CAN通信型ドアミラー格納ユニット 取付け・取扱説明書

CAN通信型ドアミラー格納ユニット 取付け・取扱説明書
CAN通信型ドアミラー格納ユニット 取付け・取扱説明書
VER1.00
このたびは、CAN通信型ドアミラー格納ユニットをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。本書
には本製品の取付けおよび、取扱い方法が説明されております。正しくご使用いただくために本書をよくお読
みの上ご使用下さい。尚、読み終えた後いつでも見られるように大切に保管してください。
【本製品の特長】
●
●
●
●
●
CAN通信を利用するため取付けはカプラーONでOK
配線カット等は一切不要の超簡単取付け DIY対応
純正キーレス又は、スマートエントリー&スタートシステムによるドアロック操作でミラー格納
ACCオンでミラー復帰(ただし、ミラースイッチが復帰側の場合)
ロック時はミラーが格納されるので、ひと目でドアがロックされているかどうか確認可能
【適合車種】
トヨタ アクア
トヨタ プリウス
NHP10系(2011年12月~)
ZVW30系(2009年5月~)
【必要工具】
ニッパー、10㎜スパナ(アース線を取付ける場合)
注意
● 本製品は日本国内のみでご使用ください。保証も日本国内でのご利用の場合有効です。
● 本製品の取付けには車輌電装品に関する正しい知識と技術が必要となります。不安な場合は専門業者
にご相談ください。
【重要】
本製品を取付け中やご利用中に万が一怪我や事故等が発生しても弊社は一切の責任を負いかね
ますので予めご了承下さい。
【セット内容】
③付属品
②ハーネス2
アース線(黒線)は通常は取付
ける必要はありません。動作が
安定しない場合、車輌のアース
ポイントに接続してください。
①
②
③
④
パーツ
ハーネス1
ハーネス2
付属品
取付け説明書(本書)
①ハーネス1
数量
1本
1本
1式
1部
備考
ドアミラースイッチ接続用
OBDⅡコネクタ接続用
タイラップ大2本、中3本
【操作方法】
● キーレス又はキーフリーでロックするとドアミラーが格納します。
● ACCオンでドアミラーが復帰します。狭い場所に駐車したときも安心でとても便利です。
【備考・注意】
① 純正のドアミラースイッチは従来通りご利用可能です。
② ドアミラーのスイッチは復帰側にしてください。格納側になっているとACCオンにしても展開しません
③ 車速ロックや車内スイッチでのロックでは自動格納いたしません。
④ 主電源には5Aのヒューズを入れており、安全性を高めました。
⑤ CAB-BUS製品を複数接続した場合、正しく動作しない場合がございます。予めご了承ください。
【取付け方法】
~アクア用~ アクアへお取付の場合はこちらを参照してください。
1
エアコンダクトを手前に引っ張って外します。
赤丸付近にツメがあります。
②次にダッシュボードを
上に引っ張りあげます
ダクトが外せたらダッシュボードを上に引っ張
りあげて、ドアミラースイッチユニットがつい
ているパネルとの接合部を浮かして隙間を作っ
①最初にエア
コンダクトを手
前に引っ張り
外します
てください。
(隙間部は2項参照してください)
ここが被さって
います
※ドアミラースイッチユニットパネルを取外す
際に、運転席ダッシュボードがドアミラースイ
ッチユニットにかぶさっているので、まずはダ
ッシュボードを浮かします。
2
ドアミラースイッチ
ユニットパネル
ダッシュボードを浮かした状態でドアミラース
この面に隙間が出来るようにダッシュボード
イッチユニットパネルを外します。
を持ち上げてください
ドアミラースイッチユニットパネルの両端を持
って、手前に引っ張るようにするとスムーズに
外せます。
※赤丸付近にパネルを固定しているツメがあり
ます。
パネルの両端を持って全体を手前に引っ張る
と外れます
3
パネルを外したら、ドアミラースイッチに繋が
っているコネクタを外します。コネクタはツメ
を押しながら引っ張ると抜けます。
コネクタ
抜き難い場合は、コネクタを左右に少しずつず
らしながら行うと抜けやすいです。
4
外した車輌のコネクタの間に、本製品のハーネ
ス1を割り込ませます。
コネクタはカチッとしっかりはめてください。
抜けないことを確認してください。
ハーネス1
ハーネス1
ドアミラースイッチ
車輌側のコネクタ
(元々ドアミラースイッチに接続してあった配線)
5
ハーネス1の4ピンコネクタをハーネス2のユ
ニットに接続してください。
接合したハーネス(ハーネス1とハーネス2)
ハーネス1の
4ピンコネクタ
ハーネス2の
ユニット
はパネルの中を通して運転席ヒザ元付近に通線
してください。
6
運転席ヒザ元アンダーパネル付近にある白いコ
ネクタ(OBDⅡコネクタ)に本製品のハーネ
ス2の黒いカプラーを接続してください。
本体ユニット及び配線類は運転の邪魔にならな
いように付属のタイラップで束ねて固定してく
ださい。
OBDⅡコネクタはこの裏付近にあります
《備考》
ハーネス2の黒線(GROUNDと記載)は通
常は取付ける必要はございません。動作が安定
しない場合、車輌のアースポイントに接続して
ください。
OBDⅡコネクタ
《配線の処理を綺麗にしたい場合》
OBDⅡコネクタは車輌から取外すことも出来
ます。取外したOBDⅡコネクタに本製品のハ
ーネス②を間に割り込ませて、本製品のハーネ
ス②の白いカプラーを元のOBDⅡコネクタが
あった位置に装着するとより綺麗な取付けがで
きます。
車輌側
OBDⅡコネクタ
ハーネス②
OBDⅡコネクタに、ハーネス2の
黒いコネクタを接続します。
ハーネス②の白い側を、元々車輌にあった
OBDⅡコネクタがあった場所に挿して
ください。
7
取付けが完了したら動作を確認してください。
正しく動作したら、外したパネル類を外した手
順と逆の要領で元にもどしてください。
★ロックでミラー格納、ACCオンでドアミラー復帰
※ドアミラーのスイッチは復帰側にしてください。
【取付け方法】
~プリウス用~
1
プリウスへお取付の場合はこちらを参照してください。
ドアミラースイッチユニットがついているパネ
ルを外します。パネルは両端をもって手前に引
っ張るようにするとスムーズに外れます。
パネルの両端を持って全体を手前に引っ張る
と外れます
※ 赤丸付近にパネルを固定しているツメがあ
ります。
※ パネルは全部取り外す必要はありません。上
部のみ外せば本製品の取付け可能です。
パネルの上部を外した状態です。赤丸印のツメ
で固定されています。
2
パネルを外したら、ドアミラースイッチに繋が
っているコネクタを外します。コネクタはツメ
コネクタ
を押しながら引っ張ると抜けます。
抜き難い場合は、コネクタを左右に少しずつず
らしながら行うと抜けやすいです。
3
外した車輌のコネクタの間に、本製品のハーネ
ス1を割り込ませます。
コネクタはカチッとしっかりはめてください。
抜けないことを確認してください。
ハーネス1
ドアミラースイッチ
車輌側のコネクタ
(元々ドアミラースイッチに接続してあった配線)
ハーネス1
5
ハーネス1の4ピンコネクタをハーネス2のユ
ニットに接続してください。
接合したハーネス(ハーネス1とハーネス2)
ハーネス1の
4ピンコネクタ
ハーネス2の
ユニット
はパネルの中を通して運転席ヒザ元付近に通線
してください。
6
運転席ヒザ元アンダーパネル付近にある白いコ
ネクタ(OBDⅡコネクタ)に本製品のハーネ
ス2の黒いカプラーを接続してください。
本体ユニット及び配線類は運転の邪魔にならな
いように付属のタイラップで束ねて固定してく
ださい。
《備考》
ハーネス2の黒線(GROUNDと記載)は通
OBDⅡコネクタはこの裏付近にあります
常は取付ける必要はございません。動作が安定
しない場合、車輌のアースポイントに接続して
ください。
OBDⅡコネクタ
《配線の処理を綺麗にしたい場合》
OBDⅡコネクタは車輌から取外すことも出来
ます。取外したOBDⅡコネクタに本製品のハ
ーネス②を間に割り込ませて、本製品のハーネ
ス②の白いカプラーを元のOBDⅡコネクタが
あった位置に装着するとより綺麗な取付けがで
きます。
車輌側
OBDⅡコネクタ
OBDⅡコネクタに、ハーネス2の
黒いコネクタを接続します。
ハーネス②
ハーネス②の白い側を、元々車輌にあった
OBDⅡコネクタがあった場所に挿して
ください。
7
取付けが完了したら動作を確認してください。
正しく動作したら、外したパネル類を外した手
順と逆の要領で元にもどしてください。
★ロックでミラー格納、ACCオンでドアミラー復帰
※ドアミラーのスイッチは復帰側にしてください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement