(仮称)新倉吉福祉センター建設工事(建築主体)

(仮称)新倉吉福祉センター建設工事(建築主体)
( 仮称 ) 新倉吉福祉セ ン タ ー建設工事 ( 建築主体 )
図面№
T I TLE
図面名称
図面№
図面名称
図面№
図面名称
図面№
図面名称
図面№
図面名称
A- 0 1
特記仕様書 ( 1 )
A- 2 1
断面詳細図 ( 6 )
A- 4 1
2 階展開図 ( 1 )
S-01
構造特記仕様書
S-21
母屋割付及び取 り 付け詳細図
A- 0 2
特記仕様書 ( 2 )
A- 2 2
昇降路平面図及び E V断面詳細図
屋外階段断面詳細図
各階準耐火壁及び遮音壁概要図
A- 4 2
2 階展開図 ( 2 )
S-02
鉄筋 コ ン ク リ ー ト 造配筋標準図 ( 1 )
S-22
胴縁割付及び取 り 付け詳細図
A- 0 3
特記仕様書 ( 3 )
A- 2 3
建具伏図 ・ 防災図
A- 4 3
2 階展開図 ( 3 )
S-03
鉄筋 コ ン ク リ ー ト 造配筋標準図 ( 2 )
S-23
階段詳細図
A- 0 4
特記仕様書 ( 4 )
A- 2 4
建具 リ ス ト 1 ( 木製建具 )
A- 4 4
2 階展開図 ( 4 )
S-04
鉄骨構造標準図 ( 1 )
A- 0 5
特記仕様書 ( 5 )
A- 2 5
建具 リ ス ト 2 ( 金属製建具 ・ 共通事項 )
A- 4 5
2 階展開図 ( 5 )
S-05
鉄骨構造標準図 ( 2 )
G- 0 1
外構図
A- 0 6
配置図
A- 2 6
1 階天井伏図
A- 4 6
各部詳細図
S-06
G- 0 2
各部断面詳細図
A- 0 7
敷地面積算定 ・ 地盤面算定
A- 2 7
2 階天井伏図
A- 4 7
日陰図
S-07
柱脚標準図
G- 0 3
自転車置場設計図
A- 0 8
求積図 ・ 面積表
A- 2 8
1 階平面詳細図 ( 1 )
S-08
柱型標準図
G- 0 4
歩廊棟設計図
A- 0 9
外部仕上表 ・ 共通事項
A- 2 9
1 階平面詳細図 ( 2 )
EV - 0 1
エ レベー タ ー詳細図 ( 1 )
S-09
杭頭補強標準図
G- 0 5
倉庫棟−意匠図 ( 1 )
A- 1 0
内部仕上表
A- 3 0
1 階平面詳細図 ( 3 )
EV - 0 2
エ レベー タ ー詳細図 ( 2 )
S-10
杭伏図
G- 0 6
倉庫棟−意匠図 ( 2 )
A- 1 1
1 階平面図
A- 3 1
1 階展開図 ( 1 )
EV - 0 3
エ レベー タ ー詳細図 ( 3 )
S-11
基礎伏図 ・ 基礎 リ ス ト
G- 0 7
倉庫棟−構造図
A- 1 2
2 階平面図
A- 3 2
1 階展開図 ( 2 )
EV - 0 4
エ レベー タ ー詳細図 ( 4 )
S-12
地中梁 リ ス ト
G- 0 8
現況図 ・ 工事施設図 ・ 撤去図
A- 1 3
立面図 ( 1 )
A- 3 3
1 階展開図 ( 3 )
S-13
2 S L 伏図 ・ 1 階柱 ・ 2 階梁 リ ス ト
G- 0 9
撤去 リ ス ト
A- 1 4
立面図 ( 2 )
A- 3 4
1 階展開図 ( 4 )
S-14
R S L 伏図 ・ 2 階柱 ・ R 階梁 リ ス ト
A- 1 5
断面図
A- 3 5
1 階展開図 ( 5 )
S-15
軸組図 ( 1 ) 1 − 4 通
A- 1 6
断面詳細図 ( 1 )
A- 3 6
1 階展開図 ( 6 )
S-16
軸組図 ( 2 ) A − E 通
A- 1 7
断面詳細図 ( 2 )
A- 3 7
1 階展開図図 ( 7 )
S-17
継ぎ手 リ ス ト 表
A- 1 8
断面詳細図 ( 3 )
A- 3 8
2 階平面詳細図 ( 1 )
S-18
鉄骨詳細図 ( 1 )
A- 1 9
断面詳細図 ( 4 )
A- 3 9
2 階平面詳細図 ( 2 )
S-19
鉄骨詳細図 ( 2 )
A- 2 0
断面詳細図 ( 5 )
A- 4 0
2 階平面詳細図 ( 3 )
S-20
鉄骨詳細図 ( 3 )
Q L デ ッ キ標準図
NAME
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
タ イ ト ル ・ 図面 リ ス ト
00
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
1
一
般
共
通
事
項
Ⅰ .工 事 概 要
1 .工 事 場 所 倉 吉 市 福 吉 町
2 .敷 地 面 積 3, 04 1 .3 ㎡
9
3 .地 域 地 区 都 市計 画地域 ( ・内 ・外 ) 市 街化調 整区 域
7
材料の品質等
本工事に使用する材料・機材等は、設計図書に定める品質及び性能を有するもの又は同等のものとする。
(1.4.2)
ただし、製造業者等が記載されている場合に同等品を使用する場合は、あらかじめ監督職員の承諾を受け
る
JIS又はJASマーク表示のない材料及びその製造業者等又は、別表に示す材料・機材等の製造業者等
は、次の(1)から(6)すべての事項を満たすものとし、この証明となる資料又は外部機関が発行する
品質及び性能等が評価されたことを示す書面を提出して監督職員の承諾を受ける
(1)品質及び性能に関する試験データが整備されていること
番号 名 称 工事種別 構 造 階数 建築面積(㎡) 延べ面積(㎡)
倉吉福祉センター棟
新築
鉄骨造
2
681.91
1,192.12
倉庫棟
歩廊棟
新築
木造
1
74.87
46.37
新築
アルミニウム造
1
34.41
-
自転車置場棟
新築
1
鉄骨造
10 化学物質の濃度測定
(1.5.9)
10.33
図示した室のホルムアルデヒド、スチレン、トルエン、キシレン、エチルベンゼンの室内濃度を測定し、
厚生労働省が定める指針値以下であることを確認し、監督職員に報告するパッシブ型採取機器を用いて、
次の要領で測定及び分析を行う
・ パラジクロロベンゼン
①30分間換気
1
②5時間閉鎖
①の後、測定対象室すべての窓及び扉を5時間閉鎖する。ただし、造り付け家具、押し入れ等の収納
(4)法令等で定める許可、認可、認定又は免許を取得していること
部分の扉は開放したままとする
※ 工事表示板 ・ お願い表示板
900
ロ 測定時間は、原則として24時間とする。ただし、工程等の都合により、24時間測定が行えな
い場合は、8時間測定とする。なお、8時間測定の場合は、午後2時∼3時が測定時間帯の中央
床型枠用鋼製デッキプレート
オーバーヘッドドア
鉄骨柱下無収縮モルタル
防水剤
無収縮グラウト材
現場発泡断熱材
④分析
平成○○年○月工事完成予定
工事名 ○○○○○○新築工事
構造・規模 ○○○○○造 ○階建
延べ面積○○○○m2
工事期間 平成○年○月から○年○月まで
設計者 ○○○○○○設計
監理者 ○○○○○○設計
となるよう、10時30分∼18時30分までの時間帯で測定する
ハ 測定回数は1回とし、複数回の測定は不要とする
測定対象化学物質を採取したパッシブ型採取機器を分析機関に送付し、濃度を分析する
簡単なパース、又は立面図を掲載する
(拡大カラーコピーを張り付けてもよい)
移動間仕切
トイレブース
吸水調整材
煙突用成形ライニング材
アルミニウム製建具
天井点検口
鋼製建具
床点検口
※ 工事記録写真
カラーサービス判
各工種の工程毎
2部
・ 24× 36以上
1.書体は角ゴシックとする。
鋼製軽量建具
グレーチング
※ 完成写真
カラーサービス判
・ 内部各室1箇所
2部
・ 24× 36以上
2.お願い表示板は平易な表現及び内容とし、
官房官庁営繕部制定「公共建築改修工事標準仕様書(建築工事編)(平成22年版)」(以下「改修標準仕様書」という。)
ステンレス製建具
屋上緑化システム
・ 外部 箇所
2部
・ 24× 36以上
監督職員が指示するものとする。
による。
錠前類
トップライト
・ カラーキャビネ判
・ 内部 箇所
部
・ 24× 36以上
クローザ類
エポキシ樹脂
・ 外部 箇所
4
部
2
・ 24× 36以上
自動扉機構
タイル部分張替え用接着剤
・ パネル
カラー
・ 四ッ切 箇所
1
2部
・ 100×125以上
施工者 ○○○○○建設
連絡先昼間 ○○−○○○○
夜間 ○○−○○○○
現場責任者 ○○ ○○
⑤その他
監督職員から測定方法に関する注意事項等の指示を受けること
11 完成写真
自閉式上吊り引戸機構
ポリマーセメントモルタル
重量シャッター
既成調合目地材
軽量シャッター
鋳鉄製ふた
分類・規格
撮影箇所
部数
・ 半切 箇所
原版の大きさ(mm)
記入要領
・ 24× 36以上
4
工事用水
構内既存の施設 ※ 利用できない ・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 )
5
工事用電力
構内既存の施設 ※ 利用できない ・ 利用できる( ※ 有償 ・ 無償 )
6
工事用仮設物
・ 電子データ及びネガの提出[完成写真] ( ・ 要 ・ 不要)
8
特別な材料の工法
標準仕様書に記載されていない特別な材料の工法は、当該製品等の指定工法による
構内既存の施設 ・ できる ・ できない
7
工事現場の
9
技能士
下表により適用する技能士は、適用する工事作業中、1名以上の者が自ら作業をするとともに、他の技
(1.5.2)
能者に対して、施工品質の向上を図るための作業指導を行うこと
・印のつかない場合は、※印のついたものを適用する。
イメージアップ
・印と※印のついた場合は共に適用する。
(3) 項目に記載の( )内表示番号は、標準仕様書の当該項目、当該図又は当該表を示す。[ ]内表示番号は、改
修標準仕様書の当該項目、当該図又は当該表を表す。
(4) G印は、「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」(以下「グリーン購入法」という。)の特定調達品目を示す。
12 完成時の提出図書
(1.7.1∼2)
下記のものを監督職員に提出する
・ 原図A1版又はA2版(設計図の第2原図訂正不可) 部
1
(技能士:職業能力開発促進法による一級技能士又は単一等級の資格を有する者)
・ CADデータ 部
1
また、その技能士はその者が技能士であることがわかる名札(下図参考)を常時着用すること
・ 原図の陽画複写紙の2つ折製本 部
3
3
土
工
事
・ 原図の縮小版の陽画複写紙の2つ折製本(A4版) 部
2
判断の基準は「環境物品等の調達の推進に関する基本方針(平成22年2月)」(環境省のホームページからダウンロード可
能)による。
工事種目
(5) 標準仕様書で「特記がなければ、」以降に具体的な材料・品質性能・工法・検査方法等を明示している場合において、それら
が関係法令の改正等により(条例を含む)抵触する場合には、関係法令等の遵守(1.1.13)の規定を優先する。
(6) 材料及び製造所等の記載は順不同である。
技能検定職種
※ 建築工事標準詳細図 国土交通省大臣官房官庁営繕部整備課監修(平成22年版)(以下「標準詳
細図」という)
埋戻し及び盛土
表3.2.1 埋戻し土 種別 ・ A種 ※ B種 ・ C種 ・ D種
(3.2.3)
・ 建設汚泥から再生した処理土 G
D種の場合は必要に応じて「セメント及びセメント系固化材を使用した改良
土の六価クロム溶出試験実施要領(案)」により、監督職員と協議の上、六
価クロム溶出試験を行う
とび
・ とび作業
鉄筋工事
鉄筋施工
・ 鉄筋組立作業
完成図の種類及び内容
コンクリート工事
型枠施工
・ 型枠工事作業
・ 案内図・配置図・面積表 : 配置図には外構整備、屋外給排水系統図含む(BMの表示)
コンクリート圧送施工
・ コンクリート圧送工事作業
・ 平面図 : 室名、耐震壁(防火壁)、避難施設等を表示する
D種の場合は必要に応じて「セメント及びセメント系固化材を使用した改良
鉄工
・ 構造物鉄工作業
・ 立面図 : 外壁仕上等を表示する
土の六価クロム溶出試験実施要領(案)」により、監督職員と協議の上、六
とび
・ とび作業
・ 断面図 : 階高、天井高等を表示する
ブロック建築
・ コンクリートブロック工事作業
・ 仕上表 : 屋外、屋内(各階)の仕上表を表示する
・ 鉄骨工事
特 記 事 項
・ 複写 縮小版A3バラ焼 部
技能検定作業
1
仮設工事
コンクリートブロック・ALC
パネル・押出成形セメント板工事
ALCパネル施工
・ ALCパネル工事作業
防水工事
防水施工
・ アスファルト防水工事作業
※ 建築工事監理指針(上巻・下巻) 国土交通省大臣官房官庁営繕部監修(平成22年版)
・ ウレタンゴム系塗膜防水工事作業
※ 工事写真の撮り方(改訂第三版)建築編 建設大臣官房官庁営繕部監修
・ アクリルゴム系塗膜防水工事作業
・ ・ 合成ゴム系シート防水工事作業
・ ・ 塩化ビニル系シート防水工事作業
・ ・ セメント系防水工事作業
13 施工図及び施工計画書
工事の施工に伴い必要な官公署、その他への手続き、検査並びにその費用は、本工事請負者の負担とする
14 設備工事との取り合い
・ 建設汚泥から再生した処理土 G
価クロム溶出試験を行う
2
建設発生土の処理
※ 構外指示の場所に処分
(3.2.5)
・ 構内指示場所に敷き均し
提出した施工図及び施工計画書の著作に係わる当該建物に限る使用権は、発注者に移譲するものとする
設備機器の位置、取り合い等が検討できる施工図を提出して、監督職員の承諾を受ける
設備工事との取り合い
・ コンクリート壁、床、梁貫通部
・ 改質アスファルトシートトーチ工法
(1.1.3)
盛土 種別 ・ A種 ※ B種 ・ C種 ・ D種
・ 構内指示場所に堆積
(1.7.2)
・ シーリング防水工事作業
官公庁その他への手続
TEL ○○−○○○○
・ 電子データ及びネガの提出[工事記録写真] ( ・ 要 ・ 不要)
(2) 特記事項は・印のついたものを適用する。
適用基準等
施工者 ○○○○○○建設
連絡先 TEL ○○−○○○○
発注者 ○○○○○○○
連絡先 ○○○○○○○
・ 全紙 箇所
・ (1) 項目は番号に○印のついたものを適用する。
項 目
現在の進捗率○○%
事業協力のお願い
工事期間中は、ご迷惑をおかけしますが、ご理解と
ご協力よろしくお願いします。
発注者
○○○○○○○
連絡先 ○○−○○○○
下記のものを監督職員に提出する
区 分
事業の目的
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
1,600
可動間仕切
ルーフドレン
2.特記仕様
・ 防水工事作業
建 築
電 気
機 械
補強
※
・
・
スリーブ・箱入れ
※
・
※
・
4
地
業
工
事
1
共通仕様
試験杭 ( )本 位置は構造図による
(4.2.2)
地盤の平板載荷試験 ※ 行わない
(4.2.4)
・ 行う ( )箇所
位置、深さ、対象地盤及び最大載荷荷重は構造図による
試験の方法、報告書の記載事項等は構造図による
・ FRP防水工事作業
・ 鉄骨造の開口及び補強
・
※
電気保安技術者
工事現場におく電気保安技術者は、鳥取県総務部営繕工事自家用電気工作物保安規定第5条に定める工事
石工事
石材施工
・ 石張り作業
・ 照明器具・幹線等の吊りボルト用インサート(釘処理共)
・
※
・
(1.3.3)
担当技術者の職務を補佐し、当該工事の工事期間中自家用電気工作物の保安の業務を行うものとする。
タイル工事
タイル張り
・ タイル張り作業
・ 軽量鉄骨壁のボックス取付用下地
・
※
・
地業
※ 遠心力高強度プレストレストコンクリート杭(PHC杭)
木工事
建築大工
・ 大工工事作業
・ 埋込分電盤・端子盤・プルボックスの
仮枠
・
※
・
(4.3.2∼7)
・ 外殻鋼管付きコンクリート杭(SC杭)
工事安全計画書
建築工事安全施工技術指針及び建設公衆災害防止対策要綱を参考に、工事安全計画書を監督職員に提出す
屋根及びとい工事
建築板金
・ 内外装板金作業
仮枠及び埋込部分の補強
補強
※
・
・
・ プレストレス鉄筋コンクリート杭(PRC杭)
(1.3.7)
る
スレート施工
・ スレート工事作業
・ OAフロア・フリーアクセスフロアの切込み及び補強
※
・
・
・
内装仕上施工
・ 鋼製下地工事作業
・ 埋込型機器取付用の天井
切込
・
※
※
建築板金
・ 内外装板金作業
壁の切込加工、下地の補強
補強
※
・
・
金属工事
発生材の処理等
・ 引き渡しを要するもの( )
(1.3.8)
・ 現場において再利用を図るもの( )
左官工事
左官
・ 左官作業
・ 自動開閉装置を取付ける防火戸の切込み、補強及び
・ 再生資源化を図るもの
建具工事
サッシ施工
・ ビル用サッシ施工作業
ドアクローザ、フロアヒンジ
※
・
・
ガラス施工
・ ガラス工事作業
・ 電気室、自家発電室などの基礎及びピット(蓋を含む)
※
・
・
自動ドア施工
・ 自動ドア施工作業
・ テレビアンテナ
基礎
※
・
・
アンカーボルト
・
※
・
※
・
・
屋内・屋外設置
・
※
※
屋上設備
※
・
・
・ コンクリート塊 ・ アスファルトコンクリート塊 ・ 建設発生木材
環境への配慮
化学物質を放散させる建築材料等
カーテンウォール施工
・ 金属製カーテンウォール工事作業
(1.4.1)
本工事の建物内部に使用する建築材料等は、設計図書に規定する所要の品質及び性能を有すると共に、次
カーテンウォール工事
サッシ施工
・ ビル用サッシ施工作業
・ 天井点検口
の1)から5)を満たすものとする
ガラス施工
・ ガラス工事作業
・ 機器類のコンクリート基礎
1)合板、木質系フローリング、構造用パネル、集成材、単板積層材、MDF、パーティクルボード、そ
塗装工事
塗装
・ 建築塗装作業
の他の木質建材、ユリア樹脂板、仕上げ塗材及び壁紙はホルムアルデヒドを放散させないか、放散が
内装工事
内装仕上施工
・ プラスチック系床仕上工事作業
極めて少ないものとする
・ カーペット系床仕上作業
2)保温材、緩衝材、断熱材はホルムアルデヒド又はスチレンを放散させないか、放散が極めて少ないも
15 設計GL
※ 図示による ・ ( )
16 耐荷重及び耐外力
建築基準法に基づき定められた区分等
2
既製コンクリート杭
材料
符号
杭径
杭長(m)
(㎜)
継手数
本数 コンクリート強度 長期設計支持力
及び種別
(N/m㎡)
備考
(kN/本)
試験杭
図示
図示
7.0m
0
2
図示
図示
図示
図示
7.0m
0
23
図示
図示
本杭
・ ボード仕上工事作業
表装
・ 壁装作業
3)接着剤はフタル酸ジ−n−ブチル及びフタル酸ジ−2−エチルヘキシルを含有しない難揮発性の可塑
のとする
排水工事
配管
・ 建築配管作業
基準風速 Vo= m/s
30
SC杭の鋼管 ・ SKK400 ・ SKK490 ・ STK400 ・ STK490
剤を使用し、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンを放散さ
舗装工事
路面表示施工
・ 溶解ペイントマーカー工事作業
地表面粗度区分 ・ Ⅰ ・ Ⅱ ・ Ⅲ ・ Ⅳ
SC杭の板厚 ※ 構造図による
・ 加熱ペイントマシンマーカー工事作業
積雪区分 建設省告示第1455号 別表( )
PHC杭の種別 ・ A種 ・ B種 ・ C種
せないか、放散が極めて少ないものとする
4)塗料はホルムアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンを放散させないか、放散がきわめて
少ないものとする
植栽工事
造園
・ 造園工事作業
畳工事
畳
・ 畳製作作業
PRC杭の種別 ・ Ⅰ種 ・ Ⅱ種 ・ Ⅲ種 ・ Ⅳ種
17 保全に関する資料
5)1)、3)及び4)の材料等を使用して作られた家具、書架、実験台その他の什器等は、ホルムアル
(1.7.3)
《技能士名札参考図》
デヒドを放散させないか、放散が極めて少ないものとする
また、設計図書に規定する「ホルムアルデヒド放散量」は、次のとおりとする
ホルムアルデヒド放散量 規制対象外
□ 技 能 士
該当する建築材料
①JIS及びJASのF☆☆☆☆品
55 mm
6
1,200
御通行中の皆様へ
建 築 工 事 中
既成調合モルタル
すること。
5
表示板
透水・保水性床タイル及びブロック
(3) 電気及び機械設備工事を本工事に含む場合、電気及び機械設備工事はそれぞれの工事仕様書を適用する。
4
備品等は、監督職員の指示を受けて設置すること
フリーアクセスフロア
(2) 請負者は完了検査(中間検査含む)の検査には、特定行政庁(建築主事等)が求める検査に必要な資料等(報告書等)を用意
3
※ 設ける ㎡ ・ 設けない
(2.3.1)
乾式保護材
工事編)(平成22年版)」(以下、「標準仕様書」という。)による。ただし、アスベスト成形板の処理等は、国土交通省
2
監督職員事務所
イ ②の状態のままで測定する
にあっては、システムの構築能力があり、現場で施工体制が整えられていること)
(1) 図面及び特記仕様書に記載されていない事項は、すべて国土交通省大臣官房官庁営繕部制定「公共建築工事標準仕様書(建築
1
設置においては「手すり先行工法による足場の組立て等に関する基準」の2の(2)手すり据置方式又
③測定
別表
1.共通仕様
1
一
般
共
通
事
項
足場を設ける場合は、公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成22年版2.2.4(b)によるほか、
(2.2.4)
は(3)手すり先行専用足場方式により行うこと
2
3
(3)安定的な供給が可能であること
(6)販売、保守等の営業体制が整えられていること(なお、システムとして機能するもの
Ⅱ.建築工事仕様
章
足場その他
分間換気する
(5)製造又は施工の実績があり、その信頼性があること
10.33
2
仮
設
工
事
測定対象室のすべての窓及び扉(造り付け家具、押し入れ等の収納部分の扉を含む)を開放し、30
(2)生産施設及び品質の管理が適切に行われていること
用途 地域 等 ( 第一
種 住居地
域 ・ 近 隣商業
地 域 )
4 .建 物 概 要
1
2
3
4
1
一
般
共
通
事
項
1,200
建 築 工 事 仕 様 書
②建築基準法施行令第20条の7第4項による国土交通大臣認定品
③下記表示のあるJAS適合品
a.非ホルムアルデヒド系接着剤使用
b.接着剤等不使用
写真 (30×40)
c.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない材料使用
職 種
級 別
氏 名
血液型
勤務先
自 宅
技能士の種別
先端部材形状 ※ 開放形 ・ 閉そく平たん形
・ 保証書
ネガティブフリクション対策
発行 ○○○○○○○○会
名札の発行元
※ 不要 ・ 要(構造図による)
杭の継手 ・ 溶接継手
・ 技能士の級の別
・ 機械式無溶接継手 ( ※ 建築基準法に基づき評定等を受けたもの)
・ 機械式無溶接継手は評定等により定められた項目の検査を行う
施工は評定等に記された施工管理基準による
18 火災保険等
技能士本人の住所
工事目的物及び工事材料等工事施工途中の事故に伴う損害を補てんするため火災保険等に加入する
杭頭の処理 ※ 切断しない ・ (保険の加入期間は、工事完成引き渡しまでとする)
杭頭の中詰材料 ※ コンクリート(基礎コンクリートと同仕様)
支持地盤 ※ 構造図による
19 環境配慮
鳥取県公共工事環境配慮指針 ※ 対象工事 ・ 非対象工事 20 建設リサイクル法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
施工方法
※ 特定埋込み杭工法
90 mm
f.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない塗料等使用
・ 機器性能試験成績書及び取扱説明書
・ 建築物の保守に関する説明書、指導案内書
建築大工
1級
○山○夫
○型
○○工務店
鳥取市
なお、特定埋込杭工法における杭材料はJIS又は認定条件に適合するものとする
・ 主な主要資材、機器等のメーカー及び施工者一覧表
・ 官公署届出書類(保守に必要とするもの)
技能士の職種により色を変えることも可
d.ホルムアルデヒドを放散させない塗料等使用
e.非ホルムアルデヒド系接着剤及びホルムアルデヒドを放散させない塗料使用
下記のものをJIS A4版ファイルに製本して監督職員に提出する。
ホルムアルデヒド放散量 第三種
・ セメントミルク工法
・ H13国交告1113号第6による支持力算定式でα=250程度を採用できる工法
・ H13国交告1113号第6による支持力算定式でα= 、β= 、γ=
該当する建築材料
21 鳥取県福祉の
①JIS及びJASのF☆☆☆品
※ 対象工事 ・ 非対象工事
を採用できる工法
まちづくり条例
工法 ・ プレボーリング拡大根固め工法 ・ 中掘り拡大根固め工法
②建築基準法施行令第20条の7第3項による国土交通大臣認定品
杭周固定液の使用 ・ する ・ しない
③旧JISのEo品
22 鳥取県景観形成条例
※ 対象工事 ・ 非対象工事
④旧JASのFco品
杭の精度
水平方向の位置ずれ ・ 100mm以下 ・ 23 バリアフリー法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
24 省エネ法
※ 対象工事 ・ 非対象工事
杭の傾斜 ・ 1/100 ・ 評定条件または認定条件による ・ 代 表 設 計 者 ( 一 級 建 築 士 登 録2 9 9 9 6 9 号 ) 村 中 耕 作
特記仕様書(1)
01
担当者
( 一 級 建 築 士 登 録2 9 9 9 6 9 号 ) 村 中 耕 作
A
47
3
鋼杭地業
種類の記号 ・ SKK400 ・ SKK490 ・ (4.4.2∼5)
寸法、継手等
符号
杭径(mm) 杭長(m)及び厚さ(mm) 長期設計支持力(kN/本) 本数
備考
試験杭
5
鉄
筋
工
事
2
先端部の補強
施工方法
種類の記号
使用箇所
3
4
※ 図4.4.1、表4.4.2による ・ 圧接完了後の試験
外観試験
※ 行う(全数)
(5.4.9)
抜取試験
※ 超音波探傷試験 ・ 引張試験
鉄筋の継手
継手の工法
部位
(5.3.4)
※ 特定埋込杭工法
呼び径・寸法・形状(㎜)
コンクリート舗装
(5.2.2)
本杭
杭先端部形状 ・ 開放形 ・ 半開放形 ・ 閉そく形 ・ 溶接金網
φ6 150目
6
コ
ン
ク
リ
ー
4
地
業
工
事
ト
工
事
7
無筋コンクリート
適用箇所 ※ 捨てコンクリート、防水層の保護コンクリート
(6.14.2∼3)
設計基準強度Fc(N/m㎡)
・ 高炉セメントB種 G
8
ひび割れ誘発目地
目地寸法 ※ 9.6.3(a)(1)による ・ 打継目地
間隔 ※ 図示による ・ 継手工法と適用径の範囲
・ 中堀り拡大根固め工法 ・ ・ 梁主筋
※ ガス圧接(D19以上)
・ ・ 基礎スラブ、耐圧スラブ
・ ガス圧接( )
(6.2.5)(6.6.6)
国土交通省告示第1113号第6に定める地盤の許容支持力式の内α、β、rが
・ 土圧壁など
・ 重ね継手( )
(6.9.3)
下記の値をとれる工法とする
・ 耐震壁
※ 重ね継手
α=( )、β=( )、r=( )
・ 杭主筋
※ 重ね継手
杭の精度 水平方向の位置ずれ
鉄筋の継手位置 ・ 構造関係共通事項による ・ 構造図による
・ 杭径の1/4かつ100mm以下 ・ ※ 構造図による ・ 試験杭の施工
※ 本杭の施工に先立ち行う ・ 杭の現場継手
コンクリートの仕上り
5
基礎梁主筋の継手
・ 7.2.5(a)(b)以外( )
6
・ 無溶接継手
・ 7
耐久性不利な箇所の
杭地業
杭断面・長期許容支持力
耐久性上不利な箇所の鉄筋の最小かぶり厚さは下表による
構造関係共通図の値に加える寸法(㎜)
※ 構造関係共通事項による ・ 図示
9
杭長
拡底径
(㎜)
(m)
(㎜)
セット数
長期設計支持力
帯筋
・ 行う
7
鉄
骨
工
事
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
10 壁開口部の補強
1
鉄骨の製作工場
(7.1.3)
製作工場の加工能力
17 耐火被覆
(7.9.2∼7)
施工管理技術者
・湿式ロックウール
・
・
※ H形 構造関係共通事項 表11.1による
鋼材
(7.2.1)
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
・ MH形 図示による
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
・ リバース工法
鋼材の材質
表7.2.1 種類の記号
SSC400
SS400
STKR400
BCR295
SN400C
・ M形 図示による
掘削工法 ・ アースドリル工法( ※ 安定液使用 ・ 無水掘削 )
使 用 箇 所
4
12 構造(耐震)スリット
・ 拡底杭工法 ( ※ 安定液使用 ・ )
孔壁測定 ※ 行う
高力ボルト
・ JIS形高力ボルト 2種(F10T)
高力ボルトの径 ※ 構造図による
すべり係数試験 ※ 行わない ・ 行う
適用箇所 ※ 意匠図による ・ 18 建方精度
仕様 ※ 意匠図による ・ 5
耐震スリット部詳細 ※ 図示による ・ 溶融亜鉛めっき高力
ボルト
(7.2.2)
13 特殊な鉄筋継手
鉄筋の最小かぶり厚さ ・ 100mm ・ 支持地盤の設計支持力度 ・ ( )kN/㎡以上
機械式継手
(7.12,4)
セットの種類
(7.10.2)
摩擦面の処理
19 錆止め塗装
※ ブラスト処理(表面粗度50μmRz以上)
使用箇所 ※ 構造図による
・ りん酸塩処理
性能(H12建告第1463号に適合するもの) ・ A級 ・ すべり耐力等の確認方法 ※ 構造図による
6
使 用 範 囲
図示
コンクリートの種類
及び強度
(6.1.3∼4)
(6.2.1∼3)
(7.8.1∼4)
コンクリートの仕様 ※ コンクリート工事無筋コンクリートによる
(4.6.4)
厚さ及び使用範囲
気乾単位
※ 15
2.3程度
・ ト
工
事
・ 18
使 用 範 囲
スランプ
ボルト及びナットの材料等 ※ 表7.2.3による
(7.2.3)
ボルトの径 ・ 2.3程度
・ 18
7
※ 18
建物躯体
(基礎、基礎梁、土間スラブ以外)
※ 15
上記以外
アンカーボルト
(7.2.4)
建物躯体
(基礎、基礎梁、土間スラブ)
(7.10.3)
・ EP−Gの適用箇所は18.3.2 表18.3.2のC種 ・ ・ 行う
適用箇所 ※ 構造図による ・ 塗装の種別 ※ 構造図による ・ 材質
・ 構造用 ・ SNR400B ・ SNR490B
(ハイベース)
20 溶融亜鉛めっき工法
・ 建方用 ・ SS400 ・ ・ 構造用 ※ JSSⅡ−13−2004「(社)日本鋼構造協会規格/建築構造用転造ねじアン
カーボルト・ナット・座金のセット」
・ 18
・ ・ 建方用 ※ 普通ボルトによる
2
図示
(4.6.5)
防湿工法 ※ ポリエチレンフィルム厚さ0.15㎜以上 レディーミクスト
※ Ⅰ類(JIS A5308「レディーミクストコンクリート」に適合)
コンクリート
・ Ⅱ類
表6.1.1 ・ 表7.10.1 保持及び埋込み工法
(6.1.5)(6.4.1∼2)
・ 構造用 ※ 構造図による
・ 建方用 ・ 表7.10.1 ( ・ A種 ※ B種 ・ C種 )による
防湿層の位置 ※ 図示による
3
表6.3.1 セメントの種類
(6.3.2)
工法 ・ 浅層混合処理工法
セメントの種類
8
施 工 場 所
※ 普通ポルトランドセメント又は
適用範囲、仕様及び計測、試験は構造図による
ターンバックル
(7.2.6)
混合セメントのA種
・ 深層混合処理工法
適用範囲、仕様及び計測、試験は構造図による
種類
建築用ターンバックル胴 ※ 割枠式 ・ 建築用ターンバックルボルト ※ 羽子板ボルト ・ ・ 高炉セメントB種 G
ボルトの呼び ※ 構造図による ・ 普通ポルトランドセメントの品質は、JIS R5210に示された規定の他、次の規定の全てに
ボルトの材質 ・ F10T ※ F8T
適合するものとする。ただし、無筋コンクリートに用いる場合を除く
形状 ※ 構造図による
(ラップルコンクリー
支持地盤の長期設計支持力 ・ ( )(KN/㎡)
ト地業)
支持地盤 ※ 構造図による
水和熱
コンクリートの仕様 ※ コンクリート工事 無筋コンクリートによる
4
型枠使用の有無 ・ 無し ※ 有り
骨材の種類
(6.3.3)(6.5.4)
7日目
352J/g以下
28日目
402J/g以下
9
デッキプレート
10 スタッドボルト
※ A
・ B ( ※コンクリート中のアルカリ総量 Rt=3.0kg/m 以下)
表5.2.1 (5.2.1)
種類の記号
使用箇所
呼び径(㎜)
異形鉄筋
※ SD295A
※ D16以下
(鉄筋コンクリート
※ SD345
※ D19以上
備考
5
混和材料
※ 混和剤(JIS A6204に適合するAE剤、AE減水剤又は高性能AE減水剤)
(6.3.5)
・ 混和材(JIS A6201に適合するフライアッシュのⅠ種又はⅡ種、JIS A6206
に適合する高炉スラグ微粉末又はJIS A6202に適合する膨張材)
11 柱底均しモルタル
用棒鋼)
(7.2.9)
6
※ 頭付スタッド(JIS B1198)
径(呼び名)
3
規格の名称
材質、形状及び寸法 ※ 構造図による
(7.2.7)
アルカリシリカ反応による区分
コンクリートの
生コンクリート工場を選定する際には、JISマーク表示認定工場で、かつ、コンクリート主任技師等の
製造工場の選定
常駐と全国品質管理監査会議の策定した統一監査基準に基づく監査に合格した工場等から選定すること。
(6.4.1∼2)
(7.10.3)
長さ (呼び長さ) ㎜
16φ
・ 80 ・ 100 ・ 120
19φ
・ 80 ・ 100 ・ 130 ・ 150
22φ
・ 80 ・ 100 ・ 130 ・ 150
モルタルの種別
※ 無収縮モルタル
無収縮モルタルの材料及び調合
※ 7.2.9(b)(1)∼(3)による
8
コ
ン
ク
リ
1
コンクリートブロック
表8.3.1 (8.2.2)(8.2.5)
(8.3.2)
適用箇所
断面形状及び圧縮強さによる区分
間仕切壁、地下二重壁、外壁、塀
※ 空洞ブロック16 ・ 空洞ブロックW−16
衛生配管用裏積みブロック
※ 空洞ブロック08 ・ 空洞ブロック16
厚さ 図示による
ー
施工範囲 ※ 建物内の土間スラブ及び土間コンクリート下(ピット下を除く)
※ 第7章12節による
(7.12.1∼6)
アンカーボルト及びナットのねじの種類の規格、ねじの等級の規格及び仕上げ
※ 50
床下防湿層
亜鉛めっき鋼面の錆止め塗料
※ 行わない
施 工 場 所
Fc(N/m㎡) 容積質量(t/m ) (㎝)
※ 24
ー
捨てコンクリート地業
塗料の種別
座金 ※ 表7.2.3(d)による
3
・ 21
付表[工事現場]による
※ 18.3.2 表18.3.2のA種 ・ 普通ボルト
※ 普通コンクリート
設計基準強度
※ (社)日本建築学会「JASS 6鉄骨工事」付則6[鉄骨精度検査基準]
耐火被覆材の接着する面への塗装
支持地盤 ※ 構造図による
1
適 用 箇 所(部位・部分)
※ 1種(F8T相当)建築基準法に基づき認定を受けたもの
機械式継手の種類 ・ グラウト材必要 ・ グラウト材不要
6
コ
ン
ク
リ
−
材料及び工法は、建築基準法に基づき指定又は認定を受けたものとする
性能
※ トルシア形高力ボルト 2種(S10T)建築基準法に基づき認定を受けたもの
(7.4.2)
・ 構造図による
鉄筋の種類
・ ラス張りモルタル塗り
※ JIS規格による
(7.2.2)
耐火、遮音、防水処理への配慮
鉄筋かごの補強 ※ 構造図による
・高耐熱ロックウール
・
※ JIS規格による
方式 ※ 完全 ・ 部分
形状 ※ 構造図による
帯筋 ※ 構造関係共通事項6.2(a)(3)⑥(ロ)による
1
・ 耐火材巻付け
※ JIS規格による
耐震スリットの設置箇所 ※ 構造図による ・ 測定場所 ※ 試験杭( )箇所及び本杭( )箇所
支持地盤 ※ 構造図による
5
鉄
筋
工
事
・
※ JIS規格による
区分
測定方法 ※ 超音波測定器
・ 行わない
・繊維混入けい酸カルシウム板
規格等
母屋、胴縁
梁、GPL
間柱、柱(1C3)
柱
BPL(1C3柱)
性能
併用する工法 ・ 場所打ち鋼管コンクリート杭工法
10 置換コンクリート地業
・ 耐火板張り
・ 構造図による
・ オールケーシング工法(孔内の水張 ・ 行う ・ 行わない )
適 用 箇 所(部位・部分)
・半乾式吹付けロックウール
(7.6.2)(7.12.2)
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
鋼管径・板厚・長さ ※ 構造図による
※ 60
材料・工法
・乾式吹付けロックウール
※ 適用する ・ 適用しない
(7.1.3∼4)
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
11 梁貫通孔の補強形式
厚さ及び使用範囲
種別
・ 耐火材吹付け
3
(4.6.2∼3)
種別
耐震壁 ※ 構造図による
鋼管巻きの材料 ・ SKK400 ・ SKK490 ・ STK400 ・ STK490
厚さ
・ 抜き取り検査1 ※ 抜き取り検査2
として国土交通大臣から認定を受けた工場又は同等以上の能力のある工場
・ 構造図による
鉄筋の種類 ※ 5章鉄筋工事の鉄筋の種類による
厚さ
「突合せ継手の食い違い仕口のずれの検査・補強マニュアル」による
・ 監督職員の承諾する製作工場
セメントの種類 ※ 高炉セメントB種 G
材料 ※ 再生クラッシャラン G ・ 切込み砂利及び切込み砕石
・
「鉄骨製作工場の性能評価基準」に定める「(・J ・R ※M ・H ・S)グレード」として
2
※ B形 構造関係共通事項 表8.4による
構造体コンクリート強度と供試体の強度差を考慮した割り増し ・ 行う ・ 3N/m㎡ ・ 砂利地業
・
・
独立行政法人建築研究所監修
※ 建築基準法第77条の56第1項に基づき国土交通大臣から性能評価機関として認可を受けた
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
気温によるコンクリート強度の補正(T) ・ 行う ※ 行わない
・
・
割れの疑いのある表面欠陥においては、浸透探傷試験及び磁粉探傷試験を行う
(株)日本鉄骨評価センター及び、(株)全国鉄骨評価機構(旧(社)全国鐵構工業協会)の
一般壁 ・ A形 構造関係共通事項 表8.3による
コンクリートの種別及び設計基準強度
※ 行わない
・
・
突合せ継手の食い違い仕口のずれの検査
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
表4.5.1 ・
※ 第6水準
AOQL ※ 4.0% ・ 2.5%
( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
( )種かつ ( )N/m㎡以上
※ 全て
検査水準
工事現場溶接の場合
実施要領 ・ 構造図による
・ W−I形 構造関係共通事項 図6.2(a)②W−I形による
材料
節
・ 行わない
※ H形 構造関係共通事項 図6.2(a)①H形による
備考
(kN/本)
※ 行う ・ 行わない
AOQL ※ 4.0% ・ 2.5%
・ 20 ・ 30 ・ 図示
水量測定
表7.6.2∼4 完全溶込み溶接部の超音波探傷試験
工場溶接の場合
使用部位 図示による
11 コンクリートの単位
本杭
地盤改良
(7.6.11)
・ 使用する
※ 10 ・ ・ SP形 構造関係共通事項 図6.2(a)⑤SP形による
9
・ 図示による
16 溶接部の試験
メッシュ型枠
施工箇所
・ 柱、梁、壁及び庇などの外気に接する打ち放し面
試験杭
・
※ 柱、梁、ブレースのフランジ端部の完全溶込み溶接部
※ 構造関係共通事項による
軸径
※ 構造関係共通事項による ・ 図示
・ ・ 塩害の恐れがある部分
各部配筋
鋼材と溶接材料の組合せと溶接条件
適用箇所
※ 使用しない
8
8
溶接条件
・ 使用する ※ 25㎜以下かつ熱抵抗値1mh℃/kCal以上
杭頭の中詰め材料 ※ 基礎のコンクリートと同調合のもの ・ 7
15 入熱パス間温度の
※ 標準仕様書6.9.3(i)(2) ・ 図示
・ 使用しない
(5.3.5)
・
エンドタブ・裏あて金 ※ 鋼材の鋼種はSN−Bとし、引張強さによる区分は母材と同等とする
施工範囲 ※ 構造図による ・ 補強方法及び試験、溶接部確認方法 ※ 構造図による ・ 6
付則6[鉄骨精度検査基準]付表3[溶接]による
せき板の材料 ※ 合板
コンクリートの打増し厚さ ※ 10㎜
・ 40d ・ 処理方法 ※ 構造図による ・ 直接基礎
鋼製エンドタブの切除する部分 ※ 全て ・ ( )
スリーブ材
※ 40dと標準仕様書 表5.3.4の定着長さのうち大きい値とする
鉄筋最小かぶり厚さ
施工管理技術者 ※ 適用する
スカラップの形状 ※ 構造関係共通事項(6)5.鉄骨溶接施工(3)による
外部に面するコンクリート打放し仕上げの打増し厚さ ※ 20mm ・ 意匠図による
・ 構造関係共通事項 図5.4による( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
(5.3.4)
杭頭の処理 ・ 処理しない
場所打ちコンクリート
開先の形状 ※ 構造関係共通事項(5)3.溶接継手の種類別開先規準による
・ 構造図による
・ 構造図による
・ 構造関係共通事項 図5.3による( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
・ 処理する
5
(7.6.4)
(7.6.7)
・ 構造関係共通事項 図5.2による( ※ 全て ・ 構造図による ・ )
鉄筋の定着長さ
施工 ※ 建築基準法による審査された施工管理基準による ・ 符号
適 用 箇 所
・ A種
完全溶込み溶接部の余盛り高さ ※ (社)日本建築学会「JASS 6鉄骨工事」
(6.9.2∼4)
工法 ※ 建築基準法による審査を受けた工法 ・ (4.5.2∼6)
14 溶接接合
断熱材兼用型枠
抜取り率 ・ 全数 ・ 4
スプライスプレートの材質 ※ 鋼材の鋼種はSN−Bとし、引張強さによる区分は母材と同等とする
フィラープレートの材質 ※ SS400とする
表6.2.3 合板せき板を用いるコンクリートの打放し仕上げ
・ C種
10 型枠
溶接部の確認方法 ※ 7.6.10による ・ 検査 ※ 建築基準法による審査により定められた項目 13 高力ボルト接合
種類
※ 行わない ・ 行う
・ 床型枠用鋼製デッキプレート
※ JISA5525による ・ 溶接材料 ※ 7.2.5(a)(b)による
・ 図示による
12 仮組
・ B種
・ 40d ・ ・ 溶接継手
形状
9
鉄筋の継手長さ ※ 40dと標準仕様書 表5.3.2の重ね継手長さのうち、大きい値とする。
試験杭 試験杭の位置
※ 表7.10.2( ※ A種[モルタル厚さ50] ・ B種[モルタル厚さ30])による
ひび割れ誘発目地、打継目地の深さ寸法は、打増し厚さ部で処理する
※ ガス圧接(D19以上)
・ 1/100以内 ・ 工法の種別
(7.3.10)
(6.6.3)(6.9.2∼3) 位置 ※ 図示による ・ ・ 柱主筋
杭の傾斜
7
鉄
骨
工
事
※ 15または18
セメントの種類 ※ 普通ポルトランドセメント又は混合セメントA種
使 用 箇 所
ト
ブ
ロ
ッ
ク
・
A
L
C
パ
ネ
ル
・
押
出
成
形
セ
メ
ン
ト
板
工
事
2
ALCパネル
(8.4.2∼5)
表8.4.2∼4 種類
・ 外壁用
・ 間仕切用
厚さ(㎜)
単位荷重(N/㎡)
※ 100 ・ 100
・ 屋根用
※ 100 ・ ・ 床用
・ 100 ・ 150
耐火性能
工法種別
・
・A種・B種・C種
・
・B種・C種・D種・E種
・ 30分
・F種
・ 60分
・F種
・ 120分
外壁パネルの工法
建築基準法に基づき定まる風圧力に対応した工法を施工計画書として提出する
外壁パネルの出隅及び入隅のパネル接合部、並びにパネルと他部材との取合い部の
目地幅(㎜) ※ 20 ・ 伸縮目地への耐火目地材の充填 ・ 適用する
3
表8.5.1∼2 押出成形セメント板
(ECP)
(8.5.2∼4)
表面形状
・ 外壁
※ フラットパネル
厚さ(㎜)
耐火性能
・ 50 ・ 60 ・
取付工法の種別
・ A種 ・ B種
・ デザインパネル(図示) ・ 50 ・ 60 ・
・ 間仕切壁
※ フラットパネル
・ 50 ・ 60 ・
・ B種 ・ C種
・ デザインパネル(図示) ・ 50 ・ 60 ・
外壁パネルの工法
建築基準法に基づき定まる風圧力に対応した工法を施工計画書として提出する
無収縮モルタルの品質及び試験方法
代 表 設 計者 ( 一 級 建 築 士 登 録2 9 9 9 6 9 号 ) 村 中 耕 作
特記仕様書(2)
02
担当者
( 一 級 建 築 士 登 録2 9 9 9 6 9 号 ) 村 中 耕 作
A
47
9
防
水
工
事
1
10
アスファルト防水
アスファルトの種類 3種
(9.2.2∼5)
防水層の下地のモルタル塗り ・ 適用する(施工範囲 ・ 図示 ・ )
表9.2.3∼6 屋根保護防水
種別
施工箇所
断熱材 G
絶縁用シート
・ A−1
1
石
工
事
種類 ※ 天然石 ・ 人工石
(10.2.1)
品質 ※ 1等品(床以外) ※ 2等品(床)
形状、寸法及び厚さ ※ 図示による
石材の種類及び表面仕上げ
施工箇所
立上り部の保護
厚さ 0.15mm以上
・ B−1
※ 乾式保護材
・ 2
※ 押出法ポリスチレンフォーム
・ AI−2
3種bスキン層付
・ BI−1
厚さ ※ 25mm ・ 50
・ BI−2
種類(産地、名称)
カレドニアブラウン
外部
中国産御影石
仕上げの種類
4
木
工
事
床張り用合板及び
ホルムアルデヒド放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
その他の合板 G
・ 普通合板
(12.2.3)
(19.7.2)
表面処理・裏打ち材の有無
取付け金物
乾式工法用金物の種類 ・ スライド方式 ・ ロッキング方式
3
接着の
その他の材料
・ 石裏面処理材 ( )
(10.2.3)
・ 裏打ち処理材 ( )
・ 2種
4.0
床下張・祭壇庫床
12.0
※ 1種
押入床
9.0
・ 2種
表板の
表板の品質
樹種名
防虫処理 その他の処理
シナ
ラワン
・ する
・ 難燃処理
・ しない
・ 防炎処理
・ する
・ 間伐材等の
適用
・ 金
属
工
事
1
2
施工箇所
倉庫棟野地板
引抜き耐力の確認試験 ※ 機械的簡易引抜試験機による引張試験 ・行わない
(14.1.3)
設計用引張強度[ ] ・ ステンレスの
※ HL仕上げ ・ 鏡面仕上げ ・ 表面仕上げ
施工箇所[ ]
・ ・ しない
3
アルミニウム及び
厚さ
接着の
有効断面
等級
(mm)
程度
12.0
・ 特類
・ 1級
※ 1類
※ 2級
表板の
係数化
樹種名
表板の品質 防虫処理
※ C−D
・ する
・ ・ しない
ラワン
(14.2.2)
間伐材等の
・ ・ 4
・ 11
材質 ※ 押出法ポリスチレンフォーム3種bスキン層付(JIS A9511)
厚さ ※ 25㎜ ・ タ
イ
ル
工
事
※ 乾式保護材
無石綿繊維質原料等を主原料として板状に押出成形し、オートクレーブ養生したもの(窯業系
パネル)とし、寸法は図示による
1
伸縮調整目地及び
外壁 ※ 図示による ・ 表11.1.1による ・ 耐震スリット部
施工箇所
ひび割れ誘発目地
(11.1.3)
2
材料
(11.2.1)
品質・性能等
(壁、天井)
タイルの形状、寸法等
形状寸法
による区分
(㎜)
適用 G
床
150角
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 曲げ強さ、 曲げモーメント(N・㎝)(スパン50㎝における単位幅1㎝あたりの曲げモー
再生材の 吸水率による区分 うわぐすり
メント)標準時450以上、凍結融解完了時(試験サイクル数)320以上(200)耐凍結
融解性能(試験サイクル数:上記)試験後、著しい割れや剥離がなく外観上異常がないこと
吸水性 (20%以下) 吸水による長さ変化率(0.07%以下)
耐火性能 不燃
耐衝撃性 高さ1.0mから試験体の弱点部に500gのおもりを落としたとき、裏面に達
する穴があかないこと
出荷時の含水率 10%以下
役 物
色
耐凍害性
・ 1類
・ なら
・ する
・ 難燃処理
・ 3.2
・ 2類
・ しおじ
・ しない
・ 防炎処理
備考
Ⅰ類 Ⅱ類 Ⅲ類 施ゆう無ゆう あり なし 標準 特注 あり なし
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ (壁、天井)
施工箇所
種別
5
軽量鉄骨天井下地
・ D−1
・ D−2
(標準一体成型品以外は接着成型品とする)
外装
出隅、天端出隅、窓台、マグサ
表9.2.8 種別
施工箇所
種別
建築基準法に基づき定まる風圧力に対応した工法を施工計画書として提出する
厚さ
接着の
表面性能 加工面
単板の
樹種名
防虫処理 その他の処理
(mm)
程度
※ 4.0
・ 1類
・F
・ 表面
・ する
・ 難燃処理
・ ・ 2類
・ FW
・ 両面
・ しない
・ 防炎処理
天井下地における耐震性を考慮した補強
間伐材等の
※ 14.4.4(h)による
適用
・ ・ 天井のふところが3mを超える場合 補強箇所 ※ 図示
補強方法 ※ 図示
・ しない
6
接着剤
接着剤に含まれる可塑剤は、難揮発性のものとする。
(12.2.6)
ユリア樹脂、メラミン樹脂、フェノール樹脂、レゾルシノール樹脂又はホルムアルデヒド系防腐剤(以下、
7
軽量鉄骨壁下地
スタッド、ランナー等の種類
(14.5.2∼4)
・ 50形 ・ 65形 ・ 75形 ・ 90形 ・ 100形
・ E−1
金属成形板張り
(14.6.2∼3)
2
シート防水
(9.3.2∼3)
表9.3.1 工程による種別
外部陶磁器質タイル
施工箇所 ※ 庁舎外壁(ホールを含む) ・ 図示による
後張り
適用タイル ・ 小口タイル ・ 二丁掛タイル ・ (6.9.3)(11.3.3)
躯体表面処理 ※ 2階以上を行う ・ 行わない
種類
・ AS−1
・ B−1種 ・ B−2種
伸縮継手
・ 設ける(図示による) ※ 設けない
防腐、防蟻処理の種類、品質
形状
・ 図示による ・ ・ AS−2
13
高圧水洗による目荒しは、50Mpa以上の水圧で2.5分/㎡程度とし、仕上がり面の
・ ・ 程度は監督職員の承諾を受ける
※露出複層防水用R種
※3.0mm以上
施工箇所の躯体打増しは、図示による
・ ・ 上層用
・ MCR工法
※露出単層防水用R種
※4.0mm以上
MCR工法の仕様はシート製造所若しくは販売店の仕様による
・ ・ 施工箇所の躯体打増し厚さ及び範囲は、図示による
1
長尺金属板葺
(13.2.2∼3)
屋
根
及
び
と
い
工
事
合成高分子系ルー
フィングシート防水
(9.4.2∼3)
防水層の種類
表9.4.1 種別
施工箇所
・ S−F1
ルーフィングシート
絶縁用シート
の厚さ(mm)
の材種
・ カラー
4
・ ・ S−M1
・ S−M2
※ シルバー
※ 1.5
※発泡ポリエチレンシート
・ カラー
・ ・ ※ シルバー
施工箇所 ※ 便所等 ・ 図示による
後張り
適用タイル ・ 内装陶器質タイル ・ 50角モザイクタイル ・ (11.3.3)
下地モルタル塗り ※ モルタル ・ ポリマーセメントモルタル ・ 行わない
12
※ 1.2
※発泡ポリエチレンシート
・ ・ 木
工
事
1
表面仕上げ
・ X−2
施工箇所
2
※ 屋内防水
防水種別
脱気装置の種類
材質
表11.3.2 ※ 製造所の仕様による
※ 製造所の仕様による
※ 製造所の仕様による
・ ・ ・ 変形防止材 ・ 鉄鋼製 ・ ステンレス製
鉄鋼製の表面処理の上塗り ・ 行う( ) ・ 行わない
構造材及び下地材の品質の基準 ※ 標準仕様書12.2.1(b)(3)による
表面処理の上塗り ・ 行う ・ 行わない
樹種
耐火性能 ・ 30分 ・ なし
・ 構造用集成材
1
左
官
工
事
施工箇所
・ 合成ゴム
強度等級
材面の品質
・1種 ※2種 ・3種
使用環境
樹種名
・1 ・2
( )個/㎡
施工箇所
区分
使用環境 曲げ性能
性能
樹種名
・特級 ・1級 ・2級 ・1 ・2
2
施工箇所
見付け材面の品質
樹種名
シーリング面への仕上塗材仕上げ等 ※ 行わない ・ 行う
施工箇所
・ 行う( ※ 簡易接着性試験 ・ 引張接着性試験 )
・ 行わない(試験成績書がある場合)
見付け材面の品質
3
化粧薄板の
化粧薄板の
樹種名
樹種名
厚さ(mm)
※1等 ・2等
※ 表15.2.2による
表15.2.2 防水剤
(15.2.2)
品質・性能等
防水剤の種類は建築用のモルタルに用いるセメント防水剤とする
膨張性のひび割れおよびそりがないこと(JIS R5201規定9)
混合割合 セメント重量の5%以下(JIS A1404)
寸法 : ※ 21(w)×15(h)以上 ・ 吸水比 95%以下(JIS A1404)
・ 補強用芯材 樹種 : ※ 杉 ※ 桧 ・ 透水比 80%以下(水圧は294kPaとし、1時間行う)
・ 寸法 : ※ 40(w)×30(h)以上 ・ 凍結時間 始発1時間以上、終結10時間以内(JIS R5201規定8)
棟の工法 ※ 図示による
曲げ及び圧縮強度比 70%以上(JIS A1404)
建築基準法に基づき定まる風圧力及び積雪荷重に対応した工法を施工計画として提出する
間伐材等の
寸法(mm)
適用
4
4
とい
(13.5.2∼3)
材種 ※ 配管用鋼管
既製目地材
5
・ 図示
セルフレベリング材
塗り
(15.4.2∼3)
ロックウール保温筒及びフェノールフォーム保温筒のホルムアルデ
間伐材等の
寸法(mm)
適用
ヒドの放散量
6
床コンクリート
とい受け金物 ※ 市販品 ・ 表13.5.2
・ 飾り桝 直均し仕上
ルーフドレイン ※ 市販品 ・ 設けない
(15.3.2∼3)
5
鋼管製といの防露巻
・ 工法部等の処理
・ (13.5.3)
・ 表15.4.1 種類
厚さ(㎜)
※ セメント系
※ 10
・ せっこう系
・ 10
施 工 箇 所
図示
※ 規制対象外 ・ 第三種
・ 間伐材等の
寸法(mm)
適用
・ 使用する(形状 )
(15.2.2)
表13.5.1 ・ 硬質ポリ塩化ビニル管(VP)[ ※ RFVP ・ VP ]
G
・ 心材の
吸水調整材
桟木 樹種 : ※ 杉 ※ 桧 ・ ・化粧ばり造作用集成材
接着性試験
とする。
・ 鋼管製といの防露 ※ 行う(表13.5.4) ・ 行わない
※ 1等 ・ 2等
種類及び施工箇所(図示以外は(表9.6.1)による)
下葺材料
・ ・ (9.6.2)
(13.4.2∼3)
・ 造作用集成材
・ 銅
複層仕上塗材を内装不燃箇所に使用する場合は、CE又はSiとするか、基材同等の認定を受けた内装甲
(15.5.2)
・ ・ ・ ステンレス
シーリング用材料
材料 : ※ JIS A 5208 及び図示による 産地[ ]産
間伐材等の
寸法(mm)
適用
・ ( )個/㎡
屋内の壁及び天井の仕上材は、不燃材料又は、建築基準法に基づく基材同等の認定を受けたものとする。
(15.2.2)
(15.2.2)
粘土瓦葺
・ 構造用単板積層材
水平せん断
防水材料
(15.7.2)
※ アスファルトルーフィング940 ( JIS A 6005 )
・ 塩化ビニル樹脂
(9.6.5)
15
建築基準法に基づき定まる風圧力及び積雪荷重に対応した工法を施工計画として提出する
3
・ シーリング材の試験
耐火性能 ・ 図示による
・ 適用しない
ホルムアルデヒド放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
表面処理 ※ B−1種 ・ B−2種
クリアランス ※ 50 ・ 100 ・ 150
造作材の材面の品質の基準 ※ A種 ・ B種
※図示による [ 代用樹種の使用 : ※ 認めない ・ 認める(監督職員と協議要) ]
材質 ※ アルミニウム製
・ 塗装溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CZACCR−20)
現場搬入時の木材の含水率 ※ A種 ・ B種
・ 鋳鉄
7
ジョイント金物
・ ポリ塩化ビニル被覆金属板(SG A種)
間伐材等 ・ 使用する(使用箇所 )
(12.2.2)
※ アルミニウム製(表面処理はアルミニウム製建具の項による)
・ 鋼板製(溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯 亜鉛の付着量Z12又はF12)
12 エキスパンション
ペフ張り ・ 適用する(t= mm)[ ・ 不燃材 ・ 30分耐火]
・ ステンレス
・ 立上り部脱気型
11 サッシ取合い間仕切板
材料 ※ 塗装溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CGLCCR−2
・ A種 ※ B種 ・ C種
集成材 G
材料の種別 ※ ステンレス(SUS304) ・ 鋼製
山高 ㎜ 山ピッチ ㎜
軒先面戸板 ・ 適用する
設置数量
D−2
・ ポリエチレン樹脂
亜鉛めっき ・ 行う( ※ C種 ・ ) ・ 行わない
厚さ ※ 0.8㎜ ・ 0.6㎜
・ 設ける
D−1
・ 平面部脱気型
材料の種別 ※ 図示 ・ ステンレスSUS304( ※ HL ・ )
(14.8.2)
(14.8.3)
耐力 ※
保存処理木材 ・ 使用する(使用箇所 )
・ ABS樹脂
6
(13.3.2)
表13.2.1 ※木材のうち、杉、桧及び松は、「鳥取県産材産地証明制度」の認証を受けたものを使用する。
Y−2の保護層
脱気装置
X−1
形式 ※ 重ね形又ははぜ締め形 ・ かん合形
代用樹種を使用できない箇所( )
・ カラー
3
5
折板葺
(12.2.1)
※ シルバー
玄関ポーチ
※ 地下外壁防水
・ Y−2
手すり
建築基準法に基づき定まる風圧力及び積雪荷重に対応した工法を施工計画として提出する
木材 G
備考
仕上げ塗料塗り
・ Y−1
9
屋根葺き形式 ・ 横葺 ・ 芯木なし瓦棒葺 ・ 立平葺 ・ 図示
表11.3.2 (12.1.4)
表9.5.1∼2 ・ X−1
厚さ(㎜) ・ 2.0 形状は図示による
建築基準法に基づき定まる風圧力及び積雪荷重に対応した工法を施工計画書として提出する
・ 塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CGCCR−20−Z25)
防水層の種類
種別
表面処理 ※ A−1種又はB−1種 ・ ・
0−AZ150)
建築基準法に基づき定まる風圧力に対した工法を施工計画書として提出する
(9.5.3)
材質 JIS H4000による
長尺金属板の厚さ(㎜)
2
工法 ※ 壁タイル接着剤張り ・ 改良積上げ張り ・ 機械的固定工法の場合の一般部のルーフィングシートの張付け
塗膜防水
・ 曲げ材
・ 塗装溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CZACCR−20)
ポリマーセメントモルタルの調合は、15.2.3(d)による
・ 4
隅角部及び突当り部等の役物 笠木製造所の仕様による
・ ポリ塩化ビニル被覆金属板(A種、SG)
※ 1.5
・ S−M3
・ 350形(呼称肉厚は2.0以上)
表面処理 ※ A−1種又はB−1種 ・ 屋根葺き工法を定める専門工事業者 ※ 監督職員の承諾する業者
内部陶磁器質タイル
・ 表14.7.1 部材の種類 ・ 250形(呼称肉厚は1.6以上)
表13.2.1 ※ 塗装溶融55%アルミニウム−亜鉛合金めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CGLCCR−20−A
・ 塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯(屋根用)(CGCCR−20−Z25)
ポリマーセメントモルタルの調合は、15.2.3(d)による
※ 2.0
・ S−F2
長尺金属板の種類
10 タラップ
※ 1.2
※ 押出し形材
一般部 ・ 0.3 ・ 0.35 ※ 図示 谷部 ・ 0.3 ※ 図示
工法 ※ 密着張り ・ 改良圧着張り ・ 改良積上張り ・ モザイクタイル張り
仕上塗料
アルミニウム製笠木
Z150)
下地モルタル塗り ※ モルタル ・ ポリマーセメントモルタル ・ 行わない
3
8
・ 300形(呼称肉厚は1.8以上)
※非露出複層防水用R種 ※2.5mm以上
下層用
板幅
表面処理
(14.7.2∼3)
※ 目荒し工法
厚さ(mm)
※ 押出し ・ ロール
寸法(㎜)
表面処理用木材保存(防腐・防蟻処理)剤はクロルピリホスを含有しない薬剤とし、監督職員の承諾す
躯体表面処理工法の種類
改質アスファルトシート
施工箇所
製法
防蟻処理 ・ 行う(施工範囲 ※ 図示 ・ )
るものとする
改質アスファルト
※ アルミスパンドレル ・ 防腐処理 ・ 行う
・ E−2
3
表14.2.1 種別
(12.2.8∼9)
有機質接着剤のホルムアルデヒド放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
保護層 ・ 設ける(図示)
表14.5.1 防腐、防蟻処理
タイルの見本焼き ※ 行わない ・ 行う( )
施工箇所
屋内 ※ 19型 ・ 25型
屋外の軒天井、ピロティ天井等
板厚
6
タイルの試験張り ※ 行わない ・ 行う( )
屋根露出防水
施工箇所
野縁等の種類 屋外 ※ 25型 ・ (14.4.2∼4)
※ 規制対象外 ・ 第三種
内装
屋外階段・手摺
C種
・ 役物使用箇所 ※各部の形状は図示による
施工箇所
施工箇所
A種
・ 「ユリア樹脂等」という)を用いた接着剤のホルムアルデヒド放散量
表9.2.7 屋根露出防水
種別
他の項目に特記されたものを除く
適用
・ SW
5
種別
表14.2.2 間伐材等の
・ しない
・W
こと
施工箇所
B−2種
(14.2.3)
・特殊加工化粧合板
施工箇所
種別
鉄鋼の亜鉛めっき
・ 当該商品又は同等品を使用するものとし、同等品を使用する場合は、あらかじめ監督職員の承諾を受ける
・ れんが
防虫処理 その他の処理
化粧板の樹種名
※ 4.2
・ 6.0
主な用途
寸法の許容差 厚さ:−5∼+10%、幅:±1%
厚さ
接着の
(mm)
程度
施工箇所
他の項目に特記されたものを除く
・天然木化粧合板
防水立上がり部の保護
種別
種別
B−1種
C−1種
適用
・ 金物固定充填材料 ( )
表14.2.1 アルミニウム合金の
表面処理
屋根保護防水断熱工法の断熱材(オゾン層破壊物質を含まないもの。また、長期的に断熱性能を保持し
つつ、可能な限り地球温暖化係数の小さい物質が使用されていること) G
あと施工アンカー
(14.2.1)
・ ・ ドレンパイプの材質 ( )
断熱材は、原則としてグリーン購入法における特定調達品目を使用すること
程度
14
・ 構造用合板
70g/㎡程度
・ ・ 厚さ
(mm)
表15.5.1 表10.2.4 (10.2.2)
※ フラットヤーンクロス
施工箇所
会議室倉庫壁
・ コンクリート押え
・ B−2
・ AI−1
表10.2.1∼2 内部
※ ポリスチレンフィルム
・ A−2
12
石材
防露部 ステンレス(SUS304、厚さ0.2㎜)で被覆する
高さ(㎜) 床 ※ 150 ・ 天井 ※ 30 ・ 防露を行わない場合 ステンレス製シーリングプレートを取付ける(床、天井共)
表6.2.4 下表以外は表6.2.4及び15.3.2による
施 工 箇 所
平坦さ(mm)
備考
フリーアクセスフロア(パネル工法)範囲
1mにつき10以下
フリーアクセスフロア(溝工法)範囲
3mにつき 7以下
表13.5.4 7
仕上げ塗材仕上げ
(15.5.2)
表15.5.1∼2 薄付け仕上塗材
種類
・ 外装薄塗材E
仕上げの形状
・ 砂壁状
工法
吹付け
・ 着色骨材砂壁状
・ 単板積層材
施工箇所
表面の品質
・ 塗装加工
防虫処理
・ する
・ 厚付け仕上塗材
間伐材等の
寸法(mm)
適用
種類
・ 外装厚塗材E
・ 仕上げの形状
・ 吹放し
・ 凸部処理
・ 加工しない(・1等 ・2等 ・3等) ・ しない
工法
吹付け
上塗材
・ 行う
・ 行わない
代表 設 計 者 ( 一 級 建 築 士 登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
特記仕様書(3)
03
担当 者
( 一 級 建 築 士 登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
A
47
15
7
仕上げ塗材仕上げ
16
・ 複層仕上塗材
(15.5.2)
左
官
工
事
種類
仕上げの形状
※ 複層塗材E
工法
吹付け
※ 水系
※ アクリル系
※ つやあり
・ 可とう形複層塗材
CE ・ 凹凸模様
吹付け
・ 水系
・ アクリル系
・ つやあり
ローラー
・ 溶剤系
・ ポリウレタン系 ・ つやなし
・ 凸部処理
・ 複層塗材Si
・ ゆず肌状
10 軽量シャッター
上塗材(耐候性 耐候形3種)
※ 凹凸模様
(16.11.2∼4)
建
具
工
事
ン系
・ 複層塗材RE
・ フッ素系
・ 複層塗材RS
・ シリカ系
表16.11.1 主要部材の耐風圧性能(ガラスを除く)
耐風圧強度( )N/㎡
支点間距離(h)
スラットの材質 ※ JIS G3312(塗装溶融亜鉛めっき鋼板及び鋼帯)又は
4m以下
JIS G3318(塗装溶融亜鉛−5%アルミニウム合金めっき鋼板及び鋼帯)
かつ絶対量20mm以下であること 有害な歪みが起こらないこと
4mを超える
11 オーバーヘッドドア
(16.12.2∼3)
・ 防水形複層塗材RS
ガイドレールの材質 ※ ステンレス製(SUS304)厚さ1.5㎜( ※ 中柱共 )
層間変位追従性
※ スチールタイプ ・ アルミニウムタイプ ・ ファイバーグラスタイプ
鉄筋コンクリート造
耐風圧性能 ・ 500Pa ・ 750Pa ・ 1000Pa
仕上げの形状
工法
・ 吹付用軽量塗材
砂壁状
吹付け
・ こて塗用軽量塗材
平たん状
こて塗り
(16.13.2)
品 種
構成種類
性 能
※ フロート板合わせガラス
・ 網入合わせガラス
※ 規制対象外 ・ 第三種
1
アルミニウム製建具
・ Ⅱ−1類 ・ Ⅱ−2類
種別
耐風圧性
・ 網入り、熱線吸収板合わせガラス
・ Ⅲ類
・ B種
・ C種
・ S−5
・ S−6
※ A−3
水密性
枠見込み(㎜)
表面処理
種 類
・ 型板ガラス
・ Ⅰ類 ・ Ⅱ類
・ W−5
・ 70 ・ 100
・ 100
品 種
断熱性
・ 断熱複層ガラス
耐震ドアセットの面内変形追従性の等級 ・ 線径
網目
・ 合成樹脂製
(18.1.3)
塗
装
工
事
網目寸法 ピッチ15㎜
外部に面する建具の耐風圧性の等級 ・ S−4 ・ S−5 ・ S−6
種類
(16.3.2)
防音ドアセット・防音サッシの遮音性の等級 ・ T−1 ・ T−2 ・ T−3
2
素地ごしらえ
(18.2.1∼7)
日射遮へい性
(16.4.3)
防音ドアセット・防音サッシの遮音性の等級 ・ T−1 ・ T−2 ・ T−3
種類
色柄
木部
表18.2.1∼7 亜鉛めっき(建具)面
・ A種 ・ B種 ・ C種
3
工 法 : 石膏ボード及びその他のボード面
・ A種 ・ B種
・ ニードルパンチカーペット
外部ボード面
・ A種 ・ B種
厚 さ : 3
色 調
※ 熱線反射ガラス
・ ブルー ・ グレー
・ 高性能反射板ガラス
・ ブロンズ ・ シルバー
錆止め塗料塗り
塗料種別
(18.3.1∼3)
鉄鋼面
日射遮へい性
・ 1種
・ 高性能反射板ガラス
・ 2種
耐久性
・ A種
ガラスの種類
A種
・ B種
・ A種 ・ B種
種 類
・ シアナミド鉛さび止めペイント
・ 2種
・ 屋内 ・ 屋外
・ 鉛、クロムフリーさび止めペイント
・ 1種
・ 屋内 ・ 屋外
・ 水系さび止めペイント
色 調
建具の種類
・ 2種
・ 屋内
4
表18.3.2 合成樹脂塗床
(19.4.3)
・ A種
・ 鉛酸カルシウムさび止めペイント
・ 屋内 ・ 屋外
・ B種
・ 変性エポキシ樹脂プライマー
・ 屋内 ・ 屋外
・ C種
・ 水系さび止めペイント
・ 屋内
5
床用防じん塗料塗り
形状等
塗布量 主剤2回塗りとし、総塗布量は0.25Kg/㎡以上とする
6
フローリング張り
複層フローリングのホルムアルデヒド放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
(19.5.2∼7)
種別・工法
表18.4.1 ・ 単層フローリング (・フローリングボード ・フローリングブロック ・モザイクパーケット)
G
・ 湿式工法 ・ 乾式工法( ・ 釘どめ工法 ・ 接着工法 )
※ 複合フローリング (
G ※ 1種 ・ 2種 ・ 3種 ) 表層 ※ なら ・ ヒノキ 表18.4.2 ・ 乾式工法( ・ 釘どめ工法( ・ A種 ・ B種 ※ C種) ・ 接着工法)
・ A種 ※ B種
(16.13.3) ・ 図示による
材質 水性アクリル系樹脂塗料( ※ 標準色 ・ )
屋外( ※ A種 ・ B種 )
鉄鋼面
表19.4.4∼7 仕上種別 コーティング(ローラー刷毛塗り)
表18.3.4 (18.4.3)(18.4.4) 屋内( ・ A種 ※ B種 )
※ 表16.13.1による
表19.4.3 仕上げの種類 ※ 平滑仕上げ ・ 防滑仕上げ ・ つや消し仕上げ
表18.3.3 ※ シーリング材
木部
・ 弾性ウレタン樹脂系塗床材
・ 樹脂モルタル仕上げ ・ 防滑仕上げ
※ シーリング材
塗り(SOP)
工法
品敷き
※ 規制対象外 ・ 第三種
木製
合成樹脂調合ペイント
・ 耐電圧3kV
仕上げの種類 ・ 薄膜流し展べ仕上げ ・ 厚膜流し展べ仕上げ
ステンレス製
4
・
※ のり付加工
ユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
亜鉛めっき鋼面
防火戸のガラス留め材は、建築基準法に基づく防火性能の認定を受けた条件による
電気抵抗(Ω)
※ 適用しない
・ エポキシ樹脂系塗床材
見え隠れ部分 ( ・ A種 ※ B種 )
材 種
総厚さ
※ 図示
未満
摘 要
鉄鋼面
表16.13.1 寸法(㎜)
500角
・ カットパイル
塗り工程種別
・ グレー ・ ブルー ・ ブロンズ ・ パイル形状
※ ループパイル
・ 屋内
・ 鉛、クロムフリーさび止めペイント
規 格 名 称
種別
摘 要
亜鉛めっき鋼面
B種
表19.3.2 ・ タイルカーペット
表18.3.1 規 格 名 称
その他 ( ・ A種 ・ B種 ※ C種[変性エポキシ樹脂プライマー])
表16.4.1 ( ※ 帯電防止性能 JIS L 1023 の人体帯電圧 3kv 以下とする。) E5
鋼製建具等 ( ※ A種 ・ B種 ・ C種)
仕上げ ※ ウレタン樹脂ワニス ・ 生地のままワックス ・ オイルステインの上ワックス塗り
材質
間伐材等の適用 ※ 適用する ・ 召合わせ、縦小口包み板
※ 鋼板 ・ ステンレス ・ アルミニウム
扉の表面材、押縁
※ 鋼板 ・ ビニル被覆鋼板
枠類
※ 鋼板(くつずりはステンレス) ・ 製作所仕様
5
15 ガラスブロック積み
(16.13.5)
ステンレス製建具
外部に面する建具の耐風圧性 ・ S−4 ・ S−5 ・ S−6 ・ (16.5.3)
防音ドアセット・防音サッシの遮音性の等級 ・ T−1 ・ T−2 ・ T−3
表面形状
正方形
断熱ドアセット・断熱サッシの断熱性の等級 ・
G
H−1 ・ H−2 ・ H−3
耐震ドアセットの面内変形追従性の等級 ・ 長方形
ステンレス鋼板(屋外) ・ SUS430J1L ・ SUS304
ステンレス鋼板(屋内) ※ SUS430 ・ SUS430J1L ・ SUS304
呼び寸法
色調
厚さ
目地幅(㎜)
クリア 乳白 平積み
80
伸縮調整目地
曲面積み
・
・
※ 8∼15
外側
・ 160x160 ・ 95 ・ 125
・
・
・ 15∼25 ※ 15以下
・ 200x200 ・ 95 ・ 125
・
・
・
・ 320x320
95
・
・ 250x125
80
・
・ 320x160
95
・
(㎜)
10∼20
・ あり
・ 図示による
・
内側
・
・
※ 6以下
・
・
表18.5.1 間伐材等:間伐材、合板・製材工場から発生する端材等の残材、林地残材又は小径木の体積比割合が10
%以上であること
居室の内装材にあっては、ホルムアルデヒド放散量(JAS規格による測定方法)が平均値で
6
※ 6m以下毎に ※ なし
・
クリヤラッカー塗り
(18.5.2)
(CL) ・ A種 ※ B種
防火性能
アクリル樹脂系非水分
表18.6.1 0.3mg/L以下かつ最大値で0.4mg/L以下であること
散形塗料塗り(NAD) ・ A種 ※ B種
県産材の活用
(18.6.2)
・ 適用しない
・ 適用する(樹種 ・ ・ ・ ・ )
7
耐候性塗料塗り(DP) コンクリート面及び押出成形セメント板
(18.7.2∼4)
表18.7.3 ・ A種 ・ B種 ・ C種
7
曲面積みの曲率半径は、ガラスブロックの幅寸法の10倍以上とする
壁用金属枠及び補強材 ・ 設ける (形状 ※ 図示による ・ )
曲げ加工 ※ 普通曲げ ・ 角出し曲げ( ・ a角 ・ b角 ・ c角 )
力骨 ※ ステンレス鋼(SUS304)径5.5㎜はしご形状複筋及び単筋 ・ 建物内部の木製建具に使用する表面材及び接着剤のホルムアルデヒド放散量
※ 規制対象外 ・ 第三種
8
つや有合成樹脂エマル
ションペイント塗り
目地部の力骨の補強方法 ※ ガラスブロック製造所の仕様による ・ (EP−G)
化粧目地モルタルの色 ( )
(18.8.2∼5)
コンクリート面等
・ A種 ※ B種
8
鉄鋼面(屋内)
9
合成樹脂エマルション
表18.9.1 寸法 ・ 図示による ・ ペイント塗り(EP) ・ A種 ※ B種
押入等の裏側 ※ 雲花紙
形状 ・ 図示による ・ (18.9.2)
10 合成樹脂エマルション
模様塗料塗り
16 ガラス用フィルム
※ ガラス飛散防止フィルム
張り面
第2種
※ 内張り ・ 外張り
表18.10.1 ・ 壁
・ 不燃認定品
・ A種 ※ B種
(EP−T)
(18.10.2)
性能値
・ 天井
飛散防止率 D1
・ 表16.8.1∼3 ・ JIS A 6901 規格品
厚さ9.5tは
建築基準法に基づき定まる風圧力に対応した工法を施工計画として提出する
種類
施工箇所
11 ウレタン樹脂ワニス
塗り(UC)
品質 JIS A5769による。
※ 光線(反射) ・ マット ・ 熱線 ・ 音波 ・ 光電
表18.11.1 17 付属電気設備
取付け位置 ・ 床面 ※ 天井面 ・ 壁面 ・ 無目
電動シャッター、自動扉、電動オーバーヘッドドアの電動機が三相電動機0.4kw以上の場合は
12 木材保護塗料塗り
機器付属の操作盤内に電動機保護用遮断機及び進相用コンデンサーを設置する
凍結防止措置 ※ 行わない ・ 行う(適用箇所は建具表による)
表18.13.1 (WP)
(18.13.2) ・ A種 ※ B種
17
カ
自閉式上吊り引戸装置の性能 ※ 表16.9.1による
(16.9.3)
ー
重量シャッター
種類 ・ 一般 ・ 外壁用防火 ・ 屋内用防火 ・ 屋内用防煙
(16.10.2)
防火又は、防煙シャッターは、自動閉鎖装置及び随時閉鎖装置付とし、連動制御盤及び、
カーテンウォール
取付方法 ・ 層間方式 ・ 柱、梁方式 ・ 方立方式 ・ スパンドレル方式
(17.1.3)
性能
(17.2.2∼5)
耐震性能(地震力
(17.3.2∼5)
係数)
煙感知器は別途とする
耐風圧強度 一般( )N/㎡ 外壁用( )N/㎡
表16.10.1 ル
工
事
※ 1.0 ・ 垂直方向(kV)
※ 0.5 ・ シャッターケース(防火、防煙以外) ※ 設ける ・ 設けない
・W−1 ・W−2 ・W−3
・W−4 ・W−5
耐火性
種別
・ 9.5
・ 上張り
・ 目透し
・ 9.5
・ 直張り
・ 突付け
・ 12.5(不燃認定品)
・
・ 継目処理
・ mm× mm
・ 突付けV目地
・ mm× mm
・ 12.5(不燃認定品)
・ 9.5
・ 下張り
突付け
・ 上張り
・ 目透し
・ 9.5
・ 直張り
・ 突付け
・ 12.5(不燃認定品)
・
・ 継目処理
・ mm× mm
・ 突付けV目地
・ mm× mm
・ 下張り
突付け
・ 12.5(不燃認定品)
・ 9.5
・ 12.5(不燃認定品)
・
・ 壁
・ 上張り
・ 目透し
・ 9.5
・
・ 天井
・ 直張り
・ 突付け
・ 12.5(不燃認定品)
・
・ 継目処理
・ mm× mm
・ 突付けV目地
・ mm× mm
表18.14.1 ・ A種 ・ B種
仕上げ塗材塗り
・A−1 ・A−2
※ つや有合成樹脂エマルションペイント
・A−3 ・A−4 ・ 水平方向(kH)
水密性
13 マスチック塗材塗り
(18.14.2)
気密性
ー
テ
ン
ウ
ォ
1
厚さ等(mm)
突付け
・ A種 ※ B種
(18.11.2)
・ 電波 ・ タッチ ・ 押しボタン ・ ペダル ・ 多機能便所
張 り 方
・ 下張り
・ 準不燃認定品
枠及びくつずり材料 ※ 図示による
名 称
材種・規格
(19.7.2)
・
金属製化粧カバー 材質 ・ ステンレス製 ・ アルミニウム製
縁仕上 ・ 塗り縁 ・ 生地縁(素地) ・ 生地縁(ウレタンクリアー塗装)
D種の場合の畳床記号 ・KT−Ⅰ ・KT−Ⅱ ※KT−Ⅲ ・KT−K ・KT−N
せっこうボードその他
ボード及び合板張り
・ A種 ※ B種
上張り紙 ※ ビニル紙 ・ 新鳥の子
表19.6.1 種別 ・ A種 ・ B種 ・ C種 ※ D種
表18.8.1∼4 シーリング材 ※ 表9.6.1による ・ ふすまの材料 種別 ※ 表16.6.3のⅡ型
畳敷き
(19.6.2)
表面仕上げ ※ HL仕上げ ・ 開閉機能による種類 ※ 上部電動式(手動併用) ・ 上部手動式
工法
・ A種 ・ B種 ・ C種
パイル長さ : ※ シーリング材 ・ ガスケット(グレイジングチャンネル形)
14 ガラス溝の寸法、
・ 織ジュータン
・ 5種
・ 125x125
9
カーペット敷き
(19.3.3∼4)
※ シーリング材
・ ビニル被覆鋼板
自閉式上吊り引戸装置
寸法(㎜)
表19.3.2 ・ A種 ・ B種 ※ C種
パイル形状 : ※ 表面処理亜鉛めっき鋼板
8
厚さ(㎜)
・ タフテッドカーペット
※ 熱線反射ガラス
黄色
材質 ※ 軟質 ・ 硬質
鉄 鋼 面
アルミニウム製
扉にラッチ受座用切込み開口補強を行う
(16.8.2∼3)
色柄
・ 400x400 合成ゴム
厚さ(㎜) ※ 2.0 ・ ・ A種(不透明塗料塗り) ・ B種(透明塗料塗り)
鋼製
センサーの種類
材料
・ 300x300 ※ 塩ビ ・ 合成ゴム
※ 規制対象外 ・ 第三種
・ A種 ・ B種
(16.13.2)
戸の鋼板
自動ドア開閉装置
寸法(㎜)
2.0
(表面形状 JIS T9251)
・ A種 ※ B種
13 ガラスの留め材
防火戸 煙感知器連動とする 防火戸の解錠機構は別途とする
7
厚さ(㎜)
・ 誘導用床材、注意喚起用床材
耐震ドアセットの面内変形追従性の等級 ・ ・ カラー鋼板
10
7
断熱ドアセット・断熱サッシの断熱性の等級 ・ H−1 ・ H−2 ・ H−3
G
鍵箱 ・ 設ける ( 組用 組) ・ 設けない
又は体積電気抵抗値(JIS A1454)
1x10 ∼10 Ω程度
見え掛かり部分 ( ※ A種 ・ B種 )
(16.7.4)
帯電防止性能評価値(JIS A1455)
・ 特殊機能床材(帯電防止以外)
・ A種 ※ B種
・ 倍強度熱線吸収ガラス
外部に面する建具の耐風圧性の等級 ・ S−4 ・ S−5 ・ S−6
マスターキー ・ 製作する( 組) ・ 製作しない
厚さ(㎜)
※ 2.0
1.2以上∼3.2未満
・ A種 ・ B種 ・ C種
※ 倍強度ガラス
鍵
CTS
コンクリート及びALCパネル面
映像調整 ※ 行わない ・ 行う
扉にラッチ受座用切込み開口補強を行う
6
・ 帯電防止床タイル
モルタル及びプラスター面
材料板ガラスによる種類の名称
鋼製軽量建具
(16.6.2)
NC
亜鉛めっき(建具以外)面
・ U−3−1 ・ U−3−2
・ 倍強度ガラス
防火戸 煙感知器連動とする 防火戸の解錠機構は別途とする
木製建具
記号
・ 帯電防止床シート
コンクリート及び押出成形セメント板面
耐震ドアセットの面内変形追従性の等級 ・ 5
・ 特殊柄
・
・ 特殊機能床材(帯電防止)
こと
屋内に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
反射皮膜面 ※ 内面 ・ 外面
断熱ドアセット・断熱サッシの断熱性の等級 ・ H−1 ・ H−2 ・ H−3
G
4
※ マーブル
※ 2.0
CTS
U2
・ 3種
鋼製建具
区分
※ 5.0
CT
・ 軟質
ビニル幅木の高さ(㎜) ※ 60 ・ 75
16∼18メッシュ
外部に面する建具以外の表面処理 C−1種又はB−1種
3
HT
※ 半硬質
U1
品 種
1.5㎜
・ 置敷き
E4
・ ステンレス製(SUS316)
ステンレス製(SUS304)線材
・ コンポジション
柄
・ プレーン
・ 2種
品 種
0.25㎜以上
シーリングは補修程度の損傷である
厚さ(㎜)
※ 2.0
・ 日射熱遮へい複層ガラス ・ 4種
網戸等
・ 防鳥網
材 料
・ 熱線反射板ガラス
※ ガラス繊維入り合成樹脂製
記号
HT
・ 1種
・ 3種
断熱ドアセット・断熱サッシの断熱性の等級 ・ H−1 ・ H−2 ・ H−3
G
・ 防虫網
1
・ 複層ガラス
防音ドアセット・ 防音サッシの遮音性の等級 ・ T−1 ・ T−2 ・ T−3
材種
※ 熱溶接
鉄部他
・ A−4
※ W−4 ・ W−5
※ 型板強化ガラス
(・ アンバー ・ ブロンズ ・ ステンカラー ・ ブラック)
2
性 能
※ フロート強化ガラス
※ B−1種 ・ B−2種
種類
・ 2.5
・ ゴム床タイル
・ 熱線吸収強化ガラス
※ A種
※ S−4
気密性
※ 特殊柄
・
18
外部に面する建具の性能等級等
(16.2.2∼4)
部材に有害な歪みが起こらないこと
・ ±(1/300)xh以上
ゴンドラ用ガイドレール ・ 設置する ・ 設置しない
・ 網入り、フロート板合わせガラス
材料板ガラスによる種類
建
具
工
事
部材の脱落、ガラスの破損及び主要
・
建築基準法に基づき定まる風圧力に対応した工法を施工計画書として提出する
・ 強化ガラス
※ フロートガラス
16
・ PF
・ PCカーテンウォール
・ Ⅰ類
・ 熱線吸収、フロート板合わせガラス
ロックウール及び接着剤のホルムアルデヒド放散量
※ ±(1/200)xh以上
・ ステンレス製( )
※ フロート合わせガラス
(15.7.1∼4)
・ 発泡層のあるもの
・ ホモジニアス
・ アルミニウム製( ・ B−1 ・ )
・ 合わせガラス
※ 規制対象外 ・ 第三種
厚さ(mm) ・ 10 ・ 15 ・ 20 ・ 30 ・ ・ 突付け
・ 鋼製( )
建物内部に使用するユリア樹脂等を用いた塗料のホルムアルデヒド放散量
工法
・ 2.0
金属材料の種類(見掛かり部分の仕上げ)
ガイドレールの材質 ※ 溶融亜鉛めっき鋼板 ・ ステンレス製(SUS304)厚さ2.0㎜
12 ガラス
ロックウール吹付け
変位後の状態
種類 ・ メタルカーテンウォール
収納形式による区分 ・ スタンダード形 ・ ローヘッド形 ・ ハイリフト形 ・ バーチカル形
防火材料の指定 ※ 屋内の壁、天井の仕上材は防火材料とする
8
厚さ(㎜)
※ マーブル
その他の性能 図示による
開閉形式による区分 ※ バランス式 ・ チェーン式 ・ 電動式
種類
層間変位量(h=支点間距離)
鉄骨鉄筋コンクリート造
・ 1250Pa ・ 1700Pa
・ 軽量骨材仕上塗材
色柄
※ NC
種類
建築物の構造種別
セクション材料による区分
・ 防水形複層塗材RE
記号
※ 発泡層のないもの
・
・ ビニル床タイル
・
鉄骨造
・ 防水形複層塗材CE
種類
状態
・
シャッターケース ※ 設ける ・ 設けない
座板(屋外の場合) ※ ステンレス製既製品 ・ ・ 防水形複層塗材E
・ ビニル床シート
耐風圧性能
※ たわみ量が±(1/150)xh 部材の脱落、ガラスの破損及び主要部材に
スラットの形状 ※ インターロッキング形 ・ オーバーラッピング形
・ 弱溶剤系 ・ アクリルシリコ ・ メタリック
・ 複層塗材CE
開閉形式 ※ 手動式 ・ 上部電動式(手動併用)
天井及び壁に使用する材料は、建築基準法に基づく防火材料の指定又は認定を受けたもの
合板類、MDF及びパーティクルボードのホルムアルデヒド放散量
※ 規制対象外 ・ 第三種
・30分
パーティクルボード、繊維板、木質系セメント板の原材料 G
・1時間
19
耐温度差性
・80℃ ・70℃ ・60℃
遮音性
・T−1 ・T−2 ・T−3 ・T−4
断熱性
・H−1 ・H−2 ・H−3 ・H−4
・H−5
内
装
工
事
1
接着剤
壁紙施工用でん粉系接着剤、ユリア樹脂等を用いた接着剤のホルムアルデヒド放散量
合板・製材工場から発生する端材等の残材、建築解体木材、使用済み梱包材、製紙未利用低質
(19.2.2)
※ 規制対象外 ・ 第三種
チップ、林地残材、かん木、小径木(間伐材を含む)等の再生資源である木質材料又は植物繊維
接着剤に含まれる可塑剤は、難揮発性のものとする
の重量比配合割合が50%以上であること。(この場合、再生資材全体に占める体積比配合率が
20%以下の接着材、混和剤等(パーティクルボードにおけるフェノール系接着剤、木質系セメ
2
ビニル床シート、
ント板におけるセメント等で主要な原材料相互間を接着する目的で使用されたもの)を計上せず
ビニル床タイル及び
に、重量比配合割合を計算することができるものとする)
ゴム床タイル
(19.2.2∼3)
代表設計者 (一級建築士登録299969号)村中耕作
特記仕様書(4)
04
担当者
(一級建築士登録299969号)村中耕作
A
47
9
壁紙張り
建築基準法に基づく防火材料の指定又は認定を受けたもの
(19.8.2)
施工箇所
9
品質(製造所)
防火性能の級別
煙突ライニング
煙突用成形ライニング材 適用安全使用温度 ※ 400℃ ・ 650℃
(20.2.11)
キャスタブル耐火材 工法 ・ こて押さえ ・ 図示
10 ブラインド
(20.2.12)
10 断熱材打込み工法 G
断熱材の種類 ※ 押出法ポリスチレンフォーム保温板2種b 厚さ ※ 25㎜ ・ 30mm
・ 押出法ポリスチレンフォーム保温板3種b(土間下) 厚さ ※ 25㎜ ・ (19.9.2)
形式
(2)特別管理産業廃棄物管理責任者設置報告書(都道府県知事又は市長)
・ 横型ブラインド
スラットの材種
安全衛生管理
・ 縦型ブラインド(防炎性能を有するもの)
アルミニウム合金製
※ ギア式 ・ コード式
※ 1本操作コード式
スラットの幅(㎜)
※ 25 ・ 35
・ 75以上 ・ 100
11 ロールスクリーン
断熱補修材 ・ 断熱材と同材
(20.2.13)
※ 吹付け硬質ウレタンフォーム断熱材(次項による)
レール
断熱材の種類 ※ A種1 ・ B種1
(20.2.14)
形状( ・ 長方形 ・ 正方形 ・ 六角形 ) 厚さ( ・ 60 ・ 80 ・ 100 )
表面加工 ・ ショット仕上げ
クッション材 ※ 空練りモルタル ・ 砂
・ 再生材料を用いた舗装用ブロック(焼成)
再生材料が原材料の重量比で20%以上(複数の材料が使用されている場合は、それらの材料の合
計)使用されていること。ただし、再生材料の重量の算定において、通常利用している同一工場か
らの廃材の重量は除かれるものとする。重金属等有害物質の含有や、施工時及び使用時に雨水等に
改修工事標準仕様書(9.1.2(c)(4))による表示・掲示を行う。
遮光性能 ・ よる重金属等含有物質の溶出について、土壌の汚染に係る環境基準等に照らして問題がないこと
作業場の養生
品質
処理場所をプラスチックシート等で囲い、外部への粉塵飛散を防止する。
対象室( )
ひだの種類
開閉形式
カーテン操作方式
・ 片引き ・ 引分
き砂汚泥、石材屑
施工箇所 ※ 窓廻り等の断熱材補修部分、ルーフドレイン廻りの床版下等、部分的に後張りとし
カーテンレール及び付属金物
・ 図示による
施工箇所
強さによる区分
材料による区分
仕上げ
形状
付属金物
・
12 断熱材の原材料 G
(19.9.2∼3)
ロックウール:再生資源利用率は、原材料の重量比で85%以上であること
21
1
暗幕用は300mm以上の召し合せの重掛けとする
排水管
(21.2.1)
排
水
工
事
グラスウール:再生資源利用率は、原材料の重量比で80%以上であること
遠心力鉄筋コンクリート
13 点検口
ユ
ニ
ッ
ト
及
び
そ
の
他
の
工
事
・
・
枠の許容差 ±0.5㎜以内 外枠と内枠のクリアランス 片側2.0㎜以内
(20.2.2)
構法
・ パネル構法 ・ 溝構法
・ パネル構法 ・ 溝構法
材料の品質及び性能
耐震性能
・ 1.0G ・ 0.6G
・ 1.0G ・ 0.6G
外枠、内枠の材質
耐荷重性能
※ 3000N ・ 5000N
※ 3000N ・ 5000N
パネル寸法(㎜)
・
・
高さ(㎜)
・ ・ ・ ・ 床表面仕上げ材の材質
※ タイルカーペット
※ タイルカーペット
・ 帯電防止床タイル
・ 帯電防止床タイル
ボーダー部及びスロープ
再生材料が原材料の重量比15%以上使用されていること
ただし、再生材料の重量の算定において、通常利用している同一工場からの廃材の重量は除かれる
・ リサイクル硬質ポリ塩化ビニル発泡三層管(RS−VU)G
2
側塊、排水枡等
(21.2.2)
アルミニウム合金押出形材 JIS H4100 A6063S−T5
型式 ※ 水封型 ・ 簡易密閉型 ・ 密閉型 ・ 中ふた付密閉型
種類
パッキンを装着しないもの及びがたつき防止用パッキンを装着したもの
受枠材、蓋枠材、コーナーピース、底板材、底板補強材
アルミニウム合金押出形材JIS H4100 A6063S−T5
開閉方式 施錠・開錠は、鍵又は開閉用ハンドル式
・ 有り ( ※ 固定式 ・ 可変式): 施工箇所( ※ 図示による ・ ) その他 製造所の仕様による
用 途
平成元年建設省告示第1322号「耐震性フリーアクセスフロアの開発」の建設技術評価において
14 鋼製書架及び物品棚
評価を取得したもの又は同等のものとする
細目
・
・
※ 凹凸形
・ ボルト ・ 溝ふた(側溝用)・ T−2用
・
・
・
固定
・ 桝ふた用
・ T−6用
・
・
・ ・ U字溝用
・ T−14用
・
・
・ T−20用
・
・
・ボルト ・ 溝ふた(側溝用)・ T−2用
・ 固定式(下記以外は図示による)
固定
・ 桝ふた用
・ T−6用
・ ・ U字溝用
・ T−14用
・ 平形
・ T−20用
・ 移動式 形状等は図示による
ローリングロード試験
耐荷重性能(3000N):積載荷重1000Nの際、最大変形量1.5㎜以下
15 くつふきマット
耐荷重性能(5000N):積載荷重1000N以上の際、最大変形量1.0㎜以下
・ 硬質アルミニウム合金製(受け枠ステンレス製(SUS304))
(使用上有害な変形、欠け、割れ、がたつきなどの欠点がないこと)
2
可動間仕切
JIS A6512によるほか、下記による
(20.2.3)
構造形式による種類 ※ スタッド式( ・ スタッド露出・ スタッド内蔵 ) ・ スタッドパネル式
22
※ 塩化ビニル又はゴム製(受け枠ステンレス製(SUS304))ワンライン型
舗
装
工
事
・ ステンレス製(SUS304)(受け枠ステンレス製(SUS304))
16 フェンス
フェンスの種類 ・ ビニル被覆エキスパンドフェンス
構成材の種類 ※ 図示による
・ 樹脂塗装メッシュフェンス
表面材質及び厚さ(㎜) ※ 鋼板0.6 ・ 鋼板0.8
1
に対する揮発性溶剤の質量の割合)が5%以下であること
色 ※ 白 塗布幅 ※ 図示による 塗布厚さ ※ 1.0
23
・ 凹凸形
鋼製物品庫 ・ JIS S1040による
以下(使用上有害な変形、欠け、割れ、がたつきなどの欠点がないこと)
水性型の路面表示用塗料であって、揮発性有機溶剤(VOC)の含有率(塗料総質量
上面形状
普通目
・ 受枠付 ・ 溝ふた(横断用)・ 歩行用
鋼製書架 ※ JIS S1039による ・ 法務省型
ローリングロード性能 ※ 適用する ・ 適用しない
適用荷重
メンバーピッチ
・ ステンレス製 ・ 受枠付 ・ 溝ふた(横断用)・ 歩行用
耐荷重性能(5000N、高さ300以上)の性能
植
栽
及
び
屋
上
緑
化
工
事
1
2
植栽地の確認
土壌の水素イオン濃度(ph)試験 ・ 行う ※ 行わない
(23.1.3)
水溶性塩類(EC)の試験 ・ 行う ※ 行わない
植栽基盤の整備
排水 ・ 設置する(・暗きょ ・閉きょ ・排水層 ・縦穴排水 ) ・ 設置しない
(23.2.2∼4)
水溶性塩類(EC)の試験 ・ 行う ※ 行わない
整備工法
芝及び地被類 ※ 行う( ※ B種 ・ ) ・ 行わない
植込み用土
※ 現場発生土の良質土 ・ 客土
路床の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
土壌改良材
(22.2.2∼5)
盛土に用いる材料(表3.2.1による)
・ 適用する(施工箇所 )
・ バーク堆肥 G
・ A種 ※ B種 ・ C種 ・ D種
製品は以下を満足すること
・ 建設汚泥から再生した処理土 G
有機物の含有率(乾物) :70%以上
支持力比(CBR)試験
炭素窒素比〔C/N比〕 :35以下
※ 行わない ・ 行う( ※ 乱した土 ・ 乱さない土 )
・ 鋼管フェンス
・ アルミフェンス
陽イオン交換容量〔CEC〕(乾物):70meq/100g以上
締固め度の試験
高さ ・ 図示による ・ pH :5.5∼7.5
※ 行わない ・ 行う
水分 :55∼65% 砂の粒度試験
17 天井見切り縁
材種 ※ アルミニウム既製品 ・ ビニル既製品
18 ピクチャーレール
※ 見切り縁兼用タイプ ・ 幼植物試験の結果 :生育阻害その他の異常が認められない
※ 行わない ・ 行う
窒素全量〔N〕(現物) :0.5%以上
遮音性の区分 ・ 0 ・ 12 ・ 20 ・ 28 ・ 36
防火性能 ・ 不燃
2
移動フック ヶ/m 安全荷重 ※ 15㎏以上 ・ 3
移動間仕切
パネルの操作方法による種類 ・ 製造所の仕様による ・ 図示による
(20.2.4)
表面材質及び厚さ(㎜) ※ 鋼板0.6 ・ 19 誘導用床材、注意喚
起用床材
遮音性の区分 ・ 36未満 ・ 36以上(JIS A6512に準拠する)
色 黄色
ドアエッジ材質形状 ※ アルミRエッジ
路盤材料 ※ 再生材クラッシャラン ・ クラッシャラン鉄鋼スラグ
G
G
20 旗竿
材種 ステンレス製(SUS304)( ・ 埋込工法 ※ 接着工法 )
(20.2.6)
端部フラットエンド ※ 有( ※ タイヤと同材 ・ ステンレス鋼 ) ・ 無
※ ホワイトボード ほうろう 形状・寸法は図示による
ボード
・ 黒板 ※ 焼き付け 色彩 ※ 緑 形状・寸法は図示による
(20.2.8)
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
カドミウム :0.0005%以下
(22.4.2∼6)
アスファルト ※ 再生アスファルト ・ ストレートアスファルト
G
水銀 :0.0002%以下
骨材 ※ 砕石 ・ アスファルトコンクリート再生骨材 G
ニッケル :0.03%以下
※ アスファルト舗装
クロム :0.05%以下
形式 ・ ロープ式(テーパー式)
鏡
(20.2.9)
21 既製家具
合板類、MDF及びパーティクルボード、接着剤及び塗料のホルムアルデヒド放散量
22 車止め柵
取付箇所 ・ 図示による ・ ( )
pH :8.5%以下
形 式
・ 材種
柱径・肉厚(mm)
高さ(㎜)
・ ステンレス製
・ φ76.3 t=2.0 ・ GL+700
・ ・ 備考
・ 表層の上に着色舗装又は樹脂系混合物
りん酸全量〔P205〕(現物):1.0%以上
・ 表層の上に常温塗布式舗装又はニート工法による樹脂系舗装
アルカリ分(現物) :15%以下(ただし、土壌の酸度を矯正する目的で
使用する場合はこの限りでない)
カラー舗装に添付する着色骨材
施工箇所の 土壌及び植 物の性質か ら使用が不 適な場合、及 び調達困難 な場合は監 督職員と協 議を行うも のとする
・ 有色骨材(材質< >)
・ 着色骨材(材質< >)
※ 県有施設の石綿除去等に係る施工業者の登録制度による登録を受けている業者であること。
3
支柱材
※ 丸太(間伐材) ・真竹
G
(23.3.2)
アスファルト混合物の抽出試験 ※ 行わない ・ 行う
処理を行うアスベスト成形板の仕様等
・ 案内板 ・ 庁舎案内板( ※ 標準詳細図による ・ 図示による )
4
・ 各階案内板( ※ 標準詳細図による ・ 図示による )
窒素全量〔N〕(現物) :0.8%以上
種類 ※ 表層に着色した加熱アスファルト混合物
シールコート ※ 行わない ・ 行う
23 アスベスト成形板の
水分 :50%以下
・ カラー舗装
(・標準品 ・スプリング式)
寸法(㎜) ・ 図示による ・ 処理工事
(20.2.10)
炭素窒素比〔C/N比〕 :20以下
・ 細粒度アスファルト混合物(13)
・ 基層 ・ 粗粒度アスファルト混合物(20)
※ 防蝕処理
表示
有機物の含有率(乾物) :35%以上
※ 表層 ※ 密粒度アスファルト混合物(13)
厚さ(㎜) ※5 ・ 8
鉛 :0.01%以下
加熱アスファルト混合物等の種類
旗竿受金物 ※ ステンレス鋼(SUS304)製 ・ ・ 上下式内蔵式
7
する
アスファルト舗装
※規制対象外 ・第三種
黒板及びホワイト
第一の基準に適合する原料を使用したもので、植害試験の調査の結果、害が認められないものと
ひ素 :0.005%以下
3
材種 ・ アルミニウム合金 ・ 型式 ※ ビニルタイヤ又は合成ゴムタイヤ入り 幅(㎜) ※ 約35
6
「金属等を含む産業廃棄物に係る判定基準を定める省令」(昭和48年総理府令第5号)の別表
※ 行わない ・ 行う
高さ(m) ・ 階段滑止め
加里全量〔K2O〕(現物) :0.1%以上
・ 汚泥発酵肥料(下水汚泥コンポスト) G
※ 行わない ・ 行う
※ ハンドル式(テーパー式又は同一断面式)
幅木材質 ※ ステンレス幅木
5
りん酸全量〔P2O5〕(現物) :0.2%以上
表22.3.3 砂の粒度試験
寸法 ※ 300x300 ・ 表面材 ※ メラニン樹脂系化粧板 ・ ポリエステル樹脂系化粧板
(22.3.2∼5)
・ 図示
表面形状JIS T9251による
パネル圧接装置の操作方法 ・ 製造所の仕様による ・ 図示による
(20.2.5)
路盤の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
材種 ・ レジンコンクリート製(厚さ60㎜) ・ 磁器質タイル製
パネル厚さ(㎜) ・ 程度
トイレブース
路盤
締め固め度試験
仕上げ メラニン樹脂焼付又はアクリル樹脂焼付( ※ 常備色 ・ 指定色 )
4
表23.2.2 樹木 ・ 行う( ※ A種 ・ B種 ・ C種 ・ D種 ) ※ 行わない
路床
パネル表面仕上げ メラニン樹脂焼付又はアクリル樹脂焼付( ※ 常備色 ・ 指定色 )
パネル総厚さ(㎜) ・ 程度
※ 路面表示用塗料(JIS K5665(路面表示用塗料)による)
・ 1種 ・ 2種 ※ 3種1号
G
G
表面処理 表14.2.1のA−1種、A−2種、B−1種、B−2種
※ なし 区画線
・ 低揮発性有機溶剤型の路面表示用塗料 G
形式
・ 鋼製
材料の品質及び性能
空調用吹き出し(吸い込み)パネル
ク とする。ただし調達困難な場合は監督職員と協議を行うものとする
G
9
鍵 ・ 有 ・ 無
枠の許容差 ±0.5㎜以内 外枠と内枠のクリアランス 片側2.0㎜以内
配線取り出し開口 ※ パネル1枚につき40㎜x80㎜程度の開口1ヶ所以上 ・ 図示による
溶融スラグ化
コンクリート平板舗装、インターロッキングブロック舗装の歩道部は原則再生材料を用いた舗装ブロッ
グレーチング
形式 ※ 屋内用一般型 ・ 密閉形
フリーアクセスフロア全体面積に対する設置割合 ※ 20∼30% ・ 前処理方法
都市ゴミ焼却灰
下水道汚泥
鋳鉄製ふた
屋外用 ・ T−2用(5) ※ T−6用(15) ・ T−20用(50)
鋼板に亜鉛めっき等の防錆処理を行ったもの
配線用取り出しパネル 出について、土壌の汚染に係る環境基準等に照らして問題がないこと
再生材料の原料となるもの
屋内用 ・ T−2用(5)
床 材種 アルミニウム製 寸法(㎜) ・ 450x450 ※ 600x600
表面仕上材の品質・性能は、標準仕様書19章内装工事による
ものとする。重金属等有害物質の含有や、施工時及び使用時に雨水等による重金属等含有物質の溶
適用荷重(安全荷重〔kN〕)
表面処理 表14.2.1のC−1種、C−2種(外部はB−1種、B−2種)
外枠及び内枠のコーナーピース、吊り金物、取付ボルト
※ メーカー仕様 ・ 図示による
計)使用されていること。なお、透水性確保のために、粗骨材の混入率を上げる必要がある場合は、
・ VU
ビニルが製品全体重量比で30%以上使用されていること
施工箇所
前処理方法によらず対象
再生材料が原材料の重量比で20%以上(複数の材料が使用されている場合は、それらの材料の合
建物外での硬質塩化ビニル管であって、使用済み塩化ビニル管を原材料とする塩化
フリーアクセスフロア
焼却灰化又は溶融スラグ化
上水道汚泥
・ VP
内枠 ・ 額縁タイプ ・ 目地タイプ
1
溶融スラグ化
下水道汚泥
・ 再生材料を用いた舗装用ブロック類(プレキャスト無筋コンクリート製品)
継手 ※ ゴム接合 ・ モルタル接合
天井 材種 アルミニウム製 寸法(㎜) ※ 450x450 ・ 600x600
都市ゴミ焼却灰
湖沼等の汚泥
種類 ※ 外圧管B形1種 ・ 形式 一般型 外枠 ・ 額縁タイプ ・ 目地タイプ
20
表21.2.1 硬質ポリ塩化ビニル管
発泡断熱材 :オゾン層を破壊する物質を使用していないこと。また、長期的に断熱性能を保持しつつ、
可能な限り地球温暖化係数の小さい物質が使用されていること
前処理方法によらず対象
びんを除く)、紙製スラッジ、アルミスラッジ、磨
保温材については、改修工事標準仕様書(9.1.2(d)(2))による。
※ 手動 ・ 電動
厚さ ・ 25 ・ 30 ・ なければいけない箇所
前処理方法
採石及び窯業廃土、無機珪砂(キラ)、鉄鋼スラグ
(汚泥を除く)、廃ガラス(無色及び茶色のガラス
除去物及び汚染物の処分等
きれ地の品質等(製造所)
再生材料の原料となるもの
非鉄スラグ、鋳物砂、陶磁器屑、石灰灰、建築廃材
改修工事標準仕様書(9.1.2(c)(4))による表示・掲示を行う。
施工箇所
表22.8.1 材質( ※ コンクリート ・ ) 種類( ※ 普通 ・ 透水性 ・ 植生用 )
表示・掲示
12 カーテン及びカーテン カーテン
放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
※ インターロッキングブロック
(ⅱ)更衣設備等を設ける
操作方法 ・ 電動式 ・ プリング式 ・ チェーン式
11 断熱材現場発泡工法 G ユリア樹脂又はメラニン樹脂を使用した断熱材のホルムアルデヒド
(19.9.3)
材種
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
(22.9.2∼3)
(ⅰ)洗眼、うがいの設備を設ける
・ 硬質ウレタンフォーム保温板1種2号 厚さ ※ 20㎜ ・ ・ フェノールフォーム保温材A種 厚さ ・ ブロック系舗装
洗浄設備
・ アルミスラット ・ クロススラット
スラットの種類
8
舗
装
工
事
(1)建築物解体等作業届(所管労働基準監督署)
製造所
ホルムアルデヒド放散量 ※ 規制対象外 ・ 第三種
22
官公署その他への手続き
改修標準仕様書(9.1.3(b)(2))によるほか、次の必要な手続きを行う
最高温度 ※ 400℃ ・ 材 料 名
厚さ(mm) 処理を行う範囲
コンクリート舗装
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
(22.5.2∼6)
溶接金網 ※ 使用する(150X150X6φ) ・ 使用しない
・ 視覚障害者用案内板( ※ 共通詳細図による ・ 図示による )
4
新植樹木の枯補償
※ 1年間 ・ (23.3.4)
コンクリート版の厚さの試験 ※ 行わない ・ 行う
・ 室名札 ※ 標準詳細図による ・ 市販品
5
・ ピクトグラフ 標準案内図用記号 ※ JIS Z8210による ・ 図示による
5
形状・その他 ※ 図示による
カラー舗装
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
(22.6.2∼6)
車道部の基層 ・ 有 ・ 無
・ 庁名文字 ※ 標準詳細図による ・ 図示
アスファルト混合物の抽出試験 ※ 行わない ・ 行う
・ 切抜文字(・ステンレス製・黄銅製) ・ 箱文字(・ステンレス製・黄銅製)
字数( ) 文字の大きさ( x )
・ 非常用進入口 ・ 図示による
案内用図記号はJIS2810による
6
屋上緑化 G
植栽基盤及び材料
・屋上緑化システム
透水性アスファルト
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
土壌層の厚さ ・ 図示 ・ 舗装 G
アスファルト混合物の抽出試験 ※ 行わない ・ 行う
排水層 ・ 軽量骨材(層の厚さ: ) ・ 板状成形品
植込用土 ※ 改良土 ・ 人工軽量土
(22.7.2∼6)
石綿作業主任者
※ 1年間 ・ (23.3.6)
(23.5.2∼3)
6
施工調査
※ 行う ・ 行わない
・ 対人衝突防止表示 ・ 図示による
新植樹木の枯損処理
樹木の材種、寸法、株立数等 ※ 図示 ・ 特定化学物質等作業主任者技能講習を修了した者の中から選任する。
7
特別管理産業廃棄物管理責任者
保温材については、排出事業者は特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を有する者を選任し管理させる。
排水性アスファルト
舗装の構成 ※ 標準詳細図による ・ 図示による
舗装 G
アスファルト混合物の抽出試験 ※ 行わない ・ 行う
(22.8.2∼6)
・屋上緑化軽量システム
芝及び地被類の樹種並びに種類等 ※ 図示 ・ 見切材、舗装材、水抜き管、マルチング材等 ※ 図示 ・ 代 表 設 計者 ( 一 級 建 築 士 登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村 中 耕 作
特記仕様書(5)
05
担当者
(一級建築士登録299969号)村中耕作
A
47
−凡例−
■付近見取図
・ 図中 ±0
はBM±0
からの高さ を示す
・ 図中 ( +*** ) は各申請建物の平均地盤面からの建物高さ を示す
■敷地面積表
・ 建物高さ 2 0 m以下のため隣地斜線の影響範囲内に建築物はあ り ません 。
・ 県道木地山倉吉線の道路斜線影響範囲内 ( 2 0 m ) に建築物はあ り ません 。
2 , 1 0 7 . 1 6㎡
倉吉福祉セン ター棟
倉庫棟
自転車置場棟
計
近隣商業地域
9 2 7 . 8 4㎡
1 階床面積
6 0 8 . 0 4㎡
4 6 . 3 7㎡
1 0 . 3 3㎡
6 6 4 . 7 4㎡
建築基準法による敷地面積計
3 , 0 3 5 . 0 0㎡
2 階床面積
5 8 4 . 0 8㎡
敷地面積非算入面積
6 . 3 9㎡
延べ面積
1 , 1 9 2 . 1 2㎡
4 6 . 3 7㎡
1 0 . 3 3㎡
1 , 2 4 8 . 8 2㎡
計
3 , 0 4 1 . 3 9㎡
建築面積
6 8 1 . 9 1㎡
7 4 . 8 7㎡
1 0 . 3 3㎡
8 0 1 . 5 2㎡
・ ▲は主要出入口を示す
歩廊棟
5 8 4 . 0 8㎡
3 4 . 4 1㎡
申請場所
N
0
道路境界線
道路境界線
植込
+50
+50
屋外階段
+90
(
2
+325
17 , 030
+5 0
植込
花壇
階
延
3
焼
m
(
1
線
(
階
建
延
焼
線
物
心
中
線
界線
+110
N
−3 3 0
( 底面 )
配置図S=1 : 2 5 0
+150
+110
排水路
1 8 , 70 0
花壇
3 , 500
隣地
+350
3m( 1階延焼線)
メ ッ シュ フ ェ ンスH = 1 0 0 0
隣地境
−2 2 0
( 底面 )
+120
−3 1 0
( 底面 )
+150
軒先高 さ ( +8 , 0 3 7 )
+150
+350
+120
+120
隣地境界線
8 , 4 00
ピロテ ィ
+300
)
1
階
メ ッ シュ フ ェ ンスH = 1 0 0 0
延
焼
線
+
60
▽
GL+
2,681
歩廊棟
倉吉福祉センター棟
▽
GL+
11,965
道路境界線
)
+325
最高高 さ ( +3 , 6 0 5 )
+350
申請建物②
倉庫棟
木造平屋建
平均地盤面 ( G L+ 2 3 0 )
+310
−3 0
+150
−5 4 0
( 底面 )
2 , 1 30 2 , 7 30
住宅
)
メ ッ シュ フ ェ ンスH = 1 0 0 0
2 0 , 00 0
キュービクル
B−B ´ 敷地断面図 S=1 : 2 5 0
m
+325
+0
5m( 2階延焼線)
−3 8 0
( 底面 )
m
建物
1 80
1 2 , 74 0
隣地
隣地境界線
+0
倉吉福祉セン ター棟
▽G L +3 , 8 3 5
自転車置場棟
歩廊棟
道路境界線
道路境界線
道路境界線
▽G L +1 1 , 9 6 5
道路境界線
法4 2条2項による
みなし道路境界線
B
7 20
▽G L
5
倉庫棟
3
花壇
A´
▽
GL+
3,835
花壇
+50
−2 0
+150
+220
道路側溝
申請建物④ 歩廊棟
平均地盤面 ( G L+ 2 6 0 )
キュ ービ クル
メ ッ シュ フ ェ ンスH = 1 2 0 0
最高高 さ ( +1 1 , 7 8 5 )
玄関キャ ノ ピー
車庫棟
1 , 200
+290
+350
+300
+290
+250
31 , 000
花壇
+290
アル ミ ニウム造平屋建
植生
+1 2 0
+290
公務用駐車場
3 , 640
+195
+100
+50
+0
+250
1 , 840
+150
+195
申請建物①
倉吉福祉セン ター棟
鉄骨造 2階建
平均地盤面 ( G L+ 1 8 0 )
+150
最高高 さ ( +2 , 4 2 1 )
植込
+200
+4 0
花壇
2 , 0 00
+150
キ ャ ノ ピー高 さ
( 4, 720 )
広場
道路境
界線
.06
接道長
さ2 0
−8 0
来客用駐車場
植込
法4 2条2項によるみなし道路境界線
3 , 6 40
+100
+100
植込
1.0
5 m ( 2 階延焼線 )
道路境界線
市道福吉町3号線 幅員3 . 6 4m
( 法4 2条2項道路)
+1 0 0
6 , 050
道路中心線
3 m ( 1 階延焼線 )
道路側溝
道路側
溝
隣地境界線
+5 0
道路境界線
+2 0
メ ッ シュ フ ェ ンスH = 1 0 0 0
1 , 000
隣地境界線
+50
+150
0
A
軒先高 さ ( +7 , 4 3 5 )
+50
花壇
既存掲示 板
歩道
m
1 7 , 35
7 , 200
道路中
心線
道路側
溝
道路境
界線
歩道
前面道路
県道木地山倉吉線
幅員 1 7 . 3 5 m
( 法 4 2条1 項1号道路 )
車庫棟
申請建物③
自転車置場棟
鉄骨造平屋建
( 不燃構造 )
平均地盤面 ( G L+ 1 0 0 )
+120
±0
+0
公務用駐車場
最高高 さ ( +2 , 2 1 5 )
隣地
( 公衆便所 )
±0
道路境界線
自転車置場棟
花壇
3 , 988
2 , 000
±0
道路側溝
+0
▽
GL+
7,615
±0
道路境界線
+6 0
5m( 2階延焼線)
3 2 , 20 0
+3 0
+140
3m( 1階延焼線)
市道越殿町金森線 幅員 7 . 4 3 m
+7 0
( 法 4 2条1 項1号道路 )
道路中心線
+6 0
2 , 3 60 1 , 4 35
7 , 430
道路側溝
+1 6 0
斜
線
+
60よ
り
B´
第一種住居地域
▽
GL+
2,315
近隣商業地域
1.25
道路側
溝
▽G L
1 0 , 37
■面積表
第一種住居地域
1.0
1.2 5
倉庫棟
▽G L
+1 6 0
+0
▽G L
A− A ´ 敷地断面図 S=1 : 2 5 0
配置図
A 2 1/2 5 0
A 3 1/3 5 0
代表設計者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
06
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
2 0 , 20 0
1
0 . 694
0.
0 . 79
6
2
62
1.
09
4
0.
6
92
3 , 850
65
38 . 482
38 . 635
38 . 101
0
. 39
40
15 . 86
2
66
.3
.
.4
66
93
6
.
31
.
36
20
25
+1 5 0
21
19
( 0 . 050+0 . 325 ) *28 . 150/2
3
( 0 . 325 ) *3 . 050
0.991
4
( 0 . 325+0 . 150 ) *7 . 975/2
1.894
5
( 0 . 150 ) *12 . 225
6
( 0 . 150+0 . 260 ) *10 . 500/2
2.153
7
( 0 . 260 ) *2 . 500
0.650
8
( 0 . 260+0 . 350 ) *2 . 125/2
0.648
9
( 0 . 350 ) *2 . 500
0.875
10
( 0 . 350 ) *3 . 850
1 . 348
11
( 0 . 350 ) *2 . 500
0 . 875
12
( 0 . 260+0 . 350 ) *2 . 125/2
0.648
13
( 0 . 260 ) *2 . 500
0.650
14
( 0 . 260+0 . 050 ) *12 . 600/2
1.010
5 . 278
1 . 834
+3 2 5
+1 5 0
+3 2 5
1 2 , 22 5
5
1
42
3
合計
1.953
20. 807㎡
※ 建築基準法によ る平均地盤面の算出
7 , 9 75
4
2 0 . 8 0 7㎡ ( 面積 ) /1 1 2 . 8 0 0 m ( 全長 ) =0 . 1 8 4m→G L +1 8 0 mm
32
倉吉福祉セン ター棟 地盤面算定平面図
4. 0
4
30 .
1 2 , 86 0
1
33 6
29 . 10
+3 2 5
11
0
倉庫棟 地盤面算定
+3 2 5
+1 5 0
1 . 471
1 . 4 82
0 . 18 0
0 . 18 0
5 6 . 1 81
3 , 760
0 . 81 7
0 . 8 37
3 , 760
4 . 308
6
.
30
5
13
2
46
4 . 20
4
+2 6 0
96
5
3
7
2 , 5 00
+2 6 0
3
.3
9
89
.0
66
19
66
6
43
.8
07
.
29
13
+3 5 0
3 , 050
65
3
6
2 , 5 00
2 , 5 00
9
+3 5 0
94
35 . 916
34 . 790
8
7
.4
8
4.
34 . 791
4
11
10
12
05
21
10
9
0
+3 5 0
( 0 . 050 ) *20 . 200
2
2
+3 5 0
8
.6
6.
2.
12
20
28
2 . 3 94
2 . 45 0 2
7
8 . 60 6
+2 6 0
0 . 18 0
2
81
4.0
2 , 5 00
13 +2 6 0
28 , 150
1 . 141
0 . 060
10 , 500
11 . 78
8
11 . 518
11 . 468
18
19
22
0 . 665
0 . 665
0 . 060
0 . 18 0
. 483
02 0
0. 4
3
7
88
38
0 0.
88
0.
18
22
16
17
0.
15
83
0. 4
02
0. 4
0.
6
14
94
0
46
13
. 71 7
17
94 883
1
0. 0 .
0 1 . 14
88
0 . 6 387
.
92 0
0. 9
99
0. 2
62
.0
0.
12
1
4 8 . 3 06
6 . 00 0
5 . 940
1 3 . 4 81
2 . 51 3
2 . 4 44
0 . 79
3
0 . 694 1
14
2 , 125
0.
0
94
16
2 , 125
9
99
15
12 , 600
0.
14
1
+5 0
+5 0
3
0.
46
13
倉吉福祉セン ター棟 地盤面算定
( 0 . 325 ) *16 . 620
5.402
2
( 0 . 150 ) *16 . 620
2 . 493
合計
+3 2 5
+1 5 0
1
7. 895㎡
+1 5 0
※ 建築基準法によ る平均地盤面の算出
1 2 , 86 0
2
敷地面積求積図S= 1 : 3 0 0
7 . 8 9 5㎡ ( 面積 ) /3 3 . 2 4 0 m ( 全長 ) =0 . 2 3 7m→G L+2 3 0mm
倉庫棟 地盤面算定平面図
自転車置場棟 地盤面算定表
■ 敷地面積算定 ㎡
( 建築基準法に よ る 敷地面積算入部分 )
1
2
底辺
1 1 . 78 8
1 1 . 78 8
高さ
2 . 4 44
2 . 3 94
倍面積
2 8 . 80 9
2 8 . 22
No .
10
底辺
3 8 . 48 2
高さ
5 . 9 40
C 三斜求積表 ( 第一種住居地域 )
倍面積
2 28 . 5 83
No .
11
底辺
高さ
3 8 . 63 5
1 . 4 71
2
D 三斜求積表 ( 第一種住居地域 )
倍面積
5 6 . 83 2
No .
20
底辺
高さ
3 5 . 91 6
倍面積
0 . 1 80
+1 4 0
6 . 4 64
3
4 . 3 08
0 . 8 17
3 . 5 19
12
6 4 . 89 4
2 8 . 60 5
1 85 6 . 29 2
21
3 4 . 79 1
0 . 1 80
6 . 2 62
4
3 0 . 33 6
4 . 0 32
1 22 . 3 14
13
6 5 . 40 7
0 . 4 66
3 0 . 47 9
22
1 . 1 41
0 . 0 60
0 . 0 68
5
3 6 . 46 2
1 3 . 01 9
4 74 . 6 98
14
6 5 . 89 6
0 . 6 22
4 0 . 98 7
6
3 6 . 46 2
6 . 2 14
2 26 . 5 74
15
6 6 . 33 3
0 . 9 99
6 6 . 26 6
7
3 1 . 13 5
2 . 0 72
6 4 . 51 1
16
6 6 . 49 3
0 . 9 26
6 1 . 57 2
8
4 0 . 39 0
4 . 0 81
1 64 . 8 31
17
6 6 . 49 3
0 . 8 80
5 8 . 51 3
9
4 0 . 39 0
1 2 . 71 7
5 13 . 6 39
18
6 6 . 43 6
0 . 3 87
2 5 . 71
6 6 . 32 5
3 0 . 42 1
1
計
1 , 7 98 . 6 69
19
2 8 . 51 4
1/2
8 99 . 3 34
計
4 , 2 14 . 3 23
A 面積
2 8 . 5 1 ㎡
B 面積
8 99 . 3 3 ㎡
1/2
2 , 1 07 . 1 61
( 近隣商業地域 ) 9 2 7 . 8 4 ㎡
C 面積
0.944
2
( 0 . 140+0 . 050 ) *1 . 500/2
0 . 143
3
( 0 . 050+0 . 090 ) *7 . 265/2
0.509
4
( 0 . 090+0 . 120 ) *1 . 500/2
0.158
1. 754㎡
+9 0
※ 建築基準法によ る平均地盤面の算出
1 . 7 5 4㎡ ( 面積 ) /1 7 . 5 3 0 m ( 全長 ) =0 . 1 0 0m→G L+1 0 0mm
4
自転車置場棟 地盤面算定平面図
歩廊棟 地盤面算定
2 01 7 . 67 2
計
1 2 . 79 4
( 第一種住居地域 ) 2 , 1 0 7 . 1 6 ㎡
1/2
6 . 3 97
( 建築基準法に よ る 敷地面積 ) 3 , 0 3 5 . 0 0 ㎡
D 面積
( 敷地面積非算入面積 ) 6 . 3 9 ㎡
( 合計 ) 3 , 0 4 1 . 3 9 ㎡
4 , 9 30
2
+1 9 5
4 , 4 75
3
+2 5 0
9 , 3 95
+2 9 0
1
+1 9 5
4 , 9 30
6
+2 5 0
+2 9 0
4 , 4 75
5
1
( 0 . 195 ) *1 . 940
2
( 0 . 195+0 . 250 ) *4 . 930/2
1 . 097
3
( 0 . 250+0 . 290 ) *4 . 475/2
1.208
4
( 0 . 290 ) *20 . 730
6.012
5
( 0 . 250+0 . 290 ) *4 . 475/2
1.208
6
( 0 . 195+0 . 250 ) *4 . 930/2
1.097
0.378
+2 9 0
1 , 940
5 7 . 02 9
3
1 , 5 00
1 , 940
計
( 0 . 120+0 . 140 ) *7 . 265/2
合計
+1 2 0
1/2
1
+5 0
7 , 265
No .
B 三斜求積表 ( 近隣商業地域 )
7 , 265
A 三斜求積表 ( 近隣商業地域 )
1 , 5 00
( 建築基準法に よ る 敷地面積非算入部分 )
+2 9 0
9 , 3 95
4
合計
11. 000㎡
歩廊棟 地盤面算定平面図
※ 建築基準法によ る平均地盤面の算出
1 1 . 0 0 0㎡ ( 面積 ) /4 1 . 4 8 0 m ( 全長 ) =0 . 2 6 5m→G L+ 2 6 0mm
敷地面積算定 ・ 地盤面算定
A 2 1/3 0 0
A 3 1/4 5 0
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
07
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
20 , 000
12 , 600
20 , 000
2 , 60 0
1 , 70 0
3 , 10 0
2 , 60 0
8 , 40 0
9 , 00 0
800
庇ライン
1階
200
庇ライン
2 , 60 0
A
1 . 080 * 4 . 930
=
5 . 3 2㎡
2
2 . 600 * 12 . 400
=
32 . 24
B
3
2 . 600 * 10 . 350
=
1 . 500 * 12 . 975
1 . 800 * 10 . 225
26 . 91
=
=
B計=
19 . 4 6
18 . 4 1
3 7 . 8 7㎡
4
2 . 600 * 3 . 650
=
9 . 49
=
2 9 . 2 0㎡
1 階床面積計
2階
6 0 8 . 0 4㎡
=
539 . 40
2
2 . 600 * 12 . 400
=
32 . 24
3 , 50 0
3 , 50 0
3 , 35 0
2 , 00 0
2 , 25 0 9 0 0
8 , 000
2 , 60 0
2 , 00 0
3 , 100
31 , 000
4 , 700
1 , 900 900
2 , 000
WC (女 )
2 , 20 0 1 , 80 0
3 , 00 0
20 , 000
2 階各室求積図 S = 1 : 2 0 0
8 . 000 * 3 . 650
7 . 400 * 0 . 200
=
1 階床面積計
1 . 4 8㎡
1 階各室面積表
室名
2 . 600 * 3 . 650 =
風除室
玄関ロビー ・ ホール
( 階段下倉庫 )
6 0 8 . 0 4㎡
建築面積計
面積 ( ㎡ )
2 階各室面積表
室名
9 . 49
9 . 7 5 0 * 2 . 1 0 0 = 20 . 4 8
1 0 . 0 0 0 * 1 3 . 1 0 0 = 1 31 . 0 0
- 1 . 8 0 0 * 3 . 9 0 0 = -7 . 0 2
= 1 44 . 4 5
6 8 1 . 9 1㎡
面積 ( ㎡ )
室名
面積 ( ㎡ )
室名
書庫
2 . 000 * 5 . 500 =
11 . 0 0
大会議室
2 0 . 0 0 0 * 1 2 . 4 0 0 = 2 48 . 0 0
更衣室 ( 女 )
2 . 250 * 5 . 500 =
2 . 800 * 2 . 400 =
=
12 . 3 8
6 . 72
19 . 1 0
〃 倉庫
更衣室 ( 男 )
1 . 950 * 2 . 640 =
5 . 15
〃 倉庫
2 . 200 * 3 . 850 =
8 . 47
休憩室
0 . 900 * 3 . 100 =
1 . 900 * 1 . 700 =
=
2 . 79
3 . 23
6 . 02
和室研修室
〃 床の間
〃 水屋
9 . 000 * 4 . 700 =
1 . 800 * 0 . 900 =
1 . 9175* 0 . 900 =
=
42 . 3 0
1 . 62
1 . 73
45 . 6 5
9 . 000 * 3 . 100 =
27 . 9 0
=
26 . 91
接客コーナー
2 . 850 * 2 . 100 =
5 . 99
=
-10 . 81
多目的ルーム
4 . 800 * 5 . 300 =
25 . 4 4
吹抜
-0 . 300 * 5 . 375
=
-1 . 61
相談室 1
2 . 600 * 2 . 650 =
6 . 89
脱衣室
0 . 900 * 1 . 400 =
1 . 26
〃 押入
1 . 800 * 0 . 900 =
1 . 62
吹抜
-5 . 125 * 0 . 400
=
-2 . 05
相談室 2
2 . 600 * 2 . 650 =
6 . 89
シャワー室
1 . 000 * 1 . 400 =
1 . 40
〃 踏込
3 . 4825* 0 . 900 =
3 . 13
総合相談室
2 . 600 * 3 . 300 =
8 . 58
授乳室
2 . 600 * 1 . 600 =
4 . 16
ホワイ エ
会長室
3 . 350 * 5 . 500 =
18 . 4 3
給湯室
2 . 600 * 2 . 100 =
5 . 46
小会議室
3 . 500 * 5 . 500 =
19 . 2 5
便所前室
4 . 300 * 1 . 760 =
7 . 56
団体 ・ ボラ ンテ ィ ア活動室
2 . 600 * 4 . 700 =
3 . 500 * 5 . 500 =
=
12 . 2 2
19 . 2 5
31 . 4 7
WC ( 男 )
3 . 100 * 4 . 650 =
14 . 4 1
通路
WC ( 女 )
17 . 1 0
8 . 28
25 . 3 8
1 . 800 * 3 . 900 =
7 . 02
6 . 29
10 . 7 0
16 . 9 9
9 . 000 * 1 . 900 =
1 . 800 * 4 . 600 =
=
階段下倉庫
1 . 700 * 3 . 700 =
3 . 100 * 3 . 450 =
=
給湯室
2 . 200 * 2 . 000 =
4 . 40
通路
5 . 500 * 1 . 800 =
9 . 90
WC ( 多目的 )
2 . 350 * 2 . 640 =
6 . 20
WC ( 男 )
3 . 000 * 4 . 600 =
13 . 8 0
風除通路
1 . 900 * 1 . 800 =
3 . 42
EV
2 . 600 * 2 . 350 =
6 . 11
WC ( 女 )
4 . 800 * 3 . 400 =
16 . 3 2
A 2 1/ 2 0 0
A 3 1/ 3 0 0
2 . 200 * 2 . 150 =
4 . 73
EV
2 . 600 * 2 . 350 =
6 . 11
2 0 . 0 0 0 * 1 0 . 3 0 0 = 2 06 . 0 0
事務室
求 積図 ・ 面 積表
面積 ( ㎡ )
WC ( 多目的 )
1 3 . 0 0 0 * 8 . 0 0 0 = 1 04 . 0 0
中会議室
2 . 600 * 10 . 350
5 8 4 . 0 8㎡
450
8 , 40 0
-3 . 025 * 3 . 575
1 1 9 2 . 1 2㎡
5 , 375
中会議室
倉庫
1 , 00 0
900
WC (男 )
WC
( 多目的 )
2 , 150
3 , 575
400
給湯室
3
延べ床面積
12 , 400
12 , 400
31 , 000
8 , 250
2 , 350
通路
吹抜
2 階床面積計
押入 床の間
踏込
■ 各室面積算定 ㎡
■ 建築面積算定 ㎡
539 . 40
17 . 400 * 31 . 000
休憩室
水屋
和室研修室
3 , 48 2 . 5
1 , 80 0 1 , 80 0
5 , 12 5
EV
1 階各室求積図 S = 1 : 2 0 0
=
1
書庫
1 , 91 7 . 5
ホワイ エ
吹抜
20 , 000
17 . 400 * 31 . 000
D
会長室
更衣室 ( 女 )
1 , 50 0
300
1
C
小会議室
吹抜
倉庫
3 , 400
団体 ・ ボ ラン テ ィ ア活動室
床面積及び建築面積求積図 S = 1 : 2 0 0
■ 床面積算定 ㎡
2 , 650
800
シ ャ ワ−室
D
1 , 000
800
17 , 400
1 , 90 0
1 , 95 0
通路 1 , 2 0 0風除通路
2 , 35 0
総合相談室
1 , 400
2 , 500
7 , 40 0
20 , 000
WC
更衣室
( 多目的 ) ( 男 )
脱衣室
500
2 , 60 0
WC (男 )
EV
1 , 760 1 , 850 1 , 600 2 , 650
250
31 , 000
前室
4 , 700
500
給湯室
1 , 80 0
2 , 350
400
10 , 225
10 , 350
3
階段下
倉庫
2 , 640
WC (女 )
3 , 900
避難用バル コ ニ ー
5 , 12 5
8 , 00 0
授乳室
風除室
300
1 , 800
玄関ホ−ル
3 , 02 5
1 , 700
31 , 000
2 , 300
多目的ル−ム
相談室 2
B
吹抜
300
2 , 300
150
5 , 375
吹抜
相談室 1
2 , 300
3 , 575
4
C
玄関キ ャ ノ ピ ー
大会議室
9 , 75 0
接客 コ ーナー
3 , 650
300
1
12 , 975
3 , 02 5
150
2 , 300
31 , 000
3 , 650
1 , 000
500
キャノピー柱芯
キ ャ ノ ピ ー柱芯
600
1 , 000
3 , 650
キ ャ ノ ピ ー柱芯
300
2 , 100
2 , 85 0
庇ライン
10 , 300
事務室
2 , 400
4 , 930
12 , 400
A
屋外階段
2
10 , 300
500
1 , 08 0
500
代 表 設計 者
( 一 級建 築 士登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
担当者
( 一 級建 築 士登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
( 吹抜 )
( 吹抜 )
( 吹抜 )
8 . 400
-3 . 025
-0 . 300
-5 . 125
* 10 . 600
* 3 . 575
* 5 . 375
* 0 . 400
= 89 . 0 4
= - 10 . 8 1
= -1 . 6 1
= -2 . 0 5
= 74 . 5 7
08
A
47
外
部
名 称
仕
位置 ( 種類 )
屋根
本体
上
表
下 地 及 び 仕 上
名 称
カ ラーG L 鋼板0 . 5 t 段葺 [ H 2 5 mm 、 ポリ エチレンフ ォーム 4 t 裏張、
雪止アングル ( 溶融亜鉛メ ッ キ ) 下部 2段、 雪止金物上部3段 ]
位置 ( 種類 )
屋根
玄関ポーチ
鉄骨垂木の上耐火野地板 2 5 t +ゴムアスルーフ ィ ング 1 . 0 t 下地
庇
破風 ・ 鼻隠し
下 地 及 び 仕 上
名 称
カ ラーG L 鋼板0 . 5 t 立平 T カン合葺 [ ポ リ エチレンフ ォーム4 t 裏張、雪止金物 2段 ]
本体
樋
鉄骨垂木の上耐火野地板 2 5 t +ゴムアスルーフ ィ ング 1 . 0 t 下地
カ ラーアル ミ製既製品 出幅 3 0 0 [ A F 9 3 程度 ]
陸屋根
玄関ポーチ
ウレタ ン系塗膜防水 ( X −2 仕様 )
避難用バルコニー
鉄骨垂木の上耐火野地板 2 5 t 下地
カ ラーG L 鋼板0 . 8 t パネル加工 耐水P B 1 2 . 5 t 裏張
下 地 及 び 仕 上
施設名板1
軒樋 : カ ラ ー塩ビ複合樹脂製V 2 0 0 縦樋 : カ ラー V U 7 5 掴金物 : ステ ンレ ス製
縦樋 : カ ラ ース テ ン レ スφ 6 0 掴金物 : ス テ ン レ ス製
ルー フ ド レ イ ン : 丸型 ( 軒裏シー リ ン グプ レ ー ト )
軒樋 : カ ラ ー塩ビ複合樹脂製W 1 2 0 縦樋 : カ ラー V U 5 0 掴金物 : ステ ンレ ス製
ステンレス箱文字 1 5 0 角 [ 1 0文字 ]
金物 ・ その他
軒天
軒天ボー ド 1 1 t 張り ( 一部有孔 ) D P塗 L G S下地
外壁
防火サイデ ィ ング 1 6 t 通気金具工法 鉄骨胴縁の上透湿防水シー ト 0 . 2 t 下地
土台水切
根廻
風除室廻り見切框
幕板 ・ 笠木 ・ 柱型
軒天
カ ラーG L 鋼板0 . 4 t
床
化粧型枠コ ンク リー ト打放し仕上
巾木
御影石張
施設名板2
アルミ 鋼板パネル 1 . 5 t 焼付塗装 ( グラ イ ト 吹付け )
木製3 0 0 ×1 9 0 0 ( 移設品 )
カ ラーアル ミ スパン ド レル1 . 0 t 張り [ 発泡ポリ スチレン フ ォーム5 t 裏張 ] L G S下地
ピ ッ ト 換気口
アルミ 製丸型防風板付ガラ リφ1 0 0 ( S U S防虫網付 ) [ 4 ヶ所 ]
磁器質 1 5 0角タ イル張 R Cの上モルタル下地 ( 床見切縁 : 御影石1 2 0*1 2 0 )
旗竿取付金物
ステンレス製
御影石 1 5 0 H張
出入口部溝蓋
ステンレス製グレーチング 縦目細目ノンス リ ッ プタ イプ 2 0 t 溝巾 3 0 0 ( 溝内部は防水モルタル塗 )
鉄骨階段 ・ 手摺
鉄骨部材 : 溶融亜鉛メ ッキ下地処理の上ポリ ウレ タン樹脂塗料 ( 踏面モルタルコテ押え )
点字タ イル
犬走り
コンク リ ー ト 金コ テ仕上
バルコ ニー床
殊機能性防水材 〈 パラテ ッ ク ス同等品 〉 A−3 歩行用 ( 立上り共 ) R C こて押え下地
定礎板
風除通路ポーチ
磁器質 1 5 0角タ イル張
バルコ ニー幕板
押出し成形板2 4 0+1 5 0 タイプ ( コーナー共 ) D P塗
アルミ パンチングメ タル及びS U S製
バルコ ニー軒天
軒天ボー ド 1 1 t 張り ( 一部有孔 ) D P塗 L G S下地
磁器質 3 0 0角タ イプ
避難用バルコニー ・ 屋外階段
妻飾り
内部仕上 共通事項 ( 特記なき もの下記によ る ) ※倉庫棟も準ずる ( ○印 ある ものを適用 とする )
小屋裏換気口
見切框
外部仕上 共通事項 ( 特記なき もの下記によ る ) ※倉庫棟も準ずる
御影石製4 0 0× 3 0 0
ステンレス製丸型防風板付ガラ リφ 1 5 0 ( 防火ダンパー、 S U S防虫網付 )
御影石製
その他 共通事項 ( 特記なき もの下記による )
左官下地及び塗装下地P Bジ ョ イン ト ははテーパーエ ッ ジによる継目処理工法とする こ と 。 ( ジ ョ イン ト テープ等使用 )
消火器B O X : スチール製塗装品 全埋込型蓋付 [ 4 ヶ所 ]
図中G L 鋼板はガルバリウム鋼板とする 。
石綿添加した建築材料は用いない 。
クロス下地P Bジ ョ イン ト はテーパーエ ッ ジによる継目処理工法とする こ と 。 ( ジ ョ イン ト テープ等使用 )
シ ステムキ ッ チ ン w 1 8 0 0 : [ ト ッ プ : ス テ ン レ ス 、 扉 : 化粧シー ト 張 ]
シ ン グルレバー水栓 、 I H ヒ ー タ ー ( 埋込型 2 口 ) 、 レ ン ジ フ ー ド シ ロ ッ コ フ ァ ン
透湿防水シー ト は横張と し 、 しジ ョ イン ト 部分及びサッ シ回りはシージングテープ張とする
ホルムアルデ ヒ ド 発散建築材料 ( 仕上 、 下地 、 家具 、 建具 、 塗料 、 接着剤等 ) は F ☆☆☆☆タ イ プ も し く は規制対象外品と す る 。
窓カーテンは遮光型防炎品 ( 柄物 ) と し 、 レールはステンレス製とする※カーテンは別途工事とする 。 ( レールは本工事 )
吊戸棚 : シ ステ ムキ ッ チ ン付属品仕様 [ 扉 : 化粧シー ト 張 ] H 6 0 0
外部廻り シーリ ングは 二成分系 ポリサルフ ァ イ ド系とする 。
クロルピ リポスを使用した建築材料は用いない 。
ビニール床シー ト は溶接工法とする 。
床下点検口 : 6 0 0 角 アル ミ 枠 充填用 施錠式 ( 2 ヶ所 )
使用タ イルは耐凍害性タ イルし 、床タ イルはノ ンス リ ッ プタ イプとする 。
換気計画部分の内装仕上はすべて規制対象外 と し 、 換気計画部分の天井裏等の措置について使用材料はすべて規制対象外と す る 。
メ ラ ミ ン化粧不燃板は柄物と し 、 ジ ョ イン ト 、 入隅目地はシー リング施工、出隅、天端はカ ラーアルミ 役物施工とする 。
タ ラ ッ プ ( 床下点検口ご と ) : S U S 3 0 4 H 1 0 0 0 程度
サイデ ィ ングコーナー部分は同材専用役物によ り施工するこ と 。
図面に記入の商品名は全て参考品と して同等品以上とする
沓刷りはすべてバリ アフ リ ータイプ とする 。
天井点検口 : 4 5 0 角 アル ミ 枠 ( 5 0 ヶ 所 )
図中ステンレス ( S U S ) はS U S 3 0 4 とする 。
■木材仕様
L G S壁下地は自立壁部分はw 6 5 を標準と し 、片面仕上部分はw 6 5 を標準とする 。
施設概要及び介護保険表示板 : アル ミ フ レ ーム製 9 0 0 * 1 5 0 0
図中軒天ボードはスラグ石膏板 ( アス ノンエンボス同等品 ) とする 。
外壁内部側 L G S壁下地は L G S 2 5*2 5@ 3 0 3 下地 ( ボード継手部2 5 *5 0 ) を標準とする 。
内部点字鋲 : ス テ ン レ ス樹脂被覆製 表示寸法 3 0 0 角 タ イ プ
防火サイデ ィ ングはニチハ エクセ ラード ( 5 0 0 0 円∼/㎡ ) 程度とする 。
室名札は, A : 一般、 B : 在室表示 、 C : 在室表示+ペーパーハンガー付と し 、 アル ミ フ レーム製2 0 0角とする 。
配線ピ ッ ト : 樹脂製O A フ ロ ア H 1 0 0 耐荷重 3 0 0 0 N品
図中O S塗仕上は木材保護塗料とする 。
ポス ト 口 : ステ ン レ ス製貫通型
■断熱工事
図中ステンレス ( S U S ) はS U S 3 0 4 とする 。
面台 : ポス ト フ ォーム
・ 土間下 : ポリ エチレン フ ォーム3 種3 0 t
1階土間コ ン断熱下には防湿シー ト 0 . 1 5 t を施工するこ と 。
案内板 : アル ミ フ レ ーム製 1 2 0 0 * 9 0 0
複層ビニル床タ イル3 t は 東リ ロイヤルウッ ド程度とする 。
催事用バ ト ン : 中型電動昇降式 L = 4 0 0 0 アル ミ 埋込ボ ッ ク ス共
・ 外壁 ( 1 階R C立上 ) : 現場発泡硬質ウレ タ ンフ ォーム2 5 t
ビニル床シー ト ( A ) 2 . 0 t は 複層ビニル床シー ト F S ( マーブル程度 ) とする 。
〃 ( B ) 2 . 8 t は 発泡複層ビニル床シー ト H S ( 木目程度 ) とする 。
タ イルカーペッ ト 6 t は 東リ G A 4 0 0程度とする 。
〃 7 . 5 t は 〃 G X シ リーズ程度とする 。
映写用ス ク リ ー ン A : 電動昇降式 1 5 0 型 ( 4 : 3 ) アル ミ 埋込ボ ッ ク ス共
〃 B : 電動昇降式 1 0 0 型 ( 4 : 3 ) アル ミ 埋込ボ ッ ク ス共
・ 屋根に面する天井 : 住宅用グラスウール 5 0 t [ 2 4 K フ ィ ルム張品 ]
米松 : 木床下地材
米栂 : 押入造作材 ・ 雑巾摺
メルサワ : 敷居
タモ積層材 : 木製建具枠
杉集成材 : 鴨居 ・ 長押 ・ 廻縁
桧集成材 : 和室柱 ・ 付柱
・ ピ ッ ト ス ラブ : 木毛セ メ ン ト 板2 5 t
・ 外壁 ( サイデ ィ ング ) : 住宅用グラスウール 5 0 t [ 2 4 K フ ィ ルム張品 ]
防火構造 ・ 耐火構造認定番号等一覧
( 準耐火建築物ロ−2 )
位置
仕様
屋根
鋼板葺 、 タル木 : 鉄骨造 、野地板 : 耐火野地板 2 5 t
軒裏
軒天ボー ド 1 1 t の上A E塗 L G S下地
外壁
( 延焼のおそれのある部分共 )
ピ ク チ ャ ーレ ール : 中量用 フ ッ ク @ 5 0 0 程度
不燃等認定番号
耐火 ・ 防火構造等認定番号
鋼板 ・ 鉄骨タル木 : 不燃材料
野地板 : 準不燃材料
告示1 3 6 5号による法2 2条第1項に規定する構造
( 屋根葺材不燃 、 野地板及び垂木準不燃以上 )
法2 2条第1項に規定する構造
面積区画間仕切壁
不燃材料
準耐火Q F 0 4 5 R S−9 0 0 1
防火構造以上
面積区画2階床
デ ッキプレー ト の上コン ク リー ト
常時閉鎖式特定防火設備
防火P C 0 3 0 B E−9 2 0 2
準不燃以上
( 防火構造以上 )
面積区画開口部
準不燃材料
外側 : 防火サイデ ィ ング 1 6 t +鉄骨胴縁
内側 : P B 1 2 . 5 t 張 [ 一部耐水P B 1 2 . 5 t ] ( L G S下地又は鉄骨胴縁下地 )
法定仕様
位置
仕様
L G S準耐火間仕切 : L G S下地P B 1 2 . 5 t +P B 9 . 5 t 両面張
防火設備
法定仕様
準不燃材料
準耐火構造以上
耐火構造
耐火F P 0 6 0 F L−9 0 9 5
準耐火構造以上
外側 : 防火サイデ ィ ング 1 6 t +鉄骨胴縁
防火設備
準不燃材料
準耐火Q F 0 4 5 B E−9 2 2 6
内側 : 強化P B 1 2 . 5 t 張 ( L G S下地又は鉄骨胴縁下地 )
柱 ・梁
鉄骨造
不燃材料
不燃
面積区画外壁スパン ド レル開口部
2階床
デ ッキプレー ト の上コン ク リー ト
不燃材料
準不燃以上
昇降路間仕切壁
鉄骨造
不燃材料
準不燃以上
昇降路開口部
屋内階段
耐火 ・ 防火構造等認定番号
告示第1 3 5 8号第1 、二による
間仕切非耐力壁準耐火構造 常時閉鎖式特定防火設備
面積区画外壁スパン ド レル
延焼のおそれのある開口部
不燃等認定番号
防火設備
準不燃以上
( 準耐火構造以上 )
防火設備
L G S準耐火遮音間仕切 : L G S@3 0 3千鳥下地強化P B 1 2 . 5 t +硬質P B 9 . 5 t 両面張 ( 内部GW 2 4 k g/m3 5 0 t )
不燃扉
準不燃材料
難燃材料以上
不燃材料
難燃材料以上
不燃認定番号等一覧
P B ( 石膏ボー ド ) 1 2 . 5 t
不燃 : N M− 8 6 1 9
耐水 P B ( 石膏ボー ド ) 1 2 . 5 t
準不燃 : Q M− 9 8 2 6
和風化粧 P B ( 石膏ボー ド ) 9 . 5 t
準不燃 : Q M− 9 8 2 4
ビ ニールク ロ ス
準不燃 : Q M− 9 4 4 5
耐火野地板 2 5 t
準不燃 : Q M− 9 7 0 6
P B ( 石膏ボー ド ) 9 . 5 t
準不燃 : Q M− 9 8 2 8
押入化粧 P B ( 石膏ボー ド ) 1 2 . 5 t
不燃 : N M− 0 5 3 0
ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t 張
不燃 : N M− 8 5 9 9
不燃ク ロ ス
準不燃 : N M− 0 4 8 1
防火サイ デ ィ ン グ 1 6 t
準不燃 : Q M− 0 6 3 9
強化 P B ( 石膏ボー ド ) 1 2 . 5 t
不燃 : N M− 8 6 1 5
押入化粧 P B ( 石膏ボー ド ) 9 . 5 t
準不燃 : Q M− 0 1 7 2
メ ラ ミ ン化粧不燃板 3 t
不燃 : N M− 1 6 9 9
腰壁用壁紙
不燃 : N M− 1 4 3 1
軒天ボー ド 1 1 t ( ス ラ グせっ こ う 板 )
不燃 : N M− 8 3 1 4
硬質 P B ( 石膏ボー ド ) 9 . 5 t
不燃 : N M− 1 9 0 8
化粧 P B ( 石膏ボー ド ) 9 . 5 t
準不燃 : Q M− 9 8 2 4
押出し 成型板
不燃 : N M− 2 0 9 8
D P 塗 ( ア ク リ ルシ リ コ ン樹脂エナ メ ル )
不燃 : N M− 8 5 8 5
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
外部仕上表 ・ 共通事項
09
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
■ 内 部 仕 上 表
室 名
1階
内装
風除室
玄関ホール ・ 接客コーナー
下地共
床高
( F L+)
天井高
( F L+)
床下地
準不
±0
2,970
RC
仕上のみ
準不
±0
3,000
RC
床仕上
モルタル塗
セルフ レベリ ング
巾 木
磁器質 1 5 0角タ イル張
複層ビニル床タ イル3 t デザイン張
壁下地
壁仕上
天井下地
L GS
化粧シー ト 張既製品 ( 腰壁材専用品 )
L GS
サッシ顕し
P B 1 2 . 5 t ( 階段廻り 2 重張 )
L G S準耐火遮音間仕切 ( E V廻り )
L GS
天井仕上
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
廻り縁
室名札
塩ビ
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
[ アル ミ B O X共 ]
事務室
難燃
±0
3,000
2,800
RC
セルフ レベリ ング
タ イルカーペッ ト 6 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
多目的ルーム
難燃
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
相談室 1 ・ 2
不燃
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : 不燃ク ロス張
L GS
L GS
PB1 2. 5 t
L G S準耐火遮音間仕切 ( E V廻り )
壁 : ビニールクロス張
難燃
±0
2,830
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
PB9 .5 t
備 考
床点字タ イル、介護保険及び施設概要表示板
( タテ型 )
壁 : ビニールクロス張
腰 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切共 ) H 2 0 0 0
総合相談室
○ : カーテン ( 別途工事 ・ レール本工事 )
△ : ブラ イ ン ド ( 別途工事 )
床点字鋲、 ピクチ ャーレール 、掲示コーナー 、 案内板 、天井見切
隔板、 コーナーガー ド ( N S 5 0 M ) *3 ヶ所
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
配線ピ ッ ト 、床見切、 ポス ト 口
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
PB1 2. 5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
C*2
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
C*1
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
B*1
ピクチ ャーレール
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
C*1
ピクチ ャーレール
壁 : ビニールクロス張
会長室
難燃
±0
2,700
小会議室
団体 ・ ボラ ンテ ィ ア活動室
難燃
±0
2,700
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
難燃
±0
2,830
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
B*1
±0
1,770
∼5 7 5
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
P B顕し
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t デザイン張
化粧シー ト 張既製品 ( 腰壁材専用品 )
L GS
PB1 2. 5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
階段下倉庫
RC
セルフ レベリ ング
タ イルカーペッ ト 7 . 5 t 張
化粧シー ト 張既製品 ( 腰壁材専用品 )
L GS
PB1 2. 5 t
腰 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切共 ) H 9 7 0
鉄部S O P塗
壁 : ビニールクロス張
通路
準不
L GS
PB9 .5 t
腰 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切共 ) H 2 0 0 0
風除通路
±0
2,500
RC
モルタル塗
磁器質 1 5 0角タ イル張
御影石H 1 0 0
L GS
耐水P B 1 2 . 5 t 2重張 ( 全面パテしごき )
壁 : 低汚染型内装用仕上塗材仕上
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
書庫
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
更衣室 ( 男 ・ 女 )
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*2
面台 ( 女 ) 、床下ハッチ ( 男 ) 、 タ ラ ップ ( 男 )
ビニールク ロス張
塩ビ
A*1
上框
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
A*1
( ピク トサイン )
+1 0 0
休憩室
難燃
2,500
RC
+1 0 0
±0
ネダフ ォーム 3 3 t
一般 : 畳5 5 t 敷
木製床組
T 1 ラワン合板 1 2 t
一部 : 複合フ ロー リ ング ( 縁甲板 ) 1 2 t 張
雑巾摺 ( 米栂 )
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
耐水P B 1 2 . 5 t
ラ イニング : メ ラ ミ ン不燃化粧板 3 t 張 ( 女子 )
L GS
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
L GS
耐水P B 1 2 . 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
壁 : 不燃ク ロス張
L GS
PB1 2. 5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
L GS
PB9 .5 t
セルフ レベリ ング
踏込 : ビ ニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
脱衣室
+1 0 0
2,500
RC
木製床組
T 1 ラワン合板 1 2 t
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
シャワー室
+1 0 0
2,130
RC
ユニ ッ ト シ ャワー 0 8 1 2 ( T O T O J S V 0 8 1 2 L W7 同等品 ) 折戸、 コーナー収納 、換気扇共
L GS
P B 1 2 . 5 t ( 外壁廻り )
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( B ) 2 . 8 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t デザイン張
化粧シー ト 張既製品 ( 腰壁材専用品 )
L GS
PB1 2. 5 t
授乳室
不燃
PB9 .5 t
壁 : ビニールクロス張
便所前室
腰 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切共 ) H 2 0 0 0
3,000
2階
大会議室
難燃
〃 倉庫
±0
±0
中会議室
難燃
±0
3,500
2,500
3,000
RC
RC
RC
セルフ レベリ ング
セルフ レベリ ング
セルフ レベリ ング
タ イルカーペッ ト 6 . 0 t 張
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
タ イルカーペッ ト 6 . 0 t 張
ビニール巾木H 6 0
雑巾摺 ( 米栂 )
ビニール巾木H 6 0
L GS
L GS
L GS
強化P B 1 2 . 5 t ( 外壁廻り )
L G S準耐火間仕切
PB1 2. 5 t
強化P B 1 2 . 5 t ( 外壁廻り )
L G S準耐火間仕切
PB1 2. 5 t
PB1 2. 5 t
L G S準耐火遮音間仕切 ( E V廻り )
( 遮光 ・ レース共 )
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
壁 : ビニールクロス張 ( ボーダーク ロス共 )
塩ビ
C*1
ビニールク ロス張
[ 集成B O X 共 ]
映写用スク リーン A ( 1 5 0 型 ) 、 天井プロジ ェ ク ターハンガー
催事用バ ト ン ( L 4 . 0 m× 1 ヶ所 )
壁 : P B顕し
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
C*1
腰 : シナ合板4 t 張 ( H 1 8 0 0 )
( 遮光 ・ レース共 )
壁 : ビニールクロス張 ( ボーダーク ロス共 )
L GS
PB9 .5 t
映写用スク リーン B ( 1 0 0 型 ) 、 天井プロジ ェ ク ターハンガー
[ 集成B O X 共 ]
壁 : P B顕し
〃 倉庫
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ビニール床シー ト ( A ) 2 . 0 t 張
雑巾摺 ( 米栂 )
L GS
PB1 2. 5 t
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*1
集成材 ( 赤杉 )
二重
A*1
ビニールク ロス張
腰 : シナ合板4 t 張 ( H 1 8 0 0 )
和室研修室
難燃
〃 床の間
難燃
〃 水屋
難燃
〃 押入
〃 踏込
準不
ホワイエ
準不
+6 0
+1 6 0
2,760
2,560
共通
準不
E Vシ ャ フ ト
給湯室
ネダフ ォーム 3 3 t
畳5 5 t 敷
タ タ ミ 寄 ( 米栂 )
床板 : 松集成材
雑巾摺 ( 桧 )
L GS
RC
木製床組
L GS
複合フ ロー リ ング ( 縁甲板 ) 1 2 t 張
雑巾摺 ( 桧 )
L GS
和風化粧P B 9 . 5 t 張 ( 杉中杢 )
L G S準耐火間仕切の上P B 1 2 . 5 t
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
L GS
和風化粧P B 9 . 5 t 張 ( 杉中杢 )
集成材 ( 赤杉 )
床框、 落し掛け 、 無双四分一 、可動稲妻折れ釘
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
腰 : 桧板1 2 t
L GS
和風化粧P B 9 . 5 t 張 ( 杉中杢 )
集成材 ( 赤杉 )
棚板
壁 : 押入用化粧P B 1 2 . 5 t 張
L GS
押入用化粧P B 9 . 5 t 張
木製 ( 米栂 )
中棚、 枕棚
壁 : ビニールクロス張
L GS
和風化粧P B 9 . 5 t 張 ( 杉中杢 )
集成材 ( 赤杉 )
+6 0
1,933
RC
+6 0
2,460
RC
木製床組
T 1 ラワン合板1 2 t 張り
雑巾摺 ( 米栂 )
L GS
±0 ・+6 0
2,700
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t 張
ビニール巾木H 6 0
L GS
PB1 2. 5 t
L GS
P B 1 2 . 5 t 一部P B 1 2 . 5 t +9 . 5 t
L G S準耐火遮音間仕切 ( E V廻り )
L G S準耐火間仕切
±0
3,500
±0
3,000
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t 張
ビニール巾木H 6 0
鉄骨階段
モルタル塗
複層ビニル床タ イル3 t 張 ( 蹴込共 )
御影石 3 0 t ( ボーダー )
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t 張
ビニール巾木H 6 0
難燃
−1 , 2 5 0
8,250
RC
モルタル塗
特殊機能性防水材 ( A− 3歩行用 )
準不
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
複層ビニル床タ イル3 t 張
ビニール巾木H 6 0
式台、 下足棚*2 、 スロープ
壁 : ビニールクロス張
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
塩ビ
点床字鋲、 ピクチ ャーレール 、手摺 、目隠板、 床ボーダー
[ アル ミ B O X共 ]
P B 1 2 . 5 t ( S H D 面は 2重張 )
L GS
P B 1 2 . 5 ( 外壁廻り )
L G S準耐火遮音間仕切
壁 : ビニールクロス張
壁 : P B顕し
PB1 2. 5 t
壁 : ビニールクロス張
耐水P B 1 2 . 5 t
流し前 : メ ラ ミ ン不燃化粧板 3 t 張
L GS
L GS
PB9 .5 t
ビニールク ロス張 ( 階段裏 )
L GS
PB9 .5 t
ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t 張
L GS
PB9 .5 t
床点字鋲、 手摺、 目隠板 、 ノ ンス リ ッ プ
塩ビ
コーナーガード* 2 ヶ所
A*2
( ピク トサイン )
P B顕し
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*2
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*4
( ピク トサイン )
L GS
化粧P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
塩ビ
A*2
( ピク トサイン )
壁 : ビニールクロス張
WC ( 男 ・ 女 )
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ト イレ用塩ビシー ト 2 . 0 t 張
床シー ト 巻上H 1 0 0 ( 役物共 )
L GS
耐水P B 1 2 . 5 t ( S H D 面は2 重張 )
腰 : メ ラ ミ ン不燃化粧板 3 t 張 ( H 1 8 0 0 )
壁 : ビニールクロス張
WC ( 多目的 )
±0
2,500
RC
セルフ レベリ ング
ト イレ用塩ビシー ト 2 . 0 t 張
床シー ト 巻上H 1 0 0 ( 役物共 )
L GS
造作柱 、付柱、長押、付鴨居 、釜蛭釘
( タテ型 )
L GS
[ 火器使用室 ]
L GS
PB9 .5 t
木製床組
T 1 ラワン合板 1 2 t
屋内階段
通路
RC
耐水P B 1 2 . 5 t ( S H D 面は2 重張 )
腰 : メ ラ ミ ン不燃化粧板 3 t 張 ( H 1 8 0 0 )
システムキッ チン L 1 8 0 0 、吊戸棚
床下ハッ チ 、 タ ラ ッ プ ( 1 F )
面台、 ポ リ合板 F 棚W3 0 0 ( 掃除具入内 フ ッ ク共 )
波型手摺 L 8 8 0 ( クネッ ト ポッ プ程度 ) *1 2 ヶ所
間仕切カーテン
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
内部仕上表
10
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
31 , 000
10 , 300
5 , 300
3 , 450
2 , 650
1 ,600
4 , 650
2 , 100
1 , 760
1 , 800
2 , 640
3 , 100
1 , 400
2 , 400
1 , 700
900
2 , 000
2 , 250
7 , 000
1 , 700
2 , 600
3 , 500
7 , 000
3 , 350
1 , 900
1 , 300
750
500
225
2 , 600
5 , 550
6 , 100
3 , 500
6 , 050
250
2 , 600
6 , 000
5 , 950
8 , 700
9 ,900
225
225
225
10 , 450
225
1 , 950
2 , 300
3 , 650
2 , 300
7 , 500
5 , 450
31 , 000
5 , 650
1 , 000
3 , 650
1 , 000
1 , 000
20 , 000
1 , 800
5 , 050
900
3 , 100
1 , 000
225
2 , 650
2 , 750
2 , 650
2 , 750
2 ,350
3 , 300
4 , 700
31 , 000
3 , 100
4 , 700
900
1 , 900
4 , 600
3 , 400
1 , 800
5 , 125
2 , 600
3 , 575
100
1 , 800
3 , 275
3 , 275
3 , 275
100
13 , 000
3 , 025
5 , 125
7 , 000
20 , 000
300
2 , 000
1 , 917 . 5
2 ,200
3 , 482 . 5
9 , 000
1 ,800
7 , 000
1 , 800
4 , 800
3 , 000
1 , 800
225
12 , 400
2 , 225
2 , 600
2 , 600
500
225
2 , 600
5 , 550
400
6 , 000
5 , 950
8 , 700
9 ,900
225
225
8 , 250
225
2 ,350
10 , 600
5 , 650
1 , 000
3 , 650
2 , 000
2 , 150
3 , 850
8 , 000
7 , 500
12 , 400
600
225
1 , 000
F
F
F
F
F
F
F
F
E
棟
C
16 , 525
14 , 475
12 , 400
800
( A 通 り 外壁芯ま で )
300
11 , 950
225
225
300
屋根 : カ ラ ー G L 鋼板 0 . 5 t 段葺
見えがか り 高さ 2 5 t
ポ リ エ チ レ ン フ ォ ーム 4 t 裏張
コ ゛ ムアスルー フ ィ ング 1 . 0 t
耐火野地板 2 5 t
雪止めア ングル ( 溶融亜鉛 メ ッ キ ) 下部 2 段
雪止金物上部 3 段
10
3 ,012 .5
2.5
天井 L G S 受@ 9 0 0
C−1 0 0 *5 0 *2 0* 2 . 3
軒樋 : カ ラ ー塩 ビ複合樹脂製 V 2 0 0 吊金物ステ ン レ ス製
750
500
5
335
100
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
( 外周廻 り 梁下ま で施工 )
L G S 2 5 * 2 5 @ 3 0 3 下地
( ホ ゛ ー ト ゛ 継手部 2 5 * 5 0 )
事務室
風除室
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
木胴縁 2 0 * 4 0
( 防腐材塗布 )
配線ヒ ゜ ッ ト
下 り 壁 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
床 : 磁器質 1 5 0 角タ イル張
見切框 : ミ カ ゲ石 8 0 * 1 2 0
350
床 : タ イルカ ーペ ッ ト 6 . 0 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
2970
760
10
アル ミ スハ ゜ ン ト ゛ レル 1 . 0 t
2 , 100
3000
天井裏断熱材 : グラ スウール 5 0 t 2 4 K
10
3500
1000
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t 張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
12 0
325
325
配線ヒ ゜ ッ ト 内
モルタ ルこ て押え
土間コ ン ク リ ー ト 1 5 0 t
ポ リ ス チ レ ン フ ォ ーム 3 種 3 0 t
防湿シー ト 0 . 1 5 t
再生砕石 1 2 0 t
シー リ ン グ
外壁サイ テ ゛ ィ ン ク ゛ 目地
アル ミ サ ッ シ廻 り
破風板接合部廻 り
金属パネル廻 り
防水廻 り
フー ド ガラ リ廻 り
雨押え水切廻 り
アル ミ ヒサシ廻 り
石材取合い廻 り 等
笠木 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
幕板 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
10 0
250
Q L テ ゛ ッキ 7 5 タ イプ
( 一般部分 )
180
200
1800
3 ,630
3 ,800
350
犬走 り : コ ン ク リ ー ト こ て押え
箱樋 : ウ レ タ ン系塗膜防水 ( X − 2 仕様 )
耐火野地板 2 5 t 下地
ル
アー
5m
80
20
現場発泡硬質ウ レ タ ン フ ォ ーム 2 5 t
( 外周廻 り )
50
配線ヒ ゜ ッ ト
樹脂製 O A フ リ ー フ ロ アー
H = 1 0 0 ・ W= 5 0 0
1 , 000
屋根 : カ ラ ー G L 鋼板 0 . 5 t 立平 T カ ン合葺
ポ リ エ チ レ ン フ ォ ーム 4 t 裏張
雪止金物 2 段
R 屋根用耐火野地板 2 5 t
C 形鋼@ 3 0 3
GL + 4 9 0 0 屋根下地材天端
3.
カ ラ ーアル ミ 額縁
180
壁 : ビ ニールク ロ ス張
( ホ ゛ ータ ゛ ーク ロス )
P B 9 . 5 t +強化 1 2 . 5 t 下地
L G S 6 5 タ イプ
( 鉄骨胴縁内施工@ 4 5 5 )
( 下部受 L − 7 5 * 7 5 * 6 )
170
床 : タ イルカ ーペ ッ ト 6 . 5 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
天井裏外部廻 り 壁 : P B 1 2 . 5 張
( 2 階 ・ R 階梁下まで共通 )
土台水切 : カ ラ ー G L 鋼板 0 . 4 t
立上 り 部 : 化粧型枠コ ン ク リ ー ト 打放し 仕上
( 上部部位先行打設 )
3 , 650
4 , 150
3 , 300
竪樋 : カ ラ ー V U 7 5 掴金物 : ス テ ン レ ス製
外壁断熱材 : グ ラ スウール 5 0 t 2 4 K
平均地盤面
設計G L
大会議室
450
1000
外壁隙間部
ロ ッ ク ウール充填
1FL
2300
1 , 000
75 15
80
D P L 下端
400
3900
1800
3000
170
7 ,570
7 ,750
50
天井 : ビ ニール ク ロ ス張
P B 9 . 5 t L G S 下地
カーテ ン ボ ッ ク ス
集成材 O S C L
ビ ニールク ロ ス張
強化 P B 1 2 . 5 下地
外壁 : 防火サイ テ ゛ ィ ン ク ゛ 1 6 t 張
通気金具工法
透湿防水シー ト 0 . 2 t 張
2FL
100
25
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t 張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
下 り 壁 : ビ ニール ク ロ ス張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
4150
30 170
200
25
3 ,770
3 ,600
180
120
破風板 : カ ラ ー G L 鋼板 0 . 8 t ハ ゜ ネル加工
耐水 P B ボー ド 1 2 . 5 t 裏張
( ハ ゜ ネル下地 L − 3 0 * 3 0 * 3 )
軒天 : 軒天ボー ド 1 1 t
D P塗
L G S 下地
天井裏断熱材 : グラ スウール 5 0 t 2 4 K
600
壁芯
柱芯
柱芯
225
6 , 000
D
断面詳細図 ( 1 )
2 , 300
1 , 825
3 , 650
8 , 250
12 , 400
E
1 , 825
壁芯
225
5 , 950
C
A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
壁芯
柱芯
2 , 300
225
B
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
16
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
棟
16 , 525
14 , 475
( E 通 り 外壁芯ま で )
300
10
2.5
2 ,400
800
512 .5
天井 L G S 受@ 9 0 0
C−1 0 0 *5 0 *2 0* 2 . 3
H-3 00 *1 5 0+ 6 . 5* 9
4 ,112 .5
4 ,282 .5
1800
床 : タ イルカ ーペ ッ ト 6 . 0 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
8 ,262 .5
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
4 ,150
750
エレヘ ゛ ー ター昇降路
中会議室
1000
壁 : ビ ニールク ロ ス張
( ボーダー ク ロ ス共 )
L G S 準耐火遮音間仕切壁
P B 1 2 . 5 t +硬質 9 . 5 t 両面張
E L V 用鉄骨柱
3000
3950
1 , 000
3 ,600
3 , 650
1 , 000
3 ,800
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t 張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
200
天井裏断熱材 : グラ スウール 5 0 t 2 4 K
500
170
2FL
D P L 受け P L − 6
E L V 用鉄骨柱
総合相談室
1250
280
900
200 250
150
30
50
1 , 800
設計G L
150
壁芯
柱芯
3 , 300
9 , 900
2 , 350
2 , 300
225
4 , 700
225
10 , 350
B
断面詳細図 ( 2 )
250
350
350
350
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
床 : ビ ニール床シー ト ( B ) 2 . 0 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
2 , 075
1 , 825
3 , 650
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
床 : ビ ニール床シー ト ( B ) 2 . 0 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
特殊機能性防水材 ( 立上 り 共 )
80
20
20 280
1 , 825
3 ,630
40 . 5
49 . 5
( 2 階 E L V 平詳参考 )
床 : 磁器質 1 5 0 角タ イル張
団体 ・ ホ ゛ ラ ンテ ィ ア活動室
2700
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
1470
壁 : ビ ニールク ロ ス張
1000
壁 : P B 1 2 . 5 t 仕上
( 外部廻 り 二方 )
天井 : 化粧 P B 9 . t 張 ( 9 0 0 角 )
L G S 下地
2700
風除室
L G S 準耐火遮音間仕切壁
P B 1 2 . 5 t +硬質 9 . 5 t 両面張
( 昇降路廻 り 二方 )
L S G 9 0 ラ ン ナー
7 5 ス タ ッ ド @ 3 0 3 千鳥
グラ スウール 5 0 t 2 4 K
3 , 300
4 , 150
エン ト ランス
400
2970
4 , 130
□− 2 0 0 *2 0 0
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
270
1 , 850
A
A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
17
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
500
8 , 400
3 , 275
5 , 125
120
破風板 : カ ラー G L 鋼板 0 . 8 t ハ ゜ ネル加工
耐水 P Bボード 1 2 . 5 t 裏張
( ハ ゜ ネル下地 L − 3 0 * 3 0* 3 )
180
100
25
25
30
軒天 : 軒天ボー ド 1 1 t
D P塗
L G S下地
天井 : ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t
P B 9 . 5 t 下地
L G S下地
PB12 .5 t 張
1100
ボーダー : ミ カ ゲ石 3 0 t
5
1 00
25
800
40
210
3 , 000
2 , 100
2 , 100
風除室
丸柱 : ビニール ク ロス張
P B 1 2 . 5 t ( T R工法 ) 下地
( 全面パテ し ごき )
玄関ホール
550
巾木 : ミ カ ゲ石 1 5 0 H
床 : 複層ビニル床タ イル 3 t デザイ ン張
セル フ レベ リ ング下地
床 : 磁器質 1 5 0角 タ イル張
丸柱巾木 : ビニール巾木 H 6 0
350
平均地盤面
設計 G L
床 : 磁器質 1 5 0角 タ イル張
床見切縁 : ミ カ ゲ石 1 2 0* 1 2 0
350
GL+500
壁 : ビニール ク ロス張
P B 1 2 . 5 t + 1 2 . 5 t 下地
L G S下地
天井 : ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t
P B 9 . 5 t 下地
25 30 見切縁 : ステ ン レス製 1 . 5 t S U S 3 0 4 ( 4 方 )
L G S下地
50
650
10
エン ト ランス
ステ ン レス製グ レーチング
細目 ノ ンス リ ッ プ ( 縦目 ) 枠共
溝巾 3 0 0 ( 溝内モルタ ル塗 )
180
1FL
天井 : ロ ッ クウール化粧吸音板 9 t
P B 9 . 5 t 下地
L G S下地
2 , 970
3305
4 , 130
柱型 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
丸柱立上 り部 :
コ ン ク リー ト 化粧型枠打放し
F L +1 5 0 H
タ テ ヨ コ共D 1 3@ 2 0 0
GL+500
350
床 : 複層ビニル床タ イル 3 t 張
セル フ レベ リ ング下地
L-75*75*6
210
650
幕板 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t ( 三方 )
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
10
5
335
500
3 , 300
4 , 150
アル ミ スハ ゜ ン ト ゛ レル 1 . 0 t
( カ ラ ー電解着色 ) L G S外部用下地
専用廻縁 1 . 5 t
360
柱型 : アル ミ 鋼板 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
1 50 5 00
1 20
3 80
1 20
30
ビニール巾木 H 6 0
天井裏断熱材 : グ ラ スウール 5 0 t 2 4 K
バス 8 9 9 0 * 2 3 0 0 * 2 9 8 0 H
120
和室研修室
壁 : ビニール ク ロス張
P B 1 2 . 5 t L G S 2 5下地
梁天端G L + 3 9 8 0
50
20
100
ホワイ エ
アル ミ額縁
雨押え : カ ラー G L 鋼板 0 . 5 t
木下地 3 0* 9 0
1070
アール壁 : アル ミ鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
笠木 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
幕板 : アル ミ 鋼板パネル 1 . 5 t
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
梁天端
3 , 500
屋根 : カ ラ ーG L 鋼板 0 . 5 t 竪平 T カ ン合葺 ( アール工法 )
ポ リ エチレ ン フ ォ ーム 4 t 裏張
雪止め金具 ・ 防水テープ
ゴムアスルーフ ィ ング 1 . 0 t
R屋根用耐火野地板 2 5 t
600
750
1150
100
2 , 400
1150
アル ミ ブ ラ イ ン ド B O X
( タ テ型 ) 1 2 0 W
250
500
500
500
5 , 450
2 , 050
7 , 500
2 , 600
500
3 , 175
7 , 000
225
8 , 000
1
断 面詳 細図 ( 3 )
6 , 825
5 , 550
A 2 1/ 5 0
A 3 1/ 7 5
代 表 設計 者
( 一 級建 築 士登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
担当者
( 一 級建 築 士登 録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中 耕 作
20 , 000
2
3
18
A
48
4
3
2
9 , 000
8 , 400
500
5 , 125
3 , 275
小屋裏外部廻 り 壁 : P B 1 2 . 5 張
( R 階梁下まで共通 )
30
壁ス タ ッ ド 受け材
2700
TB2
650
平均地盤面
設計G L
D 1 0@2 0 0
( 共通 )
2 , 400
800
床 : ト イ レ用塩 ビ シー ト 2 . 0 t 張
1640
40
普通コ ン ク リ ー ト 8 0 t
Q L テ ゛ ッキ 7 5 タ イプ
壁 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切縁 )
P B 1 2 . 5 t + 1 2 . 5 t 下地
L G S 下地
倉庫
100
760
3 , 000
20
額縁 : アル ミ 鋼板 1 . 5 t
( 3方 )
焼付塗装 ( ク ゛ ラ イ ト 吹付 )
2 , 100
158 . 3
1050
複層ヒ ゛ ニル床 タ イル 3 t 張
モルタ ル下地
アル ミ ブ ラ イ ン ド B O X
W= 1 2 0
185
1 .873 .3
2 ,058 .3
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
床 : ヒ ゛ ニール床シー ト ( B ) 2 . 0 t 張
( 15 8. 3*1 3段)
2500
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
給湯室
ノ ンス リ ッ プ
270
見切框 : ミ カ ゲ石
8 0* 1 2 0
350
2500
1340
腰 : メ ラ ミ ン不燃化粧板 3 t 張
(H1800 )
WC ( 女 )
P B 1 2 . 5 t 下地
ホ ゛ ー タ ゛ ー : ミ カ ゲ石 3 0 t
天井 : 化粧 P B 9 . 5 t 張
L G S 下地
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
巾木 : 床シー ト 巻上H 1 0 0 ( 役物共 )
1 FL
1 , 070
80 100
50
蹴上 : 複層 ヒ ゛ ニル床 タ イル 3 t 張
踏面 : 複層 ヒ ゛ ニル床 タ イル 3 t 張
モルタ ル下地ワ イヤー メ ッ シ ュ 入
1100
( 2F L+60 )
天井 : 化粧 P B 9 . 5 t 張 ( 9 0 0 角 )
L G S 下地
860
180
縦樋 : カ ラ ー V U 5 0 掴金物 : ス テ ン レ ス製
350
階段手す り : S U S φ 4 2 . 7
タ タ ミ 寄せ
木毛セ メ ン ト 板打込 2 5 t
1 , 030
300
1 , 500
更衣室 ( 女 )
D 1 0@2 0 0
ホワイ エ
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
天井裏外部廻 り 壁 : P B 1 2 . 5 張
( 2 階梁下まで共通 )
1 , 390
110
タタミ天端
普通コ ン ク リ ー ト 8 0 t
Q L テ ゛ ッキ 5 0 タ イプ
( 内部−和室部分のみ )
軒天 : 軒天ボー ド 1 1 t
D P 塗 L G S 下地
3 , 6 30
4 , 1 50
3 , 8 00
1 , 800
100
タ タ ミ 敷き 5 5 t
ネ ダ フ ォ ーム 3 3 t
不陸調整材 1 2 t
150
軒樋 : カ ラ ー塩 ビ複合樹脂製W 1 2 0 幕板 : 押出 し成形板 ( コ ーナー共 )
D P塗 2 4 0 タ イプ
1 , 690
60
50
170
120 100
2 3 0 25
土台水切
40
土台□− 1 0 0 * 1 0 0 * 2 . 3
幕板 : 押出 し成形板 A E 塗
2 4 0+1 5 0 タ イプ
1800
2450
1 , 100
室外機置場
和室研修室
3 , 500
500
150
4 , 1 50
手す り : 溶融亜鉛 メ ッ キ仕上げの上
ポ リ ウレ タ ン樹脂塗料塗
上部φ 4 2 . 7 * 2 . 0
バルコニー
下部φ 3 4 . 0 * 2 . 0
脚□− 3 5 * 3 5 * 2
@1 2 0 0
手す り 子φ 1 3 @ 1 0 0
床 : 特殊機能性防水材 ( 立上 り 共 )
モルタ ル下地
90
2 FL
20
WC ( 女 )
110
天井 : ビ ニール ク ロ ス張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
天井 : 和風化粧 P B 9 . 5 t 張 ( 杉中杢 )
底目天井
L G S 下地
3 , 8 0 0/2 4段=1 5 8 . 3
250
天井裏断熱材 : グラ スウール 5 0 t 2 4 K
配管ピ ッ ト ( 釜場 4 0 0 角 )
100
120
コ ン ク リ ー ト こ て押え
1 , 300
4 , 800
225
4
225
2 , 600
1 , 600
7 , 000
3
A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
300
235
1 , 800
2 , 7 0 0 ( 2 7 0* 1 0 )
90 100
3 , 025
3 , 175
3 , 275
7 , 000
4
断面詳細図 ( 4 )
175
2
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
19
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
48
棟
16 , 525
14 , 475
( E 通 り 外壁芯ま で )
最高の高さ
GL + 1 1 , 9 6 5
母屋取合い隙間部
ロ ッ ク ウール充填
10
2.5
GL + 1 0 , 6 8 2 . 5
800
2 ,400
L G S 準耐火間仕切壁
P B 1 2 . 5 t + 9 . 5 t 両面張
L G Sスタ ッ ド 1 0 0 タ イプ
( 告示第 1 3 5 8 号第 1 、 二によ る間仕切非耐力壁準耐火構造 ) 天井 L G S 受@ 9 0 0
C−1 0 0 *5 0 *2 0* 2 . 3
取合い隙間部 : ロ ッ ク ウール充填
壁ス タ ッ ド 受け材
□− 1 0 0 * 1 0 0 * 2 . 3
512 .5
壁ス タ ッ ド 受け材
□− 9 0 * 9 0 * 2 . 3
小屋裏外部廻 り 壁 : P B 1 2 . 5 張
( R 階梁下まで共通 )
8 ,262 .5
170
7300
2FL
1470
2000
ホール
壁 : 腰壁用壁紙張 ( 専用見切縁 )
P B 1 2 . 5 t + 1 2 . 5 t 下地
L G S 下地
2700
3000
3000
3 ,630
天井 : ロ ッ ク ウール化粧吸音板 9 t 張
P B 9 . 5 t 下地
L G S 下地
階段裏 : ビ ニール ク ロ ス張
P B 9 . 5 t 下地
( 全面パテ し ご き )
L G S 下地
230
天井裏外部廻 り 壁 : P B 1 2 . 5 張
( 2 階梁下まで共通 )
L-75*75*6
P L−4 . 5
小会議室
1FL
350
225
2 , 600
3 , 375
150
1 , 800
5 , 500
4 , 625
9 , 900
8 , 700
C
B
断面詳細図 ( 5 )
A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
平均地盤面
設計G L
8 , 000
2 , 125
500
180
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
180
床 : ビ ニール床シー ト ( B ) 2 . 0 t 張
セルフ レヘ ゙ リ ン ク ゙
250
壁 : ビ ニールク ロ ス張
P B 1 2 . 5 t 下地
ホ ゛ ー タ ゛ ー : ミ カ ゲ石 3 0 t
1000
ホール
8 ,082 .5
4 ,112 .5
4 ,150
4 ,282 .5
3 ,600
1000
S U S 沓摺
平均地盤面
設計G L
3 ,800
3860
1800
3000
中会議室
1100
1100
S D − 1 : 常時閉鎖式特定防火設備
2000
大会議室
4150
3500
枠 : セ ミ エ ア タ イ ト ス チール枠 ( S O P 塗 )
( 額縁共 )
2100
11 ,785
11 ,965
建具受材
□− 9 0 * 9 0 * 2 . 3
3950
200
天井裏断熱材 : グラ スウール 5 0 t 2 4 K
225
A
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
20
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
500
10 , 600
2 , 225
225
8 , 375
100
□− 1 5 0 * 1 0 0 * 3 . 2
大会議室
手摺 ( 階段部分 ) 共通
大会議室
手摺 : S U S 3 0 4 φ 4 2 . 7 × 1 . 5 t
階段手摺 : S U S 3 0 4 φ 4 2 . 7 × 1 . 5 t
1000
1100
手摺支柱 : S U S 3 0 4 F B − 5 0 × 1 2 t @ 1 1 0 0 内外
手摺子 : S U S 3 0 4 φ 1 6 × 1 . 5 t
目隠 し : ポ リ カ ーボネ ー ト 3 t
2FL
170
170
2FL
アル ミ 庇 出 3 0 0
外部ア ン カー止方式
200
1800
3 ,800
3 ,630
3 ,300
3 ,630
3 ,800
4 ,150
800
3000
185
1050
30 25
50
天井 : 化粧 P B 9 . 5 t 張
鉄部 S O P 塗
床 : ヒ ゛ ニール床シー ト 2 . 0 t 張
1FL
350
1FL
設計G L
1000
巾木 : ビ ニール巾木H 6 0
750
120
化粧型枠コ ン ク リ ー ト 打放 し
20
小叩き仕上
( 外構工事 )
GL+450
15 0 67 0
12 0 12 0 45 0
10 0
30
800
1770
階段下倉庫
事務室
ホール ( 事務室側 )
壁 : P B 1 2 . 5 t 仕上
350
1 .873 .3
2 ,058 .3
( 15 8. 3*1 3段)
ホール
□− 1 5 0 * 1 0 0 * 3 . 2
5
10 0
25
見切縁 : ス テ ン レ ス製 1 . 5 t S U S 3 0 4 ( 4 方 )
目隠 し : ポ リ カ ーボネ ー ト 3 t
( 両側 )
3500
3 , 575
中会議室
3000
1 , 800
400
1800
3500
200
アル ミ 庇 出 3 0 0
1300
750
2 , 100
1 , 600
500
100
1 , 800
135
100
4 , 625
3 , 2 4 0 ( 2 7 0* 1 2 )
3 , 375
2 , 600
200
2 , 825
壁芯
225
柱芯
225
8 , 700
B
C
A
断面詳細図 ( 6 )
A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
21
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
防火構造外壁内側 : P B 1 2 . 5 t 張
( 2階梁下まで )
準耐火構造外壁内側 : 強化 P B 1 2 . 5 t 張
( 小屋裏まで )
事務室
大会議室
法 3 5 条の 3 によ る区画 ( 2 F スラ ブ下まで )
L G S下地 P B 1 2 . 5 t 両面張 ( 不燃構造 )
相談コーナー
L G S準耐火間仕切 ( 小屋裏まで )
壁遮音用 GW 5 0 t ( F L + 4 0 0 0 )
相談室 1
多目的ル−ム
倉庫
相談室 2
玄関ホ−ル
授乳室
風除室
階段下
倉庫
1
サ ッ シ芯
2 0 . 5 ( 芯ずれ )
Y= 2 , 0 0 3 . 5
46 . 5 67
( 有効 )
総合相談室
225
ス タ ッ ド ラ ン ナー 9 0 芯
アル ミ 壁見切縁
450
L G S 準耐火遮音間仕切壁
強化 P B 1 2 . 5 t +硬質 9 . 5 t 両面張
2 , 100
2 FL
1 , 000
P L− 1 6*2 7 0
レール支持材 ( 建築工事 )
H−1 7 5*1 7 5*7 . 5*1 1
1 , 390
100
120
1 FL
225 325
床 : 特殊機能性防水材 ( 立上 り 共 )
A − 3 歩行用
モルタ ルこ て押え
250
30
900
350
1FL
ピッ ト深さ
1 , 000
アル ミ 壁見切縁
設計G L
1 階昇降路平面図 S = 1 / 5 0
P L−6
175
150
基礎立上 り 部
P=1 , 250
40 . 5
車いす兼用
上部 2 階鉄骨梁
梁巾 1 5 0
20
転び
150
49 . 5
ホール
350
かご内法 1 4 0 0 * 1 3 5 0
出入口幅 8 0 0
昇降路内法 1 8 0 0 * 2 0 0 0
踏面モルタ ル塗 り 4 5 t
ワイ ヤー メ ッ シ ュ 入
ノ ンス リ ッ プ
200
定格速度 4 5 m/m i n
4 , 1 50
積載量 7 5 0 k g
3 , 8 00
250
定員 1 1 名
50
192 . 5
3 , 6 30
乗用用エレヘ ゛ ータ ー
65 . 5
L G S 準耐火遮音間仕切壁
強化 P B 1 2 . 5 t +硬質 9 . 5 t 両面張
3 , 8 5 0 /20段=19 2 . 5
22
200
24 . 5
325
3 , 8 00
手す り : 溶融亜鉛 メ ッ キ仕上げの上
ポ リ ウレ タ ン樹脂塗料塗塗
上部φ 4 2 . 7 * 2 . 0
下部φ 3 4 . 0 * 2 . 0
脚□− 3 5 * 3 5 * 2 @ 1 2 0 0
手す り 子φ 1 3 @ 1 0 0
外壁芯
有効
Y=2 00 3 . 5
225
800
( 有効)
敷居取付用ア ン グル
2G2
H-588*300
地中梁
壁 : 強化 P B 1 2 . 5 t +硬質 P B 9 . 5 t 両面張
グラ スウール 5 0 t
ス タ ッ ド ラ ン ナー 9 0
4 , 7 5 0 ( 250*19 )
180
3 , 000
75
X=1 , 800
レール支持材
H−1 5 0*1 5 0*7*1 0
( 建築工事 )
レール支持材
H−1 7 5*1 7 5*7 . 5*1 1
( 建築工事 )
鉄骨柱 1 5 0 * 1 5 0
2階準耐火壁及び遮音壁概要図 S= 1 : 3 0 0
2FL
2 , 100
アル ミ 壁見切縁
170
ス タ ッ ド 9 0芯
65 . 5
250
2 ,125
2 ,350
ホール
3 , 500
3 , 9 50
4 , 1 70
レール支持材 ( 建築工事 )
H−1 7 5*1 7 5*7 . 5*1 1
24 . 5
( 昇降路内 )
防火構造外壁内側 : P B 1 2 . 5 t 張
( 小屋裏まで )
屋外階段 : 溶融亜鉛 メ ッ キ仕上げの上
ポ リ ウレ タ ン樹脂塗料塗塗
昇降路 9 , 4 5 0
外壁芯
上部 2 階鉄骨梁
梁巾 2 0 0
壁: PB1 2. 5 t張
WC ( 女 )
50
アル ミ 壁見切縁
2 0 . 5 ( 芯ずれ )
Y= 2 , 0 0 3 . 5
46 . 5 67
( 有効 )
基礎立上 り 部
650*650
倉庫
更衣室 ( 女 )
L G S準耐火遮音間仕切 : L G S w 6 5@ 3 0 3千鳥+ラ ンナーw 9 0下地強化 P B 1 2 . 5 t +硬質 P B 9 . 5 t 両面張 ( 内部 GW 5 0 t )
[ 吉野 ハイパーウ ォール Z ・ WⅠ T L D 5 2程度 ]
50
49 . 5
225
※鉄骨基礎柱型 6 5 0 * 6 5 0
( 1 C 1 □−3 0 0 x 3 0 0 x 1 6 )
中会議室
休憩室
書庫
WC ( 男 )
WC
( 多目的 )
L G S準耐火間仕切 : L G S w 1 0 0 @ 4 5 0 下地 P B 1 2 . 5 t + P B 9 . 5 t 両面張
40 . 5
2 , 375
通路
L G S準耐火遮音間仕切
( 小屋裏まで )
−凡例−
1
325
会長室
押入
壁遮音用 GW 5 0 t ( F L + 3 5 0 0 )
給湯室
風除通路
1階準耐火壁及び遮音壁概要図 S= 1 : 3 0 0
ト ロ リ ー ビーム
H−1 5 0*1 5 0*7*1 0
2 階昇降路平面図 S = 1 / 5 0
225
通路
EV
防火構造外壁内側 : P B 1 2 . 5 t 張
( 2階梁下まで )
800
( 有効)
2 ,125
X=1 , 800
天井 : P B 9 . 5 t
L G S 下地
レール支持材
H−1 5 0*1 5 0*7*1 0
250
2 ,350
2 階鉄骨梁
鉄骨柱 1 5 0 * 1 5 0
B
L G S準耐火遮音間仕切
( 2階スラ ブ下まで )
団体 ・ ボラ ンテ ィ ア 小会議室
活動室
75
B
和室研修室
踏込
W C 更衣室 W C ( 男 )
( 多目的 ) ( 男 )
EV
1 , 000
325
ホワイエ
前室
2 , 375
225
WC ( 女 )
給湯室
1,200
屋外階段断面詳細図 S = 1 / 5 0
2 , 275
225
3 , 175
2 , 600
1
2
E V 断面詳細図 S = 1 / 5 0
昇降路平面図及び E V 断面詳細図
屋外階段断面詳細図
各階準耐火壁及び遮音壁概要図 A 2 1/5 0
A 3 1/7 5
代表設計者 ( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
22
担当者
( 一級建築士登録 2 9 9 9 6 9 号 ) 村中耕作
A
47
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement