10.資料№7-2 平成23年度 電気用品事故事例

10.資料№7-2 平成23年度 電気用品事故事例
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
当該製品を接続していた白黒
テレビモニターから出火する火
アイホン株式
11.火災 災が発生し、当該製品及び周
会社
辺が焼損した。(事故発生地:
愛媛県)
事故原因は、長期間(約23年)の使用により、
電圧制御用の電解コンデンサが経年劣化し過
-電流が生じて発熱し、出火に至ったものと考え
られる。
アイホン株式会社は、当該製品を含む対象機種につ
いて、事故の再発防止を図るため、平成20年6月1
0日にホームページに情報を掲載し、無償で点検と
交換を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20112981)
1
家庭用電
気製品
工芸用ガスバーナー(ファン
式)付属の当該製品をコンセン
エアー
ACアダプター
トに接続していたところ、異音
バーナー 有限会社喜
A2011
11.火災 がしたため確認すると、当該製
(ガスバーナー
(ファン 南鈴硝子
00124
用)
品から出火する火災が発生し
式)用
ており、当該製品及び周辺が
焼損した (事故発生地 大阪
事故原因は、当該製品の電源トランスの一次側
リード線とコア部が接触したため、異極間で短 -絡が生じて、出火に至ったものと考えられる。
経済産業省
輸入事業者の有限会社喜南鈴硝子では、平成23年 重大製品事
故(20116月3日から無償交換を実施している。
0419)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、内部基板の電源入力部のファスト
ン端子部のハンダ割れ等の不具合により接触
不良が生じたものと考えられるが、当該部品の -焼損が著しいことから原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1701)
1
家庭用電
気製品
ACアダプター
A2011
(インターホン PS-24N
00569
用)
A2011
IH調理器
00317
S-128
当該製品から出火する火災が
発生し、当該製品及び周辺を
コーナン商事
11.火災
焼損した。(事故発生地:大阪
株式会社
府)
A2011
IH調理器
00156
SIC1400K
当該製品で調理中、その場を
離れたところ、当該製品及び周
サンソニック
11.火災
辺が焼損する火災が発生して
株式会社
いた。(事故発生地:兵庫県)
当該製品の内部基板と加熱コイルとの接続部
が焼失していることから、当該箇所から出火に
至ったものと推定されるが、当該製品は焼損が -著しいことから、製品起因か否かを含め、事故
原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0367)
1
家庭用電
気製品
A2011
IH調理器
00350
HTCMB4
株式会社日
当該製品を使用中、当該製品
立ホームテッ
から発煙し、当該製品の内部
ク(現 日立 11.火災
部品を焼損する火災が発生し
アプライアン
た。(事故発生地:静岡県)
ス株式会社)
事故原因は、当該製品は、フィルター基板の雑
音防止用コンデンサーに部品不良があったた
め、漏れ電流や抵抗成分の増加により内部素 -子が異常発熱し、発煙に至ったものと考えられ
る。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1904)
1
家庭用電
気製品
A2011
IH調理器
00698
KZMS32A
異臭がしたため確認すると、当
松下電器産
該製品から発煙し、当該製品
業株式会社
11.火災 の一部を焼損する火災が発生
(現 パナソ
していた。(事故発生地:静岡
ニック株式会
県)
社)
事故原因は、当該製品の制御基板上のコンデ
ンサーに部品不良があり、漏れ電流や抵抗成
分の増加によって当該コンデンサーの内部素 -子が異常発熱したことから内部短絡が生じ、発
煙に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3486)
1
家庭用電
気製品
当該製品から出火する火災が
発生し、当該製品及び周辺が
焼損した。(事故発生地:埼玉
県)
事故原因は、製品内部のメイン基板上において
内部短絡等の不具合が生じたものと考えられる
-が、メイン基板などの焼損が著しいことから、不
具合の原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2763)
1
家庭用電
気製品
A2011 LEDランプ(電
00490 球型)
82065
株式会社ク
ロスワーク
11.火災
A2011
アンプ
00871
MBELTW
火災報知機が鳴動したため確
認すると、当該製品及び周辺
マクサー電
11.火災
を焼損する火災が発生してい
機株式会社
た。(事故発生地:北海道)
事故原因は、焼損状況から当該製品内部の焼
失していたメイン基板部付近から出火したもの
と考えられるが、メイン基板部等の焼損が著し -いことから、出火した原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3869)
1
家庭用電
気製品
A2011
アンプ
00520
長野東洋通
当該製品から発煙し、当該製
信工業株式
品及び周辺を焼損する火災が
会社(現 ソ
TA11.火災
発生した。(事故発生地:大阪
F333ESX ニーイーエム
府)
シーエス株
式会社
事故原因は、当該製品の内部基板の抵抗にス
パーク痕が認められたことから、抵抗の足と近
傍の異極部間でトラッキング現象が生じてス
-パークが発生したため出火したものと推定さ
れ、製品に起因する事故と考えられるが、焼損
にともない確認できない部品があり、原因の特
定には至らなか た
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2850)
1
家庭用電
気製品
2-1 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
MJ-1A
当該製品及び周辺を焼損する
アイホン株式
11.火災 火災が発生した。(事故発生
会社
地:東京都)
製品内部からの出火と考えられるが、製品の焼
損が著しいため事故原因の特定には至らな
-かった。
アイホン株式会社は、当該製品を含む対象機種につ
いて、電子部品の経年変化により、発煙、出火に至
る可能性があることから、平成12年8月29日に新聞
社告を行うとともにホームページに情報を掲載し、無
償点検・改修の呼び掛けを行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20111731)
家庭用電気製
品
店舗内で、当該製品から出火
する火災が発生し、当該製品
A2011 ウォーターサー TWM-N- さつき株式会
11.火災
及び周辺を焼損した。(事故発
00570 バー
001
社
生地:鳥取県)
事故原因は、電源コードと機体内部配線との接
続端子台において、ねじの締め込み不足によ
り、ねじ止め接続部の接触不良が発生したた -め、接続端子台が過熱し、出火したものと考え
らる。
さつき株式会社は、対象機種について、同様の事故
が発生するおそれがあることから、平成24年1月12
日からホームページで使用中止の呼び掛けを行い、
同23日から宅配水業者を通じて対象製品の回収
(無償交換)を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20112982)
1
家庭用電
気製品
株式会社ダ
イオーズ
A2011 ウォーターサー
WH-2K2
サービシー
00513 バー
ズ
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品の内部
11.火災
部品を焼損する火災が発生し
た。(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品の温度調節用サーモス
タットの接点不良による発熱とスパークにより、
サーモスタット外郭樹脂部が炭化したことから -絶縁低下し、短絡したため、焼損に至ったものと
考えられる。
経済産業省
株式会社ダイオーズサービシーズでは、事故の再発
重大製品事
防止を図るため、サーモスタットの材質を改善した製
故(2011品に順次交換している。
2830)
1
家庭用電
気製品
A2011 ウォーターサー YCH00206 バー
720W
株式会社
トーエル
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
11.火災 の内部部品を焼損する火災が
発生していた。(事故発生地:
神奈川県)
事故原因は、当該製品の温度調整装置からの
出火と推定されるが、温度調整装置の焼損が -著しく、原因の特定には至らなかった。
株式会社トーエルは、自社レンタル品の使用者に対
して、平成23年6月9日(木)から電話連絡を行うとと
もに、平成23年6月28日(火)から自社ホームペー
ジへ当該情報の掲載を行い、当該製品の使用中止、
回収と無償交換を呼び掛けている。
経済産業省
重大製品事
故(20110781)
1
家庭用電
気製品
WBF1000(株
A2011 ウォーターサー 式会社コ
スモライ
00118 バー
フブラン
ド)
富士ブレード
異音がしたため確認すると、当
株式会社(株
該製品から発煙する火災が発
式会社コス 11.火災
生しており、当該製品が焼損し
モライフブラ
た。(事故発生地:東京都)
ンド)
事故原因は、当該製品の本体内部にある無菌
空気供給器のフィルムコンデンサーに不良品が
-混入したため、異常発熱し、出火に至ったものと
考えられる。
富士ブレード株式会社では、事故の再発防止を図る
ため、平成23年6月13日に消費者に対してダイレク
トメールを送付するとともに電話連絡を行い、対象製
品について回収・交換を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20110486)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00332
当該製品を使用中、火災報知
機が鳴動したため確認すると、
AN28AS ダイキン工業
11.火災 当該製品及び周辺を焼損する
S-W
株式会社
火災が発生していた。(事故発
生地:神奈川県)
当該製品の電源基板上のファンモーター接続コ
ネクター部において、接触不良により接触抵抗
が増大したため、異常発熱し出火に至ったもの
-と推定されるが、電源基板部の焼損が著しいこ
とから、製品起因か否かを含め、事故原因の特
定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1858)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00302
エアコンを切って外出中、当該
製品を焼損し、周辺を汚損する
F22GTNS ダイキン工業
11.火災
火災が発生した。(事故発生
-W
株式会社
地:東京都)
事故原因は、当該製品のファンモーターの内部
基板に実装されているチップコンデンサーに不
具合があったことから、短絡電流が発生して異 -常発熱したため、基板が炭化し、火災に至った
ものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1727)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00811
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
F22HTRS ダイキン工業
11.火災 から発煙し、当該製品及び周
-W
株式会社
辺を焼損する火災が発生して
いた。(事故発生地:愛知県)
事故原因は、当該製品のファンモーター内部基
板に使用されている電子部品に不具合が生じ
-たため、短絡電流が流れ、基板上の電子部品
が発熱し、出火に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3704)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00105
当該製品から発煙する火災が
発生し、当該製品が焼損、周
F28GTPS ダイキン工業
11.火災
辺が汚損した。1名が負傷し
-W
株式会社
た。(事故発生地:大阪府)
事故原因は、当該製品のファンモーターの内部
基板に実装されているチップコンデンサーに不
具合があったことから、短絡電流が発生して異 -常発熱したため、基板が炭化し、火災に至った
ものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0429)
1
家庭用電
気製品
年度
番号
品名
A2011
インターホン
00294
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故通知内容
事故原因
2-2 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
A2011
エアコン
00387
CSH229C
株式会社コ
ロナ
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
11.火災
該製品及び周辺が焼損した。
(事故発生地:茨城県)
調査の結果、当該製品の室外機ファンモータリ
レー内部で短絡が発生して発火し、当該製品及
び周辺が焼損したものと考えられるが、使用状 -況が不明のため、事故原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に必要に応じて対応を行うこととする。
2242)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00399
AU22SH・
JT2
株式会社
ノーリツ
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
から発煙し、当該製品を焼損、
11.火災
周辺を汚損する火災が発生し
ていた。(事故発生地:神奈川
県)
調査の結果、当該製品の電源基板の中央部が
焼失し、焼失部に接続していたファストン端子に
溶融痕が認められたことから、電源基板上の
ファストン端子の基板はんだ付け部にはんだク -ラックが生じて基板が徐々に炭化し、ファストン
端子間で短絡し出火したものと考えられるが、
発火部 焼損が著し ため 原因 特定には
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に必要に応じて対応を行うこととする。
2293)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00219
近所の人が発煙に気付き確認
すると、当該製品を焼損し、建
RC株式会社長
11.火災
物を半焼する火災が発生して
5026SVX 府製作所
いた。(事故発生地:奈良県)
当該製品の残存した部品には、出火の痕跡は
認められないが、焼損が著しく、確認できない部
-品もあることから、製品起因か否かを含め、事
故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0810)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00080
SRK28Z
CY-W
建物を全焼する火災が発生
し、出火元と思われる部屋に当
三菱重工業
11.火災
該製品があった。(事故発生
株式会社
地:京都府)
当該製品は焼損が著しく、残存する部品から出
火痕跡が認められないものの確認できない部
-品があることから、製品起因か否かを含め、事
故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0119)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00293
当該製品を使用したまま、外出
したところ、当該製品及び周辺
SRK25ZI 三菱重工業
11.火災
を焼損する火災が発生した。
-W
株式会社
(事故発生地:福岡県)
当該製品の焼損は低圧部周辺のみでヒューズ
の溶断が認められず、電気部品に出火の痕跡
が認められなかったが、焼損が著しい箇所にあ
-るルーバーモーターが確認できないことから、
製品起因か否かを含め、事故原因の特定には
至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1707)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00282
ARHJ160
2SA(GA
C株式会
社ブラン
ド)
当該製品を使用中、当該製品
三洋電機株
から発煙し、当該製品の内部
式会社(GA
11.火災 部品の一部を焼損する火災が
C株式会社
発生した。(事故発生地:東京
ブランド)
都)
事故原因は、当該製品のファンモーター製造時
に巻線皮膜に傷がつき、長期使用(約14年)に
-より、巻線間の絶縁性が劣化してレイヤショート
を生じ、発煙、焼損したものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1648)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品のファンモーターのリー
ド線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通
しやすい物質が付着し、さらに当該製品内部で
-発生した結露がリード線接続部分に回りこんだ
ことによって、トラッキング現象が生じ、発煙に
至ったものと考えられる。
事故原因は、当該製品のファンモーターのリー
ド線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通
しやすい物質が付着し、さらに当該製品内部で
-発生した結露がリード線接続部分に回りこんだ
ことによって、トラッキング現象が生じ、発煙に
至ったものと考えられる。
東芝キヤリア株式会社は、当該製品を含む対象機種
について、事故の再発防止を図るため、平成16年8
月20日より新聞社告を掲載するとともに、新聞折り
込みチラシ、交通広告(電車内)等の注意喚起を行
い、さらに、平成23年度においても、全国自治体で
広報誌への掲載を行い、対象製品の無償改修を呼
び掛け
る
東芝キヤリア株式会社は、当該製品を含む対象機種
について、事故の再発防止を図るため、平成16年8
月20日より新聞社告を掲載するとともに、新聞折り
込みチラシ、交通広告(電車内)等の注意喚起を行
い、さらに、平成23年度においても、全国自治体で
広報誌への掲載を行い、対象製品の無償改修を呼
び掛け
る
東芝キヤリア株式会社は、当該製品を含む対象機種
について、事故の再発防止を図るため、平成16年8
月20日より新聞社告を掲載するとともに、新聞折り
込みチラシ、交通広告(電車内)等の注意喚起を行
い、さらに、平成23年度においても、全国自治体で
広報誌への掲載を行い、対象製品の無償改修を呼
び掛け
る
経済産業省
重大製品事
故(20111002)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111871)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110940)
1
家庭用電
気製品
年度
番号
品名
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故通知内容
A2011
エアコン
00253
RAS285LDR
東芝キヤリ
ア株式会社
当該製品を使用中、異音ととも
に当該製品の右側から発煙
11.火災 し、当該製品の内部部品を焼
損する火災が発生した。(事故
発生地:岐阜県)
A2011
エアコン
00340
RAS406LDR
東芝キヤリ
ア株式会社
11.火災
A2011
エアコン
00232
RAS406LDR
東芝キヤリ
ア株式会社
当該製品を使用中、異音ととも
に発煙し、当該製品を焼損する
11.火災
火災が発生した。(事故発生
地:岡山県)
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品を焼損す
る火災が発生した。(事故発生
地:愛知県)
事故原因
事故原因は、当該製品のファンモーターのリー
ド線接続部分に、エアコン洗浄液等の電気を通
しやすい物質又は当該製品内部で発生した結 -露水が浸入・付着することによって、トラッキン
グ現象が生じ、発煙に至ったものと考えられる。
2-3 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
東芝キヤリ
当該製品から出火する火災が
ア株式会社
RAS発生し、当該製品が焼損、周
(現 東芝
11.火災
285JDR辺が汚損した。(事故発生地:
ホームアプラ
V5
大分県)
イアンス株式
会社)
東芝キヤリ
当該製品を使用中、当該製品
ア株式会社
の内部部品が焼損する火災が
(現 東芝
RAS11.火災
発生した。(事故発生地:大阪
632SDR ホームアプラ
府)
イアンス株式
会社)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
事故原因は、当該製品内部のファンモーターの
電源コネクタ部で接触不良やトラッキング現象
で異常発熱が生じて出火したものと推定され、 -製品に起因する事故と考えられるが、焼損が著
しく、原因の特定はできなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1860)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品は、湿度の影響により、
高圧基板の電流検出回路に取り付けられてい
るチップ抵抗の抵抗値が低下したため、電流が
制御できず、電気集塵部において湿気を含んだ -ホコリを介して、スパークが起こり、電気集塵部
の樹脂フレームが溶融したものと考えられる
が 詳細な使用状況が 明 ある とから 原
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1809)
1
家庭用電
気製品
当該製品は焼損が著しく、未回収の部品も多い
ことから、製品起因か否かを含め、事故原因の -特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0958)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、長期使用(約24年)により、運転
コンデンサーが絶縁劣化したため、コンデン
サー内部で短絡し、出火に至ったものと考えら
れる。
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2130)
1
家庭用電
気製品
異音がしたため確認すると、当
該製品及び周辺を焼損する火
ダイキン工業
11.火災
災が発生していた。(事故発生
株式会社
地:栃木県)
当該製品は焼損が著しく、回収されていない部
品もあることから、製品起因か否かも含め、事 -故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3326)
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
ダイキン工業
A2011 エアコン(室外
11.火災
R40CEP
該製品及び周辺が焼損した。
株式会社
00360 機)
(事故発生地:愛知県)
事故原因は、当該製品に出火した痕跡は認め
られなかったが、内部配線の一部が確認できな
-いことから、製品起因か否かも含め、原因の特
定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2129)
1
家庭用電
気製品
当該製品及び周辺を焼損する
ダイキン工業
A2011 エアコン(室外
11.火災 火災が発生した。(事故発生
RA257DX
株式会社
00337 機)
地:埼玉県)
当該製品の焼損が著しく、部品の一部が確認で
きないことから、製品起因か否かを含め、事故 -原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1862)
1
家庭用電
気製品
当該製品及び周辺を焼損する
ダイキン工業
A2011 エアコン(室外
11.火災 火災が発生した。(事故発生
RA286GX
株式会社
00434 機)
地:新潟県)
事故原因は、当該製品のプリント基板から出火
したものと推定され、製品に起因する事故と考
-えられるが、焼損が著しく、原因の特定には至
らなかった。
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、ダイキ
ン工業株式会社では、事故の再発防止を図るため、
平成16年10月18日から同社ホームページに情報
を掲載し、無償点検・修理を呼びかけている。
経済産業省
重大製品事
故(20112459)
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、当該製品
A2011 エアコン(室外 RA287XV ダイキン工業
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
00612 機)
E1
株式会社
生した。(事故発生地:千葉県)
事故原因は、当該製品内部から出火したものと
推定され、製品に起因する事故と考えられる
-が、焼損が著しく発火元を含め、原因の特定に
は至らなかった。
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、ダイキ
ン工業株式会社では、事故の再発防止を図るため、
平成16年10月18日から同社ホームページに情報
を掲載し、無償点検・修理を呼びかけている。
経済産業省
重大製品事
故(20113082)
1
家庭用電
気製品
A2011
エアコン
00335
A2011
エアコン
00325
A2011
エアコン
00267
RAS2035W
日立アプライ
当該製品及び周辺を焼損する
アンス株式 11.火災 火災が発生した。(事故発生
会社
地:長崎県)
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
シャープ株式
A2011 エアコン(室外
11.火災
AU-136W
該製品が焼損した。(事故発生
会社
00361 機)
地:愛知県)
A2011 エアコン(室外
R25ESS
00654 機)
2-4 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、当該製品の制御基板が著しく焼
損しているため、製品外部から侵入した異物や
水分が基板上に付着し、トラッキング現象が生
-じた可能性があり、製品内部から出火したもの
と考えられるが、制御基板の焼損が著しく、原
因の特定には至らなかった。
事故原因は、当該製品の端子盤内部にある銅
板パターンが焼損していたことから、液体が浸
入したためパターン間で短絡やトラッキングが
生じて異常発熱した可能性があり、製品内部か -ら出火したものと考えられるが、銅板パターンが
焼失しているため、原因の特定には至らなかっ
た
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0784)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2460)
1
家庭用電
気製品
当該製品の内部に溶融痕などの異常が認めら
れるが、焼損が著しいことから、製品起因か否 -かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1511)
1
家庭用電
気製品
株式会社日
当該製品を使用中、当該製品
立製作所(現
から発煙し、当該製品の内部
A2011 エアコン(室外 RAC日立アプライ 11.火災
部品を焼損する火災が発生し
00237 機)
22FWJK
アンス株式
た。(事故発生地:大阪府)
会社)
事故原因は、当該製品内部の圧縮機用運転コ
ンデンサーの素子が長期使用(約14年)で劣
-化したため、コンデンサー内部の内圧が上昇
し、噴出した噴霧状の液体(含侵油:ひまし油)
に引火して出火に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0943)
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、ブレーカー
が作動したため確認すると、当
株式会社富
A2011 エアコン(室外 AO222P
士通ゼネラ 11.火災 該製品及び周辺を焼損する火
00312 機)
B
災が発生していた。(事故発生
ル
地:茨城県)
当該製品内部に溶融痕などの異常が認められ
るが、焼損が著しいことから、製品起因か否か -を含め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1775)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2243)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0982)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、温度調節用マイクロスイッチの不
具合により、当該スイッチの接点部が接触不良
-により異常発熱し、出火に至ったものと考えられ
る。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3005)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の下ヒーターに接続され
る電源コードの丸形圧着端子にカシメ不良が
-あったため、接触不良により異常発熱し、断線
してスパークが生じたものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0617)
1
家庭用電
気製品
漏電警報器が鳴動したため確
認すると、当該製品を焼損する
A2011 エアコン(室外 RA407DX ダイキン工業
11.火災
火災が発生していた。(事故発
00208 機)
VE1
株式会社
生地:鹿児島県)
A2011 エアコン(室外 CU00435 機)
M602A2
ブレーカーが作動していたため
ダイキン工業
確認すると、当該製品を焼損
株式会社(ナ
11.火災
する火災が発生していた。(事
ショナルブラ
故発生地:神奈川県)
ンド)
株式会社コ
A2011 エアコン(室外
RO-2210
ロナ
00266 機)
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
生していた。(事故発生地:埼
玉県)
A2011 エアコン(室外 CU00388 機)
256XB
松下電器産
当該製品から発煙し、当該製
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 品を焼損する火災が発生した。
(事故発生地:大阪府)
ニック株式会
社)
A2011 エアコン(室外 CU00243 機)
X226A
松下電器産
当該製品から発煙し、当該製
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 品を焼損する火災が発生した。
(事故発生地:広島県)
ニック株式会
社)
A2011 オーブントース
EOT300
00583 ター
当該製品を使用中、当該製品
エレクトロ
から出火する火災が発生し、当
ラックス・ジャ
11.火災
該製品を焼損した。(事故発生
パン株式会
地:東京都)
社
象印マホー
A2011 オーブントース ET-MA70
ビン株式会
00165 ター
型
社
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
11.火災 から発煙する火災が発生して
おり、当該製品が焼損した。
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品内部にある、制御基板を
保護する樹脂ケースの難燃添加剤として使用さ
れている赤リンのコーティング処理が適切でな
かったため、赤リンが高温高湿環境下でリン化 -合物となりブリードアウト(浮き出る)し、制御基
板の一部に付着したことによりトラッキングが起
き発熱し
焼損に至 たも と考えられる
事故原因は、当該製品内部にある、制御基板を
保護する樹脂ケースの難燃添加剤として使用さ
れている赤リンのコーティング処理が適切でな
かったため、赤リンが高温高湿環境下でリン化 -合物となりブリードアウト(浮き出る)し、制御基
板の一部に付着したことによりトラッキングが起
き発熱し 焼損に至 たも と考えられる
2-5 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
コンセント
00884
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
当該製品から発煙し、当該製
品及び周辺を焼損する火災が
神保電器株
11.火災
1152
発生した。(事故発生地:愛知
式会社
県)
発煙に気付き確認すると、当該
TOTOハイリ
製品及び周辺を焼損する火災
A2011 コンセント付洗 LMJ951B
ビング株式 11.火災
が発生していた。(事故発生
00216 面化粧台
3H
会社
地:福岡県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、長期使用(約37年)により、当該
製品に接続していた延長コードの栓刃と当該製
品の刃受部間での接触不良となって発熱し、当
該製品の刃受部と取付金具の固定ねじの間の -絶縁樹脂が経年劣化したため、刃受部と取付
金具の固定ねじ間で短絡し、焼損に至ったもの
と考えられる
調査の結果、当該製品の内部配線に溶融痕が
認められることから、製品内部から出火したも
のと考えられるが、当該製品の焼損が著しいこ -とから、確認できない部品も多く、原因の特定に
は至らなかった。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3871)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0808)
1
家庭用電
気製品
当該製品の電源を入れたとこ
ろ、当該製品から異臭と共に発
株式会社グ
A2011 スチームアイロ FV4550J
ループセブ 11.火災 煙し、当該製品を焼損する火
00548 ン
0
災が発生した。(事故発生地:
ジャパン
東京都)
事故原因は、当該製品の電源端子部を製造す
る際に配線を誤ったことから、温度ヒューズ及び
サーモスタットを介さない回路が形成されたた -め、ヒーターが異常過熱し、外郭樹脂が焼損し
たものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2927)
1
家庭用電
気製品
A2011 テレビ(ブラウ
00134 ン管型)
KV29DS65
当該製品を使用中、当該製品
ソニーイーエ
から出火する火災が発生し、当
ムシーエス 11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
株式会社
地:東京都)
事故原因は、当該製品の内部基板上に使用さ
れているフィルムコンデンサーに不具合があっ
たことから、フィルムコンデンサー内部で絶縁低 -下が生じて短絡したため、異常発熱し、焼損に
至ったものと推定される。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0516)
1
家庭用電
気製品
A2011 テレビ(ブラウ
00617 ン管型)
日本ビクター
当該製品で視聴中、当該製品
AV-37G2 株式会社(現
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
株式会社JV
と推定
生した。(事故発生地:北海道)
Cケンウッド)
当該製品の残存していた部品に出火の痕跡は
認められないが、ほとんどの部品が焼失してい
-て確認できないことから、製品起因か否かを含
め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3018)
1
家庭用電
気製品
株式会社淀
当該製品及び周辺を焼損する
川電器製作
所(小泉成器 11.火災 火災が発生した。(事故発生
株式会社ブ
地:岡山県)
ランド)
当該製品の焼損が著しく、確認できない部品も
あることから、製品起因か否かを含め、事故原
因の特定には至らなかった。 なお、取扱説明
書には、「火災や事故の原因になるため、使用 -後は必ずスイッチを切り、電源プラグをコンセン
トから抜く。通電したまま放置しない。」旨、記載
され
る
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3545)
1
家庭用電
気製品
A2011
液晶テレビ
00519
ソニーイーエ
建物が全焼する火災が発生
KDLムシーエス 11.火災 し、現場に当該製品があった。
32EX300
株式会社
(事故発生地:熊本県)
当該製品は焼損が著しく、殆どの電気部品が未
回収なことから、製品起因か否かを含め、事故 -原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2855)
1
家庭用電
気製品
A2011
液晶テレビ
00476
当該製品で視聴中、電源が切
れたため、電源の入切操作を
ソニーイーエ
繰り返したところ、当該製品後
KDLムシーエス 11.火災 方から異臭とともに出火する火
40W5000
株式会社
災が発生し、当該製品が焼
損、周辺が汚損した。(事故発
生地 長崎県)
事故原因は、製品内部に使用されている部品
(インバータートランスの一部の線材)に製造工
程上の不良があり、使用を続けるうちに不良部
-品の劣化によって製品内部で出火し、熱の影響
を受けた本体キャビネットの天井部分が溶融し
たものと考えられる。
ソニー株式会社では、当該製品を含む対象機種につ
いて、平成23年10月12日プレス公表を行うとともに
ホームページへの情報掲載、新聞社告、ユーザー登
録者への通知を行い、使用上の注意を呼び掛けると
ともに、本日から対象製品について無償点検を実施
し、部品の不良が発見された場合には修理を実施す
る
経済産業省
重大製品事
故(20112706)
1
家庭用電
気製品
A2011
液晶テレビ
00580
株式会社三
当該製品及び周辺を焼損する
LED1932
和コーポレー 11.火災 火災が発生した。(事故発生
XT
ション
地:和歌山県)
事故原因は、当該製品内部からの出火と考え
られるが、焼損が著しく、電気部品の一部が確
-認できないことから、原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3010)
1
家庭用電
気製品
KHDA2011
ヘアドライヤー
1385
00736
2-6 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
A2011
液晶テレビ
00444
就寝中に熱気を感じて目を覚
ますと、当該製品及び周辺を
株式会社東
11.火災
37Z8000
焼損する火災が発生していた。
芝
(事故発生地:東京都)
A2011
液晶テレビ
00495
TH20LB1
当該製品で視聴中、当該製品
松下電器産
から発煙し、当該製品の内部
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 部品の一部を焼損する火災が
発生した。(事故発生地:東京
ニック株式会
都)
社)
HS株式会社
ES050Bオーム電機
W
店舗で使用している当該製品
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:千葉県)
A2011
延長コード
00084
HST2002W
株式会社
オーム電機
当該製品に電気カーペットを接
続し、電源を入れた後しばらく
して、異常に気付き確認する
11.火災
と、当該製品及び周辺を焼損
する火災が発生していた。(事
故発生地:愛知県)
A2011
延長コード
00481
HT-17B
当該製品及び周辺を焼損する
久富電機産
11.火災 火災が発生した。(事故発生
業株式会社
地:愛知県)
T2042
当該製品に電気ポットを接続し
て使用中、当該製品及び周辺
大和電器株
11.火災
を焼損する火災が発生した。
式会社
(事故発生地:千葉県)
A2011
延長コード
00349
A2011
延長コード
00598
BVY33BP1L
A2011 温水式浴室暖 (東京ガ
ス株式会
00081 房乾燥機
社ブラン
ド:型式
当該製品の換気スイッチを入
松下エコシス
れたところ、異臭がしたため確
テムズ
認すると、当該製品から発煙、
(株)[現 パナ
11.火災
出火する火災が発生しており、
ソニックエコ
当該製品及び周辺が焼損し
システムズ
た。(事故発生地:東京都)
(株)]
アイシン精機
株式会社(株
当該製品を焼損する火災が発
シャワー
A2011
式会社INAX 11.火災
温水洗浄便座
生した。(事故発生地:北海道)
トイレFⅢ
00087
(現LIXIL)ブ
ランド)
A2011
温水洗浄便座 TCF401
00365
東陶機器株
当該製品が焼損し、周辺が汚
式会社(現
11.火災 損する火災が発生した。(事故
TOTO株式
発生地:群馬県)
会社)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
事故原因は、当該製品内部にある電源基板の
AC電源入力コネクター端子のはんだ付け部か
ら出火したものと推定され、製品に起因する事 -故と考えられるが、焼損が著しく、原因の特定
には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2493)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、製品内部の制御基板に使用され
るICの不良により当該ICが異常発熱し、発煙に -至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2764)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1886)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0393)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2692)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3060)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
パナソニックエコシステムズ株式会社では、当該部品 重大製品事
故(2011(Oリング)について全数交換を完了している。
0386)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0396)
1
家庭用電
気製品
温水洗浄便座協議会(温水洗浄便座を製造・販売す
る企業で構成。)にて発行する「重大製品事故防止の
ためのお願い」のチラシの配布など、「故障したまま
使い続けない」よう、消費者に安全啓発の注意喚起
活動を継続している。
1
家庭用電
気製品
○当該製品のコンセント内部が著しく焼損して
おり、刃受け金具はカシメ部分を含めてほとん
ど残っていなかった。○当該製品の電源プラグ
及びコードは焼損しておらず、出火の痕跡は認 -められなかった。○1年半ほど前に店舗が改装
されており、改装前の設置状況や使用状況は
明 ある ●当該製品
セ ト内部から
事故原因は、当該製品のテーブルタップ内部の
コード芯線と刃受金具を接続するカシメ部のカ
シメ不良により断線して発熱が生じており、かつ
-当該テーブルタップ部にこたつ掛け布団が被
さっていたため、コードプロテクター内の温度が
上昇し、被覆が溶け、コード芯線で短絡・スパー
クが生じ
出火に至 たも と考えられる
当該製品の電源コードが、外力等により短絡し
て火災に至ったものと推定されるが、電源コード
の溶融痕が一次痕か二次痕かは特定すること -はできないことから、製品起因か否かを含め、
事故原因の特定には至らなかった。
当該製品のタップ接続部において接触不良が
生じて過熱、焼損に至ったものと推定されるが、
詳細な使用状況が不明なことから、製品起因か -否かを含め、事故原因の特定には至らなかっ
た。
事故原因は、当該製品の熱動弁の蓋に装着さ
れているOリングに、本来の原料とは異なるゴ
ムが使用されていたため、熱劣化によりOリン
-グ部分から水漏れが生じ、漏電ブレーカーにお
いてトラッキングが発生し、火災に至ったものと
考えられる。
調査の結果、製品本体内部の電気部品(温水
ヒーターリレー)が焼損していた。この温水ヒー
ターリレーを覆う樹脂製ケースが割れており、内
部の導線が錆びて断線し、溶融痕が認められ -た。また、温水ヒーターリレーの上部に位置する
温水タンク外側のオーバーフロー用排水溝に、
水道水
蒸発残留物とみられる付着物が堆積
事故原因は、当該製品の長期間使用(約29
年)により、ノズル用バキュームブレーカからの
漏水が生じていた状態で使用を継続していたこ
-とにより、温水バイメタルスイッチの電極間が絶
縁劣化して異常発熱が生じ出火に至ったものと
考えられる。
2-7 / 96
経済産業省
重大製品事
故(20111888)
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
A2011
温水洗浄便座 TCF975
00738
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
東陶機器株
当該製品が焼損する火災が発
式会社(現
11.火災
生した。(事故発生地:福島県)
TOTO株式
会社)
株式会社ジョ
A2011 加温式フットバ
2.重傷
5F-3559
イナス
00098 ス
当該製品を使用中、足に火傷
を負った。(事故発生地:神奈
川県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
調査の結果、コントローラー基板の温水ヒー
ター用コネクター部分のパターン(回路)や
AC100Vパターンが焼失しており、社告事象と一
致していた。事故原因は、コントローラー基板上 -の温水ヒーター用コネクター接続部において、
部品メーカーが特定期間内に製造したコネク
タ がメ キ 良を起 しやす 製品 あ た
事故原因は、当該製品の製造時にサーモスタッ
トが正常に取り付けられていなかったため、水
温がサーモスタットに正確に伝わらず、設計温 -度以上まで水温が上昇したことにより、事故に
至ったものと考えられる。
事故原因は、プラグ受け部の防水対策が十分
でなかったことから、加熱筒底面から水漏れが
生じた際に、配線を伝ってプラグ受け付近に水
分が溜まる等により、吸着板が錆びてプラグ端 -子部に接触不良による異常発熱が生じ、最終
的にプラグ端子間が短絡し、短絡スパークによ
り当該製品
グネ トプ グ受け
部を焼
事故原因は、加熱槽のフッ素樹脂塗装工程に
おいて、製造上の問題から塗装が不十分とな
り、加熱槽が腐食し、使用中に水漏れが生じた
ものの、水漏れに気付かずに更に使用を続け -たため、加熱槽下部に取り付けているサーモス
タット部に水が入り込み動作が遅れ、加熱槽の
温度が異常上昇し 周辺樹脂等が溶け
発
再発防止措置
東陶機器株式会社(現TOTO株式会社)は、当該製
品を含む対象機種について、製品内部の一部接続
部で接触不良が発生し、プラスチック製タンクの一部
から発煙・出火に至るおそれがあることから、平成19
年4月16日にホームページへ情報を掲載するととも
に、翌17日に新聞社告を掲載し、注意喚起を行うと
ともに 対象製品に
無償点検 改修を実施し
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20113546)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0151)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3402)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110450)
1
家庭用電
気製品
A2011
加湿器
00682
当該製品の電源プラグをコンセ
ントに接続したところ、当該製
三菱重工空
品と電源コードの接続部(マグ
SHE35D
調システム 11.火災
ネットプラグ)から出火する火
D-A
株式会社
災が発生し、当該製品を焼損し
た。(事故発生地:東京都)
A2011
加湿器
00112
当該製品を使用中、当該製品
から発煙する火災が発生し、当
東芝ホーム
KA-B3S テクノ株式会 11.火災 該製品及び周辺が焼損した。1
名が火傷を負った。(事故発生
社
地:神奈川県)
A2011
加湿器
00291
KAG35SX
当該製品を使用中、当該製品
東芝ホーム
から出火する火災が発生し、当
テクノ株式会 11.火災
該製品及び周辺が焼損した。
社
(事故発生地:北海道)
事故原因は、当該製品内部のヒーターリード線
と内部配線とのカシメ接続部のカシメ不良によ
-り、カシメ部で接触不良が生じて異常発熱し、出
火に至ったものと推定される。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1692)
1
家庭用電
気製品
A2011
換気扇
00899
FT-150
当該製品及び周辺を焼損する
高須産業株
11.火災 火災が発生した。(事故発生
式会社
地:京都府)
当該製品を、用途外の床下で約10年間連続運
転したために、内部配線が絶縁劣化し出火に
至ったものと推定されるが、焼損が著しく、確認 -できない部品があることから、製品起因か否か
も含め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3911)
1
家庭用電
気製品
A2011
換気扇
00144
松下エコシス
異音がしたため確認すると、当
テムズ株式
該製品及び周辺が焼損する火
会社(現 パ
FY11.火災
災が発生していた。(事故発生
08PTU7D ナソニックエ
地:福岡県)
コシステムズ
株式会社)
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0578)
1
家庭用電
気製品
A2011 換気扇(トイレ
00649 用)
NT-80S
当該製品及び周辺が焼損する
日本電興株
11.火災 火災が発生した。(事故発生
式会社
地:岩手県)
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3321)
1
家庭用電
気製品
A2011 換気扇(天井
00563 用)
FV18BFB
小学校のトイレ内に設置された
松下精工株
当該製品を使用中、当該製品
式会社(現
パナソニック 11.火災 から出火する火災が発生し、当
該製品が焼損した。(事故発生
エコシステム
地:埼玉県)
ズ株式会社)
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2978)
1
家庭用電
気製品
当該製品の施工不良により、浴室の湿気が天
井裏に入り込んで結露が生じ、水分が屋内配
線からコネクター部に伝わって浸入し、トラッキ
ング現象が生じて火災に至ったものと推定され -るが、焼損が著しく、施工状況が確認できない
ことから、製品起因か否かを含め、事故原因の
特定には至らなか た なお
事説明書に
当該製品は、長期使用(約14年)により、絶縁
劣化等が生じて出火に至ったものと推定される
が、焼損が著しく回収できないことから、製品起 -因か否かを含め、事故原因の特定には至らな
かった。
事故原因は、長期使用(約33年)により、当該
製品のモーター軸がロックして過熱し、モーター
-巻線でレイヤーショートが生じたため、出火に
至ったものと考えられる。
2-8 / 96
東芝ホームテクノ株式会社は、当該製品を含む対象
機種について事故の再発防止を図るため、平成16
年3月30日に新聞社告及びホームページへの掲載
を実施し、無償修理を呼び掛けている。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
A2011
空気圧縮機
00197
トキコ株式会
当該製品及び周辺を焼損する
社(現 株式
11.火災 火災が発生した。(事故発生
PA1800V
会社日立産
地:宮城県)
機システム)
A2011
空気圧縮機
00125
AP-07
株式会社ア
サヒペン
A2011
空気圧縮機
00760
ACP-140
当該製品及び周辺を焼損する
株式会社髙
11.火災 火災が発生した。(事故発生
儀
地:愛知県)
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:鹿児島県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、当該製品の制御ユニット内部の
部品(コンデンサ)不良によりヒューズに過電流
が流れた際にヒューズが樹脂で覆われていたこ
-とから溶断後アーク放電が長く継続し、制御ユ
ニット周辺の樹脂が高温となり、火災に至ったも
のと考えられる。
事故原因は、当該製品のモーターの巻線に製
造時の不良とみられる欠けが認められ、モー
ター巻線が一部断線していたところに、過電流
状態での運転や業務用途による長期間の連続 -使用の継続で、圧力スイッチのスイッチングの
繰り返しにより接点が劣化してスパークが発生
し 周辺樹脂に着火し 出火に至 たも と考
当該製品には出火の痕跡が認められなかった
が、確認できない部品があることから、製品起
-因か否かを含め、事故原因の特定には至らな
かった。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20110732)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0342)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3609)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110550)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110229)
1
家庭用電
気製品
トキコ株式会社(現株式会社日立産機システム)は、
当該製品について、事故の再発防止を図るため、平
成19年10月1日にホームページに情報を掲載し、
無償点検及び基板の交換を実施している。
ダイキン工業株式会社は、当該製品を含む対象機種
について、上記事象により出火する可能性があるこ
と、また、別の事象として、除・加湿空気清浄機にお
いて、除湿用ヒーターの熱と導電性物質の助燃作用
によって除湿機構部が高温になり発熱する可能性が
あることから、事故の再発防止を図るため、平成22
年 月
にプ
リリ
を行
使用者に周知し
ダイキン工業株式会社は、当該製品を含む対象機種
について事故の再発防止を図るため、平成22年4月
9日にプレスリリースを行い、使用者に周知し、対象
製品について、平成22年4月10日から無償で点検・
修理を実施している。
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
から発煙・出火する火災が発
MC75J- ダイキン工業
11.火災
生しており、当該製品が焼損
W
株式会社
し、周辺が汚損した。(事故発
生地:神奈川県)
当該製品を使用中、異常に気
付き確認すると、当該製品の
吹出し部から発煙する火災が
MCZ65J- ダイキン工業
11.火災
発生しており、当該製品が焼損
W
株式会社
し、1名が負傷した。(事故発生
地:福岡県)
事故原因は、電気集塵部で分解された大気中
のアンモニア系の臭気成分が「合成物」として、
除湿エレメントに捕捉され、除湿エレメントの表
-面に異物が付着し、除湿ヒータの熱を受けて
「合成物」の助燃作用で除湿エレメントが部分的
に異常過熱し出火に至ったと考えられる。
A2011
空気清浄機
00830
当該製品及び周辺を焼損する
MCZ65L ダイキン工業
11.火災 火災が発生した。(事故発生
E7-W
株式会社
地:奈良県)
当該製品は焼損が著しく、確認できない部品が
あることから、製品起因か否かも含め、事故原 -因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3777)
1
家庭用電
気製品
A2011
空気清浄機
00684
EH3541
当該製品を使用中、外出したと
松下電工株
ころ、当該製品及び周辺を焼
式会社(現
11.火災
損する火災が発生していた。
パナソニック
(事故発生地:兵庫県)
株式会社)
当該製品の確認できた部品には出火の痕跡が
認められないが、焼損が著しく確認できない部
-品があることから、製品起因か否かを含め、事
故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3404)
1
家庭用電
気製品
当該製品を照明器具に接続し
て使用中、不点灯になったため
確認すると、当該製品を焼損
11.火災
し、周辺を汚損する火災が発
生していた。(事故発生地:兵
庫県)
当該製品の蛍光管フィラメントが寿命末期と同
様に消耗していたため、点灯操作を繰り返した
-ことで、蛍光管フィラメントに過大な電流が流れ
て異常発熱し、火災に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3052)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の口金部と照明器具の
ソケットとの接続部の接点間で短絡が生じたも
-のと考えられるが、口金部の一部が焼失してい
ることから、短絡原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2491)
1
家庭用電
気製品
A2011
空気清浄機
00139
A2011
空気清浄機
00052
A2011
蛍光ランプ
00624
EFSP18E 株式会社
D
オーム電機
A2011
蛍光ランプ
00440
松下電器産
店舗内に設置していた当該製
業株式会社
品及び周辺を焼損する火災が
FPL55EX
(現 パナソ 11.火災
発生した。(事故発生地:兵庫
-N
ニック株式会
県)
社)
事故原因は、当該製品の電気集塵部の放電線
が、集塵フィルタに接触している状態が続き、導
電性物質が集塵フィルタに付着した際に、集塵 -フィルタと脱臭フィルタの間で放電が発生し、発
煙・出火に至ったと考えられる。
2-9 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
RC01(セ
イコーエ
A2011 充電器(電気
スヤード
00734 シェーバー用)
株式会社
ブランド)
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
株式会社泉
精器製作所
当該製品及び周辺を焼損する
(セイコーエ
11.火災 火災が発生した。(事故発生
スヤード株式
地:神奈川県)
会社ブラン
ド)
当該製品を焼損する火災が発
11.火災 生し、5名が負傷した。(事故発
生地:静岡県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
事故原因は、当該製品内部の発振トランスの巻
線で絶縁不良をおこし、短絡して過電流が流れ
-ることにより過熱し、出火に至ったものと考えら
れる。
株式会社泉精器製作所では、事故の再発防止を図
るため、平成12年6月6日に新聞社告を行い回収
(製品の無償交換)を開始し、以降数次にわたり、社
告周知を行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20113544)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品に使用されている電源
基板上の実装部品に設計と異なるものが使用
されていたこと及び電源基板の樹脂製ケースも
設計と異なる難燃性の低い材料が使用されて -いたため、実装部品の不具合から出火した際に
樹脂製ケースに着火し、火災に至ったものと考
えられる
事故原因は、当該製品に使用されている電源
基板上の実装部品に設計と異なるものが使用
されていたこと及び電源基板の樹脂製ケースも
設計と異なる難燃性の低い材料が使用されて -いたため、実装部品の不具合から出火した際に
樹脂製ケースに着火し、火災に至ったものと考
えられる
株式会社カンキョーは、当該製品を含む対象機種に
ついて、事故の再発防止を図るため、平成23年10
月24日からホームページへの情報掲載及び通信販
売の顧客リストに基づく電話連絡、更に、平成23年1
1月からダイレクトメールによる通知を行い、対象製
品について無償点検・改修を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20111857)
1
家庭用電
気製品
株式会社カンキョーでは、平成23年10月24日から
ホームページ掲載や購入者への個別通知を行い、当
該製品の使用中止の呼びかけと無償点検・修理を実
施している。
経済産業省
重大製品事
故(20110673)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品内部のローター(湿気を
吸着する部品)に吸着された何らかの可燃性物
-質がヒーターの熱で過熱され発火し、焼損に
至ったものと考えられる。
象印マホービン株式会社は、事故の再発防止を図る
ため、平成20年8月21日にプレスリリースを行い、
ローター近傍を金属部品で覆い、この金属部品が異
常加熱したときに、ヒーターへの通電を停止するサー
モスタットを追加する無償点検・修理又は代替品との
交換を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20111873)
1
家庭用電
気製品
A2011
除湿乾燥機
00331
DBC-T
株式会社カ
ンキョー
A2011
除湿乾燥機
00176
DBC-T
(日本タッ
パーウェ
ア株式会
社ブラン
ド)
当該製品を運転開始後、異常
株式会社カ
に気付き確認すると、当該製品
ンキョー(日
本タッパー 11.火災 から出火する火災が発生して
おり、当該製品及び周辺が焼
ウェア株式会
損した。(事故発生地:福岡県)
社ブランド)
A2011
除湿乾燥機
00347
象印マホー
RV-HA60
ビン株式会
型
社
A2011
除湿機
00218
建物が全焼する火災が発生
DWシャープ株式
11.火災 し、現場に当該製品があった。
S101W-H 会社
(事故発生地:長崎県)
当該製品は焼損が著しく、制御基板等が焼失し
ており、運転コンデンサーも焼損が著しいことか
-ら、製品起因か否かを含め、事故原因の特定
はできなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0693)
1
家庭用電
気製品
A2011
除湿機
00441
DBC
当該製品を使用中、当該製品
11.火災 を焼損する火災が発生した。
(事故発生地:茨城県)
当該製品に使用されている電源基板上の実装
部品に設計と異なるものが用されていたこと及
び電源基板の樹脂製ケースも設計と異なる難
-燃性の低い材料が使用されていたため、実装
部品の不具合から出火した際に樹脂製ケース
に着火し、火災に至ったものと考えられる。
株式会社カンキョーは、当該製品を含む対象機種に
ついて、事故の再発防止を図るため、平成23年10
月24日にホームページへ情報を掲載するとともに、
購入者への通知などを実施し、対象製品について無
償点検・改修を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20112473)
1
家庭用電
気製品
A2011
除湿機
00076
警報機が鳴動したため共同住
宅の管理人が確認すると、運
転中の当該製品から出火する
三洋電機株
11.火災
SDH-Z7
火災が発生しており、当該製品
式会社
及び周辺が焼損した。(事故発
生地:東京都)
事故原因は、当該製品の電気基板部又はヒー
ター線と電源基板を繋ぐリード線のカシメ部に
溶融痕が認められることから、製品内部から出 -火した可能性が考えられるが、電源基板部の焼
損が著しく、原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0385)
1
家庭用電
気製品
A2011
除湿機
00808
FYHB100
松下エコシス
当該製品及び周辺を焼損する
テムズ㈱(現
パナソニック 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:奈良県)
エコシステム
ズ㈱)
当該製品は焼損が著しく、確認できない部品が
あることから、製品起因か否かを含め、事故原 -因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
に、必要に応じて対応を行うこととする。
故(20113708)
1
家庭用電
気製品
A2011
除湿機
00159
MD-566
森田電工株
当該製品を使用中、当該製品
式会社(現
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
株式会社
生した。(事故発生地:山形県)
ユーイング)
調査の結果、事故原因は、当該製品のコンデン
サ又はコンデンサのはんだ付け部付近から出
-火したものと考えられるが、当該箇所が焼失し
ていたことから、原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0619)
1
家庭用電
気製品
株式会社カ
ンキョー
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品を焼損す
11.火災
る火災が発生した。(事故発生
地:神奈川県)
2-10 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
A2011
照明器具
00589
ZT-103
NECライティ
当該製品及び周辺を焼損する
ング株式会 11.火災 火災が発生していた。(事故発
社
生地:秋田県)
調査の結果、当該製品の本体から環形蛍光管
へ接続しているリード線が著しく焼損しているこ
とから、当該リード線がショートし、出火に至った -ものと考えられるが、焼損が著しく、事故原因の
特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3039)
1
家庭用電
気製品
A2011
照明器具
00499
OL 001
716N
当該製品及び周辺を焼損する
オーデリック
11.火災 火災が発生した。(事故発生
株式会社
地:埼玉県)
当該製品の電気部品が焼損著しく確認できな
いことから、製品起因か否かを含め、事故原因 -の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2715)
1
家庭用電
気製品
A2011
照明器具
00002
当該製品から出火する火災が
コイズミ照明
発生し、当該製品が焼損、周
VBG6460
デバイス株 11.火災
辺が汚損した。(事故発生地:
44
式会社
千葉県)
事故原因は、当該製品の焼損が著しく一部部
品が確認できなかったことから、製品起因か否 -かを含め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0032)
1
家庭用電
気製品
A2011
照明器具
00816
FVH1140
0R(株式
会社東芝
ブランド)
株式会社 L
当該製品から発煙し、当該製
DF (株式会
11.火災 品を焼損する火災が発生した。
社東芝ブラン
(事故発生地:静岡県)
ド)
事故原因は、長期使用(約10年)により電解コ
ンデンサーが絶縁劣化していたため、電解コン
デンサー内部の内圧が上昇して安全弁が作動 -し電解液が蒸気となって噴出したものと考えら
れる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3706)
1
家庭用電
気製品
A2011
照明器具
00028
当該製品に照明を接続して使
株式会社ミツ
用中、照明が消え、当該製品
AHN3350 ヨシ(現 青
11.火災 から発煙する火災が発生し、当
垣コイズミ照
89
該製品が焼損した。(事故発生
明株式会社)
地:群馬県)
事故原因は、長期使用(約12年)により、当該
製品の電解コンデンサが劣化し、電解液が
徐々に減少したことで電極箔間でアークが生じ -たことで異常発熱し、発煙に至ったものと考えら
れる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0189)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2705)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2828)
1
家庭用電
気製品
年度
番号
品名
A2011
照明器具
00475
A2011
照明器具
00509
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故通知内容
事故原因
事故原因は、長期使用(約29年)により、当該
松下電工株
製品の40W用安定器の一次巻線の絶縁被覆
当該製品から出火する火災が
式会社(現
※長 が劣化していたため巻線がレイヤーショートし、
HD736G
パナソニック 11.火災 発生し、当該製品が焼損した。
安定器が異常発熱したことで、出火に至ったも -期
PL
(事故発生地:神奈川県)
電工株式会
のと考えられる。なお、40W用回路に32W用
社)
蛍光灯を使用していたことも、安定器の回路電
流が増加したため巻線
劣化促進に影響し
事故原因は、長期使用(約28年)により、当該
火災報知器が鳴動したため確
松下電工株
製品の40W用安定器の巻線の絶縁被覆が劣
認すると、当該製品から出火す
式会社(現
化していたため巻線がレイヤーショートし、安定
パナソニック 11.火災 る火災が発生しており、当該製
不明
器が異常発熱したことで、出火に至ったものと -品が焼損し、周辺が汚損した。
電工株式会
考えられる。なお、40W用回路に32W用蛍光
(事故発生地:愛知県)
社)
灯を使用していたことも、安定器の回路電流が
増加したため巻線 劣化促進に影響し
たと
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2011
照明器具
00409
D477986
事故原因は、長期使用(約20年)により、一次コ
異臭がしたため確認すると、当
該製品から発煙し、当該製品 ※長 イルの巻線が絶縁劣化し、レイヤショートが生じ
大光電機株
-11.火災
たため一次コイルが異常発熱し、発煙・焼損に
が焼損する火災が発生してい 期
式会社
至ったものと考えられる。
た。(事故発生地:静岡県)
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2386)
1
家庭用電
気製品
A2011
照明器具
00586
EGR7011
当該製品から出火する火災が
瀧住電機工
11.火災 発生し、当該製品が焼損した。
業株式会社
(事故発生地:神奈川県)
事故原因は、当該製品内の電源線とリモコン受
信器基板を接続するコネクター部分で異常発熱
-が生じて出火に至ったものと考えられるが、異
常発熱が生じた原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3007)
1
家庭用電
気製品
2-11 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
事故
原因
区分
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
A2011
照明器具
00233
IHP60027
(東芝ラ
イテック
株式会社
ブランド)
当該製品のスイッチを入れたと
東金工業株
ころ、異音とともに電源コードか
式会社(東芝
ライテック株 11.火災 ら出火する火災が発生し、当該
製品が焼損した。(事故発生
式会社ブラン
地:埼玉県)
ド)
事故原因は、構造上の問題から使用中に器具
内部が高温になり、当該製品を吊り下げる電源
コードの本体接続部付近の絶縁被覆が熱劣化 -によりショートし、出火に至ったものと考えられ
る。
QCW62202C
日本電気
ホームエレク
当該製品を使用中、当該製品
トロニクス㈱
11.火災 を焼損する火災が発生した。
(現 NECラ
(事故発生地:神奈川県)
イティング株
式会社)
事故原因は、当該製品の長期使用(約22年)
により、蛍光ランプ32W用の銅鉄安定器の一
次側巻線が絶縁劣化したため、レイヤショート
が生じて異常発熱し、発煙、出火に至ったもの
と考えられる。
年度
番号
A2011
照明器具
00590
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故通知内容
パナソニック
庭に設置していた当該製品を
電工株式会
A2011 照明器具(水銀
YA82321 社(現 パナ 11.火災 焼損する火災が発生した。(事
00298 灯)
故発生地:神奈川県)
ソニック株式
会社)
A2011
浄水器
00059
異音とともに当該製品の電源
プラグから発煙、出火する火災
日本アムウェ
11.火災 が発生し、当該製品及び周辺
eSpring
イ合同会社
が焼損した。(事故発生地:東
京都)
事故原因
再発防止措置
販売事業者である東芝ライテック株式会社は、当該
製品を含む対象機種について、事故の再発防止を図
るため、平成21年11月4日にプレスリリースを行うと
ともにホームページに情報を掲載し、翌5日に新聞社
告を行い、電源コードの耐熱性を向上させた製品と
無償交換を実施している。
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、NECラ
イティング株式会社では2005年2月より全ての家庭
用照明器具を対象に長期使用の照明器具に関する
注意喚起を取扱説明書やカタログ等に記載してい
る。
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20110941)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113036)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1735)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0309)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2958)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品のヒーター配線に張力
が加わっていたことから、運転時の振動により
-半断線が発生し、異常発熱が生じて出火に至っ
たものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2951)
1
家庭用電
気製品
--
事故原因は、当該製品の長期使用(約37年)に
より、製品内部の安定器が絶縁劣化したため内
部巻線にレイヤーショートが生じ、ランプに過電
-流が流れたことでランプが破損し、破損したガラ
ス破片により外郭が溶融して、焼損に至ったも
のと考えられる。
当該製品の電源プラグから出火したものと推定
されるが、使用状況が不明なことから、製品起
因か否かを含め、事故原因の特定には至らな
-かった。なお、取扱説明書には、「火災の原因と
なるので電源プラグにホコリを付着させたまま
にしない」旨、記載されている。
事故原因は、当該製品のドア裏板のヒビ及びド
ア下ヒンジ部に隙間が生じたことから、庫内の
洗浄液が漏水して内部の漏電遮断器に洗浄液
がかかり、漏電遮断器端子台が短絡したため -焼損したものと推定され、製品に起因する事故
と考えられるが、ドア裏板のヒビ及びドア下ヒン
ジ部に隙間が生じた原因 特定には至らな
HR-D605
(株式会
A2011 食器洗い乾燥
社ハーマ
00558 機
ンブラン
ド)
テガ三洋工
当該製品を使用中、異音ととも
業株式会社
に当該製品下部から出火する
(株式会社 11.火災
火災が発生し、当該製品が焼
ハーマンブラ
損した。(事故発生地:東京都)
ンド)
A2011 食器洗い乾燥 DW00552 機
S2000
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
三洋電機株
11.火災 から出火する火災が発生して
式会社
おり、当該製品が焼損した。
(事故発生地:岐阜県)
A2011 食器洗い乾燥 NP00135 機
3000BP
当該製品の使用を開始し、しば
松下電器産
らくすると火災報知器が鳴動し
業株式会社
たため確認すると、当該製品
(現 パナソ 11.火災
から出火する火災が発生して
ニック株式会
おり、当該製品及び周辺が焼
社)
損した。(事故発生地:広島県)
長期使用(約11年)によりドア開閉レバーブロッ
クの固定部が破損したことで、ドアに取り付けら
れたマイクロスイッチ端子部に接続するリード線 -に外力が加わり、断線・スパークが生じて、出火
に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0463)
1
家庭用電
気製品
NPA2011 食器洗い乾燥
50SX300085 機
VS
松下電器産
異臭がしたため確認すると、当
業株式会社
該製品及び周辺を焼損する火
(現 パナソ 11.火災
災が発生していた。(事故発生
ニック株式会
地:兵庫県)
社)
当該製品は、焼損が著しく、内部の電源コード
等に溶融痕が認められたが、一・二次痕の特定
-ができなかったことから、製品起因か否かを含
め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2010に、必要に応じて対応を行うこととする。
4063)
1
家庭用電
気製品
食器洗い乾燥
RKWA2011
機(ビルトイン
V45A
00759
式)
火災報知器が鳴動したため確
認すると、当該製品を焼損し、
リンナイ株式
11.火災
周辺を汚損する火災が発生し
会社
ていた。(事故発生地:北海道)
当該製品は、全面右側及び当該部位に位置し
ている基板の焼損が最も著しく、底面内側の最
前部に水漏れによる腐食が認められたことか
ら、当該製品の基板またはコネクター部でトラッ -キング現象等が生じて出火に至ったものと考え
られるが、当該箇所の焼損が著しく、事故原因
特定には至らなか た
リンナイ株式会社は、当該製品を含む対象機種につ
いて、事故の再発防止を図るため、平成24年8月2
4日、ホームページへの情報掲載を行うとともに、所
有者に対してダイレクトメールの送付等を行い、対象
製品について無償点検・修理を実施する。
1
家庭用電
気製品
2-12 / 96
経済産業省
重大製品事
故(20113608)
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
食器洗い乾燥
FB4503P 株式会社
A2011
機(ビルトイン
C
ハーマン
00064
式)
被害の
種類
事故通知内容
異臭と煙に気付き確認すると、
当該製品から出火する火災が
11.火災 発生しており、当該製品及び周
辺が焼損した。(事故発生地:
東京都)
当該製品及び周辺を焼損する
食器洗い乾燥
三洋電機株
A2011
11.火災 火災が発生した。(事故発生
機(ビルトイン DW-S1B
式会社
00777
地:埼玉県)
式)
食器洗い乾燥
NPA2011
機(ビルトイン
3000BP
00900
式)
A2011 水槽用サーモ
00544 スタット
松下電器産
当該製品を使用中、当該製品
業株式会社
及び周辺を焼損する火災が発
(現 パナソ 11.火災
生し、1名が負傷した。(事故発
ニック株式会
生地:兵庫県)
社)
EV
当該製品を使用中、当該製品
THERMO
共栄アクア
から出火する火災が発生し、当
600H(㈱
テック株式会 11.火災
該製品が焼損、周辺が汚損し
エヴァリ
社
た。(事故発生地:東京都)
スブラン
ド)
ツインラ
A2011 水槽用照明器
イト
00652 具
S1200
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
コトブキ工芸
11.火災
該製品及び周辺が焼損した。
株式会社
(事故発生地:埼玉県)
PJ305KF
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品を焼損す
シャープ株式
11.火災
る火災が発生した。(事故発生
会社
地:東京都)
A2011
扇風機
00299
PJ305ZM
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
シャープ株式
11.火災 から出火する火災が発生して
会社
おり、当該製品が焼損した。
(事故発生地:福井県)
A2011
扇風機
00621
株式会社ド
FMD-180
ウシシャ
A2011
扇風機
00666
当該製品を使用中、異臭ととも
株式会社総
に当該製品から出火する火災
CR-8801 通(輸入事業 11.火災
が発生し、当該製品が焼損し
者)
た。(事故発生地:千葉県)
A2011
扇風機
00309
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
事故原因は、当該製品の修理作業時に、製品
内に残留している洗剤を含んだ水が、本体内部
の漏電ブレーカーに掛かったため、漏電ブレー -カーの電源側端子部においてトラッキング現象
が発生し、出火に至ったものと考えられる。
経済産業省
株式会社ハーマンでは、事故の再発防止を図るた
重大製品事
め、全社に通達を発出し、修理作業時の手順を周知
故(2011徹底した。
0306)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の長期使用(約15年)
により、内部配線にドア開閉時の屈曲が加わっ
たため半断線となり、漏水の影響によって半断 -線部分でスパークが生じ、出火に至ったものと
考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3623)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3912)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2931)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3324)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111771)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111492)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113078)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1865)
1
家庭用電
気製品
当該品を使用中にハンドルスイッチ部に不具合
が生じハンドルスイッチ部の修理の際に固定方
法が変更されたためハンドルスイッチ部にがた
つきが生じファストン端子に外力が加わりファス -トン端子のカシメ部付近で半断線となり出火に
至ったものと推定されるがハンドルスイッチ部の
修理時期や修理内容が
明な とから製品起
当該製品内部に水が浸入したため、電源コード
と電装基板のはんだ接続部でトラッキング現象
が生じた、もしくは電源コードのはんだ付け不良
-により出火に至ったものと推定されるが、焼損
が著しいことから、製品起因か否かを含め、事
故原因の特定には至らなかった。
当該製品の左側の焼損が著しいことから、水槽
ポンプによる海水の飛沫が当該製品電気部品
に付着しトラッキング現象が生じて出火したか、
安定器の巻線が絶縁劣化して発熱・発火したも -のと推定されるが、当該製品が回収されず、廃
棄されていたことから、製品起因か否かを含
め 事故原因 特定には至らなか た
事故原因は、当該製品の長期使用(約36年)
により、起動コンデンサーが絶縁劣化して内部
短絡が生じ、モーター巻線に過電流が流れてレ -イヤショートが生じて異常発熱し、火災に至った
ものと考えられる。
事故原因は、当該製品は、長期使用(約36年)
によりモーターの起動コンデンサーが絶縁劣化
し短絡状態となり、モーター巻線に過電流が流 -れたため異常発熱して、出火に至ったものと考
えられる。
事故原因は、長期使用(約19年)により、当該
当該製品を使用中、当該製品
製品の首振り機構部の内部配線が首振り時の
から出火する火災が発生し、当 ※長
繰り返しの屈曲を受けたことにより断線し、当該 -11.火災
該製品及び周辺が焼損した。 期
部分からスパークが発生し、出火に至ったもの
(事故発生地:奈良県)
と考えられる。
事故原因は、当該製品の充電制御用トランジス
タの放熱処理が不十分であるため、端子電圧
の下がったバッテリーに充電すると充電電流が
-多く流れ、トランジスタが異常発熱し、基板の焼
損、はんだの溶融によって出火に至ったものと
考えられる。
2-13 / 96
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成19年9月からホームページにて、長年ご使
用の扇風機についてのお知らせを掲載し、注意喚起
を行っている。また、平成20年6月より(財)家電製品
協会、(社)日本電機工業会、(社)電子情報技術産
業協会、(社)日本冷凍空調工業会の家電4団体に
お
経済産業省と協力し 扇風機を含む長期使
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成19年9月からホームページにて、長年ご使
用の扇風機についてのお知らせを掲載し、注意喚起
を行っている。また、平成20年6月より(財)家電製品
協会、(社)日本電機工業会、(社)電子情報技術産
業協会、(社)日本冷凍空調工業会の家電4団体に
お
経済産業省と協力し 扇風機を含む長期使
輸入事業者の株式会社ドウシシャでは、平成19年1
0月から同社ホームページ上にて、長期使用の扇風
機について故障状態が見られる場合等は使用を中
止するよう呼びかけている。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、長期使用(約40年以上)によっ
て、始動用コンデンサーの絶縁性能が低下し、
-内部短絡したために出火に至ったものと考えら
れる。
A2011
扇風機
00358
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
三洋電機株
11.火災
EF-6DN
該製品及び周辺が焼損した。
式会社
(事故発生地:愛知県)
A2011
扇風機
00411
EF-6EZ
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、1
三洋電機株
11.火災
棟が全焼、4棟に延焼した。
式会社
(事故発生地:東京都)
事故原因は、長期使用(約40年以上)によっ
て、始動用コンデンサーの絶縁性能が低下し、
-内部短絡したために出火に至ったものと考えら
れる。
A2011
扇風機
00327
EF-6EZ
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
三洋電機株
11.火災
該製品及び周辺が焼損した。
式会社
(事故発生地:静岡県)
事故原因は、長期使用(約40年以上)によっ
て、始動用コンデンサーの絶縁性能が低下し、
-内部短絡したために出火に至ったものと考えら
れる。
A2011
扇風機
00449
当該製品を犬小屋へ向けて屋
事故原因は、長期使用(約39年)によって、始
外で使用中、当該製品から出
※長
三洋電機株
動用コンデンサーの絶縁性能が低下し、内部短 -11.火災 火する火災が発生し、当該製
EF-6UW
期
式会社
絡したために出火に至ったものと考えられる。
品が焼損した。(事故発生地:
埼玉県)
再発防止措置
三洋電機株式会社では、製造から30年以上経過し
ている扇風機について、平成19年8月25日、平成2
0年6月10日及び平成23年6月14日に新聞広告を
掲載し、平成19年9月1日からテレビ広告を実施す
るなどして、使用の中止を呼びかけるとともに、製品
の廃棄のお願いをしている。また、財団法人家電製
品協会
社団法人 本電機 業会 社団法人電子
三洋電機株式会社では、製造から30年以上経過し
ている扇風機について、平成19年8月25日、平成2
0年6月10日及び平成23年6月14日に新聞広告を
掲載し、平成19年9月1日からテレビ広告を実施す
るなどして、使用の中止を呼びかけるとともに、製品
の廃棄のお願いをしている。また、財団法人家電製
品協会
社団法人 本電機 業会 社団法人電子
三洋電機株式会社では、製造から30年以上経過し
ている扇風機について、平成19年8月25日、平成2
0年6月10日及び平成23年6月14日に新聞広告を
掲載し、平成19年9月1日からテレビ広告を実施す
るなどして、使用の中止を呼びかけるとともに、製品
の廃棄のお願いをしている。また、財団法人家電製
品協会
社団法人 本電機 業会 社団法人電子
三洋電機株式会社では、製造から30年以上経過し
ている扇風機について、平成19年8月25日、平成2
0年6月10日及び平成23年6月14日に新聞広告を
掲載し、平成19年9月1日からテレビ広告を実施す
るなどして、使用の中止を呼びかけるとともに、製品
の廃棄のお願いをしている。また、財団法人家電製
品協会
社団法人 本電機 業会 社団法人電子
三洋電機株式会社では、製造から30年以上経過し
ている扇風機について、平成19年8月25日、平成2
0年6月10日及び平成23年6月14日に新聞広告を
掲載し、平成19年9月1日からテレビ広告を実施す
るなどして、使用の中止を呼びかけるとともに、製品
の廃棄のお願いをしている。また、財団法人家電製
品協会 社団法人 本電機 業会 社団法人電子
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20112128)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112388)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111835)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112515)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113059)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2680)
1
家庭用電
気製品
A2011
扇風機
00608
EF-8EF
当該製品を使用中、発煙に気
付き確認すると、当該製品から
三洋電機株
11.火災 出火する火災が発生しており、
式会社
当該製品及び周辺が焼損し
た。(事故発生地:神奈川県)
事故原因は、長期使用(約40年以上)によっ
て、始動用コンデンサーの絶縁性能が低下し、
-内部短絡したために出火に至ったものと考えら
れる。
A2011
扇風機
00456
松下精工株
当該製品を焼損し、周辺を汚
式会社(現
F-40L2D パナソニック 11.火災 損する火災が発生した。(事故
発生地:岐阜県)
エコシステム
ズ株式会社)
調査の結果、事故原因は、長期使用(約20年)
により、当該製品のモーター軸がロックして作動
しない状態であったが、スイッチを入れたままに
-していたため、モーター巻線が異常発熱してレ
イヤーショート(層間短絡)し、出火に至ったもの
と考えられる。
A2011
扇風機
00404
当該製品を使用中、当該製品
事故原因は、長期使用(約39年)により、モー
東芝ホーム
から出火する火災が発生し、当 ※長
ターコイル部にレイヤーショートが生じたため、 -H-30PAP テクノ株式会 11.火災
該製品及び周辺が焼損した。 期
過熱し、出火に至ったものと考えられる。
社
(事故発生地:熊本県)
東芝ホームテクノ株式会社は、事故の再発防止を図
るため、平成19年9月7日から同社ホームページに
長年ご使用の扇風機の使用にあたっての注意事項
を掲載し、使用中止を呼びかけている。
経済産業省
重大製品事
故(20112362)
1
家庭用電
気製品
A2011
扇風機
00461
学校内で火災報知器が鳴動し
たため確認すると、当該製品
東芝ホーム
S-35DC テクノ株式会 11.火災 から出火する火災が発生して
おり、当該製品及び周辺が焼
社
損した。(事故発生地:東京都)
事故原因は、長期使用(約39年)により、モー
ターコイル巻線の絶縁が劣化し、レイヤーショー
ト(コイル巻線の線間でショートする層間短絡)が -生じたため、モーター部が過熱し、出火に至っ
たものと考えられる。
東芝ホームテクノ株式会社は、事故の再発防止を図
るため、平成19年9月7日から同社ホームページに
「長年ご使用の扇風機の使用についてのお知らせと
お願い」として注意事項を掲載し、不具合がある場合
には使用を中止するよう呼び掛けている。
経済産業省
重大製品事
故(20112685)
1
家庭用電
気製品
A2011
扇風機
00376
当該製品を充電中、ブレーカー
が作動したため確認すると、当
有限会社
NH該製品から出火する火災が発
DC/AC- イーグルジャ 11.火災
生しており、当該製品及び周辺
LED-SF パン
が焼損した。(事故発生地:神
奈川県)
事故原因は、当該製品の内部配線が短絡し出
火に至ったものと推定されるが、当該製品の焼
-損が著しいことから、内部配線が短絡した原因
の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2140)
1
家庭用電
気製品
2-14 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
型式機種
製造・輸入・
販売業者
A2011 扇風機(充電
00821 式)
XD-812L
株式会社ノ
バック
A2011
調光器
00774
DP34402(大
光電機株
式会社ブ
ランド)
当該製品を使用中、当該製品
トヨスター株
から発煙し、当該製品を焼損す
式会社(大光
11.火災
る火災が発生した。(事故発生
電機株式会
地:静岡県)
社ブランド)
A2011
電気あんか
00641
CAY-KT
株式会社ド
ウシシャ
A2011
電気オーブン
00522
95FL
当該製品で調理中、当該製品
デロンギ・
から出火する火災が発生し、当
ジャパン株式 11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
会社
地:東京都)
年度
番号
品名
被害の
種類
事故通知内容
建物を全焼する火災が発生
11.火災 し、現場に当該製品があった。
(事故発生地:埼玉県)
11.火災
当該製品から出火する火災が
発生し、当該製品及び周辺が
焼損した。(事故発生地:岐阜
県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、充電中の製品内部の異常発熱等
で出火に至ったものと考えられるが、当該製品
-の焼損が著しいことから、原因の特定には至ら
なかった。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3716)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3604)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113290)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の調光基板の速結端子
(電源線を接続する端子)の取付部の周囲が焼
失していることから、当該端子部のはんだ付け
-不良により異常発熱が生じたと考えられるが、
取付部が焼失していることから、異常発熱が生
じた原因の特定には至らなかった。
事故原因は、長期使用(約12年)により、当該
製品の電源コードに屈曲や引っ張り等の強い力
が繰り返し加わったため、本体側コードプロテク
タ−部の芯線が断線しスパークが発生し、火災 -に至ったものと考えられる。なお、取扱説明書に
は「電源コードは、乱暴に扱わないでください。
電源
ドは傷んだまま使用すると発火や焼損
事故原因は、長期使用(約14年)により、当該
製品の調理切替スイッチに接続されている強弱
切替用のダイオードが劣化したことによりショー -ト状態となってスパークが生じて、出火に至った
ものと考えられる。
輸入事業者の株式会社ドウシシャでは、平成19年2
月27日から同社ホームページ上及び同年3月17日
に新聞掲載を行い、当該製品の回収・代金返金を
行っている。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2852)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気カーペット J0260
00842
株式会社
店舗で当該製品を使用後、当
ワールドジェ 11.火災 該製品を焼損する火災が発生
イピー
した。(事故発生地:静岡県)
事故原因は、ヒーター線の異常発熱により出火
に至った可能性が考えられるが、当該製品が確
認できず使用状況も不明なことから、製品起因 -か否かを含め、事故原因の特定に至らなかっ
た。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3774)
1
家庭用電
気製品
EM-B200
(三菱電
A2011
電気カーペット 機ホーム
00814
機器(株)
ブランド)
日本電熱株
当該製品及び周辺を焼損する
式会社(三菱
電機ホーム 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:東京都)
機器(株)ブ
ランド)
当該製品のコントローラー部基板内のリレーの
固定接点のカシメが緩んだため、接触抵抗が増
加して異常発熱し、固定接点端子の保持部の
樹脂が徐々に劣化したことで固定接点端子と可 -動接触片端子間で絶縁劣化が生じて出火に
至ったものと推定されるが、固定接点の一部が
未回収な とから 固定接点 カシメが緩んだ
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3711)
1
家庭用電
気製品
当該製品は焼損が著しく、回収できていない部
品があることから、製品起因か否かを含め、事 -故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0231)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気がま
00043
松下電器産
当該製品及び周辺を焼損する
業株式会社
SR-CK05 (現 パナソ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:愛知県)
ニック株式会
社)
A2011
電気がま
00825
当該製品のタイマーをセットし
象印マホー
ておいたところ、当該製品から
ビン株式会
11.火災 出火する火災が発生し、当該
NS-GU36
社(輸入事業
製品を焼損した。(事故発生
者)
地:茨城県)
事故原因は、当該製品の前面パネル内のラン
プ基板またはタイマー部品から出火したものと
推定されるが、部品不良によるものか、外部か -らの異物浸入によりトラッキング現象が生じたも
のか、原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3771)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ケトル
00616
RM-8056
(和平フ
有限会社新
2.重傷
レイズ株
津興器
式会社ブ
ランド)
事故原因は、当該製品の製造時に樹脂製取っ
手部を本体に取り付ける際に、取り付けネジを
過度のトルクで締め付けたため、当該取付部分 -のネジ穴周辺に亀裂が生じて破損し、事故に
至ったものと考えられる。
和平フレイズ株式会社及び有限会社新津興器では、
平成23年11月29日から両社のホームページや購
入者への個別通知により、当該製品の使用中止を呼
びかけるとともに、修理対応を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20113077)
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、当該製品
の樹脂製取っ手部が外れて、
こぼれた湯で火傷を負った。
(事故発生地:福岡県)
2-15 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2011
電気こたつ
00730
当該製品を使用中、異音がし、
KX-753足に異常な熱を感じたため確
B(滝口 株式会社ニ
木材株式 コーエイジェ 11.火災 認すると、当該製品及び周辺
が燃えており、建物が全焼し
会社ブラ ンシー
た。(事故発生地:福島県)
ンド)
当該製品は焼損が著しいことから、製品起因か
否かを含め、事故原因の特定には至らなかっ -た。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3519)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気こんろ
00691
当該製品及び当該製品の上に
置いていた可燃物を焼損する
株式会社巴
11.火災
MK-1004
火災が発生した。(事故発生
商会
地:神奈川県)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、可燃物に引火したものと考 -えられる。
株式会社巴商会は、当該製品を含む対象機種につ
いて、事故の再発防止を図るため、平成23年4月2
0日からリコールを開始し、平成23年10月21日に
ホームページへ掲載し、当該製品のスイッチ部の無
償改修を呼び掛けている。
経済産業省
重大製品事
故(20113450)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気こんろ
00568
当該製品の上に置いていた可
燃物(電気ケトル)を焼損する
三菱電機株
11.火災
CR-1501
火災が発生した。(事故発生
式会社
地:東京都)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて
-いた可燃物(電気ケトル)に引火したものと考え
られる。
経済産業省
重大製品事
故(20112980)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110572)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112829)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110387)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112880)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111872)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110803)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気こんろ
00146
A2011
電気こんろ
00512
A2011
電気こんろ
00088
A2011
電気こんろ
00533
A2011
電気こんろ
00346
A2011
電気こんろ
00214
HK-1102
((株)日
立ハウス
テック製
ミニキッ
チン
「HK1102(日
立ハウス
テック(現
ハウス
テック)製
キ
HK-1102
[(株)日
立ハウス
テック製
ミニキッ
チン
「
松下電器産
当該製品及び周辺が焼損する
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:東京都)
ニック株式会
社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の近くに置かれ -ていた可燃物に引火したものと考えられる。
火災警報器が鳴動したため確
松下電器産
認すると、当該製品上部で火
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 災が発生しており、当該製品及
び周辺を焼損した。(事故発生
ニック株式会
地:東京都)
社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて -いた可燃物に引火したものと考えられる。
松下電器産
当該製品及び周辺を焼損する
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:神奈川県)
ニック株式会
社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて -いた可燃物に引火したものと考えられる。
松下電器産
当該製品及び周辺を焼損する
業株式会社
NK-1102 (現 パナソ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:東京都)
ニック株式会
社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて -いた可燃物に引火したものと考えられる。
NK-1102
(松下電
工(現パ
ナソニッ
ク)製ミニ
キッチン
「HT-1250
(組み込
み先の
キッチン
メーカー
は不明)
松下電器産
当該製品から出火する火災が
業株式会社
発生し、当該製品及び周辺が
(現 パナソ 11.火災
焼損した。(事故発生地:神奈
ニック株式会
川県)
社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて -いた物(炊飯器)が燃えたものと考えられる。
日立熱器具
当該製品及び周辺が焼損する
株式会社(現
日立アプライ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:愛知県)
アンス株式
会社)
事故原因は、使用者の身体等が当該製品のつ
まみに触れてスイッチが入り、当該製品の上に
-置かれていたカセットこんろが加熱され、ガスボ
ンベが熱により破裂したものと考えられる。
2-16 / 96
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに電気
こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)
は、小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つま
みが飛び出しているもの)については、身体や荷物が
つまみ(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってし
まう事故が多発していることから、各事業者におい
て、つまみ(スイッチ部)の無償改修を行っている。さ
らに
電気 んろメ カ 及びキ
トメ
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れスイッチが入ってしまう事
故が多発していることから、各事業者においてつまみ
(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに電気こ
んろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社は平
成 年 月
に「小形キ
ト用電気
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
電気こんろ
00521
A2011
電気こんろ
00603
A2011
電気こんろ
00483
型式機種
HT-1290
(サンウ
エーブ工
業㈱(現
㈱LIXIL)
製ミニ
キ
HT-1290
(サンウ
エーブ工
業㈱製ミ
ニキッチ
ンに組み
込まれた
SBE101100V(サ
ンウェー
ブ工業㈱
製ミニ
キ
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
日立熱器具
当該製品の上に炊飯器を置い
株式会社(現
ていたところ、当該製品及び周
日立アプライ 11.火災
辺を焼損する火災が発生した。
アンス株式
(事故発生地:兵庫県)
会社)
事故原因は、当該製品の上に置いた炊飯器が
つまみに触れてスイッチが入り、炊飯器に引火 -したものと考えられる。
当該製品の上面に可燃物(タ
日立熱器具
オル及びボックスティッシュ)を
株式会社(現
日立アプライ 11.火災 置いていたところ、当該製品及
び周辺を焼損する火災が発生
アンス株式
した。(事故発生地:神奈川県)
会社)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、置かれていた可燃物に引 -火したものと考えられる。
当該製品の上に木枠を組んで
板を置き、電気冷蔵庫を設置し
富士工業株
11.火災 ていたところ、周辺を焼損する
式会社
火災が発生した。(事故発生
地:愛知県)
事故原因は、身体等が当該製品のつまみに触
れてスイッチが入り、当該製品の上に置かれて
-いた物(板及び電気冷蔵庫)が燃えたものと考
えられる。
再発防止措置
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は
平成 年 月
に「小形キ
ト用
小型キッチン等に組み込まれた電気こんろ(つまみが
飛び出しているもの)については、身体や荷物がつま
み(スイッチ操作部)に触れ、スイッチが入ってしまう
事故が多発していることから、各事業者においてつま
み(スイッチ部)の無償改修を行っている。さらに、電
気こんろメーカー及びキッチンユニットメーカー13社
は 平成 年 月
に「小形キ
ト用
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20112851)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113058)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112762)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気スタンド
00289
OTS−3 株式会社
699MW オーム電機
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:福岡県)
当該製品周辺の焼損が著しく、電源コード断線
部の状態が確認できず、外部からの延焼の可
-能性もあることから、製品起因か否かも含め、
事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1702)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ストーブ
00009
建物が全焼する火災が発生
1.死
し、現場に当該製品があった。
ERFT11K ダイキン工業
亡:11.火
1名が死亡、1名が負傷した。
S
株式会社
災
(事故発生地:愛媛県)
当該製品は焼損が著しく、確認できない部品も
あることから、製品起因か否かを含め、事故原 -因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0104)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ストーブ
00594
YAD800L
ユアサプライ
当該製品及び周辺を焼損する
ムス株式会 11.火災 火災が発生した。(事故発生
社
地:愛知県)
当該製品は焼損が著しく、電気部品のほとんど
が確認できないことから、製品起因か否かを含 -め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3043)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ストーブ
00714
TSK5303Q
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品を焼損す
燦坤日本電
11.火災
る火災が発生した。(事故発生
器株式会社
地:兵庫県)
事故原因は、当該製品のロータリースイッチ接
続部において、電源電線との間で接触不良が
-生じたため異常発熱し、出火に至ったものと考
えられる。
燦坤日本電器株式会社は、当該製品を含む対象機
種について、事故の再発防止を図るため、平成24年
2月24日新聞社告を掲載し、また、ホームページへ
の情報掲載により、使用中止を呼び掛けるとともに、
対象製品について製品回収・返金を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20113487)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ストーブ
00186
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
のスイッチ付近から出火する火
ST-M85 松木技研株
11.火災
災が発生しており、当該製品が
(A)
式会社
焼損した。(事故発生地:埼玉
県)
事故原因は、ヒーター管端子へ接続するリード
線の圧着端子とリード線のカシメ不良により、接
-触不良が生じて出火に至ったものと考えられ
る。
松木技研株式会社社は、対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成17年12月8日に新聞社
告を掲載するとともに、販売店を通じ、回収(返金又
は交換)の呼び掛けを行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20110711)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ストーブ
00184
STM85(A)
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
松木技研株
11.火災 から出火する火災が発生して
式会社
おり、当該製品及び周辺が焼
損した。(事故発生地:東京都)
事故原因は、ヒーター管端子へ接続するリード
線の圧着端子とリード線のカシメ不良により、接
-触不良が生じて出火に至ったものと考えられ
る。
松木技研株式会社は、対象機種について、事故の再
発防止を図るため、平成17年12月8日に新聞社告
を掲載するとともに、販売店を通じ、回収(返金又は
交換)の呼び掛けを行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20110709)
1
家庭用電
気製品
2-17 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気ストーブ
A2011
(オイルヒー
00689
ター)
型式機種
製造・輸入・
販売業者
株式会社セ
CLV-065
ラヴィ
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
当該製品を使用中、異音ととも
に当該製品から出火する火災
11.火災
が発生し、当該製品を焼損し
た。(事故発生地:熊本県)
事故原因は、電源コードと内部配線を接続する
ネジの締め付けが弱かったため、接触不良を起 -こし、発熱して出火に至ったものと考えられる。
株式会社セラヴィは、対象機種について、事故の再
発防止を図るため、平成20年3月15日に新聞社告
を掲載するとともに、ホームページに情報を掲載し、
対象製品について、使用の中止、無償点検・改修の
呼び掛けを行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20113449)
1
家庭用電
気製品
当該製品のコントロールパネル内に混入してい
た金属製チェーンに溶融痕が認められることか
ら、チェーンがコントロールパネル内の異極間
-で接触して短絡が生じ、異常発熱して火災に
至ったものと推定されるが、確認できない部品
があることから、製品起因か否かを含め、事故
原因 特定には至らなか た
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0980)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
A2011
(オイルヒー
00241
ター)
HD3467
日本フィリッ
当該製品から出火する火災が
プス(株)(現
発生し、当該製品及び周辺が
株式会社フィ
11.火災
焼損した。(事故発生地:兵庫
リップスエレ
県)
クトロニクス
ジャパン)
電気ストーブ
A2011
(カーボンヒー
00751
ター)
TSK5328CT
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
燦坤日本電
11.火災
該製品及び周辺を焼損した。
器株式会社
(事故発生地:静岡県)
事故原因は、当該製品の強弱切り替えスイッ
チに使用されているダイオードの部品不良によ
-り、異常発熱し、火災に至ったものと考えられ
る。
燦坤日本電器株式会社社は、当該製品を含む対象
機種について、事故の再発防止を図るため、平成23
年2月10日にホームページへ情報を掲載し、平成2
3年2月15日以降、対象製品について回収を行い、
代替品への無償交換又は返金対応を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20113601)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
A2011
(カーボンヒー
00562
ター)
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
燦坤日本電
11.火災
UHC-3T
該製品及び周辺が焼損した。
器株式会社
(事故発生地:福島県)
事故原因は、当該製品の強弱切り替えスイッチ
に使用されているダイオードの部品不良によ
-り、異常発熱し、火災に至ったものと考えられ
る。
燦坤日本電器株式会社は、当該製品を含む対象機
種について、事故の再発防止を図るため、平成23年
2月10日にホームページへ情報を掲載し、平成23
年2月15日以降、対象製品について回収を行い、代
替品への無償交換又は返金対応を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20112977)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
A2011
(カーボンヒー
00536
ター)
UHC-9T
当該製品を使用中、当該製品
を焼損する火災が発生し、2名
燦坤日本電
11.火災
が負傷した。(事故発生地:北
器株式会社
海道)
事故原因は、当該製品の強弱切り替えスイッチ
に使用されているダイオード不良により、異常 -発熱が生じ、火災に至ったものと考えられる。
輸入事業者である燦坤日本電器株式会社では、平
成23年2月10日に新聞社告を掲載し、注意喚起を
行うとともに、対象商品にいて無償交換を実施してい
る。
経済産業省
重大製品事
故(20112903)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
A2011
(ハロゲンヒー FH-911
00791
ター)
当該製品を使用中、当該製品
側面から発煙し、当該製品を
フカダック株
11.火災
焼損する火災が発生した。(事
式会社
故発生地:大阪府)
事故原因は、ヒーター電源供給線が短いため
首振り動作等の張力でヒーター管と電源リード
-線の接続部に徐々に断線が生じ、スパークし、
発煙したものと考えられる。
フカダック株式会社は、事故の再発防止を図るため、
平成21年1月14日からホームページで告知し、注
意喚起を行い、対象製品について代替品との無償交
換を実施しています。
経済産業省
重大製品事
故(20113654)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
EPMA2011
(ハロゲンヒー
1200
00527
ター)
当該製品に可燃物(タオル)を
かけていたところ、当該製品及
プロモート株
11.火災
び周辺を焼損する火災が発生
式会社
した。(事故発生地:徳島県)
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2727)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
PLMA2011
(ハロゲンヒー
H601
00866
ター)
株式会社東
当該製品を使用中、当該製品
京衡機製造
から出火する火災が発生し、当
所(現 株式 11.火災
該製品及び周辺を焼損した。
会社テークス
(事故発生地:静岡県)
グループ)
当該製品にバスタオルが掛けられていたことか
ら、何らかの要因で当該製品が通電してバスタ
オルが過熱されて発火し、火災に至ったものと
推定されるが、電源スイッチの焼損が著しいこ -とから、製品起因か否かを含め、事故原因の特
定には至らなかった。 なお、取扱説明書には、
「本体に衣類や布団を掛け 使用しな
とや
事故原因は、電源線とヒーターリード線との閉
端接続端子の圧着接合部分のカシメ不良によ
-り接触不良が生じて発熱し、出火に至ったもの
と考えられる。
経済産業省
株式会社テークスグループでは、事故の再発防止を
重大製品事
図るため、平成24年4月23日から同社ホームペー
故(2011ジに情報を掲載し、使用中止を呼びかけている。
3821)
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
EHHA2011
(ハロゲンヒー
806TI
00550
ター)
当該製品を使用中、ランプ部
分が割れ、落ちた破片により周
吉井電気株
11.火災
辺を焼損する火災が発生した。
式会社
(事故発生地:神奈川県)
事故原因は、当該製品のヒーター部のフィラメ
ントとリード線を溶着する際の不具合から、接触
-不良によって生じた熱でガラスランプ管が破損
し、火災に至ったものと考えられる。
吉井電気株式会社は、当該製品を含む対象機種に
ついて、事故の再発防止を図るため、平成19年2月
19日に同社ホームページへ情報を掲載し、製品回
収を行い、返金対応を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20112950)
1
家庭用電
気製品
2-18 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2011
電気トースター NT-T70
00132
松下電器産
火災報知器が鳴動したため、
業株式会社
確認すると、当該製品及び周
(現 パナソ 11.火災
辺が焼損する火災が発生して
ニック株式会
いた。(事故発生地:大阪府)
社)
当該製品は、定格のノイズ耐性が認められた
が、庫内から出火したメカニズムが特定できな
-いことから、製品起因か否かを含め、事故原因
の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0522)
1
家庭用電
気製品
A2011 電気ポンプ(井 JPT00819 戸用)
406-50
株式会社岩
当該製品を焼損する火災が発
谷電機製作 11.火災
生した。(事故発生地:千葉県)
所
当該製品の圧力スイッチ内部のダイヤフラムに
穴が開いたため、充電部に水が浸入してトラッ
キング現象が生じ出火したものと推定される
-が、ダイヤフラムに穴が開いた状況が不明なこ
とから、製品起因か否かを含め、事故原因の特
定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3497)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ミニマット
00835
YMM605(株式
会社山善
ブランド)
発煙に気付き確認すると、当該
ワタナベ工業
製品から出火する火災が発生
株式会社(株
11.火災 しており、当該製品及び周辺を
式会社山善
焼損した。(事故発生地:千葉
ブランド)
県)
事故原因は、当該製品のヒーター線を固定する
接着剤の不具合によりヒーター線が重なり過熱 -し、出火に至ったものと考えられる。
ワタナベ工業株式会社では、事故の再発節を図るた
め、平成19年1月22日に新聞社告を掲載し、注意
喚起を行うとともに、対象製品について回収を実施し
ている。
経済産業省
重大製品事
故(20113773)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気ミニマット
00710
YMM605(株式
会社山善
ブランド)
当該製品を使用中、当該製品
ワタナベ工業
から出火する火災が発生し、当
株式会社(株
11.火災 該製品及び周辺を焼損、1名
式会社山善
が火傷を負った。(事故発生
ブランド)
地:埼玉県)
事故原因は、当該製品のヒーター線を固定する
接着剤の不具合によりヒーター線が重なり過熱 -し、出火に至ったものと考えられる。
ワタナベ工業株式会社では、事故の再発節を図るた
め、平成19年1月22日に新聞社告を掲載し、注意
喚起を行うとともに、対象製品について回収を実施し
ている。
経済産業省
重大製品事
故(20113494)
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、当該製品
から発煙し、当該製品及び周
ボッシュ株式
A2011 電気衣類乾燥
11.火災
WTL4310
辺を焼損する火災が発生した。
会社
00217 機
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品は、長期使用(約20年)
により製品内部にある電源ターミナルのファスト
ン端子が接触不良となったことから異常発熱し
て出火したため、樹脂製端子台及び配線を焼 -損し、当該製品内部へ延焼したものと推定す
る。なお、事故発生前に行われた水道事業者の
設置 良や使用頻度が高か た とも影響を
ボッシュ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成16年11月1日から新聞社告を行い、対象
製品について無償点検・部品交換を実施し、平成19
年2月19日に再社告を行うとともに、同社ホーム
ページに情報の掲載を行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20110804)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品内部のメインリレーの固
定側端子部において異常発熱が生じて発火に
-至ったものと推定されるが、異常発熱の原因の
特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1647)
1
家庭用電
気製品
松下精工株
当該製品及び周辺を焼損する
式会社(現
11.火災 火災が発生した。(事故発生
パナソニック
地:大阪府)
株式会社)
当該製品の焼損が著しく、確認できない部品が
あることから、製品起因か否かを含め、事故原 -因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0241)
1
家庭用電
気製品
電気温風機(セ
TKA2011
ラミックファン
5339PR
00693
ヒーター)
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
燦坤日本電
11.火災
該製品及び周辺を焼損した。
器株式会社
(事故発生地:神奈川県)
事故原因は、当該製品のヒーター首振り部の内
部配線に余裕がなかったため、当該配線に繰り
-返し応力が加わり半断線したことでスパークが
生じ、出火に至ったものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3451)
1
家庭用電
気製品
電気温風機(セ
MDSA2011
ラミックファン
1200CT
00898
ヒーター)
当該製品を使用中、当該製品
森田電工株
から出火する火災が発生し、当
式会社(現
11.火災
該製品を焼損、周辺を汚損し
株式会社
た。(事故発生地:栃木県)
ユーイング)
事故原因は、当該製品のセラミックヒーターユ
ニットの中央端子と電源配線のファストン(平
型)端子部において、 接続不良により接触抵抗 -による過熱が生じ、出火に至ったものと考えら
れる。
森田電工株式会社(現 株式会社ユーイング)では、
対象機種の電気温風機(セラミックファンヒーター)に
ついて事故の再発防止を図るため、平成7年12月1
8日及び平成10年2月9日、無償点検・修理を実施
する旨の告知を新聞社告に掲載し、また、平成10年
9月17日からホームページにおいて注意喚起を呼び
掛け
る
1
家庭用電
気製品
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
三洋電機株
A2011 電気衣類乾燥
11.火災 から出火する火災が発生して
CD-S451
式会社
00281 機
おり、当該製品及び周辺が焼
損した。(事故発生地:千葉県)
A2011
電気温風機
00086
FE-8H7
2-19 / 96
経済産業省
重大製品事
故(20113906)
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
電気温風機(セ
MDSA2011
ラミックファン
1200CT
00032
ヒーター)
当該製品を使用中、異音、発
煙及び異臭がしたため確認す
森田電工株
ると、当該製品から出火する火
式会社(現
11.火災
災が発生しており、当該製品が
株式会社
焼損した。(事故発生地:滋賀
ユーイング)
県)
PJ1A2011
電気式床暖房 2879 パ
00556
セロ100
当該製品を使用中、火災報知
器が鳴動したため確認すると、
ミタケ電子工
11.火災 当該製品及び周辺を焼損する
業株式会社
火災が発生していた。(事故発
生地:新潟県)
A2011 電気式浴室換 BS00161 気乾燥暖房機 131SHY
当該製品を使用中、当該製品
マックス株式
11.火災 及び周辺が焼損する火災が発
会社
生した。(事故発生地:鳥取県)
A2011 電気洗濯乾燥 AWD00056 機
E105ZA
当該製品でタオル類を乾燥
中、異音がしたため確認する
と、当該製品左後部から出火
三洋電機株
11.火災
する火災が発生しており、当該
式会社
製品及び周辺が焼損した。(事
故発生地:大阪府)
当該製品を使用中、当該製品
松下電器産
から発煙し、当該製品の内部
業株式会社
A2011 電気洗濯乾燥
NA-V80 (現 パナソ 11.火災 部品の一部を焼損する火災が
00280 機
発生した。(事故発生地:岐阜
ニック株式会
県)
社)
A2011 電気洗濯乾燥 AW00310 機
80VBE2
A2011 電気洗濯乾燥 TW00394 機
150VC
A2011 電気洗濯乾燥 NW00410 機
D8BX
A2011
電気洗濯機
00055
JW-Z23A
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
東芝ホ−ム
アプライアン 11.火災 から発煙し、当該製品及び周
辺を焼損する火災が発生して
ス株式会社
いた。(事故発生地:岐阜県)
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
東芝ホ−ム
上部から出火する火災が発生
アプライアン 11.火災
しており、当該製品及び周辺が
ス株式会社
焼損した。(事故発生地:東京
都)
日立ホーム・
当該製品を使用中、異臭がし
アンド・ライ
たため確認すると、当該製品
フ・ソリュー
11.火災 から出火する火災が発生して
ション㈱(現
おり、当該製品が焼損した。
日立アプライ
(事故発生地:大阪府)
アンス㈱)
当該製品を使用中、当該製品
ハイアール
から異臭とともに発煙する火災
ジャパンセー
11.火災
が発生し、当該製品が焼損し
ルス株式会
た。(事故発生地:鹿児島県)
社
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、当該製品のセラミックヒーターユ
ニットの中央端子と電源配線のファストン(平
型)端子部において、 接続不良により、接触抵 -抗による過熱が生じ、出火に至ったものと考え
られる。
再発防止措置
森田電工株式会社(現株式会社ユーイング)社は、
対象機種の電気温風機(セラミックファンヒーター)に
ついて事故の再発防止を図るため、平成7年12月1
8日及び平成10年2月9日、無償点検・修理を実施
する旨の告知を新聞社告に掲載し、また、平成10年
9月17日からホームページにおいて注意喚起を呼び
掛け
る
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20110205)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2947)
1
家庭用電
気製品
マックス株式会社は、事故の再発防止を図るため、
ホームページに情報の掲載を行うとともに、リコール
対策済み顧客情報に基づきダイレクトメールを発送
し、対象製品の無償再点検及び改修を呼び掛けてい
る。
経済産業省
重大製品事
故(20110620)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の基板電源入力部が焼
失しており、製品内部から出火した可能性が考
-えられるが、焼損が著しく、原因の特定には至
らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0305)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の乾燥ヒーターのみに
通電される誤動作が生じ、乾燥ヒーターが異常
発熱したものと考えられるが、誤動作は再現さ
-れていないこと制御基板にも異常は認められな
いことから、誤動作が生じた原因の特定には至
らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1646)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品は、製造時にモーター接
続端子部の取付不良があったため、接続端子
-部でスパークが発生したため異常発熱し、出火
に至ったものと推定される。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1772)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品内部の上部に設置され
たサーマルスイッチの接続端子と可動接点板を
カシメた部分に溶融が認められたことから、カシ
メ部が過熱したことによりサーマルスイッチから -出火し、当該製品上部に延焼したものと推定さ
れるが、サーマルスイッチは焼損が著しく、カシ
メ部が過熱した原因
特定は きなか た
事故原因は、当該製品の乾燥用ヒーターリード
線が断線し、先端に溶融痕が認められたことか
ら、乾燥運転中にヒーターリード線の半断線が
進行し、断線部のスパークにより近傍の樹脂部 -品が焼損したものと考えられ、製造時にリード
線の素線に傷を付けた可能性が高いものと考
えられる
事故原因は、当該製品のモーター用コンデン
サー(保安機構なし)に製造工程において、異
物が混入し、使用期間中に徐々に絶縁劣化を -起こし、コンデンサーの発煙に至ったものと考え
られる。
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、東芝ホ
−ムアプライアンス株式会社では、事故の再発防止
を図るため、平成23年3月2日から同社ホームペー
ジに情報を掲載し、 [E6]、[E7]などのエラーが表
示された場合には、使用を中止し、修理・点検を受け
るよう注意喚起を行
る
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、今回の
事故とは事象が異なるが日立アプライアンス株式会
社では当該機種について平成16年1月からコント
ロール基板のコネクター部分接触不良及び平成17
年12月からヒーターのリード線断線に関して無料点
検
修理を実施し
る
ハイアールジャパンセールス株式会社は、当該製品
経済産業省
重大製品事
故(20112291)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112387)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110230)
1
家庭用電
気製品
電極に局部的な剥離箇所ができ、生活振動等
によって断続的な微小放電が繰り返し発生し、
導電金属元素が抜けて抵抗が増大したため発
熱し、出火に至ったものと推定されるが、電極 -部の局部的な剥離が施工又は製品の何れに起
因するかが特定できないことから、製品起因か
否かを含め 事故原因 特定には至らなか
事故原因は、同社が平成17年5月9日から実
施しているリコールの点検・改修を実施した際
に、当該製品本体の電源線と屋内配線の接続 -作業に不備があったため、接触不良から過熱
し、出火に至ったものと考えられる。
2-20 / 96
を含む対象機種について事故の再発防止を図るた
め、平成22年11月12日から無償点検を実施し、必
要に応じて部品の無償交換を実施することとした(三
洋ハイアール株式会社(2007年3月解散)が輸入し
た電気洗濯機も含む。)。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2011
電気洗濯機
00876
当該製品を使用後、異音ととも
ハイアール
に当該製品から出火する火災
ジャパンセー
11.火災
JW-Z45A
が発生し、当該製品を焼損し
ルス株式会
た。(事故発生地:新潟県)
社
事故原因は、当該製品のモーター用コンデン
サーの製造工程において、異物が混入し、使用
-中に徐々に絶縁劣化を起こし、出火に至ったも
のと考えられる。
ハイアールジャパンセールス株式会社は、当該製品
を含む対象機種について事故の再発防止を図るた
め、平成22年11月12日から無償点検を実施し、必
要に応じて部品の無償交換を実施している(三洋ハ
イアール株式会社(2007年3月解散)が輸入した電
気洗濯機も含まれる。)。
経済産業省
重大製品事
故(20113870)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気洗濯機
00213
V454
当該製品を使用中、異音・異臭
と共に発煙し、当該製品を焼損
ボッシュ株式
11.火災
する火災が発生した。(事故発
会社
生地:東京都)
事故原因は、当該製品の長期使用(約25年)
により、プログラムタイマ内部の開閉端子接点
部表面が著しく荒れて接触抵抗が増加し、端子 -接点部が異常発熱したため、プログラムタイマ
が焼損・発煙したものと考えられる。
ボッシュ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成24年1月10日から同社ホームページに『電
気洗濯機V454をお使いのお客様へのお知らせ』を
掲載し、長年使用における注意喚起を呼びかけてい
る。
経済産業省
重大製品事
故(20110802)
1
家庭用電
気製品
PW500W5
株式会社日
当該製品及び周辺を焼損する
立製作所(現
日立アプライ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:大阪府)
アンス株式
会社)
当該製品の電源コードを含むリード線に電気痕
が認められたことから、電源コードが短絡して異
常発熱し、火災に至ったものと推定されるが、
-焼損が著しく、短絡に至った要因が不明なこと
から、製品起因か否かを含め、事故原因の特
定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0816)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品のモーター用コンデン
サーの製造工程において、異物が混入し、使用
-中に徐々に絶縁劣化を起こし、発煙に至ったも
のと考えられる。
三洋ハイアール株式会社(現ハイアールジャパン
セールス株式会社)は、当該製品を含む対象機種に
ついて、事故の再発防止を図るため、平成22年11
月12日から無償点検を実施し、必要に応じて部品の
無償交換を実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20110942)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113452)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112925)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2954)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3611)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0713)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気洗濯機
00226
A2011
電気洗濯機
00235
HSW50S3
三洋ハイ
当該製品から発煙し、当該製
アール株式
品を焼損、周辺を汚損する火
会社(現 ハ
11.火災
災が発生した。(事故発生地:
イアールジャ
東京都)
パンセール
ス株式会社)
三洋ハイ
当該製品を使用中、異音が生
アール株式
じた後発煙し、当該製品を焼損
会社(現 ハ
11.火災
する火災が発生した。(事故発
イアールジャ
生地:東京都)
パンセール
ス㈱)
三洋ハイ
当該製品を使用中、当該製品
アール株式
から出火する火災が発生し、当
会社(現ハイ
11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
アールジャパ
地:岩手県)
ンセールス
株式会社
A2011
電気洗濯機
00694
HSW50S2
A2011
電気洗濯機
00540
HSW50S2
A2011
電気洗濯機
00553
ASWA70V
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
三洋電機株
11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
式会社
地:富山県)
A2011
電気洗濯機
00762
NAF50Z8
松下電器産
当該製品及び周辺を焼損する
業株式会社
(現 パナソ 11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:大阪府)
ニック株式会
社)
A2011
電気洗濯機
00187
AWC60VP
ブレーカーが作動したため確認
東芝ホ−ム
すると、当該製品及び周辺を
アプライアン 11.火災
焼損する火災が発生していた。
ス株式会社
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品のモーター用コンデン
サーの製造工程において、異物が混入し、使用
-中に徐々に絶縁劣化を起こし、出火に至ったも
のと考えられる。
事故原因は、当該製品のモーター用コンデン
サーの製造工程において、異物が混入し、使用
-中に徐々に絶縁劣化を起こし、出火に至ったも
のと考えられる。
事故原因は、当該製品のモーター起動用コンデ
ンサー(ヒューズ機構付き)の不具合により、コ
-ンデンサー内部で絶縁劣化が生じたため、異常
発熱し、出火に至ったものと考えられる。
当該製品内部の制御基板のモーター回路コネ
クタ部のパターン焼失と基板の欠落やコネク
ターピンの溶融が認められることからコネクター
ピン間のトラッキング、又は、はんだクラックによ -るアーク放電のいずれかの事象により出火に
至ったものと考えられるが、当該基板のはんだ
付け部が焼失し
るため 事故原因 特定
当該製品は、事故時は使用中でないものの基
板上の部品に過電流が流れた痕跡があり、内
部から出火に至ったものと推定されるが、基板 -の焼損が著しいことから、製品起因か否かを含
め、事故原因の特定には至らなかった。
2-21 / 96
ハイアールジャパンセールス株式会社は、当該製品
を含む対象機種について事故の再発防止を図るた
め、平成22年11月12日から無償点検を実施し、必
要に応じて部品の無償交換を実施することとした(三
洋ハイアール株式会社(2007年3月解散)が輸入し
た電気洗濯機も含む。)。
ハイアールジャパンセールス株式会社は、当該製品
を含む対象機種について事故の再発防止を図るた
め、平成22年11月12日から無償点検を実施し、必
要に応じて部品の無償交換を実施することとした(三
洋ハイアール株式会社(2007年3月解散)が輸入し
た電気洗濯機も含む。)。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
電気掃除機
00470
型式機種
製造・輸入・
販売業者
CFV100S4
株式会社日
当該製品を使用中、当該製品
立製作所(現
から出火する火災が発生し、当
日立アプライ 11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
アンス株式
地:東京都)
会社)
FR15((株)ヒ
A2011 電気蓄熱式湯 ロ・コー
ポレー
00838 たんぽ
ションブ
ランド)
ND13GY((株
A2011 電気蓄熱式湯 )ヒロ・
コーポ
00803 たんぽ
レーショ
ンブラン
ド)
被害の
種類
事故通知内容
(株)ジーワ
当該製品を蓄熱中、当該製品
ン・トレード
から出火する火災が発生し、当
(ヒロ・コーポ 11.火災
該製品及び周辺を焼損した。
レーションブ
(事故発生地:東京都)
ラン
(株)ジーワ
当該製品を蓄熱中、当該製品
ン・トレード
から出火する火災が発生し、当
(ヒロ・コーポ 11.火災
該製品及び周辺を焼損した。
レーションブ
(事故発生地:山梨県)
ラン
A2011
電気湯沸器
00016
利用者が当該製品を使用中に
外出した後、隣人が警報音と
発煙に気付き確認すると、当該
PVE−B タイガー魔法
11.火災
製品及び周辺が焼損する火災
220
瓶株式会社
が発生していた。(事故発生
地:千葉県)
A2011
電気毛布
00778
三洋電機コ
当該製品及び周辺を焼損する
ンシューマエ
11.火災 火災が発生した。(事故発生
BS-KL40
レクトロニク
地:岩手県)
ス株式会社
A2011
電気毛布
00776
CB-612N
当該製品を使用中、当該製品
(株式会 日本電熱株
11.火災 を焼損する火災が発生した。
社東芝ブ 式会社
(事故発生地:山口県)
ランド)
A2011
電気毛布
00894
SH-G45R
(三菱電
機ホーム
機器(株)
ブランド)
A2011
電気冷蔵庫
00222
異臭がしたため確認すると、当
該製品から発煙し、当該製品
SJ-23B- シャープ株式
11.火災 の内部部品を焼損する火災が
H
会社
発生していた。(事故発生地:
東京都)
A2011
電気冷蔵庫
00775
SJ350JB
日本電熱株
式会社(三菱
電機ホーム 2.重傷
機器(株)ブ
ランド)
当該製品を使用中、足に低温
火傷を負った。(事故発生地:
愛知県)
異臭がしたため確認すると、当
該製品から発煙し、当該製品
シャープ株式
11.火災 の内部部品を焼損する火災が
会社
発生していた。(事故発生地:
東京都)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
当該製品内部の焼損が著しいことから、当該製
品内部から出火したものと考えられるが、電気
部品及び内部配線に異常は認められず、出火 -箇所が特定できなかったため、事故原因の特
定に至らなかった。
当該製品の内袋に空気層が生じることが認めら
れ、内蔵ヒーターが容器に固定されていない構
造であった。また、空気層にヒーターが露出する
と、急激な温度上昇が認められたことから、事 -故の原因は、内蔵ヒーターが蓄熱方法によって
は内袋と接触する構造であったため、火災に
至 たも と考えられる
当該製品の内袋に空気層が生じることが認めら
れ、内蔵ヒーターが容器に固定されていない構
造であった。また、空気層にヒーターが露出する
と、急激な温度上昇が認められたことから、事 -故の原因は、内蔵ヒーターが蓄熱方法によって
は内袋と接触する構造であったため、火災に
至 たも と考えられる
当該製品のヒーターや電源等に異常は認めら
れず、外部からの延焼によって焼損した可能性
もあるが、一部の部品(制御基板)が焼失により -確認できなかったことから、製品起因か否かを
含め、事故原因の特定には至らなかった。
当該製品のコントローラーと毛布をつなぐコード
に強い外力が繰り返し加わって断線・スパーク
して出火に至ったものと推定されるが、製品の -使用状況が不明なことから、製品起因か否かを
含め、事故原因の特定には至らなかった。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2709)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
事業者は平成24年1月7日に新聞社告等を実施し、
重大製品事
製品の使用方法に関する注意喚起及び製品の回
故(2011収・返金を実施している。
3781)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
事業者は平成24年1月7日に新聞社告等を実施し、
重大製品事
製品の使用方法に関する注意喚起及び製品の回
故(2011収・返金を実施している。
3685)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0134)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3624)
1
家庭用電
気製品
当該製品の電源コード本体側プロテクター部の
端部に、屈曲などの過度な外力が繰り返し加
わったため、コード芯線が断線し、スパークが生
-じ、出火に至ったものと推定されるが、本体の
焼損が著しいことから、製品起因か否かを含
め、事故原因の特定には至らなかった。
当該製品の温度制御は、ヒーター線内の感熱
線と発熱線間のインピーダンス特性(表面温度
が高くなると低い温度へ制御、表面温度が低く
なると高い温度へ制御する特性)を利用して行 -うものであるが、このインピーダンスの設定値が
変質していたため、表面温度の設定が本来の
設定温度よりも高くな た とから 低温火傷を
事故原因は、当該製品の圧縮機用始動リレー
の内部素子(PTC素子)が破損していたことか
ら、PTC素子の部品不良によって過電流が流 -れたため、異常発熱し、焼損に至ったものと考
えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3622)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3908)
1
家庭用電
気製品
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成23年5月30日から同社ホームページに注
意喚起のお知らせを掲載し、無償点検・部品交換を
実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20110805)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、当該製品の圧縮機用始動リレー
の内部素子(PTC素子)が破損していたことか
ら、PTC素子の部品不良によって過電流が流
れたため、異常発熱し、焼損に至ったものと考
えられる。
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成23年5月30日から同社ホームページに注
意喚起のお知らせを掲載し、無償点検・部品交換を
呼びかけている。また、平成24年4月16日にプレス
リリース、新聞社告等を行い、周知を行っている。
経済産業省
重大製品事
故(20113605)
1
家庭用電
気製品
2-22 / 96
--
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
A2011
電気冷蔵庫
00868
当該製品から出火する火災が
発生し、当該製品及び周辺を
シャープ株式
11.火災
SJ-38CE
焼損した。(事故発生地:宮崎
会社
県)
A2011
電気冷蔵庫
00836
SJ40CKD
当該製品及び周辺を焼損する
シャープ株式
11.火災 火災が発生した。(事故発生
会社
地:千葉県)
A2011
電気冷蔵庫
00338
SJ-E30B
異常に気付き確認すると、当該
製品及び周辺を焼損する火災
シャープ株式
11.火災
が発生していた。(事故発生
会社
地:鹿児島県)
A2011
電気冷蔵庫
00179
SJ-E30B
発煙に気付き確認すると、当該
製品の内部部品を焼損し、周
シャープ株式
11.火災
辺を汚損する火災が発生して
会社
いた。(事故発生地:東京都)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故原因は、当該製品の圧縮機用始動リレー
の内部素子(PTC素子)に異常が発生したため
出火したものと推定され、製品に起因する事故 -と考えられるが、内部素子(PTC素子)の焼損
が著しく、原因の特定には至らなかった。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3822)
1
家庭用電
気製品
事故原因は、長期使用(約18年)により、当該
製品の圧縮機の巻線等が劣化し、圧縮機の回
転が不安定になったことから過負荷となり、オー
-バーロードリレーが作動を繰り返したため、リ
レー接点部で接触不良が生じ、出火に至ったも
のと考えられる。
事故原因は、約1年前に当該製品の冷媒管に
穴が開き、冷媒が抜けて冷えなくなったにも関
わらず、修理をしないまま、電源プラグをぬかず
に放置したために、圧縮機が過負荷となって停 -止状態となり、オーバロードリレーがON、OFF
を繰り返したことにより、オーバロードリレーの
接点が溶着し オ バ
ドリ
及び圧縮機
事故原因は、当該製品の圧縮機用始動リレー
の内部素子(PTC素子)が破損していたことか
ら、PTC素子の部品不良によって過電流が流 -れたため、異常発熱し、焼損に至ったものと考
えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3780)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
1863)
1
家庭用電
気製品
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成23年5月30日から同社ホームページに注
意喚起のお知らせを掲載し、無償点検・部品交換を
実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20110674)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気冷蔵庫
00719
SJWE38A
当該製品の扉を開けたところ、
扉が外れて落下し、負傷した。
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品の扉を閉める際に、冷
蔵室と冷蔵室扉の間に庫内の物が挟まった状
態で扉を開閉することにより、ドアカム(ドアの開
閉を補助する部品)とヒンジ(ドアを保持する部 -品)が干渉して衝撃が加わり、この状態のまま
扉の開閉を繰り返したため、ドアカムの一部が
破損し 扉が外れたも と考えられる
シャープ株式会社では、事故の再発防止を図るた
め、平成22年1月26日にプレスリリースを行うととも
に、同社ホームページに情報を掲載し、対象製品に
ついて無償で点検・部品(ドアカム及びヒンジ)交換を
実施している。
経済産業省
重大製品事
故(20113513)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気冷蔵庫
00190
NR株式会社
当該製品及び周辺を焼損する
S112-H
ニットー冷熱 11.火災 火災が発生した。(事故発生
(NECブ
製作所
地:東京都)
ランド)
当該製品の焼損が著しく、一部確認できなかっ
た部品もあることから、製品起因か否かを含
-め、事故原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0725)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気冷蔵庫
00557
株式会社富
当該製品の扉を開けたところ、
KR-E28士通ゼネラ 11.火災 当該製品の庫内が焼損してい
W
ル
た。(事故発生地:栃木県)
事故原因は、当該製品の霜取タイマー付近で
異常が発生し焼損に至ったものと考えられる
が、焼損が著しく、原因の特定には至らなかっ
た。
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2785)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気冷蔵庫
00607
SR-14T
当該製品及び周辺を焼損する
三洋電機株
11.火災 火災が発生した。(事故発生
式会社
地:新潟県)
当該製品は背面の焼損が著しく、残存していた
電気部品等に出火の痕跡は認められないが、
一部確認できない部品があることから、製品起 -因か否かを含め、事故原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3064)
1
家庭用電
気製品
A2011
電気冷蔵庫
00224
当該製品を焼損する火災が発
三洋電機株
11.火災 生し、周辺が汚損した。(事故
SR-25M
式会社
発生地:北海道)
事故原因は、当該製品のメイン基板の電源側
に近いダイオードブリッジの接触不良により、異
常発熱した可能性があり、製品内部から出火し
-たものと考えられるが、焼損が著しく、確認でき
ない部品があるため、原因の特定には至らな
かった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0814)
1
家庭用電
気製品
シャープ株式
2.重傷
会社
2-23 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
電気冷蔵庫
00489
A2011
電気冷蔵庫
00886
A2011
電気冷蔵庫
00248
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
NRB26T1
松下冷機株
当該製品を焼損する火災が発
式会社(現
11.火災
生した。(事故発生地:広島県)
パナソニック
株式会社)
GR2027T1
東京芝浦電
異臭がしたため確認すると、当
気(株)(現、
該製品及び周辺を焼損する火
東芝ホーム 11.火災
災が発生しており、1名が負傷
アプライアン
した。(事故発生地:愛知県)
ス(株))
GR130SB
東京芝浦電
当該製品の右上付近から出火
気株式会社
する火災が発生し、当該製品
(現 東芝ホ
11.火災
が焼損した。(事故発生地:東
−ムアプライ
京都)
アンス株式
会社)
事故原因は、当該製品の冷凍室周辺の霜取り
をした際の水が、近傍のスイッチの端子部に流
れ込んでしまう構造であったため、端子間でト -ラッキングが発生し、発火に至ったものと考えら
れる。
発煙に気付き確認すると、当該
11.火災 製品を焼損する火災が発生し
ていた。(事故発生地:兵庫県)
事故原因は、当該製品周辺に衣類等が山積み
されていたため放熱が妨げられる状態で長時
間通電されていたことでコンプレッサーが過負
荷となり過熱し、さらに過負荷リレー(過負荷を -防止する部品)の接点に不具合があったため頻
繁に当該過負荷リレーが作動し、接点にスパー
クなどが生じ異常発熱し 焼損に至 たも と
事故通知内容
A2011
電気冷蔵庫
00234
KRS232S
日本サムス
ン株式会社
A2011
電気冷凍庫
00386
BNF102
当該製品を使用中、当該製品
エレクトロ
及び周辺を焼損する火災が発
ラックス・ジャ
11.火災
生した。(事故発生地:和歌山
パン株式会
県)
社
A2011
電気冷凍庫
00030
NR112FZ
松下冷機株
当該製品が焼損する火災が発
式会社(現
11.火災
生した。(事故発生地:山形県)
パナソニック
株式会社)
A2011
電撃殺虫器
00379
FC-600A
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
フカダック株
11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
式会社
地:静岡県)
A2011
電子レンジ
00647
RE-110
当該製品を使用中、当該製品
の背面右側から出火する火災
シャープ株式
11.火災
が発生し、当該製品が焼損し
会社
た。(事故発生地:東京都)
A2011
電子レンジ
00667
当該製品を使用中、異音がし
ハイアール
て、その後、当該製品から発煙
ジャパンセー
JM-17Bルス株式会 11.火災 し、当該製品を焼損する火災
50
が発生した。(事故発生地:福
社(輸入事業
島県)
者)
事故原因
当該製品の冷蔵室上部にある内部配線コネク
ター部において、異極間でトラッキング現象が
発生し、出火に至ったものと推定され、当該部
分に何らの液体が浸入した可能性が考えられ -るが、トラッキング発生の原因が不明なことか
ら、製品起因か否かも含め、事故原因の特定に
は至らなか た
事故原因は、長期使用(約34年)により、始動
リレー(オーバーロードリレー一体型)端子部の
接触不良、もしくは、圧縮機の固着によりオー -バロードリレーが頻繁に作動を繰り返したため、
異常発熱し、出火に至ったものと推定される。
機械室の焼損が著しいことから機械室付近から
出火したものと考えられるが、機械室内のコン
-デンサ、配線等の部品が確認できなかったこと
から、出火の原因の特定には至らなかった。
当該製品のファンモーターカバーにクラックがあ
り、リード線が焼失していたことから、クラックか
ら庫内の水分が浸入してリード線にトラッキング
が生じ、異常発熱して火災に至ったものと推定 -されるが、使用状況等が不明なことから、製品
起因か否かを含め、事故原因の特定には至ら
なか
た
事故原因は、当該製品の虫受け皿に虫の死骸
が堆積していたため、電撃格子間の放電によっ
て虫の死骸が発火し、当該製品側面樹脂にも
燃え広がり、出火に至ったものと考えられる。な -お、取扱説明書には「火災予防のため、虫のし
がいは、早めに捨てて下さい」、「シーズン終了
後は 本体を清掃し
さ
旨 記載され
事故原因は、当該製品内部のマグネトロンの貫
通コンデンサー接続端子とマグネトロンケース
間で絶縁不良が生じたため出火したものと推定 -されるが、当該箇所の焼損が著しく、製品起因
か否かも含め、原因の特定には至らなかった。
事故原因は、当該製品内部の基板上にある電
源コード入力端子コネクター部のはんだ付け不
良、もしくは、コネクター装着時に過度な力が加
-わったこと等により、コネクター端子のはんだ付
け部で接触不良が生じたため、異常発熱し、出
火に至ったものと考えられる。
2-24 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2770)
品目
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113886)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20111001)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0956)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2248)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0207)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2193)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3292)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3373)
1
家庭用電
気製品
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
に、必要に応じて対応を行うこととする。なお、東芝
ホームアプライアンス株式会社では、事故の再発防
止を図るため、1983年以前に製造された電気冷蔵
庫について、平成20年11月5日から同社ホーム
ページに情報を掲載し、使用中止の注意喚起を行っ
る
東芝ホームアプライアンス株式会社では、事故の再
発防止を図るため、25年以上使用している電気冷蔵
庫について、平成21年11月5日にプレスリリースを
行うとともに、同社ホームページに情報を掲載し、注
意喚起を行っている。また、安全啓発チラシを作成
し、修理訪問時の配布及び販売店への配布を行い、
注意喚起を行
る
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
A2011
電子レンジ
00276
IM-574
(岩谷産
業株式会
社ブラン
ド)
当該製品を使用中、当該製品
株式会社千
の操作パネル付近から出火す
石(岩谷産業
11.火災 る火災が発生し、当該製品が
株式会社ブ
焼損した。(事故発生地:東京
ランド)
都)
事故原因は、ドアの開閉を検知するスイッチの
製造不良により、接点部でスパークが発生し、 -出火に至ったものと考えられる。
A2011
電子レンジ
00500
IM-575
(岩谷産
業株式会
社ブラン
ド)
当該製品を使用中、異音ととも
株式会社千
に当該製品から出火する火災
石(岩谷産業
11.火災
が発生し、当該製品が焼損し
株式会社ブ
た。(事故発生地:神奈川県)
ランド)
事故原因は、ドアの開閉を検知するスイッチの
製造不良により、接点部でスパークが発生し、 -出火に至ったものと考えられる。
A2011
電子レンジ
00455
IM-575
(岩谷産
業株式会
社ブラン
ド)
当該製品を使用中、当該製品
株式会社千
から出火する火災が発生し、当
石(岩谷産業
11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
株式会社ブ
地:福岡県)
ランド)
事故原因は、ドアの開閉を検知するスイッチの
製造不良により、接点部でスパークが発生し、 -出火したと考えられる。
A2011
電子レンジ
00398
KRD0106
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
小泉成器株
11.火災
該製品が焼損した。(事故発生
式会社
地:広島県)
事故原因は、当該製品を使用する際に、扉を開
閉し、電源の入切が繰り返されることでドアの開
閉を検知するスイッチが接触不良となり、ス
-パーク(電気火花)が発生し、トラッキング現象
(絶縁破壊による短絡)が起こり、出火に至った
と考えられる。
A2011
電子レンジ
00629
当該製品を使用中、当該製品
松下住設機
内部から出火する火災が発生
器株式会社
NE-AC60 (現 パナソ 11.火災 し、当該製品が焼損し、周辺が
汚損した。(事故発生地:福岡
ニック株式会
県)
社)
事故原因は、当該製品の内部部品(ダイオード
ブリッジ)に製造上のばらつきがあり部品内部
のはんだ部の劣化が進み、はんだクラックが生 -じるため、スパークが発生し、発煙に至ったもの
と考えられる。
A2011
電子レンジ
00147
松下住設機
当該製品を使用中、異臭・発煙
器株式会社
する火災が発生し、当該製品
NE-AC60 (現 パナソ 11.火災
が焼損した。(事故発生地:神
ニック株式会
奈川県)
社)
事故原因は、当該製品の内部部品(ダイオード
ブリッジ)に製造上のばらつきがあり部品内部
のはんだ部の劣化が進み、はんだクラックが生 -じるため、スパークが発生し、発煙に至ったもの
と考えられる。
A2011
電子レンジ
00665
松下電器産
当該製品を使用中、当該製品
業株式会社
内部から出火する火災が発生
NE-4500 (現 パナソ 11.火災
し、当該製品が焼損した。(事
ニック株式会
故発生地:広島県)
社)
事故原因は、当該製品の電波撹拌羽根付近に
電波が集中したため、出火に至ったものと考え
られるが、電波撹拌羽根等が確認できなかった -ことから、製品起因か否かを含め、事故原因の
特定には至らなかった。
A2011
電子レンジ
00826
松下電器産
発煙に気付き確認すると、当該
業株式会社
NE-A320 (現 パナソ 11.火災 製品を焼損する火災が発生し
ていた。(事故発生地:愛知県)
ニック株式会
社)
A2011
電子レンジ
00001
松下電器産
当該製品を使用中、当該製品
業株式会社
側面から発煙・出火する火災
11.火災
NE-AB50 (現パナソ
が発生し、当該製品が焼損し
ニック株式会
た。(事故発生地:千葉県)
社)
年度
番号
品名
被害の
種類
製品
の使
用期
間
事故通知内容
事故原因
当該製品に異常が認められないことから、本体
と前面ドアの隙間に食品カス等の異物が付着し
ていたため、加熱時に異物にマイクロ波が集中
し、異物が発火して焼損に至ったものと推定さ -れるが、電源が入った原因が不明なことから、
製品起因か否かを含め、事故原因の特定には
至らなか た
当該製品のインバーター基板でショートやトラッ
キング現象等により出火したものと推定される
が、残存している基板に溶融痕等は認められな -かったことから、製品起因か否かを含め、事故
原因の特定には至らなかった。
2-25 / 96
再発防止措置
販売事業者である岩谷産業株式会社は、当該製品
を含む対象機種について、平成15年9月2日から複
数回、新聞社告を掲載するとともにテレビCM放送
で、注意喚起を行い、対象製品について、無償改修
(スイッチ部の交換)を実施している。また、平成22
年以降数回にわたり、テレビCM放送で使用者に対し
注意喚起し 速やかに連絡を頂くよう呼び掛け
販売事業者である岩谷産業株式会社は、当該製品
を含む対象機種について、平成15年9月2日から複
数回、新聞社告を掲載するとともにテレビCM放送
で、注意喚起を行い、対象製品について、無償改修
(スイッチ部の交換)を実施している。また、平成23
年は、4月5日から4月13日までの間及び8月25日
から
月
ま
間
ビ
放送 使用者に対
販売事業者である岩谷産業株式会社は、当該製品
を含む対象機種について、平成15年9月2日から複
数回、新聞社告を掲載するとともにテレビCM放送
で、注意喚起を行い、対象製品について、無償改修
(スイッチ部の交換)を実施している。また、本年は、
4月5日から4月13日までの間及び8月25日から9
月
ま
間
ビ
放送 使用者に対し 注
小泉成器株式会社は、当該製品を含む対象機種に
ついて、事故の再発防止を図るため、平成19年9月
12日に新聞社告を掲載し、使用の中止を呼び掛け
るとともに、無償改修を実施している。また、同社で
は、平成20年3月以降複数回にわたり、テレビCM
放送で注意喚起を行い、対象製品について無償改修
を呼び掛け
る
松下住設機器株式会社(現パナソニック株式会社)
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
重大製品事
故(20111614)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112798)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112679)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20112292)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20113079)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
重大製品事
故(20110573)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3365)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3776)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0059)
1
家庭用電
気製品
社は、当該製品を含む対象機種について、平成19
年5月31日に新聞社告を掲載し、その後も折り込み
チラシの配布やダイレクトメールの送付等を通じて、
注意喚起を行うとともに、対象製品について無償改
修を実施している。
松下住設機器株式会社(現パナソニック株式会社)
社は、当該製品を含む対象機種について、平成19
年5月31日に新聞社告を掲載し、その後も折り込み
チラシの配布やダイレクトメールの送付等を通じて、
注意喚起を行うとともに、対象製品について無償改
修を実施している。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
電子レンジ
00786
A2011
電子レンジ
00170
A2011
電子レンジ
00541
被害の
種類
事故
原因
区分
型式機種
製造・輸入・
販売業者
DMWP76L
当該製品を使用中、当該製品
大宇電子
内部から発煙、出火する火災
ジャパン株式 11.火災
が発生し、当該製品を焼損し
会社
た。(事故発生地:神奈川県)
当該製品のドアスイッチ部品に不具合があった
ため、ドア開閉時にドアスイッチの接点部でス
-パークが発生し、焼損に至ったものと考えられ
る。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
3655)
1
家庭用電
気製品
MROBX10
発煙に気付き確認すると、当該
日立アプライ
製品及び周辺を焼損する火災
アンス株式 11.火災
が発生していた。(事故発生
会社
地:大阪府)
当該製品の著しい焼損部にある電源基板のタ
ブ端子両極に溶融が認められることから、電源
基板周辺から出火に至ったものと推定される
-が、タブ端子周辺の基板が焼失して確認できな
いことから、製品起因か否かを含め、事故原因
の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0583)
1
家庭用電
気製品
MROGS7
当該製品を使用中、火災報知
機が鳴動したため確認すると、
日立アプライ
当該製品から発煙し、当該製
アンス株式 11.火災
品内部を焼損する火災が発生
会社
していた。(事故発生地:東京
都)
事故原因は、当該製品の高圧トランスの製造過
程において、巻線を絞める際に傷を付けたか、
あるいは、異物が混入したために巻線の絶縁 -不良が発生しレイヤショートにより、発火に至っ
たものと考えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2926)
1
家庭用電
気製品
ブリヂストンサイクル株式会社は、当該製品を含む型
式について、事故の再発防止を図るため、平成19年
5月15日にホームページ、平成19年5月16日に新
聞社告の掲載を行い、対象製品について、無償修理
(対策部品への交換)を実施するとともに、同社及び
販売店から3回に渡るダイレクトメールの送付、使用
者
電話連絡 バ
リ 交換時における改修
経済産業省
重大製品事
故(20112797)
5
乗物・乗
物用品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2286)
1
家庭用電
気製品
当該製品は焼損が著しく、残存していた電気部
品や内部配線等に溶融痕等の出火の痕跡は
認められないが、一部確認できない部品等があ -ることから、製品起因か否かを含め、事故原因
の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
2408)
1
家庭用電
気製品
当該製品のヒーター線に溶融痕が認められる
が、事故現場の状況から外部からの延焼によっ
-て焼損した可能性もあることから、製品起因か
否かを含め、原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視していくととも 重大製品事
故(2011に、必要に応じて対応を行うこととする。
0521)
1
家庭用電
気製品
事故通知内容
当該製品に乗車し、電源を入
れたところ、当該製品が突然動
き出し、道路から田んぼに転落
し、負傷した。(事故発生地:兵
庫県)
A2011 電動アシスト自 AF40・
00498 転車
A12
ブリヂストン
サイクル株 2.重傷
式会社
A2011 凍結防止用
00485 ヒーター
4B
当該製品から出火する火災が
発生し、当該製品及び周辺が
東京特殊電
11.火災
焼損した。(事故発生地:広島
線株式会社
県)
AD-670
三菱電機
ホーム機器
株式会社
A2011
布団乾燥機
00418
製品
の使
用期
間
当該製品を使用中、ブレーカー
が作動したため確認すると、当
11.火災 該製品及び周辺を焼損する火
災が発生していた。(事故発生
地:広島県)
デンソー株
建物が全焼する火災が発生
浴槽用温水循
式会社(ブリ
A2011
11.火災 し、現場に当該製品があった。
環器(24時間 BS-5126
ヂストンブラ
00131
(事故発生地:栃木県)
風呂)
ンド)
事故原因
事故原因は、当該製品に搭載された電動部品
の内部の摩耗又は部品取付けはんだに亀裂が
入る不良により、ペダルの踏み力が誤って検知
-され、人がペダルを踏んでいないにもかかわら
ず、モーターの駆動力が数秒間継続したため、
事故の発生に至ったものと考えられる。
当該製品のヒーターに溶融痕が認められたこと
から、ヒーターから出火に至ったものと推定され
るが、当該箇所のヒーターが焼失しており、ヒー
-ターの取付け方法や、施工状況が不明なことか
ら、製品起因か否かを含め、事故原因の特定に
は至らなかった。
2-26 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
ACアダプター
2011- (ガスバーナー
0629 用)【直流電源
装置】
ACアダプター
2011- (光通信終端装
0145 置用)【直流電
源装置】
ACアダプター
2011- (光通信終端装
0144 置用)【直流電
源装置】
2011- LEDランプ(電
4459 球型)
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
ACアダプターの出力プラグにDCプラグ(外、
内側2重構造)ではなく、ミニプラグ(先端、根元
エアー
ガスバーナー用のACアダプ
の2極構造)を使用していたため、ミニプラグの
バーナー (有)喜南鈴 4.拡大被
ターが溶け、壁のコンセントカ 約2月
差し込み不足などにより、ミニプラグ部で短絡が
害
(ファン 硝子
バーも溶けた。
生じ、電源トランスが異常発熱し、外郭ケースが
式)用
溶融したものと推定される。
KS14B 富士通アク
電圧制御用の電解コンデンサーの選定ミスに
−6124 セス(株)(現
より、容量低下が生じたため、出力平滑用電解
−D821 在:富士通テ 5.製品破 光通信終端装置を使用中、
電源用のACアダプターから白 不明 コンデンサーに過電圧が加わり、内圧上昇によ
(GE−P レコムネット 損
り安全弁が作動し、電解液が白い蒸気となり外
い蒸気が発生した。
ON−O ワークス
部に噴出したものと推定される。
NU用) (株))
(ブ
KS14B 富士通アク
電圧制御用の電解コンデンサーの選定ミスに
−6124 セス(株)(現
より、容量低下が生じたため、出力平滑用電解
−D821 在:富士通テ 5.製品破 光通信終端装置を使用中、
電源用のACアダプターから白 不明 コンデンサーに過電圧が加わり、内圧上昇によ
(GE−P レコムネット 損
り安全弁が作動し、電解液が白い蒸気となり外
い蒸気が発生した。
ON−O ワークス
部に噴出したものと推定される。
NU用) (株))
(ブ
電流ヒューズに選定ミスがあったことから、電
子部品(定電流レギュレータ)の初期故障で過
5.製品破 点灯中のLEDランプのガラス
MINI−B
約5月 電流が流れた際に、電流ヒューズが溶断せず、
(株)フジトミ
損
部分が破損し、落下した。
ULB
LED等が異常発熱して破損し、ガラス部分が落
下したものと推定される。
5.製品破 点灯中のLEDランプの電球
2011- LEDランプ(電 MINI−B
(株)フジトミ
損
部分が落下した。
4425 球型)
ULB
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
2011(平成23)年6月3日付けホームページに告
知を掲載し、回収及び無償交換を行っている。 な
輸入事業者
お、当該製品は既に生産・販売を終了している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、コンデンサー内圧上昇による安全
弁の作動であり拡大被害に至る可能性が低いことか
輸入事業者
ら、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、コンデンサー内圧上昇による安全
弁の作動であり拡大被害に至る可能性が低いことか
輸入事業者
ら、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2012(平成24)年3月5日から顧
客リストに基づき連絡し、無償で製品回収を行ってい 輸入事業者
る。
1
家庭用電
気製品
電流ヒューズに選定ミスがあったことから、電
子部品(定電流レギュレータ)の初期故障で過
10日 電流が流れた際に、電流ヒューズが溶断せず、 A1
LED等が異常発熱して樹脂が溶融し、電球部
分が落下したものと推定される。
輸入事業者は、2012(平成24)年3月5日から顧
客リストに基づき連絡し、無償で製品回収を行ってい 輸入事業者
る。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
当該製品は、電球型のLEDランプで、ドーム
状のカバー(ポリカーボネート製)が接着剤に
よって取り付けられている構造であった。事故
5.製品破 LEDランプのカバーが突然
2011- LEDランプ(電 DL−LA
約7月 品は、当該カバーが分離しており、接着剤が軟 A1
シャープ(株)
損
落下した。
4052 球型)
61N
化していたことから、使用に伴う発熱によって高
温にさらされたことに加え、湿度等の環境条件
が影響し
接着剤が軟化し 接着力が低 した
当該製品は、電球型のLEDランプで、ドーム
状のカバー(ポリカーボネート製)が接着剤に
室内の照明を使用していたと
よって取り付けられている構造であった。事故
5.製品破 ころ、突然「パン」と破裂音がし
2011- LEDランプ(電 DL−LA
約6月 品は、当該カバーが分離しており、接着剤が軟 A1
シャープ(株)
て、LEDランプの一部が落下し
損
3015 球型)
81N
化していたことから、使用に伴う発熱によって高
た。
温にさらされたことに加え、湿度等の環境条件
が影響し
接着剤が軟化し 接着力が低 した
電源部の平滑回路に選定した電解コンデン
輸入事業者は、人的被害に至っていないことから、
カバーが外れたとの消費者からの申し出に対して
は、製品の無償交換に応じており、その旨を主な販
売店に周知している。 なお、2011(平成23)年7月
生産分から、接着剤を変更し、さらに同年9月生産分
から、ツメ嵌合による機械的な手段を合わせて用い
る接合方法に変更し
る
輸入事業者は、人的被害に至っていないことから、
カバーが外れたとの消費者からの申し出に対して
は、製品の無償交換に応じており、その旨を主な販
売店に周知している。 なお、2011(平成23)年7月
生産分から、接着剤を変更し、さらに同年9月生産分
から、ツメ嵌合による機械的な手段を合わせて用い
る接合方法に変更し
る
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
サーが、実使用の検証不足であったため、使用
中、コンデンサーの定格リップル電流を超えて
5.製品破 視聴中の液晶テレビから発煙
A1
約6年
異常発熱を生じ、電解コンデンサーの安全弁が
損
した。
開き電解液が白煙となって噴出し、異臭がした
ものと推定される。
スチームクリーナーにフレキ
当該製品のノズルアタッチメントは、ノズルを
シブルノズル(ホース付きのノ
本体取り付け口に押し込んで1/4回転させ、
ズルで、ノズルを一定程度自在
取り付け箇所にカバーをかぶせてノズルをロッ
2011- スチームクリー STM−3 アイリスオー
3.軽傷 に操作できるもの)を取り付け 14日 クする機構であったが、カバー自体は固定され A1
3585 ナー
03
ヤマ(株)
て使用中、ノズルが本体から外
ないものであった。使用に伴うフレキシブルノズ
れ、スチームが膝にかかって火
ルホースの負荷によりカバーが浮いてロックが
傷を負 た なお 当該製品
解除され そ 状態 使用を継続したため ズ
製造事業者は、電解コンデンサーの安全弁が作動
し、終息していることから、既販品については措置は 消費者セン
とらなかった。 なお、2006年生産品より電源回路 ター
部の設計変更を行っている。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2012(平成24)年2月20日付け
ホームページにて注意喚起を行うとともに、無償で部 輸入事業者
品交換を実施している。
1
家庭用電
気製品
カラーテレビ
TL27W ユニデン
2011(液晶)【テレビ
RJ−W (株)
0479
ジョン受信機】
2-27 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
マイコンのファームウェアに不具合があったた
め、保護機能が動作しなかったことから、ストロ
オリンパスイ
ボ用昇圧回路の不具合が発生した場合にトラン
5.製品破 デジタルカメラ用ストロボの右
2011- ストロボ(デジタ FL−30
A1
不明
メージング
ジスターの過負荷状態が続き、異常発熱して、
損
側面が発熱し、変形していた。
2432 ルカメラ用)
0R
(株)
近傍の外郭樹脂を熱変形させたものと推定され
る。
マイコンのファームウェアに不具合があったた
め、保護機能が動作しなかったことから、ストロ
オリンパスイ
ボ用昇圧回路の不具合が発生した場合にトラン
5.製品破 デジタルカメラ用ストロボを使
2011- ストロボ(デジタ FL−30
A1
約1月
メージング
ジスターの過負荷状態が続き、異常発熱して、
損
用中、機器右側面が発熱した。
2250 ルカメラ用)
0R
(株)
近傍の外郭樹脂を熱変形させたものと推定され
る。
マイコンのファームウェアに不具合があったた
め、保護機能が動作しなかったことから、ストロ
デジタルカメラ用ストロボを使
オリンパスイ
ボ用昇圧回路の不具合が発生した場合にトラン
5.製品破
2011- ストロボ(デジタ FL−30
A1
用中、異臭がし、機器右側面 約1月
メージング
ジスターの過負荷状態が続き、異常発熱して、
損
2249 ルカメラ用)
0R
が変形した。
(株)
近傍の外郭樹脂を熱変形させたものと推定され
る。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
輸入事業者は、2011(平成23)年9月20日付け
ホームページに社告を掲載を行い、登録ユーザーに
対しダイレクトメールを送付して、無償で点検・修理を
輸入事業者
行なっている。 なお、当該機のファームウェアを修
正するとともに、昇圧トランスの巻線処理方法の変更
を実施した。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月20日付け
ホームページに社告を掲載を行い、登録ユーザーに
対しダイレクトメールを送付して、無償で点検・修理を
輸入事業者
行なっている。 なお、当該機のファームウェアを修
正するとともに、昇圧トランスの巻線処理方法の変更
を実施した。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月20日付け
ホームページに社告を掲載を行い、登録ユーザーに
対しダイレクトメールを送付して、無償で点検・修理を
輸入事業者
行なっている。 なお、当該機のファームウェアを修
正するとともに、昇圧トランスの巻線処理方法の変更
を実施した。
品目
8
レジャー
用品
8
レジャー
用品
8
レジャー
用品
COOLPI
2011(株)ニコン
デジタルカメラ
X L23
2413
5.製品破 デジタルカメラが発熱し、上
損
面カバーの一部が変形した。
不明
回路設計時に漏れ電流対策用の抵抗を設定
していなかったため、トランジスターが誤作動し
A1
て異常発熱し、上面カバーが熱変形したものと
推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年7月14日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の無償修理を
行っている。
輸入事業者
8
レジャー
用品
COOLPI
2011(株)ニコン
デジタルカメラ
X L23
1704
5.製品破 デジタルカメラが発熱し、上
損
面カバーの一部が変形した。
1日
回路設計時に漏れ電流対策用の抵抗を設定
していなかったため、電子部品(トランジスター)
A1
が誤作動して異常発熱し、上面カバーが熱変形
したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年7月14日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の無償修理を
行っている。
輸入事業者
8
レジャー
用品
COOLPI
2011(株)ニコン
デジタルカメラ
X L23
1703
5.製品破 デジタルカメラが発熱し、上
損
面カバーの一部が変形した。
1日
回路設計時に漏れ電流対策用の抵抗を設定
していなかったため、電子部品(トランジスター)
A1
が誤作動して異常発熱し、上面カバーが熱変形
したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年7月14日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の無償修理を
行っている。
輸入事業者
8
レジャー
用品
COOLPI
2011(株)ニコン
デジタルカメラ
X L23
0952
5.製品破 デジタルカメラが発熱し、上
損
面カバーの一部が変形した。
1日
回路設計時に漏れ電流対策用の抵抗を設定
していなかったため、電子部品(トランジスター)
A1
が誤作動して異常発熱し、上面カバーが熱変形
したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年7月14日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の無償修理を
行っている。
輸入事業者
8
レジャー
用品
2011- ポット(ステンレ K−815
菊屋(株)
2985 ス製)
6
ポットの開栓ハンドルを押し
6.被害な
たところ、湯しぶきが噴き出し
し
た。
1日
当該ポットの内部に溜まった蒸気を逃がす空
気弁の容量が不足していたため、注ぎ口から蒸
気が噴き出したり、中栓の水抜き量が十分でな A1
いため、栓の中に湯が溜まり、開栓ハンドルか
ら少量の湯がこぼれ出たものと推定される。
輸入事業者は、噴き出す蒸気または湯は少量で、
事故につながる恐れは少ないため、今後の事故発生 消費者セン
状況を注視することとし、既販品についての措置はと ター
らなかった。 なお、今後、設計変更を予定している。
2
台所・食
卓用品
ヒーター線の接着強度が十分でなかったた
YMM−
め、通常使用においてヒーター線が固定位置よ
使用中のミニマットから焦げ
ミニマット(電気 455(ブ
り移動して重なり合い、お互いの発熱によりヒー
ワタナベ工業 5.製品破
2011臭いにおいがし、マットに穴が 約2年 ター線の被覆が溶け、スパークが発生したた
マット)【電気座 ランド:
A1
(株)
損
3991
開いた。
(株)山
布団】
め、上下層のフェルトを焦がし発煙し穴が開い
善)
たものと推定される。 なお、当該製品にはサー
タ トと温度
ズが装着され
たが
輸入事業者は、2007(平成19)年1月22日、20
08(平成20)年12月1日及び2012(平成24)年2
月21日付けのホームページに社告を掲載し、無償で 消費者セン
製品交換を行っている。 なお、過去にヒーター線の ター
移動により通電不良になった苦情があったことから、
2005(平成17)年7月より接着強度を増した製品に
設計変更し
る
1
家庭用電
気製品
2-28 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
2011- 加湿器(スチー CZ−23
(株)丸隆
3434 ム式)【湿潤器】 701
被害の
種類
3.軽傷
事故通知内容
製品
の使
用期
間
使用中の加湿器から熱湯が
溢れたため、移動させようとし 1日
て熱湯で火傷を負った。
事故
原因
区分
事故原因
加湿用スチームで水タンクが暖まり、内圧が
上昇して水タンクの残量と水温の条件によっ
て、樹脂製蒸発槽への給水量が増加する構造 A1
であるため、樹脂製蒸発槽から熱湯が溢れ出
たものと推定される。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
輸入事業者は、引き続き同様の事故発生状況に注
消費者セン
視し、必要に応じて対応することとした。 なお、当該
ター
品は既に販売を終了している。
品目
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2010(平成22)年4月10日付け
新聞及びホームページに社告を掲載し、除湿機構部
(エレメント)の温度上昇を防止する安全装置を追加
輸入事業者
する修理を実施している。 また、経済産業省は、同
年4月9日に注意喚起のプレスリリースを行ってい
る。
輸入事業者は、2012 年(平成24) 年2月3日付
ホームページ及び翌4日付新聞に社告を掲載し、無
償で製品回収を行い、加湿エレメント前面に金属カ
輸入事業者
バーを取り付けた後継機種に交換している。 なお、
当該製品は、2010( 平成22) 年4月10日付社告に
より、安全装置の追加を実施していた。
輸入事業者は、2012 年(平成24) 年2月3日付
ホームページ及び翌4日付新聞に社告を掲載し、無
償で製品回収を行い、加湿エレメント前面に金属カ
輸入事業者
バーを取り付けた後継機種に交換している。 なお、
当該製品は、2010( 平成22) 年4月10日付社告に
より、安全装置の追加を実施していた。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2010(平成22)年4月10日付け
の新聞及びホームページに社告を掲載し、集塵フィ
ルターと接触しないよう変更した集塵用電極に交換 輸入事業者
修理を行っている。また、同年4月9日に経済産業省
は注意喚起のプレスリリースを行っている。
1
家庭用電
気製品
当該製品の電気集塵部の放電線が集塵フィ
ルターに接触することにより、導電性物質が集
2011- 空気清浄機【空 MC708 ダイキン工業 5.製品破 使用中の空気清浄機から発 約3年
塵フィルターに付着した際に、集塵フィルターと A1
2474 気清浄機】
−W
(株)
損
煙した。
11月
脱臭フィルターの間で放電が発生し、発火した
ものと推定される。
輸入事業者は、2010(平成22)年4月10日付け
の新聞及びホームページに社告を掲載し、集塵フィ
ルターと接触しないよう変更した集塵用電極に交換 輸入事業者
修理を行っている。また、同年4月9日に経済産業省
は注意喚起のプレスリリースを行っている。
1
家庭用電
気製品
蛍光管が使用末期になると、インバーター回
路基板上のトランジスターに過電流が流れるこ
蛍光ランプ(電 EFA13
東芝ライテッ 5.製品破 使用中の蛍光ランプから発煙
2011A1
不明 とから、トランジスターが破損し、過負荷が加
球型)【蛍光ラ EL−E
ク(株)
損
し、口金付近が一部変形した。
4511
わった抵抗が焦げ発煙し、口金付近の樹脂が
−U
ンプ】
変形たものと推定される。
輸入事業者は、同種事故の発生はあるものの発煙
のみで終息し、拡大被害に至っていないことから、今
輸入事業者
後の事故状況を注視し、必要に応じて対応することと
した。
1
家庭用電
気製品
蛍光管が使用末期になると、インバーター回
路基板上のトランジスターに過電流が流れるこ
使用中の照明器具の蛍光ラ
蛍光ランプ(電 EFA13
とから、トランジスターが破損し、過負荷加わっ
東芝ライテッ 5.製品破
2011A1
ンプから発煙し、焦げ臭いにお 不明
球型)【蛍光ラ EL−E
た抵抗が焦げるとともに、電解コンデンサーの
ク(株)
損
0458
いがした。
−U
ンプ】
安全弁が作動し、電解液が蒸気となって噴出し
たものと推定される。
発煙のみで終息し、拡大被害に至っていないことか
ら、今後の事故状況を注視し、必要に応じて対応す 輸入事業者
ることとした。
1
家庭用電
気製品
蛍光灯の電極に塗布されている電子放電物
蛍光ランプ(電 EFA25
質が減少状態になると、インバーター回路基板
蛍光ランプから発煙し、照明
東芝ライテッ 4.拡大被
2011球型)【蛍光ラ EL/21
器具の一部が煤が付着し汚れ 約6月 上のトランジスターに過電流が流れることから、 A1
ク(株)
害
1848
−R
ンプ】
トランジスターが破損し、発煙したものと推定さ
た。
れる。
輸入事業者は、ヒューズが作動し終息しており、拡
消費者セン
大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視 ター
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
当該製品の、除湿用ヒータの熱と除湿機構部
使用中の空気清浄機から発
空気清浄機(除
約1年 (エレメント)に付着した助燃性を持つ伝導性の
ACZ65 ダイキン工業 5.製品破
2011A1
煙し、室内に煙が充満してい
加湿機能付)
7月 あるアンモニア合成物の作用によって、除湿機
K−W
(株)
損
0460
た。
【空気清浄機】
構部が高温になり発煙したものと推察される。
空気清浄機(除
MCZ65
2011加湿機能付)
9−W
0417
【空気清浄機】
空気清浄機(除
MCZ65
2011加湿機能付)
JJ6−W
0703
【空気清浄機】
2011- 空気清浄機【空 ACM75
4219 気清浄機】
H−W
当該製品は2010( 平成22) 年4月10日実
施のリコールの際に、安全装置(サーモスタッ
ト) を追加していたが、除湿エレメント に可燃性
ダイキン工業 5.製品破 使用中の空気清浄機から焦
不明 物質と吸熱作用のある物質が同じ箇所に付着 A1
(株)
損
げ臭いにおいがし、発煙した。
することで可燃性物質による異常発熱が一時
的に抑制され、安全装置では異常発熱を検出
きず 除湿
メ ト平成22)
回転により発熱箇所
当該製品は2010(
年4月10日実
施のリコールの際に、安全装置(サーモスタッ
ダイキン工業 5.製品破 運転中の空気清浄機から発 約2年 ト) を追加していたが、除湿エレメント に可燃性
A1
(株)
損
煙した。
3月 物質と吸熱作用のある物質が同じ箇所に付着
することで可燃性物質による異常発熱が一時
的に抑制され、安全装置では異常発熱を検出
きず 除湿
メ ト 回転により発熱箇所
当該製品の電気集塵部の放電線が集塵フィ
ルターに接触することにより、導電性物質が集
ダイキン工業 5.製品破 使用中の空気清浄機から発
約4年 塵フィルターに付着した際に、集塵フィルターと A1
(株)
損
煙した。
脱臭フィルターの間で放電が発生し、発火した
ものと推定される。
2-29 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
蛍光管が使用末期になると、インバーター回
蛍光ランプ(電 EFA25
路基板上のトランジスター(FET)に過電流が流
東芝ライテッ 5.製品破 点灯中の蛍光ランプから異音
2011A1
不明
球型)【蛍光ラ EL/21
れることから、トランジスターが破損、焼損して
ク(株)
損
と異臭がした。
4513
−R
ンプ】
異臭がしたものと推定される。
フィルムコンデンサーに絶縁不良があったた
め、内部短絡し発煙したものと推定される。 な
蛍光ランプ(電
お、当該品はコンデンサーが焼損した際に、口
EFG21 東芝ライテッ 5.製品破 蛍光ランプから発煙し、異臭
2011約2年 金と樹脂カバーの隙間よりランプ外部へ空気を A1
球型)【蛍光ラ
EL
ク(株)
損
がした。
3388
ンプ】
排出し、減圧される構造になっているが、排出
量が間に合わずガラスグローブが外れる恐れ
がある
当該品は、充電池4本を充電できるものであ
充電器(ニッケ
り、電池挿入部の仕切り壁の高さが低いため、
2011- ル水素電池用) BT−JU (株)オーム 5.製品破 充電池を充電器の上に置い
不明 充電池が斜めに置かれたときに、隣り同士の端 A1
電機
損
ていたところ、発煙した。
1654 【直流電源装 TK
子で充電池が短絡して異常発熱し、充電器の
置】
外郭樹脂が熱変形したものと推定される。
充電器(ニッケ
2011- ル水素電池用) BT−JU (株)オーム
電機
0239 【直流電源装 TK
置】
2011- 充電器(バッテ CB−GC
0478 リー式)
1002
充電器(リチウ
496−1
2011ムイオンバッテ
55776
0072
リー用)
AHN43
0234
照明器具(蛍光
(ブラン
2011灯)【その他の
ド:コイズ
0606
放電灯器具】
ミ照明
(株))
当該品は、充電池4本を充電できるものであ
充電池3本を充電器の上に
り、電池挿入部の仕切り壁の高さが低いため、
5.製品破 斜めに置いて保管していたとこ
約2月 充電池が斜めに置かれたときに、隣り同士の端 A1
ろ、異臭がし、充電池が焦げ充
損
子で充電池が短絡して異常発熱し、充電器の
電器も一部が溶けていた。
外郭樹脂が熱変形したものと推定される。
充電器に過充電防止用の保護回路が組み込
まれていなかったため、長時間充電により内蔵
バッテリーが過充電になり、異常発熱して内部
(株)レッドス 5.製品破 充電器で携帯電話を充電中
約1月 短絡が生じ、発煙・発火したものと推定される。 A1
パイス
損
に焼損した。
なお、取扱説明書には、満充電時間はソーラー
充電の場合50時間、USB充電の場合80分と
表
し バ
リ を過充電すると破裂するおそ
ACアダプターのDCプラグを接続して充電器
に充電する際、充電器出力用コードのジャック
がDCプラグに接続できる形状であったため、被
(株)Strapy 4.拡大被 ネット通販で購入した充電器
1日 害者が誤ってDCプラグと出力用コードを接続 A1
aNext
害
と充電中の機器が焼損した。
し、充電器の出力側に入力電圧が加わり、充電
器内部の電子部品が異常発熱して発火し、付
近にあ た充電中 機器も焼損したも と推定
照明器具には、ランプ寿命末期を検知し、通
(株)ミツヨシ
電を停止する安全回路がついていたが、寿命
(現在:青垣 5.製品破 使用中の照明器具の蛍光灯 約10
末期に作動しなかったため、フィラメントが断線 A1
のソケットが焦げた。
年3月
コイズミ照明 損
した後も通電が継続し、ランプ口金が異常発熱
(株))
して、ソケットが焦げたものと推定される。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
措置はとらなかった。 なお、2010(平成22)年6月 輸入事業者
生産分より、回路に電流ヒューズを追加している。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、2007(平成19)年7月11日付け
新聞及びホームページに社告を掲載し、自主的な無
償交換を行っている。 なお、2004(平成16)年6月 消費者セン
生産分よりコンデンサーのフィルム厚変更と工程検 ター
査を追加し、後継機種は、ランプ内圧が上昇した場
合に口金と点灯回路内部樹脂カバーの隙間から減
圧する構造に対し 樹脂カバ に孔を設け直接外部
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、201
輸入事業者
0(平成22)年6月生産品から、電池ケース部の形状
を改良し、短絡が発生しない構造にしている。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、201 消費者セン
0(平成22)年6月生産品から、電池ケース部の形状 ター
を改良し、短絡が発生しない構造にしている。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、他に同種事故情報はないことから、
消費者セン
既販品については措置はとらなかった。 なお、後継
ター
機種は過充電保護回路を組み込んでいる。
1
家庭用電
気製品
2011(平成23)年3月28日付けホームページに
告知を掲載し、製品の回収及び代金返済を行ってい 輸入事業者
る。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、既販品について
は措置はとらなかった。 なお、当該品は既に生産を 製造事業者
終了しており、後継機種については、安全回路を変
更している。
1
家庭用電
気製品
ブロック
2011- 照明器具(装飾 ランプミ (株)ピー・
ニ DH1 ドゥ
0719 用)
115
電球ソケットに耐熱性の低いポリプロピレン樹
店頭で展示中の装飾用照明
脂を使用したため、電球(15W)の熱影響によ
5.製品破
A1
器具の電球が暗くなり、ソケット 約6月
り、ソケット樹脂が焦げて破損したものと推定さ
損
の一部が焦げて破損した。
れる。
輸入事業者は、当該品の輸入及び販売を中止し、
店頭告知を行い、無償で製品交換を実施している。
輸入事業者
なお、後継機種のソケット部は耐熱性の高いフェノー
ル樹脂を用いることとした。
1
家庭用電
気製品
ブロック
2011- 照明器具(装飾 ランプミ (株)ピー・
ニ DH1 ドゥ
0718 用)
115
電球ソケットに耐熱性の低いポリプロピレン樹
店頭で展示中の装飾用照明
脂を使用したため、電球(15W)の熱影響によ
5.製品破
A1
器具の電球が暗くなり、ソケット 約6月
り、ソケット樹脂が焦げて破損したものと推定さ
損
の一部が焦げて破損した。
れる。
輸入事業者は、当該品の輸入及び販売を中止し、
店頭告知を行い、無償で製品交換を実施している。
輸入事業者
なお、後継機種のソケット部は耐熱性の高いフェノー
ル樹脂を用いることとした。
1
家庭用電
気製品
2-30 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
ブロック
2011- 照明器具(装飾 ランプミ (株)ピー・
ニ DH1 ドゥ
0717 用)
115
食器洗い乾燥
EUD35
2011TOTO(株)
機【電気食器洗
0
2138
機】
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
電球ソケットに耐熱性の低いポリプロピレン樹
店頭で展示中の装飾用照明
脂を使用したため、電球(15W)の熱影響によ
5.製品破
A1
器具の電球が暗くなり、ソケット 約6月
り、ソケット樹脂が焦げて破損したものと推定さ
損
の一部が焦げて破損した。
れる。
輸入事業者は、当該品の輸入及び販売を中止し、
店頭告知を行い、無償で製品交換を実施している。
輸入事業者
なお、後継機種のソケット部は耐熱性の高いフェノー
ル樹脂を用いることとした。
1
家庭用電
気製品
5.製品破 食器洗い乾燥機から異臭が
損
し、発煙した。
基板設計上の不備により、基板上の電源コネ
クター部において、機器の振動や通電による温
度変化によってコネクター接触部に微摺動が生
A1
不明
じ、酸化スズが生成され、接触抵抗が増大して
発熱し、基板上のポッティング材が溶解し発煙
したものと推定される。
製造事業者は、2008(平成20)年2月25日付け
ホームページ及び翌26日付け新聞に社告を掲載す
製造事業者
るとともに、顧客リストをもとにDMを送付し、無償で
点検・修理を実施している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2280
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2279
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが変形した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2278
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2277
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2276
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2275
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2274
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
2-31 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2273
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2272
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2271
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2270
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2269
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2268
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2267
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2266
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2265
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
2-32 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2264
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2263
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2262
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2261
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
2260
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
5.製品破 水槽用照明器具のランプソ
損
ケットが焼損した。
不明
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
A1
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、
販売事業者
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
水槽用照明器
具(メタルハラ
2011イドランプ)【そ
1758
の他の放電灯
器具】
SAL−1
50A(ブ
川島工機
ランド:神
(株)
畑養魚
(株))
ランプの放熱対策が不足しているため、樹脂
製ソケットの接点と端子のカシメ部が熱劣化し、
5.製品破 水槽用照明器具から発煙し、
A1
約3年
接触不良による異常発熱が生じ、樹脂製ソケッ
損
ソケット部が破損した。
トが焼損し発煙したものと推定される。
ブランド事業者は、既に販売は終了しており、同種
事例はあるものの拡大被害に至っていないことから、 消費者セン
ホームページで事故発生の事実や使用上の注意喚 ター
起を周知している。
1
家庭用電
気製品
2011- 扇風機(充電
1755 式)【扇風機】
CF−LD (株)テコット 5.製品破 扇風機を使用中、支柱付近
16D
(倒産)
損
から発煙した。
不明
購入後、支柱を組み立てる際に、支柱の中を
通っているコードがモーター側支柱の固定ねじ
A1
部に挟まることから、コードが断線・短絡して発
煙に至ったものと推定される。
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
2011- 扇風機(充電
1748 式)【扇風機】
CF−LD (株)テコット 5.製品破 扇風機を使用中、支柱付近
16D
(倒産)
損
から発煙した。
不明
購入後、支柱を組み立てる際に、支柱の中を
通っているコードがモーター側支柱の固定ねじ
A1
部に挟まることから、コードが断線・短絡して発
煙に至ったものと推定される。
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
2011- 扇風機(充電
1747 式)【扇風機】
CF−LD (株)テコット 5.製品破 扇風機を使用中、支柱付近
16D
(倒産)
損
から発煙した。
不明
購入後、支柱を組み立てる際に、支柱の中を
通っているコードがモーター側支柱の固定ねじ
A1
部に挟まることから、コードが断線・短絡して発
煙に至ったものと推定される。
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
2-33 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から発煙し
1800 ロン式)
−6938 (株)
損
た。
製品
の使
用期
間
不明
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から火花が
不明
1799 ロン式)
−6938 (株)
損
出た。
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から火花が
不明
1798 ロン式)
−6938 (株)
損
出た。
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から発煙し
1797 ロン式)
−6938 (株)
損
た。
不明
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から火花が
不明
1796 ロン式)
−6938 (株)
損
出た。
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から火花が
不明
1795 ロン式)
−6938 (株)
損
出た。
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機のフィルター
不明
1794 ロン式)
−6938 (株)
損
が変形した。
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から発煙し
1793 ロン式)
−6938 (株)
損
た。
不明
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破 使用中の掃除機から発煙し
1792 ロン式)
−6938 (株)
損
た。
不明
事故
原因
区分
事故原因
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。
2-34 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を
輸入事業者
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい
る。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
モーターに高回転時の安全装置(電流ヒュー
ズ等)が付いていないため、吸込口の詰まり等
使用中の掃除機から発煙し、
でモーターが高回転になった際に、ベアリング
2011- 掃除機(サイク KHN22 コーナン商事 5.製品破
火花が出て、フィルター部分が 約1年 部が熱変形し、ローターに偏芯が生じてカーボ
0660 ロン式)
−6938 (株)
損
飛んだ。
ンブラシが異常摩耗し、発煙・スパークに至った
ものと推定される。 なお、フィルター部は、取付
け部
メに熱変形が生じたため 外れたも
マイコンのプログラムに不具合があったため、
誤動作を生じてモーターが最大出力を超えて回
掃除機を充電中、突然電源
エレクトロ
転したことから、モーター制御用のトランジス
5.製品破
2011- 掃除機(充電 ZB290
が入り、切れなくなって発煙し 約7月 ターが異常発熱して発煙し、電源も切れなくなっ
ラックス・ジャ
損
2126 式)
4X
た。
パン(株)
たものと推定される。 <事業者の見解>製造プ
ロセスにおいて、PCB基板上に半田不良ある
は 導電性異物混入が発生し れが誤動作
マイコンのプログラムに不具合があったため、
誤動作を生じてモーターが最大出力を超えて回
ネット通販で購入した掃除機
エレクトロ
約10 転したことから、モーター制御用のトランジス
5.製品破
2011- 掃除機(充電 ZB290
の電源を入れたところ、発煙
ラックス・ジャ
ターが異常発熱して発煙し、電源も切れなくなっ
月
損
1605 式)
4X
し、電源が切れなくなった。
パン(株)
たものと推定される。 <事業者の見解>製造プ
ロセスにおいて、PCB基板上に半田不良ある
は 導電性異物混入が発生し れが誤動作
ND−13
当該品は、内袋の内蔵シーズヒーターで水を
(ブラン
加熱するものであり、平らな状態でないとヒー
蓄熱式ゆたんぽに通電したと
蓄熱式ゆたん
ド:(株)ヒ (株)ジーワ 4.拡大被
2011ころ、発煙し、周辺が焼損し
約3月 ターが空気層に露出し、異常発熱する構造であ
ぽ【電気あん
ロコーポ ン・トレード 害
3740
るため、発煙や発火に至ったものと推定され
た。
か】
レーショ
る。
ン)
ND−13
当該品は、内袋の内蔵シーズヒーターで水を
(ブラン
加熱するものであり、平らな状態でないとヒー
蓄熱式ゆたんぽに通電したと
蓄熱式ゆたん
ド:(株)ヒ (株)ジーワ 5.製品破
2011ころ、異臭及び発煙があり、焼 約4月 ターが空気層に露出し、異常発熱する構造であ
ぽ【電気あん
ロコーポ ン・トレード 損
4512
るため、発煙や発火に至ったものと推定され
損した。
か】
レーショ
る。
ン)
蓄熱式ゆたん
2011ぽ【電気あん
3785
か】
エコタン
ポS
ES181
5用充電
直流電源装置 器RC01
2011【直流電源装 (ブラン
2904
置】
ド:セイ
コーエス
ヤ
ド
ES181
5用充電
直流電源装置 器RC01
2011【直流電源装 (ブラン
1679
置】
ド:セイ
コーエス
ヤ
ド
ES191
0用充電
直流電源装置 器RC01
2011【直流電源装 (ブラン
2462
置】
ド:セイ
コーエス
ヤ ド
エレス(株)
3.軽傷
充電中の蓄熱式湯たんぽが
破裂し、内容液が腕にかかって 1回
火傷を負った。
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付け
ホームページに社告を掲載するとともに店頭告知を 消費者セン
行い、製品の回収及び代替品との交換を実施してい ター
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2010(平成22)年10月から顧客
消費者セン
リストに基づき製品を回収し、修理・交換を行ってい
ター
る。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2010(平成22)年10月から顧客
消費者セン
リストに基づき製品を回収し、修理・交換を行ってい
ター
る。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A1
A1
当該品は、電極棒で電解液に通電し加熱する
ものであり、本体の置き方によってはサーモス
タットが過熱を検出できない構造であるため、連 A1
続通電状態となり、内圧が異常上昇し、内袋が
破れたものと推定される。
充電器内にある発振トランスの巻線部に絶縁
不良があったため、巻線間が一部短絡して過電
シェーバーを充電中、充電器
流が流れ、回路のヒューズ抵抗が溶断した際の
(株)泉精器 4.拡大被
A1
から発火し、木製ラックの一部 約2年
熱により、ヒューズ抵抗周辺の充填材が炭化し
製作所
害
が焦げた。
てバイパス回路を形成し、さらにその部分に電
流が流れて過熱、発火したものと推定される。
充電器内にある発振トランスの巻線部に絶縁
不良があったため、巻線間が一部短絡して過電
敷物の上でシェーバーを充電
流が流れ、回路のヒューズ抵抗が溶断した際の
(株)泉精器 4.拡大被
A1
中、充電器から発火し、敷物が 約6月
熱により、ヒューズ抵抗周辺の充填材が炭化し
製作所
害
焦げ、周辺が煤で汚損した。
てバイパス回路を形成し、さらにその部分に電
流が流れて過熱、発火したものと推定される。
充電器内にある発振トランスの巻線部に絶縁
不良があったため、巻線間が一部短絡して過電
居間の床の上でシェーバーを
流が流れ、回路のヒューズ抵抗が溶断した際の
(株)泉精器 4.拡大被
A1
充電中、充電器から発火し、床 不明
熱により、ヒューズ抵抗周辺の充填材が炭化し
製作所
害
の一部が焦げた。
てバイパス回路を形成し、さらにその部分に電
流が流れて過熱、発火したものと推定される。
2-35 / 96
再発防止措置
販売事業者は、2011(平成23)年12月29日から
ホームページ及び、2012(平成24)年1月7日付け
新聞に告知を掲載し、取り扱いについて注意喚起を
行っている。 なお、一部販売店では、同月24日から
ホームページに告知を掲載し、自主的に製品回収・
返金を行っている。
販売事業者は、2011(平成23)年12月29日から
ホームページ及び、2012(平成24)年1月7日付け
新聞に告知を掲載し、取り扱いについて注意喚起を
行っている。 なお、一部販売店では、同月24日から
ホームページに告知を掲載し、自主的に製品回収・
返金を行っている。
輸入事業者は、2012(平成24)年1月23日から
自社ホームページで使用方法に関して「平らな場所
で蓄熱する、傾けない。」旨、掲載し注意喚起を行うと
ともに、販売を停止し、店頭品を回収しており、販売
店においても店頭告知やホームページで注意喚起を
行っている。 NITEは、引き続き同様の事故発生状
況に注視し
必要に応じ 対応する ととした
ブランド事業者は、2000(平成12)年6月から20
03(平成15)年10月までに新聞に計6回の社告を
行い、ホームページにも掲載し、製品の回収、交換を
行っている。また、製造品は充填材を炭化しにくい材
質に変更し、発振トランスの巻線相互間の耐圧チェッ
クを全数行うようにした。 経済産業省は、都道府県
に消費者
情報周知を要請し ホ ムペ ジに掲
ブランド事業者は、2000(平成12)年6月から20
03(平成15)年10月までに新聞に計6回の社告を
行い、ホームページにも掲載し、製品の回収、交換を
行っている。また、製造品は充填材を炭化しにくい材
質に変更し、発振トランスの巻線相互間の耐圧チェッ
クを全数行うようにした。 経済産業省は、都道府県
に消費者
情報周知を要請し ホ ムペ ジに掲
ブランド事業者は、2000(平成12)年6月から20
03(平成15)年10月までに新聞に計6回の社告を
行い、ホームページにも掲載し、製品の回収、交換を
行っている。また、製造品は充填材を炭化しにくい材
質に変更し、発振トランスの巻線相互間の耐圧チェッ
クを全数行うようにした。 経済産業省は、都道府県
に消費者
情報周知を要請し ホ ムペ ジに掲
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
不明
使用後の電気あんか本体が
5.製品破 折れ曲がっていることに気付き 約1年
確認したところ、本体が焦げて 1月
損
いた。
使用前に電気オーブンレンジ
電気オーブンレ
DR−D9 ツインバード 4.拡大被 の庫内の空焼きをしたところ、
20111回
ンジ【電子レン
下に置いていた冷蔵庫の天板
17
工業(株)
害
3955
ジ】
が変形した。
品目
1
家庭用電
気製品
本体にしわが寄ると、ヒーター線が容易に折り
重なる構造であることから、重なったヒーター線
A1
部分が異常発熱し、ウレタンクッション材と樹脂
製内袋が焦げたものと推定される。
製造事業者等が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視 消防機関
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
本体底部にある排熱口の一部に排気熱が集
中する構造であるため、グリルモードで運転し
A1
たところ、本体を設置していた冷蔵庫の樹脂製
天板の一部が熱変形したものと推定される。
輸入事業者は、2012(平成24)年2月7日付け
ホームページで社告を掲載し、排熱口の一部に遮熱 輸入事業者
板を追加する無償修理を行っている。
1
家庭用電
気製品
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業
消防機関
者は倒産しているが、当該共同住宅の管理組合は、
全戸について確認し、別製品に交換対応した。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
電気こんろ(ラ
当該機の耐ノイズ性が十分でなかったため、
(株)萬品電
4.拡大被 電気こんろ付近から出火し、
MDS−
2011- ジエントヒー
約8年 制御基板のコントロールICが誤作動し、電源ス A1
機製作所(倒
害
周辺を焼損した。
4493 ター式)【電気 113RE
イッチが入ったものと推定される。
産)
こんろ】
電気スタンド
2011- (蛍光灯、イン DL−27 (株)オーム
01
電機
3990 バーター式)
【電気スタンド】
事故通知者1 品目分類コード
ブランド事業者は、2000(平成12)年6月から20
03(平成15)年10月までに新聞に計6回の社告を
行い、ホームページにも掲載し、製品の回収、交換を
行っている。また、製造品は充填材を炭化しにくい材 輸入事業者
質に変更し、発振トランスの巻線相互間の耐圧チェッ
クを全数行うようにした。 経済産業省は、都道府県
に消費者
情報周知を要請し ホ ムペ ジに掲
ES191
充電器内にある発振トランスの巻線部に絶縁
0用充電
不良があったため、巻線間が一部短絡して過電
直流電源装置 器RC01
居間の床の上でシェーバーを
流が流れ、回路のヒューズ抵抗が溶断した際の
2011(株)泉精器 4.拡大被
A1
【直流電源装 (ブラン
充電中、充電器から発火し、床 不明
熱により、ヒューズ抵抗周辺の充填材が炭化し
2461
製作所
害
置】
の一部が焦げた。
ド:セイ
てバイパス回路を形成し、さらにその部分に電
コーエス
流が流れて過熱、発火したものと推定される。
ヤ ド
電気あんか(ソ
2011フトタイプ)【電 不明
3639
気あんか】
再発防止措置
当該機は、蛍光管が使用末期になると、イン
バーター回路基板上のトランジスターに過電流
5.製品破 使用中の電気スタンドから異
不明 が流れる場合があるため、トランジスターが破 A1
損
音がし、発煙して異臭がした。
損し、抵抗が焼損して発煙したものと推定され
る。
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
4093 ター)【電気ス
トーブ】
使用中の電気ストーブから異
出力切替用のダイオードが、電源投入時の突
UHC−3 燦坤日本電 5.製品破
臭がして機器内部から出火し、 約4年 入電流に耐えられず破壊状態となって異常発 A1
T
器(株)
損
外郭樹脂が溶融した。
熱し、発火したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1290 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1289 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1288 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
2-36 / 96
輸入事業者は、発煙のみで終息していることから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、200
3(平成15)年5月から、抵抗をカーボン抵抗から不 消費者セン
燃性の酸化金属皮膜抵抗に変更しており、2007
ター
(平成19)年7月に生産を終了している。 さらに、後
継機種については、蛍光管の使用末期において異常
電流が流れた際に
点灯を停止させる回路に変更し
輸入事業者は、2008(平成20)年4月21日付け
の新聞に社告を掲載し、無償で回収し、代替品(UH
C−3T)との交換を行っていたが、代替品にも事故が
発生したことから代替品とあわせて2011(平成23)
年2月10日付けでホームページ、同月15日に新聞
掲載、店頭告知を行い回収を行っている。
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する ととした
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1287 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1286 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1285 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1284 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
1283 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 不明
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
0684 ター)【電気ス
トーブ】
当該製品はパネル型発熱体を強化ガラスで
電気ストーブのガラスパネル
覆っており、繰り返し加熱されたことにより部分
JH−10 (株)インター 5.製品破
A1
が破損し、破片が床に飛散し 約3年
的に強化性が失われ、その後の加熱に耐えら
00
セントラル
損
た。
れず破損したものと推定される。
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
3405 ター)【電気ス
トーブ】
SAH04 (株)ディンプ
4.拡大被 パネルヒーターがショートし
10−20 レックス・ジャ
害
て、床が焦げた。
パン
00
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
4393 ター)【電気ス
トーブ】
(有)オリエン
発熱体(カーボンヒーター)の電極部が、ヒー
サンラメ タルホープ
5.製品破 使用中のパネルヒーターから 約5年 ターの熱により剥がれやすい構造であったた
ラ600W (現在:(資)
損
異音がし、発煙と異臭がした。 9月 め、接触不良が生じ、スパークが発生したもの
オリエンタ
型
と推定される。
ル)
A1
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
3445 ター)【電気ス
トーブ】
(有)オリエン
発熱体(カーボンヒーター)の電極部が、ヒー
使用中のパネルヒーターから
サンラメ タルホープ
ターの熱により剥がれやすい構造であったた
5.製品破
発煙して異音がし、火花が出 約5年
ラ600W (現在:(資)
め、接触不良が生じ、スパークが発生したもの
損
た。
オリエンタ
型
と推定される。
ル)
A1
ヒーターユニットの配線が短かく、隣接する
ヒーター端子が近接していたため、使用の間に
約3年
隣接するヒーター端子が接触し、過電圧により A1
9月
ヒーターの一部が溶融して落下し、床が焦げた
ものと推定される。
2-37 / 96
再発防止措置
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する
ととした
製造事業者は、既販品について、2011(平成23)
年6月27日付ホームページにて消費者に注意喚起
するとともに、製品を回収・点検し、ガラスの飛散防
止措置(ガラス裏面へのシリコンコーティング)を行っ
た改良品との交換を行うこととした。 なお、今後販売
する製品については、改良品を使用し、品質管理を
強化する ととした
事故通知者1 品目分類コード
品目
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2012(平成24)年2月1日から使
用者へのダイレクトメールを行い、無償点検・修理を
輸入事業者
実施している。また、販売店に対して情報提供を行っ
ている。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、発煙した電極板の接続部分は、セ
ラミックパネルと金属のパネルで覆われており、発火
の危険性は低いことから、既販品については措置は
製造事業者
とらなかった。 なお、2010(平成22)年度生産品よ
り、発熱ユニットの配線接合部に湿気対策を施した配
線の接合方法を変更した。
製造事業者は、発煙した電極板の接続部分は、セ
ラミックパネルと金属のパネルで覆われており、発火
の危険性は低いことから、既販品については措置は 消費者セン
とらなかった。 なお、2010(平成22)年度生産品よ ター
り、発熱ユニットの配線接合部に湿気対策を施した配
線の接合方法を変更した。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
製造事業者は、発煙した電極板の接続部分は、セ
ラミックパネルと金属のパネルで覆われており、発火
の危険性は低いことから、既販品については措置は 消費者セン
とらなかった。 なお、2010(平成22)年度生産品よ ター
り、発熱ユニットの配線接合部に湿気対策を施した配
線の接合方法を変更した。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1604
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1603
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1602
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1601
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1600
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1599
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
4月
1598
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1597
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気ストーブ
2011- (パネルヒー
3363 ター)【電気ス
トーブ】
(有)オリエン
発熱体(カーボンヒーター)の電極部が、ヒー
使用中のパネルヒーターから
サンラメ タルホープ
約5年 ターの熱により剥がれやすい構造であったた
5.製品破
異音がするとともに機器背面
ラ600W (現在:(資)
1月 め、接触不良が生じ、スパークが発生したもの
損
から発煙した。
オリエンタ
型
と推定される。
ル)
2-38 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1596
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
デロンギ・
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1595
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1594
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1593
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1592
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
2011デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が焼損していた。
1591
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
電気フライヤー
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1590
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
ヤー】
焦げ発煙したものと推定される。
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約3年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1589
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
10月
1588
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約10
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による A1
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
月
1587
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-39 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が焼損していた。
1586
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1585
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1584
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が破損していた。
1583
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が焦げて発煙した。
1582
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約5月 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1581
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約6月 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1580
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約6月 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1579
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1月
1578
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1577
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1576
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1575
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-40 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約2年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1574
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1573
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1572
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1571
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約3年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が破損していた。
1570
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1569
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1568
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1567
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1566
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1565
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が焼損していた。
1564
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1563
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-41 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が焼損していた。
1562
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1561
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1560
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1559
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1558
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
2月
1557
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
6月
1556
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1555
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
3月
1554
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
2月
1553
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1552
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1月
1551
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-42 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1550
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1549
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1548
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
3月
1547
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1546
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1545
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1544
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1543
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
2月
1542
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1541
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1540
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1539
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-43 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1538
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約2年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
7月
1537
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1536
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約1年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1535
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けていた。
2月
1534
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1533
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1532
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約3月 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1531
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011不明 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
1530
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約4年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
4月
1529
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一 約1年
2011【電気フライ
DF380
端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
4月
1528
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
自動温度調節器付き差込みプラグの刃受け
電気フライヤー
形状が適切ではないため、油槽底部のヒーター
デロンギ・
5.製品破 使用中の電気フライヤーの一
2011約5年 端子(丸ピン)に接続した際に接触不良による
【電気フライ
DF380
ジャパン(株) 損
部が溶けて発煙した。
0448
ヤー】
異常発熱が生じ、差込みプラグ周辺の樹脂が
焦げ発煙したものと推定される。
2-44 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと
輸入事業者
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、2011(平成23)年10月26日か
ら、ホームページ上で取り扱いの注意喚起を行うとと 消費者セン
もに、異常があるときは直ちに使用を中止し、サービ ター
スセンターに連絡するよう記載している。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
電気冷温水給
2011- 湯器【電気湯沸 CHW− (株)コムサ
プライ
0530 器】【電気冷水 3020
機】
電気冷温水給
2011- 湯器【電気湯沸 CHW− (株)コムサ
プライ
0529 器】【電気冷水 3020
機】
電磁調理器(ビ
CS−G3
2011- ルトイン型)【電
205BD
0427 磁誘導加熱式
SW
調理器】
電磁調理器(ビ
ルトイン型、ラ
ジエントヒータ
2011CS−G3
−付、ロース
2501
7HS
ター付)【電磁
誘導加熱式調
理器】【電気レ
三菱電機
ホーム機器
(株)
三菱電機
ホーム機器
(株)
配線器具(テー HS−T3
2011ブルタップ)【マ 033A−
0048
W
ルチタップ】
配線器具(延長
WHA26
2011コード)【マルチ
33WP
4142
タップ】
事故通知内容
事故
原因
区分
事故原因
温水温度を制御しているサーモスタットの選定
ミスにより、耐久性の劣るものを採用していたこ
不明 とから、使用によりサーモスタット内部で異常発 A1
熱し、サーモスタット端子に接続されているリー
ド線及び端子カバーが焼損・発煙したものと推
温水温度を制御しているサーモスタットの選定
使用中の電気冷温水給湯器
ミスにより、耐久性の劣るものを採用していたこ
5.製品破
から異臭がし、機器の背面から 約6年 とから、使用によりサーモスタット内部で異常発 A1
損
発煙した。
熱し、サーモスタット端子に接続されているリー
ド線及び端子カバーが焼損・発煙したものと推
当該品は、背面の吸気口から油煙などが内部
電磁調理器で調理中、目を
5.製品破 離した間に大きな音と振動がし 約4年 に入り、電源基板に付着する構造であったた
A1
8月 め、電源基板上でトラッキング現象が発生し、
損
て、スイッチ付近から発煙し
発煙・スパークに至ったものと推定される。
た。
電気冷温水給湯器に通電し
5.製品破
たところ、数分後に異臭がし、
損
機器の背面から発煙した。
配線器具(延長
HS−T2 (株)オーム
2011コード)【差込み
044HM 電機
3362
プラグ】
ミシンの電源を入れたところ、
5.製品破
下糸巻き装置付近から発煙し 7日
損
た。
パソコンなどを接続していた
5.製品破
延長コードの電源プラグが焦
損
げた。
事故通知者1 品目分類コード
品目
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2011(平成23)年5月7日より販
売先に連絡し、サーモスタットを変更した後継機種へ 輸入事業者
の交換を行っている。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
金属板で覆われており、拡大被害に至る可能性は低 消費者セン
いことから、措置はとらなかった。 NITEは、引き続 ター
き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、脱煙ヒーターは板金等の非可燃物
で囲われており、異臭のみで拡大被害に至る可能性
は低いことから、既販品については措置はとらなかっ 消費者セン
た。 2007(平成19)年10月生産途中より修正した ター
マイコンに変更しており、異常が生じた顧客に対して
は、修正マイコンを変更した基板に交換している。
1
家庭用電
気製品
A1
2011(平成23)年4月18日付けホームページで
ボタンホール押えの取り扱いについて注意喚起を行
い、販売店あてに注意喚起を送付し、ボタンホール押 輸入事業者
えを改善品に無償交換している。 なお、同月20日
からボタンホール押えを改善品に変更した製品を販
1
家庭用電
気製品
A1
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報は無く、
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
A1
今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて対応
することとした。 なお、当該品は既に生産を終了して 消費者セン
おり、後継機種については、差し込み口樹脂の肉厚 ター
を変更し、剛性を高めている。
1
家庭用電
気製品
A1
製造事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置をとらなかった。 なお、後継
消費者セン
機種については、構造変更「①リブ厚みを増加させ強
ター
度向上を図る、②タップ内部に板バネ侵入防止用の
隔壁を追加」を実施している。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
差込みプラグ可動部の耐久強度が不足してい
たため、使用中に可動部のカシメが緩み、接触
A1
約4年
不良による異常発熱が生じ、プラグ刃周囲の外
郭樹脂が焦げたものと推定される。
プリント基板とダイオードブリッジのはんだ付
け部で、はんだ量が少ないものがあり、プリント
基板と電装品箱の熱伸縮の差ではんだ部に繰
約13
り返し応力が加わり、はんだクラックが発生した
2011- エアコン室外機 RA287 ダイキン工業 5.製品破 運転中のエアコン室外機から
A2
年11
ため、電解コンデンサーに逆電圧が印加され、
0972 【電気冷房機】 DX
(株)
損
異音がし、発煙した。
月
コンデンサーが破損し、プリント基板のはんだク
ラック部が焼損し発煙に至ったものと推定され
る。
2-45 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年5月7日より販
売先に連絡し、サーモスタットを変更した後継機種へ 輸入事業者
の交換を行っている。
マイコンのプログラムに不具合があったため、
調理後にグリル扉を開いて、直ぐに停止操作を
電磁調理器で調理後、焦げ
行うとタイミングにより通気ファンのみ停止し、脱
6.被害な 臭いにおいがし、確認するとグ
A1
約4年
煙ヒーターは停止せず、連続通電状態となるこ
リル内部が真っ赤になってい
し
とから、ヒーターが赤熱し、周囲が過熱され、焦
た。
げ臭いにおいが発生したものと推定される。
ボタンホール押えを使用する際に、本体に接
続するセンサーピン(ミニプラグ)の差し込みが
不完全な場合、ピン受け部で短絡が生じるた
め、糸巻きモーターを駆動する電子部品(FET)
に過電流が流れ、加熱・発煙したものと推定す
研磨部に内蔵されているベアリングの防塵対
策が不十分であったため、研磨時に発生した微
5.製品破 電動小型サンダーを使用中、
不明 細な粉塵がベアリング内部に浸入し、ベアリン
(株)マキタ
損
モーター部分から異臭がした。
グが固着してモーターが拘束され、モーター巻
線が発熱し異臭が生じたものと推定される。
差し込み口の強度が不足していたため、電源
(株)オーム 5.製品破 使用中のテーブルタップの差
プラグ挿抜時に刃受け金具が変形し、プラグの
約4月
電機
損
し込み部が溶けた。
保持力が低下して、接触不良による異常発熱
が生じ、差し込み口が溶融、発煙したものと推
当該品はタップ口にシャッターが付いているも
松下電工
のであり、タップ内部のリブ強度が不足していた
延長コードに電気温風機を接
(株)(現在: 5.製品破
ため、プラグを差し込んだ際にリブが破損し、
続して使用したところ、タップ部 約5年
パナソニック 損
シャッター用の金属製板バネが外れ、タップ内
分から火花が出た。
(株))
部の充電金属部分に接触して短絡・スパークが
発生したものと推定される。
2011- 電動ミシン【電 HZL−F
JUKI(株)
0004 動ミシン】
300JP
防じんミ
電動工具(サン
ニサンダ
2011ダー)【電気サ
BO455
3954
ンダー】
5
被害の
種類
製品
の使
用期
間
輸入事業者は、2008(平成20)年5月1日付け
ホームページでマルチタップの安全上の取り扱いに
消費者セン
関する注意喚起を行っている。 なお、2008(平成2
ター
0)年4月より可動部の構造を変更し、2010(平成2
2)年よりカシメ部の確認試験を実施している。
製造事業者は、2004(平成16)年10月19日付け
の新聞及びホームページに社告掲載し無償で修理・
点検を行っている。また、プリント基板の製造に対し
ては、品質特性基準で、はんだ盛りの限度見本を図
解し、事故の再発防止に努めるとともに、プリント基
製造事業者
板の熱衝撃試験を導入することにより、経年的な熱
ストレスについても評価を実施している。 なお、作業
ミスにより、修理未実施にもかかわらず修理記録が
作成された一部の製品で焼損事故が発生したことか
ら、2010(平成22)年2月9日付けで告知を掲載し、
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
プリント基板とダイオードブリッジのはんだ付
け部で、はんだ量が少ないものがあり、プリント
基板と電装品箱の熱伸縮の差ではんだ部に繰
約15
り返し応力が加わり、はんだクラックが発生した
2011- エアコン室外機 RAZ22 ダイキン工業 5.製品破 運転中のエアコン室外機から
A2
年10
ため、電解コンデンサーに逆電圧が印加され、
1489 【電気冷房機】 5X
(株)
損
異音と異臭がして発煙した。
月
コンデンサーが破損し、プリント基板のはんだク
ラック部が焼損し発煙に至ったものと推定され
る。
カラーテレビ
日本ビクター
偏向ヨーク基板部のコイルのはんだ付け不良
2011- (ブラウン管) AV−29 (株)(現在: 5.製品破 視聴中のテレビから異臭とと
不明 により、はんだクラックが入り、スパークし発煙し A2
3464 【テレビジョン受 KB1/B (株)JVCケ 損
もに発煙した。
たものと推定される。
信機】
ンウッド)
製造時の電源基板のエイジングで、誤って過
視聴中の液晶テレビから焦げ
DY−18 (株)ダイナコ
カラーテレビ
5.製品破
2011電流を印加し、ダイオードがダメージを受けてい
A2
臭いにおいがして、機器の上 約2年
(液晶)【テレビ 5SDK2 ネクティブ
損
2335
たため、ダイオードが異常発熱し、発煙したもの
部から発煙した。
(倒産)
ジョン受信機】 00B
と推定される。
製造時の電源基板のエイジングで、誤って過
DY−18 (株)ダイナコ
カラーテレビ
5.製品破 視聴中の液晶テレビの上部 約1年 電流を印加し、ダイオードがダメージを受けてい
2011A2
(液晶)【テレビ 5SDK2 ネクティブ
損
から発煙した。
9月 たため、ダイオードが異常発熱し、発煙したもの
0491
(倒産)
ジョン受信機】 00B
と推定される。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0V300 ムシーエス
損
2661
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融した。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0V300 ムシーエス
損
2660
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0V300 ムシーエス
損
2659
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融した。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2658
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2657
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
2-46 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
製造事業者は、2004(平成16)年10月19日付け
の新聞及びホームページに社告掲載し無償で修理・
点検を行っている。また、プリント基板の製造に対し
ては、品質特性基準で、はんだ盛りの限度見本を図
解し、事故の再発防止に努めるとともに、プリント基
製造事業者
板の熱衝撃試験を導入することにより、経年的な熱
ストレスについても評価を実施している。 なお、作業
ミスにより、修理未実施にもかかわらず修理記録が
作成された一部の製品で焼損事故が発生したことか
ら、2010(平成22)年2月9日付けで告知を掲載し、
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2007(平成19)年8月6日付け
ホームページ、及び同年8月7日付けの新聞に社告 消防機関
を掲載し、無償点検・修理を実施している。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
消防機関
1
家庭用電
気製品
販売事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
輸入業者が倒産しているため、措置はとれなかっ
た。 なお、2009(平成21)年11月17日付け新聞
及びホームページに社告を掲載し、対象機種の無償
点検・修理を行っていた。
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2656
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
品目
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、2012(平成24)年3月28日から
ホームページに社告を掲載し、対象ロットについて無 輸入事業者
償点検または部品交換を行っている。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、付近が煤けただけであり、焼損等
の拡大被害に至っていないことから、措置はとらな
消費者セン
かった。 なお、当該製品の販売は既に終了してい
ター
る。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
他に同種事故発生の情報はなく、拡大被害に至っ
ていないことから、今後の事故状況を注視し、必要に
消費者団体
応じて対応することとした。 なお、組立時の目視検
査及び通電検査を徹底することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
消費者セン
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて
ター
対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。 な
消費者セン
お、当該品は既に生産を終了しており、後継機種に
ター
ついては、端子棒の設計を変更するとともに製造工
程及び組立工程における品質管理の徹底を行ってい
1
家庭用電
気製品
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2654
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2653
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0X500 ムシーエス
損
2662
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融した。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
2-47 / 96
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
製造事業者は、2011(平成23)年10月12日付け
でホームページ、翌13日に新聞で社告を掲載し、無
償で点検、部品交換を行っている。 なお、今後は、ト
ランス製造工程において、抵抗値検査の追加とトラン
ス巻線の終端をリード端子の近くに変更した。 消費
者庁及び経済産業省は、同年10月12日付けホー
ムページにプレスリリースを行い、注意喚起を行って
事故通知者1 品目分類コード
製造事業者
バックライト用基板にあるインバータートランス
の引き出し線が、製造工程中の取り扱い不良に
視聴中のテレビ内部より発火
KDL−4 ソニーイーエ
カラーテレビ
5.製品破
2011し、外郭カバー上部が一部、溶 不明 より、断線したため、トランス内部で放電を生じ A2
(液晶)【テレビ 0W500 ムシーエス
損
2655
て発火し、キャビネットが溶融したものと推定さ
融して穴が空いた。
(株)
ジョン受信機】 0
れる。
電源プラグ製造時にコードプロテクター付近の
サーキュレー
EAC−2 アイリスオー 5.製品破 サーキュレーターの電源コー
2011電源コードを傷つけたため、使用時の引っ張り
約1月
ター【サーキュ
K
ヤマ(株)
損
ドから発煙した。
4496
や屈曲でコード芯線が断線し、短絡・スパーク
レーター】
が生じて発煙したものと推定される。
KHC−2
スチーム発生部に表面処理不良があったた
使用中のヘアアイロンから火
500(ブ
め、腐食により内部のヒーターに水が浸入し、
2011- ヘアアイロン
(株)淀川電 4.拡大被 花が出て、先端のスチーム用
約4年 短絡・スパークが発生して焼損し、スチーム室
ランド:小
3021 【電気髪ごて】
タンク部分が飛び、洗面台の鏡
器製作所
害
泉成器
の内圧が高まりタンク部が外れ、鏡が煤けたも
が焦げた。
(株))
のと推定される。
ヘアドライヤーのスイッチを切
KHD−1
モーター回路の整流ダイオードのリード線に
る際に送風が止まったので、ス
385(ブ
はんだ付け不良があったため、リード線で接触
(株)淀川電 5.製品破 イッチがOFFになったと思い机
2011- ヘアドライヤー
ランド:小
約2年 不良が生じ、送風が停止したものと考えられ、
器製作所
損
0086 【毛髪乾燥機】
に置いていたところ、暫くして送
泉成器
その際にスイッチをOFFにしなかったため、再
風音がして勝手に作動してい
(株))
度動き出したものと推定される。
た。スイッチは、LOWであった。
ヒーター線にカシメ不良があったため、接触不
使用中のヘアドライヤーの吹
テスコム電機
2011- ヘアドライヤー
良が生じて異常発熱し、ヒーター線が断線して
き出し口から破片が飛び出して
約4年
3.軽傷
TU17
(株)
4071 【毛髪乾燥機】
その一部が吹き出し口から飛び出したものと推
衣類を焦がし、胸部に火傷を
定される。
負った。
ホットプレート本体から出ているヒーター端子
ホットプレートのコントロー
ホットプレート
の片側が製造時から変形していたため、コント
約10
CPH−A タイガー魔法 5.製品破
2011ラーの差し込み部分が焦げ
【電気ホットプ
ローラーとの接続部で接触不良により発熱が生
年
130
瓶(株)
損
0418
た。
レート】
じ、経年的にコントローラ接続部の周辺樹脂が
焼損したものと推定される。
再発防止措置
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
CT−90
2011- リモコン(カラー
320A(4 (株)東芝
0546 テレビ用)
0A1用)
温水洗浄便座
東陶機器
2011- 【自動洗浄乾燥 TCF970
(株)(現在:
2370 式便器】【電気 L
TOTO(株))
便座】
2011- 加湿器(スチー KJ−H1 (株)シー・
0362 ム式)【湿潤器】 4
シー・ピー
2011- 加湿器(スチー KS−50
TDK(株)
3665 ム式)【湿潤器】 0H
2011- 懐中電灯(LE
4415 D)
AK−15 (株)ピース
9
ロジ
2011- 懐中電灯(LE
3097 D)
HE−FB 廣瀬無線電
L01
機(株)
4505L
懐中電灯(乾電
2011EDパー (株)スターリ
池式、ラジオ
0580
ムラジオ ング
付)
ライト
2011- 換気扇【換気
2839 扇】
不明
不明
蛍光ランプ(電
EFD13 (株)オーム
2011球型)【蛍光ラ
EN
電機
3441
ンプ】
蛍光ランプ(電
(株)大創産
2011球型)【蛍光ラ 2U40W
業
3887
ンプ】
(株)武田
蛍光ランプ(電
KTL−6
2011コーポレー
球型)【蛍光ラ
0N
0217
ション
ンプ】
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
リモコンの製造工程で内部にはんだ屑が入っ
カラーテレビ用のリモコンが
4.拡大被 作動しないので電池を交換しよ
ていたため、はんだ屑が基板の電解コンデン
19日
害
サーの電極間に移動し、電池が短絡して発熱し
うとしたところ、電池が過熱して
たものと推定される。
いた。
温水洗浄便座のコントローラー基板上の温水
ヒーター用コネクター接続部において、ある期
間の部品メーカー製コネクターがメッキ不良を
起こしやすい製品であったため、使用中の熱衝
5.製品破 温水洗浄便座付近から発煙 約15
撃及び振動によりメッキが剥がれてコネクター
損
した。
年
部分が接触不良となり発熱し、発熱の影響によ
り基板とのはんだ付け部で、はんだクラックを生
じ、火花・発熱により基板が炭化し絶縁不良とな
り、異極間でスパーク・発火したものと推定され
製造時に底板のネジを締め付け過ぎて、水槽
机の上に置いていた加湿器
約1年 部に亀裂が入っていたため、下部の基板に水
4.拡大被
の底付近から発煙、発火し、机
3月 漏れが生じ、電源回路が短絡し、発煙・発火に
害
が汚損した。
至ったものと推定される。
水を加熱し蒸発させるための蒸発皿に取り付
けられているヒーターの固定が不十分であった
運転中の加湿器から異臭が
ため、蒸発皿から外れて脱落し、下部の外郭樹
約13
4.拡大被
して発煙し、床の一部が焦げ
脂が溶融し、床が焦げたものと推定される。 な
年
害
た。
お、蒸発皿には安全装置(サーモスタット、温度
ヒューズ2本)が取り付けてあったが、ヒーター
が蒸発皿から外れたため、安全装置が作動し
電池ホルダー(乾電池3本)のプラス極側端子
LEDライトに使用していた充
に加工不良があり、懐中電灯本体に電池ホル
5.製品破
電池が膨張し、電池とランプの 約3月 ダーを挿入した際に、乾電池の2本が短絡状態
損
接触部分が溶けた。
になったことから、電極部周辺の樹脂が溶融し
たものと推定される。
電池ホルダーの端子金具に加工不良があり、
懐中電灯の電池を交換しよう
電池交換の際に端子金具がずれ、隣接する異
としたところ、電池ホルダー付
不明
3.軽傷
極の端子金具に接触したため、電池が短絡して
近から火花が出て、指に火傷
発熱し、火傷を負ったものと推定される。
を負った。
当該品は、点灯回路に電流制限用抵抗の付
ラジオ付懐中電灯を鞄に入
5.製品破
け忘れがあったため、鞄の中でスイッチが入っ
れておいたところ、異臭がして 不明
損
た際にLEDランプが過電流により焼損して発煙
発煙した。
し、樹脂製反射鏡が溶けたものと推定される。
本体内部の電源線にカシメ不良があったた
住宅の1階の換気扇付近か
約10
4.拡大被
め、接触不良により亜酸化銅が生成されて異常
ら出火し、居室部分を焼損し
年
害
発熱し、出火に至ったものと推定される。
た。
ガラスの封止工程が不完全であったため、管
5.製品破 点灯した蛍光ランプから異音
球に徐々に空気が流入し、通電時にフィラメント
不明
損
がし、発煙、発火した。
が異常発熱して、蛍光管支持部の樹脂が溶融
したものと推定される。
基板にはんだ付けされているランプリード線を
巻き付けるピンが、はんだ付け不良やリード線
5.製品破 使用中の蛍光ランプから発煙
約1月 巻き付け工程で応力が加わったため、基板から
損
し、異臭がした。
外れ接触不良が生じて異常発熱し、異臭、発煙
したものと推定される。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2
他に同種事故発生の情報はないことから、今後の
消費者セン
事故発生状況を注視し、必要に応じて対応することと
ター
した。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、2007(平成19)年4月17日付け
の新聞及びホームページに社告を掲載するととも
製造事業者
に、新聞の折り込み広告の配布及びユーザーにDM
を送付し、無償で修理・点検を行っている。
1
家庭用電
気製品
A2
他に同種事故発生の情報はなないことから、今後
の事故発生状況を注視し、必要に応じて対応するこ
輸入事業者
ととした。 なお、2010(平成22)年4月以降の生産
品は、底板のネジ締め付けトルクの管理を実施して
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、2001(平成13)年11月27日付け
の新聞に5回目の社告を掲載し、2005(平成17)年
1月、2006(平成18)年1月には各地方紙にチラシ
製造事業者
を挿入するとともに、ホームページにも社告を掲載
し、製品の回収を行っている。 また、同様な構造の
加湿器の製造を中止した。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生 消費者セン
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。 な ター
お、当該製品の販売を中止した。
6
身のまわ
り品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な 輸入事業者
お、今後は、品質管理の強化を行うこととした。
6
身のまわ
り品
A2
輸入事業者は、2011(平成23)年6月8日付け
ホームページ及び同月10日付け新聞に社告を掲載 輸入事業者
し、改良品との交換を行っている。
6
身のまわ
り品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
A2
A2
製造事業者等が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視 消防機関
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、最終的にフィラメントが切れて終息
し、拡大被害に至る可能性は低いことから、措置はと 消費者セン
らなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状 ター
況に注視し、必要に応じて対応することとした。
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
消費者セン
とから、既販品については措置はとらなかった。 な
ター
お、今後は、品質管理の強化を行うこととした。
1
家庭用電
気製品
電球型蛍光ランプを点灯した
内部基板上のヒューズ抵抗のリード端子には
5.製品破
ところ、ソケット部分から発火 約2月 んだ付け不良があったため、はんだ付け部で火 A2
損
し、火花が散った。
花が発生し、発火に至ったものと推定される。
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、当該 消費者セン
品は既に生産を終了しているが、今後は品質管理の ター
強化を行うこととした。
1
家庭用電
気製品
コントローラー基板上の電流センサーのリード
端子にはんだ量不足があったため、当該はんだ
電動アシスト自転車が急発進
約7年 接続部に亀裂が発生し、モーター電流制御に異 A2
し、壁に当たって転倒した。
常が生じて、急発進し、壁に当たって転倒したも
のと推定される。
製造事業者は、2007(平成19)年5月15日付け
ホームページ及び5月16日付け新聞で社告を行い、 製造事業者
無償で部品交換を行っている。
5
乗物・乗
物用品
ブリヂストン
2011- 自転車(電動ア AF60・A
サイクル
3.軽傷
2210 シスト車)
13
(株)
2-48 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
ブリヂストン
2011- 自転車(電動ア AF60・A
サイクル
3.軽傷
0796 シスト車)
13
(株)
ブリヂストン
5.製品破
2011- 自転車(電動ア AF60・A
サイクル
損
3848 シスト車)
13
(株)
2011- 扇風機(USB
0822 電源式)
2011- 扇風機(USB
0827 電源式)
2011- 扇風機(USB
0820 電源式)
2011- 扇風機(USB
0825 電源式)
2011- 扇風機(USB
0823 電源式)
2011- 扇風機(USB
0826 電源式)
2011- 扇風機(USB
0824 電源式)
2011- 扇風機(USB
0821 電源式)
2011- 扇風機(USB
0714 電源式)
シグマA・P・
UMF01 Oシステム販 5.製品破
R
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF01 Oシステム販 5.製品破
RBK
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF01 Oシステム販 5.製品破
RWH
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
Oシステム販 5.製品破
UMF02
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF02 Oシステム販 5.製品破
BK
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF02 Oシステム販 5.製品破
WH
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF02 Oシステム販 5.製品破
WH
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF02 Oシステム販 5.製品破
WH
売(株)(倒 損
産)
シグマA・P・
UMF02 Oシステム販 5.製品破
WH
売(株)(倒 損
産)
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
コントローラー基板上の電流センサーのリード
電動アシスト自転車を発進し
端子にはんだ量不足があったため、当該はんだ
ようとしたところ、突然動き出し 約7年
接続部に亀裂が発生し、モーター電流制御に異
たために壁に当たって転倒し、 6月
常が生じて、モーター駆動が継続する状態にな
軽傷を負った。
り、動き出してフェンスに衝突したものと推定さ
コントローラー基板上の電流センサーのリード
停止中の電動アシスト自転車
端子にはんだ量不足があったため、当該はんだ
が突然走り出し、ブレーキを掛 約9年 接続部に亀裂が発生し、モーター電流制御に異
けても止まらなかった。
常が生じて、モーター駆動が継続する状態にな
り、動き出したものと推定される。
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
発熱、変形した。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
発熱した。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
発熱し、異臭がした。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
1日
発熱、変形し、異臭がした。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
発熱し、異臭がした。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
扇風機から異臭がした。
不明
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機の上部スイッチ付近が
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
発熱、変形し、異臭がした。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
扇風機のUSB接続部と上部
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
不明
スイッチ付近が発熱した。
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
スイッチのリード端子にはんだ付け不良があ
使用中の扇風機の上部ス
り、スイッチOFFのときに、風量切替抵抗に通
イッチ付近が発熱し、異臭がし 不明
電される状態になっていたため、抵抗の発熱に
た。
より基板が焦げ、異臭が発生したものと推定さ
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2
製造事業者は、2007(平成19)年5月15日付け
ホームページ及び5月16日付け新聞で社告を行い、 製造事業者
無償で部品交換を行っている。
5
乗物・乗
物用品
A2
製造事業者は、2007(平成19)年5月15日付け
ホームページ及び5月16日付け新聞で社告を行い、 製造事業者
無償で部品交換を行っている。
5
乗物・乗
物用品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
2011- 扇風機【扇風
1754 機】
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
(株)テコット
A2
不明
損
16D
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
れた。
2011- 扇風機【扇風
1746 機】
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外 未使 事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
CF−LD
A2
(株)テコット
損
れた。
用
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
16D
2011- 扇風機【扇風
1745 機】
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外 未使 事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
CF−LD
A2
(株)テコット
損
れた。
用
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
16D
2011- 扇風機【扇風
1744 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
1743 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2-49 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
2011- 扇風機【扇風
1742 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
1741 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
1740 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
1739 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
1738 機】
事故品の支柱と台座の接合部溶接に施工不
5.製品破 扇風機の支柱が台座から外
CF−LD
A2
不明
(株)テコット
良があり、溶接外れが生じたものと推定される。
損
れた。
16D
2011- 扇風機【扇風
2223 機】
使用中の扇風機のモーター
TK−F1 燦坤日本電 5.製品破
部分が熱くなり、動かなくなっ
207T
器(株)
損
た。
不明
(株)LIXIL
洗面化粧台【そ
MHD−
2011(旧:(株)IN 3.軽傷
の他の電気機
753H
0116
AX)
械器具付家具】
洗面化粧台を使用中、上枠
から鏡扉が外れて倒れてきた
ため、顔に軽傷を負った。
(株)LIXIL
洗面化粧台【そ
MHD−
2011(旧:(株)IN 3.軽傷
の他の電気機
753H
0115
AX)
械器具付家具】
洗面化粧台を使用中、上枠
から鏡扉が外れて倒れてきた
ため、顔に軽傷を負った。
(株)LIXIL
洗面化粧台【そ
MHD−
2011(旧:(株)IN 3.軽傷
の他の電気機
753H
0114
AX)
械器具付家具】
洗面化粧台を使用中、上枠
から鏡扉が外れて倒れてきた
ため、頭に軽傷を負った。
(株)LIXIL
洗面化粧台【そ
MHD−
2011(旧:(株)IN 3.軽傷
の他の電気機
753H
0113
AX)
械器具付家具】
洗面化粧台を使用中、上枠
から鏡扉が外れて倒れてきた
ため、顔に軽傷を負った。
(株)LIXIL
洗面化粧台【そ
MHD−
2011(旧:(株)IN 3.軽傷
の他の電気機
753H
0112
AX)
械器具付家具】
洗面化粧台を使用中、上枠
から鏡扉が外れて倒れてきた
ため、頭に軽傷を負った。
洗面化粧台【そ
JM090 (株)ベル
2011の他の電気機
M3−T キッチン
2380
械器具付家具】
洗面化粧台の扉の角にあた
約4月
り、腕に擦過傷を負った。
3.軽傷
東芝ホーム
掃除機(サイク
5.製品破 使用中の掃除機から発煙し
VC−J2
2011アプライアン
ロン式)【電気
損
た。
01XP
1640
ス(株)
掃除機】
約10
年
約8年
約8年
2月
約1月
約3月
約2年
モーター補助巻線の引き出し線と内部配線
が、はんだ付けされていなかったため、接触不
良を生じて、モーターが回転しなくなり、送風に
よる冷却がなくなり、モーター主巻線が異常温
度上昇したものと推定される。
裏板に鏡を貼り合わせる工程の製造不良によ
り鏡扉の厚みが鏡枠の溝より大きくなり、組み
付けた際にすき間が無かったため、枠内部に接
着剤を注入する際に、接着剤が内部まで注入さ
れずに固定力が低下していたことに加え、蝶番
の摩耗・変形により鏡枠にガタツキが生じたこと
により、上枠から鏡扉が外れて倒れたものと推
裏板に鏡を貼り合わせる工程の製造不良によ
り鏡扉の厚みが鏡枠の溝より大きくなり、組み
付けた際にすき間が無かったため、枠内部に接
着剤を注入する際に、接着剤が内部まで注入さ
れずに固定力が低下していたことに加え、蝶番
の摩耗・変形により鏡枠にガタツキが生じたこと
により、上枠から鏡扉が外れて倒れたものと推
裏板に鏡を貼り合わせる工程の製造不良によ
り鏡扉の厚みが鏡枠の溝より大きくなり、組み
付けた際にすき間が無かったため、枠内部に接
着剤を注入する際に、接着剤が内部まで注入さ
れずに固定力が低下していたことに加え、蝶番
の摩耗・変形により鏡枠にガタツキが生じたこと
により、上枠から鏡扉が外れて倒れたものと推
裏板に鏡を貼り合わせる工程の製造不良によ
り鏡扉の厚みが鏡枠の溝より大きくなり、組み
付けた際にすき間が無かったため、枠内部に接
着剤を注入する際に、接着剤が内部まで注入さ
れずに固定力が低下していたことに加え、蝶番
の摩耗・変形により鏡枠にガタツキが生じたこと
により、上枠から鏡扉が外れて倒れたものと推
裏板に鏡を貼り合わせる工程の製造不良によ
り鏡扉の厚みが鏡枠の溝より大きくなり、組み
付けた際にすき間が無かったため、枠内部に接
着剤を注入する際に、接着剤が内部まで注入さ
れずに固定力が低下していたことに加え、蝶番
の摩耗・変形により鏡枠にガタツキが生じたこと
により、上枠から鏡扉が外れて倒れたものと推
製造工程において、扉の角部の面取り作業が
不完全であったため、腕が触れた際、擦過傷を
負ったものと推定される。
モーターの整流子に真円度不良があったた
め、ブラシとの間でスパークが増加し、異常発
熱して整流子の巻線がレイヤショートし、発煙し
たものと推定される。
2-50 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
輸入事業者は、2011(平成23)年8月1日付の
ホームページで社告を掲載するとともに、店頭でのポ
スター掲示を実施し、製品回収を行っている。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、発熱のみで終息し拡大被害に至っ
ていないことから、既販品については措置はとらな
輸入事業者
かった。 なお、今後は、検査工程を強化することとし
た。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、今後の事故状況を注視し、必要に
応じて対応することにした。 なお、2008(平成20)
年11月10日付けホームページに「蝶番の摩耗が進
製造事業者
んだ状態等で使用すると、ごくまれに鏡扉がミラー
キャビネットから倒れてくる場合がある。」旨の注意喚
起を掲載している。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、今後の事故状況を注視し、必要に
応じて対応することにした。 なお、2008(平成20)
年11月10日付けホームページに「蝶番の摩耗が進
製造事業者
んだ状態等で使用すると、ごくまれに鏡扉がミラー
キャビネットから倒れてくる場合がある。」旨の注意喚
起を掲載している。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、今後の事故状況を注視し、必要に
応じて対応することにした。 なお、2008(平成20)
年11月10日付けホームページに「蝶番の摩耗が進
製造事業者
んだ状態等で使用すると、ごくまれに鏡扉がミラー
キャビネットから倒れてくる場合がある。」旨の注意喚
起を掲載している。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、今後の事故状況を注視し、必要に
応じて対応することにした。 なお、2008(平成20)
年11月10日付けホームページに「蝶番の摩耗が進
製造事業者
んだ状態等で使用すると、ごくまれに鏡扉がミラー
キャビネットから倒れてくる場合がある。」旨の注意喚
起を掲載している。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、今後の事故状況を注視し、必要に
応じて対応することにした。 なお、2008(平成20)
年11月10日付けホームページに「蝶番の摩耗が進
製造事業者
んだ状態等で使用すると、ごくまれに鏡扉がミラー
キャビネットから倒れてくる場合がある。」旨の注意喚
起を掲載している。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
A2
A2
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な 製造事業者
お、製造工程の品質管理を強化した。
輸入事業者は、ヒューズが作動し発煙のみで終息
しており、拡大被害に至っていないことから、措置は
輸入事業者
とらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発生
状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
モーター回転子の製造工程で巻線に傷が付
東芝ホーム
掃除機(サイク
5.製品破 使用中の掃除機から異臭が 約1年
VC−J2
2011いたため、レイアショートが生じ、発煙・異臭が
アプライアン
ロン式)【電気
損
し、発煙した。
4月
01XP
0421
発生したものと推定される。
ス(株)
掃除機】
2011- 掃除機(充電
0630 式)
電球ソケット支持部に取付け不良があり、支
地球儀が軸から外れ、球体
持部が外れたため、電球が地球儀内壁に接触
内の電球が球体内面に接触し
約3年
し、点灯時の電球の熱で球体及びアームが溶
て地球儀が溶け、アーム部分
融したものと推定される。
が焦げた。
電源コードと内部配線の接続部に閉端接続子
使用中の電気あんかから発
1回 の付け忘れがあったため、異極間で短絡・ス
火し、シーツが焦げた。
パークが発生し、発火・焼損したものと推定され
インバータ基板のはんだ付け工程において修
正ミスがあったため、はんだボールが生じ、使
電気オーブンレ
MRO− 日立アプライ 5.製品破 電気オーブンレンジで食品を 約11 用に伴う振動で移動して、ICの端子間を短絡さ
2011ンジ【電子レン
GF6
アンス(株) 損
加熱中、発火した。
月
2433
せたため、異常停止したが、繰り返し電源を入
ジ】
れたことにより、コンデンサーが過負荷状態とな
り内部短絡したものと推定される。
コントローラー基板上にあるリレーのリード線
CK−62
電気カーペット
5.製品破 使用中の電気カーペットから 約32 接続部にはんだ付け不良があったため、はんだ
20117(ブラン 日本電熱
【電気カーペッ
損
異音がし、発煙した。
年
4229
クラックが生じ、スパークにより基板リード穴周
ド:(株) (株)
ト】
辺が焼損したものと推定される。
東芝)
電源コードにある中間スイッチ内部の接続ね
電気こたつの中間スイッチ部
電気こたつ(中 KA378
2011- 間スイッチ付
じが締め付け不十分であったため、接触不良が
分から発煙するとともにスイッ
8(こた クレオ工業
約3年
3.軽傷
3364 コード)【電気こ つ:NN5 (株)
生じて異常発熱し、スイッチ外郭樹脂の一部が
チの一部が溶融し、指に火傷
焦げて発煙したものと推定される。
を負った。
080−
たつ】
畳の上で使用していた電気ス
製造時に電源コードを傷つける作業ミスが
電気スタンド
4.拡大被 タンドの電源コード引き出し部 約10
SL−20
2011あったため、電源コードが断線して短絡・スパー
(株)ニトリ
(白熱電球)【電
害
2
4218
から火花が出て断線し、畳の 月
クが発生し、畳が焦げたものと推定される。
気スタンド】
一部が焦げた。
電気ストーブ
2011- (オイルヒー
4090 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
4080 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
3498 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー
0092 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー
3584 ター)【電気ス
トーブ】
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
販売事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
電流ヒューズが溶断して通電が停止し拡大被害に
消費者セン
至っていないことから、措置はとらなかった。 NITE
ター
は、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
製造事業者
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況を注視
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
消費者セン
とから、既販品については措置はとらなかった。 な
ター
お、今後は、品質管理の強化を行うこととした。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて 輸入事業者
対応することとした。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
輸入業者は倒産しており、他に同種事故発生の情
消費者セン
報はないことから、今後の事故発生状況を注視し、必
ター
要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者が倒産しているため、改修等の措置を
取ることができず、今後も同様の事故が発生する恐
消防機関
れがあることから、消費者庁は2011(平成23)年1
月25日に使用を中止するよう呼びかけている。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、火災等の拡大被害に至っていない
ことから、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き 消費者セン
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す ター
ることとした。
1
家庭用電
気製品
A2
A2
A2
操作パネル内にある基板上のリレーにはんだ
使用中のオイルヒーターから
約3年
5.製品破
付け不良があったため、接触不良が生じて異常 A2
異音がして出火し、機器の一
2月
損
発熱し、出火に至ったものと推定される。
部が焼損した。
SMC−
(株)山善
901
3.軽傷
HL356 不明
電源線と内部配線を接続している閉端接続子
5.製品破 使用中のカーボンヒーターの
約6年 にカシメ不良があったため、接触不良による異 A2
損
下部から発火した。
常発熱が生じ、発火したものと推定される。
ガラス封止部においてヒーターリード棒とモリ
使用中のカーボンヒーターの
ブデン箔の溶接不良があったため、ヒートサイ
ヒーター管が破裂して破片が
不明
A2
クルにより接触不良が生じ、異常発熱して封止
飛び散り、畳とこたつぶとんが
部に亀裂が生じ、破裂に至ったものと推定され
焦げ、足に火傷を負った。
サーモスタットに接続されているファストン端
使用中のハロゲンヒーターか
約5年 子の配線被覆カシメ部に過圧着があったため、
(株)アイアン 5.製品破
A2
ら異音がして発煙し、異臭がし
1月 芯線が損傷して異常発熱し、発火・発煙したも
(倒産)
損
た。
のと推定される。
内部配線とヒーター管端部リード線との金属
電気ストーブから出火して、
IR−46 (株)アイアン
管スリーブ(鉄製)による接続がカシメ不良で
A2
3.軽傷 ふすまと畳などを焼損し、子供 約8年
19
(倒産)
あったため、接触不良により異常発熱し、発煙・
2人が軽傷を負った。
発火に至ったものと推定される。
ヒーターのガラス管封止部において、ヒーター
使用中のハロゲンヒーターの
電気ストーブ
(株)マサオ
線とモリブデン箔の接続不良があったため、接
ヒーター管が破裂して、床や
2011- (ハロゲンヒー SEH−1
約5年 触不良が生じて異常発熱し、モリブデン箔が酸 A2
コーポレー 3.軽傷
カーペットの一部が焦げ、腕に
3099 ター)【電気ス 42GSV
ション
化・膨張してガラス管に亀裂が入り、破損したも
軽い火傷を負った。
トーブ】
のと推定される。
2-51 / 96
品目
1
日本ゼネラ
KQ131
ル・アプライ
H
アンス(株)
IR−46
17
他に同種事故発生の情報はなく、電流ヒューズが
溶断し、拡大被害に至っていないことから、今後の事
故発生状況を注視し、必要に応じて対応することとし
輸入事業者は、同種事故の発生はあるものの拡大
被害に至っていないことから、既販品に対する措置
はとらなかった。 なお、カシメのバラツキを少なくす
るため、2011(平成23)年5月31日生産分よりカシ
メ箇所を4箇所から6箇所に増やし、併せて、連結部
の強度向上のため、同年6月21日生産分より樹脂
ねじ部の材質を金属に変更した。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて
対応することとした。 なお、製造工程上の検査体制
管理の見直しを行った。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な
お、今後は、品質管理の強化を行うこととした。
事故通知者1 品目分類コード
消費者セン
ター
A2
当該品はモップ型の掃除機で、柄は分割式で
あるが、連結部品を柄に取り付けるカシメ作業
CRS−S アイリスオー 5.製品破 使用中の掃除機の柄の継ぎ
13日 の際のバラツキにより、カシメ部の強度が不足 A2
008
ヤマ(株)
損
目が折れた。
していたため、柄の連結部のぐらつきが大きくな
り、連結部が破断したものと推定される。
OYV27
地球儀(ランプ
20112(ブラン リバティジャ 5.製品破
付)【その他の
損
0042
ド:(株)レ パン(株)
白熱電灯器具】
イメイ藤
電気あんか(ソ
20114.拡大被
CIS−2
(株)広電
フトタイプ)【電
3891
害
0A
気あんか】
再発防止措置
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて 消費者セン
対応することとした。 なお、今後は、ブッシングの取 ター
り付け工程に作業標準を追加し、再教育を行うことと
輸入事業者は、2012(平成24)年5月7日から
ホームページで家電製品の劣化による発煙発火につ
いて注意喚起を行い、特にオイルヒーターに異常が
輸入事業者
あるときは直ちに使用を中止し、事業者に連絡するよ
う掲載している。 なお、今後は、はんだ工程後に全
数検品を行うこととした。
消防機関
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
ヒーター管端部において、内部配線と端子の
4.拡大被 使用中のハロゲンヒーターの
カシメ不良、あるいは端子とヒーターリード棒と
約3年
害
一部が飛び散り、畳が焦げた。
の溶接不良があったため、接触不良により亜酸
化銅が生じて、異常発熱し破損したものと推察
転倒OFFスイッチに接続されているリード線
使用中の電気ストーブの台座
(株)太知
5.製品破
の接続端子にカシメ不良があったため、接触不
と支柱の付け根部分が溶融
約7年
ホールディン
損
良が生じて異常発熱し、短絡・スパークにより出
し、変形した。
グス
火して支柱の付け根が溶融・変形したものと推
ヒーター管は端子部の片側が破損しており、
ヒーター線接続部に異常はなく、ガラス管の内
使用中のハロゲンヒーターか
電気ストーブ
(株)日本ビ
側に破壊起点が認められたことから、ガラス管
4.拡大被 ら異音がしてヒーター管が破裂
2011- (ハロゲンヒー V6−82
約2年 製造時に不具合があったため、ガラス管に微細
ネガーボト
し、破片が飛散して床が焦げ
害
2882 ター)【電気ス 0−G
ラーズ
なクラックが生じ、使用に伴う熱等の影響により
た。
トーブ】
クラックが伸展して破損し、高温の破片で床を
焦がしたものと推定される。
ヒーターのガラス管封止部において、ヒーター
電気ストーブ
ハロゲンヒーターを使用した
(株)日本ビ
リード棒とモリブデン箔の接続部に接触不良に
5.製品破
2011- (ハロゲンヒー V6−84
ところ、異音がして火花が出
約7年 よる異常発熱が生じたため、モリブデン箔が酸
ネガーボト
損
3380 ター)【電気ス 0−G
た。
ラーズ
化・膨張してガラス管に亀裂が入り、破損したも
トーブ】
のと考えられる。
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー HG−80
3674 ター)【電気ス 0
トーブ】
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー AH−13
3847 ター)【電気ス N
トーブ】
(株)山善
電気ストーブ
(株)日本ビ
2011- (ハロゲンヒー V−F80
ネガーボト
3361 ター)【電気ス 0GBS
ラーズ
トーブ】
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー YH−80 (株)優(倒
3641 ター)【電気ス 00(B) 産)
トーブ】
使用中のハロゲンヒーターか
4.拡大被 ら異音とともに発煙し、ヒーター 約10
管の破片が飛び散って床など 年
害
が焦げた。
1.死亡
2011- 電気ポット【電
4356 気湯沸器】
CV−D
W30
象印マホー
ビン(株)
品目
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
消費者セン
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて
ター
対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて 輸入事業者
対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、既販品に対する措置はとらなかっ
たが、2008(平成20)年2月1日付けホームページ
で、耐久年数(目安4∼5年)が経過している自社製 消費者セン
ハロゲンヒーターの使用を中止する旨の注意喚起を ター
行っている。 なお、当該製品は既に販売を終了して
いる。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
警察機関
1
家庭用電
気製品
A2
電力制御用に使用している整流器(ダイオー
ハロゲンヒーターから出火し、
ド)の部品不良により異常発熱し、首振り部分
A2
住宅を全焼して、1人が死亡、 不明
の樹脂製バックカバー付近から発火したものと
2人が軽傷を負った。
推定される。
輸入事業者は、既販品に対する措置はとらなかっ
たが、2008(平成20)年2月1日付けホームページ
で、耐久年数(目安4∼5年)が経過している自社製
ハロゲンヒーターの使用を中止する旨の注意喚起を
行っている。 なお、当該製品は既に販売を終了して
輸入事業者は、既販品に対する措置はとらなかっ
たが、2008(平成20)年2月1日付けホームページ
で、耐久年数(目安4∼5年)が経過している自社製
ハロゲンヒーターの使用を中止する旨の注意喚起を
行っている。 なお、当該製品は既に販売を終了して
輸入事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、2003(平成15)年度の商品より、サーモスタット
を用いるとともにダイオードに温度ヒューズを取り付
けている。 なお、NITEは、2006(平成18)年12月
15日に事故情報特記ニュースにより注意喚起を行う
とともに、経済産業省においてもプレスリリースをし注
意喚起を行っている。さらに、2006(平成18)年12
月19日から販売事業者が、倒産した輸入事業者に
代わり製品の回収を自主的に行っている。
A2
輸入事業者は、2011(平成23)年12月29日付け
ホームページに注意喚起を掲載し、無償点検を実施 輸入事業者
している。
1
家庭用電
気製品
A2
2007(平成19)年2月19日付け新聞及びホーム 消費者セン
ページに社告を掲載し、製品の回収を行っている。 ター
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、2009(平成21)年10月19日より
ホームページに社告を掲載し、無償で点検を行って 輸入事業者
いる。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
操作部の保護シートに密着不良があったた
め、操作基板に水分が浸入し、ヒーター用リ
5.製品破 使用中の電気ポットが保温に
A2
約1年
レーがチャタリングを起こしてリレー接点が溶着
損
ならず、沸騰し続けた。
し、連続通電状態になったものと推定される。
当該製品の取っ手(ABS樹脂製)は、本体に
ねじで固定されており、製造工程において取っ
2011- 電気やかん【電 G−342 (有)新津興 5.製品破 電気やかんの取っ手が取れ
手を取り付ける際、過度のトルクでねじを締め
不明
A2
4330 気湯沸器】
5
器
損
た。
付けたため、ねじ穴周辺部に亀裂が生じ、その
後の過程における振動等によって亀裂が伸展
して破損に至り、取っ手が取れたものと推定さ
2-52 / 96
事故通知者1 品目分類コード
A2
ヒーターのガラス管製造時に不具合があり、
ガラス管に微細なクラックが生じ、使用に伴う熱
A2
等の影響によりクラックが伸展して割れたものと
推定される。
電源スイッチとリード線の接続端子の接続不
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー SKJ−S エスケイジャ 5.製品破 使用中のハロゲンヒーターの
良があったため、接触不良が生じて異常発熱
約6年
損
本体右側から出火した。
3798 ター)【電気ス 805HT パン(株)
し、接続端子部から出火して、本体樹脂が溶
融・変形したものと推定される。
トーブ】
ヒーターニクロム線接続部付近で接触不良が
電気ストーブ
使用中のハロゲンヒーターの
生じたため高温となり、接続部に使用されてい
4.拡大被
2011- (ハロゲンヒー EHH−8 吉井電気
ハロゲン管が破裂し、床が焦 約8年 るモリブデン箔が酸化して膨張し、モリブデン箔
(株)
害
0360 ター)【電気ス 06TI
げ、ズボンに穴があいた。
を嵌合していたガラス管が、その部分を起点に
トーブ】
割れたものと推定される。
出力切換用ダイオードと配線の接続部がはん
鳥取三洋電
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー KR−E8 機(株)(現 5.製品破 使用中のハロゲンヒーターか
だ付け不良であったため、ダイオード内部のは
不明
ら発煙した。
4514 ター)【電気ス 00
んだ付け部で接触不良を生じて異常発熱し、発
在:三洋電機 損
煙したものと推定される。
(株))
トーブ】
ヒーター管上側のヒーター端子とリード線の接
松下電器産
電気ストーブ
FE−10 業(株)(現 5.製品破 使用中の電気ストーブ上部か
2011続部に製造不良があったため、使用による熱ス
約9年
(遠赤外線式)
損
ら火花が出た。
K1W
3888
トレスでリード線に応力が加わり断線し、短絡・
在:パナソ
【電気ストーブ】
スパークが生じたものと推定される。
ニック(株))
再発防止措置
製造事業者は、同種事故の発生はあるものの拡大
被害に至っていないことから、措置はとらなかった。
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必
要に応じて対応することとした。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
温度ヒューズが溶断して通電が停止し、拡大被害に
至っていないことから、措置はとらなかった。 NITE
は、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じて対応することとした。
輸入事業者は、2012(平成24)年1月18日付け
ホームページに社告を掲載し、無償で部品交換を
行っている。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
2011- 電気やかん【電 G−342 (有)新津興 5.製品破 電気やかんの取っ手が取れ
1日
4326 気湯沸器】
5
器
損
た。
2011- 電気やかん【電 RM−80 (有)新津興 5.製品破 電気やかんの取っ手が取れ
不明
4329 気湯沸器】
56
器
損
た。
2011- 電気やかん【電 RM−80 (有)新津興 5.製品破 電気やかんの取っ手が取れ
不明
4328 気湯沸器】
56
器
損
た。
2011- 電気やかん【電 RM−80 (有)新津興 5.製品破 電気やかんの取っ手が取れ
約4月
4327 気湯沸器】
56
器
損
た。
東芝家電製
電気衣類乾燥機を使用中、
造(株)(現
電気衣類乾燥
5.製品破
ED−D6
2011発煙し、操作パネルの一部が
在:東芝ホー
機【電気乾燥
損
02
2811
溶融した。
ムアプライア
機】
ンス(株))
約21
年3月
東芝家電製
造(株)(現
電気衣類乾燥
5.製品破 電気衣類乾燥機の基板付近
ED−D6
2011不明
在:東芝ホー
機【電気乾燥
損
から発煙した。
02
2209
ムアプライア
機】
ンス(株))
オルスバー
電気温風機(蓄
14−51
2011グジャパン
熱式)【電気温
7−9
3458
(株)
風機】
使用中の蓄熱式電気暖房機
5.製品破 が通電しなくなったので確認す 約2年
損
ると、機器内部の端子台が一 8月
部変色し、配線が断線してい
NFR−1
100(ブ (株)ミュー
ジーコーポ
ランド:
(株)山 レーション
善)
電気魚焼き器で魚を調理中、
5.製品破
ヒンジ部分で火花が散り、電源 約9月
損
プラグが過熱した。
電気魚焼き器
2011【電気魚焼き
1751
器】
事故
原因
区分
事故原因
当該製品の取っ手(ABS樹脂製)は、本体に
ねじで固定されており、製造工程において取っ
手を取り付ける際、過度のトルクでねじを締め
付けたため、ねじ穴周辺部に亀裂が生じ、その
後の過程における振動等によって亀裂が伸展
して破損に至り、取っ手が取れたものと推定さ
当該製品の取っ手(ABS樹脂製)は、本体に
ねじで固定されており、製造工程において取っ
手を取り付ける際、過度のトルクでねじを締め
付けたため、ねじ穴周辺部に亀裂が生じ、その
後の過程における振動等によって亀裂が伸展
して破損に至り、取っ手が取れたものと推定さ
当該製品の取っ手(ABS樹脂製)は、本体に
ねじで固定されており、製造工程において取っ
手を取り付ける際、過度のトルクでねじを締め
付けたため、ねじ穴周辺部に亀裂が生じ、その
後の過程における振動等によって亀裂が伸展
して破損に至り、取っ手が取れたものと推定さ
当該製品の取っ手(ABS樹脂製)は、本体に
ねじで固定されており、製造工程において取っ
手を取り付ける際、過度のトルクでねじを締め
付けたため、ねじ穴周辺部に亀裂が生じ、その
後の過程における振動等によって亀裂が伸展
して破損に至り、取っ手が取れたものと推定さ
操作パネル内部の電源、ヒーター及びモー
ター制御用回路を含む電子ユニットの100V回
路基板に接続されたリード線端子のはんだ付け
部が、接触不良により部分的に発熱を起こし電
子ユニットカバーを溶かし、着火したものと推定
される。
操作パネル内部の電源、ヒーター及びモー
ター制御用回路を含む電子ユニットの100V回
路基板に接続されたリード線端子のはんだ付け
部が、接触不良により部分的に発熱を起こし電
子ユニットカバーを溶かし、着火したものと推定
される。
ヒーター線に取り付けた圧着端子にカシメ不
良があったため、カシメ部で接触不良による異
常発熱が生じ、ヒーター線が断線したものと推
定される。
蓋ヒンジ部分の上ヒーター配線に取付不良が
あり、蓋を開いた際にヒーター配線に屈曲・引張
りストレスが加わる状態になっていたため、上
ヒーター配線が断線し、火花が発生したものと
推定される。
電源線のコネクター端子にカシメ不良があっ
たため、カシメ部で接触不良による異常発熱が
生じ、コネクター樹脂が焦げ、電源線が断線し
たものと推定される。
事故通知者1 品目分類コード
品目
A2
輸入事業者は、2012(平成24)年1月18日付け
ホームページに社告を掲載し、無償で部品交換を
行っている。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、2012(平成24)年1月18日付け
ホームページに社告を掲載し、無償で部品交換を
行っている。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、2012(平成24)年1月18日付け
ホームページに社告を掲載し、無償で部品交換を
行っている。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A2
輸入事業者は、2012(平成24)年1月18日付け
ホームページに社告を掲載し、無償で部品交換を
行っている。
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
A2
A2
A2
A2
電気洗濯機(乾
電気洗濯機が作動しないの
LG Electro
約3年
2011- 燥機付、ドラム WD−S
5.製品破
A2
で確認したところ、内部のコネ
nics Japa
6月
0953 式)【電気洗濯 85KP
損
クターが焦げていた。
n(株)
機】
LG電子ジャ
電気洗濯機(乾
メイン基板上のヒーター用リレーにはんだ不足
当該機の洗濯乾燥中に発煙
パン(株)(現
2011- 燥機付、ドラム WD−D
があったため、はんだクラックが生じ、スパーク
5.製品破
A2
したため、電源プラグを抜い
約7年
在:LG Ele
1842 式)【電気洗濯 84S
により、基板及びポッティング材が発煙・焼損し
損
た。
ctronics J
機】
たものと推定される。
apan(株))
水槽下部への内部配線に取付不良があり、
電気洗濯機(全 AW−7 東芝ホーム
5.製品破 洗濯機から焦げ臭いにおい 約6年 内部配線に余裕がなかったため、使用時の振
2011アプライアン
自動)【電気洗 04GP
A2
損
がして発煙した。
7月 動により内部配線の芯線が断線し、スパークが
0218
ス(株)
(H)
濯機】
発生して配線被覆が発火・発煙したものと推定
インバーター基板上のトランスコイル端子部に
使用中の電子レンジから発
約18 はんだ付け不良があったため、はんだクラック
4.拡大被
2011- 電子レンジ【電
A2
煙し、レンジを置いていた冷蔵
RE−E1 シャープ(株)
年
害
1494 子レンジ】
が生じスパークし、基板が焼損して発煙したも
庫が汚損した。
のと推定される。
2-53 / 96
再発防止措置
製造事業者は、1990(平成2)年5月29日付けの
新聞、2007(平成19)年4月10日付けの新聞及び
ホームページに社告を行い、電子ユニットの改良品
(はんだ付け、ランド面積の拡大、端子ハトメ化など
実施したもの)への交換及び電子ユニットカバーの難
燃材部品(難燃ポリプロピレン)への交換を継続して
製造事業者は、1990(平成2)年5月29日付けの
新聞、2007(平成19)年4月10日付けの新聞及び
ホームページに社告を行い、電子ユニットの改良品
(はんだ付け、ランド面積の拡大、端子ハトメ化など
実施したもの)への交換及び電子ユニットカバーの難
燃材部品(難燃ポリプロピレン)への交換を継続して
輸入事業者は、販売店を通じ顧客に通知を行い中
継端子なしの電源ケーブルに交換することとした。
なお、2010(平成22)年4月生産分からは、中継端
子なしの電源ケーブルに変更している。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報がなく、
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。 な
お、今後の生産品については、現地で作業方法の確
認と作業方法を指導することとした。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、既販品について
は措置はとらなかった。 なお、強電部(リレーを含
む)については、はんだ付け後、さらに手作業による
はんだ盛りを行うこととした。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、拡大被害に至っておらず、当該製
品の外郭は金属で覆われているため、措置はとらな
かった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に
注視し、必要に応じて対応することとした。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
電動工具(ドラ
Eagle− 野澤産業
2011イバー、充電
038
(株)
3933
式)
電動工具(ドラ
Eagle− 野澤産業
2011イバー、充電
038
(株)
3932
式)
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
内蔵バッテリーのマイナス極に充電用配線の
プラス極が誤接続されていたため、充電アダプ
5.製品破 充電中の電動ドライバーの底
ターの出力プラグを差し込んだ際、誤接続の充
不明
A2
損
面部が変形した。
電用配線が短絡経路となり、充電アダプター出
力が短絡して異常発熱し、本体外郭樹脂が熱
変形したものと推定される。
内蔵バッテリーのマイナス極に充電用配線の
プラス極が誤接続されていたため、充電アダプ
5.製品破 充電中の電動ドライバーの底
ターの出力プラグを差し込んだ際、誤接続の充
不明
A2
損
面部が変形した。
電用配線が短絡経路となり、充電アダプター出
力が短絡して異常発熱し、本体外郭樹脂が熱
変形したものと推定される。
サンソニック
配線器具(延長
STP−1 (株)(現在: 5.製品破 使用中の延長コードの差込
2011コード)【差込み
みプラグが焦げて変形した。
32
0819
サナーエレク 損
プラグ】
トロニクス
可動式プラグの回転摺動部にカシメ不良が
約5年 あったため、接触不良により、カシメ部が異常発 A2
熱し、発熱・焼損に至ったものと推定される。
事故品電球の破断面に異物が認められたこと
から、電球成形時に混入した異物を起点に、使
A2
用に伴う熱衝撃によりクラックが発生して伸展
し、破損に至ったものと推定される。
ノートパソコンを使用中、AC
ACアダプターの電源回路の平滑用コンデン
VGP−A
ACアダプター
アダプターの出力コード付近か
サーに部品不良があったため、コンデンサーが
C19V2 ソニーイーエ
4.拡大被 ら異音がして火花が出て、アダ
2011- (ノートパソコン
異常発熱して焼損し、ACアダプターの外郭樹
1(VGN ムシーエス
不明
A3
害
0332 用)【直流電源
プターの外装の一部が変形し、
脂が熱変形したものと推定される。 なお、AC
−SZ94 (株)
装置】
パソコンのディスプレイ、壁など
アダプターの出力コードに火花の痕跡は認めら
PS用)
が焦げた。
れなかった。
製造工程で仕様と異なる接着剤を使用したた
2011- LEDランプ(電 LB−L6 (株)オーム 5.製品破 使用中のLEDランプの電球
約1月 め、口金接着強度が低下し、発光及び放熱部 A3
1496 球型)
0N
電機
損
部分が突然落下した。
が、口金樹脂から外れて落下したものと推定さ
ダウンライトに使用していた
2011- 白熱電球【白熱 レフ E2 (有)ロイヤ 5.製品破
白熱電球が割れ、ガラス部分
2398 電球】
6 60W ル九谷薩摩 損
が落下した。
約6月
電源基板上のセラミックコンデンサー内部に
カラーテレビ
LC−M1 (株)ミスター 5.製品破 テレビの背面から発煙し、異 約1年
2011不純物が混入していたため、異常発熱を生じて A3
(液晶)【テレビ
9D4
マックス
損
臭がした。
6月
2365
焼損し、発煙したものと推定される。
ジョン受信機】
カラーテレビ
LC−M1 (株)ミスター 5.製品破
2011 テレビの背面から発煙した。
(液晶)【テレビ
9D4
マックス
損
2479
ジョン受信機】
電源基板上のセラミックコンデンサー内部に
約1年
不純物が混入していたため、異常発熱を生じて A3
7月
焼損し、発煙したものと推定される。
カラーテレビ
LC−M1 (株)ミスター 5.製品破 テレビの背面から異音ととも
2011(液晶)【テレビ
9D4
マックス
損
に異臭がした。
2480
ジョン受信機】
電源基板上のセラミックコンデンサー内部に
約1年
不純物が混入していたため、異常発熱を生じて A3
11月
焼損し、発煙したものと推定される。
カラーテレビ
LC−M1 (株)ミスター 5.製品破
2011 テレビの背面から発煙した。
(液晶)【テレビ
9D4
マックス
損
2481
ジョン受信機】
電源基板上のセラミックコンデンサー内部に
約1年
不純物が混入していたため、異常発熱を生じて A3
6月
焼損し、発煙したものと推定される。
カラーテレビ
LC−M1 (株)ミスター 5.製品破
2011 テレビの背面から発煙した。
(液晶)【テレビ
9D3
マックス
損
2483
ジョン受信機】
電源インレット端子のはんだ不足を検査工程
約1年 で見落としていたため、プラグの抜き差し時に
A3
6月 加わった力により、はんだクラックが生じ、ス
パークが生じて発煙したものと推定される。
カラーテレビ
2011(液晶)【テレビ 55ZG2 (株)東芝
4479
ジョン受信機】
電源基板上のフィルムコンデンサーに不具合
5.製品破 液晶テレビから異音がして発
約5月 品が混入したため、内部短絡が生じて発煙・焼 A3
損
煙した。
損したものと推定される。
2-54 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者は、2012(平成24)年1月17日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の点検・交換を
実施している。 なお、製造工場に対し、製造工程の 輸入事業者
改善を指示するとともに、受け入れ検査の強化を
行った。
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、2012(平成24)年1月17日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の点検・交換を
実施している。 なお、製造工場に対し、製造工程の 輸入事業者
改善を指示するとともに、受け入れ検査の強化を
行った。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
国の行政機
関
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、焼損や火災などの拡大被害に至っ
ていないことから、措置はとらなかった。 NITEは、 消費者セン
引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じ ター
て対応することとした。
販売事業者は、2011(平成23)年9月から顧客リ
ストをもとに製品の回収・交換を実施し、完了した。
その他
なお、輸入事業者は、当該製品の輸入を既に終了し
ている。
他に同種事故発生の情報はないことから、今後の
事故発生状況を注視し、必要に応じて対応することと 製造事業者
した。 なお、当該品は既に生産を終了している。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて
対応することとした。
輸入事業者は、部品の焼損のみで拡大被害に至っ
ていないことから、既販品については、引き続き同様
の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応するこ
ととした。 なお、2011(平成23)年11月1日製造
分から当該コンデンサーは、他メーカー製に変更して
輸入事業者は、部品の焼損のみで拡大被害に至っ
ていないことから、既販品については、引き続き同様
の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応するこ
ととした。 なお、2011(平成23)年11月1日製造
分から当該コンデンサーは、他メーカー製に変更して
輸入事業者は、部品の焼損のみで拡大被害に至っ
ていないことから、既販品については、引き続き同様
の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応するこ
ととした。 なお、2011(平成23)年11月1日製造
分から当該コンデンサーは、他メーカー製に変更して
輸入事業者は、部品の焼損のみで拡大被害に至っ
ていないことから、既販品については、引き続き同様
の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応するこ
ととした。 なお、2011(平成23)年11月1日製造
分から当該コンデンサーは、他メーカー製に変更して
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、引き続き同様の事
故発生状況に注視し、必要に応じて対応することとし
た。 なお、2011(平成23)年11月1日製造分か
ら、検査工程での見落としをなくすため、全数につい
て電源インレット端子のはんだ付け部にはんだ盛りに
よる補強を行うこととした。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
2011- ヘアアイロン
3678 【電気髪ごて】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
輸入事業者の修理ミスにより、ヒーターの温度
修理を行ったヘアアイロンか
4.拡大被
S8911
制御が作動しない状態になっていたため、ヒー
A3
ら発煙、発火し、部品が外れて 約5月
(株)クレイツ
害
0
ターが連続通電状態になり、発煙・発火し、敷物
落下したため敷物が焦げた。
が焦げたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2231 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2232 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2233 の電気機械器 S3FA
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2234 の電気機械器 S3FA
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
PZB−
6.被害な
2011- 動式)【その他
作を行っていないのに勝手に
M3RJ/ (株)プラッツ
し
2235 の電気機械器
動作する。
M
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2236 の電気機械器 S3FA
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2237 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2238 の電気機械器 S3FA
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2239 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
2-55 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な 輸入事業者
お、今後は、品質管理の強化を行うこととした。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
品目
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
介護ベッド(電
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
電動介護ベッドのひざ上げ機
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
構が、スイッチ操作を行ってい 不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
(株)プラッツ
し
2301 の電気機械器 S3FAC
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
ないのに勝手に上がる。
具付家具】
作動を起こしたものと推定される。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
介護ベッド(電
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
電動介護ベッドのボトム昇降
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
機構が、スイッチ操作を行って 不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
(株)プラッツ
し
2302 の電気機械器 S3FAC
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
いないのに勝手に下がる。
具付家具】
作動を起こしたものと推定される。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
介護ベッド(電
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
電動介護ベッドのボトム昇降
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
機構が、スイッチ操作を行って 不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
(株)プラッツ
し
2303 の電気機械器 S3FAC
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
いないのに勝手に下がる。
具付家具】
作動を起こしたものと推定される。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
介護ベッド(電
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
電動介護ベッドのボトム昇降
PZB−
6.被害な
2011- 動式)【その他
機構が、スイッチ操作を行って 不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
M3RJ/ (株)プラッツ
し
2304 の電気機械器
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
いないのに勝手に下がる。
M
具付家具】
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
PZB−
6.被害な
2011- 動式)【その他
作を行っていないのに勝手に
M3RJ/ (株)プラッツ
し
2305 の電気機械器
動作する。
M
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2306 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2307 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2308 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2309 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2310 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
2-56 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2311 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2312 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2313 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2314 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2315 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2316 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2317 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2318 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2319 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2320 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
2-57 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2321 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2322 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2323 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
PZB−
6.被害な
2011- 動式)【その他
作を行っていないのに勝手に
M3RJ/ (株)プラッツ
し
2324 の電気機械器
動作する。
M
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
PZB−
6.被害な
2011- 動式)【その他
作を行っていないのに勝手に
M3RJ/ (株)プラッツ
し
2325 の電気機械器
動作する。
M
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2326 の電気機械器 S3FA
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2327 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2328 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2329 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2330 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
2-58 / 96
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
介護ベッド(電
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
2011- 動式)【その他 PKB−A
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
2331 の電気機械器 S3FAC
動作する。
具付家具】
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2332 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2333 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
2334 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
電動介護ベッドがスイッチ操
6.被害な
作を行っていないのに勝手に
(株)プラッツ
し
動作する。
リモコンのプラグ樹脂に、添加剤としてリン酸
化合物が混入していたため、黄銅製のプラグピ
不明 ン端子が腐食溶出して端子間の絶縁抵抗が低 A3
下し、モーター用リレーの信号電流が流れて誤
作動を起こしたものと推定される。
ファンモーター内部に組み込まれた基板の電
空気清浄機が停止したので
子部品(IC)に不具合が生じたため、電子部品
約1年
2011- 空気清浄機【空 MC808 ダイキン工業 5.製品破 運転ボタンを数回押したとこ
(ジャンパーチップ)に過電流が流れ異常発熱し
ろ、機器上部から発煙し、機内 5月
0152 気清浄機】
K−W
(株)
損
基板上でトラッキングが発生し、配線コネクター
に火花が見えた。
部から炎が噴出したものと推定される。
点灯回路のフィルムコンデンサーに不良品が
蛍光ランプ(電
EFA25 東芝ライテッ 5.製品破 使用中の蛍光ランプから焦げ
2011約2年 混入したため、コンデンサーのフィルムが溶融
球型)【蛍光ラ
ED/22 ク(株)
損
臭いにおいがした。
0177
し、異臭がしたものと推定される。
ンプ】
点灯回路のフィルムコンデンサーに不良品が
蛍光ランプ(電
EFA25 東芝ライテッ 5.製品破 蛍光ランプを点灯させたとこ
2011不明 混入したため、コンデンサーのフィルムが溶融
球型)【蛍光ラ
ED/22 ク(株)
損
ろ、発煙し、異臭がした。
0446
し、発煙したものと推定される。
ンプ】
使用中の蛍光ランプから発
インバーター基板のトランジスターに不具合品
蛍光ランプ(電 EFA15
日立アプライ 4.拡大被 煙・熱変形を生じて照明器具の 約1年
2011が混入したため、トランジスターが異常発熱し、
球型)【蛍光ラ EL/13
アンス(株) 害
1804
セードとソケット付近の一部が 3月
周囲の樹脂等が溶融したものと推定される。
T
ンプ】
黒くなった。
YMF−1
首振り部の内部配線の位置がずれて組み付
扇風機の首振り部のカバーと
0SC(ブ
2011- 扇風機【扇風
5.製品破 電源コードが擦れて、コードが 約2年 けられていたため、首振り時に内部配線が樹脂
(株)ナカトミ
ランド:
2379 機】
焦げていて、少し押すと火花が 2月 カバーの端部に接触し、損傷して半断線による
損
(株)山
火花が生じたものと推定される。
出て動きだす。
善)
掃除機を延長コードに接続し
プリント基板上のブリッジダイオードに部品不
て使用中、ブレーカーが落ちた
良があったため、内部短絡が生じ、ブレーカー
DC12
5.製品破 ため、ブレーカーを入れ直して
2011- 掃除機(サイク
が作動したものと考えられ、ブレーカーを入れ
Plus All ダイソン(株)
約3年
損
0215 ロン式)
電源プラグを壁コンセントに直
直し、再度電源プラグをコンセントに差し込んだ
ergy
接接続したところ、異音がして
際に、短絡電流が流れプラグ先端部でスパーク
プラグが溶けた。
を生じ、プラグが溶けたものと推定される。
混入していた金属片は、縫製作業で使用して
蓄熱式ゆたん
いたミシン針が折損したものであり、ミシン針の
6.被害な 蓄熱式ゆたんぽのカバーに
エコタン
2011約3月 折れ針管理及び検針が不十分であったことか
エレス(株)
ぽ【電気あん
し
金属片が混入していた。
ポL
4417
か】
ら、折れたミシン針が混入した製品が市場に流
通したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
電気オーブン
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
2011付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
約3年
トースター【電
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
0559
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
気天火】
継続したものと推定される。
2-59 / 96
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
輸入事業者は、2011(平成23)年9月1日付けで
ホームページへ告知の掲載及びダイレクトメールの
送付により、対象機種についてリモコンの無償交換を
行っている。 なお、2011(平成23)年8月1日以降
の販売品は、不具合品を供給していた事業者から購
入を中止し、使用していない。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同
輸入事業者
様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応する
こととした。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
溶融、異臭のみで拡大被害に至っていないことか
ら、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて対
応することとした。
発煙のみで拡大被害に至っていないことから、今後
の事故状況を注視し、必要に応じて対応することとし
た。
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事
故発生状況に注視し、必要に応じて対応することとし
た。
A3
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な 消費者セン
お、今後は、不具合発生状況を注視し、必要に応じて ター
対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A3
他に同種事故発生の情報はなく、拡大被害に至っ
消費者セン
ていないことから、今後の事故発生状況を注視し、必
ター
要に応じ対応することとした。
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
A3
A3
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
とから、今後の事故発生状況に注視することとし、既
販品についての措置はとらなかった。 なお、当該製 輸入事業者
品の輸入及び販売を中止するとともに、在庫品を廃
棄処分することとした。
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか 消費者セン
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の ター
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0851
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0852
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0853
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0854
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0855
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0856
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0857
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0858
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0859
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0860
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0861
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0862
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0863
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0864
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0865
気天火】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
2-60 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0866
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0867
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0868
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0869
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0870
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0871
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0872
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0873
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0874
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0875
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0876
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0877
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0878
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0879
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0880
気天火】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
2-61 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0881
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0882
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0883
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0884
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0885
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0886
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0887
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0888
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0889
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0890
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0891
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0892
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0893
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0894
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0895
気天火】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
2-62 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0896
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0897
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0898
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0899
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0900
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0901
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0902
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0903
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0904
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0905
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0906
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0907
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0908
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0909
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0910
気天火】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
2-63 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0911
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0912
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0913
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0914
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0915
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0916
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0917
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0918
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0919
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0920
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0921
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0922
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0923
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0924
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0925
気天火】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
2-64 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブン
2011トースター【電
0926
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0927
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0928
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0929
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0930
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0931
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0932
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0933
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0934
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0935
気天火】
電気オーブン
2011トースター【電
0936
気天火】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
0358
ジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
2377
ジ】
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
4488 ター)【電気ス
トーブ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
タイマーの構成部品の不良又は部品の組み
EO120 デロンギ・
5.製品破 オーブントースターのタイマー
付け不良により、タイマーつまみがOFFの状態
不明
2J−W ジャパン(株) 損
が切れず、連続運転になる。
になってもタイマー接点が離れず、加熱状態が
継続したものと推定される。
上ヒーター用リレーに部品不良があったため、
電気オーブンレンジでパン生
5.製品破
リレー接点が溶着し、ヒーターへの通電が停止
地を発酵していたところ、使用 不明
RE−D4 シャープ(株)
損
せず、庫内が高温になり、樹脂製容器が溶融し
していた容器が溶けた。
たものと推定される。
松下電器産
電源基板上のフイルムコンデンサーに不具合
業(株)(現 5.製品破 使用中の電子レンジから発
約6年 品が混入したため、内部短絡が生じ、発火・発
NE−F2
損
煙した。
在:パナソ
煙したものと推定される。
ニック(株))
事故品は、3本のガラス製ヒーター管の内、最
上段の1本が黒く変色していた。当該ヒーター
ネット通販で購入したカーボ
FS−BH (株)フィフ
5.製品破
ンヒーターを使用中、突然発火 約1月 管の中央にあるガラス封止部に微細な穴が認
122
ティ
損
められたことから、封止工程が不完全であった
した。
ために、封止部に穴が開いて空気が流入し、
が
2-65 / 96
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
A3
再発防止措置
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
輸入事業者は、最終的に温度ヒューズが作動して
通電を停止し、拡大被害に至る可能性は低いことか
ら、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の
事故発生状況に注視し、必要に応じて対応することと
他に同種事故発生の情報はなく、最終的にセン
サーが庫内の異常温度を検知して通電を停止し、拡
大被害に至る可能性は低いことから、今後の事故発
生状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
外郭は金属製であり、拡大被害に至る可能性は低い
ことから、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
フィラメントが断線するのみで拡大被害に至っていな
いことから、措置はとらなかった。 なお、NITEは、引
き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて
対応することとした。
事故通知者1 品目分類コード
品目
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
4094 ター)【電気ス
トーブ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
KKS−1
270(ブ
ランド:小 (株)千石
泉成器
(株))
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
家庭用電
気製品
2011(平成23)年5月27日付け新聞及びホーム
ページに社告を掲載し、製品回収、代金返済を行っ 製造事業者
ている。 なお、当該品は既に生産を終了している。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
輸入事業者
1
家庭用電
気製品
A3
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報がなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ 消費者セン
た。 なお、NITEは、引き続き同様の事故発生状況 ター
に注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
A4
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生 消費者セン
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
ター
1
家庭用電
気製品
事故品は、溶着用リングの超音波溶着装置へ
ティファー
(株)グルー
の取付位置のずれなどにより、リングの発熱が
5.製品破
2011- 電気やかん【電 ル OVE
A3
電気やかんから水が漏れた。 不明
プセブ ジャ
弱くなったため溶着が不十分となり、水漏れが
損
A BF7
0691 気湯沸器】
パン
発生したものと推定される。
52022
取っ手の電源スイッチに組み込まれている
サーモスタットのバイメタルが変形していたた
A3
め、沸騰後もヒーターへの通電が継続し、取っ
手が高温となっていたことから、火傷を負ったも
東芝家電製
乾燥風経路の綿埃等を除去する噴霧水の給
電気洗濯機(乾
使用中の電気洗濯機から漏
造(株)(現
水弁に不具合品が混入したため、綿埃等の堆
2011- 燥機付、ドラム TW−13
5.製品破 水したため確認したところ、温
約6年 積により循環風量が低下し、温風温度が異常 A3
在:東芝ホー
2520 式)【電気洗濯 0VB
風吹出口付近にある樹脂が焦
損
ムアプライア
上昇して温風吹出口の樹脂が溶融したものと推
機】
げていた。
ンス(株))
定される。
1回
IM−57
4(ブラン
2011- 電子レンジ【電
ド:岩谷 (株)千石
2215 子レンジ】
産業
(株))
使用中の電子レンジから発
ドアの開閉を検知するスイッチの製造不良に
4.拡大被
煙、発火し、食器棚などが焼損 不明 より、接点部でスパークが発生し、出火したと考 A3
害
した。
えられる。
2011- 電子レンジ【電 KRD−0 小泉成器
0501 子レンジ】
106
(株)
使用中の電子レンジの操作
5.製品破
パネル部分から発煙、発火し
損
た。
2011- 電子レンジ【電 KRD−0 小泉成器
1625 子レンジ】
106
(株)
5.製品破 使用中の電子レンジから発
損
煙・発火した。
2011- 電子レンジ【電 KRD−0 小泉成器
1801 子レンジ】
106
(株)
使用中の電子レンジから発
4.拡大被
煙、発火し、レンジ置き台が焦 不明
害
げた。
EBR11
0V60W
2011- 白熱電球【白熱 −W(ブ メトロ電気工 5.製品破
4359 電球】
損
ランド:朝 業(株)
日電器
(株))
電気ストーブ
MS−80 (株)ユーイ
2011(遠赤外線式)
8EX
ング
0195
【電気ストーブ】
機器運転中に扉を開閉し、電源の入切がラッ
チスイッチで繰り返されることでラッチスイッチの
A3
不明 接点でスパークが発生し、接触不良となり、ト
ラッキング現象が起こり焼損に至ったものと推
定される。
不明
照明器具付近から異音がし
たため確認すると、白熱電球
のガラス球が口金から外れて
ぶら下がっていた。
約2月
電気ストーブの本体側電源
5.製品破
コードの付け根から火花が出
損
た。
約1年
機器運転中に扉を開閉し、電源の入切がラッ
チスイッチで繰り返されることでラッチスイッチの
接点でスパークが発生し、接触不良となり、ト
ラッキング現象が起こり焼損に至ったものと推
定される。
機器運転中に扉を開閉し、電源の入切がラッ
チスイッチで繰り返されることでラッチスイッチの
接点でスパークが発生し、接触不良となり、ト
ラッキング現象が起こり焼損に至ったものと推
定される。
事故品は、口金とガラス球部分との接合箇所
で接着剤がはく離していた。接着剤の加熱工程
後に治具から電球を取り外す際に応力が加
わったことで接着強度が低下し、使用に伴う熱
によって、更に強度が低下したため、口金から
ガラス球が外れたものと推定される。
電源コードを本体背面のフックにきつく巻き付
けて保管していたため、電源コードの付け根の
芯線が断線し、使用時にスパークが発生したも
のと推定される。 なお、取扱説明書には、電源
コードの巻き付け方についての注意は記載され
2-66 / 96
品目
1
ND−10
ヒーターと電源を結ぶファストン端子に、カシメ
ゼネラルエア
使用中の電気ストーブのス
電気ストーブ FR(ブラ
不足等の不具合品が混入したため、接触不良
コン(株)(現 5.製品破
2011A3
イッチ付近から火花が出て、電 不明
(遠赤外線式) ンド:
が生じ、異常発熱して樹脂製のコネクターが溶
損
在:GAC
0194
源が入らなくなった。
【電気ストーブ】 (株)デン
融・発煙したものと推定される。
(株))
ソー)
ヒーター制御用リレーに不具合品が混入した
電気ポットを満水にして外出
2011- 電気ポット【電 PLK−3 東芝ホーム 5.製品破
ため、リレーの接点が溶着し、通電が継続して
A3
し、帰宅したところ空だき状態 約2年
3336 気湯沸器】
0GJ
テクノ(株)
損
沸騰が続いたため、空だき状態になったものと
になっていた。
推定される。
初回使用時に湯沸かし中の
電気やかんの取っ手を持った
ところ、過熱しており、火傷を
負った。
事故通知者1 品目分類コード
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
輸入事業者
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
制御基板に接続した電源線のコネクター端子
にカシメ不良があったため、接触不良が生じて
5.製品破 使用中の電気ストーブから異
A3
約5年
異常発熱し、コネクター樹脂が発煙、焼損したも
損
音がし、発煙した。
のと推定される。
2011- 電気やかん【電 PFY−A タイガー魔法
3.軽傷
4384 気湯沸器】
081
瓶(株)
再発防止措置
A3
A3
輸入事業者は、最終的にサーモスタット(復帰温
度:摂氏マイナス30℃)が作動して通電が停止し、拡
大被害に至っていないことから、今後の事故発生状
況を注視し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、同種事故の発生はあるものの拡大
被害に至っておらず、既販品に対する措置はとらな
かった。 なお、今後は超音波溶着装置の工程管理
において作業方法を改善するとともに、溶着後に抜
取検査により引張り試験を実施して溶着強度を確認
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかった。 な
お、今後は、組立工程及び検査工程における品質管
理の強化を行うこととした。
製造事業者は、2011(平成23)年3月2日付け
ホームページに『エラー表示された場合は、温風吹出
口が溶融する可能性があり、事業者に連絡する。』
旨、注意喚起を掲載している。 なお、後継機種は、
温風吹き出し口にサーミスタの追加等を行っている。
ブランド事業者は、2003(平成15)年9月2日から
複数回、新聞社告を掲載するとともにテレビCM放送
で、注意喚起を行い、対象製品について、無償改修
(スイッチ部の交換)を実施している。 また、2011
(平成23)年4月、8月25日から9月2日までの間、
テレビCM放送で使用者に対して注意喚起を実施し
2007(平成19)年9月12日付け新聞に社告を掲
載するとともに、顧客にDMにて通知、自社ホーム
ページに社告内容の掲載、販売店の店頭に告知ポ
スター掲示及び一部地域でテレビ広告による告知を
実施し、回収に向けた周知活動を継続している。 な
お、当該品は既に生産を終了している。
輸入事業者は、2007(平成19)年9月12日付け
新聞に社告を掲載するとともに、顧客にDMにて通
知、自社ホームページに社告内容の掲載、販売店の
店頭に告知ポスター掲示及び一部地域でテレビ広告
による告知を実施し、回収に向けた周知活動を継続
輸入事業者は、2007(平成19)年9月12日付け
新聞に社告を掲載するとともに、顧客にDMにて通
知、自社ホームページに社告内容の掲載、販売店の
店頭に告知ポスター掲示及び一部地域でテレビ広告
による告知を実施し、回収に向けた周知活動を継続
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
取扱説明書にある「連続した過負荷運転につ
電動工具(電気
いて」の注意事項が、欄外に記載されており分
4.拡大被 使用中の電気バリカンから発
AB−16
2011約5年 かりにくかったため、連続して過負荷運転され
リョービ(株)
バリカン)【電気
害
煙、発火した。
00
2219
芝刈機】
モーターが異常発熱し、モーターコイル間で短
絡・スパークして発火したものと推定される。
取扱説明書にある「連続した過負荷運転につ
いて」の注意事項が、欄外に記載されており分
電動工具(電気
5.製品破 使用中の電気バリカンから発
AB−16
2011かりにくかったため、連続して過負荷運転され
約5年
リョービ(株)
バリカン)【電気
損
煙、発火した。
00
3937
モーターが異常発熱し、モーターコイル間で短
芝刈機】
絡・スパークが生じ、モーターコイルの絶縁材か
ら生じた可燃性ガスに引火したものと推定され
取扱説明書にある「連続した過負荷運転につ
いて」の注意事項が、欄外に記載されており分
電動工具(電気
5.製品破 使用中の電気バリカンから発
AB−16
2011かりにくかったため、連続して過負荷運転され
不明
リョービ(株)
バリカン)【電気
損
煙、発火した。
00
3936
モーターが異常発熱し、モーターコイル間で短
芝刈機】
絡・スパークが生じ、モーターコイルの絶縁材か
ら生じた可燃性ガスに引火したものと推定され
取扱説明書にある「連続した過負荷運転につ
いて」の注意事項が、欄外に記載されており分
電動工具(電気
5.製品破 使用中の電気バリカンから発
AB−16
2011かりにくかったため、連続して過負荷運転され
不明
リョービ(株)
バリカン)【電気
損
煙、発火した。
00
3935
モーターが異常発熱し、モーターコイル間で短
芝刈機】
絡・スパークが生じ、モーターコイルの絶縁材か
ら生じた可燃性ガスに引火したものと推定され
2-67 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
A4
輸入事業者は、既販品については措置はとらない
が、後継機種の取扱説明書の注意事項を見直すこと 輸入事業者
とした。
1
家庭用電
気製品
A4
輸入事業者は、既販品については措置はとらない
が、後継機種の取扱説明書の注意事項を見直すこと 輸入事業者
とした。
1
家庭用電
気製品
A4
輸入事業者は、既販品については措置はとらない
が、後継機種の取扱説明書の注意事項を見直すこと 輸入事業者
とした。
1
家庭用電
気製品
A4
輸入事業者は、既販品については措置はとらない
が、後継機種の取扱説明書の注意事項を見直すこと 輸入事業者
とした。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
2011- エアコン【電気 RAS−2 東芝キヤリ
2141 冷房機】
55LDR ア(株)
ミニマット(電気
EC−K4
2011(株)千住
マット)【電気座
53
0642
布団】
ミニマット(電気
EC−K4
2011(株)千住
マット)【電気座
53
3098
布団】
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他 PZB−
0637 の電気機械器 M3RJ
具付家具】
(株)プラッツ
介護ベッド(電 KQ−82
2011- 動式)【その他 310(楽 パラマウント
3422 の電気機械器 匠シリー ベッド(株)
ズ)
具付家具】
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3423 の電気機械器
具付家具】
KQ−82
340(楽 パラマウント
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3420 の電気機械器
具付家具】
KQ−82
340(楽 パラマウント
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3429 の電気機械器
具付家具】
KQ−83
120(楽 パラマウント
匠シリー ベッド(株)
ズ)
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
当該機内部のファンモーター電源コネクター
部にトラッキング現象が発生したとみられる焼
損が確認され、焼損付近にエアコン洗浄液など
に含まれる成分が検出されたことから、エアコン
5.製品破 使用中のエアコン室内機から
B1
不明
洗浄液やそれに類似する電気を通しやすい電
損
発煙した。
解物質がコネクター部に付着・残留し、さらに内
部で発生した結露でトラッキング現象を誘発し
たものと推定される。
当該品をふとんの間に入れて使用していたこ
ミニマットをふとんの間に入れ
とから、ヒーター線がずれて重なり合い異常発
4.拡大被 て使用中、焦げ臭いにおいが
熱し、発煙に至ったものと推定されるが、異常
約2年
して発煙し、マットが溶けて敷
害
発熱を検知することができない安全装置であっ
きふとんのシーツも焦げた。
たことも一因と考えられる。 なお、取扱説明書
には「就寝用の暖房器具として使用しない」旨、
ミニマットをふとんの間に入れており、使用中
の外力によりヒーター線がずれて重なり合い異
ミニマットをふとんの間に入れ
5.製品破
常発熱が発生したが、安全装置が作動しなかっ
て使用中、焦げ臭いにおいが 不明
損
たため、焼損に至ったものと推定される。 な
して、マットの一部が焦げた。
お、取扱説明書には、「就寝用の暖房器具とし
て使用しない」旨、記載されている。
フィッティングバーを固定するピンの先端の形
家人が要介護者を介護ベッド
状が、円錐状になっており、固定した時に下側
(レンタル使用)へ移動させる
約5月 に1cm程度出ているが、介護者が被害者の足
3.軽傷
際、ベッド下部に要介護者の右
が当該部に当たっているのに気づかず、被害者
足首があたり、裂傷を負った。
を移動させたため、裂傷を負ったものと推定さ
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明 ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
損
器の一部に挟まり、断線した。
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明 ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
損
器の一部に挟まり、断線した。
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明 ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
損
器の一部に挟まり、断線した。
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
5.製品破 介護ベッドの電源コードが機 約1年
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
損
器の一部に挟まり、断線した。 9月
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
2-68 / 96
B1
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
製造事業者は、2004(平成16)年8月20日付け
新聞、ホームページ及び2006(平成18)年1月から
2009(平成21)年5月に新聞折り込みチラシに社告
を掲載し配布、無料で点検・修理等を行っている。ま
た、ファンモーター電源コネクター部にエアコンクリー 消防機関
ニング時の洗浄液及びこれに類似する電解物質の
侵入を防止するカバーを取り付け、コネクターカバー
の中に絶縁シリコン剤を注入し、水分及び洗浄液等
の浸入を防止している。又は、ファンモーター(改善
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
火災などの拡大被害に至っていないことから、既販
品については措置はとらなかった。 なお、2008(平 消費者セン
成20)年からの後継機種は、ヒーター線を感熱線方 ター
式に変更し、安全装置を変更している。 NITEは、引
き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて
品目
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
B1
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、200 消費者セン
8(平成20)年からの後継機種のヒーター線は、感熱 ター
線方式を採用し、安全装置を変更している。
1
家庭用電
気製品
B1
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品に対する措置はとらなかった。 なお、
輸入事業者
フィッティングバーの固定ピンの先端を丸い形状に改
善した。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3431 の電気機械器
具付家具】
KQ−86
340(楽 パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明
損
器の一部に挟まり、断線した。
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3428 の電気機械器
具付家具】
介護ベッドの高さ調節時に大
KQ−86
きな音がしてベッドが停止し
340(楽 パラマウント 5.製品破
た。電源コードをどこかに挟ん 不明
損
匠シリー ベッド(株)
でショートしたものと推測され
ズ)
る。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3427 の電気機械器
具付家具】
KQ−86
340(楽 パラマウント 5.製品破
損
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電 KQ−86
2011- 動式)【その他 340(楽 パラマウント 5.製品破
損
3426 の電気機械器 匠シリー ベッド(株)
ズ)
具付家具】
介護ベッドの電源コードが断
線した。電源コードの状況から
約3月
機器の一部に挟んだものと推
測される。
介護ベッドの電源コードが断
線した。電源コードの状況から
不明
機器の一部に挟んだものと推
測される。
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3425 の電気機械器
具付家具】
KQ−86
340(楽 パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明
損
器の一部に挟まり、断線した。
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3424 の電気機械器
具付家具】
KQ−86
340(楽 パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機 約2年
損
器の一部に挟まり、断線した。 4月
匠シリー ベッド(株)
ズ)
事故
原因
区分
事故原因
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
2-69 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3421 の電気機械器
具付家具】
KQ−86
340(楽 パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明
損
器の一部に挟まり、断線した。
匠シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
3419 の電気機械器
具付家具】
KQ−92
3(アウラ パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機
不明
損
器の一部に挟まり、断線した。
21シリー ベッド(株)
ズ)
介護ベッド(電
不明(楽
パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機 約4年
2011- 動式)【その他
匠シリー
ベッド(株)
損
器の一部に挟まり、断線した。 1月
3430 の電気機械器
ズ)
具付家具】
介護ベッド(電
不明(楽
パラマウント 5.製品破 介護ベッドの電源コードが機 約2年
2011- 動式)【その他
匠シリー
ベッド(株)
損
器の一部に挟まり、断線した。 2月
3418 の電気機械器
ズ)
具付家具】
2011- 電気温水器【電 GR−37 三菱電機
0439 気温水器】
36C
(株)
集合住宅に設置された電気
4.拡大被 温水器の入れ替え作業中、温
不明
水器のタンク側面の上部が破
害
裂し、窓を破損した。
温水洗浄便座
トイレから異臭がしたので確
東陶機器
約15
5.製品破
2011- 【自動洗浄乾燥
認したところ、温水洗浄便座の
TCF740 (株)(現在:
年
損
3952 式便器】【電気
内部が発熱していた。
TOTO(株))
便座】
電気製パン器
SHB−2 (株)オーク
2011【その他の調理
12
セール
4136
用電熱器具】
3.軽傷
ネット通販で購入した電気製
パン器の容器の取っ手の一部 約3月
が指にあたり、裂傷を負った。
事故
原因
区分
事故原因
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
電源コードをベースフレームの上側に通して
床板を下降させた際、床板昇降用機構部に挟
み込んでしまったため、電源コードが断線したも
のと推定される。 取扱説明書には、「電源コー
ドは、ベースフレームの下側を通さないと断線
のおそれがある」旨、記載されているものの、電
源コードが床板の高さから取り出されているた
め、コンセントの位置やコードの取り回しによっ
てはベースフレームの上側に掛かりやすい構造
当該品は電気防食回路によりタンク内の水が
電気分解されてタンク内で水素ガス・酸素ガス
が発生する構造であり、当該住宅は約3年間タ
ンク内に水を入れたまま電源も入れられていた
ため、タンク内に水素ガス・酸素ガスが溜まって
おり、当該品を撤去する際のガス抜きが不十分
であったことが重なり、タンク内の水面と防食電
極の間で火花放電が生じて、水素ガスに着火
し、缶体破裂したものと推定される。
DC電源回路の電子部品(三端子レギュレー
ター)にはんだ付け不良があったため、はんだク
ラックが発生し、別の電子部品(洗浄モーター制
御用IC)が過負荷状態となって異常発熱し、周
辺の樹脂ケースが焦げたものと推定される。
なお、被害者は、入居時から暖房便座、洗浄機
能が動作しないことを認識していたが、通電を
継続していた使い方も事故に至った原因と考え
取っ手(吊り下げ型)は鋼線の両端を曲げて
容器に取り付けられているが、その鋼線の先端
に面取りの不十分な箇所があり、被害者が容
器を洗浄していた際、指が当該部分に強く触れ
て、負傷したものと推定される。
2-70 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
製造事業者は、既販品については措置はとらない
が、2006(平成18)年10月から、電源プラグ付近に
警告タグを追加し、後継機種は、電源コードのガイド
をベースフレームに設けている。 NITEは、引き続き 製造事業者
同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応す
ることとした。 なお、当該製品は既に販売を終了し
ている。
1
家庭用電
気製品
B1
一般社団法人日本電機工業会として1997(平成
9)年7月31日及び2006(平成18)年2月21日の
新聞広告、2006(平成18)年12月12日付けの
ホームページへの告知掲載により注意喚起を行って 製造事業者
いる。 点検対象製品については顧客へのDM発送
にて破裂防止対策、買換え・撤去の確認活動を継続
実施している。
1
家庭用電
気製品
B2
製造事業者は、拡大被害に至っていないことから、
措置はとらなかった。NITEは、引き続き同様の事故
製造事業者
発生状況に注視し、必要に応じて対応することとし
た。
1
家庭用電
気製品
B3
輸入事業者は他に同種事故発生の情報がないこと
から、措置はとらなかったが、NITEは引き続き同様 消費者セン
の事故発生状況を注視し、必要に応じて対応するこ ター
ととした。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
2011草刈機
0373
BC23C (株)丸山製 5.製品破 使用中の草刈機のハンドル
SN
作所
損
が折れた。
蓄熱式ゆたん
2011ぽ【電気あん
0018
か】
FH−01 フカダック
6
(株)
3.軽傷
製品
の使
用期
間
約1年
1月
就寝時に蓄熱式電気あんか
を使用したところ、右足かかと 約2月
部に低温火傷を負った。
電気洗濯機(乾
電気洗濯機内部の送風口の
東芝ホーム
約7年
4.拡大被
2011- 燥機付、ドラム TW−V8
樹脂製カバーが溶け、洗濯物
アプライアン
10月
害
3695 式)【電気洗濯 630
が焦げた。
ス(株)
機】
事故
原因
区分
事故原因
破面観察及び金属結晶観察結果からは、特
にハンドル部材に問題は確認されず、チップ
ソーのチップ40個のうち17個のチップが欠け
て刈刃性能が低下していたこと、また、雑草以 B4
外の竹などを繰り返し刈っていたことから、過大
な力がハンドルに加わり破断に至ったものと推
定される。 なお、取扱説明書に対象物の適用
取扱説明書の別紙には、就寝中は足先から
離して使用する旨、記載しているが、包装箱や
取扱説明書には、保温袋で低温火傷を防止す
る旨、記載されていたことから、介護者が、下半 B4
身麻痺である被害者の右足かかと部近くに当
該品を置いたため、長時間触れた状態となり、
低温火傷を負ったものと推定される。
給水口の網に堆積物が付着し、温風循環風
路の綿埃等を除去する噴霧水の水量が低下し
エラー表示されたが、使用者が繰り返し使用し
たため、乾燥運転時に温風循環風路が狭まり、
風量低下で温風温度が異常上昇し、吹出口フィ
ルターが溶融したものと推定される。 なお、取 B4
扱説明書には、エラー表示の対応について、点
検すること及び点検しても直らない場合は修理
を依頼する旨、記載されていたが、何度もエ
ラー表示される状態で使い続けると温風吹き出
し口部分の樹脂が一部溶ける旨、記載がな
2-71 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
製造事業者は、カタログ及び取扱説明書に対象物
の適用範囲を明示するとともに、取扱説明書には適 消費者セン
用範囲外の作業や過負荷作業においては、本体の ター
折損等が発生する可能性があることを記載する。
4
家具・住
宅用品
他に同種事故発生の情報はないことから、今後の
事故発生状況を注視し、必要に応じて対応することと 消費者セン
した。 なお、今後は保温袋で低温火傷を防止する ター
旨、記述を削除することとした。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、吹出口フィルターの溶融のみで終
息していることから、措置はとらなかった。 NITEは、 消費者セン
引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じ ター
て対応することとした。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
カラーテレビ
5.製品破
2011- (ブラウン管) 28C−F
シャープ(株)
損
4487 【テレビジョン受 B10
信機】
HL−M1
ホットプレート 0(ブラン ユニオン電
20114.拡大被
【電気ホットプ ド:三菱 子(株)(倒
4325
害
レート】
産)
電機
(株))
EC−23
電気カーペット
2011H(ブラン (株)ロヴィッ 5.製品破
【電気カーペッ
損
3944
ド:(株) ク(倒産)
ト】
ダイ
FPH−2
照明器具(シー 927SR
5.製品破
2011- リングライト)
ZK(ブラ
(株)LDF
損
3550 【その他の放電 ンド:東
灯器具】
芝ライ
テック
ブースター【テ
DXアンテナ 5.製品破
2011- レビジョン受信
PSD−1
(株)
損
3499 機用ブース
ター】
温水洗浄便座
2011- 【自動洗浄乾燥
3014 式便器】【電気
便座】
2011- 暖房便座【電気
2915 便座】
事故
原因
区分
事故原因
長期使用(約14年)により、電源回路の平滑
約14 用電解コンデンサーが絶縁劣化し、異常発熱し
C1
年
たため、内圧の上昇により安全弁が作動し、噴
出した電解液の蒸気が煙のように見えたものと
長期使用(約15年)により、ヒーター下部の遮
ホットプレートを使用したとこ
熱板(ガルバリウム鋼板)が腐食したため、熱反
約15
ろ、機器底面の樹脂が溶け、こ
射が低下して遮熱板の温度が高温になり、底面 C1
年
たつの天板がひび割れた。
の樹脂が溶融し、こたつの天板がひび割れたも
のと推定される。
長期使用(約19年)により、出力切替用スイッ
使用中の電気カーペットから
約19 チ内部の可動接点支持部で接触不良が生じた
C1
異臭がし、操作部が発熱、変
年
ため、異常発熱しコントローラー外郭樹脂が熱
形した。
変形したものと推定される。
テレビの電源を入れたとこ
ろ、発煙した。
長期使用(製造後約15年)により、インバー
ター回路内の電解コンデンサーが劣化し、内圧
ダイニングの照明器具から発
不明 が上昇して、安全弁が作動し、噴出した電解液 C1
煙した。
の蒸気が発煙のように見えたものと推定され
る。
長期使用(約10年以上)により、電源回路の
ブースターの電源を入れたと
約10 平滑用電解コンデンサーが劣化し、異常発熱し
ころ、異音とともに発煙し、焦げ
C1
年
たため、内圧の上昇により安全弁が作動し、噴
臭いにおいがした。
出した電解液の蒸気が煙のように見えたものと
長期使用(約21年)により、制御基板上の半
温水洗浄便座から焦げ臭い
東陶機器
導体リレー内部のコンデンサーが絶縁破壊し、
約21
5.製品破
においがし、部品の一部が溶
TCF441 (株)(現在:
内部の抵抗に過電流が流れて異常発熱したた C1
年
損
融した。
TOTO(株))
め、半導体リレー外郭樹脂が溶融し、焦げ臭い
においがしたものと推定される。
長期使用(27年)により、便座コードが屈曲ス
松下電工
5.製品破 暖房便座とタンクの一部が焼 約27
CH873 (株)(現在:
トレス等により半断線を生じ、発熱・発火したも C1
損
損した。
年
のと推定される。
パナソニック
CW−5
温水洗浄便座 30(ブラ
アイシン精機
20113.軽傷
【電気温水器】 ンド:
(株)
2783
(株)INA
【電気便座】
X)
2011- ジューサー
2381 【ジューサー】
事故通知内容
製品
の使
用期
間
JC550
4G
長期使用(約20年)により、便座電気コードの
被覆の劣化と、便座の開閉による屈曲により、
温水洗浄便座付近から出火 約20 便座電気コードの芯線が断線するとともに被覆
C1
が損傷し、損傷箇所に尿や洗剤等が浸入してト
し、便座と周辺を焼損した。
年
ラッキングが発生し、出火に至ったものと推定さ
れる。
富士電機製
造(株)(現 5.製品破 使用中のジューサーから異
音がし、発煙した。
在:富士電機 損
(株))
カラーテレビ
2011- (ブラウン管) 28C−F
5.製品破 視聴中のテレビから発煙し
シャープ(株)
2258 【テレビジョン受 Z10
損
た。
信機】
照明器具(シー
DCL−3 大光電機
2011- リングライト)
(株)
2255 【その他の放電 3221
灯器具】
長期使用(約37年)により、雑音防止用オイ
約37 ル入り紙コンデンサーが絶縁劣化し、内圧が上
C1
年
昇して安全弁が作動した際に、噴出したオイル
の蒸気が発煙のように見えたものと推定され
長期使用(約13年)により、電源回路の平滑
約13 用電解コンデンサーが絶縁劣化し、内圧が上昇
C1
年
して安全弁が作動した際に、噴出した電解液の
蒸気が煙のように見えたものと推定される。
長期使用(約12年)により、電源基板上の電
5.製品破 使用中の照明器具から異臭 約12 解コンデンサーが絶縁劣化し、内圧が上昇して
C1
安全弁が作動した際に、噴出した電解液の蒸
損
がして発煙した。
年
気が煙のように見えたものと推定される。
KP178
5(ブラン
照明器具(蛍光
ド:小泉
2011- 灯)【家庭用つ
(株)光電器 5.製品破 照明器具から発煙、発火し
産業(株)
1805 り下げ型蛍光
製作所
損
た。
(現在:コ
灯器具】
イズミ照
明(株))
長期使用(約28年)により、安定器の巻線が
約28
絶縁劣化したため、レイヤショートが生じて、発 C1
年
火・発煙したものと推定される。
2-72 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
製造事業者は、電解コンデンサーの安全弁が作動
しており、拡大被害に至っていないことから、引き続
製造事業者
き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応
することとした。
1
家庭用電
気製品
製造事業者が倒産しているため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
ブランド事業者は、他に同種事故発生の情報はな
く、拡大被害に至っていないことから、措置はとらな
販売事業者
かった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に
注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
電流ヒューズが作動し、終息していることから、措置
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、電流ヒューズが作動して終息し拡
消費者セン
大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視 ター
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、温水ユニット及び温風ユニットの安
全装置が作動し終息していることから、措置はとらな
製造事業者
かった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に
注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
安定器外郭及び照明器具本体は金属で覆われてお
り、拡大被害に至る可能性は低いことから、措置はと 製造事業者
らなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状
況に注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
とから、措置はとらなかった。 NITEは、引き続き同
様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応する
製造事業者及びブランド事業者は、2008(平成2
0)年11月26日付けでホームページ、同年11月27
日(ブランド事業者)及び同年12月3日(製造事業
者)に新聞社告を掲載するとともに、DMを送付し長
期間使用されている対象製品の使用に関する注意
喚起を行うとともに、対象製品について不具合確認
作業を無償で実施している。 なお、温水洗浄便座協
議会では、2008(平成20)年11月17日付け新聞
に事故防止のため告知を掲載するとともに、パンフ
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、措置はとらなかっ
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、電解コンデンサーの安全弁が作動
しており、拡大被害に至っていないことから、引き続
き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対応
することとした。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
電源基板は金属で囲まれており、拡大被害に至る可
能性は低いことから、措置はとらなかった。 NITE
は、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じ対応することとした。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
不明
2011- 扇風機【扇風
1619 機】
富士電機製
5.製品破 使用中の扇風機のモーター
YA357 造(株)(現
損
付近から発火した。
在:富士電機
2011- 扇風機【扇風
1610 機】
不明
不明
2.重傷
FCL32
EX−D
蛍光ランプ(環 /30−
日立アプライ 5.製品破
2011形)【蛍光ラン E、FCL
アンス(株) 損
0997
プ】
40EX−
D/38
−E
照明器具(シー
DCL−3 大光電機
5.製品破
2011- リングライト)
(株)
損
0959 【その他の放電 3382
灯器具】
不明
不明
長期使用(38年)により、首振り部分の内部
約38
配線に繰り返し屈曲ストレスが加わり、芯線が C1
年
断線したため、スパークが生じて発火したものと
長期使用(約35年)により、コンデンサーが絶
4.拡大被 扇風機付近から出火して、床 約35 縁劣化し、内部短絡したため、モーターに過電
C1
流が流れ、異常発熱し、発火したものと推定さ
害
などを焼損した。
年
れる。
(株)日立製
2011- 掃除機【電気掃 CV−W 作所(現在:
3.軽傷
日立アプライ
1280 除機】
H8
アンス(株))
2011- 換気扇【換気
0589 扇】
事故
原因
区分
事故原因
長期使用(約30年)により、モーター巻線が絶
使用中の扇風機付近から出
約30 縁劣化し、レイヤショートによる異常発熱が生
C1
火して、住宅を全焼し、家人1
じ、スパークが発生して周囲の埃等に着火し、
年
人が重度の火傷を負った。
出火に至ったものと推定される。
2011- 扇風機【扇風
1638 機】
不明
製品
の使
用期
間
3.軽傷
掃除機を使用中、ホースの
取っ手部分が折れ、手の指を
挟んで軽傷を負った。
事故品の取っ手部パイプ(ABS樹脂製)は、
ボタンスイッチの位置で輪切り状に破断してい
た。破面には、破壊の起点とみられるスイッチ
約14
C1
部(パイプ上部)からほぼ全体にストライエー
年9月
ションが認められたことから、応力集中によって
生じた亀裂が、長期使用(14年)に伴う繰り返し
荷重によって伸展し、破断に至ったものと推定さ
事故品は環形の蛍光ランプで、口金部の樹脂
照明器具の蛍光ランプを交
(ポリブチレンテレフタレート)が破砕し、内部が
換するため器具から外そうとし
約7年 露出していた。長期使用に伴い、熱及び紫外線 C1
たところ、接続部の樹脂が破損
の影響によって樹脂が脆化し、蛍光ランプ交換
した。
時の衝撃によって破損したものと推定される。
長期使用(約11年)により、インバーター回路
約11 内の電解コンデンサーが劣化し、内圧が上昇し
C1
年
て、安全弁が作動し、噴出した電解液の蒸気が
発煙のように見えたものと推定される。
使用中の換気扇付近から出
長期使用(約40年)により、ファンモーターの
約40
火して周辺を焼損し、家人が1
巻線の引き出し線の絶縁が劣化したため、短 C1
年
人が気道熱傷を負った。
絡・スパークが生じ、出火に至ったものと推定さ
使用中の照明器具が点滅
後、発煙した。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
製造事業者等が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは引き続き同様の事故発生状況に注視し,
必要に応じて対応することとした。 なお、財団法人
家電製品協会、社団法人日本電機工業会、社団法
消防機関
人電子情報技術産業協会、社団法人日本冷凍空調
工業会では、経済産業省と協力して、長期間使用家
電製品に関する注意喚起のためのチラシを各自治体
を通じて全国の各世帯に配布している。
製造事業者は、2007(平成19)年9月12日付け
のホームページで当該製品の使用を中止するよう注 製造事業者
意喚起を掲載している。
製造事業者等が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。 なお、財団法
人家電製品協会、社団法人日本電機工業会、社団
消防機関
法人電子情報技術産業協会、社団法人日本冷凍空
調工業会では、経済産業省と協力して、長期間使用
家電製品に関する注意喚起のためのチラシを各自治
体を通じて全国の各世帯に配布している。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
消費者セン
とから、今後の事故発生状況に注視することとし、措
ター
置はとらなかった。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
とから、今後の事故発生状況に注視することとし、既
販品についての措置はとらなかった。 なお、当該製
消費者セン
品の製造及び販売は、既に終了しており、2004(平
ター
成16)年12月以降生産の後継機種については、当
該部品の成形時にガラス繊維を添加し、熱や紫外線
に対する強度の向上を図っている。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
電流ヒューズが作動し、終息していることから、措置
消防機関
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
製造業者等が不明であるため、措置はとれなかっ
た。
消防機関
品目
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
電気オーブンレンジのスイッ
5.製品破
チを入れたところ、レンジの背
損
面から火花が出た。
長期使用(約13年)により、高圧トランスの二
約13
次側巻線部が絶縁劣化したため、レイヤショー C1
年
トが生じ、火花が発生したものと推定される。
他に同種事故発生の情報はなく、最終的に電流
ヒューズが溶断し、拡大被害に至る可能性は低いこ 消費者セン
とから、今後の事故発生状況を注視し、必要に応じて ター
対応することとした。 なお、当該品は既に生産を終
1
家庭用電
気製品
松下住設機
電気オーブンレ
NE−A7 器(株)(現 5.製品破 使用中の電子レンジから発
2011ンジ【電子レン
損
煙し、異臭がした。
20
0038
在:パナソ
ジ】
ニック(株))
長期使用(約25年)により、マグネトロンのア
約25
ンテナ部で絶縁劣化によるスパークが発生し、 C1
年1月
アンテナの一部が焦げたものと推定される。
他に同種事故発生の情報はなく、電流ヒューズが
溶断し通電が停止していることから、今後の事故発
生状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
三菱電機
電気オーブンレ
RO−M
2011ホーム機器
ンジ【電子レン
B50
0107
(株)
ジ】
2-73 / 96
消費者セン
ター
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
エアコン
00256
A2011
エアコン
00768
2011- エアコン【電気
0770 冷房機】
2011- エアコン【電気
2916 冷房機】
2011- エアコン【電気
4353 冷房機】
A2011
換気扇
00126
A2011
照明器具
00069
A2011 食器洗い乾燥
00279 機
A2011 蓄熱式電気暖
00026 房器
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
当該製品の洗浄作業の際に洗浄剤もしくは仕
上げ剤がファンモーターのコネクター端子に付
着したため、端子間でトラッキング現象が発生
し、出火に至ったものと推定される。
当該製品の設置工事の際に、内外連絡線を継
ぎ足し接続したため、接続部で接触不良が生
じ、異常発熱して出火に至ったものと推定され
当該製品を焼損する火災が発
11.火災
る。 なお、据付説明書には「配線を途中で接続
生した。(事故発生地:東京都)
したり、電源コードを束ねたり、より線や延長
コードの使用、タコ足配線はしない。施工不備
があると、発熱、感電、火災の原因になる」旨、
壁コンセントに差し込まれた電源プラグの上
に、冷媒配管が覆い被さった施工状況であるこ
使用中のエアコンの電源プラ
4.拡大被
とから、電源プラグに外力が加わり、プラグ刃と
グ付近から出火し、壁やコンセ 約3年
害
刃受けに接触不良が生じてプラグ樹脂が絶縁
ントが焼損した。
劣化し、プラグ内部でトラッキングが発生して出
火に至ったものと推定される。
電源コードを中間接続していたため、接続部
の接触不良により異常発熱が生じ、発火したも
4.拡大被 使用中のエアコンから火が落
不明 のと推定される。 なお、取扱説明書及び設置
害
ち、じゅうたんを焼損した。
施工説明書には、「電源コードの加工は行わな
い。感電や火災の原因となる。」旨、記載されて
落下したパネル(ポリスチレン製)は樹脂が破
損しており、その破面は鏡面を呈していた。破
損部及び事故品本体下部の配管部周辺に冷凍
エアコンの本体下部のパネル
機油が付着していたことから、エアコン据付工
約1年
3.軽傷 部分が突然落下し、額に打撲
事の際に、配管接続部から冷凍機油を含んだ
9月
を負った。
冷媒ガスが漏れてパネルに付着したためにソル
ベントクラックが発生し、配管施工時に加えられ
た機械的応力、使用に伴う振動によって亀裂が
伸展して、パネルが破損、落下したものと推定
屋内用の当該製品を床下の換気用に雨水の掛
発煙に気付き確認すると、当該
かる屋外側に設置していたため、内部に水が浸
製品から出火する火災が発生
入し、電源線接続部でトラッキングが生じ、出火
11.火災 しており、当該製品が焼損し、
に至ったものと推定される。 なお、取扱説明書
周辺が汚損した。(事故発生
には、「給気ユニット、居室用」、「水をかけない
地:愛知県)
でください。ショートのおそれがあります。」旨、
記載されている。
当該製品に断熱材を覆い被せる施工及びワット
当該製品のスイッチを入れた
数の高いランプを取り付けていたため、当該製
際、異音とともに当該製品から
品が異常に温度上昇し、発煙に至ったものと推
11.火災 発煙する火災が発生し、当該
定される。 なお、取扱説明書及び本体表示に
製品が焼損した。(事故発生
は「断熱材を覆い被せる施工は不可」、「ミニク
地:東京都)
リプトン電球 60Wまで」の旨、記載されてい
当該製品の設置施工時に、電源コードを切断し
て屋内配線と直接接続するとともに、接続方法
当該製品を使用中、当該製品
も不適切であったことから接触不良が生じて異
から発煙し、当該製品を焼損す
11.火災
常発熱し、出火に至ったものと推定される。 な
る火災が発生した。(事故発生
お、当該製品の据付工事説明書には、「電源
地:福岡県)
コードを切断したり、屋内配線ケーブルと直結し
たりしないでください。」旨、記載されている。
当該製品を使用中、当該製品
当該製品の設置、施工時に埋込みコンセント内
背面部から発煙したため確認
部の当該製品の蓄熱用電源ケーブルと屋内配
11.火災 すると、当該製品及び周辺が
線の結線部分のカシメ接続が不完全であったた
焼損する火災が発生していた。
め、接触不良により亜酸化銅増殖現象が生じて
(事故発生地:富山県)
異常発熱し、出火に至ったものと推定される。
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:東京都)
2-74 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20111505)
1
家庭用電
気製品
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20113616)
1
家庭用電
気製品
D1
製造事業者は、施工業者の施工不良とみられる事
故であるため、措置はとらなかった。 NITEは、引き
消防機関
続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対
応することとした。
1
家庭用電
気製品
D1
製造事業者は、施工業者の施工不良とみられる事
故であるため、措置はとらなかった。 NITEは、引き
消防機関
続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて対
応することとした。
1
家庭用電
気製品
D1
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報がないこ
とから、既販品に対する措置はとらなかった。 なお、 消費者セン
販売店(据付工事業者)に対し、勉強会等を通じて当 ター
該事象に対する注意喚起の強化を図ることとした。
1
家庭用電
気製品
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20110518)
1
家庭用電
気製品
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20110338)
1
家庭用電
気製品
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20111631)
1
家庭用電
気製品
D1
経済産業省
非重大製品
事故(20110110)
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
2011- 電気温水器【電
3694 気温水器】
2011- エアコン室外機
1887 【電気冷房機】
2011- 電気温水器【電
4462 気温水器】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
設置業者が施工したと見られる本来必要のな
いバルブ(仕切り弁)が、安全弁に至る配管の
途中に取り付けられていたことから、漏水した際
約1年 に使用者がバルブを閉めていたが、修理の際 D1
に修理業者がバルブが閉まっていることに気づ
かずバルブを開けなかったため、缶体内圧が上
昇して缶体が破裂したものと推定される。
製造事業者は、製品に起因しない事故であるため、 消費者セン
措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
3.軽傷
修理業者の作業ミスにより、圧縮機内に空気
が入り込んだため、圧縮機内部が異常高温・高
エアコンの修理作業中、室外
機が破裂し、家人と作業者が 不明 圧状態となり破裂に至ったものと推定される。 D2
なお、作業説明書には、「空気を混入させない。
軽傷を負った。
破裂する危険がある。」旨、記載されている。
製造事業者は、修理業者の作業ミスとみられる事
故であるため、措置はとらなかった。 なお、製造事
業者は、2010(平成22)年度以降の生産分に対し
製造事業者
て警告シールを本体に貼付し、社団法人日本冷凍空
調工業会では、工事業者に対して作業説明書を遵守
する旨のチラシを配布している。
1
家庭用電
気製品
3.軽傷
修理事業者が、修理時に誤って減圧弁を外し
て水道管に直結し、さらに圧力逃し弁を空気抜
電気温水器から湯が漏れ、
き弁へと交換して、圧力を逃がす機構が無く
室内が水浸しになり、漏れ出た 不明
D2
なったため、缶体内部の圧力が水の膨張により
湯で、足に火傷を負った。
上昇した際、缶体に異常圧が加わり、事故に
至ったものと推定される。
修理事業者は、対象とする製品の施工マニュアル
を適宜入手すること及び修理作業担当者の教育を強 製造事業者
化することとした。
1
家庭用電
気製品
4.拡大被 電気温水器から爆発音がし
害
て熱湯があふれた。
2-75 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
IH調理器
00268
A2011
IH調理器
00263
A2011
IH調理器
00153
2011- 懐中電灯(LE
2775 D)
A2011
換気扇
00296
A2011
換気扇
00038
2011- 自転車(電動ア
0170 シスト車)
石油ファンヒー
2011ター(開放式)
0198
【温風暖房機】
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
1699 機能付)【電子
レンジ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
発火に至った原因は不明であるが当該製品に
異常は認められないことから製品に起因しない
事故と推定される。なお取扱説明書には「必ず
付属の「天ぷら鍋」を使用する500g未満の油で
は調理しない、調理中はそばを離れない」旨記
当該製品のグリルで肉を焼い
使用者が油脂分の多い食品を調理していたた
た後に魚を調理中、グリル扉を
め、グリル内に溜まった食品の油脂に引火し、
11.火災 開けたところ、当該製品内部及
火災に至ったものと推定される。 なお、取扱説
び周辺を焼損する火災が発生
明書には「グリル内で調理物が発火した場合、
した。(事故発生地:石川県)
消火するまでグリルの扉を開けない」旨、記載さ
当該製品で揚げ物調理の際、油の温度制御の
当該製品で天ぷら鍋の油を加
ない手動コースを使用し、更に調理中にその場
熱中、その場を離れたところ、
を離れてしまったことに加え、取扱説明書で使
11.火災 鍋内の油から出火する火災が
用しないよう記載のある電磁調理器カバー(汚
発生し、周辺が焼損した。(事
れ防止カバー)を使用したため、トッププレート
故発生地:山形県)
下部に設置してある温度センサーが鍋底の温
度を正しく検知できず、油の温度が上昇して、
ボタン電池を4個直列に装填する構造である
購入後、ボタン電池を床に落
が、1個を逆装填したため、電池が充電されて
5.製品破 とし、拾って装填したが点灯し
1回 内圧が上昇し、破裂したものと推定される。 な
なかった。その後、懐中電灯の
損
お、取扱説明書には「プラス、マイナスの極性を
電池が破裂し、飛び出した。
正しく入れる。液漏れ・破裂等の原因となる」
当該製品のモーターが、約2年前からロックして
作動しない状態であったが、そのまま使用を継
続していたため、モーター巻線が異常発熱して
異臭がしたため確認すると、当
リード線被覆が絶縁劣化し、芯線が短絡して、
該製品及び周辺が焼損する火
11.火災
出火に至ったものと推定される。 なお、当該製
災が発生していた。(事故発生
品のモーターシャフトが固着した原因は、経年
地:大阪府)
劣化によるものと推定される。また、取扱説明
書には、「異常がある時は、必ず電源プラグを
抜いてから修理依頼する」旨、記載されている。
当該製品は、消費者が高温多湿となりやすい
当該製品を使用中、異音がし
キッチンフードの内部に設置したことに加え、ス
たため確認すると、当該製品
イッチ機構が故障し排気口が開いていない状態
11.火災
が焼損する火災が発生してい
で使用を続けたことから、湿気により内部配線
た。(事故発生地:北海道)
の接続部付近で絶縁劣化が生じて短絡し、出
火に至ったものと推定される。
後輪サークル錠を施錠した状態で自転車を進
めようとして、後輪スポークがサークル錠カンヌ
キに強く接触したためにスポークが曲り、その
自転車で走行中、異音がして
状態で走行を続けたことにより、リムとスポーク
約10
5.製品破
後輪のスポークが折れ曲がっ
の張力のバランスがくずれ、特定のスポークの
月
損
た。
リム側に過剰な負荷がかかり、ニップルが破損
しスポークの外れに至ったものと推定される。消
費者はさらにその状態で走行を続けたことによ
り、スポークの破損、外れがさらに増えたと推定
当該石油ファンヒーターを消火せずにカート
石油ファンヒーターを運転し
リッジタンクに給油したところ、カートリッジタンク
たまま、給油したカートリッジタ
のふた(ワンタッチ式)を取り付けるのを忘れて
4.拡大被 ンクを装填しようとしたところ、
不明 いたため、本体にセットしようとした際に、こぼれ
口金を取り付けていなかったた
害
た灯油に引火し、火災に至ったものと推定され
め、灯油がこぼれて引火し、
る。 なお、取扱説明書には給油時消火の注意
じゅうたんが焦げた。
表示が記載されている。
マグカップを事故品の自動設定機能を使い、
電気オーブンレンジでコー
また、指定の場所からずらして置いて加熱した
ヒーの入ったマグカップを温め
ために過加熱による突沸現象を起こしたものと
3.軽傷 て飲もうとしたところ、中のコー 約3月 推定される。 なお、取扱説明書には、飲み物
ヒーが飛び散り、顔面に火傷を
を加温するときは、レンジ庫内の底面に図示さ
負った。
れた位置に置く、飲み物には自動設定機能を使
用しない旨の注意表示が記載されていた。
当該製品で鍋の油を加熱中、
鍋内の油から出火する火災が
11.火災
発生し、周辺が焼損した。(事
故発生地:東京都)
2-76 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20111513)
1
家庭用電
気製品
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20111509)
1
家庭用電
気製品
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20110594)
1
家庭用電
気製品
E1
輸入事業者は、被害者の誤った使用方法による事 消費者セン
故であるが、店頭在庫品を回収した。
ター
6
身のまわ
り品
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20111733)
1
家庭用電
気製品
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20110211)
1
家庭用電
気製品
E1
製造事業者は、被害者の誤った使用方法による事 消費者セン
故であることから、措置はとらなかった。
ター
5
乗物・乗
物用品
E1
使用者の誤使用とみられる事故であるため、措置
はとらなかった。
3 燃焼器具
E1
輸入事業者は、被害者の誤った使用方法による事
故であることから措置はとらなかった。 なお、NITE 消費者セン
は、身・守りハンドブックやホームページで当該事故 ター
を紹介し、注意喚起を行っている。
製造事業者
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
電気こんろ
00805
型式機種
製造・輸入・
販売業者
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
被害の
種類
事故通知内容
11.火災
当該製品を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:東京都)
当該製品を用いて使用者が暖をとっていたとこ
ろ、当該製品の上に可燃物が落下し着火したこ E1
とによって焼損したものと推定される。
経済産業省
非重大製品
事故(2011-
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20113328)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20110621)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20112422)
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20111859)
1
家庭用電
気製品
E1
製造事業者は、被害者の誤った使用方法による事
故であることから、措置はとらなかった。 NITEは、
製造事業者
身・守りハンドブックやホームぺージで当該事故を紹
介し、注意喚起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E1
製造事業者は、被害者の誤使用とみられる事故で
警察機関
あるため、措置はとらなかった。
5
乗物・乗
物用品
事故原因
A2011 電気洗濯乾燥
00657 機
11.火災
当該製品内部(ドラム内)の可
燃物(衣類)が焼損する火災が
発生した。(事故発生地:東京
都)
当該製品には、出火の痕跡は認められないこと
から、油分が付着したタオルを洗濯し、乾燥させ
ていたため、残留していた油脂成分が酸化熱に
より自然発火し、火災に至ったものと推定され
E1
る。 なお、取扱説明書には、「食用油、動物性
油などが付着した衣類は乾燥しない。油などの
酸化熱による自然発火や引火の恐れがありま
す。」旨、記載されている。
A2011 電気洗濯乾燥
00162 機
ショッピングモール内で警備員
が異常に気付き確認すると、店
舗の調理場に設置されていた
11.火災
当該製品及び可燃物(ふきん
類)が焼損する火災が発生して
いた。(事故発生地:愛媛県)
当該製品で油が残留した洗濯物を乾燥後、放
置したことにより、油に含まれる不飽和脂肪酸
が酸化し、酸化熱によって発火に至ったものと
推定される。 なお、本体及び取扱説明書に「食
E1
用油、動物系油、機械油、ドライクリーニング油
などが付着した衣類の洗濯物は乾燥しない。油
の酸化熱による自然発火や引火の原因にな
る。」旨、記載されている。
A2011
電気洗濯機
00474
電気洗濯機(乾
2011燥機付)【電気
0493
洗濯機】
A2011
電子レンジ
00333
電磁調理器(ビ
2011- ルトイン型)【電
1821 磁誘導加熱式
調理器】
電動車いす(ハ
2011ンドル型、三
0754
輪)
A2011
発電機
00090
ACアダプター
2011(USB接続用)
4440
【直流電源装
当該製品は、脱水機のブレーキ制動に異常は
認められないことから、使用者が脱水槽の回転
停止を待たずに、脱水槽に手を入れたため、右
当該製品で脱水中、洗濯物を
手中指が洗濯物に巻き込まれたものと推定され
2.重傷 取り出す際、負傷した。(事故
る。 なお、外蓋には、「回転中の脱水槽には、
発生地:愛知県)
絶対に手を触れない。ゆるい回転でも洗濯物が
巻きつくなどして大怪我のもとになります。必ず
脱水槽が止まってから内蓋を開けてきださい。」
キャスター付きの台の上に洗濯機を設置した
使用中の電気洗濯機下部か
ため、底部を確認することが可能になり、手を入
ら水漏れしていたため、確認し
れ、軽傷を負ったものと推定される。 なお、取
約3年
3.軽傷
ようと洗濯機下部に手を入れた
扱説明書には、「洗濯機の下に手や足を入れな
際、右手中指に軽傷を負った。
い」「キャスター付きの台の上に洗濯機を乗せな
い」旨の注意表示が記載されている。
店舗の厨房で使用している当
当該製品の庫内に可燃物(紙類)を置いた状態
該製品の庫内に可燃物(紙類)
で加熱操作を行ったため、庫内の可燃物が焼
11.火災 を入れ、その場を離れ戻ったと
損したものと推定される。 なお、取扱説明書に
ころ、可燃物が焦げる火災が
は、「調理以外に使わない(庫内を収納庫として
発生していた。(事故発生地:
使わない)」旨が禁止事項として記載されてい
鍋底が反った天ぷら鍋を使用し、少量の油で
調理したため、安全装置のセンサーがなべ温度
電磁調理器で揚げ物を調理
を正常に検知せず、使用者がその場を離れて
4.拡大被 中、その場を離れていたとこ
いたことから、天ぷら油が過熱され、発火したも
不明
ろ、発火して周辺の壁などが焦
害
のと推定される。 なお、取扱説明書に「揚げ物
げた。
調理中はそばを離れない」、「鍋底に反りのある
ものは使わない」、「500g未満の油では調理し
ない」旨、記載している。
調査の結果、事故品の機能に問題はなく、正
電動車いすで走行中、斜面
常に動作した。被害者は未舗装の砂利道を単
不明
1.死亡
に転落し、死亡した。
独で走行中に斜面に転落していたことから、操
作ミスによる事故と推定される。
当該製品を使用していた部屋
当該製品を屋内で使用し、換気していなかった
1.死亡:2. で、2名が倒れた状態で発見さ
ため、排ガスにより一酸化炭素中毒に至ったも
重
れた。病院に搬送後、1名が死
のと考えられ、製品に起因しない事故と推定さ
傷:12.C 亡(死因は不明)、1名が重症
れる。なお、本体には、「排ガス中毒の恐れがあ
O中毒 になり、一酸化炭素中毒と診断
るため、屋内など換気の悪い場所で使用しな
された。(事故発生地:宮城県)
い。」旨、記載されている。
ACアダプターのプラグが黒く
プラグ刃の間に金属等が接触したため、短
5.製品破
焦げてコンセントの一部が溶融 約3月
絡・スパークが発生したものと推定される。
損
した。
2-77 / 96
再発防止措置
E1
E1
消費者の誤使用とみられる事故であるため、措置
はとらなかった。
事故通知者1 品目分類コード
品目
E1
経済産業省
非重大製品
事故(20110398)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
ACアダプター
A2011
(テレビゲーム
00609
機用)
ACアダプター
2011- (ノートパソコン
3305 用)【直流電源
装置】
A2011
エアコン
00265
A2011
こたつヒーター
00890
A2011 ジュースミキ
00046 サー(ミル付)
ジュースミキ
2011サー【ジュース
2190
ミキサー】
A2011
シュレッダー
00174
スチームアイロ
2011ン【電気アイロ
3296
ン】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
調査の結果、別室のコンセントから隣部屋で使
用するテレビゲーム機の電源を電気コードを
使って取っていたが、室の仕切りが引き戸で
あったために、引き戸の開閉のたびに負荷がか
かっていた電気コード部分の被覆により損傷
し、スパークが生じ出火に至ったものと判断し
出力プラグ側のコードプロテクター付近に屈曲
ノートパソコンをシャットダウ
や引っ張りなどのストレスが繰り返し加わったた
ンして暫くしたら、ACアダプ
め、芯線が徐々に断線し、短絡、火花が発生し
5.製品破
ターのパソコンに接続するコネ 約7年 たものと推定される。 なお、取扱説明書には、
損
クターのコード根元付近から火
「コードを無理に曲げたり、ねじったり、引っ張っ
花が出た。
たりなどしない。傷んだまま使用するとショート・
火災の原因になる。」旨、記載されている。
当該製品のファンモーター用コネクターのリード
当該製品を焼損する火災が発
線の端子に、市販のエアコン洗浄剤が付着した
11.火災
生した。(事故発生地:兵庫県)
ため、トラッキング現象が生じて異常発熱し、出
火に至ったものと推定される。
電気こたつ(やぐら)に当該製
当該製品に出火の痕跡が認められないことか
品を取り付けて使用中、当該
ら、使用者が包まっていた毛布が当該製品の保
11.火災 製品及び周辺を焼損する火災
護網に接触し、発火に至ったものと推定される。
が発生し、1名が負傷した。(事
なお、取扱説明書には、「火災の原因となるた
故発生地:大阪府)
め、布団を卓の中に押し込んだりしない」旨、記
当該製品でミルを使用中、ミル
当該製品のミル容器をねじ締めしないまま使用
容器が外れて落下し、刃が回
したため、ミル容器が外れて落下し、刃が回転
2.重傷 転しているミル容器台を左手で
しているミル容器台を手で押さえたことから、負
押さえたため負傷した。(事故
傷に至ったものと推定される。
発生地:神奈川県)
鶏肉のミンチを作るのに使用したため、過負
荷状態となってモーターの巻線が異常発熱し、
6.被害な 使用中のジュースミキサーの
1回 巻線の絶縁被膜が発煙したものと推定される。
し
底部から発煙した。
なお、取扱説明書には、『肉には使用しない。
モーター故障の原因となる。』旨記載されてい
当該製品でCD(コンパクトディ
当該製品でCDを裁断する際、CD中央部の穴
スク)を細断中、CD中央部の
に指が入ってしまった状態で裁断動作を行った
2.重傷 穴に入れていた指を穴から抜く
ため、指が投入口とCDの穴に挟まった状態に
際に、1名が負傷した。(事故
なり、慌てて指を引き抜いたために指の腹を負
発生地:東京都)
傷したものと推定される。
スチーム機能に異常は認められないことか
ら、水タンクに満水位を越えて給水しヒーターが
熱くなる前に、ドライ・スチーム切り替えつまみを
スチームにしていたか、または、使用中にス
使用中のスチームアイロンか
チームボタンを何度も繰り返し押したため、湯滴
3.軽傷 ら熱湯が漏れ、太ももに火傷を 1回
がスチーム口から漏れたものと推定される。 な
負った。
お、取扱説明書には、「水は入れすぎない。
サーモスタットランプが消えるまで、切り替えをド
ライのままにしておく。スチームボタンを連続し
て押さない湯滴漏れし火傷する。」旨、記載され
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:石川県)
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113094)
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20111510)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113907)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110233)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
輸入事業者
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110676)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
スチームアイロ
2011ン【電気アイロ
0197
ン】
3.軽傷
当該品は、スチームの噴出に異常がないこと
から、使用者がアイロン台(メッシュ地)の下に
スチームアイロンの蒸気がア
イロン台を通り抜けたために、 約6年 膝を近づけた状態でスチームボタンを押したた E2
め、アイロン台を透過した蒸気によって火傷を
膝の上に火傷を負った。
負ったものと推定される。
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、2009(平成
21)年の発売品から、取扱説明書に「自分の体、生 消費者セン
き物にスチームを使用しないでください。また、アイロ ター
ン台によっては透過したスチームや湯滴で火傷の原
因になります。十分気をつけてください。」旨、記載し
1
家庭用電
気製品
フードプロセッ
2011サー【フッドミキ
1281
サー】
当該品はモーター軸側の樹脂製六角穴の入
り口側が丸穴に変形し、カッター刃側の樹脂製
先端のみ溶融していることから、接続部の嵌め
5.製品破 使用中のフードプロセッサー
約5年 合わせが不完全であったため、運転時に接続 E2
損
の一部が溶けて変形した。
部が摩擦熱により熱変形したものと推定され
る。 なお、取扱説明書には、「カッター刃は正し
くセットしてください。」旨、記載されていた。
輸入事業者は、使用者の不注意と見られる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
2-78 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
A2011
ヘアドライヤー
00195
当該製品のスイッチを入れた
が作動しなかったため、コード
を束ねて壁に掛けていたとこ
11.火災 ろ、当該製品から発煙し、当該
製品及び周辺を焼損する火災
が発生した。(事故発生地:岐
阜県)
ヘアドライヤー
2011(ブラシ付)【毛
0111
髪乾燥機】
使用中のヘアドライヤーから
5.製品破
異音がし、電源コードの根元か 約3年
損
ら火花が出た。
2011- ヘアドライヤー
4492 【毛髪乾燥機】
3.軽傷
使用中のヘアドライヤーから
異音とともに火花が出て、腕に 約7月
火傷を負った。
2011- ヘアドライヤー
0542 【毛髪乾燥機】
3.軽傷
ヘアドライヤーを使用中、髪
の毛が焦げた。
2011- ヘアドライヤー
4081 【毛髪乾燥機】
使用中のヘアドライヤーの本
5.製品破 体と電源コードの付け根部分
約4年
から、破裂音とともに火花が
損
散った。
2011- ヘアドライヤー
3956 【毛髪乾燥機】
使用中のヘアドライヤーの
5.製品破 コードから火花が出て、本体側
約3年
コードプロテクター部でコードが
損
切れた。
A2011
ミシン
00320
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:大阪府)
A2011 レーザー加工
00699 機
当該製品を使用中、外出して
戻ったところ、当該製品から発
11.火災 煙し、当該製品及び周辺を焼
損する火災が発生していた。
(事故発生地:北海道)
A2011
延長コード
00508
当該製品のタップ側コードの根
元から火花と発煙が生じ、当該
11.火災
製品を焼損する火災が発生し
た。(事故発生地:大阪府)
不明
事故
原因
区分
事故原因
使用者は当該品の電源スイッチを入れても動か
ない故障に気がついていたが電源スイッチを入
れた状態で電源プラグをコンセントに接続したま
ま放置したため故障所で異常発熱が生じ出火
に至ったものと推定。なお電源コードのラベル
及び取扱説明書には「使用後に必ず電源プラ
グをコンセントから抜く」「風が出たり出なかった
りするときは使用を中止する」旨記載
使用中や収納時に本体側コードプロテクター
部に屈曲や引っ張りなど過度なストレスを繰り
返し加えたため、コード芯線が徐々に断線し、
火花が発生したものと推定される。 なお、電源
コードには、電源コードは使い方によっては断
線します。風が出たり出なかったりする症状が
ある場合は使用を中止してください旨、警告ラ
電源コードを本体に巻き付けるなどしていたた
め、本体側のコード付け根部分に過度な応力が
加わり、コード芯線が断線して短絡・スパークが
発生し、火傷を負ったものと推定される。 な
お、電源コードの警告ラベルには、「電源コード
を本体に巻きつけないでください。」旨、記載さ
不特定多数が使用する施設で使用され、送風
モーター軸に髪の毛が多量に絡みつき、風量
が低下し温風温度が高くなっていたことと、ノズ
ルを取り付けず使用していたことから、温風吹
出口に髪の毛を近づけすぎて、髪の毛が焦げ
たものと推定される。
電源コードを本体に巻き付けるなどしていたた
め、本体側のコード付け根部分に過度な応力が
加わり、コード芯線が断線して短絡・スパークが
発生したものと推定される。 なお、取扱説明書
には、「本体やハンドルに電源コードを巻き付け
て保管しない」旨、記載されている。
使用の間に本体側コードプロテクター部でコー
ドにねじれが生じ、芯線に半断線が生じたた
め、最終的にコードに短絡・スパークが発生し、
コードが切れたものと推定される。 なお、取扱
説明書には、「コードを本体に巻き付けない、ね
じらない、引っ張らない等、火災・感電の危険が
ある」旨、記載されている。
当該製品のフットコントローラーに衣類などの雑
貨が覆い被さってコントローラーがONになった
まま放置されたため、コントローラー内部の抵
抗部が放熱されずに高温となり、周辺の可燃物
が過熱され、出火に至ったものと推定される。
当該製品で、発火しやすいアクリル板を加工中
にその場を離れたことから、アクリル板が発火し
たものと推定される。 なお、取扱説明書には、
「レーザー加工中は、本装置から決して離れな
いでください。可燃性の材料にレーザーが照射
されると材料が発火する場合があります。」旨、
再発防止措置
E2
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
非重大製品
事故(20104698)
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
E2
被害者の不注意とみられる事故であるため、措置
はとらなかった。
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、NITEでは、
事故防止のためのハンドブック(身・守りハンドブック) 医療機関
やホームページで同様の事故事例を紹介し、注意喚
起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E2
被害者(不特定多数の人に使用させていた施設)の
消費者セン
不注意とみられる事故であるため、措置はとらなかっ
ター
た。
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかったが、2007(平成19)
年9月生産分から、本体側コードプロテクターに保護 消費者セン
チューブを追加している。 なお、NITEでは、事故防 ター
止のためのハンドブック(身・守りハンドブック)やホー
ムページで同様の事故事例を紹介し、注意喚起を
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、NITEでは、
消費者セン
事故防止のためのハンドブック(身・守りハンドブック)
ター
やホームページで同様の事故事例を紹介し、注意喚
起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20111815)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113490)
1
家庭用電
気製品
当該製品のタップ側コードの根元部が屈曲して
異極間短絡した痕跡が認められることから、当
該製品を長期使用するうちに、タップ側コードの
E2
根元に繰り返し応力が加わり、被覆の折損や素
線の断線が生じ、異極間短絡して異常発熱し、
火災に至ったものと推定される。
経済産業省
非重大製品
事故(20112831)
1
家庭用電
気製品
2-79 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
延長コード
00400
A2011
延長コード
00048
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
当該製品にエアコン(窓用)と
ポータブルDVDプレーヤーを
11.火災 接続していたところ、当該製品
及び周辺を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:千葉県)
当該製品に掃除機を接続して
使用中、異音がしたため確認
11.火災 すると、当該製品から出火する
火災が発生しており、当該製品
が焼損した。(事故発生地:奈
A2011
延長コード
00545
当該製品及び周辺を焼損する
2.重
傷:11.火 火災が発生し、1名が火傷を
負った。(事故発生地:埼玉県)
災
介護ベッド(電
2011- 動式)【その他
4213 の電気機械器
具付家具】
3.軽傷
2011- 換気扇(浴室
1820 用)【換気扇】
4.拡大被
害
A2011
空気清浄機
00305
11.火災
A2011
照明器具
00429
11.火災
A2011
照明器具
00097
11.火災
A2011 照明器具(セン
00822 サー付き)
11.火災
A2011 照明器具(セン
00517 サー付き)
11.火災
A2011 照明器具(セン
00406 サー付き)
11.火災
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
品目
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20110093)
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20112932)
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
製造事業者
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E2
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
当該製品の電源コードのプロテクター付近に断
線や折れ曲がりが認められたことから、使用を
続けるうちに電源コードの芯線に繰り返し曲げ E2
や捩りが加わり、半断線が生じて発熱し、火災
に至ったものと推定される。
消費者が当該製品を故障状態で使用を継続し
ていたこと、当該製品内部の金属端子板が溶
融、焼失し、残存していたスイッチ端子部に緑
E2
青が認められたことから、マルチタップ内部に導
電性物質が浸入し、トラッキング現象が生じて
異極間で短絡し、出火に至ったものと推定され
2-80 / 96
事故通知者1 品目分類コード
経済産業省
非重大製品
事故(20112299)
当該製品のコードに強い外力が繰り返し加わっ
たため、半断線状態となって異常発熱し、短絡・ E2
スパークし、出火に至ったものと推定される。
電動ベッドのサイドレールを
被害者がサイドレールを乗り越えてベッドから
乗り越えてベッドから降りようと 約2年
降りようとした際に、バランスを崩して転落した
した際に、転落して左大腿骨を 1月
ものと推定される。
骨折した。
換気扇は10年ほど前から故障し、使用できな
浴室内の換気扇から発煙、
約28 い状態であったことから、使用者が誤ってスイッ
発火し、ユニットバスの天井が
年4月 チを入れたため、モーターが回転せず巻線が異
焼損した。
常発熱し、出火に至ったものと推定される。
当該製品に異常が認められないことから、使用
者が狭い空間内でエアゾール缶を大量に噴射
子供が、トイレ内でエアゾール
して放出されたLPガスが爆発下限濃度に達し
缶(消臭剤)を使用したところ、
たため、当該製品から発生した静電気がLPガ
火災が発生し、火傷を負った。
スに引火して火災に至ったものと推定される。
現場に当該製品があった。(事
なお、取扱説明書には、「集塵板を少なくとも月
故発生地:千葉県)
に一度清掃する」旨や、「可燃物や引火物のそ
ばでは運転しない」旨、記載されている。
当該製品に取り付けられたランプにトイレット
当該製品を使用中、当該製品
ペーパーが接触して発火し、焼損に至ったもの
及び周辺を焼損する火災が発
と推定される。 なお、取扱説明書には、「燃え
生した。(事故発生地:東京都)
やすいものを近づけない、火災の原因とな
る。」、「適合ランプは25W」旨、記載されてい
当該製品のランプ面に笹が接触したため、笹が
店舗屋外の植栽を焼損する火
燃えて、火災に至ったものと推定される。 な
災が発生し、現場にあった当該
お、取扱説明書には「器具を可燃物で覆わな
製品が汚損した。(事故発生
い、燃えやすい物を近づけない。」旨、記載され
地:岐阜県)
当該製品にシーツが接触し風で揺らいで点灯し
たためシーツが過熱して出火に至ったものと推
当該製品を焼損する火災が発
定される。なお、取扱説明書には「昼でも本体に
生した。(事故発生地:福岡県)
布団や洗濯物等が被さると点灯しますので、引
火する恐れがあり、火災の原因になります。」
旨、記載されている。
当該製品に異常が認められないことから当該
製品に布団が覆い被さるように干していたため
布団が風で揺れるなどで当該製品が点灯を繰
当該製品及び周辺を焼損する
り返して発熱し布団が過熱されて発火して火災
火災が発生した。(事故発生
に至ったものと推定される。なお取扱説明書に
地:京都府)
は点灯時間を長く設定した場合や連続点灯時
は本体が非常に高温となるためライト前面に物
を置くと過熱して火災になる旨記載されている。
当該製品の上で干していた洗濯物が落ちて当
該製品に覆い被さり、洗濯物が風にあおられる
当該製品及び周辺を焼損する
ことで検知センサーが反応し続け、電球が過熱
火災が発生した。(事故発生
されたことで覆い被さった洗濯物が出火したも
地:神奈川県)
のと推定される。 なお、取扱説明書には、「電
球を布や紙でおおったり、燃え易いものに近づ
けないで下さい。火災の原因になります。」旨、
再発防止措置
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20111737)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112455)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110403)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113571)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112853)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112389)
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
A2011 照明器具(常夜
00295 灯)
当該製品を延長コードに接続し
て使用中、当該製品及び周辺
11.火災
を焼損する火災が発生した。
(事故発生地:新潟県)
照明器具(天井
2011- つり下げ型)
4042 【その他の白熱
電灯器具】
5.製品破 点灯中の照明器具から火花 約6年
損
が出た。
10月
照明器具(投光
2011器)【その他の
3407
放電灯器具】
4.拡大被 投光器付近から出火し、部屋
不明
害
の一部が焼損した。
A2011 水槽用ウォー
00448 タークーラー
当該製品から出火し、当該製
11.火災 品を焼損する火災が発生した。
(事故発生地:埼玉県)
A2011
水槽用ヒーター
00073
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:埼玉県)
水槽用ヒーター
2011【観賞魚用ヒー
0173
ター】
4.拡大被 使用中の水槽用ヒーターが
害
焦げた。
A2011
扇風機
00269
当該製品を使用中、その場を
離れ戻ったところ、当該製品が
燃えており、当該製品及び周
11.火災
辺を焼損する火災が発生した。
1名(10ヶ月乳児)が火傷を
負った。(事故発生地:北海道)
A2011 蓄熱式電気暖
00772 房器
2011- 電気あんか【電
3275 気あんか】
電気オーブン
2011トースター【電
3577
気天火】
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
3979 機能付)【電子
レンジ】
約6年
事故
原因
区分
事故原因
当該製品をベッドの上でカバーを外した状態で
使用したまま電源を切り忘れたことにより寝具
が過熱され、火災に至ったものと推定される。
なお、取扱説明書には「布や紙などの燃えやす
い物をかぶせないでください」旨、記載されてい
専用のハロゲン電球に交換した際、器具に電
球を傾けてねじ込んだため、電球口金とソケット
内部の端子金具で接触不良が生じて異常発熱
し、焼損するとともに周囲のソケット樹脂焼損や
配線被覆の絶縁性低下による短絡が生じたも
点灯していた投光器に衣類等が接していた
が、気づかずに外出したため、衣類等が過熱し
て発火したものと推定される。
当該製品から水槽へ供給するホースが外れて
いたにもかかわらず、水槽から海水を給水し続
けたため、当該製品内部に海水が浸入し、ファ
ンモーターの巻線が短絡し事故に至ったものと
推定される。 なお、取扱説明書には「水や塩分
などがかからないようにしてください。」旨、記載
当該製品を通電状態のまま放置したことでヒー
ターが空焚き状態となり、出火に至ったものと推
定される。 なお、取扱説明書には、「空気中で
通電しないで下さい」旨、記載されている。
水槽を清掃する際に、水槽用ヒーターの電源
を切り忘れ、水槽の外に出していたため、ヒー
ターが空焚き状態となり、焼損に至ったものと推
定される。
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20111732)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112514)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110388)
1
家庭用電
気製品
E2
販売事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、輸入事業者
販売事業者
は倒産している。 NITEは、身・守りハンドブックや
ホームぺージで当該事故を紹介し、注意喚起を行っ
1
家庭用電
気製品
当該製品の電源コードが外力等により損傷し、
E2
短絡して出火に至ったものと推定される。
経済産業省
非重大製品
事故(20110974)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113620)
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、消費者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品の温風吹き出し口に接触していた衣類が、
高温の温風で過熱され発火し、火災に至ったも
のと推定される。 なお、本体表示や取扱説明
書には、「本体の温風吹出口近くに可燃物を置
かない」旨、記載されている。
電源コードの付け根に屈曲等の外力が繰り返
電気あんか本体とコードの接
し加わったため、コード芯線が断線し、短絡・ス
5.製品破
続部分から異音がして発火し 約9年 パークが発生したものと推定される。 なお、取
損
た。
扱説明書には、「発火や焼損などの原因になる
ため、コードの付け根は折り曲げない」旨、記載
焼いていた餅が膨らんで上部ヒーターガード
オーブントースターを使用
に付着したため、付着した餅が過熱し発火した
6.被害な
中、上部ヒーター付近の金属 約2年 ものと推定される。 なお、取扱説明書には、
し
板から発火した。
「使用中は本体から目を離さない。必要以上に
加熱しない。火災の原因となる」旨、記載されて
事故品の扉ガラスは強化ガラス製で、全体に
微細な亀裂が入っており、起点とみられる位置
にガラス溶融痕(直径約5mm)が認められたこ
使用中の電気オーブンレンジ
とから、電子レンジとして使用した際に金属等を
約3年
5.製品破
から異音がし、扉を開くとガラス
加熱して発生したスパークによって局所的に溶
2月
損
全面に亀裂が入った。
融し、その後の使用に伴って当該箇所から亀裂
が発生・伸展して引張応力層に達し、全面に広
がったものと推定される。 なお、取扱説明書に
は、金属容器等の使用を禁止する旨が注意表
火災報知器が鳴動したため確
認すると、当該製品及び周辺
11.火災
を焼損する火災が発生してい
た。(事故発生地:兵庫県)
2-81 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
3690 機能付)【電子
レンジ】
電子レンジでカップ入りの日
5.製品破
本酒を温めたところ、爆発音が 約2年
損
発生し、レンジが落下した。
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
4317
ジ】
使用中の電気オーブンレンジ
約11
5.製品破
庫内から発煙し、庫内側面の
年
損
一部が溶融した。
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
3987
ジ】
6.被害な 使用中の電気オーブンレンジ
不明
し
から発煙した。
A2011
電気カーペット
00600
11.火災
当該製品を使用中、当該製品
から出火する火災が発生し、当
該製品及び周辺が焼損した。
(事故発生地:愛知県)
A2011
電気カーペット
00101
2.重傷
当該製品を使用して就寝中、
低温火傷を負った。(事故発生
地:東京都)
A2011
電気こたつ
00007
11.火災
当該製品を使用中、当該製品
及び当該製品に掛けていた毛
布が焼損する火災が発生し
た。(事故発生地:岐阜県)
電気こたつ(中
2011- 間スイッチ付
4214 コード)【電気こ
たつ】
電気こたつの中間スイッチ周
約13
4.拡大被
辺から出火し、こたつぶとんの
年
害
一部が焼損した。
A2011
電気こんろ
00620
当該製品で調理中、鍋から出
11.火災 火する火災が発生し、周辺が
焼損した。(事故発生地:埼玉
A2011
電気こんろ
00615
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:東京都)
事故
原因
区分
事故原因
カップ酒を自動あたためモードで加熱したた
め、過加熱状態となり突沸が発生し、電子レン
ジの置き方が不安定であったことから、衝撃で
落下したものと推定される。 なお、取扱説明書
には、「突沸するため、カップ酒を自動あたため
モードで加熱しない。本体は丈夫で安定した水
平な場所に置く」旨、記載されている。
導波管カバーに食品カスが付着したため、マ
イクロ波が食品カスに集中してスパークが発生
し、導波管カバーの一部に焦げ穴が開いたもの
と推定される。 なお、取扱説明書には、「庫内
内壁には食品くずや汁を付けたままにしない、
火花の原因になる。」旨、記載されている。
電気部品に出火の痕跡はなく、正常に使用で
きることから、食品を加熱し過ぎたことにより発
煙が生じたものと推定される。 なお、取扱説明
書には、「お皿にのせず庫内に置いて加熱しな
い。食品は過熱しすぎない」旨、記載されてい
○当当該製品の電源コードに強い外力が繰り
返し加わったため、電源コードが断線・短絡して
出火に至ったものと推定される。 なお、取扱説
明書には、「コードをねじったり、引張ったりする
と故障や事故の原因になります。」旨、記載され
当該製品の温度制御に異常が認められないこ
とから、使用者が通電した当該製品の上で就寝
していたため、低温火傷を負ったものと推定さ
れる。 なお、コントローラーと取扱説明書に
は、「就寝用に使用した場合、低温火傷を起こ
す場合がある。」旨、記載されている。
当該製品を敷き布団の上で使用し、スイッチを
つけたまま就寝したことから、当該製品に掛け
ていた毛布がヒーターユニットと接触し、火災に
至ったものと推定される。 なお、取扱説明書に
は、「就寝用として使用しない。火災の原因にな
るので、厚みのある座椅子、座布団、衣類など
を中に入れたりしない。布団をやぐらの中に押し
込んだりしない。」旨、記載されている。
中間スイッチ付近のコードに過度な応力を加
えたため、コード芯線が断線して短絡・スパーク
が発生し、こたつふとんに着火したものと推定さ
れる。 なお、取扱説明書には、「電源コードを
傷つけたり、破損したり、加工したり、無理に曲
げたり、引っ張ったり、ねじったりしない。」旨、
当該製品には異常が認められないことから、使
用者が天ぷら油を加熱し過ぎたため、天ぷら油
が発火し、火災に至ったものと推定される。
当該品の押し回しスイッチのつまみには容易に
スイッチが入らないようつまみガードが取り付け
られていたが当該品前の通路が狭い状況に
なっていたことで使用者が通路を通り抜ける際
当該品のつまみに何らかの突起物状のものを
押し当てたためにつまみを押し込みつまみが押
し込まれた状態で使用者が移動したため、つま
みに回転力が加わって当該製品が通電状態に
なったものと推定され当該品上に置かれたフラ
イパンが空だき状態で赤熱し近くに立て掛けら
れていた樹脂製まな板に延焼したものと判断さ
2-82 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、NITEでは、
事故防止のためのハンドブック(身・守りハンドブック) 都道府県
やホームページで同様の事故事例を紹介し、注意喚
起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、NITEでは、
事故防止のためのハンドブック(身・守りハンドブック) 消防機関
やホームページで同様の事故事例を紹介し、注意喚
起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
製造事業者
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113057)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110430)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110102)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(2011-
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113084)
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
A2011
電気こんろ
00611
当該製品の上に電気ポットを
置いていたところ、周辺を焼損
11.火災
する火災が発生した。(事故発
生地:東京都)
電気こんろ(ビ
2011ルトイン型)【電
0692
気こんろ】
電気こんろをつけたまま外出
4.拡大被
したため、こんろ周辺が焼損し 不明
害
た。
2011- 電気こんろ【電
4055 気こんろ】
4.拡大被 電気こんろの上に置いていた
不明
害
可燃物が焼損した。
A2011
電気スタンド
00058
家人が帰宅した際、発煙に気
付き確認すると、当該製品及
11.火災 び周辺が焼損する火災が発生
していた。(事故発生地:三重
県)
電気スタンド
2011(白熱電球)【電
3459
気スタンド】
5.製品破 使用中の電気スタンドの
約1年
損
シェードが熱くなって変形した。 1月
A2011
電気ストーブ
00881
当該製品を使用中、当該製品
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:京都府)
A2011
電気ストーブ
00015
電気ストーブ
A2011
(カーボンヒー
00071
ター)
当該製品を使用中、異臭がし
たため確認すると、当該製品
11.火災 の電源プラグから出火する火
災が発生しており、当該製品及
び周辺が焼損した。(事故発生
当該製品及び周辺が焼損する
11.火災 火災が発生し、1名が負傷し
た。(事故発生地:東京都)
外出から帰宅すると当該製品
及び周辺を焼損する火災が発
生していた。(事故発生地:大
阪府)
電気ストーブ
A2011
(ハロゲンヒー
00852
ター)
11.火災
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー
3762 ター)【電気ス
トーブ】
5.製品破 使用中の電気ストーブから火
約8年
損
花が飛んだ。
2011- 電気ストーブ
2913 【電気ストーブ】
4.拡大被 電気ストーブから発火し、居
害
室が焼損した。
約4年
2011- 電気ストーブ
2120 【電気ストーブ】
4.拡大被 電気ストーブ付近から出火
害
し、住宅を焼損した。
不明
事故
原因
区分
事故原因
当該製品に異常が認められないことから、電気
ポットを載せた状態で当該製品のスイッチを入
れたため、電気ポットの底面が溶融したものと
推定される。 なお、取扱説明書には、「燃えや
すいものをヒーターのまわりに置かない、火災
の原因となる。」旨、記載されている。
湯を沸かすため電気こんろのヒータースイッチ
を「強」にしたが、スイッチを入れたことを忘れて
外出したため、吸盤で壁面に掛けていたものが
ヒーター部に落下し、火災に至ったものと推定さ
スイッチを切り忘れていた電気こんろの上に
電気ポットを置いたため、電気ポット底面が焼
損したものと推定される。
当該製品のランプ部が布団で覆われていたた
め、ランプ点灯時の熱で布団が過熱し、出火に
至ったものと推定される。 なお、取扱説明書に
は、「火災の原因になるため、カーテンなど燃え
やすいものの近くで使用しない。布や紙、ビニー
ル袋等燃えやすいものをセードの上にかぶせな
い」旨、記載されている。
使用中にシェード上部に物が被さっていたこと
により、白熱電球の熱がこもり、シェードの樹脂
が軟化し、被さっていた物の重みによってシェー
ドが変形したものと推定される。 なお、電源
コードのラベルには、「紙、布など、燃えやすい
物を商品にのせない。火災の原因になる。」旨、
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品使用中に可燃物が接触し、可燃物が過熱
されて発火して火災に至ったものと推定される。
なお、取扱説明書には、「燃えやすい物の近くで
使用しないことや就寝中は使用しない」旨、記
当該製品の電源プラグ内カシメ部で、芯線が断
線してばらけて折れ曲がっており、栓刃に反り
が認められたことから、外部から張力が加わっ
て半断線となり、異常発熱して火災に至ったも
のと推定される。
使用者が、当該製品に可燃物が接触した状態
でスイッチを入れたため、可燃物が発火し、出
火に至ったものと推定される。
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品使用中に布団が接触し、ヒーターの輻射熱
で過熱されて発火し、火災に至ったものと推定
される。 なお、取扱説明書には、「可燃物の近
くで使用しない」旨、記載されている。
電源コードに引っ張りや屈曲などの機械的ス
トレスが加わったため、本体側電源コード引き
出し部のコード芯線に断線が生じ、短絡・ス
パークが発生したものと推定される。 なお、取
扱説明書には、「コードを傷つける、加工する、
無理に曲げる、引っ張る、ねじる、たばねる、重
い物を乗せる、挟み込むなどしないでください。
コードが破損し、火災・感電の原因になりま
電源コードに引っ張りや屈曲などの機械的ス
トレスが加わったため、本体側電源コード引き
出し部のコード芯線に断線が生じ、短絡・ス
パークが発生し、発火に至ったものと推定され
電気ストーブの周辺に衣類などが積まれてい
たことから、落下等により接触または近接して
発火したものと推定される。
2-83 / 96
E2
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
経済産業省
非重大製品
事故(20113081)
品目
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
消防機関
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
製造事業者
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110146)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113878)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110133)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(2011-
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113826)
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
輸入事業者
あるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
A2011
電気トースター
00896
当該製品を使用中、当該製品
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:大阪府)
A2011
電気トースター
00062
11.火災
当該製品で調理中、庫内下部
から出火する火災が発生し、当
該製品が焼損した。(事故発生
地:滋賀県)
A2011 電気洗濯乾燥
00817 機
11.火災
当該製品で乾燥後、取り出した
可燃物(毛布)を焼損する火災
が発生した。(事故発生地:滋
賀県)
A2011
電気洗濯機
00903
2.重傷
当該製品を使用中、洗濯槽が
回転している状態で中に右手
を入れたところ、洗濯物に指が
絡まり負傷した。(事故発生地:
神奈川県)
A2011
電気掃除機
00391
2.重傷
当該製品をクローゼットから取
り出し、床に下ろす際、当該製
品が落下し、負傷した。(事故
発生地:大分県)
A2011
電気毛布
00787
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
地:青森県)
A2011
電子レンジ
00725
当該製品を使用中、当該製品
庫内の可燃物(トレイ(電子レン
11.火災 ジ用)及び食品を入れた袋を焼
損する火災が発生した。(事故
発生地:兵庫県)
A2011
電子レンジ
00523
11.火災
当該製品で調理中、庫内から
発煙・出火し、当該製品が汚損
する火災が発生した。(事故発
生地:兵庫県)
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
○使用者が当該製品の庫内の網棚にもちを1
個載せ、タイマーを4∼5分にセットしてその場
を離れていたところ、当該製品から出火してい
た。○当該製品のタイマーは、「切」の位置に
戻っており、庫内のもちは大きく膨れて半分に
割れ、片方は上ヒーターに接触し、一部は網棚
から落ちて下ヒーターに接触しており、黒焦げ
の状況であった。○当該製品のタイマーの動作
は正常であり、内部配線及び電気接続部に溶
融痕や異常発熱の痕跡は認められなかった。
●当該製品に異常は認められないことから、使
用者がもちを調理中にその場を離れたため、庫
内のもちが膨らんでヒーターに接触し、火災に
至ったものと推定される。なお、本体表示には
当該製品の電気部品に出火の痕跡はなく、タイ
マースイッチは正常に動作することから、庫内
底板に堆積した調理くずが発火し、焼いていた
食品に着火したものと推定される。 なお、取扱
説明書には、「使用後はお手入れをしてくださ
い。調理くずや油分が残ったまま使用すると、
発煙や発火のおそれがあります。」旨、記載さ
当該製品に異常が認められないことから、ポリ
プロピレン繊維製の毛布を乾燥したため、ポリ
プロピレン繊維の酸化熱によって発煙に至った
ものと推定される。なお、取扱説明書には、「タ
ンブラー乾燥禁止のものは、乾燥できない洗濯
物です」旨、記載されている。
当該製品のフタロック機構が破壊された状態の
まま使用を続けたことに加え、脱水槽が回転中
にふたを開けて手を入れたたため、洗濯物が絡
まり、負傷したものと推定される。また、使用者
がフタロック機構があることを知らずに使用して
いたことも、事故発生の要因であったものと推
定される。なお、取扱説明書及び本体に、「脱水
槽が完全に停止するまでは中の洗濯物に手を
触れない」旨と、「フタを開けたとき脱水槽が
回っている場合は故障なので直ちに使用を中
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品の取っ手を持たずにホースの付け根を持っ
て当該製品を運び、本体を降ろす際に、手元付
近にあった着脱ボタンを誤って押したために、本
体が脱落して事故に至ったものと推定される。
当該製品の毛布側のコード接続部付近に、繰り
返し過度な屈曲が加わったため、コードの素線
が断線し、スパークが生じて、布団等に着火し、
火災に至ったものと推定される。
調査の結果、食品の袋を閉じる金属製の止め
具(針金状)をつけたまま庫内に入れ加熱したこ
とから、止め具の先端部に電磁波が集中し、火
花が発生、可燃物に引火し火災に至ったものと
判断した。
当該製品の庫内に調理物を入れ、手動で加熱
したところ、加熱時間を長く設定しすぎたことに
より、調理物が過加熱となり発煙・出火したもの
と推定される。 なお、取扱説明書の注意事項
に、焼きいも等は様子を見ながら加熱する旨、
また早見表には、根菜類を手動加熱する場合
の目安時間(1000W:150g/約3分)旨、記
2-84 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113909)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20110312)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113712)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113915)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112294)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113656)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20113521)
1
家庭用電
気製品
E2
経済産業省
非重大製品
事故(20112856)
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電磁調理器(ビ
ルトイン型、ラ
2011ジエントヒー
2445
ター付)【電磁
誘導加熱式調
電磁調理器(卓
2011- 上型)【電磁誘
0584 導加熱式調理
器】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
3.軽傷
5.製品破
損
2011- 電動バリカン
0954 【電気バリカン】
3.軽傷
2011- 配線器具(延長
0128 コード)【コード】
3.軽傷
2011- 配線器具(延長
4207 コード)【コード】
4.拡大被
害
2011- 配線器具(延長
2399 コード)【コード】
5.製品破
損
A2011 エアコン(室外
00739 機)
11.火災
2011- 扇風機【扇風
2429 機】
5.製品破
損
2011- 電気ストーブ
1909 【電気ストーブ】
4.拡大被
害
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
3852
タップ】
4.拡大被
害
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
少量の油で調理を行っていたため、温度制御
電磁調理器で調理中、天ぷら
機能が作動せず、油が発火したものと推定され
鍋から発火して壁紙などが焼
約5年 る。 なお、取扱説明書には、「油の量は500g
損し、家人が消火の際に火傷
未満では調理しない」、「揚げ物調理中はその
を負った。
場を離れない」旨、記載されている。
電磁調理器をガスこんろの上に置いて使用し
使用中の電磁調理器の側面 約10 ていたことから、使用中に誤ってガスこんろに点
から発煙、発火した。
年
火し、電磁調理器の底面が焼損・発煙したもの
と推定される。
使用中や収納時に本体側コードプロテクター
部に屈曲や引っ張りなど過度なストレスを繰り
使用中の電動バリカンの本
約10 返し加えたため、コード芯線が徐々に断線し、
体とコードの接続部分から火花
年
短絡により火花が発生したものと推定される。
が散り、軽傷を負った。
なお、取扱説明書には、『電源コードは無理に
曲げない。ねじらない。引っ張らない。』旨、記載
自作の延長コードで定格(7アンペア)を超え
るオイルヒーターを使用していることから、差込
延長コードを壁のコンセント 約15
プラグのコード接続部で異常発熱が生じ、コード
から抜く際に感電した。
年
被覆が熱損傷していたため、差込プラグをコン
セントから抜く際に、コード芯線に触れて感電し
延長コードのタップ側コードプロテクター部を
電気ポットを接続して使用
折り曲げていたことから、芯線に半断線が生じ、
中、異音とともに発火し、畳と 約3年 極間短絡が発生し、発火したものと推定され
壁の一部が焦げた。
る。 なお、取扱説明書には、「火災の原因にな
るため、コードを無理に曲げない」旨、記載され
タップのコードプロテクター付近に屈曲や引っ
張りなどのストレスが加わったため、芯線が半
テーブルタップのタップ部から
約7年 断線を生じて、短絡し発火したものと推定され
発火した。
る。 なお、取扱説明書には、「コードを引っ張ら
ない、挟まない、無理に曲げない、ねじらない」
当該品を移設、施工時に室内機を繋ぐ渡り配線
が途中接続されており絶縁被覆に傷がつき渡り
エアコンを使用中、異音がした
配線と配管を巻くテープの巻き方が不適切で
後、室内が暖まらなくなったた
あったため渡り配線部に雨水が浸入し絶縁劣
め確認すると、当該製品及び
化が生じて短絡、出火に至ったものと推定。な
周辺が焼損する火災が発生し
お施工説明書には「渡り配線は途中接続やより
ていた。(事故発生地:徳島県)
線をせずに所定のケーブルを使用することや配
管と渡り配線を巻くテープは下から上方向に巻
扇風機を組み立てる際に、台座と本体を固定
するレバーを固定せず、中央の締め付けリング
のみで固定し使用していたため、締め付けリン
使用中の扇風機の支柱が突 約2年 グに負荷が集中し、支柱の下部が破損し、支柱
然倒れてきた。
4月 が倒れたものと推定される。 なお、レバーで固
定しておれば、締め付けリングが破損しても支
柱が倒れることはないが、使用者は、取扱説明
書を確認せずに組み立てていた。
被害者が内部の電源線を修理し、電源線をね
使用中の電気ストーブから出
不明 じり接続していたため、接触不良による異常発
火し、機器と畳を焼損した。
熱が生じ、出火したものと推定される。
延長コードのタップ外郭を固定するねじ部が
破損し、粘着テープで外郭ケースを留めていた
使用中の延長コードが焼損し
不明 ことから、コード押さえが機能せず、芯線に屈曲
た。
ストレスが加わり、芯線が断線し、短絡・スパー
クが発生したものと推定される。
2-85 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
被害者の不注意とみられる事故であるため、措置
はとらなかった。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
E2
輸入事業者は、被害者の不注意とみられる事故で 消費者セン
あるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
E2
製造事業者は、被害者の不注意とみられる事故で
あるため、措置はとらなかった。 なお、NITEは、身・ 消費者セン
守りハンドブックやホームページで、コードの取扱い ター
に関する注意喚起を行っている。
1
家庭用電
気製品
E3
経済産業省
非重大製品
事故(20113462)
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
E3
輸入事業者は、使用者の設置・施工不良とみられ
る事故であるため、措置はとらなかった。
E4
輸入事業者は、被害者の修理不良とみられる事故
消防機関
であるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
E4
製造事業者は、被害者の修理不良とみられる事故
製造事業者
であるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
火災報知機が鳴動したため確
認すると、当該製品を焼損する
火災が発生していた。(事故発
生地:茨城県)
A2011
延長コード
00879
11.火災
電気カーペット
2011【電気カーペッ
4522
ト】
使用中の電気カーペットのコ
5.製品破
ントローラー付近から発煙し、 約4年
損
火花が出た。
A2011
電子レンジ
00163
配線器具(延長
2011コード)【差込み
2699
プラグ】
A2011
エアコン
00324
A2011 エアコン(室外
00307 機)
当該製品で加熱した飲み物
(コーヒー)を取り出し、飲もうと
2.重傷 したところ、突然、飲み物(コー
ヒー)が沸騰、火傷を負った。
(事故発生地:京都府)
コンセントに差していた延長
4.拡大被 コードのプラグから異臭がして
約1年
害
発煙し、プラグの先が溶けてコ
ンセントが焦げた。
当該製品を使用中、当該製品
のリモコン部(有線)から出火
11.火災 する火災が発生し、当該製品
及び周辺が焼損した。(事故発
生地:千葉県)
当該製品を使用中、異音がし
たため確認すると、当該製品
11.火災
及び周辺を焼損する火災が発
生していた。(事故発生地:兵
2011- エアコン【電気
1705 冷房機】
5.製品破 使用中のエアコンから発煙し 約2年
損
た。
9月
2011- エアコン室外機
0631 【電気冷房機】
停止中のエアコン室外機から
約5年
4.拡大被
異音がして発火し、周辺を焼損
11月
害
した。
2011- エアコン室外機
0769 【電気冷房機】
エアコン室外機から焦げ臭い
5.製品破
においがし、室外機と配線が焦 約2年
損
げた。
カラーテレビ
2011(液晶)【テレビ
0329
ジョン受信機】
3.軽傷
液晶テレビを初めて使用した
ところ、テレビの裏側から強い
1回
刺激臭がし、目がチカチカして
頭痛がした。
事故
原因
区分
事故原因
○当該製品のマルチタップ部が著しく焼損して
いた。○マルチタップの角部と電源コードプロテ
クターの表面に、齧歯類特有の咬み痕が確認さ
れ、マルチタップ表面には、ウサギの体毛の付
着が確認された。○発火場所では、ウサギが放
し飼いにされていた。○壁コンセントに焼損した
痕跡は認められなかった。●当該製品のマルチ
タップ部に、小動物の排泄物等が付着したため
トラッキングが生じて、出火に至ったものと推定
される。なお、取扱説明書には、「水のかかる場
所での使用禁止やマルチタップのコンセントに
プラグ以外の異物を差し込まない」旨、記載され
感熱線式ヒーター線の短絡により、発熱体入
り温度ヒューズが正常に作動した後、コントロー
ラー内部に入り込んでいた金属片が、温度
ヒューズの一次側と二次側でバイパス回路を形
成したため、温度ヒューズ内部の発熱体に通電
が継続されて異常発熱し、コントローラー外郭
樹脂が溶融、発煙したものと推定される。
当該製品でコーヒーを自動モードで温める際、
指定されている庫内中央部より手前にコーヒー
カップを置いたため、赤外線温度センサーが温
度を正確に検知できず過加熱状態となり、コー
ヒーカップを取り出した際に偶発的に突沸現象
が生じたものと推定される
風雨が換気口から入り込み、換気口の下部に
接続されていた可動式プラグ部が濡れたことか
ら、トラッキングを生じ、発煙したものと推定され
る。
当該製品は、リモコンが固定されていなかった
ため、配線に自重やリモコン操作時の負荷が加
わったため、リモコン内部の配線接続部で接触
不良が生じ異常発熱して、短絡スパークによ
り、火災に至ったものと推定される。
当該製品に出火の痕跡が認められないことか
ら、当該製品上部にあった可燃物が燃えていた
ところへ、使用中の当該製品が炎を吸い込んで
延焼したものと推定される。
エアコンは、吹出口中央の樹脂部品が一部焼
損しているだけであり、電装部品に出火の痕跡
が認められないことから、製品に起因しない事
故と推定される。
エアコン室外機は、制御基板、電気部品、コン
プレッサー、接続配線等に出火の痕跡が認めら
れないことから、製品に起因しない事故と推定
される。 なお、異音は、冷媒管が内圧上昇に
より破裂していることから、破裂時の音と考えら
エアコン室外機は、連絡配線の接続している
本体側面が焼損していたが、停止中であり、配
線接続部に出火の痕跡はなく、内部の電装品
や配線類にも異常は認められないことから、製
品に起因しない事故と推定される。
事故品から多数の揮発性有機化合物(VOC)
が検出され、ホルムアルデヒドなど事故の症状
を引き起こす可能性のある物質が複数含まれ
ていたことから、事故品から放散するVOCを吸
入したことで体調不良になったものと考えられる
が、原因物質の特定はできなかった。また、事
故品を一定条件下の部屋に設置した際の個別
物質の室内濃度は、厚生労働省の示す各々の
指針値を下回っていた。 なお、製造事業者か
ら報告書提出の協力は得られなかった。
2-86 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
非重大製品
事故(20113876)
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
経済産業省
非重大製品
事故(20110622)
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20111808)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20111774)
1
家庭用電
気製品
F1
F1
製造事業者は、偶発的な事故であるため、措置は
とらなかった。
F1
F1
製造事業者は、偶発的な事故であるため、措置は
とらなかった。
F2
製造事業者は、製品に起因しない事故であるため、
消防機関
措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
F2
製造事業者は、製品に起因しない事故であるため、
消防機関
措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
F2
輸入事業者は、製品に起因しない事故であるため、
輸入事業者
措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
F2
製造事業者は、被害者の感受性によるものとみら
れる事故であるため、措置はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011
コンセント
00414
A2011
延長コード
00183
A2011
延長コード
00196
A2011
延長コード
00807
A2011
蛍光ランプ
00378
A2011
除湿機
00867
A2011
照明器具
00815
A2011 照明器具(セン
00510 サー付き)
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
0363 機能付)【電子
レンジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
3837
ジ】
A2011
電気こたつ
00683
A2011
電気こたつ
00864
電気ストーブ
2011(オイルヒー
0414
ター)【電気ス
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
店舗内に設置され、携帯電話
の充電器が接続された当該製
品及び周辺を焼損する火災が
発生した。(事故発生地:静岡
当該製品に電気ストーブを接
続して使用中、当該製品及び
11.火災
周辺を焼損する火災が発生し
た。(事故発生地:岐阜県)
当該製品を使用中、当該製品
のプラグ差し込み部から出火
11.火災 する火災が発生し、当該製品
及び周辺が焼損した。(事故発
生地:岡山県)
11.火災
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
経済産業省
非重大製品
事故(20112406)
経済産業省
非重大製品
事故(20110644)
当該製品は、接続されていた2台の充電器の隙
間に遊技用のコインが挟まったため、コインが
F2
充電器のプラグ刃と接触し、コインを介して異極
間短絡が生じ、焼損に至ったものと推定され
当該製品は、外力によって刃受けが拡がり、栓
刃との間で接触不良が生じたため、異常発熱が F2
生じ出火に至ったものと推定される。
当該製品のマルチタップの差込口などの隙間
から異物が入り込み、電極板でトラッキングが
生じて異極間放電し、発火して火災に至った可
能性が高いものと推定されるが、焼損が著しく
異物が不明のため、事故原因の特定には至ら
当該製品のコードコネクターボディ内部に断線
当該製品にオイルヒーターを接
が認められることから、コードが半断線して異常
続して使用中、当該製品及び
発熱し、火災に至ったものと考えられるが、構造
11.火災
周辺を焼損する火災が発生し
に異常が無く、通常使用では応力が掛からない
た。(事故発生地:大阪府)
部位で断線していることから、製品に起因しな
い事故と推定される。 なお、当該型式品は、P
当該製品の寿命末期で偶発的に生じる電極部
店舗で当該製品を使用中、当
の異常発熱現象が発生して、口金部の樹脂が
該製品及び周辺を焼損する火 ※長
11.火災
溶融・焼損したものと推定されるが、照明器具
災が発生した。(事故発生地: 期
が古く、安全制御装置を有していなかったことも
京都府)
事故に影響したものと考えられる。
当該製品の内部に出火の痕跡はなく、電源コー
当該製品を焼損する火災が発
ドの途中が断線・溶融していることから、外力が
11.火災 生した。(事故発生地:神奈川
加わり、電源コードに半断線が生じ、短絡・ス
県)
パークが発生し出火に至ったものと推定され
当該製品を使用中、火災報知
当該製品の内部に出火した痕跡が認められ
機が鳴動したため確認すると、
ず、電球表面に黒化した付着物が認められたこ
11.火災 当該製品から出火する火災が
とから、電球上に可燃物が付着したことで出火
発生しており、当該製品及び周
に至ったもの推定される。
辺を焼損した。(事故発生地:
当該製品は、設置場所から取り外され、通電状
当該製品及び周辺を焼損する
態のまま電源コードでぶら下げてあったため、
11.火災 火災が発生した。(事故発生
点灯時の電球の熱で柱や外壁が過熱し、出火
地:長崎県)
に至ったものと推定される。
被害者が事故品をレンジ台に乗せた際に、指
が事故品底面又は底面に取り付けられたネジ
電気オーブンレンジを清掃
部に強く触れた可能性があるが、底面やネジ部
3.軽傷 中、レンジ底面のネジ付近で人 不明
に鋭利な箇所は確認できず、また、レンジ台周
差し指に切り傷を負った。
辺に鋭利な箇所があった可能性も否定できない
ことから、製品に起因しない偶発的な事故と推
電気部品に発火・破損の痕跡はなく、当該品
電気オーブンレンジのスイッ
6.被害な
チを入れたところ、爆発音とと 約5年 は正常に作動することから、製品に起因しない
し
事故と推定される。
もに異臭がした。
当該製品に出火の痕跡は認められず、ヒーター
当該製品のスイッチを入れ、そ
ユニットの中に焼損した付着物が確認されたこ
の場を離れたところ、異臭がし
とから、ヒーターユニットの中に入り込んだ可燃
たため確認すると、当該製品
11.火災
物が、ヒーター通電時に過熱され、発火に至っ
及び周辺を焼損する火災が発
たものと推定される。 なお、取扱説明書には、
生していた。(事故発生地:岡
「保護網やすき間にピンや針金などの金属物や
山県)
異物を入れない」旨、記載されている。
当該製品を使用中、当該製品
当該製品に付属されていたこたつヒーターが取
及び周辺を焼損する火災が発
り外され、他社製のものに交換されていたこと
11.火災
生し、1名が負傷した。(事故発
から、製品に起因しない事故と推定される。
生地:大阪府)
樹脂操作パネルの上部が焼失していたが、内
4.拡大被 使用中のオイルヒーターから 約12
部の電気部品に発火した痕跡が認められない
害
発火した。
年
ことから、製品に起因しない事故と推定される。
2-87 / 96
事故通知者1 品目分類コード
品目
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20110507)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113707)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20110374)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113835)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113705)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20112832)
1
家庭用電
気製品
F2
製品に起因しない事故であるため、措置はとらな
かった。
製造事業者
1
家庭用電
気製品
F2
輸入事業者は、製品に起因しない事故であるため、 消費者セン
措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113403)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113833)
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
F2
製品に起因しない事故であるため、措置はとらな
かった。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
2011- 電気温水器【電
0739 気温水器】
A2011 電気式浴室換
00584 気乾燥暖房機
A2011 電気洗濯乾燥
00008 機
A2011 電気洗濯乾燥
00473 機
A2011 電気洗濯乾燥
00875 機
A2011
電気洗濯機
00392
A2011
電気洗濯機
00880
電気洗濯機(乾
2011- 燥機付、ドラム
1515 式)【電気洗濯
機】
A2011
電気湯沸器
00202
A2011
電子レンジ
00511
A2011 電動アシスト自
00107 転車
A2011 電動アシスト自
00154 転車
A2011 電動アシスト自
00345 転車
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故品には別事業者の空気抜き弁が取り付
けられており、集合住宅で使用されている水に
約1年 含まれるスケール等が一時的に弁に挟まった
3月 ため、弁からお湯が噴き出したものと考えられ
るが、当該製品に異常はみられず、水質の影響
が大きいものと推定される。
事故当時の詳細な使用状況が不明のため、事
当該製品を使用中、当該製品
故原因の特定に至らないものの、当該製品に
11.火災 及び周辺を焼損する火災が発
出火の痕跡は認められず、当該製品の吹き出
生した。(事故発生地:兵庫県)
し口に段ボールが接触して着火した可能性が
考えられることから、製品に起因しない事故と推
当該製品内部に異常が認められないことから、
異臭がしたため確認すると、当
製品に起因しない事故と推定される。 なお、手
該製品で乾燥させていたキル
提げ鞄には、油脂類の付着が認められなかっ
11.火災 ティング製のかばんが焼損す
たが、ポリプロピレン繊維が使われており、漂白
る火災が発生していた。(事故
剤やクリーニング溶剤などの影響とみられる酸
発生地:大阪府)
化防止剤の減少が認められることから、乾燥運
転時に自然発火によって焼損に至ったものと推
当該製品は、電源プラグに洗剤成分が付着した
当該製品及び周辺を焼損する
11.火災 火災が発生した。(事故発生
ため、プラグ内部でトラッキング現象が生じて出
火に至ったものと推定される。
地:三重県)
当該製品に出火の痕跡は認められず、当該製
建物を全焼する火災が発生
品付近にあったボイラーの排気筒に可燃物が
11.火災 し、現場に当該製品があった。
触れたため、可燃物が発火し、出火に至ったも
(事故発生地:秋田県)
のと推定される。
警報機が鳴動したため確認す
当該製品に出火の痕跡が認められないことか
ると、当該製品を焼損する火災
ら、洗濯槽内の洗濯物からの出火によって火災
11.火災
が発生していた。(事故発生
に至ったものと推定される。
地:香川県)
当該製品の電源コードに張力が加わった状態
当該製品を焼損する火災が発
で、ボイラーの角に当たっていたため、当該製
11.火災
生した。(事故発生地:青森県)
品やボイラー使用時の振動等で電源コードが損
傷して短絡し、出火に至ったものと推定される。
乾燥用ヒーターに水垢の焦げ付きが認められ
6.被害な 運転中のドラム式洗濯乾燥 約4年 ることから、洗濯時にヒーター表面に水垢成分
し
機から発煙した。
3月 が付着し、乾燥時に水垢成分が一時的に焦げ
て発煙したものと推定される。
当該製品は、電源プラグの栓刃が根元で溶断
火災報知機が鳴動したため確
していたが、栓刃間の樹脂は残っていることか
認すると、当該製品及び周辺
11.火災
ら、延長コードの刃受け間でトラッキングが生
が焼損する火災が発生してい
じ、出火に至ったものと推定される。
た。(事故発生地:岐阜県)
当該製品のドアと庫内の間に介在していた異物
当該製品を焼損する火災が発
が過熱、炭化し、スパークが生じて発火してドア
11.火災
生した。(事故発生地:長野県)
カバーの樹脂に着火したものと考えられること
から、製品に起因しない事故と推定される。
当該製品には、異常が認められないことから、
当該製品で下り坂を走行中、
製品に起因しない事故と推定されるが、詳細な
突然ブレーキがかかったように
2.重傷
使用状況が不明であるため、事故原因の特定
なり転倒し、負傷した。(事故発
には至らなかった。
生地:静岡県)
当該製品は、詳細な使用状況などが不明のた
当該製品で下り坂を走行中、
め事故原因の特定には至らなかったが、当該
2.重傷 転倒し、負傷した。(事故発生
製品に事故に至る異常が認められないことか
地:大阪府)
ら、製品に起因しない事故と推定される。
当該製品の詳細な使用状況などが不明のため
当該製品で下り坂を走行中、ブ
事故原因の特定には至らなかったが、当該製
2.重傷 レーキをかけた際、転倒し、負
品に異常が認められないことから、製品に起因
傷した。(事故発生地:奈良県)
しない事故と推定される。
電気温水器からお湯が噴き
4.拡大被
出して止まらなくなり、天井が
害
汚損した。
2-88 / 96
F2
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
製造事業者は、製品に起因しない事故であるため、
その他
措置はとらなかった。
品目
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20113012)
1
家庭用電
気製品
F2
経済産業省
非重大製品
事故(20110103)
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
1
家庭用電
気製品
5
乗物・乗
物用品
5
乗物・乗
物用品
5
乗物・乗
物用品
F2
F2
F2
F2
F2
F2
F2
F2
F2
F2
経済産業省
非重大製品
事故(2011経済産業省
非重大製品
事故(20113874)
経済産業省
非重大製品
事故(20112125)
経済産業省
非重大製品
事故(20113877)
製造事業者は、製品に起因しない事故であるため、 消費者セン
措置はとらなかった。
ター
経済産業省
非重大製品
事故(20110766)
経済産業省
非重大製品
事故(20112833)
経済産業省
非重大製品
事故(20110434)
経済産業省
非重大製品
事故(20110595)
経済産業省
非重大製品
事故(20111875)
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
A2011 電動アシスト自
00469 転車
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
2486
タップ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
当該製品は詳細な使用状況が不明なため事故
原因の特定には至らなかったが十分なハンドル
固定力が認められ走行試験ではハンドルポスト
2.重傷
F2
が回転する事象は再現しなかったことから製品
に起因しない事故と推定される。なお当該製品
のハンドル固定力はJIS基準を満足していた
延長コードには、接触不良、損傷、スパーク痕
6.被害な 使用中のテーブルタップの差
約1年 及びトラッキング等の痕跡が認められないこと F2
し
し込み口から火花が出た。
から、製品に起因しない事故と推定される。
当該製品に跨り、歩道と車道と
の段差を降りたところ、バラン
スを崩し、転倒、負傷した。(事
故発生地:神奈川県)
2-89 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
経済産業省
非重大製品
事故(20112708)
5
乗物・乗
物用品
輸入事業者は、製品に起因しない事故であるため、 消費者セン
措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
ACアダプター
2011- (ノートパソコン
0088 用)【直流電源
装置】
2011- エアコン室外機
3377 【電気冷房機】
スチームアイロ
2011ン【電気アイロ
1653
ン】
2011- ヘアドライヤー
1846 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
2166 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
2503 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
2693 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
3302 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
3358 【毛髪乾燥機】
2011- ヘアドライヤー
4424 【毛髪乾燥機】
ミニマット(電気
2011マット)【電気座
4517
布団】
2011- リモコン(カラー
2914 テレビ用)
2011- 加湿器(スチー
4251 ム式)【湿潤器】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
DCプラグのコードプロテクター部で断線・ス
充電中のノートパソコンのAC
パークが生じ、異常発熱により発煙したものと
5.製品破
アダプターから発煙し、焦げ臭 約3年 考えられるが、使用時の過度な屈曲ストレスに
損
いにおいがした。
よる断線か、製品の不具合による断線か原因
の特定はできなかった。
ファン側が著しく焼損しており、確認できた電
5.製品破 停止中のエアコン室外機周 約1年 気部品に発火の痕跡は認められなかったが、
損
辺が焼損した。
1月 焼失により確認できない部品もあることから、原
因の特定はできなかった。
本体側コードプロテクター付近に屈曲や引っ
電気アイロンを使用中、電源
4.拡大被 コードの本体側根元部分から 約2年 張りなどのストレスが加わり、芯線が半断線して
害
火花が出て炎が上がり、コード 11月 火花を生じたものと考えられるが、詳細な使用
状況等が不明であり、原因の特定はできなかっ
とアイロン台の一部を焼損し
ヘアドライヤーに吸い込まれた埃が堆積して
いたため、埃が固まりで外れ、ヒーターで着火し
5.製品破 ヘアドライヤーを使用中、吹
約2年 て吹き出し口から飛び出したものと考えられる
損
き出し口から火花が出た。
が、詳細な使用状況等が不明であり、原因の特
定はできなかった。
使用中や収納時に本体側コードプロテクター
使用中のヘアドライヤーが異
部に屈曲や引っ張りなどのストレスが加わり、
音とともに発煙、発火し、コード
約1年 芯線が断線し、短絡してスパークが生じたもの
3.軽傷
の被覆が溶けて、腕に火傷を
と考えられるが、詳細な使用状況等が不明であ
負った。
り、原因の特定はできなかった。
落下等により送風ファンに亀裂が入り、使用に
使用中のヘアドライヤーから
伴いファンが破損したため、風量低下によりヒー
3.軽傷 火花が出て、髪の毛が焦げ
約4年 ターが赤熱し、温風の温度が上がり毛髪が焦げ
た。
たものと考えられるが、詳細な使用状況等が不
明であり、原因の特定はできなかった。
落下等により送風ファンに亀裂が入り、使用に
5.製品破 ヘアドライヤーのファンが破
伴いファンが破損したものと考えられるが、詳細
不明
損
損した。
な使用状況等が不明であり、原因の特定はでき
なかった。
事故品の送風ファン(ポリプロピレン製)が破
損し、割れた羽根が別の羽根に引っ掛かって
使用中のヘアドライヤー後部
5.製品破
モーターがロック状態となり、ヒーターが過熱し
から発煙し、機器内部が赤く
約3年
損
て堆積したほこりが焦げて発煙したものと考え
なった。
られるが、事故品ファンが入手できず、ファンが
破損した原因の特定はできなかった。
事故品内部の、送風ファンの羽根(ポリプロピ
レン製)4枚すべてが、根元から破損しており、
破損の起点とみられる位置は、4枚の羽根とも
5.製品破 使用中のヘアドライヤーか
同様の位置であった。羽根の根元に生じた亀裂
約2年
損
ら、異音とともに異臭がした。
等が、使用に伴う振動や熱の影響で伸展して破
損し、破片がヒーターに接触して異臭がしたと
考えられるが、ファン樹脂の劣化や、破面に気
泡等の異常は認められず、亀裂等が生じた原
本体側の電源コードプロテクター部に引っ張り
使用中のヘアドライヤーから
や屈曲などのストレスが加わり、芯線が断線
5.製品破
火花が出て、本体から焦げ臭 約6年 し、短絡・スパークが発生したものと推定される
損
いにおいがした。
が、詳細な使用状況等が不明であり、原因の特
定はできなかった。
本体側の電源コードプロテクター部に引っ張り
使用中のミニマットから焦げ
や屈曲などのストレスが加わり、芯線が断線
4.拡大被 臭いにおいがし、電源コードの 約1年
し、短絡・スパークが発生したものと推定される
付け根とじゅうたんなどが焼損 2月
害
が、詳細な使用状況等が不明であり、原因の特
した。
定はできなかった。
リモコン電池ボックスの蓋が、熱により一部変
テーブルに置いていたテレビ
約1年
4.拡大被
形したものと考えれるが、詳細な使用状況等が
のリモコンが発熱して変形し、
6月
害
不明であり、原因の特定はできなかった。
テーブルが焦げた。
電源コードの途中に溶融痕が認められるが、
4.拡大被 使用中の加湿器から発火し、
約1月 本体の焼損が著しいことから、原因の特定はで
害
フローリングなどが焦げた。
きなかった。
2-90 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
G1
事故原因が不明であるため、措置はとれなかった。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
輸入事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、既販
品については措置はとらなかった。 なお、2007(平
輸入事業者
成19)年から、耐落下衝撃性を高めるため、送風ファ
ンの根元部を補強している。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、既販
品については措置はとらなかった。 なお、2007(平
輸入事業者
成19)年から、耐落下衝撃性を高めるため、送風ファ
ンの根元部を補強している。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。 なお、NITEでは、事故防止のため
消費者セン
のハンドブック(身・守りハンドブック)やホームページ
ター
で同様の事故事例を紹介し、注意喚起を行ってい
る。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
消費者セン
はとらなかった。 なお、後継機種(2008年度モデ
ター
ル)から電源コードプロテクターを変更している。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
2011- 扇風機【扇風
0988 機】
2011- 扇風機【扇風
3304 機】
掃除機(サイク
2011ロン式)【電気
0482
掃除機】
蓄熱式ゆたん
2011ぽ【電気あん
4212
か】
2011- 電気あんか【電
3312 気あんか】
電気オーブン
2011トースター【電
3352
気天火】
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
0643 機能付)【電子
レンジ】
電気オーブンレ
2011- ンジ(スチーム
3879 機能付)【電子
レンジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
0502
ジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
0645
ジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
2402
ジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
2812
ジ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故品の羽根は、5枚の内3枚が破損してお
り、根元から破断していた羽根の先端部分に傷
5.製品破 使用中の扇風機の羽根が破
約4年 があったことから、異物等が羽根に当たった衝
損
損した。
撃によって破損した可能性が考えられるが、詳
細な使用状況は不明であり、原因の特定はでき
電源コードが本体側の付け根部分で半断線
延長コードに接続した扇風機
約2年 し、短絡・スパークが発生して発煙・発火したも
5.製品破
を使用したところ、異音がして
5月 のと考えられるが、詳細な使用状況等が不明で
損
発煙した。
あり、原因の特定はできなかった。
モーターの整流子とカーボンブラシ間で異常
スパークが発生し、発煙・異臭が生じたものと考
5.製品破 使用中の掃除機から焦げ臭
約8年 えられるが、異常スパークの原因は、整流子の
損
いにおいがして、発煙した。
真円度不良に起因するものか、異物の侵入に
よるものか特定はできなかった。
当該品は、電極棒で電解液に通電し加熱する
ふとんの中で蓄熱中の蓄熱
4.拡大被
ものであり、内圧が異常上昇し、内袋が破れた
式湯たんぽが破裂して、ふとん 約3月
害
ものと考えられるが、詳細な使用状況等が不明
を汚損した。
であり、原因の特定はできなかった。
電源コードが本体側の付け根部分で断線し、
4.拡大被 使用中の電気あんかのコード
短絡・スパークが発生して発火したものと考えら
約6年
害
と毛布などが焦げた。
れるが、詳細な使用状況等が不明であり、原因
の特定はできなかった。
使用者がタイマーを設定し、その場を離れて
バターを塗ったパンをオーブ
いたときの発火であり、当該品には異常が認め
ントースターで焼いていたとこ
5.製品破
られないことから、設定したタイマーの時間が長
ろ、気付くのが遅く、パンは焦 約6月
損
かった可能性が考えられるが、タイマーに一時
げてオーブンからも発火しはじ
的な不具合が生じ、通電が切れなかった可能
め、慌てて消火した。
性も考えられ、原因の特定はできなかった。
事故品の扉ガラスには全面に亀裂が入ってお
り、中央部分のガラス破片は欠損していた。扉
ガラス庫内側表面に微細な傷が多数認められ
「バン」という音がして、電気
5.製品破
たことから、使用に伴い傷が伸展して破損に
オーブンレンジの扉ガラス面に 約3年
損
至った可能性が考えられるが、すべてのガラス
亀裂が入った。
破片を回収できなかったことから、破損の起点
は不明であり、原因の特定はできなかった。 な
お、製造事業者から報告書提出の協力は得ら
庫内の水分が電気回路に浸入しないように、
電気オーブンレンジを使用
受け皿に貯め、排水口から外部に排水するよう
5.製品破 後、扉を開けたままにしていた 約10 になっており、排水口が堆積物で塞がれていた
ところ、異音がして、発煙、発 年
損
ことから、受け皿から水が溢れて電気回路に浸
火した。
入し、短絡が生じたものと考えられるが、詳細な
使用状況等が不明であり、原因の特定はできな
当該品は、誤動作によりスイッチが入ったた
電気オーブンレンジから異常
め、無負荷加熱により、導波管カバーに付着し
約17
5.製品破 音がしたので扉を開けたとこ
た食品カスにマイクロ波が集中し、導波管カ
ろ、ファンが回転しており、側面 年
損
バーが焼損したものと考えられるが、誤動作は
が熱で溶けていた。
再現しないことから、原因の特定はできなかっ
電源プラグ内部の栓刃のカシメ接続部付近で
電気オーブンレンジのオーブ
電線が半断線したため異常発熱し、周辺の樹
約1年
5.製品破
ン機能を使用中に異音がし、
脂が 溶融し、プラグ外部に火花が出たものと
6月
損
電源プラグから発火した。
推定されるが、詳細な使用状況等が不明であ
り、原因の特定はできなかった。
導波管カバーに食品カスが付着し、電波が集
5.製品破 電子レンジを使用中、異音が 約1年 中して火花が発生した可能性が考えられるが、
損
し、右側下部に穴が開いた。
7月 マグネトロンのアンテナ及び導波管に異常放電
痕があり、原因の特定はできなかった。
レンジで食品を再加熱したため、食品が過加
熱されて発煙に至った可能性が考えられるが、
5.製品破 電気オーブンレンジで食品を
約6年 当該品は発煙後、自動加熱機能が故障してい
損
加熱中、発煙した。
ることから、機能の不具合から発煙に至った可
能性も考えられ、原因の特定はできなかった。
2-91 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
製造事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
消費者セン
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
ター
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとれなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
3047
ジ】
電気オーブンレ
2011ンジ【電子レン
4418
ジ】
電気カーペット
2011【電気カーペッ
2995
ト】
電気カーペット
2011【電気カーペッ
3692
ト】
電気こたつ(中
2011- 間スイッチ付
3792 コード)【電気こ
たつ】
電気スタンド
2011(白熱電球)【電
4287
気スタンド】
電気ストーブ
2011- (オイルヒー
1497 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (オイルヒー
4206 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (カーボンヒー
3983 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー
0533 ター)【電気ス
トーブ】
電気ストーブ
2011(遠赤外線式)
1007
【電気ストーブ】
2011- 電気ストーブ
3619 【電気ストーブ】
2011- 電気ストーブ
3796 【電気ストーブ】
2011- 電気ストーブ
3842 【電気ストーブ】
2011- 電気ストーブ
3843 【電気ストーブ】
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
事故品の前面扉は強化ガラス製で、表面につ
電気オーブンレンジのオーブ
5.製品破 ン機能を使って加熱中、突然 約12 いた傷や異物などが起点となり、使用中に自然
年
損
破壊したものと考えられるが、起点となった傷等
扉のガラスが破損し、飛散し
が確認できず、原因の特定はできなかった。
た。
導波管カバーに付着した油や食品カスに電波
が集中し、発火したものと考えられるが、掃除が
5.製品破 使用中の電気オーブンレンジ 約17
できない導波管カバー裏側に油が入り込んでお
損
の庫内で発火した。
年
り、使用者の手入れ不足といえないことから、原
因の特定はできなかった。
コントローラーに接続した器具用ソケットの片
4.拡大被 電気カーペットのコントロー 約10 側に接触不良による異常発熱が生じ、焼損した
害
ラーが焼損し、床が焦げた。
年
ものと推定されるが、詳細な使用状況等が不明
であり、原因の特定はできなかった。
カーペット焼損部の発熱線が断線していた
使用中の電気カーペットが焼
4.拡大被
損し、畳やテーブルの一部が 約6年 が、溶融痕はなく、コントローラにも異常は認め
害
られないことから、原因の特定はできなかった。
焦げた。
ヒーターユニット側に接続したこたつ用コード
電気こたつを使用中、電源
のコードプロテクター部に過度な応力が加わっ
コード付近から出火し、こたつ
約1月 たため、コード芯線が断線し、短絡・スパークが
3.軽傷
ふとんの一部が焦げ、足の指
発生したものと推定されるが、詳細な使用状況
に火傷を負った。
等が不明であり、原因の特定はできなかった。
電源コードの途中に短絡痕が認められたが、
電気スタンド付近から出火
4.拡大被
し、集合住宅の一室を焼損し 不明 焼損が著しく、未回収の部品もあることから、原
害
因の特定はできなかった。
た。
ヒーター端子部の温度が異常上昇し、充てん
オイルヒーターのヒーター接
樹脂が溶融したものと考えられるが、端子部に
5.製品破
続端子部の周囲に充てんして 不明 発熱痕跡やヒーターの温度制御に異常はなく、
損
いる樹脂が溶融した。
転倒OFFスイッチも正常に機能することから、
原因の特定はできなかった。
プラグ刃と延長コードの刃受け金具に接触不
延長コードにオイルヒーター
4.拡大被 を接続して使用中、接続部から
良が生じて異常発熱し、発煙したものと考えら
約3年
害
れるが、接触不良が生じた原因の特定はできな
発煙し、フローリングの一部が
かった。
焦げた。
電源コードの途中が半断線状態になり、ス
カーボンヒーターの電源コー
4.拡大被
パークが発生し、フローリングが焦げたものと考
ドが発火し、フローリングの一 約5年
害
えられるが、詳細な使用状況等が不明であり、
部が焦げた。
原因の特定はできなかった。
当該品はリモコン操作ができることから、耐ノ
電源が入っていない電気ス
イズ性試験を行ったが誤作動は発生せず、ス
4.拡大被 トーブの上に衣類を置いて就 約7年
イッチ部に作動不良はなく、内部基板にはんだ
寝中、ストーブから発火し、衣 1月
害
割れなどの異常は認められないことから、原因
類が焼損した。
の特定はできなかった。
本体台座内部で電源コードが修理されてお
電気ストーブを使用中、異音
り、修理部の芯線が異常発熱し、短絡・スパー
がして底部が溶け、カーペット 約1年
3.軽傷
クが発生し、台座底部が溶融したものと考えら
の一部が焦げて、火傷を負っ 6月
れるが、修理が行われた時期が不明であり、原
た。
因の特定はできなかった。
当該品の回収した部品に出火の痕跡は認め
4.拡大被 当該製品及び周辺を焼損す
不明 られなかったが、未回収の部品があり、焼損が
害
る火災が発生した。
著しいことから、原因の特定はできなかった。
当該品は、上部から焼損に至っていたが、焼
4.拡大被 使用中の電気ストーブから出
2回 損が著しく、未回収の部品もあることから、原因
害
火し、住宅を半焼した。
の特定はできなかった。
住宅から出火して、同住宅を
電源コードに溶融痕は認められなかったが、
3.軽傷 全焼し、隣接する2棟の一部も 不明 電源スイッチや内部配線が未回収であり、原因
の特定はできなかった。
類焼し、家人1人が火傷を負っ
内部配線に溶融痕が認められたが、焼損が
4.拡大被 使用中の電気ストーブ周辺が
不明
著しいことから、原因の特定はできなかった。
害
焼損した。
2-92 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
製造事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
輸入事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
事故原因が不明であるため、措置はとれなかった。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
輸入事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
国の行政機
関
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
G1
G1
G1
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業
者等は不明であった。
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業
者等は不明であった。
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業
者等は不明であった。
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、輸入事業
者は倒産している。
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
電気衣類乾燥
2011機【電気乾燥
0440
機】
6.被害な 電気衣類乾燥機の裏側から
約9年
し
発煙した。
2011- 電気温水器【電
4422 気温水器】
6.被害な 使用中の電気温水器の漏電 約4年
し
遮断器が落ちた。
2月
電気洗濯機(乾
2011燥機付)【電気
2478
洗濯機】
脱水中の洗濯機が大きな音
4.拡大被
とともに前方に飛び出し、後方 約5年
害
の壁に穴が開いた。
2011- 電子レンジ【電
0041 子レンジ】
2.重傷
2011- 電子レンジ【電
0143 子レンジ】
6.被害な 使用中の電子レンジから焦げ
2日
し
臭いにおいがし、発煙した。
2011- 電子レンジ【電
0319 子レンジ】
5.製品破 使用中の電子レンジ庫内右
損
側で発火した。
2011- 電子レンジ【電
0640 子レンジ】
使用中の電子レンジの内部
5.製品破
から火が出て、ターンテーブル 約1月
損
に穴が空いた。
2011- 電子レンジ【電
1606 子レンジ】
使用中の電子レンジから異
5.製品破
音がして、庫内から発煙し、発 約8年
損
火した。
2011- 電子レンジ【電
1690 子レンジ】
電子レンジでタオルを温めて
5.製品破
いた時、庫内側面から火花が 約8年
損
出た。
2011- 電子レンジ【電
2189 子レンジ】
5.製品破 使用中の電子レンジの庫内
損
右側から発火した。
電子レンジで食品を温めるた
めスイッチを入れたところ、レン
不明
ジから出火して、住宅を全焼
し、家人1人が火傷を負った。
不明
約13
年
事故
原因
区分
事故原因
ヒーター付近に溜まった埃が焦げたため、発
煙に至ったものと考えられるが、埃が溜まった
原因は、フィルター等の掃除をしていなかった
取扱いに起因するものか、ヒーター付近に埃が
たまる形状に起因するものか、特定はできな
かった。 なお、取扱説明書には、フィルターは
毎回掃除する旨、記載されている。
温水器内部のヒーター端子が腐食し、漏電遮
断器が作動したものと推定されるが、腐食原因
については、過去に配管されていた井戸水の影
響も考えられることから、原因の特定はできな
足ふきマット等を脱水していたため、洗濯槽内
で片寄りが発生し、異常振動が発生したものと
推定されるが、当該品は過去に脱水不具合を
修理しており、バランスが崩れたときに作動する
スイッチが適切に作動しなかった可能性も考え
られることから、原因の特定はできなかった。
電子レンジの電気部品、内部配線、安全装置
等に発火の痕跡は認められず、食品の過加熱
による発火の可能性が考えられるが、詳細な使
用状況等が不明であり、原因の特定はできな
揚げ物を加熱した際の発煙であり、ダイヤル
式タイマーに作動不良はなく、タイマー内部にも
異常は認められないことから、製品の不具合に
よる発煙か、タイマー設定の間違いによる発煙
か、原因の特定はできなかった。
導波管カバーに付着した食品カスなどに電波
が集中し、炭化・スパークが生じた発火と考えら
れるが、庫内はきれいな状態で、掃除ができな
い導波管カバーの裏面に油が入り込んでおり、
使用者の手入れ不足といえないことから、原因
の特定はできなかった。
電子レンジには、異常が認められないことか
ら、ガラス製ターンテーブルのセットが適切でな
く、ターンテーブルが回転しない状態で無負荷
運転され、マイクロ波がターンテーブルの一箇
所に集中して穴が開いたものと考えられるが、
詳細な使用状況等が不明であり、原因の特定
導波管カバーに付着した食品カスなどに電波
が集中し、炭化・スパークが生じた発火と考えら
れるが、庫内はきれいな状態で、掃除ができな
い導波管カバーの裏面に油が入り込んでおり、
使用者の手入れ不足といえないことから、原因
の特定はできなかった。
導波管カバーが焼損していることから、導波
管カバーに食品カスが付着していたため、電波
が集中して火花が発生した可能性はあるが、マ
グネトロンのアンテナ部には、異常放電が生じ
ており、マグネトロン用サーモスタットに不具合
が生じていた可能性もあり、原因の特定はでき
導波管カバーに付着した油や食品カスに電波
が集中し、発火したものと考えられるが、掃除が
できない導波管カバー裏面に油が入り込んでお
り、使用者の手入れ不足といえないことから、原
因の特定はできなかった。
2-93 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
G1
事故原因が不明であるため、措置はとれなかった。
輸入事業者
なお、当該品は既に販売を終了している。
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造業者等は不明であり、事故原因が不明である
消防機関
ため、措置はとれなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
事故原因が不明であるため、措置はとれなかった。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
市町村
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
坂道で電動車いすのブレー
キをかけたが止まらず、転倒
約2年
し、庭の木が折れ、脱臼などを
負った。
事故
原因
区分
事故原因
事故品は、後輪シャフトミッション部のベアリン
グが外れてなくなっており、走行時にシャフト部
にからまったビニルひもがミッション部に入り込
んだためにブレーキが効かなくなり事故に至っ
たものと考えられるが、再現試験では再現せず
原因の特定には至らなかった。 なお、事故発
生日前日に修理業者が異音がしたため修理を
実施しているが、修理内容の詳細は不明であ
引き戸に挟まれた延長コードに溶融痕が認め
られたが、焼損が著しいことから、原因の特定
はできなかった。
タップの電源コードプロテクター付近で芯線が
断線し、溶融痕が認められることから、電源コー
ドに引張りや屈曲などの機械的ストレスが加わ
り、半断線が生じて発火した可能性が考えられ
るが、詳細な使用状況等が不明であり、原因の
特定はできなかった。
刃受けの隙間が広がっていることから、プラグ
刃との間で接触不良が生じ、異常発熱により
タップ口周辺が焼損したものと考えられるが、詳
細な使用状況等が不明であり、原因の特定は
マルチタップの刃受けと電気ストーブのプラグ
刃に接触不良による発熱が生じ、タップ口樹脂
が焦げたものと考えられるが、刃受けの形状・
寸法に異常は認められないことから、原因の特
定はできなかった。
当該品は、液晶テレビの電源プラグが差し込
まれていたタップ口が焼損していたが、刃受け
部分が確認できず、プラグ刃に溶融痕が認めら
れないことから、原因の特定はできなかった。
水槽の海水が、マルチタップ内に浸入し、短絡
して焼損したものと考えられるが、詳細な使用
状況等が不明であり、原因の特定はできなかっ
た
差込みプラグ刃の片側が溶断していることか
電動車いす(ハ
2011ンドル型、三
0734
輪)
3.軽傷
2011- 配線器具(延長
1850 コード)【コード】
延長コード付近から出火し
4.拡大被
て、住宅を全焼し、隣接する倉 約3年
害
庫の一部も焼損した。
2011- 配線器具(延長
4318 コード)【コード】
エアコン、テレビが接続され
た延長コードのタップ付近から
4.拡大被
出火し、住宅を全焼した。事故 不明
害
発生時、暖房のためエアコンを
使用していた。
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
0433
タップ】
4.拡大被 当該製品を使用中、当該製
害
品及び周辺を焼損した。
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
0608
タップ】
マルチタップに電気ストーブを
5.製品破
接続して使用したところ、タップ 約4年
損
口の樹脂が焦げた。
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
0698
タップ】
住宅の一室から出火し、床の
4.拡大被
一部が焼損した。延長コード付 約7年
害
近が焼損している。
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
2773
タップ】
延長コードに水槽のろ過器と
4.拡大被 エアーポンプを接続していたと
不明
害
ころ、マルチタップ付近から出
火し 周辺を焼損した
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
3534
タップ】
使用中の延長コードのプラグ
ら、トラッキングにより出火に至った可能性が考
約10
4.拡大被
周辺から出火し、住宅を半焼し
えられるが、もう一方の栓刃に溶融はなく、差込 G1
年
害
た。
みプラグを接続していた3口タップの刃受けの
状態が不明なことから、原因の特定はできな
延長コードの刃受けとオイルヒーター電源プラ
延長コードにオイルヒーター
約16 グの栓刃で接触不良が生じ、異常発熱したもの
5.製品破 を接続して使用していたとこ
G1
損
と推定されるが、詳細な使用状況等が不明であ
ろ、接続部から異臭がして、外 年
り、原因の特定はできなかった。
郭の一部が変形した。
延長コードに電気カーペットを
刃受け金具と電気カーペットの電源プラグ間
4.拡大被 接続して使用していたところ、
で接触不良が生じて異常発熱し、発火したもの
G1
約7年
害
異臭がしてマルチタップ部分が
と考えられるが、詳細な使用状況等が不明であ
焦げ、付近にあった衣類等が
り、原因の特定はできなかった。
刃受け金具と電気ストーブの電源プラグ間で
電気ストーブを接続していた
接触不良が生じて異常発熱し、差し込み口樹脂
5.製品破
延長コードの差し込み口付近 不明 が溶融したものと考えられるが、刃受け金具の G1
損
が過熱し、溶融した。
不良による接触不良か、プラグ刃の変形による
接触不良か、原因の特定はできなかった。
延長コードの刃受けとセラミックヒーター電源
延長コードにセラミックヒー
5.製品破 ターなどを接続して使用中、接
プラグの刃で接触不良が生じ、異常発熱したも
G1
約6年
損
のと推定されるが、詳細な使用状況等が不明で
続部から発煙し、ヒーターの電
あり、原因の特定はできなかった。
源プラグが溶融した。
可動式プラグの片側のリベット部が折損して
延長コードにセラミックヒー
いることから、折損による接触不良により異常
4.拡大被 ターを接続して使用していたと
発熱が発生し、プラグと壁コンセントが焦げたも
不明
G1
ころ、延長コードの電源プラグ
害
のと考えられるが、リベットが折損した原因は、
と壁コンセントが焦げた。
製造不良によるものか、プラグ刃に過度な力が
加わったためか特定はできなかった。
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
3672
タップ】
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
3984
タップ】
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
4131
タップ】
配線器具(延長
2011コード)【マルチ
4171
タップ】
配線器具(延長
2011コード)【差込み
0213
プラグ】
不明
2-94 / 96
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
G1
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
5
乗物・乗
物用品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 警察機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 国の行政機
はとらなかった。
関
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
その他
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置 消費者セン
はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
生簀の温度制御器のサービ
スコンセントに接続していた延
4.拡大被
長コードの差込みプラグ付近
害
から出火し、生簀と浄化槽の一
部を焼損した。
4.拡大被 ユニットバスの換気扇周辺が
害
焼損した。
ネット通販で購入した電動ア
シスト自転車で走行中、突然前
3.軽傷
輪ブレーキがロックされて転倒
し、鼻を負傷した。
5.製品破 使用中の扇風機から異音と
損
異臭がした。
オイルヒーターを延長コード
4.拡大被 に接続して使用していたとこ
害
ろ、焦げ臭いにおいがして、
ヒーターと延長コードの接続部
配線器具(延長
2011コード)【差込み
2383
プラグ】
2011- 換気扇(浴室
1750 用)【換気扇】
2011- 自転車(電動ア
3348 シスト車)
2011- 扇風機【扇風
1486 機】
電気ストーブ
2011- (オイルヒー
0167 ター)【電気ス
トーブ】
(株)武田
蛍光ランプ(電
KTL−6
2011コーポレー
球型)【蛍光ラ
0N
0320
ション
ンプ】
2011- 扇風機【扇風
1822 機】
E−040 (株)ベジタブ
4
ルキッチン
2011- 扇風機【扇風
0965 機】
KI−17
5(K)
(株)千住
DC12
2011- 掃除機(サイク plus tur
ダイソン(株)
bine he
0750 ロン式)
ad
DC12
2011- 掃除機(サイク
puls en ダイソン(株)
0774 ロン式)
try
電気オーブンレ
DMO− 大宇電子
2011ンジ【電子レン
H76S
ジャパン(株)
0682
ジ】
松下電器産
電気カーペット
DC−3G 業(株)(現
2011【電気カーペッ
在:パナソ
1
2974
ト】
ニック(株))
事故
原因
区分
事故原因
再発防止措置
事故通知者1 品目分類コード
品目
不明
可動式差込みプラグ部に生簀の海水がかか
り、トラッキング現象が生じて発火に至った可能
G1
性が考えられるが、詳細な使用状況等が不明
であり、原因の特定はできなかった。
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
製造事業者
はとらなかった。
1
家庭用電
気製品
不明
事故品が入手できないことから、調査できな
かった。
G2
製造事業者等が不明であり、事故品が入手できな
消防機関
いことから、調査不能であるため、措置はとらなかっ
1
家庭用電
気製品
事故品が入手できないことから、調査できな
約1月 かった。 なお、輸入事業者の協力が得られ
ず、報告書の提出はなかった。
G2
輸入事業者の協力が得られず、措置はとれない
が、NITEでは、引き続き同様の事故発生状況に注
視し、必要に応じて対応することとした。
消費者セン
ター
5
乗物・乗
物用品
事故品が入手できないことから、調査できな
かった。
G2
輸入事業者は、事故品が入手できないことから、調 消費者セン
査不能であるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
約3年 事故品が入手できないことから、調査できな
4月 かった。
G2
輸入事業者は、事故品が入手できないことから、調 消費者セン
査不能であるため、措置はとらなかった。
ター
1
家庭用電
気製品
基板上のコンデンサーが内圧上昇により破裂
点灯中の電球から「バチッ」と
し、基板に発熱の痕跡があることから、回路に
5.製品破
G3
いう音がして灯りが消え、発煙 約1月
過電流が流れたものと考えられるが、過電流が
損
した。
生じた原因の特定はできなかった。
輸入事業者は、拡大被害に至っていないことから、
既販品については措置はとらなかった。 なお、当該
消費者セン
品は既に生産を終了しているが、今後は品質管理の
ター
強化を行うこととした。 NITEは、引き続き同様の事
故発生状況に注視し、必要に応じて対応することとし
1
家庭用電
気製品
輸入事業者は、事故原因が不明であり、フィラメント
が溶断して通電が停止し拡大被害に至っていないこ 消費者セン
とから、今後の事故状況を注視し、必要に応じて対応 ター
することとした。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、事故原因が不明であり、拡大被害
に至っていないことから、措置はとらなかった。 NIT 消費者セン
Eは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要 ター
に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
消費者セン
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
ター
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、2009(平成21)年10月13日より
消費者セン
ホームページに電源コードの取り扱い方について告
ター
知を掲載して注意喚起を行っている。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、2009(平成21)年10月13日より
消費者セン
ホームページに電源コードの取り扱い方について告
ター
知を掲載して注意喚起を行っている。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
消費者セン
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
ター
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
G3
製造事業者は、事故原因が不明であり、他に同種
事故発生の情報はないことから、措置はとらなかっ
消防機関
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
GL−12
蛍光ランプ(電 NW(ブラ
2011ファイブプラ 5.製品破 使用中の蛍光ランプが焦げ
球型)【蛍光ラ ンド:
3067
ン(株)
損
た。
ンプ】
ジェック
ス(株))
蛍光ランプ(電
4U 45
2011不明
球型)【蛍光ラ
W
2973
ンプ】
製品
の使
用期
間
3日
蛍光管の根元部の異常発熱により、本体樹脂
不明 部が熱損したものと考えられるが、異常発熱が G3
生じた原因の特定はできなかった。
インバーター回路上の抵抗が異常発熱し、焼
5.製品破 ネットオークションで購入した
損したものと推定されるが、抵抗の不具合によ
約3月
損
蛍光ランプが、発煙した。
る発熱か、抵抗に過負荷が加わった発熱か、原
因の特定はできなかった。
ファンモーター制御用のトランジスターが過電
流により異常発熱し、発煙したものと推定される
5.製品破 ネットで購入した扇風機を使
8日 が、過電流が流れた原因の特定はできなかっ
損
用中、製品内部から発煙した。
た。 なお、輸入事業者から報告書提出の協力
は得られなかった。
使用5日目の事故であり、モーターの不具合
6.被害な 扇風機のモーター部分から焦
により、巻線にレイヤショートによる異常発熱が
5日
し
げ臭いにおいがし、熱くなった。
生じ、異臭がした可能性が考えられるが、原因
の特定はできなかった。
電源プラグのプロテクター部分に使用中の負
使用中の掃除機から異音が
荷が加わり電源コードの芯線が断線し、スパー
5.製品破 して、プラグ付近から火花が散 約2年
クが生じたものと考えられるが、断線・スパーク
り、プラグとコードが切断され 9月
損
した原因が、設計によるものか製造工程による
た。
ものか、原因の特定はできなかった。
電源プラグのプロテクター部分に使用中の負
使用中の掃除機から異音が
荷が加わり電源コードの芯線が断線し、スパー
5.製品破 して、コードの電源プラグ根元 約4年
クが生じたものと考えられるが、断線・スパーク
部分から発煙し、一部が焦げ 8月
損
した原因が、設計によるものか製造工程による
た。
ものか、原因の特定はできなかった。
ファンモーターが停止したため、本体内部の
電子レンジで冷凍食品を加熱
温度が上昇し、高電圧変換器、高電圧蓄電器、
5.製品破
中、機器内部から異音がし、発 約2年 マグネトロンが異常発熱し、樹脂部品が焼損
損
煙して火花が出た。
し、発煙したものと推定されるが、ファンモー
ターが停止した原因の特定はできなかった。
コントローラー基板上にあるリレーのリード線
電気カーペットの電源を入れ
接続部及びリレー内部で異常発熱が生じて周
4.拡大被
たところ、異臭とともにコント
約5年 辺の樹脂等が焼損し、床の一部が焦げたものと
害
ローラーと床の一部が焦げた。
推定されるが、はんだ付け不良によるものか、
リレーの不具合によるものか原因の特定はでき
2-95 / 96
電気用品関連事故(リチウム蓄電池関連以外)
年度
番号
品名
型式機種
製造・輸入・
販売業者
被害の
種類
事故通知内容
製品
の使
用期
間
事故
原因
区分
事故原因
ノイズによる誤動作で電源スイッチが入り、電
IBI−22
電気こんろ(ラ
気炊飯器が加熱された可能性が考えられるが、
電気こんろの上に置いていた
7RE−2 (株)萬品電
約7年 耐ノイズ性試験で誤動作は発生せず、原因の
4.拡大被
2011- ジエントヒー
電気炊飯器と周辺が焼損し
N(IBI− 機製作所(倒
8月 特定はできなかった。 なお、当該品は、耐ノイ
害
2784 ター式)【電気
た。
227RE 産)
こんろ】
ズ性が十分でなく、社告により基板が交換され
−2S)
ている製品であった。
製品内部で異常が生じたため、出火に至った
電気ストーブ
(株)大旺イ
ものと推定されるが、内部配線の接続部で接触
4.拡大被 使用中の電気ストーブ付近か
2011- (ハロゲンヒー
不明 不良が生じて異常発熱したものか、配線間の短
不明
ンターナショ
害
ら出火し、周辺を焼損した。
4036 ター)【電気ス
ナルジャパン
絡によりスパークが生じたものか、原因の特定
トーブ】
はできなかった。
ヒーター管とリード線の接続部で接触不良を
電気ストーブ
2011- (ハロゲンヒー SKJ−S エスケイジャ 5.製品破 使用中のハロゲンヒーターの
生じて異常発熱し、断線・スパークにより、本体
約6年
損
本体左側から出火した。
3797 ター)【電気ス 805HT パン(株)
樹脂に着火・延焼し、出火したものと推定される
が、接触不良に至った原因の特定はできなかっ
トーブ】
BJH88
ヒーター製造時の不具合等により、通電中に
電気ストーブ
使用中のハロゲンヒーターの
1(ブラン
ガラス管に亀裂が入り、内部封入ガスの圧力に
住友商事
4.拡大被
2011- (ハロゲンヒー
ガラス管が破裂し、畳とじゅうた 不明
ド:(株)イ
よってガラス管が破裂したものと推定されるが、
(株)
害
0044 ター)【電気ス
んが焦げた。
ンターコ
原因の特定はできなかった。
トーブ】
ンプ)
BJH88
ヒーター製造時の不具合等により、通電中に
電気ストーブ
使用中の電気ストーブのヒー
1(ブラン
ガラス管に亀裂が入り、内部封入ガスの圧力に
住友商事
4.拡大被
2011- (ハロゲンヒー
ター管が破裂し、床などを焼損 不明
ド:(株)イ
よってガラス管が破裂したものと推定されるが、
(株)
害
2917 ター)【電気ス
した。
ンターコ
原因の特定はできなかった。
トーブ】
ンプ)
電気ストーブ
当該品の台座部で異常発熱が発生し、出火し
使用中のハロゲンヒーターか
2011約10
4.拡大被
不明
(ハロゲンヒー 不明
たものと推定されるが、原因の特定はできな
ら異臭がし、台座部分から炎が
4210
年
害
ター)【電気ス
かった。
上がった。
電気ストーブ
電源プラグ内部で断線して、異常発熱が生
延長コードに接続していた電
2011約2年
ERFT1 ダイキン工業 5.製品破
(遠赤外線式)
じ、異極間短絡が発生して焼損に至ったものと
気ストーブの電源プラグ付近が
0413
4月
1KS
(株)
損
【電気ストーブ】
推定されるが、原因の特定はできなかった。
焼損した。
電気洗濯機(乾
本体上部の電源線を含む内部配線の断線・ス
洗濯乾燥機で乾燥運転中、
東芝ホーム
2011- 燥機付、ドラム TW−74
約8年 パークによる発火であり、内部配線の固定不良
5.製品破
本体上部より発煙し、天板の樹
アプライアン
0681 式)【電気洗濯 1EX
8月 による断線と考えられるが、再現試験で断線は
損
脂部分が溶けた。
ス(株)
発生せず、原因の特定はできなかった。
機】
乾燥循環風量が低下し、温風温度が異常上
乾燥中の洗濯機にエラー表
電気洗濯機(乾
昇して温風吹出口の樹脂が溶融したものと推定
東芝ホーム
5.製品破 示が出て運転が停止し、温風 約6年 されるが、当該品は、対策済み品(温度ヒューズ
2011- 燥機付、ドラム TW−13
アプライアン
吹出口付近の樹脂が焦げてい 2月 の追加及び給水弁交換)であり、修理時の作業
損
1637 式)【電気洗濯 0VB
ス(株)
た。
機】
ミスによるものか、対策品の不具合によるもの
か、原因の特定はできなかった。
事故通知者1 品目分類コード
品目
G3
NITEは、引き続き同様事故発生状況に注視し、必
要に応じて対応することとした。 なお、製造事業者
は倒産しているが、特定アパートに納入・設置されて
消防機関
おり、ユーザーが把握できているため、販売事業者
は入居者への告知文のチラシを配布し、代替品への
交換、及び制御基板(改良品)の修理・交換を行って
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者の所在が不明であるため、措置はとれ
ないが、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に 消防機関
注視し、必要に応じて対応することとした。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者は、2011(平成23)年12月29日付け
ホームページに注意喚起を掲載し、無償点検を実施 輸入事業者
している。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者及び販売事業者は、2007(平成19)
年6月14日及び同年10月17日付け新聞及びホー
販売事業者
ムページに社告を掲載し、製品を引き取り、代金の返
済を実施している。
1
家庭用電
気製品
G3
輸入事業者及び販売事業者は、2007(平成19)
年6月14日及び同年10月17日付け新聞及びホー
輸入事業者
ムページに社告を掲載し、製品を引き取り、代金の返
済を実施している。
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
消防機関
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
消費者セン
ター
1
家庭用電
気製品
製造事業者
1
家庭用電
気製品
G3
G3
G3
G3
乾燥ヒーターの過熱防止装置から出火したも
電気洗濯機(乾
のと考えられるが、焼損が著しいことから、過熱
東芝ホーム
5.製品破 洗濯機上部から発火し、機器 約4年
2011- 燥機付、ドラム TW−15
防止装置の不具合による出火か、端子に接続 G3
アプライアン
損
中央部分が溶融した。
7月
2482 式)【電気洗濯 0VC
されている配線からの出火か、原因の特定はで
ス(株)
機】
きなかった。
2-96 / 96
再発防止措置
製造事業者等が不明であるため、措置はとれない
が、NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視
し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発
生状況に注視し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。 NITEは、拡大被害に至っていない
ことから、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必
要に応じて対応することとした。
製造事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。 なお、2011(平成23)年3月2日
付けホームページに『エラー表示された場合は、温風
吹出口が溶融する可能性があり、事業者に連絡す
る。』旨、注意喚起を掲載し、対策品に交換しており、
同年11月8日から、交換時の作業指示書の変更を
製造事業者は、事故原因が不明であるため、既販
品については措置はとらなかった。 なお、ヒーター
異常は、エラー表示及び運転停止するが、再運転を
繰り返すと温風吹き出し口が一部溶ける事故が発生
したことから、2011(平成23)年3月2日付けホーム
ページに『エラー表示された場合は、使用を中止し
て、修理依頼する。』旨、注意喚起を掲載しており、後
継機種では過熱防止装置を不燃材に変更している。
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
(有)アップル
ジャパンホー
iPod
携帯型音楽プ
ルディングス 11.火災
classic
レーヤー
MA444J/A (現
AppleJapan
(有)アップル
ジャパンホー
携帯型音楽プ iPod nano
ルディングス 11.火災
レーヤー
MA004J/A
(現
AppleJapan合
(有)アップル
ジャパンホー
携帯型音楽プ iPod nano
ルディングス 11.火災
レーヤー
MA005J/A
(現
AppleJapan合
(有)アップル
ジャパンホー
携帯型音楽プ iPod nano
ルディングス 11.火災
レーヤー
MA005J/A
(現
AppleJapan合
(有)アップル
ジャパンホー
携帯型音楽プ iPod nano
ルディングス 11.火災
レーヤー
MA099J/A
(現
AppleJapan合
MK112733(株式
NECトーキン
携帯電話機用
11.火災
会社東芝
株式会社
電池パック
ブランド:
型式
1
A2011
00853
1
A2011
00756
1
A2011
00734
1
A2011 201100779 4385
1
A2011
00788
1
A2011
00723
2
A2011 A2011
00631 00571
セントレード
ポータブルDV
MPT-703W M.E.株式会 11.火災
Dプレーヤー
社
1
A2011
00561
フューズ株式
ポータブルDV
11.火災
PDTV701i
会社
Dプレーヤー
1
A2011
00559
株式会社
VS-GD121
REAL
ポータブルDV (株式会社
LIFEJAPAN 11.火災
Dプレーヤー ベルソスブ
(株式会社ベ
ランド)
ルソスブラン
1
A2011
00531
バッテリー
(ポータブルD
なし
VDプレーヤー
用)
1
A2011
00524
バッテリーパッ
株式会社エマ
11.火災
ク(ノートパソコ PN104345
テック
ン用)
1
A2011
00484
株式会社
ポータブルDV
DVP-VS02 ティー・エム・
Dプレーヤー
ワイ
株式会社アズ
11.火災
マ
11.火災
事故通知内容
当該製品及び周辺を焼損す
る火災が発生した。(事故発
生地:東京都)
当該製品を他社製の充電器
に接続して充電中、当該製
品及び周辺を焼損する火災
が発生した。(事故発生地:
東京都)
当該製品を他社製の充電器
に接続して充電中、異臭に
気付き確認すると、当該製
品及び周辺を焼損する火災
が発生していた。(事故発生
火災が発生し、現場に当該
製品があった。(事故発生
地:千葉県)
火災が発生し、現場に当該
製品があった。(事故発生
地:東京都)
当該製品を携帯電話機に装
着して充電中、異音がした
ため確認すると、当該製品
が破裂して、携帯電話機か
ら飛び出し、出火する火災
異臭がしたため確認すると、
当該製品から発煙し、当該
製品及び周辺を焼損する火
災が発生していた。(事故発
生地:東京都)
当該製品右側面から火花と
ともに発煙し、当該製品及び
周辺が焼損する火災が発生
した。(事故発生地:大阪府)
当該製品を充電中、当該製
品から発煙し、当該製品及
び周辺を焼損する火災が発
生、3名が負傷した。(事故
発生地:京都府)
ポータブルDVDプレーヤー
に装着した当該製品を充電
中、異音がしたため確認す
ると、当該製品及び周辺を
焼損する火災が発生してい
当該製品をノートパソコンに
装着していたところ、当該製
品から出火する火災が発生
し、当該製品及び周辺が焼
損した。(事故発生地:東京
自動車内で当該製品を使用
中、当該製品及び周辺を焼
損する火災が発生した。(事
故発生地:岐阜県)
製品の
使用期 事故原因
間
当該製品内蔵のリチウムポリマー電池内で内部
短絡が生じて発火に至ったものと考えられる
が、電池の正極部分の焼損が著しいことから、
内部短絡が生じた原因の特定には至らなかっ
た。
事故の原因は、当該製品のバッテリーセル内部
に製造上の不具合があったために、充放電を繰
り返すうちにセル内部の絶縁部が劣化し、バッ
テリーが内部短絡を起こし過熱に至ったものと
考えられる。
事故の原因は、当該製品のバッテリーセル内部
に製造上の不具合があったために、充放電を繰
り返すうちにセル内部の絶縁部が劣化し、バッ
テリーが内部短絡を起こし過熱に至ったものと
考えられる。
事故の原因は、当該製品のバッテリーセル内部
に製造上の不具合があったために、充放電を繰
り返すうちにセル内部の絶縁部が劣化し、バッ
テリーが内部短絡を起こし過熱に至ったものと
考えられる。
事故の原因は、当該製品のバッテリーセル内部
に製造上の不具合があったために、充放電を繰
り返すうちにセル内部の絶縁部が劣化し、バッ
テリーが内部短絡を起こし過熱に至ったものと
考えられる。
当該製品に強い衝撃が加わったことで電池セル
が短絡し、発熱・出火に至ったものと推定される
が、製品の使用状況が不明なことから、製品起
因か否かを含め、事故原因の特定には至らな
かった。
事故原因は、当該製品のバッテリーパック(リチ
ウムイオンポリマー電池)の製造の際に、バッテ
リーセルに折り曲げ外力が加わり当該セルが変
形したことで、充放電の繰り返しによる金属リチ
ウム結晶の析出を誘発したことでパッテリーセ
事故原因は、当該製品のバッテリーパック(2個
搭載)のうち、放熱穴側に搭載されたバッテリー
パックの何らかの不具合により当該バッテリー
パックから発火し、火災に至ったものと考えられ
るが、バッテリーパックの焼損が著しいことか
事故原因は、当該製品のDC/DCコンバーター
用ICの部品不良により短絡故障を起こしたた
め、メイン基板にACアダプターの出力電圧(30
V)がそのまま印加されて正常時の2∼3倍の過
電流が流れたことにより、充電池の過充電保護
事故
原因 再発防止措置
区分
--
--
--
--
--
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)社は、
当該製品を含む対象機種について、事故
の再発防止を図るため、平成22年8月1
1日に、"iPod nano"(第一世代)の
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)は、当
該製品を含む対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成22年8月11
日に、"iPod nano"(第一世代)の登
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)は、当
該製品を含む対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成22年8月11
日に、"iPod nano"(第一世代)の登
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)は、当
該製品を含む対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成22年8月11
日に、"iPod nano"(第一世代)の登
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)は、当
該製品を含む対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成22年8月11
日に、"iPod nano"(第一世代)の登
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
経済産業省
重大製品事
故(20113008)
家庭用
1 電気製
品
経済産業省
重大製品事
故(20112131)
家庭用
1 電気製
品
経済産業省
重大製品事
故(20110768)
家庭用
1 電気製
品
経済産業省
重大製品事
故(20112132)
家庭用
1 電気製
品
経済産業省
重大製品事
故(20112765)
家庭用
1 電気製
品
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
1616)
6
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
3514)
家庭用
1 電気製
品
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
0685)
家庭用
1 電気製
品
--
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
3653)
家庭用
1 電気製
品
事故原因は、当該製品のリチウムイオンポリ
マー電池のバッテリーセル内の内部短絡により
-出火したものと考えられるが、内部短絡が発生
した原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
3820)
6
身のまわ
り品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
2953)
6
身のまわ
り品
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
2421)
家庭用
1 電気製
品
事故原因は、当該製品内部の保護回路に何ら
かの異常が発生しことにより、セル電池が過充
電状態となり内部短絡して出火に至ったものと -考えられるが、当該製品の焼損が著しいことか
ら、事故原因の特定には至らなかった。
事故原因は、当該製品の内蔵バッテリー(リチ
ウムイオン電池)の電池セル内で内部短絡によ
り異常発熱し、出火に至ったものと考えられる -が、当該製品本体の充電制御基板が未回収で
あったため、内部短絡が発生した原因の特定に
3-1 / 6
身のまわ
り品
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因 再発防止措置
区分
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
ノートパソコンに装着した当
該製品が破裂する火災が発
生し、当該製品及び周辺を
焼損、1名が火傷を負った。
(事故発生地:兵庫県)
当該製品を携帯電話機(EX
ILIMケータイW53CA)に装
着して充電中、当該製品及
び周辺を焼損する火災が発
生した。(事故発生地:福岡
当該製品を充電していたと
ころ、異音とともに発煙する
火災が発生し、当該製品及
び周辺が焼損した。(事故発
生地:東京都)
当該製品のバッテリーセル過熱、若しくはバッテ
リーパック内の制御基板発熱により、出火に
至ったものと推定されるが、両部品の焼損も著 -しく、確認できない部品もあることから、事故原
因の特定には至らなかった。
事故原因は、現在、調査中であるが、以下の①
から③の複合要因により事故に至ったものと考
えられる。①電池パックが外部からの強い力を -受け、キズやヘコミがつき、内部のセパレータ
(絶縁シート)に損傷が発生②充放電を繰り返す
事故原因は、当該製品に外部から力が加わっ
た際に電池の内部に微細な損傷が生じ、その後
の充放電の繰り返しにおいて損傷が拡大して電 -池の内部でショートが発生し、当該製品が異常
発熱したことによるものと考えられる。
当該製品及び周辺を焼損す
る火災が発生した。(事故発
生地:千葉県)
当該製品の不具合により出火したものと考えら
れるが、保護基板が正常に動作したこと、バッテ
-リーセル内に短絡痕が認められないことから不
具合となった原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
0815)
6
事故原因は、当該製品の電池パック(リチウム
イオンバッテリー)が発熱したため、出火に至っ
たものと考えられるが、電池パックの焼損が著し -く本体の保護回路も焼損していることから発熱
の原因の特定には至らなかった。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
1691)
家庭用
1 電気製
品
事故原因は、当該製品の電源ユニット内のフィ
ルムコンデンサーに不良品が混入していたた
-め、内部短絡して異常発熱し、焼損したものと考
えられる。
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
2873)
家庭用
1 電気製
品
当該製品のバッテリーセル内部に製造上の不
具合があったために、充放電を繰り返すうちに
-セル内部の絶縁部が劣化し、バッテリーが内部
短絡を起こし過熱に至ったものと考えられる。
有限会社アップルジャパンホールディン
グス(現Apple Japan合同会社)は、当
該製品を含む対象機種について、事故の
再発防止を図るため、平成22年8月11
日に、"iPod nano"(第一世代)の登
経済産業省
重大製品事
故(20112467)
家庭用
1 電気製
品
2011(平成23)年3月28日付けホー
ムページに告知を掲載し、製品の回収及 輸入事業者
び代金返済を行っている。
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、拡大被害に至っていな
いことから、既販品については措置はと
消費者セン
らなかった。 なお、2010(平成22)年6
ター
月生産品から、電池ケース部の形状を改
良し、短絡が発生しない構造にしている。
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、他に同種事故情報はな
いことから、既販品については措置はと 消費者セン
らなかった。 なお、後継機種は過充電 ター
保護回路を組み込んでいる。
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、他に同種事故発生の
情報はなく、発煙のみで終息していること
消費者セン
から、既販品については措置はとらな
ター
かった。 なお、今後は、組み付け作業指
示を徹底し、品質管理の強化をすること
家庭用
1 電気製
品
1
A2011
00430
バッテリーパッ
ク(ノートパソコ PABAS103 株式会社東芝 11.火災
ン用)
1
A2011
00426
㈱カシオ日立
モバイルコミュ
携帯電話機用
52CAUAA ニケーション 11.火災
電池パック
ズ(現 NECカ
シオモバイル
1
A2011
00397
京セラ株式会
携帯電話機用
11.火災
42KYUAA
社
電池パック
1
A2011
00380
バッテリーパッ
361742ク(ノートパソコ
001
ン用)
日本ヒュー
レット・パッ
11.火災
カード株式会
社
1
A2011
00355
ポータブルDV DPJDプレーヤー 07091
日本ポラロイ
ド株式会社
(現 株式会 11.火災
社フロントラン
ナー)
1
A2011
00308
デスクトップパ FMVE30F1 富士通株式会
11.火災
ソコン
31
社
2
A2011 A2011
00272 00287
有限会社アッ
プルジャパン
携帯型音楽プ iPod nano
ホールディン 11.火災
レーヤー
MA107J/A
グス(現
Apple Japan
1
A2011
00239
ネット通販で購入した充電
充電器(リチウ
496−15 (株)Strapya 4.拡大被
器と充電中の機器が焼損し 1日
ムイオンバッテ
5776
Next
害
た。
リー用)
2
A2011 A2011
00215 00225
充電池3本を充電器の上
充電器(ニッケ
に斜めに置いて保管してい
BT−JUT (株)オーム電 5.製品破
ル水素電池
たところ、異臭がし、充電池 約2月
機
損
用)【直流電源 K
が焦げ充電器も一部が溶け
装置】
ていた。
1
A2011
00212
充電器(バッテ CB−GC1 (株)レッドス
リー式)
002
パイス
5.製品破 充電器で携帯電話を充電
約1月
損
中に焼損した。
1
A2011
00185
PATV64
(株)東芝
ノートパソコン
KLTWH
使用中のノートパソコンの
5.製品破
電源が落ち、発煙して異臭 不明
損
がした。
バッテリーを装着した当該製
品にACアダプターを接続
し、コンセントに差し込んだ
状態にしていたところ、異音
とともに当該製品のバッテ
リー付近から出火する火災
が発生し、当該製品及び周
辺が焼損
た (事故発生
異臭に気付き確認すると、
当該製品から発煙と火花が
生じる火災が発生しており、
当該製品が焼損し、周辺が
汚損した。(事故発生地:東
当該製品を充電中、当該製
品及び周辺を焼損する火災
が発生した。(事故発生地:
東京都)
ACアダプターのDCプラグを接続して充電器
に充電する際、充電器出力用コードのジャック
がDCプラグに接続できる形状であったため、被 A1
害者が誤ってDCプラグと出力用コードを接続
し、充電器の出力側に入力電圧が加わり、充電
当該品は、充電池4本を充電できるものであ
り、電池挿入部の仕切り壁の高さが低いため、
充電池が斜めに置かれたときに、隣り同士の端 A1
子で充電池が短絡して異常発熱し、充電器の外
郭樹脂が熱変形したものと推定される。
充電器に過充電防止用の保護回路が組み込
まれていなかったため、長時間充電により内蔵
バッテリーが過充電になり、異常発熱して内部 A1
短絡が生じ、発煙・発火したものと推定される。
なお、取扱説明書には、満充電時間はソーラー
液晶ケーブルに組み付け不良があったため、
画面の開閉でケーブルに応力が加わり断線して A2
発煙したものと推定される。
3-2 / 6
経済産業省
引き続き同様の事故発生について注視し
重大製品事
ていくとともに、必要に応じて対応を行う
故(2011こととする。
3606)
株式会社カシオ日立モバイルコミュニ
ケーションズ(現NECカシオモバイルコ
ミュニケーションズ株式会社)、電気通信
事業者のKDDI株式会社及び沖縄セル
ラー電話株式会社は、事故の再発防止
京セラ株式会社社は、当該製品につい
て、事故の再発防止を図るため、平成20
年3月28日にプレスリリースを行い、翌2
9日に新聞社告を掲載し、対象製品につ
いて、回収及び代替電池パックとの無償
家庭用
1 電気製
品
経済産業省
重大製品事
故(20110979)
6
経済産業省
重大製品事
故(20110616)
家庭用
1 電気製
品
身のまわ
り品
身のまわ
り品
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
バッテリーセル内部に製造不良があったことに
より、充放電サイクルを繰り返すうちにバッテ
約5年 リー内の絶縁部が劣化し、バッテリーが内部短
絡を起こし過熱に至ったものと推定される。 な
お、輸入事業者から報告書は提出されなかっ
バッテリーパック製造時に、制御基板のはんだ
使用中のノートパソコンか
面に異物が混入していたため、はんだ面で短絡
バッテリーパッ Endeavor
エプソンダイレ 5.製品破 ら発煙し、しばらくして「ボン」 約7年5
スパークが発生し、基板の異常発熱により電池
ク(ノートパソコ NT2500
という音とともにバッテリー 月
クト(株)
損
セルが内部短絡し、バッテリーパックが発火に
用
ン用)
部分から火花が出た。
至ったものと推定される。
内部配線の引き回しの不良により、本体と液
晶画面を接続する内部配線が液晶画面の開閉
ソニーイーエ
5.製品破 パソコンが発熱し、外装の
VGN−TZ
時に可動部に接触し、内部配線の被覆が損傷
不明
ムシーエス
ノートパソコン
損
一部が熱で変形した。
50B
し、短絡したことによって異常発熱し、熱変形し
(株)
たものと推定される。
電源供給ユニットに取り付けられたコネクター
のはんだ付け工程でばらつきが生じ、不十分な
パソコンの電源を入れたと
約7年5
5.製品破
Dimensio
はんだ付け状態となり、当該部分の電気抵抗が
ころ、本体の後部から出火し
デル(株)
パソコン
月
損
n4600c
大きくなったため発熱・焼損・発煙に至ったもの
た。
と考えられる。
(有)アップル
充電中の携帯型音楽プ
ジャパンホー
5.製品破
携帯型音楽プ iPod nan
レーヤーから異音がし、発
ルディングス
損
レーヤー
o A1137
煙、発火した。
(現在:Apple
Japan合同会
事故
原因 再発防止措置
区分
A2
輸入事業者は、2011(平成23)年11
月12日から使用中止及び製品の交換を
消費者セン
行う旨をホームページ上で公表するとと
ター
もに、同月14日から、登録ユーザーに対
して同内容を周知する電子メールを送付
家庭用
1 電気製
品
A2
輸入事業者は、他に同種事故発生の
情報はないことから、今後の事故発生状
輸入事業者
況を注視し、必要に応じて対応することと
した。
6
A2
製造事業者は、2008(平成20)年9月
4日、2009(平成21)年10月15付け、
製造事業者
ホームページに社告を掲載し、無償で修
理、点検を行っている。
家庭用
1 電気製
品
1
A2011
00160
1
20114370
1
20114216
1
20114053
1
20114038
携帯電話を使用中、突然
バッテリー(携
ユニバーサル
4.拡大被 バッテリーが破裂して発火
帯電話用)【リ HLI−IS0
システムズ
し、トイレマットなどが焦げ
害
チウムイオン 3XL
(株)
た。
蓄電池】
1
20113889
CP1939
バッテリーパッ 70−01
ク(ノートパソコ (FMVNB 富士通(株)
55JTK
ン用)
用)
1
20113698
1
20113647
1
20113648
1
20113646
ノートパソコンを使用中、
バッテリーパッ Endeavor
エプソンダイレ 5.製品破 キーボード周辺から発煙し、
約4年
ク(ノートパソコ NT7000
バッテリーパックが溶解し
クト(株)
損
Pro用
ン用)
た。
バッテリーパック内の制御用積層基板内部に
不具合があったため、基板内部で短絡が生じ、
A3
異常発熱してバッテリーパックが発煙・焼損した
ものと推定される。
1
20113645
ソニーイーエ
携帯型音楽プ NW−E0
ムシーエス
レーヤー
26F
(株)
充電中の携帯型音楽プ
5.製品破
レーヤーから焦げ臭いにお 約2年
損
いがし、機器が焦げた。
内蔵のリチウムイオン電池に不具合があった
ため、内部短絡による異常発熱が生じ、発煙・ A3
焼損に至ったものと推定される。
2
2011- 20112790 3436
フォーカルポ
mophie
バッテリー(携 Juice Pa イントコン
ck Air f ピュータ(株) 3.軽傷
帯型音楽プ
レーヤー用) or iPod (現在:フォー
touch 4 カルポイント
使用中の携帯型音楽プ
レーヤー用バッテリーが発
約1月
熱して機器の一部が変形
し、プレーヤーが破損して、
火傷を負った。
基板上のICに不具合品が混入したため、使用
中に異常発熱し、外郭樹脂が熱変形し火傷を A3
負ったものと推定される。
約1月
使用後、電源を切っておい
たパソコンから異臭がして発
煙したため持ち上げたとこ 約7年
3.軽傷
ろ、発火し、パソコンを載せ
ていた段ボール箱が焦げ、
ポータブルDVDプレー
ポータブルDV
ヤーが、使用約3ヶ月で音
(株)REAL
5.製品破
Dプレーヤー
量が低下しノイズが入るよう 約3月
RV700R LIFE JAPA
損
(液晶テレビ
になったため、交換対応して
N
付)
貰うこととしたその日の夜に
起動中のノートパソコンか
DynaBoo
ら焦げ臭いにおいがして、
バッテリーパッ k G9/X
4.拡大被
バッテリ部分から発煙、発火 不明
ク(ノートパソコ 24PDCW (株)東芝
害
し、机とカーペットの一部が
TB(PAG
ン用)
焼損した。
9X24PD
dynabook
使用中のパソコンから破
バッテリーパッ Qosmio
4.拡大被 裂音がして発煙、発火し、破
不明
ク(ノートパソコ F30/69 (株)東芝
片が飛び散ってカーペットが
害
5LSBL(P
ン用)
焦げた。
QF3069
A2
製造時の作業ミスにより、バッテリーセルが損
傷していたため、セル内の銅箔部が短絡し、破 A2
裂して発火したものと推定される。
バッテリーパック内の電池セル6本のうち1本
に製造不良があったため、充放電の繰り返しに
A2
よりセパレータが損傷し、内部短絡による熱暴
走が発生して発火に至ったものと推定される。
バッテリーパックが不具合品であったため、内
部短絡を起こし、異常発熱して膨張し、カバーが A3
飛んだものと推定される。
バッテリーパックのセル9本のうち1本に部品
不良があり、内部短絡による異常発熱が発生
し、発煙・発火に至ったものと推定される。
A3
バッテリーパックのセル6本のうち、1本に部品
不良があったため、内部短絡による異常発熱が A3
生じ、発煙・発火に至ったものと推定される。
3-3 / 6
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
輸入事業者は、当該機の外郭は金属
製であり、拡大被害の可能性は低いこと
から、既販品については特に措置はとら
ないが、2008(平成20)年9月30日付
けホームページで掲載し、稀に発煙する
輸入事業者は、他に同種事故発生の
情報はなく、在庫品の検査で異常が認め
られないことから、既販品については措
置はとらなかった。 なお、製造工場に
は、製造工程の改善、出荷前の品質検
身のまわ
り品
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
消費者セン
ター
6
身のまわ
り品
他に同種事故発生の情報はないことか
ら、今後の事故発生状況を注視し、必要 製造事業者
に応じて対応することとした。
6
身のまわ
り品
輸入事業者は、他に同種事故発生の
情報はないことから、既販品については
措置はとらなかった。 なお、今後は、製
造工程の改善、品質管理の強化を行うこ
ととした。
製造事業者は、他に同種事故発生の
情報はなく、内部短絡したセルについて
製造工程上の発生要因は特定できない
ため、既販について措置はとらなかった。
なお、当該品は既に製造を終了してお
製造事業者は、他に社告対策済み品に
おける同種事故発生の情報はないことか
ら、措置はとらなかった。 なお、当該製
品は、2006(平成18)年9月29日付の
ホームページに社告を掲載し、無償で対
製造事業者は、他に同種事故発生の
情報はなく、火災などの拡大被害に至っ
ていないことから、今後の事故発生状況
を注視し、必要に応じて対応することとし
た。
他に同種事故発生の情報はなく、拡大
被害に至っていないことから、今後の事
故発生状況を注視し、必要に応じて対応
することとした。 なお、当該品は既に生
産を終了している。
輸入事業者は、2012(平成24)年1月
27日付けでホームページに告知を掲載
し、製品回収を行い、代替製品との無償
交換、または購入代金の返金を実施して
いる。
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
製造事業者
6
身のまわ
り品
製造事業者
6
身のまわ
り品
製造事業者
6
身のまわ
り品
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者
6
身のまわ
り品
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
20112884,
2911,
2937,
2960,
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
事故通知内容
フォーカルポ
mophie
2011 使用中の携帯型音楽プ
2966 バッテリー(携 Juice Pa イントコン
5.製品破
レーヤー用バッテリーが発
ck Air f ピュータ(株)
帯型音楽プ
∼
損
熱し、異臭がした。
2972, レーヤー用) or iPod (現在:フォー
touch 4 カルポイント
3353,
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因 再発防止措置
区分
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
輸入事業者は、2012(平成24)年1月
27日付けでホームページに告知を掲載
し、製品回収を行い、代替製品との無償 輸入事業者
交換、または購入代金の返金を実施して
いる。
輸入事業者は、外郭樹脂の溶融のみ
で、拡大被害に至っていないことから、既
消費者セン
販品については、引き続き同様の事故発
ター
生状況に注視し、必要に応じて対応する
こととした。 なお、2006年6月より、放
23
20112791,
2792,
2813,
2835,
1
20112789
充電器(電動
5.製品破
アシスト車用) CY−PAA
三洋電機(株)
損
【直流電源装 5
置】
1
20112716
CP1939
バッテリーパッ
70−01
富士通(株)
ク(ノートパソコ
(FMVNB
ン用)
75K用)
ノートパソコンの電源を
4.拡大被 切った直後、底部から発煙、
不明
発火し、こたつのテーブル板
害
などが焦げた。
電池セル製造時に内部に異物(鉄)が混入し
たため、電極間で内部短絡が生じ、電池セルが
A3
異常発熱して発火し、底部が焼損に至ったもの
と推定される。
製造事業者は、市場監視を行い、必要
製造事業者
に応じて対応することとした。
6
身のまわ
り品
1
20112369
CP2865
バッテリーパッ
97−01
富士通(株)
ク(ノートパソコ
(FMVNB
ン用)
55S用)
ノートパソコンから異臭が
4.拡大被
して底部が溶融し、テレビ台 不明
害
の棚板が焦げた。
電池セル製造時に内部に異物(鉄)が混入し
たため、電極間で内部短絡が生じ、電池セルが
A3
異常発熱して発火し、底部が焼損に至ったもの
と推定される。
製造事業者は、他に同種事故発生の
情報はないことから、市場監視を行い、
必要に応じて対応することとした。
製造事業者
6
身のまわ
り品
1
20112195
FMVNBP
バッテリーパッ
141(FM
富士通(株)
ク(ノートパソコ
VMG70M
ン用)
T用)
3.軽傷
ノートパソコンを使用中、
電池部分から火花が出て、
不明
機器が焼損し、机の一部が
焦げた。
電池セル製造時にニッケル(Ni)を含む異物が
混入したため、内部短絡が発生し、電池セルが
A3
異常発熱して発火し、機器が熱損に至ったもの
と推定される。
製造事業者は、他に同種事故発生の
情報はないことから、市場監視を行い、
必要に応じて対応することとした。
製造事業者
6
身のまわ
り品
1
20112185
ソニーイーエ
VGN−Z9
ムシーエス
ノートパソコン
0US
(株)
3.軽傷
ノートパソコンの排気口のところに腕を置いて
ノートパソコンを置いてい
たローテーブルにもたれか 約2年10 いたため、熱風により低温火傷を負ったものと
B4
推定される。 なお、本体に排気に関する注意
かっていたところ、上腕に火 月
表示はなかった。
傷を負った。
製造事業者は、他に同種事故発生の
情報はないことから、既販品については
消費者セン
措置はとらなかったが、引き続き同様の
ター
事故発生状況に注視し、必要に応じて対
応することとした。 なお、2009年発売
家庭用
1 電気製
品
1
20112184
バッテリー(携
帯電話用)
3.軽傷
飼い犬が携帯電話機を噛んでいたことから、
充電中の携帯電話機が突
約1年11 バッテリーの電極に応力が加わり、充電・放電
E1
然爆発して周辺を破損し、
による内部の膨張・収縮の繰り返しによって、内
月
胸部に火傷を負った。
部短絡を生じ、破裂したものと推定される。
製造事業者は、被害者の誤った取り扱
消費者セン
いによる事故であることから、措置はとら
ター
なかった。
6
身のまわ
り品
1
20112183
リチウムポリ
マーバッテリー
(ラジオコント
ロール玩具用)
11.火災
経済産業省
非重大製品
事故(20112167)
6
身のまわ
り品
1
20112182
ボタン電池(リ
チウム)
11.火災
経済産業省
非重大製品
事故(20112905)
6
身のまわ
り品
1
20112181
デスクトップパ
ソコン
11.火災
当該製品及び周辺を焼損す
る火災が発生した。(事故発
生地:静岡県)
経済産業省
非重大製品
事故(20112874)
家庭用
1 電気製
品
1
20112179
ノートパソコン
11.火災
当該製品及び周辺を焼損す
る火災が発生した。(事故発
生地:千葉県)
当該製品内部に異常が認められず、当該製品
に取り付けられたバッテリーに出火の痕跡が認
F2
められたことから、バッテリーからの出火によっ
て延焼したものと推定される。
経済産業省
非重大製品
事故(20110807)
家庭用
1 電気製
品
1
20112180
11.火災
当該製品のバッテリーが破
裂する火災が発生し、当該
製品及び周辺を焼損、1名
が火傷を負った。(事故発生
地:兵庫県)
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品に装着したバッテリーパックが破裂し、火災
F2
に至ったものと考えられ、製品に起因しない事
故と推定される。
経済産業省
非重大製品
事故(20113603)
家庭用
1 電気製
品
ノートパソコン
10日
基板上のICに不具合品が混入したため、使用
中に異常発熱し、外郭樹脂が熱変形したものと A3
推定される。
充電器のリフレッシュ放電制御用のトランジス
電動アシスト車用バッテ
ターが不良品であったため、内部短絡を生じる
リーを専用の充電器で充電 約5年3
とともにマイコンが誤作動して充電が開始され、 A3
していたところ、異臭がして 月
充電電流が放電用セメント抵抗に連続通電とな
充電器が変形した。
り、異常発熱して、付近の外郭樹脂が溶融した
当該製品を他社製の充電器
に接続して充電中、当該製
品から出火する火災が発生
し、当該製品及び周辺が焼
損した。(事故発生地:福井
当該製品を樹脂容器に入
れ、冷蔵庫のドアポケットに
入れていたところ、当該製品
から出火する火災が発生
し、当該製品及び周辺が焼
当該製品の一部のセルが劣化していた状態で
追加充電を行ったため、過充電になり火災に
至ったものと推定される。 なお、取扱説明書に E1
は、毎回充電前に各セルのバランスを確認する
旨、記載されているが、使用者はこれまで一度
他の電池とともに裸の状態で保管されていたた
め当該品と9V電池の端子が接触したことにより
ショートして大電流が流れて加熱し電解液が気 E2
化膨張し破裂すると同時に炎が上がり冷蔵庫内
の可燃物に着火したものと推察。梱包表示の取
当該製品に取り付けられた電源コードに引張り
や屈曲などの強い外力が繰り返し加わっていた
ため、コード被覆及び芯線が損傷し、芯線が断 F2
線・短絡して出火に至ったものと推定される。
なお、電源コードは、他の液晶ディスプレイモニ
3-4 / 6
6
身のまわ
り品
家庭用
1 電気製
品
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因 再発防止措置
区分
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
3.軽傷
携帯型音楽プレーヤーを
パソコンに接続して充電中、
1日
プレーヤーが発熱し、手に
火傷を負った。
外郭に変色・変形等の形跡はなく、通電したと
ころ正常に作動し、異常な温度上昇は認められ
F2
ないことから、製品に起因しない事故と推定され
る。
輸入事業者は、製品に起因しない事故 消費者セン
であるため、措置はとらなかった。
ター
家庭用
1 電気製
品
1.死亡
住宅から出火し、家人4人
が死亡した。パソコンなどが
不明
置かれていたスペースが激
しく焼損していた。
当該品は焼損が著しいことから、原因の特定
はできなかった。
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状
況に注視し、必要に応じて対応することと
消防機関
した。 なお、製造事業者等は不明であっ
た。
家庭用
1 電気製
品
バッテリー(リ
チウムポリ
マー電池、ラジ
コン用)
3.軽傷
居室のベットの上でバッテ
リーを充電していたところ、
バッテリー付近から炎が上 不明
がり、マットレスなどが焼損
するとともに腕に火傷を負っ
当該品は、3個のセルが使用されており、充電
のバランスが崩れて過充電になり、発火に至っ
G1
た可能性が考えられるが、焼損が著しいことか
ら、原因の特定はできなかった。
NITEは、引き続き同様の事故発生状
況に注視し、必要に応じて対応することと
消防機関
した。 なお、製造事業者等は不明であっ
た。
6
身のまわ
り品
20112171
バッテリー(携
帯電話用)
充電中の携帯電話機から
4.拡大被 発煙し、携帯電話機とサイド
約6年
ボード天板の一部を焼損し
害
た。
内部の電極板で短絡が生じ焼損したものと考
えられるが、焼損が著しいことから、原因の特定 G1
はできなかった。
製造事業者は、事故原因が不明である
消防機関
ため、措置はとらなかった。
6
身のまわ
り品
1
20112172
バッテリー(携
帯電話用)
携帯電話機(スマートフォ
充電のために電源を供給していた機器が入手
4.拡大被 ン)のリチウムイオン充電池
G1
未使用
できないことから、原因の特定はできなかった。
を充電したところ、発煙し
害
た。
輸入事業者は、事故原因が不明である 消費者セン
ため、措置はとらなかった。
ター
6
身のまわ
り品
1
20112173
バッテリー(携
帯電話用)
電池パックに内部短絡が生じ、異常発熱によ
携帯電話機の電池パック
約6年7 り内圧が上昇して破裂したものと考えられるが、
4.拡大被
G1
が破裂して飛散し、ふとんと
詳細な使用状況等が不明であり、内部短絡が
月
害
棚の一部が焦げた。
生じた原因の特定はできなかった。
輸入事業者は、事故原因が不明である
輸入事業者
ため、措置はとらなかった。
6
身のまわ
り品
1
20111866
バッテリーパッ
ク(ノートパソコ
ン用)
事業者は故障と認識しており、報告書及び事
ノートパソコンのバッテリー
約3年5
5.製品破
故品が提供されないため、原因の特定はできな G1
パックが膨張し、ふたが浮い
月
損
かった。
た。
輸入事業者は、拡大被害に至っていな 消費者セン
いことから、措置はとらなかった。
ター
6
身のまわ
り品
1
20111718
ボタン電池(リ
チウム一次電
池)
クリスマス装飾品に入れて
5.製品破
使用していたボタン電池が 不明
損
突然破裂した。
過放電や短絡により、電池内部の内圧が上昇
し、破裂したものと考えられるが、詳細な使用状
G1
況等が不明であり、原因の特定はできなかっ
た。
輸入事業者は、事故原因が不明である
輸入事業者
ため、措置はとらなかった。
6
身のまわ
り品
1
20111681
充電器(携帯
電話用、リチウ
ムポリマーバッ
テリー式)
バッテリーで携帯電話機を
5.製品破 充電していたところ、バッテ
3回
リーのプラスチックケースが
損
破裂して飛び散った。
当該品のバッテリーの内圧が上昇してバッテ
リーパックが膨張し、バッテリーケースが破損し
G1
たものと推定されるが、内圧上昇した原因の特
定はできなかった。
輸入事業者は、事故原因が不明である 消費者セン
ため、措置はとらなかった。
ター
家庭用
1 電気製
品
1
20110973
携帯型音楽プ
レーヤー
充電中の携帯型音楽プ
5.製品破
レーヤーが発煙し、異音が
損
して本体から発火した。
事故品が入手できないことから、調査
不能であるため、措置はとれなかった。
家庭用
1 電気製
品
1
20110478
1
20110547
1
20112178
携帯型音楽プ
レーヤー
1
20112176
パソコン
1
20112174
1
(株)カシオ日
立モバイルコ
4.拡大被
バッテリー(携 52CAUA
ミュニケーショ
害
帯電話用)
A
ンズ(現在:N
ECカシオモバ
(株)カシオ日
立モバイルコ
5.製品破
バッテリー(携 52CAUA
ミュニケーショ
損
帯電話用)
A
ンズ(現在:N
ECカシオモバ
約6年2 事故品が入手できないことから、調査できな
月
かった。
充電中の携帯電話が発煙
し、電池パックと周辺が焼損 約4年
した。
充電中の携帯電話を使用
したところ、異音がして発煙 約4年
した。
G2
電池パックに機械的ストレスが加わり、さらに
充放電サイクルの繰り返しにより電池セルの劣
化損傷が進行し、リチウムイオン化合物が析出 G3
するとともに内部短絡を生じて熱暴走となり、異
常発熱して焼損したものと推定されるが、原因
電池パックに機械的ストレスが加わり、さらに
充放電サイクルの繰り返しにより電池セルの劣
化損傷が進行し、リチウムイオン化合物が析出 G3
するとともに内部短絡を生じて熱暴走となり、異
常発熱して焼損したものと推定されるが、原因
3-5 / 6
消費者セン
ター
製造事業者は、2011(平成23)年9月
30日付けでプレス公表を行うとともに
製造事業者
ホームページへのリコール情報を掲載
し、購入者へダイレクトメール・交換品(電
池パック)を10月下旬から順次発送して
製造事業者は、2011(平成23)年9月
30日付けでプレス公表を行うとともに
製造事業者
ホームページへのリコール情報を掲載
し、購入者へダイレクトメール・交換品(電
池パック)を10月下旬から順次発送して
6
身のまわ
り品
6
身のまわ
り品
リチウムイオン蓄電池関連事故(電気用品安全法対象外も含む)
同様
事故
発生
件数
年度番号
品名
型式機種
製造・輸入・販 被害の
売業者
種類
(株)カシオ日
立モバイルコ
ミュニケーショ
ンズ(現在:N
ECカシオモバ
(有)アップル
ジャパンホー
ルディングス
(現在:Apple
Japan合同会
NECカスタム
テクニカ(株)
(現在:NEC
パーソナルコ
ンピュータ
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因 再発防止措置
区分
電池パックに機械的ストレスが加わり、さらに
充放電サイクルの繰り返しにより電池セルの劣
充電中の携帯電話が発煙
約2年2
4.拡大被
化損傷が進行し、リチウムイオン化合物が析出 G3
し、電池パックと周辺が焼損
月
害
するとともに内部短絡を生じて熱暴走となり、異
した。
常発熱して焼損したものと推定されるが、原因
6
20110548, 20110585, 0955,
0590, 0966
0607,
バッテリー(携 52CAUA
帯電話用)
A
1
20110243
パソコン
iMac 20
インチ 2G
Hz 512
MB
1
20110239
パソコン
PC−VT7
006D1F
B
1
20110096
パソコンに接続して充電中
携帯型音楽プ ZN−N2G クリエイティブ 5.製品破
の携帯型音楽プレーヤーか 不明
レーヤー
−BK
メディア(株) 損
ら発火した。
バッテリーが内部短絡を生じて、発火したもの
G3
と推定されるが、原因の特定はできなかった。
1
20110072
W42KYU
バッテリー(携
AA(W42 京セラ(株)
帯電話用)
K用)
携帯電話の電池パックが
4.拡大被
破裂し、鞄や床の一部が焦 不明
害
げた。
電池パック内部の電極やセパレータに対する
安全性の配慮が十分ではなかったため、微細な
損傷が生じ、その後の充放電の繰り返しにおい G3
て損傷が拡大して電池の内部でショートが発生
し電池パックが異常発熱したものと考えられる
使用中のパソコンから発
5.製品破
煙し、機器の背面が焦げ
損
た。
約3年
電源ユニットから発煙したものと推定される
が、原因の特定はできなかった。 なお、輸入事 G3
業者から報告書は提出されなかった。
5.製品破 使用中のパソコンから異
損
音がして発煙した。
電源ユニットのトランジスター(FET)が内部短
約7年8
絡し、発煙したものと推定されるが、短絡した原 G3
月
因の特定はできなかった。
3-6 / 6
製造事業者は、2011(平成23)年9月
30日付けでプレス公表を行うとともに
ホームページへのリコール情報を掲載
し、購入者へダイレクトメール・交換品(電
池パック)を10月下旬から順次発送して
輸入事業者は、事故原因が不明であ
り、拡大被害に至っていないことから、措
置はとらなかった。 NITEは、引き続き
同様の事故発生状況に注視し、必要に
応じて対応することとした。
製造事業者は、事故原因が不明であ
り、他に同種事故発生の情報はないこと
から、措置はとらなかった。 NITEは、引
き続き同様の事故発生状況に注視し、必
要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、事故原因が不明であ
り、他に同種事故発生の情報はないこと
から、今後の事故発生状況を注視し、必
要に応じて対応することとした。 なお、
今後は、品質管理の強化を行うこととし
品目
事故通知者 分類
品目
1
コー
ド
身のまわ
り品
製造事業者
6
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者
家庭用
1 電気製
品
製造事業者は、2008(平成20)年3月
29日及び4月16日付け新聞並びにホー
製造事業者
ムページに社告を掲載するとともに、DM
を発送し、無償交換を実施している。
6
身のまわ
り品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因
区分
再発防止措置
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
アライドテレ
A2011 スイッチング FS908TLシス株式会 11.火災
00574 ハブ
PS
社
店舗内で、当該製品から
出火する火災が発生し、
当該製品が焼損した。
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品の電源回路部のトランジ
スター(金属酸化絶縁膜半導体電界効果型トラン
ジスター)がショートし過電流が流れたため、電源 -回路部の基板の銅箔パターンが赤熱し、出火に
至ったものと考えられる。
経済産業
省 重大製
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
品事故
に、必要に応じて対応を行うこととする。
(20113004)
家庭用
1 電気製
品
A2011 デスクトップ FMVE30F1 富士通株式
11.火災
00531 パソコン
31
会社
異臭に気付き確認する
と、当該製品から発煙と
火花が生じる火災が発生
しており、当該製品が焼
損し、周辺が汚損した。
(事故発生地:東京都)
事故原因は、当該製品の電源ユニット内のフィル
ムコンデンサーに不良品が混入していたため、
-内部短絡して異常発熱し、焼損したものと考えら
れる。
経済産業
省 重大製
引き続き同様の事故発生について注視していくととも
品事故
に、必要に応じて対応を行うこととする。
(20112873)
家庭用
1 電気製
品
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011電話交換機 MJSⅡ
0249
積水化学工 5.製品破 電話交換機の基板が焦
不明
業(株)
損
げていた。
2011電話交換機 MJSⅡ
0250
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0251
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0252
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0253
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0254
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅢ
0255
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0256
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅢ
0257
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
4-1/57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
2011電話交換機 MJSⅢ
0258
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0259
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0260
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0261
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0262
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0263
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅢ
0264
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0265
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0266
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0267
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅢ
0268
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
事故
原因
区分
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
4-2/57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
再発防止措置
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
2011電話交換機 MJSⅢ
0269
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0270
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0271
積水化学工 5.製品破 電話交換機のコンデン
不明
業(株)
損
サーが破裂していた。
2011電話交換機 MJSⅡ
0272
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0273
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0274
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0275
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0276
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0277
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0278
積水化学工 5.製品破 電話交換機のコンデン
不明
業(株)
損
サーが破裂していた。
2011電話交換機 MJSⅡ
0279
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
事故
原因
区分
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
4-3/57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
再発防止措置
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
2011電話交換機 MJSⅡ
0280
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0282
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
2011電話交換機 MJSⅡ
0283
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0284
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0285
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0286
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0287
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0288
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0289
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0290
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0291
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
事故
原因
区分
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
4-4/57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
再発防止措置
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
2011電話交換機 MJSⅢ
0292
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0293
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0294
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0295
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0296
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0297
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0298
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0299
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0300
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅡ
0301
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
2011電話交換機 MJSⅢ
0302
事業者が社告暫定対策
積水化学工 5.製品破 のアルミテープ貼り後の
不明
業(株)
損
電源再投入時にコンデン
サーがパンクした。
事故
原因
区分
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
4-5/57
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
A1
再発防止措置
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
2011電話交換機 MJSⅢ
0503
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0504
積水化学工 5.製品破 電話交換機から発煙し
不明
業(株)
損
た。
2011電話交換機 MJSⅡ
0505
積水化学工 5.製品破 電話交換機から異臭が
不明
業(株)
損
した。
事故
原因
区分
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン A1
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン A1
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
電源基板の一次側に使用しているコンデン
サーの定格に余裕がなく選定ミスであったため、
短い使用期間で電解液が蒸発して二次側のコン A1
デンサー及び電源用ICに過電圧が加わり、異常
発熱したものと推定される。
使用中のノートパソコン
5.製品破
の電源が落ち、発煙して 不明
損
異臭がした。
液晶ケーブルに組み付け不良があったため、
画面の開閉でケーブルに応力が加わり断線して A2
発煙したものと推定される。
ソニーイー
2011- ノートパソコ VGN−TZ
5.製品破 パソコンが発熱し、外装
エムシーエ
不明
3568 ン
50B
損
の一部が熱で変形した。
ス(株)
内部配線の引き回しの不良により、本体と液晶
画面を接続する内部配線が液晶画面の開閉時
A2
に可動部に接触し、内部配線の被覆が損傷し、
短絡したことによって異常発熱し、熱変形したも
2011- ノートパソコ PATV64
(株)東芝
2369 ン
KLTWH
2011パソコン
4053
Dimensio
デル(株)
n4600c
パソコンの電源を入れ
5.製品破
たところ、本体の後部か
損
ら出火した。
USB変換アダプターを
USB変換ア SW−HA
接続して充電中、アダプ
20115.製品破
ダプター(携 01−FM (株)オール
ターから異臭がして異常
0610
損
帯電話用) MC
発熱し、外郭の一部が変
形、変色した。
使用中のデスクトップパ
2011FMVE30
5.製品破
パソコン
富士通(株)
ソコンの電源が突然落
3436
F131
損
ち、発煙した。
使用中のデスクトップパ
2011FMVE30
5.製品破
パソコン
富士通(株)
ソコンの電源部から発煙
3437
F131
損
した。
パソコン周
2011沖電気工業 5.製品破
V110M
ルーターから発煙した。
辺機器
0480
(株)
損
(ルーター)
ソニーイー
2011- ノートパソコ VGN−Z9
エムシーエ 3.軽傷
2884 ン
0US
ス(株)
パソコン周
2011辺機器(プリ
1892
ンター)
パソコン周
2011辺機器(プリ
2987
ンター)
パソコン周
2011辺機器(プリ
4250
ンター)
電源供給ユニットに取り付けられたコネクター
のはんだ付け工程でばらつきが生じ、不十分な
約7年5
はんだ付け状態となり、当該部分の電気抵抗が A2
月
大きくなったため発熱・焼損・発煙に至ったものと
考えられる。
5日
アダプターの電源用ICに部品不良があったた
め、充電時に電源用ICが異常発熱し、外郭が変 A3
形、変色したものと推定される。
電源ユニット内のフィルムコンデンサーに不具
約4年7
合品が混入していたため、内部短絡して異常発 A3
月
熱し、焼損したものと推定される。
電源ユニット内のフィルムコンデンサーに不具
約11月 合品が混入していたため、内部短絡して異常発 A3
熱し、焼損したものと推定される。
電源回路のトランジスターに部品不良があった
約6年 ため、トランジスターが内部短絡し、異常発熱に A3
より基板が発煙・焼損したものと推定される。
ノートパソコンを置いて
ノートパソコンの排気口のところに腕を置いてい
いたローテーブルにもた 約2年 たため、熱風により低温火傷を負ったものと推定
B4
れかかっていたところ、上 10月 される。 なお、本体に排気に関する注意表示は
腕に火傷を負った。
なかった。
スイッチOFFで使用して
電源基板部にムカデが入り込んだため、異極
5.製品破
いないプリンターの基板 約5年 間が短絡状態になり、発煙・発火したものと推定 F1
損
付近から発煙、発火し
される。
電源ユニットにムカデが入り込んだため、異極
5.製品破 使用中のプリンターから 約6年9
間が短絡状態になり、発煙したものと推定され
F1
損
破裂音がし、発煙した。 月
る。
プリンターの電源ケーブ
当該品の内部に液体(猫の尿)が浸入したた
4.拡大被
ル差し込み口付近から発 不明 め、基板で短絡が発生し、発火に至ったものと推 F1
害
火し、周辺の壁が焦げ
定される。
4-6/57
再発防止措置
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
2011(平成23)年2月10日付けホームページで
告知及び注意喚起を行うとともに、同年2月14日より
消費者に対してダイレクトメール送付及び電話連絡に
よって周知し、同年3月中旬から無償交換を実施して
いる。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
発煙のみで終息していることから、既販品については
措置はとらなかった。 なお、今後は、組み付け作業
指示を徹底し、品質管理の強化をすることとした。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
製造事業
者
家庭用
1 電気製
品
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
製造事業者は、2008(平成20)年9月4日、2009
製造事業
(平成21)年10月15付け、ホームページに社告を掲
者
載し、無償で修理、点検を行っている。
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、当該機の外郭は金属製であり、拡
大被害の可能性は低いことから、既販品については
特に措置はとらないが、2008(平成20)年9月30日
消費者セン
付けホームページで掲載し、稀に発煙すること等が
ター
あった場合は、連絡するよう呼びかけている。 なお、
はんだ付け工程のはんだ面の高さ、限度見本の見直
しなど検査工程の管理を強化している。
家庭用
1 電気製
品
販売事業者は、2011(平成23)年6月3日付け
ホームページに社告を掲載し、製品の回収・返金を
行っている。
家庭用
1 電気製
品
製造事業者は、発煙のみで終息し拡大被害に至っ
ていないことから、引き続き同様の事故発生状況に
注視し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、発煙のみで終息し拡大被害に至っ
ていないことから、引き続き同様の事故発生状況に
注視し、必要に応じて対応することとした。
輸入事業者は、他に同種事故発生の情報はなく、
拡大被害に至っていないことから、今後の事故発生
状況を注視し、必要に応じて対応することとした。
製造事業者は、他に同種事故発生の情報はないこ
とから、既販品については措置はとらなかったが、引
き続き同様の事故発生状況に注視し、必要に応じて
対応することとした。 なお、2009年発売以降の機
種からは、排気口等に関する注意ラベルを本体に貼
販売事業
者
製造事業
者
製造事業
者
輸入事業
者
消費者セン
ター
製造事業者は、偶発的な事故であるため、措置はと 消費者セン
らなかった。
ター
輸入事業者は、偶発的な事故であるため、措置はと 消費者セン
らなかった。
ター
輸入事業者は、偶発的な事故であるため、措置はと 輸入事業
らなかった。
者
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
A2011 デスクトップ
00524 パソコン
A2011 ノートパソコ
00215 ン
A2011 ノートパソコ
00756 ン
事故通知内容
11.火災
当該製品及び周辺を焼
損する火災が発生した。
(事故発生地:静岡県)
11.火災
当該製品及び周辺を焼
損する火災が発生した。
(事故発生地:千葉県)
11.火災
当該製品のバッテリーが
破裂する火災が発生し、
当該製品及び周辺を焼
損、1名が火傷を負った。
(事故発生地:兵庫県)
パソコン周
2011辺機器(マウ
2300
ス)
2.重傷
2011パソコン
4385
1.死亡
2011- パソコン(マ
2960 ザーボード)
5.製品破
損
パソコン周
2011辺機器(ビデ
3017
オカード)
5.製品破
損
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F900
1018
(株)
ンター)
5.製品破
損
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F900
1020
(株)
ンター)
5.製品破
損
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1070
50i
(株)
ンター)
5.製品破
損
パソコン周
2011PIXUS 4 キヤノン
辺機器(プリ
1119
55i
(株)
ンター)
5.製品破
損
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
(株)
1132
60i
ンター)
5.製品破
損
製品の
使用期 事故原因
間
事故
原因
区分
再発防止措置
当該製品に取り付けられた電源コードに引張り
や屈曲などの強い外力が繰り返し加わっていた
ため、コード被覆及び芯線が損傷し、芯線が断
F2
線・短絡して出火に至ったものと推定される。 な
お、電源コードは、他の液晶ディスプレイモニター
に付属していたもので、当該製品の付属品では
当該製品内部に異常が認められず、当該製品に
取り付けられたバッテリーに出火の痕跡が認め
F2
られたことから、バッテリーからの出火によって延
焼したものと推定される。
経済産業
省 非重大
製品事故
(20112874)
経済産業
省 非重大
製品事故
(2011経済産業
省 非重大
製品事故
(20113603)
当該製品に異常が認められないことから、当該
製品に装着したバッテリーパックが破裂し、火災
F2
に至ったものと考えられ、製品に起因しない事故
と推定される。
被害者は、事故品によるパッチテストの結果、
事故品上面の指等で触れる部分(ABS樹脂・ア
マウスを使用したとこ
クリル樹脂塗装)に対し陽性反応を示したことか
ろ、右手の指先に湿疹が 約3年
ら、当該部分に含まれる成分により皮膚炎を発
出た。
症したものと考えられるが、事故品から検出され
た物質によるパッチテストが実施できず、原因物
住宅から出火し、家人4
当該品は焼損が著しいことから、原因の特定は
人が死亡した。パソコンな
不明
できなかった。
どが置かれていたスペー
スが激しく焼損していた。
パソコンにマザーボード
マザーボードのトランジスターが異常発熱し、発
を組み込んで電源を入れ
1日
煙・発火したものと推定されるが、詳細な使用状
たところ、発煙、発火し、
況等が不明であり、原因の特定はできなかった。
機器が焼損した。
CPU放熱板の温度が異常上昇したことから、
使用中のパソコンから
放熱板の樹脂カバーが溶融したものと考えられ
発煙し、ビデオカードの一 約3年 るが、放熱板に堆積した埃の影響によるものか、
部が溶融した。
内部部品の不具合により、冷却ファンの風量が
低下したものか、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
使用中のプリンターから
不明 からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
発煙した。
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
使用中のプリンターから
不明 からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
発煙した。
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
使用中のプリンターから
不明 からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
発煙した。
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
使用中のプリンターから
不明 からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
発煙した。
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
使用中のプリンターから
不明 からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
発煙した。
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
4-7/57
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
家庭用
1 電気製
品
F2
輸入事業者は、被害者の感受性によるものとみら
れる事故であるため、措置はとらなかった。
医療機関
家庭用
1 電気製
品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
必要に応じて対応することとした。 なお、製造事業 消防機関
者等は不明であった。
家庭用
1 電気製
品
G1
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。
消費者セン
ター
家庭用
1 電気製
品
G1
NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、
消費者セン
必要に応じて対応することとした。 なお、輸入事業
ター
者は不明であった。
家庭用
1 電気製
品
G1
G1
G1
G1
G1
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1143
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1157
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1162
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1164
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1166
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1173
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1194
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1210
90i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1240
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1241
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1243
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
4-8/57
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1245
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1246
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1265
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1277
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1304
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1379
P8600
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1420
P4200
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS iX キヤノン
辺機器(プリ
1434
5000
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS iX キヤノン
辺機器(プリ
1437
5000
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1097 ンター複合 P700
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1100 ンター複合 P730
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
4-9/57
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
G1
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1427 ンター複合 P800
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1454 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1469 ンター複合 P810
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1470 ンター複合 P810
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011辺機器(プリ
1621
ンター複合
プリンター付近から出火
4.拡大被
し、プリンターと周辺を焼 不明
害
損した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F890
1015
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011BJ S50 キヤノン
辺機器(プリ
1024
0
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1039
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1040
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1041
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1042
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1044
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、非純正インク
の成分が検出されず、原因の特定はできなかっ
当該品は、上面のスキャナユニット外装樹脂全
体と内部基板の一部が溶融・焼損していたが、
焼損が著しいため、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
4-10/57
G1
G1
G1
G1
G1
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
輸入事業者は、事故原因が不明であるため、措置
はとらなかった。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1045
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1047
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1048
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1051
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1092
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1121
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1131
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1145
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1147
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1167
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1171
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
4-11/57
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1178
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1201
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1203
60i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1237
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1239
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 9 キヤノン
辺機器(プリ
1244
900i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1258
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1271
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1274
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1275
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1276
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
4-12/57
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1298
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1321
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1328
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1337
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1346
P3100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1348
P4100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1349
P4100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1360
P4100
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1423
P7500
ンター)
キヤノン
(株)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS iX キヤノン
辺機器(プリ
1433
5000
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011PIXUS i
辺機器(プリ
1478
P4500
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
キヤノン
(株)
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
4-13/57
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1093 ンター複合 P10
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1384 ンター複合 P770
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1407 ンター複合 P770
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1409 ンター複合 P770
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1426 ンター複合 P500
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1428 ンター複合 P800
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1458 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1459 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1460 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1461 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1464 ンター複合 P600
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
事故
原因
区分
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
4-14/57
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
G2
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1479 ンター複合 P520
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1480 ンター複合 P610
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1481 ンター複合 P610
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011- 辺機器(プリ PIXUS M キヤノン
1484 ンター複合 P610
(株)
機)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
2011パソコン
4216
2011パソコン
4370
(有)アップ
ルジャパン
ホールディ
ングス(現
在:Apple
Japan合同
NECカスタ
ムテクニカ
PC−VT7 (株)(現在:
006D1F NECパーソ
B
ナルコン
ピュータ
(株))
iMac 20
インチ 2G
Hz 512
MB
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤に
よってプリントヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間
からインクが浸入して、ヘッドの電気回路を短絡
させ発煙したものと考えられるが、事故品が入手
できず、原因の特定はできなかった。
G2
G2
G2
G2
使用中のパソコンから
電源ユニットから発煙したものと推定されるが、
5.製品破
発煙し、機器の背面が焦 約3年 原因の特定はできなかった。 なお、輸入事業者 G3
損
げた。
から報告書は提出されなかった。
5.製品破 使用中のパソコンから
損
異音がして発煙した。
電源ユニットのトランジスター(FET)が内部短
約7年8
絡し、発煙したものと推定されるが、短絡した原
月
因の特定はできなかった。
クロスビー
パソコン周
ムネット
パソコンのケーブルモデ
2011- 辺機器
TJ735 T ワークス
5.製品破
ムが発熱して異臭がし、 不明
0831 (ケーブルモ erayon
(株)(現在: 損
基板の一部が焦げた。
デム)
SCSK
((株))
パソコン周
2011BJ S60 キヤノン
辺機器(プリ
1010
0
(株)
ンター)
事故
原因
区分
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
G3
基板上のチップトランジスターが異常発熱し、
基板が焼損したものと考えられるが、チップトラン
ジスターが異常発熱に至った原因の特定はでき
なかった。 <事業者の見解>部品異常発熱原因
がACアダプタ経由でサージ電圧混入の可能性、
並びにチップトランジスターの異常発熱等様々な G3
原因が考えられるが、明確な製品起因による事
故原因の断定に至らなかったこと、またモデムは
ユーザー設置環境が様々である為、設置環境下
での偶発的事故の可能性も立証できないが、否
定もできないことから特定の原因は不明と判断し
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
G3
剤の含有量が僅かであり、事故の発生を想定で
きなかったとしても、消費者が非純正インクを使
用することは容易に想定できる状況であり、非純
正インクへの対応は必要であったと推定される。
他方、非純正インクの製造事業者(特定されてい
ない)は、販売に際して当該品への適合性につ
4-15/57
再発防止措置
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業
者
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、事故原因が不明であり、拡大被害
に至っていないことから、措置はとらなかった。 NIT 消費者セン
Eは、引き続き同様の事故発生状況に注視し、必要 ター
に応じて対応することとした。
家庭用
1 電気製
品
製造事業者は、事故原因が不明であり、他に同種
事故発生の情報はないことから、措置はとらなかっ 消費者セン
た。 NITEは、引き続き同様の事故発生状況に注視 ター
し、必要に応じて対応することとした。
家庭用
1 電気製
品
輸入事業者は、事故原因が不明であり、異臭のみ
で終息し、拡大被害に至っていないことから、措置は 輸入事業
とらなかった。 NITEは、引き続き同様の事故発生状 者
況に注視し、必要に応じて対応することとした。
家庭用
1 電気製
品
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
パソコン周
2011BJ S63 キヤノン
辺機器(プリ
1011
00
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011BJ S63 キヤノン
辺機器(プリ
1012
00
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F890
1013
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F890
1014
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F900
1016
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F900
1017
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F900
1019
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり、事故の発生を想定で
きなかったとしても、消費者が非純正インクを使
用することは容易に想定できる状況であり、非純
正インクへの対応は必要であったと推定される。
他方、非純正インクの製造事業者(特定されてい
ない)は、販売に際して当該品への適合性につ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり、事故の発生を想定で
きなかったとしても、消費者が非純正インクを使
用することは容易に想定できる状況であり、非純
正インクへの対応は必要であったと推定される。
他方、非純正インクの製造事業者(特定されてい
ない)は、販売に際して当該品への適合性につ
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり 事故の発生を想定で
4-16/57
事故
原因
区分
再発防止措置
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
パソコン周
2011BJ F900 キヤノン
辺機器(プリ
1021
0
(株)
ンター)
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011BJ S30 キヤノン
辺機器(プリ
1022
0
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011BJ S50 キヤノン
辺機器(プリ
1023
0
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011BJ F890 キヤノン
辺機器(プリ
1025
PD
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011キヤノン
辺機器(プリ BJ F930
1026
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
異臭がした。
パソコン周
2011BJ S33 キヤノン
辺機器(プリ
1027
0
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 3 キヤノン
辺機器(プリ
1028
20i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 3 キヤノン
辺機器(プリ
1029
20i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 3 キヤノン
辺機器(プリ
1030
20i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり 事故の発生を想定で
4-17/57
事故
原因
区分
再発防止措置
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
事故通知
者1
品目
分類
コード
品目
電気用品安全法対象外AC電源使用製品事故
年度番
品名
号
型式機種
製造・輸入・ 被害の
販売業者 種類
パソコン周
2011PIXUS 3 キヤノン
辺機器(プリ
1031
20i
(株)
ンター)
事故通知内容
製品の
使用期 事故原因
間
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1032
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1033
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1034
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1035
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1036
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1037
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 5 キヤノン
辺機器(プリ
1038
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
パソコン周
2011PIXUS 8 キヤノン
辺機器(プリ
1043
50i
(株)
ンター)
5.製品破 使用中のプリンターから
不明
損
発煙した。
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり
事故の発生を想定で
非純正インクに含まれる特定の有機溶剤が検
出されたことから、これらの溶剤によってプリント
ヘッドの樹脂が膨潤し、生じた隙間からインクが
浸入して、ヘッドの電気回路を短絡させ発煙した
ものと推定される。 なお、設計・発売当時、非純
正インクの市場占有率が低かったうえ、当該溶
剤の含有量が僅かであり 事故の発生を想定で
4-18/57
事故
原因
区分
再発防止措置
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している。
家庭用
1 電気製
品
G3
2009(平成21)年5月20日付けのホームページ
にお知らせを掲載し、後継機種のカタログ及び取扱
輸入事業
説明書に注意喚起文を追加している。 なお、当該プ
者
リントヘッドを採用した機種は2007年に生産を終了
している