取扱説明書 - psn

取扱説明書 - psn
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
1 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
取扱説明書
レーザー普通紙ファクシミリ
品番 UF-A500 UF-A600M
UF-A600
お
使
い
に
な
る
前
に
原稿
基
本
編
ファクス
コピー
電話
便利な機能の使い方
応
用
編
リスト・レポートのプリント
各種登録・設定
必
要
な
と
き
に
お
読
み
く
だ
さ
い
このたびはレーザー普通紙ファクシミリをお買い上げいただき、まことにありがとうございました。
保証書別添付
■取扱説明書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
■特に「安全上のご注意」(7 ∼ 11 ページ)は、ご使用前に必ずお読みいただき、
安全にお使いください。
お読みになったあとは、保証書と一緒に大切に保管し、必要なときにお読みください。
■保証書は、「お買い上げ日・販売店名」などの記入を必ず確かめ、
販売店からお受け取りください。
上手に使って上手に節電
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
2 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
本体・付属品・添付品の確認
セットの内容に足りないものがある場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお申し付け
ください。
本体・付属品
本体
原稿トレイ..
.1 個
用紙トレイ...1 個
電源コード...1 本
回線コード...1 本
添付品
取扱説明書..
.
.....1 部
用紙(テスト用)...1 包
用紙サイズシール..
.2 セット
保証書.....
......
..1 部
このロゴは、国際エネルギースタープログラムに基づくロゴ
です。国際エネルギースタープログラム制度は、地球規模の
問題である省エネルギー対策に積極的に取り組むべく、エネ
ルギー消費の低減性に優れ、かつ、効率的な使用を可能とす
る製品の開発及び普及の促進を目的とするものです。当社
は、国際エネルギースタープログラムの参加事業者として、
本製品が国際エネルギースタープログラムの基準に適合し
ていると判断します。
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラ
ス A 情報技術装置です。この装置を家庭環境で使用すると電波妨害を引き起こすこ
とがあります。この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあり
ます。
2
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
3 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
UF-A500/A600/A600M を使う
各機種の特徴
その他の機能
● UF-A500
標準機です。
● UF-A600
G 3 /G 4増設通信ユニット対応、
1000 か所同報通信が可能な機種で
す。
● UF-A600M
大容量メモリー搭載、G 3 /G 4増設
通信ユニット対応、1000 か所同報
通信が可能な機種です。
送信する
・ とりあえず送りたい
. . ファクスを送る(
25 ページ)
・ 一度にたくさんの相手に送りたい
複数宛先の指定のしかた
. . . . . . . . . . . . . . . . . .( 35 ページ)
・ 通話料金の安い時間を
指定して送りたい
. . . . タイマー送信(
48 ページ)
・ 特定の相手にだけ送りたい
. . . . . . . 親展送信( 52 ページ)
. . パスワード送信( 63 ページ)
. . . . セレクト送信( 68 ページ)
受信する
・ ファクスを受信する
. ファクスを受ける(
・ 簡単にダイヤルしたい
. . . 直接ダイヤル(
. . . 短縮ダイヤル(
. ワンタッチダイヤル(
. . . 電話帳ダイヤル(
ハイブリッドダイヤル(
. グループダイヤル(
25 ページ)
26 ページ)
27 ページ)
28 ページ)
33 ページ)
108 ページ)
・ IP 電話サービスを使って送信する
. . . . . . . . . . . . . . .( 83 ページ)
・ ボタン1つで、複雑な機能を使いたい
プログラムダイヤルの登録
. . . . . . . . . . . . .(
.
111 ページ)
文字を入力する
・ 文字入力のしかた (
134 ページ)
・ 区点コード表 . . (
181 ページ)
・ 熟語一覧表 . . . . (
195 ページ)
消耗品の交換
・ 用紙の補充 . . . . (
154 ページ)
・ 用紙カセットのサイズ変更
. . . . . . . . . . . . .(
.
155 ページ)
・ 手差しトレイへの用紙セット
. . . . . . . . . . . . ( 160 ページ)
・ プロセスカートリッジの交換
. . . . . . . . . . . . .(
.
162 ページ)
36 ページ)
・ 特定の相手のファクスだけを
受信したい
. . パスワード受信( 65 ページ)
. . . . セレクト受信( 69 ページ)
・ 用紙がつまったとき
. . . . . . . . . . . . .(
.
165 ページ)
・ 相手と話してから受信する
. . . . . . . 手動受信( 36 ページ)
・ 原稿がつまったとき
. . . . . . . . . . . . .(
.
169 ページ)
・ 相手側のファクスに登録されている
原稿を取り出す
. . ポーリング受信( 47 ページ)
・ 故障かな?と思ったら
. . . . . . . . . . . . .(
.
170 ページ)
トラブル
3
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
4 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
もくじ
本体・付属品・添付品の確認 . . . . . . . . . . 2
UF-A500/A600/A600M を使う . . . . 3
安全上のご注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
取り扱い上のお願い . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
お使いになる前に
相手と話してから受信する
(手動受信). . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
コピー
コピーのしかた. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
電話
各部の名前と働き . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
電話の使い方(オプション). . . . . . . . . . 42
正面・右側面図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
電話をかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
左側面・背面図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
トーンボタンの使い方 . . . . . . . . . . . . . . 43
節電機能について. . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
音量の設定のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
操作パネルの名前と働き . . . . . . . . . . . . . 18
モニター音量の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . 44
ランプ表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
呼出音量の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
各種ボタン. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
応用編
基本編
原稿
便利な機能の使い方
ポーリング通信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
原稿のセットのしかた . . . . . . . . . . . . . . . 20
ポーリング送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
原稿をセットする. . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
ポーリング受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
原稿について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
タイマー通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
原稿のサイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
タイマー送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
有効読み取り画面について . . . . . . . . . . . 21
タイマーポーリング受信. . . . . . . . . . . . . . 48
相手機種との送信について . . . . . . . . . . . 21
タイマー特殊通信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
原稿についてのご注意 . . . . . . . . . . . . . . 22
中継通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
原稿サイズとセット方向について . . . . . . 23
中継通信について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
ファクス
中継同報指示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
親展通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
ファクスを送る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
直接ダイヤルで送る . . . . . . . . . . . . . . . . 25
短縮ダイヤルで送る . . . . . . . . . . . . . . . . 26
ワンタッチダイヤルで送る . . . . . . . . . . . 27
電話帳ダイヤルで送る . . . . . . . . . . . . . . 28
ダイレクト送信をする . . . . . . . . . . . . . . 29
再ダイヤルで送る. . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
電話番号を組み合わせて送る
(ハイブリッドダイヤル) . . . . . . . . . . . . 33
宛先確認のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
宛先確認のしかた. . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
ファクスを受ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
自動受信のしかた. . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
親展送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
親展ポーリング受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
親展プリント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
ファイル送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ファイル蓄積 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ファイル送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ファイル消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
ファイルプリント. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
F コード通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
F コード送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
F コード掲示板登録の指定 . . . . . . . . . . . . 57
F コード取り出し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
F コード親展プリント . . . . . . . . . . . . . . . 58
マルチコピー通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
4
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
5 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
F 網通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
リスト‐レポートのプリント
F ポート通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
レポートのプリント . . . . . . . . . . . . . . . . 89
OMR 通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
通信管理レポートのプリント. . . . . . . . . . 89
パスワード通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
通信受付レポートのプリント. . . . . . . . . . 90
パスワード通信について . . . . . . . . . . . . . 61
通信結果レポートのプリント. . . . . . . . . . 91
システム登録について. . . . . . . . . . . . . . . 61
リストのプリント . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
パスワード送信の設定. . . . . . . . . . . . . . . 63
ダイヤルリストのプリント . . . . . . . . . . . 92
パスワード送信の変更. . . . . . . . . . . . . . . 64
ワンタッチリストのプリント. . . . . . . . . . 93
パスワード受信の設定. . . . . . . . . . . . . . . 65
システム登録リストのプリント . . . . . . . . 94
パスワード受信の変更. . . . . . . . . . . . . . . 66
自局情報リストのプリント . . . . . . . . . . . 95
パスワード送信設定の一時変更 . . . . . . . . 67
F コード通信リストのプリント . . . . . . . . 96
セレクト通信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
ユーザー管理リストのプリント . . . . . . . . 97
セレクト送信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
各種登録・設定
セレクト受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
優先通信. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
ワンタイム海外通信 . . . . . . . . . . . . . . . . 71
定期便タイマー通信 . . . . . . . . . . . . . . . . 71
メモリー受信 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
メモリー受信の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . 72
メモリー受信を設定しているとき . . . . . . 72
メモリー受信の解除 . . . . . . . . . . . . . . . . 73
メモリー受信のプリント . . . . . . . . . . . . . 73
メモリー転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
メモリー転送の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . 74
メモリー転送の解除 . . . . . . . . . . . . . . . . 75
通信予約の確認と消去 . . . . . . . . . . . . . . 76
通信予約の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
通信予約の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
通信予約の消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
指定通信予約レポートのプリント . . . . . . 80
未達宛先再通信の指定. . . . . . . . . . . . . . . 81
受信データの強制出力. . . . . . . . . . . . . . . 82
手動ファイル転送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
IP 電話サービスを使って送信する . . . . 83
ご利用上の留意点 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
IP 電話サービスを利用して送信する . . . . 85
リルート機能の設定/
プレフィクス番号の登録 . . . . . . . . . . . . . 87
電話番号/ IP 電話番号の登録 . . . . . . . . . 88
登録操作フロー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
ダイヤルの登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
ダイヤル登録操作フロー . . . . . . . . . . . . . 99
ワンタッチダイヤルの登録 . . . . . . . . . . 100
短縮ダイヤルの登録 . . . . . . . . . . . . . . . 102
特殊通信機能の登録 . . . . . . . . . . . . . . . 104
ダイヤルの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
ダイヤルの消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107
ワンタッチの登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
グループダイヤルの登録 . . . . . . . . . . . . 108
グループダイヤルの変更 . . . . . . . . . . . . 110
プログラムダイヤルの登録 . . . . . . . . . . 111
プログラムダイヤルの変更 . . . . . . . . . . 112
ファンクションの登録 . . . . . . . . . . . . . . 113
ワンタッチの消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
中継情報の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
中継情報の登録の種類 . . . . . . . . . . . . . 117
F コード通信の登録. . . . . . . . . . . . . . . . 118
親展ボックスの登録 . . . . . . . . . . . . . . . 118
掲示板ボックスの登録 . . . . . . . . . . . . . . 121
通信ボックスの消去 . . . . . . . . . . . . . . . 123
ユーザー管理の登録 . . . . . . . . . . . . . . . 124
ユーザー管理の登録 . . . . . . . . . . . . . . . 124
ユーザーの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
ユーザーの消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
ユーザー管理者用暗証番号の登録 . . . . . 127
ユーザー管理者用暗証番号の消去 . . . . . 128
ユーザー別管理の設定 . . . . . . . . . . . . . . 128
5
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
6 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
ユーザー別管理をしているとき
手差しトレイへの用紙セット . . . . . . . . 160
ファクスを使う . . . . . . . . . . . . . . . . . . .129
済スタンプの交換. . . . . . . . . . . . . . . . . 161
ユーザー別レポートの設定 . . . . . . . . . . .129
プロセスカートリッジの交換 . . . . . . . . 162
システムの登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .130
宛先シートの使い方 . . . . . . . . . . . . . . . .163
システム登録のしかた . . . . . . . . . . . . . .130
宛先シートの記入のしかた . . . . . . . . . . 163
システム登録一覧表 . . . . . . . . . . . . . . . .131
お手入れのしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . .164
文字入力のしかた . . . . . . . . . . . . . . . . . .134
本体のお手入れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
入力モードの切り替え方 . . . . . . . . . . . .134
読み取り部のお手入れ . . . . . . . . . . . . . 164
文字入力のしかた. . . . . . . . . . . . . . . . . .135
こんなときには. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .165
英数字の入力のしかた . . . . . . . . . . . . . .136
用紙がつまったとき . . . . . . . . . . . . . . . 165
コード入力のしかた . . . . . . . . . . . . . . . .136
用紙カセットでつまっているとき . . . . . 166
熟語入力のしかた. . . . . . . . . . . . . . . . . .137
手差しトレイでつまっているとき . . . . . 167
文字の変更/消去. . . . . . . . . . . . . . . . . .138
本体内部でつまっているとき . . . . . . . . 168
自局情報の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .139
原稿がつまったとき . . . . . . . . . . . . . . . 169
日付と時刻の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . .140
自動給紙圧を調整する . . . . . . . . . . . . . 169
発信元情報の登録. . . . . . . . . . . . . . . . . .141
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . .170
文字 ID(カナ)の登録. . . . . . . . . . . . . .142
主なエラーコード. . . . . . . . . . . . . . . . . 172
外線数字 ID の登録. . . . . . . . . . . . . . . . .143
主なエラーメッセージ . . . . . . . . . . . . . 174
内線数字 ID の登録. . . . . . . . . . . . . . . . .144
停電のとき . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 176
定時刻タイマーの登録 . . . . . . . . . . . . . .145
チェック&コール. . . . . . . . . . . . . . . . . 176
定期便タイマーの登録 . . . . . . . . . . . . . .146
充電式ニッケル水素電池の
F コードサブアドレスの登録
取り扱いについて . . . . . . . . . . . . . . . . . .177
(サブアドレス通信). . . . . . . . . . . . . . . .147
F コードパスワードの登録
(サブアドレス通信). . . . . . . . . . . . . . . .148
必要なときにお読みください
消耗品・オプション . . . . . . . . . . . . . . . 178
アフターサービスについて . . . . . . . . . .179
主な仕様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .180
区点コード表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .181
取り付け方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .149
熟語一覧表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .195
原稿トレイの取り付け . . . . . . . . . . . . . 149
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .197
用紙トレイの取り付け . . . . . . . . . . . . . 149
電源コードの接続. . . . . . . . . . . . . . . . . 149
電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
電話回線の接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
外部電話機の接続. . . . . . . . . . . . . . . . . 150
電話回線の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151
増設メモリーカード(オプション)の
取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
消耗品の交換のしかた . . . . . . . . . . . . . .154
用紙の補充. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154
用紙カセットのサイズ変更 . . . . . . . . . . 155
増設給紙ユニット 500 の
用紙カセットのサイズ変更 . . . . . . . . . . 157
6
消耗品・オプション . . . . . . . . . . . . . . . .178
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
7 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
安全上のご注意 必ずお守りください
お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐため、必ずお守りいただくこと
を、次のように説明しています。
■表示内容を無視して誤った使い方をした時に生じる危害や損害の程度を、次の表示で区分し、
説明しています。
警告
この表示の欄は、「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」内容で
注意
この表示の欄は、「傷害を負う可能性または物的損害のみが発生する可能性
す。
が想定される」内容です。
■お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、説明しています。
(下記は絵表示の一例です。)
このような絵表示は、気をつけていただきたい「注意喚起」内容です。
このような絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
7
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
8 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
安全上のご注意 必ずお守りください
警告
■ コンセントや配線器具の定 ■ ぬれた手で、電源プラ
格を超える使い方や、交流
100V以外での使用はしない
禁止
たこ足配線等で、
定格を超えると、
発熱による火災の
原因になります。
グの抜き差しはしない
感電の原因になり
ます。
■ 済スタンプヘッドは、
乳幼児の手の届くとこ
ろに置かない
誤って飲み込むお
それがあります。
ぬれ手禁止
禁止
● 万一、飲み込んだ場合は直ち
に医師に相談してください。
■ 電源プラグは根元まで
確実に差し込む
差し込みが不完全
ですと、感電や発
熱による火災の原
因になります。
● 傷んだプラグ・ゆるんだコン
セントは使用しないでくださ
い。
■ 電源コード・電源プラ
グを破損するようなこ
とはしない
■ 電源プラグのほこり等
は定期的にとる
プラグにほこり等
がたまると、湿気
等で絶縁不良とな
り、火災の原因に
なります。
傷つけたり、加工したり、熱器
具に近づけたり、無理に曲げた
り、ねじったり、引っ張ったり、
重い物を載せたり、束ねたりし
ない。
傷んだまま使用す
ると、感電・ショー
ト・火災の原因に
なります。
● 電源プラグを抜き、乾いた布
でふいてください。
禁止
● コードやプラグの修理は、
サービス実施会社へご相談く
ださい。
■ 機内に水や金属物(ク
リップやステープル針な
ど)が入ったときは、すぐ
に電源プラグを抜く
■ 本機(オプションを含む) ■ 発煙・異臭・異音など
を分解・改造しない
機内の配線が
ショートして、火
災の原因になりま
す。
電源プラグ
を抜く
分解禁止
● 電源プラグを抜いて、サービス
実施会社へご相談ください。
■ 高温部に触れない
● 修理は、サービス実施会社へ
ご相談ください。
■ 接点部に触れない
高温部にさわると
やけどの原因にな
ります。
高温注意
8
レーザー光線による視
力障害、または高温部
分や高電圧部分にさわ
るとやけどや感電の原
因になります。
感電の原因になり
ます。
感電注意
の異常が発生した場合
は、電源スイッチを切
り電源プラグを抜く
そのまま使用する
と、火災や感電の
原因になります。
電源プラグ
を抜く
● 使用を中止し、サービス実施
会社へご相談ください。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
9 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
安全上のご注意 必ずお守りください
警告
■ シンナー・ガソリンな
どの引火性の高いもの
の近くに設置しない
ガソリンなどが発
火し火災の原因に
なります。
禁止
● 移動するときは、サービス
実施会社へご相談くださ
い。
■ 湿気の多い場所では
アース線を取り付けて
使用する
万一、漏電した場
合に、
合に、火災、感電
の原因になりま
アース線 す。
接続
● 移動するときは、サービス
実施会社へご相談ください。
■ アース線は、ガス管・
水道管や避雷針などに
接続しない
禁止
接地が不十分だっ
たり、落雷などに
より、感電したり、
火災の原因になり
ます。
● 移動するときは、サービス
実施会社へご相談ください。
■ 電源プラグを抜くとき
■ 同梱された電源コード
■ 雷が鳴ったら、本機や
は電源コードを引っぱ
らない
は、他の製品に使用し
ない
電源プラグに触れない
コードが傷つき、
火災、感電の原因
になります。
禁止
火災や感電の原因
になります。
禁止
感電の原因になり
ます。
接触禁止
● 電源プラグを抜くときは、
必ずプラグ(金属でない部
分)を持ってください。
9
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
10 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
安全上のご注意 必ずお守りください
注意
■ 電源コードは必ず付属
のものを使用する
■ 鎖の長いブレスレット
やネックレスなどをつ
けて操作しない
火災、感電の原因
になることがあり
ます。
禁止
機内に触れたり、
巻き込まれて、感
電やけがをする原
因になることがあ
ります。
■ 本機の通風孔をふさが
ない
機内に熱がこもり
火災の原因になる
ことがあります。
禁止
● 万一事故がおきたときは、
電源プラグを抜き、サービ
ス実施会社へご連絡くださ
い。
■ 取扱説明書で指示がな
い部分は操作しない
禁止
高温部分や突起の
ある部品にさわる
と、やけどやけが
をする原因になる
ことがあります。
● 内部をさわるときは、十分
に注意してください。
10
■ 本機に重いものを置い
たり、乗ったり、トレ
イなどに体重をかけた
りしない
禁止
物が落下したり、
転んだり、落ちて
けがをする原因に
なることがありま
す。
■ プロセスカートリッジ
は火中に投げ入れない
禁止
爆発したり、着火
したトナーが飛び
散り、火災、やけ
どの原因になるこ
とがあります。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
11 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
安全上のご注意 必ずお守りください
注意
■ 床、土台が不安定な場
■ 油煙や湯気や水のかか
■ 動作中の紙づまりは
所や振動の激しい場所
へは設置しない
る場所、ほこりの多い
場所には置かない
そのまま放置しない
本機が倒れて、け
がをする原因にな
ることがあります。
禁止
● 移動するときは、サービス
実施会社へご相談くださ
い。
火災、感電の原因
になることがあり
ます。
禁止
● 移動するときは、サービス
実施会社へご相談くださ
い。
禁止
高温部の紙づまり
を放置すると紙が
発火し、火災の原
因になることがあ
ります。
● 紙づまりは確実に取り除い
てください。
11
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
12 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
取り扱い上のお願い
●用紙・プロセスカートリッジに関するお願い
保管は涼しい
場所に
■用紙、プロセスカートリッジなどは湿気の少ない涼しい場
所に保管してください。
●用紙は 60 ∼ 90g/m2 の上質紙・再生紙をお使いにな
れますが、できるだけ当社の推薦紙をご使用ください。
●プロセスカートリッジは当社指定品をご使用ください。
■プロセスカートリッジに関するお願い
●プロセスカートリッジは直接日光を避ける
コピー画像に異常が出ることがあります。
●プロセスカートリッジを寒い場所から暑い場所へ急に移動させない
プロセスカートリッジに結露が発生し、故障の原因となります。
●使用済みのプロセスカートリッジは捨てない
回収にご協力ください。
●プロセスカートリッジは上を向けて保存する(箱に上向きの表示があります。)
コピー画像に異常が出ることがあります。
●法律で禁じられていること
次のようなコピーは所有するだけでも法律により罰せられますから充分ご注意ください。
●法律でコピーを禁止されているもの
1. 国内外で流通する紙幣、貨幣、政府発行の有価証券、国債証券、地方債証券
2. 未使用の郵便切手、官製はがき
3. 政府発行の印紙、酒税法や物品管理法で規定されている証紙類
●注意を要するもの
1. 株券、手形、小切手など民間発行の有価証券、定期券、回数券などは、事業会社が業務上
必要最低部数をコピーする以外は政府指導によって注意が呼びかけられています。
2. 政府発行のパスポート、公共機関や民間団体発行の免許証、許可書、身分証明書や通行
券、食券などの切符類のコピーも避けてください。
●著作権の対象となっている書籍、絵画、版画、地図、図面、写真などの著作物は個人的また
は家庭内その他、これに準ずる限られた範囲内で使用するためにコピーする以外は禁じられ
ています。
12
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
13 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
取り扱い上のお願い
●設置上のお願い
■次の様な場所への設置は避けてください。
●高・低温、低・多湿な場所
●直射日光のあたる場所
●温度変化の激しい場所
●ほこり、アンモニアガスが発生する場所
●冷・暖房機の近く(直接風のあたる所)
●シンナー、ガソリンなどの近く
●加湿機の近く
●換気の悪い場所
●テレビ、ラジオなど電子機器の近く
●床、土台が不安定な場所、震動の激しい
場所
●設置スペースについて
操作、日常の点検、消耗品の交換
など、装置の性能を維持する作業
を行うために、設置スペース
132.3cm
を確保して
15cm
ください。
40cm
40cm
●換気についてのお願い
■本機を使用中は、オゾンが発生しますが、その量は人体に悪影響を及ぼさないレベルです。
ただし、換気の悪い部屋での長時間使用や、大量にコピーをとる場合には、快適な作業環境
を保つために部屋の換気をお勧めいたします。
●操作時のお願い
■動作中に電源プラグを抜いたり、本体カバー等を開けたり、用紙カセットを引き出したりしな
いでください。(紙づまりの原因となります)
■誤通信を未然に防ぎ、確実に相手と通信するためには、次の点に注意してご使用いただくこと
をお勧めいたします。
●相手先のファクス番号、ワンタッチ/短縮ダイヤルの登録番号をご確認いただくととも
に、取扱説明書をよくご確認のうえご使用ください。
●大切な情報を送る場合には、
「手動送信」により相手を確認したうえで通信されることを
お勧めします。
1.まず受話器を上げて(または受話器がない場合は、モニターボタンを押して)、発信音
(ツー音)を確認してから、ファクス番号をダイヤルしてください。
2.相手先からファクス応答信号(ピーヒョロロ音)が聞こえたらスタートボタンを押し
てください。
13
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
14 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
取り扱い上のお願い
●注意ラベルについて
■本機には安全にお使いいただくために次のような注意ラベルが貼ってあります。内容をよく
読み、安全にお使いください。
(ラベルは本体右側面の受信開閉部を開け、プロセスカートリッジを引き抜いた箇所にあり
ます。)
警告
接点部に触れるな
感電の恐れあり
警告
14
高温部に触れるな
やけどの恐れあり
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
15 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
メモ
15
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
16 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
各部の名前と働き
正面・右側面図
操作パネル(
原稿トレイ
送信した原稿がこの
上に排出されます。
補助トレイ
18 ページ)
送信開閉部(
169 ページ)
原稿がつまったときなどに開けます。
原稿ガイド(
20 ページ)
原稿の幅に合わせてセットします。
原稿台(
20 ページ)
原稿をセットします。
補助原稿台
(
20 ページ)
原稿長検出センサー
サイドカバー
用紙がつまったとき
などに開けます。
用紙トレイ
受信した原稿が
この上に排出さ
れます。
手差しトレイ
(
160 ページ)
用紙カセット
(
154 ページ、155 ページ)
A3,B4,A4,A4 ,B5 ,A5
用紙がセットできます。
の
増設給紙ユニット 500
(オプション)(
178 ページ)
オプションの増設給紙ユニットをお使い
になると、大量給紙が可能になります。
(4 段目給紙ユニットは UF-A600/
A600M でご使用になれます。)
16
A3,B4,A4,A4 ,B5 ,
A5 の 用 紙、は が き が
セットできます。
受信開閉ボタン
ボタンを押して、静かに受信開閉部を開
けます。
受信開閉部
カートリッジ交換のとき、用紙がつまったとき
などに開けます。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
17 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
お使いになる前に
左側面・背面図
ポート拡張
ユニット
( オプション)
UF-A600/A600M
でご利用できます。
(
178 ページ)
ハンドセットユニット
( オプション)
(
42 ページ、
178 ページ)
受話器置き台コード差し込
み口 ( オプション)
電源スイッチ
電源コード差し込み口
内線用モジュラージャック
(
150 ページ)
回線コードを接続します。
アース端子
LAN
インターネット FAX
( オプション)
増設ユニット
( オプション)
UF-A600/A600M
でご利用できます。
(
178 ページ)
外部電話機用モジュラー
ジャック
(
150 ページ)
外部電話機を接続します。
回線用モジュラージャック
(
150 ページ)
回線コードを接続します。
節電機能について
本機には、機械を使用しないときに機械内部の消費電力を抑える節電機能(省エネ運転、または節電運
転)が備わっています。省エネ運転では操作パネル以外の電源をオフに、節電運転では定着器のヒー
ターをオフにします。これらの節電機能が働いてないときは、ヒーターがオンの状態となります。
お買い上げ時の設定(常時)では、本機を約5分間使用しないと省エネ運転に移行するように設定され
ています。
●常時設定
「省エネ」もしくは「節電」を設定し、省エネモードに移行する条件設定を「常時」にしている場合
は、約5分間使用しないと省エネモードに移行します。
●時刻指定設定
「省エネ」もしくは「節電」を設定し、省エネモードに移行する条件設定を「時刻指定」にしている
場合は、指定された開始時刻になると省エネモードに移行し、終了時刻になると通常のモードに戻り
ます。
● 省エネモードの設定はシステム登録の「034 省エネモード」で変更できます。
(
131 ページ、133 ページ)
● 省エネモード運転中はディスプレイに「省電力中です」と表示されます。
(「節電」設定時はヒーターオフとなるだけで、表示はされません。)お使いになる場
合は操作パネルのいずれかのボタンを押すことで通常のモードに戻ります。
17
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
18 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
操作パネルの名前と働き
ランプ表示
□電源 ランプ
□細密 ランプ
□通信中 ランプ
□小さい ランプ
□紙づまり ランプ
□ふつう ランプ
□トナー ランプ
□はやい ランプ
□用紙 ランプ
□きれい ランプ
□メモリー ランプ
□手動受信 ランプ
□こく ランプ
□済スタンプ ランプ
インターネット
エラー(赤色)
□ふつう ランプ
エラー ランプ
□うすく ランプ
Doing ランプ
Doing(緑色)
■ランプの表示について
この取扱説明書では、ランプについて以下のように表します。
ランプの点灯
ランプの消灯
ランプの点滅
ランプの種類
ファクス本体の状態
電源ランプ
点灯
(緑)
本体の電源が入っているとき
通信中ランプ
点滅
(緑)
通信中および受話器(オプション)を上げたとき
紙づまりランプ
点灯
(赤)
用紙がつまったとき
トナーランプ
点灯
(赤)
トナーが無いとき
点滅
(赤)
トナーが残り少なくなったとき
点灯
(赤)
点滅
(赤)
手動受信ランプ
点灯
(緑)
すべてのカセット(および、開いている手差しトレイ)
に用紙が無いとき
いずれかのカセット(または、開いている手差しトレ
イ)に用紙が無いとき
手動受信が選択されているとき
メモリーランプ
点灯
(緑)
メモリー送信をするとき
こくランプ
点灯
(緑)
濃度が「こく」に選択されているとき
ふつうランプ
点灯
(緑)
濃度が「ふつう」に選択されているとき
うすくランプ
点灯
(緑)
濃度が「うすく」に選択されているとき
細密ランプ
点灯
(緑)
文字サイズが「細密」に選択されているとき
小さいランプ
点灯
(緑)
文字サイズが「小さい」に選択されているとき
ふつうランプ
点灯
(緑)
文字サイズが「ふつう」に選択されているとき
はやいランプ
点灯
(緑)
ハーフトーンが「はやい」に選択されているとき
きれいランプ
点灯
(緑)
ハーフトーンが「きれい」に選択されているとき
済スタンプランプ
点灯
(緑)
済スタンプが選択されているとき
点灯
(赤)
点滅
(赤)
点滅
(緑)
全カセットの用紙がない/全カセットが確実にセット
されていない/原稿または用紙がつまったときなど
一部のカセットの用紙がない/一部のカセットが確実
にセットされていないとき
読み取り中、記録中
用紙ランプ
エラーランプ
Doing ランプ
18
ランプのつき方(色)
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
19 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
お使いになる前に
各種ボタン
音量 / ボタン
モニターおよび呼出音量を大きくしたり、小さ
くします。(
44 ページ、45 ページ)
また、文字などの入力のときカーソルを左右に
移動させたいときに押します。
手動受信 ボタン
手動受信するときに押します。
回線選択 ボタン
内線と外線を切り替えます。
メモリー ボタン
原稿をメモリーに読み込んでから送信するとき
にランプを点灯させます。
濃度 ボタン(
24 ページ)
原稿の濃さに合わせて選びます。
文字サイズ ボタン(
24 ページ)
原稿の文字の大きさに合わせて選びます。
ハーフトーン ボタン(
24 ページ)
ディスプレイ
ハーフトーンを選ぶときに押します。
日、時刻、宛先、電話番号、装置の状態など
を表示します。
済スタンプ ボタン(
ファンクション ボタン
各種の機能を選ぶときや、登録するときに押
します。
電話帳 ボタン(
28 ページ)
24 ページ)
済スタンプを選ぶときに押します。
機能 ボタン(
114 ページ)
通信予約などの 4 種類の機能を、ボタン1つで
選べます。また、10種類まで機能を登録する
ことができます。
電話帳を検索するときに押します。
ワンタッチダイヤル ボタン(
再ダイヤル/ポーズ ボタン
ワンタッチダイヤルするときに押します。
また、プログラムに登録した通信をするときに
押します。
再ダイヤルするとき(
30 ページ)、また
は、番号の間に空白時間を入れるときに押し
ます。
短縮 ボタン(
26 ページ)
27 ページ)
クリアー ボタン
入力した文字や数字を訂正するときに押します。
短縮ダイヤルするときに押します。
セット ボタン
トーン ボタン
選択した内容を確定するときに押します。
回転ダイヤル式回線でプッシュホン信号を使
いたいときに押します。
テンキー ボタン
モニター ボタン
ダイヤルするときや、各種の機能を選ぶとき
に押します。
ストップ ボタン
受話器(オプション)を置いたまま、ダイヤル
するときに押します。
回転記録 ボタン
送信やコピー、登録などを途中でやめるとき、
または、アラーム音を止めるときに押します。
回転記録の設定を手動で切り替えるときに
押します。(
39 ページ)
コピー ボタン(
39 ページ)
コピーするときに押します。
スタート ボタン
ファクスの送信や受信をするときに押します。
19
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
20 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
原稿のセットのしかた
原稿をセットする
奥に突き当たる
まで差し込む
原稿ガイドを
原稿の幅に
原稿は正しくセットしてください。原稿づまりな
どのトラブルの原因になります。
ウラ
向き
補助原稿台
原稿ガイド
1
2
3
原稿ガイドを合わせる
・ 原稿ガイドをスライドさせて、原稿の幅
に合わせます。
送る面をウラ向きにする
奥に突き当たるまで差し込む
● B 4サイズ以上の原稿をセットするときは、補助原稿台を開いて使います。
20
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
21 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
原稿について
原稿のサイズ
送信またはコピーできる原稿は、次のサイズのものに限ります。次のサイズ以
外の原稿は、複写機でコピーしてから送信、またはコピーしてください。
複数枚の原稿をセットするとき
● 複数の原稿をセットするときは、同一サイズで同質の原稿
をセットしてください。
● 原稿の厚さが 0.1mm を越え、0.13mm 以下のときは最
大 20 枚までしかセットできません。
297mm
原稿セット方向
297 × 2000mm
297 × 420mm
(最大読み取り幅は 292mm) (最大読み取り幅は 292mm)
最小
148mm × 105mm
148mm × 105mm
1度にセットできる
-------------------------30 枚
枚数
原稿の紙厚
0.05 ∼ 0.15mm
0.06 ∼ 0.1mm
原稿の紙質
上質紙相当(表、裏ともコーティングのないもの)
2000mm
最大
原
稿
原稿の最小サイズ
148mm
105mm
1枚だけセットするとき
原稿の最大サイズ
有効読み取り画面について
原稿の端に文字などを記入すると、相手の記録紙にプリントされない場合があ
ります。
右図の斜線部分には、文字などを記入しないようにしてください。
原稿
● 最大の有効読み取り幅は 292mm です。セットした原稿の
幅が、292mm より大きい場合は、読み取ることができな
い範囲があります。
● ファクス送信するときに、システム登録の「007 発信元印
字」が“原稿内”に設定されている場合は、先端および後
端から 10mm まで文字などを書かないでください。発信
元情報を送るため、相手の記録紙にプリントされません。
約5mm
相手機種との送信について
送信する相手にセットされている用紙のサイズに応じて、自動的に縮小して送信します。
送信原稿
相手機
G 3 A3 機
G 3 B4 機
G 3 A4 機
A3
B4
A4
そのまま
B4 に縮小
A4 に縮小
そのまま
そのまま
A4 に縮小
そのまま
そのまま
そのまま
21
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
22 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
原稿についてのご注意
原稿をセットするときは、次のようなことにご注意してください。
■インクなどの乾いていない原稿は、完全に乾かしてからセットしてください。(読み取り部の汚れの原
因)
■原稿にクリップやホチキスの針を付けたままセットしないでください。(故障の原因)
次のような原稿は、複写機でコピーしてから、送信またはコピーするか、専用の「キャリアシート」をお
使いください。
フィルム状の原稿、 感圧紙、裏カーボン 破れ、しわ、カール
ト レ ー シ ン グ ペ ー 紙などの化学処理を や折り目のついた原
稿
パーのような透明な した原稿
原稿
→
複写機
紙厚の厚すぎる
(0.15mm を 超 え
る)原稿、布地、金
属シート、印画紙
これらの原稿は、あ
らかじめ別の用紙に
コピーしておいたも
のを、送信してくだ
さい。
貼り合わせた原稿
→
紙厚の薄すぎる
(0.05mm 未満)
原稿
表 ま た は 裏 が コ ー A6(148mm×105
ティングされている mm)より小さい原稿
原稿
キャリアシート
● キャリアシートは当社指定のものをお使いください。(品番 A4:UG-1100A4
B4:UG-1100B4 A3:UG-1100A3)
● キャリアシートのお求めは、お買い上げの販売店またはサービス実施会社にお問い合
わせください。
● 複数枚のキャリアシートをセットして、送信、コピーすることはできません。
● キャリアシートをお使いになるときは、済スタンプを使わないでください。
22
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
23 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
原稿サイズとセット方向について
本機ではセットされた原稿のサイズと向きを自動で検知す
るセンサーが原稿挿入口と原稿台についています。
従来ですと A4 原稿の長辺側を原稿挿入口にセットすると
A3 サイズと認識し送信するため、相手機に A3 等倍受信能
力がない場合は縮小送信していました。
本 機 で は 原 稿 長 検 出 セ ン サ ー(
16 ペ ー ジ)に よ り
A4 と認識し自動的に画情報を 90°回転して A4 とし
て等倍送信します。
● 回転送信した場合、定型サイズの部分し
か送ることはできません。
● しわやカールのきつい原稿は原稿台の
センサーが誤動作しますので、しわや
カールを伸ばしてからご使用ください。
● A5 より小さい原稿(A6 サイズ)は A5
として検知します。
● お買い上げ時の設定では、システム登録
の「078 回転送信」は " あり " になっ
ています。
回転送信
セット方向
原
稿
A4サイズより
はみだしてい
る部分は送れ
ません 23
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
24 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
画質の選び方
セットした原稿に合わせて、濃度・文字サイズ・ハーフトーンを選ぶことができます。
● 濃度を選ぶとき :原稿の濃さに合わせて選んでください。
● 文字サイズを選ぶとき :原稿の文字の大きさに合わせて選んでください。
● ハーフトーンを選ぶとき :写真やカタログなどの原稿を送るときに選んでください。
ハーフトーンの調整
濃度の調整
文字サイズの調整
濃度を選ぶ
文字サイズを選ぶ
を押して選びます。
を押して選びます。
ハーフトーンを選ぶ
を押して選びます。
文字が薄い原稿 特に細かい文字の
原稿
中間調を生かして
早く送信したい
とき
普通の濃さの原稿
新聞などのように
細かい文字の原稿
よりきれいに 送信するとき
色紙などのように
紙の色の濃い原稿
普通の大きさの 文字の原稿
ハーフトーンを 使わないで
送信したいとき
● よくお使いになる画質を登録しておけば、原稿をセットするたびに設定を変える手間
が省けます。システム登録の「001 原稿濃淡」「002 文字サイズ」「003 ハーフ
トーン」(
131 ページ)
済スタンプの使い方
送信済みの原稿に 済 マークを押すことができます。
を押して切り替えてください。
済スタンプの
設定
済 マークを押したいとき
済 マークを押さないとき
インターネット
● 済スタンプの色はピンクです。押された済スタンプは消えません。
● 済スタンプをトレーシングペーパーなどの表面処理された原稿に使用すると、にじ
むことがあります。
● 済スタンプの設定はダイレクト送信用でシステム登録の「004 済みスタンプ」と、
メモリー送信用でシステム登録の「028 メモリー済スタンプ」の2つがあり、ダ
イレクト送信またはメモリー送信指定(メモリーボタンを押しての変更)に連動し
て、自動的に済スタンプの設定が切り替わります。工場出荷時の設定はそれぞれ
“あり”になっています。(
131 ページ)
24
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
25 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
ファクスを送る
直接ダイヤルで送る
メモリー
ランプ点灯
ウラ
ランプ点灯状態で
向き
・ 消灯しているときは、押して点灯させる。
1
原稿ガイド
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
スタートボタン
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
テンキーボタン
2
ダイヤルする(最大 52 桁)
メモリー送信
0334919191
3
宛先数 :
0000
フ
ァ
ク
ス
外線
を押す
・ 原稿読み取り開始されます。
・ 読み取りが終了した原稿から送信が開始
されます。
メモリー送信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
0334919191
● 宛先をまちがえたときは、
を押して再指定してください。
● 送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してください。
● 直接ダイヤルでは、テンキーボタン ( 0∼9、*、#)、ポーズ (-)、
トーン (/) が使えます。
● 回転ダイヤル式回線をお使いの場合で
に切り替えたいときは
を押
します。
● メモリーには、A4 標準原稿で UF-A600/600M は約255枚まで、UF-A500 で
は約120枚まで蓄積できます。
内線の相手に
ファクスを送る
本機では、「外線」用の電話回線のほかに「内線」としてもう1本電話回線を接続することができます。
「内線」に接続した電話回線を使ってダイヤルするときは、次のようにしてください。
1
2
原稿をセットする
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
を押し、
「内線」を
表示させる
メモリー送信
宛先数 :
0000
内線
3
宛先を指定し
を押す
・ 原稿を読み取り、送信が開
始されます。
● UF-A600 タイプは、オプションの G3/G4 通信ユニットを増設して、最大4つの
回線を選んでダイヤルすることができます。
25
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
26 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
短縮ダイヤルで送る
あらかじめ短縮ダイヤルを登録しておいてくださ
い。(
102 ページ)短縮ダイヤルは000∼
999までの任意の1000か所(UF-A500 は
200 か所)をお使いになれます。
短縮ボタン
メモリー
ランプ点灯
ウラ
向き
ランプ点灯状態で
・ 消灯しているときは、押して点灯させる。
原稿ガイド
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
スタートボタン
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
テンキーボタン
2
を押す
メモリー送信
短縮:_
3
宛先数 :
0000
(3桁)
短縮番号(000∼999)を選ぶ
・ テンキーボタンで短縮番号を選びます。
メモリー送信
宛先数 :
Panasonic
短縮:001(3桁 )
4
0001
を押す
・ 原稿読み取りが開始されます。
・ 読み取りが終了した原稿から送信が開始
されます。
メモリー送信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
Panasonic
● 宛先をまちがえたときは、
● 送信を途中でやめるときは、
26
を押してください。
を押したあとに
(はい)を押してください。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
27 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
ワンタッチダイヤルで送る
あらかじめワンタッチダイヤルにダイヤル番号を
登録しておいてください(
100 ページ)。
ワンタッチボタン
ランプ点灯状態で
メモリー
ランプ点灯
・ 消灯しているときは、押して点灯させる。
ウラ
1
向き
原稿ガイド
スタートボタン
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
2
ワンタッチボタン(01 ∼ 50、F1
∼ F10)を押す ( ★ )
メモリー送信
宛先数 :
東京本社
ワンタッチ:01
3
フ
ァ
ク
ス
0001
を押す
・ 原稿読み取りが開始されます。
・ 読み取りが終了した原稿から送信が開始
されます。
メモリー送信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
東京本社
● 宛先をまちがえたときは、
● 送信を途中でやめるときは、
を押してください。
を押したあとに
(はい)を押してください。
● ★ファンクション登録ボタン[F1]∼[F10]にダイヤル番号を登録して(
100 ペー
ジ)おけば、ワンタッチボタンと同じようにしてファクスを送ることができます。
★複数の宛先が登録されているワンタッチボタンと
信を始めます。
を選ぶと、自動的に順次同報送
27
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
28 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
電話帳ダイヤルで送る
ワ ン タ ッ チ ダ イ ヤ ル、短 縮 ダ イ ヤ ル に 登 録
(
99 ページ ) してある宛先を、電話張ダイヤル
を使い宛先名で探してダイヤルできます。
電話帳ボタン
メモリー
ランプ点灯
ファンクション登録ボタン/
ワンタッチボタン
ランプ点灯状態で
・ 消灯しているときは、押して点灯させる。
1
ウラ
向き
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
原稿ガイド
スタートボタン
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
2
3
を押す
* 電話帳 *
検索文字(あ∼わ)を指定して
ください
検索文字を選ぶ
・ ファンクション登録ボタンとワンタッチ
ボタンを使って検索文字を選びます。
・ ファンクション F 1∼ F 10:あ∼こ
ワンタッチ01∼38 :さ∼ん
[ と ]
宛先名 : 東北支店
4
短縮 : 012
を押して宛先を選ぶ
例:「東京本社」
[ と ]
ワンタッチ : 01
宛先名 : 東京本社
5
を押す
・ 原稿読み取りが開始されます。
・ 読み取りが終了した原稿から送信が開始
されます。
メモリー送信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
東京本社
● 宛先をまちがえたときは、
● 送信を途中でやめるときは、
28
を押してください。
を押したあとに
(はい)を押してください。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
29 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
ダイレクト送信をする
原稿の枚数が多いなどでメモリーに入りきらない
ときにお使いください。
メモリー
ランプ消灯
ウラ
向き
ランプ消灯状態で
・ 点灯しているときは、押して消灯させる。
原稿ガイド
1
スタートボタン
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
2
宛先を指定する
ダイレクト通信
0334919191
3
フ
ァ
ク
ス
外線
を押す
・ 宛先にダイヤルし、送信が開始されます。
ダイレクト通信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
0334919191
● ダイレクト送信を途中でやめるときは、
を押したあとに
(はい)を押してくだ
さい。
● 手順 2 で宛先は直接ダイヤル、短縮ダイヤル、ワンタッチボタン、電話帳ボタンか
ら選べます。
● 短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤルは
を押さなくても自動的にダイヤルが開始さ
れます。
29
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
30 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
再ダイヤルで送る
最後に通信をした宛先に、もう一度ファクスを送
ります。
1
再ダイヤル/
ポーズ
ウラ
向き
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
原稿ガイド
スタートボタン
2
を押す
・ 宛先にダイヤルし、送信が開始されます。
メモリー送信
受付 No.001
ダイヤル中(外線)
0334919191
自動再ダイヤル
相手が話し中などでつながらなかった場合、約3分間隔で2回まで自動的に再ダイヤルします。
メモリー送信をしたとき
●再ダイヤル待ちのとき
メモリー送信
受付 No.001
再ダイヤル待ち
Panasonic
・3分間隔で2回まで自動的に
再ダイヤルします。
●再ダイヤルを取り消すには、ディスプレ
イに「再ダイヤル待ち」が表示されてい
るときに
を押します。
●再ダイヤル待ちのときに、次の送信をし
たいときは、通常どおり送信してくださ
い。
●つ な が ら な か っ た と き は、エ ラ ー メ ッ
セージ「相手先が使用中です」が表示さ
れます。
30
ダイレクト送信をしたとき
●再ダイヤル待ちのとき
ダイレクト通信
受付 No.001
再ダイヤル待ち
Panasonic
・3分間隔で2回まで自動的に
再ダイヤルします。
●再ダイヤルを取り消すには、
を押します。
●再ダイヤル待ちのときに、次の送信をし
たいときは、
を押して取り消
してから送信してください。
●つながらなかったときは、エラーメッ
セージ「相手先が使用中です」が表示さ
れます。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
31 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
回転送信について
A4 原稿を「← 」方向へセットしたとき、読み取った画像を 90°回転して送信して、相手の A4 用
紙に等倍送信します。
1
2
システム登録を選ぶ
078 回転送信
設定 :1
・
・
3
回転送信の設定を選ぶ
1.なし
回転送信を有効にする
4
2.あり
を押す
・
フ
ァ
ク
ス
・ 待機状態に戻ります。
回転送信をしない場合
A4 原稿
相手:A4 用紙
70% に縮小して送信
ウラ向きにして
原稿台に挿入
(最大 A4 サイズ、および
回転受信機能がない場合の例
です。
)
回転送信を有効にした場合
A4 原稿
ウラ向きにして
原稿台に挿入
相手:A4 用紙
90° 自動回転して送信
● 回転送信は、メモリー送信(メモリーランプが点灯)のときにご利用できます。ダ
イレクト送信(メモリーランプが消灯)では、回転送信は行いません。
● お買い上げ時の設定では、システム登録の「078 回転送信」は " あり " になって
います。
31
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
32 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
メモリーがいっぱいになると
システム登録の「082 クイックメモリー送信」
(
132 ページ)の設定が " あり " のときにメモリー
がいっぱいになると、蓄積された部分までを自動的に送信します。メモリーに蓄積されたページの送信
終了後、残りの原稿を送信し直してください。また、設定が " なし " のときにメモリーがいっぱいになっ
た場合は、次のどちらかの操作をしてください。
● 1:実行で、完全に蓄積されたページまでを送信します。残りの原稿を送信し直してください。
● 2:中止で動作を中止し、メモリーの内容の消去を行います。再度すべての原稿を「ダイレクト送
2:信」してください。
1
アラームが鳴る
メモリーがー杯になりました
動作を指定してください
1:実行
2:中止
2
または
を押す
● 1ページ目でメモリーがいっぱいになったときは、送信することはできません。
● 取り消しの選択画面が表示されてから、約 1 分、何も操作しないと、自動的にメモ
リーの内容が宛先に送信されます。
● システム登録の「082 クイックメモリー送信」(
132 ページ)の設定が " なし
" のとき、宛先数が1つで複数枚メモリー送信する場合、メモリー使用量が70%を
超えた場合は、自動的にダイレクト送信に切り替わって送信します。
通信結果レポート
送信やポーリング受信などをしたとき、宛先や通信結果をレポートにしてプリントできます。
● システム登録の「012 通信結果レポート」を設定すれば、レポートのプリント方法を選択できます。
(
131 ページ)
● お買い上げ時は、通信エラーのときだけレポートをプリントします。
発信元情報について
ファクスを送信したとき、発信元に登録(
141 ページ)された会社名や部署名を通信時刻などと
一緒に相手の用紙の先端にプリントできます。
相手用紙のプリント例
32
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
33 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
電話番号を組み合わせて送
る(ハイブリッドダイヤル)
ハイブリッドダイヤルを使えば、短縮ダイヤルや
ワンタッチボタンに登録した電話番号を組み合わ
せてお使いになることができます。
● あらかじめファンクション登録ボタン (F 1∼
F 10)のいずれかにハイブリッドダイヤルを
登録してください。(
113 ページ)
ファンクション登録ボタン
ウラ
向き
原稿ガイド
1
例:
「ワンタッチボタン 02」に登録されて
いる「0088」と、
「短縮ダイヤル 001」
に登録されている「0334919191」
フ
を組み合わせてダイヤルする場合
ァ
図のように原稿をセットする ク
ス
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
スタートボタン
テンキーボタン
2
3
ハイブリッドダイヤルを選ぶ
・ ハイブリッドダイヤルが登録されている
ファンクション登録ボタンを押します。
組み合わせるダイヤルを選ぶ
( ダイヤルの組み合わせ最大桁数:
52 桁 )
例:
「ワンタッチボタン 02」と「短縮ダイ
ヤル 001」を組み合わせる。
ワンタッチボタン「02」を押す
メモリー送信
宛先数 : 0000
ワンタッチ:02
0088
外線
▼
短縮ダイヤル「001」を選ぶ
メモリー送信
宛先数 : 0000
短縮:001
00880334919191
外線
4
を押す
・ 送信が開始されます。
● ハイブリッドダイヤルでは、電話帳ボタンで宛先を選ぶことはできません。
● 複数の宛先が登録されているワンタッチボタンをハイブリッドダイヤルの宛先に指
定することはできません。
● 途中でダイヤルをやめるときは、 を押してください。
● 電話をお使いのときは、ハイブリッドダイヤルを指定することはできません。
33
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
34 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
宛先確認のしかた
宛先確認のしかた
システム登録の「125 宛先確認」を " あり " にす
ると、送信を開始する前に指定した宛先を確認し
ないと、送信できないようになります。
誤って別の相手に送信するなどの誤送信を防止す
ることができます。
セットボタン
ウラ
向き
原稿ガイド
1
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
スタートボタン
2
宛先を指定する
・
(
25 ページ∼ 28 ページ)
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大
220宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
3
を押す
メモリー送信
宛先数 : 0001
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
4
を押す
メモリー送信
宛先数 : 0001
∨、∧で宛先を確認して
スタートを押してください
5
または
で宛先を確認する
メモリー送信
0334919191
宛先数 :
0001
外線
・ 宛先確認を行わないと送信できません。
6
を押す
・ 原稿を読み取り、送信が開始されます。
● 手順5で宛先を追加する場合、不足している宛先を追加し、手順3からの操作を繰
り返します。
● 手順5でまちがえた宛先を指定していた場合、
ら
を押し、宛先を再指定してください。この場合は手順3からの操作を繰り
返します。
34
ボタンで宛先を表示させてか
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
35 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
複数宛先の指定のしかた
(順次同報送信)
宛先は直接ダイヤルで20か所、短縮ダイヤル・ワンタッチボタンのうちで1000か所の
計1020か所(UF-A500 は220か所)まで指定できます。
● 直接ダイヤルで選ぶ→ 宛先の電話番号 +
→次の宛先を選べる
+ 指定する短縮番号 →次の宛先を選べる
● 短縮ダイヤルで選ぶ→
● ワンタッチボタン・ファンクション登録ボタンで選ぶ
→指定するワンタッチボタン・ファンクション登録ボタンを押す→次の宛先を選べる
● 電話帳ボタンで選ぶ
→
→ 検索文字を選ぶ + 宛先を表示させる +
フ
ァ
ク
ス
→次の宛先を選べる
● ハイブリッドダイヤルで選ぶ
→ ハイブリッドダイヤル + 組み合わせる短縮ボタンまたはワンタッチボタン +
次の宛先を選べる
→
例:「0334919191」「ワンタッチボタン01」「短縮ダイヤル001」を指定する。
1
原稿をセッ
トする
2
3
ダイヤルする
メモリー送信
宛先数 :
0334919191
4
6
メモリー送信
宛先数 : 0001
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
外線
5
を押す
メモリー送信
宛先数 :
東京本社
ワンタッチ:01
0000
を押す
0002
メモリー送信
宛先数 :
Panasonic
短縮:001(3桁)
7
を押す
メモリー送信
宛先数 : 0003
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
を押す
0003
を押す
・ 原稿を読み取り、送信が開始されます。
● 複数宛先指定の途中で
ボタンを押すと、指定した宛先の確認ができます。
● まちがった宛先を指定したときは、
ボタンで宛先を表示させてから
を押してください。
35
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
36 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
ファクスを受ける
自動受信のしかた
相手がファクスを送ってくると、自動的に受信を
始めます。
手動受信
ランプ消灯
ランプ消灯状態で
・ 点灯しているときは、押して消灯させる。
1
2
相手がファクスを送ってくると、
呼出音が一回鳴りつながる
自動的に受信が始まる
相手と話してから受信する
(手動受信)
本機にオプションのハンドセットユニットを接続
してお使いになっている場合、接続した受話器で
話をしたあとファクスの受信ができます。
手動受信
ランプ点灯
スタートボタン
ランプ点灯状態で
・ 消灯しているときは、押して点灯させる。
受話器(オプション)
1
2
3
4
呼出音が鳴ったら受話器を上
げる
相手と話をする ( ★ )
原稿をセットしないで
を押す
受話器を戻す ( ★★ )
★受話器を上げたときに何も聞こえない場合は、手順3の操作をして受信に切り替えて
ください。
★★
を押す前に受話器を戻すと、電話が切れます。
● オプションのハンドセットユニットをお使いになるときは、システム登録の
「075 OP ハンドセット」の設定を“あり”にしてください。(
132 ページ)
36
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
37 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
メモリー代行受信
用紙がなくなったなどでプリントできなくなっても、メモリーが代わりに受信します。
1
用紙がなくなると
メモリーが代わり
に受信する
2
3
受信が終わる
用紙を補給する
・ プリント開始。
● メモリーには制限があります。用紙は早めに補充してください。
(
154 ページ)
● システム登録の「066 代行出力」の設定が“あり”になっているときは、適正サイ
ズの用紙が無くなると、他のカセットにセットされている用紙に記録します。
(
132 ページ)
● メモリーには A 4標準原稿 (A 4サイズ700字程度の原稿 ) で UF-A600M は
約1440枚まで、UF-A600 は約360枚まで、UF-A500 では約120枚まで
受信できます。
● システム登録の「009 受信時刻印字」の設定が“あり”になっているときは、
45 枚までしか代行受信できません。
フ
ァ
ク
ス
2 in 1受信
相手が A 5サイズの原稿を2枚または、B 5サイズの原稿を2枚送ってきたとき、A 4または B 4
サイズの用紙1枚にまとめてプリントします。
A5サイズを
2枚送信
● システム登録の「 067 受信 2in1 機能」の設定が“なし”になっているときは、
2in1 受信できません。(
132 ページ)
代行出力
本機は相手が送ってきた原稿に合わせて、受信した原稿を最適なサイズの用紙でプリントします。
代行出力の設定をしておけば、プリントの途中で用紙がなくなっても他のカセットにセットされている
用紙を使って、受信した原稿をプリントできます。
B5サイズの
用紙切れ
B5サイズを送信
A4サイズで出力
● 他の用紙にはプリントしたくないときは、システム登録の「066 代行出力」の設定
を“なし”にしておいてください。(
132 ページ)
37
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
38 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
マルチプリント受信
受信したときに、あらかじめ設定した部数だけプリントすることができます。
他
● マルチプリント受信をするには、システム登録の「101 マルチプリント部数」の設
定が必要です。(
133 ページ)。
● 短縮ダイヤルに登録してある宛先からマルチプリント受信を行うには、次の設定が
必要です。
・特殊通信機能の登録で「マルチプリント部数」を指定する。
(
104 ページ)
正順プリント
システム登録の「065 正順プリント」の設定を“あり”にすると、複数ページの受信をしたときに、
プリントする順番を上から 1・2・3…ページと順に並べられます。(
132 ページ)
正順プリント:
あり
正順プリント:
なし
● メモリー使用量が約 93%(A600M は約 98%A500 は約 80%)になると、正順
プリントをしないで、そのままプリントします。
リモート受信
システム登録の「047 リモート受信」の設定を“あり”にすると、外部電話機で話をした後、外部電
話機からの操作で受信に切り替えることができます。(
132 ページ)
1
外部電 話機の
受話器を上
げ、相 手 と 話
をする
2
ファクスの受信に切り替える
・ プ ッ シ ュ ホ ン 式 回 線 を お 使 い の 場 合:
(2秒以内に押す)
3
受話器を
戻す
・ 回 転 ダ イ ヤ ル 式 回 線 を お 使 い の 場 合:
(5秒以内にダイヤルする)
● 外部電話機から、電話をかけたときは、リモート受信できません。
● 手順1でファクス送信音「ポー・・ポー・・」が聞こえた場合、相手は自動送信の
ファクスです。手順2の操作をしてください。
38
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
39 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
コピーのしかた
コピーをするとき、次の3つの項目を選んでください。
● コピーの部数を指定する。
● ソートコピーまたはマルチコピーを選ぶ。
・ ソートコピー:コピーする原稿をすべて読み
取り、ページの順番を合わせ
て、指定部数をコピー
・ マルチコピー:原稿を 1 枚ずつ読み取り、指
定部数をコピー
● コピーする用紙を選ぶ。
1
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
2
セットボタン
ウラ
向き
原稿ガイド
テンキーボタン
図のように原稿をセットする
・ 原稿に合わせて画質を選ぶとき。
(
24 ページ)
コピーボタン
スタートボタン
3
4
5
を押す
コピー
部数= 1 倍率=100%
A4
→カセット 1(A4
)
コピーする部数(最大99部) コ
ピ
|
を入れる
・ テンキーボタンでコピーする部数を入れ
ます。
を押す
コピー
ソート指定
1:する
または
押す
2:しない
を選び
を
1:する →ソートコピーをする
2:しない→マルチコピーをする
コピー
用紙選択(1−2)
1:カセット1= A 4
6
用紙カセットを
び
を押す
・
∼
で選
、 はオプションカセット設定時に
設定できます。
コピー
等倍
倍率=100%
7
または を繰り返し押し
て固定倍率を選び
を押
す
・ 原稿を 90°回転させてコピー(回転記
録)の設定を手動で切り替えるときは
(回転記録)を押します。
コピー
等倍
倍率=100%
8
回転
を押す
・ 原稿を読み取り、コピーが開始されます。
39
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
40 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
● コピーを途中でやめるときは、
を押してください。
● 文字サイズは自動的に「細密」になります。
● 手順 2 で濃度、ハーフトーンを設定できます。ハーフトーンを設定したときは自動
的に「きれい」になります。
● 手順 2 で原稿の大きさを認識し、原稿の大きさに合った用紙と倍率(縮小率)を自
動的に選択します。認識した原稿の大きさと選択した用紙は、ディスプレイの下段に
表示されます。
● A5 より小さい原稿(A6 サイズ)は、A5 サイズとして検知されます。
● 原稿と用紙の方向によって、原稿を 90°回転させてコピー(回転記録)をする場合
があります。
● 異なったサイズの原稿をいっしょにセットしてコピーすると、正しくコピーできない
場合があります。
● コピー中に用紙が無くなったときは、いったん読み取った原稿はメモリーから消去さ
れ、コピーは中断されます。用紙を補充し、まだコピーされていない原稿をもう一度
セットして手順1から操作し直してください。
● 原稿を読み取り中にメモリーがいっぱいになった場合には、手順 4 で[ソートしな
い]を選択してコピーし直してください。
● 手差しトレイが開いている場合、手順 6 で手差しトレイの選択ができます。
● 回転ソートコピーをする場合は、システム登録の「083 回転ソート」の設定を“あ
り”にしてください。(
132 ページ)
● 用紙サイズの表示に[****]と表示されたときは、用紙カセットが正しくセット
されていないか、手差しトレイの用紙サイズダイヤルが、表示の無いところに合わせ
てあります。正しくセットし直してください。
● 手順 6 で用紙を選択したときのコピー倍率は下表のようになります。手順 7 で変更
します。
選択
用紙
用 紙
A3
B4
A4
等倍
等倍
等倍
86%
等倍
等倍
70%
81%
等倍
R70%
R81%
R 等倍
R61%
R70%
R86%
R50%
R57%
R70%
50%
50%
50%
A4
等倍
R 等倍
R 等倍
等倍
86%
70%
R50%
B5
等倍
等倍
R 等倍
等倍
等倍
81%
R57%
A5
等倍
等倍
等倍
等倍
等倍
等倍
R 等倍
原稿
A3
B4
A4
A4
B5
A5
●「R ∼%」「R 等倍」は 90°回転してコピーします。
● はがきへコピーするときは、コピーされない部分ができます。
40
はがき
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
41 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
はがきサイズの原稿を、
はがきにコピーするときには
1
原稿をセットする
・原稿はコピーされる面を裏
(下)にしてセットする。
3
2
手差しトレイを開き、はがきをセットし、用紙
サイズダイヤルを「ハガキ」に合わせる
・ はがきはプリントされる面を上にしてセッ
トする。
を押す
・ はがきサイズ(A6)の原稿をセットす
ると、A5 と検知します。
4
コピー部数を指定する
・ 例:「
コピー
部数= 1 倍率100%
A5 →テザシ(ハガキ
)回転
5
」
を押して手差しトレイを選択する
コピー
用紙選択(1ー3)
3:テザシ=ハガキ
8
を押してソート指定に切り替える。
1 または 2 を選択して
コピー
部数= 2 倍率100%
A5 →テザシ(ハガキ
) 回転
6
コ
ピ
|
コピー
ソート指定
1:する
7
を押す
2:しない
を押す
コピー
等倍
倍率=100%
回転
を押す
マルチコピー
部数:01/02
プリントしています
他
● 官製はがき以外の厚いはがきにコピーすると、印字品質が低下したり、紙づまりの
原因となります。
● 手差しトレイに一度にセットできる官製はがきは、最大 5 枚です。
41
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
42 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
電話の使い方(オプション)
電話をかける
1
受話器を上げる
・ 「ツー」が聞こえる。
・ 《通信中》ランプが点滅する。
7月10日(日)17:15
通信とコピーができます
受話器が上がっています
2
テンキーボタン
宛先を指定する
・
・ ダイヤルのしかた(
25 ページ)
7月10日(日)17:15
ダイヤルしています
0334919191
受話器(オプション)
3
4
00%
00%
話をする
受話器を戻す
● オプションのハンドセットユニットをお使いになるときは、システム登録の
「075 OP ハンドセット」の設定を“あり”にしてください。(
132 ページ)
● 宛先をまちがえたときは、受話器を戻して、手順 1 からやり直します。
● 手順 2 でワンタッチダイヤルを使用したとき、
「ピピピ」と鳴ったときは、グループ
ダイヤル(
108 ページ)として登録されているかまたはプログラムダイヤルと
して登録されているワンタッチダイヤルを選んでいます。電話をかけることはできま
せん。
● 電話のとき、「電話帳ボタン」でダイヤルする場合は、
を押します。
●
を押すと、受話器を上げないでダイヤルできます。電話がつながったら、受
話器を上げてお話しください。
● ハンドセットユニットまたは外部電話機を設定することで、IP 電話サービスをご利
用しての通話が可能となります。この場合システム登録の「123 リルート機能」が
" あり " に設定されていても、リルート機能は働きません。(
85 ページ)
42
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
43 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
トーンボタンの使い方
回転ダイヤル式回線をお使いの方でも、プッシュ
ホン信号(ピッポッパッ)を使って、銀行残高照
会などの各種サービスをご利用になれます。
1
受話器を上げる「ツー」が聞こ
える
・ 《通信中》ランプが点滅します。
7月10日(日)17:15
通信とコピーができます
受話器が上がっています
トーンボタン
2
サービス提供元にダイヤルする
・ サービス内容を確認します。
例
7月10日(日)17:15
ダイヤルしています
12345678
受話器(オプション)
3
00%
00%
電
話
を押す
・ プッシュホン信号に切り替えます。
・ プッシュホン式回線の方は
を
押す必要はありません。
7月10日(日)17:15
ダイヤルしています
12345678/
4
5
●
00%
案内にしたがって、番号を押す
7月10日(日)17:15
ダイヤルしています
12345678/123
00%
受話器を戻す
・ 受話器を戻すと、プッシュホン信号送出
機能は解除されます。
を押すと、受話器を上げないでダイヤルできます。電話がつながったら、受
話器を上げてお話しください。
プッシュホン信号で
受けられるサービス例
■JR 座席予約(※)
列車の空席状況を聞いたり、新幹線の座席予約
ができます。
■航空券予約
国内航空大手の航空チケットが予約できます。
■銀行残高照会
口座の残高照会ができます。
■NTT の伝言ダイヤル(※)
待ち合わせの約束や外出中の連絡、伝言の録音
/再生ができます。
(※)は、プッシュホン式回線利用者用のサービスです。ただし、「JR 座席予約」は、東京都区内とそ
の周辺の方以外は、回転ダイヤル式回線でもご利用になれます。
43
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
44 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
音量の設定のしかた
モニター音量の設定
を押したときなどに聞こえるスピー
カー音の大きさを調整できます。
モニターボタン
1
2
を押す
7月10日(日)17:15
ダイヤルしてください
または
00%
を押す
・ 現在、設定されているモニター音量が表
示されます。
7月10日(日)17:15 00%
モニター音量
小 [ ■■■
]大
3
ま た は を 押 し て、モ ニ
ター音量を調整する
・
:モニター音が大きくなります。
・
:モニター音が小さくなります。
・ 音量は 8 段階まで調整できます。
・
を押して、
“■”表示を消すと、モニ
ター音は聞こえなくなります。
7月10日(日)17:15 00%
モニター音量
小[
]大
4
44
を押す
7月10日(日)17:15
通信とコピーができます
00%
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
45 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
基 本 編
呼出音量の設定
1
または
を押す
・ 現在、設定されている呼出音量が表示さ
れ、1 秒間、呼出音が鳴ります。
呼出音量
<<
2
>>
または を押して、呼出音
を調整する
・ テスト用の呼出音を聞きながら、お好み
の大きさに調整します。
・
:呼出音が大きくなります。
・
:呼出音が小さくなります。
・ 呼出音は 3 段階まで調整できます。
電
話
45
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
46 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
ポーリング通信
ポーリングパスワードが一致すると、ポーリング送信側にセットしている原稿をポーリング受信側の操作
で取り出すことができます。このとき、通信費はポーリング受信側の負担となります。
● ポーリング通信は機種が限定されます。詳しくは、お買い上げの販売店または、サービス実施会社に
お問い合わせください。
ポーリング送信
2
1
を押す
原稿をセットする
3
ポーリング
1.ポーリング受信
2.ポーリング送信
4
5
を押す
ポーリング送信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
6
パスワード(4桁)を入れる
を押す
・ 原稿読み取り開始。
相手からのポーリング受信の
操作で、送信開始
・ 送信が終わると、メモリーの
内容は消去されます。
● ポーリング送信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● ポーリング送信は、最大30通信まで指定できます。
● ポーリング送信を解除するときは、「通信予約の消去」をしてください。
(
79 ページ)。
● ファンクション登録ボタンにポーリング送信の操作を登録しておけば、ファンクショ
ンボタンを押したあと、手順4からの操作をするだけでポーリング送信を指定できま
す。
● 原稿読み取り中にメモリーがいっぱいになったときは、ポーリング送信の登録はでき
ません。
掲示板の使い方
システム登録の「027 ポーリング送信保存」の設定
を“あり”にしておけば (
131 ページ ) ポーリン
グ送信をしてもメモリーに読み込んだ原稿は消去さ
れません。同じ原稿を複数の相手にポーリング送信
( 掲示板送信 ) したいときにお使いください。
● 掲示板送信を選んだとき、メモリーに読み込んだ
原稿を消去したいときは、(
79 ページ )「通信
予約の消去」の操作をしてください。
46
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
47 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
相手を限定しないで
ポーリング送信をする
ポーリングパスワードを入れないでセットすれば、当社機以外のファクスやパスワードを使っていない
相手にもポーリング送信できます。
1
2
を押す
原稿をセットする
ポーリング
1.ポーリング受信
2.ポーリング送信
3
を押す
ポーリング送信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
4
を押す
・ 原稿読み取りが開始されます。
● システム登録の「026 ポーリング用暗証番号の登録」を登録している場合は、手順3のあと
クリアーボタンを押してから、スタートボタンを押してください。
ポーリング受信
1
2
を押す
5
を押す
ポーリング受信 宛先数 :
宛先を指定してください
3
パスワード ( 4桁 ) を
入れる
ポーリング受信
パスワードを指定してください
■■■■(4桁)
ポーリング
1.ポーリング受信
2.ポーリング送信
4
を押す
便
利
な
機
能
の
使
い
方
宛先を指定する
・
6
を押す
0000
・ 最大1020宛先まで
(UF-A 500は最大220宛先ま
で)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
・宛先にダイヤル
し、ポーリング受
信を始めます。
● ポーリング受信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンにポーリング受信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボタ
ンを押すだけでポーリング受信ができます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンにポーリング受信の操作を登録しておけば、ファンクショ
ン登録ボタンを押したあと、手順3からの操作をするだけでポーリング受信ができま
す。(
113 ページ)
47
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
48 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
タイマー通信
タイマー送信とタイマーポーリング受信、タイマー特殊通信他、通信予約を合わせて50タイマーまで指
定できます。
タイマー送信
あらかじめ指定した時刻に自動的に原稿を送信します。
1
5
原稿を
セット
する
2
3
を押す
タイマー通信
(1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
6
を押す
メモリー送信
宛先数 :
宛先を指定してください
0000
を押し、
を押す
メモリー送信
予約時刻を指定してください
_ :
4
送信時刻を
入れる
・ 時刻は
24 時間制で
入れます。
7
宛先を指定する
・
を押す
・ 最大1020宛先まで
(UF-A500 は最大220宛先まで)
指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
・ タイマー送信が
セットされます。
タイマーポーリング受信
あらかじめ指定した時刻に自動的にポーリング受信を始めます。
1
を押す
タイマー通信
(1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
を押す
2
を押し、
を押す
3
ポーリング受信
予約時刻を指定してください
_ :
5
パスワード ( 4桁 ) を入
れる
6
ポーリング受信
・
パスワードを指定してください
■■■■ ( 4桁 )
7
宛先を指定する
・
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大220宛先まで)
指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
受信時刻を入れる
・ 時刻は 24 時間制で入れ
ます。
を押す
ポーリング受信 宛先数 : 0000
宛先を指定してください
8
を押す
・ タイマーポーリング
受信がセットされます。
● タイマー送信/タイマーポーリング受信の指定を途中でやめるときは、
を押して
ください。
● すでに50件のタイマー通信を含む通信予約が予約されていると、これ以上タイマー
通信をセットすることはできません。現在予約されているタイマー通信または他の通
信予約を解除(
79 ページ)するか、通信が終わってからセットし直してください。
● ワンタッチボタンにタイマー送信やタイマーポーリング受信の操作と宛先を登録し
ておけば、ワンタッチボタンを押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンにタイマー送信やタイマーポーリング受信の操作を登録
しておけば、ファンクション登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指
定できます。(
113 ページ)
48
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
49 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
タイマー特殊通信
本機でご利用になれる様々な通信を、通信時刻を指定してお使いになれます。
1
を押す
タイマー通信
(1ー3)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
2
を押し、
3
を押す
通信時刻を入れる
・ 時刻は 24 時間制で入
れます。
特殊通信
予約時刻を指定してください
_ :
5
∼
または、
を押して
6
通信を選ぶ
通信を指定す
る
・ 下記「特殊通信一覧表」を
参照して選びます。
● タイマー特殊通信の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● すでに50件のタイマー通信を含む通信予約が予約されていると、タイマー特殊通信
をセットすることはできません。現在予約されているタイマー通信または他の通信予
約を解除(
79 ページ)するか、通信が終わってからセットし直してください。
● ワンタッチボタンにタイマー特殊通信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボ
タンを押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンにタイマー特殊通信の操作を登録しておけば、ファンク
シ ョ ン 登 録 ボ タ ン を 押 し た あ と に 宛 先 を 入 れ る だ け で 通 信 を 指 定 で き ま す。
(
113 ページ)
便
利
な
機
能
の
使
い
方
特殊通信一覧表
テンキーボタン
特殊通信の種類
参照ページ
中継同報指示
51 ページ
親展通信
親展送信
親展ポーリング受信
52 ページ
53 ページ
54 ページ
F コード送信
F コード取り出し
マルチコピー通信
56 ページ
57 ページ
59 ページ
F 網通信
59 ページ
F ポート通信
60 ページ
ファイル送信
F コード通信
49
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
50 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
中継通信
中継通信について
メモリー機能を持つ中継局を使って、次のような中継通信を指定することができます。
● 中継通信をする場合は、本機を含むネットワークを構成する必要があります。
● 中継ネットワークを構成する場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わせ
ください。
中継同報指示について
遠距離にある複数の宛先へファクスを送りたいとき、中継局に送信すれば、中継局は指定された宛先へ
順次送信します。
例:東京から、大阪の中継局を経由して京都、神戸、奈良へ送信します。
①東京から大阪の中継局に中継指示します。
● 原稿は、大阪の中継局のメモリーにいったん蓄積されます。
②大阪の中継局は、東京から指示された京都、神戸、奈良へ順次送信します。
● 東京から、それぞれの宛先へ送信する手間が省け、トータルの通信料金も削減できます。
親展通信
ある特定の人に原稿を送信したいとき、中継局のメモリーに暗証番号を付けて原稿を送信することがで
きます。受信側は、暗証番号を入力しないかぎり、原稿を受け取ることができないので、情報が他人に
漏れる心配がありません。
例:東京から大阪の中継局を使って、神戸の A さんに親展文書を送信する場合
①東京から大阪の中継局に親展文書を送ります(
52 ページ「親展送信」)。
● 原稿は大阪の中継局のメモリーに蓄積されます。
②大阪の中継局は神戸へ「親展通知」を送って、親展文書を受け付けたことを知らせます。
③神戸の A さんは「親展通知」の内容により、大阪の中継局へ親展ポーリング受信をします。
このとき、A さんは東京で指定された暗証番号と同じ番号を入力しないと、親展文書を受け取ること
ができません(
53 ページ「親展ポーリング受信」)
。
50
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
51 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
中継同報指示
メモリー機能を持った中継局を中心に中継ネットワークを組んで、遠方にある複数の宛先へ一度にファク
スを送信できます。
中継同報送信をする前に
● 本機の登録モードの「中継情報の登録」に中継情報を登録する。(
116 ページ)
● システム登録の「 104 短縮ダイヤル情報」を“あり”にして、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに
中継情報を登録できるようにする。(
133 ページ)
● 中継局の電話番号と中継情報を、本機のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録する。
(
100 ページ ,
102 ページ)
● 中継同報送信をする相手の電話番号と中継情報を、本機のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録
する。
(
100 ページ ,
102 ページ)
● 中継ネットワークを構成する場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わせ
ください。
1
2
3
を押す
原稿をセットする
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
宛先を指定する
・
・ 直接ダイヤルを除く最大1000宛先まで
(UF-A500 は最大 2 00宛先まで)
指定できます。(
35 ページ)
を押し、
中継同報指示
宛先数 :
宛先を指定してください
を押す
0000
5
を押す
・ 中継局へダイヤルし、
送信を開始します。
便
利
な
機
能
の
使
い
方
● 中継同報送信の操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンに中継同報指示の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボタン
を押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンに中継同報指示の操作を登録しておけば、ファンクション
登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。
(
113 ページ)
51
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
52 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
親展通信
親展通信をする前に
● 本機の登録モードの「中継情報の登録」に中継情報を登録する。(
116 ページ)
● システム登録の「 104 短縮ダイヤル情報」を“あり”にして、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに
中継情報を登録できるようにする。(
133 ページ)
● 中継局の電話番号と中継情報を、本機のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録する。
(
100 ページ ,
102 ページ)
● 親展通信をする相手の電話番号と中継情報を、本機のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録す
る。(
100 ページ ,
102 ページ)
● 中継ネットワークを構成する場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わせ
ください。
親展送信
親展送信をすれば、個人宛で送りたい文書を中継局のメモリーに蓄積することができます。
中継局は親展文書を受け付けると、親展送信先へ「親展通知」を送って親展文書を受け付けたことをお知ら
せします。
1
4
2
原稿を
セット
する
3
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
親展暗証番
号 ( 4桁 )
を入れる
5
を押す
親展送信
宛先数 : 0000
宛先を指定してください
を押す
親展送信
親展暗証番号を指定してください
_
(4桁)
6
宛先を指定する
・
・ 直接ダイヤルを除く最大1000宛先
まで(UF-A500 は最大 2 00宛先ま
で)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
7
を押す
・ 中継局へダイヤルし、
親展送信を始めます。
● 親展送信の操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンに親展送信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボタンを押
すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンに親展送信の操作を登録しておけば、ファンクション登録
ボ タ ン を 押 し た あ と に 暗 証 番 号 と 宛 先 を 入 れ る だ け で 通 信 を 指 定 で き ま す。
(
113 ページ)
52
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
53 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
親展ポーリング受信
中継局のメモリーに蓄積されている親展文書を、受信側の操作で取り出すことができます。
1
2
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
を押す
親展ポーリング受信宛先数 :0000
宛先を指定してください
を押す
3
親展ポーリング受信
親展暗証番号を指定してください
_
(4桁)
5
中継局の
宛先を指定
する
親展暗証番号
( 4桁 )
を入れる
6
を押す
・ 中継局へダイヤルを開始します。
・ 親展暗証番号を照合し、一致したら
親展ポーリング受信を始めます。
● 親展ポーリング受信の操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● 親展暗証番号が分からないときは、親展送信元に確認してください。
● 自局情報の「中継情報の登録」で中継機の電話番号を登録している場合は、手順4まで
の操作をするだけで、親展ポーリング受信を始めます。
● ワンタッチボタンに親展ポーリング受信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチ
ボタンを押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンに親展ポーリング受信の操作を登録しておけば、ファンク
ション登録ボタンを押したあとに暗証番号と宛先を入れるだけで通信を指定できま
す。
(
113 ページ)
便
利
な
機
能
の
使
い
方
親展プリント
1
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
2
を押す
3
親展プリント
親展暗証番号を指定してください
_
(4桁 )
親展暗証番号
( 4桁 )
を入れる
4
を押す
親展プリント ・
プリントしています
● 親展プリントの操作を途中でやめるときは、
を押してください。
●「中継センターユニット」オプション追加時のみ有効です。(
178 ページ)
53
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
54 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
ファイル送信
会社までの地図など、頻繁に送る原稿を本機のメモリーに蓄積して何度でも送ることができます。
ファイル送信をお使いになれば、いちいち送信原稿をセットする手間が省けます。
ファイル蓄積
ファイル送信する原稿を本機のメモリーに蓄積します。メモリーに蓄積できるファイルは、1 ファイルの
みです。
1
原稿をセット
する
2
3
を押す
を押す
・ 原稿読み込み開始。
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
ファイル蓄積
・
蓄積頁:01
受付 No.001
04%
● ファイル蓄積を途中でやめるときは、
を押してください。
● メモリーには A 4標準原稿で UF-A600/600M は約255枚、UF-A500 は
約120枚まで読み込めます。
● すでに蓄積されているファイルがあるときは、ファイル蓄積をすることはできませ
ん。蓄積されているファイルを消去(
55 ページ)して、手順1からの操作をし
てください。
● ファンクション登録ボタンにファイル蓄積の操作を登録しておけば、ファンクション
登録ボタンを押すだけでファイル蓄積ができます。(
113 ページ)
● 原稿読み取り中にメモリーがいっぱいになったときは、ファイル送信の蓄積はできま
せん。
ファイル送信
ファイル蓄積した内容を送信します。
1
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
3
2
を押す
ファイル送信
宛先数 :
宛先を指定してください
宛先を指定する
・
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最
大 2 20宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
0000
4
を押す
・ 宛先にダイヤルし、
ファイル送信を始めます。
● ファイル送信の操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● ファイル送信をしても、メモリーに蓄積されている内容は消去されません。
● ワンタッチボタンにファイル送信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボタン
を押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンにファイル送信の操作を登録しておけば、ファンクション
登録ボタンを押したあとに宛先を入れるだけで通信を指定できます。
(
113 ページ)
54
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
55 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
ファイル消去
ファイル蓄積した内容を消去します。
1
を押す
2
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
を押す
ファイル消去されました
・
● ファイル消去を途中でやめるときは、
を押してください。
ファイルプリント
ファイル蓄積した内容をプリントして確認できます。
1
を押す
2
を押す
便
利
な
機
能
の
● ファイルプリントの操作を途中でやめるときは、
を押してください。
使
● ファンクション登録ボタンにファイルプリントの操作を登録しておけば、ファンク い
方
ション登録ボタンを押すだけでプリントできます。(
113 ページ)
● ファイルプリントしても、メモリーに蓄積した文書は消去されません。
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
ファイルプリント
・
プリントしています
55
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
56 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
F コード通信
当社機以外のファクスをお使いの相手とも、サブアドレスやパスワードを使って機密事項を保持した通信
をすることができます。
● F コード通信は、ITU-T の T30(SUB、SEP、PWD)機能を持っているファクスであれば、相手機
種を限定しないで F コード通信ができます。
● F コード通信をするには、メモリー機能を持つ F コードセンター機が必要になります。
F コード送信
F コード送信は、F コードセンター機に開設されているボックスの番号をサブアドレス番号で指定し、機
密保持のためパスワードを使ってボックスに文書を送ります。
1
原稿をセット
する
2
を押す
3
F コード送信
サブアドレスを指定してください
_
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
7
送信するボックスの
サブアドレス(最大
20桁)を入れる
を押す
6
ボックスのパスワード
(最大20桁)を入れる
F コード送信
パスワードを指定してください
_
8
を押す
F コード送信
宛先数 :
宛先を指定してください
5
を押す
宛先を指定する
・
9
を押す
0000
・ 最大1020宛先まで
(UF-A500 は最大220宛先
まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
・ F コードセンターへ
ダイヤルし、送信を
始めます。
● F コード送信の操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンに F コード送信の操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボタン
を押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンに F コード送信の操作を登録しておけば、ファンクション
登録ボタンを押したあとにサブアドレス、パスワードおよび宛先を入れるだけで通信
を指定できます。(
113 ページ)
56
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
57 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
F コード掲示板登録の指定
あらかじめ掲示板ボックスを開設して、ボックスに文章を登録することができます。(
1
原稿をセット
する
2
3
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
121 ページ)
を押す
F コード掲示板登録
ボックス No. を指定してください
_
(2桁)
5
ボックス No.(2桁)を指定する
・ まちがえたときは
を押し、再度指定しま
を押す
・ 掲示板登録がセットされま
す。
す。
● 掲示板登録の指定を途中でやめるときは、
を押してください。
● 掲示板登録の指定の手順5で開設していないボックス No. や、掲示板ボックスとし
て開設されていないボックス No. は指定できません。
● 原稿読み取り中にメモリーがいっぱいになったときは、掲示板登録の指定はできませ
ん。
便
利
な
機
能
F コードセンター機に開設されているボックス番号をサブアドレス番号で指定し、ボックスに保存されて の
いる文書を取り出します。
使
い
● F コード取り出しでは、F コード取り出し側が通信料金を負担します。
方
F コード取り出し
1
を押す
2
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
4
を押す
F コード取り出し
パスワードを指定してください
_
7
3
を押す
F コード取り出し
サブアドレスを指定してください
_
5
ボックスのパスワード
(最大20桁)を
入れる
宛先を指定する
・
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大
2 20宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
6
文書の取り出し
をするボックス
のサブアドレス
(最 大 2 0 桁)を
入れる
を押す
F コード取り出し 宛先数 : 0000
宛先を指定してください
8
を押す
・ F コードセンターへ
ダイヤルし、保存されている
文書の取り出しを始めます。
● F コード取り出しの操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● ワンタッチボタンに F コード取り出しの操作と宛先を登録しておけば、ワンタッチボ
タンを押すだけで通信を指定できます。(
111 ページ)
● ファンクション登録ボタンに F コード取り出しの操作を登録しておけば、ファンクション
登録ボタンを押したあとにサブアドレス、パスワードおよび宛先を入れるだけで通信を指
定できます。
(
113 ページ)
57
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
58 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
F コード親展プリント
親展ボックスに登録された文書を引き出すことができます。(
1
2
を押す
特殊通信
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
3
を押す
F コード親展プリント
ボックス No. を指定してください
_
(2桁)
4
ボックス No.(2桁)を指定する
・ まちがえたときは
F コード親展プリント
暗証番号を指定してください
_
(4桁)
5
6
暗証番号(4桁)を指定する
押し、再度指定します。
を押す
を
押し、再度指定します。
・ まちがえたときは
118 ページ)
を
を押す
・ F コード親展プリントの出力がセットされます。
・ 暗証番号が一致すると、指定された親展ボックスに
登録されている文書のプリントを始めます。
● F コード親展プリントの操作を途中でやめるときは、
を押してください。
● F コード親展プリントの手順4で開設していないボックスや、親展ボックスとして開
設されていないボックス、および文書が登録されていないボックスは指定できません。
● 親展ボックスの暗証番号を忘れると、登録されている文書の出力ができなくなります。
暗証番号は忘れないようにご注意ください。
● 暗証番号を忘れた場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合
わせください。
● F コード親展プリントは、他にリストのプリントや受信データのプリント動作をして
いるときは指定できません。
58
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
59 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
マルチコピー通信
宛先に送信するときは、受信側でプリントする部数を指定することができます。
● マルチコピー通信は、相手機種が限定されます。詳しくはお買い上げの販売店または、サービス実施
会社にお問い合わせください。
● マルチコピー通信を指定できるのは、マルチコピー通信機能を持つ相手に限ります。
1
2
原稿をセットする
を 押 す
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
マルチコピー通信
部数を指定してください
01 (2桁)
押し、再度指定します。
5
4
受信側でプリントする部数(2 桁)を指定する
・ プリント部数を指定します(最大 99 部)。
例:「02」
・ まちがえたときは
を
を押す
マルチコピー通信 宛先数 : 0000
宛先を指定してください
マルチコピー通信
部数を指定してください
02 (2桁)
6
宛先を指定する
・
を押す
便
利
・ マルチコピー通信を
な
開始します。
機
能
の
● マルチコピー通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
使
● 短縮ダイヤルを登録するときに、マルチコピー通信部数を指定することができます い
方
(
104 ページ)。
● マルチコピー通信部数が登録されているダイヤルを選択したときは、手順 3 でプリ
ント部数を入力する必要はありません。
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大 2 20宛先まで)
指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
F 網通信
NTT コミュニケーションズのファクシミリ通信網を利用して通信することができます。F 網通信をお使
いになるときは、NTT コミュニケーションズとの利用契約が必要です。お近くの NTT コミュニケーショ
ンズ窓口にお問い合わせください。
1
原稿をセットする
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
2
を押す
F 網通信
宛先数 :
宛先を指定してください
宛先を指定する
・
・ 最大 10 宛先まで指定できます。
0000
4
を押す
・ F 網通信が開始されます。
● F 網通信の操作を途中でやめるときは、
を押します。
● 使用する場合には、システム登録の「096 NTT ファクシミリ通信網」を「なし」以
外に設定してください。
59
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
60 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
F ポート通信
KDDI 株式会社(KDDI)の F ポート専用回線を利用して、海外の相手に送信するパケット交換式のファ
クシミリ通信網サービスが利用できます。
F ポート通信をお使いになるときは、KDDI 株式会社(KDDI)との利用契約が必要です。お近くの KDDI
株式会社(KDDI)にお問い合わせください。
1
2
原稿をセットする
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
を押す
F ポート通信
宛先数 :
宛先を指定してください
0000
4
宛先を指定する
・
を押す
・ 最大 8 宛先まで指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
・ F ポート通信を開始します。
● F ポート通信の操作を途中でやめるときは、
を押します。
OMR 通信
機能や宛先をマークした OMR シート(別売品)を原稿に重ねてセット(最初のページに)すれば、複雑
な通信を簡単な操作でご利用できます。
OMR 通信を指定できる宛先は、OMR 解読機能を持つ相手に限ります。詳しくはお買い上げの販売店ま
たは、サービス実施会社にお問い合わせください。
1
OMR シートを原稿の
一番最初のページに
セットする
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
4
2
を押す
OMR 送信
1:オフ
設定:1
5
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大
2 20宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
● OMR 通信の操作を途中でやめるときは、
60
を押す
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
2:オン
宛先を指定する
・
3
を押す
・ OMR通信を開始します。
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
61 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
パスワード通信
パスワード通信について
通信するときに、送信側と受信側に登録されているパスワードを照合します。パスワードを照合し、一致
する相手とだけ通信するので、機密性の高い通信が確保できます。また、送信と受信を個別に制限できる
ので、相手に合わせた設定ができます。
● パスワード通信では、本機または相手機が送信をする際に受信側を確認する「送信パスワード」
(
63 ページ)と、本機ま たは相 手機が受 信をす る際に 送信側を 確認す る「受信 パスワー ド」
(
65 ページ)の設定が必要です。
システム登録について
設定状況
本機が送信時
パスワード送信 送信パスワードの登録なし
通常の送信をします。
送信パスワードを登録して設 通常のダイヤル操作では通常
定を“なし”にする
の送信をします。
一時的にパスワード送信をし
たい場合は、送信前の操作が必
要です。(
67 ページ)
送信パスワードを登録して設 通 常 の ダ イ ヤ ル 操 作 で パ ス
定を“あり”にする
ワードを使った送信をします。
相手受信機の送信パスワード
を照合して、一致すると送信し
ます。
一時的にパスワード送信をし
ない場合は、送信前の操作が必
要です。(
67 ページ)
パスワード受信 受信パスワードの登録なし
通常の送信をします。
受信パスワードを登録して設 パスワード受信の設定をして
定を“なし”にする
いる相手に送信した場合に、相
受信パスワードを登録して設 手 受 信 機 が 本 機 の 受 信 パ ス
ワードを照合して、一致すると
定を“あり”にする
送信します。
パスワード受信を設定してい
ない相手には、通常の送信をし
ます。
本機が受信時
通常の受信をします。
相手がパスワード送信をして
きた場合に、相手送信機が本機
の送信パスワードを照合して、
一致すると受信します。
相手が通常の送信の場合には、
通常の受信をします。
通常の受信をします。
通常の受信をします。
便
利
な
機
能
の
使
い
方
常にパスワードを使った受信
の状態になっています。
相手送信機の受信パスワード
を照合して、一致すると受信し
ます。
61
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
62 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
パスワード送信
⃝:送信出来ます
×:送信出来ません
B:設定なし
パスワード送信の設定
送信パスワード =1234
設定 = オフ
パスワード送信の設定
送信パスワード =1234
設定 = オン
A:パスワード送信の設定
送信パスワード=1234
設定 = あり
C:パスワード送信の設定
送信パスワード=1234
設定="あり"または"なし"
設定なし
D:パスワード送信の設定
送信パスワード=1111
設定="あり"または"なし"
パスワード送信は、送信側の設定が“あり”の場合、受信側に設定されている「送信パスワード」を送
信側でチェックし、一致した場合に送信します。
・ 送信側のパスワード送信の設定が“なし”の場合は、通常の送信と変わりありません。
・ パスワード送信の設定“あり”または“なし”は、送信時のみに機能します。
パスワード受信
⃝:受信出来ます
×:受信出来ません
B:設定なし
パスワード受信の設定
受信パスワード =5678
設定 = オフ
パスワード受信の設定
受信パスワード =5678
設定 = オン
A:パスワード受信の設定
受信パスワード=5678
設定 = あり
C:パスワード受信の設定
受信パスワード=5678
設定="あり"または"なし"
設定なし
D:パスワード受信の設定
受信パスワード=9999
設定="あり"または"なし"
パスワード受信は、受信側の設定が“あり”の場合、送信側に設定されている「受信パスワード」を受
信側でチェックし、一致した場合に受信します。
・ 受信側のパスワード受信の設定が“なし”の場合は、通常の受信と変わりありません。
・ パスワード受信の設定“あり”または“なし”は、受信時のみに機能します。
62
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
63 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
パスワード送信の設定
1
を押す
2
・ 登録モードを選択し
ます。
4
3
を押す
・ システム登録を選択
します。
・ パスワード送信を選択します。
043 パスワード送信
パスワードを指定してください
_
(4桁)
パスワード送信用のパスワード(4 桁)を入れ、
・ 例:パスワード「1234」の場合、
まちがえたときは、
5
(あり)を押す
・ 例:「
を押す
を押します。
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=1234
1:なし
2:あり
を押して再度入力します。
使い方に合わせて、 (なし)ま
たは
を押す
6
を押す
」
043 パスワード送信 設定:2
パスワード=1234
1:なし
2:あり
● パスワード送信の設定を取り消すときは、手順 5 で
を押します。
便
利
な
機
能
の
使
を押したあとに、 い
方
● パスワード送信の設定を“あり”にすると、ディスプレイに“パスワード送信設定中
です”が表示されます。
● ディスプレイに“パスワード送信設定中です”が表示されているときは、通常の送信
ができなくなります。パスワード送信をしたくないときは、「パスワード送信設定の
一時変更」(
67 ページ)を参照して操作してください。
● パスワード送信の設定および変更を途中でやめるときは、
を押します。
● パスワード受信およびパスワード送信の設定を“あり”にするとディスプレイに
「パスワード送受信設定中です」が表示されます。
63
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
64 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
パスワード送信の変更
1
2
を押す
・ 登録モードを選択
します。
4
3
を押す
・ システム登録を選択
します。
パスワードを変更するときは、
6 へ進みます。
変更するパスワード(4桁)を入れ、
6
(なし)または
・ 例:「
043 パスワード送信
パスワードを指定してください
1234 (4桁)
を押します。
を押して再度入力します。
(あり)を押す
043 パスワード送信
パスワードを指定してください
_
(4桁)
を押す
・ 例:パスワード「4321」の場合、
・ まちがえたときは、
・ パスワード送信を選択します。
を4回押す
・ 現在設定されている内容が表示されます。
・ パスワードを変更しないときは
を押し、手順
5
を押す
7
043 パスワード送信 設定:1
パスワード=4321
1:なし
2:あり
を押す
」
043 パスワード送信 設定:2
パスワード=4321
1:なし
2:あり
● 手順 6 で、
を押したあとに
を押すと、設定されていた内容がすべ
て消去されます。
● パスワード送信の設定および変更を途中でやめるときは、
を押します。
64
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
65 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
パスワード受信の設定
1
を押す
2
・ 登録モードを選択
します。
4
パスワード受信用のパスワード(4 桁)を入れ、
・ 例:パスワード「5678」の場合、
・ まちがえたときは、
5
3
を押す
・ システム登録を選択
します。
044 パスワード受信
パスワードを指定してください
_
(4桁)
を押す
を押します。
を押して再度入力します。
使い方に合わせて、 (なし)ま
たは (あり)を押す。
・ 例:「
を押す
・ パスワード受信を選択します。
6
044 パスワード受信
設定:1
パスワード=5678
1:なし
2:あり
を押す
」
便
利
な
機
能
の
● パスワード受信の設定を取り消すときは、手順 5 で
を押したあとに、 使
い
を押します。
方
● パスワード受信の設定を“あり”にすると、ディスプレイに「パスワード受信設定中
044 パスワード受信
設定:2
パスワード=5678
1:なし
2:あり
です」が表示されます。
● ディスプレイに“パスワード受信設定中です”が表示されているときは、通常の受信
ができなくなります。
● パスワード受信の設定および変更を途中でやめるときは、
を押します。
● パスワード受信およびパスワード送信の設定を“あり”にするとディスプレイに
「パスワード送受信設定中です」が表示されます。
65
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
66 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
パスワード受信の変更
1
2
を押す
・ 登録モードを選択
します。
4
3
を押す
・ システム登録を選択
します。
パスワードを変更するときは、
を押す
・ パスワード受信を選択します。
044 パスワード受信
パスワードを指定してください
5678 (4桁)
を4回押す
・ 現在設定されている内容が表示されています。
・ パスワードを変更しないときは
を押し、手
順6へ進みます。
5
変更するパスワード(4 桁)を入れ、
を押す
・ 例:パスワード「8765」の場合、
・ まちがえたときは、
6
(なし)または
・ 例:「
を押します。
を押して再度入力します。
(あり)を押す
044 パスワード受信
パスワードを指定してください
_
(4桁)
7
044 パスワード受信 設定:1
パスワード=8765
1:なし
2:あり
を押す
」
044 パスワード受信 設定:2
パスワード=8765
1:なし
2:あり
● 手順 6 で、
を押したあとに
を押すと、設定されていた内容がすべ
て消去されます。
● パスワード受信の設定および変更を途中でやめるときは、
66
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
67 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
パスワード送信設定の一時変更
パスワード送信の一時解除・一時設定を行いたい場合、次の手順で1回の通信に限り、設定を変更できま
す。
1
を押す
2
を押す
・ パスワード送信を選択します。
・ セレクトモードを
選択します。
パスワード送信
1:オフ
3
または
を押し、
設定:1
2:オン
を押す
を選んだ場合はパスワードを入力する
・ 次の通信設定を選択します。
・
:1 回の通信に限りパスワード送信の設定を“オフ”に
できます。
・
:1 回の通信に限りパスワード送信の設定を“オン”に
できます。
4
を押す
5
例:パスワードに
を入力
パスワード送信
パスワードを指定してください
4321
宛先を指定する
・
・ 最大 1020 宛先まで(UF-A500 は最大 220 宛先まで)
指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
便
利
な
機
能
の
使
い
方
6
を押す
・ 1回の通信に限りパスワード送信の設定を“なし”
または“あり”にして通信を開始します。
67
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
68 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
セレクト通信
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されているダイヤル番号の下 4 桁と、相手から送られてきた
ID 番号の下 4 桁を照合し、一致したときだけ送信または、受信します。
セレクト送信
● あらかじめ、セレクト送信する宛先を登録しておいてください。(
相手の ID 番号には、電話番号を登録してもらってください。
1
原稿をセットする
2
99 ページ)
を押す
・ セレクト送信を選択します。
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
を押す
・ セレクト送信がセットされます。
セレクト送信
1:オフ
4
設定:1
2:オン
宛先を指定する
・
・ 最大 1020 宛先まで(UF-A500 は最大 220
宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
5
を押す
・ 1回の通信に限りセレクト送信が開始されます。
・ 相手の数字 ID と、本機に登録されているダイヤル番号を照合し、一致し
たときだけ送信します。
● システム登録の「045 セレクト送信」の設定(
132 ページ)を“あり”にして
おけば、常にセレクト送信の状態になります。
● セレクト送信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
● システム登録の「045 セレクト送信」(
132 ページ)を“あり”にすると、
ディスプレイに“セレクト送信設定中です”が表示されます。
● セレクト送信を解除するときは、手順3で
を押します。
● 本機に相手のダイヤル番号を登録していないときは、送信できません。
● 相手が ID 番号を送ってこない場合(ID 番号を登録していない、登録できないなど)
は、送信できません。
● 手動送信をしたときは、相手をセレクトしないで送信します。
● セレクト受信およびセレクト送信を“あり”にすると、ディスプレイに
「セレクト送受信設定中です」が表示されます。
68
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
69 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
セレクト受信
● あらかじめ、セレクト受信する宛先を登録しておいてください。(
● 相手の ID 番号には、電話番号を登録してもらってください。
1
を押す
・登録モードを選択
します。
2
99 ページ)
3
を押す
・ システム登録を選択
します。
を押す
・ セレクト受信を選択します。
046 セレクト受信
1:なし
4
5
を押す
設定:1
2:あり
を押す
・“あり”を選択します。
046 セレクト受信
1:なし
設定:2
2:あり
・ セレクト受信が設定されます。
・ 受信が始まると、相手の数字 ID と、本機に登録されている
ダイヤル番号を照合し、一致したときだけ受信します。
● セレクト受信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
● セレクト受信を“あり”にすると、ディスプレイに“セレクト受信設定中です”が
表示されます。
● セレクト受信を解除するときは、手順 4 で
を押します。
● 本機に相手のダイヤル番号を登録していないときは、受信できません。
● 相手が ID 番号を送ってこない場合(ID 番号を登録していない、登録できないなど)
は、受信できません。
● 手動受信をしたときは、相手をセレクトしないで受信します。
● セレクト受信およびセレクト送信を“あり”にすると、ディスプレイに
「セレクト送受信設定中です」が表示されます。
便
利
な
機
能
の
使
い
方
69
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
70 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
優先通信
● 複数の通信予約をしているときに、至急に送りたい原稿を、現在行っている通信の次に割り込んで通
信できるよう通信予約できます。
1
原稿をセットする
7月10日(日)17:15 10%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
2
を押す
優先通信
1:オフ
設定:1
2:オン
を押す
・ 優先通信が指定されます。
4
宛先を指定する
・
・ 最大 1020 宛先まで(UF-A500 は最大220宛先
まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
メモリー送信
宛先数 :
Panasonic
短縮:001(3桁)
5
を押す
・ 原稿の読み取りが開始されます。
優先通信
受付 No.001
蓄積頁:01
11%
Panasonic
● 優先予約の指定を途中でやめるときは、
70
を押します。
0001
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
71 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
ワンタイム海外通信
海外の相手と通信していて、通信エラーや画面異常になるときに指定してください。
1
2
原稿をセットする
を押す
・ ワンタイム海外通信を選択します。
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
3
を押す
・ ワンタイム海外通信が
セットされます。
ワンタイム海外通信
1:オフ
4
設定:1
2:オン
5
宛先を指定する
・
を押す
・ 原稿の読み取り
が開始されま
す。
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は
最大220宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
● ワンタイム海外通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
定期便タイマー通信
あらかじめ定期便タイマーの指定時刻を登録(5 つまでの時刻)しておけば、定期便タイマー送信をセッ
トした時刻から最も近い登録時刻になると自動的に送信が始まります。
● 定期便タイマーは、他の通信予約を含めて最大 50 件まで指定できます。
● 自局情報の「定期便タイマーの登録」(
146 ページ)をしておいてください。
1
原稿をセットする
2
3
を押す
・ 定期便タイマー通信を選択します。
7月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
原稿がセットされています
4
定期便タイマー通信
宛先を指定する
・
1:オフ
設定:1
を押す
・定期便タイマー
通信がセットさ
れます。
2:オン
5
6
を押す
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は
最大220宛先まで)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」
(
35 ページ)
便
利
な
機
能
の
使
い
方
・原 稿 の 読 み 取
りが開始され
ます。
定期便タイマー通信
がセットされる
・ 一番近い登録時刻に
なると、自動的に定
期便タイマー通信を
開始します。
● 定期便タイマー通信の指定を途中でやめるときは、
を押します。
● 指定した定期便タイマー通信を消去するときは、
「通信予約の消去」
(
79 ページ)
をしてください。
● 指 定 し た 定 期 便 タ イ マ ー 通 信 の 内 容 を 確 認 す る と き は、
「通 信 予 約 の 確 認」
(
76 ページ)をしてください。
71
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
72 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
メモリー受信
ファクスを受信したとき、すぐに用紙にプリントしないでメモリーに蓄積しておくことができます。
メモリー受信の設定
1
を押す
2
を押す
・ メモリー受信の設定がされます。
メモリー受信 設定:1
1:なし 2:あり 3:プリント
● メモリー受信の設定を途中でやめるときは、
を押します。
メモリー受信を設定しているとき
メモリー受信する
・ 相手からのダイヤルで、自動的に受信が始まります。
7月10日(日)17:15 01%
通信とコピーができます
受信データが残っています
● メモリーには、A 4標準原稿で UF-A600M は約1440枚まで、UF-A600 は
約360枚まで、UF-A500 は約120枚まで蓄積できます。
● 手動受信をしたときでも、原稿はメモリーに保存されます。
● メモリー受信の設定を“あり”にするとシステム登録の「037 メモリー受信暗証番
号の登録」の変更ができなくなります。(
132 ページ)
72
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
73 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
メモリー受信の解除
1
を押す
2
を押す
・ メモリー受信が解除されます。
メモリー受信 設定:2
1:なし 2:あり 3:プリント
● メモリーに受信した原稿が蓄積されているときは、メモリーの内容をプリントしてか
らメモリー受信を解除します。
● システム登録の「037 メモリー受信暗証番号の登録」でパスワードの登録をしてい
るときは、手順 2 のあとにパスワードを入力してください。
メモリー受信のプリント
メモリー受信した原稿をプリントします。
1
メモリー受信をしたとき
7月10日(日)17:15 01%
通信とコピーができます
受信データが残っています
3
2
を押す
メモリー受信 設定:2
1:なし 2:あり 3:プリント
を押す 便
利
な
機
能
の
使
い
方
・ メモリー受信した原稿をプリントします。
・ プリントが終わるとメモリーの内容は消去され、
メモリー受信設定中の画面に戻ります。
● メモリー受信の解除およびプリントの設定を途中でやめるときは
を押してくだ
さい。
● メモリー受信のプリントで、プリントが始まってから
を押しても、プリントは止
まりません。
● システム登録の「037 メモリー受信暗証番号の登録」でパスワードの登録をしてい
るときは、手順 3 のあとにパスワードを入力してください。
73
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
74 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
メモリー転送
一般回線用ファクスからの受信原稿と、LAN 経由で受信した電子メールが転送できます。
また宛先としては、メールアドレスか電話番号のどちらかが登録できます。
メモリー転送の設定
1
2
登録モードを選ぶ
3
システム登録を選ぶ
メモリー転送を選ぶ
を押す
054 メモリー転送
1.なし
4 “あり”を選ぶ
5
設定:1
2.あり
を押す
を押す
054 メモリー転送
1.なし
6
設定:2
054 メモリー転送先の指定
宛先を指定してください
2.あり
7
宛先を指定する
・ 短縮ダイヤル、ワンタッチダイヤルで
指定できます。
例:「短縮ダイヤル 001」
・ 着信ポートの指定をします。
例:
054 メモリー転送先の指定
Panasonic
短縮:001(3 桁)
8
メモリー転送時間帯の指定をする
を押す
∼
054 着信ポートの指定
1.外線 2.内線
3.指定なし
9
メモリー転送時間帯の指定をしない時は
・ 指定する時は
を入力し
74
054 メモリー転送時間帯の指定
054 自端末出力の指定
1.なし
1.なし
2.あり
で指定します「選択画面例」
2.あり
を押す
を押して、開始時刻と終了時刻
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
75 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
10
自端末出力の指定をしない時は
・ 指定する時は
11
を押す
を押す
を押します。
065 正順プリント 設定:2
1.なし
2.あり
● メモリー転送の設定を途中でやめるときは、
を押してください。
● 手動受信した原稿は転送せずにプリントします。
● メモリー転送が設定されているときは、待機画面に「メモリー転送通信設定中です」
と表示されます。
メモリー転送をセットしているとき
ファクスまたは電子メールを受信すると
ファクスまたは
電子メールを
受信する
メモリー
転送設定中
受信が
終わる
登録されている転送先へ受信した原稿
または電子メールの送信を始める
● メモリー受信中にメモリーがいっぱいになった場合は、メモリーに受信できたペー
ジまでを転送します。
● 転送先が話し中などでつながらなかったときは、通信結果レポートと受信した原稿
をプリントします。
● メモリー容量が約 98%以上のときは、送信されても呼出音を鳴らすだけで受信で
きません。インターネット FAX オプションをお使いの場合、インターネットか
らの送信の場合は呼出音は鳴りません。
便
利
な
機
能
の
使
い
方
メモリー転送の解除
1
2
登録モードを選ぶ
システム登録を選ぶ
3
メモリー転送を選ぶ
を押す
054 メモリー転送
1.なし
4 “なし”を選ぶ
5
を押す
設定:2
2.あり
6
を押す
を押す
054 メモリー転送
1.なし
2.あり
設定:1
065 正順プリント 設定:2
1.なし
2.あり
● メモリー転送の解除を途中でやめるときは、
を押してください。
75
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
76 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
通信予約の確認と消去
タイマー通信などの通信予約を確認・消去できます。
通信予約の確認
● 通信予約の内容をディスプレイに表示させて確認できます。また、通信予約をレポートにしてプリン
トすることもできます。
1
を押す
2
を押す
・ 通信予約の確認を選択します。
通信予約の確認
1.通信予約レポート
2.画面表示
3
または
・
または
内容は ∨ ∧ ボタンで
確認してください
を押す
を押すたびに画面が切り替わり、予約している通信や未通信の内容が表示さ
れます。
・ 未通信のときには、「再通信待ち」が表示されます。
(例)
メモリー送信
受付 No.010
予約中
Panasonic
4
→
←
ポーリング受信
予約中
東京本社
受付 No.009
→
←
ポーリング受信
受付 No.008
再通信待ち
Panasonic 業務部
を押す
・ 通信予約の確認を終了しま
す。
● 通信予約の確認を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順2で
を押すと、通信予約をレポートにしてプリントできます。
● 手順1で「ピピピ」と鳴り、“予約ファイルがありません”と表示されたときは、通
信予約されている内容がありません。
● 通信予約レポートのプリントの設定を途中でやめるときは、
を押します。
● プリントが始まってから
を押しても、プリントは止まりません。
76
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
77 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
通信予約表示のみかた
通信の種類が表示され
ます。
メモリー送信
受付 No.010
時刻指定中 Panasonic 通信を指定した宛先
が表示されます。
受付 No. が表示されます。
通信の状況が表示されます。
・通信中
・再通信待ち・時刻指定中
・定期便指定中 ・予約中
・再ダイヤル待ち
● 通信の種類には、送信などの通信名のほか、次の内容が表示されます。
・タイマー通信予約中(時刻指定中、定期便指定中)
・FAX 中(発呼待、通信中)
・ダイヤル待ち(再ダイヤル待ち、予約中)
便
利
な
機
能
の
使
い
方
77
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
78 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
通信予約の変更
タイマー送信やタイマーポーリング受信で予約した宛先や時刻を変更できます。
1
を押す
・ 時間・宛先変更を選択します。
時間・宛先変更
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.= _ (3桁)
2
変更する受付 No. を指定する、または
、 を押して変更するファイルを選択する
・ 受付 No.(3 桁)を指定してファイルを選ぶこともできます。
・
または
を押して、現在予約している通信の内容を表示します。
・ 受付 No. をまちがえたときは、
を押して、入れ直します。
例:「受付 No.001 を指定」
時間・宛先変更
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.=001(3桁)
3
例:「
または
で選択」
メモリー送信
受付 No.001
時刻指定中
Panasonic
を押す
・ 予約時刻が表示されます。
メモリー送信
受付 No.001
予約時間を指定してください
10:00
4
変更する時刻を入れ、
を押す
・ 例:午後 10 時 30 分に変更する場合
・
を押します。
・ 時刻は 24 時間制で入れます。
・ まちがえたときは、
を押して、入れ直します。
・ 予約時刻を変更しないときは、何も入力しないで
を押します。
メモリー送信
宛先数 : 0002
宛先を追加してください
又は スタートで通信します
5
複数の宛先を指定している場合は、
または
を押して変更する宛先を表示する
・ 宛先を変更しない場合は、手順 8 へ進みます。
・ 宛先の追加のみの場合は、手順 7 へ進みます。
・ 指定している宛先が1宛先の場合は手順 6 へ進みます。 6
を押して、表示されている宛先を取り消す
・ 複数の宛先を取り消すときは、手順 5 からの操作を繰り返します。
メモリー送信
宛先数 :
Panasonic
短縮:001(3桁)
78
0001
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
79 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
7
変更または追加する宛先を入れる
・
・ 宛先は、すでに指定されているものと合わせて最大1020件まで(UF-A500 は最大220宛
先まで)指定できます。「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
・ 宛先を変更または追加しないときは、何も入れないで手順 8 へ進みます。
8
を押す
・ 通信予約の内容が変更され、待機状態に戻ります。
通信予約の消去
● 予約した通信の内容を消去できます。
1
便
利
な
機
能
の
使
い
方
を押す
・ 通信予約の消去を選択します。
通信予約の消去
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.= _ (3桁)
2
消去する受付 No. を指定する、または
、
を押して変更するファイルを選択する
・ 3 桁の受付 No. を指定します。まちがえたときは、
・
または
を押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
例:「受付 No.001 を指定」
通信予約の消去
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.=001(3桁)
3
を押して、入れ直します。
を押す
例:「
または
4
で選択」
メモリー送信
受付 No.001
時刻指定中
Panasonic
を押す
・ 指定した受付 No. の通信予約を消去します。
・ 消去しないときは、
メモリー送信
受付 No.001
通信予約の消去を行いますか
1.はい
2.いいえ
メモリー送信
消去しました
を押します。
受付 No.001
● 通信予約の消去を途中でやめるときは、
を押します。
● 受付 No. が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
(
76 ページ)
79
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
80 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
指定通信予約レポートのプリント
受付 No. を指定して通信予約レポートをプリントできます。レポートには、通信を指定した原稿が付加さ
れます。
1
を押す
指定通信予約レポート
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.= _ (3桁)
2
プリントする受付 No. を指定する、または
、
を押してプリントするファイルを選択する
・ 3 桁の受付 No. を指定します。まちがえたときは、
・
または
を押して、入れ直します。
を押すと、現在予約している通信の内容が表示されます。
例
メモリー送信 受付 No.001
定期便指定中
総務部
3
を押す
・ 指定した受付 No. の通信予約レポートをプリントします。
指定通信予約レポート
プリントしています
● 通信予約レポートのプリントの設定を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順 3 で受付 No. が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください
(
76 ページ)。
80
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
81 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
未達宛先再通信の指定
未通信となった、最新 10 通信までをメモリーに保持し、受付 No. を指定して、もう一度通信することが
できます。
● システム登録の「031 未送信ファイル保存」の設定が“あり”になっていないと、未通信の内容はメ
モリーに保存されません。(
131 ページ)
■未達宛先再通信の個別指定
● 未通信になった通信から、受付 No. を指定して再通信します。
1
2
を押す
テンキーボタンまたは
、
で受付No.を指定する
・ 3 桁の受付 No. を指定します。
・ まちがえたときは、
・
未達宛先再通信
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.= _ (3桁)
または
を押して、入れ直します。
を押すと、未達宛先に予約されている通
信の内容が表示されます。
例
未達宛先再通信
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.=001(3桁)
3
を押す
受付 No.001 で受け付けました
蓄積頁:03
大阪支店
・ 再通信がセットされます。
・ 宛先へダイヤルし、再通信を開始します。
● 再通信の指定を途中でやめるときは、
便
利
な
機
能
の
使
い
方
を押します。
● 受付 No. が分からないときは、通信予約レポートをプリントしてください。
(
76 ページ)
● 未通信が 10 通信以上になると、一番古い通信から消去されます。そのとき、通信結
果レポートをプリントしてメモリーから消去された内容をお知らせします。
■未達宛先再通信の全指定
メモリーに保存されている未通信を、すべて再通信します。
1
を押す
2
を押す
・ 未達宛先再通信の全指定をします。
未達宛先再通信
受付 No. または ∨ ∧
受付 No.= _ (3桁)
3
全宛先再送信しますか
1.はい
2.いいえ
を押す
・ 未達宛先再通信に登録されている全宛先の再通信がセットされる。
全宛先再通信受け付けました
81
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
82 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
受信データの強制出力
システム登録の「066 代行出力」を“なし”にしているときは、相手が送信した原稿サイズに適応する
用紙が無くなっていると、受信した原稿はプリントされないでメモリーに保存します。
次の操作をすると、メモリーに保存されている原稿を強制的にプリントすることができます。
■メモリーに受信データが残っているとき
次の内容が表示されます。
7月10日(日)17:15 20%
通信とコピーができます
受信データが残っています
1
を押す
・ メモリーに保存されている受信データの情報が表示されます。
受付 No. 080
1:強制出力
10-10 13:15
受信頁数:01
Panasonic
2
を押す
・ 受信データを強制出力する。
受信データの強制出力
プリントしています
● 受信データの強制出力の設定を途中でやめるときは、
● プリントが始まってから
を押します。
を押しても、プリントは止まりません。
● 複数の受信データがあるときは、一番最初に代行受信したものしか選択できません。
手動ファイル転送
代行受信をしているけれどトナーや用紙が無くてプリントできないときなどに、受信した内容を別のファ
クスに転送してプリントすることができます。
1
2
を押す
宛先を指定する
・
手動ファイル転送 宛先数 : 0000
宛先を指定してください
・ 最大1020宛先まで(UF-A500 は最大220宛先ま
で)指定できます。
「複数宛先の指定のしかた」(
35 ページ)
3
を押す
・ 宛先にダイヤルし、
受信データの転送を始めます。
● 手動ファイル転送の設定を途中でやめるときは、
を押してください。
● ファンクション登録ボタンに手動ファイル転送の操作を登録しておけば、ファンク
シ ョ ン 登 録 ボ タ ン を 押 し た あ と に 宛 先 を 入 れ る だ け で 通 信 を 指 定 で き ま す。
(
113 ページ)
82
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
83 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
IP 電話サービスを使って
送信する
ご利用上の留意点
● プロバイダが提供する IP 電話サービスのご契約が必要です。
ご利用になるプロバイダが、
「IP 電話対応機器」に対応した IP 電話サービスを提供しているかどうか、
事前にご確認ください。
● IP 電話サービスのサービス内容は各プロバイダごとに異なります。
・ IP 電話サービスのサービス内容・料金・提供条件・お申し込み方法などは、プロバイダにより異な
りますので、各プロバイダにご確認ください。
・ IP 電話サービスから発信できる番号も各プロバイダにより異なります。
・ 「IP 電話対応機器」をご利用のお客さまどうしでも、ご契約された IP 電話サービスが異なる場合
は、IP 電話サービスとして通話することができない場合がありますのでご注意ください。
● 一般加入電話回線を接続しない場合は、110 番などについてはつながりません。
・ 110 番や 118 番、119 番の電話番号へは、自動的に加入電話回線から発信されるため、加入電話回線が正
しく接続されていないとつながりませんのでご注意ください。
・ ご契約された IP 電話サービスが携帯電話やフリーダイヤルなどへの通話をサービス対象外としている場合は、
加入電話回線から発信してください。
IP 電話サービスから発信する際は、以下の表をよくご確認ください。
設定状況
一般の電話番号
例:03-1234-5678
06-1234-5678
050 番号(IP 電話)
例:050-XXXX-XXXX
発信に利用するサービス
IP 電話サービスから発信できます。
* IP 電話サービスから発信できます。
0X0(050 以外)
例:携帯電話(090)、PHS(070)、 ご契約された IP 電話サービスのサービス内容に
国際電話(010)など
よります。詳しくは各社の IP 電話サービスの
サービス内容をご確認ください。
00XY
例:0036 などで始まるダイヤル
【ダイヤルした番号が IP 電話サービス対象の場
0XY0(市外局番以外) 例:0120、0570 などで始まるダイヤル 合】
その他のダイヤル
−
IP 電話サービスから発信します。
(110、118、119
【ダイヤルした番号が IP 電話サービス対象外の
以外)
場合】
一般加入電話回線から発信してください。
110、118、119
110、118、119 の緊急通話
便
利
な
機
能
の
使
い
方
自動的に一般加入電話回線から発信します。
*:
「184 +電話番号」および「186 +電話番号」を含みます。
● IP 電話サービスについては、お使いの IP 電話対応機器の取扱説明書をあわせてご覧
ください。
● オプションのハンドセットユニットまたは外部電話機をお使いになると、IP 電話
サービスを使って音声通話もできます。
83
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
84 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
● IP 電話サービスから発信できない/発信したくないときは
・ ネットワーク障害など何らかのトラブルにより、IP 電話サービスがご利用いただけない場合、ま
たは IP 電話サービスから発信したくない場合は一般加入電話回線から発信してください。この場
合は、システム登録の「124 プレフィクス機能」を“あり”に設定し、一般加入電話回線からの
発信にしてください。(
87 ページ)
● 発信者番号通知についてご確認ください。
・ IP 電話サービスどうしの通話の場合は、IP 電話サービスの電話番号が通知されます。
(「184 +電話番号」をダイヤルすることで非通知にすることもできます。)
・ 加入電話など、IP 電話サービス以外に発信する際の発信者番号通知については、ご契約された各
プロバイダにご確認ください。
● 下記のような場合には、IP 電話の通話品質が劣化したり、ファクス通信が困難な場
合があります。
・ ADSL 回線の接続状況によって十分な帯域が確保できない場合
・インターネットで十分な帯域が確保できない場合
・ IP 電話対応機器に接続されているパソコンで、ファイル転送やストリーミング
サービスのような大きな帯域を必要とするサービスを使用中の場合
84
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
85 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
IP 電話サービスを利用して送信する
IP 電話対応機器を設置しているときは、特別な操作をしなくても IP 電話サービスを利用してファク
スを送ったり、電話をかけたりすることができます。また、インターネット網の不調などで IP 電話回
線が通信不能になった場合は、リルート機能とプレフィクス機能により自動的に一般加入電話回線に
切り替えて通信できるように設定することができます。
● リルート機能を使って送信する
システム登録の「123 リルート機能」と「124 プレフィクス機能」を設定することにより、インター
ネット網の不調などで IP 電話回線が通信不能になった場合でも、自動的に発信方法を切り替えて通信
します。
① IP 電話→ IP 電話 .......... ワンタッチ / 短縮ダイヤルに IP 電話番号が登録されている場合
② IP 電話→一般電話
③ 一般電話→一般電話
便
利
な
機
能
<送信の流れ>
1.IP 電話から IP 電話への送信の送信方法①でファクスを送ります。(ワンタッチ/短縮ダイヤルに IP の
使
電話番号が登録されていない場合は、ご利用できません)
い
2.通信エラーにより送信方法①で送ることができなかった場合は、自動的に送信方法②でファクスを送 方
り直します。
3.通信エラーにより送信方法②でも送ることができなかった場合は、自動的に送信方法③でファクスを
送り直します。
●ファクスがどの回線を使って送信されたかを通信管理レポート(
確認できます。
89 ページ)で
85
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
86 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
[ プレフィクス機能 ]
システム登録の「124 プレフィクス機能」で、プレフィクス番号を入力し、設定を「あり」にしている
ときご利用になれます。0∼9、#、*、ポーズ記号を組み合わせて、最大 20 桁まで登録できます。
(「あ
り」のときは信号の流れは③となります)
(付与できる番号例 )
0000:「IP 電話対応機器」を使用しているとき、続けてダイヤルすると相手先電話番号へ一般加入電話
回線から発信します。
(
「0000」は例です。一般加入電話回線への切り替え番号は、各ご契約電話会社へご確認ください)
[ リルート機能 ]
システム登録の「123 リルート機能」が「あり」に設定されてるとき、①∼③のいずれかの送信方法で
自動的に通信回線を切り替えてダイヤルをし直し、ファクスを送信します。ファクス送信は①の方法で送
信を開始し、送信できなかったときは、②、③と順次送信方法を切り替えてファクスを送信します。
システム登録の「124 プレフィクス機能」のプレフィクス番号には、一般加入電話回線への切り替え番
号を登録し、「あり」「なし」の設定を「なし」に設定します。
リルート機能を「あり」に設定すると、ワンタッチまたは短縮ダイヤルに2つの番号が登録できます。
85 ページの動作は、初めのダイヤル設定に一般電話番号、次の IP ダイヤル登録に IP 電話番号が、登録
されていることを前提としています。
初めのダイヤル登録(一般電話番号)のみまたは、直接ダイヤルの場合は②の方法で送信し、送信できな
かったときは③の方法に発信方法を切り替えてファクスを送信します。
86
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
87 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
リルート機能の設定/プレフィクス番号の登録
1
2
を押す
システムの登録
3
123 リルート機能 設定:1
(001-125)
No.=
1:なし (3 桁)
を押す
・ リルート機能が設定され
ます。
124 プレフィクス機能
番号を登録してください
を押す
4
2:あり
プレフィクス番号を入力(最大 20 桁)し
例:
「0000」を入力し
入力をまちがえたときは、
押して訂正します。
5
(プレフィクス機能を使わない)
を押します。
を
124 プレフィクス機能
1:なし 6
する
設定:1
2:あり
を押す
便
利
な
・ 待機状態に戻ります。
(プレフィクス機能を使う)
機
能
の
使
●「124 プレフィクス機能」を「あり」にすると、
「123 リルート機能」の設定にかか い
方
わらず、常にプレフィクス番号をつけて発呼します。
常に、一般加入電話回線からの発信となります。
または
87
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
88 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
電話番号/ IP 電話番号の登録
システム登録の「123 リルート機能」を「あり」に設定すると、1 つのワンタッチまたは短縮ダイヤ
ルに一般電話番号と IP 電話番号をそれぞれ登録できます。
1
を押す
2
ワンタッチに登録するときは
短縮番号に登録するときは
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
3
例:
例:「
4
を押す
6
9
IP 電話番号を入力する(最大 52 桁)
ワンタッチダイヤル登録:01
IP ダイヤルを登録してください
0501234567890_
・
ワンタッチダイヤル登録:01
宛先名を登録してください
電話番号を入力する(最大 52 桁)
例:「0501234567890」
ワンタッチダイヤル登録:01
IP ダイヤルを登録してください
を押す
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン (1 ∼ 50、F1 ∼ F10)
を押してください
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
396111123_
外線
を押す
7
を選択する
例:「396111123」
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
・ 外線
5
」
を選択する
8
文字ボタンを使って宛先名を入力する(最大 20 桁)
例:
「営業部」を入力します(
134 ページ)
。
営業部_
入力モード : かな漢
■
を押す
宛先名が登録されます。宛先名に登録した先
頭の文字が、電話帳検索をするときの、検索
文字として表示されます。
10検索文字を確認して
検索文字が登録されます。
特殊通信機能の登録が選べます。
特殊通信機能の登録をする
(
104 ページ )
ワンタッチダイヤル登録:01
検索文字を入力してください
検索文字:え
特殊通信機能を登録しますか
1:はい 2:いいえ
11
を押す
続けて短縮ダイヤルの登録ができます。
手順 3 からの操作をしてください。
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン (1 ∼ 50、F1 ∼ F10)
を押してください
88
を押す
12
を押す
待機状態に戻ります。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
89 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
レポートのプリント
通信管理レポートのプリント
送信および受信の結果をレポートにしてプリントします。
1
を押す
2
を押す
・ 通信管理レポートのプリントを開始します。
通信管理レポート
1.通信管理レポートの出力
2.通信管理レポートの確認
通信管理レポート
プリントしています
リ
ス
ト
‐
レ
ポ
|
ト
の
プ
リ
ン
ト
● 通信管理レポートのプリントを指定すると、40 通信分の結果をレポートにしてプリ
ントします。
● システム登録の「013 通信管理レポート」(
131 ページ)の設定をすれば、
40 通信分ごとにレポートを自動出力することができます。
● 通信管理レポートのプリントを途中でやめるときは、
● 手順2で
きます。
を押します。
を押すと、通信管理レポートの内容をディスプレイに表示させて確認で
で画面が切り替わり、送信および受信の結果を確認できます。
● 状況に「良好1」
「良好2」
「良好3」と表示されたときの結果によって次の送信が行
われたことを確認できます。
「良好1」:IP 回線を使って通信完了
「良好2」:IP-PSTN(一般回線)を使って通信完了
「良好3」:PSTN-PSTN を使って通信完了
89
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
90 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
通信受付レポートのプリント
メモリー通信を受け付けるたびに、受付内容を表すレポートをプリントできます。
システム登録の「014 通信受付レポート」の設定(
131 ページ)を“あり”に設定する必要があ
ります。
● プリントした通信受付レポートに送信を指定した原稿を付加します。
90
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
91 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
通信結果レポートのプリント
通信するたびに、通信結果の内容を表すレポートをプリントすることができます。
■通信結果レポートのプリント
お買い上げ時の設定では、結果レポートは未通信になったときだけプリントされます。
● システム登録の「012 通信結果レポート」(
131 ページ)の設定により、通信
結果レポートのプリント方法を選択することができます。
● プリントした通信結果レポートに、送信を指定した原稿を付加します。
リ
ス
ト
‐
レ
ポ
|
ト
の
プ
リ
ン
ト
91
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
92 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
リストのプリント
ダイヤルリストのプリント
ワンタッチ・短縮リスト:ダイヤル番号を登録した内容をプリントします。
電話帳リスト:ダイヤル番号を登録した内容を、検索文字の順番にリストにしてプリントします。
1
を押す
2
または
を押す
・ ダイヤルリストのプリントを開始します。
ダイヤルリスト
1.ワンタッチ・短縮リスト
2.電話帳リスト
● ダイヤルリストのプリントの設定を途中でやめるときは、
92
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
93 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
ワンタッチリストのプリント
ワンタッチ、ファンクションに登録したグループダイヤル、プログラム、ファンクションの内容をリスト
にしてプリントします。
1
を押す
ワンタッチリスト
(1ー4)
番号入力または∨、∧
を入力してください
2
∼
または
・
で選択する
で選択し、
:グループダイヤルリスト
を押す
・
:プログラムリスト
・
:ファンクションリスト
・
:全ワンタッチリスト
ワンタッチリストのプリントを開始します。
リ
ス
ト
‐
レ
ポ
|
ト
の
プ
リ
ン
ト
● ワンタッチリストのプリントの設定を途中でやめるときは、
を押します。
93
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
94 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
システム登録リストのプリント
システム登録で設定した内容をリストにしてプリントします。
1
を押す
・ システム登録に設定されている内容がプリ
ントされます。
・ プリント終了後、待機状態に戻ります。
システム登録リスト
プリントしています
● システム登録リストのプリントの設定を途中でやめるときは、
94
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
95 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
自局情報リストのプリント
自局情報に設定した内容をリストにしてプリントします。
1
を押す
・ 自局情報に設定されている内容がプリント
されます。
自局情報リスト
プリントしています
● 自局情報リストのプリントの設定を途中でやめるときは、
を押します。
リ
ス
ト
‐
レ
ポ
|
ト
の
プ
リ
ン
ト
95
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
96 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
F コード通信リストのプリント
F コード通信に設定した内容をリストにしてプリントします。
1
を押す
・ F コード通信に設定されている内容がプリ
ントされます。
F コード通信リスト
プリントしています
● F コード通信リストのプリントの設定を途中でやめるときは、
96
を押します。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
97 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
ユーザー管理リストのプリント
ユーザー別管理をセットしているとき、設定したユーザーの内容をリストにしてプリントしたり、ユー
ザーごとの通信管理などのレポートをプリントできます。
ユーザー別管理をしているときファクスを使う(
129 ページ)の操作のあと使用できます。
1
を押す
・ ユーザー管理者用暗証番号(
127 ページ)
が登録されていないときは、手順2の画面へ進
みます。
ユーザー管理リスト
管理暗証番号を指定してください
_
(4桁)
3
または
2
暗証番号を指定する
・ 例:暗証番号が 1234 の場合
・
を押します。
ユーザー管理リスト
1.ユーザー設定リスト
2.ユーザー別管理レポート
を押す
・ 1:ユーザーの設定内容リスト
・ 2:ユーザーごとの通信管理などのレポート
ユーザー管理リストのプリントを開始します。
リ
ス
ト
‐
レ
ポ
|
ト
の
プ
リ
ン
ト
● ユーザー管理リストのプリントの設定を途中でやめるときは、
を押します。
97
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
98 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
登録操作フロー
次のボタン操作をして、それぞれの登録をします。
7 月10日(日)17:15 00%
通信とコピーができます
↓
↓
登録モード
(1ー7)
番号入力または∨、∧
を入力してください
98
登録モード
(1ー7)
1.自局情報の登録
セットで選択されます
→
→
→
→
登録モード
(1ー7)
4.システムの登録
セットで選択されます
→ システムの登録(
130 ページ)
→
登録モード
(1ー7)
5.中継情報の登録
セットで選択されます
→ 中継情報の登録(
116 ページ)
→
登録モード
(1ー7)
6.F コード通信の登録
セットで選択されます
→ F コード通信の登録(
118 ページ)
→
→ユーザー管理の登録(
124 ページ)
登録モード
(1ー7)
2.ダイヤルの登録
セットで選択されます
登録モード
(1ー7)
3.ワンタッチの登録
セットで選択されます
登録モード
(1ー7)
7.ユーザー管理の登録
セットで選択されます
→ 自局情報の登録(
139 ページ)
→ ダイヤルの登録(
99 ページ)
→ ワンタッチの登録(
108 ページ)
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
99 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
ダイヤルの登録
ダイヤル登録操作フロー
ダイヤル番号をワンタッチダイヤル(01 ∼ 50、F1 ∼ F10)や短縮ダイヤル(000 ∼ 999)に登録
して、簡単な操作で相手にダイヤルすることができます。
(
100 ページ)
(
102 ページ)
各
種
登
録
・
設
定
99
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
100 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
ワンタッチダイヤルの登録
よく使う宛先のダイヤル番号をワンタッチダイヤル(01 ∼ 50、F1 ∼ F10)に登録しておくことがで
きます。
1
2
を押す
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
3
を押す
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン(1∼50、F 1∼ F 10 )
を押してください
ワンタッチボタン(01 ∼ 50、F1 ∼ F10)を押す
・ すでに登録されている内容がある場合、その番号が表示される。
・ まちがえたときや登録済みのボタンを押した場合は、
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
_
外線
を押し、ほかのワンタッチボタンを選べます。
4
宛先のダイヤル番号(最大52桁)を入れる
・ まちがえた場合は、
動させて
5
ワンタッチダイヤル登録:01
ダイヤルを登録してください
0334952973_
外線
で消してから、入れ直します。
6
を押す
・ ダイヤル番号が登録されます。
宛先名(最大 20 文字)を入れる
・「文字入力のしかた」(
134 ページ)
東京本社_
入力モード:かな漢
■
ワンタッチダイヤル登録:01
宛先名を登録してください
_
7
例:
「0334952973」 を押してカーソルを移
を押す
・ 宛先名が登録されます。
宛先名に登録した先頭の文字が、電話帳検索を
するときの検索文字として表示されます。
8
検索文字を確認して
を押す
・ 検索文字が登録されます。
・ システム登録の「107 代行宛先通信」
(
133 ページ)の設定が「あり」の場合、
登録できます。
10
ワンタッチダイヤル登録:01
検索文字を入力してください
検索文字 : と
9
代行宛先を入れて
・特殊通信機能の登録が選べる。
(
104 ページ
「特殊通信機能の登録」)
代行宛先を登録してください
特殊通信機能を登録しますか
短縮 : _ 1.はい
(3桁)
2.いいえ
11
を押す
・続けてワンタッチダイヤルの登録ができます。
手順 3 からの操作をします。
ワンタッチダイヤルの登録
ボタン (1 ∼ 50、F1 ∼ F10)
を押してください
100
を押す
を押す
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
101 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
● ワンタッチダイヤルの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順 4 でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)、トーン
(/)
、モニター(スペース)の最大52桁です。
●
を押すとプッシュホン信号に切り替わります。表示は“/”として登録され
ます。
● 国際ダイヤル通話をご利用の場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社
にお問い合わせください。
● NCC 回線をご利用の場合は、NCC 回線のアクセス番号のあとに、
を2回
押して約 7 秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
● 宛先名の先頭に 50 音以外の文字を登録したときは、電話帳検索するときの検索文字
が登録されません。手順 8 で
を押す前に、ワンタッチダイヤル F1(あ)∼
F10(こ)、01(さ)∼ 38(ん)を使って検索文字を登録してください。
● 電話番号を誤って登録すると、自動再ダイヤルにより相手の方を何度も呼び出し、
大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。
各
種
登
録
・
設
定
101
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
102 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
短縮ダイヤルの登録
よく使う宛先のダイヤル番号を 3 桁の短縮番号(000 ∼ 999)に登録しておくことができます。
1
2
を押す
短縮ダイヤルの登録 設定数 : 0000
短縮番号を指定してください
短縮:_
(3桁)
ダイヤルの登録
1.ワンタッチダイヤルの登録
2.短縮ダイヤルの登録
3
を押す
短縮番号(000 ∼ 999)を押す
・ すでに登録されている内容がある場合、その番号が表示されます。
・ まちがえた場合は、
を押し、ほかの短縮番号を選べます。
短縮ダイヤルの登録 短縮 : 001
ダイヤルを登録してください
_
外線
4
例:
「0334919191」
宛先のダイヤル番号(最大 52 桁)を入れる
・ まちがえたときや登録済みのボタンを押した場合
は、
短縮ダイヤルの登録 短縮 : 001
ダイヤルを登録してください
0334919191 _
外線
を押してカーソルを移動させて
で消してから、入れ直します。
5
を押す
・ ダイヤル番号が登録されます。
宛先名(最大 20 文字)を入れる
・「文字入力のしかた」(
134 ページ)
東京本社_
入力モード:かな漢
■
短縮ダイヤルの登録 短縮 : 001
宛先名を登録してください
_
7
6
を押す
・ 宛先名が登録されます。
・ 宛先名に登録した先頭の文字が、電話帳検索
をするときの検索文字として表示されます。
8
検索文字を確認して
を押す
・ 検索文字が登録されます。
・ システム登録の「107 代行宛先通信」
(
133 ページ)の設定が「あり」の場合、
登録できます。
短縮ダイヤルの登録 短縮 : 001
検索文字を入力してください
検索文字 : と
9
代行宛先を入れて
・特殊通信機能の登録が選べます
(
104 ページ「特殊通信機能の
登録」)。
代行宛先を登録してください
短縮 : _
10
特殊通信機能を登録しますか
1.はい
2.いいえ
(3桁)
を押す
・続けて短縮ダイヤルの登録ができます。手順 3 からの
操作をしてください。
短縮ダイヤルの登録 設定数 :0001
短縮番号を指定してください
短縮 : _
(3桁)
102
を押す
11
を押す
・待機状態に戻ります。
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
103 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
● 短縮ダイヤルの登録を途中でやめるときは、
を押します。
● 手順 4 でダイヤル番号として登録できるのは、数字、*、#、ポーズ(−)、トーン
(/)
、モニター(スペース)の最大 52 桁です。
●
を押すとプッシュホン信号に切り替わります。表示は“/”として登録され
ます。
● 国際ダイヤル通話をご利用の場合は、お買い上げの販売店または、サービス実施会社
にお問い合わせください。
● NCC 回線をご利用の場合は、NCC 回線のアクセス番号のあとに、
を2回
押して約 7 秒の空白時間を入れてから、残りのダイヤル番号を入れてください。
● 宛先名の先頭に 50 音以外の文字を登録したときは、電話帳検索するときの検索文字
が登録されません。手順 8 で
を押す前に、ワンタッチダイヤル F1(あ)∼
F10(こ)、01(さ)∼ 38(ん)を使って検索文字を登録してください。
● 電話番号を誤って登録すると、自動再ダイヤルにより相手の方を何度も呼び出し、
大変ご迷惑をおかけすることになりますのでご注意ください。
各
種
登
録
・
設
定
103
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
104 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
特殊通信機能の登録
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに「中継情報」などの特殊通信機能を登録することができます。
●「中継情報」を登録したいときは、あらかじめ、システム登録の「104 短縮ダイヤル情報」を“あ
り”にしておいてください(
133 ページ)。
● 特殊通信機能について、詳しくは、お買い上げの販売店または、サービス実施会社にお問い合わせく
ださい。
1
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルの登録の手順 9
までの操作をする(
100 ページ、102 ページ)
3
を押す
中継情報を登録しますか
1.中継機
2.中継機以外
3.LAN 中継
4.いいえ
特殊通信機能を登録しますか
1.はい
2
2.いいえ
中継機の種類を選ぶ
例:
「2」
・
:宛先が中継親局のときに選びます。
・
:宛先が中継親局を経由した相手のときに選びます。
・
:インターネット FAX ユニットを使用されている
中継機識別番号を
登録してください
_
(2桁)
場合に、ご利用できます。
・
4
のとき→手順 10 へ進みます。
中継機識別番号(2 桁)を指定し、
を押す
・ 2 桁の識別番号を指定します。
・ 手順 3 で
を選択した場合、手順8へ進みます。
・ まちがえたときは、
を押す前に
を押して、指定し直します。
中継指示宛先の登録
1.短縮
2.内線
3.直接
5
中継親局からのダイヤル方法を選ぶ
・
:中継親局に登録されている短縮番号を使ってダイヤルします。
中継指示宛先の登録
→手順 6 へ進みます。短縮番号を指定してください
_
・
(7 桁)
:中継親局の内線を使って、本機の短縮ダイヤルに登録されている中継指示の
内線番号へダイヤルします。
中継指示宛先の登録
→手順 6 へ進みます。内線番号を指定してください
_
・
(7 桁)
:中継親局の外線を使って、本機の短縮ダイヤルに登録されている番号を
ダイヤルします。
2 次中継機識別番号を
→手順 8 へ進みます。登録してください
_
104
(2桁)
A500-600_JP_PJQMC0498XB.book
105 ページ
2009年3月17日 火曜日 午前9時55分
応 用 編
6
中継親局からダイヤルする番号を指定する
・ 手順 5 で
を選んだときは、中継親局に登録されている短縮番号を指定します。
・ 手順 5 で
を選んだときは、中継親局からダイヤルする内線番号を指定します。
7
を押す
・ 2 次中継機識別番号を指定しないときは、
を押して手順 9 へ進みます。
8
2 次中継機識別番号を
登録してください
_
(2桁)
2 次中継機識別番号(2 桁)を指
定します
例:
「10」
・ まちがえたときは、
を
2 次中継機識別番号を
押して、指定し直します。
登録してください
10 (2桁)
9
を押す
マルチコピー通信部数の指定
部数:01
(2桁)
10 マルチコピー通信部数(最大 99 部)を指定する
・ 相手先機の出力部数を指定できます。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement