SCADALINX HMI パッケージ取扱説明書 - M

SCADALINX HMI パッケージ取扱説明書 - M
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
SCADALINX HMI パッケージ
(形式:SSDLX-V3)
取扱説明書
NM-6493 改 7
1
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
目次
1 はじめに ........................................................................................................................................................................................................11
1.1 本書について........................................................................................................................................................................................... 11
1.2 取扱説明書の構成................................................................................................................................................................................ 11
1.3 対応バージョンと確認方法 ................................................................................................................................................................ 12
1.4 Ver.2.2x以前をお使いのユーザ様へ .............................................................................................................................................. 12
1.5 SFDNをお使いのユーザ様へ ............................................................................................................................................................ 12
1.6 SCADALINX HMIパッケージの特長................................................................................................................................................ 13
1.6.1 特長.................................................................................................................................................................................................... 13
1.6.2 パッケージの構成......................................................................................................................................................................... 13
1.6.3 画面構成 .......................................................................................................................................................................................... 14
1.7 動作環境 ................................................................................................................................................................................................... 15
1.8 SCADALINXで利用する通信について........................................................................................................................................... 16
2 システム構成...............................................................................................................................................................................................17
2.1 ハードウェア構成例 .............................................................................................................................................................................. 17
2.2 SCADALINX HMIを構成するサーバとデータ処理フローの概要 ......................................................................................... 18
2.2.1 IOサーバ............................................................................................................................................................................................ 19
2.2.2 SCADALINXサーバ....................................................................................................................................................................... 19
2.2.3 ブロードキャストサービス........................................................................................................................................................... 19
2.2.4 トレンドサーバ ................................................................................................................................................................................ 19
2.2.5 アラームサーバ ............................................................................................................................................................................. 19
2.2.6 レポート出力サーバ..................................................................................................................................................................... 19
2.2.7 Webサーバ(IIS) ............................................................................................................................................................................. 19
2.2.8 プロジェクトデータベースサーバ(MSDE) ........................................................................................................................... 19
2.3 タグの概要................................................................................................................................................................................................ 20
2.4 タグとモニタ画面 .................................................................................................................................................................................... 20
2.5 システム構築手順 ................................................................................................................................................................................. 22
2.5.1 サーバーシステムの構築手順 ................................................................................................................................................ 22
2.5.2 クライアントシステムの構築手順............................................................................................................................................ 23
3 インストール.................................................................................................................................................................................................24
3.1 ネットワークカードの設定 ................................................................................................................................................................... 24
3.1.1 ネットワーク接続のプロパティ.................................................................................................................................................. 24
3.1.1.1 全般の設定 .............................................................................................................................................................................. 24
3.1.1.2 認証の設定 .............................................................................................................................................................................. 25
3.1.2 インターネット プロトコル (TCP/IP)のプロパティ............................................................................................................ 25
3.2 IISのインストール .................................................................................................................................................................................... 26
3.3 SCADALINX HMI ソフトウェアのインストール ............................................................................................................................ 27
3.3.1 ソフトウェアのインストール........................................................................................................................................................ 27
3.3.1.1 SCADALINXサーバパッケージのインストールに関する補足............................................................................... 28
3.3.1.1.1 Microsoft .Net Framework .......................................................................................................................................... 28
3.3.1.1.2 Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE) ................................................................................................ 28
3.3.2 イメージファイル保存用共有フォルダの設定.................................................................................................................... 29
3.4 セキュリティ設定..................................................................................................................................................................................... 30
3.4.1 ファイアウォール機能の無効化 .............................................................................................................................................. 30
3.4.2 インターネットエクスプローラのセキュリティ設定............................................................................................................. 31
3.5 SCADALINX HMI ソフトウェアのアンインストール.................................................................................................................... 33
2
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5.1 サーバーパソコンのソフトウェアのアンインストール ...................................................................................................... 33
3.5.1.1 サーバパッケージのアンインストール ........................................................................................................................... 33
3.5.1.2 Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE)のアンインストール.................................................................. 34
3.5.1.3 Microsoft .Net Frameworkのアンインストール............................................................................................................ 35
3.5.1.4 IISのアンインストール ........................................................................................................................................................... 36
3.5.2 クライアントパソコンのソフトウェアのアンインストール ................................................................................................. 37
4 サーバセットアップ.....................................................................................................................................................................................38
4.1 起動方法 ................................................................................................................................................................................................... 38
4.2 操作方法 ................................................................................................................................................................................................... 38
4.2.1 データベース接続情報設定 ..................................................................................................................................................... 39
4.2.2 データベース操作 ......................................................................................................................................................................... 41
4.2.2.1 初期化 ........................................................................................................................................................................................ 41
4.2.2.2 削除............................................................................................................................................................................................. 42
4.2.2.3 リストア ....................................................................................................................................................................................... 43
4.2.2.4 バックアップ.............................................................................................................................................................................. 45
4.2.3 クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除 ............................................................................................. 47
4.3 作成したプロジェクトの移行手順..................................................................................................................................................... 48
5 プロジェクトコンバータ..............................................................................................................................................................................49
5.1 SSDLXコンバータ.................................................................................................................................................................................... 49
5.1.1 起動方法 .......................................................................................................................................................................................... 49
5.1.2 操作方法 .......................................................................................................................................................................................... 49
5.1.3 補足事項 .......................................................................................................................................................................................... 50
5.2 SFDNコンバータ ...................................................................................................................................................................................... 51
5.2.1 起動方法 .......................................................................................................................................................................................... 51
5.2.2 操作方法 .......................................................................................................................................................................................... 51
5.2.3 SFDNプロジェクトの変換可否................................................................................................................................................... 53
5.2.4 制限事項 .......................................................................................................................................................................................... 53
6 システムビルダ...........................................................................................................................................................................................54
6.1 起動方法 ................................................................................................................................................................................................... 54
6.2 編集方法 ................................................................................................................................................................................................... 54
6.2.1 ツリー部 ............................................................................................................................................................................................ 55
6.2.2 リスト表示条件設定部 ................................................................................................................................................................ 59
6.2.3 リスト部.............................................................................................................................................................................................. 60
6.2.4 プロパティ設定ダイアログ ......................................................................................................................................................... 62
6.2.5 ツールボタン ................................................................................................................................................................................... 64
6.3 サーバ/IO機器の設定......................................................................................................................................................................... 65
6.3.1 プロジェクトベース ........................................................................................................................................................................ 65
6.3.1.1 プロジェクトベースの設定................................................................................................................................................... 65
6.3.2 IOサーバ............................................................................................................................................................................................ 67
6.3.2.1 IOサーバの追加...................................................................................................................................................................... 67
6.3.2.2 IOサーバの設定...................................................................................................................................................................... 67
6.3.3 ステーション..................................................................................................................................................................................... 69
6.3.3.1 ステーションの追加............................................................................................................................................................... 69
6.3.3.2 ステーションの設定............................................................................................................................................................... 69
6.3.4 カード/ノード ................................................................................................................................................................................... 71
6.3.4.1 カード/ノードの追加.............................................................................................................................................................. 71
6.3.4.2 カード/ノードの設定.............................................................................................................................................................. 71
6.3.5 グループ/レジスタ ........................................................................................................................................................................ 73
6.3.5.1 グループ/レジスタの追加 .................................................................................................................................................. 73
6.3.5.2 グループ/レジスタの設定 .................................................................................................................................................. 74
6.3.6 トレンドサーバ ................................................................................................................................................................................ 76
6.3.6.1 トレンドサーバの追加 .......................................................................................................................................................... 76
6.3.6.2 トレンドサーバの設定 .......................................................................................................................................................... 76
3
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.2.1 トレンドログ機能............................................................................................................................................................. 76
6.3.6.2.2 レポートログ機能 ........................................................................................................................................................... 79
6.3.6.3 トレンドログファイルのサイズ............................................................................................................................................ 81
6.3.6.4 トレンドデータCSVファイル名............................................................................................................................................ 82
6.3.6.5 トレンドデータ手動CSV/バイナリファイル名 .............................................................................................................. 83
6.3.6.6 トレンドデータCSVファイル出力フォーマット............................................................................................................... 84
6.3.6.7 トレンドデータCSV出力ファイルのサイズ .................................................................................................................... 85
6.3.6.8 レポートログデータの集計処理 ....................................................................................................................................... 86
6.3.6.8.1 1時間データの集計期間............................................................................................................................................ 86
6.3.6.8.2 平均値・最小値・最大値の1時間データ .............................................................................................................. 86
6.3.6.8.3 瞬時値の1時間データ ................................................................................................................................................ 87
6.3.6.8.4 積算差分の1時間データ............................................................................................................................................ 88
6.3.6.8.5 全欠損データ................................................................................................................................................................... 90
6.3.6.8.6 ヌルデータ ........................................................................................................................................................................ 90
6.3.6.9 レポートログファイルのサイズ.......................................................................................................................................... 91
6.3.7 アラームサーバ ............................................................................................................................................................................. 92
6.3.7.1 アラームサーバの追加........................................................................................................................................................ 92
6.3.7.2 アラームサーバの設定........................................................................................................................................................ 92
6.3.7.3 アラームログファイルのサイズ......................................................................................................................................... 94
6.3.7.4 アラームデータCSVファイル名......................................................................................................................................... 94
6.3.7.5 アラームデータ手動CSVファイル名 ............................................................................................................................... 94
6.3.7.6 アラームデータCSVファイル出力フォーマット ............................................................................................................ 95
6.3.7.7 アラームデータCSV出力ファイルのサイズ ................................................................................................................. 95
6.3.8 レポート出力サーバ..................................................................................................................................................................... 96
6.3.8.1 レポート出力サーバの追加............................................................................................................................................... 96
6.3.8.2 レポート出力サーバの設定............................................................................................................................................... 97
6.3.8.3 レポートデータCSVファイルのファイル名..................................................................................................................... 99
6.3.8.4 レポートデータCSVファイルのファイル出力フォーマット......................................................................................100
6.3.8.5 レポートデータCSV出力ファイルのサイズ.................................................................................................................100
6.3.9 サーバIPアドレス設定の補足 ................................................................................................................................................101
6.3.10 ネットワーク共有フォルダ/プリンタを使用する際の補足.........................................................................................102
6.4 プロセスタグ...........................................................................................................................................................................................107
6.4.1 タグタイプとタグ拡張子 ............................................................................................................................................................107
6.4.2 プロセスタグの追加 ...................................................................................................................................................................109
6.4.3 プロセスタグの設定 ...................................................................................................................................................................110
6.4.3.1 共通設定部 ............................................................................................................................................................................110
6.4.3.2 基本設定 .................................................................................................................................................................................111
6.4.3.3 UI設定........................................................................................................................................................................................113
6.4.3.4 タイプ別設定..........................................................................................................................................................................116
6.4.4 タグタイプ別設定項目一覧表 ................................................................................................................................................119
6.4.5 測定データのスケーリングに関する補足 .........................................................................................................................121
6.4.6 キースピード..................................................................................................................................................................................122
6.5 トレンドタグ .............................................................................................................................................................................................123
6.5.1 トレンドタグの追加......................................................................................................................................................................123
6.5.2 トレンドタグの設定......................................................................................................................................................................123
6.6 レポートタグ............................................................................................................................................................................................126
6.6.1 レポートタグの追加 ....................................................................................................................................................................126
6.6.2 レポートタグの設定 ....................................................................................................................................................................126
6.7 アラームタグ...........................................................................................................................................................................................129
6.7.1 アラームタグの追加...................................................................................................................................................................129
6.7.2 アナログアラーム ........................................................................................................................................................................130
6.7.2.1 アナログアラームタグの設定..........................................................................................................................................130
6.7.2.1.1 共通設定部....................................................................................................................................................................130
6.7.2.1.2 条件設定.........................................................................................................................................................................132
6.7.2.1.3 アラーム設定.................................................................................................................................................................134
6.7.2.1.4 発生時出力/復帰時出力.........................................................................................................................................136
4
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.2 アナログアラームの発生条件と復帰条件 .................................................................................................................138
6.7.2.3 限界値計算式の書式.........................................................................................................................................................139
6.7.2.4 計算式の入力支援..............................................................................................................................................................140
6.7.3 デジタルアラーム ........................................................................................................................................................................141
6.7.3.1 デジタルアラームの設定 ..................................................................................................................................................141
6.7.4 アラームタグによるアラームとプロセスタグによるアラーム ......................................................................................144
6.8 メモリタグ.................................................................................................................................................................................................145
6.8.1 メモリタグの追加 .........................................................................................................................................................................145
6.9 プロセスタグ仮登録 ............................................................................................................................................................................146
6.9.1 プロセスタグ仮登録の追加.....................................................................................................................................................146
6.10 メッセージ..............................................................................................................................................................................................147
6.10.1 メッセージの追加......................................................................................................................................................................147
6.10.2 メッセージの設定......................................................................................................................................................................148
6.11 IO機器の設定の補足 .......................................................................................................................................................................149
6.11.1 L-Bus機器(Msysnet機器)......................................................................................................................................................149
6.11.1.1 ステーション/カード ..........................................................................................................................................................149
6.11.1.1.1 R3RTU-EM ...................................................................................................................................................................149
6.11.1.1.2 72LB(2)-NB ..................................................................................................................................................................153
6.11.1.1.3 72EU-LB........................................................................................................................................................................156
6.11.1.2 グループ................................................................................................................................................................................158
6.11.1.2.1 NestBusカード上のパルス入力端子..................................................................................................................158
6.11.1.2.2 QIP(形式44:接点入力/積算値出力).............................................................................................................158
6.11.1.2.3 PAD(形式45:パルス加算)..................................................................................................................................158
6.11.1.2.4 QAM(形式46:パルス・アナログ乗算).............................................................................................................159
6.11.1.2.5 QSS(形式47:パルス積算)..................................................................................................................................159
6.11.1.2.6 QNT(形式68:積算(瞬時値入力)) ..................................................................................................................159
6.11.1.2.7 BPS(形式49:バッチプログラム設定) .............................................................................................................160
6.11.1.2.8 TMC(形式90:間欠タイマ) ...................................................................................................................................160
6.11.1.2.9 TMR(形式91:タイマ) .............................................................................................................................................160
6.11.1.2.10 CTR(形式92:カウンタ).......................................................................................................................................161
6.11.2 Modbus機器.................................................................................................................................................................................162
6.11.2.1 ステーション/カード ..........................................................................................................................................................162
6.11.2.1.1 R3-NE1、D3-NE1、R5-NE1、D5-NE1(Modbus).............................................................................................162
6.11.2.1.2 72EM(2)-M4(Modbus)...............................................................................................................................................165
6.11.2.2 カード/レジスタ...................................................................................................................................................................167
6.11.2.2.1 D3-PA16、D5(T)-PA2、R1M-P4、R3-PA16、R3-PA4A、R5(T)-PA2(積算パルス入力) ..............167
6.11.2.2.2 D3-BA32A、D3-BC32A、R3-BA32A、R3-BC32A(BCD入出力).............................................................167
6.11.2.2.3 R3-PA2(速度・位置入力)........................................................................................................................................167
6.11.3 PLC(MELSEC-Q) ......................................................................................................................................................................168
6.11.3.1 インターフェイスユニット..................................................................................................................................................168
6.11.3.1.1 QJ71E71 ........................................................................................................................................................................168
7 グラフィックビルダ................................................................................................................................................................................... 172
7.1 起動方法 .................................................................................................................................................................................................172
7.2 編集方法 .................................................................................................................................................................................................172
7.2.1 メインメニュー ...............................................................................................................................................................................173
7.2.2 ツールバー ....................................................................................................................................................................................175
7.2.3 グリッド ............................................................................................................................................................................................176
7.2.4 ページツリー .................................................................................................................................................................................177
7.2.5 部品一覧 ........................................................................................................................................................................................179
7.2.5.1 部品のモニタ画面編集部への追加 .............................................................................................................................179
7.2.5.2 部品の概要 ............................................................................................................................................................................180
7.2.6 部品プロパティの設定 ..............................................................................................................................................................184
7.2.6.1 「共通」設定 ............................................................................................................................................................................184
7.2.6.2 ランプ ........................................................................................................................................................................................185
7.2.6.3 アナログ表示 .........................................................................................................................................................................191
5
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.4 テキスト ....................................................................................................................................................................................193
7.2.6.5 ディジタルSW .........................................................................................................................................................................195
7.2.6.6 スケルトンバー/バーグラフ .............................................................................................................................................201
7.2.6.7 イメージ ....................................................................................................................................................................................203
7.2.6.8 ライン.........................................................................................................................................................................................204
7.2.6.9 JUMPボタン.............................................................................................................................................................................204
7.2.6.10 インフォメーション ..............................................................................................................................................................205
7.2.6.11 ダイレクトメニュー..............................................................................................................................................................205
7.2.6.12 最新アラーム.......................................................................................................................................................................205
7.2.6.13 ラベル.....................................................................................................................................................................................205
7.2.6.14 ページ切り替え...................................................................................................................................................................206
7.2.6.15 ページツリー........................................................................................................................................................................206
7.2.6.16 ページサマリ........................................................................................................................................................................206
7.2.6.17 オーバービュー ..................................................................................................................................................................207
7.2.6.18 フェースプレート .................................................................................................................................................................208
7.2.6.19 トレンドグラフ.......................................................................................................................................................................209
7.2.6.20 アラームサマリ ...................................................................................................................................................................212
7.2.6.21 ステーション .........................................................................................................................................................................212
7.2.6.22 カード ......................................................................................................................................................................................213
7.2.6.23 グループ................................................................................................................................................................................214
7.2.6.24 操作ボタン............................................................................................................................................................................215
7.2.6.25 チューニング........................................................................................................................................................................215
7.2.6.26 レポートメイン......................................................................................................................................................................215
7.2.6.27 レポートビュー.....................................................................................................................................................................215
7.2.7 グラフィック画面背景.................................................................................................................................................................216
7.2.8 イメージファイル指定方法.......................................................................................................................................................217
7.3 テンプレート機能 ..................................................................................................................................................................................218
7.3.1 テンプレートからページ挿入 ..................................................................................................................................................218
7.3.2 テンプレートに保存 ....................................................................................................................................................................220
7.3.3 テンプレートの整理 ....................................................................................................................................................................221
7.3.4 テンプレートの応用 ....................................................................................................................................................................222
7.3.4.1 システム構築手順 ...............................................................................................................................................................222
7.3.4.2 実例...........................................................................................................................................................................................222
8 レポートビルダ ......................................................................................................................................................................................... 226
8.1 起動方法 .................................................................................................................................................................................................226
8.2 編集方法 .................................................................................................................................................................................................226
8.2.1 メインメニュー ...............................................................................................................................................................................228
8.2.2 ツールバー ....................................................................................................................................................................................229
8.2.3 ツリービュー ..................................................................................................................................................................................229
8.2.3.1 右クリックメニュー ................................................................................................................................................................229
8.2.3.1.1 印刷定義.........................................................................................................................................................................229
8.2.3.1.2 レポートフォーマット....................................................................................................................................................230
8.2.3.1.3 日報/月報/年報 ..........................................................................................................................................................231
8.2.3.1.4 ページ...............................................................................................................................................................................232
8.2.4 印刷定義のプロパティ ..............................................................................................................................................................233
8.2.5 レポートフォーマットのプロパティ .........................................................................................................................................237
8.2.6 ページの編集画面......................................................................................................................................................................240
9 サーバーマネージャ .............................................................................................................................................................................. 244
9.1 起動方法 .................................................................................................................................................................................................244
9.2 操作方法 .................................................................................................................................................................................................244
9.3 終了方法 .................................................................................................................................................................................................245
10 モニタ画面 .............................................................................................................................................................................................. 246
10.1 起動方法...............................................................................................................................................................................................246
6
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.1.1 サーバ...........................................................................................................................................................................................246
10.1.2 クライアント..................................................................................................................................................................................247
10.2 画面ページの切り替え ....................................................................................................................................................................247
10.3 各画面共通部.....................................................................................................................................................................................248
10.3.1 JUMPボタン .................................................................................................................................................................................248
10.3.2 インフォメーション .....................................................................................................................................................................249
10.3.3 ダイレクトメニュー.....................................................................................................................................................................249
10.3.4 ラベル............................................................................................................................................................................................249
10.3.5 ページ切り替え..........................................................................................................................................................................250
10.3.6 ページツリー...............................................................................................................................................................................251
10.3.7 数値入力パッド..........................................................................................................................................................................252
10.4 オーバービュー画面.........................................................................................................................................................................254
10.4.1 オーバービュー..........................................................................................................................................................................254
10.4.2 ページサマリ...............................................................................................................................................................................255
10.5 コントロールパネル画面 .................................................................................................................................................................256
10.5.1 フェースプレート ........................................................................................................................................................................256
10.5.1.1 共通部....................................................................................................................................................................................257
10.5.1.2 MsysNet標準タグのフェースプレート .........................................................................................................................258
10.5.1.3 MsysNet拡張タグ-AI1 のフェースプレート ............................................................................................................261
10.5.1.4 MsysNet拡張タグ-AO1 のフェースプレート ..........................................................................................................262
10.5.1.5 MsysNet拡張タグ-DI1 のフェースプレート ............................................................................................................263
10.5.1.6 MsysNet拡張タグ-DO1 のフェースプレート ..........................................................................................................264
10.5.1.7 MsysNet拡張タグ-ISWのフェースプレート.............................................................................................................265
10.5.1.8 MsysNet拡張タグ-TMRのフェースプレート...........................................................................................................266
10.5.1.9 MsysNet拡張タグ-CTRのフェースプレート ...........................................................................................................267
10.5.1.10 MsysNet拡張タグ-ASWのフェースプレート ........................................................................................................268
10.5.1.11 MsysNet拡張タグ-BPSのフェースプレート.........................................................................................................269
10.5.1.12 MsysNet拡張タグ-TCO(デジタル系)のフェースプレート...............................................................................270
10.5.1.13 MsysNet拡張タグ-TCO(アナログ系)のフェースプレート...............................................................................271
10.5.1.14 アナログ入力タグ-MAIのフェースプレート.........................................................................................................272
10.5.1.15 アナログ出力タグ-MAOのフェースプレート.......................................................................................................273
10.5.1.16 デジタル入力タグ-MDIのフェースプレート.........................................................................................................274
10.5.1.17 デジタル出力タグ-MDOのフェースプレート.......................................................................................................275
10.5.1.18 アナログメモリタグ-MTAのフェースプレート .....................................................................................................276
10.5.1.19 デジタルメモリタグ-MTDのフェースプレート .....................................................................................................277
10.5.1.20 4点警報タグのフェースプレート ...............................................................................................................................278
10.6 トレンド画面..........................................................................................................................................................................................279
10.6.1 トレンドグラフ..............................................................................................................................................................................279
10.6.1.1 トレンドスパン・時間軸の変更......................................................................................................................................281
10.6.1.2 トレンドペン・目盛り値の設定.......................................................................................................................................282
10.6.1.3 オプション..............................................................................................................................................................................284
10.6.1.3.1 表示リセット .................................................................................................................................................................284
10.6.1.3.2 日時指定ジャンプ .....................................................................................................................................................285
10.6.1.3.3 手動CSVファイル保存/手動バイナリファイル保存.....................................................................................286
10.6.1.3.4 手動ファイル保存キャンセル ...............................................................................................................................288
10.6.1.3.5 再生ファイル読み込み............................................................................................................................................289
10.6.1.4 トレンドグラフ表示についての補足............................................................................................................................289
10.7 アラームサマリ画面..........................................................................................................................................................................290
10.7.1 アラームサマリ...........................................................................................................................................................................291
10.7.1.1 状態 ........................................................................................................................................................................................292
10.7.1.2 コンテキストメニュー.........................................................................................................................................................293
10.7.1.3 表示オプション....................................................................................................................................................................294
10.7.1.3.1 表示リセット .................................................................................................................................................................294
10.7.1.3.2 表示選択 ......................................................................................................................................................................295
10.7.1.4 ファイルオプション .............................................................................................................................................................297
10.7.1.4.1 手動ファイル保存......................................................................................................................................................297
7
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.4.2 手動ファイル保存キャンセル ...............................................................................................................................300
10.7.2 最新アラーム..............................................................................................................................................................................301
10.7.2.1 アラームブザーの設定....................................................................................................................................................301
10.7.2.2 アラームブザー用WAVファイル ...................................................................................................................................301
10.7.3 アラーム・メッセージ一覧.......................................................................................................................................................302
10.7.3.1 アラームタグのアラーム・メッセージ ..........................................................................................................................302
10.7.3.2 MsysNetプロセスタグのアラーム・メッセージ..........................................................................................................302
10.7.3.3 プロセスタグ操作...............................................................................................................................................................302
10.7.3.4 サーバ共通のアラーム・メッセージ ............................................................................................................................304
10.7.3.5 IOサーバのアラーム・メッセージ ..................................................................................................................................304
10.7.3.6 アラームサーバのアラーム・メッセージ....................................................................................................................305
10.7.3.7 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(トレンドログ関係) ..................................................................................306
10.7.3.8 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(ファイル出力関係)................................................................................307
10.7.3.9 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(レポート関係) .........................................................................................308
10.7.3.10 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(その他) ...................................................................................................309
10.7.3.11 レポート出力サーバのアラーム・メッセージ.........................................................................................................309
10.7.3.12 L-Bus機器(MsysNet機器)操作..................................................................................................................................310
10.7.3.13 L-Bus機器(MsysNet機器)異常..................................................................................................................................310
10.7.3.14 Modbus機器、PLC異常 .................................................................................................................................................311
10.8 グラフィックモニタ画面.....................................................................................................................................................................312
10.8.1 ランプ.............................................................................................................................................................................................312
10.8.1.1 自動ジャンプ........................................................................................................................................................................312
10.8.2 アナログ表示..............................................................................................................................................................................312
10.8.3 テキスト.........................................................................................................................................................................................313
10.8.4 ディジタルSW..............................................................................................................................................................................313
10.8.4.1 モーメンタリ ..........................................................................................................................................................................313
10.8.4.2 オルタネート.........................................................................................................................................................................313
10.8.4.3 ページ切り替え...................................................................................................................................................................313
10.8.4.4 ポップアップ .........................................................................................................................................................................314
10.8.4.5 自動ジャンプ........................................................................................................................................................................314
10.8.5 スケルトンバー/バーグラフ..................................................................................................................................................315
10.8.6 イメージ.........................................................................................................................................................................................315
10.8.7 ライン .............................................................................................................................................................................................315
10.9 チューニング画面 ..............................................................................................................................................................................316
10.9.1 チューニング画面への移行 .................................................................................................................................................316
10.9.2 チューニング...............................................................................................................................................................................317
10.9.2.1 パラメータ設定....................................................................................................................................................................320
10.9.3 フェースプレート(チューニング画面) ...............................................................................................................................321
10.9.3.1 札掛け....................................................................................................................................................................................321
10.10 システムモニタ画面........................................................................................................................................................................323
10.10.1 ステーション..............................................................................................................................................................................323
10.10.1.1 運転状態の色表示.........................................................................................................................................................323
10.10.2 カード...........................................................................................................................................................................................323
10.10.2.1 運転状態の色表示.........................................................................................................................................................324
10.10.2.2 カードの選択.....................................................................................................................................................................324
10.10.3 グループ ....................................................................................................................................................................................324
10.10.4 操作ボタン ................................................................................................................................................................................325
10.11 レポート画面 .....................................................................................................................................................................................326
10.11.1 レポートメイン ..........................................................................................................................................................................327
10.11.1.1 数値入力 ............................................................................................................................................................................329
10.11.1.2 メンテナンス ......................................................................................................................................................................329
10.11.2 レポートビュー .........................................................................................................................................................................330
10.11.2.1 数値修正 ............................................................................................................................................................................332
10.11.3 レポートの印刷 .......................................................................................................................................................................332
10.12 画面ハードコピー ............................................................................................................................................................................333
10.13 画面表示状態の保存....................................................................................................................................................................334
8
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.14 モニタ画面を表示するPCに複数のLANデバイスが存在する場合の補足..............................................................335
11 Windows Vistaを使用する場合の注意事項................................................................................................................................. 337
11.1 SCADALINXのインストール ...........................................................................................................................................................337
11.2 IISの設定 ...............................................................................................................................................................................................338
11.2.1 IISのインストール.......................................................................................................................................................................338
11.2.2 MIMEの種類の追加..................................................................................................................................................................339
11.2.3 セキュリティの変更 ..................................................................................................................................................................340
11.2.4 IISのアンインストール..............................................................................................................................................................341
11.3 Windowsファイアウォールの設定.................................................................................................................................................342
11.4 インターネットエクスプローラ(IE7)の設定 ..............................................................................................................................343
11.4.1 インターネットエクスプローラのセキュリティの設定 ...................................................................................................343
11.4.2 複数のIE7 で画面を表示する方法....................................................................................................................................345
11.4.3 ホームページの登録について.............................................................................................................................................346
11.5 互換性ファイル ...................................................................................................................................................................................347
11.6 SQL Server ...........................................................................................................................................................................................348
11.6.1 インストール................................................................................................................................................................................348
11.6.2 アンインストール .......................................................................................................................................................................348
11.7 ファイル共有........................................................................................................................................................................................349
11.8 サーバマネージャ..............................................................................................................................................................................351
11.9 サーバセットアップ ............................................................................................................................................................................352
11.9.1 起動................................................................................................................................................................................................352
11.9.2 バックアップとリストア .............................................................................................................................................................352
11.10 コンバータ ..........................................................................................................................................................................................353
11.10.1 SFDNコンバータ ......................................................................................................................................................................353
11.10.2 SSDLXコンバータ....................................................................................................................................................................354
12 付録A トラブルシューティング......................................................................................................................................................... 355
12.1 インストール.........................................................................................................................................................................................355
12.1.1 SCADALINX HMI サーバパッケージインストール時「IISルートフォルダが見つかりません。IISをインスト
ールしてください」というメッセ維持が表示されインストールできない................................................................................355
12.2 サーバセットアップ ............................................................................................................................................................................356
12.2.1 起動出来ない場合...................................................................................................................................................................356
12.2.2 データベースのバックアップができない場合 ................................................................................................................356
12.2.3 データベースのリストアができない場合..........................................................................................................................356
12.3 システムビルダ...................................................................................................................................................................................357
12.3.1 アラームサーバ/トレンドサーバ/レポート出力サーバにて設定したネットワーク共有フォルダにログ
/CSVファイルが出力できない...........................................................................................................................................................357
12.3.2 レポート出力サーバにて設定したネットワーク共有プリンタにレポートが印刷できない。..........................357
12.4 グラフィックビルダ .............................................................................................................................................................................357
12.4.1 文字入力部で「㎥」などの文字を入力すると「?」に文字化けする場合...............................................................357
12.5 モニタ画面............................................................................................................................................................................................357
12.5.1 モニタ画面が正常に表示されない。.................................................................................................................................357
12.5.2 PCに複数のLANデバイスが存在していて、モニタ画面は表示されるが、計測値やアラームサマリの内容
などが表示されない場合。 .................................................................................................................................................................358
12.5.3 サーバPCではモニタ画面が表示されるが、クライアントPCではモニタ画面が表示されない場合。......358
12.5.4 アラームサマリに何も表示されないにもかかわらず、データ収集が行われなくなった場合......................358
12.5.5 WindowsXPの「ユーザーの切り替え」機能を使用するとモニタ画面が表示されない....................................359
12.5.6 モニタ画面でデータ変更が反映されない .......................................................................................................................359
12.5.7 ビルダで変更した設定がモニタ画面に反映されない。.............................................................................................359
12.5.8 グラフィック画面の背景やイメージ部品のイメージファイルが表示されない....................................................359
12.5.9 モニタ画面の切り替えに 10 秒以上懸かる。 ................................................................................................................359
12.5.10 アラームサマリ部品とレポートビュー部品が表示されない。 ...............................................................................360
12.5.11 アラームサマリ部品とレポートビュー部品の表示時に「開発ライセンスが見つかりません~」というメッ
セージが表示される。 ...........................................................................................................................................................................360
12.6 サーバマネージャ..............................................................................................................................................................................361
9
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.6.1 サーバ個別ステータス表示が灰色になっている.........................................................................................................361
12.6.2 サーバの開始/終了ができない .........................................................................................................................................361
12.6.3 サーバ「自動」チェックボックスを有効にして、Windows起動時にSCADALINX各サーバを自動起動した場
合、正常に起動できないことがある。.............................................................................................................................................363
12.7 IOサーバ ................................................................................................................................................................................................364
12.7.1 IO機器との通信できない場合..............................................................................................................................................364
12.7.2 レポートの集計値が不定値になる ....................................................................................................................................364
12.8 アラームサーバ..................................................................................................................................................................................364
12.8.1 ネットワーク共有フォルダにログやCSVファイルが出力されない。......................................................................364
12.9 トレンドサーバ.....................................................................................................................................................................................365
12.9.1 初回起動時など、トレンドログの初期化動作が行われるとき、トレンドログ作成が50%など途中で停止
する場合.....................................................................................................................................................................................................365
12.9.2 レポートデータが異常になる ...............................................................................................................................................365
12.9.3 ネットワーク共有フォルダにログやCSVファイルが出力されない。......................................................................365
12.10 レポート出力サーバ.......................................................................................................................................................................366
12.10.1 定時刻印刷/ファイル出力ができない...........................................................................................................................366
12.10.2 ネットワーク共有プリンタに定時刻印刷した場合、プリンタのプロパティで指定した、用紙サイズなどの
印刷設定が反映されない。 ................................................................................................................................................................366
13 付録B 並列運転手順......................................................................................................................................................................... 367
13.1 はじめに ................................................................................................................................................................................................367
13.2 クライアントPC専有型並列運転 .................................................................................................................................................367
13.2.1 システム構成..............................................................................................................................................................................367
13.2.2 並列運転の概要 .......................................................................................................................................................................367
13.3 クライアントPC共有型並列運転 .................................................................................................................................................368
13.3.1 並列運転の概要 .......................................................................................................................................................................368
13.3.1.1 基本事項...............................................................................................................................................................................368
13.3.1.2 プロジェクトの設定方法 ..................................................................................................................................................368
13.3.1.3 並列運転方法.....................................................................................................................................................................368
13.3.1.4 サーバの切り替え方法(停止時)................................................................................................................................369
13.3.1.5 サーバの切り替え方法(復旧時)................................................................................................................................369
13.3.2 プロジェクトの設定手順 .........................................................................................................................................................370
13.3.3 並列運転の手順 .......................................................................................................................................................................370
13.3.4 バックアップの手順..................................................................................................................................................................371
13.3.5 復旧の手順.................................................................................................................................................................................372
13.3.6 並列運転の注意事項 .............................................................................................................................................................373
14 取扱説明書 ............................................................................................................................................................................................ 374
10
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1 はじめに
1.1 本書について
本書は、SCADALINX HMI パッケージの取扱方法について説明しています。SCADALINX HMI パッケージを
使用できる OS は WindowsXP Professional、Windows Vista です。
1.2 取扱説明書の構成
本書はSCADALINX HMI パッケージの概要(「2システム構成」)、導入法(「3インストール」)、プロジェクト保存
用データベース設定法(「4サーバセットアップ」)、各ビルダソフトウェア(「6システムビルダ」「7グラフィックビル
ダ」「8レポートビルダ」)、ユーティリティソフト(「5プロジェクトコンバータ」「9サーバーマネージャ」)、ランタイム
(「10モニタ画面」)、その他(「11Windows Vistaを使用する場合の注意事項」「12付録A トラブルシューティン
グ」「13付録B 並列運転手順」「14取扱説明書」)について説明を行います。
注 Windows Vistaを使用する場合は、「11Windows Vistaを使用する場合の注意事項」を必ずお読み下さい。
11
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1.3 対応バージョンと確認方法
本書に対応する SCADALINX HMI パッケージのバージョンは 3.xx です。
SCADALINX HMI パッケージのバージョンの確認は、以下のようにサーバマネージャから行います
「スタート」メニュー→「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「サーバマネージャ」を起動すると、下記
の画面が表示されます。画面の右上にバージョン情報が表示されていますので確認してください。
Virsion 確認
1.4 Ver.2.2x 以前をお使いのユーザ様へ
Ver.2.2x以前のSCADALINXで作成したプロジェクトを、Ver.3.00 以降で利用する際には、プロジェクトのコンバ
ートを行う必要があります。コンバートの方法については「5.1SSDLXコンバータ」を参照してください。なお、バ
ージョンについては、「1.3対応バージョンと確認方法」を参照し、サーバパッケージバージョンを確認して下さ
い。
1.5 SFDN をお使いのユーザ様へ
SFDNで作成したプロジェクトを、SCDALINXで利用する際には、プロジェクトのコンバートを行う必要がありま
す。コンバートの方法については「5.2SFDNコンバータ」を参照してください。
12
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1.6 SCADALINX HMI パッケージの特長
1.6.1 特長
SCADALINX HMI パッケージは Microsoft Windows XP Professional、Windows Vista 上で動作する Web 対
応の監視、操作ソフトパッケージです。計器や、グラフィック画面の表示/操作、並びにロガー機能を装備
しています。監視と操作画面が分かりやすく、現場のオペレータの方でも簡単に操作することができます。
下記の特長があります。
Web ブラウザによる遠隔監視
標準計器の操作画面、グラフィック画面などを装備
ロガー機能を標準装備
マウスによる画面操作
分かりやすい監視・操作画面
帳票機能(日報・月報・年報)を標準装備
1.6.2 パッケージの構成
SCADALINX HMI パッケージはを構成するソフトウェアは下表の通りです。
ソフトウェア
システムビルダ
グラフィックビルダ
レポートビルダ
モニタ画面(ランタイム)
サーバセットアップ
サーバマネージャ
SFDN コンバータ
SSDLX コンバータ
説明
SCADALINX各サーバ、システム構成要素と各種タグを設定します。詳細
については「6システムビルダ」を参照してください。
モニタ画面の編集を行い、システムビルダで設定した各種タグと関連付け
ます。これにより、各種タグデータをグラフィック画面にて監視/操作できる
ようになります。詳細については「7グラフィックビルダ」を参照してくださ
い。ただし、画像ファイル作成機能は含まれていません。
レポート(帳票)フォーマットを作成用します。日報・月報・年報ごとに、印
刷/表示/ファイル出力するタグデータの並び順などを定義します。詳細に
ついては「8レポートビルダ」を参照してください。
モニタ画面を表示するための、Internet Explorerプラグインです。各種ビル
ダで設定した画面、タグ情報をモニタリングします。詳細については「10モ
ニタ画面」を参照してください。
SCADALINXプロジェクトを保存するデータベースサーバの初期設定行い
ます。また、新規SCADALINXプロジェクトを編集するための初期化、既存
SCADALINXプロジェクトを再編集するためのリストアを行います。詳細に
ついては「4サーバセットアップ」を参照してください。
SCADALINXのサーバの開始/停止などを管理します。詳細については「9
サーバーマネージャ」を参照してください。
SFDN(Windows版)で作成したプロジェクトをSCADALINXのプロジェクトに
変換します。詳細については「5.2SFDNコンバータ」を参照してください。
旧バージョンのSCADALINXで作成したプロジェクトを最新バージョンの
SCADALINXのプロジェクトに変換します。詳細については「5.1SSDLXコン
バータ」を参照してください。
13
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1.6.3 画面構成
SCADALINX の画面構成は下記のようになります。
画面
最大画面数
役割
オーバービュー画 9
プロジェクト内の各画面への切り替えとアラーム発生状
面
況の表示を行います。
(28 ビュー/画面)
コントロールパネル 240
計器フェースプレートでタグの監視・操作を行います。
画面
(8 タグ/画面)
チューニング画面
1
プロセスタグとアナログ4点警報タグのチューニング用画
(ヒストリカルトレンド 面です。パラメータの設定、調整、結果のリアルタイムト
レンドグラフでの確認、札掛け設定などを行います。
選択可)
アラームサマリ画面 1
アラームサマリ画面では、過去 2000 個分のアラームお
よびメッセージが表示され、アラームの発生状況やメッセ
ージなどを確認することができます。またアラームデータ
の CSV ファイルへの保存も行えます。
トレンド画面
80
トレンド画面では、指定日時以降のデータをヒストリカル
トレンドグラフで表示します。またトレンドデータのファイ
(8 タグ/画面)
ルへの保存も行えます。
システムモニタ画面 16 画面
システムモニタ画面はカード/ステーションの状態監視、
(カード 64 枚/画面) メンテナンスを行います。
レポート画面
2
レポートデータの表示・印刷を行います。操作対象を日
報・月報・年報から、動作を表示・印刷・編集から選択し
実行する、「メイン画面」と、その結果を表示する「プレビ
ュー画面」があります。
グラフィックモニタ
200
フリーフォーマットの監視・操作画面です。
画面
(200 タグ、200 部品 タグの種類:接点信号とアナログ信号
/画面)
グラフィック機能部品:ランプ、アナログ表示、テキスト、
ディジタル SW、グラフバー、イメージなど
背景画:*.bmp,*.jpeg,*.png,*.gif ファイルを背景画として
設定可能、背景画ツールはお客様ご用意
14
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1.7 動作環境
SCADALINX HMI パッケージが正常に動作するために、以下の環境が必要です。
サーバ用パソコン
項目
パソコン
OS
CPU
主メモリ(RAM)
ハードディスク
通信インタフェース
CD ドライブ
ディスプレイ
プリンタ
Web ブラウザ
環境
IBM PC/AT または互換機
デスクトップパソコン
Windows XP Professional SP1 または SP2(日本語版)
Windows Vista Bussiness SP1 32Bit 版(日本語版)
Pentium4 2.4GHz 以上
Windows XP:512MB 以上(1GB 推奨)
Windows Vista:1GB 以上(2GB 推奨)
40GB 以上(ロギング期間等によりさらに必要な場合があります)
LAN通信アダプタ*1 100BASE-Tx
Windows がサポートする CD ドライブがインストール時に1台必要
解像度:1024×768(XGA)以上
Windows 対応で A4 サイズの印刷が可能なもの
Windows XP:Internet Explorer 6
Windows Vista:Internet Explorer 7
クライアントパソコン(一台の SCADALINX サーバに対して4クライアントまで接続可能です)
項目
環境
パソコン
IBM PC/AT または互換機
OS
Windows XP Home SP1 または SP2(日本語版)
Windows XP Professional SP1 または SP2(日本語版)
Windows Vista Bussiness SP1 32Bit 版(日本語版)
CPU
Celeron 1.5GHz 以上もしくは Pentium4 1.0GHz 以上
主メモリ(RAM)
Windows XP:256MB 以上(512MB 推奨)
Windows Vista:1GB 以上(2GB 推奨)
ハードディスク
10GB 以上
通信インタフェース
LAN通信アダプタ*1 100BASE-Tx
CD ドライブ
Windows がサポートする CD ドライブがインストール時に1台必要
ディスプレイ
解像度:1024×768(XGA)以上
プリンタ
Windows 対応で A4 サイズの印刷が可能なもの
Web ブラウザ
Windows XP:Internet Explorer 6
Windows Vista:Internet Explorer 7
*1 USB 接続の LAN 通信アダプタは使用しないでください。
15
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1.8 SCADALINX で利用する通信について
SCADALINX では、通信に以下のプロトコル/通信ポートを利用しています。セキュリティ対策ソフト等により
通信ポート等が閉じられている場合は、SCADALINX が動作しませんので、セキュリティ対策ソフトの設定等に
よりポートを開ける様にして下さい。
SCADALINX サーバ
用途/アプリケーションプロトコル
ブロードキャスト送信用ポート
クライアント接続用ポート
状態応答送信用ポート
要求問い合わせポート
レポート要求受信ポート
種別
UDP
TCP
UDP
TCP
TCP
ポート番号
6123
6127
6128
6129
6130
SCADALINX クライアント
用途/アプリケーションプロトコル
ブロードキャスト受信用ポート
レスポンス受信用ポート
コマンドレスポンス用ポート
要求問い合わせポート番号
種別
UDP
TCP
TCP
TCP
ポート番号
6124
6125
6126
6129
Microsoft SQL Server Desktop Engine(MSDE)
用途/アプリケーションプロトコル
種別
Microsoft SQL Server
UDP/TCP
ポート番号
1433
Internet Information Service(IIS)
用途/アプリケーションプロトコル
World Wide Web HTTP
種別
UDP/TCP
ポート番号
80
Windows ファイル共有機能
用途/アプリケーションプロトコル
NetBIOS 名前サービス
NetBIOS データグラム・サービス
NetBIOS セッション・サービス
ダイレクト・ホスティング SMB サービス
種別
UDP/TCP
UDP
TCP
UDP/TCP
ポート番号
137
138
139
445
16
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2 システム構成
2.1 ハードウェア構成例
クライアント PC がイントラネットを経由して、SCADALINX サーバにアクセスし、サーバに繋がっている L-Bus
機器(MsysNet 機器)、Modbus 機器、PLC とデータのやり取りを行います。
注 L-Bus 機器(MsysNet 機器)の設定はソフトウェア SFEWin(別売)にて行います。
17
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2.2 SCADALINX HMI を構成するサーバとデータ処理フローの概要
SCADALINX HMI を構成するサーバと、各サーバ間のデータ処理フローは下図のようになります。
クライアント
プロジェクト
データ プロジェクト
ベース データベース
サーバ
(MSDE)
Web
サーバ
(IIS)
ブロードキャスト
サービス
構
築
トレンドログ
サーバセットアップ
ビルダソフト
コンバータ
トレンド
レポートログ サーバ
SCADALINX
サーバ
アラーム
ログ
例
サーバマネージャ
にて管理される
サーバ
その他のサーバ
プロセス
データ
トレンド
データ
レポート
データ
アラーム
データ
その他の
データ
アラーム
サーバ
レポート出力
サーバ
レポート
出力
IO
サーバ
管
理
レポート
サーバ
マネージャ
IO機器
各サーバは、1つのサーバ PC として動作し、ネットワークを介してクライアント PC に IO 機器のデータを中継
します。
18
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2.2.1 IO サーバ
主に L-Bus 機器(MsysNet 機器)、Modbus 機器、PLC などの IO 機器との通信を行い、データの入出力処
理を行うサーバです。
IO 機器から入力信号を取り込み、スケーリングなどの処理を行い、プロセスデータを SCADALINX サーバ
に送信します。また SCADALINX サーバから書き込み要求があった場合は、要求値を逆スケーリングし IO
機器に出力信号を書き込ます。
2.2.2 SCADALINX サーバ
主に SCADALINX 用の各サーバ間のデータ同期処理を行うサーバです。
IO サーバから受信したプロセスデータをブロードキャストサービス/トレンドサーバ/アラームサーバに、ア
ラームサーバから受信したアラームデータとトレンドサーバから受信したトレンドデータをブロードキャスト
サービスに送信します。
また、クライアントやアラームサーバからのプロセス値変更要求を受けた場合、IO サーバに変更要求値を
送信し、その結果を再びブロードキャストサービス/トレンドサーバ/アラームサーバに送信します。
2.2.3 ブロードキャストサービス
主にサーバ-クライアント間の入力プロセスデータ、トレンドデータとアラームデータの通信を行うサービス
です。
SCADALINX サーバから受信したプロセス/トレンド/アラームデータをクライアントに主にブロードキャスト
にて送信します。
2.2.4 トレンドサーバ
主にトレンドデータの処理を行うサーバです。
SCADALINX サーバからプロセスデータを受信した場合、トレンドデータの生成とロギングを行い、生成し
たトレンドデータを SCADALINX サーバに送信します。
さらに、生成したトレンドデータを集計処理し、レポートデータの生成とロギングを行い、クライアントからの
要求に応じてレポートデータを送受信します。
2.2.5 アラームサーバ
主にアラームデータの処理を行うサーバです。
SCADALINX サーバからプロセスデータを受信した場合、アラームデータを生成し、ロギングを行い、生成
したアラームデータを SCADALINX サーバに送信します。またアラームデータの発生状況と設定に応じて、
プロセスデータの変更要求を SCADALINX サーバに送信します。
2.2.6 レポート出力サーバ
主にレポートデータの出力処理を行うサーバです。トレンドサーバが生成したレポートデータを、プリンタと
CSV ファイルに出力します。
2.2.7 Web サーバ(IIS)
Web ページ表示用のサーバです。Internet Information Service(IIS)を使用します。
接続したクライアントに対して、Web ページ表示用 html ファイル、クライアント用ランタイム、プロジェクトデ
ータベースサーバ設定ファイルをクライアントに転送します。
2.2.8 プロジェクトデータベースサーバ(MSDE)
SCADALINX プロジェクトを保存するデータベースサーバです。Microsoft SQL Server Desktop Engine
(MSDE)を使用します。
19
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2.3 タグの概要
SCADALINX HMIパッケージで処理される各データは、各種ビルダソフト上で「タグ」として扱われます。タグ種
別には、L-Bus機器(MsysNet機器)、Modbus機器、PLCのデータを示すプロセスタグ、プロセスタグデータを記
録した時系列データを示すトレンドタグ、トレンドタグデータから集計した帳票用データを示すレポートタグ、プ
ロセスタグデータから生成したアラームデータを示すアラームタグがあります。各タグはシステムビルダにて
登録・編集を行います。システムビルダの詳細については「6システムビルダ」を参照してください。
登録可能なタグ数は以下の通りです。
タグ種別
最大タグ数
プロセスタグ
10000
収集周期 10 秒未満 128
トレンドタグ
収集周期 10 秒以上 640
レポートタグ
1000
アナログアラームタグ
10000(4点警報タグは最大5タグ分使用)
デジタルアラームタグ
1000
2.4 タグとモニタ画面
グラフィックビルダで、システムに登録されたタグは、モニタ画面のグラフィック部品に対して割り付けられます。
これにより各タグのデータのモニタリングと変更が可能になります。グラフィックビルダの詳細については「7グ
ラフィックビルダ」を参照してください。
20
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
モニタ画面
(グラフィックビルダ
にて構築)
アナログ表示
IO機器構成登録
(システムビルダ
にて構築)
チューニング
IO機器
タグ登録
L-Bus機器
(Msysnet
機器)
フェースプレート
ディジタルSW
プロセス
タグ
スケルトンバー
バーグラフ
Modbus
機器
ランプ
オーバービュー
アラームサマリ
最新アラーム
アラーム
タグ
PLC
トレンド
タグ
レポート
タグ
状態情報
例
IO機器
システム
構成要素
トレンドグラフ
レポートビルダ
の設定に
基づいて表示
レポートメイン
/ビュー
ステーション
ステーション
カード/ノード
カード
グループ
/レジスタ
グループ
グラフィック
部品
タグ
21
その他の
グラフィック部品
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2.5 システム構築手順
SCADALINX HMI はサーバ・クライアント型の SCADA ソフトです。それぞれのシステム構築方法は以下の通り
です。
2.5.1 サーバーシステムの構築手順
サーバシステム構築手順の概要は下記の通りです。またシステムの構築は管理者権限のあるアカウント
にて行ってください。
1. インストール
IO機器との通信やクライアントとの通信に用いるネットワークカードの設定とSCADALINX HMI サーバ
パッケージが使用するIIS(Internet Information Service)の組み込みを行い、SCADALINX HMIサーバ
パッケージのインストールを行います。また、SCADALINX HMIサーバパッケージを動作させるには、
OSとInternet Explorerのセキュリティ設定を、デフォルトから変更する必要があります。詳細について
は「3インストール」を参照してください。
2. サーバマネージャによるプロジェクト保存データベースの設定
SCADALINX HMIパッケージのインストール後、サーバセットアップにてSCADALINXプロジェクトを保
存するデータベースサーバの初期設定行います。また、新規SCADALINXプロジェクトを編集するため
の初期化、既存SCADALINXプロジェクトを再編集するためのリストアを行います。詳細については「4
サーバセットアップ」を参照してください。
3. コンバータによる最新 SCADALINX プロジェクトへのコンバート
旧バージョンのSCADALINXプロジェクトをリストアした場合や、SFDNプロジェクトを使用する場合、プ
ロジェクトコンバータにより最新SCADALINXプロジェクトへ変換する必要があります。詳細については
「5プロジェクトコンバータ」を参照してください。
4. システムビルダによるシステム定義
システムビルダでSCADALINX各サーバ、システム構成要素と各種タグを設定します。詳細について
は「6システムビルダ」を参照してください。
5. グラフィックビルダでモニタ画面の作成
グラフィックビルダでモニタ画面の作成を行います。モニタ画面にグラフィック部品を載せ、システムビ
ルダで設定した各種タグと関連付けます。これにより、各種タグデータをグラフィック画面にて監視/操
作できるようになります。詳細については「7グラフィックビルダ」を参照してください。
6. レポートビルダで帳票フォーマットの作成
レポートビルダで帳票フォーマットの作成を行います。日報・月報・年報ごとに、印刷/表示/ファイル出
力するタグデータの並び順などを定義します。詳細については「8レポートビルダ」を参照してください。
7. サーバマネージャでサーバ操作
サーバマネージャにてSCADALINXの各サーバを開始します。詳細については「9サーバーマネージャ
」を参照してください。
8. モニタ画面での監視と操作
モニタ画面にてサーバに接続しているIO機器の動作監視と操作をリアルタイムに行います。詳細につ
いては「10モニタ画面」を参照してください。
22
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2.5.2 クライアントシステムの構築手順
クライアントシステム構築手順の概要は下記の通りです。またシステムの構築は管理者権限のあるアカウ
ントにて行ってください。
1. インストール
サーバとの通信に用いるネットワークカードの設定を行い、SCADALINX HMIクライアントパッケージの
インストールを行います。また、SCADALINX HMIクライアントパッケージを動作させるには、OSと
Internet Explorerのセキュリティ設定を、デフォルトから変更する必要があります。詳細については「3
インストール」を参照してください。
2. モニタ画面での監視と操作
サーバで各SCADALINXサーバを開始した後、サーバに接続し、モニタ画面にてサーバに接続してい
るIO機器の動作監視と操作をリアルタイムに行います。詳細については「10モニタ画面」を参照してく
ださい。
23
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3 インストール
インストール CD 中の Readme.txt ファイルにソフトに関する詳細情報が載っていますので、インストール前に必
ず Readme.txt を読んでください。
3.1 ネットワークカードの設定
パソコンまたは、ネットワークカードの取扱説明書に従って、ドライバのインストールを行ってください。
3.1.1 ネットワーク接続のプロパティ
「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット接続」→「ネットワーク接続」(もしくは「コントロール
パネル」→「ネットワーク接続」)を開きます。次に SCADALINX HMI-IO 機器間の通信に利用する接続を
右クリックし「プロパティ」を選択し接続のプロパティ画面を起動します。
3.1.1.1 全般の設定
起動したプロパティ画面の「全般」タブにて、項目一覧の「Microsoft ネットワーク用クライアント」「Microsoft
ネットワーク用ファイルとプリンタ共有」「インターネット プロトコル (TCP/IP)」の3つにチェックが付いてい
ることを確認してください。
24
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.1.1.2 認証の設定
使用するネットワークカードの種類によって、ネットワークのプロパティに、認証タブが表示されます。ご利
用のネットワークで、IEEE802.1X 認証を利用していない場合は、チェックを外して無効にして下さい。
なお、認証タブは、ネットワークカードを有効にしないと、表示されませんので、事前にネットワークカードを
有効にしてから、ネットワークカードのプロパティを表示してください。
チェックを外す
認証タブが表示されないネットワークカードのプロパティについては、この設定は不要です。
3.1.2 インターネット プロトコル (TCP/IP)のプロパティ
プロパティ画面の「全般」タブから、項目一覧の「インターネット プロトコル (TCP/IP)」を選択し、「プロパテ
ィ」ボタンをクリックしインターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティを開きます。
インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティでは下記のように「次の IP アドレスを使う」を選択し、IP アド
レスとサブネットマスクを設定してください。なお、DNS サーバアドレスは、設定しないてください。
設定しないでください。
25
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.2 IIS のインストール
この章の設定内容は、サーバーPC にのみ行って下さい。クライアント PC には設定の必要はありません。
SCADALINX HMI サーバパッケージのインストールには Internet Information Service(以下 IIS)がインストール
されている必要がありますので、SCADALINX HMI サーバパッケージのインストール前に IIS のインストールを
行ってください。詳細については下記の通りです。
1. 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」の「Windows コンポーネントの追加と削除」にて下記の
項目にチェックを入れてください。(下図参照)
□インターネットインフォーメーションサービス(IIS)
26
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.3 SCADALINX HMI ソフトウェアのインストール
SCADALINX HMI パッケージは、サーバパッケージとクライアントパッケージに別れ、サーバパッケージは、ネ
ットワーク上の一台の PC にのみインストールし動作させることができ、クライアントパッケージは、複数の PC
にインストールすることが可能です。
なお、サーバーパッケージは、サーバーPC のみ、クライアントパッケージは、クライアント PC にのみインスト
ールして下さい。
3.3.1 ソフトウェアのインストール
インストールの前に必ず実行中のプログラムは終了しておいて下さい。
SCADALINX HMI パッケージの CD を CD ROM ドライブに入れると、下記の画面が表示されます。
①
②
③
④
項目
①Scadalinx Server
インストールボタン
②Scadalinx Client
インストールボタン
③Adobe Reader
インストールボタン
④Exit
説明
SCADALINX HMI サーバパッケージをインストールします。
「SCADALINX Server」をクリックすると、SCADALINX サーバ・パッケージ
のインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従ってイン
ストールを完了させてください。
SCADALINX HMI クライアントパッケージをインストールします。
「SCADALINX Client」をクリックすると、SCADALINX クライアント・パッケー
ジのインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従ってイ
ンストールを完了させてください。
取扱説明書を読むためのソフトです。パソコンに既にインストールされて
いる場合、本ソフトのインストールは必要ありません。
インストーラの終了ボタンです。本ボタンを押しますと、上記の画面が閉じ
られます。
27
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.3.1.1 SCADALINX サーバパッケージのインストールに関する補足
3.3.1.1.1 Microsoft .Net Framework
SCADALINX HMI サーバパッケージの動作には、Microsoft.NET 1.1 Framework が必要です。パソコン
に.NET Framework がインストールされていなければ、インストーラは自動的にインストールを試みます。下
図のようなダイログボックスが表示されますので、「はい」ボタンを選択し、.NET Framework のインストール
を行ってください。
注 「いいえ」ボタンを選択すると、.NET Framework はインストールされません。そのまま SCADALINX HMI
パッケージのインストールを続行できますが、インストール後 SCADALINX は正常に動作しませんので
注意してください。
3.3.1.1.2 Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE)
SCADALINX HMI サーバパッケージの動作には、Microsoft SQL Server Desktop Engine(以下 MSDE)を利
用します。インストール先の PC に MSDE がない場合、自動的に MSDE がインストールされます。
28
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.3.2 イメージファイル保存用共有フォルダの設定
この章の設定内容は、サーバーPC にのみ行って下さい。クライアント PC には設定の必要はありません。
グラフィック画面の背景や部品で使用するイメージファイルは、共有フォルダに保存する必要があります。
共有フォルダの設定は、SCADALINX用の仮想ディレクトリ(通常はC:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX)の
下の「Image」フォルダに対して行ってください。グラフィック画面の詳細については「7グラフィックビルダ」と
「10モニタ画面」を参照してください。
1. 「Image」フォルダを右クリックし、ポップアップメニューの中から「共有とセキュリティ(H)…」を選択してくだ
さい。
2. 開いたプロパティ画面で「共有」タブを選択し、「ネットワーク上での共有とセキュリティ」の「ネットワーク
上でこのフォルダを共有する(S)」にチェックをし「共有名(H)」に任意の共有名を設定してください。設定
が終わったら「OK」ボタンを選択し、フォルダのプロパティを閉じます。
3. 共有設定されたフォルダは、以下のようなアイコンで表示されます。
29
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.4 セキュリティ設定
この章の設定内容は、サーバーPC、クライアント PC の両方に設定が必要です。
3.4.1 ファイアウォール機能の無効化
WindowsXP SP2 環境では、初期設定でファイアウォール機能が有効になっており、SCADALINX HMI パッ
ケージを使用するは、これを無効にする必要があります。以下の手順で無効に設定して下さい。なお、ファ
イアウォール機能を無効にしますので、ウィルス侵入などに対するセキュリティ対策は別の方法で、お客
様で対応して下さい。以下に WindowsXP SP2 のファイアウォール機能無効化の手順を記述します。
「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→「コントロールパネル」→「Windows ファイアウォール」を選
択し、「Windows ファイアウォール」ダイアログを開きます。
次に「全般」タブを選択し「無効」のラジオボタンを選択して下さい。
変更後は「OK」ボタンを押し、開いたダイアログを閉じれば設定完了です。
また、パソコンに他のファイアウォールソフトがインストールされている場合は、事前にファイアウォールソ
フトの説明書を参照し、設定もしくはアンインストールするなどして無効化しておいて下さい。
30
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.4.2 インターネットエクスプローラのセキュリティ設定
ご利用の環境に合わせて、以下の通り、Web サーバへのセキュリティ設定を行います。
1. Internet Explorer のメニューから「ツール」→「インターネットオプション」を選択し「インターネット オプシ
ョン」ダイアログを開きます。次に「セキュリティ」タブを開きます。
2. 「信頼済みサイト」アイコンをクリックし、「サイト」ボタンを選択し、「信頼済みサイト」ダイアログが開きま
す。
3. 「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」にチェックがあれば外します
4. 「次の Web サイトをゾーンに追加する」に、下記の URL を入力します。
• サーバーPC の場合
http://localhost
• クライアント PC の場合
サーバ PC(Web サーバ)のURLを入力します。
サーバ PC(Web サーバ)のコンピュータ名が、“scadaserver”の場合、次の様に入力します。
http://scadaserver
31
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5. 「追加」ボタンを選択し、「Web サイト」に登録します。
6. 「OK」ボタンを選択し「インターネット オプション」ダイアログに戻ります。
7. スライダを操作し「このゾーンのセキュリティレベル」を「低」に設定します。スライダが表示されていない
場合は、「既定のレベル」ボタンを選択し「低」に設定します。
8. 最後に「OK」ボタンを選択してインターネットオプションを終了します。
32
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5 SCADALINX HMI ソフトウェアのアンインストール
3.5.1 サーバーパソコンのソフトウェアのアンインストール
アンインストールの前に、必ず全ての SCADALINX プログラムや他のプログラムを終了しておいて下さい。
Internet Explorer も終了しておいて下さい。
SCADALINX HMI パッケージソフトウェアの削除は下記の手順に従って行ってください。
再インストールする場合は、下記の手順に従って、ソフトを削除した後、インストール手順に従って、再イン
ストールしてください。
3.5.1.1 サーバパッケージのアンインストール
1. Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE)のアンインストールを行わない場合は、「4.2.2.2削除」に
従って、プロジェクトデータベースを削除してください。(*1)
2. 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」を開き、一覧から「SCADALINX_Server V?」を選択
し「削除」ボタンを選択してください。
3. SCADALINX サーバ・パッケージのアンインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従
ってアンインストールを完了させてください。
4. 下記のフォルダを削除してください。(*1/2)
• インストールフォルダ(通常は「C:\Program Files\m-system\SCADALINX」)
• SCADALINX 用仮想ディレクトリ(通常は「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」)
*1 バージョンアップなどのために一旦アンインストールする場合には、「1.」「4.」の作業を行う必要はありま
せん。
*2 「1.」の作業を行わず、「Microsoft SQL Server Desktop Engine」の削除も行っていない場合なかった場
合、インストールフォルダ下の「user」フォルダは削除できませんので、インストールフォルダ下の「user」
フォルダ以外の、ファイルとフォルダを削除してください。
33
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5.1.2 Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE)のアンインストール
1. 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」を開き、一覧から「Microsoft SQL Server Desktop
Engine」を選択し「削除」ボタンを選択してください。
2. MSDE のアンインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従ってアンインストールを完
了させてください。
注 バージョンアップなどのために一旦アンインストールする場合には、この章の作業を行う必要はありま
せん。
34
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5.1.3 Microsoft .Net Framework のアンインストール
1. 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」を開き、一覧から「Microsoft .Net Framework ~」を
選択し「削除」ボタンを選択してください。
2. Microsoft .Net Framework のアンインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従ってア
ンインストールを完了させてください。
注 バージョンアップなどのために一旦アンインストールする場合には、この章の作業を行う必要はありま
せん。
注 他のプログラムの動作に Microsoft .Net Framework が必要な場合は.Net Framework をアンインストー
ルしないでください。
35
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5.1.4 IIS のアンインストール
1. 「コントロールパネル」の「プログラムの追加と削除」の「Windows コンポーネントの追加と削除」にて下記
の項目のチェックを解除してください。(下図参照)
□インターネットインフォーメーションサービス(IIS)
2. 「次へ」ボタンを選択し、アンインストールを行ってください。
注 バージョンアップなどのために一旦アンインストールする場合には、この章の作業を行う必要はありま
せん。
注 他のプログラムの動作に IIS が必要な場合は IIS をアンインストールしないでください。
36
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3.5.2 クライアントパソコンのソフトウェアのアンインストール
1. 「コントロールパネル」から「プログラムの追加と削除」を開き、一覧から「SCADALINX_Client V?」を選択
し、削除ボタンを選択します。
2. SCADALINX サーバ・パッケージのアンインストール・ウィザードが開始されますので、画面の案内に従
ってアンインストールを完了させてください。
37
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4 サーバセットアップ
サーバセットアップでは SCADALINX プロジェクトを保存するデータベースサーバへの接続情報を設定します。
また設定したデータベースの操作も行います。
4.1 起動方法
Windows の「スタート」メニュー→「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「サーバセットアップ」を選択
します。
4.2 操作方法
サーバマネージャを起動すると、下記の画面が表示されます。
①データベース接続情報設定
②データベース
操作
③インフォメーションバー
項目
説明
① データベース接続情報設 SCADALINXプロジェクトを保存するデータベースへの接続情報を設定し
定
ます。詳細については「4.2.1データベース接続情報設定」を参照してくださ
い。
② データベース操作
SCADALINXプロジェクトを保存するデータベースの操作を行います。詳細
については「4.2.2データベース操作」を参照してください。
③ インフォメーションバー
サーバセットアップの状況情報が表示されます。
注 サーバマネージャは、他のビルダソフト、SCADALINX 各サーバ、モニタ画面が起動していない状態で操作
してください。
38
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.1 データベース接続情報設定
設定項目
サーバ
コンピュータ名
*1*2
データベース
インスタンス*1*2
データベース名
*1*2
設定ファイル
コピー先*1*2
設定値
有効範囲:最大半角 15 文
字。(英数字、記号のみ(「; : "
< > * + = \ | ? ,」と空白文字、
全角文字使用不可))
初期値:(サーバマネージャ
を動作させている PC 名)
有効範囲:最大半角 32 文
字、英数字とハイフン( - )、ア
ンダースコア( _ )、ドット( . )
のみ
初期値:(空白)
有効範囲:最大半角 32 文
字、英数字とハイフン( - )、ア
ンダースコア( _ )、ドット( . )
のみ
初期値:SCADADB
説明
SCADALINX プロジェクトを保存するデータベースサ
ーバ名を指定します。指定がない場合は、サーバ
マネージャを動作させている PC 名を自動取得しま
す。通常の場合、この自動取得した設定を変更す
る必要はありません。
SCADALINX プロジェクトを保存するデータベースサ
ーバにデータベースインスタンスが二つ以上存在す
る場合、使用するデータベースインスタンスを指定
します。通常(一つの)場合、設定する必要がありま
せん。
SCADALINX プロジェクトを保存するデータベース名
を設定します。データベース名は通常の場合、初期
値から変更しないで下さい。データベース名はリス
トとバックアップに関連します。リストア時のデータ
ベース名はバックアップ時のデータベース名と一致
しないと、リストアができませんので、バックアップ
時のデータベース名は忘れないように記録しておい
てください。
有効範囲:最大半角 190 文字 データベース接続情報設定ファイルを保存する、
SCADALINX 用 の 仮 想 デ ィ レ ク ト リ ( 通 常 は
初期値:
「 C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX 」 ) を 指 定 し ま
C:\Inetpub\wwwroot\
す。「参照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参
SCADALINX
照」ダイアログが表示されます。
39
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
接続テスト
説明
各項目の設定が正しく、SQL サーバのデータベースに接続できるか否か
をテストします。接続テストが正常に終了した場合には下記の確認ダイア
ログが表示されます。
接続テストに失敗した場合には下記の確認ダイアログが表示されます。
再度、各設定項目を確認してください。また、「初期化」もしくは「リストア」
作業などにより、SCADALINXプロジェクトデータベースが作成されていな
い場合にも接続テストは失敗します。先に「初期化」もしくは「リストア」作
業を行ってから、再度、接続テストによる設定の確認を行ってください。
「初期化」の詳細については「4.2.2.1初期化」を、「リストア」の詳細につい
ては「4.2.2.3リストア」を参照してください。
更新*1
キャンセル
接続情報設定項目の変更を、設定ファイル「BuiltData.ini」に反映もしくは
生成させます。設定ファイル「BuiltData.ini」は SCADALINX HMI をインスト
ールしたフォルダ(通常は「C:\Program Files\m-system\SCADALINX」)と
「設定ファイルコピー先」にて設定した SCADALINX 用の仮想ディレクトリ
(通常は「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」)に存在します。
設定項目変更を破棄し、サーバセットアップが起動したときもしくは、最後
に「更新」ボタンを選択したときの状態に、設定に戻します。
*1 クライアントPCのランタイムは初回モニタ画面表示時に、ここで設定を行ったデータベース接続情報設
定ファイルをサーバからダウンロードし、SCADALINXプロジェクトを保存したデータベースに接続します。
このダウンロードされた設定ファイルは、サーバ側で更新されても、自動的には更新されません。サー
バセットアップで「データベース接続情報設定」を変更し「更新」した場合は、必ず、クライアントPCのデ
ータベース接続情報設定ファイルを手動で削除し、再度ダウンロードしてください。設定ファイル削除方
法の詳細については「4.2.3クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除」を、クライアントPC
のモニタ画面については「10.1.2クライアント」を参照して下さい。
*2 データベース接続情報設定の各項目を変更した場合には、更新操作を行うまで、データベース操作を
行うことはできません。データベースの詳細については「4.2.2データベース操作」を参照してください。
40
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.2 データベース操作
データベース操作は「データベース接続情報設定」にて設定を行った、データベースに対して行われます。
「データベース接続情報設定」の詳細については「4.2.1データベース接続情報設定」を参照してください。
項目
説明
初 期 化 は 初 期 状 態 の SCADALINX プ ロ ジ ェ ク ト を 作 成 し ま す 。 す で に
SCADALINXプロジェクトが作成されていた場合は、SCADALINXプロジェ
クトを、データベースから一旦削除してから、初期状態のSCADALINXプロ
ジェクトを再作成します。初めてSCADALINXを使う場合やSCADALINXプ
ロジェクトを初めから作り直す場合に利用します。初期化方法の詳細につ
いては「4.2.2.1初期化」を参照してください。
削除*1
削除はSCADALINXプロジェクトを保存するための器であるデータベース
そのものをサーバから削除します。削除方法の詳細については「4.2.2.2削
除」を参照してください。
リストア*1*2
リストアはバックアップしたプロジェクトのリストアを行う機能です。リストア
方法の詳細については「4.2.2.3リストア」を参照してください。
バックアップ*2
バックアップはシステムビルダとグラフィックビルダで登録したプロジェクト
のバックアップ機能です。バックアップ方法の詳細については「4.2.2.4バッ
クアップ」を参照してください。
*1 サーバマネージャにて各サーバが起動されている時は、データベースの初期化、リストア、削除ができ
ません。
*2 SCADALINX システムでは同時に複数プロジェクトの登録ができませんので、プロジェクトのバックアッ
プとリストア機能を用いて、複数のプロジェクトに対応します。
初期化*1
4.2.2.1 初期化
「初期化」ボタンを選択すると、下記の確認ダイアログが表示されます。
「OK」ボタンを選択すると、初期化が行われます。正常に終了すると、下記の確認ダイアログが表示されま
す。
初期化が正常に終了したかどうかの確認には、さらに「接続テスト」を実行してください。「接続テスト」の詳
細については「4.2.1データベース接続情報設定」を参照してください。
41
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.2.2 削除
「削除」ボタンを選択すると、下記の確認ダイアログが表示されます。
「OK」ボタンを選択すると、下記の確認ダイアログが表示されます。
「OK」ボタンを選択すると、データベースの削除が行われます。正常に終了した場合、下記の確認ダイアロ
グが表示されます。
42
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.2.3 リストア
「リストア」ボタンを選択すると、下記の「リストア」ダイアログが表示されます。
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
項目
① リストア元
⑧
説明
リストア元を指定します。
「参照...」ボタンを選択すると下記の「ファイルを開く」ダイアログが表示さ
れます
「ファイルの種類」の指定を、バックアップ時に圧縮した場合には「Backup
Files (*.lzh)」に、圧縮しなかった場合には「Backup Files (Backup.inf)」に切
り替えてください。また旧バージョンでバックアップしていた場合など bak フ
ァイルのみでリストアを行う場合は「Backup DB Files (*.bak)」を選択してく
ださい。
バックアップの詳細については「4.2.2.4バックアップ」を参照してください。
② プ ロ ジ ェ ク ト フ ァ イ ル チェックするとプロジェクトデータベースをリストア対象にします。
(DB)*1
43
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
③ イメージファイル*1
説明
チェックするとイメージファイルをリストア対象にします。「参照...」ボタンを
選択すると下記のフォルダ選択ダイアログが表示されますのでイメージフ
ァイルのリストア先を選択してください。
バックアップされたイメージファイルの詳細については「4.2.2.4バックアップ
」を参照してください。
④ 仮想ディレクトリファイ チ ェ ッ ク す る と SCADALINX 用 の 仮 想 デ ィ レ ク ト リ ( 通 常 は
C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX)ファイルをリストア対象にします。「参
ル*1
照...」ボタンを選択するとフォルダ選択ダイアログが表示されますので仮
想ディレクトリファイルのリストア先を選択してください。バックアップされた
仮想ディレクトリファイルの詳細については「4.2.2.4バックアップ」を参照し
てください。
⑤ プログラム設定ファイ チェックするとプログラム設定ファイルをリストア対象にします。「参照...」ボ
タンを選択するとフォルダ選択ダイアログが表示されますのでプログラム
ル*1
設定ファイルのリストア先を選択してください。バックアップされたプログラ
ム設定ファイルの詳細については「4.2.2.4バックアップ」を参照してくださ
い。
⑥ 画面設定ファイル
チェックすると画面設定ファイルをリストア対象にします。「参照...」ボタンを
選択するとフォルダ選択ダイアログが表示されますので画面設定ファイル
のリストア先を選択してください。バックアップされた画面設定ファイルの
詳細については「4.2.2.4バックアップ」を参照してください。
⑦ 開始
リストアを開始します。正常に終了すると、下記の確認ダイアログが表示
されます。
⑧ 閉じる
リストアを行わずにダイアログを終了します。
*1 「リストア元」に対象ファイルが含まれていない場合には、チェックボックスはグレーアウトし、選択できな
くなります。
44
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.2.4 バックアップ
「バックアップ」ボタンを選択すると、下記の「バックアップ」ダイアログが表示されます。
①
②
③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
項目
説明
① プ ロ ジ ェ ク ト フ ァ イ ル チェックするとプロジェクトデータベースをバックアップ対象にします。
(DB)
② イメージファイル
チ ェ ッ ク す る と イ メ ー ジ フ ァ イ ル フ ォ ル ダ ( 通 常 は
「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX\Image」)に存在する、下記のファイル
ファイルをバックアップ対象にします。
*.bmp*1
*.gif*1
*.jpeg*1
*.jpg*1
*.png*1
③ 仮想ディレクトリファイ チ ェ ッ ク す る と 、 SCADALINX 用 の 仮 想 デ ィ レ ク ト リ ( 通 常 は
ル
「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」)に存在する、下記のファイルファイ
ルをバックアップ対象にします。
AlmHard.wav*2
AlmHigh.wav*2
AlmLow.wav*2
AlmOpe.wav*2
AlmSeq.wav*2
AlmSys.wav*2
SCADACOM.INI
④ プログラム設定ファイ チ ェ ッ ク す る と プ ロ グ ラ ム フ ァ イ ル フ ォ ル ダ ( 通 常 は 「 C:\Program
ル
Files\m-system\SCADALINX」)に存在する、下記のファイルファイルをバ
ックアップ対象にします。
SCADA_AlarmServer.exe.config
SCADA_BCservice.exe.config
SCADA_IOserver.exe.config
SCADA_ReportServer.exe.config
SCADA_svr.exe.config
SCADA_TrendServer.exe.config
45
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
⑤ 画面設定ファイル
説明
チェックすると、トレンド画面、アラームサマリ画面、チューニング画面でUI
か ら 設 定 し た 表 示 状 態 の 保 存 フ ォ ル ダ ( 通 常 は
「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX\SCADAConf」)に存在する、画面表
示状態保存ファイルをバックアップ対象にします。画面表示状態保存ファ
イルについての詳細は「10.13画面表示状態の保存」を参照してください。
⑥ バックアップファイルを チェックするとバックアップするファイルを1つの圧縮ファイル(LZH 形式)
圧縮する
にまとめます。
⑦ バックアップ先
バックアップ先を指定します。「⑤バックアップファイルを圧縮する」にチェ
ックをした場合にはファイルを、チェックしなかった場合にはフォルダを指
定します。を設定します。「参照...」ボタンを選択すると、「名前を付けて保
存」ダイアログが表示されます
⑧ 開始
バックアップを開始します。常に終了すると、下記の確認ダイアログが表
示されます。
⑨ 閉じる
バックアップを行わずにダイアログを終了します。
*1 指定したフォルダのサブディレクトリに存在する指定ファイルもバックアップされます。
*2 アラームブザー機能を利用する場合に存在するファイルです。アラームブザー機能の詳細については
「10.7.2.1アラームブザーの設定」を参照してください。
46
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.2.3 クライアント PC のデータベース環境設定ファイルの削除
サーバセットアップでデータベース接続情報設定の更新を行った後は、設定内容を反映させるため、クライ
アント PC で以下の操作を行って下さい。なお、この操作は、サーバーPC では、必要ありません。
下記のフォルダにあるファイルを削除して下さい。削除する事により、新たなファイルが、サーバーPC から
ダウンロードされ、データベース接続情報設定の更新が、クライアント PC にも反映されます。なお、一度も、
クライアント PC からサーバ PC にアクセスしたことがなく、初めてモニタ画面を表示する場合は、ファイルが
存在しませんので、削除の必要はありません。
削除するファイル:システムフォルダ(通常は「C:\Windows\System32」)内の「BuiltData.ini」ファイル。
47
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4.3 作成したプロジェクトの移行手順
サーバ PC のリプレイスなど、作成したプロジェクトを他の PC に移行させるには、以下の手順に従って行って
ください。
1. プロジェクトのバックアップ
サーバセットアップを用いてプロジェクトのバックアップを行い、保存されたプロジェクトバックアップファイル
を、他のメディアにコピーしてください。プロジェクトのバックアップの詳細については「4.2.2.4バックアップ」
を参照してください。
2. データのバックアップ
下記のデータファイルを、他のメディアにコピーしてください。
データファイル
トレンドログファイル
トレンド
自動 CSV ファイル
トレンド
手動 CSV ファイル
アラームログファイル
アラーム
自動 CSV ファイル
アラーム
手動 CSV ファイル
レポートログファイル
レポートログ
バックアップファイル
レポート CSV ファイル
メモリタグ
最終値保持ファイル
説明
トレンドデータファイルはシステムビルダの「トレンドサーバ」プロパ
ティの「トレンドログ機能」タブにて設定したフォルダに出力されま
す。詳細は「6.3.6.2.1トレンドログ機能」を参照してください。
アラームデータファイルはシステムビルダの「アラームサーバ」プロ
パティにて設定したフォルダに出力されます。詳細は「6.3.7.2アラー
ムサーバの設定」を参照してください。
レポートデータファイルはシステムビルダの「トレンドサーバ」プロパ
ティの「レポートログ機能」タブと、「レポート出力サーバ」プロパティ
にて設定したフォルダに出力されます。詳細は「6.3.6.2.2レポートロ
グ機能」「6.3.8.2レポート出力サーバの設定」を参照してください。
メモリタグの最終値を記録したファイルです。インストールフォルダ
(通常は「C:\Program Files\m-system\SCADALINX」)に存在する
「MEMTAGVAL.DAT」がメモリタグ最終値保持ファイルです。
3. 新しいサーバへの SCADALINX Server パッケージのインストール
「3インストール」を参照して、新しいサーバにSCADALINX Serverパッケージをインストールしてください。
4. プロジェクトのリストア
「4サーバセットアップ」を参照してサーバのセットアップを行い、「2.」で保存したプロジェクトのリストアを行
ってください。
5. プロジェクトの修正
新しいサーバのIPアドレス設定に従って、システムビルダにて各サーバのIPアドレス設定を修正します。ま
た新しいサーバのコンピュータ名に従って、グラフィックビルダにて各グラフィック部品のイメージファイルパ
スを修正します。各サーバのIPアドレスについての詳細は「6.3.9サーバIPアドレス設定の補足」を、各グラ
フィック部品のイメージファイルパスについての詳細は「7.2.8イメージファイル指定方法」を参照してくださ
い。
6. データのリストア
「2.」でバックアップした各データファイルを、バックアップ元と同じフォルダにコピーします。
7. クライアント PC のデータベース環境設定ファイルの削除
クライアントPCではデータベース環境設定ファイルを新しいサーバからダウンロードし直す必要があります。
詳細は「4.2.3クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除」を参照してください。
48
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5 プロジェクトコンバータ
プロジェクトコンバータには、旧バージョンの SCADALINX HMI で作成したプロジェクトを、最新バージョンの
SCADALINX のプロジェクトに変換する「SSDLX コンバータ」と、SFDN で作成したプロジェクトを SCADALINX の
プロジェクトに変換する「SFDN コンバータ」があります。
5.1 SSDLX コンバータ
旧バージョンの SCADALINX HMI で作成したプロジェクトは、SSDLX コンバータを用いて、最新バージョンの
SCADALINX のプロジェクトに変換することができます。
5.1.1 起動方法
Windows スタートメニューの「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「コンバータ」→「SSDLX コンバ
ータ」により行います。
5.1.2 操作方法
あらかじめ「サーバセットアップ」ソフトにて旧バージョンのSCADALINXプロジェクトのリストアを行ってくださ
い(詳細については「4.2.2.3リストア」を参照してください)。リストア後、SCADALINXのメニューより、コンバ
ータを起動してください。
注 SSDLX コンバータは、他のビルダソフト、SCADALINX 各サーバ、モニタ画面が起動していない状態で
操作してください。
データベースコンバータが起動したら。「プロジェクト更新」ボタンをクリックしてください。
現在のプロジェクトデータベースのバージョン
プロジェクト変換中には、データベースコンバータのダイアログに、メッセージ「プロジェクト更新中」が表示
されます。変換が完了したら、「プロジェクト更新完了」というダイアログボックスが表示されます。
49
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
変換後のプロジェクトに関する情報は、データベースコンバータの「現バージョン」にて確認してください。
プロジェクトデータベースのバージョン
以上で変換は完了です。
5.1.3 補足事項
プロジェクトデータベースの更新の必要がないときには、「プロジェクト更新」を選択するとステータスバ
ーに「プロジェクトの更新は必要がありません」というメッセージが表示されます。同時に「プロジェクト更
新」ボタンはグレーアウトし、選択できなくなります。
Ver2.1 で追加されたアラームタグの重要度は以前のバージョンからコンバートした際には「軽」に設定さ
れます。アラームタグについては「6.7アラームタグ」を参照してください。
50
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5.2 SFDN コンバータ
既存の SFDN で作成したプロジェクトは、SFDN コンバータを用いて一部を除き、SCADALINX のプロジェクトに
変換することができます。
5.2.1 起動方法
Windows スタートメニューの「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「コンバータ」→「SFDN コンバ
ータ」により行います。
5.2.2 操作方法
あらかじめ「サーバセットアップ」ソフトにてSCADALINXデータベースの初期化を行ってください。初期化の
詳細については「4.2.2.1初期化」を参照してください。
注 SFDN コンバータは、他のビルダソフト、SCADALINX 各サーバ、モニタ画面が起動していない状態で操
作してください。
SCADALINX データベースの初期後。「開始」ボタンをクリックしてください。
下記の SFD プロジェクトを選択するためのフォルダ参照画面が表示されます。変換を行いたい SFD プロジ
ェクトのバックアップしたフォルダを選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。
51
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロジェクト変換中には、プロジェクトコンバータのダイアログに、メッセージ「新プロジェクト作成中」が表示
されます。変換が完了したら、「処理が終了しました」というダイアログボックスが表示されます。
変 換 後 の プ ロ ジ ェ ク ト に 関 す る 情 報 は 、 SCADALINX イ ン ス ト ー ル 先 ( 標 準 の イ ン ス ト ー ル 先 は 、
C:\Program Files\m-system\SCADALINX)の PrjConvLog.txt ファイルにて確認できます。
52
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5.2.3 SFDN プロジェクトの変換可否
SFDNプロジェクトから SCADALINX プロジェクトへ変換可能な項目は以下の通りです。
SFDN プロジェクト
SCADALINX プロジェクト
変換可能
*1
オーバービューウィンドウ
オーバービュー画面
可
制御グループウィンドウ
コントロールパネル画面
可
トレンドウィンドウ
トレンド画面
可
アラームサマリウィンドウ
アラームサマリ画面
可
グラフィックモニタウィンドウ
グラフィックモニタ画面
不可
システムモニタウィンドウ
システムモニタ画面
可
チューニング
チューニング画面
可
メッセージ登録
メッセージ
可
標準タグ
プロセスタグ*1
可
拡張タグ
プロセスタグ
可
トレンドタグ
トレンドタグ*1
可
レポートタグ
レポートタグ
不可
*1 SFDNプロジェクトからSCADALINXプロジェクトへ変換ができますが、制限があります。詳細については
「5.2.4制限事項」を参照してください。
主にグラフィック画面・帳票機能に関する設定は、変換されません。
5.2.4 制限事項
トレンド保存日数
SFDN プロジェクトの保存期間はグループ毎に設定できていますが、コンバータの変換によって、保
存期間は全グループの最大の日数に統一されます。
トレンドタグ
SFD トレンドで同一のタグ(基本タグもしくは拡張タグ)を複数選択した場合、コンバータの変換によっ
て SCADALINX でのタグ名は下記のようになります。
SFD プロジェクト
SCADALINX プロジェクト
標準・拡張タグ名
同一タグ指定数
タグ名
1
abc
abc
2
abc001
abc
abc
3
abc001
abc002
帳票機能
本バージョンではSFDプロジェクトの帳票機能の対応変換ができません。
オーバービュー
縦に並んで表示されていたオーバービューボタンは、変換後、横に並んで表示されます。また、グラフ
ィック画面へ割り付けられていたオーバービューボタンは変換後、設定が削除されます。
標準タグ
SFD(OS/2 版)で作成したプロジェクトを、SFDN でリストアし使用していた場合、このプロジェクトを変換
すると、標準タグが「プロセスタグ仮登録」に登録されることがあります。
53
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6 システムビルダ
システムビルダはシステム構築用ソフトウェアです。システムビルダにより SCADALINX のシステム構築、IO 機
器、タグデータと画面データの登録を行います。
6.1 起動方法
Windows の「スタート」メニュー→「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「システムビルダ」を選択し
ます。
6.2 編集方法
システムビルダを起動すると、下記の画面が表示されます。
⑤ツールボタン
②リスト表示条件設定部
①ツリー部
③リスト部
④プロパティ設定画面
項目
① ツリー部
② リスト表示条件設定部
③ リスト部
④ プロパティ設定ダイアログ
⑤ ツールボタン
説明
プロジェクトの構成要素が表示されます。ツリー部の詳細については
「6.2.1ツリー部」を参照してください。
リスト部で表示したい項目の条件を設定します。リスト表示条件設定部の
詳細については「6.2.2リスト表示条件設定部」を参照してください。
「①ツリー部」で選択した項目の直下の階層の項目か、「②リスト表示条件
設定部」で設定した条件を満たす項目を表示します。リスト部の詳細につ
いては「6.2.3リスト部」を参照してください。
各サーバやタグを設定します。プロパティ設定ダイアログの詳細について
は「6.2.4プロパティ設定ダイアログ」を参照してください。
他のビルダソフトの起動や、バックアップダイアログの表示、プロジェクト
のアカウント設定のダイアログ表示を行います。
詳細については「6.2.5ツールボタン」を参照してください。
54
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.2.1 ツリー部
プロジェクト、サーバ、ステーション、カード、グループ、タグなどのプロジェクト構成項目が、階層構造で表
示されます。またツリーの各項目のショートカットメニューから新規項目作成と項目プロパティ設定ダイアロ
グの起動が行えます。
55
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
ツリー部に表示されている、プロジェクトの各構成要素を、下表に示します。
項目
*2
*2
説明
エンジニアリングを行っているプロジェクトのルートを表します。
プロジェクトベース
プロジェクトベースの設定の詳細については「6.3.1プロジェクトベース」を
参照してください。
IO サーバフォルダの階層直下には、プロジェクトに登録されている IO サー
IO サーバ
バの一覧が表示されます。
IOサーバは、IOサーバ自身に割り当てられたステーションとの間で通信を
IO サーバ
行い、各IO機器からデータの収集を行います。IOサーバの設定の詳細に
ついては「6.3.2IOサーバ」を参照してください。
ステーションは主にゲートウェイを指します。具体的 にはL-Bus機器
ステーション
(MsysNet機器)の場合の 72LBや、Modbus機器の場合のR5-NE1 などに相
当します。ステーション製品の詳細については各製品の取扱説明書を参
照してください。ステーションの設定の詳細については「6.3.3ステーション」
を参照してください。
カード/ノードはユニットを指しますL-Bus機器(MsysNet機器)の場合ABA
カード/ノード
や 18MAなどのカード番号を持つユニットに相当します。Modbus機器の場
合はR5 シリーズのR5-NE1 などのノード番号を持つユニットに相当します
各カードの詳細については、各製品の製品取扱説明書を参照してくださ
い。カード/ノードの設定の詳細については「6.3.4カード/ノード」を参照して
ください。
グループ/ノードはL-Bus機器(MsysNet機器)の場合カード内部のグルー
グループ/レジスタ
プを指し、Modbus機器の場合入出力チャンネルを指します。グループ/レ
ジスタの設定の詳細については「6.3.5グループ/レジスタ」を参照してくだ
さい。
プロセスタグは IO 機器/内部メモリの1つの IO チャンネル、または L-Bus
プロセスタグ
機器(MsysNet 機器)の場合には1つの計器ブロックを表します。ここに表
示されているプロセスタグは「IO サーバ」「ステーション」「カード/ノード」
「グループ/レジスタ」で表されるロケーションに割り当てられています。
プロセスタグの設定の詳細については「6.4プロセスタグ」を参照してくださ
い。
プロセスタグの下のトレンドタグフォルダ階層直下には、上記のプロセスタ
トレンドタグ
グに関連付けられたトレンドタグの一覧が表示されます。
*1
トレンドタグは指定したプロセスタグデータを長時間にわたって収集するた
トレンドタグ
めの定義です。トレンドタグの設定の詳細については「6.5トレンドタグ」を
参照してください。
レポートタグは指定したトレンドタグデータに基づいて日報・月報・年報の
レポートタグ*1
集計を行うための定義です。レポートタグの設定の詳細については「6.6レ
ポートタグ」を参照してください。
プロセスタグの下のアナログアラームフォルダ階層直下には、上記のプロ
アナログアラーム
セスタグに関連付けられたアナログアラームタグの一覧が表示されます。
アナログアラームタグ アナログアラームタグは指定したプロセスタグのアナログデータを元に、
警報を発生させるための定義です。アナログアラームタグの設定の詳細
については「6.7.2アナログアラーム」を参照してください。
プロセスタグの下のデジタルアラーム階層直下には、上記のプロセスタグ
デジタルアラーム
に関連付けられたデジタルアラームタグの一覧が表示されます。
デジタルアラームタグは指定したプロセスタグのデジタルデータを元に、
デジタルアラームタグ
警報を発生させるための定義です。デジタルアラームタグの設定の詳細
については「6.7.3デジタルアラーム」を参照してください。
トレンドサーバフォルダの階層直下には、プロジェクトに登録されているト
トレンドサーバ
レンドサーバの一覧が表示されます。
56
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
*2
*2
*2
説明
トレンドサーバはトレンドサーバ自身に割り当てられた、トレンドタグの設
トレンドサーバ
定に基づいて、プロセスタグからデータを収集しファイルに保存します。ま
たレポートタグの設定に基づいて、日報・月報・年報の集計を行います。
*1
トレンドタグは指定したプロセスタグデータを長時間にわたって収集するた
トレンドタグ
めの定義です。トレンドタグの設定の詳細については「6.5トレンドタグ」を
参照してください。
レポートタグは指定したトレンドタグデータを元に日報・月報・年報の集計
レポートタグ*1
を行うための定義です。レポートタグの設定の詳細については「6.6レポー
トタグ」を参照してください。
アラームサーバフォルダの階層直下には、プロジェクトに登録されている
アラームサーバ
アラームサーバの一覧が表示されます。
アラームサーバはアラームサーバ自身に割り当てられた、アラームタグの
アラームサーバ
設定に基づいて、プロセスタグからデータを収集し警報を発生させます。
アラームサーバの下のアナログアラームフォルダ階層直下には、上記の
アナログアラーム
アラームサーバに関連付けられたアナログアラームタグの一覧が表示さ
れます。
アナログアラームタグは指定したプロセスタグのアナログデータを元に、
アナログアラームタグ
警報を発生させるための定義です。アナログアラームタグの設定の詳細
については「6.7.2アナログアラーム」を参照してください。
アラームサーバの下のデジタルアラーム階層直下には、上記のアラーム
デジタルアラーム
サーバに関連付けられたデジタルアラームタグの一覧が表示されます。
デジタルアラームタグ デジタルアラームタグは指定したプロセスタグのデジタルデータを元に、
警報を発生させるための定義です。デジタルアラームタグの設定の詳細
については「6.7.3デジタルアラーム」を参照してください。
レポート出力サーバフォルダの階層直下には、プロジェクトに登録されて
レポート出力サーバ
いるレポート出力サーバの一覧が表示されます。
レポート出力サーバはレポートビルダで作成したレポートフォーマットに基
レポート出力サーバ
づいて、定時刻レポート印刷・定時刻レポートファイル出力を行います。
メモリタグフォルダの階層直下には、MTA/MTD プロセスタグの一覧が表
メモリタグ
示されます。
プロセスタグは IO 機器/内部メモリの1つの IO チャンネル、または L-Bus
プロセスタグ
機器(MsysNet 機器)の場合には1つの計器ブロックを表します。ここに表
示されているプロセスタグは IO 機器に依存しない MTA/MTD プロセスタグ
です。
プロセスタグの設定の詳細については「6.4プロセスタグ」を参照してくださ
い。
プロセスタグの下のトレンドタグフォルダ階層直下には、上記のプロセスタ
トレンドタグ
グに関連付けられたトレンドタグの一覧が表示されます。
トレンドタグは指定したプロセスタグデータを長時間にわたって収集するた
トレンドタグ*1
めの定義です。トレンドタグの設定の詳細については「6.5トレンドタグ」を
参照してください。
レポートタグは指定したトレンドタグデータを元に日報・月報・年報の集計
レポートタグ*1
を行うための定義です。レポートタグの設定の詳細については「6.6レポー
トタグ」を参照してください。
プロセスタグの下のアナログアラームフォルダ階層直下には、上記のプロ
アナログアラーム
セスタグに関連付けられたアナログアラームタグの一覧が表示されます。
アナログアラームタグは指定したプロセスタグのアナログデータを元に、
アナログアラームタグ
警報を発生させるための定義です。アナログアラームタグの設定の詳細
については「6.7.2アナログアラーム」を参照してください。
プロセスタグの下のデジタルアラーム階層直下には、上記のプロセスタグ
デジタルアラームタグ
に関連付けられたデジタルアラームタグの一覧が表示されます。
57
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
説明
デジタルアラームタグは指定したプロセスタグのデジタルデータを元に、
デジタルアラームタグ
*2
警報を発生させるための定義です。デジタルアラームタグの設定の詳細
については「6.7.3デジタルアラーム」を参照してください。
プロセスタグ仮登録フォルダの階層直下には、ロケーションが割り当てら
プロセスタグ仮登録
れていないプロセスタグの一覧が表示されます。
プロセスタグは IO 機器/内部メモリの1つの IO チャンネル、または L-Bus
プロセスタグ
機器(MsysNet 機器)の場合には1つの計器ブロックを表します。ここに表
示されているプロセスタグはロケーションが割り当てられていません。
プロセスタグの設定の詳細については「6.4プロセスタグ」を参照してくださ
い。
プロセスタグの下のトレンドタグフォルダ階層直下には、上記のプロセスタ
トレンドタグ
グに関連付けられたトレンドタグの一覧が表示されます。
*1
トレンドタグは指定したプロセスタグデータを長時間にわたって収集するた
トレンドタグ
めの定義です。トレンドタグの設定の詳細については「6.5トレンドタグ」を
参照してください。
レポートタグは指定したトレンドタグデータを元に日報・月報・年報の集計
レポートタグ*1
を行うための定義です。レポートタグの設定の詳細については「6.6レポー
トタグ」を参照してください。
プロセスタグの下のアナログアラームフォルダ階層直下には、上記のプロ
アナログアラーム
セスタグに関連付けられたアナログアラームタグの一覧が表示されます。
アナログアラームタグは指定したプロセスタグのアナログデータを元に、
アナログアラームタグ
*2
警報を発生させるための定義です。アナログアラームタグの設定の詳細
については「6.7.2アナログアラーム」を参照してください。
プロセスタグの下のデジタルアラーム階層直下には、上記のプロセスタグ
デジタルアラームタグ
に関連付けられたデジタルアラームタグの一覧が表示されます。
デジタルアラームタグ デジタルアラームタグは指定したプロセスタグのデジタルデータを元に、
*2
警報を発生させるための定義です。デジタルアラームタグの設定の詳細
については「6.7.3デジタルアラーム」を参照してください。
メッセージフォルダの階層直下には、プロジェクトに登録されているメッセ
メッセージ
ージの一覧が表示されます。
メッセージはアラーム発生時に、ユーザに通知するための文字列です。メ
メッセージ
ッセージの詳細については「6.10メッセージ」を参照してください。
*1 トレンドタグとレポートタグはプロセスタグの階層下と、トレンドサーバの階層下の二カ所に同時に表示
されます。
*2 アナログアラームタグとデジタルアラームタグはプロセスタグの階層下と、アラームサーバの階層下の
二カ所に同時に表示されます。
58
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.2.2 リスト表示条件設定部
②
①
⑤
②
③
④
項目
① ツリーに連動
② タブ切替
③ 絞込条件
④ リスト部
⑤ リンクボタン
説明
チェックされている場合、Windows のファイルエクスプローラのようにツリー
部で選択されている項目に応じて、該当項目の一層下の項目一覧がリス
ト部に自動的に表示されます。「ツリーに連動」がチェックされていない場
合、ツリー部での選択がその項目の一覧に対して絞込条件として動作す
るようになります。「②タブ切替」にて一覧種別のコンボボックスを操作す
ると、「ツリーに連動」のチェックが自動的に外されます。
絞込条件やリスト部に表示する内容を固定したい場合に選択します。コン
ボボックスによるタブ切替の一覧種別詳細については下図の通りです。
「有効」ボタンを押すと、「絞込」条件を満たす項目がリスト部に表示されま
す。検索文字に’_’(アンダーバー)がある場合、検索できませんので、ご
注意ください。「タブ切替」内容ごとに設定条件が変わります。場合によっ
ては、設定の必要がないものもありますので、可変画面になります。リスト
部で表示する項目は、「絞込」条件と「タブ切替」の設定条件を満たすツリ
ー部で選択した項目以下のものになります。従って、「絞込」条件と「タブ
切替」項目とツリー部の項目の三部分がリスト部で表示する項目の必要
条件となります。
「6.2.3リスト部」を参照してください
「①ツリーに連動」が選択されていない場合、「リングボタン」が選択できる
ようになります。リスト部で表示している項目を選択し、リンクボタンを押す
と、ツリー部で対応項目も選択されます。本項目の構成が分かりやすくな
ります。
59
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.2.3 リスト部
①
②
⑥
⑤
60
④
③
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
① リスト
② ヘッダ
③ 設定ボタン
④ 追加ボタン
⑤ 削除ボタン
説明
「6.2.1ツリー部」で選択したノードの階層下にあり、かつ「6.2.2リスト表示条
件設定部」の絞り込み条件に合致した、タグ/サーバーなどのプロジェクト
構成項目の一覧が表示されます。また項目をダブルクリックすると、フォ
ルダ項目以外では、プロパティ設定ダイアログが表示されます。フォルダ
項目の場合にはダブルクリックしたフォルダのリスト表示に切り替わりま
す。プロパティ設定ダイアログの詳細については「6.2.4プロパティ設定ダイ
アログ」を参照してください。
リストビューの列タイトルです。項目は「①リスト」で表示されているプロジ
ェクト構成項目により変わります。またヘッダ部をクリックすることにより項
目のソートが行えます。
設定ボタンをクリックすると、「①リスト」で選択されているプロジェクト構成
項目のプロパティ設定ダイアログが表示されます。プロパティ設定ダイア
ログの詳細については「6.2.4プロパティ設定ダイアログ」を参照してくださ
い。
追加ボタンをクリックすると、「①リスト」で表示されているプロジェクト構成
項目と同じ種類の項目を新規に追加します。プロパティ設定ダイアログが
表示され設定が可能になります。プロパティ設定ダイアログの詳細につい
ては「6.2.4プロパティ設定ダイアログ」を参照してください。
削除ボタンをクリックすると、「①リスト」で選択されているプロジェクト構成
項目を削除します。
下記の確認ダイアログが表示され「OK」を選択すると、削除が実行されま
す。
ただし、削除項目に依存するタグが既に設定されている場合には、下記
のようなダイアログが表示され、削除は実行されません。
⑥ 転送ボタン*1*2*3*4
グラフィックビルダで編集中のグラフィック部品のプロパティ項目が「~タ
グ名」である、またはレポートビルダでページのレポートタグセルを選択し
ている場合、「①リスト」で選択しているタグの種別がビルダのプロパティ
項目と一致していれば、選択しているタグの名称をビルダのプロパティ項
目に入力します。
グラフィックビルダの詳細については「7グラフィックビルダ」を参照してくだ
さい。レポートビルダの詳細については「8レポートビルダ」を参照してくだ
さい。
*1 グラフィック/レポートビルダのプロパティ項目と「①リスト」で選択されているタグ種別が異なる場合は、
ボタンは無効状態になります。
*2 グラフィック/レポートビルダが起動されていないときには、このボタンは表示されません。
*3 グラフィック/レポートビルダ起動後にシステムビルダでタグを新規追加、またはタグ名を変更した場合
には、グラフィック/レポートビルダにて「DB 再読込」を実行するまで、転送時に警告が表示されたり、表
示状態が正確に反映されない場合があります。
*4 トレンド部品のトレンドタグ項目には、トレンド部品の「収集周期」プロパティに設定された設定値と同じ
収集周期のトレンドタグしか転送されません。
61
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.2.4 プロパティ設定ダイアログ
システムビルダで下記の操作を行うと、プロパティ設定ダイアログが表示されます。
ツリー部の編集可能な項目のショートカットメニューにて「プロパティ」を選択する。
ツリー部の項目のショートカットメニューにて「新規**作成」(**:追加項目)を選択する。
リスト部の編集可能な項目をダブルクリックする。
リスト部の編集可能な項目を選択し「設定」ボタンをクリックする。
リスト部の「追加」ボタンをクリックする。
システムビルダのプロパティ設定ダイアログでは主にサーバとタグを設定します。サーバは SCADALINX
サーバ、IO サーバ、トレンドサーバ、レポート出力サーバ、アラームサーバの5種類があります。タグはプ
ロセスタグ、トレンドタグ、レポートタグ、アラームタグ(アナログアラーム、デジタルアラーム)の4種類があ
ります。
そのほかにはステーション、カード/ノード、グループ/レジスタ、メッセージがあり、設定を行います。
下図にプロパティ設定ダイアログの例を示します。
62
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ設定項目については、それぞれ「6.3サーバ/IO機器の設定」~「6.10メッセージ」を参照してくださ
い。
各プロパティ設定ダイアログに共通の下部のボタンについては下表を参照してください。
設定項目
クリア
編集中止
削除
説明
各設定項目を、新規追加時と同じ初期値に戻します。
プロジェクトデータベースから各設定項目を読み直し、編集開始前の状態
に戻します。プロパティ設定ダイアログを開いてからの編集はすべて破棄
されます。
プロパティ設定ダイアログで編集対象としているサーバ/タグをプロジェク
トデータベースから削除します。下記の確認ダイアログが表示され「OK」を
選択すると、削除が実行されます。
ただし、削除項目に依存するタグが既に設定されている場合には、下記
のようなダイアログが表示され、削除は実行されません。
新規追加
新規の項目として、プロパティ設定ダイアログで編集対象としているサー
バ/タグを、プロジェクトデータベースに追加します。
ただし、同一サーバ/タグ種別で、名称などの重複が許可されていないも
のが既に登録されている場合には、下記のようなダイアログが表示され
新規追加は行われません。
更新
プロパティ設定ダイアログで設定変更した値を、プロジェクトデータベース
に保存します。
プロパティ設定ダイアログを閉じます。プロパティ設定ダイアログを開いて
からの編集はすべて破棄されます。
閉じる
63
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.2.5 ツールボタン
システムビルダの左上に「グラフィックビルダ起動」、「レポートビルダ起動」、「バックアップ」、「アカウント設
定」の4つのボタンがあります。それぞれの詳細については下記の通りです。
項目
グラフィックビルダ起動
レポートビルダ起動
バックアップ
アカウント設定
説明
「グラフィックビルダ起動」ボタンを押すと、グラフィックビルダが起動しま
す。グラフィックビルダの詳細については「7グラフィックビルダ」を参照して
ください。
「レポートビルダの起動」ボタンを押すと、レポートビルダが起動します。レ
ポートビルダの詳細については「8レポートビルダ」を参照してください。
「バックアップ」ボタンを押すと、バックアップダイアログが表示されます。
バックアップダイアログについての詳細については「4.2.2.4バックアップ」を
参照してください。
「アカウント設定」ボタンを押すと、下記のダイアログが表示され、パスワ
ードの設定ができます。
①
②
① 操作ボタン用パスワード
システムモニタ画面で操作ボタンにアクセスする為のパスワードです。詳
細については「10.10.4操作ボタン」を参照してください。
② レポート編集用パスワード
レポートメイン画面で「ログオン」する為のパスワードです。詳細について
は「10.11.1レポートメイン」を参照してください。
それぞれのパスワードを入力後、「OK」ボタンを選択しダイアログを終了さ
せると、パスワードがプロジェクトデータベースに保存されます。「キャンセ
ル」ボタンを選択しダイアログを終了させた場合には、パスワード設定の
変更はプロジェクトデータベースには反映されません。
64
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3 サーバ/IO 機器の設定
SCADALINX のサーバを動作させるために、各サーバのIPアドレスなどを設定します。それぞれのサーバの
役割については「2.2SCADALINX HMIを構成するサーバとデータ処理フローの概要」を参照してください。
6.3.1 プロジェクトベース
ツリー部のトップ項目プロジェクトベース(初期値は「SCADALINX」)のショートカットメニューで「プロパティ」
を選択すると、プロパティ設定ダイアログが表示されます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行っ
たあと、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
6.3.1.1 プロジェクトベースの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
65
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
プロジェクト名
設定値
説明
有効範囲:最大半角 32 文 プロジェクト名を設定します。
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:SCADALINX
IPアドレス*1
有効範囲:
SCADALINX サーバが動作する PC の IP アドレスを
指定します。
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
収集周期
1秒(初期値)
プロジェクトに登録される全てのプロセスタグ値の
データ収集周期を設定します。プロセスタグの詳細
2秒
については「6.4プロセスタグ」を参照してください。
5秒
10秒
コメント
有効範囲:最大半角 128 文字 プロジェクトベースのコメントを設定します。
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
66
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.2 IO サーバ
6.3.2.1 IO サーバの追加
ツリー部の「IO サーバ」のショートカットメニューで「新規 IO サーバ作成」を選択すると、プロパティ設定ダイ
アログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済み
IO サーバのプロパティを変更したい場合は、IO サーバ名のショートカットメニューで「プロパティ」を選択し
プロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行ったあと、「更新」ボタン
で変更内容を登録して下さい。
6.3.2.2 IO サーバの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
67
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
IO サーバ名
IPアドレス*1
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
説明
IO サーバ名を設定します。
IO サーバが動作する PC の IP アドレスを指定しま
す。(SCADALINX サーバーが IO サーバーを識別す
る為の IP アドレスです。ここでは SCADALINX サー
バと同じ IP アドレスを指定して下さい。)
バス
有効範囲:
IO 機器バスを接続する PC のネットワークカードの
IP アドレスを指定します。(IO サーバが、IO 機器と
IPアドレス*1
0.0.0.0~255.255.255.255
通信する際に利用する IO サーバ PC 内のネットワ
初期値:0.0.0.0
ークカードの IP アドレスを指定します。)
IOサーバーが接続するIO機器のプロトコルを設定
プロトコル*2
L-Bus(初期値)
します。詳細については「6.11IO機器の設定の補足
ModbusTCP
」を参照してください。
MELSEC-Q
コメント
有効範囲:最大半角 32 文字 IO サーバのコメントを設定します。
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
*2 IO サーバはプロトコル毎に1つだけ作成してください。
68
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.3 ステーション
6.3.3.1 ステーションの追加
ツリー部の IO サーバ名のショートカットメニューで「新規ステーション作成」を選択すると、プロパティ設定ダ
イアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済み
ステーションのプロパティを変更したい場合は、ステーションのショートカットメニューで「プロパティ」を選択
しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行ったあと、「更新」ボタ
ンで変更内容を登録して下さい。
6.3.3.2 ステーションの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
69
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
IO サーバ名
ステーション
番号
IPアドレス*1
通信カード名
上位バージョン
*2
下位バージョン
*2
設定値
有効範囲:登録済み IO サー
バ名。
初期値:作成元 IO サーバ
名。
有効範囲:所属 IO サーバに
て設定した「プロトコル」でサ
ポートするステーション番号。
初期値:(空白)
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
説明
設定する「ステーション」が属する IO サーバを指定
します。
設定する「ステーション」のステーション番号を指定
します。詳細については「6.11IO機器の設定の補足
」を参照してください。
設定する「ステーション」のIPアドレスを指定します。
IOサーバを動作させるパソコンから、アクセス可能
なIPアドレスを指定する必要があります。詳細につ
いては「6.11IO機器の設定の補足」を参照してくださ
い。
有効範囲:所属 IO サーバに 設定する「ステーション」の通信カード名を指定しま
て設定した「プロトコル」でサ す。詳細については「6.11IO機器の設定の補足」を
ポートする通信カード。
参照してください。
有効範囲:0~9999999999
(省略可)
初期値:0
有効範囲:0~9999999999
(省略可)
初期値:0
(その他)
設定する「ステーション」のバージョンの上位数字を
指定します。
例:Ver. 1.02 の場合 1 を指定します。
設定する「ステーション」の下位数字を指定します。
例:Ver 1.02 の場合 02 を指定します。
設定する「ステーション」のその他のパラメータを指
定します。詳細については「6.11IO機器の設定の補
足」を参照してください。
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
*2 ここで設定されたバージョンはグラフィック部品「ステーション」にて表示されます。「ステーション」の詳細
については「7.2.6.21ステーション」及び「10.10.1ステーション」を参照してください。
70
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.4 カード/ノード
6.3.4.1 カード/ノードの追加
ツリー部のステーションのショートカットメニューで「新規カード作成」を選択すると、プロパティ設定ダイアロ
グが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済みカード
/ノードのプロパティを変更したい場合は、カード/ノードのショートカットメニューで「プロパティ」を選択しプ
ロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行ったあと、「更新」ボタンで
変更内容を登録して下さい。
6.3.4.2 カード/ノードの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
71
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
IO サーバ名
設定値
説明
有効範囲:登録済み IO サー 設定する「カード/ノード」が属する IO サーバを指
バ名。
定します。
初期値:作成元 IO サーバ
名。
ステーション
有効範囲;登録済みステーシ 設定する「カード/ノード」が属するステーションの
ョン番号。
番号を指定します。
番号
初期値:作成元ステーション
番号。
カード
有効範囲:所属 IO サーバに 設定する「カード/ノード」のカード/ノード番号を指
て設定した「プロトコル」でサ 定します。詳細については「6.11IO機器の設定の補
/ノード番号
ポートするカード/ノード番 足」を参照してください。
号。
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:所属 IO サーバに 設定する「カード/ノード」のDCS、I/Oカード名を指
て設定した「プロトコル」でサ 定します。詳細については「6.11IO機器の設定の補
カード名
ポートする DCS,I/O カード。
足」を参照してください。
上位
有効範囲:0~9999999999
設定する「カード/ノード」のバージョンの上位数字
を指定します。
バージョン*1
(省略可)
初期値:0
例:Ver. 1.02 の場合 1 を指定します。
下位
有効範囲:0~9999999999
設定する「カード/ノード」のバージョンの下位数字
を指定します。
バージョン*1
(省略可)
初期値:0
例:Ver. 1.02 の場合 02 を指定します。
*1 ここで設定されたバージョンはグラフィック部品「カード」にて表示されます。「カード」の詳細については
「7.2.6.22カード」及び「10.10.2カード」を参照してください。
72
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.5 グループ/レジスタ
6.3.5.1 グループ/レジスタの追加
ツリー部のカード/ノードのショートカットメニューで「新規グループ作成」を選択すると、プロパティ設定ダイ
アログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済みグ
ループ/レジスタのプロパティを変更したい場合は、グループ/レジスタのショートカットメニューで「プロパテ
ィ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行ったあと、
「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
73
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.5.2 グループ/レジスタの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
設定項目
IO サーバ名
ステーション
番号
カード
/ノード番号
グループ
/レジスタ番号
製品名
上位
バージョン*1
下位
バージョン*1
設定値
有効範囲:登録済み IO サー
バ名。
初期値:作成元 IO サーバ
名。
有効範囲;登録済みステーシ
ョン番号。
初期値:作成元ステーション
番号。
有効範囲;登録済みカード/
ノード番号。
初期値:作成元カード/ノー
ド番号。
有効範囲:所属 IO サーバに
て設定した「プロトコル」でサ
ポートするグループ/レジス
タ番号。
初期値:(空白)
有効範囲:所属 IO サーバに
て設定した「プロトコル」でサ
ポートする製品。
有効範囲:0~9999999999
(省略可)
初期値:0
有効範囲:0~9999999999
(省略可)
初期値:0
74
説明
設定する「グループ/レジスタ」が属する IO サーバ
を指定します。
設定する「グループ/レジスタ」が属するステーショ
ンの番号を指定します。
設定する「グループ/レジスタ」が属するカード/ノ
ードの番号を指定します。
設定する「グループ/レジスタ」のグループ/レジ
スタ番号を指定します。詳細については「6.11IO機
器の設定の補足」を参照してください。
設定する「グループ/レジスタ」の製品名を指定し
ます。詳細については「6.11IO機器の設定の補足」
を参照してください。
設定する「グループ/レジスタ」のバージョンの上位
数字を指定します。
例:Ver. 1.02 の場合 1 を指定します。
設定する「グループ/レジスタ」のバージョンの下位
数字を指定します。
例:Ver. 1.02 の場合 02 を指定します。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
IO データタイプ
設定値
ビット(初期値)
説明
対応する IO データタイプを指定します。設定する
「グループ/レジスタ」が属する IO サーバの「プロト
コル」が「L-Bus」の場合、表示されませんので、設
定する必要はありません。
*2
2バイト整数(符号付き)
レジスタのデータタイプは、「ビット」を選択した場合
デジタルに、その他を選択した場合にはアナログと
なります。
2バイト整数(符号なし)
「4バイト整数1」はレジスタ番号1が上位2バイト、
レジスタ番号2が下位2バイトの場合、「4バイト整
数2」はレジスタ番号1が下位2バイト、レジスタ番
号2が上位2バイトの場合、設定します。
4バイト整数1(符号付き)
4バイト整数2(符号付き)
例1)
レジスタ番号1:FFFF(16 進数)
レジスタ番号2:0000(16 進数)
の時
4バイト整数1(符号無し)は FFFF0000(16 進数)
4バイト整数2(符号無し)は 0000FFFF(16 進数)
4バイト整数1(符号なし)
4バイト整数2(符号なし)
「8桁BCD1」はレジスタ番号1が上位4桁、レジス
タ番号2が下位4桁の場合、「8桁BCD2」はレジス
タ番号1が下位4桁、レジスタ番号2が上位4桁の
場合、設定します。
4バイト実数
8桁BCD1(符号なし)
例2)
レジスタ番号1:1234
レジスタ番号2:5678
の時
8桁BCD1(符号無し)は 12345678
8桁BCD2(符号無し)は 56781234
8桁BCD2(符号なし)
*1 ここで設定されたバージョンは標準部品「グループ」にて表示されます。「グループ」の詳細については
「7.2.6.23グループ」及び「10.10.3グループ」を参照してください。
*2 「グループ/レジスタ番号」で設定した、グループ/レジスタに合致しない IO データタイプを、選択しな
いでください。
75
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6 トレンドサーバ
6.3.6.1 トレンドサーバの追加
ツリー部の「トレンドサーバ」のショートカットメニューで「新規トレンドサーバ作成」を選択すると、プロパティ
設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登
録済みトレンドサーバのプロパティを変更したい場合は、トレンドサーバ名のショートカットメニューで「プロ
パティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行ったあ
と、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
6.3.6.2 トレンドサーバの設定
6.3.6.2.1 トレンドログ機能
トレンドログ機能の各設定項目については、次表を参照してください。
76
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
トレンド
サーバ名
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
*1
IPアドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
タグ最大数
32(初期値)
(10秒未満)
64
*2*3
96
128
保存日数*2*3 有効範囲:2~366
初期値:2
タグ最大数
32(初期値)
(10秒以上)
64
*2*3
96
……
608
640
保 存 日 数 有効範囲:2~366
*2*3
初期値:2
トレンドログフォ 有効範囲:最大半角 190 文字
ルダ*3*4
初期値:(空白)
CSV出力
フォルダ
CSV 出力
時刻*5
欠測 CSV 表現
説明
トレンドサーバ名を設定します。
トレンドサーバが動作する PC の IP アドレスを指定
します。
サンプル周期が 10 秒未満のトレンドタグの最大数
を設定します。
サンプル周期が 10 秒未満のトレンドタグデータを保
存する日数を設定します。
サンプル周期が 10 秒以上の場合のトレンドタグの
最大数を設定します。
サンプル周期が 10 秒以上のトレンドタグデータを保
存する日数を設定します。
トレンドログを保存するフォルダを設定します。「参
照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダイア
ログが表示されます。トレンドサーバ実行時に、設
定したフォルダの下位に「(プロジェクト名)\Data」フ
ォルダが作成され、その中にログファイルが生成さ
れます。フォルダを指定しない場合はインストール
フォルダに、上記のフォルダとログが作成されま
す。また、トレンドログフォルダは、ローカルドライブ
を指定し、ネットワークドライブのフォルダを、指定し
ないで下さい。
有効範囲:最大半角 190 文字 トレンドデータ CSV ファイルの出力先フォルダを設
定します。「参照...」ボタンを選択すると、「フォルダ
初期値:(空白)
の参照」ダイアログが表示されます。フォルダを指
定しない場合は「トレンドログフォルダ」に、ファイル
は出力されます。また、CSV 出力フォルダは、ロー
カルドライブを指定し、ネットワークドライブのフォル
ダを、指定しないで下さい。
有効範囲:0~23
CSV ファイルの出力時刻を設定します。毎日、設定
した時刻に CSV ファイルの出力を行います。空白
初期値:(空白)
の場合、CSV ファイルの出力は行われません。時
刻を設定すると、データが無くてもファイル(4つ)
が、出力されます。CSV ファイル出力が不要な場合
は、何も設定しないで下さい。
有効範囲:半角最大 16 文字 トレンドデータを CSVファイルに出力するときの、欠
測データを表現する文字列を設定します。
初期値:(空白)
77
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
手動ファイル
保存フォルダ*6
設定値
説明
有効範囲:最大半角 190 文字 トレンドデータの手動ファイル保存機能実行時に、
ファイルが保存されるフォルダを設定します。「参
初期値:(空白)
照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダイア
ログが表示されます。フォルダを指定しない場合は
「CSV出力フォルダ」に、ファイルは出力されます。
また、手動ファイル保存フォルダは、ローカルドライ
ブを指定し、ネットワークドライブのフォルダを、指
定しないで下さい。手動ファイル保存機能の詳細に
ついては「10.6.1.3.3手動CSVファイル保存/手動バ
イナリファイル保存」を参照してください。
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
*2 トレンドサーバが始めて起動される時にトレンドログファイルが作成されます。トレンドログファイルの容
量はここで指定されたサンプリング時間のタグ最大数と保存日数によって決められます。ログファイル
のサイズについての詳細については「6.3.6.9レポートログファイルのサイズ」を参照してください。
*3 トレンドサーバー設定で、次の変更を行った場合にトレンドログが初期化され、過去のトレンドか消去さ
れます。
• タグ最大数を変更した場合。
• 保存日数を変更した場合。
• トレンドログフォルダを変更した場合。
*4 同一プロジェクト名称の別プロジェクト用のトレンドログファイルが指定したフォルダに保存されていた場
合、この既に存在するトレンドログデータを引き続き使用することになり、トレンドログデータ(リザーブタ
グデータ含む)の整合性が損なわれる場合があります。意図的に、この別プロジェクトのトレンドログデ
ータを引き継ぐ場合以外は、既存のトレンドログデータとは異なるフォルダを指定してください。
*5 サーバの負荷上昇を抑えるため、CSV 出力の際のファイル書き込みは低速にて行います。このため環
境によっては、CSV 出力の開始から完了までに数時間かかる場合もあります。
*6 クライアントPCでの「再生ファイル読み込み」機能実行時に、ファイルを出力したフォルダのファイルを
直接指定する場合には、「手動ファイル保存フォルダ」にフォルダの共有設定を行い、クライアントから
のアクセス権を適切に設定してください。再生ファイル読み込みの詳細については「10.6.1.3.5再生ファ
イル読み込み」を参照してください。
78
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.2.2 レポートログ機能
レポートログ機能の各設定項目については、次表を参照してください。
79
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
レポートデータ
修正
設定値
修正不可(初期値)
説明
収集したレポートデータの修正を許可するか否かを
設定します。「修正不可」の場合、一切の修正を許
可しません。「修正可 保存不可」の場合、表示・印
修正可 保存不可
刷のための修正は許可しますが、修正したデータ
の保存は許可しません。「修正可 日報のみ 保存
可」の場合、表示・印刷のための修正を許可し、日
修正可 日報のみ 保存可
報データのみ修正したデータの保存を許可します。
月報・年報の修正データ保存は許可しません。
レポートデータ
有効範囲;2~10
レポートデータを保存する期間を年数で設定しま
す。
保存年数
初期値:2
レポートログ
有効範囲:最大半角 190 文字 レポートログを保存するフォルダを設定します。「参
照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダイア
フォルダ
初期値:(空白)
ログが表示されます。トレンドサーバ実行時に、設
定したフォルダの下位に「(プロジェクト名)\Rlog」フ
ォルダが作成され、その中にログファイルが生成さ
れます。フォルダを指定しない場合はインストール
フォルダに、上記のフォルダとログが作成されま
す。また、トレンドログフォルダは、ローカルドライブ
を指定し、ネットワークドライブのフォルダを、指定し
ないで下さい。
レポートログ
有(初期値)
レポートログのバックアップを作成するか否かを設
定します。「有」にチェックを付けた場合、レポートロ
バックアップ
グのバックアップを、下記の「バックアップフォルダ」
(チェック無し)
の設定に従って、作成します。
バックアップ
有効範囲:最大半角 190 文字 レポートバックアップログを保存するフォルダを設定
します。「参照...」ボタンを選択すると、「フォルダの
フォルダ
初期値:(空白)
参照」ダイアログが表示されます。「レポートログバ
ックアップ」を「有」に設定した場合には必ず、フォル
ダを指定して下さい。また、トレンドログフォルダは、
ローカルドライブを指定し、ネットワークドライブのフ
ォルダを、指定しないで下さい。バックアップフォル
ダは、レポートログフォルダのあるドライブとは物理
的に異なるドライブのフォルダを指定することをお
奨めします。レポートログが破損した場合には、バ
ックアップログをレポートログフォルダにコピーする
ことで、リストアすることができます。
注 レポート(帳票)機能の詳細については「8レポートビルダ」を参照してください。
80
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.3 トレンドログファイルのサイズ
トレンドサーバーは、収集したトレンドデータをログファイルに保存します。ログファイルの容量は、タグの点
数や日数により変わりますので、設定内容に応じて、ハードディスクの容量を確保して下さい。
(※グループファイルは、サーバが管理用に作成するファイルです。また、リザーブタグファイルは、チュー
ニング画面のリザーブタグで利用するログファイルです。グループファイル、リザーブタグファイルとも、サ
ーバにより自動的に作成されますので、これらを含めた、ハードディスク容量を確保して下さい。)
10秒未満トレンドログ・ファイルの総ファイルサイズ計算式
グループ・ファイル
:164 + 304 * <タグ最大数> + <保存日数> * 8 [Byte]
トレンドログファイル
:(136 + 356400 * <タグ最大数> ) * <保存日数> [Byte]
ファイル
グループ・ファイル
トレンドログ・ファイル
グループ・ファイル
トレンドログ・ファイル
タグ最大数
保存日数
32
2
128
366
総ファイルサイズ
約 9.68 [KB]
約 21.8 [MB]
約 41.0 [KB]
約 15.5 [GB]
10秒以上トレンドログ・ファイルの総ファイルサイズ計算式
グループ・ファイル
:164 + 304 * <タグ最大数> + <保存日数> * 8 [Byte]
トレンドログファイル
:(136 + 35640 * <タグ最大数> ) * <保存日数> [Byte]
ファイル
グループ・ファイル
トレンドログ・ファイル
グループ・ファイル
トレンドログ・ファイル
タグ最大数
保存日数
32
2
640
366
総ファイルサイズ
約 9.68 [KB]
約 2.18 [MB]
約 193 [KB]
約 7.78 [GB]
リザーブタグ・ファイルの必要 HDD 容量
ファイル
グループ・ファイル
トレンドログ・ファイル
総ファイルサイズ
約 38.7 [KB]
約 43.5 [MB]
注 プロセスデータは倍精度浮動小数点(精度 15 桁)にて内部処理・表示処理されますが、トレンドデータ
は単精度浮動小数点(精度 6 桁)にて保存されます。このためモニタ画面上の表示数値と、トレンドログ
に保存された値とは下位7桁目以下が一致しない場合があります。
81
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.4 トレンドデータ CSV ファイル名
CSV 出力フォルダに出力されるファイル名は下記のようになります。
Trend_[年月日]_[サンプル周期]_[タググループ]_[データ連番].csv
項目
[年月日]
説明
保存されるデータの先頭年月日です。
yyyymmdd
[サンプル周期種別]
[タググループ]
[データ連番]
yyyy:西暦(4桁)
mm:月(2桁)
dd:日付(2桁)
CSV ファイルに保存されるトレンドタグのサンプル周期の種別を表しま
す。
サンプル周期 10 秒未満の時は「01」となります。
サンプル周期 10 秒以上の時は「02」となります。
CSV ファイルに保存されるトレンドタグのグループ(128 タグ毎に自動的に
割り振られます)を表します。
サンプル周期 10 秒未満の時は「01」となります。
サンプル周期 10 秒以上の時は「01-05」となります。
CSV 出力時間を基準として 12 時間毎に割り振られる連番です。
出力時刻を 0 時に設定した場合、0-12 時のデータは「01」、12-0 時のデー
タは「02」となります。
例)
CSV 出力時間を 9 時に設定した時の、2005 年 1 月 18 日のサンプリング 10 秒未満タググループ1、
[No.1-128]、9-21 時のデータが保存されたCSVファイル名は、
Trend_20050118_01_01_01.csv
となります。
82
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.5 トレンドデータ手動 CSV/バイナリファイル名
手動ファイル保存フォルダに出力されるファイル名は下記のようになります。
CSV ファイル
[保存ファイルプレフィックス]_[開始日時]-[終了日時]-[データ連番].csv
バイナリファイル
[保存ファイルプレフィックス]_[開始日時]-[終了日時].sstrd
項目
[保存ファイル
プレフィックス]
[開始/終了日時]
説明
手動ファイル保存機能実行時に設定されたファイルの先頭文字列です。
保存されるデータの開始/終了日時です。
yyyymmddHHmmss
[データ連番]
yyyy:西暦(4桁)
mm:月(2桁)
dd:日付(2桁)
HH:時間(2桁24時間表示)
mm:分(2桁)
ss:秒(2桁)
開始日時を基準として 12 時間毎に割り振られる連番です。
開始日時を 2006/07/01 21:00:00 に設定した場合、2006/07/01 21:00:00
~ 2006/07/02 09:00:00 の デ ー タ は 「 001 」 、 2006/07/02 09:00:00 ~
2006/07/02 21:00:00 のデータは「002」となります。
例)
保存ファイルプレフィックスを「Trend_」、開始日時を 2006/07/01 09:00:00 に、終了日時を 2006/07/01
21:00:00 に設定した時の、データが保存された CSV ファイル名は、
• CSV ファイル
Trend_20060701090000-20060702090000-001.csv
• バイナリファイル
Trend_20060701090000-20060702090000.sstrd
となります。
ランタイムからのトレンドの手動ファイル保存機能の詳細については「10.6.1.3.3手動CSVファイル保存/手
動バイナリファイル保存」を参照してください。
83
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.6 トレンドデータ CSV ファイル出力フォーマット
CSV ファイルのフォーマットは以下の通りです。
CSV 出力時間を 6 時に設定した時の、2005/01/18 の 6-18 時のデータが保存された CSV ファイル
または
開始日時を 2005/01/18 06:00:00 に、終了日時を 2005/01/19 06:00:00 に設定した時の、2005 年 1 月
18 日の 6-18 時のデータが保存された CSV ファイル
の場合
同一の年月日、サンプル種別、タググループで、他
の連番を含めた、トレンドデータ全体の保存期間
トレンドタグ名
,トレンドログ,2005/01/18 6:00:00,2005/01/19 6:00:00
トレンドタグの参照元プロセスタグ名
,トレンドタグ,"Ai1","Di1","FIC0001PV","FIC0001SV"
,プロセスタグ,"Ai1","Di1","FIC0001","FIC0001"
トレンドタグの参照元プロセスタグ拡張
,タグ拡張子,,,PV,SP
,コメント,"Ai1_Commnet","Di1_Commnet","FIC0001PV_Comment","FIC0001SV_Comment"
,単位,"M3",,"M3/H","M3/H"
単位
トレンドタグコメント
日付,時刻
日時ラベル
2005/01/18,6:00:00,12.3,ON,45.6,78.9
2005/01/18,6:00:01,12.3,ON,45.6,78.9
2005/01/18,6:00:02,12.3,ON,45.6,78.9
トレンドデータ。
2005/01/18,6:00:03,12.3,ON,45.6,78.9
:
年月日、時刻(24時制)、データ
:
定時刻CSVファイル出力時や、手
2005/01/18,17:59:58,12.3,OFF,45.6,78.9
動ファイル保存で12時間分を越
2005/01/18,17:59:59,12.3,OFF,45.6,78.9
えるデータを保存する場合など、
2005/01/18,18:00:00,12.3,OFF,45.6,78.9
ファイルが複数に分割されて保存
される場合、前の連番のファイル
の最終データと、次の連番のファ
イルの先頭データには同一時刻
のデータが記録されます
注 プロセスデータは倍精度浮動小数点(精度 15 桁)にて内部処理・表示処理されますが、トレンドデータ
は単精度浮動小数点(精度 6 桁)にて保存されます。このためモニタ画面上の表示数値と、トレンドログ
に保存された値とは下位7桁目以下が一致しない場合があります。
84
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.7 トレンドデータ CSV 出力ファイルのサイズ
出力される CSV ファイルのサイズは、スケーリング後のプロセスタグ値の文字数などにより大きく異なりま
す。
ここではスケーリング後のプロセスタグ値の平均文字数が 10 の場合の CSV ファイルの出力サイズを示し
ます。
トレンド CSV ファイルのファイルサイズ(1日分)計算式
(165 + <出力対象トレンドタグ数> * 74 +
( 19 + <出力対象トレンドタグ数> * ( <スケーリング後のプロセスタグ値の平均文字数> + 1) ) *
(43200 / <保存周期[s]> + 1) ) * 2 [Byte]
• 自動保存トレンド CSV ファイル(スケーリング後のプロセスタグ値の平均文字数が 10 の場合)
トレンド
出力対象
ファイルサイズ
サンプル周期
トレンドタグ数
(一日分)
10 秒未満
1
約 2.47[MB]
(保存周期 32
約 30.6[MB]
は 全 て 1 64
約 59.6[MB]
秒)
128
約 117[MB]
10 秒以上
1
約 254[KB]
(保存周期は全て 10 秒) 32
約 3.06[MB]
64
約 5.97[MB]
128
約 11.8[MB]
640
約 58.9[MB]
• 手動保存トレンド CSV ファイル(スケーリング後のプロセスタグ値の平均文字数が 10 の場合)
トレンド
出力対象
最大ファイルサイズ
保存周期
トレンドタグ数
(一日分)
1秒
1
約 2.47[MB]
4
約 5.19[MB]
8
約 8.82[MB]
1分
1
約 42.7[KB]
4
約 89.3[KB]
8
約 152[KB]
1 時間
1
約 1.23[KB]
4
約 2.21[KB]
8
約 4.20[MB]
85
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.8 レポートログデータの集計処理
6.3.6.8.1 1時間データの集計期間
1時のデータは0時0分1秒から1時0分0秒となります。
「1時」のデータの集計期間
0:00:00
0:00:01
0:00:02
0:59:59
1:00:00
1 :0 0 : 0 1
6.3.6.8.2 平均値・最小値・最大値の1時間データ
トレンドタグの収集周期毎のデータを元に計算します。
データの中に欠損(IO 機器の停止や異常によりデータが収集できなかった場合や、トレンドサーバが稼働
していなかったためデータが収集できなかった場合)が含まれている場合には、有効データのみを用いて
値を算出します。また欠損許容時間分以上の連続欠損が含まれた値は「部分欠損」として扱われます。
例1)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損1
正常
10
20
欠損2
30
正常
50
秒
40
集計は上図の青の矢印で示されている、正常測定データのみを対象にして行う。
また上図の集計結果は「正常値」として表される。
例2)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損1
10
20
正常
30
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
例3)収集周期10秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損
正常
0 : 0 0 0 :1 0 0 : 2 0 0 : 3 0 0 : 4 0 0 : 5 0
上図の集計結果は「正常値」として表される。
例4)収集周期10秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損
正常
0 : 0 0 0 :1 0 0 : 2 0 0 : 3 0 0 : 4 0 0 : 5 0
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
86
欠損2
40
正常
50
秒
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
例5)収集周期20秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損
正常
0 : 0 0 0 :2 0 0 : 4 0 1 : 0 0 1 : 2 0 1 : 4 0
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
6.3.6.8.3 瞬時値の1時間データ
トレンドタグの収集周期毎のデータのうち、最後のデータである0分0秒の値がその1時間のデータとなり
ます。
0分0秒の値が欠損した場合には、集計期間内の最も新しい有効データをその代わりに使用します。また
このときの値が欠損許容時間分以上過去のものである場合は「部分欠損」として扱われます。前記の条件
で算出した値が正常であれば、他の収集データに欠損が有っても「部分欠損」にはなりません。
例1)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
0:59:56
0:59:57
0:59:58
0:59:59
1:00:00
1:00:01
1:00:00の測定値が「1時」の
瞬時値デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
例2)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
欠損
23:59:59
0:00:00
正常
0:00:01
0:59:59
1:00:00
欠損
1:00:01
「1時」の瞬時値デ-タ
上図の集計結果は「正常値」として表される。
例3)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
0:59:56
欠損
0:59:57
0:59:58
0:59:57の測定値が「1時」の
瞬時値デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
87
0:59:59
1:00:00
1:00:01
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
例4)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
0:59:39
0:59:40
欠損
0:59:41
0:59:59
1:00:00
1:00:01
0:59:40の測定値が「1時」の
瞬時値デ-タになる
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
6.3.6.8.4 積算差分の1時間データ
トレンドタグの収集周期1分以上の場合
トレンドタグの収集周期毎のデータのうち最後のデータである0分0秒の値と、直前の1時間の0分0秒の
値の積算差分がその1時間のデータとなります。
0分0秒の値が欠損した場合には、集計期間内の最も新しい有効データをその代わりに使用します。直前
の1時間の0分0秒の値が欠損した場合には、集計期間内の最も古いの有効データをその代わりに使用
します。またこのときの値は「部分欠損」として扱われます。計算に用いる2つの値が正常であれば、他の
収集データに欠損が有っても「部分欠損」にはなりません。
例1)収集周期1分。
正常
23:59
0:00
0:01
0:02
0:58
0:00の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
0:59
1:00
1:01
1:00の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
例2)収集周期1分。
正常
欠損
23:59
0:00
正常
0:01
欠損
0:02
0:58
0:01の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
正常
欠損
正常
0:59
1:00
1:01
0:59の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
88
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
例3)収集周期1分。
欠損
正常
23:59
0:00
欠損
0:01
0:02
0:58
0:00の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
0:59
正常
欠損
1:00
1:01
1:00の測定値が
「1時」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
トレンドタグの収集周期1分未満の場合
集計期間内の1分毎に計算値を求め、その合計が1時間の積算差分値となります。各分の値は「0秒の値
-直前の分の0秒の積算差分値」です。
0秒の値が欠損した場合には1分内の最も新しいの有効データをその代わりに使用します。直前の分の0
秒の値が欠損した場合には1分内の最も古い有効データをその代わりに使用します。またここのときの値
が欠損許容時間分以上ずれている場合は「部分欠損」として扱われます。計算に用いる2つの値が正常で
あれば、他の収集データに欠損が有っても「部分欠損」にはなりません。
1分間の有効データが2つ以上得られず計算が不可能な場合には、その分のデータ値は0とし、このとき
の1時間データ値は「部分欠損」として扱われます。ただし、同一1時間データ集計期間内の他の1分間デ
ータが全て同様の処理で0となる場合には、下記の「全欠損データ」となります。
注 積算差分において桁上がりの発生頻度は、トレンドタグの収集周期が1分未満の時は1分以上、トレン
ドタグの収集周期が1分以上の時は1時間以上となるように、システムの設計を行ってください。
例1)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
59:59
0:00
0:01
0:02
0:58
0:00の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
0:59
1:00
1:01
1:00の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
例2)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損
正常
59:59
0:00
0:01
欠損
0:02
0:58
0:01の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
正常
欠損
正常
0:59
1:00
1:01
0:59の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
89
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
例3)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
正常
欠損
59:59
0:00
0:10
0:11
0:11の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
正常
欠損
0:49
0:50
正常
1:00
1:01
正常
欠損
1:00
1:01
0:49の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「欠損値」として表される。
例4)収集周期1秒、欠損許容時間10秒。
欠損
正常
59:59
0:00
0:01
欠損
0:02
0:58
0:00の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
0:59
1:00の測定値が
「1分」の積算差分値の
計算基準デ-タになる
上図の集計結果は「正常値」として表される。
6.3.6.8.5 全欠損データ
1時間データの集計期間全て(積算差分の場合は有効データが1つだけの場合も含む)欠損データとなり、
値の算出が一切できなかった場合には「全欠損データ」となります。
6.3.6.8.6 ヌルデータ
1時間データの集計期間全てにわたって、トレンドサーバが起動していなかった場合のデータは「全欠損デ
ータ」ではなく「ヌルデータ」となります。システム運用開始以前の期間や、メンテナンスのため SCADALINX
サーバを停止した期間などがこれに相当します。
90
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.6.9 レポートログファイルのサイズ
トレンドサーバーは、収集したレポートデータをログファイルに保存します。ログファイルの容量は、タグの
点数や日数により変わりますので、設定内容に応じて、ハードディスクの容量を確保して下さい。
レポートログのバックアップを行うように設定した場合は、ログはバックアップ先にも作成されます。また、レ
ポートログは、過去のログも削除されずに保存されていることがありますので、これらを含めた、ハードディ
スク容量を確保して下さい。
レポートログ・ファイルのファイルサイズ計算式
( 752+( <レポートデータ保存年数> * 87600) + (レポートデータ保存年数が4年を越える毎に 240) ) *
レポートタグ数[Byte]
レポートデータ保存年数
レポートタグ数
ファイルサイズ
2年
32
約 5.4MB
128
約 21.5MB
5年
32
約 13.4MB
128
約 53.6MB
10年
32
約 26.8MB
128
約 107.1MB
注 上表はバックアップログを作成しない場合です。バックアップログを作成する場合はファイル容量
は二倍になります。
注 レポートデータは倍精度浮動小数点(精度 15 桁)にて内部処理・表示処理されます。16 桁以上のデー
タを正常に処理することは出来ません。
91
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.7 アラームサーバ
6.3.7.1 アラームサーバの追加
ツリー部の「アラームサーバ」のショートカットメニューで「新規アラームサーバ作成」を選択すると、プロパ
ティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。
登録済みアラームサーバのプロパティを変更したい場合は、アラームサーバ名のショートカットメニューで
「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を行っ
たあと、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
6.3.7.2 アラームサーバの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
92
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
アラーム
サーバ名
IPアドレス*1
アラームログ
フォルダ*2
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
有効範囲:最大半角 190 文字
初期値:(空白)
説明
アラームサーバ名を設定します。
アラームサーバが動作する PC の IP アドレスを指定
します。
アラームログを保存するフォルダを設定します。「参
照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダイア
ログが表示されます。アラームサーバ実行時に、設
定したフォルダの下位に「(プロジェクト名)\Data」フ
ォルダが作成され、その中にログファイルが生成さ
れます。フォルダを指定しない場合はインストール
フォルダに、上記のフォルダとログが作成されま
す。また、アラームログフォルダは、ローカルドライ
ブを指定し、ネットワークドライブのフォルダを、指
定しないで下さい。
CSV 出力
有効範囲:最大半角 190 文字 アラームデータ CSV ファイルの出力先フォルダを設
定します。「参照...」ボタンを選択すると、「フォルダ
フォルダ*3
初期値:(空白)
の参照」ダイアログが表示されます。フォルダを指
定しない場合は「アラームログフォルダ」に、ファイ
ルは出力されます。また、CSV 出力フォルダは、ロ
ーカルドライブを指定し、ネットワークドライブのフォ
ルダを、指定しないで下さい。
CSV 出力時刻 有効範囲:0~23
CSV ファイルの出力時刻を設定します。毎日、設定
*3
した時刻に CSV ファイルの出力を行います。空白
初期値:(空白)
の場合、CSV ファイルの出力は行われません。
手動ファイル
有効範囲:最大半角 190 文字 アラームデータの手動ファイル保存機能実行時に、
ファイルが保存されるフォルダを設定します。「参
保存フォルダ
初期値:(空白)
照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダイア
ログが表示されます。フォルダを指定しない場合は
「CSV出力フォルダ」に、ファイルは出力されます。
また、手動ファイル保存フォルダは、ローカルドライ
ブを指定し、ネットワークドライブのフォルダを、指
定しないで下さい。手動ファイル保存機能の詳細に
ついては「10.7.1.4.1手動ファイル保存」を参照してく
ださい。
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
*2 同一プロジェクト名称の別プロジェクト用のアラームログファイルが指定したフォルダに保存されていた
場合、この既に存在するアラームログデータを引き続き使用することになり、アラームログデータの整合
性が損なわれる場合があります。意図的に、この別プロジェクトのアラームログデータを引き継ぐ場合
以外は、既存のアラームログデータとは異なるフォルダを指定してください。
*3 CSV ファイル出力されるデータは、CSV ファイル出力時刻に、アラームサーバー内に残っている最大2
000件のアラーム履歴です。1日の内に2000件を超えて発生したアラームについては、過去のログ
から削除される為、保存されません。
93
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.7.3 アラームログファイルのサイズ
アラームサーバーは、収集したアラームデータをログファイルに保存します。ログファイルを考慮して、ハー
ドディスクの容量を確保して下さい。
アラームログ・ファイルの必要 HDD 容量
アラームログファイル
: 1,144,724 [Byte]
6.3.7.4 アラームデータ CSV ファイル名
CSV 出力フォルダに出力されるファイル名は下記のようになります。
Alarm_[年][月][日].csv
項目
[年]
[月]
[日]
説明
西暦(4桁)
月(2桁)
日(2桁)
例)
2005 年 1 月 18 日に保存された CSV ファイルは、
Alarm_20050118.csv
となります。
6.3.7.5 アラームデータ手動 CSV ファイル名
手動ファイル保存フォルダに出力されるファイル名は下記のようになります。
[保存ファイルプレフィックス]_[開始日時]-[終了日時].csv
項目
[保存ファイル
プレフィックス]
[開始/終了日時]
説明
手動ファイル保存機能実行時に設定されたファイルの先頭文字列です。
保存されるデータの開始/終了日時です。
yyyymmddHHmmss
yyyy:西暦(4桁)
mm:月(2桁)
dd:日付(2桁)
HH:時間(2桁24時間表示)
mm:分(2桁)
ss:秒(2桁)
例)
保存ファイルプレフィックスを「Alarm_」、開始日時を 2006/07/01 09:00:00 に、終了日時を 2006/07/01
21:00:00 に設定した時の、データが保存された CSV ファイル名は、
Alarm_20060701090000-20060702090000.csv
となります。
ランタイムからのアラームの手動ファイル保存機能の詳細については「10.7.1.4.1手動ファイル保存」を参照
してください。
94
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.7.6 アラームデータ CSV ファイル出力フォーマット
CSV ファイルフォーマットは以下の通りです。
CSV 出力時間を 3 時に設定した時の、2005 年 2 月 13 日のデータが保存された CSV ファイルの場合。
CSVファイル出力対象日時
アラームログ,2005/02/13 3:00:00,2005/02/14 3:00:00
アラーム履歴数
出力数,1428
項目名
種別,重軽,日付,時刻,タグNo.,タグコメント,アラーム内容
<S>,,2005/02/13,14:46:42,,,"サーバー開始 サーバーNo.:3 サーバー名:アラームサーバ"
<S>,,2005/02/13,14:46:43,,,"サーバー開始 サーバーNo.:2 サーバー名:トレンドサーバ"
<S>,,2005/02/13,14:46:45,,,"サーバー開始 サーバーNo.:1 サーバー名:ブロードキャストサービス"
<S>,,2005/02/13,14:49:47,,,"サーバー停止 サーバーNo.:10 サーバー名:IOサーバ"
<S>,,2005/02/13,15:13:12,,,"サーバー開始 サーバーNo.:3 サーバー名:アラームサーバ"
<A>,軽,2005/02/13,15:13:12,"Ai1",,"PV下限警報(軽)発生"
<A>,軽,2005/02/13,15:13:12,"Ai2","UA non","PV下限警報(軽)発生"
<A>,軽,2005/02/13,15:13:12,"FIC0001",,"PV上限警報(軽)発生"
<A>,軽,2005/02/13,15:13:12,"FIC0001",,"FIC001AnalogAlmUAMsg1"
:
:
アラーム履歴データ
6.3.7.7 アラームデータ CSV 出力ファイルのサイズ
アラームデータ CSV 出力ファイルのサイズは最大約 492[KB]です。
95
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.8 レポート出力サーバ
6.3.8.1 レポート出力サーバの追加
ツリー部の「レポート出力サーバ」のショートカットメニューで「新規レポート出力サーバ作成」を選択すると、
プロパティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してく
ださい。登録済みレポート出力サーバのプロパティを変更したい場合は、レポート出力サーバ名のショート
カットメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログで
データ変更を行ったあと、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
96
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.8.2 レポート出力サーバの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
設定項目
レポート出力
サーバ名
IPアドレス*1
定時刻印刷*2*3
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字。英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
する
(チェック無し)(初期値)
印刷時刻
時
分
印刷対象
プリンタ名
日
報
月
報
年
報
有効範囲:0~23
初期値:0
有効範囲:10~50
初期値:10
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:システムに登録さ
れているプリンタ
初期値:(空白)
97
説明
レポート出力サーバ名を設定します。
レポート出力サーバが動作する PC の IP アドレスを
指定します。
定時刻印刷を行うか否かの設定をします。
「する」にチェックを付けた場合、下記の「印刷時刻」
「印刷対象」「プリンタ名」の設定に従って、定時刻
印刷を行います。
定時刻印刷を実行する時刻を設定します。
定時刻印刷の対象を設定します。「日報」「月報」
「年報」のうちチェックを入れたものを、上記「印刷時
刻」で設定した時間に印刷出力します。
定時刻印刷で使用するプリンタを設定します。
システムに登録されているプリンタがドロップダウン
リストに表示されているので、そこから使用するプリ
ンタを選択します。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
定時刻ファイル
出力*2*4
設定値
する
(チェック無し)(初期値)
ファイル
出力
時刻
時
出力
ファイル
対象
日
報
月
報
年
報
出力フォルダ
分
有効範囲:0~23
初期値:0
有効範囲:10~50
初期値:10
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:最大半角 190 文字
初期値:(空白)
説明
定時刻ファイル出力を行うか否かの設定をします。
「する」にチェックを付けた場合、下記の「ファイル出
力時刻」「出力ファイル対象」「出力フォルダ」の設定
に従って、定時刻ファイル出力を行います。
定時刻ファイル出力を実行する時刻を設定します。
定時刻ファイル出力の対象を設定します。「日報」
「月報」「年報」のうちチェックを入れたものを、上記
「ファイル出力時刻」で設定した時間にファイル出力
します。
定時刻ファイルの出力先フォルダを設定します。
「参照...」ボタンを選択すると、「フォルダの参照」ダ
イアログが表示されます。フォルダを指定しない場
合はインストールフォルダに、「(プロジェクト
名)\Data」フォルダに、ファイルは出力されます。ま
た、出力フォルダは、ローカルドライブを指定し、ネ
ットワークドライブのフォルダを、指定しないで下さ
い。
*1 IP アドレスを変更しても「更新」ボタンが有効にならない場合は、一度他のテキストボックスなどにフォー
カスを移動してください。「更新」ボタンが有効になります。
*2 定時刻印刷/ファイル出力を実行するには、さらにレポートビルダでレポートフォーマットの設定が必要
です。レポート(帳票)機能の詳細については「8レポートビルダ」を参照してください。
*3 印刷されるレポートのフォーマットはレポートビルダで設定したレポートフォーマットに従います。
*4 出力フォルダに出力されるレポートファイルのフォーマットはレポートビルダで設定したレポートフォーマ
ットに従います。
98
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.8.3 レポートデータ CSV ファイルのファイル名
出力フォルダに出力されるレポートデータ CSV ファイル名は下記のようになります。
日報 CSV ファイル
[年][月][日][ページ番号].csv
月報 CSV ファイル
[年][月][ページ番号].csv
年報 CSV ファイル
[年][ページ番号].csv
項目
[年]
[月]
[日]
[ページ番号]
説明
西暦(4桁)
月(2桁)
日(2桁)
ページ番号(2桁)(100 ページは 00)
例)
CSV 出力時間を 9 時に設定した時の、2005 年 1 月 18 日の 100 ページ目のデータが保存された CSV
ファイル名は、
日報
2005011800.csv
月報
20050100.csv
年報
200500.csv
となります。
99
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.8.4 レポートデータ CSV ファイルのファイル出力フォーマット
レポートデータ CSV ファイルのフォーマットは以下の通りです。
データ収集先頭区切りを 1 時に設定した時の、2005 年 5 月 17 日の日報データが保存された CSV ファイ
ルの場合。
ページタイトル
出力対象年月日。月報は年月、年報は年のみ。
・・・・
・・・・・
・
・・
・
・
“○○市 浄水場”
大項目*1
2005 年 5 月 17 日 火曜日
,”1号ポンプ”,”1号ポンプ”,”1号ポンプ”,”1号ポンプ”, ・・・・・ ,”4号ポンプ”,”4号ポンプ”, 中項目*1
,”1号バルブ”,”1号バルブ”,”2号バルブ”,”2号バルブ”,・・・・・・,”2号バルブ”,”2号バルブ”,
小項目
,”濁度”,”流量”,”濁度”,”流量”, ・・・・・・・・・・・・・・・ ,”濁度”,”流量”
時,”[ppm]”,”[m3/min]”,”[ppm]”,”[m3/min]”, ・・・・・ ,”[ppm]”,”[m3/min]”
単位
1,11.63,56,12.76,59, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・,10.00,25,
1項目は集計単位
2,20.24,36,21.76,17, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・,1.00,10,
日報・・・「時」
3,12.35,64,23.50,28, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ,23.45,,42,
月報・・・「日」
24,24.67,44,32.65,37, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ,32.65,35,
合計,,671.2,,513.5, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・,,553.8,
平均,15.57,28.0,9.72,21.4,・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ,15.38,23.1,
最大,18.33,64,52.13,59, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ,72.31,52,
最小,10.12,32,12.76,17, ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ,1.00,10,
年報・・・「月」
データ
1項目は集計時間
日報・・・24時間分
月報・・・28~31日分
年報・・・12ヶ月分
合計
平均
最大
最小
*1 見出し結合された「大見出し」「中見出し」も列毎に見出しが出力されます。
6.3.8.5 レポートデータ CSV 出力ファイルのサイズ
1ページあたりのレポートデータ CSV 出力ファイルのサイズは最大で 7766[Byte](日報)です。
100
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.9 サーバ IP アドレス設定の補足
各サーバのIPアドレスはそのサーバを動かすパソコンのIPアドレスを設定してください。サーバを動かすパ
ソコンのIPアドレスが設定されていない場合は、「3.1ネットワークカードの設定」を参照して事前に設定して
おいてください。IP設定箇所はプロジェクトベース、IOサーバ、トレンドサーバ、アラームサーバ、レポート出
力サーバです。
また下図のように IO 機器に接続するバスと、クライアント PC に接続するバスを分離した場合など、複数の
LAN デバイスが存在するシステムを構築する場合には、IP アドレスは表のように設定してください。
IO機器
Hub
サーバ
プロジェクトベース
IO サーバ
トレンドサーバ
アラームサーバ
レポート出力サーバ
LANデバイス1
IPアドレス
192.168.0.1
設定項目
IP アドレス
IP アドレス
バス IP アドレス
IP アドレス
IP アドレス
IP アドレス
サーバ
PC
172.16.0.1
172.16.0.1
192.168.0.1
172.16.0.1
172.16.0.1
172.16.0.1
101
LANデバイス2
IPアドレス
172.16.0.1
Hub
クライアント
PC
設定値
(LAN デバイス2の IP アドレス)
(LAN デバイス2の IP アドレス)
(LAN デバイス1の IP アドレス)
(LAN デバイス2の IP アドレス)
(LAN デバイス2の IP アドレス)
(LAN デバイス2の IP アドレス)
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.3.10 ネットワーク共有フォルダ/プリンタを使用する際の補足
SCADALINX HMI パッケージにおいて、SCADALINX を構成する各サーバはサービス・プログラムとして動
作しています。サービスプログラムの既定のログオン・アカウントは「ローカル システム アカウント」です。
この「ローカル システム アカウント」にはネットワークリソースを利用する権限がありませんので、トレンド
サーバ・アラームサーバ・レポート出力サーバのログや CSV 出力ファイルの出力先にネットワーク共有フォ
ルダを指定する場合と、レポート出力サーバの定時刻印刷に使用するプリンタにネットワーク共有プリンタ
を指定した場合、それぞれのサーバのログオン・アカウントを変更する必要があります。
また、「ローカル システム アカウント」はプリンタのプロパティ設定を取得することができませんので、A3
用紙を使用してレポート出力サーバの定時刻印刷を行う場合などにもレポート出力サーバのログオン・ア
カウントを変更する必要があります。
また、サーバの変更後のログオン・アカウントは、管理者権限を持ちパスワード保護のされたアカウントで
ある必要があります。前記のアカウントがシステムに登録されていない場合以下の手順に従って、新しい
アカウントを作成するか、アカウントに対するパスワードを作成してください。
注 ここでは OS が WindowsXP で、コンピュータがワークグループに接続されている場合を例にして説明し
ます。その他の環境や OS の場合のユーザアカウントの作成方法・パスワードの作成方法については、
各 OS の取扱説明書などを参照してください。
1. ユーザアカウントの作成
• 「コントロール パネル」から「ユーザ アカウント」を開きます。
• 「新しいアカウントを作成する」を選択します。
102
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
• 新しいユーザ アカウントの名前を入力し、「次へ」を選択します。
• 新しいユーザに割り当てるアカウントの種類が「コンピュータの管理者」に設定されていることを確
認し、「アカウントの作成」を選択します。
103
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2. パスワードの作成
• 「コントロール パネル」から「ユーザ アカウント」を開きます。
• パスワードを追加するアカウントを選択します。(「コンピュータの管理者」であるアカウントを選択し
てください。)
• 「パスワードを作成する」を選択します。
• 「新しいパスワードの入力」ボックスと「新しいパスワードの確認入力」ボックスに新しいパスワード
を入力し、「パスワードの作成」を選択します。
104
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3. サーバ(サービス)のログオン・アカウント変更
• 「サーバマネージャ」を用いて、全ての SCADALINX サーバを停止させます。
• 「コントロール パネル」から「管理ツール」の「サービス」を開きます。
• ログオン・アカウントを変更する SCADALINX サーバ(サービス)を選択し、右クリックから「プロパテ
ィ」を選択し、SCADALINX サーバ(サービス)のプロパティ・ウインドウを開きます。
• 「ログオン」タブに切り替え、「ログオン」の「アカウント」に管理者権限を持ちパスワード保護のされ
たアカウントを設定し、「パスワード」「パスワードの確認入力」に設定したアカウントのパスワードを
入力し「OK」を選択します。
105
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4. 動作確認
「サーバマネージャ」を起動し、「全て開始」ボタンを選択後、SCADALINX の全てのサーバ・サービス
が問題なく起動することを確認してください。また、システムビルダで設定した出力時刻・印字時刻に
なると、ファイル出力や印刷が正常に動作することを確認してください。
5. 共有リソースのアクセス権限の設定
共有フォルダや共有プリンタなどの共有リソースのアクセス権限は、共有リソースを提供する側のコン
ピュータにて設定を行います。「3サーバ(サービス)のログオン・アカウント変更」で設定したログオン・
アカウントに対して必要なアクセス許可を与えるように設定する必要があります。
• 共有設定を行っているフォルダのプロパティ・ウインドウを開き「共有」タブを選択します。
• 「ネットワーク ユーザによるファイルの変更を許可する」チェックボックスにチェックが入っているこ
とを確認します。チェックが入っていない場合にはチェックを入れ「OK」ボタンか「適用」ボタンを選
択し、設定の変更を確定させます。
• 「簡易ファイルの共有」機能を使用している場合には、共有プリンタに対して必要な設定項目はあり
ません。
106
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4 プロセスタグ
6.4.1 タグタイプとタグ拡張子
プロセスタグには、下表のタグタイプが用意されています。また、L-Bus(MsysnNet)タグでは、1つのプロセ
スタグに対して複数のデータ要素が存在し、タグ拡張子を指定することにより、プロセスタグ内の各データ
を示すことができます。ここで、SCADALINX の全タグタイプ、タグ拡張子、タグタイプとタグ拡張子の組み
合わせパターンを表でまとめました。プロセスタグを設定するときに、参照してください。
タグタイプ
種類
L-Bus 機器
(MsysNet 機器)
標準タグ
タグタイプ
BCA
ECA
MVA
RSA
IND
L-Bus 機器
(MsysNet 機器)
拡張タグ
AI1
AO1
DI1
DO1
ISW
TMR
CTR
ASW
説明
形式番号*1
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節計器ブロック「基本 形式21
型 PID」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節計器ブロック「拡張 形式22
型 PID」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節計器ブロック「MV 操 形式23
作」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節計器ブロック「比率 形式24
設定」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節計器ブロック「指示 形式25
計」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の機器間伝送計器ブロック 形式33・34
「Ao 送信端子」の1つの端子からの入力を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のアナログ入力(電圧入力
や熱電対入力など)や計器ブロックの演算結果が入力
されます。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の機器間伝送計器ブロック 形式33・34
「Ai 受信端子」の1つの端子への出力を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のアナログ出力(電圧出力
など)や計器ブロックへの参照入力が出力されます。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の機器間伝送計器ブロック 形式31・32
「Do 送信端子」の1つの端子からの入力を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のデジタル入力や計器ブロ
ックの演算結果が入力されます。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の機器間伝送計器ブロック 形式31・32
「Di 受信端子」の1つの端子への出力を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のデジタル出力や計器ブロ
ックへの参照入力が出力されます。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のシーケンス制御用計器ブ 形式93
ロック「内部スイッチ」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のシーケンス制御用計器ブ 形式91
ロック「タイマ」を示します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のシーケンス制御用計器ブ 形式92
ロック「カウンタ」を示します。
アラーム監視SW・シーケンスメッセージを示します。指
定したL-Bus機器(MsysNet機器)の機器間伝送計器ブ
ロック「Do送信端子」「Di送信端子」の1つの端子から
の入力が「ON」になった場合、プロセスタグアラームま
たはシーケンスメッセージを発生させます。プロセスタ
グアラームの詳細については「6.7.4アラームタグによ
るアラームとプロセスタグによるアラーム 」
「10.7.3.2MsysNetプロセスタグのアラーム・メッセージ」
を参照してください。
107
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
説明
形式番号*1
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のパルス入力計器ブロック 形式49
「バッチ制御」を示します。
TCO
時計出力を示します。SCADALINX サーバが動作する
PC の時刻に応じて、L-Bus 機器(MsysNet 機器)の機
器間伝送計器ブロック「Di 受信端子」「Do 送信端子」
「Ai 受信端子」「Ao 送信端子」の1つの端子へ値が出
力されます。
汎用
MAI
IO 機器の1つのレジスタからのアナログ入力(電圧入
力や熱電対入力など)を示します。
入出力タグ
MAO
IO 機器の1つのレジスタへのアナログ出力(電圧出力
など)を示します。
MDI
IO 機器の1つのレジスタからのデジタル入力を示しま
す。
MDO
IO 機器の1つのレジスタへのデジタル出力を示しま
す。
メモリタグ
MTA
仮想アナログ端子への入出力を示します。
MTD
仮想デジタル端子への入出力を示します。
*1 形式番号についての詳細については「ネットワーク計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」
(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
種類
タグタイプ
BPS
L-Bus 機器(MsysNet 機器)タグのタグ拡張子
タグ拡張子
拡張子タイプ
説明
PV
アナログ
測定値、または、BPS(バッチ制御)の場合、積算を示します。
SV
アナログ
SV、RSA(比率設定)では比率、TMR(タイマ)・CTR(カウンタ)では設
定値、BPS(バッチ制御)では定量設定値を示します。
MV
アナログ
操作出力値を示します。
UA
デジタル
上限警報の発生状態を示します。
LA
デジタル
下限警報の発生状態を示します。
DA
デジタル
偏差警報の発生状態を示します。
無し
アナログ
PV と同等です。SFDN プロジェクトとの互換性を保つための設定項目
です。通常は、PV を設定して下さい。
(指定無し)
L-Bus 機器(MsysNet 機器)タグタイプとタグ拡張子の組み合わせ表
種類
タグタイプ
なし
PV
SV
標準タグ
BCA(基本型 PID)
○
○
○
ECA(拡張型 PID)
○
○
○
MVA(MV 操作)
○
RSA(比率設定)
○
○
○
IND(指示計)
○
○
拡張タグ
AI1(アナログ入力)
○
AO1(アナログ出力)
○
DI1(接点入力)
○
DO1(接点出力)
○
ISW(内部 SW)
○
TMR(タイマ)
○
○
CTR(カウンタ)
○
○
ASW(アラーム監視 SW)
○
BPS(バッチ制御)
○
○
TCO(時計出力)
○
108
MV
○
○
○
○
UA
○
○
LA
○
○
○
○
○
○
○
○
DA
○
○
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.2 プロセスタグの追加
ツリー部のグループ/レジスタ、メモリタグ、プロセスタグ仮登録のショートカットメニューで「新規プロセスタ
グ作成」を選択すると、プロパティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規
追加」ボタンを選択してください。登録済みプロセスタグのプロパティを変更したい場合は、プロセスタグの
ショートカットメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイア
ログでデータ変更を行ったあと、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
109
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.3 プロセスタグの設定
6.4.3.1 共通設定部
ここではプロセスタグの種別に依存しない共通情報を設定します。共通設定部の各設定項目については、
次表を参照してください。
設定項目
タグタイプ*1
設定値
有効範囲:「6.4.1タグタイプと
タグ拡張子」参照。「ロケーシ
ョン」の項目で選択されるIO
機器に該当するタグタイプの
み選択可能。
説明
タグタイプを設定します。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)の場合は、IO 機器側の
計器ブロックの種別に対応するタグタイプを選択し
ます。メモリタグの場合は、仮想入出力に対応する
タグタイプを選択します。その他の IO 機器の場合
は、I/O カードの種類に対応するタグタイプを選択し
ます。
プロセスタグ名 有効範囲:最大半角 10 文 プロセスタグ名を設定します。
字。(英数字、カタカナとハイ
フン( - )、アンダースコア( _ )
のみ(全角文字使用可能))
初期値:(空白)
コメント
有効範囲:最大半角 16 文字 コメントを設定します。
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
*1 設定するプロセスタグが属する「グループ/レジスタ」の、デジタル/アナログ別のタイプと合致しないタ
グタイプを、設定することはできません。「グループ/レジスタ」の詳細については「6.3.5.2グループ/レジ
スタの設定」を参照してください。
110
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.3.2 基本設定
ここではプロセスタグの基本情報を設定します。基本設定の各設定項目については、次表を参照してくだ
さい。
設定項目
ロケーション
端子番号
最終値
生データ
下限値*1
生データ
上限値*1
設定値
有効範囲:登録済みグルー
プ/レジスタ
初期値:仮登録の場合また
はメモリタグの場合、空白、
その他の場合作成元グルー
プ/レジスタ
説明
プロセスタグのロケーションを設定します。項目は
それぞれ
IO サーバ名(=IO サーバ)
ステーション(=ST)
カード/ノード(=CD)
グループ/レジスタ(=GR)
の設定を示しています。
「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が表示
されますので、設定するロケーションを選択してくだ
さい。また「解除」ボタンを押すと、現在のロケーショ
ン設定が解除されます。
有効範囲:アナログ伝送端子 プロセスタグの「ロケーション」で設定したグループ
の場合、1 または 2。デジタル の機器間伝送端子番号を設定します。
伝送端子の場合、1~32
初期値:1
保持
「保持」にチェックを付けた場合、SCADALINX サー
バ停止時にメモリタグ値を記憶し、サーバを再起動
(チェック無し)(初期値)
したときメモリタグ値を記憶した値で初期化します。
有効範囲:15 桁実数値
測定データの生データ上下限値を設定します。ここ
初期値:「グループ/レジスタ」 で設定した上下限値の範囲が、グラフィック部品
プロパティで設定された I/O の、「トレンドグラフ」、「チューニング」、「フェースプ
タ イ プ を 元 に 、 L-Bus 機 器 レート」のバーグラフ、「バーグラフ」、「スケルトンバ
(MsysNet 機器)の場合は 0~ ー」の 0~100%になります。グラフィック部品の詳細
10000、Modbus 機器の場合 については「7.2.5部品一覧」「7.2.6部品プロパティの
は機器によって異なる値が 設定」を参照してください。
設定されます。
「グループ/レジスタ」プロパ
ティの詳細については、
「6.3.5グループ/レジスタ 」を
参照してください。
111
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
レンジ
下限設定値*1*2
レンジ
上限設定値*1*2
小数点位置*1*2
設定値
有 効 範 囲 : -2000000000 ~
2000000000
初期値:0
有 効 範 囲 : -2000000000 ~
2000000000
初期値:10000
有効範囲:0~5
初期値:2
単位
説明
スケーリングのための、生データ上/下限値に対す
るレンジ上/下限設定値と、その小数点位置を設定
します。
例)
レンジ下限設定値:100
レンジ上限設定値:500
小数点位置:2
設定値は「1.00~5.00」
となる
有効範囲:最大半角 8 文字
単位を設定します。
タグタイプが TMR(タイマ)の
場合、H(時)、MIN(分)、S(秒)
を選択してください。
初期値:(空白)
*1 データのスケーリングに関しては「6.4.5測定データのスケーリングに関する補足」を参照してください。
*2 小数点位置が5桁の場合は、スケーリングの結果、上位桁がフェースプレート等で表示しきれない場合
があります。
112
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.3.3 UI 設定
ここではプロセスタグのフェースプレートの表示方法を設定します。UI 設定の各設定項目については、次
表を参照してください。
113
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
フェース
プレートタイプ
設定値
Type1(初期値)
説明
フェースプレートタイプを設定します。「Type1」に設
定した場合はフェースプレート上にアップダウンキ
ーは表示されません。「Type2」に設定した場合は
フェースプレート上にアップダウンキーが表示され
ます。
フェースプレート上のバーグラフの目盛り分割数を
設定します。
Type2
フェース
プレート
グラフ分割
アラーム色
点滅
10 分割(初期値)
5 分割
4 分割
3 分割
有効範囲:24bit カラー
初期色:赤
プロセスタグ・アラーム発生時のフェースプレート上
のアラームランプ色を設定します。色ボタンを選択
すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
「有」にチェックを付けた場合、プロセスタグ・アラー
ム発生時に、フェースプレート上のアラームランプを
点滅させます。
フェースプレート上の接点 ON 時の接点状態表示/
切替色を設定します。色ボタンを選択すると「色の
設定」ダイアログが表示されます。
「有」にチェックを付けた場合、接点 ON 時に、フェー
スプレート上の接点状態表示/切替を点滅させま
す。
フェースプレート上の接点 OFF 時の接点状態表示/
切替色を設定します。色ボタンを選択すると「色の
設定」ダイアログが表示されます。
「有」にチェックを付けた場合、接点 OFF 時に、フェ
ースプレート上の接点状態表示/切替を点滅させま
す。
値変更操作の実行確認を行うか否かを設定しま
す。「有」にチェックを付けた場合、フェースプレート
(ディジタルSW部品によるポップアップフェースプレ
ートも含む)上からのプロセスタグの値変更操作(ア
ップダウンキーによる操作は除く)で確認ダイアログ
ボックスが表示されます。「有」にチェックを付けな
かった場合、フェースプレート上からのプロセスタグ
の値変更操作で確認ダイアログボックスは表示さ
れません。ただしグラフィックビルダにて個別のフェ
ースプレート部品の「確認用メッセージの表示」項目
を「あり」に設定した場合には、確認ダイアログボッ
クスが表示されます。グラフィックビルダでのフェー
スプレート部品の設定については「7.2.6.18フェース
プレート」を参照してください。
注 フェースプレート以外のアナログ出力やディジタ
ル SW からの値変更操作に関しては、ここでの設
定は適用されません。
フェースプレート上にカスケード/ローカル切替ボタ
ンを表示するか否かを設定します。「有」にチェック
を付けた場合、フェースプレート上にカスケード/ロ
ーカル切替ボタンが表示されます。「有」にチェック
を付けなかった場合、フェースプレート上にカスケー
ド/ローカル切替ボタンは表示されません。
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
ON 色
点滅
有効範囲:24bit カラー
初期色:黄
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
OFF 色
点滅
有効範囲:24bit カラー
初期色:灰
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
ループ
ステータス
切替確認
有
(チェック無し)(初期値)
Cascade/Local
有(初期値)
(チェック無し)
114
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
Auto/Manual
設定値
説明
フェースプレート上にオート切替えボタン・マニュア
ル切替えボタンを表示するか否かを設定します。
「有」にチェックを付けた場合、フェースプレート上に
オート切替えボタン・マニュアル切替えボタンが表
示されます。「有」にチェックを付けなかった場合、フ
ェースプレート上にオート切替えボタン・マニュアル
切替えボタンは表示されません。
フェースプレート上に MV 開閉マークを表示するか
否か、および表示方法を設定します。「表示無し」に
設定した場合はフェースプレート上に MV 開閉マー
クは表示されません。「正」に設定した場合はフェー
スプレート上に上部に MV 開マーク(○)が、下部に
MV 閉マーク(●)が表示されます。「逆」に設定した
場合はフェースプレート上に上部に MV 閉マーク
(●)が、下部に MV 開マーク(○)が表示されます。
フェースプレートのアップダウンキーを、1秒から3
秒未満、押したときのプロセスタグ値の増減スピー
ドを設定します。キースピードについては、「6.4.6キ
ースピード」の章を参照して下さい。
フェースプレートのアップダウンキーを、3秒以上、
押したときのプロセスタグ値の増減スピードを設定
します。キースピードについては、「6.4.6キースピー
ド」の章を参照して下さい。
フェースプレートのアップダウンキーを、1秒から3
秒未満、押したときのSV(設定値)の増減スピード
を設定します。キースピードについては、「6.4.6キー
スピード」の章を参照して下さい。
フェースプレートのアップダウンキーを、3秒以上、
押したときのSV(設定値)の増減スピードを設定し
ます。キースピードについては、「6.4.6キースピード
」の章を参照して下さい。
フェースプレートのアップダウンキーを、1秒から3
秒未満、押したときのMV(操作出力値)の増減スピ
ードを設定します。キースピードについては、「6.4.6
キースピード」の章を参照して下さい。
フェースプレートのアップダウンキーを、3秒以上、
押したときのMV(操作出力値)の増減スピードを設
定します。キースピードについては、「6.4.6キースピ
ード」の章を参照して下さい。
有(初期値)
(チェック無し)
MV 正逆
表示無し(初期値)
正
逆
キースピード
低速
有効範囲:1~3600
初期値:50
キースピード
高速
有効範囲:1~3600
初期値:30
キースピード
SV 低速
有効範囲:1~3600
初期値:50
キースピード
SV 高速
有効範囲:1~3600
初期値:30
キースピード
MV 低速
有効範囲:1~3600
初期値:50
キースピード
MV 高速
有効範囲:1~3600
初期値:30
115
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.3.4 タイプ別設定
ここではプロセスタグの各タイプ特有の情報を設定します。タイプ別設定の各設定項目については、次表
を参照してください。
設定項目
上下限警報用
グループ
グループ
設定値
有
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:30~61
初期値:30
上限警報端子
有
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:11~26
初期値:11
有効範囲:1~32
初期値:1
有
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:11~26
初期値:11
有効範囲:1~32
初期値:1
有
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:30~61
初期値:30
グループ
番号
下限警報端子
グループ
番号
上下限制限用
グループ
グループ
メッセージ1
メッセージ2
説明
AI1 タグの上下限警報を使用するか否かを設定しま
す。
AI1 タグの上下限警報を使用する場合、L-Bus 機器
(MsysNet 機器)内の設定で、AI1 タグの元となる計
器ブロックの出力を接続した上下限警報(PVA)グ
ループを指定します。
AI1 タグの上限警報を使用するか否かを設定しま
す。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)内の設定で、上下限警
報(PVA)ブロックの上限警報出力を接続した Do 送
信端子(CDO)グループと端子番号を指定します。
AI1 タグの下限警報を使用するか否かを設定しま
す。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)内の設定で、上下限警
報(PVA)ブロックの下限警報出力を接続した Do 送
信端子(CDO)グループと端子番号を指定します。
AO1 タグの上下限制限を使用するか否かを設定し
ます。
AO1 タグの上下限制限を使用する場合、L-Bus 機
器(MsysNet 機器)内の設定で、AO1 タグの出力先と
なる計器ブロックに接続した上下限制限(HHL)グル
ープを指定します。
有効範囲:最大半角 64 文字 アラーム発生/復帰時に「メッセージ出力方法」の設
または、全角 32 文字
定に従って出力されるメッセージを設定します。リス
トから選択、または直接入力してください。
初期値:(空白)
入力したメッセージが「メッセージ」に登録されてい
ない場合には、自動的に登録されます。「メッセー
ジ」の詳細については「6.10メッセージ」を参照してく
ださい。
116
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
メッセージの
種類
メッセージ
出力方法
設定値
アラーム(初期値)
説明
アラーム発生/復帰時に出力される、メッセージの
種別を設定します。メッセージの種別の詳細につい
シーケンス
ては「10.7.1.1状態」を参照してください。
発生時、復帰時とも:メッセー アラーム発生時のメッセージ出力方法を設定しま
ジ1(初期値)
す。
発 生時:メッセ ージ 1、復帰
時:メッセージ2
タグ重要度
メッセージ
文字色
点滅
時計出力種別
ON 時分
時
分
OFF
分
時 時
分
起動時
自動設定
発 生時:メッセ ージ 1、復帰
時:なし(アラーム自体も発生
に限る)
発生時:なし、復帰時:メッセ
ージ1(アラーム自体も復帰
に限る)
軽(初期値)
重要度を設定します。ここで設定したタグの重要度
によって、「アラームサマリ」などはプロセスタグ・ア
ラームを区別して一覧表示/ファイル出力します。
重
「アラームサマリ」の詳細については「10.7.1アラー
ムサマリ」を参照してください。
24bit カラー
アラーム発生時のアラームサマリ上のメッセージ色
を設定します。色ボタンを選択すると「色の設定」ダ
初期色:黒
イアログが表示されます。
(チェック有り)
「有」にチェックを付けた場合、アラーム発生時に、
アラームサマリ上のメッセージを点滅させます。た
だし「メッセージの種類」を「シーケンス」に設定した
(チェック無し)(初期値)
場合は、「有」にチェックを付けた場合でも、メッセー
ジは点滅しません。
指定時間(初期値)
「ON 時分」「OFF 時分」で指定した時間に、接点の
出力を変化させます。また「指定時間」を選択した
場合、TCO タグの値はデジタルとなります。
1時間毎
一時間毎に「ON 時分」「OFF 時分」で設定した分
に、接点の出力を変化させます。また「1時間毎」を
選択した場合、TCO タグの値はデジタルとなりま
す。
月日
「月日」「時分」「日」「曜日」をアナログ値として出力
します。また「月日」「時分」「日」「曜日」を選択した
時分
場合、TCOタグの値はアナログとなります。それぞ
れのアナログ値の表示フォーマットについては
日
「10.5.1.13MsysNet拡張タグ-TCO(アナログ系)の
曜日
フェースプレート」を参照してください。
有効範囲:0~23
初期値:0
有効範囲:0~59
初期値:0
有効範囲:0~23
初期値:1
有効範囲:0~59
初期値:0
有
「時計出力種別」で「指定時間」「1時間毎」を選択し
た場合の ON/OFF 時分を設定します。ただし「時計
出力種別」で「1時間毎」を選択した場合は「時」の
設定を行う必要はありません。また「ON 時分」と
「OFF 時分」を同じ設定にすることはできません。
「有」にチェックを付け、時計出力種別で「指定時
間」または「1時間毎」を選択した場合、IO サーバー
起動時に現在時刻から接点の出力状態を判断し、
自動的に ON または OFF を設定します。例えば、「1
117
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
グループ
PV/SV
1.
2.
3.
4.
設定値
(チェック無し)(初期値)
説明
時間毎」を選択し、ON時分を0分、OFF時分を30
分に設定した場合、10分にサーバーを起動すると
ON、40分にサーバーを起動するとOFFを設定し
ます。
L-Bus 機 器(MsysNet 機器 ) 内の設 定で 、タイ マ
(TMR)ブロックの経過時間値/設定時間、カウンタ
(CTR)ブロックの計数値/設定値、バッチ・プログラ
ム設定(BPS)ブロックの積算値出力/定量設定値
出力を接続した Ao 送信端子(CAO)グループを指
定します。
有効範囲:11~26
初期値:11
TCO タグに関する注意事項
TCO タグの値は、パソコンから IO 機器へデータが送信され、その後、IO 機器から再送信される値です。
TCO で同一時刻の重複した設定をする場合、最大10タグを上限として設定して下さい。それを越えて
設定された場合、ネットワーク負荷等により、指定分に設定できないことがあります。
ネットワーク負荷等により動作が設定分より数秒ずれることがあります。
重複の条件
• 指定時間の場合の指定分と、1時間毎の指定分が同じ場合(ON/OFFいずれも)も重複とみなし
ます。
• ある指定時間の TCO のON時間と、ある指定時間の TCO のOFF時間が同じ場合も重複とみなし
ます。
• ある1時間毎の TCO のON時間と、ある指定時間の TCO のOFF時間が同じ場合も重複とみなしま
す。
• ON、またはOFFの指定時間、または1時間毎が0:00分の場合、月日、時分、日、曜日のいずれ
とも重複とみなします。
• アナログ設定で時分を指定した場合、ON、OFFの指定時間、または1時間毎の指定分と重複して
いるとみなします。
118
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.4 タグタイプ別設定項目一覧表
プロセスタグのタグタイプ別設定一覧表は下記の通りです。
タグタイプ
ロケーション
端子番号
最終値
生データ
下限値
生データ
上限値
レンジ
上限設定値
レンジ
下限設定値
小数点位置
単位
フェース
プレートタイプ
フェース
プレート
グラフ分割
アラーム色
アラーム点滅
ON 色
ON 色点滅
OFF 色
OFF 色点滅
ループ
ステータス
切替確認
Cascade
/Local
Auto
/Manual
MV 正逆
キースピード
高速
キースピード
低速
キースピード
SV 高速
キースピード
SV 低速
キースピード
MV 高速
キースピード
MV 低速
E
BCA C
A
M
V
A
R
S
A
IN
D
AI
1
A
O
1
DI
1
D
O
1
IS
W
T
M
R
C
T
R
A
S
W
B
P
S
T
C
O
M
AI
M
A
O
M
MDO MTA MTD
DI
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○ ○
○
○
○ ○
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○
○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○
○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○
○ ○
○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○
○ ○
○ ○
○
○
○
○
○
○ ○ ○ ○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○ ○ ○
○ ○
○ ○
○ ○
○
○ ○ ○
○ ○ ○
○
○
○
○
○ ○ ○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
○ ○
○
○ ○ ○ ○
○ ○
○
○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○ ○ ○
○ ○ ○ ○
119
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
タグタイプ
上下限警報用
グループ有無
上下限警報用
グループ
上限警報端子
有無
上限警報端子
グループ
上限警報端子
番号
下限警報端子
有無
下限警報端子
グループ
下限警報端子
番号
上下限制限用
グループ有無
上下限制限用
グループ
メッセージ1
メッセージ2
メッセージの
種類
メッセージ
出力方法
タグ重要度
メッセージ
文字色
メッセージ
点滅
時計出力
種別
ON 時
ON 分
OFF 時
OFF 分
起動
自動設定
グループ
PV/SV
○:項目あり
E
BCA C
A
M
V
A
R
S
A
IN
D
AI
1
A
O
1
DI
1
D
O
1
IS
W
T
M
R
C
T
R
A
S
W
B
P
S
T
C
O
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
○ ○ ○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○ ○
120
○
M
AI
M
A
O
M
MDO MTA MTD
DI
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.5 測定データのスケーリングに関する補足
ここでは測定データのスケーリングに関して設定例を示します。
例1)
入力可能範囲が 4.0~20.0[mA]、内部変換データ範囲が 0~10000 の IO 機器において、システムの実使
用範囲が 4.0~20.0[mA]の場合、プロセスタグの設定項目は下記のように設定してください。
設定項目
設定値
生データ下限値
0
生データ上限値
10000
レンジ下限値
40
レンジ上限値
200
小数点位置
1
この時、モニタ画面において、実入出力値に対して実量値、%値は以下のようになります。
実入出力値 実量値
%値
4[mA]
4.0
0.0
10[mA]
10.0
62.5
20[mA]
20.0
100.0
例2)
入力可能範囲が-200.0~850.0[℃]、内部変換データ範囲が-2000~8500 の IO 機器において、システムの
実使用範囲が 4.0~37.0[℃]の場合、プロセスタグの設定項目は下記のように設定してください。
設定項目
設定値
生データ下限値
40
生データ上限値
370
レンジ下限値
40
レンジ上限値
370
小数点位置
1
この時、モニタ画面において、実入出力値に対して実量値、%値は以下のようになります。
実入出力値 実量値
%値
4.0[℃]
4.0
0.0
20.0[℃]
20.0
48.5
37.0[℃]
37.0
100.0
例3)
入力可能範囲が±50[mV]、内部変換データ範囲が±0.05 の IO 機器において、システムの実使用範囲が
10~50[mV]の場合、プロセスタグの設定項目は下記のように設定してください。
設定項目
設定値
生データ下限値
0.01
生データ上限値
0.05
レンジ下限値
10
レンジ上限値
50
小数点位置
0
この時、モニタ画面において、実入出力値に対して実量値、%値は以下のようになります。
実入出力値 実量値
%値
5[mV]
5
-12.5
10[mV]
10
0.0
50[mV]
50
100.0
121
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.4.6 キースピード
プロセスタグのプロパティ設定ダイアログにおいて、フェースプレートタイプを、「Type2」に設定するとアップ
ダウンキーが表示され、それぞれの値が上下キーで設定可能になります。上下キーで操作する値の増減
のキースピード設定は、システムビルダ、ランタイム(チューニング部品)で、設定可能です。システムビル
ダでの設定については「6.4プロセスタグ」を、ランタイム(チューニング部品)での設定変更については
「10.9.2チューニング」の「⑦キースピード設定ボタン」を参照してください。
設定可能なキースピード
種類
タグタイプ
SV
高速
キー
L-Bus 機器
(MsysNet 機器)
標準タグ
BCA(基本型 PID)
ECA(拡張型 PID)
MVA(MV 操作)
RSA(比率設定)
IND(指示計)
AI1(アナログ入力)
AO1(アナログ出力)
DI1(接点入力)
DO1(接点出力)
ASW(アラーム監視 SW)
ISW(内部 SW)
TMR(タイマ)
CTR(カウンタ)
BPS(バッチ)
TCO(時計出力)
MAI(汎用アナログ入力)
MAO(汎用アナログ出力)
MDI(汎用デジタル入力)
MDO(汎用デジタル出力)
MTA(メモリタグアナログ)
MTD(メモリタグデジタル)
○
○
-
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
L-Bus 機器
(MsysNet 機器)
拡張タグ
汎用
入出力タグ
メモリタグ
SV
低速
キー
MV
高速
キー
MV
低速
キー
高速
キー
低速
キー
○
○
-
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
-
-
○
-
-
-
-
-
-
-
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
-
-
○
-
フェースプレートのアップダウンキーは、次の様に動作します。
フェースプレートのアップダウンキーの動作
ボタン押下
操作結果
1秒未満
スケール値に対し、最小桁を、1 変化
1秒から3秒未満
低速キー設定動作
3秒以上
高速キー設定動作
なお、パラメータ設定時などに表示される、数値入力パッドのアップダウンキーは、「キースピード」の設定
とは関係なく動作します。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照してください。
122
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.5 トレンドタグ
6.5.1 トレンドタグの追加
ツリー部のトレンドサーバ名もしくは「トレンドタグ」のショートカットメニューで「新規トレンドタグ作成」を選択
すると、プロパティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選
択してください。登録済みトレンドタグのプロパティを変更したい場合は、トレンドタグのショートカットメニュ
ーで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。プロパティ設定ダイアログでデータ変更を
行ったあと、「更新」ボタンで変更内容を登録して下さい。
6.5.2 トレンドタグの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
123
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
トレンドタグ名*1
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字。英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグ名。トレンド
サーバ以下のツリーから作
成した場合、空白。
トレンド
有効範囲:登録済みトレンド
サーバ名
サーバ名
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、空
白。トレンドサーバ以下のツ
リーから作成した場合、作成
元トレンドサーバ名。
*1
プロセスタグ
有効範囲:登録済みプロセス
タグ名
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグ名。トレンド
サーバ以下のツリーから作
成した場合、空白。
タグ拡張子*1 指定無し(初期値)
PV
SV
MV
UA
LA
DA
サ ン プ ル 周 期 1秒(初期値) 3分
*1*2*3
2秒
4分
3秒
5分
4秒
6分
5秒
10分
6秒
12分
10秒
15分
20秒
20分
30秒
30分
1分
60分
2分
コメント
有効範囲:最大半角 16 文字
(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグのコメント。
トレンドサーバ以下のツリー
から作成した場合、空白。
CSV ファイル
出力対象
(チェック無し)(初期値)
124
説明
トレンドタグ名を設定します。
トレンドタグを管理する、トレンドサーバーを設定し
ます。
トレンドタグに対応するプロセスタグを設定します。
「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が表示
されますので、設定するプロセスタグを選択してくだ
さい。
「指定無し」を選択した場合は、PV(測定値)として
扱われます。対応プロセスタグタイプによって、選択
できるタグ拡張子が異なります。詳細については
「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照してください。
サンプリング周期を設定します。設定した時間毎に
データがロギングされます。また、トレンドグラフ部
品には、サンプル周期の異なるトレンドタグを混在
して表示することは出来ません。同じトレンドグラフ
部品に表示したいトレンドタグがある場合には、同
じサンプル周期に設定して下さい。
コメントを設定します。
「出力対象」にチェックを付けた場合、トレンドサー
バの CSV 出力対象に設定されます。トレンドサーバ
の CSV 出力では最大 512 件を出力することができ
ます。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
*1 トレンドタグ設定で、次の変更を行った場合にトレンドログが初期化され、過去のトレンドか消去されま
す。ログファイルの場所についての詳細については「6.3.6.2.1 トレンドログ機能」を参照して下さい。
• トレンドタグを削除した場合
• トレンドタグ名を変更した場合
• プロセスタグまたはタグ拡張子を変更した場合
• サンプリング周期を変更した場合
*2 データの収集は設定周期で正確にサンプリングされることはありません。周期の精度は使用する PC 環
境やネットワーク負荷により変化します。また設定したサンプル周期の2倍以下の周期の変化(サンプ
ル周期1秒の時の1.5秒周期の変化など)は記録できません。
*3 トレンドタグの「サンプル周期」と、プロジェクトベースの「収集周期」と異なる場合トレンドデータのロギン
グはトレンドタグの「サンプル周期」にて行われますが、IO 機器へのデータ収集動作はプロジェクトベー
スの「収集周期」にて行われます。そのため、トレンドタグの「サンプル周期」がプロジェクトベースの「収
集周期」よりも短い間隔の場合、重複したデータが保存されます。
125
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.6 レポートタグ
6.6.1 レポートタグの追加
ツリー部のトレンドタグのショートカットメニューで「新規レポートタグ作成」を選択すると、プロパティ設定ダ
イアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済み
レポートタグのプロパティを変更したい場合は、レポートタグのショートカットメニューで「プロパティ」を選択
しプロパティ設定ダイアログを開きます。
注 レポートタグはプロジェクトのデータベース上ではタグ名+作成/編集年月日時刻にて管理されていま
す。そのためパソコンの時刻を未来の時刻に設定したままレポートタグを追加/編集しないで下さい。
6.6.2 レポートタグの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
126
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
レポートタグ名
*2
トレンドタグ名*1
コメント
収集種別*1
設定値
有効範囲:最大半角 24 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:作成元トレンドタグ
名。
有効範囲:登録済みトレンド
タグ名。
初期値:作成元トレンドタグ
名。
有効範囲:最大半角 16 文字
(全角文字使用可能)
初期値:作成元トレンドタグ
のコメント。
瞬時値(初期値)
平均値
最大値
最小値
説明
レポートタグ名を設定します。
レポートタグに対応するトレンドタグを設定します。
「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が表示
されますので、設定するトレンドタグを選択してくだ
さい。
コメントを設定します。
収集するデータの種別を設定します。積算差分で
は桁上がり後、値が「0」にリセットされる場合には
「積算差分」を、値が「1」にリセットされる場合には
「積算差分2」を指定します。
積算差分
差分積算2
桁上り値
展開方法
小数点
有効桁数
編集
下限設定値
編集
上限設定値
有効範囲:15 桁実数値
初期値:0
合計値(初期値)
平均値
最大値
最小値
有効範囲:0~5
初期値:0
有効範囲:-32000~32000
初期値:作成元プロセスタグ
のレンジ下限設定値。
有効範囲:-32000~32000
初期値:作成元プロセスタグ
のレンジ上限設定値。
編集
小数点位置
上記の収集種別の設定で「積算差分」または「積算
差分2」を選択したときの桁上り値を設定します。桁
上り値は接続されている IO 機器の仕様や設定によ
って異なります。
収集した日報データの月報・年報への展開方法を
設定します。
レポートデータを表示・印刷する際に、小数点以下
何桁目までを使用するか設定します。
レポートデータ値を編集するときの入力許容範囲の
上/下限値と、その小数点位置を設定します。
例)
編集下限設定値:100
編集上限設定値:500
編集小数点位置:2
設 定 値 は 「 1.00 ~
5.00」となる
有効範囲:0~5
レポートデータ値編集の詳細については「10.11.2レ
初期値:作成元プロセスタグ
ポートビュー」を参照してください。
の小数点位置。
単位
有効範囲:最大半角 8 文字
単位を設定します。レポートの印刷と表示画面で使
初期値:作成元プロセスタグ 用されます。
の単位。
*1 レポートタグ設定で、次の変更を行った場合に下記のダイアログが表示されます。
• トレンドタグ名
• 収集種別
127
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
「はい」を選択すると、ログファイルが新規に作成され、新たにデータ収集を開始します。「いいえ」を選
択した場合には、設定変更前に使用していたログファイルを継続して使用します。「キャンセル」を選
択した場合には、データベースの更新を行わずレポートタグ設定画面に戻ります。
「はい」を選択した場合、更新後にレポートビルダの画面編集で指定されているレポートタグは、旧来
のレポートタグを示しています。更新後のレポートデータをレポートビューで表示するには、レポートビ
ルダの画面編集で再度レポートタグを指定するか、新規にレポートフォーマット・ページを追加して更
新したレポートタグを設定してください。レポートビルダの詳細については「8レポートビルダ」を参照し
てください。
*2 レポートタグ設定で、次の変更を行った場合に下記のダイアログが表示されます。
• レポートタグ名
• 注1のダイアログで「はい」を選択した場合
「はい」を選択すると、設定変更前に使用していたログファイルはそのまま残ります。「いいえ」を選択
した場合には、設定変更前に使用していたログファイルを削除します。「キャンセル」を選択した場合
には、データベースの更新を行わず、レポート設定画面に戻ります。
「いいえ」を選択した場合には、さらに下記の確認のダイアログが表示されます。
ログファイルの場所についての詳細については「6.3.6.2.2レポートログ機能」を参照して下さい。
128
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7 アラームタグ
アラームタグは、アナログアラームタグとデジタルアラームタグの、二種類のタグを登録することができます。
6.7.1 アラームタグの追加
ツリー部の「アナログアラーム」のショートカットメニューで「新規アナログアラーム作成」を選択すると、プロ
パティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してくださ
い。登録済みアナログアラームタグのプロパティを変更したい場合は、アナログアラームタグのショートカッ
トメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。
ツリー部の「デジタルアラーム」のショートカットメニューで「新規デジタルアラーム作成」を選択すると、プロ
パティ設定ダイアログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してくださ
い。登録済みデジタルアラームタグのプロパティを変更したい場合は、デジタルアラームタグのショートカッ
トメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。
129
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2 アナログアラーム
アナログアラームはアナログタグの状態変化によって発生します。
6.7.2.1 アナログアラームタグの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
6.7.2.1.1 共通設定部
ここではアラームの種別に依存しない共通情報を設定します。共通設定部の各設定項目については、次
表を参照してください。
設定項目
アラーム種別
設定値
上限(初期値)
下限
偏差上限
偏差下限
変化率
4点警報
説明
アラーム種別を設定します。
130
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
アラーム
タグ名*1
設定値
説明
有効範囲:最大半角 16 文 アラームタグ名を設定します。
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグ名。アラー
ムサーバ以下のツリーから
作成した場合、空白。
アラーム
有効範囲:登録済みアラーム アラームタグを管理する、アラームサーバーを設定
サーバ名。
します。
サーバ名
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、空
白。アラームサーバ以下のツ
リーから作成した場合、作成
元アラームサーバ名。
アラーム名
有効範囲:最大半角 32 文字 アラーム名を設定します。
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
プロセスタグ名 有効範囲:登録済みプロセス アラームタグに対応するプロセスタグを設定しま
タグ名。
す。「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が
初期値:プロセスタグ以下の 表示されますので、設定するプロセスタグを選択し
ツリーから作成した場合、作 てください。
成元プロセスタグ名。アラー
ムサーバ以下のツリーから
作成した場合、空白。
タグ拡張子
指定無し(初期値)
「指定無し」を選択した場合は、PV(測定値)として
扱われます。対応プロセスタグタイプによって、選択
PV
できるタグ拡張子が異なります。詳細については
SV
「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照してください。
MV
コメント
有効範囲:最大半角文字 16 コメントを設定します。
文字(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグのコメント。
アラームサーバ以下のツリー
から作成した場合、空白。
*1 「アラーム種別」が「4点警報」の時、アラームタグ名が半角 10 文字を越えると4点警報タグフェースプレ
ートでタグ名の表示文字が小さくなります。4点警報タグフェースプレートの詳細については「10.5.1.204
点警報タグのフェースプレート」を参照してください。
131
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.1.2 条件設定
ここではアラームの発生/復帰条件を設定します。条件設定の各設定項目については、次表を参照してく
ださい。
上限/下限
偏差上限/偏差下限
変化率
132
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
4点警報
設定項目
限界値計算式
上上限/上限/
下限/下下限
値計算式*1
ヒス
テリシス
値
変化率
走査時間
設定値
発
生
復
帰
設定値
有効範囲:「6.7.2.3限界値計
算式の書式 」を参照してくだ
さい。
初期値:(空白)
有効範囲:15 桁実数値
初期値:0
有効範囲:1~3600
初期値:0
有効範囲:
初期値:0
説明
それぞれのアラームを発生させる限界値の計算式
を設定します。値はレンジ変換後の値を設定しま
す。「入力支援」を選択すると、式入力ダイアログが
表示されます。式入力ダイアログについての詳細に
ついては「6.7.2.4計算式の入力支援」を、計算式の
書式については「6.7.2.3限界値計算式の書式」を参
照してください。
限界値または設定値に対して、アラームが発生/復
帰するまでの偏差。値は、レンジ変換後の値を設定
します。
アラーム種別で変化率が選択されている場合に設
定します。単位は秒です。
偏差アラームの発生/復帰を決定する基底値です。
アラーム種別は偏差上限または偏差下限と設定さ
れる時のみ、設定値が有効になります。設定値を
指定しない場合はデフォルトで 0 となります。値は、
レンジ変換後の値を設定します。
設定値
有効範囲:登録済みプロセス アラーム種別が偏差上限または偏差下限の場合
タグ名。
に、設定値として値を参照するプロセスタグを設定
参照タグ名
します。「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面
初期値:(空白)
が表示されますので、設定するプロセスタグを選択
してください。また「解除」ボタンを押すと、現在の設
定値参照タグ名設定が解除されます。この項目を
設定する場合は、事前に、「設定値」の項目を空白
にして下さい。
タグ拡張子
指定無し(初期値)
「指定無し」を選択した場合は、PV(測定値)として
扱われます。対応プロセスタグタイプによって、選択
PV
できるタグ拡張子が異なります。詳細については
SV
「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照してください。
MV
*1 4点警報タグの限界値はランタイム時にチューニング部品にて変更することが出来ます。ただし、この
限界値の変更は計算式でタグ形式AO1(アナログ出力)タグかMAO(Modbus AO)タグかMTA(Memory
Tag Analog)タグ、1項が指定されている場合のみ可能です。詳細については「10.9.2チューニング」を参
照してください。
133
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.1.3 アラーム設定
ここではアラーム発生時に、「アラームサマリ」の「状態」一覧に表示されるメッセージの、表示設定を行い
ます。アラーム設定の各設定項目については、次表を参照してください。アラームサマリの詳細について
は「10.7アラームサマリ」を参照してください。
上限/下限/偏差上限/偏差下限/変化率
4点警報
134
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
タグ重要度
上上限重要度
上限重要度
下限重要度
下下限重要度
メッセージ
文字色
点滅
アラーム
メッセージ1*1
アラーム
メッセージ2*1
メッセージの
種類
メッセージ
出力方法
設定値
説明
重要度を設定します。ここで設定したタグの重要度
によって、「アラームサマリ」などはプロセスタグ・ア
ラームを区別して一覧表示/ファイル出力します。
重
「アラームサマリ」の詳細については「10.7.1アラー
ムサマリ」を参照してください。
有効範囲:24bit カラー
アラーム発生時のアラームサマリ上のメッセージ色
を設定します。色ボタンを選択すると「色の設定」ダ
初期色:黒
イアログが表示されます。
(チェック有り)
「有」にチェックを付けた場合、アラーム発生時に、
アラームサマリ上のメッセージを点滅させます。た
だし「メッセージの種類」を「シーケンス」に設定した
(チェック無し)(初期値)
場合は、「有」にチェックを付けた場合でも、メッセー
ジは点滅しません。
有効範囲:最大半角 64 文字 アラーム発生/復帰時に「メッセージ出力方法」の設
または、全角 32 文字
定に従って出力されるメッセージを設定します。リス
トから選択、または直接入力してください。
初期値:(空白)
入力したメッセージが「メッセージ」に登録されてい
ない場合には、自動的に登録されます。「メッセー
ジ」の詳細については「6.10メッセージ」を参照してく
ださい。
アラーム(初期値)
アラーム発生/復帰時に出力される、メッセージの
種別を設定します。メッセージの種別の詳細につい
ては「10.7.1.1状態」を参照してください。
シーケンス
軽(初期値)
発生時、復帰時とも:メッセー アラーム発生時のメッセージ出力方法を設定しま
ジ1(初期値)
す。
発生 時:メッセ ージ1 、復帰
時:メッセージ2
発生 時:メッセ ージ1 、復帰
時:なし(アラーム自体も発生
に限る)
発生時:なし、復帰時:メッセ
ージ1(アラーム自体も復帰
に限る)
*1 「アラーム種別」で「4点警報」を選択した場合には、この項目の設定はできません。「4点警報」の発生/
復帰時はシステム組み込みの定型文のみが出力されます。4点警報のアラームメッセージの詳細につ
いては「10.7.3.1アラームタグのアラーム・メッセージ」を参照してください。
135
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.1.4 発生時出力/復帰時出力
ここではアラーム発生/復帰時に、他のプロセスタグへ入出力を行う際の、動作設定を行います。発生時
出力/復帰時出力の各設定項目については、次表を参照してください。
上限/下限/偏差上限/偏差下限/変化率
4点警報
136
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
出力先
タグ名*1*2
上上限/上限
下限/下下限
出力先
タグ名*1*2
出力値*1*2
出力値参照
タグ名*1*2
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス それぞれのアラーム発生/復帰時に、値設定を行う
タグ名。
対象となるプロセスタグを設定します。「選択」を押
すと、データセレクタが表示されますので、これを用
初期値:(空白)
いプロセスタグを選択してください。「解除」を選択す
ると出力先タグ設定がクリアされ未設定状態に戻り
ます。
有効範囲:15 桁実数値
初期値:(空白)
有効範囲:登録済みプロセス
タグ名。
初期値:(空白)
「~出力先タグ名」で設定したプロセスタグに対し
て、出力する値を設定します。
「~出力先タグ名」で設定したプロセスタグに対し
て、出力値として値を参照するプロセスタグを設定
します。「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面
が表示されますので、設定するプロセスタグを選択
してください。また「解除」ボタンを押すと、現在の出
力値参照タグ名設定が解除されます。この項目を
設定する場合は、事前に、「出力値」の項目を空白
にして下さい。
「指定無し」を選択した場合は、PV(測定値)として
扱われます。対応プロセスタグタイプによって、選択
できるタグ拡張子が異なります。詳細については
「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照してください。
指定無し(初期値)
PV
SV
MV
UA
LA
DA
*1 ここでの出力設定はアラームの発生・復帰時のみに動作する設定です。発生時にあるタグに値を出力
するように設定しても、アラーム発生中に、そのタグの値が発生時出力と同一である保証はありません
し、復帰時にあるタグに値を出力するように設定しても、アラーム未発生時に、そのタグの値が復帰時
出力と同一である保証もありません。
*2 「~出力先タグ名」がディジタル出力タグの場合、出力値/出力値参照タグ・タグ拡張子の値が「0」以外
の場合 ON に、「0」の場合 OFF に、セットされます。
タグ
拡張子*1*2
137
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.2 アナログアラームの発生条件と復帰条件
アラーム種別
上限
下限
偏差上限
偏差下限
変化率
4点警報
上
上
限
上
限
下
限
下
下
限
アラーム発生
プロセスタグ値が、[限界計算値+発生
ヒステリシス値]を超えて上がった場合。
プロセスタグ値が、[限界計算値-発生
ヒステリシス値]を超えて下がった場合。
プロセスタグ値が、[設定値または設定
値参照タグ値+限界計算値+発生ヒス
テリシス値]を超えて上がった場合。
プロセスタグ値が、[設定値または設定
値参照タグ値-限界計算値-発生ヒス
テリシス値]を超えて下がった場合。
変化率走査時間で設定した時間間隔で
値をサンプリングし、[最新値-前回値]
が正の値で、[限界計算値+発生ヒステ
リシス値]より大きくなった場合。もしくは
[最新値-前回値]が負の値で、[限界計
算値+発生ヒステリシス値]より小さくな
った場合。
プロセスタグ値が、[上上限計算値+発
生ヒステリシス値]を超えて上がった場
合。
プロセスタグ値が、[上限計算値+発生
ヒステリシス値]を超えて上がった場合。
プロセスタグ値が、[下限計算値-発生
ヒステリシス値]を超えて下がった場合。
プロセスタグ値が、[下下限計算値-発
生ヒステリシス値]を超えて下がった場
合。
138
アラーム復帰
プロセスタグ値が、[限界計算値-復帰
ヒステリシス値]以下になった場合
プロセスタグ値が、[限界計算値+復帰
ヒステリシス値]以上になった場合
プロセスタグ値が、[設定値または設定
値参照タグ値+限界計算値-復帰ヒス
テリシス値]以下になった場合
プロセスタグ値が、[設定値または設定
値参照タグ値-限界計算値+復帰ヒス
テリシス値]以上になった場合
変化率走査時間で設定した時間間隔で
値をサンプリングし、[最新値-前回値]
が正の値で、[限界計算値-復帰ヒステ
リシス値]以下になった場合。もしくは[最
新値-前回値]が負の値で、[限界計算
値-復帰ヒステリシス値]以上になった
場合。
プロセスタグ値が、[上上限計算値-復
帰ヒステリシス値]以下になった場合
プロセスタグ値が、[上限計算値-復帰
ヒステリシス値]以下になった場合
プロセスタグ値が、[下限計算値+復帰
ヒステリシス値]以上になった場合
プロセスタグ値が、[下下限計算値+復
帰ヒステリシス値]以上になった場合
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.3 限界値計算式の書式
プロセスタグ値
プロセスタグ値の書式はプロセスタグ名を、半角文字の「P(」と「)」で囲みます。
例1)プロセスタグ「AI001」の値
P(AI001)
タグ拡張子はプロセスタグ名の後に「 : 」(コロン)を付け、その後に続けて半角文字で記述します。
例2)プロセスタグ「BCA001」の PV(測定値)
P(BCA001:PV)
プロセスタグを示す指定子
プロセスタグ名
プロセスタグ拡張子
プロセスタグ拡張子区切り
定数値
実数値の記述ができます。
演算子
以下の演算子が使用可能です。
表記
説明
()
括弧
+
単項プラス
単項マイナス
*
乗算
/
除算
+
加算
減算
優先度
最高
高
高
中
中
低
低
結合方向
左から右
なし
なし
左から右
左から右
左から右
左から右
例3)プロセスタグ「BCA001」の SV(設定値)とプロセスタグ「BCA001」の MV(操作出力値)の和を、2
で割った値
(P(BCA001:SV)+P(BCA001:MV))/2
演算子
定数値
その他
限界計算式は半角 256 文字まで設定可能です。また限界計算式中に、プロセスタグ値は6個まで使
用可能です。
139
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.2.4 計算式の入力支援
②
①
④
③
⑤
名称
① 式テキストボックス
説明
ここに、計算式を入力します。
計算式の書式についての詳細については「6.7.2.3限界値計算式の書式」
を参照してください。
② プロセスタグ挿入ボタ 「プロセスタグ挿入」ボタンを選択すると、データセレクタが表示されますの
ン
で、これを用いプロセスタグを選択してください。
データセレクタでプロセスタグを選択すると下記の「拡張子選択」ダイアロ
グが表示されます。ドロップダウンリストからタグ拡張子を選択して、「OK」
を選択してください。「キャンセル」を選択すると、プロセスタグ挿入は行わ
ずに、「式入力」ダイアログに戻ります。
③ チェックボタン
上記で選択されたプロセスタグは、①式テキストボックスの、カーソル位置
に挿入されます。
「チェック」を選択すると、①式テキストボックスに入力されている計算式の
書式評価が行われます。計算式の書式にエラーがない場合には下記の
確認ダイアログが表示されます。
書式に誤りがある場合、下記の解析エラーダイアログが表示されます。こ
こで「OK」を選択すると、①式テキストボックスでエラー箇所にカーソルの
フォーカスがセットされます。
④ OK ボタン
⑤ キャンセルボタン
書式チェックを行い、エラーがなければ、①①式テキストボックスに入力さ
れている計算式を、このダイアログ呼び出し元の計算式設定に反映させ
ます。
プロセスタグの選択を行わずに、「式入力」ダイアログを閉じます。
140
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.3 デジタルアラーム
デジタルアラームはデジタルタグの状態変化によって発生します。アラームのトリガーは ON か OFF 状態
のいずれか1つになります。
6.7.3.1 デジタルアラームの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
設定項目
アラーム
タグ名*1
アラーム
サーバ名
アラーム名
重要度
設定値
有効範囲:最大半角 16 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグ名。アラー
ムサーバ以下のツリーから
作成した場合、空白。
有効範囲:登録済みアラーム
サーバ名。
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、空
白。アラームサーバ以下のツ
リーから作成した場合、作成
元アラームサーバ名。
有効範囲:最大半角 32 文字
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
軽(初期値)
141
説明
アラームタグ名を設定します。
アラームタグを管理する、アラームサーバーを設定
します。
アラーム名を設定します。
重要度を設定します。ここで設定したタグの重要度
によって、「アラームサマリ」などはプロセスタグ・ア
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
設定値
説明
ラームを区別して一覧表示/ファイル出力します。
「アラームサマリ」の詳細については「10.7.1アラー
ムサマリ」を参照してください。
有効範囲:登録済みプロセス アラームタグに対応するプロセスタグを設定しま
タグ名。
す。「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が
初期値:プロセスタグ以下の 表示されますので、設定するプロセスタグを選択し
ツリーから作成した場合、作 てください。
成元プロセスタグ名。アラー
ムサーバ以下のツリーから
作成した場合、空白。
指定無し(初期値)
「指定無し」を選択した場合は、いずれかの拡張子
がONになった場合として扱われます。対応プロセス
UA
タグタイプによって、選択できるタグ拡張子が異なり
LA
ます。詳細については「6.4.1タグタイプとタグ拡張子
DA
」を参照してください。
(チェック有り)
チェックを付けた場合、ON/OFF を反転した値をもと
に、アラーム発生/復帰の出力動作を行います。
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:0~3600
接点が ON になってから ON であると認知するまで
の不感帯時間を設定します。
初期値:0
有効範囲:0~3600
接点が OFF になってから OFF であると認知するま
での不感帯時間を設定します。
初期値:0
有効範囲:登録済みプロセス この設定を行った場合、ここで選択したプロセスタ
タグ名。
グ値と、上記の「プロセスタグ名」で設定したプロセ
スタグ値との間で AND 処理を行い、その結果に基
初期値:(空白)
づいてアラーム発生/復帰の出力動作を行います。
「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面が表示
されますので、設定するプロセスタグを選択してくだ
さい。また「解除」ボタンを押すと、現在の参照プロ
セスタグ設定が解除されます。
指定無し(初期値)
「指定無し」を選択した場合は、いずれかの拡張子
がONになった場合として扱われます。対応プロセス
UA
タグタイプによって、選択できるタグ拡張子が異なり
LA
ます。詳細については「6.4.1タグタイプとタグ拡張子
DA
」を参照してください。
(チェック有り)
チェックを付けた場合、ON/OFF を反転した値をもと
に、アラーム発生/復帰の出力動作を行います。
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:0~3600
接点が ON になってから ON であると認知するまで
の不感帯時間を設定します。
初期値:0
有効範囲:0~3600
接点が OFF になってから OFF であると認知するま
での不感帯時間を設定します。
初期値:0
有効範囲:最大半角 64 文字 アラーム発生/復帰時に「メッセージ出力方法」の設
または、全角 32 文字
定に従って出力されるメッセージを設定します。リス
トから選択、または直接入力してください。
初期値:(空白)
入力したメッセージが「メッセージ」に登録されてい
ない場合には、自動的に登録されます。「メッセー
ジ」の詳細については「6.10メッセージ」を参照してく
ださい。
アラーム(初期値)
アラーム発生/復帰時に出力される、メッセージの
種別を設定します。メッセージの種別の詳細につい
ては「10.7.1.1状態」を参照してください。
シーケンス
重
プロセスタグ名
タグ拡張子
反転
不感帯
ON 時間
不感帯
OFF 時間
参照
プロセスタグ
拡張子
反転
不感帯
ON 時間
不感帯
OFF 時間
アラーム
メッセージ1*1
アラーム
メッセージ2*1
メッセージの
種類
メッセージ
出力方法
発生時、復帰時とも:メッセー アラーム発生時のメッセージ出力方法を設定しま
ジ1(初期値)
す。
142
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
設定値
説明
発 生時:メッセ ージ 1、復帰
時:メッセージ2
発 生時:メッセ ージ 1、復帰
時:なし(アラーム自体も発生
に限る)
発生時:なし、復帰時:メッセ
ージ1(アラーム自体も復帰
に限る)
メッセージ
有効範囲:24bit カラー
アラーム発生時のアラームサマリ上のメッセージ色
を設定します。色ボタンを選択すると「色の設定」ダ
文字色
初期色:黒
イアログが表示されます。
点滅
(チェック有り)
「有」にチェックを付けた場合、アラーム発生時に、
アラームサマリ上のメッセージを点滅させます。た
だし「メッセージの種類」を「シーケンス」に設定した
(チェック無し)(初期値)
場合は、「有」にチェックを付けた場合でも、メッセー
ジは点滅しません。
コメント
有効範囲:最大半角文字 16 コメントを設定します。
文字(全角文字使用可能)
初期値:プロセスタグ以下の
ツリーから作成した場合、作
成元プロセスタグのコメント。
アラームサーバ以下のツリー
から作成した場合、空白。
発生時/
有効範囲:登録済みプロセス アラーム発生/復帰時に、値設定を行う対象となる
タグ名。
プロセスタグを設定します。「選択」を押すと、データ
復帰時
セレクタが表示されますので、これを用いプロセスタ
出力先
初期値:(空白)
グを選択してください。「解除」を選択すると出力先
タグ名*1*2
タグ設定がクリアされ未設定状態に戻ります。
出力値*1*2
有効範囲:15 桁実数値
「~出力先タグ名」で設定したプロセスタグに対し
て、出力する値を設定します。
初期値:(空白)
出力値参照
有効範囲:登録済みプロセス 「~出力先タグ名」で設定したプロセスタグに対し
タグ名。
て、出力値として値を参照するプロセスタグを設定
タグ名*1*2
します。「選択」ボタンを押すと、データセレクタ画面
初期値:(空白)
が表示されますので、設定するプロセスタグを選択
してください。また「解除」ボタンを押すと、現在の出
力値参照タグ名設定が解除されます。この項目を
設定する場合は、事前に、「出力値」の項目を空白
にして下さい。
「指定無し」を選択した場合は、PV(測定値)として
指定無し(初期値)
タグ
扱われます。対応プロセスタグタイプによって、選択
拡張子*1*2 PV
できるタグ拡張子が異なります。詳細については
SV
「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照してください。
MV
UA
LA
DA
*1 ここでの出力設定はアラームの発生・復帰時のみに動作する設定です。発生時にあるタグに値を出力
するように設定しても、アラーム発生中に、そのタグの値が発生時出力と同一である保証はありません
し、復帰時にあるタグに値を出力するように設定しても、アラーム未発生時に、そのタグの値が復帰時
出力と同一である保証もありません。
*2 「~出力先タグ名」がディジタル出力タグの場合、出力値/出力値参照タグ・タグ拡張子の値が「0」以外
の場合 ON に、「0」の場合 OFF に、セットされます。
143
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.7.4 アラームタグによるアラームとプロセスタグによるアラーム
アラームには L-Bus 機器(MsysNet 機器)プロセスタグによるアラームと、アラームタグによるアラームの二
種類があります。
プロセスタグによるアラームは L-Bus 機器(MsysNet 機器)の計器ブロック設定により発生/復帰条件が定
義され、アラーム発生/復帰状況の判断も機器側で行われます。一方アラームタグによるアラームでは発
生/復帰条件の定義はシステムビルダで行い、アラーム発生/復帰状況の判断はアラームサーバによって
行われます。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)では両方の種類のアラームが使用できますが、アラームタグではなく L-Bus 機
器(MsysNet 機器)の計器ブロックにより、アラームを定義することをお奨めします。Modbus 機器ではプロセ
スタグによるアラームは使用出来ませんので、アラームタグによるアラームを使用してください。
SCADALINX のランタイムでの発生状況の監視は、いずれのタグであっても、アラームサマリ等で行えま
す。
144
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.8 メモリタグ
プロセスタグの中で、下位の IO 機器に依存しないメモリタグの「MAT」「MDT」が登録されます。
6.8.1 メモリタグの追加
ツリーの「メモリタグ」フォルダの右クリックから「新規プロセスタグ」を選択することにより、プロセスタグ(メ
モリタグ)の追加ができます。登録済みプロセスタグ(メモリタグ)のプロパティを変更したい場合は、プロセス
タグ(メモリタグ)のショートカットメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。タグ
の設定などプロセスタグの詳細については「6.4プロセスタグ」を参照してください。
145
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.9 プロセスタグ仮登録
プロセスタグのプロパティにてロケーションの解除操作を行った場合など、ロケーションの確定していないプロ
セスタグ情報を仮登録しておくことが出来ます。仮登録されたプロセスタグは、ロケーションが決定した段階で
ロケーションのみ設定し、本登録することが可能です。
6.9.1 プロセスタグ仮登録の追加
ツリーの「プロセスタグ仮登録」フォルダの右クリックから「新規プロセスタグ」を選択することにより、プロセ
スタグの追加ができます。登録済みプロセスタグのプロパティを変更したい場合は、プロセスタグのショー
トカットメニューで「プロパティ」を選択しプロパティ設定ダイアログを開きます。タグの設定などプロセスタグ
の詳細については「6.4プロセスタグ」を参照してください。
146
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.10 メッセージ
アナログアラームやデジタルアラームで利用するメッセージを登録します。また、事前にメッセージを登録しな
くても、アナログアラームやデジタルアラーム登録時に、未登録のメッセージを指定した場合は、自動的にここ
に登録されます。
6.10.1 メッセージの追加
ツリー部の「メッセージ」のショートカットメニューで「新規メッセージ作成」を選択すると、プロパティ設定ダイ
アログが表示されます。各項目のデータを入力した後、「新規追加」ボタンを選択してください。登録済みメ
ッセージのプロパティを変更したい場合は、メッセージのショートカットメニューで「プロパティ」を選択しプロ
パティ設定ダイアログを開きます。
147
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.10.2 メッセージの設定
プロパティ画面の各設定項目については、次表を参照してください。
設定項目
ID
メッセージ
設定値
説明
有効範囲:1~32767
メッセージの ID 番号を設定します。
初期値:登録済みメッセージ
の ID 番号 + 1
有効範囲:最大半角 64 文字 メッセージの文字列を設定します。
(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
148
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11 IO 機器の設定の補足
6.11.1 L-Bus 機器(Msysnet 機器)
6.11.1.1 ステーション/カード
6.11.1.1.1 R3RTU-EM
弊社エンベデッドコントローラ R3RTU-EM との接続設定について補足します。R3RTU-EM の設定は
「SFEWin」にて行います。R3RTU-EM と「SFEWin」についての詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してく
ださい。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「L-Bus」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
ステーション
有効範囲:0~63
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
ド。
説明
R3RTU-EM のステーション番号を指定します。
設定の必要はありません。初期値の「0.0.0.0」のま
まにします。
「R3RTU-EM [0.0]」を選択します。
カード/ノードの設定
項目
設定値
説明
カード
有効範囲:0~15
データを取得する R3RTU-EM 内部の仮想カードの
カード番号を指定します。
/ノード番号
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:「L-Bus」プロトコ 「R3RTU-EM [0.0]」を選択します。
ルでサポートする DCS カー
カード名
ド。
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:0~99
/レジスタ番号 初期値:(空白)
製品名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ルでサポートする計器ブロッ
ク。
149
説明
データを取得する R3RTU-EM 内部の仮想カードの
グループ番号を設定します。
データを取得する R3RTU-EM 内部の仮想カードの
グループに割り当てられている計器ブロックを選択
します。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定例
使用機器
R3RTU-EM
通信カード側設定項目
ステーション番号
備考
値
0
1. SFEWin を起動します。
2. 「ジョブ選択」ウインドウの「新規作成」ボタン、または「(プロジェクト名)」ボタンを選択しプロジェクトを開
き、「メニュー選択」画面を開きます。
150
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3. 「システム構成登録・変更」を選択し、「システム構成」画面を開きます。
4. 最左列の L-Bus カード(ステーション)設定領域の中で、R3RTU-EM に設定するステーション番号のステ
ーションを選択し(ここの例では「0」を選択します。)、右クリックメニューの「機器設定」を選択し、「機種
選択」ダイアログを開き、下記のように設定します。
項目
機種名
バージョン
説明
「R3RTU」を選択してください。
使用する R3RTU-EM に応じて設定します。
注 R3RTU-EM に設定したステーション番号は、システムビルダのステーションの「ステーション番号」
の設定と一致させる必要があります。
151
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5. 「確定」ボタンを選択し、「機種選択」ダイアログを閉じます。
6. 自動的に「カード枚数登録」ダイアログが開かれます。下記のように設定します。
項目
カード枚数
説明
R3RTU-EM 内部の仮想カード枚数を、使用状況に応じて設定します。
7. 登録した R3RTU-EM 内部の仮想カードの各項目を使用状況に応じて設定します。
8. 最左列の L-Bus カード(ステーション)設定領域の中で、設定した R3RTU-EM を選択し、右クリックメニュ
ーの「ダウンロード」または「ネットワークダウンロード」を選択し、パラメータを R3RTU-EM に書き込みま
す。
9. R3RTU-EM の電源を再投入します。
152
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.1.2 72LB(2)-NB
弊社 L-Bus 接続用通信ユニット 72LB(2)-NB との接続設定について補足します。72LB(2)-NB の設定は本
体ディップスイッチ、72LB(2)-NB の下位の各 NestBus 製品の設定は「SFEWin」にて行います。72LB(2)-NB、
各 NestBus 製品と「SFEWin」についての詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
注 Windows Vista の場合、72LB2-NB のバージョン 1.10 以降をご使用ください。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「L-Bus」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
ステーション
有効範囲:0~63
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
ド。
カード/ノードの設定
項目
設定値
カード
有効範囲:0~15
/ノード番号
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ルでサポートする DCS カー
カード名
ド。
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:0~99
/レジスタ番号 初期値:(空白)
製品名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ルでサポートする計器ブロッ
ク。
153
説明
72LB(2)-NB のステーション番号を指定します。
設定の必要はありません。初期値の「0.0.0.0」のま
まにします。
「72LB-NB [0.0]」を選択します。
説明
データを取得する 72LB(2)-NB 下位の NestBus 製
品のカード番号を指定します。
データを取得する 72LB(2)-NB 下位の NestBus 製
品のカード名を選択します。
説明
データを取得する 72LB(2)-NB 下位の NestBus 製
品のグループ番号を設定します。
データを取得する 72LB(2)-NB 下位の NestBus 製
品のグループに割り当てられている計器ブロックを
選択します。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定例
使用機器
72LB-NB
備考
本体のディップスイッチにて、ステーション
番号を「0」に設定。システムビルダのステ
ーションの「ステーション番号」の設定と一
致させる必要があります。
1. SFEWin を起動します。
2. 「ジョブ選択」ウインドウの「新規作成」ボタン、または「(プロジェクト名)」ボタンを選択しプロジェクトを開
き、「メニュー選択」画面を開きます。
154
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3. 「システム構成登録・変更」を選択し、「システム構成」画面を開きます。
4. 最左列の L-Bus カード(ステーション)設定領域の中で、72LB-NB に設定したステーション番号のステー
ションを選択し(ここの例では「0」を選択します。)、右クリックメニューの「機器設定」を選択し、「機種選
択」ダイアログを開き、下記のように設定します。
項目
機種名
バージョン
説明
「72LB」を選択してください。
使用する 72LB-NB に応じて設定します。
5. 「確定」ボタンを選択し、「機種選択」ダイアログを閉じます。
6. 登録した 72LB-NB 下位の各 NestBus 製品の各項目を使用状況に応じて設定します。
7. 各 NestBus 製品の右クリックメニューの「ダウンロード」を選択し、パラメータを NestBus 製品に書き込み
ます。
8. 72LB-NB と各 NestBus 製品の電源を再投入します。
155
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.1.3 72EU-LB
弊社 PLC・L-Bus 接続用通信ユニット 72EU-LB との接続設定について補足します。72EU-LB の設定は本
体ディップスイッチと「72EUBLD」にて行います。72EU-LB と「72EUBLD」についての詳細は 72EU-LB の取
扱説明書を参照してください。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「L-Bus」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
ステーション
有効範囲:0~63
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
ド。
説明
72EU-LB のステーション番号を指定します。
設定の必要はありません。初期値の「0.0.0.0」のま
まにします。
「72EU-LB [0.0]」を選択します。
カード/ノードの設定
項目
設定値
説明
カード
有効範囲:0~15
データを取得する 72EU-LB 内部の仮想カードのカ
ード番号を指定します。
/ノード番号
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:「L-Bus」プロトコ 「72EU-LB [0.0]」を選択します。
ルでサポートする DCS カー
カード名
ド。
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:0~99
/レジスタ番号 初期値:(空白)
製品名
有効範囲:「L-Bus」プロトコ
ルでサポートする計器ブロッ
ク。
156
説明
データを取得する 72EU-LB 内部の仮想カードのグ
ループ番号を設定します。
データを取得する 72EU-LB 内部の仮想カードのグ
ループに割り当てられている計器ブロックを選択し
ます。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定例
使用機器
72EU-LB
備考
本体のディップスイッチにて、ステーション
番号を「0」に設定。システムビルダのステ
ーションの「ステーション番号」の設定と一
致させる必要があります。
1. 72EUBLD を起動し、そのまま新規の設定ファイルを使用するか、メニューの「ファイル」→「新規作成」ま
たは「開く」を選択し、設定ファイルを開きます。
2. 「一般」タブを選択し、下記のように設定します。
項目
名称
ステーション番号
IP アドレス
サブネットマスク
説明
任意の名称を設定します。
72EU-LB のステーション番号を選択します。システムビルダのステーショ
ンの「ステーション番号」の設定と一致させる必要があります。ここの例で
は「0」を設定します。
下位の PLC との通信に使用する 72EU-LB の IP アドレスを使用状況に応
じて設定します。
下位の PLC との通信に使用する 72EU-LB のサブネットマスクを使用状況
に応じて設定します。
3. 「PLC1~4」タブを選択し、PLC との通信、72EU-LB 内部の仮想カードの各項目を使用状況に応じて設
定します。
4. メニューの「ロード」→「ダウンロード」を選択し、パラメータを 72EU-LB に書き込みます。
5. 72EU-LB の電源を再投入します。
157
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.2 グループ
6.11.1.2.1 NestBus カード上のパルス入力端子
弊社各種 NestBus カード上のパルス入力端子との接続設定について補足します。各種 NestBus カードの
設定は本体ディップスイッチと「SFEWin」にて行います。各種 NestBus カードカードと「SFEWin」についての
詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
パルス入力端子の積算値入力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグの
設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
6.11.1.2.2 QIP(形式44:接点入力/積算値出力)
弊社各種 MsysNet カード内の接点入力/積算値出力計器ブロック QIP との接続設定について補足します。
計器ブロック QIP の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック QIP と「SFEWin」についての詳細は「ネッ
トワーク計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してくだ
さい。
計器ブロックQIPの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグの
設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
6.11.1.2.3 PAD(形式45:パルス加算)
弊社各種 MsysNet カード内のパルス加算計器ブロック PAD との接続設定について補足します。計器ブロ
ック PAD の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック PAD と「SFEWin」についての詳細は「ネットワーク
計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
計器ブロックPADの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグ
の設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
158
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.2.4 QAM(形式46:パルス・アナログ乗算)
弊社各種 MsysNet カード内のパルス・アナログ乗算計器ブロック QAM との接続設定について補足します。
計器ブロック QAM の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック QAM と「SFEWin」についての詳細は「ネ
ットワーク計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してく
ださい。
計器ブロックQAMの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグ
の設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
6.11.1.2.5 QSS(形式47:パルス積算)
弊社各種 MsysNet カード内のパルス積算計器ブロック QSS との接続設定について補足します。計器ブロ
ック QSS の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック QSS と「SFEWin」についての詳細は「ネットワーク
計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
計器ブロックQSSの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグ
の設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
6.11.1.2.6 QNT(形式68:積算(瞬時値入力))
弊社各種 MsysNet カード内の積算(瞬時値入力)計器ブロック QNT との接続設定について補足します。計
器ブロック QNT の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック QNT と「SFEWin」についての詳細は「ネッ
トワーク計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してくだ
さい。
計器ブロックQNTの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグ
の設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
「9999」を指定します。
初期値:0
159
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.2.7 BPS(形式49:バッチプログラム設定)
弊社各種 MsysNet カード内のバッチプログラム設定計器ブロック BPS との接続設定について補足します。
計器ブロック BPS の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック BPS と「SFEWin」についての詳細は「ネ
ットワーク計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してく
ださい。
計器ブロックBPSの積算値出力を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグ
の設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
計器ブロックなどの設定によりリセットが掛かる積
算値が変わりますので使用状況に応じた値を指定
初期値:0
してください。
6.11.1.2.8 TMC(形式90:間欠タイマ)
弊社各種 MsysNet カード内の間欠タイマ計器ブロック TMC との接続設定について補足します。計器ブロッ
ク TMC の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック TMC と「SFEWin」についての詳細は「ネットワーク
計装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
計器ブロックTMCのON/OFF経過時間を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポー
トタグの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
計器ブロック TMC に設定した「ON/OFF 設定時間」
の値を指定してしてください。
初期値:0
6.11.1.2.9 TMR(形式91:タイマ)
弊社各種 MsysNet カード内のタイマ計器ブロック TMR との接続設定について補足します。計器ブロック
TMR の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック TMR と「SFEWin」についての詳細は「ネットワーク計
装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
計器ブロックTMRの経過時間を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグの
設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
計器ブロック TMR に設定した「Y 設定時間」の値を
指定してしてください。
初期値:0
160
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.1.2.10 CTR(形式92:カウンタ)
弊社各種 MsysNet カード内のカウンタ計器ブロック CTR との接続設定について補足します。計器ブロック
CTR の設定は「SFEWin」にて行います。計器ブロック CTR と「SFEWin」についての詳細は「ネットワーク計
装部品 MsysNet システムの計器ブロック・リスト」(マニュアル番号:NTI-6400-3)を参照してください。
計器ブロックCTRの計数値を使用したレポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグの設
定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
計器ブロック CTR に設定した「SC 設定値」の値を指
定してしてください。
初期値:0
161
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.2 Modbus 機器
6.11.2.1 ステーション/カード
6.11.2.1.1 R3-NE1、D3-NE1、R5-NE1、D5-NE1(Modbus)
弊社リモート I/O・テレメータ接続用 Modbus 通信カード R3-NE1、D3-NE1、R5-NE1、D5-NE1(以下 Modbus
通信カード)との接続設定について補足します。Modbus 通信カードの設定は本体ディップスイッチと
「R3CON」「R5CON」「D3CON」「D5CON」(以下「コンフィグレータ」)にて行います。Modbus 通信カードと「コン
フィグレータ」についての詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「Modbus」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
ステーション
有効範囲:0~63
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
有効範囲:「Modbus」プロトコ
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
ド。
説明
他のステーションと重複しない任意の番号を設定し
てください。
Modbus 通信カードの IP アドレスを指定します。
使用する Modbus 通信カードを選択します。
また Modbus 通信カード R/D5-NE1 については、占
有エリア設定により、選択するカード名が下表の様
になります。
I/O カード名
R/D5-NE11
R/D5-NE12
占有エリア設定
占有エリア1
占有エリア2
占有エリアの設定については R/D5-NE1 の取扱説
明書を参照してください。
162
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
カード/ノードの設定
項目
設定値
カード
有効範囲:0~15
/ノード番号
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:「Modbus」プロトコ
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
カード名
ド、I/O カード。
説明
「0」を設定してください。
使用する Modbus 通信カードを選択します。
また Modbus 通信カード R/D5-NE1 については、占
有エリア設定により、選択するカード名が下表の様
になります。
I/O カード名
R/D5-NE11
R/D5-NE12
占有エリア設定
占有エリア1
占有エリア2
占有エリアの設定については R/D5-NE1 の取扱説
明書を参照してください。
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:0~49999
/レジスタ番号 初期値:(空白)
製品名
有効範囲:「Modbus」プロトコ
ルでサポートする I/O カード。
説明
データを取得する Modbus 通信カードのレジスタ番
号を設定します。
データを取得する Modbus 通信カードのレジスタに
割り当てられている I/O カードを選択します。
設定例
使用機器
備考
R3-NE1
通信カード側設定項目
IP アドレス
ポート番号
値
192.168.0.2
502
163
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
1. コンフィグレータ「R3CON」を起動し、そのまま新規のパラメータファイルを使用するか、メニューの
「Files」→「Open」を選択し、パラメータファイルを開きます。
2. メニューの「Connect」→「Connect」を選択し、R3-NE1 に接続します。
3. 「Ethernet Setting」ボタンを選択し、「Ethernet Setting」ダイアログを開き、下記のように設定します。
項目
IP Address
Subnet Mask
TCP
Port1
Socket
Port2
Port3
Port4
説明
Modbus 通信カードの IP アドレスを設定します。システムビルダのステーシ
ョンの「IP アドレス」の設定と一致させる必要があります。ここの例では
「192.168.0.2」を設定します。
Modbus 通信カードのサブネットマスクを使用状況に応じて設定します。
「502」を指定してください。
4. 「Download」ボタンをを選択し、パラメータを R3-NE1 に書き込みます。
5. R3-NE1 の電源を再投入します。
164
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.2.1.2 72EM(2)-M4(Modbus)
弊社 ModbusRTU-TCP ネットワーク変換器 72EM(2)-M4 との接続設定について補足します。72EM(2)-M4
の設定は本体ディップスイッチと Web ブラウザにて行います。Modbus 通信と Web ブラウザについての詳細
はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
注 Windows Vista の場合、72EM2-M4 のバージョン 1.01 以降をご使用ください。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「Modbus」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
説明
ステーション
有効範囲:0~63
72EM(2)-M4 のステーション番号を指定します。
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
72EM(2)-M4 の IP アドレスを指定します。
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
有効範囲:「Modbus」プロトコ 「72EM-M4 [0.0]」を選択します。
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー
ド。
カード/ノードの設定
項目
設定値
説明
カード
有効範囲:0~15
データを取得する 72EM(2)-M4 下位の、I/O カードま
たは、通信カードのカード番号を指定します。
/ノード番号*1
初期値:(空白)
DCS,I/O
有効範囲:「Modbus」プロトコ データを取得する 72EM(2)-M4 下位の、I/O カードま
ル で サ ポ ー トす る 通 信 カ ー たは、通信カードのカード名を選択します。
カード名
ド、I/O カード。
*1 ModbusTCP 仕様上のアドレス指定可能範囲は 0~247 ですが、SCADALINX で指定出来るアドレス範
囲は 0~15 です。使用する下位の、I/O カードまたは、通信カードのアドレス設定は 0~15 の範囲で行
ってください。また実際に利用可能なノードアドレス番号は、接続する IO 機器によって変わります。詳し
くは、接続する IO 機器の説明書を参照して下さい。
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:0~49999
/レジスタ番号 初期値:(空白)
製品名
有効範囲:「Modbus」プロトコ
ルでサポートする I/O カード。
165
説明
データを取得する 72EM(2)-M4 下位の、I/O カードま
たは、通信カードのレジスタ番号を指定します。
データを取得する 72EM(2)-M4 下位の、I/O カードま
たは、通信カードのレジスタに割り当てられている
I/O カードを選択します。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定例
使用機器
72EM-M4
通信カード側設定項目
IP アドレス
備考
値
192.168.0.2
1. Web ブラウザを起動し、URL「http://(72EM-M4 の IP アドレス(工場出荷設定:192.168.0.1))/」に接続し、
「72EM-M4 configuration」画面を開き、下記のように設定します。
項目
IP Address
Subnet Mask
Default Gateway
RS485
Ethernet
説明
72EM-M4 の IP アドレスを設定します。システムビルダのステーションの
「 IP ア ド レ ス 」 の 設 定 と 一 致 さ せ る 必 要 が あ り ま す 。 こ こ の 例 で は
「192.168.0.2」を設定します。
72EM-M4 のサブネットマスクを使用状況に応じて設定します。
72EM-M4 のデフォルトゲートウェイを使用状況に応じて設定します。
72EM-M4 の RS485 通信の設定を使用状況に応じて設定します。
72EM-M4 の Ethernet 通信の設定を使用状況に応じて設定します。
2. 「Password」エディットボックスに「72EM(入力はマスクされ、「●」にて表示されます)」と入力した後、
「Set」ボタンを選択し、パラメータを 72EM-M4 に書き込みます。
3. 72EM-M4 の電源を再投入します。
166
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.2.2 カード/レジスタ
6.11.2.2.1 D3-PA16、D5(T)-PA2、R1M-P4、R3-PA16、R3-PA4A、R5(T)-PA2(積算パ
ルス入力)
弊社リモート I/O・テレメータ用積算パルス入力カード D3-PA16、D5(T)-PA2、R1M-P4、R3-PA16、
R3-PA4A、R5(T)-PA2(以下積算パルス入力カード)との接続設定について補足します。積算パルス入力カ
ードの設定は本体ディップスイッチと「R1CON」「R3CON」「R5CON」「D3CON」「D5CON」(以下「コンフィグレ
ータ」)にて行います。積算パルス入力カードと「コンフィグレータ」についての詳細はそれぞれの取扱説明
書を参照してください。
レポートタグ(積算差分)の設定(詳細は「6.6.2レポートタグの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
収集種別
……
「積算差分2」を選択します。
積算差分
積算差分2
桁上り値
有効範囲:15 桁実数値
コンフィグレータにて設定した値を指定してくださ
い。
初期値:0
6.11.2.2.2 D3-BA32A、D3-BC32A、R3-BA32A、R3-BC32A(BCD 入出力)
弊社リモート I/O・テレメータ用積算 BCD 入出力カード D3-BA32A、D3-BC32A、D3-BA32A、D3-BC32A(以
下 BCD 入出力カード)との接続設定について補足します。BCD 入出力カードの設定は本体ディップスイッ
チと「R3CON」「D3CON」(以下「コンフィグレータ」)にて行います。BCD 入出力カードと「コンフィグレータ」に
ついての詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
グループ/レジスタの設定(詳細は「6.3.5.2グループ/レジスタの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
IO データタイプ ……
「8桁 BCD2(符号なし)」を選択します。
8桁BCD1(符号なし)
8桁BCD2(符号なし)
6.11.2.2.3 R3-PA2(速度・位置入力)
弊社リモート I/O 用速度・位置入力カード R3-PA2 との接続設定について補足します。R3-PA2 の設定は
本体ディップスイッチと「R3CON」(以下「コンフィグレータ」)にて行います。R3-PA2 と「R3CON」についての
詳細はそれぞれの取扱説明書を参照してください。
プロセスタグの共通設定(詳細は「6.4.3.1共通設定部」を参照してください)
項目
設定値
説明
タグタイプ
MAI(Modbus AI)(初期値)
「MAI(Modbus AI)」を選択します。R3-PA2 の「カウン
ト方向」「リセット入力の状態」「警報出力1の状態」
MAO(Modbus AO)
「警報出力1の状態」を、個々のデジタル入力として
MDI(Modbus DI)
取り込むことはできません。
MDO(Modbus DO)
167
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6.11.3 PLC(MELSEC-Q)
6.11.3.1 インターフェイスユニット
6.11.3.1.1 QJ71E71
三菱 MELSEC-Q シリーズ用 Ethernet インターフェイスユニット QJ71E71 との接続設定について補足しま
す。QJ71E71 の設定は「GXDeveloper」にて行います。QJ71E71 と「GXDeveloper」についての詳細はそれ
ぞれの取扱説明書を参照してください。
IOサーバの設定(詳細は「6.3.2.2IOサーバの設定」を参照してください)
項目
設定値
説明
プロトコル
「MELSEC-Q」を選択します。
ステーションの設定
項目
設定値
ステーション
有効範囲:0~63
番号
初期値:(空白)
IP アドレス
有効範囲:
0.0.0.0~255.255.255.255
初期値:0.0.0.0
通信カード名
MELSEC-Q [0.0](初期値)
PLC PC 番号
有効範囲:FF(16 進数)
初期値:(空白)
自局ポート番号 有効範囲:
1024~65534(10 進数)
初期値:(空白)
PLC ポート番号 有効範囲:
1024~65534(10 進数)
初期値:(空白)
カード/ノードの設定
項目
設定値
カード
有効範囲:0
/ノード番号
初期値:(空白)
DCS,I/O
MELSEC-Q [0.0](初期値)
カード名
グループ/レジスタの設定
項目
設定値
グループ
有効範囲:(下表)
/レジスタ番号
名称
有効範囲
入力
X0000~X07FF
(16 進数)
出力
Y0000~Y07FF
(16 進数)
内部
M0000~M8191
リレー
(10 進数)
データ
D0000~D6143
レジスタ (10 進数)
初期値:(空白)
製品名
MELSEC-Q [0.0] 三菱電機
MELSEC-Q(初期値)
168
説明
他のステーションと重複しない任意の番号を設定して
ください。
QJ71E71 の IP アドレスを指定します。
「MELSEC-Q [0.0]」を選択します。
接続する PLC の PC 番号を指定します。
「FF」を設定してください。
QJ71E71 と通信するための PC 側のポート番号を指
定します。
QJ71E71 と通信するための QJ71E71 側のポート番号
を指定します。
説明
「0」を設定してください。
「MELSEC-Q [0.0]」を選択します。
説明
データを取得する PLC CPU のデバイスアドレスを
設定します。
「MELSEC-Q [0.0] 三菱電機 MELSEC-Q」を選択し
ます。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定例
使用機器
QJ71E71-100
パソコン側設定項目
IP アドレス
ポート番号
Ethernet
インターフェイスユニット側
設定項目
IP アドレス
ポート番号
備考
0 スロットに装着。
値
192.168.0.1
7937(16 進数で「1F01」)
値
192.168.0.2
7936(16 進数で「1F00」)
1. GXDeveloper を起動し、メニューの「プロジェクト」→「プロジェクト新規作成」または「プロジェクトを開く」
を選択し、プロジェクトを表示します。
2. 「プロジェクトデータ一覧」ツリーの「(プロジェクト名)」→「パラメータ」→「ネットワークパラメータ」をダブ
ルクリックし、「ネットワークパラメータ選択」ダイアログを開きます。
169
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3. 「ネットワークパラメータ選択」ダイアログから、「Melsecnet/Ethernet」ボタンを選択し、「ネットワークパ
ラメータ MNET/10H 枚数設定」ウインドウを開き、使用するユニットを下記のように設定します。
項目
ネットワーク種別
先頭 I/O No.
ネットワーク No.
グループ No.
局番
モード
説明
「Ethernet」を選択してください。
Ethernet インターフェイスユニットの挿入スロットに応じて設定します。ここ
の例では「0000」を設定します。
MELSEC-Q シリーズの使用状況に応じて設定します。
「オンライン」を選択してください。
4. 「動作設定」ボタンを選択し、「Ethernet 動作設定」ダイアログを開き、下記のように設定します。
項目
交信データ
コード設定
イニシャル
タイミング設定
IP アドレス設定
送信フレーム設定
RUN 中書き込みを
許可する
説明
「バイナリコード交信」を選択してください。
「常に OPEN 待ち(STOP 中交信可能)」を選択してください。
Ethernet インターフェイスユニットの IP アドレスを設定します。システムビ
ルダのステーションの「IP アドレス」の設定と一致させる必要があります。
ここの例では「192.168.0.2」を設定します。
「Ethernet(V2.0)」を選択してください。
チェックを付けてください。
5. 「設定終了」ボタンを選択し、「Ethernet 動作設定」ダイアログを閉じます。
170
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6. 「オープン設定」ボタンを選択し、「ネットワークパラメータ Ethernet オープン設定 ユニット No.X」ウイン
ドウを開き、下記のように設定します。
項目
プロトコル
固定バッファ
固定バッファ
交信手順
ペアリングオープン
生存確認
自局ポート番号
交信相手ポート番号
説明
「UDP」を選択してください。
「送信」を選択してください。
「手順あり」を選択してください。
「ペアにしない」を選択してください。
「確認しない」を選択してください。
Ethernet インターフェイスユニットのポート番号を 16 進数にて設定します。
システムビルダのステーションの「PLC ポート番号」の設定と一致させる必
要があります。ここの例では「1F00(10 進数で 7936)」を設定します。
パソコンのポート番号を 16 進数にて設定します。システムビルダのステー
ションの「自局ポート番号」の設定と一致させる必要があります。ここの例
では「1F01(10 進数で 7937)」を設定します。
7. 「交信相手 IP アドレス」の「設定なし(または設定済み IP アドレスが表示)」ボタンを選択し、「IP アドレス
設定」ダイアログを開き、下記のように設定します。
項目
IP アドレス設定
説明
パソコンの IP アドレスを設定します。システムビルダの IO サーバの「バス
IP ア ド レ ス 」 の 設 定 と 一 致 さ せ る 必 要 が あ り ま す 。 こ こ の 例 で は
「192.168.0.1」を設定します。
8. 「OK」ボタンを選択し、「IP アドレス設定」ダイアログを閉じます。
9. 「設定終了」ボタンを選択し、「ネットワークパラメータ Ethernet オープン設定 ユニット No.X」ウインドウ
を閉じます。
10. 「設定終了」ボタンを選択し、「ネットワークパラメータ MNET/10H 枚数設定」ウインドウを閉じます。
11. メニューの「オンライン」→「PC 書き込み」を選択し、パラメータを MELSEC-Q に書き込みます。
171
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7 グラフィックビルダ
グラフィックビルダは SCADALINX のモニタ画面編集用ソフトです。システムビルダで登録した各種タグデータを
グラフィックモニタ画面で監視操作するための画面を設計します。
7.1 起動方法
Windows スタートメニューのプログラム中の「m-system」→「SCADALINX」→「グラフィックビルダ」により行いま
す。
7.2 編集方法
グラフィックビルダを起動すると、下記の画面が表示されます。
①メインメニュー
②ツールバー
③ステータスバー
⑤モニタ画面編集部
④ページツリー
172
⑥部品一覧
⑧プロパティ
⑦表示順
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
① メインメニュー
② ツールバー
③ ステータスバー
④ ページツリー
⑤ モニタ画面編集部
⑥ 部品一覧
⑦ 表示順
⑧ プロパティ
説明
システムビルダを操作するためのメニューです。詳細については「7.2.1メ
インメニュー」を参照してください。
ツールバーに配置されたボタンを使用すれば、グラフィックビルダの各機
能を実行し易くなります。詳細については、「7.2.2ツールバー」を参照してく
ださい。
編集状態を表示します。
プロジェクトのモニタ画面の全体構成を表示します。詳細については
「7.2.4ページツリー」を参照してくだだい。
各グラフィック画面のモニタ画面の編集を行います。
モニタ画面編集部に載せる部品のは標準画面部品とグラフィック部品の
二種類があります。詳細について「7.2.5部品一覧」を参照してください。
モニタ画面編集部に配置済みの部品一覧です。一覧で上にあるものほ
ど、モニタ画面編集部、またはランタイム画面モニタ上で、前面に表示さ
れます。
部品の詳細データを設定します。
プロセスタグ/トレンドタグ/アラームタグを入力するプロパティ部では、「...」
ボタンを押すことにより、システムビルダが起動され、タグを選択して設定
することが出来ます(システムビルダが既に起動されている場合は、シス
テムビルダが転送モードになりますので、タスクバー等で切り替えて表示
して下さい)。システムビルダで、タグを選択したあと、システムビルダの
「転送」ボタンを押すことにより、タグ名が、グラフィックビルダに転送され
ます。
プロパティの詳細については「7.2.6部品プロパティの設定」を参照してくだ
さい。
7.2.1 メインメニュー
グラフィックビルダでは、次のメニューが準備されています。
メニューバ-
メニュー
説明
ファイル
ページ作成
ページツリーで選択されている画面グループに、新規画面
ページを追加します。
ページ削除
ページツリーで選択されている画面ページを削除します。
ページ編集開始
現在編集中の画面ページを閉じて、ページツリーで選択さ
れている画面ページを開き、編集可能な状態にします。
ページ保存*1
編集中の画面ページを保存します。
テンプレートに保存
編集中の画面ページをテンプレートとして保存します。
アプリケーションの終了 グラフィックビルダを終了します。
編集
元に戻す
モニタ画面編集部での編集操作を、1ステップ前に戻しま
す。
*2
切り取り
モニタ画面編集部で選択されている部品を切り取ります。
コピー*2
モニタ画面編集部で選択されている部品をコピーします。
貼り付け*2
モニタ画面編集部に、切り取り/コピーされた部品を貼り付
けます。
削除
モニタ画面編集部で選択されている部品を削除します。
173
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
メニューバ-
メニュー
整列
テンプレートの整理
プロパティ編集モード
表示
ツールバー
ステータスバー
グリッド
表示更新
DB 再読込
説明
画面ページにて選択された部品群を整列します。
整列メニュー:
左揃え
部品群を左に揃えます。
右揃え
部品群を右に揃えます。
左右中央
部品群を左右中央に揃えます。
上揃え
部品群を上に揃えます。
下揃え
部品群を下に揃えます。
上下中央
部品群を上下中央に揃えます。
左右均等
部品群を左右均等に揃えます。
上下均等
部品群を上下均等に揃えます。
テンプレートの削除、名前変更を行います。詳細について
は「7.3.3テンプレートの整理」を参照してください。
チェックが表示されている場合は、「プロパティ編集モード」
になり、表示されていない場合は、「デザインモード」になり
ます。
「プロパティ編集モード」は、貼り付けた部品が画面に固定
され、プロパティ編集の際に、部品をクリックしても不用意
に移動されなくなります。
「デザインモード」は、部品移動ができ、同時にプロパティ編
集を行うことも可能です。
ツールバーの表示・非表示を切り替えます。
ステータスバーの表示・非表示を切り替えます。
グリッドの表示設定を行います。
詳細については「7.2.3グリッド」を参照してください。
現在表示されているモニタ画面編集部の、再描画を行っ
て、表示を更新します。
SCADALINX のプロジェクトを保存している SQL サーバか
ら、再度データベースを読み込みます。
DB 再読込を行うとグラフィックビルダ起動後にシステムビ
ルダにて行ったプロセスタグなどの追加/修正がグラフィッ
クビルダに反映されます。
下記の確認ダイアログが表示され「はい」を選択すると DB
再読込が実行されます。
ページツリー
プロパティ
部品一覧
表示順
バージョン情報...
ページツリーの表示・非表示の選択
プロパティの表示・非表示の選択
部品一覧の表示・非表示の選択
表示順の表示・非表示の選択
ヘルプ
グラフィックビルダのバージョン情報と著作権情報を表示し
ます。
*1 システム障害などでグラフィックビルダが強制終了した場合、画面の編集は保存されません。こまめに
「ページ保存」を行うようにしてください。
*2 トレンドグラフ部品の追加・削除を行った場合には、再度、各画面表示状態を設定し直す必要がありま
す。トレンドグラフ部品の詳細については「7.2.6.19トレンドグラフ」を、モニタ画面の表示状態については
「10.13画面表示状態の保存」を参照してください。
174
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.2 ツールバー
ツールバーの各ボタンは、次の動作を行います。
① ② ③
④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧
⑨
名称
① ページ作成
説明
ページツリーで選択されている画面グループに、新規画面ページを追加し
ます。
② ページ編集
現在編集中の画面ページを閉じて、ページツリーで選択されている画面
ページを開き、編集可能な状態にします。
③ ページ保存*1
編集中の画面ページを保存します。
④ 部品切り取り*2
モニタ画面編集部で選択されている部品を切り取ります。
*2
⑤ 部品コピー
モニタ画面編集部で選択されている部品をコピーします。
⑥ 部品貼り付け*2
モニタ画面編集部に、切り取り/コピーされた部品を貼り付けます。
⑦ パーツ連続配置モード ボタンが押されて下がっている場合は、「パーツ連続配置モード」になり、
/パーツ単体配置モ 上がっている場合は、「パーツ単体配置モード」になります。
ード
「パーツ連続配置モード」は、同じ部品を複数を貼り付ける際に、部品一
覧から毎回、部品を選択し直す必要がなく、連続して配置することができ
ます。
「パーツ単体配置モード」は、部品を貼り付けた後、そのまま、部品の移動
や大きさの変更を行うことができます。
⑧ プロパティ編集モード ボタンが押されて下がっている場合は、「プロパティ編集モード」になり、上
/デザインモード
がっている場合は、「デザインモード」になります。
「プロパティ編集モード」は、貼り付けた部品が画面に固定され、プロパテ
ィ編集の際に、部品をクリックしても不用意に移動されなくなります。
「デザインモード」は、部品移動ができ、同時にプロパティ編集を行うことも
可能です。
⑨ バージョン表示
グラフィックビルダのバージョン情報と著作権情報を表示します。
*1 システム障害などでグラフィックビルダが強制終了した場合、画面の編集は保存されません。こまめに
「ページ保存」を行うようにしてください。
*2 トレンドグラフ部品の追加・削除を行った場合には、再度、各画面表示状態を設定し直す必要がありま
す。トレンドグラフ部品の詳細については「7.2.6.19トレンドグラフ」を、モニタ画面の表示状態については
「10.13画面表示状態の保存」を参照してください。
175
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.3 グリッド
メニューの「表示」→「グリッド」からグリッドを表示する事ができます。グリッドを利用すると、部品をグリッド
に合わせて配置することができ、部品の配置を容易行うことが出来ます。
①
②
③
グラフィックビルダのツールバーと各機能の説明
項目
説明
① グリッドを表示する
チェックを入れるとグリッドを表示します。
② グリッドの幅
設定するグリッドの幅を入力します。設定範囲は 1~100 です。
③ 部品をグリッドに合わ チェックを入れるとグリッドが設定され、部品がグリッドに合わされて配置
されます。
せる*1
*1 部品のサイズをグリッドに合わせて調整する場合は、合わせたいグリッドの外側に、カーソルを持って
行くと配置し易くなります。
176
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.4 ページツリー
②
・
・
・
・
③
①
②
項目
① 画面グループ
説明
オーバービュー、コントロールパネル、トレンド、アラームサマリ、グラフィッ
クモニタ、システムモニタ、レポートの7種画面があります。
各画面グループの詳細については「10.4オーバービュー~10.11レポート」
を参照してください。
② 画面グループのショー 画面グループのショートカットメニューは下記の通りです。
トカットメニュー*1
項目
説明
空ページの追加
画面グループに、新規画面ページを追加します。
テンプレートから
テンプレートリストから選択したテンプレートに基づ
いて、新規画面ページを追加します。
ページ追加
コピーした
ページツリーでコピーした画面ページを選択したグ
ループの画面ページリストに追加します。
ページの追加
③ 画面ページ
各画面グループに登録された、ページです。
177
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
説明
④ 画面ページのショート 画面ページのショートカットメニューは下記の通りです。
カットメニュー*1
項目
説明
ページ編集
ページツリーで選択した画面ページを開き、編集
可能な状態にします。
ページコピー
ページツリーで選択した画面ページをコピーしま
す。
ページカット
ページツリーで選択した画面ページを切り取りま
す。
ページ挿入
ページツリーで選択されている画面ページの位置
に、新規画面ページを追加します。
テンプレートから
ページツリーで選択されている画面ページの位置
に、テンプレートリストから選択したテンプレートに
ページ挿入
基づいて、新規画面ページを追加します。
コピーした
ページツリーでコピーした画面ページを、選択した
画面ページの位置に、追加します。
ページの挿入
ページ削除
ページツリーで選択した画面ページを削除します。
ページ保存
ページツリーで選択した画面ページを保存します。
ページ番号変更
ページツリーで選択した画面ページの番号を変更
します。本項目を選択すると、下記の画面が表示
されます。左側に表示している現在のページ番号
から、右側に設定するページ番号に変更します。
ページ番号の入力範囲は 1~256 です。
注 設定したページ番号が既に存在している場合、
OKボタンを押すと、「変更先ページ番号は既に
存在します。」というエラーメッセージが表示さ
れ、ページ番号の変更は無効になります。
注 変更先のページ番号が入力範囲を超える場
合、下記のエラーメッセージが表示されます。
*1 トレンドグラフ部品含んだページの追加・削除を行った場合には、モニタ画面にて、再度、各画面表示
状態を設定し直す必要があります。トレンドグラフ部品の詳細については「7.2.6.19トレンドグラフ」を、モ
ニタ画面の表示状態については「10.13画面表示状態の保存」を参照してください。
178
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.5 部品一覧
部品一覧には、モニタ画面編集部に追加できる部品の一覧が表示されます。
7.2.5.1 部品のモニタ画面編集部への追加
モニタ画面編集部への部品の追加は、追加したい部品が選択された状態で、モニタ画面編集部をクリック、
又はドラッグすることにより行います。クリックした場合には、クリックした位置に部品が追加され、ドラッグ
した場合には、ドラッグした範囲に部品が追加されます。(一部のサイズ変更が出来ない部品は、ドラッグ
した場合には、ドラッグを開始した位置に追加されます。)
また、追加した部品の外観や機能の設定は各部品のプロパティにより行います。プロパティについての詳
細は「7.2.6部品プロパティの設定」を参照してください。
179
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.5.2 部品の概要
部品は標準画面部品とグラフィック部品の二種類があります。
「グラフィック」タブの部品
部品
説明
ランプ
指定したタグの接点の状態で、表示を変化させます。
アナログ表示
指定したプロセスタグの数値データを表示または設定します。
テキスト
文字列、時間を表示します。
ディジタル SW
指定したタグ接点の状態表示/操作を行います。
スケルトンバー
/バーグラフ
指定したプロセスタグの数値データに応じて、バーのグラフの部分を塗り
つぶします。
イメージ
画面に指定した画像を表示します。
ライン
画面に線または矢印線を表示します。
180
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
「標準画面」タブの部品
部品
JUMP ボタン
インフォメーション
ダイレクトメニュー
最新アラーム
ラベル
ページ切り替え
ページツリー
説明
JUMP ボタンは各種画面へ表示を切り替えるためのボタンです。JUMP ボ
タンの種類は「オーバービュー」「コントロールパネル」「トレンド」「アラーム
サマリ」「グラフィックモ二タ」「システムモニタ」「レポート」「戻る」「進む」の
9つです。
「オーバービュー」「コントロールパネル」「トレンド」「アラームサマリ」「グラ
フィックモ二タ」「システムモニタ」に設定した JUMP ボタンをクリックすると
対応するグループの先頭ページを呼び出すことが出来ます。
「レポート」に設定した JUMP ボタンをクリックするとレポートメイン画面を表
示します。
「戻る」に設定した JUMP ボタンをクリックすると直前に表示したページに
戻ります。
「進む」に設定した JUMP ボタンをクリックすると「戻る」ボタンをクリックす
る前に表示していたページを再び表示します。
モニタ画面上でカーソルが指す部品についての情報を表示します。インフ
ォメーションで情報表示できる部品は JUMP ボタン、最新アラーム、ページ
ツリー、ダイレクトメニューの4種類です。
ダイレクトメニューでは呼び出したい画面の選択ができます。「▲」「▼」ボ
タンでページを選択し、「GO」ボタンをクリックすると、選択した画面が表示
されます。
最新アラームを表示します。
メッセージの左のスピーカボタンをクリックするとアラームブザーの設定画
面が表示され、「確認」ボタンをクリックするとメッセージが消去されます。
モニタ画面のタイトルラベルを表示します。
同一ページ種別内の画面ページの切り替えができます。
「▲」「▼」ボタンでページを選択し、「GO」ボタンをクリックすると、選択した
画面が表示されます。
「3」ボタンをクリックするとページ番号の小さなページへ、「4」ボタンをク
リックするとページ番号の大きなページへ移動します。ページ番号の詳細
については「7.2.4 ページツリー」の表の「④画面ページのショートカットメ
ニュー」を参照してください。ただしレポートビュー画面のページ番号につ
いては「8.2.5 レポートフォーマットのプロパティ」を参照してください。
プロジェクトのモニタ画面構成を表示します。またページの切り替えを行い
ます。
181
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
部品
ページサマリ
オーバービュー
説明
任意の1画面で各オーバービュー画面でのアラーム発生状態を監視する
ためのものです。最大9画面ページのアラーム発生状態の監視ができま
す。ページサマリ上部の数字はオーバービュー画面ページ番号です。ペ
ージ番号対応画面のオーバービュー項目の内、ひとつでもアラームが発
生している場合に本番号の下部の該当部が点滅します。さらに、本個所
をクリックすると、該当オーバービュー画面へジャンプすることができま
す。
オーバービュー項目を設定します。ジャンプ先の画面を指定することがで
きます。
フェースプレート
指定したタグの計器フェースを表示し、操作を行います。
トレンドグラフ
トレンド画面にトレンドグラフを表示します。
アラームサマリ
最大過去 2000 個分のアラームとメッセージを確認することができます。
ステーション
上位バス(L-Bus、ModbusTCP など)と下位バス(NestBus、ModbusRTU
など)の通信プロトコルを変換するためのネットワーク変換器の情報を表
示します。運転状態が色で表されます。
カード
カード/ノードの情報を表示します。また運転状態が色で表されます。
グループ
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のカード内部のグループの情報、Modbus 機器
の入出力チャンネルの情報を示します。
182
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
部品
操作ボタン
説明
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のカードに対する操作を行うためのボタンで
す。
チューニング
チューニングでは、以下の表示操作が可能です。
・PID パラメータの調整や調整結果のトレンドグラフでの確認
・警報設定値や出力制限値の設定
・・増減キーのキースピードの設定
レポートメイン
レポートビュー
また、チューニング画面のトレンドグラフでは、リザーブ機能によって最大
4タグまで、2日間のグラフデータの保存を指定することが可能です。(チ
ューニング画面のリザーブ機能は、トレンドサーバーが実行中の場合の
み利用出来ます。リザーブ機能を利用する場合は、事前にトレンドサーバ
ー登録し、稼働時に実行しておいて下さい。)
レポートメイン画面では、以下の操作が可能です。
・表示・印刷・編集する「日報」「月報」「年報」の選択。
・レポートデータに対する「表示」「印刷」「編集」動作の選択。
・上記の設定による実行。
レポートビューではレポートデータを画面に表示して、確認・修正をするこ
とが出来ます。
183
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6 部品プロパティの設定
モニタ画面編集部に載せたグラフィック部品の詳細データ設定はプロパティ設定画面で行います。プロパ
ティは各部品について「通常」と「共通」の二種類設定があります。「通常」設定は各部品の特殊なデータ設
定になります。「共通」設定は部品のサイズ、モニタ画面編集部上に配置位置などの設定になります。全て
の部品の「共通」設定項目は同じです。
7.2.6.1 「共通」設定
部品の「共通」設定画面は下図の通りです。グラフィック部品のサイズ、位置を変更したい場合、以下の設
定画面で各項目欄に直接にデータを入力するか、またはカーソルをモニタ画面編集部/表示順のグラフィ
ック部品に合せて、マウスドラッグすることにより簡単に行えます。
設定項目
X
Y
Z*1 *2
設定値
有効範囲:0~990
初期値:部品追加位置座標
有効範囲:0~680
初期値:部品追加位置座標
有効範囲:0~200
初期値:部品追加時最前面
Width*3 *4
説明
モニタ画面編集部に配置した部品の水平位置を設
定します。左端が「0」になります。
モニタ画面編集部に配置した部品の縦位置を設定
します。上端が「0」になります。
部品の重ね位置を設定します。二つ以上の部品を
重ねて配置する場合、数字の大きい方が上に表示
されます。
部品の横幅を設定します。
有効範囲:0~990
初期値:部品、追加方法に依
る。
t*3 *4
Heigh
有効範囲:0~680
部品の高さを設定します。
初期値:部品、追加方法に依
る。
*1 スケルトンバー部品は「Z」プロパティの値に関わらず、常に最前面に表示されます。またライン部品は
は「Z」プロパティの値に関わらず、常に最背面に表示されます。
*2 ランプ部品・ディジタル SW 部品・イメージ部品で「透明色」プロパティを指定した場合、イメージ部品以外
のグラフィック部品と重ねた場合は正しく表示されない場合がありますので、重ねて配置しないで下さ
い。
*3 変更したサイズにより、文字が細くなる・画像が乱れるなど、見づらくなることがありますので、実際に表
示状態を確認しながら注意して「Width」「Height」の調整をしてください。
*4 トレンドグラフ部品・チューニング部品の「Width」「Height」を規定値から変更することはできません。
184
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.2 ランプ
ランプ部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.1ランプ」を
参照してください。
185
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
フォント名
フォントサイズ
文字配置*1
ON時文字*1
ON 時文字色
ON 時背景色
ON イメージ
ON 時フリッカ
タグ1のみ
ON時文字*1*2
タグ1のみ
ON時文字色*2
タグ1のみ
ON時背景色*2
設定値
3D(初期値)
凸
凹
単色
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
説明
ランプの枠種別を設定します。ランプの枠種別は5
種類があり、設定によって立体感のあるもの(3D、
凸、凹)、または平面のもの(単色、無し)になりま
す。
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
有効範囲:システムに登録さ ランプの文字フォントを設定します。
れているフォント。
初期値:MS ゴシック
有効範囲:1~255
ランプの文字フォントサイズを設定します。値が大き
いほどフォントは大きくなります。
初期値:14
ランプの文字配置を左寄せ、中央、右寄せ、左寄せ
左寄せ
折り返しの中から設定します。
中央(初期値)
右寄せ
左寄せ折返
有効範囲:最大半角 64 文字 指定した全ての接点の入力が ON の時に、ランプ上
に表示する文字を設定します。「ON 時イメージ」が
初期値:ON
設定されている場合は設定できません。
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が ON の時に、ランプ上
に表示する文字色を設定します。「...」ボタンを選択
初期値:■0,0,0
すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が ON の時のランプの
背景色を設定します。「...」ボタンを押し、開いた「色
初期値:■0,255,0
の設定」ダイアログから、任意の色を選択してくださ
い。
有効範囲:最大半角 255 文字 指定した全ての接点の入力がONの時に、ランプ上
に表示するイメージを設定します。「ON時文字」が
初期値:(空白)
設定されている場合は設定できません。「...」ボタン
を押し、「ファイルを開く」ダイアログからイメージファ
イルを指定してください。イメージの指定について
は、「7.2.8イメージファイル指定方法」も参照して下
さい。
あり
指定した全ての接点の入力が ON の時に、ランプの
表示をフリッカ(明滅)させるか否かを設定します。
なし(初期値)
有効範囲:最大半角 64 文字 「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
ムタグ1」で指定した接点の入力のみが ON の時
初期値:ON
に、ランプ上に表示する文字を設定します。「タグ1
のみ ON 時イメージ」が設定されている場合は設定
できません。
有効範囲:24bit カラー
「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
ムタグ1」で指定した接点の入力のみが ON の時
初期値:■0,0,0
に、ランプ上に表示する文字色を設定します。「...」
ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示さ
れます。
有効範囲:24bit カラー
「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
ムタグ1」で指定した接点の入力のみが ON の時の
初期値:■0,255,0
ランプの背景色を設定します。「...」ボタンを選択す
ると「色の設定」ダイアログが表示されます。
186
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
タグ1のみ
ON時イメージ*2
タグ1のみ
ON 時フリッカ
タグ2のみ
ON時文字*1*2
タグ2のみ
ON時文字色*2
タグ2のみ
ON時背景色*2
タグ2のみ
ON時イメージ*2
タグ2のみ
ON 時フリッカ
OFF 時文字*1
OFF 時文字色
OFF 時背景色
OFF イメージ
設定値
説明
有効範囲:最大半角 255 文字 「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
ムタグ1」で指定した接点の入力のみがONの時に、
初期値:(空白)
ランプ上に表示するイメージを設定します。「タグ1
のみON時文字」が設定されている場合は設定でき
ません。「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイアロ
グからイメージファイルを指定してください。イメージ
の指定については、「7.2.8イメージファイル指定方
法」も参照して下さい。
あり
「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
ムタグ1」で指定した接点の入力のみが ON の時
に、ランプの表示をフリッカ(明滅)させるか否かを
なし(初期値)
設定します。
有効範囲:最大半角 64 文字 「プロセスタグ2」と「タグ拡張子2」、または「アラー
ムタグ2」で指定した接点の入力のみが ON の時
初期値:ON
に、ランプ上に表示する文字を設定します。「タグ2
のみ ON 時イメージ」が設定されている場合は設定
できません。
有効範囲:24bit カラー
「プロセスタグ2」と「タグ拡張子2」、または「アラー
ムタグ2」で指定した接点の入力のみが ON の時
初期値:■0,0,0
に、ランプ上に表示する文字色を設定します。「...」
ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示さ
れます。
有効範囲:24bit カラー
「プロセスタグ2」と「タグ拡張子2」、または「アラー
ムタグ2」で指定した接点の入力のみが ON の時の
初期値:■0,255,0
ランプの背景色を設定します。「...」ボタンを選択す
ると「色の設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:最大半角 255 文字 「プロセスタグ2」と「タグ拡張子2」、または「アラー
ムタグ2」で指定した接点の入力のみがONの時に、
初期値:(空白)
ランプ上に表示するイメージを設定します。「タグ2
のみON時文字」が設定されている場合は設定でき
ません。「...」ボタンを押し、開いた「ファイルを開く」
ダイアログからイメージファイルを指定してくださ
い。イメージの指定については、「7.2.8イメージファ
イル指定方法」も参照して下さい。
あり
「プロセスタグ2」と「タグ拡張子2」、または「アラー
ムタグ2」で指定した接点の入力のみが ON の時
に、ランプの表示をフリッカ(明滅)させるか否かを
なし(初期値)
設定します。
有効範囲:最大半角 64 文字 指定した全ての接点の入力が OFF の時に、ランプ
上に表示する文字を設定します。「OFF 時イメージ」
初期値:OFF
が設定されている場合は設定できません。
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が OFF の時に、ランプ
上に表示する文字色を設定します。「...」ボタンを選
初期値:■0,0,0
択すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が OFF の時のランプの
背景色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色の
初期値:■0,0,255
設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:最大半角 255 文字 指定した全ての接点の入力がOFFの時に、ランプ
上に表示するイメージを設定します。「OFF時文字」
初期値:(空白)
が設定されている場合は設定できません。「...」ボタ
ンを押し、「ファイルを開く」ダイアログからイメージフ
ァイルを指定してください。イメージの指定について
は、「3.3.2イメージファイル保存用共有フォルダの設
定」も参照して下さい。
187
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
OFF 時フリッカ
欠測時文字*1
欠測時文字色
欠測時背景色
欠測イメージ
欠測時フリッカ
ランプ種別
プロセスタグ1
タグ拡張子1
アラームタグ1
設定値
説明
指定した全ての接点の入力が OFF の時に、ランプ
の表示をフリッカ(明滅)させるか否かを設定しま
なし(初期値)
す。
有効範囲:最大半角 64 文字 指定した全ての接点の入力が欠測の時に、ランプ
上に表示する文字を設定します。
初期値:OFF
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が欠測の時に、ランプ
上に表示する文字色を設定します。「...」ボタンを選
初期値:■0,0,0
択すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:24bit カラー
指定した全ての接点の入力が欠測の時のランプの
背景色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色の
初期値:■128,128,128
設定」ダイアログが表示されます。
有効範囲:最大半角 255 文字 「プロセスタグ」と「タグ拡張子」で指定した接点の入
力が欠測の時に、ランプ上に表示するイメージを設
初期値:(空白)
定します。「欠測時文字」が空白の場合のみ設定が
可能で、文字の代わりにイメージが表示されます。
「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイアログからイ
メージファイルを指定してください。イメージの指定
については、「7.2.8イメージファイル指定方法」も参
照して下さい。
あり
「プロセスタグ」と「タグ拡張子」で指定した接点の入
力が欠測の時に、ランプの表示をフリッカ(明滅)さ
なし(初期値)
せるか否かを設定します。
タグ1のみ参照(初期値)
ランプの表示状態の参照を設定します。「タグ1の
み参照」に設定した場合、「プロセスタグ1」と「タグ
拡張子1」、または「アラームタグ1」で指定した接点
の入力のみを参照して、ランプの表示状態を切り替
えます。「タグ1とタグ2を参照」に設定した場合、
「プロセスタグ1」と「タグ拡張子1」、または「アラー
タグ1とタグ2を参照
ムタグ1」で指定した接点の入力と、「プロセスタグ
2」と「タグ拡張子2」、または「アラームタグ2」で指
定した接点の入力を参照して、ランプの表示状態を
切り替えます。
有効範囲:登録済みプロセス ランプの表示状態の参照先タグを設定します。
タグ名
ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで設定
したプロセスタグ一覧が表示されますので、一覧か
初期値:(空白)
らプロセスタグを選択します。また、「...」ボタンを押
すと、システムビルダソフトが起動され、プロセスタ
グの選択とデータ確認ができます。「アラームタグ
1」項目が設定されている場合、プロセスタグ1とタ
グ拡張子1の設定はできません。
Normal(初期値)
設定されたプロセスタグによって、タグ拡張子一覧
が表示されます。タグ拡張子を指定することによっ
UA
て、タグ内のデータにアクセスすることができます。
各種タグ拡張子は「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を
LA
参照してください。「Normal」はプロセスタグタイプが
BCA,ECA,IND,RSA,AI1 の場合、いずれかのエラー
DA
が発生している状態を表します。
有効範囲:登録済みアラーム ランプの表示状態の参照先タグを設定します。シス
タグ名
テムビルダで設定されたアラームタグの一覧が表
示され、一覧からアラームタグを選択します。また、
初期値:(空白)
「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動さ
れ、アラームタグの選択とデータ確認ができます。
「プロセスタグ1」項目が設定されている場合、アラ
ームタグ1の設定はできません。
あり
188
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
プロセスタグ2*2
タグ拡張子2*2
アラームタグ2*2
透明色*3
フリッカ滅時
背景色
自動ジャンプ
ジャンプ先
ページ種別
ジャンプ先
ページ番号
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス ランプの表示状態の参照先タグを設定します。ドロ
タグ名
ップダウンリストを開くと、システムビルダで設定し
たプロセスタグ一覧が表示されますので、一覧から
初期値:(空白)
プロセスタグを選択します。また、「...」ボタンを押す
と、システムビルダソフトが起動され、プロセスタグ
の選択とデータ確認ができます。「アラームタグ2」
項目が設定されている場合、プロセスタグ2とタグ
拡張子2の設定はできません。
Normal(初期値)
設定されたプロセスタグによって、タグ拡張子一覧
が表示されます。タグ拡張子を指定することによっ
UA
て、タグ内のデータにアクセスすることができます。
各種タグ拡張子は「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を
LA
参照してください。「Normal」はプロセスタグタイプが
BCA,ECA,IND,RSA,AI1 の場合、いずれかのエラー
DA
が発生している状態を表します。
有効範囲:登録済みアラーム ランプの表示状態の参照先タグを設定します。シス
タグ名
テムビルダで設定されたアラームタグの一覧が表
示され、一覧からアラームタグを選択します。また、
初期値:(空白)
「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動さ
れ、アラームタグの選択とデータ確認ができます。
「プロセスタグ2」項目が設定されている場合、アラ
ームタグ2の設定はできません。
有効範囲:24bit カラー
表示するイメージファイルの透明色を設定します。
「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表
初期値:■0,0,0
示されます。透明色に指定した色は、背景が透けて
表示されます。初期値は、黒(0,0,0)に設定されてい
ますが、黒を透明色に設定しても表示には反映さ
れません。透明色を指定する場合、イメージファイ
ルには GIF/PNG ファイルを指定してください。なお、
透明色を指定し、イメージ部品以外のグラフィック部
品と重ねた場合は正しく表示されない場合がありま
すので、重ねて配置しないで下さい。
有効範囲:24bit カラー
「~時フリッカ」を「あり」に設定した場合の、フリッカ
が滅状態時の背景色を設定します。「...」ボタンを選
初期値:■204,204,204
択すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
あり(初期値)
指定した全ての接点の入力が ON に切り替わったと
き、自動的にページ切り替えを行うか否かを選択し
なし
ます。
無し(初期値)
「自動ジャンプ」を「あり」に設定した場合の、ジャン
プ先のページ種別を設定します。下記の「ジャンプ
オーバービュー
先ページ番号」「ジャンプ先プロセスタグ」「ジャンプ
コントロールパネル
先4点警報タグ」と併せて設定します。
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
システムモニタ
チューニング
レポート
有効範囲:1~256
「自動ジャンプ」を「あり」に、「ジャンプ先ページ種
別」を「チューニング」または「レポート」以外に設定
初期値:1
した場合の、ジャンプ先のページ番号を設定しま
す。上記の「ジャンプ先ページ種別」と併せて設定し
ます。
189
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
ジャンプ先
プロセスタグ
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス 「自動ジャンプ」を「あり」に、「ジャンプ先ページ種
タグ名
別」を「チューニング」に設定した場合の、ジャンプ
先チューニングページの表示対象プロセスタグを設
初期値:(空白)
定します。ドロップダウンリストを開くと、システムビ
ルダで設定したプロセスタグ一覧が表示されますの
で、一覧からプロセスタグを選択します。また、「...」
ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動され、
プロセスタグの選択とデータ確認ができます。「ジャ
ンプ先4点警報タグ」が設定されている場合、「ジャ
ンプ先プロセスタグ」の設定はできません。
ジャンプ先
有効範囲:登録済み4点警報 「自動ジャンプ」を「あり」に、「ジャンプ先ページ種
タグ名
別」を「チューニング」に設定した場合の、ジャンプ
4点警報タグ
先チューニングページの表示対象4点警報タグを設
初期値:(空白)
定します。ドロップダウンリストを開くと、システムビ
ルダで設定した4点警報タグ一覧が表示されます
ので、一覧から4点警報タグを選択します。また、
「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動さ
れ、4点警報タグの選択とデータ確認ができます。
「ジャンプ先プロセスタグ」が設定されている場合、
「ジャンプ先4点警報タグ」の設定はできません。
*1 文字列を表示の途中で折り返すには、折り返したい位置に「\n」を挿入します。
例)
「予備\n ポンプ」 →
*2 「ランプ種別」で「タグ1とタグ2を参照」を選択した場合、設定が可能になります。
*3 透明色を指定する際、各「~時イメージ」には、透明色部分の形状が同じになるイメージファイルを指定
してください。
190
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.3 アナログ表示
アナログ表示部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.2ア
ナログ表示」を参照してください。
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
フォント名
フォントサイズ
文字配置
文字色
背景色
時間表示
設定値
3D(初期値)
凸
凹
単色
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
説明
アナログ表示の枠種別を設定します。アナログ表示
の枠種別は5種類があり、設定によって立体感の
あるもの(3D、凸、凹)、または平面のもの(単色、
無し)になります。
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
有効範囲:システムに登録さ アナログ表示の文字フォントを設定します。
れているフォント。
初期値:MS ゴシック
有効範囲:1~255
アナログ表示の文字フォントサイズを設定します。
値が大きいほどフォントは大きくなります。
初期値:14
左寄せ
アナログ表示の文字配置を左寄せ、中央、右寄
せ、左寄せ折り返しの中から設定します。
中央(初期値)
右寄せ
左寄せ折返
有効範囲:24bit カラー
アナログ表示上に表示する文字色を設定します。
「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表
初期値:■0,0,0
示されます。
有効範囲:24bit カラー
アナログ表示の背景色を設定します。「...」ボタンを
選択すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
初期値:□255,255,255
通常(初期値)
参照先プロセスタグ値の表示形式を設定します。
「通常」に設定した場合、「(積算上位桁)プロセスタ
グ」と「(積算上位桁)タグ拡張子」の項目で設定し
たタグの値をアナログ値として表示します。「時分秒
表示」に設定した場合、「(積算上位桁)プロセスタ
グ」と「(積算上位桁)タグ拡張子」の項目で設定し
191
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
数値設定
プロセスタグ
タグ拡張子
積算上位桁
プロセスタグ*1
積算上位桁
タグ拡張子*1
設定値
時分秒表示
説明
たタグの値の整数部を積算秒として扱い、時分秒
に換算して表示します。尚、この場合、マイナスの
値には対応しません。
例)
プロセスタグ値が「80.00」の場合、「0:01:20」と表示
されます。
不可(初期値)
ランタイム時にアナログ値を、「プロセスタグ」に対し
て設定できるか否かの選択です。「積算上位桁プロ
可
セスタグ」に値を設定することは出来ません。
有効範囲:登録済みプロセス アナログ表示の数値の参照先プロセスタグを設定
タグ名
します。ドロップダウンリストを開くと、システムビル
ダで設定したプロセスタグ一覧が表示されますの
初期値:(空白)
で、一覧からプロセスタグを選択します。また、「...」
ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動され、
プロセスタグの選択とデータ確認ができます。
PV
設定されたプロセスタグによって、タグ拡張子一覧
が表示されます。タグ拡張子を指定することによっ
SV
て、タグ内のデータにアクセスすることができます。
MV
各種タグ拡張子は「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を
無し(初期値)
参照してください。
有効範囲:登録済みアナログ L-Bus 機器(MsysNet 機器)において積算値表示を
行う時の、上位桁のプロセスタグを設定します。積
プロセスタグ名
算上位桁プロセスタグは5桁目以降に割り当てら
初期値:(空白)
れ、この値が1以上の場合には「プロセスタグ」の値
PV
はゼロサプレスされます。
SV
例)
「プロセスタグ」値が「123」、「積算上位桁プロセスタ
グ」値が「12」の場合、「120123」と表示されます。
MV
無し(初期値)
「プロセスタグ」値が「123」、「積算上位桁プロセスタ
グ」値が「0」の場合、「123」と表示されます。
出力確認用
あり
「数値設定」を「可」に設定した場合、値変更操作の
実行確認を行うか否かを設定します。「あり」に設定
メッセージ表示
した場合、プロセスタグの値変更操作で確認ダイア
ログボックスが表示されます。「なし」に設定した場
なし(初期値)
合、プロセスタグの値変更操作で確認ダイアログボ
ックスは表示されません。
*1 「積算上位桁プロセスタグ」を指定するときは、「プロセスタグ」にはレンジ上下限が 0-10000 のものを指
定してください。また「積算上位桁プロセスタグ」には正の整数値になるプロセスタグを指定してくださ
い。
192
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.4 テキスト
テキスト部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.3テキス
ト」を参照してください。
193
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
フォント名
フォントサイズ
文字配置*1
表示文字*1
文字色
背景色
時間表示
時間表示
フォーマット
設定値
3D(初期値)
凸
凹
単色
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
説明
テキストの枠種別を設定します。テキストの枠種別
は5種類があり、設定によって立体感のあるもの(3
D、凸、凹)、または平面のもの(単色、無し)になり
ます。
時分秒表示
SCADALINX サーバが動作しているパソコンの現在
の時刻や月日などを表示します。表示内容は、「時
間表示フォーマット」の項目で設定します。
「時間表示」を「時分秒表示」に設定した場合の、時
間表示フォーマットを設定します。
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
有効範囲:システムに登録さ テキストの文字フォントを設定します。
れているフォント。
初期値:MS ゴシック
有効範囲:1~255
テキストの文字フォントサイズを設定します。値が大
きいほどフォントは大きくなります。
初期値:14
テキストの文字配置を左寄せ、中央、右寄せ、左寄
左寄せ
せ折り返しの中から設定します。
中央(初期値)
右寄せ
左寄せ折返
有効範囲:最大半角 64 文字 テキスト上に表示する文字を設定します。
初期値:Text
有効範囲:24bit カラー
テキスト上に表示する文字色を設定します。「...」ボ
タンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示され
初期値:■0,0,0
ます。
有効範囲:24bit カラー
テキストの背景色を設定します。「...」ボタンを選択
初期値:□255,255,255
すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
通常(初期値)
「表示文字」の項目で設定した値(文字列)を表示し
ます。
有効範囲:最大半角 64 文字
初期値:
%Y/%m/%d %H:%M:%S %p
フォーマット文字 説明
%Y
年
%m
月
%d
日
%H
時間(24 時間表記)
%I
時間(12 時間表記)
%M
分
%S
秒
%p
午前 AM /午後 PM
*1 文字列を表示の途中で折り返すには、折り返したい位置に「\n」を挿入します。
194
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.5 ディジタル SW
ディジタルSW部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.4デ
ィジタルSW」を参照してください。
プロパティ項目
ON 時枠種別
OFF時枠種別
欠測時枠種別
設定値
説明
ディジタル SW の ON 時枠種別を設定します。ディジ
タル SW の ON 時枠種別は5種類があり、設定によ
って、立体感のあるもの(3D、凸、凹)、または平面
のもの(単色、無し)になります。
3D
凸(初期値)
凹
単色
無し
3D
ディジタル SW の OFF時枠種別を設定します。ディ
ジタル SW の OFF 時枠種別は5種類があり、設定に
よって立体感のあるもの(3D、凸、凹)、または平面
のもの(単色、無し)になります。
凸
凹(初期値)
単色
無し
3D
凸
凹
単色(初期値)
ディジタル SW の欠測時枠種別を設定します。ディ
ジタル SW の欠測時枠種別は5種類があり、設定に
よって立体感のあるもの(3D、凸、凹)、または平面
のもの(単色、無し)になります。
195
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
枠線幅
枠線色
フォント名
フォントサイズ
文字配置
ON時文字*1
ON 時文字色
ON 時背景色
ON イメージ
ON 時フリッカ
OFF時文字*1
OFF 時文字色
設定値
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
説明
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
有効範囲:システムに登録さ ディジタル SW の文字フォントを設定します。
れているフォント。
初期値:MS ゴシック
有効範囲:1~255
ディジタル SW の文字フォントサイズを設定します。
値が大きいほどフォントは大きくなります。
初期値:14
左寄せ
ディジタル SW の文字配置を左寄せ、中央、右寄
せ、左寄せ折り返しの中から設定します。
中央(初期値)
右寄せ
左寄せ折返
有効範囲:最大半角 64 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が ON の時
初期値:ON
に、ディジタル SW 上に表示する文字を設定します。
「ON 時イメージ」が設定されている場合は設定でき
ません。
有効範囲:24bit カラー
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が ON の時
初期値:■0,0,0
に、ディジタル SW 上に表示する文字色を設定しま
す。「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログ
が表示されます。
有効範囲:24bit カラー
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が ON の時
初期値:■0,255,0
に、ディジタル SW の背景色を設定します。「...」ボタ
ンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示されま
す。
有効範囲:最大半角 255 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力がONの時
初期値:(空白)
に、ディジタルSW上に表示するイメージを設定しま
す。「ON時文字」が設定されている場合は設定でき
ません。「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイアロ
グからイメージファイルを指定してください。イメージ
の指定については、「7.2.8イメージファイル指定方
法」も参照して下さい。
あり
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が ON の時
に、ディジタル SW の表示をフリッカ(明滅)させるか
なし(初期値)
否かを設定します。
有効範囲:最大半角 64 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が OFF の
初期値:OFF
時に、ディジタル SW 上に表示する文字を設定しま
す。「OFF 時イメージ」が設定されている場合は設定
できません。
有効範囲:24bit カラー
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が OFF の
初期値:■0,0,0
時に、ディジタル SW 上に表示する文字色を設定し
ます。「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアロ
グが表示されます。
196
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
OFF 時背景色
OFF イメージ
OFF 時フリッカ
欠測時文字*1
欠測時文字色
欠測時背景色
欠測イメージ
欠測時フリッカ
フリッカ滅時
背景色
設定値
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,255
説明
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が OFF の
時に、ディジタル SW の背景色を設定します。「...」ボ
タンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示され
ます。
有効範囲:最大半角 255 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力がOFFの時
初期値:(空白)
に、ディジタルSW上に表示するイメージを設定しま
す。「OFF時文字」が設定されている場合は設定で
きません。「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイア
ログからイメージファイルを指定してください。イメー
ジの指定については、「7.2.8イメージファイル指定
方法」も参照して下さい。
あり
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が OFF の
時に、ディジタル SW の表示をフリッカ(明滅)させる
なし(初期値)
か否かを設定します。
有効範囲:最大半角 64 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が欠測の時
初期値:OFF
に、ディジタル SW 上に表示する文字を設定します。
「欠測時イメージ」が設定されている場合は設定で
きません。
有効範囲:24bit カラー
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が欠測の時
初期値:■0,0,0
に、ディジタル SW 上に表示する文字色を設定しま
す。「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログ
が表示されます。
有効範囲:24bit カラー
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が欠測の時
初期値:■128,128,128
に、ディジタル SW の背景色を設定します。「...」ボタ
ンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示されま
す。
有効範囲:最大半角 255 文字 「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が欠測の時
初期値:(空白)
に、ディジタルSW上に表示するイメージを設定しま
す。「欠測時文字」が設定されている場合は設定で
きません。「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイア
ログからイメージファイルを指定してください。イメー
ジの指定については、「7.2.8イメージファイル指定
方法」も参照して下さい。
あり
「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」または「入力
先アラームタグ」で指定した接点の入力が欠測の時
に、ディジタル SW の表示をフリッカ(明滅)させるか
なし(初期値)
否かを設定します。
有効範囲:24bit カラー
「~時フリッカ」を「あり」に設定した場合の、フリッカ
が滅状態時の背景色を設定します。「...」ボタンを選
初期値:■204,204,204
択すると「色の設定」ダイアログが表示されます。
197
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
透明色*2
スイッチ種別
モーメンタリ
動作
出力先タグ
出力確認用
メッセージ表示
入力先タグ*3
設定値
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
説明
表示するイメージファイルの透明色を設定します。
「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表
示されます。透明色に指定した色は、背景が透けて
表示されます。初期値は、黒(0,0,0)に設定されてい
ますが、黒を透明色に設定しても表示には反映さ
れません。透明色を指定する場合、イメージファイ
ルには GIF/PNG ファイルを指定してください。なお、
透明色を指定し、イメージ部品以外のグラフィック部
品と重ねた場合は正しく表示されない場合がありま
すので、重ねて配置しないで下さい。
モーメンタリ(初期値)
スイッチ種別を設定します。「モーメンタリ」に設定し
た場合、マウスでデジタル SW をクリックし押下した
状態で、出力先タグを ON(OFF)にします。押下した
状態からマウスボタンを離すと、出力先タグを OFF
オルタネート
(ON)にします。「オルタネート」に設定した場合、デ
ジタル SW をクリックする毎に、出力先タグを ON と
OFF に、交互に設定します。「ページ切り替え」に設
定した場合、デジタル SW をクリックすると、下記の
ページ切り替え
「ジャンプ先ページ種別」「ジャンプ先ページ番号」
「出力先タグ」の設定に従って、別のページに表示
を切り替えます。「ポップアップ」に設定した場合、デ
ジタル SW をクリックすると、下記の「ポップアッププ
ポップアップ
ロセスタグ」「ポップアップ4点警報タグ」「ポップアッ
プ出力確認用メッセージ」の設定に従って、フェーズ
プレートのポップアップ表示を行います。
ON(初期値)
「スイッチ種別」を「モーメンタリ」に設定した場合の
ディジタル SW 押下時の出力動作を設定します。
「ON」に設定した場合、マウスでデジタル SW をクリ
ックし押下した時に、出力先タグに対して「ON」を設
OFF
定します。「OFF」に設定した場合、マウスでデジタ
ル SW をクリックし押下した時に、出力先タグに対し
て「OFF」を設定します。
有効範囲:登録済みデジタル ディジタル SW の出力先タグを設定します。ドロップ
出力プロセスタグ名
ダウンリストを開くと、システムビルダで設定したプ
ロセスタグ一覧が表示されますので、一覧からプロ
初期値:(空白)
セスタグを選択します。また、「...」ボタンを押すと、
システムビルダソフトが起動され、プロセスタグの選
択とデータ確認ができます。
あり
「スイッチ種別」を「オルタネート」に設定した場合、
値変更操作の実行確認を行うか否かを設定しま
す。「あり」に設定した場合、プロセスタグの値変更
操作で確認ダイアログボックスが表示されます。「な
し」に設定した場合、プロセスタグの値変更操作で
なし(初期値)
確認ダイアログボックスは表示されません。また、
「スイッチ種別」を「オルタネート」以外に設定した場
合、プロセスタグの値変更操作で確認ダイアログボ
ックスは表示されません。
有効範囲:登録済みプロセス ディジタル SW の表示状態の参照先プロセスタグを
タグ名
設定します。ドロップダウンリストを開くと、システム
初期値:(空白)
ビルダで設定したプロセスタグ一覧が表示されます
ので、一覧からプロセスタグを選択します。また、
「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動さ
れ、プロセスタグの選択とデータ確認ができます。
198
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
入力先
タグ拡張子*3
入力先
アラームタグ*3
ジャンプ先
ページ種別
ジャンプ先
ページ番号
ジャンプ先
プロセスタグ
ジャンプ先
4点警報タグ
自動ジャンプ
設定値
Normal(初期値)
説明
設定された入力先タグによって、タグ拡張子一覧が
表示されます。タグ拡張子を指定することによって、
UA
タグ内のデータにアクセスすることができます。各
種タグ拡張子は「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参
LA
照してください。「Normal」はプロセスタグタイプが
BCA,ECA,IND,RSA,AI1 の場合、いずれかのエラー
DA
が発生している状態を表します。
有効範囲:登録済みアラーム ディジタル SW の表示状態の参照先アラームタグを
タグ名
設定します。ドロップダウンリストを開くと、システム
ビルダで設定したアラームタグ一覧が表示されます
初期値:(空白)
ので、一覧からアラームタグを選択します。また、
「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起動さ
れ、アラームタグの選択とデータ確認ができます。
無し(初期値)
「スイッチ種別」を「ページ切り替えに」に設定した場
合の、ジャンプ先のページ種別を設定します。下記
オーバービュー
の「ジャンプ先ページ番号」「ジャンプ先プロセスタ
コントロールパネル
グ」「ジャンプ先4点警報タグ」と併せて設定します。
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
システムモニタ
チューニング
レポート
有効範囲:1~256
「スイッチ種別」を「ページ切り替えに」に、「ジャンプ
先ページ種別」を「チューニング」または「レポート」
初期値:1
以外に設定した場合の、ジャンプ先のページ番号を
設定します。上記の「ジャンプ先ページ種別」と併せ
て設定します。「ジャンプ先ページ種別」を「レポー
ト」に設定した場合は設定する必要はありません。
有効範囲:登録済みプロセス 「スイッチ種別」を「ページ切り替えに」に、「ジャンプ
タグ名
先ページ種別」を「チューニング」に設定した場合
の、ジャンプ先チューニングページの表示対象プロ
初期値:(空白)
セスタグを設定します。ドロップダウンリストを開く
と、システムビルダで設定したプロセスタグ一覧が
表示されますので、一覧からプロセスタグを選択し
ます。また、「...」ボタンを押すと、システムビルダソ
フトが起動され、プロセスタグの選択とデータ確認
ができます。「ジャンプ先4点警報タグ」が設定され
ている場合、「ジャンプ先プロセスタグ」の設定はで
きません。
有効範囲:登録済み4点警報 「スイッチ種別」を「ページ切り替えに」に、「ジャンプ
タグ名
先ページ種別」を「チューニング」に設定した場合
の、ジャンプ先チューニングページの表示対象4点
初期値:(空白)
警報タグを設定します。ドロップダウンリストを開く
と、システムビルダで設定した4点警報タグ一覧が
表示されますので、一覧から4点警報タグを選択し
ます。また、「...」ボタンを押すと、システムビルダソ
フトが起動され、4点警報タグの選択とデータ確認
ができます。「ジャンプ先プロセスタグ」が設定され
ている場合、「ジャンプ先4点警報タグ」の設定はで
きません。
あり(初期値)
「スイッチ種別」を「ページ切り替え」に設定した場合
に、「入力先タグ」と「入力先タグ拡張子」で指定した
なし
接点の入力が ON に切り替わったとき、自動的にペ
ージ切り替えを行うか否かを選択します。
199
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
ポップアップ
プロセスタグ
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス 「スイッチ種別」を「ポップアップ」に設定した場合の
タグ名
ポップアップフェースプレートの表示対象プロセスタ
グを設定します。ドロップダウンリストを開くと、シス
初期値:(空白)
テムビルダで設定したプロセスタグ一覧が表示され
ますので、一覧からプロセスタグを選択します。ま
た、「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起
動され、プロセスタグの選択とデータ確認ができま
す。「ポップアップ4点警報タグ」が設定されている
場合、「ポップアッププロセスタグ」の設定はできま
せん。
ポップアップ
有効範囲:登録済み4点警報 「スイッチ種別」を「ポップアップ」に設定した場合の
タグ名
ポップアップフェースプレートの表示対象4点警報タ
4点警報タグ
グを設定します。ドロップダウンリストを開くと、シス
初期値:(空白)
テムビルダで設定した4点警報タグ一覧が表示され
ますので、一覧から4点警報タグを選択します。ま
た、「...」ボタンを押すと、システムビルダソフトが起
動され、4点警報タグの選択とデータ確認ができま
す。「ポップアッププロセスタグ」が設定されている
場合、「ポップアップ4点警報タグ」の設定はできま
せん。
ポップアップ
あり
「スイッチ種別」を「ポップアップ」に設定した場合の
ポップアップフェースプレートからの値変更操作の
出力確認
実行確認を行うか否かを設定します。「あり」に設定
メッセージ
した場合、フェースプレート上からのプロセスタグの
値変更操作(アップダウンキーによる操作は除く)で
確認ダイアログボックスが表示されます。「なし」に
設定した場合、フェースプレート上からのプロセスタ
なし(初期値)
グの値変更操作で確認ダイアログボックスは表示
されません。ただしシステムビルダの「UI設定」の
「ループステータス切替確認」項目を「有」に設定し
た場合には、確認ダイアログボックスが表示されま
す 。 シ ス テ ム ビ ル ダ で の UI 設 定 に つ い て は
「6.4.3.3UI設定」を参照してください。
*1 文字列を表示の途中で折り返すには、折り返したい位置に「\n」を挿入します。
「予備\n ポンプ」 →
*2 透明色を指定する際、「ON 時イメージ」「OFF 時イメージ」「欠測時イメージ」には、透明色部分の形状が
同じになるイメージファイルを指定してください。
*3 「スイッチ種別」を「ページ切り替え」「ポップアップ」に設定したときなど、「入力先タグ」(+「入力先タグ拡
張子」)と「入力先アラーム」を未設定にした場合、ランタイム時のディジタル SW 部品は欠測時の設定に
よる表示状態で表されます。
200
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.6 スケルトンバー/バーグラフ
スケルトンバー/バーグラフ部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作につい
ては「10.8.5スケルトンバー/バーグラフ」を参照してください。
201
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
グラフ色
グラフ背景色
グラフ方向
*1
塗りつぶし
設定値
3D(初期値)
凸
凹
単色
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,255,0
説明
スケルトンバーの枠種別を設定します。スケルトン
バーの枠種別は5種類があり、設定によって立体
感のあるもの(3D、凸、凹)、または平面のもの(単
色、無し)になります。
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
グラフ色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。
グラフ背景色を設定します。「...」ボタンを選択すると
「色の設定」ダイアログが表示されます。「塗りつぶ
し」を「スケルトン」に設定すると、本項目の設定は
できなくなります。
「入力タグ」と「タグ拡張子」の項目で設定したタグ
の値をバーグラフとして表示する際の、グラフの動
作設定を行います。
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,128
有効範囲:24bit カラー
初期値:□255,255,255
下上(初期値)
左右
上下
右左
塗りつぶし(初期値)
スケルトンバーの表示方法を設定します。「塗りつ
ぶし」に設定した場合、グラフと背景の両方を、それ
ぞれの指定色で塗りつぶします。「スケルトン」に設
スケルトン
定した場合、グラフと背景の部分は「透明度(%)」の
設定に従って、透過された状態で表示されます。
透明度(%)*1
有効範囲:1~99
「塗りつぶし」を「スケルトン」に設定した場合のスケ
ルトンバーの透明度を設定します。値が大きいほど
初期値:20
背景が透過されて表示されます。
*2
入力タグ
有効範囲:登録済みアナログ スケルトンバーの数値の参照先タグを設定します。
プロセスタグ名
ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで設定
したプロセスタグ一覧が表示されますので、一覧か
初期値:(空白)
らプロセスタグを選択します。また、「...」ボタンを押
すと、システムビルダソフトが起動され、プロセスタ
グの選択とデータ確認ができます。
設定された入力タグによって、タグ拡張子一覧が表
タグ拡張子*2
PV
示されます。タグ拡張子を指定することによって、タ
SV
グ内のデータにアクセスすることができます。各種
MV
タグ拡張子は「6.4.1タグタイプとタグ拡張子」を参照
無し(初期値)
してください。
*1 スケルトンバーの場合のみ、設定可能です。
*2 入力タグとタグ拡張子のフルスケールを0-100%とし、その入力値に応じて部品面をグラフ色で塗り
つぶします。
202
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.7 イメージ
イメージ部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.6イメー
ジ」を参照してください。
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
イメージ
ファイル
透明色
設定値
3D(初期値)
凸
凹
単色
無し
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,255,0
説明
イメージの枠種別を設定します。イメージの枠種別
は5種類があり、設定することによって立体感のあ
るもの(3D、凸、凹)、または平面のもの(単色、無
し)になります。
枠の線幅の設定をします。値が大きいほど太くなり
ます。
枠線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色
の設定」ダイアログが表示されます。枠線色は「枠
種別」の設定が「単色」の場合のみ、設定が可能に
なります。
有効範囲:最大半角 255 文字 イメージ上に表示するイメージファイルを設定しま
す。「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイアログか
初期値:(空白)
らイメージファイルを指定してください。イメージファ
イルの指定については、「7.2.8イメージファイル指定
方法」も参照して下さい。
有効範囲:24bit カラー
表示するイメージファイルの透明色を設定します。
「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表
初期値:■0,0,0
示されます。透明色に指定した色は、背景が透けて
表示されます。初期値は、黒(0,0,0)に設定されてい
ますが、黒を透明色に設定しても表示には反映さ
れません。透明色を指定する場合、イメージファイ
ルには GIF/PNG ファイルを指定してください。なお、
透明色を指定し、イメージ部品以外のグラフィック部
品と重ねた場合は正しく表示されない場合がありま
すので、重ねて配置しないで下さい。
203
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.8 ライン
ライン部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.8.7ライン」を
参照してください。
プロパティ項目
枠種別
枠線幅
枠線色
始点矢印幅
終点矢印幅
設定値
実線(初期値)
点線
二重線
有効範囲:0~255
初期値:1
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
有効範囲:0~9999
初期値:0
説明
ラインの種別を設定します。
線幅の設定をします。値が大きいほど線幅が太くな
ります。
線の色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色の
設定」ダイアログが表示されます。
始点の矢印幅を設定します。数字が大きければ、
大きいほど矢印幅は広くなります。0 の場合、矢印
は表示されません。
終点の矢印幅を設定します。数字が大きければ、
大きいほど矢印幅は広くなります。0 の場合、矢印
は表示されません。
有効範囲:0~9999
初期値:0
7.2.6.9 JUMP ボタン
JUMP ボ タ ン 部 品 の プ ロ パ テ ィ 設 定 に つ い て は 以 下 の 通 り で す 。 ラ ン タ イ ム 時 の 動 作 に つ い て は
「10.3.1JUMPボタン」を参照してください。
プロパティ項目
ボタン種別
設定値
オーバービュー
コントロールパネル
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
システムモニタ
レポート
戻る(初期値)
進む
説明
ボタン種別を設定します。「オーバービュー」「コント
ロールパネル」「トレンド」「アラームサマリ」「グラフィ
ックモニタ」「システムモニタ」に設定した場合は、そ
れぞれのページ種別の1ページ目に表示を切り替
えます。「レポート」に設定した場合は、レポートメイ
ンページに表示を切り替えます。「戻る」に設定した
場合は、直前に表示していたページに表示を切り
替えます。「進む」に設定した場合、「戻る」を実行す
る前に表示していたページに再び表示を切り替えま
す。
204
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.10 インフォメーション
インフォメーションには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.3.2
インフォメーション」を参照してください。
7.2.6.11 ダイレクトメニュー
ダイレクトには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.3.3ダイレク
トメニュー」を参照してください。
7.2.6.12 最新アラーム
最新アラームには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.7.2最新
アラーム」を参照してください。
7.2.6.13 ラベル
ラベル部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.3.4ラベル」
を参照してください。
プロパティ項目
文字
設定値
説明
有効範囲:最大半角 30 文字 ラベルに表示する文字を設定します。最大半角 20
文字。
初期値:ラベル
*1
ページ種別
オーバービュー
ページ種別を設定します。設定値に応じてラベル部
品のアイコンが変化します。指定しなかった場合は
コントロールパネル*1
部品が貼り付けられたページの種別アイコンになり
トレンド*1
*1
ます。
アラームサマリ
*1
グラフィックモニタ
システムモニタ*1
チューニング*1
レポート*1
*1 ページ種別の初期値は、部品が貼り付けられたページの種別になります。
205
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.14 ページ切り替え
ページ切り替えには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.3.5ペ
ージ切り替え」を参照してください。
7.2.6.15 ページツリー
ページツリー部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.3.6ペ
ージツリー」を参照してください。
プロパティ項目
システム名称
システム
アイコン
設定値
有効範囲:最大半角 64 文字
初期値:(空白)
説明
ページツリーのルートに表示されているシステム名
称を変更することができます。空白の場合ルートに
は「SCADALINX」が表示されます。
有効範囲:最大半角 255 文字 ページツリーのルートに表示されているシステムア
イコンを他の*.bmp ファイルに変更することができま
初期値:(空白)
す。空白の場合ルートには「 」アイコンが表示さ
れます。
7.2.6.16 ページサマリ
ページサマリには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.4.2ペー
ジサマリ」を参照してください。
206
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.17 オーバービュー
オーバービュー部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.4.1
オーバービュー」を参照してください。
プロパティ項目
ページ種別
ページ番号
タイトル
カラー
プロセスタグ
4点警報タグ
設定値
無し(初期値)
オーバービュー
説明
オーバービュー項目を設定します。
コントロール
トレンド
アラームサマリ
チューニング
グラフィックモニタ
システムモニタ
レポート
有効範囲:1~256
初期値:1
画面ページを設定します。但し、「ページ種別」が
「チューニング」の場合、ページ番号の設定はしま
せん。
有効範囲:最大半角 20 文字 オーバービューボタンの上で表示するタイトルを設
定します。
初期値:(空白)
有効範囲:24bit カラー
オーバービュー状態表示のアラーム未発生時の背
景色を設定します。「...」ボタンを選択すると「色の設
初期値:□255,255,255
定」ダイアログが表示されます。ジャンプ先の対象
ページで、アラームが発生した時の色は赤です。
有効範囲:登録済みプロセス 「ページ種別」が「チューニング」の場合、本項目の
タグ名
設定が有効となります。ジャンプ先のチューニング
画面で監視を行いたいプロセスタグを設定します。
初期値:(空白)
ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで設定
したプロセスタグ一覧が表示されますので、一覧か
らプロセスタグを選択します。また、「...」ボタンを押
すと、システムビルダが起動され、プロセスタグの
選択とデータ確認ができます。「4点警報タグ」が設
定されている場合、プロセスタグの設定はできませ
ん。
有効範囲:登録済み4点警報 「ページ種別」が「チューニング」の場合、本項目の
タグ名
設定が有効となります。ジャンプ先のチューニング
画面で監視を行いたい4点警報タグを設定します。
初期値:(空白)
ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで設定
した4点警報タグ一覧が表示されますので、一覧か
ら4点警報タグを選択します。また、「...」ボタンを押
すと、システムビルダが起動され、4点警報タグの
選択とデータ確認ができます。「プロセスタグ」が設
定されている場合、4点警報タグの設定はできませ
ん。
207
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.18 フェースプレート
フェースプレート部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については
「10.5.1フェースプレート」「10.9.3フェースプレート(チューニング画面)」を参照してください。また、フェースプ
レートに関しては、ランタイム時の表示設定は、システムビルダで設定する、プロセスタグのプロパティの
「UI設定」にて行います。「UI設定」の詳細については「6.4.3.3UI設定」を参照してください。
プロパティ項目
プロセスタグ*1
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス フェースプレートの参照先プロセスタグを設定しま
タグ名
す。ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで
設定したプロセスタグ一覧が表示されますので、一
初期値:(空白)
覧からプロセスタグを選択します。また、「...」ボタン
を押すと、システムビルダが起動され、プロセスタグ
の選択とデータ確認ができます。「4点警報タグ」が
設定されている場合、プロセスタグの設定はできま
せん。
4点警報タグ*1
有効範囲:登録済み4点警報 フェースプレートの参照先4点警報タグを設定しま
タグ名
す。ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで
設定した4点警報タグ一覧が表示されますので、一
初期値:(空白)
覧から4点警報タグを選択します。また、「...」ボタン
を押すと、システムビルダソフトが起動され、4点警
報タグの選択とデータ確認ができます。「プロセスタ
グ」が設定されている場合、4点警報タグの設定は
出来ません。
確認用
あり
値変更操作の実行確認を行うか否かを設定しま
す。「あり」に設定した場合、フェースプレート上から
メッセージ表示
のプロセスタグの値変更操作(アップダウンキーに
よる操作は除く)で確認ダイアログボックスが表示さ
れます。「なし」に設定した場合、フェースプレート上
からのプロセスタグの値変更操作で確認ダイアログ
なし(初期値)
ボックスは表示されません。ただしシステムビルダ
の「UI設定」の「ループステータス切替確認」項目を
「有」に設定した場合には、確認ダイアログボックス
が表示されます。システムビルダでのUI設定につい
ては「6.4.3.3UI設定」を参照してください。
*1 Tuning グループに登録された画面に、貼り付けられたフェースプレート部品(1個/画面に制限)のプロ
セスタグ・4点警報タグプロパティは、ランタイム時に、展開元のグラフィック部品のプロセスタグ・4点警
報タグ情報から、動的に設定されます。従って、この場合、エンジニアリング時における、フェースプレ
ート部品のプロセスタグ・4点警報タグプロパティ設定は不要です。
208
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.19 トレンドグラフ
トレンドグラフ部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.6.1ト
レンドグラフ」を参照してください。
209
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
サンプル周期*1
レンジ表示
インデックス*2
スパン*2
時間軸*1*2
ファイル
再生専用
トレンドタグ1
......
トレンドタグ8
設定値
1秒(初期値) 3分
2秒
4分
3秒
5分
4秒
6分
5秒
10分
6秒
12分
10秒
15分
20秒
20分
30秒
30分
1分
1時間
2分
%(初期値)
ペン1
ペン2
ペン3
ペン4
ペン5
ペン6
ペン7
ペン8
1 倍(初期値)
2倍
5倍
10 倍
4分(初期値)
24分
1時間
4時間
12時間
24時間
8日
する
説明
トレンドグラフに表示するトレンドタグデータのサン
プル周期を設定します。ここで設定したサンプル周
期と同じ周期のトレンドタグが、「トレンドタグ1~8」
プロパティで設定可能になります。なお、サンプル
周期の異なるトレンドタグを混在して設定すること
は出来ません。
グラフ縦軸の表示レンジを%(0-100%)とする
か、選択したペンの実量で表示するかのデフォルト
設定を選択することができます。
トレンドグラフ縦軸のデフォルト表示倍率を設定しま
す。
トレンドグラフ横軸のデフォルト表示範囲を設定しま
す。
トレンドグラフを再生専用にするか否かを設定しま
す。「する」に設定した場合、ランタイム時、このトレ
ンドグラフで再生ファイル読み込み機能が有効にな
ります。また、この時トレンドタグ1~8の設定は無
効になります。「しない」に設定した場合、このトレン
しない(初期値)
ドグラフには、トレンドタグ1~8で設定したトレンド
データが表示され、再生ファイル読み込み機能は
無効になります。
有効範囲:「サンプル周期」で トレンドグラフに表示するトレンドタグを設定します。
設定した値と一致する、登録 また「...」を押すと、システムビルダソフトが起動さ
済みトレンドタグ名
れ、トレンドタグの設定が確認できます。トレンドタ
グは「サンプル周期」で設定した周期と同じ周期の
初期値:(空白)
トレンドタグが選択可能です。「トレンドタグ1~8」に
サンプル周期の異なるトレンドタグを混在して設定
することは出来ません。
210
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
プロパティ項目
ペン1色*2
......
ペン8色
ペン1表示*2
......
ペン8表示
ペン1実量/%*2
......
ペン8実量/%
ペン1Bias*2
......
ペン8Bias
設定値
有効範囲:24bit カラー
初期値:
(トレンドタグ1)■255,0,0
(トレンドタグ2)■0,0,255
(トレンドタグ3)■0,255,0
(トレンドタグ4)■255,255,0
(トレンドタグ5)■255,0,255
(トレンドタグ6)■0,255,255
(トレンドタグ7)□255,255,255
(トレンドタグ8)■0,0,0
あり(初期値)
なし
説明
各トレンドタグのペンの表示色のデフォルト値を設
定します。「...」ボタンを選択すると「色の設定」ダイ
アログが表示されます。
設定したペンを表示するか否かのデフォルト設定を
行います。
%
グラフ値表示を%(0-100%)値とするか、各ペン
の実量値とするかのデフォルト値を選択することが
実量(初期値)
できます。
有効範囲:-200~200
ペンとペンが重なって、トレンドグラフを見難い場
合、各ペンを上下にバイアスをかけて表示すること
初期値:0
ができます。ここではバイアスのデフォルト値を設
定します。
*1 サンプル周期によって設定可能な時間軸の値は異なります。詳細については次表を参照してください。
時間軸
サンプル周期
4分
24分
1時間
4時間 12時間 24時間
8日
1秒
○
○
○
○
○
○
○
2秒
○
○
○
○
○
○
○
3秒
○
○
○
○
○
○
○
4秒
○
○
○
○
○
○
○
5秒
○
○
○
○
○
○
○
6秒
○
○
○
○
○
○
○
10秒
○
○
○
○
○
○
○
20秒
○
○
○
○
○
○
○
30秒
○
○
○
○
○
○
○
1分
×
○
○
○
○
○
○
2分
×
×
×
○
○
○
○
3分
×
×
×
○
○
○
○
4分
×
×
×
○
○
○
○
5分
×
×
×
○
○
○
○
6分
×
×
×
○
○
○
○
10分
×
×
×
○
○
○
○
12分
×
×
×
○
○
○
○
15分
×
×
×
○
○
○
○
20分
×
×
×
○
○
○
○
30分
×
×
×
○
○
○
○
1時間
×
×
×
×
○
○
○
○:設定可能 ×:設定不可
*2 トレンドグラフの表示状態の設定は、各クライアントにおける設定が優先されます。これらのプロパティ
項目を編集後に表示状態を確認するにはクライアントのトレンド部品の画面にて、「表示リセット」を行っ
てください。「表示リセット」の詳細については「10.6.1.3.1表示リセット」を、モニタ画面の表示状態につい
ては「10.13画面表示状態の保存」を参照してください。
211
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.20 アラームサマリ
アラームサマリには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.7.1アラ
ームサマリ」を参照してください。
7.2.6.21 ステーション
ステーション部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.10.1ス
テーション」を参照してください。
プロパティ項目
設定値
説明
IOServerName*1 有効範囲:登録済み IO サー 表示するステーションが所属している IO サーバ名。
バ名
初期値:(空白)
ステーション
有効範囲:登録済みステーシ 表示するステーションの番号。
ョン番号
番号*1
初期値:0
*1 「IOServerName」が設定されているときに、「ステーション番号」にシステムビルダで未登録のステーショ
ンを設定すると、ページ保存時に下記の確認ダイアログが表示されます。
212
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.22 カード
カード部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.10.2カード」
を参照してください。
プロパティ項目
IOServerName*
設定値
説明
有効範囲:登録済み IO サー 表示するカードが所属している IO サーバ名。
1
バ名
初期値:(空白)
ステーション
有効範囲:登録済みステーシ 表示するカードが所属しているステーションの番
ョン番号
号。
番号*1
初期値:0
カード番号*1
有効範囲:登録済みカード/ 表示するカードの番号。
ノード番号
初期値:0
*1 「IOServerName」が設定されているときに、「ステーション番号」「カード番号」でシステムビルダで未登録
のカードを設定すると、ページ保存時に下記の確認ダイアログが表示されます。
213
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.23 グループ
グループ部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.10.3グル
ープ」を参照してください。
プロパティ項目
設定値
説明
*1
IOServerName
有効範囲:登録済み IO サー 表示するグループ/レジスタが所属している IO サー
バ名
バ名。
初期値:(空白)
ステーション
有効範囲:登録済みステーシ 表示するグループ/レジスタが所属しているステー
ョン番号
ションの番号。
番号*1
初期値:0
カード番号*1
有効範囲:登録済みカード/ 表示するグループ/レジスタが所属しているカード
ノード番号
の番号。
初期値:0
グループ番号*1 有効範囲:登録済みグルー 表示するグループ/レジスタの番号。
プレジスタ番号
初期値:0
*1 「IOServerName」が設定されているときに、「ステーション番号」「カード番号」「グループ番号」にシステ
ムビルダで未登録のグループ/レジスタを設定すると、ページ保存時に下記の確認ダイアログが表示さ
れます。
214
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.6.24 操作ボタン
操作ボタンには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.10.4操作ボ
タン」を参照してください。
7.2.6.25 チューニング
チューニング部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.9.2チ
ューニング」を参照してください。
プロパティ項目
プロセスタグ*1
設定値
説明
有効範囲:登録済みプロセス チューニング部品の参照先プロセスタグを設定しま
タグ名
す。ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで
初期値:(空白)
設定したプロセスタグ一覧が表示されますので、一
覧からプロセスタグを選択します。また、「...」ボタン
を押すと、システムビルダが起動され、プロセスタグ
の選択とデータ確認ができます。「4点警報タグ」が
設定されている場合、プロセスタグの設定はできま
せん。
4点警報タグ*1
有効範囲:登録済み4点警報 チューニング部品の参照先4点警報タグを設定しま
タグ名
す。ドロップダウンリストを開くと、システムビルダで
設定した4点警報タグ一覧が表示されますので、一
初期値:(空白)
覧から4点警報タグを選択します。また、「...」ボタン
を押すと、システムビルダソフトが起動され、4点警
報タグの選択とデータ確認ができます。「プロセスタ
グ」が設定されている場合、4点警報タグの設定は
出来ません。
*1 Tuning グループに登録された画面に、貼り付けられたチューニング部品(1個/画面に制限)のプロセ
スタグ・4点警報タグプロパティは、ランタイム時に、展開元のグラフィック部品のプロセスタグ・4点警報
タグ情報から、動的に設定されます。従って、この場合、エンジニアリング時における、チューニング部
品のプロセスタグプロパティ設定は行いません。
7.2.6.26 レポートメイン
レポートメイン部品のプロパティ設定については以下の通りです。ランタイム時の動作については「10.11.1
レポートメイン」を参照してください。
プロパティ項目
設定値
レポートタイトル 有効範囲:最大半角 64 文字
初期値:(空白)
説明
レポートメインに表示されるタイトルを設定します。
7.2.6.27 レポートビュー
レポートビューには、設定可能な通常プロパティはありません。ランタイム時の動作については「10.11.2レ
ポートビュー」を参照してください。
215
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.7 グラフィック画面背景
グラフィック画面の背景をクリックするとページ全体の設定を行うことが出来ます。
プロパティ項目
名称
背景色
ビットマップ名*2
ビットマップ
位置*1
設定値
有効範囲:最大半角 64 文字
初期値:ページ種別によりそ
れぞれ、下表の通り。
ページ種別
初期値
オーバー
Overview
ビュー
コントロール Control
パネル
トレンド
Trend
アラーム
Alarm
サマリ
グラフィック
Graphic
モニタ
システム
Systen
モニタ
Monitor
チューニング Tuning
レポート
Report
有効範囲:24bit カラー
初期値:■0,0,0
有効範囲:最大半角 255 文字
初期値:
C:\Inetpub\wwwroot\SCAD
ALINX\base2.jpg
左上(初期値)
中央
並べて表示
ページに合わせて伸縮
説明
ページの名称を設定します。設定した名称はランタ
イム時に、Internet Explorer のウィンドウタイトル
部に表示されます。
ページの背景色を設定します。「...」ボタンを選択す
ると「色の設定」ダイアログが表示されます。
グラフィック画面の背景に表示するイメージを指定
します。
「...」ボタンを押し、「ファイルを開く」ダイアログからイ
メージファイルを指定してください。イメージファイル
の指定については、「7.2.8イメージファイル指定方
法」も参照して下さい。
ビットマップ名で指定したイメージファイルの配置方
法を設定します。イメージファイルは「左上」に設定
した場合、背景の左上に、「中央」に設定した場合
背景の中央に、「並べて表示」に設定した場合、背
景全体に並べて、「ページに合わせて伸縮」に設定
した場合、背景全体に伸縮されて配置されます。
*1 背景のサイズは、990(横)×680(縦)ピクセルです。
216
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.2.8 イメージファイル指定方法
グラフィックビルダの背景や部品のイメージプロパティでイメージファイルを指定する際は、使用するイメー
ジファイルを「3.3.2イメージファイル保存用共有フォルダの設定」で設定したイメージフォルダにコピーし、コ
ピーしたファイルをUNC(Universal Naming Convention)表記で指定してください。
サーバ PC のコンピュータ名が「ScadaServer」で、共有フォルダ名が「Image」、イメージファイル名が
「base.bmp」の場合、背景や部品のプロパティで指定するのファイルは次の様に登録します。
\\ScadaServer\Image\base.bmp
サーバのコンピュータ名
共有フォルダ名
217
イメージファイル名
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.3 テンプレート機能
SCADALINX HMI パッケージではグラフィックモニタ画面の作成を用意にするために、テンプレート機能を用
意しています。テンプレートとは、グラフィックビルダで事前用意している画面のことを指しています。ユーザが
テンプレートの画面を用いて、システムビルダで登録していたデータと関連付けて、システムを構築することで、
画面の作成時間を節約することができます。SCADALINX システムでは Tuning、Trend、SystemMonitor、
ReportView、ReportMain、Overview、Graphic、Control、Alarm という 9 種類のテンプレートを用意しています。
7.3.1 テンプレートからページ挿入
画面ツリーにて、テンプレートかれページの追加方法は下記の2通りあります。
下図のように任意種の画面を選択し、ショートカットメニューの「テンプレートからページ追加」を押してく
ださい。
下図のように任意の画面を選択し、ショートカットメニューの「テンプレートからページ挿入」を押してくだ
さい。
218
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
方法1、2で、下記の画面が開かれます。テンプレートのリストにて、画面を選んで、「開く」ボタンを押すと、
テンプレートの画面が挿入されます。
219
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.3.2 テンプレートに保存
作成した画面をテンプレートとして保存したい場合、下図のようにファイルメニューの「テンプレートに保存」
を押してください。
「テンプレートに保存」ボタンが押された後に、下記の画面が表示されます。「テンプレート名」に保存したい
画面の名称を入力し、「保存」ボタンを押すと、作成した画面が保存されます。
但し、システムの標準テンプレート名と同じ名前で保存することができません。標準テンプレートと同じ名前
で入力された場合、下記のエラーメッセージが表示されます。ご注意ください。
220
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.3.3 テンプレートの整理
テンプレートの画面を削除したり、名称を変更したい場合、編集メニューの「テンプレートの整理」を選択し
てください。
「テンプレートの整理」を選択すると、下記の画面が表示されます。テンプレートリストでテンプレートを選択
し、「削除」ボタンを押すと、選択されたテンプレートが削除されます。また、テンプレートリストでテンプレー
トを選択し、テンプレート名に表示された名前を編集し、「名前変更」ボタンを押すと、テンプレートの名前を
変更することができます。
テンプレータイプにはシステムとユーザの2種類があります。システムはシステム内部で用意している標準
テンプレートで、削除ができません。ユーザが作成した画面をテンプレートとして保存する場合には、タイプ
はユーザーテンプレートとなり、削除ができます。
221
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
7.3.4 テンプレートの応用
7.3.4.1 システム構築手順
テンプレートを用いて、システムを構築するとき、下記の手順に従ってください。
システムビルダにてタグデータ等の登録を行います。詳細について
は「6 システムビルダ」を参照してください。
グラフィックビルダの画面ツリーでテンプレート画面を追加します。
詳細については「7.3.1 テンプレートからページ挿入」を参照してくだ
さい。
グラフィックビルダテンプレートの部品はシステムビルダで設定した
タグデータなどと関連付けます。詳細については下記の「7.3.4.2 実
例」を参照してください。
7.3.4.2 実例
1. オーバービュー画面
ページツリーのオーバービューにテンプレート Overview からページを追加します。オーバービューボ
タンを選択し、プロパティ設定でページ種別を「コントロールパネル」、ページ番号を1、タイトルを Test、
カラーをピンク色に設定します。よって、ランタイムでの本ボタンのジャンプ先はコントロールパネル画
面になります。
222
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
2. コントロールパネル画面
ページツリーのコントロールパネルにテンプレート Control からページを追加します。次に左端のフェ
ースプレートを選択し、プロパティ設定で対応するプロセスタグを BCA-001 に設定します。
3. チューニング画面
ページツリーのチューニングにテンプレート Tuning からページを追加します。
4. 1.~3.の作業が完了しましたら、データベースに保存します。
223
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5. ランタイム
「スタートメニュー」→「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「モニタ画面」→「オーバービュ
ー」を選択すると、下記の画面が表示されます。
ジャンプボタン「CG001 Test」を押すと、下記のコントロールパネル画面にジャンプします。フェースプ
レートでタグ BCA-001 のデータを監視、操作することができます。
上記のフェースプレートのタグ名を押すと、チューニング画面が表示されます。
224
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
チューニング画面では、PID パラメータの調整と調整結果のリアルタイムトレンドグラフでの確認、また、
リザーブ機能によって最大4タグについて2日間のグラフデータのロギングを指定し、過去データの確
認ができます。
以上が、テンプレートを利用したシステムの構築例です。
225
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8 レポートビルダ
レポートビルダは SCADALINX のレポート(帳票)フォーマット作成ソフトです。帳票には日報・月報・年報の3種類
があります。
日報は、24時間分のデータを記録して、1日分としてデータを集計します。集計は、1日の合計値・平均値・最
大値・最小値を算出して記録します。月報は、1月分のデータを日単位で集計・記録します。日データは、日報
の集計項目(合計値・平均値・最大値・最小値)の中から予め選択した1つの値を転記します。年報は、1年分
のデータを月単位で集計・記録します。月データは、月報の集計項目(合計値・平均値・最大値・最小値)の中
から予め選択した1つの値を転記します。これら帳票は最大で過去10年に遡り、参照・印刷することができます。
参照画面より直接データの修正保存が可能です。また、照会中の画面をファイル出力して、他の表計算ソフトな
どでデータを有効に活用することができます。
8.1 起動方法
Windows スタートメニューのプログラム中の「m-system」→「SCADALINX」→「レポートビルダ」により行いま
す。
8.2 編集方法
レポートビルダが起動されると、下記の画面が表示されます。
①メインメニュー
③ステータスバー
②ツールバー
④ツリービュー
226
⑤プロパティ/編集画面
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
①メインメニュー
②ツールバー
③ステータスバー
④ツリービュー
⑤プロパティ/編集画面
説明
レポートビルダを操作するためのメニューです。詳細については「8.2.1メイ
ンメニュー」を参照してください。
ツールバーに配置されたボタンを使用すれば、レポートビルダの各機能を
実行し易くなります。詳細については「8.2.2ツールバー」を参照してくださ
い。
編集状態を表示します。
「印刷定義」「レポートフォーマット」「ページ」のプロパティ/編集画面を選
択できます。詳細については「8.2.3ツリービュー」を参照してください。
ツリービューで選択された「印刷定義」「レポートフォーマット」「ページ」の
プロパティ/編集画面が表示されます。詳細については「8.2.4印刷定義の
プロパティ」「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」「8.2.6ページの編集画
面」を参照してください。
227
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.1 メインメニュー
レポートビルダでは、次のメニューが準備されています。
メニュー
説明
ファイル
新規作成
レポートフォーマット/ページを新規に作成し追加します。
保存*1
印刷定義の
印刷定義のプロパティ設定内容の編集結果を
データベースに保存します。*2
プロパティ画面
レポートフォーマットの レポートフォーマットのプロパティ設定内容の編
集結果をデータベースに一時的に保存します。
プロパティ画面
*3
ページの編集画面
アプリケーションの
終了
編集
元に戻す
切り取り
コピー
貼り付け
システムビルダ
起動
表示
ツールバー
ステータスバー
ページツリー
DB 再読込
ページ設定の編集結果をデータベースに保存し
ます。*4
レポートビルダを終了します。
文字列の編集操作を1ステップ前に戻します。
選択された文字列をクリップボードに切り取ります。
選択された文字列をクリップボードにコピーします。
クリップボードから文字列を貼り付けます。
「システムビルダ起動」を選択すると、システムビルダが起動します。シス
テムビルダの詳細については「6システムビルダ」を参照してください。
ツールバーの表示・非表示を切り替えます。
ステータスバーの表示・非表示を切り替えます。
ページツリーの表示・非表示を切り替えます。
SCADALINX のプロジェクトを保存している SQL サーバから、再度データ
ベースを読み込みます。
DB 再読込を行うとグラフィックビルダ起動後にシステムビルダにて行った
プロセスタグなどの追加/修正がレポートビルダに反映されます。
下記の確認ダイアログが表示され「はい」を選択すると DB 再読込が実行
されます。
ヘルプ
バージョン情報
レポートビルダのバージョン情報と著作権情報を表示します。
ReportBuilder...
*1 システム障害などでレポートビルダが強制終了した場合、編集は保存されません。こまめに「保存」を行
うようにしてください。
*2 印刷定義のプロパティ設定画面の「登録」と同じ操作になります。詳細については「8.2.4印刷定義のプ
ロパティ」を参照してください。
*3 レポートフォーマットのプロパティ設定画面の「仮登録」と同じ操作になります。詳細については「8.2.5レ
ポートフォーマットのプロパティ」を参照してください。
*4 ページの編集画面の「登録」と同じ操作になります。詳細については「8.2.6ページの編集画面」を参照し
てください。
228
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.2 ツールバー
ツールバーのボタンをクリックすることにより、頻繁に使用するメインメニューの機能を、簡単に呼び出すこ
とができます。
① ②
③ ④ ⑤ ⑥
⑦
機能
①新規作成
②保存
③切り取り
④コピー
⑤貼り付け
⑥システムビルダ起動
⑦バージョン情報
各機能の詳細については「8.2.1メインメニュー」を参照してください。
8.2.3 ツリービュー
「印刷定義」「レポートフォーマット」「ページ」のプロパティ/編集画面を選択できます。
8.2.3.1 右クリックメニュー
ツリービューの右クリックメニューには以下のものがあります。
8.2.3.1.1 印刷定義
印刷定義の右クリックメニューは以下の通りです。
項目
新しい
レポートフォーマット追加
コピーした
レポートフォーマット追加
プロパティ
説明
新しいレポートフォーマットを追加します。
レポートフォーマットの右クリックメニューから、「レポートフォーマットコピ
ー」を選択して、コピーしたレポートフォーマットを追加します。レポートフォ
ーマットの右クリックメニューの詳細については「8.2.3.1.2レポートフォーマ
ット」を参照してください。
「プロパティ/編集画面」部を印刷定義のプロパティに切り替えます。印刷
定義のプロパティの詳細については「8.2.4印刷定義のプロパティ」を参照
してください。
229
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.3.1.2 レポートフォーマット
レポートフォーマットの右クリックメニューは以下の通りです。
項目
レポートフォーマット
コピー
レポートフォーマット削除
プロパティ
説明
レポートフォーマットをコピーします。コピーしたレポートフォーマットを追加
するには、印刷定義の右クリックメニューから「コピーしたレポートフォーマ
ット追加」を選択します。印刷定義の右クリックメニューの詳細については
「8.2.3.1.1印刷定義」を参照してください。
レポートフォーマットを削除します。下記の確認ダイアログが表示され「は
い」を選択すると、レポートフォーマットの削除が行われます。
注 レポートフォーマットを削除した場合、レポートフォーマットに含まれる
全てのページも削除されます。
「プロパティ/編集画面」部をレポートフォーマットのプロパティに切り替え
ます。レポートフォーマットのプロパティの詳細については「8.2.5レポートフ
ォーマットのプロパティ」を参照してください。
230
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.3.1.3 日報/月報/年報
日報/月報/年報の右クリックメニューは以下の通りです。
項目
ページ追加*1
コピーしたページを追加*1
全て削除
説明
日報/月報/年報に、新しいページを追加します。
ページの右クリックメニューから、「ページコピー」を選択して、コピーした
ページを、日報/月報/年報に追加します。ページの右クリックメニューの
詳細については「8.2.3.1.4ページ」を参照してください。
日報/月報/年報に含まれる全てのページを削除します。下記の確認ダイ
アログが表示され「はい」を選択すると、日報/月報/年報に含まれる全て
のページの削除が行われます。
*1 ページは帳票種別毎に 100 ページまで登録が可能です。
231
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.3.1.4 ページ
ページのの右クリックメニューは以下の通りです。
項目
ページ追加*1
ページコピー
ページ削除
説明
日報/月報/年報に、新しいページを追加します。
ページをコピーします。コピーしたページを追加するには、下記の「コピー
したページを追加」を選択するか、日報/月報/年報の右クリックメニュー
から「コピーしたページを追加」を選択します。日報/月報/年報の右クリッ
クメニューの詳細については「8.2.3.1.3日報/月報/年報」を参照してくださ
い。
ページを削除します。下記の確認ダイアログが表示され「はい」を選択す
ると、ページの削除が行われます。
コピーしたページを追加*1
「ページコピー」を選択して、コピーしたページを、日報/月報/年報に追加
します。
編集
「プロパティ/編集画面」部をページの編集画面に切り替えます。ページの
編集画面の詳細については「8.2.6ページの編集画面」を参照してくださ
い。
*1 ページは帳票種別毎に 100 ページまで登録が可能です。
232
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.4 印刷定義のプロパティ
印刷定義のプロパティでは、主に各レポートフォーマット共通の印刷/表示/ファイル出力方法を設定しま
す。
設定項目
定時印刷用
レポート
フォーマット名
暦表示
桁区切り
天候欄
設定値
説明
有効範囲:本登録済みレポー 定時刻印刷/ファイル出力で使用するレポートフォ
トフォーマット
ーマットをドロップダウンリストから選択します。選択
可能なレポートフォーマットは「本登録」設定された
初期値:(空白)
もののみです。レポートフォーマットと「本登録」設定
の詳細については「8.2.5レポートフォーマットのプロ
パティ」を参照してください。定時刻印刷の詳細につ
いては「6.3.8レポート出力サーバ」を参照してくださ
い。
和暦(初期値)
レポートデータの印刷の際の日付表示を設定しま
す。「和暦」に設定した場合は、和暦による日付け
表示が、「西暦」に設定した場合は、西暦による日
西暦
付け表示が印刷されます。
なし(初期値)
レポートデータの印刷/表示の際に、桁区切りを行
うか否かの設定をします。「なし」に設定した場合に
は桁区切りは行われません。「あり」に設定した場
あり
合には3桁毎にカンマ記号によって数値が区切ら
れます。
なし(初期値)
印刷フォーマット左上端に表示される天候欄の表
示・非表示の設定をおこないます。
例)「あり」の場合
233
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
設定値
説明
あり
印鑑欄数
天候欄を表示する場合には「あり」に、表示しない
場合には「なし」にチェックを入れてください。
印刷フォーマット右側上段に印刷される承認印鑑欄
の設定をします。印刷される印鑑欄は左から「印鑑
1」「印鑑2」「印鑑3」「印鑑4」となります。
なし(初期値)
印鑑1
例)
印鑑4
印鑑3
印鑑2
印鑑1
印鑑2
印鑑3
印鑑4
「なし」に設定した場合には承認印鑑欄を印刷しま
せん。「印鑑{印刷する印鑑欄数}」に設定した場合
には、設定した数の印鑑欄が印刷されます。
( 印 鑑 1 ~ 4 有効範囲:最大半角 8 文字。
のテキスト
初期値:(空白)
ボックス)
1ページのみ (チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
部分欠損
データ表示
部分欠損
表示色を
使用する
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
部分欠損
表示色
有効範囲:24bit カラー
初期値:黒
全欠損
データ表示
234
印鑑1~4の印鑑欄の宛名を設定します。
印鑑欄の印刷を1ページ目のみに行うか否かを設
定します。チェックを付けた場合、印鑑欄の印刷
は、レポートフォーマットのプロパティで日報・月報・
年報のそれぞれ「印刷ページ」の先頭に設定したペ
ージのみにに行います。チェックを付けなかった場
合、印鑑欄の印刷は全てのページに対して行いま
す。レポートフォーマットのプロパティについては
「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」を参照して
ください。
部分欠損データの印刷/表示について設定します。
部分欠損データの詳細については「6.3.6.8レポート
ログデータの集計処理」を参照してください。
部分欠損データを印刷/表示する際に、文字表示
色を変更するか否かを設定します。チェックを付け
た場合、部分欠損データの文字色は「部分欠損表
示色」にて表示されます。チェックを付けなかった場
合、部分欠損データの文字色は黒にて表示されま
す。
「部分欠損表示色を使用する」にチェックを付けたと
き、印刷/表示される部分欠損データの文字色を設
定します。このボタンを選択すると「色の設定」ダイ
アログが表示されます。
全欠損データの印刷/表示/ファイル出力について
設定します。全欠損データの詳細については
「6.3.6.8.5全欠損データ」を参照してください。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
全欠損
表示色を
使用する
全欠損
表示色
全欠損
データ
表示文字列
ヌル
データ表示
ヌルデータ
表示色を
使用する
ヌル
データ
表示色
ヌルデータ
表示文字列
オーバー
フロー表示
オーバー
フロー
表示色を
使用する
オーバー
フロー
表示色
オーバー
フロー
表示する
設定値
(チェック有り)
説明
全欠損データを印刷/表示する際に、文字表示色を
変更するか否かを設定します。チェックを付けた場
合、全欠損データの文字色は「全欠損表示色」にて
(チェック無し)(初期値)
表示されます。チェックを付けなかった場合、全欠
損データの文字色は黒にて表示されます。
有効範囲:24bit カラー
「全欠損表示色を使用する」にチェックを付けたと
き、印刷/表示される全欠損データの文字色を設定
初期値:黒
します。このボタンを選択すると「色の設定」ダイア
ログが表示されます。
有効範囲:最大半角 12 文 全欠損データを印刷/表示/ファイル出力するときの
字。
代替文字列を設定します。
初期値:(空白)
ヌルデータの印刷/表示/ファイル出力について設
定します。ヌルデータの詳細については「6.3.6.8.6ヌ
ルデータ」を参照してください。
(チェック有り)
ヌルデータ印刷/表示する際に、文字表示色を変更
するか否かを設定します。チェックを付けた場合、
全欠損データの文字色は「ヌルデータ表示色」にて
(チェック無し)(初期値)
表示されます。チェックを付けなかった場合、ヌルデ
ータの文字色は黒にて表示されます。
有効範囲:24bit カラー
「ヌルデータ表示色を使用する」にチェックを入れた
とき、印刷/表示されるヌルデータ部分の文字色を
初期値:黒
設定します。このボタンを選択すると「色の設定」ダ
イアログが表示されます。
有効範囲:最大半角 12 文 ヌルデータを印刷/表示/ファイル出力するときの代
字。
替文字列を設定します。
初期値:(空白)
オーバーフローの印刷/表示について設定します。
表示文字数が13文字以上(桁区切り記号なども含
む)の場合にオーバーフローとなります。また、オー
バーフローは、レポートビューでの表示と印刷結果
にのみ反映されます。収集データ自体はログに保
存され、合計,平均,最大,最小の集計対象とな
り、展開対象ともなります。CSV ファイルに出力した
場合には「オーバーフロー表示文字列」ではなく実
際の収集/集計データが出力されます。
(チェック有り)
オーバーフローを印刷/表示する際に、文字表示色
を変更するか否かを設定します。チェックを付けた
場合、オーバーフローの文字色は「オーバーフロー
表示色」にて表示されます。チェックを付けなかった
(チェック無し)(初期値)
場合、オーバーフローの文字色は黒にて表示され
ます。
有効範囲:24bit カラー
「オーバーフロー表示色を使用する」にチェックを入
れたとき、表示されるデータ部分の文字色を設定し
初期値:黒
ます。このボタンを選択すると「色の設定」ダイアロ
グが表示されます。
(チェック有り)
オーバーフローデータを印刷/表示する際に、文字
列を変更するか否かを設定します。チェックを付け
た場合、オーバーフローの文字列は「オーバーフロ
ー表示文字列」にて表示されます。チェックを付け
(チェック無し)(初期値)
なかった場合、オーバーフローの文字列は13文字
を越えた部分が欠落して表示されます。
235
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
オーバー
フロー
表示
文字列
修正値表示
修正値
表示色を
使用する
修正値
表示色
設定値
説明
有効範囲:最大半角 12 文 「オーバーフロー表示する」にチェックを入れたと
字。
き、、オーバーフローを表示するときの代替文字列
を設定します。
初期値:(空白)
レポートビューにて修正された値の印刷/表示につ
いて設定します。レポートビューについての詳細に
ついては「10.11.2レポートビュー」を参照してくださ
い。
修正値を印刷/表示する際に、当該部分の文字表
示色を変更するか否かを設定します。変更する際
にはチェックを入れます。
「修正値表示色」にチェックを入れたとき、印刷/表
示される修正値部分の文字色を設定します。この
ボタンを選択すると「色の設定」ダイアログが表示さ
れます。
印刷やレポートビューでの、1行おきに変わる背景
色を設定します。
例)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:24bit カラー
初期値:黒
行網掛け色1
有効範囲:24bit カラー
初期値:灰色
行網掛け色2
有効範囲:24bit カラー
初期値:白
それぞれのボタンを選択すると「色の設定」ダイアロ
グが表示されます。
項目
登録
中止
クリア
説明
印刷定義のプロパティ設定内容の編集結果をデータベースに保存しま
す。
印刷定義のプロパティ設定内容の編集を破棄し、以前データベースに保
存したときの状態に戻ります。
印刷定義のプロパティ設定内容をすべて初期状態に戻します。
236
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.5 レポートフォーマットのプロパティ
レポートフォーマットのプロパティでは、主にレポート集計の区切りや、日報/月報/年報のページ順を設定
します。
設定項目
レポート
フォーマット名
コメント
データ
収集
先頭
区切り
日報
月報
年報
設定値
有効範囲:最大半角 64 文字
初期値:
有効範囲:最大半角 128 文字
初期値:(空白)
有効範囲:1~24
初期値:1
有効範囲:1~25
初期値:1
有効範囲:1~12
初期値:1
出力設定
帳票選択
説明
レポートフォーマット名を設定します。
コメントを設定します。
日報/月報/年報のデータ収集の先頭を、それぞれ
設定します。
レポートの印刷/表示/ファイル出力(10.11レポート
参照)や「定時刻印刷」「定時刻ファイル出力」(6.3.8
レポート出力サーバ参照)を行う場合に、出力され
るページを設定します。
「出力設定」の設定対象をドロップダウンリストの
「日報」「月報」「年報」の中から選択します。
日報(初期値)
月報
年報
237
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
登録ページ
印刷ページ
設定値
説明
左側の「登録ページ」には、当該レポートフォーマッ
トの日報/月報/年報に追加された全てのページが
一覧表示されます。右側の「印刷ページ」にあるペ
ージが、定時刻印刷などを行った際に印刷/表示/
ファイル出力されます。
印刷の設定を行うには、左側の「登録ページ」から
印刷設定したいページを選択し「>」をクリックして、
右側の「印刷ページ」に追加します。「>>」ボタンをク
有効範囲:当該レポートフォ リックすると、「登録ページ」にある全ページを「印刷
ーマットの日報/月報/年報に ページ」に追加できます。
追加された全てのページ
印刷の登録を解除するには、右側の「印刷ページ」
初期値:(空白)
から印刷設定を解除したいページを選択し、「<」ボ
タンをクリックします。「<<」ボタンをクリックすると
「印刷ページ」にある全ページの印刷設定を解除で
きます。
ページの印刷/表示順を変更するには、「印刷ペー
ジ」から変更したいページを選択してから、「▲」
「▼」ボタンを用います。「印刷ページ」で上に表示さ
れているページが、先に印刷/表示されるページと
なります。
238
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
仮登録
本登録
説明
レポートフォーマットのプロパティ設定内容の編集結果をデータベースに
一時的に保存します。
レポートフォーマットのプロパティ設定内容の編集結果をデータベースに
恒久的に保存します。
「本登録」を行ったレポートフォーマットは、以後プロパティの設定変更は
行えなくなります。これにより、「本登録」以降にレポートタグの編集や削
除を行った場合にも、レポートログが保存されていれば「本登録」されたレ
ポートフォーマットの表示・印刷が可能であることが保証されます。
また「本登録」されたレポートフォーマットは定時刻印刷/ファイル出力
(「6.3.8レポート出力サーバ」参照)のフォーマットとして使用することがで
きます。
今後も変更を行う可能性がある場合は、前述の「仮登録」を使用してくだ
さい。
本登録ボタンを選択すると以下の確認ダイアログが表示されます。
上記ダイアログで「はい」を選択しレポートフォーマットが「本登録」となった
場合には、下記のように登録状態を示す表示が変更されます。
またツリー上の表示も変更されます。
本登録
仮登録
注 本登録後にレポートフォーマットの編集を行う必要が生じた場合には
以下のようにしてください。本登録したレポートフォーマットを右クリック
して「レポートフォーマットコピー」を選択し、次に「印刷定義」を右クリッ
クして「コピーしたレポートフォーマット追加」を選択してレポートフォー
マットをコピーします。編集はこのコピーによって作成されたフォーマッ
トに対して行ってください。
→
中止
クリア
レポートフォーマットのプロパティ設定内容の編集を破棄し、以前データベ
ースに保存したときの状態に戻します。
レポートフォーマットのプロパティ設定内容をすべて初期状態に戻します。
「登録」ボタンをクリックするまで、データベースには保存されません。
239
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
8.2.6 ページの編集画面
ページの編集画面では、主にページのレイアウト設定を行います。
③ページ番号
②ページ種別
①ページタイトル
④見出し
⑤レポート
タグ
⑥レポートタグ
プロパティ項目
⑦集計項目
設定項目
①ページ
タイトル
②ページ種別
③ページ番号
④見出し
大見出し
設定値
説明
有効範囲:最大半角 24 文字 ページタイトル名を設定します。
初期値:ページ[日報/月報/
年報登録済みページ数+1]
編集中のページの「日報」「月報」「年報」の種別が
表示されています。
編集中のページのページ番号が表示されていま
す。
有効範囲:最大半角 12 文字 列に設定されたレポートタグの印刷時の見出し
(「大見出し」「中見出し」「小見出し」の三種)を、設
初期値:(空白)
定します。
見出結合
大見出し/中見出しはそれぞれ隣の列の大見出し/
中見出しと結合することが出来ます。結合したい見
出しを複数、マウスのドラッグで選択し、右クリックメ
ニューから「見出し結合」を選択します。
中見出し
隣り合った見出しが結合されます。結合後の見出し
文字列は上記で選択していた見出しの中で、最も
小さい番号の見出し文字列が入力されます。
240
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
小見出し
⑤レポートタグ
設定値
説明
見出し結合解除
結合を解除したいときには、結合された見出しを選
択し、右クリックメニューから「見出し結合解除」を選
択します。
有効範囲:登録済みレポート 帳票の列に割り当てるレポートタグを設定します。1
タグ
ページに設定できるレポートタグは最大16個です。
初期値:(空白)
設定は、セルを選択したときに表示される「▼」ボタ
ンをクリックし、ドロップダウンリストの中からレポー
トタグを選択することによって行います。
⑥レポートタグ
プロパティ項目
⑦集計項目
合計
平均
最大
最小
⑤でレポートタグを設定すると、対応する「収集種
別」「桁上がり値」「展開方法」「小数点有効桁数」
「編集上限設定値」「編集下限設定値」「編集小数
点位置」「単位」が表示されます。各項目の詳細に
ついては「6.6レポートタグ」を参照してください。
印刷/表示/ファイル出力の際に集計を行うかに中
の設定です。チェックを付けた場合、集計が行わ
れ、チェックを付けなかったた場合、集計は行われ
ません。計算対象は全欠損データやヌルデータを
除いた有効値のみとなります。集計項目で、合計欄
のデータが必要か不必要かは、データにより異なり
ます。流量や運転時間のようにデータの積算に意
味のあるデータは合計が必要ですが、液位や比率
のようにデータの積算に意味のないデータは合計
が不要になります。
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
(チェック有り)
(チェック無し)(初期値)
241
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
登録
同時登録
中止
クリア
削除
説明
ページ設定の編集結果をデータベースに保存します。
ページ設定の編集結果を一回の登録で日報・月報・年報データベースに
全て保存します。同時登録は同一ページ番号のページに対して行われ、
既存のページが存在する場合には上書きします。下記の確認ダイアログ
が表示されますので、同時登録を実行する場合には「はい」を選択してく
ださい。
編集を破棄し、以前データベースに保存したときの状態に戻ります。
設定内容をすべて初期状態に戻します。「登録」ボタンをクリックするま
で、データベースには保存されません。
ページの登録をデータベースから削除します。下記のダイアログが表示さ
れます。
同一ページ番号のページを「日報」「月報」「年報」から同時に削除する場
合には「日報、月報、年報を同期して削除」にチェックを入れて「削除」を選
択してください。編集中のページのみ削除する場合には「このページの
み」にチェックを入れて「削除」を選択してください。「中止」を選択すると
「削除」コマンドの実行を中止して編集画面に戻ります。
242
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
△前ページ
▽次ページ
ジャンプ
説明
現在のページの編集を終了し前ページ(ツリービューで上に表示されてい
るページ)の編集画面に移動します。
現在のページの編集を終了し次ページ(ツリービューで下に表示されてい
るページ)の編集画面に移動します。
現在のページの編集を終了し下記の「ジャンプ」ダイアログで選択したペ
ージに移動します。
243
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
9 サーバーマネージャ
サーバーマネージャは SCADALINX のサーバの管理ソフトです。各サーバソフトウェアの開始や停止を行いま
す。
9.1 起動方法
Windows スタートメニューの「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「サーバマネージャ」により行いま
す。
9.2 操作方法
サーバーマネージャが起動されると、下記の画面が表示されます。
①サーバ個別
ステータス表示
②サーバ個別
停止開始ボタン
⑥バージョン表示
⑦サーバ個別
バージョン表示
⑤サーバ個別
「自動」
チェックボックス
④サーバ
状態表示
③全て停止
/全て開始ボタン
⑧閉じるボタン
244
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
①サーバ個別
ステータス表示
②サーバ個別
停止/開始ボタン*1*3
③全て停止
/全て開始ボタン*1*3
④サーバ状態表示
⑤サーバ個別
「自動」チェックボックス*3
⑥バージョン表示
⑦サーバ個別
バージョン表示
⑧閉じるボタン
説明
サーバ個別の停止や開始の状態を色と文字で示します。
各サーバの右側の「停止/開始」ボタンを選択すると、サーバ毎に開始、も
しくは停止することができます。
「全て開始」ボタンを押すと、「SCADALINX サーバ」、「ブロードキャストサ
ービス」、「I/O サーバ」、「アラームサーバ」、「トレンドサーバ」、「レポート
出力サーバ」が順次、全て起動されます。「全て停止」ボタンを押すと、全
サーバが順次、停止されます。
サーバ全体の現在の状態を示します。
「自動」にチェックを入れた場合、Windows の起動時(Windows へのログオ
ン前)に自動的に各サーバが起動されます。「自動」のチェックを外すと、
Windows の起動時にサーバが自動的に開始されません。サーバの開始
は手動で行う必要があります。
サーバーマネージャのバージョンが表示されます。
サーバ毎のバージョンを表示します。
「閉じる」ボタンを押すと、サーバーマネージャが最小化され、タスクバー
にアイコン化されます。
*1 サーバが起動されている時に、サーバセットアップにてデータベースの初期化やリストアはできませんので、
注意してください。
*2 システムビルダやグラフィックビルダを起動したまま、サーバを起動しないで下さい。また、サーバを起動し
たまま、システムビルダやグラフィックビルダを起動したり、設定変更を行わないで下さい。サーバ起動中
に設定変更を行うと、サーバが正常に動作しなる、またはInternetExplorer 上での表示/操作が正しく行
われない場合があります。ビルダでの変更が必要な場合は、一旦、全てのサーバを停止してから行って下
さい。
*3 「全て開始」ボタンによってサーバを起動する場合には、各サーバの起動順序はサーバーマネージャが管
理しますが、サーバ個別開始ボタンを使用してサーバを開始した場合や、自動チェックボックスによって
OS にサーバの起動管理をさせた場合には、アラームサーバ起動前に発生したサーバメッセージなどはア
ラームログに記録されません。
9.3 終了方法
下図の様にタスクバーのサーバーマネージャアイコンを右クリックしショートカットメニューから「サーバーマネ
ージャの終了」を選択すると、サーバーマネージャを終了できます。
245
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10 モニタ画面
グラフィックビルダ、レポートビルダで設計したモニタ画面により、システムビルダで登録したデータの監視と操
作ができます。SCADALINX ではモニタ画面設計の自由度が高いため、モニタ画面はシステムによって大きく異
なります。ここではテンプレートを用いて設計したモニタ画面を前提に、各画面のグラフィックパーツの操作方法
などの説明を行います。
10.1 起動方法
10.1.1 サーバ
Windows スタートメニューから[プログラム]→[m-system]→[SCADALINX]→[モニタ画面]の下に、下図のよ
うに[アラームサマリ]、[コントロールパネル]、[システムモニタ]、[グラフィックモニタ]、[オーバービュー]、[ト
レンド]、[レポート]というウェブページのショートカットがあります。各ウェブページを選択し、モニタ画面を起
動することができます。
246
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.1.2 クライアント
InternetExplorer を起動し、アドレスバーに、SCADALINX サーバ(Web サーバ)の SCADALINX 用の仮想
ディレクトリ内の Web ページへの URL を入力します。
例)SCADALINX サーバー名が「scadaserver」、SCADALINX 用の仮想ディレクトリ名が「scadalinx」の場合
アラームサマリ画面
→
http://scadaserver/scadalinx/AlarmSam.html
オーバービュー画面
→
http://scadaserver/scadalinx/OverView.html
グラフィックモニタ画面
→
http://scadaserver/scadalinx/Graphic.html
コントロールパネル画面 →
http://scadaserver/scadalinx/Control.html
システムモニタ画面
→
http://scadaserver/scadalinx/SystemMonitor.html
トレンド画面
→
http://scadaserver/scadalinx/Trend.html
レポート画面
→
http://scadaserver/scadalinx/ReportMain.html
クライアントパソコンでは、初回表示時に、必要なソフトウェアが SCADALINX サーバ(Web サーバ)から自
動的にダウンロードしインストールされます。インストールには、ネットワーク環境等により数十秒から数分
掛かる場合があります。
また、インストール途中、以下の様なダイアログが表示されたら、インストールを選択して、インストールの
実行を進めて下さい。
10.2 画面ページの切り替え
モニタ画面ページの切り替えは下記の二つ方法があります。
モニタ画面の選択
ページツリーや JUMP ボタンで監視を行いたい画面を選択するだけで、モニタ画面が表示されます。
画面ページの切り替え方法
JUMP ボタン「戻る」と「進む」で行います。
InternetExplorer のツールバーの「戻る」と「進む」ボタンで行います。
247
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.3 各画面共通部
ここでは各ページの共通フレーム部分について説明します。
最新アラーム
JUMP ボタン
ページツリー
インフォメーション
ラベル
ダイレクト
メニュー
ページ切り替え
「最新アラーム」については「10.7.2最新アラーム」を参照してください。
10.3.1 JUMP ボタン
JUMPボタンは各画面へ表示を切り替えるためのボタンです。JUMPボタンのグラフィックビルダでの設定
については「7.2.6.9JUMPボタン」を参照してください。
①
②
③
項目
① オーバービュー
② コントロールパネル
③ トレンド
④ アラームサマリ
⑤ グラフィックモニタ
⑥ システムモニタ
⑦ レポート
⑧ 戻る
⑨ 進む
④
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
説明
オーバービューの1ページ目に表示を切り替えます。
コントロールパネルの1ページ目に表示を切り替えます。
トレンドの1ページ目に表示を切り替えます。
アラームサマリの1ページ目に表示を切り替えます。
グラフィックモニタの1ページ目に表示を切り替えます。
オーバービューの1ページ目に表示を切り替えます。
レポートメインページに表示を切り替えます。
直前に表示していたページに表示を切り替えます。
「戻る」を実行する前に表示していたページに再び表示を切り替えます。
248
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.3.2 インフォメーション
モニタ画面上でカーソルが指す部品についての情報が表示されます。インフォメーションで情報表示され
る部品はJUMPボタン、最新アラーム、ページツリー、ダイレクトメニューの4種類です。インフォメーション
のグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.10インフォメーション」を参照してください。
10.3.3 ダイレクトメニュー
グラフィックページの表示切り替えを行います。ダイレクトメニューのグラフィックビルダでの設定について
は「7.2.6.11ダイレクトメニュー」を参照してください。
①
② ③
項目
① 移動先ページ表示
説明
移動先のページが表示されます。ページの切り替えは「②ページ切り替え
スピンボタン」にて行います。
② ページ切り替えスピン 「①移動先ページ表示」に表示されるページを切り替えます。
ボタン
③ GO ボタン
「①移動先ページ表示」に表示されるページに表示を切り替えます。
10.3.4 ラベル
グラフィックページのタイトルラベルが表示されます。ラベルのグラフィックビルダでの設定については
「7.2.6.13ラベル」を参照してください。
②
①
③
項目
① アイコン
② タイトル
③ ページ番号
説明
設定されているページ種別のアイコンが表示されます。
タイトルが表示されます。
ページのページ番号が表示されます。
249
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.3.5 ページ切り替え
同一ページ種別内のグラフィックページの表示切り替えを行います。ただしページ種別が「チューニング」
であるページ、「レポート」であるページの中で1ページ目の「レポートメイン」ページでは、「ページ切り替
え」は動作しません。ページ切り替えのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.14ページ切り替え」を
参照してください。
① ② ③
③
項目
① 移動先ページ表示*1
説明
移動先のページが表示されます。ページの切り替えは「②ページ切り替え
スピンボタン」にて行います。
② ページ切り替えスピン 「①移動先ページ表示」に表示されるページを切り替えます。
ボタン*1
③ GOボタン*1
「①移動先ページ表示」に表示されるページに表示を切り替えます。
④ ページ切り替えボタン 「3」ボタンをクリックするとページ番号の小さなページへ、「4」ボタンをク
*1
リックするとページ番号の大きなページへに表示を切り替えます。
*1 レポートビュー画面においては切り替えを行うページの対象は、グラフィックビルダにて設計を行ったペ
ージではなく、「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」の「出力設定」で設定したページとなります。
250
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.3.6 ページツリー
プロジェクトのモニタ画面構成が表示されます。またグラフィックページの表示切り替えを行います。
①
②
③
項目
① プロジェクトルート
② ページ種別フォルダ
③ ページ
説明
プロジェクト名とアイコンが表示されます。項目左の「+」「-」によって下
層ツリー項目の展開と縮小が行えます。
ページ種別名とフォルダアイコンが表示されます。各ページは種別毎にペ
ージ種別フォルダの下層に表示されます。項目左の「+」「-」によって下
層ツリー項目の展開と縮小が行えます。
各ページのページ名称、アイコン、種別毎のページ番号、ページ名称が表
示されます。ページをクリックすると対応するモニタ画面に表示を切り替え
ます。
251
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.3.7 数値入力パッド
数値入力パッドは「フェースプレート」部品、「アナログ表示」部品、「チューニング」部品の数値設定時に表
示されます。「フェースプレート」部品の詳細については「10.5.1フェースプレート」を、「アナログ表示」部品
の詳細については「10.8.2アナログ表示」を、「チューニング」部品の詳細については「10.9.2チューニング」
を参照してください。
①
④
③
③
④
②
⑤
⑥
⑧
⑦
項目
① 数値設定ボックス
② 数値ボタン
③ 低速数値増減ボタン
④ 高速数値増減ボタン
⑤ +/-ボタン
⑥ CLR ボタン
説明
現在の設定値・修正値が表示されます。直接の編集も可能です。
クリックした数値が「①数値設定ボックス」に追加されます。
「数値設定ボックス」の値を増減させます。数値の増減幅については下表
を参照してください。
操作結果
ボタン押下
低速ボタン
高速ボタン
1秒未満
スケール値に対し、最小 スケール値に対し、最小
桁を、1 変化
桁の1つ上の桁を、1 変化
1秒から
3秒未満
50秒/FS(フルスケール)
30秒/FS(フルスケール)
3秒以上
30秒/FS(フルスケール)
10秒/FS(フルスケール)
「①数値設定ボックス」の値の正負を反転させます。
「①数値設定ボックス」の値をクリアします。
252
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
⑦ 確定ボタン
説明
呼び出し元の値を「①数値設定ボックス」の値に変更し、元のモニタ画面
に戻ります。値の変更確定時、システムビルダでのプロセスタグの UI 設定
の「ループステータス切り替え確認」項目が「有」(フェースプレートから呼
び出された場合のみ)の場合か、グラフィックビルダでのフェースプレート/
ディジタル SW/アナログ表示の「出力確認用メッセージ表示」項目が「あ
り」の場合下記の確認ダイアログが表示されますので、変更を確定させる
場合、「はい」を選択してください。「いいえ」を選択した場合には、値は変
更されません。
グラフィックビルダでのグラフィック システムビルダのプロセスタグ
部品プロパティ設定
プロパティの「ループステータス
切り替え確認」設定
「有」にチェック (チェック無し)
フ ェ ー ス プ レ ー ト 部 品 の あり
○
○
「確認用メッセージ表示」
なし
○
×
設定
アナログ表示部品の「確認 あり
○
○
用メッセージ表示」設定
なし
×
×
ディジタル SW 部品の「確 あり
認用メッセージ表示」設定
なし
⑧ 中断ボタン
○
○
×
×
ディジタル SW 部品の「ポッ あり
○*1
○*1
プアップ確認用メッセージ
なし
×*1
○*1
表示」設定
○:確認ダイアログ表示あり、×:確認ダイアログ表示無し。
*1 ポップアップフェースプレートから数値を操作した場合。
呼び出し元の値を変更しないで、元のモニタ画面に戻ります。
253
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.4 オーバービュー画面
プロジェクト内の各画面への切り替えとアラーム発生状況の表示を行います。
オーバービュー
ページサマリ
10.4.1 オーバービュー
オーバービューは対象となる各画面でのアラーム発生状況に応じて、状態表示が点滅します。これにより
各画面での異常の発生を即座に知ることができます。また、クリックすると、指定画面ページに表示を切り
替えます。オーバービューのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.17オーバービュー」を参照してく
ださい。
②
①
③
254
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
① ジャンプ先
② 状態表示
③ タイトル
説明
クリック時のジャンプ先ページが表示されます。
ジャンプ先ページ毎の表示については以下の表を参照してください。
ジャンプ先
表示
ページ種別
オーバービュー
OV001(番号はページ番号)
コントロールパネル CP001(番号はページ番号)
トレンド
TR001(番号はページ番号)
アラームサマリ
AL001(番号はページ番号)
グラフィックモニタ
GR001(番号はページ番号)
システムモニタ
SY001(番号はページ番号)
チューニング
タグ名
レポート
RM001(番号は固定)
ジャンプ先ページのアラーム発生状態が表示されます。
ジャンプ先ページ毎の表示については以下の表を参照してください。
ジャンプ先
表示
ページ種別
ジャンプ先ページ内のオーバービューが点滅で
オーバービュー
コントロールパネル あれば点滅。またジャンプ先ページ内のフェー
スプレートでアラームが発生していたら点滅。
トレンド
アラームサマリ
グラフィックモニタ
システムモニタ
チューニング
指定したプロセスタグ/4点警報タグでアラーム
が発生していたら点滅
レポート
ジャンプ先ページ内のオーバービューが点滅で
あれば点滅。またジャンプ先ページ内のフェー
スプレートでアラームが発生していたら点滅。
グラフィックビルダでオーバービュー部品の「タイトル」プロパティ設定した
タイトルが表示されます。詳細については「7.2.6.17オーバービュー」を参
照してください。
10.4.2 ページサマリ
オーバービュー各画面ページでの状態表示状況を表示しています。各ページのオーバービュー項目の内、
ひとつでも点滅が発生している場合にページサマリの該当部が点滅します。さらに、ページサマリの該当
部をクリックすると、そのオーバービューページへジャンプすることができます。ページサマリのグラフィック
ビルダでの設定については「7.2.6.16ページサマリ」を参照してください。
注 オーバービュー以外のページ種別に配置された場合でも、状態監視対象となるのはオーバービュー種
別の各画面です。
255
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5 コントロールパネル画面
計器フェースプレートによるタグの監視および操作をを行います。
フェースプレート
10.5.1 フェースプレート
指定したタグの計器フェースを表示し、操作を行います。以下に、各タグ毎の操作法を記述します。フェー
スプレートのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.18フェースプレート」を参照してください。また、
フェースプレートに関しては、ランタイム時の表示設定は、システムビルダで設定する、プロセスタグのプロ
パティの「UI設定」にて行います。「UI設定」の詳細については「6.4.3.3UI設定」を参照してください。
256
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.1 共通部
①タグ名・タグコメント
②札掛けコメント
名称
① タグ名・タグコメント
説明
タグ名およびタグコメントが表示されます。クリックすると、当該タグのチュ
ーニング画面へジャンプします。*1また、タグ名・タグコメント部の背景色は
チューニング画面の札掛け機能により設定された色で表示されます。チュ
ーニング画面の詳細については「10.9チューニング画面」を、札掛け機能
の詳細については「10.9.3.1札掛け」を参照してください。
② 札掛けコメント
チューニング画面の札掛け機能により設定された、札掛けコメントが表示
されます。札掛け機能の詳細については「10.9.3.1札掛け」を参照してくだ
さい。
*1 チューニング画面に配置されたフェースプレートのタグ名・タグコメント部をクリックすると、札掛けダイア
ログが起動されます。チューニング画面に配置されたフェースプレートの詳細については「10.9.3フェー
スプレート(チューニング画面)」を参照してください。
257
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.2 MsysNet 標準タグのフェースプレート
標準タグのフェースプレートでは L-Bus 機器(MsysNet 機器)の調節ブロックの操作及びモニタを行います。
①単位
②PV(測定値)
③SV(設定値)
④MV(操作出力値)
⑥レンジ上限値
⑩PV(測定値)バーグラフ
⑯MV 開マーク/MV 閉マーク
⑤アラームランプ
⑪目盛り
⑭SV(設定値)指針
⑦カスケード/ローカル切替ボタン
⑧オート切替ボタン
⑨マニュアル切替ボタン
⑮MV(操作出力値)指針
⑫警報設定範囲バー
⑬出力制限範囲バー
⑰アップダウンキー
⑯MV 開マーク/MV 閉マーク
⑥レンジ下限値
名称
①単位
②PV(測定値)
③SV(設定値)
④MV(操作出力値)
⑤アラームランプ
⑥レンジ上限値/
レンジ下限値
⑦カスケード/
ローカル切替ボタン
⑧オート切替ボタン
説明
PV(測定値)および SV(設定値)の単位が表示されます。
PV(測定値)の実量値が表示されます。
SV(設定値)の実量値が表示されます。「⑦カスケード・ローカル切替ボタ
ン」がローカルのときにクリックすると、数値入力パッドが開き、ローカル
SV(設定値)の設定を行うことができます。RSA(比率設定)の場合は比率
が表示されます。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッ
ド」を参照してください。
MV(操作出力値)の%値が表示されます。「⑧オート切替ボタン」「⑨マニ
ュアル切替ボタン」がマニュアルのときにクリックすると、数値入力パッド
が開き、MV(操作出力値)の設定を行うことができます。数値入力パッド
の詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照してください。
プロセスタグ・アラーム発生/復帰状態が表示されます。アラーム発生時
はプロセスタグプロパティの「UI設定」の「アラーム色」で設定された色に
変化し、アラーム復帰時には緑で表示されます。また、プロセスタグプロ
パティの「UI設定」で「点滅」が「有」に設定されていた場合、プロセスタグ・
アラーム発生時、アラームランプは点滅します。プロセスタグ・アラームの
詳細については「6.7.4アラームタグによるアラームとプロセスタグによるア
ラーム」を参照してください。
PV(測定値)および SV(設定値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下
限値(0%値)が表示されます。
クリックすると、SV(設定値)のカスケード・ローカルの切替えを行います。
カスケードのとき「C」、ローカルのとき「L」が表示されます。プロセスタグプ
ロパティの「UI 設定」の「Cascade/Local」が「有」に設定されている場合に
表示されます。
クリックすると、MV(操作出力値)をオート設定へ切替えます。プロセスタ
グプロパティの「UI 設定」の「Auto/Manual」が「有」に設定されている場合
に表示されます。
258
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
名称
⑨マニュアル切替ボタン
説明
クリックすると、MV(操作出力値)をマニュアル設定へ切替えます。プロセ
スタグプロパティの「UI 設定」の「Auto/Manual」が「有」に設定されている
場合に表示されます。
⑩PV(測定値)バーグラ PV(測定値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
フ
⑪目盛り
PV(測定値)および SV(設定値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの
「UI 設定」の「フェースプレートグラフ分割」設定により、レンジ上下限範囲
が 10 分割、5分割、4分割、3分割で表示されます。
⑫警報設定範囲バー
PH/PL(測定値の上/下限)の範囲を示すバーです。
⑬出力制限範囲バー
MH/ML(操作出力値の上/下限)の範囲を示すバーです。
⑭SV(設定値)指針
SV(設定値)を示す指針です。
⑮MV(操作出力値)指針 MV(操作出力値)を示す指針です。
⑯MV 開マーク/
MV(操作出力値)の出力に対するバルブなどの開方向・閉方向を示しま
す。0→100%を、「正」方向 [0%側が●、100%側が○] とし、100→0%を、
MV 閉マーク
「逆」方向 [0%側が○、100%側が●] とします。図で表示しているフェース
プレートは「正」方向になっています。プロセスタグプロパティの「UI 設定」
の「MV 正逆」が「正」または「逆」に設定されている場合に表示されます。
⑰アップダウンキー
数値アップダウンキーです。「⑧オート切替ボタン」「⑨マニュアル切替ボタ
ン」がオートのとき SV(設定値)を変更することができます。但し、その時
に「⑦カスケード・ローカル切替ボタン」がローカルに設定されていないと、
アップダウンキーで数値変更ができません。また、「⑧オート切替ボタン」
「⑨マニュアル切替ボタン」がマニュアルのときは MV(操作出力値)を変更
することができます。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェースプレ
ートタイプ」が「Type2」に設定されている場合に表示されます。
259
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
MsysNet 標準タグタイプによる項目の有無は次表のとおりです。○:項目あり
名称
BCA
ECA
MVA
基本型PID 拡張型PID
MV操作
①単位
○
○
○
②PV(測定値)
○
○
③SV(設定値)
○
○
④MV(操作出力値)
○
○
○
⑤アラームランプ
○
○
⑥レンジ上限値/レンジ下限値
○
○
⑦カスケード/ローカル切替ボタン
○
○
⑧オート切替ボタン
○
○
⑨マニュアル切替ボタン
○
○
⑩PV(測定値)バーグラフ
○
○
⑪目盛り
○
○
○
⑫警報設定範囲バー
○
○
⑬出力制限範囲バー
○
○
○
⑭SV(設定値)指針
○
○
⑮MV(操作出力値)指針
○
○
○
⑯MV 開マーク/MV 閉マーク
○
○
○
⑰アップダウンキー
○
○
○
表示例
260
RSA
比率設定
○
○
○(比率)
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
IND
指示計
○
○
○
○
○
○
○
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.3 MsysNet 拡張タグ-AI1 のフェースプレート
AI1 タグのフェースプレートでは、L-Bus 機器(MsysNet 機器)のアナログ伝送端子のモニタを行います。
①単位
②PV(測定値)
④レンジ上限値
⑤PV(測定値)バーグラフ
⑥目盛り
③アラームランプ
⑦警報設定範囲バー
⑥レンジ下限値
名称
①単位
②PV(測定値)
③アラームランプ
説明
PV(測定値)の単位が表示されます。
PV(測定値)の実量値が表示されます。
プロセスタグ・アラーム発生/復帰状態が表示されます。アラーム発生時
はプロセスタグプロパティの「UI設定」の「アラーム色」で設定された色に変
化し、アラーム復帰時には緑で表示されます。また、プロセスタグプロパテ
ィの「UI設定」で「点滅」が「有」に設定されていた場合、プロセスタグ・アラ
ーム発生時、アラームランプは点滅します。プロセスタグ・アラームの詳細
については「6.7.4アラームタグによるアラームとプロセスタグによるアラー
ム」を参照してください。プロセスタグプロパティの「タイプ別設定設定」の
「上下限警報用グループ」と「上/下限警報端子(最低限、上下限のいず
れか一方)」が設定されている場合に表示されます。
④レンジ上限値/
PV(測定値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下限値(0%値)が表示
されます。
レンジ下限値
⑤PV(測定値)バーグラ PV(測定値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
フ
⑥目盛り
PV(測定値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェー
スプレートグラフ分割」設定により、レンジ上下限範囲が 10 分割、5分割、
4分割、3分割で表示されます。
⑦警報設定範囲バー
PH/PL(測定値の上/下限)の範囲を示すバーです。プロセスタグプロパテ
ィの「タイプ別設定設定」の「上下限警報用グループ」と「上/下限警報端
子(最低限、上下限のいずれか一方)」が設定されている場合に表示され
ます。
261
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.4 MsysNet 拡張タグ-AO1 のフェースプレート
AO1 タグのフェースプレートでは、L-Bus 機器(MsysNet 機器)のアナログ伝送端子の操作及びモニタを行
います。
①単位
④PV(AO1 タグでは出力値)
③レンジ上限値
⑩PV(AO1 タグでは出力値)
バーグラフ
⑤目盛り
⑥出力制限範囲バー
⑦アップダウンキー
③レンジ下限値
名称
①単位
②PV
(AO1 タグでは出力値)
説明
PV(AO1 タグでは出力値)の単位が表示されます。
PV(AO1 タグでは出力値)の実量値が表示されます。クリックすると、数値
入力パッドが開き、PV(AO1 タグでは出力値)の設定を行うことができま
す。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照して
ください。
③レンジ上限値/
PV(AO1 タグでは出力値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下限値
(0%値)が表示されます。
レンジ下限値
④PV(AO1 タグでは出力 PV(AO1 タグでは出力値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
値)バーグラフ
⑤目盛り
PV(AO1 タグでは出力値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの「UI 設
定」の「フェースプレートグラフ分割」の設定により、レンジ上下限範囲が
10 分割、5分割、4分割、3分割で表示されます。
⑥出力制限範囲バー
MH/ML(AO1 タグでは出力値の上/下限)の範囲を示すバーです。プロセ
スタグプロパティの「タイプ別設定設定」の「上下限制限用グループ」が設
定されている場合に表示されます。
⑦アップダウンキー
数値アップダウンキーです。PV(AO1 タグでは出力値)を変更することが
できます。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェースプレートタイプ」
で「Type2」が指定されている場合に表示されます。
262
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.5 MsysNet 拡張タグ-DI1 のフェースプレート
DI1 タグのフェースプレートでは、L-Bus 機器(MsysNet 機器)のデジタル伝送端子のモニタを行います。
①接点状態表示
名称
①接点状態表示
説明
接点の状態を表示します。接点状態の変化により、プロセスタグプロパテ
ィの「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞ
れの状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」
に設定されていた場合、状態表示は点滅します。
263
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.6 MsysNet 拡張タグ-DO1 のフェースプレート
DO1 タグのフェースプレートでは、L-Bus 機器(MsysNet 機器)のデジタル伝送端子のモニタを行います。
①接点状態表示/切替
名称
①接点状態表示/切替
説明
接点の状態を表示します。クリックすることによって、接点の状態を切り替
えることができます。接点状態の変化により、プロセスタグプロパティの
「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞれ
の状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」に
設定されていた場合、状態表示は点滅します。
264
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.7 MsysNet 拡張タグ-ISW のフェースプレート
ISW タグのフェースプレートでは L-Bus 機器(MsysNet 機器)の内部スイッチブロックの操作及びモニタを行
います。
①接点状態表示/切替
名称
①接点状態表示/切替
説明
接点の状態を表示します。クリックすることによって、接点の状態を切り替
えることができます。接点状態の変化により、プロセスタグプロパティの
「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞれ
の状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」に
設定されていた場合、状態表示は点滅します。
265
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.8 MsysNet 拡張タグ-TMR のフェースプレート
TMR タグのフェースプレートでは L-Bus 機器(MsysNet 機器)のタイマブロックの操作及びモニタを行いま
す。
①単位
②PV(TMR タグでは経過時間値)
③SV(TMR タグでは設定時間値)
④START ボタン
⑤STOP ボタン
⑥PAUSE ボタン
名称
①単位
②PV
(TMR タグでは
経過時間値)
③SV
(TMR タグでは
設定時間値)
④START ボタン
⑤STOP ボタン
⑥PAUSE ボタン
説明
PV(TMR タグでは経過時間値)および SV(TMR タグでは設定時間値)の
単位が表示されます。
PV(TMR タグでは経過時間値)が表示されます。
SV(TMRタグでは設定時間値)が表示されます。クリックすると、数値入力
パッドが開き、SV(TMRタグでは設定時間値)の設定を行うことができま
す。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照して
ください。
クリックすると、タイマブロックの動作スイッチを ON します。
クリックすると、タイマブロックの動作スイッチを OFF します。
クリックすると、タイマブロックの中断スイッチを ON します。中断スイッチを
OFFにして再開するには、START ボタンをクリックします。
266
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.9 MsysNet 拡張タグ-CTR のフェースプレート
CTR タグのフェースプレートでは L-Bus 機器(MsysNet 機器)のカウンタブロックの操作及びモニタを行いま
す。
①単位
②PV(CTR タグでは計数値)
③SV(設定値)
④START ボタン
⑤STOP ボタン
名称
説明
①単位
PV(CTR タグでは計数値)および SV(設定値)の単位が表示されます。
②PV
PV(CTR タグでは計数値)が表示されます。
(CTR タグでは計数値)
③SV(設定値)
SV(設定値)が表示されます。クリックすると、数値入力パッドが開き、SV
(設定値)の設定を行うことができます。数値入力パッドの詳細については
「10.3.7数値入力パッド」を参照してください。
④START ボタン
クリックすると、カウンタブロックの動作スイッチを ON します。
⑤STOP ボタン
クリックすると、カウンタブロックの動作スイッチを OFF します。
267
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.10 MsysNet 拡張タグ-ASW のフェースプレート
ASW タグタグのフェースプレートでは、L-Bus 機器(MsysNet 機器)のデジタル端子のモニタを行い、それに
よるアラームまたはシーケンスの発生復帰状態のモニタを行います。
①接点状態表示
名称
①接点状態表示
説明
接点の状態を表示します。接点状態の変化により、プロセスタグプロパテ
ィの「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞ
れの状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」
に設定されていた場合、状態表示は点滅します。
268
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.11 MsysNet 拡張タグ-BPS のフェースプレート
BPS タグのフェースプレートでは L-Bus 機器(MsysNet 機器)のバッチ・プログラム設定の操作及びモニタを
行います。
①単位
②積算値
③定量設定値
④START ボタン
⑤STOP ボタン
⑥PAUSE ボタン
名称
①単位
②積算値
③定量設定値
④START ボタン
⑤STOP ボタン
⑥PAUSE ボタン
説明
積算値および定量設定値の単位が表示されます。
積算値が表示されます。
定量設定値が表示されます。クリックすると、数値入力パッドが開き、定量
設定値の設定を行うことができます。数値入力パッドの詳細については
「10.3.7数値入力パッド」を参照してください。
クリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチを ON しま
す。
クリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの動作スイッチを OFF しま
す。
クリックすると、バッチ・プログラム設定ブロックの中断スイッチを ON しま
す。中断スイッチをOFFにして再開するには、START ボタンをクリックしま
す。
269
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.12 MsysNet 拡張タグ-TCO(デジタル系)のフェースプレート
TCO(デジタル系)タグのフェースプレートではパソコン時間による時計出力のモニタを行います。
①時計出力種別
②ON 指定時間
③OFF 指定時間
④接点状態表示
名称
①時計出力種別
②ON 指定時間
③OFF 指定時間
④接点状態表示
説明
TCO タグの時計出力種別が表示されます。
PV(測定値)の実量値が表示されます。
SV(設定値)の実量値が表示されます。「⑦カスケード・ローカル切替ボタ
ン」がローカルのときにクリックすると、数値入力パッドが開き、ローカル
SV(設定値)の設定を行うことができます。RSA(比率設定)の場合は比率
が表示されます。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッ
ド」を参照してください。
接点の状態を表示します。接点状態の変化により、プロセスタグプロパテ
ィの「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞ
れの状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」
に設定されていた場合、状態表示は点滅します。
270
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.13 MsysNet 拡張タグ-TCO(アナログ系)のフェースプレート
TCO(アナログ系)タグのフェースプレートではパソコン時間による時計出力のモニタを行います。
①時計出力種別
②アナログ値
名称
①時計出力種別
②アナログ値
説明
TCO タグの時計出力種別が表示されます。
アナログ値でデータが表示されます。アナログ値の表示フォーマットは以
下の通りです。
種別
表示フォーマット
月日
mm.dd(01.01~12.31)
時分
HH.mm(00.00~23.59)
日
00.dd(00.01~00.31)
曜日
00.0w(00.01~00.07)
mm:月(2桁)
dd:日付(2桁)
HH:時間(2桁24時間表示)
mm:分(2桁)
w:曜日(1桁、日~土 → 1~7)
271
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.14 アナログ入力タグ-MAI のフェースプレート
MAI タグのフェースプレートでは、汎用アナログ端子のモニタを行います。
①単位
②PV(測定値)
③レンジ上限値
④PV(測定値)バーグラフ
⑤目盛り
③レンジ下限値
名称
①単位
②PV(測定値)
③レンジ上限値/
レンジ下限値
④PV(測定値)バーグラ
フ
⑤目盛り
説明
PV(測定値)の単位が表示されます。
PV(測定値)の実量値が表示されます。
PV(測定値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下限値(0%値)が表示
されます。
PV(測定値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
PV(測定値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェー
スプレートグラフ分割」設定により、レンジ上下限範囲が 10 分割、5分割、
4分割、3分割で表示されます。
272
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.15 アナログ出力タグ-MAO のフェースプレート
MAO タグのフェースプレートでは、汎用アナログ端子の操作及びモニタを行います。
①単位
④PV(MAO タグでは出力値)
③レンジ上限値
⑩PV(MAO タグでは出力値)
バーグラフ
⑤目盛り
⑥アップダウンキー
③レンジ下限値
名称
①単位
②PV
( MAO タ グ で は 出 力
値)
説明
PV(MAO タグでは出力値)の単位が表示されます。
PV(MAOタグでは出力値)の実量値が表示されます。クリックすると、数値
入力パッドが開き、PV(MAOタグでは出力値)の設定を行うことができま
す。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照して
ください。
③レンジ上限値/
PV(MAO タグでは出力値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下限値
(0%値)が表示されます。
レンジ下限値
④PV(MAO タグでは出力 PV(MAO タグでは出力値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
値)バーグラフ
⑤目盛り
⑥アップダウンキー
PV(MAO タグでは出力値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの「UI 設
定」の「フェースプレートグラフ分割」の設定により、レンジ上下限範囲が
10 分割、5分割、4分割、3分割で表示されます。
数値アップダウンキーです。PV(MAO タグでは出力値)を変更することが
できます。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェースプレートタイプ」
で「Type2」が指定されている場合に表示されます。
273
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.16 デジタル入力タグ-MDI のフェースプレート
MDI タグのフェースプレートでは、汎用デジタル端子のモニタを行います。
①接点状態表示
名称
①接点状態表示
説明
接点の状態を表示します。接点状態の変化により、プロセスタグプロパテ
ィの「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞ
れの状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」
に設定されていた場合、状態表示は点滅します。
274
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.17 デジタル出力タグ-MDO のフェースプレート
MDO タグのフェースプレートでは、汎用デジタル端子のモニタを行います。
①接点状態表示/切替
名称
①接点状態表示/切替
説明
接点の状態を表示します。クリックすることによって、接点の状態を切り替
えることができます。接点状態の変化により、プロセスタグプロパティの
「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞれ
の状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」に
設定されていた場合、状態表示は点滅します。
275
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.18 アナログメモリタグ-MTA のフェースプレート
MTA タグのフェースプレートでは、仮想アナログ端子の操作及びモニタを行います。
①単位
④PV(MTA タグでは出力値)
③レンジ上限値
⑩PV(MTA タグでは出力値)
バーグラフ
⑤目盛り
⑥アップダウンキー
③レンジ下限値
名称
説明
①単位
PV(MTA タグでは出力値)の単位が表示されます。
②PV
PV(MTAタグでは出力値)の実量値が表示されます。クリックすると、数値
(MTA タグでは出力値) 入力パッドが開き、PV(MTAタグでは出力値)の設定を行うことができま
す。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照して
ください。
③レンジ上限値/
PV(MTA タグでは出力値)のレンジ上限値(100%値)およびレンジ下限値
(0%値)が表示されます。
レンジ下限値
④PV(MTA タグでは出力 PV(MTA タグでは出力値)のバーグラフです。(-15% ~ +115%の範囲)
値)バーグラフ
⑤目盛り
⑥アップダウンキー
PV(MTA タグでは出力値)の目盛りです。プロセスタグプロパティの「UI 設
定」の「フェースプレートグラフ分割」の設定により、レンジ上下限範囲が
10 分割、5分割、4分割、3分割で表示されます。
数値アップダウンキーです。PV(MTA タグでは出力値)を変更することが
できます。プロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェースプレートタイプ」
で「Type2」が指定されている場合に表示されます。
276
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.19 デジタルメモリタグ-MTD のフェースプレート
MTD タグのフェースプレートでは、仮想デジタル端子のモニタを行います。
①接点状態表示/切替
名称
①接点状態表示/切替
説明
接点の状態を表示します。クリックすることによって、接点の状態を切り替
えることができます。接点状態の変化により、プロセスタグプロパティの
「UI 設定」の「ON/OFF 色」で設定された色に変化します。また、それぞれ
の状態において、プロセスタグプロパティの「UI 設定」で「点滅」が「有」に
設定されていた場合、状態表示は点滅します。
277
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.5.1.20 4点警報タグのフェースプレート
4点警報タグのフェースプレートでは、汎用アナログ端子と、それによるアラームの発生復帰状態のモニタ
を行います。
①単位
②PV(測定値)
⑥レンジ上限値
⑩PV(測定値)バーグラフ
⑯MV 開マーク/MV 閉マーク
⑤アラームランプ
⑪目盛り
⑦カスケード・ローカル切替ボタン
⑧オート切替ボタン
⑨マニュアル切替ボタン
⑨マニュアル切替ボタン
⑫警報設定範囲バー
⑰アップダウンキー
⑯MV 開マーク/MV 閉マーク
⑥レンジ下限値
名称
①単位
②PV(測定値)
⑨上上限アラームランプ
⑨上限アラームランプ
⑨下限アラームランプ
⑨下下限アラームランプ
⑥レンジ上限値/
レンジ下限値
⑩PV(測定値)バーグラ
フ
⑪目盛り
⑫警報設定範囲バー
⑩上上限値指針
⑩上限値指針
⑩下限値指針
⑩下下限値指針
説明
4点警報対象プロセスタグの PV(測定値)の単位が表示されます。
4点警報対象プロセスタグの PV(測定値)の実量値が表示されます。
4点警報発生/復帰状態が表示されます。各アラーム発生時は赤に変化
し点滅します。アラーム復帰時には緑で表示されます。4点警報タグプロ
パティの「条件」の各限界計算式が設定されている場合に表示されます。
4点警報対象プロセスタグの PV(測定値)のレンジ上限値(100%値)およ
びレンジ下限値(0%値)が表示されます。
4点警報対象プロセスタグの PV(測定値)のバーグラフです。(-15% ~
+115%の範囲)
4点警報対象プロセスタグの PV(測定値)の目盛りです。4点警報対象プ
ロセスタグのプロセスタグプロパティの「UI 設定」の「フェースプレートグラ
フ分割」設定により、レンジ上下限範囲が 10 分割、5分割、4分割、3分割
で表示されます。
上上限と上限の中で大きい方の限界値と、下下限と下限の中で小さい方
の限界値の範囲を示すバーです。
各アラームの限界計算値を示す指針です。
278
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6 トレンド画面
トレンド画面では、指定日時以降のデータをヒストリカルトレンドグラフで表示します。またトレンドデータのファ
イルへの保存も行えます。
トレンドグラフ
10.6.1 トレンドグラフ
トレンドグラフのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してください。
⑥
⑤
⑦
②
③
④
①
⑧
⑨
⑫
⑬
⑩
⑭
⑪
279
⑮
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
①トレンドグラフ表示
説明
トレンドグラフが描かれます。なお、デジタルのトレンドグラフでは、ON が
75%位置、OFF が 25%位置に描かれます。
②ペン色
各データのペン色が示されます。クリックすると、「トレンドペン・目盛り値
の設定」ダイアログボックスが開きます。「トレンドペン・目盛り値の設定」
ダイアログボックスの詳細については「10.6.1.2トレンドペン・目盛り値の設
定」を参照してください。
③データ名称
各ペンのデータ名称を表示します。クリックすると、「トレンドタグ名」→「ト
レンドタグコメント」→「プロセスタグ+拡張子」→「トレンドタグ名(元に戻
る)」の順番で表示が切り替わります。
④グラフ値表示
「⑤グラフ値表示インジケータ」の位置における各ペンの値を表示します。
注 プロセスデータは倍精度浮動小数点(精度 15 桁)にて内部処理・表示
処理されますが、トレンドデータは単精度浮動小数点(精度 6 桁)にて
保存されます。このためモニタ画面上の表示数値と、トレンドログに保
存された値とは下位7桁目以下が一致しない場合があります。
⑤グラフ値表示
「④グラフ値表示」に表示する値を指定します。グラフ値表示インジケータ
をクリックすると、インジケータ下に縦線が表示されます。この縦線はマウ
インジケータ
スドラッグにしたがって移動し、インジケータ位置の値が「④グラフ値表
示」エリアに表示されます。
グラフ値表示インジケータを操作すると、画面上部に「⑦インジケータ時
刻」、及び画面下部に「⑭最新表示ボタン」が表示され、「⑭最新表示ボタ
ン」をクリックするか Internet Explorer で「最新の情報に更新」が選択され
るまで、トレンドグラフ表示部の更新は停止します。
⑥サンプル周期
表示しているトレンドタグのサンプル周期を表示します。8ペンともにサン
プル周期は同じです。
⑦インジケータ時刻
「⑤グラフ値表示インジケータ」の操作、または「⑪時間軸スクロールバ
ー」の操作を行うと、トレンドグラフ表示部の表示の更新が停止し、インジ
ケータ時刻が表示されます。(通常は、表示されません)
⑧値目盛値
「①トレンドグラフ表示」の縦軸目盛り値です。「10.6.1.2トレンドペン・目盛
り値の設定」で、0-100%表示と選択したペンでの実量レンジ幅表示を切り
替えることができます。
⑨時間軸目盛値
時間軸の目盛値(日時)を表示します。
⑩上下スクロールボタン
縦軸スクロールボタンをクリックすると「①トレンドグラフ表示」を上下に 5%
分スクロールします。
⑪時間軸スクロールバー 「①トレンドグラフ表示」を左右にスクロールします。スクロールボックスを
ドラッグすると、ドラッグ位置に対応した時間にジャンプします。スクロール
バーの矢印ボタンをクリックすると時間軸幅の1/4分ジャンプし、スクロ
ールボックスと矢印ボタン以外の部分のスクロールバーをクリックすると、
時間軸幅分ジャンプします。
また、時間軸スクロールバーを操作すると、画面上部に「⑦インジケータ
時刻」、及び画面下部に「⑭最新表示ボタン」が表示され、「⑭最新表示ボ
タン」をクリックするか Internet Explorer で「最新の情報に更新」が選択さ
れるまで、トレンドグラフ表示部の更新は停止します。
⑫トレンドスパン変更ボタ トレンドスパン表示範囲を変更します。詳細については「10.6.1.1トレンドス
ン
パン・時間軸の変更」を参照してください。
⑬時間軸変更ボタン
時間軸表示範囲を変更します。詳細については「10.6.1.1トレンドスパン・
時間軸の変更」を参照してください。
⑭最新表示ボタン
再生専用ではないトレンドグラフの、グラフ値表示インジケータの操作、ま
たは時間軸スクロールバーの操作を行うと、最新表示ボタンが表示され
ます(通常は、表示されません)。最新表示ボタンをクリックすると時間軸
が最新値に変更され、画面トレンドグラフ表示部の更新が再開されます。
⑮オプションボタン
トレンドのオプションダイアログを表示します。詳細については「10.6.1.3オ
プション」を参照してください。
280
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.1 トレンドスパン・時間軸の変更
トレンド画面下部の「トレンドスパン変更ボタン」または「時間軸変更ボタン」をクリックすると、以下の設定
ダイアログが開き、それぞれスパン(縦軸の表示倍率)表示幅または時間軸表示幅の変更を行うことがで
きます。
スパン設定ダイアログ
スパン設定
1倍
2倍
5倍
10 倍
説明
縦軸幅が100%の範囲でトレンドグラフを表示します。
縦軸幅が50%の範囲でトレンドグラフを表示します。
縦軸幅が20%の範囲でトレンドグラフを表示します。
縦軸幅が10%の範囲でトレンドグラフを表示します。
時間軸設定ダイアログ
説明
時間軸設定*1
4min
時間軸幅が4分の範囲でトレンドグラフを表示します。
24min
時間軸幅が24分の範囲でトレンドグラフを表示します。
1h
時間軸幅が1時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
4h
時間軸幅が4時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
12h
時間軸幅が12時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
24h
時間軸幅が24時間の範囲でトレンドグラフを表示します。
8day
時間軸幅が8日の範囲でトレンドグラフを表示します。
*1 収集周期によって設定可能な時間軸の値は異なります。詳細については「7.2.6.19トレンドグラフ」
を参照してください。
注 ここで設定した値はトレンドグラフの「表示リセット」機能によって、グラフィックビルダで設定したデフォ
ルトの表示状態に戻されます。「表示リセット」機能の詳細については「10.6.1.3.1表示リセット」を、グラフ
ィックビルダでのトレンドグラフ部品の設定の詳細については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してくださ
い。
281
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.2 トレンドペン・目盛り値の設定
ペン色表示矩形をクリックすると、以下のダイアログボックスが開き、各ペンの色・表示バイアス・値の表示
単位、および縦軸目盛り値の表示単位を指定することができます。
設定項目
ペン色*1
バイアス設定*1
ペンの非表示*1
値表示*1
設定値
有効範囲:24bit カラー
初期値:現在のペン色
説明
当該ペンの表示色を設定します。「ペン色」色ボタン
を選択すると「色の設定」ダイアログが表示されま
す。
有効範囲:-200~200
当該ペンのバイアスを設定します。バイアス設定に
初期値:現在のペンのバイア よりペンを上下にずらして表示することができます。
「バイアス設定」ボタンをクリックすると、数値入力パ
ス
ッドが開き、バイアスの設定を行うことができます。
数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力
パッド」を参照してください。バイアス値は、%値で
指定します。
(チェック有り)*2
当該ペンの表示/非表示を設定します。チェックを
付けた場合、ペンは表示されません。チェックを付
(チェック無し)*2
けなかった場合、ペンは表示されます。
実量で表示*2
「グラフ値表示部」の表示方法を設定します。「グラ
フ値表示部」にトレンドデータは「実量で表示」に設
定した場合、実量値で表示され、「%で表示」に設
定した場合 0-100%値で表示されます。また、MV(操
作出力値)・比率設定の比率(SV)・接点情報のトレ
ンドでは、「実量で表示」に設定しても 0-100%値で
表示されます。
例)
%で表示*2
実量で表示
%で表示
282
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
表示目盛り
選択*1
設定値
表示目盛りを 0-100%とする
*3
説明
トレンドグラフの「値表示目盛り値」の表示方法を設
定します。「表示目盛りを 0-100%とする」に設定し
た場合、「値表示目盛り値」の表示は 0-100%で表
示され、「値表示目盛り値」の文字色は黒で表示さ
れます。「表示目盛りをこのペンの実量レンジ幅と
する」に設定した場合、「値表示目盛り値」の表示は
当該ペンの実量レンジ幅で表示され、「値表示目盛
り値」の文字色も当該ペンのペン色の色で表示され
ます。また、接点情報のトレンドでは、本設定を行う
ことはできません。
表示目盛りをこのペンの
実量レンジ幅とする*3
*1 ここで設定した値はトレンドグラフの「表示リセット」機能によって、グラフィックビルダで設定したデフォ
ルトの表示状態に戻されます。「表示リセット」機能の詳細については「10.6.1.3.1表示リセット」を、グラフ
ィックビルダでのトレンドグラフ部品の設定については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してください。
*2 初期値は現在のペンの設定値。
*3 初期値は「値表示目盛り値」の表示が当該ペンの実量レンジ幅だった場合は、「表示目盛りをこのペン
の実量レンジ幅とする」。その他の場合は「表示目盛りを 0-100%とする」
283
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.3 オプション
オプションダイアログでは「表示リセット」、「日時指定ジャンプ」「手動 CSV ファイル保存」「手動バイナリファ
イル保存」「手動ファイル保存キャンセル」「再生ファイル読み込み」機能の操作が可能です。ダイアログの
「動作」ドロップダウンから動作を選択します。
10.6.1.3.1 表示リセット
「10.6.1.1トレンドスパン・時間軸の変更」「10.6.1.2トレンドペン・目盛り値の設定」で変更した「10.6.1トレンド
グラフ」の「②ペン色」「③データ名称」「⑧値目盛値」「⑫トレンドスパン変更ボタン」「⑬時間軸変更ボタン」
の表示設定を、「7.2.6.19トレンドグラフ」で設定した規定値に戻します。
「OK」ボタンを選択すると表示リセットが実行されます。「キャンセル」ボタンを選択すると何もせずダイアロ
グを終了します。
284
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.3.2 日時指定ジャンプ
指定した日時のデータをトレンドグラフに表示します。
設定項目
日時
設定値
説明
有効範囲:トレンドデータ収集 トレンドグラフに表示する日時を設定します。
開始日時~サーバの現在日
時
設定した日時はトレンドグラフ時間軸の最新時間
(グラブの最右側)に設定されます。
初期値:サーバの現在日時
「OK」ボタンを選択すると日時指定ジャンプが実行されます。「キャンセル」ボタンを選択すると何もせずダ
イアログを終了します。
285
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.3.3 手動 CSV ファイル保存/手動バイナリファイル保存
表示中のトレンドグラフのタグデータの保存を行います。「手動CSVファイル保存」を選択した場合には
CSV形式ファイルが作成され、「手動バイナリファイル保存」を選択した場合にはバイナリ形式ファイルが
作成されます。バイナリ保存した場合には再生ファイル読み込み機能を実行することにより、保存したバイ
ナリファイルの表示が可能です。再生ファイル読み込み機能の詳細については「10.6.1.3.5再生ファイル読
み込み」を参照してください。
注 「手動CSVファイル保存/手動バイナリファイル保存」は、グラフィックビルダでトレンドグラフ部品プロパ
ティの「ファイル再生専用」を、「しない」に設定していた場合のみ選択可能です。グラフィックビルダでの、
トレンドグラフ部品のプロパティ設定については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してください。
設定項目
保存周期
開始日時
設定値
1秒(初期値) 3分
2秒
4分
3秒
5分
4秒
6分
5秒
10分
6秒
12分
10秒
15分
20秒
20分
30秒
30分
1分
60分
2分
有効範囲:トレンドデータ収集
開始日時~サーバの現在日
時
初期値:サーバの現在日の 0
時0分
286
説明
ファイルに保存するトレンドデータの周期を設定しま
す。設定範囲の中で、トレンドデータサンプル周期
の倍数値に設定できます。またこの時サンプル周
期倍数値以外のタイミングでサンプルされたデータ
はファイルに保存されません。
ファイルに保存するトレンドデータの期間を設定しま
す。出力されるファイルのデータには設定した開始
/終了日時のデータも含まれます。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
終了日時
設定値
有効範囲:開始日時~サー
バの現在日時
初期値:サーバの現在日時
説明
保存ファイル
プレフィックス
有効範囲:最大半角 29 文字
(CSV ファイルの場合)/27 文
字(バイナリファイルの場
合)、英数字、カタカナとハイ
フン( - )、アンダースコア( _ )
のみ(全角文字使用可能)
初期値:Trend([トレンド部品
が貼り付けられたページの名
称])_
(設定不可)
保存されるファイルの名称の先頭文字列を設定し
ます。
ファイルはシステムビルダ→トレンドサーバ→プロ
パティ→トレンドログ機能タブ→手動 CSV ファイル
保存フォルダにて設定したフォルダに出力されま
す。
ファイル名
「保存ファイルプレフィックス」「開始日時」「終了日
時」の設定により決定される手動保存ファイル名が
表示されます。手動保存ファイル名の詳細について
は「6.3.6.5トレンドデータ手動CSV/バイナリファイル
名」を参照してください。
「OK」ボタンを選択すると、サーバへ手動ファイル保存の実行が要求されます。「キャンセル」ボタンを選択
すると何もせずダイアログを終了します。サーバで同時に実行可能な手動ファイル保存機能は一つだけで
す。要求がサーバに受け入れられたときには下記のダイアログが表示されます。
他のクライアントからのファイル保存要求を実行中の場合など、要求がサーバに受け入れられなかったと
きには下記のダイアログが表示されます。
サーバがファイル保存要求を実行しているときには、アラームサマリに保存処理の状況が表示されますの
で、保存処理の結果などはアラームサマリのメッセージにて確認してください。アラームサマリメッセージの
詳細については「10.7アラームサマリ」を参照してください。
287
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.3.4 手動ファイル保存キャンセル
トレンドデータの保存をキャンセルします。
注 「手動ファイル保存キャンセル」は、グラフィックビルダでトレンドグラフ部品プロパティの「ファイル再生
専用」を、「しない」に設定していた場合のみ選択可能です。グラフィックビルダでの、トレンドグラフ部品
のプロパティ設定については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してください。
「OK」ボタンを選択すると、サーバへ手動ファイル保存キャンセルの実行が要求されます。「キャンセル」ボ
タンを選択すると何もせずダイアログを終了します。要求がサーバに受け入れられたときには下記のダイ
アログが表示されます
サーバがファイル保存を実行していなかった場合など、要求がサーバに受け入れられなかったときには下
記のダイアログが表示されます。
キャンセル処理の結果などはアラームサマリのメッセージにて確認してください。アラームサマリメッセージ
の詳細については「10.7アラームサマリ」を参照してください。
288
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.6.1.3.5 再生ファイル読み込み
保存したトレンドバイナリデータの読み込み・再生表示を行います。トレンドバイナリデータの保存に関して
は「10.6.1.3.3手動CSVファイル保存/手動バイナリファイル保存」を参照してください。
注 「再生ファイル読み込み」は、グラフィックビルダでトレンドグラフ部品プロパティの「ファイル再生専用」を、
「する」に設定していた場合のみ選択可能です。グラフィックビルダでの、トレンドグラフ部品のプロパテ
ィ設定については「7.2.6.19トレンドグラフ」を参照してください。
設定項目
再生ファイル
選択
設定値
説明
有効範囲:最大半角 255 文 読み込む再生用のトレンドバイナリデータファイル
字、英数字、カタカナとハイフ を設定します。「参照...」ボタンを選択すると、「ファイ
ン( - )、アンダースコア( _ )の ルを開く」ダイアログが表示されます。
み(全角文字使用可能)
初期値:(空白)
「OK」ボタンを選択すると、ファイルが読み込まれトレンドグラフにデータが表示されます。「キャンセル」ボ
タンを選択すると何もせずダイアログを終了します。
注 InternetExplorer にて「最新の情報に更新」を行った場合や、他のページに移動した場合はトレンドグラ
フはデータが読み込みまれていない状態に戻ります。
10.6.1.4 トレンドグラフ表示についての補足
トレンドグラフは、はじめに画面に表示されるまでに、数十秒から数分かかる場合があります。これは、トレ
ンドサーバーが、トレンドログファイルを作成したり、トレンドログファイル内のサーバー停止時の欠測デー
タを処理しているためです。トレンドサーバー起動後、トレンドグラフが画面に表示されるまでの時間は、ト
レンド保存期間やトレンドタグ数によって、異なります。
ログファイルの処理の状況については、アラームサマリに、「トレンドログファイルの作成中 xx% 」 など
として表示されますので、トレンドグラフが表示されるまでの目安として利用して下さい。アラーム・メッセー
ジについての詳細については「10.7.3.7トレンドサーバのアラーム・メッセージ(トレンドログ関係)」を参照して
ください。
また、トレンドグラフの表示更新は、以下の場合、遅くなったり更新されなくなる場合がありますので、運用
時には、考慮して利用して下さい。
ランタイム時におけるトレンドグラフ部品の表示個数が、2個を超る場合
複数のInternetExplorer 画面を表示した場合
タグの点数が多い画面を表示した場合
ネットワーク負荷が高い場合
289
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7 アラームサマリ画面
アラームサマリ画面では、過去 2000 個分のアラームおよびメッセージが表示され、アラームの発生状況やメ
ッセージなどを確認することができます。またアラームデータの CSV ファイルへの保存も行えます。
アラームサマリ
最新アラーム
290
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1 アラームサマリ
アラームサマリのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.20アラームサマリ」を参照してください。
② ③
④
⑤
⑥
⑦
⑧
①
⑨
⑪
⑩
項目
① アラームサマリリスト
② 状態*1
説明
発生したアラームまたはメッセージの一覧が表示されます。
発生したアラームまたはメッセージの状態を表示します。アラーム発生時
に「状態」をクリックすることで、確認操作となります。確認操作を行うと、
アラーム発生時に点滅が指定されていた場合、点滅状態が解除されま
す。状態についての詳細については「10.7.1.1状態」を参照してください。
③ No.(番号)*1
発生したアラームまたはメッセージの番号が表示されます。番号は、新し
いアラームまたはメッセージほど小さい値となります。
④ 年月日*1
アラームまたはメッセージの発生した年月日を表示します。
⑤ 時間*1
アラームまたはメッセージの発生した時間を表示します。
*1
⑥ タグ名
発生したアラームまたはメッセージのタグ名が表示されます。
⑦ タグコメント*1
発生したアラームまたはメッセージのタグコメントが表示されます。
⑧ アラーム内容*1
発生したアラームまたはメッセージの内容が表示されます。
⑨ 表示オプションボタン
表示するアラームまたはメッセージの選択/絞り込み、表示のリセット機能
を実行する「表示オプション」ダイアログが表示されます。詳細については
「10.7.1.3表示オプション」を参照してください。
⑩ ファイルオプションボタ 手動CSVファイル保存/キャンセルを実行する「ファイルオプション」ダイア
ン
ログが表示されます。詳細については「10.7.1.4ファイルオプション」を参照
してください。
⑪ 絞り込み表示中
表示するアラームまたはメッセージの選択/絞り込みが行われている場合
に表示されます。詳細については「10.7.1.3表示オプション」を参照してくだ
さい。
*1 各表示項目列のヘッダをクリックすると、クリックした項目によって「①アラームサマリリスト」の表示がソ
ートされます。ソートされている表示項目のヘッダには、昇順の場合「△」が、降順の場合は「▽」が表示
されます。
291
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.1 状態
「10.7.1アラームサマリ」の「②状態」に表示されるシンボルは、下表のアラーム・メッセージ種別を示します。
アラーム・メッセージの詳細については「10.7.3アラーム・メッセージ一覧」を参照してください。
シンボル
アラーム・メッセージ種別
*1
■
重タグアラーム
R*1
重タグアラーム復帰
*1
■
軽タグアラーム
R*1
軽タグアラーム復帰
H
ハードエラー
O
操作ログ
S
システムアラーム
M
シーケンスメッセージ
I
サーバインフォメーション
E
サーバアラーム
T
サーバステータス
*1 タグアラーム発生の場合、■内は次のように表示されます。なお、アラームの確認は■部をクリックす
ることにより行います。
状態の表示
説明
赤で点滅
当該アラーム発生中で未確認(タグ設定で点滅に設定している場合)
緑で点滅
当該アラーム復帰で未確認(タグ設定で点滅に設定している場合)
赤
当該アラーム発生中で確認済み(タグ設定で点滅に設定されていない場合は、
未確認状態を含む)
緑
当該アラームが復帰しており確認済み(タグ設定で点滅に設定されていない場合
は、未確認状態を含む)
*2 「R」で表示される復帰時のメッセージは、システムビルダで点滅設定を行っても点灯表示となります。
点滅設定は、発生時のメッセージのみに適用されます。点滅設定の詳細については「6.4.3.4タイプ別設
定」「6.7.2.1.3アラーム設定」「6.7.3.1デジタルアラームの設定」を参照してください。
292
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.2 コンテキストメニュー
アラーム・メッセージ行上でマウス右ボタンをクリックすると、下図のようにポップアップメニューが表示され、
当該アラーム・メッセージに対する操作を行うことができます。またマウスのドラッグ操作により複数のアラ
ーム・メッセージ行の選択が可能です。
項目
先頭
確認*1
コントロールパネルへ
ジャンプ*2
削除
説明
アラームサマリリストの先頭(最上行)へ移動します
当該アラーム・メッセージの状態が点滅している場合、「確認」を選択する
と、点滅が止まります。
当該アラーム・メッセージのプロセスタグが含まれる制御グループにペー
ジ切り替えを行います。(複数の制御グループに同じプロセスタグのフェ
ースプレートが含まれる場合は、一番初めのページにジャンプします。)
当該アラーム・メッセージを削除します。「削除」が選択されると、下記のメ
ッセージが表示されます。削除されたアラーム・メッセージは復元すること
ができませんので、本操作の実施にはご注意ください。OK ボタンを押す
と、当該メッセージが削除されます。
*1 確認操作を行っていないアラーム・メッセージ行を選択している場合のみ表示されます。
*2 プロセスタグ/アラームタグの状況によって表示されたアラーム・メッセージ行を選択している場合のみ
表示されます。
293
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.3 表示オプション
表示オプションダイアログでは「表示リセット」、「表示選択」機能の操作が可能です。ダイアログの「動作」
ドロップダウンから動作を選択します。
10.7.1.3.1 表示リセット
「10.7.1.3.2表示選択」にて設定したアラーム・メッセージ表示と絞り込みの変更を、規定値に戻します。
「OK」ボタンを選択すると表示リセットが実行されます。「キャンセル」ボタンを選択すると何もせずダイアロ
グを終了します。
294
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.3.2 表示選択
アラーム・メッセージ表示と絞り込みを設定します。
295
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
アラーム
種別選択*1
設定値
重タグアラーム*2
重タグアラーム復帰*2
軽タグアラーム*2
軽タグアラーム復帰*2
ハードエラー*2
操作ログ*2
システムアラーム*2
シーケンスメッセージ*2
サーバインフォメーション*2
サーバアラーム*2
サーバステータス*2
絞り込み
「10.7.1アラームサマリ」の「①アラームサマリリスト」
表示するアラーム・メッセージを絞り込みます。
(チェック有り)
「タグ」にチェックを付けた場合、アラーム・メッセー
ジを設定したタグに関連するものに絞り込みます。
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:最大半角 16 文 タグ名の設定と全文一致したものに絞り込まれ、タ
字、英数字、カタカナとハイフ グ名にはワイルドカードが使用できます。
ン( - )、アンダースコア( _ )の
ワイルド
説明
み(全角文字使用可能)
カード文字
ワイルドカード(「*」「?」使用
可能)
アスタリスク
アスタリスクは、0 個以上の文字
初期値:(空白)
の代用として使用します。タグ名
(*)
を絞り込む際に、名前の先頭が
「Alm」で始まることがわかってい
て、その残りを覚えていない場合
には「Alm*」と入力します。
疑問符
疑問符は、タグ名の中の 1 文字
の代用として使用します。たとえ
(?)
ば 、 「 Alm? 」 と 入 力 す る と 、
「Alm1」と「Alm2」は絞り込まれま
すが、「Alm01」は絞り込まれませ
ん。
(チェック有り)
「期間」にチェックを付けた場合、開始日時と終了日
時の間で発生したアラーム・メッセージに絞り込み
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:トレンドデータ収集 ます。絞り込まれたアラーム・メッセージには設定し
開始日時~サーバの現在日 た開始/終了日時に発生したアラーム・メッセージも
含まれます。
時
初期値:サーバの現在日の 0
時0分
有効範囲:開始日時~サー
バの現在日時
初期値:サーバの現在日時
タグ
(タグ名)
期間
開始日時
終了日時
説明
選択された種別のアラームまたはメッセージ(複数
選択可)が発生時したとき、「10.7.1アラームサマリ」
の「①アラームサマリリスト」アラーム・メッセージが
表示されます。
アラーム種別の詳細については「10.7.1.1状態」を参
照してください。
*1 「最新アラーム」に表示されるアラーム・メッセージも、ここのアラーム種別選択が反映されます。「最新
アラーム」の詳細については「10.7.2最新アラーム」を参照してください。
*2 初期状態では全てのアラーム種別にチェックがされています。
「OK」ボタンを選択すると表示選択が実行されます。「キャンセル」ボタンを選択すると何もせずダイアログ
を終了します。
296
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.4 ファイルオプション
オプションダイアログでは「表示リセット」、「日時指定ジャンプ」「手動 CSV ファイル保存」「手動バイナリファ
イル保存」「手動ファイル保存キャンセル」「再生ファイル読み込み」機能の操作が可能です。ダイアログの
「動作」ドロップダウンから動作を選択します。
10.7.1.4.1 手動ファイル保存
アラーム・メッセージの CSV ファイル保存を行います。
297
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
アラーム
種別選択*1
設定値
重タグアラーム*1
重タグアラーム復帰*1
軽タグアラーム*1
軽タグアラーム復帰*1
ハードエラー*1
操作ログ*1
システムアラーム*1
シーケンスメッセージ*1
サーバインフォメーション*1
サーバアラーム*1
サーバステータス*1
絞り込み
ファイルに保存するアラーム・メッセージを絞り込み
ます。
(チェック有り)
「タグ」にチェックを付けた場合、アラーム・メッセー
ジを設定したタグに関連するものに絞り込みます。
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:最大半角 16 文 タグ名の設定と全文一致したものに絞り込まれ、タ
字、英数字、カタカナとハイフ グ名にはワイルドカードが使用できます。
ン( - )、アンダースコア( _ )の
ワイルド
説明
み(全角文字使用可能)
カード文字
ワイルドカード(「*」「?」使用
可能)
アスタリスク
アスタリスクは、0 個以上の文字
初期値:(空白)
の代用として使用します。タグ名
(*)
を絞り込む際に、名前の先頭が
「Alm」で始まることがわかってい
て、その残りを覚えていない場合
には「Alm*」と入力します。
疑問符
疑問符は、タグ名の中の 1 文字
の代用として使用します。たとえ
(?)
ば 、 「 Alm? 」 と 入 力 す る と 、
「Alm1」と「Alm2」は絞り込まれま
すが、「Alm01」は絞り込まれませ
ん。
(チェック有り)
「期間」にチェックを付けた場合、開始日時と終了日
時の間で発生したアラーム・メッセージに絞り込み
(チェック無し)(初期値)
有効範囲:トレンドデータ収集 ます。絞り込まれたアラーム・メッセージには設定し
開始日時~サーバの現在日 た開始/終了日時に発生したアラーム・メッセージも
含まれます。
時
初期値:サーバの現在日の 0
時0分
有効範囲:開始日時~サー
バの現在日時
初期値:サーバの現在日時
タグ
(タグ名)
期間
開始日時
終了日時
保存ファイル
プレフィックス
有効範囲:最大半角 64 文
字、英数字、カタカナとハイフ
ン( - )、アンダースコア( _ )の
み(全角文字使用可能)
初期値:Alrm_
298
説明
選択された種別のアラームまたはメッセージ(複数
選択可)がファイルに保存されます。
アラーム種別の詳細については「10.7.1.1状態」を参
照してください。
保存されるファイルの名称の先頭文字列を設定し
ます。
ファイルはシステムビルダ→トレンドサーバ→プロ
パティ→トレンドログ機能タブ→手動 CSV ファイル
保存フォルダにて設定したフォルダに出力されま
す。
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
ファイル名
設定値
(設定不可)
説明
「保存ファイルプレフィックス」「開始日時」「終了日
時」の設定により決定される手動保存ファイル名が
表示されます。手動保存ファイル名の詳細について
は「6.3.7.5アラームデータ手動CSVファイル名」を参
照してください。
*1 初期状態では全てのアラーム種別にチェックがされています。
「OK」ボタンを選択すると手動ファイル保存が実行されます。「キャンセル」ボタンを選択すると何もせずダ
イアログを終了します。
299
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.1.4.2 手動ファイル保存キャンセル
アラーム・メッセージの CSV ファイル保存をキャンセルします。
「OK」ボタンを選択すると、サーバへ手動ファイル保存キャンセルの実行が要求されます。「キャンセル」ボ
タンを選択すると何もせずダイアログを終了します。要求がサーバに受け入れられたときには下記のダイ
アログが表示されます
サーバがファイル保存を実行していなかった場合など、要求がサーバに受け入れられなかったときには下
記のダイアログが表示されます。
キャンセル処理の結果などはアラームサマリのメッセージにて確認してください。アラームサマリメッセージ
の詳細については「10.7アラームサマリ」を参照してください。
300
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.2 最新アラーム
最新アラームではアラームまたはメッセージが発生すると、オペレータに通知します。オペレータへの通知
は画面へのメッセージ表示と、WAVファイルの再生にて行われます。最新アラームのグラフィックビルダで
の設定については「7.2.6.12最新アラーム」を参照してください。
③
項目
①アラーム・メッセージ
表示部
②確認ボタン
③アラームブザー
設定ボタン
①
②
説明
発生したアラームまたはメッセージが表示されます。表示されるアラーム・
メッセージ種別は「10.7.1.3.2表示選択」の「アラーム種別選択」にて選択さ
れたものになります。
アラームまたはメッセージの発生時に確認ボタンをクリックすると、「①アラ
ーム・メッセージ表示部」からアラーム・メッセージが消去され、WAV ファイ
ルの再生が停止します。
アラームブザー設定ボタンをクリックすると、アラームブザーの設定ダイア
ログが表示されます。アラームブザーの設定ダイアログの詳細について
は「10.7.2.1アラームブザーの設定」を参照してください。
10.7.2.1 アラームブザーの設定
アラームブザーの設定ダイアログでは、アラーム発生時にブザーを鳴らすアラーム・メッセージ種別を選択
します。(複数選択可)
アラームブザーを鳴らすアラーム・メッセージ種別のチェックボックスにチェックをつけてください。
10.7.2.2 アラームブザー用 WAV ファイル
アラーム・メッセージ発生時のWAVファイルは、下記の名前のものを「SCADACOMV100.exe」のあるディレ
クトリ(通常はサーバーの場合「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」、クライアントの場合はシステムフォル
ダ*1)に保存してください。
アラーム・メッセージ種別
WAV ファイル名
(重)タグアラーム
AlmHigh.wav
(軽)タグアラーム
AlmLow.wav
ハードエラー
AlmHard.wav
操作ログ
AlmOpe.wav
システムアラーム
AlmSys.wav
シーケンスメッセージ
AlmSeq.wav
サーバインフォメーション
AlmSva.wav
サーバアラーム
サーバステータス
*1 通常は「C:\Windows\System32」となりますが、システムよって異なる場合があります。
301
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3 アラーム・メッセージ一覧
アラーム・メッセージ一覧は下表の通りです。種別を示す記号については「10.7.1.1状態」を参照してくださ
い。
10.7.3.1 アラームタグのアラーム・メッセージ
種別
*1
発生条件
アラーム発生
メッセージ
備考
アラームタグに設定されている
メッセージ文字列
*1
アラーム復帰
アラームタグに設定されている
メッセージ文字列
{1}:上限/上上限
*1
上上限4点警報発生
上上限({1}) 発生
/下限/下下限
*1
上限4点警報発生
上限({1}) 発生
{2}:重要度
*1
下限4点警報発生
下限({1}) 発生
*1
下下限警報発生
下下限({1}) 発生
*1
上上限4点警報復帰
上上限({1}) 復帰
*1
上限4点警報復帰
上限({1}) 復帰
*1
下限4点警報復帰
下限({1}) 復帰
*1
下下限4点警報復帰
下下限({1}) 復帰
*1 アラームタグのプロパティ設定により種別は変化します。アラームタグのプロパティ設定の詳細につい
ては「6.7.2.1.3アラーム設定」「6.7.3.1デジタルアラームの設定」を参照してください。
10.7.3.2 MsysNet プロセスタグのアラーム・メッセージ
種別
*1
*1
*1
*1
*1
*1
*1
発生条件
メッセージ
備考
{1}:重要度
PV 上限警報発生
PV 上限警報({1})発生
PV 下限警報発生
PV 下限警報({1})発生
PV 上限警報復帰
PV 上限警報({1})復帰
PV 下限警報復帰
PV 下限警報({1})復帰
{1}:重要度
偏差警報発生
偏差警報({1})発生
偏差警報復帰
偏差警報({1})復帰
ASW タグ
ASW タグに設定されているメッセージ文字列
参照接点 ON
*1
ASW タグ
ASW タグに設定されているメッセージ文字列
参照接点 OFF
*1 プロセスタグのプロパティ設定により種別は変化します。プロセスタグのプロパティ設定の詳細について
は「6.4.3.4タイプ別設定」を参照してください。
10.7.3.3 プロセスタグ操作
種別
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
発生条件
PV(測定値)操作
SV(設定値)操作
MV(操作出力値)
操作
デジタル値操作
PH 値操作
PL 値操作
MH 値操作
ML 値操作
Auto/Manual 値操作
Cascade/Local
値操作
比例帯値操作
積分時間値操作
メッセージ
変更({1}{2})
SV 変更({1}{2})
MV 変更({1}%)
変更({3})
PH 変更({1}{2})
PL 変更({1}{2})
MH 変更({1}%)
ML 変更({1}%)
AM 変更({4})
CL 変更({5})
PB 変更({1}{2})
TI 変更({1}{2})
302
備考
{1}:変更値
{2}:単位
{3}:ON/OFF
{4}:
Manual の場合「0」、
Auto の場合「1」
{5}:
Local の場合「0」、
Cascade の場合「1」
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
種別
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
O
E
E
S
発生条件
微分時間値操作
偏差警報設定値操作
行過ぎ量設定値操作
プリバッチ
設定値操作
流速制限量
設定値操作
初期値操作
流速制限設定値操作
スローダウン
設定値操作
定常値操作
上昇傾斜率値操作
下降傾斜率値操作
4点警報の限界値に
設定されたプロセスタ
グの操作
符号無整数への
負値書込
時計出力
自動設定失敗*2
札掛けによる
操作禁止
プロセスタグ値
書き込み失敗*2
メッセージ
備考
TD 変更({1}{2})
DV 変更({1}%)
BO 変更({1}{2})
BP 変更({1}%)
BI 変更({1}{2})
A0 変更({1}%)
A1 変更({1}%)
A2 変更({1}%)
A3 変更({1}%)
K1 変更({1}%/S)
K2 変更({1}%/S)
HH 変更{1}
H 変更{1}
L 変更{1}
LL 変更{1}
符号無整数への負値書込 TAG:{1}
{1}:変更値
{1}:プロセスタグ名
時計出力自動設定失敗,TAG={1}
操作禁止 TAG:{1}
タグ書込みエラー値={1},TAG={2},種別={3}
*1 エラーコードは下表の通りです。
エラーコード 説明
EEPROM 書き込み中のため再試行要求
2
3
通信障害
4
操作不当、不正操作データ
5
操作手順不当
6
データ構成不当
7
EEPROM 初期化未処理
8
EEPROM 書き込み不成功
9
EEPROM チェック・サム照合不一致
10
シーケンス・テーブル不正
11
接続端子未定義
12
接続端子不当
13
割付上限チェック(DCS 内部エラー)
-101
パラメータエラー
-102
タグ不明(指定タグ無し等)
-103
対象デバイスはオフラインまたは実装されていない
-104
操作要求処理でエラー
-105
操作要求処理で例外発生
*2 発生時には出力先機器の状態や設定などを確認してください。
303
{1}:エラーコード*1
{2}:プロセスタグ名
{3}:
PH/PL/MH/ML/…
などの書き込み種別
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.4 サーバ共通のアラーム・メッセージ
種別
T
発生条件
サーバー開始
T
サーバー停止
S
メッセージ
サーバー開始
サーバーNo.:{1} サーバー名:{2}
サーバー停止
サーバーNo.:{1} サーバー名:{2}
DB 異常 DB 名:{1}
データベース
異常発生*2*3
S
データベース
DB 異常復帰 DB 名:{1}
異常復帰
S
ファイル・アクセス
ファイル・アクセス異常 File:{1}
異常発生*4
S
ファイル・アクセス
ファイル・アクセス異常復帰 File:{1}
異常復帰
S
メモリ割付失敗発生*5 メモリ割付失敗 {1}
S
メモリ割付失敗復帰
メモリ割付失敗復帰 {1}
*2*5
S
通信障害発生
通信障害 {1}
S
通信障害復帰
通信障害復帰 {1}
S
その他
その他サーバー障害発生
サーバー障害発生
S
その他
その他サーバー障害復帰
サーバー障害復帰
*1 サーバ番号は下表の通りです。
番号 サーバ
SCADALINX サーバ
0
1
ブロードキャストサービス
10
I/O サーバ
3
アラームサーバ
2
トレンドサーバ
5
レポート出力サーバ
備考
{1}:サーバー番号*1
{2}:サーバー名
{1}:DB 名
{1}:ファイル名
{1}:メッセージ
{1}:メッセージ
*2 発生時にはネットワークの状態や設定などを確認してください。
*3 発生時にはプロジェクトを保存しているデータベースサーバ(MSDE)の状態などを確認してください。
*4 発生時にはハードディスクの容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくだ
さい。
*5 発生時にはメモリの容量残や状態などを確認してください。
*6 発生時には出力先機器の状態や設定などを確認してください。
10.7.3.5 IO サーバのアラーム・メッセージ
種別
I
発生条件
データ取得開始
メッセージ
IO サーバデータ取得開始
304
備考
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.6 アラームサーバのアラーム・メッセージ
種別
I
発生条件
メッセージ
備考
{1}:IP アドレス
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存開始
{2}:%値
保存開始 IP アドレス {1}
I
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存進行中
保存中({2}) IP アドレス {1}
I
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存データ無
出力対象なし IP アドレス {1}
I
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存完了
保存完了 IP アドレス {1}
I
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存キャンセル 保存キャンセル IP アドレス {1}
I
サービス停止による
サービス停止により
アラーム CSV 手動フ アラーム CSV ファイル
ァイル保存キャンセル 保存キャンセル
E
アラームCSV手動ファ アラーム CSV ファイル
イル保存失敗*1
保存失敗 IP アドレス {1}
{1}:%値
I
アラーム自動 CSV フ アラーム自動 CSV ファイル保存開始
ァイル保存開始
I
アラーム自動 CSV フ アラーム自動 CSV ファイル保存中({1})
ァイル保存進行中
I
アラーム自動 CSV フ アラーム自動 CSV ファイル保存完了
ァイル保存完了
I
サービス停止による
サービス停止により
アラーム自動 CSV フ アラーム自動 CSV ファイル保存キャンセル
ァイル保存キャンセル
E
アラーム自動CSVファ アラーム自動 CSV ファイル保存失敗
イル保存失敗*1
*1 発生時にはハードディスクの容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくだ
さい。
305
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.7 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(トレンドログ関係)
種別
I
E
I
I
I
I
E
E
発生条件
ロギング開始
ロギング処理失敗*1*2
ログ作成開始
ログ作成進行中
ログ作成完了
ログ作成中断
ログ作成失敗*1
ログ作成失敗*1
I
無効データ
初期化開始
無効データ
初期化進行中
無効データ
初期化完了
無効データ
初期化中断
無効データ
初期化失敗*1
欠測書込み開始
I
I
I
E
メッセージ
トレンドサーバログデータ取得開始
ロギング処理を開始できません。
トレンド・ログファイル{1}の作成を開始
トレンド・ログファイル{1}作成中 {2} %
トレンド・ログファイル{1}の作成を完了
トレンド・ログファイル{1}の作成を中断
トレンド・ログファイル{1}の作成に失敗
トレンド・ログファイル{1}の作成に必要なディス
ク容量がありません。
トレンド・ログファイル{1}の無効データ初期化を
開始
トレンド・ログファイル{1}無効データ初期化中
{2} %
トレンド・ログファイル{1}の無効データ初期化を
完了
トレンド・ログファイル{1}の無効データ初期化を
中断
トレンド・ログファイル{1}の無効データ初期化に
失敗
トレンド・ログファイル{1}の欠測書込み開始
備考
{1}:サンプル周期 10
秒未満用の場合
「1」、10 秒以上用の
場合「2」
{2}:%値
{1}:サンプル周期 10
秒未満用の場合
「1」、10 秒以上用の
場合「2」
{2}:%値
{1}:サンプル周期 10
秒未満用の場合
I
欠測書込み完了
トレンド・ログファイル{1}の欠測書込み完了
「1」、10 秒以上用の
E
欠測書込み失敗*1
トレンド・ログファイル{1}の欠測書込み失敗
場合「2」
*1
E
値書き込み失敗
トレンド・ログファイル{1}の書き込みに失敗しま {1}:サンプル周期 10
した。
秒未満用の場合
「1」、10 秒以上用の
場合「2」
*1
E
ファイル作成失敗
リザーブタグ・ファイル{1}の作成に失敗しまし {1}:1~4
た。
E
ファイル作成失敗*1
リザーブタグ・ファイル{1}の作成に必要なディ
スク容量がありません。
I
欠測書込み開始
リザーブタグ・ファイル欠測書込み開始
I
欠測書込み完了
リザーブタグ・ファイル欠測書込み完了
*1
E
欠測書込み失敗
リザーブタグ・ファイル欠測書込み失敗
E
値書き込み失敗*1
リザーブ・タグの書き込みに失敗しました。
*1 発生時にはハードディスクの容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくだ
さい。
*2 発生時にはネットワークの状態や設定などを確認してください。
I
306
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.8 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(ファイル出力関係)
種別
I
発生条件
メッセージ
備考
{1}:IP アドレス
トレンド CSV 手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存開始
{2}:%値
保存開始 IP アドレス {1}
I
トレンド CSV 手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存進行中
保存中({2}) IP アドレス {1}
I
トレンド CSV 手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存完了
保存完了 IP アドレス {1}
I
トレンド CSV 手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存キャンセル
保存キャンセル IP アドレス {1}
I
サービス停止による
サービス停止要求により
トレンド CSV 手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存キャンセル
保存キャンセル
E
トレンドCSV手動ファ トレンド CSV ファイル
イル保存失敗*1
保存失敗 IP アドレス {1}
{1}:IP アドレス
I
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存開始
{2}:%値
保存開始 IP アドレス {1}
I
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存進行中
保存中({2}) IP アドレス {1}
I
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存完了
保存完了 IP アドレス {1}
I
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存キャンセル
保存キャンセル IP アドレス {1}
I
サービス停止による
サービス停止要求により
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存キャンセル
保存キャンセル
E
トレンド手動ファイル トレンドファイル
保存失敗*1
保存失敗 IP アドレス {1}
{1}:%値
I
トレンド自動 CSV ファ トレンド自動 CSV ファイル
イル保存開始
保存開始
I
トレンド自動 CSV ファ トレンド自動 CSV ファイル
イル保存進行中
保存中({1})
I
トレンド自動 CSV ファ トレンド自動 CSV ファイル
イル保存完了
保存完了
I
サービス停止による
サービス停止要求により
トレンド自動 CSV ファ トレンド自動 CSV ファイル
イル保存キャンセル
保存キャンセル
E
トレンド自動CSVファ トレンド自動 CSV ファイル
イル保存失敗*1
保存失敗
*1 発生時にはハードディスクの容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくだ
さい。
307
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.9 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(レポート関係)
種別
T
T
T
S
発生条件
レポートログ作成
レポートログ削除
サーバ停止期間の
欠測処理開始
サーバ停止期間の
欠測処理終了
サーバ停止期間の
欠測処理失敗*1
ログ操作失敗*1
S
ログ操作失敗*1
S
ログ操作失敗*1
S
ログ書き出し失敗*1
S
ログ書き出し失敗*1
T
E
メッセージ
レポートログファイルを作成しました[{1}]
レポートログファイルを削除しました[{1}]
レポートログの初期処理を開始します
備考
{1}:ログファイル名
レポートログの初期処理が完了しました
レポートログの初期処理に失敗しました
レポートログファイルがオープンできない!
W[{1}]<ErrorCode = {2}>
レポートログファイルがオープンできない!
R[{1}]<ErrorCode = {2}>
レポートログファイルがオープンできない!
WR[{1}]<ErrorCode = {2}>
レポートログファイル書き出しに失敗!
({1})[{2}]<ErrorCode = {3}>
{1}:ログファイルフル
パス名
{2}:内部エラーコード
{1}:プログラム番号 1
~3
{2}:ログファイルフル
パス名
{3}:内部エラーコード
{1}:ログファイルフル
パス名
{2}:内部エラーコード
レポートログファイル書き出しに失敗!
[{1}]<ErrorCode = {2}>
*1
S
ログ読み込み失敗
レポートログファイル読み込みに失敗!
[{1}]<ErrorCode = {2}>
S
ログヘッダの
レポートログファイル[{1}]のヘッダの読み込み {1}:ログファイルフル
失敗<ErrorCode = {2}>
パス名
読み込み失敗*1
{2}:内部エラーコード
S
ログ書き出し失敗*1
レポートログデータ書き出しエラー
E
ログ書き出し停止*1*2
レポートログの記録を停止しました
*2
E
内部処理失敗
レポートデータ要求テーブル取得に失敗しまし
た
E
内部処理失敗*2
レポートタグ・リスト作成に失敗しました
*2
E
内部処理失敗
1分間データブロック取得に失敗しました
*1 発生時にはハードディスクの容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくだ
さい。
*2 発生時にはメモリの容量残や状態などを確認してください。
308
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.10 トレンドサーバのアラーム・メッセージ(その他)
種別
E
発生条件
メッセージ
備考
プロジェクト
ビルトデータのアクセスに失敗しました
データベースへの
アクセス失敗*1
*1 発生時にはプロジェクトを保存しているデータベースサーバ(MSDE)の状態などを確認してください。
10.7.3.11 レポート出力サーバのアラーム・メッセージ
種別
I
I
E
発生条件
定時刻印刷開始
定時刻印刷終了*1
定時刻印刷失敗*2
メッセージ
レポートログ定時刻印刷開始
レポートログ定時刻印刷終了
レポートログ定時刻印刷
プリンタオープンに失敗
レポートログ定時刻印刷データ取得失敗
レポートログ定時刻印刷失敗
レポートログ定時刻ファイル出力開始
備考
定時刻印刷失敗*3
定時刻印刷失敗*2
定時刻ファイル
出力開始
I
定時刻ファイル
レポートログ定時刻ファイル出力終了
出力終了
E
定時刻ファイル
レポートログ定時刻ファイル出力
出力失敗*4
出力先フォルダの作成に失敗
E
定時刻ファイル
レポートログ定時刻ファイル出力
出力失敗*3
データ取得失敗
E
定時刻ファイル
レポートログ定時刻ファイル出力失敗
出力失敗*4
*1 OS のプリンタ・スプーラへの出力終了を示します。実際のプリンタからの出力終了を示すものではあり
ません。
*2 発生時には出力先プリンタの状態やアクセス権などを確認してください。
*3 発生時にはメモリの容量残や状態などを確認してください。
*4 発生時にはハードディスク容量残や状態、出力先ファイル・フォルダのアクセス権などを確認してくださ
い。
E
E
I
309
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.12 L-Bus 機器(MsysNet 機器)操作
種別
O
O
O
O
O
O
発生条件
メッセージ
備考
全起動実行
全起動
全停止実行
全停止
{1}:ステーション番号
ストップ実行
ST={1} CD={2} STOP
{2}:カード番号
ホットスタート実行
ST={1} CD={2} HOT START
コールドスタート実行 ST={1} CD={2} COLD START
メンテナンスモードに
ST={1} CD={2} MAINTENANCE-SW ON
切替*1
S
メンテナンスモード
メンテナンスモードにすることが
切替失敗*1
できませんでした。 ST={1} CD={2}
*1 カードストップ/ホットスタート/コールドスタート実行時に、カードは一時的にメンテナンスモードになりま
す。
*2 発生時には出力先機器の状態や設定などを確認してください。
10.7.3.13 L-Bus 機器(MsysNet 機器)異常
種別
H
H
H
H
H
発生条件
ステ-ション停止
ステーション復帰
カ-ド停止
カード復帰
カ-ドメモリ異常発生
メッセージ
STATION 停止 ST={1}
STATION 復帰 ST={1}
CARD 停止 ST={1} CD={2}
CARD 復帰 ST={1} CD={2}
CARD MEMORY 異常 ST={1} CD={2}
*1
H
H
H
H
H
H
CARD MEMORY 異常復帰 ST={1} CD={2}
CARD PV 故障 ST={1} CD={2}
CARD PV 故障復帰 ST={1} CD={2}
CARD MV 故障 ST={1} CD={2}
CARD MV 故障復帰 ST={1} CD={2}
CARD 計器 BLOCK 異常 ST={1} CD={2}
H
カ-ドメモリ異常復帰
カ-ドPV故障発生*1
カ-ド PV 故障復帰
カ-ドMV故障発生*1
カ-ド MV 故障復帰
カ-ド計器ブロック
異常発生*1
カ-ド計器ブロック
異常復帰
カ-ド過負荷
異常発生*1
カ-ド過負荷
異常復帰
その他の異常発生*1
H
その他の異常復帰
その他異常復帰 ID={1} ST={2} CD={3}
H
H
H
備考
{1}:ステーション番号
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
CARD 計器 BLOCK 異常復帰 ST={1} CD={2}
CARD 過負荷 ST={1} CD={2}
{1}:ステーション番号
{2}:カード番号
CARD 過負荷復帰 ST={1} CD={2}
その他異常 ID={1} ST={2} CD={3}
*1 発生時には出力先機器の状態や設定などを確認してください。
310
{1}:詳細コード
{3}:カード番号
{2}:ステーション番号
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.7.3.14 Modbus 機器、PLC 異常
種別
E
発生条件
タイムアウト発生*1*2
メッセージ
通信 障害発生
レスポンス TIME OUT IP Address={1}
,Node(Device)={2}
E
タイムアウト復帰
通信 障害復帰
レスポンス TIME OUT IP Address={1}
,Node(Device)={2}
E
通信障害発生*1*2
通信 障害発生 IP Address={1}
E
通信障害復帰
通信 障害復帰 IP Address={1}
*1*2
E
初期化失敗
障害発生 Winsock エラー IP Address={1}
E
初期化失敗*1*2
障害発生 PLC 初期化
IP Address{1},ErrorNo={2}
*1*2
E
読み込み処理失敗
障害発生 パラメータ(PC 番号)エラー
IP Address={1}
E
読み込み処理失敗*1*2 障害発生 パラメータ(データ長)エラー
IP Address={1}
E
読み込み処理失敗*1*2 障害発生 ソケット番号エラー IP Address={1}
E
読み込み処理失敗*1*2 障害発生 待機関数エラー IP Address={1}
E
読み込み処理失敗*1*2 障害発生 その他のエラー IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込 Winsock エラー IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込パラメータ(PC 番号)エラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込パラメータ(データ長)エラー
IP Address={1}
*1*2
E
書き込み処理失敗
障害発生 書込ソケット番号エラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込待機関数エラー
IP Address={1}
*1*2
E
書き込み処理失敗
障害発生 書込その他のエラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込 ST 未定義エラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込デバイス未定義エラー
IP Address={1}
*1*2
E
書き込み処理失敗
障害発生 書込 TAG 未定義エラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 書込アドレス範囲外エラー
IP Address={1}
E
書き込み処理失敗*1*2 障害発生 その他のエラー IP Address={1}
*1 発生時には出力先機器の状態や設定などを確認してください。
*2 発生時にはネットワークの状態や設定などを確認してください。
311
備考
{1}:IP アドレス
{2}:ノード番号
{1}:IP アドレス
{1}:IP アドレス
{2}:
PLC 関数エラー番号
{1}:IP アドレス
{1}:IP アドレス
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.8 グラフィックモニタ画面
グラフィックモニタ画面では、ランプ、アナログ表示、テキスト、ディジタル SW、スケルトンバー、バーグラフ、イ
メージ、ラインなどのグラフィック部品により、現場のシステムに合わせてデザインされたモニタ画面によるシ
ステムの監視を行います。
10.8.1 ランプ
指定したタグ接点の変化による状態表示を行います。表示には画像ファイルを設定することもできます。ラ
ンプのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.2ランプ」を参照してください。
10.8.1.1 自動ジャンプ
ランプ部品の自動ジャンプが設定されている場合、指定した全ての接点の入力が ON に切り替わったとき、
自動的に表示ページの切り替えが行われます。
10.8.2 アナログ表示
指定したプロセスタグの数値データを表示または設定します。数値設定が可能な場合、アナログ表示部品
をクリックすると数値入力パッドが起動します。起動した数値入力パッドの設定により指定したアナログ出
力タグ値の変更が可能です。数値入力パッドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照してくださ
い。アナログ表示のグラフィックビルダでの設定の詳細については「7.2.6.3アナログ表示」を参照してくださ
い。
312
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.8.3 テキスト
文字列または、SCADALINXサーバの時間を表示します。テキストのグラフィックビルダでの設定について
は「7.2.6.4テキスト」を参照してください。
10.8.4 ディジタル SW
指定したタグ接点の変化による状態表示、指定したタグ接点に対する操作、指定したグラフィックページへ
の切り替え、フェースプレートのポップアップ表示を行います。表示には画像ファイルを設定することもでき
ます。ディジタルSWのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.5ディジタルSW」を参照してください。
10.8.4.1 モーメンタリ
モーメンタリに設定されたデジタル SW 部品上では、マウスがクリックされているか否かにより指定したプロ
セスタグへの出力を切り替えます。
10.8.4.2 オルタネート
オルタネートに設定されたデジタル SW 部品上では、マウスがクリックされる度に、指定したプロセスタグへ
の出力を切り替えます。
10.8.4.3 ページ切り替え
ページ切り替えに設定されたデジタル SW 部品上でマウスをクリックすると、表示を指定したグラフィックペ
ージに切り替えます。
313
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.8.4.4 ポップアップ
ポップアップに設定されたデジタル SW 部品上でマウスをクリックすると、指定したタグのポップアップフェー
スプレートを表示します。
「閉じる」ボタンを選択すると、ポップアップフェースプレートは終了します。フェースプレートの詳細につい
ては「10.5.1フェースプレート」を参照してください。
10.8.4.5 自動ジャンプ
デジタル SW 部品の自動ジャンプが設定されている場合、指定した接点の入力が ON に切り替わったとき、
自動的に表示ページの切り替えが行われます。
314
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.8.5 スケルトンバー/バーグラフ
指定したプロセスタグの数値データに応じて、バーのグラフの部分が塗りつぶされます。スケルトンバー/
バーグラフのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.6スケルトンバー/バーグラフ」を参照してくださ
い。
10.8.6 イメージ
画面に指定した画像が表示されます。イメージのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.7イメージ」
を参照してください。
10.8.7 ライン
画面に線または矢印線が表示されます。ラインのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.8ライン」を
参照してください。
315
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.9 チューニング画面
チューニング画面では、PID パラメータの調整と調整結果のリアルタイムトレンドグラフでの確認、警報設定値
や出力制限値の調整、札掛けの設定、増減キーのキースピードの調整を実施することができます。また、チ
ューニング画面のリアルタイムトレンドグラフでは、リザーブ機能によって最大4タグについて2日間のグラフ
データの保存を指定することができますので、ロングスパンに及ぶ調整結果の確認に便利です。
チューニング
フェースプレート
なお、チューニング画面は、グラフィックビルダで登録した1ページ目のみ表示可能です。2ページ目移行は、
登録しても表示出来ません。
10.9.1 チューニング画面への移行
JUMP ボタン、ダイレクトメニュー、ページツリーではチューニング画面が表示されませんが、各画面で以下
の操作を行うとチューニング画面が開かれます。
「ジャンプ先ページ種別」が「チューニング」に設定されたオーバービュー部品をクリックした場合。
チューニング画面以外に配置された、フェースプレート部品のタグ名・タグコメント部をクリックした場合。
「スイッチ種別」が「ページ切り替え」、「ジャンプ先ページ種別」が「チューニング」に設定されたディジタ
ル SW 部品をクリックした場合。
「スイッチ種別」が「ページ切り替え」、「ジャンプ先ページ種別」が「チューニング」、「自動ジャンプ」が
「あり」に設定されたディジタル SW 部品が表示されており、そのディジタル SW 部品の入力接点の状態
が OFF から ON に変化した場合。
「自動ジャンプ」が「あり」、「ジャンプ先ページ種別」が「チューニング」に設定されたランプ部品が表示さ
れており、そのランプ部品の入力接点の状態が OFF から ON に変化した場合。
316
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.9.2 チューニング
チューニングのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.25チューニング」を参照してください。
⑪
⑩
②
①
⑨
③
④
⑤
⑥
項目
①リアルタイム
トレンドグラフ
⑦
⑧
説明
PV(測定値)・SV・MV のリアルタイムトレンドグラフを表示します。チューニ
ング画面を開いてから、1秒周期で2日分のデータ推移を確認することが
できます。(リザーブ機能を用いてリザーブしない場合、チューニング画面
を閉じる、あるいはチューニング画面を他の画面に切り替えると蓄積デー
タは消去されます。)
②パラメータ
PIDパラメータ・警報設定値・出力制限値などの確認と調整が可能です。
詳細については「10.9.2.1パラメータ設定」を参照してください。
③スパン変更ボタン
トレンドスパン表示範囲を変更します。変更方法はトレンド部品のトレンド
スパンの変更と同様です。詳細については「10.6.1.1トレンドスパン・時間
軸の変更」を参照してください。
④時間軸変更ボタン
時間軸表示範囲を変更します。変更方法はトレンド部品の時間軸の変更
と同様です。詳細については「10.6.1.1トレンドスパン・時間軸の変更」を参
照してください。
⑤ポーズボタン
クリックすると、②「リアルタイムトレンドグラフ」の表示更新を一時的にスト
ップします。ポーズ中は、「ポーズ」ボタンがハイライト表示されます。ポー
ズ中に再度、クリックすると、ポーズが解除されます。
⑥時間軸スクロールボタ 時間軸スクロールボタンが表示されます。
ン
⑦キースピード
増減キーのスピード設定ダイアログボックスが開きます。キースピードの
詳細については「6.4.6キースピード」を参照してください。
設定ボタン
317
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
⑧表示リセットボタン
説明
ランタイム時に③「スパン変更ボタン」、④「時間軸変更ボタン」、⑨「縦軸
スクロールボタン」で変更した表示設定を、規定値(時間軸:4min、スパン
軸:1倍の 0-100)に戻します。
下記の確認ダイアログが表示されますので、表示リセットを実行する場合
には「はい」を選択してください。
⑨縦軸スクロールボタン
⑩リザーブボタン
⑪リザーブ中タグ
縦軸スクロールボタンをクリックすると「②リアルタイムトレンドグラフ」を上
下に 5%分スクロールします。
クリックすると、表示中のタグをリザーブします。リザーブ機能によって最
大4タグについて2日間に及ぶデータのロギングを行うことができます。
リザーブ中のタグを最大4つ表示します。クリックすると、リザーブの解除
を指示することができます。
下記の確認ダイアログが表示されますので、リザーブ解除を実行する場
合には「OK」を選択してください。
注 チューニング画面のリザーブ機能は、トレンドサーバーが実行中の場合のみ利用出来ます。リザーブ
機能を利用する場合は、事前にトレンドサーバー登録して実行しておいて下さい。
318
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
タグタイプによりチューニングで監視、設定可能な項目は、次表のようになります。
種類
タイプ
パラメータ
トレンドグラフ
リザーブ
L-Bus 機器
BCA
○
○
○
(MsysNet 機器) ECA
○
○
○
標準タグ
MVA
○*5
○
*7
RSA
○
○
○
○
IND
○
○*6
L-Bus 機器
AI1
○*1
○*3
○
*2
*3
(MsysNet 機器) AO1
○
○
○
拡張タグ
DI1
○*4
○
DO1
○*4
○
*4
ISW
○
○
TMR
○
○
CTR
○
○
*4
ASW
○
○
BPS
○
○
○
○
TCO
○*8
汎用
MAI
○
○
入出力タグ
MAO
○
○
MDI
MDO
メモリタグ
アラームタグ
○:項目あり
MTA
MTD
4点警報タグ
○
○
○
○
○
○
○
○*9
○
○
○*10
キースピード
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○*11
*1 システム構築時の指定により、警報機能が無い場合、パラメータはありません。
*2 システム構築時の指定により、出力制限機能が無い場合、パラメータはありません。
*3 アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
*4 デジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
*5 MV のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
*6 PV(測定値)のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
*7 SV はリアルタイムトレンドグラフに表示されません。
*8 デジタル系ならばデジタル端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。アナログ系タグならば、
アナログ端子のみのリアルタイムトレンドグラフを表示します。
*9 「トレンドグラフ」は4点警報タグが参照するプロセスタグのトレンドグラフが表示されます。
*10 「リザーブ」は4点警報タグが参照するプロセスタグに対して行われます。
*11 「キースピード」の項目の有無は、4点警報タグが参照するプロセスタグに依存します。
319
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.9.2.1 パラメータ設定
各パラメータ部をクリックすると、数値入力パッドが開き、各値の調整を行うことができます。数値入力パッ
ドの詳細については「10.3.7数値入力パッド」を参照してください。
また、各タグタイプで設定可能なパラメータは次のとおりです。
種類
タイプ
設定可能なパラーメータ
L-Bus 機器
BCA
PB/TI/TD/PH/PL/MH/ML/DV
(MsysNet 機器) ECA
PB/TI/TD/PH/PL/MH/ML/DV
標準タグ
MVA
なし
RSA
PH/PL
IND
PH/PL
L-Bus 機器
AI1
PH/PL
(MsysNet 機器) AO1
MH/ML
拡張タグ
DI1
なし
DO1
なし
ISW
なし
TMR
なし
CTR
なし
ASW
なし
BPS
BO/BP/BI/A0/A1/A2/A3/K1/K2
TCO
なし
汎用
MAI
なし
入出力タグ
MAO
なし
MDI
MDO
なし
なし
メモリタグ
MTA
なし
MTD
なし
アラームタグ
4点警報タグ*1 HH/H/L/LL
*1 4点警報タグのチューニングの警報設定値は、計算式でタグ形式AO1(アナログ出力)/MAO(Modbus
AO)/MTA(メモリタグ アラーム)、1項が指定されている場合のみ可能です。設定が不可能な警報設定
値は下図のように数値表示の背景がグレーで示されます。4点警報タグの詳細については「6.7.2アナ
ログアラーム」を参照してください。
320
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.9.3 フェースプレート(チューニング画面)
チューニング画面に配置されたフェースプレートでは、タグ名・タグコメント部をクリックすると、札掛け機能
の設定が行えます。チューニング画面以外には位置されたフェースプレートについては「10.5.1フェースプ
レート」を、フェースプレートのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.18フェースプレート」を参照して
ください。
10.9.3.1 札掛け
札掛けダイアログでは、札掛けの指定を行うことができます。
①
⑤
②
⑥
⑦
③
④
321
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
設定項目
設定値
① 札 掛 け 色 を (チェック有り)
指定する
(チェック無し)(初期値)
札掛色
説明
チェックを付けた場合、フェースプレートのタグ名・タ
グコメント部に札掛け色として、指定色を表示するこ
とができます。
札掛色を設定します。札掛色設定ボタンを選択する
と「色の設定」ダイアログが表示されますので色設
定を行ってください。
チェックを付けた場合、当該プロセスタグのフェース
プレートの札掛けコメント部に表示する文字を設定
できます。
有効範囲:24bit カラー
初期色:黒
② コ メ ン トを 表 (チェック有り)
示する
(チェック無し)(初期値)
コメント
無し
点検中
校正中
故障中
取外し
その他
③ 操 作 禁 止 に (チェック有り)
する
札掛けコメント部に表示する文字を設定します。「無
し」に設定した場合、コメントは表示されません。
チェックを付けた場合、該当プロセスタグを操作禁
止に設定します。操作禁止中にフェースプレートな
どのグラフィック部品から設定変更などの操作を行
おうとすると、以下のダイアログが表示され、操作を
受け付けません。
(チェック無し)(初期値)
チェックを付けた場合、当該プロセスタグは、アラー
ムまたはメッセージが発生しません。該当計器故障
中などの、不要なアラームの発生を防ぐ目的で使
用します。
④ ア ラ ー ム を (チェック有り)
バイパスす
る
(チェック無し)(初期値)
項目
⑤ OK ボタン
⑥ キャンセルボタン
⑦ 解除ボタン
説明
札掛け設定を当該プロセスタグに設定し、元のチューニング画面に戻りま
す。
札掛け設定を当該プロセスタグに設定しないで、元のチューニング画面に
戻ります。
①~④のチェックを全て解除します。
322
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.10 システムモニタ画面
システムモニタ画面はカード/ステーションの状態監視、メンテナンスを行います。
ステーション
カード
操作ボタン
10.10.1 ステーション
上位バス(L-Bus、ModbusTCPなど)と下位バス(NestBus、ModbusRTUなど)の通信プロトコルを変換する
ためのネットワーク変換器の情報を表示します。またステーションの運転状態が色の変化により表されま
す。ステーションのグラフィックビルダでの設定については「7.2.6.21ステーション」を参照してください。
①
②
項目
①ステーション名
②バージョン番号
説明
ステーションの名称が表示されます。
ステーションのバージョン番号が表示されます。
10.10.1.1 運転状態の色表示
Modbus 機器のステーションの運転状態は、次の色で示されます。
カードの色
状態
緑
運転中です。
赤
カードダウン中です。
L-Bus 機器(MsysNet 機器)のステーションは、運転状態を SCADALINX から判別することは出来ませんの
で、常に灰色で表されます。
10.10.2 カード
カード/ノードの情報を表示します。また運転状態が色で表されます。カードのグラフィックビルダでの設定
については「7.2.6.22カード」を参照してください。
323
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
①
②
項目
①カード/ノード名
②バージョン番号
説明
カード/ノードの名称が表示されます。
カード/ノードのバージョン番号が表示されます。
10.10.2.1 運転状態の色表示
カードの運転状態は、次の色で示されます。
カードの色
状態
緑
運転中です。
青*1
停止中です。
赤
カードダウン中です。
茶*1
メンテナンスモード中です。
明るい赤*1
エラー発生中です。
*1 L-Bus 機器(MsysNet 機器)のみ
10.10.2.2 カードの選択
カードをクリックするとカードを選択することができます。選択されたカードは下図の様に表示されます。ま
た「操作ボタン」を用いて、選択されたカードに対する操作を行うことができます。「操作ボタン」による操作
の詳細については「10.10.4操作ボタン」を参照してください。
10.10.3 グループ
L-Bus機器(MsysNet機器)のカード内部のグループの情報、Modbus機器の入出力チャンネルの情報を示
します。グループのグラフィックビルダでの設定の詳細については「7.2.6.23グループ」を参照してください。
①
②
項目
①グループ/
入出力チャンネル名
②バージョン番号
説明
グループ/入出力チャンネルの名称が表示されます。
グループ/入出力チャンネルのバージョン番号が表示されます。
324
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.10.4 操作ボタン
L-Bus機器(MsysNet機器)のカードに対する操作を行うためのボタンです。操作ボタンのグラフィックビルダ
での設定については「7.2.6.24操作ボタン」を参照してください。
①
②
項目
①COLDスタート*1
ボタン
②HOTスタート*1
ボタン
③ストップボタン*1
④全起動ボタン
⑤全停止ボタン
⑥パスワードボタン*2
③
④
⑤
⑥
説明
選択したカードに COLD スタート(現在値をクリアした後、再起動)命令が送
信されます。
選択したカードに HOT スタート(現在値を保持したまま再起動)命令が送信
されます。
選択したカードにストップ命令が送信されます。
画面内の全カードに COLD スタート命令が送信されます。
画面内の全カードにストップ命令が送信されます。
操作ボタン用用パスワード(「6.2.5ツールボタン」の「アカウント設定」を参
照)が設定されている場合、①~⑤の操作を行う際には、パスワードの入
力が必要です。パスワードの入力を行わずに①~⑤の操作を行った場合
下記のダイアログが表示されます。
パスワードボタンをクリックすると、下記のパスワード設定ダイアログボッ
クスが開きますので、ラジオボタンで「ログオン」を選択して、パスワードを
入力し、「確定」ボタンをクリックしてください。
誤ったパスワードが入力された場合は下記のダイアログが表示されま
す。
ログオン状態を解除するには、ラジオボタンで「ログオフ」を選択して、「確
定」ボタンをクリックしてください。
*1 R3-RTU への操作は選択したカードに関わらず、全てのカード(R3-RTU の仮想カード)に対して行われ
ます。
*2 パスワードの入力状態は、パスワードを入力したシステムモニタページを閉じるか、他のページに移動
するか、Interner Explorer で「表示」→「最新の情報に更新」を選択した場合、自動的に解除されます。
325
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.11 レポート画面
レポート画面ではレポートの表示や印刷、編集を行います。レポート画面には表示や印刷、編集のための設
定を行うレポートメイン画面と、レポートデータの表示、修正、ファイル出力、そして印刷を行うレポートビュー
画面があります。また、レポート(帳票)機能についての詳細については「8レポートビルダ」を参照してくださ
い。
レポートメイン
レポートビュー
326
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.11.1 レポートメイン
レポートメインでは表示や印刷、編集のための設定を行います。レポートメインのグラフィックビルダでの設
定については「7.2.6.26レポートメイン」を参照してください。
①
②
③
④
⑤
⑥
⑥
⑦
項目
①タイトル
②日報/月報/年報
選択ボタン
③表示/印刷/編集
選択ボタン
④開始年月日
⑤終了年月日
⑧
説明
レポートのタイトルです。
操作対象を「日報」「月報」「年報」の中から1つ選択します。
⑦の「実行」ボタンを押したときに行う操作を、「表示」「印刷」「編集」の中
から選択します。
「編集」を選択するには「6.3.6.2.2レポートログ機能」の「レポートデータ修
正」を「修正可 保存不可」か「修正可 日報のみ 保存可」に設定してお
り、⑥が「ログオン」状態であり、さらに「⑧メンテナンスボタン」のダイアロ
グで「編集する」を選択している必要があります。
「表示」「編集」を行う対象年月日を設定します。また「印刷」を行う範囲の
開始年月日を設定します。数値設定は、各数値の右の「▲」「▼」ボタンを
使うか、数値をクリックすると表示される下記の数値入力ダイアログを用
いて行います。数値入力ダイアログの詳細については「10.11.1.1数値入力
」を参照してください。
「印刷」を行う範囲の終了年月日を設定します。②のボタンで「印刷」を選
択しているときのみに表示されます。数値設定は、各数値の右の「▲」
「▼」ボタンを使うか、数値をクリックすると表示される下記の数値入力ダ
イアログを用いて行います。数値入力ダイアログの詳細については
「10.11.1.1数値入力」を参照してください。
327
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
説明
⑥ログオン/ログオフボタ 「ログオン」「ログオフ」状態の切り替えを行うボタンです。
ン
「ログオン」ボタンをクリックすると、レポート編集用パスワード(「6.2.5ツー
ルボタン」の「アカウント設定」を参照)が設定されている場合、下記のパ
スワード要求ダイアログが表示されます。
上記で正しいパスワードが入力されるか、レポート編集用パスワード設定
されていないときに⑧のメンテナンスボタンで「編集する」が選択可能にな
ります。
誤ったパスワードが入力された場合は下記のダイアログが表示されま
す。
⑦実行ボタン
⑧メンテナンスボタン
ログオン状態を解除するには「ログオフ」ボタンをクリックしてください。
②~⑤の設定に従って表示や印刷、編集を実行します。
「表示」「編集」についての詳細については「10.11.2レポートビュー」を参照
してください。「印刷」についての詳細については「10.11.3レポートの印刷」
を参照してください。
「メンテナンス」が選択された場合、メンテナンスダイアログが表示されま
す。メンテナンスダイアログの詳細については「10.11.1.2メンテナンス」を
参照してください。
328
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.11.1.1 数値入力
数値入力ダイアログでは、数値をレポートメインの年月日に入力します。
①
②
③
④
⑤
項目
①数値設定ボックス
②数値ボタン
③数値増減ボタン
④CLR ボタン
⑥確定ボタン
⑤中断ボタン
⑥
説明
現在の設定値・修正値が表示されます。直接の編集も可能です。
クリックした数値が「①数値設定ボックス」に追加されます。
「①数値設定ボックス」の値を1づつ増減させます。
「①数値設定ボックス」の値をクリアします。
選択した年月日の値を「①数値設定ボックス」の値に変更し、レポートメイ
ン画面に戻ります。
選択した年月日の値を変更しないで、レポートメイン画面に戻ります。
10.11.1.2 メンテナンス
メンテナンスダイアログでは、レポートデータの編集の可否と表示レポートフォーマットの選択を行います。
①
②
③
項目
①編集しない
②編集する
③フォーマット
説明
レポートデータ(日報データのみ)の編集可否を設定します。
「10.11.1レポートメイン」の「③編集ボタン」を有効にし、レポートの編集作
業を可能にします。「10.11.1レポートメイン」の⑥で「ログオン」状態にして
いないと「編集する」は選択できません。また「6.3.6.2.2レポートログ機能」
の「レポートデータ修正」が「修正可 保存不可」か「修正可 日報のみ 保
存可」に設定されていない場合は「編集する」を選択できません。
レポートデータの表示/編集/印刷に使用する「レポートフォーマット」の切
り替えを行います。詳細については「8.2.5レポートフォーマットのプロパテ
ィ」を参照してください。
「OK」ボタンを選択するとレポートメイン画面に戻り、ダイアログの選択に応じて③のボタンの表示とレポー
トビュー(「10.11.2レポートビュー」参照)の出力結果が変化します。「キャンセル」ボタンを選択した場合に
は、これらの設定変更は行わずにレポートメイン画面に戻ります。
329
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.11.2 レポートビュー
レポートビューではレポートデータの表示、修正、ファイル出力、そして印刷を行います。レポートビューの
グラフィックビルダでの設定については「7.2.6.27レポートビュー」を参照してください。
①
②
③
④
⑤
330
⑥
⑦
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
項目
①レポートビュー
②前頁
③次頁
④修正*1
⑤保存
説明
「8.2.6ページの編集画面」にて設定されたレポートフォーマット、「6.6レポ
ートタグ」の設定、「6.3.6.8レポートログデータの集計処理」に従って集計・
フォーマットされたレポートが表示されます。
「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」の「出力設定」で設定したページ
順に従って、前頁、次頁に移動します。
レポートデータの修正を可能にします。「修正」ボタンをクリックし、ボタン
が押された状態にします。
この状態で、表示されているレポートデータのセルをクリックすると表示さ
れる数値修正ダイアログにてレポートデータの修正を行います。数値修正
ダイアログの詳細については「10.11.2.1数値修正」を参照してください。
編集した日報データを保存します。保存ボタンは「日報」の「編集」を実行
しており、「6.3.6.2.2レポートログ機能」の「レポートデータ修正」を「修正可
日報のみ 保存可」に設定してあるとき、表示されます。
クリックすると下記の確認ダイアログが表示されますので、保存を実行す
る場合には「OK」を選択してください。
⑥出力
編集保存したデータは月報・年報のデータに反映されます。
表示中のレポートデータをファイルに出力します。
下記のファイルの保存ダイアログが表示されますので、保存場所やファイ
ル名の設定を行って「保存」を選択してください。
レポートファイルについての詳細については「6.3.8.4レポートデータCSVフ
ァイルのファイル出力フォーマット」を参照してください。
⑦印刷*2
表示中のレポートページを印刷します。「印刷」についての詳細について
は「10.11.3レポートの印刷」を参照してください。
*1 データが未計測のセルや保存年数を経過したデータのセルをクリックしても、数値の修正ダイアログは
表示されません。データの保存年数については「6.3.6.2.2レポートログ機能」を参照してください。
*2 印刷されるデータは現在表示中のレポートではなく、「印刷」が選択された時点の最新のデータに基づ
いたレポートになります。
331
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.11.2.1 数値修正
数値修正ダイアログでは、レポートデータの修正を行います。
①
②
項目
①数値設定ボックス
②数値ボタン
③全欠損
④CLR ボタン
⑤確定ボタン
⑥中断ボタン
③
④
⑤
⑥
説明
現在の設定値・修正値が表示されます。直接の編集も可能です。
クリックした数値が「①数値設定ボックス」に追加されます。
「①数値設定ボックス」の値を全欠損値に変更します。
「①数値設定ボックス」の値をクリアします。
選択したレポートデータの値を「①数値設定ボックス」の値に変更し、レポ
ートビュー画面に戻ります。
選択したレポートデータの値を変更しないで、レポートビュー画面に戻りま
す。
10.11.3 レポートの印刷
レポートメイン画面で「印刷」を選択したとき、またはレポートビュー画面で「印刷」を選択したとき、下記の
印刷ダイアログが表示されます。
モニタ画面からの印刷は「6.3.8レポート出力サーバ」で設定したプリンタではなく、ここで指定したプリンタで
行います。
「OK」を選択すると印刷が開始されます。
注 サーバの負荷上昇を押さえるため、このダイアログでサーバに接続されたプリンタを選択するのは避け
てください。
332
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.12 画面ハードコピー
SCADALINX HMI パッケージ の本バージョンではモニタ画面の印刷機能を持っていません。(Internet
Explorer の「メニュー」→「印刷」コマンドなどには、対応していません。)
画面を印刷したい場合は、画面コピー(PrintScreen)キーで、画面ハードコピーを取るなどして対応して下さ
い。
1. 印刷を行いたい画面を表示します。
2. キーボードの画面コピー(PrintScreen)キーを押して、画面のハードコピーを取ります。
3. 取ったハードコピーを、ペイント等を利用して、貼り付けた後、印刷を行います。
「ペイント」アプリケーションは、Windows に標準でインストールされるアプリケーションです。(起動方法は、ス
タートメニューから、「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「ペイント」を選択します。)
333
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.13 画面表示状態の保存
InternetExplorer上で設定したグラフスケールや倍率などの表示設定は、各クライアント毎に保存されます。
ク ラ イ ア ン ト 毎 の 設 定 は 、 「 BaseX.ocx 」 フ ァ イ ル の あ る デ ィ レ ク ト リ ( 通 常 は サ ー バ ー の 場 合
「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」、クライアントの場合はシステムフォルダ *1)にSCADAConfディレクトリが
作成され、その中の設定ファイルに保存されます。各部品の設定ファイル名は以下のようになります。
アラームサマリ部品
SCADA_AlarmSam.bin(表示オプションの設定)
SCADA_AlarmSamFILE.bin(ファイルオプションの設定)
SCADA_AlarmSamWidth.bin(アラームサマリリストの列幅の設定)
トレンド部品
SCADA_Trend[ページ種別番号]_[ページ番号].bin
項目
[ページ種別番号]
説明
トレンド部品が存在するページの種別番号を示します。
ページ種別
番号
オーバービュー
1
コントロールパネル
2
トレンド
3
アラームサマリ
4
チューニング
5
グラフィックモニタ
6
システムモニタ
7
レポートメイン
8
レポートビュー
9
[ページ番号]
トレンド部品が存在するページのページ番号を示します。
注 グラフィックビルダにて、トレンドグラフ部品の追加・削除を行った場合や、トレンドグラフ部品含んだペ
ージの追加・削除を行った場合には、再度、各画面表示状態を設定し直す必要があります。
チューニング部品
SCADA_Tuning_[プロセスタグ名].bin
項目
[プロセスタグ名]
説明
チューニング部品の表示状態の保存対象プロセスタグ名を示します。
*1 通常は「C:\Windows\System32」となりますが、システムよって異なる場合があります。
334
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
10.14 モニタ画面を表示する PC に複数の LAN デバイスが存在する場合の補
足
下図のようにサーバ側で IO 機器とクライアントに接続する LAN デバイスを分離した場合や、クライアント側で
サーバに接続するバスと、その他の PC に接続するバスを分離した場合など、複数の LAN デバイスが存在す
る PC を使用した場合には、モニタ画面にプロセスタグ値やアラームが表示されない場合があります。前記の
現象が発生した場合には、下記の手順に基づいて設定ファイル「SCADACOM.ini」を編集する必要がありま
す。
SCADALINX
サーバ
LANデバイス1
IPアドレス:172.16.0.1
HUB
LANデバイス2
IPアドレス:192.168.0.1
HUB
IPアドレス:192.168.0.2
LANデバイス1
IPアドレス:10.0.0.1
LANデバイス2
IO機器
SCADALINX
クライアント
1. InternetExplorer を全て終了させます。
2. 数秒経過後、タスクトレイに「SCADALINX 通信コンポーネント管理」アイコンが表示されていないことを確
認してください。
表示されていないことを確認
(InternetExplorer 終了後、数秒経過しても「SCADALINX 通信コンポーネント管理」アイコンが消えないとき
には、「SCADALINX 通信コンポーネント管理」アイコンをクリックし、起動したダイアログで「終了」→確認ダ
イアログで「はい」を選択してください。)
335
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
3. 設定ファイル「SCADACOM.INI」ファイルをメモ帳などのテキストエディタで開きます。(SCADACOM.iniファイ
ルは、通常はサーバの場合「C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX」、クライアントの場合はシステムフォルダ
*1
に存在します。)
4. [Network]セクションに下記の設定を追加してください。
サーバ PC の場合
……
[Network]
ipaddr=192.168.0.2
SVRUDPPORT=6123
CLIUDPPORT=6124
……
クライアント PC の場合
……
[Network]
ipaddr=192.168.0.1
SVRUDPPORT=6123
CLIUDPPORT=6124
……
クライアントに接続されている LAN デバイスの IP ア
ドレスを設定する(システムビルダのプロジェクトベ
ースにて設定した IP アドレスと同一のもの。システ
ムビルダのプロジェクトベースの詳細は「6.3.1.1 プロ
ジェクトベースの設定」を参照してください。)
サーバに接続されている LAN デバイスの IP アドレ
スを設定する
5. InternetExplorer でモニタ画面を再度表示し、プロセスタグ値・アラームサマリの表示が出来ることを確認し
てください。
*1 通常は「C:\Windows\System32」となりますが、システムよって異なる場合があります。
注 上記の設定を行ってもプロセスタグ値やアラームが表示されない場合は、サーバPC側のIPアドレス設定
の確認を行ってください。サーバPC側のIPアドレス設定の詳細については「6.3.9サーバIPアドレス設定の
補足」を参照してください。
336
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11 Windows Vista を使用する場合の注意事項
Windows Vista 上で SCADALINX を動作させるための注意事項について説明します。
11.1 SCADALINX のインストール
1. SCADALINX HMI パッケージの CD を CD-ROM ドライブに挿入します。
2. 下記の画面が表示された場合は、「Scadalinx.exe の実行」を選択します。
3. セットアップ画面が表示されます。
「3.3SCADALINX HMI ソフトウェアのインストール」を参照して、インストールをおこないます。
4. インストール中に下記の画面が表示された場合は、「許可」を選択します。
337
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.2 IIS の設定
サーバ PC に設定します。クライアント PC では設定する必要はありません。
11.2.1 IIS のインストール
1. コントロールパネル→プログラム→「プログラムと機能」を選択します。
2. 「Windows の機能の有効化または無効化」を選択します。
3. 「Inetrnet Infomation Services」にチェックを入れます。
4. OK ボタンを押すと IIS がインストールされます。
5. IIS のインストールが完了後、SCADALINX をインストールします。
338
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.2.2 MIME の種類の追加
1. コントロールパネル→システムとメンテナンス→管理ツールから「インターネットインフォメーションサー
ビス(IIS)マネージャ」を選択します。
2. 左のツリーを展開して「Default Web Site」の SCADALINX を開いて「MIME の種類」を選択します。
3. 「追加」を選択します。
4. ファイル名の拡張子:ini
MIME の種類:text/plain
と入力します。
5. OK ボタンを押します。
339
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.2.3 セキュリティの変更
1. エクスプローラで C:\inetpub\wwwroot\scadalinx フォルダのプロパティ画面を開きます。
2. プロパティ画面のセキュリティタブを開いて「編集」ボタンを選択します。
3. グループ名またはユーザ名に「Users」を選択して、「Users のアクセス許可」の「許可」で「フルコントロー
ル」にチェックを入れます。
(関連する項目には自動的にチェックが入ります)
4. OK ボタンを押します。
340
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.2.4 IIS のアンインストール
1. コントロールパネル→プログラム→「プログラムと機能」を選択します。
2. 「Windows の機能の有効化または無効化」を選択します。
3. 「Inetrnet Infomation Services」のチェックを外します。
4. OK ボタンを押します。
341
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.3 Windows ファイアウォールの設定
Windows ファイアウォールのセキュリティを変更します。
1. コントロールパネル→セキュリティ→Windows ファイアウォールを選択します。
2. 「Windows ファイアウォールの有効化または無効化」を選択します。
3. 全般タブを開いて「無効」にチェックを入れます。
4. OK ボタンを押します。
342
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.4 インターネットエクスプローラ(IE7)の設定
11.4.1 インターネットエクスプローラのセキュリティの設定
インターネットエクスプローラのセキュリティを変更します。
1. インターネットエクスプローラを起動して、ツール→インターネットオプションを選択します
2. セキュリティタブを開いて、「信頼済みサイト」を選択します。
「このゾーンのセキュリティレベル」を低に設定します。
「保護モードを有効にする」のチェックを外します。
3. 「サイト」を選択します。
4. 「この web サイトをゾーンに追加する」に下記の URL を入力します。
・サーバ PC の場合
http://localhost
・クライアント PC の場合
サーバ PC(Web サーバ)の URL または IP アドレスを入力します。
サーバ PC(Web サーバ)のコンピュータ名が、"scadaserver"の場合、次のように入力します。
http://scadaserver
「このゾーンのサイトにはすべてサーバの確認(https:)を必要とする」のチェックを外します。
343
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
5. 「追加」ボタンを押します。
クライアントパソコンでは、初回表示時に、必要なソフトウェアが SCADALINX サーバ
(Web サーバ)から自動的にダウンロードしインストールされます。
インストール中に下記の画面が表示されたら「続行」を選択してください。
続いて下記の画面が表示されますので「インストールする」を選択してください。
344
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.4.2 複数の IE7 で画面を表示する方法
1つ目の IE7 で画面を表示して2つ目の IE7 を起動して画面を表示しようとすると、保護モードの違いにより
1つ目の IE7 にタブが追加されて表示します。
複数の IE7 で画面を表示するには、
1. インターネットエクスプローラを起動してツール→インターネットオプションを選択します。
2. 全般タブを開いて、タブの「設定」ボタンを選択します。
3. タブブラウズの設定画面より「タブブラウズを有効にする」のチェックを外します。
4. OK ボタンを押します。
5. 設定を有効にするために全ての IE7 を閉じてください。
345
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
注 上記の設定をおこなった場合、IE7 のタブ表示ができません。
注 画面を表示する際、下記のメッセージが表示された場合は、OK ボタンを押してください。
別ウィンドウで表示されます。
11.4.3 ホームページの登録について
IE7 のインターネットオプション→全般→ホームページで SCADALINX の画面を登録してもホームページが
表示されない場合があります。
IE7 で「設定の変更」をおこなう必要があります。
設定の変更をおこなうには、
1. インターネットに接続できる環境で IE7 を起動します。
2. 画面の指示に従い設定の変更をおこないます。
3. IE7 のインターネットオプション→全般→ホームページで SCADALINX の画面を設定します。
4. PC を再起動します。IE7 起動時に SCADALINX の画面が表示されます。
346
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.5 互換性ファイル
Windows Vista は管理者としてログオンしてもアプリケーションは通常、標準ユーザとして実行されます。標準
ユーザは、プログラムフォルダ(C:\Program Files)やシステムフォルダ(C:\Windows 等)へ書き込みをおこなう
と互換性ファイルへ書き込まれます。
SCADALINX では、クライアント PC で SCADAConf フォルダと SCADACOM.INI ファイルが互換性ファイルへ書
き込まれます。
注 SCADAConfについての説明は「10.13画面表示状態の保存」、SCADACOM.INIについての説明は「10.14モ
ニタ画面を表示するPCに複数のLANデバイスが存在する場合の補足」を参照してください。
互換性ファイルを確認するには、エクスプローラを起動して C:\Windows\System32 を開いて「互換性ファイ
ル」を選択します。
v
互換性ファイルに SCADAConf フォルダや SCADACOM.INI ファイルが表示されます。
347
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.6 SQL Server
Windows Vista の場合、Microsoft SQL Server 2005 Express Edtion を使用します。
11.6.1 インストール
SCADALINX HMI パッケージより自動的にインストールされます。
11.6.2 アンインストール
1. 「コントロールパネル」→「プログラム」→「プログラムと機能」を選択します。
2. 一覧から Microsoft SQL Server 2005 を選択して「アンインストール」ボタンを押します。
3. アンインストール中に下記の画面が表示されます。
「MSSQLSERVER:データベースエンジン」にチェックを入れてください。
「次へ」ボタンを押します。
348
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.7 ファイル共有
「3.3.2イメージファイル保存用共有フォルダの設定」をWindows Vistaで設定する方法を説明します。
1. 「コントロールパネル」→「ネットワークとインターネット」→「ネットワークと共有センター」を選択します。
2. ファイル共有を選択して「ファイル共有を有効にする」にチェックを入れて「適用」ボタンを押します。
3. 下記の画面が表示された場合は、必要に応じてどちらかを選択します。
4. 同様にして「ネットワークと共有センター」から「パスワード保護共有」を「無効」にします。
5. エクスプローラを開いて C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX\Image フォルダをマウスで右クリックして「共
有」を選択します。
349
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
6. ▼ボタンを押して一覧から「Everyone」を選択して「追加」ボタンを押します。
「共有」ボタンを押します。
350
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.8 サーバマネージャ
サーバマネージャは管理者権限で実行する必要があります。
1. Windows のスタート→すべてのプログラム→m-system→SCADALINX→サーバマネージャをマウスで右ク
リックしてプロパティを選択します。
2. サーバマネージャのプロパティ画面から「互換性」タブを開き、「管理者としてこのプログラムを実行する」に
チェックを入れます。
3. OK ボタンを押します。
サーバマネージャを起動すると下記の画面が表示されますので「許可」を選択します。
351
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.9 サーバセットアップ
11.9.1 起動
サーバセットアップを起動すると下記の画面が表示されますので「許可」を選択します。
サーバセットアップを初めて起動して、終了すると下記の画面が表示されます。
「このプログラムは正しくインストールされました」を選択してください。
次回以降は下記の画面は表示されなくなります。
(この現象は、Windows Vista がサーバマネージャをインストーラとして認識してしまうためです。)
11.9.2 バックアップとリストア
Windows Vista でバックアップしたプロジェクトは、Windows Xp ではリストアできません。
352
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.10 コンバータ
11.10.1 SFDN コンバータ
SFDN コンバータは管理者権限で実行する必要があります。
1. Windows のスタート→すべてのプログラム→m-system→SCADALINX→コンバータ→SFDN コンバータ
をマウスで右クリックしてプロパティを選択します。
2. SFDN コンバータのプロパティ画面から「互換性」タブを開き、「管理者としてこのプログラムを実行する」
にチェックを入れます。
SFDN コンバータを起動すると下記の画面が表示されますので「許可」を選択します。
353
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
11.10.2 SSDLX コンバータ
SSDLX コンバータは管理者権限で実行する必要があります。
1. Windows のスタート→すべてのプログラム→m-system→SCADALINX→コンバータ→SSDLX コンバータ
をマウスで右クリックしてプロパティを選択します。
2. SSDLX コンバータのプロパティ画面から「互換性」タブを開き、「管理者としてこのプログラムを実行す
る」にチェックを入れます。
SFDN コンバータを起動すると下記の画面が表示されますので「許可」を選択します。
354
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12 付録 A トラブルシューティング
12.1 インストール
12.1.1 SCADALINX HMI サーバパッケージインストール時「IIS ルートフォルダが見つかりま
せん。IIS をインストールしてください」というメッセ維持が表示されインストールできない
SCADALINX HMI サーバパッケージの動作にはInternet Information Service(以下IIS)が必要です。IISがイ
ンストールされていない環境でSCADALINX HMIパッケージをインストールした場合、下図のようなダイログ
ボックスが表示されます。「OK」ボタンを選択しますと、インストールが中止されます。「3.2IISのインストー
ル」へ戻り、IISのインストールを行ってから、再度SCADALINX HMI サーバパッケージインストーラを起動し
てください。
355
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.2 サーバセットアップ
12.2.1 起動出来ない場合
サーバセットアップを起動すると下記のエラーが発生する場合、他に MSDE(Microsoft SQL Server
Desktop Edition)を使用するソフトがインストールされていないか確認してください。
SCADALINX と他のソフトで MSDE を共有することは出来ません。他の MSDE を使用するソフトはアンイン
ストールして下さい。
12.2.2 データベースのバックアップができない場合
サーバセットアップソフトの「バックアップ」ボタン、またはシステムビルダソフトの「バックアップ」ボタンでデ
ータベースのバックアップを行い、失敗した場合、下記のエラーメッセージが表示されます。
この場合、データベースバックアップの実施前後、データベース名が変更されていないかどうかを確認して
ください。データベース名が変更されましたら、バックアップができませんので、変更前のデータベース名に
戻してください。
12.2.3 データベースのリストアができない場合
サーバセットアップソフトの「リストア」ボタンでデータベースのバックアップファイルのリストアを行い、失敗
した場合、下記のエラーが表示されます。
サーバプログラムやビルダソフトなどMSDEを使用するソフトが起動していないにもかかわらず、上記のエ
ラーメッセージが表示された場合、サーバセットアップソフトの「データベース名」項目で入力されたデータ
ベース名がバックアップ時のデータベース名と一致しているかどうかを確認してください。一致しない場合、
バックアップ時のデータベース名に変更してください。バックアップ時のデータベース名を忘れた場合、リス
トアができませんので、ご注意ください。詳細について「4.2.2.3リストア」を参照してください。
356
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.3 システムビルダ
12.3.1 アラームサーバ/トレンドサーバ/レポート出力サーバにて設定したネットワーク共有フ
ォルダにログ/CSV ファイルが出力できない
アラームサーバ/トレンドサーバ/レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があ
ります。「6.3.10ネットワーク共有フォルダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、アラームサーバ/トレ
ンドサーバ/レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを変更してください。
12.3.2 レポート出力サーバにて設定したネットワーク共有プリンタにレポートが印刷できな
い。
レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があります。「6.3.10ネットワーク共有
フォルダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを
変更してください。
12.4 グラフィックビルダ
12.4.1 文字入力部で「㎥」などの文字を入力すると「?」に文字化けする場合
「㎥」「㎐」「♥」「€」などの ShiftJIS コードに割り当てのない文字を入力すると、正しく表示されません。これら
の文字の使用は避けてください。
12.5 モニタ画面
12.5.1 モニタ画面が正常に表示されない。
モニタ画面が正常に表示されない場合、まず下記の操作を行って下さい。
1. 通知領域(タスクトレイ)の「SCADALINX 通信コンポーネント管理」アイコンをクリックします。
SCADALINX 通信コンポーネント管理
2. 表示された「ScadaCommMng」ダイアログにて「終了」ボタンを選択します。
3. 確認ダイアログにて「はい」ボタンを選択します
4. InternetExplorer の表示を「最新の情報に更新 (F5)」コマンドを使用し更新します。
357
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.5.2 PC に複数の LAN デバイスが存在していて、モニタ画面は表示されるが、計測値やア
ラームサマリの内容などが表示されない場合。
通信コンポーネントの設定ファイルを編集する必要があります。詳細は「10.14モニタ画面を表示するPCに
複数のLANデバイスが存在する場合の補足」を参照してください。
12.5.3 サーバ PC ではモニタ画面が表示されるが、クライアント PC ではモニタ画面が表示さ
れない場合。
クライアントPCでモニタ画面を表示しようしたときに下記の「DBアクセス例外」メッセージが表示された場合、
サーバPCのデータベース接続情報設定ファイルが、初期状態のまま更新されていない可能性があります。
「4.2.1データベース接続情報設定」を参照してデータベース接続情報設定ファイルの更新作業を行った後、
「4.2.3クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除」を参照してクライアント側にダウンロード済
みのデータベース接続情報設定ファイルを削除して、再度モニタ画面を表示してください。
注 初期状態のデータベース接続情報設定ファイルはサーバコンピュータ名が空白です。サーバコンピュ
ータ名が空白の場合、SCADALINX ランタイムは自身が動作する PC をプロジェクトデータベースサーバ
と見なし、接続を試みます。このため、サーバ上のモニタ画面表示は正常であっても、クライアント上の
モニタ画面表示は異常となります。
12.5.4 アラームサマリに何も表示されないにもかかわらず、データ収集が行われなくなった
場合
サーバの開始直後は、IO 機器からのデータ収集が行われていたが、その後アラームサマリに「STATION
停止」等のアラームが出ないにもかかわらず、収集が行われなくなった場合、パソコン-ハブ間のネットワ
ークケーブルが接続されているか確認してください。パソコンのデフォルトの設定では、パソコン-ハブ間の
ネットワークケーブルが接続されていない場合、下記のアイコンが通知領域(タスクトレイ)に表示されます
ので確認してください。
パソコン-ハブ間のネットワークケーブル
が接続されていない場合
注 パソコン-ハブ間のネットワークケーブルが接続されていない場合にはネットワークカードの IP アドレス
は不定になります。従って、IO サーバ-アラームサーバ間の通信が不可能になり、上記の現象が発生
します。
358
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.5.5 WindowsXP の「ユーザーの切り替え」機能を使用するとモニタ画面が表示されない
あるユーザアカウントにてモニタ画面を表示したまま、WindowsXP の「ユーザーの切り替え」機能を用いて、
他のユーザアカウントにログオンし、モニタ画面を表示させると、モニタ画面は正常に表示されません。ユ
ーザアカウントを切り替える際には「ユーザーの切り替え」機能は使用せず、「ログオフ」「ログオン」機能を
使用してください。
12.5.6 モニタ画面でデータ変更が反映されない
システムビルダやグラフィックビルダなどのソフトにてプロジェクトデータベースを変更しても、モニタ画面で
変更が反映されない場合、サーバマネージャにて各サーバの状態を確認してください。
各サーバの状態は開始のままでは、モニタ画面には変更が反映されませんので、一旦各サーバを停止し
てから再度開始してください。
12.5.7 ビルダで変更した設定がモニタ画面に反映されない。
下記の操作を行ってください。
1. Internet Explorer のメインメニューから「表示」→「最新の情報に更新」を選択してください。
2. 一旦全ての Internet Explorer ウインドウを閉じ、30秒以上経過してから再度、モニタ画面を表示して下
さい。
3. サーバーマネージャにて、全ての SCADALINX 関連サーバを停止し、再度、全て開始操作を行ってくだ
さい。なおかつ一旦全ての Internet Explorer ウインドウを閉じ、30秒以上経過してから再度、モニタ画
面を表示して下さい。
12.5.8 グラフィック画面の背景やイメージ部品のイメージファイルが表示されない
イメージファイルを保存しているフォルダの共有フォルダの設定を行っても、イメージファイルが表示されな
い場合は、一旦、共有フォルダ設定を解除して、再度、設定してみて下さい。イメージが表示できる場合が
あります。
12.5.9 モニタ画面の切り替えに 10 秒以上懸かる。
モニタ画面の切り替えに10秒以上懸かる場合は、画面の背景やイメージ部品で指定した全ての画像ファ
イルが、設定されたパスに置かれているか確認してください。
359
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.5.10 アラームサマリ部品とレポートビュー部品が表示されない。
アラームサマリ部品とレポートビュー部品で使用しているグリッド ActiveX コントロールの登録がされていな
い可能性があります。下記に従ってグリッド ActiveX コントロールの登録を行ってください。
1. 「スタート」メニューから「ファイル名を指定して実行」を選択し、「ファイル名を指定して実行」ダイアログ
を開きます。
2. 起動した「ファイル名を指定して実行」ダイアログの下記のコマンドを入力し、「OK」ボタンを選択してくだ
さい。
サーバの場合
「[SCADALINX の仮想フォルダ(通常 C:\Inetpub\wwwroot\SCADALINX)]
\vsflex8l.ocx」
クライアントの場合 「regsvr32 vsflex8l.ocx」
3. グリッド ActiveX コントロールの登録に成功した場合、下記のダイアログが表示されます。
12.5.11 アラームサマリ部品とレポートビュー部品の表示時に「開発ライセンスが見つかりま
せん~」というメッセージが表示される。
アラームサマリ部品とレポートビュー部品の表示時に、下記のダイアログが表示される場合には、
InternetExplorer のインターネット一時ファイルを削除して下さい。
1. 「コントロール パネル」から(「ネットワークとインターネット接続」)→「インターネット オプション」を選択
し、「インターネットのプロパティ」ダイアログを開きます。
2. 「インターネット一時ファイル」→「ファイルの削除」ボタンを選択します。
3. 「ファイルの削除確認」ダイアログで「OK」ボタンを選択します。
360
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.6 サーバマネージャ
12.6.1 サーバ個別ステータス表示が灰色になっている
SCADALINX HMI サ ー バ パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル し た フ ォ ル ダ ( 通 常 は 「 C:\Program
Files\m-system\SCADALINX」)にある ServerUnInstall.bat を実行して、既存のサーバソフトの登録を解除
してください。その後、同じディレクトリの下に、ServerInstall.bat を実行し、サーバソフトを再登録してくださ
い。再度サーバマネージャを起動し、「全て開始」ボタンを押し、各サーバを開始してください。
12.6.2 サーバの開始/終了ができない
サーバーマネージャでサーバの開始/終了ができない場合、下記の手順に従って確認してください。
1. システムビルダでの IP アドレス設定の確認
各サーバのIPアドレスの設定は正しいかどうかを確認してください。確認方法の詳細については「6.3
サーバ/IO機器の設定」を参照してください。
2. サーバ PC の IP アドレスの確認
「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」を起動し、コマンド「ipconfig」を入力し
てください。
• サーバ PC の IP アドレスが確認できる場合
下記のようにネットワーク接続情報が表示されます。
• サーバ PC の IP アドレスが確認できない場合
上記のコマンドプロンプト画面で「Media disconnected」などのメッセージが表示されます。その場合、
「3.1ネットワークカードの設定」に従ってネットワークカードの設定を見直してください。またPCのLAN
ポートとハブを繋ぐLANケーブルの接続を確認し、再度、コマンドプロンプトでコマンド「ipconfig」を入
力してください。
3. タスクマネージャの確認
「スタート」メニュー→「ファイル名を指定して実行」を選択し、起動したファイル名を指定して実行ダイ
アログの「名前」に「taskmgr」と入力し、「OK」ボタンを選択してください。タスクマネージャが立ち上が
りますので、「プロセス」タブを選択し一覧にて Scadalinx 各サーバがプロセス終了されているどうかを
確認してください。もし、プロセス一覧に下記のイメージ名が存在したら、イメージ名を選択し「プロセス
の終了」を選択し、プロセスを終了させてください。
361
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
•
•
•
•
•
•
SCADA_AlarmServer.exe
SCADA_BCservice.exe
SCADA_IOerver.exe
SCADA_svr.exe
SCADA_TrendServer.exe
SCADA_ReportServer.exe
(アラームサーバ)
(ブロードキャストサービス)
(IOサーバ)
(SCADALINX サーバ)
(トレンドサーバ)
(レポート出力サーバ)
開始させたい場合には、上記のプロセスを終了したら、再度サーバマネージャを起動し、「全て開始」
ボタンを押し、各サーバを開始してください。
4. サーバのアンインストールとインストール
SCADALINX HMI サ ー バ パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル し た フ ォ ル ダ ( 通 常 は 「 C:\Program
Files\m-system\SCADALINX」)にある ServerUnInstall.bat を実行して、既存のサーバソフトの登録を
解除してください。その後、同じディレクトリの下に、ServerInstall.bat を実行し、サーバソフトを再登録
してください。再度サーバマネージャを起動し、「全て開始」ボタンを押し、各サーバを開始してくださ
い。
362
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.6.3 サーバ「自動」チェックボックスを有効にして、Windows 起動時に SCADALINX 各サー
バを自動起動した場合、正常に起動できないことがある。
Microsoft SQL Server Desktop Engine (MSDE)が完全に起動する前に、SCADALINX 各サーバが起動した
場合、表題の現象が発生します。
この場合 SCADALINX をインストールしたフォルダ(通常は「C:\Program Files\M-System\SCADALINX」)
にある、SCADALINX 各サーバ(全て)の、設定ファイル(下記参照)にて起動ディレイの設定を行う必要が
あります。
SCADALINX サーバ
ブロードキャストサービス
I/O サーバ
アラームサーバ
トレンドサーバ
レポート出力サーバ
→
→
→
→
→
→
SCADA_svr.exe.config
SCADA_BCservice.exe.config
SCADA_IOserver.exe.config
SCADA_AlarmServer.exe.config
SCADA_TrendServer.exe.config
SCADA_ReportServer.exe.config
1. サーバーマネージャにて全ての、SCADALINX サーバを停止します。
2. 設定ファイルをメモ帳などの、編集ソフトにて開きます。
3. 下記の設定値を5~10秒程度に設定します。(初期設定値 5秒)
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<configuration>
<appSettings>
<!-- ユーザー アプリケーションおよび構成されたプロパティ設定を~-->
<!-- 例 : <add key="settingName" value="settingValue"/> -->
<!--************************-->
設定箇所
<!-- サーバ起動ウェイト時間 -->
<!--************************-->
<!-- サーバ起動ウェイト時間(秒)-->
<add key="Server Wait Time" value="5" />
<!-- -->
4. PC を再起動して Windows 起動時に SCADALINX 各サーバが正常起動されていることを確認してくださ
い。
注 全てのサーバの設定値を同じにしてください。
363
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.7 IO サーバ
12.7.1 IO 機器との通信できない場合
SCADALINXがパソコンと繋がっているIO機器との通信ができないとき、パソコンのネットワークカードの以
下の設定を確認してください。詳細については「3.1ネットワークカードの設定」を参照してください。
1. OS にネットワークカードが認識されていること。
2. インターネットプロトコル(TCP/IP)のプロパティで「次のIPアドレスを使う」が選択されていることと、IPア
ドレスとサブネットマスクが設定されていること。
3. DNS サーバアドレスが設定されていないこと。
設定しないでください。
12.7.2 レポートの集計値が不定値になる
レポートタグの設定を行いた時刻よりも過去に、サーバ PC の時刻を戻すと、データ保護のため、レポート
データの初期化が行われません。戻した時刻が本来の時刻である場合には、SCADALINX の全サーバ停
止後、再度レポートタグとレポートフォーマットの設定を行ってから、サーバを起動してください。
12.8 アラームサーバ
12.8.1 ネットワーク共有フォルダにログや CSV ファイルが出力されない。
アラームサーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があります。「6.3.10ネットワーク共有フォ
ルダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、アラームサーバのサービスログオン・アカウントを変更し
てください。
364
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.9 トレンドサーバ
12.9.1 初回起動時など、トレンドログの初期化動作が行われるとき、トレンドログ作成が5
0%など途中で停止する場合
メモリが十分に確保されていることを確認してください、また下記に従って仮想メモリのサイズを適切な値
に設定してください。
1. 「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→「コントロールパネル」→「システム」を選択し、「システ
ムのプロパティ」ダイアログを開きます。
2. 「システムのプロパティ」ダイアログの「詳細設定」タブを選択し「パフォーマンス」の「設定」ボタンを選択
し、「パフォーマンスオプション」ダイアログを開きます。
3. 「パフォーマンスオプション」ダイアログの「仮想メモリ」→「変更」ボタンを選択し、「仮想メモリ」ダイアロ
グを開きます。
4. 「仮想メモリ」ダイアログで Windows のシステムドライブ(C:\等)を選択し、「選択したドライブのページン
グファイルサイズ」の「カスタムサイズ」を選択し、「最大サイズ」に値を入力した後、「設定」ボタンを押し、
仮想メモリサイズを変更します。最大サイズに入力する値は、パソコンに搭載している物理メモリの1.
5倍を目安に設定して下さい。
5. 変更後は、「OK」ボタンを選択し開いたダイアログをすべて閉じます。
12.9.2 レポートデータが異常になる
システムビルダが動作しているパソコンの時刻を未来に進めたままレポートタグを追加/編集し、時刻を元
に戻した場合、レポートタグの初期化が出来ません。この場合、問題の発生しているタグを一度変更して
から更新し、元に戻してから再度更新し、レポートビルダにて指定し直して下さい。
12.9.3 ネットワーク共有フォルダにログや CSV ファイルが出力されない。
トレンドサーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があります。「6.3.10ネットワーク共有フォル
ダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、トレンドサーバのサービスログオン・アカウントを変更してく
ださい。
365
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
12.10 レポート出力サーバ
12.10.1 定時刻印刷/ファイル出力ができない
レポート出力サーバで定時刻印刷/ファイル出力ができない場合、下記の手順に従って確認してください。
1. レポート出力サーバの再起動
各レポート出力の設定変更後はサーバマネージャにてレポート出力サーバの再起動を行う必要があ
ります。詳細は「9サーバーマネージャ」を参照してください。
2. レポート出力サーバのプロパティ設定確認。
レポート出力サーバのプロパティ設定が正しいか確認してください。レポート出力サーバのプロパティ
設定の詳細については「6.3.8.2レポート出力サーバの設定」を参照してください。また、レポート出力
サーバのIPアドレスの設定の確認方法の詳細については「6.3サーバ/IO機器の設定」を参照してくだ
さい。
3. レポートビルダの印刷定義設定確認。
定時刻印刷用レポートフォーマットが「本登録」されており、印刷定義のプロパティの「定時刻印刷用レ
ポートフォーマット」にて正しく指定されていることを確認して下さい。確認の方法の詳細については
「8.2.4印刷定義のプロパティ」「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」を参照して下さい。
4. レポートフォーマットプロパティ設定確認。
レポートフォーマットのプロパティの出力設定で、印刷ページにページが登録されていることを確認し
て下さい。確認の詳細については「8.2.5レポートフォーマットのプロパティ」を参照して下さい。
5. 出力先にネットワーク共有フォルダ/プリンタを使用している場合。
レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があります。「6.3.10ネットワーク
共有フォルダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、レポート出力サーバのサービスログオン・ア
カウントを変更してください。
12.10.2 ネットワーク共有プリンタに定時刻印刷した場合、プリンタのプロパティで指定した、
用紙サイズなどの印刷設定が反映されない。
レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを変更する必要があります。「6.3.10ネットワーク共有
フォルダ/プリンタを使用する際の補足」を参照して、レポート出力サーバのサービスログオン・アカウントを
変更してください。
366
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13 付録 B 並列運転手順
13.1 はじめに
SCADALINX システムにおいて、サーバを複数設置して行う運用を並列運転と呼びます。この並列運転には、
「クライアントPC専有型並列運転」と、「クライアントPC共有型並列運転」があります。
クライアントPC専有型並列運転は、各サーバが表示情報を提供するクライアントPCを専有する並列運転で
あり、各サーバは互いに独立して運転できます。一方、クライアントPC共有型並列運転は、全サーバがクライ
アントPCを共有し、唯一のサーバのみが全クライアントPCに表示情報を提供して他のサーバは表示情報を
送出しないという並列運転を行います。唯一のサーバが運転できなくなったときに、他のサーバがバックアッ
プする運用となります。
13.2 クライアントPC専有型並列運転
BCデータ
サーバA
IO機器
Hub
クライアント
PC
Hub
BC データ
サーバB
Hub
注 サーバの蓄積データはブロードキャスト(以下BC)にて、クライアントに送信されます。データフローの詳細
については「2.2SCADALINX HMIを構成するサーバとデータ処理フローの概要」を参照してください。
13.2.1 システム構成
図に示すように、クライアントPC専有型並列運転は、各サーバが表示情報を提供するクライアントPCを専
有する並列運転です。
2サーバのデータ収集は共通の LAN から行い、クライアントへの表示データ(BC データ)の提供は各々別
途設置した LAN へ行います。各サーバは LAN アダプタを増設し2ヶ設置する必要があります。表示データ
を提供する LAN にクライアント PC を常時接続する必要はありません。
13.2.2 並列運転の概要
本並列運転では、各サーバは他方のサーバの運転、停止に影響されず独立して運転できます。IO 機器は
共通ですが各サーバのプロジェクトは同一である必要はありません。一方のサーバからの IO 機器への操
作は、操作対象機器が他方のサーバで取り扱われていれば他方サーバに影響を与えます。
367
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13.3 クライアントPC共有型並列運転
BCデータ
主サーバ
IO機器
Hub
Hub
クライアント
PC
待機サーバ
注 サーバの蓄積データはブロードキャスト(以下BC)にて、クライアントに送信されます。データフローの詳細
については「2.2SCADALINX HMIを構成するサーバとデータ処理フローの概要」を参照してください。
13.3.1 並列運転の概要
13.3.1.1 基本事項
手動操作
SCADALINX システムのサーバの並列運転は、手動操作での運転、切り替えにより行います。
複数サーバPCの運転
サーバPCを2台以上使用し、1台のサーバPC(主サーバ)の表示データのみを提供し、全てのPCは
このデータを画面に表示します。主サーバと他のサーバPC(待機サーバ)は各々単独でデータ取得
やロギングを行います。また、各サーバPCでは自己PC内のプロジェクトデータベースから画面情報
を取得し、リアルタイムに主サーバから提供される表示データ(BC(ブロードキャスト)データ)を合わ
せて表示します。
表示情報を提供するサーバの切り替えによるバックアップ/復旧
主サーバの停止時、一つの待機サーバ(バックアップ待機サーバ)の表示データを提供することによ
りバックアップします。主サーバが再び動作可能となったとき、バックアップ待機サーバの表示データ
提供を停止し、主サーバを運転させてこの表示データに切り替えることにより復旧します。
プロジェクトの同一性
全サーバPCのプロジェクトは全く同一でなければなりません。
13.3.1.2 プロジェクトの設定方法
1. 主サーバにおいて、通常どおり、設置した入出力機器の情報に基いてプロセスタグ/トレンドタグ等の
タグ情報やモニタ画面(プロジェクト)を作成、登録します。
2. 確定したプロジェクトデータを待機サーバにコピーし、IP アドレス等を待機サーバの動作環境に合わせ
て修正し、登録します。
注 運転中にプロジェクトの変更を行った場合も、この設定方法を実施する必要があります。
13.3.1.3 並列運転方法
1. 主サーバにおいて、通常どおり、登録したプロジェクトにて BC サービスを含めて必要なサーバを動作
開始します。
2. クライアントPCを、通常どおり立上げます。
3. 待機サーバにおいて、同一のプロジェクトにてBCサービスを除いて必要なサーバを動作開始します。
4. サーバPC、クライアントPCの運転開始後は、各PCにて必要なモニタ画面を表示して監視、あるいはモ
ニタ画面を使い操作を行います。これらの操作は主サーバにて処理されます。
注 各PCの時刻は合わせておいてください。
368
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13.3.1.4 サーバの切り替え方法(停止時)
1. 主サーバが停止したとき(BCサービスが停止していること)、バックアップ待機サーバの BC サービスを
動作開始し、クライアントへのデータ通信をバックアップします。
2. バックアップ待機サーバに表示されていたモニタ画面を一旦閉じ、既存の接続先情報をクリアしてから、
モニタ画面を再表示します。
3. 当初の運転開始後に、札掛/リザーブタグの設定が行われていれば、その変更・設定をバックアップ
待機サーバにて実施します。
4. クライアントPCにて、表示中のモニタ画面を一旦閉じ、バックアップ待機サーバから接続先情報を新た
に得るように指定して、再度画面表示を行います。
5. サーバPC、クライアントPCにて必要なモニタ画面を表示して監視、あるいはモニタ画面を使い操作を
行います。これらの操作はバックアップ待機サーバにて処理されます。
注 バックアップ待機サーバが提供するアラームサマリ情報には、運転開始後の操作ログ等(主サーバの
アラームサマリ情報に入っている)は入っていません。
13.3.1.5 サーバの切り替え方法(復旧時)
1.
2.
3.
4.
主サーバ用PCの修復後、主サーバ PC を立ち上げます。
バックアップ待機サーバの BC サービスを停止します(待機運転に戻す)。
主サーバにおいて BC サービスを含めて必要なサーバを再開します(復旧させる)。
バックアップ運転後に、札掛/リザーブタグの設定が行われていれば、その変更・設定を主サーバのモ
ニタ画面にて実施します。
5. バックアップ待機サーバに表示されていたモニタ画面を一旦閉じ、切り替わった提供情報にてモニタ画
面を再表示する。
6. クライアントPCにて、表示中のモニタ画面を一旦閉じ、主サーバから接続先情報を新たに得るように指
定して、再度画面表示を行います。
7. サーバPC、クライアントPCにて必要なモニタ画面を表示して監視、あるいはモニタ画面を使い操作を
行います。これらの操作は主サーバにて処理されます。
注 復旧した主サーバから提供されるアラームサマリ情報には、バックアップ運転中の操作ログ等(バック
アップ待機サーバのアラームサマリ情報に入っている)は入っていません。
369
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13.3.2 プロジェクトの設定手順
1. 通常どおり主サーバにてプロジェクトを作成し、動作確認します。
主サーバ
• プロジェクト作成
【システムビルダ、レポートビルダ】
・プロセスタグ等のタグの作成・登録およびレポートフォーマット等の作成・登録
【グラフィックビルダ】
・コントロールパネル画面、グラフィック画面等のモニタ画面の作成・登録
• プロジェクトの確定
【サーバセットアップ】
・作成したプロジェクトの動作確認、確定後バックアップ
2. 主サーバのプロジェクトを待機サーバにコピーし、動作環境に合わせて修正します。
待機サーバ
• プロジェクトのコピー・リストア
【サーバセットアップ】
・主サーバのプロジェクトデータ(バックアップデータ)を待機サーバにコピーしたあと、リストアします。
• プロジェクトの修正
【システムビルダ】
・プロジェクト/IO サーバ/トレンドサーバ/アラームサーバ/レポート出力サーバについて、IPアド
レスを待機サーバ環境に合わせて修正します。
・トレンドサーバ/アラームサーバ/レポート出力サーバについて、ログ用/CSV出力用などのフォ
ルダを同様に修正します。
13.3.3 並列運転の手順
注 全サーバ PC の時刻を合わせておいてください。
1. 通常どおり主サーバ及び必要なクライアント PC を動作開始する。
主サーバ
• 主サーバの動作開始
【サーバマネージャ】
・SCADALINX サーバを始め、必要なサーバを BC(ブロードキャスト)サービスとともに「開始」します。
【インターネットエクスプローラ】
・モニタ画面を立ち上げます。
クライアント PC
• クライアント PC の表示開始
【インターネットエクスプローラ】
・主サーバを指定してモニタ画面を立ち上げます。
2. 待機サーバを動作開始
待機サーバ
• 待機サーバの動作開始
【サーバーマネージャ】
・BC サービスを除き、SCADALINX サーバを始め必要なサーバを「開始」します。
【インターネットエクスプローラ】
・モニタ画面を立ち上げます。
3. モニタ画面を使用して監視、操作
サーバ PC、クライアント PC
370
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
• モニタ画面により監視・操作
・主サーバからの画面情報を表示して監視、あるいは表示画面を使って操作します(操作は主サーバ
にて処理されます)。
13.3.4 バックアップの手順
主サーバが停止し(BC サービスが停止していること)、一つの待機サーバ(バックアップ待機サーバ)をバ
ックアップ運転させます。
1. バックアップ待機サーバの BC サービスを開始します。
バックアップ待機サーバ
• バックアップ待機サーバのBCサービス開始
【サーバーマネージャ】
・BC サービスを「開始」します。
• バックアップ待機サーバの画面の表示更新
【インターネットエクスプローラ】
・開いているモニタ画面を一旦閉じ、再度表示します。
注 他の待機サーバについてもモニタ画面を一旦閉じ再表示する
• バックアップ待機サーバの札掛設定等の調整
【モニタ画面/チューニング】
・札掛けの設定/変更
・リザーブタグの設定/変更
・キースピードの変更
2. クライアント PC の画面切換え
クライアント PC
• クライアント PC の画面情報提供サーバ切替え
【インターネットエクスプローラほか】
・開いているモニタ画面を終了し、「4.2.3クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除」を参
照して、システムフォルダ(通常はC:\Windows\System32)内の下記ファイルを削除します。
BuiltData.ini
・バックアップ待機サーバを指定してモニタ画面を立ち上げます。
3. モニタ画面を使用して監視、操作
サーバ PC、クライアント PC
• モニタ画面により監視・操作
・バックアップ待機サーバからの画面情報を表示して監視、あるいは表示画面を使って操作します(操
作はバックアップ待機サーバにて処理されます)。
371
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13.3.5 復旧の手順
注 停止した主サーバが再び動作可能となり、起動していること。
1. バックアップ待機サーバの BC サービスを停止
バックアップ待機サーバ
• 待機サーバの BC サービスを停止します(待機運転に戻す)。
【サーバーマネージャ】
・BC サービスを「停止」します。
2. 主サーバの運転を開始する
主サーバ
• 主サーバの動作開始
【サーバマネージャ】
・SCADALINX サーバを始め、必要なサーバを BC サービスとともに「開始」
• 主サーバの札掛設定等の調整
注 バックアップ運転後、変更があった場合のみ
【モニタ画面/チューニング】
・札掛けの設定/変更します。
・リザーブタグの設定/変更します。
・キースピードの変更します。
3. 待機サーバの画面更新
バックアップ待機サーバ、他の待機サーバ
• 待機サーバの画面の表示更新
【インターネットエクスプローラ】
・開いているモニタ画面を一旦閉じ、再度表示します。
4. クライアント PC の画面切換え
クライアント PC
• クライアント PC の画面情報提供サーバ切換え
【インターネットエクスプローラほか】
・開いているモニタ画面を終了し、「4.2.3クライアントPCのデータベース環境設定ファイルの削除」を参
照して、システムフォルダ(通常はC:\Windows\System32)内の下記ファイルを削除します。
BuiltData.ini
・主サーバを指定してモニタ画面を立ち上げます。
372
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
13.3.6 並列運転の注意事項
SCADALINX のサーバパソコンを複数台設置してクライアントPC共有型並列運転を行う場合の注意事項
をQ&A形式で記述します。
<構築に当たっての注意事項>
Q1:複数台 SCADALINX のサーバのプロジェクトは、全く同一でなければならないのですか。
A1:その通りです。
Q2:サーバ間の時刻合わせはどのようになっていますか?
A2:現在、時刻合わせの機能はありません。時刻が合っていないと、トレンドデータやレポートデータに差
が発生することになります。市販のツールを使って、時刻合わせを行うことを推奨します。これは単独運転
の場合も同じです。
Q3:2台以上の並列運転も可能ですか。
A3:可能です。基本的に2台の時と同じです。
Q4:サーバ2台で運転したときの、サーバ間の役割はどうなっているのですか
A4:各サーバは、独立にデータ収集(プロセスデータ、アラーム/トレンド/レポートデータ)を行い、デー
タの蓄積を行います(蓄積データの同値化の機能はありません)。一つのサーバ(主サーバ)の蓄積データ
をブロードキャストし、もう一つのサーバ(待機サーバ)は、ブロードキャスト通信を停止させます。
各サーバ、クライアント用パソコンのモニタ画面には主サーバの蓄積データが表示され、モニタ画面からの
操作は主サーバに対して行われます。
Q5:主サーバが故障したとき、自動的に待機側に切り替わるのですか
A5:自動的の切り替わる機能はありません。オペレータが手動で切換え操作をする必要があります。例え
ば、ブロードキャスト機能の切換え、クライアントPC接続先の切換えなどが必要です。
また、運用中に主サーバにて札掛やリザーブタグの設定を行った場合は、切り替え後に待機サーバに同
じ設定を行う必要があります(なお、アラームデータ収集は各々独立に行っており、切り替えた待機サーバ
には、切替え前に主サーバで行った操作ログ等のアラームデータは入っていません)。
Q6:サーバが正常に動作していることをチェックする機能はありますか?例えばウォッチドックタイマーな
どの機能はありますか。
A6:そのような機能はありません。
373
SCADALINX HMI パッケージ操作マニュアル
14 取扱説明書
SCADALINX HMI パッケージに含まれる全てのソフト使用方法について本取扱説明書でまとめています。
下記の任意の方法で本書の取扱説明書を参照することができます。
SCADALINX のインストール前に本書を使用したい場合、SCADALINX HMI パッケージ CD をマイコンピュータ
から開き、フォルダ Manual 中のファイル取扱説明書.pdf を開いてください。
SCADALINX のインストール後、「スタート」→「プログラム」→「m-system」→「SCADALINX」→「マニュアル」
→「取扱説明書」を選択してください。
SCADALINX のインストール後、インストールフォルダの中の「Manual」フォルダにファイル「取扱説明書.pdf」
があります。これを開いてください。
374
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement