、
スペア・タイヤ・ブラケットに補助ロ
ックCをかけてください。
万一のときは
271
作業の前に
セントラル・ロッキングのロックを解除し
ます。
ボタンBを押してスペア・タイヤ・ブラ
ケットを開きます。
スペア・タイヤ・ブラケットの閉め方*
警 告
スペア・タイヤ・ブラケットの閉め方を誤
ると、負傷および事故の恐れがあります。
スペア・タイヤ・ブラケットの操作に
は必ずボタンBを使用してください。
車が左右いずれかに傾いている場合は、
スペア・タイヤ・ブラケットを動かす
ために大きな力が必要です。
スペア・タイヤ・ブラケットを操作す
るときは、周囲に人や動物がいないこ
と、障害物がないことを確認してくだ
さい。
知識
− スペア・タイヤ・ブラケットを30°以
上の角度まで開くと、自動的に全開位
置まで動きます。全開位置ではリア・
リッドを開くことができます。
− スペア・タイヤ・ブラケットが30°未
満の角度まで閉まると、自動的に全閉
位置まで動きます。ただし、この状態
ではスペア・タイヤ・ブラケットが完
全に閉じていません。手で押し付けて
閉じてください。
C - 補助ロック
車が左右に傾いているときのスペア・タ
イヤ・ブラケットの補助ロック
1. スペア・タイヤ・ブラケットを開きま
す。
2. 補助ロックCを左にスライドさせると、
スペア・タイヤ・ブラケットが機械的
に固定されます。
「リア・リッド」警告
灯が点灯し、メータ・パネルのマル
チ・ファンクション・ディスプレイに
メッセージが表示され、スペア・タイ
ヤ・ブラケットが開いていることをド
ライバーに知らせます。
1. 補助ロックCがかかっているときは、
補助ロックCを右にスライドさせます。
2. スペア・タイヤ・ブラケットを手で閉
めます。
3. スペア・タイヤ・ブラケットがロック
されていることを確認し、メータ・パ
ネルのマルチ・ファンクション・ディ
スプレイに警告が表示されていないこ
とを確認します。
スペア・タイヤ・ブラケットをロック
すると、警告灯が消灯します。
*日本仕様に設定はありません。
272
万一のときは
オートロック
メータ・パネルのマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイを使用して、ドアとリ
ア・リッドのロック/ロック解除機能、お
よびハザード・ランプの点滅パターンを設
定できます。設定した内容は、そのとき使
用しているリモート・コントロールに記憶
されます。
「リア・リッド・ロックの設定」(127ペー
ジ)を参照してください。
警 告
スペア・タイヤ・ブラケットの操作を誤る
と、負傷および事故の恐れがあります。
水平な場所に停車してから、エマージ
ェンシー・リリースを使ってスペア・
タイヤ・ブラケットの緊急ロック解除
を行ってください。
D - けん引フック・カバー(左)
E - エマージェンシー・リリース・ケーブル
1. 車の左側にあるけん引フック・カバー
Dを外します。
2. エマージェンシー・リリース・ケーブ
ルEを矢印の方向に引きます。スペア・
タイヤ・ブラケットのロックが解除さ
れ、手動で開くことができます。
スペア・タイヤ・ブラケットの緊急ロッ
ク解除
バッテリがあがると、ボタン操作でスペ
ア・タイヤ・ブラケットのロックが解除で
きません。この場合は、エマージェンシ
ー・リリースを使用して機械的にロックを
解除します。
万一のときは
273
電気系統
車の電気・電子回路の損傷を回避するた
め、電装品(アクセサリー)などの取り付
け作業はポルシェ正規販売店にご依頼くだ
さい。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨します。
十分なトレーニングを受けた経験豊富なス
タッフが、最新の技術情報と専用工具や専
用装置を駆使し、確かな整備をお約束しま
す。
電装品(アクセサリー)は、ポルシェ
社が承認したものだけを使用してくだ
さい。
警 告
電気回路がショートしたり、火災になる恐
れがあります。
電気系統の作業を行うときは、バッテ
リ・マイナス(−)ケーブルの端子を
事前に外してください。
リレー
リレーの点検および交換は、必ずポルシェ
正規販売店で実施してください。
274
万一のときは
プラグ・ソケット
アクセサリー・プラグ・ソケットの位置は
車により異なります。
このソケットには、12V仕様の電装品(ア
クセサリー)を接続できます。
知識
アクセサリー・プラグ・ソケットは、イグ
ニッションがOFFのときでも、イグニッシ
ョン・キーを抜いていても使用できます。
エンジンを停止したままアクセサリーを使
用すると、バッテリがあがる原因になりま
す。
ヒューズの交換
電気系統のショートや、過負荷によるケー
ブルや電装品の損傷を防ぐために、各々の
電気回路がヒューズで保護されています。
ヒューズ・ボックスは、エンジン・ルーム
内とダッシュ・ボードの両端にそれぞれ1
つずつあります。
1. 交換するヒューズと関係がある電装品
をOFFにしてください。
2. ヒューズ・ボックスのカバーを開きま
す。
3. ヒューズ・リムーバを使用して、ヒュ
ーズを引き抜きます。
切れたヒューズは、内部の金属線が溶
けていることで判別できます。
4. 同じ容量のヒューズと交換します。容
量が異なるヒューズは取り付けないで
ください。ポルシェ純正ヒューズの使
用を推奨します。
知識
同じヒューズが何度も切れる場合は、
ポルシェ正規販売店で原因を確かめて
ください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
エンジン・ルームのヒューズ・ボックス・カバー
エンジン・ルームのヒューズ・ボック
ス・カバーを開ける
1. スクリュー・ドライバーで両方のロッ
クを反時計方向に90°回し、カバーを
取り外します。
エンジン・ルームのヒューズ・ボックスとヒューズ
の配置
2. スクリュー・ドライバーでヒューズ・
ボックス・リッドのロックを反時計方
向に90°回し、リッドを取り外します。
万一のときは
275
A−ヒューズ・リムーバ
ダッシュ・ボードのヒューズ・ボック
ス・カバーを開ける
1. スクリュー・ドライバーでプラスチッ
ク・カバー(矢印)を慎重に開け、取
り外します。
プラスチック・カバーの裏側に、ヒュ
ーズの配置図があります。
276
万一のときは
2. ヒューズ・リムーバAを使用して、ヒ
ューズを抜き取ります。
ヒューズの配置−ダッシュ・ボード左側のヒューズ・ボックス
No.
用途
容量(A)
1
プラグ・ソケット(フロント中央、センター・コンソール・リ
ア左右)
20
2
補助ヒータ、リモート・スタート・レシーバ、残熱ヒータ*
5
3
プラグ・ソケット(助手席足元)
20
4
補助ヒータ*
20
プラグ・ソケット(ラゲッジ・コンパートメント)
20
ダイアグノーシス・ソケット、レイン・センサ
5
8
ウィンドウ・スクリーン・ワイパ・モータ
30
9
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(ウォッ
シャ・フルード・ポンプ)
15
10
パワー・ウィンドウ/セントラル・ロッキング・システム(左
リア・ドア)
30
14
パワー・ウィンドウ/セントラル・ロッキング・システム(左
フロント・ドア)
30
15
リア・ランプ(右側)
15
16
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(ホーン)
20
17
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(左側方
向指示灯、左側ヘッドランプ・ロー・ビーム、右側車幅灯)
30
ヘッドランプ・ウォッシャ・システム
25
19
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(室内灯)
5
20
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(インス
トルメント照明、左側フォグランプ、左側ヘッドランプ補助ハ
イ・ビーム)
30
22
リア・ディファレンシャル・ロック、オートマチック・リア・
リッド
30
5
7
18
容量(A)
用途
No.
23
トランスバース・ロック
10
24
タイヤ空気圧モニタリング・システム
5
26
エンジン・コントロール・ユニット(エンジン・マネージメン
ト)
、ラジエータ・ファン、エアバッグ、メータ・パネル、ナビ
ゲーション・システム(日本仕様)
10
33
ステアリング・コラム・モジュール
15
34
室内モニター、傾斜センサ*
5
35
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(右側フォ
グランプ、右側ヘッドランプ補助ハイ・ビーム、ルーム・ランプ)
30
36
電動シート・コントロール・ユニット(左側)
30
39
リア・ウィンドウ・ヒータ・リレー(コントロール)
5
40
メータ・パネル、ダイアグノーシス
5
41
KESSYコントロール・ユニット(ステアリング・コラム・ロック、
イグニッション・ロック、ポルシェ・エントリー&ドライブ)
15
42
スライディング/チルティング・ルーフまたはパノラマ・
ルーフ・システム
30
43
サブ・ウーファー
30
44
電動シート調節(左側)
30
45
リア・シート・ヒータ
25
47
リア・ディファレンシャル・ロック
10
49
サーボトロニック
5
51
エア・クオリティ・センサ、ダイアグノーシス・ソケット、
パーキング・ブレーキ
5
*日本仕様に設定はありません。
万一のときは
277
用途
No.
容量(A)
No.
57
52
リア・ワイパ
15
53
エレクトリカル・システム&リア・エンド・コントロール・ユニ
ット、
(ロー・ビーム・ヘッドランプ・スイッチ、ステアリン
グ・コラム・モジュール)
5
54
ヘッドランプ光軸調整、左側キセノン・ヘッドランプ
10
56
ファン、フロント・エアコン・システム
40
注記
この一覧表に掲載されていないヒューズNo.は未使用です。
278
万一のときは
用途
レベリング・システム・コンプレッサ
RES1 スペア・ヒューズ1
RES2 スペア・ヒューズ2
容量(A)
40
ヒューズの配置−ダッシュ・ボード右側のヒューズ・ボックス
No.
用途
容量(A)
No.
容量(A)
用途
1
トレーラ・カップリング
15
22
フロント・シート・ヒータ
25
2
パーキング・アシスタント
5
23
エアコン
10
3
トレーラ・カップリング
15
24
30
5
トレーラ・カップリング
15
電動シート・コントロール・ユニット/シート・メモリー(右
フロント)
エアコン2+2、リア
5
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント(PSM)
30
25
6
トランスファ・ボックス(センター・ディファレンシャル・
ロック)
、携帯電話コネクタ
レベリング・システム、ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)
15
5
27
7
エレクトリカル・システム・コントロール・ユニット、
(右側方
向指示灯、右側ヘッドランプ・ロー・ビーム、左側車幅灯)
ティプトロニック・コントロール・ユニット、ティプトロニッ
ク・セレクタ・レバー・スイッチ
5
30
29
8
9
ナビゲーション・システム(中国仕様)*
5
10
TVチューナ、リア・シート・エンターテインメント
10
11
ラジオまたはポルシェ・コミュニケーション・マネージメント・
システム(PCM)*、ナビゲーション・システム(日本仕様)
10
12
サウンド・パッケージ・アンプ、BOSEサウンド・システム
30
14
リア・ランプ(左側)
15
15
パワー・ウィンドウ/セントラル・ロッキング・システム
(右リア・ドア)
30
18
リア・ウィンドウ・ヒータ・リレー(ロード)
30
19
トレーラ・カップリング、トレーラ・ソケット接続ポイント
25
21
スペア・タイヤ・ブラケット・リリース・リレー(ロード)*、
警報システム・ホーン
10
*日本仕様に設定はありません。
30
リア・リッド・パワー・クロージング・メカニズム・リレー
(コントロールおよびロード)
20
31
燃料フィラー・フラップ、リア・エンド・コントロール・ユニッ
ト(モータ)
15
34
パワー・ウィンドウ/セントラル・ロッキング・システム(右
フロント・ドア)
30
35
電動シート・コントロール・ユニット(右側)
30
36
ルーフ・コンソール、コンパス
5
38
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント(PSM)
10
39
ダイアグノーシス
5
40
トランスファ・ボックス(センター・ディファレンシャル・ロッ
ク)
10
41
トレーラ・カップリング・コントロール・ユニット
10
42
ルーフ・モジュール
5
万一のときは
279
No.
用途
容量(A)
43
後退灯
5
44
ウォッシャ・ノズル・ヒータ、シャシー・スイッチ、シート・
ヒータ・ポテンショメータ、ポルシェ・ダイナミック・シャ
シー・コントロール・システム(PDCC)
5
46
リア・シート・エンターテインメント
48
レベリング・システム
49
自動防眩ルーム・ミラー、サイドビュー・モニター(日本仕様)
50
右側キセノン・ヘッドランプ
No.
用途
51
ティプトロニック・トランスミッション・コントロール・
ユニット
15
52
ティプトロニック・セレクタ・レバー・スイッチ、トランスミッ
ション・ワイヤリング
5
5
55
バック・カメラ・コントロール・ユニット*
5
10
56
ポルシェ・スタビリティ・マネージメント(PSM)
40
5
57
トランスファ・ボックス・コントロール・ユニット
40
10
注記
この一覧表に掲載されていないヒューズNo.は未使用です。
*日本仕様に設定はありません。
280
万一のときは
容量(A)
ヒューズの配置―エンジン・ルームのヒューズ・ボックス
No.
用途
容量(A)
1
ファン
60
2
ファン
30
7
イグニッション・コイル
15
8
タンク・ベンチレーション・バルブ、エアコン・コンプレッサ、エアコン・コントロール・ユニット、
15
ブースト圧コントロール・バルブ、クランクケース・ベンチレーション
9
フューエル・バルブ、カムシャフト・アジャスタ、バルブ・リフト・アジャスタ
15
10
クーリング・エア・アウトプット・ステージ、エアコン圧力センサ、タンク漏れダイアグノーシス、オイル・レベル・センサ
10
11
エンジン・コントロール・ユニット、フューエル・バルブ
15
12
クーラント・アフターラン・ポンプ
10
13
フューエル・ポンプ(右側)
15
14
フューエル・ポンプ(左側)
15
15
エンジン・コントロール・ユニット、メイン・リレー
10
17
酸素センサ(触媒コンバータ上流側)
15
18
酸素センサ(触媒コンバータ下流側)
7.5
注記
ダッシュ・ボードのヒューズ・ボックスに収納されているヒューズ・リムーバを使用してヒューズを抜き取ります。
この一覧表に掲載されていないヒューズNo.は未使用です。
ヒューズの配置について:
「エンジン・ルームのヒューズ・ボックスとヒューズの配置」
(275ページ)を参照してください。
万一のときは
281
バッテリ
危 険
爆発や怪我をする恐れがあります。オルタ
ネータおよび電子制御コントロール・ユニ
ットがショートまたは損傷する恐れがあり
ます。
バッテリの取り外しと取り付け作業は、
整備工場で実施してください。
バッテリは、左側フロント・シート下のバ
ッテリ・ボックスにあります。
バッテリ取り扱い上の注意
作業前に取扱説明事項をお読みく
ださい。
保護眼鏡を必ず着用してくださ
い。
お子様を絶対に近付けないでくだ
さい。
爆発の危険があります。
バッテリ充電中は、引火・爆発性
が高いガスが発生します。
警 告
電気回路がショートしたり、火災になる恐
れがあります。
電気系統の作業を行うときは、バッテ
リ・マイナス(−)ケーブルの端子を
事前に外してください。
工具や電気を通すアクセサリー(指輪、
ブレスレット、時計など)が、車の電
装品と接触しないように注意してくだ
さい。電気回路がショートする恐れが
あります。
爆発の危険があります。
乾いた布でバッテリを拭かないでくだ
さい。
バッテリに触れる前に、車の金属部分
などに触れて身体の静電気を取り除い
てください。
282
万一のときは
火気の使用や火花の発生は厳禁
で、禁煙です。
車の電気配線や電装品を取り扱う
ときは、火花を発生したり、ショ
ートさせないでください。
ガス抜きホースが付いたバッテリ
は、ホース出口から高濃度の電解
質ガスが放出されます。ホースに
捩れや詰まりがないようにしてく
ださい。
酸による火傷の危険があります。
バッテリ液には極めて強い腐食性
があります。保護手袋と保護眼鏡
を必ず着用してください。
ガス抜き穴からバッテリ液が漏れ
る恐れがあるので、バッテリを傾
けないでください。
応急処置
バッテリ液が目に入った場合は、
直ちにきれいな水で数分間洗い流
し、医者の診察を受けてください。
皮膚や衣服に付着した場合は、直
ちに石鹸水で中和し、多量の水で
洗い流してください。
万一、バッテリ液を飲み込んだ場
合は、直ちに医者の診察を受けて
ください。
廃棄
古いバッテリは、適切な方法で廃
棄してください。
古いバッテリを一般ゴミとして廃
棄しないでください。
バッテリの充電状態
知識
冬季のバッテリの取り扱い
バッテリの充電状態を良好に維持すること
で、エンジン始動不良を回避でき、バッテ
リの寿命を延ばすことにもつながります。
道路交通量の増加、法定速度制限、車外騒
音やエキゾースト・エミッションに関する
規制、燃費効率の要求などによって、日常
的に使用するエンジン回転数(つまりオル
タネータの発電量)が低下しています。
しかし一方で、車の電装品は著しく増加し、
これに伴って電力消費量も大幅に増えてい
ます。
特に外気温度が低くなる冬季や、短距離で
の運転が多い車両は、バッテリを定期的に
充電する必要があります。
外気温度が低下すると、バッテリの効率が
低下します。またリア・ウィンドウ・ヒー
タ、ヒータ、ランプ類、フロント・ワイパ
ーなどの使用頻度が増えるので、外気温度
が高いときに比べて大きなバッテリ電力が
必要になります。
冬季になる前に、バッテリの充電状態
を点検してください。
バッテリのお手入れ
バッテリの表面と端子は、常にきれい
で乾いた状態にしてください。
バッテリ・セル・プラグをしっかりと
閉め、バッテリ端子を確実に接続して
ください。
バッテリ液量の点検
不意のバッテリあがりを回避するため、 (ロー・メンテナンス・バッテリのみ)
下記に注意してください:
外気温度が高くなる夏季は、より頻繁にバ
市街地での低速走行や短距離移動、交
ッテリ液量を点検してください。
通渋滞の中では、必要最低限の電装品
バッテリ液を補充するときは、きれい
だけを使用してください。
な容器だけを使用し、アルコール成分
車を離れるときは、必ずイグニッショ
(ウィンドウ・クリーナなど)をバッテ
ン・キーを抜いてください。ポルシ
リに混入させないでください。
ェ・エントリー&ドライブ装備車はイ
すべてのセル・プラグを緩めます。
グニッションをOFFにしてください。
水平な場所に停車し、各バッテリ・セ
エンジンがかかっていないときは、ポ
ルの電解液の液面が規定のマーク高さ
ルシェ・コミュニケーション・マネー
にあるか点検してください。液量のマ
ジメント・システム(PCM)を使用し
ークは、バッテリ・ケースに線または
ないでください。*
突起で示されており、セル・プラグの
バッテリがあがったときの充電につい
開口部から目視できます。
ては:
バッテリ液を補充する場合は、蒸留水
「バッテリの充電」(287ページ)を参
だけを入れてください。決して希硫酸
照してください。
を加えないでください。バッテリ液を
規定量以上に注入しないでください。
知識
バッテリの凍結を防止するため、常に完全
充電の状態を保ってください。
充電量が不足していると、−10℃でも凍結
することがあります。完全に充電されてい
れば、−40℃まで凍結しません。
*日本仕様に設定はありません。
万一のときは
283
車を長期保管するとき
車庫や整備工場などで長期保管するとき
は、ドア、エンジン・フード、トランク・
リッドを確実に閉めてください。
イグニッション・キーを抜き、必要に
応じてバッテリ端子のケーブルを外し
てください。
知識
バッテリ端子のケーブルを外している
と、警報システムが作動しません。
バッテリ端子のケーブルを外すときに
車がロックされていると、ケーブルを
再接続したときに警報システムが作動
します。
警報システムが作動したときは、いっ
たん車をロックし、再度ロックを解除
してください。
警報システム、セントラル・ロッキング
バッテリ端子のケーブルを外しても、
警報システムやセントラル・ロッキン
グの作動状態は切り替わりません。
知識
車を使わないで保管している間も、バッテ
リは常に放電しています。
バッテリの充電状態を良好に維持する
ため、約6週間ごとにバッテリを充電し
てください。
このときバッテリ液量も点検し、不足
しているときは蒸留水を補充してくだ
さい。
284
万一のときは
車から取り外したバッテリは、湿度が
低く通気性が良い冷暗所に保管してく
ださい。
バッテリの交換
バッテリは年月の経過とともに消耗しま
す。バッテリの寿命は、お手入れの状態、
気候、走行条件(距離や負荷)により大き
く差が生じます。バッテリ・ケースに表示
された規格・仕様だけでは、そのバッテリ
がポルシェ社の要求する基準を満たしてい
るか判りません。
ポルシェ社の仕様に適合するバッテリ
だけを使用してください。ポルシェ純
正バッテリの使用を推奨します。
使用済みバッテリを廃棄処分するとき
は、定められたルールに従ってくださ
い。
長期保管後の車の作動復帰
バッテリ端子のケーブルを接続したとき
や、完全にあがったバッテリを充電したと
きは、インストルメント・パネルのPSM警
告灯が点灯し、マルチ・ファンクション・
ディスプレイに警告メッセージが表示され
ます。この場合、以下の手順で対処してく
ださい。
1. エンジンを始動します。
イグニッション・キーまたはコントロー
ル・ユニット(ポルシェ・エントリー&
ドライブ装備車)を、イグニッション・
ロックの2の位置に2度回します。
2. 停車状態でステアリング・ホイールを
左右に数回動かします。次に、PSM警
告灯が消灯してマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイの警告メッセージが
消去されるまで、直進で短距離走行し
ます。
3. 警告灯と警告メッセージが消えない場
合は、最寄りのポルシェ正規販売店ま
で慎重に運転し、故障を修理してくだ
さい。
4. 警告灯と警告メッセージが消えた場合
は、安全な場所に停車します。
5. パワー・ウィンドウの停止位置を記憶
させます。
「バッテリ接続後のドア・ウィンドウ
停止位置の記憶」
(76ページ)を参照し
てください。
6. タイヤ空気圧モニタリング・システム
にタイヤを記憶させます。
「タイヤ空気圧モニタリング・システ
ムの設定」(116ページ)を参照してく
ださい。
7. 電動格納式トレーラー・ヒッチ(装備
車)*の最終位置を記憶させます。
「トレーラー・ヒッチの固定位置の記
憶」
(213ページ)を参照してください。
8. パノラマ・ルーフ・システム(装備車)
の停止位置を記憶させます。
「パノラマ・ルーフ・システムの停止
位置の記憶」
(85ページ)を参照してく
ださい。
*日本仕様に設定はありません。
電池の交換
1. 先端の細いスクリュー・ドライバーで
キー・ハウジング背面のカバーを開け
ます。
2. 新しい電池に交換します。プラス(+)
、
マイナス(−)の向きを間違えないで
ください。
3. カバーをしっかりと取り付けます。
補助ヒータのリモート・コントロール*
リモート・コントロールの電波が届く距離
が短くなったときや、LEDがオレンジ色に
点灯した場合は、電池を交換してください。
リモート・コントロールの電池交換
知識
電池を廃棄処分するときは、定められ
たルールに従ってください。
車両キー
リモート・コントロールの電池が弱まる
と、メータ・パネルのマルチ・ファンクシ
ョン・ディスプレイに警告が表示されま
す。すみやかに電池を交換してください。
電池の交換
1. カバーAを矢印の方向に引きます。
2. 電池を取り外します。
3. 新品の電池に交換します。プラス(+)
、
マイナス(−)の向きを間違えないで
ください。
リモート・コントロールには2個の12V
電池を使用します。
4. カバーAを閉じます。
*日本仕様に設定はありません。
万一のときは
285
ジャンパー・ケーブルによるエン
ジンの始動
バッテリがあがって自力でエンジンを始動
できないときは、他車のバッテリとジャン
パー・ケーブルを使用してエンジンを始動
することができます。
ジャンパー・ケーブルを使用してこの車の
エンジンを始動するときは、他車のバッテ
リが12V仕様で、この車のバッテリよりも
容量(アンペア・アワー:Ah)が大きいこ
とを確認してください。
また、この車のバッテリ(あがっているバ
ッテリ)のケーブルは接続したままにして
ください。
警 告
ショートして怪我や損傷する危険がありま
す。
ジャンパー・ケーブルはエンジン始動
用の製品を使用し、バッテリ容量に対
して十分な断面積があることを確認し
てください。また、端子接続部のクリ
ップが完全に絶縁体で覆われているも
のを使用してください。ジャンパー・
ケーブルのメーカーが定めた取り扱い
方法を遵守してください。
ジャンパー・ケーブルがエンジンの回
転部品に巻き込まれない位置にケーブ
ルを通してください。
この車と他車の金属部分(ボディ)を接
触させないでください。接触していると、
ジャンパー・ケーブルのプラス(+)端
子を接続した瞬間に電流が流れ、電気回
路がショートする恐れがあります。
電気を通すアクセサリー(指輪、ブレ
スレット、時計など)が、車の電装品
と接触しないように注意してください。
バッテリから漏れたバッテリ液で火傷す
る恐れがあります。
バッテリを傾けないでください。
爆発の危険があります。
バッテリの近くは火気厳禁です。火花
を発生させたり、喫煙しないでくださ
い。
ジャンパー・ケーブルを接続する前に、
バッテリが凍結していないことを確認
してください。
286
万一のときは
ジャンパー・ケーブルによるエンジンの
始動
必ず以下の手順に従ってください:
1. カバーAを取り外します。
2. ジャンパー・ケーブル接続用のプラス
(+)端子カバーを開きます。
3. ジャンパー・ケーブル接続用のプラス
(+)端子に、プラス(+)ケーブルを
接続します。次に、プラス(+)ケー
ブルの反対側を他車のバッテリ・プラ
ス(+)端子に接続します。
+ = ジャンパー・ケーブル接続用のプラス(+)
端子
− = ジャンパー・ケーブル接続用のマイナス(−)
端子
4. 他車のバッテリ・マイナス(−)端子
に、マイナス(−)ケーブルを接続し
ます。次に、マイナス(−)ケーブル
の反対側をこの車のジャンパー・ケー
ブル接続用のマイナス(−)端子に接
続します。
5. 他車のエンジンを始動し、高回転を維
持します。
6. エンジンを始動します。
ジャンパー・ケーブルを使用してエン
ジンを始動するときは、スタータを15
秒以上作動させないでください。始動
に失敗したときは、1分以上待ってから
再始動します。
7. エンジン始動後、ジャンパー・ケーブ
ル接続用のマイナス(−)端子からケ
ーブルを外します。次に、他車のバッ
テリ・マイナス(−)端子からケーブ
ルを外します。
8. 他車のバッテリ・プラス(+)端子か
らケーブルを外します。次に、ジャン
パー・ケーブル接続用のプラス(+)
端子からケーブルを外します。
9. ジャンパー・ケーブル接続用のプラス
(+)端子カバーを閉めます。
バッテリの充電
ポルシェ社が推奨するバッテリ充電器につ
いては、ポルシェ正規販売店にお尋ねくだ
さい。
バッテリ充電器メーカーの取扱説明書
に従ってください。
十分に換気ができる場所でバッテリを
充電してください。
1. バッテリ液量を点検します(ロー・メ
ンテナンス・バッテリの場合)
。
2. バッテリ充電器のケーブルを、ジャン
パー・ケーブル接続用の端子に接続し
ます。
ケーブルを確実に接続した後、バッテ
リ充電器の電源プラグを差し込み、充
電器をONにしてください。
3. バッテリ充電器の電源をONにします。
4. バッテリの充電が完了したら、すみや
かに充電器の電源をOFFにして、充電
器を外してください。
5. バッテリ液量を点検します(ロー・メ
ンテナンス・バッテリの場合)
。
万一のときは
287
バッテリ充電後の処置
バッテリ端子のケーブルを接続したとき
や、完全にあがったバッテリを充電したと
きは、インストルメント・パネルのPSM警
告灯が点灯し、マルチ・ファンクション・
ディスプレイに警告メッセージが表示され
ます。この場合、以下の手順で対処してく
ださい。
1. エンジンを始動します。
イグニッション・キーまたはコントロー
ル・ユニット(ポルシェ・エントリー&
ドライブ装備車)を、イグニッション・
ロックの2の位置に2度回します。
2. 停車状態でステアリング・ホイールを
左右に数回動かします。次に、PSM警
告灯が消灯してマルチ・ファンクショ
ン・ディスプレイの警告メッセージが
消去されるまで、直進で短距離走行し
ます。
3. 警告灯と警告メッセージが消えない場
合は、最寄りのポルシェ正規販売店ま
で慎重に運転し、故障を修理してくだ
さい。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、
ポルシェ正規販売店での実施を推奨し
ます。十分なトレーニングを受けた経
験豊富なスタッフが、最新の技術情報
と専用工具や専用装置を駆使し、確か
な整備をお約束します。
4. 警告灯と警告メッセージが消えた場合
は、安全な場所に停車します。
5. パワー・ウィンドウの停止位置を記憶
させます。
「バッテリ接続後のドア・ウィンドウ
停止位置の記憶」
(76ページ)を参照し
てください。
6. タイヤ空気圧モニタリング・システム
にタイヤを記憶させます。
「タイヤ空気圧モニタリング・システ
ムの設定」(116ページ)を参照してく
ださい。
7. 電動格納式トレーラー・ヒッチ(装備
車)*の最終位置を記憶させます。
「トレーラー・ヒッチの固定位置の記
憶」
(213ページ)を参照してください。
8. パノラマ・ルーフ・システム(装備車)
の停止位置を記憶させます。
「パノラマ・ルーフ・システムの停止
位置の記憶」
(85ページ)を参照してく
ださい。
*日本仕様に設定はありません。
288
万一のときは
バルブの交換
警 告
ショートする恐れがあります。
バルブを交換するときは、必ず該当す
るランプ・スイッチをOFFにしてくだ
さい。
ヘッドランプには高電圧が作用するため、
感電する恐れがあります。
ヘッドランプとその周辺の作業を行う
ときは、感電しないように十分注意し
てください。
高出力バルブを使用すると、ランプ・ハウ
ジングが損傷する恐れがあります。
ポルシェ社が指定した規格のバルブだ
けを使用してください。
バルブに汚れやグリースを付着させな
いでください。
バルブ交換時は、バルブをきれいな布
かやわらかい紙でバルブを包み、素手
で触れないでください。
常にスペア・バルブを携帯してくださ
い。
ヘッドランプ
注 意
高温によりヘッドランプが損傷する恐れが
あります。
ヘッドランプにカバー(フィルム、ス
トーン・ガードなど)を装着しないで
ください。
知識
外気温度や湿度により、ヘッドランプの内
側が曇ることがあります。
ヘッドランプの通気性を確保するため
に、ランプ・ハウジングとボディのす
き間を塞がないでください。
ヘッドランプの取り外し
1. イグニッションをOFFにして、イグニ
ッション・キーを抜き取ります。
2. エンジン・フードを開けます。
3. エンジン・ルーム内のカバーAを矢印
の方向に押し下げ、取り外します。
B - ヘッドランプ・リリース
C - ソケット・レンチ
4. 工具セットからソケット・レンチCを
取り出します。
5. ソケット・レンチCをリリースBにはめ
込み、矢印の方向に回します。ヘッド
ランプ・ホルダのロックが外れます。
万一のときは
289
4. ソケット・レンチCを取り外し、工具
セットに収納します。
5. カバーAを取り付け、矢印の方向に押
してはめ込みます。
6. エンジン・フードを閉めます。
6. ヘッドランプを約10cm前方に引き出し
ます。
7. コネクタDのリリース・タブを後方に
引き、ヘッドランプからコネクタを取
り外します。
8. ヘッドランプを取り外します。
290
万一のときは
A - カバー
C - ソケット・レンチ
D - コネクタ
ヘッドランプの取り付け
1. ヘッドランプをガイド・レールに差し
込み、コネクタDを接続します。次に、
ヘッドランプを元の位置に押し込みま
す。
2. ヘッドランプをボディに押し付けなが
ら、ソケット・レンチCを矢印の方向
に回します。
カチッという音がして、ヘッドランプ
のロックがかかります。
3. ヘッドランプがしっかりと取り付けら
れていることを確認します。
バイキセノン・ヘッドランプとコーナリ
ング・ランプのバルブ交換
ロー・ビーム/ハイ・ビーム/ダイナミ
ック・コーナリング・ランプのキセノ
ン・バルブ交換
1. ヘッドランプを取り外します。
ヘッドランプの取り外しについては:
「ヘッドランプの取り外し」(289ペー
ジ)を参照してください。
2. 両方のタブAを押し下げ、カバーを取
り外します。
3. キセノン・バルブを反時計方向に回し
て取り外します。
4. コネクタのリリース・タブを押して、
コネクタを抜き取ります。
5. 新しいキセノン・バルブにコネクタを
接続します。
6. キセノン・バルブを差し込み、時計方
向に回して固定します。
バルブが正しい位置に取り付けられて
いることを確認します。
7. ヘッドランプにカバーを取り付けます。
両方のタブが確実に固定されているこ
とを確認します。
8. ヘッドランプを取り付けます。
ヘッドランプの取り付けについては:
「ヘッドランプの取り付け」(290ペー
ジ)を参照してください。
9. ランプの作動を確認します。
万一のときは
291
補助ハイ・ビームのバルブ交換
1. ヘッドランプを取り外します。
ヘッドランプの取り外しについては:
「ヘッドランプの取り外し」(289ペー
ジ)を参照してください。
2. 両方のタブAを押し下げ、カバーを取
り外します。
292
万一のときは
3. バルブ・ソケットBを反時計方向に回
して取り外します。
4. バルブを交換します。
5. バルブ・ソケットを差し込み、時計方
向に回して固定します。
バルブが正しい位置に取り付けられて
いることを確認します。
6. ヘッドランプにカバーを取り付けます。
両方のタブが確実に固定されているこ
とを確認します。
7. ヘッドランプを取り付けます。
ヘッドランプの取り付けについては:
「ヘッドランプの取り付け」(290ペー
ジ)を参照してください。
8. ランプの作動を確認します。
固定式コーナリング・ランプのバルブ交換
1. ヘッドランプを取り外します。
ヘッドランプの取り外しについては:
「ヘッドランプの取り外し」(289ペー
ジ)を参照してください。
2. 両方のタブAを押し下げ、カバーを取
り外します。
3. バルブ・ソケットBを反時計方向に回
して取り外します。
4. コネクタの両方のリリース・タブを引
いて、バルブ・ソケットからコネクタ
を取り外します。
5. バルブを交換します。
バルブが正しい位置に取り付けられて
いることを確認します。
6. ヘッドランプにカバーを取り付けます。
両方のタブが確実に固定されているこ
とを確認します。
7. ヘッドランプを取り付けます。
ヘッドランプの取り付けについては:
「ヘッドランプの取り付け」(290ペー
ジ)を参照してください。
8. ランプの作動を確認します。
万一のときは
293
3. バルブを交換します(バヨネット・ロ
ック)
。
4. ソケットAを差し込み、時計方向に回
します。
バルブが正しい位置に取り付けられて
いることを確認します。
5. ランプの作動を確認します。
6. ヘッドランプを取り付けます。
ヘッドランプの取り付けについては:
「ヘッドランプの取り付け」(290ペー
ジ)を参照してください。
方向指示灯のバルブ交換
1. ヘッドランプを取り外します。
ヘッドランプの取り外しについては:
「ヘッドランプの取り外し」(289ペー
ジ)を参照してください。
2. ソケットAを反時計方向に回して取り
外します。
294
万一のときは
リア・ランプ
リア・ランプの取り外し
ボディ・デザインの関係上、リア・ランプ
の取り外しにはコツが必要です。
リア・ランプの取り外しが困難なときは、
ポルシェ正規販売店にご依頼ください。
ポルシェ車に関する全ての整備点検は、ポ
ルシェ正規販売店での実施を推奨します。
十分なトレーニングを受けた経験豊かなス
タッフが、最新の技術情報と専用工具や専
用装置を駆使し、確かな整備をお約束しま
す。
1. イグニッションをOFFにします。
2. リア・リッドを開きます。
3. スクリュー・ドライバーなどでキャッ
プA(2個)を取り外します。
4. 工具セットに収納しているソケット・
レンチを使用して、スクリューB(2個)
を取り外します。
万一のときは
295
5. ランプ・ユニットを横方向(矢印の方
向)に引き、ボール・ヘッドCをクリ
ップ・ナットEから外します。
6. ランプ・ユニットのケーブルを解放し
ます。次に、コネクタDのリリース
(矢印)を押し、コネクタを引き抜きま
す。
296
万一のときは
リア・ランプの取り付け
1. コネクタ Dを接続し、カチッという音
がするまで押し込みます。ランプ・ユ
ニットのケーブルを固定します。
2. ボール・ヘッドCをクリップ・ナットE
に差し込み、ランプ・ユニットをボデ
ィに取り付けます。
3. スクリューBを取り付けます。
スクリューを締め込むとき、ランプ・
ユニットとボディの面が平らになって
いることを確認します。
4. キャップAを押し込みます。
5. リア・リッドを閉めます。
リア・ランプのバルブ交換
1. リア・ランプを取り外します。
リア・ランプの取り外しについては:
「リア・ランプの取り外し」(295ペー
ジ)を参照してください。
2. 工具セットに収納しているプラス・ド
ライバーを使用して、スクリューDを
外します。
3. ランプ・ブラケットCを取り外します。
E - リヤ・フォグランプ
F - 方向指示灯
G - 後退灯
4. バルブを交換します(バヨネット・ロ
ック)
。
ランプ・ブラケットを差し込み、スク
リューを締め付けます。
5. リア・ランプを取り付けます。
リア・ランプの取り付けについては:
「リア・ランプの取り付け」(296ペー
ジ)を参照してください。
6. ランプの作動を確認します。
ライセンス・ランプ
ライセンス・ランプのバルブ交換
1. 両方のスクリューAを緩め、ランプを
取り外します。
2. バルブ・ホルダーを押して、ソケット
からバルブを引き抜きます。
3. バルブを交換します。
4. ランプを取り付け、両方のスクリュー
Aを均等に締め付けます。
万一のときは
297
ヘッドランプの調整
ヘッドランプの光軸(照射角度)の調整は、
専用装置がある整備工場だけで実施できま
す。
車が走行できる状態で、燃料タンクを満タ
ンにして調整します。
右側通行から左側通行への変更に
伴うヘッドランプの切り替え
車両通行帯(右側通行または左側通行)が
異なる国で走行するときは、対向車のドラ
イバーの幻惑を防ぐために、ヘッドランプ
の照射方向を切り替える必要があります。
ヘッドランプの照射方向を切り替えたとき
は、元に戻すことを忘れないでください。
ヘッドランプの照射方向の切り替え
1. ヘッドランプを取り外し、両方のタブ
Aを押し下げてカバーを取り外します。
「ヘッドランプの取り外し」
(289ページ)
を参照してください。
298
万一のときは
2. プラス・ドライバーを使用して、スピ
ンドルCを時計方向にいっぱいまで回
します。
3. ヘッドランプにカバーを取り付けます。
両方のタブAが確実に固定されている
ことを確認します。
4. ヘッドランプを取り付けます。
「ヘッド
ランプの取り付け」(290ページ)を参
照してください。
5. もう一方のヘッドランプも同様に切り
替えます。
バルブ・リスト
エクステリア・ランプ
キセノン・ヘッドランプ、
ロー・ビーム/ハイ・ビーム
方向指示灯(フロント)
方向指示灯(リア)
コーナリング・ランプ
ライセンス・ランプ
フォグランプ
リア・フォグランプ
後退灯
補助ハイ・ビーム
タイプ、容量
D1S
PY21W
P21W
H11
C5W
H11
P21W
P21W
H7
インテリア・ランプ
室内灯(フロント)
読書灯
ラゲッジ・コンパートメント・ランプ
フットウェル・ランプ
グローブ・ボックス・ランプ
センター・コンソール・ランプ
ドア照明
ドア非常灯
リア・リッド照明
ガード・ランプ(リア・リッド)
タイプ、容量
W5W
W5W
K12V10W
W3W
W3W
W3W
W3W
W3W
W5W
W5W
万一のときは
299
けん引とけん引によるエンジンの
始動
知識
けん引およびけん引によるエンジンの
始動を行うときは、法規等を遵守して
ください。
車をけん引するときは十分注意してく
ださい。
走り出す前に、けん引する車とけん引
される車のドライバーが、通常とは異
なる運転特性をしっかりと理解してお
くことが大切です。
イグニッションをONにしてハザード・
ランプを点滅させているときに、方向
指示灯を作動させると、方向指示灯だ
けが点滅します。この状態で方向指示
灯を停止すると、ハザード・ランプの
点滅に戻ります。
けん引ロープ
けん引ロープの規格と取り扱い方法は、
製品メーカーの取扱説明書を参照して
ください。
製品メーカーが指示する注意事項と取
り扱い方法に従ってください。
けん引ロープの定格荷重を遵守してく
ださい。ロープの許容荷重が、けん引
される車の重量よりも大きいことを確
認してください。製品メーカーが指定
するけん引ロープの定格荷重を超えて
はなりません。
300
万一のときは
ブレーキ・システムが故障した車をけ
ん引しないでください。
けん引による走行中はロープがたるま
ないように注意し、急な衝撃をロープ
にかけないでください。
けん引バー
けん引バーの規格と取り扱い方法は、
製品メーカーの取扱説明書を参照して
ください。
製品メーカーが指示する注意事項と取
り扱い方法に従ってください。
けん引バーの定格荷重を遵守してくだ
さい。バーの許容荷重が、けん引され
る車の重量よりも大きいことを確認し
てください。製品メーカーが指定する
けん引バーの定格荷重を超えてはなり
ません。
けん引バーを斜め方向に取り付けない
でください。
ブレーキ・システムが故障した車をけ
ん引しないでください。
けん引または押しがけによるエンジンの
始動
バッテリがあがったときや、バッテリに不
具合があるときは、ジャンパー・ケーブル
を使用してエンジンを始動するか、または
バッテリを交換してください。それ以外の
方法でエンジンを始動しないでください。
バッテリについては:
「バッテリ」(282ページ)を参照して
ください。
ジャンパー・ケーブルによるエンジン
の始動については:
「ジャンパー・ケーブルによるエンジ
ンの始動」(286ページ)を参照してく
ださい。
ティプトロニック装備車は、けん引ま
たは押しがけによるエンジンの始動が
できません。
不適切な方法でエンジンを始動すると、
トランスミッションに深刻な損傷が発
生する恐れがあります。
けん引
他車をけん引するときは、この車よりも重
量が小さいことを確認してください。自車
よりも重い車をけん引しないでください。
警 告
エンジンがかかっていないとパワー・アシ
スト機能が作用しないため、ブレーキやス
テアリングの操作にいつもより大きな力が
必要です。このことを理解していないと、
事故を起こす恐れがあります。
車をけん引するときは十分注意してく
ださい。
エンジンがかかっていないと、トランスミ
ッション・オイルが循環しないため、トラ
ンスミッションが損傷する恐れがありま
す。トランスミッションの損傷を回避する
ため、以下の点に注意してください:
ティプトロニック・セレクタ・レバー
を“N”の位置にしてください。
電気回路に不具合があると、ティプト
ロニック・セレクタ・レバーを動かす
ことができません。この場合は、緊急
操作でレバーを“P”の位置から動かす
ことができます。
「セレクタ・レバーの
緊急解除」(155ページ)を参照してく
ださい。
けん引時は、4輪すべてを常に接地させ
てください。
ブレーキ・ランプや方向指示灯が作動
し、ステアリング・ロックがかからな
いようにするため、イグニッションを
ONにしてください。
けん引中は、50km/h以下で走行してく
ださい。
また、走行距離を50km以下にしてくだ
さい。
これ以上の距離をけん引する場合は、積
載車などを使用して運搬してください。
フロントまたはリア・アクスルを持ち上
げてのけん引
エンジンがかかっていないと、トランスミ
ッション・オイルが循環しないため、トラ
ンスミッションが損傷する恐れがありま
す。トランスミッションの損傷を回避する
ため、以下の点に注意してください:
原則として、フロントまたはリア・ア
クスルだけを持ち上げた状態でのけん
引を禁止します。
やむを得ず、片側のアクスルだけを持
ち上げてけん引するときは、接地して
いるアクスルのドライブシャフト(カ
ルダン・シャフト)を取り外してくだ
さい。
ティプトロニック・セレクタ・レバー
を“N”の位置にしてください。
イグニッションをOFFにしてください。
イグニッション・ロックにキーを差し
込んだままにして、ステアリング・ロ
ックの作動を防止します。ポルシェ・
エントリー&ドライブ装備車は、コン
トロール・ユニットをイグニッショ
ン・ロックから取り外してキーを差し
込んでください。
「コントロール・ユニ
ットのイグニッション・ロックからの
抜き取り」(141ページ)を参照してく
ださい。
けん引中であることが周囲に目立つよ
うにしてください。
けん引中は、50km/h以下で走行してく
ださい。
また、走行距離を50km以下にしてくだ
さい。
これ以上の距離をけん引する場合は、
積載車などを使用して運搬してくださ
い。
雪や砂などで立ち往生した車の救援
立ち往生した車を救出するときは十分に注
意してください。
車の装備仕様により、スペア・タイヤ収納
部に1個または2個のけん引フックを収納し
ています。
立ち往生した車を救出するときは、で
きる限り2個のけん引フックを使用して
ください。
けん引フックは、フロントまたはリア
のどちらか一方に取り付けてください。
車を急に引っ張ったり、角度を付けて
斜め方向に引かないでください。
可能な限り、立ち往生した車が進入し
たタイヤの軌跡に沿って、元の方向に
引き出してください。
トレーラー車両を連結した状態でけん
引しないでください。
万一のときは
301
けん引フック
車の装備仕様により、スペア・タイヤ収納
部に1個または2個のけん引フックを収納し
ています。
車体後部への取り付け
1. スクリュー・ドライバーを使用して、
リア・バンパーのけん引フック取り付
け部を覆っているプラスチック・カバ
ーAを慎重に取り外します。このカバ
ーにはストラップが付いていますので、
ぶら下げた状態にします。
302
万一のときは
2. けん引フックBを手でいっぱいに締め
込みます。このフックはネジの方向が
逆になっており、反時計方向に回すと
締め込むことができます。
車体前部への取り付け
1. スクリュー・ドライバーを使用して、
フロント・バンパーのけん引フック取
り付け部を覆っているプラスチック・
カバーAを慎重に取り外します。
2. けん引フックBを手でいっぱいに締め
込みます。このフックはネジの方向が
逆になっており、反時計方向に回すと
締め込むことができます。
フロントけん引フック取り付け部のプラ
スチック・カバーの取り付け
プラスチック・カバー上部のロッキン
グ・タブをバンパーにはめ込み、次に
カバー側面と下部のタブを均等に押し
込みます。
万一のときは
303
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
車両の識別データ.................................... 305
エンジン ................................................... 306
燃費........................................................... 306
タイヤ、ホイール、トレッド ................ 307
冷間時(20℃)のタイヤ空気圧............ 308
車両重量 ................................................... 309
地上高 ....................................................... 310
容量........................................................... 311
車両寸法 ................................................... 312
動力性能 ................................................... 313
304
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
車両の識別データ
車体番号(VIN)
ビークル・プレート*
スペア・パーツを注文するときや、車に関
するお問い合わせに際しては、必ず車体番
号をお知らせください。
この車に固有の車体番号は、ラゲッジ・コ
ンパートメント・フロア下の右側(工具セ
ットの奥)、およびフロント・ウィンドウ
枠の左下に刻印しています。
ビークル・プレートは、エンジン・ルーム
右側の隔壁にあります。
ビークル・データ・キャリア
この車の大切な情報が記載されているデー
タ・キャリアが、ラゲッジ・コンパートメ
ント・フロア下の左側にあります。
知識
このデータ・キャリアは、紛失や損傷して
も再発行ができません。
*日本仕様に設定はありません。
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
305
エンジン(メーカー発表値)
カイエン・ターボ
カイエン・ターボ・
ハイパフォーマンス・キット装着車*
カイエン・ターボS
エンジン・タイプ
V型、水冷式
V型、水冷式
V型、水冷式
シリンダ数
8
8
8
ボア
96mm
96mm
96mm
ストローク
83mm
83mm
総排気量
4,806cm
4,806cm
4,806cm3
最高出力(80/1269/EEC)
368kW(500HP)/6,000rpm
397kW(540HP)/6,000rpm
404kW(550HP)/6,000rpm
最大トルク(80/1269/EEC)
700Nm/2,250∼4,500rpm
750Nm/2,250∼4,500rpm
750Nm/2,250∼4,500rpm
エンジン・オイル消費量
最大1.5R/1,000km
最大1.5R/1,000km
最大1.5R/1,000km
許容最高回転数
6,700rpm
6,700rpm
6,700rpm
3
83mm
3
燃費(メーカー発表値)
80/1268/ECC基準に則って測定した数値です。
市街地走行
(R/100km)
自動車専用道走行
(R/100km)
平均
(R/100km)
CO2排出量(平均)
(g/km)
22.5
10.5
14.9
358
カイエン・ターボ
カイエン・ターボ・ハイパフォーマンス・キット装着車*
カイエン・ターボS
*日本仕様に設定はありません。
306
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
タイヤ、ホイール、トレッド
サマー・タイヤ
タイヤ
ホイール
フロント リア
リム・オフセット
フロント リア
275/45 R 19 108 Y XL2)
9J×19
60 mm
275/40 R 20 106 Y XL
ウィンター・タイヤ
トレッド
フロント
リア
1,641 mm
1,656 mm
9J×20
60 mm
1,641 mm
1,656 mm
★ 275/40 R 20 106 Y XL
9J×20/10J×20
60 mm/55 mm
1,641 mm
1,666 mm
★ 295/35 R 21 107 Y XL
10J×21
50 mm
1,661 mm
1,676 mm
★ 295/35 R 21 107 Y XL
10J×21
50 mm/45 mm
1,661 mm
1,686 mm
1) 2)
255/50 R 19 107 V XL
9J×19
60 mm
1,641mm
1,656mm
275/40 R 20 106 V XL1)
9J×20
60 mm
1,641 mm
1,656 mm
9J×20/10J×20
60 mm/55 mm
1,641 mm
1,666 mm
オール・シーズン・タイヤ
★ 275/40 R 20 106 V XL
275/45 R 19 108 V XL1) 2)
9J×19
60 mm
1,641 mm
1,656 mm
コラプシブル・スペア・タイヤ
195/65-19
6.5×19
43.5 mm
タイヤに記されているロード・インデックス(
「106」など)と速度記号(
「T」など)は、この車の性
能・仕様を超えるものをお選びください。新しいタイヤを装着するときや、タイヤを交換する場合は、
「タイヤとホイール」
(251ページ)を参照してください。
タイヤ/ホイール・サイズ
1)
スノー・チェーンとクリアランス
2)
ポルシェ・セラミック・
コンポジット・ブレーキ
★
ポルシェ社が指定するタイヤ/ホイール・サイズは、さまざまな条件の走行テストに基づいて決定したものです。
タイヤ/リム・サイズの適切なサイズについては、最寄りのポルシェ正規販売店までお気軽にお尋ねください。
ポルシェ社が承認したタイヤを装着することで、ポルシェ車に最適な走行性能が得られます。
20インチおよび21インチ・タイヤはオンロード走行を前提にしています。
1)のタイヤは、ポルシェ社指定のスノー・チェーン(部品番号955.044.600.13)を装着したときのクリアランス
だけが保証されています。さらに1)のタイヤは、リア・ホイールだけにスノー・チェーンを装着してください。
スノー・チェーンを装着したときは、50km/h以下で走行してください。
ポルシェ社が承認したファイン・リンク・クロス・チェーンまたはエッジ・チェーンだけを使用してください。
「スノー・チェーン」(254ページ)を参照してください。
2)のタイヤは20インチ・ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ装備車には装着できません。
ホイール・アーチ・エクステンション付き車のみ装着可能です。
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
307
冷間時(20℃)のタイヤ空気圧
ここに掲載したタイヤ空気圧は、ポルシェ社が承認したタイヤを装着したときだけ適用されます。
必ず「タイヤとホイール」
(251ページ)の指示に従ってください。
部分積載時
(乗員3名および21kgの荷物まで)
フロント
リア
2.6 bar (38 psi)
2.9 bar (43 psi)
3.5 bar (51 psi)
3.5 bar (51 psi)
フロント
リア
2.7 bar (39 psi)
3.4 bar (50 psi)
3.5 bar (51 psi)
3.5 bar (51 psi)
255/50R19
275/45R19
275/40R20
295/35R21
195/65-19 コラプシブル・タイヤ
全積載時
(乗員4名以上および21kg以上の荷物)
255/50R19
275/45R19
275/40R20
295/35R21
195/65-19 コラプシブル・タイヤ
タイヤ空気圧モニタリング・システム装備車は、インストルメント・パネルのマルチ・ファンクション・ディスプレイで車両重量を設
定してください。
「車の荷重とタイヤ空気圧の設定」
(119ページ)を参照してください。
知識
オール・シーズン/ウィンター・タイヤは「M+S」と表記しています。
308
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
車両重量(メーカー発表値)
空車重量
空車重量(規格より)
DIN70020規格
70/156/EEC規格
2,355∼2,665 kg
1)
2,430∼2,740 kg
最大軸荷重、フロント 2)
1,490 kg
最大軸荷重、リア 2)
1,700 kg
最大総重量 2)
3,080 kg
EU規格トレーラー
最大総重量
3,180 kg
最大軸荷重、フロント/リア
1,490 / 1,800 kg
ルーフ積載荷重
最大ルーフ積載荷重 3)
100 kg
ルーフ・レール装備車
75 kg
けん引重量(車両+トレーラーの重量)
最大けん引重量(トレーラー・ブレーキ装備車)(最大勾配12%)
3,500 kg
最大けん引重量(トレーラー・ブレーキ非装備車)
750 kg
最大車両重量+トレーラー重量
6,580 kg
垂直連結荷重
140 kg
1)
空車重量にはドライバー1名(75 kg)が含まれます。
2)
最大総重量および最大軸荷重を超えてはなりません。
注記: アクセサリなどを装備している場合は、その重さを加えた重量が、最大重量を超えてはなりません。
3)
ポルシェ・テクイップメント、またはポルシェ社がテストを実施して承認したルーフ・トランスポート・システムを使用した場合に
限ります。
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
309
地上高(メーカー発表値)
エア・サスペンション/ノーマル・レベル
ランプ・アングル
アプローチ・アングル
デパーチャー・アングル
最低地上高(アクスル中央部)
エア・サスペンション/ロー・レベル
ランプ・アングル
アプローチ・アングル
デパーチャー・アングル
最低地上高(アクスル中央部)
エア・サスペンション/ローディング・レベル
ランプ・アングル
アプローチ・アングル
デパーチャー・アングル
最低地上高(アクスル中央部)
エア・サスペンション/オフロード・レベル
ランプ・アングル
アプローチ・アングル
デパーチャー・アングル
最低地上高(アクスル中央部)
20.0°
28.5°
22.3°
215 mm
17.6°
27.3°
20.6°
191 mm
14.8°
21°
18.5°
161 mm
22.1°
30.2°
23.6°
241 mm
エア・サスペンション/スペシャル・オフロード・レベル
ランプ・アングル
24.7°
アプローチ・アングル
31.8°
デパーチャー・アングル
25.4°
最低地上高(アクスル中央部)
271 mm
310
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
容量
ポルシェ社指定のオイル、フルード、燃料だけを使用してください。詳しくはポルシェ正規販売店にお尋ねください。
エンジン・オイル
(交換時、オイル・フィルタを含まず)
エンジン・オイル
(交換時、オイル・フィルタを含む)
エンジン・クーラント1)
オートマチック・トランスミッション・フルード
(トルク・コンバータを含む)
トランスファ・ギヤ・オイル
フロント・ディファレンシャル・オイル
リア・ディファレンシャル・オイル
ロッキング・リア・ディファレンシャル・オイル
燃料タンク
燃料オクタン価
パワー・ステアリング・フルード
ブレーキ・フルード(ブレーキ液タンク)
ウォッシャ液タンク
(ヘッドランプ・クリーニング・システム付)
1)
約8.5リットル
約9.0リットル
規定のオイル量はオイル・レベル・ゲージで点検してください。
「オイル・レベルの点検」
(228ページ)を参照してください。
約18∼21リットル
約9.0リットル
約0.85リットル
約1.0リットル
約1.4リットル
約1.6リットル
約100リットル
(予備用約12リットルを含む)
この車のエンジンは、オクタン価が98RON/88MON以上の無鉛プレミアム・ガソリ
ンを使用したときに最大の出力と最高の燃費を引き出すように設計しています。
オクタン価が95RON/85MON以上の無鉛プレミアム・ガソリンも使用できますが、
この場合はエンジンのノック制御システムが自動的に点火時期を補正します。
約1.5リットル
(ハイドロリック・フルード・ペントシンCHF202)
約0.95リットル
ポルシェ社純正または同等品質のブレーキ液だけを使用してください。
約7.5リットル
車の装備仕様により異なります。
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
311
車両寸法
全長
4,810 mm
全幅
1,930 mm
ドア・ミラーを含む全幅
2,200 mm*
全高(DIN規格空車重量)/ノーマル・レベル
1,700 mm
ルーフ・レール装備車/ノーマル・レベル
1,735 mm*
ルーフ・トランスポート・システム装備車/ノーマル・レベル
1,784 mm*
リア・リッド・オープン時の全高(DIN規格空車重量)
2,211 mm*
全高(DIN規格空車重量)/スペシャル・オフロード・レベル
1,748 mm*
ルーフ・レール装備車/スペシャル・オフロード・レベル
1,789 mm*
ルーフ・トランスポート・システム装備車/スペシャル・オフロード・レベル
1,837 mm*
許容最大渡川能力/スペシャル・オフロード・レベル
555 mm*
ホイールベース
2,855 mm
オーバーハング、フロント
933 mm*
オーバーハング、リア
1,007 mm*
最小回転直径
11.7 m*
*メーカー発表値
312
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
動力性能(メーカー発表値)
DIN規定空車重量および最大200 kgの積載条件により計測しています。なお動力性能を損なう付加装置(特殊タイヤなど)は使用していません。
カイエン・ターボ
最高速度
0∼100 km/h発進加速
トレーラー車両けん引時の最高速度
275 km/h
5.1秒
カイエン・ターボ・
ハイパフォーマンス・キット装着車*
279 km/h
4.9秒
各国の法規制に準じる
カイエン・ターボS
280 km/h
4.8秒
*日本仕様に設定はありません。
タイヤ空気圧とテクニカル・データ
313
さく引
あ
アクセサリー・ソケット ………………274
新しいタイヤの慣らし運転 ……………139
新しいブレーキ・パッドの
慣らし運転 ………………………………139
アームレストの小物入れ(フロント)…198
アームレストの小物入れ(リア)………199
アルカンターラの清掃 …………………247
安全運転について ………………………138
アンダー・コーティングの修復 ………244
アンチ・スリップ・コントロール
(ASR) ……………………………………162
アンチロック・ブレーキ・システム
(ABS) ……………………………………167
オフロードABS(ロー・レンジ・
オフロード走行プログラムのABS)…168
機能 ……………………………………168
警告灯 …………………………………168
い
イグニッション・キーの緊急
ロック解除 ………………………………142
イグニッション・ロック ………………141
イージー・エントリー機能 ………………30
降車するとき ……………………………30
乗車するとき ……………………………30
314
さく引
ISOFIXシステム付きチャイルド・シートの
取り付け ……………………………………44
ISOFIX幼児用補助拘束装置………………43
イモビライザー
(キー内蔵型盗難防止装置) ……………225
インストルメント・クラスタ ……………6
う
ウインター・タイヤ ……………………254
ウィンドウ、スライディング/
チルティング・ルーフ ……………………73
ウィンドウの開閉 …………………………74
ウィンドウの清掃 ………………………244
ウィンドウのワンタッチ作動 ……………75
植え込み型除細動器 ……………………25a
植え込み型心臓ペースメーカー ………25a
ウェルカム・ホーム機能
(消灯遅延機能)………………………91、95
ウォッシャ液の補充………………233、311
容量 ……………………………………311
雨天時の自動点灯機能(オートマチック・
ドライビング・ランプ・アシスト) ……91
運転席シートの自動メモリー ……………29
運転席シート・メモリー …………………29
え
エア・クリーナの交換 …………………234
エアコン・コントロール・パネル
(2ゾーン・オート・エアコン) …………57
エアコン・コントロール・パネル
(4ゾーン・オート・エアコン) ……62、63
エアコン・コンプレッサに関する知識 …55
エアコン・システムの概要 ………………54
2ゾーン・オート・エアコン ……54、56
4ゾーン・オート・エアコン ……54、60
エアコン、補助ヒータ、リア・
ウィンドウ・ヒータ ………………………53
エア・サスペンション …………………170
オフロード・レベル …………………170
警告メッセージ ………………………172
車高の手動設定 ………………………171
ジャッキ・アップ時の注意点 ………172
スペシャル・オフロード・レベル …170
設定車高の表示 ………………………172
鉄道、カーフェリー、トランスポータに
よる車両の輸送 ………………………172
ノーマル・レベル ……………………170
レベリング・システムの解除 ………172
レベリング・システムの再作動 ……172
ローディング・レベル ………………171
ロー・レベル …………………………170
エア・デフレクター(パノラマ・ルーフ・
システム) …………………………………83
エアバッグ・カバーの清掃 ……………247
エアバッグ警告灯 …………………………38
エアバッグ・システム ……………………37
エアバッグの廃棄 ………………………38
機能 ………………………………………37
警告灯 ……………………………………38
助手席エアバッグOFF表示灯 ……38、42
PASSENGER AIRBAG
OFF表示灯 …………………………38、42
エア・ベント(吹き出し口) ……………66
ASR(アンチ・スリップ・
コントロール)……………………………162
ECONモード(エアコン) ………………55
ABS(アンチロック・ブレーキ・
システム)…………………………………167
オフロードABS(ロー・レンジ・
オフロード走行プログラムのABS)…168
機能 ……………………………………168
警告灯 …………………………………168
ABD(オートマチック・ブレーキ・
ディファレンシャル)……………………162
エミッション・コントロール …………107
エミッション・コントロール警告灯 …107
エミッション・コントロール・
システム …………………………………238
MSR(エンジン・ドラッグ・トルク・
コントロール)……………………………164
エンジン・オイル…………………228、311
エンジン・オイルの種類 ……………229
エンジン・オイルの補充 ……………229
オイル・フィラー・キャップ ………229
オイル容量(オイル・
フィルタを含まず)……………………311
オイル容量(オイル・
フィルタを含む)………………………311
オイル・レベル警告 …………………228
オイル・レベル・ゲージ ……………228
オイル・レベルの点検 ………………228
エンジン・オイルの種類 ………………229
エンジン・オイルの補充 ………………229
エンジン回転計 …………………………104
エンジン諸元 ……………………………306
エンジン水温警告 ………………………105
エンジン・ドラッグ・トルク・
コントロール(MSR)……………………164
エンジンの始動 …………………………143
エンジンの停止 …………………………143
エンジン・ブースト圧計 ………………105
エンジン・フードの開閉 …………………21
エンジン・ブレーキ・サポート
(下り坂走行アシスタント) ……………169
エンジン・ルームの清掃 ………………243
お
オイル消費量………………………139、306
オイル・レベルの点検 …………………228
応急処置セット …………………………249
お子様を乗せるとき ………………………39
ISOFIXシステム付きチャイルド・
シートの取り付け ………………………44
ISOFIX幼児用補助拘束装置……………43
助手席エアバッグの作動/非作動 ……42
推奨する幼児用補助拘束装置 …………40
PASSENGER AIRBAG
OFF表示灯 …………………………38、42
体重グループ0、0+のお子様 …………39
体重グループIのお子様…………………39
体重グループIIのお子様 ………………39
体重グループIIIのお子様 ………………39
お出かけの前に …………………………139
オートマチック・ドライビング・
ランプ・アシスト …………………………90
オートマチック・ブレーキ・
ディファレンシャル(ABD)……………162
オートマチック・モード
(オフロード走行プログラム) …………152
キックダウン …………………………153
ステアリング・ホイールでのギヤ・
シフト …………………………………152
オートマチック・モード
(オンロード走行プログラム) …………151
一時的なシフトダウン ………………152
キックダウン …………………………152
ステアリング・ホイールでのギヤ・
シフト …………………………………152
オートマチック・リア・リッド …………14
オドメータ ………………………………104
オート・モード(2ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………58
オート・モード(4ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………63
オート・ロック機能 ………………………19
オフロードABS …………………………168
さく引
315
オフロード走行 …………………………175
オフロード走行後 ……………………176
オフロード走行のルール ……………175
オフロード走行前 ……………………176
オフロード走行用のドライビング・
システム ………………………………176
下り坂走行 ……………………………178
砂上走行 ………………………………181
障害物の乗り越え方 …………………180
上り坂走行 ……………………………177
水たまりや浅瀬の走行 ………………179
わだちの走り方 ………………………181
オフロード走行プログラム ……………157
オフロード走行用のドライビング・
システム …………………………………176
オフロードPSM …………………………164
オフロード・レベル(レベリング・
システム)…………………………………170
オルタネータ ……………………………106
オン・ザ・カー・ホイール・
バランス …………………………………160
オンロード走行プログラム ……………157
か
外観図 ………………………………………4
コックピット ……………………………5
ステアリング・ホイールと
インストルメント・クラスタ …………6
センター・コンソール(フロント)……7
外気導入口(エアコン) …………………67
外部電源によるエンジンの始動 ………286
316
さく引
開閉操作とロック …………………………8
カーゴ・マネージメント・システム …187
加速する(クルーズ・コントロール)…148
ガソリンの種類……………………239、311
カップ・ホルダ …………………………200
カーテシ・ランプ ……………………91、95
カバー・フラップを開く(エアコン) …54
カーペットの清掃 ………………………246
ガレージ・ドア・オープナー …………219
可変コード式システムの同期 ………221
ガレージ・ドア・オープナー信号の
ボタンへの登録 ………………………220
ガレージ・ドア・
オープナーの操作 ……………………221
登録したすべての信号の消去 ………220
プログラム・ボタンへの登録 ………221
き
キーおよびセントラル・ロッキング・
システムの知識 ……………………………24
キーの交換 ………………………………24
キー・ブレードを収納する ……………24
キー・ブレードを取り出す ……………24
作動待機の解除 …………………………25
セントラル・ロッキング・システム …25
キックダウン
(ティプトロニックS)……………152、153
キーでウィンドウを開閉する ……………75
キー内蔵型盗難防止装置
(イモビライザー) ………………………225
キーによるロック ……………………10、12
キーによるロックの
解除…………………………10、11、13、18
キーの交換 …………………………………24
ギヤ・ポジション・インジケータ ……151
給油 ………………………………………239
燃料オクタン価…………………239、311
燃料タンク容量 ………………………311
燃料の品質………………………239、311
フィラー・フラップの手動ロック解除
(緊急解除) ……………………………240
許容最高回転数(エンジン)……………306
距離計 ……………………………………104
緊急解除―セレクタ・レバー …………155
緊急時の電動閉機能
(パノラマ・ルーフ・システム)…………85
緊急操作―イグニッション・
キーの抜き取り …………………………142
く
下り坂走行 ………………………………178
下り坂走行アシスタント ………………169
クーラント・リザーバ・タンク ………230
クーラント・レベル警告 ………………105
クーラント・レベルの
点検と補充…………………………230、311
容量 ……………………………………311
ラジエータ・ファン …………………231
クーリング・システム …………………105
クルーズ・コントロール ………………148
加速する ………………………………148
減速する ………………………………149
システムのON/OFF ……………148、149
システムの再開 ………………………149
システムの自動中断 …………………149
システムを中断する …………………149
速度を設定する ………………………148
クルーズ・コントロールOFF …………149
クルーズ・コントロールON ……………148
クルーズ・コントロールの再開 ………149
クルーズ・コントロールの自動中断 …149
クルーズ・コントロールを中断する …149
車のお手入れ………………………226、241
アルカンターラの清掃 ………………247
アンダー・コーティングの修復 ……244
ウィンドウの清掃 ……………………244
エアバッグ・カバーの清掃 …………247
エンジン・ルームの清掃 ……………243
カーペットの清掃 ……………………246
車の長期保管 …………………………247
高圧洗車装置 …………………………241
合金製ホイール ………………………245
自動洗車機 ……………………………242
シートベルトのお手入れ ……………247
シールの清掃 …………………………246
スチーム洗浄装置 ……………………241
ステンレス製テール・パイプ ………245
洗車 ……………………………………242
デコラティブ・フィルム ……………241
ドア・ロックの保護 …………………241
塗装の保護 ……………………………243
ファブリック・ライニングの清掃 …247
プラスチック部品の清掃 ……………245
フロア・マットの清掃 ………………246
ヘッドランプ、ランプ類の清掃 ……245
本革のお手入れ ………………………246
ワイパー・ブレードの清掃 …………244
車の開閉およびロックの設定変更
(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………126
アンサー・バックの設定 ……………126
オート・ロック解除
(AUTO UNLOCK)の設定……………127
オート・ロック
(AUTO LOCK)の設定 ………………127
ドア・ロック解除の設定 ……………126
リア・リッド・ロックの設定 ………127
車の技術的な仕様変更 …………………140
車の長期保管 ……………………………247
グローブ・ボックス ……………………198
け
警告灯および警告メッセージ一覧
(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………131
警告灯/表示灯 …………………………103
警告メッセージの表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………114
軽修理について …………………………249
携帯用燃料容器 …………………………238
警報システム ……………………………223
機能表示 ………………………………224
傾斜センサの手動解除 ………………223
警報が作動したときの解除 …………223
誤作動を防止するために ……………224
作動 ……………………………………223
作動解除 ………………………………223
室内モニタ・システムの手動解除 …223
警報システムと盗難防止 ………………222
警報システムをOFFにする ………………9
けん引 ……………………………………301
けん引フック …………………………302
けん引とけん引による
エンジンの始動 …………………………300
押しがけによるエンジンの始動 ……300
けん引バー ……………………………300
けん引ロープ …………………………300
フロントまたはリア・アクスルを
持ち上げてのけん引 …………………301
雪や砂などで立ち往生した
車の救援 ………………………………301
けん引能力 ………………………………205
減速する(クルーズ・
コントロール)……………………………149
こ
高圧洗車装置 ……………………………241
合金製ホイールの記号 …………………256
合金製ホイールの清掃 …………………245
工具セット…………………………249、257
工場出荷時の設定
(マルチ・ファンクション・ディスプレイ
の初期設定へのリセット)………………130
高速道路での自動点灯機能
(オートマチック・ドライビング・
ランプ・アシスト) ………………………91
さく引
317
コックピット ………………………………5
固定式ガラス・ルーフ
(パノラマ・ルーフ・システム)…………83
コラプシブル・スペア・タイヤ ………268
コンパスの表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………111
コンフォート・メモリー …………………28
コンフォート・ランプ ……………………94
明るさ調整 ………………………………95
コンプレッサー …………………………257
さ
最高出力(エンジン)……………………306
最大トルク(エンジン)…………………306
サイドビュー・カメラ ……………………47
サイドビュー・モニター …………………47
サイドビュー・モニター付き
ルーム・ミラー ……………………………47
砂上走行 …………………………………181
サングラス・ケース ……………………197
サンバイザ …………………………………52
サン・ブラインド
(リア・サイド・ウィンドウ)……………52
し
CO2排出量 ………………………………306
シガー・ライタ(フロント)……………203
シガー・ライタ(リア)…………………203
室内防塵用フィルタの交換 ……………234
318
さく引
室内モニタ・システムおよび傾斜センサの
停止(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………125
室内モニタ・システムをOFFにする ……9
シート ………………………………………27
イージー・エントリー機能 ……………30
シート位置 ………………………………27
シートの調節 ……………………………27
メモリー機能付きフロント・シート …28
メモリーのキャンセル …………………28
メモリーの自動呼び出し機能の
キャンセル ………………………………28
メモリーの呼び出し ……………………28
メモリーへの記憶(運転席) …………29
メモリーへの記憶(助手席) …………29
シート位置 …………………………………27
自動車電話 ………………………………144
自動洗車機 ………………………………242
自動速度制御装置(クルーズ・
コントロール)……………………………148
加速する ………………………………148
減速する ………………………………149
システムのON/OFF ……………148、149
システムの再開 ………………………149
システムの自動中断 …………………149
システムを中断する …………………149
速度を設定する ………………………148
自動内気循環(2ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………59
自動内気循環(4ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………65
シート下の引き出し ……………………200
シートの調節 ………………………………27
シート・ヒータ(フロント・シート) …32
シート・ヒータ(リア・シート) …32、33
シートベルト ………………………………34
警告灯および警告メッセージ …………34
シートベルト・プリテンショナー ……34
シートベルトの高さ調節
(手動調節)………………………………36
シートベルトの高さ調節
(電動調節)………………………………36
シートベルトの着用 ……………………35
シートベルトの外し方 …………………35
シートベルト警告灯 ………………………34
シートベルトのお手入れ ………………247
シートベルトの高さ調節(手動調節) …36
シートベルトの高さ調節(電動調節) …36
シートベルトの着用 ………………………35
シートベルトの外し方 ……………………35
シートベルト・プリテンショナー ………34
シート、ミラー、ステアリング・
ホイール ……………………………………26
シート・メモリーの自動呼び出し
機能のキャンセル …………………………28
シート・メモリーの
パーソナル・ボタン ………………………28
シート・メモリーの呼び出し ……………28
車外からの開閉とロック ……………9、10
警報システムをOFFにする ……………9
室内モニタ・システムをOFFにする …9
人や動物を車内に残したまま
ロックする ………………………………9
ロックする ………………………………9
ロックを解除する ………………………9
車高調整機能付きエア・
サスペンション …………………………170
オフロード・レベル …………………170
警告メッセージ ………………………172
車高の手動設定 ………………………171
ジャッキ・アップ時の注意点 ………172
スペシャル・オフロード・レベル …170
設定車高の表示 ………………………172
鉄道、カーフェリー、
トランスポータによる車両の輸送 …172
ノーマル・レベル ……………………170
レベリング・システムの解除 ………172
レベリング・システムの再作動 ……172
ローディング・レベル ………………171
ロー・レベル …………………………170
車高の手動設定
(レベリング・システム) ………………171
車高を上げる
(レベリング・システム) ………………171
車高を下げる
(レベリング・システム) ………………171
車体番号(VIN)…………………………305
ジャッキ …………………………………256
ジャッキ・アップ ……………………262
ジャッキ・アップ ………………………262
サイド・シル・カバー装備車の
ジャッキ・ポイント …………………264
ジャッキ・ポイント …………………263
ランニング・ボード装備車の
ジャッキ・ポイント …………………263
ジャッキ・アップ・モード
(レベリング・システム) ………………172
車内からドアを開く ………………………19
車内からドアをロックする ………………19
車幅灯 ………………………………………90
車両重量 …………………………………309
空車重量 ………………………………309
最大けん引重量 ………………………309
最大軸荷重 ……………………………309
最大総重量 ……………………………309
ルーフ積載荷重 ………………………309
車両寸法 …………………………………312
車両の識別データ ………………………305
ジャンパー・ケーブルによる
エンジンの始動 …………………………286
収納スペース ……………………………197
ジュニア・シート …………………………40
障害物の乗り越え方 ……………………180
消火器 ………………………………………32
消灯遅延機能(ウェルカム・
ホーム機能) …………………………91、95
消灯遅延機能の設定(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………129
初期設定への表示のリセット(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………130
助手席エアバッグOFF表示灯 ………38、42
助手席エアバッグの作動/非作動 ………42
助手席シート・メモリー …………………29
シールの清掃 ……………………………246
す
水温計 ……………………………………105
垂直連結荷重 ……………………………205
スキー・バッグ …………………………194
スチーム洗浄装置 ………………………241
ステアリング調節(電動調節) …………49
ステアリング・ロック……………141、225
ステアリング・ホイール ……………6、48
ステアリング調節(電動調節) ………49
ステアリング・ホイールの
照明ボタン ………………………………51
ステアリング・ホイール・ヒータ ……48
ティプトロニック・ロッカー・
スイッチ …………………………………48
ファンクション・ボタン ………………50
マルチ・ファンクション・
ステアリング ……………………………50
ステアリング・ホイールの照明ボタン …51
ステアリング・ホイール・ヒータ ………48
ステンレス製テール・パイプの清掃 …245
ストラップ・リール ……………………187
スノー・チェーン…………………254、307
スピードメータ(速度計)………………105
スペア・タイヤ …………………………270
スペア・タイヤのブラケットからの
取り外し ………………………………271
スペア・タイヤのブラケットへの
取り付け ………………………………271
スペア・タイヤ・ブラケットの
開け方 …………………………………271
さく引
319
スペア・タイヤ・ブラケットの
緊急ロック解除 ………………………273
スペア・タイヤ・ブラケットの
閉め方 …………………………………272
スペア・タイヤ・ブラケットの
補助ロック ……………………………272
スペア・タイヤ・ブラケット …………271
開け方 …………………………………271
緊急ロック解除 ………………………273
閉め方 …………………………………272
補助ロック ……………………………272
スペーサ …………………………………257
17mmスペーサの取り付け …………268
17mmスペーサの取り外し …………266
スペシャル・オフロード・レベル
(レベリング・システム) ………………170
すべてのエアコン・システムに
共通の操作 …………………………………55
エアコン・コンプレッサに
関する知識 ………………………………55
ECONモード ……………………………55
RESTモード ……………………………55
スポーツ・モード ………………………159
スライディング/
チルティング・ルーフ ……………………77
緊急操作 …………………………………80
コンフォート位置 ………………………78
バッテリ・セーブ機能 …………………78
ポルシェ・エントリー&ドライブ
装備車のコンフォート機能 ……………79
ルーフを開ける ……………………77、79
320
さく引
ルーフを閉める ……………………77、79
ルーフをチルトアップする ………77、79
スライディング/チルティング・
ルーフの緊急操作 …………………………80
スライディング/チルティング・
ルーフのバッテリ・セーブ機能 …………78
スライディング/チルティング・ルーフ
(パノラマ・ルーフ・システム)…………83
スライディング/チルティング・ルーフを
コンフォート位置まで開ける ……………79
スライディング/チルティング・ルーフを
全開する ……………………………………79
スライディング/チルティング・ルーフを
全閉する ……………………………………79
スライディング/チルティング・ルーフを
チルトアップする …………………………79
スライディング・ルーフ(パノラマ・
ルーフ・システム) ………………………83
せ
制限速度の設定(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………113
積算距離計 ………………………………104
設定車高の表示
(レベリング・システム) ………………172
セレクタ・レバー ………………………150
セレクタ・レバーの位置 ………………151
P―パーキング・ロック………………151
R―リバース……………………………151
N―ニュートラル………………………151
D―オートマチック・モード
(オンロード走行プログラム) ………151
D―オートマチック・モード
(オフロード走行プログラム) ………152
M―マニュアル・モード
(オンロード走行プログラム) ………153
M―マニュアル・モード
(オフロード走行プログラム) ………154
セレクタ・レバーの緊急解除 …………155
セレクタ・レバー・ポジション・
インジケータ ……………………………151
センサ(2ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………58
センサ(4ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………63
洗車 ………………………………………242
センター・コンソール(フロント)………7
センター・ディファレンシャル・
ロック ……………………………………158
セントラル・ロッキング・システム ……25
そ
走行制限プログラム
(ティプトロニックS)……………………155
総排気量(エンジン)……………………306
速度計 ……………………………………105
速度を設定する
(クルーズ・コントロール) ……………148
た
タイダウン・ベルト ……………………190
タイダウン・リング………………186、189
タイヤ空気圧の表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………111
タイヤ空気圧モニタリング・システムの
設定(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………116
車の荷重とタイヤ空気圧の設定 ……119
警告「FLAT TYRE
(タイヤのパンク)
」……………………120
警告「TYRE PRESSURE TOO LOW
(タイヤ空気圧の異常低下)
」…………121
コラプシブル・スペア・
タイヤの設定 …………………………122
システムの機能 ………………………117
システムの故障 ………………………124
スペア・タイヤの設定 ………………122
スペア・タイヤ/パンク修理剤の
使用上の知識 …………………………123
タイヤ空気圧の知識 …………………124
タイヤの種類とサイズの設定 ………118
タイヤ空気の充填 ………………………269
タイヤとホイール …………251、307、308
ウインター・タイヤ …………………254
縁石 ……………………………………252
荷重と速度 ……………………………251
空気圧……………………………251、308
合金製ホイールの記号 ………………256
コラプシブル・スペア・タイヤ ……268
コンプレッサー ………………………257
サマー・タイヤ ………………………307
ジャッキ ………………………………256
ジャッキ・アップ ……………………262
スノー・チェーン………………254、307
スペア・タイヤ…………………270、307
スペーサ ………………………………257
タイヤ空気の充填 ……………………269
タイヤ・サイズ…………………255、307
タイヤの交換……………………253、265
タイヤの速度記号 ……………………255
タイヤの損傷 …………………………251
タイヤの保管 …………………………252
タイヤ・バルブ ………………………253
盗難防止ホイール・ボルト …………258
トレッド(接地面の溝)………………252
パンクしたときの処置 ………………259
パンク修理剤 …………………………260
ホイール・アライメント ……………253
ホイール・サイズ………………256、307
ホイールの交換 ………………………252
ホイール・バランス …………………252
ホイール・ボルト ……………………258
ラジアル・タイヤの見方 ……………255
タイヤの荷重と速度 ……………………251
タイヤの空気圧……………………251、308
タイヤの交換………………………253、265
タイヤの損傷 ……………………………251
タイヤの保管 ……………………………252
タイヤ・バルブ …………………………253
タイヤ、ホイール、トレッド …………307
タコメータ(回転計)……………………104
ち
チェック・エンジン警告灯 ……………107
地上高 ……………………………………310
チャイルド・シート ………………………39
ISOFIXシステム付きチャイルド・
シートの取り付け ………………………44
ISOFIX幼児用補助拘束装置……………43
助手席エアバッグの作動/非作動 ……42
推奨する幼児用補助拘束装置 …………40
PASSENGER AIRBAG
OFF表示灯 …………………………38、42
チャイルド・プロテクションの
ON/OFF ……………………………………20
チャイルド・プロテクション
(パワー・ウィンドウ)……………………75
チャイルド・ロック機能の作動/
解除 …………………………………………20
着脱式ボール・ジョイント付き
トレーラー・ヒッチ ……………………207
安全確認 ………………………………210
お手入れ ………………………………211
ボール・ジョイントの取り付け ……208
ボール・ジョイントの取り外し ……211
駐車 ………………………………………214
駐車時の助手席ドア・ミラー
位置の記憶 …………………………………29
駐車時の助手席ドア・ミラーの
下向き自動調節 ……………………46、219
駐車(ティプトロニックS)……………155
さく引
321
つ
2ゾーン・オート・エアコン ……………56
エアコン・コンプレッサに
関する知識 ………………………………55
ECONモード ……………………………55
オート・エアコンを使用する …………56
オート・モード …………………………58
自動内気循環 ……………………………59
車内温度を設定する ………………56、58
センサ ……………………………………58
送風口を切り替える ………………56、59
送風量を調節する …………………56、58
同期(MONO)機能 ……………………59
内気循環 …………………………………59
フロント・ウィンドウ・デフロスタを
作動させる …………………………56、57
RESTモード ……………………………55
て
停止位置の記憶
(パノラマ・ルーフ・システム)…………85
停止(ティプトロニックS)……………154
停止表示板 ………………………………249
デイタイム・ドライビング・
ランプ ………………………………91、128
デイタイム・ドライビング・ランプの
点灯/消灯(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………128
ティプトロニックS………………………150
322
さく引
ティプトロニック・ロッカー・スイッチ
(ステアリング・ホイール)………………48
テクニカル・データ ……………………304
デコラティブ・フィルム ………………241
テスト・ベンチでの点検 ………………160
鉄道、カーフェリー、トランスポータに
よる車両の輸送
(レベリング・システム) ………………172
テール・パイプ …………………………140
テレスコピック・バー …………………187
テレスコピック・レール ………………187
電気系統 …………………………………274
ヒューズ ………………………………275
プラグ・ソケット ……………………274
リレー …………………………………274
電動格納式トレーラー・ヒッチ ………212
お手入れ ………………………………213
オーバーロード・プロテクション …213
故障 ……………………………………213
トレーラー・ヒッチの格納 …………212
トレーラー・ヒッチの
固定位置の記憶 ………………………213
トレーラー・ヒッチの取り出し ……212
電話の操作(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………112
最後の通話先表示 ……………………112
重要な番号の表示 ……………………113
電話がかかってきたときの
相手先表示 ……………………………112
電話帳の表示 …………………………113
電話を受ける、通話を拒否する、
通話を終了する ………………………112
不在通知 ………………………………113
と
ドア・ハンドルのボタンで
ウィンドウを閉める ………………………76
ドア・ミラー ………………………………45
助手席ドア・ミラーの
下向き自動調節 …………………………46
電動格納機能が故障したとき …………45
電動調節機能が故障したとき …………45
電動復帰機能が故障したとき …………45
ドア・ミラー設定の保存 ………………46
ドア・ミラーの調節 ……………………45
ドア・ミラーを格納する ………………45
ドア・ミラーを復帰する ………………45
ミラー・ヒータを使用する ……………46
ドア・ミラーの電動格納機能が
故障したとき ………………………………45
ドア・ミラーの電動調節機能が
故障したとき ………………………………45
ドア・ミラーの電動復帰機能が
故障したとき ………………………………45
ドア・ミラーの同期調節(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………125
ドア・ミラー・ヒータ ……………………46
ドア・ロックの保護 ……………………241
ドア・ロックを解除してドアを開ける …11
ドアをロックする …………………………12
冬季の走行(ティプトロニックS)……155
同期(MONO)機能(2ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………59
同期(MONO)機能(4ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………65
盗難防止ホイール・ボルト ……………258
盗難を防止するために …………………225
動力性能 …………………………………313
読書灯(フロント) ………………………93
読書灯(リア) ……………………………94
時計 ………………………………………104
時計の設定(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………129
塗装の保護 ………………………………243
小さな塗装の傷 ………………………243
艶出し …………………………………243
ワックス ………………………………243
ドライビング・ランプ・アシスト ………90
トランスミッションおよびシャシー・
コントロール・システム ………………161
ABD ……………………………………162
ABS ……………………………………167
ASR ……………………………………162
MSR ……………………………………164
PASM …………………………………173
PDCC …………………………………174
PSM ……………………………………163
PTM(フルタイム4WDシステム) …162
エア・サスペンション(レベリング・
システムおよび車高調整機能付き)…170
トリップ・メータ ………………………104
トレーラー・カップリング ……………205
着脱式ボール・ジョイント付き
トレーラー・ヒッチ …………………207
電動格納式トレーラー・ヒッチ ……212
トレーラー車両の連結 …………………204
トレーラー・スタビリティ・
マネージメント …………………………166
トレーラーのけん引能力 ………………205
トレーラー・ヒッチ ……………………205
着脱式ボール・ジョイント付き
トレーラー・ヒッチ …………………207
電動格納式トレーラー・ヒッチ ……212
トレーラー・ヒッチの固定位置の記憶
(電動格納式トレーラー・ヒッチ) ……213
な
内気循環(2ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………59
内気循環(4ゾーン・オート・
エアコン) …………………………………65
ナビゲーション情報の表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………111
慣らし運転 ………………………………139
に
荷物の積載 ………………………………190
ね
燃費…………………………………139、306
燃料計 ……………………………………104
燃料残量警告 ……………………………104
燃料残量による可走距離の表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………111
燃料の給油 ………………………………239
給油 ……………………………………239
燃料オクタン価…………………239、311
燃料タンク容量 ………………………311
燃料の品質………………………239、311
フィラー・フラップの手動ロック解除
(緊急解除) ……………………………240
の
上り坂走行 ………………………………177
ノーマル・レベル
(レベリング・システム) ………………170
は
灰皿(フロント)…………………………202
灰皿(リア)………………………………202
ハイ・ビーム ………………………………90
ハイ・レンジ
(オンロード走行プログラム) …………157
パーキング・アシスタント ……………215
警告音 …………………………………217
警告灯 …………………………………217
故障表示 ………………………………218
作動/停止 ……………………………215
障害物との距離 ………………………217
セレクタ・レバーの位置 ……………215
センサ(超音波センサ)………………216
センサの限界 …………………………218
トレーラー車両をけん引するとき …218
パーキング・センサ ……………………215
警告音 …………………………………217
さく引
323
警告灯 …………………………………217
故障表示 ………………………………218
作動/停止 ……………………………215
障害物との距離 ………………………217
セレクタ・レバーの位置 ……………215
センサ(超音波センサ)………………216
センサの限界 …………………………218
トレーラー車両をけん引するとき …218
パーキング・ブレーキ …………………146
パーキング・ブレーキを解除する …146
パーキング・ブレーキをかける ……146
パーキング・ブレーキ・テスト ………160
パーキング・ランプ ………………………92
ハザード・ランプ …………………………93
挟み込み防止機能(パノラマ・ルーフ・
システム) …………………………………85
発炎筒 ……………………………………249
発進アシスタント(ヒルホルダー)……169
パッシング …………………………………92
PASSENGER AIRBAG
OFF表示灯 ……………………………38、42
バッテリ …………………………………282
液量の点検 ……………………………283
お手入れ ………………………………283
車を長期保管するとき ………………284
交換 ……………………………………284
充電 ……………………………………287
充電後の処置 …………………………288
充電状態 ………………………………283
長期保管後の車の作動復帰 …………284
冬季の取り扱い ………………………283
324
さく引
取り扱い上の注意 ……………………282
リモート・コントロールの
電池交換 ………………………………285
バッテリ/オルタネータ ………………106
バッテリ接続後のドア・
ウィンドウ停止位置の記憶 ………………76
バッテリ・セーブ機能(スライディング/
チルティング・ルーフ) …………………78
バッテリ・セーブ機能(パノラマ・
ルーフ・システム) ………………………83
バニティー・ミラー ………………………52
パノラマ・ルーフ・システム ……………82
緊急時の電動閉機能 ……………………85
緊急操作 …………………………………87
停止位置の記憶 …………………………85
挟み込み防止機能 ………………………85
バッテリ・セーブ機能 …………………83
ポルシェ・エントリー&ドライブ装備車
のコンフォート機能 ……………………85
ポルシェ・エントリー&ドライブ非装備
車のコンフォート機能 …………………85
ルーフ3を開ける …………………82、84
ルーフ3をチルトアップする ……82、84
ルーフ2を開ける …………………82、84
ルーフを閉める ……………………82、84
ルーフを全開する …………………82、84
ローラー・ブラインド …………………86
ローラー・ブラインドの清掃位置 ……87
パノラマ・ルーフ・システムの
緊急操作 ……………………………………87
パノラマ・ルーフ・システムの
スライディング/チルティング・ルーフを
開ける ………………………………………84
パノラマ・ルーフ・システムの
スライディング/チルティング・ルーフを
チルトアップする …………………………84
パノラマ・ルーフ・システムの
スライディング・ルーフを開ける ………84
パノラマ・ルーフ・システムの
バッテリ・セーブ機能 ……………………83
パノラマ・ルーフ・システムを
全開する ……………………………………84
パノラマ・ルーフ・システムを
全閉する ……………………………………84
バルブの交換 ……………………………288
バイキセノン・ヘッドランプと
コーナリング・ランプの
バルブ交換 ……………………………291
バルブ・リスト ………………………299
ヘッドランプの取り外し、
取り付け ………………………………289
方向指示灯のバルブ交換 ……………294
ライセンス・ランプのバルブ交換 …297
リア・ランプの取り外し、
取り付け ………………………………295
バルブ・リスト …………………………299
パワー・ウィンドウ ………………………74
キーでウィンドウを開閉する …………75
チャイルド・プロテクションの
ON/OFF …………………………………75
ドア・ハンドルのボタンで
ウィンドウを閉める ……………………76
バッテリ接続後のドア・ウィンドウ停止
位置の記憶 ………………………………76
フロント・ドア・ウィンドウの
ワンタッチ作動 …………………………75
リア・ドア・ウィンドウの作動停止
(チャイルド・プロテクション)………75
ロッカー・スイッチでウィンドウを
開閉する …………………………………74
パワー・ウィンドウ・スイッチ …………74
パワー・ステアリング …………………234
パワー・ステアリング・オイルの
点検と補充………………………234、311
容量 ……………………………………311
パンクしたときの処置 …………………259
パンク修理剤 ……………………………260
パンク修理剤が付着したとき ………260
パンク修理剤の充填 …………………261
ひ
PASM(ポルシェ・アクティブ・
サスペンション・マネージメント)……173
警告メッセージ ………………………173
シャシー設定の選択 …………………173
シャシー設定の表示 …………………173
PSM(ポルシェ・スタビリティ・
マネージメント)…………………………163
オフロードPSM(ロー・レンジ・
オフロード走行プログラムのPSM)…164
機能 ……………………………………163
警告灯 …………………………………165
作動例 …………………………………164
トレーラー・スタビリティ・
マネージメント ………………………166
PSMおよびPTM/PTM Plusの併用……164
PSMの解除 ……………………………165
PSMを再度ONにする…………………166
引き出し …………………………………200
ビークル・データ・キャリア …………305
ビークル・プレート ……………………305
PCM(ポルシェ・コミュニケーション・
マネージメント)…………………………144
PCCB(ポルシェ・セラミック・
コンポジット・ブレーキ)………………140
PTM(ポルシェ・トラクション・
マネージメント)…………………………162
PDCC(ポルシェ・ダイナミック・
シャシー・コントロール・システム)…174
機能 ……………………………………174
警告メッセージ ………………………174
人や動物を車内に残したまま
ロックする …………………………………9
ヒューズ …………………………………275
交換 ……………………………………275
ヒューズ・ボックス
(エンジン・ルーム)……………275、281
ヒューズ・ボックス
(ダッシュ・ボード)……276、277、279
ヒューズ・リムーバ …………………276
表示言語の変更(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………130
表示単位の変更(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………130
ヒルホルダー発進アシスタント ………169
VIN(車体番号)…………………………305
ふ
ファブリック・ライニングの清掃 ……247
ファンクション・ボタンの操作 …………50
フォグランプ ………………………………90
4ゾーン・オート・エアコン ……………60
エアコン・コンプレッサに
関する知識 ………………………………55
ECONモード ……………………………55
オート・モード …………………………63
自動内気循環 ……………………………65
センサ ……………………………………63
同期(MONO)機能 ……………………65
内気循環 …………………………………65
フロント・ウィンドウ・デフロスタを
作動させる …………………………60、62
フロント・コントロール・
パネル ………………………………60、62
フロント・コントロール・パネルで
オート・エアコンを使用する …………60
フロント・コントロール・パネルで
リア・エアコンを制御する ……………66
フロント・シートの車内温度を
設定する ……………………………60、64
フロント・シートの送風口を
切り替える …………………………60、64
さく引
325
フロント・シートの送風量を
調節する ……………………………60、64
リア・コントロール・パネル ……61、63
リア・コントロール・パネルで
オート・エアコンを使用する …………61
リア・コントロール・パネルの
機能停止 …………………………………66
リア・シートの車内温度を
設定する ……………………………61、64
リア・シートの送風口を
切り替える …………………………61、64
リア・シートの送風量を
調節する ……………………………61、64
RESTモード ……………………………55
フット・ブレーキ ………………………146
プラグ・ソケット ………………………274
プラスチック部品の清掃 ………………245
フルタイム4WD …………………………162
ブレーキ …………………………………146
警告メッセージ ………………………147
ブレーキ・パッドおよびブレーキ・
ディスク ………………………………147
ブレーキ液レベルの点検と交換…232、311
警告灯および警告メッセージ ………233
ブレーキ液の交換 ……………………233
ブレーキ液レベルの点検 ……………232
容量 ……………………………………311
ブレーキ・テスト ………………………160
フロア・マットの清掃 …………………246
フロント・シート …………………………27
フロント・シート・ヒータ ………………32
フロント・シート・ヘッドレスト ………31
326
さく引
フロント・デフロスタ(2ゾーン・
オート・エアコン) ………………………57
フロント・デフロスタ(4ゾーン・
オート・エアコン) ………………………62
フロント・ワイパー ………………………96
フロント・ワイパー&
ウォッシャ作動 ……………………96、99
フロント・ワイパー・オート作動
(レイン・センサ)…………………96、97
フロント・ワイパー作動 …………96、97
リア・ワイパー&
ウォッシャ作動 ……………………96、99
リア・ワイパー作動 ………………96、99
レイン・センサ感度の調節 ………96、98
フロント・ワイパー&ウォッシャ作動 …99
フロント・ワイパー・オート作動
(レイン・センサ作動)……………………97
フロント・ワイパーの操作 ………………97
フロント・ワイパーのワンタッチ作動 …98
へ
平均速度の表示/リセット(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………111
平均燃費の表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………116
ペースメーカー …………………………25a
ヘッドランプ自動高さ調整 ………………92
ヘッドランプ照射方向の切り替え ……298
ヘッドランプの調整 ……………………298
ヘッドランプのバルブ交換 ……………289
バイキセノン・ヘッドランプと
コーナリング・ランプの
バルブ交換 ……………………………291
ヘッドランプの取り付け ……………290
ヘッドランプの取り外し ……………289
ヘッドランプ、ランプ類の清掃 ………245
ヘッドレスト(フロント・シート) ……31
ヘッドレスト(リア・シート) …………31
ベビー・シート ……………………………40
ほ
ホイール・アライメント ………………253
ホイールの交換 …………………………252
ホイール・バランス ……………………252
ホイール・ボルト ………………………258
盗難防止ホイール・ボルト …………258
方向指示灯 …………………………………92
方向指示灯のバルブ交換 ………………294
補助ヒータ …………………………………68
エアコン・コントロール・パネルによる
作動/停止 ………………………………69
故障 ………………………………………72
プログラム ………………………………70
リモート・コントロールによる
作動/停止 ………………………………69
ポルシェ・アクティブ・サスペンション・
マネージメント(PASM)………………173
警告メッセージ ………………………173
シャシー設定の選択 …………………173
シャシー設定の表示 …………………173
ポルシェ・エントリー&ドライブ………25a
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロック(キーレス操作) ……………10、12
ポルシェ・エントリー&ドライブによる
ロックの解除
(キーレス操作)……………10、11、13、18
ポルシェ・エントリー&ドライブの
アンテナの取り付け位置 ………………25a
ポルシェ・コミュニケーション・
マネージメント(PCM)…………………144
ポルシェ・スタビリティ・
マネージメント(PSM)…………………163
オフロードPSM(ロー・レンジ・
オフロード走行プログラムのPSM)…164
機能 ……………………………………163
警告灯 …………………………………165
作動例 …………………………………164
トレーラー・スタビリティ・
マネージメント ………………………166
PSMおよびPTM/PTM Plusの併用……164
PSMの解除 ……………………………165
PSMを再度ONにする…………………166
ポルシェ・セラミック・コンポジット・
ブレーキ(PCCB)………………………140
ポルシェ・ダイナミック・シャシー・
コントロール・システム(PDCC)……174
機能 ……………………………………174
警告メッセージ ………………………174
ポルシェ・トラクション・
マネージメント(PTM)…………………162
ボール・ジョイント(着脱式ボール・
ジョイント付きトレーラー・ヒッチ)…207
安全確認 ………………………………210
お手入れ ………………………………211
ボール・ジョイントの取り付け ……208
ボール・ジョイントの取り外し ……211
ホーン ………………………………………48
本革のお手入れ …………………………246
ボンネットの開閉 …………………………21
ま
マニュアル・モード
(オフロード走行プログラム) …………154
マニュアル・モード
(オンロード走行プログラム) …………153
マルチ・ファンクション・
ステアリング ………………………………50
ファンクション・ボタン ………………50
マルチ・ファンクション・
ディスプレイの操作 ……………………108
基本操作 ………………………………108
車の開閉およびロックの設定変更 …126
警告灯および警告メッセージ一覧 …131
警告メッセージの表示 ………………114
工場出荷時の設定
(初期設定への表示のリセット) ……130
コンパスの表示 ………………………111
室内モニタ・システムおよび
傾斜センサの停止 ……………………125
消灯遅延機能の設定 …………………129
初期設定への表示のリセット ………130
制限速度の設定 ………………………113
タイヤ空気圧の表示 …………………111
タイヤ空気圧モニタリング・
システムの設定 ………………………116
デイタイム・ドライビング・
ランプの点灯/消灯 …………………128
電話の操作 ……………………………112
ドア・ミラーの同期調節 ……………125
時計の設定 ……………………………129
ナビゲーション情報の表示 …………111
燃料残量による可走距離の表示 ……111
表示言語の変更 ………………………130
表示単位の変更 ………………………130
平均速度の表示/リセット …………111
平均燃費の表示 ………………………116
メイン・メニューを開く ……………109
メニュー概要 …………………………110
レベリング・システム(車高)の
ステータス表示 ………………………115
ロック/リダクションの
ステータス表示 ………………………115
マルチ・ファンクション・ディスプレイ、
メータ・パネル …………………………101
基本操作 ………………………………108
警告灯および警告メッセージ一覧 …131
警告灯/表示灯 ………………………103
メイン・メニューを開く ……………109
メータ・パネル…………………102、103
メニュー概要 …………………………110
万一のときは ……………………………248
さく引
327
み
よ
右側通行から左側通行への変更に伴う
ヘッドランプの切り替え ………………298
水たまりや浅瀬の走行 …………………179
ミラー …………………………………45、47
幼児用補助拘束装置 ………………………39
ISOFIXシステム付きチャイルド・
シートの取り付け ………………………44
ISOFIX幼児用補助拘束装置……………43
助手席エアバッグの作動/非作動 ……42
推奨する幼児用補助拘束装置 …………40
PASSENGER AIRBAG
OFF表示灯 …………………………38、42
容量 ………………………………………311
予備燃料タンク …………………………238
む
無鉛ガソリン………………………239、311
無鉛プレミアム・ガソリン………239、311
無線機 ……………………………………144
め
ら
メイン・メニューを開く(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………109
メータ・パネル……………………102、103
メータ・パネル・ランプ …………………91
メニュー概要(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………110
メモリー機能付きフロント・シート ……28
メモリーへの記憶(運転席) ……………29
メモリーへの記憶(助手席) ……………29
メンテナンス上の諸注意 ………………227
も
目次 …………………………………………1
ゆ
油温計 ……………………………………104
328
さく引
ライセンス・ランプのバルブ交換 ……297
ラゲッジ・コンパートメント・
カバー ……………………………………191
ラゲッジ・コンパートメント左右の
収納スペース ……………………………199
ラゲッジ・コンパートメント・
フロアの開閉 ……………………………186
ラゲッジ・コンパートメント、
ローディング・スペースおよび
収納スペース ……………………………182
ラゲッジ・セーフティ・ネット…190、192
ラジアル・タイヤの見方 ………………255
速度記号 ………………………………255
ラジオ ……………………………………144
ランプ・スイッチ …………………………90
ランプの自動点灯機能(オートマチック・
ドライビング・ランプ・アシスト) ……90
ランプ、方向指示灯、
フロント・ワイパー ………………………89
り
リア・ウィンドウ・ヒータ ………………67
リア・ウィンドウ・ロックを解除して
リア・ウィンドウを開ける ………………18
リア・ウィンドウを閉める ………………18
リア・コントロール・パネルの機能停止
(4ゾーン・オート・エアコン) …………66
リア・シート・ヒータ ………………32、33
リア・シート・ヘッドレスト ……………31
リア・シートを倒す ……………………183
リア・シートを戻す ……………………183
リア・ディファレンシャル・ロック …158
リア・ドア・ウィンドウの作動停止 ……75
リア・ドアのチャイルド・ロック ………20
リア・フォグランプ ………………………90
リア・ランプのバルブ交換 ……………295
リア・ランプの取り付け ……………296
リア・ランプの取り外し ……………295
リア・リッド開動作中の障害物の検出 …16
リア・リッド自動開閉動作の中断 ………16
リア・リッドの緊急操作 …………………17
リア・リッド閉動作中の障害物の検出 …17
リア・リッド・ロックを解除して
リッドを開ける ……………………………13
リア・リッドを自動開閉する ……………14
リア・リッドを開く高さの設定 …………17
リア・リッドをロックする ………………14
リア・ワイパー&ウォッシャ作動 ………99
リア・ワイパーの操作 ……………………99
リア・ワイパーのワンタッチ作動 ………99
リモート・コントロールの電池交換 …285
リレー ……………………………………274
る
ルーフ・トランスポート・システム …196
ルーム・ミラー ……………………………47
ルーム・ランプ(フロント) ……………93
ルーム・ランプ(リア) …………………94
れ
冷間時のタイヤ空気圧 …………………308
レイン・センサの感度調節 ………………98
RESTモード(エアコン)…………………55
レベリング・システムおよび車高調整機能
付きエア・サスペンション ……………170
オフロード・レベル …………………170
警告メッセージ ………………………172
車高の手動設定 ………………………171
ジャッキ・アップ時の注意点 ………172
スペシャル・オフロード・レベル …170
設定車高の表示 ………………………172
鉄道、カーフェリー、トランスポータに
よる車両の輸送 ………………………172
ノーマル・レベル ……………………170
レベリング・システムの解除 ………172
レベリング・システムの再作動 ……172
ローディング・レベル ………………171
ロー・レベル …………………………170
レベリング・システム(車高)の
ステータス表示(マルチ・
ファンクション・ディスプレイ)………115
レベリング・システムの
警告メッセージ …………………………172
ろ
ロッカー・スイッチでウィンドウを
開ける ………………………………………74
ロックする …………………………………9
ロック/リダクションのステータス表示
(マルチ・ファンクション・
ディスプレイ)……………………………115
ロック/ロック解除の異常 ………………22
車のロックを解除できない ……………22
車をロックできない ……………………22
すべてのドアがロックできない ………23
1つのドアだけロックが解除される …22
ロックを解除する …………………………9
ローディング・スペース ………………186
ローディング・レベル
(レベリング・システム) ………………171
ロー・ビーム ………………………………90
ローラー・ブラインド(パノラマ・
ルーフ・システム) ………………………86
開閉 ………………………………………86
清掃位置 …………………………………87
ロー・レベル(レベリング・
システム)…………………………………170
ロー・レンジ・インジケータ・
ランプ ……………………………………159
ロー・レンジ
(オフロード走行プログラム) …………157
わ
ワイパー・ブレード ……………………235
ワイパー・ブレードの交換(フロント・
ウィンドウ・ワイパー)………………236
ワイパー・ブレードの交換(リア・
ワイパー)………………………………237
ワイパー・ブレードの清掃 ……………244
わだちの走り方 …………………………181
輪止め ……………………………………259
さく引
329
¡車両の仕様およびオプションの変更により、この取扱説明書
の内容の一部が車両と一致しない場合があります。
¡説明図は一部日本仕様と異なる点があります。
¡この取扱説明書に関してのお問い合わせは下記までお願い致
します。
ポルシェ ジャパン株式会社 アフターセールス部
〒153-0064
東京都目黒区下目黒1ー8ー1
アルコタワー16F
車両受領証
(販売店で保管)
VIN:車両識別ナンバー
エンジンナンバー
上記車両については、取扱説明書および整備手帳に記載されている車両の取扱い、
および保証内容、並びに納車点検内容の説明を受け了承の上、車両およびツール
キットを完全な状態で受領しました。
販売店スタンプ
日時
お客様の署名
ポルシェジャパン株式会社
〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
アルコタワー16F
DM9079PAT10300
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement