関東以西強震計観測施設(13)保守点検業務 仕様書

関東以西強震計観測施設(13)保守点検業務 仕様書
関東以西強震計観測施設(13)保守点検業務 仕様書
適用
1
本仕様書は、独立行政法人建築研究所が発注する「関東以西強震計観測施設(13)保守点検業務」
に適用する。
目的
2
別表 1 に示す 15 ヶ所の観測地点で稼働中のデジタル強震計(計 15 台)について、保守点検を行い、
地震発生時の確実な作動確保を目的とする。
履行場所
3
別表 1 の 15 ヶ所の観測地点。
一般事項
4
受注者の負担の範囲
4.1
y
点検に必要な工具、計測機器等の機材は、設備機器に付属して設置されているものを除き、
受注者の負担とする。
y
業務に必要な消耗部品、材料、油脂等で業務中に消費されるものは、受注者の負担とする。
y
廃棄物の処理は、受注者の負担とする。
y
業務に必要な電力は、機器用のコンセントから得ること。
業務報告書の書式
4.2
y
報告書の書式及び内容は、下記の項目を基に担当者と協議し作成すること。
①
実施日・工程表
②
保守点検・修理項目
③
保守点検・修理内容
④
保守点検・修理方法
⑤
業務結果
⑥
業務前・中・後写真
⑦
交換部品リスト
⑧
別途に必要となる修理項目一覧(必要な場合のみ)
⑨
点検時点で収録されていた観測記録
4.3
y
関連法規の遵守
業務の実施に当たり、適用を受ける関係法令を遵守し、業務の円滑な遂行を図ること。
1
5
5.1
y
業務関係図書
業務計画書
実施体制、全体工程表等を総合的にまとめた業務計画書を作成し、作業開始前に担当者の承
諾を得ること。
5.2
y
作業計画
受注者は、業務計画書に基づき、実施日時、作業内容、作業手順、作業範囲、業務責任者名、
安全管理等を具体的に定めた作業計画書を作成し、作業開始前に担当者の承諾を得ること。
5.3
y
貸与資料
本業務の対象機器に備え付けの図面、取扱説明書等は使用する事が出来る。なお、作業終了
後は、原状回復を図ること。
5.4
y
6
6.1
y
6.2
y
業務の記録
受注者は、担当者と協議した結果について記録を整備すること。
業務現場管理
業務管理
品質、工程、安全等の業務管理を行うこと。
業務責任者
受注者は、業務責任者を定め担当者に届け出ること。また、業務責任者を変更した場合も同
様とする。
y
業務責任者は、本業務を履行するための経験、知識と技能を有するものとする。
y
業務責任者と担当技術者は兼務出来るものとする。
6.3
業務条件
y
業務を行う日は、担当者の指示による。
y
業務実施可能時間は、平日の 9 時 00 分から 17 時 00 分とし、履行場所の執務時間を超えない
ものとする。
y
6.4
y
業務時間を変更する場合は、担当者の承諾を受けること。
火気の取扱い等
火気を使用する場合は、あらかじめ担当者の承諾を得るものとし、その取扱に際しては十分
に注意すること。
y
業務関係者の喫煙は、あらかじめ指定された場所において行い、喫煙後は消火を確認するこ
と。
6.5
y
6.6
y
危険物の取扱い
業務で使用する薬品、その他の危険物の取扱いは、関係法令によること。
出入り禁止箇所
業務に関係のない場所及び室への出入りは禁止する。
2
6.7
y
6.8
y
6.9
y
養生
作業場所周辺等汚染又は損傷しないよう適切な養生を行うこと。
後片付け
業務の完了に際しては、当該作業部分の後片付け及び清掃を行う。
業務履行場所の規則の遵守
業務の遂行に当たっては、強震計の設置対象建物の管理者が定める規則を順守し、現場管理
に当たるものとする。
7
7.1
y
7.2
y
7.3
y
業務の実施
服装等
業務関係者は、名札、または腕章をつけて業務を行うこと。
担当者の立会い
作業等に際して担当者の立会いを求める場合あらかじめ申し出ること。
建物管理者への連絡
建物管理者への総括的な連絡は担当者が行うが、実施日時については受注者が直接連絡を行
うものとする。
8
8.1
y
業務に伴う廃棄物の処理等
廃棄物の報告
業務において発生する廃棄物は、種類・数量等を担当者へ報告すること。なお、報告様式は
任意とする。
8.2
y
産業廃棄物の処理
業務の実施に伴い発生した産業廃棄物は、関係法令を遵守し、産業廃棄物処理業者に委託し、
適正に処理すること。なお、処分に伴う費用は本業務に含むものとする。
9
9.1
建物内施設等の利用
共用施設の利用
y
駐車場、建物内の便所、エレベーター等の一般共用施設は利用することができる。
y
駐車場の利用については、受注者が直接施設の許可を得てから利用するものとする。
10 作業用仮設物及び持ち込み資機材等
10.1 作業用足場等
y
労働安全法及びその他関係法令等に従い、適切な材料及び構造のものとすること。
3
10.2 持込資機材の残置
y
業務が複数日にわたる場合、担当者の承諾を得た場合には残置することができる。なお、残
置資機材の管理は受注者の責任において行うこと。
11 業務内容
11.1 強震計
1) 設置場所
y
別表 1 の 15 ヶ所の観測地点。
2) 機器概要
y
本装置は地震観測を行う装置である。
製品名
デジタル強震計
製造所(型式)
(株)ミツトヨまたは(株)アカシ SMAC-MDU
(株)アカシ SMAC-MD
能力
加速度波形、計測震度、SI 値などを計測
3) 機器写真((株) ミツトヨ SMAC-MDU)
4) 機器概要
y
業務に使用する交換部品等は、当該試験装置等の仕様に合う部品とし、新品とすること。
y
交換部品に初期不良が見つかった場合は、受注者の負担により直ちに交換すること。
5) 業務の範囲
(1)
業務内容に記載された以外であっても、異常を発見した場合は担当者へ報告すること。
(2)
点検時に行う一般保守の範囲
①
汚れ、詰まり、付着等がある部品又は点検部の清掃
②
取り付け不良、作動不良、ずれ等がある場合の調整
③
ボルト、ネジ等で緩みがある場合の増し締め
④
潤滑油、グリス、雑油等の注油
⑤
(保守点検時に消費され、基本的実体となって再現されないもの)
4
⑥
塗装(タッチアップペイント等)
⑦
その他上記①~⑤に類する軽微な作業
設置状況の確認
(3)
①
本体及びモデム、ラジオの固定状況の確認
②
本体と電源、電話線、外部加速度計ケーブルなどとの接続状況の確認
③
設置環境(温湿度、塵埃の発生状況)の確認
④
カビ、埃、汚れの除去
⑤
乾燥剤の交換(必要な場合)
機能、性能についての点検、調整および動作確認
(4)
①
状態表示ディスプレイの作動確認
②
刻時装置の精度および時刻較正機構の作動確認
③
起動および停止機構の動作確認
④
増幅器の感度およびバイアス調整
⑤
較正信号の振幅および波形歪みの確認
⑥
AC 電源の品質と DC 供給電圧の確認及びバックアップ電池の交換(別表 1 に示す機器)
⑦
AD 変換装置の精度および作動確認
⑧
内蔵プログラムのバージョンアップと機能確認(必要な場合)
⑨
内蔵および外部加速度計の性能確認
⑩
ラジオ、モデムの調整と動作確認
通信装置の修理
(5)
①
現在通信回線に不具合が生じている場所について原因を特定し、必要な修理を行うこと(別
表 1 に示す機器)
12 履行期限
y
契約日の翌日から平成 26 年 3 月 14 日まで。
13 提出書類
y
4. 2)で作成した業務報告書
y
点検時に収録した観測記録(バイナリデータ)
y
打ち合わせ書、その他担当者が指示したもの
y
上記書類の書式は A4 版縦横書きとし、ファイルに綴じ 1 部を提出するとともに、上記電子
データーを保存した電子媒体 1 部(電子媒体の種類は担当者の指示による)
y
その他担当者が指示したもの(書式、形態、部数は担当者の指示による)
14 業務の検査
y
業務完了後、当所検査担当者による検査に合格しなければならない。
y
検査に必要な資機材、契約図書、業務関係図書等は受注者で用意すること。
5
15 疑義
y
本業務に疑義が生じた場合は担当者と協議すること。
16 担当者
国際地震工学センター
鹿嶋俊英(電話番号 029-864-6762(直通))
6
別表 1
番号
保守点検地点
住所
地点名
機種*
備考**
1 静岡市清水松原町 2-1
清水合同庁舎
MDU (2) 電池、不通
2 下田市中 531-1
静岡県下田総合庁舎
MD (1)
2 名古屋市中区三の丸 2-2-1
名古屋合同庁舎 1 号館
MDU (3) 電池
3 松阪市高町 138
三重県松阪庁舎
MD (2)
4 新宮市春日 1-1
新宮市役所
MDU (2) 電池
5 大阪市中央区大手前 1-5-44
大阪合同庁舎 3 号館
MD (2)
6 米子市加茂町 1-1
米子市庁舎
MD (1)
電池
7 浜田市片庭町 254
島根県浜田総務事務所
MD (1)
電池
8 広島市上八丁堀 6-30
広島第 2 合同庁舎
MD (2)
電池
9 高松市天神前 2-10
高松国税局
MDU (3) 電池
10 福岡市博多区博多駅東 2-10-7
福岡第 2 合同庁舎
MDU (3) 電池、不通
11 大分市荷揚町 2-31
大分市庁舎
MD (2)
12 宮崎市橘通東 2-10-1
宮崎県庁新館
MD (2)
13 延岡市愛宕町 2-2323
宮崎県延岡総合庁舎
MDU (2) 電池
14 都城市北原町 24-21
宮崎県都城総合庁舎
MDU (2) 電池
電池
不通
SMAC-MD
8台
SMAC-MDU
7台
計
* MD は(株)アカシ製 SMAC-MD を示す。MDU は(株)ミツトヨ製又は(株)アカシ製 SMAC-MDU
を示す。()内はセンサ数を示す。
** 電池は電池交換を、不通は通信の不具合を示す。
7
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising