取扱説明書 - M

取扱説明書 - M
L3CK
ボックス形 電力用トランスデューサ L・UNIT シリーズ
取扱説明書
形 式
近似実効値演算 3 要素形 交流電流トランスデューサ
ご使用いただく前に
このたびは、エム・システム技研の製品をお買い上げい
ただき誠にありがとうございます。
本器をご使用いただく
前に、下記事項をご確認下さい。
■梱包内容を確認して下さい
・変換器 .................................................................... 1 台
■形式を確認して下さい
お手元の製品がご注文された形式かどうか、
スペックラ
ベルで形式と仕様を確認して下さい。
L3CK
各部の名称
結線ラベル
スペックラベル
本体
●第1要素出力信号
スパン調整 ゼロ調整
L-UNIT
TRANSD
UCER
●第2要素出力信号
ゼロ調整 ●第3要素出力信号
スパン調整 スパン調整
ゼロ調整
●電源定格
・許容電圧範囲(形式によって異なりますので、スペック
ラベルでご確認下さい。)
交流電源:AC 85 ∼ 132 V、AC 170 ∼ 264 V
47 ∼ 66 Hz 約 3.5 VA
直流電源:定格電圧± 10 %
約 3.5 W(DC 24 V 時 約 146 mA)
●取扱いについて
本体の取外または取付を行う場合は、
危険防止のため必
ず、電源および入力信号を遮断して下さい。
●設置について
・屋内でご使用下さい。
・塵埃、金属粉などの多いところでは、防塵設計のきょう
体に収納し、放熱対策を施して下さい。
・振動、
衝撃は故障の原因となることがあるため極力避け
て下さい。
・周囲温度が -10 ∼ +55℃を越えるような場所、周囲湿度
が30∼85 % RHを越えるような場所や結露するような
場所でのご使用は、寿命・動作に影響しますので避けて
下さい。
●配線について
・配線(電源線、入力信号線、出力信号線)は、ノイズ発
生源(リレー駆動線、高周波ラインなど)の近くに設置
しないで下さい。
・ノイズが重畳している配線と共に結束したり、
同一ダク
ト内に収納することは避けて下さい。
●その他
・本器は電源投入と同時に動作しますが、
すべての性能を
満足するには 10 分の通電が必要です。
■ DIN レール取付の場合
本体はスライダのある方を下にして下さい。
本体裏面の上側フックを DIN レールに掛け下側を押して
下さい。
取外す場合はマイナスドライバなどでスライダを下に押
下げその状態で下側から引いて下さい。
DINレール
(35mm幅)
スライダ
■壁取付の場合(単位:mm)
● M 5 ねじ取付
60
2−M5
60
ご注意事項
取付方法
● M 4 ねじ取付
60
2−M4
50
■取扱説明書の記載内容について
本取扱説明書は本器の取扱い方法、
外部結線および簡単
な保守方法について記載したものです。
NM-1965 P1/3 初版
L3CK
接 続
各端子の接続は下図もしくは本体上面の結線ラベルを参考にして行って下さい。
外形寸法図(単位:mm)
8
16ーM3.5
端子ねじ
2ーφ5.8 または、
2ーφ4.8 取付穴 (深さ8) DINレール
(35mm幅)
取付の場合
1 2
3
4
5
6
7 8
75
35.4
端子カバー
9 10 11 12 13 14 15 16
75
112
(3.3)
・密着取付可能
端子接続図
電源側
K
k
第1
1
11 +
2
12 −
第1要素出力信号
CT
l
L
負荷側
13 +
電源側
14 −
K
k
第2要素出力信号
第2
3
15 +
4
16 −
第3要素出力信号
CT
l
L
負荷側
9 U(+)
電源側
K
k
10 V(−)
補助電源
第3
5
CT
L
l
6
負荷側
NM-1965 P2/3 初版
L3CK
点 検
雷対策
①端子接続図に従って結線がされていますか。
②補助電源の電圧は正常ですか。
端子番号⑨−⑩間をテスタの電圧レンジで測定して下
さい。
③入力信号は正常ですか。
入力値が 0 ∼ 120 % の範囲内であれば正常です。
入力端子からケーブルを外す場合は、一次 CTが焼損し
ないように、CT の二次側を短絡するか、一次側の電流
を切ってから行って下さい。
④出力信号は正常ですか。
負荷抵抗値が許容負荷抵抗を満足するか確認して下さい。
雷による誘導サージ対策のため弊社では、
電子機器専用
避雷器<エム・レスタシリーズ>をご用意致しておりま
す。併せてご利用下さい。
保 証
本器は、厳密な社内検査を経て出荷されておりますが、
万一製造上の不備による故障、または輸送中の事故、出荷
後3年以内正常な使用状態における故障の際は、ご返送い
ただければ交換品を発送します。
調 整
本器は出荷時校正済みですので、
ご注文時の仕様通りに
ご使用になる限りは、調整の必要はありません。
ただし接続機器との整合をとる場合や定期校正時には、
下
記の要領で調整して下さい。
■調整方法
校正の場合は本器の基準精度に対し、
十分精度を有する
信号源および測定器を使用し、電源投入後 10 分以上経過
してから行って下さい。
①模擬入力信号を 0 % 相当値に設定し、ZERO で出力を
0 % に合わせます。
②模擬入力信号を 100 % 相当値に設定し、SPAN で出力
を 100 % に合わせます。
③再び、模擬入力信号を0 %相当値に設定し、ゼロ出力を
確認して下さい。
④ゼロ出力がずれているときは、
①∼③の操作を繰返して
下さい。
⑤第 2・3 要素出力についても、同様に校正して下さい。
保 守
定期校正時は下記の要領で行って下さい。
■校 正
10 分以上通電した後、入力信号を 0、25、50、75、
100 %順で本器に与えます。このとき出力信号がそれぞれ
0、25、50、75、100 % であり、規定の精度定格範囲内で
あることを確認して下さい。
出力信号が精度定格範囲から
外れている場合は、
調整の項目で指示した内容に従って調
整して下さい。
NM-1965 P3/3 初版
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement