JW-D164NH/D162SH/D165SH/D162MH/D165MH 取扱説明書

JW-D164NH/D162SH/D165SH/D162MH/D165MH 取扱説明書
改訂2.0版
2003年10月作成
R
取扱説明書
デバイスネットスレーブユニット
16点入力:JW-D164NH
16点出力(シンク出力):JW-D162SH
16点出力(ソース出力):JW-D165SH
8点入力、8点出力(シンク出力):JW-D162MH
8点入力、8点出力(ソース出力):JW-D165MH
このたびは、デバイスネットスレーブユニット(JWD164NH/D162SH/D165SH/D162MH/D165MH(以下、本
機)
をお買いあげいただき、まことにありがとうござい
ます。
本書は、本機の仕様・取付方法等について説明していま
す。ご使用前に、本書およびDeviceNet(マスター)
のマ
ニュアルをよくお読みいただき、十分に理解して正し
くご使用ください。
当社のDeviceNet 対応機種(JW-20DN2等)については、下記マニュアルを参照願います。下記マニュア
ルの入手については、当社の営業部門(裏面参照)にお申し付けください。
・JW-20DN2ユーザーズマニュアル、JW-20DNユーザーズマニュアル
・JW-50DN2ユーザーズマニュアル、JW-50DNユーザーズマニュアル
・JW-32CUM1ユーザーズマニュアル
・JW-32CUM2ユーザーズマニュアル
・JW-32CV3取扱説明書
・Z-337J/338Jユーザーズマニュアル
ご注意
・当社プログラマブルコントローラ
(以下、PLC)
をご使用いただくにあたりましては、万一PLC機
器に故障・不具合などが発生した場合でも重大な事故に至らない用途であること、および故障・
不具合発生時にはバックアップやフェールセーフ機能が機器外部でシステム的に実施されるこ
とをご使用の条件とさせていただきます。
・当社PLCは、一般工業などへの用途を対象とした汎用品として設計・製作されています。したが
いまして、各電力会社様の原子力発電所およびその他発電所向けなどの公共への影響が大きい
用途などで、特別品質保証体制をご要求になる用途には、PLCの適用を除外させていただきま
す。ただし、これらの用途であっても、用途を限定して特別な品質をご要求されないことをお
客様に承認いただいた場合には、適用可能とさせていただきます。
また、航空、医療、鉄道、燃焼・燃料装置、有人搬送装置、娯楽機械、安全機械など人命や財産に大き
な影響が予測され、安全面や制御システムに特に高信頼性が要求される用途へのご使用をご検
討いただいている場合には、当社の営業部門へご相談いただき、必要な仕様書の取り交しなど
をさせていただきます。
おねがい
・本書の内容については十分注意して作成しておりますが、万一ご不審な点、お気付きのことがあ りましたらお買いあげの販売店、あるいは当社までご連絡ください。
・本書の内容の一部または全部を無断で複製することを禁止しています。
・本書の内容は、改良のため予告なしに変更することがありますので、あらかじめご了承ください。
安 全 上 の ご 注 意
取付、運転、保守・点検の前に必ずこの取扱説明書とその他の付属書類をすべて熟読し、正しくご使用くだ
さい。機器の知識、安全の情報そして注意事項のすべてについて習熟してからご使用ください。この取扱説
明書では、安全注意事項のランクを「危険」「注意」として区分してあります。
:取扱を誤った場合に、危険な状況が起こりえて、死亡または重傷を受ける可能性が想定さ
危険
れる場合。
:取扱を誤った場合に、危険な状況が起こりえて、中程度の傷害や軽傷を受ける可能性が想
注意
定される場合および物的損害だけの発生が想定される場合。
なお、 注意 に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可能性があります。いず
れも重要な内容を記載していますので必ず守ってください。
(1)取付について
注意
・カタログ、取扱説明書に記載の環境で使用してください。
高温、多湿、じんあい、腐食性ガス、振動、衝撃がある環境で使用すると感電、火災、誤動作
の原因となることがあります。
・取扱説明書に従って取り付けてください。
取付に不備があると落下、故障、誤動作の原因となることがあります。
・電線くずなどの異物を入れないでください。
火災、故障、誤動作の原因となることがあります。
(2)配線について
強制
・必ず接地を行ってください。
接地しない場合、感電、誤動作のおそれがあります。
注意
・配線作業は、資格のある専門家が行ってください。
配線を誤ると火災、故障、感電のおそれがあります。
(3)使用について
危険
・通電中は端子に触れないでください。
感電のおそれがあります。
注意
・運転中のプログラム変更、強制出力、RUN、STOP等の操作は十分安全を確認して行ってくだ
さい。操作ミスにより機械の破損や事故のおそれがあります。
(4)保守について
禁止
・分解、改造はしないでください。
火災、故障、誤動作の原因となります。
注意
・ユニットの着脱は電源をOFFしてから行ってください。
感電、誤動作、故障の原因となることがあります。
−1−
1. 概 要
本機は、DeviceNet 通信の「Polling I / O 機能」と「Bit Strobe 機能」をサポートする DeviceNet の「ス
レーブ」です。
本機を介して、センサ・アクチエーター等の信号を DeviceNet の「マスター」へ高速・省配線で伝達できます。
形 名
JW-D164NH
JW-D162SH
JW-D165SH
JW-D162MH
JW-D165MH
入力/出力
入力16点:DC24V、6mA(DC24V)
出力16点:DC24V、0.3A、トランジスタ出力(シンク出力)
出力16点:DC24V、0.3A、トランジスタ出力(ソース出力)
入力8点:DC24V、6mA(DC24V) 出力8点:DC24V、0.3A、トランジスタ出力(シンク出力)
入力8点:DC24V、6mA(DC24V) 出力8点:DC24V、0.3A、トランジスタ出力(ソース出力)
・DeviceNetはODVA
(Open DeviceNet Vendor Association)の登録商標です。
−2−
2. 使 用 上 の ご 注 意
本機を使用・保存するにあたり、下記事項に注意してください。
(1)設置について
設置にあたっては、次のような場所は避けてください。
・ 直射日光が当たる場所、および周囲温度が 0 ∼ 55℃の範囲を越える場所
・ 相対湿度が 35 ∼ 90%の範囲を越える場所、および温度変化が急激で結露するような場所
・ 腐食性ガス、可燃性ガスのある場所
・ 振動、衝撃が直接つたわるような場所
(2)スイッチ設定について
各種スイッチ情報は、電源「OFF→ON」時に読み込むため、スイッチ設定は電源「OFF」時に行っ
てください。電源「ON」時にスイッチを切り換えても、次の「OFF→ON」時まで設定内容は変わ
りません。
(3)静電気について
異常に乾燥した場所では、人体に過大な静電気が発生するおそれがあり、その静電気により本機
の内部(基板)
に実装している部品が破壊することがあります。本機に触れる場合、アースされた
金属等に触れてあらかじめ人体に発生した静電気を放電してください。
(4)過電流保護(ヒューズ)について
JW-D162SH/D162MH/D165SH/D165MHの出力端子に接続した負荷が短絡した場合、外部配線や
JW-D162SH∼D165MHの焼損につながりますので、出力には保護ヒューズ(1.5A以下)
をコモン単
位に挿入してください。
なお、保護ヒューズはユニットの異常発熱・焼損防止用であり、出力素子・負荷の過電流保護用で
はありません。また、安全上からは負荷に応じた容量のヒューズを、出力1点単位で挿入してく
ださい。
負荷
JW-D162SH/D165SH
JW-D162MH/D165MH(出力部)
ヒューズ
0
1
7
COM
負荷用電源
ヒューズが溶断したときは、その原因
(外部配線の短絡、定格出力以上の負荷を使用など)
を解決 後に、該当ユニットを交換してください。
(注)JW-D162SH∼D165MHは出力回路
(コモンライン)
に2Aのヒューズを内蔵していますが、こ
のヒューズは過電流によるJW-D162SH∼D165MHの発熱・焼損防止用で、出力素子・負荷の過
電流保護用ではありません。
(5)清掃について
清掃するときは、乾いたやわらかい布を使用してください。揮発性
(アルコール,シンナー,フレオ
ン類など)のものや、ぬれぞうきん等を使用すると変形・変色などの原因になります。
−3−
3. シ ス テ ム 構 成
本機は、DeviceNetの「スレーブ」として通信を行えます。
【接続例】
JW50H/70H/100H
JW20H/30H/300
JW-50DN2
JW-20DN2
JW-50DN2
(スレーブ
(マスター
(マスター
モード)
モード)
モード)
JW-50DN
JW-50DN
S0
S1
S2
S3
S4
S5
S6
S7
S0
S1
S2
S3
S4
S5
S6
S7
MS
NS
SD
RD
FT
PT
MS
NS
SD
RD
FT
PT
JW-20DN
MS
NS
SD RD ER PT
S7 S6 S5 S4 S3 S2 S1 S0
電源用
タップ 終端抵抗
FG
ケーブル(幹線)
スレーブ
ケーブル(幹線)
T分岐
タップ
電源用
タップ 終端抵抗
ADDRESS
ADDRESS
本機
本機
通信電源
(DC24V)
ケーブル(支線)
センサ
通信電源
(DC24V)
アクチエータ スレーブ
スレーブ
スレーブ
センサ アクチエータ
● DeviceNet回線
・通信距離(伝送速度)
:100m(500kpbs)/250m(250kpbs)/500m
(125kpbs)
・接続可能ノード数:マスター1ノードに対して、スレーブ最大63ノード
・I/O点数:当社のDeviceNet(マスター)
を使用時、最大4096点(最大512バイト)
システムに使用(接続)するマスター、スレーブ、ケーブル、T分岐タップ、電源用タップ、終端抵抗 はDeviceNetに準拠した製品を手配してください。
● 当社のDeviceNet対応機種(マスター/スレーブ)
機 種
マスター
スレーブ
実装PLC
JW-50DN2
○
○
JW-50DN
○
○
JW-20DN2
○
○
JW-20DN
○
JW-32CUM1
○
−
JW30H
JW-32CV3
○
○
VMEビルトインコントローラ
Z-337J/338J
○
JW-D164NH/D162SH/D162MH
/D165SH/D165MH
−
○
JW-D324NH/D322SH/D322MH
/D325SH/D325MH
−
○
JW-D164N/D162S/D162M
−
○
JW50H、JW70H、JW100H
JW20H、JW30H、JW300
○(V2.1以上) JW20H、JW30H
○(V2.1以上) J-board(Z300/Z500シリーズ)
−
○:使用可能、( )内:ソフトバージョン
−4−
4. 各部のなまえとはたらき
① 表示ランプ
DeviceNet通信、入力/出力の状態を表示します。
⇒ 下記(2)
② 端子台カバー
端子台を保護します。
③ 端子台
(26P着脱式、M3.5×7ネジ)
DeviceNet通信、電源、入力/出力の各ケーブルを
配線します。
④ ユニット取付穴
(φ4:2ヶ所)
M3ビスを使用して取り付ける穴です。
⑤ DINレールレバー
DINレールへの着脱に使用します。
⑥ スイッチ(カバー付き)
DeviceNetのノードアドレス等を設定します。
⇒ 下記(1)
④
①
⑥
②
③
④
⑤
(1)スイッチ
・JW-D164NH
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
O F
FF
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
・JW-D162SH/D162MH/165SH/D165MH
(出荷時設定
:HOLD以外
すべてOFF)
(出荷時設定
ON
:すべてOFF)
ON
NODE ADRS.
NODE ADRS.
スイッチ
設定内容
HOLD
JW-D162SH/D162MH/D165SH/D165MHが通信異常時の出力状態を設定し
ます。
OFF クリア
ON
保持
OFF
必ずOFFに設定してください。
(JW-D164NHは2ヶ)
通信速度を設定します。
DR1
OFF
OFF
ON
ON
DR0
DR1
DR0
OFF
ON
OFF
ON
通信速度
125kbps
250kbps
500kbps
設定不可
(10進数)
の範囲で設定します。
NODE ADRS. ノードアドレスを、0∼63
・ネットワーク内の他のノードと、ノードアドレスが重複しないように
(32,16,8,
4,2,1) 設定してください。
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
【設定例】
JW-D162SHにて通信異常時の出力状態=保持、通信速度=125kbps、
ノードアドレス=10のとき
ON
NODE ADRS.
ON
(他はOFF)
−5−
(2)表示ランプ
・JW-D164NH
NSランプ
MSランプ
JW-D164NH
INPUT DC24V
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
O F
FF
NODE ADRS.
0
MS NS
1
2
NODE ADRS.
CAN_L CAN_H
V−
3
4
5
6
7
0
1
IN(A)
ON
DRAIN
1
24V NC
V+
0V
3
0
5
2
7
4
2
1
COM.B
6
COM.A
JW-D162SH
6
7
0
5
2
7
4
入力ランプ
(0∼7:2ヶ所)
6
入力ランプの対応端子
FUSEランプ
OUTPUT DC24V
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
NODE ADRS.
5
IN
(B)
NSランプ
MSランプ
4
3
IN
(A)
・JW-D162SH
3
IN(B)
MS NS
0
FUSE
1
2
NODE ADRS.
CAN_L CAN_H
V−
3
4
5
6
7
0
1
OUT(A)
ON
DRAIN
1
24V(+)A,B
V+
0V
0
3
2
5
4
7
6
COM.B
(−)
COM.A
(−)
1
0
JW-D162MH
5
6
7
3
5
7
4
出力ランプ
(0∼7:2ヶ所)
6
OUT(B)
出力ランプの対応端子
入力ランプ
(0∼7)
INPUT/OUTPUT DC24V
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
NODE ADRS.
4
FUSEランプ
NSランプ
MSランプ
3
2
OUT(A)
・JW-D162MH
2
OUT(B)
MS NS
FUSE
0
1
NODE ADRS.
CAN_L CAN_H
V−
2
3
4
5
6
7
0
1
IN(A)
ON
DRAIN
24V
V+
COM.A
0V
0
1
3
2
5
4
7
6
IN(A)
2
3
4
5
6
7
OUT(B)
COM.B
(−)
(+)B
0
1
3
2
5
4
7
6
OUT(B)
−6−
出力ランプ
(0∼7)
入力/出力ランプの対応端子
・JW-D165SH
FUSEランプ
NSランプ
MSランプ
JW-D165SH
OUTPUT DC24V SOURCE TYPE
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
NODE ADRS.
MS NS
0
FUSE
1
NODE ADRS.
CAN_L CAN_H
V−
2
3
4
5
6
7
0
1
OUT(A)
ON
DRAIN
)A,B
24V(+COM.
V+
0V
1
3
0
5
2
7
4
6
2
3
4
5
6
7
OUT(B)
1
(−)B
3
0
(−)A
5
2
OUT(A)
出力ランプ
(0∼7:2ヶ所)
7
4
6
OUT(B)
出力ランプの対応端子
・JW-D165MH
JW-D165MH
INPUT/OUTPUT DC24V SOURCE TYPE
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
H F
O
LD
NODE ADRS.
入力ランプ
(0∼7)
FUSEランプ
NSランプ
MSランプ
MS NS
FUSE
0
1
NODE ADRS.
CAN_L CAN_H
V−
2
3
4
5
6
7
0
1
IN
(A)
ON
DRAIN
24V
V+
COM.A
0V
1
0
3
2
5
4
2
7
6
(−)B
COM.B
(+)
IN
(A)
0
1
色
緑
MS
(モジュール
ステータス)
赤
−
緑
NS
(ネットワーク
ステータス)
赤
4
3
2
5
6
7
5
4
7
出力ランプ
(0∼7)
6
OUT
(B)
ランプ
名 称
3
OUT
(B)
入力/出力ランプの対応端子
内 容
状 態
点灯
点滅
点灯
点滅
消灯
点灯
MS・NSの色
(緑/赤)
と状態
(点灯/点滅/消
灯)
の組合せにより、本機の状態を示す
⇒「7. 異常と対策」参照
点滅
点灯
点滅
−
消灯
赤
点灯
赤
赤
正常
消灯
点灯/消灯 入力信号がONのとき、点灯
0∼7:OUT
(A/B) 赤
点灯/消灯 出力信号がONのとき、点灯
FUSE
※
(ヒューズ)
0∼7:IN
(A/B)
出力のヒューズ
(内部)
の溶断、または出力
用電源の供給なし
※ FUSEランプはJW-D162SH/D162MH/D165SH/D165MHにありますが、JW-D164NHに
はありません。
−7−
5. 取 付 方 法
本機の機能を十分発揮させるため、以下の内容を考慮して取り付けてください。
〔1〕取付条件
1. 本機には、内部の温度上昇を防ぐため通風孔を設けています。この通風孔をふさいだり、通風を
妨げないでください。
2. 本機は防塵、防水構造にはなっていません。密閉型の制御ボックスに取り付けてください。
3. 発熱量の高い機器(ヒーター,トランス,大容量の抵抗など)の真上への取付は避けてください。
また、本機の周囲に密着して他の機器を取り付けないでください。
4. 高圧機器の設置されている盤内への取付は避けてください。
5. 高圧線や動力線からは可能な限り離して取り付けてください。
6. 取付シャーシはアースと耐雑音性能面より、金属シャーシを使用してください。
〔2〕取付方向
放熱効果の良い下記の5方向で取り付けてください。
・ 垂直面への取付
・ 水平面への取付
〔3〕取付スペース
配線ダクト等の取付は、放熱のため本機と下記スペースを確保してください。
配線ダクト
10mm以上のスペース
ADDRESS
配線ダクト
−8−
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
10mm以上
複数台の本機を取り付ける場合、下記スペースを確保してください。
※
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
※
10mm以上
※ 配線に必要なスペースを確保してください。
NODE ADDRESS
10mm以上
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
NODE ADDRESS
スペースなし(0mm)可
〔4〕固定方法
本機の取付には、ビスまたは DIN レールを使用します。
40mm
(1)ビスを使用する場合
① 下記の取付寸法で、制御ボックスに M3 のタップ穴をあけます。
2-M3タップ
120mm
+ドライバーで固定ビス2本を締め付けて、本機を固定します。
・ M3-10の亜鉛メッキ仕上げのビス2本を使用してください。
・ 締付けは、0.49N・m 以下のトルクで行ってください。
5
ユニット取付穴(φ4:2ヶ所)
NODE ADDRESS
5
120
5
130
−9−
50
40
(単位:mm)
5
②
(2)DIN レールを使用する場合
本機は、レール幅 35mm の DIN レールに着脱できます。
35mm
35mm
y
;
;
y
;
y
;
y
(本機の裏面)
DINレール
爪
DINレールレバー
① 本機裏面の爪を DIN レールにはめ、矢印の方向に押しつけてください。
レバーの上がった状態
DINレールレバー
② 取外しは DIN レールレバーの溝を ―ドライバーで下げ、ユニット全体を上方に上げると DIN
レールから外れます。
2
1
−ドライバー
レバーの下がった状態
③ DIN レールに固定金具を取り付けてください。
固定金具
固定金具
NODE ADDRESS
− 10 −
6. 配 線 方 法
本機の端子台への配線(DeviceNet通信,電源,入力/出力)には、圧着端子を使用してください。圧着端子は
端子台の下記寸法を参考に選定してください。
7.2mm
M3.5×7mm
セルフロックアップビス
端子台
(1)通信ケーブルの配線
DeviceNet用端子(V−,CAN_L,DRAIN,CAN_H,V+)に、通信ケーブルを配線します。
CAN_H端子
CAN_L CAN_H 24V
CAN_L端子
V− DRAIN V+
V−端子
ADDRESS
0V
DRAIN端子
V+端子
赤
(V+)
黒
(V−)
青
(CAN_L)
白
(CAN_H)
シールド
(DRAIN)
通信ケーブル
通信ケーブルは5線ケーブルで、種類には太い
(Thick)
ケーブルと細い
(Thin)
ケーブルがあります。
メーカー
種 類
太いケーブル
5線
細いケーブル
信号線 2本 日本電線工業㈱
太いケーブル
電源線 2本
細いケーブル
シールド線 1本
線 数
主な用途
(mm)
形 式 外径
幹線
DVN18
12
支線または幹線
DVN24
7
可動部用 ※
DVN18SF
12
可動部用 ※
DVN24SF
7
耐屈曲、耐捻回 ※
DVN20SF
10
※ 詳細はメーカーへお問い合わせください。
・太いケーブルの電源線は約12Ω/km、細いケーブルの電源線は58Ω/kmの抵抗値があります。
スレーブが消費する電流より、往復の電圧降下を計算し、通信電源の位置と台数を決定してくだ
さい。
− 11 −
(2)電源ケーブルの配線
電源端子(24V,0V)に、電源ケーブルを配線します。
CAN_L CAN_H 24V
V− DRAIN V+
0V
24V端子
0V端子
DC電源
24V
参考 DC 電源を距離の離れた本機に給電するときは、DC 電源に配線の焼損防止用としてヒューズ
を設けてください。また、遠距離配線のときは配線による電圧降下に注意してください。
ヒューズ
本機
本機
本機
DC電源
線路抵抗
〈参考〉電圧降下
(km)
電圧降下(V1−V2)=電流×線路抵抗×2×線路長
本機
線路抵抗
DC電源
V1 電流
公称断面積 0.75 mm2 …… 24.8 Ω/ km
V2
1.25 mm2 …… 14.7 Ω/ km
2 mm2 ……… 9.53 Ω/ km
・DC電源を26.4Vに設定した場合、電圧降下は6V以下にしてください。
26.4V−20.4V=6V(20.4V:本機の最小動作電圧)
(3)入力/出力ケーブルの配線
入力/出力端子
(0∼7等)
に、入力/出力ケーブルを配線します。入力/出力の端子位置は「4. 各
部のなまえとはたらき」、仕様(回路構成)は「8. 仕様」を参照願います。
− 12 −
7. 異 常 と 対 策
本機で異常が発生した場合、本機の表示ランプ(MS/NS/FUSE)で異常内容を確認し、対策を行ってくださ
い。
表示ランプ
MS
NS
緑点灯
緑点灯
消灯
消灯
対 策
異 常 内 容
正常に通信中
(コネクション開設)
本機の電源OFF
1. 本機のDC24V電源の電圧、ケーブルの断線・ゆる
み等を確認する。
2. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
1. ネットワーク電源の電圧、ケーブルの断線・ゆるみ
等を確認する。
2. 本機のスイッチ設定
(ノードアドレス重複、通信
速度)
を確認する。
3. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
緑点灯
消灯
ネットワーク電源異常
ネットワーク上に他のデバイスを検出でき
ない。
緑点灯
/緑点滅
緑点滅
コネクション未開設
マスターからのコネク
ション開設待ち状態
緑点灯
赤点滅
I/Oタイムアウト
I/Oコネクションが
タイムアウト状態
ノードアドレス重複
緑点灯
赤点灯
赤点灯
消灯
ネットワーク異常
スレーブ異常1
赤点滅 変化なし スレーブ異常2
表示ランプ
FUSE ※
赤点灯
1. 通信ケーブルの断線・ゆるみ等を確認する。
2. マスター側が異常である。
3. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
1. 本機のノードアドレススイッチを確認する。
(他のノードと重複がないか)
2. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
下記項目を確認する。
・マスター/スレーブの通信速度が同一か
Busoff状態
・ ケーブル長
(幹線/支線)
は適切か
(データ異常多発状態) ・ ケーブルの断線・ゆるみはないか
・ 終端抵抗が幹線の両端にあるか
・ノイズが多くないか
・通信速度、ノード
アドレスのスイッチ
設定が範囲外
・下記のハード異常
RAMチェックエラー
ROMチェックエラー
EEPROMサムチェッ
クエラー
機種設定エラー
1. 本機のスイッチ設定を確認する。
(設定範囲外でないか)
2. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
*本異常は通常電源ON時に発生する。
ベンダー情報の異常 1. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
(EEPROMの
サムチェック異常) *本異常は通常電源ON時に発生する。
対 策
異 常 内 容
1. 出力用電源の電圧、ケーブルの断線・ゆるみ等を確認
する。
出力回路保護用のヒューズ
(内部)
の溶断、 2. 本機がハード異常である。
⇒ 本機を交換する。
または出力用電源が供給なし。
(注)
外部の要因で出力負荷短絡および過負荷が発生して、
*FUSEランプは、上記の場合には通信
本機内蔵の出力回路保護用のヒューズが溶断した場
状態に関係なく点灯する。
合にも点灯する。なお、内部ヒューズはお客様では
交換できません。
※ JW-D162SH/D162MH/D165SH/D165MHのとき
− 13 −
8. 仕 様
〔1〕共通仕様
(1)一般仕様
項 目
仕 様
本体電源電圧
DC24V(20.4∼26.4V)
本体電源電流
最大70mA
通信電源電圧
DC11∼25V
通信電源電流
最大40mA
保存温度
−20∼70℃
使用周囲温度
0∼55℃
使用周囲湿度
35∼90%RH(結露なきこと)
使用雰囲気
腐食性ガスのなきこと
耐振動
JIS B 3502に準拠
耐衝撃
JIS B 3502に準拠:147m/s2 (X・Y・Z方向 各3回)
絶縁方式
ホトカプラ
絶縁抵抗
DC500Vメガにて10MΩ以上(外部端子∼内部回路間)
絶縁耐圧
AC500V、1分間(外部端子∼内部回路間)
外部線接続方式
26P着脱式端子台(M3.5×7ネジ)
取付
ビス取付
(M3ネジ)
、またはDINレール取付
(35mmDINレール)
形状
130mm(W)
×50mm(H)
×55mm(D)
質量
約200g
付属品
取扱説明書 1部
(2)通信仕様
項 目
仕 様
通信サービス
Polling I/O機能、Bit Strobe機能
通信速度
125kbps、250kbps、500kbps
125kbps
250kbps
500kbps
通信速度
500m
250m
100m
太いケーブルによる幹線長さ
100m
100m
100m
通信距離(最長) 細いケーブルによる幹線長さ
6m
6m
6m
支線長さ
156m
78m
39m
総支線長さ
専用ケーブル(5線:信号系2本、電源系2本、シールド1本)
・太いケーブル:幹線用
通信媒体
・細いケーブル:幹線/支線用
− 14 −
(3)外形寸法図
本機の外形寸法は、5機種とも同じです。
(単位:mm)
JW-D164NH
INPUT DC24V
32
16
8
4
2
1
D
R
D 1
R
O 0
F
O F
FF
NODE ADRS.
3
4
5
6
7
0
1
CAN_L CAN_H
DRAIN
24V NC
V+
0V
0
1
3
2
5
4
7
6
2
3
4
5
6
7
IN
(B)
COM.B
COM.A
0
1
3
2
5
4
130
※
7
6
7.5
NODE ADRS.
V−
2
IN
(A)
57.5
1
50
57.5
0
MS NS
ON
55
※
※ DINレールレバーがスライド時の寸法です。
− 15 −
〔2〕各ユニットの仕様
(1)JW-D164NH(DC24V/16点入力)
項 目
仕 様
入力点数
定格入力電圧
定格入力電流
16点(占有バイト数:2バイト)
DC24V(21.6∼26.4V)
約6mA
(24V時)
、入力インピーダンス:約4kΩ
入力ON/OFFレベル
ONレベル:18V以下
(3mA以下)
OFFレベル:8V以上
(1.5mA以上)
入力応答時間
(ユニット単体)
コモン方式
OFF → ON:1ms以下
(DC24V)
ON → OFF:1ms以下
(DC24V)
8点あたり1コモン、コモン極性なし
DC24V
電源
DC/DC
コンバータ
0V
V−
CAN_L
DRAIN
CAN_H
V+
0
回路構成
(アイソレート)
24V
物
理
層
フォトカプラ
7
電源
COM.A
0
フォトカプラ
IN
(B)
7
電源
0V
フォトカプラ
フォトカプラ
IN
(A)
5V
内
部
回
路
入力
表示灯
入力
表示灯
COM.B
・ IN
(A)側が、DeviceNet(マスター)
の通信領域における小さい番号
側
(前半)
です。
− 16 −
(2)JW-D162SH(DC24V/16点シンク出力)
項 目
仕 様
出力点数
16点(占有バイト数:2バイト)
出力方式
定格出力電圧
トランジスタ出力(シンク出力)
DC24V(21.6∼26.4V)
出力電流
最大300mA/点、1.5A/8点コモン
許容サージ電流 1A
(100ms)
ON時電圧降下
0.5V以下(出力電流=300mA時)
OFF時リーク電流
0.1mA以下
出力応答時間
(ユニット単体)
OFF → ON:1ms以下(DC24V)
ON → OFF:1ms以下(DC24V)*抵抗負荷の場合
サージキラー ツェナーダイオード
保護回路
ヒューズ
コモン方式
コモン単位で2Aヒューズ内蔵
(交換不可)
溶断検出機能あり
(溶断時または出力電源OFF時、FUSEランプが点灯)
8点あたり1コモン、−極性
DC24V
電源
(アイソレート)
24V
DC/DC
コンバータ
0V
V−
CAN_L
DRAIN
CAN_H
V+
物
理
層
フォトカプラ
フォトカプラ
OUT
(A)
L
電源
7
2A
COM.A(−)
L
0
フォトカプラ
OUT
(B)
7
L
電源 COM.B(−)
0V
フォトカプラ
(+)A,B
負荷
0
L
回路構成
5V
内
部
回
路
出力
表示灯
出力
表示灯
2A
・ OUT(A)
側が、DeviceNet
(マスター)
の通信領域における小さい
番号側
(前半)
です。
・安全上、負荷に応じた容量のヒューズを出力1点単位で挿入して
ください。
− 17 −
(3)JW-D162MH(DC24V/8点入力、8点シンク出力)
項 目
入出力点数
定格入力電圧
定格入力電流
仕 様
16点(占有バイト数:2バイト)
DC24V(21.6∼26.4V)
約6mA(24V時) 入力インピーダンス:約4kΩ
入 入力ON/OFFレベル ONレベル:18V以下(3mA以下)
OFFレベル:8V以上(1.5mA以上)
力
OFF → ON:1ms以下
(DC24V)
入力応答時間
ON → OFF:1ms以下
(DC24V)
(ユニット単体)
コモン方式
出力方式
定格出力電圧
8点あたり1コモン、コモン極性なし
トランジスタ出力(シンク出力)
DC24V(21.6∼26.4V)
出力電流
最大300mA/点、1.5A/8点コモン
許容サージ電流 1A(100ms)
ON時電圧降下
出 OFF時リーク電流
力 出力応答時間
(ユニット単体)
0.5V以下(出力電流=300mA時)
0.1mA以下
OFF → ON:1ms以下
(DC24V)
ON → OFF:1ms以下
(DC24V)*抵抗負荷の場合
サージキラー ツェナーダイオード
保護
コモン単位で2Aヒューズ内蔵(交換不可)
回路 ヒューズ
溶断検出機能あり(溶断時または出力電源OFF時、FUSEランプが点灯)
コモン方式
8点あたり1コモン、−極性
DC24V
電源
0V
V−
CAN_L
DRAIN
CAN_H
V+
0
IN
(A)
回路構成
(アイソレート)
DC/DC
コンバータ
24V
物
理
層
COM.A
(+)B
負荷
L
0
OUT
(B)
7
L
電源 COM.B(−)
0V
フォトカプラ
フォトカプラ
内
フォトカプラ
部
回
フォトカプラ
路
7
電源
5V
入力
表示灯
出力
表示灯
2A
・安全上、負荷に応じた容量のヒューズを出力1点単位で挿入して
ください。
− 18 −
(4)JW-D165SH(DC24V/16点ソース出力)
項 目
仕 様
出力点数
出力方式
16点(占有バイト数:2バイト)
トランジスタ出力(ソース出力)
定格出力電圧
DC24V(21.6∼26.4V)
出力電流
最大300mA/点、1.5A/8点コモン
許容サージ電流 1A
(100ms)
ON時電圧降下
OFF時リーク電流
1.2V以下(出力電流=300mA時)
0.1mA以下
出力応答時間
(ユニット単体)
OFF → ON:1ms以下(DC24V)
ON → OFF:1ms以下(DC24V)*抵抗負荷の場合
サージキラー ツェナーダイオード
保護回路
ヒューズ
コモン方式
コモン単位で2Aヒューズ内蔵
(交換不可)
溶断検出機能あり
(溶断時または出力電源OFF時、FUSEランプが点灯)
8点あたり1コモン、+極性
DC24V
電源
電源
(アイソレート)
24V
DC/DC
コンバータ
0V
V−
CAN_L
DRAIN
CAN_H
V+
(+)
A,B
COM.
物
理
層
5V
0V
フォトカプラ
フォトカプラ
2A
(–)
A
OUT
(A)
負荷
L
0
フォトカプラ
回路構成
L
7
2A
(–)
B
OUT
(B)
L
L
0
内
部
回
路
出力
表示灯
出力
表示灯
フォトカプラ
7
・ OUT(A)
側が、DeviceNet
(マスター)
の通信領域における小さい
番号側
(前半)
です。
・安全上、負荷に応じた容量のヒューズを出力1点単位で挿入して
ください。
− 19 −
(5)JW-D165MH(DC24V /8点入力、8点ソース出力)
項 目
入出力点数
定格入力電圧
定格入力電流
仕 様
16点(占有バイト数:2バイト)
DC24V(21.6∼26.4V)
約6mA
(24V時) 入力インピーダンス:約4kΩ
(3mA以下)
入 入力ON/OFFレベル ONレベル:18V以下
OFFレベル:8V以上
(1.5mA以上)
力
OFF → ON:1ms以下
(DC24V)
入力応答時間
ON → OFF:1ms以下
(DC24V)
(ユニット単体)
コモン方式
出力方式
定格出力電圧
8点あたり1コモン、コモン極性なし
トランジスタ出力(ソース出力)
DC24V(21.6∼26.4V)
出力電流
最大300mA/点、1.5A/8点コモン
許容サージ電流 1A
(100ms)
ON時電圧降下
出 OFF時リーク電流
力 出力応答時間
(ユニット単体)
1.2V以下(出力電流=300mA時)
0.1mA以下
OFF → ON:1ms以下(DC24V)
ON → OFF:1ms以下(DC24V)*抵抗負荷の場合
サージキラー ツェナーダイオード
保護
コモン単位で2Aヒューズ内蔵
(交換不可)
回路 ヒューズ
溶断検出機能あり
(溶断時または出力電源OFF時、FUSEランプが点灯)
コモン方式
8点あたり1コモン、+極性
(アイソレート)
DC/DC
コンバータ
24V
DC24V
電源
0V
V−
CAN_L
DRAIN
CAN_H
V+
0
物
理
層
フォトカプラ
7
回路構成
電源
COM.A
電源
COM.B(+) 2A
(–)
B
OUT
(B)
負荷
L
L
0
0V
フォトカプラ
フォトカプラ
IN
(A)
5V
フォトカプラ
内
部
回
路
入力
表示灯
出力
表示灯
7
・安全上、負荷に応じた容量のヒューズを出力1点単位で挿入して
ください。
− 20 −
● 商品に関するお問い合わせ先/ユーザーズマニュアルの依頼先
シャープマニファクチャリングシステム
(株)
仙 台 営 業 所
東日本営業部
中 部 営 業 部
豊 田 営 業 所
西日本営業部
広 島 営 業 所
福 岡 営 業 所
〒984-0002
〒162-8408
〒454-0011
〒471-0833
〒581-8581
〒731-0113
〒816-0081
仙
東
名
豊
大
広
福
台 市 若 林 区 卸 町 東 3 丁 目 1 番 2 7
京 都 新 宿 区 市 谷 八 幡 町 8 番
古 屋 市 中 川 区 山 王 3 丁 目 5 番 5
田 市 山 之 手 8 丁 目 124 番
阪府八尾市跡部本町4丁目1番33
島 市 安 佐 南 区 西 原 2 丁 目 13 番 4
岡 市 博 多 区 井 相 田 2 丁 目 1 2 番 1
号
地
号
地
号
号
号
(022)288−9275
(03)3267−0466
(052)332−2691
(0565) 29−0131
(0729) 91−0682
(082)875−8611
(092)582−6861
● 修理・消耗品についてのお問い合わせ先
シャープドキュメントシステム
(株)
札 幌 技術センター
仙 台 技術センター
宇 都 宮 技術センター
前 橋 技術センター
東京フィールド サポートセンター
横 浜 技術センター
静 岡 技術センター
名 古 屋 技術センター
金 沢 技術センター
大阪フィールド サポートセンター
岡 山 技術センター
広 島 技術センター
高 松 技術センター
松 山 技術センター
福 岡 技術センター
〒063-0801
〒984-0002
〒320-0833
〒371-0855
〒114-0012
〒235-0036
〒424-0067
〒454-0011
〒921-8801
〒547-8510
〒701-0301
〒731-0113
〒760-0065
〒791-8036
〒816-0081
札 幌 市 西 区 二 十 四 軒 1 条 7 丁 目 3 番 17
仙 台 市 若 林 区 卸 町 東 3 丁 目 1 番 27
宇 都 宮 市 不 動 前 4 丁 目 2 番 41
前 橋 市 問 屋 町 1 丁 目 3 番 7
号
号
号
号
(011)641−0751
(022)288−9161
(028)634−0256
(027)252−7311
東 京 都 北 区 田 端 新 町 2 丁 目 2 番 12 号
(03)3810−9963
横 浜 市 磯 子 区 中 原 1 丁 目 2 番 23 号
静 岡 県 清 水 市 鳥 坂 1 1 7 0
名 古 屋 市 中 川 区 山 王 3 丁 目 5 番 5 号
石 川 県 石 川 郡 野 々 市 町 字 御 経 塚 町 1096 の 1
(045)753−9540
(0543) 44−5621
(052)332−2671
(076)249−9033
大 阪 市 平 野 区 加 美 南 3 丁 目 7 番 1
9 号
(06)6794−9721
岡 山 県 都 窪
広 島 市 安 佐
高 松 市 朝
松
山
市
福 岡 市 博 多
(086)292−5830
(082)874−6100
(087)823−4980
(089)973−0121
(092)572−2617
郡 早 島 町 大 字 矢 尾 8 2
南 区 西 原 2 丁 目 13 番 4
日 町 6 丁 目 2 番 8
高
岡
町 1 7 8 の
区 井 相 田 2 丁 目1
2番1
8
号
号
1
号
・上記の所在地、電話番号などは変わることがあります。その節はご容赦願います。
本 社
〒581-8581
大阪府八尾市跡部本町4丁目1番33号
● インターネットホームページによるシャープ制御機器の情報サービス
http://www.sharp.co.jp/sms/
お客様へ……お買いあげ日、販売店名を記入されますと、修理などの依頼のときに便利です。
お買いあげ日
年 月 日
販 売 店 名
電話( ) 局 番
TINSJ5413NCZZ
03K 1.0 A①
2003年10月作成
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement