PDFダウンロード(3.3MB)

PDFダウンロード(3.3MB)
D01226400B
Z
取扱説明書
UR-4MD
Digital Video Recorder
ティアック製品をお買い上げいただき、誠にありがとうございます。
ご使用になる前にこの取扱説明書をよくお読みください。
また、お読みになったあとは、いつでも見られるところに大切に保
管してください。
末永くご愛用くださいますよう、お願い申し上げます。
はじめに
免責事項
ここに記載されております製品に関する情報、諸デー
タは、あくまで一例を示すものであり、これらに関
します第三者の知的財産権、およびその他の権利に
対して、権利侵害がないことの保証を示すものでは
ございません。従いまして、上記第三者の知的財産
権の侵害の責任、又は、これらの製品の使用により
発生する責任につきましては、弊社はその責を負い
かねますのでご了承ください。
医療環境で使用する場合の注意事項 ( 重要 )
本装置に接続されるすべての設備は、IEC60601-1、
IEC60950-1、IEC60065 規格、あるいは IEC/
ISO 規格に適合した機器とすること。
THIS PRODUCT IS LICENSED UNDER THE AVC PATENT
PORTFOLIO LICENSE FOR THE PERSONAL USE OF A
CONSUMER OR OTHER USES IN WHICH IT DOES NOT
RECEIVE REMUNERATION TO (i) ENCODE VIDEO IN
COMPLIANCE WITH THE AVC STANDARD (“AVC VIDEO”)
AND/OR (ii) DECODE AVC VIDEO THAT WAS ENCODED BY
A CONSUMER ENGAGED IN A PERSONAL ACTIVITY AND/
OR WAS OBTAINED FROM A VIDEO PROVIDER LICENSED
TO PROVIDE AVC VIDEO. NO LICENSE IS GRANTED OR
SHALL BE IMPLIED FOR ANY OTHER USE. ADDITIONAL
INFORMATION MAY BE OBTAINED FROM MPEG LA, L.L.C.
SEE HTTP://WWW.MPEGLA.COM
記載されている会社名、製品名、ロゴマークは各社の
商標または登録商標です。
オープンソースに関する著作権およびライセンスは巻
末の「ソフトウェアに関する重要なお知らせ」に記載
します。
2
特徴
oo入力自動検出・解像度自動追従による簡単接続
oo記録ボタンですぐに開始できる簡単操作
oo長時間動画と静止画の記録・再生
本体に表示している記号について
前面 ( フロントパネル )
記 号
機 能
電源を入 / 切するためのボタンです。
oo動画記録時の静止画記録
oo外部接点スイッチによる記録
oo内蔵 HDD と外部 USB デバイスへの同時記録による
データ保存の高信頼性
oo液晶モニター内蔵による入力画像の確認及び状態表示
ooネットワークへの画像転送 ( オプション *)
oo内蔵 HDD の S.M.A.R.T 情報による障害確認
oo電源断時に短時間電力保持によるデータ欠損の防止
oo軽量コンパクト設計
ooWUXGA までのハイビジョン対応
背面 ( リアパネル )
記 号
機 能
本体に電源を供給するためのコネ
クタです。 付属の電源コードを接
続してください。
等電位化端子です。DIN 42801
に従ったコネクタをもつ等電位化
ケーブルを接続してください。
ネットワークに接続するためのコ
ネクタです。
映像信号を入力するためのコネク
タです。
映像信号を出力するためのコネク
タです。
* 本取扱説明書の説明には別売りオプションのネットワーク機能が
含まれております。標準ではネットワークへの画像転送機能は含
まれておりません。ネットワーク機能の追加に関しましては販売
店または弊社営業 ( 裏表紙 ) にお問い合わせください。
3
安全にお使いいただくために
製品を安全に正しくお使いいただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、以下の注
意事項をよくお読みください。
警告
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性
が想定される内容を示しています。
万一、異常が起きたら
煙が出たり、変なにおいや音がするときは
機器の内部に異物や水などが入ったときは
この機器を落としたり、カバーを破損したときは
電源プラグ
すぐに機器本体の電源スイッチを切り、必ず電源プラグをコンセントから抜いてください。
をコンセン
異常状態のまま使用すると、火災・感電の原因となります。
トから抜く
販売店またはティアック修理センター ( 裏表紙に記載 ) に修理をご依頼ください。
P
電源コードを傷つけない
電源コードの上に重いものをのせたり、コードを壁や棚との間に挟み込んだり、本機の下敷きにしな
い
電源コードを加工したり、無理に曲げたり、ねじったり、引っ張ったり、熱器具に近づけて加熱した
りしない
コードが傷んだまま使用すると火災・感電の原因となります。
万一、電源コードが破損したら ( 芯線の露出、断線など )、販売店またはティアック修理センター
( 裏表紙に記載 ) に交換をご依頼ください。
=
禁止
付属の電源コードを他の機器に使用しない
故障、火災、感電の原因となります。
交流 100 ボルト以外の電圧で使用しない
この機器を使用できるのは日本国内のみです。表示された電源電圧 ( 交流 100 ボルト ) 以外の電圧
で使用しないでください。また、船舶などの直流 (DC) 電源には接続しないでください。火災・感電
の原因となります。
この機器を設置する場合は、放熱をよくするために、壁や他の機器との間は少し (20cm 以上 ) 離し
て置く
ラックなどに入れるときは、機器の天面から 15cm 以上、側面から 10cm 以上のすきまをあける
すきまをあけないと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
この機器の通風孔などから内部に金属類や燃えやすい物などを差し込んだり、落としたりしない
火災・感電の原因となります。
この機器の通風孔をふさがない
通風孔をふさぐと内部に熱がこもり、火災の原因となります。
N
指示
C
禁止
4
電源プラグにほこりをためない
電源プラグとコンセントの周りにゴミやほこりが付着すると、火災・感電の原因となります。
定期的 ( 年 1 回くらい ) に電源プラグを抜いて、乾いた布でゴミやほこりを取り除いてください。
機器の上に花びんや水などが入った容器を置かない
内部に水が入ると火災・感電の原因となります。
安全にお使いいただくために
警告
Y
分解禁止
この機器のカバーは絶対に外さない
カバーを開けたり改造すると、火災・感電の原因となります。
内部の点検・修理は販売店またはティアック修理センター ( 裏表紙に記載 ) にご依頼ください。
この機器を改造しない
火災・感電の原因となります。
注意
P
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可能性
が想定される内容を示しています。
以下の内容を無視して誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定され
る内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。
移動させる場合は、電源のスイッチを切るか、またはスタンバイにし、必ず電源プラグをコンセント
から抜き、外部の接続ケーブルを外す
ケーブルが傷つき、火災・感電の原因や、引っ掛けてけがの原因になることがあります
長期間この機器を使用しないときやお手入れの際は、安全のため必ず電源プラグをコンセントから抜
電源プラグ
をコンセン く
トから抜く 通電状態の放置やお手入は、漏電や感電の原因となることがあります。
N
指示
各種周辺機器を接続する場合は、各々の機器の取扱説明書をよく読み、電源を切り、説明に従って接
続する
また、接続は指定のケーブルを使用する
この機器はコンセントの近くに設置し、電源プラグは簡単に手が届くようにする
異常が起きた場合は、すぐに電源プラグをコンセントから抜いて、完全に電源が切れるようにしてく
ださい。
この機器には、付属の電源コードを使用する
それ以外の物を使用すると、故障、火災、感電の原因となります。
=
禁止
ぐらついた台の上や傾いた所など不安定な場所に置かない
湿気やほこりの多い場所に置かない。
加湿器のそばなど油煙や湯気があたる場所に置かない
火災・感電やけがの原因となることがあります。
電源プラグを抜くときは、電源コードを引っ張らない
コードが傷つき、火災・感電の原因となることがあります。
必ずプラグを持って抜いてください。
O
濡れた手で電源プラグを抜き差ししない
感電の原因となることがあります。
禁止
製品用途 :
本製品は医療現場で使用する画像レコーダであり、検査・手術の記録のバックアップ用途を目的とし、診断を目的に
するのものではありません。
廃棄方法 :
国、地域、自治体の規制に従って廃棄してください。
5
目次
はじめに. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
特徴. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
本体に表示している記号について. . . . . . . . . . . . . . . 3
安全にお使いいただくために. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
お使いになる前に. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
付属品の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
使用上の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
内蔵 HDD について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
内蔵電池. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
使用するメディアについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
内蔵ファンについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
フロントパネル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
リアパネル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
電源を入れる前の準備. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
入力ケーブルを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
出力ケーブルを接続する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
音声入力を接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
音声出力を接続. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
外部スイッチを接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
記録デバイスを接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
電源ケーブルを接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
使ってみましょう. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
電源を切る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
省電力モード (Power save). . . . . . . . . . . . . . 13
スタンバイモード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
記録するメディアを初期化する. . . . . . . . . . . . . . 14
記録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
記録の設定をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
記録データの保存に関する設定をする. . . . . . . 14
外部スイッチの設定をする ( 動画 ) . . . . . . . . . . . 15
動画を記録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
静止画を記録する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
患者情報入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
キーボードで患者情報を入力する . . . . . . . . . . 16
カード・バーコードで患者情報を入力する. . . . 17
記録状態を終了する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
再生する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
最新画像を再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
再生時の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
再生する・一時停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . 18
停止する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
再生速度を変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
インデックスへジャンプ. . . . . . . . . . . . . . . . . 18
次の画像ファイルへ移動する. . . . . . . . . . . . . . 18
次のフォルダーへ移動する . . . . . . . . . . . . . . . 19
再生中の音声について. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
最新の日付フォルダーリストを表示して再生する. . . 19
条件を指定して検索再生する. . . . . . . . . . . . . . . . 19
ID で検索する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
名前で検索する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
日付で検索する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
検索 ( 再生 ) デバイスを切り換えるには. . . . . . 20
6
検索を終了するには . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録済み画像を外部デバイスに保存する . . . . .
記録画像フォルダー構成
( 内蔵 HDD、USB デバイス). . . . . . . . . . . . . .
フォルダー構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録した画像をパソコンで見る
( メディア内 HTML) . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録フォルダー一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フォルダー内画像一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本機の設定と各種操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
映像入力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
音声入力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内部同期出力解像度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録デバイス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
再生デバイス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
時計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
言語設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
静止画. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
画質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
動画. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
画質 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
自動インデックス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外部スイッチ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
詳細な設定 -1. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
患者情報入力. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ファイル分割サイズ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録デバイス初期化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
内蔵 HDD からのコピー. . . . . . . . . . . . . . . . .
詳細な設定 -2. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
起動時 HDD 消去 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
記録デバイス情報. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
SMART 情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ブザー. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ファームウェアアップデート. . . . . . . . . . . . . .
ネットワーク ( オプション ) . . . . . . . . . . . . . . . .
モード選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
現在の IP アドレス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保守と保証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
点検のすすめ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本体のクリーニング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
故障かなと思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
保証について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
仕様. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ソフトウェアに関する重要なお知らせ. . . . . . . . . . .
GPL. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LGPL Version 2. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
LGPL Version 2.1. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
20
21
22
22
23
23
24
25
25
26
26
26
26
26
26
27
27
27
27
27
27
27
27
27
28
28
28
28
29
29
29
30
30
30
30
31
31
33
34
34
34
34
35
35
37
37
38
40
お使いになる前に
付属品の確認
万一、付属品に不足や損傷がありましたら、お買い上
げになった販売店または弊社営業 ( 裏表紙に記載 ) にご
連絡ください。
電源コード x 1
取扱説明書 ( 本書、保証書付き ) x 1
使用上の注意
oo確実な動作のために下記の環境のもとでご使用くだ
さい。
温度 : 5 ~ 40℃
湿度 : 5 ~ 80% RH ( 非結露 )
最大湿球温度 29℃
oo水平に設置し、振動を避ける
本製品はゴム足を下にして水平に設置してください。
oo直射日光が当たる場所や暖房器具の近くなど、温度
が高くなるところに置かないでください。また、熱
を発生する機器の上には置かないでください。変色
や変形、故障の原因となります。
oo本機を移動したり、輸送などで梱包する場合は、す
べてのケーブル、デバイスを取り外してください。
コネクタを損傷する恐れがあります。
ooテレビ放送の電波状態により、本機の電源を入れた
まま近くにあるテレビをつけると画面にしま模様が
出る場合がありますが、本機やテレビの故障ではあ
りません。このような場合は本機を十分にテレビか
ら離してお使いください。
oo次のような場所で使用すると誤動作等の原因となる
ことがありますので、さけてください。
◦高周波を発生する機器の近く
◦強力な磁気、静電気のあるところ
内蔵 HDD について
本機は HDD ( ハードディスクドライブ ) を内蔵してい
ます。HDD は衝撃や振動、温度など周囲の環境の変化
を受けやすく、録画されている画像に影響を及ぼす可
能性があります。
以下のことにご注意下さい。
◦振動、衝撃を与えないで下さい。
◦水平な場所に置いてご使用下さい。
◦ HDD アクセス中に電源を切らないで下さい。
注意
内蔵 HDD に録画した内容の長期保管は保証できま
せん。また、古い画像から自動削除します。大切な
画像データは、LAN または USB デバイス経由でパ
ソコンや DVD などでの保管を推奨します。
注意
HDD には寿命があり、使用状態によっては数年で
不良が発生する場合があります。録画または再生が
できなくなった場合は、ティアック修理センター ( 裏
表紙に記載 ) に修理をご用命ください。
内蔵電池
本機は内蔵の時計を動かすための電池を持っています。
この電池が切れると正確な時刻保持ができなくなり、録
画画像の時刻に影響があります。寿命が来る前に 5 年
ごとに交換することをおすすめします。交換が必要に
なった際は、ティアック修理センター ( 裏表紙に記載 )
までご用命ください。
使用するメディアについて
本機には、USB メモリー、USB HDD が接続可能です。
記録する前に本機でフォーマットして下さい。
内蔵ファンについて
本機に内蔵しているファンには寿命があります。故障
した場合は、ティアック修理センター ( 裏表紙に記載 )
に修理をご用命ください。
7
フロントパネル
A
B
C
I
A 電源ボタン (STANDBY/ON)
押すと電源がオンになり、LCD ディスプレーが点灯
します。
電源オン時に押すと省電力状態となります。
メモ
oo1 秒以上長押しするとシャットダウンします。
oo約4秒押し続けると強制的に電源をオフします。
注意
リアパネルの主電源スイッチがオン ( │ ) 側に設定
されていないと、電源ボタンを押しても電源が入り
ません。
D
J
K
E
L
F G
M N
O
H
P
E VIDEO LED
点灯:動画録画中
点滅:動画録画一時停止中
F 動画 / 一時停止ボタン (VIDEO/PAUSE)
動画の記録を開始します。
動画の記録中にこのボタンを押すと、記録を一時的
に停止することができます。
再度押すと、記録が再開されます。
メモ
動画の記録を一時停止した場合、停止した位置でイ
ンデックスが作成されます。
B STANDBY LED
緑点灯
:ON
アンバー点灯:スタンバイ
G PHOTO LED
静止画記録中に点灯します。
C LCD ディスプレー
入力画像 ( プレビュー )、再生画像、各種状態、設
定メニューを表示します。
D 5、b 、g、t ボタン
メニュー項目の変更や選択、および記録した画像と
ビデオの閲覧に使います。
8
H 静止画記録ボタン (PHOTO)
静止画を記録するときに使います。
フロントパネル
I USB コネクタ (USB1/USB2)
USB メモリーや外付ハードディスクを接続します。
注意
USB ハブの接続はできません。
J 患者情報ボタン (PATIENT INFO)
患者情報を入力、確認するときなどに押して、患者
情報を表示します。
メモ
oo長押し (1 秒 ) すると、外部モニター上の OSD
表示 ( 患者情報、残容量、時刻など ) の ON/OFF
を切り換えることができます。表示 ON 時に長押
しすると OFF になり、表示 OFF 時に長押しする
と ON になります。
O クローズボタン (CLOSE)
記録、再生、メニュー、検索リスト、患者情報入力
の各状態を終了します。
記録状態の時、クローズボタンを押すまでの、動画・
静止画は同じフォルダ内に格納されます。クローズ
ボタンを押すと、患者情報をクリアして次の録画 ( ま
たは再生 ) を待ちます。
次に録画を開始すると、新たにフォルダーを作成し
ます。
P 停止ボタン (STOP)
動画記録時は記録を停止し、動画再生時は再生を停
止します。
oo設定で患者情報入力を OFF にしていると患者情
報は表示されません。
K リストボタン (LIST)
記録済みのフォルダーリストを表示します。
L メニューボタン (MENU)
本機の設定を行うためのメニューを表示します。
M状態表示 LED
内蔵 HDD、USB1、USB2 のアクセス状態を示し
ます。
内蔵 HDD
緑点灯 : 正常
消灯
: エラー
USB1/2
緑点灯 : デバイス接続認識
アンバー: 書き込み中、フォーマット中 (、ま
たはデバイス接続中 )
消灯
: デバイス無し
N 再生 / 一時停止ボタン (PLAY/PAUSE)
エンターボタン (ENTER)
記録済みファイルを再生します。
動画再生時は、再生を一時停止します。
メニュー設定操作時は、選択中の項目を決定します。
9
リアパネル
A
B
C
D
K
A COMPOSITE 入力 / 出力コネクタ
(COMPOSITE)
IN (
)
COMPOSITE VIDEO (NTSC/PAL) 信号を入
力します。 (BNC)
OUT (
)
COMPOSITE VIDEO (NTSC/PAL) 信号を出
力します。 (BNC)
E
F
G
L
H
I
M
J
N
D 音声入力 / 出力コネクタ (AUDIO)
IN
音 声 信 号 を 入 力 し ま す。(3.5φ ス テ レ オ ミ ニ
ジャック )
OUT
音 声 信 号 を 出 力 し ま す。(3.5φ ス テ レ オ ミ ニ
ジャック )
E マイク入力コネクタ (MIC IN)
B S-VIDEO 入力 / 出力コネクタ
(S-VIDEO)
IN (
)
S-VIDEO (NTSC/PAL) 信号を入力します。 (S
コネクタ )
OUT (
)
S-VIDEO (NTSC/PAL) 信号を出力します。 (S
コネクタ )
C 外部スイッチ入力コネクタ (EXT SW)
ビデオ (VIDEO)、静止画 (PHOTO) の外部スイッ
チを接続します。 (φ3.5 ステレオミニジャック )
10
マイク音声信号を入力します。(3.5φ モノラルミ
ニジャック )
F リモートコネクタ (REMOTE)
別売りのワイヤードリモートコントローラー
(TASCAM/RC-10) やフットスイッチ (TASCAM/
RC-3F) を接続して、本機をコントロールするとき
に使います。 (φ2.5 ミニジャック )
リアパネル
G USB コネクタ (USB3)
患者情報入力を行うための USB キーボード、カー
ドリーダー、バーコードリーダーを接続します。
(USB 2.0Type A)
カードリーダー、バーコードリーダーはキーボード
インターフェース仕様の装置をご使用下さい。
( 詳細は、裏表紙に記載の情報機器事業部 情報機器
営業部 MV 営業課までお問い合わせください。)
注意
MLAN コネクタ (LAN)
ネットワークに接続します。接続および設定は当
該ネットワークの管理者の指示に従ってくださ
い。 (10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
(RJ-45) )
LINK LED
リンクパルス検出で点灯します。
TRANSMIT LED
転送中に点滅します。
USB ハブの接続はできません。
N 等電位化端子 (
H USB コネクタ (USB4)
外部から本機のデータを読み出すときに使用します。
(USB 2.0Type B)
)
DIN42801 に従ったコネクタを持つ等電位化ケー
ブルを接続してください。
医療機器と組み合わせて使用される際は専用のケー
ブルで機器と機器を接続してください。
注意
USB ハブの接続はできません。
I 主電源スイッチ
本機の主電源スイッチです。
J 電源コネクタ ( 〜 IN)
付属の電源コードを接続します。
アース線は必ず接地してください。
K DVI 入力 / 出力コネクタ (DVI)
IN (
)
DVI (DVI-D) ビデオ信号を入力します。
OUT (
)
DVI (DVI-D) ビデオ信号を出力します。
L SDI コネクタ (SDI)
IN
SDI ビデオ信号を入力します。(BNC)
THRU
SDI ビデオ信号をスルーします。(BNC)
OUT
SDI ビデオ信号を出力します。(BNC)
注意
この表示のあるコネクタは静電気により内部
が破損する可能性があります。コネクタの接
点部に素手で触れないようご注意下さい。
11
電源を入れる前の準備
入力ケーブルを接続する
記録デバイスを接続
本機は標準ビデオの S-VIDEO、COMPOSITE VIDEO、
高精細ビデオの DVI、SDI の入力端子をもちます。
使用する端子に入力ケーブルをつないでください。
出力ケーブルを接続する
本機は標準ビデオの S-VIDEO、COMPOSITE VIDEO、
高精細ビデオの DVI、SDI の出力端子を持ちます。
下図の接続例 1 では、本機の電源を切るとモニターで
入力画像を見ることはできません。
電源を切っても画像が見られるようにするには、接続
例 2 のようにつなぐと、本機の電源を切っても入力画
像を見ることができます。
接続例 1
画像機器
本機
モニター
本機
モニター
接続例 2
画像機器
本機への入力とは別の信号
音声入力を接続
本機には音声入力端子があります。必要に応じて音声
入力端子を接続します。
SDI 音声の場合は、SDI 映像入力端子と共用になります。
詳 細 は、 音 声 入 力 の 項 目 を 参 照 し て く だ さ い。(26
ページ)
音声出力を接続
本機には音声出力端子があります。必要に応じて音声
出力端子を接続します。
SDI 音声の場合は、SDI 映像出力端子と共用になります。
外部スイッチを接続
本機には外部スイッチ端子があります。必要に応じて
外部スイッチ端子を接続します。
12
USB デバイスに記録する場合
フロントの USB1/2 にデバイスを接続してくださ
い。電源を入れると当該 LED が緑に点灯します。
抜く場合は、CLOSE ボタンを押して、当該 USB
LED の点滅がなくなって ( 緑点灯 ) から抜いてくだ
さい。
設定は、記録の設定をする(14 ページ)、記録デ
バイス(26 ページ)を参照してください。
ネットワークへ記録する場合 ( オプション )
通信するネットワークへケーブルを挿入してくださ
い。
設定は、ネットワーク (31 ページ ) を参照してく
ださい。
電源ケーブルを接続
注意
本 機 の 電 源 は AC100V - 240V ±10 % (50/60Hz) です。それ以外の電源を投入すると火
災・感電の原因となります。
感電事故を防ぐため、必ず絶縁トランスを使用して
ください。
電源コードは 3 芯式です。安全のため 2 芯式コンセン
ト ( アースなし ) には接続しないでください。
アース
コンセント
アースプラグ
使ってみましょう
電源を入れる
リアパネルの主電源スイッチをオン ( │ ) 側にする。
電源を切る
電源を切る前に録画または再生を終了してください。
フ ロ ン ト パ ネ ル の 電 源 ボ タ ン (STANDBY/ON) を
SHUTDOWN が表示されるまで (1 秒程度 ) 押します。
メモ
主電源スイッチがオン ( │ ) 側に設定されている場合は、
フロントパネルの電源ボタン (STANDBY/ON) を押し
ます。
電源が入ると、フロントパネルの LCD ディスプレーが
点灯し、「Starting…」が表示されます。
内部でシャットダウン処理を行い、スタンバイ状態に
なりますので、リアパネルの主電源スイッチをオフ (O)
側にします。
主 電 源 ス イ ッ チ を オ フ に し た 後、 電 源 ボ タ ン の
STANDBY LED が数分間点灯したままとなりますが、
故障ではありません。
省電力モード (Power save)
電源ボタン (STANDBY/ON) を短く押すと省電力モー
ドに移行します。
この状態で電源ボタンを押すとすぐに起動します。
oo省電力モードのとき FAN は回り続けます。
スタンバイモード
起動後に入力映像が表示されます。無入力の場合は黒
背景となります。
フロントパネルの LCD ディスプレーの表示が、LCD
への各種状態の文字表示になると、次の操作が可能と
なります。
フ ロ ン ト パ ネ ル の 電 源 ボ タ ン (STANDBY/ON) を
SHUTDOWN が表示されるまで (1 秒程度 ) 押します。
oo次の起動は 30 秒程度かかります。
長期間使用しないときは
本機を長い間使用しないときは、以下の手順でリア
パネルの主電源スイッチを切ってください。
1.フロントパネルの電源ボタン (STANDBY/ON)
を長押して、スタンバイモードにする。
2.リアパネルの主電源スイッチをオフ (O) 側にする。
oo主電源スイッチをオフにした後、電源断対策用の
保持電力により数分間 STANDBY LED が点灯し
続けます。
保持電力がなくなると STANDBY LED が消灯し
ます。
注意
oo映像入力がある場合、背景は入力映像が表示されます。
電源をスタンバイモードまたは省電力モードにすると
きは、記録を停止し、各メディアへのアクセスが終了し
てから行ってください。
突然の電源遮断時には、省電力モード処理が行われます
が、データを保証するものではありません。特に、各
メディアのアクセス中に電源を切るとデータが破壊さ
れ、そのデータが使えなくなることもあります。
13
使ってみましょう
記録する
記録するメディアを初期化する
記録の設定をする
メニューボタン (MENU) を押して、メインメ
ニューを表示させ、メニュー項目を「詳細な
設定」e「記録デバイス初期化」e「USB1/
USB2」の順に選択する。
記録を開始する前に、記録データの保存先や画質など
を設定します。
記録データの保存に関する設定をする
USB デバイスに保存する場合は
「メニュー – 設定 – 記録デバイス」で以下のように設定
します。
USB1+USB2
USB1 と USB2 両方同時に記録します。
USB1
USB1 のみに記録します。
USB2
USB2 のみに記録します。
oo当該 USB 端子にデバイスを挿入した時の画像から録
画します。挿入前に録画した画像は記録されません。
oo動画録画中は USB デバイスの挿抜は行わないでくだ
さい。当該録画データの消滅だけでなく、収録済み
のデータが消滅することがあります。また、故障の
原因にもなります。
注意
この操作を行うと、メディア内のデータは全部消去さ
れますのでご注意ください。
内蔵 HDD を選択した場合は、本機内蔵の HDD データ
を消去します。
ネットワークに保存する場合は ( オプション )
「メニュー – ネットワーク – モード選択」で以下のよう
に設定します。
oo内蔵 HDD には常に記録します。
CIFS クライアント
本機が CIFS クライアントとなり、CIFS サーバーに
保存します。
FTP クライアント
本機が FTP クライアントとなり、FTP サーバーに
保存します。
14
記録する
外部スイッチの設定をする ( 動画 )
動画の記録中は、以下の状態になります。
状態表示アイコン
本機リアパネルの EXT SW ( 外部スイッチ ) コネクタ
に外部スイッチを接続して本機の制御を行う場合に設
定します。
1 メニューボタン (MENU) を押して、メイ
ンメニューを表示させ、
「動画」を選択する。
2 外部スイッチを選択する。
3 行いたい動作を設定する。
詳 細 は、 動 画 の 外 部 ス イ ッ チ (27 ペ ー ジ ) 参 照
してください。
記録画像数
( 最大 999)
記録時間
oo映像入力がある場合、背景は入力映像が表示されます。
注意
静止画用外部スイッチの設定はありません。
動画を記録する
フ ロ ン ト パ ネ ル の 動 画 / 一 時 停 止 ボ タ ン (VIDEO/
PAUSE) を押すと、動画の記録を開始します。
oo動 画 録 画 中 は、 動 画 / 一 時 停 止 ボ タ ン (VIDEO/
PAUSE) 上部にある「VIDEO LED」が、アンバー
に点灯します。
oo状態表示アイコンが、モニターの右上角に表示され
ます。
oo動画の記録中に静止画記録ボタン (PHOTO) を押す
と、静止画を記録できます。
録画中に表示されるアイコン
表示
説明
停止中
動画録画中
動画録画一時停止中
動画停止中の静止画撮影
動画録画中の静止画撮影
動画 / 一時停止ボタン (VIDEO/PAUSE) を再度押すと、
記録を一時停止します。
STOP ボタンを押すと動画記録を停止します。
動画録画一時停止中の静
止画撮影
oo患者情報が未入力のまま記録を行うと、患者情報なし
の動画になります。患者情報が必要な場合は、16
ページの「患者情報入力」を参照して、患者情報を入
力してから動画の記録を開始してください。
メモ
長時間記録すると、ファイルは自動的に分割されます。
分割サイズは、設定により変わります。(28 ページ )
ファイルの分割を行っても、本機での再生はスムーズ
に行われます。
15
記録する
静止画を記録する
1 患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押す。
フロントパネルの静止画記録ボタン (PHOTO) を押す
と、静止画を記録します。
2 キーボードで情報を入力する。
oo患者情報が未入力のまま記録を行うと、患者情報
なしの静止画になります。患者情報が必要な場合
は、16 ページの「患者情報入力」を参照して、患
者情報を入力してから静止画の記録をしてください。
静止画の記録時は、以下の状態になります。
oo静止画記録ボタン (PHOTO) の上にある「PHOTO
LED」が、短い間アンバーに点灯します。
ooカメラアイコンが、モニターの右上角に短い間表示
されます。
静止画記録中に表示されるアイコン
表示
説明
静止画撮影
患者情報入力
3 エンターボタン (ENTER) で確定する。
確定すると入力された患者 ID をもとに新規にフォ
ルダーを作成します。
対応ボタンと、USB キーボードの対応キー
動作
ボタン操作
新規患者
患者情報ボタン
F10
(PATIENT INFO)
上の枠へ
5 ボタン
↑キー
下の枠へ
b ボタン
↓キー
カーソル左へ g ボタン
←キー
カーソル右へ t ボタン
→キー
確定し記録へ エンターボタン
(ENTER)
ENTER キー
F1 キー
患者情報入力 クローズボタン
ESC
キャンセル
(CLOSE)
患者情報ボタン
(PATIENT INFO)
患者情報を入力するには USB キーボードまたは USB
カードリーダー・バーコードリーダーが必要です。
USB キーボード、USB カードリーダー、バーコードリー
ダーについては、弊社営業までお問い合わせください。
カーソルの文
字を削除
−−−
カーソルの一
つ前を削除
−−−
oo28 ペ ー ジ の「 患 者 情 報 入 力 」 を 参 照 し て、 使 用
文字入力
−−−
する入力機器の設定を行ってください。
キーボードで患者情報を入力する
リアパネルにある、USB3 コネクタに接続された USB
キーボードを、患者情報の入力に使います。
USB キーボードを使って、患者の ID、名前、性別およ
び出生日を入力します。
USB キーボード
DEL
BS
文字コード
注意
ooフロントパネルのエンターボタン (ENTER) 又は、
キーボードの ENTER キーを押さないと、入力した
値は確定されません。
oo入力可能文字は英数字のみです。
oo対応キーボードタイプは、101 キーボードです。
oo患者情報入力のキャンセル方法
患者情報入力画面でクローズボタン (CLOSE) また
は患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押します。
16
再生する
記録する
カード・バーコードで患者情報を入力する
最新画像を再生する
1 患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押す。
フ ロ ン ト パ ネ ル の 再 生 / 一 時 停 止 ボ タ ン (PLAY/
PAUSE) を押すと、最新の記録データを再生します。
2 カード・バーコードを読み取る。
再生中に表示されるアイコン
3 エンターボタン (ENTER) で確定し、録画
可能な状態に移行する。
確定すると入力された患者 ID をもとに新規にフォ
ルダーを作成します。
注意
表示
説明
動画標準再生
再生一時停止
動画早再生速度に応じて
1/2/3/4/5 と変わる
静止画再生
ooフロントパネルのエンターボタン (ENTER) 又は、
キーボードの ENTER キーを押さないと、入力した
値は確定されません。
再生状態表示アイコン
oo入力可能文字は英数字のみです。
oo英数字以外のコードは正常に表示できません
記録状態を終了する
クローズボタン (CLOSE) を押すと、患者情報をクリア
して記録状態を終了します。
記録開始日時
再生時間/画像の記録時間
再生画像番号/このフォルダの総画像数
クローズボタン (CLOSE) を押すまでの、動画・静止画
は同じフォルダ内に格納されます。同一フォルダ内の
最大画像数は動画と静止画を合わせて 999 画像です。
さらに録画する場合は、一度記録状態を終了 (CLOSE)
してください。次に録画を開始すると、新たにフォル
ダーを作成します。
17
再生する
再生時の操作
再生する・一時停止する
再生 / 一時停止ボタン (PLAY/PAUSE) を押します。
メモ
oo本機は巻き戻しはできません。
oo早送り中は画像が乱れる場合があります。その時は
一旦通常再生してください。
インデックスへジャンプ
動画の場合、t ボタンを長押しすると、次インデック
ス位置へジャンプして再生します。
g ボタンを長押しすると、前インデックス位置へジャ
ンプして再生します
oo動画標準再生時は、一時停止します。
oo動画標準再生時以外は、標準再生 (1 倍速 ) になります。
oo静止画再生時は、何もしません。
停止する
再生中にクローズボタン (CLOSE) または停止ボタン
(STOP) を押すと、再生を停止します。
2 秒以上押す
次の画像ファイルへ移動する
静止画再生中、または再生終了時に次のファイルへ移
動するには 5 ボタンを押します。
再生速度を変更する
動画再生中に t ボタンを押すたびに、再生速度が 1 段
階上がります。
再生速度を戻すには g ボタンを押します。
18
再生する
次のフォルダーへ移動する
再生中、または再生一時停止中に次の画像フォルダー
へ移動するには 5 ボタンを 2 秒以上押し続けます。
検索デバイス
現在のフォルダー番号 / 総フォルダー数
2 秒以上押す
条件を指定して検索再生する
再生中の音声について
標準再生時のみ、音声を再生します。
メモ
早送り時は、音声の再生は行いません。
最新の日付フォルダーリストを表示
して再生する
リストボタン (LIST)、または USB キーボードの F3 キー
を押すと、記録したデータが最新の日付フォルダーか
ら表示されます。
ID で検索する
1 患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押す。
2 カーソルを ID フィールドに移動させる。
3 USB キーボードを使い、ID を入力する。
4 リストボタン (LIST)、または USB キー
ボードの F3 キーを押して、検索を開始する。
19
再生する
名前で検索する
対応ボタンと、USB キーボードの対応キー
動作
ボタン操作
新規患者
患者情報ボタン
F10
(PATIENT INFO)
2 カーソルを名前フィールドに移動します。
上の枠へ
5 ボタン
↑キー
下の枠へ
b ボタン
↓キー
3 USB キーボードを使い、名前を入力します。
カーソル左へ g ボタン
←キー
カーソル右へ t ボタン
→キー
4 リストボタン (LIST)、または USB キー
確定し記録へ エンターボタン
(ENTER)
ENTER キー
F1 キー
検索状態終了 クローズボタン
(CLOSE)
ESC
カーソルの文
字を削除
−−−
DEL
カーソルの一
つ前を削除
−−−
文字入力
−−−
検索開始
リストボタン
(LIST)
1 患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押す。
ボードの F3 キーを押して、検索を開始する。
日付で検索する
1 患者情報ボタン (PATIENT INFO) を押す。
2 日付フィールドに移動します。
3 USB キーボードを使い、日付を入力します。
4 リストボタン (LIST)、または USB キー
ボードの F3 キーを押して、検索を開始する。
注意
患者情報入力を「使用しない」設定にした場合はこの
項の検索機能は使用できません。
20
USB キーボード
BS
文字コード
F3 キー
検索 ( 再生 ) デバイスを切り換えるには
検索画面で、g ボタン、t ボタン、USB キーボード
の s キー、w キーで次のように切り換わります。
内蔵 HDD
USB1
USB2
検索を終了するには
検索中にクローズボタン (CLOSE) を押すと、検索状態
を終了します。
再生する
記録済み画像を外部デバイスに保存する
5 コピーするフォルダー ( 順 ) を選択する。
本機は記録したデータを外部機器にコピーすることが
できます。
「詳細な設定 -1」の「内蔵 HDD からのコピー」
機能を使用します。(29 ページ )
USB1 / USB2 へコピーする
1 メニューボタン (MENU) を押す。
2「詳細な設定」を選択する。
3 内蔵 HDD からのコピーを選択する。
4 USB1 または USB2 を選択する。
5 コピーするフォルダー ( 順 ) を選択する。
メモ
FTP サーバーについての設定は 32 ページの「モー
ド選択」の「FTP クライアント」を参照してください。
CIFS サーバーへコピーする ( オプション )
1 メニューボタン (MENU) を押す。
2「詳細な設定」を選択する。
3 内蔵 HDD からのコピーを選択する。
4 CIFS サーバーを選択する。
5 コピーするフォルダー ( 順 ) を選択する。
メモ
すべてのビデオおよび画像がコピーされます。コピー
のために個別ファイルを選択することはできません。
注意
コピー先に十分な空きスペースがあることを確認して
ください。
内蔵 HDD にデータがたくさんある場合は、コピーが完
了するのに数時間かかる場合があります。
コピーは本機を長期間使用しない時に行うことをおす
すめします。
メモ
FTP サーバーへコピーする ( オプション )
CIFS サーバーについての設定は 33 ページの「モー
ド選択」の「CIFS クライアント」を参照してください。
1 メニューボタン (MENU) を押す。
2「詳細な設定」を選択する。
3 内蔵 HDD からのコピーを選択する。
4 FTP サーバーを選択する。
21
再生する
記録画像フォルダー構成 ( 内蔵 HDD、USB デバイス)
患者情報の入力毎にフォルダーを作成します。
フォルダー名は「年月日時分秒 _ ID」です。
yymmddhhmmss_ID
メモ
ID の中にファイル名として使用できない文字があった場合は、その文字を「#」に置き換えます。
フォルダー情報は記録終了時 (CLOSE ボタンを押して、記録状態を終了したとき ) に更新されます。
フォルダー構成
¥ ( ルートディレクトリ )
PatientList.html
20131216154525_000012345
video_files
000001.mov
000002.mov
000004.mov
000005.mov
000005-002.mov
000007.mov
photo_files
000003.jpg
000006.jpg
Files.html
20131216181554_0000112255
video_files
22
: html ファイル
: 患者管理フォルダー
: 動画格納フォルダー
: 動画ファイル
: 動画ファイル
: 動画ファイル
: 分割動画ファイル
: 分割動画ファイル
: 静止画格納フォルダー
: 静止画像ファイル ( 数字は録画順 )
: 静止画像ファイル
: フォルダー内画像一覧
: 患者管理フォルダー
: 動画格納フォルダー
再生する
記録した画像をパソコンで見る ( メディア内 HTML)
記録されたフォルダー ( 患者 ) 情報・画像情報はパソコンのブラウザ上に表示することが可能です。
記録フォルダー一覧
記録された内蔵 HDD にはフォルダー一覧 html (PatientList.html) が作成されます。
また、外付 USB デバイス内へデータをコピーするときにも、USB デバイスにフォルダー一覧 html (PatientList.
html) が作成されます。
No
: メディア内のフォルダー番号
コピーした順番に表示されます。
Date
: 記録日
ID
: 患者 ID、リンク ( フォルダー内画像一覧へリンク )
Name
: 患者名、リンク ( フォルダー内画像一覧へリンク )
D.O.B.
: 患者生年月日 ( 格納されている文字列をそのまま表示 )
Sex
: 患者性別
Num of image: フォルダー内の画像数 ( フォルダーへのリンク )
23
再生する
フォルダー内画像一覧
フォルダー ( 患者 ) をクリックした後に下記画像一覧が表示されます。
No
: フォルダー内画像番号、分割動画は「-」表示
File
: ファイル名 ( リンク )
Size
: 実際のファイルサイズ
Length
: 記録時間、静止画の場合は「Photo」
、分割動画は「-」表示
24
本機の設定と各種操作
本機の設定およびフォーマット・コピーなどの各種操
作を行います。
基本操作
ooネットワーク機能はオプションになります。
必要な場合は購入店にご用命ください。
オプションなしの場合、以下の表示になります。
1 メニューボタン (MENU) を押して、メイ
ンメニューを表示させる。
2 5、b 、g、t ボタンを使って、選択位
置を移動させる。
3 エンターボタン (ENTER) を押して選択する。
4 メニューを終了するには、[CLOSE] ボタ
ンまたは、「終了」位置でエンターボタン
(ENTER) を押します。
ooメニューボタン (MENU) を押すと、一つ前の画面に
戻ります。
25
設定
音声入力
設定
最も優先順位の高い音声入力を設定します。
SDI
AUDIO
MIC
音声入力の自動切り換えについて
音声入力も映像入力と同様に音声入力を検出して自動
で切り換わります。
音声入力信号の検出は、以下の順番で行います。
SDI
カーソルを設定する項目に移動しエンターボタン
(ENTER) を押すと該当する項目の選択が可能です。
AUDIO
MIC
例えば、設定を AUDIO にした場合、優先順位は以下の
ようになります。
AUDIO w SDI w MIC
ooSDI はデジタル信号の有無を検出し、AUDIO、MIC
は入力端子のプラグ接続有無で検出を行ないます。
映像入力
最も優先順位の高い映像入力を設定します。
SDI
DVI
S-VIDEO
COMPOSITE
映像入力の自動切り換えについて
映像入力は、入力ビデオ信号を検出して、自動で切り
換わります。複数のビデオ信号が入力された場合、優
先順位の高い映像入力に切り換わります。
入力ビデオ信号の検出は、以下の順番で行います。
SDI
DVI
S-VIDEO
COMPOSITE
例えば、設定を DVI にした場合、優先順位は以下のよ
うになります。
DVI w SDI w S-VIDEO w COMPOSITE
oo映像入力が COMPOSITE のとき、S-VIDEO には切
り換わりません。
oo映像入力が S-VIDEO のとき、COMPOSITE には切
り換わりません。
oo録画中に音声入力は切り換わりません。
ooSDI 音声は SDI 映像入力動作時のみ動作します。
また、映像入力が音声データ付きの SDI 信号で動作
しているときは、SDI 音声固定となります (AUDIO/
MIC は使用できません )。
内部同期出力解像度
入力ビデオ信号が入っていない場合の出力ビデオ信号
解像度を指定します。
NTSC
:COMPOSITE/S-VIDEO OUT 端
子から出力します。
PAL
:COMPOSITE/S-VIDEO OUT 端
子から出力します。
1024x768 :DVI OUT 端子から出力します。
1920x1080:DVI/SDI OUT 端子から出力します。
oo再生時には、入力ビデオ信号がある場合でも再生す
る画像と違う信号の場合は、この設定のビデオ信号
を出力します。
oo録画中に映像入力は切り換わりません。
映像入力の手動切り替えについて
録画、再生していないときに、5、b ボタンを長押し
すると、ビデオ信号がある他の入力端子を検出して切
り換わります。他にビデオ信号入力がない場合は切り
換わりません。
記録デバイス
記録するデバイスを接続する端子を指定します。
USB1+USB2
USB1
USB2
oo内蔵 HDD には常に記録します。
ooUSB1+USB2 を指定した時は両方に同じ画像を記
録します。
26
設定
再生デバイス
再生するデバイスを指定します。
USB1
USB2
内蔵 HDD
動画
oo再生時に指定デバイスがない場合は、上記選択肢の
上から順に接続を確認しデバイスを探します。
時計
現在時刻の設定を行います。
変更する桁 ( カーソル ) は白抜き文字で表示されます。
g、t : カーソル桁を移動します。
5、b : カーソル桁の値を上下します。
ENTER: 時刻を確定します。
MENU : 時刻変更をキャンセルします。
oo本製品に内蔵されている時計機能は必ずしも正確な
ものではありません。定期的に時刻合わせをするこ
とを推奨します。
画質
動画を撮影する時の画質を設定します。
HQ:高画質
SQ:標準画質
EQ:小容量画質 ( エコノミー )
言語設定
自動インデックス
メニューに使用する言語を設定します。
English
日本語
français
Deutsch
Italiano
español
한국어
動画を録画中のインデックスのつけ方を決める。
中文
português
静止画
なし
: インデックスを作成しません。
1 分毎 : 1 分毎にインデックスを作成します。
5 分毎 : 5 分毎にインデックスを作成します。
10 分毎: 10 分毎にインデックスを作成します。
均等
: 録画終了時に自動で、録画時間を 20 分割し、
インデックスを作成します。
外部スイッチ
外部スイッチ (EXT SW) の動作設定を行ないます。
記録⇔ポーズ
:押す毎に、録画とポーズを順番に行
います。
押している間録画:押している間、録画します。
画質
静止画を撮影する時の画質を設定します。
HQ:高画質
SQ:標準画質
EQ:小容量画質 ( エコノミー )
27
設定
詳細な設定 -1
oo患 者 情 報 入 力 用 USB デ バ イ ス は、 リ ア パ ネ ル の
USB3 に接続して下さい。
患者情報入力
患者情報を入力する場合のデバイス選択を行ないます。
( 患者情報の入力のみに適用されます。)
磁気カード・バーコードを使用する場合は、読み取り
文字位置 ( 範囲 ) の指定も行ってください。
使用しない
: 患者情報の入力は行えません。
キーボード
: USB キーボードで患者情報を入
力可能です。
カード・バーコード: USB カード・バーコードリーダー
から患者情報の入力が可能です。
この設定を行うと下記文字範囲指
定画面が表示されますので各情報
の範囲指定を行ってください。
oo対応キーボードタイプは、101 キーボードです。
ファイル分割サイズ
動画録画中に自動分割するファイルサイズを指定します。
4GB
1GB
ooファイルシステムの制限で分割が必要となります。
FTP 転送を使用する場合は、小さい単位の方が効率
的です。
oo動画の画質設定や入力ビデオ信号解像度によっては、
ファイル分割サイズが本設定より小さくなる場合が
あります。
記録デバイス初期化
記録デバイス ( メディア ) の初期化 ( フォーマット ) を
行ないます。
キャンセル
USB1
USB2
内蔵 HDD
注意
範囲指定は開始文字位置-終了文字位置となります。1
文字だけの場合は開始と終了が同じとなります。
ID
: ID の文字範囲を指定
名前
: 名前の文字範囲を指定
生年月日
: 生年月日の文字範囲を指定
性別
: 性別の文字範囲を指定
全データ表示: この画面でカードリーダー・バーコード
リーダーでデータ入力すると読み取っ
たデータが全部表示されます。
28
初期化を行うと記録されていたデータがすべて消えま
す。元に戻せませんのでご注意下さい。
設定
内蔵 HDD からのコピー
内蔵 HDD から記録画像のコピーを行ないます。コピー
先のデバイスを指定するとコピーの種類の選択が表示
されます。(21 ページ )
キャンセル
USB1
USB2
FTP サーバー
CIFS サーバー
デバイスを選択すると、下の行に次の選択肢が表示さ
れます。
選択するとコピーを実行します。
現在フォルダー
: 現在再生ポインタがあるフォル
ダーのみコピーします。
最古フォルダーから: 一番古いフォルダーから全データ
をコピーします。
最新フォルダーから: 一番新しいフォルダーから全デー
タをコピーします。
詳細な設定 -2
起動時 HDD 消去
内蔵 HDD のデータ消去方法を指定します。本機が起動
した時点で設定に従い消去を行ないます。
消去しない
:消去をしません、HDD 残響量が無く
なると記録できなくなります。
200GByte 確保:空き容量が約 200Gbyte になるよ
うに古いフォルダーから順に消去し
ます。
100GByte 確保:空き容量が約 100Gbyte になるよう
に古いフォルダーから順に消去しま
す。
50GByte 確保 :空き容量が約 50Gbyte になるよう
に古いフォルダーから順に消去しま
す。
24 時間以上前 :24 時間以上前 ( 記録開始時点の時
刻 ) のフォルダーを消去します。
1 週間以上前
:1 週間以上前 ( 記録開始時点の時刻 )
のフォルダーを消去します。
すべて消去
:すべて消去します。
記録したデータは起動毎に消去され
ますのでご注意下さい。
29
設定
記録デバイス情報
指定した記録デバイスの各情報を表示します。
07 シークエラーレート
0A スピンアップ再試行回数
C4 セクタ代替処理回数
C5 代替処理保留セクタ数
C6 回復不可能セクタ数
C8 ライトエラーレート
DF ロードアンロード再試行回数
ブザー
: 内蔵 HDD の情報を表示します。
内蔵ブザーの ON/OFF を選択します。
ON : 内蔵ブザーを鳴らします。
OFF: 内蔵ブザーを鳴らしません。
総容量
: 総容量を表示します。
ooブザーはボタン操作、記録開始、警告などで音を鳴
空き容量
: 空き容量を表示します。
使用容量
: 使用済みの容量を表示します。
内蔵 HDD 情報
内蔵 HDD SMART: 内蔵 HDD の SMART 情報を表
示します。
USB1 SMART
: USB1 デバイスの SMART 情報
を表示します。
USB2 SMART
: USB2 デバイスの SMART 情報
を表示します。
SMART 情報
らします。
ファームウェアアップデート
本装置のファームウェアのアップデートを行います。
手順を間違えると装置が故障する可能性がありますの
で十分注意して実施してください。
1 本機で USB デバイスをフォーマットする。
2 パソコンでファームウェアアップデータ
を USB メモリーのルートフォルダーにコ
ピーする。
3 本機の USB1 コネクタに USB メモリー
を挿入する。
4「詳細な設定 -2」画面のファームウェアアッ
プデートを実行する。
下図は、ファームウェアバージョン 1.00 から 1.02
へアップデートするときの例です。
各項目の「現在値」
「最悪値」
「しきい値」を表示します。
01 リードエラーレート
02 スループットパフォーマンス
05 代替処理セクタ数
30
キャンセル : アップデートしません。
アップデート: アップデートを実行します。
設定
5 カーソルを「OK」に移動させ、エンター
ボタン (ENTER) を押すとアップデートが
始まり、下記画面が表示される。
ネットワーク ( オプション )
本機能はオプション機能になります。
ネットワークオプションを購入していない場合は、ご使
用になれません。必要な場合は購入店にご用命ください。
ooアップデートには数分かかります。
ooアップデート終了後、自動的に再起動します。起動
するまでお待ちください。
ooアップデート中は電源を切ったり、USB デバイスを
抜いたりしないでください。
その場合は、本機が故障する事がありますので十分
に注意してください
ooファームウェアアップデータは、購入店にお問い合わ
せください。
ooアップデート前には必要に応じて記録したデータを
バックアップしてください。アップデート後は以前
のファイルが再生できなくなる場合があります。ま
た、アップデート後は内蔵 HDD のフォーマットを
実 施 し て く だ さ い。(28 ペ ー ジ の「 記 録 デ バ イ ス
初期化」)
モード選択
本機のネットワークモードの設定を行います。
使用しない
: 指定した FTP サーバーに自動
でファイル転送を行います。*
CIFS クライアント : 指定した CIFS サーバーに自動
でファイル転送を行います。*
CIFS サーバー
: 本機が CIFS server となって
CIFS client からのファイル
読み出しを許可します。
読み出し専用となります。*
録画モード中は読み出しでき
ません。
USB Mass Storage: 本機の USB を mass storage
device として USB Host か
らのファイル読み出しを許可し
ます。
読み出し専用となります。
リアパネルの USB-4 端子に
接続してください。
録画モード中は読み出しでき
ません。
FTP クライアント
* 選択されると下位メニューの詳細設定画面が表示されます。(32
ページ )
選択された設定により下記詳細設定画面が表示されます。
入力は USB キーボードで行います。( リアパネルの
USB-3 に接続 )
注意
ooネットワークの設定・運用は当該ネットワーク管理
者と相談して行ってください。
不安定なネットワークでの運用は画像損失につなが
ります。
oo各モードの設定で PC や本機の IP アドレスを名前解
決する場合は、DNS サーバーなどが必要になります。
31
設定
FTP クライアントモード
CIFS クライアントモード
FTP サーバー:U SB キーボードを使用してサーバー名
を入力します。
ユーザー名 :U SB キーボードを使用してユーザー名
を入力します。
パスワード :U SB キーボードを使用してパスワード
を入力します。
ネットワークパス:U SB キーボードを使用してネット
ワークパス (Path) を入力します。
ユーザー名
:U SB キ ー ボ ー ド を 使 用 し て ユ ー
ザー名を入力します。
パスワード
:U SB キ ー ボ ー ド を 使 用 し て パ ス
ワードを入力します。
設定例
FTP サーバー:192.168.0.001
ユーザー名 :dvr
パスワード :abcde
設定例
ネットワークパス:192.168.0.101/dvr_mount
ユーザー名
:dvr
パスワード
:abcde
注意
複数のレコーダーで保存先を同一サーバー上の同じ場
所に設定すると、録画データが破損する可能性があり
ます。同じ場所に設定しないでください。
注意
複数のレコーダーで保存先を同一サーバー上の同じ場
所に設定すると、録画データが破損する可能性があり
ます。同じ場所に設定しないでください。
CIFS サーバーモード
機種名
:U SB キーボードを使用して機種名を入力
します。
ユーザー名:U SB キーボードを使用してユーザー名を
入力します。
パスワード:U SB キーボードを使用してパスワードを
入力します。
設定例
機種名
:video_recorder
ユーザー名:dvr
パスワード:abcde
32
設定
IP アドレス設定
本機のネットワークアドレスの設定を行います。
自動 (DHCP):DHCP サーバーを利用して自動でネット
ワーク設定を取得します。取得したネッ
トワークアドレスは、「現在の IP アドレ
ス」で確認できます。
手動
:下記ネットワークアドレスを入力します。
IP Address
: USB キーボードを使用して IP
アドレスを設定します。
Subnet Mask
: USB キーボードを使用してサ
ブネットマスクを設定します。
Default Gateway: USB キーボードを使用してデ
フォルトゲートウェイを設定し
ます。
DNS Server1
: USB キ ー ボ ー ド を 使 用 し て
DNS サーバー 1 を設定します。
DNS Server2
: USB キ ー ボ ー ド を 使 用 し て
DNS サーバー 2 を設定します。
WINS Server
: USB キ ー ボ ー ド を 使 用 し て
WINS サーバーを設定します。
注意
IP アドレス設定を変更した場合、再起動後に反映され
ます。
現在の IP アドレス
現在設定されている IP アドレスを表示します。
33
保守と保証
点検のすすめ
故障かなと思ったら
毎日の使用前に点検を行ってください。故障の早期発
見に役立ち、トラブルを未然に防ぎます。
つぎのような場合には修理をご依頼になる前に、もう
一度チェックしてください。
点検項目
電源が入らない
ee電源コードの接続を確認してください。 ( コンセン
トから抜けていないか、コンセントに正しく接続さ
れているか )
oo電源コードは正しく接続されていますか?
oo各種コネクタは正しく接続されていますか?
装置の機能保持、安全性の向上のために定期的に点検
を受けることをおすすめします。定期点検を含む各種
の保守点検・保守契約などについては、最寄りの弊社
営業所または弊社サービス部門にご相談ください。
本体のクリーニング
安全のため、電源プラグをコンセントから抜いて行っ
てください。
ooトップカバーやパネル面が汚れた場合は、薄めた中
性洗剤を少し含ませた柔らかい布で拭いたあと、固
く絞った布で水拭きしてください。化学ぞうきんや
ベンジン、シンナーなどで拭かないでください。表
面を傷める原因となります。
ooエアゾールクリーナは使わないで下さい。装置内部
に埃等が入る可能性があります。
ooゴムやビニール製品を長時間触れさせると、キャビ
ネットを痛めることがありますので避けてください。
34
電源は入るが画像が何も出ない
ee本体リアパネルのコネクタが抜けていないか、使用
しているケーブルが断線していないかを確認してく
ださい。
画像設定の入力選択が正しく設定されているか確認
してください。
仕様
保守と保証
保証について
oo本装置の保証期間は、購入日から 1 年間です。
一般仕様
録画メディア
内蔵. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2.5inch HDD
( データ領域 約 450GByte)
oo次のような場合には、保証期間中であっても有償修
理となりますのであらかじめご了承ください。
(1)誤使用による故障、又は損傷
(2)弊社、又は弊社の指定のサービスマン以外によ
る改造、及び修理による故障、又は損傷
外部メディア . . . . . . . . . . . . . . . . . . USB ドライブ
( フラッシュメモリーまたは HDD)
動作姿勢. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 水平
電源. . . . . . . AC 100V - 240V ±10% 50/60 Hz
0.62A - 0.35A
(3)納品後の落下、輸送などによる故障、又は損傷
(4)火災、地震、水害、落雷、その他天災地変によ
る故障、又は損傷
動作環境
(5)電源、設備環境条件などの、本製品の使用条件
を逸脱した外部要因による故障、又は損傷
湿度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 ~ 80% RH ( 非結露 )
(6)弊社、及び弊社指定の代理店以外から購入され
た場合の故障、又は損傷
気圧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 750 ~ 1040hPa
oo保証期間終了後のアフターサービスについては、有
償にてお受け致しますので最寄りの弊社営業所また
はティアック修理センターにご相談ください。
oo本装置を運用した結果、及びデータに基づく二次的
な損害につきましては、弊社は責任を負いかねます
のでご了承ください
温度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 ~ 40℃
最大湿球温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29℃
保存環境
温度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . − 20 ~ 60℃
湿度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 ~ 80% RH ( 非結露 )
最大湿球温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29℃
気圧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 600 ~ 1040hPa
輸送環境
温度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . − 30 ~ 60℃
oo本装置で録画されたデータの、誤操作や突発的な事
湿度. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5 ~ 90% RH ( 非結露 )
故などによる消去につきましては責任を負いかねま
すのでご了承ください
最大湿球温度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29℃
ooここに記載されております製品に関する情報、諸デー
外形寸法. . . . . . . . 210.5W x 88.5H x 235D (mm)
タは、あくまで一例を示すものであり、これらに関
します第三者の知的財産権、およびその他の権利に
対して、権利侵害がないことの保証をしめすもので
はございません。従いまして、上記第三者の知的財
産権の侵害の責任、又は、これらの製品の使用によ
り発生する責任につきましては、弊社はその責を負
いかねますのでご了承ください。
気圧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 600 ~ 1040hPa
( ゴム足含む、背面突起物を除く )
質量. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 約 2.6 kg
規格
安全規格. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . IEC60601-1
CSA60601-1
EN60601-1
EMC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . IEC60601-1-2
CSA60601-1-2
EN60601-1-2
FCC class B
認証. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . CSA NRTL/C
35
仕様
医療機器仕様
映像データ処理
電撃に対する保護の分類. . . . . . . . . . . . . クラス 1 機器
静止画圧縮方式. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . JPEG
水の有害な侵入に対する保護 . . . . . . . . . . . . . . . . 通常
動画圧縮方式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . H.264
空気・可燃性麻酔ガス又は酸素 / 亜酸化窒素・可燃性
麻酔ガスの中での使用の安全に対する分類
空気・可燃性麻酔ガス又は酸素 / 亜酸化窒素・可燃
性麻酔ガスの中での使用に適さない機器。
ファイル形式 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . mov
動作モード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 連続稼働機器
方式. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . LPCM
サンプリング周波数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48KHz
量子化ビット数. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16bit
映像 / 音声入力信号
アナログ (NTSC/PAL)
COMPOSITE. . . . . . . . . . . . . 1.0 Vp-p 75Ω 終端
S-VIDEO. . . . . . . . . 1.0 Vp-p 75Ω 終端 輝度信号
NTSC. . . . . . . . . 0.286 Vp-p 75Ω 終端 色信号
PAL. . . . . . . . . . . . 0.3 Vp-p 75Ω 終端 色信号
デジタル ( 高解像度映像 )
HD-SDI. . . . . . . . . . . . . . . . 1080p,1080i,720p
DVI-D. . . . . . . . . . 640 x 480 ~ 1920 x 1200
oo1920 x 1200 は 1728 x 1080 に縮小し記録
音声
AUDIO. . . . . . . . . . . . 3.5φ ステレオミニジャック
− 8dBs 10kΩ 以上 不平衡
SDI 映像入力端子と排他
MIC . . . . . . . . . . . . . . 3.5φ モノラルミニジャック
映像 / 音声出力信号
アナログ (NTSC/PAL)
COMPOSITE. . . . . . . . . . . . . 1.0 Vp-p 75Ω 終端
S-VIDEO. . . . . . . . . 1.0 Vp-p 75Ω 終端 輝度信号
NTSC. . . . . . . . . 0.286 Vp-p 75Ω 終端 色信号
PAL. . . . . . . . . . . . 0.3 Vp-p 75Ω 終端 色信号
デジタル ( 高解像度映像 )
HD-SDI. . . . . . . . . . . . . . . . 1080p,1080i,720p
DVI-D. . . . . . . . . . 640 x 480 ~ 1920 x 1200
音声
AUDIO. . . . . . . . . . . . 3.5φ ステレオミニジャック
− 8dBs 1kΩ 不平衡
SDI 映像出力端子と排他
36
音声データ処理
外部記録メディア
USB ドライブ . . . . . フラッシュメモリーまたは HDD
フォーマット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . FAT32
インターフェース
LAN. . . . . . . . RJ45 (100Base-TX/1000Base-T)
USB-A. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 記録用 x 2 (USB2.0)
文字入力用 x 1 (USB キーボード )
USB-B. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . パソコン接続用
REMOTE. . . . . . . . . . . . . . . 2.5 インチミニジャック
接点スイッチ . . . . . . . . . . . . 3.5 インチミニジャック
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
本製品に搭載されるソフトウェアには、ティアック株式
会社(以下「弊社」とします)が第三者より直接的に又
は間接的に使用の許諾を受けたソフトウェアが含まれ
ております。これらのソフトウェアに関する本お知ら
せを必ずご一読くださいますようお願い申しあげます。
GNU GPL/LGPL 適用ソフトウエアに関する
お知らせ
本製品には、以下の GNU General Public License( 以
下「GPL」とします ) または GNU Lesser General
Public License( 以下「LGPL」とします ) の適用を受
けるソフトウエアが含まれております。
お客様は添付の GPL/LGPL の条件に従いこれらのソ
フトウエアのソースコードの入手、改変、再配布の権
利があることをお知らせいたします。
GPL
パッケージリスト
linux-3.0.35
kernel-3.0.35-imx_4.0.0
u-boot-2009.08-imx_3.0.3
gst-plugins-base-0.10.35
gst-plugins-good-0.10.30
gst-plugins-ugly-0.10.11
gstreamer-core-0.10.35-1
imx-lib-3.0.35-4.0.0
imx-test-3.0.35-4.0.0
smartmontools-6.3
ソースコードの入手をご希望されるお客様は、以下の
URL にアクセスの上、登録フォームからご要求ください。
http://www.teac.co.jp/support/opensource/index.html
なお、ソースコードの内容等についてのご質問はお答
えできませんので、あらかじめご了承ください。
以下、GNU GENERAL PUBLIC LICENSE、GNU
LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE の原文を記
載します。
To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
anyone to deny you these rights or to ask you to surrender the rights.
These restrictions translate to certain responsibilities for you if you
distribute copies of the software, or if you modify it.
NOTE! This copyright does *not* cover user programs that use kernel
services by normal system calls - this is merely considered normal use
of the kernel, and does *not* fall under the heading of "derived work".
Also note that the GPL below is copyrighted by the Free Software
Foundation, but the instance of code that it refers to (the Linux
kernel) is copyrighted by me and others who actually wrote it.
For example, if you distribute copies of such a program, whether
gratis or for a fee, you must give the recipients all the rights that
you have. You must make sure that they, too, receive or can get the
source code. And you must show them these terms so they know their
rights.
Also note that the only valid version of the GPL as far as the kernel
is concerned is _this_ particular version of the license (ie v2, not
v2.2 or v3.x or whatever), unless explicitly otherwise stated.
We protect your rights with two steps: (1) copyright the software, and
(2) offer you this license which gives you legal permission to copy,
distribute and/or modify the software.
Also, for each author's protection and ours, we want to make certain
that everyone understands that there is no warranty for this free
software. If the software is modified by someone else and passed on, we
want its recipients to know that what they have is not the original, so
that any problems introduced by others will not reflect on the original
authors' reputations.
Linus Torvalds
---------------------------------------
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
Version 2, June 1991
Copyright (C) 1989, 1991 Free Software Foundation, Inc.
51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
of this license document, but changing it is not allowed.
Finally, any free program is threatened constantly by software
patents. We wish to avoid the danger that redistributors of a free
program will individually obtain patent licenses, in effect making the
program proprietary. To prevent this, we have made it clear that any
patent must be licensed for everyone's free use or not licensed at all.
Preamble
The licenses for most software are designed to take away your
freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public
License is intended to guarantee your freedom to share and change free
software--to make sure the software is free for all its users. This
General Public License applies to most of the Free Software
Foundation's software and to any other program whose authors commit to
using it. (Some other Free Software Foundation software is covered by
the GNU Library General Public License instead.) You can apply it to
your programs, too.
When we speak of free software, we are referring to freedom, not
price. Our General Public Licenses are designed to make sure that you
have the freedom to distribute copies of free software (and charge for
this service if you wish), that you receive source code or can get it
if you want it, that you can change the software or use pieces of it
in new free programs; and that you know you can do these things.
The precise terms and conditions for copying, distribution and
modification follow.
GNU GENERAL PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
0. This License applies to any program or other work which contains
a notice placed by the copyright holder saying it may be distributed
under the terms of this General Public License. The "Program", below,
refers to any such program or work, and a "work based on the Program"
means either the Program or any derivative work under copyright law:
that is to say, a work containing the Program or a portion of it,
either verbatim or with modifications and/or translated into another
language. (Hereinafter, translation is included without limitation in
the term "modification".) Each licensee is addressed as "you".
Activities other than copying, distribution and modification are not
covered by this License; they are outside its scope. The act of
running the Program is not restricted, and the output from the Program
is covered only if its contents constitute a work based on the
Program (independent of having been made by running the Program).
Whether that is true depends on what the Program does.
1. You may copy and distribute verbatim copies of the Program's
source code as you receive it, in any medium, provided that you
conspicuously and appropriately publish on each copy an appropriate
copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact all the
notices that refer to this License and to the absence of any warranty;
and give any other recipients of the Program a copy of this License
along with the Program.
You may charge a fee for the physical act of transferring a copy, and
you may at your option offer warranty protection in exchange for a fee.
2. You may modify your copy or copies of the Program or any portion
of it, thus forming a work based on the Program, and copy and
distribute such modifications or work under the terms of Section 1
above, provided that you also meet all of these conditions:
a) You must cause the modified files to carry prominent notices
stating that you changed the files and the date of any change.
b) You must cause any work that you distribute or publish, that in
whole or in part contains or is derived from the Program or any
part thereof, to be licensed as a whole at no charge to all third
parties under the terms of this License.
c) If the modified program normally reads commands interactively
when run, you must cause it, when started running for such
interactive use in the most ordinary way, to print or display an
announcement including an appropriate copyright notice and a
notice that there is no warranty (or else, saying that you provide
a warranty) and that users may redistribute the program under
these conditions, and telling the user how to view a copy of this
License. (Exception: if the Program itself is interactive but
does not normally print such an announcement, your work based on
the Program is not required to print an announcement.)
These requirements apply to the modified work as a whole. If
identifiable sections of that work are not derived from the Program,
and can be reasonably considered independent and separate works in
themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
sections when you distribute them as separate works. But when you
37
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
distribute the same sections as part of a whole which is a work based
on the Program, the distribution of the whole must be on the terms of
this License, whose permissions for other licensees extend to the
entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote it.
Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
exercise the right to control the distribution of derivative or
collective works based on the Program.
In addition, mere aggregation of another work not based on the Program
with the Program (or with a work based on the Program) on a volume of
a storage or distribution medium does not bring the other work under
the scope of this License.
3. You may copy and distribute the Program (or a work based on it,
under Section 2) in object code or executable form under the terms of
Sections 1 and 2 above provided that you also do one of the following:
a) Accompany it with the complete corresponding machine-readable
source code, which must be distributed under the terms of Sections
1 and 2 above on a medium customarily used for software interchange; or,
b) Accompany it with a written offer, valid for at least three
years, to give any third party, for a charge no more than your
cost of physically performing source distribution, a complete
machine-readable copy of the corresponding source code, to be
distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a medium
customarily used for software interchange; or,
c) Accompany it with the information you received as to the offer
to distribute corresponding source code. (This alternative is
allowed only for noncommercial distribution and only if you
received the program in object code or executable form with such
an offer, in accord with Subsection b above.)
The source code for a work means the preferred form of the work for
making modifications to it. For an executable work, complete source
code means all the source code for all modules it contains, plus any
associated interface definition files, plus the scripts used to
control compilation and installation of the executable. However, as a
special exception, the source code distributed need not include
anything that is normally distributed (in either source or binary
form) with the major components (compiler, kernel, and so on) of the
operating system on which the executable runs, unless that component
itself accompanies the executable.
If distribution of executable or object code is made by offering
access to copy from a designated place, then offering equivalent
access to copy the source code from the same place counts as
distribution of the source code, even though third parties are not
compelled to copy the source along with the object code.
4. You may not copy, modify, sublicense, or distribute the Program
except as expressly provided under this License. Any attempt
otherwise to copy, modify, sublicense or distribute the Program is
void, and will automatically terminate your rights under this License.
However, parties who have received copies, or rights, from you under
this License will not have their licenses terminated so long as such
parties remain in full compliance.
5. You are not required to accept this License, since you have not
signed it. However, nothing else grants you permission to modify or
distribute the Program or its derivative works. These actions are
prohibited by law if you do not accept this License. Therefore, by
modifying or distributing the Program (or any work based on the
Program), you indicate your acceptance of this License to do so, and
all its terms and conditions for copying, distributing or modifying
the Program or works based on it.
6. Each time you redistribute the Program (or any work based on the
Program), the recipient automatically receives a license from the
original licensor to copy, distribute or modify the Program subject to
these terms and conditions. You may not impose any further
restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein.
You are not responsible for enforcing compliance by third parties to
this License.
7. If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent
infringement or for any other reason (not limited to patent issues),
conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or
otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not
38
excuse you from the conditions of this License. If you cannot
distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this
License and any other pertinent obligations, then as a consequence you
may not distribute the Program at all. For example, if a patent
license would not permit royalty-free redistribution of the Program by
all those who receive copies directly or indirectly through you, then
the only way you could satisfy both it and this License would be to
refrain entirely from distribution of the Program.
If any portion of this section is held invalid or unenforceable under
any particular circumstance, the balance of the section is intended to
apply and the section as a whole is intended to apply in other
circumstances.
It is not the purpose of this section to induce you to infringe any
patents or other property right claims or to contest validity of any
such claims; this section has the sole purpose of protecting the
integrity of the free software distribution system, which is
implemented by public license practices. Many people have made
generous contributions to the wide range of software distributed
through that system in reliance on consistent application of that
system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing
to distribute software through any other system and a licensee cannot
impose that choice.
This section is intended to make thoroughly clear what is believed to
be a consequence of the rest of this License.
8. If the distribution and/or use of the Program is restricted in
certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the
original copyright holder who places the Program under this License
may add an explicit geographical distribution limitation excluding
those countries, so that distribution is permitted only in or among
countries not thus excluded. In such case, this License incorporates
the limitation as if written in the body of this License.
9. The Free Software Foundation may publish revised and/or new versions
of the General Public License from time to time. Such new versions will
be similar in spirit to the present version, but may differ in detail to
address new problems or concerns.
Each version is given a distinguishing version number. If the Program
specifies a version number of this License which applies to it and "any
later version", you have the option of following the terms and conditions
either of that version or of any later version published by the Free
Software Foundation. If the Program does not specify a version number of
this License, you may choose any version ever published by the Free Software
Foundation.
10. If you wish to incorporate parts of the Program into other free
programs whose distribution conditions are different, write to the author
to ask for permission. For software which is copyrighted by the Free
Software Foundation, write to the Free Software Foundation; we sometimes
make exceptions for this. Our decision will be guided by the two goals
of preserving the free status of all derivatives of our free software and
of promoting the sharing and reuse of software generally.
NO WARRANTY
11. BECAUSE THE PROGRAM IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO WARRANTY
FOR THE PROGRAM, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW. EXCEPT WHEN
OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR OTHER PARTIES
PROVIDE THE PROGRAM "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY KIND, EITHER EXPRESSED
OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE IMPLIED WARRANTIES OF
MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. THE ENTIRE RISK AS
TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE PROGRAM IS WITH YOU. SHOULD THE
PROGRAM PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING,
REPAIR OR CORRECTION.
12. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN WRITING
WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY AND/OR
REDISTRIBUTE THE PROGRAM AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU FOR DAMAGES,
INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING
OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE PROGRAM (INCLUDING BUT NOT LIMITED
TO LOSS OF DATA OR DATA BEING RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY
YOU OR THIRD PARTIES OR A FAILURE OF THE PROGRAM TO OPERATE WITH ANY OTHER
PROGRAMS), EVEN IF SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE
POSSIBILITY OF SUCH DAMAGES.
END OF TERMS AND CONDITIONS
How to Apply These Terms to Your New Programs
If you develop a new program, and you want it to be of the greatest
possible use to the public, the best way to achieve this is to make it
free software which everyone can redistribute and change under these terms.
To do so, attach the following notices to the program. It is safest
to attach them to the start of each source file to most effectively
convey the exclusion of warranty; and each file should have at least
the "copyright" line and a pointer to where the full notice is found.
<one line to give the program's name and a brief idea of what it does.>
Copyright (C) <year> <name of author>
This program is free software; you can redistribute it and/or modify
it under the terms of the GNU General Public License as published by
the Free Software Foundation; either version 2 of the License, or
(at your option) any later version.
This program is distributed in the hope that it will be useful,
but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
GNU General Public License for more details.
You should have received a copy of the GNU General Public License
along with this program; if not, write to the Free Software
Foundation, Inc., 51 Franklin St, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.
If the program is interactive, make it output a short notice like this
when it starts in an interactive mode:
Gnomovision version 69, Copyright (C) year name of author
Gnomovision comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY; for details type `show w'.
This is free software, and you are welcome to redistribute it
under certain conditions; type `show c' for details.
The hypothetical commands `show w' and `show c' should show the appropriate
parts of the General Public License. Of course, the commands you use may
be called something other than `show w' and `show c'; they could even be
mouse-clicks or menu items--whatever suits your program.
You should also get your employer (if you work as a programmer) or your
school, if any, to sign a "copyright disclaimer" for the program, if
necessary. Here is a sample; alter the names:
Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright interest in the program
`Gnomovision' (which makes passes at compilers) written by James Hacker.
<signature of Ty Coon>, 1 April 1989
Ty Coon, President of Vice
This General Public License does not permit incorporating your program into
proprietary programs. If your program is a subroutine library, you may
consider it more useful to permit linking proprietary applications with the
library. If this is what you want to do, use the GNU Library General
Public License instead of this License.
LGPL Version 2
GNU LIBRARY GENERAL PUBLIC LICENSE
Version 2, June 1991
Copyright (C) 1991 Free Software Foundation, Inc.
51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
of this license document, but changing it is not allowed.
[This is the first released version of the library GPL. It is
numbered 2 because it goes with version 2 of the ordinary GPL.]
Preamble
The licenses for most software are designed to take away your
freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public
Licenses are intended to guarantee your freedom to share and change
free software--to make sure the software is free for all its users.
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
This license, the Library General Public License, applies to some
specially designated Free Software Foundation software, and to any
other libraries whose authors decide to use it. You can use it for
your libraries, too.
When we speak of free software, we are referring to freedom, not
price. Our General Public Licenses are designed to make sure that you
have the freedom to distribute copies of free software (and charge for
this service if you wish), that you receive source code or can get it
if you want it, that you can change the software or use pieces of it
in new free programs; and that you know you can do these things.
To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
anyone to deny you these rights or to ask you to surrender the rights.
These restrictions translate to certain responsibilities for you if
you distribute copies of the library, or if you modify it.
For example, if you distribute copies of the library, whether gratis
or for a fee, you must give the recipients all the rights that we gave
you. You must make sure that they, too, receive or can get the source
code. If you link a program with the library, you must provide
complete object files to the recipients so that they can relink them
with the library, after making changes to the library and recompiling
it. And you must show them these terms so they know their rights.
Our method of protecting your rights has two steps: (1) copyright
the library, and (2) offer you this license which gives you legal
permission to copy, distribute and/or modify the library.
Also, for each distributor's protection, we want to make certain
that everyone understands that there is no warranty for this free
library. If the library is modified by someone else and passed on, we
want its recipients to know that what they have is not the original
version, so that any problems introduced by others will not reflect on
the original authors' reputations.
Finally, any free program is threatened constantly by software
patents. We wish to avoid the danger that companies distributing free
software will individually obtain patent licenses, thus in effect
transforming the program into proprietary software. To prevent this,
we have made it clear that any patent must be licensed for everyone's
free use or not licensed at all.
Most GNU software, including some libraries, is covered by the ordinary
GNU General Public License, which was designed for utility programs. This
license, the GNU Library General Public License, applies to certain
designated libraries. This license is quite different from the ordinary
one; be sure to read it in full, and don't assume that anything in it is
the same as in the ordinary license.
The reason we have a separate public license for some libraries is that
they blur the distinction we usually make between modifying or adding to a
program and simply using it. Linking a program with a library, without
changing the library, is in some sense simply using the library, and is
analogous to running a utility program or application program. However, in
a textual and legal sense, the linked executable is a combined work, a
derivative of the original library, and the ordinary General Public License
treats it as such.
Because of this blurred distinction, using the ordinary General
Public License for libraries did not effectively promote software
sharing, because most developers did not use the libraries. We
concluded that weaker conditions might promote sharing better.
However, unrestricted linking of non-free programs would deprive the
users of those programs of all benefit from the free status of the
libraries themselves. This Library General Public License is intended to
permit developers of non-free programs to use free libraries, while
preserving your freedom as a user of such programs to change the free
libraries that are incorporated in them. (We have not seen how to achieve
this as regards changes in header files, but we have achieved it as regards
changes in the actual functions of the Library.) The hope is that this
will lead to faster development of free libraries.
The precise terms and conditions for copying, distribution and
modification follow. Pay close attention to the difference between a
"work based on the library" and a "work that uses the library". The
former contains code derived from the library, while the latter only
works together with the library.
Note that it is possible for a library to be covered by the ordinary
General Public License rather than by this special one.
GNU LIBRARY GENERAL PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
0. This License Agreement applies to any software library which
contains a notice placed by the copyright holder or other authorized
party saying it may be distributed under the terms of this Library
General Public License (also called "this License"). Each licensee is
addressed as "you".
A "library" means a collection of software functions and/or data
prepared so as to be conveniently linked with application programs
(which use some of those functions and data) to form executables.
The "Library", below, refers to any such software library or work
which has been distributed under these terms. A "work based on the
Library" means either the Library or any derivative work under
copyright law: that is to say, a work containing the Library or a
portion of it, either verbatim or with modifications and/or translated
straightforwardly into another language. (Hereinafter, translation is
included without limitation in the term "modification".)
"Source code" for a work means the preferred form of the work for
making modifications to it. For a library, complete source code means
all the source code for all modules it contains, plus any associated
interface definition files, plus the scripts used to control compilation
and installation of the library.
Activities other than copying, distribution and modification are not
covered by this License; they are outside its scope. The act of
running a program using the Library is not restricted, and output from
such a program is covered only if its contents constitute a work based
on the Library (independent of the use of the Library in a tool for
writing it). Whether that is true depends on what the Library does
and what the program that uses the Library does.
1. You may copy and distribute verbatim copies of the Library's
complete source code as you receive it, in any medium, provided that
you conspicuously and appropriately publish on each copy an
appropriate copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact
all the notices that refer to this License and to the absence of any
warranty; and distribute a copy of this License along with the
Library.
You may charge a fee for the physical act of transferring a copy,
and you may at your option offer warranty protection in exchange for a
fee.
2. You may modify your copy or copies of the Library or any portion
of it, thus forming a work based on the Library, and copy and
distribute such modifications or work under the terms of Section 1
above, provided that you also meet all of these conditions:
a) The modified work must itself be a software library.
b) You must cause the files modified to carry prominent notices
stating that you changed the files and the date of any change.
c) You must cause the whole of the work to be licensed at no
charge to all third parties under the terms of this License.
d) If a facility in the modified Library refers to a function or a
table of data to be supplied by an application program that uses
the facility, other than as an argument passed when the facility
is invoked, then you must make a good faith effort to ensure that,
in the event an application does not supply such function or
table, the facility still operates, and performs whatever part of
its purpose remains meaningful.
(For example, a function in a library to compute square roots has
a purpose that is entirely well-defined independent of the
application. Therefore, Subsection 2d requires that any
application-supplied function or table used by this function must
be optional: if the application does not supply it, the square
root function must still compute square roots.)
These requirements apply to the modified work as a whole. If
identifiable sections of that work are not derived from the Library,
and can be reasonably considered independent and separate works in
themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
sections when you distribute them as separate works. But when you
distribute the same sections as part of a whole which is a work based
on the Library, the distribution of the whole must be on the terms of
this License, whose permissions for other licensees extend to the
entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote
it.
Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
exercise the right to control the distribution of derivative or
collective works based on the Library.
In addition, mere aggregation of another work not based on the Library
with the Library (or with a work based on the Library) on a volume of
a storage or distribution medium does not bring the other work under
the scope of this License.
3. You may opt to apply the terms of the ordinary GNU General Public
License instead of this License to a given copy of the Library. To do
this, you must alter all the notices that refer to this License, so
that they refer to the ordinary GNU General Public License, version 2,
instead of to this License. (If a newer version than version 2 of the
ordinary GNU General Public License has appeared, then you can specify
that version instead if you wish.) Do not make any other change in
these notices.
Once this change is made in a given copy, it is irreversible for
that copy, so the ordinary GNU General Public License applies to all
subsequent copies and derivative works made from that copy.
This option is useful when you wish to copy part of the code of
the Library into a program that is not a library.
4. You may copy and distribute the Library (or a portion or
derivative of it, under Section 2) in object code or executable form
under the terms of Sections 1 and 2 above provided that you accompany
it with the complete corresponding machine-readable source code, which
must be distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a
medium customarily used for software interchange.
If distribution of object code is made by offering access to copy
from a designated place, then offering equivalent access to copy the
source code from the same place satisfies the requirement to
distribute the source code, even though third parties are not
compelled to copy the source along with the object code.
5. A program that contains no derivative of any portion of the
Library, but is designed to work with the Library by being compiled or
linked with it, is called a "work that uses the Library". Such a
work, in isolation, is not a derivative work of the Library, and
therefore falls outside the scope of this License.
However, linking a "work that uses the Library" with the Library
creates an executable that is a derivative of the Library (because it
contains portions of the Library), rather than a "work that uses the
library". The executable is therefore covered by this License.
Section 6 states terms for distribution of such executables.
When a "work that uses the Library" uses material from a header file
that is part of the Library, the object code for the work may be a
derivative work of the Library even though the source code is not.
Whether this is true is especially significant if the work can be
linked without the Library, or if the work is itself a library. The
threshold for this to be true is not precisely defined by law.
If such an object file uses only numerical parameters, data
structure layouts and accessors, and small macros and small inline
functions (ten lines or less in length), then the use of the object
file is unrestricted, regardless of whether it is legally a derivative
work. (Executables containing this object code plus portions of the
Library will still fall under Section 6.)
Otherwise, if the work is a derivative of the Library, you may
distribute the object code for the work under the terms of Section 6.
Any executables containing that work also fall under Section 6,
whether or not they are linked directly with the Library itself.
6. As an exception to the Sections above, you may also compile or
link a "work that uses the Library" with the Library to produce a
work containing portions of the Library, and distribute that work
under terms of your choice, provided that the terms permit
modification of the work for the customer's own use and reverse
engineering for debugging such modifications.
39
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
You must give prominent notice with each copy of the work that the
Library is used in it and that the Library and its use are covered by
this License. You must supply a copy of this License. If the work
during execution displays copyright notices, you must include the
copyright notice for the Library among them, as well as a reference
directing the user to the copy of this License. Also, you must do one
of these things:
a) Accompany the work with the complete corresponding
machine-readable source code for the Library including whatever
changes were used in the work (which must be distributed under
Sections 1 and 2 above); and, if the work is an executable linked
with the Library, with the complete machine-readable "work that
uses the Library", as object code and/or source code, so that the
user can modify the Library and then relink to produce a modified
executable containing the modified Library. (It is understood
that the user who changes the contents of definitions files in the
Library will not necessarily be able to recompile the application
to use the modified definitions.)
b) Accompany the work with a written offer, valid for at
least three years, to give the same user the materials
specified in Subsection 6a, above, for a charge no more
than the cost of performing this distribution.
c) If distribution of the work is made by offering access to copy
from a designated place, offer equivalent access to copy the above
specified materials from the same place.
d) Verify that the user has already received a copy of these
materials or that you have already sent this user a copy.
For an executable, the required form of the "work that uses the
Library" must include any data and utility programs needed for
reproducing the executable from it. However, as a special exception,
the source code distributed need not include anything that is normally
distributed (in either source or binary form) with the major
components (compiler, kernel, and so on) of the operating system on
which the executable runs, unless that component itself accompanies
the executable.
It may happen that this requirement contradicts the license
restrictions of other proprietary libraries that do not normally
accompany the operating system. Such a contradiction means you cannot
use both them and the Library together in an executable that you
distribute.
7. You may place library facilities that are a work based on the
Library side-by-side in a single library together with other library
facilities not covered by this License, and distribute such a combined
library, provided that the separate distribution of the work based on
the Library and of the other library facilities is otherwise
permitted, and provided that you do these two things:
a) Accompany the combined library with a copy of the same work
based on the Library, uncombined with any other library
facilities. This must be distributed under the terms of the
Sections above.
b) Give prominent notice with the combined library of the fact
that part of it is a work based on the Library, and explaining
where to find the accompanying uncombined form of the same work.
8. You may not copy, modify, sublicense, link with, or distribute
the Library except as expressly provided under this License. Any
attempt otherwise to copy, modify, sublicense, link with, or
distribute the Library is void, and will automatically terminate your
rights under this License. However, parties who have received copies,
or rights, from you under this License will not have their licenses
terminated so long as such parties remain in full compliance.
9. You are not required to accept this License, since you have not
signed it. However, nothing else grants you permission to modify or
distribute the Library or its derivative works. These actions are
prohibited by law if you do not accept this License. Therefore, by
modifying or distributing the Library (or any work based on the
Library), you indicate your acceptance of this License to do so, and
all its terms and conditions for copying, distributing or modifying
the Library or works based on it.
10. Each time you redistribute the Library (or any work based on the
Library), the recipient automatically receives a license from the
40
original licensor to copy, distribute, link with or modify the Library
subject to these terms and conditions. You may not impose any further
restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein.
You are not responsible for enforcing compliance by third parties to
this License.
11. If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent
infringement or for any other reason (not limited to patent issues),
conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or
otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not
excuse you from the conditions of this License. If you cannot
distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this
License and any other pertinent obligations, then as a consequence you
may not distribute the Library at all. For example, if a patent
license would not permit royalty-free redistribution of the Library by
all those who receive copies directly or indirectly through you, then
the only way you could satisfy both it and this License would be to
refrain entirely from distribution of the Library.
If any portion of this section is held invalid or unenforceable under any
particular circumstance, the balance of the section is intended to apply,
and the section as a whole is intended to apply in other circumstances.
It is not the purpose of this section to induce you to infringe any
patents or other property right claims or to contest validity of any
such claims; this section has the sole purpose of protecting the
integrity of the free software distribution system which is
implemented by public license practices. Many people have made
generous contributions to the wide range of software distributed
through that system in reliance on consistent application of that
system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing
to distribute software through any other system and a licensee cannot
impose that choice.
This section is intended to make thoroughly clear what is believed to
be a consequence of the rest of this License.
12. If the distribution and/or use of the Library is restricted in
certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the
original copyright holder who places the Library under this License may add
an explicit geographical distribution limitation excluding those countries,
so that distribution is permitted only in or among countries not thus
excluded. In such case, this License incorporates the limitation as if
written in the body of this License.
13. The Free Software Foundation may publish revised and/or new
versions of the Library General Public License from time to time.
Such new versions will be similar in spirit to the present version,
but may differ in detail to address new problems or concerns.
Each version is given a distinguishing version number. If the Library
specifies a version number of this License which applies to it and
"any later version", you have the option of following the terms and
conditions either of that version or of any later version published by
the Free Software Foundation. If the Library does not specify a
license version number, you may choose any version ever published by
the Free Software Foundation.
14. If you wish to incorporate parts of the Library into other free
programs whose distribution conditions are incompatible with these,
write to the author to ask for permission. For software which is
copyrighted by the Free Software Foundation, write to the Free
Software Foundation; we sometimes make exceptions for this. Our
decision will be guided by the two goals of preserving the free status
of all derivatives of our free software and of promoting the sharing
and reuse of software generally.
NO WARRANTY
15. BECAUSE THE LIBRARY IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO
WARRANTY FOR THE LIBRARY, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW.
EXCEPT WHEN OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR
OTHER PARTIES PROVIDE THE LIBRARY "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY
KIND, EITHER EXPRESSED OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR
PURPOSE. THE ENTIRE RISK AS TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE
LIBRARY IS WITH YOU. SHOULD THE LIBRARY PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME
THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING, REPAIR OR CORRECTION.
16. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN
WRITING WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY
AND/OR REDISTRIBUTE THE LIBRARY AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU
FOR DAMAGES, INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR
CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE
LIBRARY (INCLUDING BUT NOT LIMITED TO LOSS OF DATA OR DATA BEING
RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY YOU OR THIRD PARTIES OR A
FAILURE OF THE LIBRARY TO OPERATE WITH ANY OTHER SOFTWARE), EVEN IF
SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH
DAMAGES.
END OF TERMS AND CONDITIONS
How to Apply These Terms to Your New Libraries
If you develop a new library, and you want it to be of the greatest
possible use to the public, we recommend making it free software that
everyone can redistribute and change. You can do so by permitting
redistribution under these terms (or, alternatively, under the terms of the
ordinary General Public License).
To apply these terms, attach the following notices to the library. It is
safest to attach them to the start of each source file to most effectively
convey the exclusion of warranty; and each file should have at least the
"copyright" line and a pointer to where the full notice is found.
<one line to give the library's name and a brief idea of what it does.>
Copyright (C) <year> <name of author>
This library is free software; you can redistribute it and/or
modify it under the terms of the GNU Library General Public
License as published by the Free Software Foundation; either
version 2 of the License, or (at your option) any later version.
This library is distributed in the hope that it will be useful,
but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
Library General Public License for more details.
You should have received a copy of the GNU Library General Public
License along with this library; if not, write to the Free Software
Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.
You should also get your employer (if you work as a programmer) or your
school, if any, to sign a "copyright disclaimer" for the library, if
necessary. Here is a sample; alter the names:
Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright interest in the
library `Frob' (a library for tweaking knobs) written by James Random Hacker.
<signature of Ty Coon>, 1 April 1990
Ty Coon, President of Vice
That's all there is to it!
LGPL Version 2.1
GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE
Version 2.1, February 1999
Copyright (C) 1991, 1999 Free Software Foundation, Inc.
51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Everyone is permitted to copy and distribute verbatim copies
of this license document, but changing it is not allowed.
[This is the first released version of the Lesser GPL. It also counts
as the successor of the GNU Library Public License, version 2, hence
the version number 2.1.]
Preamble
The licenses for most software are designed to take away your
freedom to share and change it. By contrast, the GNU General Public
Licenses are intended to guarantee your freedom to share and change
free software--to make sure the software is free for all its users.
This license, the Lesser General Public License, applies to some
specially designated software packages--typically libraries--of the
Free Software Foundation and other authors who decide to use it. You
can use it too, but we suggest you first think carefully about whether
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
this license or the ordinary General Public License is the better
strategy to use in any particular case, based on the explanations below.
linked with the Library has the freedom and the wherewithal to run
that program using a modified version of the Library.
When we speak of free software, we are referring to freedom of use,
not price. Our General Public Licenses are designed to make sure that
you have the freedom to distribute copies of free software (and charge
for this service if you wish); that you receive source code or can get
it if you want it; that you can change the software and use pieces of
it in new free programs; and that you are informed that you can do
these things.
The precise terms and conditions for copying, distribution and
modification follow. Pay close attention to the difference between a
"work based on the library" and a "work that uses the library". The
former contains code derived from the library, whereas the latter must
be combined with the library in order to run.
To protect your rights, we need to make restrictions that forbid
distributors to deny you these rights or to ask you to surrender these
rights. These restrictions translate to certain responsibilities for
you if you distribute copies of the library or if you modify it.
For example, if you distribute copies of the library, whether gratis
or for a fee, you must give the recipients all the rights that we gave
you. You must make sure that they, too, receive or can get the source
code. If you link other code with the library, you must provide
complete object files to the recipients, so that they can relink them
with the library after making changes to the library and recompiling
it. And you must show them these terms so they know their rights.
We protect your rights with a two-step method: (1) we copyright the
library, and (2) we offer you this license, which gives you legal
permission to copy, distribute and/or modify the library.
To protect each distributor, we want to make it very clear that
there is no warranty for the free library. Also, if the library is
modified by someone else and passed on, the recipients should know
that what they have is not the original version, so that the original
author's reputation will not be affected by problems that might be
introduced by others.
Finally, software patents pose a constant threat to the existence of
any free program. We wish to make sure that a company cannot
effectively restrict the users of a free program by obtaining a
restrictive license from a patent holder. Therefore, we insist that
any patent license obtained for a version of the library must be
consistent with the full freedom of use specified in this license.
Most GNU software, including some libraries, is covered by the
ordinary GNU General Public License. This license, the GNU Lesser
General Public License, applies to certain designated libraries, and
is quite different from the ordinary General Public License. We use
this license for certain libraries in order to permit linking those
libraries into non-free programs.
When a program is linked with a library, whether statically or using
a shared library, the combination of the two is legally speaking a
combined work, a derivative of the original library. The ordinary
General Public License therefore permits such linking only if the
entire combination fits its criteria of freedom. The Lesser General
Public License permits more lax criteria for linking other code with
the library.
We call this license the "Lesser" General Public License because it
does Less to protect the user's freedom than the ordinary General
Public License. It also provides other free software developers Less
of an advantage over competing non-free programs. These disadvantages
are the reason we use the ordinary General Public License for many
libraries. However, the Lesser license provides advantages in certain
special circumstances.
For example, on rare occasions, there may be a special need to
encourage the widest possible use of a certain library, so that it becomes
a de-facto standard. To achieve this, non-free programs must be
allowed to use the library. A more frequent case is that a free
library does the same job as widely used non-free libraries. In this
case, there is little to gain by limiting the free library to free
software only, so we use the Lesser General Public License.
In other cases, permission to use a particular library in non-free
programs enables a greater number of people to use a large body of
free software. For example, permission to use the GNU C Library in
non-free programs enables many more people to use the whole GNU
operating system, as well as its variant, the GNU/Linux operating
system.
Although the Lesser General Public License is Less protective of the
users' freedom, it does ensure that the user of a program that is
GNU LESSER GENERAL PUBLIC LICENSE
TERMS AND CONDITIONS FOR COPYING, DISTRIBUTION AND MODIFICATION
0. This License Agreement applies to any software library or other
program which contains a notice placed by the copyright holder or
other authorized party saying it may be distributed under the terms of
this Lesser General Public License (also called "this License").
Each licensee is addressed as "you".
A "library" means a collection of software functions and/or data
prepared so as to be conveniently linked with application programs
(which use some of those functions and data) to form executables.
The "Library", below, refers to any such software library or work
which has been distributed under these terms. A "work based on the
Library" means either the Library or any derivative work under
copyright law: that is to say, a work containing the Library or a
portion of it, either verbatim or with modifications and/or translated
straightforwardly into another language. (Hereinafter, translation is
included without limitation in the term "modification".)
"Source code" for a work means the preferred form of the work for
making modifications to it. For a library, complete source code means
all the source code for all modules it contains, plus any associated
interface definition files, plus the scripts used to control compilation
and installation of the library.
Activities other than copying, distribution and modification are not
covered by this License; they are outside its scope. The act of
running a program using the Library is not restricted, and output from
such a program is covered only if its contents constitute a work based
on the Library (independent of the use of the Library in a tool for
writing it). Whether that is true depends on what the Library does
and what the program that uses the Library does.
1. You may copy and distribute verbatim copies of the Library's
complete source code as you receive it, in any medium, provided that
you conspicuously and appropriately publish on each copy an
appropriate copyright notice and disclaimer of warranty; keep intact
all the notices that refer to this License and to the absence of any
warranty; and distribute a copy of this License along with the
Library.
You may charge a fee for the physical act of transferring a copy,
and you may at your option offer warranty protection in exchange for a
fee.
2. You may modify your copy or copies of the Library or any portion
of it, thus forming a work based on the Library, and copy and
distribute such modifications or work under the terms of Section 1
above, provided that you also meet all of these conditions:
a) The modified work must itself be a software library.
b) You must cause the files modified to carry prominent notices
stating that you changed the files and the date of any change.
c) You must cause the whole of the work to be licensed at no
charge to all third parties under the terms of this License.
d) If a facility in the modified Library refers to a function or a
table of data to be supplied by an application program that uses
the facility, other than as an argument passed when the facility
is invoked, then you must make a good faith effort to ensure that,
in the event an application does not supply such function or
table, the facility still operates, and performs whatever part of
its purpose remains meaningful.
(For example, a function in a library to compute square roots has
a purpose that is entirely well-defined independent of the
application. Therefore, Subsection 2d requires that any
application-supplied function or table used by this function must
be optional: if the application does not supply it, the square
root function must still compute square roots.)
These requirements apply to the modified work as a whole. If
identifiable sections of that work are not derived from the Library,
and can be reasonably considered independent and separate works in
themselves, then this License, and its terms, do not apply to those
sections when you distribute them as separate works. But when you
distribute the same sections as part of a whole which is a work based
on the Library, the distribution of the whole must be on the terms of
this License, whose permissions for other licensees extend to the
entire whole, and thus to each and every part regardless of who wrote
it.
Thus, it is not the intent of this section to claim rights or contest
your rights to work written entirely by you; rather, the intent is to
exercise the right to control the distribution of derivative or
collective works based on the Library.
In addition, mere aggregation of another work not based on the Library
with the Library (or with a work based on the Library) on a volume of
a storage or distribution medium does not bring the other work under
the scope of this License.
3. You may opt to apply the terms of the ordinary GNU General Public
License instead of this License to a given copy of the Library. To do
this, you must alter all the notices that refer to this License, so
that they refer to the ordinary GNU General Public License, version 2,
instead of to this License. (If a newer version than version 2 of the
ordinary GNU General Public License has appeared, then you can specify
that version instead if you wish.) Do not make any other change in
these notices.
Once this change is made in a given copy, it is irreversible for
that copy, so the ordinary GNU General Public License applies to all
subsequent copies and derivative works made from that copy.
This option is useful when you wish to copy part of the code of
the Library into a program that is not a library.
4. You may copy and distribute the Library (or a portion or
derivative of it, under Section 2) in object code or executable form
under the terms of Sections 1 and 2 above provided that you accompany
it with the complete corresponding machine-readable source code, which
must be distributed under the terms of Sections 1 and 2 above on a
medium customarily used for software interchange.
If distribution of object code is made by offering access to copy
from a designated place, then offering equivalent access to copy the
source code from the same place satisfies the requirement to
distribute the source code, even though third parties are not
compelled to copy the source along with the object code.
5. A program that contains no derivative of any portion of the
Library, but is designed to work with the Library by being compiled or
linked with it, is called a "work that uses the Library". Such a
work, in isolation, is not a derivative work of the Library, and
therefore falls outside the scope of this License.
However, linking a "work that uses the Library" with the Library
creates an executable that is a derivative of the Library (because it
contains portions of the Library), rather than a "work that uses the
library". The executable is therefore covered by this License.
Section 6 states terms for distribution of such executables.
When a "work that uses the Library" uses material from a header file
that is part of the Library, the object code for the work may be a
derivative work of the Library even though the source code is not.
Whether this is true is especially significant if the work can be
linked without the Library, or if the work is itself a library. The
threshold for this to be true is not precisely defined by law.
If such an object file uses only numerical parameters, data
structure layouts and accessors, and small macros and small inline
functions (ten lines or less in length), then the use of the object
file is unrestricted, regardless of whether it is legally a derivative
work. (Executables containing this object code plus portions of the
Library will still fall under Section 6.)
Otherwise, if the work is a derivative of the Library, you may
distribute the object code for the work under the terms of Section 6.
Any executables containing that work also fall under Section 6,
whether or not they are linked directly with the Library itself.
41
ソフトウェアに関する重要なお知らせ
6. As an exception to the Sections above, you may also combine or
link a "work that uses the Library" with the Library to produce a
work containing portions of the Library, and distribute that work
under terms of your choice, provided that the terms permit
modification of the work for the customer's own use and reverse
engineering for debugging such modifications.
You must give prominent notice with each copy of the work that the
Library is used in it and that the Library and its use are covered by
this License. You must supply a copy of this License. If the work
during execution displays copyright notices, you must include the
copyright notice for the Library among them, as well as a reference
directing the user to the copy of this License. Also, you must do one
of these things:
a) Accompany the work with the complete corresponding
machine-readable source code for the Library including whatever
changes were used in the work (which must be distributed under
Sections 1 and 2 above); and, if the work is an executable linked
with the Library, with the complete machine-readable "work that
uses the Library", as object code and/or source code, so that the
user can modify the Library and then relink to produce a modified
executable containing the modified Library. (It is understood
that the user who changes the contents of definitions files in the
Library will not necessarily be able to recompile the application
to use the modified definitions.)
b) Use a suitable shared library mechanism for linking with the
Library. A suitable mechanism is one that (1) uses at run time a
copy of the library already present on the user's computer system,
rather than copying library functions into the executable, and (2)
will operate properly with a modified version of the library, if
the user installs one, as long as the modified version is
interface-compatible with the version that the work was made with.
c) Accompany the work with a written offer, valid for at
least three years, to give the same user the materials
specified in Subsection 6a, above, for a charge no more
than the cost of performing this distribution.
d) If distribution of the work is made by offering access to copy
from a designated place, offer equivalent access to copy the above
specified materials from the same place.
e) Verify that the user has already received a copy of these
materials or that you have already sent this user a copy.
For an executable, the required form of the "work that uses the
Library" must include any data and utility programs needed for
reproducing the executable from it. However, as a special exception,
the materials to be distributed need not include anything that is
normally distributed (in either source or binary form) with the major
components (compiler, kernel, and so on) of the operating system on
which the executable runs, unless that component itself accompanies
the executable.
It may happen that this requirement contradicts the license
restrictions of other proprietary libraries that do not normally
accompany the operating system. Such a contradiction means you cannot
use both them and the Library together in an executable that you
distribute.
7. You may place library facilities that are a work based on the
Library side-by-side in a single library together with other library
facilities not covered by this License, and distribute such a combined
library, provided that the separate distribution of the work based on
the Library and of the other library facilities is otherwise
permitted, and provided that you do these two things:
a) Accompany the combined library with a copy of the same work
based on the Library, uncombined with any other library
facilities. This must be distributed under the terms of the
Sections above.
b) Give prominent notice with the combined library of the fact
that part of it is a work based on the Library, and explaining
where to find the accompanying uncombined form of the same work.
8. You may not copy, modify, sublicense, link with, or distribute
the Library except as expressly provided under this License. Any
attempt otherwise to copy, modify, sublicense, link with, or
42
distribute the Library is void, and will automatically terminate your
rights under this License. However, parties who have received copies,
or rights, from you under this License will not have their licenses
terminated so long as such parties remain in full compliance.
9. You are not required to accept this License, since you have not
signed it. However, nothing else grants you permission to modify or
distribute the Library or its derivative works. These actions are
prohibited by law if you do not accept this License. Therefore, by
modifying or distributing the Library (or any work based on the
Library), you indicate your acceptance of this License to do so, and
all its terms and conditions for copying, distributing or modifying
the Library or works based on it.
10. Each time you redistribute the Library (or any work based on the
Library), the recipient automatically receives a license from the
original licensor to copy, distribute, link with or modify the Library
subject to these terms and conditions. You may not impose any further
restrictions on the recipients' exercise of the rights granted herein.
You are not responsible for enforcing compliance by third parties with
this License.
11. If, as a consequence of a court judgment or allegation of patent
infringement or for any other reason (not limited to patent issues),
conditions are imposed on you (whether by court order, agreement or
otherwise) that contradict the conditions of this License, they do not
excuse you from the conditions of this License. If you cannot
distribute so as to satisfy simultaneously your obligations under this
License and any other pertinent obligations, then as a consequence you
may not distribute the Library at all. For example, if a patent
license would not permit royalty-free redistribution of the Library by
all those who receive copies directly or indirectly through you, then
the only way you could satisfy both it and this License would be to
refrain entirely from distribution of the Library.
If any portion of this section is held invalid or unenforceable under any
particular circumstance, the balance of the section is intended to apply,
and the section as a whole is intended to apply in other circumstances.
It is not the purpose of this section to induce you to infringe any
patents or other property right claims or to contest validity of any
such claims; this section has the sole purpose of protecting the
integrity of the free software distribution system which is
implemented by public license practices. Many people have made
generous contributions to the wide range of software distributed
through that system in reliance on consistent application of that
system; it is up to the author/donor to decide if he or she is willing
to distribute software through any other system and a licensee cannot
impose that choice.
This section is intended to make thoroughly clear what is believed to
be a consequence of the rest of this License.
12. If the distribution and/or use of the Library is restricted in
certain countries either by patents or by copyrighted interfaces, the
original copyright holder who places the Library under this License may add
an explicit geographical distribution limitation excluding those countries,
so that distribution is permitted only in or among countries not thus
excluded. In such case, this License incorporates the limitation as if
written in the body of this License.
13. The Free Software Foundation may publish revised and/or new
versions of the Lesser General Public License from time to time.
Such new versions will be similar in spirit to the present version,
but may differ in detail to address new problems or concerns.
Each version is given a distinguishing version number. If the Library
specifies a version number of this License which applies to it and
"any later version", you have the option of following the terms and
conditions either of that version or of any later version published by
the Free Software Foundation. If the Library does not specify a
license version number, you may choose any version ever published by
the Free Software Foundation.
14. If you wish to incorporate parts of the Library into other free
programs whose distribution conditions are incompatible with these,
write to the author to ask for permission. For software which is
copyrighted by the Free Software Foundation, write to the Free
Software Foundation; we sometimes make exceptions for this. Our
decision will be guided by the two goals of preserving the free status
of all derivatives of our free software and of promoting the sharing
and reuse of software generally.
NO WARRANTY
15. BECAUSE THE LIBRARY IS LICENSED FREE OF CHARGE, THERE IS NO
WARRANTY FOR THE LIBRARY, TO THE EXTENT PERMITTED BY APPLICABLE LAW.
EXCEPT WHEN OTHERWISE STATED IN WRITING THE COPYRIGHT HOLDERS AND/OR
OTHER PARTIES PROVIDE THE LIBRARY "AS IS" WITHOUT WARRANTY OF ANY
KIND, EITHER EXPRESSED OR IMPLIED, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR
PURPOSE. THE ENTIRE RISK AS TO THE QUALITY AND PERFORMANCE OF THE
LIBRARY IS WITH YOU. SHOULD THE LIBRARY PROVE DEFECTIVE, YOU ASSUME
THE COST OF ALL NECESSARY SERVICING, REPAIR OR CORRECTION.
16. IN NO EVENT UNLESS REQUIRED BY APPLICABLE LAW OR AGREED TO IN
WRITING WILL ANY COPYRIGHT HOLDER, OR ANY OTHER PARTY WHO MAY MODIFY
AND/OR REDISTRIBUTE THE LIBRARY AS PERMITTED ABOVE, BE LIABLE TO YOU
FOR DAMAGES, INCLUDING ANY GENERAL, SPECIAL, INCIDENTAL OR
CONSEQUENTIAL DAMAGES ARISING OUT OF THE USE OR INABILITY TO USE THE
LIBRARY (INCLUDING BUT NOT LIMITED TO LOSS OF DATA OR DATA BEING
RENDERED INACCURATE OR LOSSES SUSTAINED BY YOU OR THIRD PARTIES OR A
FAILURE OF THE LIBRARY TO OPERATE WITH ANY OTHER SOFTWARE), EVEN IF
SUCH HOLDER OR OTHER PARTY HAS BEEN ADVISED OF THE POSSIBILITY OF SUCH
DAMAGES.
END OF TERMS AND CONDITIONS
How to Apply These Terms to Your New Libraries
If you develop a new library, and you want it to be of the greatest
possible use to the public, we recommend making it free software that
everyone can redistribute and change. You can do so by permitting
redistribution under these terms (or, alternatively, under the terms of the
ordinary General Public License).
To apply these terms, attach the following notices to the library. It is
safest to attach them to the start of each source file to most effectively
convey the exclusion of warranty; and each file should have at least the
"copyright" line and a pointer to where the full notice is found.
<one line to give the library's name and a brief idea of what it does.>
Copyright (C) <year> <name of author>
This library is free software; you can redistribute it and/or
modify it under the terms of the GNU Lesser General Public
License as published by the Free Software Foundation; either
version 2.1 of the License, or (at your option) any later version.
This library is distributed in the hope that it will be useful,
but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU
Lesser General Public License for more details.
You should have received a copy of the GNU Lesser General Public
License along with this library; if not, write to the Free Software
Foundation, Inc., 51 Franklin Street, Fifth Floor, Boston, MA 02110-1301 USA
Also add information on how to contact you by electronic and paper mail.
You should also get your employer (if you work as a programmer) or your
school, if any, to sign a "copyright disclaimer" for the library, if
necessary. Here is a sample; alter the names:
Yoyodyne, Inc., hereby disclaims all copyright interest in the
library `Frob' (a library for tweaking knobs) written by James Random Hacker.
<signature of Ty Coon>, 1 April 1990
Ty Coon, President of Vice
That's all there is to it!
43
保証書
この保証書は、本書記載内容で無料修理を行うことを
お約束するものです。お買上げの日から左記期間中に
故障が発生した場合は、本書をご提示の上、取扱説明
書に記載の弊社サービス部門またはお買上げの販売店
に修理をご依頼ください。
UR-4MD
型 名
シリアル
No.
保証期間
本 体
お買上げから 1 年
所在地・名称 ( 印 )
年 月 日
お買上げ日
お
名
前
お 客 様
ご
住
所
販
売
店
電話 ( )
電話 (
)
無料修理規定
1.取扱説明書、本体貼付ラベルなどの注意書に従った
正常な使用状態で保証期間内に故障が発生した場合
には、弊社サービス部門が無料修理いたします。
2.保証期間内に故障して無料修理を受ける場合は、本
書をご提示の上、弊社サービス部門またはお買い上
げの販売店に修理をご依頼ください。商品を送付し
ていただく場合の送付方法については、事前に弊社
サービス部門にお問い合わせください。
3.ご転居等でお買い上げの販売店に修理をご依頼にな
れない場合は、弊社サービス部門にご連絡ください。
(7)本書の提示がない場合
(8)本書にお買上げ年月日、お客様名、販売店名
( 印 ) の記入のない場合、あるいは字句を書き替
えられた場合
5.本書は日本国内においてのみ有効です。
This warranty is valid only in Japan.
6.本書は再発行いたしませんので、紛失しないよう大切
に保管してください。
修理メモ
4.次の場合には保証期間内でも有料修理となります。
(1)ご使用上の誤りおよび不当な修理や改造による
故障および損傷
(2)お買上げ後の輸送・移動・落下などによる故障
および損傷
(3)火災、地震、水害、落雷、その他の天災地変、
公害や異常電圧による故障および損傷
(4)接続している他の機器に起因する故障および損傷
(5)特に苛酷な条件下において使用された場合の故
障および損傷
(6)メンテナンス
ティアック株式会社
〒206-8530
※この保証書は、本書に明示した期間・条件のもとにおいて無料修
理をお約束するものです。この保証書によって保証書を発行して
いるもの(保証責任者)、及びそれ以外の事業者に対するお客様の
法律上の権利を制限するものではありません。保証期間経過後の
修理などについてご不明の場合は、弊社サービス部門にお問い合
わせください。
東京都多摩市落合1-47
この製品に関するお問い合わせは
情報機器事業部 メディカルイメージングソリューション部 営業課
までご連絡ください。
故障・修理や保守についてのお問い合わせは
ティアック修理センター 情報サービス部 サービス1課
までご連絡ください。
お問い合わせ受付時間は、
土・日・祝日・弊社休業日を除く
9:30〜12:00/13:00〜17:00です。
お問い合わせ受付時間は、
土・日・祝日・弊社休業日を除く
9:30〜17:00です。
営業課
〒 206-8530 東京都多摩市落合 1-47
電話:042-356-9160
FAX:042-356-9185
MTS 株式会社 情報サービス部
〒 358-0026 埼玉県入間市小谷田 858
電話:04-2901-1037
FAX:04-2901-1042
●住所や電話番号は、予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
0415 MA-2044A
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement