契約後VE方式試行に係る特記仕様書 (工事名:北上川上流

契約後VE方式試行に係る特記仕様書 (工事名:北上川上流
契約後VE方式試行に係る特記仕様書
(工事名:北上川上流流域下水道 北上浄化センター ブロワー棟他築造(建築)工事)
1 対象工事
本工事は、契約後VE方式試行の対象工事である。
2 定
義
契約後VE方式とは、工事請負契約書(以下「契約書」という。
)追加条項第 19 条の2に基づ
き、契約締結後に、発注者が設計図書に指定した施工方法等(以下「標準案」という。)に対し、
請負者からコスト縮減が可能となる施工方法等に関する技術提案(以下「VE提案」という。
)を
受け付け、発注者の審査で承認された場合、そのVE提案を基に施工することができる方式をいう。
3 VE提案の範囲
(1)請負者がVE提案を行う範囲は、設計図書に定められている内容のうち、工事材料、施工方法
等に係る変更により請負代金額の低減を伴うものとし、原則として工事目的物の変更を伴わな
い範囲とする。
(2)次に掲げる提案は、VE提案の範囲に含めないものとする。
① 施工方法等を除く工期の延長等の施工条件の変更を伴う提案
② 契約書第 18 条に基づき条件変更が確認された後の提案
③ 提案の実施に当たり、関係機関協議等、第三者との調整等を要する提案
④ 入札時に競争参加資格要件として求めた同種工事又は類似工事の範囲を超えるような工事
材料、施工方法等の変更の提案
⑤ 総合評価落札方式等の入札時に行った技術提案
4 VE提案等の提出
(1)請負者がVE提案を行う場合は、次に掲げる提案書類を発注者に提出しなければならない。
① 契約後VE提案書
(様式−1)
② VE提案項目内容の詳細
(様式−2−1∼2)
③ VE提案による概算低減額及び算出根拠
(様式−3)
④ その他、必要と思われる資料
(2)発注者は、提出されたVE提案書に関する追加的な資料、図書その他の書類の提出を請負者に
求めることができる。
(3)請負者が行うVE提案書類の提出は、当該提案に係る部分の工事に着手する35日前までと
する。
(4)VE提案等の提出に要する費用は、請負者の負担とする。
1
5 VE提案の審査
(1)VE提案の審査に当たって発注者は、必要に応じて請負者から提案内容についてのヒヤリン
グを実施して、施工の確実性、安全性及び標準案と比較した経済性等を評価し、VE提案の採
否を決定する。
(2) 発注者はVE提案の採否について、VE提案採否通知書(様式−4)により、原則として、V
E提案書の受領後14日以内に請負者に通知する。
6 設計変更等
(1)VE提案が適正と認められた場合において、必要があるときは、発注者は設計図書を変更し、
請負代金額を変更する。
(2)VE提案に基づく請負代金額の変更を行う場合において発注者は、VE管理費として、VE
提案により請負代金額が低減すると見込まれる額の10分の5に相当する金額を計上する。
(3)VE提案が適正と認められた後、契約書第18条の条件変更が生じた場合、VE管理費につ
いては、原則として、変更しないものとする。なお、この場合、発注者は 請負者に対してV
E提案に対する変更提案を求めることができ、請負者はこれに応じるものとする。
7 VE提案内容の取扱い
VE提案の内容については、その後の工事において、その内容が一般的に使用されている状態
となった場合は、無償で使用できるものとする。ただし、工業所有権等の排他的権利を有する提
案についてはこの限りではない。
8 責任の所在
発注者がVE提案を適正と認めることにより、設計図書の変更を行った場合においても、VE
提案を行った請負者の責任が軽減されるものではない。
2
様式−1
提出日:平成
年
月
契 約 後 V E 提 案 書
契約担当者 北上川上流流域下水道事務所長 様
請負者
住
所
商号又は名称
代表者氏名
印
工事請負契約書追加条項第 19 条の2に基づき、VE提案書を提出します。
工 事 名:
連絡者
氏 名
契約締結日:
TEL
FAX
VE提案の概要
番 号
項
目
内
容
概算低減額(千円)
(直接工事費)
概 算 低 減 額 合 計
注1)各項目内容の詳細は、別紙様式−2、3による。
注2)記入欄が不足する場合には、適宜、別紙に追記のこと。
(以下の様式も同様)
3
日
様式−2−1
番号
項目内容
(1)設計書の定める内容と、VE提案の内容の対比
【標準案】
・・・略図等
【VE提案】
・・・略図等
(2)提案理由
(3)VE提案の実施方法(材料仕様、施工要領等を記入)
(4)品質保証の証明(品質保証書の添付等)
4
様式−2−2
番号
項目内容
(5)工業所有権等の排他的権利を含むVE提案である場合、その取扱いに関する事項
(6)VE提案が採用された場合に留意すべき事項(提案内容の公表に係る所見等)
(7)その他
5
様式−3
番 号
項目内容
VE提案による概算低減額及び算出根拠
【標準案】
(直接工事費)
名 称
規格等
【VE提案】
(直接工事費)
単位
数量
単 価(円)
金
額(円)
名 称
6
規格等
単位
数量
単 価(円)
金
額(円)
様式−4
北流
第
平成
年
号
月
日
VE提案採否通知書
商号又は名称
代表者氏名
様
契約担当者 北上川上流流域下水道事務所長
平成
年
月
印
日付けで提出されたVE提案に対する審査結果を下記のとおり通知します。
工 事 名:
VE提案項目数:
採 用 項 目 数:
不 採 用 項 目 数:
契約締結日:
VE提案に対する「採否」及び不採用の理由
番 号
項 目 内 容
不 採 用 の 理 由
採否区分
7
備
考
平成 20∼21 年度
北上川上流流域下水道
北上浄化センター ブロワー棟他築造(建築)工事
特
記
仕
様
北上市相去町字岩の目地内
北上川上流流域下水道事務所
8
書
第1条 適用範囲
1 本特記仕様書は、北上川上流流域下水道 北上浄化センター ブロワー棟他築造(建築)工事に適
用するものとし、本特記仕様書に記載のない事項については「岩手県県営建設工事仕様書」
(以下1号
仕様書という。
)及び「土木工事共通仕様書(Ⅰ)
,
(Ⅱ)
,
(Ⅲ)
〔平成 20 年 4 月 1 日以降、岩手県県
土整備部〕
」
(以下 2 号仕様書という。
)によるものとする。
2 本特記仕様書、1 号仕様書、2号仕様書に記載のない事項については発注者の指示による。
第2条 工事日数又は工期
この工事は、2年債務であり、契約年度内に出来高の確保が必要である。
この工事は、
「フレックス工期制度」を適用する。
この工事の工期は、稲刈後の工事着手を想定して設定されている
2 工事日数又は工期には、作業日数、準備日数、後片付け日数のほか休工日(土曜日、日曜日、祝祭
日、天候による休工日、連休等)を含むものである。
※参考 連休等
ゴールデンウィーク
4月29日 から 5月 5日
7日間
お盆休暇
8月13日 から 8月16日
4日間
12月29日 から 1月 3日
6日間
お正月休暇
第3条 安全・訓練等の実施
1 本工事の施工に際し、現場に即した安全・訓練等について、工事着手後原則として、作業員全員の
参加により、月当たり半日以上の時間を割当て、下記の項目から実施内容を選択し、安全・訓練等を
実施するものとする。
① 安全活動のビデオ等視覚資料による安全教育
② 本工事内容等の周知徹底
③ 土木工事安全施工技術指針等の周知徹底
④ 本工事における災害対策訓練
⑤ 本工事現場で予想される事故対策
⑥ その他、安全・訓練等として必要な事項
2 安全・訓練等に関する施工計画の作成
施工に先立ち作成する施工計画書に、本工事の内容に応じた安全・訓練等の具体的な計画を作成
し、監督職員に提出するものとする。
3 安全・訓練等の実施状況報告
安全・訓練等の実施状況について、別紙の様式を作成し、記録して報告するものとする。
第4条 低入札工事における品質管理の強化
低入札価格制度による調査基準価格を下回る価格をもって契約した場合は、品質管理項目の現場施
工に係る必須項目について、試験項目の試験頻度を2倍とするとともに、原則としてネットワークに
よる全体工程表を提出するものとする。
9
第5条 下請調書及び建設資材調書
1 下請調書及び建設資材調書は、監督職員がFD等により貸与する電子データに必要事項の入力を行
うものとする。
2 下請調書及び建設資材調書の提出は、紙で出力した下請調書及び建設資材調書に捺印したもの、及
び入力済み電子データ(FD等)の両方を監督職員に提出するものとする。
3 電子データを作製することが困難な場合は、電子データの提出は必要ないものとする。ただし、そ
の場合は事前に監督職員の承諾を得ること。
第6条 公共工事労務費調査に対する協力
1 本工事が甲の実施する公共事業労務費調査の対象工事となった場合、乙は、調査票等に必要事項を
正確に記入し甲に提出する等、必要な協力を行わなければならない。また、本工事の工期経過後にお
いても、同様とする。
2 調査票等を提出した事業所を甲が事後に訪問して行う調査・指導の対象に乙がなった場合、乙は、
その実施に協力しなければならない。また、本工事の工期経過後においても、同様とする。
3 公共工事労務費調査の対象工事となった場合に正確な調査票の提出が行えるよう、乙は、労働基準
法等に従って就業規則を作成すると共に賃金台帳を調整・保存する等、日頃より使用している現場労
働者の賃金時間管理を適切に行っておかなければならない。
4 乙が本工事の一部について下請契約を締結する場合には、乙は、当該下請工事の受注者(当該下請
工事の一部に係る二次以降の下請負人を含む。
)が前3項と同様に義務を負う旨を定めなければなら
ない。
第7条 希少野生動植物の確認
請負者は、施工現場以外に現場事務所、資材置き場及び残土捨て場等を設ける場合は、希少動植物
の生息について、監督員の確認と承諾を受けること。
第8条 グリーン購入法特定調達品購入実績調査表の提出
請負者は、工事完成時に「グリーン購入法特定調達品購入実績調査表」を提出すること。
第9条 新技術等の活用の推進について
1 施工に先立ち、当該工事内容について十分把握の上、設計図書で指定された工法及び技術を除き、
新技術情報提供システム(NETIS)や岩手県新技術等活用促進事業等を利用して、新技術等の活
用を積極的に推進するものとし、活用する新技術等がある場合は監督職員に報告するものとする。
2 新技術等の活用が、設計図書の記載事項の変更に係る場合は、監督職員と協議するものとする。
3 新技術等の活用にあたり、監督職員から施工実態調査の実施を指示された場合は、これを行うもの
とする。
なお、調査結果については、工事名・請負者名とともに公表する場合がある。
10
第 10 条 建設副産物
工事により発生する指定副産物(建設発生土を除く)は、下記の場所に搬入することとする。
指定副産物名
搬入再資源化施設名
搬入場所
備
アスファルト殻
スパット北上
北上市稲瀬字上台 649
中間処理
コンクリ−ト殻
同上
同上
同上
考
・ 上表で指定されている以外の施設で処理する場合は、監督職員の 承諾を 得ること。
・ その他、建設副産物の処理については、2号共通仕様書 1−1−18建設副産物による。
第 11 条 工事現場のイメージアップ
当該工事は、工事に伴い実施する仮設備、営繕関係、安全関係、地域とのコミュニケーション等の
具体的なイメージアップを 実施しない 工事である。
第 12 条 その他の特記事項
本工事にかかるその他の特記事項は下表のとおりとする。
特 記 事 項
特 記 事 項 の 内 容
関係者協議
供用中の下水道処理場内での工事であるため、施工方法に留意し運転監理業務への
影響を最小限にするよう努める必要がある。
基礎地盤面の確認
床堀掘削完了後に、平板載荷試験(2箇所以上)を行い地盤支持力の確認を行うこ
と。
第 13 条 疑
義
本工事及び本特記仕様書に関して疑義の生じた場合は、その都度監督職員と協議すること。
11
○ 共通仕様書補足資料
共通仕様書に基づき提出しなければならない書類のうち主なものを下表にあげる。
また、下表で提出区分の欄に印しの有るものは本工事に伴い、提出しなければならない書類である。
なお、書類の様式は共通仕様書による。
※部数・備考は記入例
提出
名
称
提出期日
部数
仕様書条項
備考
区分
共仕
請負代金額が1億円以上で
○
請負代金内訳書 別途指示
1部 1−1−4
6ヶ月を超える工事の場合
共仕
○
工程表
契約締結後 7 日以内
1部
契約書第 3 条
1−1−5
工事着手前及び必要の
共仕
○
施工計画書
2部
1 部は返却
都度
1−1−6
CORINS 工事 工事カルテ受領書の写しが
共仕
○
1部
カルテ受領書
届いたら速やかに
1−1−7
3000 万円以上の下請契
共仕
○
施工体制台帳
1部
約締結後速やかに
1−1−13
共仕
○
施工体系図
上記と同じ
1部
1−1−13
再生資源利用促 着工時・完了時及び
共仕
○
1部
建設副産物適正処理推進要綱
進計画書
必要の都度
1−1−21
再生資源利用計 着工時・完了時及び
共仕
○
1部
建設副産物適正処理推進要綱
画書
必要の都度
1−1−21
建設発生土搬出 搬出作業終了後速やか
共仕
○
1部
伝票
に
1−1−21
マニフェストの
共仕
○
検査時及び必要の都度
1部
A,
(B)
,D,E票の写し
写し
1−1−21
段階確認書(確
共仕
○
検査時及び必要の都度
1部
認後のもの)
1−1−22
共仕
○
出来形数量
別途指示
1部
1−1−23
共仕
○
品質証明書類
検査時及び必要の都度
1部
1−1−24
共仕
着工前、完成時のみ 2 部
○
工事写真
検査時及び必要の都度
1部
1−1−29
「土木工事施工管理基準」
共仕
○
施工管理図表
検査時及び必要の都度
1部
「土木工事施工管理基準」
1−1−29
建設材料の品質
共仕
「建設材料の品質記録保存
○
検査時及び必要の都度
1部
記録
1−1−29
業務実施要領(案)」
毎月1回監督職員の指
共仕
○
履行報告書
部
契約書第 11 条
定日
1−1−30
安全訓練等の実
共仕
○
検査時
1部
施状況
1−1−32
共仕
○
火薬使用計画書 着工前及び必要の都度
1部
1−1−33
共仕
○
事故報告書
事故発生時
1部
1−1−35
工事用道路に関
共仕
着工前の場合、施工計画書
○
着工前及び必要の都度
1部
する計画書
1−1−38
の中で記載しても可
工事使用材料
共仕第 2 章材料
○
検査時及び必要の都度
1部
品質証明資料
第2節
12
別 紙
安
月 日
時 間
全 ・ 訓
場所名
練
状
参加人数
況
報
告
書
安全訓練の項目の○印
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
1・2・3・4・5・6
※安全訓練の項目
1.安全活動のビデオ等による安全教育
2.本工事内容等の周知徹底
3.土木工事安全施工技術指針等の周知徹底
4.本工事における災害対策訓練
5.本工事現場で予想される事故対策
6.その他、安全・訓練等として必要な事項
13
摘
要
実施内容及び
状況写真は、
別紙による。
安全パトロール点検表
点検月日 平成 年 月 日
工 事 名
業 者 名
現場代人 パトロール員
現場代人 パトロール員
定期点検と記録
クレーン、リフト
○車両系建設機械の定期点検と記録
○クレーン、リフト等の定期点検と記録
○その他機械設備の定期点検と記録
現場事務所、保護員、救急用品等の備付
○現場事務所内の整理整頓、清掃状況
○事務所内、消火器またはバケツの備付
○火元責任者の専任と表示
○救急薬品の備付
○安全帽、安全帯の備付
○必要な測定器具の備付
免許、資格関係
○各作業主任者
○特別教育
○技能講習
○免許
服装、保護具の着用状況
○安全帽
○安全帯
○衣服および服装
○履物
○腕章等の着用状況
○その他保護具
作業行動
○適正配置であるか
○合図、連絡の適否
○作業中のくわえタバコ
○不安全行動
墜落、飛来、落下防止
○開口部、ピット等の養生
○作業床、足場の適正な設置
○ライフネットの使用と張り方
○防網、シート、朝顔の適正な設置
○危険場所立入り禁止措置の適否
○見張り員の配置等
足場、作業床、桟橋、踊場等
○建地、布、腕木の状態
○壁つなぎ
○桟橋、作用床、足場板の状態
○手摺(端部養生を含む)
○最大積載荷重の表示
○作業主任者名と任務の表示及び直接指揮
○根がらみ
○地盤の状態と対策
○昇桟橋の適切な設置
型枠支保工
○型枠支保材の状態
○パイプサポートの固定及びピン
○水平つなぎ
○作業主任者名と任務の表示及び直接指揮
電気設備、アーク溶接機
○漏電遮断機の有無
○架線、配線、接続、養生の状態
○アース、ヒューズの状態
○充電部分の状態、カバースイッチ、防護管
○接続先の標示
○照明の状態、電球のガード
○電気取扱者の専任、表示
○電撃防止装置
○ホルダー、コネクター等の状態
○据付及び整備状況、始業点検
○過巻防止装置
○最大吊上げ荷重等の表示
○運転者の資格と選任
○玉掛者の資格と選任
○巻上げワイヤーの状態
○玉掛ワイヤーの状態
地山掘削
○掘削方法の適否
○法面の状態と落盤、落石の防護措置
○雨水、湧水、ガス等の発生に対する対策
○土止め支保工の状態、安全度
○作業主任者名と任務の表示
ガス及び危険物
○管理及び保存状態
○ガス取扱い主任者名と任務の表示
○危険物取扱い者の選任と任務の表示
○危険物、可燃物、油脂類の集積場所及び
周囲の状況
車両系建設機械
○始業点検、定期点検、整備状況
○運転者の資格と選任
○見張り員、合図者の選任
その他の機械、工具
○ベルトコンベアー等回転部分の覆い
○丸ノコ等の反発、接触予防措置
○その他工具の状態
機械設備
○据付及び整備状況
○アースの取付
○運転者の選任と表示
整理整頓、安全通路
○倉庫内、構内の整理状況
○足場上の整理整頓
○安全通路の確保
交通災害の防止
○車両点検(始業前、定期)の実施
○誘導員、見張員の状態(服装、備品、
識別)
○積荷の状態、積載荷重
総合評点
○アーク溶接の特別教育
総合評点=
当該現場評点( )
当該現場満点( )
記 事
点検年月日
平成 年 月 日 点検者氏名
記入方法
14
○良
●不良 ○該当なし
電子納品特記仕様書〔工事〕
1 適用
本工事は、電子納品の対象工事とする。
電子納品とは、
「調査、設計、工事などの各業務段階の最終成果を電子成果品として納品するこ
と」をいう。ここでいう電子成果品とは、岩手県電子納品ガイドライン(以下、
「岩手県ガイドラ
イン」という。
)及び国が策定している電子納品要領・基準等(以下「国の要領等」という。
)に基
づいて作成した電子データを指す。
2 電子納品実施区分
本工事における電子納品の実施区分は、次のとおりとする。
(○)本工事は、電子納品を「義務」として実施する。
( )本工事は、電子納品の実施を受発注者間の「協議」により決定する。
※いずれかに「○」を記入すること
3 電子納品対象書類
〔建築関係〕
本工事において、電子納品対象書類を「義務」又は「協議」とする区分は、次のとおりとする。
フォルダー
作成者
書類名
発注者
受注者
工事写真
備考
○
フォルダー
PLAN
施工計画書
SCHEDULE
工程表
MEET
打合せ簿
MATERIAL
PROCESS
機材関係資料
施工関係資料
INSPECT
検査関係資料
SALVAGE
発生材関係資料
書類名
作成者
発注者 受注者
総合施工計画書
△
工種別施工計画書
△
マスター工程表
△
月間工程表
△
工事打合せ記録
△
試験計画書
△
試験成績書
△
品質証明書
△
調合表
△
規格証明書
△
試験計画書
△
試験成績書
△
出来高管理図
△
完成検査記録
△
発生材調書
○
処理報告書
△
15
備考
DRAWINGF
MAINT
OTHERS
完成図
完成図
保全に関する説明
書
保全に関する資
官公署届出書類
料
○
△
○
備品リスト
△
施工図
施工図
△
完成写真
完成写真
○
その他の資料
△
※ 作成者欄の「○」は義務、
「△」は協議を示す。
※ 上記以外の書類については、受発注者間の協議によって決定する。
※ 岩手県ガイドラインで定めているものの他に、電子納品が必要な書類がある場合は、上表に記載すること。
〔機械設備関係〕
本工事において、電子納品対象書類を「義務」又は「協議」とする区分は、次のとおりとする。
作成者
フォルダー
書類名
発注者
DRAWINGS
発注図面
○
DRAWINGS/SPEC
特記仕様書
工事打合せ簿
出来形管理
品質管理
○
MEET/ORG
備考
受注者
△
等
PLAN/ORG
施工計画書
△
DRAWINGF
完成図
○
前項において「義務」と定めた工
種以外については、「協議」とす
る
K.BOOK/
B.SPC、B.CHECK、
B.INST、B.DEVICE
B.EXAM
、
B.MANUAL
K.DRAW/
D.LDR、D.SPC
D.CHECK
、
D.DRAWF
D.DEVICE、D.EXAM
D.MANUAL
完成図書
実施仕様書、計算書
施工図面、機器図
施工管理記録書、取扱説明書
△
施工図
台帳、実施仕様書
計算書、施工図面
機器図、施工管理記録書
取扱説明書
△
PHOTO/PIC
工事写真書類
△
PHOTO/DRA
参考図
△
OTHARS/ORG
その他の資料
△
※ 作成者欄の「○」は義務、
「△」は協議を示す。
※ 上記以外の書類については、受発注者間の協議によって決定する。
※ 岩手県ガイドラインで定めているものの他に、電子納品が必要な書類がある場合は、上表に記載すること。
16
〔電気通信設備関係〕
本工事において、電子納品対象書類を「義務」又は「協議」とする区分は、次のとおりとする。
フォルダー
DRAWINGS
MEET/ORG
作成者
書類名
発注者
発注図面
備考
受注者
○
工事打合せ簿、出来形管理
品質管理等
△
PLAN/ORG
施工計画書
△
DRAWINGF
完成図
○
(1)において「義務」と定めた工
種以外については、「協議」とす
る
PHOTO/PIC
工事写真書類
△
PHOTO/DRA
参考図
△
OTHARS/ORG
その他の資料
△
※ 作成者欄の「○」は義務、
「△」は協議を示す。
※ 上記以外の書類については、受発注者間の協議によって決定する。
※ 岩手県ガイドラインで定めているものの他に、電子納品が必要な書類がある場合は、上表に記載すること。
4 電子成果品は、岩手県ガイドライン及び国の要領等に基づいて作成し、電子媒体(CD-R)で 2 部
提出すること。
5 電子成果品を提出する際は、電子納品チェックシステム・SXF ブラウザ等による成果品のチェ
ックを行い、エラーがないことを確認するとともに、確実にウィルスチェックを実施したうえで提
出すること。
6 電子成果品を提出する際には、
「電子媒体納品書」を作成し、電子媒体と併せて提出すること。
17
事前協議チェックシート〔工事〕
1 協議実施日等
協議実施日
平成 年 月 日
発注者
受注者
出席者
2 電子納品の取扱い
(1)電子納品実施区分
○
項目
チェック
電子納品実施区分
実施区分
義務とするもののみ電子納品を実施
義務以外についても、協議により電子納品を実施
従来どおり紙納品で実施
※ チェック欄は、いずれか該当する区分に「○」を記入すること。
なお、本工事において電子納品の実施を「義務」とする工種は、下表のとおりとする。
〔土木関係〕
○
分類
【共通】
【道路・街路】
【河川】
【砂防】
【下水道】
【その他】
工種
チェック
擁壁工(高さ5.0m以上)
函渠工(内空26㎡以上)、
橋梁上部工
橋梁下部工
杭基礎
グランドアンカー
ロックボルト
トンネル
落石防止柵
雪崩防止柵
電線共同溝
消融雪設備
道路情報盤
ロック(スノー)シェッド
ロック(スノー)シェルター
堰(高さ3.0m以上)
水門
樋門(高さ3.2m以上)
海岸構造物
砂防堰堤
床固工
地すべり施設
急傾斜施設(高さ2.0m未満を除く)
管路
処理場・ポンプ場
〔 〕
〔 〕
※ チェック欄は、該当する工種に「○」を記入すること。
18
(2)電子納品対象書類
〔土木、農業農村整備、治山林道、水産、企業局土木関係〕
フォルダー
チェック
DRAWINGS
DRAWINGS/SPEC
書類名
電子 紙
作成者
発注者
発注図面
特記仕様書
工事打合せ簿
出来形管理
品質管理
MEET/ORG
備考
(部分的に紙納品する場合などを記載)
○
○
△
△
△
建設材料の品質記録保存
コンクリート構造物の品質確保
PLAN/ORG
DRAWINGF
PHOTO/PIC
PHOTO/DRA
OTHARS/ORG
受注者
○(※1)
○(※2)
施工計画書
完成図
工事写真書類
参考図
その他の資料
△
○(※3)
△
△
△
※1 建設材料の品質記録保存は、土木工事共通特記仕様書 第3編1-1-4に示すもののみ対象とする
※2 コンクリート構造物の品質確保は、(1)において「義務」と定めた工種以外については、「協議」とする
※3 完成図は、(1)において「義務」と定めた工種以外については、「協議」とする。
※4 チェック欄は、各書類を「電子データ」で作成するか、「紙」で作成するかを記入すること。
3 施行中における情報交換の手段
○
項目
電子メールの利用
電子メールを利用する場合の
確認事項
チェック
確認内容
情報交換に電子メールを利用する
情報交換に電子メールを利用しない
受信確認の徹底
ファイル容量(1通当り2MB以下)
ファイル命名規則〔 〕
ログの保存
ウィルスチェック、セキュリティーパッチ適用の徹底
※ チェック欄は、該当する項目に「○」を記入すること。
4 電子納品データの作成/確認ソフト及びファイル形式の確認
○
項目
確認内容
チェック
報告書・打合せ簿等の文書データ
Microsoft社 Word2000に対応したファイル形式
表計算データ
Microsoft社 Excel2000に対応したファイル形式
CADデータ
SXF(sfc)形式
写真等の画像データ
JPEG形式〔但し参考図はTIFF(G4)形式でも可とする〕
その他全般
PDF形式
〔 〕
上記形式以外で、使用するファイル
形式
〔 〕
※ チェック欄は、該当する項目に「○」を記入すること。
※ CADデータは、SXF レベル2 Ver2.0に対応したCADソフトで作成すること。 なお、SXF(sfc)に対応できない場合
については、発注者の承諾を得た上でSXF(p21)で作成してもよい。
19
5 国の要領等の確認
○
区分
チェック
【土木】
土木、治山林道、水産、
企業局 関係
【電気】
【機械】
【港湾】
建築関係
【土木】
農業農村整備関係
【電気】
【機械】
国の要領等
工事完成図書等の電子納品要領(案)
土木設計業務等の電子納品要領(案)
CAD製図基準(案)
デジタル写真管理情報基準(案)
測量成果電子納品要領(案)
地質・土質調査成果電子納品要領(案)
土木設計業務等の電子納品要領(案)電気通信設備編
工事完成図書等の電子納品要領(案)電気通信設備編
CAD製図基準(案)電気通信設備編
土木設計業務等の電子納品要領(案)機械設備工事編
工事完成図書等の電子納品要領(案)機械設備工事編
CAD製図基準(案)機械設備工事編
CAD図面作成要領(案)(港湾局版)
営繕工事電子納品要領(案)
建築設計業務等電子納品要領(案)
建築CAD図面作成要領(案)
工事写真の撮り方(建築編・建築設備編)
設計業務等の電子納品要領(案)
工事完成図書の電子納品要領(案)
電子化図面データの作成要領(案)
電子化写真データの作成要領(案)
測量成果電子納品要領(案)
地質・土質調査成果電子納品要領(案)
設計業務等の電子納品要領(案)電気通信設備編
工事完成図書等の電子納品要領(案)電気通信設備編
電子化図面データの作成要領(案)電気通信設備編
設計業務等の電子納品要領(案)機械設備工事編
工事完成図書等の電子納品要領(案)機械設備工事編
電子化図面データの作成要領(案)機械設備工事編
※ チェック欄は、該当する項目に「○」を記入すること。
6 施行中のデータ保管方法
○
項目
チェック
通常データを保管する機器
データのバックアップを行う機器
バックアップを行う時期
確認内容
機器名〔 〕
容量 〔 GB・MB〕
機器名〔 〕
容量 〔 GB・MB〕
時期 〔 日ごと〕
※ 対応する項目の確認内容を記入した上で、チェック欄に「○」を記入すること。
7 その他
○
項目
確認内容
チェック
※ 項目及び確認内容に必要な事項を記入した上で、チェック欄に「○」を記入すること。
20
(別紙 21)
電子媒体納品書〔工事〕
平成 年 月 日
様
請負者
住 所
氏 名
現場代理人氏名
印
下記のとおり電子媒体を納品します
記
CORINS 登録番号
工事名
電子媒体
規格
の種類
CD-R
ISO9660
(レベル 1)
単位
数量
納品年月
部
平成 年 月
〔備考〕
○ 電子納品チェックシステムによるチェック
・電子チェックシステムのバージョン:_._._
・チェック実施年月日:平成_年_月_日
○ CD-R が複数となる場合のそれぞれの内容
・1/○:_
・2/○:
21
備考
所長
施工条件明示一覧表
明 示 項 目
Ⅰ.工程関係
明
示
事
項
3.工事着手前の事前調査
有・無
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
1.公害防止のための施工方法等の制限
有・無
2.水替・流入防止施設の設置
有・無
3.濁水・湧水等の処理条件
有・無
4.事業損失防止のための事前・事後調査
有・無
Ⅴ.安全対策関係
ア.影響箇所 (階段室南側付近を掘削
イ.他工事の内容 (塩素混和地増設工事
ウ.開始又は完了時期 (平成 20 年 10 月着手
ア.工事内容 (
イ.時期・時間 (
ウ.施工方法 (
ア.調査内容 (
イ.調査期間 (
ウ.移設期間 (
ア.日数 (17日)
4.設計工程上の休日日数等作業不能日数
(ゴールデンウィーク、夏期、年末年始休暇を含む)
5.その他 (
)
1.関係機関等との協議
ア.工事内容 (岩手県下水道公社運転業務
有・無 イ.協議内容 (施工計画説明
ウ.協議成立見込時期(受注後協議
2.関係機関等協議結果による条件
ア.影響項目 (
有・無 イ.影響範囲等(
3.その他 (
)
1.工事用地等の未処理による制限
ア.未処理箇所 (
有・無 イ.処理見込時期 (平成
年
月
日
2.工事用地等の使用終了後の復旧条件
ア.内容 (
有・無
3.工事用仮設道路等の借地指定
ア.場所・範囲(
有・無 イ.時期・期間(
ウ.使用条件 (
エ.復旧方法等(
4.仮設ヤードの指定(桁製作ヤード)
ア.場所・範囲 (
有・無 イ.時期・期間 (
ウ.使用条件 (
エ.復旧方法等 (
5.その他 (
Ⅳ.公害関係
担当者
契 約 条 件 等
1.関連する他工事
2.特定される施工時期等による制限
有・無
Ⅲ.用地関係
主査
確 認印
有・無
Ⅱ.諸官庁との
協議関係
工務課長
5.その他 (
1.交通安全対策施設等の指定
ア.騒音 イ.振動 ウ.粉塵 エ.排出ガス
オ.その他(
)
カ.施工方法 (既設管廊内への粉塵飛散防止
)
キ.建設機械・設備 (一般工事用建設機械8機種)
ク.作業時間 (
)
ア.施設内容(水替ポンプ
)
イ.設置期間(160日
)
ア.処理施設 (
)
イ.処理条件等 (濁水の流出を防ぐこと
)
ア.騒音 イ.振動 ウ.地盤沈下 エ.地下水
オ.電波障害 カ.その他(
)
キ.事前・事後調査区分 (
)
ク.調査時期 (
)
ケ.調査方法 (
)
コ.調査範囲 (
)
)
有・無
2.鉄道、ガス、電気、電話等の近接制限
有・無
22
ア.施設内容 (
イ.設置期間 (
ア.鉄道
イ.ガス
ウ.電気
エ.電話
オ.水道
カ.その他(下水道処理施設
キ.施工方法制限(
ク.作業時間制限 (
ケ.その他 (
)
)
)
)
)
)
3.落石、雪崩、土砂崩落等の防護施設
有・無
明 示 項 目
Ⅴ.安全対策関係
明
示
事
項
有・無
ア.設備・要員内容(
)
イ.制限内容 (
)
ウ.その他 (
)
ア.有毒ガス イ.酸素欠乏 ウ.その他(
)
エ.設備内容(処理が必要な場合は別途協議のこと)
有・無
ア.土砂及び工事用資機材等の積載超過のないように
すること。
イ.積載超過防止対策の方法を施工計画書「交通管理」
等に明記するとともに、
「安全訓練等の実施状況」
に準じ点検記録を作成すること。
ウ.「土砂等を運搬する大型自動車による交通事故の
防止等に関する特別措置法」の目的に鑑み、同法
第 12 条に規定する団体等の設立状況を踏まえ、同
団体等への加入者の使用を促進すること。
6.積載超過防止対策
7.その他(建設機械施工安全技術指針)
1.一般道路の搬入路使用
有・無
2.仮道路の設置条件等
有・無
3.その他 (
Ⅶ.仮設備関係
適用する建設機械施工安全技術指針は、平成
17 年 3 月 31 日改訂版とする。
ア.搬入経路指定 (
イ.使用制限等 (
ウ.使用中の処置 (
エ.使用後の処置(
オ.その他 (
ア.仮設道路設置(
イ.安全施設内容 (
ウ.安全施設設置期間(
エ.工事終了後の存置・撤去 (
オ.路面維持・補修内容(
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
1.仮設備の引き渡し・引き継ぎ
有・無
2.仮設備の構造・施工方法の指定
有・無
3.仮設備の設計条件の指定
有・無
4.その他 (
Ⅷ.建設副産物
関係
)
)
契 約 条 件 等
4.発破作業等の保安設備・要員の配置
有・無
5.換気設備等の設置
Ⅵ.工事用道路
関係
ア.施設内容 (
イ.その他 (
ア.仮設備内容 (
)
イ.引渡・引継期間 (
)
ウ.条件等 (
)
ア.構造 (枠組み足場の設置にあたっては、
「手摺
り先行工法に関するガイドライン」によること。また
幅木を設置すること。これによることが困難な場合
は、監督職員と協議すること。手摺り先行工法を使用
しない場合は、設計変更する。
)
イ.施工方法(
)
ア.設計条件 (
)
イ.その他(
)
)
1.建設発生土の利用
有・無
2.残土受入場所の指定
有・無
3.再生資材の利用
有・無
4.建設副産物の現場内再利用・減量化
有・無
5.建設副産物の処理条件
有・無
6.建設廃棄物の処理条件
有・無
23
ア.発生場所(
イ.その他 (
ア.場所・距離 (処理場内 L=0.3km
イ.処分条件 (
ウ.仮置き場所・距離(処理場内 L=0.3km
エ.保管条件 (
)
)
)
)
)
)
ア.資材名 (再生砕石、再生アスファルト合材
イ.規格
(RC40、RC40、密 As20F
ウ.使用箇所(基礎砕石、舗装復旧
)
)
)
ア.再利用等の内容 (
イ.その他 (
ア.処理資材名 (As 殻、Co 殻
イ.受入場所 (スパット北上 L=6.5km を想定
ウ.受入時間帯 (
エ.仮置き場所等 (
オ.処理条件 (搬出調書提出のこと
ア.処理資材名 (
イ.受入場所 (
ウ.受入時間帯 (
エ.仮置き場所等 (
オ.処理条件 (
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
)
7.その他 (
)
※(1)再生資源化等施設については、積算上の条件明示であり、処理施設を指定するものではない。
なお、請負者の提示する施設と異なる場合においても設計変更の対象としない。ただし、現場
条件や数量の変更等、請負者の責によるものでない事項については、この限りではない。
(2)本工事では岩手県産業廃棄物税相当額を計上していないが、必要な場合は設計変更の対象とす
る。
明 示 項 目
Ⅸ.工事支障
物件等関係
明
示
事
項
契 約 条 件 等
1.占用支障物件
有・無
2.占用物件との重複施工
有・無
Ⅹ.薬液注入関係
1.薬液注入
ⅩⅠ.その他
1.現場発生品の引渡条件
有・無
ア.電気
イ.下水道
ウ.電話
エ.水道
オ.ガス
カ.その他(
)
キ.管理者 (
)
ク.位置(
)
ケ.移設時期 (
)
コ.工事方法等 (
)
ア.電気
イ.下水道
ウ.電話
エ.水道
オ.ガス
カ.その他(
)
キ.工事内容・期間(
)
ア.設計条件・工法区分・材料種類・施工範囲等
(
)
有・無
2.現場周辺路面の融雪剤散布
※路面凍結の恐れがある場合、融雪剤を散布するこ
と。なお、融雪剤は請負者の負担とする。
3.下請調書・建設資材調書
下請調書、建設資材調書は、別途配布する電子データ
有・無 (FD)で作製し、印刷・捺印したものと FD を提出する
こと。
上記明示項目、明示事項の○印該当欄は、工事施工にあたって制約等を受けることになるので、参考のために条件を明
示する。なお、明示事項に変更が生じた場合及び明示されていない制約等が発生したときは、発注者と協議し、適切な措
置を講ずるものとする。
有・無
24
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement