無印良品 オーブンレンジ・16L(MOR

無印良品 オーブンレンジ・16L(MOR
オーブンレンジ・16L 家庭用
形名
䎰䎲䎵䎐䎰䎭䎃䎃䎃䎃䎤
ÑÖ
お買い上げまことにありがとうございました。
ご使用前に、この「クッキングガイド・取扱説明書」と添付の
「保証書」をよくお読みいただき、正しくお使いください。
お読みになった後は、いつでも取り出せるところに「保証書」
とともに大切に保管してください。
「クッキングガイド」
(メニュー編)は裏表紙からご覧ください。
もくじ
安全上のご注意
Ñ᳸Ô
各部のなまえとはたらき
Õ᳸Ö
初めてお使いになる前に
×᳸Ø
加熱のしくみ
Ø
使える容器・使えない容器
Ù
調理のときのお願い
ÑÐ
自動メニュー一覧
ÑÑ
1 あたため/3 解凍あたため
50-60Hz共用
上手に使って上手に節電
●待機時消費電力ゼロW
使用していないときに、自動的に電源が切れる機能です。
ドアを1秒以上開けると電源が入ります。 7ページ
ページ
ÑÒ ῍ ÑÓ
2 解凍
ÑÔ
4 牛乳
ÑÕ
5 トースト
ÑÖ
6 パンあたため
Ñ×
7 お惣菜/8 お弁当
ÑØ
レンジ
ÑÙ ῍ ÒÑ
グリル
ÒÒ
オーブン
ÒÓ ῍ ÒÔ
お料理がうまくできない
ÒÕ ῍ ÒÖ
お手入れのしかた
故障かな?と思ったら
Ò×
ÒØ ῍ ÓÐ
アフターサービスについて
ÓÑ
お客さまご相談窓口
ÓÒ
※デモ運転の解除のしかた 29ページ
安全上のご注意
必ずお守りください
製品を安全に正しくお使いいただき、お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐため、必ず
お守りいただくことを説明しています。
危険
取扱いを誤った場合、使用者が死亡ま
たは重傷を負うことがあり、かつその
切迫の度合いが高い危害の程度
警告
取扱いを誤った場合、使用者が死亡ま
たは重傷を負うことが想定される危害
の程度
注意
取扱いを誤った場合、使用者が軽傷を負
うことが想定されるか、または物的損害
の発生が想定される危害・損害の程度
危険
絶対にキャビネットをはずさない
分解・改造・修理をしない
分解禁止
本文中に使用している図記号の意味は次の通りです。
分解
禁止
禁止
指示を守る
ぬれ手
禁止
アース線を
接続する
接触
禁止
禁止
電源プラグ
を抜く
→火災・感電・けがの原因
z 修理はお買い上げ販売店
にご相談ください。
レンジ本体の穴やすき間・吸気口・
排気口に、指やピン・針金・金属物
などの異物を入れない
→感電・けが・異常動作・故障のおそれ
安全な場所に設置しましょう
警告
燃えやすい物や熱に弱い物を近づけない
禁止
z たたみ・じゅうたん・テーブルクロス・プラスチックなどの上に置いたり、
カーテンやスプレー缶などを近づけない。
→オーブン・グリル加熱時の高温で引火・破裂するおそれ
家電製品の上に置かない
禁止
→家電製品の天面がプラスチック製のものはオーブン・グリル加熱時の高温で変形・変色するおそれ
※ただし、耐熱100℃テーブルのものの上には置けます。
アースを確実に取り付ける
アース線
接続
→故障や漏電のときに感電のおそれ
z アースの取り付け・取り外しのときは電源プラグをコンセントから抜く。
アース端子付きコンセントを使うとき
アース端子付きコンセントがないとき
①本体背面のアース線の接続を確認する。
②アース線先端の被覆をはがし、芯線をアース端子
付きコンセントに確実に固定する。(先端がコン
セントに触れないように注意する)
z 販売店または電気工事店にご相談ください。
(本体価格に工事費は含まれていません)
z ガス管や水道管、電話のアース線や避雷針など
へは絶対に取り付けないでください。
(爆発・火災・感電のおそれ)
はがす
アース端子付き
コンセント
アース線
アース端子
次の場所には、アース工事(D種接地工事)が法律で義務付けられています。
z 湿気の多い場所 (例)飲食店の厨房/土間・コンクリート床/酒・しょうゆなどの醸造・貯蔵所
z 水気のある場所 漏電しゃ断器の取り付けも義務付けられています。
(例)魚屋の洗い場など水を扱う所/水滴の飛び散る所/地下室など結露が起きやすい所
1
つづく
電源プラグ・コード・コンセントの取り扱いかた
警告
電源コードを傷つけない
定格15A以上・交流100V
のコンセントを単独で使う
¡加工したり、無理に曲げたり、引っ張った
コンセント
り、ねじったり、束ねたりしない。
を単独で ¡タコ足配線や延長コードは使わない。
使う
¡重い物をのせたり、はさみ込んだりしない。
¡同じコンセントで他の電気製品を使わない。
¡排気口・高温部・熱器具に近づけない。
→電源コードやコンセントの異常発熱による
→電源コードの破損による火災・感電の原因
発火や感電の原因
禁止
お手入れは電源プラグを抜き
本体や付属品が冷めてから行う
傷んだ電源コード・プラグや差し込み
がゆるいコンセントは使わない
禁止
プラグを
抜く
¡電源プラグは根元まで確実に差し込む。
→感電・ショート・発火の原因
→感電・やけどのおそれ
注意
加熱中に電源プラグを抜き差ししない
→感電・火災の原因
禁止
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない
→感電のおそれ
ぬれ手禁止
電源コードを持たずに
電源プラグを持って抜く
プラグを
持って抜く
電源プラグの刃や刃の取り付け面に
ほこりが付着している場合はよくふく
ほこりを
ふき取る
安
全
上
の
ご
注
意
長時間使わないときは
電源プラグを抜く
プラグを
抜く
→ほこりがたまると火災の原因
→感電・ショート・発火のおそれ
ご
使
用
前
に
→絶縁劣化による感電や漏電火災の原因
正しく設置しましょう
注意
壁などから離す(吸気口・排気口をふさがない)
壁から
離す
¡まわりを密閉した状態にしない。
→過熱による発火や、放熱や排気による壁の汚れ・
変色・結露・故障の原因
消防法 基準適合 組込形
20cm以上
5cm以上
開放
お願い
10cm以上
5cm以上
上…20cm以上
後…10cm以上
左右…5cm以上
※窓ガラスからは
20cm以上離す。
(窓ガラスが割れ
るおそれ)
熱に弱い壁紙・家具(耐熱温度95℃以下)の近くへの設置はさける
水平で丈夫な場所に置く
水平な場所
に置く
→振動・騒音・レンジ本体の落下の原因
庫内の包装材は使用前に取り出す
包装材は
取り出す
→焦げ・変形・発火のおそれ
火気の近くや熱気・蒸気・水など
のかかる場所に置かない
禁止
→感電・漏電・故障の原因
お願い
¡設置する場合は、壁や家具から遠ざける。
→壁や家具が黒く変色するおそれ
テレビ・ラジオ・アンテナ線からは3m以上離す
¡映像が乱れたり、雑音が入るおそれがあります。
※この製品は消防法に基づいた設置基準・規格を満足しています。
無線LANについて
¡無線LANの電波は、電子レンジと同じ周波数
を使っているものがあり、電子レンジの近くで
は通信性能が劣化することがあります。無線
LAN機器の取扱説明書などをご覧ください。
※上記の寸法をあけても、調理中の油や湯気が混じり、排気口付近の壁が
黒く変色することがあります。特に、油煙の出やすい焼き魚などのグリ
ル加熱を頻繁にされる場合は、壁にアルミホイルなどを貼ることをお勧
めします。(ただし、製品にはアルミホイルを貼らないでください。)
2
つづき
ご使用のとき
警告
子供だけで使わせない
幼児の手の届く所では使わない
異常・故障時には、ただちに使用を中止する
・電源コードやプラグが異常に熱くなる。
使用を中止
・スタートしても食品が加熱されない。
・自動的に切れないときがある。
・運転中に異常な音がする。
・異常なにおいがしたり煙が出る。
・電子レンジにさわるとビリビリと電気を
感じることがある。
・その他の異常や故障がある。
→発煙・発火・感電のおそれ
禁止
→やけど・感電・けがのおそれ
食品を加熱しすぎない
禁止
特に天ぷらやフライなど
→発煙・発火・やけどのおそれ
▼
¡誤って加熱しすぎたときは、
しばらく時間をおいた後、
庫内から取り出す。
▼
¡すぐに電源プラグをコンセントから抜き、
販売店に点検・修理を依頼してください。
注意
上に物を置かない
ドアに無理な力を加えない
禁止
→レンジ本体の転倒・落下や電波もれによる
障害が起きるおそれ
禁止
食品や調味料などを庫内に入れたままにしない
ドアに物をはさんだまま加熱しない
禁止
→電波もれによる障害が起きるおそれ
禁止
→感電や電波もれのおそれ
¡お買い上げ販売店にご相談ください。
禁止
殺菌・消毒や衣類の乾燥など
調理以外に使用しない
禁止
→過熱や異常動作による発火・やけどのおそれ
庫内の食品が燃え出したときは
ドアを開けない
禁止
→開けると空気が入り、勢いよく燃える
食品が燃え出したら
①【とりけし】キーを押す。
②電源プラグを抜く。
③レンジ本体から燃えやすい物を離し、
火が消えるのを待つ。
火が消えないときは、水か消火器で消す。
▼
¡そのまま使用せず、必ずお買い上げ販売店
にご相談ください。
3
¡食品の収納庫として使用しない。
→間違って運転した際、発火・火災のおそれ
丸皿(付属品)に衝撃を加えない
レンジ本体が転倒・落下した場合は
外部に損傷がなくても使用しない
禁止
¡布をかぶせたり、シートなどを貼ったりしない。
→過熱して焦げたり、変形・発火のおそれ
¡容器を丸皿のふちに当てたり、
丸皿
落としたりしない。
¡容器を引きずって取り出さない。
→丸皿がはずれたり、破損し、けがのおそれ
使用するキーを間違えない
禁止
→仕上がりが悪くなる原因
→加熱しすぎて、焦げ・発煙・発火のおそれ
飲み物は【あたため・スタート】キーで加熱しない
→沸とうしたり、庫内から取り出すときなど
に突然沸とうしてやけどのおそれ
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や付
接触禁止 属品に触れない(ハンドル・操作部は除く)
¡電子レンジ加熱の場合も高温になることが
あります。
→やけどのおそれ
食品や付属品の出し入れは
市販の厚手のミトンやふきんなどを使う
¡ミトンやふきんが水や油でぬれたときや、
布地が破れた状態では使用しない。
→やけどのおそれ
ご使用のとき
注意
庫内や付属品に食品カスや油などが
付いたまま加熱しない
禁止
オーブン・グリル加熱時は換気をする
¡煙やにおいに敏感な小鳥などの小動物は、
別の部屋に移す。
→加熱中に煙やにおいが出ることがあるため
換気する
→火花や発火の原因
電子レンジ加熱のとき
警告
食品を加熱しすぎない
禁止
飲み物などを加熱しすぎない
→発煙・発火・やけどのおそれ
牛乳・豆乳・コーヒー・ココア・生クリーム・
油脂分の多い液体・お酒・水など
禁止
▼
¡誤って加熱しすぎたときは、しばらく時間
をおいた後、庫内から取り出す。
→加熱中、加熱後取り出すとき、テーブルに
置いたり異物が入ったりして衝撃を受けた
ときに、突然沸とうして飛び散ること(突
沸現象)があり、やけどのおそれ
少量(100g未満)の食品や50g未満のパンな
ど水分の少ない食品は自動加熱で加熱しない
(ただし、50g以上のパンは【6 パンあたため】で
加熱する)
▼
¡加熱前によくかき混ぜる。
¡誤って加熱しすぎたときは、
しばらく時間をおいた後、
庫内から取り出す。
→過熱による発煙・発火の
おそれ
¡手動で様子を見ながら
加熱する。
ご
使
用
前
に
注意
殻や膜のある食品は、
殻を取るか切れめを入れる
卵はそのまま加熱しない
禁止
¡卵はよく割りほぐしてから加熱する。
¡ゆで卵を作ったり、あたためたりしない。
¡おでんの卵・うずらの卵・ゆで卵を使った
フライ類・目玉焼き・魚の白子などを加熱
しない。
→破裂して、やけど・けが
のおそれ
金属製容器や金串などは使用しない
禁止
→発火のおそれ
(例)栗・ぎんなん・いか・
ソーセージなど
→破裂して、やけど・けがの
おそれ
びんや密封性の高い容器の
ふたや栓をはずす
ふたや栓
をはずす
→庫内壁面やファインダなどに触れると、火
花が出てファインダが割れるおそれ
¡金銀模様のある容器・アルミで加工した紙
箱やパック・テープなどを使用しない。
→火花や発火のおそれ
脱酸素剤や乾燥剤を
入れたまま加熱しない
禁止
殻を取る
切れめを
入れる
→容器が破裂して、
やけど・けがのおそれ
ラップをはずすときは、蒸気の熱に
注意する
蒸気の
熱に注意
安
全
上
の
ご
注
意
¡容器も熱くなっていること
があるため、注意する。
→蒸気が一気に出て、
やけどのおそれ
4
各部のなまえとはたらき
本 体
ファインダ
庫内 (庫内は抗菌ブラックコーティングをしています。)
庫内灯(加熱中点灯します。)
ドア
吸・排気口
操作部
ハンドル
電源コード
電源プラグ
回転受台(付属品)
キャビネット
吸気口
排気口
アース端子
アース線
付属品が
そろっているか
確認してください。
○は使えます。×は使えません。
付属品
付属品
電子レンジ
加熱
使いかた
回転受台(1個)
オーブン
加熱
グリル加熱
焼きとり
など
トースト・
おもちなど
常に庫内底面の軸にしっかり
はめ込んでおく 軸
丸皿(ターンテーブル) 回転受台の上に、がたつかないように置く
(1個) ¡加熱中は回転し、加熱後は
加熱前の位置で止まります。
¡テーブルなどに置くときは、
必ず鍋敷きなどの上に
置いてください。
本書<クッキングガイド・取扱説明書>(1冊)/保証書(1枚)
¡付属品は一度よく洗ってからご使用ください。
27ページ
¡付属品を乱暴に扱ったり、加熱後、急に冷やさないでください。変形したり割れることがあります。
☞
5
×
操作部
q表示部
¡加熱コース・加熱の残り時間・オーブン温度・
キーの番号などを表示します。
加熱方法などは表示部上下のバーの点灯・点滅
でお知らせします。
D
q
レンジ
例)1 あたため
解凍
オーブン グリル
バー
自動
弱
強
換気 予熱
「U○○」
「E○○」
(○○は数字)などが表示され
たとき☞ 30ページ
w
e
wあたため・スタートキー
¡加熱をはじめるときに使います。途中でドアを
開け、再び加熱をはじめるときも使います。
¡自動でごはんやおかずをあたためるときに使い
ます。☞ 12、13ページ
eとりけしキー
r
各
部
の
な
ま
え
と
は
た
ら
き
¡押し間違えたときや途中で加熱をやめたいとき
に使います。
r自動加熱キー
t
y
u
¡加熱時間や温度・出力の設定をせずに、自動で
加熱するときに使います。
☞12∼18ページ
t手動加熱キー
¡加熱時間や温度・出力を手動で設定して加熱す
るときに使います。☞ 19∼24ページ
i
¡発酵は【オーブン/グリル】キーを使い、40℃に
合わせます。☞ 23ページ
y脱臭キー
¡庫内のカラ焼き(脱臭)をするときに使います。
☞ 8ページ
¡上記の画面は、全て表示させた状態です。
庫内の換気について
¡電子レンジ加熱後、庫内の換気と部品保護の
ため、「換気」のバーが点滅してファンが回る
ことがあります。
レンジ
自動
解凍
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
電子レンジ加熱後、
すぐに電源プラグを
抜かないで!
u時間キー
¡加熱時間を合わせるときに使います。
¡キーを押すごとに、10分単位・1分単位・10秒
単位で増えていきます。(キーを押し続けても変
わります。)
i温度/仕上がり調節キー
¡オーブン温度を合わせるときに使います。
:温度が下がる :温度が上がる
(キーを押し続けても変わります。)
¡自動加熱の仕上がりの強/弱を調節するときに
使います。(手動加熱のときは調節できません。)
☞11ページ
6
ご
使
用
前
に
初めてお使いになる前に
1
回転受台を庫内にセットし
ドアを閉める
1
丸皿を庫内にセットし
ドアを閉める
丸皿の上には
何も置かない
軸
3
2 重量センサーの設定をする
回転受台の上に
がたつかない
ように置く
庫内底面の軸に
しっかりはめ込む
2
▲
1 電源を入れる
電源プラグをコンセントに
差し込む
2
と を
同時に3秒以上押す
ドアを1秒以上開ける
電源が入り、「0」が点滅します。
「0」
の点滅から点灯に変わると、使用でき
ます。
レンジ
解凍
設定開始
丸皿が回転し、「000」が点滅
レンジ
解凍
オーブン グリル
ピピ
ッ
オーブン グリル
自動
弱
強
換気 予熱
▼
自動
弱
強
設定完了
(約15秒後)
換気 予熱
使用していないときは、省エネのため自動的
に電源が切れます。
電源を入れるときは
¡ドアが開いているときは、ドアを閉めてから
再度ドアを1秒以上開けると電源が入ります。
「D」が表示されたときは
¡店頭用のデモ運転状態に
なっているため調理でき
ません。デモ運転状態の
解除をしてください。
☞ 29ページ
7
D
解凍
オーブン グリル
ピー
自動
待機時消費電力ゼロWについて
¡「0」のみの表示のとき→約5分後に切れます。
¡「0」以外の表示のとき→約30分後に切れます。
※「U○○」「E○○」
(○○は数字)の場合は、
電源は切れません。☞ 30ページ
レンジ
弱
強
換気 予熱
重量センサーについて
¡本機には食品と容器の重さを測る重量センサ
ーが搭載されています。
自動加熱では、重量センサーで食品と容器の
重さを検知し、加熱時間を決定しています。
重量センサーを正確にはたらかせるため、重
量センサーの設定が必要です。設定をしない
と仕上がりが悪くなることがあります。
こんな表示が点滅したときは
表示
原因
U52
回転受台と丸皿がセットされていない
U25
設定が完了する前にドアを開けた
\【とりけし】キーを押し、
「重量センサーの設定
をする」の 1 からやり直してください。
カラ焼きは、庫内の油を焼き切るために行います。
煙やにおいが出ることがありますが、異常や故障
ではありません。約20分で終了します。
加熱のしくみ
電子レンジ加熱
3 カラ焼きをする(脱臭)
1
2
電波で加熱します。
窓を開けるか換気扇を回す
電波の性質
¡食品や水分に吸収
されます。
¡陶磁器やガラスなど
は通り抜けます。
¡金属に反射します。
丸皿を庫内から取り出し
ドアを閉める
使いかたのコツ
回転受台だけを
セットする
¡加熱時間は、加熱前の食品の温度や種類、鮮
度によって変わります。
¡食品の分量が2倍になると、加熱時間は2倍弱に
なります。
3
オーブン加熱
を押す
レンジ
自動
オーブン グリル
解凍
弱
強
換気 予熱
▼
■ 予熱あり
加熱開始 「オーブン」のバーが点滅
▼
上下のヒーターで
食品を包み込むように
して焼き上げます。
残り時間を表示
あらかじめ庫内をあたためてから、食品を入れ
て焼き上げます。
■ 予熱なし
加熱終了(終了音が鳴る)
ドアを開け、庫内を冷ましてから
お使いください
予熱をしないで焼き上げます。
使いかたのコツ
¡お菓子作りは、材料の計量をしっかりとし、
形・大きさ・厚みをそろえます。
グリル加熱
注意
上下のヒーターで
食品の表面に焦げめ
をつけます。
オーブン・グリル加熱時は換気をする
¡煙やにおいに敏感な小鳥などの小動物は、
別の部屋に移す。
→加熱中に煙やにおいが出ることがあるため
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属
品に触れない(ハンドル・操作部は除く)
→やけどのおそれ
¡トーストやおもちのときは、回転受台だけを
使用します。
使いかたのコツ
¡素材の種類や鮮度、脂ののりなどによって、焦
げかたが変わります。様子を見ながら加熱して
ください。
8
初
め
て
お
使
い
に
な
る
前
に
/
加
熱
の
し
く
み
ご
使
用
前
に
使える容器・使えない容器
○は使えます。×は使えません。
容器の種類
電子レンジ加熱
オーブン・グリル加 熱
耐熱性ガラス容器
¡ 急に冷やすと割れることがあります。
¡急に冷やすと
割れることが
あります。
陶器・磁器
¡ただし、色絵つけ、ひび模様、金銀模様のあるも
のは器を傷めたり、火花が出るので使えません。
¡ 素焼きの陶器など吸水性の高いものは、熱くな
ることがあるのでご注意ください。
¡ 内側に色絵つけ
のあるものは、
はげることがあ
るのでさけてく
ださい。
耐熱性プラスチック容器
¡ 耐熱温度が140℃以上のものは使えます。
¡ 熱に弱いふたや密封性の高いふたは、はずして
ください。
¡ ただし、ゴムパッキンや止め金具のついている
ものは使えません。
¡ 時間をかけすぎると、変形したり、燃えたりす
ることがあります。
¡ ただし、砂糖、バター、油を使った料理など高
温になる食品には使えません。
¡ただし、オー
ブン・グリル
用指定のもの
は使えます。
金属製容器・金串
¡ アルミやホーローなどの金属容器も使えません。
¡ アルミで加工した紙箱やパックなども火花が出
ることがあるので使えません。
¡ただし、取っ手
が樹脂のもの
は熱に弱いた
め使えません。
アルミホイル
¡ ただし、電波を反射する性質を利用して、加熱し
すぎる部分をおおうなど、部分的には使えます。
このとき、庫内壁面やファインダに触れると、
火花が出て、ファインダが割れるおそれがある
のでご注意ください。☞ 14ページ
¡焦げめを調節
したいときな
どに使います。
ラップ類
¡ 耐熱温度が140℃以上のものは使えます。
¡ 砂糖、バター、油を使った料理など高温になる
食品には使えません。
どの調理にも使えません。
容器の種類
電子レンジ加熱
耐熱性のないガラス容器
¡ カットガラスや強化ガラスも使えません。
¡ ただし、普通のガラスコップは、酒や牛乳を短時
間あたためる程度には使えます。
熱に弱いプラスチック容器
¡ 耐熱温度140℃未満のものや電波で変質するもの
(ポリエチレン、スチロール、メラミン、フェノ
ール、ユリア樹脂など)は、変形したり、燃えた
りすることがあるので使えません。
※プラスチック類の耐熱温度は、家庭用品品質表
示法に基づく表示をごらんください。
漆器
¡ ぬりがはげたり、ひび割れ、変色することがあり
ます。
木・竹・紙製品
¡ 特に針金やホッチキスを使っているものは、
そこに電波が集中して、焦げることがあります。
お願い
9
オーブン・グリル加 熱
¡ただし、硫酸紙
や耐熱性の加工
を施した紙製品
は使えます。
¡材質や耐熱温度がわからない容器はお使いにならないでください。
¡市販のクッキング用シートは、耐熱温度などの仕様を確認の上お使いください。
調理のときのお願い
電子レンジ加熱のとき
→部品の寿命を縮めたり、故障の原因
オーブン・グリル加熱後は、ドアを開けて、
庫内を十分さましてから使用する
レトルト食品や缶詰などは容器に移す
→庫内の熱で加熱しすぎたり、ラップが溶ける
おそれ
食品を入れずに加熱しない
¡アルミの袋や容器に入った食品は加熱されません。
→火花が出たり、袋がはじけるおそれ
食品は丸皿の中央に置く
→丸皿の端に置くと、仕上がりが悪くなる原因
オーブン・グリル加熱のとき
→庫内の温度が下がり、十分に仕上らない原因
加熱後、付属品や容器を急に冷やさない
加熱中や加熱後、ドアに
水をかけない
加熱が終われば、すぐに食品を取り出す
→ひびが入ったり、
割れる
おそれ
ドアの開閉はすばやく、回数は少なくする
→余熱で加熱しすぎたり、焦げすぎる原因
自動加熱および調理加熱全般について
本書に記載している材料・分量・調理方法で
行う
→材料・分量・調理方法が違うと、仕上がりが悪く
なる原因
¡加熱できる重さを超えているときや極端に少な
いときは、ブザーが5回鳴り、加熱が止まります。
☞ 29ページ
自動加熱(1∼8)を使うときは、食品を入れ、
ドアを閉めて1 分以内にキーを押す
¡ドアを閉めて1分以上過ぎてからキーを押す
と、表示部に「U 50」が点滅します。
(食品なしで加熱するのを防ぐための機能です。)
ドアを開閉してやり直してください。
¡指定分量以外の場合や市販の料理ブックの料理は
手動で様子を見ながら加熱してください。
丸皿を使うときは、回転受台の上に
がたつかないようにセットする
少量の食品や乾燥したものは
手動で様子を見ながら加熱する
→重量センサーを正常に働かせるため
→自動で加熱すると、加熱しすぎたり、食品が
焦げたり、発煙・発火のおそれ
加熱中にドアを開けない
食品の分量に合った大きさの容器を使用する
→仕上がりが悪くなる原因
¡食品に対して容器が重すぎると加熱しすぎになりま
す。また、容器が軽すぎると加熱不足となります。
極端に軽い容器(紙やプラスチックなどの容器)
や極端に重い容器も使用しないでください。
→庫内や食品の温度が下がり、仕上がりが悪くな
る原因
加熱終了後、加熱を追加するときは
手動で様子を見ながら加熱する
→自動加熱で追加すると、加熱しすぎるおそれ
10
使
え
る
容
器
・
使
え
な
い
容
器
/
調
理
の
と
き
の
お
願
い
ご
使
用
前
に
自動
自動メニュー一覧
ページ
メニュー
説明
12、
13
1
あたため
2
解凍
3
解凍あたため
4
牛乳
15
牛乳や水などのあたため
5
トースト
16
トーストを焼く
6
パンあたため
17
お惣菜パンや菓子パンのあたため
7
お惣菜
18
お惣菜のあたため
8
お弁当
18
コンビニのお弁当のあたため
加熱方法
使用する付属品
電子レンジ
回転受台・丸皿
常温・冷蔵食品のあたため
14
解凍後に調理する肉・魚の解凍
12、
13
冷凍食品のあたため
グリル
回転受台
電子レンジ+オーブン
電子レンジ
回転受台・丸皿
■ 知っておいていただきたい機能
仕上がり調節(自動加熱のみ)
加熱前の食品の状態(常温/冷蔵/冷凍)や食品の種類によって、強/弱を使い分けます。
また、お好みの仕上がりにしたいときにも使います。(強:熱め/弱:ぬるめ)
自動メニューのキーを押した後、15秒以内に を押す
例)1 あたため
弱
標準
オーブン グリル
解凍
を押す
レンジ
解凍
強
オーブン グリル
を押す
▼
自動
弱
強
レンジ
解凍
オーブン グリル
▼
レンジ
換気 予熱
自動
弱
強
自動
換気 予熱
弱
強
換気 予熱
加熱の終了音
お忘れ防止ブザー
加熱が終了すると、メロディが鳴ってお知らせし
ます。次の操作で、メロディをブザー音や消音に
切り替えることができます。
加熱終了後ドアを開けずにいると、1分ごとにブ
ザーが鳴り食品の出し忘れをお知らせします(終
了後約5分間)。次の操作で、ブザーが鳴らない
ように切り替えることができます。
この操作をするたびに次のように切り替わります。
ピッピッ
消音
ドミソ♪
▼
ブザー音
▼
ピー
メロディ
▼
¡消音に切り換えた場合は、予熱終了時のブザーや
加熱終了後のお忘れ防止ブザーも鳴りません。
11
表示部が「0」のときに、
を5回押す
この操作をするたびに次のように切り替わります。
ピッピッ、
ピッピッ
ブザーなし
▼
を3秒以上押す
▼
表示部が「0」のときに、
ピーピー
ブザーあり
自動
つづく
1 あたため/3 解凍あたため
電子レンジ加熱
重量センサーが重さを検知し、自動でごはんやおかずをあたためます。
1 あたため(常温・冷蔵食品のあたため)/3 解凍あたため(冷凍食品のあたため)
耐熱容器(陶磁器やガラス容器)に入れる
加熱できる分量:食品+容器の重さが
約2,000gまで
¡食品の分量に合った大きさの容器を使用
し、極端に重い容器は使用しないでくだ
さい。
食品によってラップをする/しないを
使い分ける
☞ 13ページ
1
¡プラスチック容器はさけてください。
仕上がりが悪くなります。
指定分量外のとき/加熱後に追加加熱するとき
食品を庫内に入れる
¡【レンジ600W】で様子を見ながら加熱します。
☞ 19ページ
丸皿(付属品)
上手な冷凍保存のしかた
ごはん類
茶わん1杯分(約150g)ずつ小分けにしてラップで包
み、約3cmの厚みで平たく形を整えます。
カレー・シチュー・ソース類
2
フリージングパックに入れるときは、薄く平らな形(厚
さ3cm以下)にします。耐熱性プラスチック容器のと
きは、分量を容器の 7 分目ぐらいまでにします。そば
つゆなどは製氷器で凍らすと便利です。
を押す
野菜類
または
かたゆでにして水気を切り、1 回分ずつラップに包む。
を2度押す
1 あたため
レンジ
解凍
オーブン グリル
警告
3 解凍あたため
レンジ
解凍
オーブン グリル
食品を加熱しすぎない
→発煙・発火・やけどのおそれ
【1 あたため】
【3 解凍あたため】で
加熱できない食品
自動
弱
強
換気 予熱
自動
弱
強
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
15秒以内に を押す
【1 あたため】
冷蔵保存の食品のとき… 強
▼
加熱開始 「レンジ」や「解凍」のバーが点滅
途中から残り時間を表示
▼
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出す
自
動
メ
ニ
ュ
ー
一
覧
/
1
あ
た
た
め
/
3
解
凍
あ
た
た
め
正しい加熱方法
牛乳・コーヒー・豆乳・お酒・水
などの飲み物
牛乳や水など
【4 牛乳】
→沸とうしたり、庫内
から取り出すときな
どに、突然沸とうし
てやけどのおそれ
お酒・豆乳・コーヒー
【レンジ600W】
少量(100g未満)の食品や
50g未満のパンなど水分の
少ない食品
→焦げたり、発煙・発火のおそれ
(様子を見ながら)
50g以上のパン
【6 パンあたため】
【レンジ600W】
(様子を見ながら)
いかなどのはじけやすい食品
みそ汁・肉まん・あんまん・
今川焼き(大判焼き)
→上手に加熱できない/あんを用
いた食品は中のあんだけが熱く
なり、やけどのおそれ
【レンジ600W】
(様子を見ながら)
12
自
動
加
熱
つづき
あたため(常温・冷蔵食品のあたため) ¡冷蔵保存の場合は【仕上がり調節】強で加熱します。
食品名
ご
は
ん
も
の
汁
も
の
ごはん
どんぶりもの
チャーハン
コンソメスープ
ポタージュスープ
焼
き
も
の
焼き魚
揚
げ
も
の
天ぷら
コロッケ
とんかつ
スパゲッティ
焼きそば
野菜炒め
炒
め
も
の
蒸
し
も
の
煮
も
の
ハンバーグ
しゅうまい
野菜の煮もの
煮魚
カレー・シチュー
ラップ
しない
しない
する
分量
コツ
1∼4人分
¡ かたいときは、水か酒をふりかける。
(約150∼600g)
1∼4人分
¡ 加熱後混ぜる。
(約150∼600mL) ¡ 表面に膜ができるのを防ぐため、ラップをする。
1mL=1cc ¡ 加熱後混ぜる。
しない
1∼4人分
¡ ソース類は飛び散ったり、焦げついたりするので、
(約100∼400g)
加熱後かける。
しない
¡ 平皿に重ならないようにのせる。
1∼4人分
(約100∼400g) ¡【仕上がり調節】弱で加熱する。
しない
¡ 乾いてしまったときは、バターかサラダ油を少し加え
1∼2人分
て加熱する。
(約100∼400g) ¡ 加熱後混ぜる。
する
1∼4人分
¡ 平皿にのせ、表面が乾燥しないよう、ラップをする。
(約100∼600g)
しない
する
¡ 煮汁があるときは、少し加えて加熱する。
¡ 加熱後混ぜる。
1∼4人分
(約100∼600g) ¡【仕上がり調節】強で加熱する。
¡ 加熱後混ぜる。
解凍あたため(冷凍食品のあたため)
¡ゆったりとラップをします。たるみがないと、ふっくらと仕上らないことがあります。
食品名
ご
は
ん
も
の
ごはん
汁
も
の
コンソメスープ
ラップ
コツ
する
する
1∼2人分
¡ 深めの耐熱容器に入れる。
(約150∼400mL)
¡ 加熱後混ぜる。
1mL=1cc
ピラフ
ポタージュスープ
分量
1∼4人分
¡ ラップに包んだまま平皿にのせるか、耐熱容器に入れる。
(約150∼600g)
1∼2人分
¡ 平皿にのせてほぐす。
(約250∼500g)
焼
き
も
の
ハンバーグ
する
¡ 平皿にのせる。
1∼4個
(約100∼400g) ¡【仕上がり調節】強で加熱する。
炒
め
も
の
スパゲッティ
焼きそば
する
¡ 平皿にのせる。
1∼2人分
(約100∼300g) ¡ 加熱後混ぜる。
蒸
し
も
の
しゅうまい
する
¡ 表面が乾燥しないように、軽く水にくぐらせ、天ぷ
10∼20個
(約100∼300g)
ら敷紙などを敷いた平皿にのせる。
する
¡ 深めの耐熱容器に入れ、【仕上がり調節】強で加熱する。
1∼2人分
(約100∼400g) ¡ 加熱後混ぜる。
煮
も
の
そ
の
他
カレー・シチュー
酢豚
ミックスベジタブル
さやいんげん
コーン
する
約100∼300g
¡ 耐熱容器に入れる。
¡【仕上がり調節】強で加熱する。
¡冷凍野菜を少量加熱した場合は、火花が出ることがあります。
13
自動
2 解凍
電子レンジ加熱
重量センサーが重さを検知し、自動で生ものの解凍をします。解凍後、調理をするときに使います。
(手で軽く曲げられ、ほぐせる解凍状態にする)
解凍できる分量:約100∼1,000g
¡冷凍庫から出したてのカチカチに
凍ったものを解凍します。
ラップ・ふた・バランなどの飾り・敷きもの
をはずす
1
食品を庫内に入れる
食品をのせている発泡スチロールトレーで
解凍する
¡丸皿より小さいものを使用します。
¡発泡スチロールトレーがないときは、
丸皿にラップやペーパータオルを敷き、
その上に食品を直接のせます。
指定分量外のとき/加熱後に追加加熱するとき
¡【レンジ200W】で様子を見ながら解凍します。
☞ 19ページ
丸皿(付属品)
2
を1度押す
レンジ
自動
解凍
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
15秒以内に を押す
食品が煮えるのを防ぐには
¡身の細い部分など早く解凍できるところにアル
ミホイルを巻きます。
アルミホイルは庫内壁面やファインダに触れな
いようにしてください。火花が出てファインダ
が割れるおそれがあります。
アルミホイル
上手な冷凍保存のしかた
¡1回分(200∼300g)ずつに分
け、厚さ3cm以下に平たく整え
てラップでぴったりと包みます。
肉 薄切り肉/ひき肉…平らな形にまとめる
類 かたまり肉…適当な大きさに切り分ける
魚 一尾魚…ウロコや内臓を取り1尾ずつか切り身にする
類 えびなど…重ならないように平らに並べる
食品が溶けかけているとき… 弱
お願い
▼
加熱開始 「解凍」のバーが点滅
途中から残り時間を表示
▼
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出す
1
あ
た
た
め
/
3
解
凍
あ
た
た
め
/
2
解
凍
¡食器は使用しないでください。食器の重さも検知
して解凍しすぎになります。
¡加熱前の庫内が高温のときは、しばらくさまして
からご使用ください。発泡スチロールトレーが溶
けたり、加熱しすぎるおそれがあります。庫内温
度が非常に高いときは、ブザーが5回鳴り、表示
部に「U21」が表示されます。☞ 30ページ
¡発泡スチロールトレーは、解凍以外に使用しない
でください。とけたり、燃えたりするおそれがあ
ります。
14
自
動
加
熱
自動
4 牛乳
電子レンジ加熱
重量センサーが重さを検知し、自動で牛乳や水などをあたためます。
加熱できる分量:1∼3杯
(1杯 約200mL)
丸皿の中央に置く
背の低い広口のカップを使う
¡大きく極端に重い容器は使用しないでくだ
さい。
¡カップの標準の重さは200∼230gです。
(8分目に200mLが入る大きさ)
¡牛乳びんや牛乳パックで加熱しないでくだ
さい。沸とうするおそれがあります。
1
食品をよくかき混ぜ
庫内に入れる
丸皿(付属品)
¡【レンジ600W】で様子を見ながら加熱します。
☞ 19ページ
警告
飲み物などを加熱しすぎない
2
を押す
加熱前基準温度:冷蔵
レンジ
自動
解凍
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
15秒以内に を押す
1杯分の量が多いとき ……… 強
ぬるめにするとき
1杯分の量が少ないとき … 弱
室温保存していた牛乳のとき
▼
加熱開始 「レンジ」のバーが点滅
▼
途中から残り時間を表示
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出し、よくかき混ぜる
15
指定分量外のとき/加熱後に追加加熱するとき
→加熱中、加熱後取り出すとき、テーブルに
置いたり異物が入ったりして衝撃を受けた
ときに、突然沸とうして飛び散ること(突
沸現象)があり、やけどのおそれ
¡加熱前と加熱後によくかき混ぜる。
¡豆乳・コーヒーのあたためは、【レンジ
600W】で様子を見ながら加熱する。
☞ 19ページ
自動
5 トースト
グリル加熱
トーストを1∼2枚焼きます。焼き上がり時間の目安は約5分です。
加熱できる分量:1∼2枚(4∼8枚切り)
回転受台に直接のせる
(1枚)
1
食パンを回転受台にのせる
回転受台
(2枚)
加熱後に追加加熱するとき
¡【グリル】で様子を見ながら加熱します。
☞ 22ページ
上手に仕上げるために
¡焼き上がったら、すぐに取り出してください。そ
のままにしておくと、余熱で焼けすぎてしまいま
す。
2
を押す
レンジ
自動
解凍
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
15秒以内に を押す
濃い焼き上がりにするとき… 強
薄い焼き上がりにするとき… 弱
▼
加熱開始 「グリル」のバーが点滅
¡メーカーやパンの種類によって焼け具合が異なり
ますので、【仕上がり調節】でお好みに調節して
ください。
¡冷凍した食パンと山型パンは【仕上がり調節】強
で加熱します。
注意
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属
品に触れない(ハンドル・操作部は除く)
→やけどのおそれ
庫内や付属品に食品カスや油などが
付いたまま加熱しない
→火花や発火の原因
途中から残り時間を表示
▼
加熱終了(終了音が鳴る)
食パンを取り出す
16
4
牛
乳
/
5
ト
ー
ス
ト
自
動
加
熱
自動
6 パンあたため
電子レンジ+オーブン加熱
お惣菜パンや菓子パンなどをおいしく食べ頃にあたためます。ロールパンなど具をはさんで調理パンにす
るときに使うと便利です。
加熱できる分量:
お惣菜パン・菓子パン…1∼2個(約50∼200g)
ロールパンなど…約2∼4個(約60∼120g)
回転受台に直接のせる
袋やラップ、ケース(アルミ製/紙製)をはずす
(1個)
¡はずさないと、発煙・発火や火花が出るおそれ
があります。
1
パンを回転受台にのせる
回転受台
指定分量外のとき/加熱後に追加加熱するとき
¡【グリル】で様子を見ながら加熱します。
☞ 22ページ
仕上がり調節の目安
パンの種類
ロールパン 約2∼4個
(中に何も入っていないパン)
2
菓子パン 約1∼2個
を押す
レンジ
自動
解凍
弱
お惣菜パン 約1∼2個
弱
標準
強
2∼3個
4個
−
1個
1∼2個
−
小さめのもの
1個
1個
2個
(大きめのもの1個)
オーブン グリル
強
注意
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
15秒以内に を押す
約120g以上のとき… 強
約60g以下のとき…
弱
▼
「オーブン」のバーが
加熱開始 「レンジ」
点滅
途中から残り時間を表示
▼
加熱終了(終了音が鳴る)
パンを取り出す
17
(2個)
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属
品に触れない(ハンドル・操作部は除く)
→やけどのおそれ
庫内や付属品に食品カスや油などが
付いたまま加熱しない
→火花や発火の原因
自動
7 お惣菜/8 お弁当
電子レンジ加熱
重量センサーが重さを検知し、お惣菜(から揚げ・煮物・焼きそば・スパゲッティなど)やコンビニエンス
ストアで売られているお弁当を自動であたためます。
加熱できる分量:
7 お惣菜…1人分(約100∼500g)
8 お弁当…1個(約200∼600g)
丸皿(内径約26cm)からはみ出さない
大きさのものを加熱する
1
ラップやふたなどの包装をしたまま加熱する
¡包装の外側に付いているソース類は必ず
はずします。
¡食品メーカーの指導がある場合は、その
指導に従います。
指定分量外のとき/加熱後に追加加熱するとき
食品を庫内に入れる
¡【レンジ600W】で様子を見ながら加熱します。
☞ 19ページ
丸皿(付属品)
お願い
¡加熱前の庫内が高温のときは、しばらくさまし
てからご使用ください。容器が溶けたり、加熱
しすぎるおそれがあります。
2
または を押す
7 お惣菜
8 お弁当
加熱前基準温度:冷蔵
加熱前基準温度:常温約20℃
レンジ
解凍
オーブン グリル
レンジ
解凍
¡食品の種類によって仕上がりが異なります。揚
げものは熱めに、ハンバーグなど厚みのあるも
のは少しぬるめに仕上がります。加熱後しばら
く置いてください。
注意
6
パ
ン
あ
た
た
め
/
7
お
惣
菜
/
8
お
弁
当
オーブン グリル
¡次のものは、加熱前に取り出してください。
自動
弱
強
換気 予熱
自動
弱
強
換気 予熱
お好みの仕上がりにするには
ゆで卵・うずらの卵
破裂
アルミカップなどの
金属容器
火花
しょうゆやソースなど
破裂
が入った容器や袋
15秒以内に を押す
冷蔵保存のお弁当のとき… 強
常温保存のお惣菜のとき… 弱
▼
加熱開始 「レンジ」のバーが点滅
途中から残り時間を表示
▼
加熱終了(終了音が鳴る)
¡次のものは加熱しないでください。
・コンビニエンスストア以外で売られてい
るお弁当(発泡スチロールなど、電子レン 容器が
とける
ジ加熱に適さない容器の場合があるため)
・アルミで加工した紙箱やパックに入って
火花
いるお惣菜やお弁当
¡加熱後は食品や容器が熱くなるため、取り出す
ときや包装・ふたをはずすときは気をつけてく
ださい。また、ふたや容器が変形することがあ
ります。
食品を取り出す
18
自
動
加
熱
手動
レンジ
1
電子レンジ加熱
使用する付属品
食品を庫内に入れる
丸皿
回転受台
丸皿(付属品)
¡庫内にセットしておきます。
2
を押して
出力を合わせる
出力の合わせかた
を押すごとに
¡
600W→500W→200Wの順に変わります。
例)600W
レンジ
解凍
オーブン グリル
時間の合わせかた(レンジ)
自動
弱
強
換気 予熱
を押すごとに
¡
10分単位・1分単位・10秒単位で増えていきます。
(キーを押し続けても変わります。)
3
合わせることができる時間
を押して
時間を合わせる
解凍
500W
200W
30分まで
あたためや
野菜のゆでものに
60分まで 解凍や煮込み料理に
※20分以上になると、10秒キーは使えません。
例)1分40秒
レンジ
600W
オーブン グリル
お願い
自動
4
弱
強
換気 予熱
を押す
加熱開始 「レンジ」のバーが点滅
▼
残り時間を表示
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出す
加熱中に【レンジ】キーを押すと、設定した出力を
3秒間表示します。
19
¡オーブン・グリル加熱後は、ドアを開けて、庫
内を十分さましてからご使用ください。さまさ
ずに使用すると、庫内の熱で加熱しすぎたり、
ラップが溶けるおそれがあります。また、解凍
のときに発泡スチロールトレーが溶けるおそれ
があります。
つづく
加熱時間一覧表
¡一覧表の加熱時間は目安です。食品の種類、加熱前の温度などにより仕上がりが変わりますので、
様子を見ながら加熱してください。
また、いかなどは、はじけることがあります。
¡食品の分量が2倍になると、加熱時間は2倍弱になります。
ごはん・おかず・飲みもののあたため
食品名
ラップ
分量
加熱時間
しない
チャーハン
コンソメスープ
ポタージュスープ
ハンバーグ
しない
する
しない
しない
とんかつ
する
あんまん
約1分10秒
1杯(200mL)
約1分40秒
約400g
約300g
約1分40秒
約1分20秒
ごはん
1杯(150g)
約2分40秒
ピラフ
250g
約4分30秒
ハンバーグ
1個(150g)
約3分30秒
しゅうまい
肉まん
15個(230g)
約4分40秒
1個(80g)
約1分30秒
あんまん
1個(80g)
約1分
200g
約4分
さやいんげん
100g
ミックスベジタブル
100g
約2分30秒
約2分30秒
カレー・シチュー
スープ
300g
約9分
200g
約6分
酢豚
200g
約6分
150mL
約1分40秒
酒のかん
200mL
約2分
牛乳
200mL
約2分
お弁当
1切(80g)
約50秒
お弁当(中)
お弁当(小)
1個(80g)
約50秒
100g
約50秒
2個(100g)
約50秒
1枚(100g)
約50秒
10個(180g)
約1分50秒
1個(80g)
約50秒
1個(80g)
約40秒
炒めもの
野菜炒め
1本(150mL)
1皿(250g)
約2分
蒸しもの
焼きそば
約50秒
約3分30秒
煮魚
カレー・シチュー
しない
する
飲みもの
天ぷら
しゅうまい
肉まん
加熱時間
約1分40秒
野菜の煮もの
約2分30秒
揚げもの
コロッケ
分量
1切(100g)
300g
約50秒
1人分
焼きもの
焼き魚
ラップ
200g
1杯(150g)
汁もの
みそ汁
食品名
(1mL = 1cc)
煮もの
ごはんもの
ごはん
どんぶりもの
レンジ600W
しない
200g
約1分50秒
150g
約1分50秒
しない
する
フリージング食品
焼きそば
する
※冷凍野菜を少量加熱した場合は、火花が出ることがあります。
解凍
食品名
レンジ200W(ラップやふたは、はずします。)
分量
加熱時間
食品名
分量
加熱時間
えび
200g
約3分30秒
薄切り肉
200g
約3分
まぐろ
200g
約3分
ひき肉
200g
約3分30秒
一尾魚
200g
約3分30秒
鶏もも肉
200g
約3分30秒
20
レ
ン
ジ
手
動
加
熱
つづき
野菜をゆでる
レンジ600W
¡食品の種類、加熱前の温度などにより仕上がりが変わりますので、様子を見ながら加熱してください。
¡食品の分量が2倍になると、加熱時間は2倍弱になります。
葉・果菜類
葉・果菜類
ラップに包み、ラップの重なり合う部分を下にして平皿にのせます。
洗った後の水滴をつけたままラップをします。
■ 葉菜類
(ほうれん草)
¡ 葉と茎を交互に重ねます。太い茎には十文字に包丁を入れます。
¡ 量が多いとき(300g以上)は、半分に分けてラップに包みます。
¡ アクのある野菜(ほうれん草、春菊、小松菜など)は、加熱後、
すぐ流水にさらしてアク抜きをし、冷水に取って色止めをします。
平皿
■ 果・花菜類
¡ 大きさをそろえて切ります。
¡ アクのある野菜(なす、ブロッコリー、カリフラワーなど)は、
加熱前に食塩水につけてアク抜きをします。
¡ 色の濃い野菜(さやいんげん、グリーンアスパラガス、なす、
ブロッコリーなど)は、加熱後、すぐ流水にさらしてアク抜き
をし、冷水に取って色止めをします。
(ブロッコリー)
果・花菜類
葉菜類
食品名
分量
加熱時間
加 熱 前 加 熱 後
アク抜き 色 止 め
ほうれん草 200g 約2分30秒
する
春
する
菊 200g 約2分30秒
キ ャ ベ ツ 100g 約2分
白 菜 200g 約3分
しない
しない
しない
食品名
分量
グリーン
アスパラガス
加熱時間
加 熱 前 加 熱 後
アク抜き 色 止 め
しない
する
す 100g 約2分
する
する
ブロッコリー 100g 約2分
する
する
カリフラワー 100g 約2分
する
しない
しない
しない
な
100g 約2分
か ぼ ち ゃ 200g 約3分30秒
ラップに包み、ラップの重なり合う部分を下にして平皿にのせます。
根菜類
■ 丸のままゆでるとき
(じゃがいも)
平皿
¡ 洗って、皮つきのままラップに包みます。
¡ 2個以上のときは、できるだけ大きさをそろえて重ならないように並べます。
¡ 途中一度上下を返します。
¡ じゃがいも、さつまいも、さといもなどは、加熱後、庫内から取り出し、
ラップをしたまま5分ほど蒸らします。
■ 切ってゆでるとき
¡ 皮をむき、大きさを
そろえて切ります。
(じゃがいも)
お願い
21
食 品 名 分 量 加熱時間
さつまいも 1本(200g) 約4分
じゃがいも 1個(150g) 約3分30秒
さ と い も 100g
約2分30秒
だ い こ ん 200g
に ん じ ん 100g
約4分30秒
約2分30秒
¡小さく切った葉・果菜、根菜や少量の葉・果菜、根菜を加熱すると、火花が出て焦げたり、
乾燥することがあります。様子を見ながら加熱してください。
手動
グリル
1
グリル加熱
使用する付属品
食品を庫内に入れる
焼きとり・焼き魚(つけ焼き)など
アルミホイル
丸皿
丸皿(付属品)
回転受台
2
¡庫内にセットしておきます。
を3度押す
¡丸皿にはアルミホイルを敷きます。
おもちなど
レンジ
自動
解凍
弱
オーブン グリル
強
回転受台
時間の合わせかた(グリル)
換気 予熱
を押すごとに
¡
3
10分単位・1分単位・10秒単位で増えていきます。
(キーを押し続けても変わります。)
合わせることができる時間
を押して
焼き上げ時間を合わせる
30分まで
※20分以上になると、10秒キーは使えません。
例)18分
レンジ
自動
4
解凍
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
を押す
加熱開始 「グリル」のバーが点滅
▼
残り時間を表示
注意
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属
品に触れない(ハンドル・操作部は除く)
→やけどのおそれ
¡市販の厚手のミトンやふきんなどを使って
取り出す。
オーブン・グリル加熱時は換気をする
→加熱中に煙やにおいが出ることがあるため
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出す
加熱後、庫内のにおいが気になるとき
は、本体がさめてから庫内をお手入れ
し、その後、カラ焼き(脱臭)をして
ください。☞ 8ページ
22
レ
ン
ジ
/
グ
リ
ル
手
動
加
熱
手動
オーブン
オーブン加熱
■予熱なし・発酵
予熱をしないで焼き上げます。
パン生地などの発酵は、40℃に合わせて使います。
予熱なし・発酵
1
食品を庫内に入れる
■予熱あり
アルミホイル
市販の料理ブックなど予熱が必要なメニューのとき
丸皿(付属品)
に使います。合わせた温度まで自動的に予熱をしま
す。予熱温度に達する時間の目安は、200℃では約
5分です。予熱時間を合わせる必要はありません。
2
レンジ
解凍
オーブン グリル
使用する付属品
を1度押す
予熱のとき
回転受台
自動
弱
強
換気 予熱
3
¡回転受台だけを庫内にセットしておきます。
を押して温度を合わせる
予熱後の加熱/予熱なし/発酵のとき
丸皿
例)200℃
レンジ
解凍
オーブン グリル
回転受台
¡回転受台は庫内にセットしておきます。
自動
弱
強
換気 予熱
¡食品を丸皿にのせて庫内にセットします。
¡メニューによっては丸皿にアルミホイルを敷き
ます。詳しくはメニュー編をご覧ください。
4
温度の合わせかた
¡
を押して
焼き上げ時間を合わせる
キーを押すごとに温度が上がり、
キーを押すごとに温度が下がります。
例)23分
(キーを押し続けても変わります。)
レンジ
合わせることができる温度
220℃
∼
100℃
10℃単位で設定できます
40℃
パン生地などの発酵に
自動
時間の合わせかた(オーブン)
¡
合わせることができる時間
60分まで
※20分以上になると、10秒キーは使えません。
¡温度と時間は、どちらからでも合わせられます。
弱
オーブン グリル
強
換気 予熱
を押す
を押すごとに
10分単位・1分単位・10秒単位で増えていきます。
(キーを押し続けても変わります。)
23
5
解凍
加熱開始 「オーブン」のバーが点滅
▼
残り時間を表示
加熱終了(終了音が鳴る)
食品を取り出す
予熱あり(予熱中は庫内に回転受台のみ入れておく)
1
を2度押す
レンジ
解凍
4
を押す
オーブン グリル
予熱開始 「予熱」のバーが点滅
自動
弱
強
▼
換気 予熱
設定温度を表示
予熱終了(ブザーが鳴る) 「予熱」のバーが消え、
温度が点滅
2
ドアを開けないときは、15分間予熱温度を
保ち続け、15分経過すると、加熱はとりけ
されます。
(この間5分ごとにブザーが鳴ります。
)
を押して温度を合わせる
例)200℃
レンジ
解凍
5
オーブン グリル
食品を庫内に入れる
アルミホイル
自動
弱
強
換気 予熱
丸皿(付属品)
3
を押して
焼き上げ時間を合わせる
例)21分
レンジ
解凍
6
を押す
加熱開始 「オーブン」のバーが点滅
オーブン グリル
▼
残り時間を表示
加熱終了(終了音が鳴る)
自動
弱
強
食品を取り出す
換気 予熱
予熱中・加熱中に温度を確認・変更する
温度の確認(加熱中のみ)
のどちらかを
1度押して確認する
温度の変更
続けて を
押して温度を変える
(約3秒間表示します。
)
※40℃(発酵)のときは確認・変更できません。
お願い
発酵するときのご注意
¡加熱前の庫内が高温のときは、しばらくさまして
からご使用ください。発酵しすぎたり、イースト
菌が死んでしまうおそれがあります。
¡庫内温度が非常に高いときは、ブザーが5回鳴り、
表示部に「U21」が表示されます。☞ 30ページ
注意
加熱中や加熱後しばらくは、高温部
(レンジ本体・ドア・庫内など)や
付属品に触れない
(ハンドル・操作部は除く)
→やけどのおそれ
¡市販の厚手のミトンやふきんなどを使っ
て取り出す。
オーブン・グリル加熱時は換気を
する
→加熱中に煙やにおいが出ることが
あるため
24
オ
ー
ブ
ン
手
動
加
熱
お料理がうまくできない
自動加熱
¡ 本書に記載している材料・分量・調理方法で行いましたか。
熱くなりすぎたり、
加熱不足になる
¡ 重量センサーの設定はしましたか。
重量センサーの設定をしてください。☞ 7 ページ
ごはんやおかずのあたため・解凍あたため
¡ 分量が少なすぎませんか。100g以上にしてください。
仕上がりが熱すぎる
¡ 食品の分量に合った大きさの容器をお使いください。
ごはんをあたためるとパサつく
¡ 加熱前に水か酒を少しふりかけると、しっとりと仕上がります。
汁ものをあたためると
熱い部分とぬるい部分がある
¡ 加熱後にかき混ぜます。
たれ付きの食品をあたためると
たれが飛び散る
¡ たれは加熱後にかけてください。
炒めものをあたためると乾燥する
¡ 加熱前にバターかサラダ油を少し加えてあたためます。
焼き魚やフライをあたためると
上手にあたたまらない
¡ 重ならないように平らに並べてください。
煮魚をあたためると
煮汁が飛び散る
¡ 深めの容器に入れてあたためてください。
牛乳やコーヒー、お酒のあたため
熱くなりすぎる
上の方と下の方では
温度が異なる
¡【4 牛乳】または【レンジ】キーで加熱しましたか。
【あたため・スタート】キーであたためると熱くなります。
¡ 容器に少ししか入れないと沸とうする場合があります。
容器の7∼8分目まで入れてください。
¡ 加熱後は、よくかき混ぜてください。
解
食品が煮えた
凍
¡ 食品の厚みが不均一だと、細い部分やうすい部分が煮えやすくなり
ます。冷凍するときは、食品の厚みを3cm以下にそろえてください。
魚などは、尾にアルミホイルを巻いてください。
¡ ラップなどの包装は取りはずしてください
¡ 平皿は使用しないでください。
野菜のゆでもの
生っぽい部分と
できすぎた部分がある
25
¡ ほうれん草などの葉菜類は、葉と茎を交互に重ねてください。
かぼちゃなどは、大きさをそろえて切ってください。
じゃがいもなどを2個以上加熱するときは、大きさをそろえて
ください。
グラタン
焼くたびに焼け色が異なる
¡ チーズの種類により焼けかたが異なります。
様子を見ながら焼いてください。
焼け色がうすい
¡ 焼き足りないときは、
【オーブン】
(予熱なし)220℃で様子を見ながら
焼いてください。
ケーキ
ケーキがうまくふくらまない
¡ 卵の泡立てがしっかりできていますか。
泡立器の先から落ちる泡で文字が書けるくらいまで泡立ててください。
泡立てが上手にできない
¡ 泡立てるときのボールは、油分や水分がついていないものを
使用してください。
部分的に粉が残る
¡ 粉をよくふるいながら入れましたか。
粉をふるうのは、不純物や粉の固まりを取り除くほか、
空気をたっぷり含ませることにより、焼き上がりを軽くします。
材料や作りかたの違いで
焼け色が変わる
¡ 市販の料理ブックのケーキの場合は、メニュー編を参考にして 【オーブン】で様子を見ながら焼いてください。
クッキー
焼け色にムラがある
¡ 生地の厚みや1つの大きさは均一ですか。
平らに成形し、大きさをそろえると、きれいに焼けます。
焼け色がうすい
¡ 生地が厚いと焼け色がうすくなります。
【オーブン】
(予熱なし)180℃で様子を見ながら焼いてください。
焼け色が濃い
¡ 焼くときにバターなどが溶けていませんか。
冷蔵庫で冷やしてから焼いてください。
材料や作りかたの違いで
焼け色が変わる
¡ バターのかわりにマーガリンを使ったり、市販の生地を使うと
焼け色に影響するため、様子を見ながら焼いてください。
お
料
理
が
う
ま
く
で
き
な
い
ロールパン
焼け色にムラがある
¡ 生地を同じ大きさに成形しましたか。
大きさが異なると、焼いたときムラになります。
焼け色がうすい
¡ 生地の発酵は十分にされていますか。
発酵不足で生地の温度が低いとあまりふくらまず、
焼け色もうすくなります。
焼け色が濃い
¡ 発酵しすぎていませんか。
発酵しすぎると焼いたとき、ふくらみ過ぎて濃くなります。
¡ 表面にぬる溶き卵をぬりすぎていませんか。
こ
ん
な
と
き
は
26
お手入れのしかた
警告
こまめな
お手入れが
大切です
汚れはこまめにふき取り、
いつも清潔にしてご使用ください。
お手入れは、電源プラグを
抜きレンジ本体や付属品が
さめてから行う
→感電・やけどのおそれ
庫内や付属品が汚れたまま使用すると、汚れがこびりついたり、
さびや腐食・悪臭のもとになります。また、食品カスや汁、油
などがついたまま使用すると、火花や発火・発煙の原因になり
ます。レンジ本体の周辺も清潔にしてください。
外まわり・ドア
固くしぼったぬれぶきんでふき取る
汚れがひどいときは、うすめた台所用中性洗剤
(水1Lに対し洗剤1.5mL)をしみ込ませた布を固
くしぼってふき、その後、固くしぼったぬれぶき
んで洗剤分をふき取ってください。
吸気口・排気口
庫内
乾いた布で定期的にほこりを取り除く
固くしぼったぬれぶきんでふき取る
汚れがひどいときは、うすめた台所用中性洗剤
(水1Lに対し洗剤1.5mL)をしみ込ませた布を固
くしぼってふき、その後、固くしぼったぬれぶき
んで洗剤分をふき取ってください。
庫内は抗菌ブラックコーティングされています。
汚れがつきにくく、ふき取りやすくなっています。
塗装面に付属品や容器などをぶつけないでください。
傷がついたり、塗装がはがれたりします。
電波の出口カバー(庫内右側面)
汚れがついていると、発火
しやすいため、こまめにお
手入れしてください。
出口
カバー
付 属 品
スポンジたわしなどで洗い、水気を十分
にふき取る
回転受台の取りはずし/取り付け
¡回転受台の中央部分をつかみ、真上に上げ取り
はずす。
¡回転受台を庫内底面の軸にしっかりはめて、
取り付ける。
上ヒーター
庫内のにおいが気になるときは
月1回
が目安
お願い
お手入れをした後、庫内のカラ
焼き(脱臭)をする ☞ 8ページ
¡お手入れのとき、次のものは使用しないでください。(傷・変色・変形・故障の原因)
・アルカリ性洗剤(ハンドルやドアの樹脂の割れの原因) ・酸性洗剤
・アルコール、灯油、ガソリン
・ベンジン、シンナーなどの溶剤
・クレンザー、オーブンクリーナー、漂白剤
・ガラスクリーナーやスプレー式の洗剤
・金属たわし、金属ブラシ
¡食品カスや水・洗剤などを、庫内底面の軸部やレンジ本体のすき間に入れないでください。
(故障の原因)
¡上ヒーターに当たらないように注意してください。(上ヒーターが割れて断線・けがのおそれ)
上ヒーターが割れたときは、使用せずにお買い上げ販売店にご相談ください。
27
つづく
故障かな?と思ったら
修理やアフターサービスを依頼される前に、
次のことをお調べください。
危険
28∼30ページのことをお調べになり、まだ異常がある
場合は、電源プラグをコンセントから抜き、お買い上げ
販売店にご連絡ください。
絶対にキャビネットをはずさない
分解・改造・修理をしない
→火災・感電・けがの原因
¡修理はお買い上げ販売店にご相談ください。
こんな場合
調べるところ
¡表示部に「0」が表示されていますか?
→1度ドアを開け、「0」が表示されてから食品を入れて操作してください。
ドアが開いていたときは、1度ドアを閉めてから再度ドアを開けて
ください。☞ 7 ページ「待機時消費電力ゼロWについて」
動かない
¡停電していませんか?また、ご家庭の配電盤のブレーカーが切れてい
ませんか?
→停電・ブレーカー復帰後、1秒以上ドアを開けてください。
¡電源プラグが抜けていませんか?
→電源プラグをコンセントに差し直して、
1秒以上ドアを開けてください。
¡ドアは確実に閉まっていますか?
食品があたたまらない
運
転
¡電子レンジ加熱のとき、金属容器やアルミホイルなどで食品がおおわ
れていませんか?
¡表示部に「D」が表示されていませんか?☞ 29ページ
丸皿が「回転しない」
「回転ムラがある」
自動加熱のときに
途中で加熱が止まる
火花が出る
異常音が出る
ドアがくもり、
水が落ちる
¡丸皿は正しくセットされていますか?
¡食品(容器)が庫内壁面に触れていませんか?
¡本書の指示を守っていますか?分量が多かったり、少なすぎたりすると、
重量センサーがはたらいて加熱が停止します。☞10、29ページ
¡電子レンジ加熱のとき、金属容器や金銀模様のある容器、金串などを
使用していませんか?
¡解凍のとき、庫内壁面やファインダにアルミホイルが触れていませ
んか? ☞14ページ
¡食品から出た水蒸気により、ドアの内側がくもることがあります。
食品から出た水蒸気が多い場合、ドアの内側に水滴がつき、レンジ本
体の外部に落ちることがあります。
¡ふきんでふき取ってください。
¡庫内や丸皿に食品カスや油などが付いたままになっていませんか?
煙
・
に
お
い
煙が出たり、
いやなにおいがする
¡庫内のにおいが気になるときは、庫内がさめてから汚れをふき取り、
その後、カラ焼き(脱臭)をしてください。カラ焼き中は煙やにおいが
出ることがありますが、異常や故障ではありません。☞ 8 ページ
¡庫内のカラ焼きの1度目ではありませんか?
グリル加熱中
煙やにおいが出る
¡食品の脂が焼けているためで、故障ではありません。
28
お
手
入
れ
の
し
か
た
/
故
障
か
な
?
と
思
っ
た
ら
こ
ん
な
と
き
は
つづき
こんな場合
音
・
ブ
ザ
ー
調べるところ
加熱中にカチカチと
音がする
¡出力を切り換えるスイッチの動作音です。
加熱中にポコンと
音がする
¡オーブン・グリル加熱のとき、熱によって庫内壁面が膨張するために
起こる音です。
何もしていないのに
カチッと音がする
¡電源が切れる音です。
(加熱が終了し、約5分後に電源が切れます。
)
加熱後、
何度もブザーが鳴る
¡食品の出し忘れをお知らせするブザーです。1分ごとにブザーが鳴り
ます。(加熱終了後 5分間)
お忘れ防止ブザーや加熱終了音は、消音にできます。☞ 1 1 ページ
¡加熱できる重さを超えていませんか?食品が極端に少なくありませんか?
自動加熱のときに
ブザーが5回鳴り、
途中で(約10秒後)
加熱が止まる
→食品の分量を加減するか、容器を変えて【あたため・スタート】キー
を押してください。
または【とりけし】キーを押して、手動加熱でやり直してください。
¡食品を庫内に入れていますか?
→食品を入れて【あたため・スタート】キーを押してください。
¡使用する付属品を間違えていませんか?
→正しい付属品をセットして【あたため・スタート】キーを押してください。
表示部をさわると
黒い線が出る
電源プラグをコンセント
に差し込んでも、
表示部に何も表示しない
¡静電気により出ることがあります。しばらくすると、もとに戻ります。
¡電源プラグをコンセントに差し込んだだけでは電源は入りません。
→ドアを1秒以上開けると電源が入り、表示部に「0」を表示します。
☞ 7 ページ「待機時消費電力ゼロWについて」
¡表示部に「D」が表示されていませんか?
表
示 表示が勝手に動く
部 (デモ運転状態)
→店頭用のデモ運転状態になっています。
デモ運転状態の時は加熱できません。
D
<デモ運転の解除のしかた>
0以外の表示になっている場合は、
【とりけし】キーを1回押して、
0表示に戻してから解除を行ってください。
①【とりけし】キーを5回押す。
(ピッピッとブザーが鳴り、表示部の「0」が点滅します。)
②【あたため・スタート】キーを5回押す。
ピッピーとブザーが鳴り、表示部の「0」が点灯表示に変わり、
「D」が消えると、正常にご使用いただけます。
「換気」のバーが点滅し、
ファンが回る
¡電子レンジ加熱後、庫内を換気するためファンが回ることがあります。
(ドアを開けても回ります。)
¡約1分30秒で自動的に止まります。
自動
29
弱
強
換気 予熱
こんな場合
調べるところ
「0」が点滅表示される
¡故障ではありません。
→
【とりけし】キーを押すと、「0」の点滅が解除され使用できます。
「U25」が点滅表示
される
重量センサーの設定のとき
¡設定が完了する前に、ドアを開けていませんか?
→【とりけし】キーを押し、設定をはじめからやり直してください。
☞ 7 ページ
「U50」が点滅表示
される
自動加熱のとき
¡食品を入れ、ドアを閉めてから1分以内にキーを押しましたか?
→再びドアを開閉して、1分以内にキーを押してください。
※ 食品なしで加熱されるのを防ぐための機能です。
表
示
部
「U52」が点滅表示
される
重量センサーの設定のとき
¡回転受台と丸皿のみをセットしていますか?
→【とりけし】キーを押し、設定をはじめからやり直してください。
☞ 7ページ
ブザーが5回鳴り、
「U21」が表示される
【2 解凍】/【オーブン】40℃(発酵)/重量センサーの設定のとき
¡庫内が高温になっていませんか。
→
【とりけし】キーを押し、食品を取り出し、ドアを開けてしばらく庫
内をさましてからやり直してください。
ブザーが5回鳴り、
「U23」が表示される
故
障
か
な
?
と
思
っ
た
ら
¡丸皿をセットしていますか。
100g以下の食品を加熱しすぎていませんか。
→
【とりけし】キーを押してください。
ブザーが5回鳴り、次の内容が表示
される
¡表示内容を確認し、電源プラグをコンセントから抜いて、
表示の記号をお買い上げ販売店にご連絡ください。
30
こ
ん
な
と
き
は
アフターサービスについて
保証書は外装箱に添付しております。
●保証書は販売店から受け取っていただき、必ず「お買
い上げ日・販売店名」などの記入をお確かめのうえ、
所定事項を記入し、内容をよくお読みの後、大切に保
管してください。
保証期間はお買い上げ日から1年間です。
●ただし、マグネトロンのみ2年間です。
● 一般家庭用以外に使用される場合は除きます。
修理を依頼されるとき
●28∼30ページの項目を調べていただき、なお異常が
あるときは、電源プラグをコンセントから抜いて、お
買い上げ販売店にご連絡ください。
保証期間中は
●保証書の記載内容により、日伸工業サポートセンター
が修理いたします。詳細は保証書をご覧ください。
保証期間がすぎたあとの修理
●修理により使用できる場合には、お客様のご要望によ
り有料修理いたします。くわしくは、お買い上げの販
売店にご相談ください。
補修用性能部品の保有期間について
お引越しのとき
●この製品は50Hz−60Hz共用ですので、電源周波数
の異なる地域へお引越しされても、そのままお使いい
ただけます。
●販売店にご相談のうえ、必ずアースを取り付けてくだ
さい。
アフターサービスなどについて
おわかりにならないときは
●お買い上げ販売店か、日伸工業サポートセンターに
お問い合わせください。
( 32ページ)
修理料金の仕組み
修理料金=技術料+部品代+出張料
技術料
故障した商品を正常に修復するための料金で
す。
部品代
修理に使用した部品代金です。その他、修理
に付帯する部材等を含む場合もあります。
出張料
商品のある場所へ技術者を派遣する場合の費
用です。
●センサーオーブンレンジ補修用性能部品の保有期間は
製造打切後8年です。補修用性能部品とは、その製品
の機能を維持するために必要な部品です。
●この製品は、日本国内用に設計されています。電源電圧や電源周波数の異なる外国では使用できません。
また、アフターサービスもできません。
This appliance is designed for domestic use in Japan only. Do not use this appliance in foreign countries where
the voltage and frequency are different from that of Japan. No servicing is available outside of Japan.
仕様
共通仕様
電
子
レンジ
グリル
オーブン
入
力
電
源 単相100V 50/60Hz共用
外
形
寸
法 (幅)470×(奥行)357×(高さ)285mm
庫 内 寸 法(有効)(幅)287×(奥行)300×(高さ)158mm
ターンテーブル寸法 直径280mm
質
量(重さ) 13.5kg
高 周 波 出 力 600W・500W相当・200W相当
周
波
数 2,450MHz
消
費
電
力 1,050W/1,370W(50/60Hz)
消費電力量の目安
B
区
分
名
電子レンジ機能の
65.6kWh/年
年間消費電力量
消
費
電
力
1,390W
消
費
電
力
1,390W
40℃、100∼220℃
●年間消費電力量
(kWh/年)
は省エネ法・特定機
器「電子レンジ」新測定法による数値です。
「区
分名」
も法に基づき、機能、加熱方式、および庫
内容積の違いで分けています。
●実際にお使いになるときの年間消費電力量は、
周囲環境、使用回数、使用時間、食品の量によっ
て変化します。
温 度 調 節 範 囲
※このオーブンレンジの210∼220℃の温
度での運転時間は約15分間です。その後
は自動的に200℃に変わります。
オーブン機能の
年間消費電力量
7.8kWh/年
年間待機時消費電力量
年間消費電力量
0kWh/年
73.4kWh/年
この製品は法律で表示を義務づけられた特定の化学物質【注1】を含有しておりません【注2】。
(JIS C 0950の電気・電子製品の特定の化学物質の含有表示方法に従って表示しております)
【注1】
「鉛及びその化合物」、「水銀及びその化合物」、「カドミウム及びその化合物」、「六価クロム化合物」、「ポリ
ブロモビフェニル」および「ポリブロモジフェニールエーテル」の6種類の化学物質
【注2】対象の化学物質の含有率が基準値以下であることを意味します。また、除外項目は対象としておりません。
31
お客さまご相談窓口
■まずはお買い上げの販売店へ…
家電商品の修理のご依頼やご相談は、お買い上げの販売店へお申し出ください。
転居や贈答品でお困りの場合は、下記の相談窓口にお問い合わせください。
株式会社 良品計画 お客様室
0120-14-6404
受付時間: 平日
土曜・日曜・祝日
10:00∼21:00
10:00∼18:00
※良品計画「お客様室」は株式会社 良品計画が運営しております。
修理サービスについてのご相談
日伸工業サポートセンター
0570-055-255
受付時間: 平日
(月曜∼金曜)10:00∼17:00
※PHS・IP電話など一部の電話からのご利用はできません。
☆上記のお客さまご相談窓口の名称、電話番号は変更することがありますのでご了承ください。
お客さまご相談窓口におけるお客さまの個人情報のお取り扱いについて
<利用目的>
お客さまご相談窓口でお受けした個人情報は、商品・サービスに関わるご相談・お問い合せおよび修理の対応のみを目的として用います。
なお、この目的のために株式会社 良品計画や日伸工業 株式会社および関係会社で上記個人情報を利用することがあります。
<業務委託の場合>
上記目的の範囲内で対応業務を委託する場合、委託先に対しては当社と同等の個人情報保護を行わせるとともに、適切な管理・監督を いたします。
愛情点検
●長年ご使用の電子レンジの点検を!
こんな症状は
ありませんか
・電源コードやプラグが異常に熱くなる。
・スタートしても食品が加熱されない。
・自動的に切れないときがある。
・運転中に異常な音がする。
・異常な臭いがしたり煙が出る。
・電子レンジにさわるとビリビリと電気を
感じることがある。
・その他の異常や故障がある。
お買い上げの際に記入しておいてください。
修理など依頼されるとき便利です。
品 番
こんなときは
お客さまメモ
故障や事故の防止のため
電源プラグをコンセント
から抜き、必ず販売店に
ご使用
点検をご依頼ください。
中止
点検・修理についての費
用など詳しいことは販売
店にご相談ください。
MOR-MJ16A
お買い上げ年月日
お買い上げ販売店名
電話(
)
アフターサービスについて/お客さまご相談窓口
お客さまご相談窓口でお受けした、お客さまのお名前、ご住所、お電話番号などの個人情報は適切に管理いたします。また、お客さまの同
意がない限り、業務委託の場合および法令に基づき必要と判断される場合を除き、第三者への開示は行いません。なお、お客さまが当社に
お電話でご相談、ご連絡いただいた場合には、お客さまのお申し出を正確に把握し、適切に対応するために、通話内容を録音させていただ
くことがあります。
-
32
COOKING GUIDE
メニュー編
メニュー編は裏表紙からご覧ください。
¡料理写真は調理後の盛り付け例です。
¡計量は、1カップ=200mL、大さじ1=15mL、小さじ1=5mLを使用しています。(1mL=1cc)
¡料理の仕上がりは、食品の種類・形・量・大きさ・初期温度・室温・電源電圧などによって多少異なり
ます。クッキングガイドの調理時間・温度は目安です。
¡お菓子(ケーキなど)を焼くとき、本書では硫酸紙をおすすめしています。市販のクッキング用シート
は、耐熱温度などの仕様を確認の上お使いください。
33
※予熱のときは、庫内に丸皿を入れないでください。予熱のしかた ☞ 24ページ
材料(直径6.5cmのマフィン型6個分)
•
•
•
•
•
•
•
チーズ&キャロット
のカップケーキ
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約24分
ホットケーキミックス ・・・・100g
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
卵(溶きほぐす)・・・・・・・・・・・・1個
クリームチーズ ・・・・・・・・・・60g
にんじん ・・・・・・・・・・・・・・・・60g
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
作り方
q にんじんは皮をむき、すりおろ
す。クリームチーズは1cm弱に
角切りする。
•
•
•
•
•
ホットケーキミックス ・・100g
バター(室温にもどしておく)・・50g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・・・1/2個
お好みのナッツ(粗く砕くか刻む)・・40g
(カシューナッツ・アーモンドなど)
• チョコチップ ・・・・・・・・・・・・50g
使用キー
オーブン
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約22分
作り方
q ボールにバターを入れ泡立て器で
クリーム状に練り、砂糖を加えて
白っぽくなるまでよく混ぜる。
使用キー
オーブン
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約22分
※予熱時間 約4∼5分
t eをマフィン型6個に分け入れ、
丸皿にのせる。
y ブザーが鳴って予熱が終われば、
tの丸皿を庫内に入れ、【スター
ト】を押して焼く。
e wにチョコチップとナッツを加え
軽く混ぜ合わせる。
r オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で180℃・約22分に合
わせて予熱する。
※予熱時間 約3∼4分
t eを半量に分け、約 1/10量ずつス
プーンですくい、オーブン用シー
トを敷いた丸皿に並べる。
y ブザーが鳴って予熱が終われば、
tの丸皿を庫内に入れ、
【スタート】
を押して焼く。残りの生地もt、
yと同様に焼く。
w qに卵を少しずつ加えてよく混
ぜ、ホットケーキミックスを加え、
さっくりと混ぜる。
材料(約20枚、10枚×2回分)
オートミールクッキー
r オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で200℃・約24分に合
わせて予熱する。
w 耐熱容器にバターを入れ、【レン
ジ600W】で約30秒加熱し溶か
す。
材料(約20枚、10枚×2回分)
チョコナッツクッキー
e ボールに卵、砂糖を入れてよくす
り混ぜ、wと牛乳、ホットケーキ
ミックスを加えてよく混ぜ、qを
加え、軽く混ぜる。
•
•
•
•
•
•
•
•
ホットケーキミックス ・・100g
バター(室温にもどしておく)・・50g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・・・1/2個
オートミール ・・・・・・・・・・・・40g
レーズン ・・・・・・・・・・・・・・・・40g
ラム酒 ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
シナモン(お好みで) ・・・・・・少々
作り方
q レーズンにラム酒をふりかけ混ぜ
る。
w ボールにバターを入れ泡立て器で
クリーム状に練り、砂糖を加えて
白っぽくなるまでよく混ぜる。
e wに 卵 を 少 し ず つ 加 え て よ く 混
ぜ、ホットケーキミックスを加え、
さっくりと混ぜる。
r eにオートミールとレーズン、シ
ナモンを加え、軽く混ぜ合わせる。
t オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で180℃・約22分に合
わせて予熱する。
※予熱時間 約3∼4分
y rを半量に分け、約 1/10量ずつス
プーンですくい、オーブン用シー
トを敷いた丸皿に並べる。
u ブザーが鳴って予熱が終われば、
yの丸皿を庫内に入れ、
【スタート】
を押して焼く。残りの生地もy、
uと同様に焼く。
34
お
菓
子
・
パ
ン
※予熱のときは、庫内に丸皿を入れないでください。予熱のしかた ☞ 24ページ
材料(直径6.5cmのマフィン型6個分)
バナナマフィン
使用キー
オーブン
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約24分
•
•
•
•
•
•
•
•
ホットケーキミックス ・・・・100g
バター(室温にもどしておく) ・・40g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・・・・1個
プレーンヨーグルト・・・・・大さじ1
バナナ(皮をむく) ・・・・・・・・・1本
レモン汁 ・・・・・・・・・・・・・小さじ1
シナモン ・・・・・・・・・・・・・・・・少々
作り方
q バナナはフォーク等でつぶしてピ
ューレ状にし、レモン汁をかける。
w ボールにバターを入れ泡立て器で
クリーム状に練り、砂糖を加えて
白っぽくなるまでよく混ぜる。
材料(直径6.5cmのマフィン型6個分)
ダブルチョコ
マフィン
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約24分
•
•
•
•
•
•
•
•
ホットケーキミックス ・・・・100g
バター(室温にもどしておく) ・・50g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g
卵(溶きほぐす)・・・・・・・・・・・・1個
チョコレート ・・・・・・・・・・・・50g
牛乳 ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
ココア ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
チョコチップ ・・・・・・・・・・・・50g
作り方
•
•
•
•
•
•
りんごのカップケーキ
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
35
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約24分
r オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で200℃・約24分に合
わせて予熱する。
※予熱時間 約4∼5分
t eをマフィン型6個に分け入れ、
丸皿にのせる。
y ブザーが鳴って予熱が終われば、
tの丸皿を庫内に入れ、【スター
ト】を押して焼く。
w ボールにバターを入れ泡立て器で
クリーム状に練り、砂糖を入れて
よく混ぜる。卵を少しずつ加え、
さらにqを加えてよく混ぜる。
e wにホットケーキミックス、ココ
アをふるいながら加えてさっくり
と混ぜ、チョコチップを加えて、
軽く混ぜる。
r オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で200℃・約24分に合
わせて予熱する。
※予熱時間 約4∼5分
q チ ョ コ レ ー ト は 粗 く き ざ ん で 、 t eをマフィン型6個に分け入れ、
牛乳と一緒に耐熱容器に入れ、
丸皿にのせる。
【レンジ600W】で約30秒加熱し
y ブザーが鳴って予熱が終われば、
溶かす。
tの丸皿を庫内に入れ、【スター
ト】を押して焼く。
材料(直径6.5cmのマフィン型6個分)
お
菓
子
・
パ
ン
e wに卵を少しずつ加え、ヨーグル
トを加え混ぜる。さらにホットケ
ーキミックス、シナモンを加えて
さっくりと混ぜ、qを加え軽く混
ぜる。
ホットケーキミックス ・・・・100g
バター・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・20g
卵(溶きほぐす)・・・・・・・・・・・・1個
プレーンヨーグルト ・・・大さじ2
りんご(皮ごと1cm角に切る) ・1/2個
作り方
q 耐熱容器にバターを入れ、【レン
ジ600W】で約30秒加熱し溶か
す。
w ボールに卵と砂糖を入れてよく
すり混ぜ、qとヨーグルトを加
えよく混ぜる。
e wにホットケーキミックスを加え
さっくりと混ぜ、りんごを加えて、
軽く混ぜ合わせる。
r オーブンの予熱をする。
【オーブン/グリル】を2度押し(予
熱あり)で200℃・約24分に合
わせて予熱する。
※予熱時間 約4∼5分
t eをマフィン型6個に分け入れ、
丸皿にのせる。
y ブザーが鳴って予熱が終われば、
tの丸皿を庫内に入れ、【スター
ト】を押して焼く。
クッキー
使用キー
付属品
加熱時間
〈下ごしらえ〉
焼き上げ
約22分
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
丸皿
●型抜きクッキー
材料(約40個、2回分)
• バター(小さくきざむ)
‥ ・・・80g
• 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60g
• 卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・・・1/2個
• バニラエッセンス ・・・・・・・少々
• 薄力粉(ふるう) ・・・・・・・・160g
作り方
t【オーブン/グリル】を1度押し
q 耐熱性のボールにバターを入
(予熱なし)で180℃・約22∼
れ、【レンジ200W】で約30秒
25分に合わせて焼く。
∼1分加熱してやわらかくす
残りの生地もr、tと同様に焼
る。白っぽくなるまで練り混ぜ、
く。
砂糖を加えてさらによく混ぜ
る。
w qに卵とバニラエッセンスを加
えて混ぜ、薄力粉を加えてさっ
くりと混ぜる。
e 生地をまとめてラップに包み、
冷蔵庫で30分ほどねかせる。
r eをラップとラップの間にはさ
み、めん棒で約5mmの厚さに
のばして好みの型で抜く。丸皿
にアルミホイルを敷き、間隔を
開けて並べる。
●しぼりだしクッキー
作り方
材料(約32個、2回分)
q 生地は型抜きクッキーのq、w
と同じ要領で作り、絞り出し袋
に入れる。
• バター(小さくきざむ) ・・・100g
• 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・60g
• 卵(溶きほぐす)・・・・・・・・・・・・1個
• バニラエッセンス・・・・・・・少々
• 薄力粉(ふるう)・・・・・・・・・160g
ドレンチェリー (みじん切り)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
•A
レーズン(みじん切り) ・・・適量
材料(約12個分)
チョコチップクッキー
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約22分
• バター(小さくきざむ) ・・・40g
• 砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
• 卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・・1/2個
• バニラエッセンス ・・・・・・・少々
• チョコレート(粗くきざむ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
• くるみ(粗くきざむ) ・・・・・・20g
薄力粉 ・・・・・・・・・・・・・70g
• A ベーキングパウダー ・・小さじ1/3
(合わせてふるう)
w 丸皿にアルミホイルを敷き、間
隔を開けてqを絞り出し、Aを
飾る。
e【オーブン/グリル】を1度押し
(予熱なし)で180℃・約22∼
25分に合わせて焼く。
残りの生地もw、eと同様に焼
く。
作り方
q 型抜きクッキーのqと同じ要領
でバターと砂糖を混ぜる。卵と
バニラエッセンスを加えて混
ぜ、チョコレートとくるみを加
えて混ぜる。
w qにAを加えてさっくりと混ぜ
る。
e 丸皿にアルミホイルを敷き、w
を大さじ1ずつ並べ、 【オー
ブン/グリル】を1度押し (予
熱なし)で180℃・約22∼25
分に合わせて焼く。
36
お
菓
子
・
パ
ン
r 生地を丸める
生地のなめらかな面を出すよう
にして丸くまとめ、薄く粉をふ
った耐熱性のボールに入れる。
!0 成形
生地をにんじん形にし、めん棒
で細長い三角形にのばして幅の
広い方からくるくる巻く。
t 1次発酵
rにラップをして丸皿にのせ、
【オーブン/グリル】を1度押し
(予熱なし)
で40℃・約30∼
50分発酵させる。
ロールパン
使用キー
y フィンガーテスト
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約23分
オーブン
材料(6個分)
• 強力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・150g
•ドライイースト ・・・・・・・小さじ2/3
(予備発酵のいらないもの)
砂糖 ・・・・・・・・・大さじ11/2
卵 ・・・・・・・・・・・・M寸1/3個
•A
塩 ・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
牛乳(室温のもの) ・・・・・・80mL
• バター(室温にもどしておく) ・・・・20g
• 溶き卵 ・・・・・・・・・・・・・・・1個分
生地が2∼2.5倍の大きさに発
酵したら指に粉をつけ、中央を
押してみる。指穴がそのまま残
っているようなら、十分発酵し
ている。すぐに戻るようなら発
酵不足なので、時間を追加する。
※穴の周囲にしわができ、生地が
へこむのは発酵のしすぎです。
※季節や環境により、発酵時間が
異なります。様子を見ながら調
整してください。
作り方
q 材料の混合
ボールに強力粉を入れ、中心を
くぼませてドライイーストとA
を入れ、木じゃくしでまわりの
粉を少しずつ取りこみながら混
ぜ合わせ、ひとまとめにする。
w 材料をこねる
qにバターを少しずつ加え、手
にべとつかなくなるまでよくこ
ねる。
e 生地のたたきつけ
お
菓
子
・
パ
ン
薄く打ち粉をした台にwを取り
出し、たたきつける生地の面を
そのつど変えながら、平均して
約100∼150回たたいてなめ
らかで弾力のある生地を作る。
u ガス抜き
※生地を傷めないように、やさしく扱
ってください。
!1 成形発酵(2次発酵)
丸皿にアルミホイルを敷き、成
形した生地の巻き終わりを下に
して並べ、表面に霧を吹く。
【オーブン/グリル】を1度押し
(予熱なし)で40℃・約20∼
30分加熱し、2∼2.5倍の大
きさになるまで発酵させる。
※発酵不足の場合は、様子を見な
がら時間を追加してください。
発酵が十分であれば、生地を手
で軽くおさえ、ガス抜きをする。 !2 焼き上げ
成形発酵が終われば、生地の表
面に溶き卵を薄くぬり、【オー
ブン/グリル】を1度押し(予熱
なし)で180℃・約23∼25分
に合わせて焼く。
i 分割
生地を包丁かスケッパーで6等
分にする。
こね方のコツ
• たたいている間、手は生地か
o ベンチタイム
iの生地を丸くまとめ、表面が
乾燥しないようにぬれぶきん、
またはラップをかぶせて約20
分休ませる。
37
らはなさないような感じで、
必ずたたきつけられた面で他
の面を包みこむようにして、
毎回違った面がたたけるよう
にします。
• こね方が足りないと小さめのか
たいパンになってしまいます。
アップルパイ
使用キー
オーブン
付属品
丸皿
加熱時間
約40分
材料
(直径21cmの金属製パイ皿1枚分)
パイ生地
強力粉 ・・・・・・・・・・・・80g
•A
薄力粉 ・・・・・・・・・・・120g
•バター ・・・・・・・・・・・・・・・・160g
(冷やしたバターを7mm角に切る)
• 冷水・・・・・・・・・・1/4∼1/2カップ
(50∼100mL)
• りんごの甘煮 ・・・・・・・右記参照
• 溶き卵 ・・・・・・・・・・・・・・・1個分
作り方
q Aを合わせてふるい、バターを
加えて指先で混ぜ込み、分量の
冷水を少しずつ加えながら混ぜ
る。
w バターの形がまだ残っている状
態で、ひとまとめにしてラップ
に包み、冷蔵庫で約1時間ねか
せる。
e 台に薄く打ち粉をし、wをめん
棒で厚さ約1cmの長方形にの
ばす。
u yの底全体にフォークで穴をあ
け、りんごの甘煮をつめる。
i rの残りの生地を25×31cm
位の長方形にのばし、25cm
角の正方形を1枚と2cm幅の
リボンを3本取る。
o uのふちに溶き卵をぬり、iの
生地をかぶせて余分な生地を切
り落とす。
オーブン
付属品
丸皿
加熱時間
約16分
材料(アップルパイ1個分)
• りんご ・・・・・・・3個(正味600g)
• 砂糖 ・・・・・・・・・・・・70∼100g
• レモン汁 ・・・・・・・・・・・大さじ1
• シナモン・・・・・・・・・・・・・・・少々
• コーンスターチ ・・・・大さじ1/2
q りんごは8等分し、皮と芯を取
って厚めのいちょう切りにす
る。
!0 ふちに溶き卵をぬり、iで取っ
たリボンを押さえながら重ね
る。表面に包丁で切り込みを入
れ、あまった生地を飾りつけて
表面全体に溶き卵をぬる。
y パイ皿にサラダ油を薄くぬって
生地をのせ、ピッタリと敷いて
まわりの生地を切り落とす。
使用キー
(同量の水で溶く)
r eの生地を三つ折にし、再び長
方形にする。eとrを4∼5回
くり返し、半分に分ける。
t rの半量を25×25cm位にの
ばし、この上にパイ皿をふせて
型よりひとまわり大きく切る。
●りんごの甘煮
!1 丸皿に!0を のせ、【オーブン/
グリル】を1度押し (予熱なし)
で220℃・約40∼45分に合
わせて焼く。
w 耐熱容器にqとレモン汁、砂糖
を入れてラップをし、【レンジ
500W】で約14∼16分加熱す
る。
e wの汁気を切り、シナモンをふ
り入れ、コーンスターチを加え
て混ぜ、【レンジ600W】で約
2分∼2分30秒加熱する。
※加熱途中に表面のこげが気にな
るときは、アルミホイルをかぶ
せてください。
38
お
菓
子
・
パ
ン
チーズケーキ
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約50分
材料
(直径18cmの金属製ケーキ型1個分)
• バター(小さくきざむ) ・・・・・40g
• ビスケット(甘味の少ないもの)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
• クリームチーズ ・・・・・・・200g
砂糖(ふるう) ・・・・・・・・60g
コーンスターチ ・・・・20g
• A レモン汁 ・・・・・・・大さじ2
生クリーム ・・・・・100mL
卵 ・・・・・・・・・・・・・M寸2個
• 硫酸紙(型に敷く)
作り方
q 耐熱容器にバターを入れてラッ
プをし、【レンジ600W】で
約30秒∼1分加熱して溶かす。
ビスケットはビニール袋に入
れ、めん棒でたたいて細かくく
だく。
ビスケットと溶かしたバターを
混ぜる。
w ケーキ型の内側にサラダ油を薄
くぬり、硫酸紙を敷いて底にq
をきっちり敷きつめ、冷蔵庫で
冷やし固める。
e 耐熱性のボールにクリームチー
ズを入れ、【レンジ200W】で
約1∼2分加熱してやわらかく
する。なめらかになるまでよく
練り、Aを順に加えてそのつど
よく混ぜる。
r wにeを流し入れて表面を平ら
にならす。
t 丸皿にrをのせ、【オーブン/グ
リル】を1度押し(予熱なし)
で160℃・約50∼60分に合
わせて焼く。
y 型から出して硫酸紙をはずす。
作り方
材料
お
菓
子
・
パ
ン
(直径8cmのマドレーヌ型6個分)
• バター(小さくきざむ) ・・・60g
• 砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・60g
• 卵(溶きほぐす) ・・・・・・M寸1個
• レモンの皮(すりおろす) ・・・1/2個分
薄力粉 ・・・・・・・・・・・・60g
ベーキングパウダー
•A
・・・・・・・・・・・・小さじ1/3
(合わせてふるう)
マドレーヌ
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
39
丸皿
• マドレーヌ型硫酸紙(型に敷く)
加熱時間
焼き上げ
約26分
q 耐熱性のボールにバターを入
れ、【レンジ200W】で約30秒
∼1分加熱してやわらかくす
る。泡立器でよく混ぜ、砂糖を
加えて白っぽくなるまで混ぜ
る。
w qに卵を少しずつ加えて混ぜ、
レモンの皮を入れる。Aを加え
てさらに混ぜ合わせる。
e マドレーヌ型に硫酸紙を敷いて
wを分け入れ、丸皿にのせる。
【オーブン/グリル】を1度押し
(予熱なし)
で180℃・約26∼
28分に合わせて焼く。
ショートケーキ
使用キー
付属品
〈下ごしらえ〉
焼き上げ
約45分
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
加熱時間
丸皿
材料
(直径21cmの金属製ケーキ型1個分)
スポンジケーキ
• 卵 ・・・・・・・・・・・・・・・・・M寸4個
• 砂糖 ・・・・・・・・・・・・・・・・・120g
• 薄力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・120g
バター(小さくきざむ)・・・20g
•A
牛乳・・・・・・・・・・・・大さじ1
• バニラエッセンス ・・・・・・・少々
• 硫酸紙(型に敷く)
ホイップクリーム
• 生クリーム ・・・・・・・・・・・・300mL
粉砂糖・・・・・・・・・・大さじ5
•B
ブランデー ・・・・・・・・・少々
シロップ
砂糖・・・・・・・・・・・・大さじ5
•C
水・・・・・・・・・・・・・・大さじ5
(合わせてレンジ600Wで約2分加熱)
• リキュール・・・・・・・・・・大さじ1
t eにrとバニラエッセンスを
加えて混ぜ合わせる。
y tに薄力粉をふるいながら加
え、泡をこわさないように、
さっくりと粉が消えるまで混
ぜ合わせ、wをふりまくよう
に加えて混ぜる。
※ バターは底に沈みやすいので、
底からすくいあげるように手早
く混ぜ込む。
(Cと合わせる)
• いちご ・・・・・・・・・・・25∼30個
作り方
● スポンジケーキ
i 丸皿にuをのせ、
【オーブン/グ
リル】を1度押し(予熱なし)で
160℃・約43∼48分に合わ
せて焼く。
r 卵黄に残りの砂糖を入れ、白
くもったりするまで泡立てる。
u qにyを流し入れ、トントンと
軽くたたいて空気抜きをする。
q ケーキ型の内側にサラダ油を
薄くぬり、硫酸紙を敷く。
● デコレーション
q よく冷やした生クリームに B
を加え、ツノが立つまで泡立
てる。
e いちごは飾り用のものを残し
て薄切りにし、ホイップクリ
ームと共に挟み込む。残りの
クリームといちごで好みのデ
コレーションに仕上げる。
e 卵は卵白と卵黄に分け、別々の
ボールに入れる。卵白は泡立器
でツノが立つまで泡立て、半量
の砂糖を2∼3回に分け入れ、
つ
やが出るまでさらに泡立てる。
• 作り方は21cmの型と同じ要領です。
• 極端に重い金属製の型や耐熱ガラス、陶器
の使用はさけてください。
(上手に焼けません)
o 焼き上がれば、すぐに型ごと
20cm位の高さから1回落と
して焼き縮みを防ぐ。型から
出し、硫酸紙をはずしてネッ
トにのせてさます。
w スポンジケーキは横半分に切
り、切り口と表面にシロップ
をぬる。
w 耐熱容器にAを入れてラップを
し、
【レンジ600W】で約30秒
加熱してバターを溶かす。
直径15∼24cmのサイズのケーキを
焼くことができます。
※竹串をさして、何もついてこな
ければでき上がり。
直径
15cm
18cm
21cm
24cm
卵
M寸2個
M寸3個
M寸4個
M寸5個
砂糖
50g
90g
120g
170g
薄力粉
50g
90g
120g
170g
材料
バター
10g
20g
20g
25g
牛乳
大さじ 1/2
小さじ2
大さじ1
大さじ11/2
加熱時間の目安
約33∼38分
約40∼45分
約43∼48分
約48∼53分
40
お
菓
子
・
パ
ン
冷凍野菜の煮もの&冷凍野菜のスープ
食物繊維やビタミンが豊富でヘルシーな野菜料理を簡単に。冷凍野菜とだしや調味料・スープの素などを
入れて加熱するだけです。
作り方
材料
• 冷凍野菜ミックス
(洋風)・・150g
• ウィンナーソーセージ
(半分に切る) ・・・・・・・・・・・・3本
水・・・・・・・・・・・・・・100mL
• A カップスープの素(コンソメ
タイプ) ・・・・・・1袋(1人前)
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
ポトフ
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
作り方
• 冷凍コーン ・・・・・・・・・・・・30g
• 玉ねぎ(薄切り) ・・・・・・・・60g
水・・・・・・・・・・・・・・150mL
• A スープの素(オニオンコンソメ)
・・・・・・・・・・・・1袋(1人前)
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
オニオンスープ
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
レンジ
41
w qを【レンジ600W】で約3分
3 0 秒 加 熱 し 、さ ら に【 レ ン ジ
200W】で約5分加熱する。お
好みで塩・こしょうを加える。
約9分
作り方
• 冷凍ミックスベジタブル・・50g
• ベーコン(細切り) ・・・・・・・1枚
• 玉ねぎ(1cm角切り) ・・・・20g
• トマト(1cm角切り)・・小1/2 個
水・・・・・・・・・・・・・・150mL
•A
スープの素(固形) ・・1/2 個
• オリーブ油 ・・・・・・・・大さじ1/2
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
使用キー
q 深めの耐熱容器にAを入れ、凍
ったままのコーンと玉ねぎを入
れてラップをする。
加熱時間
材料
ミネストローネ
w qを【レンジ600W】で約4分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約5分加熱する。塩・こしょ
うを加えて混ぜ、味をととのえ
る。
約9分
材料
冷
凍
野
菜
の
煮
も
の
・
ス
ー
プ
q 深めの耐熱容器にAを入れ、ウ
ィンナーを入れてその上に凍っ
たままの野菜ミックス(洋風)
を入れ、ラップをする。
付属品
丸皿
加熱時間
約9分
q 深めの耐熱容器にAを入れ、凍
ったままのミックスベジタブ
ル、ベーコンと玉ねぎ、トマト、
オリーブ油を入れてラップをす
る。
w qを【レンジ600W】で約3分
3 0 秒 加 熱 し 、さ ら に【 レ ン ジ
2 0 0 W 】で 約 5 分 加 熱 す る 。
塩・こしょうを加えて混ぜ、味
をととのえる。
冷凍野菜の煮もの&冷凍野菜のスープ
作り方
材料
• 冷凍揚げなす ・・・・・・・・・150g
• 冷凍いんげん(半分に折る)・・30g
めんつゆ(市販品)・・100mL
•A
水 ・・・・・・・・・・・・・・大さじ1
※めんつゆはストレートタイプのもの
をお使いください。
揚げなすといんげん
の煮びたし
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
約11分
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
約11分
• 冷凍ほうれん草 ・・・・・・約50g
水・・・・・・・・・・・・・・150mL
• A スープの素(コーンポタージュ)
・・・・・・・・・・・・1袋(1人前)
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
ほうれん草の
コーンポタージュ
レンジ
q 深めの耐熱容器にAを入れ、凍
ったままの野菜ミックス
(洋風)
とトマト、玉ねぎを入れて全体
を軽く混ぜ合わせラップをす
る。
w qを【レンジ600W】で約5分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約6分加熱する。塩・こしょ
うを加えて混ぜ、味をととのえ、
粉チーズをふる。
※塩・こしょうはしっかりめに入
れた方がおいしくなります。
作り方
材料
使用キー
お好みで大根おろし(大さじ2)を加
えてみぞれ煮にしたり、ちりめんじ
ゃこ(大さじ2)を加えて、一味違っ
た煮ものにしてもよいでしょう。
作り方
(洋風)・・130g
• 冷凍野菜ミックス
• トマト(くし形切り) ・・小1/2 個
• 玉ねぎ(薄切り) ・・約1/8 個(25g)
トマトジュース・・100mL
•A
オリーブ油 ・・・・・・大さじ1
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各適量
• 粉チーズ ・・・・・・・・・・・・・・・適量
使用キー
w qを【レンジ600W】で約5分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約6分加熱する。
加熱時間
材料
ラタトゥイユ風
q 耐熱容器にAを入れ、凍ったま
まの揚げなすといんげんを入れ
てラップをする。
付属品
丸皿
加熱時間
q 深めの耐熱容器にAを入れ、凍
ったままのほうれん草を入れて
ラップをする。
w qを【レンジ600W】で約3分
3 0 秒 加 熱 し 、さ ら に【 レ ン ジ
200W】で約5分加熱する。全
体を軽く混ぜ、お好みで塩・こ
しょうを加える。
約9分
スープの素はきのこポタージュや
コーンクリームなどお好みに合わ
せてお使いください。
42
冷
凍
野
菜
の
煮
も
の
・
ス
ー
プ
冷凍野菜の煮もの&冷凍野菜のスープ
作り方
材料
(和風)・・200g
• 冷凍野菜ミックス
水 ・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
• A だししょうゆ ・・大さじ11/2
砂糖 ・・・・・・・・・・・大さじ1/2
• いりごま(白) ・・・・・・・大さじ1
筑前煮
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
約12分
• 冷凍さといも ・・・・・・・・・200g
水 ・・・・・・・・・・・・・・大さじ4
• A だししょうゆ ・・・・大さじ4
砂糖 ・・・・・・・・・・・・小さじ1
さといもの煮もの
冷
凍
野
菜
の
煮
も
の
・
ス
ー
プ
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
約12分
• 冷凍かぼちゃ ・・・・・・・・・200g
水・・・・・・・・・・・・・・120mL
• A だししょうゆ ・・・・大さじ1
砂糖 ・・・・・・・・・・・・小さじ1
かぼちゃの含め煮
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
約12分
• 冷凍ささがきごぼう ・・・150g
だししょうゆ・・・・大さじ11/2
• A はちみつ ・・・・・・大さじ11/2
水 ・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
• ごま油 ・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
• いりごま ・・・・・・・・・・・・・・・適量
• 七味とうがらし ・・・・・・・・・適宜
使用キー
レンジ
43
w qを【レンジ600W】で約5分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約7分加熱し、煮汁をかけな
がら混ぜる。そのまましばらく
おいて味をなじませる。
q 耐熱容器にA を入れて軽く混
ぜ、凍ったままのかぼちゃを皮
を下にして重ならないように入
れてラップをする。
w qを【レンジ600W】で約5分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約7分加熱し、煮汁をかけて
味をしみ込ませる。
作り方
材料
きんぴら
q 耐熱容器にA を入れて軽く混
ぜ、凍ったままのさといもを入
れてラップをする。
作り方
材料
使用キー
w qを【レンジ600W】で約5分
加熱し、さらに【レンジ200W】
で約7分加熱する。ごまをふり
かけて混ぜ合わせる。
作り方
材料
使用キー
q 耐熱容器にAを入れ、凍ったま
まの野菜ミックス(和風)を入
れて全体を軽く混ぜ合わせ、ラ
ップをする。
付属品
丸皿
加熱時間
約6分
q 耐熱容器にAを入れ、凍ったま
まのささがきごぼうを入れて混
ぜ合わせ、ラップをする。
w qを【レンジ600W】で約6分
加熱し、ごま油といりごまをふ
りかけて混ぜ合わせる。お好み
で七味とうがらしをふりかけ
る。
作り方
材料(1合分)
• 精白米 ・・・・・・・・1合(約150g)
•水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・210mL
q 米は洗って水気を切り、深めの
耐熱容器に分量の水と共に入れ
て約30分∼1時間つけておく。
水温は約20℃を基準にしています。
【レンジ500W 】
w qにふたをし、
で約4分加熱し、さらに【レン
ジ 2 0 0 W 】で約11∼14分加
熱する。(お米は、かたよらな
いように水平にならす)
●炊くことのできる分量
炊飯(ごはん)
使用キー
レンジ
ポイント
付属品
丸皿
加熱時間
約15分
水の量を増やせば、無洗米も炊くことが
できます。
米の量
0.5合
1合
1.5合
75g
150g
225g
精白米
のとき
110mL 210mL 310mL
無洗米
のとき
130mL 240mL 365mL
レンジ
加熱時間
500W
500W
500W
約2分
約4分
約6分
200W
200W
200W
約7∼9分 約11∼14分 約14∼17分
水
の
量
e 炊き上がれば、軽く混ぜ合わせ、
乾いたふきんをかけて10分ほ
ど蒸らす。
• 耐熱容器はキャセロールをお使いください。
• 季節やお米の種類によって炊き上がりが変わります。
• 炊飯後に
・やわらかくベタつくとき→ ふたをしないで【レンジ500W】で様子を見ながら加熱してください。
・かたくて芯があるとき → 小さじ1
(5mL)の水を加えて混ぜ、【レンジ500W】で様子を見なが
ら加熱してください。
作り方
材料(約1人分)
• 冷やごはん ・・・・・・・・・約120g
水 ・・・・・・・・・・・・・・200mL
•A
あさりのみそ汁の素 ・・1袋
• キムチ ・・・・・・・・・・・・・・・・・40g
使用キー
リゾット(エスニック風)
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
約8分
• 冷やごはん ・・・・・・・・・約120g
水 ・・・・・・・・・・・・・・200mL
•A
コンソメスープの素 ・・1/2個
ベーコン(1cm角切り)・・1/2枚
トマト(角切り) ・・・・・適宜
• B たまねぎ(みじん切り) ・・20g
冷凍ミックスベジタブル ・・30g
塩・こしょう・・・・・・各少々
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
w qを【レンジ600W 】で約3分加
熱し、さらに【レンジ200W 】
で約5分加熱する。加熱後、全
体を軽く混ぜ合わせる。
作り方
材料(約1人分)
リゾット
(洋風)
q 深めの耐熱容器にAと冷やごは
んを入れ、ごはんをほぐしなが
ら混ぜ、キムチを加える。
q 深めの耐熱容器にAと冷やごは
ん、Bを入れ、ごはんをほぐし
ながら全体を混ぜる。
w qを【レンジ600W 】で約3分加
熱し、さらに【レンジ200W 】
で約5分加熱する。加熱後、全
体を軽く混ぜ合わせる。
加熱時間
約8分
44
炊
飯
・
リ
ゾ
ッ
ト
ヘルシーフライ
フライ用パン粉などを使い、余分な油分をカットして
油で揚げるより低カロリー!
フライ用パン粉の作り方
作り方
材料(1回分)
• パン粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・30g
• サラダ油 ・・・・・・・・・・大さじ2/3
q 耐熱容器にパン粉を広げ、サ
ラダ油をふりかけて混ぜ、丸
皿にのせる。
※粉チーズ、パセリのみじん切りを入 w【レンジ600W】で約3∼4分
れると、一味違ったパン粉になり
きつね色になるまで加熱する。
ます。
途中2∼3回かき混ぜる。
食品を加熱しすぎない
→発煙・発火・やけどのおそれ
•ときどきドアを開けてよく混ぜる。
•色がつき始めると急に焦げ出すため、様子を見な
がら仕上げる。
警告
ヘ
ル
シ
ー
フ
ラ
イ
2kcal
約14 分)
作り方
材料(6個分)
(1個
• 豚ロース薄切り肉・・・・・150g
• 塩・こしょう・・・・・・・・・各少々
• じゃがいも(拍子木切り)
・・・・・・・・小1個(約100g)
•衣
小麦粉 ・・・・・・・・・・・大さじ2
卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・1個
フライ用パン粉 ・・・・・1回分
豚肉のポテトフライ
使用キー
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約18分
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
約
l
79k分ca)
(1尾
野菜はゆでたにんじん、さやい
んげん、アスパラガスなどに代
えてもよいでしょう。
えびのヘルシーフライ
• えび ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8尾
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
•衣
小麦粉 ・・・・・・・・・・・大さじ2
卵(溶きほぐす) ・・・・・・・・1個
フライ用パン粉 ・・・・・1回分
45
レンジ
w じゃがいもはラップに包み、平
皿にのせ、【レンジ600W】で
約2分∼2分30秒加熱する。
e 豚肉を広げて塩・こしょうを
し、wを2∼3本芯にして巻く。
小麦粉、卵、パン粉の順に衣を
つける。
r 丸皿にアルミホイルを敷いてe
を並べ、【オーブン/グリル】を
1 度 押 し( 予 熱 な し )で 2 2 0
℃・約18∼20分に合わせて
焼く。
作り方
材料(8尾分)
使用キー
q 上記のフライ用パン粉の作り方
を参照してパン粉を作る。
付属品
丸皿
加熱時間
約16分
q 上記のフライ用パン粉の作り方
を参照してパン粉を作る。
w えびは尾を残して殻をむき、背
わたを取り、腹側に切れ目を入
れて軽く塩・こしょうをする。
e wの水気をふき取り、小麦粉、
卵、パン粉の順に衣をつける。
r 丸皿にアルミホイルを敷いてe
を並べ、【オーブン/グリル】を
1 度 押 し( 予 熱 な し )で 2 2 0
℃・約16∼18分に合わせて
焼く。
作り方
材料(4人分)
• 鶏ささみ ・・・・・・・・・・・・・・40g
• 酒・しょうゆ・砂糖 ・・・各少々
• 卵(溶きほぐす) ・・・・・・・M寸3個
だし汁
・・21/4カップ(450mL)
• A 塩・薄口しょうゆ
・・・・・・・・・各小さじ1弱
みりん ・・・・・・・・小さじ1/2
• えび ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・4尾
茶わん蒸し
付属品
使用キー
オーブン
(背わたを取り、尾を残して殻をむく)
加熱時間
約45分
丸皿
容器の置き方
容器
• 干ししいたけ ・・・・・・・・・・・2枚
(もどして半分に切る)
• かまぼこ ・・・・・・・・・・・・・・・4枚
• ぎんなん ・・・・・・・・・・・・・・・8粒
• みつ葉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・少々
q ささみはすじを取ってひと口大
に切り、酒・しょうゆ・砂糖で
下味をつけておく。
w 卵とAをよく混ぜ合わせてこす。
e 蒸し茶わんにみつ葉を除く他の
材料とqを分け入れ、wを8分
目ほど注いで共ぶたをする。
r 丸皿にeを左図のように置き、
【オーブン/グリル】を1度押し
(予熱なし)で150℃・約45∼
50分に合わせて加熱する。
t できあがれば、みつ葉をのせて
庫内で約5分蒸らす。
ポイント
丸皿
• 竹串を刺してみて、澄んだ汁が出ればできあがりです。
• 卵液は常温(約20∼25℃)の状態から加熱します。卵液の温度が低いとき
は加熱時間を長めに、卵液の温度が高いときは時間を短めにします。
• 器の大きさにより仕上がりが多少変わります。
加熱中や加熱後しばらくは、高温部(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属品に触れない
→やけどのおそれ
•丸皿や容器が熱くなるため、市販の厚手のミトンやふきんなどを使って取り出す。
注意
作り方
材料(2人分)
• あさり ・・・・・・・・・・・・・約300g
バター ・・・・・・・・・・・・・・5g
• A 酒・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
こしょう ・・・・・・・・・・・少々
• きざみねぎ ・・・・・・・・・大さじ2
あさりの酒蒸し
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
q あさりは塩水につけ、砂をはか
せてきれいに洗う。
w 耐熱容器にqを入れ、Aとねぎ
を 加 えて ラ ップ を し 、
【レンジ
600W】で約3分加熱する。
ポイント
• 貝の口が開き切っていない場合や、もう少し加熱したいときは
【レンジ500W】で様子を見ながら加熱してください。
約3分
作り方
材料
• えび・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8尾
(背わたを取り、尾を残して殻をむく)
• 塩・こしょう ・・・・・・・・・各少々
• 白ワイン ・・・・・・・・・・・小さじ1
• ベーコン
(半分に切る) ・・・・4枚
えびのベーコン巻き
使用キー
レンジ
付属品
丸皿
加熱時間
q えびに塩・こしょうをして白ワ
インをふりかける。えびをベー
コンで巻いてつまようじでとめ、
平皿にのせる。
w【レンジ600W 】で約2∼3分、
えびが赤くなるまで加熱する。
約2分
46
ス
ナ
ッ
ク
・
お
惣
菜
マカロニグラタン
使用キー
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約20分
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
レンジ
・
オーブン
ス
ナ
ッ
ク
・
お
惣
菜
材料(2人分)
• マカロニ ・・・・・・・・・・・・・・・50g
• サラダ油 ・・・・・・・・・・・・・・・少々
鶏もも肉(1cm角切り)・・・50g
えび ・・・・・・・3尾(約50g)
(尾・背わた・殻を取り半分に切る)
玉ねぎ(薄切り) ・・・1/4個(約50g)
• A マッシュルームの缶詰(スライス)
・・・・・・・・・1/2缶(約25g)
白ワイン ・・・・・・・大さじ 1
バター ・・・・・・・・大さじ1/2
塩・こしょう ・・・・・各少々
• ホワイトソース
バター・・・・・・・・・・・・・・・20g
薄力粉 ・・・・・・・・・・・・・・・20g
牛乳 ・・・11/2カップ(300mL)
塩・こしょう ・・・・・・・各少々
• ピザ用チーズ・・・・・・・・・・・40g
〈市販の冷凍グラタン〉
冷凍グラタン(2皿)を焼くときは、
【 オ ー ブ ン / グ リ ル 】を 1 度 押 し
(予熱なし)220℃・約20∼25
分焼く。
作り方
q マカロニはゆでてザルにあげ、
水気を切り、サラダ油をまぶす。 t 薄くバター(分量外)をぬった
グラタン皿にrを分け入れ、残
w 耐熱容器にAを入れてラップを
りのソースをかけてチーズをの
し、【レンジ600W】で約2∼3
せる。
分、途中混ぜながら加熱する。
y 丸皿にtをのせ、【レンジ600
e ホワイトソースを作る。
W】で約2∼3分加熱し、さら
q 耐熱容器にバターと薄力粉
に【オーブン/グリル】を1度押
を入れ、
【レンジ600W】で
し( 予 熱 な し )で 2 2 0 ℃ ・ 約
約1分∼1分30秒加熱し、
18∼22分に合わせて焼く。
泡立器で混ぜる。
w qに牛乳を少しずつ加えな
がらよく混ぜ合わせ、【レン
ポイント
ジ600W】で約6∼8分、途
•具の熱いうちに焼きます。さめて
中2∼3回かき混ぜながら加
しまった場合は、
【レンジ600W】
であたためてから焼いてください。
熱する。塩・こしょうで味
をととのえ、wから出たス
ープ大さじ1を加えて混ぜ
る。
加熱中や加熱後しばらくは、高温部(レンジ本体・ドア・庫内など)や付属品に触れない
→やけどのおそれ
•丸皿や容器が熱くなるため、市販の厚手のミトンやふきんなどを使って取り出す。
•プラスチック容器のものは、とけることがあるので使用しないでください。
注意
材料(6本分)
• 鶏もも肉(ひと口大に切る)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・250g
• 白ねぎ(長さ4cmに切る)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1∼2本分
• たれ
しょうゆ
・・・・・・・・・・1/4カップ(50mL)
みりん ・・・・1/4カップ(50mL)
サラダ油 ・・・・・・・・・・大さじ1
しょうが汁 ・・・・・・・・・・・少々
焼きとり
使用キー
グリル
47
r qとwを、eのホワイトソース
の半量であえる。
付属品
丸皿
作り方
q 鶏肉とねぎを交互に竹串に刺
し、たれに30分ほどつけてお
く。途中ときどき上下を返す。
w 丸皿にアルミホイルを敷き、サ
ラダ油を薄くぬってqを並べ
る。【オーブン/グリル】を3度押
し(グリル)で約20∼25分に
合わせて焼く。
加熱時間
約20分
鶏もも肉のかわりにレバーを使っ
てもよいでしょう。
作り方
材料
• さつまいも
・・・・・・・・2本(1本 約200g)
使用キー
付属品
レンジ
・
オーブン
丸皿
加熱時間
約18分
q さつまいもは洗って水気をふき
取る。
w 丸皿にqをのせ、
【レンジ600W】
で約3∼4分加熱する。
さらに【オーブン/グリル】を1
度押し(予熱なし)で220℃・
約15∼18分に合わせて焼く。
焼きいも
作り方
材料
• 切りもち
(約4×6×1.5cm)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個
• しょうゆ・焼のり・・・・・・・・・適宜
使用キー
グリル
おもち
スパニッシュオムレツ
付属品
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
オーブン
回転受台
加熱時間
もちの置き方
約10分
※焼き色はつきにくいですが、ふ
くれてきたらできあがりです。
ポイント
使用キー
付属品
q も ち を 回 転 受 台 に 直 接 のせ、
【オーブン/グリル】を3度押し
(グリル)で 約10∼12分に合
わせて焼く。
丸皿
加熱時間
焼き上げ
約25分
もちは、厚みや大きさ、保存状態によって仕上がりが異なります。
やわらかくなるまで様子を見ながら焼いてください。
材料(直径約20cmの耐熱容器1個分)
作り方
• じゃがいも ・・・・1個(約150g)
たまねぎ(みじん切り)
・・・・・・・・1/2個(約100g)
• A ベーコン(1cm幅に切る)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・50g
バター ・・・・・・・・・大さじ2
• トマト(粗くきざむ)
・・・・・・・・・・・・1/2個(約75g)
• ピーマン(みじん切り)・・・・1個
卵(溶きほぐす)・・・M寸3個
• B 牛乳 ・・・・・・・・・・・大さじ2
塩・こしょう ・・・・・各少々
w 耐熱容器にqとAを入れてラッ
プをし、【レンジ600W】で約6
∼7分、途中1∼2回混ぜながら
加熱する。加熱が終わったら、
トマトとピーマンを加え、粗熱
をとる。
q じゃがいもは皮をむいて4つ切
りにし、厚さ5mmのいちょう
切りにして水にさらす。
e 容器にバター(分量外)を薄く
ぬり、wとよく混ぜ合わせたB
を入れる。
r 丸皿にeをのせ、
【オーブン/グリ
ル 】を 1 度 押 し( 予 熱 な し )で
200℃・約25∼28分に合わせ
て焼く。
48
ス
ナ
ッ
ク
・
お
惣
菜
作り方
材料(2枚分)
ス
ナ
ッ
ク
・
お
惣
菜
オープンサンド
(ピザ風)
• フランスパン(厚さ2cm位のもの)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
コーン(缶詰) ・・・・・大さじ2
ツナ(缶詰) ・・・・・・・大さじ2
•A
マヨネーズ ・・・・・大さじ1強
塩・こしょう ・・・・・・・各少々
• ピザ用チーズ ・・・・・・・・・・・・20g
• バター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
• 練りがらし ・・・・・・・・・・・・・・少々
使用キー
グリル
付属品
回転受台
加熱時間
約6分
オープンサンドの置き方
作り方
• フランスパン(厚さ2cm位のもの)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2枚
• ハム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1枚
• トマト(薄切り) ・・・・・・・・・・・1枚
• スライスチーズ ・・・・・・・・・・・1枚
• ピーマン(輪切り) ・・・・・・・・・4枚
• バター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
• 練りがらし ・・・・・・・・・・・・・・少々
使用キー
グリル
付属品
回転受台
加熱時間
約6分
ホットドッグ
ホットドッグ用パン・・・・・・・・2本
ウインナー ・・・・・・・・・・・・・・・4本
キャベツ(せん切り) ・・・・・・・1枚
バター ・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
カレー粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・少々
塩・こしょう ・・・・・・・・・・各少々
バター ・・・・・・・・・・・・・・・・・・適量
練りがらし ・・・・・・・・・・・・・・少々
使用キー
付属品
加熱時間
丸皿
焼き上げ
約4分
〈下ごしらえ〉
レンジ
〈焼き上げ〉
グリル
49
q 柔らかくしたバターと練りがら
しをよく混ぜ合わせてからしバ
ターを作り、フランスパンの片
面にぬっておく。
w チーズとハム、トマトを半分に
切り、qの上にハム、トマト、
チーズ、ピーマンの順にのせ
る。
e wを回転受台の上に直接のせ、
【オーブン/グリル】を3度押し
(グリル)で 約6∼7分に合わせ
て焼く。
作り方
材料(2本分)
•
•
•
•
•
•
•
•
w Aを混ぜ合わせ、qの上に広げ
てのせ、上からピザ用チーズを
散らす。
e wを回転受台の上に直接のせ、
【オーブン/グリル】を3度押し
(グリル)で 約6∼7分に合わせ
て焼く。
材料(2枚分)
オープンサンド
(ハムチーズ)
q 柔らかくしたバターと練りがら
しをよく混ぜ合わせてからしバ
ターを作り、フランスパンの片
面にぬっておく。
回転受台
q 耐熱容器にキャベツを入れ、バ
ターを加えて【レンジ600W】
で約1分加熱し、塩・こしょう
をしてカレー粉をまぶす。
w ウインナーに切れ目を入れ、平
皿にのせて【レンジ600W】で
約40秒加熱する。
e パンに深く切り込みを入れ、内
側にからしバターをぬり、qと
wをはさむ。回転受台の上に直
接のせ、【オーブン/グリル】を
3度押し(グリル)で 約4分∼4
分30秒に合わせて焼く。
※お好みでトマトケチャップや練
りがらしなどをつけます。
アイデアクッキング
豆腐の水切り
●豆腐をペーパータオルに包み平皿にのせ、1丁(約
300g)につき、
【レンジ500W】で約2∼3分に合
わせ、
【スタート】を押して加熱。
ふきんで水気をふき取る。
干ししいたけを戻す
●水で戻すより早くふっくらと戻る。
干ししいたけを容器に入れ、ひたひたの水を加え
る。ふたなしで【レンジ600W】で様子を見ながら
加熱。もどし汁は、だし汁にするとよい。
カリカリベーコン
●ペーパータオルを敷いた皿にベーコンを広げ、上
にもペーパータオルをかける。【レンジ600W】で
様子を見ながら加熱。3枚で約3分。
余分な水分や脂が吸い取られてカリカリになる。
せんべい・クッキーの乾燥
●平皿に重ならないように広げ、【レンジ600W】で
様子を見ながら加熱。
加熱直後はまだ湿った感じがするが、しばらくす
るとパリッと乾燥してくる。
レンジのエコな使いかた
レンジのエコな使いかた
●長時間コトコト煮込む料理では、火の通りにく
い根菜をレンジ加熱してからお鍋に入れると、
短時間で調理ができます。☞ 21ページ
●炊飯器で炊いたごはんもおいしいけれど、2人
分までの少ない量を炊く場合は、レンジ加熱の
方が短い時間で炊くことができます。 ☞ 44ペ
ージ
●ほうれん草や小松菜などの葉野菜には、カルシ
ウムがたくさん含まれているのは、ご存知です
か? 野菜を適当な長さに切って、ラップに包
んでレンジ加熱するだけで、簡単にゆで野菜に
なります。
毎日食べるには、簡単が一番!味付け(塩・醤
油など)やトッピング(ハムなど)バリエーシ
ョンはお好みで!(あくの気になる方は、加熱
後、水洗いしましょう)お鍋
洗いも不要でお水も節約で
き、野菜の栄養も損なわれに
くくなります。☞ 21ページ
●1人の時でも、やかんでお湯を沸かしてインス
タントコーヒーを作っていませんか?コップ一
杯ならレンジ加熱の方が短時間でお湯が沸きま
す。【レンジ600W】で様子を見ながら加熱し
ます。
試して
みてね!
50
オーブンレンジ・16L
CONTENTS
形名
ÕÐ アイデアクッキング
スナック・お惣菜
ヘルシーフライ
ÔÕ フライ用パン粉の作り方
ÔÕ 豚肉のポテトフライ
ÔÕ えびのヘルシーフライ
炊飯・リゾット
ÔÔ 炊飯(ごはん)
ÔÔ リゾット(エスニック風)
ÔÔ リゾット(洋風)
冷凍野菜の煮もの・スープ
ÔÓ
ÔÓ
ÔÓ
ÔÓ
ÔÒ
ÔÒ
ÔÒ
ÔÑ
ÔÑ
ÔÑ
お菓子・パン
オープンサンド(ピザ風)
オープンサンド(ハムチーズ)
ホットドッグ
焼きいも
おもち
スパニッシュオムレツ
マカロニグラタン
焼きとり
茶わん蒸し
あさりの酒蒸し
えびのベーコン巻き
ÔÙ
ÔÙ
ÔÙ
ÔØ
ÔØ
ÔØ
Ô×
Ô×
ÔÖ
ÔÖ
ÔÖ
ÔÐ
ÓÙ
ÓÙ
ÓØ
Ó×
ÓÖ
ÓÖ
ÓÕ
ÓÕ
ÓÕ
ÓÔ
ÓÔ
ÓÔ
筑前煮
さといもの煮もの
かぼちゃの含め煮
きんぴら
揚げなすといんげんの煮びたし
ラタトゥイユ風
ほうれん草のコーンポタージュ
ポトフ
オニオンスープ
ミネストローネ
ショートケーキ
チーズケーキ
マドレーヌ
アップルパイ
ロールパン
クッキー(型抜き/しぼりだし)
チョコチップクッキー
バナナマフィン
ダブルチョコマフィン
りんごのカップケーキ
チーズ&キャロットのカップケーキ
チョコナッツクッキー
オートミールクッキー
家庭用
䎰䎲䎵䎐䎰䎭䎃䎃䎃䎃䎤
ÑÖ
COOKING
GUIDE
クッキングガイド
販売元:
株式会社 良品計画
〒1 7 0 - 8 4 2 4 東京都豊島区東池袋4 - 26 - 3
お客様室
0120-14-6404
平日 1 0:0 0 ∼ 2 1:0 0、土・日・祝 1 0:0 0 ∼ 1 8:0 0
製造管理元:
日伸工業 株式会社
〒5 7 7 - 0 8 3 6
大阪府東大阪市渋川町3 - 2 - 11
MO-P6798
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement