FAL G2取扱説明書New ver 3 120411

FAL G2取扱説明書New ver 3 120411
Spectra/Por®
Float-A-Lyzer® G2
即使用可能な透析モジュール
製品仕様書 兼 取扱説明書
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
目次
はじめに
1
ご使用例
2
仕様 および 寸法
3
ご使用方法
4
Spectra/Gel® Absorbentを利用した濃縮
5
保管方法 および 有効期限
6
滅菌方法
6
膜の薬剤耐性一覧
7
品番のご案内
9
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
9
Spectra/Gel® Absorbent
9
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
ⅰ
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
はじめに
ご使用例
高い効率性と利便性、サンプル保護の機能を兼ね備え、かつ、その機能を最大化
Float-A-Lyzer G2透析モジュールは以下のような幅広い目的に使用していただけま
するよう設計された、新しいFloat-A-Lyzer G2は、次世代の即使用可能な透析手法
す。
です。Float-A-Lyzer G2には、スペクトラムが誇るBiotech Gradeセルロースエステル
(CE)膜を使用しています。
CEは低蛋白吸着性の合成膜で、厳密に管理された9種類の分画分子量(MWCO)
があり、重金属や硫化物を含まない高品質の膜です。円筒形のチューブにより、サ
ンプルが希釈されることなく、サンプル液の全量回収を実現できます。サンプル純度
99%を維持し、溶媒による希釈を5%未満に保ちながら、95∼98%のサンプル回収を実
現できるのはFloat-A-Lyzer G2だけです。
・ バッファー交換および脱塩
・ 電気泳動やHPLC向けサンプル調製:
塩化ナトリウム等の塩類、洗剤、硫酸アンモニウム、塩化セシウム、界面活性剤
等の除去
・ DNA、たんぱく質、ウィルス、抗体、ペプチド、高分子、等の分離・精製(低分子
混在成分の除去)
・ Spectra/Gel®のような溶媒吸収剤を使用してのサンプル濃縮
・ イオン拡散速度の測定
O-リング付きスクリューキャップにより、同梱のピペット(5mℓ、10mℓモジュール用)や
・ 結合性の研究
ピペットチップ(1mℓモジュールの場合)を使用して、サンプル液の投入、透析途中で
のサンプリング、また、サンプル回収が容易に行えます。しかも、操作の際に注射針
で膜を破ってしまう心配がありません。また、浮きリング(同梱)により透析モジュール
に浮力が与えられ、透析の間バッファー中で姿勢を垂直に保つことができます。角を
作らないように設計されていますので、同じ透析バッファー容器中に複数のサンプル
を浮かべることができます。
Float-A-Lyzer G2は、膜保護剤としてグリセリンを含浸させた乾燥状態で梱包されて
います。その他、実験をすぐに始められるようにいくつかの消耗品も同梱していま
す。
1
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
2
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
仕様
ご使用方法
スクリューキャップ:
透析途中でのサンプリングに便利なネジ式
1. パッケージからFloat-A-Lyzer G2(FAL-G2)を取り出します。上部パーツの外
MWCOに対応した色分け
側を片手でしっかりと持ち、もう片方の手でカバーチューブを持ち、慎重に左
ポリプロピレン製
右にひねりながら外します。カバーが外れたら、FAL-G2をまっすぐに引き出し
シリコーンO-リング:
高い密封性 & くり返し密封可能
ます。この際、膜にしわが寄らないように気を付けてください。 注 意 : FAL-G2
浮きリング:
モジュールを緩衝液面付近に維持
を持つ時は、膜に損傷を与えないために必ず上部パーツの肩部をお持ちくだ
ポリエチレン製
さい。
トップ/ボトム部品:
密封接着済み
2. 膜の湿潤: 多くの場合、最上の透析性能を引き出すためには、膜保護剤とし
ポリカーボネート製
て使用しているグリセリンを除去する必要があります。そのため、FAL-G2をま
透析膜:
Biotech Gradeセルロースエステル(CE)
ず10%アルコール液に浸し、脱イオン水ですすいだ後、脱イオン水に浸漬して
ポッティング:
ポリウレタン製
おく必要があります。
MWCO(9種):
0.1∼0.5 kD、0.5∼1.0 kD、3.5∼5 kD、8∼10 kD,
20 kD、50 kD、100 kD、300 kD、1000 kD
容量(3種):
1 mℓ、5 mℓ、10 mℓ
パッケージ&包装数:
グリセリン含浸乾燥状態で梱包
ールを満たし、キャップを閉め同様のアルコール液に10分間浸漬します。
b. アルコールから取り出し、キャップを外し内部のアルコールを吸い出します。
上下逆にし、軽く振って残留アルコールを除去します。
12個/ケース
サンプル注入:
a. キャップを外し、FAL-G2内に10%イソプロピルアルコールあるいは10%エタノ
使い捨てピペット5・10mℓ用(セットに含まれます)
ピペットチップ1mℓ用(セットには含まれません)
c. 脱イオン水ですすぎ、内部を脱イオン水で満たし、キャップを閉め、脱イオ
ン水に15∼20分間浸漬します。
d. ステップbと同様に、内部の脱イオン水を除去し、再度軽く振って水切りして
寸法
ください(ただし、一度湿潤を行った膜は乾燥させないでください)。
容積
1mℓ
5mℓ
10mℓ
3. 水ですすいだらFloat-A-Lyzer G2は使用可能な状態になります。必要な場合
全長
5cm
10cm
16cm
には、内側を透析緩衝液ですすいでください。一度水に浸した膜は乾燥状態
膜直径
10mm
10mm
10mm
に戻すことはできません。
上部パーツ直径
23mm
23mm
23mm
浮きリング
38mm
38mm
38mm
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
3
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
4
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
4. ピペットを使って底の方から注意深くサンプルを注入します。液面上昇に合わ
せてピペットを引き抜いていきます。 注 意 : 5、10mℓモジュールには使い捨て
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
100gのSpectra/Gel Absorbentを用いると、5mℓのサンプルを60分で0.5mℓに減ら
すことできます。
ピペットが同梱されています。ネジ式キャップを閉めてサンプルを密封します。
5. 浮きリングの穴にFloat-A-Lyzer G2のボディを通し、上部パーツの直下まで引
保管方法 および 有効期限
き上げます。撹拌子入りの透析バッファー容器中にFloat-A-Lyzer G2を垂直
保管方法: 新品未使用の状態のまま、室温・乾燥環境下で保管してください。
に浮かべ、穏やかな回転流になるように回転速度を調節します。強い渦を発生
多湿環境には決して置かないでください。
させないでください。Float-A-Lyzer G2が下に引き込まれ、撹拌子と接触して
有効期限: 貯蔵条件にもよりますが、2年程度です。
しまいます。
6. 個々のサンプルに合わせた条件で透析します。一般的には、室温で一晩(12
∼20時間)かけて透析します。その間、3・4回緩衝液を入れ替えます(1回目:2
∼4時間後、2回目:6∼8時間後、3回目:10∼14時間後)。 注 意 :透析途中の
サンプリングは簡単です。透析容器からFloat-A-Lyzer G2を取り出し、キャップ
を開け、少量を吸出し、キャップを閉め、透析容器に戻します。
7. 透析終了後、キャップを開け、液面の下降に合わせてピペットを下げながらサ
滅菌方法
Float-A-Lyzer G2の滅菌方法として、以下の方法が認可されています。
ガンマ線照射(20KG)
酸化エチレンガス(EOG)曝露
オートクレーブ滅菌は、透析膜の孔隙率やMWCOに悪影響を及ぼすので推奨
できません。
ンプル全量を吸い出します。サンプルを全て回収できたことを確認します。
8. サンプルを適切な容器に移し、使用済みのFloat-A-Lyzer G2を廃棄します。
Spectra/Gel ® Absorbentを利用した濃縮
Spectra/Gel Absorbentを用いてサンプルを濃縮し、Float-A-Lyzer G2透析モジ
ュール内の液量を減らすことができます。乾燥状態のSpectra/Gelで透析膜の
外側を包むことで、水分が吸い出され、吸着剤に永久的に結合されます。
ポリアクリレート‐ポリアルコール混合物の分子量は、膜のMWCOと比較しては
るかに大きいのでゲルが透析膜の内側に逆透過するようなことはありません。希
望 通 り に 体 積 が 小 さ く な っ た ら 、 水 を 含 ん だ Spectra/Gel を は が し 、
Float-A-Lyzer G2からサンプルを回収します。
5
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
6
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
Spectra/Por® Float-A-Lyzer® G2
セルロースエステル(CE)
膜の薬剤耐性一覧
この薬品耐性表はガイドとして使われることを意図したもので、化学適合性を保
ヘキサン
R
ペンタン
ヘキサノール
L
過塩素酸(25%)
NR
R
パークロロエチレン
NR
塩酸(5%に希釈)
R
証するものではありません。温度、濃度、曝露継続時間、等の条件が耐性に影
塩酸(中濃25%)
NR
石油ベースの油
R
響を及ぼす可能性があります。お客様の実験条件で一度試験を行うことをお勧
濃塩酸(37%)
NR
石油エーテル
R
フッ化水素酸(25%)
NR
フェノール(0.5%)
R
過酸化水素(30%)
NR
フェノール(10%)
NR
ヨウ素溶液
NR
リン酸(25%)
NR
めします。
以下のコードにより化学耐性を表しています。
R
推奨
NR 推奨しません
L
条件により曝露可能
U
セルロースエステル(CE)
イソブチルアルコール
不明
セルロースエステル(CE)
酢酸(5%に希釈)
L
酢酸(中濃25%)
NR
シクロヘキサン
氷酢酸
NR
シクロヘキサノン
NR
アセトン
NR
ジアセトンアルコール
NR
アセトニトリル
NR
ジクロロメタン
水酸化アンモニウム(希釈)
NR
ジメチルホルムアミド
NR
水酸化アンモニウム(中濃)
NR
ジメチルスルホキシド
NR
酢酸アミル
NR
1,4 ジオキサン
NR
エーテル
NR
NR
アミルアルコール
L
クレゾール
NR
L
L
アニリン
NR
酢酸エチル
ベンゼン
NR
エチルアルコール
L
ベンジルアルコール
NR
エチルアルコール(15%)
R
R
エチルアルコール(95%)
L
ホウ酸
塩水
ブロモホルム
酢酸ブチル
ブチルアルコール
ブチルセロソルブ
R
NR
NR
L
NR
二塩化エチレン
エチレングリコール
酸化エチレン
ホルムアルデヒド(2%)
ホルムアルデヒド(30%)
NR
L
R
水酸化カリウム(1N)
L
イソプロパノール
L
水酸化カリウム(25%)
NR
酢酸イソプロピル
NR
水酸化カリウム(50%)
NR
イソプロピルアルコール
L
プロパノール
イソプロピルエーテル
L
ピリジン
ジェット燃料640A
R
シリコーンオイル
灯油
R
水酸化ナトリウム(0.1N)
乳酸
R
水酸化ナトリウム(5%に希釈)
NR
酢酸メチル
NR
R
NR
R
L
水酸化ナトリウム(25%)
NR
メチルアルコール
L
水酸化ナトリウム(濃50%)
NR
メチルアルコール(98%)
L
濃水酸化ナトリウム
NR
メチルセロソルブ
L
次亜塩素酸ナトリウム
R
塩化メチル
NR
硫酸(5%に希釈)
L
メチルエチルケトン
NR
硫酸(中濃25%)
NR
ギ酸メチル
NR
硫酸(6N)
NR
メチルイソブチルケトン
NR
濃硫酸
NR
テトラヒドロフラン
NR
塩化メチレン
N-メチル-2-ピロリドン
L
NR
トルエン
R
石油
R
トリクロロ酢酸(25%)
NR
L
モノクロロベンゼン
L
トリクロロベンゼン
NR
L
硝酸(5%に希釈)
L
トリクロロエタン
L
NR
トリクロロエチレン
R
NR
ブチルアルデヒド
NR
ギ酸(25%)
NR
硝酸(中濃25%)
四塩化炭素
NR
ギ酸(50%)
NR
硝酸(6N)
NR
トリエチルアミン
NR
セロソルブ
NR
フレオン®
R
濃硝酸(70%)
NR
松やに
NR
R
濃硝酸
NR
ウレア
グリセリン
R
ニトロベンゼン
NR
ウレア(6N)
グリセロール
R
ニトロプロパン
NR
水
塩化酢酸
クロロホルム
クロム酸
NR
L
NR
ガソリン
油、ミネラル
7
セルロースエステル(CE)
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
R
キシレン
R
NR
R
NR
SPECTRUM製品仕様書 兼 取扱説明書
8
SpectrumLabs.com Japan 日本支社
〒520-3015
滋賀県栗東市安養寺2丁目6番8号
スペクトラムビル 5F
電話:
fax:
email:
web:
077-552-7820
077-552-7826
[email protected]
www.spectrumlabs.jp
420-10732-001 Rev.08
151604
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement