ProMix ® 2KS

ProMix ® 2KS
操作
®
ProMix 2KS
313345F
JA
複数コンポーネントプロポーショナー
複数のコンポーネントコーティングの比例的混合用手動システム。一般目的では使用しないで
ください。
爆発性雰囲気の中で使用することが認可された (EasyKey を除く )。
重要な安全指示
本書の中に記載されているですべての警
告と指示を熟読して下さい。説明書は保
管してください。
最高使用圧力を含む各モデルの情報については 4 ページ を参
照してください。機器承認ラベルは、3 ページに記載されて
います。図示されている部品のすべてがシステムに含まれて
いるわけではありません。
TI12504a
0359
#
53
II 2 G
目次
関連する説明書 . . . . . . . . . . . . . . . 3
機器認証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3
システム構成とパーツ番号 . . . . . . . . . . 4
コンフィギュレータキー . . . . . . . . . . 4
標準機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
付属品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
警告 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
重要な 2 コンポーネント材料に関する情報 . . . 9
イソシアネートの条件 . . . . . . . . . . . 9
材料の自然発火 . . . . . . . . . . . . . . 9
コンポーネント A 及びコンポーネント B は、
別々にした状態にしておいて下さい . . . 9
イソシアネートの水分への反応 . . . . . . . 9
材料の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . 9
用語集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
コンポーネントの識別および定義 . . . . . . 13
ブース コントロール . . . . . . . . . . . . . 17
EasyKey ディスプレイとキーパッド . . . . . . . 18
表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
キーパッド . . . . . . . . . . . . . . . . 18
AC 電源スイッチ . . . . . . . . . . . . . 19
I/S 電源 . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
音響アラーム . . . . . . . . . . . . . . . 19
Graco ウェブインタフェースポート . . . . . 19
イーサネット接続 . . . . . . . . . . . . . 19
実行モード画面 . . . . . . . . . . . . . . . 20
スプラッシュ画面 . . . . . . . . . . . . . 20
ステータススクリーン . . . . . . . . . . . 22
合計画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
合計のリセット画面 . . . . . . . . . . . . 23
溶剤のリセット画面 . . . . . . . . . . . . 23
アラーム画面 . . . . . . . . . . . . . . . 24
レベルコントロール画面 . . . . . . . . . . 24
セットアップモード . . . . . . . . . . . . . 25
パスワード画面 . . . . . . . . . . . . . . 26
ホーム画面のセットアップ . . . . . . . . . 26
システム設定画面 . . . . . . . . . . . . . 28
オプション画面 . . . . . . . . . . . . . . 32
高度なセットアップスクリーン . . . . . . . 34
レシピセットアップ画面 . . . . . . . . . . 38
レシピ 0 画面 . . . . . . . . . . . . . . 43
較正画面 . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
2
システム操作 . . . . . . . . . . . . . . . .
操作モード . . . . . . . . . . . . . . .
順次投与 . . . . . . . . . . . . . . . .
動的投与 . . . . . . . . . . . . . . . .
レシピ ( 色彩 ) の変更 . . . . . . . . . .
溶剤プッシュ . . . . . . . . . . . . . .
混合剤充填押出し . . . . . . . . . . . .
通常操作サイクル、
シーケンシャルドーシング . . . . . .
一般操作サイクル、動的投与 . . . . . . .
混合マニホールドバルブ設定 . . . . . . .
エアフロースイッチ (AFS) 機能 . . . . . .
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シャットダウン . . . . . . . . . . . . .
圧力開放手順 . . . . . . . . . . . . . .
パージ . . . . . . . . . . . . . . . . .
溶剤プッシュ機能 . . . . . . . . . . . .
混合剤充填押出し機能 . . . . . . . . . .
メータ較正 . . . . . . . . . . . . . . . . .
色彩変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . .
色彩変更の手順 . . . . . . . . . . . . .
色彩変更シーケンス . . . . . . . . . . .
アラームと警告 . . . . . . . . . . . . . . .
システムアラーム . . . . . . . . . . . .
システム警告 . . . . . . . . . . . . . .
アラームトラブルシューティング . . . . . . .
概略図 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
システムの空気概略図 . . . . . . . . . .
システムの電気回路図 . . . . . . . . . .
EasyKey 電気回路図 . . . . . . . . . . .
メータ性能データ
(A と B 上で G3000) . . . . . . . . . . .
メータ性能データ
(A に G3000、B にコリオリ ) . . . . . . .
技術データ . . . . . . . . . . . . . . . . .
46
46
46
46
46
46
46
46
48
51
52
53
55
55
59
63
64
65
67
67
67
80
80
80
81
92
92
93
95
96
97
98
Graco Standard Warranty . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
Graco Information . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
313345F
関連する説明書
関連する説明書
英語版コンポーネント説明書
手動 説明
312775 ProMix 2KS 手動システムの取り付け
312777 ProMix 2KS 手動システムの修理 - 部品
312781 液体混合マニホールド
312782 ディスペンスバルブ
312783 色彩変更バルブスタック
312787 色彩変更モジュールキット
312784 ガン洗浄ボックスキット
310745 ガンエアシャットオフキット
312786 ダンプバルブと第 3 パージバルブキット
312785 ネットワーク通信キット
308778 G3000/G3000HR フローメータ
313599 コリオリ流量計
313290 床スタンドキット
313542 ビーコンキット
313386 基本的ウェブインターフェイス / 高度な
ウェブインターフェイス
406799 15V256 自動システムアップグレードキ
ット
406800 15V825 離散 I/O ボードキット
機器認証
機器認証は液体ステーションと EasyKey に取り付け
られている以下のラベル上に表記されています。ラベ
ルの場所については、4 ページの図 1 を参照してく
ださい。
EasyKey と液体ステーションラベル
ATEX 証明書はここでリストアップされています
™
!"#$"%#$!
(
78
3
4
$#$+" ,+-!
!./%0!$#-( ++
1
213/%14
56'(#&'(
!"#$#%%
&'
(
(
)*
+ )
,-
(
+./+01%
2*3
3:
3(
(
988
$$!% +1
&&88
&'()'*
液体ステーションラベル
ProMix® 2KS
PART NO.
C
SERIES
FLUID PANEL
MAX AIR WPR
SERIAL MFG. YR.
Intrinsically safe equipment
for Class I, Div 1, Group D, T3
US Ta = -20°C to 50°C
Install per 289833
.7
7
MPa
bar
100
PSI
GRACO INC.
P.O. Box 1441
Minneapolis, MN
55440 U.S.A.
FM08ATEX0073
II 2 G
Ex ia IIA T3
Artwork No. 293538
TI13581a
ATEX 証明書はここでリストアップされています
EasyKey ラベル
VOLTS
85-250 ~
AMPS 2 AMPS MAX
GRACO INC.
C
P.O. Box 1441
Minneapolis, MN
55440 U.S.A.
50/60 Hz
Intrinsically safe connections
for Class I, Div 1, Group D
US Ta = -20°C to 50°C
Install per 289833
II (2) G
[Ex ia] IIA
FM08ATEX0072
Artwork No. 293467
POWER REQUIREMENTS
ProMix® 2KS
PART NO. SERIES NO. MFG. YR.
Um: 250 V
TI13582a
ATEX 証明書はここでリストアップされています
313345F
3
システム構成とパーツ番号
システム構成とパーツ番号
コンフィギュレータキー
機器の部品番号は、機器識別ラベルに記載されています。認識ラベルの場所については、図 1 を参照してくださ
い。部品番号は、ユーザのシステム設定によって、次の 6 つのカテゴリのそれぞれから取った一桁の数字を含み
ます。
手動シ コントロールとディ
アプリケータの取り
ステム スプレイ
A と B メータ カラーバルブ 触媒バルブ
扱い
M
D = 液晶ディスプレイ
付き EasyKey
0 = メータなし
1 = G3000(A 及び B)
0 = バルブなし
( 単一色 )
2 = G3000HR(A 及び B) 1 = 2 つのバルブ
( 低圧 )
3 = 1/8 インチ コリ
2 = 4 つのバルブ
オリ (A) と
( 低圧 )
G3000 (B)
4 = G3000 (A) と 1/8 3 = 7 つのバルブ
( 低圧 )
インチ コリオリ
(B)
4 = 12 個のバルブ
( 低圧 )
5 = 1/8 インチ コリ
オリ (A) と
G3000HR (B)
0 = バルブなし ( 単 1 = 1 つのエアフロー
一の触媒 )
スイッチキット
1 = 2 つのバルブ ( 2 = 2 つのエアフロー
低圧 )
スイッチキット
2 = 4 つのバルブ ( 3 = 1 つのガン洗浄
低圧 )
ボックスキット
3 = 2 つのバルブ ( 4 = 2 つのガン洗浄
高圧 )
ボックスキット
5 = 2 つのバルブ
( 高圧 )
6 = G3000HR (A)
と 1/8 インチ
コリオリ (B)
6 = 4 つのバルブ
( 高圧 )
7 = 1/8 インチ コリ
オリ (A と B)
!"#$"%#$!
液体ステーションの
ラベルロケーション
(
78
3
4
TI12423a
最大液体使用圧力は、
ここにリストアップ
されています
$#$+" ,+-!
!./%0!$#-( ++
1
213/%14
56'(#&'(
!"#$#%%
&'
(
(
)*
+ )
,-
(
+./+01%
2*3
3:
&'()'*
EasyKey のラベ
ルロケーション
TI12418a
設定された部品番号
3(
(
988
$$!% +1
&&88
図 1: 認識ラベル
4
313345F
システム構成とパーツ番号
危険区域用の承認
G3000、G3000HR、または本質的に安全なコリオリメータを使用した A と B 両方のメータ用モデルは、危険区域
クラス I、区域 I、グループ D、T3 またはゾーン I グループ IIA T3 での取り付けが認証されています。
最大使用圧力
定格最大使用圧力は、選択された液体コンポーネントオプションによって異なります。定格圧力は、定格が最も
低い液体コンポーネントに基づいています。下記の部品定格圧力を参照して下さい。例:モデル MD2531 は、
3000 psi (21 MPa、210 bar) の最大使用圧力です。
システムの最大使用圧力については、EasyKey または液体ステーションの認識ラベルを確認してください。
図 1 を参照してください。
ProMix 液体コンポーネント最大使用圧力
基本システム ( メータなし [ オプション 0]、
色彩 / 触媒変更なし [ オプション 0])、 . . . . . . . . . . . . . . . . 4000 psi (27.58 MPa、275.8 bar)
メータオプション 1 と 2 (G3000 または G3000HR) . . . . . . . . . . 4000 psi (27.58 MPa、275.8 bar)
メータオプション 3、4、5、6、及び 7
(1 つまたは 2 つのコリオリメータ ) . . . . . . . . . . . . . . . . . 2300 psi (15.86 MPa、158.6 bar)
色彩変更オプション 1、2、3 及び 4、
及び 触媒変更オプション 1 と 2 ( 低圧バルブ ) . . . . . . . . . . . . . 300 psi(2.07 MPa、20.6 bar)
色彩変更オプション 5 と 6、及び 触媒変更オプション 3 ( 高圧バルブ ) . . 3000 psi (21 MPa、210 bar)
流量計液体流量範囲
G3000 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75-3800 cc/ 分 (0.02-1.0 gal./min.)
G3000HR . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38-1900 cc/ 分 (0.01-0.50 gal./min.)
コリオリメータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20-3800 cc/ 分 (0.005-1.00 gal./min.)
S3000 溶剤メータ ( 付属品 ) . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38-1900 cc/ 分 (0.01-0.50 gal./min.)
標準機能
特徴
EasyKeyLCD 付き
光ファイバーと電源ケーブル、15.25 m (50 フィート )
壁取り付け液体ステーション、50 cc インテグレータおよ
び静的ミキサー
複数の触媒バルブの場合、B 側ダンプバルブ
ブースコントロール
基本的ウェブインターフェイス
313345F
5
付属品
付属品
アクセサリー
ガン洗浄ボックスガン挿入具選択
15V354 第 3 パージバルブキット
15V536 溶剤液体スイッチキット
15V213 電源ケーブル、30.5 m
(100 フィート )
15G710 光ファイバーケーブル、30.5 m
(100 フィート )
15U955 ダイナミックドーシング用噴射キット
15V034 10 cc インテグレータキット
15V033 25 cc インテグレータキット
15V021 50 cc インテグレータキット
24B618 100 cc インテグレータキット
15W034 ストロボアラームインジケータキ
ット
15V337 高度なウェブインターフェイス
15V256 自動モードアップグレードキット
16D329 S3000 溶剤フローメータキット
15V825 ディスクリート I/O 統合ボードキ
ット
注 : これは入手可能な付属品及びキットの完全なリス
トではありません。本製品に使用可能な付属品に関す
る詳細情報については、Graco ウエブサイトを参照くだ
さい。
6
313345F
警告
警告
以下の警告は、本装置の設定、使用、接地、メンテナンス、及び修理に関するものです。感嘆符の記号は一般的
な警告を、危険記号は手順自体の危険性を知らせます。これらのシンボルがこの取扱説明書の本文に表示された
場合、戻ってこれらの警告を参照してください。必要に応じて、このセクションにおいて扱われていない製品固
有の危険シンボル及び警告がこの取扱説明書の本文に示されている場合があります。
警告
火災及び爆発の危険性
作業場に、溶剤や塗料の蒸気のような可燃性の蒸気が存在すると、火災や爆発の原因となることがあ
ります。火災と爆発を防止するために :
• 十分換気された場所でのみ使用するようにしてください。
• パイロット灯やタバコの火、携帯電灯およびプラスチック製たれよけ布などのすべての着火源
( 静電アークが発生する恐れのあるもの ) は取り除いて下さい。
• 溶剤、雑巾およびガソリンなどの不要物を作業場所に置かないようにして下さい。
• 可燃性ガスが存在するときに、電源コードの抜き差し、または電源または照明のスイッチの ON/OFF
はしないでください。
• 作業場にあるすべての装置を接地してください。接地の説明を参照してください。
• 接地したホースのみを使用してください。
• 容器中に向けて引金を引く場合、ガンを接地した金属製ペールの縁にしっかりと当ててください。
• 静電気火花が生じたり、または感電した場合、操作を直ちに停止してください。問題を特定し、
解決するまでは、装置を使用しないでください。
• 作業場に清浄に機能する消火器を置いてください。
電気ショックの危険性
この装置は、接地する必要があります。不適切な接地、設置またはシステムの使用により感電する可
能性があります。
• ケーブル接続を外したり、装置の修理を開始する前にメインスイッチの電源をオフにし、電源を抜
きます。
• 接地された電源にのみ接続します。
• すべての電気配線は資格を有する電気技師が行う必要があります。ご使用の地域におけるすべての
法令に従ってください。
本質的安全
不適切に設置されたり、本質安全でない装置に接続された本質安全装置は、危険な状態を作り出し、
火災、爆発、または電気ショックを引き起こす場合があります。地域の規制および以下の安全要求
に従ってください。
• A と B 両方のメータ用の G3000、G250、G3000HR、G250HR、または本質的に安全なコリオリメー
タを持ったモデルのみ、危険区域 - クラス I、区域 I、グループ D、T3 またはゾーン I グルー
プ IIA T3 で取り付けを行なうことが認証されています。
• 非危険地域での取り付けのみが認可された機器を、危険地域で取り付けしないでください。お客様
のモデルの本質的な安全評価については、ID ラベルを参照してください。
• 本質的な安全性を損なう原因になりかねませんので、システムコンポーネントを交換したり、改造
したりしないでください。
313345F
7
警告
警告
皮膚への噴射の危険性
ガン、ホースの漏れ口、または破損したコンポーネントから噴出する高圧の流体は、皮膚に穴を開け
ます。これはただの切り傷のように見えるかもしれませんが、体の一部の切断にもつながりかねない
重傷の原因となります。直ちに外科的処置を受けてください。
• 装置を操作する前に、液体の流れるすべての接続個所をよく締め付けてください。
• ガンを人や身体の一部に向けないでください。
• スプレーチップに手や指を近づけないでください。
• 液漏れを手、体、手袋、またはボロ巾等で止めたり、そらせたりしないでください。
• スプレーを中止する場合、または装置を清掃、点検、整備する前には、本取扱説明書の圧力開放
手順に従ってください。
装置誤用の危険性
装置を誤って使用すると、死亡事故または重大な人身事故を招くことがあります。
• 疲労しているとき、薬物を服用した状態、または飲酒状態で装置を操作しないでください。
• システム内で最低の評価の構成部品の最高使用圧力または使用温度を超えないようにしてくだ
さい。すべての機器取扱説明書の 技術データ を参照してください。
• 装置の接液部品に適合する液体または溶剤を使用してください。すべての機器取扱説明書の技術
データを参照してください。液体および溶剤製造元の警告も参照してください。お客様の材料に
ついてすべての情報が必要な場合、ディーラーまたは小売業者から MSDS フォームを要求してく
ださい。
• 毎日、装置を点検してください。メーカー純正の交換用部品のみを使用し、磨耗または破損した部
品を直ちに修理または交換してください。
• 装置を改造しないでください。
• 装置を定められた用途以外に使用しないでください。詳しくは販売代理店にお問い合わせくだ
さい。
• ホースとケーブルを通路、鋭角のある物体、可動部品、加熱した表面などに近づけないでくだ
さい。
• ホースをネジったり、過度に曲げたり、ホースを引っ張って装置を引き寄せたりしないでくだ
さい。
• 子供や動物を作業場から遠ざけてください。
• 適用されるすべての安全に関する法令に従ってください。
有毒な液体または気体の危険性
有毒な液体や煙は目や皮膚にかかったり、吸込んだり、飲み込んだりすると、重傷もしくは死に至る
恐れがあります。
• MSDS( 材料安全データシート ) を参照して、ご使用の液体の危険性について確認するようにして下
さい。
• 有毒な液体は保管用として認定された容器中に保管し、破棄する際は適用される基準に従って下
さい。
• 装置でスプレー、ディスペンス、洗浄を行う際は、必ず化学的不透過性の手袋を着用してくださ
い。
作業者の安全保護具
目の怪我、有毒ガスの吸入、火傷、及び聴力低下等の重大な人身事故を避けるため、装置の運転、
修理を行う時、または作業場にいる時には適切な保護具を着用してください。保護具の例としては
以下のようなものがありますが、限定されたものではない。:
• 保護メガネ
• 液体および溶剤製造元が推奨する服および呼吸マスク
• 手袋
• 耳栓
8
313345F
重要な 2 コンポーネント材料に関する情報
重要な 2 コンポーネント材料に関する情報
イソシアネートの条件
イソシアネートを含む薬剤をスプレーまたはディ
スペンスすると、有害な霧、蒸気、霧状の微粒子
を発生させることがあります。
イソシアネートに関する特有の危険性や予防措置
については、メーカーの警告や材料の MSDS ( 製品
安全データシート ) をご覧ください。
作業場では十分な換気に留意することによって、
イソシアネートの霧、蒸気、霧状の微粒子を吸い
込むことがないようにしてください。作業場で十
分な換気を確保できない場合、送気呼吸具を使用
する必要があります。
作業場ではイソシアネートとの接触を防ぐため
に、化学的不透過性の手袋、ブーツ、エプロン、
ゴーグルなど、適切な個人用保護具を使用する
必要があります。
材料の自然発火
材料の中には、厚く塗りすぎると自然発火を起こ
すものがあります。材料メーカーの警告および材
料の MSDS を参照して下さい。
コンポーネント A 及びコンポーネン
ト B は、別々にした状態にしてお
いて下さい
イソシアネートの水分への反応
イソシアネート (ISO) は、2 コンポーネントのコー
ティングで使用される触媒です。ISO は水分 ( 湿気な
ど ) に反応し、液体中で浮遊する細かな、硬い、摩耗
性のある粒子状の結晶を形成します。表面上に膜が形
成されるに従って、ISO は粘度を増し、ゲル化します。
この部分的に硬化した状態の ISO を使用すると、す
べての接液部品の性能と寿命を低下させることになり
ます。
注:液体の膜形成量及び結晶化の割合は、ISO の混合
率、湿度及び温度により変化します。
ISO と水分の接触を避けるには :
• 必ず、通気孔に乾燥剤を詰めた密封容器、または
窒素封入した密封容器を使用します。絶対に蓋の
開いた容器で ISO を保管しないでください。
• ISO 用に特別に設計された防湿ホースを使用してく
ださい。このホースはシステムに付属しています。
• 再生溶剤は決して使用しないでください。湿気を
含む場合があります。溶剤の容器は、使用しない
ときは、常に蓋を閉めておいてください。
• 一方の側で汚染された溶剤を絶対に他の側に使用
しないでください。
• 再組み立ての際には、必ずねじ部品に ISO ポン
プオイルまたはグリースを塗布してください。
材料の変更
•
•
•
•
材料を変更する場合、装置を数回洗浄し、装置内
の材料を完全に除去してください。
洗浄後は、必ず液体インレットストレーナを清掃
してください。
化学的適合性については、材料製造元にお問い合
わせください。
ほとんどの材料は A 側で ISO を使用しますが、
B 側で使用する場合もあります。
相互汚染によって、重大な人身事故や装置の破損
を招く可能性のある硬化物が液体ライン内に生じ
るおそれがあります。装置内での接液部品の相互
汚染を防ぐ為に、絶対に A 液 ( イソシアネート )
及び B 液(樹脂 ) の部品を入れ替えないで下さい。
313345F
9
用語集
用語集
高度ウエブインターフェイス (AWI) - これにより、リ
モート ProMix のバックアップと復元、設定、ロギン
グ、及びソフトウエア更新オプションを可能にします。
エアチョップ - 洗浄サイクル中に、ラインの清掃を補
助し、溶剤の使用量を軽減するためにエアと溶剤を混
合するプロセス。
エアチョップ時間 - チョップシーケンス中のエアパー
ジバルブの各起動時間。0.0-99.9 秒までユーザ設定
可能
アナログ - 長さ、幅、電圧、または圧力のような、
連続的に可変的、測定可能、物理的な量によってデー
タが表現される装置に関連するまたは装置そのもの。
チョップ後の B パージ - チョップシーケンス後の任意
の 2 秒間の B 溶剤バルブの作動 望まない混合を防止す
るためにチョップ材と最終パージ材を分離する場合、
これを使用します。
基本ウエブインターフェイス (BWI) - これにより、
リモート ProMix のバックアップとリストア、ロギ
ング、及びソフトウエア更新オプションを可能にし
ます。
ブートローダ - 主要な ProMix 用途の起動プロセスの
再プログラミングを処理するユーティリティープログ
ラムです。
チョップ時間 - パージ中のチョップシーケンスの全長。
0-999 秒までユーザ設定可能
閉ループ流量制御 - 流量が自動的に一定流量を維持す
るように調整される際のプロセス。
パージ時間 - 色彩または触媒変更の際に、色彩または
触媒変更モジュールからミックスマニホールドまでの
ラインをクリアにするためにかかる時間。
充填時間 - 色彩または触媒変更モジュールからミック
スマニホールドまでのラインを埋めるためにかかる時
間。
コマンドホールドオフ - 設定値を変更して流量を安定
化した後に流量制御学習が許されない時間量。
コリオリ測定器 - 低流量での用途、または軽い粘度
で、せん断に敏感な、または酸性の触媒作用を生じた
材料でしばしば使用される非貫入性の流量計。この
メータは振動を使用してフローを測定します。
10
カスタム言語 - システム内に構築されたもの以外の言
語を表示するために翻訳ファイルを ProMix へロードす
る場合に使用する方法コードスペース 0x00FF を介した
Unicode 文字のみサポートされます。
デジタル入力または出力 - ディスクリート記号のシー
ケンスとして送信されるデータの内容であり、一般的
には電子または電磁気の信号を使用して表される二進
法のデータを意味します。
ディスクリート I/O - 別個の構成要素を構成し、
別の制御装置に直接通信を行なうことができるデー
タのこと。
容量サイズ - 排出器の中に投与される樹脂 (A)
と触媒 (B) の量。
溶剤メータ - アラームが鳴るまでにドースが適用さ
れる時間。アラームを防止するためにガンの引き金が
作動している間は、有効なドースバルブの流量計から
30 パルス以上が要求されます。
ダイナミックドーシング - コンポーネント A が常に
排出される。コンポーネント B は、混合比率を達成
するのに必要な量を断続的に排出します。
イーサネット - コンピュータとネットワーク、または
物理的に同じ場所にある機器同士を直接接続するため
の方法。
ExtSP - 流量制御解除モードで作動中の流量設定値の
PLC 入力に関して選択する外部設定値
光ファイバー通信 - 通信信号を伝達するために光を
使用すること。ブルーはトランスミッター、黒はレ
シーバーです。EasyKey と通信用の液体パネル間は交
差接続する必要があります。光ファイバーケーブル
は適正な接続を示すための青色帯域を備えています。
ラストパージ - 最後のパージサイクルで使用される
媒体のソースのこと。エアパージバルブ、溶剤パージ
バルブ、または第 3 パージバルブにユーザ設定可能
です。
最終パージ時間 - 最終パージサイクルの持続時間
0-999 秒までユーザ設定可能
ファーストパージ - 最初のパージサイクルで使用さ
れる媒体のソースです。エアパージバルブ、溶剤パー
ジバルブ、または第 3 パージバルブにユーザ設定可
能です。
313345F
用語集
ファーストパージ時間 - 最初のパージサイクルの持続
時間です。0-999 秒までユーザ設定可能
流量制御分解能 - 流量制御システムがその性能を最大
化することを可能にする設定可能値。数値は、最大の
任意の流量に基づいています。
流量アナログ信号 - ProControl モジュールで使用す
ることができるタイプの通信信号。
流量許容誤差 - システムが、流量警告が起動する前に
許容可能な変動の設定可能のパーセント。
フロー設定ポイント - 予め定められた流量ターゲット。
洗浄量チェック - システムが洗浄量をモニターする。
最小量が達成されなかった場合、E-11 アラームが発生
します。最小洗浄量はユーザ設定可能です (0-999
cc)。
グローバル - 画面上の値が1~ 60 の全てのレシピに
適用されることを示します。
総合計 - システム全体を通してディスペンスされた材
料の全量を示すリセット不可能な数値。
GT オフ 作動時間 - ガントリガーが閉じた後の流量設
定値に基づいて液体圧力を制御するための時間量
GT オフ 目標上昇圧 - ガントリガーが閉じた後の流量
設定値に基づいて液体圧力を制御するための追加時間
ガントリガーホールドオフ - 流量を安定化させるため
にガントリガーが開いた後に流量制御学習ができない
時間量
ガントリガー入力信号 - 比率保証投与時間と流量制御
プロセスを管理するために使用されています。
本質安全 (IS) - 危険区域において特定の部品を見つ
ける能力のこと。
アイドル - ガンのトリガーが 2 分間引かれていない
場合、システムはアイドルモードに入ります。作業を
再開するには、ガンのトリガーを引いてください。
ジョブ合計 - システム全体を通して排出された材料の
量を示すリセット可能な数値。色彩変更または完全な
システム洗浄が実施されたとき、作業が完了します。
K ファクター - メータを通過する材料の量を指す値。
割当値はパルス当たりの材料の量をさしています。
Kd - 液体フローシステムが目標設定を超過しないよう
にする量を指す。
313345F
Ki - 液体の流量が設定値を超える度合いを指す。
Kp - 液体流量その設定値に達するまでの速度を指す。
学習の強さ - 流量制御データ表の更新時に流量測定値
と比較して流量設定値の相違をどの程度の量及びどれ
ほどの速さで適用すべきかということ。
手動モード - プロポーショニングまたは流量制御シス
テムが、外部の制御装置から一切の入力もなく入力を
制御している時のモード。
最小材料充填量 - システムが材料の充填量をモニター
します。最小量が達成されなかった場合、E-21 アラー
ムが発生します。最小の材料充填量はユーザ設定可能
です (0-9999 cc)。
混合 - 樹脂 (A) と触媒 (B) の交差結合が発生する
場合。
混合剤充填押出し - ガンを用いて新たな混合材料を
投入してガンがガン洗浄ボックス内にある時に、自動
でポットライフアラームをクリアする場合のオートダ
ンプの選択に関するオプションのこと。
ミックス入力信号 - ミックス信号が「高」に設定され
るたびにシステムが投与シーケンスを開始するシステ
ムモードの状態のこと。
混合された材料の充填時間 - ドースバルブからアプリ
ケータ / ガンに混合された材料を充填するのに必要な
時間。
Modbus/TCP - イーサネット上でデジタル I/O 信号を
伝達するために使用されていた通信プロトコルの一種。
ネットワークステーション - 特定の個人のプロポー
ショニングまたは流量制御システムを特定する手段。
ワンポイント学習 - 短いガントリガー時間での低流
量時に表を補間する場合に規定流量以上の学習したポ
イントを用いて流量制御表を較正する方法。
" オーバドース (A, B, C) アラーム - 樹脂 (A) 、
触媒 (B)、またはリデューサー(C)コンポーネント
の内いずれかがが過剰な量の材料をディスペンスして、
システムが追加の材料に対して埋め合わせることがで
きない時。
ポットライフ時間 - 材料がスプレーできなくなるまで
の時間。
ポットライフ量 - ポットライフタイマがリセットされ
ている前に、ミックスマニホールド、ホースとアプリ
ケータを通して動作するために必要とされる材料の量。
11
用語集
パージ - すべての混合物がシステムから洗浄された状
態。
パージ作動 - パージシーケンス中の作動電圧を指し、
最大 3300 mV である。V/P レギュレーターの応答曲線は
直線的ではないため、手動オーバーライドモードを用
いて応答をテストする必要がある。
パージ時間 - すべての混合物がシステムから洗浄され
るまでにかかった時間。
パージ量アラーム - 最小洗浄量に達成しなかった場
合、E-11 アラームが発生する。
比率許容範囲 - システムが比率アラーム発生までに
許容可能な変動の設定可能なパーセント。
シーケンシャル色彩変更 - 色彩変更が開始され、シス
テムが自動的に前の色を流し、新しい色を充填するプ
ロセスのこと。
シーケンシャルドーシング - コンポーネント A と B が
混合比率を達成するために必要な量を連続的に投与す
ること。
溶剤 / 第 3 パージバルブチョップタイム - チョップ
シーケンス中の、溶剤または第 3 パージバルブの各起
動期間。0.0-99.9 秒までユーザ設定可能
溶剤充填 - 混合物ラインを溶剤で満たすのにかかる時
間の長さを指す。
溶剤プッシュ - 溶剤で混合物をガンに押し出すこ
とで、混合物を節約することができる。アクセサリー
の溶剤メータが必要です。
スタンバイ - システムの状態を指す。
システムアイドル - ProMix が「混合」に設定され、
更にシステムが流量計パルスを受信してから 2 分経過
すると、この警告が表示されます。
第 3 パージバルブ - 水性材料を洗浄するのに使用さ
れる 3 種類のパージバルブを使用すること。バルブ
は水、空気と溶剤で洗浄するために使用されます。
V/P - フロー制御モジュールの電圧 - 圧力デバイス。
バルブの最大ホールドオフ - ドースバルブサイクル後
に流量制御学習ができない最大時間量システムは内部
で流体メーターパルス列の安定性に基づくよりも少な
い時間を使用する場合があります。
12
313345F
概要
概要
使用
Graco ProMix 2KS は電子 2 コンポーネント塗料プロポーショナーです。それは多くの 2 コンポーネントの溶剤、
水性エポキシ、ポリウレタン、および酸によって触媒作用を受けた塗料を混合することができます。それは「簡易
設定」塗料 (15 分以下のポットライフを持っている塗料 ) での使用を意図していません。
• 壁取り付け液体ステーションでは、増加幅 0.1
• 最大 30 色までの色彩変更バルブと最大 4 種類
ごとに 0.1: 1 ~ 50: 1 まで比率調整を行なうこ
までの触媒チェンジバルブ付きの低圧 (2.1 MPa、
とができます。
21 bar [300 psi]) エアスプレーおよび高圧
21 MPa、210 bar ([3000 psi]) システムのため
• ユーザ選択可能の比率保証があり、材料及び操作
の色彩変更オプションをご利用いただけます。
条件により +/-1% までの精度を維持します。
• 最大 3800 cc/ 分 までの容量のエアスプレーまた
注:30 色を得るために、現場での取り付け用のオ
は空気制御システムを操作するモデルをお求めい
プションの付属品が購入可能です。
ただけます。
コンポーネントの識別および定義
システムコンポーネントについては、表 1、図 2 及び図 3 を参照してください。
表 1: コンポーネントの説明
コンポーネント
説明
システムをセットアップ、操作、及びモニターするために使用されています。EasyKey
EasyKey (EK)
は、85-250 VAC、50/60 Hz の電力に対応し、その電力を他のシステムコンポーネント
が許容可能な低電圧及び光の信号に変換します。
これは、レシピ選択、作業完了の開始、アラームの表示 / クリア及びシステムのスタン
ブース制御 (BC)
バイ、混合、パージモードの設定等の日常の塗装機能用にオペレータが使用します。
それは通常ブース内または塗装機付近に取り付けられています。
空気制御ソレノイド、流量スイッチ、及び液体流量計用の取り付け金具及び液体マニ
液体ステーション ホールド組み立て部品を含みます。その制御盤は、すべてのプロポーショニング機能を
(ST)
管理します。
液体マニホールド • コンポーネント A と B 用空気式ドースバルブ
• 溶剤及びエアパージ用パージバルブ
(FM)
• 流量計の較正と比率確認用サンプリングバルブ
• シャットオフバルブは、コンポーネント A 及び B の混合マニホールドへの液体通路
を閉じて、正確な較正及び比率確認を可能にします。
• 混合マニホールドは、液体インテグレータ及び静的ミキサーで構成されています。
 液体インテグレータは、コンポーネント A と B が選択された比率において配
列され、混合が開始される容器。
 静的ミキサーには、液体インテグレータの下流で材料を均一に混合するた
めの 24 の要素があります。
313345F
13
概要
表 1: コンポーネントの説明
コンポーネント
説明
以下の 3 種類のオプションは流量計を Graco からご購入頂けます。:
流量計
(MA、MB、MS)
• G3000 は、主に 75-3800 cc/ 分の範囲の流量でご使用頂ける汎用型ギアメーター
です。(0.02-1.0 gal/min.) のフローレンジ、上限 4000K 因子は、約 0.119 cc/ パ
ルスです。
• G3000HR は、G3000 メータの高解像度版です。これは主に 38-1900 cc/ 分の流量範
囲で使用します。(0.01-0.5 gal/ 分 )、4000 psi (28 MPa, 276 bar) までの最大
圧力、20–3000 センチポアズの粘度。K 因子は、約 0.061 cc/ パルスです。
• S3000 は、主に 38-1900 cc/ 分の流量範囲の溶剤に使用するギアメーターです。
(0.01-0.5 gal/ 分 )、3000 psi (21 MPa, 210 bar) までの最大圧力、20–50 センチ
ポアズの粘度。K 因子は、約 0.021 cc/ パルスです。溶剤プッシュ機能を使用する
必要があります。
• コリオリ は、広範囲の流量率と粘度をカバーする特殊メーターです。このメー
タは、液体通路の直径が 3.175 mm (1/8 インチ ) または 9.525 mm (3/8 インチ )
のものがお求めいただけます。コリオリメータに関する詳細な情報については、
マニュアル 313599 を参照して下さい。熱伝導率は、ユーザによる設定が可能で、
低流量では低い熱伝導率を使用します。
 1/8 インチの液体通路:K ファクター .020 または .061 に設定してくだ
さい。
 3/8 インチの液体通路:K ファクター .061 または 0.119 に設定してくだ
さい。
オプションのコンポーネント。最高 30 色の色替えバルブを、高圧または低圧用色彩変
色彩変更バルブ
更バルブスタックとしてお求めいただくことができます。それぞれの山には、色彩変更
(ACV) 及び色彩変更 の間に液体ラインを清掃するための溶剤用追加バルブが
1 つ含まれています。
モジュール (CCM)
オプションのコンポーネント。最高 4 つの触媒変更バルブを、高圧または低圧用触媒
触媒チェンジバルブ 変更バルブスタックとしてお求めいただくことができます。それぞれのスタックには、
(BCV)
触媒変更の間に液体ラインを清掃するための溶剤用追加バルブが 1 つ含まれています。
デュアル光ファイ EasyKey と壁取り付け液体ステーションの間で通信するために使用されます。
バーケーブル (FO)
液体ステーション電 壁取り付けシステム液体パネルへの電力供給に使用されます。
源ケーブル (PS)
エアフロースイッチ:エアフロースイッチは、ガンへのエアフローを検出し、ガンの
アプリケータの取り トリガーが引かれているときにコントローラ
ProMix に信号を送信します。スイッチ
扱い:エアフロース は流量計と共に、システムシステムコンポーネントが確実に正しく作動するよう機能
イッチ (AFS) または します。より詳しい情報については、52 ページを参照してください。
ガン洗浄ボックス
(GFB) を使用します。 ガン洗浄ボックス:ガン洗浄ボックスキットは、手動スプレーガンに自動化された洗浄
システムを提供し、エアフロースイッチを含みます。
14
313345F
概要
EK
CCM
PS
BC
BCV
FO
ACV
MS
ST
MA
MB
FM
GFB
TI12504a
図テム2.G3000 メータ、色彩 / 触媒変更、1 つのガン洗浄ボックス及び付属品の溶剤流量計付きで図示された手動シス
313345F
15
概要
DVA
FI DVB
MB
MS
MA
RVB
AT
APV
RVA
SVA
SM
SVB
SPV
TI12556b
図 3. 壁取り付け液体ステーション
記号:
MA
DVA
RVA
SVA
MB
DVB
RVB
SVB
MS
SPV
APV
SM
FI
AT
16
コンポーネント A メータ
コンポーネント A 投与バルブ
コンポーネント A サンプリングバルブ
コンポーネント A シャットオフバルブ
コンポーネント B メータ
コンポーネント B 投与バルブ
コンポーネント B サンプリングバルブ
コンポーネント B シャットオフバルブ
溶剤メータ ( 付属品 )
溶剤パージバルブ
エアパージバルブ
静的ミキサー
液体インテグレータ
エアパージバルブエアサプライチューブ
313345F
ブース コントロール
ブース コントロール
これは、レシピ変更、作業完了の信号送信、アラーム
の表示 / クリア及びシステムのスタンバイ、混合、
パージモードの設定等の日常の塗装機能用にオペレー
タが使用します。それは通常ブース内または塗装機付
近に取り付けられています。
表 2: ブース制御キーとインジケータ機能
( 図 4 を参照 )
キー / インジ
ケータ
定義と機能
表示
• 実行モードでレシピ番号を表示
します。
• アラームが発生した場合、アラー
ムコード (E1 ~ E27) が表示さ
れ、赤いアラームインジケータが
点滅します。
• アラームがリセットされた後、
レシピ番号が表示されます。
• 溶剤押出しがオンの場合、ディス
プレイは交互にダッシュを表示し、
残りのパーセントを表示します
(63 ページを参照してください )。
レシピインジ • 緑 LED は、レシピ使用中に点灯
ケータ
しています。
• アップ
またはダウン キーが
押されるか、またはアラームが発
生した場合、LED が消灯する。
• 新しいレシピをロードしている際
に LED が点滅して、ローディン
グが完了すると点灯する。
• パージ中に LED が点滅します。
• アップ またはダウン キー
を押して新しいレシピを選択し、
次に Enter を押します。
アラームリ • アラームが発生すると、赤 LED
セットキーと が点滅します。
インジケータ • アラームをリセットするには、
キーを押してください。LED はア
ラームがリセットされた後、消え
ます。
ジョブ完了 • その作業が完了したと合図し、A
キーおよびイ と B の合算機をリセットします。
ンジケータ • キーを押すと緑色 LED が一度点滅
します。
エンターキー 選択されたレシピを入力し、色彩変更
シーケンスを開始します。
313345F
表 2: ブース制御キーとインジケータ機能
( 図 4 を参照 )
キー / インジ
ケータ
定義と機能
「上」キー レシピ番号を上にスクロールさせ
ます。
「下」キー
混合モード
キー
レシピ番号を下にスクロールさせ
ます。
•
•
•
スタンバイ
モード キー
•
•
パージモード
キー
•
•
混合モードを開始します。
緑色 LED は、ミックスモードま
たはアイドルモードでいる間中点
灯しています。
5 秒間押さえて、溶剤プッシュ
機能をオンにします。
スタンバイモードを開始します。
スタンバイモードでは緑の LED
が点灯します。
パージモードを開始します。
パージモードでは緑の LED が点
灯します。
アラームインジケータ ( 赤信号 ) 表示
レシピインジケータ ( 緑 )
図 4. ブース制御 ( 表 2 を参照 )
TI11614A
17
EasyKey ディスプレイとキーパッド
EasyKey ディスプレイとキーパッド
キーパッド
LCD ディスプレイ
TI11630A
ナビゲーションキー
図 5.EasyKey ディスプレイとキーパッド
アラームリセットキー
表 3:EasyKey キーパッド機能
( 図 5 を参照してください )
表示
セットアップとスプレー操作に関連した、画像および
文字情報を表示します。バックライトは、キー操作が
一切無い状態が 10 分以上続くと消えます。再度電源
を入れるには、いずれかのキーを押してください。
注 : ディスプレイバックライトを点灯させるために
キーを押すとそのキーの機能も作動します。そのキー
が現在の操作にどれほど影響を及ぼすか分からない
場合、セットアップキーもしくはナビゲーションキー
を用いてそのディスプレイバックライトを点灯させ
てください。
キーパッド
数値データの入力、セットアップ画面への移動、画面
のスクロール移動、そしてセットアップ数値を選択す
るために使用されます。
セットアップ時に数値を入力するために使用される、
EasyKey キーパッド上の番号が振られたキーに加えて、
画面内、複数の画面間をナビゲートし、更に入力され
た数値を保存するキーがあります。表 3 を参照してく
ださい。
18
キー
機能
設定 : 設定モードを起動する又は終了するた
めに押します。
エンター: カーソルがメニューボックスにあ
る場合、メニューを表示するために
エンターキーを押してください。数値キー
パッドから入力された、またはメニューか
ら選択された数値を保存するには、エンター
を押してください。
上矢印を押すと、前の記入欄もしくはメ
ニュー項目、またはグループ中の前の画面に
進みます。
下矢印を押すと、次の記入欄もしくはメ
ニュー項目、またはグループ中の次の画面に
進みます。
左矢印を押すと、前の画面グループに移動し
ます。
右矢印を押すと、次の画面グループに移動し
ます。
アラームリセット : すべての動作中のアラー
ムをリセットします。ディスプレイの感受
性が鈍くなったら、連続して 4 回このキー
を押してディスプレイを再初期化させてく
ださい。
313345F
EasyKey ディスプレイとキーパッド
光ファイバーストレ
インリリーフポート
音響アラーム
AC 電源
スイッチ
主電源のア
クセスポー
ト
接地ネジ
I/S 電源
Graco ウェブイ 離散 I/O ケーブル
ンターフェイス コネクタポート
TI12638a
TI12657a
図 6.EasyKey 接続と AC 電源スイッチ
AC 電源スイッチ
システムの AC 電源スイッチをオンまたはオフにし
ます。
I/S 電源
液体ステーションへの電源回路。
音響アラーム
アラームが発生すると、ユーザに警告します。どのア
ラームがアラーム音を発生させているか選択するため
の使用可能な設定は、29 ページの設定画面 1 に記載さ
れています。
アラームリセットキー を押して音響アラー
ムをクリアします。
たとえアラームリセットキーを押した後も、混合剤の
十分な量が排出されて期限切れの材料が確実に排出さ
れるまで、音響アラームの時間を超過したときに出る
ポットライフのアラームメッセージは表示されたまま
になります。
313345F
Graco ウェブインタフェースポート
PC から通信して、以下を実行するために使用されます。
 ソフトウェアのアップグレード
 ソフトウェアバージョンの表示
 ダウンロード
• ジョブおよびアラームログ
• 材料使用レポート
• セットアップ値 ( アップロード可
)
 ジョブ、アラームおよび材料使用レポート
のクリア
 画面に表示するカスタム言語のアップロー
ド
 工場出荷時設定の復元
 設定パスワードの復元
詳細に関しては、取扱説明書 313386 を参照してくだ
さい。
イーサネット接続
ユーザは適切な設定を行なえば、インターネットを
通じてオフィスまたは産業ネットワークのデータにア
クセスすることができます。詳細に関しては、取扱説
明書 313386 を参照してください。
19
実行モード画面
実行モード画面
注:実行画面のマップについては 図 9 を参照してくだ
さい。詳細な画面内容の説明が続きます。
スプラッシュ画面
電源を入れた際、Graco ロゴとソフトウェア改訂が約
5 秒間表示され、続いてステータススクリーン が表示
されます ( 22 ページ参照 )。
図 7. スプラッシュ画面
スプラッシュスクリーンも短時間「通信を確立中」と
いうメッセージを表示します。このディスプレイが 1
分間以上の表示されたままの状態になった場合、液体
ステーション配電盤の電源が入っているか (LED がオ
ン )、および光ファイバーケーブルが適切に接続され
ていること ( 取り付け説明書を参照してください )
を確認してください。
注:液体プレートのソフトウェアバージョンが
EasyKey のバージョンと合わなかった場合、EasyKey
は液体プレートをアップデートし、アップデートが完
了するまで、液体プレートプログラミング画面が表示
されます。
図 8. 液体プレートプログラミング画面
20
313345F
実行モード画面
セットアップモードに入るには、
セットアップキーを押してくださ
い。
TI12783a
図 9. 実行画面のマップ
313345F
21
実行モード画面
ステータススクリーン
•
•
•
4
アップまたは ダウンキーを使用して実行画面
内をスクロールします。
セットアップキー を押してステータス画面から
セットアップ画面に移ります。
他のキーは、このステータス画面では機能を持っ
ていません。
1
2
3
10
8
6
7
8
7
4
5
9
9
6
5
図 10. ステータススクリーン
図 10 の記号解説 :
1 アクティブレシピ : アクティブなレシピが表示さ
れています。
注:パワーが増した状態ではシステムはデフォル
トのレシピ 61 になりますが、これは有効なレシピ
番号ではありません。
2 対象比率 : アクティブレシピ用の比率です。比率
は 0.0:1-50.0:1 の範囲内で、0.1 単位で変動し
ます。
3 実際比率:A と B のそれぞれの投与後に計算され
た 100 分 1 単位の数値。
22
10
ポットライフタイマ : 残りのポットライフ時間を
分で表示します。2 つのガンがある場合、2 つの時
間が表示されます。
ステータスバー:現在のアラームまたは操作モー
ド ( スタンバイ、混合、パージ、レシピ変更、
あるいは現在のアラーム ) を表示します。
現在のフローレート :cc/ 分単位
アニメーション : ガンの引き金が引かれた場合、
ガンのマークが表示され、コンポーネント A ま
たは B ホースが点灯し、どちらのコンポーネント
ディスペンスバルブが開いているかを示します。
現在の日時
画面番号とスクロール矢印:現在の画面番号と、
グループにある画面の合計数を表示します。画面
右端の上矢印と下矢印は、スクロール機能を示し
ています。いくつかのグループごとの画面の合計
数は、システム設定の選択肢によって異なる場合
があります。
ロックシンボル : セットアップ画面がパスワード
によって保護されていることを示します。26 ペー
ジを参照してください。
313345F
実行モード画面
合計画面
合計のリセット画面
図 11. 合計画面
図 12. 合計のリセット画面
この画面には、作業合計、充填総数、総計と作業数
が表示されます。作業合計 ( 作業完了 ) と溶剤合計
( 溶剤リセット ) をリセットするには、タブを使用す
るか、24 ページのレベルコントロール画面へ進んでく
ださい。
作業合計は、一般的に混合モード中に排出される材料
を示します。ガントリガーが「オン」の状態で材料が
霧状もしくはスプレーされている可能性があります。
一般的に充填合計は、色彩変更もしくはパージ操作以
降の混合充填モード中の排出された材料となります。
この場合、スプレーされず霧状にならず、パージ容
器の中に排出されます。
溶剤合計及び溶剤リセットタブは、(31 ページ )
の設定画面 5 にある溶剤監視ーに基づいて「メータ」
が選択された場合にのみ表示されます。
注:総合計はリセットすることができません。
作業がリセットされると、作業番号は初期設定で一
区分増加します。
313345F
溶剤のリセット画面
図 13. 溶剤合計のリセット画面
画面が、ユーザが溶剤の合計値をリセットすること
を望むかどうかを尋ねてきます。「はい」か「いいえ」
を選択してください。
23
実行モード画面
アラーム画面
図 14. アラーム画面
2 つの画面が直近の 10 回のアラーム履歴を表示し
ます。 アップ または ダウン キーを使用し て 2
つの画面の間をスクロールします。
アラームコードのリストについては、80 ページの
表 10 を参照してください。
量の 25% が混合された後に、第 2 のアラームが発
生します。アラームをクリアするには、タンク容
量を補充してください。
図 16. タンク低レベル画面 ( タンク A の図示 )
レベルコントロール画面
図 15. レベルコントロール画面
この画面は、それぞれの液体の最新の量が表示され
ています。この画面上で実際の量を調整するか、また
はタブを使用して使用方法 ( 合計画面、23 ページ )
へ進みます。アラームレベルの値は高度なウェブイン
ターフェイスを使用することで調節できます。
図 16 を参照してください。タンク容量が最低限度レ
ベルに達すると、EasyKey 画面はタンク低レベルア
ラームを表示し、ユーザに次のアクションアイテム
のうちいずれか一つを実行するよう促します。:
1. アラームをクリアするには、タンク容量を補充し
てください。
2. 「残り 25% のスプレー噴霧」を選択して、混合を再
開します。この選択肢が選択された場合、残りの
24
313345F
セットアップモード
セットアップモード
セットアップモードに入るには、 セットアップキー
を押してください。
注:セットアップ画面のマップについては、図 17 をご
覧ください。詳細な画面内容の説明が続きます。
セットアップモードに入るには、 セッ
トアップキーを押してください。
この画面は、パスワードが有効化された
ときのみ、表示されます。
高度なセットアップスクリーンにアクセスするには、34
ページ、及び レシピセットアップ画面へのアクセスは
ページ 38 参照。
システム設定画面にアクセスするには、
28 ページ参照。
セットアップモードを終了してステータス画面に
戻るには、 セットアップキーを押してくださ
い。
この画面は、パスワードが有効化されると短
時間表示されます。
図 17. 画面マップのセットアップ
313345F
TI12784a
25
セットアップモード
パスワード画面
パスワードが有効化されている場合 (29 ページ設定画
面 1 を参照 )、パスワード画面が表示されます。ホー
ム画面のセットアップにアクセスするには、パスワー
ドを入力する必要があります。無効なパスワードを
入力すると、ディスプレイがステータススクリーン
に戻ります。
注:お客様がパスワードを忘れてしまった場合、お客
様は、ProMix 2KS ウェブインターフェイス ( 説明書
313386 を参照 ) を使用して、パスワードを (0 に )
リセットすることができます。
ホーム画面のセットアップ
図 20. ホーム画面のセットアップ
図 18. パスワード画面
注:パスワードがアクティブにされた場合、セッ
トアップモード終了後に「セットアップはロックさ
れました」と一時的に表示されてから、ステータスス
クリーン画面に戻ります。 ロックシンボルがステー
タススクリーン に表示されます。
セットアップモードに移るとき、この画面が表示さ
れます。そこからレシピと高度なセットアップスク
リーン (34 ~ 42 ページ ) またはシステム設定画面
(28 ~ 31 ページ ) に移動できます。 エンター
キーを押して選択された画面セットに進みます。
また、画面は、ソフトウェアバージョンおよび様々
なコンポーネントのインターネットアドレスを表示し
ます。図 20 に表示される値は単なる例であり、ご使
用の画面によって変わる可能性があります。詳細につ
いては、表 4 を参照してください。
図 19. ロックされたセットアップ画面
26
313345F
セットアップモード
表 4: コンポーネントソフトウェアのバージョン
ディスプレイ
( 図示されている
例とは異なる場合
がある )
説明
コンポーネント
EK (EasyKey)
3.01.001
EasyKey ソフトウェアバージョン。
FP ( 液体プレート) 3.01.001
液体プレートソフトウェアバージョン。
BC ( ブース制御 ) -.ブースは制御はインストールされていないか、検出されない
かまたは操作できません。
1.XX
ブース制御ソフトウェアバージョン 1.00 または 1.01。
2.XX
ブース制御ソフトウェアバージョン 2.XX。
C1/C2 ( 色彩変更モ -.色彩変更モジュール 1/2 はインストールされず、検出され
ジュール 1 および 2)
ず、操作もできません。
1.XX
色彩変更モジュールソフトウェアバージョン 1.00 または
1.01。
2.XX
色彩変更モジュールソフトウェアバージョン 2.XX。
AK (Autokey)
記号なし
Autokey はインストールされず検出もされません。システム
は、2K 手動モードでのみ運転されます。
2K - 自動
2K Autokey が検出されました。システムは、2K 手動モー
ド、半自動モードまたは自動モードで運転できます。
3K - 自動
3K Autokey が検出されました。システムは、3K 手動モー
ド、半自動モードまたは自動モードで運転できます。
XP (XPORT)
バージョン
XPORT ネットワークモジュールソフトウェアのバージョン。
6.6.0.2
他のバージョンも使用できます。
MC ( マイクロコント 1042.0198
液体プレートマイクロコントローラバージョンの例他のバー
ローラ )
ジョンも使用できます。
Axx By Cz
A30 B4 Cx
色彩変更ボードバルブの構成(設定)これは、コンポーネ
ントのそれぞれに対して使用可能なバルブの数を示します。
システムに接続された色彩変更ボードの構成(設定)スイ
ッチによって設定します。
コード 説明
この機械の構成では使用できない部品
x
この機械構成で使用されない部品
1
コンポーネントは使用可能だが変更スタックはな
い。
4-30 コンポーネントは使用可能で変更スタックあり。
溶剤バルブによって洗浄されたバルブの数
IP ( インターネットア 192.168.178.3 EasyKey に設定されているアドレスの例は、基本及び高度の
ドレス )
ウェブインターフェースレポーティング用に設定されます。
MAC (MAC アドレス ) 00204AAD1810 インターネット MAC アドレスの例。各 EasyKey は、この形
式では異なる値になります。
313345F
27
セットアップモード
システム設定画面
注:システム設定画面のマップに関しては図 21 を参照 注:それぞれの画面に現在の画面番号とグループにあ
してください。詳細な画面内容の説明が続きます。
る画面の合計数が表示されます。
TI12785a
図 21. システム設定とオプション画面マップ
28
313345F
セットアップモード
設定画面 1
画面タイムアウト
画面タイムアウトを分単位で選択します (0-99)。
デフォルトは 5 です。
設定画面 2
図 22. 設定画面 1
言語
画面の本文の言語を定義します。英語 ( 初期設定 )、
スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、
オランダ語、日本語 ( 漢字 )、韓国語と中国語
( 簡体字 ) 、カスタムを選択してください。
注 : 規定外の言語をサポートする為に画面を修正す
る場合のカスタム言語機能の使用に関する指示につい
ては、書類 313386 を参照ください。
パスワード
パスワードは、セットアップモードに入るためだけ
に使用されます。初期設定は 0 になっており、セッ
トアップ機能に進むためのパスワードは不要です。
パスワードの設定を希望する場合は、1 ~ 9999 まで
の数字を入力します。
注:パスワードは書き留めておき、安全な場所に保管
することをお奨めします。
表示単位
任意の表示装置を選択してください :
• cc/ リットル ( 初期設定 )
• cc/ ガロン
ブザー アラーム
出荷時設定ではアラームブザーは「ポットライフ
アラーム のみ」に設定されており、ポットライフ
アラーム (E-2) のみでアラームブザーが鳴ります。
すべてのアラームでブザーを鳴らすには、「全アラー
ム」に設定します。
「ポットライフ以外全」に設定し、ポットライフアラー
ム (E2) 以外の全てのアラームに対してブザーを鳴らせ
ます。ポットライフアラームを処理する為の別の有効
な方法が実行されていない場合、このオプションはお
勧めできません。
313345F
図 23. 設定画面 2
月
現在の月を入力します。
日
現在の日を入力します。
年
現在の年度を入力します (4 桁 )。
時刻
現在の時間を時間 (24 時間表記 ) 、分及び秒単位
で入力します。秒数は調整できません。
日付形式
月 - 日 - 年、日 - 月 - 年もしくは 年 - 月 - 日 を選択
します。
29
セットアップモード
設定画面 3
設定画面 4
図 24. 設定画面 3
図 25. 設定画面 4
1K/2K/3K
この値を設定してシステム性能レベルの内容表記を表
示します。装備したシステムレベル以外の値を選択す
ると機能性が制限されてしまいます。
運転モード
注 : オートキーを設置すると、半自動及び自動の追加
の選択が使用可能となります。
これが手動システムであることを示しています。
ダンプバルブ A
cc ボードから色彩変更オプションが検出された場合に
のみ、このフィールドは表示されます。オプションの
ダンプバルブ A が取り付けられその使用が望まれてい
る場合、「オン」を選択します。
ダンプバルブ B
このフィールドは、cc ボードから触媒変更オプショ
ンが検出された場合にのみ、すなわちダンプバルブ B
が存在している場合に、表示されます。オンが唯一の
設定です。
第 3 洗浄バルブ
初期設定はオフです。システムにオプションの第 3
洗浄バルブが含まれている場合は、オンに設定します。
溶剤メータ
投与時間 (1 ~ 99 秒 ) を入力します。投与時間ア
ラームが起動する前に、一回の投与で発生すること
を可能にされた時間の長さをさします。
容量サイズ
プルダウンメニューから合計投与サイズ (cc) を選択
してください :100、50、25、10、または DD を選択し
て、ダイナミックドーシング(動的投与)をオンにし
ます ( 48 ページ参照 )。
例:
合計のドースサイズは 50 cc、比率は 4.0:1 で、コン
ポーネント A のドースサイズは 40 cc で B のドース
サイズは 10 cc です。
注:高流量または比率がより広範な用途で投与サイズ
を増やしてください。低流量の条件下においてより優
れた混合を実現させるためには、投与サイズを減らし
ます。
ガン数
スプレーガンの数 (1 または 2) を入力します。
ガン洗浄ボックス
ガン洗浄ボックスの数 ( オフ、1、または 2) を入力し
ます。
注 : 色彩変更及び洗浄目的では、2 つのガンシステムを
使用する場合 2 つの GFB を取り付けることをお勧めし
ます。
DD セットアップモード
図 26 と図 27 ( ページ ) を参照してください 31。
30
313345F
セットアップモード
特殊出力
手動システムで特殊出力を使用する場合、ディスク
リート I/O 統合ボードの取り付けが必要になります。
Graco パーツ番号 15V825 のディスクリート I/O 統合
ボードキットを御注文ください。取扱説明書 406800
を参照してください
注 : システムのパワーが増した状態では特殊出力によ
り最大で 1/4 秒間作動させる可能性があります。
特殊出力 (0-4 または 3 + GFB on #4) を選択してく
ださい。「0」を選択すると、特殊出力の使用が無効に
図
26.
設定画面
4、ダイナミックドーシング(動的投
なります。「3 + GFB on #4」のを選択すると、他の 3
与)を選択
つの特殊出力 (1 ~ 3) はユーザー既定の機能として
使用可能となり、特殊出力 #4 の設定はガン洗浄ボック
スに対して構築された設定を複製します。
各出力には、レシピセットアップ画面で指定された 2
つの異なる開始時間と継続時間があります (32 ページ
のオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力が「レシピ」
に設定される)、もしくは高度制御設定スクリーンで
(32 ページのオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力
が「グローバル」に設定される )。
溶剤モニター
溶剤モニターを選択してください ( オフ、フロース
イッチ、またはメータ )。
図
27.
設定画面
4、ダイナミックドーシング(動的投
与)のセットアップモードを有効化
「メーター」を選択すると、システムは使用した溶剤
の量を追跡します。溶剤合計の詳細については、合計
DD セットアップモード
画面 (23 ページ ) を参照してください。
ドースサイズ欄で「DD」を選択すると、ダイナミック ウェブブラウザ IP
ドーシング(動的投与)セットアップモード欄が表示
されます。オンを選択して DD セットアップモードを 初期設定のウェブブラウザー IP アドレスプレフィッ
有効にするか、またはオフを選択して無効にします。 クスは 192.168.178.__ です。ご利用のシステムの各
より詳しい情報については、49 ページを参照してく
EasyKey につき、固有の番号を割り当てて (1-99)、
ださい。
ここに入力します。
制御ネットワーク ID
設定画面 5
グラコゲートウェイネットワークシステムに使用され
ます。詳細については、グラコゲートウェイ説明書
312785 を参照してください。
図 28. 設定画面 5
313345F
31
セットアップモード
オプション画面
注:オプション画面 のマップに関しては、28 ページの 最小材料充填量
図 21 をご覧ください。詳細な画面内容の説明が続き 0-9999 cc を入力します。
ます。
注:それぞれの画面に現在の画面番号とグループにあ 認証画面
る画面の合計数が表示されます。
オプション画面 1
図 29. オプション画面 1
洗浄容量確認
31 ページの設定画面 5 の溶剤監視が「メータ」に設
定されている場合のみ、この記入欄は表示されます。
「オン」に設定されている場合、最小洗浄体積が 39
ページのレシピセットアップ画面 2 に表示されます。
フラッシュ入力および充填入力
「グローバル」に設定されている場合、色彩 / 触媒パー
ジ及び色彩 / 触媒充填が高度なセットアップスクリー
ン 1(35 ページ ) に加えられます。高度なセットアップ
スクリーン 2、3、及び 5 が加えられます。35 ~ 37
ページを参照してください。
「レシピ」に設定されている場合、色彩 / 触媒パー
ジと色彩 / 触媒充填が 39 ページのレシピセットアップ
画面 2 に加えられます。レシピセットアップ画面 3、
4 及び 7 が加えられます。40 ~ 42 ページを参照して
ください。
K- ファクター入力
システムが使用するすべての材料に対して材料特性、
洗浄及び充填特性あるいは K 因子が同じであれば、
グローバルモードが有効です。
「グローバル」に設定されている場合、36 ページの高度
なセットアップスクリーン 4 が加えられます。
「レシピ」に設定されている場合、41 ページのレシピ
セットアップ画面 5 が加えられます。
32
図 30. 認証画面
認証
オプション画面 1 において洗浄及び充填入力または K
ファクター入力が「レシピ」から「グローバル」変更
された場合、この画面は表示されます。
313345F
セットアップモード
オプション画面 2
チョップ後の B パージ
注 : 溶剤で最終パージサイクルからホップサイクルを
分離する場合に使用し、ある種類の材料による問題の
反応を防止することができます。
チョップサイクル後のインテグレーターの B パージバ
ルブの 2 秒間の爆発 (2 s B) 操作(オプション)
色彩変更チャート及びタイミング情報に関しては、
67 ページの色彩変更シーケンスを参照してください。
図 31. オプション画面 2
オートダンプ
自動ダンプ機能が使用されている場合、「溶剤プッ
シュ」もしくは「混合剤充填押出し」に設定します。
自動ダンプ機能が有効化されると、ガン洗浄ボックス
が使用可能となり、ポットライフアラームが 2 分間起
動し、選択したオプションに従ってシステムは自動的
に古い材料を洗浄もしくは押出します。
供給溶剤を用いて「溶剤プッシュ」により期限の切れ
た材料が洗浄されます。詳細に関しては、溶剤プッ
シュ機能(63 ページ)を参照してください。
「混合剤充填押出し」により期限の切れた材料が新しい
混合剤で押出されます。十分な材料が押出されたら、
ポットライフアラームはリセットされます。詳細に関
しては、混合剤充填押出し機能(64 ページ)を参照し
てください。
流量モニター
「オン」にセットされると、レシピセットアップ画面 6
(41 ページ)が追加され、高フロー及び低フローの限界
値のセッティングが可能になります。
「オフ」にセットされると、フローレート監視が無効に
なり、レシピセットアップ画面 6 ( 41 ページ ) が表
示されません。
溶剤押出しを有効
注 : 詳細に関しては、溶剤プッシュ機能(63 ページ)
を参照してください。
溶剤プッシュの機能を有効にするには、「溶剤」または
「第 3 バルブ」を選択します ( 設定画面 3(30 ペー
ジ)の第 3 洗浄バルブが「オン」に設定されている
場合に利用可能 )。
溶剤プッシュ機能を無効にするには、「オフ」に設定し
ます。
313345F
33
セットアップモード
高度なセットアップスクリーン
注:高度なセットアップスクリーンのマップに関して
は図 32 を参照してください。詳細な画面内容の説明が
続きます。
オプション画面 1 と 2 で選択
された項目に応じて、高度な
セットアップ画面 2、3、4、5
が表示されます。
図 32. 高度なセットアップ画面マップ
34
TI12786a
313345F
セットアップモード
注:それぞれの画面に現在の画面番号とグループにあ 充填時間
る画面の合計数が表示されます。グループごとの画面 色彩変更モジュールがネットワークで接続され、洗浄
の合計数とそれぞれの画面上に表示されるフィールド とフィルの入力が 32 ページのオプション画面 1 で
は、システム設定画面 とオプション画面 で選択され 「グローバル」に設定されている場合のみ、この記入
た選択肢によって異なる場合があります。
欄は表示されます。充填時間 (0 ~ 99 秒 ) を入力し
ます。それは、色彩または触媒モジュールからドース
高度なセットアップスクリーン 1
バルブまたはダンプバルブまでのラインを満たすのに
かかる時間の長さをさしています。
高度なセットアップスクリーン 2
図 33. 高度なセットアップスクリーン 1
ガン 1/ ガン 2 ポットライフ量
各ガンのポットライフ量 (1 ~ 1999cc) を入力し
ます。これは、ポットライフタイマがリセットされる
前に、ミックスマニホールド、ホースとアプリケータ /
ガンを通して動くために必要とされる材料の量です。
以下の情報を使用して、概算ポットライフ量 (PLV)
を cc 単位で決定します。
ホース内径 量 (cc/フィート
(30.48cm) )*
( インチ )
3/16
5.43
1/4
9.648
3/8
21.71
インテグレータマニホールド及びミキサー量 = 75 cc
スプレーガン量 = 20 cc
( ホース量 * x ホース長さ ) + 75 + 20 = PLV
パージ時間
色彩変更モジュールがネットワークで接続され、
洗浄とフィルの入力が 32 ページのオプション画面 1
で「グローバル」に設定されている場合のみ、この記
入欄は表示されます。パージ時間 (0 ~ 99 秒 ) を入
力します。それは、色彩または触媒モジュールから
ドースバルブまたはダンプバルブまでのラインを洗浄
するためにかかる時間の長さです。
313345F
図 34. 高度なセットアップスクリーン 2
洗浄及びフィル入力が 32 ページのオプション画面 1
で「グローバル」に設定されている場合のみ、このス
クリーンは表示されます。
ファーストパージ
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択し
て下さい(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バルブ
が「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )。
チョップタイプ
「エア / 溶剤」、または「エア / 第 3 洗浄バルブ」を選
択します ( 30 ページの設定画面 3 で第 3 洗浄バルブ
が「オン」に設定されている場合のみ利用できます ) 。
これは、洗浄サイクルの間、ラインを清掃し、溶剤の使
用量を減らすのに役立てるために、空気と溶剤 ( また
は空気と第 3 洗浄液体 ) の混合工程を示しています。
ラストパージ
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択して
下さい(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バルブが
「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )。
エアチョップ時間
エアチョップ時間 (0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
溶剤チョップ時間 / 第 3 洗浄バルブチョップ時間
溶剤、または第 3 洗浄バルブのチョップ時間
(0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
35
セットアップモード
高度なセットアップスクリーン 3
高度なセットアップスクリーン 4
図 35. 高度なセットアップスクリーン 3
図 36. 高度なセットアップスクリーン 4
洗浄及びフィル入力が 32 ページのオプション画面 1
で「グローバル」に設定されている場合のみ、このス
クリーンは表示されます。
ガンの数が 30 ページの設定画面 4 で「2」に設定さ
れている場合、ガン 2 コラムがこのスクリーン上に表
示されます。
ファーストパージ時間
初回パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
合計チョップ時間
合計チョップ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
ラストパージ時間
最終パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
混合物充填時間
混合物充填時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。それ
は、ドースバルブからアプリケータ / ガンを混合され
た材料で満たすのに必要な時間を指しています。
32 ページのオプション画面 1 で K ファクター入力が
「グローバル」に設定された場合のみ、この画面は表示
されます。
K ファクター A メータ
流量計 A の K 要因 (cc / パルス ) を入力します。
これは、1 パルスごとに流量計を通過する材料 ( 電気
パルス信号 ) の量をさします。
K ファクター B メータ
流量計 B の K 因子 (cc/ パルス ) を入力します。
K- ファクター溶剤
31 ページの設定画面 5 で溶剤監視が「メータ」に設定
されている場合のみ、この記入欄は表示されます。溶
剤流量計の K 因子 (cc/ パルス ) を入力します。
36
313345F
セットアップモード
高度なセットアップスクリーン 5
図 37. 高度なセットアップスクリーン 5
32 ページのオプション画面 1 で洗浄及び充填入力が
「グローバル」にセットされ、更に 31 ページの設定画
面 5 で特別出力が 1、2、3 または 4 にセットされてい
る場合のみ、この画面は表示されます。I/O ボードに
は 4 つのプログラム可能な出力があります。
パージ - オン
特殊出力が作動する前のパージサイクル開始時におけ
る遅延時間
時間
パージサイクル中作動する特殊出力の時間
充填 - オン
特殊出力が作動する前の充填サイクル開始時における
遅延時間
時間
充填サイクル中作動する特殊出力の時間
313345F
37
セットアップモード
レシピセットアップ画面
注:レシピ画面のマップについては図 38 をご覧ください。詳細な画面内容の説明が続きます。
レシピ 0 画面
オプション画面 1 および 2
で選択された選択肢によっ
て、レシピ画面 3、4、5、6、
と 7 が表示されます
図 38: レシピ画面マップ
38
TI12787a
313345F
セットアップモード
注:それぞれの画面に現在の画面番号とグループに
ある画面の合計数が表示されます。グループごとの
画面の合計数とそれぞれの画面上に表示されるフィー
ルドは、システム設定画面 とオプション画面 で選択
された選択肢によって異なる場合があります。
レシピセットアップ画面 2
レシピセットアップ画面 1
図 40. レシピセットアップ画面 2
図 39. レシピセットアップ画面 1
比率
コンポーネント B に対するコンポーネント A の混合
比率 (0.0:1 ~ 50:1) を入力します。
比率許容範囲
比率許容値 (1 ~ 99%) を入力します。これは、比率
アラームが発生する前に、システムが許容する変動率
を示しています。
コンポーネント A ( 色彩 ) バルブ ( 存在する場合 )
このフィールドは、システムに色彩変更モジュールが
含まれる場合にのみ表示されます。色彩バルブ番号
(1 ~ 30) を入力します。
コンポーネント B ( 触媒 ) バルブ ( 存在する場合 )
このフィールドは、システムに色彩変更モジュールが
含まれる場合にのみ表示されます。触媒バルブ番号
(1 ~ 4) を入力します。
313345F
最低洗浄量
洗浄量チェックがオプション画面 1 (32 ページ )
で「オン」に設定されている場合のみこの記入欄は表
示されます。最小洗浄体積 (0 ~ 9999 cc) を入力し
ます。0 を入力すると、この機能を無効化します。
ポットライフ時間
ポットライフ時間 (0 ~ 999 分 ) を入力します。
0 を入力すると、この機能を無効化します。
パージ時間
色彩変更モジュールがネットワークで接続され、洗浄
とフィルの入力が 32 ページのオプション画面 1 で
「レシピ」に設定されている場合のみ、この記入欄は表
示されます。パージ時間 (0 ~ 99 秒 ) を入力します。
それは、色彩または触媒モジュールからドースバルブ
またはダンプバルブまでのラインを洗浄するためにか
かる時間の長さです。
充填時間
色彩変更モジュールがネットワークで接続され、洗浄
とフィルの入力が 32 ページのオプション画面 1 で
「レシピ」に設定されている場合のみ、この記入欄は
表示されます。充填時間 (0 ~ 99 秒 ) を入力します。
それは、色彩または触媒モジュールからドースバルブ
またはダンプバルブまでのラインを満たすのにかかる
時間の長さをさしています。
39
セットアップモード
レシピセットアップ画面 3
レシピセットアップ画面 4
図 41. レシピセットアップ画面 3
図 42. レシピセットアップ画面 4
32 ページのオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力が
「レシピ」に設定されている場合のみ、このスクリーン
は表示されます。
ファーストパージ
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択して
下さい(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バルブが
「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )。
チョップタイプ
「エア / 溶剤」、または「エア / 第 3 洗浄バルブ」を選
択します ( 30 ページの設定画面 3 で第 3 洗浄バルブ
が「オン」に設定されている場合のみ利用できます ) 。
これは、洗浄サイクルの間、ラインを清掃し、溶剤の使
用量を減らすのに役立てるために、空気と溶剤 ( また
は空気と第 3 洗浄液体 ) の混合工程を示しています。
ラストパージ
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択して
下さい。(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バルブが
「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )
エアチョップ時間
エアチョップ時間 (0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
溶剤チョップ時間 / 第 3 洗浄バルブチョップ時間
溶剤、または第 3 洗浄バルブのチョップ時間
(0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
32 ページのオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力が
「レシピ」に設定されている場合のみ、このスクリーン
は表示されます。
ガンの数が 30 ページの設定画面 4 で「2」に設定さ
れている場合、ガン 2 コラムがこのスクリーン上に表
示されます。
ファーストパージ時間
初回パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
合計チョップ時間
合計チョップ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
ラストパージ時間
最終パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
混合物充填時間
混合物充填時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
それは、ドースバルブからアプリケータ / ガンを混合
された材料で満たすのに必要な時間を指しています。
40
313345F
セットアップモード
レシピセットアップ画面 5
レシピセットアップ画面 6
図 43. レシピセットアップ画面 5
図 44. レシピセットアップ画面 6
32 ページ のオプション画面 1 で K 因数入力が「レシ
ピ」に設定された場合のみ、この画面は表示されます。
K ファクター A メータ
流量計 A の K 要因 (cc / パルス ) を入力します。
これは、1 パルスごとに流量計を通過する材料 ( 電気
パルス信号 ) の量をさします。
K ファクター B メータ
流量計 B の K 因子 (cc/ パルス ) を入力します。
K- ファクター溶剤
31 ページの設定画面 5 で溶剤監視が「メータ」に設
定されている場合のみ、この記入欄は表示されます。
溶剤流量計の K 因子 (cc/ パルス ) を入力します。
33 ページのオプション画面 2 でフローレートモニター
が「オン」に設定された場合のみ、この画面は表示さ
れます。
流量モニター
流量モニターを選択してください ( オフ、警告、
またはアラーム )。
低フローリミット
低流量限度 (1 ~ 3999 cc/ 分 ) を入力します。
高流量リミット
高流量限度 (1 ~ 3999 cc/ 分 ) を入力します。
313345F
41
セットアップモード
レシピセットアップ画面 7
図 45. レシピ画面 7
32 ページのオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力が
「レシピ」に設定され、更に 31 ページの 設定画面 5£
で特別出力が 1、2、3、4 または「3 + GFB on #4」に
設定されている場合のみ、この画面は表示されます。
I/O ボードには 4 つのプログラム可能な出力があり £
ます。
注:特別出力が「3 + GFB on #4」に設定されると、£
レシピ 0 画面 4 は特別出力4に関する情報のコラムを
表示しません。その出力は GFB #1 に割り当てられた £
値を想定します。
パージ - オン
特殊出力が作動する前のパージサイクル開始時におけ
る遅延時間
時間
パージサイクル中作動する特殊出力の時間
充填 - オン
特殊出力が作動する前の充填サイクル開始時における
遅延時間
時間
充填サイクル中作動する特殊出力の時間
42
313345F
セットアップモード
レシピ 0 画面
注:レシピ 0 画面のマップについては、図 38
(38 ページ ) をご覧ください。詳細な画面内容の
説明が続きます。
レシピ 0 の典型的な使用 :
• 新しい色をロードせずに材料ラインをパージす
る複数の色彩システム
• 触媒作用の生じた材料の硬化を防ぐためのシフト
の終了時
注:それぞれの画面に現在の画面番号とグループにあ
る画面の合計数が表示されます。グループごとの画面
の合計数とそれぞれの画面上に表示されるフィールド
は、システム設定画面 とオプション画面 で選択され
た選択肢によって異なる場合があります。
エアチョップ時間
エアチョップ時間 (0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
溶剤チョップ時間 / 第 3 洗浄バルブチョップ時間
溶剤、または第 3 洗浄バルブのチョップ時間
(0.0 ~ 99.9 秒 ) を入力します。
レシピ 0 画面 2
レシピ 0 画面 1
図 47. レシピ 0 画面 2
ガンの数が 30 ページの設定画面 4 で「2」に設定さ
れている場合、ガン 2 コラムがこのスクリーン上に表
示されます。
パージ時間
このフィールドは、システムに色彩変更モジュールが
含まれる場合にのみ表示されます。それは、色彩また
は触媒モジュールからドースバルブまたはダンプバル
図 46. レシピ 0 画面 1
ブまでのラインを洗浄するためにかかる時間の長さ
です。パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
ファーストパージ
ファーストパージ時間
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択し
初回パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
て下さい(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バル
ブが「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )。 合計チョップ時間
合計チョップ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
チョップタイプ
「エア / 溶剤」、または「エア / 第 3 洗浄バルブ」を選 ラストパージ時間
択します ( 30 ページの設定画面 3 で第 3 洗浄バルブ 最終パージ時間 (0 ~ 999 秒 ) を入力します。
が「オン」に設定されている場合のみ利用できます ) 。
これは、洗浄サイクルの間、ラインを清掃し、溶剤の
使用量を減らすのに役立てるために、空気と溶剤
( または空気と第 3 洗浄液体 ) の混合工程を示し
ています。
ラストパージ時間
「エア」、「溶剤」、又は「第三洗浄バルブ」を選択して
下さい。(30 ページの設定画面 3 で第三洗浄バルブが
「オン」に設定されている場合に限り利用可能 )
313345F
43
セットアップモード
レシピ 0 画面 3
レシピ 0 画面 4
図 48. レシピ 0 画面 3
図 49. レシピ 0 画面 4
溶剤監視ーが 31 ページの設定画面 5 で「メータ」
にセットされ更に洗浄量チェックが 32 ページのオプ
ション画面 1 で「オン」に設定されるか、または第 3
洗浄バルブが 30 ページの設定画面 3 で「オン」に設
定された場合にのみ、この画面は表示されます。
最低洗浄量
洗浄量チェックがオプション画面 1 (32 ページ )
で「オン」に設定されている場合のみこの記入欄は表
示されます。最小洗浄体積 (0 ~ 9999 cc) を入力し
ます。
終了充填源
30 ページの設定画面 3 で第 3 洗浄量バルブが「オン」
にセットされた場合のみ、このフィールドは表示され
ます。「オフ」、「エア」、「溶剤」、又は「第三バルブ」
を選択して下さい。
32 ページのオプション画面 1 で洗浄及びフィル入力が
「レシピ」に設定され、更に 31 ページの 設定画面 5
で特別出力が 1、2、3、4 または「3 + GFB on #4」に
設定されている場合のみ、この画面は表示されます。
I/O ボードには 4 つのプログラム可能な出力があり
ます。
注:特別出力が「3 + GFB on #4」に設定されると、
レシピ 0 画面 4 は特別出力4に関する情報のコラム
を表示しません。その出力は GFB #1 に割り当てられた
値を想定します。
パージ - オン
特殊出力が作動する前のパージサイクル開始時におけ
る遅延時間
時間
パージサイクル中作動する特殊出力の時間
充填 - オン
特殊出力が作動する前の充填サイクル開始時における
遅延時間
時間
充填サイクル中作動する特殊出力の時間
44
313345F
セットアップモード
較正画面
図 50. 較正画面
この画面を使用してメータを較正します。「メータ A」、
「メータ B」、又は「溶剤メータ」に設定します
(31 ページの設定画面 5 で溶剤監視が「メータ」
に設定されている場合利用可能 )。
• 開始 - 較正の開始
• 中止 - 較正の中止
• パージ - 較正後サンプリングバルブをパージ
メーター較正の時期と方法については、65 ページの
メータ較正を参照してください。
313345F
45
システム操作
システム操作
操作モード
混合
システムは材料を混合及びディスペンスします。
スタンバイ
システムを停止させます。
パージ
エアおよび溶剤を使用してシステムをパージします。
順次投与
コンポーネント A と B は、混合比率を達成するの
に必要な量を段階的に排出します。
動的投与
通常の操作 ( 比率 1: 1 以上 ) 時は、コンポーネ
ント A は常に排出し続けます。コンポーネント B
は、混合比率を達成するのに必要な量を断続的に排
出します。
レシピ ( 色彩 ) の変更
システムが自動的に古い色を洗浄し、新しい色をロー
ドするときのプロセス。
溶剤プッシュ
溶剤プッシュ機能は、溶剤で混合された材料をガン
に押し出すことで、ユーザがその材料を節約すること
を可能にします。この機能には、アクセサリーの溶剤
メータが必要です。完全な情報については 63 ペー
ジを参照してください。
混合剤充填押出し
混合剤充填押出しの特徴により、ユーザーはガンフ
ラッシュボックスで新しい材料を混合/流入させるこ
とによって材料のポットライフの期限切れを防止する
ことができます。完全な情報については 64 ページを
参照してください。
46
通常操作サイクル、シーケンシャ
ルドーシング
1. スプレーガン操作者は、任意のレシピを入力し、
ロードします。レシピ読込み中は色彩変更 LED
が点滅し、読み込みが完了すると点灯します。
2. オペレーターは混合
キーを押して操作
を開始します。
3. ProMix 2KS コントローラーは、ソレノイドバルブ
を作動させる信号を送信します。ソレノイドバル
ブは、ドースバルブ A と B を起動させます。
ガンのトリガーが引かれるときに、液体フロー
が始まります。
4. コンポーネント A と B は、下記のように一回につ
き一個ずつ液体インテグレータ (FI) に取り付けさ
れます。
a. ドースバルブ A(DVA) が開き、液体がインテ
グレータの中にフロー出ます。
b. 流量計 A (MA) は、排出された液体の量をモ
ニターし、ProMix 2KS コントローラに電気信
号を送信します。コントローラは、パルスと
信号を監視します。
c. 目標の量の排出が行われると、ドースバルブ A
が閉じます。
注:コンポーネント A 及び B の排出量は、ユーザ
によって設定され、ProMix 2KS コントローラに
よって計算された混合比率と投与サイズに基づい
ています。
d. ドースバルブ B (DVB) が開き、液体がインテ
グレータの中にフローして、コンポーネント A
と比例するかたちで並びます。
e. 流量計 B (MB) は、排出された液体の量をモニ
ターし、ProMix 2KS コントローラに電気信号
を送信します。
f. 目標の量の排出が行われると、ドースバルブ B
が閉じます。
313345F
システム操作
5. システムコンポーネントは、インテグレータ内で
事前に混合され、それから一様に静的ミキサー
(SM) で混合されます。
注:静的ミキサーからガンまでの出力を制御する
ために、別売りの液体制御装置を取り付けてくだ
さい。
6. ガンのトリガーが引かれる限り、コンポーネント A
と B は交互にインテグレータに注入されます。
7. ガンのトリガーが 2 分間引かれない場合、システ
ムは混合マニホールドドースバルブを閉じるアイ
ドルモードに切り変わります。
8. ガンの引き金が再度引かれると、ProMix 2KS は中
断していたプロセスを続行します。
注:操作は、 スタンバイキーを押す又は主電源
スイッチを切ることによって、いつでも停止する
ことができます。
表 5: シーケンシャルドーシング操作
投与 1
投与 2
投与 3
比率 = 2.0: 1
A=2
B=1
DVA
FI DVB
MB
MS
MA
RVB
AT
APV
RVA
記号:
MA
DVA
RVA
SVA
MB
DVB
RVB
SVA
コンポーネント A メータ
コンポーネント A 投与バルブ
コンポーネント A サンプリングバルブ
コンポーネント A シャットオフバルブ
コンポーネント B メータ
コンポーネント B 投与バルブ
コンポーネント B サンプリングバルブ
SM
SVB
MS
SPV
APV
SM
FI
AT
SVB
SPV
TI12556b
コンポーネント B シャットオフバルブ
溶剤測定 ( 付属品 )
溶剤パージバルブ
エアパージバルブ
静的ミキサー
液体インテグレータ
エアパージバルブエアサプライチューブ
図 51. 壁取り付け液体ステーション、シーケンシャルドーシング
313345F
47
システム操作
一般操作サイクル、動的投与
概要
ダイナミックドーシングによってオンデマンドの配合
ができるようになり、インテグレーターの必要性をな
くし、従って望まないマテリアルの接触を最小限にす
ることができます。この機能は特にせん断に弱い、
水性材料に有用です。
リストリクタはコンポーネント B を連続した流れのコ
ンポーネント A に注入します。ソフトウェアによって
各注入の持続時間および頻度が制御されます。処理の
概略図については、図 52 を参照してください。
動的投与システムのパラメータ
次のパラメータは、動的投与の性能に影響を与えます。
• コンポーネント A の流量 : 十分で中断されない
フローを提供するために、適切な供給ポンプのサ
イズが使用されていることを確認してください。
コンポーネント A が高混合比でシステムの流量
の大部分を占めることに注意してください。
• コンポーネント B の流量 : 十分で中断されない
フローを提供するために、適切な供給ポンプのサ
イズが使用されていることを確認してください。
• コンポーネント A の圧力:確実で精密な圧力制御を
行います。コンポーネント A の圧力は、コンポー
ネント B の圧力より 5 ~ 15% 低くすることを推奨
します。
• コンポーネント B の圧力:確実で精密な圧力制御を
行います。コンポーネント B の圧力は、コンポー
ネント A の圧力より 5 ~ 15% 高くすることを推奨
します。
注:動的投与の使用中は、一定かつよく制御された液
体供給を維持することが特に重要です。適切な圧力制
御を得て、ポンプの脈動を最小化するために、A およ
び B の供給ラインに液体レギュレータをメータの上流
側に取り付けます。色彩変更機能付きのシステムにお
いては、色彩 / 触媒バルブスタックの下流に制御装置
を取り付けてください。
コンポーネント A ( 連続した流れ )
均衡の保たれたマテリアル
静的ミ
キサーへ
コンポーネント B ( 間歇的注入 )
図 52.. ダイナミックドーシング(動的投与)操作の概略図
48
313345F
システム操作
3. システム設定画面 4 において「DD」を選択すると、
DD セットアップモードが利用できるようになり
ます。図 55 を参照してください。DD セットアッ
ProMix 2KS 取り付け説明書で説明されたように、液体
プモードを有効にするには、DD セットアップモー
マニホールドの中に 15U955 注入キットを取り付け
ドドロップダウンメニューでオンを選択します。
ます。説明書で提供された図表を使用して、希望す
これによってオフレシオアラーム、
E-3 および E-4
る流量および混合比に基づいて適切なストリクタサ
は無効になり、セットアプおよびチューニングが
イズを選択します。
途切れなくなります。
注:DD セットアップモードにいる場合、ミックスされ
ダイナミックドーシング(動的投与)の開始
た材料は使用しないでください。アラームが無効に
なっているために正しい混合比になっていない場合が
1. EasyKey でセットアップキー を押して、セット あります。
アップホーム画面にアクセスします。「システム設
計」を選択して設定画面にアクセスします。図 53. 注:DD セットアップモードがセットアップの最後でオ
フにならない場合、混合コマンドを発した後、3 分で
自動的にオフになります。
コンポーネント B のリストリクタサイズの
選択
図 53. ホーム画面のセットアップ
図 55. 設定画面 4、ダイナミックドーシング
2. システム構成画面 4 に移動します。「容量サイズ」 (動的投与)のセットアップモードを有効化
のドロップダウンメニューからオプション「DD」
を選択します。図 54.
図 54. 設定画面 4、ダイナミックドーシング
(動的投与)を選択
313345F
49
システム操作
A/B 圧力のバランシング
コンポーネント B の圧力が高過ぎると、コンポーネ
ント B は、B の注入中に、コンポーネント A の流れを
脇にやってしまいます。バルブは十分長くは開いてお
らず、これによって高比率アラームが作動します。
コンポーネント B の圧力が低過ぎると、コンポーネ
ント B は、十分な量が注入されません。バルブは長
過ぎるほど開いたままで、これによって低比率アラー
ムが作動します。
的確なコンポーネント B のリストリクタサイズを選択
し、A/B の圧力のバランスを取ると、システムは適切
な圧力の範囲に入り、一貫した混合比が結果として得
られます。
図 57 は、プロポーショナーインレットで読取られた A
対 B の圧力バランスを示します。コンポーネント B
の圧力コンポーネント A の圧力より 5 ~ 15% 高くし
て、システムを制御範囲内に維持し、適切な混合比を
維持し適切にミックスされた材料を得ることを推奨し
ます。圧力のバランスが取れなかった場合 (「B の圧
力が高過ぎる」または「B の圧力が低すぎる」)、希望
する混合比を維持することが不可能になるかも知れま
せん。システムはオフレシオアラームを作動させ、
運転を停止します。
注:多重流量システムでは、システムを最高流量で適
切に運転するようにセットアップし、流量範囲全体
渡って適切な液体供給を確実なものにすることを推奨
します。
ダイナミックドーシングでは、コンポーネント A の
ドースバルブは、絶えずオンになっています。コン
ポーネント B のドースバルブは、オンとオフを繰り返
し、1 サイクルが 0.5 ~ 1.0 秒ごとであれば適切にバ
ランスが取れていることを示します。
システム性能の情報を提供する警告メッセージがある
かどうか EasyKey ディスプレイを監視することにより
システム性能をモニターし、それに応じて圧力を調整
します。表 6(51 ページ ) を参照してください。
囲
制御範
B 圧力が低
過ぎる
B エア圧が
高過ぎる
A 圧力
B 圧力
図制御範囲
57. 適切なサイズのリストリクタを備えた A/B
制さ御過範ぎ囲る )
(小
B 圧力が低
過ぎる
B エア圧が
高過ぎる
A 圧力
B 圧力
注:リストリクタが小さ過ぎる場合、システム
で利用可能な差圧と比較してより多く供給する
必要がある可能性があります。
図 58. 大きすぎるリストリクタを備えた A/B 制御範囲
図 56.EasyKey で表示される B 圧力が低過ぎる
50
313345F
システム操作
表 6: ダイナミックドーシング(動的投与)トラブルシューティングガイド
( 完全なシステムトラブルシューティングについては、81 ページの始め表 11 を参照してください。)
警告 / アラームメッセージ
処置
B 圧力低 ( 図 56 参照 )
• B 圧力を高くします。
• リストリクタを清掃するか、より大きなサイズを
使用する。
• B バルブが適切に開いていることを確認します。
• A 圧力を増加させるか B 圧力を低減します。
B エア圧が高過ぎる
• より小さなリストリクタを使用する。
• A 圧力を増加させるか B 圧力を低減します。
オフ率ロー
• より小さなリストリクタを使用する。
オフ率ハイ
• B 圧力を高くします。
• リストリクタを清掃するか、より大きなサイズを
使用する。
• B バルブが適切に開いていることを確認します。
混合マニホールドバルブ設定
ドースまたはパージバルブを開くには、六角ナット (E)
を反時計回りに回してください。閉じるには、時計回
りに回してください。表 7 および図 59 を参照してく
ださい。
バルブ
ドース(投
与)( 図 59)
パージ
( 図 59)
遮断
(SVA 及び
SVB、図 67
参照 )
サンプリング
(RVA 及び
RVB、図 67
参照 )
313345F
E
図 59. バルブの調整
表 7: 混合マニホールドバルブ設定
設定
機能
六角ナット (E) が完全に閉 インテグレータに対する最大フローレートを
まった状態から 1-1/4 回転 制限し、バルブ応答時間を最小化します。
開いている
六角ナット (E) が完全に閉 インテグレータに対する最大フローレートを
まった状態から 1-1/4 回転 制限し、バルブ応答時間を最小化します。
開いている
「実行」/「混合」操作中完全 比率確認またはメータ較正の間、インテグ
に開く
レータへのコンポーネント A・B のポートを
閉じてください。実行 / 混合作業の間にポー
トを開きます。
「実行」/「混合」中完全に閉 メータを較正中に、コンポーネント A と B
める
を排出するために開きます。液体シャット
オフバルブが閉じられていない場合は、サン
プリングバルブを開かないでください。
TI11581a
51
システム操作
エアフロースイッチ (AFS) 機能
空気、または空気アシストガン
エアフロースイッチ (AFS) はガンへのエアフローを検
出し、ガンの引き金が引かれているときに ProMix コン
トローラに信号を送信します。AFS は、フローメータ
と共に機能し、そのシステムコンポーネントが正常に
作動していることを確認します。
例えば、フローメータが故障したかまたは詰まると、
ProMix はそれを検出せず介入していない場合、無制
限に純樹脂または触媒をスプレーすることが可能にな
ります。このようにエアフロースイッチは非常に重要
な役割を持っています。
ProMix が AFS 信号を通じて、ガンのトリガーが引かれ
ているにもかかわらずメータ上に液体フローを一切検
知しない場合、40 秒後に投与時間アラーム (E-7 また
は E-8) が起動しシステムはシャットダウンします。
エアフロースイッチがない場合の操作
エアフロースイッチなしでの操作はお勧めできません。
スイッチが故障した場合は、出来る限り速やかに交換
してください。
エアレスガン
ProMix 2KS 付きのエアレスガンの使用は推奨できませ
ん。エアフロースイッチなしで操作すると、2 つの問
題が発生する可能性があります。
• ガンのトリガー/ エアフロースイッチ入力のない状
態では、ProMix 2KS はそれがスプレーをかけてい
るかどうかを認識できず、ドース時間アラーム
(E-7 または E-8) が発生しません。これは、障害
の発生したメータを検出する方法がないことを意
味します。認識のない状態で 2 分間純粋な樹脂ま
たは触媒をスプレーしてしまう可能性があります。
• ガンの引き金 / エアフロースイッチ入力がないた
め、ProMix 2KS はスプレーしていることを認識し
ません。その結果、混合モード中は 2 分毎にシス
テムアイドルいモード (E - 15) に入ります。
システムアイドル警告 (E - 15)
AFS
図 60: エアフロースイッチ
52
TI13350a
ProMix が混合
に設定され、かつシステムがフ
ローメータパルスを受信してから 2 分経過すると、
この警告が表示されます。
AFS を使用するアプリケーションでは、ガンのトリ
ガーを引くと警告がクリアされ、再びスプレー作業を
開始することができます。
AFS がない場合、ガンのトリガーを引くだけではア
ラームをクリアすることはできません。再度スプレー
作業を開始するには、スタンバイ を押してから
混合
を押し、次にガンの引き金を引く必要が
あります。
313345F
システム操作
起動
1. 表 8 の操作前のチェックリストをよく読んでくだ
さい。
表 8: 操作前のチェックリスト

チェックリスト
システムは接地されているか
すべての接地接続が完了していることを確認して
ください。取り付け説明書を参照してください。
すべての接続がしっかりと正しく行われているか
すべての電気系統、液体、エア、およびシステム
接続がしっかりと取り付け説明書に従って行われ
ているか確認してください。
エアパージバルブチュービングを確認する
目に見える溶剤の蓄積が存在するか、エアパージ
バルブ供給チューブを毎日確認します。溶剤があ
る場合は、管理者に知らせてください。
液体供給容器に液体が入っている
コンポーネント A、B 及び溶剤供給容器をチェッ
クします。
混合マニホールドバルブがセットされている
ミックスマニホールドバルブが正確にセットされ
ていることを確認してください。51 ページの混
合マニホールドバルブ設定で推薦された設定から
始め、次に必要に応じて調整します。
液体供給バルブがオープンし圧力が設定できてい
るか
一方のコンポーネントの粘度が高いためより高圧
に設定する必要がある場合を除き、コンポーネン
ト A 及び B の液体供給圧力は同一にする必要があ
ります。
ソレノイド圧力が設定されているか
75-100 psi インレット給気 (0.5-0.7 MPa,
5.2-7 bar)
2. AC 電源スイッチをつけてください (I= オン、
0= オフ )。
I = オン
図 61. 電源スイッチ
313345F
Graco ロゴ、ソフトウェア改訂及び「通信を確
立中」というメッセージに続いて、ステータス
スクリーンが表示されます。20 ページを参照
してください。
 パワーが増した状態ではシステムはデフォルト
のレシピ 61 になりますが、これは有効なレシ
ピ番号ではありません。レシピ 0 または有効
なレシピ番号 (1-60) に対する色彩変更を開始
します。
 画面左下角に、システムがスタンバイ、混合、
パージ、またはアラーム通知といったステー
タスが表示されます。

図 62. ステータススクリーン
3. ブース制御が作動していることを確認してくだ
さい。有効なレシピ番号が表示され、更にスタン
バイ LED
が点灯されている必要があ
ります。
4. 今回が初めてのシステム起動の場合、60 ページの
液体供給システムのパージの指示内容に従ってシ
ステムをパージしてください。この装置は軽油で
検査されています。材料が汚染することを避ける
ために、軽油を洗浄する必要があります。
5. ブース制御がスタンバイモード
確認します。
であることを
TI12656a
53
システム操作
6. 用途の必要に応じて、コンポーネント A
と B の液体供給を調整します。可能な
限りの低圧を使用してください。
7. システム識別ラベルまたはシステム上最
も低い定格のコンポーネントに記載されている最
大定格使用圧力を超えないようにしてください。
8. システムへの液体供給バルブを開
きます。
9. 空気圧を調整します。多くの用途
では、正常に作動するためには約
552 kPa、5.5 bar (80 psi) の空気圧が必要とされ
ます。517 kPa、5.2 bar (75 psi) 以下の状態で使
用しないでください。
10. ガン洗浄ボックスを使用している場合、箱の中に
ガンを置いて、ふたを閉じてください。ブース制
御のパージ キーを押します。パージシーケン
スは自動的に開始されます。
ガン洗浄ボックスを使用しない場
合、パージシーケンスが完了するま
で接地した金属のバケツの中に向
かってガンのトリガーを引きます。
パージが完了すると、ブース制御は自動的にスタ
ンバイモードに変わります。
11. 流量を調整します。
どのドースバルブが開いているかによって、
EasyKey ステータス画面に表示されている液体流量
はシステムコンポーネント A または B のうちのい
ずれかの液体の流量を表示します。画面の液体供
給ラインは、どちらのドースバルブが開いている
かを強調表示します。
ガンが完全に開いている間、ステータス画面に表
示されている液体流量を確認してください。コン
ポーネント A と B の流量が互いに 10% 以内であ
ることを確認してください。
液体流量が低すぎる場合 : コンポーネント A およ
び B の液体供給への空気圧を増加するまたは制御
された液体圧力を増加します。
液体流量が高すぎる場合 : 空気圧を下げ、液体マ
ニホールドのドースバルブを更に閉じるか、また
は液体制御装置を調節します。
注:各コンポーネントの圧力調整は、液体粘度によっ
て異なります。コンポーネント A と B に対応する同
じ液体圧力から始め、必要に応じて調整します。
注:システムのプライム中に発生したアラームにより
十分に混合されていない可能性がある為、材料の最初
の 4 ~ 5 オンス (120 ~ 150 cc) は使用しないでくだ
さい。
12. ガンへの噴霧空気の電源を入れてください。
スプレーガン説明書の指示に従ってスプレー
パターンを確認してください。
注:液体供給タンクが空の状態で運転しないでくださ
い。供給ラインでの空気フローが、液体と同じように
ギヤメータを回すことがあります。これは機材の比率
と許容誤差設定の条件を満たす液体と空気のプロポー
ショニングにつながることがあります。これはさらに
触媒作用を起こしていないまたは十分な触媒作用を起
こしていない材料をスプレー噴霧するという結果をも
たらすことがあります。
図 63. ステータス画面流量ディスプレイ
54
313345F
システム操作
シャットダウン
圧力開放手順
一晩のトシャットダウン
1. 電源を入れたままにします。
2. レシピ 0 を実行して、メータとガンを通して溶剤
をパージします。
注:次の手順は、ProMix 2KS システムにおけるす
べての液体圧と空気圧を緩和するためのものです。
ユーザのシステム設定において適切な工程を使用し
てください。
修理のためのシャットダウン
スプレーを止める際、そのスプレーの先端を変えた
1. 圧力開放手順 (55 ページ ) に従ってください。
り、機器を清掃、点検、または整備する前に、圧力
2. 給気ラインと ProMix 上のメインエアシャットオフ を緩和してください。
バルブを閉じてください。
3. ProMix 2KS の電源を切ります (0 位置にします )。 単一色のシステム
図 64.
1. ミックスモード ( ガンの引き金が引かれている )
の間は、A と B 液体供給ポンプ / 圧力ポットを締
4. EasyKey の整備中は、メインサーキットブレーカー
め切ってください。ポンプアウトレットにあるす
の電源も切ります。
べての液体シャットオフバルブを閉じてください。
2. ガンの引き金が引かれた状態で、A と B のドース
バルブソレノイド上の手動オーバーライドを押し
て圧力を除去します。図 65 を参照してください。
0 = オフ
注:投与時間アラーム (E-7、E-8) が起動した
場合、アラームをクリアしてください。
3. 60 ページのレシピ 0 を使用したパージにある指示
に従って完全なシステムパージを行ないます。
4. 溶剤パージバルブ (SPV) への液体供給ラインとエ
アパージバルブ (APV) への給気を止めてください。
(図
67)
図 64. 電源スイッチ
5. ガンのトリガーが引かれた状態で、A と B のパー
ジバルブソレノイド上の手動オーバーライドを押
して空気と溶剤の圧力を除去します。図 65 を参照
してください。溶剤の圧力が 0 に下げられている
ことを確認してください。
注:パージ量アラーム (E - 11) が起動した場合、
アラームをクリアしてください。
TI12657a
313345F
55
システム操作
色彩変更バルブ付き、ダンプバルブなしのシ
ステム
注:この手順によって、サンプリングバルブ内の圧力
を緩和します。
1. 55 ページの単一色のシステムに記載されているす
べての手順を実施してください。
2. A 側シャットオフバルブ (SVA) を閉じてください。
(図 67)A 側サンプリングバルブ (RVA) を開き
ます。
3. A 側サプリングチューブを廃物容器に向けてくだ
さい。
4. 図 66 を参照してください。色彩変更モジュール
を開きます。サンプリングバルブからのフローが
止むまで、ソレノイド認識ラベルをガイドとして、
それぞれの色彩ソレノイド上のオーバーライドボ
タンを押し続けます。
5. サンプリングバルブから清潔な溶剤が流れ込むま
で、溶剤ソレノイドオーバーライドボタンを押し
続け、そして放してください。
6. 色彩変更スタック溶剤バルブへの溶剤供給を止め
てください。
7. サンプリングバルブから溶剤の流れが止むまで、
溶剤ソレノイドオーバーライドボタンを押し続け、
そして放してください。
8. A 側シャットオフバルブ (SVA) を開きます。
(図 67)A 側サンプリングバルブ (RVA) を閉じ
てください。
56
色彩 / 触媒変更バルブ、ダンプバルブ付きの
システム
注:この手順によって、ダンプバルブ内の圧力を緩和
します。
1. 55 ページの単一色のシステムに記載されているす
べての手順を実施してください。
2. バルブスタックへのすべての色および触媒の供給
を止めてください。
3. ダンプバルブ A ソレノイドオーバーライドボタン
を押し続けてください。(図 65)
4. 図 66 を参照してください。色彩変更モジュールを
開きます。ダンプバルブ A からのフローが止むま
で、ソレノイド認識ラベルをガイドとして、それ
ぞれの色彩ソレノイド上のオーバーライドボタン
を押し続けます。
5. ダンプバルブ B ソレノイドオーバーライドボタン
を押し続けてください。(図 65)
6. 図 66 を参照してください。ダンプバルブ B から
のフローが止むまで、ソレノイド認識ラベルをガ
イドとして、それぞれの触媒ソレノイド上のオー
バーライドボタンを押し続けます。
7. ダンプバルブ A ソレノイドオーバーライドボタン
を押し続けてください。(図 65)
8. ダンプバルブから清潔な溶剤が流れ込むまで、溶
剤ソレノイドオーバーライドボタン A 側 ( 色彩 )
を押し続け、そして放してください。
9. ダンプバルブ B ソレノイドオーバーライドボタ
ンを押し続けてください。(図 65)
10. ダンプバルブから清潔な溶剤が流れ込むまで、
溶剤ソレノイドオーバーライドボタン B 側
( 触媒 ) を押し続け、そして放してください。
11. 色彩 / 触媒変更スタック溶剤バルブへの溶剤供給
を止めてください。
12. ダンプバルブからの溶剤の流れが止むまで、溶剤
ソレノイドオーバーライドボタン A と B を押し
続けてください。
313345F
システム操作
F2
F1
J1
J13
電源
光ファ
イバー
CAN
CAN
J12
J3
バルブオーバーライド
投与 A
投与 B
1
J9
1
ー
パ
ジ
ジ
ーー 3
パパ 第
プ
ン
ダ
1
1
J14
J15
2B
FG
1B プ
FG ン
ダ
J8
ダンプバルブ A
ダンプバルブ B
GFB 1
オプションのソレ
ノイドの場所
GFB 2
第 3 パージバ
ルブソレノイド
ドースバルブ
A ソレノイド
ドースバルブ
B ソレノイド
パージバルブ A
ソレノイド
パージバルブ B
ソレノイド
TI12652b
図 65. 液体ソレノイド
313345F
57
システム操作
色
ソレノイド認
識ラベル
色
ソレノイド認
識ラベル
触
媒
TI12826a
溶剤ソレノイド
オーバーライド
図 66: 色彩変更ソレノイド
DVA
FI DVB
MB
MA
記号:
MA
DVA
MS
RVA
RVB
MB
DVB
SVA
RVB
SVB
AT
APV
RVA
SVA
SM
図 67. 壁取り付け液体ステーション
58
TI12556b
SVB
SPV
MS
SPV
APV
SM
FI
AT
コンポーネント A メータ
コンポーネント A 投与バ
ルブ
コンポーネント A サンプ
リングバルブ
コンポーネント A シャッ
トオフバルブ
コンポーネント B メータ
コンポーネント B 投与バ
ルブ
コンポーネント B サンプ
リングバルブ
コンポーネント B シャッ
トオフバルブ
溶剤測定
溶剤パージバルブ
エアパージバルブ
静的ミキサー
液体インテグレータ
エアパージバルブエアサ
プライチューブ
313345F
システム操作
パージ
7 ページの警告をご覧ください。システム取り付け説
明書の接地手順に従ってください。
液体が飛散して目に入るのを防ぐため、保護眼鏡を着
用してください。
本取扱説明書には、4 つのパージ手順があります:
• 混合材料のパージ ( 以下 )
• レシピ 0 を使用したパージ (60 ページ )
• 液体供給システムのパージ (60 ページ )
• サンプリングバルブ及びチューブのパージ (62 ペー
ジ)
各手順にリストされた基準に従って、いずれの手順を
使用するかを決定してください。
混合材料のパージ
次のような、液体マニホールドのパージのみを実施し
たい場合があります:
• ポットライフの終わり
• スプレーの中断時間がポットライフを超える場合
• オーバーナイトシャットダウン
• 液体マニホルドアセンブリ、ホース、ガンの
修理前
溶剤が、ミックスマニホールドのコンポーネント B
側 ( 触媒、右側 ) とインテグレータの内部チューブを
パージします。空気がコンポーネント A 側 ( 樹脂、
左側 ) とインテグレータの外管をパージします。
1. ブース制御上のスタンバイキー
ださい。
を押してく
ガンのトリガーを引いて圧力を開放します。
高圧ガンを使用している場合は、引き金ロックを掛け
ます。スプレーの先端を取り外し、その先端を別途清
掃します。
313345F
静電ガンをご使用の場合は、ガンを洗浄する前に静電
をシャットオフします。
2. 合理的な時間内にシステムを完全にパージする
のに十分な高さの圧力、及び液はねまたは投与
による怪我を避けるのに十分な低さの圧力に溶剤
供給圧力制御装置を設定してください。一般に、
0.7 MPa、7 bar の設定 (100 psi) で十分です。
3. ガン洗浄ボックスを使用している場合、箱の中にガ
ンを置き、ふたを閉じてください。ブース制御の
パージ キーを押します。パージシーケンスは
自動的に開始されます。
ガン洗浄ボックスを使用しない場
合、パージシーケンスが完了するま
で接地した金属のバケツの中に向
かってガンのトリガーを引きます。
パージが完了すると、ブース制御は自動的にス
タンバイモードに変わります。
4. システムが完全に清掃されていない場合、手順 3
を繰り返してください。
注:必要に応じて、一度のサイクルのみが必要と
されるようパージ工程を調整します。
ガンのトリガーを引いて圧力を開放します。トリガー
をロックします。
5. スプレーの先端が取り除かれている場合、それを
再び取り付けてください。
6. 溶剤供給レギュレータを調整して、通常動作圧力
に戻します。
59
システム操作
レシピ 0 を使用したパージ
レシピ 0 の典型的な使用 :
• 新しい色をロードせずに材料ラインをパージする
複数の色彩システム
• 触媒作用の生じた材料の硬化を防ぐためのシフト
の終了時
レシピ 0 をセットアップするには、高度なセットアッ
プに進んでください。レシピタブを選択し、レシピを
0 に変更してください。レシピ 0 セットアップ画面が
表示されます。チョップ時間を、0-999 秒までの範囲
内を 1 秒単位で設定してください。
1. ブース制御上のスタンバイキー
さい。
を押してくだ
ガンのトリガーを引いて圧力を開放します。
高圧ガンを使用している場合は、引き金ロックを掛
けます。スプレーの先端を取り外し、その先端を別
途清掃します。
静電ガンをご使用の場合は、ガンを洗浄する前に静
電をシャットオフします。
2. ガン洗浄ボックスを使用している場合、箱の中に
ガンを置いて、ふたを閉じてください。
3. レシピ 0 を選択して、エンター を押してく
ださい。
4. ガン洗浄ボックスをご使用でない場
合は、パージシーケンスが完了する
まで接地済み金属缶に向けてガンの
引き金を引きます。
5. レシピ 0 実行中は色彩変更 LED が点滅し、
パージ配列が完了すると点灯します。
6. システムが完全に清掃されていない場合、
エンター を押してレシピ 0 を繰り返す
ことができます。
60
液体供給システムのパージ
以下を行う前にこの手順を実行します。:
• 装置に材料を初めて充填する場合
• 装置を整備するとき
• 装置を長期間シャットダウンさせるとき
• 装置を保管する場合
* システムにまだ材料がロードされていないため、
初期の洗浄でいくつかの手順が必要ありません。
1. ブース制御上のスタンバイキー
ださい。
を押してく
ガンのトリガーを引いて圧力を開放します。
高圧ガンを使用している場合は、引き金ロックを掛け
ます。スプレーの先端を取り外し、その先端を別途清
掃します。
静電ガンをご使用の場合は、ガンを洗浄する前に静電
を遮断します。
2. 下記のように溶剤供給ラインを付加します :
• シングルカラー / シングル触媒システム :
フローメータインレットのコンポーネント A
及び B 液体供給の接続を外し、調整済みの溶
剤供給ラインを接続します。
• マルチカラー/ 単一触媒システム : フローメー
タインレットのコンポーネント B 液体供給の
み接続を外し、調整済み溶剤供給ラインを接
続します。
• マルチカラー/ マルチ触媒システム : 溶剤供給
ラインを、色彩及び触媒バルブのスタック上に
ある専用の溶剤バルブと接続します。溶剤供給
ラインをいずれかの流量計と接続しないでくだ
さい。
313345F
システム操作
3. 溶剤の液体供給圧力を調整します。飛散を避ける
ために、可能な限りの低圧を使用してください。
4. ソレノイドバルブにアクセスするために液体ス
テーションカバーを取り除きます。図 65 を参照し
てください。
5. 次の通りにパージします。
• シングルカラー / シングル触媒システム : コン
ポーネント A サイドをパージします。ドースバ
ルブ A ソレノイドバルブ上の手動オーバーラ
イドボタンを押して、接地した金属のバケツに
向かってガンのトリガーを引きます。
コンポーネント B 側をパージします。清潔な
溶剤がガンから流れ込むまで、ドースバルブ B
ソレノイドバルブ上の手動オーバーライドボタ
ンを押して、接地した金属のバケツに向かって
ガンのトリガーを引きます。
液体インテグレータを徹底的に清掃するため
に、繰り返してください。
• 複数の色彩/単一の触媒システム: レシピ0を選
択し、エンター を押してコンポーネント A
側をパージします。レシピ 0 実行中は色彩変
更 LED が点滅し、パージ配列が完了すると点
灯します。
コンポーネント B 側をパージします。清潔な
溶剤がガンから流れ込むまで、ドースバルブ B
ソレノイドバルブ上の手動オーバーライドボタ
ンを押して、接地した金属のバケツに向かって
ガンのトリガーを引きます。
液体インテグレータを徹底的に清掃するため
に、繰り返してください。
• 複数の色彩 / 複数の触媒システム : レシピ 0
を選択し、エンター を押してコンポーネ
ント A 側とコンポーネント B 側をパージし
ます。レシピ 0 実行中は色彩変更 LED が点
滅し、パージ配列が完了すると点灯します。
液体インテグレータを徹底的に清掃するため
に、繰り返してください。
6. 液体ステーションカバーを再び取り付けてくだ
さい。
7. 溶剤液体供給をシャットオフします。
8. 溶剤供給ラインの接続を外し、コンポーネント A
及び B 液体供給を再度接続します。
9. 起動手順については 53 ページを参照してくださ
い。
313345F
61
システム操作
8. サンプリングバルブを閉めます。
メータ較正後この手順を実行します。
注:較正画面上で中止を選択し、現在の較正を取
り消してドースまたはパージバルブを閉じます。
1. ブース制御上のスタンバイキー を押してくだ
9. 液体シャットオフバルブを両方とも完全に開きま
さい。
す。
2. 図 67 を参照してください。液体シャットオフバル 10. 単一の色彩システムでは、コンポーネント A 液体
ブとサンプリングバルブの両方を閉じてください。
供給ラインを流量計 A インレットに再接続します。
3. サンプリングチューブを接地済み廃棄用容器に入 注:較正後、汚染された混合物を処理する必要があり
れます。
ます。手動パージを行い、検査したばかりのレシピを
再開するまたはレシピ 0 を実施して次のレシピへ進み
4. 単一の色彩システムで、溶剤供給ラインを流量計 A ます。
インレットに取り付けます。
5. EasyKey 上で、セットアップキー を押して高度
なセットアップ画面にアクセスします。
6. 右矢印キー を押して較正画面を選択します。
下矢印キー を押して、メニューからパージを選
択してください。エンターキー を押してくだ
さい。
投与 A、溶剤パージバルブ (B 側 )、色彩変更溶剤
バルブ ( 使用する場合 ) が開きます。
サンプリングバルブ及びチューブのパージ
図 68. 較正画面
7. 液体の飛散を避けるため、サンプリングバルブを
ゆっくりと開き、バルブおよびチューブがきれい
になるまで溶剤をディスペンスします。
注:較正パージを実施する際、溶剤バルブは 2
分後に自動的に、または画面上で中止が選択さ
れた時点で閉じます。
62
313345F
システム操作
溶剤プッシュ機能
溶剤プッシュ機能は、溶剤で混合された材料をガンに
押し出すことで、ユーザがその材料を節約することを
可能にします。節約される量は、高度なセットアップ
スクリーン 1(35 ページ ) で入力されたポットライフ
量の 50% です。2 つのガンがある場合、より小さな
ポットライフ量が使用されます。
溶剤プッシュには、アクセサリーの溶剤メータ (MS)
が必要です。Graco 部品番号 16D329 S3000 溶剤メー
タキットを注文してください。取扱説明書 308778
を参照してください
1. 図 69 を参照してください。ProMix 2KS 取り付け
説明書に記載されているとおりに、液体ステー
ションの側面に溶剤メータ (MS) を取り付けてく
ださい。
2. 溶剤プッシュを有効にするには、ご要望の「溶剤」
または「第 3 バルブ」を選択してください。33
ページのオプション画面 2 を参照してください。
注:溶剤プッシュ機能を実行するために、溶剤パージ
バルブの代わりに第 3 パージバルブを使用する場合、
溶剤メータからの溶剤供給ラインを第 3 パージバル
ブのインレットに接続してください。
注 : 溶剤プッシュを開始するにはシステムは混合に設
定する必要があります。
3. 混合キー
を 5 秒間押し続けて、溶剤プッ
シュをオンにします。緑色の混合 LED が点灯して、
記号:
DVA
DVB
MS
SPV
APV
SMC
SS
レシピ LED が点滅します。システムはドースバル
ブ (DVA、DVB) が閉じて、溶剤パージバルブを開
けます (SPV)。
4. システムは溶剤をディスペンスし、混合物はガン
に押し出されます。ブース制御ディスプレイは代
わりに、ダッシュとポットライフ量 50% の残り
パーセント (0-99%) を表示します。
注:手動で溶剤プッシュを中断するには、スタンバイ
キー を押します。溶剤パージバルブ (SPV) また
は第 3 パージバルブが閉じられます。溶剤プッシュ
に再度入るには、混合
キーを押します。
5. 排出された溶剤の全量がポットライフ量の 50%
を超える場合、システムはスタンバイモード
に移ります。
6. 手動のパージまたはレシピ変更を実施して、残り
の混合物をパージします。これにより、システム
は溶剤プッシュから移り変わって、混合モードを
続行することが可能になります。
注:システムによって溶剤がポットライフ量の 50% を
超えることが検知された場合、溶剤プッシュに再度入
る試みは Overdose A/B アラーム (E-5、E-6) を発生さ
せます。
DVA が閉じている
DVB が閉じている
コンポーネント A 投与バルブ
コンポーネント B 投与バルブ
溶剤メータ ( 要求時 )
溶剤パージバルブ
エアパージバルブ
溶剤メータケーブル
溶剤供給ライン
MS
SMC
TI12556b
図 69. 溶剤押出し設定
313345F
SS
SPV が開いている
63
システム操作
混合剤充填押出し機能
混合剤充填押出しの特徴により、ユーザーはガンフ
ラッシュボックスで新しい材料を混合/流入させるこ
とによって材料のポットライフの期限切れを防止する
ことができます。
混合剤充填押出しでは、この機能を利用する各ガン
に対して付属のガン洗浄ボックスが必要となります。
Graco 部品番号 15V826 ガン洗浄ボックスキットを
御注文ください。取扱説明書 312784 を参照してく
ださい
注 : ガンがボックスの中にない場合、混合剤充填押出
し機能は作動しません。
注 : ボックスの中のガンによってポットライフアラー
ムが発生する度に混合剤充填押出し機能が作動します。
従って、ポットライフアラームが継続して発生すると、
無人システムは繰り返してこの運転を作動させます。
混合剤充填押出しでは、ガンに対してガン洗浄ボッ
クスを必要とします。2 つのガンを使用する場合、
本機能を作動させる為に各々はガン洗浄ボックスを
必要とします。2 番目のガン洗浄ボックスは特殊出力と
して設定する必要があります。設定画面 5(31 ページ )
を参照してください。
混合剤充填押出しを有効にする場合、自動ダンプ
フィールドで「混合剤充填押出し」を選択します。
33 ページのオプション画面 2 を参照してください。
1. システムにポットライフアラームが発生します。
2. 4 秒毎にブザーが 2 回鳴って混合剤充填押出しが間
近に迫っていることを知らせます。
3. 2 分間の自動ダンプ時間を待った後、システムは混
合剤充填押出しを作動させます。
注 :1 台のガンシステムでは、ガンを GFB に取り付ける
必要があります。2 台ガンシステムでは、両方のガンは
GFB に取り付ける必要があります。
4. ガンの中の 1 台が GFB に取り付けられていないと、
システムは混合剤充填押出しもしくは自動ダンプ操
作のいずれも実行しません。ガンを GFB に取り付け
ると、30 秒毎にシステムは再試行を実行します。
5. ガンを GFB に設置することにより、ポットライフ
量をリセットするためにシステムはガンを介して
混合した材料を均一化します。
6. アラームがクリアされます。
7. イベントがアラームログの中に 2 つのアラームと
して記録されます。:E-5 オーバドース A 及び E-6
オーバドース B
図 70. 混合剤充填押出しタイミングチャート
64
313345F
メータ較正
メータ較正
4. ビーカー ( 最小サイズ - 250cc) をホルダに置
きます。サンプリングチューブをビーカーに入れ
ます。
注:チューブの交換が必要な場合、5/32 インチ
または 4 mm 外径チュービングを使用します。
液体が飛散して目に入るのを防ぐため、保護眼鏡を着
用してください。マニホールドが加圧されている間に
バルブ棒が誤って外れるのを防ぐ機械的停止機能に
よって、液体シャットオフバルブと比率チェックバル 5. EasyKey 上で、セットアップキー を押して、
ブが維持されます。手動でバルブ棒を回すことができ
セットアップ画面にアクセスします。
ない場合、システムの圧力を緩和し、そして抵抗を取
り除くためにバルブを分解して、清掃してください。
6. レシピ & 高度制御設定を選択してエンター
次の場合にメータを較正します:
キーを押して選択します。
• システムを最初に動作させる場合
• システムで新しい材料を使用する場合その都度。
特に粘度が極端に異なる材料を使用する場合。
• 定期メンテナンスの一部として、少なくとも 1
ヶ月に 1 回。
• 流量計が整備または交換された場合。
注:
• 較正画面画面上の K 因子は、較正手順が完了
すると自動更新されます。
• 画面上の K 因子値は、閲覧専用です。必要に
7. 右矢印 キーを押して、較正画面を選択します。
応じて、高度なセットアップスクリーン 4(36
エンター キーを押してメーター A、B、また
ページ ) またはレシピセットアップ画面 5
( 41 ページ ) にある K 因子を手動で編集す
は溶剤のいずれかを選択します。下矢印 キー
ることができます。
を押し、メニューから開始を選択してください。
一度に 1 つずつのみ開始します。
• この画面上のすべての値は、設定画面 1 で設
定された単位とは別に、cc の単位が使用され
ています。
• コントローラは、メートル較正測定に有効なレ
シピ K 因子を使用します。アクティブレシピ
は、レシピ 1 ~レシピ 60 とします。レシピ 0
と 61 には、K ファクターの値がありません。
1. メータ A または B 較正前に、材料でシステムを
プライムします。色彩 / 触媒変更システムについ
ては、色彩 / 触媒バルブが開いていることを確認
してください。
2. ProMix に接続されているすべてのスプレーまたは
ディスペンス装置を閉じてください。
3. 液体シャットオフバルブとサンプリングバルブの
両方を閉じてください。
313345F
65
メータ較正
8. ビーカーの中にコンポーネント A、B、または溶剤
をディスペンスします。
a. 液体の飛散を避けるため、サンプリングバルブ
はゆっくりと開いてください。
b. より正確な較正を確保するため、ご使用のスプ
レー作業用フローレートに近いフローレートで
バルブを調整します。
c. 最低 250 cc ディスペンスします。ビーカーの
目盛り読み取りが正確に行えるよう、十分な材
料がディスペンスされているか確認します。A
と B の体積は均等、またはある特定の比率で
ある必要はありません。
d. 各サンプリングバルブをしっかりと閉めます。
9. ProMix による測定量は、EasyKey ディスプレイ
に表示されます。
10. EasyKey 上の量とビーカー上の量を比較してくだ
さい。
注:最大の精度をもって実際のディスペンス量を
特定するには、重量測定 ( 質量 ) 法を採用します。
11. 画面上の量と実際の量が異なる場合は、A 及び B
の量フィールドに実際のディスペンス量を cc
で入力し、エンター キーを押します。
この値が大幅に異なる場合は、較正プロセスをや
り直してください。
注:画面と実際の体積が同等である場合、または
何らかの理由でお客様が較正手順を取り消したい
場合、較正画面メニュー上で「中止」の項目までス
クロールし、エンター キーを押してください。
66
12. A 又は B 用の量に関する情報が入力された後、
ProMix 2KS コントローラーは新しい流量計 K ファ
クターを計算し、較正画面にそれを表示します。
注:画面上の K 因子値は、閲覧専用です。必要
に応じて、高度なセットアップスクリーン 4
(36 ページ ) またはレシピセットアップ画面 5
( 41 ページ ) にある K 因子を手動で編集するこ
とができます。
13. メータの較正後は、常にサンプリングバルブを清
掃してください。次の方法の 1 つを使用してく
ださい。
• 62ページのサンプリングバルブ及びチューブの
パージの手順に従います。
• サンプリングバルブ液体チューブを適合する
洗浄液 (TSL または溶剤 ) に浸すか、または
キャップをします。
注:液体がサンプリングチューブ中で硬化した
場合、5/32 インチまたは 4 mm 外径チューブと交
換してください。
14. 両方のサンプリングバルブが閉じられていて、
両方の液体シャットオフバルブが完全に開いてい
ることを確認してください。
15. 生産を開始する前に、溶剤システムをクリアし、
材料でプライムします。
a. 混合モードに進みます。
b. ガンノズルから混合物が流れ出るまで、接地済
み金属缶に向けてガンの引き金を引きます。
c. 操作を開始する場合、53 ページの起動を参照
してください。
313345F
色彩変更
色彩変更
色彩変更の手順
色彩変更シーケンス
図 71 ~図 80 では、様々な色彩変更シーケンスが図
示されています。レシピ変更とシステム設定に基づい
てどの数字を参考とするべきかを判断するには、表 9
1. ガンへのエアをシャットオフします。
を参照してください。時系列は、次の部分で詳述され
2. ガン洗浄ボックスが使用されている場合は、
ています。
ガンをその中にいれて蓋を閉じます。
注:ソフトウェアバージョン 2.04.xxx とそれ以前の
バージョンでは、システムは色彩 / 触媒パージと新し
3. ブース制御でスタンバイ モードに切り替え
いレシピからの充填時間を使用します。
ます。
注:パージソースを選択し、任意のパージ、チョップ、
充填時間を設定するには、セットアップモード (25
4. スクロールキー または を使用して、新しいカ ページ ) をご覧ください。
ラーを選択します。色彩変更シーケンスを開始す 注:
るには、エンター キーを押してください。
• システムは、パージサイクルのために古いレシピ
5. ガン洗浄ボックスをご使用でない場
データを使用します。しかしながら、それは新し
合は、カラー変更シーケンスが完了
いレシピデータに基づいて新しい色彩 / 触媒バル
するまで接地済み金属缶に向けてガ
ブを開きます。
ンの引き金を引きます。
6. 色彩変更インジケータがブース制御装置上で点滅 • システムは充填サイクルのために新しいレシピ
データを使用します。
するのが止まった場合、色彩変更シーケンスは完
了したことになります。
• 単一のガン洗浄ボックス (GFB) オプションについ
ては、スプレーガンは色彩変更サイクルの全サイ
注:色変更タイマーは、ガンの引き金が引かれて
クル ( パージと充填 ) GFB に挿入しておく必要が
液体のフローが検出されるまで、開始されません。
あります。GFB
トリガー出力は、レシピ変更サイク
フローが二分間以内に検出されない場合、色彩変
ル中でも作動しています。
更操作は中止されます。ブース制御は、前回使用
• 2 つのガン洗浄ボックス (GFB) オプションについ
した色でスタンバイ モードに入ります。
ては、スプレーガンは色彩変更サイクルの全サイ
クル ( パージと充填 ) GFB に挿入しておく必要が
あります。システムは、それぞれのガンの予め設
7. スプレー作業の準備が完了したら、ガン洗浄ボッ
定された時間に基づいて各 GFB トリガー出力をオ
クスをご使用の場合は、そこからガンを取り出し、
ンまたはオフにします。
ドアを閉めます。
注:噴霧空気バルブが開くには、ガン洗浄ボック • 特殊出力オプションについては、システムは予め
設定された時間に基づいて各出力をオンとオフに
スのドアを閉めておく必要があります。
切り替えることができます。それぞれの特殊出力
が 2 つの異なる開始時間と継続時間を設定されて
8. 混合キー
を押してスプレーを開始してく
います。
ださい。
• ダンプバルブなしのシステムについては、色彩 /
触媒変更ステップが完了された後、初回パージが
単一カラーシステム
始まります。
1. 60 ページの手順液体供給システムのパージに従い • ダンプバルブ B が触媒変更システムのために必要
ます。
です。
2. 新しい色をロードします。53 ページの起動を参照 • レシピ X から レシピ 0 に進む際、レシピ 0 から
してください。
のパージサイクルデータのみが使用されます。
3. 混合キー
を押してスプレーを開始してく • レシピ 0 から レシピ Y に進む場合、レシピ Y か
ださい。
らの充填サイクルデータのみ使用します。
複数のカラーシステム
313345F
67
色彩変更
色彩パージ / ダンプ
•
•
•
このシーケンスでは、色彩バルブからダンプ A
バルブまで、溶剤で色を洗浄します。
色彩変更溶剤バルブとダンプ A バルブは、
パージ時間中は開いています。
パージ時間が切れると、色彩変更溶剤バルブは閉
じます。
色彩充填
•
•
•
このシーケンスでは、ラインをダンプ A バル
ブまで新しい色で満たします。
新しい色彩バルブとダンプ A バルブは、充填時間
中は開放されています。
充填時間の期限が切れると、新しい色彩バル
ブとダンプ A バルブが閉じます。
触媒のパージ / ダンプ
•
•
•
このシーケンスでは、触媒バルブからダンプ B
バルブまで、溶剤で触媒を洗浄します。
触媒変更溶剤バルブとダンプ B バルブは、
パージ時間中は開いています。
パージ時間が切れると、触媒変更溶剤バル
ブは閉じます。
触媒充填
•
•
•
68
このシーケンスでは、ラインをダンプ B バル
ブまで新しい触媒で満たします。
新しい触媒バルブとダンプ B バルブは、充填時間
中は開放されています。
充填時間の期限が切れると、新しい触媒バルブと
ダンプ B バルブが閉じます。
初回パージ
初回パージソース ( 空気、溶剤または第 3 バルブ )
を選択して、初回パージ時間を選択してください。
ほとんどの用途では、空気が選択されます。
システムは、選択されたパージ媒体 ( 通常は空気 )
のみを使用して、ドースバルブからガンまで古い材料
をパージします。選択されたパージバルブは、初回
パージ時間中は開いた状態であり、期限が切れると
閉まります。
チョップサイクル
チョップタイプ ( エア / 溶剤またはエア / 第 3 バル
ブ )、次に「チョップタイム」を選択してください。
エアパージバルブは、エアチョップサイクル中のみ開
き、溶剤 ( または第 3 バルブ ) は、溶剤チョップサ
イクル中のみ開きます。チョップサイクルの数は、総
チョップ時間を、空気と溶剤のチョップ時間の合計で
割ることによって決まります。
最終パージ
最終パージソース ( 空気、溶剤または第 3 バルブ )
と最終パージ時間を選択してください。ほとんどの
用途では、溶剤が選択されます。
システムは、選択されたパージ媒体 ( 通常は溶剤 )
のみを使用して、ドースバルブからガンまでラインを
溶剤で満たします。選択されたパージバルブは最終
パージ時間の間に開き、時間が切れたら閉じます。
充填
このシーケンスは、ドースバルブからガンまでライン
を満たし、混合物充填とも呼ばれます。充填時間の期
限が切れるまで、システムはコンポーネント A と B
を混ぜ始めます。
313345F
色彩変更
表 9: 色彩変更チャートの参考
開始レシピ 最終レシピ 変更タイプ ダンプ A
X
Y
変更
はい
X
Y
変更
いいえ
0
Y
充填
はい
0
Y
充填
はい
0
Y
充填
いいえ
0
Y
充填
いいえ
X
0
パージ
はい
X
0
パージ
いいえ
0
0
パージ
はい
0
0
パージ
いいえ
充填終了
該当なし
該当なし
はい
いいえ
はい
いいえ
該当なし
該当なし
該当なし
該当なし
参照図
図 71
図 72
図 73
図 74
図 75
図 76
図 77
図 78
図 79
図 80
注 : 手動システムの場合、次のページのカラーチャー
トで記載されたデジタル I/O 信号は内部状態を表して
います。
313345F
69
70
色
彩
変
更
313345F
図 71:ProMix 2KS レシピ変更チャート #1 X ~ Y
313345F
71
図 72:ProMix 2KS レシピ変更チャート #2 X ~ Y
色
彩
変
更
72
色
彩
変
更
313345F
図 73:ProMix 2KS レシピ充填チャート #3 0 ~ Y
313345F
73
図 74:ProMix 2KS レシピ充填チャート #4 0 ~ Y
色
彩
変
更
74
色
彩
変
更
313345F
図 75:ProMix 2KS レシピ充填チャート #5 0 ~ Y
313345F
75
図 76:ProMix 2KS レシピ充填チャート #6 0 ~ Y
色
彩
変
更
76
色
彩
変
更
313345F
図 77:ProMix 2KS レシピパージチャート #7 X ~ 0
313345F
77
図 78:ProMix 2KS レシピパージチャート #8 X ~ 0
色
彩
変
更
78
色
彩
変
更
313345F
図 79:ProMix 2KS レシピパージチャート #9 0 ~ 0
313345F
79
図 80:ProMix 2KS レシピパージチャート #10 0 ~ 0
色
彩
変
更
アラームと警告
アラームと警告
注:間違った比率で排出されたライン上の液体を使
用しないでください。正常に硬化しないおそれがあり
ます。
アラームをリセットして、再起動する
方法
注:アラームが発生した際、それをリセットする前に、
必ず E-Code を決定してください。表 10 を参照してく
ださい。どの E- Code が発生したのかを忘れた場合は、
システムアラームは問題について警告し、間違った比 アラーム画面
(24 ページ ) を使用して、日付とタイム
率のスプレーを未然に防ぎます。アラームが発生した スタンプに関する情報付きの過去
10 件分のアラーム情
場合、操作が停止し、次の事象が発生します。
報を閲覧します。
• 赤い LED がブース制御装置上で点灯、または点滅
アラームをリセットするには、表 11 を参照してくださ
しています。
• ブース制御はアラーム E- Code、E-1 ~ E-28 まで
い。単にアラームリセット キーを押すことに
を表示しています。図 81 を参照してください。 よって、多くのアラームはクリアすることができます。
• ブザーが鳴ります (E-2 のみ;すべてのアラームで
表 10: システムアラーム / 警告コード
設定するには、29 ページを参照してください )。
• EasyKey ディスプレイ上のステータスバーは、
コード 説明
詳細
説明付きのアラーム E- コードを表示しています
( 表 10 参照 )。
アラームインジケータ ( 赤信号 ) 表示
システムアラーム
レシピインジケータ ( 緑 )
図 81. ブースコントロール
システム警告
TI11614A
表 10 では、システム警告コードをリストアップして
います。警告は、作業を止めたり、アラームを鳴らし
ません。それらは、日付 / タイムスタンプ付きのログ
に保存されます。このデータは ProMix 2KS ウェブイン
ターフェースを使用して PC で閲覧が可能です ( マニュ
アル 313386 参照 )。
80
E-1
通信エラーアラーム
81 ページを参照してください。
E-2
ポットライフアラーム
81 ページを参照してください。
E-3
高比率アラーム
82 ページを参照してください。
E-4
低比率アラーム
83 ページを参照してください。
E-5
過量投与 A/B 投与時間不足 84 ページを参照してください。
アラーム
E-6
過量投与 B/A 投与時間不足 84 ページを参照してください。
アラーム
E-7
投与時間 A アラーム
E-8
投与時間 B アラーム
85 ページを参照してください。
E-9
使用されていません
該当なし
E-10
リモート停止アラーム
86 ページを参照してください。
E-11
パージ量アラーム
86 ページを参照してください。
E-12
CAN ネットワーク通信エ
ラーアラーム
87 ページを参照してください。
E-13
高フローアラーム
88 ページを参照してください。
E-14
低フローアラーム
88 ページを参照してください。
E-15
システム待機状態警告
88 ページを参照してください。
E-16
設定変更警告
88 ページを参照してください。
E-17
電源オン警告
88 ページを参照してください。
E-18
デフォルトロード警告
88 ページを参照してください。
85 ページを参照してください。
E-19
I/O アラーム
89 ページを参照してください。
E-20
パージ開始アラーム
90 ページを参照してください。
E-21
材料充填アラーム
90 ページを参照してください。
E-22
タンク A 低水位アラーム
90 ページを参照してください。
E-23
タンク B 低水位アラーム
90 ページを参照してください。
E-24
タンク S 低水位アラーム
90 ページを参照してください。
E-25
自動ダンプの完全な
アラーム
91 ページを参照してください。
E-26
色彩 / 触媒パージアラーム
91 ページを参照してください。
E-27
色彩 / 触媒充填アラーム
91 ページを参照してください。
E-28
混合剤充填押出し完了
91 ページを参照してください。
313345F
アラームトラブルシューティング
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-1: 通信エラー
原因
処置
EasyKey への電源供給がない。
EasyKey に電源を接続します。
液体ステーションへの電源供給がない。EasyKey と液体 ケーブルが正しく接続されていることを確認してくださ
ステーションの間に本質的安全な電源ケーブルが接続さ い。取り付け説明書を参照してください。
れていません。
液体ステーションへの電源供給がない。液体制御盤の ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
ヒューズがとんでいる。
修理 - 部品説明書を参照してください。
EasyKey と液体ステーションの間に光ファイバーケー ケーブルが正しく接続されていることを確認してくださ
ブルが接続されていません。
い。取り付け説明書を参照してください。
光ファイバケーブルが切断されているか、または曲がっ ケーブルが、40 mm (1.6 インチ ) より小さい半径に切
ています。
断または曲げられていないことを確認してください。
光ファイバケーブル終端が汚れている。
光ファイバケーブル終端の接続を外し、汚れのない布で
拭きます。
通信ケーブルまたはコネクタの不具合。
ケーブルを交換してください。
E-2: ポットライフアラーム
原因
処置
混合物に対するポットライフ時間を超えている。
オーディブルアラームを停止するには、 アラー
ムリセットキーを押してください。溶剤、新鮮な混合
告知
機材の中で混合物が硬化するのを防ぐために、電源 物、または新しい色彩でシステムをパージします。
を切らないようにしてください。右側のソリュー
• 溶剤パージ - 混合材料のパージ (59 ページ ) をご
ションの 1 つの手順に従ってください。
覧ください。システムは、事前に定義されている
パージ時間が完了するまで、パージします。
• 新混合物パージ - 混合モードへと進み、タイマを再
起動するために必要な量をスプレーします。
• 色彩変更 - 色彩変更の実施 (67 ページ)
。
313345F
81
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-3: 高比率アラーム
シーケンシャルドーシングシステム
混合比率は、前回のドースサイクルで設定された許容誤差より高くなっている。
ダイナミックドーシングシステム
混合比率が、B に対する A コンポーネントの量の比較用に設定された許容誤差よりも高くなっている。
原因
処置
システムの制限が少なすぎる。
• システムが完全に材料で満たされていることを確認
してください。
• 供給ポンプのサイクルレートが適切に設定されてい
ることを確認して下さい。
• スプレーの先端 / ノズルがフローと用途に適切に合
わせたサイズになっているか、擦り切れていないか
を確認してください。
• 液体制御装置が適切に設定されていることを確認し
てください。
パージ後のスタートアップ中にアラームが発生する場 ガンニードルの移動を制限し、液体ホースに新しい材料
合、フローレートが高過ぎた可能性がある。
がロードされるまで初期流量をスローダウンさせます。
スプレーをしばらくの間行った後にアラームが発生した コンポーネント A 及び B 液体供給レギュレータ圧力が
場合は、液体供給からの圧力が不安定の可能性がある。 等しくなるまで調整します圧力が既にほぼ同等な場合、
コンポーネント A と B のドースバルブが適切に稼働
していることを確認します。
コンポーネント A または B バルブの起動が遅い。 動作を確認するために、ProMix 2KS 修理部品説明書の
これは下記の要因によるものである可能性があります。 指示内容に従って、ディスペンス A と B ソレノイドバ
ルブを手動で操作してください。
• バルブアクチュエータへのエア圧が低過ぎる。
• エア圧力を上げます。空気圧は 0.52-0.84 MPa、
5.2-8.4 bar (75-120 psi) である必要があります。
120 psi が推薦されます。
• 何かがソレノイドまたはチューブを阻害しててお
• 給気に汚損または水分がある可能性があります。
り、バルブ作動エアが正常に供給されていない。
適切にろ過してください。
• ドースバルブが過度に閉められている。
• 調整のガイドラインとして、53 ページの表 7: 混合
マニホールドバルブ設定を参照してください。
• 液体圧力が高くエア圧力が低い。
• エア及び液体圧力を調整します。上記の通り推薦さ
れる空気圧を参照してください。
82
313345F
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-4: 低比率アラーム
シーケンシャルドーシングシステム
混合比率は、前回のドースサイクルで設定された許容誤差より低くなっています。
ダイナミックドーシングシステム
混合比率は、B に対する A コンポーネントの量の比較用に設定された許容誤差よりも低くなっています。
原因
処置
システムの制限が多すぎる。
• システムが完全に材料で満たされていることを確認
してください。
• 供給ポンプのサイクルレートが適切に設定されてい
ることを確認して下さい。
• スプレーの先端 / ノズルがフローと用途に適切に合
わせたサイズになっているか、詰まりがないかを確
認してください。
• 液体制御装置が適切に設定されていることを確認し
てください。
パージ後のスタートアップ中にアラームが発生する場 ガンニードルの移動を制限し、液体ホースに新しい材料
合、フローレートが高過ぎた可能性がある。
がロードされるまで初期流量をスローダウンさせます。
スプレーをしばらくの間行った後にアラームが発生した コンポーネント A 及び B 液体供給レギュレータ圧力が
場合は、液体供給からの圧力が不安定の可能性がある。 等しくなるまで調整します圧力が既にほぼ同等な場合、
コンポーネント A と B のドースバルブが適切に稼働し
ていることを確認します。
コンポーネント A または B バルブの起動が遅い。これ 動作を確認するために、ProMix 2KS 修理部品説明書の
は下記の要因によるものである可能性があります。 指示内容に従って、ディスペンス A と B ソレノイドバ
ルブを手動で操作してください。
• バルブアクチュエータへのエア圧が低過ぎる。
• エア圧力を上げます。空気圧は 0.52-0.84 MPa、
5.2-8.4 bar (75-120 psi) である必要があります。
120 psi が推薦されます。
• 何かがソレノイドまたはチューブを阻害しててお
• 給気に汚損または水分がある可能性があります。
り、バルブ作動エアが正常に供給されていない。
適切にろ過してください。
• ドースバルブが過度に閉められている。
• 調整のガイドラインとして、53 ページの表 7: 混合
マニホールドバルブ設定を参照してください。
• 液体圧力が高くエア圧力が低い。
• エア及び液体圧力を調整します。上記の通り推薦さ
れる空気圧を参照してください。
313345F
83
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-5: 過量投与 A/B 投与時間不足アラームと
E-6:" オーバドース B/A 投与時間不足アラーム
E-5: 投与量 A が超過し、B と組み合わされると、混合燃焼室容積に収まりません。
E-6: 投与量 B が超過することにより、B と組み合わされると混合燃焼室容積に収まらない結果を招くほど A
側の投与が強制されてしまう。
原因
処置
バルブシールまたは針 / シートが漏れています。図 11 バルブを修理してください ( バルブ説明書 312782
合計画面 (23 ページ ) を確認してください。A と B を参照してください )。
を同時に投与すると ( シーケンシャルドーシングのみ
)、漏れが発生します。
サンプリングバルブに漏れがある。
バルブを締めるか、または交換します。
圧力脈動により流量計の振れが発生する。
圧力脈動をチェックします :
1. すべてのマニホールドバルブを閉じます。
2. 循環ポンプ、及びすべてのブース装置 ( ファン、
コンベヤ等 ) をオンにします。
3. ProMix 2KS が液体フローを読み込んでいるかチ
ェックします。
4. 液体の流れが存在し、ガンまたは他のいかなるシー
ルまたはフィッティングからも漏れがないことを
ProMix 2KS が示している場合、流量計は圧力パル
スによって影響を受けている可能性があります。
5. 液体供給システムと流量計の間の液体シャットオ
フバルブを閉じてください。フローの表示が停止
するはずです。
6. 必要に応じて、液体供給圧力を減らすために、
液体インレット上の圧力調整器又はサージタンク
を ProMix 2KS に据え付けます。これに関する情報
については、最寄りの Graco 販売代理店にお問い
合わせください。
コンポーネント A または B バルブの起動が遅い。
82-83 ページの E-3: 高比率アラームと E-4: 低比率ア
ラームを参照してください。
高混合比率または高フローレートで動作している。 コンポーネント B ドースバルブの六角ナット (E) を調
節することによって、そのドースバルブの流量を制限す
る必要があることがあります。51 ページを参照してく
ださい。
84
313345F
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-7: ドース時間 A アラーム E-8: 投与時間 B アラーム
E-7: ガントリガー入力が有効化されており (AFS または統合 )、選択された投与時間内に 31A メーターパルス以
下が検出された。
E-8: ガントリガー入力が有効化されており (AFS または統合 )、選択された投与時間内に 31 B メーターパルス以
下が検出された。
原因
処置
システムは混合
モードで、ガンのトリガーが部 ガンの引き金を完全に引っ張ってください。
分的にしか引かれていないので、一切の液体を通過させ
ること無く空気のみがガンを通過することができるよう
になっています。
液体流量が低過ぎる。
流量を上げます。
投与時間設定が、現在の流量に対して短すぎる。
投与時間設定を上げます。
流量計、ケーブルに不具合があるか、または流量計が詰 メータセンサの動作をチェックするには、センサを露
まっている。
出させるためにメータキャップを外してください。
センサーの前に鉄製金属道具を通します。
TI12792a
メータまたはケーブルに不具合がある場合、にディス
ペンスされた液体の量と EasyKey に表示されている量
の間に大きな差があることがわかります。必要に応じて
メータを清掃するかまたは修理してください。メータ説
明書 308778 も参照してください。
65 ページのメータ較正手順に従います。
コンポーネント A または B バルブの起動が遅い。
82-83 ページの E-3: 高比率アラームと E-4: 低比率ア
ラームを参照してください。
供給ポンプが起動されていない。
供給ポンプの電源を入れてください。
エアフロースイッチから下流の位置に空気漏れがある。 エアラインに漏れがないか確認し、修理してください。
気流スイッチが開いたまま固まっている。
エアフロースイッチを清掃するまたは交換してください。
最低材料充填容量に対して容量 0 が入力された状態でシ ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
ステムが混合モードにあり(32ページのオプション画面 修理 - 部品説明書を参照してください。
1 参照)、ヒューズ F1 が溶断している。
313345F
85
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-9: 使用されていません
E-10: リモート停止アラーム
原因
処置
自動化機能が、システムの全操作を中止することを要請 操作を中止します。自動化システムをトラブルシュー
した。
ティングしてください。
E-11: パージ量アラーム
原因
処置
パージ中に ProMix 2KS 溶剤フロースイッチが有効に パージ作業進行中にガンが遮断されていないこと、更に
なっていない。
溶剤フロースイッチが有効になっていることを確認して
ください。
最小洗浄量に達成していない。
溶剤供給ラインを上げるか、または最小量の設定を減少
させます。
色彩 触媒ダンプ中にメータパルスがない。
色彩変更溶剤供給が設定されていないか機能していませ
ん。色彩変更設定を確認してください。
86
313345F
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-12:CAN 通信エラーアラーム
原因
処置
色彩変更モジュールと液体ステーションの間の通信が遮 • すべてのケーブルがしっかりと接続されていて、
断された。
色彩変更およびブース制御の電源 LED が点灯され
ることを確認します。電源 LED が点灯されない場
合、問題は恐らく接続不良によって生じています。
良い接続を保証するためには、コネクタのナット
に少なくとも 5 回の完全な回転を適用する必要が
あります。電源 LED がそれでも点灯されない場合、
ケーブルまたはボードが不良です。
• 色彩変更ボード DIP スイッチの設定を確認します。
取り付け説明書を参照してください。
• 液体プレートボード DIP スイッチ設定を確認しま
す。間違った設定は E-12 アラームを発生させま
せんが、正確な設定は電気ノイズによって発生する
E-12 を防ぐのに役立ちます。取り付け説明書を参
照してください。
• EasyKey ソフトウェアのバージョン ( すべてのバ
ージョンの起動時、及び バージョン 2.02.000 と
それ以降でロックキーが押された場合に表示され
ます ) を確認します。1.06.002 より旧バージョン
の場合、アップグレードします。設定は削除される
ので、BWI または AWI を通してそれを保存するよ
うにしてください。
• 色彩変更ボードのステッカーはソフトウェア部品番
号とバージョン、例えば 15T270 1.01 を表示し
ます。バージョンが 1.01 より古い場合、ボードを
交換してください。
• すべてのソフトウェアバージョンと DIP スイッチ
設定が正しくて E-12 が発生している場合、システ
ムに接続不良、不良なケーブル、または不良の回路
基板があります。CAN コネクタのマルチメータを使
用して、システム間の接続が良いか検査してくださ
い。良い場合は、回路基板が不良です。良くない場
合は、不良なコネクタ、接続、またはケーブルがあ
ります。
• 装置がマニュアルモードにプログラムされブース制
御が接続されていない場合、EasyKey ディスプレイ
に表示されます。
• 電源がオンになっている間に色彩変更制御モジュー
ル上のディップスイッチの設定(説明書 312787 参
照)が変更されました。電源を一旦切ってすぐに入
れなおしアラームをクリアしてください。
• 色彩変更制御モジュール上のディップスイッチの設
定(説明書 312787 参照)が正確に設定されていま
せん。
色彩変更モジュールと液体ステーションの間の通信が遮 ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
断された。液体制御盤のヒューズがとんでいる。
修理 - 部品説明書を参照してください。
ブース制御と液体ステーションの間の通信が遮断されて ケーブルが正しく接続されていることを確認してくだ
いる。
さい。
313345F
87
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-13: 高流量アラームまたは E-14: 低流量アラーム ( 警告として設定可能 )
原因
処置
液体システムが生み出しているフローが、多すぎるか少 制限、漏れ、消耗した液体供給、誤った設定等々、液体
なすぎる。
システムをトラブルシューティングしてください。必要
に応じて、流量を加減してください。
E-15: システムアイドル警告
原因
処置
混合入力が高いが、ガンのトリガーはが 2 分間引かれ 塗装していない場合、アラームをクリアして、操作を再
ていない。
開します。
塗装している場合、閉鎖して流量計とエアフロースイッ
チを点検します。
E-16: 設定変更警告
原因
処置
システムセットアップパラメータが変更されている。 対策の必要はありません。高度ウェブインターフェイス
を通して入手可能なイベントログを参照してください。
E-17: 電源オン / 電源オフ警告
原因
処置
システムの電源が再投入された。
対策の必要はありません。高度ウェブインターフェイス
を通して入手可能なイベントログを参照してください。
弱い電源のため、電圧が低くなっている。
電源を交換します。修理 - 部品説明書を参照してくだ
さい。
電源ワイヤの接続が外れているか、または断続的に接触 すべてのワイヤがしっかりと接続されていることを確認
している。
します。ワイヤの引っ張りがきつすぎないことを確認し
ます。
リセットボタンが押された (EasyKey ディスプレーボー 対策の必要はありません。高度ウェブインターフェイス
ドでは S1、Autokey では S3)。
を通して入手可能なイベントログを参照してください。
EasyKey でソフトウェアアップデートが開始された。 対策の必要はありません。高度ウェブインターフェイス
を通して入手可能なイベントログを参照してください。
E-18: デフォルトロード警告
原因
処置
工場出荷時の初期値がシステムにインストールされた。 対策の必要はありません。高度ウェブインターフェイス
を通して入手可能なイベントログを参照してください。
88
313345F
アラームトラブルシューティング
E-19:I/O アラーム
表 11. アラームトラブルシューティング
原因
処置
混合とパージデジタル入力が同時にオンになっている。 一度に 1 つの入力のみがオンであるようにしてくださ
い。混合からパージへと変わる際もしくはその反対の
場合も、少なくとも 1 秒の遅延が必要とされます。
注:I/O アラームは、以下のように、さまざまな内部データの問題に関わるサブアラームを導入させます。
これらのアラームはアラームログの中もしくは BWI または AWI を介してのみ見られるもので、全てのソフト
ウエアーバージョンには適用されません。
液体プレート再起動 (FP 再起動 ) システムが液体プ システムを洗浄するか、色彩変更を実行します。可能で
レート制御盤の再起動を検出した場合、または EasyKey ある場合、再起動または電源サイクルの起源を特定して
から出力サイクルが引き起こされなかった場合に発生し ください。
ます。システムはレシピ 61 に戻り、混合物がライン上
にある可能性があります。
Autokey 損失 : 検出された後に Autokey が失われたか、 Autokey を再インストールするか、または Autokey が
変更された場合に発生します。(Autokey の短期間の損 適切に設定されていることを確認します。
失は検知されません。) 一部の機能が利用不可になる可
能性があります。たとえば、自動システムが PLC また
はロボットコントロールに応答しなくなります。
不正なソース :1-60 の範囲外のレシピが、グローバル 原始データが有効なレシピ (1-60) であることを確認し
レシピデータのコピーの原始データとして検出された ます。
場合に発生します。無効な構成ファイルが EasyKey
に送信された場合、これが発生します。
2K/3K エラー : レシピデータが現在の Autokey 設定 Autokey が適切に設定されていること、または構成ファ
(2K または 3K) と互換性がない場合に発生します。 イルが有効であることを確認してください。
Autokey が変更されたか、無効な構成ファイルが
EasyKey に送信された場合、これが発生します。
初期化エラー : レシピが作成された機械タイプを示すレ 構成ファイルが有効であることを確認します。
シピデータコードが、予期されていないものである場合
に発生します。たとえば、3KS 機械が元は 2KS 機械で
作成された構成ファイルを受信した場合。
構成エラー :EasyKey に送信された構成ファイルが、 構成ファイルの仕様とハードウェアが適合することを確
存在するものとは異なるハードウェアのセットアップ 認してください。
を指定している場合に発生します。たとえば、構成ファ
イルが 2 つの色彩変更ボードを指定しているが、1 つ
しか存在していない場合。
範囲エラー : レシピに使用されているバルブが現在の レシピの仕様とハードウェアが適合することを確認し
ハードウェアセットアップで存在しない場合に発生し ます。
ます。たとえば、レシピがバルブ 30 を求めているが、
システムに 12 のバルブしかない場合。
レベルコントロール (LC) エラー : レベルコントロー Autokey が適切に設定されていることを確認します。
ルデータが EasyKey によって受信されて、レベルコン
トロールデータが元々初期化された時点から現在の
Autokey 設定 (2K または 3K) が変更されている場合
に発生します。
レベルコントロール (LC) 範囲エラー : レベルコント レベルコントロールデータを正しく設定します。
ロールデータに機械の能力を超えるバルブ範囲が含ま
れている場合に発生します。
Modbus (MB) オーバーフロー PLC への Modbus 接続が Modbus プロトコルを EasyKey に対して検証します。
データオーバーフローを経験した場合に発生します。
313345F
89
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-20: パージ開始アラーム
原因
処置
パージが選択されるとき、システムによってガンへの噴 ガンの給気を止めます。
霧空気が検知された。
ガン洗浄ボックス付きのシステムで、パージが選択され ガン洗浄ボックスの中にガンを置きます。そのガン洗
る時にガンがボックスにない。
浄ボックスが適切に稼働していることを確認してくだ
さい。
自動ダンプ機能がオンになっているシステムで、自動ダ ガン洗浄ボックスの中にガンを置きます。そのガン洗
ンプ機能が開始される時に、ガンがボックスにない。 浄ボックスが適切に稼働していることを確認してくだ
さい。
ガン洗浄ボックス付きのシステムの場合、ヒューズ F2 ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
が溶断しています。
修理 - 部品説明書を参照してください。
E-21: 材料充填アラーム
原因
処置
最小混合物充填量が入力されたシステムで、システム 制限または液体供給システムの中の漏れを確認してく
充填量が混合物充填時間内に到達していないことが検 ださい。
知された。
充填量が適切に設定されているかどうか確認してくだ
さい。
• 充填量を調整します。
• 充填時間を調整します。
色彩変更なしで最低混合剤の充填量が入力されたシステ ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
ムの場合、ヒューズ F1 が溶断しています。
修理 - 部品説明書を参照してください。
E-22: タンク A 低水位アラーム、E-23: タンク B 低水位アラーム、または E-24: タンク S 下限警報
原因
処置
タンク容量が、低水位の限界に達した。
EasyKey 画面にアラームが表示され、ユーザに下記の
うちいずれか一項目を指示します。:
• アラームをクリアするには、タンク容量を補充し
てください。
• 「残り体積の 25% のスプレー噴霧」を選択して、混合
を再開します。この選択肢が選択された場合、残り
の量の 25% が混合された後に、第 2 のアラームが
発生します。アラームをクリアするには、タンク容
量を補充してください。
90
313345F
アラームトラブルシューティング
表 11. アラームトラブルシューティング
E-25: 自動ダンプ完了アラーム
原因
処置
ポットライフアラームが 2 分以上の間アクティブで、 ポットライフ期限が切れる前に、すべての混合物を必ず
ガン洗浄ボックスが有効でガンがガン洗浄ボックス内に スプレーしてください。
あり、自動ダンプ洗浄シーケンスが完了しています。
E-26: パージ時間アラーム
原因
処置
色彩 / 触媒パージ時間を通して、システムがメータパル メータケーブルが接続されていることを確認してくだ
スを一切検知していない、または 1 秒より長く続いて さい。
いるメータパルスの障害。
メータを清掃するまたは修理してください。
E-27: 充填時間アラーム
原因
処置
色彩 / 触媒パージ時間を通して、システムがメータパル メータケーブルが接続されていることを確認してくだ
スを一切検知していない、またはシステムが両側から材 さい。
料を少なくとも 10cc 検知する必要がある。
メータを清掃するまたは修理してください。
ガン、ダンプバルブ、または正しい色彩 / 触媒バルブが バルブを開きます。
開いていない。
液体供給容器が空になっている。
必要に応じて、液体レベルと再補充を確認してく
ださい。
色彩変更ボードのスイッチ設定 (S3-S6) がハードウェ 色彩変更ボードのスイッチが正確に設定されている
ア構成に一致していない。
ことを確認します。設置説明書を参照してください。
ヒューズ F1、F2 もしくは両方が溶断している。
ヒューズの状態を確認し、必要であれば交換します。
修理 - 部品説明書を参照してください。
E-28: 混合剤充填押出し完了
原因
処置
混合剤充填押出しが完了した。
ポットライフ期限切れの材料をパージする。
313345F
91
概略図
概略図
システムの空気概略図
COLOR
CHANGE
CONTROL
A B
SE BE
CLO 2 TU
5/3 N
E
OP
DOSE A
VALVE
12 VDC
4-WAY SOLENOID
A B
SE BE
CLO 2 TU
5/3 N
E
OP
DOSE B
VALVE
12 VDC
05
AIR INPUT
4-WAY SOLENOID
CONTROL AIR
3/8 AIR FILTER
MANUAL DRAIN
5 MICRON
WALL MOUNT ONLY
A B
4-WAY SOLENOID
A B
12 VDC
A B
AIR EXHAUST MUFFLER
PURGE AIR
SE BE
CLO 2 TU
5/3 N
E
OP
PURGE A
VALVE
SE BE
CLO 2 TU
5/3 EN
OP
PURGE B
VALVE
SE BE
CLO 2 TU
5/3 N
E
OP
PURGE C
VALVE
(OPTIONAL)
E
DUMP A
VALVE
(OPTIONAL)
E
DUMP B
VALVE
(OPTIONAL)
12 VDC
3-WAY SOLENOID
A
UB
2T
5/3 N
E
OP
A
UB
2T
5/3 N
E
OP
AIR INPUT
12 VDC
3-WAY SOLENOID
3-WAY SOLENOID
A
E
UB
2T
5/3 N
E
OP
GFB 1
VALVE
(OPTIONAL)
UB
2T
5/3 N
E
P
O
E
A
GFB 2
VALVE
(OPTIONAL)
12 VDC
3-WAY SOLENOID
COLOR 13
COLOR 14
COLOR 15
COLOR 16
COLOR 17
COLOR 18
COLOR 19
COLOR 20
COLOR 21
COLOR 22
COLOR 23
COLOR 24
COLOR 25
COLOR 26
COLOR 27
COLOR 28
COLOR 29
COLOR 30
MAC
36 SERIES SOLENOID VALVES
12 VDC
92
COLOR 1
COLOR 2
COLOR 3
COLOR 4
COLOR 5
COLOR 6
COLOR 7
COLOR 8
COLOR SOLVENT
COLOR 9
COLOR 10
COLOR 11
COLOR 12
CATALYST 1
CATALYST 2
CATALYST 3
CATALYST 4
CATALYST SOLVENT
12 VDC
4-WAY SOLENOID
MANIFOLD
1/4 TUBE
12 VDC
4-WAY SOLENOID
TO MANIFOLD
MANIFOLD
FLUSH AIR TO FLUID INLET
1/4 TUBE
AIR EXHAUST MUFFLER
COLOR
VALVE
STACKS
313345F
概略図
システムの電気回路図
注:電気回路図は、ProMix 2KS システム上で配線可能なすべての拡張パターンを図示しています。図示されている
部品のすべてがシステムに含まれているわけではありません。
非危険区域
NON-HAZARDOUS AREA
OPERATOR INTERFACE
DC OK
+24 VDC
COMMON
COMMON
+
+
-
1
2
POWER
SUPPLY
L1
N
L1 85-250 VAC
N
LINE
FILTER
L1
N
GND
1
2
3
POWER HARNESS
BARRIER
BOARD
J1
1
2
3
4
5
J5
1
2
3
J4
1
2
3
UNUSED
UNUSED
UNUSED
UNUSED
UNUSED
L1
N
GND
GND LUG
GND N L1
85-250
VAC
1 POWER
2 ROCKER
1A SWITCH
1B
2A
2B
OPEN
OPEN
HARNESS
L1 TERMINAL
N
BLOCK
GND
+12VDC I/S (RED)
COM (BLACK)
SHIELD
CABLE
+24VDC
OPEN
COMMON
(50' STD.)/
(100' OPTION)
ALARM
MEMBRANE
SWITCH
WITH
RIBBON
CABLE
J4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
DISPLAY
BOARD
J9
J6
RJ45
1
2
3
4
+
-
+
-
RJ45
3'
POWER DIST.
TERMINAL
BLOCKS
J2
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
+
-
+
-
+
-
+
RJ45
J3
REMOTE
I/O
INTEGRATION
BOARD
SHIELD
DISPLAY
-
RJ45
1
2
3
4
J5 5
6
7
8
9
10
J2
FLOW CONTROL CAL. (BLK)
GUN TRIGGER (WHT)
DIGITAL IN COMMON (RED)
REMOTE STOP (GRN)
ALARM RESET (BRN)
ALARM OUTPUT (BLU)
DIGITAL OUTPUT COMMON (ORG)
POT LIFE (YEL)
FLOW RATE ANALOG IN (PUR)
FLOW RATE ANALOG COMMON (GRAY)
J4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
6
1
2
3
4
5
6
7
8
MIX INPUT
PURGE INPUT
JOB COMPLETE INPUT
EXTERNAL CLR CHG READY
RESET ALARM INPUT
DIGITAL INPUT COMMON
DIGITAL INPUT COMMON
RECIPE BIT 0 INPUT
RECIPE BIT 1 INPUT
RECIPE BIT 2 INPUT
RECIPE BIT 3 INPUT
RECIPE BIT 4 INPUT
RECIPE BIT 5 INPUT
RECIPE CHANGE INPUT
1
2
3
4
5
6
7
8
DIGITAL OUTPUT COMMON/POWER
PURGE/RECIPE CHG ACTIVE OUTPUT
MIX ACTIVE OUTPUT
MIX READY OUTPUT
FILL ACTIVE
FLOW CAL. ACTIVE
FLOW RATE ALARM OUTPUT
DIGITAL OUTPUT COMMON/POWER
1
2
3
DIGITAL OUTPUT COMMON/POWER
SPECIAL OUTPUT #1
SPECIAL OUTPUT #2
SPECIAL OUTPUT #3
SPECIAL OUTPUT #4
DIGITAL OUTPUT COMMON/POWER
J5 4
5
6
I/O HARNESSES
J10
1
2
3
4
5
6
RS485 INTEGRATION A (WHT/BLU)
RS485 INTEGRATION B (BLU/WHT)
RS485 INTEGRATION GROUND (SHIELD)
RS485 NETWORK A (WHT/ORG)
RS485 NETWORK B (ORG/WHT)
RS485 NETWORK GROUND (SHIELD)
1
2
3
4
5
6
(+24) YEL
(COM) GRAY
ORG
BRN
RED
TERMINAL
BLOCKS
BEACON
CABLE
J7
J8
P1
RJ45
FO IN (BLK)
FO OUT (BLU)
RJ45
3'
RJ45
BULKHEAD
RJ45
RJ45
3'
(25'-200' OPTIONS)
313345F
WEB SERVER
MODULE
93
概略図
システムの電気回路図
注:電気回路図は、ProMix 2KS システム上で配線可能なすべての拡張パターンを図示しています。図示されている
部品のすべてがシステムに含まれているわけではありません。
危険区域
HAZARDOUS AREA
FLUID PANEL CONTROL BOX
FLUID
PANEL
CONTROL
BOARD
J10
1 +12VDC I/S
2 COM
3 SHIELD
3X CABLE
J3
1
2
3
4
5
6
J12
1
2
3
4
5
6
J13
J5
MH2
J11
PWR (RED)
COM (BLACK)
SIG (WHITE)
SHIELD/GRN
PWR (RED)
COM (BLACK)
SIG (WHITE)
SHIELD/GRN
PWR (RED)
COM (BLACK)
SIG (WHITE)
SHIELD/GRN
UNUSED
UNUSED
UNUSED
UNUSED
UNUSED
UNUSED
1
2
3
4
5
6
FLOW METER A
FLOW METER SOLVENT
V/P ANALOG OUT (WHT)
PRESS. (GRN)
+12 V (RED)
GND (BLK)
CHASSIS (BARE)
GROUND
TERMINAL
(10')/
(40')
3
2
5
4
1
6' STD.
(3'-100' OPTIONS)
GRD (BLK)
+12VDC (RED)
SHIELD (BARE)
CAN H (WHT)
CAN L (BLU)
3
2
5
4
1
CLR 8
MANIFOLD
CLR 7
3
2
5
4
1
GRD (BLK)
+12VDC (RED)
SHIELD (BARE)
CAN H (WHT)
CAN L (BLU)
CLR 6
BOOTH
CONTROL
BOARD
CLR 5
CLR 4
CLR 3
J14
J9
94
FO OUT
(BLU)
J4
FO IN
(BLK)
J6
J1
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
6
5
4
3
2
1
6
5
4
3
2
1
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
BLACK
RED
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
SIG
COM
SIG
COM
SIG
COM
SIG
COM
SIG
COM
MANIFOLD
CLR 1
DUMP B
GFB #1
GFB #2
DUMP A
MANIFOLD
NOT USED
SOL CLR
1
2
3
4
5
6
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
1
2
3
4
5
6
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
1
2
3
4
5
6
J7/J11
PURGE A
NOT USED
NOT USED
DOSE B
DOSE A
AIR FLOW SWITCH 1
AIR FLOW SWITCH 2
1
2
3
4
5
J2
J4
SIG (RED)
COM (BLK)
TECNO
V/P
+ PRESSURE (GRN)
COM (RED)
EX+ (WHT)
- PRESSURE (BLK)
SHIELD (BARE)
FLUID
PRESS.
SENS.
J8
J15
J14
J9
J16
J10
MANIFOLD
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
CLR 12
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
CAT 2
CLR 9
CLR 10
CLR 11
CAT 4
CAT 3
CAT 1
SOL CAT
1 4 5 2 3
6' STD.
J7/J11
PURGE C
PURGE B
1
2
1 4 5 2 3
COLOR
BOARD 1
(COLORS
1 THRU 12,
CATALYST
1 THRU 4)
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
12 VDC
3-WAY SOLENOID
6
5
4
3
2
1
6
5
4
3
2
1
12 VDC
4-WAY SOLENOID
J15
1 FLOW
2 CONTROL
3 BOARD
4
5
J7/J11
CLR 2
J8
J1
1
2
3
4
5
6
50' STD.
J7
I.S. METERS
FLOW METER B
CLR 21
CLR 20
CLR 19
CLR 18
CLR 17
CLR 16
CLR 15
CLR 14
CLR 13
MANIFOLD
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
1
2
3
4
5
6
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
1
2
3
4
5
6
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
1
2
3
4
5
6
1 4 5 2 3
COLOR
BOARD 2
(COLORS
13 THRU 30)
J8
J15
J14
J9
J16
J10
MANIFOLD
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
CLR 25
6
5
4
3
2
1
COM
+12VDC
COM
+12VDC
COM
+12VDC
CLR 28
CLR 22
CLR 23
CLR 24
CLR 26
CLR 27
CLR 29
CLR 30
SOLVENT FLOW SWITCH
GFB 1 PRESSURE SWITCH
GFB 2 PRESSURE SWITCH
313345F
313345F
DISPLAY BOARD
P1
BARRIER BOARD
J9
1
2
3
4
RJ45
DISPLAY BOARD
RJ45
J5
J1
J4
24 VDC+
IN
RED 18 AWG
BLACK 18 AWG
RED/BLACK/WHITE 22 AWG
J5-1
J5-2
J5-3
SHIELD/GRND
COMMON (BLACK)
+12 VDC I/S (WHITE)
UNUSED
UNUSED
J1-2
J1-1
UNUSED
UNUSED
J1-4
J1-3
UNUSED
RED 18 AWG
BLACK 18 AWG
J1-5
J4-1
J4-2
J4-3
GREEN/BLACK/WHITE 22 AWG
IS POWER
12 VDC
+
+
+
+
-
RED 18 AWG
BLACK 18 AWG
DC OK
+
-
-
24 VDC+
HIGH
VOLTAGE
IN
POWER SUPPLY
24 VDC+
OUTPUT
GND LUG
COMMON
RJ45
BROWN 16 AWG
RED 16 AWG
RJ45 BULKHEAD
N
N
L
L
2
1
POWER
ROCKER SWITCH
2A
1A
+
-
BROWN 16 AWG
RED 16 AWG
ALARM
LINE FILTER
N
L1
N
L1
GND
N
L1
GND
TERMINAL BLOCKS
BROWN 16 AWG
RED 16 AWG
GRN/YEL 16 AWG
概略図
EasyKey 電気回路図
95
96
流量 (cc/ 分 )
0
500
1000
1500
2000
2500
3000
3500
3800
1:1
2:1
3:1
4:1
5:1
6:1
7:1
8:1
25cc 投与
50cc 投与
比率
9:1 10:1 11:1 12:1 13:1 14:1 15:1 16:1 17:1 18:1 19:1 20:1 21:1 22:1 23:1 24:1 25:1 26:1 27:1 28:1 29:1 30:1
10cc 投与
注:最大システムフローは 3800 cc/ 分 です
メータ性能データ (A と B 上で G3000)
メータ性能データ (A と B 上で G3000)
件
条ト
ス
テ
)
定
設
準
標
(
放 gis
開p
ズ の 00
ー 転 3:
ポ 回圧
%5 52 ド
ルチ
: .1: ー
イン
差
オセ
圧 7.5 誤 定 ィ
フ
設
油
B
: 6: 容
ブ
許
体度率ルと
液粘比バA
313345F
313345F
流量 (cc/ 分 )
0
500
1000
1500
2000
2500
3000
3500
3800
1:1
2:1
3:1
4:1
5:1
6:1
7:1
8:1
10cc 投与
25cc 投与
25cc 投与
50cc 投与
比率
9:1 10:1 11:1 12:1 13:1 14:1 15:1 16:1 17:1 18:1 19:1 20:1 21:1 22:1 23:1 24:1 25:1 26:1 27:1 28:1 29:1 30:1
50cc 投与
注:最大システムフローは 3800 cc/ 分 です
メータ性能データ (A に G3000、B にコリオリ )
メータ性能データ (A に G3000、B にコリオリ )
件条
トス
テ
)
定
設
準
標
(
放 gis
開p
ズ の 00
ー 転 3:
ポ 回圧
%5 52 ド
ルチ
: .1 ー
イン
差:
オセ
圧 7.5 誤 定 ィ
設フ
油
B
: 6: 容
ブ
許
ル
率
体
度
A
液粘比バと
97
メータ性能データ (A に G3000、B にコリオリ )
98
313345F
技術データ
技術データ
最高使用液圧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 基本システム : 4000 psi (28 MPa、280 bar)
低圧色彩変更 : 300 psi (2.1 MPa、21 bar)
高圧色彩変更 : 3000 psi (21 MPa、210 bar)
コリオリメータ : 2300 psi (16.1 MPa、161 bar)
最大使用空気圧力 . . . . . . . . . . . . . . . . . 100 psi (0.7 MPa、7 bar)
エア供給 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75 - 100 psi (0.5 - 0.7 MPa、5.2 - 7 bar )
エアフィルタインレットサイズ . . . . . . . . . . . 19.1 mm (3/8 インチ ) npt(f)
エアロジックとパージエア用の空気ろ過
5 ミクロン ( 最低限 ) のフィルタが必要;清潔かつ乾燥
(Graco によって供給されたもの ) . . . . . . . . . . した空気を使用
空気噴霧用の空気ろ過
30 ミクロン ( 最低限 ) のフィルタが必要;清潔かつ乾
( ユーザによって供給されたもの ). . . . . . . . . . 燥した空気を使用
混合比率範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 0.1:1- 50:1*
比率の精度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 最大 +1% まで、ユーザは選択可能。
扱われる液体 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 つまたは 2 つのコンポーネント:
• 溶剤と水性塗料
• ポリエチレン
• エポキシ
• 酸性触媒ニス
• 水分に敏感なイソシアネート
液体の粘度範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20–5000 cps*
液体のろ過 ( ユーザ提供 ) . . . . . . . . . . . . . 最小 100 メッシュ
液体流量範囲 *
G3000、G250 メータ . . . . . . . . . . . . . . 75 - 3800 cc/ 分 (0.02-1.00 gal./min.)
G3000HR、G250HR メータ . . . . . . . . . . . . 38 - 1900 cc/ 分 (0.01-0.50 gal./min.)
コリオリ流量計 . . . . . . . . . . . . . . . . 20 - 3800 cc/ 分 (0.005-1.00 gal./min.)
S3000 溶剤メータ ( アクセサリー ) . . . . . . . 38 - 1900 cc/ 分 (0.01-0.50 gal./min.)
液体インレットのサイズ
流量計 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19.1 mm (1/4 インチ ) npt(f)
ドースバルブ / 色彩バルブアダプター . . . . . . 19.1 mm (1/4 インチ ) npt(f)
液体アウトレットのサイズ ( 静的ミキサー ) . . . . . 19.1 mm (1/4 インチ ) npt(f)
外部電源条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85–250 Vac、50/60 Hz、最大 2 アンペア
最大 15 amp の回路ブレーカが必要
8 ~ 14 AWG 電源ワイヤゲージ
動作温度範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41- 122° F (5-50° C)
環境条件評価 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 室内用、汚染度 (2)、設置カテゴリ II
ノイズレベル
音圧レベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70 dBA 以下
音響パワーレベル . . . . . . . . . . . . . . . 85 dBA 以下
接液部品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 303、304 SST、タングステンカーバイド ( ニッケルバイ
ンダー付き )、パーフロロエラストマー、PTFE
プログラム済み K- 因子及び用途により異なります。最大許容流量計パルス周波数は 425 Hz です ( パルス / 秒 )。
粘性、流量率又は混合率に関する更に詳細な情報をお知りになりたい方は、お客様の Graco 代理店にご相談下
さい。
追加の技術データについては、個別のコンポーネントの説明書を参照してください。
*
313345F
99
Graco Standard Warranty
Graco warrants all equipment referenced in this document which is manufactured by Graco and bearing its name to be free from defects in
material and workmanship on the date of sale to the original purchaser for use. With the exception of any special, extended, or limited warranty
published by Graco, Graco will, for a period of twelve months from the date of sale, repair or replace any part of the equipment determined by
Graco to be defective. This warranty applies only when the equipment is installed, operated and maintained in accordance with Graco’s written
recommendations.
This warranty does not cover, and Graco shall not be liable for general wear and tear, or any malfunction, damage or wear caused by faulty
installation, misapplication, abrasion, corrosion, inadequate or improper maintenance, negligence, accident, tampering, or substitution of
non-Graco component parts. Nor shall Graco be liable for malfunction, damage or wear caused by the incompatibility of Graco equipment with
structures, accessories, equipment or materials not supplied by Graco, or the improper design, manufacture, installation, operation or
maintenance of structures, accessories, equipment or materials not supplied by Graco.
This warranty is conditioned upon the prepaid return of the equipment claimed to be defective to an authorized Graco distributor for verification of
the claimed defect. If the claimed defect is verified, Graco will repair or replace free of charge any defective parts. The equipment will be returned
to the original purchaser transportation prepaid. If inspection of the equipment does not disclose any defect in material or workmanship, repairs
will be made at a reasonable charge, which charges may include the costs of parts, labor, and transportation.
THIS WARRANTY IS EXCLUSIVE, AND IS IN LIEU OF ANY OTHER WARRANTIES, EXPRESS OR IMPLIED, INCLUDING BUT NOT
LIMITED TO WARRANTY OF MERCHANTABILITY OR WARRANTY OF FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
Graco’s sole obligation and buyer’s sole remedy for any breach of warranty shall be as set forth above. The buyer agrees that no other remedy
(including, but not limited to, incidental or consequential damages for lost profits, lost sales, injury to person or property, or any other incidental or
consequential loss) shall be available. Any action for breach of warranty must be brought within two (2) years of the date of sale.
GRACO MAKES NO WARRANTY, AND DISCLAIMS ALL IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A
PARTICULAR PURPOSE, IN CONNECTION WITH ACCESSORIES, EQUIPMENT, MATERIALS OR COMPONENTS SOLD BUT NOT
MANUFACTURED BY GRACO. These items sold, but not manufactured by Graco (such as electric motors, switches, hose, etc.), are subject to
the warranty, if any, of their manufacturer. Graco will provide purchaser with reasonable assistance in making any claim for breach of these
warranties.
In no event will Graco be liable for indirect, incidental, special or consequential damages resulting from Graco supplying equipment hereunder, or
the furnishing, performance, or use of any products or other goods sold hereto, whether due to a breach of contract, breach of warranty, the
negligence of Graco, or otherwise.
FOR GRACO CANADA CUSTOMERS
The Parties acknowledge that they have required that the present document, as well as all documents, notices and legal proceedings entered into,
given or instituted pursuant hereto or relating directly or indirectly hereto, be drawn up in English. Les parties reconnaissent avoir convenu que la
rédaction du présente document sera en Anglais, ainsi que tous documents, avis et procédures judiciaires exécutés, donnés ou intentés, à la suite
de ou en rapport, directement ou indirectement, avec les procédures concernées.
Graco Information
For the latest information about Graco products, visit www.graco.com.
For patent information, see www.graco.com/patents.
TO PLACE AN ORDER, contact your Graco distributor or call to identify the nearest distributor.
Phone: 612-623-6921 or Toll Free: 1-800-328-0211 Fax: 612-378-3505
All written and visual data contained in this document reflects the latest product information available at the time of publication.
Graco reserves the right to make changes at any time without notice.
説明書原文の翻訳。
This manual contains English. MM 312776
Graco Headquarters: Minneapolis
International Offices: Belgium, China, Japan, Korea
GRACO INC. AND SUBSIDIARIES • P.O. BOX 1441 • MINNEAPOLIS MN 55440-1441 • USA
Copyright 2008, Graco Inc. All Graco manufacturing locations are registered to ISO 9001.
www.graco.com
Revision F, April 2015
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement