取扱説明書

取扱説明書
取扱説明書
このたびは、当社スキャントロニクスHA200Rシリーズを
お買い求めいただきまして、ありがとうございました。
本書は、はじめてスキャントロニクスHA200Rシリーズを
お使いになる方が、短期間で基本的な操作を習得していた
だくことを目的としています。
本書をよくお読みいただき、スキャントロニクスHA200R
シリーズの機能を理解し、正しくお使いください。
●安全上のご注意.................................. 1
●設置及び取り扱い上の注意 .............. 4
●箱から出しましょう .......................... 5
●各部の名称 ......................................... 7
●電源を入れてみましょう ............... 12
●用紙のセット .................................. 15
●動かしてみましょう ....................... 32
●あれ?どうしたのかな? ............... 87
●オプション ...................................... 95
●毎日のお手入れ............................... 96
●基本仕様 .......................................... 98
●アフターフォローについて ........ 101
サトー製プリンタには、
純正サプライのご使用をお願いします。
安全上のご注意
本章では、プリンタのご使用時における安全について記載しております。
プリンタをご使用になる前に必ずお読みください。
▲絵表示について
この取扱説明書やプリンタの表示では、プリンタを安全に正しくお使いいただき、あなたや他
の人々への被害や財産への被害を未然に防止するために、いろいろな絵表示をしています。そ
の表示と意味は次のようになっています。内容をよく理解して、本文をお読みください。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負
う可能性が想定される内容を示しています。
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、
人が傷害を負う可能性が想定
される内容および物的損害のみの発生が想定される内容を示しています。
表示の例
△ 記号は「気をつけるべきこと」を意味しています。図の中に具体的な
注意内容(左図の場合は感電注意)が描かれています。
記号は「してはいけないこと」を意味しています。図の中や近くに具
体的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
● 記号は「しなければならないこと」を意味しています。図の中に具体
的な内容指示(左図の場合は差込みプラグをコンセントから抜いてく
ださい。)が描かれています。
■ 不安定な場所に置かない
・ ぐらついた台の上や傾いた所、振動
のある場所など不安定な場所に置か
ないでください。落ちたり、倒れたり
して、ケガの原因になります。
■ 水などの入った容器を置かない
・ プリンタの周辺に花ビン、コップな
ど水や薬品の入った容器や小さな金
属物を置かないでください。万一、こ
ぼしたり、中に入った場合は、速やか
に電源スイッチを切り、電源コード
の差込みプラグをコンセントから抜
いて、販売店、ディーラーまたはサ
ポートセンターにご連絡ください。
そのまま使用すると火災・感電の原
因となります。
初 版 2009年4月 Q02820000
蘓2009 株式会社サトー
■ 内部に異物を入れない
・ プリンタの開口部(ケーブルの出口
やSDカートリッジ取付口など)から
金属物や燃えやすいものを差込んだ
り、落としたりしないでください。万
一、内部に異物が入った場合は、速や
かに電源スイッチを切り、電源コー
ドの差込みプラグをコンセントから
抜いて、販売店、ディーラーまたはサ
ポートセンターにご連絡ください。
そのまま使用すると火災・感電の原
因になります。
■ 指定以外の電圧は使用しない
・ 指定された電源電圧(AC100V)以外
は、使用しないでください。火災・感
電の原因になります。
1
■必ずアース線を接続して
・ 必ずプリンタのアース線をアースへ
接続してください。アース線を接続
しないと感電の原因になります。
■電源コードの取り扱いについて
・ 電源コードを傷つけたり、破損、加工
したりしないでください。また、重い
ものを載せたり、加熱したり、引っ
張ったりすると電源コードが破損
し、火災・感電の原因になります。
・ 電源コードが傷んだら(芯線の露出、
断線など)販売店、ディーラーまたは
サポートセンターにご連絡くださ
い。そのまま使用すると火災・感電の
原因になります。
・ 電源コードを加工したり、無理に曲
げたり、ねじったり、引っ張ったりし
ないでください。そのまま使用する
と火災・感電の原因になります。
■落としたり、破損したときは
・ プリンタを落としたり、破損した場
合は、速やかに電源スイッチを切り、
電源コードの差込みプラグをコンセ
ントから抜いて、販売店、ディーラー
またはサポートセンターにご連絡く
ださい。そのまま使用すると火災・感
電の原因になります。
■湿度が高い場所に置かない
・ プリンタを湿度の高い場所、結露す
る場所に置かないでください。結露
した場合は、速やかに電源スイッチ
を切り、乾くまで使用しないでくだ
さい。結露したまま使用すると、感電
の原因となります。
2
■異常な状態で使用しない
・ 万一、プリンタから煙がでている、変
な臭いがするなどの異常が発生した
まま使用すると、火災・感電の原因に
なります。すぐに電源スイッチを切
り、電源コードの差込みプラグをコ
ンセントから抜いて、販売店、ディー
ラーまたはサポートセンターに修理
をご依頼ください。お客様による修
理は危険ですので絶対におやめくだ
さい。
■分解しないでください
・ プリンタの分解や改造をしないでく
ださい。火災・感電の原因となりま
す。内部の点検・調整・修理は、販売
店、ディーラーまたはサポートセン
ターにご依頼ください。
■プリンタ清掃液の取り扱いについて
・ プリンタ清掃液は、火気厳禁です。加
熱したり、火の中に放り込むことは、
絶対に行わないでください。
・ お子様が間違って飲み込まないよう
に手の届かないところに保管してく
ださい。万一、飲み込んだ場合は、た
だちに医者と相談してください。
■持ち運び
・ 移動されるときは、必ず電源コード
の差込みプラグをコンセントから抜
き、外部との接続線を外したことを
確認の上、行ってください。外さない
まま移動すると、コード、接続線が傷
つき火災・感電の原因になります。
・ 用紙をセットしたまま、プリンタを
持ち運ばないでください。用紙が落
ち、ケガをするおそれがあります。
・ プリンタを床や台の上などに置く場
合、プリンタの足に指や手を挟まな
いように注意してください。
■電源
■サーマルヘッドの開閉
・ 濡れた手で電源スイッチの操作や電
源コードの抜き差しをしないでくだ
さい。感電するおそれがあります。
・ サーマルヘッドの開閉には、用紙以
外の異物を挟まないように注意して
行ってください。ケガ、破損の原因に
なることがあります。
■電源コード
・ 電源コードに熱器具を近付けないで
ください。熱器具を近付けた場合電
源コードの被覆が溶けて、火災・感電
の原因になります。
・ 電源コードをコンセントから抜くとき
は、必ず、差込みプラグを持って抜いて
ください。電源コードを持って抜いた
場合芯線の露出や断線し、火災・感電の
原因になることがあります。
・ 本プリンタに付属の電源コードは、
本プリンタ専用です。他の電気製品
には使用できません。
■用紙のセット
・ ロール紙をセットするとき、用紙と
供給部の間に指を挟まないように注
意して行ってください。
■長期間ご使用にならないとき
・ プリンタを長期間ご使用にならない
ときは、安全のため電源コードの差
込みプラグをコンセントから抜いて
ください。
■お手入れ・清掃のとき
■カバー
・ カバーの開閉には、指を挟まないよ
うに注意して行ってください。また、
カバーが滑り落ちないようにしっか
りと持って行ってください。
・ プリンタのお手入れや清掃を行うと
きは、安全のため電源コードの差込
みプラグをコンセントから抜いてか
ら行ってください。
■サーマルヘッド
・印字後のサーマルヘッドは、高い温
度になっています。印字直後の用紙
の交換、清掃は、火傷をしないように
注意して行ってください。
・ サーマルヘッドの端を素手で触ると
ケガをするおそれがあります。用紙
の交換、清掃は、ケガをしないように
注意して行ってください。
・ サーマルヘッドの交換は、ケガ、火傷
および感電のおそれがありますので
注意して行ってください。
ご注意
(1) 本書の内容の一部または全部を無断転載することは禁止されています。
(2) 本書の内容に関しては、将来予告なしに変更することがあります。
(3) 本書の内容について万全を期して作成致しましたが、万一ご不審な点や誤り、
記載もれなどお気づきのこ
とがありましたら、購入されました販売店ディーラーへご連絡ください。
(4) この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスB情報技術装置で
す。
この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信
機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。取扱説明書に従って正しい取り扱い
をしてください。
3
設置及び取り扱い上の注意
次のことに注意して、設置、取り扱いを行ってください。
▲設置場所について
次のことに注意して、本プリンタを設置してください。
水平な場所に置いてください。
設置する場所が、でこぼ
こや斜めの場合、きれい
な印字ができません。ま
た、故障の原因になり、プ
リンタの寿命を短くする
おそれがあります。
振動のある場所には置かないでください。
振動のある場所には設置しな
いでください。また、ロール紙
をセットしたままプリンタを
運んだり、大きな振動を与え
ないでください。
クレーンやプレス機などのそばには置かないでくだ
さい。
クレーンやプレス機など大容量の電気を使う機器
は、電気ノイズや電源の電
圧低下を起こす原因にな
ります。本プリンタの誤動
作や故障のもとになりま
すので、これらの機器のそ
ばに本プリンタを置かな
いでください。
▲電源について
本プリンタは、AC100Vの交流電源が必要です。
高温・多湿の場所には置かないでください。
温度・湿度が高くなる
場所に設置しないでく
ださい。温度・湿度が
高くなりますと故障の
原因になります。
電圧の低下などの変動が少ない電源から電気を供給
ほこりを避けて使用してください。
ほこりがつくときれいに印
字できなくなることがあり
ます。また、故障の原因にな
るだけでなく、製品の寿命
を短くするおそれがありま
す。
直射日光はきらいです。
本プリンタは光学センサ
を内蔵していますので、
直射日光が当たるとセン
サが誤作動を起こすこと
があります。印字すると
きは必ずトップカバーを
閉じてください。ハクリ
ユニットを使用した際は、屋外で使用されますとラ
ベル誤発行を起こす可能性があります。
4
してください。
ヒーターや冷蔵庫などの消費
電力の大きい電気製品と同じ
電源や、その近くの電源から
電気を供給しないでくださ
い。電源の電圧の低下などに
より誤動作を起こすことがあ
ります。
必ずアース線を接続してください。
アース設備がない場合は、アース設備工事を行って
ください。
箱から出しましょう
本プリンタを箱から出して設置します。
それでは箱を開けましょう。
※ 緩衝材(プリンタ押えのクッション)の形状が
一部異なる場合があります。
5
添付品の確認 箱を開けたら、次の添付品が揃っているか確認してください。
もし、足りないものがありましたら、購入されました販売店・ディーラーまでお問い合わせください。
保証書
クリーニングペン
取扱説明書(本書)と
セットアップガイド
ロールホルダー(2個)
電源コード
アクセサリCD-ROM
リボンアダプタ(2個)
2極アダプタ
メンテナンス案内書
内部巻取りコア
クリップ
▲保証書と箱は大切に
本プリンタは、正常なご使用のもとにおける故障については、納入
より6か月間を保証期間として無償修理いたします。修理をご依頼
いただくとき、添付の保証書によるユーザー登録が必要です。保証
書は大切に保管してください。万一、保証書を紛失されたときは、修
理が有償となりますのでご了承ください。
また、本プリンタを梱包していた箱とプリンタ押え(緩衝材)も保管
してください。修理をご依頼いただくときに、
この箱に本プリンタ
を梱包して送っていただきます。
6
各部の名称
▲プリンタ本体(本体概観)
操作パネル部
メッセージを表示するディスプレイと操作
を行う6つのキー、プリンタの状態を示す2
つのLEDがあります。
トップカバー
カバーオープンボタン
ハクリユニット
オープンボタン
ラベル排出口
ハクリセンサスライドつまみ
ハクリセンサの位置を調整します。
電源スイッチ
本プリンタの電源を入れるとき、切る
ときに使用します。
l側に押すと電源が入ります。
○側に押すと電源が切れます。
7
▲背面部
LANインタフェース
USBインタフェース
AC入力電源端子
(電源コネクタ)
電源コードを差込み、本プリ
ンタに電源を供給します。
EXTコネクタ
RS-232Cインタフェース
外部信号インタフェース
ヒューズカバー
ヒューズが中に入っています。
▲トップカバーオープン時
トップカバー
リボンユニット
ハクリユニット
8
▲リボンユニットオープン時
トップカバー
リボンユニット
リボンレバー
リボンピンチ
レバー
【リボンユニット部】
リボン供給軸受
リボン巻取り軸受
ピンチローラー
ユニット
サーマルヘッド
用紙センサ
ピンチローラー
ガイドローラー
9
【ラベル搬送部】
ロールガイドロック
レバー
ロールガイド
ラベルガイドロック
レバー
ラベルガイド
プラテンローラー
ハクリバー
ラベルガイド
フィードローラー
ラベルガイドロック
レバー
プラテンローラー
ロール軸受
ロールガイド
10
ロールガイドロック
レバー
【操作部】
ディスプレイ
LINE キー
FEED キー
アイコン、操作メッセージや
エラーメッセージを表示し
印字のスタート・ストップおよび
データ送受信のオン・オフを切り
用紙の紙送りをします。オフライ
ン時に1回押すと1枚分の用紙を
ます。
替えます。
各設定モードでは、前の設定項目
送り出します。
※ 電源ON、用紙をセットしたときな
ど用紙が正規位置にない場合があ
に戻ります。
ります。
このような場合には、
LINE キーを押してオフライン状
態にし、FEED キーを必ず押して
用紙を正規の位置に合わせてくだ
さい。
各設定モードでは、設定内容を確定
します。
+ キー
各設定モードで、設定値を入力し
ます。
(加算)
− キー
各設定モードで、設定値を入力し
ます。
(減算)
STATUS
ERROR
オンライン状態で点灯し、オフ
エラーが発生したとき、
ライン状態で消灯します。
データ受信中は点滅します。
点灯、点滅します。
・
キー
各設定モードでのカーソル移動をし
ます。
11
電源を入れてみましょう
電源コード、インタフェースケーブルのセット手順を説明します。
電源コードを接続する 必ずアース線をアースに接続してください。
アース線を接続しないと感電の原因となります。
濡れた手で電源スイッチの操作や電源コードの抜き差しをしないでください。感電するおそれがあります。
本プリンタに付属の電源コードは、本プリンタ専用です。他の電気製品には使用できません。
プリンタのAC入力電源端子に電源コードを接続しま
す。
差込む向きを確認してください。
プリンタ本体を片手で押さえ、しっかりと差込んでくだ
さい。
電源コンセントに電源コードを差込みます。
添付の電源コードのプラグの形は、3極タイプになっています。3本の足のうち1本がアース線に
なっています。
ご使用の電源コンセントが3極タイプの場合はそのまま電源コードを差込んでください。
電源コンセントが2極タイプの場合は、添付の2極
アダプタを使い、電源コンセントに差込んでくださ
い。
12
インタフェースを接続する インタフェースの規格に適応したケーブルをご使
用ください。
差込む向きを確認してください。
プリンタ本体を片手で押さえ、しっかりと差込んで
ください。
電源を入れてみましょう 濡れた手で電源スイッチの操作や電源コードの抜き差しをしないでください。感電するおそれがあります。
プリンタ本体前面の電源スイッチを入れます。
「 l 」と書いてある側を押してください。
ON
OFF
電源スイッチを入れるとディスプレイに「オンライ
ン」と表示されます。
13
あれ?おかしいな 今までに行った準備が正しくできていないときは、ディスプレイに「オンライン」と表示されませ
ん。準備が正しくできていないときは、ディスプレイにメッセージが表示されます。
メッセージが表示されたときは「あれ?どうしたのかな?」
(87ページ)を参照し、準備をしなお
してください。
電源を切りましょう 本プリンタが正常に動いたことを確認したら、電源を切ってみましょう。
▲電源を切る前に確認してください
必ず次のことを行ってから、電源を切ってください。
オフライン状態にする
本プリンタの電源を切るときは、オフライン状態になっていることを確認してください。
ディスプレイに次のように「オンライン」と表示されているときは、オンライン状態になっていま
す。
LINEキーを押して、オフライン状態にします。
ディスプレイに「オフライン」と表示されます。
オフライン状態になっていることを確認して、本プ
リンタ正面の電源スイッチの「○」と書いてある側を
押してください。
14
ON
OFF
用紙のセット
本プリンタはロール紙に印字することができます。
本プリンタは、ラベルとラベルの間をセンサで検知することにより、適切な印字を行います。
サトー純正用紙のご使用をお願いします。
紙送り方向
表側
3mm
1.5mm
ロール紙
裏側
ロール紙のセット
(ハクリ)
1
カバーオープンボタンを押し
てトップカバーを開けます。
ハクリユニットオープンボタ
ンを押し下げて、ハクリユニッ
トを開きます。
カバーオープンボタン
ハクリユニットオープンボタン
台紙巻取り部
ハクリユニット
15
2
添付品のロールホルダーをロール紙の左右にセットします。
ロールホルダー
ロール紙外側
16
ロール紙内側
3
ラベルガイドロックレバーと
ロールガイドロックレバーの
ロックを解除します。
ロールガイド
ロールガイドロック
レバー
本プリンタに貼り付けてあり
ます、
「ラベルの幅合わせにつ
いて」シートを参照してくださ
い。
ラベルガイド
ラベルガイドロック
レバー
「ラベルの幅合わせについて」シート
【参考】
トップカバーに貼られているルートステッカ(ラベル・リボンルート図)も参照
してください。
17
4
ロールガイドを左右にスライ
ドして用紙サイズに合わせて
ロール軸受にセットします。
ロール軸受
ロールガイド
5
ラベルガイドを左右にスライドして用紙サイズに合わせます。
注)ラベルの両端がガイドに軽く接触する程度に合わせてください。
①「ラベルの幅合わせについて」シート
18
ラベルガイド
調整後は、ラベルガイドロックレバーとロールガイドロックレバーをロックし
ます。操作方法については、①「ラベルの幅合わせについて」シートを参照して
ください。
6
内部巻取りコアの目盛りを参考に用紙台紙サイズを合わせてクリップで止めま
す。
内部巻取りコア
クリップ
クリップ
クリップにて止めた後は、150mm(3回転)以上巻取ります。
7
内部巻取りコアをカチャと音が
鳴るまで奥に押してください。
内部巻取り部
内部巻取りコア
19
8
ラベル位置がプラテンローラーの位置まで搬送されるまで、内部巻取りコアを
回します。
プラテンローラー
20
ハクリバー
9
ハクリユニットを閉じます。
10
ラベルを矢印の方向に引っ張ったあと、トップカバーを閉じます。
ロール紙のセット
(連続)
1
カバーオープンボタンを押してトップカバーを開けます。
カバーオープン
ボタン
ハクリユニット
オープンボタン
【初めて連続動作をする場合】
漓
ハクリユニットオープンボ
タンを押し下げてハクリユ
ニットを開きます。
ハクリユニット
ハクリローラー
21
滷
ハクリユニットに装着しているハクリローラーを取外します。
ハクリローラーを奥側に押しながら、下方向に引っ張って取外します。
注)・取外したハクリローラーは大切に保管してください。
・ハクリ印字動作で発行する際には、逆の手順で取付けます。
澆
2
ハクリユニットを閉じます。
用紙をセットします。
「ロール紙のセット(ハクリ)」の手順2∼5を参照してください(16∼18ペー
ジ)
。
3
22
トップカバーを閉じます。
カーボンリボンのセット サトー純正カーボンリボンのご使用をお願いします。
1
カバーオープンボタンを押して
トップカバーを開けます。
カバーオープンボタン
2
リボンレバーを押してリボン
ユニットを外します。
リボンレバーを押すとガチャ
と音がします。
リボンレバー
注) カーボンリボンをセットするときは、トップカバーが全開になっていることを
確認してください。
23
3
ピンチローラーユニットを外
します。
ピンチローラーユニット
4
リボンユニットを下ろし、リボ
ンピンチレバーを上に上げま
す。
カチャと音がするまで上げて
ください。
リボンピンチレバー
24
5
添付品のリボンアダプタにカーボンリボンと支管をセットします。
カーボンリボンの幅によって、リボンアダプタのリボンストッパの位置が異な
ります。
リボンストッパ
③ 幅サイズ:45mm
① 幅サイズ:65mm
② 幅サイズ:59mm
④ 幅サイズ:39.5mm
リボンアダプタ
▲65mm幅のカーボンリボンの場合
リボンアダプタのリボンストッパ位置を①に設定します。
▲59mm幅のカーボンリボンの場合
リボンアダプタのリボンストッパ位置を②に設定します。
▲45mm幅のカーボンリボンの場合
リボンアダプタのリボンストッパ位置を③に設定します。
25
▲39.5mm幅のカーボンリボンの場合
リボンアダプタのリボンストッパ位置を④に設定します。
【カーボンリボンのセット】
リボンアダプタにカーボンリボンの巻き方向に注意して、奥まで入れて
ください。
カーボンリボン
巻き方向
挿入方向
【支管のセット】
リボンアダプタに支管を奥まで入れてください。
支管
挿入方向
26
6
カーボンリボンをリボン供給
側の右側からセットして、リボ
ン供給軸受にしっかりと入れ
ます。
リボン供給軸受
リボン供給軸受形状は十字になって
いますので、必ず合わせてください。
リボン供給軸受形状は丸になっていま
す。
27
【参考】
トップカバーに貼られているルートステッカ(ラベル・リボンルート図)も参照
してください。
7
28
支管をリボン巻取り側にセッ
トします。操作方法は、カーボ
ンリボンをリボン供給側に
セットする方法と同じになり
ます。
8
カーボンリボンをリボン供給
部よりサーマルヘッドの下を
通します。次にリボンローラー
とリボンピンチレバーの間に
通して、リボン巻取り部へ通し
ます。支管にカーボンリボンを
テープで貼り付けます。
リボン巻取り側の支管を矢印
の方向に手で回して、カーボン
リボンのインク部分をリボン
ローラーの前まで巻取ります。
リボンピンチレバー
リボンローラー
サーマルヘッド
ピンチローラーユニット
29
9
リボンピンチレバーを下ろし
ます。
リボンピンチレバー
10
リボンユニットを上げて、ピン
チローラーユニットをセット
します。
カチャと音が鳴るまでセット
してください。
リボンユニット
ピンチローラーユニット
ピンチローラーユニット
30
11
リボンユニットをトップカ
バーにセットします。
カチィと音が鳴るまで押して
ください。
12
トップカバーを閉じます。
印字終了後のサーマルヘッドとその付近は、熱くなっています。印字直後は、火傷しないように注意して行ってくだ
さい。
サーマルヘッドの端に素手で触るとケガをするおそれがあります。
トップカバーやリボンユニットを閉めるときには、指を挟まないように注意して行ってください。
31
動かしてみましょう
本プリンタを動かしてみましょう。本プリンタを動かすのに必要な操作のしかたや機能を覚えてく
ださい。
動かしてみる前に 本プリンタを本格的に動かしてみる前に、操作の流れを説明します。
本プリンタは、操作パネル上にある操作キーで簡単に操作できます。
5つの状態から、いろいろな操作を行います。
▲操作の流れ
本プリンタはオンライン・オフライン・プリンタ設定モード・エラー・テストモードの5つの状態か
ら操作を行います。
5つの状態と操作の流れをよく理解してください。
電源を入れる
正常
オンライン
本プリンタが正常で、印字可能な状態です。
オンライン状態で
LINE キーを
押したとき
オフライン状態で
LINE キーを
押したとき
オフライン
本プリンタが、印刷停止している状態です。
オフライン状態で + キーと
押したとき
キーを同時に
各種プリンタ設定モードメニュー
+ ・ − ・ ・ キーを押して、プリンタ設定・通信
設定・メモリカードモード・SEMBLモード・拡張設定・
HEXダンプ印字に切り替えます。
エラーが発生
FEED キーを押し
ながら電源を入れる
32
エラー状態「XXXXエラー」
本プリンタの準備が、正しく行われていない状態です。
ディスプレイに「カバーが開いています」、
「用紙がなく
なりました」などのエラーメッセージが表示されます。
テストモード状態「テスト印字」
テスト印字を行います。
アイコン表示 ▲表示画面
アイコン1
アイコン2 アイコン3
アイコン4 アイコン5
アイコン表示部
プリンタの状態を示すアイコンを最大で
5個表示します。
アイコンは各種プリンタ設定モードのと
きは表示されません。
メッセージ表示部
各種メッセージを最大2桁で表示します。
▲各種プリンタ設定モード
アイコン表示部
設定項目名を最大2行で表示します。
設定内容表示部
現在の設定内容を最大2行で表示します。
表示方法は各設定で異なります。
有効操作キー表示部
表示中の画面で操作可能なキーを画面右
隅に表示します。
表示するキーは
+ ・ − ・
・
キーのみです。
33
▲アイコン一覧
【モード表示】
No
アイコン
説 明
プリンタがオンライン状態の時に表示します。
1
プリンタがオフライン状態の時に表示します。
2
プリンタがテスト印字モードおよびダンプ印字モードの時に
表示します。
3
プリンタがSEMBLモードの時に表示します。
4
プリンタがダウンロードモードの時に表示します。
5
プリンタにKey-Boが接続されている場合に表示します。
6
プリンタがアップロードモードの時に表示します。
7
表示位置
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
【プリンタ設定モードメニュー】
No
1
2
3
4
5
6
7
34
アイコン
説 明
プリンタを通常モードに移行します。
プリンタをプリンタ設定に移行します。
プリンタを通信設定に移行します。
プリンタをSEMBLモードに移行します。
プリンタを拡張設定に移行します。
プリンタをHEXダンプ印字に移行します。
プリンタをメモリカードモードに移行します。
表示位置
−
−
−
−
−
−
−
【エラー関連】
No
アイコン
説 明
用紙エンドを検出したときに表示します。
1
リボンエンドを検出したときに表示します。
2
センサエラーを検出したときに表示します。
3
カバーオープンを検出したときに表示します。
4
ヘッド断線を検出した時に表示します。
5
通信エラーを検出したときに表示します。
6
受信バッファオーバーを検出したときに表示します。
7
表示位置
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン1
8
アイテムNOエラーまたはBCCエラーを検出したときに表示
します。
アイコン1
9
メインROMへの書込みに失敗したときに表示します。
また、漢字フォントエラーを検出したときも表示します。
アイコン1
コマンドエラー表示を有効にした状態でコマンドエラーを検
知したときに表示します。
アイコン1
10
ダウンロードデータが不正なときに表示します。
11
SDカードアクセスに失敗したときに表示します。ま
た、SDカードに空き領域がないときも表示します。
12
上記以外のプリンタエラーを検出した時に表示します。
13
各種エラーに対応したエラー番号を表示します。
14
アイコン1
アイコン1
アイコン1
アイコン2
【警告関連】
No
1
2
3
アイコン
説 明
表示位置
コマンドエラーを検出したときに表示します。
アイコン
3∼5
受信バッファニアフルを検出したときに表示します。
アイコン
3∼5
ヘッドが断線しているときに表示します。
アイコン
3∼5
35
▲ディスプレイ画面の濃度調整
「通常モード」または「SEMBLモード」のとき、+ ・ − キーを押すことで表示濃度を調節でき
ます。
−・
・
・− ・− ・
36
+・
・
・+ ・+ ・
・
左右16段階(全32段階)で表示濃度の調節が可能です。
+ ・ − キー1回の押下で1段階変化します。
初期値設定(デフォルト設定モード)の設定の初期化でセンターに戻ります。
「初期値設定(デ
フォルト設定モード)」を参照してください。→72ページ
詳しい操作 本プリンタの詳しい操作のしかたを説明します。
オンライン操作 オンライン状態
本プリンタが正常な状態で、印字可能な状態です。
本プリンタがオンライン状態のとき、
次の操作ができます。
● 本プリンタに接続したコンピュータからデータを送り、
印
字動作をスタートさせます。
● LINE キーを押して、オフライン状態に切り替えたり、印
字を中断することができます。
オフライン操作 オフライン状態
本プリンタが印字停止している状態です。
本プリンタがオフライン状態のとき、
次の操作ができます。
● LINE キーを押して、オンライン状態に切り替えます。
● FEED キーを押して、用紙を1枚送ります。
● + と
キーを同時に押して、各種プリンタ設定モード
メニューに切り替えます。
●
と
キーを同時に押して、調整モードに切り替えます。
37
印字データキャンセル操作 本プリンタが印字動作中または、 LINE キーを押して印字を中断しているとき、既に受信済みの
印字データをすべてクリアする操作ができます。
〇 印字動作中に LINE キーを押してオフライン状態に切り
替えます。
〇 LINE キーと FEED キーを押します。
●
・
キーでカーソルを移動し、する 、 しない を選択し、
FEED キーを押します。
・ する は、受信済みの印字データをクリアし、次の画面
に変わります。
・ しない は、オフライン状態に戻ります。
印字データがクリアされると、ディスプレイに次のように表示されま
す。
約3秒間表示後、オフライン状態に変わります。
調整モード操作 印字速度、優先設定、印字濃度、印字位置、停止位置の調整をすることができます。
● 本プリンタがオフライン状態のとき、
と
キーを同時
に押すとディスプレイが次のように表示されます。
● LINE キーを押すと、設定値を登録しないで「オフライン」
画面に戻ります。
1 印字速度調整
印字速度を調整します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 設定値は1.0から4.0になります。
・ 1.0IPS(インチ/秒)が一番遅く、4.0IPS
(インチ/秒)
が一番速くなります。
● IPSはインチ/秒のことです。
● FEED キーを押すと、設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、2.0IPS(インチ/秒)になります。
38
2 コマンド優先設定調整
プリンタ内部の設定コマンドの優先設定を調整します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ C は、コマンド設定が優先します。
・ I は、プリンタ本体の設定値が優先します。
● FEED キーを押すと、設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、Cになります。
3 印字濃度調整
印字の濃度(濃さ)を調整します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 設定範囲は、1A、2A、3A、4A、5A、1B、2B、3B、4B、
5Bになります。1Aが一番薄く、5Bが一番濃くなりま
す。
● FEED キーを押すと、設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、3Aになります。
4 印字濃度微調整
印字濃度調整にて設定した濃度を微調整します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 設定範囲は、00∼99になります。
・ 00が薄く、99が濃くなります。
● FEED キーを押すと設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、50になります。
5 印字位置調整
ラベルの停止位置を調整します。
● 設定範囲は、−3.75∼+3.75mmの範囲で設定できます。
● + キーを押すたびに数字が0.25上がります。
● − キーを押すたびに数字が0.25下がります。
● FEED キーを押すと設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、+0.00になります。
39
6 停止位置調整
ハクリ停止位置とティアオフ停止位置を調整します。
● 設定範囲は、−3.75∼+3.75mmの範囲で設定できます。
● + キーを押すたびに数字が0.25上がります。
● − キーを押すたびに数字が0.25下がります。
● FEED キーを押すと設定値が登録され、印字速度調整画
面に変わります。
● 初期値は、+0.00になります。
エラーモード操作 「あれ?どうしたのかな?」で説明します。 → 87ページ
40
各種プリンタ設定モードメニュー操作 プリンタ設定、通信設定、SEMBLモード、拡張設定、メモリカードモード、HEXダンプ印字の
設定ができます。
▲プリンタ設定モードメニューの呼び出し
本プリンタの印字条件を設定するには、プリンタ設定モードメニュー
を呼び出します。次に、各印字条件の設定画面を呼び出します。
LINE
次に、+ キーと
キーを同時に押します。
+
▲
まず、LINE キーを押してオフライン状態にします。
ディスプレイに、次のように表示されます。
LINE キーを押すとオフラインに戻ります。
41
プリンタ設定操作 プリンタ設定モードメニュー画面で、 + ・ − ・
・
キーを押し
て「プリンタ設定」を選択します。
設定の登録
各通信設定を登録するためには、設定が終わった後、FEED キーを1回押し
てください。
設定が登録され、次の設定が表示されます。
FEED キーを押さないかぎり、設定は登録されませんので注意してください。
LINE キーを押すと、設定値を登録しないで前の画面に戻ります。
LINE キーを長押しすると、設定値を登録しないでプリンタ設定モードメ
ニュー画面に戻ります。
FEED キーを押すとディスプレイに次のように表示されます。
1 印字速度設定
印字の速度(速さ)を、0.5インチきざみで7段階に設定できます。
用紙または印字内容によって、良い印字品質が得られないときは、速
度を下げてください。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 1.0から4.0までの数字は、印字の速度を表します。
・ 1.0IPS(インチ/秒)が一番遅く、4.0IPS
(インチ/秒)
が一番速くなります。
● IPSはインチ/秒のことです。
● FEED キーを押すと、設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、2.0IPS(インチ/秒)になります。
42
FEED
2 印字濃度設定
印字の濃度(濃さ)を、5段階で設定できます。
● 1∼5までの数字は、印字の濃度(濃さ)を表します。
1が一番薄く、5が一番濃くなります。
●
・
キーでカーソルを移動し、1∼5を選択します。
● FEED キーを押すと、設定値が登録され、次の設定画面に
変わります。
● 初期値は、3になります。
3 印字位置補正設定
印字位置補正
印字位置補正で用紙に印字する位置を補正することができます。
本プリンタには、最初から印字の基準となる位置(印字基準位置)が記
憶されています。この印字基準位置からどれくらい離れた位置(基点)
に印字するか設定します。
本プリンタでは印字基準位置から印字したい位置までの距離をdot単
位で設定します。1dotの長さは機種によって違います。HA212Rは1dot=0.083mm、
HA224Rは1dot=0.042mmです。
V:印字基準位置から、縦方向に何dot離れた位置を基点にして印字するかを設定します。
“+”と“−”は移動する方向です。
“+”
:印字方向に対し後
“−”
:印字方向に対し前
H:印字基準位置から、横方向に何dot離れた位置を基点にして印字するかを設定します。
“+”と“−”は移動する方向です。
“+”
:プリンタ正面に向かって左側
“−”
:プリンタ正面に向かって右側
初期値は、縦印字位置補正は0dot、横印字位置補正は0dotになります。
注意
● ヘッドの密度により設定可能な範囲が異なりますのでご注意ください。
● HA212R:V±0000∼2400dot
H±0000∼0672dot
● HA224R:V±0000∼4800dot
H±0000∼1344dot
43
①
V(縦方向)の移動方向の設定
「印字位置補正設定」画面がディスプレイに表示されると、カーソルが、
V(縦方向)の“+”にあり、白黒反転しています。
● + ・ − キーを1回押すたびに“+”と“−”に表示が切り替
わります。
●
キーを押すと、カーソルがV(縦方向)の数字に移行しま
す。
●
キーを押すと、カーソルがH(横方向)の数字に移行しま
す。
②
V(縦方向)の移動dot数の設定
V(縦方向)の数字が白黒反転しています。
● + ・ − キーを1回押すたびに数字が1つ増減します。
●
キーを押すと、カーソルがH(横方向)の“+”に移行しま
す。
●
キーを押すと、カーソルがV(縦方向)の“+”に移行しま
す。
③
H(横方向)の移動方向の設定
H(横方向)の“+”が白黒反転しています。
● + ・ − キーを1回押すたびに“+”と“−”に表示が切り
替わります。
●
キーを押すと、カーソルがH(横方向)の数字に移行しま
す。
●
キーを押すと、カーソルがV(縦方向)の数字に移行しま
す。
④
H(横方向)の移動dot数の設定
H(横方向)の数字が白黒反転しています。
● + ・ − キーを1回押すたびに数字が1つ増減します。
●
キーを押すと、カーソルがV(縦方向)の“+”に移行しま
す。
●
キーを押すと、カーソルがH(横方向)の“+”に移行しま
す。
● FEED キーを押すと設定値が登録され、次の設定画面に変
わります。
44
【印字位置補正の設定例】
HA212Rで印字基準位置から
縦(V)方向に+60dot(5mm)
横(H)方向に+120dot(10mm)
離れた位置を基点とする設定例を示します。
ディスプレイに、
「印字位置補正設定」画面が表示されていることを確
認してください。
・ ・ + キーで数字を設定し、FEED キーで登録を行い、次の画
面表示にしてください。
FEED キーを1回押します。
ディスプレイの画面は、
「ゼロスラッシュ切替設定」画面に変わります。
4 ゼロスラッシュ切替設定
ゼロ表示(漢字は除く)を“ ”または、
“0”に設定できます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、 無効 を設定し
ます。
“ ”になります。
・ 有効 は、
・ 無効 は、
“0”になります。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変
わります。
● 初期値は、無効になります。
5 文字コード切替設定
取り扱う漢字コードを、JIS、シフトJIS、Unicodeに設定できます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 JIS 、 シフトJIS 、
Unicode を選択します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、JISになります。
45
6 プロポーショナルピッチ設定
プロポーショナルピッチ処理(各文字ごとの横幅で印字するかまたは
文字幅を固定で印字するか)を設定することができます。
対象フォントは、X21∼X24となります。
●
・
キーでカーソルを移動し、有効 、 無効 を選択し
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、ディスプレイの画面
は、プリンタ設定モードメニュー画面に戻ります。
● 初期値は、無効になります。
これでプリンタ設定操作による、プリンタ設定が終了しました。
プリンタ設定モードメニュー画面を終了するには、 LINE キーを長押ししてください。
46
通信設定操作 プリンタ設定モードメニュー画面で、 + ・ − ・
・
キーを押して
「通信設定」を選択します。
設定の登録
各通信設定を登録するためには、設定が終わった後、FEED キーを1回押し
てください。設定が登録され、次の設定が表示されます。
FEED
FEED キーを押さないかぎり、設定は登録されませんので注意してください。
LINE キーを押すと、設定値を登録しないで前の画面に戻ります。
LINE キーを長押しすると、設定値を登録しないでプリンタ設定モードメ
ニュー画面に戻ります。
FEED キーを押すとディスプレイに次のように表示されます。
1 Key-Bo
(簡易入力装置)設定
Key-Boポートの有効/無効を設定します。変更した設定は、電源の再
起動で有効になります。
● ・
キーでカーソルを移動し、 有効 、 無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、Key-Bo(簡易入力装置)との接続を自動認
識します。
・ 無効 は、Key-Bo(簡易入力装置)との接続を認識し
ません。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、有効になります。
47
2 通信設定の変更確認
各種インタフェースの通信設定の変更を選択できます。
●
・
キーでカーソル移動し、する ・ しない を選択し
ます。
・ する は、
「ポート選択」画面に変わります。
・ しない は、プリンタ設定モードメニュー画面に戻り
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、しないになります。
3 ポート選択
通信設定を変更するインタフェースのポートを選択できます。
● ・
キーでカーソルを移動し、データポート 、
サブポート を選択します。
・ データポート は、送受信可能なポートです。
・ サブポート は、ステータス送信するポートです。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、データポートになります。
4 インタフェース選択
各種インタフェースの通信設定変更確認画面です。
●
・
キーでカーソルを移動し、データポートを選択しま
す。
● 下記のデータポートの中から選択可能です。
・ LAN
・ RS-232C
・ USB
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● LAN は、
「LAN設定」画面に変わります。
(49ページ)
「USB設定」画面に変わります。
(53ページ)
● USB は、
● RS-232C は、
「RS-232C設定」画面に変わります。
(54ページ)
● RS-232CにKey-Boが接続されている場合、RS-232C は
選択できません。
● 初期値は、LANになります。
48
各インタフェースの設定画面について 【LANインタフェースの場合】
▲変更した設定は次回の電源投入で有効になります。
1 IP解決方式設定
IP解決方式を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 マニュアル 、DHCP を
選択します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
・ マニュアル は、RARP設定に変わります。
LANポート番号1設定に変わります。
・ DHCP は、
● 初期値は、DHCPになります。
2 RARP設定
RARPを設定します。
本画面はIP解決方式で マニュアル を設定したときのみ表示されます。
● ・
キーでカーソルを移動し、 有効 、 無効 を選択し
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
・ 有効 は、サブネットマスク設定に変わります。
・ 無効 は、IPアドレス設定に変わります。
● 初期値は、無効になります。
3 IPアドレス設定
IPアドレスを設定します。
本画面はIP解決方式で マニュアル を設定したときのみ表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、+ ・ − キーで設定値
を変更し、FEED キーで決定します。
・ 設定できる範囲は、
“000.000.000.000”∼
“255.255.255.255”です。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、0.0.0.0になります。
49
4 サブネットマスク設定
サブネットマスクを設定します。
本画面はIP解決方式で マニュアル を設定したときのみ表示され
ます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 + ・ − キーで設定値
を変更し、FEED キーで決定します。
・ 設定できる範囲は、
“000.000.000.000”∼
“255.255.255.255”です。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、0.0.0.0になります。
5 ゲートウェイアドレス設定
ゲートウェイアドレスを設定します。
本画面はIP解決方式で マニュアル を設定したときのみ表示されま
す。
●
・
キーでカーソルを移動し、+ ・ − キーで設定値
を変更します。
・ 設定できる範囲は、
“000.000.000.000”∼
“255.255.255.255”です。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、0.0.0.0になります。
6 LANポート番号1設定
LANポート番号1を設定します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 設定できる範囲は、00000から65535までです。
・ ポート番号2と同一のポート番号の設定はできませ
ん。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、01024になります。
50
7 LANポート番号2設定
LANポート番号2を設定します。
● + ・ − キーで設定値を変更します。
・ 設定できる範囲は、00000から65535までです。
・ ポート番号1と同一のポート番号の設定はできませ
ん。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、01025になります。
8 通信プロトコル設定
通信プロトコルを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、通信プロトコルを選択し
ます。
● 下記の通信プロトコルの中から選択可能です。
・ STATUS3
・ STATUS4
・ STATUS5
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、STATUS4になります。
● STATUS4 を選択した場合、プリンタステータス返送タ
イミング変更画面が表示されます(52ページ)。
● STATUS3 を選択した場合、プリンタ設定モードメ
ニュー画面に戻ります。
● STATUS5 を選択したときのみ、アイテムNo チェック
設定とBCCチェック設定画面が表示されます。
9 アイテムNo.チェック設定
アイテムNo.チェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、有効 、 無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、アイテムNo.チェック機能を有効にします。
・ 無効 は、アイテムNo.チェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
51
10 BCCチェック設定
BCCチェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、有効 、 無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、BCCチェック機能を有効にします。
・ 無効 は、BCCチェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、プリンタ設定モード
メニュー画面に戻ります。
● 初期値は、無効になります。
11 プリンタステータス返送タイミング設定
ステータス情報をホストPCに返送するタイミングの設定を行います。
この画面は、通信プロトコルで STATUS4 を設定したときのみ表示
されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 ENQ 、 周期 を選択し
ます。
・ ENQ は、ホストPCからのステータス要求(ENQ)受
信により返送します。
・ 周期 は、500ms間隔でプリンタよりホストPCにス
テータスを返送します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、プリンタ設定モード
メニュー画面に戻ります。
● 初期値は、ENQになります。
52
【USBインタフェースの場合】
▲変更した設定は次回の電源投入で有効になります。
1 通信プロトコル設定
通信プロトコルを設定します。
・
●
キーでカーソルを移動し、 STATUS4 、STATUS5 を
選択します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、STATUS4になります。
● STATUS5 を選択したときのみ、アイテムNo チェック
設定とBCCチェック設定画面が表示されます。
● STATUS4 を選択した場合、プリンタ設定モードメ
ニュー画面に変わります。
2 アイテムNo.チェック設定
アイテムNo.チェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、アイテムNo.チェック機能を有効にします。
・ 無効 は、アイテムNo.チェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
3 BCCチェック設定
BCCチェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、BCCチェック機能を有効にします。
・ 無効 は、BCCチェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、プリンタ設定モード
メニュー画面に変わります。
● 初期値は、無効になります。
53
【RS-232Cインタフェースの場合】
▲変更した設定は次回の電源投入で有効になります。
1 通信レート設定
RS-232Cの通信レートを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、通信レートを選択します。
● 下記のボーレートの中から選択可能です
・ 9600bps
・ 19200bps
・ 38400bps
・ 57600bps
・ 115200bps
・ 2400bps
・ 4800bps
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、19200bpsになります。
2 パリティビット設定
RS-232Cのパリティビットを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、パリティビットを選択し
ます。
●下記のパリティビットの中から選択可能です
・ NONE
・ ODD
・ EVEN
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、NONEになります。
3 ストップビット設定
RS-232Cのストップビットを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 1BIT 、2BIT を選択
します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、1BITになります。
54
4 データ長設定
RS-232Cのデータ長を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 7BIT 、8BIT を選択
します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、8BITになります。
5 通信プロトコル設定
通信プロトコルを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、通信プロトコルを選択し
ます。
● 下記の通信プロトコルの中から選択可能です。
・ STATUS4
・ STATUS5
・ READY/BUSY
・ XON/XOFF
・ STATUS3
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、STATUS4になります。
● STATUS3 または STATUS4 を選択したときは、プリ
ンタ設定モードメニュー画面に戻ります。
● STATUS5 を選択したときのみ、アイテムNo チェック
設定とBCCチェック設定画面が表示されます。
55
6 アイテムNo.チェック設定
アイテムNo.チェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、アイテムNo.チェック機能を有効にします。
・ 無効 は、アイテムNo.チェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
7 BCCチェック設定
BCCチェック機能を設定します。
本画面は通信プロトコルで STATUS5 を設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、BCCチェック機能を有効にします。
・ 無効 は、BCCチェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、プリンタ設定モード
メニュー画面に戻ります。
● 初期値は、無効になります。
56
メモリカードモード操作 プリンタ設定モードメニュー画面で、 + ・ − ・
・
キーを押して「メモリカードモード」
を選択します。
FEED キーを押すと操作パネルが次のように表示されます。
1 メモリカードフォーマット画面
メモリカード登録領域を初期化します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 はい 、いいえ を選択
します。
・ はい は、メモリカードフォーマット開始確認画面に
変わります。
・ いいえ は、プリンタ設定モードメニュー画面に戻り
ます。
2 メモリカードフォーマット開始確認画面
メモリカードのフォーマット開始確認画面です。
●
・
キーでカーソルを移動し、はい 、いいえ を選択
し、FEED キーで決定します。
・ はい は、フォーマットを開始してメモリカード
フォーマット中画面に変わります。
・ いいえ は、メモリカードフォーマット選択画面に戻
ります。
3 メモリカードフォーマット中画面
メモリカードの登録領域初期化中の画面です。
初期化終了後、次の画面に変わります。
4 メモリカード初期化完了画面
メモリカードの初期化が完了した際に表示します。
LINE キーを長押しするとプリンタ設定モードメニュー画面に戻り
ます。
57
SEMBLモード操作 SEMBL(Sato EMbedded Basic Language)とは、サトーの組み込み式ベーシック言語の呼
称であり、本プリンタ能を使用することにより、お客様個別の運用が実現できる機能です。
詳細は、各担当営業にお問い合わせください。
プリンタ設定モードメニュー画面で + ・ − ・
・
キーを押して「SEMBLモード」を選択
します。
FEED キーを押すとディスプレイが次のように表示されます。
1 起動プログラム設定
SEMBLモードを起動した際に実行するプログラムを選択します。
●
・
キーでカーソルを移動し、起動プログラムを選択し
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、プリンタ設定モード
メニュー画面に変わります。
● NONEは、起動プログラムを指定しません。
● XXXXXXXX.BASは、起動プログラムを指定します。
XXXXXXXX.BASには、本体メモリに登録されているプロ
グラム名を表示します。
● LINE キーを長押しすると、プリンタ設定モードメニュー
画面に戻ります。
● 初期値は、NONEになります。
2 SEMBLモード状態画面
SEMBLモード状態の画面です。
下段の数字は残発行枚数を表示します。
LINE キーを押すと、オフライン状態に変わります。
LINE キーを長押しするとプリンタ設定モードメニュー画面に戻ります。
58
登録済みの
プログラム名を表示
拡張設定操作 プリンタ設定モードメニュー画面で、 + ・ − ・
・
キーを押し
て「拡張設定」を選択します。
設定の登録
各通信設定を登録するためには、設定が終わった後、FEED キーを1回押し
てください。設定が登録され、次の設定が表示されます。
FEED
FEED キーを押さないかぎり、設定は登録されませんので注意してください。
LINE キーを押すと、設定値を登録しないで前の画面に戻ります。
LINE キーを長押しすると、設定値を登録しないでプリンタ設定モードメ
ニュー画面に戻ります。
FEED キーを押すとディスプレイに次のように表示されます。
1 濃度レンジ設定
印字の濃度レンジを設定します。
基本的には設定変更不要です。
●
・
キーでカーソルを移動し、
A∼Fを選択します。
● FEED キーで設定値を保存して次の画面に変わります。
● 初期値は、Aになります。
59
2 動作モード設定
動作モードを設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、動作モードを選択します。
● 下記の動作モードから選択可能です。
・ ハクリ
・ ティアオフ
・ 連続発行
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、ハクリになります。
● ハクリ を選択したときのみ、バックフィード動作設定画面
が表示されます。
3 バックフィード動作設定
ハクリ動作時のバックフィード動作を設定します。
本画面は動作モードで ハクリ を設定したときのみ表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 印字後 、印字前 を選
択します。
・ 印字後 は、印字後にバックフィード動作を行います。
・ 印字前 は、印字前にバックフィード動作を行います。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、印字後になります。
4 用紙センサ種設定
使用する用紙センサ種を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 反射 、透過 を選択し
ます。
・ 反射 は、反射センサに設定します。
・ 透過 は、透過センサに設定します。
● 初期値は、透過になります。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 透過 を選択したときのみ、透過センサ位置設定画面が表
示されます。
60
5 透過センサ位置設定
透過センサ位置を設定します。
本画面はセンサタイプで 透過 を設定したときのみ表示されます。 ● ・
キーでカーソルを移動し、透過センサ位置を選択し
ます。
● 下記の用紙センサ種の中から選択可能です。
・ 透過1 は、プリンタに向かって一番左のセンサを設
定します。
・ 透過2 は、プリンタに向かって左から2番目のセンサ
を設定します。
・ 透過3 は、プリンタに向かって左から3番目のセンサ
を設定します。
・ 透過4 は、プリンタに向かって左から4番目のセンサ
を設定します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、透過1になります。
6 コマンドエラー表示設定
コマンドエラー表示の有効/無効の設定を行います。
● ・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、コマンドエラーとして発行動作を停止しま
す。
・ 無効 は、アイコンを表示して発行動作を続行します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
61
7 ヘッドチェック設定
ヘッドチェック機能の有効/無効の設定を行います。
● ・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、ヘッドチェック機能を有効にします。
・ 無効 は、ヘッドチェック機能を無効にします。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
● 有効 を選択したときのみ、ヘッドチェック範囲設定画面
が表示されます。
8 ヘッドチェック範囲設定
ヘッドチェックを行う範囲を設定します。
本画面はヘッドチェックで 有効 を設定したときのみ表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 通常 、バーコード を
選択します。
・ 通常 は、印字領域をチェックします。
・ バーコード は、バーコード印字領域のみをチェック
します。
バーコード印字領域に設定し、バーコードをグラ
フィックデータで印字した場合、ヘッドチェックされ
ません。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、通常になります。
62
ヘッドチェック機能について
ヘッドチェック機能は、ヘッド断線の目安で、バーコード読取りを保証するも
のではありません。
定期的に読取りチェックをお願いします。
(印字の白抜けとヘッドチェック機能が働く時期とは多少ずれが生じることが
あります。)
ヘッドエラー発生後に発行したラベルについては、印字したバーコードのス
キャナ読取りを行って確認してください。
<ヘッドエラー発生時の対処方法>
① ヘッドチェック範囲設定が通常の場合
● FEED キーを5秒間押すと、ヘッドチェック範囲設定画面が表示さ
れます。
・ 通常を選択すると、
ヘッドチェック範囲は印字領域のまま発行
を再開します。
再度ヘッドエラーのメッセージ画面が表示されます。
・ バーコードを選択すると、ヘッドチェック範囲をバーコード印
字領域に切替て発行を再開します。
● LINE キーと FEED キーを5秒間押すと、ヘッドチェックを解除
して発行を再開します。
② ヘッドチェック範囲設定がバーコードの場合
● LINE キーと FEED キーを5秒間押すと、ヘッドチェックを解除
して発行を再開します。
9 外部信号設定
外部信号の入出力有無を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、入出力を許可します。
・ 無効 は、入出力を禁止します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
● 有効 を選択したときのみ、外部信号設定とハクリ完了信
号設定画面が表示されます。
63
10 外部信号出力タイプ設定
PREND信号の出力タイプを設定します。
本画面は外部信号で 有効 を設定したときのみ
表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し外部信号出力タイプを選択
します。
● 下記の出力動作モードから選択可能です。
・TYPE1
・TYPE2
・TYPE3
・TYPE4
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、TYPE4になります。
詳細は、添付されていますアクセサリCD-ROMのSBPLプログラミングガイドを参照してくだ
さい。
11 ハクリ完了信号設定
ハクリ完了する動作に伴い外部信号へ出力します。
本画面は外部信号で 有効 を設定したときのみ
表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、ハクリ完了で外部信号への出力を許可しま
す。
・ 無効 は、ハクリ完了での外部信号への出力を禁止し
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
64
12 再発行信号設定
外部信号7ピンの入力による再発行機能を設定します。
本画面は外部信号で 有効 を設定したときのみ
表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 有効 、無効 を選択し
ます。
・ 有効 は、再発行を許可します。
・ 無効 は、再発行を禁止します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、無効になります。
13 オートオンライン設定
電源投入時のプリンタの状態を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 する 、しない を選択
します。
・ する は、電源投入時にオンライン状態で起動します。
・ しない は、電源投入時にオフライン状態で起動しま
す。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、するになります。
14 初期フィード設定
プリンタ起動後のオンライン時に自動で用紙フィードを行います。
●
・
キーでカーソルを移動し、 する 、しない を選択
します。
・ する は、電源投入時のオンライン状態で用紙フィー
ドを行います。
・ しない は、電源投入時のオンライン状態で用紙
フィードを行いません。
ただし、次のオンラインフィード設定画面で、する に
設定した場合、電源投入時のオンライン状態で用紙
フィードを行います。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、しないになります。
65
15 オンラインフィード設定
エラー復旧後、または電源投入後、オンライン状態に遷移した際、自動
で用紙フィードを行います。
●
・
キーでカーソルを移動し、 する 、しない を選択
します。
・ する は、オンライン状態に遷移した際、用紙フィード
を行います。
・ しない は、オンライン状態に遷移した際、用紙フィー
ドを行いません。
ただし、前の初期フィード設定画面で、する に設定し
た場合、電源投入時のオンライン状態に遷移した際、用
紙フィードを行います。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、しないになります。
16 言語選択の設定
操作パネルの表示言語を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 ENGLISH 、
日本語 を選択します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、日本語になります。
17 プロトコルコード設定
プロトコルコードのコード設定をします。
●
・
キーでカーソルを移動し、 STANDARD 、
NON-STANDARD を選択します。
・ STANDARD は、スタンダードコードとなります。
・ NON-STANDARD は、ノンスタンダードコードと
なります。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、STANDARDになります。
66
18 LCD節電時間の設定
一定時間操作が行われない状態が続いたときにLCDバックライトを消
灯して消費電力を節減します。
● + ・ − キーでLCD消灯時間を設定し、LCD消灯時間を
設定します。
・ 入力範囲は、
“00”∼“15”分です。
・“00”と設定した場合は、LCDバックライトが常時点
灯します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、00になります。
19 SEMBLモード自動起動設定
電源投入時にSEMBLモードを自動起動した際に実行するプログラム
を設定します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 する 、しない を選択
します。
・ する は、電源投入時にSEMBLモードを起動します。
(SEMBLモードを自動
・ しない は、通常起動します。
起動しません。)
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、しないになります。
● しない を選択した場合、プリンタ設定モードメニュー画
面に変わります。
20 SEMBLモード自動起動プログラム設定
電源投入時にSEMBLモードを自動起動した際に実行するプログラム
を設定します。
本画面はSEMBLモード自動起動を 有効 に設定したときのみ表示さ
れます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 NONE 、
XXXXXXXX.BAS を選択します。
・ NONE は、起動プログラムを指定しません。
・ XXXXXXXX.BAS は、起動プログラムを指定します。
XXXXXXXX.BASには、プリンタに登録されている
プログラム名を表示します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 初期値は、NONEになります。
67
HEXダンプ印字操作 プリンタ設定モードメニュー画面で、 + ・ − ・
・
キーを押し
て「HEXダンプ印字」を選択します。
FEED キーを押すとディスプレイに次のように表示されます。
1 ダンプデータ選択設定
ダンプ印字するデータを選択します。
●
・
キーでカーソルを移動し、ダンプデータを選択しま
す。
● 下記のダンプデータから選択可能です。
・ 受信データ は、受信したデータをダンプ印字します。
・ 受信バッファ は、受信済みの印字データ(1アイテム
分)をダンプ印字します。
・ 内部バッファ は、内部バッファの設定値を印字しま
す。
● FEED キーを押すと、次の設定画面に変わります。
● LINE キーを押すとプリンタ設定モードメニュー画面に
戻ります。
▲受信データが無い場合は“受信バッファ”は選択できません。
HEXダンプ印字状態の画面を示しています。
HEXダンプ印字後、 LINE キーを押し、オフライン機能にし、
+ キーと
キーを押すとプリンタ設定モードメニュー画面に戻り
ます。
受信バッファおよび内部バッファの場合
FEED キーを押すとHEXダンプ印字を行います。
発行後、自動でオンライン状態に戻ります。
68
テスト印字モード操作 テスト印字をしてみましょう。
プリンタの電源が入っていたら、いったん電源を
切ってください。
FEED キーを押しながら電源を入れます。
FEED
ディスプレイに次のように表示されます。
1 テスト印字パターン選択
テスト印字パターンを選択します。
●
・
キーでカーソルを移動し、テスト印字パターンを選
択します。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● 下の表のテスト印字を行います。
テスト印字パターン
印字内容
選択後の移動先
設定内容
本プリンタ設定内容を印字します。
テスト印字選択①
バーコード一覧
本プリンタに搭載しているバーコードを印字し
ます。
ヘッドチェック
選択している用紙サイズ領域のヘッドチェッ
クパターンを印字します。
ヘッド&センサチェック
選択している用紙サイズ領域のヘッドチェッ
クパターンとセンサレベル値を印字します。
メモリ状態
本プリンタに搭載しているメモリ内容を印字し
ます。
フォント一覧
本プリンタに搭載しているフォント内容を印字し
ます。
工場調整パターン
工場テスト印字を行います。
工場パターン
本プリンタの機器情報を印字します。
印字位置、
ハクリ位置調整
テスト印字選択②
69
2 テスト印字サイズ選択①
テスト印字の用紙サイズ幅を選択します。
本画面はテスト印字項目で 設定内容 、 バーコード一覧 、
ヘッドチェック 、 ヘッド&センサチェック を設定したときのみ表
示されます。
● + ・ − キーで設定値を変更し、テスト印字サイズを設定
します。
・ 入力範囲は、
“03”∼“06”cmです。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● LINE キーを押すと「テスト印字パターン」に戻ります。
3 テスト印字サイズ選択②
テスト印字の用紙サイズ幅を選択します。
本画面はテスト印字項目で 工場調整パターン 、 工場パターン を設
定したときのみ表示されます。
●
・
キーでカーソルを移動し、 小さい 、 大きい を選
択します。
・ 小さい は、
3cm幅のラベルサイズで印字します。
6cm幅のラベルサイズで印字します。
・ 大きい は、
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
● LINE キーを押すと「テスト印字パターン選択」に戻りま
す。
4 印字位置、停止位置調整
印字位置、ハクリ位置、ティアオフ位置を調整します。
●
・
キーで 印字位置調整 、 停止位置調整 を選択し
ます。
● + キーを押すたびに数字が0.25上がります。
● − キーを押すたびに数字が0.25下がります。
● FEED キーを押すと設定値が登録され、次の画面に変わり
ます。
70
5 テスト印字発行
テスト印字を開始します。
● FEED キーを押すと、テスト印字の発行を開始します。
● テスト印字発行中に FEED キーを押すと発行を一時停止
します。
再度 FEED キーを押すと発行を再スタートします。
● テスト印字モードを終了するには、プリンタの電源を切っ
てください。
71
初期値設定(デフォルト設定モード) ご注意!
通常は使用しないでください。
印字条件が変更されます。
初期値とは、本プリンタが初めから記憶している設定値です。
この初期値設定をおこなうと、今までの印字条件の設定値を本プリンタが記憶している設定値に戻しま
す。
プリンタの電源が入っていたら、いったん電源を切ってください。
LINE キーと FEED キーを押しながら
電源を入れます。
ディスプレイに次のように表示されま
す。
1 初期化項目選択
初期化するデータを選択します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 プリンタ設定 、
プロトコルコード を選択します。 ・ プリンタ設定 は、プリンタ設定を初期化します。
・ プロトコルコード は、プロトコルコードを初期化し
ます。
● FEED キーを押すと設定が登録され、次の設定画面に変わ
ります。
2 設定の初期化
【プリンタ設定の場合】 プリンタの設定を初期化します。
●
・
キーでカーソルを移動し、 はい 、 いいえ を選択
し、 FEED キーを押します。
・ はい は、プリンタ設定情報を初期化し、次の画面に変
わります。
・ いいえ は、初期化項目選択画面に戻ります。
●初期値は、いいえになります。
● LINE キーを押すと初期化項目選択画面に戻ります。
72
LINE
FEED
【プロトコルコードの場合】 プロトコルコードを初期化します。
・
●
キーでカーソルを移動し、 はい 、 いいえ を選択
し、 FEED キーを押します。
・ はい は、プロトコルコードをクリアし、次の画面に変
わります。
・ いいえ は、初期化項目選択画面に戻ります。
● 初期値は、いいえになります。
● LINE キーを押すと初期化項目選択画面に戻ります。
3 初期化完了画面
プリンタ設定/プロトコルコード初期化完了画面です。
デフォルト設定モードを終了するにはプリンタの電源を切ってくださ
い。
印字速度設定、印字濃度設定、印字位置補正設定、ゼロスラッシュ切替設定、文字コード切替設定、
プロポーショナルピッチ設定、オートオンライン設定、初期フィード設定、オンラインフィード設
定の各設定値が次の初期値に戻ります。
項 目
初期値
印字速度設定
2
印字濃度設定
3
印字位置補正設定
V:+0000 H:+0000
ゼロスラッシュ切替設定
無効
文字コード切替設定
JIS
プロポーショナルピッチ設定
無効
オートオンライン設定
する
初期フィード設定
しない
オンラインフィード設定
しない
73
ハクリ印字と連続印字 本プリンタの動作モードでは、ハクリ印字動作と連続印字動作があります。
ハクリ印字動作モード
ハクリ印字動作モードとは、ラベル発行されたラベルを台紙からハクリします。
ラベルをハクリした後は、用紙センサ位置までバックフードし、ラベルの先端がサーマルヘッド
の位置まで送ります。
紙送り方向
ハクリ
印字前
印字中
印字終了
ラベルハクリ
用紙センサまで
バックフィード
サーマルヘッドまで
順フィールド
74
サーマルヘッド
用紙センサ
連続印字動作モード
連続印字動作モードとは、指定された印字枚数分を続けて印字するモードで、印字終了後、また
は、1枚フィードの時は、次の印字開始位置がサーマルヘッド位置で停止します。
紙送り方向
ハクリ
サーマルヘッド
用紙センサ
印字前
印字中
印字終了
75
ディスプレイ遷移図
LCD モード一覧
POWER ON
POWER
通常モード
(77 ページ)
SEMBL モード
自動起動設定
“する”+POWER
[FEED]+POWER
[LINE]+[FEED]
+POWER
76
SEMBL モード
(81 ページ)
テスト印字モード
(85 ページ)
デフォルト設定モード
(86 ページ)
通常モード
印字停止要求/解除
[LINE]
+ +
方向キー
[FEED]
プリンタ設定へ(79 ページ)
方向キー
[FEED]
通信設定へ(80 ページ)
方向キー
[FEED]
SEMBL モードへ(81 ページ)
方向キー
[FEED]
拡張設定へ(82 ページ)
方向キー
[FEED]
HEX ダンプ印字へ(83 ページ)
方向キー
[FEED]
メモリカードモードへ(84 ページ)
方向キー
プリンタ設定モードメニュー
77
調整モード
+
[LINE]
印字キャンセル
[LINE]+[FEED]
“しない”+[FEED]
“する”+[FEED]
3 秒経過後
受信バッファ保存
+ + − の長押し(約 5 秒)
“いいえ”+[FEED]
“はい”+[FEED]
受信データ保存終了
[FEED]
保存完了
ブザー音が 3 回鳴ります。
78
プリンタ設定
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[LINE]
[FEED]
[LINE](長押し)
[FEED]
79
通信設定
[FEED]
[FEED]
“しない”
+[FEED]
“する”+[FEED]
“データポート”+[FEED]
“サブポート”+[FEED]
[FEED]
“データポート”以外
+[FEED]
・“LAN”選択時、LAN 設定へ(49 ページ)
・“USB”選択時、USB 設定へ(53 ページ)
・“RS-232C”選択時、RS-232C 設定へ(54 ページ)
サブポート選択
[FEED]
“選択なし”+[FEED]
[FEED]
80
データポート選択 [FEED]
SEMBL モード
[LINE](長押し)
[FEED]
登録済みのプログラム名
を表示
[FEED]
[FEED]
[LINE]
81
拡張設定
[FEED]
[FEED]
[FEED]
[FEED]
[FEED]
[FEED]
[FEED]
[FEED]
ハクリ時のみ表示
[FEED]
[FEED]
[FEED]
外部信号有効
時のみ表示
[FEED]
[FEED]
透過時のみ表示
[FEED]
[FEED]
外部信号有効
時のみ表示
[FEED]
[FEED]
SEMBL モード
自動起動する
時のみ表示
[FEED]
[FEED]
82
[FEED]
[FEED]
ヘッドチェック
有効時のみ表示
HEX ダンプ印字
[FEED]
“受信バッファ”または“内部バッファ”+[FEED]
“受信データ”+[FEED]
[FEED]
データ受信
受信したデータを
ダンプ印字します。
+ +
83
メモリカードモード
[FEED]
“いいえ”+[FEED]
“はい”+[FEED]
“いいえ”+[FEED]
“はい”+[FEED]
フォーマット終了
[FEED]
フォーマット完了
ブザー音が 3 回鳴ります。
84
テスト印字モード
[FEED]+POWER
“設定内容”
“バーコード一覧”
“ヘッドチェック”
“ヘッド&センサチェック”
+[FEED]
[FEED]
“工場調整パターン”
“工場パターン”
+[FEED]
“フォント一覧”
“メモリ状態”
+[FEED]
[FEED]
、
[FEED]
[FEED]
85
デフォルト設定モード
[LINE]+[FEED]+POWER
“プロトコルコード”+[FEED]
“プリンタ設定”+[FEED]
“はい”+[FEED]
ブザー音が 3 回鳴ります。
86
“はい”+[FEED]
あれ?どうしたのかな?
ディスプレイにエラーメッセージが表示されたとき、本プリンタはエラー状態になります。こんなと
き、どうしたらよいか説明します。また、本プリンタの操作をしていてうまくいかなかったときはこ
の章をお読みください。
▲エラーメッセージ
ディスプレイにエラーメッセージを表示したとき、プリンタはエラー状態になります。こんなと
きどうしたらよいか説明します。また、プリンタを操作していて、うまくいかないときもこの章
をお読みください。
エラー
番号
01
LCD画面
説 明
マシンエラーの画面です。
原 因:①基板の不良です。
対 策:①販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
02
フラッシュROMエラーの画面です。
原 因:①フラッシュROMにアクセスできません。 ②書込み回数をオーバーしました。
対 策:①②販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
03
パリティエラーの画面です。
原 因:①RS-232Cの通信条件が合っていません。 ②ケーブルの接続が合っていません。
対 策:①通信条件を確認し通信条件を合わせてください。
②ケーブルの接続を確認してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
04
オーバーランエラーの画面です。
原 因:①RS-232Cの通信条件が合っていません。 ②ケーブルの接続が合っていません。
対 策:①通信条件を確認し通信条件を合わせてください。 ②ケーブルの接続を確認してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
05
フレーミングエラーの画面です。
原 因:①RS-232Cの通信条件が合っていません。 ②ケーブルの接続が合っていません。
対 策:①通信条件を確認し通信条件を合わせてください。 ②ケーブルの接続を確認してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
06
バッファオーバーの画面です。
原 因:①受信バッファを超えるデータを受信しました。 ②通信プロトコルが合っていません。
対 策:①②通信プロトコルに合うようにシステムを修正してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
07
カバーオープンの画面です。
原 因:①カバーがロックされていません。 ②カバーオープンセンサの異常です。
対 策:①カバーをロックしてください。 ②販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
87
エラー
番号
説 明
08
ペーパーエンドの画面です。
原 因:①用紙がありません。 ②用紙が正しくセットされていません。
対 策:①②用紙を正しくセットしてください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:ペーパーエンド
09
リボンエンドの画面です。
原 因:①リボンがありません。 ②リボンが切れています。
対 策:①②リボンを正しくセットしてください。または、リボン搬送ルートの清掃を
してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:リボンエンド
10
センサエラーの画面です。
原 因:①用紙センサのレベルが合っていません。 ②センサ種の設定が合っていません。 ③用紙蛇行
対 策:①販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。 ②用紙に合ったセンサを使用してください。 ③用紙搬送ルートの清掃を行ってください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
11
12
13
14
88
LCD画面
ヘッドエラーの画面です。
原 因:①ヘッドが断線しています。
対 策:①販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
カートリッジ書込みエラー画面です。
原 因:①コピー領域がありません。 ②書込みに失敗しました。
対 策:①コピー領域を確認してください。 ②販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
容量不足の画面です。
原 因:①メモリの容量が不足しています。
対 策:①メモリの不要なデータを削除してください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
ダウンロードデータエラーの画面です。
原 因:①不正なダウンロードデータを受信しました。 ②ダウンロード領域がありません。
対 策:①ダウンロードデータを確認してください。 ②ダウンロードデータサイズを確認してください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
エラー
番号
17
LCD画面
説 明
BCCチェックエラーの画面です。
原 因:①送信データ(1アイテム分)に付加されたBCCが異なっています。
対 策:①送信データおよび通信設定を確認してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
18
アイテムNOエラーの画面です。
原 因:①印字データ(1アイテム分)のシーケンス番号が前に印字したデータのシー
ケンス番号と合っていません。
対 策:①送信データおよび通信設定を確認してください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
19
巻き取りフルエラーの画面です。
原 因:①巻き取り機のラベルがいっぱいになりました。 ②センサの異常。
対 策:①巻き取ったラベルを取り除いてください。 ②販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
20
ヘッド密度エラーの画面です。
原 因:①プリンタにヘッドが装着されてません。 ②非対応のヘッドが装着されています。
対 策:①②販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:出力しない
21
漢字ROMエラーの画面です。
原 因:①漢字ROMより不正な漢字データが読み込まれました。
対 策:①販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
26
コマンドエラーの画面です。
原 因:①印字データ中に不正なコマンド、またはパラメータが異なります。
対 策:①印字データを確認してください。
Caaa:エラー発生位置
<bb>:エラーコマンド名
CC :エラー種別コード
エラー解除できないときは、販売店、ディーラー、またはサポートセンターに
お問い合わせください。
警 告 音 :短音3回
外部信号:マシンエラー
28
SDカードアクセスエラーの画面です。
原 因:①SDカードが挿入されていません。
②コピー領域がありません。
③読込みまたは書込みに失敗しました。
④フォーマットされていません。
対 策:①SDカードを挿入してください。
②コピー領域を確認してください。
③SDカードを交換してください。
④フォーマットしてください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
29
SDカード容量不足の画面です。
原 因:① SDカードの容量が不足しています。
対 策:① SDカードの不要なデータを削除してください。
警 告 音 :長音1回
外部信号:マシンエラー
89
警告番号
LCD画面
説 明
受信バッファニアフルの画面です。
原 因:①受信バッファの空き容量が少なくなりました。
対 策:①受信済みデータの解析が終了するまで、上位機器からデータ送信しないでく
ださい。
警 告 音 :なし
外部信号:出力しない
1
コマンドエラーの画面です。
原 因:①コマンドエラーを検出しました。
対 策:①印字データを見直してください。
警 告 音 :短音1回
外部信号:出力しない
2
ヘッドエラーの画面です。
原 因:①ヘッドチェック検出方法に“通常”を選択した状態で、ヘッド断線を検出 し、ヘッドチェック検出方法を“バーコード”に切替えて印字発行を継続
しています。
対 策:①販売店、ディーラー、またはサポートセンターにお問い合わせください。
警 告 音 :なし
外部信号:出力しない
3
▲あれ?STATUS LEDが・・・
STATUS LEDが点滅または警告アイコン表示する場合があります。これはエラーではなく、
プリンタの現在の状態を知らせるメッセージです。
○ STATUS LEDが緑で点滅
メッセージの意味
要 因: 受信データを多く受信したため、受信バッファが残り少なくなっています。
対応方法: このまま使用しても構いません。 プリンタの内部処理が進み、受信データが少なくなると自動的に消えます。
▲あれ?ブザー音が・・・
コマンド記述の誤りまたは印字領域指定が誤っています。
対応方法:プログラムを見直してください。
90
▲こんなときは?
本プリンタの操作をしてもうまくいかなかったときは、次のことを確認してみてください。
電源を入れてもディスプレイに何も表示されない
【確認してください】
【直し方】
1
電源コンセントに、電源コードがしっかりと
差込まれていますか?
電源コードを、コンセントにしっかりと差込み直し
ます。
2
本プリンタに、電源コードがしっかりと差込
まれていますか?
電源コードを、本体の電源コネクタにしっかりと差
込み直します。
電源コードがいたんでいませんか?
電源コードを取り替えてください。 新しい電源コー
ドは、本プリンタを購入された販売店・ディーラー
で必ず本プリンタ専用の電源コードをお求めくださ
い。本プリンタ専用の電源コード以外は絶対に使用
しないでください。
本プリンタの電源を取っている電源コンセン
トに電気がきていますか?
電源コンセントのもと電源を調べてください。元電
源に問題がないときは、建物全体に電気がきている
か調べてください。停電の可能性も調べてくださ
い。
建物の電源ヒューズが切れたり、ブレーカー
が落ちたりしていませんか?
建物の電源ヒューズを取り替え、ブレーカーを電源
オンの位置に直してください。
3
4
5
濡れた手で電源スイッチの操作や電源コードの抜き差しをしないでください。感電するおそれがあります。
91
紙送りはするけど印字されない
【確認してください】
【直し方】
サーマルヘッドが汚れていたり、ラベルが貼
りついていませんか?
サーマルヘッドが汚れていたら、添付のクリーニン
グペンで汚れをふき取ってください。ラベルが貼り
ついていたらはがしてください。
金属物での除去は避けてください(サーマルヘッド
を傷つけるおそれがあります)。
このとき、ラベルののりがサーマルヘッドに付着し
ていたら、プリンタクリーニングセット*でふき取っ
てください。「毎日のお手入れ」を参照してくださ
い。→96ページ
1
本プリンタ用の純正用紙・カーボンリボンを
使っていますか?
サトー製プリンタには、純正サプライのご使用をお
願いします。
用紙センサが汚れていませんか?
用紙センサが汚れていたら、プリンタクリーニング
セット*で汚れをふき取ってください。「毎日のお手
入れ」を参照してください。→96ページ
カーボンリボンが正しく巻き取れています
か?
リボン巻き取り部のノブが元の位置にセットされて
いなかったら、1度巻きつけたカーボンリボン を取
り除き、ノブを元の位置に戻してセットしてくださ
い。
コンピュータから送られてくるデータ・信号
の内容が誤っていませんか?
電源を入れ直してください。 それでもメッセージが
表示されたら、コンピュータ側のソフトウェアの内
容や通信条件の確認をしてください。
2
3
4
5
*プリンタクリーニングセットはオプションです。ご購入の際はサポートセンター、販売店へお問い合わせください。
92
清掃は、電源コードをコンセントから抜いて行ってください。
きれいに印字しない
1
2
3
【確認してください】
【直し方】
用紙・カーボンリボンが正しくセットされて
いますか?
用紙・カーボンリボンがきちんと固定されているか
調べてください。また、サーマルヘッド部を開け
て、用紙・カーボンリボンが正常な位置にあるか調
べてください。
印字濃度が薄すぎたり、濃すぎたりしていま
せんか?
設定操作で印字濃度を設定し直してください。
プラテンローラーが汚れていませんか?
プラテンローラーが汚れていたら、プリンタクリー
ニングセット*で汚れをふき取ってください。
サーマルヘッドが汚れていたり、ラベルが貼
りついていませんか?
サーマルヘッドが汚れていたら、添付のクリーニン
グペンで汚れをふき取ってください。ラベルが貼り
ついていたらはがしてください。
金属物での除去は避けてください(サーマルヘッド
を傷つけるおそれがあります)。
このとき、ラベルののりがサーマルヘッドに付着し
ていたら、プリンタクリーニングセット*でふき取っ
てください。「毎日のお手入れ」を参照してくださ
い。→96ページ
4
5
汚れた用紙を使っていませんか?
きれいな用紙を使ってください。
本プリンタ用の純正用紙・カーボンリボンを
使っていますか?
サトー製プリンタには、純正サプライのご使用をお
願いします。
6
*プリンタクリーニングセットはオプションです。ご購入の際はサポートセンター、販売店へお問い合わせください。
清掃は、電源コードをコンセントから抜いて行ってください。
93
印字位置がずれる
1
2
3
【確認してください】
【直し方】
用紙・カーボンリボンが正しくセットされて
いますか?
用紙・カーボンリボンをきちんと固定してくださ
い。 また、サーマルヘッド部を開けて、用紙・カー
ボンリボンが正常な位置にあるようにセットし直し
てください。
プラテンローラーが汚れていませんか?
プラテンローラーが汚れていたら、プリンタクリー
ニングセット*で汚れをふき取ってください。
型くずれした用紙・カーボンリボンを使って
いませんか?
用紙・カーボンリボンの周囲が型くずれしていると
紙送りが正常にできません。新しい型くずれしてい
ない用紙・カーボンリボンを使ってください。
本プリンタ用の純正用紙・カーボンリボンを
使っていますか?
サトー製プリンタには、純正サプライのご使用をお
願いします。
用紙センサが汚れていませんか?
用紙センサが汚れていたら、プリンタクリーニング
セット*で汚れをふき取ってください。「毎日のお手
入れ」を参照してください。→96ページ
コンピュータから送られてくるデータ・信号
の内容が誤っていませんか?
電源を入れ直してください。 それでもメッセージが
表示されたら、コンピュータ側のソフトウェアの内
容や通信条件の確認をしてください。
基点補正(プリンタ設定)の内容がおかしく
ありませんか?
基点補正(プリンタ設定)の内容を設定し直してく
ださい。
4
5
6
7
*プリンタクリーニングセットはオプションです。ご購入の際はサポートセンター、販売店へお問い合わせください。
94
清掃は、電源コードをコンセントから抜いて行ってください。
オプション
本プリンタではお客様のニーズにお応えできるように、つぎのオプションを用意しております。
オプションの種類 ▲簡易入力装置(Key-Bo)
▲SDカード
95
毎日のお手入れ
本プリンタは大切な情報を含んだバーコードや文字を印字するプリンタです。各部が汚れていると
大切なバーコードや文字もきれいに印字できなくなるだけでなく、故障の原因にもなります。ク
リーニングペン、プリンタクリーニングセット*、ラッピングシート*を使って定期的に清掃してく
ださい。
◆感電防止
サーマルヘッドやプラテンローラーを清掃するときは、必ず電源を切ってください。
感電するおそれがあります。
▲お手入れの時期
お手入れ時期の目安は、次の通りです。
クリーニングペン、プリンタクリーニングセット*でのお手入れ
・ サーマルヘッド、プラテンローラー、
・・・・ 用紙1巻おき、あるいは用紙150メートル印字ごと
用紙長検出センサ
)
・ その他・・・用紙6巻おき、あるいは用紙900メートル印字ごと
▲お手入れのときの注意
・ 上の清掃時期を目安に清掃してください。
・ 各部の清掃には、クリーニングペンやプリンタ清掃液、綿布をご使用ください。
・ ドライバなどの堅いものを使用して清掃すると、各部を傷つけるおそれがあります。特に
サーマルヘッド部の清掃には絶対に使用しないでください。
・ 電源は必ず切ってから行ってください。
・ 用紙・カーボンリボンは取り外してから清掃を行ってください。
▲お手入れのしかた(1)
・ クリーニングペンやプリンタクリーニングセット*を使って、次の部分を清掃してください。
サーマルヘッド
フィードローラー
プラテンローラー
* プリンタクリーニングセットおよびラッピングシートはオプションです。ご購入の際は、サ
ポートセンター、販売店へお問い合わせください。
96
① トップカバーを開け、サーマルヘッド部分を見えるようにします。
② クリーニングペンでサーマルヘッドの汚れを拭き取ります。
③ プリンタ清掃液を綿布に浸して、フィードローラーの汚
れを拭き取ります。
④ プリンタ清掃液を綿布に浸して、プラテンローラーの汚
れを拭き取ります。
▲お手入れのしかた(2)
ラッピングシート*を使って次の部分をクリーニングしてください。
※ ラッピングシート*の使い方は、ラッピングシート*に添付しています「サーマルヘッド付着
カス除去について」をご覧ください。
① トップカバーを開け、ラベル・カーボンリボンを取り外し、サーマルヘッド部分が見えるよう
にします。
② ラッピングシート*をサーマルヘッドとプラテンローラーの間に挟み、トップカバーを閉じます。
※ ラッピングシート*は、ザラザラしている面がサーマルヘッド側になるように挟んでください。
③ 両手でラッピングシート*を手前に引きます。
これを2∼3回繰返してください。
これでサーマルヘッドの付着カスは除去されます。
まだ、カスが残っているときは、さらに数回繰返して
ください。
④ サーマルヘッドをクリーニングペンでクリーニング
し、ヘッド面をきれいにしてください。
* ラッピングシートはオプションです。
ご購入の際は、サポートセンター、販売店へお問い合わ
せください。
97
基本仕様
モデル名
スキャントロニクスHA212R
熱転写方式
印字方式
ヘッド密度(解像度)
スキャントロニクスHA224R
12dot/mm(305dpi)
24dot/mm(609dpi)
印字有効エリア
長さ200mm×幅 56mm
印字速度
用紙種類/用紙形態
25∼100mm/秒
1∼4インチ/秒
注)但し、印字レイアウト、用紙、カーボンリボンの種類によっては制限する場合
があります。
長さ方向 上:0.5mm以下、下:0.5mm以下(台紙含まず)
幅方向 左:0.5mm以下、右:0.5mm以下(台紙含まず)
サトー純正用紙のご使用をお願いします。/ロール紙
用紙厚
130∼220μm(0.13∼0.22mm)
用紙サイズ
標 準 長さ 3∼197mm(6∼200mm)
幅 7∼58mm(10∼61mm)
ティアオフ 長さ 3∼197mm(6∼200mm)
幅 7∼58mm(10∼61mm)
ハクリ 長さ 3∼197mm(6∼200mm)
幅 7∼58mm(10∼61mm)
※( )は台紙サイズ
注)発行枚数や用紙、使用条件によってサイズを制限する場合があります。
用紙外形:最大185mm(3インチ支管時)
支管内径:76.4mm(3インチ)
サトー純正カーボンリボンのご使用をお願いします。
リボン長 : 最大150m
リボン幅 : 最大65mm
巻き方向 : 表巻き
巻取り方式: 支管巻取り
ハクリ、連続、ティアオフ
幅197mm×奥行き365mm×高さ285mm/約14kg
印字禁止領域
用紙外形/支管サイズ
リボン種類
リボンサイズ/
リボン形態/
リボン巻方向
発行モード
寸法/重量
電源仕様
入力電圧:AC100V∼AC240V±10%
消費電力:ピーク時 95W 95VA
(印字率 30%)
待機時 26W 27VA
入力電圧:AC100V∼AC240V±10%
消費電力:ピーク時 115W 115VA
(印字率 30%)
待機時 26W 27VA
操作キー
使用周囲温度:0∼40℃
湿度:10∼80%RH(但し、結露無きこと)
保存周囲温度:−5∼60℃
湿度:10∼90%RH(但し、結露無きこと)
① USBインタフェース
② LANインタフェース
③ RS-232Cインタフェース
④ EXTインタフェース(アンフェノール14ピン)
⑤ SDカードスロット
①SDカード
②簡易入力装置Key-Bo
LINE、FEED
レベル調整
用紙長検出センサ
① 印字濃度調整、② 印字位置調整、③ ハクリ、ティアオフ停止位置調整
ギャップセンサ(透過タイプ)、アイマークセンサ(反射タイプ)
環境条件
インタフェース
オプション
+ ・ − ・
98
・
モデル名
スキャントロニクスHA212R
スキャントロニクスHA224R
バーコード
UPC-A/UPC-E、JAN/EAN、CODE39、CODE93、CODE128、
GS1-128(UCC/EAN128)、CODABAR(NW-7)、ITF、インダストリアル2of5
マトリックス2of5、カスタマバーコード、UPCアドオンコード
GS1 DataBar Omnidirectional、
GS1 DataBar Truncated、
GS1 DataBar Stacked、
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional、
GS1 DataBar Limited、
GS1 DataBar Expanded、
GS1 DataBar Expanded Stacked
※GS1 DataBarはRSSのことです。
2次元コード
QRコード、マイクロQR、PDF417、マイクロPDF
MAXIコード、GS1データマトリックス(ECC200)
EAN-13 Composite、EAN-8 Composite、
UPC-A Composite、UPC-E Composite、
GS1 DataBar Composite
GS1 DataBar Truncated Composite、
GS1 DataBar Stacked Composite、
GS1 DataBar Stacked Omnidirectional Composite、
GS1 DataBar Limited Composite、
GS1 DataBar Expanded Composite、
GS1 DataBar Expanded Stacked Composite、
GS1-128 Composite
※GS1 DataBarはRSSのことです。
※GS1-128は、UCC/EAN128のことです。
X20文字 5×9dot (英数字、記号、カナ)
X21文字 17×17dot (英数字、記号、カナ)
X22文字 24×24dot (英数字、記号、カナ)
X23文字 48×48dot (英数字、記号、カナ)
X24文字 48×48dot (英数字、記号、カナ)
合成シンボル
標準搭載
フォント
ビットマップ
フォント
OCR-A 22×33dot(英数字、記号)
OCR-B 30×36dot(英数字、記号)
ラスタライザ
フォント
アウトライン
フォント
印字方向
(文字・バーコード)
バーコード比率
拡大倍率
(文字・バーコード)
OCR-A 44×66dot(英数字、記号)
OCR-B 60×72dot(英数字、記号)
漢字16× 16dot(JIS第1、2、3、4水準、角ゴシック体)
漢字22× 22dot(JIS第1、2、3、4水準、角ゴシック体)
漢字24× 24dot(JIS第1、2、3、4水準、角ゴシック体)
漢字32× 32dot(JIS第1、2、3、4水準、角ゴシック体)
漢字40× 40dot(JIS第1、2、3、4水準、角ゴシック体)
※日本語(JIS×213準拠)
CG Times(英数字、記号)、CG Triumavirate(英数字、記号)
漢字、英数字、記号、カナ
文字 : 0°、90°、180°、270°
バーコード: パラレル1(0°)、パラレル2(180°)、
シリアル1(90°)、シリアル2(270°)
1:2、1:3、2:5、任意指定可能
文字:縦1∼12倍、横1∼12倍
バーコード:1∼12倍
99
モデル名
搭載機能
自己診断機能
ノイズ(EMC)規格
スキャントロニクスHA212R
①ステータス返送機能
②グラフィック機能
③連番機能
④フォームオーバレイ機能(電源断消去)
⑤外字登録機能
⑥文字補正機能
⑦白黒反転機能
⑧罫線機能
⑨ダンプリスト機能
⑩フォーマット登録機能
⑪アウトラインフォント機能
⑫アウトライン変形機能
⑬ゼロスラッシュ切替機能
⑭JIS/シフトJIS/Unicode 切替機能
⑮円弧機能
①ヘッド切れチェック
②ペーパーエンド検出
③リボンエンド検出
④カバーオープン検出
⑤テスト印字
⑥巻取りフル検出
⑦ヘッドリフト検出
VCCI Class B
他社製品の登録商標および商標についてのお知らせ
QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。
SDロゴは商標です。
100
スキャントロニクスHA224R
アフターフォローについて
サトーでは、お買い上げいただきましたサトーのシステム機器を、安心してご使用いただくために、保守
サービス業務を行っております。保守サービス業務について、ご説明します。
サービスの種類一覧表 保証期間内サービス
保守契約サービス
スポットサービス
交換部品
保証規定に基づき無償
契約料金に含みます
そのつど有償
技術料
保証規定に基づき無償
契約料金に含みます
そのつど有償
出向費
保証規定に基づき無償
契約料金に含みます
そのつど有償
標準仕様機器の補修部品の保有は、当該機器の販売終了後より5年間とさせていただきます。
(機器の販
売終了につきましては、弊社のホームページhttp://www.sato.co.jpでご確認ください。)
保守サービスの内容一覧表 出向保守
オンサイト保守
持ち込み保守
センドバック保守
故障が発生した場合、お客様のご要望により技術員
を派遣し、故障の修復にあたります。
故障が発生した場合は用紙を同梱した状態で、機
器・故障ユニットを最寄りのサポートセンター・販
売店へ、お客様により持ち込んで(運送して)いた
だいて、故障の修復にあたります。運送費はお客様
負担となります。
保守サービスの説明 保証期間の保守サービス
製品は1台ごとに検査し、お届けしていますが、安心してご使用いただくため、正常な使用のもとでの故
障については、納入より6か月間を保証期間として無償修理を行っております。サーマルヘッド、プラテ
ンローラー等の消耗部品につきましては、弊社純正サプライ品での走行距離30kmまたは納入より6か
月間の早い方が無償修理対応となります。
101
保守契約サービス 保証期間が過ぎましても、安心してご使用いただくために「保守契約サービス」があります。
フルメンテナンスサービス
1. 目的
お客様とサトーが保守契約し、契約期間中の正常なご使用のもとでの修理故障は、この契約に基づき実施
いたします。技術料、および修理に使用した交換部品は、保守契約により充当されます。したがって、お客
様にとりましては1年間一定の保守料で安心してご使用いただくことができます。
2. 保守契約料
保守契約料は、機器ごとにご使用状況別に年間の契約料をお見積りいたします。
保守契約サービスの期間
フルメンテナンスサービスは1年単位で契約し、解約のお申し出がない限り、
4年間まで継続して契約す
ることができます。4年をこえる保守契約サービスについては、別基準に従い個々にお見積りいたしま
す。
保守契約の対象地域について
保守契約の対象地域に、サトー本社、支店、営業所、サポートセンターの所在地より半径80km以内といた
します。対象地域外の場合は、遠隔地料を含む保守契約料により保守契約を申し受けます。なお離島の場
合は、交通費を含む保守契約料により保守契約を申し受けます。
スポットサービス 保守契約を申し受けていない場合、保証期間終了後、すべてスポットサービスを実施いたします。故障時
には、保守契約のお客様を優先して対応させていただきますので、修理に時間がかかることがございます
が、ご了承ください。スポットサービスを実施した場合、サービス料金表に基づき、保守料を請求させて
いただきます。そのつどお支払いくださいますよう、お願いいたします。
銀行預金口座振込
お支払いには、振込手続が不要で便利な「銀行預金口座振込システム」のご利用をお勧めいたします。
登録データについて
修理を依頼される場合は、機械またはカード等に登録された各種データ・ソフト(フォーマット・プリセッ
トデータ・印字ソフト等々)は、修復作業時に壊れる場合があります。
(登録された各種データ・ソフトの保
証は出来ません)特に預かり・持込み保守におきましては、お客様で予め別途保存されることをお勧めし
ます。修理の完了した機械の受け取り時に登録データの確認または再登録をお願いいたします。
102
*Q02820000*
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement