GL927 - Comtec

GL927 - Comtec

GPS 搭載液晶表示 + リモコン付き

ソーラーレーダー

GL927

取扱説明書/保証書

この度はベストワンシリーズをお買い求めいただきまして誠にありがとうございます。本書には取付

け及び操作手順が説明されております。正しくご使用いただく為に本書をよくお読みのうえ、ご使用

ください。尚、読み終えた後、いつでも見られるよう大切に保管してください。

目 次

ご使用上の注意・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2

各部の名称・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4

製品本体・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4

ディスプレイ表示・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 5

梱包内容・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6

ご使用にあたって・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 7

充電の方法・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8

ローバッテリーサイン・ ・・・・・・・・・・・・・・ 8

ソーラーバッテリー動作とシガープラグコード接続動作・ 9

GPS 機能について・・・・・・・・・・・・・・・・ 10

データ更新について・ ・・・・・・・・・・・・・・ 11

液晶ディスプレイについて・ ・・・・・・・・・・・ 11

取付け方法・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12

取付けの前に・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12

ダッシュボードへの取付け・ ・・・・・・・・・・・ 13

ステーの外し方・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 15

リモコンについて・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 16

機能及び操作方法・・・・・・・・・・・・・・・・・ 19

電源を ON にする・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 19

テスト機能、音量調整、バッテリーチェック機能・ ・ 21

振動センサーの設定(LSC-V)・・・・・・・・・・・ 22

オートパワー OFF 機能・・・・・・・・・・・・・・ 23

画面設定について・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 24

バックライト明るさ切替え機能・ ・・・・・・・・・ 27

バックライト点灯機能・ ・・・・・・・・・・・・・ 27

おまかせカンタン設定・ ・・・・・・・・・・・・・ 28

マニュアルモードでの各機能の ON/OFF 設定・・・・ 30

各機能の設定項目一覧・ ・・・・・・・・・・・・・ 31

レーダー受信感度の設定(ASC-V/i)・・・・・・・・ 34

ロー・スピード・キャンセル(LSC-V/i)・・・・・・ 36

ロードセレクト機能・ ・・・・・・・・・・・・・・ 38

ユーザー登録ポイント追加/オービス警報キャンセル機能・・ 39

レーダーキャンセル機能・ ・・・・・・・・・・・・ 41

マップコード表示機能 ・ ・・・・・・・・・・・・ 43

エフェクト(効果音)機能・ ・・・・・・・・・・・ 45

アラーム機能・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 46

画面表示カラー切替え機能・ ・・・・・・・・・・・ 46

オートディマー機能・ ・・・・・・・・・・・・・・ 47

オールリセット(データリセット)・・・・・・・・・ 48

オートボリュームダウン機能・ ・・・・・・・・・・ 48

ディスプレイモード(販売店向け機能)・・・・・・・ 49

警報について・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50

GPS 警報・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 50

オービス/ユーザー登録ポイント警報(GPS スピードガン info)・・ 50

ダブルオービス警報(W・オービス・info)・ ・・・・ 52

N システム /NH システム警報(N/NH・SYSTEM・info)・・ 53

チェックポイント警報(トラップポイント info)・・ 54

信号無視監視ポイント警報(信号無視監視ポイント info)・・ 54

ポリスエリア警報(ポリスロケート info)・・・・・ 55

事故ポイント警報(事故ポイント info)・・・・・・ 55

サービスエリア・パーキングエリア・

ハイウェイオアシス警報(SA/PA/HO・info)・・・ 56

道の駅ポイント警報(道の駅 info)・・・・・・・・ 56

急カーブポイント警報(急カーブポイント info)・・ 57

トンネルポイント警報(トンネルポイント info)・・ 58

県境ポイント警報(県境ポイント info)・・・・・・ 58

分岐合流ポイント警報(分岐合流ポイント info)・・ 59

駐車監視エリア警報(駐車監視エリア info)・・・・ 60

セーフモード設定(セーフティモード info)・・・・ 61

オービス(GPS)方向指示(機能)について・ ・・ 62

レーダー・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 63

無線・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 64

受信範囲の切り替えについて・ ・・・・・・・・・ 64

カーロケ受信警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 66

350.1MHz 警報(取締り用連絡無線)・ ・・・・・ 68

デジタル無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 69

署活系無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 70

ワイド無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 70

取締特小無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 71

警察活動無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 71

パトロールエリア警報(パトロールエリア info)・・ 71

警察/消防ヘリテレ無線警報・ ・・・・・・・・・ 72

新救急無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 73

消防無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 73

レッカー無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 73

高速管理車両無線警報・ ・・・・・・・・・・・・ 74

警備無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 74

タクシー無線警報・ ・・・・・・・・・・・・・・ 75

ミュートマーク(機能)について・ ・・・・・・・ 75

パス機能・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 76

取締りの種類と方法・・・・・・・・・・・・・・・・ 77

レーダー式の取締り・ ・・・・・・・・・・・・・・ 77

レーダー式以外の取締り・ ・・・・・・・・・・・・ 78

その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 80

故障かな ? と思ったら・ ・・・・・・・・・・・・・ 80

仕様・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81

製品仕様・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 81

さくいん・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 82

保証規定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 83

保証書・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 裏表紙

ご使用上の注意

ご使用の前に、この「ご使用上の注意」をよくお読みのうえ、正しくお使いく

ださい。また、注意事項には危害や損害の大きさを明確にする為に誤った取扱

いをすると生じる、または想定される内容を「警告」・「注意」の 2 つに分けて

います。

警告

警告を無視した取扱いをすると、使用者が死亡や重傷を負う原因と

なります。

注意

注意を無視した取扱いをすると、使用者が障害や物的損害を被る

可能性があります。

警告

●・本製品を分解・改造しないでください。火災、感電、故障の原因となります。

●・運転者は走行中に本製品を絶対に操作しないでください。同乗者の方が操作を行っ

てください。

●・本製品は電子部品を使用した精密機器のため、衝撃を与えないでください。故障の

原因となります。

●・本製品は、運転や視界の妨げにならない場所に取付けてください。また、自動車の

機能(エアバック等)の妨げにならない場所に取付けてください。事故や怪我の原

因となります。

●・本製品が万一破損・故障した場合は、すぐに使用を中止して販売店へ点検・修理を

依頼してください。そのまま使用すると火災・感電・車の故障の原因となります。

●・本製品を水につけたり、水をかけたりしないでください。火災・感電・故障の原因

となります。

●・本製品を医療機器の近くで使用しないでください。電波により医療機器に影響を与

える恐れがあります。

注意

●・本製品にはお買い上げの日から 1 年間の製品保証がついています。(但し、内蔵電池、

テープ等の消耗品は保証の対象となりません。)

●・本製品の近くに他の GPS 機能を持つ製品を設置しないでください。誤作動を起こす

可能性があります。

●・GPS 衛星の電波を受信できない下記のような場所では、本製品の GPS 機能が働か

ない為、GPS による警報、表示、メモリー機能が正常に働きません。(トンネル・

地下道・建物の中・ビル等に囲まれた場所・鉄道や道路の高架下・木々の多い森の中等)

●・車載テレビ等で UHF56 チャンネルを受信(設定)していると、GPS 衛星を受信

できないことがあります。そのような場合、車載テレビ等のチューナー部から離し、

GPS 受信に影響のない衛星の受信箇所へ本製品を取付けてください。

2 3

ご使用上の注意

ご使用上の注意

2

ご使用上の注意

注意

●・本製品の受信機能は、製品仕様覧に記載されている周波数帯のみ有効です。

●・本製品の GPS 警報は、予め登録されたオービス・W オービス・N システム・チェックポ

イント・信号無視監視ポイント・ポリスエリア・事故ポイント・SA/PA/HO(サービス

エリア/パーキングエリア/ハイウェイオアシス)、道の駅ポイント、トンネルポイント、

急カーブポイント、駐車監視エリア、分岐合流ポイント、県境ポイント等とお客様が任意

で登録した位置のみ有効です。また、シガープラグコードを接続しないと警報しない機能

があります。

●・一部ナビゲーションシステム、車載用 BS チューナー、CS チューナー、地上波デジ

タルチューナーや衛星放送受信機等の車載電子機器で漏れ電波が取締り機と同じ周

波数の場合、本製品のレーダー受信機能が受信することがあります。

●・取締り機と同一周波数のマイクロ波を使用した機器(下記)周辺で本製品のレーダー

受信機能が受信することがありますが、誤動作ではありません。予めご了承ください。

(自動ドア・防犯センサー・車両通過計測器・気象用レーダーの一部・航空用レーダー

の一部)

●・一部断熱ガラス(金属コーティング・金属粉入り等)、一部熱吸収ガラス、一部のミラー

式フィルム装着車の場合、GPS 衛星とレーダー波の電波が受信できない場合があります。

●・内蔵バッテリーは約 3 年が交換時期の目安となりますが、使用状況によっては寿命

が短くなります。

●・部品の交換修理、パーツ購入に関しましては、販売店にお申し付けください。

●・本製品を厳寒地や曇りの日が続く時にご使用になる場合、内蔵バッテリーの性能が

十分に発揮できない場合があります。付属のシガープラグコードを接続してご使用

ください。

●・環境保護と資源の有効利用をはかる為、寿命となった本製品、内蔵バッテリーの回

収を弊社にて行っています。

●・本製品の故障による代替品の貸出は弊社では一切行っておりません。

●・本製品の仕様及び、外観は改良の為、予告なく変更することがあります。ご了承く

ださい。

●・本製品は DC12V 車専用です。(DC24V 車へのお取付けはできません。)

●・キーを OFF にした時、シガープラグの電源が 0V にならない車両(外車など)の車

両バッテリーを保護する為、エンジンを始動していない時は必ずシガープラグコー

ドを抜いて使用するか、弊社オプションの SS-063 電源配線ユニットでイグニッ

ション電源に直接接続してください。

●・電池カバーを開ける時は、ネジにあったプラスドライバーが必要になります。

●・電源を分岐して使用している場合、電流が足りず充電不足になることがあります。

※ 本製品を取付けての違法行為(スピード違反等)に関しては、製品動作有無にかかわ

らず一切の責任を負いかねます。

3

各部の名称

製品本体

■レーダー本体

表面

ソーラーパネル(P12)

側面

LSC-Vスイッチ(P22)

GPSアンテナ(P12)

リモコン受光部(P16)

電源ランプ(緑)(P20)

振動ランプ(緑)(P22)

電源スイッチ(P19) 電源ジャック(P8)

■リモコン

送信部(P16)

レフトスイッチ

テスト/ミュート/

バッテリーチェック

スイッチ(P21)

ユーザーポイント

スイッチ(P39)

※・電池の入れ方は P17 参照

SET

アップスイッチ

SETスイッチ

ライトスイッチ

ダウンスイッチ

ロードセレクト(P38)

おまかせスイッチ(P28)

レーダーキャンセル

スイッチ(P41)、

マップコード表示

スイッチ(P43、44)

4 5

各部の名称

各部の名称

4

各部の名称

ディスプレイ表示

待機表示

<表示例>

コンパス表示

(他にも時計、速度、GPS情報、

車両電圧を表示できます。

ただし、右表示と同じ表示は

できません。)(P25,26)

シガープラグコード接続の場合

緯度・経度表示

(他にも標高、カレンダー、

連続運転時間も表示

(P24)

時計表示

(他にも速度、車両電圧、

GPS情報、コンパスを表示

できます。ただし、左表示と

同じ表示はできません。)

(P25,26)

ベストワンロゴ表示

ソーラーバッテリーのみで使用の場合

(リモコン操作時に表示します)

カレンダー表示

(他にも連続運転時間を

表示できます。)(P24)

時計表示

■警報表示

<表示例>

オービス(GPS)

警報の場合

オービス以外(GPS)の

警報の場合

レーダー、ステルス、

無線警報の場合

到達距離

受信種類

受信レベル

5

各部の名称

梱包内容

ステー(1 個) シガープラグコード(1 個)

両面テープ 大(1 枚)

(ステー固定用)

粘着シート(1 枚)

(ステー固定用)

リモコンホルダー(1 個)

両面テープ 小(1 枚)

(リモコンホルダー固定用)

6 7

ご使用にあたって

各部の名称

6

ご使用にあたって

ご使用前に必ず十分な充電を行ってください。

◦・本製品は、商品出荷時には検査用予備充電のみされており、長時間、充電し

ないとバッテリーが自然放電します。初めてご使用になる時は、必ず付属の

シガープラグコードを使用し、エンジンをかけて 4 時間以上充電してくだ

さい。(充電は断続的に行うことも可能ですが、その場合は目安として 8 時

間以上充電してください)

◦・通常の使用状況において、ソーラーパネルの発電量と回路消費電力のバラン

スがとれるように設計されています。ただし下記のような場合、発電量が不

足しローバッテリーサイン(内蔵バッテリー充電不足)が表示されることが

あります。もし、このような症状が現れた場合には、付属のシガープラグコー

ドを使用して定期的に充電を行ってください。

1.・屋内駐車場・ガレージ等、太陽光の直接当たらない場所での長時間駐車。

2.・冬季・梅雨時等、曇りの日が続き日照時間が少なくなる。

3.・高速道路・交通量の多い道路・鉄道の線路近く等、絶えず振動を受けて

動作状態になる。

4.・夜間走行の頻度が多い。

5.・全ての機能を ON にした状態で長時間使用する。

◦・本製品に搭載している GPS 受信機能は、従来のレーダー探知機に比べ、よ

り多くの電力を必要とし、ご使用条件によっては電池の消費が早い場合があ

ります。また、ソーラーバッテリー動作時は、全ての受信機能を間欠動作し

ますが、付属のシガープラグコードを接続してご使用する場合は、連続動作

となり、より安定した状態でのご使用が可能です。

◦・車両のシガープラグコード接続で充電が困難な場合(長時間エンジン始動が

できない場合など)、弊社オプションの SS-065・AC100V 専用充電器で家

庭用(100V)コンセントから充電することができます。

7

ご使用にあたって

充電の方法

1

製品本体の電源ジャッ

クに付属のシガープラ

グコードを差込みます。

電源ジャック

2

車両シガーソケットに

付属のシガープラグコ

ードを差込みます。

3

車両のエンジンを始動

した状態で充電を行っ

てください。

シガープラグ

コード

ON

※ レーダー右側面

※・バッテリー電圧が極端に低下した場合は、シガープラグコードを接続して、電源スイッ

チを一旦 OFF にし、再度 ON にしてください。

ローバッテリーサイン

● ローバッテリーサインとは…

内蔵バッテリーの充電量が低下した場合、アナウンスでお知らせします。

内蔵バッテリー状態 機能 アナウンス

充電 40% 以下 GPS 受信機能を停止

ブッブー バッテリーチェック

GPS 機能を停止します。

充電 20% 以下 全受信機能を停止

ブッブー バッテリーチェック

充電を行ってください。

※・バッテリー充電が 40%以下になると、GPS 機能(オービス警報など)が停止します。

・ バッテリー充電が 20%以下の場合は、使用状況によっては突然、全機能を停止する

場合もあります。

8 9

ご使用にあたって

ご使用にあたって

8

ご使用にあたって

ソーラーバッテリー動作とシガープラグコード接続動作

本製品は、ソーラーバッテリー動作時に、より長時間動作するように設計され

ています。また、シガープラグコード接続時は、安定動作を行うことによって、

GPS 機能をフル活用できるよう設計されています。ソーラーバッテリー動作、

シガープラグコード接続動作で、下記表の機能が変わります。

電源の使用状態

12V 連動モード

(シガープラグコード接続使用)

ソーラーモード

(ソーラーのみで使用)

電源スイッチの位置(P19)

GPS 受信(P10)

ASC 機能(P34)

LSC 機能(P36)

マップコード表示機能

ローバッテリーサイン(P8)

緯度経度(P24)、標高(P24)、・

カレンダー (P24)、連続運転時間(P24)、・

時計(P25)、コンパス(P25)、・

速度(P26)、車両電圧(P26)、・

GPS 情報(P26)、ベストワンロゴ(P26)

オービス/ユーザー登録

ポイント警報(P51)

W オービス (P52)、N システム(P53)、

チェックポイント(P54)、信号無視監視

ポイント (P54)、SA/PA/HO(P56)、

駐車監視エリア(P60)

ポリスエリア(P55)、事故ポイント

(P55)、急カーブポイント(P57)、・

トンネルポイント(P58)、県境ポイント

(P58)、分岐合流ポイント(P59)、道

の駅ポイント(P56)

カーロケ(P66、67)、・

350.1MHz(P68)、デジタル(P69)

署活系(P70)、ワイド(P70)、

警察/消防ヘリテレ(P72)、

高速管理車両(P74)、新救急(P73)、

取締特小(P71)、消防(P73)、

レッカー(P73)、警察活動(P71)、警

備(P74)、タクシー(P75)

ユーザー登録(P39)、

レーダーキャンセル(P41)

ディスプレイバックライト

連続受信

ASC-i

(GPS データ利用)

LSC-i

(GPS データ利用)

表示あり

表示なし

表示あり

2Km 手前より警報

※高速のみ

警報する

警報する

警報する

警報する

有効

常に点灯

間欠受信

ASC-V

(振動センサー利用)

LSC-V

(振動センサー利用)

表示なし

表示あり

表示あり

(カレンダー、時計、連続運

転時間、ベストワンロゴ)

※待機時は消灯しています。

1Km 手前より警報

警報する

警報しない

警報する

警報しない

有効

待機時は消灯

警報時は点灯

9

ご使用にあたって

GPS 機能について

● GPS とは

・ 「Global・Positioning・System」アメリカ国防総省の衛星を利用し、地上

での現在位置を計測するシステムです。

● GPS レシーバーの警報システム

・ 衛星からの電波を受信して現在位置・移動方向・移動速度を算出し、あらか

じめ登録してある各データ(座標データ等)とを比較演算し、接近すると警

報を行います

● 間欠動作システム

・ 本製品をソーラーバッテリーでご使用の場合は、長時間使用できるよう省電

力設計をし、GPS 受信を間欠動作させることで、より一層消費電力の軽減

を行っています。その為、GPS 機能(警報、登録等)において、若干の時

間差が発生する場合があります。また、シガープラグコードを接続し有線使

用して頂ければ、GPS 受信を連続動作で行う為、より安定した状態でのご

使用が可能です。

● 衛星受信開始時間/受信復帰時間

・ GPS レシーバーの電源 ON から衛星受信を行う迄の時間と走行中、トンネ

ル・高架下・屋内等で一時的に GPS 衛星が受信できない場所から受信でき

る場所へ移動した時、再受信するまでの時間。

・ (高架下等にオービスがある場合は衛星受信ができず、警報が行えない場合がありま

す。注意してください。)

受信開始時間

衛星受信できない

状態

10 秒以下

10 秒〜 60 秒

60 秒以上

衛星受信迄の

復帰時間

2 秒程度

5 秒程度

10 秒以上

受信復帰時間

前回、電源 OFF

してからの時間

〜 5 時間

〜数日間

ご購入後又は、1 ヶ月程度以上

衛星受信迄の時間

〜 10 秒程度

〜 1 分程度

〜 5 分程度

・ ※参考数値です。実際の使用される場所によっては時間が変わります。

● 衛星データ

・ 本製品は、一旦 GPS 衛星を正常に受信した後、衛星の移動軌跡を計算し記

憶します。これは走行時にトンネル等で衛星受信ができなくなった場合、再

受信するまでの処理を速める為です。また、まれに GPS 受信が長時間に渡っ

てできない場合があります。

10 11

ご使用にあたって

ご使用にあたって

10

ご使用にあたって

● GPS 測定誤差について

・ 本製品の測位計測機能は衛星の受信状態等により、約 50m 程度の測定誤差

が出る場合があります。

● GPS 衛星受信と車載電子機器

・ 車載テレビ等で UHF56 チャンネルを受信(設定)している時やナビゲーショ

ン本体や、地デジチューナー及び衛星放送受信機等の車載電子機器からの漏

れ電波により、GPS 衛星を受信できないことがあります。そのような場合、

車載電子機器から離し GPS 衛星の受信に影響のない箇所へ本製品を取付け

てください。

データ更新について

本製品の登録データは最新バージョンへの書き換えが可能です。(有料)

最新バージョンデータのリリースについては、販売店店頭・コムテックホーム

ページにてお知らせ致します。

ホームページアドレスは http://www.e-comtec.co.jp/ です。

※・今現在でも新たにオービス・N システムが増設されており、また調査箇所以外に

もオービス・N システムが設置されている可能性があります。お車を運転すると

きは安全の為、必ず法定速度内で走行してください。

液晶ディスプレイについて

液晶ディスプレイは周囲の温度が約 75℃以上になると、ディスプレイの全体

が黒くなったり、約- 10℃以下になると表示する文字、イラストが遅れて表

示したり、表示した物が消えるのに時間がかかったりします。これは液晶ディ

スプレイの特性であって故障ではありません。周囲の温度が液晶ディスプレイ

の安定動作する温度になると元の状態に戻ります。

※・上記の状態で液晶ディスプレイに表示されていない場合でも、その他の機能は正常に

作動します。

11

取付け方法

取付けの前に

◦・フロントガラスが UV カットガラス等の場合、ソーラーパネルへの光量不足の

為、正常な充電ができない場合があります。付属のシガープラグコードをご使

用ください。

◦・運転や視界の妨げにならず、車両の機能(エアバック等)に影響のない場所に

取付けてください。

◦・GPS アンテナ上方向、前方向に遮蔽物があると GPS 衛星からの電波が受信

できなくなります。取付け位置には十分注意してください。

◦・道路に対して平行、レーダー受信部を進行方向に向けて取付けてください。

車両ルーフによって電波が受信できない

障害物がないので電波の受信ができる

車両ルーフ

GPSアンテナ

フロントガラス

車両ルーフ

GPSアンテナ

フロントガラス

ダッシュボード ダッシュボード

◦・レーダー本体の取付ける場所、角度によって液晶の特性上、液晶ディスプレ

イが見えにくくなる場合があります。液晶ディスプレイが視界の正面になる

と一番見やすくなるように設計されていますので、液晶ディスプレイが視界

の正面になるようにレーダーを取付けてください。

●見にくい取付け

液晶ディスプレイの角度が視界の

正面よりずれている取付け

●見やすい取付け

液晶ディスプレイの角度が視界の

正面の取付け

12 13

取付け方法

取付け方法

12

ダッシュボードへの取付け

1

ステーに両面テープ(大)または粘着シートを取付けます。

◇両面テープの場合 ◇粘着シートの場合

取付け方法

粘着シート

両面テープ(大)

粘着シート使用上の注意

・・ 粘着シートは汚れたり、ほこりがついたりして粘着力が弱まった場合、中性

洗剤を使い洗うと粘着力が戻り、再度使用することができます。

・・ 粘着シートは以下のような場所に取付けると貼付きにくく、不安定になるこ

とがあります。そのような場合は両面テープを使用して取付けてください。

①取付け面が平坦な場所ではない。

 ・②取付け面が傾斜になっている。

 ・③ダッシュボード表面の凸凹が荒い。

・・ ダッシュボードが変色したり、跡が残ったりすることがあります。あらかじ

めご了承ください。

①取付け面が平坦な場所ではない。 ②取付け面が傾斜になっている。 ③ダッシュボード表面の凸凹が荒い。

2

レーダー受信機本体裏面のステー取付け穴にステーのフックを差込み、「カチッ」と

音がするまでスライドさせてください。

13

取付け方法

3

濡れたタオルなどでダッシュボード上を拭き、きれいにしてからダッシュボード上

に固定します。レーダー受信機が地面と平行になるようⒶ、Ⓑのように角度を調整

します。

警告

エアバックの飛び出し場所等、運転や視界の妨げにならない場所に取付けてください。

誤った場所への取付けは、事故の原因となります。

A

B

4

レーダー受信部が、車両の進行方向に向くように調整してください。

進行方向

上から見た図

14 15

取付け方法

取付け方法

14

ステーの外し方

1

ステー裏側のツメを押し下げます。

取付け方法

2

ステーを押さえながら本体をスライドさせ、ステーから本体を取り外します。

注意

長い間使用するとステーのジョイントがゆるみ、本体が傾くことがあります。

その場合には、本体からステーを外し、調整ネジをプラスドライバーで左右均等に少

しづつ締めてください。調整ネジを締めた後は、本体を元の位置に戻してください。

調整ネジ

15

取付け方法

リモコンについて

注意

本製品はリモコン無しでレーダー本体を操作(設定等)することはできません。

● リモコン使用範囲について

・ リモコン操作ができるのは、リモコン受光部から水平左右 30 度、直線距離

約 3m 以内です。リモコンとレーダー本体の間に障害物があると、操作で

きない場合があります。

リモコン受光部

30° 30°

3m以内

送信部

ハンドル

ハンドル等の障害物がレーダーと

リモコンの間にあると、リモコン操

作ができない場合があります。

● リモコンの電池交換

・ リモコンの電池寿命はご使用状態によって変わりますが、1 日 10 回のス

イッチ操作で約 2 年です。リモコンが作動しない、又は操作が鈍くなった

などの場合は、リモコンの電池交換をしてください。

16 17

取付け方法

取付け方法

16

取付け方法

■電池の交換方法

1

電池カバーのネジを外します。

2

電池カバーを矢印の方向へスライドさ

せて外します。

3

古 い 電 池 を 取 り 出 し、 新 し い 電 池

(CR2025 × 1 個)を+(プラス)面

を上にして入れます。

4

電池カバーを矢印の方向へスライドさ

せて取付けます。

5

電池カバーのネジを締めます。

注意

電池の上下を間違えて入れると、故障する恐れがありますのでご注意ください。

17

取付け方法

●リモコンの固定

・ リモコンを使いやすいように、リモコンホルダーをダッシュボードやフロア

コンソールに固定してください。

※・リモコンは図のようにリモコンホルダーの上からスライドさせて、リモコンを収

納させます。

<リモコンホルダーの取付け>

リモコンの収納方向

両面テープ(小)

設置面

リモコンホルダー

<取付け例>

注意

・ リモコンを紛失した場合は、販売店でリモコンをご購入ください。

リモコン型式名「RRE-X709」

・ 指定以外(CR2025 を 1 枚)の電池を使用しないでください。

・ 落としたり、衝撃を与えないでください。

・ リモコンは防水ではありませんので水をかけたり、ぬれたものの上に置かないでく

ださい。

・ 分解しないでください。

・ 高温になる場所、直接日の当たる場所等に置かないでください。

18 19

機能及び操作方法

取付け方法

18

機能及び操作方法

電源を ON にする

本製品はシガープラグ電源のみを使用する【12V 連動モード】と、ソーラー電

源を使用する【ソーラーモード】を電源スイッチで設定します。

1

本製品の電源スイッチを・[12V]又は[SOLAR](下図)のいずれかに合わせます。

スイッチ位置

OFF

モード

使用状態

機能 OFF

シガープラグコードを接続してエンジン始動状態で本体を充電で

きます。

[12V]

[SOLAR]

12V 連動

モード

ソーラー・

モード

シガープラグ電源のみを使用する場合

シガープラグ電源と連動する為、エンジン始動時に本体が ON し、

エンジン停止時に本体の電源が OFF します。

ソーラーのみ(シガー配線しない)で使用する場合

ソーラー充電による充電池を使用して作動します。車の振動を検

出して、振動がある場合は本体を ON し、振動がなくなると少し

時間がたってから本体を OFF します。待機表示は 10 秒間表示し、

表示は消えます。警報作動時には表示します。

※・・充電する場合はシガープラグコードの接続が必要になります。・

また、接続した状態でも本体を使用することができます。

※・・エンジンを停止してもシガープラグに電圧が 12V ある車(一部外車など)は、必ずシガー

プラグコードを配線する場合にオプションの SS-063「電源配線ユニット」を使用してくだ

さい。

19

機能及び操作方法

2

電源ランプがついて、液晶ディスプレイが表示されます。

電源ランプ

●電源ランプの光り方・

※音が鳴った後にランプが変化します。

12V 連動モードの場合

本機の電源ランプが点灯します。

ソーラーモードの場合

本機の電源ランプが点滅します。

○・電源スイッチで本体を ON した時、約数秒〜数分で GPS 衛星を受信し、下記の

音声アナウンスと液晶ディスプレイにイラスト表示を行います。

「ピコーン ピコーン 衛星を受信しました。」

 

 

GPS 衛星受信した時の液晶表示

GPS 衛星を受信できないと…

○・電源が ON になり電源ランプが点灯、又は点滅してから約 3 分間、衛星を正確に

受信ができていない場合は、下記の音声アナウンスを行います。

「ピコーン ピコーン 衛星を受信できません。」

 

 

GPS 衛星受信できない時の液晶表示

※・アナウンス後、衛星を受信すると「ピコーン・ピコーン・衛星を受信しました。」とアナウンス

して衛星受信状態になります。

◇衛星を受信できない場合、下記の原因が考えられます。

①フロントガラスが断熱ガラス(金属コーティング・金属粉入り等)・熱吸収ガラス

②ミラー式フィルム装着車の場合

※ GPS 機能についての詳しい内容は P10「GPS 機能について」をご覧ください。

20 21

機能及び操作方法

機能及び操作方法

20

機能及び操作方法

テスト機能、音量調整、バッテリーチェック機能

● テスト機能、音量調整、バッテリーチェック機能とは…

本製品がどのような音量で警報するのかを確認できるテスト機能と、バッテ

リー状態を確認するバッテリーチェック機能です。

SET

アップ

スイッチ

■ テスト機能を使用する

電源スイッチを ON にして電源ランプの点灯、又

は点滅を確認してからリモコン・ 【テスト】スイッ

チを押すと、本体からテスト音が鳴ります。

テスト/

ミュート/

バッテリー

チェック

スイッチ

ダウン

スイッチ

効果音 カーロケ無線を

受信しました。

■音量を調整する

待機画面時にリモコンのアップスイッチ、ダウンスイッチで 13 段階の音量調整がで

きます。液晶ディスプレイを確認しながら適度な音量に調整してください。

ピッピッ

ピッ、ピッ・・・

13段階で調整できます

ダウンスイッチで音量が小さくなります

※音量を最小にすると消音になります。

ピッピッ

アップスイッチで音量が大きくなります

※・工場出荷時、音量は最大に設定されています。

■バッテリー状態をチェックする

 ※シガーコード非接続時のみ

電源スイッチを ON にして電源ランプの点滅を確認してから

・ 【

バッテリー

チェック】スイッチを長押します。

内蔵バッテリー状態

充電良好です。

アナウンス

「バッテリーは十分です」

内容

「バッテリーは 60% です」

全ての受信機能は作動します。

充電をお薦めします。 「バッテリーは 40% です」 バッテリー残量によって

充電必要です。 「バッテリーは 20% です」

GPS 機能のみを停止、また

は全受信機能を停止します。

※・電源ランプが点灯(シガー接続時)した状態でバッテリーチェックを行うと、レーダー

本体から「ブー」と音が鳴り操作ができません。

※・バッテリー電圧が極端に低下した場合は、シガープラグコードを接続して、電源スイッ

チを一旦 OFF にして再度 ON にしてください。

21

機能及び操作方法

振動センサーの設定(LSC-V)

※・ソーラーモードのみ作動する機能です。

振動センサーの設定をすることにより、駐・停車時の振動差を検出して、警報

音をカットする LSC-V 機能(P36)と、適切なレーダー受信感度に自動的に

設定する ASC-V(P34)を設定することができます。

■設定方法

※・電源スイッチ(P19)を ON にして電源ランプが点滅している状態で設定してくだ

さい。

アイドリング状態(駐・停車時)で振動ランプが3回点滅(早い)し、走行状態で、

1回点滅するように設定してください。

◇車両タイプによる設定の参考

車両のタイプによって LSC-V スイッチの設定を変更してください。

LSC-Vスイッチ

振動ランプ

LSC スイッチ

1

2

3

振動検出感度

車両タイプ(参考)

ディーゼル(振動の大きい車両)

ガソリン/ディーゼル

ガソリン(振動の小さい車両)

注意

車両振動が極端に大きい車や、駐・停車時、走行時の振動差が極端に小さい車は、

LSC 機能が正常に作動しないことがあります。また、本製品の取付け位置によって、

振動の検出度合いが変わることもあります。

22 23

機能及び操作方法

機能及び操作方法

22

機能及び操作方法

オートパワー OFF 機能

※・ソーラーモードのみ作動する機能です。

LSC 機能の設定(P22)により停止時などの車両の振動が無い状態が続くと、

自動的に本製品の電源が切れます。

オートパワー OFF 状態の時、エンジン始動や走行振動を検出した場合、自動

的に本製品の電源が入ります。

◇レーダーが振動を検出(エンジン始動時、走行時)

レーダーが振動を検出し自動的に電源がON

になり、電源ランプと振動ランプが点滅します。

◇レーダーが振動を検出していない時(停車時)

振動がなくなると自動的に電源がOFFになり、

振動ランプ、電源ランプが同時に消灯します。

※・振動や騒音の激しい場所に駐停車する場合に、本製品が振動を検知して電源が切れな

い場合があります。その場合は、電源スイッチで電源を切ってください。

※・車種によっては走行中でも低速走行や停車中に振動が検出できない状態が続き、振動

検出が行えない場合はオートパワー OFF 機能が働きます。

※・ソーラーモードでシガープラグコードから電源供給(エンジン始動)時は LSC-i 機

能(P36)が作動しますが、キー OFF にすると電源供給が無くなり(エンジン停止)

自動的に LSC-V 機能に切替わります。その際、振動の無い状態が続くと自動的に本

製品の電源が切れます。

23

機能及び操作方法

画面設定について

液晶ディスプレイの待機画面の表示詳細を設定することができます。

◇ A エリア

緯度・経度/標高/カレンダー/運転時間を表示します。

A

B C

SET

Aエリアを選択

アップスイッチ

長押し

● 緯度・経度表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ GPS データを利用して、緯度経度を表示することができます。

※・GPS の受信が不安定な場所(高架下、ビルの間、木の陰)では、正確に表示でき

ない場合があります。

● 標高表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ GPS データを利用して、標高を表示することができます。(約 1m 単位)

※・標高表示は、衛星の位置等に大きく影響され、停車中でも衛星の移動等で表示が

変わる場合があります。

※・GPS の受信が不安定な場所(高架下、ビルの間、木の陰)では、正確に表示する

ことができない場合があります。

● カレンダー表示について

・ GPS データを利用して、現在の日付を表示することができます。(月/日/曜日)

※・GPS データを利用する為、日付の設定はありません。

● 連続運転時間表示について

・ エンジン始動してからの継続時間を表示することができます。(1 分単位)

※・レーダー本体に電源が入った時点で算出します。電源が OFF になると、表示がリ

セットされます。

※・連続運転時間が 90 分、120 分経過すると休憩を促すイラストが表示されます。

90分経過

120分経過

24 25

機能及び操作方法

機能及び操作方法

24

機能及び操作方法

◇ B、C エリア

コンパス/時計/速度/車両電圧/ GPS 情報/ベストワンロゴのうち2つを

表示します。

B

A

C

SET

Bエリアを選択

レフトスイッチ

長押し

SET

Cエリアを選択

ライトスイッチ

長押し

● コンパス表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ GPS データを利用して走行中に車両の進行を表示することができます。

方位)

進行方向

南 西

現在の自車位置に対して、どちらが北側か表示します。

自車の進行方向の表示はしていません。

東 北

・ GPS が受信できないと、コンパスは表示しません。

※・時速 10km 以下の時は、正確な表示がされない場合があります。

※・GPS の受信が不安定な場所(高架下、ビルの間、木の陰)では、正確に表示でき

ない場合があります。

● 時計表示について

〇は5秒計…5秒毎に順次点灯、消灯を行います。

24時間表示します。

・ GPS データを利用して、現在の時刻を表示することができます。

※・衛星の GPS データを利用する為、時刻の設定はありません。

※・GPS データによっては、現在の時刻と本機の時間に誤差が生じることがあります

が、これは故障ではありません。

25

機能及び操作方法

● 速度表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ GPS データを利用して速度を表示することができます。

※・GPS データによって速度を算出しています。車両のスピードメーターと、表示速

度が異なる場合があります。

※・GPS が受信できないと、速度表示が変化しません。

※・時速 10km 以下の時は、正確な速度が表示されない場合があります。

※・GPS の受信が不安定な場所(高架下、ビルの間等)では、正確な速度が表示され

ない場合があります。

● 車両電圧表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ 車両のバッテリー電圧の状態を表示します。

※・表示電圧と実際の車両バッテリー電圧と若干の誤差があるため、表示電圧はあく

までも参考程度とお考えください。

● GPS 情報表示について 

※シガープラグ接続時のみ表示します

・ 現在の GPS 受信数を表示します。

●ベストワンロゴ表示 

※ソーラーモード時のみ表示します

           

※待機時は消灯しています。

■設定方法

※・電源スイッチ(P19)を ON にして、電源ランプが点灯している待機画面状態で、

設定を行なってください。

電源が ON になっていることを確かめてから、アップ/レフト/ライトスイッ

チのいずれかを長押しして、お好みの画面を表示することができます。

(初期画面は、A エリア・緯度・経度、B エリア・コンパス、C エリア・速度)

レフトスイッチ

長押し

(B エリアを選択)

アップスイッチ

長押し

(A エリアを選択)

アップスイッチ長押し(A エリアを選択)※₁

緯度・経度 → 標高 → カレンダー → 運転時間

(初期画面)

SET ライトスイッチ

長押し

(C エリアを選択)

レフトスイッチ長押し(B エリアを選択)※₁,₂

コンパス → 速度 → 時計 → 車両電圧 → GPS情報

(初期画面)

ライトスイッチ長押し(C エリアを選択)※₁,₂

コンパス → 速度 → 時計 → 車両電圧 → GPS情報

(初期画面)

シガープラグを接続しないと表示しない機能があります。

※2. Cエリアを同一画面に設定することはできません。

  ソーラーモードの場合は設定できません(本体から”

26 27

機能及び操作方法

機能及び操作方法

26

機能及び操作方法

バックライト明るさ切替え機能

● バックライト明るさ切替え機能とは…

・ リモコンのレフトスイッチ、又はライトスイッチ操作で、液晶ディスプレイ

のバックライトの明るさを3段階に調整できる機能です。また、ディマー表

示の明るさも3段階の切替えができます。

◇バックライトを暗くさせる場合

・ 待機状態時にリモコンのレフトスイッチを短押しします。

◇バックライトを明るくさせる場合

・ 待機状態時にリモコンのライトスイッチを短押しします。

レフトスイッチ

(暗い)

SET

ライトスイッチ

(明るい)

通常時

オートディマー

作動時

暗 中

3 段階

3 段階

※・ソーラーモード時に明るさを調整すると、約 15 秒間ディスプレイのバックライトが

点灯します。

※・オートディマー作動時と通常(オートディマー非作動時)とでは、バックライトの・

明るさが違います。

バックライト点灯機能

●バックライト点灯機能とは…

ソーラーモード時にディスプレイ表示を確認できます。

■バックライト点灯機能を使用する

ソーラーモード時に、電源 ON 状態でリモコンの SET スイッチを短押しします。

約 15 秒間ディスプレイのバックライトが点灯します。

SETスイッチ

SET

27

機能及び操作方法

おまかせカンタン設定

■各モードの説明

リモコン操作で下記の設定を簡単に変更できる機能です。3 種類の中から選ん

で設定できます。

おまかせモード・ …… 一般的によく使用する機能のみ ON にします。

オールオンモード・ … 全ての設定を ON、HI に設定します。

マニュアルモード・ … P31 〜 33 で選んだ設定になります。

※・工場出荷時、データリセット(P48)時はマニュアルモードで、各設定の内容は・

オールオンモードになります。

※・おまかせモード、オールオンモードの時は P31 〜 33 の各設定はできません。

■設定方法

※・電源スイッチ(P19)を ON にして電源ランプが点灯、又は点滅している待機画面

状態で設定を行ってください。

【おまかせ】スイッチを長押しする毎に、おまかせモード→オールオンモード

→マニュアルモード(以降繰り返し)の順番に設定されます。

SET

おまかせモードです。

※必要最低限の機能を使いたい方におすすめ。

オールオンモードです。

※全ての機能を使いたい方におすすめ。

28

マニュアルモードです。

※お好みの機能を使いたい方におすすめ。

29

機能及び操作方法

機能及び操作方法

28

機能及び操作方法

◇モード設定で下記表の設定になります

カーロケ

機  能

350.1MHz

デジタル

取締特小

署活系

ワイド

警察 / 消防ヘリテレ

レッカー

新救急

消防

高速管理車両

警察活動

警備

タクシー

パトロールエリア設定

おまかせモード

HI

OFF

オールオンモード

HI

マニュアルモード

W オービス

チェックポイント

駐車監視エリア

信号無視監視ポイント

ポリスエリア

事故ポイント

SA/PA/HO

N システム

道の駅ポイント

急カーブポイント

トンネルポイント

県境ポイント

分岐合流ポイント

セーフモード

ASC 機能

LSC 機能

アラーム音

ロードセレクト

ON・

距離:OFF

速度:OFF

ON

OFF

ON

距離:500m

速度:60km/h

ON

AUTO(オート) AUTO(オート)

ON ON

ブザー

オールモード

ブザー

オールモード

P31 〜 33 の設定にな

ります。オールリセッ

ト、工場出荷状態時の

内容はオールオンモー

ドの内容になります。

※・ おまかせモード、オールオンモードの設定中は P31 〜 33 の設定モード操作しても、操作

できずにレーダー本体から『ブー』と音が鳴ります。

※・ シガープラグコード接続していない場合、オールオンモードを設定しても作動しない機能

(P9)があります。

※・ 全てのモードでロードセレクトの変更はできます。ただし、マニュアルモード以外はおま

かせモードを設定する毎にオールモードになります。

※・ 工場出荷時は全ての機能が ON 又は HI の設定になります。

※・ セーフモードを ALL-ON に設定中はセーフティウィーク期間の間はオールオンモードにな

ります。(P61 参照)

29

機能及び操作方法

マニュアルモードでの各機能の ON/OFF 設定

各機能の ON/OFF 設定ができます。各機能の設定は設定音とディスプレイ表

示でお知らせします。

※・電源スイッチ(P19)を ON にして、電源ランプが点灯、又は点滅している待機画

面状態で設定を行ってください。

※・マニュアルモード時のみ設定変更できます。おまかせモード、オールオンモード

(P28)時は本体から“ブー”と音が鳴ります。

(例)待機画面の色をホワイトからグリーンに変える。(P46 参照)

1

リモコンの SET スイッチを長押し

すると、設定画面に入ります。

2

メインメニューで機能設定を選択

し、SET スイッチを押します。

SETスイッチ

長押し

設定画面に入ります。

機能設定を選択し、

SET スイッチを押します。

SET スイッチ

SET

3

リモコンのダウンスイッチを 4 回

押し、カラーを反転表示させます。

4

リモコンのライトスイッチを 2 回押

し、設定項目をグリーンに変えます。

「カラー」を反転表示

させます。

ライトスイッチを

2 回押します。

「グリーン」を表示

させます。

SET

SET

ダウンスイッチを

4 回押します。

5

リモコンのロードセレクト/おまかせスイッチを押すか、設定操作をしな

いと約 30 秒後に設定が完了し、待機画面に切替わります。

設定モード終了の画面が

表示されたら設定完了です。

SET

or

リモコンの操作を

行わずに約 30 秒後

ロードセレクト/

おまかせスイッチを2回押す

30 31

機能及び操作方法

機能及び操作方法

30

機能及び操作方法

各機能の設定項目一覧

◇機能設定

設定方法

各機能詳細設定は[レフトスイッチ]、

[ライトスイッチ]で操作します。

機能設定

ダウン

スイッチ

GPS設定(P32参照)

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

アップ

スイッチ

無線設定(P33参照)

SET

スイッチ

ロードセレクト/

おまかせスイッチ

ASC機能(P34参照)

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

・AUTO

・LOW

・HI

・S-HI

・HYPER

LSC機能(P36参照)

・OFF

・ON

・ALL-ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

エフェクト機能(P45参照)

・OFF

・エフェクト1

・エフェクト2

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

アラーム機能(P46参照)

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

・ブザー

・メロディ1

・メロディ2

・メロディ3

カラー切替え機能(P46参照)

・ホワイト

・ブルー

・グリーン

終了するには

メインメニュー画面でリモコンのロードセレクト/おまかせスイッチを押すか、

設定操作をしないと約30秒後に待機画面に切替わります。

31

機能及び操作方法

◇ GPS 設定

設定方法

各機能詳細設定は[レフトスイッチ]、

[ライトスイッチ]で操作します。

GPS設定

SET

スイッチ

ロードセレクト/

おまかせスイッチ

Wオービス速度(P52参照)

ダウン

スイッチ

Wオービス距離(P52参照)

ダウン

スイッチ

・OFF

・30km/h

・40km/h

・60km/h

アップ

スイッチ

アップ

スイッチ

・OFF

・500m

・1km

・1.5km

Nシステム(P53参照)

・OFF

・ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

チェックポイント(P54参照)

・OFF

・ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

信号無視監視ポイント(P54参照)

・OFF

・ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

ポリスエリア(P55参照)

・OFF

・ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

事故ポイント(P55参照)

・OFF

・ON

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

SA/PA/HO(P56参照)

ダウン

スイッチ

・OFF

・ON

セーフモード(P61参照)

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

・OFF

・ON

・ALL-ON

駐車監視エリア(P60参照)

・OFF

・ON

・サイレント

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

分岐合流ポイント(P59参照)

・OFF

・ON

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

県境ポイント(P58参照)

・OFF

・ON

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

トンネルポイント(P58参照)

・OFF

・ON

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

急カーブ(P57参照)

・OFF

・ON

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

道の駅(P56参照)

アップ

スイッチ

・OFF

・ON

終了するには

リモコンのロードセレクト/おまかせスイッチを押して設定メニューを終了するか、設定操作を

しないと約30秒後に待機画面に切替わります。

32 33

機能及び操作方法

機能及び操作方法

32

機能及び操作方法

◇無線設定

設定方法

各機能詳細設定は[レフトスイッチ]、

[ライトスイッチ]で操作します。

SET

スイッチ

無線設定

ロードセレクト/

おまかせスイッチ

カーロケ(P66参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

350.1MHz無線(P68参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

デジタル無線(P69参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

署活系無線(P70参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

ワイド無線(P70参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

取締特小無線(P71参照)

アップ

スイッチ

・OFF

・LOW

・HI

警察活動無線(P71参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

アップ

スイッチ

警察ヘリテレ無線(P72参照)

・OFF

・LOW

・HI

ダウン

スイッチ

タクシー無線(P75参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

警備無線(P74参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

高速管理無線(P74参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

レッカー無線(P73参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

消防無線(P73参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

消防ヘリテレ無線(P72参照)

・OFF

・LOW

・HI

アップ

スイッチ

アップ

スイッチ

ダウン

スイッチ

新救急無線(P73参照)

ダウン

スイッチ

・OFF

・LOW

・HI

パトロールエリア(P71参照)

アップ

スイッチ

・OFF

・ON

終了するには

リモコンのロードセレクト/おまかせスイッチを押して設定メニューを終了するか、設定操作を

しないと約30秒後に待機画面に切替わります。

33

機能及び操作方法

レーダー受信感度の設定(ASC-V/i)

● ASC 機能とは…

・ 車の走行する速度によってレーダーの受信する感度を自動的に調整したり、

マニュアル設定で受信感度を固定することもできます。感度をオート設定す

ることにより高速走行中はレーダー感度を上げて警報しやすくし、低速走行

中(渋滞など)はレーダー感度を下げて警報を鳴りにくくします。

本製品には、レーダー受信感度を HYPER(ハイパー)、S-HI(スーパーハイ)、

HI(ハイ)、LOW(ロー)の 4 段階に手動設定するマニュアル設定機能と、走

行状況に応じて適切な受信感度をオート設定する ASC 機能(オート・センシ

ティブ・コントロールの略称)を設定することができます。(各感度の警報タ

イミングにつきましては P63 をご覧ください。)

状態 

 設定

信号待ち、低速走行時など

走行中

AUTO(オート)設定 受信感度 LOW(ロー)

HI(ハイ)→ S-HI(スーパーハイ)→・

HYPER(ハイパー)に受信感度が変化

マニュアル設定

HYPER(ハイパー)の場合

HYPER(ハイパー)感度のまま固定

■設定方法

※・電源スイッチ (P19) を ON にして電源ランプが点灯、又は点滅している状態で設定

してください。

P31 の設定モードで ASC 機能設定に合わせ、ライトスイッチで切替えて

「AUTO」オート、

ハイパーを選んで設定します。

※・設定を終了する場合は ROAD スイッチを 2 回短押しするか、又は何もスイッチを押

さないと約 30 秒後、自動的に待機画面に切替わります。

オート設定

34

マニュアル設定

35

機能及び操作方法

機能及び操作方法

34

機能及び操作方法

■マニュアルに設定にした場合

(LOW/HI/S-HI/HYPER 選択時)

下記表を参照し、最適な受信感度を設定してください。

受信感度

LOW(ロー)

適切な走行場所

市街地

走行状態

低速走行

待機時液晶画面表示

HI(ハイ) 郊外地 中速走行

S-HI(スーパーハイ) 郊外地・高速道路 中・高速走行

HYPER(ハイパー) 高速道路

※・出荷時は ASC はオート設定です。

高速走行

■ ASC 設定にした場合

(AUTO 選択時)

走行速度に対して適切なレーダー受信感度に自動的に変わります。ソーラーバッ

テリー使用時とシガープラグコード接続使用時では、検出方法が異なります。

電源をシガープラグから取った場合

ASC-i 機能

その他の場合

ASC-V 機能

◇ ASC-i 機能

(シガープラグコード接続時)

オート・センシティブ・コントロール・インテリジェンスの略称で、GPS 機

能を使用して算出した自車の走行速度にあわせて適切なレーダー受信感度を自

動で設定する機能です。

受信感度

LOW(ロー)

HI(ハイ)

S-HI(スーパーハイ)

HYPER(ハイパー)

走行速度

30km/h 未満

30km/h 〜 60km/h

60km/h 〜 80km/h

80km/h 以上

※・ASC-i 機能設定状態で、GPS 衛星の受信が行えない場合は、受信感度 HYPER(ハ

イパー)に固定されます。

◇ ASC-V 機能

(シガープラグコード非接続時)

オート・センシティブ・コントロール・バイブレーションの略称で、走行中の

速度変化による車両振動を検出し、適切なレーダー受信感度を自動設定する機

能です。

35

機能及び操作方法

レーダー警報が鳴らない ?

受信したレーダー波が弱いと、レーダー感度設定によっては警報表示はします

が、警報音が鳴らない場合があります。

・・・

LOW(ロー)設定の場合

ピッピッ・・・

HYPER(ハイパー)設定の場合

レーダー

ロー・スピード・キャンセル(LSC-V/i)

● LSC 機能とは…

・ ロー・スピード・キャンセルの略称です。車が低速走行時、警告音を自動的

にカットするための機能です。本製品は LSC-V と LSC-i の 2 通りの機能

を採用しています。

■ LSC-V 機能(ロー・スピード・キャンセル・バイブレーション)

本製品がソーラーモードでシガープラグコード接続をしていない場合に有効で

す。駐・停車時と走行時の振動差を検出して警報音をカットします。

◇設定内容

設 定

OFF

ON

ALL-ON

作動内容

走行速度に関係なく警報を行う。※

低速走行時に GPS 警報、レーダー警報の警報音を自動的にカットする。

低速走行時に GPS 警報、レーダー警報、無線警報音を自動的にカット

する。

※・各警報の設定が、ON 設定にしてある場合に限ります。

注意

車両振動が極端に大きな車や、駐・停車時、走行時の振動差が小さい車は LSC 機能が

正常に作動しないことがあります。本製品の取付け位置によっても振動の検出度合い

が変わることがあります。

36 37

機能及び操作方法

機能及び操作方法

36

機能及び操作方法

■ LSC-i 機能

本製品がシガープラグコードで電源を取って作動している場合のみ有効です。・

GPS 機能を使用して算出した自車の走行速度が 30Km/h 以下の場合、警報

中でも LSC-i 機能が作動して警報音をカットします。

オービス

・・・

渋滞などで30Km/h以下の場合は警報しない。

オービス

この先・・・

30Km/h以上で警報を行います。

■ LSC マークについて(LSC-V/i 共通)

LSC 機能の作動を 2 段階表示で液晶ディスプレイにて確認することができます。

LSC解除

(警報する)

LSC作動中

(警報しない)

状 態

LSC-V

走行状態

停車中

表示マーク 警 報

しない

走行中 する

停車中〜 30Km/h

LSC-i

30Km/h 以上

LSC 機能を OFF 又は衛星を・

受信していない時

しない

する

する

37

機能及び操作方法

ロードセレクト機能

高速道路上の登録ポイントのみ警報を行う「ハイウェイモード」、一般道路上

の登録ポイントのみ警報を行う「シティーモード」、高速、一般道路両方のす

べての登録ポイントの警報を行う「オールモード」を選択します。

■設定方法

※・電源スイッチ (P19) を ON にして電源ランプが点灯、又は点滅している状態で設定

を行ってください。

リモコン・ 【ロードセレクト】スイッチを押す毎にオール→シティー→ハイ

ウェイ(以降繰り返し)の順に設定されます。

SET

オールモードです。

シティーモードです。

ハイウェイモードです。

現在設定されている表示

下記表を参照し、走行条件に合わせたロードセレクトモードを設定してください。

ロードセレクト

モード

表示 警報を行う道路

モード確認アナウン

スする速度の目安

オールモード 一般道路/高速道路 -

シティーモード 一般道路のみ 80km/h 以上

ハイウェイモード 高速道路のみ 5km/h 以下

※・シティーモード設定中、走行速度が 80km/h を超えたり、ハイウェイモード設定中、

車が停車状態になると、シガープラグコード接続時のみ「モード確認をしてください」

とアナウンスします。

38 39

機能及び操作方法

機能及び操作方法

38

機能及び操作方法

ユーザー登録ポイント追加/オービス警報キャンセル機能

※・GPS 衛星を受信している時のみ作動する機能です。

● ユーザー登録ポイントの追加機能とは…

・ 本製品に未登録、又は新たに設置されたオービスポイントを任意に 100 件

まで追加登録できます。

※・ロードセレクトモードを「シティーモード」、「オールモード」選択時にユーザーポイ

ントを登録すると、 「ハイウェイモード」選択時にユーザー

ポイントを登録すると、「高速道路上」に登録されます。

警告

運転者は走行中に本製品を絶対に操作しないでください。同乗者の方が操作を行って

ください。

SET

ユーザーポイント

スイッチ

ユーザー登録ポイント追加方法

1

登録したい地点を走行し、GPS 警報をしていない時に・ 【ユーザーポイント】スイッ

チを押します。

2

約 2 秒後に「ユーザーポイント登録しました」とアナウンスされれば登録完了です。

ユーザー登録ポイント解除方法

1

登録地点を走行し、登録ポイント警報中に・ 【ユーザーポイント】スイッチを長押

しします。

2

「ユーザーポイント解除しました」とアナウンスされれば解除完了です。

39

機能及び操作方法

■オービス警報キャンセル機能

※・GPS 衛星を受信している時のみ作動する機能です。

● オービス警報キャンセル機能とは…

・ GPS データに登録されているポイントの警報音を、1件単位でキャンセル

設定(消音)することができます。

※・登録する時にユーザー登録スイッチを長押しすると、登録できませんのでご注意

ください。

警報キャンセル設定方法

1

キャンセル設定したい地点を走行し、GPS 警報中に・ 【ユーザーポイント】スイッ

チを押します。

2

約 2 秒後に「キャンセルしました」とアナウンスされれば設定完了です。

※・キャンセル設定した場合、キャンセル地点走行時はミュートマーク(P75)が表示し

警報音が消音します。

警報キャンセル解除方法

1

キャンセル地点を走行しミュートマーク(P75)が点灯中に・ 【ユーザーポイント】

スイッチを長押しします。

2

「キャンセル解除しました」とアナウンスされてミュートマークが消灯し、警報音が

鳴ります。

※・ソーラーモード(P9)で内蔵バッテリー作動時は、登録スイッチを押してからアナ

ウンスされるまでに 3 〜 5 秒程の時間差があります。

※・工場出荷状態(最初)から登録してあるオービスポイント・N システムで設定ができ

ます

◇ユーザー登録ポイント追加、オービス警報キャンセルができない場合…

◦・GPS 衛星が受信できないと“ピコーン ピコーン 衛星をサーチ中です”

とアナウンスされます。

◦・一度登録した場所(登録場所から半径約 200m)に再度、登録しようとし

た場合、“登録できません”とアナウンスされます。

◦・ユーザー登録ポイントを登録した場所での警報中に、その範囲内で新たに

ユーザー登録ポイントを追加することはできません。

◦・ユーザー登録ポイントを 100 件以上登録した場合、“メモリーフルです”

とアナウンスされます。

40 41

機能及び操作方法

機能及び操作方法

40

機能及び操作方法

レーダーキャンセル機能

※・GPS 衛星を受信している時のみ作動する機能です。

● レーダーキャンセル機能とは…

・ 自動ドア等、レーダー波を受信してしまう場所を登録すれば、約半径

200m 内のレーダー警報をキャンセル(消音)します。(登録件数:50 件)

※・GPS 衛星が受信できない状態では、登録できません。

※・登録する時にレーダーキャンセルスイッチを長押しすると、登録できませんのでご注

意ください。

警告

運転者は走行中に本製品を絶対に操作しないでください。同乗者の方が操作を行って

ください。

SET

コンビニ

ピピピピッ

自動ドアでレーダー波を

受信してしまう。

レーダー

キャンセル

レーダーキャンセル登録

登録ポイントから半径200mは

レーダー波警報をキャンセル。

約200m

コンビニ

レーダーキャンセル登録方法

1

レーダー警報中に・ 【レーダーキャンセル】スイッチを押します。

2

約 2 秒後に「レーダーキャンセルポイント登録しました」とアナウンスされれば登

録完了です。

※・レーダーキャンセル登録位置を走行した場合、ミュートマーク(P75)が表示され警

報音が消音します。

41

機能及び操作方法

レーダーキャンセル解除方法

1

レーダーキャンセル登録地点を走行時、ミュートマーク(P75)が表示中の位置で、・

【レーダーキャンセル】スイッチを長押しします。

2

「レーダーキャンセルポイント解除しました」とアナウンスされれば解除完了です。

※・ソーラーモード(P9)で内蔵バッテリー作動時はレーダーキャンセルスイッチを押

してからアナウンスされるまでに約 3 〜 5 秒程の時間差があります。

◇レーダーキャンセルができない場合…

◦・レーダー(ステルス含む)受信中でも GPS 衛星が受信できないと“ピコー

ン・ピコーン・衛星をサーチ中・です”とアナウンスが流れます。

◦・一度登録した場所(登録場所から半径約 200m)に再度、登録しようとし

た場合、“登録できません”とアナウンスされます。

◦・レーダーキャンセルを 50 件以上登録した場合、“メモリーフルです”とア

ナウンスされます。

機能及び操作方法

42 43

機能及び操作方法

42

機能及び操作方法

マップコード表示機能 

●マップコードとは…

・ 通常位置情報を管理する場合は緯度経度を用いるのが一般的ですが、マップ

コードは緯度経度に比べ桁数が少ないのでデータ容量を小さくすることがで

き、覚えやすいのが特徴です。

・ また、マップコードに対応したカーナビ、WEB サイトやアプリケーションを

使用すれば、携帯電話やインターネットを使って場所の特定が簡単にできます。

(例)

・ ①待ち合わせの時に、自分のいる場所のマップコードを相手に教えれば、・

 相手が携帯電話やインターネット、カーナビを使って簡単に場所を確認・

 できます。

・ ②旅の途中で立ち寄った場所をマップコードで覚えておいて、後で確認する

 ことができます。

・ ③住所や電話番号で検索できないような場所(山や川等)でも簡単に目的地

 設定ができます。

マップコードの構成

マップコードは日本を大まかに分割し(ゾーン)、それをさらに分割したもの

(ブロック、ユニット)で構成されています。

このゾーン、ブロック、ユニットの番号を並べた物がマップコードです。

ユニット

ブロックを

30×30 に分割

ブロック

ゾーン

ゾーンを

30×30 に分割

日本を

1162 個に分割

※・マップコードは㈱デンソーの登録商標です。

※・マップコードはマップコード対応のカーナビ、PND、携帯電話のコンテンツでご利

用できます。

※・詳しくはマップコードオフィシャルサイト(http://www.e-mapcode.com/)へ

43

機能及び操作方法

マップコード表示方法

※・シガープラグコード接続時のみ作動する機能です。

待機画面中に・ 【レーダーキャンセル / マップコード表示】スイッチを押すと、スイッチ

を押した地点のマップコードが表示されます。

※・自動で待機画面には戻りません。待機画面に戻すには、表示解除操作を行ってください。

※・スイッチを押すごとに表示は変わります。場所を移動しても自動で表示は変化しません。

SET

マップコード

表示スイッチ

ゾーン

ブロック

ユニット

マップコード表示解除方法

マップコード表示時に 【レーダーキャンセル】スイッチを長押しすると待機画面表示

に戻ります。

注意

・・ マップコード表示中は各設定の変更はできません。設定を変更したい場合は表示を

待機画面に戻してから変更を行ってください。

・・ マップコード表示中は通常通り警報動作を行います。

・・ GPS の受信状況や、マップコードでの場所の特定が約 30m 四方(標準マップコー

ド)までのため、GPS の測位誤差を含めて 30 〜 100m 程マップコードを表示さ

せた地点と地図上との誤差がでることがあります。予めご了承ください。

・・ マップコードは場所により桁数の違いがあります。最大 10 桁(標準マップコード)

まで。

・・ ソーラーモード時は表示できません。

44 45

機能及び操作方法

機能及び操作方法

44

機能及び操作方法

エフェクト(効果音)機能

●エフェクトとは…

・ 音声アナウンス前に用いる擬音効果です。下記の設定のように各警報時の効

果音と音声アナウンス警報の選択ができます。

オービスや無線警報の警報音(効果音)を、OFF /エフェクト 1 /エフェクト

2 のいずれかから選択することができます。設定詳細内容は、下記のとおりです。

※・工場出荷状態は OFF です。

オービス

項  目

ダブルオービス

N システム

チェックポイント

信号無視ポイント

ポリスエリア

事故ポイント

SA/PA/HO

道の駅ポイント

急カーブポイント

トンネルポイント

県境ポイント

分岐・合流ポイント

駐車監視エリア

カーロケ無線

350.1 無線

デジタル無線

署活系無線

ワイド無線

取締特小無線

警察活動無線

警察ヘリテレ無線

パトロールエリア

新救急無線

消防ヘリテレ無線

消防無線

レッカー無線

高速管理車両無線

警備無線

タクシー無線

OFF

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

エフェクト1

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音のみ

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音・+・アナウンス

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

エフェクト2

効果音・+・アナウンス

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

効果音のみ

45

機能及び操作方法

アラーム機能

警報音をブザー/メロディ1/メロディ2/メロディ 3 のいずれかで、鳴らす

ことができます。

・ブザー :・警報音をブザーで鳴らします。

・メロディ1・:・警報音をメロディ音、『TRUTH』で鳴らします。

・メロディ2 :・警報音をメロディ音、クラシック『ワルキューレの騎行』で

鳴らします。

・メロディ3 :・警報音をドラムのリズムで鳴らします。

画面表示カラー切替え機能

待機画面の色を 3 色(ホワイト、ブルー、グリーン)に切替えることができます。

◇画面設定内容

背景

ホワイト

文字 背景

ブルー

文字 背景

グリーン

文字

通常 ホワイト ブラック ブルー ブラック グリーン ブラック

オートディマー

作動時(P47)

ブラック ホワイト ブラック ブルー ブラック グリーン

※・P31 の設定により待機画面の色を切替えることができます。

46 47

機能及び操作方法

機能及び操作方法

46

機能及び操作方法

オートディマー機能

GPS 情報と太陽光の強弱によって自動的に液晶ディスプレイの背景色及び文

字表示色(P46)を調整します。

◇ GPS 情報を利用した場合のオートディマー作動時刻

下のようなエリアを中心に各時季(2 月〜 4 月、5 月〜 7 月、8 月〜 10 月、

11 月〜 1 月)の『日の出』と『日の入り』時刻の統計を基にオートディマー

作動時刻を決めています。

札幌エリア

福岡エリア

大阪エリア

東京エリア

○・ソーラーパネルを利用した場合のオートディマー

・・ ソーラーパネル(P4)の発電量を利用して、明るさを調整します。

47

機能及び操作方法

オールリセット(データリセット)

全ての登録を行ったデータをリセット(初期化)し、商品出荷時の状態に戻し

ます。

注意

・ データリセットを行うと、ユーザー登録ポイント・レーダーキャンセルポイント等

の登録データは全て消去します。また、消去したデータの復元はできません。

・ 商品出荷時、予め登録してあるデータは消去できません。

・ ディスプレイモード作動中は、データリセットできません。

■リセット方法

電源スイッチを OFF の状態で、レーダー本体下側にあるリセットスイッチを

先のとがった物で押しながら電源スイッチをソーラーモード、又は 12V 連動

モードにします。

電源ランプと振動ランプが点滅し、数十秒後「オールリセットしました」とレー

ダーからアナウンスされれば完了です。

リセットスイッチ

オールリセットしました。

①リセットスイッチを押しながら ②電源スイッチON ③電源ランプと振動ランプが

 点滅し、アナウンスして完了

オートボリュームダウン機能

本機がレーダー受信警報してから約 15 秒後に、警報音のボリュームを自動的

に小さくします。一度警報が解除されると、元の警報音のボリュームに戻りま

す。

48 49

機能及び操作方法

機能及び操作方法

48

機能及び操作方法

ディスプレイモード(販売店向け機能)

※・シガープラグコード接続時のみ作動する機能です。

本機の一連の動きをデモンストレーションします。本製品を店頭ディスプレイ

として使用する場合に、設定を行ってください。

■設定方法

※・ディスプレイモード中は音量調整はできません。ディスプレイモード設定前に音量調

整(P21)を行なってください。調整した音量でディスプレイモードが作動します。

シガープラグコードを接続して電源スイッチを ON にし、レーダー本体下側に

あるリセットスイッチを先のとがった物で押すと、ディスプレイモードが始ま

ります。再度リセットスイッチを押すと、ディスプレイモードは終了します。

リセットスイッチ

①電源スイッチをONにする。

 ※【12V】のみ

シガー接続

②リセットスイッチを押す。 ③ディスプレイモードが始まります。

※再度リセットスイッチを押すと、ディスプレイモードは

 終了します。リセットスイッチを押さないかぎりディス

 プレイモードは終了しません。

49

警報について

GPS 警報

■オービス/ユーザー登録ポイント警報(GPS スピードガン info)

オービスポイントに接近した場合、下記のように警報を行います。

※・ 対向車線上のオービスへの警報は行いません。

◇警報を行う距離

(注)GPS 電波が受信できていない状態では、GPS 警報ができません。

約2km※

(高速道路のみ)

約1km 約500m

約200m

オービス

ボイス警報

アラーム/メロディ

※警報時間:約10秒間

※・約2km 地点での警報は、シガープラグコードを接続した状態でご使用の場合のみ行

います。

・ 警報を行う距離は、対象とするオービスからの直線距離です。道路の高低差、カーブ

の大きさ等によっては実際の走行距離と異なる場合があります。また、近くの平行す

る道路等を走行中の時も警報を行う場合があります。

50 51

警報について

警報について

50

警報について

◇オービス警報・ユーザー登録ポイント警報の内容

オービス種類

ボイス内容

※( )内の言葉はオービス迄の直線距離、高速・一般道等によって変わります。

ループコイル

効果音、約(※ 1)先・(※ 2)上・ループコイル・があります。

時速は約(※ 3)キロです。(※ 8)

液晶表示内容

LH システム

効果音、約(※ 1)先・(※ 2)上・LH システム・があります。

時速は約(※ 3)キロです。(※ 8)

H システム

効果音、約(※ 1)先・(※ 2)上・H システム・があります。

時速は約(※ 3)キロです。(※ 8)

レーダー

効果音、約(※ 1)先・(※ 2)上・レーダー・があります。

時速は約(※ 3)キロです。(※ 8)

トンネル出口・

付近

効果音、(※ 2)上・トンネル出口・(※ 7)があります。

時速は約(※ 3)キロです。

ユーザー登録

ポイント(P38)

効果音、約(※ 1)先・(※ 2)上・ユーザーポイント・があ

ります。時速は約(※ 3)キロです。(※ 8)

※ 1・ 2 キロ、1 キロ、500m いずれかをアナウンスします。2 キロは高速道路のみ

※ 2・ 高速道路、一般道路のいずれかをアナウンスします。ロードセレクト(P38)の設定でも変わります。

※ 3・ アナウンスを始めた時の速度を約 10km/h 単位(四捨五入)でアナウンスします。190Km 以上は

「190 キロ以上です」とアナウンスします。

※ 4・ 2km 〜 1km 地点では“CAUTION”を表示し、1km 地点よりオービスの方向を表示します。(ユー

ザー登録ポイント以外は 500m 地点よりカメラ設置方向を表示します。)詳しくは P62 参照。

※ 5・ 現在の速度を表示します。

※ 6・ オービスまでの予測距離を表示し、予測距離が約 200m 以下になった時は「注意!」を表示します。

※ 7・ 取締機の種類をアナウンスします。

※ 8・ 2 キロ、1 キロの警報の場合、到達時間は、約○○秒です。500m の警報の場合、カメラは、(右側/

左側/正面)です。(ユーザー登録ポイントはカメラ設置方向アナウンスを行いません。)

注意

・ ※ 3 のアナウンスの速度はアナウンスした時の速度であり、ディスプレイ表示され

る速度 ( ※ 5) は現在の走行している速度のため、アナウンス速度と表示される速度

は違う場合があります。

・ ※8の到達時間はアナウンス開始時の速度と距離で算出されており、実際の到達時

間とは異なる場合があります。あくまで目安とお考えください。

51

警報について

■ダブルオービス警報(W オービス info)

●ダブルオービスとは…

・ 固定式オービスの先に移動式オービスを設置することで、固定式オービス通

過後に速度を上げる車両をねらい撃ちする二重オービスの呼称です。

オービス警報

移動式オービス

オービス

速度※1

速度※1

設定した範囲内※2で

設定した速度※1を

超えると警報します。

※1:OFF・30・40・60km/hのいずれかに設定します。

※2:OFF・500m・1km・1.5kmのいずれかに設定します。

◇ W オービスを設定した場合

一般道路上のオービスポイントを通過後、※2で設定した距離の範囲内で、※ 1 で

設定した速度以上で走行すると、警報アナウンスと液晶表示で警告します。

※・P32 の設定により、警報する速度、距離を設定できます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先ダブルオービスにご注意ください。

※・おまかせモード時は速度・距離とも OFF です。

※・出荷時またはオールオンモード時は、速度が 60km/h・距離が 500m に設定されて

います。

注意

・ 設定した距離の範囲内で信号などにより停止(5km/h 以下)した場合、再度設定し

た走行速度を超えると警報します。

・ オービス警報キャンセルポイントに設定されているオービスポイントでは、ダブル

オービス警報もキャンセルされます。

・ オービス通過後、設定範囲内であれば車両の進行方向にかかわらず、設定速度を超

えればダブルオービスの警報を行います。

※・表示される速度は現在の走行している速度です

52 53

警報について

警報について

52

警報について

■ N システム /NH システム警報(N/NH SYSTEM info)

● NH システムとは…

・ 通過車両を一定のシャッタースピードで撮影し、写真画像の残像をコン

ピュータで解析し残像の度合いによって走行速度を割出すシステムです。現

在は車両識別用監視カメラとして稼動していますが、将来的には取締りに使

用される可能性があります。

NHシステム

長さ

◇ N システム /NH システム設定

・ すべての N システム機能(警報)を P32 の設定により ON/OFF すること

ができます。

◇ N システム /NH システムポイントに接近した場合、下記のように警報を行

います。

・ ※・対向車線上の N システム/ NH システムへの警報は行いません。

◇警報を行う距離

・ ※・GPS 電波が受信できていない状態では、GPS 警報ができません。

Nシステム/NHシステム

約500m

(高速道路のみ)

約300m

(一般道路のみ)

◇警報の内容

・ ※・本製品は、NH システムを N システムとして警報を行います。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先(・

高速道路上

一般道路上・

)N システムがあります。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

注意

警報を行う距離は、対象とする N システム/ NH システムからの直線距離です。道路

の高低差、カーブの大きさ等によっては実際の走行距離と異なる場合があります。

53

警報について

■チェックポイント警報(トラップポイント info)

※・衛星を受信中のみ作動する警報です。

速度取締りを中心に頻繁に行われているエリアや、過去に取締りの事例がある

エリアが予め本機に登録してあり、チェックポイントに接近すると約 500m

〜 1km の間で注意をお知らせし、離れれば回避をお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先 一般道路上 チェックポイントがあります。

効果音、チェックポイントを回避しました。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

■信号無視監視ポイント警報(信号無視監視ポイント info)

※・衛星を受信中のみ作動する警報です。

●信号無視監視ポイントとは…

・ 「信号無視監視機」の呼称で、この路線で信号を無視して走行した違反車両

の様子が撮影・記録されます。

本機に登録されている信号無視監視ポイントに接近すると約 500m 〜 1km

の間で注意をお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先 信号無視取締り機にご注意ください。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

54 55

警報について

警報について

54

警報について

■ポリスエリア警報(ポリスロケート info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

本機に登録されている警察署付近に接近(約 300m)するとお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先 一般道路上 ポリスエリアがあります。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

■事故ポイント警報(事故ポイント info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

全国の事故多発ポイントを予め本機に登録してあり、事故多発ポイントに接近

(約 300m)するとお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先 事故多発ポイントがあります。

※・表示される速度は現在の走行している速度です

55

警報について

サービスエリア・パーキングエリア・ハイウェイオアシス警報(SA/PA/HO info)

※・衛星を受信中のみ作動する警報です。

全国の高速道路にあるサービスエリア、パーキングエリアやハイウェイオアシ

スの位置情報を予め本機に登録してあり、サービスエリア又はパーキングエリ

アに接近すると、2Km 手前でお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

状況 ボイス内容 液晶表示内容

パーキングエリア

効果音、この先、高速道路上

パーキングエリアがあります。

サービスエリア

効果音、この先、高速道路上

サービスエリアがあります。・

ハイウェイオアシス

効果音、この先、高速道路上

ハイウェイオアシスがあります。・

※・ロードセレクト機能(P38)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

■道の駅ポイント警報(道の駅 info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

本機に登録されている道の駅付近に接近(約1km)すると、お知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先、一般道路上・道の駅があります。

※・ロードセレクト機能(P38)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

56 57

警報について

警報について

56

警報について

■急カーブポイント警報(急カーブポイント info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

本機に登録されている急カーブ付近に接近(約 300m)すると、お知らせし

ます。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先、高速道路上(※1)(※2)急カーブがあります。

※・ 表示される速度はアナウンスした時の速度です

※ 1・ ロードセレクト機能(P38)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※ 2・ カーブの状況に応じて、右、左、連続のいずれかをアナウンスします。

注意

弊社調査による高速道路上の急カーブと思われる位置を登録して警報を行っています

が、下記には注意してください。

・ 全ての急カーブポイントで警報するわけではありません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報すること

があります。

57

警報について

トンネルポイント警報(トンネルポイント info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

本機に登録されているトンネル付近に接近(約 1km)すると、お知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先、高速道路上(※ 1)・トンネルがあります。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

※・ロードセレクト機能(P38)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※ 1・ トンネルの状況に応じて、長い、連続する・のいずれかをアナウンスします。

注意

弊社調査による高速道路上のトンネル位置を登録して警報を行っていますが、下記に

は注意してください。

・ 全てのトンネルポイントで警報するわけではありません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報することがあります。

■県境ポイント警報(県境ポイント info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

県境付近に接近(約1km)すると、都道府県をお知らせします。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容

効果音、この先、(※ 1)。

※・ロードセレクト機能(P38)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※ 1・ 都道府県をアナウンスします。

※・山間部やトンネル内又は出口付近等の GPS の受信が不安定な場所では警報しない場

合があります。

注意

弊社調査による高速道路上の県境位置を登録して警報を行っていますが、下記には注

意してください。

・ 全ての県境ポイントで警報するわけではありません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報することがあります。

58 59

警報について

警報について

58

警報について

■分岐合流ポイント警報(分岐合流ポイント info)

※・衛星を受信中でシガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

本機に登録されている分岐合流付近に接近(約 500m)すると、お知らせし

ます。

※・P32 の設定により機能を ON/OFF することができます。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、この先、高速道路上 分岐(又は合流)があります。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

※・ロードセレクト機能(P38)がハイウェイモード、オールモードの時のみ有効です。

※・分岐と合流のアナウンスは、それぞれ異なります。

注意

弊社調査による高速道路上の分岐合流ポイントを登録して警報を行っていますが、下

記には注意してください。

・ 全ての分岐合流ポイントで警報するわけではありません。また、SA・PA・インター

チェンジからの分岐合流も警報を行いません。

・ 高速道路の側道(一般道路)を走行中に、その付近の登録ポイントを警報すること

があります。

・ ジャンクションの形状によっては一つの分岐・合流ポイントで複数回警報すること

があります。

59

警報について

駐車監視エリア警報(駐車監視エリア info)

※・衛星を受信中のみ作動する警報です。

平成 19 年 3 月に各警察より発表がありました「最重点地域」、「重点地域」を

基に弊社調査による監視(駐禁)エリアが登録されています。監視エリア付近

に接近すると、お知らせします。

※・P32 の設定により機能を OFF / ON /サイレントすることができます。

・・ OFF:画面表示と音声アナウンス共に警報しません。

・・ ON:画面表示と音声アナウンスで警報します。

・・ サイレント:画面表示のみで音声アナウンスは行いません。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、駐車監視エリアです。

※・表示される速度はアナウンスした時の速度です

※・ロードセレクト機能(P38)がシティーモード、オールモードの時のみ有効です。

※・駐車監視エリア内を走行中は待機画面内の GPS 受信マーク部に「駐禁マーク」が表

示されます。

注意

弊社調査による監視エリアを登録して警報を行っていますが、下記には注意してくだ

さい。

・ 全ての監視エリアで警報するわけではありません。

・ 実際の監視エリアと異なるエリアで警報することがあります。

60 61

警報について

警報について

60

警報について

■セーフモード設定(セーフティモード info)

セーフティウィーク期間中にセーフモードの設定が ALL-ON の場合は、自動

的にオールモード設定に切り替える設定です。

セーフモード期間中に電源が入ると、音声アナウンスと画面表示します。

※・P32 の設定により機能を ALL-ON/ON/OFF することができます。

• ALL-ON・...... ・電源が入ると音声アナウンスと画面表示をして、セーフティウィーク

期間中は自動的にオールオンモードになります。

• ON・............... ・電源が入ると音声アナウンスと画面表示をします。セーフティウィー

ク期間中でもおまかせモード又はマニュアルモードの設定した状態を

保持します。

• OFF・.............. ・電源が入っても音声アナウンスと画面表示はしません。セーフティ

ウィーク期間中でもおまかせモード又はマニュアルモードの設定した

状態を保持します。

セーフティウィーク

春の交通安全週間(※1)

秋の交通安全週間(※1)

年末取締り強化期間(※1)

日 付

毎年の「4 月 6 日〜 4 月 15 日」

毎年の「9 月 21 日〜 9 月 30 日」

毎年の「12 月 15 日〜 1 月 5 日」

※1・ 交通安全週間は、原則として上記期間ですが、都合により変更となる場合があります。

春の交通安全週間です。

秋の交通安全週間です。

年末年始取締強化期間です。

61

警報について

オービス(GPS)方向指示(機能)について

オービス(GPS)警報中にオービスの方向を下記のように示します。

警報について

※・オービス、ユーザー登録ポイント警報は、約1km 以内に入るとオービス等の警報対

象物の方向を表示します。

※・ポリスエリア警報、事故ポイント警報、N システム /NH システム警報は、警報開始

地点の警報対象物の方向を表示し、表示後の表示更新はしません。

※・500m 〜 200m はカメラ設置方向を表示します。

62 63

警報について

62

警報について

レーダー

レーダー式取締り機(P77)に接近した場合、下記のように警報を行います。

レーダー式取締り機迄の

距離(電波の強さ)

遠い

(弱い)

近い

(強い)

ディスプレイ表示

レベルメーター

・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・ ・・・・・

LOW

アラーム音

HI

S-HI

HYPER

ステップアラームの

タイミング

メロディ1、2の場合は、

テンポは変わりません

※メロディ3の場合は・

リズムが早くなります。

警報音が鳴らない

※警報表示は行います。

警報音が鳴る

ピッピッ・・・ピッピッ・・・

(スローテンポ・アラーム)

(スローテンポ・アラーム)

ピッピッ・ピッピッ・ピッピッ

(アップテンポ・アラーム)

(アップテンポ・アラーム)

∼ メロディ ∼

∼ メロディ ∼

ステルス波

受信

(P77)

ディスプレイ

表示

警報音

ピッピッピッ・・・

アラーム音が鳴ります。

※・メロディ設定の場合はテ

ンポは変わらず警報を行

います。

※・レーダー警報中でも GPS 警報、無線警報(カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、

ワイド、警察 / 消防ヘリテレ、取締特小、レッカー、新救急、消防、高速管理車両、

パトロールエリア、警察活動、警備、タクシー)を優先します。

※・表示される速度は現在の走行している速度です。

63

警報について

無線

■受信範囲の切り替えについて

本製品は、カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、ワイド、警察/消防

ヘリテレ、取締特小、レッカー、新救急、消防、高速管理車両、警察活動、警備、

タクシーの各無線の受信感度を OFF/LOW/HI に設定(P33)することがで

きます。

※・無線受信を行う場合、内蔵バッテリーの消費電力が増加するため、シガープラグコー

ド接続でのご使用をお薦めします。

注意

放送局や無線中継局の近くを通過する時、強い電波の影響により誤動作する場合があ

ります。また、VHF 帯の放送局の近くを通過する場合は、デジタル無線の受信をする

ことがあります。

◇受信距離

設定

OFF

Low

Hi

受信種類

警報は行いません

カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、ワイド、・

取締特小、レッカー、新救急、消防、高速管理車両、・

警察活動、警備、タクシーの各無線

警察 / 消防ヘリテレ無線

カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、ワイド、・

取締特小、レッカー、新救急、消防、高速管理車両、・

警察活動、警備、タクシーの各無線

警察 / 消防ヘリテレ無線

受信距離

約 500m

約 1000m

約 1000m

約 2000m

64 65

警報について

警報について

64

警報について

◇警報画面

・ 例:カーロケの場合

表示される速度は現在の走行している速度です。

レベルメーター

※受信電波の強さによってレベルメーターが4段階に変化します。

◇ カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、ワイド、取締特小、レッカー、

新救急、消防、高速管理車両、警察活動、警備、タクシーの各無線

約500m

約1000m

◇ヘリテレ無線受信距離

約1000m

約2000m

※・受信感度(距離)は直線見通し距離で、間に障害物が無い状態での受信距離目安です。

注意

使用状況、走行状態、製品取付け位置、周囲の環境(電波状況)によって受信感度(距

離)が短くなる場合があります。

65

警報について

■カーロケ受信警報

●カー・ロケーター・システムとは…

・ 「無線自動車動態表示システム」といい、緊急車両に装備された GPS 受信

機より算出した位置データを無線で定期的(間欠)に各本部の車両管理セン

ターへ送信するシステムです。本製品は緊急車両からの電波を受信し、音声

で警報を行い緊急車両の走行を妨げないよう安全な回避を促します。

車両管理

センター

車両の

現在位置

現在、緊急車両の多くはGPSより算出した位置データを

無線で定期的(間欠)に各本部に送信するカー・ロケーター

・システムを装備しています。

効果音 カーロケ無線・・・

本製品は、各本部へ送信している電波を受信し、音声で警報

を行い、緊急車両の走行を妨げないよう安全な回避を促し

ます。

注意

・ カー・ロケータ-・システムは間欠で送信される為、実際の緊急車両の接近と受信

のタイミングにズレが生じることがあります。

・ 緊急車両は走行状態(緊急走行、通常走行、駐停車)によって、電波の送信時間が

変化する為、実際の緊急車両の接近と受信のタイミングにズレが生じることがあり

ます。

・ 緊急車両がエンジン停止時は電波の送信を行わない為、本製品での受信はできませ

ん。

・ 送信電波の中継局、受信本部近辺では緊急車両の接近に関わらず受信することがあ

ります。

・ 本製品が受信するカー・ロケーター・システムは、パトカー、覆面パトカーを中心

に導入されており白バイ、救急車、消防自動車等には現在導入されておりませんが、

将来的には導入する可能性があります。

※ 一部地域又は、一部緊急車両には、カー・ロケーター・システムが装備されてい

ない為、本製品では受信できないことがあります。

66 67

警報について

警報について

66

警報について

◇カーロケ電波の状況によって遠近識別警報を行います。

◇カーロケ無線受信状況

「ボイス内容」

◇遠いカーロケ電波を受信した場合

(受信レベルが、1 又は 2 の場合)

「効果音、カーロケ無線を受信しました。」

◇近いカーロケ電波を受信した場合

(受信レベルが、3 又は 4 の場合)

「効果音、近くのカーロケ無線を受信しました・

緊急車両にご注意ください。」

◇接近するカーロケ電波を受信した場合

「効果音、カーロケ無線を受信しました・

緊急車両の接近にご注意ください。」

液晶表示内容

◇カーロケ電波を受信し、その後カーロケ電波を

回避した場合

「効果音、カーロケ無線を回避しました。」

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

67

警報について

■ 350.1MHz 警報(取締り用連絡無線)

取締り用連絡無線で使用する周波数帯で、速度違反取締りやシートベルト装着義

務違反取締り等で使用することがあります。また、通話内容をコード化したデジ

タル無線方式を使用するケースもあり、音声受信ができない場合もあります。

現認係

(測定係)

白  乗用車

No. ○○-××

25km/hオーバー

停止係

(350.1MHz イメージ)

液晶表示内容 ボイス内容

〜通話音声(デジタル信号はノイズ)〜

効果音、350.1 無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

68 69

警報について

警報について

68

警報について

■デジタル無線警報

各警察本部と移動局(緊急車両等)とが行う無線交信で、159MHz 帯〜

160MHz 帯で約 53ch の電波を受信します。通話内容がコード化(デジタル

化)されており通話内容を聞くことはできませんが、音声と表示で警報を行い、

付近を走行する緊急車両の走行を妨げないよう安全な回避を促します。

デジタル無線受信電波の状況によって、遠近識別警報を行います。

◇デジタル無線受信状況

「ボイス内容」

液晶表示内容

◇遠いデジタル電波を受信した場合

「効果音、デジタル無線を受信しました。」

◇近いデジタル電波を受信した場合

「効果音、近くのデジタル無線を受信しました

           緊急車両にご注意ください。」

◇接近するデジタル電波を受信した場合

「効果音、デジタル無線を受信しました

       緊急車両の接近にご注意ください。」

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

69

警報について

■署活系無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

パトロール中の警察官が警察本部や他の警察官との連絡用として使用している無

線交信で約 134ch の電波を受信します。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、署活系無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

■ワイド無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

Wireless・Integrated・Digital・Equipment・ の略称。336 〜 338MHz 帯を

使用している警察専用の自動車携帯電話システムのこと。移動警察電話(移動

警電)ともいいます。

◇ワイド無線受信状況

「ボイス内容」

液晶表示内容

◇遠いワイド電波を受信した場合

「効果音、ワイド無線を受信しました。」

◇近いワイド電波を受信した場合

「効果音、近くのワイド無線を受信しました

           緊急車両にご注意ください。」

◇接近するワイド電波を受信した場合

「効果音、ワイド無線を受信しました

       緊急車両の接近にご注意ください。」

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

70 71

警報について

警報について

70

警報について

■取締特小無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

シートベルト、一旦停止など取締現場では普通 350.1MHz 無線を使用します

が、取締の連絡用などに特定小電力無線を使用する場合があります。

ボイス内容 液晶表示内容

〜通話音声〜

効果音、取締特小無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

■警察活動無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

機動隊が主に災害や行事に使用する無線です。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、警察活動無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

■パトロールエリア警報(パトロールエリア info)

検問などで使用されている一定の無線電波を受信するエリアです。

※・必ず検問、取締等を行っているとは限りません。

ボイス内容 液晶表示内容

効果音、パトロールエリアです ご注意ください。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF を設定することができます。詳しくは、P33 参照。

※・受信感度の調整はありません。カーロケ、350.1MHz、デジタル、署活系、ワイド、

取締特小、警察ヘリテレ、警察活動無線の内 2 つ以上の設定が ON になっていないと、

パトロールエリア警報は行いません。

71

警報について

■警察/消防ヘリテレ無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

「ヘリコプター画像伝送システム連絡用無線」の略称で警察ヘリテレは警察所属

のヘリコプターから全国にある無線中継所に送信される無線通信のことです。主

に事件・事故等の情報収集、取締り等の時に上空と地上とで連絡を取るために使

われています。ヘリコプターから無線中継所間の電波を受信し、事件・事故等の

情報を事前に知ることができ安全な回避を促します。また消防ヘリテレは火事等

の事故処理や連絡用として使われています。

例:警察ヘリテレ

無線中継所

ピ ピ ピッ・・・・・

※一部地域又は、一部ヘリコプターにはヘリテレ無

 線が装備されていない為、本製品では受信できな

 いことがあります。

※ヘリテレ無線は、ヘリコプターが電波を送信した

 時のみ受信することができます。

※送信電波の中継所周辺ではヘリコプターの接近に

 関わらず受信することがあります。(警察ヘリテ

 レのみ)

受信種類 液晶表示内容

警察ヘリテレ

ボイス内容

〜通話音声〜

効果音、警察ヘリテレ無線を・

受信しました

消防ヘリテレ

〜通話音声〜

効果音、消防ヘリテレ無線を・

受信しました

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

72 73

警報について

警報について

72

警報について

■新救急無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

救急車と消防本部の連絡用無線として使用しています。主に首都圏で使用されています。

ボイス内容 液晶表示内容

〜通話音声〜

効果音、新救急無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、P33 参照。

■消防無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

消防車が消火活動中や移動時に連絡用として使用している無線です。

ボイス内容 液晶表示内容

〜通話音声〜

効果音、消防無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、P33 参照。

■レッカー無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

東名、名神の一部高速道路や一部地域でレッカー業者が駐車違反や事故処理な

どの時に業務用無線を使用しています。

※・一般の業務用無線と同じ周波数の為、地域によっては一般業務無線を受信することもあります。

ボイス内容 液晶表示内容

〜通話音声〜

効果音、レッカー無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、P33 参照。

73

警報について

■高速管理車両無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

東日本、中日本、西日本の高速道路株式会社が使用している業務連絡無線です。

おもに渋滞や工事、事故情報等でパトロール車両と本部との連絡に使用します。

ピピ・・

ボイス内容

〜通話音声〜

効果音、高速管理車両無線を受信しました。

液晶表示内容

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

■警備無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

各地の警備会社が使用する無線です。

ボイス内容 液晶表示内容

〜通話音声〜

効果音、警備無線を受信しました。

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

74 75

警報について

警報について

74

警報について

■タクシー無線警報

※・シガープラグコード接続時のみ作動する警報です。

各地のタクシー会社が使用する無線です。

ボイス内容

〜通話音声〜

効果音、タクシー無線を受信しました。

液晶表示内容

※・走行条件に合わせて、ON/OFF 又は受信範囲を設定することができます。詳しくは、

P33 参照。

■ミュートマーク(機能)について

警報中にリモコンのミュートスイッチ操作や LSC 機能が作動中などの警報が

ならない表示としてミュートマークが表示され、表示中は警報を行いません。

ミュート状態では、その時の受信している電波がなくなり、待機画面に戻ると

ミュートが解除されます。

●レーダー、無線警報表示

ミュートスイッチ

※リモコン操作でレーダー

 本体から「ピッ」と

 ブザー音が鳴ります。

 もう一度押すと、解除されます。

●オービス(GPS)警報表示

ミュートマーク

ミュートマーク

リモコン操作以外にオービスキャンセル(P40)登録場所、レーダーキャンセ

ル(P41)登録場所での警報キャンセル時、LSC 機能及び ASC 機能作動中

にミュートマークが点灯します。

75

警報について

■パス機能

デジタル、署活系、ワイド、警察ヘリテレ、消防ヘリテレ、取締特小、レッカー、

新救急、消防、高速管理車両、警察活動、タクシーの各無線を常時受信してし

まう周波数のみをスイッチ操作で本体に登録し、受信対象から外すことができ

ます。一部地域など一定周波数のみを受信したままの状態が続く場合などにご

使用してください。

◇登録方法

カーロケ、350.1MHz 無線、警備無線は設定(登録)できません。

デジタル、署活系、ワイド、取締特小、レッカー、新救急、消防、警察ヘリテ

レ、消防ヘリテレ、高速管理車両、警察活動、タクシーの各無線、(カーロケ、

350.1MHz 無線、警備無線除く)受信警報中にミュートスイッチを長押しし

ます。「ピピッ」とブザー音が鳴れば、パス機能の登録は完了です。

効果音、取締特小無線を・・・ ピピッ

①警報中に

②ミュートスイッチ

 を長押しします

③ブザー音が鳴れば

 完了です

登録できない場合(カーロケ、350.1MHz 無線、警備無線)は「ピッ・登録で

きません」とアナウンスし、下記表示を行います。

◇解除するには…

本体をデータリセット(P48)することにより解除されます。

※・本体をリセットすると設定した内容は工場出荷状態になります。

・ P33 設定で OFF 設定した場合は、パス機能の登録に関係なく警報を行いません。

76

取締りの種類と方法

77

警報について

76

取締りの種類と方法

レーダー式の取締り

代表的なレーダー式取締りについての説明。

◇ステルス式取締り方法(有人式取締り)

取締り対象の車が取締り機の近くに接近してから、レーダー波を発射する狙い

撃ち的な取締り方式です。走行車両の先頭や、前方走行車との車間距離が極端

に長い場合等に測定されるケースが多く、100m 以下の至近距離でレーダー

波を発射するため、受信できなかったり、警報が間に合わないことがあります

ので、先頭を走行するときは、注意が必要です。

取締り対象車両

(車間距離が極端に長い)

取締り対象車両

(先頭を走行)

ステルス取締り

(接近してからレーダー波を発射)

◇レーダー式取締り方法(有人式取締り/オービス式取締り)

レーダー波を常時発射し、通過する車両の速度を測定します。また、オービス

式の場合は、違反車両を自動的に写真撮影します。多くの取締り現場に採用し

ておりレーダー波も 500m 以上の距離から受信することができます。また、

オービス式であれば、本製品に位置データが登録してある場合、最長 2km よ

り警報を行います。

○有人式取締り ○オービス式取締

遠くより警報を行う レーダー取締り

(常時レーダー波を発射)

遠くより警報を行う レーダー取締り

(常時レーダー波を発射)

◇新 H システム式取締り方法(オービス式取締り)

レーダー波を間欠発射し、通過する車両の速度を測定し違反車両の写真撮影を自

動で行い、警察本部の大型コンピュータへ専用回線で転送されます。レーダー波

も 500m 前後で受信します。また、本製品に位置データが登録してある場合、

最長 2km より警報を行います。

新Hシステム

警報を行う

77

取締りの種類と方法

◇移動オービス式/パトカー車載式取締り方法

ワンボックス車の後部にレーダー式オービスを搭載し、違反車両を取締る移動

オービスとパトカーの赤色灯を改良して取締り機を搭載したパトカー車載式が

あります。どちらも出力の強いレーダー波を発射しますので、500m 以上の

距離から受信することができます。

※・移動オービスで、本製品で探知できない光電管式もあります。

◇ダブルオービス式取締り方法

固定式オービスの先に移動式オービスを設置することで、固定式オービス通過

後に速度を上げる車両をねらい撃ちする二重オービスの呼称です。

オービス

移動式オービス

レーダー式以外の取締り

代表的なレーダー式以外の取締りについての説明。

◇ループコイル式取締り方法(オービス式取締り)

測定区間の始めと終わりに磁気スイッチ(金属センサー)を路面下、中央分離

帯等に埋め込み、通過時間から速度を算出し、違反車両の写真を撮影します。

本製品に位置データが登録してある場合、最長 2km より警報を行います。

センサー部 赤外線カメラ

78

取締りの種類と方法

79

取締りの種類と方法

78

取締りの種類と方法

◇ LH システム式取締り方法(オービス式取締り)

速度計測部がループコイル方式で、違反車両の写真撮影が H システム方式の取

締り機です。従来のレーダー探知機では警報ができませんでした。本製品では

位置データが登録してある場合、最長 2km より警報を行います。

LHシステム

センサー部

◇光電管式取締り方法(有人式取締り)

2 点間に置かれたセンサーの通過時間から速度を算出し、違反車両を特定します。

○有人式取締り

◇追尾式取締り方法

パトカー・覆面パトカー・白バイ等が、一定の車両間隔を保った状態で後方を

追尾し、走行速度を測定し記録します。

POLICE

※・光電管式取締方法(有人式取締り)及び追尾式取締り方法はレーダー波を発射しない

タイプの取締り方法のため本製品では探知できません。(光電管式取締方法に関して

は本製品のチェックポイントに登録されている地点(P54) であれば GPS 警報を行

います。)

79

その他

故障かな ? と思ったら

製品に異常があった場合、下記内容をご確認ください。

症・・状

電源が入らない

電源ランプがつかない

ここをチェックしてください。

●電源スイッチは ON になっていますか?

●ソーラー電源で使用して 12v 連動モードになっていませんか?

●シガープラグコードが抜けかかっていませんか?

●十分な充電がしてありますか?

GPS 衛星を受信しない

警報をしない

GPS 警報をしない場合

レーダー警報をしない場

●電源スイッチが ON になっていますか?

●本体は正しく取付けられていますか?

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

●音量は正しく設定してありますか?

●ロード設定は正しく設定してありますか?

● LSC-V/LSC-i 機能が作動していませんか?

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

●反対(対向)車線上のオービスではありませんか?

●オービス・N システム以外のカメラではありませんか?

● N システム警報の設定は OFF になっていませんか?

●新たに設置されたオービス・N システムではありませんか?

●誤って警報キャンセルを設定していませんか?

●レーダー式以外の取締りではありませんか?

●誤ってレーダーキャンセルを設定していませんか?

●レーダー受信感度は適正ですか?

無線警報しない場合 ●各無線の設定は ON になっていますか?

●シガープラグコード接続が必要な無線警報ではないですか?

● LSC-V/LSC-i 機能は正しく設定してありますか? LSC-V/LSC-i 機 能 が 働

かない

ASC-V/ASC-i 機能が働

かない

● ASC-V/ASC-i 機能は正しく設定してありますか?

ユーザー登録ができない ●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

● 100 件以上を登録していませんか?

レーダーキャンセル登録

ができない

●周辺(アンテナ上部)に電波を遮断する物がありませんか?

● 50 件以上を登録していませんか?

リモコンが操作できない ●リモコンとレーダーの間に障害物はありませんか?

●リモコンの電池残量はありますか?

速度表示できない ●シガープラグコード接続をしていますか?

設定したモードにならない ●おまかせカンタン設定がマニュアルモードになっていますか?

液晶ディスプレイがまっ

黒表示になる

●液晶ディスプレイの動作温度範囲を超えていませんか?

参照ページ

19 ページ

19 ページ

8 ページ

7 ページ

19 ページ

13,14 ページ

12 ページ

21 ページ

38 ページ

36,37 ページ

12 ページ

50 ページ

50,53 ページ

32 ページ

11 ページ

40 ページ

78,79 ページ

41 ページ

35 ページ

33 ページ

9 ページ

36,37 ページ

34,35 ページ

12 ページ

40 ページ

12 ページ

41,42 ページ

16 ページ

16 ページ

8 ページ

28 ページ

11 ページ

80 81

仕様

その他

80

仕様

製品仕様

◇レーダー本体

電源電圧 DC12V 専用 受信周波数

最小消費電流 10mA 以下

最大消費電流 250mA

受信方式

測位更新時間

検波方式

動作温度範囲

液晶ディスプ

レイ表示面積

パラレル 18ch

ダブルスーパーヘテロダイン

最短 1 秒

FM トラッキングタイムカウント方式

–10℃〜 60℃

・GPS(1575.42MHz)

・X バンド(10.525GHz)

・K バンド(24.200GHz)

・取締り用連絡無線(350.1MHz 帯)

・カー・ロケーター・システム(407MHz 帯)

・デジタル無線(159MHz 帯〜 160MHz 帯)

・署活系無線(347MHz 帯、361MHz 帯)

・ワイド無線(336MHz 帯〜 338MHz 帯)

連続作動時間

本体サイズ

重量

40 時間

(おまかせモード設定時で無警報状態)

41(W)× 33(H)/ mm ・

2 インチ TFT

・警察ヘリテレ無線(340MHz 帯〜 372MHz 帯)

・消防ヘリテレ無線(382MHz 帯〜 383MHz 帯)

74(W)× 114.5(L)

× 25(H)/ mm(バッテリー部除く)

液晶フロント部高さ 47.5mm

189.0・g(充電池含む)

・取締特小無線(422MHz 帯)

・レッカー無線(154MHz 帯、

        465MHz 帯〜 468MHz 帯)

・新救急無線(371MHz 帯)

・消防無線(466MHz 帯)

・高速管理車両無線(383MHz 帯)

・警察活動無線(162MHz 帯)

・警備無線(468MHz 帯)

・タクシー無線(458MHz 帯〜 459MHz 帯、

       467MHz 帯)

◇リモコン(型式:RRE-X709)

サイズ

重量

32(W)× 62(L)× 13(H)/ mm

20.0・g(電池含む)

動作温度範囲 -10℃〜 60℃

使用電池 リチウム電池 CR2025(1 個)

※・ 本製品の外観および仕様は、改良のため予告なく変更することがあります。予めご了承ください。

81

さくいん

1/A

12V 連動モード・ …………………………………9

350.1MHz 警報・……………………………… 68

ASC-V/i・ ………………………………… 34/35

GPS 機能・……………………………………… 10

LSC-V/i・…………………………………… 36/37

LSC マーク・ …………………………………… 37

N/NH システム警報・ ………………………… 53

SS-063・ ……………………………………3/19

SS-065・ …………………………………………7

アラーム機能…………………………………… 46

液晶ディスプレイ……………………………… 11

エフェクト(効果音)機能…………………… 45

オート・センシティブ・コントロール・… 34/35

オートディマー機能…………………………… 47

オートパワー OFF 機能・……………………… 23

オートボリュームダウン機能………………… 48

オービス警報……………………………… 50/51

オービス警報キャンセル設定/解除………… 40

オービス(GPS)方向指示・ ………………… 62

おまかせカンタン設定………………………… 28

おまかせモード………………………………… 28

音量調整………………………………………… 21

各機能の設定項目一覧………………… 31 〜 33

各部の名称…………………………………… 4 〜 6

画面設定………………………………… 24 〜 26

カーロケ受信警報………………………… 66/67

画面表示カラー切替え設定…………………… 46

急カーブポイント警報………………………… 57

警告…………………………………………………2

警察/消防ヘリテレ無線警報………………… 72

警察活動無線警報……………………………… 71

警備無線警報…………………………………… 74

県境ポイント警報……………………………… 58

高速管理車両無線警報………………………… 74

故障かな?と思ったら………………………… 80

コンパス表示…………………………………… 25

梱包内容……………………………………………6

サービスエリア・パーキングエリア・・

ハイウェイオアシス警報……………………… 56

事故ポイント警報……………………………… 55

充電方法……………………………………………8

仕様……………………………………………… 81

使用上の注意………………………………… 2/3

消防無線警報…………………………………… 73

署活系無線警報………………………………… 70

新救急無線警報………………………………… 73

信号無視監視ポイント警報…………………… 54

82

振動センサーの設定…………………………… 22

セーフモード設定……………………………… 61

速度表示機能…………………………………… 26

ソーラーモード……………………………………9

タクシー無線警報……………………………… 75

ダブルオービス警報…………………………… 52

チェックポイント警報………………………… 54

駐車監視エリア警報…………………………… 60

ディスプレイモード…………………………… 49

デジタル無線警報……………………………… 69

テスト機能……………………………………… 21

データ更新……………………………………… 11

オールリセット(データリセット)・………… 48

電源を ON にする・ …………………………… 19

取締特小無線警報……………………………… 71

取締の種類……………………………… 77 〜 79

取締り用連絡無線……………………………… 68

時計表示………………………………………… 25

取付け…………………………………… 12 〜 18

トンネルポイント警報………………………… 58

パス機能………………………………………… 76

バックライト明るさ切替え機能……………… 27

バックライト点灯機能………………………… 27

バッテリーチェック機能……………………… 21

パトロールエリア警報………………………… 71

分岐合流ポイント機能………………………… 59

保証書……………………………………… 裏表紙

ポリスエリア警報……………………………… 55

道の駅ポイント………………………………… 56

ミュートマーク………………………………… 75

無線警報の受信範囲…………………………… 65

ユーザー登録ポイント追加/解除…………… 39

ユーザー登録ポイント警報……………… 50/51

リモコンについて……………………………… 16

レーダーキャンセル機能……………………… 41

レーダーキャンセル登録/解除………… 41/42

レーダー受信感度……………………………… 34

レッカー無線警報……………………………… 73

ロー・スピード・キャンセル………………… 36

ロードセレクト機能…………………………… 38

ローバッテリーサイン……………………………8

ワイド無線警報………………………………… 70

83

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement

Table of contents