取扱説明書 注意 - My Yupiteru

取扱説明書 注意 - My Yupiteru
SX-930N
超高感度多機能コードレスレーダー探知機
安全運転を支えるテクノロジー
目次
取扱説明書
はじめに
このたびは、スーパーキャットのレーダー探知機をお買い
上げいただきまして、
まことにありがとうございます。
本機は、取締りレーダー波の存在を前もってお知らせする
受信機です。
2電源方式 12V/24V車対応
注意
この取扱説明書をよくお読みのうえ、
安全運転のよ
きパートナーとして正しくお使いください。
なお、お読みになられたあとも、いつでも見られる
場所に大切に保管してください。
安全上のご注意 ..................................... 2
主な特長 ................................................. 6
ご使用にあたって ................................ 7
各部の名称と働き ................................ 8
取り付けかた ダッシュボードに取り付ける ......... 10
フロントガラスに取り付ける ......... 10
電源について ..................................... 12
使いかた
音量/警報音/受信感度を設定する ... 16
MACシステムの使いかた ................ 19
便利な機能について .......................... 22
警報機能について .............................. 23
iDSPについて .................................... 24
350.1受信機能の使いかた ............. 30
その他
受信しにくい場合 .............................. 33
取締りのミニ知識 ............................. 34
故障かな?と思ったら ..................... 36
アフターサービスについて ............. 39
仕様 ..................................................... 39
初めてご使用になるときは、付属のシガープラグ
コードを使い、15時間以上、充電しながらご使用
ください。
安全上のご注意
は
じ
め
に
ご使用の前に、
この「安全上のご注意」をよく
お読みのうえ、正しくお使いください。ここ
に記載された注意事項は、
製品を正しくお使
いいただき、
使用するかたへの危害や損害を
未然に防止するためのものです。
安全に関す
る重大な内容ですので、必ず守ってくださ
い。また、注意事項は危害や損害の大きさを
明確にするために、
誤った取り扱いをすると
生じることが想定される内容を、
次の表示で
区分し、説明しています。
警告:この表示は、「死亡または重傷な
つづく
絵表示について 警告
この記号は、気をつけていただきたい「注意
喚起」内容です。
この記号は、
してはいけない「禁止」内容です。
この記号は、必ず実行していただく「強制」内
容です。
警告
水をつけたり、水をかけない。
また、ぬ
れた手で操作しない…火災や感電、故
障の原因となります。
どを負う可能性が想定される」
内
容です。
注意:この表示は、「傷害を負う可能性
または物的損害のみが発生する
可能性が想定される」
内容です。
2
穴やすき間にピンや針金などの金属
を入れない…感電や故障の原因となり
ます。
機器本体および付属品を改造しない…
火災や感電、故障の原因となります。
運転中は絶対に操作しない…わき見運
転は重大事故の原因となります。また、
設定は停車中に、
パーキングブレーキを
確実にかけた状態で行ってください。
取り付けは、
運転や視界の妨げにならな
い場所、また、自動車の機能(ブレーキ、
ハンドル等)
の妨げにならない場所に取
り付ける…誤った取り付けは、
交通事故
の原因となります。
万一、破損した場合は、すぐに使用を
中止する…そのまま使用すると火災や
感電、故障の原因となります。
警報したときに慌ててブレーキをかけ
たりしない…走行中に急ブレーキをか
けたりすると大変危険です。
は
じ
め
に
バッテリーに直接接続しない…火災や
感電、故障の原因となります。
サービスマン以外の人は、絶対に機器
本体および付属品を分解したり、修理
しない…感電や故障の原因となりま
す。内部の点検や調整、修理は販売店
にご依頼ください。
医用電気機器の近くでは使用しない…
植込み型心臓ペースメーカや、その他
の医用電気機器に電波による影響を与
える恐れがあります。
3
安全上のご注意
は
じ
め
に
シガープラグコード使用時
電源コードを傷つけたり、無理に曲げ
たり、加工しない。また、電源コード
が傷んだら使用しない…感電やショー
トによる発火の原因となります。
シガーライターソケットやシガープラ
グの汚れはよくふく…接触不良を起こ
して火災の原因となります。
シガーライターソケットは単独で使う
…タコ足配線や分岐して接続すると、
異常加熱や発火の原因となります。
シガープラグは確実に差し込む…接触不
良を起こして火災の原因となります。
ぬれた手でシガープラグの抜き差しを
しない…火災や感電、故障の原因とな
ります。
4
注意
警告
表示された電源電圧車以外では使用し
ない…火災や感電、故障の原因となり
ます。また、ソケットの極性にご注意
ください。本機はマイナスアース車専
用です。
煙が出ている、変な臭いがするなど、異
常な状態のまま使用しない…発火の恐れ
があります。すぐにシガープラグを抜い
て、販売店に修理をご依頼ください。
助手席エアバックの近くに取り付けた
り、配線をしない…万一のとき動作し
たエアバックで本体が飛ばされ、事故
やケガの原因となります。また、シ
ガープラグ使用時に配線が妨げとな
り、エアバックが正常に動作しないこ
とがあります。
取り付けは確実に行う
…落ちたりして、ケガ
の原因となります。
車から離れるときは、
電源を切る…本機は
オートパワースイッチ
機能を搭載しています
が、使用しないときは
電源ボタンで電源を
切ってください。特に
シガープラグコードを
接続している場合は、
シガーライターソケッ
トに常時、電源が供給
される車種がありま
す。また、長期間ご使
用にならないときはシ
ガープラグを抜いてく
ださい。
シガープラグコード使用時
シガープラグコードを
抜くときは、電源コー
ドを引っ張らない…
コードに傷がついて、
感電やショートによる
発火の原因となりま
す。必ずシガープラグ
を持って抜いてくださ
い。
お手入れの際は、シ
ガープラグを抜く…感
電の原因となります。
日頃から安全運転を
お心がけください
このレーダー探知機は、取締
りレーダー波の存在を前もっ
てお知らせする受信機です。
レーダー方式以外の赤外線や
光電管式、ワイヤー式などの
スピード測定装置には反応し
ません。
また、
電波式の自動ド
アや、信号機の近くに設置さ
れている車輌通過計測機など
は、取締りレーダー波と同じ
電波を使用しているため、反
応するのは避けられません。
「いつも鳴るから」
と安心せず
に注意してください。
は
じ
め
に
※ 探知距離は、走行環境、測定
条件などにより変わること
があります。
5
ご使用にあたって
主な特長
は
じ
め
に
1 S-EXTRA/スーパーエクストラ感度
衛星技術を応用した探知距離2倍(当社比)の超高感度。
Wスーパーヘテロダイン…スイープオシレータ式超高
精度受信方式。
[特許 第1720227号]
X/Kツインバンド…Xバンド/Kバンドの2バンド対応。
2 iDSP
統合的デジタル信号処理技術(iデジタル)
により、
超
※
高精度識別を実現。
※integrated Digital Signal Processing Technologyの略です。
1 ボイス識別
・ Nシステム検知…
「自動車ナンバー自動読み取り装置」
(Nシステム)
を検知すると、
『Nシステムです』
と取締り
機とは区別して、
男性のボイス
(男声)
でお知らせ。
[特
許出願中]
・ 新Hシステム識別…
『Hシステムです』
と通常波と区別
して女性のボイス
(女声)
でお知らせ。
・ ステルス識別…
『ステルスです』
と通常波と区別して女
性のボイス
(女声)
でお知らせ。
2 GPS排除
カーナビのモレ電波を識別し、
誤警報を排除。さらに、
温
度変化などによる周波数ズレを自動補正。
[特許 第3044004号]
6
3 アラーム機能
1オケメロ…
「新世界から」
を臨場感のあるオーケスト
ラ演奏で警報。
2 Wアラーム…音
(オケメロ/電子音)
&光
(ランプ)
の
ダブルで警報。
3 接近テンポアップ…取締り機に近づくに従い、
電子
音がテンポアップ。
4 350.1MHz取締無線受信
1 会話受信…取締り現場無線の交信の内容が丸ごと聞ける。
2 ボイスガイド…『チェックポイント。電波を受信しま
した。ご注意ください。』
と女性のボイス
(女声)
でお
知らせ。
3 電子音アラーム…取締り現場無線の受信を電子音で
お知らせ。
5 自動制御機能
1 ASS /最適感度選択…走行時間の経過に応じて、
※
最適の受信感度を自動的に選択。
[特許 第3051676号]
※Auto Sensitivity Selectionの略です。
2 MAC※/不要警報カット…停車中のムダな警報を自
動的にカット。
※Motion-sensor Alarm Controlの略です。
3 オートクワイアット…アラームの鳴り始めから、約
30秒で自動的にボリュームダウン。
4 オートディマー…ランプ点灯から、
約30秒で自動的
にライトダウン。
5 オートパワーOFF…駐車後、
電源を切り忘れても、
約
3分後に自動的に電源OFF。
付属品
まず最初に充電します
初めてご使用になるときは、付属のシガープラグ
コードを使い、15時間以上充電しながらご使用くだ
さい。
■ご使用前に付属品をお確かめください。
●シガープラグコード(1)
は
じ
め
に
使用上のご注意
■一部の車種に採用されている断熱ガラスは、
電波の透過
率が低いため、探知距離が短くなることがあります。
■本機は、
赤外線や光電管、ループコイル式スピード測定
装置には反応しません。
●フロントガラス用
ベース(1)
●ダッシュボード用ベース(1)
●バッテリーカバー兼用ブラケット(1)
●バッテリーパック(1)
動作温度範囲について
■本機は、−20℃∼+85℃(350.1MHz受信部は、
−10℃∼+60℃)まで正常な動作が保証されていま
す。夏、冬とも安心してご使用ください。
(充電可能温
度範囲は、−5℃∼+85℃です。
厳寒地でご使用になる
場合は、付属のシガープラグコードでご使用ください)
本機はニカド電池を内蔵しております。使
用済みのニカド電池のリサイクルにご協力
お願いします。
本機を廃棄する場合は、
お買
い上げの販売店、または最寄りの弊社営業
所・サービス部にご相談ください。
※ お買い上げ時に、本体にセッ
トされています。
お買い上げ時に、
クッション
(1)
カバーがセットされています。 ●保証書
●吸着盤(3)
●マジックテープ(1)
●取扱説明書(1)
●ご相談窓口一覧(1)
本機を取り付けての
スピード違反に関し
弊社では一切の
■電源直結コードOP-4 1,500円(税別) ては、
責任を負いかねます。
シガーライターソケットを使わず、
アクセサリー系端子から直接電源 日頃からの安全運転
をお心がけください。
をとれます。
(コード長約4m)
別売品のお知らせ
Ni-Cd
7
各部の名称と働き
は
じ
め
に
DCジャック[DC12/24V](12/24V車対応)
付属のシガープラグコードを接続します。
(15ページ)
Nシステムセンサー(前面)
アンテナ(前面)
取締りレーダー波を受信します。
受信感度セレクトボタン[SENS]
MACシステムを解除しているときは、走行環境や条件に
合わせて受信感度が選べます。
(18ページ)
電源スイッチ[PWR]
Nシステムを検知します。
(27ページ)
テスト&ミュートボタン[T/MUTE]
警報音、電池残量の確認やミュート機能を使うときに押します。
(16、22ページ)
350.1スイッチ[350.1]
350.1受信機能の設定/解除および動作モードを選べます。
(31ページ)
MACシステムの振動の検出感度の選択ができます。
(19ページ)
音量ツマミ[VOL]
MAC/ASSボタン[MAC/ASS]
警報音の音量調節ができます。(16ページ)
バッテリーランプ[ ]
テスト&ミュートボタンが押されている間はバッテリーの残量を
表示し、バッテリーが消耗してくると点滅します。(14ページ)
MACシステムの設定/解除ができます。MACシステムをONに
設定すると、自動的にASS機能が働きます。
(19ページ)
350.1ランプ[350.1]
パイロットランプ[PWR/MAC]
シグナルメーター[1∼5]
電源が入ると点滅します。
また、
警報の状態をランプの色で表示
します。
(16、21ページ)
受信している取締りレーダー波の強さに応じて、点灯数が左から右へ
増えていき、右端に達すると、すべてが点滅します。(23ページ)
感度ランプ [SENS C-S-E S-E]
アラームランプ
受信感度をランプの色で表示します。
スーパーエクストラ感度のときのみ、右側(S-E)のランプが点滅します。
(18、21ページ)
DCプラグ
警報音が選べます。(17ページ)
MACレベルスイッチ[MAC LEVEL]
Nシステム検知の設定/解除ができます。(27ページ)
電源コード(約2m)
警報音セレクトボタン[SOUND]
ONにすると電源が入ります。
(16ページ)
Nシステムスイッチ[N SYSTEM ON OFF]
8
は
じ
め
に
シガープラグコード
本体
350.1MHzの電波を受信したとき、緑色に点滅します。(31ページ)
受信している取締りレーダー波の強さに応じて点滅速度が変化します。
(23ページ)
マイナス端子
B端子
先端キャップ
9
ダッシュボードに取り付ける
取
り
付
け
か
た
付属のマジックテープで貼り付け、本体を
道路に対して水平に、またアンテナが進行
方向(前方)を向くように、
角度を調整する
アンテナ
1
本体から1ダッシュボード用ベー
スを外し、2 フロントガラス用
ベースを取
り付ける
つづく
2
フロントガラス用ベースに吸着盤
を取り付ける
3
フロントガラス下部に貼り付ける
吸着盤(吸着面)に水などをつけて、フ
ロントガラスの中央下部の日光の良く当
たる場所に貼り付けます。
アンテナ
1
2
左右方向
上下方向
フロントガラス用
ベース
フロント
ガラス
取
り
付
け
か
た
進行方向
マジック
テープ
10
フロントガラスに取り付ける
・アンテナの前に他の機器のアンテナや、
金属、ゴ
ムなどの障害物がこないような場所に取り付け
てください。
・あらかじめ、
貼る場所のチリや汚れ、脂分をよく
落としたあと、
慎重に行ってください。
貼り直し
は、
テープの接着力を弱めます。
・使用中、
本体が傾くような場合は、
ネジの締め付
けを行ってください。
※ネジの大きさに合ったドライバーを使用してく
ださい。
ネジ山のつぶれの原因となります。
クッション
カバー
ダッシュボード用
ベース
フロントガラス用
ベース
警告
運転や視界の妨げにならない場所、
また自動車
の機能
(ブレーキ、ハンドルなど)
の妨げになら
ない場所に取り付けてください。
誤った取り付
けは、交通事故の原因となります。
エアバックの上に取り付けないでください。
万
一のとき動作したエアバックで本体が飛ばさ
れ、事故やケガの原因となります。
吸着盤(大)
・お買い上げ時にクッションカバーが取り付けら
れています。
・ク ッ シ ョ ン カ バ ー を 取 り 付 け て い な い と 、
MAC/ASSシステムが正しく動作しないこと
があります。
注意
取り付けは確実に行ってください。落ちたり
して、ケガの原因となります。
※ 湾曲のきつい部分へは取り付けないでくださ
い。
取り付けが安定しないばかりではなく、
振
動を検出しにくくなり走行中でも電源が切れ
ることがあります。
(オートパワースイッチ機
能 13ページ参照)
※ なお取り付けが安定しない場合は、クッショ
ンカバーをはずし、吸着盤に付け換えてくだ
さい。
(吸着盤に付け換えた場合は、振動を検
出しにくくなることがあります。その場合は
ダッシュボードに取り付けてください)
アンテナの前に他の 吸着盤(小)
機器のアンテナや金
属、ゴムなどの障害
フロントガラス用
物がこないように取
ベース
り付けます。
11
フロントガラスに取り付ける
4
取
り
付
け
か
た
道路に対して、本体を水平にする
アンテナが進行方向(前方)を向くよう
に、角度を調整します。
アンテナ
左右方向
上下方向
進行方向
電源について
■ソーラーバッテリーの充電と使用方法
本機はシガーライターソケットからの充電・使用に
加え、
ソーラープレートによる太陽光からの充電が
できます。
初めてご使用になるときは、付属のシガープラグ
コードを使い、充電しながらご使用ください。
(走
行中、駐車中にも太陽光から充電されますが、気
象条件、使用環境に左右されないより確実な初期
充電を行うことができます)
シガープラグコードで充電する場合、バッテリーアラー
ムが鳴った状態からは、約15時間(例 1日3時間で5日
間)でフル充電できます。
電源スイッチのON/OFFに関係なく充電できます。
つづく
※通常は、シガープラグコードを接続せずに使用できます。
1度充電したあとは、
バッテリーランプが点滅を始めるま
で、シガープラグを抜いて、そのままお使いください。
※初期充電を充分に行えば、使用中のバッテリーの消費
分は、走行中や駐車中に太陽光からの充電で補充され
ます。
フル充電したあとは、
まったく充電されない状態でも約80
時間※
(無警報時)
の連続使用ができます。
※連続使用時間は、
各種機能の設定状態により異なります。
内部のバッテリーには寿命があります。
充電が充分できな
くなったら、
新しいものと交換してください。
(使用状況に
もよりますが、約3∼5年を目安にしてください)
交換については、お買い上げの販売店、または最寄りの弊
社営業所・サービス部にご相談ください。
■オートパワーOFF機能について
アイドリングなどの振動の少ない状態
(停車中)
や、
エンジ
ンを切ったときなど振動のない状態(駐車中)が約3分間
以上続くと、
自動的に電源が切れます。
(振動を検出すると
電源が入ります)
※ 振動や騒音の激しい場所では、わずかな揺れを検出し
て電源が切れないことがあります。
使用しないときは電源スイッチで電源を切ってくださ
い。
※ 走行中でも、
停車や低速運転などで、
振動を検出できな
い状態が約3分間続いた場合にはオートパワーOFF機
能が働きます。
取
り
付
け
か
た
冬期は、日照時間やソーラーバッテリーの性能
上、充電しにくくなる場合があります。バッテ
リーアラーム機能がひんぱんに働くときは、シ
ガープラグコードを接続した状態での使用をお勧
めします。
12
13
電源について
バッテリー表示機能について
取
り
付
け
か
た
シガーライターソケットからの充電と使用方法
■ローバッテリー表示について
■バッテリーの残量表示について
初期充電不足や太陽光が当たらない条件下での使用が続
きバッテリーが消耗してくると、
バッテリーランプが点滅
し、
ローバッテリーアラーム
(
ビビッ…ビビッ…)
が鳴
り出します。
このようなときは充電が必要です。
付属のシ
ガープラグコードを使い、
充電してください。
テスト&ミュートボタンを押している間、
バッテリーの残
量の状態を表示します。
バッテリーの状態 バッテリーランプ
残量が充分な状態
緑色点灯
少し消耗した状態
オレンジ色
点灯
充電が必要な状態
赤色点灯
付属のシガープラグコードを、DCジャック
と車のシガーライターソケットに差し込む
シガープラグは、2、3回左右にひねりなが
ら差し込みます。
バッテリーの状態 バッテリーランプ
バッテリーが消耗し、充電が
必要な状態
赤色点滅
バッテリーが消耗し、すぐに
充電が必要な状態
赤色点滅
(探知機能は動作しなくなり
ます)
14
ビビッ…
ビビッ…
ビビッ…
ローバッテリーアラームが
鳴ります(約1分間)
DCジャック
シガーライター
ソケット
警告
・ シガープラグコードをDCジャックに差し込んだ状態で
は、
バッテリーの残量表示はしません。
・ 電源を入れても、
数分間はバッテリー残量を正しく表示
できないことがあります。
・ 温度が極端に高いところまたは低いところでは、
バッテ
リー残量を正しく表示できないことがあります。
助手席エアバックの妨げとなる場所に配線し
ないでください。電源コードが妨げとなり、エ
アバックが正常に動作しなかったり、
動作した
エアバックで本体が飛ばされ、
事故やケガの原
因となります。
・本機はDC12V/24V(マイナスアース)
車対応です。
・シガープラグコードで充電する場合、
バッテリーアラー
ムが鳴った状態からは、約15時間でフル充電できます。
・シガープラグコードは、
必ず付属のものをご使用ください。
・シガープラグ内部のヒューズが切れた場合は、
同じ容量
(1A)
の新しいヒューズと交換してください。
また、交換
してもすぐにヒューズが切れる場合は、
使用を中止し、
シ
ガープラグを抜いてお買い上げの販売店、
または最寄り
の弊社営業所・サービス部にご相談ください。
・シガープラグ内部には、ヒューズとスプリングが入って
います。ヒューズ交換の際は、部品の紛失に注意し、順序
を合わせて入れてください。
・一部の車種においては、
シガープラグの形状が合わない
ことがあります。
その場合は、
別売のOP-4を使用してく
ださい。
(7ページ)
・本機をバッテリーなどと直接接続すると破損の原因とな
ります。
絶対におやめください。
・シガープラグコードで充電・使用するときは、
MACシス
テムは正常に動作しないことがあります。その場合は
MACシステムを解除してご利用ください。
取
り
付
け
か
た
15
音量/警報音/受信感度を設定する
1
電源を入れる
電源スイッチをONにします。
2
音量を調節する
テスト&ミュートボタンを押しながら、
音量ツマミを回します。
※設定は、必ず停車中にパーキングブレーキを確実にかけて行ってください。
テスト&ミュートボタンを押す前から警報機能が
働く場合は、近くで発信されている取締りレー
ダー波と同じ電波を受信しているためです。この
状態でボタンを押すと、ミュート機能が働き、警
報音が止まります。
(22ページ)
3
警報音を選ぶ
警報音セレクトボタンで切り換えます。
押すたびに切り換わります。
電子音
使
い
か
た
つづく
ND
SOU
オケメロ
使
い
か
た
押している間はテストモードとなり、警報音(電
子音またはオケメロ)
が鳴り続けます。
ターン・オン・ビープ
(
ピロッピロッ…)
が鳴り、
パイロットランプが点滅します。
※節電のためパイロットランプは点滅で動作します。
1秒以内にテスト&ミュートボタンを押す
『ステルスです』『Hシステムです』『Nシステムです』…
(NシステムスイッチがONのとき)
1秒以内にテスト&ミュートボタンを押す
『ピピピピッ』『チェックポイント』『電波を受信しました』
『ご注意ください』
(350.1スイッチがボイスモードのとき)
選択した警報音は、テスト&ミュートボタンを
押すと確認できます。
オケメロアラームに設定すると「新世界から」の
オーケストラ演奏で警報します。(オケメロ)
1秒以内にテスト&ミュートボタンを押す
警報音(電子音またはオケメロ)
16
17
MACシステムの使いかた MACレベルスイッチについて
音量/警報音/受信感度を設定する
4
受信感度を選ぶ
受信感度セレクトボタンで切り換えます。
(マニュアルモード)
使
い
か
た
受信感度について
受信感度が高いほど、遠くの電波を受信できますが、取
締りレーダー波と同じほかの電波も受信してしまいま
す。走行環境や条件に合わせて、受信感度をお選びくだ
さい。また、受信感度が高いほど、新Hシステムなどの
受信には有効となります。
■受信感度の切り換え
(マニュアル)
受信感度
感度ランプの点滅色は、ボタンを押すたびに切
り換わります。
カットダウンモード(赤色)
エクストラ感度モード(緑色)
スーパーエクストラ感度モード(青色)
18
高い
スーパーエクストラ感度モード
↑
エクストラ感度モード
低い
カットダウンモード
走行環境や条件
高速道路
MACシステムは、内蔵のモーションセンサーが
走行中のロードノイズなどの連続的な振動を検出
して、走行中か停車中かを判断し、警報を制御し
ます。
アイドリングなどの振動の少ない状態(停車中)
や、エン
ジンを切ったときなど振動のない状態
(駐車中)
が約3分間
以上続くと、オートパワーOFF機能が働き、電源が自動
的に切れます。また、発車したり、エンジンをかけた
り、アクセルを踏んだりすると、自動的に電源が入りま
す。低速走行/停車中の警報を抑え、駐車中に電源を切り
忘れたときなどのバッテリーの消耗を抑えます。
1 アイドリング中に電源をONにする
パイロットランプがオレンジ色に点滅します。
2 MACボタンをONにする
数秒後にパイロットランプが赤色の点滅にな
ります。
MAC
/ASS
使
い
か
た
郊外や高速道路
市街地
MACシステムに設定すると、選択した受信感度モードにか
かわらずASS機能が働き、走行時間の経過により受信感度が
カットダウンからスーパー感度、エクストラ感度、そして
スーパーエクストラ感度へと変化します。※(21ページ)
※ MACシステムに設定した状態で受信感度セレクトボ
タンを押すと、スーパーエクストラ感度モードとなり
ます。再度押すと、ASSモードに戻ります。
3 動作を確認する
走行しはじめて速度が上がると、
数秒後にパイ
ロットランプが緑色の点滅になり、停車する
と、数秒後に赤色の点滅になります。
4 調整する
手順3で正しく動作しない場合は、MACレベ
ルスイッチを切り換えてください。
19
MACシステムの使いかた ASS機能について
MACレベルスイッチについて
MAC システムは、走行中のロードノイズなどの連続
的な振動と、停車中のアイドリングなどによる振動の
種類や大きさの差を検出し、動作します。ご使用にな
る車種や走行状況に合わせて MAC レベルスイッチを
切り換え、振動の検出感度を調整してください。
使
い
か
た
■MACレベルスイッチの設定目安
ディーゼル車(検出感度:低)
ガソリン車/ディーゼル車
(検出感度:中)
ガソリン車(検出感度:高)
目安として、
速度が約30km/hになるまでに、
パイロッ
トランプが緑色の点滅になる位置にしてください。
※MACの働きによりパイロットランプが赤色に点滅中
は警報しません。
(取締りレーダー波を受信しません)
・ MACレベルスイッチを切り換えても、
振動を検出しに
くい場合は取り付けかたを変えてください。フロント
ガラスに取り付けている場合にくらべダッシュボード
に取り付けた方が振動を検出しやすくなります。
※またMACレベルスイッチが正しい位置に設定されず
振動を検出しにくい場合、
オートパワースイッチの働
きにより走行中に電源が切れることがあります。
20
・ 振動が極端に大きな車種や、
走行中と停車中の振動に違
いの少ない車種では正常に働かないことがあります。
そ
のような車種では、
MACシステムを解除してご使用くだ
さい。
※ MACシステムを使用しない場合はMACレベルス
イッチは1に設定してください。
・ エアコンを使っているときや、
カーオーディオなどの音
量が高いとき、
ワイパーを使用しているとき、
エンジンを
かけた直後
(エンジンが安定するまで)
などは、
MACシス
テムが正常に働かないことがあります。
・ オートパワースイッチ機能は、
MACシステムの設定/解
除にかかわらず動作します。
・ フロントガラスへ取り付けてご使用の場合で、
MACレベ
ルスイッチを切り換えても正常に働かない
(停車中でも、
パイロットランプが赤色の点滅にならない)
ときは、
フロ
ントガラス用ベースのクッションカバーを取り外し、
吸
着盤に付け換えてみてください。
パイロットランプの点滅色と警報動作
MACシステムに設定すると、ASS機能が働いて低速走行/停車中の不要な警報を抑え、走行時間の経過に応じて受信
感度が変化します。また、エクストラ感度からスーパーエクストラ感度へ自動的に変化するとき、「ピッポッ」とい
う確認音が鳴ります。
車の状態
走行中(MACレベルスイッチの調整により、一定の振動を超えたとき)
数秒
停車
パイロット
設 M ランプ
定A
時C
感度ランプ
シ
ス
テ
ム 警報状態
受信感度
解M
除A
時C
シ
ス
テ
ム
パイロット
ランプ
感度ランプ
警報状態
受信感度
緑色点滅
約120秒
赤色点滅
約20秒
赤色点滅
約60秒
緑色点滅
オレンジ色点滅
停車
数秒
赤色点滅
それ以降
青色点滅
警報する
警報しない
カットダウンモード スーパー感度モード
エクストラ感度モード
使
い
か
た
赤色点滅
警報しない
スーパーエクストラ感度モード
オレンジ色点滅
マニュアルモードで設定した受信感度のランプ色点滅。
カットダウンモード(赤色)/エクストラ感度(緑色)/スーパーエクストラ感度(青色)
警報する
マニュアルモードで設定した受信感度
警報中は音による振動を感知し、低速走行や、停車しても警報が続くことがあります。このとき、警報をカットする
場合は、テスト&ミュートボタンを押してください。(22ページ)
※ 350.1 受信機能は、MAC システムの設定/解除にかかわらず動作します。
21
便利な機能について
オートクワイアット/ディマー機能
警報音が約30秒以上続くと、自動的
に音量が小さくなり、アラームラン
プやシグナルメーターなどのランプ
類も暗くなります。
使
い
か
た
新方式ブラケット
ミュート機能
●取締りレーダー波の発信源の確認
ができたら
警報中にテスト&ミュートボタンを
押すと、受信中の電波がなくなるま
で、警報音を一時的に消すことがで
きます。
警報機能について
ターン・オン・ビープ
電源スイッチを入れたときや、オート
パワーON機能により電源が入ったと
き、
確認音が鳴り、
電源が入ったことを
お知らせします。
(ター
ン・オ
ン・ビ
ープ)
●後方からの取締りに対応
リフレクションプレートにより、後
方からの取締りレーダー波をより確
実に受信することができます。
後方からの取締りレーダー波
22
・ バッテリーが消耗しているときは、
ターン・オン・ビープのあと、しばら
くしてからローバッテリーアラーム
が鳴ります。
・ 350.1受信機能を設定していると
きは、
ピロッピロッのあとに350.1
アラーム
(ピピピピッ)
が鳴ります。
本機は、Wアラーム方式と接近テンポアップシステムの採用により、取締りレーダー波の存在をより確実に伝えていき
ます。
Wアラーム方式
音
(オケメロ/電子音)
と光
(アラーム
ランプ/シグナルメーター)
のダブル
で警報します。
接近テンポアップシステム
各警報は、取締りレーダー波発信源への接近
(電波の強弱)
に合わせて変化しま
す。
取締りレーダー波
発信源との距離
遠い
使
い
か
た
近い
電子音アラーム
断続音から連続音に変化します。
アラームランプ
点滅速度が変化します。
シグナルメーター
左から右へ点灯数が増し、
右端へ達すると、全てが点
滅します。
1
2
3
4
5
・オケメロは変化しません。
・警報が続くと、
警報音が小さくなり、
ランプ類も暗くなります。
(オートクワイ
アット/ディマー機能)
23
iDSPについて
本機はiDSP/統合的デジタル信号処理技術(integrated Digital Signal Processing Technology)
により、
ステルス型取締り機の
「一瞬で強い電波」
や、
新Hシステムの
「種類の異なる電波」
に対しては、
ただ
単に警報するだけでなく、通常波と区別して
『ステルスです』または『Hシステムです』と女性のボイス
(女
声)でお知らせします。
[ステルス識別]/[新Hシステム識別]
使
い
か
た
さらに
「自動車ナンバー自動読み取り装置」
(Nシステム)
を、
取締り機とは区別して検知することに業界で
初めて成功し、なおかつ、
聞き間違いの無いように『Nシステムです』と男性のボイス
(男声)でお知らせし
ます。
[Nシステム検知:特許出願中]
またカーナビからのGPSのモレ電波など妨害電波は、
的確に識別し、
誤警報を排除しています。
さらに、
温
度変化などによる周波数ズレを自動補正しています。
[GPS排除:特許 第3044004号]
※ iDSPを解除することはできません。
※ iDSPはステルス型の取締り機に対して完全対応というわけではありません。
また、取締りには電波を使用しない光電
管式などもあり、先頭を走行する際はくれぐれもご注意ください。
24
つづく
ボイス識別
新Hシステムについて
電波を用いる自動速度取締り機
(オービス)
の一種
ですが、
他のオービスとは種類の異なる電波
(周波
数は同一)
を使用しているため、
従来機では探知
(受
信)
しにくくなります。
ただし、
このシステムでは証
拠の記録をする前に、
電光掲示板で
「速度オーバー」
や
「速度超過」
などの警告がありますので、
これらの
警告を見かけたら注意してください。
速度
バー
オー
<新Hシステム波を受信したとき>
● はじめは選んでいる通常の警報音(オケメロ、電子
音)が鳴りますが、識別すると女性のボイス(女声)で
お知らせします。
受
信
通常の警報音
(オケメロ、電子音)
識
別
ピロピロ
「Hシステムです」
ピロピロ
「Hシステムです」……
(受信している間、繰り返し
警報します。)
使
い
か
た
25
iDSPについて
つづく
ボイス識別
ステルス型取締り機について
使
い
か
た
他の取締り機と同じ電波を使用していますが、事
前に探知
(受信)
されないようにするため、待機中
は電波を発射せず、必要なときに短時間強い電波
を発射して速度の測定ができる狙い撃ちの取締り
機です。従来機では、先頭を走行せずに2番手以
降で走行していても、一瞬しか警報されません。
・ iDSPはステルス型の取締り機に対し、
ごくまれに受信できな
い場合があります。
また、
取締りには電波を使用しない光電管
式などもありますので、
先頭を走行する際はくれぐれもご注
意ください。
・ 通常の電波を受信した場合でも、
周囲の状況などにより、
ボイ
ス
(音声)
で知らせることがあります。
・ オケメロアラームを選んでいるときでも、
ステルス型取締り
機や新Hシステムの電波を受信するとボイス
(音声)
で知らせ
ます。
26
Nシステム検知について
<ステルス波を受信したとき>
●専用の女性のボイス(女声)でお知らせします。
受
信
ピロピロ…(約2秒間)
「ステルスです
ステルスです」
5秒以上受信が続くと、警報音セレクトスイッチで選んでい
る通常の警報音に変わって警報します。
「自動車ナンバー自動読み取り装置」
通称
『Nシステ
ム』は新Hシステムなどに似ていますが、
レーダー
波を使用した取締り機ではないため、
従来機では通
過しても何も反応しませんでした。
そのため、
「新型
の取締り機ではないか?」
といった疑問や不安を持
ちながら運転していた人も多かったようです。
本機は、このNシステムが発している特殊な信号
を、
識別および検知し、
さらに、
スピード違反の取締
りとは区別して、
『Nシステムです』
と男性のボイス
(男声)
でお知らせします。
[Nシステム検知:特許出
願中]
お買い上げ時には、N システムスイッチは ON の状態に
なっています。
<Nシステムを検知すると>
●『N システムです。N システムです』
と男性のボイス
(男声)
でお知らせします。
す
テムで
す
Nシス
テムで
Nシス
使
い
か
た
・ ボイス識別後、1分以内にもう1度Nシステムを検知して
も、
ボイス
(男声)
でのお知らせはしません。
・ ボイス識別中に、
取締りレーダー波を受信すると、
取締り
の警報音が優先されます。
27
iDSPについて
GPS排除について
ボイス識別
Nシステム検知について(つづき)
使
い
か
た
● Nシステムは取締り機ではなく、その名のとおり「自動
車ナンバー自動読み取り装置」であり、その信号の指向
角が鋭いため、信号を受信できる区間が 5m ∼ 200m
と短くなります。
そのため、走行中に N システムを検知しても、ボイス
(男声)のお知らせが、直前または通り過ぎてからのよ
うに感じる場合もあります。
● Nシステムは常時稼動しているとは限りません。稼動
していない状態では信号を受信できませんので、Nシ
ステムの検知はできません。
● Nシステムが発しているものと同種の信号を使用して
いる次の機器については、誤検知する場合がありま
す。
・ オービスのカメラ
・ 高速道路入り口のナンバー読み取り装置
・ 駐車場入り口のナンバー読み取り装置
・ Tシステム
(旅行時間予告システム)
指向特性
● 次のようなとき、ごくまれに誤検知する場合がありま
す。
・ 液晶カメラやカーナビの画面に、本機を直接向けた
とき
受信できる区間(5m∼200m)
カーナビゲーションの中には、取締りレーダー波
と同一周波数帯の電波を漏洩しているものがあり
ます。従来機では、これが原因で警報が鳴りっぱ
なしになることがありましたが、この電波を安易
に排除すると、肝心の取締りレーダー波に反応し
ないという、相反する問題がありました。
本機では、取締りレーダー波にはしっかり反応す
るよう、取締りレーダー波や自動ドアの電波との
わずかな違いを的確に識別することにより、GPS
の漏洩電波のみを自動排除し、誤警報を防止して
います。
(自動識別&排除設定機能)
さらに、自動設定後も、一定の間隔で排除設定の
内容および温度変化などによる周波数変動の状態
を常にチェックし、変化があれば自動的に補正し、
誤警報を排除しています。
(自動補正機能)
[特許 第 3044004 号]
※カーナビゲーションからの影響を排除している場合、
受信している電波の識別判定がしにくく、新Hシステム
やステルス波に対しても通常の警報音となる場合があ
ります。
※自動ドアなど、常に電波の出ている場所でエンジンを
始動すると、GPSを排除できない場合があります。こ
のようなときは電波の出ていない場所に移動して、再
度、本機の電源スイッチを入れ直してください。
使
い
か
た
・ 朝日または夕日(地平線または水平線に近い状態)に
向かって走行しているとき
・ バイクなどのイグニッションノイズ
28
29
350.1受信機能の使いかた
使
い
か
た
スピード違反の取締りや、シートベルト着用義務違反
の取締り現場では、
350.1MHzの電波を用いた無線
で連絡が行われることがあります。
350.1受信機能は、
このような取締りに威力を発揮し
ます。設定すると、この連絡用の電波を受信したとき、
350.1ランプが点滅し、その交信内容を聞くことや、
警報としてアラームを鳴らすことができます。
(取締り
現場での連絡方法には、
350.1MHzの電波を用いた
無線の他に、有線方式もあります)
連絡のための無線交信は数秒で終わることが多いた
め、コミュニケーションモード
(会話)
で受信しても交
信内容を聞き取ることは難しくなります。通常はア
ラームモードまたは、ボイス
(音声)
モードに設定され
ることをお勧めします。
30
つづく
350.1MHzの電波を受信すると
1 設定する
350.1スイッチで動作モードを選びます。
<アラームモードのとき>
● 350.1ランプが緑色に点滅し、
電子音アラームが鳴り
ます。
使
い
か
た
OFF A V COM
350.1
MODE
アラームモード
電子音アラームが鳴ります。
OFF A V COM
350.1
MODE
ボイス
(音声)
モード
ボイス
(音声)
でお知らせします。
OFF A V COM
350.1
MODE
コミュニケーション
(会話)
モード
交信内容が聞けます。
・350.1MHzの電波を一瞬でも受信すると、アラームが
約5秒鳴ります。
・アラームはミュート機能で消すことができます。
また約
15秒以上受信が続くと、自動的にミュート機能が働き
ます。
・アラームが鳴ったあと、1分以内にもう1度350.1MHz
の電波を受信してもアラームは鳴りません。
・アラームが鳴っているときに取締りレーダー波を受信す
ると、
取締りレーダー波受信時の警報音が優先されます。
31
受信しにくい場合
350.1受信機能の使いかた
350.1MHzの電波を受信すると(つづき)
使
い
か
た
電波の発射方法や周囲の環境、条件などにより、電波を受信しにくいことがあります。
<ボイス(音声)モードのとき>
<コミュニケーション(会話)モードのとき>
● 350.1ランプが緑色に点滅し、
ボイス
(音声)
でお知ら
せします。
● 350.1ランプが緑色に点滅し、
交信内容を聞くことが
できます。
● 前に走行している車
(とくに大型車)がある場合や、
コーナー、坂道では、電波が遮断され、探知距離が
短くなることがあります。スピードの出やすい下り
坂では、とくにご注意ください。
● 対象の車が近くに来るまで、電波を発射しない狙い撃
ち的な取締りができるステルス型のスピード測定装置
があります。
チェックポイント
電波を受信しました
ご注意ください
そ
の
他
〔前に走行中の車がある場合〕
・350.1MHzの電波を一瞬でも受信すると、アラームが
1フレーズ鳴ります。
また、
警報中に再度電波を受信する
と、もう1度、1フレーズの警報をします。
・アラームはミュート機能で消すことができます。
受信が
続いたときは、
2フレーズの警報後、
自動的にミュート機
能が働きます。
・アラームが鳴ったあと、
1分以内にもう1度350.1MHz
の電波を受信してもアラームは鳴りません。
・アラームが鳴っているときに取締りレーダー波を受信
すると、取締りレーダー波の警報音が優先されます。
32
電波の発射方法や周囲の環境、条件などにより、取締
りレーダー波を受信しにくいことがあります。
・350.1MHzの電波を受信しているときに取締りレー
ダー波を受信すると、両方の音が重なって聞こえます。
・交信は数秒間で終わることが多いため、
交信内容を完全
に聞き取ることは難しくなります。
※カーオーディオやカーナビゲーションなどの影響に
より、アラームが鳴ったり、受信状態になることがあ
ります。あらかじめご了承願います。
〔下り坂〕
〔コーナー〕
電波式の自動ドアや、信号機の近くに設置されてい
る車輌通過計測機などは、取締りレーダー波と同じ
電波を使用しているため、反応するのは避けられま
せん。
『いつも鳴るから』
と安心せずに注意してくだ
さい。
33
取締りのミニ知識
本機と、取締りの方法や種類をよくつかんで、上手にご使用ください。制限速度を守り、安全運転を心がけることが大切です。
取締りレーダー波について
スピード違反の取締り方法
取締りレーダー波は、発射するときの角度や装置の種類によって性質が異なります。
大きく分けて 3 つの方法があります。
1.
追走して測定する方法
(追尾方式)
そ
の
他
指針を固定できるスピードメー
ターを搭載している白バイやパト
カーで、対象の車を追走して速度
を測ります。
2.
距離と時間で算出する方法
(光電管式、ループコイル式)
一定区間を通過するのにかかる時
間から速度を算出します。
測定区間の始めと終わりに設置す
るセンサーには、赤外線や埋め込
みの磁気スイッチなどが使われて
います。
3.
電波を使って算出する方法
(レーダー方式)
電波を対象の車に向けて発射し、
その反射波の周波数変化(ドップ
ラー効果)で速度を算出します。
現在、スピード違反の取締りには、
この方法が多く採用されています。
この方法は、歴史も古く、種類、台
数が多いことから、今後も取締りの
主流となると思われます。
34
定置式
自動速度取締り機(オービスIII)
人が測定装置を道路際に設置して行
います。
取締りレーダー波は、直進性が強い
ため、発射角度が浅いほど、探知しや
すくなります。
速度の測定と証拠写真の撮影を自動
的に行います。
移動式
発射角度
測定装置をパトカーに搭載して、移
動しながら測定を行います。
Kバンドについて
Kバンドは、米国ですでに使用さ
れている取締りレーダー波の周
波数で、日本国内でも使用され
る可能性があります。本機は、
現在国内で使用されているXバン
ドに加え、Kバンドも受信できる
X・Kツインバンド対応です。
そ
の
他
本機はレーダー方式のスピード測
定装置に対応します。
※探知距離は、走行環境、測定条
件などにより変わることがあり
ます。
35
故障かな?と思ったら
つづく
修理をご依頼になる前に、もう1度次のことをご確認ください。それでも異常や故障と思われるときは、お買い上げの
販売店、または弊社営業所・サービス部(添付の一覧表をご参照願います)にご相談ください。
症状
そ
の
他
36
チェック項目
※正常に受信するかどうかの確認は、電波式の自動ドアでチェックすることができます。
症状
チェック項目
電源が入らない
・電源スイッチがONになっていますか。
・ バッテリーが消耗していませんか。シガープラグコードを使って充電してください。
・ オートパワーOFF機能が働いていませんか。
停車や駐車の状態が約3分以上続くと、
自動的に電源が
切れます。
反応
(警報)
しない
・ 取締りレーダー波が発射されていましたか。
計測する瞬間だけ電波を発射するステルス型など、
取締
り準備中あるいは終了後などで、スピード測定装置から取締りレーダー波が発射されていないこと
があります。
(とくにオービスIIIではよくあります)
・ 取締りが「レーダー方式」
で行われていましたか。
充電できない
・ 太陽光を充分に当てても充電できないときは、シガープラグコードを使って充電できるか確認してください。
・ シガープラグで充電できないときは、
シガープラグ内部のヒューズが切れていないか確認してくださ
い。
切れている場合は、
同じ容量
(1A)
の新しいヒューズと交換してください。
取締りもしていない
のに警報機能が働く
・ ローバッテリーアラームではありませんか。
バッテリーランプが点滅しているときは、
シガープラ
グコードを使って充電してください。
・ 350.1受信機能ではありませんか。
350.1ランプが点滅しているときは、350.1MHzの電波を受
信しています。
・ 取締りレーダー波と同じ電波が他でも使用されています。
それらの電波を受信すると警報機能が働
くことがありますが、故障ではありませんので、
ご了承ください。
M A C システムや
ASS機能、オートパ
ワーOFF機能が正常
に働かない
・ ご使用になる車種に合わせてMACレベルスイッチで振動の検出感度を調整してください。
振動が極
端に大きな車種や、
走行中と停車中の振動に違いの少ない車種では正常に働かないことがあります。
そのような車種では、
MACシステムを解除してご使用ください。
また、
振動や騒音の激しい場所に駐
車するときは、
電源を切ってください。
・ 警報中は音による振動を感知し、
低速走行や停車しても警報が続くことがあります。
このとき、
警報を
カットする場合は、
テスト&ミュートボタンを押してください。
反応
(警報)
しない
・ 電源が入っていましたか。パイロットランプの点滅を確認してください。
・ 警報機能が正しく働きますか。
テスト&ミュートボタンを押して確認してください。
・ MACレベルスイッチが正しく設定されていますか。
パイロットランプが赤色で点滅していませんか。
パイロットランプが赤色で点滅しているときは警報しません。
MACレベルスイッチを正しい位置に
設定しなおしてください。
MACレベルスイッチを切り換えても振動を検出しにくい場合は、
取り付け
かたを変えてください。
・ オートパワーOFF機能が働いていませんか。
停車や駐車の状態が約3分以上続くと、
自動的に電源が
切れます。
走行中でもオートパワーOFF機能が働く場合は、
MACレベルスイッチを設定しなおしてく
ださい。
MACレベルスイッチを切り換えても振動を検出しにくい場合は取り付けかたを変えてくだ
さい。
そ
の
他
――取締りレーダー波と同じ電波を使用している主な機器――
・ 電波式の自動ドア、
防犯センサー
・ 信号機の近くに設置されている車輌通過計測機
・ NTTのマイクロウェーブ通信回路の一部
・ 気象用レーダー、
航空レーダーの一部
・ 他のレーダー探知機の一部
・ まれに他の無線機の影響を受けることがあります。
その場合は取り付け位置を変えてみてください。
警報の途中で警報音
が小さくなりランプ
類も暗くなる
・ 警報が続くと、
バッテリーの消耗を抑えるために、
警報音が小さくなり、
ランプ類も暗くなります。
37
アフターサービスについて
故障かな?と思ったら
1. 保証書(別に添付してあります)
症状
取締り現場なのに
350.1MHzを受信
しない
そ
の
他
チェック項目
・350.1スイッチをONに設定していましたか。
・取締り現場での連絡が無線方式で行われていましたか。
連絡には350.1MHzの電波を使っ
た無線方式の他に、有線方式の場合もあります。
・連絡のための無線交信は、必要なときに短時間しか行いません。そのため、交信内容を完全
に聞き取ることは難しくなります。350.1アラームが鳴ったときは注意してください。
カーナビゲーション
の影響を排除できな
い
・自動ドアなどの常に電波の出ている場所で電源スイッチをONにした場合、GPSを排除で
きないことがあります。
このようなときは、
電波の出ていない場所へ移動して、
もう1度本機
の電源スイッチを入れ直してください。
N システムを検知で
きない
・NシステムスイッチはONになっていましたか。
・Nシステムセンサーがサンバイザーやフロントガラスのスモークなどで、
感知しにくくなっ
ていませんか。取り付け場所を変更してみてください。
・Nシステムは稼動していましたか。稼動していない場合は、検知できません。
・一部の車種に採用されている断熱ガラスにより、検知しにくい場合があります。
保証書は、必ず「販売店・お買い上げ年月日」をご確認
のうえ、
保証内容をよくお読みになって、
大切に保管
してください。
2. 保証期間
お買い上げの日から1年間
3. 対象部分
機器本体(消耗部品を除く)
4. 修理をご依頼されるとき
「故障かな?と思ったら」
で確認しても、
なお異常があ
ると思われるときは、
使用車名
(車種)
、
機種名
(品番)
、
氏名、住所、
電話番号、購入年月日、保証書の有無と故
障状況をご連絡ください。
● 保証期間中のとき
保証書裏面の
「故障内容記入欄」
にご記入いただき、
お
買い上げの販売店まで、保証書とともに、
機器本体を
ご持参ください。
保証書の内容にしたがって修理いた
します。
● 保証期間が過ぎているとき
まず、お買い上げの販売店にご相談ください。
修理によって機能が維持できる場合は、
ご要望により
有料修理いたします。
仕様
電源電圧
: DC 3.6V(ニカド電池1.2V×3)
DC 12V/24V(シガープラグ入力
電圧)
消費電流
: 待機時:4mA以下
最大 :110mA以下
受信方式
: スイープオシレーター式ダブル
スーパーへテロダイン方式
受信周波数
: Xバンド、Kバンド
そ
動作温度範囲 : −20℃∼+85℃
の
(350.1MHz受信部−10℃∼+60℃) 他
(充電可能温度範囲:ー5℃∼+85℃)
本体外形寸法 : 76(W)×22(H)×110(D)mm
(電池部含まず)
本体重量
: 170g(電池含む)
※本機の仕様および外観は、
改良のため予告なく変更する
ことがあります。
あらかじめご了承ください。
5. アフターサービス等についてご不明の点は
38
お買い上げの販売店、または最寄りの弊社営業所・
サービス部(添付の一覧表をご参照願います)
にお問
い合わせください。
39
〒108-0023 東京都港区芝浦4-12-33
6SS0533
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement