静岡県にみる家庭科の授業実践における体験的学習についての歴史的

静岡県にみる家庭科の授業実践における体験的学習についての歴史的
SURE: Shizuoka University REpository
http://ir.lib.shizuoka.ac.jp/
Title
Author(s)
静岡県にみる家庭科の授業実践における体験的学習につ
いての歴史的考察
吉原, 崇恵
Citation
p. 1-99
Issue Date
2002-03
URL
Version
http://hdl.handle.net/10297/3021
publisher
Rights
This document is downloaded at: 2015-11-05T19:29:54Z
∵ 1コ
静岡県にみる家庭科の授業実践における
体験的学習についての歴史的考察
, ’ 1 ”
’ ,s 1\一 一ヒ・’ ・・ 1・
輪
課題番号+1’,・.・1・1・1.,6 8:0258,・』’”
∴⑯∵一
戸
」.,
゜.砕,“
「
ニ モニ
・ 平成11年度∼平成12年1琴科学研:究費補助金1(基盤研究(CX 2}) : ’,一
’r
@j, 二∵聯成縣告書, IF・ば.−t:
’
fi ’ ニ
1
1
” JI・1 ’・ ・ ♪ 1・’
,°郷
べ
.. ・p’ 1 ・r .1 、1”
s,1 ’.’・rt.’二
Z
」
心い
■
b゜−己、‥、,
一司、㍉,//課
」−;°・○γ一〔’
8二∴∴
、‘185一...,,
『,、
” 蔀㎜∴汗㌫講議…辮 ぷ
茶p{パ爵三恒‥治、
」㌧;…∵、託.㍉、’°㍍㌣㌣.,審
’凸㌦ユ
、 ど’.
しへ.
°プ゜.
黷S ,
・崇掲㌶,,ピ,/拶
ぐび
仁占蔑パ
一、〇三、
㌔
.聯、江㌔「
°P
゜∴芦
ドへ
、
.,
静岡県にみる家庭科の授業実践における
体験的学習についての歴史的考察
課題番号
11680258
平成11年度∼平成12年度科学研究費補助金(基盤研究(CX2))
研究成果報告書
平成14年3月
研究代表者吉原崇恵
(静岡大学教育学部 教授)
静岡県における家庭科の授業実践における
体験的学習にっいての歴史的考察
はしがき
研究の目的
研究組織
研究経費
研究発表
序 章
研究の視点と対象
研究の方法
第一章 静岡県における家庭科の授業実践
第1節 静岡県教育研究会(静教研)における家庭科研究のテーマ
および実践概要の変遷
資料 静教研・実践報告の題材名、キーワ・一ド、学習問題の一覧
第二章
静教研・実践報告の量的傾向
第1節
実践報告の基本属性
第2節
実践年度別の様相
第3節
学校段階別の様相
資料 集計結果
第三章
静教研・家庭科の学習指導過程における体験的学習
第1節
学習指導過程の枠組みの変遷
第2節
学習指導過程の段階と学習指導の種類
資料 集計結果
第3節
事例に見る学習指導過程と体験的学習
結章
添付資料 扇査票
は し が き
1996年に共著で刊行した『戦後家庭科実践研究』(梓出版)で分析の対象にした資料は
市販の教育雑誌掲載の報告であった。また分析の内容は教授行為、学習者、教育内容、教
材の4つのレベルであった。その中で戦後50年にわたる教師達の努力や熱意によって教育
内容、教材開発などの研究が進んできたことがわかった。とくに教授行為についてもっと
くわしい分析をしたいと考えたが、雑誌記事の限界で詳細な情報にかける面があった。教
えようとする立場と学ぶ立場の関係をどのように研究してきたのかを追究する事が課題だ
と思われた。筆者は静岡県の小・中学校家庭科の研究会に参加する機会があり、授業実践
やその報告の現場に立ち会うことが少なくなかった。そこでの資料では、教師が子どもに
対して何のためにどこで何をしたかというように学習指導過程がある程度までは理解でき
るものである。そしてその資料は、家庭科が実践的・体験的学習の教科だとされて来た中
でどのような目的、内容、学習指導方法をもって授業を展開してきたのかについての成果
を示す価値あるものと考えた。
いま、教育行政における学校スリム化がさけばれ教育内容の厳選が進む中で、静岡県の
家庭科実践研究の蓄積を収集整理し記録に残しておきたいと考える。これは現在および将
来の教育行政に対する主体的判断や対応をするためにも必要なことであろう。
そこで本研究では次のことを目的として進めてきた。
・家庭科教育実践の概観をとらえ変遷の様相を明らかにする。
・体験的学習の意味を整理し、変遷の様相を明らかにする。
研究組織
研究代表者
吉原崇恵(静岡大学教育学部 教授)
研究経費
平成11年度
平成12年度
計
900千円
500千円
1400千円
研究発表
ロ頭発表 伏見亜矢子、吉原崇恵、高等学校家庭科の授業実践報告にみる
学習指導の変遷、日本家庭科教育学会第43回大会、
2000年7月2日
1
序章
序
章
研究の視点と対象
本研究のキーワードの一つである体験的(てき)学習について基本的視点をふまえたい。
哲学や教育学の字義には体験と経験を区別してあり、体験は主観的で個別的なものとされ
るのが一般的である。体験に対して経験について岩波国語辞典では実際に見たり聞いたり
行ったりしてまだしたことがない状態からしたことがある状態に移ること、それによって
知識や技能が身にっくこととされる。五感を通した体験によって変容したことが経験であ
ると理解される。デューイは子どもの生活領域に見られる体験や経験を教育の目的に対応
して再構成して学習活動に位置づけられたときに教育的意義が生まれるとした。そこで教
師が教育的意図を持って子どもの五感を使った体験を学習活動に位置づけることをして体
験的学習と考えるものとした。また、教育活動に体験が位置づけられるということは個人
の主観や個別性にとどまらないものに変容すると思われる。したがって体験学習と区別し
て体験的学習という用語を使用した。
このような立場で家庭科の実践研究の蓄積を整理するにあたり研究対象は実践計画では
なく、実際に実践した後の報告でなければならない。その資料は静岡県教育研究会(以下
・静教研)で収集した。静教研は静岡県の義務教育に携わる教師の97%を組織する研究団
体である。義務教育教員の自主的参加の会費で運営されており、発足は1965(昭和40)年
であるから35年間以上続いていることになる。後援として県小・中学校の各校長会、教頭
会があげられる。また県教職員組合も後援会に名を連ねており広い立場の教師が参加する
研究会と判断した。
研究方法
静教研の機関誌『研究会誌』の中から技術・家庭科研究部の報告を熟読した。論説は研
究課題やテーマを理解することが出来るものである。分析対象の資料は本時の展開が掲載
されているものである。同じく、静教研の研究集会時に示される報告書を整理し分析対象
にした。研究会誌掲載と重なる場合は研究集会時の報告書を選んだ。これらの内容をデー
タシートとして作成し量的な把握も出来るようにした。巻末に調査票を添付したe
2−一
第一章 静岡県における家庭科の授業実践
第一章 静岡県における家庭科の授業実践
第1節静岡県教育研究会(静教研〕における家庭科研究のテ_マ
および実践概要の変遷
静岡県教育研究会は1965(昭和40)年に発足しており『研究会誌』は年に一度の発行で
あるe各地区で研修された研究報告を掲載してきた。論説や実践報告である。ここでは研
究テーマを取り上げるが・授業実践研究の背景としての意味があると考えた。県の統_研
究テーマは1969年から見られた。当初は小学校家庭科教育研究部(以下 小学校)と中学
校技術■家庭科教育研究部(以下 中学校)はそれぞれ独自の研究テーマで研修を行って
いたが・1984(昭和59)年から小学校と中学校が合併し、技術・家庭科教育研究部となっ
た。表1−1は研究テーマの一覧である。
1.1966年
(1)小学校 小学校家庭科の施設・設備の調査がなされ乏しい実態、良い施設・設備
の下で効果的な質の高い授業ができよう、と主張されていたe
(2)中学校 3つの研究課題を持っていた。①学習指導にっいて思考学習を高める指
導、技術・家庭科のプロジェクト学習の本質についての研修を行った。当時の指導的な助
言者は舟本久義氏である。②技術研修 ③施設・設備に関する研究である。各地区の研究
テーマには教具の活用や、教具作りなどが多く見られた。
2.1967年
会長の鍋田良次氏は静岡県の教育運動として創造性や主体性を育てるということについ
て、ひとりひとりを大切にすることであり個性的な体験、見方、感じ方が民主主義の必須
の条件であるとしている。人の意見に惑わされず、自分を見失うことのない強さを求めら
れていた。教育専門家とは、子どもが見え、子どもとの間合いがわかる人であるといわれ
ている。
(1〕小学校 食物領域における学習指導と評価
(2)中学校 現行指導要領の問題点や男女共通題材や配列の系統性の研究、思考力を
高めるための学習指導についての論説があった。学習指導を学習内容と学習過程の二面か
ら考えるとの提案があった。被服製作の内容研究としては着用の主体としての人体の研究、
被うものとしての被服の研究があること。浜松市や富士市からは学習過程の提案があり、
問題提示の過程(見つめる、つかむ)、予測(てらす、考える)、検証(行う、考える、
適用)のなどである。教具としては、分解標本、実験標本、図、完成標本、縫い方標本の
3
工夫があり、応用転移の効く学習のために考えられたものである。
表1−1
研究テーマの変遷
中学校(技術・家庭科)
小学校(家庭科)
思考活動を高める指導。プロジェクト学習の
施設・設傭
基底カリキュラムの作成
本質。施設・設備。
1969
正970
男女共通教材
創造的思考力を伸ばす学習展開
一考える学習をどのように取り入九るか一
実習課題の実践的研究
作業をとおし.教材を構造的にとらえる教材研究、
・系統化、学習内容の核
1971∼
匡973
L974∼
1975
1976∼
1981
1982∼
1989
実習題材選定と指導過穏の実践的研究
学習の見通しの段階を重視した指導過程の研
究、技術習得の過程での科学的な追究の重楳
指導過程の実践的研究
学習指導要領による各学年のおさえを再検討
した独自性
創造的思考を高め実践力を育てるどう進めた
らよいか
作業題材を遡し児童の創造性を高めるために、どの
ような筋道で問題を追究し、実践させたらよいか。
・基礎的知識技能を習得し応用発展する力・創意工
夫しながら謀題にせまり製作するカ・生活を明るく
しようとする能力や態度
・資料や実験をとり入れて、科学的で創造性豊かな
子どもを育てる・生活の中の身近な間題を探り見っ
・思考の重視から実践力の重視へ・ひとりひ
とりの力で自分独自のものを作り出そうとす
る力・新たなものを作り出す力
・実践的・体験的な学習、工夫し創造する能
力、一人一人に応じた指導、実生活と科学的
根拠の結びつき、私生活への生かし方、学習
過程の提案
けることから始まる。
主体的実践活動をとおして問題解決の能力を
1981∼
育てる。
よりよい生活を工夫し、実践する家庭科学習の追究
・なぜつくるのか、どうしてこうするかの根拠をも
たせる。実験や試しつくりを重視する。
・問題を見つける研究から、問題を解決する
能力を育てる研究へ。・主体的に取り組む場、
過程を仕組む教師の働きかけがより一層重要。
実践的、体験的学習をどこに位置づけるか、
予想に基づく実証の場面で実験・実習を位置
づけた.
1988 ’v
l989
サブテーマ
ー人一人の特性が生きる学習過程の形成.
・実生活のなかにおいて自己の生活を創造し
発展させる。学習コースを分ける。
・間題解決場面での学習コースを設けて一人
左に同じ
一人の謀題にそって解決法を選んだり実証す
る形を取り入れる。
1990∼
1997
一人一人の体験の質を高め技術的能力を育て
一人一人の体験の質を高め生活的能力を青てる授
る授業。
熟
・主体的な体験・喜びや感動のある体験・学
習内容が理解できる体験・技術に対する見方
考え方を深める体験。
1998∼
・子どもとして価値ある体験・それによって知識や
技能を学ぶことが出来る・次の意欲課題へっながっ
ていく体験。ユニットを考える。
生活や技術に対する感性を高め、創造的・実
践的態度を育てる授業。
・五感を生き生きと働かせる体験、驚きや疑
問や予想がわき出る体験、学習方法や内容が
理解できる体験、友達からの触発のある体験。
・問題を見つける、やってみる、考え理解す
る.を重視。
4一
3.1968年
創造性とは何か・創造は問題を見つけることから始まるとの提起があったが新学習指導
要領の移行措置の時期に当たる。統一的なテーマが次年度には示され研究会の体制が確立
しようとしていた。
4・1969年 県の統一的な研究テー一マが提示されるようになった。
(1)小学校 基底カリキュラムの作成と新学習指導要領の研究
基底カリキュラムを考える際には内容の要素的なおさえ、有機的な関連づけを重視し家庭
領域を衣食住の3領域に関連を持たせて指導する、そして藤枝中央小学校では主体的に学
習に取り組ませる手だては「生活から出発して生活にかえる」ことだという。すなわち①
生活を見つめる②問題の意識化③学習問題の決定④学習計画(解決の方法)⑤研究(解決
のための学習)⑥実践化の過程がそれである。また、個と全体の関係が考えられている。
その家々の好みがあることをふまえ、授業では困ったこと、わからなかったこと、気づい
たことを発表し、原因を考え、共通性を見つけるという。高度経済成長を支える科学技術
教育として期待された1958年学習指導要領は、それまでの試案性から拘束性が強くなり全
国画一的な教育がなされた批判されてきた。しかし、研究会ではこの時点で学級集団の個
と全体の関係のあり方に問題意識をもっていたことは注目されることである。
(2)中学校 創造的思考力を伸ばす学習展開:望ましい技術・家庭科の授業展開一考
える学習をどのように入れるか一
東部では主体性をもって活動する授業の研究をした。献立学習と調理学習を結びつける
ために、理論学習の後、自分の食事の記録と食品成分表で献立作成の目安を立て自分の食
事の良し悪しをみさせた。またブラウスの製作では見通しを持たせるプロジェクトメソッ
ドが適切でとくに計画段階の工夫の必要が問題にされていた。さらに計画を立てるには実
験学習、部分練習、観察が実習段階では部分標本や、製作標本が必要という。すなわちこ
のような適切な資料を準備して考える学習を追求した。
中部では学校での調理実習が定着せず食生活の意識関心が問題であることから実習後の
家庭学習、家庭の実生活と結びつける課題が出された。
西部ではグループの自主学習と評価を取り入れて創造的な思考力に迫る報告がされてい
た。
1969年版学習指導要領では、内容の示し方が「知る」「考える」「できる」という能力
とともに示されている。製作前の計画や製作段階いずれも標本や資料の工夫をし、あるい
はグループ学習また実生活との結びつきをさせることによって、考える場を位置づけた授
業を追求していた。
5.1970年
5一
(1)小学校 作業をとおし、教材を構造的にとらえての教材研究
このテーマは、教育の現代化の思潮が普及したものと考えられ、学習指導要領では1968
年版が背景にある。教材内容の精選を図り構造化と指導の過程で学習内容の核となること
に、教師は教材をとおして児童に迫らせるようにし、児童の断片的な知識を整備し系統化
し自分で生活を作りだしていく手がかりをしっかりとっかませる事が大切であるとされ
たe
(2)中学校 実習課題の実践的研究く意欲的効果的な授業を進めるために〉
標本や教材教具の研究が意識された。住空間の機能を題材にした研究授業では住まいか
ら入った事の反省がなされ、人間中心に、夢を持たせる建築写真を用いたいとある。ユ969
年版の学習指導要領では住居の領域が設けられたが木製品の製作や第一、第三角法などの
製図法が実習題材になっていたeそれでは生活に視点を置いた住教育ではないと言いたい
ものであった。しかし静教研では学習指導要領の題材にある家具を取り上げても人間(自
分)を主に考えて、①どういう生活をするから②どんな家具が必要で③それをどこに置く
かをおさえるとある。1960年代の教育内容が現実の子ども達の生活向上や学ぶべき内容と
してそぐわなくなってきたことをふまえ問題意識にされたものと考えられる。
被服製作においては思考力、学習意欲を持たせるために①能力に応じてデザインさせる
②成長を考慮して型紙を選ぶ③布地は自分で選ぶ④実技指導の一斉指導と個人指導⑤完成
品を着用して写真を撮る・一日校内で着用するなどの学習の工夫がなされていた。子ども
の興味関心を重視する後代には当たり前になっていく考え方が1970年代はじめに示されて
いたことに注目しておきたい。また健康の視点から所有枚数を考え必要感をもって製作さ
せるとあり、この点は所有しすぎが問題になる現在とは異なる生活実態を教えられるe
6.1971年∼75年
(1)小学校(1971∼75年) 作業題材を通して児童の創造性を高めるために、どのよ
うな筋道で問題を追求し考えさせたらよいか
創造性の育成をめざす時、住まいの教材では子ども達の考えではどうしようもないもの
がある、そこで学校などの共通の場で実践させ家庭での実践に導く。学習のすすめ方につ
いて問題解決学習過程の中で合理性や科学性を身にっけさせる、問題意識、解決の予想を
立てる、検証する、創造的実践をするという提案が見られた。家庭科の生活を見つめる、
考え工夫する、生活に生かすという学習過程に関連して生活実態の把握は、児童自身が自
分の生活を見つめ疑問や矛盾を見いだす訓練からも大事なことだと位置づけた主張があっ
た。また子どもの個人差に注目し、問題の受け取り方がさまざまであるから学習の方法は
個別学習をもとにした学習が大切であり、カルテの必要性が主張されていた。そして評価
は出発で教育計画の資料として活用されるものであるとした。ここで展開される諸問題は
教育実践研究視点としてその後にわたって常に検討されていくものであった。
一6一
1974年には「汚れた下着を着てV・るとなぜいけないのだろう」という問題で実験授業の
報告があった・下着を取噂える腰性の根拠を示すために汚れた布、洗ってあるで吸水
実験をし比較し考えるものである・続いて汚れの成分の理解を経て洗濯の必要性を押さ
え・・さらに・洗剤の働きの一つ乳イヒ分散(水と洗剤液に油を落とし油の散る様子をmes
する)の実験をしOHPで観察させる.198・年代になってニンヒドリン溶液でたんぱく質
汚れの検出実験が行われるようになるが、それはそのまま下着の取り替えや洗濯の必要性
にはつながらない。この報告のように着ていた布の性能が低下し、下着の役割を果たし得
なくなったからそれを回復させるための洗濯であり、洗剤の汚れを落とすしくみを実験す
るのは・論理的で飛躍がなく分かりやすいものになっている。生野菜の調理ではビタミン
Cの調理による損失を理解して材料の選び方、洗い方に生かす目的でインドフェノール溶
液による実験を取り入れている。これらの実験は教師実験の場合が多いように読みとれた。
(2)中学校(1971∼73年) 実習題材の選定に関わる指導過程の実践的研究
中学校では実習題材の選定のみでなく指導計画の中心的な問題で実践的という意味から
学習指導の研究を主としなければならないといわれ、それまでの題材、教材研究から学習
指導過程の研究になっていくさきがけの時である。①被服領域では被服整理の分野と考え
られる布地の性質を燃焼実験や、吸水実験、織り方や品質表示の実物を取り入れて被服製
作段階で行いブラウスに適した布地という題材にした。平面の布で立体の人体をどうした
ら包めるかという問題を和紙で人台にあった型紙を作り、ダーツ・襟ぐり・袖ぐりの曲線
の理解をさせていた。縫い方の段階でもパジャマの後ろまた上に焦点を当て体の動きと布
の伸縮のスライドや資料、示範、をもとに話し合い実習していく。しかし、思考はできて
も実技に移すことができないと問題提起されていた。②住空間の計画と題材の選定では、
学習指導要領に見られるダイニングキッチンや収納整理棚という題材に対して、生徒の意
識調査からして勉強部屋に関心がある事を問題にした。単位空間から人が生活するために
必要な空間を知ること、勉強部屋の学習を通して個室から共同で使う空間の理解へと転移
する事を考えられていた。③食物領域では食品、調理法、食品の調理上の性質を関連づけ
することを強調されている。④授業分析の手法として学習目標の決め方、評価の仕方、実
証授業、指導計画の修正などの研究課題が出されていた。1973年には指導細案の実践的研
究があり、実践的という言葉は実証的という意味に発展させるべきという課題が設定され
ていた。
(3)中学校(1974∼75年)指導過程の実践的研究一指導過程の検証と修正一
食物領域の調理上の性質で、一つは題材のどこでどう押さえるかを検討し題材と学年配
列を絞ったこと、同時に実験の仕方による定着度の比較を行っている。比較とは、実習中
の実験と授業前に示範実験をするものであった。その結果作業をとおして生徒自身の手や
頭を働かせることによって自分のカで習得する指導の有効性を検証した。その他の報告で
は実験の取り入れ方の報告である。インドフェノール溶液によるビタミンCの定性実験、
7
米の吸水時間による比較と食味の違い、カロチンの油と水の溶け具合の比較などである。
これを、教師実験とグループごとの実験による比較を行った報告もあったeカバーの製作
を試作させ子ども自身が問題点を見いだし製作の見通しを立てる指導過程の提案があっ
たe
7. 1976∼198正年
(1)小学校(1976∼1980年)創造性を高めるためにどのような筋道で問題を追求させ
たらよいか一衣領域を通して一
しみのとり方の実験、上着の洗濯では下着の洗濯とは違う点に問題意識を持つように
し、布、洗剤など実物や実験を通してじっくり考えさせる。
1977年の報告では子どもに試行させたことによる指導のポイントが示されて興味深い。
「便利なふくろ」という題材で「ある児童が箱を紙で包み開いて作図しまた、箱に当てて
は考えていた」しかし、ゆるみ、ぬい代には考えが行かなかった。そこで学習問題「ゆる
みやぬい代について考え、箱の大きさに合った型紙の作り方がわかる」が設定された。
西部では自ら求めて追求する子どもを育てるとき子どもの土台である生活経験の違いを
ふまえ一人一人の子どものつまづきや考え方を把握し学習に位置づける事を問題にした。
そして、①つかむ②追究③実証④評価の学習過程を提案した。例えば題材「整った身なり」
の本時で「本返しの方法を調べてポケットのほころびを直すことができる」があるe①で
は「どんなところがほころびるか」「どうしてこれらの場所がほころびるのか」「そのま
ま着ていたり洗濯するとどうなるだろうか」の問がある。②では「ポケットのほころびを
直すのにどんなことに気をつけたらよいだろうか」「本返し縫いを正確にきれいにする方
法を調べよう」の問であるe実証として実習し評価とは正確に縫えたかを反省することで
ある。また、「生活を科学的に見たり処理していく」「人間らしく生活する」カを創造性
として考え、指導方法の工夫と改善を①子どもが必要感を持つ学習問題②学習形態の工夫
と資料の工夫すなわち、個の問題や考えを生かすために小集団、一人、一斉学習を展開し
位置づける③買い物、選び方など消費者教育に目を向けるとの提案(岩井弘美子)が見ら
れた。
1978年の報告は「家の模型」を使って採光のしかたを展開したものがある。「気持ちよ
い住まい」では、問題をつかむ(教室内の机の中、部屋などの乱雑になっている様子)、
調べる(自分の持ち物の整理整頓の状態をみつめる)、問題をしぼる(整理整頓の乱れる
原因)、つきつめる(整理整頓の必要)、広げる(自由に整理整頓させ、どのような観点
でしたかを発表し合う)この学習過程が示された。
1979年の報告では「涼しい住まいと楽しい住まい」の題材で学習過程と授業記録があっ
た。学習過程は、見つける(南向きの家が多いわけ)、つかむ(涼しくすむための工夫で
していること)、確かめる(模型の家を使い風通しを調べさせる・風通しをよくする工夫)、
一8一
まとめる(風通しをよくするにはどんなことに気をつけたらよいか)、適用する(実践カ
ードに書き計画させる)、次時の予告(のれん作りの準備として考えてくること)となっ
ている。まとめの部分の修正案があり、教室の窓を閉め気温や湿度の変化を調べさせる
など実験・体験で関心を高める。その他にも課題把握のさせ方について実態調査、実物に
よって問題点を発見したり気づかせたりすることの大切さを確認した。子ども達の日頃の
掃除の実践が困難なことから「気持ちよい住まい」では汚れの原因がわかり生活に生かし
ていくことを目標にしている。科学的根拠をもとに合理的な処理ができるように生活に生
かす方法も考えさせる展開である。
1980年の西部の報告で「生野菜の調理」のすすめ方が検討されている。理論先行型の場
合は受け身的になり意欲、興味、主体性に欠けがちである。実習先行型の場合は興味に先
走り技能がおざなりになる。部分実習(食生活一実験実習一食生活)の場合は工夫し実践
するというものであった。何のために実験実習かを学習過程の中で確かめる検討になった
と思われる。
(2)中学校(1976∼1981年)創造的思考を高め実践力を育てる授業はどうあったらよ
いか
実技指導では原理や法則性を理解させ、技術的な思考力や実践力を身につけるとされ、
これらの定義もなされるようになった。技術的思考力とは「人間の欲求や願望に基づいて
既存の知識や経験を組織立てて、ものの活用の原理を追求する。技術的な課題を見つけだ
す力、技術的な課題の中にある諸要素とそれらの関係をさぐる力、課題解決の実現可能性
をさぐる力」とされた。「さぐる」という力は明確ではないが目標とすべき能力の要素が
あげられていると思われる。技術的実践力は「技術的な課題に対して目的とするものを作
り出すために道理にもとついてむだなく実践し処理できる能力」と整理された。
ブラウスの構成と指導を通して人間の生活と人体機能と衣服の関わり合いを研究させな
がら理解させる。そのために①上半身の形を予想的につかむ、自分の体や人台をさわる、
眺める、図示の活動をする。②人台に紙を着せ形を作る、袖ぐりの深さ、首のくり、肩の
厚みに気づき、③できたしわをまとめて切ることによりダーツの意味を知る。④動作によ
るゆとりの必要性を知る。など基礎的知識を知る指導法の研究がなされた。このころの報
告から子どもの活動紹介、本時の展開が掲載されるようになった。学習過程の研究が本格
化したと思われる。学習課題一学習問題一予想立て一検証一結果の吟味・解決一次時の課
題という段階が示されていた。また、「そでぐりのしまつ」という題材では学習課題とし
て①そでぐりをしまつするにはどんな方法があるか
②三っ折りでしまつできないか確かめてみよう③なぜ切り込みを入れなくてはならないか
があり、学習問題として「そでぐりをしまつするにはどんな形の布を用意したらよいのだ
ろう」となされていた。
1977年にはこれらの理論的裏付け、授業実践・修正・実証・生徒の変容をめざすといわ
9一
れた。この時期の報告から、昭和54(1979)年の東海北陸地区大会をめざして実践研究・
理論化が活発に行われたことが伝わってくるe中部では「すまいのくふう」で、勉強部屋
やダイニングキッチンの設計を題材にしているが、人間工学的な見方で展開している。人
間一家具一住空間一建物という関係で捉えるとして人間と家具の関係を捉える課題に対し
て「いす」を教材にし、「学習に適当と思われるいすを選んでください、その理由も考え
ましょう」を本時の学習問題にしてある。応接用や生徒用のいすを使って仮説を立て検証
では高さの調節をしながらシンクロカーボン紙で体圧分布の測定をしている。そこから一
般化がなされる展開過程である。その他、課題が投げられたときの驚きや疑問という情動
が課題の把握につながるとして生徒自身が問題を見つけ解決する方法を見いだしていく取
り組みを追求しているeまた、個人の課題と全員の課題の調整(金原治子氏)も次年度に
続く研究課題とされている。
1978年の報告は前年に続いている。住居領域の報告があり、自分たちの住生活に目を向
けさせ住まいのはたらきを考え人を中心とする住まい方ができるような見方を育てる。そ
のために、実生活の中から問題点を見っけ、自らの力で解決していけるように人間工学的
な考え方を身につけさせることが大切といわれている。考えや知識を学ばせるのではなく
考える態度や習慣を養うとあるe食事用のいすの選び方が課題であり、いろいろないすの
実物に腰をかけたりして体と食卓の間にどんな問題があるかを見つけさせていく。本時の
学習過程は、学習課題の把握一問題の提示一問題の発見一仮説一実証一検証一まとめであ
る。ここで二つのことに気づくe一つは建築工学から脱皮したい意図があるが人間工学に
依拠するという点、住まいをめぐる実生活の問題点がそれに相当するのかどうかという点、
である。1960年代の学習指導要領では住教育が木製品の製作や製図が主流だったことから
すると学習過程の中で実物に触れ体験しながら問題解決をしていく点には新学習指導要領
の実施前にあたり研究の成果が感じられるものではある。
1979年では問題提示のあり方について検討中である。
1980年の報告は学習指導要領の1981年完全実施を前にして指導計画の作成が課題になっ
ていた。学習指導要領ではいわゆる相互乗り入れの形があり、社会的には国際婦人年から
時を経て男女共学の実践が進んだ県もあった。ここでは、「ムードや風潮に流されての共
学は厳に戒めたい」とあり、歴史的には先取りできなかった問題だと思われる。
1981年の報告では東部から研究の重点が出され「生徒が自分で次時の学習問題を決め・
その解決に意欲を燃やす。教師はそれを先取りした課題を配列する」「生徒自ら手や頭を
使って既成の思い方、考え方を再構成する教師の働きかけ方」などがあった。そして①初
発問(学習課題の提示)、焦点化の発問(生徒の感じ方、考え方を顕在化)・主発問(ゆ
さぶる、くつがえす)、解決のための手がかりとなる発問、応用、次時の学習意欲になる
発問が提案された。
静教研では1977年学習指導要領の実施前に実践的・体験的な学習、工夫し創造する能力、
10一
一人一人に応じた指導を意識して研究課題にしてきたことがわかるe実生活の中から問題
を見つけさせること・解決のための知識・技術を活用することなど、実生活と科学的根拠
の結びつき・私生活への生かし方を研究していたeその中で学習過程のいくつかの提案が
なされていた時期である。しかしながら実生活の中から問題を見つけるということについ
ては学習指導要領の範囲内であっただろうと思われる。この点は後述の題材名の変遷から
確認する。
(3)小学校 1981年から新しいテーマになった。 よりよい生活を工夫し、実践する
家庭科学習の追究であるe
中部から「作ることができた」「美味しかった」だけで調理が終わっていなかったかと
いう反省がなされた。意欲的に取り組むためには「目的が明確、やりがいがある価値を持
っ、手順や方法がわかる、認められる、励まされる、賞揚される」をふまえ「家族に喜ば
れる野菜サラダを作ろう」に取り組んだ。家庭の理解、配慮などの手だてが必要だったと
考察された。また、西部から家庭生活の現状が子どもにとっての問題を与えていると報告
された。省力化、学力重視の生活の中で子どもは家庭の仕事の経験が少なく「生活を見つ
めて工夫する力を弱くしている、家族関係の潤いまで失わせている」というものである。
そこで「ゆで卵作り」では試行を取り入れた。個々やグループが持った疑問点や簡題点を
生かして資料等を用い解決の方法を考えさせる学習過程を作った。 ①自分のゆでた卵の
観察②卵の凝固実験③ゆで卵の観察④ゆで卵つくりの条件⑤まとめ発表⑥次時の内容とい
う過程である。ここでは、「黄身が真ん中にあってちょうどよい固さのおいしいゆで卵」
を作ることになっている。どのようにして食べるのかのイメージが必要であるが、その点
が欠けていた。飾り切りをしたい、ミモザのようにしたい、タルタルソースにしたいなど
ゆで卵の条件を生かして固ゆでにしたり半熟にしたりして作ることが大切である。この時
点ではその手前の段階になっている。しかし、生活経験の少なくなった子どもの状況をふ
まえ「試作」を取り入れた点に注目しなければならない。
8.1982∼89年
(1)小学校(1982∼83年)よりよい生活を工夫し実践する家庭科学習の追究
「ゆで卵」の学習にあたって、ガスに火をつけた経験がない子どもが8%であるという。
どのようにゆでたらよいかをわからせるだけでなく自分の好みや目的にあったゆで卵はど
のようにして作るかがわかることが生活化へつなげることである。そのために実験的学習
を取り入れるとあり、教え込む学習ではなく自分から発見する学習へと工夫された・ゆで
る時間を変えた数種類のゆで卵から自分の好みのものを作る見通しを持たせることができ
る。全員が同じ固ゆで卵を作っていた前の時期とは変化した教材観であるe「生野菜の調
理」では全員が包丁が使えるように試し切り、練習コーriLナー・個人指導などの指導の工夫
がされた。子どもの様子が研究の前提として述べられることが多くなった。子ども達の生
11
活が荒廃し本来好きなはずの手や体を動かし自分の生活に目を開き生活にまじめに取り組
む姿勢が見られないのが現状だという。そのために学習過程は①生活を見つめ問題を発見
させる②共通の学習課題作りの場での考えさせる発問③追究の場の工夫④実践化であっ
た。
1983年は衣領域の研究で報告されている。沼津地区の研究は課題把握の場として生活を
見つめる場の問題が「下着は何のために着るか」「どんな汚れがっくか」「どのくらい汚
れているか」であり、自己の課題つくりを経て共通課題を導いた。追究は「どんな下着を
着るか、どうして汚れが落ちるか、洗濯の仕方を調べよう」の展開であった。志太地区で
は課題把握の場では「下着について勉強したいこと」「くわしく学びたいこと」を出させ
るe続いて、めあてを持つ、見通す(なぜ下着を着るか・ニンヒドリン)、深める(どの
ようにせんたくするか)、まとめ(さっぱりとした気持ちよい下着を着よう)の過程であ
った。二地区ともニンヒドリン溶液で汚れの様子を観察させ、下着の必要性や洗濯の仕方
へとつないでいる点は共通している。磐周地区の報告がある。学習過程は他地区と同様で
ある。本時の学習問題は「上着にはどんな布地が用いられているか、その布地にあった洗
剤はどんな洗剤だろうか、上着と下着はいっしょに洗っても良いだろうか」である。自分
上着の布地を品質表示で確かめ綿、ポリエステル、毛などの試験布を用意する。一方、下
着の洗剤が弱アルカリ性であるから5%アルカリ溶液に試験布を45分間つけておく。これ
を観察する。深める段階で観察結果から洗剤の選び方を確認するという展開である。
(2)中学校(1982∼89年) 新しいテーマになった。主体的実践活動を通して、問題
解決の能力を育てる授業
1982年 浜名地区からはプロジェクト方式よりもユニット的に指導計画を立てると報告
されていたe学習指導要領はゆとりを標榜し内容の精選、授業時間の削減があった。ユニ
ットで計画するのは、長いスパンで形成的評価を見る必要があったとされた。そのため弾
力的な指導が行えるようにという趣旨の他に、体験的学習を数時間のまとまりの中で展開
したい背景があったと考えられる。
1983年新しい学習過程の枠組みの提案があり解説されている。「生徒が問題解決過程で
学習の主体的要因(思考、技術、情動)をどのように働かせて新たな価値を獲得していく
か。教師の役割、働きかけがどのように必要か。」という問題意識のもと次のような学習
過程が考えられた。
①教材の中にある問題を見つけることから始まる(質の高い教材の選択、教材提示の方法)
②生徒個々が見つけた問題を発見の事由や共通点について吟味し共通の学習問題をまとめ
させる(思考活動)③見つけた問題に対する解決のための仮説の設定(思考活動、生徒の
学習経験や生活経験、教師の働きかけによる新たな情報)④仮説に基づいて実証する(実
証方法の思考、実証・調査・実験)⑤実証結果を確かめる(検証)⑥新たな問題を見つけ
実践する。このような問題解決学習の過程を構想するとき子どもの学習心理や問題意識を
12一
主眼としながらもそれらを含んで教師は学習過程を見通し教えること、考えさせること、
を重視した。そのために発問、資料、教具などの教師の働きかけの重視、研究がなされた。
1984年には学習過程の枠組みが定型化された。①学習問題の提示②問題の発見③焦点化
④学習問題の成立⑤予想立て⑥実証⑦検証・追究⑧まとめ、次時の予告である。
スモックの製作の場合に(a重点をおく内容を検討し、なにを、どのような方法で、どこ
まで習得させるかが問題になった。見返し布による曲線部分の縫い代の始末にはを平らで
きれいに仕上げることが学習課題、そのために切り込みか必要であることに気づかせるこ
とが学習問題に相当していた。標本の活用が研究された。
(3)小学校(1984∼89年) 1984年から小学校家庭科教育研究部が合併し、技術・家
庭科教育研究部となった。
1988∼89年の期間はサブテーマとして「一人一人の特性が生きる学習過程の形成」とさ
れ、学習過程についての研究が主とされている。これは新しい学習指導要領告示を前に子
ども一人一人を重視した個を生かす学習過程を指向し研究課題にしたものである。前の時
期の研究で子どもの学習意欲や主体的の学習を研究する中で子ども一人一人の生活背景や
そこから生まれる関心を学習過程にどのように位置づけるか研究されていた。学習問題の
設定段階で共通の課題に焦点化させる工夫がなされてきた。また問題解決の方法も教師の
情報提供などの働きかけによってなされる形であったと思われる。もっと一人一人により
そった学習過程の研究関心から問題解決場面での学習コースを設けて自分自身の課題に沿
って解決法を選ぶことやそれぞれの方法で実証する形が取り入れられるようになってき
た。この後、個を生かした問題解決学習の研究が進められることになる。
9. 1990∼97年
(1)小学校 一人一人の体験の質を高め、生活能力を育てる授業
(2)中学校 一人一人の体験の質を高め、技術的能力を育てる題材と授業
この時期から小・中学校がほぼ同様のテーマのもと研究会がもたれるようになった。
そこでこの期から小中を分けないで報告時期ごとに見ていくことにした。
1989年の小学校の報告に、朝食の献立を作る予想立てや検証段階においてグループで活
動させたり発表させる実践があった。そして一人一人の考え方や追究の仕方を生かす指導
計画が課題になっていた。研究部の提案にも学習問題成立後の予想立てから実証・検証段
階まで同じ考えの生徒がいくつかの小集団を作り問題解決していき・小集団の活用で個を
生かす。作業法を一つに決めないで自分に合った作業法を見つけだす実践を求めるとして
いる。原川清三郎氏は「生徒に何か作業、実験をやらせることが実践であり体験であると
は言えない面がある」といっている。この指摘がこの後の研究の推進力になり・表記の新
テーマが設定された。
1990年新テーマの下の発表である。小学校で清水の小杉知恵子氏は「楽しい小物」で二
13
つ穴のボタン付けにあたって、深める段階での試行を取り入れた。その後、実物のオーバ
N・・一一一
フボタンの観察、正しいつけ方の例の観察をしてどのようにつければよいかを見つけさ
せる。一人一人の試行の体験が次の観察を意味ある体験にしたと思われた。同じく小学校
の富士宮の榊原陽子氏は「じゃがいもをおいしくゆでるために、大きさとゆでる時間の二
つについて実験で確かめたい、どのような実験をしたらいいだろう」の問題に取り組ませ
た。このように課題、切り方、調べ方を自由にさせてあり、それぞれが活躍でき友達と比
べる際に理解が深まった、と記されていた。
新テーマについて原川清三郎氏から解説があり、研究の継続性、体験の質を高める、技
術的能力、一人一人を生かす工夫、問題解決過程を単元に広げる事などについて定義が示
された。なにげなくやっている手順や方法にも理由があることを、生徒自身が実感を伴っ
て理解できるような体験を実現するための研究である。前研究期では問題解決学習の一般
形としてあげた8段階は実際の授業としてはやや細かい、したがって問題の発見や、実証
場面などにおける実験や観察の時間が少なくなってしまったり、生徒自身の力で解決でき
なくなってしまったりする現状があった、と分析されている。かといって実習だけに時間
がかかりすぎたり安易に半完成品のキットなどを利用することは避けたいとして、体験の
質を高めるには次の条件を満たす体験を考案していくことになる。
①主体的な体験(生徒自身が進んで取り組む、生徒の必要感や問題意識に支えれれている)
②喜びや感動のある体験(わかったできたという喜び、自分の考えが生かせたという喜び、
やっていて楽しい、おもしろいという喜び)
③学習内容が理解できる体験(やり方、方法など科学的根拠がわかること)
④技術に対する見方、考え方を深める体験(なるほどそこまで考えてあるのか、先人の知
恵や技術に対する見方考え方、自分でもやれるわかるという技術に対する自信)の諸条件
である。
前研究期でなされていた意欲や関心を呼び起こし、わかってできる問題解決能力の学習
過程を追究してきたことに加えた④の体験学習が注目される。これは学習者が学んでどの
ような世界観を築いて行くかという人格形成の段階でもあり学ぶ意味が広がる段階でもあ
る。
技術的能力とは「進んで工夫し創造する、手や体を動かしたり生活に結びついて資料を
活用するなど実践的に問題を解決する能力」と定義された。何を創造するのかが明確にさ
れていないが実践的な問題解決能力が強調されていた。家庭科教育にとっては技術的能力
に収敏されない生活創造の可能性があるのだがその点は後述し検討する。
また一人一人を生かす工夫としては授業によっては一人一人の仮説よってそれぞれが違
う方法で実験や作業に取り組むことの考え方が紹介された。
1991年の報告で小学校は静岡の杉山まさこ氏の実践があった。活動にあった服に気づか
せるために、通学服と体操着で学級体操をする、なぜ体操着が動きやすいのか考える、体
14一
操着の布はどのくらい伸びるのかを調べる、自分の服調べで作った衣服力_ドを使って運
動や他の活動にふさわしい服を探す・という展開であるe体験と考える活動が交互に位置
付いていてスムーズな学習過程だと思われた。浜松の牧野淳子氏は「リサイクルショップ
で服を選ぽう」と子ども達に呼びかけて250着の服を集めた。男女別、種類別に並べて洋
服売り場らしく作った。ラベルは子ども達が服に付いているものをよく見て手作りラベル
を取り付けた・子ども達は・ラベルやサイズ、上下の組み合わせを考えるなどの服選びの
本物に近い体験をした。シミュレーションである。ここではさらに新しい体験として人材
活用がある・実際にブティック勤務の保護者に教室に来てもらう。子ども達は人々の服選
びの様子や必要事項など専門家の話しを聞く体験である。シミュレーションは必要感や問
題意識を持って試行する体験と似ているがより責任ある意志決定などの試行ができるよう
な状況があるe
中学校の田方の萩島美智子氏の実践は、疑似家族が居間の片付けをするシミュレーショ
ンを学習問題成立前の段階で取り入れた。学習の共通基盤を作るために有効な位置づけで
あった。
1992年の報告では小学校で地城で不潔になりやすいところの調べ学習、グループ学習、
市の職員の人材活用を取り入れた実践が見られた。同じく小学校で「住まい方の工夫をし
よう」では健康と明るさの学習をするのであるが、自分が一番こだわっていることについ
て自分なりの方法で実験し調べていけるようにしよう、と採光・照明などの調査活動を行
ったeこれは1998年になって学習指導要領が出されたとき、調べたり追究する課題を個々
人が選択する形になるのであるがその先取りである。後の98年段階では内容、時間の削減
によるものであるが、ここでは子どもの興味関心が主体的な体験になるとの考えからであ
ったe
また中学校で実践の積み上げを行ってきた志太地区から焼津の塩沢智子氏はショートパ
ンツの型紙つくりの導入で「体の厚み」を取り上げた。そして、子ども達は自分の考えで
ショートパンツの型紙を紙に書き、それを実際に作ってはいてみる。すると子ども達は「腰
囲はだぶつくのに股の部分は窮屈、変だな、どこが悪いのだろう」と疑問をもって「もっ
と見ばえよくゆとりがあるようにするにはどうすればよいのだろう」と学習問題ができた。
予想して考える、図に書く、試着する、問題を発見する、という過程は体験と考えること
の相互関係によって追求心が現出してきた様子があった。またショートパンツにふさわし
い布地の選択の課題についてはどんな実験で確かめるのかを各班で考え、実験に生かし積
極的に取り組んだと報告されていた。
研究部から、学習過程をユニットで考案したとき問題解決学習をどこに位置づけるかが
提起された。①生活や製作過程の疑問やつまずきなどの体験から②問題を明確にする体験
③自分の仮説に基づく解決のための体験④解決したことを生活や製作過程に生かす体験
があるとして問題解決的な授業の中での体験は②と③であるという。
15
しかしながらこの見解には疑問が残る。これまでの実践を見ても①②③④のそれぞれが
独立して意味を持つのではなく①があって②が生まれる③の必然性が出て来る④の学習意
欲が生まれるという過程であろように考えられる。これからの実践を読み解く場合にその
点に関心を寄せながら読んでいこう。
1993年平成5年は東海北陸地区大会が県中部を中心に開かれた。静岡市の森田信子氏の
報告は「ホームパーティーの計画・実践を通した楽しい家庭生活作り」である。家庭生活
領域の新設で実践がなされて来たがその反省があった。指導が断片的になり生徒が学習の
見通しが立てにくいということだったaそこでこの題材で場所の整備と美化、衣服の手入
れ、食事作りという内容で構成しビデオ、ロールプレイング、シミュレーション、実物、
調査などの体験活動が取り入れられた。指導の系統性はあるが内容としてはプロジェクト
として総合的な学習の性格を持っていると思われる。
富士市の研究会の実践報告は室内の環境としてダニの生息条件をふまえた衛生的な住ま
い方の学習である。学習課題(不衛生になりやすい場所、原因、害虫)、問題の発見(害
虫ダニのVTRやOHPで拡大図)、焦点化(皮膚炎、人体への影響、自分の家にもダニ
が存在するか)、学習問題の成立(予想してシートでダニを採取してくる)、予想立て(採
取してきた場所と選んだ理由の発表)、実証(シートをライトスコープで観察、生徒が採
取してきた場所を黒板の平面図の中にダニが見えた生徒のマグネットが残る)、検証(ダ
ニがいた場所の傾向を確認する)、 表1−2 授業の基本型
一・
ハ化(ダニが繁殖しやすい条件) ESの基本型
eePtme)nte txme)Un「J mみ
とそれを防ぐ方法。コ人一人の予想 .識臨忠言灘 、
doa−t−−tv
に基づいた活動がありそれを個々が ’ 学習瓢 よr■齪糊罫こ㍊}品
実証し、全員分を照合することに
よって新たな知見、法則性を見いだ
していく過程が明確である。
ダニを採取するシートの利用
却劃団巴」r■ ・…・・
[竃ぽ「4窒■口自臨岬■「」り¶●1■●抱4.
・馴■●弓魯■e■“田■▼亀.
ee””Nm−Ptt
…『……’
」
1 生徒の姿A
‘
・ヨ巴殖阻」 ・… ………・
舗問鼻中骨ユ●r‘臼咋冶口田t:
胃匂噂岬「4■増■虜与へ■●一尾
_竺≡亘!竺ご三口_・
日■.
1
‘
もユニークであったe
同じく富士市田子の浦中学校の
一t担“
“;,;IN t
/\
■■耳■翼‘“
1−1
,−1
研究部から授業の基本型が検討
されていた。
’品一アごヒo■■
■●轟6口
プ←rt;“連s
■■o■■に連■T4
1■】・田4梱噌ピ》
■t’ 右㌔・
肯悼 u巾■■
■嘱臼●」・
含田1 口十■田
■詞り●」、
■■日尉寺当白
求める生徒の姿A1
16
目tつ■tb・
堂ロ●向阻ヰ・時厚
1994年の小学校の実践に榛原郡の杉山順子氏の報告があった。なすことによって学ぶ、
教えたいものから学びたいものへの転換、選択幅の拡大による自己決定の機会の保障を視
点においた実践であった。住まい方の工夫の題材で調査活動をもとに照明についての問題
解決の実践活動があった。子ども達は明るさの確保の工夫として、カーテンを開ける、教
室の机の並べ方を変える、廊下の掲示板に白い模造紙を貼る、などの方法を考え実行した。
自分たちの力でできる工夫を見いだすことは、住まいの改善は無理だという思い込みによ
って何もしないことに比べて、生活に愛着を持ち実践力の第一歩として意味がある。
1995年の小学校の実践に小山町の湯山薫氏の報告がある。題材名が「おすすめ卵料理を
作ってみんなに味わってもらおう」と一人一人に呼びかける形、行動の目標を示す形にな
っているe一人一人が調理し、班でお互いのものを食べ、作り方を教え合うというもので
あるc自分で調べたことが力になり実践すること、他との関わりで協力や集団の中の掴を
生かす形が工夫された。
中学校の報告で富士市の松井三津枝氏の報告があった。保育領域では幼児理解が多く取
り組まれてきたと思われるが富士市の実践は中学生の自己理解も目標になっていた。①学
習課題を持って保育園に行く②近所や親類の幼児を観察する③自分の幼児期のレポート④
おもちゃ作り⑤ビデオ撮影、鑑賞⑥自分の成長のスクラップ作りである。
1996年の小学校の報告で藤枝市の栗山明美氏は「地球に優しい洗たくをしよう」で自分
の家での洗たくの仕方を観察することを通して家庭や地域との連携を計ろうとした。実験
ではニンヒドリン溶液を使って汚れの検出をした。問題解決場面ではコース別、個人実験
にした。それは洗剤の量とすすぎの回数、ためすすぎと流しすすぎでの水の量の比較実験
である。
中学校の報告は掛川市の岡本由美氏の報告は、経済の内容においても直接体験に近づけ
た体験を多く取り入れている工夫をしたというものである。入学準備にかかった費用の計
算やこづかいの調査活動は直接体験に当たるものである。間接体験は情報の活用、店員役
と消費者役のロールプレイング、クーリングオフのシミュレーション、VTR視聴などは
間接体験であると考えられていた。
1997年には次年度からの新テーマの提案がされていた。それは「生活や技術に対する感
性を高め創造的、実践的態度を育てる授業jである。そして感性を高める質の高い体験と
は次のようなものとされた。
①五感を生き生きと働かせる体験
②驚きや疑問や予想がわき出る体験
③学習の方法や内容が理解で飽きる体験
④友達からの触発ある体験である。感性は問題を見つけ、考え、やってみる事柄を結びつ
けるものと考えられた。
小学校から浜松市の中村洋子氏の報告ではエプロン作りにおける一人一人の思いや願い
17
を引き出すための工夫、製作過程における個に応じた支援の工夫、作ったエプロンを活用
させるための工夫を盛り込んだ実践があったe①いろいろなエプロンを提示し実物を見る、
どうやって作ればいいのだろうと大まかな見通しを持つ②実物を実際に着る、エプロンの
働きをとらえる、一人一人の計画・カード記入・製作可能な計画になるように助言③しつ
け縫いあたりからT.T作業による担当、実物の資料提示④相互交流、活用の発展という
過程である。一人一人の意欲や個性に対応するためのT.Tは担い方からすると主・副の
形や主・主の形で進められていた。
富士市の報告はふくろ作りに生かすためにミシンの取扱説明書を作る実践であった。か
ら踏み、針と糸をつけてからの試行などの体験でミシンのしくみを一人一人が理解し、他
に伝える表現をしたものであった。エプロン作りでも試し作りとしてビニール風呂敷を使
いセロハンテープで留めながら、布で作る場合の作業の見通しを立てさせたものであった。
試し作りやT.Tの導入は経験不足の子ども達の学習を支援し一人一人の追究に対応す
るためということがわかる。T. Tは人材活用とも重なっていると思われる。磐田市の中
学校から鈴木千恵氏の報告はT.Tとして栄養士があたった実践であったeバランスのと
れた食事を考えてコンピュタを利用した献立作成をする際に専門家の話を聞く、助言・情
報を得る場面で興味をもたせることができたようである。毎日食べている給食の栄養士さ
んの専門的な知識や知恵が子ども達に興味をもたせたということは、知識が独立して受け
止められるだけではなく、その人の生き方への関心を含めて受け止められていくことを意
味しているようである。
2000年時点で感性を高めるための学習過程での体験の提案がされていた。学習場面とし
てゆさぶる場面(五感を生き生きと働かせ、驚きや疑問が出て問題意識が高まる体験)、
生かす場面(学習方法を予想したり見通して自分の良さを探す体験)、磨く場面(互いの
価値を共有する体験)というものである。感性を感覚や感情、イメージ、共感という側面
から育てようという課題であるが漠然としたテーマである印象は免れない。しかし、子ど
も達の状況がモノや友人、人に対する共感性、当事者性の希薄化が人格形成上の問題にな
っているのだろうと推察させるのである。家庭科はモノ、人、ことに関わって感性や認識、
実践力を育ててきた蓄積があることがわかった。感性を高める体験の研究があくまで対象
に関わり、迫っていく過程で生まれることを今までの成果の上に立って確認していきたい
ものである。
以上のように通史的に家庭科の実践を概観してわかったことは次の点である。
①技術科との共通テーマで進んできた。共通の能力目標であった。
②1970年代後半からとくに子どものわかり方、学習の仕方に視点を置いたテーマであった。
③体験学習、問題解決学習が知識、技術を得ることと創造性や主体性、実践力などの人格
形成と共に追究された。学習方法が子どもの状況の変化と共に工夫されてきた。
18一
④学習指導要領の完全実施の前にその趣旨を生かした実践を進めるテーマが設定されてい
た。
資料として年度ごとに実践題材名、学習問題などの一覧を示す。表1−−3、表1−4.
19一
表1−3 小学校
実践の年度
資料番号
S.42 1967
1
S.42 1967
2
題材名/キーワードまたはく学習問題〉
サラダ作りの手順と計画/手順表用紙、実習計画、必要な用具
簡単な野菜の基礎技能/紙の包丁、計量スプーン、すりきり、用具の名
称
S,42 1967
3
S.42 1967
4
S.43 1968
S.45 1970
5
6
S.45 1970
7
S.45 1970
8
野菜の生食/ビタミンC、衛生、味っけ
調理実習「野菜サラダ作り」/ビタミンC、塩味のめやす、計量スプー
ンの使い方
へやの照明/照明器具セット スタンド ルクス計
布地にあった洗ざいと洗い方/洗剤の実物、布地の品質表示
二つ穴ボタンのつけ方/困ること、布の厚み、二本糸、やりなおす
整った身なり/ボタンっけ、二つ穴ボタン、ゆるくつける、しっかりつ
ける、布の厚さ、
S.46 1971
9
S.47 1972
10
S.50 1975
11
〃
12
〃
13
S.50 1975
14
S.51 1976
15
S.51 1976
16
S.51 1976
17
S.51 1976
18
S.51 1976
19
S.52 1977
20
S.52 1977
21
よい調理/味つけ、きゅうり、味くらべ、塩の分量、小さじ1の計量
すずしいすまい/窓、通風、日よけ、気分、気温
明るいすまい/ルクス計、照明のしかた、全体照明、部分照明
明るいすまい/採光、仕事と明るさ、文宇の読み書き、針に糸を通す
明るいすまい/昼光率、部屋の方角、模型ダンボール
まくらカバーの製作/カバー、ふくろ、布の大きさ、採寸のしかた、必
要量の出し方、ゆるみの必要性、ぬいしろ、標本
ごはんとみそしる/2種類のごはん、米の吸水時間、生米、試食、観察
なま野菜の栄養/野菜サラダ、ビタミンC、インドフェノール溶液、教
師実験
布地の種類と洗剤/上着の洗濯、洗剤と布地の関係
しみのとり方/古いしみ、新しいしみ、洗剤、ごはん粒
ふくろ型まくらカバー「必要な布地と同寸法の型紙」/どこをはかるか、
2分の1原型、ゆるみ、ぬいしろ
整った身なり/ほころびやすい部位、針め、本返し縫い
カバー作り/紙とホッチキスでっくる、大きさ、寸法、ぬいしろ、型紙
S.52 1977
22
ゆるみ
便利なふくろ/紙とホッチキスでっくる、大きさ、寸法、ぬいしろ、
S.53 1978
23
S.53 1978
24
S.54 1979
25
S.54 1979
S.54 1979
26
27
28
S.54 1979
29
S、54 1979
30
S.54 1979
31
S.54 1979
型紙、ゆるみ
気持ちよいすまい/整理整とん、教室内の机、机の中、乱雑になる原因
楽しい住まい方
整理袋つくり「製作計画」/中に入れるもの
室内の美化や生活に役立つものの製作計画
生活に役立つ装飾品/必要性
楽しい住まい方/作品をつくるための構想を出し合う
身のまわりのせいり整とん/良い整理整とんのしかたや手順
そうじの必要性く住まいにあるごみやよごれをそのままにしておくとみ
んなの生活にどういう影響を与えるか考えてみよう〉ぞうきんの培養
気持ちのよい住まいくどう整理整とんしたら使いやすくなるか考えてみ
よう〉
S.54 1979
32
S.54 1979
33
住まいのよごれくどんなそうじのしかたがあるのだろう〉培養、教室
ごみ調べと処理の方法/分別、再利用、ごみを分別する必要性、ごみを
S.54 1979
34
へらすには、焼却場のおじさん
健康な住まい方/照度計、視力の実態、照明のしかた、全体照明、部分
1−1
S.54 1979
35
照明、目の健康
すずしい住まい方/家の向き、温度計、湿度計、風通し、模型の家
S.55 1980
36
ゆでたまご「たまごの栄養と新古の見分け方」/調理方法、栄養、新古
S.56
1981
S.56
1981
S.57
1982
S.57
S.58
1982
1983
S.58
1983
S.58 1983
43
S.58 1983
44
S.58 1983
44
の実験、中身の観察
ゆでたまご/たんぱく質、ゆで時間、ころがす、火力、水の量
日常のおやつ/家族の団らん、間食、着色実験、手作りおやつ
生野菜の調理「切り方の指導」/包丁、正しい切り方、安全
ゆでたまご/5種類のゆで卵、時間、ころがす、ゆで方、水の量
エプロン・カバーの製作く作ったエプロンをどのように使いたいか〉
エプロン・カバーの製作く汚れを防ぐ一枚布の胸あてつきエプロンを作
るにはどのこの長さをはかったらよいか〉
卵とじゃがいも料理くじゃがいものビタミンCは加熱すると他の野菜同
じようにへるだろうか〉インドフェノール溶液
衛生的な下着/下着をとりかえる人が多いわけ、下着の役割、ニンヒド
リン
←b6
S.58 1983
S.58 1983
47
S.58 1983
44
000ロ
S.58 1983
S.58 正983
50
そうじくそうじのしかたを工夫して床の汚れをきれいにしよう〉
住まいのよごれとそうじく教室の汚れを調べ気持ちよく生活するにはど
うしたらよいだろうか〉
すまいのよごれとそうじく汚れの実態を調べ気持ちよく住まうためには
どうしたらよいか〉
衛生的な下着く下着を着る必要性〉
衣生活の工夫く上着には布地が用いられているが、その布地にあった洗
剤はどんな洗剤だろうか〉
衣服の手入れ「布地の種類と洗剤」<洗たくによって布地が縮んだり布
地の色が変わったりするのはどうしてだろう〉
S.58 1983
上着の洗たく
S.58 1983
上着の洗たく
S.58 1983
上着の洗たくく上着の布地に合った洗たくができるようになろう〉
ポケットの図案と型紙作り/ポケットの位置、実際にエプロンをつけて
みて手をあてて場所を考えさせる。
上着の洗濯く洗たく機で失敗なく洗たくするにはどんなことに気をつけ
たらよいだろう〉
布地にあった洗剤の選び方くちぢんだセーターをみて、どうしてそうな
ったか〉リトマス紙
衛生的な下着く下着につく汚れを知り下着の役目を考える〉
洗たくの実習〈よごれがよく落ちて上手に下着の洗たくをするにはどん
なことに気をつけてやったらよいか〉
便利なふくろ/本縫い、底、わき、見本
下着の役目、衛生的な下着く下着をとりかえるのはなぜだろう〉
上着の洗たく「再汚染」<汚れの程度の違うものをいっしょに洗っても
いいだろうか〉
上着の洗たく「上着洗いの洗ざい」<上着洗いの洗ざいは下着洗いの時
と同じでいいのだろうか〉
縫う部分、わになる部分、寸法をはかる場所、紙での袋作りく布のたて
よこは、入れるもののどこを計ればいいでしょうか〉紙で作ってみる
エプロンの製作〈型紙は何のために必要ですか〉
ボタンつけと小物づくりくじょうぶできれいにかけはずししやすくぼた
んをつけるにはどのようにしたらよいだろうか〉
ごみや不要なものの処理くどんなことに気をっけてごみを処理したらよ
S.58 1983
S.58 1983
55
S.58 1983
56
S.58 1983
亡0亡口
亨」ΩU
S.58 1983
S.59 1984
0りnUーユ
S.59 1984
S.59 1984
S.59 1984
62
S.59 1984
63
S.59 1984
戸0己U
4にU
S.59 1984
S.60 1985
66
1−2
S.60 1985
67・68
S.60 1985
S.61 1986
S.62 1987
S.62 1987
S.63 1988
H.元 1989
H.2 1990
H.2 1990
76
H.2 1990
77
H.2 1990
H.3 1991
H、3 1991
717‘ΩO
☆U90
いか考えよう〉写真、実験、再利用例
すまいのよごれ・そうじのしかたくロッカーや机の中の整理・整とんは
どのようにしたらよいのだろう〉〈教室にごみやほこりがあって汚れて
いるとよくないのはなぜだろう〉<洗面所が少しもきれいにならないの
はどうしてだろう〉
採光のしかた/照度計、窓や壁、天井の色
すずしい住まい方の風通し
ゆでたまご/ゆで時間、ゆで方、黄身、白身の様子
気持ちよい住まい/ごみ、汚れをしらべる、汚れの原因
おいしいご飯の炊き方/吸水の必要性
1食分の献立を作ろう
楽しい小物く二つあなのボタンをつけてボタンの足のつけ方の大切さに
気づき、正しいボタン付けができる〉
便利なふくろく口あきの部分を三つ折りにしてなみ縫いで縫う、ロあき
どまりを返し縫いで縫う〉練習紙を三つ折り、縫うところを鉛筆で印す。
便利なふくろく丈夫に縫わなければならない場所を見っけ布や場所に適
した縫い方を調べよう〉
日常着の着方を考えよう
いろいろな活動に適した着方を見つけよう/下着の役目、活動・目的
既製服の選び方くリサイクルショップで服を選ぽう〉選んだ理由、人材
活用
H.4 1992
81
H.4 1992
82
H.4 1992
H.4 1992
H.4 1992
H.6 1994
H.6 1994
H.6 1994
身の回りの整理整とんく自分のも持ち物を使いやすく、安全に、美しく
整理整とんするにはどんなことを考えなくてはならないだろう〉
住まい方の工夫をしようく家族や地域を住みよくするために自分たちに
できることを考えよう〉
引き出しの中の整理・整とん
健康と明るさ・照明/自分なりの方法でたしかめる
住まい方の工夫をしよう/地域の環境
明るさを取り入れる工夫を考えよう
近隣の人々との生活くなぜ分別収集やリサイクルが必要か〉
ごみの処理と不用品の活用、身の回りを整えようく不用品を生かす方法
を考えよう。
H.7 1995
H.7 1995
H.7 1995
nOO」
0り古U
91
いろいろなたまご料理を作ろう
魚や肉の加工品について知ろう/どうして加工品がよく使われるのだろ
うく手軽な調理でおいしく食べられるかな〉
手作り弁当をさらに工夫しよう/情報提供、相互交流、秋の小旅行で実
践
H.8 1996
H.8 1996
H.8 1996
H.8 1996
H.8 1996
H.8 1996
ワ一弓」4
0ゴ0ゴ0ゴ
地球にやさしい洗たくをしよう
野菜サラダの調理実習くおすすめ野菜サラダをっくろう〉
調理の目的に合ったじゃがいもの切り方、ゆで方く自分たちの調理に合
うじゃがいもの切り方、ゆで方をみつけよう〉
〈5の4たまご料理ブックを作ろう〉 レシピを作る、2人組、交換
静教研全体発表、一人実習の例
じまんのできる野菜料理を作ろう/生野菜のサラダと緑黄色野菜の油妙
め
H.8 1996
98
きれいさっぱり洗濯しよう〈共通課題:衣服の汚れやすい所はどこだろ
H.8 1996
99
H.9 1997
100
ワッペンを作ろう/臨海学校の後、縫い目、丈夫さ、美しさ、分かりや
すさ、フェルトの他く丈夫で美しいワッペンを作ろう〉
衣服の選び方く再利用の工夫〉
う〉〈個人課題〉
1−3
H 9 1997
H.9 1997
H.10 1998
H.10 1998
H.11 1999
H.11 1999
102
ミシンのひみつを発見しようく使う人のために説明書を作ろう〉
自分だけのエプロンを作ろう一計画的に製作しよう〈ぼくわたしのエプ
103
ロンをつくろう〉
袋作りの計画を立てようくお気に入りの袋をすぐにでもつくれるように
104
計画を立てよう〉
試作品を作ろう/紙製の風呂敷を使って自分の袋の試作をすることによ
105
り縫い方の手順や問題点に気づく
きらいなものは食べなくていいのか/なぜ食べるのか考えよう、栄養士
106
くカルシュウムとはなにか〉
毎日の食事を考えようく家族のために自分でできること、幸せについて
101
考えよう〉
H.11 1999
107・108
家族の生活と住居〈手作りのプレゼントをしよう〉<家族に感謝の気持
109
ぼくたちわたしたちの地区を住みよくするための6年1組のアイディア
ちを伝えよう〉
H.11 1999
1−4
表1−4 中学校
実践の年度
資料番号
題材名/キーワードまたはく学習問題〉
S.51 1976
S.51 1976
S.52 1977
1
そでぐりのしまつ/切り込み、バイヤステープ、布目方向
ブラウスの構成/上半身の形、人台
住まいの計画∼人間と家具の関係∼/かけこごち、高さの調節
シンクロカーボン紙を使って体圧分布をみて
幼児の衣服/デザインの修正
食事のためのいすの選択/いすの機能、いろいろないすく食事
用のいすは人間の体と食卓の間にどんな問題がありそうか〉
食品の栄養的特質と調理実習(みそ汁)/汁物のだしく同じか
つお節なのになぜ色、香、味がちがうのだろう〉
でんぷんの調理法「糊化」〈なぜごはんにすると食べられるよ
うになるのだろうか〉
生野菜(果物)の調理上の性質/放水性、褐変性く塩水にっけ
たリンゴがなぜこんなに水っぼくまずくなったのだろう〉
仮縫いの補正
スモックの製作・えりぐりの部分縫いくなぜ平らできれいに丸
くできないのか〉
作業着の製作・型紙とからだ(立体構成)/そで山のくり、そ
での形、そで山の高さ、ゆとり、作業着の観察
ベルトっけ(本縫い)<ベルト布にベルト芯を縫いつける
2
3
S.53 1978
S.53 1978
4
S.58 1983
6
S.58 1983
7
S.58 1983
8
S.59 1984
S.59 1984
9
S.59 1984
11
S.59 1984
12
5
10
方法〉
S.59 1984
S.59 1984
13
S.59 1984
15
S.59 1984
16
S.60 1985
17
S、60 1985
18
S.60 1985
19
S.60 1985
20
S.60 1985
21
S.60 1985
S.60 1985
22
S.60 1985
24
14
23
S.60 1985
25
S.60 1985
26
仮縫いと補正く仮縫いするための順序〉
えりぐりの始末/標本、見返しくこの標本からどんな方法でや
ればきれいに平らに返すことができるだろうか〉
スモックのそでつけく作業着のそでと制服のような外出着のぞ
での形はどんなところが違うか〉
スモックのポケットくスモックのポケットはどんな役目をする
のだろうか、スモックに合うポケットをデザインしてみよう〉
油脂の調理上の性質/油の温度、新しいくカラッとおいしそ
うにあげるにはどうしたらよいだろうか〉
ひき肉の調理上の性質く塩を入れて粘りが出てきれいに出来上
がるだろうか〉
しょうゆと食酢の調理上の性質くしょうゆの風味や香りを生か
すにはいつ入れたらよいだろうか〉<食酢はどんな調理に使
われていますか〉
とうふの調理上の性質くすだちが起こらないようにするにはど
うすればよいだろうか〉
乾めんの調理上の性質/水、塩、でんぷんの溶出くスパゲッテ
イをおいしくゆでるにはどうしたらよいだろうか〉
小麦粉の調理上の性質くなぜ小麦粉だけのびたのだろう〉
食品添加物・加工食品の表示く着色料の他にも加工食品の中に
は何か入っているだろうか〉
加工食品く加工食品と手作り食品を比較実験してその違いを調
べてみよう〉
青少年の栄養「季節と食品」<店頭にたくさんで回る食品は他
の時期のそれとどんな点にちがいがあるかな〉
果汁を入れる時期を知ろう/寒天のこさく煮ているときにレモ
1−5
S.60 1985
27
ンを入れると固まらなかったのはどうしてか〉
小麦粉の調理上の性質/グルテンの含有量の違いによる小麦粉
の種類と用途を説明できる。
S.60 1985
28・29
S.60 1985
30
S.60 1985
31・32
S.60 1985
33・34
S.60 1985
35
S.60 1985
36
S.61 1986
37
S.62 1987
3nO444
S.61 1988
H.元 1989
H.2 1990
H.2 1990
H.2 1990
43
毛糸編み物の洗たくのしかたく毛糸編み物製品をふわふわとし
て縮まないように洗たくするにはどのようにしたらよいか〉
被服整理「編み物製品の洗たくのしかた」〈洗剤で洗うとなぜ
汚れは落ちるのだろうか〉
型紙とからだの関係「ダーツとくり」〈スカートの型紙でダー
ツやくり、スカートの幅にちがいがあるのはなぜだろうか〉〈
前とうしろのくりにちがいがあるだろうか〉
幼児の遊びく幼児にとって遊びとはどんなものか〉
幼児と環境く狼に育てられた子はどう育つか〉
人のからだと食物/二種の弁当く好きなものだけ食べていたの
では必要な栄養がとれないだろうか〉
型紙とからだの関係/胴まわり線、人台に巻いて、ダーツ、
カーブ
加熱のしかたと凝固実験/すだち、加熱方法、実験
作業着の製作・ポケットつけ/ポケットロ
食酢の調理上の性質と調理実験/変色防止
家族のための朝食作り∼どんな献立にしたらよいだろう∼
小麦粉の調理上の性質/実験〈ふっくらとした蒸しケーキをっ
くるには小麦粉はどんな扱いをすればよいだろう〉
前後のまた上の違い/クロスカットくどうして後ろの方が長い
んだろう〉
H.2 1990
44
H.2 1990
45
H.2 1990
46
H.2 1990
47
H.2 1990
48
休養着の製作/標本、後ろまた上の縫い方の研究〈なぜBの後
ろまた上は切れないのだろう〉
住空間の設計「住空間の」大きさの決め方〈住空間の大きさは
何を基準にしてどのように決めたらよいだろうか>
LDKの配置から設計図を検討しようくどんなことに影響があり
どんな違いがあるのだろうか〉
汚れに応じたそうじ∼用具・用剤の選択∼〈手洗い場の落ちに
くい汚れはどのようにしたら落とせるだろう〉
型紙のおき方く何をめやすにして、型紙を配置したらよいのだ
ろうか〉
H.2 1990
H.2 1990
49・50
51
H.2 1990
52
H.3 1991
53
H.3 1991
54
H.3 1991
H.3 1991
H.3 1991
55・56
H.3 1991
59
57
58
型紙とからだの関係
からだの各部と型紙くスカート型からズボン型にするためには
どうしたらよいか〉
水を大切に使うくふうをしようく水の使用量を減らすためにど
のような水の使い方をすればいいのだろうか〉
住空間の検討/コンピュターソフトを使ってライフスタイルに
合う平面図をつくる
家庭の仕事・家族が共通に使う居間の整理整とんについて考え
よう・室内の整理整とんくつめ切りを探そう、すぐに使えるよ
うにするにはどうしたらよいのだろう〉
騒音防止の工夫をしよう
青少年向きの献立と調理・ハンバーグ「ひき肉の調理上の性質」
ハンパーグステーキrひき肉と塩、こねる回数との関係」〈か
たまりの違いはどこにあるのだろう〉
すし飯をおいしく作る条件を調べよう/水量、合わせ酢、合わ
せる用具、米の温度、市販のものと比較
1−6
H.3 1991
H.3 1991
百D戸0
轟U−▲
H.3 1991
62
H.3 1991
63
HHHH
1991
1991
1991
1991
H.3 1991
68
H.3 1991
69
H.3 1991
H.4 1992
77‘
nU−⊥
言葉の発達と知能
ホームウェアー・腕の丸みを含んだ袖ぐりの必要性の発見と作
成く脇の下はどこにすればいいのだろうか〉
ショートパンツ・布の選び方く自分の選んだ布はショートパン
ツに適しているだろうか〉
また上のじょうぶな縫い方く斜め布になっているうしろまた上
をじょうぶに縫うにはどうしたらよいだろうか〉
作業着の製作・型紙の配置/布目、柄、輪を考える
炭酸が骨や歯を弱くする?/清涼飲料に含まれる糖分
紙の再利用
うしろまた上を丈夫に縫うくうしろまた上を糸が切れないよう
に丈夫に縫うためにはどうしたらよいだろうか〉
家庭生活と地域の環境〈家庭排水による汚染を防ぐために油や
食べかすはどのように処理したらよいだろう〉
ことばの発達/保母さんく同じ年齢なのにどうして活動に差が
あるのだろう〉
生活排水の河川に及ぼす影響
言葉の発達く幼児に対し、どのような態度で接したらよいだろ
うか〉
H.4 1992
72
H.4 1992
73
H.4 1992
H.4 1992
4’D
情緒・社会性の発達/おつかいくお店がわからず困って声をか
けてきたあやちゃんにどんな対応をするのがいいだろう〉
幼児を大事にするのはなぜだろうく赤ちゃんから中学生の今日
まで育ててくれる中でどんな事に注意を払ってきただろうか〉
からだの発達く体の発達はどのようになっているだろうか〉
運動機能の発達〈幼児はどんな順序で歩けるようになるだろう
か〉
H.4 1992
H.4 1992
76
H.4 1992
79・80
H.4 1992
H.4 1992
77・78
O◎00
1⊥り』
H.4 1992
83
H.4 1992
84・85
H.4 1992
86
H.4 1992
H.4 1992
ΩU☆U
7‘ΩU
幼児の遊びく幼児は遊びから何を覚えるのだろうか〉
遊びとおもちゃ〈幼児にとって良いおもちゃとはどんなものだ
ろうか〉〈幼児の喜びそうなおもちゃをつくろう〉
幼児の食物〈消化器官が未発達な幼児が必要な栄養をとるには
どんな工夫をしたらよいか〉〈幼児に適したおやつを作ろう〉
幼児の衣服く幼児の体型に合う衣服はどのようなものだろう〉
幼児の生活習慣〈生活習慣を身につけさせるために周囲の人は
幼児にどうしてやるのがいいだろう〉
幼児と家庭環境く典子がこのように明るくのびのぴと育ったの
はどうしてだろう〉
幼児と社会環境く子どもの成長に果たす社会の役割を考えよう
〉〈幼児の保育園での生活はどんな生活だろう〉
反省とまとめく大切な命をもらった人間の一人として、これか
らどうやって生きていったらいいだろう〉
「型紙作り」導入∼体の厚み∼
後ろまた上のゆとりの必要性く股が窮屈になったり全体が大き
くなりすぎるがもっと見栄え良く股にゆとりのあるパンツにす
るにはどうしたらよいか〉
後ろまた上のゆとりの必要性く立っているとおかしくないのに
座ったとき窮屈なのはなぜだろう〉
H.4 1992
89
H.4 1992
90
型紙の配置と見積もり/標本、布方向〈アのショA・−i・トパンツを
91
作るにはどちらの置き方がよいのだろうか〉
また上の縫い方くアイロンで伸ばしてから縫った標本、なぜ切
れなかったか〉
H.4 1992
1−7
H.4 1992
H.4 1992
92
H.4 1992
95
H.4 1992
96
93・94
H.4 1992
H.4 1992
H.4 1992
7・OO白∨
H.4 1992
H.4 1992
100
101
H.4 1992
102・103
H.4 1992
104
H.4 1992
105
襟ぐりの縫い代の始末
おやつの与え方・幼児の食生活くどんなことを考えておやつを
選んだらよいか〉
曲線部分の縫い代の始末/自分の個性を生かした題材、どうな
っているのだろう、なぜだろう、試してみよう
食品添加物とその安全/色をつける、なぜ、どのようにつけて
あるか
住空間を考える
快適な住生活∼騒音防止の工夫∼
部屋の使い方を考えよう/人体寸法、複線で追求させるく使い
やすく収納するにはどんな工夫をしたらよいだろう〉
煮魚の調理法
物資・サービスの購入と活用/学習教材のセールス、ロールプ
レイング〈A君はどのように接すればよかったか〉
望ましい食習慣∼塩分の取り方∼<カップラーメンにはどのく
らいの塩分が含まれているか〉
ハンバーグステーキ∼火加減とうま味の流出∼/実験、生・焼
き二種類の比較、たんぱく質凝固のいみ
わたくしたちの健康と食事/学習問題は一人一人によってちが
う
H.4 1992
106
H.4 1992
107
H.4 1992
108
家族の役割/ロールプレイングくお母さんの気持ち、立場に立
って考えよう〉
資源の適切な使い方と廃棄物の処理/水質汚染く家庭排水がど
のくらい川や湖の汚染に関係しているのだろうか〉
必要な家具の使いやすい形状と寸法、家具の配置および空間の
使い方の工夫くだれにとっても使いやすいLDKの設計をしよ
う
H.4 1992
109
H.5 1993
H.5 1993
轟U−凸
H.5 1993
112
H.5 1993
113
H.5 1993
114
H.5 1993
H.5 1993
H.5 1993
115
H.5 1993
H.6 1994
H.6 1994
116
117
iI●i⊥
ΩUOぜ
120
室内を楽しくきれいにしよう「ダニの観察をしよう」〈家の中
にダニがいるか調べてみよう〉
情緒・社会性の発達/人と関わる力
資源の適切な使い方∼エネルギー∼〈省エネルギーを実践する
ためにはどのような工夫ができるだろうか〉
ごみの処理く自分の家で出すごみを減らすにはどんな工夫が出
来るだろうか〉
必要な家具の使いやすい形状と寸法、家具の配置および空間の
使い方の工夫く家具の形状や寸法、人の動きを考えて使いやす
いLDKの工夫をしよう〉
家庭排水の処理方法の工夫く家庭排水の汚れを減らすために私
たちはどんな工夫をすることが出来るだろうか〉
ことばを豊かにする語りかけ
ショートパンツの製作
生活排水・生活と水/CODパックテスト〈台所から出来るだけ
汚れた水を出さないようにするにはどうしたらいいでしょう〉
パーティー一にふさわしい簡単な食事作りの計画
幼児の生活習慣く幼児に対してどのように接したらことばを覚
えていくだろう〉〈関わる上で大事なことは何だろう〉
幼児の食物/保育実習2回く幼児にふさわしいおやっを考えよ
う〉
H.6 1994
121
食品の栄養的特質/6つの基礎食品、給食の良さ、自分の食事、
バターとみそ、食事の仕方
1−8
H.6 1994
122
朝食の献立
H.6 1994
123
H.6 1994
124
遊びを中心とした幼児の生活∼遊びの意義∼<遊ぶことでどん
なことが成長するのだろう〉
契約とクーリングオフについて知ろう/創作劇くこの中学生は
消費者としてどのように対応すれば良かったのだろう〉
H.6 1994
H.6 1994
125
126
ごみを減らそう
日常着の製作・縫い代の始末く自分のパーカーはどの方法を使
って始末するかを決めよう〉
食生活を見直そうく私たちが飲んでいる清涼飲料には糖分がど
れだけ含まれているのだろうか〉
計画的な支出/ロールプレイング<子ども達はこれからどのよ
H.7 1995 128
うにお金を使っていったらよいだろうか〉
129
幼児の遊び・おもちゃ作り
H.7 1995
130
私たちの街をきれいにしよう/私たちに出来ること、地域に働
H.7 1995
きかけること
おいしい手打ちうどんを作るための条件と小麦粉の調理上の性
H.7 1995 131
質〈小麦粉の種類やこねる回数によっておいしさが違うか確か
めてみよう〉
既製服の選び方と被服の活用の仕方を考えよう/なぜこのよう
132
H.7 1995
に利用されるようになったのだろうく既製服のじょうずな購入
の仕方を考えよう〉
133
幼児を知ろう
H.7 1995
H.7 1995 134・135 私たちの食物く自分が今のような食生活をしていたらどうなる
のだろうか
紙で4枚構成のズボンを作ろうくこのカーブは何だろう〉
H.8 1996
ズボンの型紙を考えようくこれから作るショートパンツはどの
H.8 1996
ような形の布が縫い合わされているのだろうか〉
ミシンの練習をしよう
H.8 1996 138
物資・サービスの還択と購入「通信販売」
H.8 1996 139
契約とクーリングオフくどんな方法で取り消し返品したらいい
H.8 1996 140
だろうか〉
幼児のおやつく幼児にふさわしいおやつはどのように還んだら
141
H.8 1996
よいか〉〈これらの条件を満たすおやつを選ぼう〉
無駄のない衣生活をしようくリフォームに挑戦しよう〉
H.8 1996
生活と室内環境〈各人で快適な生活を送るために問題だと思う
H.8 1996
ことをあげ、その対策を考えよう〉
手作りの加工食品と市販品の比較く自分で作った食品と加工食
H.8 1996 144
品との違いは何か〉
カルシュウムの摂取についてくカルシュウムを効率よく摂取す
H.8 1996 145
るために工夫した食べ方を考えてみよう〉
生活排水の処理/撮影したビデオ、各自実験く家庭からの排水
H.9 1997 146
の汚れを減らす工夫を考えよう〉
各部位に必要な縫い代の分量を調べようく各部位にあった始末
H.9 1997 147
の方法を考えながら縫い代の分量を調べよう〉
縫い代の始末くショートパンツの各部にあった縫い代の始末の
H.9 1997 148
H.6 1994
127
り0弓」
ー⊥11
CU71
4ユ4ユ ワ一3
方法〉
H.9 1997
149
幼児の食物く幼児が人参を好むようにするにはどうしたらよい
150
幼児の生活習慣くはしを使い始めた幼児に周りの人々はどう接
かな〉
H.9 1997
1−9
H.9 1997
151
H.9 1997
152
H.9 1997
153
H.9 1997
154
H.9 1997
155
したらよいのだろう〉
しみぬきを通して衣服の手入れを考えようくそれぞれのしみは
どのようにしてとることが出来るだろうか〉
通信販売について考えよう∼通信販売を大いに利用すべきだろ
うか∼
食事の内容を検討しよう∼糖分について∼〈A子さんが一日に
摂取した砂糖の量は何gだろうか〉
あなたの食事はだいじょうぶ?/栄養士く栄養バランスがとれ
ていないとどうなるだろうか〉
本縫いの手順を考えよう/ミニチュアのショートパンツを用い
る
H.9 1997
156
H.9 1997
157
H.9 1997
158
H.9 1997
159
H.9 1997
160
H.10 1998
161・162
163
H.10 1998
164
H.10 1998
165
H.10 1998
166
H.10 1998
167
H.10 1998
168
既製服の選び方く既製服を購入するときどのような点に注意し
たらよいだろうか〉
住まいの中の安全を考えよう/疑似体験くどうしてこんなに事
故が起こるのかなあ〉
豊かな男女の人間関係く私たちはどういう男女の人間関係を創
っていったらいいのだろう〉
食事のとりかた/テーマ学習
家族のために欲しい商品の購入計画を立てよう/消費者センタ
ーの人材
食物繊維の摂取についてく不足しがちな食物繊維を補う方法と
してA野菜・果物とB健康食品がある、自分はどちらの立場か
〉改正くリンゴとリンゴジュース〉修正くかじるリンゴとリン
ゴジュースはどちらの食べ方が健康によいか〉
環境を保全するために出来ることを考えよう〈私たちの街、熱
海市を美しく保つにはどうしたらよいだろうか〉
幼児の衣服/かわいい、実用、幼稚園の先生く幼児にはどんな
服がよいのだろう〉
家庭の働きと家族の役割を考えようく家族が仲良く生活してい
くためにはどうしたらよいか〉
買い物上手になろうく買い物上手になるために買い物情報を研
究しよう〉
カップケーキを作ろう〈Aのようなケーキを作るこつを探ろう
〉
H.10 1998
169
H.10 1998
170
幼児の発達について調べよう〈「幼児の発達」で興味を持った
ことについて研究テーマを決め調べよう〉
幼児のおやっく幼児にふさわしいおやつはどのようなものだろ
うか〉
H.10 1998
171
H.10 1998
172
H.10 1998
173
家族関係と住まい方・高齢者にやさしい住まいを考えようくお
年寄りにもやさしい居心地のよい住まいについて考えよう〉
これからの住まい方く自分や家族が快適だと思う環境に建てた
家の広告制作を通して住みやすい環境について考えよう〉
衣服の観察や分解から,構成や材料についての疑問点を見つけ
よう
H.10 1998
174
H.11 1999
175
176
H.11 1999
縫い代の始末を考えようく自分のショートパンツはどの始末を
したらよいのだろうか〉
快適な住環境くより快適な住環境を送るための仕事の計画〉
ショートパンツに適した布を選ぽうくショートパンツを創る繊
維として何が一番適しているのか調べてみよう〉
1−10
H.11 1999
177
H.11 1999
178
私たちと食事/養護教諭く私たちの健康と食事はどのように関
わっているだろうか〉
快適な暮らしと環境く環境を大切にした住まい方を工夫しよう
〉
}{.11 1999
179
H.11 1999
180
H.11 1999
181
H.11 1999
182
H.11 1999
183
H.11 1999
184・185
H.11 1999
OOΩU
H.11 1999
H.11 1999
H.11 1999
188
11一−
ΩUO“
白“nU
H.11 1999
H.12 2000
191
H.12 2000
192
H.12 2000
0ゴ0∨
∩」4
H.12 2000
H.12 2000
195
住まいと地域環境・生活排水く台所から汚い水を出さないよう
にするためにどのような工夫が出来るだろうか〉
食品添加物を検出してみようく安全な加工品を選ぶためにはど
うしたらよいのだろう〉
衣服の購入と選択/フリーマーケット、疑似体験、ファッショ
ンアドバイサーの意見く洋服を買う達人になろう〉
日常の衣服の手入れく自分で出来る衣服の手入れの方法にっい
て考えてみよう
幼稚園肪問のまとめく幼児が喜ぶおもちゃを考えよう〉
幼児の遊びと遊び道具く幼児が体を使って楽しむことが出来る
遊び道具を考えよう〉
自分にあったベストのデザインを考えよう
買い物上手になるための術を身にっけようく鈴木家が日用品を
上手に選び購入できる方法を考えよう〉
ポイント制による献立の作成く食生活で直していったらいいこ
とはどんなことか〉
ごみ減量大作戦にチャレンジ〈台所から出るごみを減らそう〉
環境に配慮した工夫を見つけよう/地球にやさしいお弁当を作
ろうくお弁当作りのいろいろの場面で自分達に出来る工夫を見
つけよう〉
幼児の生活と幼児との触れあい・幼稚園への“幼児の生活に役
立っ物”作り計画/幼稚園訪問3回く幼児の生活に役立っ物を
作ってプレゼント
しよう〉〈あったらいいものを聞いてくる〉
商品アドバイサーになろうくあきらさんの家族の要望をかなえ
るための商品購入計画を立て商品選択アドバイサーになろう〉
「住の達人」がやってきた/衛生的な室内の整備、調査
栄養バランスが整った昼食のオリジナル献立を考え調理しよう
/給食センター
個性を生かす着方/人に与える印象の違いを追求するく衣服を
遺ぶときにどんなことを考えて決めたらよいか調べてみよう〉
以上
1−11
第二章 静教研・実践報告の量的傾向
第二章 静教研・実践報告の量的傾向
はじめに
目的 静教研・家庭科研究の変遷の様相を量的な分析によって明らかにする。
分析の方法
①分析の対象 『研究会誌』1966年∼1998年
『研究集録』1990年∼1999年
『報告原本』県大会、地区大会等での報告書
計 304 件である。
これらは静岡県教育研究会事務局にて採取させてもらったもの、筆者が直接、大会等に
出向き入手し長年保管していたもの、および中学校教師から拝借したものであるe報告の
一件は本時の実践が掲載されているものに限った。計画や予定の報告は対象としなかった。
また単元等の全体がわかる報告について別集計した項目がある。
②分析の方法
データシートを作成した。報告の一件ごとに記入しデータを作った。集計は集計ソフト
秀吉Proを用いた。
③データシートの作成経過
基本的には筆者の共著である『戦後家庭科教育実践研究』の調査票に依拠した。
さらに、本研究の目的に対応させた独自のシートを作成した。すなわち、学習指導の種類
を豊富にした。その際授業の流れを導入、展開、まとめと大きく分けそれぞれの段階にお
ける学習指導の種類を把握できるようにした。さらに静教研の研究成果を取り入れた学習
過程の枠組みの項目をたてた。学習指導の方法と学習過程の枠組みと各学習段階の対応が
把握できるようなシートを作成した。最終ページに添付した。
第1節 実践報告の基本属性
1.まず表2・一・1−1から表2−1−11で収集した資料の概況を示した。
地区ごとの発表数はどの地区からの発表が掲載されており、全県的な研究会活動がなさ
れていることを示している。本時の報告ごと1件としたので領域の中で多くの本時報告を
した形の地区もある。
実践年はあくまで収集した資料のことで実際の実践の分布を反映しているかどうかは問
題であるe1990年代以降が大半になっている。今後年代の比較する場合には年代ごとの特
徴をふまえて比較しなければならない。資料は研究大会での報告原本が多くなった。報告
が『研究会誌』に掲載され重複した場合は報告原本を優先し1件として読んでいる。発表
レベルはほとんどが県レベルのものになっている。地区大会で発表されたものが県大会で
一20一
発表されることがあり、県大会の方で1件としたので地区レベルだけの報告原本は少なく
なった。実践の地域の特徴は記載されることが少なく読みとることができなかった。
実践の学校段階別では大きな差がなく収集している。授業実践クラスの対象は男女共学ク
ラスが大半であるがこの中には小学校が含まれているわけである。中学校の195件のうち
50件の女子のみクラス、記載なしの28件を中学校に含めたとして中学校の男女クラスは
117件に相当すると考えられる。実践年の1990年代以降の報告書が大半であったからであ
る。報告者の男女別は女性が圧倒的に多かった。家庭科は女性教師という印象は子ども達
にとってどうであるのか検討されるときが来るだろう。
内容領域の分布は小・中あわせて被服や食物領域が多くなっている。家庭生活領域は19
89版学習指導要領の実施以降に報告されるようになったと思われる。実施年別に見ていか
なければならない。
2.本時の課題分類
領域や分野の中の学習項目というレベルで分類したものが2−1−12−1∼2−1−12−9に示した
課題分類である。基本的に家政学研究のデータベース用の分類項目であるから実践内容か
ら分類した項目ではない。そこで実践されていない内容項目
が0と表記されている。
(1)家庭管理、家庭経済、家族の学習項目に該当数が少ないのは学習指導要領におけ
る中学校の技術・家庭科の歴史的な事情がある。家庭科の教科論研究の歴史には中学校技
術・家庭科を別教科とする考え方や実践があった。1966年発足の家庭科教育研究者連盟が
それである。しかし、静教研家庭科研究は家庭生活認識としてのまとまりよりも技術科と
の一教科としての考え方に立って実践してきた。それが反映している状況である。しかし
ながら、ごみ処理、リサイクル、消費者行動などの取り組みが見られている。
(2)保育関係では、子どもの発達や子どもの生活・環境などが多く実践された。
(3)住居では住生活、室内環境、掃除などの管理が多くなっている。体験的な学習過
程をテーマにすることが多かった静教研では家庭管理、保育や住居の分野では取り組みに
くさがあっただろうことが推察される。そこで体験的な学習のしやすい内容項目に該当す
る取り組みが表れているのだと考えられる。
(4)食物関係では食品の取り組みの多さが注目される。食物といえば調理と考えがち
であるが、その必須要素としての食品である。また子ども達に一番目に見えるものであるe
これは学習を現実の生活調べや観察からスタートさせる考え方を反映していると思われ
る。子どものわかり方に寄り添ったものと思われる。
(5)被服関係では構成が断然多い。材料が続いているがこれは構成や整理につながっ
ているものであろう。
(6)生活排水や環境問題は住居の分野、領域の内容として扱われている場合もあった
一21一
と思われる。
3.本時の学習指導
表の2−1−13∼表2−] ・−20をみる。
(1)身につけさせたい力は興味・関心・意欲、知識・理解、技能、創意工夫が続いて
いる。知識や技能といった文化の習得と人格形成の目標が設定されてきた。1989年時の観
点別評価の4項目と対応するがそれ以前からの実践の中でこれらの能力目標に集約されて
きたと思われる。その他、静教研のテーマにある鍵になる諸能力が目指された。
(2)本時の展開においてどのような教具を用いたかであるeいずれも子ども達の学習
の手がかりとなるものをさしているがワークシ・一一一一Fト、資料、器具・用具、実物(衣服、食
物を含む)などが続いている。標本や見本というのは製作においてとくに用いられてきた
であろう。いずれも子ども達が直接手に触れて学習を進めていく媒介物である。視聴覚の
中ではVTRが多いが直接体験ができにくい場合に用いられてきたと思われる。さらに、表2
−1−25は領域別の教具の分布である。特徴的な点を上げると食物領域や、被服領域では器
具・用具、食物や被服の実物が多い。被服領域では標本の活用が注目され全体授業にも個
別授業にも対応するすぐれた教具と思われるe家庭生活領域や保育領域でVTRの利用が見
られる。
(3)学習指導の種類をみる。報告された本時の学習過程でとられた方法を複数あれば
その種類ごと計上した。多様な分布をしているが表2−1−15の項目の近いと思われるもので
統合しつつ見ていくことにする。「発表・発表会・相互交流」「記録・記入・反省・評価」
「ディスカッション・話し合い」「調べ学習」rQ&A」などが多いのはどんな授業でも
採用する場面があることを示しているe「視聴や観察」の他「製作・実習・実験」は家庭
科の中心的な得意の方法であろう。それに伴う形で「試し作り・計測・試着・試食」や「示
範・教師実験・人材活用」などがあり子どもたちの学習を支え発展させると思われる。
表2−1−20は領域別の学習指導の種類である。とくに住居、家族・家庭生活では体験的な
学習指導ができにくいといわれてきた。報告の本時の指導に限られてはいるが住居ならで
はの機器を使った計測や、家庭生活領域のディスカッション、n−一ルプレイングが特徴的
だろう。さらに、学習過程のどの段階でどのような学習指導法がとられてきたかを後の章
で見ていきたい。
(4)表2−・ 1−16は本時の学習形態であるが学習過程の大まかな段階である導入、展開、
まとめの各段階で個人、小集団、全体(一斉)学習の形で授業が工夫されてきたことを示
している。導入段階では全体学習の形態が多いが展開段階では小集団活動が多いe個別学
習はどの段階でもあるがとくにまとめの段階で取り組む場合が注目される。生活の見直し
や改善などの課題を個々の生活に返していく必要から個別学習の形になると思われる。一・
人一人に対応した学習を追究してくる中で個別学習が位置づけられてきたと思われる。
−22一
(5)子どもの変容の記述は実践の振り返りの手段として必要なことではあるe表2−1−
17, 2−1−−18をみると変容の分析過程が示されることは多いとは言えない。数名分のワーク
シートや感想文を示す形が少なくない。変容の記述がない場合も見逃すことはできない。
報告のあり方を検討したい点である。
第2節 実施年度別の様相
収集した授業実践報告を年度別にみて実践の変遷を概観する。
1.履修状況
表2−2−1から、1960年代後半1970年代前半は小学校の報告だけになっており収集の仕方
に偏りが出ている。とくに1990年代以降は中学校の報告を多く収集していることになった。
ゆえに表2−2−2の対象を見ると1990年代以降男女履修が多くなりこれは小学校に中学校の
男女共学が加わったことを意味している。1990年代前半は学習指導要領の実施前であるが
中学校家庭科の共学はスター・・一一・一トしていると見ることができる。中学校の技術・家庭科の相
互乗り入れといわれた時期においては共学の報告は1件であった。(注:内容の共通履修
とは区別してクラスを共にしている意味の共学である)中学校の共学履修は全国レベルで
は1970年代後半から進んだ県や研究団体があった。しかし静岡県では目立った動きは見ら
れなかったと言えるだろう。とくに静教研では履修制度を越えた報告は出されなかったと
理解することも出来る。
2.課題分類
表2−2−3−1∼表2−2−3−7は内容の分類を実施年度別に見たものである。
(1)家庭管理関係は1995年以降多様になったがそれまでは1980年前後から取り組まれ
たごみ処理やリサイクルに関する内容に限定されていたといっても過言ではない。家庭経
済関係は消費者教育や家庭経済一般が1990年代以降に取り組まれている。家庭生活領域の
実施を表していると言えるだろう。家族に関する内容についても前述と同じ傾向である。
ここまでの3項目の取り組みが1990年以前には報告されていないということが特徴的で
ある。中学校においては家庭生活領域の設定までは実践研究が進められなかったこと、小
学校においても報告に表れなかったことを示しており別の方法で追究する必要を感じる・
技術・家庭科を一教科として考えてきたことの限界を示しているとも考えられる。
(2)保育関係は1970年代後半に子どもの保健・衛生・環境や生活を取り上げた実践が
見られたが80年代後半から発達、文化、おやつ、おもちゃなどの取り組みがふえ多様性が
増してきた。高齢者を取り上げる例も表れた。保育は人と人が関わって成長していく内容
を扱うと考えれば高齢者の生活や交流などもこれから扱われることだろう・
(3)住居関係は住生活、室内環境、住居管理・掃除・整理整頓などは時代を通して取
一23一
り組まれて来た。住居一般、住空間というのは生活行為の視点が入るが1990年以降取り組
まれるようになった。また住環境、まちづくりに関する内容も扱われるようになった。住
居を取り巻く状況の変化、住居の考え方や住居学の研究の進展を背景に感じさせる。住居
を一つの独立したものと見ないで地域の環境と共にとらえる、物的なモノとしてだけとら
えるのではなく個人や家族の生活が展開される空間としてみるなどの変化があると思われ
る。
(4)食物関係は食品、栄養、調理技術が時代を通して取り組まれてきたが1980年代以
降、加工食品、食品添加物、食生活様式、食文化などに取り組まれるようになった。生活
の変化に対して主体的な対応をめざしてきたと思われるe
(5)被服関係は被服構成・縫い、材料、管理・洗濯、洗剤などは時代を通して取り組
まれてきた。1990年以降、洗濯を水の汚染と合わせて学習することや着るという原点にふ
れる衣生活や被服一般という内容が目立つようになった。
3.学習指導
(1)表2−2−4は身につけさせたい力の変遷である。知識・理解、技能、興味・関心・
意欲、態度、能力という能力の各要素は時代を通して目標にされてきた。しかし、資料の
中での割合という点で見ていくと1990年代後半から目標の比重のおき方が変わってきたの
ではないかと思われる。知識・理解は以前に比べて下がり創意工夫の占める割合が高くな
ってきた。また、1990年前後に新しい目標として表れてきたのはイメージ、感覚・感情、
自主性、表現力、判断力、共感などであった。教育行政の目標とする生きる力に対応する
ものと考えられるが、子ども達の知的好奇心を育てる以前の課題だといえるのではなかろ
うか。
(2)表2−2−5は教具の変遷である。衣服・食物を含めた実物、標本・見本などは家庭
科の特徴的な教具で一貫して重視してきたことがわかる。近年の特徴はワークシート利用
の割合が高くなっているが、個別学習や個に対応する場面での利用があるからだろう。
また、新聞記事や広告、VTRなどの利用が多くなっているが直接的な体験を越えた情報を
利用していると思われる。。
(3)表2・−2−6は学習指導の種類の変遷であるe時代を通してよくとられている方法は、
観察・実験・実習・製作、話し合い、発表、記録・記入、試食・試着、示範、計画を立て
るなどである。1980年代以降、とくに1990年代以降には加えて試し作り、調ぺ学習、テー
マ決定、ディベート、ロールプレイング、シミュレーション、人材活用、相互交流などで
ある。これは生活経験不足を補ったり、多様な情報を活用したり、子ども自身が問題意識
を持つことが出来るような学習過程の追究を反映していると思われる。
(4)表2−2−7は学習形態の変遷であるe導入、展開、まとめの各段階で個別・小集団
・全体という学習形態の割合の変化を見る。導入段階の変遷は全体学習が一貫して多くを
一24一
占めるが1990年以降全体学習が減る傾向にあり、小集団や個別学習の増加が見られる。展
開段階では小集団活動が多くを占めてきたが同じく1990年以降個別学習の増加が見られ
る。まとめの段階では全体学習と個別学習が約4対5の割合で進んできたが1990年代後半
から個別学習の割合が少しながら増えて来つつあると見ることが出来よう。このように各
学習段階の学習形態を多様に組み合わせて進められるが1990年以降個別学習の比重が各段
階において高くなってきていると言えるだろう。個に応じた学習の保障が反映していると
考えられ、教師の指導の負担が高まっていると推察される。
第3節 学校段階別の様相
1.履修状況など
前節で述べたように中学校における男女共学は1990年以降に見られるようになった。全
国的傾向からすれば静教研の特徴の一つを示している。表2−3−2では小学校では学級担任
が、中学校では教科担任が家庭科を教授している。小学校の教科担任がわずかながら存在
する。生活に密着すること、専門性を高めることの視点からすると小学校でのT・Tが両者
を併せ持つ体制がより望ましく思われる。
2.課題分類
(1)表2−3−3−1∼表2−3−3−3を見る。
ごみ処理、リサイクルは小・中いずれにおいても取り組まれていたが家庭管理、消費者・
経済、家族のほとんどの内容が中学校でなされていた。それらは家庭生活領域設置以降の
ものと思われる。小学校においては家庭の仕事や生活時間の教科書教材があったわけだが、
報告はほとんど収集できていない。研究会誌に載らなかったわけである。念のために題材
の全時間について報告されているものを別に集計したものが表2−3−3−8∼表2−3−3−10であ
る。小学校で本時に比べると家族関係を取り上げている場合があった。
(2)表2−3−3−4は保育関係である。中学校の領域であるから多様な項目にわたって取
り組まれていた。小学校では数少ないが、子どもの発達や生活などを取り上げたものがあ
った。
(3)表2−3−3−5は住居関係である。中学校では歴史をのぞいて多様な内容に取り組ま
れていた。小学校も同じであるが、住居設計やデザインは取り組まれていなかった。小゜
中の、その他の違いを順位で見ると小学校では住居管理や室内環境、中学校では住環境や
住空間が比較的高くなっていると言えるだろう。
(4)表2−3−3−6は食物関係である。小・中学校ともに多様な項目に取り組んでいるe
それぞれの中での順位で見るといずれも食品が多いが小学校は調理の技術を、中学校は食
品一般や食文化などの位置が高くなっている。小学校の調理実習の指導の重要性を示して
一25一
いること、中学校では生活の視野をより広く持たせていることがわかる。
(5)表2−3−3−7は被服関係である。小・中学校ともに多様な項目に取り組んでいる。
被服構成や縫いが多いのは小・中同じである。続いて小学校では被服衛生や整理・洗たく
が多い。中学校では被服一般や材料が多くなっている。中学校では広い視野になる場合と
布のしくみに詳細に入る方向があると考えられる。
3.学習指導
(1)表2−3−4は学校段階別の身につけさせたい力である。共通して知識・理解、技能、
興味関心、創意工夫が多い。小学校の中で順位が高いのは実践力である。中学校ではイメ
ージ、感覚、判断力などが高い。中学校では製作や実習題材と取り組む中でこそ求められ
育つ力であろう。技術科や家庭科の独自の価値を表していると思われる。
(2)表2−3−5は学校段階別の教具である。小学校は器具・用具、資料、ワークシート、
新聞紙・模造紙・画用紙と続いている。中学校はワークシート、資料、VTR、器具・用
具が続いている。器具・用具の位置が小学校において高く実習の占める割合が多いと思わ
れる。
(3)表2−3−6は学校段階別の学習指導の種類である。小学校では、発表、ディスカッシ
ョン、記録記入、視聴の順になっているe中学校では小学校とさほど変わらない。本時と
して報告されている場面での学習指導の種類なので念のために題材全体を通してとられた
指導の種類をみた。表2−3−8である。 計画を立てる、実習が小・中共に高い位置を占めて
いる。本時では表れなかった訪問交流・校外体験が中学校でなされているのは保育園・幼
稚園訪問などがなされるからである。
(4)表2−3−7は学習形態の学校別の状況であるe導入段階ではいずれも全体学習が多く、
展開段階では小集団が多い。中学校では加えて個別学習が比較的多くなっているが小学校
でも少なくない。まとめの段階でいずれも全体学習と個別学習が多くなっている。
小学校と中学校の傾向の違いはさほど見られないということだろう。
一26一
表2−1−1地区
表2−1−−4資料名
合計= 304
合計=343
浜名 7
引佐 4
浜名・引佐 15
浜松 22
磐周 20
榛原 11
小笠 31
『研究会誌』(静教研)
島田
志太
焼津・大井川
表2−1−5実践地域
静岡 21
清木 3
清庵 13
富士
農村
漁村
山村
商案地
住宅地
226
4B
不明
O
合計・=304
1 富士・富士宮
富士宮・芝川
沼津
一
三島 13
熱海 6
伊東 3
伊東・熱海 2
駿東 11
田方 24
賀茂 5
東豆 3
西部 7
中部 9
東部 9
10
0
1
2
3
0
6
282
0
新興住宅地
その他
記載なし
不明
表2−1−6発表の規模
合計:=311(MA)
不明 15
地区
県レベル
その他
不明
表2−1−2 性月11
表2−1−7学校別
合計=304
男女不 明
69
報告原本(静教研)
研究集録(静教研)
1
270
33
15
296
0
0
合計=304
小学校
中学校
その他
不明
109
195
0
0
表2−1−3実践年
表2−1−8学年
合計=304
1965−∨1969
1970.v1974
1975・}1979
1980−一1984
19B5−・1989
1990∩ゴ1994
1995∼1999
2000以上
不明
5
8
27
38
36
100
85
5
0
合針=304
小5
小6
中1
中2
中3
その他
記載なし
不明
2−1
52
T0
モ特540560
表2−1−9 対象
表2−−1−12−2課題分類(家庭経済)
合計=304
男女
226
男子のみ
女子のみ
0
50
28
0
0
記載なし
続み取り不能
不明
合計=37
家計構造
消費者の権利
消費者行勤
生活保障
老後保M
物価問題
流通
経済一般
家庭経済
その他2
表2−1−10教授組繕
合計=304
教科担任制
学級担任制
ティーム・ティーチング
その他
不明
188
103
表2−1−12−3腺題分類(家族)
12
合計=19
1
結婚
離婚
世帯
家族・家庭の機能
家族法と家族政策
家族問題
性別役割分婁固定化
性別役割分薬の見直し
家族関係一般
0
表2−1−11領域
合計=316
すまい
家庭
住居と家族
家族の生活と住居
家庭生活
保育
住居
食物
被服
その他
記載なし
不明
その他3
33
74
97
表2−1−12・−4操題分類(保育、高齢者)
合計=134
性
21 母性のみ
母性・父性
子どもの発連
子どもの保健・衛生・環境
子どもの文化
子どもの生活
表2−−1−12−1操題分類(家庭管理)
幼児の遊び
幼児のおやつ
合計=30
家計管理
家事労働管理
生活時間管理
消費者問題
生活設計
女性問題
ごみ処理
幼児のおもちゃ
高齢者の保健・衛生・環境
高齢者の文化
高齢者の生活
保育一般
その他4
リサイクル
生活福祉
その他1
2−2
3
表2−1 一一 12−5課題分類(住居)
表2−−1−−12−−8諜題分類(健康)
合計=207
合計=12
住居史
住生活
住居管理
整理整頓
健康
家庭看護
その他8
そうじ
住居間ff .住居政策
住居設定、デザイン
室内環境、設備
住居生産、構造、材料
表2−1 一一12−9課題分類(環境)
住環境、まちづくり
社会環境
合St =56
住空間
住居一般
資源・エネルギー
生活排水
環境問題
その他9
その他
不明
その他5
弓‘
表2−1−12−6操題分類(食物)
合計=275
食品
栄養
調理・加工の用具
調理・加工の技術
加工食品
75
S5
表2−1−13身につけさせたい力(本時)
P5
合計=1023(MA)
S6
知識・理解
概念・原理
応用・適用
P1
食糧事情
食生活様式、食文化(外食)
学習の仕方
技能
給食
献立
食品添加物
食品一般
その他6
イメージ
創意工夫
興味・関心・意欲
態度
感覚・感情
社会性・協調性
計画性
表2−1−12−7課題分類(被服)
自主性
能力
実践力
表現力
思考力
判断力
共感
その他
不明
合計=262
衣生活、被服心理
服飾史、民俗服飾、民族服飾
噛り :被服構成.縫い
被服衛生、生理
被服材料(嵩維、織り、布)
被服整理、管理、洗濯
洗剤、水の汚染
ミシン
被服一般
その他7
3
2−3
51
表2−1−14教具(本時)
教科書
ワークシート
表2−1−15学習指導の種類(本時)
合計=810(MA)
23
P0
プリント
合計=1491(MA)
製作・創作
視聴
見学
P6
新聞記事
アンケート調査
広告・カタログ
インタビュー
雑誌
文献調査
黒板・白板
新聞紙・模造紙・画用紙
実物
教科書・資料で調べる
インターネット検索
衣服
食物
観察
実験
実習
標本・見本
試しづくり
模型
計測・測定
図表・掛図
器具・用具
テープ・テープレコーダー
ビデオテープ・VTR
訪問交流学晋・校外体験
ゲーム
ごっこ
ディスカッション・話し合い
ディベート・討塗
スライド・投影機
OHPシート・OHP・TP
ロールプレイング
コンピュータ
シミュレーション
写真
資料
その他
不明
研究・掴査活動
発表
発表会
記録・記入
Q&A
反省・評価
鑑寅
示範
教師実験
人材活用
相互交流・相互評価
’¶ソコン・CAl
試着・試食
デザイン・図を書く
計算
計画を立てる
献立作成
テーマを決定する
テーマ・調べる方法を考える
家で胴ぺてくる
ーで実践する
その他
不明
2−4
ー−
表2−1−16学習形態(本時)
合計= 1101(MA)
34
42
248
99
180
94
147
23
208
26
〈導入〉個別
く導入〉小集団
く導入〉全体
く展開〉個別
〈展開〉小集団
く展開〉全体
くまとめ〉個別
くまとめ〉少集団
くまとめ〉全体
不明
表2−1−17子どもの変容の記述(本時)(2)
合計=338(MA)
授薬者の主観的な記述のみ
7131 簡単なアンケート等
感想文
ノート
テスト等
ワークシート
授皐記録
子どもの変容の記述なし
その他
不明
719 2
表2−1−18子どもの変容の記述(本時)(2)
合計==304
全員分
数名分
結果のみ
不明
1
104
4
195
2−5
表2−1−19領域と教具(本時)
合肝
古許
丁才い
寵庄モ警罐軍働
6
71
凹2”ー
15
81
陛胃
庄唐
童鞠
97
77
1 86
置且 モの厄 記宜な
■掲
(本■,
載特書
9口oo
ワーウシート
プ‘」ント
tM已事
広昔・カ¶rロゲ
1
篭江
鳳芭・自‘
ー
楓遣吐;ど
1
OOOO
異鞠
婿
宣楠
■;・見本
1
題皇
■轟書■
1
埠ロー5
払工・用工
テープレコ・一ダー
VTR
ー
スライド
l 榊
コンピュ→
写真
堤■
1
1
「
2−6
4
1
表2−1−20領域と学習指導の種類
間堀
音計
1一字い
庄■と電宴の工
竃■
記竃主暑
富■昔と庄磨
12
Z6
29
き計
#吊導
の項坦
㍗膵 蓋 “殖三 藁㎝ 船㎜三臼緒三三緒㎜三 ■1
■ 1 朗
闘1120
蜘
埠。拍。。。18。担
口■ tΩ暗 記田な
4 77
皿σ3
0000000
冾P7001三
1 (工埠)
1
2一 ‘ 0 000000
0 0 1
〇 o
0
0
〇 11
弓6 ■ 1
■ o
0
0
− 0
●」
‡
0
1 1 ¶白
1
0 7 ● 1
1
1
1
−
壬の値
2−7
妻2−−2−・1 英豊年と…㌍‡交段階
実註手
合壮
孚校段陽
1965−− 1970∼ 1975白一 1980∼ 1985■一 1990{− 1995−“ 2000
@ 1969 1974 1979 |984 1989 1994 1999 以上
合計
コ04 5 8 27 38 コ6 100 85 5
小孚校
P09 5 3 ZZ Z7 12 14 21 0
?Q
P95 0 0 5 11 24 86 64 5
サの他
@ 0 〔] 〔] 0 0 0 0 0 0
翌2−2−2 案践年と対象
異豊年
合針
対象
1965∼ 1970∼
@1969 19了4
1975ユー
@1979
1980− 1985∼
1990−
1995∼・
2000
@1984 1989
@1994
@1999
ネ上
5
合計
コ04
5 8
27
コ8 36
100
85
男女
22日
5 8
22
28 12
77
69
@男子のみ
ト 0
@女子のみ
@50
O 0
X 14
@記」1なし・
@28
O 0
P 10・
ヌみ取り不艇
@0
O 0
潤@ o
O 0
2−8
O500
O 0
O1670
O6100
50000
表2−2−3−1実日年と技題分癌(家庭管理)
実践年
1965∼
19丁0∼
19?5■皆
1980∼ 1985∼
@1969
@1974
1990∼
1995∼
@19丁9
@日84 1989
@tg94
@1999
コ0
0
o
2
o
2
1コ
1コ
0
景計管理
1
0
0
0
0
0
0
1
o
家事労働1理
1
0
0
0
0
0
0
1
0
虫活時間管理
1
0
0
o
0
o
0
1
0
洞費者問題
6
0
o
0
o
o
2
4
0
生活殴計
0
0
0
0
0
o
0
o
o
女性閻題
o
o
o
0
0
0
0
0
0
ごみ処壇
11
0
0
1
0
1
8
3
o
リサイクル
10
o
0
1
0
1
5
3
0
生活福祉
0
0
o
0
0
0
0
o
0
0
0
o
o
0
0
o
0
0
1985−
1970−
1975−
1980・} 19自5−
1ggo∼
1鯛5−
合計
合計
損題分類
2以上
(家庭管理}
の 1
表2−2−3−2実日年と良題分■(竃底経済)
冥践年
合計
燥題分類
2以
@1蛉4
@1999
0
8
25
4
0
0
0
2
0
0
0
o
2
2
1
0
0
o
0
4
9
1
0
0
0
0
0
0
0
0
0
o
0
0
0
0
o
0
0
楠価問口
0
0
0
o
0
o
0
0
0
誕通
0
o
0
o
0
0
0
0
0
経済一履
7
0
0
0
o
0
1
5
1
牢庭経済
9
0
0
0
o
o
1
7
1
o
o
0
0
0
0
0
0
o
@1984 19由
@1969
@1974
@19T9
コ7
0
0
0
o
寮計構遼
2
0
o
0
璃費書の檀利
5
o
o
洞費看行■
14
0
生屠像障
0
老後保障
(家塵経済)
の 2
2−9
授2−2−−3−−3実践年と操題分類(家族,
実践年
合計
操題分類
1965∼
1969
1970∼
1974
19乃∼ 1980一
19日5∼
}ggo∼
1979 1984
1989
1994
日95∼
1999
20
以上
合計
19
0
0
0
1
0
13
5
0
結靖
0
0
0
o
0
0
o
o
0
萬婚
0
o
o
o
0
0
0
0
0
世帯
1
0
o
o
0
0
0
1
o
京鍍・京庭の口龍
4
0
o
o
0
o
3
1
0
軍旗珪と京箪政葉
o
o
o
0
0
o
o
0
o
牢繍問題
0
0
0
0
0
0
0
0
0
性摺役割分嘉固定化
0
0
0
0
0
o
0
0
0
性用役劇分裏の見1し
1
0
0
o
0
0
1
o
0
牢旗■係一般
9
o
o
o
1
0
6
2
o
4
o
0
0
0
0
3
1
o
障族)
の 3
表2−2−3−4 裏趨年と埋葺分題{保育.高■8唱」
婁践年
■題分口
合計
19酷一
1970∼ 口75−
1980−
1995∼
2
@1974 1979
@1984
1985∼
1989
1990∼
@四89
@1994
@1999
以上
134
0
0
3
o
11
73
40
丁
性
1
o
0
o
0
o
0
1
0
母性のみ
0
0
o
0
0
0
o
0
0
母性・父性
o
o
o
0
0
o
o
0
0
手どもの尭違
28
0
0
o
o
3
17
7
1
子どもの保■・爾生・田境
17
0
o
1
0
1
12
3
o
子どもの文佗
3
0
0
o
o
0
2
0
1
子どもの生活
29
0
0
1
o
2
17
8
1
幼児の遊び
9
o
0
o
o
2
コ
3
1
幼児のおやつ
6
0
o
o
o
0
コ
2
1
幼兜のおもちや
8
0
0
o
o
0
1
4
1
高齢書の保健・衛生・廻壇
1
o
o
o
0
0
0
1
0
高齢者の文化
0
o
0
o
0
o
0
0
0
高齢者の生活
0
0
o
0
0
o
o
o
o
33
0
0
1
0
3
18
10
1
1
o
0
0
0
0
0
1
o
(保青.
富齢書)
保育一般
の 4
2−10
表2−2−3−5実践年と操題分頚(住居工
実践年
1970∼
1974
1975一
1980∼
19】9
1984
1985∼
1989
1990∼
旧94
1995∼
1999
198
4
12
50
0
30
76
21
5
住居史
0
0
0
0
0
0
0
o
0
住生活
43
1
4
13
0
6
13
5
1
佳居管理
19
o
0
5
o
5
丁
1
1
整理豊頓
10
0
0
4
0
o
4
1
1
そうじ
12
0
0
2
0
o
2
1
1
住居闇題、庄居政驚
1
o
0
0
o
0
o
1
o
住居股定.デザイン
1
0
0
0
o
o
1
o
o
室円頂壇、殴■
44
1
4
10
0
8
16
4
1
住居生良、構遺.材料
18
1
4
4
o
3
4
0
o
住珊填、まちつくリ
16
o
0
2
0
o
9
5
0
庄空聞
9
o
0
1
0
o
8
0
0
住居一娘
25
1
o
9
0
2
11
2
o
の 5
2
o
0
0
0
0
1
1
o
合計 1965∼
1970∼
@19?4
1975∼
1980・−
1ggo−
1995∼
2以上
@日79
P9由
1“5∼
@ 1969
275 13
3
7
34
食晶
75 4
1
2
栄養
45 2
o
掴理・加工の用具
15 コ
掴理・加工の技術
合計
口題分類
1965∼
1989
合計
2
以上
(住居)
−
表2−2−−3−6実践年と聾題分類{食物}
婁践年
媒口分類
@1989
@1994
@1999
52
丁4
83
9
9
16
20
21
2
2
5
コ
14
17
2
1
0
1
2
2
o
0
岨 4
1
2
8
1コ
?
10
1
加工食品
11 0
0
0
1
1
5
4
0
食糧事情
0 0
0
0
o
0
0
0
0
食生活樟式.食文化【外食}
15 0
0
o
1
1
5
8
0
結食・
5 0
0
o
1
0
1
2
1
献立
11 0
0
o
0
1
5
3
2
食品透加物
6 0
o
0
1
0
3
2
0
食品一般
44 0
0
1
6
15
12
9
1
の 6
2 0
0
0
1
0
0
1
0
{食掬}
2−11
表2−2−3−7 実践年と口姐分類(櫨服)
実践年
燥題分婿
合計
1965∼
1975∼
@19丁9
1985−
1990∼
1995∼
@1974
1980−
@1969
@1984
@1989
@1994
@1999
合計
262
0
11
24
丁4
15
63
衣生活.被口心理
31
0
コ
コ
5
0
0
0
0
0
o
被盟構底.鑓い
?3
0
2
12
櫨田衛生.生項
24
0
3
被屋材料(田継.口り」励
39
0
被置整理.管理.洗濯
32
洗剤、水の汚染
1970一ば
2以上
?1
4
8
10
2
0
o
0
0
15
4
22
田
0
2
15
0
1
コ
0
1
2
12
コ
11
9
1
0
1
3
14
3
1
10
o
23
0
1
2
7
3
6
4
0
4
0
0
0
0
o
0
4
0
コ4
0
0
0
d
2
14
11
1
2
0
0
0
0
0
o
2
0
(被服)
服鱒史.民俗胞鱒、良族凪■
ミシン
被鰻一饅
の 7
2−12
E2−2−4実践年と身につけさせたいカ(本時}
実践年
合計
合tt
身につけ
させたい
知埠・理解
993
25
1965∼ 1970∼ 19了5− 1980∼ 1985− 1990∼ 1995−
2
1969 1974 1979 1984 1989 1994 1999
以上
10
18
13
。・
血口7
3
32
8
7°000
−O?■0
コ
0●0
〇5 51一
26
4▼角U
力{本時}
OOO
擬念・原理
00
10
応用・連用
$習の仕方
1
技陸
イメージ
虐4 3
00了7
コ 90673
4
OO720000
2
創章工夫
●味・凹心・意敬
2
6ロd1
5
コ59
41
1
1
胞度
0000
−覚・苦情
社会性・協損性
00000000000
o
01■4
o
計薗性
0
自主性
簡力
2
8▼3 31
1
■工■頃
961
実践力
表現力
1
皐考力
4
0
60
00
00
1
判断力
共田
1
の
2・−13
曇2−−2−5 実日年と教具{本時)
実銭年
合計
合計
19fi5’早 1970−・ 19?5∼ 1980轟卓 1985」一 1990∼ 1995− 2000
1969 1974 1919 1ge4 1989 1994 1999 以上
26
2 36
貸U 凸頃53
■0 5
敏具
(本時}
教科書
ワークシート
プリント
新聞2事
1
4
古」
1
」丁50
広告・カタログ
雑誌
黒板・白板
1
槙遣日など
実物
衣服
1
食相
0甲04uT
標本・見本
槙型
1
回表・掛回
1
盤具・用具
亨」 庄」730
テーヲレコーダ・−
VTR
ウ一
スライド
OHP
コンピュータ
写真
コ2
資料
の
1
2−14
表2−2−6実践年と学習指導の積類{本時)
寛随隼
1鯛5一
1970∼
1975∼
暗●o∼
1蛆5一
19■一
1●95一
1●69
1●74
嶋7●
1“4
博■9
1■4
19鴨
t胡7
理
拍
114
1鶉
1丁5
52■
コ8●
1コ
0
0
1
4
0
4
4
回
裡竃
t日
1
1
口
10
10
q
”
1
見早
0
o
0
o
o
o
o
o
o
アンケート■1
o
0
0
o
o
0
o
o
o
インタビュー
1
o
0
o
o
o
o
1
o
文■■畳
1
0
o
0
0
o
o
z
o
コ1
0
:
2
4
0
口
‘o
0
o
o
0
0
o
0
0
o
■
泣
口
頷
15
口
含計
含計
畢甘竜導の
口垣〔本剛
■揮・■作
■嵩書覗属で■べる
ユ1
o
0
口富
●1
0
龍
T1
1
2
5
●
旧
凶
13
o
貫冒
イン亨一皐ツト■嵩
蝿
1
ユ
5
旧
ユ
10
1‡
o
拭しづくり
3
o
o
0
o
0
1
2
o
計■・■芭
譜
0
1
4
コ
3
21
3
0
坊■交呈雫■・檀外劇■
1
o
o
0
0
0
0
1
ゲーム
1
o
o
o
0
o
o
1
ごっ二
o
o
0
0
o
0
口
o
160
4
o
17
担
口
悼
臼
1
o
0
o
0
0
o
1
0
18
o
0
o
回
o
●
’
3
シミュレーシヨン
7
0
0
o
o
0
3
4
0
研翼・■萱昔■
江
o
1
0
2
‘6
7
免曇
215
4
5
1●
功
担
■
“
ユ
12
o
0
1
1
0
0
7
ユ
17●
1
工
14
閤
24
■
口
4
口5
o
3
4
11
口
■
27
o
1●
1
o
1
5
2
1
7
1
o
o
o
o
0
0
0
o
4
OFイスカツシヨン・ぽ」倉い
宇イペート・討捨
ロールプレインゲ
幻■歯
2■・巳入
o己直
星書・●■
顧
†
最■
詞
1
1
3
1F
■■畏■
17
o
0
1
8
2
人材昔用
1●
o
0
o
0
埴
1
o
1
1
0
0
臼む■・区食
胆
1
ザザイン・■を書く
17
‘1
o
3
3
2
o
5
ほ
2
‘
1
‘
口
3
0
o
o
1
1
8
2
1」
●
1
o
o
5
3
2
4
3
0
7
o
0
0
o
0
■
1
0
11
1
1
4
3
3
●
2
1
且立作尾
5
o
0
0
o
1
1
2
iL一マ音謁竃†晶
●
o
o
1
o
o
2
4
2
16
o
0
0
3
2
7
3
1
o
0
1
o
‘
7
0
0
o
o
7
コ
0
1
5
o
‘9
1
1
檀互コ芝翼・甑互評■
パソコン・CAI
計算
肝■壱立て晶
苧一マ・■r6方呈苦身える
宣で■ぺてくる
書で賓却『る
14
12
o
1
51
2−15
‘
0
‘
表2−2−7 実銭年と学習形態
実践年
1990∼
1995∼
2000
@1989
@1994
@1999
ネ上
154
117
364
273
18
4
3
1
8
15
o
1
2
5
3
13
口
1
5
6
23
38
33
84
55
4
99
2
2
6
14
4
32
コ4
5
〈農開〉小集団
180
3
4
15
26
26
64
41
1
〈風開〉全体
94
2
5
15
15
7
28
21
1
〈まとめ〉■別
147
2
5
12
23
9
55
コ8
3
〈まとめ〉少集団
23
1
0
3
2
3
6
8
0
208
4
6
18
28
31
74
44
3
1965∼・
ほ丁0−
19了5一ゴ
1980∼・
@1969
@1974
@1979
@1984
10?5
19
32
98
〈導入〉悟用
34
0
コ
〈轟入〉小集団
42
0
〈導入〉全体
248
〈農聞〉■別
合計
合計‘
学習形聾
〈 とめ〉
2−−16
1985∼
表2−3−1学校別と対象
学校別
合計 小学校 中学校 その他
対象
合計
男女
304 110 194 0
j子のみ
落qのみ
@0 0 0 0
T0 0 50 0
L載なし
ヌみ取り不能
Q8 0 28 0
@0 0 0 0
Q26 110 116 0
表2−3−2学校別と教授組織
学校別
合計 小学校 中学校 その他
教授組織
合計
教科担任制
w級担任制
eィーム・ティーチング
サの他
コ04 110 194 0
P88 2 185 0
P03 103 0 0
P2 4 8 0
@1 1 0 0
表2−3 一一3−1学校段階別と課題分類(家庭管理)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
30 11 19 0
1 0 1 0
合計
課題分類 家計管理
(家庭管理} 家事労働管理
生活時聞管理
消費者問題
生活設計
女性問題
ごみ処理
1 0 1 0
1 0 1 0
6 0 6 0
0 0 0 0
O O O O
11 6 5 0
10 5 5 0
0 0 0 0
0 0 0 0
リサイクル
生活福祉
その他τ
表2−3−3−2学校段階別と課題分類(家庭経済)
2−17
表2−3−3−3学校段階別と課題分類(家族)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
課題分類
(家族]
合計
結婚
離婚
世帯
家族・家庭の機能
家族法と家族政策
家族問題
19 可 18 0
0 0 0 0
O O O O
1 0 1 0
4 0 4 0
0 0 0 0
0 0 0 0
0 0 0 0
1 0 1 0
9 1 8 0
4 0 4 0
性別役割分業固定化
性別役割分婁の見直し
家族関係一般
その他3
表2−3−−3−4学校段階別と課題分類(保育、高齢者)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
課題分類
(保育.
高齢者)
合計
性
134 4 130 0
1 0 1 0
母性のみ
0 0 0 0
O O O O
28 1 27 0
17 0 17 0
3 0 3 0
29 1 28 0
9 1 8 0
6 0 6 0
母性・父性
子どもの発還
子どもの保健・衛生・環境
子どもの文化
子どもの生活
幼児の遊び
幼児のおやつ
幼児のおもちゃ
高齢者の保健・衛生・環境
6 0 6 0
高齢者の文化
高齢者の生活
保育一般
その他4
0 0 0 0
1 0 1 0
0 0 0 0
33 1 32 0
1 0 1 0
表2−3−3−5学校段階別と課題分類(住居)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
謀題分類
(住居)
合計
住居史
住生活
198 110 88 0
O O O O
43 26 17 0
19 13 6 0
住居管理
整理整頓
そうじ
10 6 4 0
12 8 4 0
住居問題、住居政策
住居設定、デザイン
室内環境、設備
住居生産、構造、材料
1 0 1 0
1 0 1 0
44 26 18 0
16 11 5 0
住環境、まちづくり
16 7 9 0
住空間
住居一般
その他5
25 12 13 0
9 1 8 0
2 0 2 0
2−18
表2−3−3 一一6学校段階別と課題分類(食物)
学校別
合計 小学校 中掌校 その他
課題分類
(食物)
合計
食品
栄養
調理・加工の用具
調理・加工の技術
275 88 187 0
75 23 52 0
45 15 30 0
15 11 4 0
46 20 26 0
11 3 8 0
0 0 0 0
15 1 14 0
5 3 2 0
加工食品
食糧事情
食生活様式、食文化(外食)
給食
献立
食品添加物
食品一般
その他6
11 2 9 0
6 1 5 0
44 8 36 0
2 1 1 0
表2−3−3−7学校段階別と課題分類(被服)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
課題分類
(被服)
合計
衣生活、被服心理
服飾史.民俗服飾.民族服飾
被服構成.縫い
被服衛生、主理
262 130 132 0
31 15 16 0
0 0 0 0
73 27 46 0
24 23 1 0
コ9 19 20 0
32 22 10 0
被服材料(障穫、織り.布)
被服整理、管理、洗濯
洗剤、水の汚染
23 12 11 0
4 1 3 0
34 10 24 0
2 1 1 0
ミシン
被服一般
その他7
1 、
表2−3−3−8学校段障別と課題分類(全体)
課題分類
i家計管理)
合計
家計管理
ニ事労働管理
カ活時間管理
消費者問題
生活設計
女性問題
ごみ処理
リサイクル
生活福祉
その他1
学校別
合計 小学校 中学校 その他
43 17 26 0
1 0 1 0
O 0 0 0
O 0 0 0
5 0 5 0
0 0 0 0
0 0 0 0
26 13 13 0
11 4 7 0
0 0 0 0
0 0 0 0
2−19
表2−3−3−9学校段階別と課題分類(全体)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
合計
28 3 25 0
1 0 1 0
4 0 4 0
11 3 8 0
0 0 0 0
0 0 0 0
0 0 0 0
0 0 0 0
5 0 5 0
5 0 5 0
2 0 2 0
課題分類
家計構造
(家庭経済) 消費者の権利
消費者行動
生活保障
老後保障
物価問題
流通
i経済一般
家庭経済
その他2
表2−3−3−1e学校段階別と課題分類(全体)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
課組分類
(家族)
合計
結婚
離婚
世帯
家族・家庭の櫨能
家族法と家族政策
家族問題
性別役割分薬固定化
性別役割分婁の見直し
17 5 12 0
0 0 0 0
O O O O
0 0 0 0
6 2 4 0
0 0 0 0
O O O O
0 0 0 0
1 0 1 0
7 2 5 0
3 1 2 0
家族関係一般
その他3
表2−3−4学校段階別と身につけさせたい力(本時)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
身につけ
させたい力
(本時)
合計
993 323 670 0
知識・理解
概念・原理
応用・適用
251 93 158 0
学習の仕方
技能
イメージ
創意工夫
興味・関心・意欲
0 0 0 0
2 1 1 0
0 0 0 0
114 38 76 0
22 1 21 0
95 27 68 0
263 96 167 0
態度
55 12 43 0
感覚・感情
社会性・協調性
19 1 18 0
0 0 0 0
1 0 1 0
2 1 1 0
69 27 42 0
34 16 18 0
6 1 5 0
計画性
自主性
能力
実践力
表現力
思考力
判断力
共感
その他
15 2 13 0
16 1 15 0
19 0 19 0
10 6 4 0
2−20
表2−3−5学校段階別と教具(本時)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
教具
(本時)
合計
教科書
777 265 512 0
ワークシート
110 28 82 0
23 11 12 0
プリント
15 4 12 0
4 0 4 0
5 0 5 0
0 0 0 0
新聞記事
広告・カタログ
雑誌
17 5 12 0
14 7 7 0
5了 22 35 0
黒板・白板
新聞紙・模造紙・画用紙
実物
衣服
食物
31 10 21 0
37 10 2? 0
37 11 26 0
10 3 7 0
25 10 15 0
84 43 41 0
9 1 8 0
51 6 45 0
2 1 1 0
標本・見本
模型
図表・掛園
器具・用具
テーゴ・テープレコーダー
ビデオテープ・VTR
スライド・投影機
31 18 13 0
OHPシ・一ト・OHP・TP
コンピュータ
写真
責料
その他
2 1 1 0
22 4 18 0
108 41 67 0
82 29 53 0
2−21
表2−3−6学校段階別と学習指導の種類(本時)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
合計
学習指導
の稽類
(本時)
1467 484 983 0
製作・創作
13 5 8 0
視聴
見学
112 33 79 0
0 0 0 0
0 0 0 0
アンケ・一ト調査
インタビュー一
1 0 1 0
文献調査
2 0 2 0
教科書・資料で調べる
31 11 20 0
インターネット検素
0 0 0 0
観察
実験
実習
92 30 62 0
71 23 48 0
45 24 21 0
試しづくり
3 3 0 0
35 8 27 0
1 0 1 0
計測・測定
訪問交流学習・校外体験
ゲーム
1 0 1 0
ごっこ
0 0 0 0
ディスカッション・話し合い
ディベート・討鎗
160 64 96 0
1 0 1 0
旧 0 18 0
7 1 6 0
22 5 17 0
ロールプレイング
シミュレーション
研究・口査活動
発表
発表会
215 76 139 0
記録・記入
179 57 122 0
Q&A
135 27 108 0
12 4 8 0
反省・評価
19 11 8 0
0 0 0 0
30 10 20 0
17 12 5 0
鑑賞
示範
教師実験
人材活用
相互交流・相互評価
19 8 11 0
39 13 26 0
パソコン・CAI
1 0 1 0
試着・試食
34 10 24 0
デザイン・図を書く
17 5 12 0
7 0 7 0
計算
計画を立てる
21 14 7 0
5 1 4 0
9 1 8 0
献立作成
テーマを決定する
テーマ・掴べる方法を考える
16 3 13 0
14 5 9 0
12 7 5 0
家で揖べてくる
家で実践する
その他
51 13 38 0
2−22
表2−3−7学校段階別と学習形態(本時)
学校別
合計 小学校 中学校 その他
学習形態
(本時)
合計
〈導入〉個別
〈導入〉小集団
〈導入〉全体
〈展開〉個別
〈農開〉小集団
〈展開〉全体
〈まとめ〉債別
〈まとめ〉少集団
〈まとめ〉全体
1075 380 695 0
34 10 24 0
42 8 34 0
248 94 154 0
99 34 65 0
180 60 120 0
94 43 51 0
147 55 92 0
23 10 13 0
208 66 142 0
2−23
表2−3−8学校段階別と学習指導の種類(全体)
学校別
小学校
合計
学習指導
の種類
(全体)
合計
製作・創作
視聴
見学
アンケート掴査
315
415
31
15
16
30
4
0
0
0
0
4
0
13
10
39
4
26
0
0
0
1
0
1
0
6
5
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
1
1
6
5
インタビュー
文献調査
インターネット検索
18
2
観察
実験
実習
33
20
69
試しづくり
ごつこ
4
4
13
0
0
ディスカッション・話し合い
48
教科書・資料で調ぺる
計洞測定
訪問交流学習・校外体験
ゲーム
その他
中学校
730
ディペート・討論
1
ロールプレイング
シミュレーション
4
2
研究・掴査活動
発表
39
56
1
1
0
0
29
0
0
0
14
27
14
2
20
10
30
0
3
12
0
0
19
1
4
2
25
29
発表会
19
8
11
記録・記入
37
12
Q&A
17
3
25
14
36
11
7
25
0
4
3
3
7
3
25
13
0
4
12
0
0
0
0
0
0
0
0
5
0
5
0
14
3
11
6
1
5
0
0
4
1
70
42
反省・評価
‘賞
0
示範
教師実験
人材活用
相互交流・相互評価
パソコン・CAI
試着・試食
デザイン・図を書く
計算
計画を立てる
献立作成
テーマを決定する
テーマ・調ぺる方法を考える
家で掴ぺてくる
家で実践する
その他
2−24
0
3
5
1
14
14
2
3
28
4
12
1
13
17
8
9
0
0
0
0
0
0
23
20
17
6
0
7
13
0
第三章 静教研・家庭科の学習指導過程における体験的学習
第三章 静教研・家庭科の学習指導過程における体験的学習
第1節 学習指導過程の枠組みの変遷
静教研では学習指導過程の枠組みについて実践報告の中であるいは研究部から提案され
てきたe全ての実践がそれらの枠組みどおりになされたわけではなく、学習指導過程が明
確に把握できない報告もあった。ここでは学習指導過程についての明らかにされた諸提案
を時期別に整理した。まず表3−1−1にあるのは技術科の指導過程の変遷として中伊豆町立
中伊豆中学校の飯田澄雄氏が産業教育学会で発表されたものである。それを参考にしなが
ら第1期∼第m期まで小学校家庭科を含めて再整理したものが表3−1−2である。
技術科では1972年以前において指導過程の研究テーマなしとあった。実習題材の選定が
テーマになっていたことは第一章の表1−1 一一 1に示したとおりである。しかし、実践報告の
中には研究会の発足当初から学習指導過程を意識して報告されていたものがあった。
細かな学習指導過程の表現が様々にあるが導入・展開・まとめの大まかな分け方で見て
いくと展開部分の細分化あるいは明確化が進んできたと言えよう。また、小学校家庭科で
は1971年には個別学習、1977年には一人一人という言葉が出現していた。家庭科は生活を
見つめ問題を意識化することが学習指導過程の導入部分でよく考えられてきた。そうする
と子ども達の家庭生活の個別の状況をどのようにふまえ、生かし、また乗り越えていくか
が課題になったと思われる。この問題はずっと問題意識の中に潜伏しあるいは表立って学
習指導過程になって表れたと言えるだろうe研究第III期、1980年代に展開段階の焦点化や、
学習問題の成立の部分がある。これは、学習問題を明確にするのだが、その方法の一つに
個人の問題意識を練り合わせて共通の課題にするという説明があった。生活経験から知っ
ている知識が個人的なもの、部分的なものということを明確にしながら科学的な追究の必
然性を生み出すようになっていた。しかしあまりに細分化した8段階を本時の中だけで展
開するのは無理があり、それ故に教師主導になりがちであることが指摘された。ユニット
としてくんでいく考えが出されていた。1990年代には展開段階の問題解決の予想立てや実
証の段階で個人や班別の追究がなされるようになっていた。教師の指導計画の下で個別・
班別に対応していったと思われるが、より個に対応できる柔軟な学習が求められたと思わ
れる。1998年以降は大まかな枠組みになり緩やかな学習指導過程になった。
表3−−1−−2は次の点を示したものである。第1期は前表3−1−−1には表れていなかったが浜松
市、富士市、藤枝市の報告の中に学習指導過程の提案があった。
第n期の1978年にはほぼ七段階の学習指導過程が普及したように思われる。
第m期の1984年から小・中研究部の合併によって学習指導過程の研究仮説は統一されて
いる。しかし、中には教師の独自の考えや判断で学習指導過程がくまれてきたe
−27一
しかし多くに見られるのは、
衰3−1−1静岡県技術科の指導過程の変遷 (中伊豆中学校 飯田澄雄氏)
第]期S.47
問題を発見させ解決の予想を
第皿期
第皿期
第IV期
第v期
刀D48∼56
r.57∼H.2
艪R∼H.9
g.10∼
①学習問題の提 ①問口提示
させ、実証し検証していくと
ヲ
いう段階であろう。教師の計
①学習膜題の提 ①つかむ
ヲ
②間題提示
指導過程の研究
③問題の発見
eーマなし
画の上にある問題解決学習で
o実習題材の選
④仮説の般定
閨j
あり教師の指導力が発揮され
ていたと思われる。
②間題の発見
②問題の発見
③焦点化
③焦点化
②見通す
④学習間口の成 ④学習問題の成
ァ
ァ
⑤予想立て
⑤予想立て
ヌ別細分化
⑤仮説に基づく ⑥予想の実証
レア
③詫かめる
⑥予想に基づく
タ鉦
ヌ別細分化
⑥真験結果の検 ⑦真旺結果の検 ⑦実田吉果の検
リ
④擾り返る
⑦間■解決と新 ⑧宴践化・一般 働一般化
スな発見
サ
衰3一ユー2 静敏研京磨科の学習過程の棒岨みの変遷
衰3一ト1と讃3一葺一2から各研究期の特微
(1967)
①間■提示の迫租
〔tg67}
を衰すと次のようになる.
Φ見つめる・つかむ
②てらす・考える
③行う・考える・連用
{1969)
(1971)
Φ生活を見つめる
①問■意■
②解決の予想
第1期は先進的提案の時期
第口期は間■解決学習過程の研究期
第皿期は学習指導遇租の細分化期
第IV期は班別対応期
第V期は柔軟性期
ただしぼ厩科では
④創造的真践
第皿期を】989{平成元)年まで
第1V期を1990(平成2)年から
③まとめ比敏
③学1聞■の意■化
④学習計■
とした.
⑥SN化
第皿期(1973∼】98D
小学校
中学校
(1977) {1978) (19〒9)
(19〒6} (1978)
Φっかむ①簡■をつかむΦみつける ①学1■■ ①学1■口の杷鍵
②追究 ②しら峠る ②つかむ
②学習間■ ②簡■の提示
③真匿 ③間■をしぼる ③碗かめる ③rF想立て ③聞■の発見
④評栖 ④つきつめる ④まとめる ④検匿 ④仮説
⑤結果の吟喋 ⑤害匿
⑤広げる ⑤適用
⑥予告
⑥次時の■■⑥検柾
⑦まとめ
(1981)発簡について
Φ初発間
②焦点化の発間
③圭発聞
④解決の手がかりになる発間
⑤応用が出来るための発問
⑥次時の意欲がわく発簡
第正翔(1982∼1989)
小学校
1984年から小・中合併による。
(1982} (1983)
①生活を見っめ Φ■■把提
聞■を発見させる ②めあてをもつ
②共通の学習■■③見通す
作りの場で考えさ ④操める
せる ⑤まとめ
③適究の婿の工夫
④実培化
一28一
第2節 学習指導過程の段階と学習指導の種類の変遷
まずこの変遷を、静教研の研究期ごとにみた。そして学習指導過程の段階を大きく導入、
展開、まとめとした。すると各研究期における導入、展開、まとめに相当する段階は次の
ようになるe
導入段階
第1期みつめる、つかむ
第U期 学習課題の提示、問題提示
第皿期 問題の提示
第W期 学習課題の提示
第V期 つかむ
展開段階
第1期 てらす、考える
第ll期 問題の発見、仮説の設定、仮説に基づく実験
第皿期 問題の発見、焦点化、学習問題の成立、予想立て、予想の実証
第IV期 問題の発見、焦点化、学習問題の成立、予想立て・班別、予想の実証・班別
第V期 みなおす、たしかめる
まとめの段階
第1期行う、考える、適用する
第n期 実験結果の検証、新たな問題発見
第皿期 実証結果の検証、一般化
第IV期 実証結果の検証、一般化
第V期たしかめる、振り返る
各段階、各研究期ごとに学習指導の種類をみたものが表3−2−1∼表3−2−3である。
導入段階で他の段階よりもよくとられる学習指導の種類は視聴、示範、家で調べてくる、
ロールプレイング、発表、である。また研究期による違いとしては、観察や視聴が第1皿期、
IV期に多くなっている。また各調べ学習は第IV期、 V期に多い。ロールプレイング、シミ
ュレーション、人材活用も第IV期、 V期に多くなっている。時期を経るにつれて子ども自
らが活動する中で問題を発見する、または人材からの情報によって学習の課題や問題が提
示されると推察される。
展開段階で他の段階よりもよくとられる学習指導の種類はほとんどの種類にわたってい
るが、とくに試行的な活動、実験実習、計測や記入、調べ学習、Q&Aやディスカッショ
ンなどが多くなっている。問題や解決のための追究をするために、正確さや深まりが求め
られる学習方法である。研究期による違いとしては第IV期に展開段階の典型的な諸活動が
一29一
みられた・相互交流や発表会が第W期、V期にみられるのは個別の追究が多くなる時期に
おいてそれを補う方法としてとられるのではないだろうか。
まとめの段階で他の段階よりもよくとられる学習指導の種類は計画を立てる、人材活用、
記入・反省評価、相互交流、家で実践するというものである。それぞれまとめをしながら
次の学習の推進になるよう問題意識の系統を計る学習方法である。研究期による違いは第
IV期・第V期において記録・記入、反省評価、相互交流、発表会、家での実践などがみら
れた。
上に述べたことのほかに学習指導の種類は多くの場合、導入、展開、まとめのどの段階
においてもとられていた。これはどの学習指導の種類もそれが独立して意味があるのでは
ないことを教えている。たとえばこの種類は導入にふさわしいとか展開にふさわしいと固
定されるものではないということである。学習指導過程の中に明確に位置づけられてそれ
ぞれの学習指導の種類が導入として、展開としてあるいはまとめとして意味を発揮すると
考えられるのである。
次に表3−2−1∼表3−2−3をしめす。
一30一
表3−2−1学習過程の段階(導入)と学習指導の種類の変遷
新学習指導の稽類(導入)
製作・
合計
研究期別
第1期
Z皿期
謗M期
謔hV期
謔u期
合計
496
16
R9
P24
Q55
U2
試 ・
諮H
観察 実験
実習
計算
視聴
鑑賞 示範
13
ェ定
2 1
0 0
P 0
O 0
P 1
O 0
49 7
0 0
R 1
Q6 1
P8 5
Q 0
8
7
0
67
0 14
00160
00000
0684310
11470
新学習指導の種類(導入)
アンケート インタ
教師実験 @ 掴査 ビュー
合計
研究期別
5
算1期
1130
謔至咜
皿期第
hV期第
ω1一
送ソネット検索
1
7 0
00
0 0
00
0001
究期別
トる を決定
計
1期第
0010
至咜謗
撃槙咜謔
u期
計
究期別
1期第
M期第
M期
lv期第
u期
3
00
チこ ション
0001
価
55
2 05
@ 0
訪問・ 外丁 インを
イべる
ゥ学
2
12
0011
0183
ール レシミュレー ョン
@イング
ィベート
フ験 書く
0
0
0000
0000
’人
゙活用
コン・ bAI 発表
2
60
0000
0084
159
0021
0032
0 150
01
@ 401
@ 180
@ 860
@ 0
@ 13
表会 家で実践
@ 09
@ 0
14
で
@ 250
・・
7 0
01
べる
菇@
@ 70
入 評価
5
0011
56
学習指導の租類(導入)
・ 反’・
&A
2
丁イスカツご
ーム
@ 10
@ 00
@ 10
@ 1
M期第
鯛活動
00000
@ 00
@ 05
@ 02
@ 0
学習指導の種類(導入}
画 テーマ立
立作成
20141
科 ・ インター研
文献調査
@ 00
@ 00
@ 00
@ 0
u期
計測・
n作試しづくり
0
00
の他
1期
0
21
@ 01
@ 0
0
04
@ 0
7
つめる、っかむ
習課題の提示、間題提示
題の提示学
皿期
m期第
ツ期第
K謀題の提示つ
u期
ゥむ
表3−2−2学習過程の段階(展開)と学習指導の種類の変遷
新学習指導の種類(展開)
合計
研究期別
第1期
謗M期
謗M期
謔hV期
謔u期
合計
713
23
U7
P84
R47
X2
●
●
n作 獅オづくり 試食
8
00341
2 20
. ●
観察
50
0 1
O 0
O 2
実験
65
0721184
実習
37
ェ定
計算
31
視聴 鑑賞
示範
28 0
P 0
R 0
T 0
P4 0
T 0
14
400040
2623304
O55201
P 14
P 3
Q3540
新学習指導の橿類(展開)
アンケート
合計
研究期別
rュー文献鯛査
11
0
送ソ
1 2
00
22
第1期
3620
0000
インター研
lット検索
0
24113
・贋
?ョ
20
0000
鯛ぺる
家で
菇@
イべる
劫問・外7一
ゥ学 体験
16
13106
学習指導の租類(展開)
画立
立作成
トる
計
1期第
M期第
M期第
0122
ーマを
?閨@ ゲーム
2221
アィスカツ 」つこ
0
00
ィベート
Vョン
0772
0000
ミュレー パソコン・人
@イング
Vョン
゙活用 GAl
1
1235629
0010
0051
u期
02312
表
10
@ 00
@ 00
@ 04
@ 17
@ 0
0030
@ 00
@ 02
@ 03
@ 0
hV期第
@書く
@ 00
@ 00
@ 00
@ 00
@ 1
ール レ 22
イン
10
@ 00
@ 00
@ 01
@ 2
u期
究期別
科 ・
@ 鯛査
諱闃咜
皿期第
hV期第
ω1
インタ
教師実験
11 U1
O3
R5
T V
学習指導の種類(展開)
・記
究期別
計
1期第
闃咜謗
M期第
撃槙咜謔
u期
’・ 互 }・評
ソ 評価
&A
16
5
328823
表会
で実践
の他
13
00
@ 00
@ 00
@ 81
@ 5
2
0014
0000
31125
1期第
らす、考える学
M期
K謀題の提示、問題提示
皿期第
説に基づく実験
題の発見、焦点化、学
K問題の成立、予想立て予
zの実証同
hV期第
u期
繻ゥ
ハす、確かめる
表3−2−3学習過程の段階(まとめ)と学習指導の種類の変遷
新学習指導の槽類(まとめ)
合計
研究期別
第1期
謗M期
謗M期
謔頼咜
V期
} ’
■
●
獅オつくリ 試食
観察
実験
実習
ェ定
計算
視聴 鑑賞 示範
3
0 5
00
12
6
10
1
3
21 0 5
0 02
@ 0 04
@ 0 31
S 0 21
@ 0 0
n作
合計
441
24
11「10
T9
R2
0240
0561
0010
0161
0030
@ 00
@ 20
@ 30
@ 0
Q26
X
学習指導の租類(まとめ)
ンケート 計
究期別
1期第
M期第
M期第
0120
0000
獅P期第
u期
学習指導の積類(まとめ)
画立
ソ
インターネ 究・鯛 bト検索
ぺる方
@
@活動
0000
oO31
0011
oOOO
家で調
訪問・交外丁 インを見
ラる
w 体験 書く
0 5
0 00
@ 0 20
0010
6
計
0000
2561
至咜謗
@ 0 00
@ 0 30
@ 0 0
イスカッ ーマを
?閨@ ゲーム
トる
立作成
1期第
1
00
●資
@ 00
@ 00
@ 00
@ 1
ωーω
究期別
ンタビ
?[文献調査
@調査
師実験
つこ
ィペート
Vョン
ール レシミュレー ョン
@イング
パソコン・人
゙活用 CAI 発表
6
0
00
0000
8681
0000
0000
0020
@ 00
@ 00
@ 01
@ 0
M期第
hV期第
u期
2 1 75
0 10
@ 0 90
@ 0 155
@ 1 377
@ 0 13
学習指導の稽類(まとめ)
鯨・記
ソ 評価
&A
46
計
究期別
1期算
00
1436
11
10
で実践
の他
2
1
00
@ 17
@ 5
M期
u期
表会
2 24
濠咜謗
w期第
’・相互 ・・評
0
71
87
X
@ 9
1
2
1期
う、考える、適用
皿期
験結巣の検証新
皿期算
似淘謔
旺結巣の検旺、一般化同
u期
ゥめる、振U返る
スな問題発見
4114
繩m
第三節 事例に見る学習指導過程と体験的学習
ここでは従来取り組まれてきた領域にそって時期を追いながら学習指導過程中での体験
的学習について見ていく。
1.被服領域の事例
(1)1984年引佐地区 本時は、スモックの製作の題材で見返しによる曲線部分のぬい
代のしまつとして切り込みの必要性を理解する授業(水田寛子氏)である。部分縫いとい
う試行をさせて問題を見つけていく。「うまくいかない」「ひきつる」と話し合う中で良
否の標本みせて自分の作品を見させる。そこで「なぜきれいに丸くならないのだろう」と
焦点化され曲線の裁ち切り線とできあがり線の長さの違いに気づかせる。「どうしたら平
らに出来るか」と問題解決の方法を考えさせる。拡大標本を使って思考の手がかりを与え
る。グループで部分縫いを再度やってみて実証する。カーブの大きいところには細かく深
い切り込みを入れることに気づき確かめていく。問題発見と実証段階で子ども達自身の試
行や実習がなされている。解決の見通しに相当する段階では教師の準備した標本が手がか
りとなっている。
小学校ではふくろ作りの実践で丈夫に縫わなければならないところに注目させるために
まず、先輩の製作反省会のビデオを見ることが課題提示にされた。試し作りやいろいろな
ふくろの実物を見ながら縫い方を選んでいく過程がとられていた(引佐地区 池田信子
氏)。口明き部分のしまつは抵抗のある部分である。予想や見通す段階で中学校なら標本
を使うところであるが小学校では試行がとられる。三つ折りの仕方も紙を使って行い、縫
う箇所を赤鉛筆で記入する試行を取り入れたが事例があった(御殿場 天野文子)。
(2)1985年三島地区 スカートの製作の題材である。本時は「型紙でダーツやくり、
スカートの幅に前後の違いがあるのはなぜだろうか」という学習問題である(森本まゆみ
氏)。焦点化までには前時に自分たちで予想して考えた型と実際に用いている型紙を比べ
て前後の違いがあることを発見しているeなぜ違うのか調べる方法を自分たちで考えさせ
た。実証段階ではグループごと人台に型紙を巻き付けたり、ひもで測ったりする、スカー
トの実物を測り観察するグループもある。検証は胴回りのデー一一Lタで確認する。自分たちで
描いた型紙を修正して一般化する。子ども達は体験しながら動作時の体型についても気づ
く子どもいた。問題発見と実証段階で自分たちの活動があったが検証は測り方の難しい胴
高について教師が説明をした。
(3)1994∼1996年志太地区 ショー一トパンツを男女共学で実践した来た。地区として
の題材計画が1996年に示されていたがそれまでには焼津・大井川、藤枝・岡部、島田の各
地区で実践され検討されてきた蓄積があった。
−31一
1996年の題材計画(25時間)を要約して示す。
ア.一枚の布をまとう、布をつまむ、丸みを生かす、衣服のすばらしさを体感する。
イ.型紙作り、紙を何回もあてる。型紙と体型や動きとの関係を実感を持ってとらえる。
自分で作っていく型紙、追究する必要感、自信、技術の工夫の良さや自分たちで作り出せ
ることがわかる。
ウ.布地の性質を自分達で考えた方法で確かめる。着用目的を考えた布選びが出来る。
エ.立て布、よこ布の伸びや体へのなじみ具合を知った上で型紙の配置が出来る。ほつ
れやすい後ろまた上をいろいろは方法で縫ってみてのばして縫う理由とその工夫のすばら
しさがわかる。そして自分もその方法で丈夫できれいに縫いたいと意欲を持つ。作り方の
ビデオやプリントを活用して自分のカで完成させる。
次に、イとエに相当する本時を示す。
①型紙作りのうち「前後の長さの違う理由」が学習問題の授業である。いろいろなズボン
のまた下の長さを測り「どうして後ろが長いのか」という問題が成立する。予想立ては体
型と動きの理由が挙げられるe前後が同じショートパンツをはくと動作時の問題に気づく。
実証は動きによって変化することを調べるのだが方法は班によって考えたものである。検
証は教師が準備したクロスカット法による。これによってどこが一番伸びるのかを確認し
型紙にゆとりを入れる箇所がわかる。この授業では、学習指導過程のほとんどが子ども達
の主体的な活動でなされていた。それは問題の発見、予想立て、実証の方法、実証過程
である。基本的には1985年の三島の展開に通じるものがあるが、静止体型か動作時の体型
かにまで追究させた点、自分たちの体を動かして測り解決していった点が進展したと言え
よう。静岡県の男女共学の実践開始は全国レベルでは遅い県であったが、授業後の研究協
議会では男女共学で実践することの良さを分析していたe
②後ろまた上の縫い方の授業である(藤村 香氏)。学習問題の提示の段階で後ろまた上
がほころびたズボンを見せる。どうして後ろまた上が切れるのだろう、切れないようにす
るにはどうするのだろうと疑問や不安がわくe学習問題の成立の前に、切れないものもあ
ることを明確にするために二種類の標本を二人に一セットずつ渡す。いずれもストライプ
柄のものである。斜め部分がはっきりする柄である。標本のAはカーブの部分を伸ばさず
に縫ったもの。標本のBはアイロンで伸ばして縫ったものである。標本Aを先に渡して「後
ろまた上の部分は切れやすいのか引っ張ってみよう。よく観察してどこが切れたか気づい
た点を発表しよう」e次に標本Bを配布して同じく引っ張るがこちらは切れない。そこで、
学習問題が成立する。「なぜBは切れないのか」に対して予想立てをしそれぞれが「切れ
ないように工夫して縫ってみる」という実証をする。検証では「なぜ伸ばして縫うと切れ
ないのか」の確認になるが「引っ張って切れるから最初から引っ張ったところを縫う」「布
が伸びても糸が伸びないから切れる、布を伸ばしておけば糸も余裕がある」の考えが出さ
れる。教師の検証のための手がかりは「バイヤステープで実験してみよう」である。後ろ
一32一
また上部分が斜め布になっていることの確認を兼ねている。加えて腰の曲線部の伸び方を
OHPで確認し次時の本縫いへの意欲をはかる。この授業での学習指導過程は、観察・実
験、考察思考、試行・実験、考察思考、実験考察とこども達の体験と思考活動が交互に組
み合わされており子ども達は自分の力で追究した満足感が残るだろう。問題の問いの形が
「なぜ」となっている。「切れないようにするにはどのようにしたらよいか」の問いに直
接出会わせる場合との違いを考えたい。
(4)1999年 新学習指導要領の実施を前に磐周地区では新しい題材に取り組んでいる、
衣服の計画的な活用や適切な選択の仕方の試みをした(神闇稔子氏)。擬似的なフリーマ
ーケットを教室の出現させ大がかりな擬似的体験をさせた。買い方の前にフリーマーケッ
トに出してもよいとしたすなわち不要になった理由を考えさせた。これは、衣服を着る目
的を考えさせることであり、買い方につながる問題のつかみ方である。売る立場、買う立
場の両者を体験する中で買うために必要な行動を確かめることが出来る。振り返りの段階
では、ファッションアドパイサーなどの専門家の活用がなされた。
(5)小学校の事例でも1991年浜松でリサイクルショップで服を選ぽうという実践があ
った(牧田淳子)。小学校では選ぶこととその理由、ブッティックの店長の人材活用で構
成されていた。
こうしてみてくると製作題材では、衣服と体の関係を型紙、材料、縫製のいずれにおい
ても一貫しておさえるための学習指導過程、学習方法が追究されていた。子どもが問題意
識を持ち解決過程での予想、実証、検証をしていくという各学習段階でとられた学習方法
は、教師が計画した方法でありながら子どもの体験学習になっていた。すなわち、子ども
が学習している意味を感じながら学習が進み、子どもが対象と関わることによって感性を
育て、問題意識を解決する過程での本質理解や人格形成がなされてきたからである。
また、解決のための追究過程の思考と体験の相互関係による丁寧なステップは学習のゆ
とりとはこのようなものではないかと改めて考えさせられるものである。
2.食物領域の事例
(1)調理の方法を探すための学習指導過程の事例 ①1983年志太地区 だしを題材に
した実践があった(増田久枝氏)。問題発見の場面は三種類のだしを試食し違いを考える。
かつお節の質、量、水の量は同一条件であることをおさえなぜ色、香り、味が違うのか自
分たちの仮説、実の方法、実証を行う。②1996年磐周地区の報告で煮魚の題材があった(神
谷恭子氏)。問題の発見のための体験の1として試食し味比べであるe熱を加えるタイミ
ングや時間が違うものの比較である。子ども達は条件の予想をし、実証のために自分たち
の立てた予想にしたがって実験をする。③1999年田方地区の食品の性質と日常食の調理の
題材で手打ちうどんがある(手島雅恵氏)。うどん作りの教材はかつてスパゲッティ教材
一33一
の変わりに小麦粉の性質を理解させるため、あるいは、保存法として乾物の扱いとして扱
われてきた。クレープやカップケーキで小麦粉を扱う場合もある。田方の実践は何種類か
の手打ちうどんを試食するところから始まる。小麦粉の種類、こねる回数の違うものであ
る。子ども達のそれらの条件によって違うのか、予想を立て実証の実験的実習を行う。検
証段階で教師の指導としてグルテン形成のしくみを模式図で説明する。一般化としては実
験結果を生かして自分の好みの手打ちうどんを作っていくとある。
(2)実験を中心とした事例 1995年清庵地区の砂糖を題材にした実践がある(田島淑
美氏)。生徒が試飲したものを糖度計を使って自分で測り、砂糖の量として計算して実物
をコップに入れ砂糖の量を確かめ実感させるeとりすぎのしくみを教師が説明し、結果の
疾病について調べ学習をさせた。現実生活の見えない部分を見えるようにし問題意識を持
たせるための実験である。1996年同じく清庵地区の加工食品や調味料に含まれる塩分の題
材がある(望月さとみ氏、漆畑明子氏)。まずカップラーメン、コロッケ、トマトを見せ、
コロッケにはしょうゆ、トマトには塩をかける。子ども達はカップラーメンの塩の存在を
さほど気にしていない。そこで実証として各自家から持ってきたみそ汁の塩分を測定する。
検証として、みそ汁やラーメン以外に見えない形で食塩が入っている食品を考えさせ加工
食品に気づかせる。食事記録を見直していく。この場合の実験も現実生活の見直しのため
に見えない形のものを見える形にしている実験である。
(3)調理科学の実験を中心とした事例①1983年志太地区 でんぷんの調理法の題材
である(町井敏子氏)。生米を味わった前時からの続きである。「消化がいいだろうか」
と・消化実験した米とごはんの様子を見せるeなめてみて甘さが違うことに気づく。米の
成分表からでんぷんが糖に変わっていることを説明する。「ごはんならどうして食べられ
るのか考えてみよう」の問題に・班ごとに配られた米とごはんの実物の観察をするe・上
新粉に水を加え熱しながら糊化していく様子を教師実験で示す。「どうして柔らかくなる
のだろうか」と・生米と吸水させた米を比較観察させる。この状態をモデル(ミセル構造
の模式図)を使って考えてみよう。水だけではだめで、熱が必要だ。水と熱がなくなるこ
とを老化という。同じ炭水化物でも芋はどんなふうにして食べるかな。水はいらないのか
な。・米とサツマイモの成分を比較してみよう(米とご飯、サツマイモと焼き芋のそれぞ
れの水分割合)。サツマイモははじめから水分を含んでいるから熱だけでよい。このよう
な授業の様子であった。調理法の科学的根拠を糊化の原理をモデルや実験によって確かめ
られたので、子ども達はサツマイモが加熱だけで食べる理由も理解できたようだった。協
議会の考察では、教師主導であったとして、改善点はく消化実験の時、予想を立てさせる。
焼き芋の場合について成分表を見せる前に考えさせる。教師実験ではなく班単位ぐらいの
実験にできないか。〉という指摘があった。確かに子ども達は予想や仮説を持つ機会がな
かった。そして子どもからの質問く米を細かくくだいて食べても消化できないですか。〉
〈炊いたご飯がかわくとどうなりますか。〉に対して教師が応えていくだけであった。問
一34一
題解決の過程にするための検討がされていた。教材の価値についての研究はよくなされて
いたが教材と子どもとの関わりについての研究が残されたようだ。②1996年清庵地区のハ
ンバーグを題材にした実験がある(鈴木田鶴美氏)。ハンバーグをおいしくするにはとい
う問題の解決過程である。生と焼いたものを水に入れ加熱していく実験である。すると生
からは白い濁りが出てくる。この濁りはなんだろうという問題である。この原因追及は実
験ではなく話し合いと説明であった。たんぱく質、うま味が流出しているというところに
気づかせるところまでであった。先の煮魚の調理も同じであり、動物性たんぱく質性食品
の調理の方法を理解させる実験であった。
(4)小学校の栄養指導は食品の形にすることでわかりやすくする工夫がなされてきた。
1999年志太地区 「カルシュウムとは何?」の授業では給食の栄養士とのT・Tでなされ
た(鈴木貴子氏)eコーラ、オレンジジュース、牛乳のカルシュウム量を骨のイラストで
表しその量の違いを目で見える形にした。他に比べて、牛乳のイラストは教室中に広がり、
カルシュウム量の違いにびっくりした。目に見える形にする方法の一つである。人材活用
もプロの職業人として働くことを想像する上で効果的だったと思われる。
食物領域の主な教育的価値は健康で自立的生活、そして食生活を文化として理解できる
こと、すなわちおいしく食べ、栄養効果を上げる調理が出来、その科学性のすばらしさに
気づくことだと言える。これらの事例は試食をし、問題を発見し、どうすればおいしくで
きるかという課題を予想をもって実験実習し調理の条件を見つけていくものである。実験
が効果を上げるが理科の実験が「なぜ」「なに」と追究するのに対して家庭科では「どの
ようにすれば」の追究であろう。また、現実生活の見えない部分を見えるようにすること
で根拠を持って生活の見直しをするためでもあったe
3.住居領域の事例
(1)1980年田方地区 家具の遷び方の題材である(木内智子氏)。仮説を持って選ん
だいすに掛けてみて掛けやすくするために高さの上下の調節をするのが実証段階である。
検証として体圧分布の測定をして選ぶときの観点をまとめる。検証段階で実験を設けてい
る点が注目される。
(2)1991年榛原地区 導入で、パソコンを使って間取りを選び展開段階では、自分の
設定したライフスタイルに合うのかどうかを検討する。友達の発表を参考にして、パソコ
ン上で修正をしていく授業である(渡邊茂美氏)。住空間をライフスタイルとしてとらえ
た点が住教育として積極的に評価できる。LDKの場面で生活行為の視点で検討させ修正
をしやすいパソコンならではの学習方法である。
(3)1992年榛原地区 生活排水の題材である(榊原裕代氏)。地域の川を教材にして
川の様子を観察させる。上流と下流の水を採取したものを観察しCODパックテストをす
一35一
る。下流の汚れの原因は何だろうと焦点化される。問題の発見の段階でクラブが調査した
資料を使った。川の場所、時間帯による汚れの状態であり、家庭排水の汚れを示している。
学習問題は汚れた水を出さないようにするにはどうするかである。実証として汚れの防ぎ
方の実験方法を設定してその有効性を調べる、CODパックテストである。一般化として
有効な方法、家庭で行っている方法を確認する。
(4)1992年 すでに前章で取り上げたがダニを教材にした実践である(横村壽美子氏)。
前時までにダニの拡大写真を見せ害虫であることをおさえ、焦点化の段階で教師が家か
ら採ってきたダニをOHPでみせた。どこの家にもいるんだという配慮がある。「自分た
ちの家の中にダニがいるか調べてみよう」と学習問題が成立したe本時は調べてきた場所
をマグネットで黒板の平面図に示すところからスタートする。予想立ての段階で「なぜこ
の場所にダニがいると思ったのか」に対して子ども達は採取してきた場所の条件をある程
度整理する。実証段階は本当にいるのか顕微鏡で観察する。見えない場合はマグネットを
取り外す。すると、残っているマグネットはダニがいたことを示している。そこで検証段
階では「(マグネットの残っている)黒板の平面図をみて気づいてこと」が問題になり、
じゅうたんの下、台所の隅というような場所から、ダニの棲息条件である温度や湿度、養
分になるごみなどを確認する。一般化の段階で、それを防ぐ方法をVTR視聴する。これ
はダニの生息条件を確認し、自分たちの生活を掃除や換気などの面から見直すことにつな
がる授業である。気密性の高い住居と在宅時間の少ない現代生活の矛盾に迫っていく価値
を含む教材になった。また、学習過程の特徴は、自らの思いと友達の思いさらにそれぞれ
の事実を練り合わせて根拠を探り当てるところにある。採取の仕方や顕微鏡観察のテクニ
ックなど限界はあるが充分に追究できた。本時は「どのようにすれば防げるか」を学習問
題にしていない。その前に「ダニがいると思った場所はどこ」「なぜそこにいると思った
のか」とWhere, VVhatの問い方であった。このような問いは論理的で子ども達の追究を推進
させた要因だと思われる。
(5)1995年伊東・熱海地区は観光地としてのごみ処理問題に取り組んだ(大谷由子氏)。
調査、見学、聞き取り、ごみ置き場の観察などの活動があった。市職員の話を聞いた。「私
たちのまちをきれいにしよう」の学習問題が成立し地域や市に協力を求める方法を考えたe
新聞、ポスター、看板などを作り、呼びかけるための広報活動を各自の取り組みとした。
観光地という不特定の人々が行き交う地域での取り組みという点で調査や広報活動に特徴
があったと言えよう。
(6)1997年静岡市 住まいの安全の授業である(小澤裕代氏)。 学習問題の提示は
「自分の家について家族全員が安全に生活できるようになっているか点検しよう」であ
る。家庭内事故の件数や内訳から、高齢者、幼児、災害の問題に焦点化される。「どうし
てこんなに事故が起きるのかなあ」と学習問題が成立しテーマ別、グループ学習として予
想立て、実証活動が進められる。図面チェック、原因、原因の確認としての疑似体験であ
一36一
る・まとめとして、安全に生活するための改善点や工夫点を考えることである。人の条件
と住まいの条件の関係のあり方で見ていくことの出来る教材になった。疑似体験という活
動がとられるようになった。
(7)1998年志太地区 「家族関係と住まい方」を地区の研究として蓄積してきた。「わ
が家の平面図」「三つの家の住む人の気持ちになってみよう」「サザエさんの家に住む」「自
分の机をどこにおく」と教材開発されてきた。本題材は「高齢者にやさしい住まいを考え
よう」(山本祐理氏)である。前時までのっかむ段階はシニアシミュレーターの経験を経
て、「高齢者と一緒に住むことになったらどんな生活になるか、シナリオに表そう」であ
る。見通す段階はロールプレイングをし家族の役の立場、高齢者の役の立場で感想を述べ
自分の役の立場を客観化する。確かめる段階として、モデルの住宅平面図の中で「どこを
高齢者の部屋にするかお年寄りに優しい居心地のよい住まいを考えよう」となる。グルー
プで話し合った後その内容を家族に持ち帰り感想を聞いてくる。モデル住宅の間取り図に
高齢者の部屋、家族が集まる部屋に印を付け理由を考える。本時は振り返る段階で、パネ
ル(ポスター)セッションと全体での意見交流である。部屋割りの理由、家族構成、高齢
者の健康状態などをまとめ模造紙に書き、各班のものを教室に貼る。ポスターの前に説明
役が立ちそれ以外の人は見て回り意見を聞き、質疑応答をする。全体発表では、既にボス
ター…の前で意見を出し合っているので論点がはっきりした発表になった。家族のコミュニ
ケーションのあり方まで広がり深まった。この実践の学習段階はユニットとして組んであ
り本時は振り返りの段階だった。疑似体験、シナリオ表現、ロールプレイング、家族イン
タビュウ、ポスター発表などの学習方法が学習指導過程でとられたが全て子ども達が活動
し手がかりを得て学習が進められた。
住居の実践は、1990年代になって家族と住まい方という視点で進展した。疑似体験も取
り入れられ学習方法として有効性を発揮した。平面図の活用は生活の様子を想像しシミュ
レートするために用いられてきたことがわかる。新学習指導要領では平面図の読みとりは
しないことになったが全く使わないと理解すべきではない。また、住居が地域と切り離せ
ないことまた、他にあっかう領域がなかったことなどから地域の環境を住居の題材で取り
上げてきた。この点は新学習指導要領では住居だけに関わらせる必要はなくなった。その
意味では住居に関わらせて地域の環境を取り上げてきたことは実践研究の蓄積になったと
思われる。
4,保育領域の事例
保育領域では従来、幼児理解に重点がおかれてきたと思われる。発達の理解、幼児に必要
なおやつなどの生活理解などである。おもちゃ作りも発達理解の延長線上であったと言え
よう。2000年浜松市で実践された実践(倉田まゆみ氏)を見る。2回目の幼稚園訪問のあ
一37一
と「園児や幼稚園の先生があったらいいと思うもの」問題にした。幼稚園の先生の発言や
園児の生活のビデオレターを見て自分なりに「幼稚園の生活の役に立つものを作る」こと
を見通し・計画を立て取り組んでいく。こちらからの押しつけにならず相手の必要を知っ
て製作していくという点は、かかわりを作っていく場合に必要なことであることを示して
いる。既に2度の幼稚園訪問によって園児や先生との関係が出来ていることもまた子ども
達にとって・かかわりを作っていくという新しい体験に取り組むことを推進したと思われ
る。
5.家庭生活領域の事例
ロールプレイングを取り入れた事例を見る。1995年志太地区 計画的な支出の題材であ
る(村松さつき氏)。学習問題の提示の段階で、教科係による4人家族の日曜日の夕食場
面のロールプレイングである。その日の過ごし方が話題になり、後を考えずにお金を使っ
てしまった中学生のことが問題になる。これから友人の誕生日プレゼントを準備しなくて
はならないのに足りなくなってしまった、というシナリオである。学習問題は、友達への
プレゼントをどうするかを含めて「これからどのようにお金を使っていったらよいだろう
か」であった。お金が足りなくなったのにプレゼントを準備しなければならない状況にお
ける意思決定場面があり多様な解決方法が出された。この教材の発展はその方向にもある
と考えられ・意思決定過程の中でお金の重要性を確認するという効果があると思われる。
意思決定過程のシミュレーションになっていた。1999年榛原地区 悪徳商法につられてし
まうロー・一・一一ルプレイングの授業があった(西郷和子)。地区の消費者クラブの人材活用であ
る。クーリングオフを確認して催眠商法による被害者のおばあさんの代わりに内容証明を
書いてあげようとシミュレーションをする。
これら二つのロールプレイングはいずれも学習課題の提示や問題をつかむ段階で用いら
れていた。シナリオを作るまでの段階が異なっていたがそれもまた研究されるところだろ
う。
以上の中から特徴をまとめると次のようになる。
・1980年代までの研究の深まりが1990年代前半でピークを得た。
・子ども自身が活動する学習方法が問題の把握、解決の予想、実証、検証と問題解決過程
に位置づけられる中で体験的学習に意味を持っていた。
’被服製作の学習指導において人体と被服の構造を結びつける視点を型紙づくりから縫製
まで貫いた完成度の高い実践研究になっていた。今後の教材開発に生かしていくことが
期待される。
’食物領域の学習指導では食品、調理の科学的追究や現代の食生活を見直すなど多様な内
容で展開されていた。
−38一
結
章
結
章
まとめ
1.静岡県の家庭科実践研究を静教研の中で概観してきた。1970年代後半から子どもの
わかり方に視点を置いた学習指導法の研究になった。静教研は一貫して学習指導要領の実
施前にその趣旨を生かした研究テーマに取り組んだ。
2.とくに1980年代、90年代に学習過程が細分化され子ども達の問題発見過程をていね
いに追究し、さらに問題解決の予想立てや実証、検証と各段階が設けられた。これらの点
において問題解決過程と学習過程を対応させてあったと見ることが出来た。子ども達の学
習過程は各段階での五感を通した多様な学習方法を手がかりとして対象についての関心、
知識・技術の本質や根拠、先人の知恵のすばらしさや合理性などの技術観、学ぶ意味の理
解や自信などを獲得していった。
多くは被服構成や食物領域などものと関わる題材で明確な効果を上げたと考えられた。
人とものの関係理解、製作の技術に込められた根拠を子ども達が発見し納得する学習過程、
学習指導方法の研究はすぐれた財産だと思われる。それらは、問題解決過程に対応した学
習指導過程の各段階に、学習方法が位置づけられることによって子どもの体験的学習とし
ての意味をしっかり発揮することが出来たことを示していた。
3.実践の変遷の様相を整理するとき、1990年代以降の実践の様相は3点において特徴
的である。一つは内容、題材、教材において個人や家族の生活を広い視野でとらえられる
取り組みが出現したことである。家庭経済や住居の実践研究はそれまでには出来なかった
家庭生活や消費生活のしくみを考えることを可能にしたeまた住居を物的にみるばかりで
はなく、個人や家族の生活と関係的に理解させる教材研究も進んだ。
これは、静教研のそれまでの研究の限界を示している点でもあるだろう。社会科学的な
視点を持った研究がほとんど見られなかったからである。すなわち、技術・家庭科を一つ
の教科として考えてきた点、問題解決学習過程における問題の質などに要因があるのでは
ないかと考えられるのである。この点については別の機会に追究したい。
二つめの特微は教具、学習指導の種類、その活用範囲いずれにおいても多様性が見られ
た。家庭経済や住居の分野では新しい学習指導の種類に挑戦があったeシミュレーション、
ロールプレイングなどである。また相互交流や発表の仕方にもパネル、ポスターセッショ
ン、ジクゾー学習などの挑戦があった。子ども達の工夫が求められる学習の方法であった。
三つめの特徴は学習過程をユニットで編成する方向に進んできたことである。家庭生活
や住居、保育の分野には緩やかな組み立てが適していると思われた。すなわち答えがいく
つもあるような場合、子どもの調べ学習などの追究が教室外に求められるような場合など
一40一
に対応できるようになってきたということであるe
4.学習形態は1980年代の班別学習を経て個別学習が各学習段階でとられるようになっ
ていた。問題意識を持つ段階、実証・検証、一般化と、一人一人の子どもが問題意識を持
って学習を進めていくべきだとする学習観の反映だろう。これまでと同様に学習過程にお
いて一人だけの体験にとどまることなく教育的意義を発揮し、体験的学習の意味を持つこ
とに留意する必要がある。
5.個別学習の場面が多くなることによって教師の役割は表面から退いたかにみえたが
企画、教材教具の準備など負担増は明確であり、指導力の重要性が増した。
近年、教師の指導という用語を避け支援と表現されている。問題解決過程に対応した学
習過程においてもあえて支援という用語が必要なのであろうか。静教研の研究における到
達点からみると教師の役割は指導すなわち支援だったと言えるからである。
静教研の新しい学習指導過程の枠組みは緩やかなものになっている。以前の細かい学習
段階を経験しているベテラン教師は、この大まかな枠組みを自由に柔軟に活用するだろう。
しかし若い教師は、この大きな枠の中に子どもの学習過程、教師の指導、教育内容や教材
教具のかかわりが展開することを見通すことが求められる。
6.静教研の研究成果が蓄積されるまでには地域や地区、県といろいろなレベルでの研
究会、研究協議がなされてきた。この点は今後とも引き継がれていくべきだと考える。
残された課題
1.報告書の形式や条件で課題を提起したいことがあった。実践報告書には再現可能性や
伝達可能性が求められる。それらを備えているものばかりではなかった。同じく子どもの
変容のとらえ方、研究協議、授業評価の方法について検討課題が残った。
2.これからの学校スリム化、教育内容の厳選に対して、これまでの成果をどう発展させ
ていくのか家庭科のあり方と共に追究しなければならない。
3.家庭科の歴史的な変遷を記録として残す作業は、多くの実践発表や地区の研究を推進
してきた教師達にインタビュウをしたり共に記録を起こしたりして継続していく必要を感
じた。
謝辞
本研究をまとめるにあたって金原治子先生、岩井弘美子先生に家庭科研究に携わってこ
られた時代を振り返ってお話しいただいた。今後さらに系統的に振り返って研究の背景な
どの教示を頂きたい。静岡大学教育学部平成13年度卒業生寺岡明日香氏には報告のデー
タベース化、集計をしていただいた。最後に、静岡県教育研究会の事務局長 近江 環先
生をはじめ資料をお貸しいただいた森 初枝先生にお礼申し上げます。
−41一
、
添付資料
荊査票
鴫
調査票
2.実践名
1.No.
ふ実践者
5.地区
6.性別
4実践研究単位 L個人 2.学校 3、地区 4.その他
L浜名
2・引佐 3.浜名・引佐 4.浜松 5.磐周 6.榛原 7.島田
8.小笠
9.志太 10.焼津・大井川 11.静岡 12.清水 13.清庵
14.富士
15・富士・富士官 16.富士宮・芝川 17、沼津 18.三島
19.熱海
20.伊東 2L伊東・熱海 22.駿東 23.田方 24.賀茂
25.東豆
26、西部 27.中部 28.東部
L男
2.女 7.発行年月
&資料名
『研究会誌』(静教研) 2.報告原本(静教研)
1.
3.研究集録(静教研) 4.その他
乳実践地域
L農村 2.漁村 3.山村 4商業地 5.住宅地 6.新興住宅地
7.その他 &記載なし
10.発表の規模
1L学校別
1.小学校 2.中学校 3.その他 1λ学校名 市郡町村立 学校
13.履修形態
14.対象
L地区 2.県レベル 3.その他
L共学 2.相互乗り入れ 3、別学 4.記載なし 5.読みとり不能
L男女
15.教授組織
2.男子のみ 3.女子のみ 4.記載なし 5.読みとり不能
L教科担任制 2.学級担任制 3.ティームティーチング 4.その他
16.学年
L小5
17.領域
Lすまい 2.家庭 3.住居と家族 4.家族の生活と住居 5.家庭生活
(本時)
6.保育
1&課題分類
(本時)
2.小6 3.中1 4.中2 5.中3 6.その他 7.記載なし
7.住居 8.食物 9.被服 10.その他 1L記載なし
L家計管理 2.家事労働管理 3.生活時間管理 4.消費者問題
5.生活設計 6.女性問題 7.ごみ処理 &リサイクル
9.生活福祉 10.その他1
・一一一一一一一.巳一一一一一工一一一一噛■一一一一一一一r●一■一●■一■.一●■■一一一一■一一一一一■・.一一_一_一一一一一一一●一一一■■一一・.
11.家計構造 12.消費者の権利 13.消費者行動 14生活保障
15.老後保障 16.物価問題 17.流通 18.経済一般
19.家庭経済 20.その他2
古一−一一一一一..・一一一一一一■一.一一一一一一一一一一●■.一±一一一一一一■一一■一一一唱L−… ■■■一一一_一一一一_一一一一_,一一.,一一・
2L結婚 22.離婚 23.世帯 24.家族・家庭の機能
25.家族法と家族政策 26.家族問題 27.性別役割分業固定化
28.性別役割分業の見直し 29家族関係一般 3αその他3
一 一 一 一 一 , 一 ● − ● 一 一 一 一 一 一 一 一 ■ 一 − ● ● 一 一 一 一 一 一 一 ■ ■ 一 一 一 一 ● ● ● ● ● 一 ■ ● 一 ● ● 一 一 一 ● 一 一 一 一 ● ● ● 一 ● 工 一 ● A − − i − 一 _ 一 一 一 一 一 一 一 _
3L性 32.母性のみ 33.母性・父性 34.子どもの発達
35.子どもの保健・衛生・環境 36.子どもの文化 37、子どもの生活
38.幼児の遊び 39.幼児のおやつ 40.幼児のおもちゃ
4L高齢者の保健・衛生・環境 42.高齢者の文化 43.高齢者の生活
44.保育一般 45.その他4
一 i ■■ 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 一 r ■ ● ● 一 一 冒r 噛r − 一 一 一 亡r − ■ 齢 ● ● ■」 自 一トー 一 ロ ー ■ ’ 一 一 一 一 一 一 一 一 −白 一 i − 一 一 一 一 一 一 一 一 ● ● ・ 一 一 ・ ●■ 一 _ _ _ 一 ●
46.住居史 47.住生活 48.住居管理 49.整理整頓 50.そうじ
5L住居問題・住居政策 52.住居計画、デザイン 53.室内環境、設備
54.住居生産、構造、材料 55.住環境、まちづくり 56.住空間
57.住居一般 58.その他5
一仁
59.食品 60.栄養 6L調理・加工の用具 62調理・加工の技術
63.加工食品 64.食糧事情 65.食生活様式、食文化(外食)
66.給食 67、献立 68.食品添加物 69.食品一般 70.その他6
71.衣生活、被服心理 72.服飾史、民俗服飾、民族服飾
73.被服構成、縫い 74.被服衛生、生理
75.被服材料(繊維、織り、布) 76.被服整理、管理、洗濯
77.洗剤、水の汚染 78.ミシン 79.被服一般 80.その他7
8L健康 82.家庭看護 83.その他8
84、社会環境 85.資源・エネルギー 86.生活排水 87.環境問題
88.その他9
89、その他
2e.教具(本時) L教科書 2.ワークシート 3.プリント 4.新聞記事 5.広告
’カタログ 6.雑誌 7.黒板・白板 8.新聞紙・模造紙・画用紙
9.実物 10、衣服 11.食物 12.標本・見本 13.模型
14.図表・掛図 15.器具・用具 16.テープ・テープレコーダー
17・ビデオテープ・VTR 18.スライド・投影機 19.OHPシート・
OHP・TP 20.コンピュータ 21.写真 22. it料 23.その他
2L学習指導の種類 L製作・創作 2.視聴 3.見学 4.アンケート調査
(本時) 5.インタビュー 6.文献調査 7.教科書・資料で爾ぺる
8.インターネット検索 9.観察 10.実験 1L実習
12.試しづくり 13.計測・測定 14.訪問交流学習・校外体験
15・ゲーム 16.:っこ 17.ディスカッション・話し合い
!8.ディベート・討論 19.ロールプレイング 20.シミュレーション
21.研究・掴査活動 22.発表 23.発表会 24.記録・記入
25.Q&A 26.反省・評価 27.図・資料をみる 28.示範
29.教師実験 30.人材活用 3L相互交流・相互評価
32.パソコン・CAI 33.試着・試食 34.デザイン・図を書く
35・計算 36.計画を立てる 37.献立作成 3&テーマを決定する
39.テーマ・調べる方法を考える 40.家で調べてくる
41.家で実践する 42.その他
22.身にっけさせたい力 L知識・理解 2.概念・原理 3.応用・適用 4.学習の仕方
(本時)
5.技能 6.イメージ 7.創意工夫 8.興味・関心・意欲
9態度 10.nt覚・感情 IL社会性・協粛性
12.計画性 13.自主性 14.能力 15.実践力 16.表現力
17.思考力 18.判断力 19.共感 20.その他
・2一
23、授業の流れ
・学習指導の
種類(本時)
<導入>
1.製作・創作 2.視聴 3.見学 4.アンケート調査
5.インタビュー 6.文献調査 7,教科書・資料で蘭べる
8.インターネット検索 9.観察 10.実験 11.実習
12.試しづくり 13.計測・測定 14.訪問交流学習・校外体験
15.ゲーム 16.ごっこ 17.ディスカッション・話し合い
18.ディベート・討論 19.ロールプレイング 20.シミュレーション
21.研究・調査活動 22.発表 23.発表会 24.記録・記入
25Q&A 26.反省・評価 27.図・資料をみる 28.示範
29、教師実験 30.人材活用 3L相互交流・相互評価
32.パソコン・CA1 33.試着・試食 34.デザイン・図を書く
24.学習過程と 35.計算 36.計画を立てる 37.献立作成 38.テーマを決定する
学習指導の種類 39.テーマ・調べる方法を考える 40、家で調べてくる
(23)
41.家で実践する 42.その他
第1期(S48・−56) 1
瞠習願の提利 i
21.予想に基づく実証班別細分化i
22.実証結果の検証皿 i
鋼題提示 i
23.一一般化 i
鋼題の発見I i
第噛(H1倒 i
4.仮説の設定 i
24.つかむ i
5仮説に基づく勲 i
6.実験結果の検証I i
7.問題解決と新たな問題発見1
第噛(S57−HD i
2硯通す i
26.Mかめる i
2瀬り返る i
その他 i
28.Ptxけとめる i
8.学習課題の提和 i
9.uatsの発見fi i
29.学ぶ i
1。.k点化ll i
3。,つかえる i
iL学習問題の成立ll i
31.行う i
12. i想だて i
32.やれる i
13.予想の実証 i
1瞳証結果の検卸 i
33.なれる i
15.実践化.一般化 i
3燗題をあきらかにする i
第mm(H2−9) i
36僻法を考える i
16.学習課題の提示皿 i
37.生活に役立てる i
1欄題の観m i
38.しらべる i
l蝉習髄の成加 i
4。.ca題をつかむ i
2。.予想だて班別細分化 i
4L見つける i
18.焦点化皿 i
34.つくり出す i
39.広げる i
・3一
42.適用する 66、生活への生かし方を考える
43.やってみる 67.学習問題をつかむ
44.生活をみつめる 68.学習課題をつかむ
45澗題に気づく 69課題を発見する
46.解決 70.わかる
47.理解する 7Lできる
48.生活に生かす 72.自分なりの考えを持つ
49.みつめる 73.目標にせまる
50.問題をもつ(思考する) 74.変容をみつめる
51.解決の方法を考え、工夫する1 75、つなぐ
52.見通しをもつ 76.考える
53.工夫する 77、つきつめる
54.練習する 78.考えをもつ
55.疑問を持つ 79.追求する
56.調べ見つけ確かめる 80.発展する
57.解決していく 81.課題をとらえる
58.問題をみつける 82.解決の見通しをもつ
59.問題をしぼる 83.追求し確かめる
60.解決の方法を考える 84.統合し深める
6L実証する 85.気づく
62、まとめと応用発表 86.深める
63.めあてを持つ 87.まとめる
64課題をさぐる 88.その他
65.学習課題を追求する
く展開>
L製作・創作 2.視聴 3.見学 4.アンケート調査
5.インタビュー 6.文献調査 7.教科書・資料で調べる
8.インターネット検索 9.観察 10.実験 ll.実習
12.試しづくり 13.計測・測定 14.訪問交流学習・校外体験
15.ゲーム 16._っこ 17.デイスカツション・話し合い
18.ディベート・討論 19.ロールプレイング 20.シミュレーション
2L研究・調査活動 22.発表 23.発表会 24.記録・記入
25.Q&A 26,反省・評価 27.図・資料をみる 28.示範
29.教師実験 30、人材活用 31.相互交流・相互評価
32.パソコン・CAI 33、試着・試食 34.デザイン・図を書く
35.計算 36.計画を立てる 37.献立作成 3&テーマを決定する
39.テーマ・調べる方法を考える 40.家で調べてくる
4L家で実践する 42.その他
・4一
第1期(S48∼56)
L学習課題の提示1
34.つくり出す 1
3澗題をあきらかにする i
2.問題提示
36.解決法を考える i
3.問題の発見1
3牲活に役立てる i
4.仮説の設定
38.しらべる i
5.仮説に基づく実験
39.広げる {
6.実験結果の検証1
4柵題をつかむ i
7澗題解決と新たな問題発見
4鳴つける i
第U期(S57−・H1)
42.適用する i
8.学習課題の提示n
43.やってみる i
9.問題の発見皿
44.生活をみつめる i
10.焦点化n
45澗題に気づく i
IL学習問題の成立ll
46.解決 i
12.予想だて
4理解する i
13.予想の実証
48.生活に生かす i
14.実証結果の検証11
49.Bつめる i
15.実践化・一般化
SO.FnH題をもつ(思考する) i
第m期(H2・・−9)
5L解決の方法を考え、工夫する:
16.学習課題の提示皿
52.見通しをもっ i
17.問題の発見m
53工夫する i
18.焦点化皿
54.tt習する i
19.学習問題の成立田
55鯛を持っ i
20.予想だて班別細分化
56.調べ見つけ確かめる i
21.予想に基づく実証班別細分化
57.M決していく i
22.実証結果の検証m
58.問題をみつける i
23.一般化
5鋼題をしぼる i
第IV期(HIO−)
60.解決の方法を考える i
24.つかむ
6L実証する i
25.見通す
62.まとめと応用発表 i
26.確かめる
63.ebあてを持っ i
27.振り返る
64繰題をさぐる i
その他
65.学習諫題を追求する i
28.受けとめる
66.生活への生かし方を考える i
29学ぶ
6博習問題をつかむ i
30.つかえる
68.学習課題をつかむ i
31.行う
69.a題を観する i
32.やれる
7e.わかる i
33.なれる
71.できる i
.5一
72、自分なりの考えを持つ
81課題をとらえる
73.目標にせまる
82、解決の見通しをもつ
74.変容をみつめる
83追求し確かめる
75.つなぐ
84.統合し深める
76.考える
85.気づく
77.つきつめる
86、深める
78.考えをもつ
87.まとめる
79.追求する
88.その他
80.発展する
<まとめ>
L製作・創作 2.視聴 3.見学 4.アンケート調査
5.インタビュー 6.文献調査 7.教科書・資料で調べる
8.インターネット検索 9.観察 10.実験 11.実習
12.試しづくり 13.計測・測定 14.訪問交流学習・校外体験
15.ゲーム 16.ごっこ 17.ディスカッション・話し合い
18.ディベート・討輪 19.ロールプレイング 20.シミュレー一ション
21.研究・調査活動 22.発表 23.発表会 24.記録・記入
25.Q&A 26.反省・評価 27.図・資料をみる 29.示範
29.教師実験 30.人材活用 31.相互交流・相互評価
32.パソコン・CAI 33.試着・試食 34.デザイン・図を書く
35、計算 36、計画を立てる 37.献立作成 38.テーマを決定する
39.テーマ・調べる方法を考える 40.家で紺べてくる
4L家で実践する 42.その他
第1期(S48∼56)
14.実証結果の検証皿 1
L学習繰題の提示1
15.実践化._般化 ]
2.問題提示
第皿期(H2−9) i
3、問題の発見1
16.Ni・。gN題の提示皿 i
4.仮説の設定
t7.問題の発見皿 i
5.仮説に基づく実験
1礁点化皿 i
6.実験結果の検証1
19.学習問題の成立皿 i
7.問題解決と新たな問題発見
2。.予想だて班別細分化 i
第ll期(S57∼HD
8.学習課題の提示皿
9.問題の発見皿
,
21.予想に基づく実証班別細分化i
22.実証結果の検証皿 i
23.一般化 i
10.焦点化II
第瑚(H1ω i
IL学習簡題の成立n
24.つかむ i
12.予想だて
13、予想の実証
25.R通す i
26.fiかめる i
一6・
27振り返る
58.問題をみつける
その他
59.問題をしぼる
28.受けとめる
60.解決の方法を考える
29.学ぶ
61.実証する
30.つかえる
62.まとめと応用発表
31.行う
63.めあてを持つ
32.やれる
64課題をさぐる
33、なれる
65.学習繰題を追求する
34.つくり出す
66.生活への生かし方を考える
35.問題をあきらかにする
67学習問題をっかむ
36.解決法を考える
68.学習課題をつかむ
37、生活に役立てる
69課題を発見する
38.しらべる
70.わかる
39.広げる
7Lできる
40.問題をつかむ
72.自分なりの考えを持つ
41.見つける
73.目標にせまる
42.適用する
74.変容をみつめる
43.やってみる
75.つなぐ
44.生活をみつめる
76.考える
45.問題に気づく
77.つきつめる
46解決
79.考えをもつ
47.理解する
79.追求する
48.生活に生かす
80.発展する
49.みつめる
81.繰題をとらえる
50澗題をもつ(思考する)
82.解決の見通しをもつ
5L解決の方法を考え、工夫する
83追求し確かめる
52.見通しをもっ
84.統合し深める
53.工夫する
85.気づく
54練習する
86.深める
55.疑問を持っ
87.まとめる
56調ぺ見つけ確かめる
88.その他
57.解決していく
2S.学習形態 く導入> 1.ts別
2.小集団
3.全体
(本時) <展開> L個別
くまとめ> L個別
2.小集団
3.全体
2.小集団
3.全体
・7・
2‘子どもの変容の記述 L授業者の主観的な記述のみ 2.簡単なアンケート等
i1)用いている資料
R.感想文 4ノート 鋭テスト等 6ワークシート
@ (本時)
闔 業記録 8.子どもの変容の記述なし 9.その他
(2)分祈の考察 L全員分 2.数名分 3.結果のみ
27.子どもの様子
2乱教師の反省
29 実践のキーワード
1. 2.
R. 4.
T.
30.備考
声8■
Lすまい 2.家庭 3.住居と家族 4.家族の生活と住居 5.家庭生活
6.保育 7.住居 8.食物 9.被服 IO、その他 1L記載なし
L家計管理 2.家事労働管理 3.生活時間管理 4.消費者問題
5.生活設計 6.女性問題 7.ごみ処理 8.リサイクル
9.生活福祉 IO.その他1
11.家計構造 12.消費者の権利 13消費者行動 14生活保障
15.老後保障 16.物価問題 17.流通 18.経済一般
19.家庭経済 20.その他2
21.結婚 22.離婚 23.世帯 24.家族・家庭の機能
25.家族法と家族政策 26.家族問題 27.性別役割分業固定化
28.性別役割分業の見直し 29.家族関係一般 30.その他3
31.性 32.母性のみ 33.母性・父性 34.子どもの発達
35.子どもの保健・衛生・環境 36.子どもの文化 37.子どもの生活
38.幼児の遊び 39.幼児のおやっ 40.幼児のおもちゃ
41.高齢者の保健・衛生・環境 42.高齢者の文化 43.高齢者の生活
44.保育一般 45.その他4
46.住居史 47.住生活 48.住居管理 49.整理整頓 50.そうじ
51.住居問題・住居政策 52.住居計画、デザイン 53.室内環境、設備
54.住居生産、構造、材料 55.住環境、まちづくり 56.住空間
57.住居一般 58.その他5
59.食品 60、栄養 61.as理・加工の用,具 62.調理・加工の技術
63.加工食品 64.食糧事情 65.食生活様式、食文化(外食)
66.給食 67.献立 68.食品添加物 69.食品一般 70.その他6
7L衣生活、被服心理 72.服飾史、民俗服飾、民族服飾
73被服構成、縫い 74.被服衛生、生理
75被服材料〔繊維、織り、布) 76被服整理、管理、洗濯
77.洗剤、水の汚染 78、ミシン 79.被服一般 80、その他7
8L健康 82.家庭看護 83.その他8
84.社会環境 85.資源・エネルギー 86.生活排水 87.環境問題
88.その他9
89.その他
4.静教研の 1.「生活や技術に対する感性を高め、創造的・実践的態度を育てる授業」
アーマ 「一人一人の体験の質を高め、生活能力を育てる授業」(小学校)
3.「一人一人の体験の質を高め、技術的能力を育てる題材と授業」(中学校)
4.「よりよい生活を工夫し、実践する家庭科学習の追求」(小学校)
5.「主体的実践活動を通して、問題解決の能力を育てる授業」
6.r創造性を高めるためにどのような筋道で問題を追求させたらよいか」
一9一
7.「創造性を育て、実践力を高める授業はどう進めるか」 (中学校)
8.f実習題材の選定にかかわる指導過程の実践的研究」
9.その他
5.教具
1tw科書 2.ワークシート 3.プリント 4.新聞記事
5.広告・カタログ 6.雑誌 7.黒板・白板 8.新聞紙・模造紙・画用紙
9.実物 10.衣服 11.ft物 12.標本・見本 13.模型
14.図表・掛図 15.器具・用具 16.テープ・テープレコーダー
17.ビデオテープ・VTR 18.スライド・投影機 19.OHPシート・OHP・TP
20.コンピュータ 2L写真 22.資料 23.その他
6.M+習指導の種類
L製作・創作 2.視聴 3.見学 4.アンケー一一・・一ト調査
5.インタビュー 6.文献調査 7.教科書・資料で調べる
8.インターネット検索 9.観察 10.実験 11.実習
12.試しづくり 13.計測・測定 14.訪問交流学習・校外体験
15.ゲーム 16.ごっこ 17.ディスカッション・話し合い
18.ティベート・討論 19.ロールプレイング 20.シミュレーション
21.研究・調査活動 22.発表 23.発表会 24.記録・記入
25Q&A 26.反省・評価 27.図・資料をみる 28.示範
29.教師実験 30.人材活用 3L相互交流・相互評価
32.パソコン・CAE 33.試着・試食 34.デザイン・図を書く
35.計算 36.計画を立てる 37.献立作成 38.テーマを決定する
39.テーマ・調ぺる方法を考える 40.家で調べてくる
4L家で実践する 42.その他
7.指導計画
時間
&学習過程と学習指導の種類(6)
第1期(S48−56)
11.学習問題の成立皿 1
1.学習謀題の提示1
12.+想だて i
2.問題提示
13.予想の実証 i
3.問題の発見1
1娯証結果の検劃 i
4.仮説の設定
l5.実践化.一般化 i
5.仮説に基づく実験
第醐(M−9) i
6.実験結果の検証1
16.学習課題の提示皿 i
7.問題解決と新たな問題発見
第皿期(S57∼H1)
8.学習課題の提示ll
9.問題の発見n
10.焦点化皿
1珊題の発肌 i
1礁点化班 i
l蝉習問題の成立皿 i
20.予想だて班別細分化 i
;
21.予想に基づく実証班別細分化;
・10・
i
22.実証結果の検証III
23.一般化
38.実践する
39.日常化
i
i
i
第IV期(H10∼)
24.つかむ
25.見通す
26.確かめる
40課題発見
4L課題把握
42.課題追求
43.生活に生かす
i
i
i
27振り返る
その他
28.実践化
29.学習課題をつかむ
44,生活を見つめ関心をもつ
45追求し体験する
46.まとめる
47課題をつかむ
;
i
30.学習課題を追求する
3L生活への生かし方を考える:
48.解決の見通しをもっ
1
49.追求し確かめる
{
32課題を発見する
50.統合し深める
…
33.生活をみつめる
5Lめあてをもつ
34.つきつめる
…
35.教材との出会い
52.追求する
53.表す
;
i
36.自己課題の解決
54.高める
…
37.計画する
55.その他
皇身につけさせたいカ
L知識・理解 2.概念 ・原理 3.応用・適用 4学習の仕方
5技能 6、イメージ
7.創意工夫 8.興味・関心・意欲
9.態度 1α感覚 ・感情 !L社会性・協調性
12、計画性 13.自主性
14.能力 15.実践力 16表現力
17.思考力 18.判断力
19.共感 20.その他
10.子どもの変容の記述
L授業者の主観的な記述のみ
(1)用いている資料
3.感想文 4.ノート
7授業記録
(2)分析の考察
2.簡単なアンケート等
5.テスト等 6.ワークシート
8.子どもの変容の記述なし 9.その他
L全員分 2.数名分
3結果のみ
11.子どもの様子
12.教師の反省
1エ実践のキーワード
1己
2.
3.
4.
5.
14.備考
一1仁
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement