UF-5500 取扱説明書 (本体編) - psn

UF-5500 取扱説明書 (本体編) - psn
る本
た機
めを
の使
準用
備す
取扱説明書
(本体編)
ファクシミリ
品番
UF-5500
お
な使
るい
前に
に
フ
ァ
のク
操ス
作
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
コ
ピ
|
の
操
作
ス
キ
のャ
操ナ
作|
プ
リ
のン
操ト
作
登
録
と
設
定
このたびは、パナソニック製品をお買い上げいただき、
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
まことにありがとうございます。
■ 取扱説明書をよくお読みのうえ、正しく安全にお使いください。
■ ご使用前に「安全上のご注意」(12 ∼ 15 ページ)を、必ずお読みください。
■ この取扱説明書は大切に保管してください。
必
要
な
と
き
ネットワークとの接続について
ネットワークとの接続および使用に際しては、
本製品以外にソフトウェアおよび LAN 伝送路用品が必要です。
各サービスについて
発信者番号通知、ダイヤルインサービスは、あらかじめ NTT との契約が必要です。本サービスの詳細につ
きましては NTT にお問い合わせください。
NCC 回線をご利用の場合は、NCC 各社でサービス内容が異なります。発信者番号通知、ダイヤルインサー
ビスの詳細につきましては、ご契約の NCC にお問い合わせください。
キャッチホンサービスをご契約になっている場合
ファクスの送信や受信中に、他の方から電話やファクスがかかってくると、ファクス受信画像に線が入った
り、通信が中断してしまうことがあります。
上記の場合は、キャッチホンや機器の異常ではありませんのでご了承ください。
なお、キャッチホンサービスをご利用になり、割り込み音の回数を「0」回に設定していただくと、ファク
ス通信中にキャッチホンが入っても異常なく通信できます。
本書の説明は、Microsoft® Windows® 2000 日本語版、Windows® XP 日本語版、Windows
Server® 2003/2003 R2 日本語版、Windows Vista® 日本語版、Windows Server® 2008/
2008 R2 日本語版 Windows® 7 日本語版を前提として表記しています。
本書中で使用している次の用語は、各社の商標または登録商標です。
Microsoft、Windows、Windows Server、Outlook、Excel : 米国マイクロソフト社の米国およ
びその他の国における登録商標です。
目次
■
■
■
■
目次 ........................................................................................................................... 3
安全上のご注意 必ずお守りください.......................................................... 12
管理責任者へのお願い ......................................................................................... 16
取り扱い上のお願い ............................................................................................. 17
■ レーザーの安全性について .................................................................................................. 17
■ 注意ラベルについて .............................................................................................................. 17
設置上のお願い ................................................................................................................................ 18
操作時のお願い ................................................................................................................................ 18
お知らせ ............................................................................................................................................ 18
用紙 / ドラムカートリッジ / トナーカートリッジに関するお願い ........................................... 19
その他 ............................................................................................................................................... 19
■ かんたんな操作 ファクスを送る .................................................................................20
■ かんたんな操作 インターネット
FAX を送る ...........................................................21
■ かんたんな操作 コピーする.........................................................................................22
■ かんたんな操作 スキャンする.....................................................................................23
■ かんたんな操作 プリントする.....................................................................................24
1 章 本機を使用するための準備
26
本体 / 付属品 / 添付品を確認する ........................................................................... 26
本体・付属品 .............................................................................................................................. 26
添付品 .......................................................................................................................................... 26
各部の名前と働き ...................................................................................................... 27
本体 ................................................................................................................................................... 27
コントロールパネル ........................................................................................................................ 28
ファンクション番号一覧........................................................................................... 30
回線コード、ケーブル、電源コードを接続する .................................................... 31
接続図 ............................................................................................................................................... 31
回線種別を設定する .................................................................................................. 32
回線種別を設定する ........................................................................................................................ 32
回線種別を見分ける ........................................................................................................................ 33
ファクス通信に必要な設定について ....................................................................... 34
自局登録について ............................................................................................................................ 34
日付と時刻を登録する .................................................................................................................... 34
発信元を登録する ............................................................................................................................ 35
文字 ID を登録する .......................................................................................................................... 36
数字 ID(ファクス番号)を登録する ............................................................................................ 37
インターネット FAX 通信に必要な設定について ................................................. 38
自局登録(インターネットパラメーター)を設定する .............................................................. 38
自局登録(インターネットパラメーター)の項目一覧 .............................................................. 40
キーオペレーターコード(管理者パスワード)を設定する................................. 42
3
目次
音量を設定する .......................................................................................................... 43
モニター音量を設定する ................................................................................................................ 43
呼び出し音量を設定する ................................................................................................................ 44
2 章 お使いになる前に
45
原稿について .............................................................................................................. 45
セットできる原稿 ............................................................................................................................ 45
セットできない原稿 ........................................................................................................................ 46
原稿のセットのしかた .................................................................................................................... 47
インターネットに接続するには ............................................................................... 48
SMTP 転送として設定するには ................................................................................................... 49
POP クライアントとして設定するには ....................................................................................... 50
事前準備表 ....................................................................................................................................... 51
記載内容の説明 .......................................................................................................................... 52
インターネット FAX 通信について......................................................................... 54
インターネット FAX 通信とは ...................................................................................................... 54
インターネット FAX 送達確認通知 (MDN) ................................................................................. 54
ダイレクト SMTP とは .................................................................................................................. 55
インターネットからのメール受信 ................................................................................................. 56
ルーティングとは ............................................................................................................................ 57
メモリー転送とは ............................................................................................................................ 58
ネットワークスキャナーとは ......................................................................................................... 59
ネットワークプリンターとは ......................................................................................................... 60
LAN 中継同報とは .......................................................................................................................... 61
DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol) とは ......................................................... 62
SMTP 認証とは .............................................................................................................................. 62
インターネット FAX 通信の注意点......................................................................... 63
インターネット FAX と通常のファクスの相異点について ........................................................ 63
正常に送信されましたか? ............................................................................................................ 63
ネットワーク 経由の電話について ................................................................................................ 63
デュアルポート通信について ......................................................................................................... 63
文字サイズについて ........................................................................................................................ 64
インターネットメール受信について ............................................................................................. 64
LAN 中継通信時のセキュリティについて .................................................................................... 64
3 章 ファクスの操作
66
ファクスを送る .......................................................................................................... 66
直接ダイヤルで送る ........................................................................................................................ 66
記号を使ったダイヤル方法 ....................................................................................................... 67
ワンタッチダイヤルで送る ............................................................................................................ 68
4
目次
短縮ダイヤルで送る ........................................................................................................................ 69
電話帳で送る .................................................................................................................................... 70
複数宛先に送る(順次同報送信)................................................................................................... 72
濃度や文字サイズを設定する ......................................................................................................... 74
濃度を設定する ........................................................................................................................... 74
文字サイズを設定する ............................................................................................................... 74
メモリー送信について .................................................................................................................... 75
ファイル番号とメモリー割合について .................................................................................... 75
メモリーオーバー時の動作について ........................................................................................ 75
エラーコードについて ............................................................................................................... 76
送信を停止したいときは ........................................................................................................... 76
通信結果レポートについて ....................................................................................................... 76
蓄積できる予約ファイル数について ........................................................................................ 76
誤送信防止の機能を使う ................................................................................................................. 77
複数宛先指定を禁止する(複数宛先指定).............................................................................. 77
宛先を確認してから送る(宛先確認)...................................................................................... 77
直接ダイヤルを制限する(直接ダイヤル制限) ...................................................................... 78
直接ダイヤル時に再入力する(直接ダイヤル再入力)........................................................... 78
メモリーを使わずに送る(ダイレクト送信)................................................................................ 79
相手を確認してから送る(手動送信) ........................................................................................... 81
次の送信を予約する(メモリー送信予約).................................................................................... 82
同じ相手にもう一度送る(再ダイヤル) ....................................................................................... 84
自動再ダイヤル ........................................................................................................................... 84
手動再ダイヤル ........................................................................................................................... 84
敬称を付ける .................................................................................................................................... 87
通信結果レポートをプリントする ................................................................................................. 88
ファクスを受ける ...................................................................................................... 89
受信モードについて ........................................................................................................................ 89
受信モードを設定する .................................................................................................................... 90
FAX 専用に設定しているとき ....................................................................................................... 91
手動受信に設定しているとき ......................................................................................................... 91
ファクス本体で受信する ........................................................................................................... 91
外部電話機で受信する(リモート受信).................................................................................. 92
F/T 切り替えに設定しているとき ................................................................................................. 93
留守録接続に設定しているとき ..................................................................................................... 94
縮小受信について ............................................................................................................................ 95
規定サイズ以外の原稿を受信したとき ......................................................................................... 96
メモリー代行受信について ............................................................................................................. 97
マルチ受信プリントについて ......................................................................................................... 97
迷惑ファクスを防止する........................................................................................... 98
迷惑ファクス防止とは .................................................................................................................... 98
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止 ........................................................................................... 98
数字 ID 拒否 ................................................................................................................................ 99
ID なし時受信 ............................................................................................................................. 99
5
目次
ID 受信時刻印字 ......................................................................................................................... 99
迷惑ファクス防止を設定する(数字 ID を利用)................................................................. 100
発信者番号を利用した迷惑ファクス防止 .................................................................................. 102
非通知拒否 ............................................................................................................................... 102
公衆電話拒否 ........................................................................................................................... 103
通知不可能拒否 ....................................................................................................................... 103
指定番号拒否 ........................................................................................................................... 103
迷惑ファクス防止を設定する(発信者番号を利用) ........................................................... 104
時刻を指定して通信する(タイマー通信)........................................................... 107
時刻を指定して送る(タイマー送信)........................................................................................ 107
時刻を指定してポーリング受信する(タイマーポーリング受信).......................................... 109
ポーリングする ....................................................................................................... 111
ポーリング通信とは ..................................................................................................................... 111
ポーリングパスワードを設定する .............................................................................................. 112
ポーリング送信原稿を蓄積する(ポーリング送信)................................................................. 112
ポーリング受信 ............................................................................................................................. 114
プログラムダイヤルを呼び出す ............................................................................ 116
通信予約ファイルを確認する ................................................................................ 117
通信予約レポートをプリントする .............................................................................................. 117
予約レポートの見かた ................................................................................................................. 118
ディスプレイ上で通信予約ファイルを確認する ....................................................................... 119
通信予約ファイルを変更する ...................................................................................................... 120
通信予約ファイルを消去する ...................................................................................................... 122
通信予約ファイルをプリントする .............................................................................................. 123
通信予約ファイルに原稿を追加する .......................................................................................... 124
未通信ファイルを再送信する(未達宛先再通信)..................................................................... 125
利用者を制限する(アクセスコード).................................................................. 126
アクセスコードを設定する ......................................................................................................... 126
アクセスコードを変更 / 解除する .............................................................................................. 127
アクセスコードを入力する ......................................................................................................... 127
メモリーに受信する(メモリー受信).................................................................. 128
メモリー受信のパスワードを設定する ...................................................................................... 128
パスワードを変更 / 解除するには ........................................................................................ 129
メモリー受信を設定する ............................................................................................................. 130
メモリー受信文書をプリントする .............................................................................................. 130
表紙をつけて送る(カバーシート)...................................................................... 131
カバーシートを設定する ............................................................................................................. 131
カバーシート例 ....................................................................................................................... 133
受信文書を転送する(メモリー転送).................................................................. 134
迷惑ファクスを防止する(セレクト受信)........................................................... 136
6
目次
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信).................... 137
パスワード送信とは ..................................................................................................................... 137
パスワード受信とは ..................................................................................................................... 138
パスワード送信を設定する .......................................................................................................... 139
パスワード受信を設定する .......................................................................................................... 140
通信ごとにパスワード送信を設定する ...................................................................................... 141
親展ボックスを利用する(親展通信).................................................................. 143
メールボックス機能について ...................................................................................................... 143
親展文書を送信する ..................................................................................................................... 144
親展文書をポーリング受信する .................................................................................................. 145
親展文書を受信すると ................................................................................................................. 147
ディスプレイに表示されるメッセージ ................................................................................. 147
親展受付レポート .................................................................................................................... 147
親展文書を蓄積する ..................................................................................................................... 148
親展文書をプリントする .............................................................................................................. 149
親展文書を消去する ..................................................................................................................... 150
親展番号を使って消去する .................................................................................................... 150
一括して消去する .................................................................................................................... 150
IP 電話サービスを使って送る............................................................................... 152
IP 電話サービス利用上の注意 ..................................................................................................... 152
IP 電話サービスを利用して送信する ......................................................................................... 154
リルート機能 ........................................................................................................................... 154
プレフィクス機能 .................................................................................................................... 154
送信の流れ ............................................................................................................................... 155
リルート機能 / プレフィクス機能を設定する ........................................................................... 156
IP 電話番号を登録する ................................................................................................................ 157
4 章 インターネット FAX の操作
160
インターネット FAX を送る ................................................................................. 160
直接メールアドレスを指定して送る .......................................................................................... 160
ワンタッチダイヤルで送る .......................................................................................................... 162
サーバーを介してインターネット FAX を送る ................................................................... 162
サーバーを介さずに直接インターネット FAX へ送る(ダイレクト SMTP 送信) ........ 163
短縮ダイヤルで送る ..................................................................................................................... 164
サーバーを介してインターネット FAX を送る ................................................................... 164
サーバーを介さずに直接インターネット FAX へ送る(ダイレクト SMTP 送信) ........ 165
電話帳で送る ................................................................................................................................. 166
複数宛先に送る(順次同報送信)................................................................................................ 168
誤送信防止の機能を使う .............................................................................................................. 170
複数宛先指定を禁止する(複数宛先指定)........................................................................... 170
宛先を確認してから送る(宛先確認)................................................................................... 170
直接ダイヤルを制限する(直接ダイヤル制限) ................................................................... 171
7
目次
メールアドレスの直接入力時に再入力する(直接ダイヤル再入力) ................................ 171
次の送信を予約する(メモリー送信予約) ................................................................................ 172
メモリー送信予約の操作 ........................................................................................................ 172
自動再ダイヤルについて ........................................................................................................ 173
ドメインリストを利用する(セレクトドメイン)..................................................................... 174
受信確認メールを要求する(送達確認要求(MDN)
)............................................................. 176
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)................................................................. 178
送信エラーが発生したときは(エラーメール)......................................................................... 180
メーリングリストを使う ............................................................................................................. 180
インターネット FAX を受ける ............................................................................. 181
POP サーバーからメールを受信する ........................................................................................ 182
システム登録の項目 ................................................................................................................ 182
POP 受信を設定する ............................................................................................................. 182
POP サーバーからの自動受信について .............................................................................. 185
POP サーバーから手動で受信する ...................................................................................... 185
ワンタッチボタンで POP サーバーから手動で受信する .................................................. 186
FROM 欄を利用する(FROM 選択)................................................................... 187
FROM 選択を設定する ............................................................................................................... 187
FROM を選択して送信する ........................................................................................................ 188
FROM 選択リストをプリントする ............................................................................................ 190
システム登録リスト(FROM 欄選択リスト) ..................................................................... 190
FROM 欄選択リストの見かた ............................................................................................... 190
件名欄を利用する(サブジェクト)...................................................................... 191
件名欄を設定する ......................................................................................................................... 191
件名を設定して送信する ............................................................................................................. 192
受信した文書を転送する(受信ルーティング)................................................... 194
受信ルーティングの設定について .............................................................................................. 195
転送先を登録する ......................................................................................................................... 196
受信確認メールを送る(送達確認)...................................................................... 199
中継局を利用する(LAN 中継同報)..................................................................... 200
LAN 中継同報とは ....................................................................................................................... 200
中継ネットワークについて ......................................................................................................... 202
LAN 中継局として設定する ........................................................................................................ 205
LAN 中継指示を設定する ............................................................................................................ 206
LAN 中継送信を指示する ............................................................................................................ 208
中継局が登録されている宛先へ送信する場合 ..................................................................... 208
中継局が登録されていない宛先へ送信する場合 ................................................................. 210
コンピューターから LAN 中継同報を指示する ........................................................................ 212
LAN 中継同報の通信結果 ............................................................................................................ 213
中継送信レポート(通信結果レポート)............................................................................... 213
送信ジャーナル(管理者宛メール) ...................................................................................... 214
8
目次
5 章 コピーの操作
216
コピーする............................................................................................................... 216
6 章 スキャナーの操作
218
スキャンする ........................................................................................................... 218
スキャンする ................................................................................................................................. 218
濃度や文字サイズを設定する ...................................................................................................... 219
濃度を設定する ........................................................................................................................ 219
文字サイズを設定する ............................................................................................................ 219
ファイルタイプ / ファイル名を設定する .................................................................................. 220
圧縮形式を設定する ..................................................................................................................... 221
グレースケールを設定する .......................................................................................................... 222
カラー読み取りを設定する .......................................................................................................... 223
スキャナー機能を設定する .......................................................................................................... 224
スキャナー機能(一般設定)を設定する ............................................................................. 224
スキャナー機能(管理者設定)を設定する ......................................................................... 225
スキャン設定一覧(一般設定) .............................................................................................. 226
スキャン設定(管理者設定) .................................................................................................. 226
スキャナー機能設定リストをプリントする ............................................................................... 227
7 章 プリントの操作
228
プリントする ........................................................................................................... 228
8 章 登録と設定
230
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する ................................................. 230
ワンタッチダイヤルを登録する .................................................................................................. 230
短縮ダイヤルを登録する .............................................................................................................. 233
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更する ....................................................................... 236
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを消去する ....................................................................... 239
プログラムダイヤルを登録する ............................................................................ 240
グループダイヤルを登録する ...................................................................................................... 240
プログラムダイヤルを登録する .................................................................................................. 242
タイマー送信を登録するとき ................................................................................................ 242
タイマーポーリング受信を登録するとき ............................................................................. 244
ポーリング受信を登録するとき ............................................................................................ 246
POP 手動受信を登録する ........................................................................................................... 248
グループダイヤル / プログラムダイヤルを変更する ............................................................... 250
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する ............................................................... 250
文字入力のしかた ................................................................................................... 251
9
目次
文字種別を切り替えるには ......................................................................................................... 251
カタカナを入力する ..................................................................................................................... 252
アルファベットを入力する ......................................................................................................... 252
数字を入力する ............................................................................................................................. 253
記号を入力する ............................................................................................................................. 253
誤って入力したとき ..................................................................................................................... 253
宛先シートをプリントする.................................................................................... 254
システム登録 ........................................................................................................... 255
システム登録の基本操作 ............................................................................................................. 255
システム登録一覧 ......................................................................................................................... 257
9 章 レポート / リスト
268
通信管理レポート ................................................................................................... 268
通信管理レポートを手動でプリントする ............................................................................. 268
通信管理レポートの見かた .................................................................................................... 268
ディスプレイ上で通信結果を確認する ................................................................................. 271
送信レポート ........................................................................................................... 272
送信レポートをプリントする ................................................................................................ 272
送信レポートの見かた ............................................................................................................ 272
通信結果レポート ................................................................................................... 274
通信結果レポートの見かた .................................................................................................... 274
ダイヤルリスト ....................................................................................................... 276
ダイヤルリストをプリントする ............................................................................................ 276
ダイヤルリストの見かた ........................................................................................................ 276
プログラムリスト ................................................................................................... 278
プログラムリストをプリントする ........................................................................................ 278
プログラムリストの見かた .................................................................................................... 278
システム登録リスト ............................................................................................... 279
システム登録リストをプリントする ..................................................................................... 279
システム登録リストの見かた ................................................................................................ 279
10 章 必要なとき
281
トナーカートリッジを交換する ............................................................................ 281
ドラムカートリッジを交換する ............................................................................ 284
用紙を補給する ....................................................................................................... 287
こんなときには ....................................................................................................... 289
故障かな?と思ったら ................................................................................................................. 289
エラーコードが表示されたら ...................................................................................................... 291
10
目次
エラーコード一覧 .................................................................................................................... 291
リモート登録時のエラーメッセージ .......................................................................................... 297
送信元へ送られるエラーメッセージ ..................................................................................... 297
リモート登録失敗時のエラーメッセージ ............................................................................. 297
用紙がつまった ....................................................................................................... 299
エラーコード 0001 が表示されている場合 ....................................................................... 299
エラーコード 0007 が表示されている場合 ....................................................................... 299
原稿がつまった ....................................................................................................... 300
読み取り部のお手入れ ........................................................................................... 301
接続状態を確認する ............................................................................................... 302
停電が発生したら ................................................................................................... 303
アフターサービスについて.................................................................................... 304
仕様 .......................................................................................................................... 305
消耗品について ....................................................................................................... 307
トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ ......................................................................... 307
用紙 ........................................................................................................................................... 307
用語集 ...................................................................................................................... 308
著作権及びライセンスに関する情報 .................................................................... 312
ITU-T No.1 テストチャート................................................................................. 319
■ 索引 ..................................................................................................................... 320
11
必ずお守りください
安全上のご注意 必ずお守りください
人への危害、財産の損害を防止するため、必ずお守りいただくことを説明しています。
■誤った使い方をしたときに生じる危害や損害の程度を区分して、説明しています。
「死亡や重傷を負うおそれがある内容」です。
「軽傷を負うことや、財産の損害が発生するおそれがある内容」です。
■お守りいただく内容を次の図記号で説明しています。(次は図記号の例です)
してはいけない内容です。
実行しなければならない内容です。
気をつけていただく内容です。
■ コンセントや配線器具の定格
を超える使いかたをしない
火災・感電の原因
になります。
■ 定格 15 A・交流 100V の
コンセントを単独で使う
他の機器と併用す
ると、発熱による
火災の原因になり
ます。
■ ぬれた手で、電源プラグの
抜き差しはしない
感電の原因になり
ます。
● ぬれた手をよくふいて電源プ
ラグ(金属でない部分)を
持ってください。
■ 電源プラグは根元まで確実
に差し込む
差し込みが不完全
ですと、感電や発
熱による火災の原
因になります。
● 傷んだプラグ・ゆるんだコンセ
ントは使用しないでください。
■ 電源コード・電源プラグを破
損するようなことはしない
傷つけたり、加工したり、熱
器具に近づけたり、無理に曲
げたり、ねじったり、引っ張っ
たり、重い物を載せたり、束
ねたりしない。
傷んだまま使用する
と、感電・ショー
ト・火災の原因にな
ります。
● コードやプラグの修理は、
サービス実施会社へご相談く
ださい。
12
■ 電源プラグのほこりなどは
定期的にとる
プラグにほこりな
どがたまると、湿
気などで絶縁不良
となり、火災の原
因になります。
● 電源プラグを抜き、乾いた
布でふいてください。
安全上のご注意 必ずお守りください
■ 機内に水や金属物(クリッ
プやステープル針など)が
入ったときは、すぐに電源
プラグを抜く
機内の配線が
ショートして、
火災の原因にな
ります。
■ 本機を分解・改造しない
レーザー光線によ
る視力障害、または
高温部分や高電圧
部分にさわるとや
けどや感電の原因
になります。
● 修理は、サービス実施会社へ
ご相談ください。
● 電源プラグを抜いて、サービ
ス実施会社へご連絡ください。
■ シンナー・ガソリンなどの引
火性の高いものの近くに設置
しない
ガソリンなどが発
火し火災の原因に
なります。
■ 必ず、アース線接続を行う
漏電した場合は、
火災・感電の原因
になります。
● アース線接続ができない場合
は、サービス実施会社へご相
談ください。
■ アース線は、ガス管・水道管
や避雷針などに接続しない
接地が不十分だっ
たり、落雷などに
より、感電したり、
火災の原因になり
ます。
■ 電源プラグを抜くときは電
源コードを引っぱらない
コードが傷つき、
火災、感電の原因
になります。
■ 煙が出ている、変なにおい
や音がするときは電源プラ
グを抜く
そのまま使用す
ると、火災や感
電の原因になり
ます。
● 使用を中止し、サービス実施
会社へご相談ください。
■ アース線接続は、電源プラ
グをコンセントにつなぐ前
に行う
また、アース線接続を外す
場合は、電源プラグをコン
セントから抜いてから行う
感電の原因になり
ます。
■ 付属品の電源コードは、他
の製品に使用しない
火災や感電の原因
になります。
● 電源プラグを抜くときは、必
ずプラグ(金属でない部分)
を持ってください。
■ 接点部に触れない
感電の原因に
なります。
■ 雷が鳴ったら、本機や電源
プラグに触れない
■ 狭い場所で使用するときは
換気をよくする
感電の原因になり
ます。
● 本機を長時間連続で使用す
る場合や、大量の印刷を同時
に行う場合は、特にご注意く
ださい。
13
安全上のご注意
■ 自動ドア、火災報知器などの自
動制御機器の近くで使用しない
本機からの電波が
自動制御機器に影
響を及ぼすことが
あり、誤動作によ
る事故の原因にな
ります。
■ 液体(合成洗剤や、研磨剤
入りの洗剤など)を電話機
コードのプラグにこぼした
り、電話機コードを濡らさ
ない
必ずお守りください
■ 清掃するときは、必ず電源
を切る
液体や霧状の洗剤
を使用しないでく
ださい。
■ 通風孔などから、本機内部
に異物を入れない
火災・感電の原因
になります。
● 本機に液体をこぼさないよう
にしてください。
■ 次のような場合は、すぐに電源プラグを抜く
サービス実施会社へご相談ください。
− 電源コードに破損や擦り切れがあるとき
− 本機が雨や水にさらされて濡れているとき、または
本機に液体をこぼしたとき
火災の原因になり
ます。
● 万一、電話機コードが濡れた
場合は、すぐに電話機コード
を壁のコンセントから抜き、
使用を中止してください。
■ 床、土台が不安定な場所や
振動の激しい場所へは設置
しない
本機が倒れて、け
がをする原因にな
ることがあります。
■ 取扱説明書で指示がない部
分は操作しない
高温部分や突起の
ある部品にさわる
と、やけどやけが
をする原因になる
ことがあります。
● 内部をさわるときは、十分に
注意してください。
14
● 本機部品を電子レンジで乾かさないでください。回復不能な故障の
原因になる恐れがあります。
− 取扱説明書に従って操作しても正しく動作しないとき
取扱説明書に記載してある操作だけを実施してください。不適切な
調整や操作による故障は、高額な費用を要する場合があります。
− 本機を落下させたり、物理的な損傷があったとき
− 本機の性能に特徴的な変化があったとき
■ 油煙や湯気や水のかかる場
所、ほこりの多い場所には
置かない
火災、感電の原因
になることがあり
ます。
■ 本機に換気扇、クーラー、 換気口などの風が直接当 たる場所では使用しない
機内に熱がこもり
変形の原因になる
ことがあります。
■ 本機の通風孔をふさがない
機内に熱がこもり
火災の原因になる
ことがあります。
PL 最終ページ
安全上のご注意 必ずお守りください
■ 紙づまりはそのまま放置し
ない
高温部の紙づまり
を放置すると紙が
発火し、火災の原
因になることがあ
ります。
■ 電源コードは必ず付属のも
のを使用する
火災、感電の原因
になることがあり
ます。
機内に触れたり、
巻き込まれて、感
電やけがをする原
因になることがあ
ります。
高温部分にさわる
とやけどの原因に
なることがありま
す。
● 紙づまり処置などで内部をさわる
ときは、十分に注意してください。
● 紙づまりは確実に取り除いて
ください。
■ 鎖の長いブレスレットや
ネックレスなどをつけて操
作しない
■ 高温表示部とその周辺には
さわらないよう注意する
■ 本機に重いものを置いたり、
乗ったり、トレイなどに体
重をかけたりしない
物が落下したり、
転んだり、落ちて
けがをする原因に
なることがありま
す。
■ トナーまたはトナーの入っ
た容器を火中に投じない
トナー粉がはねて、
やけどの原因にな
ることがあります。
● 万一事故がおきたときは、電
源プラグを抜き、サービス実
施会社へご連絡ください。
■ 電源スイッチをオフ/オン
しても“ソウチ カクニン”
が表示され続けたり、異音
など異常な動作をしたとき
は、必ず電源プラグを抜く
火災・感電の原
になることがあ
ます。
●“ソウチ カクニン”のエラー
番号をメモして、サービス実施
会社へ連絡してください。
■ 防水端子以外は、電話回線端
子を濡れる場所に置かない
■ 寒い場所から暖かい場所へ
移動した後は、30 分ほど
たってから電源を入れる
■ 本機を移動するときは、上
下逆さまにしたり、横向き
にしたりしない
すぐに電源を入れ
た場合、機器内部
で結露が起こり、
誤動作の原因
となります。
● 本機が周辺温度に対応するま
で放置してから電源を入れて
ください。
■ 電話回線に接続しているとき、
絶縁処理されていない電話機
コードや端子には触れない
■ 電話機コードを接続したり、
修理したりするときは十分
に注意する
● 電話機コードを接続したり、
修理したりするときは十分に
注意してください。
■ 動作中に光源ランプを直視
しない
ランプの光により、
目を傷める原因にな
ることがあります。
■ 受信開閉部を閉じるとき指
のはさみこみに注意する
けがの原因に
なることがあ
ります。
■ トナーまたはトナーの入っ
た容器を子供の手の届くと
ころに置かない
誤ってトナーを飲み
込むおそれがありま
す。
15
管理責任者へのお願い
機器の機密保持のため、管理責任者は、機器の設置、ネットワーク接続、ネットワーク構築、セキュリティ
機能の設定、機器の交換や廃棄まで、下記のセキュリティ対策を実行してください。
1. 管理責任者は、サービス技術者がメーカー、関係会社、販売会社の社員であることを、身分証明書の提
示を求めて確認してください。また、電話やメールで装置情報を伝えないでください。
2. 本機が接続されているネットワークから外部ネットワークに接続する場合は、ファイアーウォールを介
して接続することをお勧めします。
クライアントコンピューターまたはサーバーに本機を接続する場合は、盗聴防止のため、スイッチング
ハブを利用したネットワーク環境を形成することをお勧めします。
3. キーオペレーターコードは、セキュリティ保持のために重要な情報です。
キーオペレーターコードは、初期値を変更し、パスワードが漏えいしないように機密を保持してくださ
い。
キーオペレーターコードの変更方法については、 キーオペレーターコード(管理者パスワード)を設
定する(p.42)を参照してください。
4. 本機を悪意の第三者による不正操作から防衛するため、キーオペレーターコードの設定では、次を実施
してください。
① 設定できる桁数の最大までを利用して設定してください。
② 設定できる文字種類を、多く組み合わせてください。
③キーオペレーターコードは定期的に変更してください。
キーオペレーターコードの設定、変更時には、管理者だけが設定画面を見られる環境にし、情報が漏え
いしないよう、お客様の責任において管理してください。
5. 本機を移動 / 廃棄する場合は、事前に完全にデータを削除してください。
6. 読み取りデータ(テキストとイメージ)、受信文書、設定 / 登録された情報(宛先情報)の管理は、
ユーザー様の責任となります。装置の故障でこれらのデータが破損したり消失した場合、修復はできま
せん。
保証の範囲外となります。
7. 誤った設定をすると、設定が漏れたり、本製品の使用を妨げる可能性があります。
設定をする場合は、慎重に詳細を確認してください。
8. 時計は調整が必要です(月平均 :1 分程度)。
キーオペレーターは、本機のセキュリティの維持と管理、不正アクセスの防止に、重要な役割を果たしてい
ます。取扱説明書で説明されている内容を理解し、上記のセキュリティ対応を確実に実行してください。
16
取り扱い上のお願い
■ レーザーの安全性について 本機のプリンターでは、レーザーを使用しているので注意する
ここに規定した以外の手順による制御や調整は、危険なレーザー放射の
被ばくをもたらします。
・ 本機はレーザークラス 1 の製品です。取扱説明書に規定した手順に従って正し
くお使いください。
レーザーダイオード特性
レーザー出力:最大 15 mW
波長:760 nm - 800 nm
放出持続時間:連続
■ 注意ラベルについて
本機には安全にお使いいただくために次のような注意ラベルが貼ってあります。
内容をよく読み、安全にお使いください。
電源高調波についてのお知らせ
JIS C 61000-3-2 適合品
本装置は、高調波電流規格「JIS C 61000-3-2」に適合しています。
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを
目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用される
と、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って、正しい取り扱いを
してください。
VCCI-B
17
取り扱い上のお願い
設置上のお願い
■ 次の様な場所への設置は避けてください。
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
高・低温、低・多湿な場所
温度変化の激しい場所
冷・暖房機の近く(直接風のあたる所)
加湿機の近く
テレビ、ラジオなど電子機器の近く
直射日光のあたる場所
ほこり、アンモニアガスが発生する場所
シンナー、ガソリンなどの近く
換気の悪い場所
床、土台が不安定な場所、振動の激しい
場所
● 換気扇、クーラー、換気口などの風が直
接当たる場所
■ 本機の移動
● 本機を移動させる場合、両側のくぼみ部
分(A) を持ってください。
A
■ 本機の右側、左側および後面は、壁から 10cm
以上離してください。また、本機の右側、左
側、および後面から 10cm 以内には物を置か
ないでください。
A
操作時のお願い
■ 動作中に電源プラグを抜いたり、開閉部等を開けたり、用紙カセットを引き出したりしないでください。
(紙づまりの原因となります)
■ 誤通信を未然に防ぎ、確実に相手と通信するためには、次の点に注意してご使用いただくことをお勧め
いたします。
● 相手先のファクス番号、ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルの登録番号をご確認いただくとともに、
取扱説明書をよくご確認のうえご使用ください。
● 大切な情報を送る場合には、「誤送信防止の機能」を利用して通信されることをお勧めします。
誤送信防止の機能を使う(p.77)
お知らせ
■ 本機を操作する場合、本機近くの使いやすい場所に電源コンセントがある必要があります。
■ 電話機コードを延長しないでください。
18
取り扱い上のお願い
用紙/ドラムカートリッジ/トナーカートリッジに関するお願い
■ 用紙 / ドラムカートリッジ / トナーカートリッジ
などは湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
●用紙は 60 ∼ 80g/m2 の上質紙・再生紙をお使いにな
れますが、できるだけ当社の推薦紙をご使用ください。
●ドラムカートリッジ / トナーカートリッジは当社指定品
をご使用ください。
■ 法律で禁じられていること
次のようなコピーは所有するだけでも法律により罰せられますから充分ご注意ください。
● 法律でコピーを禁止されているもの
1. 国内外で流通する紙幣、貨幣、政府発行の有価証券、国債証券、地方債証券
2. 未使用の郵便切手、郵便事業株式会社製の郵便はがき
3. 政府発行の印紙、酒税法や物品法で規定されている証紙類
● 注意を要するもの
1. 株券、手形、小切手など民間発行の有価証券、定期券、回数券などは、事業会社が業務上必要最低部数を
コピーする以外は政府指導によって注意が呼びかけられています。
2. 政府発行のパスポート、公共機関や民間団体発行の免許証、許可書、身分証明書や通行券、食券などの切
符類のコピーも避けてください。
● 著作権の対象となっている書籍、絵画、版画、地図、図面、写真などの著作物は個人的または家庭内その他、
これに準ずる限られた範囲内で使用するためにコピーする以外は禁じられています。
■ ドラムカートリッジ / トナーカートリッジに関するお願い
●ドラムカートリッジ / トナーカートリッジは直接日光に当てない
プリント画像に異常が出ることがあります。
●ドラムカートリッジ / トナーカートリッジを寒い場所から暑い場所へ急に移動させない
ドラムカートリッジ / トナーカートリッジに結露が発生し、故障の原因となります。
●使用済みのドラムカートリッジ / トナーカートリッジは捨てない
回収にご協力ください。
●ドラムカートリッジ / トナーカートリッジは上を向けて保存する(箱に上向きの表示があります。)
プリント画像に異常が出ることがあります。
●トナーを摂取、吸引、皮膚接触をしないように注意してください。
トナーが口に入ったときは、多めの水を飲んで胃の中を希釈してください。
トナーを吸い込んだときは、その場所を離れてきれいな空気の場所へ移動してください。
トナーが皮膚に触れた場合は、石けんと冷水で十分に洗い流し、自然乾燥させてください。お湯で洗っ
たり、ドライヤーで乾かさないでください。
トナーが目に入った場合は、水で十分に洗い流してください。
上記いずれの場合でも異常があるときは、直ちに医師に相談してください。
その他
■ 製品リサイクルについて
● 使用済や不要となった製品は、回収して、環境保護、資源有効活用のためリサイクルしています。
本機を廃却する場合は、必ず弊社または販売店、サービス実施会社にご連絡ください。
● 使用済や不要となったカートリッジなどの消耗品は、環境保護、資源有効活用のため、適切な処理が必要で
す。消耗品を廃却する場合は、必ず消耗品の梱包箱に記載されている回収連絡先、弊社または販売店、サービ
ス実施会社にご連絡ください。
19
かんたんな操作
ファクスを送る
詳しい操作について ファクスを送る(p.66)
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
ダイヤルする(36 桁まで)
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
TEL. NO.
12345678
テンキーで相手の電話番号を入力する
例:
「12345678」を入力
• 誤って入力した場合は
を押します。
• ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、電話帳で指定するこ
ともできます。手順6へ進みます。
ワンタッチダイヤルで送る(p.68)
短縮ダイヤルで送る(p.69)
電話帳で送る(p.70)
4
TEL.NO. サイニュウリョク
■
を押す
• ダイヤル再入力の画面が表示されます。
5
6
もう一度ダイヤルする
テンキーで相手の電話番号を再入力する
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678 ■
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
8
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。
20
TEL. NO.
12345678
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
*ダイヤル シテイマス*
12345678
かんたんな操作
インターネット FAX を送る
詳しい操作について インターネット FAX を送る(p.160)
1
2
3
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
メールアドレス入力に切り替える
を押す
4
メールアドレスを入力する(60 文字まで)
テンキーを利用して、相手のメールアドレスを入力する
文字入力のしかた(p.251)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
]
アドレスヲ イレテクダサイ
[email protected]
例:
「[email protected]」を入力
• 誤って入力した場合は
5
6
7
8
• ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、電話帳で指定するこ
ともできます。手順 7 へ進みます。
ワンタッチダイヤルで送る(p.162)
短縮ダイヤルで送る(p.164)
電話帳で送る(p.166)
]
アドレスヲ サイニュウリョク
を押す
• メールアドレス再入力の画面が表示されます。
もう一度メールアドレスを入力する
[email protected]
メールアドレスを再入力する
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
入力済みの宛先をすべて確認する
または
9
を押します。
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。
[email protected]
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
* ソウシン シテイマス *
[email protected]
21
かんたんな操作
コピーする
コピー機能を利用して、原稿をコピーできます。
コピー部数は 1 ∼ 99 まで設定できます。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
• 文字サイズの「フツウ」は設定できません。
3
4
を押す
コピー部数を入力する(最大 99 部)
例:「10」を入力
5
を押す
• 原稿がメモリーに蓄積され、コピーが開始されます。
22
コピー
コピー ブスウ =1
コピー
コピー ブスウ =10
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ =002
01%
* コピ - *
01/10
かんたんな操作
スキャンする
本機とコンピューターがネットワーク経由で接続されている場合は、次の手順でスキャンします。
詳しい操作について スキャンする(p.218)
1
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
2
原稿をセットする
3
原稿サイズを設定する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
または
アテサキヲ セットシテクダサイ
A4 ∨∧
を押す
• 初期値は「A4」に設定されています。
4
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
5
宛先を指定する
濃度や文字サイズを設定する(p.219)
電話帳で送る(p.70)
6
を押す
アテサキヲ セットシテクダサイ
A4 ∨∧
(01)パナソニック
11.22.33.44
ブンショ ヨミコミ チュウ
ページ =001
01%
PCニ データ ヲ
テンソウ シテイマス
23
かんたんな操作
プリントする
プリンタードライバーが正しくインストールされ、プリンターが「通常使うプリンタ」として設定されてい
る場合は、簡単な操作で Windows アプリケーションから印刷できます。
ここでは、メモ帳からプリントする場合を例に、操作を説明します。
• 画面に表示されるボタン名は、アプリケーションにより異なります。
1
[ファイル]メニューから[印刷]を選択する
• 印刷のダイアログボックスが表示されます。
2
3
4
[詳細設定]ボタンをクリックする
各タブの項目を設定し、[OK]ボタンをクリックする
• プリンタードライバーの設定項目については、プリンタードライバーのオンラインヘル
プを参照してください。
[印刷]ボタンをクリックする
• 作成した文書のプリントが開始されます。
24
Memo
25
1 章 本機を使用するための準備
本体 / 付属品 / 添付品を確認する
梱包をほどきましたら、次のものがすべて揃っていることをご確認ください。
本体・付属品
本体
電源コード
用紙トレイ
回線コード
添付品
• 取扱説明書(基本編)
• かんたん設置ガイド
26
• CD-ROM
• 保証書
原稿トレイ
る本
た機
めを
の使
準用
備す
各部の名前と働き
本体
①自動原稿送り装置(ADF) ②原稿ガイド
③原稿トレイ
④操作パネル
⑤電源スイッチ
⑦用紙トレイ
⑥用紙カセット
■原稿トレイ
No.
■用紙トレイ
説明
① 自動原稿送り装置(ADF)
原稿トレイにセットした原稿を自動的に送り込ん
で読み取るための装置です。
③ 原稿トレイ
ファクス送信やスキャン時、ここに原稿をセットし
ます。
原稿のセットのしかた(p.47)
⑤ 電源スイッチ
本機の電源の入 / 切をします。
No.
説明
② 原稿ガイド
原稿をセットするときに、原稿の幅に合わせて移動
し、原稿に沿わせます。
原稿のセットのしかた(p.47)
④ 操作パネル
操作に必要なボタンやランプがまとめられていま
す。
コントロールパネル(p.28)
⑥ 用紙カセット
ファクス受信やプリント時に、プリントに使用する
用紙を入れてセットします。約 250 枚までセット
できます。
用紙を補給する(p.287)
⑦ 用紙トレイ
ファクス受信やコンピューターからのプリント時、
プリントされた文書がここに排出されます。
27
各部の名前と働き
コントロールパネル
No.
①
アイコン /
ボタン
説明
濃度
No.
②
原稿を読み取る濃度を選択するときに
押します。
ふつう、濃く、薄くから選択します。
濃度を設定する(p.74)
③
アクティブランプ(緑)
④
28
⑦
ファンクション
原稿を読み取って、コンピューターに送
信する場合に押します。
カラーで読み取ることもできます。
6 章 スキャナーの操作(p.218)
各種機能を選択するときに押します。
アラームランプ(赤)
文字サイズ
原稿を読み取る細かさ(解像度)を選
択するときに押します。
・ファクス / インターネット FAX の場合:
文字サイズを設定する(p.74)
・スキャンの場合:
文字サイズを設定する(p.219)
されているとき
• 点滅 :本機が動作中のとき
スキャナー
説明
エラーが発生したり、故障している場
合に点灯 / 点滅します。
• 点灯 :トナーがなくなった、用紙が
つまっている、エラーが発生
しているなどで、本機の動作
が停止中のとき
用紙カセットに用紙が入っ
ていないとき
• 点滅 :本機が警告状態になったと
き(動作は停止しません)、
トナーの残量が少ないとき
• 点灯 :受信データがメモリーに蓄積
⑤
アイコン /
ボタン
⑥
クリアー
入力した電話番号や文字を消去すると
きに押します。
また、すでに設定されている内容をリ
セットするときにも押します。
各部の名前と働き
No.
アイコン /
ボタン
説明
⑧
No.
アイコン /
ボタン
説明
電話帳
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録されている宛先を、宛先名で検索するときに押しま
す。また、機能の選択、システム登録の変更、文字入力のカーソル移動のときにも押します。
音量
呼び出し音やモニター音の音量を調整します。 を押すと音が大きく、
くなります。また宛先確認のときにも押します。
モニター音量を設定する(p.43)
を押すと音が小さ
インターネット FAX
インターネット FAX の送信時、メールアドレス入力に切り替えるときに押します。
また、機能の選択、システム登録の変更、文字入力のカーソル移動のときにも押します。
インターネット FAX を送る(p.160)
⑨
モニター
手動でダイヤルをするときに使用しま
す。モニター音は音量を調整できます。
相手を確認してから送る(手動送信)
(p.81)
モニター音量を設定する(p.43)
⑩
フック
構内交換機に接続されている場合で、
内線から NTT 回線(外線)へ切り替え
るときにお使いください。動作は交換
機によるため、詳細は管理者にご相談
ください。
F コード
F コード(サブアドレス)を入力する
ときに押します。
⑪
再ダイヤル
⑫
直前にダイヤルした宛先をもう一度指
定するときに押します。
同じ相手にもう一度送る(再ダイヤル)
(p.84)
短縮番号で宛先を指定するときに押し
ます。
短縮ダイヤルで送る(p.69)
ポーズ
文字の入力でスペースを挿入するとき
に押します。
文字入力のしかた(p.251)
スペース
電話番号の入力時、ポーズ(空き)を挿
入するときに押します。
⑬
短縮
テンキー
⑭
手動で電話番号をダイヤルするとき、機
能の番号を入力するとき、システム登録
の設定をするときなどに押します。
また、
文字入力のボタンとして使います。
文字入力のしかた(p.251)
スタート
通信やコピーを開始するときに押しま
す。
トーン
回線種別がダイヤル式の場合に、このボ
タンを押すと、一時的にプッシュホン信
号を送出できます。
記号を使ったダイヤル方法(p.67)
⑮
コピー
⑯
コピーをするときに押します。
5 章 コピーの操作(p.216)
⑰
シフトボタン / ランプ
ワンタッチボタン(17 ∼ 32)に切り替
えるときに押します。切り替わるとラン
プが点灯します。
もう一度ボタンを押すと、ランプが消
え、ワンタッチボタン(01 ∼ 16)に戻り
ます。
ストップ
送信、コピー、各種登録を中止するとき
に押します。アラーム音が鳴っていると
きに押すと、アラーム音が停止します。
⑱
ワンタッチボタン(01 ∼ 32)
ワンタッチダイヤル、グループダイヤ
ル、プログラムダイヤルを利用すると
きに押します。
を押すと、ワンタッチボタン(17 ∼
32)に切り替わります。
ワンタッチダイヤルで送る(p.68)
29
る本
た機
めを
の使
準用
備す
ファンクション番号一覧
タイマー通信
① タイマー送信
② タイマーポーリング
特殊通信
② 親展通信
②−① 親展送信
②ー③ 親展ポーリング送信文書の蓄積
②ー⑤ 親展文書の消去
②ー② 親展ポーリング
②ー④ 親展文書のプリント
⑤ LAN 中継送信
ポーリング
① ポーリング受信
② ポーリング送信
リストプリント
① 通信管理確認 ①ー① プリント ①ー② 確認
② ワンタッチ・短縮リスト
③ プログラムリスト
④ システム登録リスト
⑥ 送信レポート
登録モード
① 自局登録
② ワンタッチ・短縮登録
②ー① ワンタッチダイヤルの登録
②ー② 短縮ダイヤルの登録
③ プログラム登録
③ー① グループダイヤルの登録
③ー② プログラムダイヤルの登録
③ー③ グループダイヤル / プログラムダイヤルの取り消し
③ー④ 手動 POP 受信の登録
④ システム登録
セレクトモード
① 通信結果レポート
② 送達確認
③ カバーシート
④ パスワード送信
⑤ メモリー受信
⑥ 送信ファイルタイプ
⑨ メモリー優先
通信予約の確認と消去
① 通信予約確認 ①ー① プリント ①ー② 確認
② 時間・宛先の変更
③ 通信予約の消去
④ 予約内容のプリント
⑤ 通信予約ファイルへの原稿追加
⑥ 未達宛先への再送信
30
回線コード、ケーブル、電源コードを接続する
接続図
■電源コード
付属の電源コードを本機の電源
コード接続部に差し込みます。
電源コードのもう一方は、電源
コンセント(AC100 V)に差
し込みます。
■ LAN ケーブル(CAT5)
本機とコンピューターをネットワークで接
続し、スキャナー機能やプリンター機能を
使用する場合に、お手持ちの LAN ケーブル
を接続します。
■保護接地導体(アース線)接続
接地接続は、必ず電源プラグを電
源につなぐ前に行ってください。
また、接地接続を外す場合は、
必ず電源プラグを電源から切り
離してから行ってください。
■ USB ケーブル(USB 2.0)
本機とコンピューターをローカルで
接続し、スキャナー機能やプリン
ター機能を使用する場合に、お手持
ちの USB ケーブルを接続します。
■外部電話機
本機には、留守番電話などの市販の
電話機を外部電話機として接続でき
ます。
外部電話機と本体の TEL 端子をお
手持ちの回線コードで接続します。
1 本の電話回線を、電話とファクス
の両方に使う場合に便利です。
お知らせ
■アース(接地)端子
指定のアース線で必ず接地接続を
行ってください。
アース線は別売りです。接地の際使
用する保護接地導体(アース線)は、
断面積 0.75 m ㎡または 18 AWG
以上の線を使用してください。
■回線コード
付属の回線コードの一方を本機
の LINE 端子に、もう一方を電
話コンセントに差し込みます。
1. USB ケーブルのコンピューター側の一方は、プリンタードライバーのインストール時に接続
します。インストールの途中で、コンピューターへ USB ケーブル接続を促すメッセージが表
示されます。このメッセージが表示されるまで、USB ケーブルを接続しないでください。
2. コンピューターと接続するケーブルは、次のものを使用してください。
・シールド USB ケーブル(例:USB 2.0 Hi-Speed 対応ケーブル)
・シールド LAN ケーブル(カテゴリ 5(CAT5)イーサネットケーブル)
31
る本
た機
めを
の使
準用
備す
回線種別を設定する
回線種別を設定する
電話回線には、ダイヤル(DP)回線(ダイヤルスピード 10PPS )、ダイヤル(DP)回線(ダイヤルス
ピード 20PPS )、プッシュ(PB)回線があります。お使いの電話回線の種類を確認したら、次の手順で
回線種別を設定します。なお、IP 電話サービスを利用するときは、プッシュ(PB)回線に設定します。
• 回線種別の見分けかた 回線種別を見分ける(p.33)
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
ダイヤル キリカエ?
プッシュ (PB)<>
を押す
4
①∼③のボタンを押し、電話回線を設定する
回転ダイヤル式回線(10 pps)のとき
回転ダイヤル式回線(20 pps)のとき
プッシュホン式回線のとき
•
または
を押して設定を変更することもできます。
ダイヤル キリカエ?
10PPS<>
または
ダイヤル キリカエ?
20PPS<>
または
ダイヤル キリカエ?
プッシュ (PB)<>
5
設定を終了する
を押す
32
回線種別を設定する
回線種別を見分ける
お知らせ
1. 117 番に電話をかけると、通話料金がかかります。
2. 回線種別をプッシュ(PB) に設定している場合、または 10PPS または 20PPS に設定して
いる場合で
お願い
を押したときは、プッシュ信号として
や
を利用できます。
1. お使いの回線種別の確認と設定は、必ず実施してください。正しく設定しない場合、本機を
使用できないことがあります。
2. 回線の種別がわからないときは、局番なしの 116 番(無料)へお問い合わせください。
3. TA(ターミナルアダプタ)に本機を接続して利用する場合、本機の外部電話用モジュラー
ジャックには電話機を接続しないでください。接続すると本機や電話機の機能が正常に動作し
ないことがあります。
4. PBX(構内交換機)に接続するときは、サービス実施会社へお問い合わせください。
5. PBX(構内交換機)、TA(ターミナルアダプタ)、IP 電話に接続した環境で、FAX 送信がで
きない(リダイヤルを繰り返す)場合があります。このような環境で使用する場合は、システ
ム登録の「68 ダイヤルトーン検知」
(p.261)を「ナシ」に変更してください。
33
る本
た機
めを
の使
準用
備す
ファクス通信に必要な設定について
自局登録について
本機では、ファクス通信の記録のために、基本的な情報を「自局登録」に登録できます。
発信元 ID を登録しておくと、ファクス送受信者の身元確認に役立ちます。
日付と時刻を登録する
日付と時刻を入力し、本機の時計を合わせます。
本機では、待機状態のときにディスプレイに日付と時刻が表示されます。
12-15 14:58
00%
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
を押す
日付と時刻を入力する
例:
年 :
2012 年
月 :
12 月
日 :
15 日
時刻:
午後 3 時
• 誤って入力したときは、
を使ってカーソルを移動
し、正しい数字を上書きしてください。
• 時刻は 24 時制で入力してください。
4
設定を終了する
を押す
34
ジコク セット
■012-12-15 14:58
ジコク セット
2012-12-15 15:00
ファクス通信に必要な設定について
発信元を登録する
発信元として、会社名などを入力します。
発信元は、相手に届いた原稿の先端に発信元印字の一部としてプリントされます。
発信元に「パナソニック」を登録した場合
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
ジコク セット
2012-12-15 15:00
を押す
発信元の画面を表示する
ハッシンモト
■
<カナ
ハッシンモト
パナソニック■
<カナ
を繰り返し押す
4
発信元を入力する
文字ボタンを使って、発信元を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:「パナソニック」を」入力
• 25 文字まで入力できます。
• 誤って入力したときは、
を使って間違えた文字の
右隣にカーソルを移動し、
文字を入力し直してください。
5
を押してから正しい
• 16 文字以上を入力すると、文字列が左方向にスクロール
され、画面から消えます。
設定を終了する
を押す
35
る本
た機
めを
の使
準用
備す
ファクス通信に必要な設定について
文字 ID を登録する
文字 ID として、会社名などを入力します。
文字 ID は、通信時、相手のディスプレイやレポートに表示されます。
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
ジコク セット
2012-12-15 15:00
を押す
文字 ID の画面を表示する
モジ ID
■
<カナ
モジ ID
パナソニック■
<カナ
を繰り返し押す
4
文字 ID を入力する
文字ボタンを使って、文字 ID を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:「パナソニック」を」入力
• 16 文字まで入力できます。
• 誤って入力したときは、
を使って間違えた文字の
右隣にカーソルを移動し、
5
を押してから正しい
文字を入力し直してください。
設定を終了する
を押す
36
ファクス通信に必要な設定について
数字 ID(ファクス番号)を登録する
数字 ID として、自分のファクスの電話番号を入力します。
数字 ID は、通信時、相手のディスプレイやレポートに表示されます。
通常は、ファクスの電話番号を本機の数字 ID として登録することをお勧めします。
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
ジコク セット
2012-12-15 15:00
を押す
数字 ID の画面を表示する
スウジ ID
■
を繰り返し押す
4
数字 ID を入力する
テンキーボタンと空白文字を入れるための スペース を使っ
て、数字 ID を入力する
スウジ ID
201 555 1212■
例:「201 555 1212」を」入力
• 20 文字まで入力できます。
• 誤って入力したときは、
を使って間違えた文字の
右隣にカーソルを移動し、
を押してから正しい
文字を入力し直してください。
5
• 16 文字以上を入力すると、文字列が左方向にスクロール
され、画面から消えます。
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 国別コードに "+" を入力するときは、
を押します。
2. 例:+1 XXX XXX XXXX +1 は、アメリカ合衆国の国別コード
+81 X XXX XXXX
+81 は、日本の国別コード
37
る本
た機
めを
の使
準用
備す
インターネット FAX 通信に必要な設定について
自局登録(インターネットパラメーター)を設定する
インターネット FAX を使用するには、下記の基本的な設定項目の登録が必要です。
• IP アドレス
• サブネットマスク
• デフォルトゲートウェイ
• メールサーバー名、またはメールサーバー IP アドレス
• メールアドレス
設定を開始する前に、 事前準備表(p.51)のコピーに、必要な事項を記入し、用意しておいてください。
詳しくは、 インターネットに接続するには(p.48)をお読みください。
• お使いの環境によっては、上記以外の設定項目の設定が必要な場合があります。 自局登録(インター
ネットパラメーター)の項目一覧(p.40)を参照して、必要な項目を設定してください。
• お使いのネットワークが DHCP サーバーに対応している場合は、IP アドレス、サブネットマスク、デ
フォルトゲートウェイを自動的に取得できます。
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
ジコク セット
2012-12-15 15:00
を押す
IP アドレスの画面を表示する
IP アドレス
❚
を繰り返し押す
4
IP アドレスを入力する
テンキーボタンで、IP アドレスを入力する
IP アドレス
192.168.0.1❚
例:「192.168.0.1」を入力
•「・」
(ドット)は、
を使って入力できます。
5
を押す
6
サブネットマスクを入力する
テンキーボタンで、サブネットマスクを入力する
例:「255.255.255.0」を入力
38
サブネット マスク
❚
サブネット マスク
255.255.255.0❚
インターネット FAX 通信に必要な設定について
7
デフォルト ゲートウェイ
❚
を押す
8
9
デフォルトゲートウエイを入力する
テンキーボタンで、デフォルトゲートウエイを入力する
デフォルト ゲートウェイ
192.168.0.10❚
例:「192.168.0.10」を入力
DNS サーバー 1 IP
❚
を押す
• 手順3∼8と同様にして、必要な項目をすべて設定します。
• 設定項目については、 自局登録(インターネットパラ
メーター)の項目一覧(p.40)を参照してください。
10 設定を終了する
セッテイ ガ カワリマシタ
リブート シマス
を押す
• 設定を有効にするため、自動的に再起動されます。
お知らせ
1. DNS サーバーが利用できない場合は、システム登録の「161 DNS サーバー」(p.265)
を「ナシ」に変更します。
2. 「・」(ドット)は、
を使って入力できます。
3. 誤 っ て 入 力 し た と き は、
を使って間違えた文字の右隣にカーソルを移動し、
を押してから正しい文字を入力し直してください。
39
る本
た機
めを
の使
準用
備す
インターネット FAX 通信に必要な設定について
自局登録(インターネットパラメーター)の項目一覧
ネットワークの構成により、最初に下記のパラメーターを適切に設定する必要があります。
• インターネットFAXの機能やネットワーク構成については、インターネットに接続するには
(p.48)
を参照してください。
パラメーター
説明
IP アドレス
ネットワーク管理者または DHCP サーバーによって割り当てられた IP アドレ
スです。
サブネットマスク
ネットワーク管理者またはDHCPサーバーによって割り当てられたサブネット
マスクです。
デフォルトゲートウェイ
ネットワーク管理者またはDHCPサーバーによって割り当てられたデフォルト
ゲートウェイです。
DNS サーバー IP アドレス
プライマリー DNS サーバーの IP アドレスです。DNS サーバーがご利用にな
れない場合はシステム登録の No.161(DNS サーバー)を「ナシ」に変更します。
自局メールアドレス
本機に割り当てられたメールアドレス 1 です。
(60 文字まで)
メールサーバー名、またはメール SMTP メールサーバーの名称(60 文字まで)
、または IP アドレスとポート番
サーバー IP アドレス
号です。
SMTP 認証名
SMTP 認証名
• この項目は、システム登録の「170 SMTP 認証」
(p.266)
が「アリ」の場合
に設定します。
SMTP 認証パスワード
SMTP 認証パスワード
• この項目は、システム登録の「170 SMTP 認証」
(p.266)
が「アリ」の場合
に設定します。
POP サーバー名、または POP POP メールサーバーの名称(60 文字まで)、または POP メールサーバーの
サーバー IP アドレス
IP アドレスとポート番号です。
POP ユーザー名
本機に割り当てられた POP ユーザー名です。
(40 文字まで)
POP パスワード
本機に割り当てられたパスワードです。
(30 文字まで)
ホスト名
本機のホスト名です。
(60 文字まで)
デフォルトサブジェクト
メールの件名に自動挿入されるデフォルトの情報(最大 40 文字まで)です。
この情報を手動で変更する場合は、システム登録の「159 サブジェクト登録」
(p.265)を「アリ」に設定します。
デフォルトドメイン名
送信しようとしているメールアドレスがSMTP標準に対して不完全な場合に使
用されるドメイン名です。メールアドレスに自動的に付加されます。デフォル
トドメインは、手動でメールアドレスを入力する場合にも利用できます。
(50 文字まで)
セレクトドメイン名
(01 ∼ 10)
40
ドメイン名を 10 個まで登録できます。手動でメールアドレスを入力するとき
に「@」入力後にリストから選択できます。
(30 文字まで)
LAN 中継パスワード
LAN 中継送信時の中継許可用パスワードです。
(10 文字まで)
リモートパスワード
セキュリティパスワードです。
インターネットパラメーター、オートダイアラー、またはメールによる通信管
理レポートの取得について、リモート・プログラミングが可能になります。
(10 文字まで)
インターネット FAX 通信に必要な設定について
パラメーター
管理者メールアドレス
中継許可ドメイン名
(01 ∼ 10)
コミュニティー名(1)、
(2)
説明
LAN 中継送信状況モニターと通信費用管理のための、管理者用メールアドレス
です。
(60 文字まで)
中継送信要求のために本機へのアクセスを許可するされているドメイン名を
10 個まで入力できます。
(30 文字まで)
ソフトウェア(デバイスエクスプローラーなど)が使用するコミュニティー名
です。
(01) ∼(02)
デバイス名
ソフトウェア(デバイスエクスプローラーなど)が使用するデバイス名です。
デバイスロケーション
ソフトウェア(デバイスエクスプローラーなど)が使用するデバイス・ロケー
ションです。
* 自局登録(インターネットパラメーター)の設定値については、システム管理者にお問い合わせください。
41
る本
た機
めを
の使
準用
備す
キーオペレーターコード(管理者パスワード) を設定する
お買い上げ時、キーオペレーターコード(管理者パスワード)は、「00000000」に設定されています。
キーオペレーターコードを変更する場合は、次の手順で操作します。
1
自局登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
ジコク セット
2012-12-15 15:00
を押す
キーオペレーターコードの画面を表示する
キーオペレーター コード
■****
を押す
4
キーオペレーターコード(8文字)を入力する
キーオペレーターコードを入力する
キーオペレーター コード
******8
例:「12345678」を入力
• テンキーボタンの 1 ∼ 0 を使用して、パスワードを指定し
てください。
文字入力のしかた(p.251)
5
サイニュウリョク シテクダサイ
■****
を押す
6
キーオペレーターコード(8文字)を、もう一
度入力する
サイニュウリョク シテクダサイ
******8
キーオペレーターコードを入力する
7
例:「12345678」を入力
設定を終了する
を押す
お知らせ
42
1. キーオペレーターコード(管理者パスワード)は、8 文字すべてを同じ文字に設定すること
はできません(例 : 11111111 や AAAAAAAA など)
。
お買い上げ時、キーオペレーターコード(管理者パスワード)は「00000000」に設定さ
れています。セキュリティー保持のため、初期値を変更し、パスワードが漏えいしないよう
に機密を保持してください。
セキュリティー保持については、 管理責任者へのお願い(p.16)を参照してください。
る本
た機
めを
の使
準用
備す
音量を設定する
本機では、モニター音量(スピーカーの音量)、呼び出し音量を調整できます。
モニター音量を設定する
モニター音量は、8 段階で設定できます。
1
*ダイヤル シテクダサイ*
■
を押す
• スピーカーから、モニター音が聞こえます。
2
モニター音量を大きくするとき
モニタ - オンリョウ
ショウ[ ■■■■■■■■ ]ダイ
モニター音量を小さくするとき
モニタ - オンリョウ
ショウ[ ■■■■■■■■ ]ダイ
または
3
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. モニターを利用するには、システム登録の「137 直ダ再入力」
(p.263)が「ナシ」に設
定されている必要があります(お買い上げ時は、「アリ」に設定されています)。
43
音量を設定する
呼び出し音量を設定する
1
待機状態を確認する
2
音量を調整する
12-15 15:00
00%
または
を押すと、テスト用の呼び出し音が鳴ります。
音を確認しながら、お好みの大きさに調整します。
呼び出し音量を大きくするとき
ヨビダシ オンリョウ
(((( ☎ ))))
呼び出し音量を小さくするとき
ヨビダシ オンリョウ
☎
または
3
設定を終了する
を押す
44
2 章 お使いになる前に
原稿について
セットできる原稿
注:
お
な使
るい
前に
に
本機のセット可能な最大原稿幅は、216mm です。
また、最小サイズは 148mm(幅)x128mm(長さ)です。
お知らせ
1. 複数枚の原稿をセットする際には、以下のような範囲に限られます。
原稿のサイズ
A4 (210 mm × 297 mm)
Letter (216 mm × 279 mm)
原稿の厚さ
0.06 mm ∼ 0.10 mm
原稿枚数
*30 枚以下
• 同一サイズ、同質の原稿
• 原稿の紙質は上質紙相当(表、裏ともコーティングのないもの)
* 原稿の大きさと厚みが上記仕様を満たしていても、用紙の種類によっては、30 枚セットで
きない場合がありますので、ご注意ください。
2. 364 mm を超える原稿をセットする場合は、手で支えながら送信してください。
45
原稿について
セットできない原稿
次の原稿はセットしないでください。
• このような原稿を使用すると、ファクス送信やコピー時に、用紙づまりが発生したり、画像が正しく
再現されないなどの原因となることがあります。
• このような原稿は、あらかじめ別の用紙にコピーしておいたものを使用してください。
湿気を帯びているもの
薄すぎるもの
(0.05mm 未満の原稿)
表または裏がコーティングされ
ているもの
46
インクが乾いていない、またはイ
ンクの塊が残っているもの
しわになったり、曲がったりまた
は折れたりしたもの
化学処理されたもの
(例:感圧紙、カーボンコート用紙
など)
布製
金属製
原稿について
原稿のセットのしかた
お
な使
るい
前に
に
原稿は正しくセットしてください。
誤った方法でセットすると、原稿づまりなどのトラブルの原因になります。
• セットできる原稿について
セットできる原稿(p.45)
1
2
原稿を確認する
• 原稿がホッチキスやクリップ留めされていないこと
• 破れていない、油がついていない、コーティングされてい
ないこと
原稿をセットする
読み取る面を上向きにして、自動原稿送り装置(ADF)の奥
に突き当たるまで差し込む
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
• 一度にセットできる原稿:30 枚まで
3
原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
47
インターネットに接続するには
本節は、本機をネットワークに接続する前に是非お読みください。
本機を、10Base-T/100Base-TX イーサネット LAN(ローカルエリアネットワーク)へ接続すると、次
の機能を利用できます。
• 本機で読み取った原稿を、メールで送信する
• インターネット FAX のメッセージを送信する(ダイレクト SMTP 送信)
• メールを自動的に受信し、プリントする
• G3 ファクスまたはメールで受信した文書を、あらかじめ設定したメールアドレスまたは通常の G3
ファクスへ自動的に転送する
受信文書を転送する(メモリー転送)(p.134)
• G3 ファクスから受信した文書を、ITU-T のサブアドレスを使って、発信者が指定したメールアドレス
または G3 ファクスへ自動的にルーティングする
受信した文書を転送する(受信ルーティング)(p.194)
• メールを通常のファクス送信として、他のファクスへ中継する
中継局を利用する(LAN 中継同報)(p.200)
• ネットワークスキャナー、プリンターとして利用する
これらの機能を利用するためには、本機をネットワークへ正しく設定する必要があります。ネットワークの
設定内容については、システム管理者へお問合せください。
「事前準備表」
(p.51)をコピーし、MAC (Media Access Control)アドレスを記入してから、システ
ム管理者へ未記載の項目の記入を依頼してください。
Mac アドレスは、システム登録リストで確認できます。
システム登録リストのプリント方法
を押し、キーオペレーターコードを入力してから
を押す
本機は、SMTP 転送または POP クライアントによる受信のどちらかを設定できます。なお、SMTP 転送
または POP クライアントでは、利用できる機能が異なります。次の表を参照してください。
SMTP 転送
POP クライアント
原稿情報をメールで送信
機能
○
○
インターネット FAX のメッセージを、ダイレクト SMTP に
より送受信
○
×
メールの自動受信とプリント
○
○
メールの手動受信とプリント
×
○
受信したファクスまたはメールの自動転送
○
○
ファクスの自動振り分け転送(ルーティング)
○
○
メールからファクスへの中継
○
×
お知らせ
1. SMTP 転送で受信するには、本機のメールアドレスにお客様のドメインとホスト名が含まれて
いる必要があります。また、ホスト名がお客様のネットワークの DNS (Domain Name
System) サーバーへ登録されてきる必要があります。
「⃝⃝⃝ @ ホスト名 ........ ドメイン名」の形式で登録します。
例:[email protected]
2. 自動的に SMTP 転送または POP 受信が実行されます。POP クライアントとして設定した
場合は、手動で受信することもできます。
3. DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) をご使用の場合、インターネット登
録リスト(自局登録リスト)の IP アドレスはシステム管理者に依頼してください。
4. 本機が受信、プリント、転送、中継できるメールは、テキスト本文と TIFF-F 形式画像の添付
ファイルのみです。
48
インターネットに接続するには
SMTP 転送として設定するには
お
な使
るい
前に
に
本機を SMTP 転送設定で利用する場合は、次のネットワークパラメーターの設定が必要です。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
DNS サーバーの IP アドレス( お知らせ 1)
本機の IP アドレス
本機のサブネットマスク
SMTP メールサーバー名または IP アドレス
デフォルトゲートウェイ
本機のメールアドレス( お知らせ 2)
ホスト名
SMTP 認証名(SMTP サーバーに認証が必要なとき)
SMTP 認証パスワード(SMTP サーバーに認証が必要なとき)
z メール(本機からコンピューターへ)の送信例
z メール(コンピューターから本機へ)の受信例
お知らせ
1. DNS サーバーが利用できない場合は、システム登録の「161 DNS サーバー」(p.265)
を「ナシ」に変更します。
2. SMTP 転送で受信するには、本機のメールアドレスに、ドメインとホスト名が含まれている
必 要 が あ り ま す。ま た、ホ スト名がお客様のネットワークの DNS
(Domain Name
System) サーバーへ登録されている必要があります。
詳しくは、ネットワーク管理者にお問い合わせください。
49
インターネットに接続するには
POP クライアントとして設定するには
本機を POP クライアントとして利用する場合は、次のネットワークパラメーターの設定が必要です。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
DNS サーバーの IP アドレス( お知らせ 1)
本機の IP アドレス
本機のサブネットマスク
SMTP メールサーバー名または IP アドレス
デフォルトゲートウェイ
POP サーバー名または IP アドレス
POP ユーザーアカウント名
POP パスワード
本機のメールアドレス( お知らせ 2)
z メール送信の例(本機からコンピューター へ送信)
z メール受信の例(コンピューターから本機へ送信)
お知らせ
1. DNS サーバーが利用できない場合は、システム登録の「161 DNS サーバー」
(p.265)
を「ナシ」に変更します。
2. メールアドレスの形式は、通常のメールアドレスと同じです。
詳しくは、ネットワーク管理者にお問い合わせください。
50
インターネットに接続するには
事前準備表
ネットワーク経由で全体のシステムが正しく動作するために、確定情報と追加パラメーターを設定する必要
があります。システム管理者から必要な情報を得て、ネットワークへ接続してください。
• 重要: このページ全体をコピーし、追加して記入する情報をシステム管理者にお問い合わせください。
記入後は、本マニュアルの表紙裏にはさんでおき、必要なときに参照してください。 ユーザー情報
社名
住所
部署名
都道府県
電話番号
市
ファクス番号
郵便番号
自局情報リスト(インターネットパラメーター)(p.38)
(1) 自局 IP アドレス:
(2) サブネットマスク:
(3) デフォルトゲートウェイ:
(4) DNS サーバー IP アドレス:
(5) 自局のメールアドレス:
(6) メールサーバー名または IP アドレス:
(7) SMTP 認証名:
(8) SMTP 認証パスワード:
(9) POP サーバー名または IP アドレス:
(10) POP ユーザー名:
(11) POP パスワード:
(12) ホスト名:
(13) サブジェクト:
(14) デフォルトドメイン:
(15) セレクトドメイン:
1.
2.
3.
4.
5.
(16) リモートパスワード:
(17)LAN 中継パスワード:
(18) 管理者メールアドレス:
(19) 中継ドメイン名:
1.
2.
3.
4.
5.
(20) コミュニティー名 (1):
(21) コミュニティー名 (2):
(22) デバイス名:
(23) デバイスのロケーション:
お知らせ
ポート番号:
ポート番号:
6.
7.
8.
9.
10.
6.
7.
8.
9.
10.
1. (1) ∼ (18) はシステム管理者から提供される情報です。
2. DNS サーバーが利用できない場合は、システム登録の「161 DNS サーバー」(p.265)
を「ナシ」に変更します。
3. Mac アドレスは、システム登録リストで確認できます。
システム登録リストのプリント方法
を押し、キーオペレーターコードを入力してから
を押す
51
お
な使
るい
前に
に
インターネットに接続するには
記載内容の説明
項目
(1)
自局 IP アドレス
本機のインターネットプロトコル (IP) アドレス
(2)
サブネットマスク
サブネットマスク
(3)
デフォルトゲートウェイ
デフォルトゲートウェイ
(4)
DNS サーバー IP アドレス 1,2
DNS サーバーの IP アドレス
(5)
自局メールアドレス
本機のメールアドレス(60 桁まで)
(6)
メールサーバー名、またはメールサーバー IP アド SMTP サーバー名(60 桁まで)
レス
SMTP サーバーの IP アドレス
ポート番号
(7)
SMTP 認証名
SMTP 認証名
この項目は、システム登録の「170 SMTP 認証」
(p.266)が「アリ」の場合に設定します。
(8)
SMTP 認証パスワード
SMTP 認証パスワード
この項目は、システム登録の「170 SMTP 認証」
(p.266)が「アリ」の場合に設定します。
(9)
POP サーバー名、
または POP サーバーIP アドレス POP サーバー名(60 桁まで)
POP サーバー IP アドレス
ポート番号
(10)
POP ユーザー名
POP ユーザー名(40 桁まで)
(11)
POP パスワード
POP パスワード
(12)
ホスト名
ホスト名(60 桁まで)
(13)
デフォルトサブジェクト
(14)
デフォルトドメイン名
件名 (Subject) の部分に自動挿入される内容
(40 文字まで)
入力したメールアドレスが SMTP 標準に対して不
完全な場合に使用されるドメイン名です。
メールアドレスに自動的に付加されます。デフォル
トドメインは、手動でメールアドレスを入力する場
合にも利用できます(最大 50 文字まで)
。
例: panasonic.com
(15)
セレクトドメイン名
(01 ∼ 10)
ドメイン名を 10 個まで登録できます。手動でメー
ルアドレスを入力するときに「@」入力後にリスト
から選択できます(最大 30 文字まで)
。
例: yourcompany.com
(16)
リモートパスワード
メールを使ったリモート操作によるインターネッ
トパラメーター、宛先登録、通信管理レポートの取
得に関するパスワード(10 桁まで)
(17)
LAN 中継パスワード
(18)
管理者メールアドレス
(19)
52
説明
中継許可ドメイン名
(01 ∼ 10)
LAN 中継送信時の中継許可用パスワード
(10 文字まで)
LAN 中継送信状況モニターと通信費用管理のため
の、管理者用メールアドレス(60 桁まで)
中継送信要求のために本機へのアクセスを許可する
ドメイン名を 10 個まで入力できます
(30 桁まで)
。
(20)
コミュニティー名 (1)
ソフトウェア ( デバイスエクスプローラーなど ) 用
のコミュニティー名(32 文字まで)
(21)
コミュニティー名 (2)
ソフトウェア ( デバイスエクスプローラーなど ) 用
のコミュニティー名(32 文字まで)
(22)
デバイス名
ソフトウェア ( デバイスエクスプローラーなど ) 用
のデバイス名(32 文字まで)
(23)
デバイスロケーション
ソフトウェア ( デバイスエクスプローラーなど ) 用
のデバイス・ロケーション(32 文字まで)
インターネットに接続するには
お
な使
るい
前に
に
お知らせ
1. IP アドレスはドットで 4 パートに区切られた数字の連なりです。
例:192.168.0.1
2. 「・」(ドット)は、
を使って入力できます。
3. DNS サーバーが利用できない場合は、システム登録の「161 DNS サーバー」(p.265)
を「ナシ」に変更します。
53
インターネット FAX 通信について
インターネット FAX 通信とは
インターネット FAX 通信とは、原稿をインターネット FAX から、相手先のコンピューター、またはイン
ターネット FAX へ送信する機能のことです。原稿は、メールの TIFF または PDF 形式の添付ファイルとし
て、相手先のコンピューターに送信されます。インターネット FAX からの簡単な操作で相手先のメールア
ドレスへ送信できます。
コンピューター側のメールソフトが MIME 形式に対応していない場合は、TIFF または PDF 形式の添付ファ
イルを使用できないため相手先へ正しく届きません。
メールのメッセージは、まず SMTP メールサーバーに送られ、その後メールサーバーからインターネット
へ送られます。
インターネット FAX では、PDF 形式のデータは受信できません。
インターネット FAX 送達確認通知 (MDN)
インターネット FAX からの送信の到達を確認できます。ただし、受信者の側に送達(開封)確認通知 (MDN)
の機能が備わっている必要があります。
インターネット FAX からの送達確認の通知要求に応答できるメールアプリケーションには、Eudora® や
Outlook® Express などがあります。MDN についての詳細は、各メールアプリケーション付属のヘルプや
ユーザーガイドを参照してください。
54
インターネット FAX 通信について
ダイレクト SMTP とは
ダイレクト SMTP は、SMTP メールサーバーを介さずに、直接インターネット FAX 間でやりとりを行う
機能です。
• IP アドレスについてはネットワーク管理者にお問い合わせください。
企業などのイントラネットでは、ファイアウォールの負担を考慮して、添付ファイルを持たないメールと
ホームページ閲覧だけが許可されていることがあります。
このような場合に、ダイレクト SMTP を使うことで、メールサーバー(SMTP サーバー)への負担を軽減
できます。
• ダイレクト SMTP を使う場合は、システムの登録の「172 ダイレクト SMTP 送信」
(p.266)を
「アリ」に設定します。
• ダイレクト SMTP の送信先は、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録しておく必要があります。
システムの登録の「172 ダイレクト SMTP 送信」(p.266)が「アリ」に設定されている場合、
ワンタッチダイヤル(01 ∼ 32)や短縮ダイヤル(001 ∼ 168)の登録時に、
「ダイレクト SMTP」
の設定画面が表示されます。ダイレクト SMTP 送信を設定する場合は、「ハイ」を選択します。
ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)
短縮ダイヤルを登録する(p.233)
•
DNS に登録されていない相手は、@以下に IP アドレスで指定します。
(例) [email protected]
インターネット
FAX
インターネット
FAX
ダイレクト SMTP
LAN
インターネット
メールサーバー
(SMTP サーバー)
お知らせ
1. システム登録の「161 DNS サーバー」(p.265)が「ナシ」に設定されている場合、
メールアドレス指定時に「@」以降を IP アドレスで指定する必要があります。
2. ダイレクト SMTP で送られてきた文書をコンピューターで受信するには、ファクス受信ソフ
トが必要です。操作方法については、CD-ROM 内に格納されている『取扱説明書(ソフト
ウェア編)』を参照してください。
55
お
な使
るい
前に
に
インターネット FAX 通信について
インターネットからのメール受信
コンピューターからインターネット FAX に送られてきたメールを、設定により自動または手動でプリント
する機能です。
ただし、インターネット FAX がサポートしている TIFF 形式以外の添付ファイル(Word、Excel®、
PowerPoint® などのファイル)が送られてきた場合は、エラーメッセージがプリントされ、プリントでき
なかったことを知らせます。
56
インターネット FAX 通信について
ルーティングとは
ルーティングとは、一般回線のファクスから受信した文書を、ネットワークに接続したコンピューター、ま
たはインターネット FAX にメール送信する機能のことです。また、別の一般回線のファクスにファクス送
信することもできます。
送信機の G3 ファクスが F コード通信の指示機能を利用できるファクスの場合、登録したサブアドレスを
指示することで、通信ごとに宛先を選択して送信できます。
また NTT、NTT コミュニケーションズと契約している場合、送信機の G3 ファクスはナンバーディスプレ
イ(発信者番号通知)やモデムダイヤルインを使用して送信できます。
1. F コード通信に対応していないファクスの場合は、通信ごとに宛先の選択はできませんが、数字 ID を
登録しておくと、個別の宛先に送信できます。
2. 利用できるファクスに関しては、サービス実施会社にお問い合わせください。
お知らせ
1. ファクス送信をしたファクスに上記のサブアドレス機能が備わっていない場合、サブアドレ
スの宛先は選べません。
2. 本機はメールアドレスと電話番号に同一のサブアドレス番号を登録することができます。ま
た、ルーティング用に、複数のメールアドレス、ファクス番号、電話番号を短縮登録できます。
57
お
な使
るい
前に
に
インターネット FAX 通信について
メモリー転送とは
メモリー転送とは、本機のメモリーに受信したメールやファクスを、あらかじめ設定した 1 つの宛先(ファ
クスやコンピューター)へ転送する機能のことです。
58
インターネット FAX 通信について
ネットワークスキャナーとは
本機をスキャナーとして利用できます。
インターネットを利用して、原稿を本機からコンピューターへメールとして送信することにより、原稿の画
像イメージを コンピューター 側で閲覧できます。
• デフォルトドメインとして設定されている、同じドメイン内の宛先に文書を送信するときに、ヘッダー
を含めるかどうかを指定するには、システム登録の「164 LAN 送信ヘッダー」(p.266)を使い
ます( お知らせ 1)。
お知らせ
1. デフォルトドメイン外の宛先に文書を送信するときには LAN 送信ヘッダーの設定が「ナシ」
になっていてもヘッダーを含めて送信されます。
59
お
な使
るい
前に
に
インターネット FAX 通信について
ネットワークプリンターとは
本機をプリンターとして利用できます。
コンピューターの各種アプリケーションで作成した書類を、コンピューターからの操作により、ネットワー
クに接続した本機へプリントを指示できます。
ネットワークプリンター機能を利用するためには、ソフトウェア(プリンタードライバー)を下記のホーム
ページからダウンロードするか、または付属の CD-ROM からコンピューターにインストールする必要があ
ります。
プリンタードライバーのインストールの方法や操作方法については、CD-ROM 内に格納されている『取扱
説明書 (ソフトウェア編)』を参照してください。
z ソフトウェアをダウンロードできるホームページ:
http://panasonic.biz/doc/fax/download/index.html
お知らせ
60
1. 本機をネットワークプリンターとして使用するためには、IP アドレス、サブネットマスク、
デフォルトゲートウェイが登録されている必要があります。
インターネット FAX 通信について
LAN 中継同報とは
LAN 中継同報とは、ネットワークに接続したインターネット FAX やコンピューターから送信したメール
を、LAN 中継同報機能を持ったインターネット FAX を経由して、一般回線に接続された複数の G3 ファ
クスへ同報送信する機能のことです。メールには TIFF-F 形式のファイルを添付できます。
また、本機では、表計算ソフトなどの各種アプリケーションのデータファイルを TIFF-F 形式のファイルに
変換してメールの添付ファイルとして送信できます。
各種アプリケーションのデータファイルを TIFF-F 形式のファイルに変換するには、ソフトウェア(TIFF 変
換プログラムおよび MAPI メールリンキング)を下記のホームページからダウンロードするか、または付
属の CD-ROM からコンピューターにインストールする必要があります。
各プログラムのインストールの方法や操作方法については、ダウンロードしたホームページを参照してくだ
さい。
z ソフトウェアをダウンロードできるホームページ:
http://panasonic.biz/doc/fax/download/index.html
61
お
な使
るい
前に
に
インターネット FAX 通信について
DHCP(Dynamic Host Configuration Protocol) とは
DHCP とは、インターネット FAX やコンピューターに IP アドレスを自動的に割り当てるためのプロトコ
ルです。DHCP を使うと、インターネット FAX がネットワークに接続するたびに、自動的に固有の IP ア
ドレスを取得でき、ネットワーク管理者の IP アドレス管理の手間が省けます。
ネットワークにログオンしたインターネット FAX に対して、DHCP サーバーでマスターリストから選んだ
IP アドレスが割り当てられます。
なお、本機で次の機能を利用するには、DHCP を使わずに、ネットワーク管理者によって設定された IP ア
ドレスを設定し、必要な環境設定する必要があります。
・SMTP 受信
・LAN 中継送信
・ダイレクト SMTP (ダイレクト SMTP 送信)
SMTP 認証とは
SMTP 認証とは、インターネットのセキュリティを高めるための認証サービスのひとつです。
世界規模の電子的なインフラストラクチャーとしてインターネットが登場して以来、通信機器市場は飛躍的
に伸びています。しかし、インターネットのセキュリティを高める技術は、まだ確固としたものが出ていま
せん。この理由はいくつかあります。
1. インターネットメールはマルチホップ(雑多なプロトコル、雑多なデバイス)の構造体であり、通信路
をベースとしたセキュリティは一般的に実現が困難である
2. インターネット FAX の標準規格が推奨する独占的な技術がない
現在、システムの改善と健全化の標準的なソリューションとして提供されているのは、暗号技術ベースの認
証システムです。この認証技術は SASL(Simple Authentication and Security Layer)のような認証
機構に統合されています。
インターネットのサービスプロバイダ (ISP) は、多くが何らかの認証方式を採用しています。
本機が提供する認証オプションは、次のとおりです。
1. SMTP 認証拡張サービス (SMTP AUTH) :
接続時にアカウント名とパスワードによる認証が行われる方法です。特定ユーザー以外の送信や中継を
防止できます。
2. APOP 認証サービス(APOP):
パスワードを暗号化する方法です。メールの送受信に使われます。
3. POP before SMTP:
送信前に、指定した POP3 サーバーにあらかじめアクセスさせることで、SMTP サーバーの使用許可
を与える方法です。
62
インターネット FAX 通信の注意点
インターネット FAX による通信は、基本的にメールと同様で、一般回線用のファクスによる通信とは異な
ります。通常のファクス通信と異なる点は、次のとおりです。
インターネット FAX と通常のファクスの相異点について
通常のファクスでは、受話器を上げてダイヤルして原稿を送ります。データは電話回線を介して相手側に届
き、回線使用の料金は送信者が負担します。ファクスとファクスが接続されると、同期を取り、画像データ
を交換します。
これに対して、インターネット FAX は、メールに似ています。
画像データはパケットに分解され、電話回線を介さずにネットワークからインターネットへ、またはイント
ラネットへと送信されます。このため、長距離通話の経費を節減できます。
正常に送信されましたか?
1. インターネット通信はネットワーク経由でのメールサーバーとの通信のため、直接相手との通信はでき
ません。このため、何らかの原因で文書が正しく送信できなかった場合にのみ、メールサーバーからエ
ラーメールが返送されます。
2. 相手先の場所、インターネットなどの回線の混み具合、ネットワーク システムの構成にもよりますが、
エラーメールが返送されるまで長い時間(通常 20 ∼ 30 分)かかることがあります。
3. メールサーバーの調子により、エラーメールが返送されない場合があります。重要な書類、緊急を要す
る書類、またそれに準じる書類を送信する場合は、送信後に必ず電話で確認してください。
4. 受信側のメールシステムが MIME に対応していない場合、受信側に原稿を正しく送信することができ
ません。また、相手のメールサーバーによっては、エラーメールが返送されない場合があります。
ネットワーク 経由の電話について
ネットワーク 経由の電話はできません。電話は一般回線(PSTN)でのみ使用できます。
デュアルポート通信について
本機にはデュアルポート通信機能があります。ネットワーク経由の通信中でも、一般回線(PSTN)を使用
したファクス通信ができます。
お知らせ
1. システム登録の「172 ダイレクト SMTP 送信」
(p.266)が「アリ」に設定されている
場合は、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルで、メールサーバーを経由せずに宛先に送信する
ように設定できます。
2. 本機には送達確認の要求機能があります。
受信確認メールを送る(送達確認)(p.199)
63
お
な使
るい
前に
に
インターネット FAX 通信の注意点
文字サイズについて
ファクシミリでの使用を考慮して、文字サイズのお買い上げ時の設定が「フツウ」に設定されています。
文字サイズは、使用する原稿に合わせて変更できます。
文字サイズを設定する(p.74)
インターネットメール受信について
1. 本機は、コンピューターからのメールを受信しますが、受信したデータのうち、英数字、ひらがな、カ
タカナと第 1、2 水準の漢字(ISO-2022-JP)を記録できます。Unicode(UTF-8) などの文字コー
ドでは文字化けとなります。また、読み取りできない文字は「■」と表示されます。
2. 受信したフォントや文字の大きさは変更できません。
3. 受信データは、1 ページ約 72 行で出力されます。
4. 受信したメールに TIFF-F 形式以外のファイル(Word、Excel®、PowerPoint® などのファイル)が
添付されていた場合は、エラーメッセージが表示され、プリントできなかったことを知らせます。
5. 受信したメールに TIFF-F 形式の画像ファイルが添付されていた場合には、テキストと画像を別々の
ページにプリントされます。
LAN 中継通信時のセキュリティについて
LAN 中継局への不正なアクセスを防止するために、次のようにネットワーク・セキュリティを設定します。
• LAN 中継パスワード、中継許可ドメイン名を設定します。
• LAN 中継通信全体を管理するために、管理者のメールアドレスを登録し、通信管理レポートを受け取
れるようにします。
64
Memo
お
な使
るい
前に
に
65
3 章 ファクスの操作
ファクスを送る
直接ダイヤルで送る
電話番号を手動でダイヤルする操作を「直接ダイヤル」と呼びます。
直接ダイヤルで送信する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
ダイヤルする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
TEL. NO.
12345678■
テンキーで相手の電話番号を入力する
例:
「12345678」を入力
• 誤って入力した場合は
4
を押します。
• 36 桁まで入力できます。
• 記号を使って機能を入力できます。 記号を使ったダイヤ
ル方法(p.67)を参照してください。
TEL.NO. サイニュウリョク
■
を押す
• ダイヤル再入力の画面が表示されます。
5
もう一度ダイヤルする
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
テンキーで相手の電話番号を再入力する
6
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
7
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 手順 3 で入力した電話番号と異なる場合は、
「アテサキガ
イッチシテイマセン」と表示され、手順3に戻ります。
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
66
TEL. NO.
12345678
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
ファクスを送る
8
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
*ダイヤル シテイマス*
12345678
を押します。
記号を使ったダイヤル方法
直接ダイヤルで宛先を指定する場合、下のボタンを押すと記号が入力され、さまざまな機能を利用できます。
ポーズを入力する
ダイヤルに間隔を開けたいときに押します。
内線電話をお使いの場合は、外部アクセス番号を入力したあとに、
このボタンを押してから、相手の電話番号を入力します。
画面には、「ー」が表示されます。
例:9
トーン信号に切り替える
5551234
ダイヤル回線をお使いの場合にこのボタンを押すと、パルス信号が
トーン信号に切り替わります。画面には「/」が表示されます。
回線種別を設定する(p.32)
回線種別がプッシュ (PB) の場合、このボタンを押すと画面には
「*」が表示されますが、設定は無効です。
例:9
5551234
「/」の前まで発信したあとに、パルス発信からトーン発信へ変更さ
れます。
#を入力する
ファクス情報サービスを使う場合などに押します。
F コード(サブアドレス)
を入力する
F コード(サブアドレス)を入力したい場合は、このボタンを押し
てから F コード(サブアドレス)を入力します。画面には、
「s」が
表示されます。
お知らせ
1. お買い上げ時の設定では、1 ページ目の原稿がメモリーに蓄積されるとダイヤルが開始され、
引き続き2ページ目の原稿の読み取りが始まります。この機能を“クイックメモリー送信”と
呼びます。原稿をすべてメモリーに保存してから送信したい場合は、システム登録の「082
クイックメモリー送信」(p.261)を「ナシ」に変更します。
67
フ
ァ
のク
操ス
作
ファクスを送る
ワンタッチダイヤルで送る
ワンタッチダイヤルを使って、簡単な操作でダイヤルできます。
• ワンタッチダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)を
参照してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
を押す
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
<01> パナソニック
5551234
例:ワンタッチボタン 01
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
<01> パナソニック
5551234
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
68
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
を押します。
1. お買い上げ時の設定では、1 ページ目の原稿がメモリーに蓄積されるとダイヤルが開始され、
引き続き2ページ目の原稿の読み取りが始まります。この機能を“クイックメモリー送信”と
呼びます。原稿をすべてメモリーに保存してから送信したい場合は、システム登録の「082
クイックメモリー送信」(p.261)を「ナシ」に変更します。
ファクスを送る
短縮ダイヤルで送る
短縮番号を押してダイヤルできます。
• 短縮ダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 短縮ダイヤルを登録する(p.233)を参照してくだ
さい。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
3
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
5553456
を押す
4
フ
ァ
のク
操ス
作
例:短縮番号「010」
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
を押します。
1. お買い上げ時の設定では、1 ページ目の原稿がメモリーに蓄積されるとダイヤルが開始され、
引き続き2ページ目の原稿の読み取りが始まります。この機能を“クイックメモリー送信”と
呼びます。原稿をすべてメモリーに保存してから送信したい場合は、システム登録の「082
クイックメモリー送信」(p.261)を「ナシ」に変更します。
69
ファクスを送る
電話帳で送る
ワンタッチダイヤル(p.68)、短縮ダイヤル(p.69)に登録されている宛先を、宛先名で検索してダ
イヤルできます。
• ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 ワンタッチダイヤルを登録す
る(p.230)
、 短縮ダイヤルを登録する(p.233)を参照してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
3
4
5
アテサキメイ ニュウリョク <カナ
■
を押す
文字ボタンを使って宛先名の全部または一部を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:
「PANASONIC」を検索するために「PANA」
と入力
宛先を探す
アテサキメイ ニュウリョク <A>
PANA
<01> PANASONIC
5553456
または
6
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
送信する宛先名がディスプレイに表示されるまで繰り返す
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
70
<01> PANASONIC
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
ファクスを送る
8
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
*ダイヤル シテイマス*
PANASONIC
を押します。
フ
ァ
のク
操ス
作
1. お買い上げ時の設定では、1 ページ目の原稿がメモリーに蓄積されるとダイヤルが開始され、
引き続き2ページ目の原稿の読み取りが始まります。この機能を“クイックメモリー送信”と
呼びます。原稿をすべてメモリーに保存してから送信したい場合は、システム登録の「082
クイックメモリー送信」(p.261)を「ナシ」に変更します。
71
ファクスを送る
複数宛先に送る(順次同報送信)
同じ原稿を複数の宛先に送信する場合、メモリー送信を使うことで一度の操作でたくさんの相手に送ること
ができます。ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、グループダイヤル、および直接ダイヤル(20 カ所まで)
を含め、合わせて 220 カ所まで指定できます。
ただし、お買い上げ時は、複数宛先の指定、およびグループダイヤルを禁止するように設定されています。
この機能が設定されている場合、2 カ所目の宛先指定時に、次のメッセージが表示されます。
フクスウアテサキノ センタクハ
デキマセン
• 複数宛先指定の禁止を解除する場合は、システム登録の「117 複数宛先指定」
(p.262)を「アリ」
に設定します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
次の方法を組み合わせてダイヤルする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.68)
ボタンを押して、
を押す
• 短縮ダイヤル(p.69)
短縮番号を指定して、
を押す
• 電話帳(p.70)
宛先を選択して、
を押す
• 直接ダイヤル(p.66)
電話番号を入力して、
を押す(最大 20 件)
例:
を押す(ワンタッチボタン 01)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
<01> ( 宛先名 )
5551234
[010]( 宛先名 )
5553456
を押す(短縮番号 010)
• 入力した宛先数を確認する場合、
•
または
を押します。
を押すと、入力した宛先を確認できます。
宛先を削除する場合は、
を押します。
• システム登録の「091 宛先確定操作」
(p.261)が「ア
リ」に設定されている場合は、短縮ダイヤル、ワンタッチ
ダイヤルを連続して指定できません。
を押してから
次の宛先を指定してください。
72
1 アテサキ セ ッ ト
ツイカ マタハ スタ - ト
ファクスを送る
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
6
フ
ァ
のク
操ス
作
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。すべての原稿の読み取り
が終了したら、送信が開始されます。( お知らせ 1)
お知らせ
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
<01> ( 宛先名 )
5551234
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
• 送信を中止する場合は、
直接ダイヤルの場合
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
を押します。
1. 複数の宛先を設定している場合、クイックメモリー送信は使用できません。
73
ファクスを送る
濃度や文字サイズを設定する
送信する原稿に合わせ、濃度と文字サイズを設定できます。これらの設定は、通信が終了すると自動的に元
の設定に戻ります。
濃度を設定する
原稿を読み込む濃度を設定します。
文字が薄い原稿を送るときは「コク」に変更します。文字がこい原稿を送るときは「ウスク」に変更します。
を押すたびに、濃度の設定が切り替わります。
ノウド キリカエ:
フツウ
ノウド キリカエ:
ウスク
ノウド キリカエ:
コク
文字サイズを設定する
原稿を読み込む細かさ(解像度)を設定します。
細かい文字の原稿を送るときは「チイサイ」または「サイミツ」を、写真やカラー原稿を送るときは「ハー
フトーン」に変更します。
を押すたびに、文字サイズの設定が切り替わります。
お知らせ
74
モジサイズ:
フツウ
モジサイズ:
チイサイ
モジサイズ:
ハーフトーン
モジサイズ:
サイミツ
1. 濃度や文字サイズは、初期値を変更できます。よくお使いになる濃度や文字サイズの設定を
登録しておけば、原稿をセットするたびに設定をする手間が省けます。
システム登録の「001 濃度切り替え」
(p.257)
システム登録の「002 文字サイズ」
(p.257)
ファクスを送る
メモリー送信について
メモリー送信とは、原稿をいったんメモリーに蓄積してから、ダイヤルを開始する方法です。
何らかの原因で、送信の途中で通信が中断されたときは、残りのページが再送されます。
• メモリーに保存できる枚数は約 480 枚です。ITU-T No.1 テストチャート原稿(p.319)を、文字
サイズ「フツウ」で読み取ったときの枚数です。原稿によって、枚数は異なります。
ファイル番号とメモリー割合について
メモリーに蓄積された文書には、自動的にファイル番号が付けられ、ディスプレイ上段の右端に表示されます。こ
のファイル番号は、通信結果レポートなどにもプリントされます。
また、各ページをメモリーに蓄積したあとに、使用するメモリーの割合がディスプレイ下段の右端に表示されます。
• メモリーに蓄積中のディスプレイ表示
• メモリーに保存後のディスプレイ表示
文書のファイル番号
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=002
10%
蓄積した枚数
* チクセキ カンリョウ *
ゲンコウ マイスウ=003
使用するメモリーの割合
蓄積した枚数
メモリーオーバー時の動作について
複数宛先を指定している場合、またはシステム登録の「82 クイックメモリー送信」
(p.261)が「ナシ」
に設定されている場合は、原稿の蓄積中にメモリー容量が一杯になると、自動原稿送り装置(ADF)上の
残りの原稿が自動的に排出されます。
メモリー オーバー
コ-ド=0870
この場合、送信をキャンセルするか(
選択できます。
カンリョウ=15
トリケシ ?
ページ
2秒後
を押す)、または蓄積済みの文書だけを送信するか(
を押す)を
トリケシ ?
1:ハイ 2:イイエ
• 10 秒以内に操作をしない場合、自動的に「2: イイエ」が選択され、すでにメモリーへ読み込まれた原
稿だけが送信されます
75
フ
ァ
のク
操ス
作
ファクスを送る
エラーコードについて
何らかの原因で正常に送信できなかった場合は、ディスプレイにエラーコードが表示されます。また、読み
込まれた原稿は自動的にメモリーから消去され、エラーコードが通信結果レポートにプリントされます。
エラー発生時に、読み込んだ文書をメモリーに残しておき、再通信したい場合は、システム登録の「031
未通信ファイル保存」
(p.259)を「アリ」に変更しておきます。未通信ファイルを再送する操作につい
ては、 未通信ファイルを再送信する(未達宛先再通信)(p.125)を参照してください。
サイツウシンガ ヒツヨウデス
コード=××××
送信を停止したいときは
送信を停止する場合は、
を押します。
ディスプレイには、次のメッセージが表示されます。
ソウシン テイシ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、送信が停止され、メモリーに蓄積された文書が自動的に消去されます。
あらかじめ、システム登録の「031 未通信ファイル保存」
(p.259)を「アリ」に変更しておくと、次の
メッセージが表示され、メモリーに蓄積された文書を保存するか、削除するかを選択できます。
ファイル セーブ シマスカ ?
1:ハイ 2:イイエ
通信結果レポートについて
通信結果レポートをプリントするように設定している場合は、送信を停止したあとに次のメッセージが表示
されます。通信結果レポートをプリントする場合は、 を押します。
ケッカレポート プリント?
1:ハイ 2:イイエ
蓄積できる予約ファイル数について
メモリー内に蓄積されている予約ファイル数が 20 件になると次のメッセージが表示され、これ以上ファイ
ルを保存できません。メモリー内の予約ファイルの送信が終了するなど、予約ファイル数が少なくなってか
ら送信してください。
セット デキマセン
お知らせ
76
1. システム登録の「012 通信結果レポート」
(p.258)で、通信結果レポートのプリント方
法の初期値を変更できます。
ファクスを送る
誤送信防止の機能を使う
誤った宛先への送信を防止するため、本機には、複数宛先指定の禁止、宛先確認、直接ダイヤル制限、直接
ダイヤル再入力の4つの機能があります。
複数宛先指定を禁止する(複数宛先指定)
フ
ァ
のク
操ス
作
お買い上げ時は、複数宛先の指定、およびグループダイヤルを禁止するように設定されています。
この機能が設定されている場合、2 カ所目の宛先指定時に、次のメッセージが表示されます。
フクスウアテサキノ センタクハ
デキマセン
• 複数宛先指定の禁止を解除する場合は、システム登録の「117 複数宛先指定」
(p.262)を「アリ」
に設定します。
• プログラムダイヤルはこの機能の設定に関わらず複数宛先への送信が可能です。
宛先を確認してから送る(宛先確認)
本機では、お買い上げ時、常に宛先確認をしてから送信を開始するように設定されています。
宛先確認が設定されている場合、宛先を確認しないで
を押すと、宛先確認の操作を促すメッセー
ジが表示されます。
• 宛先確認をする場合は、システム登録の「125 宛先確認」
(p.262)を「アリ」に設定しておきま
す。お買い上げ時は、「アリ」に設定されています。
宛先を指定して
を押すと、宛先の確認を促すメッセージが表示されます。
次の手順で操作してください。
1
宛先を確認する
または
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
<01> PANASONIC
5553456
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
2
を押す
• 複数宛先を指定している場合、 または で、すべての
宛先を確認しないで
を押すと、右のメッセージが
表示され、手順1へ戻ります。
スベテノアテサキヲカクニンシ
スタートヲ オシテクダサイ
77
ファクスを送る
直接ダイヤルを制限する(直接ダイヤル制限)
電話番号を直接入力する操作を禁止するように設定できます。
• 直接ダイヤル入力を禁止する場合は、システム登録の「136 直接ダイヤル制限」
(p.263)を「ア
リ」に設定します。お買い上げ時は、「ナシ」に設定されています。
• この機能を設定すると、
は使用できません。ただし、再ダイヤル待ちが表示されている場
合は
押すと、再ダイヤルが開始されます。
直接ダイヤル制限が「アリ」に設定されている場合、テンキー、
示されます。
を押すと、次のメッセージが表
チョクセツダイヤル セイゲン
チュウ コノソウサハデキマセン
直接ダイヤル時に再入力する(直接ダイヤル再入力)
本機では、お買い上げ時、電話番号を直接入力する場合に電話番号の再入力画面が表示され、もう一度電話番
号を入力するように設定されています。1 回目と 2 回目の電話番号が一致した場合にだけ送信ができます。
• 直接ダイヤル再入力の設定を変更する場合は、システム登録の「137 直ダ再入力」
(p.263)で設
定を変更してください。お買い上げ時は、「アリ」に設定されています。
• システム登録の「136 直接ダイヤル制限」が「アリ」に設定されている場合は、
「137 直ダ再入力」
(p.263)で「アリ」を設定しても、再入力画面は表示されません。
• 1 回目と 2 回目の宛先が一致しない場合は、
「アテサキガ イッチシテイマセン」と表示されます。
直接ダイヤル再入力が「アリ」に設定されている場合、1 回目の電話番号を入力し、
すと、自動的に再入力画面が表示されます。次の手順に従って操作してください。
1
電話番号をもう一度入力する
2
を押す
• 1 回目と 2 回目の電話番号が一致すると、送信が開始され
ます。
• 1回目と2回目の電話番号が一致しない場合は、
「アテサキ
ガ イッチシテイマセン」と表示されます。この場合は、
1 回目の電話番号の入力から、操作し直します。
78
または
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
を押
ファクスを送る
メモリーを使わずに送る(ダイレクト送信)
本機では、何も設定を変更しないと、メモリー送信の機能がはたらき、読み取った原稿がいったんメモリー
に蓄積されてから送信されます。
メモリー送信について(p.75)
「メモリー優先」(
)を「オフ」に設定すると、読み取った原稿はメモリーに蓄積さ
れず、読み取りながら送信されます。この送信方法を、「ダイレクト送信」と呼びます。
ダイレクト送信は、次のような場合にお使になると便利です。
z 読み取った文書がメモリーに入らない
原稿の枚数が多いなどで、読み取った文書をすべてメモリーに蓄積できないことがあります。
このような場合に、ダイレクト送信を利用すると、原稿を分割しないで送信できます。
z 割り込んでファクス送信したい
緊急にファクス送信する必要が生じた場合に、すでにメモリーに蓄積されている送信予約に割り込んで
優先的にファクス送信できます。ダイレクト送信で送信予約した原稿は、実行中の通信が終了すると、
送信が開始されます。なお、ダイレクト送信では、複数相手先への送信はできません。
メモリー送信で原稿の送信中、原稿の受信中、または受信文書のプリント中は、ディスプレイに次のメッ
セージが表示されています。
• メモリー送信中
* ソウシン シテイマス *
( 宛先名 )
• 受信中
* ジュシン シテイマス *
( 相手先 ID)
• 受信文書のプリント中
* プリント シテイマス *
メモリー ファイル プリント
ダイレクト送信をする場合は、次の手順で「メモリー優先」を「オフ」に設定してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
メモリー優先の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
メモリーユウセン?
オン<>
を押す
4
アテサキ ヲ イレテクダサイ
を押す
<次ページへつづく>
79
フ
ァ
のク
操ス
作
ファクスを送る
5
6
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
例:短縮ダイヤル「010」
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
8
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
を押す
• ディスプレイには、
「ユウセン ヨヤク サレテイマス」と
表示されます。
• 実行中の通信が終了すると、送信(原稿の読み取り)が開
始されます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
を押します。
1. 内線電話などをお使いの場合、外部アクセス番号をダイヤルしたあとに、
を押して
から相手の番号を入力してください。詳しくは、 記号を使ったダイヤル方法(p.67)を参
照してください。
2. 回転ダイヤル式回線を使用しているとき、ダイヤルの途中でトーン発信に変更する場合、
(トーン)を押してください。詳しくは、 記号を使ったダイヤル方法(p.67)を参照して
ください。
3. 送信を停止する場合は、
を押します。
ディスプレイには、次のメッセージが表示されます。
ソウシン テイシ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、送信が停止されます。なお、ダイレクト送信の場合、通信結果レポートが「オ
ン」に設定されていても、通信結果レポートはプリントされません。
80
ファクスを送る
相手を確認してから送る(手動送信)
オンフックダイヤルを利用して、回線上の音を確認しながら手動でファクス送信を開始できます。
• オンフックダイヤルとは、
を利用して、回線上の音を確認する操作のことです。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
フ
ァ
のク
操ス
作
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
* ダイヤル シテクダサイ *
■
を押す
• モニタースピーカーからダイヤル発信音が聞こえます。
4
テンキーボタンで電話番号をダイヤルする
5
モニタースピーカーから「ピー」という音がしたら
例:
「5551234」を入力
*ダイヤル シテイマス*
5551234■
* ソウシン シテイマス *
を押す
• 原稿の読み取りが開始され、送信が開始されます。
お知らせ
1. モニターを利用するには、システム登録の「137 直ダ再入力」
(p.263)が「ナシ」に設
定されている必要があります(お買い上げ時は、「アリ」に設定されています)。
2. 内線電話などをお使いの場合、外部アクセス番号をダイヤルしたあとに、
を押して
から相手の番号を入力してください。詳しくは、 記号を使ったダイヤル方法(p.67)を参
照してください。
3. 回転ダイヤル式回線を使用しているとき、ダイヤルの途中でトーン発信に変更する場合、
(トーン)を押してください。詳しくは、 記号を使ったダイヤル方法(p.67)を参照して
ください。
4. 送信を停止する場合は、
を押します。ディスプレイには、次のメッセージが表示されます。
ソウシン テイシ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、送信が停止されます。なお、手動送信の場合、通信結果レポートが「オン」に
設定されていても、通信結果レポートはプリントされません。
81
ファクスを送る
次の送信を予約する(メモリー送信予約)
メモリー送信で原稿を送信中、または原稿の受信中に、次の操作ができます。
• 次の送信をメモリーに蓄積する(最大 20 件)
• 優先ファイルの送信を予約する(ダイレクト送信)
メモリー送信で原稿の送信中、原稿の受信中、または受信文書のプリント中は、ディスプレイに次のメッ
セージが表示されています。
• メモリー送信中
* ソウシン シテイマス *
( 宛先名 )
• 受信中
• 受信文書のプリント中
* ジュシン シテイマス *
( 相手先 ID)
* プリント シテイマス *
メモリー ファイル プリント
次の送信を予約する場合は、次の手順で操作してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
宛先を指定する
4
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
[010]パナソニック
5553456
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
例:短縮ダイヤル「010」
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
82
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
ファクスを送る
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始され、メモリーに蓄積されます。
実行中の通信やプリントが終了すると、送信が開始されま
す。
( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
* チクセキ カンリョウ *
ゲンコウ マイスウ =003
フ
ァ
のク
操ス
作
を押します。
1. メモリー送信予約の消去については、 通信予約ファイルを消去する(p.122)を参照くだ
さい。
83
ファクスを送る
同じ相手にもう一度送る(再ダイヤル)
自動再ダイヤル
相手が話し中などで、つながらなかった場合は、約 3 分間隔で 2 回まで自動的に再ダイヤルされます。
再ダイヤル待ちになったときは、次の画面のように「ダイヤルマチ」のメッセージが表示されます。
ダイヤルマチ
<01> ( 宛先名)
• 再ダイヤル待ちの通信予約ファイルは、通信予約時刻や宛先を変更できません。
• 再ダイヤル待ちの通信を中止したい場合は、「ダイヤルマチ」のメッセージが表示されている状態で、
を押します。
• 「ダイヤルマチ」が表示されている状態で
を押すと、再送信できます。
手動再ダイヤル
を押すと、最後に通信予約をした宛先に、もう一度ダイヤルできます。
ここでは、メモリー送信、メモリー優先それぞれについて、再ダイヤル(手動)の操作を説明します。
再ダイヤルをする場合は、次の手順で操作します。
z 最後に通信予約をした宛先に再ダイヤルする(メモリー送信)
1
2
3
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
を押す
4
を押す
5
84
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
TEL.NO.
12345678
TEL.NO. サイニュウリョク
■
• ダイヤル再入力の画面が表示されます。
もう一度ダイヤルする
テンキーで相手の電話番号を再入力する
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
ファクスを送る
6
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
7
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 手順 3 で入力した電話番号と異なる場合は、
「アテサキガ
イッチシテイマセン」と表示され、手順3に戻ります。
入力済みの宛先をすべて確認する
または
8
フ
ァ
のク
操ス
作
TEL.NO.
12345678
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から、最後に通信予約をした宛先に送信が開始されます。
• 送信を中止する場合は、
を押します。
*ダイヤル シテイマス*
12345678
z 最後に通信予約をした宛先に再ダイヤルする(ダイレクト送信)
1
2
3
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
メモリー優先の画面を表示する
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
メモリーユウセン?
オン<>
を押す
4
アテサキ ヲ イレテクダサイ
を押す
5
を押す
スタートデ ダイヤル カイシ
12345678■
<次ページへつづく>
85
ファクスを送る
6
TEL.NO. サイニュウリョク
■
を押す
7
8
• ダイヤル再入力の画面が表示されます。
もう一度ダイヤルする
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
テンキーで相手の電話番号を再入力する
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
9
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 手順 5 で入力した電話番号と異なる場合は、
「アテサキガ
イッチシテイマセン」と表示され、手順 5 に戻ります。
入力済みの宛先をすべて確認する
または
10
TEL.NO.
12345678
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*ダイヤル シテイマス*
12345678
を押す
• 原稿の読み取りが開始され、最後に通信予約をした宛先に
送信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
を押します。
1. 送信を停止する場合は、
を押します。
ディスプレイには、次のメッセージが表示されます。
ソウシン テイシ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、送信が停止されます。なお、ダイレクト送信の場合、通信結果レポートが「オ
ン」に設定されていても、通信結果レポートはプリントされません。
86
ファクスを送る
敬称を付ける
発信元印字の宛先(TO)に「サマ」を付加できます。
システム登録の「134 宛先名敬称付加」
(p.262)で、発信元印字の宛先(TO)に「サマ」を印字する
かどうかを設定できます。お買い上げ時は、「サマ」を印字するように設定されています。
フ
ァ
のク
操ス
作
敬称を付加した場合
87
ファクスを送る
通信結果レポートをプリントする
通信結果レポートをプリントして、通信結果を確認するように設定できます。通信結果レポートの設定に
よって、次のように動作します。
・「オフ」に設定した場合
:通信結果レポートはプリントされません。
・「オン」に設定した場合
:通信が終了すると、自動的に通信結果レポートがプリントされます。
・「ミツウシン」に設定した場合 :通信が未通信のときだけ、通信結果レポートがプリントされます。
1
通信結果レポートの画面を表示する
ツウシン ケッカ レポ-ト?
ミツウシン<>
を押す
2
①∼③のどれかのボタンを押す
ツウシン ケッカ レポ-ト?
オフ<>
オフのとき (プリントしない)
または
オンのとき(常にプリント)
ツウシン ケッカ レポ-ト?
オン<>
ミツウシンのとき(通信が失敗したときのみプリント)
または
•
または
を押して設定を変更することもできます。
3
を押す
88
ツウシン ケッカ レポ-ト?
ミツウシン<>
ファクスを受ける
受信モードについて
本機には、次の表のように、4 種類の受信方法があります。
お買い上げ時は「FAX 専用」に設定されています。お使いになる環境に合わせて設定してください。
電話回線の使用方法
ファクス専用で使いたい
適した受信モードと
ディスプレイ表示
FAX 専用
着信時の動作
フ
ァ
のク
操ス
作
着信すると、すぐにファクス受信が開始されます。
システム登録の「17 受信モー
ド」を「FAX センヨウ」に設定
する
FAX 専用に設定しているとき(p.91)
12-15 15:00
00%
以下は、設定の変更が必要です。 受信モードを設定する(p.90)
電話回線の使用方法
適した受信モードと
ディスプレイ表示
着信時の動作
電 話 と し て 使 う こ と が 手動
着信すると、呼び出し音が鳴り続けます。
多い
ファクスを自動受信することはできません。
システム登録の「17 受信モー
本機に外部電話機を接続してお使いになっている場
ド」を「シュドウ」に設定する
合、接続した外部電話機の受話器で会話したあと、
ファクスを受信できます。
12-15 15:00
<シュドウ>
会話したい場合は、外部電話機の受話器を上げます。
を押すとファクスを受信できます。
手動受信に設定しているとき(p.91)
電 話 と フ ァ ク ス の 両 方 F/T 切り替え
着信すると、呼び出し音が鳴ります。
に使いたい
・相手がファクスの場合:ファクスであることを検知
システム登録の「17 受信モー
すると、自動的に受信が開
ド」を「FAX/TEL キリカエ」に
始されます。
設定する
・相手が電話の場合:
呼び出し音が鳴り続けま
す。外部電話機の受話器を
上げると会話できます。
12-15 15:00
<F/T キリカエ>
F/T 切り替えに設定しているとき(p.93)
留守録接続
着信すると、呼び出し音が鳴り、応答メッセージが流
留守番電話を接続し、
れます。
電話とファクスの両方
システム登録の「17 受信モー
に使いたい
・相手がファクスの場合:ファクスであることを検知
ド」を「ルスロクセツゾク」に設
( お知らせ 1)
すると、自動的に受信が開
定する
始されます。
・相手が電話の場合:
外部電話機
(留守番電話)の
録音が開始されます。
12-15 15:00
<ルスロク セツゾク>
お知らせ
留守録接続に設定しているとき(p.94)
1. 接続する外部電話機(留守番電話)によっては、
「留守録接続」時に正常に動作しない場合が
あります。
89
ファクスを受ける
受信モードを設定する
受信モードを設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
ジュシン モード?
FAX センヨウ<>
を押す
4
①∼④のボタンを押し、受信モードを設定する
ジュシン モード?
シュドウ<>
手動のとき
または
FAX 専用のとき
ジュシン モード?
FAX センヨウ<>
F/T 切り替えのとき
または
留守録接続のとき
•
または
ジュシン モード?
FAX/TEL キリカエ<>
を押して設定を変更することもできます。
または
ジュシン モード?
ルスロク セツゾク<>
5
設定を終了する
を押す
90
ファクスを受ける
FAX 専用に設定しているとき
受信モードが「FAX 専用」に設定されている場合、相手がファクス送信のときは、自動的に受信が開始さ
れます。特に操作の必要はありません。受信文書は、文書の裏面を上側にして排出されます。
フ
ァ
のク
操ス
作
手動受信に設定しているとき
受信モードが「手動」に設定され、本機に外部電話機が接続されている場合は、外部電話機の受話器で会話
をしたあとに、ファクス受信を指示できます。
ここでは、ファクス本体で受信を指示する操作、および外部電話機から受信の指示をする方法(リモート受
信)について説明します。
ファクス本体で受信する
ファクス本体で受信する場合は、次の手順で操作します。
1
2
3
呼び出し音が鳴ったら、外部電話機の受話器を上げる
• 電話から「ポーッ、ポーッ」という音が聞こえたら、相手はファクスです。
• 無音の場合も、相手はファクスです。
自動原稿送り装置(ADF)に原稿がないことを確認する
「ポー、ポー・・・」という音を確認したら
を押す
• 受信が開始されます。
• 受信文書は、文書の裏面を上側にして排出されます。
• 原稿をセットしたまま
を押すと、通信エラーとなります(設定により、通信
結果レポートがプリントされます)。この場合は、セットされている原稿を取り除き、
送信側に連絡して、もう一度受信してください。
91
ファクスを受ける
外部電話機で受信する(リモート受信)
プッシュ式の外部電話機をお使いの場合、外部電話機から受信を指示できます。この操作をリモート受信と
呼びます。
外部電話機で送信側と電話したあと、受信に切り替えることもできます。
リモート受信は、システム登録を次のように設定している場合に使えます。必要に応じて設定を変更してく
ださい。
• 「47 リモート受信」(p.260).......「アリ」
• 「17 受信モード」(p.258)...........「手動]または「F/T 切り替え」
• 「21 着信ベル回数」(p.259).......「17 受信モード」が「F/T 切り替え」の場合、着信してから外
部電話機の受話器を上げることができる程度に、着信ベル回数を
多めに設定しておく
お買い上げ時、システム登録は次のように設定されています。
• 「47 リモート受信」.............................「アリ」
• 「17 受信モード」.................................「FAX 専用」
• 「21 着信ベル回数」.............................「1 回」
リモート受信をする場合は、次の手順で操作します。
1
呼び出し音が鳴ったら、外部電話機の受話器を上げる
2
受信を指示する
• 電話から「ポーッ、ポーッ」という音が聞こえたら、相手はファクスです。
• 無音の場合も、相手はファクスです。
を押す(2 秒以内に押す)
3
92
受話器を戻す
• 外部電話機から電話をかけた時は、リモート受信できません。
• 受信文書は、文書の裏面を上側にして排出されます。
ファクスを受ける
F/T 切り替えに設定しているとき
受信モードが「F/T 切り替え」に設定されている場合、着信すると、相手がファクスか電話かが自動的に検
知され、本機は次のように動作します。
z 相手がファクスの場合
フ
ァ
のク
操ス
作
自動的にファクス受信が開始されます。受信文書は、文書の裏面を上側にして排出されます。
z 相手が電話の場合
呼び出し音が鳴ります。外部電話機の受話器を上げると会話できます。
• 相手がファクスの場合は、
を押すと受信できます。
• 受信文書は、文書の裏面を上側にして排出されます。
• ディスプレイに「ジュシン シテイマス」と表示されているときは、受話器を持ち上げたあと
を押すと会話できます。
ファクス / 電話自動切替にセットしているとき、電話がかかってくると
*1 システム登録の「021 着信ベル回数」(p.259)で、「ただいま呼び出しております」のメッセー
ジが聞こえる前に、呼び出し音を鳴らすことができます。着信ベル回数を設定すると、相手が自動送
信のファクスでも呼び出し音が鳴ります。お買い上げ時は、「1 回」に設定されています。
*2 システム登録の「018 F/T ベル回数」
(p.258)で、ファクスの呼び出し音を鳴らす回数を変更で
きます。
「018 F/T ベル回数」を変更すると、相手側に流れる「プルルル・・・」音の回数も変わり
ます。お買い上げ時は、「9 回」に設定されています。
*3 システム登録の「072 音声応答」
(p.261)を「アリ」に設定すると、音声応答メッセージが相手
に流れます。「ナシ」に設定すると、音声応答メッセージは流れず、呼び出し音だけが流れます。お
買い上げ時は、「ナシ」に設定されています。
お知らせ
1. 呼び出し音の音量を調整できます。 呼び出し音量を設定する(p.44)を参照してください。
93
ファクスを受ける
留守録接続に設定しているとき
外部電話機(留守番電話)は、次のようにして本機に接続します。
例 1:回線コードを本機の TEL 端子に
直接差し込む
例 2:回線コードを、アダプタを介し
て本機の TEL 端子に差し込む
受信モードが「留守録接続」に設定されている場合、着信するとすぐに外部電話機(留守番電話)に接続
し、留守番電話の応答メッセージが流れます。
• 応答メッセージが流れている間、相手側が電話かファクスかを判別しています。
- ファクスの場合: 自動的に受信が開始されます。
- 電話の場合
: 留守番電話に、相手のメッセージが録音されます。
留守番電話の応答メッセージ例
はい。○○です。お電話に出られません。
ピーという発信音のあとにメッセージをお願いします。
また、ファクスの方は送信してください。お電話ありがとうございました。
• 無音検知について
ファクス信号(「ポー、ポー・・・」)を送信しないファクスから着信した場合に、5 秒以上無音が続
くと自動的にファクス受信をするように設定できます。
この機能を設定しておくと、留守番電話への無言のメッセージ録音を防止できます。
無音検知機能を利用したい場合は、システム登録で、次の2つの項目を設定します。
① システム登録の「20 無音検知」(p.258)を「アリ」に設定する
② システム登録の「19 応答メッセージ時間」(p.258)を、留守番電話の応答メッセージの長さに
合わせて設定する
留守番電話の応答メッセージの実際の長さより 5 ∼ 6 秒長く設定することをお勧めします。
お知らせ
1. お使いの外部電話機(留守番電話)によっては、本機より先に電話が切れる場合があります。
この場合は、サービス実施会社へご相談ください。
2. 外部電話機(留守番電話)の録音残量がなくなった場合、ファクス受信ができなくなること
があります。
3. ナンバーディスプレイ対応の外部電話機を接続している場合、本機が先にナンバーディスプレ
イ信号に応答するため、外部電話機(留守番電話)にはナンバーディスプレイ表示はされません。
4. 本機をナンバーディスプレイ契約している回線に接続し、外部電話機(留守番電話)を接続
した場合、外部電話機(留守番電話)が応答する前にファクス受信に切り替わることがありま
す。このような場合は、外部電話機(留守番電話)のナンバーディスプレイ機能をオフにし、
外部電話機(留守番電話)のベル回数を短く設定(例:1回)してください。
上記のように設定しても改善しない場合には、サービス実施会社にご連絡ください。
94
ファクスを受ける
縮小受信について
本機は、定型サイズの A4 サイズ、レターサイズの市販の用紙をセットできます。定型サイズ以外の文書
を受信した場合、1 ページにプリントできないことがあります。
このような場合は、縮小受信機能がはたらき、1 ページに縮小するか、またはページを分割してプリントさ
れます。次のうち、最も適切な設定が自動的に選択されます。
z 自動縮小
受信文書の各ページは、いったんメモリーに蓄積されます。
1ページの長さを基に、適切な縮小率(72 ∼ 100%)が自動的に計算され、縮小して 1 ページにプリ
ントされます。
ただし、受信した原稿が極端に長い場合(記録用紙より 39%以上長い場合)は、ページが分割され、縮
小しないでプリントされます。
z 固定縮小
システム登録の「25 固定縮小率」
(p.259)で、プリントする縮小率を、72 ∼ 100 %(1%単位)
で設定できます。受信文書は、サイズに関係なく、設定された縮小率で縮小してプリントされます。
z 縮小受信を設定する
システム登録で、次のように設定します。
• 自動縮小に設定する場合
「24 縮小受信」(p.259)を、「ジドウ」に設定します。
• 固定縮小に設定する場合( お知らせ 1)
- 「24 縮小受信」
(p.259)を、「コテイ」に設定します。
- 「25 固定縮小率」(p.259)を設定します(72 ∼ 100%)。
例 : A4
→ A4
96%
A4
→ レター
90%
レター
→ レター
96%
(100%に設定した場合、受信文書の端部分が切れることがあります。
)
お知らせ
1. 送信側で発信元印字が画面外に設定されている場合は、縮小率を調整してください。
95
フ
ァ
のク
操ス
作
ファクスを受ける
規定サイズ以外の原稿を受信したとき
受信した原稿が極端に長い場合(記録用紙より 39%以上長い場合)は、ページが分割され、縮小しないで
プリントされます。ページを分割するとき、1 ページ目の下端 10 mm の部分と、2 ページ目の先端枚目
の 10 mm の部分が重なるようにプリントされます。
お知らせ
1. システム登録の「24 縮小受信」
(p.259)の設定によって、次のようにプリントされます。
「ジドウ」に設定されている場合
受信文書が長く、分割してプリントされたときは、縮小せずにプリントされます。
「コテイ」に設定されている場合
受信文書は、システム登録の「25 固定縮小率」で設定した縮小率でプリントされます。
96
ファクスを受ける
メモリー代行受信について
受信中に、用紙がなくなった、用紙がつまった、またはトナーがなくなった場合は、受信文書は自動的にメ
モリーに蓄積されます。蓄積された受信文書は、用紙を補給し、用紙なしのエラーを対処する、用紙づまり
を処置する、トナーカートリッジを交換するとプリントされます。( お知らせ 1、2)
1
メモリー受信が終了すると、エラーコードが
ディスプレイに表示される
フ
ァ
のク
操ス
作
ヨウシヲ カクニンシテクダサイ
コード=0001
トナー ガ アリマセン
コード=0041
2
エラーの対処をする
用紙を補給する(p.287)
用紙がつまった(p.299)
トナーカートリッジを交換する(p.281)
メモリーに蓄積された文書のプリントが開始されます。
* プリント シテイマス *
メモリ - ファイル プリント
マルチ受信プリントについて
システム登録の「101 マルチ受信プリント」(p.262)を「オン」に設定すると、受信文書を複数部数
プリントできます。プリント部数は、1 ∼ 99 部を設定できます。
お知らせ
1. メモリーがいっぱいになると、受信が中止され、通信が終了します。
メモリーに蓄積された受信文書はプリントされます。
2. 受信文書をメモリーに蓄積をしたくない場合は、システム登録の「022 代行受信」
(p.259)
を「ナシ」に設定します。
97
迷惑ファクスを防止する
迷惑ファクス防止とは
受信したくない相手から着信した場合に、受信を拒否する機能です。ダイレクトメール系のファクスや、迷
惑ファクスなどを受信したくない場合に設定しておくと便利です。
迷惑ファクス防止には、数字 ID を利用した機能( 本ページ下部)、発信者番号を利用した機能(p.102)
があります。
• 数字 ID とは、ファクスの電話番号のことです。通常は自局情報の一部としてファクスに登録しておき
ます。
• 発信者番号とは、ナンバーディスプレイを契約している場合に、通信事業者から通知してくる発信者
の番号のことです。通常は、相手の電話番号が通知されます。
• 数字 ID を利用して受信を拒否した場合は、通信管理レポートなどの結果欄に「キョヒ」と記載されま
す。
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止には、数字 ID 拒否、ID なし時受信、ID 受信時刻印字の 3 つの機能が
あります。
数字 ID 拒否
No.
数字 ID(電話番号)
No.01
87654321
No.02
98765432
受信側(本機)
送信側 A(数字 ID:12345678)
「ID 受信時刻印字」
が「アリ」のとき
「数字 ID 拒否」
が「アリ」のとき
数字 ID と受信時刻
を記載
「ID なし時受信」
が「ナシ」のとき
送信側 B(数字 ID:87654321)
送信側 C(数字 ID: 未設定)
98
迷惑ファクスを防止する
数字 ID 拒否
受信したくない相手の数字 ID を登録しておき、その数字 ID の相手から着信した場合は、受信を拒否する
ように設定できます。
• 受信を拒否する数字IDは、30件まで登録できます(0∼9、+(*で入力)、スペースを使い20桁まで)。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
135 迷惑ファクス防止
設定値
数字 ID 拒否
数字 ID 拒否
「アリ」
ID 番号登録(01-30)
受信を拒否する相手の数字
ID を登録(30 件まで)
ID なし時受信
数字 ID を送出しない相手から着信した場合に、受信を拒否できます。
• ID なし時受信の設定によって、次のように動作します。
- 「ID なし時受信」が「アリ」の場合................... 相手機から ID が送出されない場合も受信します。
- 「ID なし時受信」が「ナシ」の場合................... 相手機から ID が送出されない場合は、受信を拒否
します。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
135 迷惑ファクス防止
設定値
数字 ID 拒否
数字 ID 拒否
「アリ」
ID なし時受信
「ナシ」
ID 受信時刻印字
受信時刻を記載するように設定すると、受信時刻、相手機の数字 ID、自動縮小率、ページ番号が、受信文
書の下部に記載されます。
'2012-12-15
11:22
12345678 96% 受信時刻
P.01
相手機の数字 ID自動縮小率
ページ番号
• 数字 ID が送信されなかった場合は、相手機の数字 ID は記載されません。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
135 迷惑ファクス防止
設定値
数字 ID 拒否
数字 ID 拒否
ID 受信時刻印字
「アリ」
「アリ」
99
フ
ァ
のク
操ス
作
迷惑ファクスを防止する
迷惑ファクス防止を設定する(数字 ID を利用)
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止を設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
メイワク ファクス ボウシ?
セット デ センタク
を押す
4
迷惑ファクス防止を選択する
1:スウジID キョヒ キノウ
2:ハツバンゴウキョヒキノウ
を押す
5
数字 ID 拒否を選択する
を押す
6
①∼④のボタンを押し、機能を選択する
スウジID キョヒ キノウ?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
スウジID キョヒ?
ナシ<>
数字 ID 拒否のとき
または
ID なし時受信のとき
IDナシジ ジュシン?
ナシ<>
ID 受信時刻印字のとき
または
ID 番号登録のとき(手順 8 に進む)
•
または
を押して機能を選択することもできます。
IDジュシンジコクインジ?
ナシ<>
または
IDバンゴウ トウロク?
セット デ センタク
100
迷惑ファクスを防止する
7
「アリ」に設定する
スウジID キョヒ?
アリ<>
を押す
または
•
または
を押して設定を変更することもできます。
IDナシジ ジュシン?
アリ<>
フ
ァ
のク
操ス
作
または
IDジュシンジコクインジ?
アリ<>
を押す
スウジID キョヒ キノウ?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
• 設定を続ける場合は、手順 5 に戻ります。
• 設定を終了する場合は、
を押します。
8
数字 ID 番号を登録する
手順 7 で「数字 ID 拒否」を「アリ」に設定した場合は、次の
操作で拒否する数字 ID を登録する
(1)ID 番号登録の画面が表示されるまで
IDバンゴウ トウロク?
セット デ センタク
を押す
(2)
を押す
(3)登録先を入力する(01 ∼ 30)
例:01
•
または
IDバンゴウ トウロク
01
を押して登録先を変更することもできます。
(4)登録したい数字 ID を入力する
例:1234567890
(5)
9
IDバンゴウ トウロク?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
IDバンゴウ トウロク
01 1234567890 ■
IDバンゴウ トウロク
02
• 続けて別の数字IDを登録する場合は、手順(3)∼(5)の
操作を繰り返します。
設定を終了する
を押す
101
迷惑ファクスを防止する
発信者番号を利用した迷惑ファクス防止
発信者番号を利用した迷惑ファクス防止には、非通知拒否、公衆電話拒否、通知不可能拒否、指定番号拒否
の 4 つの機能があります。
指定番号拒否
No.
電話番号
No.01
87654321
No.02
98765432
受信側(本機)
「指定番号拒否」
が「アリ」のとき
送信側 A
(電話番号 :12345678)
送信側 E
(電話番号
87654321)
「通 知 不 可
能拒否」が
「ア リ」の
とき
「公 衆 電 話 拒
否」が「アリ」
のとき
「非通知拒否」
が「アリ」
のとき
送信側 C
(公衆電話)
送信側 B
(非通知で送信)
送信側 C (回線状況などにより、発信者番号の通知なし)
非通知拒否
非通知の相手から着信した場合に、受信を拒否できます。
• この機能は、システム登録の「135 迷惑ファクス防止」
「発番号拒否」
「非通知拒否」の設定により、
次のように動作します。
- 「非通知拒否」が「アリ」の場合 ...........................非通知の相手から着信した場合は、受信を拒否しま
す。
- 「非通知拒否」が「ナシ」の場合 ........................非通知の相手から着信した場合も受信します。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
090 発番号契約
135 迷惑ファクス防止
「アリ」
発番号拒否
非通知拒否
102
設定値
「アリ」
迷惑ファクスを防止する
公衆電話拒否
公衆電話から着信した場合に、受信を拒否できます。
• この機能は、システム登録の「135 迷惑ファクス防止」「発番号拒否」「公衆電話拒否」の設定によ
り、次のように動作します。
- 「公衆電話拒否」が「アリ」の場合.................... 公衆電話から着信した場合は、受信を拒否します。
- 「公衆電話拒否」が「ナシ」の場合.................... 公衆電話から着信した場合も受信します。
フ
ァ
のク
操ス
作
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
090 発番号契約
135 迷惑ファクス防止
設定値
「アリ」
発番号拒否
公衆電話拒否
「アリ」
通知不可能拒否
発信者番号を通知できない相手から着信した場合に、受信を拒否できます。
• この機能は、システム登録の「135 迷惑ファクス防止」「発番号拒否」「通知不可能拒否」の設定に
より、以下の動作になります。
- 「通知不可能拒否」が「アリ」の場合 ................ 通知できない相手から着信した場合は、受信を拒否
します。
- 「通知不可能拒否」が「ナシ」の場合 ................ 通知できない相手から着信した場合も受信します。
• 回線サービスの契約状況、回線網の経路などにより、通信事業者が発信者番号を通知できないことが
あります。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
090 発番号契約
135 迷惑ファクス防止
設定値
「アリ」
発番号拒否
通知不可能拒否
「アリ」
指定番号拒否
受信したくない相手の発信者番号を登録しておき、その電話番号から着信した場合に、受信を拒否できます。
• 受信を拒否する発信者番号は、30 件まで登録できます。
• この機能を使用する場合は、システム登録で次のように設定します。
設定項目
090 発番号契約
135 迷惑ファクス防止
設定値
「アリ」
発番号拒否
指定番号拒否
指定番号登録 (01-30)
「アリ」
受信を拒否する相手の発信
者番号を登録
• 発番号拒否を設定した場合は、受信の状況を通信管理レポート(p.268)で確認できます。
(通信管理レポートの相手先欄に”< >”で印字されている内容)
103
迷惑ファクスを防止する
迷惑ファクス防止を設定する(発信者番号を利用)
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止を設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
メイワク ファクス ボウシ?
セット デ センタク
を押す
4
迷惑ファクス防止を選択する
1:スウジID キョヒ キノウ
2:ハツバンゴウキョヒキノウ
を押す
5
発番号拒否を選択する
を押す
6
①∼⑤のボタンを押し、機能を選択する
ハツバンゴウ キョヒキノウ?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ヒツウチ キョヒ?
ナシ<>
非通知拒否のとき
または
公衆電話拒否のとき
通知不可能拒否のとき
指定番号拒否のとき
コウシュウデンワ キョヒ?
ナシ<>
または
ツウチフカノウ キョヒ?
ナシ<>
または
指定番号登録のとき(手順 8 に進む)
シテイバンゴウ キョヒ?
ナシ<>
または
•
104
または
を押して機能を選択することもできます。
シテイバンゴウ トウロク?
セット デ センタク
迷惑ファクスを防止する
7
「アリ」に設定する
ヒツウチ キョヒ?
アリ<>
を押す
または
•
または
を押して設定を変更することもできます。
コウシュウデンワ キョヒ?
アリ<>
フ
ァ
のク
操ス
作
または
ツウチフカノウ キョヒ?
アリ<>
または
シテイバンゴウ トウロク?
アリ<>
ハツバンゴウ キョヒキノウ?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
• 設定を続ける場合は、手順 5 に戻ります。
• 設定を終了する場合は、
を押します。
8
電話番号を登録する
手順 7 で「指定番号拒否」を「アリ」に設定した場合は、次
の操作で拒否する電話番号を登録する
(1)指定番号登録の画面が表示されるまで
シテイバンゴウ トウロク?
セット デ センタク
を押す
(2)
を押す
シテイバンゴウ トウロク?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
(3)登録先を入力する(01 ∼ 30)
例:01
•
または
シテイバンゴウ トウロク
01
を押して登録先を変更することもできます。
シテイバンゴウ トウロク
01 1234567890 ■
(4)登録したい電話番号を入力する
例:1234567890
(5)
を押す
• 続けて別の電話番号を登録する場合は、(3) ∼ (5) の操
作を繰り返します。
シテイバンゴウ トウロク
02
<次ページへつづく>
105
迷惑ファクスを防止する
9
設定を終了する
を押す
106
時刻を指定して通信する(タイマー通信)
時刻を指定して、送信やポーリング受信をすることができます。1 カ所、または複数の宛先へ、24 時間後
までの時刻を指定して通信できます。
タイマー送信とタイマーポーリング通信を合わせて、20 タイマーまで指定できます。
時刻を指定して送る(タイマー送信)
24 時間後までの時刻を指定して送信できます。
読み取った原稿は、通信予約ファイルとしてメモリー内に蓄積され、設定した時刻になると自動的に送信が
開始されます。タイマー送信をする場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
タイマー送信の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
■ :
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
23:30
を押す
4
送信時刻を設定する
テンキーボタンで
送信時刻を入力し、
5
を押す
• 時刻は 24 時制(4 桁)で入力します。
例:午後 11:30 に送信したいとき
「2330」を押して
を押します。
• 誤って入力した場合は、
を押し、もう一度入力し
てください。
宛先を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
[010]パナソニック
5553456
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数の宛先を指定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
<次ページへつづく>
107
フ
ァ
のク
操ス
作
時刻を指定して通信する(タイマー通信)
6
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
8
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始され、タイマー送信が設定されま
す。指定した時刻になると、送信が開始されます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
108
を押します。
1. タイマー送信の設定を、変更、削除する場合は、通信予約ファイルの操作が必要です。
通信予約ファイルを変更する(p.120)、または 通信予約ファイルを消去する(p.122)
を参照してください。
時刻を指定して通信する(タイマー通信)
時刻を指定してポーリング受信する(タイマーポーリング受信)
24 時間後までの時刻を指定してポーリング受信できます。設定した時刻になると自動的にポーリング受信
が開始されます。
• ポーリング受信とは、送信側のメモリーに蓄積された原稿を、受信側から指示して送信させる機能で
す。必要に応じて、機密保護のためのポーリングパスワードを設定できます。 ポーリングパスワー
ドを設定する(p.112)
タイマーポーリング受信をする場合は、次の手順で操作します。
1
タイマーポーリングの画面を表示する
タイマー ポーリング
ヨヤク ジコク
■ :
を押す
2
ポーリング時刻を設定する
テンキーボタンで
受信時刻を入力し、
3
タイマー ポーリング
ヨヤク ジコク
23:30
を押す
• 時刻は 24 時制(4 桁)で入力します。
例:午後 11:30 に送信したいとき
「2330」を押して
を押します。
• 誤って入力した場合は、
を押し、もう一度入力し
てください。
パスワード(4 桁)を入力する
必要に応じて
パスワードを
入力し、
タイマー ポーリング
パスワード=1234
を押す
例:1234
4
タイマー ポーリング
パスワード=■■■■
宛先を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
5553456
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数の宛先を指定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
<次ページへつづく>
109
フ
ァ
のク
操ス
作
時刻を指定して通信する(タイマー通信)
5
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
6
入力済みの宛先をすべて確認する
または
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけポーリング受信できます。
7
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
を押す
• タイマーポーリング受信がセットされます。指定した時刻
になると、ポーリング受信が開始されます。
• ポーリング受信を中止する場合は、
お知らせ
を押します。
1. タイマーポーリング受信の設定を、変更、削除する場合は、通信予約ファイルの操作が必要
です。
通信予約ファイルを変更する(p.120)、または 通信予約ファイルを消去する(p.122)
を参照してください。
2. タイマーポーリング受信は、電話回線を使って利用できます。
110
ポーリングする
ポーリング通信とは
ポーリング通信は、送信側のメモリーに蓄積された原稿を、受信側から指示して送信させる機能です。送信
側の操作を「ポーリング送信」受信側の操作を「ポーリング受信」と呼びます。
ポーリング通信では、機密保護のためにパスワードを設定できます(相手機が当社の機種に限定)。
なお、通信料金はポーリング受信側の負担となります。
受信側
フ
ァ
のク
操ス
作
送信側
①ポーリング送信要求
②原稿
メモリー
• 相手機にポーリング送信機能がない場合、ポーリング受信はできません。重要な文書をポーリングす
る際は、事前にポーリング通信機能が実行できるかどうかテストすることをお勧めします。
• 時刻を指定してポーリング受信をすることもできます。
時刻を指定してポーリング受信する(タイマーポーリング受信)(p.109)
• パスワードを使ったポーリング通信は、相手機が当社の機種に限定されます。詳しくは、お買い上げ
の販売店、またはサービス実施会社にお問い合わせください。
• 次のような場合は、パスワードを使わないポーリング通信ができます。
- 相手機が当社以外の機種の場合
- 送信側にパスワードが設定されていない場合
• ポーリング受信は、電話回線を使って利用できます。
111
ポーリングする
ポーリングパスワードを設定する
機密保護のためにポーリング用の パスワードを設定できます。
• パスワードが相手先と一致しなかった場合、ポーリング通信できません。
• 送信側にパスワードが設定されていない場合は、ポーリング受信側にパスワードが設定されていても
パスワードなしでポーリング受信ができます。
ポーリング用の パスワードを設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
ポーリング パスワ-ド?
■■■■
を押す
4
パスワードを(4 桁)を入力する
5
設定を終了する
例:
「1234」を入力
ポーリング パスワ-ド?
1234
を押す
ポーリング送信原稿を蓄積する(ポーリング送信)
ポーリング送信とは、メモリーに蓄積した原稿を、ポーリング受信側の指示により送信する機能です。
ポーリング送信用に蓄積した原稿は、受信側からポーリング送信要求がくると、自動的に送信されます。
• 原稿をメモリー蓄積する前に、ポーリングパスワードが設定されているかどうかを確認してください。
• パスワードの入力画面で新しいパスワードを上書きすると、一時的にパスワードを変更できます。
ポーリングパスワードを設定する(p.112)
112
ポーリングする
ポーリング送信原稿を蓄積する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
ポーリング送信の画面を表示する
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
フ
ァ
のク
操ス
作
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
ポーリング ソウシンン
パスワード=■■■■
を押す
4
5
パスワード(4 桁)を入力する
必要に応じてパスワードを入力します。
例:
「4321」を入力
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。原稿がメモリーに蓄積さ
れ、ポーリング送信がセットされます。
お知らせ
ポーリング ソウシンン
パスワード=4321
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
* チクセキ カンリョウ *
ゲンコウ マイスウ=003
1. 同じ原稿を何度も送るには
ポーリング通信後、メモリーに蓄積されている原稿は自動的に消去されます。
システム登録の「027 ポーリングファイル保存」
(p.259)を「アリ」に変更すると、ポー
リング送信原稿をメモリーに保存できます。1 つの原稿を繰り返してポーリング通信する場合
に利用してください。
2. ポーリング送信用に蓄積できる文書は 1 文書だけです。
3. ポーリング送信用に原稿が蓄積されていても、通常どおり送受信できます。
4. ポーリング送信用に蓄積した原稿を消去する場合は、通信予約ファイルを消去してください。
通信予約ファイルを消去する(p.122)
113
ポーリングする
ポーリング受信
原稿をポーリング受信する場合は、次の手順で操作してください。
• 複数の相手先からポーリング受信できます。
• ポーリング受信を実行する前に、ポーリングパスワードが設定されているかどうかを確認してください。
• パスワードの入力画面で新しいパスワードを上書きすると、一時的にパスワードを変更できます。
ポーリングパスワードを設定する(p.112)
1
ポーリング受信の画面を表示する
ポーリング ジュシン
パスワード=■■■■
を押す
2
3
パスワード(4 桁)を入力する
必要に応じて
パスワードを
入力し、
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数の宛先を指定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
•
または
を押すと、入力した宛先を確認できます。
4
宛先を削除する場合は、
を押します。
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
5
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
入力済みの宛先をすべて確認する
または
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけポーリング受信できます。
114
直接ダイヤルの場合
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
ポーリングする
6
*チクセキ チュウ*NO.123
を押す
• ポーリング受信が開始されます。
• ポーリング受信を中止する場合は、
を押します。
フ
ァ
のク
操ス
作
115
プログラムダイヤルを呼び出す
あらかじめ登録されている一連の操作手順を、ワンタッチボタン(01 ∼ 32)を押すだけで呼び出すこと
ができます。
定期的に発生する操作や、複雑な手順が必要な操作の場合は、プログラムダイヤルを利用すると、手順を簡
素化するだけでなく、操作ミスも防止できて便利です。
プログラムダイヤルを呼び出すときは、次の手順で操作します。
• あらかじめプログラムダイヤルを登録しておく必要があります。
プログラムダイヤルを登録する(p.242)
• プログラムボタンにどのような操作が登録されているかは、プログラムダイヤルのリストで確認でき
ます。
プログラムリスト(p.278)
• タイマーポーリング受信、ポーリング受信が登録されているプログラムダイヤルの場合、
手順1は不要です。
1
(タイマー送信の場合のみ)
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
2
呼び出したい操作が登録されているワンタッチ
ボタン(01 ∼ 32)を押す
を押す
例 : ワンタッチボタン 01
116
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
通信予約ファイルを確認する
タイマーを指示したり、通信中に次の通信を指示すると、読み込んだ原稿と通信の指示はメモリーに蓄積さ
れます。蓄積されている原稿と通信の指示を合わせて、「通信予約ファイル」と呼び、20 通信まで蓄積で
きます。通信予約ファイルは、予約レポートとしてプリントしたり、ディスプレイ上で確認できます。
通信予約レポートをプリントする
フ
ァ
のク
操ス
作
通信予約の内容をリストにしてプリントできます。
1
通信予約レポートの画面を表示する
ツウシンヨヤク カクニン
1:プリント 2:ヒョウジ
を押す
2
プリントを選択する
* プリント シテイマス *
ヨヤク レポ-ト プリント
を押す
117
通信予約ファイルを確認する
予約レポートの見かた
予約レポートには次の項目が記載されます。
【レポート例】
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
************ - ヨヤク レポート プリント - ************************ 2012-12-15 *********** 15:00 ***************
ファイル
No.
ツウシン タイプ
サクセイ ジコク
ヨヤク ジコク
マイスウ
*001
002
メモリー タイマー ソウシン
ポーリング ソウシン
12-15 12:30
12-15 12:30
20:30
001
003
アテサキ
[001]
[011] [012] [013] [016] [017]
-PANASONIC
*************************************************** - パナソニック -
- ***** -
(8)
118
-
201 555 1212- **********
(9)
(10)
No.
項目名
説明
(1)
ファイル No.
通信予約ファイルの番号です。通信中の場合は、*が表示されます。
(2)
通信タイプ
通信の種類です。次のいずれかが記載されます。
・メモリー タイマー ソウシン
:タイマー送信
・ポーリング ソウシン
:ポーリング送信
・メモリー ソウシン
:メモリー送信
・ポーリング
:ポーリング受信
・ジュンジ ポーリング
:複数宛先のポーリング受信
・タイマー ポーリング
:タイマーポーリング受信
・メモリー シンテン ソウシン
:メモリー親展送信
・テンソウ
:メモリー転送
・シンテン ポーリング
:親展ポーリング受信
・シンテン ファイル
:親展ポーリング送信
・メモリー ジュシン
:メモリー受信
(3)
作成時刻
通信を予約した時刻です。
(4)
予約時刻
タイマー送信の予約時刻です。
(5)
枚数
メモリーに読み込んだ枚数です。
(6)
宛先
次のいずれかが記載されます。
・<2 桁の番号> : ワンタッチダイヤル番号です。
・[3 桁の番号] : 短縮ダイヤル番号です。
・電話番号:ダイヤルした電話番号です。
(7)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(8)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(9)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)
。
(10)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
通信予約ファイルを確認する
ディスプレイ上で通信予約ファイルを確認する
通信予約ファイルの宛先や通信予約時刻などを、ディスプレイ上で確認できます。
1
通信予約レポートの画面を表示する
ツウシンヨヤク カクニン
1:プリント 2:ヒョウジ
フ
ァ
のク
操ス
作
を押す
2
画面表示を選択する
ナイヨウハ ∨ ∧ ボタンデ
カクニン シテクダサイ
を押す
3
4
ファイルを選択する
確認したい
ファイルが
表示される
まで
または
を押す
表示を終了する
を押す
119
通信予約ファイルを確認する
通信予約ファイルを変更する
タイマー通信(タイマー送信、タイマーポーリング受信)で予約した時刻や宛先は変更できます。
時刻や宛先を変更する場合は、次の手順で操作してください。
1
通信予約レポートの画面を表示する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
2
ファイル No. を入力する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=001
例:
「001」を入力
ファイルを選択する
変更したい
ファイルが表
示されるまで
または
を押す
3
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
22:30
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
06:00
を押す(p.121 の お知らせ 2)
4
時刻を変更する
変更する時刻を、24 時間制で入力する
例:午前 6 時の場合、「0600」を入力
• 時刻を変更する必要がない場合は、手順 5 へ進みます。
5
<01> ( 宛先名 )
5551234
を押す
6
宛先を変更する
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
• 宛先を消去する場合 :
キーで消去したい宛先を表示し、
• 宛先を追加する場合:
追加する宛先を指定して、
を押す
を押す
例:
• 宛先の変更が終了して、
を押すと、宛先確認の画
面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
• 宛先を変更する必要がない場合は、
を押して手順
7 へ進みます。
120
2 アテサキ セット
ツイカ マタハ スタ-ト
通信予約ファイルを確認する
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
<01> ( 宛先名 )
5551234
を押す
• 宛先確認をした場合だけ通信できます。
8
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
フ
ァ
のク
操ス
作
* チクセキ チュウ *NO.001
を押す
• 通信予約の内容が変更され、待機状態に戻ります。
お知らせ
1. 送信中、再ダイヤル待機中の通信予約ファイルは変更できません。
2. タイマー予約されていない通信予約ファイル(未通信ファイル)の場合は、ディスプレイに
次のように表示されます。
を押すと、タイマー予約できます。
タイマー ツウシン セット?
1:ハイ 2:イイエ
3. 未通信ファイルとして保存された通信予約ファイルの場合、タイマー送信しない場合は、上
の画面で
を入力してから
ます。再送信をする場合は、
を押すと、ディスプレイに次のメッセージが表示され
を押します。
ツウシン エラー リトライ ?
1:ハイ 2:イイエ
121
通信予約ファイルを確認する
通信予約ファイルを消去する
メモリー内に蓄積されている通信予約ファイルを消去できます。
通信予約ファイルを消去する場合は、次の手順で操作してください。
• 送信中の通信予約ファイルは消去できません。
1
2
通信予約ファイル消去の画面を表示する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
ファイル No. を入力する( お知らせ 1)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=001
例:
「001」を入力
ファイルを選択する
3
4
消去したい
ファイルが
表示される
まで
または
を押す
ファイル ショウキョ?
1:ハイ 2:イイエ
を押す
消去する
* ショウキョ シテイマス *
ファイル NO.=001
を押す
• 続けて別の通信予約ファイルを消去する場合は、手順 2 か
らの操作を繰り返します。
5
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
• 待機状態に戻ります。
お知らせ
1. ファイル No. として「***」を入力すると、通信予約ファイルをすべて選択できます。
この場合、
を押すと、次のメッセージが表示されます。
ただし、通信中のファイルがある場合は、操作できません。
スベテノファイル ショウキョ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、すべての通信予約ファイル、およびメモリー内に蓄積されているすべての受信
ファイルが消去されます。
122
通信予約ファイルを確認する
通信予約ファイルをプリントする
メモリー内に蓄積されている通信予約ファイルをプリントできます。読み込んだ原稿がプリントされます。
• 送信中の通信予約ファイルはプリントできません。
1
通信予約ファイルプリントの画面を表示する
フ
ァ
のク
操ス
作
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
2
ファイル No. を入力する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=001
例:
「001」を入力
ファイルを選択する
プリントし
たいファイ
ルが表示さ
れるまで
または
を押す
3
を押す
* プリント シテイマス *
ページ =001/003
• 通信予約ファイルのプリントが開始されます。
• プリント後も、通信予約ファイルはメモリーに蓄積されて
います。
123
通信予約ファイルを確認する
通信予約ファイルに原稿を追加する
メモリー内の通信予約ファイルに、ページ単位で原稿を追加できます。
原稿を追加する場合は、次の手順で操作してください。
• 送信中、再ダイヤル待機中の通信予約ファイルに原稿を追加することはできません。
1
ファイル No. を確認する
2
追加する原稿をセットする
3
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
4
原稿追加の画面を表示する
原稿を追加したい通信予約ファイルのファイル No. を確認し
ておく
通信予約レポートをプリントする(p.117)
ディスプレイ上で通信予約ファイルを確認する(p.119)
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
5
ファイル No. を入力する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=001
例:
「001」を入力
ファイルを選択する
原稿を追加
したいファ
イルが表示
されるまで
または
6
を押す
• 通信予約ファイルに原稿が追加されます。
124
を押す
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ =003 01%
通信予約ファイルを確認する
未通信ファイルを再送信する(未達宛先再通信)
相手の話し中や無応答で、再ダイヤルしても通信できなかった場合は、通信エラーが発生し、メモリーに蓄
積された通信予約ファイルが消去されます。このような場合に、システム登録の「31 未通信ファイル保存」
(p.259)を「アリ」に設定しておくと、送信できなかった原稿を、通信エラーファイルとしてメモリー
に蓄積しておくことができます。ここでは、蓄積された通信エラーファイルを、再送信する操作について説
明します。
保存されている通信エラーファイルを再送信する場合は、次の手順で操作してください。
1
ファイル No. を確認する
2
再送信の画面を表示する
通信予約レポートをプリントし、未通信ファイルのファイル
No. を確認しておく
通信予約レポートをプリントする(p.117)
ディスプレイ上で通信予約ファイルを確認する(p.119)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=■■■
を押す
3
ファイル No. を入力する
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
ファイル NO.=001
例:
「001」を入力
ファイルを選択する
再送信する
ファイルが
表示される
まで
または
4
を押す
• 未通信ファイルの再送信が開始されます。
お知らせ
を押す
*チクセキ チュウ*NO.001
<01> パナソニック
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
1. 「31 未通信ファイル保存」を「アリ」に設定すると、通信エラーが発生するたびに送信文書
がメモリーに蓄積されます。メモリーオーバーを避けるため、メモリー内の通信エラーファイ
ルを定期的にチェックしてください。
2. 未送信ファイルの保存の最大数は 10 件までです。最大数を超えた場合は、古いファイルか
ら順に消去されます。
3. 通信エラーファイルとしてメモリーに蓄積されたファイルは、通信予約ファイルと同様に扱
われます。通信エラーファイルを削除したり、プリントして確認する操作については、次を参
照してください。
通信予約ファイルを消去する(p.122)
通信予約ファイルをプリントする(p.123)
通信予約ファイルに原稿を追加する(p.124)
125
フ
ァ
のク
操ス
作
利用者を制限する(アクセスコード)
アクセスコードとは、本機を操作するためのアクセスコード(パスワード)を設定し、第三者の使用を制限
する機能です。送信やコピーなど、すべての操作にアクセスコードが設定されます。
アクセスコードを設定すると、機能設定や送信などをする場合に常にアクセスコードの入力が必要となりま
す。ただし、自動受信など、操作者が不要な操作は自動的にはたらきます。
• アクセスコードを忘れた場合、本機を利用できなくなります。アクセスコードは厳重に管理してくだ
さい。万一、忘れた場合はサービス実施会社にお問い合せください。
• アクセスコードを変更、解除する場合は、 アクセスコードを変更 / 解除する(p.127)を参照して
ください。
アクセスコードを設定する
アクセスコードを設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
アクセス コード?
を押す
4
アクセスコード(8 桁)を入力する
アクセス コード?
abcdehgh
(アクセスコードを入力して)
を押す
例:
「abcdehgh」を入力
• 数字、英字、記号(@ . _ スペース)を入力できます。
5
設定を終了する
を押す
126
利用者を制限する(アクセスコード)
アクセスコードを変更 / 解除する
すでにアクセスコードが設定されている場合に、アクセスコードを変更 / 解除する操作について説明しま
す。アクセスコードの制限を変更 / 解除する場合は、次の手順で操作します。
z アクセスコードを変更する
1
アクセスコードの画面を表示する
2
アクセスコードを変更する
アクセスコードを設定する(p.126)の手順 3 の画面を表示
する
を押し、新しいアクセスコードを入力して
フ
ァ
のク
操ス
作
アクセス コード?
abcdehgh
を
押す
z アクセスコードの設定を解除する
1
アクセスコードの画面を表示する
2
アクセスコードの設定を解除する
アクセスコードを設定する(p.126)の手順 3 の画面を表示
する
を押し、何も入力しないで
アクセス コード?
abcdehgh
を押す
アクセスコードを入力する
アクセスコードが設定されている場合、本機を操作するには、アクセスコードの入力が必要です。
アクセスコードが設定されている場合は、待機状態のディスプレイに、アクセスコード入力のメッセージが
表示されます。
12-15 15:00
コード=■
次の手順でアクセスコードを入力します。
1
アクセスコード(8 桁)を入力する
12-15 15:00
00%
(アクセスコードを入力して)
を押す
127
メモリーに受信する(メモリー受信)
メモリー受信とは、受信文書をすべてメモリーに蓄積する機能です。プリントされた受信文書を置いたまま
にしたくない場合や、受信した原稿を一括してプリントしたい場合に便利です。
受信文書がメモリーに蓄積されている場合は、ディスプレイに次のメッセージが表示されます。
メモリーニ データガアリマス
< メモリ- ジュシン >
プリントが終了すると、受信文書はメモリーから削除されます。
ここでは、メモリー受信のパスワードを設定する操作、メモリー受信を設定する操作、メモリー受信した文
書をプリントする操作を説明します。
受信側
送信側
メモリー
• メモリーが一杯になると、受信が中止され通信が停止します。それ以前にメモリーに蓄積された原稿
は通常どおりプリントできます。
• メモリーが一杯の場合は受信できません。
• この機能は、受信したすべての原稿をメモリーに蓄積して保存するもので、パスワードが設定されて
いる場合、メモリー受信した原稿をプリントするには正しいパスワードの入力が必要です。
• 休日や夜間に受信した原稿を、あとでまとめてプリントできます。
メモリー受信のパスワードを設定する
メモリー受信した文書をプリントするときにパスワードを入力するように設定したい場合は、次の手順で設
定します。
• メモリー受信のパスワードを設定する場合は、「メモリー受信」(
に設定しておいてください。「オン」の場合は、パスワードを設定できません。
1
システム登録の画面を表示する
)を「オフ」
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
を押す
設定画面を表示する
メモリ- ジュシン?
を押す
128
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
メモリーに受信する(メモリー受信)
4
パスワード(8 桁)を入力する
5
設定を終了する
メモリ- ジュシン?
12345678
例:
「12345678」を入力
フ
ァ
のク
操ス
作
を押す
パスワードを変更 / 解除するには
すでにメモリー受信のパスワードが設定されている場合に、パスワードを変更、解除する操作について説明
します。
z パスワードを変更する
1
パスワード入力の画面を表示する
2
パスワードを変更する
メモリー受信のパスワードを設定するの手順 3(p.128)
の画面を表示する
を押し、新しいパスワードを入力して
メモリ- ジュシン?
12345678
を押す
z パスワードの設定を解除する
パスワードの設定を解除するときは、次の手順で操作します。
1
パスワード入力の画面を表示する
2
パスワードの設定を解除する
メモリー受信のパスワードを設定するの手順 3(p.128)
の画面を表示する
を押し、何も入力しないで
メモリ- ジュシン?
12345678
を押す
129
メモリーに受信する(メモリー受信)
メモリー受信を設定する
メモリー受信を設定する場合は、次の手順で操作します。
1
メモリー受信の画面を表示する
メモリー ジュシン?
オフ<>
を押す
2
メモリー受信を設定する
12-15 15:00
< メモリ- ジュシン >
を押す
• メモリー受信が設定されます。
メモリー受信文書をプリントする
メモリー受信をしたときは、次のメッセージがディスプレイに表示されます。
メモリーニ データガアリマス
< メモリー ジュシン >
メモリー受信した原稿をプリントする場合は、次の手順で操作します。
1
メモリー受信の画面を表示する
メモリー ジュシン?
オン<>
を押す
2
メモリー受信文書をプリントする
または
3
4
を押す
• ①「オフ」または③「プリント」を選択します。
• パスワードが設定されていない場合、パスワードの入力は
不要です。手順 4 へ進みます。
(パスワードが設定されている場合)
パスワードを入力する
例:
「12345678」を入力
を押す
• メモリー受信文書のプリントが開始されます。
130
パスワード ニュウリョク
コード=■
パスワード ニュウリョク
コード=*******8
* プリント シテイマス *
メモリ- ファイル プリント
表紙をつけて送る(カバーシート)
宛先名、送信元の名前、ページ数が記載された表紙(カバーシート)を、原稿の先頭に添付して送信できます。
送信側
受信側
原稿
カバーシート
原稿
フ
ァ
のク
操ス
作
• システム登録の「56 カバーシート」
(p.261)でカバーシートの初期設定(オン / オフ)を変更で
きます。お買い上げ時は「オフ」に設定されています。
どちらに設定していても、ここで説明する操作で通信ごとに設定を変更できます。
• カバーシートは、通信管理レポートなどのページ数にはカウントされません。
• カバーシートは、次の送信で使用できます。
- メモリー送信 - ダイレクト送信 - 手動送信 - タイマー送信 -F コード(サブアドレス)送信
- 順次同報送信
カバーシートを設定する
カバーシートを原稿に添付して送信する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
カバーシートの画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
カバー シート?
オフ<>
を押す
3
カバーシートを設定する
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
4
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
<次ページへつづく>
131
表紙をつけて送る(カバーシート)
5
6
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
例:短縮ダイヤル「010」
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
8
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。
132
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
• 送信を中止する場合は、
直接ダイヤルの場合
を押します。
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
表紙をつけて送る(カバーシート)
カバーシート例
******* < ファクシミリ カバー シート >*******
(1)
2012-12-15
15:00
(2)
メッセージ
To:
フ
ァ
のク
操ス
作
ハンバイ サマ
メッセージ
(3)
From:
PANASONIC
201 555 1212
02
ページ
ソウシン シマシタ
(4)
No.
項目名
説明
(1)
送信開始時刻
送信を開始した時刻です。
(2)
宛先名
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されている宛先名です。
直接ダイヤルの場合は、電話番号が表示されます。
システム登録の「134 宛先名敬称付加」
(p.262)が「アリ」に設定され
ている場合は、末尾に「サマ」が付きます。
お買い上げ時は、「アリ」に設定されています。
(3)
発信元情報
発信元(最大 25 文字)と、数字 ID(最大 20 桁)です。
(4)
ページ数
表紙を含まないページ数です。
ダイレクト送信の場合は記載されません。
133
受信文書を転送する(メモリー転送)
メモリー転送とは、すべての受信文書を、他のファクスやコンピューターに転送する機能です。
夜間や休日に別の場所(自宅など)でファクス受信をしたい場合に便利です。
他のファクス
送信側
本機
送信側
コンピューター
送信側
• メモリー転送は、システム登録の「54 メモリー転送」
(p.261)が「アリ」に設定されている場合
に機能します。お買い上げ時は、「ナシ」に設定されています。
• メモリー転送を利用する場合、転送先の電話番号やメールアドレスは、あらかじめワンタッチダイヤ
ル、短縮ダイヤルに登録しておいてください。
ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)
短縮ダイヤルを登録する(p.233)
メモリー転送を設定するときは、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
メモリー テンソウ?
ナシ<>
を押す
4
メモリー転送を設定する
を押す
134
メモリー テンソウ?
アテサキ ヲ イレテクダサイ
受信文書を転送する(メモリー転送)
5
転送先を設定する
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、またはグループダ
イヤルで転送先を入力する
<01> パナソニック
5551234
( お知らせ 1)
例:
6
を押す
フ
ァ
のク
操ス
作
[010]パナソニック
5553456
を押す
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 手順 5 で設定した宛先の登録内容は変更できません。転送先の設定内容を変更したい場合は、
次の手順で操作します。
(1) システム登録の「54 メモリー転送」を「ナシ」に変更する
(2) ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、プログラムボタンの登録内容を変更する
(3) システム登録の「54 メモリー転送」を「アリ」に戻す
(4) 再度、宛先を指定する
2. メモリー転送時、転送先が話し中などで転送できないときは、転送が中止されます。受信文
書は本機でプリントされ、メモリーから削除されます。これは、システム登録の「31 未通信
ファイル保存」
(p.259)が「アリ」に設定されていても同じです。このような場合に、メ
モリーに受信原稿を蓄積したいときは、メモリー受信が便利です。
メモリーに受信する(メモリー受信)(p.128)
3. メモリー使用量が 98% 以上の場合は、受信できません。
135
迷惑ファクスを防止する(セレクト受信)
セレクト受信とは、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録されている宛先からだけ受信する機能のこと
です。ダイレクトメールや、迷惑ファクスを受信したくない場合に設定します。
本機のワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに登録されている電話番号の下 4 桁と、送信元の数字 ID の下 4
桁を照合し、一致したときだけ受信が開始されます。一致しない場合は、受信が拒否され、エラーコード
(0406)がレポート類に記載されます。
• 数字 ID とは、ファクスの電話番号のことです。本機の場合、自局登録の「数字 ID」で登録します。
• セレクト受信は、システム登録の「46 セレクト受信」
(p.260)が「アリ」に設定されている場合
に機能します。
お買い上げ時は、「ナシ」に設定されています。
• セレクト受信は、電話回線の場合に利用できます。
セレクト受信を設定するときは、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
セレクト ジュシン?
ナシ<>
を押す
4
セレクト受信を設定する
セレクト ジュシン ?
アリ<>
を押す
•
5
または
を押して設定を変更することもできます。
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 送信元に対し、数字 ID に電話番号(ファクスの電話番号)を必ず設定するよう依頼してくだ
さい。電話番号以外が設定されている、数字 ID が登録されていないなどの場合は、セレクト
受信できません。
2. 本機からファクスを送信する場合、受信側がセレクト受信を設定している場合があります。
このため、数字 ID は必ず登録しておいてください。
136
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
パスワード通信は、お互いの送信パスワード、または受信パスワードを照合し、一致する場合だけ通信が開
始される機能です。パスワード通信には、パスワード送信、パスワード受信の機能があります。
パスワード送信とは
送信時に、お互いの送信パスワードを照合し、一致する場合だけ通信が開始されます。パスワードが異なる
場合は、通信エラーとなります。パスワード送信を設定すると、ほかの相手への誤送信を防止できます。
○:送信できます。
×:送信できません。
受信側 A
・送信パスワード= 1234
・設定=「オン」または「オフ」
受信側 B
送信側
・送信パスワード=なし
・送信パスワード= 1234
• この機能は、相手機が限定されます。詳しくは、サービス実施会社にお問い合わせください。
• パスワード通信は、電話回線を使って利用できます。
• あらかじめ「パスワード送信」(p.139)と「パスワード受信」(p.140)の設定が必要です。
パスワード送信は、送信パスワードと、システム登録の「43 パスワード送信」の設定により、次表のよう
に動作します。
パスワード送信を設定する(p.139)
設定
送信パスワード 登録なし
説明
パスワード送信の機能は、はたらきません。
送信パスワードを登録し、システム登録 「パスワード送信」(
)を「オン」に設定した
の「43 パスワード送信」を「オフ」に 場合に、パスワード送信の機能がはたらきます。
設定
送信側と受信側の送信パスワードが一致した場合にだけ送信できます。
通信ごとにパスワード送信を設定する(p.141)
送信側、受信側ともに送信パスワードの登録が必要です。
「パスワード送信」(
)を「オフ」に設定した
場合には、パスワード送信の機能がはたらかないため、受信側の送信パ
スワードの登録は必要ありません。
送信パスワードを登録し、システム登録 常 に パ ス ワ ー ド 送 信 の 設 定 に な っ て い る た め、
「パ ス ワ ー ド 送 信」
の「43 パスワード送信」を「オン」に (
)の設定をしなくても、パスワード送信の機
設定
能がはたらきます。
送信側と受信側の送信パスワードが一致した場合にだけ送信できます。
送信側、受信側ともに送信パスワードの登録が必要です。
137
フ
ァ
のク
操ス
作
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
パスワード受信とは
受信時に、お互いの受信パスワードを照合し、一致する場合だけ通信が開始されます。
パスワードが異なる場合は、通信エラーとなります。
パスワード受信を設定すると、受信パスワードが一致しない相手からの受信を拒否できます。
○:受信できます。
×:受信を拒否します。
送信側 A
・受信パスワード= 1234
・設定=「オン」または「オフ」
送信側 B
受信側
・受信パスワード=なし
・受信パスワード= 1234
・設定=「オン」
• この機能は、相手機が限定されます。詳しくは、サービス実施会社にお問い合わせください。
パスワード受信は、システム登録の「44 パスワード受信」の設定により、次表のように動作します。
パスワード受信を設定する(p.140)
設定
受信パスワード 登録なし
説明
パスワード受信の機能は、はたらきません。
受信パスワードを登録し、パスワード受 送信側が本機と異なる受信パスワードを設定していると、パスワード受
信を「オフ」に設定
信の機能がはたらかず、通常の受信となります。
受信パスワードを登録し、パスワード受 常にパスワード受信の機能がはたらきます。
信を「オン」に設定
送信側と受信側の受信パスワードが一致したときにだけ受信できます。
送信側、受信側ともに受信パスワードの登録が必要です。
138
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
パスワード送信を設定する
システム登録で、送信パスワード、およびパスワード送信のオン / オフを設定する場合は、次の手順で操作し
ます。
• システム登録の「43 パスワード送信」
(p.260)でパスワードを設定した場合、
「パスワード送信」
(
)で通信ごとにパスワード送信をするかどうかを設定できます。
通信ごとにパスワード送信を設定する(p.141)
1
システム登録の画面を表示する
フ
ァ
のク
操ス
作
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
パスワード ソウシン?
■■■■
を押す
4
パスワード(4 桁)を入力する
(送信パスワードを入力して)
5
パスワード ソウシン?
1234
オフ<>
を押す
例:
「1234」を入力
①または②を押し、パスワード送信を設定する
パスワード ソウシン?
1234
オフ<>
オフ:パスワードはチェックされません
または
オン:パスワードがチェックされます
•
6
または
を押して設定を変更することもできます。
パスワード ソウシン?
1234
オン<>
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 送信パスワードを変更する場合は、手順 4 で
を押して、新しいパスワードを入力し
てください。
139
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
パスワード受信を設定する
システム登録で受信パスワードと、パスワード受信のオン / オフを設定する場合は、次の手順で操作します。
• パスワード受信は、通信単位で「オフ」または「オン」を切り替えできません。切り替えたい場合は、
システム登録の設定を変更してください。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
パスワード ジュシン?
■■■■
を押す
4
パスワード(4 桁)を入力する
(受信パスワードを入力して)
5
パスワード ジュシン?
1234
オフ<>
を押す
例:
「1234」を入力
①または②を押し、パスワード受信を設定する
パスワード ジュシン?
1234
オフ<>
オフ:パスワードはチェックされません
オン:パスワードがチェックされます
•
6
または
パスワード ジュシン?
1234
オン<>
を押して設定を変更することもできます。
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 受信パスワードを変更する場合は、手順 4 で
てください。
140
を押して、新しいパスワードを入力し
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
通信ごとにパスワード送信を設定する
システム登録の「43 パスワード送信」でパスワードを設定している場合、パスワード送信をするかどうか
を通信単位で設定できます。
• 「オン」に設定した場合、通信時に照合される送信パスワードは、システム登録の「43 パスワード送
信」で設定されている送信パスワードです。
1
原稿をセットする
2
パスワード送信の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
パスワード ソウシン ?
オフ<>
を押す
3
①または②を押し、パスワード送信を設定する
オフ:パスワードはチェックされません
パスワード ソウシン?
オフ<>
オン:パスワードがチェックされます
•
パスワード ソウシン?
オン<>
または
を押して設定を変更することもできます。
4
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
5
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
6
宛先を指定する
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
5553456
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数の宛先を指定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
<次ページへつづく>
141
フ
ァ
のク
操ス
作
パスワード通信を利用する(パスワード送信 / パスワード受信)
7
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
9
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から送信が開始されます。
142
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
• 送信を中止する場合は、
直接ダイヤルの場合
を押します。
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展通信とは、親展ボックス機能を利用し、親展番号(パスワード)をつけて原稿を送受信したり、ポーリ
ング送受信をする機能のことです。機密性の高い文書の送受信や、特定の相手との送受信に便利です。
受信側は、パスワードを入力しない限り、受信した原稿をプリントできないため、第三者への情報漏えいに
配慮した通信ができます。
パスワードを
つけて親展送信
正しいパスワードを入
力しないと受信した原
稿をプリントできない
送信側
フ
ァ
のク
操ス
作
受信側
• この機能は、相手機が限定されます。詳しくは、サービス実施会社にお問い合わせください。
• 親展ボックスは 10 個まで使用できます。10 個の異なる親展番号(パスワード)を使用して親展文書
を受信できます。
• システム登録の「42 親展ファイル保存」
(p.260)を「アリ」に設定すると、ポーリング送信後も
親展文書を親展ボックスに保存できます。同じ原稿を連続してポーリング送信したい場合は、設定を
変更してください。
メールボックス機能について
親展ボックスを利用すると、他のパナソニック互換機と通信するためのメールボックス(中継局)として本
機を使用できます。メールボックス(中継局)では、親展番号(パスワード)が付加された親展文書をメモ
リーに蓄積しておけます。指定された親展番号(パスワード)を入力しない限り、親展文書のポーリング受
信やプリントができません。
本機の親展ボックス
お知らせ
1. 同じ親展番号(パスワード)を持つ親展文書を受信すると、同じメールボックスに保存され
ます。
2. メモリー容量が足りない場合は、親展通信できません。
143
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展文書を送信する
中継局のメールボックスに親展文書を送信する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
親展通信の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
3
親展送信を設定する
シンテン ソウシン
シンテン バンゴウ=❚❚❚❚
を押す
4
親展番号(パスワード)(4 桁)を入力する
(親展番号(パスワード)を
入力して)
を押す
5
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
6
中継局の宛先を指定する
7
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
5553456
例:短縮ダイヤル「010」
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
144
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
親展ボックスを利用する(親展通信)
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
9
フ
ァ
のク
操ス
作
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了した原稿
から、相手機の親展ボックスに送信が開始されます。
• 送信を中止する場合は、
を押します。
• 必要に応じて、受信側に親展番号(パスワード)を知らせ
てください。
*ダイヤル シテイマス*
パナソニック
親展文書をポーリング受信する
中継局のメールボックスに親展文書を受信した旨の知らせが入ったら、ポーリング受信を利用して親展文書
を取り出せます。親展文書をポーリング受信する場合は、次の手順で操作します。
1
親展通信の画面を表示する
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
親展ポーリングを設定する
シンテン ポーリング
シンテン バンゴウ=❚ ❚ ❚❚
を押す
3
親展番号(パスワード)
(4 桁)を入力する
(親展番号(パスワード)を
入力して)
4
中継局の宛先を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
[010]パナソニック
5553456
例:短縮ダイヤル「010」
<次ページへつづく>
145
親展ボックスを利用する(親展通信)
5
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、ダイヤル再入力の画面が表示されま
す。テンキーで相手の電話番号を再入力して、
を
押します。
6
入力済みの宛先をすべて確認する
または
直接ダイヤルの場合
TEL.NO. サイニュウリョク
12345678
[010]パナソニック
5553456
を押す
• 宛先確認をした場合だけポーリング受信できます。
7
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
を押す
• 親展文書のポーリング受信が開始されます。
• ポーリング受信を中止する場合は、
お知らせ
146
を押します。
1. 親展文書のポーリング受信が終了すると、親展文書はメールボックスから自動的に消去され
ます。
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展文書を受信すると
親展受信文書は、メモリー内の親展ボックスに蓄積されます。このとき、ディスプレイにはメッセージが表
示され、親展受付レポートがプリントされます。
• 同じ親展番号をもつ文書を受信した場合は、同じ親展ボックスに保存されます。
• 最大 10 個の親展ボックスを使用できます。
(特に親展ボックスを登録する必要はありません。親展番号のリストはありませんので、控えておいて
ください。)
• メモリーが一杯の場合は、親展受信できません。
ディスプレイに表示されるメッセージ
親展受信文書がメモリーに蓄積されている場合、親展ファイル蓄積のメッセージが表示されます。
シンテン ファイルガ アリマス
親展受付レポート
親展受付レポートには、次の項目が記載されます。
【レポート例】
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
*************** ‐ シンテン ウケツケ レポート‐ *********************** 2012-12-15 *****
15:00 ***************
** シンテン ジュシン ヲ ウケツケマシタ **
ファイル NO.
040
アイテサキ ID
マイスウ
ウケツケ ジコク
PANAFAX
001
12-15 15:00
-PANASONIC
-
*********************************************** -HEAD OFFICE - ******** - 201 555 1212- ***********
(6)
(7)
(8)
No.
項目名
説明
(1)
ファイル No.
通信を受け付けたときに自動的に付く番号です(001 ∼ 999)
。
(2)
相手先 ID
相手(中継局)の文字 ID、または数字 ID です。
(3)
枚数
受信をした枚数です。
(4)
受付時刻
親展文書を受信した時刻です。
(5)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(6)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(7)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)
。
(8)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
147
フ
ァ
のク
操ス
作
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展文書を蓄積する
ポーリング送信用に、メールボックスに親展文書を蓄積する場合は、次の手順で操作します。
• システム登録の「42 親展ファイル保存」
(p.260)を「アリ」に設定すると、ポーリング送信後も
親展文書を親展ボックスに保存できます。
1
原稿をセットする
2
親展通信の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
3
親展文書の蓄積を設定する
シンテン チクセキ
シンテン バンゴウ=❚❚❚❚
を押す
4
親展番号(パスワード)(4 桁)を入力する
(親展番号(パスワード)を
入力して)
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。親展ボックスに親展文書
が蓄積されます。
• 必要に応じて、受信側に親展番号(パスワード)を知らせ
てください
148
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展文書をプリントする
受信した親展文書や、蓄積したポーリング送信用の親展文書をプリントする場合は、次の手順で操作します。
• 親展文書をプリントすると、親展文書は親展ボックスから消去されます。システム登録の「42 親展
ファイル保存」が「アリ」に設定されている場合も消去されます。
(「42 親展ファイル保存」は、ポーリング送信したあとに親展文書を保存するかどうかを設定するた
めの項目です。)
1
親展通信の画面を表示する
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
親展プリントを設定する
シンテン プリント
シンテン バンゴウ=❚❚❚❚
を押す
3
親展番号(パスワード)
(4 桁)を入力する
(親展番号(パスワード)を
入力して)
* プリント シテイマス *
ページ =001/003
を押す
• 親展文書のプリントが開始されます。
149
フ
ァ
のク
操ス
作
親展ボックスを利用する(親展通信)
親展文書を消去する
メモリーがいっぱいになったなどで、ポーリング送信用に蓄積した親展文書を消去したい場合は、次の手順
で操作します。
• 同じ操作で、受信した親展文書を消去することもできますが、親展文書はプリントして消去すること
をお勧めします。
親展文書をプリントする(p.149)
消去方法には、親展番号(パスワード)を使って 1 文書ずつ消去する方法、親展ボックス内の親展文書す
べてを一括して消去する方法があります。
親展番号を使って消去する
1
親展通信の画面を表示する
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
親展文書の消去を設定する
シンテン ショウキョ
シンテン バンゴウ=❚❚❚❚
を押す
3
親展番号(パスワード)(4 桁)を入力する
例 :「1234」を入力
4
シンテン ショウキョ
シンテン バンゴウ=1234
* ショウキョ シテイマス *
シンテン バンゴウ=1234
を押す
• 親展文書が消去されます。
一括して消去する
1
親展通信の画面を表示する
シンテン ツウシン?
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
親展文書の消去を設定する
を押す
150
シンテン ショウキョ
シンテン バンゴウ=❚❚❚❚
親展ボックスを利用する(親展通信)
3
一括消去を指示する
スベテノシンテンヲ ショウキョ
シマスカ? 1:ハイ 2:イイエ
を押す
4
を押す
• 親展ボックス内のすべての親展文書が消去されます。
* ショウキョ シテイマス *
スベテ ノ シンテン
フ
ァ
のク
操ス
作
151
IP 電話サービスを使って送る
本機では、IP 電話サービスを利用してファクス通信できます。
IP電話網
IP電話用
アダプタ
IP 電話対応機
(本機)
IP電話用
アダプタ
IP 電話対応機
IP 電話サービス利用上の注意
z プロバイダが提供する IP 電話サービスのご契約が必要です。
ご利用になるプロバイダが、「IP 電話対応機器」に対応した IP 電話サービスを提供しているかどうか、
事前にご確認ください。
z IP 電話サービスのサービス内容は、プロバイダごとに異なります。
• IP 電話サービスのサービス内容・料金・提供条件・お申し込み方法などは、プロバイダにより異なり
ます。各プロバイダにご確認ください。
• IP 電話サービスから発信できる番号は、各プロバイダにより異なります。
• 「IP 電話対応機器」をご利用のお客様間でも、ご契約された IP 電話サービスが異なる場合は、IP 電話
サービスとして通信できない場合があります。
z 一般電話回線を接続しない場合、110 番などにはつながらない場合があります。
• 110 番、118 番、119 番の電話番号へは、一般電話回線から自動的に発信されます。このため、一般
電話回線が正しく接続されていないと、つながらない場合があります。
• ご契約されたIP電話サービスが携帯電話やフリーダイヤルなどへの電話をサービス対象外としている
場合は、一般電話回線から発信してください。
z IP 電話サービスからの発信方法は、次表のとおりです。
相手の電話番号
発信に利用するサービス
一般の電話番号
例
03-1234-5678
06-1234-5678
IP 電話サービスから発信できます。
050 番号(IP 電話)
例
050-XXXX-XXXX *
IP 電話サービスから発信できます。
0X0(050 以外)
例
携帯電話(090、080)
PHS(070)
国際電話(010)など
ご契約された IP 電話サービスのサービ
ス内容により異なります。
詳しくは各電話サービスのサービス内容
をご確認ください。
00XY
例
0036 などで始まる
ダイヤル
例
0120、0570 などで始まる
ダイヤル
0XY0
(市外局番以外)
その他のダイヤル
(110、118、119 以外)
110、118、119
110、118、119 の緊急電話
【ダイヤルした番号が IP 電話サービス対
象の場合】
IP 電話サービスから発信します。
【ダイヤルした番号が IP 電話サービス対
象外の場合】
一般電話回線から発信してください。
一般電話回線から自動的に発信します。
*「184 +電話番号」および「186 +電話番号」を含みます。
152
IP 電話サービスを使って送る
z IP 電話サービスから発信できない / 発信したくないとき
• 一般電話回線から発信してください。
• ネットワーク障害など何らかのトラブルにより、IP電話サービスがご利用いただけない場合は、一般電
話回線から発信してください。
z 発信者番号通知について
• IP 電話サービス間の電話の場合は、IP 電話サービスの電話番号が通知されます。
(
「184 +電話番号」をダイヤルすることで非通知にすることもできます。)
• 加入電話など、IP 電話サービス以外に発信する際の発信者番号通知については、ご契約された各プロ
バイダにご確認ください。
z IP 電話サービスについては、お使いの IP 電話対応機器の取扱説明書をあわせてご覧ください。
z 下記のような場合は、IP 電話の電話品質が低下したり、ファクス通信が困難な場合があります。
• ADSL 回線の接続状況によって十分な帯域が確保できない場合
• インターネットで十分な帯域が確保できない場合
• IP 電話対応機器に接続されているコンピューターで、ファイル転送やストリーミングサービスのよう
な、大きな帯域を必要とするサービスを使用中の場合
153
フ
ァ
のク
操ス
作
IP 電話サービスを使って送る
IP 電話サービスを利用して送信する
「IP 電話対応機器」を設置している場合は、特別な操作をすることなく IP 電話サービスを使ってファクス
を送信したり、電話をかけたりできます。
なお、インターネット網の不調などで IP 電話回線が通信不能になった場合は、次に説明するリルート機能と
プレフィクス機能によって、自動的に一般電話回線に切り替えて通信できます。
リルート機能
リルート機能とは、IP 電話回線が通信不能の場合に、自動的に一般電話回線に切り替えてダイヤルをし
直す機能です。この機能は、システム登録の「123 リルート機能」が「アリ」に設定されている場合に
利用できます。
• 次ページの図の①∼③のいずれかの送信方法で、自動的に通信回線を切り替えてダイヤルをし直し、
ファクス送信されます。
• ①の方法で送信を開始し、送信できない場合は、②、③と送信方法が順次切り替わります。
• 「123 リルート機能」が「アリ」に設定されている場合は、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに一
般の電話番号と IP 電話の番号を両方登録できます。
• ①∼③の動作は、一般電話番号と IP 電話番号の両方が登録されていることを前提としています。一般
電話番号のみしか登録されていない場合は②の方法で送信し、送信できなかったときは③の方法に切
り替えて送信します。
• ③の方法へ切り替えるためには、システム登録の「124 プレフィクス機能」に一般電話回線への切
り替え番号(プレフィクス番号)を登録し、「アリ」「ナシ」の設定を「ナシ」にします。
• 「123 リルート機能」が「アリ」に設定されている場合は、ディスプレイに次のメッセージが表示さ
れます。
リルートだけを設定している場合
12-15 13:25
<リルート セッテイチュウ>
リルート、プレフィクスの両方を設定している場合
12-15 13:25
リルート/プレフィクスセッテイ
• 「123 リルート機能」の設定 リルート機能 / プレフィクス機能を設定する(p.156)
プレフィクス機能
プレフィクス機能とは、ダイヤルした番号の頭にプレフィクス番号を自動的に付与することにより、IP
電話回線ではなく一般電話回線で通信する機能です。
この機能は、システム登録の「124 プレフィクス機能」で、プレフィクス番号が登録され、プレフィク
ス機能が「アリ」に設定されている場合に利用できます。
• プレフィクス番号は、0 ∼9、#、*、ポーズ記号を組み合わせて、最大 20 桁まで登録できます。
• 「124 プレフィクス機能」が「アリ」に設定されている場合、「123 リルート機能」の設定にかか
わらず、常にプレフィクス番号をつけて一般電話回線で発信します。(次ページの図③参照)
• 「124 プレフィクス機能」が「アリ」に設定されている場合は、ディスプレイに次のメッセージが表
示されます。
プレフィクスだけを設定している場合
リルート、プレフィクスの両方を設定している場合
12-15 13:25
<プレフィクスセッテイチュウ>
12-15 13:25
リルート/プレフィクスセッテイ
• モニターボタンを押してダイヤルする場合、プレフィクス機能は無効となります。
• 「124 プレフィクス機能」の設定 リルート機能 / プレフィクス機能を設定する(p.156)
154
IP 電話サービスを使って送る
(NTT の例)
0000
: 「IP 電話対応機器」を使用しているときに、続けてダイヤルすると、相手先の電
話番号に一般電話回線から発信します。
「0000」は NTT の例です。一般電話回線への切り替え番号は、ご契約の電話
会社へご確認ください。
IP 電話用
アダプタ
IP 電話網
IP 電話用
アダプタ
フ
ァ
のク
操ス
作
IP 電話対応機
①
②
③
IP 電話対応機
一般電話
回線網
一般電話対応機
① IP 電話
→ IP 電話
相手が IP 電話番号を持っている場合
② IP 電話
→ 一般電話
相手が IP 電話番号を持っていない場合
③一般電話 → 一般電話
一般電話回線を指定する場合
送信の流れ
1. 送信方法①でファクスが送られます。
2. 通信エラーによって送信方法①で送ることができない場合は、自動的に送信方法②でファクス送信されます。
3. 通信エラーによって送信方法②でも送ることができない場合は、自動的に送信方法③でファクス送信さ
れます。
• どの回線を使ってファクス送信されたかを、通信管理レポートや通信結果レポートで確認できます。
通信管理レポート(p.268)
通信結果レポート(p.274)
155
IP 電話サービスを使って送る
リルート機能 / プレフィクス機能を設定する
リルート機能、およびプレフィクス機能を設定する場合は、次の手順で操作します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
リルート機能の設定画面を表示する
リルート キノウ?
ナシ<>
を押す
4
リルート機能を設定する
プレフィクス キノウ?
■
を押す
5
プレフィクス番号を入力する(最大 20 桁)
(プレフィクス番号を
入力して)
• 誤って入力した場合は、
6
プレフィクス キノウ?
ナシ<>
を押す
を押して訂正します。
プレフィクス機能を設定する
プレフィクス キノウ?
ナシ<>
プレフィクス機能を利用しないとき
または
プレフィクス機能を利用するとき
•
7
または
を押して設定を変更することもできます。
プレフィクス キノウ?
アリ<>
設定を終了する
を押す
お知らせ
156
1. 「124 プレフィクス機能」を「アリ」にすると、
「123 リルート機能」の設定にかかわらず、
常にプレフィクス番号をつけて発呼します。
IP 電話サービスを使って送る
IP 電話番号を登録する
システム登録の「123 リルート機能」を「アリ」に設定すると、1つのワンタッチまたは短縮ダイヤルに、
一般の電話番号と IP 電話番号の両方を登録できます。
ここでは、ワンタッチダイヤルに IP 電話番号を登録する手順で操作を説明します。
1
設定画面を表示する
フ
ァ
のク
操ス
作
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを選択する
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
ワンタッチダイヤルに登録するとき
短縮ダイヤルに登録するとき
例:ワンタッチダイヤル
3
登録するワンタッチボタンを選択する
4
電話番号を入力する(最大 36 桁)
例:
例:
「396111123」を入力
5
を押す
6
IP 電話番号を入力する(最大 36 桁)
例:
「0501234567890」を入力
7
を押す
8
文字ボタンを使って宛先名を入力する
(最大 15 文字)
<01>
デンワバンゴウニュウリョク
<01>
396111123❚
<01>
IPバンゴウ ニュウリョク
<01>
0501234567890❚
<01> ナマエ トウロク<カナ
0501234567890
<01> エイギョウブ<カナ
0501234567890
例:
「エイギョウブ」を入力
文字入力のしかた(p.251)
<次ページへつづく>
157
IP 電話サービスを使って送る
9
を押す
• 続けてワンタッチダイヤルの登録をする場合は、手順 3 か
らの操作を繰り返します。
10 設定を終了する
を押す
158
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
Memo
フ
ァ
のク
操ス
作
159
4 章 インターネット FAX の操作
インターネット FAX を送る
インターネット FAX 機能を利用にするには、本機をネットワークへ接続し、必要な項目を正しく設定する
必要があります。必要な設定項目と設定の操作については、次を参照してください。
自局登録(インターネットパラメーター)を設定する(p.38)、 インターネットに接続するには(p.48)
直接メールアドレスを指定して送る
メールアドレスを手動で入力して送信する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
メールアドレス入力に切り替える
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
❚
アドレスヲ イレテクダサイ
を押す
4
メールアドレスを入力する
• 60 文字まで入力できます。
テンキーを利用して、相手のメールアドレスを入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:
「[email protected]」を入力
• 誤って入力した場合は
[email protected]
を押します。
デフォルトドメインを利用する
メールアドレスのユーザー部分を入力し、
を押す
例:
「ab」を入力すると、送信時に登録されているデ
フォルトドメイン「@panasonic.com」が付加
される
デフォルト以外のドメインに送信する
(1) メールアドレスのユーザー部分を入力する
(2) ①を押して「@」を入力する
(3)
または を押して、ドメインを選択する
(4)
を押す
160
ab ■
[email protected] ■
インターネット FAX を送る
5
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
を押す
• メールアドレス再入力の画面が表示されます。
6
もう一度メールアドレスを入力する
[email protected]
相手のメールアドレスを再入力する
7
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 手順4で入力したメールアドレスと異なる場合は、
「アテサ
キガ イッチシテイマセン」と表示され、手順 4 に戻ります。
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[email protected]
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
9
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
* ソウシン シテイマス *
[email protected]
を押します。
1. お買い上げ時の設定では、送信できなかった場合に、自動的に通信結果レポートがプリント
されます。
2. 正常に送信できなかった場合は、メールサーバーからエラーメールが返信されます。
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)(p.178)
3. デフォルトドメインは、システム登録の「160 デフォルトドメイン名」
(p.265)が「ア
リ」に設定され、自局情報にデフォルトドメインが登録されているときに利用できます。
(
4. 「送信ファイルタイプ」
)で、送信ファイルタイプを送信ごとに
変更できます。また、よく使用する送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信ファ
イルタイプ」(p.266)で、初期値として設定できます。
161
インターネット FAX を送る
ワンタッチダイヤルで送る
本機では、サーバーを介したインターネット FAX 送信、およびサーバーを介さずに直接インターネット
FAX へ送るダイレクト SMTP 送信を利用できます。
サーバーを介してインターネット FAX を送る
ワンタッチダイヤルを使って、簡単な操作でダイヤルできます。
• ワンタッチダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)を
参照してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
を押す
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
<01> パナソニック
[email protected]
例 : ワンタッチボタン 01
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、
を押します。
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
<01> パナソニック
[email protected]
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
162
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
を押します。
* ソウシン シテイマス *
<01> パナソニック
インターネット FAX を送る
サーバーを介さずに直接インターネット FAX へ送る(ダイレクト SMTP 送信)
ダイレクト SMTP 送信が設定されているワンタッチダイヤルを使って、簡単な操作でダイレクト SMTP
送信を利用できます。
• ワンタッチダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)を
参照してください。
1
2
3
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
を押す
<01> パナソニック
[email protected]
例 : ワンタッチボタン 01
• ワンタッチダイヤルの登録時に「ダイレクト SMTP」を
「ハイ」に設定したワンタッチボタンを指定します。
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、
4
を押します。
サーバーを介してインターネット FAX を送る(p.162)の
の手順4へ進みます。
お知らせ
1. お買い上げ時の設定では、送信できなかった場合に、自動的に通信結果レポートがプリント
されます。
2. 正常に送信できなかった場合は、メールサーバーからエラーメールが返信されます。
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)(p.178)
3. 「送信ファイルタイプ」(
)で、送信ファイルタイプを送信ごと
に変更できます。また、よく使用する送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信
ファイルタイプ」(p.266)で、初期値として設定できます。
163
インターネット FAX を送る
短縮ダイヤルで送る
本機では、サーバーを介したインターネット FAX 送信、およびサーバーを介さずに直接インターネット
FAX へ送るダイレクト SMTP 送信を利用できます。
サーバーを介してインターネット FAX を送る
短縮番号を押してダイヤルできます。
• 短縮ダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 短縮ダイヤルを登録する(p.233)を参照してくだ
さい。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
3
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
例:短縮ダイヤル「010」
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
164
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
を押します。
* ソウシン シテイマス *
[010]パナソニック
インターネット FAX を送る
サーバーを介さずに直接インターネット FAX へ送る(ダイレクト SMTP 送信)
ダイレクト SMTP 送信が設定されている短縮ダイヤルを使って、簡単な操作でダイレクト SMTP 送信を
利用できます。
• 短縮ダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 短縮ダイヤルを登録する(p.233)を参照してくだ
さい。
1
2
3
原稿をセットする
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
例:短縮ダイヤル「010」
• 短縮ダイヤルの登録時に「ダイレクト SMTP」を「ハイ」
に設定した短縮ダイヤルの番号を指定します。
4
サーバーを介してインターネット FAX を送る(p.164)の
の手順4へ進みます。
お知らせ
1. お買い上げ時の設定では、送信できなかった場合に、自動的に通信結果レポートがプリント
されます。
2. 正常に送信できなかった場合は、メールサーバーからエラーメールが返信されます。
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)(p.178)
3. 「送信ファイルタイプ」(
)で、送信ファイルタイプを送信ごと
に変更できます。また、よく使用する送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信
ファイルタイプ」(p.266)で、初期値として設定できます。
165
インターネット FAX を送る
電話帳で送る
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されている宛先を、宛先名で検索してダイヤルできます。
• ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルは、あらかじめ登録が必要です。 ワンタッチダイヤルを登録す
る(p.230)、 短縮ダイヤルを登録する(p.233)を参照してください。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
3
4
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
アテサキメイ ニュウリョク <カナ
■
を押す
文字ボタンを使って宛先名の全部または一部を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:
「PANASONIC」を検索するために「PANA」を
アテサキメイ ニュウリョク <A>
PANA
入力
5
宛先を探す
<01> PANASONIC
[email protected]
または
を押す
送信する宛先名がディスプレイに表示されるまで繰り返す
6
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
7
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
166
<01> PANASONIC
[email protected]
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
インターネット FAX を送る
8
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
* ソウシン シテイマス *
<01> PANASONIC
を押します。
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
お知らせ
1. お買い上げ時の設定では、送信できなかった場合に、自動的に通信結果レポートがプリント
されます。
2. 正常に送信できなかった場合は、メールサーバーからエラーメールが返信されます。
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)(p.178)
3. 「送信ファイルタイプ」(
)で、送信ファイルタイプを送信ごと
に変更できます。また、よく使用する送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信
ファイルタイプ」(p.266)で、初期値として設定できます。
167
インターネット FAX を送る
複数宛先に送る(順次同報送信)
同じ原稿を複数の宛先に送信する場合、メモリー送信を使うことで一度の操作でたくさんの相手に送ること
ができます。ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、グループダイヤル、および直接ダイヤル(20 カ所まで)
を含め、合わせて 220 カ所まで指定できます。
ただし、お買い上げ時は、複数宛先の指定、およびグループダイヤルを禁止するように設定されています。
この機能が設定されている場合、2 カ所目の宛先指定時に、次のメッセージが表示されます。
フクスウアテサキノ センタクハ
デキマセン
• 複数宛先指定の禁止を解除する場合は、システム登録の「117 複数宛先指定」
(p.262)を「アリ」
に設定します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
次の方法を組み合わせてメールアドレスを指定
する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
• ワンタッチダイヤル(p.162)
ボタンを押して、
を押す
• 短縮ダイヤル(p.164)
短縮番号を指定して、
を押す
• 電話帳(p.166)
宛先を選択して、
を押す
• 直接ダイヤル(p.160)
電話番号を入力して、
を押す(最大 20 件)
例:
を押す(ワンタッチボタン 01)
を押す(短縮番号 001)
• 入力した宛先数を確認する場合、
•
または
を押すと、入力した宛先を確認できます。
宛先を削除する場合は、
168
を押します。
を押します。
<01> ( 宛先名 )
[email protected]
[010]( 宛先名 )
[email protected]
1
アテサキ セット
ツイカ マタハ スタ - ト
インターネット FAX を送る
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。すべての原稿の読み取り
が終了したら、送信が開始されます。( お知らせ 2)
お知らせ
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
<01> ( 宛先名 )
[email protected]
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
• 送信を中止する場合は、
直接入力の場合
* ソウシン シテイマス *
[010]( 宛先名 )
を押します。
1. お買い上げ時の設定では、送信できなかった場合に、自動的に通信結果レポートがプリント
されます。
2. 正常に送信できなかった場合は、メールサーバーからエラーメールが返信されます。
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)(p.178)
3. メールアドレスと電話番号を組み合わせることができます。
4. 一般的に LAN による複数宛先への送信は、SMTP サーバーに 1 回の送信で完了します。シ
ステム登録の「173 送達確認要求」
(p.266)が「オン」に設定されているか、
「172 ダ
イレクト SMTP 送信」が「アリ」に設定されている宛先を選択した場合は、各宛先へ個別
に送信されます。
5. 「送信ファイルタイプ」(
)で、送信ファイルタイプを送信ごと
に変更できます。また、よく使用する送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信
ファイルタイプ」(p.266)で、初期値として設定できます。
169
インターネット FAX を送る
誤送信防止の機能を使う
誤った宛先への送信を防止するため、本機には、複数宛先指定の禁止、宛先確認、直接ダイヤル制限、直接
ダイヤル再入力の4つの機能があります。
複数宛先指定を禁止する(複数宛先指定)
お買い上げ時は、複数宛先の指定、およびグループダイヤルを禁止するように設定されています。
この機能が設定されている場合、2 カ所目の宛先指定時に、次のメッセージが表示されます。
フクスウアテサキノ センタクハ
デキマセン
• 複数宛先指定の禁止を解除する場合は、システム登録の「117 複数宛先指定」
(p.262)を「アリ」
に設定します。
• 「ナシ」に設定した場合も、プログラムダイヤルを利用すると複数宛先へ送信できます。
宛先を確認してから送る(宛先確認)
本機では、お買い上げ時、常に宛先確認をしてから送信を開始するように設定されています。
宛先確認が設定されている場合、宛先を確認しないで
を押すと、宛先確認の操作を促すメッセー
ジが表示されます。
• 宛先確認をする場合は、システム登録の「125 宛先確認」
(p.262)を「アリ」に設定しておきま
す。お買い上げ時は、「アリ」に設定されています。
宛先を指定して
を押すと、宛先の確認を促すメッセージが表示されます。
次の手順で操作してください。
1
宛先を確認する
または
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
2
を押す
• 複数宛先を指定している場合、 または で、すべての
宛先を確認しないで
を押すと、右のメッセージが
表示され、手順1へ戻ります。
170
スベテノアテサキヲカクニンシ
スタートヲ オシテクダサイ
インターネット FAX を送る
直接ダイヤルを制限する(直接ダイヤル制限)
メールアドレスを直接入力する操作を禁止するように設定できます。
• 直接ダイヤル入力を禁止する場合は、システム登録の「136 直接ダイヤル制限」
(p.263)を「ア
リ」に設定します。お買い上げ時は、「ナシ」に設定されています。
• この機能を設定すると、
は使用できません。ただし、再ダイヤル待ちが表示されている場
合は
押すと、再ダイヤルが開始されます。
直接ダイヤル制限が「アリ」に設定されている場合、テンキー、
押すと、次のメッセージが表示されます。
、 (インターネット FAX)を
チョクセツダイヤル セイゲン
チュウ コノソウサハデキマセン
メールアドレスの直接入力時に再入力する(直接ダイヤル再入力)
本機では、お買い上げ時、メールアドレスを直接入力する場合にメールアドレスの再入力画面が表示され、
もう一度メールアドレスを入力するように設定されています。1 回目と 2 回目のメールアドレスが一致し
た場合にだけ送信ができます。
• 直接ダイヤル再入力の設定を変更する場合は、システム登録の「137 直ダ再入力」
(p.263)で設
定を変更してください。お買い上げ時は、「アリ」に設定されています。
• システム登録の「136 直接ダイヤル制限」が「アリ」に設定されている場合は、
「137 直ダ再入力」
(p.263)で「アリ」を設定しても、再入力画面は表示されません。
• 1 回目と 2 回目の宛先が一致しない場合は、「アテサキガ イッチシテイマセン」と表示されます。
直接ダイヤル再入力が「アリ」に設定されている場合、1 回目のメールアドレスを入力し、
または
を押すと、自動的に再入力画面が表示されます。次の手順に従って操作してください。
1
メールアドレスをもう一度入力する
アドレスヲ サイニュウリョク
[email protected]
2
を押す
• 1 回目と 2 回目のメールアドレスが一致すると、送信が開
始されます。
• 1 回目と 2 回目のメールアドレスが一致しない場合は、
「アテサキガ イッチシテイマセン」と表示されます。
この場合は、1 回目のメールアドレスの入力から、操作し
直します。
171
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
インターネット FAX を送る
次の送信を予約する(メモリー送信予約)
メモリー送信で原稿を送信中、または原稿の受信中に、次の操作ができます。
• 次の送信をメモリーに蓄積する(最大 20 件)
メモリー送信で原稿の送信中、原稿の受信中、または受信文書のプリント中は、ディスプレイに次のメッ
セージが表示されています。
• メモリー送信中
• 受信中
* ソウシン シテイマス *
( 宛先名 )
* ジュシン シテイマス *
( 相手先 ID)
• 受信文書のプリント中
* プリント シテイマス *
メモリー ファイル プリント
メモリー送信予約の操作
次の送信を予約する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
宛先を指定する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
直接ダイヤル(p.160)
例:短縮ダイヤル「010」
4
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
172
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
[email protected]
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
直接入力の場合
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
インターネット FAX を送る
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
• 送信を中止する場合は、
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
* チクセキ カンリョウ *
マイスウ =003
12%
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
を押します。
自動再ダイヤルについて
LAN 接続に異常があったり、相手のサーバーが通信不可能などで通信ができなかったときは、3 分ごとに
最大 2 回まで再ダイヤルされます。
その間、下のようなメッセージが表示されます。ファイル番号は、メモリー送信ファイルの場合ディスプレ
イの右端上部に表示されます。
ダイヤルマチ
<01> ( 宛先名)
• 再ダイヤル待ちの通信予約ファイルは、通信予約時刻や宛先を変更できません。
• 再ダイヤル待ちの通信を中止したい場合は、「ダイヤルマチ」のメッセージが表示されている状態で、
を押します。
• 「ダイヤルマチ」が表示されている状態で
お知らせ
を押すと、再送信できます。
1. メモリー送信予約の消去については、 通信予約ファイルを消去する(p.122)を参照くだ
さい。
2. 送信を停止する場合は、
を押します。
ディスプレイには、次のメッセージが表示されます。
ソウシン テイシ?
1:ハイ 2:イイエ
を押すと、送信が停止されます
173
インターネット FAX を送る
ドメインリストを利用する(セレクトドメイン)
セレクトドメイン機能を使うと、メールアドレスを簡単に入力できます。
この機能を利用する場合は、あらかじめ、よく使うドメイン名を自局情報(インターネットパラメーター)
の「セレクトドメイン」(p.40)に登録しておきます。10 件まで登録できます。
セレクトドメインを利用する場合は、次の手順で操作します。
例:事前に登録した "panasonic.com" を使って、
パナソニック販売部宛 "[email protected]" にメー
ルを送信する
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
メールアドレス入力に切り替える
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
❚
アドレスヲ イレテクダサイ
を押す
4
メールアドレスのユーザー部分を入力する
例:
「[email protected]」を入力
[email protected] ■
• メールアドレスは、60 文字まで入力できます。
•「@」は、
5
を押して入力します。
ドメイン名を選択する
panasonic.com
または
6
を押す
ドメイン名を決定する
を押す
例:
「panasonic.com」を選択
• 誤ったドメイン名を選択した場合は、手順 5 へ戻ります。
(☛p.175 のお知らせ 1)
174
[email protected]
com
インターネット FAX を送る
7
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
を押す
• メールアドレス再入力の画面が表示されます。
8
もう一度メールアドレスを入力する
[email protected]
com
相手のメールアドレスを再入力する
9
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 手順 6 で入力したメールアドレスと異なる場合は、
「アテ
サキガ イッチシテイマセン」と表示され、手順 3 に戻り
ます。
10 入力済みの宛先をすべて確認する
または
[email protected]
com
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
11
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
を押します。
1. 必要なドメイン名が見つからない場合は、
ください。
* ソウシン シテイマス *
[email protected]
を押してセレクトドメインを終了して
175
インターネット FAX を送る
受信確認メールを要求する(送達確認要求(MDN))
送達確認要求(MDN)を設定すると、受信側に受信確認のメールを要求できます。受信側に送達確認の機
能がある場合は、送信元に対して受信確認メールを自動的に送信できます。
• 受信確認メールが戻ってきた場合、お使いのファクスの通信管理レポートには「OK」が表示されます。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
送達確認要求の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
ソウタツ カクニン?
オン<>
を押す
4
①または②を押し、送達確認を設定する
ソウタツ カクニン?
オフ<>
オフのとき
または
オンのとき
ソウタツ カクニン?
•
または
を押して設定を変更することもできます。
5
を押す
6
176
宛先を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
直接ダイヤル(p.160)
例:短縮ダイヤル「010」
オン<>
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
[email protected]
インターネット FAX を送る
7
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
9
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると送
信が開始されます。( お知らせ 1)
お知らせ
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
[010]パナソニック
[email protected]
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
• 送信を中止する場合は、
直接入力の場合
* ソウシン シテイマス *
[010]パナソニック
を押します。
1. 複数の宛先に送信すると、宛先ごとに送信し、送達確認が要求されます。
2. システム登録の「173 送達確認要求」(p.266)で、送達確認要求の初期値を変更でき
ます。お買い上げ時は、
「オン」に設定されています。
177
インターネット FAX を送る
ファイルタイプを設定する(送信ファイルタイプ)
送信文書のファイルタイプを、TIFF、または PDF から選択できます。
送信ファイルタイプを設定する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
機能設定の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
ソウシン ファイル タイプ?
TIFF<>
を押す
4
①または②を押し、ファイルタイプを設定する
TIFF のとき
ソウシン ファイル タイプ?
TIFF<>
または
PDF のとき
•
または
を押して設定を変更することもできます。
5
を押す
6
7
宛先を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
直接ダイヤル(p.160)
例:短縮ダイヤル「010」
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
178
ソウシン ファイル タイプ?
PDF<>
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
[email protected]
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
直接入力の場合
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
インターネット FAX を送る
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
9
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると設
定したファイルタイプで、送信が開始されます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
を押します。
* ソウシン シテイマス *
[010]パナソニック
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
1. 送信ファイルタイプは、システム登録の「177 送信ファイルタイプ」
(p.266)で初期値
を変更できます。
179
インターネット FAX を送る
送信エラーが発生したときは(エラーメール)
インターネット FAX では、メールを正常に送信できなかった場合、メールサーバーからエラーメールが返
送されます。エラーメールでは、メールサーバーからの情報と 1 枚目の画情報がプリントされます。
エラーメールのプリント例
メーリングリストを使う
複数の相手のメールアドレスを指定する代わりに、あらかじめメールサーバーに登録されたメーリングリス
トを利用すると、1回の操作で、簡単に複数宛先送信ができます。
メーリングリストのご利用については、システム管理者とよく相談のうえご使用ください。
180
インターネット FAX を受ける
ネットワーク上のコンピューターまたはインターネット FAX から受信した文書は、
自動的にプリントされ、
受信トレイに排出されます。受信するための設定は特にありません。
ただし、POP サーバーに接続してインターネット FAX を利用する場合は、POP 関連の設定が必要になり
ます。POP クライアントとして設定するには(p.50)
インターネット FAX は、受信文書だけではなく、メールも受信できます。メールをコンピューターで閲覧
する操作については、お使いのメールソフトやビューアーソフトの取扱説明書をご覧ください。
TIFF ビューアー、TIFF コンバーター、プリンタードライバーは、次のホームページからダウンロードでき
ます。
・ホームページ http://panasonic.biz/doc/fax/download/index.html
ダウンロードしたソフトウェアのインストール、およびインストール後の動作については、お客様の責任の
元にお取り扱いください。当社では、これらのソフトウェアについての、動作保証、インストール後の二次
的損害に関しては、その責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
181
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
インターネット FAX を受ける
POP サーバーからメールを受信する
POP サーバーに接続して本機を利用する場合は、システム登録で項目の設定が必要です。
• 本機が POP サーバーに接続されているかどうかは、システム管理者にお問い合わせください。
システム登録の項目
POP サーバーに関連するシステム登録の項目は次表のとおりです。
POP クライアントとして設定するには(p.50)
No.
項目
説明
146
POP 取得間隔
POP サーバーへメールの到着を確認する間隔を設定します。
• 0 ∼ 60 分で設定します(初期値は 3 分)。
•「0 分」
に設定すると、確認されません。
147
POP 自動受信
POP サーバーへメールの到着を確認し、自動的にメールを受信するかどう
かを設定します。「ナシ」にすると、自動受信されません。
・ナシ ............自動受信されません。ディスプレイに受信メールの件数だ
けが表示されます。この場合は、手動で E メールを受信す
る必要があります。
.POP サーバーから手動で受信する(p.185)
・アリ ............POP サーバーにメールがあれば、自動的に受信し、本機で
プリントされます。
148
POP 受信後メール削除
149
POP エラー時メール削除
本機が POP 受信サーバーからメールを受信したあとに、POP 受信サー
バー上のメールを削除するかどうかを設定します。
「ナシ」にすると、POP 受信後、メールが削除されません。
印刷できない形式の添付ファイルを受信した場合に、POP 受信サーバーか
らメールを削除するかどうかを設定します。
・ナシ ............エラーのメールを受信しても削除されません。
・アリ ............エラーのメールを受信すると、自動的に削除されます。
POP 受信を設定する
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
を押す
POP 取得間隔の設定画面を表示する
を押す
182
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
POP シュトク カンカク?
■
フン (0-60)
インターネット FAX を受ける
4
POP 取得間隔を設定する
POP サーバーへメールの到着を確認する間隔をテンキーで設
定します。
例:
「5」を入力
POP シュトク カンカク?
5
フン (0-60)
• 0 ∼ 60 分を設定できます。
5
• 誤って入力したときは、
を入力し直してください。
を押してから正しい文字
POP ジドウ ジュシン?
アリ<>
を押す
6
POP サーバーへメールの到着を確認し、自動的にメールを受
信するかどうかを、①または②のボタンを押して設定します。
•
「ナシ」のとき
POP ジドウ ジュシン?
ナシ<>
「アリ」のとき
または
または
POP ジドウ ジュシン?
アリ<>
を押して設定を変更することもできます。
7
POP ゴ メールサクジョ ?
アリ<>
を押す
8
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
POP 自動受信を設定する
POP 後メール削除を設定する
本機が POP 受信サーバーからメールを受信したあとに、POP
受信サーバー上のメールを削除するかどうかを、①または②
のボタンを押して設定します。
「アリ」のとき
「アリ」のとき
•
または
POP ゴ メールサクジョ ?
ナシ<>
または
POP ゴ メールサクジョ ?
アリ<>
を押して設定を変更することもできます。
9
を押す
POPエラー メールサクジョ?
ナシ<>
<次ページへつづく>
183
インターネット FAX を受ける
10 POP 後エラーメール削除を設定する
印刷できない形式の添付ファイルを受信した場合に、POP 受
信サーバーからメールを削除するかどうかを、①または②の
ボタンを押して設定します。
POPエラー メールサクジョ?
ナシ<>
「ナシ」のとき
または
「アリ」のとき
POPエラー メールサクジョ?
アリ<>
•
または
を押して設定を変更することもできます。
11 設定を終了する
を押す
お知らせ
1. プリントできない添付ファイルを受信した場合は、プリントできないことが通知されます。
2. システム登録の「148 POP 受信後メール削除」(p.264)
、「149 POP エラー時メール
削除」(p.264)のどちらかが「ナシ」に設定されている場合、POP サーバーのメールは
削除されません。
「ナシ」に設定されている場合は、POP サーバーのメールを定期的に削除してください。
POP サーバーは、アカウントごとに一定の容量が確保されていますが、メールを定期的に削
除しない場合、メールボックスが容量オーバーとなり、新規メールが拒否されます。
POP サーバーのメールは、お手持ちのコンピューターに取り込むか、または上記のシステム
登録の設定を「アリ」に変更し、本機が POP サーバーからすべてのメールを受信、プリント、
削除できるようにします。ただし、この場合、前にプリントしたメールを再プリントすること
があります。
184
インターネット FAX を受ける
POP サーバーからの自動受信について
z システム登録の「147 POP 自動受信」(p.264)を「アリ」に設定している場合:
システム登録の「146 POP 取得間隔」
(p.264)で設定した間隔で、自動的に POP サーバーにアク
セスし、新規メールが確認されます。
POP サーバー上のメールはすべて本機に取り込まれ、自動的にプリントされます。
1ケン メールガ アリマス
z システム登録の「147 POP 自動受信」(p.264)を「ナシ」に設定している場合:
システム登録の「146 POP 取得間隔」
(p.264)で設定した間隔で、自動的に POP サーバーにアク
セスし、新規メールの着信が確認されます。
新着のメールがある場合も、本機には取り込まれず、メッセージだけが表示されます。
12-15 15:00
<メールガ トドイテイマス>
POP サーバーから手動で受信する
POP サーバーから手動でメールを受信する場合は、次の手順で操作します。
1
1ケン メールガ アリマス
を押す
新着のメールが POP サーバー上にない場合は、右のメッセー
ジが表示されます。
新着のメールが POP サーバー上にある場合、メールを受信し
てプリントされます。
ジュシンメールハ アリマセン
* ジュシン シテイマス *
ID:[email protected]
185
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
インターネット FAX を受ける
ワンタッチボタンで POP サーバーから手動で受信する
ワンタッチボタンに POP 手動受信が登録されている場合は、自局情報(インターネットパラメーター)で
登録したユーザー名以外の POP ユーザー名宛のメールを受信できます。
• ワンタッチボタンで POP 手動受信を登録する操作については、POP 手動受信を登録する
(p.248)
ワンタッチボタンを利用して POP サーバーから手動でメールを受信する場合は、次の手順で操作します。
1
POP 受信が登録されているワンタッチボタン
を押す
POP ジュシン ユーザーメイ
panasonic
例:ワンタッチボタン 01
を押す
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
2
• POP ユーザー名が登録されていない場合は、POP ユー
ザー名を入力して
を押してください。
(パスワードが設定されていない場合)
POP 受信パスワードを入力する
POP ジュシン パスワード
POP 受信パスワードを設定します。
3
を押す
新着のメールが POP サーバー上にない場合は、右のメッセー
ジが表示されます。
新着のメールが POP サーバー上にある場合、メールを受信し
てプリントされます。
186
ジュシンメールハ アリマセン
* ジュシン シテイマス *
ID:[email protected]
FROM 欄を利用する(FROM 選択)
システム登録の「145 From 選択機能」(p.264)を「アリ」に設定すると、メール送信時に、発信元
やメールの From 欄の内容を選択できます。お買い上げ時の設定は「ナシ」になっています。
From 選択機能には、24 個(No.01 ∼ 24 )のユーザー名とアドレスを登録できます。
ここでは、システム登録で FROM 選択を設定する操作、送信時に FROM 欄を設定する操作について説明
します。
FROM 選択を設定する
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
From 選択機能の設定画面を表示する
Fromラン センタク?
ナシ<>
を押す
4
From 選択を設定する
Fromラン センタク?
アリ<>
「アリ」のとき
•
または
を押して設定を変更することもできます。
5
Fromラン センタク
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
6
From 選択の番号を入力する
• 誤って入力したときは、
を入力し直してください。
•
7
ユーザーメイニュウリョク <カナ
01
• 01 ∼ 24 を設定できます。
または
を押してから正しい文字
を押して番号を選択することもできます。
From 選択のユーザー名を入力する
ユーザー名を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:パナソニック
ユーザーメイニュウリョク <カナ
01 パナソニック
• 最大 25 文字まで入力できます。
<次ページへつづく>
187
FROM 欄を利用する(FROM 選択)
8
を押す
9
メールアドレスを入力する
メールアドレスを入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:[email protected]
アドレスヲ イレテクダサイ
01
アドレスヲ イレテクダサイ
01 [email protected]
• 最大 60 文字まで入力できます。
10
を押す
ユーザーメイニュウリョク <カナ
02
• 続けてほかのユーザー名を登録する場合は、手順 6 からの
操作を繰り返します。
11 設定を終了する
を押す
FROM を選択して送信する
From を選択して送信する場合は、次の手順で操作します。
188
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
宛先を指定する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
直接ダイヤル(p.160)
例:短縮ダイヤル「010」
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
[010]パナソニック
[email protected]
FROM 欄を利用する(FROM 選択)
4
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
を押す
6
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
Fromラン センタク
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
8
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
[010]パナソニック
[email protected]
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
7
直接入力の場合
From 欄を設定する
From の番号を入力するか、 または
する
例:
「01」を入力
を使って From を選択
01 パナソニック
[email protected]
•「00」を選択した場合は、自局登録のインターネットパラ
メーターに登録されているユーザー名で送信されます。
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると、
設定したユーザー名をメールのヘッダー部の「From」に
記載して送信されます。
• 送信を中止する場合は、
* ソウシン シテイマス *
[010]パナソニック
を押します。
189
FROM 欄を利用する(FROM 選択)
FROM 選択リストをプリントする
システム登録の「145 From 選択機能」
(p.264)が「アリ」に設定されている場合は、FROM 欄選択
リストをプリントできます。FROM 欄選択リストは、システム登録リストの末尾にプリントされます。
システム登録リスト(FROM 欄選択リスト)
1
システム登録リストをプリントする
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
* プリント シテイマス *
システム トウロク リスト
を押す
FROM 欄選択リストの見かた
FROM 欄選択リストには、次の項目が記載されます。
(1)
(2)
(3)
*************** - システム トウロク リスト - ************************ 2012-12-15 *********** 15:00 *********
*** Fromラン センタク リスト ***
NO.
ユーザーメイ
メール アドレス
01
Panafax Sales
[email protected]
02
Panafax Servic
[email protected]
03 Panafax Accountin [email protected]
24
Panafax Engineering
[email protected]
************************************* -パナソニック
No.
項目名
-PANASONIC
- *****
- 201 555 1212- *********
説明
(1)
No.
送信元の選択番号です。
(2)
ユーザー名
登録したユーザー名です。
(3)
メールアドレス
登録したメールアドレスです。
• 上記以外の項目については、 システム登録リスト(p.279)を参照してください。
190
件名欄を利用する(サブジェクト)
何も設定されていない場合、メールの件名欄には定型文として「IMAGE from Internet FAX」が設定され
ます。システム登録の「159 サブジェクト登録」(p.265)を「アリ」に設定すると、個別に件名を設
定して送信できます。
ここでは、システム登録でサブジェクト登録を設定する操作、および件名をつけて送信する操作を説明します。
• 自局登録の「サブジェクト」に件名を設定しておくと、送信するすべてのメールに、設定したサブジェ
クトが挿入されます。
件名欄を設定する
1
システム登録の画面を表示する
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
サブジェクト登録の設定画面を表示する
サブジェクト トウロク?
ナシ<>
を押す
4
サブジェクト登録を設定する
を押す
•
5
または
サブジェクト トウロク?
アリ<>
を押して設定を変更することもできます。
設定を終了する
を押す
191
件名欄を利用する(サブジェクト)
件名を設定して送信する
件名を設定して送信する場合は、次の手順で操作します。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
宛先を指定する
4
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
[010]パナソニック
[email protected]
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
直接ダイヤル(p.160)
例:短縮ダイヤル「010」
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
• 直接入力の場合は、再入力の画面が表示されます。テン
キーでメールアドレスを再入力して、
を押しま
す。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
6
を押す
192
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
直接入力の場合
❚
アドレスヲ サイニュウリョク
[010]パナソニック
[email protected]
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
サブジェクト ニュウリョク
マタハスタートヲオシテクダサイ
件名欄を利用する(サブジェクト)
7
件名を設定する
文字ボタンを使って、件名を入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:レンラク
サブジェクト
レンラク
<カナ
• 40 文字まで設定できます。
• 自局登録のサブジェクトが登録されている場合は、何も設
定しないと登録した件名が挿入されます。
8
• 自局登録のサブジェクトが登録されていない場合は、本機
の初期値(「IMAGE from Internet FAX」)が挿入されま
す。
を押す
• 原稿の読み取りが開始されます。読み取りが終了すると、
設定した件名が、メールのヘッダー部の件名欄に記載して
送信されます。
• 送信を中止する場合は、
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
* ソウシン シテイマス *
[010]パナソニック
を押します。
193
受信した文書を転送する(受信ルーティング)
G3 ファクスから受信した原稿を、ネットワークに接続されたコンピューターやインターネット FAX、ま
たは電話回線に接続された別の G3 ファクスに転送できます。
この機能を利用する場合は、システム登録の「152 SUB ルーティング」
(p.265)、
「153 数字 ID ルー
ティング」
(p.265)、
「175 発番号ルーティング」
(p.266)、または「176 ダイヤルインルーティン
グ」(p.266)の設定を「アリ」にする必要があります。
194
受信した文書を転送する(受信ルーティング)
受信ルーティングの設定について
受信ルーティングに関連するシステム登録の項目は次表のとおりです。利用するルーティング方法に合わせ
て、システム登録の設定を変更してください。
No.
項目
説明
152
SUB ルーティング
F コード通信が利用できる G3 ファクスから、F コード(サブアドレス)を
使ってルーティングする場合に「アリ」に設定します。
送信側の G3 ファクスから送られる F コード(サブアドレス)で、本機に登
録されている宛先にルーティングできます。
153
数字 ID ルーティング
数字 ID を利用してルーティングする場合に「アリ」に設定します。
送信側のファクスから送られてくる数字 ID で、本機に登録されている宛先に
ルーティングできます
154
ルーティング時 From 欄
ルーティングで、メールを送信するときの From 欄の内容を選択します。
・中継局 ........ルーティングする本機のメールアドレスが表示されます。
・指示局 . ......発信者の数字 ID が表示されます。
155
ルーティング時プリント
受信した原稿をすべて本機でプリントするか、ルーティング操作が機能しな
かった場合にだけプリントするかを選択します。
・未通信 ........ルーティングできなかった場合だけ受信文書がプリントされま
す。
・すべて ........ルーティングできたかどうかにかかわらず、受信文書がプリン
トされます。
175
発番号ルーティング
送信側の G3 ファクスから送られる発信者番号を使ってルーティングする場
合に設定します。
送信側の G3 ファクスから送られる発信者番号で、本機に登録されている宛
先にルーティングできます。
( お知らせ1)
• この機能を利用する場合は、システム登録の「90 発番号契約」
(p.261)
を「アリ」に設定してください。
176
ダイヤルインルーティン 送信側の G3 ファクスから送られるダイヤルイン番号を使ってルーティング
グ
する場合に「アリ」に設定し、ダイヤルイン番号(最大 20 桁、50 件まで)
を登録します。
送信側の G3 ファクスから送られるダイヤルイン番号で、本機に登録されて
いる宛先にルーティングできます。
( お知らせ1)
お知らせ
1. 発信者番号通知(ナンバーディスプレイ)、ダイヤルインサービスは、あらかじめ NTT、NTT
コミュニケーションズとの契約が必要です。本サービスの詳細については NTT、NTT コミュ
ニケーションズにお問い合わせください。
195
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
受信した文書を転送する(受信ルーティング)
転送先を登録する
ルーティング機能を使う場合は、転送先をワンタッチダイヤル、または短縮ダイヤルに登録します。
送信側から送られてきた番号(設定により、サブアドレス、数字 ID、発信者番号、ダイヤルイン番号のい
ずれか)と、ワンタッチダイヤル、または短縮ダイヤルに登録されている番号が一致した場合に、転送が実
行されます。
• 転送先を登録する場合は、あらかじめ、システム登録の「152 SUB ルーティング」、
「153 数字 ID
ルーティング」、
「175 発番号ルーティング」、
「176 ダイヤルインルーティング」のいずれかの設定
を「アリ」に変更しておいてください。
受信ルーティングの設定について(p.195)
ここでは、転送先を設定する操作を、ワンタッチダイヤルにメールアドレスを登録する場合の手順で説明し
ます。
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを選択する
ワンタッチダイヤルに登録するとき
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
短縮ダイヤルに登録するとき
例:ワンタッチダイヤル
3
登録するワンタッチボタンを選択する
4
メールアドレス入力に切り替える
例:ワンタッチボタン 01
<01>
デンワバンゴウニュウリョク
<01>
アドレスヲ イレテクダサイ
を押す
5
メールアドレスを入力する(60 文字まで)
テンキーを利用して、相手のメールアドレスを入力する
文字入力のしかた(p.251)
例:
「[email protected]」を入力
196
<01>
[email protected]
受信した文書を転送する(受信ルーティング)
6
<01> ナマエ トウロク<カナ
[email protected]
を押す
7
文字ボタンを使って宛先名を入力する
(最大 15 文字)
<01> エイギョウブ<カナ
[email protected]
例:
「エイギョウブ」を入力
文字入力のしかた(p.251)
8
SUB ルーティングを設定している場合
を押す
ルーティング:SUBアドレス
■
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
(サブアドレスを入力する)
ルーティング:SUBアドレス
1122334455
例:
「1122334455」を入力
• この項目は、システム登録の「152 SUB ルーティング」
(p.265)
が、
「アリ」に設定されている場合に設定します。
9
数字 ID ルーティングを設定している場合
を押す
ルーティング:スウジID
■
(数字 ID を入力する)
ルーティング:スウジID
5551234
例:
「5551234」を入力
• この項目は、システム登録の「153 数字 ID ルーティング」
が、
「アリ」に設定されている場合に設定します。
(p.265)
10 発番号ルーティングを設定している場合
を押す
ルーティング:ハツバンゴウ
■
(発番号を入力する)
ルーティング:ハツバンゴウ
5553456
例:
「5553456」を入力
• この項目は、システム登録の「175 発番号ルーティング」
が、
「アリ」に設定されている場合に設定します。
(p.266)
11 ダイヤルインルーティングを設定している場合
(
を押す
または
を押し、
ルーティング:ダイヤルイン
∨ ∧ ヲ オシテクダサイ
ダイヤルイン番号を選択する)
例:
「01 5555678」を選択
ルーティング:ダイヤルイン
01 5555678
• この項目は、システム登録の「176 ダイヤルインルーティング」
が、
「アリ」に設定されている場合に設定します。
(p.266)
<次ページへつづく>
197
受信した文書を転送する(受信ルーティング)
12
を押す
• システム登録でダイレクト SMTP 送信が設定されている
場合は、手順 13 に進みます。
• 続けてほかのワンタッチダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
• ワンタッチダイヤルの登録を終了する場合は、手順 15 に
進みます。
13 ダイレクト SMTP 送信を設定する
(ダイレクト SMTP 送信が設定されている場合のみ)
ハイ :ダイレクト SMTP 送信が設定されます。
イイエ:ダイレクト SMTP 送信は設定されません。
14
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
ダイレクト SMTP 送信が
設定されている場合
ダイレクト SMTP=■
1:ハイ 2:イイエ
ダイレクト SMTP=1
1:ハイ 2:イイエ
または
ダイレクト SMTP=2
1:ハイ 2:イイエ
• この項目は、システム登録の「172 ダイレクト SMTP 送
信」
(p.266)が「アリ」に設定され、手順 4 ∼ 5 でメー
ルアドレスを指定した場合に設定します。
を押す
• 続けてほかのワンタッチダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
15 設定を終了する
を押す
198
ダイレクト SMTP 送信が
設定されていない場合
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
受信確認メールを送る(送達確認)
システム登録の「150 送達確認返送」(p.264)を「アリ」に設定すると、メール受信時、送信側に対
して受信確認メールが自動的に送信されます。
• 送達確認の送信は、送信元の機種が限定されます。詳しくは、お買い上げの販売店または、サービス
実施会社にご相談ください。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
を押す
送達確認返送の設定画面を表示する
ソウタツ カクニン ヘンソウ?
ナシ<>
を押す
4
送達確認返送を設定する
ソウタツ カクニン ヘンソウ?
アリ<>
を押す
•
5
または
を押して設定を変更することもできます。
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. コンピューターから送信されたメールを受信した場合は、受信確認メールを送信できません。
199
中継局を利用する(LAN 中継同報)
LAN 中継同報機能を持ったインターネット FAX とネットワークを組むことで、LAN 経由で送信したメー
ルを、一般回線に接続された複数の G3 ファクスへ同報送信できます。
LAN 中継同報とは
z 例 1 : インターネット中継送信
以下に、LAN 中継同報の流れを説明します。
1. LAN 中継機能を持ったインターネット FAX B (中継局)に、メール(TIFF 形式のファイルを添付す
ることができます)で、LAN 中継同報を指示します。あらかじめ、LAN 中継指示を登録したワンタッ
チ/短縮ダイヤルを使用すると、簡単に LAN 中継同報の指示ができます。
LAN 中継局として設定する(p.205)
2. 管理者用のコンピューターに、LAN 中継同報指示されたことがメールで通知されます。
送信ジャーナル(管理者宛メール)(p.214)
3. LAN 中継指示されたメールに添付されているファイルが、一般回線に接続されたファクス(ストック
ホルム)へ転送されます(順次同報)。
4. 引き続き、次のファクス(ベルリン・ローマ)に転送されます。
5. LAN 中継同報が終了すると、LAN 中継同報を指示したインターネット FAX A (発信局)(またはコ
ンピューター)へ、通信結果レポートが返送されます。
中継送信レポート(通信結果レポート)(p.213)
200
中継局を利用する(LAN 中継同報)
z 例 2 : ファクスサーバー (イントラネット中継送信)
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
(1) メールを利用して、メールサーバーに LAN 中継同報送信が指示されます。
(2) メールサーバーによって、LAN 中継指示で本機にメールが転送されます。
(3) 本機では、G3 ファクスに対して送信が開始されます。
お知らせ
1. 本機には、LAN 経由の中継同報を指示する機能と、中継指示を受けて一般回線に接続された
ファクスに送信する LAN 中継局の機能があります。それぞれ、次を参照してください。
・ LAN 中継同報の指示について
:LAN 中継送信を指示する(p.208)
・ LAN 中継同報指示の登録について :LAN 中継指示を設定する(p.206)
・ LAN 中継局としての登録について :LAN 中継局として設定する(p.205)
2. 一般回線に接続されたファクスから、本機に LAN 中継同報を指示することはできません。
3. LAN に接続されたインターネット FAX やメール を宛先として、LAN 経由で LAN 中継同報
を指示することはできません。
4. 本機が LAN 中継指示を一度に受け付ける宛先数は、最大 20 カ所です。20 カ所を越える
LAN 中継指示が受け付けられた場合は分割して処理されます。この場合、中継結果レポート
は分割した処理単位で返送されます。
5. POP サーバーに接続して利用している場合、LAN 中継指示を受け付けて一般回線に接続さ
れたファクスに送信する機能は利用できません。
201
中継局を利用する(LAN 中継同報)
中継ネットワークについて
本機から最終宛先まで直接インターネット FAX で送信する場合、本機能により、時間および長距離市外電
話料金が節約できます。
中継ネットワークは原則として、インターネット FAX(発信局 A)またはコンピューターである発信局と
LAN 中継機能を持つインターネット FAX(中継局 B)、そして G3 ファクスである最終宛先から構成され
ます。
本機から原稿、またはコンピューターからメールをインターネットを使って中継局(本機を含む)へ送信し
ます。中継局からは通常の電話回線を使って G3 ファクスである最終宛先まで送信できます。
(コンピュー
ターからの送信は TIFF-F 形式のファイルが添付可能です。)
中継局から最終宛先への送信には、電話料金が発生します。
中継局から最終宛先までの送信完了後に、LAN 中継送信が完了したかどうかを通知する通信ジャーナルが、
中継局から発信局に返信されます。中継送信情報は、メールで中継局にあらかじめ登録されている自局登録
のインターネットパラメーターの管理者メールアドレスに送信されます。(p.51)
LAN 中継送信を利用するには、LAN 中継局として設定する(p.205)∼ 送信ジャーナル(管理者宛
メール)(p.214)に記載されている設定手順にしたがい、必要情報を入力してください。
図 1 に LAN 中継ネットワークのサンプルを記載します。
図 1 のサンプルは、ニューヨーク(発信局)を起点とし、ロンドンおよびシンガポール(中継局)が、
ニューヨークと結ばれ、(最終宛先)はストックホルム、ローマ、東京、香港そしてシドニーなどとなって
います。
この基本的なネットワークはネットワーク内の宛先に、ロンドンおよびシンガポールの 2 箇所の中継局を
介して、1 回の操作でファイルを送信できます。
ニューヨーク.
メールアドレス: [email protected]
ホスト名: newyork
中継送信パスワード: usa-rly
ロンドン.
メールアドレス: [email protected]
ホスト名: london
中継送信パスワード: uk-rly
ロンドン
ストックホルム
電話番号: 46 8 111 1234
ニューヨーク
東京
電話番号: 81 33 111 1234
ローマ
電話番号: 39 6 111 1234
シンガポール
香港
電話番号: 852 23123456
シドニー
電話番号: 61 2 111 1234.
シンガポール
メールアドレス: [email protected]
ホスト名: singapore
中継送信パスワード: sg-rly
図 1 : ネットワークのサンプル
202
中継局を利用する(LAN 中継同報)
• 表 1 ∼ 3 は、図 1 記載のサンプルネットワーク設定です。
表 1 : ニューヨークへのサンプルパラメーターおよび電話帳機能番号表 (始発発信局)
電話番号
メールアドレス (SMTP)
ホスト名
LAN 中継パスワード
ワンタッチ/
短縮ダイヤル
:
:
:
:
212 111 1234
[email protected]
newyork
usa-rly
宛先名
メールアドレス / 電話番号
中継局アドレス
<01>
ロンドン
[email protected]
<02>
ストックホルム
46 8 111 1234
<03>
シンガポール
[email protected]
<04>
東京
81 33 111 1234
ロンドンリレー
[email protected]
---
[002]
シンガポールリレー
[email protected]
---
[003]
ローマ
39 6 111 1234
[001]
[004]
香港
852 23123456
[002]
[005]
シドニー
61 2 111 1234
[002]
[001]
--[001]
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
--[002]
表 2 : ロンドンへのサンプルパラメーターおよび電話帳機能番号表 (中継局)
電話番号
メールアドレス (SMTP)
ホスト名
LAN 中継パスワード
ワンタッチ/
短縮ダイヤル
:
:
:
:
71 111 1234
[email protected]
london
uk-rly
宛先名
メールアドレス / 電話番号
中継局アドレス
<01>
ニューヨーク
[email protected]
---
<02>
ストックホルム
46 8 111 1234
---
<03>
シンガポール
[email protected]
---
<04>
東京
81 33 111 1234
シンガポールリレー
[email protected]
---
[002]
ローマ
39 6 111 1234
---
[003]
香港
852 23123456
[001]
[004]
シドニー
61 2 111 1234
[001]
[001]
[001]
203
中継局を利用する(LAN 中継同報)
表 3 : シンガポールへのサンプルパラメーターおよび電話帳機能番号表 (中継局)
電話番号
メールアドレス (SMTP)
ホスト名
LAN 中継パスワード
ワンタッチ/
短縮ダイヤル
:
:
:
:
65 111 1234
[email protected]
singapore
sg-rly
宛先名
メールアドレス / 電話番号
中継局アドレス
<01>
ロンドン
[email protected]
<02>
ストックホルム
46 8 111 1234
<03>
ニューヨーク
[email protected]
---
<04>
東京
81 33 111 1234
---
ロンドンリレー
[email protected]
---
[002]
ローマ
39 6 111 1234
[001]
[003]
香港
852 23123456
---
[004]
シドニー
61 2 111 1234
---
[001]
お知らせ
--[001]
1. 本機が中継局として動作するよう、LAN 中継パスワードを登録してください。
(p.205)
2. 第三者が LAN 中継局送信にアクセスできないようにするため、ネットワークセキュリティー
を設定してください。すべての LAN 中継局送信通知のために、中継許可ドメイン名と管理者
のメールアドレスを入力してください。
LAN 中継局として設定する(p.205)
204
中継局を利用する(LAN 中継同報)
LAN 中継局として設定する
以下のパラメーターを確実に設定し、本機を LAN 中継局に設定してください。(p.51、p 264)
1. システム登録の「142 LAN 中継機能」
(p.264)
本機を LAN 中継局として機能させるかを設定します。
・ 「ナシ」....................... LAN 中継の動作をしません。
・ 「アリ」....................... LAN 中継の動作をします。
2. システム登録の「143 中継結果返送」(p.264)
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
LAN 中継結果を発信元へ返送するかを設定します。
・ 「オフ」....................... LAN 中継結果を送信しません。
・ 「全て」....................... LAN 中継結果のすべてを送信します。
・ 「未通信」.................... LAN 中継で未通信となった場合に送信します。
3. LAN 中継指示をするときのパスワード (自局情報)( お知らせ 1 )
LAN 中継指示をするときに、第三者が本機にアクセスするのを防ぐ目的で、パスワード (10 文字ま
で)を設定します。このパスワードが合った場合のみ、LAN 中継動作します。
4. 管理者のメールアドレス (自局情報)
LAN 中継の管理およびコスト管理の目的で、管理者のメールアドレスを登録してください。送信情報は
以下の通りです。
(発信者:発信局のメールアドレス)
(宛先:受信者の G3 ファクスの電話番号)
各発信者からの LAN 中継指示を受けると、管理者へメールで通知されます。
5. 中継許可ドメイン名 (自局情報)( お知らせ 2)
10 件のドメイン名(最大 30 文字)まで登録できます。
例:登録ドメイン名
(01): rdnn.mgcs.co.jp
(02): rdmg.mgcs.co.jp
(03): panasonic.com
上記の例で、LAN 中継指示は、rdnn.mgcs.co.jp, rdmg.mgcs.co.jp または panasonic.com のドメイ
ン名を含むメールアドレスからのみ受信できます。
お知らせ
1. LAN 中継パスワードは、メールのヘッダー部分に含まれて送信するため、メールやインター
ネット FAX で使っているメールアドレスとは異なるものを登録することをお勧めします。こ
のように登録することで、インターネット FAX を受信したとき、LAN 中継パスワードを容
易に識別できます。
2. 中継許可ドメイン名がすべて空欄である場合は、インターネット FAX はすべてのドメイン名
に対して LAN 中継指示を受信します。
205
中継局を利用する(LAN 中継同報)
LAN 中継指示を設定する
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルへ中継指示を登録する場合は、次の手順で操作します。
• あらかじめ、システム登録の「140 LAN 中継指示」(p.264)を「アリ」に設定しておきます。
「ナシ」:LAN 中継送信指示することはできません。
「アリ」:LAN 経由の中継送信指示が可能になります。
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを選択する
ワンタッチダイヤルに登録するとき
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
短縮ダイヤルに登録するとき
例:ワンタッチダイヤル
3
登録するワンタッチボタンを選択する
4
電話番号を入力する
例:ワンタッチボタン 01
電話番号を入力する
(ポーズやスペースを含み、最大 36 桁まで)
例:
「9-555 1234」を入力
• 誤って入力した場合は
<01>
デンワバンゴウニュウリョク
<01>
9-555 1234
を押します。
• 中継局と最終宛先が同じ地域に位置する場合は、最終宛先
から国番号または市外局番を省略できます。中継局から
は、最終宛先まで市内番号通話となります。
5
を押す
6
文字ボタンを使って宛先名を入力する
(最大 15 文字)
例:
「ローマ」を入力
文字入力のしかた(p.251)
206
<01> ナマエ トウロク<カナ
9-555 1234
<01> ローマ
9-555 1234
<カナ
中継局を利用する(LAN 中継同報)
7
を押す
8
LAN 中継局を設定する
LAN 中継局として登録されている短縮ダイヤルの 3 桁の番号
を入力します。( お知らせ 1)
例:
「010」を入力
チュウケイキョク バンゴウ
■■■
チュウケイキョク バンゴウ
010
• 中継局として登録した短縮ダイヤルに、中継局と合致した
LAN 中継パスワードが登録されている必要があります。
9
を押す
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
• 続けてワンタッチダイヤルの登録をする場合は、手順 3 か
らの操作を繰り返します。
10 設定を終了する
を押す
お知らせ
1. LAN 中継局の短縮ダイヤル設定
LAN 中継局を短縮ダイヤルに登録する場合は、宛先のメールアドレスにホスト名と LAN 中
継パスワードを設定する必要があります。
例: [email protected]
207
中継局を利用する(LAN 中継同報)
LAN 中継送信を指示する
本機に必要なすべての項目を登録すると、次の手順で LAN 中継局を経由して自動的に 1 つまたは複数の
G3 ファクスに原稿を送信できます。
•
LAN 中継局には、必要な項目すべてを必ず設定してください。
中継局が登録されている宛先へ送信する場合
• LAN 中継指示を設定したワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを指定する操作
LAN 中継指示を設定する(p.206)
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
LAN 中継指示を設定した宛先を指定する
4
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• ワンタッチダイヤル(p.162)
短縮ダイヤル(p.164)
電話帳(p.166)
例:ワンタッチダイヤル「02」
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
<01> ローマ
9-555 1234
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
5
入力済みの宛先をすべて確認する
または
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
208
<01> ローマ
9-555 1234
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
中継局を利用する(LAN 中継同報)
6
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 中継局へ送信が開始されます。
例:最終宛先 : 9-555 1234
* ソウシン シテイマス *
<01> ローマ
(電話番号)
( お知らせ 1)
• 最終宛先への送信が完了すると、中継局から本機宛に通信
結果レポートが送信されます。このレポートで、LAN 中
継送信が完了したがどうかを確認できます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
を押します。
1. 中継局が内線電話などをお使いの場合、外部アクセス番号をダイヤルしたあとに
押してから、宛先の番号を全部入力してください。
を
2. # 文字は、中継局のメールアドレスには使用できません。
209
中継局を利用する(LAN 中継同報)
中継局が登録されていない宛先へ送信する場合
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
3
中継同報の画面を表示する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
LAN チュウケイ
チュウケイキョクイレテクダサイ
を押す
4
5
中継局を指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)、(p.162)
短縮ダイヤル(p.69)、(p.164)
電話帳(p.70)、(p.166)
直接ダイヤル(p.66)、
(p.160)
例:短縮ダイヤル「001」
を押す
6
最終宛先を指定する(電話番号のみ)
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
電話帳(p.70)
直接ダイヤル(p.66)
例:ワンタッチダイヤル「01」
[010]ロンドン チュウケイ
[email protected]
LAN チュウケイ
アテサキ ヲ イレテクダサイ
<01> ストックホルム
4681111234
• 最終宛先は、複数指定できます。
7
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
210
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
中継局を利用する(LAN 中継同報)
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
<01> ストックホルム
4681111234
を押す
• 宛先確認をした場合だけ送信できます。
9
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ=001
01%
を押す
• 中継局へ送信が開始されます。
例:最終宛先 : 4681111234
* ソウシン シテイマス *
<01> ストックホルム
(電話番号)
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
( お知らせ 1)
• 最終宛先への送信が完了すると、中継局から本機宛に通信
結果レポートが送信されます。このレポートで、LAN 中
継送信が完了したがどうかを確認できます。
• 送信を中止する場合は、
お知らせ
を押します。
1. 中継局が内線電話などをお使いの場合、外部アクセス番号をダイヤルしたあとに
押してから、宛先の番号を全部入力してください。
を
2. # 文字は、中継局のメールアドレスには使用できません。
211
中継局を利用する(LAN 中継同報)
コンピューターから LAN 中継同報を指示する
Outlook などのメールアプリケーションを使って、TIFF 形式のファイルを添付し、複数の宛先のファクス
へ中継送信できます。この機能を利用にするには、事前に次の設定が必要です。
• 本機に自局情報(LAN 中継パスワード)を正しく設定しておく
• DNS サーバーへホスト名を登録し、適切な SMTP セキュリティを設定をする
* DNS サーバーへの登録と、セキュリティー設定については、お使いのネットワークのシステム管
理者へお問合わせください。
コンピューターから中継送信をする場合は、メールアプリケーションの宛先(To )に相当するフィールド
に、次のように入力します。
(例)sg-rly#[email protected]
または
sg-rly#*[email protected]
• sg-rly
#8133111234
: LAN 中継パスワード(自局情報インターネット登録の内容と合致させる)
: ファクスの電話番号
• # と @ のあいだは、電話番号のほか、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルなどの情報を入力するこ
ともできます。
• PBX (交換機)などを利用して内線から外線へ発信する際にポ−ズが必要な場合は、「−」(ハイフ
ン)をファクス番号の部分に入力してください。
• #*001 ∼ #*168
#*2001 ∼ #*2032
:短縮ダイヤル
:ワンタッチダイヤル / プログラムダイヤル
• @ のあとには DNS サーバーへ登録されたホスト名とドメイン名が入ります。
LAN 中継送信が完了すると、中継結果が通信結果レポートとしてコンピューターへ返送され、中継結果を
確認できます。
TIFF コンバーターは、インターネット FAX が受信可能な TIFF ファイル形式へ変換するアプリケーション
です。
Word、Excel® などで作成されたファイルを、中継機能を使ってファクスへ送信する場合、そのまま *.doc、
*.xls 形式のファイルを添付して送信することはできません。あらかじめ TIFF コンバーターを利用して
TIFF 形式のファイルへ変換してから送信してください。
• 変換時の解像度は、通常 200dpi を選択してください。400dpi は、受信側が 400dpi の 処理能力を
保有していることが、あらかじめわかっている場合に使用します。
• MAPI アプリケーションは、TIFF ファイルへ変換後、MAPI を使ってメールアプリケーションを自動
的に起動するアドインプログラムです。MAPI に対応したメールアプリケーションと連動することに
より、Word、Excel® などのアプリケーションからプリントする感覚で、インターネット FAX へ送
信できます。
TIFF コンバーター、および MAPI アプリケーションは、次の URL からダウンロードできます。
http://panasonic.biz/doc/fax/download/index.html
お知らせ
1. 「#」と「*」記号は、送信パスワードのあとに入れ、最終宛先の電話番号を続けます。
2. 中継局が内線電話などを使用している場合、外部アクセス番号をダイヤルしたあとに、
を押し、ポーズ(「−」)を入力してから、宛先の番号を全部入力してください。
212
中継局を利用する(LAN 中継同報)
LAN 中継同報の通信結果
中継送信を使用する場合、中継局からは、次の 2 種類のレポートが送信され、通信状況の確認と記録に役
立ちます。
1. 中継送信レポート(通信結果レポート)
システム登録の「143 中継結果返送」
(p.264)が「全て」または「未通信」に設定されている場
合は、中継局が最終宛先に送信をしたあとに、通信結果レポートが送信されます。通信結果レポート
で、送信が完了したかどうかを確認できます。
2. 送信ジャーナル(管理者宛メール)
中継局が LAN 中継指示を受信すると、登録されている管理者にメールで通知が送付されます。
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
LAN 中継指示を設定する(p.206)
中継送信レポート(通信結果レポート)
中継送信レポート(通信結果レポート)には、次の項目が記載されます。
(1)
(2)
(3)
******************* 通信結果レポート ***********************2012 年 12 月 15 日 ******* 15 時 00 分
通信種別 = 中継転送
(4)
受付 = 12 月 14 日 14 時 50 分
完了 =12 月 15 日 14 時 57 分 00
受付番号 = 050
宛先
状況
NO.
ワンタッチ/
相手先
枚数
通信時間
短縮番号
001
R-OK
4681111234
001/001
00:00:15
002
R-OK
9-555 1234
001/001
00:00:15
- PANASONIC ************************************ - HEAD OFFICE
(5)
No.
(6)
(7)
- ******** - 201 555 1212 - ***************
(8)
項目名
(9)
(10)
説明
(1)
通信種別
「中継転送」が記載されます。
(2)
通信受付時間
中継同報の受け付け時間です。
(3)
通信完了時間
中継同報の完了時間です。
(4)
受付 NO.
通信の受付番号です。001 ∼ 999 までが記載されます。
(5)
宛先 NO.
レポート上の番号です。
(6)
状況
・R − OK
:LAN 中継または親展通信が終了しました。
・4 桁エラーコード :通信エラーが発生しました。
エラーコードが表示されたら(p.291)
<次ページへつづく>
213
中継局を利用する(LAN 中継同報)
No.
項目名
説明
(7)
ワンタッチ / 短縮 ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの番号です。
No.
(8)
相手先
最終宛先の G3 ファクスの電話番号です。
(9)
枚数
送信や受信をした枚数です。メモリー送信の場合に、送信できたページ数 / メモリー
に蓄積したページ数の形式で記載されます。
通信時間
送信や受信にかかった時間です。
複数の通信予約ファイルが同じ宛先に一括送信された場合、
「バッチ」と表示されます。
(10)
送信ジャーナル(管理者宛メール)
(1)
(2)
No.
214
説明
(1)
送信側のインターネットファクまたはコンピューターのメールアドレス
(2)
最終宛先の G3 ファクスの電話番号
Memo
イ
Fン
Aタ
X|
のネ
操ッ
作ト
215
5 章 コピーの操作
コピーする
コピー機能を利用して、原稿をコピーできます。
コピー部数は 1 ∼ 99 まで設定できます。
1
原稿をセットする
2
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
濃度や文字サイズを設定する(p.74)
• 文字サイズの「フツウ」は設定できません。
3
4
コピー
コピー ブスウ =1
を押す
コピー部数を入力する(最大 99 部)
コピー
コピー ブスウ =10
例:「10」を入力
5
*チクセキ チュウ*NO.123
マイスウ =002
10%
を押す
• 原稿がメモリーに蓄積され、コピーが開始されます。
お知らせ
* コピ - *
01/10
1. 原稿の長さによって、自動的に縮小してコピーされます。手動で縮小率を変更するときは、シ
ステム登録の「032 縮小コピー」(p.259)を「シュドウ」に変更します。
「032 縮小コピー」が「シュドウ」に設定されている場合は、
を 100 ∼ 72% の範囲で 1% 刻みに設定できます。
または
を押して、縮小率
2. 「文字サイズ」を「サイミツ」に設定してコピーする場合、縮小率を 100%に設定したとき
は、1ページにプリントするために少し縮小してコピーされます。
3. 「文字サイズ」が「フツウ」に設定されている場合、手順 3 で
を押すと、自動的に
「チイサイ」に設定されます(「フツウ」は設定できません)。
4. 複数部数をコピーする場合、原稿の読み取り中にメモリーがいっぱいになると、コピーでき
ません。読み取り前の原稿が排紙され、「メモリーオーバー」のメッセージが表示されます。
蓄積された原稿は消去されます。この場合には、2 回以上に分けてコピーしてください。
216
コピーする
コ
ピ
|
の
操
作
お知らせ
1. 次のようなコピーを所有するだけでも、法律により罰せられますのでお気を付けください。
• 紙幣、貨幣、政府発行の有価証券、国債証券類、地方債証券類
• 外国で流通する紙幣、貨幣、証券類
• 未使用郵便切手、郵便事業株式会社製の郵便はがき類、政府発行の印紙、酒税法で規制の証
券類
• 著作権の目的となっている書籍、絵画、写真、図面、地図、楽譜などの著作物は個人的にま
たは家庭内、その他これに準ずる限られた範囲内で使用する場合を除いてコピーは禁止され
ています。
217
6 章 スキャナーの操作
スキャンする
スキャンする
本機とコンピューターがネットワーク経由で接続されている場合、本機のスキャン機能を利用して、原稿を
読み取り、コンピューターに転送できます。
• 本機からコンピューターにスキャン文書を転送するには、あらかじめコンピューター側に『コミュニ
ケーションユーティリティー』をインストールし、機能を設定しておく必要があります。
インストール、および機能の設定については、CD-ROM 内に格納されている『取扱説明書 (ソフト
ウェア編)』を参照してください。
• カラー原稿を読み取る場合は、 カラー読み取りを設定する(p.223)を参照してください。
• 本機とコンピューターが USB ケーブルで接続されている場合は、コンピューターからスキャンの指
示をします。操作方法については、CD-ROM 内に格納されている『取扱説明書 (ソフトウェア編)』
を参照してください。
1
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
2
原稿をセットする
3
原稿サイズを設定する
送る面を上向きにして、原稿ガイドを原稿の幅に合わせる
原稿のセットのしかた(p.47)
または
アテサキヲ セットシテクダサイ
A4 ∨∧
を押す
• 初期値は「A4」に設定されています。
218
4
必要に応じて、濃度や文字サイズを選ぶ
5
必要に応じて、スキャンの設定を変更する
6
宛先を指定する
濃度や文字サイズを設定する(p.219)
ファイルタイプ / ファイル名を設定する(p.220)
圧縮形式を設定する(p.221)
グレースケールを設定する(p.222)
カラー読み取りを設定する(p.223)
電話帳で送る(p.70)
アテサキヲ セットシテクダサイ
A4 ∨∧
アテサキヲ セットシテクダサイ
A4 ∨∧
(01)パナソニック
11.22.33.44
スキャンする
7
ブンショ ヨミコミ チュウ
ページ =001
01%
を押す
PCニ データ ヲ
テンソウ シテイマス
濃度や文字サイズを設定する
送信する原稿に合わせ、濃度と文字サイズを設定できます。これらの設定は、スキャンが終了すると自動的
に元の設定に戻ります。
濃度を設定する
原稿を読み込む濃度を設定します。
文字が薄い原稿を送るときは「コク」に変更します。文字がこい原稿を送るときは「ウスク」に変更します。
を押すたびに、濃度の設定が切り替わります。
ノウド キリカエ:
フツウ
ノウド キリカエ:
ウスク
濃度=ふつう
ノウド キリカエ:
コク
濃度=うすく
ス
キ
のャ
操ナ
作|
濃度=こく
文字サイズを設定する
原稿を読み込む細かさ(解像度)を設定します。
写真原稿を送るときは「ハーフトーン」に変更します。
を押すたびに、文字サイズの設定が切り替わります。
モジサイズ:
300dpi
モジサイズ:
600dpi
モジサイズ:
ハーフトーン (100dpi)
モジサイズ:
ハーフトーン (200dpi)
モジサイズ:
200dpi
モジサイズ:
100dpi
モジサイズ:
ハーフトーン (600dpi)
モジサイズ:
ハーフトーン (300dpi)
お知らせ
1. 濃度や文字サイズは、初期値を変更できます。よくお使いになる濃度や文字サイズの設定を
登録しておけば、原稿をセットするたびに設定をする手間が省けます。
• 濃度:システム登録の「001 濃度切り替え」
(p.257)
• 文字サイズ:スキャナ機能設定の「3 文字サイズ」
(p.226)
2. 「グレースケール」または「カラー」を設定して読み取る場合、「ハーフトーン」は設定できません。
219
スキャンする
ファイルタイプ / ファイル名を設定する
スキャンした文書のファイルタイプ / ファイル名を設定できます。
ファイル名は、日付かファイル名を選択できます。
1
2
3
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
ファイル タイプ ?
TIFF/JPEG<>
を押す
①または②を押し、ファイルタイプを設定する
TIFF/JPEG
ファイル タイプ ?
TIFF/JPEG<>
または
PDF
ファイル タイプ ?
PDF<>
4
ファイル メイ ?
ヒヅケ <>
を押す
5
①または②を押し、ファイル名のタイプを設定
する
日付
ヒヅケ <>
または
ファイル メイ ?
編集
ヘンシュウ <>
6
を押す
220
ファイル メイ ?
スキャンする
7
(編集を選択した場合)
ファイル名を入力する
文字ボタンを使って、ファイル名を入力する
文字入力のしかた(p.251)
ファイルメイ
ナマエ トウロク
<カナ
ファイルメイ
サンコウイラスト
<カナ
例:
「サンコウイラスト」
• 誤って入力したときは、
8
を使って間違えた文字の
右隣にカーソルを移動し、
を押してから正しい
文字を入力し直してください。
• 16 文字以上を入力すると、文字列が左端にスクロールさ
れ、画面から消えます。
を押す
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
圧縮形式を設定する
読み込んだ文書の圧縮形式を設定できます。
1
2
3
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
アッシュク ケイシキ ?
MMR<>
を押す
①∼③を押し、圧縮形式を設定する
アッシュク ケイシキ ?
MH<>
MH
または
MR
アッシュク ケイシキ ?
MR<>
MMR
または
アッシュク ケイシキ ?
MMR<>
4
を押す
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
221
ス
キ
のャ
操ナ
作|
スキャンする
グレースケールを設定する
写真原稿の場合に、グレースケールを設定できます。
1
2
3
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
グレー スケール ?
オフ<>
を押す
①または②を押し、グレースケールを設定する
グレー スケール ?
オフ<>
オフ:グレースケールは設定されません。
または
オン:グレースケールが設定されます。
グレー スケール ?
オン<>
4
を押す
222
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
スキャンする
カラー読み取りを設定する
原稿をカラーで読み取る場合は、カラーに設定します。
1
2
3
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
カラー ?
オフ<>
を押す
①または②を押し、読み取りモードを設定する
カラー ?
オフ<>
オフ:白黒で読み取られます。
または
オン:カラーで読み取られます。
カラー ?
オン<>
4
を押す
ス
キ
のャ
操ナ
作|
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
223
スキャンする
スキャナー機能を設定する
スキャナー機能設定には、一般設定と管理者設定があります。
スキャナー機能(一般設定)を設定する
スキャナー機能(圧縮形式、文字サイズ、送信ファイルタイプ、原稿サイズ)の初期値を設定できます。
1
2
3
4
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
スキャナーパラメータ(0-9)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
機能番号を入力する
例:
文字サイズ
項目を選択する
例:
200dpi
5
を押す
モジサイズ ?
300dpi<>
モジサイズ ?
200dpi<>
ソウシン ファイル タイプ?
TIFF/JPEG<>
• ほかの機能を設定する場合は、手順3に戻って操作します。
6
設定を終了する
を押す
224
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
スキャンする
スキャナー機能(管理者設定)を設定する
グループ ID を設定できます。
1
2
3
スキャンを設定する
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
機能設定の画面を表示する
スキャナーパラメータ(0-9)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
機能番号を入力する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
4
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
5
キーオペレーター コード
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
グループ ID を設定する
ス
キ
のャ
操ナ
作|
グループID?
■ (0-99)
を押す
6
グループ ID(0 ∼ 99)を入力する
を押す
例:
「1」を入力
7
設定を終了する
グループID?
1 (0-99)
キーオペレーター コード
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
を押す
225
スキャンする
スキャン設定一覧(一般設定)
* お買い上げ時の設定です。
No.
設定項目
0
スキャナー機能設
定
2
圧縮形式
3
5
7
9
選択肢
(----)
文字サイズ
送信ファイルタイ
プ
原稿サイズ
キーオペレーター
モード
(----)
1
MH
2
MR
3
MMR*
1
100dpi
2
200dpi
3
300dpi*
4
600dpi
説明
スキャナー機能設定リストがプリントされます。
画像の圧縮形式の初期値を設定します。
読み取り解像度の初期値を設定します。
5
ハーフトーン
(100dpi)
6
ハーフトーン
(200dpi)
7
ハーフトーン
(300dpi)
8
ハーフトーン
(600dpi)
1
TIFF/JPEG*
2
PDF
読み取った原稿を送信するときの、ファイルタイ
プの初期値設定します。
・ グレースケール原稿 / カラー原稿の場合
TIFF または JPEG を選択できます。
1
A4*
原稿サイズの初期値を設定します。
2
レター
3
リーガル
(----)
(----)
管理者専用のメニューに移行します。キーオペ
レーターコードの入力が必要です。
スキャン設定(管理者設定)(p.226)を参照
してください。
スキャン設定(管理者設定)
* お買い上げ時の設定です。
No.
1
226
設定項目
グループ ID
選択肢
0
0-99
(*0)
説明
グループ ID を設定します。
スキャンする
スキャナー機能設定リストをプリントする
スキャナー機能設定リストをプリントする場合は、次の手順で操作します。
1
2
3
スキャンを設定する
を押す
機能設定の画面を表示する
スキャナーパラメータ(0-9)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
機能番号を入力する
を押す
4
12-15 15:00
ヨミコミ デキマス
プリントを開始する
スキャナー キノウ セッテイ?
セット デ プリント
* プリント シテイマス *
スキャナー キノウ セッテイ
を押す
ス
キ
のャ
操ナ
作|
227
7 章 プリントの操作
プリントする
本機とコンピューターがネットワークまたは USB で接続され、プリンタードライバーが正しくインストー
ルされている場合は、簡単な操作で Windows アプリケーションから印刷できます。
・ プリンタードライバーのインスト―ルについては、CD-ROM 内に格納されている『取扱説明書 (ソ
フトウェア編)』を参照してください。
・ 下の手順は、本機が「通常使うプリンタ」として設定されている場合の例です。
1
2
[ファイル]メニューから[印刷]を選択する
• 印刷のダイアログボックスが表示されます。
[詳細設定]ボタンをクリックする
• ボタン名は、アプリケーションにより異なります。
3
4
各タブの項目を設定し、[OK]ボタンをクリックする
• プリンタードライバーの設定項目については、プリンタードライバーのオンラインヘル
プを参照してください。
[印刷]ボタンをクリックする
• 作成した文書の印刷が開始されます。
• ボタン名は、アプリケーションにより異なります。
228
Memo
プ
リ
のン
操ト
作
229
8 章 登録と設定
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルを利用すると、簡単な操作でダイヤルできます。これらのダイヤルは、
あらかじめ、電話番号またはメールアドレス、および宛先名を登録しておく必要があります。
• システム登録でルーティングが設定されている場合は、宛先名の入力後にルーティング機能を設定す
る画面が表示されます。操作については、 転送先を登録する(p.196)を参照してください。
• システム登録でLAN中継が設定されている場合は、宛先名の入力後にLAN中継同報機能を設定する画
面が表示されます。操作については、LAN 中継指示を設定する(p.206)を参照してください。
ワンタッチダイヤルを登録する
ワンタッチダイヤル(01 ∼ 32)に、電話番号やメールアドレスを登録できます。
新規にワンタッチダイヤルを登録する場合は、次の手順で操作します。
• ワンタッチボタンには、ここで説明するワンタッチダイヤル以外に、プログラム機能やグループダイ
ヤル機能を登録できます。詳しくは、 プログラムダイヤルを登録する(p.240)を参照してください。
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル登録を選択する
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
<01>
デンワバンゴウニュウリョク
を押す( お知らせ 1 p.232)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
(メールアドレスを入力する場合)
<01>
アドレスヲ イレテクダサイ
を押す
5
電話番号、メールアドレスを入力する
• 電話番号の場合( お知らせ 2、3 p.232)
電話番号を入力する
(ポーズやスペースを含み、最大 36 桁)
例:
「9-555 1234」を入力
• メールアドレスの場合( お知らせ 2 p.232)
文字ボタンを使って入力する(最大 60 桁)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「[email protected]」を入力
230
<01>
9-555 1234
または
<01>
[email protected]
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
6
<01> ナマエ トウロク<カナ
9-555 1234
を押す
または
<01> ナマエ トウロク<カナ
[email protected]
7
宛先名を入力する
<01> エイギョウブ<カナ
9-555 1234
文字ボタンを使って宛先名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
または
例:
「エイギョウブ」を入力
<01> エイギョウブ<カナ
[email protected]
8
ダイレクト SMTP 送信が
設定されていない場合
を押す
• メールアドレスの入力でシステム登録のダイレクトSMTP
送信が設定されている場合は、手順 9 に進みます。
• 続けてほかのワンタッチダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
• ワンタッチダイヤルの登録を終了する場合は、手順 11 に
進みます。
• システム登録でルーティングが設定されている場合は、
ルーティング機能を設定する画面が表示されます。
操作については、 転送先を登録する(p.196)を参照
してください。
9
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
ダイレクト SMTP 送信が
設定されている場合
ダイレクト SMTP= ■
1:ハイ 2:イイエ
• システム登録で LAN 中継同報が設定されている場合は、
LAN 中継同報機能を設定する画面が表示されます。
操作については、LAN 中継指示を設定する(p.206)
を参照してください。
(ダイレクト SMTP 送信が設定されている場合のみ)
ダイレクト SMTP=1
1:ハイ 2:イイエ
ダイレクト SMTP 送信を設定する
登
録
と
設
定
または
ハイ :ダイレクト SMTP 送信が設定されます。
イイエ:ダイレクト SMTP 送信は設定されません。
ダイレクト SMTP=2
1:ハイ 2:イイエ
• この項目は、システム登録の「172 ダイレクト SMTP 送
(p.266)が「アリ」に設定され、手順 5 でメールア
信」
ドレスを指定した場合に設定します。
<次ページへつづく>
231
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
10
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
• 続けてほかのワンタッチダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
11 設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、電話番号やメールアドレ
スが表示されます。登録内容を変更する場合は、
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更する(p.236)
2. 電話番号やメールアドレスを誤って入力した場合は、
誤って入力した文字の右隣へ移動し、
または
を使ってカーソルを
を押してから、新しい番号を入力します。
3. 電話番号には、ポーズ、トーン、スペース、サブアドレスも登録できます。
記号を使ったダイヤル方法(p.67)
232
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
短縮ダイヤルを登録する
短縮ダイヤル(001 ∼ 168)に、電話番号やメールアドレスを登録できます。
新規に短縮ダイヤルを登録する場合は、次の手順で操作します。
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
短縮ダイヤル登録を選択する
を押す
3
短縮ダイヤルを選択する
を押す
例:
タンシュク[■ ]
タンシュクNO.イレテクダサイ
[022]
デンワバンゴウニュウリョク
( お知らせ 1 p.235)
4
(メールアドレスを入力する場合)
[022]
アドレスヲ イレテクダサイ
を押す
5
電話番号、メールアドレスを入力する
• 電話番号の場合( お知らせ 2、3 p.235)
電話番号を入力する
(ポーズやスペースを含み、最大 36 桁)
例:
「9-555 1234」を入力
• メールアドレスの場合( お知らせ 2 p.235)
文字ボタンを使って入力する(最大 60 桁)
文字入力のしかた(p.251)
6
[022]
9-555 1234
または
[022]
[email protected]
例:
「[email protected]」を入力
を押す
登
録
と
設
定
[022]ナマエ トウロク<カナ
9-555 1234
または
[022]ナマエ トウロク<カナ
[email protected]
<次ページへつづく>
233
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
7
宛先名を入力する
文字ボタンを使って宛先名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「エイギョウブ」を入力
[022]エイギョウブ<カナ
9-555 1234
または
[022]エイギョウブ<カナ
[email protected]
8
を押す
• メールアドレスの入力でシステム登録のダイレクト SMTP
送信が設定されている場合は、手順 9 に進みます。
• 続けてほかの短縮ダイヤルを登録する場合は、手順 3 から
の操作を繰り返します。
• 短縮ダイヤルの登録を終了する場合は、手順 11 に進みま
す。
• システム登録でルーティングが設定されている場合は、
ルーティング機能を設定する画面が表示されます。
操作については、 転送先を登録する(p.196)を参照
してください。
9
(ダイレクト SMTP 送信が設定されている場合のみ)
ダイレクト SMTP 送信を設定する
イイエ:ダイレクト SMTP 送信は設定されません。
ダイレクト SMTP 送信が
設定されている場合
ダイレクト SMTP= ■
1:ハイ 2:イイエ
ダイレクト SMTP=1
1:ハイ 2:イイエ
または
ダイレクト SMTP=2
1:ハイ 2:イイエ
• この項目は、システム登録の「172 ダイレクト SMTP 送
信」
(p.266)が「アリ」に設定され、手順 5 でメールア
ドレスを指定した場合に設定します。
を押す
• 続けてほかの短縮ダイヤルを登録する場合は、手順 3 から
の操作を繰り返します。
11 設定を終了する
を押す
234
タンシュク[■ ]
タンシュクNO.イレテクダサイ
• システム登録で LAN 中継同報が設定されている場合は、
LAN 中継同報機能を設定する画面が表示されます。
操作については、LAN 中継指示を設定する(p.206)
を参照してください。
ハイ :ダイレクト SMTP 送信が設定されます。
10
ダイレクト SMTP 送信が
設定されていない場合
タンシュク[■ ]
タンシュクNO.イレテクダサイ
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
登
録
と
設
定
お知らせ
1. 入力した短縮番号にすでに宛先が登録されている場合は、電話番号やメールアドレスが表示
されます。登録内容を変更する場合は、
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更する(p.236)
2. 電話番号やメールアドレスを誤って入力した場合は、
誤って入力した文字の右隣へ移動し、
または
を使ってカーソルを
を押してから、新しい番号を入力します。
3. 電話番号には、ポーズ、トーン、スペース、サブアドレスも登録できます。
記号を使ったダイヤル方法(p.67)
235
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更する
登録されているワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更する場合は、次の手順で操作します。
• ここでは、ワンタッチダイヤルを変更する手順を例に、操作を説明します。
• 電話番号やメールアドレスの入力内容については、次を参照してください。
ワンタッチダイヤルを登録する(p.230)、 短縮ダイヤルを登録する(p.233)
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル登録を選択する
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
を押す
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
電話番号やメールアドレスを変更する場合
(1)
<01> エイギョウブ
9-555 1234
または
<01> エイギョウブ
[email protected]
<01> エイギョウブ
デンワバンゴウニュウリョク
を押す
または
<01> エイギョウブ
アドレスヲ イレテクダサイ
(2) 変更後の電話番号やメールアドレスを入
力する
<01> エイギョウブ
9-555 3456
例:9-555 3456
例:[email protected]
・ メールアドレスを入力する場合は、 を押します。
(3)
を押す
または
<01> エイギョウブ
[email protected]
<01> エイギョウブ
9-555 3456
または
<01> エイギョウブ
[email protected]
236
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
5
宛先名を変更する場合
(1)
<01> ■
9-555 3456
を押す
<カナ
または
<01> ■
<カナ
[email protected]
(2)
変更後の宛先名を入力する
<01> パナソニック <カナ
9-555 3456
例:
「パナソニック」を入力
または
<01> パナソニック <カナ
[email protected]
6
ダイレクト SMTP 送信が
設定されていない場合
を押す
• メールアドレスの入力でシステム登録のダイレクト SMTP
送信が設定されている場合は、手順 7 に進みます。
• 続けてほかのワンタッチダイヤルを変更する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
• ワンタッチダイヤルの変更を終了する場合は、手順 9 に進
みます。
• ルーティングが設定されている場合は、ルーティング機能
を設定する画面が表示されます。設定を変更する場合は、
を押し、設定を変更します。
設定内容については、 転送先を登録する(p.196)を
参照してください。
7
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
ダイレクト SMTP 送信が
設定されている場合
ダイレクト SMTP= ■
1:ハイ 2:イイエ
• LAN 中継同報が設定されている場合は、LAN 中継同報機
能を設定する画面が表示されます。設定を変更する場合
は、
を押し、設定を変更します。
設定内容については、LAN 中継指示を設定する
(p.206)を参照してください。
(ダイレクト SMTP 送信が設定されている場合のみ)
登
録
と
設
定
ダイレクト SMTP=1
1:ハイ 2:イイエ
ダイレクト SMTP 送信を設定する
または
ハイ :ダイレクト SMTP 送信が設定されます。
イイエ:ダイレクト SMTP 送信は設定されません。
ダイレクト SMTP=2
1:ハイ 2:イイエ
• この項目は、システム登録の「172 ダイレクト SMTP 送
(p.266)が「アリ」に設定され、手順4でメールア
信」
ドレスを指定した場合に設定します。
<次ページへつづく>
237
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
8
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
9
• 続けてほかのワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを変更す
る場合は、手順 3 からの操作を繰り返します。
設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 電話番号やメールアドレスを誤って入力した場合は、
誤って入力した文字の右隣へ移動し、
238
または
を使ってカーソルを
を押してから、新しい番号を入力します。
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを登録する
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを消去する
登録されているワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを消去する場合は、次の手順で操作します。
ここでは、ワンタッチダイヤルを消去する手順を例に、操作を説明します。
1
設定画面を表示する
1:ワンタッチ トウロク
2:タンシュク トウロク
を押す
2
ワンタッチダイヤル登録を選択する
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
を押す
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
電話番号、メールアドレスを消去する
を押す
<01> エイギョウブ
9-555 1234
または
<01> エイギョウブ
[email protected]
<01> エイギョウブ
デンワバンゴウニュウリョク
または
<01> エイギョウブ
アドレスヲ イレテクダサイ
5
を押す
6
ワンタッチ< >
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
• 続けてほかのワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルを消去す
る場合は、手順 3 からの操作を繰り返します。
登
録
と
設
定
設定を終了する
を押す
239
プログラムダイヤルを登録する
ワンタッチボタン(01 ∼ 32) は、ワンタッチダイヤルとして利用するだけではなく、一連の操作手順を
登録してプログラムボタンとして使用したり、複数の宛先を登録してグループダイヤルとして利用できま
す。
z グループダイヤル
グループダイヤルとは、ひとつのワンタッチボタンに、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの宛先を複
数登録できる機能です。1つのグループダイヤルには最大で199件まで宛先を登録できます。
• グループダイヤルに登録する宛先は、あらかじめワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録しておい
てください。
z プログラムダイヤル
プログラムダイヤルとは、タイマー送信、ポーリング受信、タイマーポーリング受信の一連の操作を登録でき
る機能です。宛先は、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、グループダイヤルで指定します。
グループダイヤルを登録する
ワンタッチボタン(01 ∼ 32)に、あらかじめワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録されている宛先
を複数登録できます。
新規にグループダイヤルを登録する場合は、次の手順で操作します。
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
グループダイヤルを選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
[P01] ナマエ
ナマエ トウロク
<カナ
[P01] ナマエ
グループ A
<カナ
を押す( お知らせ 1 p.243)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
5
グループダイヤル名を入力する
文字ボタンを使ってプログラム名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「グループ A」を入力
を押す
240
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
プログラムダイヤルを登録する
6
宛先を設定する
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルを利用して、グループダ
イヤルに登録する宛先をすべて入力する
<02> パナソニック 1
5551234
例:ワンタッチボタン「02」
[010]パナソニック 2
5553456
を押す
例:短縮ダイヤル「010」
を押す
• 入力した宛先数を確認する場合は、
•
または
を押します。
を押すと、入力した宛先を確認できます。
• 宛先を削除する場合は、
を押します。
7
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
8
入力済みの宛先をすべて確認する
または
<02> パナソニック 1
5551234
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけグループダイヤルを登録できます。
9
を押す
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
• 続けてほかのグループダイヤルを登録する場合は、手順 3
からの操作を繰り返します。
10 設定を終了する
登
録
と
設
定
を押す
お知らせ
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、登録済みの内容が表示さ
れます。登録内容を変更する場合は、
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する(p.250)
2. お買い上げ時は、複数宛先の指定、およびグループダイヤルを禁止するように設定されてい
ます。禁止を解除する場合は、システム登録の「117 複数宛先指定」
(p.262)を「アリ」
に設定します。
241
プログラムダイヤルを登録する
プログラムダイヤルを登録する
ワンタッチボタン(01 ∼ 32)に、タイマー送信、ポーリング受信、タイマーポーリング受信の一連の操作を登
録できます。宛先は、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、グループダイヤルで指定します。
新規にプログラムダイヤルを登録する場合は、次の手順で操作します。
タイマー送信を登録するとき
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
プログラムダイヤルを選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
[P01] ナマエ
ナマエ トウロク
<カナ
[P01] ナマエ
プログラム A
<カナ
を押す( お知らせ 1 p.243)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
5
プログラム名を入力する
文字ボタンを使ってプログラム名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「プログラム A」を入力
プログラム[ P01]
ファンクションボタンヲ オス
を押す
6
タイマー送信の画面を表示する
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
を押す
242
■ :
プログラムダイヤルを登録する
7
送信時刻を設定する
タイマー ソウシン
ヨヤク ジコク
テンキーボタンで
送信時刻を入力し、
を押す
• 時刻は 24 時制(4 桁)で入力します。
例:午後 11:30 に送信したいとき
「2330」を押して
を押します。
8
• 誤って入力した場合は、
てください。
23:30
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押し、もう一度入力し
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
次のどれかの操作で指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
グループダイヤル(p.240)
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数宛先を設定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
9
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
10 入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけプログラムダイヤルを登録できます。
11
を押す
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
登
録
と
設
定
• 続けてほかのプログラムダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
12 設定を終了する
を押す
お知らせ
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、登録済みの内容が表示さ
れます。登録内容を変更する場合は、
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する(p.250)
243
プログラムダイヤルを登録する
タイマーポーリング受信を登録するとき
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
プログラムダイヤルを選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
[P01] ナマエ
ナマエ トウロク
<カナ
[P01] ナマエ
プログラム A
<カナ
を押す( お知らせ 1 p.245)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
5
プログラム名を入力する
文字ボタンを使ってプログラム名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「プログラム A」を入力
プログラム[ P01]
ファンクションボタンヲ オス
を押す
6
タイマーポーリング受信の画面を表示する
タイマー ポーリング
ヨヤク ジコク
■ :
を押す
7
ポーリング時刻を設定する
テンキーボタンで
受信時刻を入力し、
タイマー ポーリング
ヨヤク ジコク
23:30
を押す
• 時刻は 24 時制(4 桁)で入力します。
例:午後 11:30 に送信したいとき
「2330」を押して
を押します。
• 誤って入力した場合は、
てください
244
を押し、もう一度入力し
タイマー ポーリング
パスワード=■■■■
プログラムダイヤルを登録する
8
9
パスワード(4 桁)を入力する
必要に応じて
パスワードを
入力し、
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
次のどれかの操作で指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
グループダイヤル(p.240)
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数宛先を設定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
10
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
11 入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけプログラムダイヤルを登録できます。
12
を押す
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
• 続けてほかのプログラムダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
13 設定を終了する
を押す
お知らせ
登
録
と
設
定
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、登録済みの内容が表示さ
れます。登録内容を変更する場合は、
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する(p.250)
245
プログラムダイヤルを登録する
ポーリング受信を登録するとき
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
プログラムダイヤルを選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
[P01] ナマエ
ナマエ トウロク
<カナ
[P01] ナマエ
プログラム A
<カナ
を押す( お知らせ 1 p.247)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
5
プログラム名を入力する
文字ボタンを使ってプログラム名を入力する(最大 15 文字)
文字入力のしかた(p.251)
例:
「プログラム A」を入力
プログラム[ P01]
ファンクションボタンヲ オス
を押す
6
ポーリング受信の画面を表示する
ポーリング ジュシン
パスワード=■■■■
を押す
7
246
パスワード(4 桁)を入力する
必要に応じて
パスワードを
入力し、
を押す
アテサキ ヲ イレテクダサイ
スタートヲ オシテクダサイ
プログラムダイヤルを登録する
8
宛先を指定する
[010]パナソニック
5553456
次のどれかの操作で指定する
• ワンタッチダイヤル(p.68)
短縮ダイヤル(p.69)
グループダイヤル(p.240)
例:短縮ダイヤル「010」
• 複数宛先を設定できます。
複数宛先に送る(順次同報送信)(p.72)
9
∨∧デ アテサキヲカクニンシテ
スタートヲ オシテクダサイ
を押す
• 宛先確認の画面が表示されます。
10 入力済みの宛先をすべて確認する
または
[010]パナソニック
5553456
を押す
アテサキマチガイアリマセンカ?
ハイ:スタート イイエ:クリアー
• 宛先確認をした場合だけプログラムダイヤルを登録できます。
11
を押す
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
• 続けてほかのプログラムダイヤルを登録する場合は、手順
3 からの操作を繰り返します。
12 設定を終了する
を押す
登
録
と
設
定
お知らせ
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、登録済みの内容が表示さ
れます。登録内容を変更する場合は、
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する(p.250)
247
プログラムダイヤルを登録する
POP 手動受信を登録する
POP 受信サーバーに本機を接続している場合は、ワンタッチボタン(01 ∼ 32)に、本機のメールアド
レス以外のメールアドレスに宛てた E メールを受信する機能を登録できます。
• パスワードを設定しないでおくと、POP 受信時にパスワード入力が必要になります。
セキュリティを重視し、第三者による POP サーバーからのメール取り出しを防止したい場合は、パ
スワードを入力しないことをお勧めします。
• POP 手動受信の操作については、POP サーバーから手動で受信する(p.185)
POP 自動受信のユーザーを登録する場合は、次の手順で操作します。
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
POP 自動受信の登録を選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
POP ユーザーメイ
を押す( お知らせ 1 p.249)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
POP ユーザー名を入力する
文字ボタンを使って POP ユーザー名を入力する
文字入力のしかた(p.251)
POP ユーザーメイ
Panasonic
例:
「Panasonic」を入力
• 40 文字まで登録できます。
5
POP パスワード
を押す
6
POP パスワードを入力する
文字ボタンを使って POP パスワードを入力する
文字入力のしかた(p.251)
POP パスワード
12345678 ■
• 10 文字まで登録できます。
7
を押す
248
メール サクジョ NO.=1
1:イイエ 2:ハイ
プログラムダイヤルを登録する
8
POP 受信後のメール削除を設定する
本機が POP 受信サーバーからメールを受信したあとに、POP 受信
サーバー上のメールを削除するかどうかを設定します。
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
「イイエ」のとき
「ハイ」のとき
9
設定を終了する
を押す
登
録
と
設
定
お知らせ
1. 選択したワンタッチボタンにすでに宛先が登録されている場合は、登録済みの内容が表示さ
れます。登録内容を変更する場合は、
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する(p.250)
2. メモリー転送(p.134)が設定されている場合、手動での POP 受信はできません。
249
プログラムダイヤルを登録する
グループダイヤル / プログラムダイヤルを変更する
ワンタッチボタンに登録済みのグループダイヤル / プログラムダイヤルは、次の項目を変更できます。
• グループダイヤル:グループ名、グループに登録した宛先
• プログラムダイヤル:プログラム名、各通信機能の通信予約時刻、宛先、パスワード
変更する場合は、「 グループダイヤルを登録する(p.240)」∼「 プログラムダイヤルを登録する
(p.242)」を参照し、画面に表示される古い内容を消去して、新しい内容を入力してください。
グループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する
登録されているグループダイヤル / プログラムダイヤルを消去する場合は、次の手順で操作します。
1
設定画面を表示する
プログラム
(1-4)
バンゴウヲイレル マタハ∨∧
を押す
2
プログラムダイヤルの消去を選択する
プログラム[ P ]
ワンタッチ ヲ オシテクダサイ
を押す
3
ワンタッチボタンを押す
例:ワンタッチボタン「01」
トリケシ ?
1:ハイ 2:イイエ
を押す( お知らせ 1 p.243)
• ワンタッチボタン17∼32の場合は、ワンタッチボタンの
前に、 を押します。
4
消去する
* ショウキョ シテイマス *
プログラム[ P01]
を押す
5
• 続けてほかのグループダイヤル / プログラムダイヤルを消
去する場合は、手順 3 からの操作を繰り返します。
設定を終了する
を押す
250
文字入力のしかた
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤル、自局情報などの登録時には、文字入力の画面が表示されます。
• 文字入力の画面では、テンキーボタンを使って、カタカナ、アルファベット(大文字と小文字)、
記号、数字を入力できます。
• 濁音(ガギグゲゴなど)や半濁音(パピプペポなど)は2文字分になります。
• 文字入力をする機能により、入力できる文字に制限があります。
• 入力する機能により、画面に表示される文字がかわります。
• 文字種別ごとの入力方法については、次を参照してください。
カタカナを入力する(p.252)
アルファベットを入力する(p.252)
数字を入力する(p.253)
記号を入力する(p.253)
文字種別を切り替えるには
•
を押すたびに、文字種別が次の順で切り替わります。
カタカナ → 英字 / 記号 → 数字 → カタカナ ・・・
文字種別
カタカナ
英字 / 記号
数字
テンキーボタン
アイウエオァィゥェォ@ . _ - & $ \ %+ = ^ `
1
カキクケコ
A B C a b c
2
サシスセソ
D E F d e f
3
タチツテトッ
G H I g h i
4
ナニヌネノ
J K L j k l
5
ハヒフヘホ
MN O m n o
6
マミムメモ
P Q R S p q r s
7
ヤユヨャュョ
T U V t u v
8
ラリルレロ
WX Y Z w x y z
9
ワヲンー ! ( )
! ? / - * # ,
; : |
' " ( ) [ ] { } < >
登
録
と
設
定
0
゙ ゚
251
文字入力のしかた
カタカナを入力する
例:
「パナ」を入力する
1
(他の文字種別が表示されている場合)
(「<カナ」が表示
されるまで)
を何度か押す
<01> ナマエ トウロク<カナ
_
2
を押す
<01> ナマエ トウロク<カナ
ハ
3
を 2 回押す
<01> ナマエ トウロク<カナ
パ
4
を押す
<01> ナマエ トウロク<カナ
パナ
アルファベットを入力する
例:
「Pa」を入力する
1
2
3
252
(他の文字種別が表示されている場合)
(
「<A>」が表
示されるまで)
を何度か押す
<01> ナマエ トウロク <A>
P
を押す
(
「a」が表示さ
れるまで)
<01> ナマエ トウロク <A>
_
を何度か押す
<01> ナマエ トウロク <A>
Pa
文字入力のしかた
数字を入力する
例:
「1」を入力する
1
2
(他の文字種別が表示されている場合)
(
「<1>」が表
示されるまで)
を何度か押す
<01> ナマエ トウロク <1>
_
<01> ナマエ トウロク <1>
1
を押す
記号を入力する
• 記号によって手順 2 で使用するテンキーボタンが異なります。使用するテンキーボタンについては、
文字種別を切り替えるには(p.251)を参照してください。
例:
「+」を入力する
1
2
(他の文字種別が表示されている場合)
(
「<A>」が表
示されるまで)
を何度か押す
(「+」が表示
されるまで)
を何度か押す
<01> ナマエ トウロク <A>
_
<01> ナマエ トウロク <A>
+
誤って入力したとき
例:
「パン」を「パナ」に修正する
1
2
3
または
を押し、誤って入力した文字の
右隣へカーソル移動する
<01> ナマエ トウロク<カナ
パン _
を押す
正しい文字を入力する
<01> ナマエ トウロク<カナ
パナ
• 文字が未確定状態(カーソルがその文字の上で点滅している状態)の場合は、
点滅中の文字が消去されます。
<01> ナマエ トウロク<カナ
パナ
登
録
と
設
定
<01> ナマエ トウロク<カナ
パ
を押す
を押すと、
<01> ナマエ トウロク<カナ
パ
点滅中
253
宛先シートをプリントする
お使いのコンピューターに、付属の CD-ROM 内に格納されているソフトウェア『ネットワーク装置設定 /
アドレス帳編集』をインストールすると、『アドレス帳編集』からワンタッチボタンの宛先シートをプリン
トできます。
宛先シート例
1
印刷された用紙を、実線に沿って
切る
実線に沿って切る
2
254
宛先シートカバーの下に、宛先
シートをセットする
宛先シート
システム登録
システム登録は、機能の設定状態や、有効 / 無効を設定するためのメニューです。
システム登録には、ファクス関連の項目を設定する「ファクス設定」、スキャナー関連の項目を設定する「ス
キャナ設定」があります。
お買い上げ時、システム登録の設定は調整されていますので、特に変更する必要はありません。
ご使用の形態に合わせ、本機をより便利に操作できるように設定を変更したい場合は、次の手順で操作しま
す。
• システム登録リストを印刷すると、現在の設定状態をリストで確認できます。
システム登録リスト(p.279)
システム登録の基本操作
システム登録を変更する場合は、次の手順で操作してください。
• ここでは、「001 濃度切り替え」を例に、手順を説明します。
1
システム登録の画面を表示する
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
3
システム トウロク
NO.=■ (01-177)
を押す
設定画面を表示する
ノウド キリカエ?
例:
「001 濃度切り替え」を指定する
フツウ<>
を押す
• システム登録の番号は システム登録一覧(p.257)を参
照してください。
•
4
または
を押すと、設定項目をスクロールできます。
①∼③のボタンを押し、設定を変更する
ノウド キリカエ?
登
録
と
設
定
フツウ<>
「普通」のとき
または
「薄く」のとき
ノウド キリカエ?
ウスク<>
「濃く」のとき
または
•
または
を押して設定を変更することもできます。
ノウド キリカエ?
コク<>
<次ページへつづく>
255
システム登録
5
設定を確定する
フツウ<>
を押す
• 続けて別のシステム登録の設定ができます。
または で設定する項目を選択し、手順 3 からの操作
を繰り返します。
6
システム登録の設定を終了する
を押す
256
モジサイズ?
システム登録
システム登録一覧
システム登録の設定項目は次表のとおりです。
* お買い上げ時の設定です。
No.
設定項目
01
濃度切り替え
02
05
文字サイズ
メモリー優先
選択肢
1
普通 *
2
薄く
3
濃く
1
普通 *
2
小さい
3
細密
4
ハーフトーン
1
オフ
2
オン *
説明
を押したときに、最初に表示される濃度を設定します。
いつも送信する原稿の濃さに合わせます。
送信時に濃度を設定しないと、ここで設定した濃度で送信
されます。
濃度を設定する(p.74)
を押したときに、最初に表示される文字サイズを設定
します。いつも送信する原稿の文字の大きさに合わせます。
送信時に文字サイズを設定しないと、ここで設定した文字
サイズで送信されます。
文字サイズを設定する(p.74)
「メモリー優先」
(
設定します。
)の初期値を
・オフ............. メモリーに蓄積せず、読み込みながら送信さ
れます。
(送信の場合はダイレクト送信)
・オン ............. 読み込んだ原稿はメモリーに蓄積してから送
信されます。
(送信の場合はメモリー送信)。
メモリーを使わずに送る(ダイレクト送信)(p.79)
06
07
ダイヤル切替
発信元印字
1
10PPS
お使いの電話回線に合わせ、ダイヤル種別を設定します。
回線種別を設定する(p.32)
2
20PPS
3
プッシュ *
(PB)
1
画面内 *
受信側の用紙に印字される発信元の印字位置を設定します。
2
画面外
・画面内........ 原稿の内側に印字されます。原稿内容が欠け
ることがあります。
3
ナシ
・画面外........ 原稿の外側に印字されます。
・ナシ ........... 発信元は記載されません。
登
録
と
設
定
・ 発信元は、
「自局登録」
の「発信元」
(
)で登録します。
発信元を登録する(p.35)
・ 印刷する発信元のフォーマットは、
「08 発信元印字
フォーマット」
(p.257)で設定します。
08
発信元印字
フォーマット
1
発信元 ID
2
FROM TO*
受信側の用紙に印刷する発信元のフォーマットを設定し
ます。 発信元を登録する(p.35)
・発信元 ID ........ 日付、発信元、数字 ID、ページ数の形式
で印刷されます。
・FROM TO...... 日付、FROM 発信元、TO 宛先、ページ
数の形式で印刷されます。
<次ページへつづく>
257
システム登録
No.
09
10
12
設定項目
受信時刻プリン
ト
ブザー音量
通信結果レポー
ト
選択肢
1
ナシ *
2
アリ
1
オフ
2
小さい *
3
大きい
1
オフ
2
すべて
3
未通信 *
説明
受信時刻を印刷する機能の有効 / 無効を設定します。
「アリ」に設定すると、受信した時刻が用紙の下端に印刷
されます。
アラーム音 / ボタン押下音(操作パネルのボタンを押した
ときの音)の、音量を調節できます。
「オフ」に設定すると、音は鳴りません。
通信結果レポートを印刷するときの条件を設定します。
・オフ............. 通信結果レポートは印刷されません。
・すべて........ 通信ごとに通信結果レポートが印刷されま
す。
・未通信........ 通信できなかったときだけ、通信結果レポー
トが印刷されます。
13
通信管理レポー
ト
1
ナシ
通信管理レポートの自動印刷の有効 / 無効を設定します。
2
アリ *
・ナシ............ 自動印刷されません。通信管理レポートを見
たいときは、ディスプレイ上で確認するか、
手動で印刷します。
・アリ............ 32 通信ごとに自動印刷されます。
17
受信モード
1
手動
2
FAX 専用 *
3
F/T 切り替え
4
留守録接続
ファクス受信のしかたを設定します。
・手動........................ 手動受信をする場合に選択します。
・FAX 専用 .............. 自動受信をする場合に選択します。
・F/T 切り替え........ 電話とファクスを自動で切り替切り
替えて使う場合に選択します。
・留守録接続 ............ 外部電話機として留守番電話を接続
する場合に選択します。
受信モードについて(p.89)
受信モードを設定する(p.90)
・ システム登録の「176 ダイヤルインルーティング」
が
「アリ」に設定されている場合は、自動的に「FAX 専用」
に設定されます。
18
F/T ベル回数
1
3回
2
6回
3
9回*
4
12 回
19
応答メッセージ時 1 ∼ 60
間
20
無音検知
「17 受信モード」を「F/T 切り替え」に設定している場
合に、最初の音声応答のあとに鳴らすベル回数を設定でき
ます。
F/T 切り替えに設定しているとき(p.93)
1 ∼ 60 秒
(*20 秒)
外部電話機として接続している留守番電話の応答メッ
セージの長さ(秒数)を設定します。
留守録接続に設定しているとき(p.94)
1
ナシ *
2
アリ
接続している留守番電話で用件を録音中に、約 6 秒の無音
状態を検知すると、自動的にファクス受信を開始するよう
に設定できます。
・ナシ............ 無音状態の検知を行いません。
・アリ............ 無音状態(約 6 秒間)を検知すると、自動
的にファクス受信が開始されます。
258
システム登録
No.
設定項目
21
着信ベル回数
22
代行受信
23
24
用紙サイズ
縮小受信
選択肢
説明
0∼9
0∼9回
(*1 回)
「17 受信モード」を「FAX 専用」
、「F/T 切り替え」に設
定している場合に、着信したときに鳴らすベル回数を設定
できます。
F/T 切り替えに設定しているとき(p.93)
1
ナシ
2
アリ *
メモリー代行受信の有効 / 無効を設定します。
「アリ」に設定すると、用紙がなくなったり、つまったり
して印刷できない場合に、受信文書をメモリーに蓄積でき
ます。
メモリー代行受信について(p.97)
1
A4 *
用紙カセットにセットした用紙のサイズを設定します。
2
レター
1
固定
2
自動 *
受信文書を印刷する倍率を設定します。
・固定 ...........「25 固定縮小率」(p.259)で設定した
縮小率でプリントされます。
・自動 ........... 受信文書の 1 ページの長さを基に、適切な
縮小率(72 ∼ 100%)で 1 ページにプリ
ントされます。
縮小受信について(p.95)
25
固定縮小率
26
ポーリング
パスワード
27
ポーリング
ファイル保存
72 ∼ 100 72 ∼ 100% 「24 縮小受信」
(p.259)が「固定」に設定されてい
(*100%) る場合の縮小率を設定します。
縮小受信について(p.95)
(---)
(---)
ポーリング通信をするときに使う4桁のパスワードを設定
します。
1
ナシ *
2
アリ
ポーリング送信したあと、原稿をメモリーに保存するかど
うかを設定します。
・ナシ ........... ポーリング送信したあと、原稿はメモリーか
ら消去されます。
・アリ ........... ポーリング送信したあとも、原稿はメモリー
に蓄積されています。
31
未通信ファイル
保存
1
ナシ *
2
アリ
エラーなどで、未通信になったファイルをメモリーに保存
し、再通信するかどうかを設定します。
・ナシ ........... 未通信になったファイルは保存されません。
・アリ ........... 未通信になったファイルがメモリーに保存
され、必要に応じて、再送信できます。
32
34
縮小コピー
節電モード
1
手動
2
自動 *
1
5分*
2
15 分
3
30 分
4
1 時間
コピーするときの縮小設定を選択します。
・手動 ........... 縮小率を指定します(72 ∼ 100%)。
・自動 ........... 原稿の 1 ページの長さを基に、適切な縮小
率(72 ∼ 100%)で 1 ページにプリント
されます。
本機には、機械を使用しないときに機械内部の消費電力を
抑える節電機能が備わっています。
ここでは、節電モードに移行するまでの時間を設定しま
す。設定した時間内に操作をしないと、自動的に節電モー
ドに移行します。
お買い上げ時の設定では、本機を約 5 分間使用しないと、
節電モードに移行するように設定されています。
<次ページへつづく>
259
登
録
と
設
定
システム登録
No.
設定項目
37
メモリー受信
選択肢
(----)
(----)
説明
(
)を設定して
「メモリー受信」
いる場合に、受信した原稿を印刷するときのパスワードを
設定します。
「メモリー受信」(
)を設定する
と、この設定は画面上に表示されません。
メモリーに受信する(メモリー受信)(p.128)
38
アクセスコード
(----)
(----)
本機を操作するためのアクセスコード(パスワード、8 桁)
を設定し、第三者の使用を制限できます。
利用者を制限する(アクセスコード)(p.126)
42
親展ファイル保
存
1
ナシ *
2
アリ
親展文書がポーリングされたあと、原稿を親展ボックスに
保存するかどうかを設定します。
・ナシ............ ポーリングされたあと、原稿は親展ボックス
から消去されます。
・アリ ............ポーリングされたあとも、原稿は親展ボックス
に蓄積されています。
43
パスワード送信
(----)
パスワード登
録後に、
「1:オフ」、
「2:オン」の
選択肢が表示
されます。
送信パスワードを使って、相手とパスワード通信する場合
に、4 桁のパスワードを登録し、
「オン」または「オフ」を
設定します。
パスワード送信とは、送信時に受信側との間でパスワード
照合し、一致した場合だけ送信をする機能です。
パスワード送信を設定する(p.139)
・オフ............ 送信時にパスワードはチェックされません。
パスワード送信の必要がある場合は、
「パス
(
)を
ワード送信」
設定すると、一時的にパスワード送信できま
す。
・オン............ 送信時にパスワードがチェックされます。常
時パスワード送信をしたいときに選択しま
す。
44
パスワード受信
(----)
パスワード登
録後に、
「1:オフ」、
「2:オン」の
選択肢が表示
されます。
受信パスワードを使って、相手とパスワード通信する場合
に、4 桁のパスワードを登録し「オン」または「オフ」を
設定します。
パスワード受信とは、受信時に送信側との間でパスワード
照合し、一致した場合だけ通信をする機能です。
パスワード受信を設定する(p.140)
・オフ............ 受信時にパスワードはチェックされません。
・オン............ 受信時にパスワードがチェックされます。
46
47
51
53
260
セレクト受信
リモート受信
遠隔診断
サブアドレス
パスワード
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ
2
アリ *
1
ナシ *
2
アリ
(----)
(----)
セレクト受信の有効 / 無効を設定します。
セレクト受信とは、ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルに
電話番号が登録されている相手からだけ受信する機能です。
ダイレクトメールなどの迷惑ファクスを防止できます。
迷惑ファクスを防止する(セレクト受信)(p.136)
リモート受信の有効 / 無効を設定します。
リモート受信とは、外部電話機から受信を指示する機能です。
外部電話機で受信する(リモート受信)(p.92)
遠隔診断の有効 / 無効を設定します。
遠隔診断とは、遠隔地からの操作などで各種の診断を行う
機能です。詳しくはサービス実施会社にご連絡ください。
サブアドレス通信をするときのパスワードを設定します
(最大 20 桁)
。
システム登録
No.
設定項目
54
メモリー転送
56
63
カバーシート
PC-FAX 受信
モード
選択肢
説明
1
ナシ *
メモリー転送の有効 / 無効を設定します。
メモリー転送とは、受信した原稿を、すべて指定した宛先
へ転送する機能です。
受信文書を転送する(メモリー転送)(p.134)
「アリ」に設定した場合は、メモリー転送する宛先を設定
します。
2
アリ
1
オフ *
2
オン
1
プリント *
コンピューターから受信した文書の出力方法を設定しま
す。
2
アップロード
& プリント
・プリント...................................受信文書が印刷されます。
3
アップロード
「カバーシート」
(
)のオン / オ
フを設定します。
表紙をつけて送る(カバーシート)(p.131)
「オン」に設定にすると、カバーシートを設定しなくても、
通常の操作でカバーシート付きで送信されます。
・アップロード & プリント........受信文書がアップロードさ
れ、さらに印刷されます。
・アップロード ...........................受信文書がアップロード
されます。
68
ダイヤルトーン検
知
1
ナシ
2
アリ *
ダイヤルトーン検知機能の有効 / 無効を設定します。
NTT の交換機から送られてくるダイヤルトーン(受話器
を取り上げた時に聞こえるツー音)を検知してから送信す
るかどうかを設定します。
回線種別を見分ける(p.33)
・ナシ ........... ダイヤルをして送信されます。
・アリ ........... ダイヤルトーンを検知してからダイヤルを
して送信されます。
詳しくは、サービス実施会社にお問い合わせください。
72
音声応答
1
ナシ *
2
アリ
「17 受信モード」を「F/T 切り替え」に設定している場
合に、音声応答メッセージを流すかどうかを設定します。
F/T 切り替えに設定しているとき(p.93)
・ナシ ........... 相手には、呼び出し音だけが聞こえます。
・アリ ........... 相手には、音声応答メッセージが聞こえま
す。
82
クイックメモ
リー送信
1
2 ナシ
アリ *
クイックメモリー送信の有効 / 無効を設定します。
・ナシ ........... 原稿をすべて読み取ってから送信が開始さ
れます。
・アリ ........... 1 ページ目の原稿をメモリーに読み取った
時点で送信が開始されます。ただし、複数宛
先の場合は、クイックメモリー送信となりま
せん。
メモリー送信について(p.75)
90
91
発番号契約
宛先確定操作
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
発信者番号(ナンバーディスプレイ)を契約しているかど
うかを設定します。
誤送信防止のため、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルの
宛先を連続して指定できないようにする機能です。
「アリ」
に設定すると、宛先を指定するたびに
を押す必要
があります。
<次ページへつづく>
261
登
録
と
設
定
システム登録
No.
設定項目
選択肢
説明
99
メモリーサイズ
-
8MB
メモリー容量を確認できます。
(設定はありません。)
101
マルチ受信プリ
ント
1
オフ *
2
オン
受信文書を複数部数プリントするかどうかを設定します。
「オン」に設定した場合は、プリントする部数を設定しま
す。
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
117
123
124
複数宛先指定
リルート機能
プレフィクス機
能
宛先を複数指定するかどうかを設定します。
「ナシ」に設定すると、複数宛先を指定できません。
IP 電話を使う場合に、リルート機能の有効 / 無効を設定し
ます。
リルート機能 / プレフィクス機能を設定する(p.156)
電話番号に付与するプレフィクス番号(最大 20 桁)を登
録し、「ナシ」または「アリ」を設定します。
プレフィクス機能とは、ダイヤルした番号の頭にプレフィ
クス番号を自動的に付与することにより、IP 電話回線では
なく一般電話回線で通信する機能です。
リルート機能 / プレフィクス機能を設定する(p.156)
・ナシ............ ダイヤル時に、登録した番号は付与されませ
ん。
・アリ............ 登録した番号を付与してダイヤルされます。
・ プレフィクス機能を「アリ」に設定すると、
「123 リルー
ト機能」の設定にかかわらず、常にプレフィクス番号を
つけて発信されます。
125
133
宛先確認
SADF デフォル
ト
1
ナシ
2
アリ *
1
オフ *
2
オン
宛先確認の有効 / 無効を設定します。送信を開始する前に、
常に宛先確認画面を表示するときは「アリ」に設定します。
宛先を確認してから送る(宛先確認)(p.77)
原稿の読み取りが終了してから5秒以内に原稿が自動原
稿送り装置(ADF)に追加された場合に、原稿の読み取り
継続するかどうかを設定します。
1回の最大読み取り枚数は 255 ページです。原稿や文字
サイズの設定により、最大読み取り枚数は減ることがあり
ます。
・オフ............ 送信する原稿の枚数が自動原稿送り装置
(ADF)の最大読み取り枚数を超える場合
や、一枚ずつ原稿を読み取りをしたいときに
設定します。
・オン............ 原稿が追加された場合に、原稿の読み取りが
継続されます。この場合、「082 クイック
は動作しません。
メモリー送信」
(p.261)
134
262
宛先名敬称付加
1
ナシ
2
アリ *
宛先名に敬称をつけるかどうかを設定します。
「アリ」に設定すると、受信側で印刷される文書の発信元
の宛先に、敬称(○○サマ)が付きます。
が「発信元 ID」
に
・「08 発信元フォーマット」
(p.257)
設定されている場合は、適用されません。
・ カバーシートを設定している場合は、カバーシートの宛
先に、敬称(○○サマ)が付きます。
システム登録
No.
135
設定項目
迷惑ファクス防
止
選択肢
1. 数字 ID 拒否
1 数字 ID 拒否
1
ナシ *
2
アリ
2 ID なし時受信
1
ナシ
2
アリ *
説明
受信したくない相手から着信した場合に、受信を拒否する
場合に設定します。
迷惑ファクス防止には、数字 ID を利用する方法、発信者
番号を利用する方法の 2 種類があります。
迷惑ファクス防止については、次を参照してください。
数字 ID を利用した迷惑ファクス防止(p.98)
発信者番号を利用した迷惑ファクス防止(p.102)
3 ID 受信時刻印字
1
ナシ
2
アリ *
4 ID 番号登録
2. 発番号拒否
1 非通知拒否
1
ナシ *
2
アリ
2 公衆電話拒否
1
ナシ *
2
アリ
3 通知不可能拒否
1
ナシ *
2
アリ
4 指定番号拒否
1
ナシ *
2
アリ
5 指定 番号登録
136
137
直接ダイヤル制
限
直ダ再入力
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ
2
アリ *
宛先入力時の直接ダイヤル機能の有効 / 無効を設定しま
す。「アリ」に設定すると、直接ダイヤルによる宛先の指
定、キーボード画面でのメールアドレスの入力はできませ
ん(手動送信を含む)。
・「アリ」
に設定した場合、再ダイヤルは使用できません。
直接ダイヤルによる電話番号やメールアドレスの入力時、
再ダイヤル時に、宛先の再入力画面を表示するかどうかを
設定します。
「アリ」に設定すると、宛先の再入力画面が表示され、1 回目
と 2 回目の宛先が一致した場合にだけ通信が開始されます。
・「アリ」に設定した場合も、手動送信のときは、再入力画
面が表示されません。
・「136 直接ダイヤル制限」
(p.263)が「アリ」に設定
されている場合、本機能で「アリ」を設定しても、宛先の
再入力画面は表示されません。
<次ページへつづく>
263
登
録
と
設
定
システム登録
No.
140
142
143
設定項目
LAN 中継指示
LAN 中継
中継結果返送
選択肢
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ
2
アリ *
1
オフ
2
スベテ *
3
ミツウシン
説明
LAN 中継送信機能の有効 / 無効を設定します。
LAN 中継機能の有効 / 無効を設定します。
「ナシ」にする
と、LAN 中継動作を行いません。
LAN 中継送信の結果が記載された通信結果レポートを指
示局に返送するときの条件を選びます。
・オフ............ 通信結果レポートは送信されません。
・すべて........ 送信できた場合、送信できなかった場合、ど
ちらの場合も通信結果レポートが送信され
ます。
・未通信........ 送信できなかった場合にだけ、通信結果レ
ポートが送信されます。
From 欄選択機
能
1
ナシ *
2
アリ
146
POP 取得間隔
0 ∼ 60
0 ∼ 60 分
(*3 分)
POP サーバーへメールの到着を確認する間隔を設定しま
す。
・ 0 ∼ 60 分で設定します。
・「0 分」に設定すると、確認されません。
147
POP 自動受信
1
ナシ
2
アリ *
POP サーバーへメールの到着を確認し、自動的にメール
を受信するかどうかを設定します。
「ナシ」にすると、自
動受信されません。
145
発信元やメールのFrom 欄の内容を選べるようにするとき
に、
「アリ」にします。24 個のユーザー名称(最大 25 文
字)とメールアドレス(最大 60 桁)を登録できます。
・ナシ............ 自動受信されません。ディスプレイに受信
メールの件数だけが表示されます。この場合
は、手動で E メールを受信する必要があり
ます。POP サーバーから手動で受信する
(p.185)
・アリ............ POP サーバーに E メールがあれば、自動的
に受信し、本機でプリントされます。
148
149
POP 後メール削
除
1
ナシ
2
アリ *
POP エラーメー
ル削除
1
ナシ *
2
アリ
本機が POP 受信サーバーからメールを受信したあとに、
POP 受信サーバー上のメールを削除するかどうかを設定
します。
「ナシ」にすると、POP 受信後、メールが削除されません。
印刷できない形式の添付ファイルを受信した場合に、POP
受信サーバーからメールを削除するかどうかを設定しま
す。
・ナシ............ エラーのメールを受信しても削除されませ
ん。
・アリ............ エラーのメールを受信すると、自動的に削除
されます。
150
264
送達確認返送
1
ナシ *
2
アリ
インターネット FAX 受信時の通信結果を送信側に返送す
るかどうかを設定します。
システム登録
No.
151
設定項目
メールヘッダ表
示
選択肢
1
全て
2
編集 *
3
オフ
説明
メールを受信したときに印刷するヘッダーの項目を設定
します。
・全て ........... ヘッダーの内容がすべて印刷されます。
・編集 ........... 差出人(From)、件名(Subject)、宛先
(To) だけが印刷されます。
・オフ ........... ヘッダーの内容は印刷されません。
152
153
154
SUB ルーティン
グ
数字 ID
ルーティング
ルーティング時
FROM
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
1
指示局 *
2
中継局
サブアドレスによるルーティングの有効 / 無効を設定しま
す。
ルーティングを行うときに「アリ」にします。
数字 ID によるルーティングの有効 / 無効を設定します。
ルーティングを行うときに「アリ」にします。
ルーティングにより、ネットワーク上のコンピューターや
インターネット FAX へメールを転送するときの、
From 欄
の内容を選択します。
・指示局........ 送信元の内容が記載されます。
・中継局........ 中継局の内容が記載されます。
155
ルーティング時
プリント
1
未通信 *
2
全て
ルーティング時に、受信した原稿を自局で印刷するときの
条件を設定します。
・未通信........ ルーティングして送信できなかった場合に
だけ、原稿が印刷されます。
・全て ........... ルーティングして送信できた場合、送信でき
なかった場合、どちらの場合も原稿が印刷さ
れます。
156
メモリー転送時
プリント
1
未通信 *
メモリー転送した文書を、自局で印刷するときの条件を設
定します。
2
全て
・未通信........ 転送できなかった場合にだけ、原稿が印刷さ
れます。
・全て ........... 転送できた場合、できなかった場合、どちら
の場合も原稿が印刷されます。
157
158
159
160
161
管理レポート送
信
1
ナシ *
2
アリ
メールリモート
登録
1
ナシ *
2
アリ
サブジェクト登
録
1
ナシ *
2
アリ
デフォルト
ドメイン名
1
ナシ
2
アリ *
DNS サーバー
1
ナシ
2
アリ *
「アリ」にすると、管理レポートが登録された宛先へ送信
されます。
・「アリ」に設定した場合は、通信管理レポートの送信先を
設定します。
コンピューターから、メールを利用して登録などをすると
き「アリ」に設定します。
送信のたびに、件名(Subject)を設定するかどうかを設
定 し ま す。「ア リ」に 設 定 す る と、送 信 の た び に 件 名
(Subject)を設定できます。
ドメイン名の自動付加の有効 / 無効を設定します。
ドメイン名を省略してメールアドレスを入力し、自動的に
ドメイン名を付加したいときは、「アリ」に設定します。
インターネット通信で DNS サーバーを使うときに「アリ」
にします。
<次ページへつづく>
265
登
録
と
設
定
システム登録
No.
設定項目
163
ルーティング
ヘッダー
164
169
170
171
172
173
174
175
176
177
266
選択肢
1
ナシ *
2
アリ
LAN 送信ヘッ
ダー
1
付加 *
2
ナシ
DHCP
クライアント
1
ナシ *
2
アリ
SMTP 認証
1
ナシ *
2
アリ
SMTP 時 POP
確認
1
ナシ *
2
アリ
ダイレクト
SMTP 送信 1
ナシ *
2 アリ
送達確認要求
1 オフ
APOP 認証
発番号
ルーティング
ダイヤルイン
ルーティング
送信ファイル
タイプ
2
オン *
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
1
ナシ *
2
アリ
1
TIFF*
2
PDF
説明
ルーティング時、ルート局のヘッダー情報を付けるかどう
かを設定します。
ルート局のヘッダー情報を付けるときは、「アリ」に設定
します。
が「ナシ」に設定されてい
・「07 発信元印字」
(p.257)
る場合、ヘッダー情報は付加されません。
デフォルトドメインに登録されているドメイン宛に送信
する場合、ヘッダーを付加するかどうかを選択します。
・ この機能は、スキャナーとして使う場合に便利です。
・ デフォルトドメイン以外のドメインへ送信する場合は、
設定が「ナシ」になっていてもヘッダーが付加されます。
起動時に、自動的に DHCP サーバーが IP アドレスなどを
割り当てる設定をするかどうかを選択します。この設定を
変更すると、自動的に再起動されます。
SMTP 認証が必要かどうかを選択します。
設定を「アリ」にした場合は、ユーザー名とパスワードを
入力します。
・ この設定は、SMTP サーバーまたは POP サーバーが機
能をサポートしている場合に、「アリ」を選択できます。
POP での SMTP 認証が必要かどうかを選択します。
・ ネットワーク管理者にご相談ください。
ワンタッチダイヤル/短縮ダイヤルを登録する場合に、イ
ンターネット通信でダイレクト SMTP 送信をするかどう
かを選択します。
インターネット FAX で送信するときに、送達確認要求
(MDN)をするかどうかの初期値を選択します。
・ 送達確認要求の設定は、送信のたびに個別に設定できま
す。
・ 送達確認が受信側から返信されると、通信管理レポート
に通信結果が記録されます。
APOP による認証の有効 / 無効を選択します。
(この設定はサーバーに依存するものです。ネットワーク
管理者にご相談ください。)
発信者番号を利用したルーティングの有効 / 無効を設定し
ます。ルーティングを行うときに「アリ」にします。
ダイヤルイン番号によるルーティングの有効 / 無効を設定
します。
ルーティングを行うときに「アリ」に設定し、ダイヤルイ
ン番号を登録します(最大 20 桁、50 件まで登録できま
す)。
・ 登録したダイヤルイン番号は、システム登録リストでプ
リントできます。
システム登録リスト(p.279)
インターネット FAX 送信時のファイル形式の初期値を設
定します。
・ 送信ファイルタイプは、送信のたびに個別に設定できま
す。
Memo
登
録
と
設
定
267
9 章 レポート / リスト
通信管理レポート
通信管理レポートは、最新の 32 通信分の通信結果(送信・受信)が記録されたレポートで、32 通信ごと
に、自動的にプリントされます。また、必要に応じて、手動で通信管理レポートをプリントしたり、ディス
プレイ上で通信結果を確認することもできます。
ここでは、通信管理レポートを手動でプリントする操作、通信管理レポートの見かた、およびディスプレイ
で通信結果を確認する操作を説明します。
• システム登録の「13 通信管理レポート」
(p.258)が「アリ」に設定されている場合は、自動的に
プリントされます。自動的にプリントしたくない場合は、
「ナシ」に変更してください。お買い上げ時
は「アリ」に設定されています。
通信管理レポートを手動でプリントする
通信管理の内容をリストにして、手動でプリントできます。
1
通信管理レポートの画面を表示する
ツウシン カンリ カクニン
1:プリント 2:ヒョウジ
を押す
2
プリントを選択する
を押す
通信管理レポートの見かた
予約レポートには次ページの項目が記載されます。
268
* プリント シテイマス *
ツウシン カンリ レポ-ト
通信管理レポート
【レポート例】
(1) (2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)
(10) (11)
********************* - ツウシン カンリ レポート - **************************** 2012-12-15 ***** 15:00 *****
NO.
ケッカ
01
02
03
04
05
OK
--OK
OK
06
07
39
40
OK
OK
マイスウ
ファイル
ツウシンジカン
モード
アイテサキ(ID/TEL NO.)
ヒヅケ
ジコク
ツウシンコード
001/001
001/001
003/003
003
001
149
151
153
154
155
00:00:52
00:00:02
00:00:20
00:00:21
00:00:19
ソウシン
ソウシン
ソウシン
ジュシン
ジュシン
215
12-15
12-15
12-15
12-15
12-15
20:04
20:07
20:09
20:10
20:11
C8444B0577000
001 キョク LAN
001 キョク LAN
LAN
C0542B0577000
0634
000/003
156
00:00:00
ソウシン
20:14
0800420000000
* 003
00:02:14
ソウシン
216
217
12-15
0408
12-15
21:17
0040440A30080
TEL XMT
TEL XMT
12-15
12-15
20:18
20:19
CA40462000000
C8444B0577000
000/001
001/001
159 00:00:07
160 00:00:16
ソウシン
ソウシン
TEST
[email protected]
[email protected]
215
-PANASONIC
************************************ -HEAD OFFICE
(12)
No.
-
- ***** -
201 555 1212- *********
(13)
項目名
(14)
説明
(1)
NO.
レポート上の番号です。
(2)
結果
送信や受信の結果です。次のいずれかが記載されます。
・OK
: 通信が正常に終了しました。
・OK1
: IP 回線を使って正常に終了しました。
・OK2
: IP-PSTN
(一般電話回線)を使って正常に終了しました。
・OK3
: PSTN-PSTN を使って正常に終了しました。
・ビジー
: 回線が使用中でした。
・テイシ
・P − OK
・R − OK
・−−
・4 桁エラーコード
: 通信中に
が押されました 。
: 原稿を読み込み中にメモリーがオーバーフローしたか、ま
たは原稿がつまりました。読み込み済み原稿の送信は終了
しています。
: LAN 中継または親展通信が終了しました。
: LAN 送信
(*)
: 通信エラーが発生しました。
エラーコードが表示されたら(p.291)。
* 送達確認要求を付加して送信した場合、送達確認が返送されてくるまでは通信結果
欄には「−−」が、送達確認を受け取ると「OK」が表示されます。ダイレクト SMTP
送信時は通信が完了したときは「OK」が記載されます。
(3)
枚数
送信や受信をした枚数です。
・3 桁の数字 ..................................... ダイレクト送信、クイックメモリー送信で送信でき
たページ、および受信できたページ数です。
・3 桁の数字 /3 桁の数字 ............... メモリー送信の場合に、送信できたページ数 / メモ
リーに蓄積したページ数の形式で記載されます。
*が記載されている場合は、相手機が異常のときです。
<次ページへつづく>
269
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
通信管理レポート
No.
項目名
説明
(4)
ファイル
通信を受け付けたときに自動的に付く番号です(001 ∼ 999)
。
(5)
通信時間
送信や受信にかかった時間です。
(6)
モード
次のいずれかが記載されます。
・ソウシン
: 送信
・ジュシン
: 受信
・PTX
: ポーリング送信
・PRX
: ポーリング受信
・テンソウ
: メモリー転送
(7)
相手先
(ID/TEL No.)
次のいずれかが記載されます。
・宛先名
: ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの宛先名、
相手の文字
ID です。
・番号のみ
: 相手の数字 ID です。
: ダイヤルした電話番号です。
・ 電話番号
・メールアドレス
(8)
日付
通信をした日付です。
(9)
時刻
通信をした時刻です。
(10)
通信コード
サービスマン用のコードです。
(11)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(12)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(13)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)
。
(14)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
お知らせ
270
: 指定したメールアドレスです。
1. システム登録の「173 送達確認要求」
(p.266)が「オフ」に設定されている場合、メー
ルによる同報送信は 1 回の送信として記録されます。
通信管理レポート
ディスプレイ上で通信結果を確認する
通信結果を、ディスプレイ上で確認できます。
1
通信管理レポートの画面を表示する
ツウシン カンリ カクニン
1:プリント 2:ヒョウジ
を押す
2
画面表示を選択する
ツウシン カンリ ヒョウジ
1:ソウシン ノミ 2:スベテ
を押す
3
画面表示を選択する
ナイヨウハ ∨ ∧ ボタンデ
カクニン シテクダサイ
送信分だけを確認するとき
送信、受信分を確認するとき
4
5
通信管理を選択する
確認したい
通信管理が
表示される
まで
または
を押す
表示を終了する
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
を押す
271
送信レポート
送信レポートには最新の通信結果が記載されます。
送信レポートをプリントする
1
送信レポートをプリントする
* プリント シテイマス *
ソウシン レポート
を押す
送信レポートの見かた
(1)
************** - ソウシン レポート‐
******************************* 2012-12-15 ***** 15:00 *********
(2)
ヒヅケ
= 2012-12-15 09:00
(3)
ツウシン カンリ No.= 21
(4)
ケッカ
= OK
(5)
マイスウ
= 001/001
(6)
ツウシンジカン
= 00:00:16
(7)
ファイル No.
= 010
(8)
モード
= メモリー ソウシン
(9)
アイテサキ
= [001]/ 555 1234 /ABCDEFG
(10)
アイテサキ ID
=
(11)
モジサイズ
= フツウ
******************************-HEAD OFFICE
(12)
272
-PANASONIC
-*******-
(13)
201 555 1212- *****************
(14)
送信レポート
No.
項目名
説明
(1)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(2)
日付、時刻
通信をした日付と時刻です。
(3)
通信管理 NO.
通信管理レポート上の番号です。
(4)
結果
送信の結果です。次のいずれかが記載されます。
・OK
: 通信が正常に終了しました。
・OK1
: IP 回線を使って正常に終了しました。
・OK2
: IP-PSTN
(一般電話回線)を使って正常に終了しました。
・OK3
: PSTN-PSTN を使って正常に終了しました。
・ビジー
: 回線が使用中でした。
・テイシ
: 通信中に
が押されました 。
・P − OK
: 原稿を読み込み中にメモリーがオーバーフローしたか、ま
たは原稿がつまりました。読み込み済み原稿の送信は終了
しています。
・R − OK
: LAN 中継または親展通信が終了しました。
・−−
: LAN 送信
(*)
・4 桁エラーコード
: 通信エラーが発生しました。
エラーコードが表示されたら(p.291)。
* 送達確認要求を付加して送信した場合、送達確認が返送されてくるまでは通信結果
欄には「−−」が、送達確認を受け取ると「OK」が表示されます。ダイレクト SMTP
送信時は通信が完了したときは「OK」が記載されます。
(5)
枚数
送信や受信をした枚数です。
・3 桁の数字 ..................................... ダイレクト送信、クイックメモリー送信で送信でき
たページ、および受信できたページ数です。
・3 桁の数字 /3 桁の数字 ............... メモリー送信の場合に、送信できたページ数 / メモ
リーに蓄積したページ数の形式で記載されます。
*が記載されている場合は、相手機が異常のときです。
(6)
通信時間
送信や受信にかかった時間です。
(7)
ファイル No.
通信を受け付けたときに自動的に付く番号です(001 ∼ 999)。
(8)
モード
次のいずれかが記載されます。
・ソウシン
: 送信
・メモリーソウシン
: メモリー送信
・メモリーテンソウ
: メモリー転送
・メモリーポーリングソウシン : メモリーポーリング送信
(9)
相手先
次のいずれかが記載されます。
・宛先名
: ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの宛先名、
相手の文字
ID です。
: ダイヤルした電話番号です。
・ 電話番号
・メールアドレス
: 指定したメールアドレスです。
(10)
相手先 ID
受信側の相手の ID です。
(11)
文字サイズ
設定した文字サイズが記載されます。
(12)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(13)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)。
(14)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
お知らせ
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
1. システム登録の「173 送達確認要求」
(p.266)が「オフ」に設定されている場合、メー
ルによる同報送信は 1 回の送信として記録されます。
273
通信結果レポート
通信結果レポートは、通信の終了時にプリントされる通信結果が記録されたレポートです。
システム登録の「12 通信結果レポート」
(p.258)が、
「全て」または「未通信」に設定されている場合
にプリントされます。ここでは、通信結果レポートの見かたを説明します。
• お買い上げ時、システム登録の「12 通信結果レポート」は「未通信」に設定されています。
送信できた場合 / できなかった場合、どちらの場合にも通信結果レポートをプリントするように変更
できます。
• メモリー送信をした場合、通信エラーなどで未通信になったときは、通信結果レポートに、送信した
文書の 1 ページ目の画像が記載されます。ダイレクト送信の場合は、記載されません。
通信結果レポートの見かた
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(10)
**************** -- ツウシン ケッカ レポート - ******************* 2012-12-15 *********** 15:00 ********
(7)
(8)
モード = メモリー ソウシン
(9)
ファィル NO.= 050
ツウシン
NO.
001
002
003
004
ケッカ
ワンタッチ/
タンシュク NO.
OK
<01>
OK
<02>
0407
<03>
ビジー
スタート = 12-15 14:50
アテサキメイ/メールアドレス/デンワバンゴウ
エンド = 12-15 15:00
マイスウ
SERVICE DEPT.
SALES DEPT.
ACCOUNTING DEPT.
021 111 1234
ツウシンジカン
001/001
001/001
000/001
000/001
-PANASONIC
************************************* -パナソニック - ***** -
(11)
送信原稿の画情報がプリントされます。
274
(12)
00:01:30
00:01:25
00:01:45
00:00:00
-
201 555 1212- *********
(13)
通信結果レポート
No.
項目名
説明
(1)
通信 NO.
レポート上の番号です。
(2)
結果
送信や受信の結果です。次のいずれかが記載されます。
・OK
: 通信が正常に終了しました。
・OK1
: IP 回線を使って正常に終了しました。
・OK2
: IP-PSTN
(一般電話回線)を使って正常に終了しました。
・OK3
: PSTN-PSTN を使って正常に終了しました。
・ビジー
: 回線が使用中でした。
・テイシ
・P − OK
・R − OK
・−−
・4 桁エラーコード
: 通信中に
が押されました 。
: 原稿を読み込み中にメモリーがオーバーフローしたか、ま
たは原稿がつまりました。読み込み済み原稿の送信は終了
しています。
: LAN 中継または親展通信が終了しました。
: LAN 送信
(*)
: 通信エラーが発生しました。
エラーコードが表示されたら(p.291)。
* 送達確認要求を付加して送信した場合、送達確認が返送されてくるまでは通信結果
欄には「−−」が、送達確認を受け取ると「OK」が表示されます。ダイレクト SMTP
送信時は通信が完了したときは「OK」が記載されます。
(3)
ワンタッチ / 短縮 ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの番号です。
No.
直接ダイヤルで指定した場合は、 が記載されます。
(4)
宛先名 / メールア 次のいずれかが記載されます。
ドレス / 電話番号 ・宛先名:ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルの宛先名です。
・メールアドレス:指定したメールアドレスです。
・電話番号:ダイヤルした電話番号です。
(5)
枚数
送信や受信をした枚数です。
・3 桁の数字............................................... ダイレクト送信、クイックメモリー送信で送信できた
ページ、およびポーリング受信できたページ数です。
・3 桁の数字 /3 桁の数字 ............... メモリー送信の場合に、送信できたページ数 / メモ
リーに蓄積したページ数の形式で記載されます。
*が記載されている場合は、相手機が異常のときです。
(6)
通信時間
送信や受信にかかった時間です。
複数の通信予約ファイルが同じ宛先に一括送信された場合、
「バッチ」と表示されます。
(7)
スタート
エンド
スタート:通信を開始した時刻です。
エンド:通信が終了した時刻です。
(8)
モード
次のいずれかが記載されます。
・ソウシン
: ダイレクト送信
・メモリー ソウシン
: メモリー送信
・メモリー タイマー ソウシン
: タイマー送信
・ポーリング
: ポーリング受信
・タイマー ポーリング ジュシン
: タイマーポーリング受信
・ジュンジ ポーリング ジュシン
: 同報ポーリング受信
・ジュンジ タイマー ポーリング ジュシン : 同報タイマーポーリング受信
・シンテン ソウシン
: ダイレクト親展送信
・メモリー シンテン ソウシン
: メモリー親展送信
・シンテン ポーリング ジュシン
: 親展ポーリング受信
・メモリー テンソウ
: メモリー転送
・ルーティング
: ルーティング転送
(9)
ファイル No.
通信を受け付けたときに自動的に付く番号です(001 ∼ 999)。
(10)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(11)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(12)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)。
(13)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
275
ダイヤルリスト
ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルの登録内容を記載したリストをプリントできます。
また、ワンタッチダイヤル、短縮ダイヤルに登録した内容を、宛先名で並べ替えた電話帳リストをプリント
することもできます。
ダイヤルリストをプリントする
1
ダイヤルリストの画面を表示する
1:ワンタッチ・タンシュクリスト
2:デンワチョウ リスト
を押す
2
①または②のボタンを押し、リストを選択する
* プリント シテイマス *
ワンタッチ・タンシュク リスト
ワンタッチ・短縮リストのとき
* プリント シテイマス *
デンワチョウ リスト
電話帳リストのとき
ダイヤルリストの見かた
ワンタッチダイヤルリスト、短縮ダイヤルリスト、電話帳リストには、次の項目が表示されます。
z ワンタッチダイヤルリスト
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
*************** -ワンタッチ ダイヤル リスト- ************************ 2012-12-15 *****
ワンタッチ
No.
アテサキ メイ
<01>
Jane Smith
<02>
John Smith
メール アドレス/デンワ バンゴウ
ルーティング サブアドレス
ルーティング ハツバンゴウ
201 555 3456
4452
--201 555 1212
1212
---
ルーティング スウジID
ルーティング モデムダイヤルイン
11:11 ********
チュウケイ アテサキ
[001]
---
+1 201 123 4567
---
[002]
---
212 555 1234
---
トウロク スウ = 02
-PANASONIC
*************************************************- パナソニック- ***** - 201 555 1212- *********
(6)
276
(7)
(8)
(9)
ダイヤルリスト
z 短縮ダイヤルリスト
(1) (2)
(3)
(4)
(5)
*************** -タンシュク ダイヤル リスト- ********************** 2012-12-15 ***********
タンシュク アテサキメイ
No.
メール アドレス/デンワ バンゴウ
ルーティング サブアドレス
ルーティング ハツバンゴウ
[001]
201 555 3456
4452
--201 555 1212
1212
123456
---
[002]
Jane Smith
John Smith
ルーティング スウジID
ルーティング モデムダイヤルイン
11:11 ********
チュウケイ アテサキ
[009]
---
+1 201 123 4567
---
[010]
-----
212 555 1234
201 555 1212
---
トウロク スウ = 002
******************************* -パナソニック
(7)
(6)
-PANASONIC
- ***** -
201 555 1212- *********
(8)
(9)
z 電話帳リスト
(10)
(2)
(1)
(3)
(4)
(5)
*********************** -デンワチョウ リスト- ****************** 2012-12-15 ***********
アテサキ メイ
[B] Bob Jones
[J] Jane Smith
ワンタッチ/
タンシュク NO.
メール アドレス/デンワ バンゴウ
ルーティング サブアドレス
ルーティング スウジID
ルーティング ハツバンゴウ
ルーティング モデムダイヤルイン
[003]
[email protected]
123456
--201 555 3456
4452
---
[001]
11:11 ********
チュウケイ アテサキ
--サーバー1
201 555 1212
---
[009]
---
+1 201 123 4567
---
トウロク スウ = 002
******************************* -パナソニック
(7)
(6)
No.
-PANASONIC
- ***** -
(8)
項目名
201 555 1212- *********
(9)
説明
(1)
ワンタッチ No.
短縮 No.
<2 桁の番号> :ワンタッチダイヤル番号です。
[3 桁の番号] :短縮ダイヤル番号です。
(2)
宛先名
宛先名です(15 文字まで)
。
(3)
メールアドレス / 電話番号
メールアドレス(60 文字まで)
、または電話番号(36 桁まで)です。
(4)
ルーティングサブアドレス
∼ ルーティングダイヤルイン
ルーティング情報です。
(5)
日付、時刻、ページ番号
レポートをプリントした日付と時刻です。
レポートが複数枚ある場合は、右側にページ番号が記載されます。
(6)
登録数
登録済みの宛先数です。
(7)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)。
(8)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)。
(9)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
(10)
見出し文字
宛先名の見出し文字です。アルファベット、カタカナの順に記載されます。
277
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
プログラムリスト
プログラムダイヤルの登録内容を記載したリストをプリントできます。
プログラムリストをプリントする
1
プログラムリストをプリントする
* プリント シテイマス *
プログラム リスト
を押す
プログラムリストの見かた
プログラムリストには、次の項目が表示されます。
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
*************** -プログラム リスト- ************************** 2012-12-15 ***********
プログラム
<12>
<12>
<13>
プログラム メイ
タイマーソウシン
タイマーポーリング
POPジュシン
タイプ
ヨヤク ジコク
トウロク ワンタッチ タンシュク NO.
ソウシン
ポーリング
POP
12:00
19:00
-----
<01> <02>
[002]
メールサクジョ:ナシ
15:00 *******
-PANASONIC
************************************* -パナソニック
- *****
(7)
No.
278
項目名
(8)
- 201 555 1212- *********
(9)
説明
(1)
プログラム
プログラムボタンの番号です。
(2)
プログラム名
プログラム名です(15 文字まで)
。
(3)
タイプ
プログラムの登録内容です。
・ソウシン
: 送信
・ポーリング
: ポーリング
・グループ
: グループダイヤルとして登録した場合
(4)
予約時刻
通信の予約時刻です。
(5)
登 録 ワ ン タ ッ チ 通信の宛先です。
短縮 No.
<2 桁の番号>
[3 桁の番号]
: ワンタッチダイヤル番号です。
: 短縮ダイヤル番号です。
(6)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
レポートが複数枚ある場合は、右側にページ番号が記載されます。
(7)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(8)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)
。
(9)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
システム登録リスト
システム登録の登録内容を記載したリストをプリントできます。
システム登録リストをプリントする
• システム登録の「145 From 選択機能」
(p.264)が「アリ」に設定されている場合は、FROM 欄
選択リスト(p.190)がプリントされます。
• システム登録リストのあとに、インターネットパラメーターがプリントされます。
• システム登録の「176 ダイヤルインルーティング」
(p.266)が「アリ」に設定されている場合は、
ルーティングモデムダイヤルインリストがプリントされます。
1
システム登録リストをプリントする
キーオペレーター コード
コード=■
を押す
2
キーオペレーターコードを入力する
(キーオペレーター
コードを入力して)
* プリント シテイマス *
システム トウロク リスト
を押す
システム登録リストの見かた
システム登録リストには、次の項目が記載されます。
(1) (2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
*************** - システム トウロク リスト - ************************ 2012-12-15 *********** 15:00 *********
ゲンザイ ノ セッテイ
*
001
002
ノウド キリカエ
モジサイズ
(1:フツウ
(1:フツウ
2:ウスク
2:チイサイ
125
アテサキ カクニン
(1:ナシ
2:アリ)
************************************* -パナソニック
(8)
3:コク)
3:サイミツ 4:ハーフトーン)
-PANASONIC
- *****
(9)
ヒョウジュン セッテイ
1
2
1
1
1
1
- 201 555 1212- *********
リ
レス
ポ
ト
|
ト/
(10)
<次ページへつづく>
279
システム登録リスト
No.
280
項目名
説明
(1)
設定の変更
標準設定が変更されている項目に*が付きます。
(2)
項目番号
システム登録の番号です。
(3)
設定項目
システム登録の項目名です。
(4)
選択肢
各項目の選択肢です。
(5)
日付、時刻
レポートをプリントした日付と時刻です。
(6)
現在の設定
現在の設定値です。
「----」は、パスワードが設定されていないことを表します。
パスワードが設定されている場合は、パスワードが記載されます。
(7)
標準設定
お買い上げ時の標準設定です。
(8)
文字 ID
文字 ID として登録した会社名や自分の名前です(16 文字まで)
。
(9)
発信元
発信元として登録した会社名や自分の名前です(25 文字まで)
。
(10)
数字 ID
数字 ID として登録したファクスの電話番号です(20 桁まで)
。
(11)
イ ン タ ー ネ ッ ト IP アドレスやサーバー名など、インターネットで使われる各種設定が記載されます。
情報
10 章 必要なとき
トナーカートリッジを交換する
トナーがなくなると、ディスプレイにエラーコード 0041 が表示されます。
トナーカートリッジを交換する場合は、次の手順で操作します。
• トナーの残量が一定以下になると、
「マモナク トナーガ ナクナリマス」のメッセ―ジが表示されます。
必要に応じて、新しいトナーを準備しておいてください。
お願い
1
「トナーギレジニ ドラムモ コウカンシテクダサイ」のメッセージが表示された場合は、トナー
カートリッジおよびドラムカートリッジを交換してください。
トナーカートリッジを袋に入れた状態で、
内部のトナーが均一になるように縦に 5 回
以上振ります。
2
受信開閉部を開きます。
3
ドラムカートリッジを取り出します。
4
ドラムカートリッジから、古いトナーカー
トリッジを取り外します。
• 定着ユニット(①)は高温になります。
定着ユニットに手を触れないでくださ
い。
• 使用済みのトナーカートリッジを数回
たたき、残ったトナーをドラムカート
リッジの中に落としてください。
<次ページへつづく>
281
必
要
な
と
き
トナーカートリッジを交換する
5
新しいトナーカートリッジの保護用のシー
ルを引き抜きます。
6
新しいトナーカートリッジをドラムカート
リッジにセットします。
• 保護用のシールをはがすときは、ゆっく
りとシールを引っぱり、矢印方向にはが
します。
トナーカートリッジ(①)を押し込みます。
トナーカートリッジの両端に付いている緑
色のレバーを押さえながら手前に回します
(②)。
7
282
▲マークを合わせます。
トナーカートリッジを交換する
8
ドラムカートリッジを本体に入れます。
9
受信開閉部を確実に閉じます。
指はさみ注意
お願い
• 受信開閉部を閉じるとき指のはさみこ
みに注意してください。けがの原因にな
ることがあります。
1. ドラムカートリッジのドラム表面には手を触れないでください。ドラムの表面に手の油や汚
れが付着すると、きれいな印字ができなくなります。
2. 受信開閉部を閉めるときは、確実にしまっていることを確認してください。完全に閉まって
いないと、通信やコピーができません。
283
必
要
な
と
き
ドラムカートリッジを交換する
ドラムカートリッジの交換時期が近づくと、「トナーギレジニ ドラムモ コウカンシテクダサイ」のメッ
セ―ジが表示されます。必要に応じて、新しいドラムカートリッジを準備しておいてください。
また交換時期になると、エラーコード 0094 が表示されます。
ドラムカートリッジを交換する場合は、次の手順で操作します。
1
受信開閉部を開きます。
2
ドラムカートリッジを取り出します。
3
• 定着ユニット(①)は高温になります。
定着ユニットに手を触れないでくださ
い。
直射日光禁止
接触禁止
新しいドラムカートリッジを袋から取り出
します。
• ドラムカートリッジを光に 5 分以上当
てないでください。
• ドラムカートリッジ内側のドラム表面
(①)に触れたり、傷つけたりしないで
ください。
284
ドラムカートリッジを交換する
4
トナーカートリッジを袋に入れた状態で、
内部のトナーが均一になるように縦に 5 回
以上振ります(①)。トナーカートリッジを
袋から取り出し、保護用のシールをはがし
ます(②)。
• 保護用のシールをはがすときは、ゆっく
りとシールを引っぱり、矢印方向にはが
します。
* ドラムカートリッジを交換する場合は、同
時に新しいトナーカートリッジが必要にな
ります。
5
新しいドラムカートリッジに、新しいト
ナーカートリッジをセットします。
トナーカートリッジ(①)を押し込みます。
トナーカートリッジの両端に付いている緑
色のレバーを押さえながら手前に回します
(②)。
<次ページへつづく>
285
必
要
な
と
き
ドラムカートリッジを交換する
6
▲マークを合わせます。
7
ドラムカートリッジを本体に入れます。
8
受信開閉部を確実に閉じます。
指はさみ注意
お願い
• 受信開閉部を閉じるとき指のはさみこ
みに注意してください。けがの原因にな
ることがあります。
1. ドラムカートリッジのドラム表面には手を触れないでください。ドラムの表面に手の油や汚
れが付着すると、きれいな印字ができなくなります。
2. 受信開閉部を閉めるときは、確実にしまっていることを確認してください。完全に閉まって
いないと、通信やコピーができません。
286
用紙を補給する
用紙を補給する場合は、次の手順で操作します。
1
2
用紙カセット(①)を止まるまで引き出しま
す。前部を少し持ち上げ、本体から引き出し
ます。
用紙をセットする前に、紙づまり防止のため、用
紙をよくさばきます(①)
。
印刷する面を上にして(②)用紙をセットしま
す。
• 必要に応じて、用紙カセットのプレートを
押し下げてロックしてください(③)。
用紙ガイドを用紙に合わせます。
• 用紙ガイドの前部のつまみ(④)をつまん
でスライドさせ、用紙サイズマークに合わ
せます。
• 用紙ガイド右側にあるつまみ(⑤)をつま
んで、用紙の側面に軽く触れるようにしま
す。このとき、用紙がたるまないようにし
てください。
• 用紙が、用紙ガイドの間にぴったり収まっ
ていることを確認してください。正しく
セットされていない場合は、紙づまりの原
因になります。
お願い:
用紙がツメ(⑥)の下にセットされてい
ることを確認してください。また、用紙
厚が用紙上限マーク(⑦)を越えないよ
うに注意してください。セットできる枚
数は約 250 枚です。
<次ページへつづく>
287
必
要
な
と
き
用紙を補給する
3
用紙カセットを本体に挿入し(①)、奥まで押
し込みます(②)。
用紙カセットの取り扱いに関する注意
• 用紙カセットを落とさないでください。
g
loaded
• 取り外しまたは取り付けのときには、用紙カセットを両手で持ってください。
用紙を最大枚数までセットした場合、用紙カセットの重量は約 2 kg になります。
重量は約 2kg です
Approx. 2 kg
お知らせ
1. 用紙カセットには、適応サイズ以外の用紙はセットしないでください。
2. しわ、折れのある紙、湿っている紙、一度記録した紙の裏面などは使用しないでください。紙
づまりの原因となります。
3. 用紙を追加するときは、残っている用紙を上にしてセットし直してください。いつまでも古
い用紙が残っていると、紙づまりの原因となることがあります。
4. プリント中には、用紙カセットを引き出さないでください。紙づまりの原因となります。
5. 新しい用紙が残ったときは、包装紙に包み、湿気が少ない直射日光の当たらないところに保
管してください。
6. 用紙は当社推奨品をご使用ください。推奨品以外の用紙を使用されますと、記録品質への悪
影響や、故障の原因となることがあります。
288
こんなときには
故障かな?と思ったら
故障かな?と思ったときは、次の項目をチェックしてください。
モード
送信中
受信中
症状
原因と処置
参照先
原稿が送り込まれない
1. 原稿にホッチキスの針やクリップがついてい
複数枚同時に送り込まれ
ないこと、また汚れや破れのないことを確認し
る
てください。
2. 「セットできない原稿」に一覧表示されている セットできない
原稿(p.46)
原稿でないことを確認してください。リストに
記載してある種類の原稿である場合は、そのコ
ピーをとって原稿の代わりに送信してくださ 原稿のセットの
しかた(p.47)
い。
3. 原稿が正しくセットされていることを確認し
てください。
原稿づまり
原稿がつまった場合は、エラーコード 0030、 原稿がつまった
0031 がディスプレイに表示されます。
(p.300)
送信した原稿に受信側で
縦線が入る
本機でコピーをし、画質を確認してください。コ 読み取り部のお
ピーに問題がない場合、本機は正常です。異常が
手入れ
発生している受信側に報告をしてください。
(p.301)
コピーに問題がある場合は、原稿読み取り部を清
掃してください。
送信した原稿が、受信側で
白紙として出てくる
1. 原稿が表向きにセットしてあることを確認し 原稿のセットの
てください。
しかた(p.47)
2. 本機でコピーをし、画質を確認してください。
コピーに問題がない場合、本機は正常です。異 読み取り部のお
手入れ
常が発生している受信側に報告をしてくださ
(p.301)
い。
コピーに問題がある場合は、原稿読み取り部を
清掃してください。
用紙切れ
用紙がなくなった場合は、エラーコード 0001 が 用紙を補給する
ディスプレイに表示されます。用紙を補給してく
(p.287)
ださい。
用紙づまり
用紙がつまった場合は、エラーコード 0007 が
ディスプレイに表示されます。つまった用紙を取
り除いてください。
用紙がつまった
(p.299)
用紙が送り込まれない
用紙が送り込まれない場合は、エラーコード 0001 用紙を補給する
がディスプレイに表示されます。
(p.287)
用紙カセットに用紙がセットされていることを確
認してください。
用紙のセット方法が正しいことを確認してください。
受信できない
迷惑ファクス防止機能が設定されているか確認し 迷惑ファクスを
てください。
防止する
(p.98)
プリント終了時に用紙が 用紙が本機内部でつまっていないか確認してくだ 用紙がつまった
排出されない
さい。
(p.299)
原稿の自動縮小機能がは 縮小受信の設定値を確認してください。
たらかない
トナー切れ
縮小受信につい
て(p.95)
トナーがなくなった場合は、エラーコード 0041 トナーカート
がディスプレイに表示されます。
リッジを交換す
トナーカートリッジを交換してください。
る(p.281)
<次ページへつづく>
289
必
要
な
と
き
こんなときには
モード
受信中
コピー中
症状
原因と処置
参照先
受信した原稿に縦線が入 レポートをプリントして、画質をチェックをし、 通信管理レポー
ト(p.268)
る
本機に異常がないか確認してください。
レポートの画質に問題がない場合、本機は正常で ドラムカート
リッジを交換す
す。異常が発生している送信側に報告してくださ
る(p.284)
い。
コピーに問題がある場合は、ドラムカートリッジ
を交換してください。
(例:通信管理レポートのプリント)
プリントが不鮮明
1. 推奨の用紙を使用しているか確認してくださ
い。
2. 用紙を裏返しにしてみてください。
プリント領域内に、点状や 1. 推奨されている用紙を使用しているかを確認
線状に抜けている箇所、濃
してください。
ドラムカート
度が不均一な箇所がある
2. ドラムカートリッジを交換してください。
リッジを交換す
る(p.284)
通信中
290
プリントが薄い
トナーがなくなりかけている可能性があります。 トナーカート
リッジを交換す
トナーカートリッジを交換してください。
る(p.281)
発信音が聞こえない
1. 電話回線の接続を確認してください。
2. 電話回線を確認してください。
接続状態を確認
する(p.302)
自動受信できない
接続状態を確認
1. 電話回線の接続を確認してください。
する(p.302)
2. 受信モードの設定値を確認してください。
3. メモリー容量が一杯になっていないか確認して
ください。予約ファイルの消去や受信データをプ 受信モードにつ
いて(p.89)
リントしてメモリー容量を空けてください。
送信できない
受信できない
ディスプレイにエラーコードが表示されます。
エラーコードが
表示されたら
エラーコード一覧を参照して、原因を特定してく
(p.291)
ださい。
こんなときには
エラーコードが表示されたら
本機に異常が発生したときは、ディスプレイにエラーコードが表示されます。次の表に従って原因を特定
し、処置をしてください。
• 次の表に従って処置を実施しても、エラーコードが表示されたままになったり、エラーコード一覧に
記載されていないエラーコードが表示された場合は、お買い上げの販売店、またはサービス実施会社
にお問い合わせください。
エラーコード一覧
エラーコード
内容
参照ページ
処置
0001
用紙カセットの用紙がなくなりました。 用紙カセットを引き抜いて用紙 用紙を補給する
給紙するときに用紙がつまりました。
を確認してください。
(p.287)
用紙がつまった
(p.299)
0007
用紙が完全に排出されません。
0012
用紙の長さが最大サイズのデータを受信 送信側に確認してください。
し、オーバーフローしました。
受信開閉部または背面カバーを 用紙がつまった
開けて、つまった用紙を取り除い
(p.299)
てください。
原稿について
(p.45)
0021
内部に異常が発生しています。
お買い上げの販売店、またはサー
ビス実施会社にお問い合わせく
ださい。
0030
原稿がつまりました。
1. 原稿を正しくセットし直して 原稿のセットの
ください。
しかた(p.47)
2. つまった原稿を取り除いてく
原稿がつまった
ださい。
(p.300)
0031
原稿が長すぎるか、つまっています。
原稿の長さが 60cm を超えています。
1. 原稿を正しくセットし直して 原稿のセットの
ください。
しかた(p.47)
2. つまった原稿を取り除いてく
原稿がつまった
ださい。
(p.300)
0041
トナーがなくなりました。
トナーカートリッジを交換して トナーカート
ください。
リッジを交換す
る(p.281)
トナーの残量が少なくなりました。
トナーカートリッジの交換時期
が近づきました。新しいトナー
カートリッジを準備してくださ
い。
0045
ドラムカートリッジが取り付けられてい ドラムカートリッジを取り付け ドラムカート
ません。
てください。
リッジを交換す
る(p.284)
0051
内部に異常が発生しています。
お買い上げの販売店、またはサー
ビス実施会社にお問い合わせく
ださい。
<次ページへつづく>
291
必
要
な
と
き
こんなときには
エラーコード
内容
処置
0054
内部に異常が発生しています。
お買い上げの販売店、またはサー
ビス実施会社にお問い合わせく
ださい。
0060
受信開閉部が開いています。
受信開閉部を閉じてください。
0061
自動原稿送り装置(ADF)の開閉部が開 自動原稿送り装置(ADF)の開閉
いています。
部を閉じてください。
0068
背面カバーが開いています。
用紙が完全に排出されません。
背面カバーを閉じてください。
背面カバーを開けて、つまった用
紙を取り除いてください。
0090
内部に異常が発生しています。
お買い上げの販売店、またはサー
ビス実施会社にお問い合わせく
ださい。
0091
定着部の温度が低くなっています。
しばらくお待ちください。
参照ページ
ドラムカートリッジの交換時期が近づい ドラムカートリッジの交換時期
が近づきました。新しいドラム
ています。
カートリッジを準備してくださ
い。
0093
0094
292
温度の低い環境で使用したため、内部に 使用環境を確認し、適切な環境で 使用環境
異常が発生しています。
使用してください。
(p.306)
ドラムカートリッジに異常が発生してい ドラムカートリッジを交換して ドラムカート
ます(寿命を含む)
。
ください。
リッジを交換す
お買い上げの販売店、またはサー
(p.296 の お知らせ 2、3)
る(p.284)
ビス実施会社にお問い合わせく
ださい。
0400
通信中に、受信局が応答しなかったか、 1. 相手先を替えて確認してくだ
または通信エラーが発生しました。
さい。
2. 原稿をセットし直し、再送し
てください。
0401
中継局に受信用パスワードが必要なた 中継局に確認してください。
め、原稿を受信できません。
中継局にメールボックスがありません。
中継局が送信側機器の ID 番号(ファク 本機の ID 番号(ファクス番号)
ス番号)を要求しています。
を登録してください。
0402
通信中に、通信エラーが発生しました。 原稿をセットし直し、再送してく
ださい。
0403
中継局側にポーリング機能がありませ 「ポーリング = アリ」を設定する
ん。
ように中継局側に連絡してくだ
さい。
0404/0405
通信中に、通信エラーが発生しました。
原稿をセットし直し、再送してく
ださい。
こんなときには
エラーコード
内容
参照ページ
処置
0406
送信用パスワードが一致しません。
ワンタッチまたは短縮ダイヤル パスワード通信
受信用パスワードが一致しません。
のパスワード、電話番号を確認し
を利用する(パ
不正な相手局からセレクト受信モードで てください。
スワード送信 /
受信しました。
パスワード受信)
(p.137)
迷惑ファクスを
防止する(セレ
クト受信)
(p.136)
0407
受信局からのページ送信済み確認信号が 数分後に再送してください。
得られません。
0408/0409
遠隔側からのページ送信済み確認信号が 数分後に再送してください。
判読できません。
0410
送信側で通信が打切られました。
0411
ポーリング用パスワードが一致しませ ポーリング用パスワードを確認 ポーリングする
ん。
してください。
(p.111)
0412
送信側からのデータが得られません。
0414
ポーリング用パスワードが一致しませ ポーリング用パスワードを確認 ポーリングする
ん。
してください。
(p.111)
0415
ポーリング送信でエラーが発生しまし ポーリング用パスワードを確認
た。
してください。
0416/0417
0418/0419
受信データに含まれるエラーが多すぎます。 相手先を替えて確認してくださ
い。
0420/0421
送信側からの信号を受信できません。
0422/0427
インタフェースに互換性がありません。 相手先を替えて確認してくださ
い。
0430/0434
受信中に通信エラーが発生しました。
0436/0490
受信データに含まれるエラーが多すぎます。 相手先を替えて確認してくださ
い。
0456
本機が以下のいずれかの条件のもとで、 1. 通信予約レポートをプリント 通信予約レポー
親展原稿を受信したか、または親展原稿
し、その内容を確認してくだ
トをプリントす
のポーリングを要求しました。
る(p.117)
さい。
1. 親展原稿の受信に必要な空きメモ 2. 本機がプリントを完了するま
リーがない
で待ってください。
2. 親展メールボックスが一杯になっ
ている
3. 受信した原稿のプリント中
相手先を替えて確認してくださ
い。
相手先を替えて確認してくださ
い。
1. 相手先が誤った相手にダイヤ
ルしています。
2. 相手先を替えて確認してくだ
さい。
相手先を替えて確認してくださ
い。
本機が原稿の中継を要求されています。
0492/
0493/0494
受信中に通信エラーが発生しました。
相手先を替えて確認してくださ
い。
0495
電話回線が切断されました。
相手先を替えて確認してくださ
い。
<次ページへつづく>
293
必
要
な
と
き
こんなときには
エラーコード
294
内容
処置
参照ページ
0501/0502
内蔵V.34モデムで通信エラーが発生しま 相手先を替えて確認してくださ
した。
い。
0540/
0541/
0542/
0543/0544
送信中に通信エラーが発生しました。
1. 原稿をセットし直し、再送し
てください。
2. 相手先を替えて確認してくだ
さい。
0550
電話回線が切断されました。
相手先を替えて確認してくださ
い。
0552/
0553/
0554/0555
受信中に通信エラーが発生しました。
相手先を替えて確認してくださ
い。
0580
サブアドレス機能をもたない機器へサブ 相手先に確認してください。
アドレスを送信しました。
0581
パスワードサブアドレス機能をもたない機器 相手先に確認してください。
へサブアドレスパスワードを送信しました。
0601
ダイレクト送信中に送信開閉部が開けら 送信開閉部を閉じ、再送してくだ
れました。
さい。
0623
自動原稿送り装置に原稿がセットされて 原稿をセットし直し、再送してく
いません。
ださい。
0630
回線使用中のため、再ダイヤルに失敗し 原稿をセットし直し、再送してく
ました。
ださい。
0631
ダイヤル中に
た。
0634
相手先が応答しない、誤った相手にダイ 電話番号を確認し、再送してくだ
ヤルしているなどで、再ダイヤルが失敗 さい。
しました。
0638
通信中に停電が発生しました。
電源コードと、電源プラグを確認 ファンクション
してください。
番号一覧
(p.30)
0712
メールアドレスに誤りがあります。
登録されたメールアドレスを確
認してください。
SMTP サーバーの IP アドレス
をネットワーク管理者にお問い
合わせください。
0714
LAN にログオンできません。
10Base-T/100Base-TX ケー
ブルの接続を確認してください。
予期できない問題が発生しまし
た。ネットワーク管理者にお問い
合わせください。
0715
TCP/IP 接続がタイムアウトしました。 インターネット FAX のパラメー
ター設定を確認してください。
IP アドレス、ゲートウェイ IP ア
ドレスの設定、SMTP サーバー
の IP アドレスを確認してくださ
い。
が押されまし 原稿をセットし直し、再送してく
ださい。
こんなときには
エラーコード
内容
参照ページ
処置
0716
指定した SMTP サーバーにログオンで SMTP サーバーの IP アドレスの
きません。
設定を確認してください。ネット
ワーク管理者にお問い合わせく
ださい。
0717
SMTP プロトコル伝送が不完全です。 SMTP サーバーに障害がありま
SMTP サーバーのハードディスクが一 す。ネットワーク管理者にお問い
杯の可能性があります。
合わせください。
0718
プリントデータ受信時にページメモリー
にオーバフローが発生しました。
用紙カセットの用紙サイズよりも大きい
サイズをアプリケーションで選択しまし
た。
0719
LAN 経由で受信したデータ形式が受信 以下に示すような、対応するファ
側に対応していません。
イル添付形式で再送してもらう
ように送信側に連絡してくださ
い。
・ TIFF-F 形式
・ 用紙のサイズに合った画像
データ
0720
POP サーバーと接続できません(POP POP サーバーの IP アドレスを確
認してください。ネットワーク管
サーバー IP アドレスの誤り)
。
理者にお問い合わせください。
POP サーバーがダウンしています。
0721
POP サーバーに接続できません(ユー POP ユーザー名とパスワード、
ザー名またはパスワードのエラー)。
または APOP 設定値を確認して
ください。ネットワーク管理者に
お問い合わせください。
0722
DHCP サーバーからのネットワークパ 1. LAN ケーブルの接続を確認
ラメーター(例:IP アドレス、サブネッ
してください。
トマスク、デフォルトのゲートウェイ IP 2. ネットワーク管理者に問い合
アドレス)の取得に失敗しました。
わせて、お手元のネットワー
クでDHCPが使用できるか確
認してください。
使用できない場合は、システ
ム登録の「169 DHCP クラ
イアント」を「ナシ」に変更
し、ほかのネットワークパラ
メーターを手動で設定してく
ださい。
0725
DNS サーバー接続がタイムアウトしま DNS サーバーの IP アドレスを確
した。DNS サーバーがダウンしていま 認してください。ネットワーク管
す。
理者にお問い合わせください。
0726
DNS サーバーからエラー応答を受信し POP サーバー名を確認してくだ
ました。
さい。SMTP サーバー名を確認
してください。
0728
送信したデータ(PDF)形式が受信側に
対応していません。
(PDF 形式での送信は、インターネット
FAX からコンピューターへの送信時の
み利用できます。)
原稿サイズと文字サイズを確認
してください。受信側(本機)で
対応しているサイズと文字サイ
ズで再送してもらうように送信
側に連絡してください。
システム登録の「177 送信ファ システム登録一
イ ル タ イ プ」(p.266)を
覧(p.257)
「TIFF」に設定して送信してくだ
さい。
<次ページへつづく>
295
必
要
な
と
き
こんなときには
エラーコード
0729
内容
処置
参照ページ
SMTP サ ー バ ー と の 接 続時に、認証 SMTP AUTHENTユーザー名と
(SMTP AUTHENTICATION)に失敗 パスワードを確認してください。
しました。
ネットワーク管理者にお問い合
わせください。
システム登録の「158 メール システム登録一
リモート登録 」
(p.265)が「ア
覧(p.257)
リ」に設定されているか確認して
ください。
0730
メール経由でコンピューターから遠隔操
作で、ジャーナルを取り出せません。ま
た、インターネットパラメーターやワン
タッチ/短縮ダイヤルも登録できませ
ん。
0731
中継送信要求を受けたときに、手動ダイ 予約通信終了後に中継送信要求
ヤル用ダイアラーバッファが一杯(70 を送信し直してもらうように送
局)になりました。
信元に連絡してください。
0800
原稿または親展通信の中継機能をもたな 相手先を替えて確認してくださ
い機器へ中継要求が出されました。
い。
0815
メールボックスが一杯です。
0816/0825
原稿または親展通信の中継機能をもたな 相手先を替えて確認してくださ
い機器へ中継要求が出されました。
い。
0870
送信する原稿をメモリーに記憶している メモリーを使用しないで原稿を メモリーを使わ
ときにメモリーオーバーフローが発生し 送信してください。
ずに送る(ダイ
ました。
レクト送信)
(p.79)
お知らせ
メールボックスを確認してくだ 親展ボックスを
さい。メールボックスファイルは
利用する(親展
10 個まで保存できます。
通信)(p.143)
1. システム登録の「123 リルート機能」
(p.262)が「アリ」の場合は、エラーコード先頭
の番号が 3 ∼ 5(例:3xxx)になります。
「IP 電話 - IP 電話発呼」
、「IP 電話 - 一般電話発
呼」または「一般電話 - 一般電話発呼」の通信形態によって、付与される数字が異なります。
2. ドラムカートリッジの交換時期が近づくと、
「トナーギレジニ ドラムモ コウカンヲ オス
スメシマス」のメッセ―ジが表示されます。必要に応じて、新しいドラムカートリッジを準備
しておいてください。現在お使いのドラムカートリッジの回転数が高品質を保てる回転数を越
えました。ご使用の環境やお使いの用紙、ご使用の状況により、写真原稿など中間調の画像を
プリントされた場合に、高品質なプリント画像が得られない場合があります。プリント画像を
確認していただき、ご満足いただける画質の場合はドラムカートリッジの交換を直ちに行う必
要はございませんが、時々プリント画像をご確認いただき画質に応じて交換いただくか、ト
ナーカートリッジ交換の際、同時にドラムカートリッジを交換することをお勧めします。
3. また交換時期になると、エラーコード 0094 が表示されます。ドラムカートリッジの寿命が
来ました。トナーカートリッジ交換の際に、ドラムカートリッジを交換してください。ご使用
の環境やお使いの用紙、ご使用の状況により、程度は異なりますが画質に影響があります。
プリント画像の状態をご確認していただき、必要に応じて早めの交換をお願いいたします。
※ ドラムカートリッジを交換せずにご使用を続けた場合、急に画像が劣化したり、機器が故
障する原因になることがあります。
296
こんなときには
リモート登録時のエラーメッセージ
送信元へ送られるエラーメッセージ
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルのリモート登録時にエラーとなった場合は、本機から送信元へエラー
メッセージがメールで送付されます。
No.
エラーメッセージ
原因と処置
1
554 Data transfer error (broken
header)
ヘッダーまたはサブヘッダーの解析中にエラーが発生したた
め処理できませんでした。再送してください。
2
554 Data transfer error (broken data)
データ解析中にエラーが発生したため処理できませんでし
た。再送してください。
3
554 Data transfer error (FAX module) LAM モジュールとの通信中に FAX モジュールでデータ転送
エラーが発生しました。再送してください。
4
554 MIME attachment not supported
(message/file)
サポートしていない MIME の添付ファイルが送られました。
テキストデータだけの添付ファイルで再送してください。
5
554 MIME format not supported
サポートしていない MIME タイプが送られました。テキスト
データだけで再送してください。
6
554 FAX relay permission denied
中継要求のあったドメイン名は登録されていません。
7
554 Relay address unknown
中継要求のあった最終受信局の電話番号が不明です。
8
554 Memory fully (FAX module)
FAX メモリーが一杯です。あとで再送してください。
9
554 Data transfer error
リストに記載されていないエラーです。あとで再送してくだ
さい。
リモート登録失敗時のエラーメッセージ
ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤルのリモート登録が失敗した場合は、本機から送信元へエラーメッセー
ジがメールで送信されます。
No.
エラーメッセージ
原因と処置
1
@command
ブ ロ ッ ク に エ ブロック終了コマンド「@end」が「@command」ブロック
ラーがあります。
で記述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してく
ださい。
2
@begin コ マ ン ド が あ り ま せ ブロック開始コマンド「@begin」が「@begin」ブロックで記
ん。
述されていません。
「@begin」コマンドを加えて再送してくだ
さい
3
@begin ブロックにエラーがあ ブロック終了コマンド「@end」が「@begin」ブロックで記
ります。
述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してくださ
い。
4
@system ブロックにエラーが ブロック終了コマンド「@end」が「@system」ブロックで
あります。
記述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してくだ
さい。
5
@sender ブロックにエラーが ブロック終了コマンド「@end」が「@sender」ブロックで記
あります。
述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してくださ
い。
<次ページへつづく>
297
必
要
な
と
き
こんなときには
No.
298
エラーメッセージ
原因と処置
6
@domain ブロックにエラーが ブロック終了コマンド「@end」が「@domain」ブロックで記
あります。
述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してくださ
い。
7
@program ブロックにエラー ブロック終了コマンド「@end」が「@program」ブロックで
があります。
記述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送してくだ
さい。
8
@system コマンドがありませ システム開始コマンド「@system」が「@system」ブロック
ん。
で記述されていません。
「@system」コマンドを加えて再送し
てください。
9
FAX 動作中のためリモート • ファクス通信が予約されている場合、ファクス動作終了後に
登録できません。
再送してください。
• 予約レポートを確認し、予約がない状態にして再送してくだ
さい。
10
リモート登録パスワードチェッ パスワードを修正して再送してください。
クエラー。
11
リモート登録が許可されていま システム登録の「158 メールリモート登録」
(p.265)を
せん。
「アリ」に設定してください。
12
Format Error:< エラー行 >
入力したフォーマットが正しくないか、または各宛先選択用の
記述データが一行で完結していないため不完全となっていま
す。修正して再送してください。
13
Warning:< エラー行 >
入力したフォーマットが正しくないか、または入力した文字数
が最大桁数を超えています。修正して再送してください。
14
データが長すぎます。
宛先名、ドメイン名、送信元名、プログラム名などの文字数が
最大桁数を超えています。
15
@list ブロックにエラーがあり ブロック終了コマンド「@end」が「@list」ブロックで記述さ
ます。
れていません。「@end」コマンドを加えて再送してください。
16
@select-domain ブ ロ ッ ク に ブロック終了コマンド「@end」が「@select-domain」ブロッ
エラーがあります。
クで記述されていません。
「@end」コマンドを加えて再送して
ください。
17
以下のデータに上書きされまし データが上書きされた場合に返送されます。
た。
:<(上書きされたデータ)>
18
ダイヤルインデータの登録があ 設定しようとしたダイヤルイン番号に該当するダイヤルが登
りません。:< エラー行 >
録されていません。装置のダイヤル設定を確認してください。
用紙がつまった
用紙がつまったときは、ディスプレイにエラーコード(0001、0007)が表示されます。用紙づまりを取
り除く場合は、次の手順で操作してください。
エラーコード 0001 が表示されている場合
(1) 用紙カセットを止まるまで引き出しま
す。前部を少し持ち上げ、本体から引き
出します。
(2) つまった用紙、しわのついた用紙を取り
除きます。
(3) 用紙カセットに用紙をセットし直しま
す。
(4) 受信開閉部をいったん開き、閉じます。
エラーコード 0007 が表示されている場合
・つまった用紙が本体内部にある場合
(上の図を参照してください)
(1) 受信開閉部を開きます。
(2) つまった用紙を取り除きます。
(3) 受信開閉部を閉じます。
・つまった用紙が本体背面にある場合
(下の図を参照してください)
(1) 背面カバーを開きます。
(2) 破れないよう注意しながら、つまっ
た用紙をゆっくりとまっすぐに引
き出します。
(3) 背面カバーを閉じます。
お知らせ
1. 用紙づまりの処置をしても、なおエラーコードが表示される場合は、受信開閉部をいったん
開き、閉じてみてください。
299
必
要
な
と
き
原稿がつまった
原稿がつまったときは、ディスプレイにエラーコード(0030、0031)が表示されます。
原稿づまりを取り除く場合は、次の手順で操作してください。
1
送信開閉部を開きます。
2
エラーコード 0030 が表示されている場合
つまっている原稿を引き出し、取り除きます。
エラーコード 0031 が表示されている場合
送信開閉部を持ち上げ、つまっている原稿を
取り除きます。
3
300
送信開閉部を確実に閉じます。
読み取り部のお手入れ
受信側から白紙の原稿、黒い筋の入った原稿、または白い筋の入った原稿を受信したと報告されたときは、
本機でコピーをとって確認してください。コピーが同じような症状の場合は、読み取り部が汚れている可能
性があるためクリーニングしてください。
1
2
送信開閉部を開きます。
やわらかい乾いた布で、読み取り部(下側に
あるガラス面)、および上側にある白色板の表
面をやさしく拭きます。
• 読み取り部は傷つきやすいので、必ず清潔
な布またはガーゼを使用してください。
• 清掃にはペーパータオルやティッシュ
ペーパーなどの紙用品を使用しないでく
ださい。
3
送信開閉部を確実に閉じます。
301
必
要
な
と
き
接続状態を確認する
受信できない、 を押しても「ツー」という電話回線上の音(ダイヤルトーンと呼びます)が聞こえない、
接続している外部電話機の呼び出し音が鳴らない場合は、次の手順で電話回線を確認してください。
1
電話コンセントから、本機の回線コードを抜
2
電話コンセントに、本機以外の電話機の回線
3
きます。
コードを接続します。
方法 1
電話機の受話器を上げ、受話器を上げ、ダ
イヤルトーンが聞こえるかどうかを確認
を確認します。
ダイヤルトーンを確認できない場合は、お
使いの電話会社にお問い合わせください。
方法 2
別の電話から、この電話回線に電話をかけ
ます。外部電話機の呼び出し音が鳴らない
場合は、お使いの電話会社にお問い合わせ
ください。
お知らせ
302
1. モニターを利用するには、システム登録の「137 直ダ再入力」
(p.263)が「ナシ」に設
定されている必要があります(お買い上げ時は、「アリ」に設定されています)。
停電が発生したら
停電中は、ファクスのディスプレイは消えています。ファクスの送受信はできません。
項目
ファクス
・送受信中に停電したとき
・停電中
停電から復旧したとき
本機の状態
ファクス送信
ファクス送信は中止されます。停電復旧
後、もう一度送信してください。
停電中は送信できません。
ファクス受信
ファクス受信は中止されます。停電復旧
後、相手の方にもう一度送信を依頼して
ください。
停電中は受信できません。
ファクス送信
未通信のデータがある場合は、すぐに再
送されます。
メモリーの内容
メモリーに蓄積されている送信および受
信データは保持されています。
ファクスに登録 / 設定し ワンタッチダイヤルや短縮ダイヤルなど
た内容
の登録内容、その他各種登録は、停電中
も消えることなく保持されています。
外 部 電 話 機 を 接 ・通話中に停電したとき
続している場合
・停電中
お知らせ
相手の方と電話中
電話をかける
電話を受ける
お使いの電話機の仕様をご確認くださ
い。
1. 原稿の読み取り中に停電した場合は、読み取りが中断されます。停電復旧後、もう一度読み
取ってファクス送信してください。ファクス送信時、原稿読み取り後のメモリー送信中に停電
した場合は、停電復旧後、直ちに再送信されます。
2. 上記の内容は一般電話回線(公衆回線)に接続されている場合です。電話交換機(PBX)な
どに接続されている場合は、お使いの機器の仕様をご確認ください。
303
必
要
な
と
き
アフターサービスについて
保証とアフターサービス
よくお読みください
使いかた・お手入れ・修理などは
▼お買い上げの際に記入されると便利です
まず、お買い求め先へご相談ください。
販売店名
電 話 (
) −
お買い上げ日 年 月 日
修理を依頼されるときは
「こんなときには」
(p.289)でご確認のあと、
直らないときはまず電源プラグを抜いて、お買
い上げ日と右の内容をご連絡ください。
●製品名
ファクシミリ
●品 番
UF-5500
●故障の状況 できるだけ具体的に
● 保証期間中は、保証書の規定に従って出張修理いたします。
保証期間:お買い上げ日から本体 1 年間 (ただし、消耗品は除く)
● 保証期間終了後は、診断をして修理できる場合はご要望により修理させていただきます。
※修理料金は次の内容で構成されています。
技術料 診断・修理・調整・点検などの費用
部品代 部品および補助材料代
出張料 技術者を派遣する費用
※補修用性能部品の保有期間 5 年
当社は、本製品の補修用性能部品(製
品の機能を維持するための部品)を、
製造打ち切り後 5 年保有しています。
● アフターサービスについて、おわかりにならないとき
お買い上げの販売会社・販売店・サービス実施会社または保証書表面に記載されています連絡先へお問
合わせください。
● 使用誤り、静電気、電波の干渉、使用中に電源が切れたときなど記憶内容が変化・消失
する場合があります。
(発生した損害について、当社が責任を負えない場合があります)
● 本製品は日本国内用に設計されています。国外での使用に対するサービスはいたしかね
ます。
This product is designed for use in Japan.
Panasonic cannot provide service for this product if used outside Japan.
● 本製品は、外国為替及び外国貿易法に定める規制対象貨物(または技術)に該当しま
す。本製品を日本国外へ輸出する(技術の提供を含む)場合は、同法に基づく輸出許可
など必要な手続きをおとりください。
Exporting this product and/or its technology from Japan is restricted by the Japanese
Foreign Exchange and Foreign Trade Law. When this product and/or its technology are
exported or brought out from Japan, you are required to take the necessary procedures,
such as obtaining an export license from the Japanese government, in accordance with
the Law.
304
仕様
仕様
項目
品番
UF-5500
認証機器名
UF-5500
・認証番号は、本体背面に記載されています。
帯域圧縮方式
MH、MR、MMR (ITU-T 勧告準拠)
適合回線 (G3 FAX)
ITU-T T.30
PBX(F 網、F ネットの 1300Hz 無鳴動受信には対応していません。
)
適合規格 (LAN)
IETF RFC 3965、ITU-T T.37
適合回線 (LAN)
10Base-T Ethernet (IEEE 802.3)、
100Base-TX Fast Ethernet (IEEE802.3u)
通信可能機種(G3 FAX)
G3 (国際規格)
出力可能文字(LAN)
JIS 第1 、第2 水準
通信プロトコル (LAN)
TCP/IP、SMTP、POP3、MIME
データ形式 (LAN)
RFC3949、TIFF-FX ミニマルセット
Profile
:TIFF-F
符号化方式 :MH/MMR、原稿サイズ:A4
通信速度 (G3 FAX)
2400 ∼ 33600 bps
原稿サイズ
A4 ∼ A5
最大:幅 216 × 長さ 600 mm
最小:幅 148 × 長さ 128 mm
読み取り方式
密着イメージセンサーによる平面走査
自動原稿送り装置(ADF)
セット可能枚数
30 枚
有効読み取り幅
・コピー
・ファクス
・スキャナー
読み取り解像度
・コピー
小さい
細密
208 mm
208 mm
210 mm(A4)
、216mm(レター)
水平方向
垂直方向
8 dot/mm x
7.7 lines/mm
8 dot/mm x
15.4 lines/mm
・ファクス
ふつう
小さい
細密
水平方向
垂直方向
8 dot/mm x
3.85 lines/mm
8 dot/mm x
7.7 lines/mm
8 dot/mm x
15.4 lines/mm
・スキャナー
水平方向
100 dpi
200 dpi
300 dpi
600 dpi
記録方式
電子写真記録方式
記録用紙
普通紙
用紙サイズ
A4、レター
x
x
x
x
垂直方向
100 dpi
200 dpi
300 dpi
600 dpi
<次ページへつづく>
305
必
要
な
と
き
仕様
仕様
項目
記録解像度
・コピー
小さい
細密
水平方向
垂直方向
203 dpi x
196 dpi * 1
203 dpi x
391 dpi * 1
・ファクス
ふつう
小さい
細密
水平方向
垂直方向
203 dpi x
98 dpi * 1
203 dpi x
196 dpi * 1
203 dpi x
391 dpi * 1
・プリンタ
水平方向
300 dpi x
600 dpi x
有効記録サイズ
A4
レター
垂直方向
300 dpi * 1
600 dpi
202 x 289 mm
208 x 271 mm
有効記録範囲
・印刷マージンは 4mm です。
電源
AC 100V ± 10V, 50/60 Hz
消費電力
待機時(節電モード)
予熱時
受信時
コピー時
最大
約 5.5 W
約 65 W
約 500 W
約 500 W
約 950 W
外形寸法
約 420(幅)x 457(奥行き)x 297(高さ)mm
(突起部を除く)
質量
約 11.5 kg
(消耗品を除く)
使用環境
温度
:10 ∼ 32.5 ℃
相対湿度:20 ∼ 70 % RH
直流抵抗値
323Ω * 2
* 1 記録時の解像度は 600 dpi x 600 dpi に拡大されます。
* 2 直流抵抗値が 300 Ω を超えているため、電話をかける、またはファクス送信ができない場合は、サー
ビス実施会社へご相談ください。
306
消耗品について
お買い求めになるときは、お買い上げの販売店、またはサービス実施会社にご相談ください。
トナーカートリッジ、ドラムカートリッジ
品番
図
説明
DE-3391
トナーカートリッジ
(約 2,000 枚)
DE-3390
ドラムカートリッジ
(約 6,000 枚)
• ドラムカートリッジを交換する場合は、同時にトナーカートリッジも交換する必要があります。
トナーの寿命
ISO/IEC 19752 で規定されたページを約 2,000 ページ印刷できます。
• ISO/IEC 19752 の規定は下記のとおりです。
環境:23 ± 2 ℃ / 50 ± 10 % RH(相対湿度)
• プリントモード:連続印刷
• トナー消費量は、文字の濃さ、太さ、およびサイズに応じて変化します。
ドラムの寿命
ドラムカートリッジは定期的に交換する必要があります。ドラムの寿命は最長で約 6,000 枚です。
• 実際のドラムカートリッジの寿命は、温度、湿度、用紙のタイプ、1 回の印刷ジョブあたりの印刷
枚数に使用するトナーの量など、さまざまな要因によって左右されます。1 回あたりの印刷枚数が
少ないジョブで本機を頻繁に使用すると、ドラムカートリッジが印刷できる実際の枚数はこの推定
値を大幅に下回る場合があります。
実際のドラムカートリッジの寿命に影響を及ぼす要因は制御できないものが多いため、弊社ではド
ラムカートリッジで印刷できる最小枚数を保証することができません。
• 特に高品質を保てる印刷ページ数は、お客様の使用条件、使用環境によっては 3,000 枚以下になる
場合があります。
用紙
良好な記録をしていただくため、できるだけ当社の推奨品をご使用ください。
(詳細は、お買い上げの販売店、またはサービス実施会社にお問い合わせください。)
市販の用紙を使用する場合は、下表の仕様に合った用紙をご使用ください。
項目
仕様
用紙厚
60 ∼ 80 g/m2
用紙端条件
鋭い刃で切断され、用紙の端にほつれがないこと
パッケージ
ポリラミネート防湿加工されたパッケージ
用紙サイズ
•A4 サイズ
• レターサイズ
用紙タイプ
カット紙
: 210 x 297 mm (8.3 x 11.7”
)
: 216 x 279 mm (8.5 x 11”
)
307
必
要
な
と
き
用語集
10Base-T/100Base-TX
イーサーネットケーブル規格の一種です。
「10/100」はバンド幅が 10/100 Mbps の意味で、このバンド幅は単一チャン
ネル・ベースバンドのベースとなっています。
「T」は撚り(Twisted)対の意味で、
この規格のケーブルは2対の非シールド撚り線からなります。
ADF (自動原稿送り装置)
複数枚の原稿をセットして、1 枚ずつ読み取り部へ送る装置です。
BPS (Bits Per Second)
電話回線経由で送信されるデータ量の単位です。本機は常に最大伝送速度で動作開
始しますが、電話回線の状況や受信側機器の能力に応じて伝送速度を自動的に落と
します。
DTMF (Dual Tone
Multifrequency)
電話機のボタンの各数字を表わすさまざまな組み合わせの周波数を送り出すダイヤ
ル呼び出し方式です。一般に、プッシュホン式ダイヤル呼び出しを指します。
ECM (Error Correction Mode)
G3 ファクス通信を行なっているときに、通信エラーを訂正する機能です。
FAX/TEL 自動切替
1 つの電話回線でファクスと電話を自動で切替えて使用できます。
FROM 選択
あらかじめシステム登録してある 24 の送信者名、メールアドレス、または電話番
号のうちの1つを送信前に選択することができます。
G3 モード (Group 3)
現在最も普及している、G3 規格に準拠したアナログ電話回線用のファクシミリで
す。
IP アドレス
インターネット上に存在するコンピューターなどの住所にあたる数列です。
ISP (Internet Service
Provider)
インターネットへの接続サービスを提供する組織のことです。
ITU-T
国際電気通信連合電気通信標準化部門。国際電信電話諮問委員会(旧 C.C.I.T.T)。
ITU-T (C.C.I.T.T.)
国際電信電話諮問委員会の略称。この機構は現在、ファクシミリ互換性を保証する
4グループの業界標準を推進しています。
ITU-T No.1 テストチャート
送信速度と機器能力との比較を可能にする業界標準原稿のことです。
LAN (Local Area Network)
オフィス、工場、大学などといった隣接エリアに限定された、データの統合および
交換のためのコンピューターネットワークシステムです。
LAN 中継パスワード
LAN 中継通信を行う際に、パスワードとして用いるメールアドレスです。LAN 中
継通信の宛先をあらわすメールアドレスの、ユーザー名(@ の左側)の部分と比較
して、一致した場合に LAN 中継通信を行います。
LCD
本機の表示をする液晶ディスプレイのことです。
MAPI (Messaging
Application Program
Interface)
メッセージ送信のための Windows 標準インタフェースです。ワープロ・ソフトや
表計算ソフトなどのメニューから、編集中の文書を直接メールで送信するようなこ
とが可能です。
MDN (Message Disposition
Notifications)
メールが読まれたかどうかを確認するために送信側から MDN 要求を付加して送付
します。
MIME (Multipurpose Internet
Mail Extension)
インターネット上で、テキストデータ以外のマルチメディア情報も扱えるように拡
張した、メールの通信手順です。
POP (Post Office Protocol)
メールサーバーにアクセスして自分宛のメールを取り出すための通信手順です。
PSTN (Public Switched
Telephone Network)
公衆電話交換ネットワークを指します。相互に接続された交換機と送信施設からな
るネットワークです。
SMTP (Simple Mail Transfer
Protocol)
インターネット上でメールを送受信するための主な通信プロトコルです。
TCP/IP (Transmission
Control Protocol/Internet
Protocol)
インターネットで使用されているプロトコルの最も基本的な集合体(プロトコルス
イート)であり、あるインターネット端末と別の端末との間のデータ転送を可能に
します。
TIFF (Tagged Image File
Format)
異機種間でのグラフィックデータの交換ができるようデータの前のタグと呼ばれる
部分を設け、データの記述形式を記載したデータファイルです。
本製品の TIFF ファ
イルは、MH 方式によりデータを圧縮しています。
TIFF イメージビューワー
TIFF ファイルの中身を閲覧するための機能を持ったプログラムです。市販の TIFF
ビューアーでは、本製品から送られた TIFF ファイルを表示できない場合がありま
す。
アクセスコード
308
第三者の不正使用を防止するため、8 桁のアクセスコードを設定できます。
用語集
宛先シート
本機のワンタッチに登録してある宛先名をプリントし、ワンタッチボタンシートの
下に入れて使います。
宛先名
各ワンタッチダイヤル / 短縮ダイヤル番号の登録名です。
イーサーネット
LAN 上のコンピューターおよび装置をネットワーク化する最も一般的な手段。最大
100 Mbps まで処理が可能で、ほとんどのすべてのタイプのコンピューターが対
応しています。
インターネット
相互に接続された、TCP/IP プロトコルを使用するさまざまなネットワークの巨大
な集合体。個々のネットワークは接続されて全世界をつなぐ巨大なインターネット
を形成します。
イントラネット
会社内部または組織内部にある非公開のネットワーク。イントラネットでは、公開
されているインターネット上同じ種類のソフトウェアを使用しますが、その用途は
内部的なものに限定されます。
エラーコード
通信エラー、トラブルなど発生時に表示するコードです。
オフフックダイヤル
受話器を受話器台から外して、電話番号をダイヤルする方法です。
オンフックダイヤル
受話器を受話器台に置いたまま、またはモニターボタンを押して電話番号をダイヤ
ルする方法です。
カバーシート
送信する原稿に添付される FAX カバーシート。受信者名、発信者名、添付した原
稿のページ数が記載されます。
キーオペレーターコード
第三者が管理者専用モードに入ることを防止するため、8 桁の管理者パスワードを
設定します。
クライアント
クライアント(端末)コンピューターの意味で、LAN 上でデータベース共用、グ
ループ作業や通信を行うときに使用します。
グループダイヤル
1つのプログラムボタンへ複数宛先を登録できます。1回の操作で順次同報送信が
できます。
固定縮小プリント
すべての着信原稿を一定の縮小率(例:75%)でプリントします。
最終宛先
LAN 中継通信時の最終送信宛先です。
サーバー
クライアント(端末)コンピューターに対してデータ資源、通信接続、データ保存
空間その他のサービスを提供する、ネットワークに接続されたコンピューターまた
は装置をさします。メールサーバーソフトウェアーはネットワーククライアントが
メールアカウントを保有してメールの送受信を行なうことを可能にしています。
サブアドレス
着信ファクスのルーティング、転送または中継を実行するための ITU-T 勧告です。
サブアドレスパスワード
サブアドレスに対応する追加機密保護のための ITU-T 勧告です。
サブネットマスク
ネットワークIDで定義されたネットワークのサブセグメントを管理するためのマス
クビット列です。
自局登録
自局登録をすることで、通信のときに相手機に自局の情報を表示できます。たとえ
ば、ロゴ、文字 ID、日時などがあります。
システム登録リスト
本機のシステム登録の設定値をリストにしてプリントできます。
自動縮小プリント
標準サイズの普通紙にプリントできるように、受信した原稿を自動的に縮小する方
式。たとえば、A4 サイズより長い着信原稿を縮小して A4 サイズの用紙にプリン
トします。
自動受信
ファクスが自動的に原稿を受信します。
受信側パスワード
原稿受信前に照合される 4 桁のパスワードのことです。
手動受信
着信原稿を受信するのに使用者の操作が必要なモードです。
初期送信側端末局
LAN 中継通信時の発信局です。
数字 ID
相手のディスプレイに表示させる電話番号などの情報を登録します。
セレクト受信
ダイヤルに登録してある電話番号の下 4 桁を照合し、一致したファクスからのみ本
機が受信する機能です。
送信側パスワード
原稿送信時に照合される 4 桁のパスワードのことです。
送信予約
本機が別の機能を実行しているときに送信予約ができます。
<次ページへつづく>
309
必
要
な
と
き
用語集
送達通知
送信側インターネット FAX から受信側インターネット FAX へ出されるメッセージ
で送達通知 (MDN) 要求のことです。受信側インターネット FAX は、メッセージ
(メール)を読むと送達確認メッセージを返送します。
タイマー送信
指定時刻に原稿の送信ができます。
タイマーポーリング
指定時刻にポーリング通信ができます。
ダイレクト SMTP
インターネット FAX 同士がメールサーバーを経由せずにファイアーウォール(イ
ントラネット)内で互いに直接通信を行なう機能です。
短縮ダイヤル
電話番号またはメールアドレスを短縮ダイヤルに登録できます。簡単なボタン操作
を行なうだけで、その電話番号をすばやくダイヤルすることができます。
蓄積原稿
本機で読込み済でメモリーに記憶されている原稿です。
中継アドレス
LAN 中継通信時に中継局を登録している 3 桁の短縮ダイヤルの番号です。
中継局
中継局では、受信した原稿を指示された宛先へ、順次同報で転送することができま
す。
中継送信
発信局から原稿を LAN 中継局へ送信すると、中継局はさらにその原稿を最終受信
側端末局へ送信します。
中継ネットワーク
中継局経由で通信する機器のネットワークのことです。
重複プリント
縮小できないくらい大きな原稿は、約 10 mm 重ね合わせて2つのページに分割し
て自動的に出力されます。
直接ダイヤル
電話番号またはメールアドレスをテンキーボタンまたは文字ボタンで入力して直接
ダイヤルする方法です。
通信管理レポート
最新の 32 通信の結果を一覧にしてプリントできます。
低電力モード
指定時間経過後に定着器を OFF にして、待機モードにあるときよりも消費電力を抑
えてエネルギーを節約します。
デフォルトルーター IP アドレス
ルーターのアドレスで、インターネット FAX との通信時に他のネットワークがど
のルートをとったらよいか判断するときに使用します。
テンキーボタン
コントロールパネルにある数字ボタンです。
電話帳機能
ワンタッチまたは短縮ダイヤルに登録した宛先名を検索して、電話番号またはメー
ルアドレスをダイヤルできます。
同報送信
複数の宛先に同じ原稿を同報通信する機能。
ドメイン名
インターネットに接続された個々のコンピューターを一意に識別する名称です。ド
メイン名は DNS サーバーによって IP アドレスから翻訳されます。これは、IP ア
ドレスが変更された場合でも、ユーザーに親しみやすい(記憶されやすい)名称を
保持することが目的です。
ネットワーク
2 台以上のコンピューターを相互に接続してリソースを共有すると、コンピュー
ターネットワークになります。さらに 2 つ以上のコンピューターネットワークをつ
なぐと、インターネットが形成されます。
ネットワークアドレス
ワンタッチ / 短縮番号に登録される 4 桁の固有アドレス番号で、中継ネットワーク
上にある特定の端末局を識別するのに使います。
濃度
送信する原稿に合わせて読み取り明暗感度を設定できます。
ハーフトーン
黒から白への最大 64 階調のグレーレベルで表現できます。
ハンドシェーキング
送信側と受信側が通信するため、実際にデータを転送する前に、双方の通信方法や
条件、プロトコルなどをあらかじめやり取りしておく手順のことです。
ビューモード−通信管理
通信管理レポートを出力することなく通信管理の簡単な内容を LCD ディスプレイ
に表示することができます。
ビューモード−通信予約ファイル 通信予約レポートを出力することなく通信予約ファイルの簡単な内容を LCD ディ
スプレイに表示することができます。
310
ファイル
メモリーを使っての送受信を行なったとき作成されます。たとえば、タイマー送信
などがあります。
ファンクションボタン
各機能を使うときに押します。
用語集
符号化方式
各種機器が使用するデータ圧縮方式。本機は、Modified Huffman (MH)、Modified
Read (MR)、Modified Modified Read (MMR) 符号化方式を採用しています。
プリント縮小モード
本機にセットされた用紙に収まるように縮小してプリントする方法です。
プログラムボタン
複雑な機能の操作をプログラムボタンに登録したり、複数の宛先を登録して、簡単
なボタン操作で機能を使えます。
プロトコル
装置間通信のための標準または言語。業界には多くの種類のプロトコルが存在し、
IC やコンピューターを内蔵している製品はどれもある種のプロトコルを利用して
います。インターネットでは、100 を越える標準が共同して TCP/IP プロトコル
を校正し、インターネット通信を滑らかで信頼できるものにしています。
ヘッダー
送信側ファクスが送信する、また受信側ファクスが各ページの先頭にプリントする
部分です。ヘッダーは、送信側ファクスの情報(日時など)を提供します。
ホスト
ネットワーク上の他のコンピューターを集中管理するコンピューターです。ホスト
はドメイン内で唯一のホスト名を持ちます。ホストは全ドメイン名(FQDN)の最
初(左端)の部分となります。
例:
本機のメールアドレスが [email protected] であるとすると、
「fax01」
はホストに、「panasonic.com」はドメインに相当します。
ホームページ
ブラウザー起動時に最初に表示されるページ、または会社、組織などの主要なウェ
ブページ。
ポーリング
別のファクスから原稿を取り出す機能です。
ポーリングパスワード
登録された 4 桁の暗証番号で、ポーリングが行なわれている原稿に対する機密保護
を有効にするのに使います。
メモリー送信
原稿をメモリーに読込んでから送信します。
メモリー代行受信
用紙またはトナーがなくなったときに着信原稿をメモリーに蓄積する機能です。
メモリー転送
指定した短縮ダイヤルの宛先へ、すべての着信ファクスを転送する機能です。
メールアドレス
メールでデータを送受信するためのアドレスです。ユーザー名、サブドメイン名、
ドメイン名で構成されています。
メールゲートウェイ IP アドレス
メールサーバーのアドレス。本製品はあらかじめ設定されたメールサーバーとだけ
通信を行ないます。
メーリングリスト
あるアドレスにメールを送り、自動的にメーリングリストに登録されている複数の
人にメールのコピーを送るためのメールアドレスです。
文字 ID
相手のディスプレイに表示させる会社名などの情報を登録します。
文字サイズ
送信する原稿の文字の大きさに合わせ、変更できます。
文字ボタン
各種登録をするときに文字または記号を入力するためのボタン。
モデム
本機から出された信号を電話回線経由で伝送できる信号に変換する装置です。
ルーター (ゲートウェイ)
複数の LAN 間の通信を可能にするネットワーク装置です。インターネットでは、そ
れぞれの LAN のルーターが、インターネットを経由して転送すべきデータの経路
を管理しています。
留守録接続
本機に留守番電話機を接続してご使用できるように設定できます。
ロゴ
会社名または名前などを登録します。
ワンタッチボタン
電話番号またはメールアドレスをワンタッチに登録できます。1 つのボタン操作を
行なうだけで、その電話番号をすばやくダイヤルすることができます。
311
必
要
な
と
き
著作権及びライセンスに関する情報
・この製品は下記のソフトウェアとライセンス条件に基づいて使用しています。
This product uses a part of NetBSD kernel.
The use of a part of NetBSD kernel is based on the typical BSD style license below.
Copyright (c)
The Regents of the University of California. All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that
the following conditions are met:
1. Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the
following disclaimer.
2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the
following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
3. All advertising materials mentioning features or use of this software must display the following
acknowledgement:
This product includes software developed by the University of California, Berkeley and its contributors.
4. Neither the name of the University nor the names of its contributors may be used to endorse or
promote products derived from this software without specific prior written permission.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE REGENTS AND CONTRIBUTORS ''AS IS'' AND ANY
EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED
WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE
DISCLAIMED. IN NO EVENT SHALL THE REGENTS OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY
DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES
(INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES;
LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON
ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING
NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE,
EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
However, parts of the NetBSD Kernel are provided with the following copyright notices.
Copyright (c) 1980, 1983, 1988, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1980, 1986, 1989, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1980, 1986, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1980, 1986, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1985, 1986, 1988, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights
reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1990, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1990, 1993, 1994, 1995 The Regents of the University of California. All rights
reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1990, 1993, 1995 The Regents of the University of California. All rights
reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1988, 1993, 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1989, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1990, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1990, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1990, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1991, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1991, 1993, 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1993, 1994, 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1986, 1993, 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1982, 1988, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1983, 1990, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1983, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1985, 1986, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
312
著作権及びライセンスに関する情報
Copyright (c) 1985, 1986, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1986, 1989, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1986, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1987, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1987, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1987, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1988 Regents of the University of California. All rights reserved
Copyright (c) 1988 Stephen Deering.
Copyright (c) 1988 University of Utah.
Copyright (c) 1988, 1989, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1988, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1988, 1992, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1988, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1989 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1989, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1989, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1989, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1990, 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1990, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1991, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1991, 1993, 1994 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1992 Regents of the University of California.
All rights reserved.
Copyright (c) 1992, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1993 Adam Glass
Copyright (C) 1993 by Sun Microsystems, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1994 Gordon W. Ross
Copyright (c) 1994 Winning Strategies, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1995 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (C) 1995, 1996, 1997, and 1998 WIDE Project. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 John S. Dyson All rights reserved.
Copyright (c) 1996 Matt Thomas. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 Matthew R. Green. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 Paul Kranenburg
Copyright (c) 1996, 1997, 1999, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1996, 2000 Christopher G. Demetriou. All rights reserved.
Copyright (c) 1996,1999 by Internet Software Consortium.
Copyright (c) 1996-1999 by Internet Software Consortium.
Copyright (c) 1997 Jonathan Stone and Jason R. Thorpe. All rights reserved.
Copyright (c) 1997 Christos Zoulas. All rights reserved.
Copyright (c) 1997 Manuel Bouyer. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998, 1999, 2000 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998, 1999, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998, 1999, 2002 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998, 2000, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997, 1998, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997,98 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (C) 1997-2000
Sony Computer Science Laboratories Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1997-2002 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998 Todd C. Miller <[email protected]> All rights reserved.
Copyright (c) 1998, 1999 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998, 1999, 2000 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998, 1999, 2000, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998, 2000 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1998, 2000, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1999 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (C) 1999 WIDE Project. All rights reserved.
Copyright (c) 1999, 2000 Jason L. Wright ([email protected]) All rights reserved.
313
著作権及びライセンスに関する情報
Copyright (c) 1999, 2000 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1999, 2000, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1999, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2000 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2000, 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2000, 2001, 2002 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2002 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright 1998 Massachusetts Institute of Technology. All rights reserved.
Copyright 2001 Wasabi Systems, Inc. All rights reserved.
Portions Copyright (c) 1993 by Digital Equipment Corporation.
Portions Copyright (c) 1995 by International Business Machines, Inc.
Copyright (c) 1983, 1989 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 by Internet Software Consortium. All rights reserved.
Copyright (c) 1980, 1986, 1989 Regents of the University of California.
All rights reserved.
Copyright (c) 1988 The Regents of the University of California.
All rights reserved.
Copyright (c) 1992, 1993 The Regents of the University of California. All rights reserved.
Copyright (c) 1994 Christopher G. Demetriou. All rights reserved.
Copyright (c) 1997 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1999 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 2001 The NetBSD Foundation, Inc. All rights reserved.
Copyright (c) 1996 Gardner Buchanan <[email protected]> All rights reserved.
Parts of the NetBSD Kernel are provided with the licenses that are slightly different from the
above Berkeley-formed license. Please refer the source code of the NetBSD Kernel about the details.
The source code of the NetBSD Kernel is provided by the NetBSD CVS Repositories
(http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/), and this product includes parts of the source code in the
following directories.
http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/src/sys/kern/
http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/src/sys/net/
http://cvsweb.netbsd.org/bsdweb.cgi/src/sys/netinet/
314
著作権及びライセンスに関する情報
This product contains thttpd software that ACMELabs developed and is using it based on the following licence
conditions.
Copyright c 2000 by Jef Poskanzer <[email protected]>. All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that the
following conditions are met:
1.
Redistributions of source code must retain the above copyright notice, this list of conditions and the
following disclaimer.
2.
Redistributions in binary form must reproduce the above copyright notice, this list of conditions and the
following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the distribution.
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR AND CONTRIBUTORS ''AS IS'' AND ANY EXPRESS OR
IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED. IN NO EVENT
SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL,
SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO,
PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR
BUSINESS INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN
CONTRACT, STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY
WAY OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH
DAMAGE.
315
著作権及びライセンスに関する情報
This product contains The OpenLDAP software and is using it based on the following license conditions.
Copyright 1998-2004 The OpenLDAP Foundation
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted only as
authorized by the OpenLDAP Public License.
A copy of this license is available in the file LICENSE in the top-level directory of the distribution or, alternatively,
at <http://www.OpenLDAP.org/license.html>.
OpenLDAP is a registered trademark of the OpenLDAP Foundation.
Individual files and/or contributed packages may be copyright by other parties and subject to additional
restrictions.
This work is derived from the University of Michigan LDAP v3.3 distribution. Information concerning this
software is available at <http://www.umich.edu/~dirsvcs/ldap/>.
This work also contains materials derived from public sources.
Additional information about OpenLDAP can be obtained at <http://www.openldap.org/>.
---
Portions Copyright 1998-2004 Kurt D. Zeilenga.
Portions Copyright 1998-2004 Net Boolean Incorporated.
Portions Copyright 2001-2004 IBM Corporation.
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted only as
authorized by the OpenLDAP Public License.
---
Portions Copyright 1999-2003 Howard Y.H. Chu.
Portions Copyright 1999-2003 Symas Corporation.
Portions Copyright 1998-2003 Hallvard B. Furuseth.
All rights reserved.
316
著作権及びライセンスに関する情報
Redistribution and use in source and binary forms, with or without modification, are permitted provided that this
notice is preserved.
The names of the copyright holders may not be used to endorse or promote products derived from this
software without their specific prior written permission. This software is provided ``as is'' without express or
implied warranty.
---
Portions Copyright (c) 1992-1996 Regents of the University of Michigan.
All rights reserved.
Redistribution and use in source and binary forms are permitted provided that this notice is preserved and that
due credit is given to the University of Michigan at Ann Arbor. The name of the University may not be used to
endorse or promote products derived from this software without specific prior written permission.
This
software is provided ``as is'' without express or implied warranty.
---------------------------------------------------------------------------
The OpenLDAP Public License
Version 2.8, 17 August 2003
Redistribution and use of this software and associated documentation ("Software"), with or without modification,
are permitted provided that the following conditions are met:
1. Redistributions in source form must retain copyright statements and notices,
2. Redistributions in binary form must reproduce applicable copyright statements and notices, this list of
conditions, and the following disclaimer in the documentation and/or other materials provided with the
distribution, and
3. Redistributions must contain a verbatim copy of this document.
The OpenLDAP Foundation may revise this license from time to time.
Each revision is distinguished by a version number. You may use this Software under terms of this license
revision or under the terms of any subsequent revision of the license.
317
著作権及びライセンスに関する情報
THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE OPENLDAP FOUNDATION AND ITS CONTRIBUTORS ''AS IS''
AND ANY EXPRESSED OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED
WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE ARE DISCLAIMED.
IN NO EVENT SHALL THE OPENLDAP FOUNDATION, ITS CONTRIBUTORS, OR THE AUTHOR(S)
OR OWNER(S) OF THE SOFTWARE BE LIABLE FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL,
EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT
OF SUBSTITUTE GOODS OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS
INTERRUPTION) HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT,
STRICT LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY OUT
OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH DAMAGE.
The names of the authors and copyright holders must not be used in advertising or otherwise to promote the
sale, use or other dealing in this Software without specific, written prior permission. Title to copyright in this
Software shall at all times remain with copyright holders.
OpenLDAP is a registered trademark of the OpenLDAP Foundation.
Copyright 1999-2003 The OpenLDAP Foundation, Redwood City, California, USA.
Permission to copy and distribute verbatim copies of this document is granted.
318
All Rights Reserved.
ITU-T No.1 テストチャート
ITU-T No.1 テストチャートに準拠している標準原稿のサンプルです(以下のサンプルでは、縮尺が実際のも
のと異なっています)。
お知らせ
1. 設計および仕様は予告なく変更されることがあります。
2. この説明で使用されている図およびイラストは、実際の製品と多少異なる場合があります。
319
索引
SMTP 認証名 .................................................. 40, 52
英数字
SUB ルーティング............................................... 195
TIFF ....................................................................... 178
CD-ROM .................................................................. 26
USB ケーブル ......................................................... 31
DHCP....................................................................... 62
DNS サーバー IP アドレス............................ 40, 52
あ
F/T 切り替え............................................................ 93
FAX 専用 .......................................................... 89, 91
FROM 選択........................................................... 187
アース(接地)端子 ................................................ 31
FROM 選択リスト................................................ 190
アース線 ................................................................... 31
FROM 選択を設定する........................................ 187
相手を確認してから送る ........................................ 81
FROM を選択して送信する ................................ 188
アクセスコード
F コード .................................................................... 29
アクセスコード.............................................. 126
ID 受信時刻印字....................................................... 99
解除する ......................................................... 127
ID なし時受信........................................................... 99
IP アドレス............................................... 38, 40, 52
IP 電話サービスを使って送る............................. 152
ITU-T No.1 テストチャート............................... 319
LAN ケーブル .......................................................... 31
LAN 中継局 ........................................................... 205
LAN 中継指示 ....................................................... 206
LAN 中継送信 ....................................................... 208
LAN 中継同報 ............................................... 61, 200
LAN 中継同報の通信結果.................................... 213
MDN .............................................................. 54, 176
MIME 形式 ............................................................... 54
PDF........................................................................ 178
POP クライアント.................................................. 50
POP 後エラーメール削除 ................................... 184
POP 後メール削除............................................... 183
POP サーバー....................................................... 182
POP サーバー IP アドレス ............................ 40, 52
POP サーバーから手動で受信する.................... 185
POP サーバーからの自動受信............................ 185
POP サーバー名.............................................. 40, 52
POP 自動受信....................................................... 183
POP 受信 .............................................................. 182
POP 手動受信を登録する ................................... 248
POP 取得間隔....................................................... 182
POP パスワード.............................................. 40, 52
POP ユーザー名 ............................................. 40, 52
SMTP 転送 .............................................................. 49
SMTP 認証 .............................................................. 62
SMTP 認証パスワード................................... 40, 52
320
設定する ......................................................... 126
入力する ......................................................... 127
変更する ......................................................... 127
アクティブランプ.................................................... 28
宛先確認 ........................................................ 77, 170
宛先シートをプリントする ................................. 254
宛先名敬称付加........................................................ 87
宛先を確認してから送る ............................. 77, 170
アフターサービス................................................. 304
誤って入力したとき ............................................. 253
アラームランプ........................................................ 28
アルファベットを入力する ................................. 252
安全上のご注意........................................................ 12
インターネット FAX .............................................. 29
インターネット FAX 通信について ...................... 54
インターネット FAX 通信に必要な設定 .............. 38
インターネット FAX 通信の注意点 ...................... 63
インターネット FAX を受ける ........................... 181
インターネット FAX を送る....................... 21, 160
インターネットからのメール受信......................... 56
インターネットに接続するには............................. 48
インターネットパラメーター ........................ 38, 40
エラーコード ........................................................... 76
エラーコード一覧................................................. 291
エラーコードが表示されたら ............................. 291
エラーメール ........................................................ 180
同じ相手にもう一度送る ............................. 84, 173
音量 ........................................................................... 29
音量を設定する........................................................ 43
索引
か
さ
外形寸法.................................................................306
再ダイヤル............................................. 29, 84, 173
回線コード ........................................................26, 31
サブジェクト ......................................... 40, 52, 191
回線種別を設定する ................................................32
サブネットマスク .................................... 38, 40, 52
回線種別を見分ける ................................................33
「サマ」を印字する ..................................................87
解像度........................................................................74
自局登録............................................................34, 38
外部電話機 ................................................................31
自局登録の項目一覧 ................................................40
外部電話機で受信する.............................................92
自局メールアドレス ........................................40, 52
カタカナを入力する .............................................252
時刻を指定して送る .............................................107
カバーシート .........................................................131
時刻を指定してポーリング受信する ..................109
管理者宛メール .....................................................214
システム登録
管理者パスワード ....................................................42
基本操作..........................................................255
管理責任者へのお願い.............................................16
システム登録一覧 ..........................................257
キーオペレーターコード.........................................42
システム登録リストの見かた .......................279
記号を使ったダイヤル方法 .....................................67
指定番号拒否 .........................................................103
規定サイズ以外の原稿を受信した .........................96
自動原稿送り装置(ADF)......................................27
クリアー....................................................................28
自動再ダイヤル ........................................................84
グループダイヤル
自動縮小....................................................................95
消去する ..........................................................250
シフト........................................................................29
登録する ..........................................................240
縮小受信....................................................................95
変更する ..........................................................250
受信確認メール .....................................................176
敬称を付ける ............................................................87
受信確認メールを送る..........................................199
原稿ガイド ................................................................27
受信した原稿を転送する......................................194
原稿がつまった .....................................................300
受信文書を複数部数プリント .................................97
原稿トレイ .................................................... 26 ∼ 27
受信モード................................................................89
原稿の厚さ ................................................................45
受信モードを設定する.............................................90
原稿のサイズ ............................................................45
受信ルーティング .................................................194
原稿のセット ............................................................47
手動 ...........................................................................89
件名欄を設定する .................................................191
手動再ダイヤル ........................................................84
件名を設定して送信する......................................192
手動受信....................................................................91
公衆電話拒否 .........................................................103
手動送信....................................................................81
故障かな?と思ったら..........................................289
順次同報送信 ............................................................72
誤送信防止 .....................................................77, 170
仕様 ........................................................................305
固定縮小....................................................................95
消耗品.....................................................................307
コピー........................................................................29
親展通信.................................................................143
コピーする ................................................................22
親展受付レポート ..........................................147
コミュニティー名 ............................................41, 52
親展番号..........................................................143
コントロールパネル ................................................28
親展文書を受信すると...................................147
コンピューターから
LAN 中継同報を指示する....................212
親展文書を消去する ......................................150
親展文書を蓄積する ......................................148
親展文書をプリントする...............................149
親展ボックスを利用する......................................143
321
索引
数字 ID ...................................................................... 37
中継許可ドメイン名 ........................................ 41, 52
数字 ID 拒否 ............................................................. 99
中継局を利用する ................................................. 200
数字 ID ルーティング ........................................... 195
中継ネットワーク ................................................. 202
数字を入力する ..................................................... 253
直接ダイヤル............................................................ 66
スキャナー................................................................ 28
直接ダイヤル再入力 ..................................... 78, 171
スキャンする................................................. 23, 218
直接ダイヤル制限 ......................................... 78, 171
スタート.................................................................... 29
直接メールアドレスを指定.................................. 160
ストップ.................................................................... 29
通信管理レポート
スペース.................................................................... 29
手動でプリントする ...................................... 268
接続状態を確認する ............................................. 302
見かた ............................................................. 268
セットできない原稿 ................................................ 46
通信結果レポート ...................... 76, 88, 213, 274
セットできる原稿 .................................................... 45
通信結果レポートをプリントする ......................... 88
セレクト受信......................................................... 136
通信ごとにパスワード送信を設定する .............. 141
セレクトドメイン ................................................. 174
通信予約 ................................................................... 30
セレクトモード ........................................................ 30
通信予約ファイルをプリントする ...................... 123
操作パネル................................................................ 27
通信予約レポート ................................................. 117
送信エラーが発生した ......................................... 180
通知不可能拒否 ..................................................... 103
送信ファイルタイプ ............................................. 178
次の送信を予約する ..................................... 82, 172
送信元へ送られるエラーメッセージ .................. 297
ディスプレイ上で通信結果を確認する .............. 271
送信レポート......................................................... 272
送信を停止したい .................................................... 76
ディスプレイ上で
通信予約ファイルを確認する ............. 119
送達確認.............................................. 54, 176, 199
停電が発生したら ................................................. 303
デバイス名........................................................ 41, 52
デバイスロケーション .................................... 41, 52
た
デフォルトゲートウェイ ........................ 38, 40, 52
テンキー ................................................................... 29
タイマー送信......................................................... 107
電源コード........................................................ 26, 31
タイマー送信を登録する...................................... 242
電源スイッチ............................................................ 27
タイマー通信............................................................ 30
転送先を登録する ................................................. 196
タイマーポーリング受信...................................... 109
添付品 ....................................................................... 26
タイマーポーリング受信を登録する .................. 244
電話帳 .................................................... 29, 70, 166
ダイヤルインルーティング.................................. 195
電話帳リスト......................................................... 277
ダイヤルリスト ..................................................... 276
登録モード................................................................ 30
ダイヤルリストの見かた...................................... 276
トーン ....................................................................... 29
ダイヤルリストをプリントする .......................... 276
特殊通信 ................................................................... 30
ダイレクト SMTP................................................... 55
トナーカートリッジを交換する.......................... 281
ダイレクト送信 ........................................................ 79
ドメイン名............................................................. 174
短縮 ........................................................................... 29
ドメインリスト ..................................................... 174
短縮ダイヤル................................................. 69, 164
ドラムカートリッジを交換する.......................... 284
消去する.......................................................... 239
取り扱い上のお願い ................................................ 17
登録する.......................................................... 233
変更する.......................................................... 236
短縮ダイヤルリスト ............................................. 277
蓄積できるファイル数 ............................................ 76
322
索引
ポーリング通信とは .............................................111
な
ポーリングパスワード..........................................112
ホスト名............................................................40, 52
ネットワークスキャナー.........................................59
本体 ...........................................................................26
ネットワークプリンター.........................................60
濃度......................................................... 28, 74, 219
は
ま
マルチ受信プリント ................................................97
迷惑ファクス防止を設定する ................... 100, 104
パスワード受信 .......................................... 138, 140
迷惑ファクスを防止する.............................. 98, 136
パスワード送信 .......................................... 137, 139
メーリングリスト .................................................180
パスワード通信 .....................................................137
メールアドレス ........................................ 38, 40, 52
発信者番号 .............................................................102
メールサーバー IP アドレス .................. 38, 40, 52
発信元........................................................................35
メールサーバー名 .................................... 38, 40, 52
発番号拒否 .............................................................102
メモリーオーバー時の動作.....................................75
発番号契約 .............................................................102
メモリー受信 .........................................................128
発番号ルーティング .............................................195
メモリー送信 ............................................................75
非通知拒否 .............................................................102
メモリー送信予約 ......................................... 82, 172
日付と時刻 ................................................................34
メモリー代行受信 ....................................................97
表紙をつけて送る .................................................131
メモリー転送 ............................................................58
ファイルタイプ .....................................................178
メモリーに受信する .............................................128
ファイル番号 ............................................................75
メモリー割合 ............................................................75
ファクス通信に必要な設定 .....................................34
メモリーを使わずに送る.........................................79
ファクスを受ける ....................................................89
文字 ID ......................................................................36
ファクスを送る ................................................20, 66
文字サイズ............................................. 28, 74, 219
ファンクション ........................................................28
文字種別を切り替える..........................................251
ファンクション番号一覧.........................................30
文字入力のしかた .................................................251
複数宛先....................................................................72
モニター....................................................................29
複数宛先指定 .................................................77, 170
モニター音量 ............................................................43
複数宛先指定を禁止する..............................77, 170
付属品........................................................................26
フック........................................................................29
や
プリントする .................................................24, 228
プレフィクス機能 .................................................154
用紙ガイド.............................................................287
プログラムダイヤル .............................................116
用紙カセット ................................................. 27, 287
消去する ..........................................................250
用紙がつまった .....................................................299
登録する ...............................................240, 242
用紙サイズマーク .................................................287
変更する ..........................................................250
用紙上限マーク .....................................................287
プログラムリストの見かた ..................................278
用紙トレイ.....................................................26 ∼ 27
プログラムリストをプリントする ......................278
用紙を補給する .....................................................287
ポーズ........................................................................29
呼び出し音量 ............................................................44
ポーリング ................................................................30
読み取り部のお手入れ..........................................301
ポーリング受信を登録する ..................................246
予約レポートの見かた..........................................118
323
索引
ら
リストプリント ........................................................ 30
リモート受信............................................................ 92
リモート登録時のエラーメッセージ .................. 297
リモート登録失敗時のエラーメッセージ .......... 297
リモートパスワード ........................................ 40, 52
利用者を制限する ................................................. 126
リルート機能......................................................... 154
ルーティング................................................. 57, 194
SUB ルーティング ........................................ 195
数字 ID ルーティング .................................... 195
ダイヤルインルーティング........................... 195
発番号ルーティング ...................................... 195
ルーティング時 From 欄 .............................. 195
ルーティング時プリント............................... 195
留守録接続........................................................ 89, 94
わ
ワンタッチダイヤル ..................................... 68, 162
消去する.......................................................... 239
登録する.......................................................... 230
変更する.......................................................... 236
ワンタッチダイヤルリスト.................................. 276
ワンタッチボタン .................................................... 29
ワンタッチボタンで
POP サーバーから手動で受信する ... 186
324
Memo
325
使いかた・お手入れ・修理などは、まず、お買い求め先へご相談ください。
その他ご不明な点は下記へご相談ください。
パナソニック システムお客様ご相談センター
受付:9時∼1 7 時30分 (土・ 日・ 祝祭日は受付のみ)
ホームページからのお問い合わせは https://sec.panasonic.biz/solution/info/
ご使用の回線(IP 電話やひかり電話など)
によっては、
回線の混雑時に数分で切れる場合があります。
本書の「保証とアフターサービス」もご覧ください。
【ご相談窓口におけるお客様の個人情報のお取り扱いについて】
・ パナソニック株式会社およびグループ関係会社は、お客様の個人情報をご相談対応や修理対応などに利用
させていただき、ご相談内容は録音させていただきます。また、折り返し電話をさせていただくときのた
めに発信番号を通知いただいております。なお、個人情報を適切に管理し、修理業務等を委託する場合や
正当な理由がある場合を除き、第三者に開示・提供いたしません。個人情報に関するお問い合わせは、ご
相談いただきました窓口にご連絡ください。
便利メモ(おぼえのため、記入されると便利です)
お 買 い 上 げ 日 年 月 日
販
売
店
品番
名
電話 (
)
-
サ ー ビ ス
実 施 会 社 名
電話 (
)
-
UF-5500
XX1211AN3123
PNQX3487YC
December 2013
Published in Japan
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement