取扱説明書 - 三共電子

取扱説明書 - 三共電子

VoiceNavi

取扱説明書

8CH 接点/255CH バイナリ制御タイプ

音声・音響警報ユニット iMAX-F2

UM_iMAXF2_A100901

このたびは、音声・音響警報ユニット iMAX-F2

をお買い上げ頂き、誠にありがとうございます。

本機の優れた機能をご理解頂き、末永くご愛用頂くためにも、この取扱説明書をよくお読み下さい。

目次

■ 困った時に (トラブルシューティング)

1 概要

2 主な用途

3 特長

4 標準仕様

5 外観図並びに外形寸法図

6 付属品・オプション

7 設置・固定方法

■ネジ止めする場合 ■垂直に固定する場合

■L 金具で固定する場合 ■DINレールに取り付ける場合

8 各部の名称と機能

9 スクリューレス端子台

10 AC 電源または DC 電源との接続

11 音声・音響出力

12 スピーカー出力と音量調整

13 ライン出力とレベル調整

14 入出力信号

15 接続・調整

16 モードスイッチの設定 (再生モード・タイマー・その他)

17 制御方法―接点制御

●通常再生モード(インターバルタイマー有効) ●優先順位再生モード

●順次記憶再生モード ●記憶エンドレスモード(複数再生)

●記憶エンドレスモード(優先順位再生) ●後入力切替再生モード

18 制御方法―バイナリ制御

19 音声・音源データの登録時間と CF カード

20 iMAX シリーズで使用できる WAVE ファイル形式とカードデータファイル

21 サポートソフト-カードデータを作成する場合

22 サポートソフト- No.- 接点端子(アドレス)対応表

23 サポートソフト-カードデータを変更したい場合

■新規追加の音声・音響データを新規の接点端子・アドレスに登録する場合

■前回登録してある音声・音響データを変更する場合

■リピート回数を設定したい場合

24 定期点検・調整 22

■ 接続参考図 ●接点制御 ●バイナリ制御

等価回路図

23

23

2

3

3

3

4

5

5

6

8

9

11

18

19

19

20

21

21

11

11

13

13

14

15

16

ご注意

● 水、湿気、ほこり、油煙などの多い場所に設置しないで下さい。火災、故障、感電の原因になります。

● 定格範囲外で使用されますと、故障が起きたり、十分な機能が発揮できないことがあります。

●接続、カードの挿入・交換、各種設定・変更の際は、感電事故を避けるため、必ず、電源を切ってから

行って下さい。

VoiceNavi 三共電子株式会社

〒381-3203 長野市中条 38 番地 http://www.voicenavi.co.jp

1/23

VoiceNavi

■困った時に (トラブルシューティング)

電話で多い

問合せ

まったく、再生しない

再生しない WAVE ファイルがある

カードフォーマットが FAT(FAT16)ではない。

FAT32/NTFS は認識できないので FAT(FAT16)でフォーマット

してからご使用下さい

カードデータファイル「***.imx」「***.wpj」がコピーされていな

い。

その WAVE ファイルがコピーされていない。

拡張子が.wav ですが実際は形式が違うファイルや、ある録音

ソフトで録音した WAVE ファイルは WAV シリーズで再生できな

いものがあります。

WindowsOS アクセサリのサウンドレコーダー等で開き、別のフ

ァイル名で保存し、iMAX Editor で登録して下さい。

困った状態

再生しない接点・アド

レスがある

まったく再生しない

音が小さい

再生するが、時々、

リセット状態になる

LED表示

PLAY LED 点滅 *1

PLAY LED 点滅 *2

PLAY LED 点滅 *2

PLAY LED 点滅 *1

接続ミス

原因

その接点端子・アドレスに対

応した WAVE ファイルがな

対処方法

接続参考図を参照の上、接続を点検し

ます。

カードにコピーした際、漏れが生じたの

で、その WAVE ファイルをコピーします。

(***.wav)

カードフォーマットが異なる カードフォーマットが FAT(FAT16)ではな

い。FAT32/NTFS は認識できないので

FAT でフォーマットしてからご使用下さ

カードデータファイルがない

(***.imx/wpj)

WAVE ファイルがカード内に

ない

(***.wav)

強力なノイズ等で CPU 暴走

い iMAX Editor でカードファイルを読み込

み、データ内容を確認します。 iMAX Editor でカードファイルを読み込

み、データ内容を確認します。

CPU 暴走時、ウォッチドックタイマーで

自己復旧します。ノイズが常時ですとリ

セットを繰り返し、再生しない状態になり

ます。

電源・信号・スピーカーライン近辺のモ

ーター・ソレノイド等のノイズ源をノイズ

対策します。

音量ボリューム 「小」

接続ミス

再生モード設定ミス

タイマーモード設定ミス

接続を点検し(特に COM 端子部)、再接

再生モードを確認し、再設定

タイマーモードを確認し、再設定

音量 VR「小」

音量 VR を可変しても音量

が小さい

強力なノイズ等で CPU 暴走

設定ミス

再調整

ライン出力にスピーカーを接続してい

る。

再接続します。

CPU 暴走時、ウォッチドックタイマーで

自己復旧します。ノイズがない時は正常

に動作します。

電源・信号・スピーカーライン近辺のモ

ーター・ソレノイド等のノイズ源をノイズ

対策します。 iMAX Editor でカードファイルを読み込

み、データ内容を確認します。

入力接点と再生する

内 容 が 合 っ て い な

い。

組立再生しない、順

序が違う

接続ミス コネクタの接続を点検し、再接続

リ ピ ー ト 回数再 生 し

ない、回数が違う

設定ミス iMAX Editor でカードファイルを読み込

み、データ内容を確認します。

(注) *1 再生の起動時にPLAYのLEDが点滅します。STOP入力にて消灯します。

*2 PLAYのLEDが点滅した状態で、再生起動を行うとALARMのLEDが点灯します。

2/23

VoiceNavi

1.概要

iMAX-F2 は、警報専用モードを搭載、8CH 接点/255CH バイナリ制御モード、5Wスピーカーアンプ、音声・音源

データ形式に WAVE ファイル、記憶媒体に CF カードを採用、スクリューレス端子台、RoHS 指令・PSE 対応、コ

ンパクトサイズの音声・音響警報ユニットです。音 声 注 意 ・案 内 ・説 明 装 置 や演 出 装 置 してもご利 用 できま

す。

ブザー・チャイム音や音声データの登録・変更はサポートソフト iMAX Editor [無償配布]で試聴しながら、手軽

にできます。またブザー音+音声データなどの 4 データまでの組立再生登録や 5 回までのリピート再生登録も

できます。

■サポートソフト iMAX Editor 無償 WEB 配布または VoiceNavi Announcer 2J CD 内収録

サポートソフト iMAX Editor 上で音源データ(WAVE ファイル)を登録、エディタ画面で各接点端子(アドレス)に音源

データ、その際組立再生・リピート回数などのプログラム登録もできます。コントロールデータ作成画面に作成者・

作成日などの所定事項を入力し、データ作成ボタン ON します。作成したデータと音源データを CF カードにコピー

し、iMAX シリーズにセットして使用します。

音源データ登録画面 エディタ画面(アドレス登録) コントロールデータ作成画面

2.主 な用途

●音 声 ・音 響 警 報 ユニット

●立ち入り禁止警告・来客案内

●音 声 注 意 ・案 内 ・説 明 装 置

●音 声 ・音 響 演 出 装 置

3.特長

■RoHS 指令対応品

■PSE 対応品 (AC アダプタ/DC 電源)

■サポートソフトによる音声・音源データを登録・変

■音源に WAVE ファイル採用

■ 高 音 質 サ ン プ リ ン グ 44.1/22.05KHz 16/8Bit

Mono

■記憶媒体に CF カード採用 128/256/512MB ・

1GB

■自己復旧機能(ウォッチドックタイマリセット)

■サポートソフト iMAX Editor [無償配布]

■スタジオ録音・WAVE ファイル作成サービス

■180W×120D×40Hmm (突起部除く)

■AC100V 電源/DC24(12)V-2 電源対応

■付属品 AC アダプタ/CF カード(工業用) 128MB

●RoHS/PSE 対 応 機

●WAV2000 後 継 機

●iMAX-A2 後 継 機

■スクリューレス端子台仕様(2 ピース式)

■8CH-接点制御/255CH-バイナリ制御

■警報専用モード搭載 (接点制御時)

通常/優先順位/順次記憶/後入力切替

記憶エンドレス(複数交互)

記憶エンドレス(優先順位)

■監視用出力端子 BUSY/ALM

■スピーカー出力 5Wmax. 8Ω

■ライン出力 600Ω/0dBm 不平衡(ミニジャック)

■44.1/22.05KHz 16/8Bit Mono

■CF カード 128/256/512MB ・1GB

■登録時間 22/44/88/176 分

3/23

VoiceNavi

4.標準仕様

定格使用電圧

消費電流

AC100V 50/60Hz (注) 付属品 AC アダプタ使用

または DC+24V±5% (または DC+12±5%) スクリューレス端子台

AC アダプタ使用時 待機時 約 6W 最大時 約 22W

(注) 付属品 AC アダプタ使用時

[DC 電源の場合]

DC+24V 時 待機時 約 75mA 最大時 約 460mA

DC+12V 時 待機時 約 70mA 最大時 約 220mA

180W X 120 D X 40H mm(突起部除く) 約 880g 寸法・重量

ケース塗装・仕上げ ブラック

使用環境 -5℃~55℃ 35%~80%RH(但し結露なき事) (保存時) -10℃~70℃

再生方式

WAVE ファイル(PCM)

44.1/22.05/11.025KHz 16/8Bit mono (32/16/12.8/8KHz 16/8Bit mono 可)

再生帯域 300Hz~10KHz

DIP SW で設定

■接点制御 8CH (フォトカプラ入出力)

[再生モード] 通常/優先順位/順次記憶

記憶エンドレス(複数交互) 記憶エンドレス(優先順位)

[インターバルタイマー] 0/30/60/120 秒 (通常再生モード時) 制御方式と

チャンネル数 IN /SW1~8,/STOP 無電圧メーク接点または NPN オープンコレクタ

OUT /BUSY /ALM オープンコレクタ出力(DC+35V,500mA)

■バイナリ制御 255CHmax. (フォトカプラ入出力)

[再生モード] 正論理/負論理

適用メモリカード

IN /D0~7,/STOP,/STB 無電圧メーク接点または NPN オープンコレクタ

OUT /BUSY /ALM オープンコレクタ出力(DC+35V,500mA)

[付属品] CF カード(工業用) 128MB 1 枚 (22 分 max. 44.1KHz16Bit Mono 時)

CF カード 128/256/512MB/1GB 1 枚 max.

CF カード容量と登録する WAVE ファイルのサンプリングモードによる

カード容量 サンプリングモード

登録時間

再生時間

音声・音響出力

128MB

256MB

512MB

44.1KHz 16Bit mono 22.05KHz 16Bit mono

22 分 44 分

44 分

89 分

89 分

179 分

1GB 179 分 358 分

(注)異なるサンプリングモードでも登録・再生できます。

各 WAVE ファイル時間

またはサポートソフト iMAX Editor 上でプログラム登録した場合、その内容よる

スピーカ出力 5Wmax. 8Ω (2.5W 設定可)

LINE出力 600Ω 不平衡 0dBm

音量調整

適用サポートソフト

付属品

オプション

スピーカ出力 1.シャフト付可変 VR 2.外部 VR 接続対応

3.外部接点端子による 3 段階切替

小(大×1/5 約-14dB) 中(大×1/2 約-6dB) 大(可変 VR 同一)

LINE出力 本体内蔵ボード上の半固定 VR –6.5dBm~1.5dBm

サポートソフト iMAX Editor

[付属品 CF カード内収録/無償配布]

[プログラム機能] 1 アドレス(端子) 組立再生 8 データ max. リピート回数 5 回 max.

2 ピース式端子台ソケット

・制御 1 用(10P) ・制御 2 用(3P) ・電源用(2P) ・SP 出力用(2P)

AC アダプタ (IN AC100V 50/60Hz OUT DC+24V 1A)

CF カード工業用 128MB 1 枚

[収録データ]

1.サンプルデータ 2.サポートソフト iMAX Editor

3.ブザー・チャイム音など音源ライブラリ

CF カード工業用 256MB/1GB RoHS

固定金具 IMAXF2-KANA01 L金具 RoHS

固定金具 IMAXF2-KANA02 縦固定用金具 RoHS

固定金具 IMAX-CKD80 DIN レール用 CKD-80 タカチ電機工業製 RoHS

外部 VR 接続用コネクタ CK-VER3 1m 片切り シールド線 RoHS

3 段階音量切替用コネクタ CK-VER3 1m 片切り シールド線 RoHS

4/23

5.外観図並びに外形寸法図

据置またはビス止め/固定金具で固定できます

180

VoiceNavi

CF

タ ネク ドコ CFカー

3 P

■■ 5F2WAV-

16P

電源

2 P

6.付属品・オプション

■付属品

名称

1 AC アダプタ

数量

1 個 DC+24V 1A

内容

2 メモリカード 1 枚 CF カード 128MB 1 枚

[収録内容]

・サンプルデータ

・サポートソフト iMAX Editor

・ブザー・チャイム音など音源ライブラリ収録

3 スクリューレス端子台ソケット 10P 1 個 制御 1 用

4 スクリューレス端子台ソケット 3P 1 個 制御 2 用

5 スクリューレス端子台ソケット 2P 2 個 スピーカー出力用

取扱声明書

保証書

1 部

1 部

●メモリカード内カードデータのバックアップコピー

製品到着時の再生テスト終了後、CF カード内のデータをハードディスク等にバックアップコピーします。

CF カード内のデータを削除(または FAT16 でフォーマット)後、新規のカードデータをコピーします。

●効果音・擬音ライブラリ

サポートソフト iMAX Editor で登録して警報音や音声データ前の注意喚起音としてご使用下さい。

音源自体の音量レベルはフリー・市販の録音ソフトの編集機能で調整できます。

当社商品で使用する場合、フリー(無償)でご使用できます。

■オプション

固定金具

スピーカー

IMAXF2-KANA01 縦固定用金具 RoHS

IMAXF2-KANA02 L金具 RoHS

IMAX2-CKD80 DIN レール用 CKD-80 タカチ電機工業製 RoHS

スピーカー流通の関係上変更することがあります。

トランペットスピーカー MS-10W 5W 8Ω/CH-003 5W 8Ω(スカイニー製)

スピーカーユニット MS-90 10W 8Ω(スカイニー製)

(注)スピーカー線は切断加工して接続して下さい。

5/23

VoiceNavi

7.設置・固定方法

■設置・固定方法

振動が多い場所では、防振ゴム等の耐震対策を行って下さい。

1 据置

設置方法

2 ネジ止め(水平/垂直)する場合

使用オプションほか

(注)ゴム足は付いていません。

底面・側面のネジ穴利用

3 垂直に固定する場合

4 L 金具で固定する場合

5 DINレールに取り付ける場合

オプション IMAXF2-KANA01

オプション IMAXF2-KANA02

オプション IMAX-CKD80 (タカチ電機工業製)

■ネジ止めする場合

側面-L 金具用穴 底面-DIN レール専用取付足の取付穴を使用して、設置個所にネジ止めします。

180

CF

3P

クタ コネ ード CFカ

4-M3

16P

電源

2P

61.6

66

20 80 20

■垂直に固定する場合 オプション IMAXF2-KANA01

垂直取付金具を側面にネジ止め、設置個所にネジ止めします。

120

L金具用取付穴 2-M3

40

160

140

80

固定用穴 2-M3

6/23

VoiceNavi

■L 金具で固定する場合 オプション IMAXF2-KANA02

L 金具を側面にネジ止め、設置個所にネジ止めします。

220

180

CF

3P

クタ コネ ード CFカ

電源

16P

2P

200

20 80 20

L金具用取付穴 2-M3

■DINレールに取り付ける場合 オプション IMAX-CKD80

DIN レール専用取付足 CKD-80(タカチ電機工業)を底面にネジ止めして DIN レールに設置します。

130

120

40

27.6

66

4-M3 取付穴 

DINレール専用取付足CKD-80用

7/23

8.各部の名称と機能

■各部の名称

[フロント]

1

VoiceNavi

2 3 4 5 6 7 8 9

●下側面

No 名 称 内 容

1 電源スイッチ

2 音量ボリューム

電源 ONOFF

スピーカ出力用 シャフト式 5Wmax.8Ω(または 2.5W)

3 カードエジェクトボタン CF カード取り出し用ボタン

4 コネクタ(CF カード用) CF カード実装用コネクタ

5 MODE SW

6 CD LED

7 ALM LED(橙色)

8 PLAY LED(緑色)

9 POWER LED(緑色)

再生モード,タイマー値等設定用

CF カードセット中点灯

CPU 異常時点灯(電源オフにて消灯)

再生中点灯 並びに各種状態時に点滅

電源オン時点灯

1 2 3 4 5 6 7 8 9

No 名 称 内 容

1 ライン出力用ミニジャック ライン出力 600Ω不平衡

2 スピーカー出力用端子台 スピーカー出力用 5W (2.5W) 8Ω

3 3 段階音量切替用コネクタ スピーカ出力の減音用コネクタ

4 外部ボリューム用コネクタ 外部に可変ボリュームを接続する場合に使用

5 制御用端子台 2 OP(STB) BUSY ALM

6 制御用端子台 1

7 DC 電源用端子台

8 ヒューズホルダー

9 DC Jack

SW1~8(D0~7) STOP COM

DC+24V(または+12V)で使用する場合、接続

ヒューズ 125V0.5A

付属品 AC アダプタ(OUT DC+24V 1A)と接続

8/23

VoiceNavi

9.スクリューレス端子台・コネクタ

(注)LINE OUT はミニジャックをご使用下さい。

1 2 3 4 5 6 7

No.

1

名称

ライン出力用ミニジャック

ケース側

ミニジャック(φ3.5)

HSJ0836-0105009

ホシデン

2 スピーカー出力用端子台 2 ピース式端子台

XW4A-2B1-H1 プラグ

オムロン

3 3 段階音量切替用コネクタ 圧着ハウジング

B3B-EH 日圧

4 外部ボリューム用コネクタ 圧着ハウジング

B3B-EH 日圧

5 制御用端子台 2 2 ピース式端子台プラグ

XW4A-3B1-H1

オムロン

外部電線側

ミニプラグ付きケーブル

(付属品)

2 ピース式端子台ソケット

XW4B-2B1-H1

オムロン

EHR-3 日圧

EHR-3 日圧

6

7

制御用端子台 1

DC 電源用端子台

2 ピース式端子台プラグ

XW4A-10B1-H1

オムロン

2 ピース式端子台プラグ

XW4A-2B1-H1

オムロン

(付属品)

2 ピース式端子台ソケット

XW4B-3B1-H1

オムロン

(付属品)

2 ピース式端子台ソケット

XW4B-10B1-H1

オムロン

(付属品)

2 ピース式端子台ソケット

XW4B-2B1-H1

オムロン

■スピーカー出力用端子台

No. I/O

1

2

O

O

信号名

SP OUT +

SP OUT -

説 明

スピーカー出力 5(2.5)W 8Ω

接続電線範囲 AWG26~AWG16AWG28~AWG16 より線

電線むき 長さ 7mm±1mm

オプション

CK-LER3

オプション

CK-LER3

備考

備考

付属のソケットに配線し、本体

のプラグに挿入します。

1 2

■3 段階音量切替用コネクタ

No. I/O 信号名

1 中レベル

説 明

メイン音量 1/2(-6dB)に設定

2

3

1 2 3

I

小レベル

GND

メイン音量 1/5-14dB に設定

GND

(注)メイン音量:SP 用音量調整ボリュームによって設定された音量

オプション

コネクタケーブル CK-VER3 1m 片切り シールド線

備考

オプション CK-VER3 を使用し

て SW 等を接続します。

9/23

VoiceNavi

■外部ボリューム用コネクタ (注) ユニット内ボード上で内部 VR/外部 VR の設定が必要です。

No. I/O 信号名 説 明 備考

1

2

3

I

外部 SP 用 VR-1

外部 SP 用 VR-2

外部 SP 用 VR-GND

1 2 3

■制御用端子台 2 付属のソケットを使用します。

No. I/O

オプション

コネクタケーブル CK-VER3 1m 片切り シールド線

名称

説明

接点制御 バイナリ制御

1 O ALM

2 BUSY

3 I OP/STB

ALM

BUSY(PLAY)

/OP /STB

接続電線範囲 AWG26~AWG16

電線むき 長さ 7mm±1mm

オプション CK-VER3 を使用し

てボリュームを接続します。

備考

付属のソケットに配線し、本体のプラ

グに挿入します。

1 2 3

■制御用端子台 1

No. I/O 名称

1

6

7

8

9

2

3

4

5

10

I STOP

I IN1

I IN2

I IN3

I IN4

I IN5

I IN6

I IN7

I IN8

I COM

説明

接点制御 バイナリ制御

/STOP

/SW1

/SW2

/SW3

/SW4

/SW5

/SW6

/SW7

/SW8

/D0

/D1

/D2

/D3

/D4

/D5

/D6

/D7

COM

備考

付属のソケットに配線し、本体のプラグ

に挿入します。

接続電線範囲 AWG26~AWG16A

電線むき 長さ 7mm±1mm

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

■DC 電源用端子台 付属のソケットを使用します。

No. I/O 名称 説明

1

2

I DC GND

I DC+24V(12V)

GND

DC+24V( ま た は DC+12V)

接続電線範囲 AWG22~AWG16(1 と 2 のより線)

電線むき 長さ 7mm±1mm

備考

AC 電源(AC アダプタ)との同時使用不可

1 2

10/23

VoiceNavi

10. AC 電源または DC 電源との接続

(注)同時接続不可 iMAX-F シリーズはAC100V(付属品 AC アダプタ使用)または DC+24V(または 12V)電源で動作します。

ケーブル長さが不足する場合、市販のAC電源の延長ケーブルをご使用下さい。

(注) AC100Vと DC+24(12)V 電源を同時に入力することはできません。

安定化・低ノイズの DC+12V または DC+24V 電源をご使用下さい。

使用電源 接続 電圧範囲 消費電流・電力

待機時 動作時

AC100V

DC 電源

DC 電源

AC アダプタ

スクリューレス端子台

スクリューレス端子台

商用 AV100V

DC+24V±5%

DC+12V±5%

約 6W

約 80mA

約 70mA

約 22W

約 400mA

約 650mA

[付属品 AC アダプタ] スイッチングACアダプタ IN AC100V OUT DC+24V 1A または相当品

11.音声・音響出力 – スピーカー出力とライン出力

出力名

SP OUT

端子台・コネクタ

端子台

LINE OUT ミニプラグ

12.スピーカー出力と音量調整

配線距離 10m 以上または配線周辺にモーター・ソレノイド等ノイズ発生源がある場合、シールド線また

はシールドしてご使用下さい。

定格出力 音量調整方法

5Wmax. 8Ω

(または 2.5Wmax. 8Ω)

1 音量ボリュームによる可変

2.接点端子による 3 段階の音量切替

3.外部接続した音量ボリュームによる可変

■音量調整

調整方式

1 音量ボリュームによる可変

2 接点端子による 3 段階の音量切替

定格

5Wmax. 8Ω

または

2.5Wmax.8Ω

600Ω不平衡 0dB

音量・レベル調整

音量ボリュームによる可変

接点端子による 3 段階の音量切替

外部接続した音量ボリュームによる可変

固定

[出力レベルを調整したい場合]

ユニット内ボード上の半固定 VR

-6.5dBm~1.5dBm

備考

フロントパネルの音量ボリューム

3 段階音量切替用用端子にスイッチ等を接続します。

外部スイッチによりメイン音量の 1/1、1/2、1/5 に切替できま

す。

メイン音量は音量ボリュームによる可変します。

3 外部接続した音量ボリュームによる可

外部ボリュームを接続する場合、ユニット内部のボード上で内

部 VR/外部 VR 設定用ジャンパーピンで外部 VR を設定し、外

部 VR を接続します。

■5W/2.5W の出力設定

工場出荷時は、5W 設定で出荷しております。

2.5Wで使用したい場合、ユニット内部のボード上で 5W/2.5W 設定用ジャンパーピンを 2.5W に設定します。

11/23

VoiceNavi

[ユニット内部のボード上 ジャンパーピン JP2 5W/2.5W 設定]

JP2 の設定 スピーカー出力

2.5Wmax. 8Ω

使用用途

対面式または周囲数 m 内の音声操作ガイダンス・警報

短絡

5Wmax. 8Ω 騒音環境下での音声・音響警報

(注) 5W 以上の出力を希望する場合、ライン出力+外部アンプをご使用下さい。

非短絡

■接点端子による 3 段階の音量切替をしたい場合

3 段階音量切替用用端子にスイッチ等を接続します。

外部スイッチによりメイン音量の 1/2、1/5 に切替できます。メイン音量は音量ボリュームによる可変します。

切替スイッチ

市販品のトグル SW、スライド SW を接続するか、外

コネクタケーブルCK-VER3

部機器で ONOFF 制御します。

オプション

CK-VER3

1m 片切り シールド線 RoHS

音量レベル

対メイン音量

1/1

1/2(-6dB)

短絡ピン No.

3-2

スイッチによる大中小

2 極スイッチ 大-中 大-小 中-小

3 極スイッチ 中-大-小 大-中-小

小 1/5(-14dB) 3-1

■外部に音量ボリュームを接続したい場合 (注) ユニット内ボード上 JP1 EXT に設定する事。

工場出荷時は INT 内部 VR(音量ボリューム)設定で出荷しております。

ユニット内ボード上ジャンパーピン J1 のショートピンを EXT で短絡します。

ユニット内ボード CN4 と可変ボリューム 100KΩ(B)をオプション CK-VER3 で接続します。

[ユニット内ボード上 JP1 EXT に設定]

JP の設定 使用可能ボリューム 音量調整

シャフトツマミで音量調整します。

音量ボリューム

オプションのコネクタケーブル CK-VER3 に市販品の可変ボリューム 100KΩ

(B)を接続します。音量調整は接続した可変ボリュームで行います。

外部接続した VR

コネクタケーブルCK-VER3

可変VR 100KΩ (B)

市販品の可変 VR 100KΩ(B)を接続します。

オプション

CK-VER3

1m 片切り シールド線 RoHS

12/23

VoiceNavi

13.ライン出力とレベル調整

ミニジャックに市販のラインケーブルを接続して使用します。

市販拡声アンプと接続する場合、市販のミニプラグーPIN(RCA)モノラルタイプ (ステレオタイプの場

合、RL どちらかを使用)で配線します。

600Ω 不平衡 0dBm (出荷時)

定格出力

出力レベル

固定

[出力レベルを調整したい場合]

本ユニット内のボード上の半固定 VR1を可変して調整します。

(注)ライン出力ラインにもモーター・ソレノイド等のノイズがのる場合があります。

この場合、スピーカーがら異常音を出力したり、ユニット本内内 CPU が暴走する場合があります。その

場合、自己復旧を行う初期状態になります。

14.入出力信号

信号名 ホスト側 内容 パルス幅

50mS 以上

50mS 以上

50mS 以上

/SW1-8(/D0-D7)

/OP(STB)

/STOP

OUT

OUT

OUT

無電圧メーク接点または NPN オープンコレクタ

無電圧メーク接点または NPN オープンコレクタ

無電圧メーク接点または NPN オープンコレクタ

/BUSY IN オープンコレクタ DC+50V 500mA

■信号のタイミング(接点制御の場合)

SW1-SW8(In)

No. 信号名称 時間

STOP(In)

① SW 入力時間 50ms min.

② BUSY 出力タイミング 50ms max.

BUSY信号(Out)

③ 音声出力タイミング 100ms max.

④ 音声終了タイミング 50ms max.

音声出力(Out)

再生データ1

■信号のタイミング(バイナリ制御の場合)

D0-D7(In)

No. 信号名称

① OP(STB)入力時間

時間

50ms min.

② データセットアップ時間 50ms min.

③ BUSY 出力タイミング 50ms max.

OP(In)

STOP(In)

再生データ2

④ 音声出力タイミング

⑤ 音声終了タイミング

100ms max.

50ms max.

BUSY(Out)

音声出力(Out)

再生データ1

13/23

VoiceNavi

15.接続・調整

■初回購入または、まだ自社のカードデータを制作していない場合

付属の CF カード内のサンプルカードデータで試験・調整を行います。

ユニット本体と接続の試験・調整後、CF カード内のカードデータを書き換え、本試験を行います。

No.

1

2

3

4

5

6

制御信号線の接続

SP 出力の接続

(LINE 出力の接続)

音量調整関係の接続

AC100V 電源との接続

(または DC 電源と接続)

データ入り「CF カード」のセット

各種設定

設定項目

(試験・調整時設定)

内容

2 ピース式端子台ソケットに接点制御時 SW1-8・

STOP・

COM を接

続します

必要に応じて、BUSY・ALM を接続します。

2 ピース式端子台ソケットにバイナリ制御時 D0-7・OP・BUSY,

COM を接続します。

必要に応じて、STOP・ALM を接続します。

2 ピース式端子台ソケットに定格 5W スピーカーを接続します。

(注)定格 5W 8Ω

[2.5W 出力の場合]

ユニット内ボード JP2 の設定を 2.5W にします。

ミニジャックを使用。

市販品のミニプラグ付き接続ケーブルで拡声アンプと接続します。

本体の音量ボリュームで可変する場合は接続不要。

[外部接点端子による 3 段階切替をしたい場合]

オプション CK-VER を使用して、スイッチなどを接続します。

[外部 VR を接続する場合]

ユニット内 JP1 を EXT に設定します。

オプション CK-VER を使用して、可変 VR を接続します。

付属品 AC アダプタを本体 DC Jack に接続し、AC100V 電源コンセ

ントと接続 (または DC+24V もしくは DC+12V を接続します)

[初回購入または、まだ自社のカードデータを制作していない場合]

付属の CF カード内のサンプルカードデータで試験・調整を行

います。

ユニット本体と接続の試験・調整後、CF カード内のカードデー

タを書き換え、本試験を行います。

モードスイッチで、コントロールモードをセットします。

[初回購入または、まだ自社のカードデータを制作していない場合]

接点制御-通常再生 インターバルタイマー0 秒

7 電源スイッチ ON

8

9

10

4 秒経過

制御

音量調整

電源 ON 時から約 4 秒間 (DIP SW 設定など読込)

[初回購入または、まだ自社のカードデータを制作していない場合]

設定が接点制御-通常再生 インターバルタイマー0 秒の場合、

COM と 1~8 を短絡することにより再生します。

(注)

再生モードの設定を変更した場合、必ず、電源を再投入します。

スピーカー出力は音量調整ボリュームなどを調整

ライン出力はユニット内ボード上の半固定ボリュームを調整

(-6dBm~2dBm)

接続する場合、必ず電源を切って下さい。

DC 電源には+-の極性がありますのご注意下さい。(DC 電源使用時)

信号入出力、スピーカー出力端子、ライン出力端子には電圧を印加しないで下さい。

電圧変動が激しい電源や、ノイズ・サージを多く含む電源は使用しないで下さい。

信号入出力、SP、LINE の配線はできる限り短くして下さい。高圧ケーブルとの併設は避けて下さい。

14/23

VoiceNavi

16.モードスイッチの設定 (再生モード・タイマー・その他)

DIP SW で下記の設定をします。電源 ON 時有効になります。

1 2 3 4 5

再生モードの設定の設定 インターバルタイマの設定

(通常再生モード時)

6 7

- プログラムローダの設定

8

-

(予備)

OFF

ON

1 2 3 4 5 6 7 8

■再生モードの設定 電源 ON 時有効になります。●・・・ON

1 2 3 4~8 モード名

1 接点制御-通常再生(複数交互)

● ●

2 接点制御-優先順位再生

3 接点制御-順次記憶再生

4 接点制御-記憶エンドレス(複数交互)

5 接点制御-記憶エンドレス(優先順位)

備考

ワンショット/レベル

レベル入力専用 (ワンショット可)

レベル入力-ワンショット換算

レベル入力-ワンショット換算

レベル入力-ワンショット換算

● ●

● ●

● ● ●

●ON

6 接点制御-後入力切替

7 バイナリ制御 1(正論理)

8 バイナリ制御 2(負論理)

■インターバルタイマー(接点制御-通常再生モード有効)

DIP SW bit で設定します。電源 ON 時有効になります。

各音声データ再生終了後、インターバルタイマーが作動します。

インターバルタイマー作動中は、SW1~8 の信号入力は検知しません。

DIP SW

ワンショット

PLC 用(255CH)

PLC 用(255CH)

1 2 3 4 5 6 7 8

1

タイマー

インターバルタイマー 0 秒

● 2 インターバルタイマー 30 秒

● ●

3 インターバルタイマー 60 秒

4 インターバルタイマー 120 秒

■プログラムローダー

CF カードを使用して、<ユーザー>仕様の再生モード・タイマーなどのプログラムを書き換えできます。

DIP SW1

1 2 3 4 5 6 7 8

音量制御

1 書き込み無効

2 書き込み有効

15/23

VoiceNavi

17.制御方法―接点制御

インターバルタイマーは通常再生モードのみ使用できます。

<ユーザー>仕様の再生モードにつきましてもお気軽にご相談下さい。(CF カードで書き換えができます)

【信号のタイミング】

SW1-SW8(In)

No. 信号名称

① SW 入力時間

時間

50ms min.

② BUSY 出力タイミング 50ms max.

STOP(In)

BUSY信号(Out)

③ 音声出力タイミング

④ 音声終了タイミング

100ms max.

50ms max.

再生データ1

音声出力(Out)

■接点制御―通常再生モード (複数交互対応) インターバルタイマー 0/30/60/120 秒間

再生データ2

ワンショット入力:1 回再生 パルス幅 50msec 以上

レベル入力:リピート再生

タイマー:インターバルタイマー有効 0/30/60/120

秒間

再生中―BUSY 出力

STOP―強制終了

入力信号に該当する CH を再生をします。

再生中は入力信号を一切検知しません。再生終了

後、次の CH 以降の入力を検知し、再生します。

インターバルタイマーは再生終了後、設定時間分作

動します。インターバルタイマー作動中も入力信号を

一切検知しません。

■接点制御-優先順位再生モード

レベル入力:リピート再生

ワンショット入力:1回再生

再生中―BUSY 出力

STOP―強制終了

優先順位-SW1>SW2>・・・・>SW X

入力信号に該当する CH を再生します。

再生途中の他の入力信号を検知した場合、優先順

位に基づき再生します。

■接点制御-順次記憶再生モード

ワンショット入力:1 回再生 パルス幅 50msec 以上

レベル入力:1 回再生 (ワンショット扱い)

再生中―BUSY 出力

STOP―強制終了

メモリバッファ:20max.

入力信号を最大 20 メモリし、入力順に再生します。

設備機器の警報出力(機器により、ワンショット・レベ

ル混在)を受信・記憶し、該当する SW の音声データ

を 1 回再生出力します。

レベル入力をワンショットして扱う。

なお、レベル入力が終了し、再度そのレベル入力が

あった場合は上記と同様の処理を行う。(ワンショット

入力 1 回)

STOP 信号入力で、再生を強制終了し、メモリバッファ

をクリアします。(または電源OFF)

16/23

■記憶エンドレスモード(複数再生)

■記憶エンドレスモード(優先順位再生)

VoiceNavi

ワンショット入力:エンドレス パルス幅 50msec 以上

レベル入力:有効 (ワンショットとして処理)

再生中―BUSY 出力

STOP―強制終了・メモリクリア

設備機器の警報出力(機器により、ワンショット・レベ

ル混在)を受信・記憶し、該当する SW の音声データを

エンドレスリピートします。

複数受信した場合、交互に再生出力を行います。

(注)同一 SW が何回受信しても、初回記憶以降は無

視する

ワンショット入力:エンドレス パルス幅 50msec 以上

レベル入力:有効 (ワンショットとして処理)

再生中―BUSY 出力

優先順位-SW1>SW2>・・・・・>SW X

STOP―強制終了 (注)メモリクリアはしない

設備機器の警報出力(機器により、ワンショット・レベ

ル混在)を受信・記憶し、該当する SW の音声データ

をエンドレスリピートします。

複数受信した場合、優先順位の高い CH を再生出力

します。

STOP で再生を強制終了します。

なお、後順位の SW の記憶がある場合、該当する音

声データがエンドレス再生

(注)

STOP 入力は最高順位 SW のメモリのみ再生終了・ク

リアします。

メモリを全てクリアしたい場合、何回か STOP 入力し

て全てクリアすか電源 OFF

同一 SW が何回受信しても、初回記憶以降は無視す

る。

■接点制御-後入力切替再生モード

ワンショット入力:1回再生 パルス幅 50msec 以上

レベル入力:(注)取扱注意

再生中―BUSY 出力

STOP―強制終了

入力信号に該当する CH を再生をします。

再生途中の次入力を検知した場合、即座に該当する

CHを再生します。

17/23

VoiceNavi

18.制御方法―バイナリ制御

本ボードのバイナリ制御の場合、、一般用と VP 系互換モードを搭載しています。入力論理が逆になりますので確

認の上、DIP SW で設定してご使用下さい。

また

<再生中受信>バッファ

により、最大 20CH まで再生中でも受信できます。

【信号のタイミング】

D0-D7(In)

No. 信号名称

① STB 入力時間

時間

50μs min.

OP(In)

② データセットアップ時間 50ms min.

③ BUSY 出力タイミング 50ms max.

④ 音声出力タイミング 450ms max.

STOP(In)

BUSY(Out)

⑤ 音声終了タイミング 50ms max.

再生データ1

音声出力(Out)

① 再生チャンネル 1CH~255CH

② <再生中受信>バッファ: 最大20個

③ 再生中でも受信を行います。

① 再生順番は FIFO 形式とし古いデータより再生

② 受信バッファがフルで以降のデータは無効となり、

バッファに5個の空きが生じると受信可能とします。

外部 STOP 信号入力もしくは FFh 入力にて再生を

即停止し、受信バッファを全てクリアにします。

バイナリデータ

OP

BUSY

STOP

再生出力

D1

D1

D2

D2

D3

D3

D4

D4

D5

D5

・・・

DA

・・

DE

・・・・・・・・・

・・・・・・・・ DA

DB

DB

DC

DC

■バイナリ制御モード(正論理)

アドレス(D0-7)+STB で確定した CH を再生します。

入力論理-正論理

再生中―BUSY 出力 アクティブ(“L”)

<再生中受信>バッファ:20CHmax.

アドレス

01H

02H

再生 CH

1CH

2CH

・ ・

FFH

00H

255CH

STOP

■バイナリ制御モード(負論理)

アドレス(D0-7)+STB で確定した CH を再生します。

入力論理-負論理

再生中―BUSY 出力 アクティブ(“L”)

<再生中受信>バッファ:20CHmax.

アドレス

FEh

FDh

00h

FFh

再生 CH

1CH

2CH

255CH

STOP

18/23

VoiceNavi

19.音声・音源データの登録時間と CF カード

下記のメモリカードがご使用できます。下記以外のメモリカードは動作保証外になります。

■登録時間

CF カード容量と登録する WAVE ファイルのサンプリングモードによる

カード容量 サンプリングモード

128MB

256MB

512MB

44.1KHz 16Bit mono 22.05KHz 16Bit mono

22 分 44 分

44 分

89 分

89 分

179 分

1GB 179 分 358 分

(注)異なるサンプリングモードでも登録・再生できます。

(注) カード本体の不良・破損について

カード本体の不良・破損に関しては、当社では保証・対応していません。カードメーカーへ返却・修理願います。

■カードフォーマット(初期化) iMAX シリーズが認識できる CF カードのフォーマットは FAT(別名 FAT16)です。

FAT32 やNTFSフォーマットの CF カードは認識できません。

CF カード状況

新規購入のカード

FAT32 フォーマットのカード

使用可否

×

対処方法

そのままご使用できます。または FAT16 でフォーマット

FAT16 でフォーマット

NTFS フォーマットのカード

デジタルカメラで使用したカード

×

×

FAT16 でフォーマット

FAT16 でフォーマット

(注) WindosXP Windows2000 ユーザーの場合、必ず、FAT(別名 FAT16)指定でフォーマットして下さい。

■カードの脱着

必 ず、電 源 OFF 状 態 でカードの脱 着 を行 って下 さい。

再 生 /録 音 中 に行 うと、カード内 部 が破 損 します。

20.iMAX シリーズで使用できる WAVE ファイル形式とカードデータファイル

下記のカードファイルと WAVE ファイル形式が使用できます。

名称

WAVE ファイル

ファイル形式

WAVE ファイル

備考欄

・ステレオデータは使用できません

44.1/22.05/11.025KHz16/8BitMONO

32/16/12.8/8KHz 16/8Bit MONO 可)

・日本語、ロングネームは使用できません

カードデータファイル .imx ファイル

.wpj ファイル

サポートソフト iMAX Editor

(ボイスナビエディタ)

サポートソフト VoiceNavi Editor

(ボイスナビエディタ)

[カードデータファイル作成用サポートソフトについて] iMAX シリーズはサポートソフト iMAX Editor と VoiceNavi Editor で作成したカードデータファイル

両方に対応しています。

19/23

VoiceNavi

21. サポートソフト-カードデータを作成する場合

詳細はサポートソフト iMAX Editor の取扱説明書をご参照下さい。

またホームページ| サポート|にも音声データの製作・カードデータ製作について記載しています。

■サポートソフト iMAX Editor の入手先 (注)市販カードリーダーもご用意下さい

付属品 CF カード内

ホームページ

CFカード内の圧縮ファイルを PC にコピーし、解凍・インストールします。

圧縮ファイルを PC にダウンロードし、解凍・インストールします。

VoiceNavi Announcer 2J CD 内の圧縮ファイルを PC にコピーし、解凍・インストールします。

■音声・音響データの録音・登録 と WRX/WAV シリーズ用カードデータ作成 iMAX シリーズはクラアント自身で音声・音源データの登録・変更ができます。

サポートソフト iMAX Editor(アイマックスエディタ)上で音声・音源データ(WAVE ファイル)登録、接点端子・ア

ドレスに登録します。その際、最大 4 データまでの組立再生・5 回までのリピート回数などのプログラム登録

もできます。

■音源・音声データ(WAVE ファイル)の用意

1.スタジオ録音

2.PC 録音

PC 上でフリー・市販録音編集ソフトを使用して録音、前後

の無音部をカットしてファイル保存

3.オーディオ CD の場合

フリー・市販のリッピングソフトで WAVE ファイル化

4.テキスト入力の場合

テキスト入力音声データソフトで WAVE ファイル作成。

■サポートソフトでカードデータ作成

1.音声・音源データ(WAVE ファイル)登録

2. 接点端子・アドレスに登録

3. プログラム登録(組立再生・リピート回数)

3.カードデータ作成

■CF カードへコピー

作成したカードデータを USB カードアダプタ経由でコピーし

ます。

■サポートソフト iMAX Editor

[無償配布]

サポートソフト iMAX Editor 上で音源データ(WAVE ファイル)を登

録、エディタ画面で各接点端子(アドレス)に音源データ、その際組

立再生・リピート回数などのプログラム登録もできます。コントロー

ルデータ作成画面に作成者・作成日などの所定事項を入力し、デ

ータ作成ボタン ON します。作成したデータと音源データを CF カー

ドにコピーし、iMAX シリーズにセットして使用します。

20/23

VoiceNavi

22. サポートソフト- No.- 接点端子(アドレス)対応表

音声・音響データ(WAVE ファイル)登録後、エディタ画面(アドレス・プログラム画面)上で接点端子・アドレスに登録した音声・

音響データを選択・登録します。この際、組立再生やリピート回数設定などのプログラム登録もできます。

接点制御

ホスト側

バイナリ制御

正論理

サポートソフト iMAX Editor エディタ画面

(アドレス・プログラム画面)

No. R 1 3 4 SW

STOP

SW01

SW02

SW03

SW08

アドレス

00h

01h

02h

03h

08h

FCh

FDh

FEh

8

253

254

255

1

2

3

7

1

1

1

1

1

1

1

1

1

Z001

Z001

Z001

Z002

Z002

空き

Z001

2

再生強制終了

A001

B001

C001

G001

H001

ZA01 ZA01

23.サポートソフト-カードデータを変更したい場合

■新規追加の音声・音響データを新規の接点端子・アドレスに登録する場合

1 前回、作成したカードデータを使用します。

または CF カードのデータをカードアダプタ経由で PC のマイドキュメント内のフォルダにコピーします。

2 サポートソフト iMAX Editor を起動し、ファイル読み込みでカードデータ(.imx または)を読み込みます。

3 新規追加の音声・音響データ(WAVE ファイル)を適当なフォルダ内に用意します。

4 SOUND 登録画面で、新規追加の音声・音響データを登録します。

5 メイン画面上で新規の接点端子・アドレスに新規追加した音声・音響データを選択・登録します。

6 カードデータを作成し、CF カードにコピーします。(注)事前に前のカードデータ全てを廃棄(ごみ箱)

■前回登録してある音声・音響データを変更する場合

1 前回、作成したカードデータを使用します。

または CF カードのデータをカードアダプタ経由で PC のマイドキュメント内のフォルダにコピーします。

2 サポートソフト iMAX Editor を起動し、ファイル読み込みでカードデータ(.imx または)を読み込みます。

3 新規追加の音声・音響データ(WAVE ファイル)を適当なフォルダ内に用意します。

4 SOUND 登録画面で、新規追加の音声・音響データ(WAVE ファイル)を登録します。

5 メイン画面上の接点端子・アドレスに登録されている音声・音響データを削除します。

5 メイン画面上の新規の接点端子・アドレスに新規追加した音声・音響データを選択・登録します。

6 カードデータを作成し、CF カードにコピーします。(注)事前に前のカードデータ全てを廃棄(ごみ箱)

■リピート回数を設定したい場合

1 前回、作成したカードデータを使用します。

または CF カードのデータをカードアダプタ経由で PC のマイドキュメント内のフォルダにコピーします。

(コピーする前にフォルダを新規作成しておきます)

2 サポートソフト iMAX Editor を起動し、ファイル読み込みでカードデータ(.imx または)を読み込みます。

3 メイン画面上の接点端子・アドレス「R」(リピート回数)をプルダウンしてリピート回数を設定します。

4 カードデータを作成し、CF カードにコピーします。(注)事前に前のカードデータ全てを廃棄(ごみ箱)

21/23

VoiceNavi

24.定期点検・調整

本ユニットは半導体部品を搭載した精密な電子製品です。

毎月または年に数回、点検または調整を行って下さい。

●外観チェック

点検箇所

1 POWER LED

2 CD LED

点検内容

点灯しているか

点灯しているか (CF カードセット状態)

3 PLAY LED 再生時、点灯するか

(注) ALM LED の点検はできません。(参照)自己復旧

●動作チェック

点検箇所

1 スピーカー出力 再生時、出力するか

点検内容

2 ライン出力

3 音量ボリューム

再生時、出力するか

スピーカー出力が可変するか

●動作チェック

点検箇所

1 1-8 (D0-7)

2 OP(STB)

3 STOP 端子

4 BUSY 出力端子

再生を強制終了するか

再生中出力するか

点検内容

ON 入力した CH を再生するか

同上 (注)使用する場合

●商品寿命に関して

(ご注意)下記年数は無故障などを保証したものではありません。

使用環境(特に温度変化)により、寿命が短くなる場合があります。

商品寿命 約 10 年間程度 (温度 15℃~25℃程度で使用した場合)

22/23

■接続参考図

●接点制御の場合 iMAX-F2

+5V

+24V

制御用端子台1

COM

10

IN1

IN8

2

9

STOP

1

SW1

SW8

制御用端子台2

/OP

3

BUSY

2

LED

ALM

1

LED

+24V

VoiceNavi

●バイナリ制御の場合 iMAX-F2

+24V

+5V

制御用端子台1

COM

10

IN1

IN8

9

2

STOP

1

D0

D7

STOP

制御用端子台2

/ST

3

BUSY

2

/ST

BUSY

ALM

1

LED

外部制御機

GND

+24V

SP OUT+

SP OUT-

SP用端子

1

2

ライン出力用ミニジャック

LINE OUT+

LINE OUT-

DC電源用端子台

-(DC IN)

+(DC IN)

1

2

外部VR用コネクタ

VR-1

VR-2

VR-GND

1

2

3

3段階音量切替え用コネクタ

メイン音量1/2

メイン音量1/5

GND

1

2

3

スピーカ

8Ω/ 5Wor2Wmax

外部アンプ

SP

DC電源(+24V/12V)

外部VR

2

シールド線

SP OUT+

SP OUT-

SP用端子

1

2

ライン出力用ミニジャック

LINE OUT+

LINE OUT-

DC電源用端子台

-(DC IN)

+(DC IN)

1

2

外部VR用コネクタ

VR-1

VR-2

VR-GND

1

2

3

3段階音量切替え用コネクタ

メイン音量1/2

メイン音量1/5

GND

1

2

3

スピーカ

8Ω/ 5Wor2Wmax

外部アンプ

SP

DC電源(+24V/12V)

外部VR

2

シールド線

PLC(トランジスタタイプ)

1

フォトカプラ

4 iMAX-F2

BUSY/ALM

2

10K

3

4

フォトカプラ

1 +24V

10K

3 2

4

フォトカプラ

1

0.01u

+24V

2.2K

STOP

10K

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

10K

0.01u

+24V

2.2K

STB

SW1/D0

4

フォトカプラ

1

3 2

10K

0.01u

+24V

2.2K

2.2K

SW8/D7

0.01u

COM

入力

出力

出力

出力

出力

COM

シーケンサ等

+5V~+48V

1

フォトカプラ

4

2 3

トランジスタオン電圧

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

PLC(リレータイプ)

1

フォトカプラ

4

2

10K

3

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

4

フォトカプラ

1

3 2

10K

10K

10K

10K

+24V

0.01u

+24V

0.01u

+24V

0.01u

+24V

2.2K

0.01u

2.2K

2.2K

2.2K

iMAX-F2

BUSY/ALM

STOP

STB

SW1/D0

SW8/D7

COM

入力

出力

出力

出力

出力

COM

シーケンサ等

+5V~+48V

リレー

リレー

リレー

リレー

リレー

サージ吸収用ダイオード

(注)

トランジスタのオン電圧が 0.8V 以下のものを御使用願います。

(注)

リレーのコイルをドライブする時はコイル間にサージ吸収用のダイオ

ード(繰り返し尖頭逆電圧及び直流逆電圧は、外部のサージも考慮し

て余裕のあるもの、また平均整流電流はコイル電流以上のダイオー

ド)を付加して下さい

(注)本書中記載の商品・社名は各社の商標または登録商標です。本書記載の仕様・概観は改良等により、予告なく変更になることがあります。

VoiceNavi

三共電子株式会社

〒381-3203 長野市中条 38 番地 TEL 026-268-3950 FAX 026-268-3105

URL http://www.voicenavi.co.jp/ E-mail:[email protected]

23/23

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement