ブラシレスモータドライバ BSD-36シリーズ 取扱説明書

ブラシレスモータドライバ BSD-36シリーズ 取扱説明書
CX5-055
2015.2
第 18版
ブラシレスモータドライバ
BSD-36シリーズ
取扱説明書
シチズン千葉精密
株式会社
TEL 047-458-7933
◎このたびは、シチズン千葉精密ブラシレスモータドライバ
BSD-36シリーズをお買い求めいただきまして、まことに
ありがとうございます。
◎ご使用前に必ずこの説明書をご熟読され、正しくご使用いただき、
末永くご愛用下さるようお願いいたします。
◎この説明書は後々のために大切に保存してください。
◎この説明書は内容改善のために予告無く変更することがあります。
目次
1. 概要・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
2. 製品型式の表示について・・・・・・・・・・・・・・1
3. 仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1
4. インターフェース・・・・・・・・・・・・・・・・・3
5. 使用環境・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6
6. 外形図及び部品配置図・・・・・・・・・・・・・・・6
7. 付属品・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・7
8. 型式、シリアル№の表示・・・・・・・・・・・・・・8
9. 保証範囲・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・8
1.概要
シチズン千葉精密ブラシレスモータ BDシリーズ 用の一象限速度制御ドライバです。
モータ内蔵のポールセンサ信号をフィードバック信号に用いているため、
外付けの速度センサは必要ありません。
速度設定は内部ボリューム、外部ボリューム、外部電圧入力いずれかの方式を選択し、
使用できます。
2.製品型式の表示について
表示例
: B S D - 3 6 - 0 5 1 2 - D 3 0 0
①
②
③
④
⑤
①シリーズ名
:
BSD-3
6シリーズ共通
②ドライバ出力(W)
表記
01
05
10
出力仕様
1W
5W
10W
③モータ用電源電圧(V)
表記
12
24
電圧仕様
12V
24V
④速度調整用インターフェース仕様
(いずれかを御選定ください)
表記
仕様
使用端子
B
コネクタ
コネクタ
CN4
C
基板端子
基板上のパッド J1
~J3
D
内部ボリューム
基板上に搭載されたボリューム
⑤仕様番号
:
モータの型式略称または特注品仕様番号を表記
3.仕様
3-1.仕様一覧
電源電圧範囲
速度制御範囲
回転数設定電圧
最大入力範囲
回転数設定電圧
制御可能入力範囲
回転数設定電圧
仕様
DC12V±5% もしくは
DC24V±5%
1:5
0~Vref
0.5V~5.5V
注意事項
製品型式③の仕様により異なります。
併用はできません。
最高回転数から最高回転数の 1/5まで
安定制御範囲です。モータ仕様によって
速度範囲は異なります。
Vrefは CN4
-1番ピン
範囲外の入力電圧では安定して
制御できないことがあります。
1000rpm/V
1
3-2.ジャンパ設定
3-2-1.
JP1 制御電源電圧仕様設定用・JP4 制御電源供給仕様設定用
制御電源仕様に合わせ設定します。
JP1
JP4
モータ仕様
CN2からの制御電源供給
ショート
ショート
DC12Vの場合のみ適用
不要
オープン
ショート
DC24Vの場合のみ適用
不要
ショート
オープン
不問
必要(DC11V
~DC13V
)
オープン
オープン
不問
必要(DC21V
~DC26V
)
3-2-2.
JP2、JP3 制御モード設定用
制御モード
電圧制御
速度制御
3-2-3.
JP2
ショート
オープン
JP3
オープン
ショート
JP5、JP6、JP7 制御信号設定用
工場出荷時設定から変更しないでください。
設定を変更された場合、正しく動作しません。
3-2-4.
工場出荷時のジャンパ設定
工場出荷時の仕様が
モータ電源、制御電源仕様 : DC24V
制御モード
: 速度制御
の場合、各ジャンパの状態は以下の通りです。
ジャンパ番号
JP1
JP2
JP3
JP4
JP5
JP6
JP7
状態
オープン
オープン
ショート
ショート
1-2ショート
ショート
1-2ショート
3-3.保護動作
・パワーデバイス過熱保護が働いた時
・リミットを超える電流が約4秒以上継続して流れた時
(回転数、負荷変動などにより時間は変動します)
・ポールセンサ入力コードが異常の時
いずれかの状態になったときにアラーム出力(「L
ow」レベルで出力)し、モータの回転が
停止します。
アラームリセット信号入力により解除できます。原因が継続している場合には解除されません。
※電源投入から 0.5秒間は、パワーオンリセット回路動作により入力信号を受け付けません。
2
4.インターフェース
4-1.電源用
CN1 B2
P-VH(日本圧着端子)
端子番号
信号名
機能
1
モータ電源+入力 DC12Vもしくは DC24V
製品型式③の仕様によります
2
モータ電源-入力 GNDレベル
4-2.入力信号用
CN2 B
6P-SHF-1
AA(日本圧着端子)
端子番号
信号名
機能
1
制御電源
+24Vあるいは外部制御電源入力
詳細は3-2-1項をご参照ください
2
GND
3
回転方向指令入力
CW・/CCW 「High」レベル入力で CW
「Low」 レベル入力で CCW
4
ブレーキ入力
/BRAKE 「L
ow」 レベル入力でブレーキ
5
スタート入力
/START 「L
ow」 レベル入力でスタート
6
アラームリセット入力
/ALARM 「L
ow」 レベル入力でアラームリセット
インターフェース回路:
ドラ イバ 内部
+2
4V
V
M+
CN1
5V
+1
2
V +
J
P4
モー タ 電源DC 1
電源回路
GND 2
+5V
39KΩ
+24V
CN2
制 御電 源
39KΩ 39KΩ
10KΩ
1KΩ
1
GND 2
回 転方 向指 令入 力
3
ブレーキ入 力
4
スタート入 力
5
アラームリセット入 力
6
1KΩ
1KΩ
注意事項
(1)制御電源は工場出荷時(JP4をショート)の出力です。モータ電源と制御電源を
異なる設定に変更する場合は、必ず JP
4をオープン状態としてください。
(2)入力信号:オープン時は「Hi
gh」レベルです。
デジタル電圧入力時は「Low」レベルは-0.3~0
.8Vまたは GNDです。
「Hi
gh」レベルは 4.5
~5Vです。
(3)ブレーキは発電制動です。(モータ3相巻線をドライバ内部で短絡します。)
(4)アラームリセットはアラーム要因を取り除いてから入力してください。
(5)アラームリセット信号に「Low」レベルを入力した状態では動作しません。
3
4-3.出力信号用
CN3 B
3P-SHF-1
AA(日本圧着端子)
端子番号
信号名
機能
1
パルス出力
回転数に比例したパルス(6パルス/1回転)を出力
2
アラーム出力 3-3項記載の保護回路動作時出力
3
回転方向出力 CW時「High
」レベル出力
インターフェース回路:
ドラ イバ 内部
10kΩ
10kΩ
CN3
1 パ ルス 出力
2 アラ ー ム出 力
3 回転 方 向出 力
10kΩ
10kΩ
10kΩ
10kΩ
注意事項
(1)出力信号: オープンコレクタ出力です。
出力電圧 40
V以下、コレクタ電流 80mA以下でご使用ください。
4-4.速度調整用(型式④の仕様です。お客様にて御選定頂き、ご指示願います)
◎B仕様:コネクタ仕様
CN4 B5P
-SHF-1AA
(日本圧着端子)
端子番号
信号名
機能
1
Vref
ドライバ側 I
C内部の基準電圧 DC6V
2
NC
3
回転数設定電圧 モータ回転数の設定電圧入力端子 0.5
~5.5V
4
NC
5
GND
インターフェース回路:
ドライバ内部
Vref
CN4
Vref 1
NC 2
10kΩ
回 転数設定電圧 3
NC 4
GND 5
10nF
4
◎C仕様:基板端子仕様
パッド番号
信号名
J1
Vref
J2
回転数設定電圧
J3
GND
機能
ドライバ側 I
C内部の基準電圧
モータ回転数の設定電圧入力端子
D
C6V
0
.5~5.5
V
インターフェース回路:
ドライ バ内部
Verf J1
回転数設定電圧
J2
GND J3
Vref
CN4 1
2
3
4
5
10kΩ
10nF
◎D仕様:ボリューム仕様
CW回転方向 : 回転速度アップ
インターフェース回路:
ドライ バ内部
Vref
内部ボリューム
Vref
CN4
1
2
3
4
5
10kΩ
10nF
注意事項
(1)速度調整用インターフェースはコネクタ仕様、基板端子仕様、速度調整ボリューム
仕様のいずれかから選択になります。併用はできませんので購入時にご指示ください。
(2)Vrefはモータ制御用 IC内蔵のレギュレータ出力のため 5.9
~6.5Vの範囲で
ばらつきます。
(3)コネクタ仕様もしくは基板端子仕様で外部にボリュームを取り付ける場合、
10kΩ以上の抵抗を使用してください。
(4)速度制御範囲は定格回転数の 1/5までです。範囲以外の速度設定では回転が不安定に
なることがあります。
(5
)D仕様は工場出荷時、事故防止のためにボリュームを最小位置に設定しております。
ご使用の際は、ボリューム調整によりモータを所望の速度にしてください。
5
4-5.モータインターフェースコネクタ仕様
C N 5 B4P-SHF-1AA( 日 本 圧 着 端 子 )
端子番号
信号名
1
モ ー タ 巻 線 MU
2
モ ー タ 巻 線 MV
3
モ ー タ 巻 線 MW
4
NC
C N 6 B5B-ZR( 日 本 圧 着 端 子 )
端子番号
信号名
1
電 源 + ( DC12V)
2
ポ ー ル セ ン サ 信 号 ( ホ ー ル IC)
3
ポ ー ル セ ン サ 信 号 ( ホ ー ル IC)
4
ポ ー ル セ ン サ 信 号 ( ホ ー ル IC)
5
電 源 - ( GND)
Vcc
SU (A)
SV (B)
SW (C)
GND
5.使用環境
使用温度及び湿度
:
雰囲気
:
0
℃~50℃
85%RH以下。但し、結露のないこと
腐食性ガス、塵埃のないこと
6.外形図及び部品配置図
J
P6
C
N4
6 3. 0
JP
3
C
N1
C
N2
5 5. 0
JP
4
J
P2
4×φ3.
2
3 2 1
3 2 1
J
P5
J
P7
82 .0
74 .0
C
N3
JP
1
CN
5
CN6
J3 J2 J1
ボリューム
23 max
1. 6
6
3 max
7.付属品
名称
製品型式(メーカ:日本圧着端子)
数量
CN1用ハウジング
VHR-2N
1個
CN1用コンタクト
BVH-21T-P1.
1
2個
CN2用ハウジング
H6P-SHF-AA
1個
CN3用ハウジング
H3P-SHF-AA
1個
CN4用ハウジング
H5P-SHF-AA
1個
※1
CN5用ハウジング
H4P-SHF-AA
1個
CN2~5コンタクト
BHF-001T-0.
8BS
18個 ※2
CN6用ハウジング
ZHR-5
1個
CN6用コンタクト
SZH-003T-P0
.5
5個
※1 B仕様以外の速度調整用インターフェースでは不要になります。
※2 B仕様以外の速度調整用インターフェースでは余剰があります。
ケーブルの圧着は以下の手動圧着工具を推奨します。その他、自動圧着工具等につきましては、
メーカにお問い合わせ下さい。
コネクタ番号
圧着工具型式
CN1
CN2~5
CN6
YC-160R
YC-122R
YRS-490
コネクタに関するお問合せ先 :
日本圧着端子製造株式会社
本社 大阪市城東区鴨野西2丁目6番8号
TEL 06(696
1)0070
FAX 06(696
7)1155
URL http:/
/www.jst
-mfg.com
/
7
8.型式、シリアル№の表示
基 板 表 面 U2の 上 面 に シ ー ル 貼 付 で 表 示 す る 。
表示例
0524B004k
10X001
表示内容
◎上段
05
24
“ 出 力 仕 様 ” “電 圧 仕 様 ”
B
“速度インターフェース仕様”
004
“仕様番号”
k
“版数”
◎下段
10X001
“シリアル N
o.”
9.保証範囲
・納入後1年以内にお客様での取扱方法に誤りがなく、弊社への持ち込み又は荷物での発送
に限って無償保証いたします。修理には多少の日数を要しますのでご了承願います。
・お客様の取扱ミスにより故障した場合、又はいかなる故障でも納入後1年間経過したものに
つきましては有償修理とさせていただきます。その際も前記同様弊社への持ち込み又は荷物での
発送に限って修理いたします。
修理には多少の日数を要するため重要なシステムに導入される場合は予備品の購入をご検討
頂きますようお願い申しあげます。
・弊社へ発送される場合は、静電気対策を施し、クッション材を充分入れてできるだけ製品に
外部の振動が伝わらないように梱包してください。
8
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement