取扱説明書 - ミマキエンジニアリング

取扱説明書 - ミマキエンジニアリング

D201693-16

i

目 次

ご注意 ........................................................................vii

ご注意

................................................................. vii

おねがい

............................................................. vii

電波障害自主規制 ............................................... vii

テレビ

/ ラジオの受信障害について ................... vii

はじめに

...................................................................viii

取扱説明書について ...........................................viii

本装置のご紹介

......................................................... ix

安全にお使いいただくために

................................... xi

マーク表示について

............................................ xi

1 章 ご使用の前に

本装置の移動

...........................................................1-2

設置場所について ..............................................1-2

使用環境温度について

.......................................1-2

本装置の移動

.....................................................1-3

各部の名称とはたらきについて

..............................1-4

装置前面

............................................................1-4

装置背面

/ 側面 ..................................................1-5

操作パネル

.........................................................1-6

ヒーター ............................................................1-7

メディアセンサー

..............................................1-7

キャリッジ

.........................................................1-8

カッター刃とカットライン

................................1-8

キャッピングステーション ................................1-9

ピンチローラーとフィードローラー

.................1-9

ケーブルを接続する

..............................................1-10

USB2.0 インターフェイスケーブルを

接続する

..........................................................1-10

電源ケーブルを接続する

.................................1-11

インクカートリッジを入れる ...............................1-12

インクカートリッジ取り扱い上のご注意

........1-13

ES3 インクのシルバー、ホワイトインクに

関するご注意 ...................................................1-14

メディアについて

..................................................1-15

使用可能メディアサイズ

.................................1-15

メディア取り扱い上の注意 ..............................1-15

メニューモードについて

.......................................1-16

2 章 基本的な使い方

ユーザータイプについて .........................................2-2

ユーザータイプに登録できる設定内容

..............2-2

登録したユーザータイプを使用する

.................2-2

作業の流れ ..............................................................2-3

電源を入れる

/ 切る .................................................2-4

電源を入れる .....................................................2-4

電源を切る

.........................................................2-5

メディアをセットする

............................................2-6

ヘッド高さを調整する .......................................2-6

ロールメディアをセットする

............................2-8

巻き取り装置について

( タイプ B は除く ) ......2-13

リーフメディアをセットする

..........................2-14

原点を変更する場合は .....................................2-16

ヒーターの準備をする

..........................................2-18

ヒーターの温度設定を変更する

......................2-18

ヒーターの温度を確認する ..............................2-19

テスト作図をする

..................................................2-20

通常のテストパターンでテスト作図を行う

....2-21

ホワイト確認用のテストパターンでテスト

作図を行う

.......................................................2-22

ホワイトノズル状態確認警告

(SS21 ホワイトインク使用時のみ ) .................2-23

ヘッドクリーニング

..............................................2-24

ヘッドクリーニングについて

..........................2-24

テスト作図の結果に合わせてヘッドクリー

ニングを行う ...................................................2-25

特色メンテナンスを行う

.................................2-26

データを作図する

..................................................2-30

作図を開始する ................................................2-30

作図を中止する

................................................2-31

受信したデータを消去する

( データクリア ) ...2-31

メディアをカットする .....................................2-32

3 章 便利な使い方

ユーザータイプについて

.........................................3-2

作図条件をまとめて登録する

( タイプ登録 ) .....3-2

タイプ登録のしかた ..........................................3-2

メディア補正の設定をする

.....................................3-5

メディア補正の設定

..........................................3-5

ii

iii

ヒーターの設定値を変更する .................................3-8

ヒーターの温度設定を変更する

........................3-8

適温調整

ヒーター温度が設定温度に達していないと

....3-11

作図方式の設定をする

..........................................3-12

作図品質の設定 ................................................3-12

スキャン方向の設定

........................................3-14

ロジカルシークの設定

.....................................3-15

白重ね作図の設定

............................................3-16

乾燥時間の設定をする ..........................................3-18

マージンの設定をする

..........................................3-19

優先順位の設定をする ..........................................3-20

オートクリーニングの設定をする

........................3-22

作図中クリーニングの設定をする ........................3-24

メディア検出の設定をする

...................................3-26

その他の設定 .........................................................3-28

設定した内容を初期状態に戻す

............................3-30

マシン設定 ............................................................3-31

ハイキファンの設定をする

..............................3-32

カンソウフィードの設定をする

......................3-33

スタンプの設定をする .....................................3-34

テストサクズハイチの設定をする

...................3-36

シツオンの動作条件を変更する

......................3-38

カクニンフィードの設定をする

......................3-40

ジコクの設定をする ........................................3-41

タンイの設定をする

........................................3-43

マシンメイショウの設定をする

......................3-44

キーブザーの設定をする .................................3-45

インクの有効期限を延長する

...............................3-46

インクの有効期限を延長する

..........................3-46

インク供給経路の切替設定 ...................................3-48

装置情報を確認する

..............................................3-50

情報を表示させる ............................................3-50

4 章 日常のお手入れ

日常のお手入れ .......................................................4-2

お手入れ上のご注意

..........................................4-2

メンテナンス洗浄液について

............................4-2

外装のお手入れ ..................................................4-3

プラテンの清掃

..................................................4-3

メディアセンサーの清掃

...................................4-4

メディア押えの清掃

..........................................4-4

キャッピングステーションのメンテナンス ............4-5

ワイパーとキャップの清掃

................................4-6

ワイパーを交換する

..........................................4-8

インク排出路の洗浄をする前に ......................4-10

ヘッドノズルの洗浄

........................................4-12

インク排出路の洗浄

(PUMP チューブ洗浄 ) ...4-14

長期間使用しない場合

( ホカンセンジョウ) ...4-16

ヘッド周辺の清掃 ..................................................4-18

ノズル詰まりが復旧しない場合

............................4-20

インクを充填する ............................................4-20

ハイシュツ&センジョウ

.................................4-21

インクの初期充填を行う

.................................4-23

ドットの位置がずれたら

.......................................4-25

電源オフ時のインク詰まりを防止する

.................4-27

スリープ中のリフレッシュ間隔を設定する

....4-27

スリープ中のチューブ洗浄間隔を設定する ....4-28

スリープ中のクリーニング間隔を設定する

....4-29

定期動作を設定する

..............................................4-30

作図中の定期ワイピングの動作を設定する ....4-30

待機中のリフレッシュ間隔を設定する

............4-32

待機中のポンプチューブ洗浄間隔を設定する

.4-33

待機中のクリーニング間隔を設定する

............4-34

その他のメンテナンス機能

...................................4-36

ワイパー交換の警告時期を変更する

...............4-36

メディア残量表示の設定をする ......................4-37

ホワイトインクメンテナンス機能

...................4-39

昇華転写インクをより安定した品質で

使うために

.......................................................4-42

廃インクタンク確認メッセージが

表示されたら

...................................................4-46

インクを変更したいとき

.................................4-50

カッター刃の交換

..................................................4-51

iv

v

5 章 困ったときは

故障?と思う前に ....................................................5-2

電源が入らない

..................................................5-2

作図できない

.....................................................5-2

メディア詰まり / メディアが汚れる ..................5-3

[HEAT] ランプ ,[CONSTANT] ランプが

点灯しない

.........................................................5-3

画質不良が発生したときは

................................5-4

ノズル詰まりを解消したいとき ........................5-4

カートリッジ異常が発生したら

........................5-5

メッセージを表示するトラブル

..............................5-6

ワーニングメッセージ .......................................5-6

エラーメッセージ

..............................................5-9

6 章 付録

本体仕様

..................................................................6-2

インク仕様 ..............................................................6-4

お問い合わせシート

................................................6-5

警告ラベルについて ................................................6-6

機能フローチャート

................................................6-8

vi

ご注意

ご注意

株式会社ミマキエンジニアリングの保証規定に定めるものを除き、本製品の使用または使用不

能から生ずるいかなる損害(逸失利益、間接損害、特別損害またはその他の金銭的損害を含

み、これらに限定しない)に関して一切の責任を負わないものとします。

また、株式会社ミマキエンジニアリングに損害の可能性について知らされていた場合も同様と

します。

一例として、本製品を使用したメディア等の損失や、作成された物によって生じた間接的な損

失等の責任負担もしないものとします。

本装置を使用したことによる金銭上の損害および逸失利益、または第三者からのいかなる請求

についても、当社は一切その責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。

おねがい

• この取扱説明書は、内容について十分注意しておりますが、万一ご不審な点などがありまし

たら、販売店または弊社営業所までご連絡ください。

• この取扱説明書は、改良のため予告なく変更する場合があります。

電波障害自主規制

 この装置は、クラス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き

起こすことがあります。この場合は、使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあり

ます。

VCCI-A

テレビ

/ ラジオの受信障害について

本装置は、使用時に高周波が発生します。このため、本装置が不適切な条件下で設置または使

用した場合、ラジオやテレビの受信障害を発生する可能性があります。したがって特殊なラジ

オ/テレビに対しては保証しておりません。

本装置がラジオ/テレビ受信の障害原因と思われましたら、本装置の電源を切り、ご確認くだ

さい。電源を切り受信障害が解消すれば、本製品が原因と考えられます。

次の手順のいずれか、またはいくつかを組み合わせてお試しください。

• テレビやラジオのアンテナの向きを変え、受信障害の発生しない位置をさがしてください。

• この製品から離れた場所にテレビやラジオを設置してください。

• この製品とは別の電源供給路にあるコンセントにテレビやラジオを接続してください。

vii

はじめに

この度は、カラー

インクジェットプリンタ JV33-130/160 をお買いあげいただき、誠にありが

とうございます。

JV33-130/160」は、ソルベントインク (4/6/8 色 ) または、水性インク (4/6 色 ) で作図する、

高画質に対応したカラーインクジェットプリンタです。

• 4 色モデル : シアン • マゼンタ • イエロー・ブラックの各インクカートリッジを 2 本ずつ

使用可能

• 6 色モデル : シアン • マゼンタ • イエロー • ブラック • ライトシアン • ライトマゼンタの

各インクカートリッジを 1 本使用可能 ( ただし、シアン • マゼンタは 2 本 )

• 6 色 + 白モデル : シアン • マゼンタ • イエロー• ブラック • ライトシアン • ライトマゼンタ・ホ

• 7 色モデル

ワイトの各インクカートリッジを

1 本使用可能 ( ただし、ホワイトのみ 2 本 )

: シアン • マゼンタ • イエロー• ブラック • ライトシアン • ライトマゼンタ・ラ

• 8 色モデル

イトブラックの各インクカートリッジを 1 本使用可能

( ただし、ライトブラックのみ 2 本 )

: シアン • マゼンタ • イエロー• ブラック • ライトシアン • ライトマゼンタ・ホ

ワイト・シルバーの各インクカートリッジを

1 本使用可能

( ファームウェアバージョン V4.60 より対応 )

JV33-130/160 には、巻き取り装置を標準装備した高性能モデル ( タイプ A) と、巻き取り装置

を使用しない低価格モデル ( タイプ B) があります。

取扱説明書について

• 本書は、「カラーインクジェットプリンタ JV33-130/160」(以後本装置と称します)の操作や

メンテナンスなどの取り扱いについて説明いたします。

• 本書をお読みになり、十分理解してからお使いください。また、本書をいつも手元に置いて

お使いください。

• 本書は、本装置をお使いになる担当者のお手元に確実に届くようお取りはからいください。

• 本書は、内容について十分注意して作成していますが、万一不審な点がありましたら、販売

店または弊社営業所までご連絡ください。

• 本書は、改良のため予告なく変更する場合があります。ご了承ください。

• 本書が焼失/破損などの理由により読めなくなった場合は、新しい取扱説明書を弊社営業所

にてお買い求めください。

• 取扱説明書の最新版は、弊社ホームページからもダウンロードできます。

本書の内容を無断で転載することは禁止されています。

© 株式会社ミマキエンジニアリング

All Rights Reserved.Copyright 

viii

本装置のご紹介

本装置の持つ特長をご紹介します。本書で説明する操作方法と併せて

, 作図のご理解にお役立

てください。

新世代のプリントヘッドで高画質・高速プリントを実現

1 ヘッドに 1440 ノズル (180 ノズル x8 列)を搭載した新開発のプリントヘッドを採用しました。

バリアブルドットテクノロジーを採用することにより、高画質

• 高速なプリントを可能にしました。

ダブルカートリッジ自動切換機能

(4 色モードの場合 )

2 カートリッジ /1 セットのインク自動切換機能で、1 色あたり 880cc のインク容量を搭載でき、長

時間のプリントを可能としました。

人に優しいエコ設計の

ES3 インクと、屋外サインに最適な

SS21 インクを用意 ( ソルベントインクをお使いの場合 )

ES3 インクは、特別な脱臭装置が不要で、溶剤特有の刺激臭も殆ど無く、臭いを気にされるデザイ

ナーやオペレーターも安心してお使いになれる、作業者や環境に優しいエコ設計のインクです。

SS21 インクは屋外サインに最適で、耐水性・耐候性に優れたインクです。有機則非該当のため、

特別な取り扱いや免許は不要です。

高画質・高速プリントが可能な昇華転写インクと水性顔料インクを使用可能

• 昇華転写インクは、作図した画像を違うメディアに転写したいときに使用します。

• 水性顔料インク (Pig) は耐光性に優れ、大型サインディスプレイ ( 看板 ) などの屋外用プリン

トに最適です。

• 水性顔料インク (Eco-PA1) は耐水性に優れ、光の乱反射が少なく染料インクに劣らない発色

性と色の再現性に優れたインクです。

インク残量を表示

使用中のインクの残量を表示して確認できます。無駄なくインクやメディアを使用できます。

インテリジェントヒーター搭載

プリヒーター・プリントヒーター・アフターヒーターの

3ヵ所にヒーターを配置し、独立して温度

が設定できます。

また、スタンバイモード、自動オフのインテリジェント機能の搭載により、周囲の温度を検知して

温度を制御するため、お使いになるメディアに最適な加熱温度を設定できます。

ix

本装置のご紹介

簡単メンテナンス

ヘッドの自動キャッピング方式により、電源をオフする前のヘッド洗浄が不要です。また、キャッ

プからインク排路を自動的に洗浄します。インク詰まりはクリーニング機能を実行すると復旧でき

ます。

本装置を使用しないで放置すると、一定時間ごとにインク詰まりを回避する動作を自動的に行いま

使用していない時間を監視して、電源をオンしたとき、およびプリント開始時に自動的にクリーニ

ングを実行し、インク詰まりなどを防ぎます。

便利なダイレクトキー

ダイレクトキーを使用することで、使用頻度の高い機能にすばやくアクセスできます。

LED ポインタによる作図原点の設定

作図原点の変更を設定しやすくするため、キャリッジに装備された

LED ポインタの光点で位置決

めできるようになりました。

作図の情報が確認できる

作図中のプリント長をディスプレイに表示したり、作図条件の情報を作図して確認できます。

高速インターフェイスを使用できる

高速インターフェイス「 USB2.0」を使用して、コンピュータからのデータ受信を高速に行えます。

巻き取り装置を使用した長尺作図が可能

( タイプ B は除く )

作図終了したメディアを、本装置と連動した「巻き取り装置」が巻き取ることにより、長尺作図が

可能となりました。

メディア置き用のサポートバーを設置

本装置の後ろ側にメディアセット時のサポートバーを設置しました。幅広のロールメディアなど重

量のあるメディアセット時に、サポート用としてお使いください。

ヘッドの高さ

(2 段階 ) に対応

ヘッドの高さは、調整レバーにより

2mm/3mm の切り替えが可能です。

メディア両端の浮き防止

メディア押さえを使用して、幅の広いメディアの両端の浮き上がりを防止します。また、ヘッドと

の接触を防ぎます。

x

安全にお使いいただくために

マーク表示について

本書では、マーク表示により操作上の注意内容を説明しています。注意内容により表示する

マークは異なります。各マーク表示の持つ意味をご理解し、本装置を安全に正しくお使いくだ

さい。

マーク表示の例

内  容

「警告」マークは、指示を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または

重傷を負う可能性が想定される内容を示しています。必ずよくお読みになり、

正しくお使いください。

「注意」マークは、指示を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う

可能性が想定される内容および物的損害の発生が想定される内容を示してい

ます。

「重要」マークは、本装置をお使いいただく上で、知っておいていただきたい

内容が書かれています。操作の参考にしてください。

「ヒント」マークは、知っておくと便利なことが書かれています。操作の参考

にしてください。

関連した内容の参照ページを示しています。

マークは、注意

( 危険・警告を含む ) を促す内容があることを告げるもので

す。中に具体的な注意事項 ( 左図の場合は感電注意 ) が描かれています。

記号は、禁止の行為であることを告げるものです。図の中や近傍に具体的

な禁止内容

( 左図の場合は分解禁止 ) が描かれています。

記号は、行為を強制したり、指示する内容を告げるものです。図の中に具

体的な指示内容 ( 左図の場合は差し込みプラグをコンセントから抜いてくださ

い ) が描かれています。

xi

安全にお使いいただくために

使用上の警告と注意

警 告

• 換気の悪い部屋、または密閉された部屋で使用しないでください。

• 換気の悪い部屋、または密閉された部屋で使用する場合は、必ずオプションの乾燥排気ユ

ニットをお使いください。

• 付属の電源ケーブルを使用してください。

• 電源ケーブルを傷つけたり、破損したり、加工しないでください。また、重い物をのせた

り、加熱したり、引っ張ったりすると電源ケーブルが破損し、火災・感電の原因になります。

• 湿気の多い場所の使用や、装置に水をかけないでください。火災や感電、故障の原因にな

ります。

• 万一、煙が出ている、変な臭いがするなどの異常事態のまま使用すると、火災・感電の原

因になります。すぐに、電源スイッチをオフにして、その後必ずプラグをコンセントから

抜いてください。煙が出なくなるのを確認してから、販売店または弊社営業所に修理をご

依頼ください。お客様による修理は危険ですから絶対に行わないでください。

• 本装置やインクカートリッジの分解・改造は、絶対にしないでください。感電や故障の原

因になります。

• プラテンのヒーターにホコリやゴミ等が付着しないようにしてください。発火、火災の原

因になります。

• 湿気の多い場所の使用や、装置に水をかけないでください。火災や感電、故障の原因にな

ります。

• 本装置で使用する専用インクは、危険物第 4 種第 2 石油類、または危険物第 4 類第 3 石油

類に該当します。よって、引火する可能性があるため、本プリンターを使用する場所は、火

気厳禁としてください。

• 危険な可動部に、指や体の他の部分を近づけないでください。

xii

使用上のご注意

電源供給について

• ブレーカーは常時 ON にしておいてく

ださい。

• 背面にある主電源スイッチは OFF に

しないでください。

ヒーターについて

• プラテン上に液体をかけないでくださ

い。ヒーターの故障や発火の原因にな

ります。

• プラテンのヒーターが熱いうちに素手

で触らないください。火傷の原因にな

ります。

• 本装置を移動する場合は、ヒーターの

温度が十分下がった状態で行ってくだ

さい。目安として、ヒーターの電源を

OFF にしてから 30 分以上お待ちくだ

さい。なお、本装置の移動は、段差の

ない同一フロアー内とします。移設の

場合は、弊社営業所、または販売店に

ご連絡ください。

注 意

インクの取り扱い

• 万一、インクが目に入った場合は、直

ちに大量の清浄な水で

15 分以上洗い

流し、まぶたの裏まで完全に洗い流し

てください。また、できるだけ早く医

師の診察を受けてください。

• 誤ってインクを飲み込んだ場合は、安

静にして直ちに医師の診断を受けてく

ださい。嘔吐物は、飲み込ませないで

ください。その後、毒物管理センター

に連絡してください。

• 蒸気を大量に吸い込んで気分が悪く

なった場合は、直ちに空気の新鮮な場

所に移り、暖かくして安静にしてくだ

さい。また、直ちに医師の診察を受け

てください。

• インクには有機溶剤を使用していま

す。皮膚に付着した場合は、直ちに石

けん水で洗った後、水で十分に洗い流

使いの場合)

メンテナンス上の注意

• インクステーションやヘッドを清掃する際は、必ず付属の手袋を着用してください。また、

ソルベントインクをお使いの場合は、付属のゴーグルの着用が必要です。

xiii

安全にお使いいただくために

ご注意とお願い

警 告

インクカートリッジの取り扱い

• JV33 専用インクをお使いください。専用イン

ク以外を使用して故障した場合の修理は、お客

様の負担になりますのでご了承ください。

• JV33 専用インク以外のインクを使用すると、

装置保護のため、動作しません。

• JV33 専用のインクは、他のプリンタで使用し

ないでください。プリンタが壊れます。

• カートリッジ内のインクを詰め替えないでく

ださい。詰め替えたインクを使用して生じた不

具合について、弊社はいっさいの責任を負いか

ねます。

• インクカートリッジを寒い所から暖かい所に

移した場合は、

3 時間以上室温環境下に放置し

てから使用してください。

• インクカートリッジは、取付直前に開封してく

ださい。開封した状態で長時間放置しておく

と、正常に作図できない場合があります。

• インクカートリッジは、冷暗所で保存してくだ

さい。

• インクカートリッジや廃インクタンクは、子供

の手の届かない場所に保管してください。

• インクカートリッジは、開封してから 3 カ月以

内に使い切ってください。開封後、長時間経過

したものは、作図品質が低下します。

• インクカートリッジを強くたたいたり、激しく

振り回さないでください。カートリッジからイ

ンクが漏れる場合があります。

• インクカートリッジの基板接点部分は、手で触

れたり、汚したりしないでください。基板の故

障の原因になります。

• 空になったインクカートリッジ・廃インクは、

産業廃棄物処理業者に処理を依頼してくださ

フロントカバーとレバーについて

• 作図中にフロントカバーを開けたり、レバーを

上げたりしないでください。作図が終了してし

まいます。

メディアの取り扱い

• 推奨メディアをご使用ください。

安定した高画質で作図するには、弊社推奨のメ

ディアをご使用ください。

• メディアの特性に合わせ、ヒーター温度を設定

してください。

メディアの種類や特性に合わせて、プリヒー

ター、プリントヒーターおよびアフターヒー

ターの温度を設定してください。また、専用

RIP からプロファイル指定により自動温度設定

を操作パネルから指定する方法があります。指

定方法は、お使いの

RIP の取扱説明書を参照し

てください。

• メディアの伸縮にご注意ください。

包装を開けて間もないメディアは、使用しない

でください。室内の温度や湿度によって、メ

ディアが伸縮する場合があります。包装を開け

て、使用する場所で

30 分以上さらしてから装

置に取り付けてください。

• カールしたメディアは使用しないでください。

紙詰まりの原因になるだけでなく、画質にも影

響を及ぼします。

また、カールのきついメディアは、カールを取

り除いてから使用してください。コーティング

した定型サイズ紙をまるめて保管する場合は、

コーティング面が外側になるようにしてくだ

さい。

メディアとホコリについて

• メディアは袋に入れて保管してください。メ

ディアに付着したホコリを拭き取ると、静電気

により逆効果になります。

• 夜帰宅する際は、メディアをロールハンガーに

掛けっぱなしにしないでください。メディアの

上にホコリが付着してしまいます。

xiv

安全にお使いいただくために

警 告

メンテナンス上の注意

• できるだけホコリの少ない部屋で利用してください。悪環境下では、リフレッシュレベルを 2 また

は 3 に設定してください。(

P.3-29 「リフレッシュの設定」)

• 作図しないときも必ずフロントカバーは閉めておいてください。ホコリがヘッドノズルに付着する

原因になります。

• 作図中に、突然インクの雫がヘッドからメディアに落ちるのもホコリが原因です。この場合は、ヘッ

ドクリーニングを実行してください。 (

P.3-22 「オートクリーニングの設定をする」)

• インクステーションやヘッドをクリーニングする際は、必ず付属の手袋を着用してください。また、

ソルベントインクをお使いの場合は、付属のゴーグルの着用が必要です。

• キャッピングステーション、およびワイパーの拭き掃除 ( ホコリ、紙粉 ) は、こまめに行ってくだ

さい。

定期交換部品

• 本装置には定期的に交換する部品があります。機材を末永くご利用いただくためにも、必ず、年間

保守契約にご加入ください。

設置上のご注意

直射日光が当たる場所

振動が発生する場所

注 意

水平でない場所 温度や湿度の変化が

激しい場所

• 次の環境下でお使い

ください。

• 使用環境:

20 ~ 35 ℃

35 ~ 65 % (Rh)

エアコンなどの

風が直接当たる場所

火を使う場所

xv

第 1 章

ご使用の前に

この章では

...

本装置の各部の名称や設置方法など、 ご使用の前に知っておいていた

だきたいことについて説明します。

本装置の移動

................................... 1-2

設置場所について

..........................1-2

使用環境温度について

...................1-2

本装置の移動

..................................1-3

各部の名称とはたらきについて

....... 1-4

装置前面

.........................................1-4

装置背面

/ 側面 ...............................1-5

操作パネル

.....................................1-6

ヒーター .........................................1-7

メディアセンサー

..........................1-7

キャリッジ

.....................................1-8

カッター刃とカットライン

............1-8

キャッピングステーション ............1-9

ピンチローラーとフィード

ローラー

.........................................1-9

ケーブルを接続する

....................... 1-10

USB2.0 インターフェイスケーブル

を接続する

...................................1-10

電源ケーブルを接続する

..............1-11

インクカートリッジを入れる

........ 1-12

インクカートリッジ取り扱い上の

ご注意

...........................................1-13

ES3 インクのシルバー、ホワイト

インクに関するご注意 .................1-14

メディアについて

.......................... 1-15

使用可能メディアサイズ

..............1-15

メディア取り扱い上の注意

..........1-15

メニューモードについて

................ 1-16

本装置の移動

設置場所について

本装置を組み立てる前に、設置するスペースを確保してください。

本体の大きさと作図のために必要なスペースを考慮して設置します。

機  種

JV33-130

JV33-160

横  幅

2289mm

2538mm

縦  幅

739mm

739mm

高  さ

1424mm

1424mm

全体重量

145kg

160kg

1000 mm 以上

500 mm

以上

500 mm

以上

2740 mm

以上

1000 mm 以上

JV33-130 : 3289 mm

JV33-160 : 3538 mm

使用環境温度について

本装置は安定したプリントを行うために、

20 ~ 35 ℃の環境でご使用ください。

周囲の温度条件により、ヒーター温度が設定値まで上昇しない場合があります。

1-2

本装置の移動

本装置の移動

本装置をやむを得ず、段差のない同一フロアー内で移動する場合は、下記のように行ってくだ

さい。

• 本装置の移設の際は、弊社営業所または販売店までご連絡ください。

お客様が本装置の移設を行うと、故障や破損の原因になります。

本装置の移設は、必ず専門の担当者におまかせください。

• 移動するときは、大きな振動を与えないでください。

• 移動後は、必ずキャスターをロックしてください。

1

1

キャスターのロックを解除す

使

2

図のようにして、移動する

• 本装置を移動するときは、必ず 4 人

以上で行ってください。

• カバーを押して移動すると、カバー

が割れる可能性があります。

3

キャスターをロックする

1-3

各部の名称とはたらきについて

装置前面

メンテナンスカバー

メンテナンス時にカバーを開けます。電源ス

イッチがオフの場合でも、カバーは閉じてお

いてください。

インクカートリッジ

各色のインクが入っています。

カートリッジ保護カバー

440cc カートリッジの突出によるケガ

や装置の破損などを防止します。

( インクカートリッジの下にあります)

フロントカバー

メディアのセット、メディア詰まりの処置およびス

テーション内部のメンテナンス時に開けます。電源ス

イッチがオフの場合でも、カバーは閉じておいてくだ

さい。

クランプレバー

( )

ピンチローラを上下して、メディアを保持 /

解放します。

キャリッジ

印字を行うヘッドがあり、左右にスキャンし

ます。

操作パネル

本装置に必要な設定を行う操作キーや、操作

項目を表示するディスプレイがあるパネルで

す。

電源スイッチ

*1

本装置の電源をオン

/ オフします。

廃インクタンク

廃インクを溜めるタンクです。

巻き取り装置

( タイプ B は除く )

作図終了後のロールメディアを自動で巻き取ります。

本体を支える部分です。移動するためのキャ

スタが付いています。

プラテン

プラテンに沿って、メディアを出力しま

す。プラテン内の3カ所にヒーターが内蔵

されています。

プリントヒーター / アフターヒーター

印字中のインクの定着と乾燥を行います。

(プラテンの内側にあります。)

*1 : 電源スイッチをオンにすると操作パネル下の電源スイッチが緑色に点灯し、オフにすると点滅します。主電

源スイッチ(

P.1-5)をオンにしておくと、電源スイッチをオフにしても定期的にインク詰まり防止動

作を行います。 ( スリープ機能 )

1-4

各部の名称とはたらきについて

装置背面

/ 側面

クランプレバー (後)

本装置前面にあるクランプレバー

と連動しています。

洗浄液カートリッジ

専用の洗浄液カート

リッジ ( 別売 ) をセッ

トします。

プリヒーター

プリント前のメディアに予熱をかけます。

(プラテンの内側にあります。)

1

使

USB コネクタ

USB2.0 インターフェースコネクタです。

主電源スイッチ

本装置の主電源をオン / オフします。インク

詰まり防止のため、常に主電源はオンにして

ください。

AC インレット

電源ケーブルを接続します。

ロールホルダー

ロールメディアの紙管の左右に入れて、メ

ディアを保持します。2インチと3インチの

紙管に対応しています。

1-5

操作パネル

操作パネルは、作図方法の設定、各種操作に使用します。

ディスプレイ

本装置の状態、設定項目、エラー

などを表示します。

ACTIVE ランプ

データ受信中や作図中に点滅しま

す。

キー

ユーザータイプを選択するときに

使用します。

キー

インク詰まりを起こしている場合

のヘッドのクリーニングを実行し

ます。

キー

本装置が受信したデータを消去し

ます。

CONSTANT ランプ

ヒーターの温度が設定温度に達す

ると緑色に点灯します。

HEAT ランプ

ヒーター加熱中にオレンジ色に点

灯します。(

"POST” はアフター

ヒーターを表します。)

キー

ステーションメンテをするときに

使用します。

キー

インク詰まりなどの作図不良がな

いか確認するためにテストパター

ンを作図します。

キー

プリントヒーター、プリヒーター、

アフターヒーターの温度を設定し

ます。現在のプラテンの温度も確

認できます。

ジョグキー

《ローカルモード》でのヘッドやメ

ディアの移動、作図条件の項目選

択に使用します。

キー

各種機能設定メニューに入ります。

キー

直 前 に入 力 した 設定 の キャ ン セル や、設 定 メ

ニューを

1 つ前の階層に戻す場合に使用します。

キー

《ローカルモード》と《リモートモード》を切り

替えます。

キー

1段下の階層メニューに移動する場合や、設定値

の確定に使用します。

ジョグキーのはたらき

ジョグキーは、使用するタイミングにより機能が異なります。

メディア検出前 メディア検出後 機能選択時

メディア幅を検出 キャリッジを左へ移動

メディア幅と

メディア長を検出

キャリッジを右へ移動

メディアを奥へ移動

1 つ前の機能に戻る

メディアを前に移動 次の機能に移る

1-6

設定の選択時

1 つ前の値を選択

次の値を選択

各部の名称とはたらきについて

ヒーター

プラテンには、プリヒーター・プリントヒーター・アフターヒーターが内蔵されています。

プリヒーターは、印字前のメディアを予熱し、プリント部での急激な温度変化を抑えます。

プリントヒーターは、印字する際の画像品質を上げます。アフターヒーターは印刷後のインク

を乾燥させます。

• ヒーターの加熱中は、プラテンが高温になっています。フロントカバーを開ける際

やメディアを交換する際は、ヒーターの温度を下げ、プラテンの温度が十分下がっ

てから行ってください。火傷の原因になります。

• 薄手のメディアに交換する際は、ヒーターの温度を下げてプラテンの温度が十分下

がってから行ってください。プラテンが高温の状態で行うと、メディアがプラテン

に貼り付いたり、シワやカールの原因になります。

1

アフターヒーター プリントヒーター プリヒーター

使

メディアセンサー

メディアセンサーは、メディアの有無とメディア長

を検出します。

プラテン上(背面側)にメディアセンサーが

1 箇所

あります。

• メディアは、必ずプラテン後部側のメ

ディアセンサーを覆い隠すようにセッ

トしてください。センサー上にメディ

アがないと、メディア検出を実行でき

ません。

メディアセンサー

1-7

キャリッジ

キャリッジには、作図用のインクヘッドや、メディ

アカット用のカッターユニットなどが付いていま

す。

また、メディアの厚さに合わせて、ヘッドの高さを

2段階に調整するレバーが付いています。

P.2-6)

カッター刃とカットライン

キャリッジにはメディアをカットするカッターユニットが付いています。

プラテンのカットラインに沿ってメディアをカットします。

カッターユニット

カッター

カットライン

1-8

各部の名称とはたらきについて

キャッピングステーション

• キャッピングステーション内をクリーニングする場合は、必ず付属のゴーグルを着

用してください。目にインクが入る危険があります。

キャッピングステーションは、インクキャップや

ヘッドのメンテナンスに必要なワイパなどで構

成されています。

インクキャップは、インクヘッドのノズル乾きを

防ぎます。

ワイパは、ヘッドのクリーニングに使用します。

ワイパは、消耗品です。ワイパが変形したりメ

ディアが汚れる場合は、新しいワイパに交換して

ください。

1

使

ピンチローラーとフィードローラー

• 本装置を使用しない時は、ピンチローラーを上げた状態にしておいてください。ピ

ンチローラーを下げたまま長時間放置しておくと、ピンチローラが変形し、メディ

アを確実に保持できなくなる場合があります。

本装置は、「ピンチローラー」と「フィードローラー」でメディアを保持し、作図時にメディ

アを前側に送り出します。

ピンチローラー

フィードローラー

1-9

ケーブルを接続する

USB2.0 インターフェイスケーブルを接続する

コンピュータと本装置を

USB2.0 インター

フェイスケーブルで接続します。

• ご使用の RIP が USB2.0 イ

ンターフェイスに対応して

いる必要があります。

• USB2.0 インターフェイスが

コンピュータに付いていな

い場合は、お近くの RIP

メーカーまたは弊社営業所

までお問い合わせください。

USB ケーブル

USB 2.0 インターフェイスについての注意事項

• ご使用の RIP が、USB 2.0 に対応している必要があります。

1 台のパソコンに複数の JV33 を接続する場合

1 台のパソコンに JV33 を複数台接続する場合、JV33 を正常に認識できない場合があります。

複数の

USB ポートが付いているパソコンの場合は、他の USB ポートに接続して JV33 を認識

できるか確認してください。

USB ポートを変えても JV33 を認識しない場合は、市販の

USB2.0 リピータケーブルを使用してください。

USB2.0 リピータケーブル

USB ハイスピードモードの周辺機器について

JV33 と USB ハイスピードモードで動作する周辺機器 (USB メモリ、USB-HDD など ) を併用

した場合、

USB 機器が認識できない場合があります。

外付けの

USB のハードディスクドライブなどを接続したパソコンに JV33 を接続した場合、

JV33 へのデータ出力速度が遅くなる場合があります。よって、作図中にヘッドが右端または

左端でいったん停止する原因になります。

1-10

ケーブルを接続する

USB メモリの抜きかた

JV33 を接続してあるパソコンに USB メモリを差してある場合は、「ハードウェアの安全な取

り外し」により「停止」させてから抜いてください。

[ERROR 10 コマンドエラー ] 発生の原因になります。

スプールデータをハードディスクにコピーした後、作図出力してください。

電源ケーブルを接続する

1

電源ケーブルを本装置のイン

レットに差し込む

2

ケーブルバンドを固定する

• 本装置に備え付けのケーブルバンド

でケーブルを固定します。

3

電源プラグをコンセントに差

し込む

インレット

電源プラグ

ケーブルバンド

電源ケーブル

使

1

コンセント

• 付属品の電源ケーブル以外は使用しないでください。

• 必ず本装置の近くにある電源コンセントに接続し、容易に取り外しができるように

してください。

• 電源ケーブルのプラグは、アース処理したコンセントに接続してください。感電 •

火災の原因となります。

1-11

インクカートリッジを入れる

インクカートリッジを挿入します。

1

図のようにして、インクカート

リッジを振る

2

インクカートリッジを差し込

• IC チップがある方を左側に向けて、

縦にして差し込んでください。

• ディスプレイには、次のように色を

表示します。

ブラック : K, シアン :C, マゼンダ :M,

イエロー

: Y, ライトシアン : c,

ライトマゼンダ

: m , ホワイト :W

シルバー:

S, ライトブラック:k

インクカートリッジを交換する

ディスプレイに

[ インクエンド ] や [ インクニアエンド ] などが表示されたときは、次のように

してください。

[ インクエンド ] が表示されたとき

(1) 交換するインクカートリッジを引き抜く

(2) IC チップの向きに注意して、新しいインクカートリッジを差し込む

[ インクニアエンド ] が表示されたとき

インク残量が少なくなっています。続けて作図をすることはできますが、作図中にインク

がなくなる恐れがあります。早めにインクカートリッジの交換をすることをお勧めします。

• [ インクニアエンド ] 表示中は、作図中クリーニングの設定ができなくなります。

P.3-24)

• 装置設置時にソルベントインクを選択している場合、ソルベントインクから転写イ

ンクまたは水性顔料インクに変更することはできません。

1-12

インクカートリッジを入れる

インクカートリッジランプについて

インクカートリッジの上にあるランプで、セット中のインクカートリッジの状態を確認するこ

とができます。

カートリッジランプ

ランプの状態

消灯 異常なし

上段

赤色ランプ

下段

緑色ランプ

説  明

点滅

点灯

次のいずれかのエラーを発生しています。

• インクニアエンド

• インクエンド

• インク期限切れ (1ヶ月)

次のいずれかのエラーを発生しています。

• インクの残量が 0 になった

• インクカートリッジが挿入されていない

• その他のインクエラー(

P.5-5)

消灯 異常なし

点灯

4 色インクセットでお使いのとき、本機はイ

ンク残量の少ないインクカートリッジから

インク供給を行います。この場合、使用中

のカートリッジのランプが緑点灯します。

1

使

インクカートリッジ取り扱い上のご注意

• ソルベントインクには有機溶剤を使用しております。皮膚に付着した場合は、直ち

に石けん水で洗った後、水で十分に洗い流してください。万一、インクが目に入っ

た場合は、直ちに大量の清浄な流水で

15 分以上洗い流し、まぶたの裏まで完全に

洗い流してください。できるだけ早く医師の診察を受けてください。

• 本装置には専用のインクカートリッジをお使いください。本装置は、専用のインク

カートリッジを認識して動作します。インクカートリッジ等の改造により故障した

場合は、保証期間内であっても保証の対象外になります。

• インクカートリッジを寒い所から暖かい所に移した場合は、3時間以上、室温環境

下に放置してから使用してください。

• インクカートリッジは開封してから 3 カ月以内に使い切ってください。開封後、長

時間経過したものは作図品質が低下します。

• インクカートリッジは冷暗所で保存してください。

• インクカートリッジは、子供の手の届かない場所に保管してください。

• 空になったインクカートリッジは、産業廃棄物の処理業者に処理を依頼してくださ

い。

• インクカートリッジを強く振らないでください。強く振ったり、振り回したりする

と、カートリッジからインクがもれることがあります。

• インクカートリッジのインクを詰め替えないでください。故障の原因になります。

また、インクを詰め替えて使用したことによって生じた不具合について、弊社はいっ

さい責任を負いかねます。

• インクカートリッジの基板接点部分は、手で触れたり汚したりしないでください。

基板の故障の原因になります。

• インクカートリッジは分解しないでください。

1-13

インクカートリッジを入れる

ES3 インクのシルバー、ホワイトインクに関するご注意

ES3 インクのシルバー、ホワイトインクをお使いになる前に必ずお読みください。

• ES3 インクのシルバー、ホワイトインクは、ファームウェアバージョン 4.60 より

ご使用になれます。

● シルバーインク、ホワイトインクは時間がたつと顔料が沈降します。

ES3 インクのシルバー、ホワイトインクは、長時間放置していると、顔料が沈降する性質があ

ります。

顔料が沈降したインクでそのまま作図すると、色ムラなどが発生する原因になります。

図してください。

装置にセットしたまま、長時間使用していなかったシルバーインクやホワイトインクを使って

作図をするときは、顔料の沈降による色ムラの防止のため「特色メンテナンス」を実行してく

ださい。

(

P.2-26「特色メンテナンスを行う」)

● インクを長時間放置していると、電源投入時に警告メッセージを表示します。

インクを長時間放置していると、電源投入時にメンテナンスが必要であることをお知らせする

メッセージを表示します。

P.2-28「特色メンテナンスの実行警告表示について」を参照して、メンテナンスを行ってくだ

さい。

• ES3 インクのシルバーインクやホワイトインクを充填した後は、本機の主電源を切

らないでください。

( プリンタをご使用にならない場合は、装置前面の電源スイッ

チで電源をオフしてください。 )

1-14

メディアについて

使用可能なメディアサイズと、その取り扱い方法について説明します。

使用可能メディアサイズ

機種名

推奨メディアの種類

最大幅

最小幅

最大作図範囲

厚さ

ロール外径

ロール重量

紙管内径

作図面

巻き終り処理

JV33-130 JV33-160

ターポリン

/FF(Flexible Face)/ 塩ビフィルム

1371mm 1620mm

210mm

1361mm

210mm

1610mm

1.0mm 以下

Φ180mm 以下

25kg 以下

2 インチまたは 3 インチ

ロール外側面

紙管にテープ止めまたは弱粘着

メディア取り扱い上の注意

メディアの取り扱いについて、次の点にご注意ください。

• 推奨メディアをご使用ください。

安定した高画質で作図するには、弊社推奨のメディアをご使用ください。

• メディアの特性に合わせ、ヒーター温度を設定してください。

メディアの種類や特性に合わせて、プリヒーターおよびプリントヒーターの温度を

設定してください。また、専用

RIP からプロファイル指定により自動温度設定を操

作パネルから指定する方法があります。指定方法は、お使いの RIP の取扱説明書を

参照してください。

• メディアの伸縮にご注意ください。

包装を開けて間もないメディアは、使用しないでください。室内の温度や湿度に

よって、メディアが伸縮する場合があります。包装を開けて、使用する場所で 30

分以上さらしてから装置に取り付けてください。

• カールしたメディアは使用しないでください。

紙詰まりの原因になります。コーティングした定型サイズ紙をまるめて保管する場

合は、コーティング面が外側になるようにしてください。

使

1

1-15

メニューモードについて

本装置には

4 つのモードがあります。各メニューモードについて説明します。

ノットレディモード

メディアを検出する前のモードです。 / キー以外のキーが有効です。

ローカルモード

ローカルモードは、作図準備状態のモードです。

全てのキーが有効です。

コンピュータから、データを受信できます。ただし、作図は行いません。

ローカルモード中のディスプレイ表示

現在のユーザータイプを表示

P.2-2)

<ローカル.1> [#01]

ハバ:1000mm

装置認識のためのマシン名称

P.3-44)を表示

検出したメディア幅を表示

ローカルモードでは以下の操作が可能です。

• ジョグキーを押して、作図原点や作図範囲を設定します。

キーを押して、「テスト作図」を行います。

キーを押して「ヘッドクリーニング」を行います。

キーを押して、ヒーターの温度を設定します。

キーを押して、インク残量、カートリッジエラーの内容、機種名およびファームウェ

アバージョンなどを確認します。

キーを押して、受信した作図データを消去します。

キーを押して、ユーザータイプを変更します。

キーを押して、メンテナンス機能の

[ ステーションメンテナンス ] をダイレクト

に選択します。

ファンクションモード

ローカルモード時に、 キーを押すとファンクションモードになります。

各ファンクション機能を設定します。

リモートモード

受信したデータを作図します。

作図中に キーを押すと、一時停止します。

1-16

第 2 章

基本的な使い方

この章では

...

インクやメデイアの準備から作図までの手順や設定方法について説明

します。

ユーザータイプについて

................. 2-2

ユーザータイプに登録できる

設定内容

.........................................2-2

登録したユーザータイプを

使用する .........................................2-2

作業の流れ

....................................... 2-3

電源を入れる

/ 切る ......................... 2-4

電源を入れる

..................................2-4

電源を切る

.....................................2-5

メディアをセットする

..................... 2-6

ヘッド高さを調整する

...................2-6

ロールメディアをセットする ........2-8

巻き取り装置について

( タイプ B は除く ) ......................2-13

リーフメディアをセットする

......2-14

原点を変更する場合は .................2-16

テスト作図をする

.......................... 2-18

通常のテストパターンでテスト

作図を行う

...................................2-19

ホワイト確認用のテストパターン

でテスト作図を行う .....................2-20

ホワイトノズル状態確認警告

(SS21 ホワイトインク使用時のみ ) ..2-21

ヘッドクリーニング

....................... 2-22

ヘッドクリーニングについて

.......2-22

テスト作図の結果に合わせて

ヘッドクリーニングを行う

..........2-23

特色メンテナンスを行う

..............2-24

データを作図する

.......................... 2-28

作図を開始する

............................2-28

作図を中止する ............................2-29

受信したデータを消去する

( データクリア ) ............................2-29

メディアをカットする

.................2-30

ユーザータイプについて

本装置を使って作図をするとき、メディアの特性に合わせたプリント設定を作成(ユーザータ

イプの設定)することにより、より高画質な作図を実現することができます。

本装置では、ユーザータイプ

1 ~ 4 の 4 種類のタイプを設定できます。

ユーザータイプに登録できる設定内容

ユーザータイプ(

1 ~ 4)への登録方法は、P.3-2 を参照してください。

設定項目

メディア補正の設定

ヒーターの設定

作図方式の設定

重ね塗りの設定

乾燥時間の設定

オートカットの設定

プリフィードの設定

マージンの設定

カラーパターンの設定

参照ページ

P.3-5

P.3-8

P.3-12

P.3-28

P.3-18

P.3-28

P.3-19

P.3-28

設定項目

リフレッシュの設定

吸着の設定

フィード速度レベルの設定

優先順位の設定

オートクリーニングの設定

作図中クリーニングの設定

メディア検出の設定

送り原点の設定

参照ページ

P.3-28

P.3-20

P.3-22

P.3-24

P.3-26

P.3-28

登録したユーザータイプを使用する

1

2

ローカルモードで、

キーを押す

でユーザータイプ

1 4)を選択する

きます。

キーを押しても選択で

3

キーを押す

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハハ゛****mm

ユーサ ゛ ータ イ フ ゜ ヘン コ ウ

タ イ フ ゜ ( 1 ) - > < 2 > : e n t

< ローカル. 2 > [ # 0 1 ]

ハハ゛ : ****mm

選択したユーザータイプの番号

を使わないでユーザータイプを選ぶには

キーを押さなくても、ローカルモードから

プを選ぶことができます。

キーを使ってユーザータイ

ローカルモードで

を押す

[ セッテイ ] を確認

後、 を押す

を押し

てユーザータイプ

1 4)を選ぶ

を押す

2-2

作業の流れ

1

電源を入れる / 切る

2

メディアをセットする

3

ヒーターの準備をする

4

テスト作図をする

5

データを作図する

「電源を入れる

/ 切る」(

照してください。

P.2-4)を参

参照してください。

P.2-6)を

参照してください。

してください。

P.2-18)を

2

P.2-20)を参照

使

P.2-30)を参照

してください。

2-3

電源を入れる

/

切る

電源を入れる

本装置には、

2 つの電源スイッチがあります。

主電源スイッチ

: 本装置の側面にあります。常時「オン」にしておいてください。

電源スイッチ : 通常、電源のオン / オフをするときはこのスイッチを使用します。

電源がオンのときは電源スイッチが緑色に点灯し、オフにすると緑色に

点滅します。

電源スイッチがオフでも、主電源スイッチがオンになっていれば(電源

スイッチが緑色点滅 )、定期的に電源が自動的に入り、ノズル詰まり防止

機能が動作します。

1

主電源スイッチを入れる

• 装置側面にある主電源スイッチを

「 I」側に倒します。

主電源スイッチ

• 電源をオンにするとファームウェア

のバージョンを表示します。

• 初期動作を実行します。

J V 3 3 - 1 6 0 V * . * *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

2

3

ローカルモードになる

< ローカル. 1 >

接続しているコンピュータの電源をオンにする

[ # 0 1 ]

• フロントカバー / メンテナンスカバーを閉じてから電源を入れてください。

• 主電源スイッチを「オフ」のまま長時間放置すると、ヘッドのノズル詰まりの原因

となります。

2-4

電源を入れる

/

切る

電源を切る

プリンタの使用が終了したら、装置前面にある電源スイッチを押して電源をオフにします。

電源を切るときは、次のことを確認してください。

• コンピュータからデータを受信中ではないか、また、未出力のデータが残っていないか。

• ヘッドはキャッピングステーションに戻っているか。

• エラーは発生していないか。(

P.5-9「エラーメッセージ」)

1

接続してあるコンピュータの

電源をオフにする

2

電源スイッチを押して、電源

を切る

• 電源スイッチが緑色に点滅します。

• 装置側面にある主電源スイッチは、

切らないでください。

• 次に、本装置をご使用になるときは、

電源スイッチを押して緑色ランプを

点灯させてからお使いください。

電源スイッチ

電源を切るときのご注意

● 主電源スイッチは切らないでください。

主電源スイッチが入っていると、定期的に電源が入りノズル詰まり防止機能(フラッシ

ング機能)が働きます。

主電源スイッチを切っていると、フラッシング等のスリープ機能が働かず、ノズル詰ま

りの原因となります。

● フロントカバー

/ メンテナンスカバーは閉めた状態にしてください。

カバーが開いていると、フラッシング等のスリープ機能が働かなくなります。

● ヘッドの位置を確認してから電源を切ってください。

ヘッドがキャッピングステーションに戻っていない状態で電源を切ると、ヘッドが乾燥

してノズル詰まりの原因となります。

このときは、再度、電源を入れ、ヘッドがキャッピングステーションに戻ったことを確

認してから電源を切ってください。

● 作図中は電源を切らないでください。

ヘッドがキャッピングステーションに戻らないことがあります。

● 電源スイッチを切ってから、主電源スイッチを切ってください。

装置の移動や装置のエラー対処等で主電源スイッチを切る場合、必ず、装置前面にある

電源スイッチを押し、操作パネルのディスプレイ表示が消えていることを確認してから

主電源スイッチを切ってください。

2-5

使

2

メディアをセットする

本装置では、ロールメディアとリーフメディアをご使用になれます。

使用できるメディアについては、

P.1-15「使用可能メディアサイズ」を参照してください。

ヘッド高さを調整する

お使いになるメディアの厚みに合わせて、ヘッド高さを調節してください。

• ヘッド高さの調整は、メディアをセットする前に行ってください。メディアをセッ

トしたあとに調整すると、メディア詰まりや作図品質の低下、ヘッドの破損の原因

となります。

• 使用目的に応じ、ヘッド、イニシャル高さのレンジを 2 段階に調整できます。

• JV33 の印刷高さ範囲は、一般印刷 (L レンジ :2mm/3mm) から転写印刷 (H レンジ

:4mm/5mm) です。( 出荷時は、L レンジ 2mm で設定 )

• 作図品質を “ ソウホウコウ ” にセット(

P.3-14)している場合、ヘッド高さの調

整後にメンテナンス機能の「ドット位置補正」をしてください。

(

P.4-25)

キャリッジ

1

2

キャリッジをプラテン上に移

動する

• 電源オン時

メンテナンス機能の「ステーション

メンテナンス - キャリッジアウト」

を実行

(

P.4-6 手順 1,2)

• 電源オフ時

フロントカバーを開け、手 でキャ

リッジを動かす

正面にある

2ヶのネジを緩める

• ドライバー等を使って、1 回程度回し

て緩める

2-6

3

ネジ

高さ調整レバーをメディアに応

じて調整する

•「調整レバーとレンジについて」を参照

して、レバーの位置を調整してくださ

い。

• 高さ調整レバーは、確実に上か下に設

定してください。レバーが中間にある

と、作図異常をおこします。

高さ調整レバー

メディアをセットする

4

高さ調整レバーを押さえたま

ま、

2ヶのネジを締める

• 必ず、高さ調整レバーを押さえなが

らでネジを締めてください。正常な

位置にヘッドを固定できません。

• ネジは緩まないように確実に締めて

ください。

5

キャリッジをステーションに

戻す

調整レバーとレンジについて

レンジ

L レンジ

( 一般印刷 )

H レンジ

( 転写系印刷 )

高さ調整レバー

Thin / ウスイ

Thick / アツイ

Thin / ウスイ

Thick / アツイ

ヘッド高さ

2mm

( 出荷時設定位置 )

3mm

4mm

5mm

切換エリア

ユーザー切換

サービスマン切換

L ⇔ H の変更に

ついては、弊社営業

へお問い合わせくだ

さい。

• ターポリンや FF のように厚いメディアをお使いになる場合は、レバーを「厚い

(Thick)」にセットしてください。

• メディアの種類により、ヘッドにホコリが付着しやすい場合やインクこすれが発生

する場合、レバーを「厚い

(Thick)」にセットしてください。

• ソルベントインクの場合は、H レンジでご使用にならないでください。画質の保証

ができません。

• 1mm 厚以下のメディアと SS21 インクの組み合わせでお使いの場合、ヘッド高さは

ウスイ(

Thin)に必ず設定してください。

ヘッド高さをアツイ( Thick)で使用すると、ヘッドギャップ(メディアからヘッド

ノズル面の高さ)が空きすぎてインク滴が飛び散ることがあり、画質の保証ができ

ません。

• 装置設置後に転写インクからその他の水性インクに変更する場合、または水性顔料

インクから転写インクに変更する場合、ヘッドイニシャル高さ (H/L レンジ)の調整

が必要です。弊社営業にご相談ください。

2-7

使

2

ロールメディアをセットする

ロールメディアは、装置背面にあるロールメディアハンガーにセットします。

• セットするときは、メディアを足などに落とさないように注意してください。メ

ディアの重みで怪我をすることがあります。

• ロールストッパーアームはクランプレバーに連動して動きます。 ロールストッ

パーアームと本体の間にロールストッパーが入り込んだ状態で、クランプレバーを

下げないでください。ロールストッパーアームを破損し、ロールストッパー機能

*1

が使用できなくなることがあります。

OK

ロールストッパー

アーム

ロール

ストッパー

ロール

ホルダー

NG

ロールストッパー

アーム

ロール

ストッパー

ロール

ホルダー

*1. 一定量引き出すと、メディア引き出しが一時固定される機能

2-8

1

装置背面にあるロールホルダー

を、装置中央方向に移動する

• ロールホルダー固定ネジを緩めてか

ら移動させます。

ロールホルダー

固定ネジ

ロールホルダー

メディアをセットする

2

クランプレバーが下がっている

ことを確認する

3

ロールホルダーをロールセット位置へ移動する

ロールホルダー

基準位置がこの範囲内に

入るように、ロールホル

ダーをセットすること。

基準

Roll Holder

Set Position

3 Inch Roll Media

2 Inch Roll Media

3inch 管使用時

セット位置

Roll Holder

Set Position

3 Inch Roll Media

2 Inch Roll Media

• ロールメディアの紙管の内径は、2 インチと

3 インチの 2 種類があります。

2inch 管使用時

セット位置

ロールホルダー側(本体背面)

• ロールストッパーアームと本体の間に、ロールストッパーが入り込んでいな

いことを確認してください。

4

ロールホルダー固定ネジを締める

• 手順 2 ~ 3 を、再度確認してください。

2

使

5

左側のホルダーにロールメ

ディアの紙管を差し込む

• 紙管が動かなくなるまで、奥に差し

込んでください。

6

右側のロールホルダーのネジ

を緩め、ホルダーに紙管を差

し込む

クランプレバー

7

装置背面のクランプレバーを上

げる

2-9

8

本装置にロールメディアを差し込む

ピンチローラー

9

• メディアを斜めにすると、引っ掛かりが少なくスムーズに差し込めます。

(1) プラテンの先端まで届くくらい、メディアを引き出す

(2) プラテンとピンチローラーの間にメディアを差し込む

• 装置前面からメディアをつかめるくらい、メディアを送り出してください。

(3) 装置背面からクランプレバーを下げる

• メディアが保持されます。

ロールメディアを引き出す

(1) フロントカバーを開ける

(2) 装置前面からクランプレバーを上

げる

(3) ロールメディアを静かに引き出し、

軽くロックのかかる位置で止める

10

ロールメディアを均等にし、

クランプレバーを下げる

• メディアの数カ所を軽く引っ張り、

ロールメディアの引き出し量がほぼ

均等になっているのを確認してか

ら、クランプレバーを下げてくださ

い。

2-10

メディアをセットする

11

メディア押えでメディアを軽く

はさむ

• 右端のピンチローラーより右側にメ

ディアがはみ出さないようにセット

してください。

• 厚みのあるメディアを使用する場合

は、メディア押えをメディアから外

して作図してください。

メディア押さえ

• メディア押さえが右側板に接する位置でメディアをセットしないでください。メ

ディアが斜行した場合、メディアが浮き上がりヘッドを破損する原因になります。

• メディアが規定位置より右に寄っていると、メ

ディア検出後、次の警告を表示してお知らせし

ます。メディアをセットし直してください。

***** E R R O R 5 0 *****

メテ゛ ィア イチ ミキ゛ スキ゛ マス ȡȇǣǢ ȡȇǣǢ਀ƞƑ

2

使

方 ӫͨெ

メディア押さえの位置:右側版から

27 38mm

• メディアとメディア押さえの間にプ

ラテン上の吸着穴がこないようにお

気をつけください。(メディア汚れの

吸着穴

12

巻き取り装置を準備する

• タイプ B の場合、巻き取り装置は装

着されていません。そのまま手順 13

へ進んでください。

(1) 巻き取り装置に空の紙管をセット

する

(2) フロントカバーを閉じる

紙管

フロントカバー

巻き取り

装置

2-11

13

を押して、

ロール

選択する

ロール<

メテ゛ ィア センタク

> リーフ

• メディア幅を検出します。

• メンテナンス機能の「メディア残量表示」の設定が “ON” の場合 (

P.4-37)、メ

ディア幅の検出後メディア残量入力画面を表示します。 (

P.2-12)

14

巻き取り装置にメディアを固

定する

(

P.2-13)

• タイプ B をお使いの場合、この操作

は不要です。

(1)

を押して、巻き取り装置の紙

管に届くまでメディアをフィード

する

(2) 粘着テープでメディアの中央を固

定する

(3) 同様にしてメディアの左右を固定

する

• ロ ー ル メ デ ィ ア を 左 右 均 等 に

引っ張り、メディアにタルミ、シ

ワが無いことを確認し、テープを

貼ってください。

メディア残量入力について

メンテナンス機能の「メディア残量表示」の設定を “ON” にしている場合 (

P.4-37)、メディ

ア幅の検出が終了すると、メディア残量の入力画面が表示されます。

1

メディア残量入力画面を

表示する

メテ゛ ィア ナカ ゛サ ニュウリ ョク

メテ゛ ィア ナカ ゛サ = x x x . x m

2

を押して、

メディア残量を入力する

メテ゛ ィア ナカ ゛サ ニュウリ ョク

メテ゛ ィア ナカ ゛サ = 5 0 . 0 m

3

キーを押す

2-12

メディアをセットする

巻き取り装置について

( タイプ B は除く )

巻き取り装置のスイッチを使って、メディアの巻き

取り方向の選択などができます。

レバー上(

REVERSE) : 作図面を内側にして巻き

取る

レバー中(

OFF) : 巻き取り動作をしない

レバー下(

FORWARD): 作図面を外側にして巻き

取る

トルクリミッタを調節する

巻き取り装置には、トルクリミッタが付いています。トルクリミッタを調整して、巻き取りの

薄いメディアを使用してテンションが強すぎる時は、調節を弱めてください。

• 時計回り :テンションが強くなる(ターポリン等の重量のある厚いメディア)

• 反時計回り:テンションが弱くなる(軽いメディア)

2

使

調整ナット

トルク目盛

最大トルクの

50%

最大トルクの

100%

• トルクリミッタの調節が弱すぎると

メディアを確実に巻き取ることができません。

• トルクリミッタの調節が強すぎると

メディアによってはたるんでしまい、画質に影響する場合があります。

2-13

リーフメディアをセットする

リーフメディアは、メディアをロールホルダーに固定する必要はありません。

1

フロントカバーを開ける フロントカバー

2

クランプレバーを上げる

3

リーフメディアをピンチロー

ラーとプラテンの間に差し込

• メディアが右端のピンチローラーよ

り右側にはみ出さないようにセット

してください。

4

5

メディア押えでメディアを軽

くはさむ

• 右端のピンチローラーより右側にメ

ディアがはみ出さないようにセット

してください。

• 厚みのあるメディアを使用する場合

は、メディア押えをメディアから外

して作図してください。

クランプレバーを下げる

• メディアはまっすぐにセットしてく

ださい。

メディア押さえ

クランプレバー

ピンチローラー

6

フロントカバーを閉じる

2-14

メディアをセットする

7

8

9

択する

キーを押す

ロール<

メテ゛ ィア センタク

> リーフ

メディアの検出を始める

メテ゛ ィア ケンシュツ チュウ

(1) メディア幅を検出する

(2) メディアがフィードし、メディア後端の検出をする

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

(3) 検出が終わると、ローカルモードに戻る

メディア押さえをお使いになるときの注意事項

• メディア押さえが右側板に接する位置でメディアをセットしないでください。メ

ディアが斜行した場合、メディアが浮き上がりヘッドを破損する原因になります。

• メディアが規定位置より右に寄っていると、メ

ディア検出後、次の警告を表示してお知らせし

ます。メディアをセットし直してください。

***** E R R O R 5 0 *****

メテ゛ ィア イチ ミキ゛ スキ゛ マス ȡȇǣǢ ȡȇǣǢ਀ƞƑ

2

使

方 ӫͨெ

メディア押さえの位置:右側版から

27 38mm

• メディアとメディア押さえの間にプ

ラテン上の吸着穴がこないようにお

気をつけください。(メディア汚れの

吸着穴

2-15

原点を変更する場合は

作図原点の位置を変更することができます。

変更したい位置へ

LED ポインタを移動させて決定します。

1

ローカルモードで、

を押す

• 原点設定モードになります。

2

ケ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 ーーーー

を押して、

LED ポインタの光点を変更した

い位置へ合わせる

でキャ

リッジとメディアを移動させ

て選びます。

ケ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 0 . 0

原点位置

( 長さ )

原点位置

( )

3

作図原点を決定したら、

キーを押す

• 原点が変更されます。

ケ゛ ンテン セッテイ

** ケ゛ ンテン **

• ここで設定した原点位置は、メディアの送り方向に対して数センチずれています。

セッテイモードの「オクリゲンテン」を

“ON” にすれば、原点を LED ポインタの光

点位置に正確に合わせることができます。

(

P.3-4)

2-16

メディアをセットする

原点設定位置の目安

作図原点は、奥行方向

(X') はカットラインから奥側約 40 mm の位置になります。

横方向

(Y') の値は、メディア右端より 15 mm です。セッテイモードの「マージン」(

P.3-

3) により変更できます。また、ジョグキーを使って変更することもできます。

カットライン

40

(X’)

15

(Y’)

使

2

2-17

ヒーターの準備をする

ヒーターの温度設定を変更する

ヒーターの温度設定は、セッテイモードの「ヒーター」で変更・保存できます。(

P.3-8)

ここでは、セッテイモードで設定した温度の変更方法について説明します。

お使いになるメディアに合わせて、ヒーター温度を設定してください。

• お買い上げ時、ヒータの温度設定は "OFF" になっています。

• 作図中にも温度の調整ができるため、適切な温度調整ができます。

• 周囲の温度により、設定した温度に到達するまでに数分から数十分かかることがあります。

1

キーを押す

• ディスプレイの ”AFT” は操作パネル

上では

”POST” を示します。

P R E P R T A F T

3 5 ゜C 4 0 ゜C 5 0 ゜C

ヒーター温度確認画面

2

3

キーを押す

4 0 ゜C 4 0 ゜C

( O F F O F F

5 0 ゜C

O F F )

タイプ登録の

[ ヒーター ]

設定されている温度

設定温度:

20 50

を押して、

各ヒーターの温度を設定する

ヒーターの選択

:

温度の設定 :

で選ぶ

で設定

4 0 ゜C 4 0 ゜C

( O F F O F F

• ヒーターの加熱が始まります。([HEAT] ランプがオレンジ点灯)

5 0 ゜C

O F F )

4

ヒーターの加熱が終了する

• ヒーターの温度が設定温度に達すると、[HEAT] ランプが消灯し、[CONSTANT]

ランプが緑色に点灯します。

5

終了するとき、 キーを押す

• ローカルモードに戻ります。

• あらかじめ、お使いになるメディアに合わせてヒーターの温度を登録しておくこと

ができます。

P.3-2「作図条件をまとめて登録する ( タイプ登録 )」

• 上の操作で設定した温度は、タイプ登録のヒーターの設定値には反映されません。

電源をオフにするか、次の条件で新しく温度を変更するまで継続します。

(1) セッテイモードのタイプを変更する

(2) セッテイモードのヒーター温度を変更する

(3) コンピューターからヒーターの温度を指定する

• お使いの RIP が、ヒーターの温度をコントロールできる機能を搭載している場合

は、

RIP 側でコントロールすることができます。(設定方法は、お使いの RIP の取

2-18

ヒーターの準備をする

• 本装置は、20 ~ 35 ℃の環境で使用してください。周囲の温度条件により、設定値

まで温度が上昇しない場合があります。

温度設定の目安(ソルベントインクをご使用の場合)

インクの種類

メディアの種類

Pre ヒーターの設定

Print ヒーターの設定

After ヒーターの設定

光沢塩

40 ℃

40 ℃

50 ℃

ES3 イ ン ク

タ ーポ リ ン

40 ℃

40 ℃

50 ℃

FF

40 ℃

40 ℃

50 ℃

• メディアの状態により、適温に調整してください。

• 水性インクをご使用の場合、温度設定の目安は必要ありません。

SS21 イ ン ク

全 メ デ ィ ア

35 ℃

35 ℃

50 ℃

ヒーターの温度を確認する

1

2

操作パネルの を押す

• 現在のヒーター温度が表示されま

す。

確認を終わるとき、

• ローカルモードに戻ります。

を押す

P R E P R T A F T

4 0 ゜C 5 0 ゜C 3 5 ゜C

使

2

2-19

テスト作図をする

テストパターンを作図して、ノズル詰まりなどの吐出不良(カスレや抜け)がないか確認しま

す。

テストパターンについて

本機では、

2 種類のテストパターンを用意しています。

● 通常のテストパターン

( ホワイトインク以外のインクをご使用の場合 )

白いメディアにテストパターンを作図して確認できるインクをお使いの場合は、こちらのテス

トパターンを作図してください。

● ホワイト確認用のテストパターン

白いメディアをお使いでホワイトインクの吐出状態を確認したい場合は、こちらのテストパ

ターンを作図してください。

テスト作図に関する注意事項

• リーフメディアを使用する場合、A4 サイズ縦置き以上のサイズのメディアをセッ

トしてください。

• ロールメディアを使用する場合、作図を開始する前にロールメディアを手で巻き戻

し、たわみのない状態にしてください。画質不良の原因になります。

2-20

テスト作図をする

通常のテストパターンでテスト作図を行う

テスト作図の前に

確認してください

• メディアをセットしているか

P.2-6 • 原点位置をセットしているか

• ヘッドギャップを調整しているか

P.2-6

1

2

3

ローカルモードで、

キーを押す

テスト サクス゛

( F E E D ホウコウ) < E N T >

• を押して、テストパターンの配置方向を変更できます。ここで変更し

た配置方向は、テスト作図が終わると

P.3-36 で設定した配置方向に戻ります。

• 配置方向を “SCAN ホウコウ ” から “FEED ホウコウ ” に変更してテスト作図を実

行すると、 1 つめのテスト作図の位置に改行されます。

• テスト作図の配置方向について、詳しくは P.3-36 を参照してください。

キーを押す

• テスト作図を開始します。

• 作図が終わると、ローカルモードに

戻ります。

** テスト サクス゛ **

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハハ゛ : ****mm

作図結果を確認する

• 正常な場合は、操作を終了します。

• 異常があった場合は、ヘッドクリーニングを実行してください。(

P.2-24)

使

2

ノズルが

汚れている

インクが

詰まっている

正常なパターン 異常なパターン

2-21

ホワイト確認用のテストパターンでテスト作図を行う

テスト作図の前に

確認してください

• メディアをセットしているか

P.2-6

• 原点位置をセットしているか

• ヘッドギャップを調整しているか

P.2-6

1

ローカルモードで、

キーを押す

テスト サクス゛

( F E E D ホウコウ) < E N T >

2

を押して、

(ホワ

イトカクニン)

を選ぶ

テスト フ ゜ リン ト

( ホワイ ト カクニン) < E N T >

3

4

キーを押す

• 次の順番で、テストパターンを作図

します。

• ディスプレイ 2 行目には、作図開始

よりの残り時間を表示します。

(1)黒塗りつぶしパターンを作図する

(2)パターンを 30 秒間乾燥

(3)メディアを自動的に戻し、テストパターンを作図

** テスト サクス゛ **

テスト作図の結果を確認する

• 正常な場合は、操作を終了します。

• 異常があった場合は、ヘッドクリーニングを実行してください。(

P.2-24)

ノズルが

汚れている

インクが

詰まっている

正常なパターン 異常なパターン

2-22

テスト作図をする

ホワイトノズル状態確認警告

(SS21 ホワイトインク使用時のみ )

SS21 ホワイトインクは他のインクと比べノズル詰まりを起こしやすいため、吐出させない状

態でもノズル状態を正常に保っておく必要があります。

ノズルの状態を正常に保つため、本機はおよそ

2 週間

*1

1 度右の警告を表示します。

ホワイ ト ノス゛ル シ゛ ョウタイ ヲ

カクニン シテクタ ゛サイ < E N T >

 警告表示は、メディア検出を実施した後に表示され

ます。

 警告表示が出たら、次のようにしてください。

1

警告表示が出たら、

キーを押す

• テスト作図実行待ち状態になります。

テスト フ ゜ リン ト

( ホワイ ト カクニン) < E N T >

2

2

を押してテスト作図の種類を選ぶ

3

キーを押す

• テストパターンを作図します。

使

• 警告表示後、「ホワイト確認用のテストパターンでテスト作図を行う」(

前ペー

) または「ホワイトインクメンテナンス機能」( P.4-39) を実行すると警告は

解除されます。

• 警告が表示されたとき、

キーを押してキャンセルすることもできます。 た

だし、 次にメディア検出をした後に再度、 警告表示されます。

*1. 警告表示を解除してから 2 週間または、ホワイトインクメンテナンスを実行してから 2 週間。

2-23

ヘッドクリーニング

ヘッドクリーニングについて

ヘッドクリーニングには、 大きく分けて次の

2 種類があります。

● テスト作図の結果に合わせて、ノズル詰まりの解消のために行う

作図したテストパターンの結果を確認して、 症状に合わせたクリーニングを行います。

次の

3 種類から選んでください。

ノーマル :線の抜けがある時

ソフト :ヘッドワイプのみ実行したい時 (線の曲がりがある場合)

ハード :ノーマル、 ソフトでクリーニングを実行しても画質不良が改善しない時

ES3 インクのシルバーインクやホワイトインクを使用しているときに行う

( ファームウェアバージョン Ver.4.60 以降対応 )

ES3 インクのシルバーインクやホワイトインクは、 インクの性質上、 しばらく未使用のまま

放置していると、 顔料が沈降しやすくなり、 色ムラが発生します。

ヘッドクリーニングの “ トクショク ” を行うと、 沈降したインクを排出することにより、 色

ムラを改善することができます。 ( 特色メンテナンス機能 )

トクショク :本機のヘッドやダンパー、 チューブに残っている顔料が沈降した特色イン

クを排出して、 色ムラを改善します。

• 特色メンテナンスは、ファームウェア Ver.4.60 以降で、ES3 インクのシルバーイン

クまたはホワイトインクが充填されている場合のみ選択できます。

2-24

ヘッドクリーニング

テスト作図の結果に合わせてヘッドクリーニングを行う

ヘッドクリーニングには、

3 種類あります。 パターン作図の結果によって使い分けてくださ

い。

1

ローカルモードで、

キーを押す

ク リーニンク ゛

タイフ ゜ : ノーマル

2

3

4

を押して、 クリー

ニングタイプを選択する

ク リーニンク ゛

タイフ ゜ : ハート ゛

ノーマル :線の抜けがある時

ソフト :ヘッドワイプのみ実行したい時 (線の曲がりがある場合)

ハード :ノーマル、 ソフトでクリーニングを実行しても作図不良が改善しない時

2

キーを押す

• クリーニングの残り時間をディスプ

レイの下段に表示します。

• クリーニングが終わると、 ローカル

モードに戻ります。

ク リーニンク ゛ チュウ

0 0 : 0 0

使

再度テスト作図を実行し、 作図結果を確認する

• 作図結果が正常になるまで、 クリーニングとテスト作図を繰り返してくださ

い。

ヘッドクリーニングを実行しても画質品質が改良されない場合

• ワイパーとインクキャップのクリーニングをする (

P.4-6)

• ヘッドノズルの洗浄をする (

P.4-12)

•「ノズル詰まりが復旧しない場合」を参照して画質不良を解消する ( P.4-20)

2-25

特色メンテナンスを行う

ES3 インクのシルバーインクやホワイトインクをお使いのとき、 顔料の沈降による色ムラを

解消するために行います。

特色メンテナンスは、 ファームウェア Ver.4.60 以降で、 ES3 インクのシルバーインクまた

はホワイトインクが充填されている場合のみ選択できます。

1

ローカルモードで、

キーを押す

ク リーニンク ゛

タイフ ゜ : ノーマル

2

3

4

を押して、 [ トク

ショク

] を選択する

キーを押す

を押して、 メンテ

ナンスを行う色を選択する

ク リーニンク ゛

タイフ ゜

ト クショク センタク

カラー : ホワイ ト

: ト クショク

ト クショク センタク

カラー : シルハ゛ー

5

6

シルバー

ホワイト

:シルバーインクのみメンテナンスを行う

:ホワイトインクのみメンテナンスを行う

シルバー

& ホワイト :シルバーインクとホワイトインクを同時にメンテナンスする

キーを押す

インクカート リ ッシ゛ ヲ ハス゛ス

_ _ _ W _ _ _ _

選択した色のインクカートリッジを取り外す

• 取り外すインクカートリッジを、 カートリッジの上にあるランプが点灯してお

知らせします。

• インクカートリッジを取り外すと、 インクの

排出を始めます。

* ハイシュツ チュウ *

0 3 : 0 0

• 排出が終わると、 右の画面を表示し

ます。

カート リ ッシ゛ ヲ フッテクタ ゛サイ

: e n t

2-26

ヘッドクリーニング

7

取り外したカートリッジを

20 回程度ゆっくりと左右に振る

• 振ったときにインクが漏れ出すのを防ぐため、 手袋を着用して紙タオルなどで

カートリッジ上面の A 部とカートリッジ底面の B 部をしっかりと塞ぎ、 ゆっく

りとインクを流すように左右に 20 回以上振ります。

• 強く振りすぎると内部のパックを傷つけ、インク漏れの原因となるこ

とがあるため、慎重に行ってください。

• インク残量が少ないと十分にかくはんできない場合があるので、カー

トリッジが縦になるまで傾けてください。

A 部(針の差し口) B 部(底面の隙間)

繰り返す

A

8

9

紙タオルでしっかりと押さえてゆっくり振る

キーを押す

カートリッジをセットする

• カートリッジをセットすると、 充填

を開始します。

• 充填が終わると、 ローカルに戻りま

す。

インクカート リ ッシ゛ ヲ セッ トスル

_ _ _ W _ _ _ _

シ゛ ュウテン チュウ

0 3 : 0 0

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

使

2

2-27

特色メンテナンスの実行警告表示について

ES3 インクのシルバーインク使用時の顔料の沈降による色

ムラを回避するため、インクが未使用のまま放置されてい

る状態が

2 日以上続くと、電源投入時にディスプレイに右

のメッセージを表示します。

ト クショクメンテナンス ヲ

シ゛ ッコウシマスカ?

< E N T >

 シルバーインクは約

2 日間放置すると、 色味が変化してきま

す。

 警告表示が出たら、 次のようにして特色メンテナンスを行っ

てください。

カラー : シルハ゛ー

1

警告表示が出たら、 キーを押す

• 特色メンテナンスを行わない場合は、

ださい。

キーを押してキャンセルしてく

2

キーを押す

インクカート リ ッシ゛ ヲ ハス゛ス

_ S _ W _ _ _ _

3

画面に表示した色のインク

カートリッジを取り外す

• 取り外すインクカートリッジを、 カートリッジの上にあるランプが点灯してお

知らせします。

• インクカートリッジを取り外すと、 インク

の排出を始めます。

* ハイシュツ チュウ *

0 3 : 0 0

• 排出が終わると、 右の画面を表示し

ます。

カート リ ッシ゛ ヲ フッテクタ ゛サイ

: e n t

2-28

ヘッドクリーニング

4

取り外したカートリッジを

20 回程度ゆっくりと左右に振る

• 振ったときにインクが漏れ出すのを防ぐため、 手袋を着用して紙タオルなどで

カートリッジ上面の A 部とカートリッジ底面の B 部をしっかりと塞ぎ、 ゆっく

りとインクを流すように左右に 20 回以上振ります。

• 強く振りすぎると内部のパックを傷つけ、インク漏れの原因となるこ

とがあるため、慎重に行ってください。

• インク残量が少ないと十分にかくはんできない場合があるので、カー

トリッジが縦になるまで傾けてください。

A 部(針の差し口) B 部(底面の隙間)

繰り返す

A

5

6

紙タオルでしっかりと押さえてゆっくり振る

キーを押す

カートリッジをセットする

• カートリッジをセットすると、 充填

を開始します。

• 充填が終わると、 ローカルに戻りま

す。

シ゛ ュウテン チュウ

0 3 : 0 0

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

使

2

2-29

データを作図する

作図を開始する

• ロールメディアを使用する場合、作図を開始する前にロールメディアを手で巻き戻

し、たわみのない状態にしてください。画質不良の原因になります。

1

メディアをセットする

P.2-6

2

3

4

5

ヒーターの温度を確認する

• ディスプレイ下の [PRE]、[PRINT]、

[POST] で CONSTANT ランプが点灯

していることを確認してください。

• [POST]はディスプレイ上の”AFT”を

示します。

ローカルモードで、

キーを押す

• リモートモードになり、コンピュー

タからのデータを受信できるように

なります。

コンピュータから作図する

データを送信する

• ACTIVE ランプが点滅し、作図条件

を表示します。

• データの送信方法については、出力

ソフトウェアの取扱説明書をお読み

ください。

作図開始

• 解像度によっては同じデータを作図

しても、セットしたメディアの幅や

作図原点の位置によって作図速度が

変化する場合があります。

2-30

オン ト ゛ セイキ゛ ョ チュウ

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

解像度

360 /540 /720

/1440 DPI

*リモート . 1*

1 6 . B d . V d . x 2

7 2 0 x 7 2 0 x x . x x m

パス数

作図終了した

メディアの長さ

スキャン速度

x1 : 標準速

x2 : 倍速

データタイプ

Vd : バリアブルデータ

Nd : ノーマルデータ

スキャン方向

Ud : 単方向

Bd : 双方向

データを作図する

作図を中止する

作図を途中で中止する場合、次の操作をしてください。

1

作図中に、 キーを押す

< ローカル. 1 >

ハハ゛ : 1 2 7 2 mm

• 作図動作を中止します。

• コンピュータからデータを送信している場合は、コンピュータ側でデータ送信を

止めます。

• 再度

キーを押すと、中断したデータから作図を再開します。

[ # 0 1 ]

受信したデータを消去する

( データクリア )

作図を中止したいときは、受信済みのデータを消去してください。

1

ローカルモードで、

キーを押す

テ゛ーター ク リア

2

キーを押します。

• ACTIVE ランプが消灯します。

• 受信データを消去し、ローカルモー

ドに戻ります。

< E N T >

** テ゛ーター ク リア **

2

使

2-31

データを作図する

メディアをカットする

ロールメディアで作図終了後にメディアをカットするには、次の

2 つの方法があります。

• メディアをカットしたとき、印刷面が床や他の印刷面に触れないようにお気をつけ

ください。

• 巻き取り装置をお使いの場合、カットしたメディアは巻き取り装置のスイッチを

使って巻き取ってください。

( タイプ B は除く )

オートカット

作図終了後、自動的にメディアをカットします。

• オートカットには設定が必要です。( お買い上げ時は、オートカット機能が “OFF”

になっています。)

• オートカット機能を “ オフ ” にしているときは、「マニュアルカット」の操作をし

て、メディアをカットしてください。

1

作図が終了したら、自動的にメ

ディアをカットする

マニュアルカット

操作パネル上のキーを使い、任意の位置でメディアをカットします。

1

ローカルモードで、

を押す

ケ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 ーーーー

• 原点設定モードになります。

を押して、カットする位置までメディアをフィードします。

2

キーを押す

メテ゛ ィア カッ ト

< E N T >

3

キーを押す

• メディアをカットします。

• カットが終了すると、ローカル

モードに戻ります。

メテ゛ ィア カッ ト チュウ

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

2-32

第 3 章

便利な使い方

この章では

...

本装置をより便利に使うための操作方法や、 各種設定方法について説

明しています。

ユーザータイプについて ................. 3-2

作図条件をまとめて登録する

( タイプ登録 ) .................................3-2

タイプ登録のしかた

.......................3-2

メディア補正の設定をする

.............. 3-5

メディア補正の設定

.......................3-5

作図方式の設定をする ..................... 3-8

作図品質の設定 ..............................3-8

スキャン方向の設定

.....................3-10

ロジカルシークの設定

.................3-11

白重ね作図の設定

........................3-12

乾燥時間の設定をする ................... 3-14

マージンの設定をする ................... 3-15

優先順位の設定をする ................... 3-16

オートクリーニングの設定をする . 3-18

作図中クリーニングの設定をする . 3-20

メディア検出の設定をする ............ 3-22

その他の設定 ................................. 3-24

設定した内容を初期状態に戻す ..... 3-26

マシン設定 ..................................... 3-27

ハイキファンの設定をする ..........3-28

カンソウフィードの設定をする

...3-29

スタンプの設定をする

.................3-30

テストサクズハイチの設定を

する ..............................................3-32

シツオンの動作条件を変更する

...3-34

カクニンフィードの設定をする

...3-36

ジコクの設定をする

.....................3-37

タンイの設定をする .....................3-39

マシンメイショウの設定をする

...3-40

キーブザーの設定をする

..............3-41

インクの有効期限を延長する

........ 3-42

インクの有効期限を延長する

.......3-42

インク供給経路の切替設定 ............ 3-44

装置情報を確認する ....................... 3-46

情報を表示させる .........................3-46

ユーザータイプについて

作図条件をまとめて登録する

( タイプ登録 )

本装置では、タイプ(

1~4)ごとに作図条件を登録できます。

お使いになるメディアに合わせた作図条件をタイプに登録しておけば、違う種類のメディアに

交換したとき、タイプを変更するだけで最適の作図条件を設定できます。

タイプ登録の例

タイプ 1

タイプ

2

タイプ 3

タイプ

4

ソルベントインクをご使用の場合

ターポリン 1 用

ターポリン

2 用

FF(Flexible Face) 用

塩ビマット

水性インクをご使用の場合

フォトペーパー

PET 用 1

PET 用 2

合成紙

タイプ登録のしかた

1

2

3

4

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

を押してタイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

< E N T >

: タイフ ゜ 1

設定機能一覧表の各項目を選び、設定する

• 詳細な設定方法は「設定機能一覧表」に記載した参照ページをご覧ください。

3-2

ユーザータイプについて

設定機能一覧表

ユーザータイプに登録できる各設定機能の概要と設定値について説明します。

お買い上げ時は、下線の設定になっています。

機能名称

メディアホセイ

(

P.3-5)

設定値

-255 ~ 0 ~ 255

概 要

メディアの送り量を補正す

るためのパターンを作図し、

補正します。

ヒーターの状態を設定しま

す。

(

(

(

ヒーター

P.3-8)

サクズ

ホウシキ

P.3-12)

カサネヌリ

カンソウ

(

ジカン

P.3-18)

(

オートカット (

プリフィード

マージン

P.3-19)

カラーパターン

リフレッシュ

キュウチャク

(

(

(

オンド

セッテイ

ジカン

セッテイ

プリ

ヒート

プリント

ヒート

アフター

ヒート

スタン

バイ

OFF/ 20 ~ 50 ℃

(OFF/ 68 ~ 122 ゜F)

OFF/ 20 ~ 50 ℃

(OFF/ 68 ~ 122 ゜F)

OFF/ 20 ~ 50 ℃

(OFF/ 68 ~ 122 ゜F)

( ナシ / 0 ~ 90 min

10min 単位 )

OFF 時間 ( ナシ / 0 ~ 90 min

10min 単位 )

DRAFT ヒンシツ

FINE ヒンシツ

スキャンホウコウ

ヒョウジュン

ヒョウジュン

/ ハヤイ / キレイ

/ ハヤイ / キレイ

ロジカルシーク

シロ カサネサクズ

P.3-28)

ソウホウコウ / タンホウコウ

ON / OFF

OFF / ON(LEVEL1~3)

1 ~ 9

スキャン

サクズエンド

P.3-28)

P.3-28)

ヒダリ

ミギ

(

P.3-28)

P.3-28)

P.3-28)

作図品質、作図方向を設定し

ます。

0.0 ~ 19.9 sec

0 ~ 999 sec

ON / OFF

インクの重ね塗りを行いま

す。

インクの乾燥時間を設定し

ます。

ON / OFF

-10 ~ 0 ~ 85mm (1mm 単位 )

-10 ~ 0 ~ 85mm (1mm 単位 )

ON / OFF

レベル

0 ( リフレッシュ間隔長い )

~ 3 ( 間隔短い )

OFF/ ヒョウジュン / ヨワイ /

ヤヤヨワイ / ツヨイ

作 図 後、自 動 で メ デ ィ ア を

カットします。

作図前にメディアを前後搬

送させます。

貼り付きやすいメディアを

使用する場合、

ON にしてく

ださい。

メディア左右の余白を設定

します。

メ デ ィ ア 右 端 に カ ラ ー パ

ターンを作図します。

作図中に、インクヘッドのリ

フレッシュを行います。

メディアの吸着する力を設

定します。

3

便

使

3-3

ユーザータイプについて

機能名称

フィードソクドレベル (

ユウセンジュンイ (

設定値

P.3-28)

10 ~ 100 ~ 200%

10% ........ 6mm/sec

100% ...... 60mm/sec

200% .... 120mm/sec

P.3-20)

コベツセッテイ / スベテホスト /

スベテパネル

概 要

作図中などにメディア送り

をする速度を変更します。

オートク

(

リーニング

P.3-22)

ON

カンカク

タイプ

10 ~ 1000 ~ 10000 mm

ノーマル / ソフト / ハード

サクズチュ

ウクリーニ

(

ング

P.3-24)

OFF

ON

OFF

カンカク

タイプ

10 ~ 1000 ~ 10000 mm

ノーマル

/ ソフト / ハード

(

メディア

ケンシュツ

P.3-26)

ケンシュツホウホウ セレクト / ハバ

カットジケンシュツ ナシ

/ リョウエッジ /

ヒダリエッジ / ミギエッジ

オクリ ゲンテン

(

P.3-28)

ON / OFF

優先する設定 ( パネル / ホス

) を決定します。

コベツセッテイ選択時は、以

下の各項目について個別に

設定

• メディアホセイ

• ヒーター

• サクズホウシキ

• カサネヌリ

• カンソウジカン

• オートカット

• プリフィード

• マージン

• カラーパターン

• リフレッシュ

• キュウチャク

• フィードソクドレベル

作図ごとに行う、ヘッドの

自動クリーニング動作を設

定します。

作図中に行う、ヘッドの自

動クリーニング動作を設定

します。

メディアの検出方法を設定

します。

作図原点の位置変更時、メ

ディア送り方向を

LED ポイ

ンタに合わせたいときに設

定する。

3-4

メディア補正の設定をする

メディアの種類を交換したり、ヒーターの温度を変更したあと、メディアの送り量を補正して

ください。

補正値が適切でないと、作図した画像に縞が入るなど、きれいに作図できない場合があります。

• ヒーターの温度を変更した場合は、[CONSTANT] ランプが点灯し、設定した温度に

達していることを確認してから補正してください。

• ロールメディアをご使用の場合、メディア補正を終了すると、作図原点位置までメ

ディアが戻り、本装置背面のロールメディアにたわみが生じます。

作図を開始する前にロールメディアを手で巻き戻し、たわみのない状態にセットし

てください。画質不良の原因になります。

• 巻き取り装置を使用しての作図の場合、あらかじめメディアをセットした状態でメ

ディア補正を行ってください。

( タイプ B は除く )

メディア補正の設定

補正パターンを作図して、メディア送り量の補正を行います。

• 補正パターンでは 2 本の帯を作図します。

• 2 本の帯の境が均等の濃さになるように調整してください。

1 本目の帯

2 本目の帯

メディア送り方向

1

2

3

メディアをセットする

(

P.2-6)

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

< E N T >

: タイフ ゜ 1

3-5

便

使

3

3-6

4

を押して、タイプ

1 4)を選ぶ

5

6

7

8

9

キーを 2 回押す

キーを押して、補正

パターンを作図する

[ 1 ] メテ゛ ィア ホセイ

サクス゛ カイシ : e n t

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

サクス゛ チュウ

補正パターンを確認し、補正

値を入力する

[ 1 ] メテ゛ ィア ホセイ

ホセイチ = 0

" + " に入力すると : 2 本の帯の間隔が広がる方向に移動します。

" - " に入力すると : 2 本の帯の間隔が近づく方向に移動します。

• 補正値を ”20” 変更するごとに、約 0.1mm 帯が移動します。

キーを押す

• 再度、補正パターンを作図して確認

します。

• 補正の必要がある場合は、手順 7 の

操作をして補正してください。

[ 1 ] メテ゛ ィア ホセイ

サクス゛ カイシ

終了するとき、 キーを数回押す

: e n t

メディア補正の設定をする

作図中にメディア送りを補正したいときは

リモートモードや画像データの作図中でもメディア送り量の補正ができます。

1

リモートモードで、

キーを押す

*リモート . 1* [ # 0 1 ]

**. **mm

メテ゛ ィアオク リ ホセイ

0

2

3

キーを押す

メテ゛ ィアオク リ ホセイ

0

1

4

5

入力する

を押して、補正量を

• 補正量:-500 ~ 500

• ここで入力した値は、すぐに補正量に反映されます。

キーを押す

ホソ ゛ ン

メテ゛ ィアオク リ ホセイ

: e n t

キーを押すと、ここで補正した内容は無効

3

キーのか代わりに

となります。

キーを押す

リモートモード中にメディア補正が

行われたことを表します

*リモート . 1 +* [ # 0 1 ]

**. **mm

• 変更した値が登録されます。

• キーの代わりに キーを押すと、ここで補正した内容は一時、有

効となります。 OFF すると、補正値はクリア

されます)

便

使

3-7

ヒーターの設定値を変更する

温度設定の目安(ソルベントインクをご使用の場合)

インクの種類

メディアの種類

Pre ヒーターの設定

Print ヒーターの設定

After ヒーターの設定

光沢塩

40 ℃

40 ℃

50 ℃

ES3 イ ン ク

タ ーポ リ ン

40 ℃

40 ℃

50 ℃

FF

40 ℃

40 ℃

50 ℃

• メディアの状態により、適温に調整してください。

• 水性インクをご使用の場合、温度設定の目安は必要ありません。

SS21 イ ン ク

全 メ デ ィ ア

35 ℃

35 ℃

50 ℃

ヒーターの温度設定を変更する

ここでは、「オンドセッテイ」と「ジカンセッテイ」の各項目の設定をします。

オンドセッテイ

ジカンセッテイ

スタンバイ

OFF ジカン

プラテン内に内蔵されているプリヒーター ・ プリント

ヒーター ・ アフターヒーターの設定温度を変更しま

す。

作図終了後から、 ヒーターが予熱温度に下がり始める

までの時間を設定します。

設定値

: ナシ、 0 ~ 90min (10min 単位 )

• 予熱温度はあらかじめ設定されています。変更はでき

ません。

• 温度が下がった状態でデータを受信すると、自動的に

設定温度まで上がってから作図を開始します。

• 設定値を「ナシ」にしていると、ヒーターは予熱温度

にはなりません。

以下の場合にヒーターをオフにします。

• スタンバイ時に設定時間以上作図しない場合

• スタンバイの設定を「ナシ」にしているとき、作図終

了後に設定時間以上作図しない場合

設定値

: ナシ、 0 ~ 90min (10min 単位 )

ヒーターがオフの状態でデータを受信すると、 自動的

に設定温度まで上げてから作図します。

•「ナシ」に設定すると、ヒーターはオフになりません。

•「0min」に設定すると、作図終了でオフとなります。

1

2

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

< E N T >

: タイフ ゜ 1

3-8

ヒーターの設定値を変更する

5

6

3

4

を押して、タイプ

1 4)を選択する

キーを押す

を押して、

[ ヒーター ] を選択する

キーを

2 回押す

• ヒーターの温度設定画面が表示され

ます。

7

を押して、

各ヒーター温度を設定する

ヒーターの選択 :

温度の設定

:

で選ぶ

で設定

8

キーを押す

9

10

を押して、

[ ジカンセッテイ ] を選択する

キーを押す

[ 1 ]

メテ゛ ィア ホセイ < e n t >

[ 1 ]

ヒーター < e n t >

P R E P R T A F T

2 5 ゜C 2 5 ゜C 3 5 ゜C

P R E P R T A F T

3 5 ゜C 4 0 ゜C 5 0 ゜C

設定温度: 20 50

[ 1 ] ヒーター

オン ト ゛ セッテイ

[ 1 ] ヒーター

シ゛ カン セッテイ

< e n t >

便

使

< e n t >

3

スタンハ゛ イ

1 0 m i n :

: O F F シ゛ カン

ナ シ

3-9

11

設定する

項目の選択

:

時間の設定 :

12

キーを押す

を 押 し て

で選ぶ

で設定

13

終了するとき、 キーを数回押す

• ローカルモードに戻ります。

スタンハ゛ イ

1 0 m i n :

: O F F シ゛ カン

ナ シ

設定値:ナシ、 0 90

(10 分単位 )

• 本装置は、20 ~ 35 ℃の環境で使用してください。周囲の温度条件により、設定値

まで温度が上昇しない場合があります。

適温調整(ソルベントインクをご使用の場合)

ヒーター温度を調整する際の適温設定について説明します。

ヒーターの温度はメディアの種類、環境温度などにより異なります。各メディアに適した温度

に設定します。非コートメディアやインク乾燥の遅いメディアは、インクの定着性、乾燥性を

アップさせます。

以下の方法で、確認しながら適温に設定してください。

ヒーター温度を設定する

(

P.3-8)

【】【】キーで

メディアを前後に

動かしてみる

CONSTANT ランプが点灯するまで放置する

Yes

Yes

ヒーター温度を

下げる

メディアにシワがよっているか

?

No

プラテンへの張り付きがあるか

?

No

メディア補正を行う

(

P.3-5)

最初は温度を

高く設定する

Yes

ヒーター温度を

上げる

試し書きとして実際に作図する

ビーディングが発生しているか

?

No

終了

3-10

ヒーターの設定値を変更する

ヒーター温度が設定温度に達していないと

ソルベントインクをご使用の場合、ヒーター温度やインクの受容量

( インクリミット)が低す

ぎると、ビーディングやバンディングなど作図不良になります。

ビーディングとは、隣り合ったドットが引き合ってくっつくことです。ビーディングが発生す

るとブツブツ状のムラになったり、パスの間隔で帯状の横ムラ ( バンディング ) になったりし

ます。

ビーディングの例

単色のマゼンタ

100 パーセント付近は、綺麗にプリントされています。単色の 70 ~ 100 パー

セント付近はメディア送りムラの影響を非常に受けやすい部分です。この部分にムラが無いこ

とから、メディアの送り補正は適正に調整されていることがわかります。

綺麗にプリントされた状態

ところが、

M100% + C100% のブルー部分にはブツブツのムラと、バンディングが発生して

います。これがビーディングによるバンディングです。ヒーターの温度が低かったり、メディ

アのインク受容量

( インクリミット ) が低いと、先に着弾したインク粒が定着する前に、次の

インク粒が着弾し、ドットがくっついたり分布が均一でなくなり、ムラやバンディングが発生

します。

ビーディングを防ぐには、ヒーターの温度を上げてメディアのインク受容量

( インクリミット

) を上げたり、インク量をメディアに合わせて調整したり、パス数を増やして少しずつインク

を打ち込む、スキャンウェイトで時間をかせぐなどの対策をとる必要があります。

上記対策を行ってもビーディングが解消されない場合はメディアを変更してください。

3

便

使

バンディングが発生した状態

3-11

作図方式の設定をする

作図方式の設定では、作図に関する次の各項目の設定をします。

• 作図品質 (DRAFT) : DRAFT モード ( スキャン方向の解像度が 540dpi) の作図品質を設定

• 作図品質 (FINE) : FINE モード ( スキャン方向の解像度が 720dpi) の作図品質を設定

• スキャン方向 : 作図方向を設定

• ロジカルシーク : ロジカルシークの ON/OFF を設定

• 白重ね作図 : SS21 白インク使用時、白インク印字後の他カラーの印字方法を設定

作図品質の設定

4

5

6

1

2

3

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ サクズホウシキ ] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

[ 1 ]

サクス゛ ホウシキ

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

D R A F T ヒンシツ < e n t >

7

設定する項目を選ぶ

(1)

(2)

を押して

[DRAFT ヒンシツ ] または [FINE ヒンシツ ] を選ぶ(ここ

では、

[DRAFT ヒンシツ ] を選択)

を押す

を押して、

作図品質を選ぶ

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

D R A F T ヒンシツ : ヒ ョウシ゛ ュン

• 設定値 : ヒョウジュン / ハヤイ / キレイ

• ここで設定を終了する場合は、 キーを押して、手順 10 へ進みます。

3-12

作図方式の設定をする

8

9

各解像度での作図品質の詳細を変更したい場合

キーを押して、解像度を

選ぶ

[ 1 ] D R A F T ヒンシツ

5 4 0 x 7 2 0 < e n t >

• 設定値:540x720,540x900,540x1080 dpi (DRAFT 選択時 )

720x540,720x720,720x1080,720x1440 dpi (FINE 選択時 )

(1)

(2)

押して解像度を選ぶ

を押す

パス数と作図速度を選ぶ

(1)

(2)

(3)

[ 1 ] D R A F T ヒンシツ

P A S S = 8 : スキャン= ヒ ョウシ゛ ュン

でパス数を選び、 を押す

で作図速度

( コウソクまたはヒョウジュン) を選ぶ

を押す

• パス数は、インクセットの内容や手順 8 で選んだ解像度により設定値が異なり

10

終了するとき、 キーを数回押す

設定可能な要素の組み合わせ

解像度

(dpi)

540x720 dpi

540x900 dpi

540x1080 dpi

Pass

4

8

16

10

20

40

6

12

24

DRAFT 品質

4

速度

高速

/ 標準

Pass

8

16

32

高速

高速

/ 標準

/ 標準

12

24

48

10

20

40

6

速度

高速

高速

高速

/ 標準

/ 標準

/ 標準

解像度

(dpi)

720x540

720x720

720x1080

720x1440

FINE 品質

4

6

12

24

8

16

32

Pass

6

12

24

4

8

16

速度

高速

/ 標準

高速

/ 標準

高速 / 標準

高速

/ 標準

6

12

24

48

16

32

64

Pass

6

12

24

8

16

32

速度

高速

/ 標準

高速

/ 標準

高速 / 標準

高速

/ 標準

便

使

3

3-13

スキャン方向の設定

1

2

3

4

P.3-12 手順 5 までの操作をする

を押して、

[ スキャンホウコウ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

スキャン方向を選ぶ

• 設定値:ソウホウコウ、タンホウコウ

キーを押す

5

6

終了するとき、 キーを数回押す

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

D R A F T ヒンシツ < e n t >

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

スキャン ホウコウ < e n t >

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

スキャン ホウコウ : ソ ウホウコウ

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

スキャン ホウコウ : タ ンホウコウ

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

スキャン ホウコウ < e n t >

3-14

作図方式の設定をする

ロジカルシークの設定

ロジカルシークの設定により、ヘッドの動作が変わります。

単方向作図 双方向作図

ロジカルシーク

OFF 時の

ヘッドの動き

単方向作図 双方向作図

ロジカルシーク

ON 時のヘッ

ドの動き

3

4

5

1

2

6

P.3-12 手順 5 までの操作をする

を押して、

[ ロジカルシーク ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

ON/OFF を選ぶ

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

D R A F T ヒンシツ < e n t >

3

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

ロシ゛ カルシーク < e n t >

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

ロシ゛ カルシーク : O N

便

使

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

ロシ゛ カルシーク : O F F

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

ロシ゛ カルシーク < e n t >

3-15

白重ね作図の設定

SS21 インクで白インクを使用している場合、白インクを印字後のカラーインクの印字方法を

設定します。

設定値

OFF

ON(LEVEL1~3

*1

)

説 明

白インクとカラーインクを同時に作図します。

白インクを印字してしばらくしてから、カラーインクを印字します。

• LEVEL1~3 について、数字が大きくなるほど白インクを印字してか

らカラーインクを印字するまでの時間が長くなります。

• LEVEL の数字を大きい値に設定すると、白インクの乾燥性は上がり

ますが、印字時間は長くなります。

*1. 本装置で、合成順の設定は行えません。

• 本機能は、SS21 インク(6 色 + 白)充填時のみ設定できます。

• 作図時間は通常の印字より 2 倍以上長くなります。

• 次のような条件で作図をする場合、使用するノズル数が制限されるため、作図速度

が低下します。

作図品質の設定

DRAFT

FINE

解像度

540 x 1080 dpi

1541 mm 以上

720 x 1080 dpi

720 x 1440 dpi

1155 mm 以上

作図幅

1440 x 1440 dpi

1155 mm 以上 (Vd データの場合は 577 mm)

3

4

1

2

P.3-12 手順 5 までの操作をする

を押して、

[ シロ カサネサクズ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

作図方式を選ぶ

• 設定値:OFF、ON(LEVEL 1 ~ 3)

3-16

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

D R A F T ヒンシツ < e n t >

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

シロ カサネサクス゛ < e n t >

[ 1 ] シロ カサネサクス゛

セッテイ : O F F

[ 1 ] シロ カサネサクス゛

セッテイ : O N ( L E V E L 1 )

作図方式の設定をする

5

6

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

[ 1 ] サクス゛ ホウシキ

シロ カサネサクス゛ < e n t >

便

使

3

3-17

乾燥時間の設定をする

5

6

3

4

乾燥時間の設定では、インクの乾燥時間に関する次の各項目の設定をします。

• スキャン : スキャン毎のインク乾燥時間を設定 ( 双方向作図の場合は、往路 / 復路のスキャ

ン毎に設定した時間だけ一時停止する

)

• 作図エンド : 作図終了後のインク乾燥時間を設定

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

2

キーを押す

セッテイ

センタク : タイフ ゜ 1

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ カンソウジカン ] を選ぶ

キーを押す

乾燥時間を設定する

を押して、

項目の選択

:

時間の設定 :

で選ぶ

で設定

[ 1 ]

カンソウ シ゛ カン

スキャン

0 . 0 s

< e n t >

:

: サクス゛エン ト ゛

0 s

作図後:

0 999

スキャン: 0.0 19.9

スキャン

0 . 0 s :

: サクス゛エン ト ゛

0 s

7

8

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

[ 1 ]

カンソウ シ゛ カン < e n t >

3-18

マージンの設定をする

メディアの左右の余白を設定します。

ここでは、標準マージン

15mm に対するオフセット値を設定します。

3

4

1

2

5

6

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ マージン ] を選ぶ

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

[ 1 ]

マーシ゛ ン

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

キーを押す

ヒタ ゛ リ

0 mm :

: ミキ゛

0 mm

を押して、

左右マージンを設定する

項目の選択 :

余白の設定 :

で選ぶ

で設定

左余白:

-10 85mm

(1mm 単位)

右余白:

-10 85mm

(1mm 単位)

ヒタ ゛ リ

0 mm :

: ミキ゛

0 mm

便

使

キーを押す

[ 1 ]

マーシ゛ ン < e n t >

3

7

8

終了するとき、 キーを数回押す

• メディア押さえを使って作図する場合、左右のマージンを -5mm 以下に設定する

と、メディア押さえの上から作図を開始することがあるのでお気をつけください。

3-19

優先順位の設定をする

次の各項目について、本装置での設定

( パネル ) を優先するか、コンピュータでの設定 ( ホス

) を優先するかを選択します。

選択する項目

: メディア補正 / ヒーター / 作図方式 / 重ね塗り / 乾燥時間 / オートカット / プリ

フィード

/ マージン / カラーパターン / リフレッシュ/ 吸着 / フィード速度レベル

3

4

1

2

5

6

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ ユウセンジュンイ ] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

[ 1 ]

ユウセンシ゛ ュンイ

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

[ 1 ] ユウセンシ゛ ュンイ

セッテイ : ス ヘ゛テ ハ゜ネル

7

を押して、

設定値を選ぶ

[ 1 ] ユウセンシ゛ ュンイ

セッテイ : コ ヘ゛ ツ セッテイ

• 設定値 : コベツセッテイ / スベテホ

スト / スベテパネル

• [ コベツセッテイ ] を選んだ場合は手順 7 へ、[ スベテホスト ] または [ スベテパ

ネル

] を選んだ場合は、

キーを押してから手順

11 へ進んでください。

キーを押す

• メディア補正の設定画面が表示され

ます。

[ 1 ] ユウセンシ゛ ュンイ

メテ゛ ィア ホセイ : ホ スト

3-20

優先順位の設定をする

8

を押して、

ホスト

または

パネル を選ぶ

[ 1 ] ユウセンシ゛ ュンイ

メテ゛ ィア ホセイ : ハ ゜ネル

9

キーを押す

• を押しても項目の移動ができます。ただし、

と設定値は確定されません。

10

手順

89 と同様の操作をして、他の項目も設定する

キーを押さない

11

終了するとき、 キーを数回押す

• ホスト優先の設定で、ホストからの指定がない項目については、パネルの設定内容

が有効となります。

3

便

使

3-21

オートクリーニングの設定をする

設定した分の長さだけ作図が終わると自動的にヘッドのクリーニングを実行するように設定

できます。

作図が終了すると、本装置が前回ヘッドをクリーニングしてから行った作図長をカウントし、

クリーニングが必要な場合は、自動的にクリーニングを行います。

ヘッドを常に清潔に保つことで、安定した出力結果が持続します。

クリーニングは、装置起動後の最初の作図前に行い、以降は、作図メートル単位で行います。

80cm 長の画像を 5 枚作図する場合は 13

5 枚目の作図前にクリーニングが行われます。

作図長

: 1.6m クリーニングする (3 回目 )

作図長

: 0.8m クリーニングしない

作図長 : 1.6m クリーニングする (2 回目 )

作図長 : 0.8m クリーニングしない

作図長

: 0.0m クリーニングする (1 回目 )

動作間隔が

1000 ㎜ の場合の例

1

2

3

4

5

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、タイプ( 1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ オート

クリーニング

] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

[ 1 ]

オート ク リーニンク ゛

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

[ 1 ] オート ク リーニンク ゛

セッテイ : O F F

3-22

オートクリーニングの設定をする

6

を押して、

ON を選

• OFF を選んだ場合は、手順 9 へ進ん

でください。

[ 1 ] オート ク リーニンク ゛

セッテイ : O N

7

8

キーを押す

を押して、

クリーニング間隔とクリーニ

ングタイプを設定する

項目の選択 :

間隔とタイプの設定

:

で選ぶ

で設定

9

キーを押す

10

終了するとき、 キーを数回押す

カンカク

1 0 0 0 mm

: タイフ ゜

: ノ ーマル

間隔:

10 10000mm

タイプ:ノーマル

ソフト

ハード

カンカク

1 0 0 0 mm

: タイフ ゜

: ノ ーマル

• インクニアエンドが発生している場合、本機能は動作しません。12 ページの「イン

クカートリッジを交換する」を参照して、インクニアエンドを解消してください。

• ヘッド等の状態によっては、本機能を実行しても作図不良が復旧しない場合があり

ます。この場合は、弊社サービスおよび販売店にサービスコールしてください。

3

便

使

3-23

作図中クリーニングの設定をする

作図中、自動的にヘッドのクリーニングを行うか設定します。

作図中クリーニングでは、クリーニング間隔を作図した長さで設定します。

設定した長さを作図するごとに作図を中断し、自動的にヘッドのクリーニングを行います。

3

4

1

2

5

6

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

を押して、

[ サクズ

チュウクリーニング

] を選ぶ

キーを押す

ON を選ぶ

を押して、

• OFF を選んだ場合は、手順 9 へ進ん

でください。

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

< E N T >

: タイフ ゜ 1

[ 1 ]

サクス゛チュウ ク リーニンク ゛ < e n t >

[ 1 ] サクス゛チュウ ク リーニンク ゛

セッテイ : O F F

[ 1 ] サクス゛チュウ ク リーニンク ゛

セッテイ : O N

7

8

キーを押す

を押して、

クリーニング間隔とクリーニ

ングタイプを設定する

項目の選択

間隔とタイプの設定

:

:

で選ぶ

で設定

カンカク

1 0 0 0 mm

間隔:

10 10000mm

タイプ:ノーマル

ソフト

ハード

カンカク

1 0 0 0 mm

: タイフ ゜

: ノ ーマル

: タイフ ゜

: ノ ーマル

3-24

作図中クリーニングの設定をする

9

キーを押す

10

終了するとき、 キーを数回押す

• インクニアエンドが発生している場合、本機能は動作しません。P.1-12 「インク

カートリッジを交換する」を参照して、インクニアエンドを解消してください。

• ヘッド等の状態によっては、本機能を実行しても作図不良が復旧しない場合があり

ます。この場合は、弊社サービスおよび販売店にサービスコールしてください。

便

使

3

3-25

メディア検出の設定をする

メディアをセットしたときの検出方法とメディアをカットするときの検出タイプを設定しま

す。

3

4

1

2

5

6

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

を押して、

[ メディアケンシュツ ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

• メディア検出の設定画面が表示され

ます。

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

[ 1 ]

メテ゛ ィア ケンシュツ

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

[ 1 ] メテ゛ ィア ケンシュツ

ケンシュツ ホウホウ < e n t >

[ 1 ] メテ゛ ィア ケンシュツ

ケンシュツ ホウホウ : セ レク ト

7

を押して、設定値を選ぶ

セレクト

: メディア検出時に

アかを選ぶ

ハバ

を押してロールメディアかリーフメディ

: メディア検出時、キー入力はしないでメディアの幅のみ検出する

( クランプレバーを下げると、自動的に検出を開始します。)

キーを押す

[ 1 ] メテ゛ ィア ケンシュツ

ケンシュツ ホウホウ < e n t >

8

9

を押して、

[ カットジケンシュツ ] を選ぶ

[ 1 ] メテ゛ ィア ケンシュツ

カッ ト シ゛ ケンシュツ < e n t >

3-26

メディア検出の設定をする

10

キーを押す

[ 1 ] メテ゛ ィア ケンシュツ

ケンシュツ : リ ョウ エッシ゛

11

12

を押して、設定値を選ぶ

• 設定値:リョウエッジ / ヒダリエッジ / ミギエッジ / ナシ

キーを押す

13

終了するとき、 キーを数回押す

• [ カットジケンシュツ ] で設定値を “ リョウエッジ ” 以外に設定すると、カット時間

は短縮されますが、メディアスキューがあった場合に切り残しが発生する場合があ

ります。

3

便

使

3-27

その他の設定

6

7

8

3

4

5

使い方に合わせて設定を変えてください。

1

ローカルモードで、

キーを押す

2

キーを押す

を押して設定する項目を選ぶ

• 設定一覧表を参照して選んでください。

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

を押してタイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

キーを押す

を押して設定値を選ぶ

• 設定一覧表を参照して選んでください。

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

• 設定した値は、電源を “OFF” にしても保持しています。

< E N T >

: タイフ ゜ 1

3-28

その他の設定

設定一覧表

お買い上げ時は、下線の設定になっています。

機能名

メディア補正の設定

ヒーターの設定

作図方式の設定

重ね塗りの設定

乾燥時間の設定

オートカットの設定

プリフィードの設定

マージンの設定

カラーパターンの設定

リフレッシュの設定

概 要

メディアの送り量を補正。

ヒーターの温度を設定。

ヒーターのスタンバイ時間と

OFF

時間を設定。

作図品質を設定。

スキャン方向を設定。

ロジカルシークを設定。

白重ね作図を設定。

インクの重ね塗り回数を設定。

スキャンごとのインクの乾燥時間

を設定。

作図終了後のインクの乾燥時間

を設定。

作図後、自動でメディアをカット

するか設定。

作図前にメディアを前後搬送させ

るか設定。

メディア左余白を設定。

メディア右余白を設定。

メディア右端にカラーパターン

を作図するか設定。

ヘッドのリフレッシュレベルを

設定。

吸着の設定

フィード速度レベルの

設定

優先順位の設定

オートクリーニングの

設定

作図中クリーニングの

設定

メディア検出の設定

送り原点の設定

メディアを吸着する力を設定。

作図中などにメディア送りをする

速度を変更する。

優先する設定

決定する。

( パネル / ホスト) を

設定値

P.3-5 を参照してください

P.3-8 を参照してください

P.3-12 を参照してください

1 ~ 9 回

P.3-18 を参照してください

ON / OFF

ON / OFF

P.3-19 を参照してください

ON / OFF

0 ~ 3

ツヨイ

/ ヒョウジュン / ヤヤヨワ

イ / ヨワイ /OFF

10 ~ 100 ~ 200%

コベツセッテイ

/

スベテホスト /

スベテパネル

作図ごとに行う、ヘッドの自動

クリーニング動作を設定。

作図中に行う、ヘッドの自動

クリーニング動作を設定。

メディア検出動作を設定。

カット動作時の検出条件を設定。

作図原点の位置変更時、メディア

送り方向を

LED ポインタに合わせ

たいときに設定する。

P.3-22 を参照してください

P.3-24 を参照してください

P.3-26 を参照してください

ON / OFF

3

便

使

3-29

設定した内容を初期状態に戻す

5

6

7

設定リセットはタイプ別に実行できます。

1

ローカルモードで、

キーを押す

2

キーを押す

3

4

を押して、

[ セッテイリセット ] を選ぶ

F U N C T I O N

セッテイ

セッテイ

センタク

を押して、タイプ(

1 4)を選び、

キーを押す

[ 1 ]

セッテイ リセッ ト

キーを押す

キーを押す

• 設定を初期化します。

終了するとき、 キーを数回押す

[ 1 ] セッテイ リセッ ト

リセッ ト

< E N T >

: タイフ ゜ 1

< e n t >

: e n t

3-30

マシン設定

2

本装置を快適に使用するための各種設定です。マシン設定には「マシン設定」と「マシン設定

2」があります。

マシン設定

1・2 で設定できる内容は、次の項目です。

ハイキ

ファン

*2

項  目

設定値

*1

テイシ

タイマー

0~120~240min/

レンゾク

キリカエ

ON / OFF

カンソウフィード

スタンプセッテイ

ハイインクタンク

ワーニング

テストサクズハイチ

インク キョウキュウ

*3

ユウセン

シツオン

*4

ON / OFF

ON / OFF

ON / OFF

FEED ホウコウ /

SCAN ホウコウ

ザンリョウ

ユウコウキゲン

トウタツヲマタナ

トウタツヲマツ

内  容

作図終了後、排気ファンの回転を停止するまでの

時間を設定します。

現在の排気ファンの動作状態を切り替えます。

作図終了後、メディアを乾燥させるためのフィー

ドを行うか設定します。

作図終了後に、出力日時・作図条件を出力する設

定を行います。

廃インクタンクの確認メッセージを表示させるか

設定します。

テスト作図を繰り返し実行したときの、テストパ

ターンの配置方向を設定します。

ダブルカートリッジ自動切替機能で、優先して使

用するカートリッジを設定します。

室温が使用可能範囲外になっているためにエラー

が発生した時の動作を設定します。 (

P.3-38)

カクニンフィード

ジコクセッテイ

ON / OFF

テスト作図後、結果を確認するためのフィード設

定ができます。

ON に設定すると、 を押してメディア

を 元 の 位 置 に 戻 す た め の「メ デ ィ ア モ ド シ

フィード」の設定に移ります。

現在の日付と時刻を設定します。

タンイ

セッテイ

温度

長さ

℃(摂氏)

/ ゜ ( 華氏) mm / inch

温度の表示単位を設定します。

マシン

メイショウ

キーブザー

01 ~ 99

ON / OFF

長さ、面積の表示単位を設定します。

USB2.0 インターフェイスを使用した複数台接続

時の装置認識のためのマシン名称

( マシン№ ) を

設定します。

キーを押したときのブザー音を設定します。

*1. お買い上げ時は、下線の設定になっています。

*2. ハイキファンはオプションです。

*3. 4 色インクセットの場合のみ有効となります。

*4. ファームウェアバージョン V4.60 以降対応。

3

便

使

3-31

ハイキファンの設定をする

ファンは作図中は動作し、作図終了後からは

“ テイシタイマー ” の設定に従って動作します。

ハイキファンの設定では、次の

2 項目の設定ができます。

• テイシタイマー : 作図終了からファン動作を停止するまでの時間を設定します。

• キリカエ : “ON” にすれば、作図中でなくてもファン動作を実行できます。

• 排気ファンは乾燥排気ユニットに含まれるオプション品となります。

• 乾燥ファンを装着している場合、乾燥ファンの設定はここで設定した内容に連動し

て動作します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

2

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

F U N C T I O N

マシン セッテイ < E N T >

3

4

キーを

2 回押す

ハイキ ファン

テイシ タイマー

を押して、設定する項目を選ぶ

テイシタイマー

: 作図終了から排気ファンが停止するまでの時間を設定

キリカエ

: ファンを動作させたいときに選ぶ

キーを押す

< e n t >

5

6

7

を押して、設定値を選ぶ

テイシタイマー

: 0 ~ 240 秒または連続運転

キリカエ : 動作させるときに ”ON” を選び、動作を停止させるとき ”OFF” を選ぶ

キーを押す

• 終了するとき、

キーを数回押します。

3-32

マシン設定

5

6

7

8

カンソウフィードの設定をする

作図完了後、メディアを乾燥させるためのフィードを行うか設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

2

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

F U N C T I O N

マシン セッテイ

3

4

キーを押す

を押して、

[ カンソウフィード ] を選ぶ

マシン セッテイ

ハイキ ファン

マシン セッテイ

カンソウ フィート ゛

キーを押す

を押して、

ON/OFF を選ぶ

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

カンソウ フィート ゛

セッテイ

< E N T >

< E N T >

< e n t >

< e n t >

3

: O N

便

使

3-33

5

6

7

8

スタンプの設定をする

作図完了後に、作図条件や作図日時などの情報を出力するか設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

2

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

F U N C T I O N

マシン セッテイ

3

4

キーを押す

を押して、

[ スタンプセッテイ ] を選ぶ

マシン セッテイ

ハイキ ファン

マシン セッテイ

スタンフ ゜ セッテイ

キーを押す

を押して、

ON/OFF を選ぶ

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

スタンフ ゜ セッテイ

スタンフ ゜

< E N T >

< E N T >

< e n t >

< e n t >

: O F F

3-34

出力の例

マシン設定

3-35

便

使

3

テストサクズハイチの設定をする

テスト作図を繰り返し実行するときの、作図されるテストパターンの配置方向を設定できま

す。

:設定値が

“FEED ホウコウ のとき

:設定値が “SCAN ホウコウ のとき

メディアフィード方向

5

6

3

4

1

2

ローカルモードで、

キーを押す

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

[ テストサクズハイチ ] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ

マシン セッテイ

ハイキ ファン

< E N T >

< E N T >

< e n t >

マシン セッテイ

テスト サクス゛ ハイチ < e n t >

テスト サクス゛ ハイチ

セッテイ : F E E D ホウコウ

を押して、設定値を選ぶ

FEED ホウコウ : メディアのフィード ( 奥行き ) 方向に配置(お買い上げ時の設定)

SCAN ホウコウ : メディアのスキャン ( 横 ) 方向に配置

3-36

7

8

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

マシン設定

便

使

3

3-37

5

6

3

4

シツオンの動作条件を変更する

本機を設置している場所の温度

( 室温 ) が使用可能範囲から外れている状態で作図をすると、

インクの吐出不良や色味が変わるなど、作図品質に悪影響を及ぼします。

ここでは、作図時に室温が使用可能範囲から外れていた場合の動作を選択します。

• 使用可能範囲について、詳しくは P.6-3「使用可能温度」を参照してください。

• 作図開始時に室温が適正範囲外になっていると、以下のエラーメッセージを表示し

てお知らせします。

* * * * E R R O R 1 2 0 * * * *

シツオン ヒクイ ( X X°C )

* * * * E R R O R 1 2 1 * * * *

シツオン タカイ ( X X°C )

* メッセージ内に表示される温度は、装置内部の温度です。実際の室温とは異なりますので、

ご注意ください。

1

2

ローカルモードで、

キーを押す

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ

< E N T >

< E N T >

キーを押す

を押して、

[ シツオン ] を選ぶ

キーを押す

マシン セッテイ

ハイキ ファン

マシン セッテイ

シツオン

シツオン

センタク

< e n t >

< e n t >

: ト ウタツ ヲ マタナイ

を押して、設定値を選ぶ

トウタツ

マタナイ : エラーメッセージを一瞬表示した後、作図を開始する。

トウタツ

マツ : エラーメッセージを表示した後、室温が適正値になるまで

待ってから作図を行う。

3-38

7

8

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

マシン設定

便

使

3

3-39

カクニンフィードの設定をする

テスト作図後に、作図結果を確認するためにメディアのフィードを行うか設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

2

を押して、

[ マシンセッテイ 2] を選ぶ

F U N C T I O N

マシン セッテイ2 < E N T >

3

4

キーを

2 回押す

ON を選ぶ

を押して、

• [OFF] を選んだ場合は、手順 7 へ進

んでください。

カクニン フィート ゛

セッテイ : O N

5

[ メディアモドシフィード ]

設定をするとき、

キーを押す

カクニン フィート ゛

メテ゛ ィア モト ゛シ フィート ゛ : O N

6

を押して、

ON/OFF を選ぶ

カクニン フィート ゛

メテ゛ ィア モト ゛シ フィート ゛ : O F F

• メディア戻しフィードをONにすると、

確認フィードでフィードしたメディアを少し戻します。

• メディアを戻したくないときは、OFF に設定してください。

キーを押す

マシン セッテイ2

カクニン フィート ゛ < e n t >

7

8

終了するとき、 キーを数回押す

3-40

マシン設定

ジコクの設定をする

7

8

1

2

3

4

5

6

ローカルモードで、

キーを押す

を押して、

[ マシンセッテイ 2] を選ぶ

キーを押す

を押して、

[ ジコクセッテイ ] を選ぶ

キーを

2 回押す

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ2

マシン セッテイ2

カクニン フィート ゛

< E N T >

< E N T >

< e n t >

マシン セッテイ2

シ゛ コク セッテイ < e n t >

シ゛ コク セッテイ

2 0 1 2 . 1 0 . 0 5 1 5 : 3 0 : 0 0

3

年月日 / 時分の選択 :

年月日 / 時分の入力 :

を押して、時刻を入力する

で選ぶ

で入力

キーを押す

• 入力した時刻が表示されます。

シ゛ コク セッテイ

2 0 1 2 . 1 0 . 0 5 1 5 : 3 0 : 0 0

終了するとき、 キーを数回押す

便

使

3-41

3-42

• 過去の時刻設定は、現在の表示時刻より 8 時間前の時刻までしか設定できません。

• 誤って、現在の時刻より未来の時刻を設定した場合、手順 7 で次の操作をすると、

前回設定した時刻に戻すことができます。

(1) 手順 7 で

キーを押す (入力した時刻と前回設定した時刻が表示され

る)

(2)

キーを押す

変更内容を戻せるのは、一つ前の変更までです。また、変更前の時刻は、経過した

時間分進んでいます。

マシン設定

5

6

3

4

タンイの設定をする

本装置で使用する単位を設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

2

を押して、

[ マシンセッテイ 2] を選ぶ

キーを押す

を押して、

[ タンイセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ2

マシン セッテイ2

カクニン フィート ゛

マシン セッテイ2

タンイ セッテイ

オン ト ゛

゜ C

項目の選択 :

単位の設定 :

キーを押す

を押して、単位を選ぶ

で選ぶ

で入力

マシン セッテイ2

タンイ セッテイ

7

8

終了するとき、 キーを数回押す

< E N T >

< E N T >

< e n t >

< e n t >

:

: ナカ ゛サ m m

< e n t >

3

便

使

3-43

5

6

3

4

マシンメイショウの設定をする

USB2.0 インターフェイスを使用した複数台接続時の装置認識のためのマシン名称 ( マシン№ )

を設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

2

を押して、

[ マシンセッテイ 2] を選ぶ

F U N C T I O N

マシン セッテイ2 < E N T >

7

8

キーを押す

を押して、

[ マシンメイショウ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

マシン名称

(01~99) を選ぶ

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

マシン セッテイ2

カクニン フィート ゛

マシン セッテイ2

マシン メイショウ

マシン セッテイ2

マシン メイショウ

< e n t >

< e n t >

マシン メイショウ

J V 3 3 - 0 1 < e n t >

マシン メイショウ

J V 3 3 - 1 0 < e n t >

< e n t >

3-44

マシン設定

7

8

5

6

キーブザーの設定をする

キーを押したときのブザー音を設定します。

1

ローカルモードで、

キーを押す

2

を押して、

[ マシンセッテイ 2] を選ぶ

3

4

キーを押す

を押して、

[ キーブザー ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

ON/OFF を選ぶ

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ2

マシン セッテイ2

カクニン フィート ゛

マシン セッテイ2

キー フ ゛サ゛ー

キー フ ゛サ゛ー

セッテイ

キー フ ゛サ゛ー

セッテイ

マシン セッテイ2

キー フ ゛サ゛ー

< E N T >

< E N T >

< e n t >

< e n t >

: O N

: O F F

< e n t >

• 設定を "OFF" にしても、エラー / 警告 / 動作完了等のブザー音を消すことはできま

せん。

3

便

使

3-45

インクの有効期限を延長する

通常は期限切れ後

2ヶ月で使用不可となるインクの有効期限を、期限切れの月から 6ヶ月延長

できます。

インクの有効期限を延長する

以下の設定・確認画面は、本機の電源を ON にしたときや、期限切れのインクカートリッジを

セットしたときに表示されます。

• 一度延長 [YES] を設定したカートリッジは、設定の変更ができません。

• 複数の期限切れインクをセットしてから、期限延長を設定すると、複数のイン

クの有効期限をまとめて延長できます。

• インクの有効期限を延長して使用すると、印刷画質が低下したり、色味の変化

やバンディングなど印字品質が低下する可能性があります。このことをご了解

の上、インクの有効期限を延長してください。

• 初期充填では、期限切れ後 2ヶ月以上が過ぎたインクを使用することはできま

せん。

1

右の画面を表示したら

ユウコウキケ゛ ン エンチョウ ?

Y E S < > N O

交互に表示

スイショウ シナイカ ゛ ヨイカ?

Y E S < > N O

2

3

を押して、

[YES] を選ぶ

• インク期限の延長をしないときは、[NO] を選ん

でください。この場合、インク期限が切れてから

2ヶ月すると、インクが使用できなくなります。

キーを押す

• インク期限が延長されます。

ユウコウキケ゛ ン ヲ エンチョウシタ

[ E N T ] ヲ オス

• インクの有効期限を延長した場合、インク期限切れから 6ヶ月が経過するとディス

プレイに

[ カンゼン キゲンギレ ] が表示され、セットしているインクカートリッ

ジは使用できなくなります。速やかに新しいインクカートリッジと交換してくださ

い。

• 有効期限を延長したインクカートリッジからインクを供給しているときは、インク

カートリッジの上にあるカートリッジランプが緑色に点滅してお知らせします。

3-46

インクの有効期限を延長する

インクの有効期限を延長したカートリッジをセットすると

本機にインクの有効期限を延長したカートリッジをセットしている状態で電源をオンにした

ときや、有効期限の延長を設定したカートリッジを本機にセットすると、次の画面を表示しま

す。

キケ゛ ンキ゛ レ インク シヨウチュウ

[ E N T ] ヲ オス

交互に表示

を押す

カ ゛シツテイカ ノ カノウセイ アリ

[ E N T ] ヲ オス

• 上の画面を交互表示しているときに

るインクの確認ができます。

キーを押すと、期限切れになってい

インクの有効期限を延長したときは

( 例 ) 2014 年 2 月が有効期限のインクカートリッジをお使いの場合

• 期限延長をしなかった場合

2 月

連続印刷

可能

3 月

連続印刷

可能

4 月

連続印刷

不可能

5 月~

印刷不可能(使用不可)

ディスプレイに

“ キゲンギレ(2 カゲツ)” または ” カンゼンキゲンギ

“ を表示し、カートリッジランプが赤色点灯

ディスプレイに

“ キゲンギレ(1 カゲツ)“ を表示し、

カートリッジランプが赤色点滅

ディスプレイに “ インクキゲンギレ “ を表示

• 期限延長を実行した場合( で期限延長実行)

2 月

連続印刷

可能

3 月

連続印刷

可能

4 月

連続印

刷不可

5 月~

連続印刷可能

9 月

印刷不可能

(使用不可)

連続印刷

可能

連続印刷

可能

連続印刷

不可能

印刷不可能

(使用不可)

連続印刷可能

印刷不可能

(使用不可)

便

使

3

ディスプレイに “ カンゼンキゲンギレ “ を表示

4 月~ 8 月のいずれのタイミングで期限延長しても、

延長される期間は有効期限から 6 か月です。

3-47

インク供給経路の切替設定

インク供給について、ダブルカートリッジ自動切替機能で優先して使用するカートリッジの状

態を選択できます。

本設定は、

4 色インクセットをお使いの場合のみ有効です。

• ここでの設定に関わらず、有効期限が切れたインクカートリッジがセットされ

ている場合は、期限切れのカートリッジを優先して使用します。

• オプションのバルクインクシステム (MBIS) をお使いの場合、両方のスロットでバ

ルクインクシステム(

MBIS)をセットしていれば、ここで行う設定が有効になり

ます。

• 同色の供給経路にインクカートリッジとバルクインクシステム (MBIS) が混在して

いる場合は、次ページの設定をご参照ください。

1

2

ローカルモードで、

を押して、

[ マシンセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ

F U N C T I O N

マシン セッテイ

< E N T >

< E N T >

3

4

キーを押す

を押して、

[ インク キョウキュウ ユウセン ] を選ぶ

マシン セッテイ

ハイキ ファン < e n t >

マシン セッテイ

インク キョウキュウ ユウセン< e n t >

7

8

5

6

キーを押す

を押して、

優先するカートリッジの状態を選ぶ

インク キョウキュウ ユウセン

センタク : サ゛ ンリ ョウ

ザンリョウ

: 残量が少ないインクカートリッジから供給する

ユウコウキゲン

: 有効期限が短いインクカートリッジから供給する

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

3-48

インク供給経路の切替設定

インクカートリッジと

MBIS を混在している場合

4 色インクセットで、同色の供給経路にインクカートリッジとオプションのバルクインクシス

テム

(MBIS) を混在して使用している場合、優先して使用するインクを選択できます。

• 通常、同色のインク供給経路にインクカートリッジとバルクインクシステム (MBIS)

を混在して使用する場合、バルクインクシステム (MBIS) 側のインクを優先して使

用します。

• 本機能は 4 色インクセットをお使いの場合のみ有効です。

• インクカートリッジとバルクインクシステム (MBIS) が混在している供給経路がな

い場合は、本機能は設定できません。

• 本機能で選択しているカートリッジを引き抜くか電源を入れ直すと設定は無効とな

ります。

1

2

ローカルまたはリモートモードで、

キーを押す

キーを押す

E S 3

サ゛ ンリ ョウ

MM C C Y Y K K

3 4 5 6 7 8 9 9

B U L K / C A R T センタク

B B B

現在、供給している側を表示

B : バルクインクシステム (MBIS)

C : インクカートリッジ

: 混在していない

3

を押して、供給経路

と、どちらを優先するか設定する

経路の選択

優先する側を設定 :

:

で選ぶ

で入力

4

キーを押す

• ローカルまたはリモートモードに戻ります。

B U L K / C A R T センタク

C B B

3

便

使

3-49

装置情報を確認する

本装置の装置情報を確認できます。

確認できる装置情報は、次の項目です。

項  目

エラー履歴

メンテナンス履歴

作図モード履歴

リスト

インクコウカンレポート

*1

バージョン

シリアル&ディーラー№

内  容

現在までに発生したエラー、ワーニング履歴を表示します。

を押して、発生順に発生日時

( 年月日時分 ) とエラー、ワー

ニング情報を切り替えて表示します。

メンテナンス機能を、いつ使ったかの履歴を表示します。

主に、マニュアルによる洗浄機能や、自動 ( 定期、スリープ ) での洗

浄機能について表示します。

電源 ON から現在までに行ったオンライン作図情報 ( 作図条件 ) を表

示します。

50 件)

を押して作図した順番に切り替えて表示します。

装置の設定内容を作図します。

装置で使用したインクの履歴を作図します。

装置のバージョン情報を表示します。

シリアル

No.、ディーラー No. を表示します。

*1. ファームウェアバージョン V4.60 以降対応。

情報を表示させる

2

3

4

1

ローカルモードで、

キーを押す

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

• 本装置の設定リストを作図したい場合は、メディアをセットしてください。

P.2-6)

を押して、

[ ジョウホウ ] を選ぶ

F U N C T I O N

シ゛ ョウホウ < E N T >

キーを押す

を押して、

情報の種類を選ぶ

シ゛ ョウホウ

エラー リレキ < e n t >

3-50

5

キーを押す

• 情報を表示します。

• [ リスト ] を選んだ場合、装置の設定内容が作図されます。

装置情報を確認する

表示される情報について

表示させた情報の見方を説明します。

エラー履歴

発生年月日を

表示

エラー リ レキ

[ 0 1 ] 1 2 . 1 0 . 1 0 1 2 : 1 5

メンテナンス履歴

メンテナンス

内容を表示

[ 0 1 ] 1 2 . 1 0 . 1 0

キャ リ ッシ ゛ アウ ト

1 2 : 1 5

エラー内容を

表示

作図モード履歴

解像度や作図長

などを表示

***** ERROR 0 9 *****

HDC エラー

[ 0 1 ] 7 2 0 x 1 0 8 0

B d . V d . x 1 . 1 L :

. 1 2

1 2 . 3 4m

バージョン

F/W などの

バージョン

情報を表示

J V 3 3 - 1 6 0

MR L - I I I

V 5 . 0 0

V 1 . 2 0

シリアル&ディーラー№

シリアル№

ディーラー№

を表示

S / N = ********

D / N = ********

作図年月日を

表示

サクス ゛ モート ゛ リ レキ

[ 0 1 ] 1 2 . 1 0 . 1 0 1 2 : 1 5

便

使

3

3-51

3-52

第 4 章

日常のお手入れ

この章では

...

インクの交換方法やクリーニングなど、本装置を快適にお使いいただ

くために必要な項目を説明します。

日常のお手入れ

...................................... 4-2

お手入れ上のご注意

............................. 4-2

メンテナンス洗浄液について ............... 4-2

外装のお手入れ

.................................... 4-3

プラテンの清掃

.................................... 4-3

メディアセンサーの清掃

...................... 4-4

メディア押えの清掃 ............................. 4-4

キャッピングステーションのメンテ

ナンス .................................................... 4-5

ワイパーとキャップの清掃 .................. 4-6

ワイパーを交換する

............................. 4-8

インク排出路の洗浄をする前に

......... 4-10

ヘッドノズルの洗浄 ........................... 4-12

インク排出路の洗浄

(PUMP チューブ洗浄 ) ....................... 4-14

長期間使用しない場合

( ホカンセンジョウ) ........................... 4-16

ヘッド周辺の清掃 ................................ 4-18

ノズル詰まりが復旧しない場合 ........... 4-20

インクを充填する ............................... 4-20

ハイシュツ&センジョウ

.................... 4-21

インクの初期充填を行う

.................... 4-23

ドットの位置がずれたら

...................... 4-25

電源オフ時のインク詰まりを防止する

4-27

スリープ中のリフレッシュ間隔を

設定する ............................................. 4-27

スリープ中のチューブ洗浄間隔を

設定する

............................................. 4-28

スリープ中のクリーニング間隔を

設定する ............................................. 4-29

定期動作を設定する ............................. 4-30

作図中の定期ワイピングの動作を

設定する

............................................. 4-30

待機中のリフレッシュ間隔を

設定する ............................................. 4-32

待機中のポンプチューブ洗浄間隔を

設定する

............................................. 4-33

待機中のクリーニング間隔を

設定する

............................................. 4-34

その他のメンテナンス機能 .................. 4-36

ワイパー交換の警告時期を変更する .. 4-36

メディア残量表示の設定をする

......... 4-37

ホワイトインクメンテナンス機能

..... 4-39

昇華転写インクをより安定した品質

で使うために ...................................... 4-42

廃インクタンク確認メッセージが

表示されたら

...................................... 4-46

インクを変更したいとき

.................... 4-50

カッター刃の交換 ................................. 4-51

日常のお手入れ

本装置の精度を保ちながら末永くお使いいただけるよう、使用頻度に応じて、または定期的に

お手入れをしてください。

お手入れ上のご注意

本装置のお手入れをするとき、次の各事項にご注意ください。

• メンテナンス用洗浄液を使用する場合は、必ず付属の保護メガネを使用してくださ

い。

• インクは有機溶剤を使用しています。皮膚に直接付かないように、清掃の際は手袋

を着用してください。

• 本装置を、絶対に分解しないでください。感電および破損する原因になります。

また、お手入れは電源スイッチをオフにし、電源ケーブルを抜いてから行ってくだ

さい。思わぬ事故が発生する原因となります。

• 本装置の内部に水気が入らないようにしてください。内部が濡れると、感電および

破損する原因になります。

• 本装置はインクの吐出安定性を確保するために、長時間ご使用 ( 出力 ) されないと

きには、定期的に微量のインクを吐出

( フラッシング ) させる必要があります。

• 長時間使用されないときには、前面の電源スイッチのみを OFF とし、背面の主電

源スイッチは ON( |の状態 ) およびコンセントは挿入した状態にしておいてくださ

い。

• 有機溶剤インクは、水やアルコールと混ざると凝集物が発生いたします。

ヘッドのノズル面やワイパー、キャップ等を水、アルコールなどで拭かないでくだ

さい。ノズル詰まりや故障の原因になります。

• ベンジン、シンナーや研磨剤の入った薬品は使用しないでください。カバーの表面

が変質・変形する恐れがあります。

• 本装置の内部に潤滑油などを注油しないでください。プロッタ機構が故障する恐れ

があります。

• メンテナンス用洗浄液やインクが、カバーに付着しないように注意してください。

カバーの表面が変質、変形します。

メンテナンス洗浄液について

メンテナンス洗浄液は、お使いになるインクに対応したものをお使いください。

インクの種類

SS21 ソルベントインク

ES3 ソルベントインク

水性顔料インク

昇華転写インク

Eco-PA1 インク

対応するメンテナンス洗浄液

メンテナンス洗浄液

MS2/ES3/HS キット (SPC-0369)

MILD SOLVENT 洗浄液カートリッジ(SPC-0294)[ 別売 ]

洗浄液ボトルキット

A29(SPC-0137)[ 別売 ]

水性洗浄液カートリッジ( SPC-0259)[ 別売 ]

4-2

日常のお手入れ

外装のお手入れ

本体の外装が汚れた場合は、柔らかい布に水、または水で薄めた中性洗剤を含ませ、堅くし

ぼってから拭き取ってください。

プラテンの清掃

プラテン上は、メディアをカットしたときの糸や紙粉等で汚れやすくなります。

汚れが目立つときは、やわらかい毛のハケや乾いた布、ペーパータオルなどで汚れを拭き取り

ます。

• インクが付着している場合は、メンテナンス用洗浄液をペーパータオルに含ませ、

拭き取ります。

• プラテンの清掃は、プラテンの温度が十分下がった状態で行ってください。

• メディア押さえ用の溝や、用紙カット用の溝 ( カッターライン ) などは特に汚れが

たまりやすい場所です。入念な清掃をお願いします。

4

4-3

日常のお手入れ

メディアセンサーの清掃

メディアセンサーは、背面側のプラテン上と、ヘッドの下面にあります。センサーにホコリ等

がたまると、メディアの誤検出の原因となります。

綿棒でセンサーの表面にたまったホコリ等を取り除いてください。

ヘッド下面のセンサーを清掃するときは、 P.4-18「ヘッド周辺の清掃」手順 1 の操作をして、

キャリッジを左端に移動させてから清掃してください。

装置背面 ヘッド下面

メディアセンサー メディアセンサー

メディア押えの清掃

メディア押さえにカットくずやホコリ等がたまると、作図時のメディアの搬送が正常に行えな

くなったり、ホコリ等がノズルに付着して正常な作図ができなくなることがあります。

メディア押さえは、定期的に清掃してください。

メディア押さえ

4-4

キャッピングステーションのメンテナンス

キャッピングステーションにあるインクキャップやワイパー等のメンテナンスをします。

( ステーションメンテナンス )

インクキャップやワイパーは、それぞれ次のような働きをしています。

• ワイパー : ヘッドのノズルに付着したインクを拭き取る

• インクキャップ : ヘッドのノズルが乾燥により、目詰まりするのを防止する

本装置を使用していると、インクやホコリ等でワイパーやキャップが汚れてきます。

ヘッドクリーニングを実行

(

P.2-24) しても、ノズル抜けが解消されない場合は、洗浄キッ

トとクリーンスティックを使用して清掃を行います。

メンテナンスに

必要な道具

• メンテナンス洗浄液キット

ソルベントインクをお使いの場合

:

メンテナンス洗浄液

MS2/ES3/HS キット ( 品番 : SPC-0369)

水性インクをお使いの場合

:

洗浄液ボトルキット

A29( 品番 : SPC-0137)

• クリーンスティック • 手袋 • ゴーグル

• キャッピングステーションのメンテナンスを行うときは、必ず付属のゴーグルと手

袋を着用して作業を行ってください。インクが目に入る場合があります。

• キャリッジを手でキャッピングステーションから出さないでください。キャリッジ

を移動させたいときは、 キーを押し、キャリッジアウトを実行してくだ

さい。

(

P.4-6 手順 1 ~ 2)

4

4-5

ワイパーとキャップの清掃

画質や本装置の状態を良好に保つため、こまめに清掃されることをお勧めします。

• SS21 インクをご使用の場合、ワイパー周辺にインクが付着しやすくなります。週

に 2 回程度 ( プリンタの使用頻度により異なります)、ワイパーと周辺の清掃をして

ください。

• ワイパーの汚れ、曲がりがひどい場合は、新しいワイパーと交換してください。

(

P.4-8)

• 清掃の際は、クリーンスティックの繊維が残らないように注意してください。繊維

が残っていると、作図不良の原因になります。

1

2

ローカルモードで、

キーを押す

キーを押す

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

ステーション メンテナンス

キャリ ッシ゛ アウ ト < e n t >

3

フロントカバーを開けて、

ワイパーを取り出す

• ワイパー両端の突起を持ち、引き抜

きます。

突起

4

ワイパーとブラケットを清掃

する

• ワイパーとブラケットに付着したイ

ンクを、メンテナンス洗浄液を含ま

せたクリーンスティックで拭き取り

ます。

ワイパー

ブラケット

4-6

5

ワイパースライダーを清掃する

• ワイパースライダーに付着したイン

クを、メンテナンス洗浄液を含ませ

たクリーンスティックで拭き取りま

す。

6

ワイパーを元の位置に戻す

• ワイパーの両端を持って差し込みま

す。

キャッピングステーションのメンテナンス

ワイパースライダー

突起

ワイパーカバー

7

キャップゴムやワイパーカ

バーを清掃する

• キャップゴムやワイパーカバーに付

着したインクを、メンテナンス洗浄

液を含ませたクリーンスティックで

拭き取ります。

キャップゴム

8

フロントカバーを閉じ、

キーを押す

• 初期動作後、ローカルモードに戻り

ます。

( カハ゛ー オーフ ゜ ン )

< E N T > ヲ オシテクタ ゛サイ

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

を使わないでステーションメンテナンスをするには

キーを押さなくても、ローカルモードから

ンテを選ぶことができます。

キーを使ってステーションメ

ローカルモードで

を押す

を押し

[ メンテナンス ]

を選ぶ

2 回押す

•ローカルモードから

ときと同じ状態になります。

を押した

4-7

4

ワイパーを交換する

ワイパーは消耗品です。右のメッセージが表示されたら、

速やかにワイパーを交換してください。

また、スライダー下面に付着したインクの清掃をしてくだ

さい。

< ローカル. 1 >

ワイハ゜ー コウカン

[ # 0 1 ]

< M N T >

• クリーニングワイパーは別売品です。お近くの販売店、または弊社営業所でお求め

ください。

• ワイパー交換時以外は、 [ ワイパーコウカン ] を選択しないでください。本装置内部

で管理しているワイパー使用回数がリセットしてしまいます。

1

ローカルモードで、

キーを押す

ステーション メンテナンス

キャリ ッシ゛ アウ ト < e n t >

2

を押して、

[ ワイパーコウカン ] を選ぶ

ステーション メンテナンス

ワイハ゜ー コウカン < e n t >

3

ステーション メンテナンス

シュウリ ョウ : e n t

4

キーを押す

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

フロントカバーを開けて、

ワイパーを取り出す

• ワイパー両端の突起を持ち、引き抜

きます。

突起

4-8

5

新しいワイパーを差し込む

• ワイパー両端の突起を持ち、差し込

みます。

キャッピングステーションのメンテナンス

突起

6

フロントカバーを閉じ、

キーを押す

• 初期動作後、ローカルモードに戻り

ます。

( カハ゛ー オーフ ゜ ン )

< E N T > ヲ オシテクタ ゛サイ

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

4-9

4

インク排出路の洗浄をする前に

インク排出路の洗浄

(PUMP チューブセンジョウ ) をするには、メンテナンス洗浄液がチュー

ブ内に充填されている必要があります。

• 次のメッセージが表示された場合、廃インクタンクを確認し、状況に応じて P.4-46

「廃インクタンク確認メッセージが表示されたら」を参照して操作をしてください。

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

ケイソ ゛ ク< > コウカン

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

コウカン : e n t

メンテナンス洗浄液を充填する

2

3

4

1

メンテナンスメニューの [ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

を押して

[ メンテナ

ンスセンジョウエキ

] を選ぶ

メンテナンス

メンテナンス センシ゛ ョウエキ< e n t >

キーを押す

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

シ ゛ ュウテン < e n t >

5

キーを押す

• 正常なカートリッジをセットしてい

る場合は、手順 6 へ進んでください。

カートリッジをセットする

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

カート リ ッシ゛ : ナシ

END を表示した場合

洗浄液の残量がありません。新しい洗浄

液カートリッジをセットしてください。

イジョウを表示した場合

セットしているカートリッジは洗浄液で

はありません。

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

シ ゛ ュウテン カイシ : e n t

4-10

キャッピングステーションのメンテナンス

6

キーを押す

• 洗浄液の充填を始めます。

3

4

5

メンテナンス洗浄液を排出する

チューブ内の洗浄液を排出したいときは、下の操作をしてください。

1

メンテナンスメニューの

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

キーを押す

2

を押して

[ メンテナ

ンスセンジョウエキ

] を選ぶ

メンテナンス

メンテナンス センシ゛ ョウエキ< e n t >

キーを押す

を押して

[ ハイシュツ ] を選ぶ

キーを押す

• カートリッジが外れている場合は、

手順

7 へ進んでください。

カートリッジを外す

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

シ ゛ ュウテン < e n t >

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

ハイシュツ < e n t >

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

カート リ ッシ゛ : アリ

6

7

キーを押す

• 洗浄液のハイシュツを始めます。

メンテナンス センシ゛ ョウエキ

ハイシュツ カイシ : e n t

4

4-11

2

3

ヘッドノズルの洗浄

インクの凝固によるインク詰まりのを防止するため、ヘッドノズルの洗浄を行います。

事前に確認

してください

[ ニアエンド ][ インクエンド ] は表示していませんか?

• 洗浄動作の際に、洗浄液やインクの吸引を行います。

このとき、インクエンドまたはニアエンドを検出していると、

洗浄動作が行えなくなります。

• インクエンド等、未検出のカートリッジに交換してください。

1

ローカルモードで、

キーを押す

ステーション メンテナンス

キャリ ッシ゛ アウ ト < e n t >

を押して、

[ ノズルセンジョウ ] を選ぶ

キーを押す

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

ステーション メンテナンス

ノス゛ル センシ゛ ョウ < e n t >

ワイハ゜ー ク リーニンク ゛

シュウリ ョウ( ツキ゛ヘ) : e n t

4

ワイパーとブラケットを清掃する

(1) フロントカバーを開け、ワイパー両端の突起を持って引き抜く

(2) クリーンスティックにメンテナンス洗浄液を含ませて清掃する

( 水性インク : SPC-0137、ソルベントインク : SPC-0369)

(3) ワイパー両端の突起を持ち、元の位置に差し込む

突起

5

4-12

キーを押す

センシ ゛ ョ ウエキ ヲ ミ タス

シュウ リ ョ ウ ( ツキ ゛ ヘ )

: e n t

キャッピングステーションのメンテナンス

7

8

6

キーを押し、メンテ

ナンス洗浄液をキャップ一杯

になるまで満たす

キーを押すと、キャップ

に洗浄液が点滴されます。

• 再度、

は止まります。

キーを押すと、点滴

• 点滴を数回繰り返し、キャップから

あふれる寸前まで洗浄液を満たして

ください。

フロントカバーを閉め、

キーを押す

9

を押して、洗浄液の

放置時間を設定する

• 設定値 : 1 ~ 99 分(1 分単位)

キーを押す

• キャップに満たした洗浄液を吸引し

ます。

• 手順 8 で設定した時間だけ、右の画

面を表示します。

• 放置時間が過ぎると、ローカルモー

ドに戻ります。

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ホウチ シ ゛ カン

:

1

m i n

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ホウチ シ ゛ カン

:

2

m i n

* シ ョ キカ チュウ *

シハ ゛ ラ ク オマチク タ ゛ サイ

< ローカル : 1 >

• この洗浄を何回か実行してもノズル抜けが解消されない場合は、「ノズル詰まりが

復旧しない場合」

(

P.4-20) と [ ハイシュツ & センジョウ ] (

P.4-21) を実行し

てください。それでも解消されない場合は、販売店または弊社営業所にご連絡

( サービスコール ) ください。

• 本装置にメンテナンス洗浄液が充填されていない場合は次のようにしてください。

(1) 手順 5 までの操作をする

(2) スポイトでメンテナンス洗浄液をとり、キャップ一杯になるまで満たす

(3) 手順 7 からの操作をする

4

4-13

インク排出路の洗浄

(PUMP チューブ洗浄 )

インク排出路内でのインクの凝固によるインク詰まりを防止するため、定期的にインク排出路

の洗浄をしてください。

• 次のメッセージが表示された場合、廃インクタンクを確認し、状況に応じて P.4-46

「廃インクタンク確認メッセージが表示されたら」を参照して操作をしてください。

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

ケイソ ゛ ク< > コウカン

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

コウカン : e n t

1

2

3

ローカルモードで、

キーを押す

を押して、

[PUMP

チューブセンジョウ

] を選ぶ

ステーション メンテナンス

キャリ ッシ゛ アウ ト < e n t >

ステーション メンテナンス

P U M P チューフ ゛センシ゛ ョウ< e n t >

4

キーを押す

ステーション メンテナンス

シュウリ ョウ : e n t

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

• 空吸引動作(吸引を5秒、停止を10秒)を洗浄の作業が終わるまで繰り返し行

います。

フロントカバーを開ける

フロントカバー

4-14

キャッピングステーションのメンテナンス

5

6

キーを押し、メンテ

ナンス洗浄液をキャップ一杯

になるまで満たす

キーを押すと、キャップ

に洗浄液が点滴されます。

• 再度、

は止まります。

キーを押すと、点滴

• 空吸引が停止している間に点滴を数

回繰り返し、キャップからあふれる

寸前まで洗浄液を満たしてくださ

い。

フロントカバーを閉じ、

キーを押す

• 30 秒間空吸引を実行した後、ローカ

ルモードに戻ります。

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

< ローカル: 1 >

• 本装置にメンテナンス洗浄液が充填されていない場合は次のようにしてください。

(1) 手順 4 までの操作をする

(2) スポイトでメンテナンス洗浄液をとり、キャップ一杯になるまで満たす

(3) 手順 6 の操作をする

4

4-15

長期間使用しない場合

( ホカンセンジョウ)

1 週間以上使用しない場合は、保管洗浄機能を使用し、ヘッドのノズルとインクの排路をク

リーニングしてください。その後、本装置を保管してください。

事前に確認

してください

[ ニアエンド ][ インクエンド ] は表示していませんか?

• 洗浄動作の際に、洗浄液やインクの吸引を行います。

このとき、インクエンドまたはニアエンドを検出していると、

洗浄動作が行えなくなります。

• インクエンド等、未検出のカートリッジに交換してください。

• 次のメッセージが表示された場合、廃インクタンクを確認し、状況に応じて P.4-46

「廃インクタンク確認メッセージが表示されたら」を参照して操作をしてください。

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

ケイソ ゛ ク< > コウカン

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

コウカン : e n t

1

2

3

4

ローカルモードで、

キーを押す

を押して、

[ ホカンセンジョウ ] を選ぶ

ステーション メンテナンス

キャリ ッシ゛ アウ ト < e n t >

ステーション メンテナンス

ホカン センシ゛ ョウ < e n t >

キーを押す

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

ワイハ゜ー ク リーニンク ゛

シュウリ ョウ( ツキ゛ヘ)

ワイパーとブラケットを清掃する

(1) フロントカバーを開け、ワイパー両端の突起を持って引き抜く

(2) クリーンスティックにメンテナンス洗浄液を含ませて清掃する

( 水性インク : SPC-0137、ソルベントインク : SPC-0369)

(3) ワイパー両端の突起を持ち、元の位置に差し込む

突起

: e n t

4-16

キャッピングステーションのメンテナンス

5

6

キーを押す

センシ゛ ョウエキ ヲ ミタス

シュウリ ョウ( ツキ゛ヘ) : e n t

キーを押し、メンテ

ナンス洗浄液をキャップ一杯

になるまで満たす

キーを押すと、キャップ

に洗浄液が点滴されます。

• 再度、

は止まります。

キーを押すと、点滴

• 点滴を数回繰り返し、キャップから溢れる寸前まで洗浄液を満たしてください。

7

8

フロントカバーを閉め、

キーを押す

ステーション メンテナンス

ホウチ シ゛ カン : 1 m i n

を押して、洗浄液の

放置時間を設定する

• 設定値 : 1 ~ 99 分(1 分単位)

ステーション メンテナンス

ホウチ シ゛ カン : 2 m i n

9

キーを押す

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

• ノズルの洗浄を実行します。

• ノズルの洗浄が終了すると、ヘッドがプラテン上に移動します。

10

フロントカバーを開ける

4

11

キーを押し、メンテナンス洗浄液をキャップ一杯に

なるまで満たす

• 再度、

キーを押すと、キャップに洗浄液が点滴されます。

キーを押すと、点滴は止まります。

• 空吸引が停止している間に点滴を数回繰り返し、キャップから溢れる寸前まで洗

浄液を満たしてください。

12

フロントカバーを閉じ、

キーを押す

• 初期動作後、ローカルモードに戻ります。

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

4-17

ヘッド周辺の清掃

ヘッドそのものは非常に微細なメカニズムを採用しておりますので、お手入れの際には十分な

注意が必要です。

スライダ下部、ヘッド周辺にゲル状になったインクや、ホコリが付着することがありますの

で、クリーンスティックなどでこすり落としてください。その際、ヘッドのノズル部分は絶対

にこすらないようにしてください。

清掃に必要な道具 • クリーンスティック • 手袋

• ゴーグル

• 清掃を行うときは、必ず付属のゴーグルと手袋を着用して作業を行ってください。

インクが目に入る場合があります。

• インクは有機溶剤を使用しています。皮膚や目に入った場合は、直ちに水で十分に

洗い流してください。

1

メンテナンスメニューの

[ キャリッジメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

キーを押す

[ キャリッジメンテナンス ] を選び、 キーを押す

• キャリッジが、本装置の左端まで移動します。

2

3

メンテナンスカバーを外す

左に回す

(1) メンテナンスカバーを止めている

4 つのネジを左に回して取り除く

(2) メンテナンスカバーを外す

• メンテナンスカバーが開けづらい場

合は、付属のドライバーを使って開

けてください。

メンテナンス

カバー

ネジ

ネジ

ヘッドの側面などに付着したインクをクリーンスティックで拭き取る

• ノズル部分は、絶対にこすらないでください。

クリーンスティックまたはウェスで清掃します。

4-18

ノズル部分

( 絶対に触らないでください)

ヘッドの側面

( 濃い灰色部分 ) をクリーンスティックで清掃します。

ヘッド周辺の清掃

4

5

清掃が終了したら、

キーを押す

カハ゛ーヲ シメテクタ ゛サイ

メンテナンスカバーを閉じ、

キーを押す

• 初期動作後、ローカルモードに戻り

ます。

( カハ゛ー オーフ ゜ ン )

< E N T > ヲ オシテクタ ゛サイ

* ショキカ チュウ *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

• SS21 インクをご使用の場合、ヘッド周辺にインクが付着しやすくなります。週に

2 回程度 ( プリンタの使用頻度により異なります)、ヘッド周辺の清掃をしてくださ

い。

4-19

4

ノズル詰まりが復旧しない場合

ヘッドクリーニング

(

P.2-24) やヘッドノズルの洗浄 (

P.4-12) をしても、ノズル詰まり

が改善しない場合、次の

2 機能を実行してください。

インクジュウテン

ハイシュツ&センジョウ

• インクの充填動作を行い、ノズル詰まりを解消します。

• 専用の洗浄液 ( 別売 ) でヘッド、チューブ、ダンパーを洗浄しま

す。

(

P.4-21)

インクを充填する

1

2

メンテナンスメニューの

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

キーを押す

• 自動的にインク充填を開始します。

• インク充填が終わると、右の表示に

戻ります。

インク シ゛ ュウテン チュウ

0 0 : 0 0

ヘッ ト ゛ メンテナンス

インク シ゛ ュウテン < e n t >

3

終了するとき、 キーを数回押す

4-20

ノズル詰まりが復旧しない場合

ハイシュツ&センジョウ

ヘッド、ダンパー、チューブのインクを排出して、洗浄を実行します。

• この機能をお使いになるには、専用の洗浄液 (P.4-2「メンテナンス洗浄液について」

) が必要です。また、再充填するためのインクが残っているか確認してから作業を

行ってください。

• 次のメッセージが表示された場合、廃インクタンクを確認し、状況に応じて P.4-46

「廃インクタンク確認メッセージが表示されたら」を参照して操作をしてください。

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

ケイソ ゛ ク< > コウカン

*ハイインクタンク ヲ カクニン*

コウカン : e n t

1

2

メンテナンスメニューの

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ ヘッドメンテナンス ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

を押して、

[ ハイシュツ&センジョウ ]

選ぶ

メンテナンス

ハイシュツ&センシ゛ ョウ < e n t >

3

4

キーを押す

インクカートリッジを外す

• ヘッドやチューブに残ったインクが

廃インクタンクに排出されます。

• 排出が終わると、右の画面を表示し

ます。

5

インクステーションに洗浄液

カートリッジをセットする

• 洗浄液の吸引を始めます。

• 吸引が終わると、右の画面を表示し

ます。

インク カート リ ッシ゛ ヲ ハス゛ス

MM C C Y Y K K

* ハイシュツ チュウ *

0 0 : 0 0

センシ゛ ョウ エキ ヲ セッ ト スル

1 2 3 4 5 6 7 8

* キュウイン チュウ *

0 0 : 0 0

センシ゛ ョウ エキ ヲ ハス゛ス

1 2 3 4 5 6 7 8

4

4-21

6

洗浄液カートリッジを外す

• ヘッドやチューブに残った洗浄液が

廃インクタンクに排出されます。

• 排出が終わると、右の画面を表示し

ます。

* ハイシュツ チュウ *

0 0 : 0 0

センシ゛ ョウ エキ ヲ セッ ト スル

1 2 3 4 5 6 7 8

7

インクステーションに洗浄液

カートリッジをセットする

• 洗浄液の吸引を始めます。

• 吸引が終わると、右の画面を表示し

ます。

* キュウイン チュウ *

0 0 : 0 0

センシ゛ ョウ エキ ヲ ハス゛ス

1 2 3 4 5 6 7 8

8

洗浄液カートリッジを外す

• ヘッドやチューブに残った洗浄液が

廃インクタンクに排出されます。

• 排出が終わると、右の画面を表示し

ます。

* ハイシュツ チュウ *

0 0 : 0 0

シ゛ ョウキョウニ オウシ゛テ センタク

E N D < > サイセンシ゛ ョウ

• 廃インクタンクの状態を確認して、洗浄を終了するか、再洗浄するかを選んでく

ださい。

• 再洗浄する場合は

を押して、手順

5 に戻ります。

9

を押す

10

終了するとき、 キーを数回押す

4-22

ノズル詰まりが復旧しない場合

インクの初期充填を行う

[ ハイシュツ&センジョウ ] のあと、次の操作をしてインクの初期充填を行ってください。

1

本装置の電源をオンにする

• 電源をオンにすると [BOOT] を表示

し、続けてファームウェア のバー

ジョンを表示します。

B O O T

J V 3 3 - 1 6 0 V * . * *

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

2

3

4

を押して、充填する

インクタイプを選択する

• キーを押すと、カートリッ

ジの状態が確認できます。

(

P.5-5)

インクタイフ ゜

E S 3 S o l

選択する

を押して、充填するインクセット(充填色)を

E S 3 インクセッ ト

4 - C o l o r ( MM C C Y Y K K )

• お客様の操作で、現在お使いのイン

クセットから他のインクセットへ変

更することはできません。

• インクセットの変更は、弊社営業所

へお申し付けください。

キーを押す

E S 3 - 4 C o l o r インク ヲ セッ ト

- - - - - - - -

4

4-23

ノズル詰まりが復旧しない場合

5

インクステーションにインク

カートリッジセットする

E S 3 - 4 C o l o r インク ヲ セッ ト

- - C - Y - K K

• インクカートリッジをセットする

と、自動的に充填が始まる。

シ゛ ュウテン チュウ

0 0 : 0 0

• インクステーションには、それぞれ差し込むインク色が決まっています。インク

ステーション下にあるカートリッジのラベルに合わせ、インクカートリッジを

セットしてください。

正面側

4 色モデル:

6 色モデル:

6 + 白モデル (SS21)

7 色モデル (Eco-PA1)

8 色モデル (ES3)

ファームウェアバージョン

V4.60 より

6

インク充填が終了すると、

ローカルモードに戻る

< ローカル . 1 > [ # 0 1 ]

ハハ ゛ : ****m m

• 初期充填後に作図したとき、カスレやヌケがある場合は、ヘッドクリーニング

(

P.2-24) またはインク充填 (

P.4-20) をしてください。

手順

5 でインクの充填ができないとき

インクニアエンドやインクエンド、その他各種インクエラーが発生している場合は、インクの

充填を開始しなくなります。

手順

5 でインクの充填が始まらない場合

(1)

(2)

キーを押すと、手順

2 の画面に戻る

キーを押して、インクカートリッジの状況を確認する

(3) インクエラーなどを解消し(

P.5-5)、手順 2 から操作し直す

4-24

ドットの位置がずれたら

ご使用になるメディアの厚みやヘッドの高さ、インクの種類が変わったときは、次の操作をし

て双方向(

Bi)作図時のインクの落下位置を補正し、適正な作図結果を得られるようにしてく

ださい。

パターン作図例

出力方向

1

2

3

4

5

プラス方向に

0 位置から 4 本目が、直線で表示

されています。

この場合のドット位置補正値は

4.0 です。

メディアをセットし、作図原点を設定する

(

P.2-6)

• パターン作図をするには、幅 500mm× 送り 400mm 以上の大きさのメディアが

必要です。

メンテナンスメニューの

[ ドットイチホセイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ ドットイチホセイ ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

キーを押して、

パターン作図を開始する

サクス゛ チュウ

シハ゛ ラク オマチクタ ゛サイ

• 複数のテストパターンを作図します。(作図順にパターン 1,2,3… と呼ぶ)

を押して、パターン

1 のドット位置を補正する

ト ゛ ッ ト イチ ホセイ

ハ゜ ターン1 = 0 . 0

• 補正値:-40 ~ 40

• テストパターンを確認し、往路と復路が 1 本の直線になっている位置が補正値

となります。

• 補正値が -40 ~ 40 の間にない場合は、ヘッドの高さを調整後、手順 2 から操作

をし直してください。

キーを押す

4

4-25

ドットの位置がずれたら

6

7

手順

4 と同様にして、パターン 2~ のドット位置を補正し、

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

4-26

電源オフ時のインク詰まりを防止する

電源スイッチをオフにしても、定期的に装置が起動して、インク詰まりを防止するための各種

動作を行います

( スリープ設定 )。スリープ設定には、以下の項目があります。

機能名

リフレッシュ

チューブセンジョウ

クリーニング

説  明

リフレッシュを実行するまでの間隔を設定します。

ポンプチューブ洗浄を実行するまでの間隔を設定します。

クリーニングタイプと、実行するまでの間隔を設定します。

• 右のメッセージが表示されている場合、スリー

プ設定で設定した動作は実行されません。必要

に応じて

P.4-47 の操作をしてください。

• 装置前面の電源スイッチをオフにする場合は、

廃インクタンクの確認をしてください。

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハイインク タンク カクニン < M N T >

スリープ中のリフレッシュ間隔を設定する

ノズル詰まり防止のため、ノズルから若干のインクを吐出する間隔を設定します。

1

メンテナンスメニューの

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

を押して

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

2

キーを押す

スリーフ ゜ セッテイ

リフレッシュ < e n t >

3

4

キーを押す

を押して、

リフレッシュ間隔を設定する

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

スリーフ ゜ セッテイ

リフレッシュ カンカク

スリーフ ゜ セッテイ

リフレッシュ カンカク

= 1 h

= 1 0 h

5

6

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

スリーフ ゜ セッテイ

リフレッシュ < e n t >

4

4-27

スリープ中のチューブ洗浄間隔を設定する

スリープ中に、メンテナンス洗浄液を使用してキャップとポンプチューブ洗浄を実行するまで

の間隔を設定します。

1

メンテナンスメニューの

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

2

を押して、

[PUMP

チューブセンジョウ

] を選ぶ

スリーフ ゜ セッテイ

P U M P チューフ ゛センシ゛ ョウ< e n t >

3

4

キーを押す

を押して、チューブ

洗浄を行う間隔を設定する

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

キーを押す

スリーフ ゜ セッテイ

センシ゛ ョウ カンカク

スリーフ ゜ セッテイ

センシ゛ ョウ カンカク

= 1 h

= 4 h

5

6

終了するとき、 キーを数回押す

スリーフ ゜ セッテイ

チューフ ゛ センシ゛ ョウ < e n t >

• 本装置に洗浄液が充填されていない場合、手順

5 で右の画面が表示されます。洗浄液を充填

(

P.4-10) し、手順 1 から操作し直してくだ

さい。

**センシ ゛ ョ ウエキ ミ シ ゛ ュウテン**

4-28

電源オフ時のインク詰まりを防止する

スリープ中のクリーニング間隔を設定する

メンテナンス洗浄液が終わってしまった時に、ポンプチューブ洗浄の代わりに使う機能です。

スリープ中のクリーニングタイプと、クリーニングを実行するまでの間隔を設定します。

1

メンテナンスメニューの

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ スリープセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

2

を押して、

[ クリーニング ] を選ぶ

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ < e n t >

3

4

キーを押す

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 1 h

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 4 h

5

6

を押して、クリーニ

ングを行う間隔を設定する

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

キーを押す

• クリーニングタイプの選択画面が表

示されます。

を押して、

クリーニングタイプを選ぶ

• 設定値:ノーマル、ソフト、ハード

キーを押す

7

8

終了するとき、 キーを数回押す

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ タイフ ゜ : ノ ーマル

4

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ タイフ ゜ : ソ フ ト

スリーフ ゜ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 4 h

4-29

定期動作を設定する

電源がオンの状態で定期的な各種動作を実施することで、インク詰まりなどのトラブルを防止

します

( 定期設定 )。定期設定には、以下の項目があります。

機能名

テイキワイピング

リフレッシュ

チューブセンジョウ

クリーニング

説  明

作図中、一定間隔でノズル面をワイピングし結露を取り除きます。

[ スキャンカイスウ ] と [ オンドサ ] の設定ができます。

待機中のリフレッシュ動作を実行するまでの間隔を設定します。

待機中のポンプチューブ洗浄を実行するまでの間隔を設定します。

待機中のクリーニングタイプと、実行するまでの間隔を設定します。

• 右のメッセージが表示されている場合、[ テイキ

ワイピング

] を除き、定期設定で設定した動作は

実行されません。必要に応じて

P.4-47 の操作を

してください。

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハイインク タンク カクニン < M N T >

• 装置前面の電源スイッチをオフにする場合は、廃インクタンクの確認をしてくださ

い。

作図中の定期ワイピングの動作を設定する

作図中に設定したスキャン回数になったら、自動的にワイピング動作を行うことにより、ノズ

ル面でインクが結露するのを防止できます。

次のような場合は、作図途中でしぶき・ボタ落ち・ノズル抜けが発生する場合があります。

定期ワイピングの設定をして、常に快適な作図状態を維持することをお勧めします。

• プリントヒーターを高温に設定している

• 打ち込みインク量を多め ( 高濃度、2 度塗り等 ) に設定している

これは、作図直後のインクがプリントヒーターで加熱され、揮発した溶剤成分がノズル面に結

露してしまうことが原因です。

また、プリントヒーターの設定温度と外気温度との差が大きいほど結露しやすくなります。

1

メンテナンスメニューの

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

を押して

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

2

キーを押す

テイキ セッテイ

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛ < e n t >

3

キーを押す

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

スキャン カイスウ < e n t >

4-30

定期動作を設定する

4

5

キーを押す

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

スキャン カイスウ = 5 0

を押して、

スキャン回数を設定する

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

スキャン カイスウ = 4 0

• 設定値:0 ~ 9990 回

• ヒーターを高温 (50 ℃近辺 ) に設定した場合や、2 度塗り等打ち込みインク量が

多い場合は、

30 ~ 50 回が目安です。

8

9

6

7

キーを押す

を押す

• オンドサの設定画面が表示されます。

キーを押す

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

スキャン カイスウ

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

オン ト ゛サ

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

オン ト ゛サ

< e n t >

< e n t >

= 2 0 ゜C

を押して、

温度差を設定する

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

オン ト ゛サ = 2 0 ゜C

• プリントヒーターの温度設定が外気温度よりも高く、その差が設定した温度差以

上になった場合に、定期ワイピング機能が有効になります。

4

10

キーを押す

11

終了するとき、 キーを数回押す

テイキ ワイヒ ゜ ンク ゛

オン ト ゛サ < e n t >

4-31

待機中のリフレッシュ間隔を設定する

リフレッシュ動作を実行するまでの間隔を設定します。

1

メンテナンスメニューの

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

2

を押して、

[ リフレッシュ ] を選ぶ

テイキ セッテイ

リフレッシュ < e n t >

3

4

キーを押す

を押して、リフレッ

シュ動作を行う間隔を設定す

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

キーを押す

テイキ セッテイ

リフレッシュ カンカク

テイキ セッテイ

リフレッシュ カンカク

= 1 h

= 1 0 h

5

6

終了するとき、 キーを数回押す

スリーフ ゜ セッテイ

リフレッシュ < e n t >

4-32

定期動作を設定する

2

3

4

待機中のポンプチューブ洗浄間隔を設定する

チューブ内において発生するインクの凝固によるインク詰まりを防止するため、定期的にポン

プチューブ洗浄を行います。

• 本機能は、以下の表示のまま放置されているときのみ動作します。

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ローカルモード

*リモート . 1*

リモートモード

[ # 0 1 ]

0 . 0 0 m

1

メンテナンスメニューの [ テイキセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

[PUMP

チューブセンジョウ

] を選ぶ

テイキ セッテイ

P U M P チューフ ゛センシ゛ ョウ< e n t >

5

6

キーを押す

を押して、チューブ

洗浄を行う間隔を設定する

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

テイキ セッテイ

センシ゛ ョウ カンカク

テイキ セッテイ

センシ゛ ョウ カンカク

= 1 h

= 4 h

4

テイキ セッテイ

P U M P チューフ ゛センシ゛ ョウ< e n t >

• 本装置に洗浄液が充填されていない場合、手順

5 で右の画面が表示されます。洗浄液を充填

(

P.4-10) し、手順 1 から操作し直してくだ

さい。

**センシ ゛ ョ ウエキ ミ シ ゛ ュウテン**

4-33

待機中のクリーニング間隔を設定する

メンテナンス洗浄液が終わってしまった時に、ポンプチューブ洗浄の代わりに使う機能です。

待機中のクリーニングタイプと、クリーニングを実行するまでの間隔を設定します。

•「ニアエンド」「インクエンド」等、インクに関係するエラーが発生している場合

は、動作しません。

• 動作中は「ヘッドクリーニング」動作と同じ進行状況を示す表示となり、キー操作

はできません。

(

P.2-24 「ヘッドクリーニング」)

• 本機能は、以下の表示のまま放置されているときのみ動作します。

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ローカルモード

*リモート . 1*

リモートモード

[ # 0 1 ]

0 . 0 0 m

1

メンテナンスメニューの [ テイキセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

を押して、

[ クリーニング ] を選ぶ

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ < e n t >

2

3

4

キーを押す

5

を押して、クリーニ

ングを行う間隔を設定する

• 設定値:OFF,1 ~ 168 時間

キーを押す

• クリーニングタイプの選択画面が表

示されます。

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 1 h

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 4 h

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ タイフ ゜ : ノ ーマル

4-34

定期動作を設定する

6

を押して、

クリーニングタイプを選ぶ

• 設定値:ノーマル、ソフト、ハード

キーを押す

7

8

終了するとき、 キーを数回押す

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ タイフ ゜ : ソ フ ト

テイキ セッテイ

ク リーニンク ゛ カンカク = 4 h

4-35

4

その他のメンテナンス機能

ワイパー交換の警告時期を変更する

ワイパーは消耗品です。ホコリの多い環境などでは、ヘッドが汚れやすくなります。

また、曲がったり摩耗したワイパーではクリーニング効果が得られません。ワイパーレベルを

設定して、環境によってワイパー交換時期の警告を標準より早期に促します。

正常なワイパー 変形したワイパー

10/10

標準のワイピング回数でワイパー交換の警告を表示します。

( 初期値 )

9/10

標準の 9/10 回のワイピング回数でワイパー交換の警告を表示します。

8/10

標準の

8/10 回のワイピング回数でワイパー交換の警告を表示します。

4

5

2

3

1/10

標準の

1/10 回のワイピング回数でワイパー交換の警告を表示します。

1

メンテナンスメニューの

[ ワイパーレベル ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

を押して

[ ワイパーレベル ] を選ぶ

キーを押す

キーを押す

ワイハ゜ー レヘ゛ル

レヘ゛ル : 1 0 / 1 0

を押して、

ワイパーレベルを設定する

• 設定値 :1/10 ~ 10/10

キーを押す

ワイハ゜ー レヘ゛ル

レヘ゛ル : 9 / 1 0

終了するとき、 キーを数回押す

メンテナンス

ワイハ゜ー レヘ゛ル < e n t >

4-36

その他のメンテナンス機能

メディア残量表示の設定をする

メディア残量表示の設定をします。

メディア残量表示を

ON にすると

メディア残量表示を

OFF にすると

リモートモードでメディア残量が表示されます。

リモートモードでメディア残量は表示されません。

• 作図、JOG キーによるフィード量が、メディア残量に反映されます。

• メディア長 ( 残量初期値 ) はロールメディア検出時に入力します。(

P.2-12)

• ここで行う設定は、設定終了後にメディア検出を行わないと有効になりません。

1

メンテナンスメニューの [ メディア ザンリョウ ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ メディア ザンリョウ ] を選ぶ

キーを押す

2

を押して、

ON/OFF を選ぶ

メテ゛ ィア サ゛ ンリ ョウ

セッテイ : O F F

3

4

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

メンテナンス

メテ゛ ィア サ゛ ンリ ョウ < e n t >

4

4-37

メディア残量を作図する

現在のメディア残量を作図することができます。

• メディア残量表示の設定を “ON” にしてください。

• メディア交換時には、今現在お使いのメディアに残量を作図しておくことをお勧め

します。あらかじめメディア残量を作図しておけば、交換したメディアを再度使う

とき、メディア検出後のメディア残量入力画面

(

P.2-12) で正確な数値を入力で

きます。

1

ローカルモードで、

を押す

• 原点設定モードになります。

ケ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 ーーーー

2

を押して、

LED ポインタの光点を変更した

い位置へ合わせる

でキャ

リッジとメディアを移動させ

て選びます。

• 原点を変更しない場合は、

を押さず

に手順 3 へ進んでください。

ケ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 0 . 0

原点位置

( 長さ )

原点位置

( )

• ここで

キーを押すと、原点が変更されローカルモードに戻ります。

3

キーを押す

メテ゛ ィア サ゛ ンリ ョウ サクス゛

< E N T >

を押す

と、手順

2 の画面に戻ります。

キーを押すと、ローカルモードに戻ります。

4

キーを押す

• メディア残量の作図を開始します。

• 作図が終わると、ローカルモードに戻ります。

• 原点を変更して作図すると、以降のデータの作図をするときもここで設定した原点

が有効になります。

4-38

その他のメンテナンス機能

ホワイトインクメンテナンス機能

SS21 ホワイトインクは性質上、しばらく未使用のまま放置すると、ノズル抜けや顔料の沈降

による色ムラが発生してしまいます。

ヘッドクリーニング (

P.2-24) を行っても復旧しなかった場合は、本メンテナンス機能を使

用します。(ファームウェア Ver.4.10 以降対応、本機能はホワイトインクが充填されている場

ホワイトインクメンテナンス機能では、 3 段階のメンテナンスレベルを設定しています。

状況に応じてメンテナンスレベルを選択してください。

LEVEL1

LEVEL2

LEVEL3

次の順序でメンテナンスを行います。

(1) 自動ノズル洗浄機能を実施

*1

(2) クリーニングを行う

*2

次の順序でメンテナンスを行います。

(1) 自動ノズル洗浄機能を実施

*1

(2) ホワイトインクの充填

(3) クリーニングを行う

*2

次の順序でメンテナンスを行います。

(1) 自動ノズル洗浄機能を実施

*1

(2) ヘッドやチューブに残ったホワイトインクを排出

(3) ホワイトインクの充填

(4) クリーニングを行う

*2

*1. ステーションメンテナンスのノズルセンジョウと同様の動作を行います。(放置時間 3 分)

*2. いずれもヘッドクリーニング (

P.2-24) の “ ハードクリーニング ” と同等のクリーニングを行います。

• LEVEL1 から 3 になるに従って、ホワイトインクの消費量は多くなります。

LEVEL2、3 は LEVEL1 でメンテナンスを行っても症状が改善しない場合に行って

ください。

• マシンを長期間未使用のまま放置する場合、およそ 2 週間に 1 回は本機能の

LEVEL1 の実施を推奨します。

• その他、本機能及び、ホワイトインクに関する注意事項は、 カートリッジ梱包袋内

に添付されております。よくお読みになった上でご使用ください。

1

メンテナンスメニューの

[ ホワイトメンテナンス ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

を押して

[ ホワイトメンテナンス ] を選ぶ

キーを押す

2

キーを押す

ホワイ ト メンテナンス

センタク : L E V E L 1

4

4-39

3

を押して、メンテナ

ンスレベルを設定する

ホワイ ト メンテナンス

センタク

• 設定値 :LEVEL1 ~ LEVEL3

• ここでは、LEVEL3 に設定した場合の操作を説明します。

: L E V E L 3

キーを押す

ホワイ ト インクカート リ ッシ゛ ヲ

フッテクタ ゛サイ < e n t >

4

5

ホワイトインクカートリッジを取り外し、

20 回程度ゆっくり

と左右に振る

• 振ったときにインクが漏れ出すのを防ぐため、 手袋を着用して紙タオルなどで

カートリッジ上面の

A 部とカートリッジ底面の B 部をしっかりと塞ぎ、 ゆっく

りとインクを流すように左右に

20 回以上振ります。

• 強く振りすぎると内部のパックを傷つけ、インク漏れの原因となるこ

とがあるため、慎重に行ってください。

• インク残量が少ないと十分にかくはんできない場合があるので、カー

トリッジが縦になるまで傾けてください。

A 部(針の差し口) B 部(底面の隙間)

繰り返す

紙タオルでしっかりと押さえてゆっくり振る

A

4-40

その他のメンテナンス機能

6

7

ホワイトインクカートリッジをセットし、 キーを押す

選択したメンテナンスレベルを表示

• ノズル洗浄を開始します。

• 手順 3 で設定した LEVEL によって、

ノズル洗浄終了後の操作が異なりま

す。

• LEVEL1 : 手順 10 へ進む

LEVEL2 : 手順 9 へ進む

LEVEL3 : 手順 7 へ進む

L v . * > ノス゛ル センシ゛ ョウ

0 3 : 0 0

残り時間を表示

ホワイトインクカートリッジを外す

• ホワイトインクカートリッジを外す

と、装置内に残ったホワイトインク

の排出を行います。

• 排出が終わると、右の画面を表示し

ます。

L v . 3 > ハイシュツ

0 1 : 3 0

インクカート リ ッシ゛ ヲ セッ トスル

_ W _ W _ _ _ _

8

ホワイトインクカートリッジをセットする

9

10

ホワイトインクの充填を開始

する

L v . 3 > シ゛ ュウテン

0 0 : 3 0

• LEVEL2 と LEVEL3 では充填時間が異なります。(LEVEL2 を選択したときの方

が、充填時間が短くなります。

)

4

クリーニングを行う

L v . 3 > ク リーニンク ゛

0 2 : 0 0

4-41

昇華転写インクをより安定した品質で使うために

昇華転写インクをお使いのとき、装置を放置した後に印刷を行うと色材の沈降が原因で色味の

変化が生じることがあります。

定期的にインクカートリッジを振るまたはインク充填を行うことにより、状況が緩和されま

す。 ( インク充填を行う前にも、インクカートリッジを振る必要があります。)

ファームウェアバージョン 5.00 以降では、インクカートリッジを振るまたはインク充填を行

う時期になると、ディスプレイにメッセージ ( 色材沈降予防ワーニング ) を表示してお知らせ

します。

● インクカートリッジを振る時期がきた場合

(MBIS をお使いの場合は表示されません )

カート リ ッシ゛ ヲ フッテ クタ ゛サイ

: e n t

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハハ゛ : * * * * mm

● インク充填を行う時期がきた場合

カート リ ッシ゛ ヲ フッテ クタ ゛サイ

: e n t

MBIS をお使いの場合、このメッセージは表示されません。

[ インク シ゛ ュウテン] ヲ

シ゛ ッコウ シテクタ ゛サイ : e n t

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハハ゛ : * * * * mm

• この表示は、ローカルモードになっているとき、またはリモートモードからローカ

ルモードに切り替えたときに表示されます。

印刷を中断したり、連続印刷を妨げることはありませんが、リモートモード中には

表示されません。印刷しないときは、 キーを押してローカルモードに切り

替えることをお勧めします。

4-42

その他のメンテナンス機能

インクカートリッジの振り方

振ったときにインクが漏れ出すのを防ぐため、手袋を着用して紙タオルなどでカートリッジ上

面の

A 部とカートリッジ底面の B 部をしっかりと塞ぎ、ゆっくりとインクを流すように左右

20 回以上振ります。

• 強く振りすぎると内部のパックを傷つけ、インク漏れの原因となることがあるた

め、慎重に行ってください。

• インク残量が少ないと十分にかくはんできない場合があるので、カートリッジが縦

になるまで傾けてください。

A 部(針の差し口) B 部(底面の隙間)

繰り返す

A

紙タオルでしっかりと押さえてゆっくり振る

• インクカートリッジを強く振りすぎると、内部のパックを傷つけ、インク漏れの原

因となる恐れがありますのでお気をつけください。

• 新品カートリッジの場合は、袋から出す前に振ってください。

• 使用中のカートリッジの場合は、必ず手袋を着用の上、差し込み口側にウェスなど

を押し当てて振ってください。

• インク残量が少ない場合は、十分に撹拌できない可能性があるため、カートリッジ

が縦になるくらいまで傾けてください。

• MBIS をお使いの場合は、エコケースや中間カートリッジを振らないでください。

• MBIS の中間カートリッジは極力、抜き差しをしないでください。インク漏れの原

因となります。

4

4-43

ワーニングメッセージの表示時期を設定する

本装置を設定している環境に合わせて、色材沈降予防ワーニングを表示させる時期を設定して

ください。

• 昇華転写インク Sb52 または Sb53 をお使いの場合、初期状態でメッセージの表示

時期が

72 時間に設定されています。

• 昇華転写インク Sb51 または Sb60 をお使いの場合、初期状態で本機能が無効

(OFF) になっています。

1

メンテナンスメニューの

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

(1) ローカルで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ テイキセッテイ ] を選ぶ

キーを押す

2

を押して、

[Sub-

INK ワーニング ] を選ぶ

テイキ セッテイ

S u b - I N K ワーニンク ゛ < e n t >

5

6

3

4

キーを押す

を押して、動作時間

を設定する

• 設定値:OFF ( 無効 ),12 ~ 120 時間

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

テイキ セッテイ

S u b - I N K ワーニンク ゛ = 7 2 h

テイキ セッテイ

S u b - I N K ワーニンク ゛ = 8 4 h

テイキ セッテイ

S u b - I N K ワーニンク ゛ < e n t >

4-44

その他のメンテナンス機能

ヘッドの高さ調整についてのご注意

昇華転写インクをお使いの場合、ヘッド高さを

5mm(H レンジ / アツイ)にしてお使いになる

と、作図品質に影響がでる場合があります。

ヘッド高さは

4mm(Hレンジ/ウスイ)または、Lレンジにしてお使いになることをお勧めします。

• ヘッド高さが 5mm になっていると、作図開始時

や電源オン時に右のメッセージを表示すること

があります。

キーを押すと、メッセージが消えます。

• 現在のヘッド高さは、次の操作で確認できます。

カ ゛ シツテイカ ノ カノウセイ アリ

ヘッ ト ゛ タカサ カクニン : e n t

(1) ローカルモードで

キーを押す

(2)

キーを数回押して、 “ ヘッドタカサ ” を表示させて確認する

“ ヘッドタカサ: ウスイ ” = ヘッド高さが 2mm

“ ヘッドタカサ: アツイ ” = ヘッド高さが 3mm

“ ヘッドタカサ: ウスイ +” = ヘッド高さが 4mm

“ ヘッドタカサ: アツイ +” = ヘッド高さが 5mm

• ヘッド高さの調整方法は、P.2-6「ヘッド高さを調整する」をご参照ください。

• L レンジ ⇔ H レンジ の変更については、弊社営業へお問い合わせください。

4-45

4

廃インクタンク確認メッセージが表示されたら

ヘッドクリーニングなどで使用したインクは、本装置の右下にある廃インクタンクにたまりま

す。本装置では、インクの排出量を累積カウントし、一定の量になったら確認を促すメッセー

ジを表示します。(廃インクタンク交換の目安としてお使いください。)

インク充填などを実行するときにメッセージが表示されたら

インク充填やヘッドクリーニング、

PUMP チューブ洗浄など、廃インクタンクを使用する機能

を実行するとき、廃インクタンクの状態によって廃インクタンクの確認を促すメッセージを表

示します。

● 廃インクタンクがニアフルの場合

右のメッセージが表示される

*ハイインク タンク カクニン*

ケイソ ゛ ク< > コウカン

1

廃インクタンクの状態を確認する

廃インクタンクが一杯に近い場合

(1) 廃インクタンクを交換 (

P.4-48) する

(2)

キーを押して

” コウカン " を選択する(インク排出量をリセットする)

廃インクタンクに余裕がある場合

(1)

を押して

" ケイゾク " を選択する(インク排出量をリセットしない)

• この場合、ローカルモードにもどると、P.4-47 「ローカルモードでの確認メッ

セージ」のメッセージが表示されます。

● 廃インクタンクがフルの場合

右のメッセージが表示される

1

廃インクタンクを交換

(

P.4-48) し、

• インク排出量のリセットを行います。

*ハイインク タンク カクニン*

コウカン : e n t

キーを押す

• 廃インクタンクがニアフルまたはフルのとき、上の操作で “ コウカン ” を選んだ場

合は、必ず廃インクタンクの交換 (

P.4-48) をしてください。交換しないでその

ままお使いになると、確認メッセージが表示されないうちに廃インクがあふれるこ

とがあります。

• ステーションメンテナンスのノズルセンジョウ、PUMP チューブセンジョウ、ホカ

ンセンジョウをしたときに排出した廃インクは、本装置で累積カウントされませ

ん。これらの操作をする前後は、必ず廃インクタンクの状態を確認してください。

4-46

その他のメンテナンス機能

ローカルモードでの確認メッセージ

右のメッセージが表示される

1

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハイインク タンク カクニン < M N T >

廃インクタンクを確認し、必要に応じて廃インクタンクの交換

をする

(

P.4-48)

廃インクタンクの確認メッセージを表示させたくないとき

廃インクタンクの確認メッセージを表示させないように設定できます。

1

マシンセッテイメニューの

[ ハイインク ワーニング ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ マシンセッテイ ] を選び、

(3)

(4)

を押して

キーを押す

[ ハイインク ワーニング ] を選ぶ

キーを押す

2

を押して、

OFF を選

ハイインク ワーニンク ゛

セッテイ : O F F

3

4

キーを押す

終了するとき、 キーを数回押す

マシン セッテイ

ハイインク ワーニンク ゛ < e n t >

• 廃インクタンクワーニングの設定を ”OFF” にすると、確認メッセージは表示されな

くなります。必ず廃インクタンク内のインク残量を目視で確認するようにしてくだ

さい。

4

4-47

廃インクタンクを交換する

右のメッセージが表示されたら、速やかに廃インクタ

ンクを確認し、状況に応じて交換してください。

< ローカル. 1 > [ # 0 1 ]

ハイインク タンク カクニン < M N T >

持ち上げてから、手前に引く

1

廃インクタンクガードを外す

(1) 廃インクタンクガードを持ち上げ

て、ロックを外す

(2) 廃インクタンクガードを手前に開

廃インクガード

2

廃インクタンクの取っ手を持

ち、手前に引いて取り出す

• 取り出した廃インクタンクにキャッ

プをはめてください。

キャップ

溜まった廃インク

3

廃インクタンクを交換する

(1) 新しい廃インクタンク (SPC-0117)

を用意する

(2) 廃インクタンクの取っ手を持ち、差

し込む

新しい廃インク

タンク

4-48

その他のメンテナンス機能

4

廃インクタンクガードを閉じる

• 廃インクタンクガードのツメを本体の穴に引っ掛けて、ロックしてください。

5

6

7

穴 ツメ

メンテナンスメニューの

[ ハイインクタンクコウカン ] を選ぶ

(1) ローカルモードで、

(2)

を押して

キーを押す

[ メンテナンス ] を選び、

(3)

キーを押す

を押して [ ハイインクタンクコウカン ] を選ぶ

キーを押す

• 本装置で管理しているインク排出量

のリセットを行い、メッセージを解

除します。

ハイインクタンク コウカン

コウカン : e n t

終了するとき、 キーを数回押す

4

4-49

その他のメンテナンス機能

インクを変更したいとき

お使いになっているインクの種類や色を変えることができます。

•「4 色モデル」から「6 色モデル」や「8 色モデル」にするなどインクセットを変更

したい場合は、サービスマンによる作業が必要です。弊社サービスまたは販売店に

お問い合わせください。

インク種類を変更する

ES3 インクから SS21 インクに変更したい場合な

ど、お使いのインク種類を変更するときは、次のよ

うにしてください。

インクカラーを変更する

SS21 インクの「6 色」と「6 色 + 白」を切り替え

たい場合など、お使いのインクカラーを変更すると

きは、次のようにしてください。

装置に残っているインクの「排出」と

ヘッドやチューブの 「洗浄」 を行う

P.4-21 「ハイシュツ&センジョウ」 を

参照してください。

インクの充填を行う

P.4-23 「インクの初期充填を行う」 を

参照してください。

4-50

• インク種類変更の注意事項

現在お使いのインク種類によっては、変更できるインク種類に制限があります。下の

表を確認してください。

PIG

昇華転写インク

SS21 / ES3

PIG

変更したいインク種類

昇華転写インク

SS21/ES3

変更できます

変更できません

弊社サービスまたは販売店に

お問い合わせください

変更できます

*1

*1. ただし、ES3 のシルバーインクやホワイトインクに変更する場合は、弊社サービスによる作業が

必要です。

• インクカラー変更の注意事項

SS21 の白インクを「SS21W」から「SS21W-2」に交換する場合は、別紙『新白イン

(SS21W-2) をお使いになる前に (D201848)』に従って作業を行ってください。

• 洗浄を行うには、専用の洗浄液カートリッジ ( 別売 ) が必要です

現在お使いのインク種類に合った洗浄液カートリッジを使って洗浄を行ってください。

インクの種類

ソルベントインク

水性顔料インク

昇華転写インク

洗浄液の種類

MILD SOLVENT 洗浄液カートリッジ (SPC-0294)

水性洗浄液カートリッジ

(SPC-0259)

カッター刃の交換

カッター刃は消耗品です。切れ味が悪くなってきたら、新しいカッター刃

(SPA-0107) に交換

してください。

• 刃先は鋭利です。ケガをしないようご注意ください。

• カッター刃は、子供の手の届かないところに保管してください。また、使用済みの

カッター刃は、地域の条例に従い廃棄してください。

• カッター刃の下に用紙を敷いておくと、刃先が落ちた時に拾いやすくなります。

1

キーを押し、

キーを押す

• キャリッジがプラテン上に移動しま

す。

2

フロントカバーを開ける

フロントカバー

4

4-51

カッター刃の交換

3

キャリッジ横のカッターユニットを交換する

(1) カッターユニットのネジを緩める

(2) カッターユニットを取り外す

(3) 新しいカッターユニットを取り付ける

(4) カッターユニットのネジを締めて、カッターユニットを固定する

ネジ

カッター

ユニット

4

フロントカバーを閉じる

5

キーを押す

• ローカルモードに戻ります。

4-52

第 5 章

困ったときは

この章では

...

故障かな?と思ったときの対処方法や、ディスプレイに表示するエ

ラー番号の解消方法などを説明をしています。

故障?と思う前に

.................................................. 5-2

電源が入らない

....................................................5-2

作図できない

........................................................5-2

メディア詰まり

/ メディアが汚れる .....................5-3

[HEAT] ランプ ,[CONSTANT] ランプが

点灯しない

............................................................5-3

画質不良が発生したときは

..................................5-4

ノズル詰まりを解消したいとき

...........................5-4

カートリッジ異常が発生したら ...........................5-5

メッセージを表示するトラブル

............................ 5-6

ワーニングメッセージ

..........................................5-6

エラーメッセージ

.................................................5-9

故障?と思う前に

故障?と思う前にもう一度確認してください。対処しても正常に戻らない場合は、販売店また

は弊社営業所にご連絡ください。

電源が入らない

電源が入らない場合の原因の多くは、電源やコンピュータのケーブル接続ミスによるもので

す。接続が適正かもう一度確認してください。

電源ケーブルを本装置と

電源コンセントに接続しましたか?

イイエ

電源ケーブルを確実に接続してくだ

さい。

イイエ

主電源が入っていますか? 主電源を入れてください。

(

P.2-4)

装置前面にある電源スイッチがオン

になっていますか?

イイエ

前面にある電源スイッチを入れてく

ださい。

(

P.2-4)

作図できない

作図ができない場合は、データが適正に本装置に送られていない場合があります。

また、作図機能に不良がある場合や、メディアのセット方法に問題がある場合などが考えられ

ます。

ご使用のインターフェイスケーブル

が合っていますか?

イイエ

本装置専用のケーブルをご使用くだ

さい。

イイエ

インターフェイスケーブルを確実に

セットしてください。

インターフェイスケーブルを確実に

セットしていますか?

ハイ

ディスプレイにインク切れのメッ

セージを表示していますか?

ハイ

新しいインクカートリッジに交換し

てください。

5-2

故障?と思う前に

メディア詰まり

/ メディアが汚れる

メディア詰まりやメディアの汚れは、ご使用のメディアやセット方法に問題があるなどが考え

られます。

イイエ

推奨のメディアをお使いですか? 推奨のメディアをお使いください

カールしていないメディアや、先端

が折れ曲がっていないメディアをお

使いですか?

ハイ

メディアがプラテンに沿って垂れて

いますか?

イイエ

カールのきついメディアや、先端が折

れ曲がっているメディアは使わない

でください。

イイエ

巻き取り装置を使うか、メディアを再

セットしてください。 ( タイプ B は除く )

P.2-6 , P.2-13

[HEAT] ランプ ,[CONSTANT] ランプが点灯しない

基本操作を確認してください。

本装置の電源は

ON になっています

か?

イイエ

本装置の電源を

ON にしてください。

P.2-4

ハイ

イイエ

ヒーターの温度設定は有効ですか?

ヒーターの温度を設定してください。

P.3-8

5

5-3

画質不良が発生したときは

ここでは、作図品質に問題があるときの対処方法を説明します。症状に従って対処してくださ

い。対処しても改善しない場合は、販売店または弊社営業所にご連絡ください。

現  象

白スジ / カスレ / 色の濃いスジが

発生する(ヘッド移動方向)

対処方法

(1) ヘッドクリーニングを行ってください。

P.2-24

(2) ステーション内部のメンテナンスをしてください。

P.4-5

(3)「メディア補正」機能を実行してください。 P.3-5

(4) メディア押さえの上などヘッドが通過する部分に、

紙片などのゴミが付着している場合は、ゴミを取り

除いてください。

文字が用紙送り方向に

2 重、3 重に

ブレる

(1)「メディア補正」機能を実行してください。

P.3-5

往復印字でズレが発生する

(1)「ドット位置補正」機能を実行してください。

P.4-25

作図中にインク滴が落ちる

(1) ワイパーを清掃してください。 P.4-6

(2) インクキャップのクリーニングをしてください。

P.4-6

(3) ヘッドクリーニングの [ ノーマル ] を実行してくださ

い。

P.2-24

(4) 症状が改善されないときは、定期ワイピングの設定

を行ってください。

P.4-30

ノズル詰まりを解消したいとき

P.2-24 の操作でヘッドのクリーニングをしてもノズル詰まりが解消しない場合は、次の 2 つの

項目を確認してください。

P.4-20 の操作をして、インクの充填をしてください。

P.4-21 の操作をして、インクの交換をしてください。

5-4

故障?と思う前に

カートリッジ異常が発生したら

インクカートリッジに異常が発生したら、ワーニングメッセージを表示します。

作図、クリーニング等、インク吐出に関する動作は全てできなくなります。

速やかに新しいインクカートリッジに交換してください。

• カートリッジ異常を表示したまま長時間放置しないでください。ノズル詰まりの防

止機能が動作しなくなります。

ノズルが詰まった場合、サービスマンによる修理が必要になります。

カートリッジ異常の詳細を表示する

次の操作をして、カートリッジ異常の内容を確認できます。(

P.5-7)

1

ローカルモードで、

キーを押す

E S 3

サ゛ ンリ ョウ

MM C C Y Y K K

3 4 5 6 7 8 9 9

2

キーを押す

ヒシ゛ ュンセイ インク

- - - C - - - -

• 複数のカートリッジ異常が発生している場合、

します。

キーまたは

を押すと、順番に表示

キーを押すと、インク残量表示に戻ります。

5-5

5

メッセージを表示するトラブル

何らかの異常が発生すると、ブザーが鳴りディスプレイにメッセージを表示します。

メッセージの内容によって対処してください。

ワーニングメッセージ

表示

カハ ゛ ーヲ シメテク タ ゛ サイ .

* メテ ゛ ィア カ ゛ ア リ マセン *

原因

フロントカバーまたはメンテナン

スカバーが開いている。

対処方法

フロントカバー、メンテナンスカバー

を確認してください。

カバーを閉めても、再度表示する場合

は弊社サービスおよび販売店にサービ

スコールしてください。

メディアがセットされていない。 メディアをセットしてください。

!ハ ゛ ッテ リ ー コ ウカン シテク タ ゛ サイ

内部時計の電池切れを検出した。

弊社サービスおよび販売店にサービス

コールしてください。

< ローカル . 1 >

ワ イハ ゜ ー コ ウカン

< ローカル . 1 >

ニアエン ト ゛

* リ モー ト . 1 *

ニアエン ト ゛

[ # 0 1 ]

< M N T >

< ローカル . 1 > [ # 0 1 ]

! テス ト サクス ゛ ヲ シテク タ ゛ サイ

P R E P R T A F T

タ ゛ ンセン * * ゜ C * * ゜ C

P R E P R T A F T

サーミスタ * * ゜ C * * ゜ C

[ # 0 1 ]

M M C C - - - -

[ # 0 1 ]

M M C C - - - -

キャッピングステーションのワイ

パー交換時期

( ワイピング回数が規定値に達し

た。 )

(

ワイパーを交換してください。

P.4-8)

放置時間が長いため、ノズルの復

旧が見込めない。

テスト作図を行い、ノズル抜けを確認

します。

ノズル抜けがある場合はクリーニング

を行なってください。 (

P.2-24)

ノ ズ ル 抜 け が ひ ど い 場 合 は、

P.4-12

「ヘッドノズルの洗浄」の操作をしてく

ださい。

メ デ ィ ア ヒ ー タ ー が 断 線 し て い

る。

( この例ではプリヒーターが断線 )

メディアヒーターのサーミスタ異

常が発生している。

(この例ではプリヒーターのサーミ

スタ異常

)

弊社サービスおよび販売店にサービス

コールしてください。

1 供給経路あたりのインクが少な

くなった。

表示しているカラーに対応する供給経

路のカートリッジを交換してくださ

い。

そのままでも

(インクエンドが発生する

まで ) 作図可能ですが、1 ファイル作図

終了毎にローカルモードへ移行しま

す。

< ローカル . 1 >

インクエン ト ゛

* リ モー ト . 1 *

インクエン ト ゛

[ # 0 1 ]

- - - - Y Y K K

[ # 0 1 ]

- - - - Y Y K K

1 供給経路あたりのインクが終

わった。

表示しているカラーに対応する供給経

路のカートリッジを交換してくださ

い。

5-6

メッセージを表示するトラブル

表示 原因 対処方法

< ローカル . 1 >

カー ト リ ッシ ゛

* リ モー ト . 1 *

カー ト リ ッシ ゛

< ローカル . 1 >

カー ト リ ッシ ゛ サイセッ ト

< ローカル . 1 >

[ # 0 1 ]

* リ モー ト . 1 *

[ # 0 1 ]

[ # 0 1 ]

- - - - Y Y K K

[ # 0 1 ]

- - - - Y Y K K

1 供給経路あたりのカートリッジ

起因による供給不可がある。

表示しているカラーに対応する供給経

路のカートリッジを確認してくださ

い。

[ # 0 1 ]

インクの残量が多いカートリッジ

を挿入した直後に、ニアエンドを

検出した。

挿入したカートリッジを抜いて再挿入

してください。再度表示される場合は、

弊社サービスまたは販売店にサービス

コールしてください。

! C A R

装填したインクカートリッジに問

題がある。

(他のワーニングと重複した場合

! C A R

となり、

[#**] は消去されます。)

ガイダンス機能でワーニング詳細を表

示して内容を確認してください。

< ローカル . 1 >

[ # 0 1 ]

* リ モー ト . 1 *

[ # 0 1 ]

インク ニア エン ト ゛

M M C C - - - -

インク エン ト ゛

- - - Y Y K K

ヒ シ ゛ ュンセイ インク

- - - Y Y K K

インク I C

- - - -

イシ ゛ ョ ウ

Y Y K K

インク シュルイ

- - - -

インク カラー

- - - -

カー ト リ ッシ ゛

- - - -

- - - -

- - - -

イシ ゛ ョ ウ

- - - -

カー ト リ ッシ ゛ ナシ

- - - - - - -

! W A S H

! W A S H

装填したメンテナンス洗浄液カート

リッジに問題がある。

(他のワーニングと重複した場合は、

"< ローカル .1> !CAR/WASH" とな

り、 [#**] は消去されます。)

メンテナンス洗浄液カートリッジが正し

くセットされているか確認してくださ

い。

インクカートリッジのインクが少な

くなった。

インクカートリッジのインクがなく

なった。

ワーニングが発生しているカートリッジ

を交換してください。

ワーニングが発生しているカートリッジ

を交換してください。

インクカートリッジがミマキ純正品

でない。

ワーニングが発生しているカートリッジ

をミマキ純正品に交換してください。

インクカートリッジの IC チップが正

常に読み込めない。

ワーニングが発生しているカートリッジ

を再挿入してください。

ワーニング解消しない場合は弊社サービ

スおよび販売店にサービスコールしてく

ださい。

インクカートリッジのインク種類が

充填してあるインクと異なる。

ワーニングが発生しているカートリッジ

のインク種類を確認してください。

インクカートリッジのインクカラー

が充填してあるインクと異なる。

ワーニングが発生しているカートリッジ

のインクカラーを確認してください。

装填したインクカートリッジが異常

ワーニングが発生しているカートリッジ

を確認してください。

インクカートリッジがスロットに挿

入されていない。

ワーニングが発生しているスロットに

カートリッジを挿入してください。

5

5-7

表示

カー ト リ ッシ ゛ キ ゛ レ

- - - - - - -

キケ ゛ ン キ ゛ レ ( 1 カケ ゛ ツ )

- - - - - - -

キケ ゛ ン キ ゛ レ ( 2 カケ ゛ ツ )

- - - - - - -

原因

インクカートリッジの使用有効期限

が切れている。

インクカートリッジの使用有効期限

が切れている ( 期限切れから 1ヶ月経

過 )。

対処方法

ワーニングが発生しているカートリッジ

を交換してください。

そのままでも ( 使用期限翌月までは ) 使用

可能です。

赤 LED が点滅します。ワーニングが発生

しているカートリッジを交換してくださ

い。

そのままでも ( 使用期限翌々月までは ) 使

用可能です。

インクカートリッジの使用有効期限

が切れている ( 期限切れから 2ヶ月経

過 )。

ワーニングが発生しているカートリッジ

を交換してください。

インクカートリッジの残量が

0

ワーニングが発生しているカートリッジ

を交換してください。

サ ゛ ン リ ョ ウ 0

- - - - - - -

ホワ イ ト ノ ス ゛ ル シ ゛ ョ ウタ イ ヲ

カクニン シテク タ ゛ サイ < E N T >

ト クシ ョ ク メ ンテナンス ヲ

シ ゛ ッ コ ウシマスカ ?

< E N T >

< ローカル . 1 > [ # 0 1 ]

ハイ インク タンク カクニン < M N T >

!センシ ゛ ョ ウ エキ エン ト ゛

SS21 ホワイトインク使用時、ノズル

状態を正常に保つために、テスト作

図の実行を促すメッセージを表示す

る。

ES3 のシルバー・ホワイトインク使

用時、顔料の沈降による色ムラを防

止するために、特色メンテナンスの

実行を促すメッセージを表示する。

テスト作図の

“ ホワイトカクニン ” を実行

してください。

(

P.2-22)

特色メンテナンスを実行してください。

廃インクタンクがフル間近。

廃インクタンクを交換し、 [ メンテナンス

]-[ ハイインクタンク コウカン ] を実行し

てください。

(

P.4-48)

洗浄カートリッジエンドを検出し

た。

メンテナンス洗浄カートリッジを交換し

てください。

!センシ ゛ ョ ウ カー ト リ ッシ ゛ ナシ

洗浄カートリッジが挿入されていな

い。

メンテナンス洗浄カートリッジを挿入し

てください。

!センシ ゛ ョ ウ カー ト リ ッシ ゛ イシ ゛ ョ ウ

洗浄カートリッジに異常がある。

* * センシ ゛ ョ ウエキ ミ シ ゛ ュウテン * *

メンテナンス洗浄カートリッジを確認し

てください。

メンテナンス洗浄液が充填されてい

ない。

メンテナンス洗浄液を充填してくださ

い。

[ メンテナンス ]-[ ヘッドメンテナンス ]-[

(

ジュウテン

] を実行してください。

P.4-20)

5-8

メッセージを表示するトラブル

エラーメッセージ

エラーメッセージを表示する場合は、下の表に従って、エラーを取り除いてください。

それでもメッセージを表示する場合は、販売店または弊社営業所にご連絡ください。

表示 原因

* * * * * E R R O R 0 1 * * * * *

M A I N R O M

制御基板に異常が発生した。

(ROM)

対処方法

* * * * * E R R O R 0 2 * * * * *

M A I N R A M

制御基板に異常が発生した。

(RAM)

* * * * * E R R O R 0 3 * * * * *

P O W E R + 5 V

制御基板に異常が発生した。

( 電源電圧 +5V)

* * * * * E R R O R 0 3 * * * * *

P O W E R + 2 4 V

制御基板に異常が発生した。

( 電源電圧 +24V)

* * * * * E R R O R 0 3 * * * * *

P O W E R + 4 2 V

制御基板に異常が発生した。

( 電源電圧 +42V)

* * * * * E R R O R 0 4 * * * * *

フラッシュ R O M

制御基板に異常が発生した。

( パラメーター ROM)

* * * * * E R R O R 0 6 * * * * *

S D - R A M

* * * * * E R R O R 0 7 * * * * *

ヘッ ト ゛ ( - - - - )

制御基板に異常が発生した。

(SDRAM)

ヘッドの接続に異常を検出した。

( 異常な温度を検出 )

一度、主電源を

OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を

ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

* * * * * E R R O R 0 7 * * * * *

テ ゛ ンアツ ( - - - - )

* * * * * E R R O R 0 8 * * * * *

リ ニアエンコータ ゛ ー : センサー

* * * * * E R R O R 0 8 * * * * *

リ ニアエンコータ ゛ ー : ホウ コ ウ

* * * * * E R R O R 0 8 * * * * *

リ ニアエンコータ ゛ ー : カウン ト

ヘッドの接続に異常を検出した。

( 異常な電圧を検出 )

リニアエンコーダーの検出で異

常が発生した。

( カウントできない )

リニアエンコーダーの検出で異

常が発生した。

( 取り付け方向の異常 )

リニアエンコーダーの検出で異

常が発生した。

( 読み出しカウント数異常 )

* * * * * E R R O R 0 9 * * * * *

F P G A エラー

制御基板に異常が発生した。

(FPGA PDC)

* * * * * E R R O R 0 9 * * * * *

H D C エラー ( - - - - )

制御基板に異常が発生した。

(FPGA HDC)

5

5-9

表示 原因

* * * * * E R R O R 1 0 * * * * *

コマン ト ゛ エラー

コマンドデータ以外のデータを

受信した。

* * * * * E R R O R 1 1 * * * * *

ハ ゜ ラ メーター エラー

数値範囲外のパラメーターを受

信した。

対処方法

インターフェイスケーブルを確実に接続して

ください。

規格に適合したインターフェイスケーブルを

使用してください。

一度、主電源を OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

* * * * * E R R O R 1 6 * * * * *

M R L コマン ト ゛

* * * * * E R R O R 2 5 * * * * *

F U L L - S P E E D

* * * * * E R R O R 2 5 * * * * *

ハ ゜ ケッ ト サイス ゛ オーハ ゛ ー

* * * * * E R R O R 2 5 * * * * *

U S B フ ゜ ロ ト コル

* * * * * E R R O R 2 5 * * * * *

U S B カンキョ ウ

* * * * * E R R O R 2 5 * * * * *

U S B テ ゛ ーター

受信データが、装置で設定したコ

マンド体系と異なる。

USB2.0接続でホストコンピュー

タと

I/F ボードとの通信にエラー

が発生した。

(Full-Speed モード

接続

)

USB2.0接続でホストコンピュー

タと

I/F ボードとの通信にエラー

が発生した。

USB2.0接続でホストコンピュー

タと

I/F ボードとの通信にエラー

が発生した。

USB2.0接続でホストコンピュー

タと I/F ボードとの通信にエラー

が発生した。

USB2.0接続でホストコンピュー

タとプリンタとの通信にエラー

が発生した。

本装置に対応したコマンド体系のデータを送

信してください。

ホスト

PC が USB2.0 インタフェイスに対応

しているか確認してください。

( そのまま使用できますが、Hi-Speed モード

接続を推奨します。

)

ケーブルが確実に接続してあるか、またはホ

ストコンピュータ側でエラーが発生していな

いか確認してください。

* * * * * E R R O R 3 0 * * * * *

シ ゛ ッ コ ウ テ ゛ キマセン

操 作 パ ネ ル で 不 当 な オ ペ レ ー

ションをした。

正しいオペレーションをしてください。

* * * * * E R R O R 3 4 * * * * *

ミサクス ゛ テ ゛ ーター ア リ

* * * * * E R R O R 4 0 * * * * *

モーターアラーム X

受信済みで未作図のデータがあ

るのに、ファンクション機能の設

定を変更しようとしている。

X モーターに過大な負荷がか

かった。

受信済みのデータを全て作図するか、データ

クリアを実行してから、設定機能を変更して

ください。

* * * * * E R R O R 4 1 * * * * *

モーターアラーム Y

* * * * * E R R O R 4 2 * * * * *

X オーハ ゛ ーカレン ト

* * * * * E R R O R 4 3 * * * * *

Y オーハ ゛ ーカレン ト

Y モーターに過大な負荷がか

かった。

X モーターの過電流エラーを検

出した。

一度、主電源を OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

Y モーターの過電流エラーを検

出した。

* * * * * E R R O R 4 5 * * * * *

キャッ ヒ ゜ ンク ゛ : ハ ゜ ラ メーター

キャッピング制御に異常が発生

5-10

メッセージを表示するトラブル

表示

* * * * * E R R O R 4 6 * * * * *

ワ イハ ゜ ー

* * * * * E R R O R 5 0 * * * * *

メテ ゛ ィア ハハ ゛ センサー カクニン

原因 対処方法

ワイパー制御に異常が発生した。

一度、主電源を OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

用紙を検出できなかった。

メディアのセット位置、使用メ

ディアが不適当。

メディアを正しくセットしても、エラーを表

示する場合は弊社サービスおよび販売店に

サービスコールしてください。

* * * * * E R R O R 5 0 * * * * *

メテ ゛ ィア イチ ヒ タ ゛ リ スキ ゛ マス

* * * * * E R R O R 5 0 * * * * *

メテ ゛ ィア イチ ミキ ゛ スキ ゛ マス

メディアのセット位置が不適正

のため、メディア検出が完了しな

かった。

メディアを正しい位置にセットし直してくだ

さい。

(

P.2-8、P.2-14)

* * * * * E R R O R 5 1 * * * * *

Y ケ ゛ ンテン

Y 原点検出ができなかった。

一度、主電源を

OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を

ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

* * * * E R R O R 1 2 0 * * * *

シツオン ヒ ク イ ( X X ゜ C )

室温が使用可能温度範囲外

( 低い ) になっている。

室温を調整してください。

(

P.3-38)

* * * * E R R O R 1 2 1 * * * *

シツオン タカイ ( X X ゜ C )

室温が使用可能温度範囲外

( 高い ) になっている。

* * * * E R R O R 1 4 4 * * * *

カー ト リ ッシ ゛ セッ ト !

カートリッジが挿入されていな

いスロットがある。

カートリッジをセットしてください。

* * * * E R R O R

ヘッ ト ゛

* * * *

* * * *

* * * *

* * * * E R R O R 2 0 8 * * * *

C H E C K M A I N P C B I D X X

* * * *

2 0 0 * * * *

メモ リ ー ( - - - - )

E R R O R

ソウチ コ ウセイ

E R R O R 2 0 3

S D R A M サイス ゛

E R R O R

X X X X X X X X X X

E R R O R

ヒーター オン ト ゛

2 0 2

2 0 7

2 1 1

* * * *

* * * *

* * * *

* * * *

( - - / - - / - - )

ヘッドユニットメモリーに異常

が発生した。

ヘッドが接続されていない

ヘッドスライダー基板異常

純正ヘッドではない

一度、主電源を OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

装置に必要なサイズの

が搭載されていない。

SD-RAM

一度、主電源を OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

( 使用可能な SDRAM が存在する場合は、その

まま起動できますが、解像度によっては作図

スピードが低下します。 )

ディスプレイ下段に印字してい

る波形の異常を検出した。

メイン基板の機種

ID が違ってい

ます。

(XX は ID コード )

一度、主電源を

OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を

ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

メディアヒーターの温度異常を

検出した。

5

5-11

メッセージを表示するトラブル

表示

* * * * E R R O R 2 1 1 * * * *

カオン ヒーター オン ト ゛ ( - - - - )

原因

ヘッド加温ヒーターの温度異常

を検出した。

対処方法

* * * * E R R O R 2 1 1 * * * *

カオン ヒーター タ ゛ ンセン ( - - - - )

* * * * E R R O R 2 1 1 * * * *

カオン ヒーター サーミスタ ( - - - - )

* * * * E R R O R 2 5 0

Y サ ゛ ヒ ョ ウ

* * * *

ヘッド加温ヒーターが断線して

いる。

ヘッド加温ヒーターのサーミズ

タ異常を検出した。

一度、主電源を

OFF にしてしばらくたってか

ら主電源を

ON にしてください。

再度、表示するときは弊社サービスおよび販

売店にサービスコールしてください。

スキャン動作時に異常を検出し

た。

* * * * E R R O R 2 5 1 * * * *

システム エラー

システムエラーが発生

5-12

第 6 章

付録

この章では

...

本装置の仕様一覧表や、 機能の一覧表を記載しています。

本体仕様

................................................................ 6-2

インク仕様

............................................................. 6-4

お問い合わせシート

.............................................. 6-5

警告ラベルについて

.............................................. 6-6

機能フローチャート

.............................................. 6-8

本体仕様

作図ヘッド部

項 目

方式

仕様

作図モード

( スキャン x フィード )

専用ソルベン

トインク

使用可能インク

インク供給

インク容量

使用可能

メディア

最大作図範囲

専用水性

インク

専用ソルベン

トインク

専用水性

インク

専用ソルベン

トインク

専用水性

インク

JV33-130 JV33-160

オンデマンドピエゾヘッド

1 ヘッド

720 x 540dpi / 540 または 720 x 720dpi / 540 x 900dpi /

540 または 720 x 1080dpi / 720 x 1440dpi / 1440 x 1440dpi

ES3 インク または SS21 インク いずれか 1 種

下記インク のいずれか 1 種

水性顔料インク : 4 色 (Y,M,C,K)

6 色 (Y,M,C,K,Lc,Lm)

Eco-PA1 インク : 4 色 (Y,M,C,K)

6 色 (Y,M,C,K,Lc,Lm)

7 色 (Y,M,C,K,Lc,Lm,Lk)

昇華転写インク

(Sb51/Sb53/Sb60)

: 4 色 (Y,M,Bl,K)

6 色 (Y,M,Bl,K,LBl,Lm)

昇華転写インク

(Sb52) : 4 色 (Y,M,Bl,K)

6 色 (Y,M,Bl,K,LBl,Lm)

6 色 (Y,M,BB,K,LBB,Lm)

• 昇華転写インク (Sb52) の K は、以下 4 種類から 1 種を選択。

K : ディープブラック

RK : レディッシュブラック ( 濃度の高い赤みの Black)

NK : ノーマルブラック

(K より濃度の低い Black(Sb51 程度 ))

NRK : ノーマルレディッシュブラック

(RK より濃度の低い Black(Sb51 より若干濃度が高い ))

インクカートリッジからのチューブ供給

インクカートリッジ交換方式:

4 色時のみ、2 カートリッジ /1 色によるトグル切換供給

8 色搭載時 :

白、シルバー 220cc カートリッジ各色 1 本

それ以外

440cc カートリッジ各色 1 本

6 色搭載時 :

440cc カートリッジ各色 1 本 , 440 cc/1 色 (M,C のみ 2 本 880cc)

6 色 + 白色搭載時 :

白色

220cc カートリッジ 2 本、440cc/1 色

白以外 440cc カートリッジ各色 1 本 , 440 cc/1 色

4 色搭載時 :

440cc カートリッジ各色 2 本 ,880cc/1 色

6 色 /7 色搭載時:

440cc または 220cc カートリッジ各色 1 本 440cc/1 色 または

220cc/1 色

(M,C または M,Bl のみ 2 本、880cc または 440cc)

4 色搭載時:

440cc または 220cc カートリッジ各色 2 本 880cc/1 色 または

440cc/1 色 )

ターポリン、 FF、塩ビフィルム

フォトペーパー、合成紙、転写紙

1361mm 1610mm

6-2

本体仕様

リーフメディア

サイズ

作図マージン

項 目

ロールメディア

サイズ

最大幅

最小幅

厚さ

ロール外径

ロール重量

*1

紙管内径

作図面

巻終わり処理

最大幅

最小幅

リーフ

メディア

距離精度

ロール

メディア

絶対精度

再現性

直角度

メディアスキュー

ヘッド高さ調整

メディア裁断

排紙

*2

廃インクタンク

インターフェイス

コマンド

騒音

適合規格

電源仕様

消費電力

*3

設置環境

重量

待機時

動作連続音

動作不連続音

使用可能温度

相対湿度

精度保証温度

温度勾配

粉塵

JV33-130

1371mm

210mm

1.0mm 以下

Φ180mm 以下

25kg 以下

2 インチまたは 3 インチ

ロール外側面

紙管にテープ止め、または弱粘着

1371mm

210mm

外形寸法

奥行き

高さ

*1. ただしロールの左右を保持した時、ロールがたわまないこと。

*2. タイプ B は除く。

*3. 本体とヒーターを含む。

1620mm

1620mm

JV33-160

左右 : 15 ㎜ ( デフォルト値 )

: 40.0 ㎜ 後 : 98.5 ㎜

左右

: 15 ㎜ ( デフォルト値 )

前 : 40.0 ㎜ 後 : 0.0 ㎜

± 0.3 ㎜ または指定距離の ± 0.3 % の大きい方

± 0.2 ㎜ または指定距離の ± 0.1 % の大きい方

± 0.5 ㎜ / 1000 ㎜

5 ㎜ 以下 / 10 m

2.0mm/3.0mm( プラテン面より )2 段階調整

ヘッド部カッターによる Y 方向カット , 裁断精度 ( 段差 ) 0.5 mm 以下

ロール巻き取り装置標準 ( 内巻き / 外巻き 切り替え可能 )

ボトル式

(2000 cc)

USB 2.0

MRL- Ⅲ

58 dB 以下 (FAST-A, 前後左右 1m)

65 dB 以下

70 dB 以下

VCCI-classA, FCC ClassA, UL 60950, CE マーキング (EMC 指令、

低電圧指令)

, CB レポート , RoHS 対応

AC100 ~ 120±10% , AC220 ~ 240±10% , 50/60Hz±1Hz ,

15A 以下

1333 W 以下

20 ℃~ 35 ℃

35 ~ 65% Rh ( 結露なきこと )

20 ℃~ 25 ℃

±10 ℃ / h 以下

オフィス相当

145 kg

2289 mm

739 mm

1424 mm

160 kg

2538 mm

6

6-3

インク仕様

形態

項 目 ソルベントインクをご使用の場合

専用ソルベントインクカートリッジ

ブラックインクカートリッジ

シアンインクカートリッジ

マゼンタインクカートリッジ

イエローインクカートリッジ

ライトシアンインクカートリッジ

ライトマゼンタインクカートリッジ

ホワイトインクカートリッジ

*1

シルバーインクカートリッジ

*2

水性インクをご使用の場合

専用水性顔料インクカートリッジ

専用昇華転写インクカートリッジ

Eco-PA1 インク

ブラックインクカートリッジ

シアンインクカートリッジ

(ブルーインクカートリッジ

*3

マゼンタインクカートリッジ

イエローインクカートリッジ

ライトシアンインクカートリッジ

( ライトブルーインクカートリッジ

*3

ライトマゼンタインクカートリッジ

レディッシュブラック

*4

ノーマルブラック

*4

ノーマルレディッシュブラック

*4

ブリリアントブルー

*4

ライトブリリアントブルー

*4

ライトブラック

*5

インク容量

有効期限

220cc / 440cc カートリッジ

• SS21 インク

製造日より

1 年間 ( 常温 )

• ES3 インク

製造日より 2 年間 ( 常温 )

開封から

3 カ月以内

•水性顔料インク

製造日より

1 年間 ( 常温 )

•昇華転写インク

製造日より 1 年間 ( 常温 )

保存温度

保存時

輸送時

0 ~ 25 ℃(1 日の平均気温)

• 容器は密閉した状態で保管すること。

-20 ~ 60 ℃

• -20 ℃より低温になる場所、60 ℃より

高温になる場所は避けること。

10 ~ 35 ℃(1 日の平均気温)

• 容器は密閉した状態で保管すること。

• 乾燥した換気の良い冷暗所に保管す

ること。

0 ~ 40 ℃

• 0 ℃より低温になる場所、40 ℃より高

温になる場所は避けること。

*1. SS21W-2 (SPC-0504-W) インクカートリッジ使用時

ES3 ホワイトインク (SPC-0433-W) インクカートリッジ使用時

*2. ES3 シルバーインク (SPC-0433-Si) インクカートリッジ使用時

*3. 専用昇華転写インクカートリッジ (Sb51/Sb53/Sb60) 使用時

*4. 専用昇華転写インクカートリッジ (Sb52) 使用時

*5. Eco-PA1 インク使用時

● インクカートリッジを分解したり、インクを詰め替えないでください。

● インクは、寒い場所で長時間放置すると凍結する場合があります。

• ソルベントインクをお使いの場合、万一インクが凍結したときは、室温 (25 ℃ )

3 時間以上かけて解凍してから使用してください。

• 水性インクをお使いの場合、インクが凍結すると変質して使用できなくなります。

インクが凍結しない環境で保管してください。

6-4

お問い合わせシート

プリンタの故障、異常動作については、このシートをお使いください。

下記の必要事項をご記入の上、弊社営業所まで

FAX でお送りください。

御社名

ご担当者名

お電話番号

プリンタ機種名

お使いの

OS

マシン情報

*1

エラーメッセージ

お問い合わせ内容

*1. 「第 3 章 便利な使い方」の、「装置情報を確認する」をご覧いただき、必要な情報をご

記入ください。

(

P.3-50)

6-5

6

警告ラベルについて

本装置には、下記の警告ラベルが貼ってあります。警告ラベルの内容を十分理解してください。

なお、警告ラベルが汚れて読めなくなったり剥がれた場合は、新しい警告ラベルを販売店また

は弊社営業所にてお買い求めください。

フロントカバーが開いている状態

左右のメディア押さえに

貼り付けています

6-6

No.

注文番号

1

M901549

2

M903239

3

M903330

4

M903405

5

M904810

ラベル

警告ラベルについて

6-7

6

機能フローチャート

< ローカル . 1 > [ # 0 1 ]

ハハ ゛ : ****m m

ケ ゛ ンテン セッテイ

0 . 0 - - - -

ケ ゛ ンテン セッテイ

** ケ ゛ ンテン **

メ テ ゛ ィ ア カ ッ ト

< e n t >

原点設定含め終了

P R E

3 5 ゜ C

P R T

4 0 ゜ C

A F T

5 0 ゜ C

テス ト サクス ゛

( S C A N ホウ コ ウ ) < E N T >

テス ト サクス ゛

( F E E D ホウ コ ウ ) < E N T >

ク リ ーニン ク ゛

タ イ フ ゜ : ノ ーマル

ソフト、ハード

テ ゛ ーター ク リ ア

4 0 ゜ C

( O F F

4 0 ゜ C

O F F

5 0 ゜ C

O F F )

** テス ト サクス ゛ **

ク リ ーニン ク ゛

0 0 : 0 0

チュ ウ

** テ ゛ ーター ク リ ア **

ユーサ ゛ ー タ イ フ ゜ ヘン コ ウ

タ イ フ ゜ ( 1 ) - > < 2 > : e n t

E S 3

サ ゛ ン リ ョ ウ

M M C C Y Y K K

3 4 5 6 7 8 9 9

ヘッ ト ゛ タ カサ

メ テ ゛ ィ ア ハハ ゛

: ウスイ

: 1 0 0 0 m m

J V 3 3 - 1 6 0

M R L - I I I

V 1 . 0 0

V 1 . 0 0

6-8

メ テ ゛ ィ ア サ ゛ ン リ ョ ウ サクス ゛

< E N T >

メンテナンスメニューの

[ メディアザンリョウ ] “ON” の場合のみ

機能フローチャート

ヒ シ ゛ ュンセイ イ ン ク

M - C - - - K

イ ン ク カラー

M - C - - - K

キケ ゛ ン キ ゛ レ ( 2 カケ ゛ ツ )

M - C - - - K

イ ン ク ニア エン ト ゛

M - C - - - K

イ ン ク I C イ シ ゛ ョ ウ

M - C - - - K

カー ト リ ッ シ ゛ イ シ ゛ ョ ウ

M - C - - - K

サ ゛ ン リ ョ ウ 0

M - C - - - K

キケ ゛ ン キ ゛ レ ( 1 カケ ゛ ツ )

M - C - - - K

イ ン ク シュルイ

M - C - - - K

カー ト リ ッ シ ゛ ナシ

M - C - - - K

イ ン ク エン ト ゛

M - C - - - K

イ ン ク キケ ゛ ン キ ゛ レ

M - C - - - K

6-9

6

< ローカル . 1 > [ # 0 1 ]

ハハ ゛ : ****m m

F U N C T I O N

セッテイ < E N T >

F U N C T I O N

メ ンテナンス < E N T >

F U N C T I O N

マシン セッテイ < E N T >

SETUP

MAINTENANCE

MACHINE SET

F U N C T I O N

マシンセッテイ 2 < E N T >

F U N C T I O N

シ ゛ ョ ウホウ < E N T >

MACHINE SET 2

INFOMATION

F U N C T I O N

D I S P L A Y < E N T >

D I S P L A Y

J a p a n e s e

English

German

French

Spanish

Italian

Portugues

< e n t >

<ent>

<ent>

<ent>

<ent>

<ent>

<ent>

6-10

P.6-12 へ進む

P.6-20 へ進む

P.6-28 へ進む

P.6-29 へ進む

P.6-30 へ進む

機能フローチャート

6-11

6

セッテイ

セン タ ク

SETUP

: タ イ フ ゜ 1

タイプ 2

タイプ 3

タイプ 4

[ 1 ]

メ テ ゛ ィ ア ホセイ < e n t >

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ホセイ

サクス ゛ カ イ シ : e n t

[ 1 ]

ヒーター < e n t >

[ 1 ] ヒーター

オン ト ゛ セッテイ < e n t >

[ 1 ] ヒーター

シ ゛ カン セッテイ < e n t >

[ 1 ]

サクス ゛ ホウシキ < e n t >

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

D R A F T ヒ ンシツ < e n t >

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

F I N E ヒ ンシツ < e n t >

6-12

P6-14 P6-14

機能フローチャート

シハ ゛ ラ ク オマチク タ ゛ サイ

サクス ゛ チュ ウ

作図

終了

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ホセイ

ホセイチ = 0

-255 ~ 255

P R E

3 5 ゜C

P R T

4 0 ゜C

A F T

5 0 ゜C

数値変更、

カーソル移動

スタ ンハ ゛ イ

1 0 m i n :

: O F F シ ゛ カン

ナシ

数値変更、

カーソル移動

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

D R A F T ヒ ンシツ : ヒ ョ ウシ ゛ ュン

ヒョウジュン / ハヤイ / キレイ

[ 1 ] D R A F T

5 4 0 x 7 2 0

ヒ ンシツ

< e n t >

[ 1 ] D R A F T ヒ ンシツ

5 4 0 x 9 0 0 < e n t >

[ 1 ] D R A F T ヒ ンシツ

P A S S = 8 : スキャン = コ ウ ソ ク

[ 1 ] D R A F T ヒ ンシツ

P A S S = 2 0 : スキャン = コ ウ ソ ク

[ 1 ] D R A F T ヒ ンシツ

5 4 0 x 1 0 8 0 < e n t >

[ 1 ] D R A F T ヒ ンシツ

P A S S = 1 2 : スキャン = ヒ ョ ウ シ ゛ ュン

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

F I N E ヒ ンシツ : キ レ イ

ヒョウジュン / ハヤイ / キレイ

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

7 2 0 x 5 4 0 < e n t >

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

7 2 0 x 7 2 0 < e n t >

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

P A S S = 1 2 : スキャン = コ ウ ソ ク

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

P A S S = 1 6 : スキャン = ヒ ョ ウ シ ゛ ュン

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

7 2 0 x 1 0 8 0 < e n t >

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

P A S S = 4 : スキャン = コ ウ ソ ク

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

7 2 0 x 1 4 4 0 < e n t >

[ 1 ] F I N E ヒ ンシツ

P A S S = 3 2 : スキャン = コ ウ ソ ク

6

6-13

6-14

P6-12 から P6-12 から

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

スキャン ホウ コ ウ < e n t >

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

ロ シ ゛ カルシーク < e n t >

[ 1 ]

カサネヌ リ

[ 1 ]

カン ソ ウ シ ゛ カン

[ 1 ]

オー ト カ ッ ト

[ 1 ]

フ ゜ リ フ ィー ト ゛

[ 1 ]

マーシ ゛ ン

[ 1 ]

カラー ハ ゜ ターン

< e n t >

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

シ ロ カサネサクス ゛ < e n t >

SS21 (6+ ) インク充填時のみ

[ 1 ] カサネヌ リ

セッテイ : 1 カ イ

1 ~ 9 カイ

< e n t >

< e n t >

スキャン

0 . 0 s :

: サクス ゛ エン ト ゛

0 s

数値変更、

カーソル移動

[ 1 ] オー ト カ ッ ト

セッテイ : O F F

ON / OFF

< e n t >

< e n t >

< e n t >

[ 1 ] フ ゜ リ フ ィー ト ゛

セッテイ : O F F

ON / OFF

ヒ タ ゛ リ

0 m m :

: ミ キ ゛

0 m m

数値変更、

カーソル移動

[ 1 ] カラー ハ ゜ ターン

セッテイ : O N

ON / OFF

P6-16

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

スキャン ホウ コ ウ : ソ ウホウ コ ウ

ソウホウコウ / タンホウコウ

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

ロ シ ゛ カルシーク : O N

ON / OFF

[ 1 ] シ ロ カサネサクス ゛

セッテイルシーク : O F F

OFF / ON (LEVEL 1~3)

機能フローチャート

6-15

6

P6-14 から

[ 1 ]

リ フ レ ッ シュ

[ 1 ]

キュ ウチャ ク

[ 1 ]

フ ィー ト ゛ ソ ク ト ゛ レヘ ゛ ル< e n t >

[ 1 ]

ユウセン シ ゛ ュン イ

< e n t >

< e n t >

< e n t >

[ 1 ] リ フ レ ッ シュ

セッテイ : レ ヘ ゛ ル3

レベル 0 ~ 3

[ 1 ] キュ ウチャ ク

セッテイ : ヒ ョ ウシ ゛ ュン

OFF/ ヒョウジュン / ヨワイ /

ヤヤヨワイ / ツヨイ

[ 1 ] フ ィー ト ゛ ソ ク ト ゛ レヘ ゛ ル

レへ ゛ ル : 1 0 %

10 ~ 200 %

コベツセッテイ

選択時

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

セッテイ : コ ヘ ゛ ツ セッテイ

コベツセッテイ / スベテホスト /

スベテパネル

6-16

[ 1 ]

オー ト ク リ ーニン ク ゛ < e n t >

[ 1 ]

サクス ゛ チュ ウ ク リ ーニン ク ゛ < e n t >

[ 1 ] オー ト ク リ ーニン ク ゛

セッテイ : O N

ON / OFF

ON 選択時

[ 1 ] サクス ゛ チュ ウ ク リ ーニン ク ゛

セッテイ : O N

ON / OFF

ON 選択時

P6-18

機能フローチャート

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

メ テ ゛ ィ ア ホセイ : ホ ス ト

ホスト / パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

カサネヌ リ : ホ ス ト

ホスト / パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

フ ゜ リ フ ィー ト ゛ : ホ ス ト

ホスト / パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

リ フ レ ッ シュ : ホ ス ト

ホスト / パネル

カンカ ク

1 0 0 0 m m

カンカ ク

1 0 0 0 m m

: タ イ フ ゜

: ノ ーマル

数値変更、

カーソル移動

: タ イ フ ゜

: ノ ーマル

数値変更、

カーソル移動

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

ヒーター : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

カン ソ ウ シ ゛ カン : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

マーシ ゛ ン : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

キュ ウチャ ク : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

サクス ゛ ホウ シキ : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

オー ト カ ッ ト : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

カラー ハ ゜ ターン : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

[ 1 ] ユウセン シ ゛ ュン イ

フ ィー ト ゛ ソ ク ト ゛ レヘ ゛ ル : ホ ス ト

ホスト

/ パネル

6

6-17

6-18

P6-16 から

[ 1 ]

メ テ ゛ ィ ア ケンシュツ < e n t >

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ケンシュツ

ケンシュツ ホウホウ < e n t >

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ケンシュツ

カ ッ ト シ ゛ ケンシュツ < e n t >

[ 1 ]

オク リ ケ ゛ ンテン < e n t >

[ 1 ]

セッテイ リ セッ ト < e n t >

[ 1 ] オク リ ケ ゛ ンテン

セッテイ : O F F

ON / OFF

[ 1 ] セッテイ リ セッ ト

リ セッ ト : e n t

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ケンシュツ

ケンシュツ ホウホウ : セ レ ク ト

セレクト / ハバ

[ 1 ] メ テ ゛ ィ ア ケンシュツ

ケンシュツ : リ ョ ウ エッ シ ゛

リョウエッジ / ミギエッジ /

ヒダリエッジ / ナシ

選択ユーザータイプの

設定パラメータの初期化

機能フローチャート

6-19

6

MAINTENANCE

メ ンテナンス

ステーシ ョ ン メ ンテナンス < e n t >

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

キャ リ ッ シ ゛ アウ ト < e n t >

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

シュ ウ リ ョ ウ : e n t

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ワ イハ ゜ ー コ ウ カン < e n t >

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

シュ ウ リ ョ ウ : e n t

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ノ ス ゛ ル センシ ゛ ョ ウ < e n t >

ワ イハ ゜ ー ク リ ーニン ク ゛

シュ ウ リ ョ ウ ( ツキ ゛ ヘ ) : e n t

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

P U M P チューフ ゛ センシ ゛ ョ ウ < e n t >

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

シュ ウ リ ョ ウ : e n t

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ホカン センシ ゛ ョ ウ < e n t >

ワ イハ ゜ ー ク リ ーニン ク ゛

シュ ウ リ ョ ウ ( ツキ ゛ ヘ ) : e n t

メ ンテナンス

キャ リ ッ シ ゛ メ ンテナンス < e n t >

キャ リ ッ シ ゛ メ ンテナンス

シュ ウ リ ョ ウ : e n t

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

F I N E ヒ ンシツ < e n t >

6-20

P6-22

機能フローチャート

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

カバーを閉める

カバーを閉める

センシ ゛ ョ ウエキ ヲ ミ タス

シュ ウ リ ョ ウ ( ツキ ゛ ヘ ) : e n t

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ホウチ シ ゛ カン : 1 m i n

カバーを閉める

RESTART

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

カバーを閉める

センシ ゛ ョ ウエキ ヲ ミ タス

シュ ウ リ ョ ウ ( ツキ ゛ ヘ ) : e n t

* シ ョ キカ チュ ウ *

シハ ゛ ラ ク オマチク タ ゛ サイ

ステーシ ョ ン メ ンテナンス

ホウチ シ ゛ カン : 1 m i n

カバーを閉める

センシ ゛ ョ ウエキ ヲ ミ タス

シュ ウ リ ョ ウ : e n t

カバーを閉める

RESTART

カバーを閉める

RESTART

RESTART

RESTART

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

RESTART

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

カハ ゛ ーヲ シ メ テク タ ゛ サイ

6

6-21

P6-20 から

メ ンテナンス

ヘッ ト ゛ メ ンテナンス < e n t >

ヘッ ト ゛ メ ンテナンス

イ ン ク シ ゛ ュ ウテン < e n t >

イ ン ク シ ゛ ュ ウテン チュ ウ

0 0 : 0 0

ヘッ ト ゛ メ ンテナンス

ハイ シュツ&センシ ゛ ョ ウ < e n t >

イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ ハス ゛ ス

M M C C Y Y K K

ヘッ ト ゛ メ ンテナンス

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ < e n t >

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

シ ゛ ュ ウテン < e n t >

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

ハイ シュツ < e n t >

メ ンテナンス

ト ゛ ッ ト イチ ホセイ < e n t >

ト ゛ ッ ト イチ ホセイ

サクス ゛ カ イ シ : e n t

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

F I N E ヒ ンシツ < e n t >

6-22

P6-24

機能フローチャート

ハイ シュツ チュ ウ *

0 0 : 0 0

センシ ゛ ョ ウ エキ ヲ ハス ゛ ス

1 2 3 4 5 6 7 8

センシ ゛ ョ ウ エキ ヲ セッ ト スル

1 2 3 4 5 6 7 8

キュ ウ イ ン チュ ウ *

0 0 : 0 0

シ ゛ ョ ウキ ョ ウニ オウシ ゛ テ セン タ ク

E N D < > サイセンシ ゛ ョ ウ

ハイ シュツ チュ ウ *

0 0 : 0 0

センシ ゛ ョ ウ エキ ヲ ハス ゛ ス

1 2 3 4 5 6 7 8

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

カー ト リ ッ シ ゛ : ナシ

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

カー ト リ ッ シ ゛ : ア リ

作図終了

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

シ ゛ ュ ウテン カ イ シ : e n t

メ ンテナンス センシ ゛ ョ ウエキ

ハイ シュツ カ イ シ : e n t

ト ゛ ッ ト イチ ホセイ

ハ ゜ ターン 1 = 0 . 0

キュ ウ イ ン チュ ウ *

0 0 : 0 0

センシ ゛ ョ ウ エキ ヲ セッ ト スル

1 2 3 4 5 6 7 8

ハイ シュツ チュ ウ *

0 0 : 0 0

パターン 2 ~の

設定を行う

6-23

6

P6-22 から

メ ンテナンス

ス リ ーフ ゜ セッテイ

メ ンテナンス

テイキ セッテイ

< e n t >

< e n t >

ス リ ーフ ゜

リ フ レ ッ シュ

セッテイ

< e n t >

ス リ ーフ ゜ セッテイ

P U M P チューフ ゛ センシ ゛ ョ ウ < e n t >

ス リ ーフ ゜ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛ < e n t >

テイキ セッテイ

テイキ ワ イ ヒ ゜ ン ク ゛ < e n t >

ス リ ーフ ゜ セッテイ

リ フ レ ッ シュ カンカ ク = 1 h

OFF/1 ~ 168h

ス リ ーフ ゜ セッテイ

センシ ゛ ョ ウ カンカ ク = 4 h

OFF/1 ~ 168h

ス リ ーフ ゜ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛ カン カ ク = O F F

OFF/1 ~ 168h

[ 1 ] サクス ゛ ホウシキ

F I N E ヒ ンシツ

テイキ ワ イ ヒ ゜ ン ク ゛

オン ト ゛ サ < e n t >

メ ンテナンス

ワ イハ ゜ ー レヘ ゛ ル < e n t >

テイキ セッテイ

リ フ レ ッ シュ

テイキ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛

< e n t >

テイキ セッテイ

P U M P チューフ ゛ センシ ゛ ョ ウ < e n t >

< e n t >

テイキ セッテイ

リ フ レ ッ シュ カンカ ク = 1 h

OFF/1 ~ 168h

テイキ セッテイ

センシ ゛ ョ ウ カンカ ク = 4 h

OFF/1 ~ 168h

テイキ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛ カン カ ク = O F F

OFF/1 ~ 168h

ワ イハ ゜ ー レヘ ゛ ル

レヘ ゛ ル : 1 0 / 1 0

9/10 ~ 1/10

6-24

P6-26

機能フローチャート

OFF 以外の場合設定可能

ス リ ーフ ゜ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛ タ イ フ ゜ : ノ ーマル

ノーマル / ソフト / ハード

テイキ ワ イ ヒ ゜ ン ク ゛

スキャン カ イスウ = 5 0

テイキ ワ イ ヒ ゜ ン ク ゛

オン ト ゛ サ = 2 0 ゜ C

OFF 以外の場合設定可能

テイキ セッテイ

ク リ ーニン ク ゛ タ イ フ ゜ : ノ ーマル

ノーマル / ソフト / ハード

6-25

6

P6-24 から

メ ンテナンス

ハイ イ ン ク タ ン ク コ ウ カン < e n t >

ハイ イ ン ク タ ン ク コ ウ カン

コ ウ カン : e n t

メ ンテナンス

メ テ ゛ ィ ア サ ゛ ン リ ョ ウ < e n t >

メ ンテナンス

ホワ イ ト メ ンテナンス < e n t >

メ テ ゛ ィ ア サ ゛ ン リ ョ ウ

セッテイ : O F F

ON / OFF

ホワ イ ト メ ンテナンス

セン タ ク : L E V E L 1

ホワ イ ト イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ

フ ッテク タ ゛ サイ : e n t

ホワ イ ト メ ンテナンス

セン タ ク : L E V E L 2

ホワ イ ト イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ

フ ッテク タ ゛ サイ : e n t

ホワ イ ト メ ンテナンス

セン タ ク : L E V E L 3

ホワ イ ト イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ

フ ッテク タ ゛ サイ : e n t

6-26

機能フローチャート

L V . 1 > ノ ス ゛ ル センシ ゛ ョ ウ

0 3 : 0 0

L V . 2 > ノ ス ゛ ル センシ ゛ ョ ウ

0 3 : 0 0

L V . 3 > ノ ス ゛ ル センシ ゛ ョ ウ

0 3 : 0 0

イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ セッ ト スル

_ W _ W _ _ _ _

L V . 1 > ク リ ーニン ク ゛

0 2 : 0 0

L V . 2 > シ ゛ ュ ウテン

0 0 : 3 0

イ ン ク カー ト リ ッ シ ゛ ヲ ハス ゛ ス

_ W _ W _ _ _ _

L V . 3 > シ ゛ ュ ウテン

0 0 : 3 0

L V . 2 > ク リ ーニン ク ゛

0 2 : 0 0

L V . 3 > ハイ シュツ

0 1 : 3 0

L V . 3 > ク リ ーニン ク ゛

0 2 : 0 0

6-27

6

MACHINE SETUP

マシン セッテイ

ハイキ フ ァ ン < e n t >

ハイキ フ ァ ン

テイ シ タ イ マー < e n t >

ハイキ フ ァ ン

テイ シ タ イ マー : 1 2 0 M i n

ハイキ フ ァ ン

キ リ カエ < e n t >

ハイキ フ ァ ン

キ リ カエ

マシン セッテイ

カン ソ ウ フ ィー ト ゛ < e n t >

マシン セッテイ

スタ ン フ ゜ セッテイ < e n t >

マシン セッテイ

ハイ イ ン ク ワーニン ク ゛ < e n t >

カン ソ ウ フ ィー ト ゛

セッテイ : O N

ON / OFF

スタ ン フ ゜ セッテイ

スタ ン フ ゜ : O F F

ON / OFF

ハイ イ ン ク ワーニン ク ゛

セッテイ : O N

ON / OFF

マシン セッテイ

テス ト サクス ゛ ハイチ < e n t >

テス ト サクス ゛ ハイチ

セッテイ : F E E D ホウ コ ウ

FEED ホウコウ / SCAN ホウコウ

マシン セッテイ

イ ン ク キ ョ ウキュ ウ ユウセン < e n t >

イ ン ク キ ョ ウキュ ウ ユウセン

セン タ ク : サ ゛ ン リ ョ ウ

ザンリョウ / ユウコウキゲン

ファームウェアバージョン V4.60 より

マシン セッテイ

シツオン < e n t >

シツオン

セン タ ク : ト ウ タ ツ ヲ マツ

トウタツ ヲ マタナイ / トウタツ ヲ マツ

: O N

ON / OFF

6-28

機能フローチャート

MACHINE SETUP 2

マシン セッテイ 2

カ クニン フ ィー ト ゛ < e n t >

マシン セッテイ 2

シ ゛ コ ク セッテイ < e n t >

カ クニン フ ィー ト ゛

セッテイ : O N

ON / OFF

カクニンフィード

ON の場合のみ

カ クニン フ ィー ト ゛

メ テ ゛ ィ ア モ ト ゛ シ フ ィー ト ゛ : O N

ON / OFF

シ ゛ コ ク セッテイ

2 0 1 2 . 1 0 . 0 5 1 5 : 3 0 : 0 0

シ ゛ コ ク セッテイ

2 0 1 2 . 1 0 . 0 5 1 5 : 3 0 : 0 0

マシン セッテイ 2

タ ン イ セッテイ < e n t >

マシン セッテイ 2

マシン メ イ シ ョ ウ < e n t >

オン ト ゛

゜ C :

: ナカ ゛ サ m m

オンド : ℃ / ゜F

ナガサ : mm / inch

マシン メ イ シ ョ ウ

J V 3 3 - 0 1

マシン セッテイ 2

キー フ ゛ サ ゛ ー < e n t >

キー フ ゛ サ ゛ ー

セッテイ : O N

ON / OFF

6-29

6

INFOMATION

シ ゛ ョ ウホウ

エラー リ レキ < e n t >

エラー リ レキ

[ 0 1 ] 1 2 . 1 0 . 1 0 1 2 : 1 5

シ ゛ ョ ウホウ

メ ンテナンス リ レキ < e n t >

[ 0 1 ] 1 2 . 0 9 . 2 9

キャ リ ッ シ ゛ アウ ト

0 8 : 1 8

シ ゛ ョ ウホウ

サクス ゛ モー ト ゛ リ レキ < e n t >

[ 0 1 ] 7 2 0 x 1 0 8 0

B d . V d . x 1 . 1 L :

. 1 2

1 2 . 3 4 m

シ ゛ ョ ウホウ

リ ス ト < e n t >

リ ス ト

** サクス ゛ チュ ウ **

エラー内容を表示

サクス ゛ モー ト ゛ リ レキ

[ 0 1 ] 1 2 . 0 9 . 2 9 0 9 : 5 7

ファームウェアバージョン V4.60 より

シ ゛ ョ ウホウ

イ ン ク コ ウ カン レホ ゜ ー ト < e n t >

シ ゛ ョ ウホウ

ハ ゛ ーシ ゛ ョ ン < e n t >

シ ゛ ョ ウホウ

シ リ アル & テ ゛ ィーラーN o < e n t >

作図開始

J V 3 3 - 1 6 0

M R L - I I I

V 5 . 0 0

V 1 . 2 0

S / N = * * * * * * * *

D / N = * * * * * * * *

6-30

機能フローチャート

6-31

6

索引

L

LED ポインタ

........................................ 2-16

P

PUMP チューブ洗浄

.............................. 4-14

U

USB2.0 インターフェイスケーブル

....... 1-10

安全にお使いいただくために

......................xi

ご注意とお願い

..................................xiv

使用上の警告と注意

............................xii

使用上のご注意

.................................. xiii

設置上のご注意

...................................xv

インクカートリッジ

.............................. 1-12

インクカートリッジ取り扱い上のご注意

1-13

インクカラーを変更する

....................... 4-50

インク供給経路の切替設定

.................... 3-48

インクコウカンレポート

....................... 3-50

インク種類を変更する

........................... 4-50

インクの初期充填を行う

....................... 4-23

インクの有効期限を延長する

................. 3-46

インクを充填する

.................................. 4-20

インクを変更したいとき

....................... 4-50

エラーメッセージ

.................................... 5-9

オートカット

......................................... 2-32

オートクリーニングの設定をする

.......... 3-22

お問い合わせシート

................................ 6-5

外装のお手入れ

....................................... 4-3

カクニンフィード

.................................. 3-40

索引

-

1

各部の名称とはたらきについて

................1-4

キャリッジ

........................................1-8

ジョグキーのはたらき

.......................1-6

操作パネル

........................................1-6

装置前面

...........................................1-4

装置背面

/ 側面

..................................1-5

ヒーター

...........................................1-7

メディアセンサー

..............................1-7

画質不良が発生したときは

......................5-4

カッター刃とカットライン

......................1-8

カッター刃の交換

..................................4-51

カンキョウオンドの動作条件

.................3-38

乾燥時間の設定をする

...........................3-18

カンソウフィード

..................................3-33

キーブザー

............................................3-45

機能フローチャート

.................................6-8

キャッピングステーション

............ 1-9

,

4-5

キャッピングステーションのメンテナンス

メンテナンス洗浄液を排出する

.......4-11

インク排出路の洗浄

........................4-14

インク排出路の洗浄をする前に

.......4-10

長期間使用しない場合

.....................4-16

ヘッドノズルの洗浄

........................4-12

メンテナンス洗浄液を充填する

.......4-10

ワイパーとキャップの清掃

................4-6

ワイパーを交換する

..........................4-8

クリーニング間隔

...................... 3-23

,

3-24

クリーニングタイプ

................... 3-23

,

3-24

ケーブルを接続する

...............................1-10

警告ラベル

..............................................6-6

原点

原点設定位置の目安

........................2-17

故障?と思う前に

....................................5-2

カートリッジ異常が発生したら

.........5-5

画質不良が発生したときは

................5-4

作図できない

....................................5-2

電源が入らない

.................................5-2

ノズル詰まりを解消したいとき

.........5-4

索 引

メディアが汚れる

............................. 5-3

メディア詰まり

................................. 5-3

ご注意

.......................................................vii

作業の流れ

.............................................. 2-3

作図結果

............................................... 2-21

作図中クリーニングの設定をする

.......... 3-24

作図方式

作図品質の設定

............................... 3-12

スキャン方向の設定

........................ 3-14

設定可能な要素の組み合わせ

.......... 3-13

ロジカルシークの設定

.................... 3-15

作図方式の設定をする

........................... 3-12

作図を開始する

..................................... 2-30

作図を中止する

..................................... 2-31

ジコク

................................................... 3-41

受信障害

...................................................vii

仕様

インク仕様

....................................... 6-4

本体仕様

........................................... 6-2

使用可能メディアサイズ

....................... 1-15

使用環境温度

........................................... 1-2

情報を表示させる

.................................. 3-50

初期状態

............................................... 3-30

白重ね作図

............................................ 3-16

スタンプ

............................................... 3-34

スリープ設定

......................................... 4-27

クリーニング間隔

........................... 4-29

チューブ洗浄間隔

........................... 4-28

リフレッシュ間隔

........................... 4-27

設置場所について

.................................... 1-2

設定した内容を初期状態に戻す

............. 3-30

設定リセット

......................................... 3-30

装置情報を確認する

.............................. 3-50

タイプ

A

...................................................viii

タイプ B

...................................................viii

高さ調整レバー

.......................................2-6

タンイ

...................................................3-43

データクリア

.........................................2-31

データを作図する

..................................2-30

定期設定

................................................4-30

クリーニング間隔

............................4-34

定期ワイピング

...............................4-30

ポンプチューブ洗浄間隔

.................4-33

リフレッシュ間隔

............................4-32

テスト作図

................................ 2-20

,

2-24

テストサクズハイチ

...............................3-36

テストパターンについて

........................2-20

テストプリント

通常のテストパターン

.....................2-21

ホワイト確認

..................................2-22

テストプリントに関する注意事項

..........2-20

テストプリントの結果

...........................2-22

電源オフ時のインク詰まりを防止する

...4-27

電源ケーブル

.........................................1-11

電源を入れる

...........................................2-4

電源を切る

..............................................2-5

電源を切るときのご注意

...................2-5

電波障害自主規制

..................................... vii

特色メンテナンス

..................................2-26

特色メンテナンスの実行警告表示

..........2-28

ドットの位置がずれたら

........................4-25

取扱説明書について

..................................viii

トルクリミッタ

.....................................2-13

ニアフル

................................................4-46

日常のお手入れ

.......................................4-2

お手入れ上のご注意

..........................4-2

ノズル詰まりが復旧しない場合

..............4-20

索引

-

2

廃インクタンク確認メッセージ

............. 4-46

廃インクタンクを交換する

.................... 4-48

ハイキファン

......................................... 3-32

キリカエ

......................................... 3-32

テイシタイマー

............................... 3-32

ハイシュツ&センジョウ

....................... 4-21

パターン作図

......................................... 4-25

パネル

................................................... 3-20

ヒーター

温度設定の目安

............................... 2-19

温度設定の目安

(ソルベントインクをご使用の場合)

.. 3-8

適温調整

......................................... 3-10

ヒーター温度が設定温度に達して

いないと

......................................... 3-11

ヒーターの温度設定を変更する

....... 2-18

ヒーターの温度を確認する

.............. 2-19

ヒーターの準備をする

.................... 2-18

ヒーターの設定値を変更する

............ 3-8

ビーディング

.................................. 3-11

標準マージン

......................................... 3-19

ピンチローラーとフィードローラー

........ 1-9

ファンクションモード

........................... 1-16

プラテンの清掃

....................................... 4-3

フル

...................................................... 4-46

ヘッドギャップを調整する

...................... 2-6

ヘッドクリーニング

.............................. 2-25

ヘッドクリーニングについて

................. 2-24

ヘッドクリーニングを行う

.................... 2-25

ヘッド周辺の清掃

.................................. 4-18

ホカンセンジョウ

.................................. 4-16

ホスト

................................................... 3-20

補正パターン

........................................... 3-5

ホワイトインクメンテナンス機能

.......... 4-39

ホワイトノズル状態確認警告

................. 2-23

本装置の移動

..................................1-2

,

1-3

索引

-

3

本装置のご紹介

......................................... ix

マーク表示

................................................ xi

マージン

................................................3-19

巻き取り装置について

...........................2-13

マシン設定

............................................3-31

マシンメイショウ

..................................3-44

マニュアルカット

..................................2-32

メディア

メディアをカットする

.....................2-32

メディアをセットする

.......................2-6

メディア押えの清掃

.................................4-4

メディア検出の設定をする

....................3-26

メディア残量入力

..................................2-12

メディア残量表示

..................................4-37

メディアセンサーの清掃

..........................4-4

メディア取り扱い上の注意

....................1-15

メディアについて

..................................1-15

メディア補正の設定

.................................3-5

メニューモード

.....................................1-16

メンテナンス洗浄液

.................................4-2

キャッピングステーションのメンテナンス

メンテナンス洗浄液を排出する

.......4-11

ユーザータイプ

設定機能一覧

....................................3-3

タイプ登録

........................................3-2

タイプ登録の例

.................................3-2

登録できる設定内容

..........................2-2

ユーザータイプを使用する

................2-2

優先順位の設定をする

...........................3-20

リーフメディアをセットする

.................2-14

リフレッシュ

.........................................3-29

リモートモード

.....................................1-16

ローカルモード

.....................................1-16

ロールメディアをセットする

...................2-8

ワーニングメッセージ

............................. 5-6

ワイパー交換の警告時期

....................... 4-36

ワイパーレベル

..................................... 4-36

索 引

索引

-

4

JV33-130/160 取扱説明書

発行者

発行所

2012 年 1 月

株式会社ミマキエンジニアリング

株式会社ミマキエンジニアリング

389-0512

長野県東御市滋野乙

2182-3

D201693-16-31012012

© MIMAKI ENGINEERING CO., LTD.2012

NH

FW : 5.3

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents