大気降下物中の窒素化合物濃度の地域特性に関する研究(PDF:210KB)

大気降下物中の窒素化合物濃度の地域特性に関する研究(PDF:210KB)
埼玉県環境科学国際センター報
第6号
[自主研究]
大気降下物中の窒素化合物濃度の地域特性に関する研究
松本利恵
1
唐牛聖文
目的
米持真一
NH3については、成果のとりまとめと不足部分の追加調査
を実施する。
埼玉県は、降水中に含まれる硝酸イオン(NO 3-)と硫酸イ
オン(SO 42-)の当量濃度比(N/S比)が関東地方の中で高い
NO 3- については、光化学反応が生じやすい期間に詳細
値であり、窒素酸化物の寄与が大きい地域である。また、酸
な調査を実施し、大陸の影響についても考慮しながら解析・
性物質の中和物質としてアンモニウムイオン(NH4+)が占める
取りまとめを行う。
割合が大きい。そこで、本研究ではこれらの窒素化合物の起
源及び降水成分へ影響を及ぼすメカニズムの解明を目的と
している。幹線道路近傍における窒素化合物の主要な発生
源である自動車走行の影響を調査した。
2
方法
調査は幹線道路沿道に位置する鴻巣と農業地域に位置
する騎西において実施した。沈着物は、常時開放型ろ過式
採取装置を用いて、2000年11月から2003年5月まで約4週
間単位で採取した。測定項目は、導電率、pH、イオン種濃
度(Na+、NH4+、K+、Mg2+、Ca2+、Cl-、NO3-、SO42-)とした。両
図1
地点の降水量は採取量と採取面積から求めた。
[T-NH 4+/NO x]比の推移
調査地点のガス状物質及び粒子状物質中のイオン種濃
度はフィルターパック法により2001年3月29日から2003年5月
29日まで1~2週間毎に測定した。
3
結果
NO3-沈着量、粒子状NO3-、HNO3ガス濃度が幹線道路沿
道で大きくなる状況はみられなかった。NH4+沈着量とNH3ガ
ス濃度は幹線道路沿道の鴻巣の方が、農業地域の騎西より
有意に高くなった。
NOxを幹線道路の影響の指標であると仮定し、幹線道路
の環境への影響を評価するために、NOx濃度に対する粒子
状NH4+とNH3ガスの合計(T-NH4+)濃度の関係を検討した。
図2
鴻巣では、騎西より[T-NH 4+ /NOx]モル濃度比の変動の幅
鴻巣における拡散モデルで予測した影響度と
観測されたNO x、T-NH 4+濃度の比較
が小さかった(図1)。
「経済産業省低煙源工場拡散モデル(METI-LIS)Version
文
2.00」1)を用いて、鴻巣における幹線道路からの相対的な影
デル(METI-LIS)Version 2.00 取扱説明書.
関係を検討したところ、有意な直線関係を示し、モデル計算
からも幹線道路のNH3の影響を明らかにできた(図2)。
4
献
1) 経済産業省関東経済局 (2003) 経済産業省低煙源工場拡散モ
響度を推計し、測定された大気中のNOx、T-NH4+濃度との
今後の研究方向
Study on the Local Characteristics of Nitrogen Compounds in Acid Rain
- 60 -
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement