技術・家庭 家庭分野

技術・家庭 家庭分野

技術 技術 技術 技術・ ・ ・ ・家庭 家庭 家庭 家庭

家 庭 分 野

家 庭 分 野 家 庭 分 野

家 庭 分 野

目 次

1 技術・家庭科家庭分野改訂のポイント

2 技術・家庭科、家庭分野の目標のポイント

3 家庭分野の内容のポイント

4 家庭分野の指導計画の作成と内容の取扱いの改善ポイント

5 奈良県の郷土素材などを活用した指導例

5

9

1

4

13

1 技術・家庭科家庭分野改訂のポイント

(1) 改善の基本方針

○ 技術・家庭科については、実践的・体験的な学習活動を通して、家族と家庭の役割、生

活に必要な衣、食、住、情報、産業等についての基礎的な理解と技能を養うとともに、そ

れらを活用して課題を解決するために工夫し創造できる能力と実践的な態度の育成を一層

重視する観点から、その内容の改善を図る。

その際、他教科等との連携を図り、社会において子どもたちが自立的に生きる基礎を培

うことを特に重視する。

社会において子どもたちが自立的に生きる基礎を培うことを重視

・教育基本法第5条第2項「義務教育として行われる普通教育は、各個人の有する能力

を伸ばしつつ社会において自立的に生きる基礎を培い、また、国家及び社会の形成者

として必要とされる基本的な資質を養うことを目的として行われるものとする。」

→ 家庭科、技術・家庭科の改善の基本方針にも示されており、「生きる力」を育

む教科として改善・充実を図る。

・学校教育法第21条第4号「家族と家庭の役割、生活に必要な衣、食、住、情報、産業

その他の事項について基礎的な理解と技能を養うこと。」

→ 家庭科教育と関わりの深い条文でもあり、「家族と家庭の役割」が示されたこ

とを踏まえ、家族・家庭に関する教育の一層の充実が求められる。

○ 技術・家庭科家庭分野については、自己と家庭、家庭と社会とのつながりを重視し、生

涯の見通しをもって、よりよい生活を送るための能力と実践的な態度を育成する視点から、

子どもたちの発達の段階を踏まえ、学校段階に応じた体系的な目標や内容に改善を図る。

小学校、中学校の学習の体系化による基礎・基本の重視

・家庭科、技術・家庭科家庭分野においては、「自己と家庭、家庭と社会とのつながり」

という空間軸の視点と、「生涯の見通しをもつ」という時間軸の視点を踏まえ、より

よい生活を送るための能力と実践的な態度を育成する視点から、小学校、中学校の指

導内容の一層の体系化を図る。

・基礎的・基本的な知識及び技能や生活を創意工夫する能力などの確実な定着を目指す。

○ 社会の変化に対応し改善を図る。

少子高齢化や家庭の機能が十分に果たされていないといった状況に対応し、家族と家庭

に関する教育と子育て理解のための体験や高齢者との交流を重視する。

心身ともに健康で安全な食生活のための食育の推進を図るため、食事の役割や栄養・調

理に関する内容を一層充実するとともに、社会において主体的に生きる消費者を育む視点

から、消費の在り方及び資源や環境に配慮したライフスタイルの確立を目指す指導を充実

する。

- 家1 -

社会の変化への対応

・家族と家庭に関する教育などの充実、健全な食生活のための食育の推進、持続可能な

社会(環境破壊等につながらない豊かなくらし)の構築のための消費の在り方及び資

源や環境に配慮したライフスタイルの確立を目指す指導の充実など、社会の変化に対

応し、主体的に生活の課題を解決できる能力を育むことを目指す。

○ 体験から、知識と技術などを獲得し、基本的な概念などの理解を深め、実際に活用する

能力と態度を育成するために、実践的・体験的な学習活動をより一層重視する。また、知

識と技術などを活用して、学習や実際の生活において課題を発見し解決できる能力を育成

するために、自ら課題を見いだし解決を図る問題解決的な学習をより一層充実する。

実践的・体験的な学習活動と問題解決的な学習の充実

・技術・家庭科における学習活動の特徴である実践的・体験的な学習活動と問題解決的

な学習を一層重視し、生徒が学習した知識及び技能等を活用し、これからの生活を展

望する能力と実践的な態度を育む視点から「生活の課題と実践」に関する指導を重視

する。

○ 家庭・地域社会との連携という視点を踏まえつつ、学校における学習と家庭や社会にお

ける実践との結び付きに留意して内容の改善を図る。

実践的態度を育む教育の充実

・よりよい生活を送るための能力と実践的な態度を育成するためには、家庭や地域社会

との連携は欠かせない視点である。学校における学習と家庭や社会における実践の結

び付きに留意して内容の改善を図る。

(2) 改善の具体的事項

○ 衣食住などに関する実践的・体験的な学習活動、問題解決的な学習を通して、中学生と

しての自己の生活の自立を図り、子育てや心の安らぎなどの家庭の機能を理解するととも

に、これからの生活を展望し、課題をもって主体的によりよい生活を工夫できる能力と態

度の育成を重視する。

・中学校段階で育てる資質・能力として、「生活の自立を図る」ことに一層の重点を置

いている。これからの生活を見通してよりよい生活を創造する力、社会の変化に主体

的に対応する力の育成を重視する。

○ 小学校の内容との体系化を図り、中学生としての自己の生活の自立を図る視点から、①

家族・家庭と子どもの成長、②食生活の自立、③衣生活と住生活の自立、④家庭生活と消

費・環境に関する内容で構成し、全ての生徒に履修させる。

学習した知識と技術などを活用し、これからの生活を展望する能力と実践的な態度を育

む視点から、家族・家庭や衣食住などの内容に生活の課題と実践に関する指導事項を設定

し、選択して履修させる。

- 家2 -

・小学校の内容との体系化を図り、中学生としての自己の生活の自立を図る視点から、

小学校、中学校ともに同じ枠組みをもつ内容に再構成する。

・小学校と中学校の接続を円滑にすることにより、これまで以上に小学校の学習を中学

校に生かし、基礎的・基本的な知識及び技能や生活を工夫し創造する能力などが育ま

れることを目指している。

○ 社会の変化に対応し、次のような改善を図る。

・家庭の機能を理解し、人とよりよく関わる能力の育成を目指した学習活動を一層充実す

る。また、幼児への理解を深め、子どもが育つ環境としての家族と家庭の役割に気付く

幼児触れ合い体験などの学習活動を更に充実する。

・食生活の自立を目指し、中学生の栄養と献立、調理や食文化などに関する学習活動を一

層充実する。家庭生活と消費・環境に関する学習については、他の内容との関連を明確

にし、中学生の消費生活の変化を踏まえた実践的な学習活動を更に充実する。

・主体的に生活をよりよくしようとする能力と態度を培うことを重視して改善を図る。

*家族・家庭に関する教育の充実

学校教育法第21条第4号に「家族と家庭の役割~(略)~について基礎的な理解

と技能を養うこと」が明記されたことを踏まえ、家族・家庭に関する教育の改善を

図る。

*食育の推進

学校における食育については、子どもたちの生活や学習の基盤として、食に関す

る指導の充実が求められている。平成20年版中学校学習指導要領第1章総則の教育

課程編成の一般方針に、食育に果たす技術・家庭科の役割が明記されている。また、

家庭分野の「3内容の取扱い」(2)エには「食に関する指導については、技術・家

庭科の特質に応じて、食育の充実に資するよう配慮すること」と示されている。

*社会において主体的に生きる消費者を育む視点の重視

中教審答申では「21世紀に生きる子どもたちに環境や自然と人間とのかかわり、

環境問題と社会経済システムの在り方や生活様式とのかかわりなどについて理解を

深めさせ、環境の保全やよりよい環境の相応のために主体的に行動する実践的な態

度や資質、能力を育成することが求められている」ことが示された。

家庭分野においては、社会において主体的に生きる消費者を育む視点を重視し、

「D身近な消費生活と環境」を設定している。

○ 家庭に関する教育を体系的に行う視点から、小学校での学習を踏まえ中学校での3学年

間の学習の見通しを立てさせるガイダンス的な内容を設定し、第1学年の最初に履修させる。

・中学校での3学年間の学習の見通しを立てさせるガイダンス的な内容として、「A家

族・家庭と子どもの成長」に「(1)自分の成長と家族」という指導項目を設定し、第1

学年の最初に履修させる。

・指導計画については3学年間の見通しを立て、題材を効果的に配列し、ストーリー性

のある年間指導計画を立てる。

- 家3 -

2 技術・家庭科、家庭分野の目標のポイント

(1) 技術・家庭科の目標

平成20年版学習指導要領

生活に必要な基礎的・基本的な知識及

び技術の習得を通して、生活と技術との

かかわりについて理解を深め、進んで生

活を工夫し創造する能力と実践的な態度

を育てる。

平成10年版学習指導要領

生活に必要な基礎的な知識と技

術の習得を通して、生活と技術と

のかかわりについて理解を深め、

進んで生活を工夫し創造する能力

と実践的な態度を育てる。

○ 技術・家庭科の教科の目標は従前と同様であり、基本的な考え方は変わっていないが、

これからの生活を見通し、よりよい生活を創造するとともに、社会の変化に主体的に対応

する能力を育む観点から、次のような改善を図っている。

・家庭分野は、自己と家庭、家庭と社会とのつながりを重視し、これからの生活を

展望して、よりよい生活を送るための能力と実践的な態度の育成を重視する。

→学習指導要領全体の表記と統一を図る視点から、表現を改めた。

(2) 家庭分野の目標

平成20年版学習指導要領

衣食住などに関する実践的・体験的な

学習活動を通して、生活の自立に必要な

基礎的・基本的な知識及び技術を習得す

るとともに、家庭の機能について理解を

深め、これからの生活を展望して、課題

をもって生活をよりよくしようとする能

力と態度を育てる。

平成10年版学習指導要領

実践的・体験的な学習活動を通

して、生活の自立に必要な衣食住

に関する基礎的な知識と技術を習

得するとともに、家庭の機能につ

いて理解を深め、課題をもって生

活をよりよくしようとする能力と

態度を育てる。

○ 家庭分野の学習のねらいのイメージ図

衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して

・生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技術

を習得する。

・家庭の機能について理解を深める。

・これからの生活を展望して、課題をもって生活を

よりよくしようとする能力と態度を育てる。

消費

環境

幼児の成長と家族

地域との

かかわり

衣食住の生活

と自立

生活をよりよくしようとする

能力と実践的な態度

生活

の自

立を

考え

地域との

かかわり

衣食住の生活

と自立

ガイダンス

家庭の機能

消費

環境

図は、文部科学省資料による

- 家4 -

3 家庭分野の内容のポイント

(1) 内容構成の改善

平成20年版学習指導要領

A 家族・家庭と子どもの成長

B 食生活と自立

C 衣生活・住生活と自立

D 身近な消費生活と環境

平成10年版学習指導要領

A 生活の自立と衣食住

(1) 中学生の栄養と食事

(2) 食品の選択と日常食の調理の基礎

(3) 衣服の選択と手入れ

(4) 室内環境の整備と住まい方

(5) 食生活の課題と調理の応用

(6) 簡単な衣服の製作

B 家族と家庭生活

(1) 自分の成長と家族や家庭生活との

かかわり

(2) 幼児の発達と家族

(3) 家庭と家族関係

(4) 家庭生活と消費

(5) 幼児の生活と幼児との触れ合い

(6) 家庭生活と地域とのかかわり

※A(5)、(6)、B(5)、(6)の4項目のうちから1又は2項目を選択

○ 内容構成を改め、生涯にわたる家庭生活の基盤となる能力と実践的な態度を育成する観

点から、小学校と中学校の内容の体系化を図り、小学校、中学校ともに同じ枠組みをもつ

四つの内容で構成している。

四つの内容の構造図

・自己と家庭、家庭と社会とのつながりの

重視の視点→(空間軸)

・将来にわたって自立した生活を営む見通

しをもつ→(時間軸)

・生活の自立を図る視点

消費

環境

地域との

かかわり

A 幼児の成長と家族

BC

と自立

生活

の自

立を

考え

BC

と自立

A 家庭の機能

地域との

かかわり

消費

環境

図は、文部科学省資料による

○ 小学校、中学校の学習指導要領の内容全体の概要は、次ページの表のとおりである。

・小学校と中学校における内容の円滑な接続を図り、小学校での指導が中学校までの内

容を見通したものとなるように、中学校につながる基礎的・基本的な知識及び技能、

生活をよりよくしようと工夫する能力と実践的な態度を確実に定着させる。

- 家5 -

表 小学校家庭科、中学校技術・家庭科家庭分野の内容一覧

※枠囲みは選択事項。3学年間で1又は2事項を選択

小学校 中学校(家庭分野)

衣食住などに関する実践的・体験的な活動を通して、日常生活 (家庭分野)衣食住などに関する実践的・体験的な学習活動を

に必要な基礎的・基本的な知識及び技能を身に付けるとともに、 通して、生活の自立に必要な基礎的・基本的な知識及び技術

家庭生活を大切にする心情をはぐくみ、家族の一員として生活を を習得するとともに、家庭の機能について理解を深め、これ

よりよくしようとする実践的な態度を育てる。 からの生活を展望して、課題をもって生活をよりよくしよう

A 家庭生活と家族

(1) 自分の成長と家族

ア 成長の自覚、家庭生活と家族の大切さ

(2) 家庭生活と仕事

ア 家庭の仕事と分担

イ 生活時間の工夫

(3) 家族や近隣の人々とのかかわり

ア 家族との触れ合いや団らん

イ 近隣の人々とのかかわり

B 日常の食事と調理の基礎

(1) 食事の役割

ア 食事の役割と日常の食事の大切さ

イ 楽しく食事をするための工夫

(2) 栄養を考えた食事

ア 体に必要な栄養素の種類と働き

イ 食品の栄養的な特徴と組合せ

ウ 1食分の献立

(3) 調理の基礎

ア 調理への関心と調理計画

イ 材料の洗い方、切り方、味の付け方、盛り付け、配

膳及び後片付け

ウ ゆでたり、いためたりする調理

エ 米飯及びみそ汁の調理

オ 用具や食器の安全で衛生的な取扱い、こんろの安全

な取扱い

C 快適な衣服と住まい

(1) 衣服の着用と手入れ

ア 衣服の働きと快適な着方の工夫

イ 日常着の手入れとボタン付け及び洗濯

(2) 快適な住まい方

ア 住まい方への関心、整理・整頓及び清掃の仕方と工

イ 季節の変化に合わせた生活の大切さ、快適な住まい

方の工夫

(3) 生活に役立つ物の製作

ア 形などの工夫と製作計画

イ 手縫いやミシン縫いによる製作・活用

ウ 用具の安全な取扱い

D 身近な消費生活と環境

(1) 物や金銭の使い方と買物

ア 物や金銭の大切さ、計画的な使い方

イ 身近な物の選び方、買い方

(2) 環境に配慮した生活の工夫

ア 身近な環境とのかかわり、物の使い方の工夫

とする能力と態度を育てる。

A 家族・家庭と子どもの成長

(1) 自分の成長と家族

ア 自分の成長と家族や家庭生活とのかかわり

(2) 家庭と家族関係

ア 家庭や家族の基本的な機能、家庭生活と地域とのかか

わり

イ これからの自分と家族、家族関係をよりよくする方法

(3) 幼児の生活と家族

ア 幼児の発達と生活の特徴、家族の役割

イ 幼児の観察や遊び道具の製作、幼児の遊びの意義

ウ 幼児と触れ合い、かかわり方の工夫

エ 家族又は幼児の生活についての課題と実践

B 食生活と自立

(1) 中学生の食生活と栄養

ア 食事が果たす役割、健康によい食習慣

イ 栄養素の種類と働き、中学生の栄養の特徴

(2) 日常食の献立と食品の選び方

ア 食品の栄養的特質、中学生の1日に必要な食品の種類

と概量

イ 中学生の1日分の献立

ウ 食品の選択

(3) 日常食の調理と地域の食文化

ア 基礎的な日常食の調理、食品や調理用具等の適切な管

イ 地域の食材を生かした調理、地域の食文化

ウ 食生活についての課題と実践

C 衣生活・住生活と自立

(1) 衣服の選択と手入れ

ア 衣服と社会生活とのかかわり、目的に応じた着用や個

性を生かす着用の工夫

イ 衣服の計画的な活用や選択

ウ 衣服の材料や状態に応じた日常着の手入れ

(2) 住居の機能と住まい方

ア 住居の基本的な機能

イ 安全な室内環境の整え方、快適な住まい方の工夫

(3) 衣生活、住生活などの生活の工夫

ア 布を用いた物の製作、生活を豊かにするための工夫

イ 衣生活又は住生活についての課題と実践

D 身近な消費生活と環境

(1) 家庭生活と消費

ア 消費者の基本的な権利と責任

イ 販売方法の特徴、物資・サービスの選択、購入及び活

(2) 家庭生活と環境

ア 環境に配慮した消費生活の工夫と実践

- 家6 -

(2) 内容項目の改善

○ 小学校家庭科の内容との体系化を図り、中学生としての自己の生活の自立を図る視点か

ら、四つの内容で構成されている。

A 家族・家庭と子どもの成長 幼児との触れ合いや家族・家庭に関する実践的・体

験的な学習活動を通して、幼児に関心をもたせるとともに、自分の成長や家族・家庭、幼

児の発達と生活について関心と理解を深め、家族や幼児に主体的に関わることができるよ

うにする。

内容項目の改善点

・小学校家庭科の学習内容の「A家庭生活と家族」を基盤にして、適切な題材を設定し、

相互に連携を図り、総合的に展開できるようにする。

・A(1)は、家庭分野の学習全体のガイダンスとして扱うほか、A(2)や(3)との関連を図

り学習を進める。ガイダンスとして、第1学年の最初に履修させた後、A(2)や(3)の

学習時に導入として再度扱うなど、適切な時期を設定し、それらに関連させて扱う。

・3年間の学習の見通しをもたせるために、家庭生活や小学校家庭科の学習を振り返っ

たり、家庭分野の学習のねらいや概要に触れたりして学習の意欲を高める工夫をする。

・身近な問題として具体的な事例を挙げて指導をするが、その際、生徒のプライバシー

に十分配慮する。

・触れ合い体験を重視する。可能な限り直接的体験ができるように留意するが、困難な

場合には視聴覚教材やロールプレイングなどを活用し「関わり方」を工夫する。

・生徒の興味・関心に応じた課題を設定し、その解決を目指して問題解決的な学習を進

める。

B 食生活と自立 日常食の献立作成や調理などに関する実践的・体験的な学習活動

を通して、中学生の栄養と調理についての基礎的・基本的な知識及び技術を習得するとと

もに、地域の食文化について関心と理解を深め、これからの生活を展望して、課題をもっ

て食生活をよりよくしようとする能力と態度を育てる。

内容項目の改善点

・小学校家庭科の学習内容の「B日常の食事と調理の基礎」を基盤にして、適切な題材

を設定し、相互に連携を図り、総合的に展開できるようにする。

・生徒が自分の食生活について主体的に考えることができるように、食生活調べなど身

近で具体的な事例を挙げて指導をするが、その際、生徒のプライバシーに十分配慮する。

・中学生の一日に必要な食品の種類と概量について、具体的に指導するため、実物や食

品模型等の活用を工夫する。また、計量器の扱いを繰り返すことで、技術の定着を図る。

・地域の食材を利用することで、地域の食文化に関心をもたせ、その意義について理解

させる。

・生徒の興味・関心に応じた課題を設定し、その解決を目指して問題解決的な学習を進

める。

- 家7 -

○ 子どもたちの生活や学習の基盤として、食に関する指導の充実が求められている。学校

における食育については、中学校学習指導要領第1章総則の教育課程の一般方針に、食育

に果たす家庭科の役割が明記された。食に関する指導については、技術・家庭科の特質に

応じて、食育の充実に資するよう配慮する。

食育の推進における技術・家庭科の役割

・技術・家庭科における食に関する指導を中核として、学校の教育活動全体で一貫した

取組の推進を図ることが大切である。

・技術・家庭科における食に関する指導については、食事の重要性、心身の成長や健康

の保持増進の上で望ましい栄養や食事のとり方、食品の品質及び安全性等について自

ら判断できる能力、望ましい食習慣の形成、地域の産物、食文化の理解、基礎的・基

本的な調理の知識と技術などを総合的に育む観点から推進する。

・家庭や地域と連携を図りながら健康で安全な食生活を実践するための基礎が培われる

よう配慮し、食育の充実を図る。

C 衣生活・住生活と自立 実践的・体験的な学習活動を通して、衣服の選択、着用、

手入れと住居の安全で快適な住まい方についての基礎的・基本的な知識及び技術を習得す

るとともに、衣服と住居の機能について関心と理解を深め、これからの生活を展望して、

課題をもって衣生活と住生活をよりよくしようとする能力と態度を育てる。

内容項目の改善点

・小学校家庭科の学習内容の「C快適な衣服と住まい」を基盤にして、適切な題材を設

定し、相互に連携を図り、総合的に展開できるようにする。

・人間を取り巻く身近な環境として、衣生活と住生活があることを取り上げる。

・浴衣など和服について調べたり着用したりするなど、日本の伝統である和服について

扱うこともできる。

イ又は(2)の学習との関連を図る。

・身近な環境に配慮した水や洗剤の適切な使い方を考えさせ、循環型社会への理解が深

まるよう指導し、日常生活の中で意識することを考えさせる。

・生活を豊かにする学習を重視し、布を用いた物の製作を選択から必修に変更する。

・生徒の興味・関心に応じた課題を設定し、その解決を目指して問題解決的な学習を進

める。

D 身近な消費生活と環境 実践的・体験的な学習活動を通して、消費生活と環境に

ついての基礎的・基本的な知識及び技術を習得するとともに、消費者としての自覚を高め、

身近な消費生活の視点から持続可能な社会を展望して、環境に配慮した生活を主体的に営

む能力と態度を育てる。

- 家8 -

内容項目の改善点

・小学校家庭科の学習内容の「D身近な消費生活と環境」を基盤にして、「A家族・家

庭と子どもの成長」、「B食生活と自立」又は「C衣生活・住生活と自立」の学習と相

互に関連を図り、適切な題材を設定し、総合的に展開できるようにする。

・身近な消費生活の視点から持続可能な社会を展望して、環境に配慮した生活を主体的

に営む能力と態度を育てることをねらいとしている。

・販売方法については、多様化している無店舗販売について、中学校で関わりの深い販

売方法(通信販売や訪問販売等)を取り上げる。

・購入時の支払いについて、小学校では現金を中心に扱うので、中学校では二者間契約

を中心に取り上げ、即時払い・前払い・後払いの特徴を理解させる。電子マネーについて

も触れる。

・中学生の身近な消費行動を振り返り、限りある資源を有効に利用できるための実践が

できるようにする。

4 家庭分野の指導計画の作成と内容の取扱いの改善ポイント

(1) 指導計画の作成

○ 3学年間を見通した全体的な指導計画を立てる。

・技術分野及び家庭分野の授業時数については、3学年間を通して、いずれかの分野に

偏ることなく授業時数を配当する。

・各分野の内容AからDは、全ての生徒に履修させることとする。家庭分野の内容の「A

家族・家庭と子どもの成長」の(3)のエ、「B食生活と自立」の(3)のウ及び「C衣生

活・住生活と自立」の(3)のイ、すなわち「生活の課題と実践」の事項については、3

学年間でこれらの事項のうち1又は2事項を選択して履修させるようにする。

○ 「A家族・家庭と子どもの成長」(1)は、技術・家庭科の意義を明確にするとともに、

小学校家庭科などの学習を踏まえ、3学年間の学習の見通しを立てさせるガイダンス的な

内容として、第1学年の各分野の最初に履修させる。

・ガイダンス

*小学校家庭科の学習などを振り返り、3学年

間の学習の見通しを立てる。

*ストーリー性のある指導計画を立てる。

・生活の課題と実践

*学習した知識と技術を活用して、これからの

生活を展望する能力と実践的な態度を育む。

消費

環境

地域との

かかわり

A 幼児の成長と家族

BC

衣食住の生活

と自立

生活

の自

立を

考え

BC

と自立

A 家庭の機能

地域との

かかわり

消費

環境

図は、文部科学省資料による

- 家9 -

消費

環境

地域との

かかわり

A 幼児の成長と家族

BC

と自立

他者や地域とのかかわり、

これからの生活を展望する

生活

の自

立を

考え

地域との

かかわり

BC

と自立

家庭の機能

消費

環境

・ストーリー性

*自分を振り返り家族との関わりの重要性を考

える。

*自己の生活の自立を目指し、知識・技術を習

得する。

*幼児や地域との関わり、これからの生活を展

望する。

図は、文部科学省資料による

○ 家庭分野の内容AからDの各項目に適切な授業時数を配当し、3学年間を見通して履修

学年や指導内容を適切に配列する。

・授業時数の配当に当たっては、内容AからDのそれぞれの項目は、全ての生徒に履修

させる基礎的・基本的な内容であるので、その目的が達成されるように授業時数を配

当する。

・各項目や各項目に示す事項の関連性や系統性に留意し、計画的な履修ができるように

配慮する。

(例) ・適切な時期に分散して履修させる場合

・特定の時期に集中して履修させる場合

・3学年間を通して履修させる場合

・「生活の課題と実践」の履修の方法

(例)

履修させる内容 全ての生徒が履修する内容を学習した後、1又は2事項選択して履修させる場合

との組合せ方 全ての生徒が履修する内容を学習する途中で、組み合わせて履修させる場合

学期中のある時期に集中させて実施

履修の時期 特定の期間を設けて継続的に実施

長期休業を活用して実施

○ 題材の設定は、各項目及び各項目に示す事項との関連を見極め、相互に有機的な関連を

図り、系統的及び総合的に学習が展開されるよう配慮する。

・(例)「D身近な消費生活と環境」の各項目を履修する場合、「A家族・家庭と子ども

の成長」「B食生活と自立」「C衣生活・住生活と自立」の各項目との関連を図って題

材を設定する。

・地域や学校及び生徒の実態等を十分考慮し、次の観点に配慮して実践的・体験的な学

習活動を中心とした題材を設定する。

*小学校における家庭科及び図画工作科等の関連する教科の指導内容や中学校の他教科等との

関連を図り、教科のねらいを十分達成できるよう基礎的・基本的な内容を押さえたもの。

*生徒の発達の段階に応じて、興味・関心を高め、生徒の主体的な学習活動や個性を生かすこ

とができるもの。

*生徒の生活の向上とともに家庭や地域社会における実践に結び付けることができるもの。

- 家10 -

○ 道徳の時間などとの関連

道徳教育については、学習指導要領の第1章総則の第1の2及び第3章道徳の第1に示

す道徳教育の目標に基づき、道徳の時間などとの関連を考慮しながら、第3章道徳の第2

に示す内容について、技術・家庭科の特質に応じて適切な指導をする。

・生活に必要な基礎的・基本的な知識及び技術を習得することは、望ましい生活習慣を

身に付けるとともに、勤労の尊さや意義を理解することにつながる。また、進んで生

活を工夫し創造しようとする態度を育てることは、家族への敬愛の念を深めるととも

に、家庭や地域社会の一員としての自覚をもって自分の生き方を考え、生活をよりよ

くしようとすることにつながる。

・技術・家庭科の年間指導計画の作成などに際して、道徳教育の全体計画との関連、指

導の内容及び時期等に配慮し、相互に学習効果を高め合うようにする。

(2) 内容の取扱い

○ 基礎的・基本的な知識及び技術を習得し、基本的な概念などの理解を深めるとともに、

仕事の楽しさや完成の喜びを体得させるよう、実践的・体験的な学習活動を充実する。

・実践的・体験的な学習活動を中心とし、生徒が学習の中で習得した知識と技術を生活

の場で生かせるよう、生徒の実態を踏まえた具体的な学習活動を設定する。

(例)製作、調理などの実習や、観察・実験、見学、調査・研究など

・生徒の生活の実態を把握し、基礎的なものから応用的なものへ、簡単なものから難し

いものへと内容を発展させ、無理なく学習が進められるよう配慮して、学習の充実感

が味わえるようにする。

○ 生徒が学習した知識及び技術を生活に活用できるよう、問題解決的な学習を充実すると

ともに、家庭や地域社会との連携を図るようにする。

・学習の進め方として、計画、実践、評価、改善などの一連の学習過程を適切に組み立

て、生徒が段階を追って学習を深められるように配慮する。

・3学年間の技術・家庭科の指導を通して育てたい能力と各項目の指導内容との関わり

及び指導の時期を明確にした指導計画を作成するとともに、具体的な学習過程を工夫

したり、思考を促す発問の工夫など日々の学習指導の在り方を改善したりするなどの意

図的・計画的な授業設計を行う。

・家庭分野の指導事項「生活の課題と実践」においては、家庭や地域社会との連携を積

極的に図り、効果的に学習が進められるよう配慮する必要がある。学習したことを衣

食住などの生活に生かし継続的に実践を行うことによって、知識と技術などの定着を

図るとともに、学習した内容を深化・発展させたり、生活の価値に気付かせたり、生

活の自立や将来の生活への展望をもたせたりする。

- 家11 -

(3) 実習の指導

○ 施設・設備の安全管理に配慮し、学習環境を整備するとともに、火気、用具、材料など

の取扱いに注意して事故防止の指導を徹底し、安全と衛生に十分留意する。

・技術・家庭科は、機器類、刃物類、引火性液体、電気、ガス、火気などを取り扱って

実習するため、安全の保持に十分留意して学習指導を行う。特に、機器類を取り扱う

際には、取扱説明書等に基づき適切な使用方法を遵守させるなど、事故防止に万全の

注意を払う。

(4) 言語活動の充実

○ 衣食住やものづくりなどに関する実習等の結果を整理し考察する学習活動や、生活にお

ける課題を解決するために言葉や図表、概念などを用いて考えたり、説明したりするなど

の学習活動が充実するよう配慮する。

・幼児触れ合い体験や調理、製作などの実習等を行った後に、体験から感じ取ったこと

や気付いたことをまとめたり、その結果を整理したり、考察したりする学習活動を充

実する。

・生活における課題を解決するために、言葉だけでなく、設計図や献立表といった図表

及び衣食住に関する概念などを用いて考えたり、説明したりするなどの学習活動を充

実する。

- 家12 -

5 奈良県の郷土素材などを活用した指導例

◆[A家族・家庭と子どもの成長]の指導例

1 題材名 触れ合い体験

指導する内容 A「家族・家庭と子どもの成長」(3)イ、ウ

2 題材の目標

○ 幼児の観察や遊び道具の製作などを通して、幼児の遊びの意義について理解し、関心を深

める。

○ 計画した遊びを通して幼児と触れ合い、その中で幼児への理解と関心を深め、関わり方を

工夫する。

3 指導のポイント

○ 奈良をテーマにした「ならすごろく」を作成し、幼児との触れ合う活動の中で活用するこ

とにより、幼児への理解と関心を深め、関わり方を工夫する。また、「ならすごろく」の製

作を通して、郷土を愛する気持ちを育てる。

4 学習活動における具体の評価規準

生活や技術への 生活を

関心・意欲・態度 工夫し創造する能力

生活の技能

生活や技術についての

知識・理解

幼児の観察や遊び □ 幼児の心身の発達 □ 幼児の遊びや幼児 □ 幼児にとっての遊

道具の製作などの

活動を通して、幼

児に関心をもって

いる。

に応じた遊びや遊

び道具、遊び方に

ついて考え、工夫

している。

の発達と家族との

関わりなどについ

て、観点に基づい

て観察したり、整

びの意義について

理解している。

幼児と触れ合う活

動などを通して、

幼児に関心をもち、

適切に関わろうと

している。

理したりすること

ができる。

5 学習計画 全7時間 評価の観点

(本時2・3/7時間)

6 本時の展開

(1)本時の題材

- 家13 -

「ならすごろく」を作ろう

(2)本時のねらい

○ 「ならすごろく」の製作を通し、幼児にとっての遊びの意義を理解させるとともに、郷土

を愛する気持ちを育てる。

○ グループのなかまと協力して「ならすごろく」を製作することにより、幼児への関心を高

め、関わり方を工夫する。

(3)展開

学習活動 指導上の留意点

1 前時までの学習を振り返 ・これまでの学習を振り返り、触れ合い

り、本時の目標を知る。 体験に向けて、「ならすごろく」を製

評価等

作し、積極的に幼児と関わろうとする

意欲を高めさせる。

2 グループごとに、「ならす ・事前に課題として記入したワークシー ・ワークシート

ごろく」のマスに適した特 トを基に、幼児が興味をもちやすいマ 「奈良をさがそう」

産物や名所旧跡などを選ぶ。 スの内容を、グループで話し合って選

ばせる。

3 各自が工夫してマスを作 ・選んだマスの内容と関係の深い場所 ・下書き用紙

り、グループで「ならすご を、奈良県の形を描いた用紙に記入さ 関心□

ろく」を完成させる。 せる。

・1回休みやラッキーゾーンなども作ら

せる。

・幼児が興味をもてるように、絵に色を ・模造紙・マジック・定規

付けて工夫するよう助言する。

4 完成したすごろくを掲示 ・各グループが工夫した点、特色を発表

し、互いに意見交換する。 させ相互評価させる。

5 次時の内容確認をする。

例)大仏

奈良をさがそう

特産物・名所旧跡 場 所

奈良市(東大寺)

[ワークシートの例]

- 家14 -

[「ならすごろく」の例]

◆[B食生活と自立]の指導例

1 題材名 地域の食材を生かした日常食の調理

指導する内容 B「食生活と自立」(3)ア、イ D身近な消費生活と環境(2)ア

2 題材の目標

○ 奈良県産の食材を利用することで、奈良県の食文化に関心をもつ。

○ 学んだ調理法を活用し、日常の食生活の工夫ができる。

○ 奈良県産の食材を使った調理方法を知り、実践することができる。

○ 地域の食材を用いることが、環境に配慮した消費生活につながることに気付く。

3 指導のポイント

○ 奈良県産の食材を生かした調理の実習を通して、奈良県の食文化に関心をもち、地域や季

節の食材を用いることの意義について理解させる。

○ 奈良の地形と気候風土に根ざした伝統食品である「三輪そうめん」や「吉野くず」につい

ての知識や歴史を伝え、食物を大切にする思いや先人の知恵に気付かせるとともに、生産等

に関わる人々への感謝の心をもたせる。

○ ミネストローネのスープに使う野菜は普段家庭に常備されているものでよいことや、その

野菜の切り方を細かくすることがゆでる時間の短縮につながり、ガスなど資源の節約になる

ことを理解させる。また、そうめんを作る時に出る「ふし」を使うことによって、食品を大

切にする気持ちを育む。

4 学習活動における具体の評価規準

生活や技術への 生活を

生活の技能

生活や技術についての

関心・意欲・態度 工夫し創造する能力 知識・理解

奈良県産の食材を □ 自分や家族の食生 □ 基本的な調理の技 □ 地域の食文化の意

生かした日常食な 活について課題を

どの調理を通して、 見付け、その解決

能を活用すること

ができる。

義について理解し

ている。

地域の食文化に関

心をもっている。

学習したことを日

常の生活に生かそ

うとしている。

地域の食材を生か

した調理を通して、

環境に配慮した消

費生活を実践しよ

うとしている。

や奈良県産の食材

を生かした調理の

計画を自分なりに

工夫している。

奈良県産の食材を □

使った調理方法を

知り、実践するこ

とができる。

大和野菜の名前と

特徴を理解してい

る。

奈良県産の食材と

それを生かすため

の伝統的な調理方

法 を 理 解 し て い

る。

- 家15 -

5 学習計画

第1次 奈良の郷土料理を知り、奈良県産の食材を

全5時間

生かした日常食の調理の計画をしよう・・・・・2時間 関心□

第2次 奈良県産の食材を用いた

「Nara Lunch」をつくろう・・・・・・・・2時間

評価の観点

知識□ □

技能□ □

第3次 実習を通して環境に配慮した

調理について考えよう・・・・・・・・・・・・1時間 関心□

6 本時の展開

(1)本時の題材

奈良県産の食材を用いた「Nara Lunch」をつくろう。

(2)本時のねらい

○ 奈良県産の食材に関心をもち、それらを活用して「Nara Lunch」をつくることがで

きる。

(3)展開

学習活動

1 本時のねらいを知る。

指導上の留意点

2 「大和食材のミネストロ ・奈良県産の食材であることを確認す

ーネ」「豆乳くずもち」「チ る。

ーズとツナのオーブンサン ・作業計画、調理の要点を確認する。

ド」の調理の手順を確かめ ・野菜の切り方などを示範する。スープ

る。 に用いる野菜は小さめにそろえて切る

ことが、資源の節約になることを確認

する。

・調理実習の安全・衛生に関する留意点

を確認する。

評価等

3 調理をする。

させる。

・安全に気を付け、包丁の使い方や切り

方が適切であるか、確認し、助言する。

4 試食をする。

5 後片付けをする。

6 実習を振り返り、感想を ・実習で学んだことを、自分の食生活に 実習感想文用紙

書く。

えさせる。

- 家16 -

参考資料

◇ 三輪はそうめんの発祥地とされ、三輪そうめんは奈良の伝統食品にされています。そうめんを

作るときに出る「ふし」を使ってミネストローネを作ります。

ミネストローネは「具だくさんのスープ」という意味のイタリアの郷土料理です。

◆材料(6人分)

そうめんのふし・・・・ 30g

大和丸なす・・・・・・1/2個

ひもとうがらし・・・・ 10本

ズッキーニ・・・・・・1/2本

大豆の水煮・・・・・ 40g

ベーコン・・・・・・ 3枚

顆粒コンソメ・・・・ 7g

水・・・・・・・・・600ml

トマト・・・・・・・・ 1個

玉ねぎ・・・・・・・・1/4個

サラダ油・・・・・・ 適量

塩・こしょう・・・・ 少々

◆作り方

① 大和丸なす、ズッキーニ、トマト、玉ねぎは1cmの角切りにする。ひもとうがらしは1cm

の長さに切る。ベーコンは1cmの色紙切りにする。

② 鍋にサラダ油を温め、①を入れて炒める。野菜がしんなりしたら、顆粒コンソメと水を入れ

て煮る。

③ 野菜に火が通ったら、そうめんのふしを加え、塩・こしょうで味を整える。

2「豆乳くずもち」~パンナコッタ風~

(出典:平成22年度「奈良県の郷土料理集」[奈良県教育委員会])

つづらふじ

◇ 吉野くずは、山野に自生するマメ科多年生のつる草「葛 藤」の根を採集して精製した純良澱

粉のことをいいます。今では、高級食材として扱われています。和菓子でいただくことの多いく

ず餅をカラメルシロップでいただきます。

◆材料(6人分)

くず粉・・・・・・・・ 30g

豆乳・・・・・・・・・300ml

砂糖・・・・・・・・・ 10g

(カラメルシロップ)

砂糖・・・・・・・・30g

水・・・・・・・・・50ml

◆作り方

① 鍋にくずを入れ、豆乳を少しずつ加えて混ぜ、くずを溶かし、砂糖を加える。

② ①を火にかけ、弱火でとろっとするまで練り上げる。

③ ②の粗熱をとり、ラップを広げた中に入れ、茶巾にしぼり輪ゴムで留める。冷水に浮かべ、

冷蔵庫で冷やし固める。

④ カラメルシロップを作る。鍋に砂糖、水(大さじ1)を入れて火にかける。砂糖水がきつ

ね色に色付いたら、火を止めて、残りの水を少しずつ加えて、混ぜ合わせる。

⑤ くず餅が固まったら、ラップを外し、器に盛り付け、④のカラメルシロップをかける。

*くずは、フードプロセッサーなどにかけて細かく砕いておくとダマになりません。

*カラメルシロップを作る時は、水を少しずつ加えてください。

3「チーズとツナのオーブンサンド」

◆材料(6人分)

フランスパン・・・・・ 1本

玉ねぎ・・・・・・・・1/2個

ミックスチーズ・・・・ 50g

ツナ・・・・・・・・1缶

塩・こしょう・・・・少々

◆作り方

① 玉ねぎをみじん切りにして水にさらす。

② ボールに①とツナと塩・こしょうを入れて味を整え、2cmの幅に切ったパンにチーズと共

にのせてオーブンで軽く焼く。

- 家17 -

◆[C衣生活・住生活と自立]の指導例

1 題材名 住居の機能と住まい方について考えよう

指導する内容 C「衣生活・住生活と自立」(2)ア、イ

2 題材の目標

○ 家族の住空間について考え、住居の基本的な機能について知る。

○ 家族の安全を考えた室内環境の整え方を知り、快適な住まい方を工夫できる。

3 指導のポイント

○ 住居は自分や家族のくらしを支え、家族愛や心の安定、安らぎをつくる場所であるという

観点から、自分の住まいを見直させる。

○ 奈良県で見られる民家の建築様式である大和棟やマンションの鳥瞰図を取り入れ、地域に

対する興味・関心を喚起させる。

○ 現在住んでいる住まいをより安全で快適にするには、何をどのように改善し、どんな工夫

をしたらよいのか、直接関わってくる身近なことを取り上げて考えさせる。

○ 「住まい方の工夫」にポイントを置いた授業を展開することで、自分や家族、地域の人々

が安全で快適に生活できる住まいと人との関係に気付き、工夫してよりよく住もうとする態

度を養う。

4 学習活動における具体の評価規準

生活や技術への 生活を

関心・意欲・態度 工夫し創造する能力

自分や家族の住空 □ 室内環境について

間と生活行為との

関わりについて関

心をもって学習活

動に取り組んでい

る。

安全で快適な室内

住まい方について

考え、工夫してい

環境に関心をもち、 る。

整え方や住まい方

の課題に取り組も

うとしている。

課題を見付け、調

査・観察・実験な

どを通して、安全

で快適な整え方や

生活の技能

生活や技術についての

知識・理解

住居の基本的な機

能について理解し

ている。

安全で快適な室内

環境の整え方と住

まい方に関する具

体的な方法につい

て理解している。

・家庭内事故の防止

・自然災害への備え

・室内の空気調整

・音と生活との関わ

- 家18 -

5 学習計画

第1次

全7時間 評価の観点

住まいのはたらきについて考えよう・・・・・・2時間 関心□

第2次

第3次

(本時2/7時間)

住まいの安全について考えよう・・・・・・・・2時間 関心□

安全で快適な室内環境の整え方と

住まい方を工夫しよう・・・・・・・・・・・・3時間 工夫□

6 本時の展開

(1)本時の題材

家族に応じた住空間について考えよう。

(2)本時のねらい

○ 自分や家族の住空間と生活行為との関わりについて関心をもつ。

(3)展開

学習活動 指導上の留意点 評価等

1 本時のねらいを知る。

2 将来住むならどんな家が ・30年後の生活や家族構成について想像

よいかを想像する。 させる。

3 生活行為を住空間ごとに [ワークシート問1] ワークシート

整理する。 ・生活行為にはどんなものがあるか考え

させる。

4 自分の30年後を想定した [ワークシート問2]

家族構成で、「高層マンショ ・個人生活の空間と共同生活の空間のど

ン」と「大和棟の民家」それ ちらを重視して住みたいかを考える。

ぞれの空間をどのように活 ・それぞれの空間を活用する理由を明確

用するかを意見交換する。 にさせる。

5 「高層マンション」と「大 [ワークシート問3]

和棟の民家」のそれぞれの ・それぞれの長所・短所を考えさせる。

特徴を発表する。

6 授業を終えての感想をワ ・他の人の発表も踏まえて、自分の考え

ークシートに記入する。

7 次時の予告を聞く。

をまとめさせる。

・次時の予定を知らせる。

参考資料

○大和棟について(出典:「葛城の行事と暮らし」葛城市民話編集委員会)

きりづま わ ら ぶ かや ぶ

大和棟は、奈良県でよく見られる民家の建築様式です。屋根が高く、急勾配の切妻の藁葺き(茅葺

き)で、両方の妻に瓦を載せた屋根と落ち棟という緩やか

おも や

な勾配の瓦屋根の二つで構成されています。主屋の居住部

分は、断熱性のよい藁葺き(茅葺き)屋根となっています。

落ち棟には、かまどの煙を抜く小さな越し屋根や煙返しが

あり、防火、防炎に配慮しています。

- 家19 -

[ワークシートの例]

~私は住まいのコンサルタント~

将来、私が住むなら、どんな家??

[課題]30年後、私の家族は、私、配偶者、子ども(中学生)、母の4人暮らし。その時、住むな

らどちらの家を選びますか?

A 高層マンション B 一戸建て(大和棟の民家の例)

[問1]

AとBの家を見て、それぞれの空間で行わ

[問2]

A、Bの家で家族が住むとしたら、それぞれ

れる生活行為にはどんなものがあるか考えて の空間をどのように活用しますか?図の中に考

みましょう。 えたプランとその理由を書き入れなさい。

生 活 行 為 住 空 間 [問3]

空間 A、Bの家の特徴を書きなさい。

空間

空間

・Aの長所

・Aの短所

空間

空間

・Bの長所

・Bの短所

★今日の授業を終えて、感じたことを書きなさい。

※「5 奈良県の郷土素材などを活用した指導例」の評価規準の4観点は、

生活や技術への関心・意欲・態度は、関心

生活を工夫し創造する能力は、工夫

生活の技能は、技能

生活や技術についての知識・理解は、知識 と表記しています。

- 家20 -

柿 本 篤 子

中 原 千 恵

住 井 静 香

上 村 純 子

前 田 景 子

作 成 委 員

王 寺 町 立 王 寺 南 中 学 校

奈 良 市 立 三 笠 中 学 校

上 牧 町 立 上 牧 中 学 校

広 陵 町 立 広 陵 中 学 校

奈良県教育委員会事務局学校教育課

指 導 主 事

(作成委員の職名等は平成22年度のものである。)

- 家21 -

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement