あなたの3Doodlerの知識を高めましょう 3Doodlerは常に風通しの良い

あなたの3Doodlerの知識を高めましょう 3Doodlerは常に風通しの良い
使用説明書
日本語版
®
警 告
• 本製品はやけどの危険があります。
3Doodlerのノズルと先端のゴム部分は非常に
熱くなります。ノズルや先端のゴム部分、そ
れらに近い部分、溶けたプラスチックフィラ
メントには触れないでください。やけどを負
う危険があります。また、ノズルやゴムカバ
ーの先端に可燃物を近づけたり、接触させな
いでください。また、使用時には近辺にいる
人に、この商品は熱くなる為、触れてはいけ
ない事を知らせてください。ご使用後、保管
時には電源をにしてプラグを外してください
。また、ノズルとゴムカバーを完全に冷やし
てから保管してください。熱い状態でノズル
やゴムカバーに直接触れると、被着面に損害
を与える可能性があります。
• クリーニング・ツールは使用すると大変熱くな
ります。
クリーニング・ツールを使用して清掃し
た後は、
クリーニング・ツールの金属部には絶
対に触れないでください。重度の火傷を負う
危険性があります。
• 万が一、3Doodlerから黒や茶色の煙が発生し
た場合は、すみやかに使用を中止してくださ
い。そのまま使い続けると火災など思わぬ事
故の原因となる恐れがあります。
この場合には[email protected]
にお問い合わせください。
• 大人だけが使用してください。子供の手の届
かないところでご使用ください。
警告:3Doodlerをバスタブ、
シャワー、洗面器、
その他水の入った容器の近くなど、湿気・水気
のある場所で使用しないでください。感電に
より死に至る可能性があります。
3Doodlerは、純正のプラスチックフィラメント
やキットを使用してください。間違った使用や
純正以外のプラスチックフィラメントなどを使
用すると、ペンの故障や思わぬ事故、危険物質
の吸引などにつながり大変危険です。また、
こ
の場合、商品の保証対象外となります。
注 意
端をハサミで切り取って下さい。
一度使用したプラスチックフィラメントを再度使
用する場合、
プラスチックフィラメントの溶けた
先端をカットし、
取り除いてください。
そのまま
使用すると詰りや故障の原因となります。
3Doodlerの後ろからプラスチックフィラメントを
無理に引っ張らないでください。ペンの故障の
原因になり、保証対象外になります。
プラスチッ
クフィラメントを戻したい場合は、取扱説明書の
ページ
【4】
を参照ください。
低温度のプラスチックフィラメント(PLAや
WOODなど)から高温度のプラスチックフィラ
メント(ABS やFLEXYなど) に変更時、ペン内
部に残ったプラスチックフィラメントから少量
の煙が発生する場合があります。
これは低い
溶解温度の材料から高い溶解温度の材料に
適用する為に起こります。
更に情報が必要な場合、
カスタマーサービスへアクセスは
[email protected]へお問い合わせください。
3Doodler を使う時が来ました!
あなたは誇りある3Doodlerの所有者です。3Doodlerはあなたの手に
創造の力を与え、素早く、簡単に3Dの物体を描くことが出来ます。
#WhatWillYouCreate?
最新情報、
テクニック、
アイデア、無料でダウンロードできるテンプレー
ト素材などは、公式サイトをご覧ください。
http://the3doodler.jp/community
TM
あなたの3Doodlerの知識を高めましょう
1
7
ゴムカバー
2
3
4
5
8
LED LEGEND:
赤点灯:
加熱中
(お待ちください)
青:高温(例:ABS,
FLEXY)
(230°C ∼ 240°C)
緑:低温(例:PLA,
WOOD)(190°C ∼
200°C)
点滅:フィラメント
逆行
9
10
11
6
12
13
14
※イメージイラストは実際の商品と若干、異なる場合があります。
ノズル
押し出し速度
コントロール(速)
押し出し速度
コントロール(遅)
冷却ファン
LEDインジケーター
電源コード
メンテナンスカバー
1
2
3
4
5
6
7
クリーニングツール
ON/OFF スイッチ&高/低温
度制御
温度調節器
制御ポート
プラスチック/フィラメント挿
入口
ミニ・スクリュードライバー
ノズル取外し用ツール
8
9
10
11
12
13
14
3Doodlerは常に風通しの良いところで使用してください。
3Doodler 2.0 のご使用方法
ステップ 1: 3Doodler 2.0 をACアダプタに接続する。
ACアダプタをコンセントに接続し、
プラグを3doodler後部に接続して
ください。
注意:3DoodlerジェットパックTMをお持ちの方は、同じく
3Doodler後部にプラグを接続して使用することができます。
HI
ステップ 2: ペンの電源を入れ、
プラスチ
ックフィラメントを選ぶ。
OFF LO
使用するプラスチックフィラメントのタイプ
に応じた電源をいれます。ABSやFLEXYの
ような高温のプラスチックフィラメントに対
してはスライド・スイッチをHI(高温)にセッ
トしてください。PLAやWOODのような低
温度のプラスチックフィラメントを使う場合
はLO(低温)にセットしてください。
ステップ 3: プラスチックフィラメントを挿入する前に3Doodlerを
加熱させてください。
3Doodlerを加熱するのに約1分半かかります。
その間、LEDインジケ
ータは赤く点灯し、ペンは使用できません。正しい溶解温度になり、
ペンが使用できる状態となったら、LEDインジケータは青(HI)か緑
(LO)に変わります。
青=HI (高温)(加熱温度は230∼240℃)
緑=LO(低温)(加熱温度は190∼200℃)
ステップ 4: プラスチックフィラメントの挿入
プラスチックフィラメントを、ペンの後部にある挿入口 12 から、ペン内
部のギアにしっかりはまり込むまで送り込んでいきます。
注意:プラスチックフィラメントがペンの内部にあるギアで固定
されていないと感じたら、やさしく時計回りにひねり、3Doodler
のシャフトに押し込んでください。
12
12
プラスチックフィラメント
ステップ 5: 押し出す/スピードを選択する
お好みのスピードボタン(速 2 もしくは遅
3
3)を押し続け、ペン先から溶けたプラスチ
ックが出てくるのを待ちます。
スピードボタ
ンを離すと、
プラスチックの押し出しがストッ
プします。
使用中にペンが止まりLED が赤に再点滅し
た場合は、最適な加熱温度に調整している
状態となります。LEDが適切な色に再び変わ
るまでお待ちください。
2
3
注意:5分間放置した場合、
自動的に電源が切れます。続け
てご利用される場合は、いずれかのボタンを押すか、
または
電源をオフにした後に再びオンにしてください。
プラスチックフィラメントが送り出されない場合は、そのプラスチック
フィラメント A が残り短くなった為、送り出しギア部分を超えている
可能性があります。
この場合は、逆行させて取り出すことができません
ので、新しいプラスチックフィラメント B をご使用いただくか、
クリー
ニング・ツールをつかって、残りのプラスチックフィラメントを押し出し
てください。その際、
クリーニング・ツールがギアに届いていると感じる
まで、やさしく時計回りに回してください。
注意:
(参考)ギアボックスとノズルの距離は1インチ以下です。
A
B
ステップ 6: 自動押し出しの方法
押し出しボタンを押すことなくプ
ラスチックフィラメントを自動で
押し出し続けられるようにセット
する事ができます。好きな押し出
しスピード(速 2 もしくは遅 3 )
をダブルクリックすると、1
0分間、
プラスチックフィラメン
トが押し出され続けます。
X2
自動押し出しをストップするには、
速 2 か遅 3 のいずれかのボ
タンをクリックしてください。
3
2
自動押し出しを一時停止する場合は、速( 2 か遅 3 のいずれかのボ
タンを長押してください。指を離すと連続動作が再開します。
注:自動押し出しを再開した後の速度は、
どちらのボタン
(速
か遅か)で一時停止していたかで変更されます。速で停止させた
場合は速で再開、遅で停止させた場合は遅で再開します。再
開後は、改めて10分間の自動押し出しで再スタートします。
ステップ 7: プラスチックフィラメントを取り外す/逆行させる
プラスチックフィラメントを取り外すために:
1. 3doodlerが、
ご使用のプラスチックの適正温度を示しているか確認
してください。:
HI (高) = LED 青インジケーター
LO(低) = LED 緑インジケーター
それ以外の場合は、いずれかの押し出
しボタンを押して、3Doodler が再度加
熱するのをお待ちください。
3
2
2. 速 2 と遅 3 の両方の押し出しボ
タンを同時に長押してください。LEDイ
ンジケーター 5 が点滅し、
プラスチッ
クフィラメントが逆行します。
3. プラスチックフィラメントが挿入口か
ら出て動きを止めたら、12 からそっと
取り出してください。
ステップ 8: 電源を切る
9 にしてください。
使用後は必ず電源をOFF(9)
保管する前にペンを完全に冷却してください。
上級テクニック: 溶解の温度を調整する
方法。
ミニ・スクリュー・ドライバーを使い、13
フィラメントの押し出しの微調整をする
事ができます。+/-5°Cに回してください。
温度調整の穴 10 にミニ・スクリュー・ド
ライバーを差し込んで下さい。温度を上
げるには、時計回りに回し、温度を下げる
には、反時計回りに回してください。
13
10
注意: 3Doodlerは頑丈に設計されていますが、精密機器の為、
長時間の使用は故障の原因となります。連続して2時間使
用した際は、約30分休ませてください。
トラブル時のメンテナンスとクリーニングについて
プラスチックフィラメントの押し出しが遅かったり、止まったり、挿入に
問題がある場合は、
プラスチックフィラメントをゆっくり時計回りに回
転させながら下に押し出してください。
ノズルがゆるんでいる場合は、やさしくそれを締めて、抵抗を感じたら
締めるのを止めて下さい。必ずペンが熱い間に行うようにしてくださ
い。再度、押し出しを試みてください。
警告:ノズルに力を入れたり、締め付けすぎにご注意下さい。本体の破
損の原因になります。
時計回りに回す
それでも改善されない場合は、以下の手順で3Doodlerをクリーニング
してください。
1. LEDライトが青か緑であることを確認してください。
(ペンが熱いと
いうことを示しています。
)
2. ノズルツール 14 を使用します、ペンが熱
い間にノズルを反時計回りに外してくださ
い。
この際、
ノズル及びペン先部分は大変熱
くなっていますので、絶対に触れないように
ご注意下さい。
ノズル取外し用ツールを使って、
ノズルを反時計回りに
回してください。
3. 一旦ノズルを取り除いたら、速 2 か遅
3 のスピードボタンのどちらかを押してく
ださい。
どちらかのボタンを長押ししながら、
ペンの後ろからクリーニング・ツール 8
14
を挿入し、ペンの前面から余ったプラスチッ
クフィラメントをゆっくり押してください。
クリーニングツールがギアシ
ステム部分に届いたと感じるまでやさしく時計方向に回してください。
A
B
4. ペンの温度を下げる為、一度ペンの電源を切って下さい。その状態
で、数回ノズルを時計方向に回し、仮締めして下さい。再び過熱の為に
電源を入れてLEDが青か緑になったら、
ノズルがしっかりと止まるまで
締めてください。
警告:ノズルを強く押さえたりキツく締め付けないでください。
3Doodler の破損の原因となります。
5. もし、上記の方法でも問題が解決しない、
または3Doodlerの中に詰
まりが発生している場合は、以下の手順でメンテナンス・カバーを外し
てください。
A) この作業を始める前に、LEDライトが青か緑であることを確認し
てください。
(ペンが熱いということを示しています)
B) メンテナンス・カバーは、金属板で固定されています。ピンセット
やドライバーなどを使用して、
メンテナンスカバーの金属板を押
し出して取り外してください。金属板が半分以上出たら手で取り出
し、
メンテナンスカバーを外してください。
7
7
C) LEDライトが青か緑かであることを確認し、ピンセットなどを使っ
てプラスチックフィラメントをペン先に向かって引っ張ります。
プラスチックフィラメントがペン先から外れ、先が見えてきたら
その部分から取り出します。
プラスチック
フィラメント
D) およそ35度の角度で(図を参照)
メンテナンスカバーを差し込み、
元の位置に戻るまで押し込みます。
E)
ペンのメンテナンスカバーを押しながら、金属板を押し込んで下
さい。
金属板の曲がった突出部分が、ペン側に向いていることを確認し
ます。
警告:金属の棒を間違った向きで挿入しないでください。破
損の原因となります。。
35°
F)
金属板がメンテナンスカバーにしっかりと収まるように、ピンセッ
トかドライバーを使用して下さい。
上手に入って行かない場合、
メンテナンスカバー中心にある穴か
ら、金属板が挿入されているか確認して下さい。
メンテナンスカバーの取外しや元に戻す方法についてビデオを
ご覧になりたい方はトラブルシューティング
the3Doodler.jp/troubleshooting をご確認ください。
仕様
Output Power: 6W
Output Voltage: 5V
Input Voltage: 5V
仕様は通知なしに変更し、改良される場
合があります。
お手入れとメンテナンス
3Doodlerのお手入れやメンテナンス、使い方についてアドバイスが欲
しい方はウェブサイトをご参照ください:the3Doodler.jp
また、万が一、商品にトラブルが発生した場合にはトラブルシューティ
ング the3Doodler.jp/troubleshooting をご覧ください。
品質保障について
品質保障についての更なる詳細を知りたい方は
the3Doodler.jp/warranty をご覧ください。
その他の内容に関しては公式ウェブサイト
http://the3doodler.jp/ を参照ください。
特許出願中
3Doodlerは子供向けのおもちゃではありません。大人限定の商品で
す。子供の手の届かないところで管理してください。
このマークは、
この商品が他の家庭用ゴミと一緒に廃棄でき
ないことを表示しています。放置されたゴミで環境や人の健
康に害を与えることが無いようにするために責任を持ってリ
サイクルし、持続可能な物質資源の再使用を促進します。
3Doodler, DoodleStand, JetPack, StrandStand及び
“#WhatWillYouCreate?”はワブルワークス社が所有する商標です。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement