熱処理炉向けガス分析計

熱処理炉向けガス分析計
取扱説明書
熱処理炉向けガス分析計
形式:ZFG
INZ-TN1ZFGd
はじめに
このたびは、熱処理炉向けガス分析計(形式:ZFG)をお買い上げいただき、まことにありがとうございます。
・この取扱説明書をよくお読みいただき、十分に理解した上でガス分析計の設置,運転,保守を
行ってください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐れがあります。
・このガス分析計の仕様は、製品改良のため予告なく変更することがあります。
・無断で、このガス分析計を改造することは、固く禁止致します。無断で改造したことにより生
じた事故については、一切責任を負いません。
・この取扱説明書は、実際にガス分析計をお使いになる方が保管してください。
・お読みになった後は、お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
・この取扱説明書は、必ず最終需要家まで渡るように配慮してください。
製 造 者
:富士電機株式会社
形 式
:本体銘板に記す
製 造 年 月 日
:本体銘板に記す
製 :日本
造 国
 富士電機株式会社
お願い
本書の内容の一部、または全部を無断で記載することは禁止されてい
ます。
●
本書の内容に関しましては、将来予告なしに変更することがあります。
●
本書の中の分かりにくい箇所、記述の誤り、記載もれなどお気づきの
点がございましたら、巻末のマニュアルコメント用紙にご記入のうえ、
担当営業員にお渡しください。
●
— i —
発 行 改 訂 改 訂 改 訂 改 訂 2007
2007-05
2007-06
2010-11
2011-04
2013-08
本機器を安全にご使用いただくために
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上、正しくご使用ください。
・ここに示した注意事項は、安全に関する重大な内容を記載していますので、必ず守ってください。安全
事項のランクを「危険」,「注意」,「禁止」と区分してあります。
危険
取扱いを誤った場合に、危険な状況が起こりえて、死亡または重傷を受け
る可能性が想定される場合。
注意
取扱いを誤った場合に、危険な状況が起こりえて、中程度の障害や軽傷を
受ける可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される場合。
禁止
禁止(行ってはいけないこと)を示します。
ガス分析計の設置、運搬上、保管上の注意
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しない
でください。爆発、火災などの重大な事故の原因になります。
注意
・設置は、安全かつ質量に耐える場所を選んでください。不完全な設置は、
転倒事故、感電、火災、けがなどの原因になります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。
設置条件を超えた場所での使用は、感電、火災、誤動作の原因になりま
す。
・保守の際、製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災、
故障、誤動作の原因になります。
— ii —
配管上の注意事項
危険
◎配管は、下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管接続はガ
ス漏れの原因になります。
漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合、重大な事故につながる恐れがあ
ります。また、可燃性ガスが含まれる場合は、爆発、火災などを引き起
こす可能性があります。
● 配管接続は、取扱説明書に従い正しく行ってください。
● 排出ガスは、屋内にこもらないように屋外に排出してください。
● ガス分析計からの排出ガスは、大気開放として不要な圧力がかから
ないように注意してください。ガス分析計内の配管が外れ、ガス漏
れの原因になることがあります。
● 配管は、油脂類の付着がない材質をご使用ください。油脂類の付着
があると、火災などを引き起こす可能性があります。
配線上の注意
注意
●
●
●
●
配線を行うときは、必ず全ての電源を落としてから行ってください。感
電の恐れがあります。
アース線は、D種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を
怠ると、感電や故障の原因になります。
配線材は、機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に
耐えない配線材の使用は、感電や火災の原因になります。
定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると
火災の原因になります。
使用上の注意事項
危険
・異臭、異音が発生したときは、ガス分析計を直ちに停止してください。
放電すると火災の原因になることがあります。
注意
・長期間休止させたり、またその再立上げは、通常の運転・休止とは異な
りますので、取扱説明書の指示に従ってください。十分な性能が発揮さ
れないばかりか、事故やけがの原因になります。
・ガス分析計の扉を開けたまま長期間運転しないでください。粉塵、埃な
どが内部に付着し、故障の原因になります。
禁止
・電源端子台、入出力端子台を金属、指などで触らないでください。
故障、感電、けがの恐れがあります。
・ガス分析計の周辺で喫煙など、火気を使用しないでください。火災の原
因になることがあります。
— iii —
保守、点検上の注意
危険
・校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは、標準ガスの取扱説明書を熟読
して正しく使用してください。 特にCOガスなどの危険性ガスは注意が
必要で、中毒などの事故につながる恐れがあります。
・保守点検時には、必ずガス分析計内と測定ガスラインをゼロガスでパー
ジしてから作業してください。ガス漏れによる中毒の恐れがあります。
・ガスフィルタの交換や洗浄器の保守を実施するときは、校正ガスのバル
ブを閉めてください。また、サンプルガス吸引口にバルブがある場合は、
このバルブを閉めて作業してください。中毒や事故の原因になります。
注意
・ヒューズが溶断したときは、その原因を確認の上、必ず同容量、同形式
のものと交換してください。感電や事故の原因となります。
・交換部品は、メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に
発揮されないばかりか事故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は、不燃物として処理ください。地域のルール
に従って廃棄ください。
◎感電やけがを防止し、安全に作業するために以下のことを必ず守ってく
ださい。
・時計などの金属物を外して作業してください。
・濡れた手で計器に触れないでください。
その他
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合、必ず販売店または当社の
調整技術員に連絡ください。不用意に分解すると感電、けがの恐れがあ
ります。
— iv —
梱包内容の確認
・納入品として以下に示すものが全て揃っていることを確認してください。
① 分析計本体
② 標準付属品(「表 1 標準付属品一覧」を参照)
表 1 標準付属品一覧
No.
品 名
数量
1 管ヒューズ(1A)
2個
2 取付金具
2本
3 取扱説明書(和文または英文)
1冊
③ 補助取付板(オプション指定による。)
— v —
備 考
(AC100V∼AC250V)
INZ-TN1ZFG(-E)
目 次
はじめに................................................................................................................................i
本機器を安全にご使用いただくために.............................................................................ii
梱包内容の確認................................................................................................................... v
1. 概 要.......................................................................................................................... 1
1.1 外観..................................................................................................................................................2
1.1.1 外形図 ........................................................................................................................................................................................2
1.1.2 電源端子および外部入出力端子 .............................................................................................................................2
1.2 サンプリング系統図.......................................................................................................................3
1.3 各部の名称と説明..........................................................................................................................4
1.4 操作パネル・表示の説明...............................................................................................................5
1.4.1 操作パネルの名称と説明 .............................................................................................................................................5
1.4.2 表示画面の概要 ...................................................................................................................................................................6
2. お使いになる前に....................................................................................................... 8
2.1 設置条件..........................................................................................................................................8
2.2 取付け方法......................................................................................................................................9
2.2.1 標準パネル取付け .............................................................................................................................................................9
2.2.2 パネル補助板(ネジ固定形)オプション ....................................................................................................10
2.2.3 パネル補助板(簡易形)オプション ...............................................................................................................11
2.3 配管方法....................................................................................................................................... 12
2.3.1 配管上の注意 .....................................................................................................................................................................12
2.3.2 配管 ...........................................................................................................................................................................................12
2.3.3 サンプリング .....................................................................................................................................................................13
2.4 配線............................................................................................................................................... 14
2.4.1 電源の供給 ..........................................................................................................................................................................14
2.4.2 外部入出力信号の接続 ...............................................................................................................................................15
3. 運 転.................................................................................................................... 17
3.1 暖機運転....................................................................................................................................... 17
3.2 測定前の準備............................................................................................................................... 18
3.2.1 スパン校正濃度値設定 ...............................................................................................................................................18
3.2.2 流量調整 ................................................................................................................................................................................18
3.2.3 ゼロ、スパン校正 ..........................................................................................................................................................18
3.3 測定の開始と終了....................................................................................................................... 18
3.3.1 測定開始 ................................................................................................................................................................................18
3.3.2 測定終了 ................................................................................................................................................................................18
3.3.3 運転停止 ................................................................................................................................................................................18
— vi —
4. 校正およびモード設定の説明.................................................................................. 19
4.1 ゼロ、スパン校正....................................................................................................................... 19
4.1.1 ゼロ校正 ................................................................................................................................................................................19
4.1.2 スパン校正 ..........................................................................................................................................................................20
4.2 メニューモード........................................................................................................................... 22
4.2.1 レンジ切り換え ................................................................................................................................................................22
4.2.2 スパン校正濃度値設定 ...............................................................................................................................................23
4.2.3 キーロックの設定 ..........................................................................................................................................................24
4.2.4 出力ホールドの設定 .....................................................................................................................................................25
4.2.5 表示の設定 ..........................................................................................................................................................................27
4.2.6 CP 演算値条件の設定 ..................................................................................................................................................29
4.2.7 メンテナンスモード パスワード入力..........................................................................................................31
4.3 メンテナンスモード.................................................................................................................... 32
4.3.1 出力選択 ................................................................................................................................................................................32
4.3.2 出力調整 ................................................................................................................................................................................35
4.3.3 応答速度 ................................................................................................................................................................................36
4.3.4 マイナス表示 .....................................................................................................................................................................37
4.3.5 パスワード設定 ................................................................................................................................................................38
4.3.6 センサー入力値 ................................................................................................................................................................39
4.3.7 係数確認 ................................................................................................................................................................................40
4.3.8 ファクトリーモード .....................................................................................................................................................41
5. 点検・保守................................................................................................................. 42
5.1 日常点検....................................................................................................................................... 42
5.2 日常点検保守要領....................................................................................................................... 42
5.3 保守要領詳細............................................................................................................................... 43
5.3.1 内部構成 ................................................................................................................................................................................43
5.3.2 電源ヒューズの交換 .....................................................................................................................................................43
5.3.3 測定セルの清掃 ................................................................................................................................................................44
5.4 気密試験....................................................................................................................................... 46
5.4.1 気密試験 ................................................................................................................................................................................46
5.5 熱処理炉向け調整について........................................................................................................ 47
6. トラブルシュート..................................................................................................... 49
6.1 不具合の現象と対策.................................................................................................................... 49
6.2 エラーメッセージと対策............................................................................................................ 50
7. 仕 様........................................................................................................................ 52
7.1 仕様............................................................................................................................................... 52
7.2 形式指定....................................................................................................................................... 55
— vii —
1.概 要
本ガス分析計は、熱処理炉内の CO2、CO、CH4 のガス濃度を最大 2 成分同時に測定します。
光学系は単光源非分散形赤外線方式を採用しています。また検出器はシングルビーム式高感度マスフローセン
サーにより長期安定性や保守性に優れています。さらに、マイクロプロセッサー搭載、大型液晶画面の採用で、
操作性の向上、高精度・多機能化を図っています。
— 1 —
1. 1 外観
1. 1. 1 外形図(単位:mm)
225
パネル
1.6<t<10
218
(140)
MODE
ESC
ZERO
ENT
電源 スイッチ
211
211
GAS ANALYZER
SPAN
表示部
パネル取付金具
操作部
223
257
試料ガス入口
RC1/4またはNPT1/4
(指定 による)
試料ガス出口
RC1/4またはNPT1/4
(指定 による)
Made in Japan
- CH3 OUTPUT +
6
5
16
15
FAULT
00000OUTPUT DC
POWER AC100V∼AC240V 50/60 Hz
SER.NO.
MFD
INLET
パージガス入口
RC1/4またはNPT1/4
(指定 による)
VA
Fuji Electric Systems Co.,Ltd.
OUTLET
CH1 R・ID
7
17
+
171
-
CH2
CH2 OUTPUT +
- CH1 OUTPUT +
2
1
4
3
12
11
14
13
R・RNG CH1
R・RNG
INFRARED GAS ANALYZER
TYPE
-
-
CH2 R・ID
+
10
9
20
19
R・HOLD
+
-
8
18
ヒューズ
(250V/1A)
PURGE
PE
N
L
FUSE
250VT 1A
F
AC
V
POWER SOURCE
U SE
電源端子台 M4ネジ
204
外部入出力端子台 M3.5ネジ
1. 1. 2 電源端子および外部入出力端子
外部接続図
外部入出力端子
CH1
レンジ識別接点出力
(オプション)
+
1
11
−
2
12
CH2
出力
+
3
13
−
4
14
CH2
レンジ識別接点出力
(オプション)
CH3
出力
+
5
15
異常接点出力
−
6
16
CH1
リモートレンジ入力
(オプション)
+
7
17
1
2
3
−
8
18
PE
N
L
CH2
リモートレンジ入力
(オプション)
+
9
19
+
−
10
20
−
CH1
出力
電源端子
リモートホールド
入力
(オプション)
— 2 —
AC100∼240V
50/60Hz
70VA
(25)
1. 2 サンプリング系統図
ブロックセル
パージガス入口
赤外線光源側
試料ガス入口
試料ガス出口
— 3 —
1. 3 各部の名称と説明
③扉固定ネジ
①電源スイッチ
②表示・操作パネル
⑩試料ガス入口
⑨試料ガス出口
⑧パージガス入口
⑦ヒューズ
④外部入出力端子台
⑤仕様銘板
⑥電源端子台
図1-1 各部の名称
名 称
説 明
① 電源スイッチ
電源を『入・切』します。
② 表示・操作パネル
液晶表示と各種設定キーです。
③ 扉固定ネジ
正面扉を固定します。
④ 外部入出力端子台
各種入出力信号の端子台です。
⑤ 仕様銘板
機番・測定成分などが表記されています。
⑥ 電源端子台
AC電源コードおよびアース線を接続します。
⑦ ヒューズ
定格容量のヒューズを入れます。
⑧ パージガス入口
パージガスを配管します。
⑨ 試料ガス出口
排気ラインへ配管します。
⑩ 試料ガス入口
試料ガスを配管します。
— 4 —
1. 4 操作パネル・表示の説明
各操作キーと表示画面の名称説明および操作について示します。
1. 4. 1 操作パネルの名称と説明
表示部
①MODEキー
②桁キー
④ダウンキー
③アップキー
⑧SPANキー
⑦ZEROキー
⑥ENTキー
⑤ESCキー
図1-2 操作パネル
名 称
説 明
① MODEキー
測定画面とモード画面の切り換えに使用します。
② 桁キー
設定値の桁変更に使用します。
③ アップキー
④ ダウンキー
設定値を変更します。
⑤ ESCキー
前画面に戻る場合や設定を中止する場合に使用します。
⑥ ENTキー
選択項目や数値の確定に使用します。
また、校正実行時にも使用します。
⑦ ZEROキー
ZERO校正モードに入ります。
⑧ SPANキー
SPAN校正モードに入ります。
— 5 —
1. 4. 2 表示画面の概要
(1) 測定モード画面
電源投入後は必ずこの画面になります。
なお、測定画面は成分数・オプション仕様により異なります。
<測定画面>
③
①
④
②
名 称
機 能
①成分表示
測定成分を表示します。
②レンジ値表示
測定レンジを表示します。
③濃度値表示
濃度値を表示します。
④単位表示
ppm, vol%を表示します。
⑤CP演算表示
CP演算値を表示します。
(オプション)
⑤
MODE
ESC
メニュー内容
1.レンジ切り換え
・測定対象『レンジの設定』を行います。
2.スパン校正濃度値設定
・各成分、各レンジの『スパン校正値を設定』します。
図1−3 表示画面
3.キーロックの設定
・誤入力防止に『キー操作のON/OFF』を設定します。
4.出力ホールドの設定
・ゼロ、スパン校正時に『アナログ出力のホールドを
ON/OFF』設定します。
5.表示の設定
・バックライト『自動消灯のON/OFF』を設定します。
・輝度調整が行えます。
6.CP演算値条件の設定
・演算に必要な『CO測定値の条件』を設定します。
・『炉温度』を設定します。
注)CP演算値条件の設定項目は、CP演算機能が付加
された場合に表示されます。(オプション)
7.メンテナンスモード パスワード入力
・メンテナンス時に必要なモードです。
— 6 —
●CP
演算値 :CO2 測定値をベースに、炉温度(固定入力値)と CO 濃度値(固定値または実測値)より
浸炭炉や変成炉のカーボンポテンシャルを演算します。
2
CPS ×(PCO)
演算式 ; CP =
Kl × PCO2
CPS ;飽和炭素濃度(分圧)
0.0028t − 1.30(800℃≦ t < 850℃)
0.0030t − 1.47(850℃≦ t < 950℃)
0.0034t − 1.85(950℃≦ t < 1000℃)
t ;炉温(℃)
PCO ;CO 濃度値(分圧)
CO2 濃度値(分圧)
PCO2;
Kl ;定数 Kl = 10(9.06 − 15966 / T)
T ;ランキン温度(t × 9 / 5 + 32 + 460)
— 7 —
2.お使いになる前に
危険
・本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,火
災など重大な事故の原因になります。
注意
・据付けは,取扱説明書に示される据付けのルールを守り,赤外線ガス分析計の質量に耐える場
所に設置してください。不完全な場所への設置は,転倒,落下の原因となり,けがをする恐れ
があります。
・扉が開かないように固定した上で運搬をしてください。不安定な状態で運搬すると,けがをす
る恐れがあります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤動作
の原因となります。
2. 1 設置条件
次の条件を満たす場所を選定してください。
① 屋内で使用してください。
② 振動がある場所は避けてください。
③ 雰囲気の清浄な場所を選んでください。
④ 供給電源: 定格電圧 ;AC100V ~ AC240V
使用可能電圧 ;AC85V ~ AC264V
定格周波数 ;50Hz/60Hz
最大定格電力 ;70VA
⑤ 供給電源端子ネジ :M4
⑥ 動作条件: 周囲温度 ;− 5℃~ 45℃
周囲湿度 ;95%RH 以下
注意
・本器は8.3Hzのセンサー信号を濃度値変換しています。
このため,信号周期と振動周期の重なる領域では出力誤差となる場合があります。
8.3Hz付近およびその整数倍近傍での振動は必ず避けて設置ください。
— 8 —
2. 2 取付け方法
173
+2
0
下図パネルカット寸法で角穴を開けてください。
+2
0
206
図2-1 パネルカット寸法
2. 2. 1 標準パネル取付け
取付金具
(付属品)
パネルカット
パネル
本体
図2-2 標準パネル取付け
— 9 —
2. 2. 2 パネル補助板(ネジ固定形)オプション
既存パネル穴が大きい場合に本補助板を使用します。
パネルに 4 −φ 4.5 穴を加工してください。
取付金具
(付属品)
M4ネジ
B)
パネル補助板
(オプション)
(下図 A)
パネル加工穴
(下図 4-φ4.5
パネル
本体
300
280
280
206
+2
0
173
300
280
既存 パネル穴
280
4-M4
+2
0
4-φ4.5加工穴
A パネル加工穴
B パネル補助板
(厚さ2mm)
図2-3 パネル補助板取付け
— 10 —
4-C5
2. 2. 3 パネル補助板(簡易形)オプション
既存パネル穴が大きい場合に本補助板を使用します。
パネル追加加工は必要ありません。
パネル補助板
(オプション)
(下図)
取付金具
(付属品)
パネルカット
パネル
注)取付穴は下図専用です。
(富士形式 ZAR,ZAU 用)
本体
300
100
206
4-C5
パネル補助板
(厚さ2mm)
206
図2-4 パネル補助板取付け
— 11 —
既存パネル穴
2. 3 配管方法
2. 3. 1 配管上の注意
危険
◎配管は,下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管接続はガス漏れの原因になります。
漏れたガスに有害ガスが含まれる場合,重大な事故につながる恐れがあります。また,可燃性ガス
が含まれる場合は,爆発,火災などをひき起こす可能性があります。
● 配管接続は,取扱説明書に従い正しく行ってください。
● 排出ガスは,サンプリング装置内,屋内にこもらないように屋外に排出してください。
● 赤外線ガス分析計からの排出ガスは,大気開放として不要な圧力が赤外線ガス分析計にかから
ないように注意してください。赤外線ガス分析計内の配管が外れ,ガス漏れの原因になること
があります。
● 配管は,油脂類の付着がないパイプ,減圧弁をご使用ください。油脂類の付着があると,火災
などを引き起こす可能性があります。
次の方法で,ガス配管を行ってください。
● 配管は,本器背面の各ガス入口と出口へ接続します。
● 計器とサンプリングシステムをテフロン,ステンレス,ポリエチレンなど耐食性のあるチューブで接続して
ください。腐食の心配がない場合でもゴムや軟質ビニールのチューブは使わないでください。配管材料によ
るガス吸着で指示が不正確になります。
● 配管接続口は
Rc1/4 または NPT1/4 めねじになっています。配管は応答を速くするため,できるかぎり短
くしてください。内径はφ4mm 位が最適です。
● 計器内にダストが浸入すると動作不良を起こす可能性がありますので,配管や継手は清浄なものを使用して
ください。
2. 3. 2 配管
試料ガス入口
試料ガス出口
パージガス入口
図2-5 配管方法
試料ガス入口 : 除湿などの前処理の終わった測定対象ガス,およびゼロ・スパン校正用標準ガスを導入する
ように配管します。
導入するガス流量は 0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min の範囲で一定流量と
してください。
試料ガス出口 : 測定後の測定対象ガスを排出します。
配管を屋外・大気開放とするように布設してください。
パージガス入口 : 赤外線ガス分析計内部をパージするためのパージガス入口です。
パージが必要な場合は「2.3.3 (4)」項の器内パージを参照してください。
パージガスはドライ N2 または計装用エアーを使用してください(流量は約 1L/min,ダスト・
ミストが含まれないこと)。
— 12 —
2. 3. 3 サンプリング
(1)試料ガス条件
① 試料ガスに含まれているダストは,フィルタにより完全に除去してください。最終段のフィルタは 0.3 μmのダストを除去できるものを使用してください。
② 赤外線ガス分析計内にドレンが発生しないために,試料ガスの露点は周囲温度より低くなくてはなりま
せん。試料ガス中に水蒸気が含まれているときは,除湿器を通して露点を0℃付近まで下げてください。
③ 試料ガス中に SO3 ミストが含まれている場合は,ミストフィルタおよび除湿器などにより SO3 ミストを
取り除いてください。その他のミストについても同様です。
④ Cl2,F2,HCl などの強腐食性ガスが試料ガス中に多量に含まれていると,計器の寿命が短かくなるので
注意してください。
⑤ 試料ガス温度は0~ 40℃です。高温のガスを直接計器内に入れないよう注意してください。
(2)試料ガス流量
試料ガスの流量は,0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min を流してください。
試料ガス圧力は 5kPa 以下です。
流量計を設けて,流量値を測定してください。
(3)標準ガスの準備
ゼロ・スパン校正用の標準ガスを準備してください。
ゼロガス
N2ガス
スパンガス
フルスケールの90%以上の濃度のガス
校正ガス流量は,0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min です。
試料ガス流量に合せてご使用ください。
(4)器内パージ
下記の場合は必ず器内パージを行ってください。
① 測定ガスに可燃性ガスが含まれる場合
② 設置場所の雰囲気中に腐食性ガスが含まれている場合
③ 設置場所の雰囲気中に測定成分と同じガスが含まれている場合
このような場合は,計器内部を N2 または計装用エアーでパージしてください。
パージ流量は,約 1L/min です。
パージ用のガス中にダスト・ミストが含まれる場合は,これらを十分に取り除いて使用してください。
(5)試料ガス出口の圧力
試料ガス出口の圧力は,大気圧となるようにしてください。
(6)配管接続例
器内パージ
メンブレンフィルタ
0.3μm
三方弁
分析計
ZFG
サンプリング
メンブレンフィルタ
0.3μm
流量計
0.5L/minまたは1L/min
校正ガス
図2-6
— 13 —
大気開放
2. 4 配線
注意
配線を行うときは,必ず全ての電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあります。
● アース線は,D種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠ると,感電や故障の
原因になります。
● 配線材は,機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に耐えない配線材の使用
は,感電や火災の原因になります。
● 定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると火災の原因になります。
●
電源端子台および外部入出力端子台は,本体背面にあります(図2−7参照)。
電源端子台
外部入出力端子台
図2-7 本体背画面
2. 4. 1 電源の供給
PE
N
L
POWER
SOURCE
アース接続
AC 入力
図2-8 電源端子
① 電源端子ネジは M4 です。M4 用端末処理を行ってから図2−8を参照しアース線と供給電源線を接続し
ます。
② アース線はD種接地工事を行ってください。
③ 供給電源は,定格に耐える電線を使用してください。
— 14 —
ノイズ発生源が近くにあるときは
●
●
電源ノイズを発生する電気的装置の近くにこの計器を設置しないでください
(高周波炉、電気溶接機など)。このような装置の近くで計器を使用する
場合は、ノイズを避けるため電源ラインを分離してください。
ZFG電源
バリスタまたは、
スパークキラー
電源からノイズが入る場合は、ノイズ発生源にバリスタあるいはスパークキ
ラーを右図のように付けてください。ノイズ発生源から離して付けると効果
がありませんから注意してください。
近接配置接続
ノイズ発生源
2. 4. 2 外部入出力信号の接続
CH1
アナログ出力信号
CH2
CH3
リモートレンジ
切り換え入力信号
(オプション)
CH1
CH2
+
1
11
−
2
12
+
3
13
−
4
14
+
5
15
−
6
16
+
7
17
−
8
18
+
9
19
+
−
10 20
−
CH1
CH2
レンジ識別
接点出力信号
(オプション)
異常接点出力
リモートホールド入力信号
(オプション)
図2-9 外部入出力信号端子
(1)アナログ出力信号:端子台 ①ー②,③ー④,⑤ー⑥
各成分の瞬時値が出力されます。
DC4 ~ 20mA または DC0 ~ 1V または DC0 ~ 100mV または DC0 ~ 10mV
非絶縁
許容負荷:DC4 ~ 20mA 550 Ω以下
DC0 ~ 1V,DC0 ~ 100mV,DC0 ~ 10mV 100kΩ 以上
アナログ出力は測定表示 CH に対応しています。
注 意
本製品のアナログ出力は全て非絶縁です。屋外への配線引き出しや,30m以上の配線をされる場合,複数の
出力を外部に接続する場合は,不要な信号の回り込みや,外乱の影響をなくすために,絶縁変換器などを使
用し信号を個々に絶縁して使用されることをお奨めします。
— 15 —
(2)リモートレンジ切り換え入力信号:端子台 ⑦ー⑧,⑨ー⑩
(オプション) 外部信号から強制的にレンジを切り換えます。
⑦ー⑧間,⑨ー⑩間:短絡(ショート);第 1 レンジ選択
入力は無電圧接点入力です。端子に電圧は印加しないでください。
開放(オープン);第 2 レンジ選択
(3)レンジ識別接点出力信号:端子台 ⑪ー⑫,⑬ー⑭
(オプション) 現在のレンジ値を接点信号で出力します。
⑪ー⑫間,⑬ー⑭間:導通(ON) ;第 1 レンジ選択
出力はリレー接点です。接点容量は AC250V/2A 抵抗負荷
開放(OFF);第 2 レンジ選択
(4)異常接点出力信号:端子台 ⑮ー⑯
エラー表示と連動して接点信号を出力します。
⑮ー⑯間:導通(ON) ;計器異常
開放(OFF);正常
出力はリレー接点です。接点容量は AC250V/2A 抵抗負荷
(5)リモートホールド入力信号:端子台 ⑲ー⑳
外部信号から強制的に出力を一括ホールドさせます。
⑲ー⑳間:短絡(ショート);出力ホールド実行します。
開放(オープン);出力ホールドしません。
入力は無電圧接点入力です。端子に電圧は印加しないでください。
注 意
外乱の影響を少なくするため,アナログ出力信号線,O2入力信号線,接点入力信号線は,電源の配線と分け
て敷設してください。
— 16 —
3.運 転
3. 1 暖機運転
① 電源スイッチを“ON”します。(スイッチ“|で ON”、
“○で OFF”)
①電源スイッチ
② 測定画面が表示されます。
③ 暖機時間は電源投入後 30 分間です。
操作上の注意
暖機中でも測定は行えますが、指示変動することが
あります。
暖機上の注意
注)電源投入時、濃度表示が
− − − − レンジの上限値を
越えた(レンジオーバー)。
あるいは
レンジの下限値を
− − − − 越えた(レンジアンダー)。
となることがありますが、これは内部電圧が変動するためです。
数十秒後に安定します。
また,出力値の上下限振り切れや接点出力のON/OFFも同様に発生しますが,
異常ではありません。
— 17 —
3. 2 測定前の準備
暖機完了後、必ず各成分のゼロ、スパン校正を行ってください。
3. 2. 1 スパン校正濃度値設定(設定方法は『4.2.2』項を参照願います。)
<メニューモード>→<2.スパン校正濃度値設定>を選択して各成分レンジの校正ガス濃度値を設定
します。 3. 2. 2 流量調整
外部流量計を本器ガス入口側に接続しボンベガスを 0.03MPa 加圧し、流量が設定値となる様調整します。
3. 2. 3 ゼロ、スパン校正(設定方法は『4.1』項を参照願います。)
<測定画面>→< ZERO >キー→< ENT >キーを押し、ゼロ校正します。
次に<測定画面>→< SPAN >キー→< ENT >キーを押し、スパン校正を行います。
3. 3 測定の開始と終了
ゼロ、スパン校正完了後、測定を行います。
3. 3. 1 測定開始
測定画面でサンプルガスを規定流量流します。
サンプルガスが置換され測定を行います。 3. 3. 2 測定終了 サンプルガスラインをゼロガスでパージします。
測定値がゼロ付近に下がります。
3. 3. 3 運転停止
電源スイッチを“OFF”します。
— 18 —
4.校正およびモード設定の説明
4. 1 ゼロ、スパン校正
4. 1. 1 ゼロ校正
校正上の注意
ZERO
キーは測定画面でのみ有効です。
ZERO
各モード画面で キーを押すと
設定中です が表示され校正で
きません。
設定内容
測 定 画 面
『する』 :ゼロ校正を実行します。
『しない』:ゼロ校正を実行しません。
全成分『しない』を選択した場合、ゼロ校正は実行されま
せん。
① 測定画面で
ZERO
ZERO
ESC
,ENT
ESC
キーを押します。
表示がゼロ校正モードに切り換わります。
② カーソルが校正動作に表示されます。
,
キーで成分を選び、
キーで「する」「しない」
を選択します。
③ ENT
,
,
キーを押すと、カーソルが指示値へ移ります。
④ ゼロガスを 0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min
流し、指示値が安定するのを待ちます。
ゼロガスはドライ N2 またはドライ Air をご使用ください。
校正上の注意
指示値はマイナス表示することがありますが異常ではあり
ません。
⑤ 指示安定後、
ENT
ENT
キーを押します。
ゼロ校正後自動で測定画面に戻ります。
校正上の注意
ESC
校正の設定や校正動作をキャンセルする場合は、 キー
を押してください。
*出力ホールドON
設定の場合
ホールド中 が表
示されます。
以上でゼロ校正は終了です。
— 19 —
4. 1. 2 スパン校正
測 定 画 面
校正上の注意
SPAN
SPAN
キーは測定画面でのみ有効です。
SPAN
各モード画面で キーを押すと
設定中です が表示され校正で
きません。
ESC
MODE
設定内容
『連動』:2レンジ一括でスパン校正します。
『単独』:各レンジ毎にスパン校正します。
,ENT
『連動』を選択した場合の操作説明
① 測定画面で
SPAN
キーを押します。
表示がスパン校正モードに切り換わります。
② ③ MODE
キーで動作を『連動』に選びます。
ENT
キーを押します。
,
カーソルがレンジ値に移動します。
カーソルが点滅し、かつ指示値が表示されているレンジを基
準に校正します。
④ ESC
、
キーでレンジを選びます。
MODE
⑤ 基準レンジ値のスパンガスを流し、指示安定を待ちます。
スパンガス流量は、0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min ± 0.5L/min です。
⑥ 指示安定後、
ENT
,ENT
,ENT
ESC
キーを押します。
スパン校正後、表示が自動で第 2 成分(CH2)スパン校正モー
ドに切り換わります。
なお、仕様に第 2 成分が無い場合は、測定画面に切り換わり
ます。
⑦ 同様に第 2 成分スパンガスを流し、指示安定後スパン校正を
行ってください。
表示が測定画面に切り換わります。
MODE
,
,ENT
校正上の注意
ESC
・校正の設定や校正動作をキャンセルする場合は、 キー
を押してください。
MODE
・校正対象成分をジャンプする場合は キーを押してくだ
さい。
以上でスパン校正は終了です。
— 20 —
*出力ホールドON
設定の場合
ホールド中 が表
示されます。
『単独』を選択した場合の操作説明
① 測定画面で
② SPAN
測 定 画 面
キーを押します。
SPAN
ESC
キーで動作を『単独』に選びます。
MODE
③ ENT
キーを押します。
カーソルがレンジ値に移動します。
カーソルと指示値が表示されているレンジのみスパン校正を
行います。
④ 、
,ENT
ESC
,ENT
ESC
,ENT
ESC
キーでレンジを選びます。
⑤ 選択したレンジのスパンガスを流し、指示安定を待ちます。
スパンガス流量は、0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min ± 0.5L/min です。
⑥ 指示安定後、
ENT
MODE
キーを押します。
,
スパン校正後、表示が第 2 成分(CH2)スパン校正モードに切
り換わります。
なお、仕様に第 2 成分が無い場合は、測定画面に切り換わり
ます。
MODE
⑦ 他のレンジもスパン校正する場合は
ESC
キーで第1成分(CH1)
へ戻り、同様に校正を行います。
⑧ 第 2 成分スパン校正を上記②~⑥項と同様に行います。
校正上の注意
ESC
・校正の設定や校正動作をキャンセルする場合は、 キー
を押してください。
MODE
・校正対象成分をジャンプする場合は キーを押してくだ
さい。
MODE
,
以上でスパン校正は終了です。
,ENT
*出力ホールドON
設定の場合
ホールド中 が表
示されます。
— 21 —
4. 2 メニューモード
4. 2. 1 レンジ切り換え
本モードで選択したレンジが表示と出力されます。
なお、CP 演算値(オプション)も選択レンジで演算します。
初期値
・『最小レンジ』
① ,
キーでカーソルを<1.レンジ切り
換え>に合せ、
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
設定上の注意
“リモートレンジ
ON時”
出力オプション機能付きの場合のみリモート
レンジ切り換え『ON』『OFF』選択画面が
表示されます。
,
,ENT
,
,ENT
“出力オプション付き”
・ , キーで『ON』『OFF』を選び
ます。
ESC
※出力オプ
ション付
きの場合
のみ『ON/
OFF』選択
できます。
ENT
・ キーを押します。
『ON』 : 外部入力信号によるレンジ切り
換え
『OFF』 : 手動(画面)入力によるレンジ
切り換え
② ,
キーで成分(CH)を選び、
ENT
キーでレンジを選び、
ENT
,ENT
,
,ENT
“OFF時”
ESC
キー
を押します。
カーソルがレンジ値に移動します。
③ ,
“出力オプション
無し”
キーを押します。
レンジデータが登録され、表示が前画面に戻り
ます。
④ 同様に他成分(CH)も設定してください。
設定上の注意
メニューモード初期画面に戻る場合や設定を
ESC
中止する時は キーを押してください。
以上で設定は終了です。
,ENT
— 22 —
ESC
4. 2. 2 スパン校正濃度値設定
各成分、各レンジのスパン校正ガス濃度値を入力します。
設定範囲
・各レンジの最小表示値∼フルスケール値(FS)。
但し、精度保証できるスパンガス濃度値は、フルスケールの
80%∼100%です。
正しいガスボンベをご使用ください。
入力範囲例)レンジ1.000vol %の場合
・0.001vol %∼1.000vol %は入力できます。
・0.000vol %および1.001vol %以上はエラー(前入力値が
保持)となります。
初期値
・各成分、各レンジ:社内スパン調整値またはフルスケール値
,
① に合せ、
キーでカーソルを<2.スパン校正濃度値設定>
ENT
,
,ENT
ESC
,
,ENT
ESC
,ENT
ESC
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ,
キーで成分(CH)を選び、
ENT
キーを押します。
カーソルがスパン校正値に移動します。
③ キーで設定レンジを選びます。
ENT
④ キーを押すと、カーソルが数値に移動します。
,
,
キーでスパン校正値に標準ガス濃度値を入
力します。
⑤ 同様に他レンジ、他成分のスパン校正値を入力します。
設定上の注意
メニューモード初期画面に戻る場合や設定を中止する時は
ESC
キーを押してください。
以上で設定は終了です。
,
— 23 —
,
,ENT
4. 2. 3 キーロックの設定
第三者による誤操作、誤入力を防止するためのキーロックです。
設定内容
・ON :キーロック実行
・OFF:キーロック解除
初期値
・OFF
設定上の注意
・キーロック『ON』設定でも、下記操作は実行できます。
MODE
① キーによる、各メニューモード内の設定値表示は行えます。(設定値入力は行えません)
②キーロック『OFF』(解除)設定
① ,
ENT
キーでカーソルを<3.キーロックの設定>に合せ、
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ③ ,
ENT
キーで『ON/OFF』選択します。
キーを押し、設定値を登録します。
実行後、メニューモード初期画面に戻ります。
,
,ENT
,
,ENT
設定上の注意
ESC
設定を中止する時は キーを押してください。
以上で設定は終了です。
— 24 —
ESC
4. 2. 4 出力ホールドの設定
ゼロ校正中とスパン校正中、および校正後の各出力信号を校正直前の値で一括ホールドします。
なお、ホールド時間は任意で設定できます。
設定内容
初期値
・ON :出力ホールドします。
置換時間:0秒∼999秒
・OFF:出力ホールドしません。
・OFF(ONに設定した場合置換
時間は180秒)
(1)設定方法
,
① 合せ、
キーでカーソルを<4.出力ホールドの設定>に
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ,
・OFF:
キーで『ON/OFF』を設定します。
ENT
キーを押すとメニューモード初期画面に戻りま
す。
・ON :カーソルが置換時間へ移ります。
③ ,
ENT
,
,
,ENT
,
,ENT
ESC
キーで置換時間を設定します。
キーを押すと設定値が登録され、メニューモード初期画
面に戻ります。
設定上の注意
ESC
設定を中止する時は キーを押してください。
“OFF”設定
以上で設定は終了です。
,
— 25 —
,ENT
“ON”設定
ESC
(2)動作
動作上の注意
・ホールドは出力のみ有効です。表示はホールドしません。
・リモートホールド機能(オプション)は、本設定とは無関係に入力信号で強制的に実行されます。
① ゼロ校正動作
ZERO
ゼロ校正動作
出力ホールド
キー →
ENT
キー →
ON
ENT
キー
OFF
ON
OFF
置換時間
② スパン校正動作
SPAN
スパン校正動作
出力ホールド
キー →
ENT
キー →
ON
ENT
キー
OFF
OFF
ON
置換時間
③ リモートホールド動作(オプション)
ON
リモートホールド入力信号
出力ホールド
OFF
OFF
ON
— 26 —
4. 2. 5 表示の設定
表示バックライトの自動消灯設定や輝度調整を行います。
設定内容
初期値
・ON :任意時間でバックライトが消灯します。
設定時間範囲は〔5〕
〔10〕
,
〔15〕
,
〔20〕
,
〔25〕
,
〔30〕
,
分
・OFF:消灯しません。
・ON :30分
消灯条件
・表示消灯の設定を“ON”します。
・測定画面でいずれかのキーを最後に押してから設定時間に
達すると自動消灯します。
なお、各設定モードでは消灯しません。
点灯条件
・消灯中にいずれかのキーを押すと点灯します。
,
,ENT
,
,ENT
,
,ENT
ESC
(1)表示消灯の設定
① ,
ENT
② キーでカーソルを<5.表示の設定>に合せ、
キーを押します。
,
キーで『表示消灯の設定』か『輝度調整』の
項目を選びます。
③ ④ ENT
キーを押すとカーソルが設定値に移動します。
,
キーで『ON/OFF』を選びます。
・ON :カーソルが『消灯時間の設定』に移動します。
・OFF:前画面に戻ります。
⑤ ,
キーで時間を選び、
ENT
キーを押します。
“OFF”設定
設定値が登録され、カーソルが移動します。
,
— 27 —
,ENT
“ON”設定
(2)輝度調整
① ,
キーで『輝度調整』を選び、
ENT
キーを押します。
② カーソルが消えます。
,
キーで輝度の調整を行います。
:バックライト 明
:バックライト 暗
③ ENT
,
,ENT
,
,ENT
キーを押し、設定値を登録します。
設定上の注意
ESC
設定を中止する時は キーを押してください。
以上で設定は終了です。
— 28 —
4. 2. 6 CP 演算値条件の設定
CP 演算機能に必要な条件設定をするためのモードです。
取扱い上の注意
・本機能はオプション仕様です。型式指定されない場合は表示されません。
設定範囲
・CO濃度値
:固定値;『10.0%∼40.0%CO』
(0.1%CO単位)
・炉温設定値 :『800℃∼1000℃』(1℃単位)
初期値
・CO濃度値 :『固定値 20.0%CO』
・炉温設定値 :『900℃』
① ,
キーでカーソルを<6.CP 演算値条
件の設定>に合わせ、
ENT
,
,ENT
ESC
,
,ENT
ESC
キーを押します。
画面が切り換わります。
(1)CO 濃度値設定
演算に必要な CO 濃度値を<実測値>または<固定値>
で行うかを設定します。
② ,
キーでカーソルを<1.CO 濃度値設
定>に合わせ、
ENT
設定終了
キーを押します。
画面が切り換わります。
③ キーで実測値または固定値を選択します。
・ 実測値を選択して、
ENT
キーを押すと前画面に
ENT
キーを押すと仮定 CO
,ENT
(実測値)
戻ります。
・ 固定値を選択して、
濃度値が表示されます。
キーで桁を選び、
,
,ENT
キーで数値を
(固定値)
変更します。
ENT
キーを押すと、画面が戻ります。
設定上の注意
CO計が付加されていない場合、CO濃度値の
<実測値>は表示されません。
以上で作業は終了です。
,
— 29 —
,
,ENT
ESC
(2)炉温設定
仮定炉内温度値を入力します。
① ,
わせ、
キーでカーソルを<2.炉温設定>に合
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
② キーで桁を選び、
,
,
,ENT
,
,ENT
ESC
キーで数値を変更
します。
ENT
キーを押すと前画面に戻ります。
,
以上で作業は終了です。
— 30 —
設定終了
4. 2. 7 メンテナンスモード パスワード入力
メンテナンスモードに入るためのパスワードを入力します。
初期パスワード
・工場出荷時のパスワードは“0000”です。
・パスワードの変更は<メンテナンスモード><5.パスワード設定>で行ってください。
① ,
キーでカーソルを<7.メンテナンスモード パス
ワード入力>に合せ、
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
,
,
② ③ ENT
,
,ENT
ESC
キーでパスワードを入力します。
キーを押すと画面が<メンテナンスモード>に切り換わ
ります。
なお、入力値が異なると『パスワードが正しくありません』
とコメント表示されます。
“NG”
,
設定上の注意
ESC
設定を中止する時は キーを押してください。
以上で設定は終了です。
— 31 —
,
,ENT
“OK”
ESC
4. 3 メンテナンスモード
本モードは定期点検や故障解析などに使用します。
操作上の注意
・モード内に入るにはパスワードが必要です。
パスワード変更後の値を忘れないよう記録してください。
・本モードは計器精度を保持するために重要なデータが保存されております。
誤操作・誤入力には十分注意して作業を行ってください。
・ジャンパーピンの切り換えは電源をOFFして行ってください。電子部品の破損原因となります。
4. 3. 1 出力選択
電流出力(DC4 ~ 20mA)または電圧出力(DC0 ~ 1V, DC0 ~ 100mV, DC0 ~ 10mV)の選択を行うモードです。
電流,電圧出力の切り換えは、メインプリント板のジャンパーピンを切り換える必要があります。
設定上の注意
・本モードの設定とメインプリント板のジャンパーピン切り換えは1対で行ってください。
正常な出力信号が得られません。
設定内容
初期値
『DC4∼20mA』または『DC0∼1V』または『DC0∼100mV』また
は『DC0∼10mV』を選択してください。
『仕様による』
ジャンパー切り換え
出力CH DC4-20mAの場合
CH1
JP1 1-2
DC0-1Vの場合
JP1 2-3, JP4 1-2
DC0-100mVの場合
JP1 2-3, JP4 3-4, JP7 1-2
DC0-10mVの場合
JP1 2-3, JP4 5-6, JP7 1-2
CH2
JP2 1-2
JP2 2-3, JP5 1-2
JP2 2-3, JP5 3-4, JP8 1-2
JP2 2-3, JP5 5-6, JP8 1-2
CH3
JP3 1-2
JP3 2-3, JP6 1-2
JP3 2-3, JP6 3-4, JP9 1-2
JP3 2-3, JP6 5-6, JP9 1-2
注)出力DC 4∼20mA の場合:JP4∼JP9はオープンにしてください。
出力DC 0∼1V
の場合:JP7∼JP9はオープンにしてください。
— 32 —
ジャンパー配置図
JP7
JP8
JP9
2 1
2 1
2 1
1 2
3 4
5 6
JP4
1 2
3 4
5 6
JP5
1 2
3 4
5 6
JP6
JP3
JP2
JP1
123
123
123
— 33 —
① ,
キーで<1.出力選択>を選び、
ENT
キーを押し
ます。
画面が切り換わります。
② ,
キーで変更する出力(OUT)を選び
ENT
,
,ENT
ESC
,
,ENT
ESC
,
,ENT
キーを押
します。
カーソルが移動します。
,
③ キ ー で 出 力 の 種 類 ( DC 4 ~ 2 0 mA, DC0 ~ 1V, DC0 ~ 100mV, DC0 ~ 10mV)を選択します。
ENT
キーを押すと表示が前画面に戻ります。
④ 同様に他出力信号を設定します。
以上で設定は終了です。
— 34 —
4. 3. 2 出力調整
出力信号のゼロ値、スパン値調整を行います。
設定前の準備
出力値の公差
・アナログ出力端子に電流計または電圧計を接続しま
す。
・DC4∼20mAの場合
ゼロ :4mA±0.05mA
スパン:20mA±0.05mA
・DC0∼1Vの場合
ゼロ :0V±0.005V
スパン:1V±0.005V
・DC0∼100mVの場合
ゼロ :0mV±0.5mV
スパン:100mV±0.5mV
・DC0∼10mVの場合
ゼロ :0mV±0.05mV
スパン:10mV±0.05mV
となるよう調整してください。
設定上の注意
・設定可変数値は内部演算用です。
出力調整は、電流計または電圧計で確認ください。
,
① キーでカーソルを<2.出力調整>に合わせ
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ,
,
,
,ENT
ESC
,
,ENT
ESC
キーで設定する出力(ゼロ、スパン)へカー
ソルを移動します。
ENT
キーを押すと、カーソルが入力値へ移動します。
キーで桁を選び、
③ ,
キーで数値を変更します。
,
この時、出力信号に接続した電流計または電圧計が規定値内
となるよう設定します。
ENT
キーを押し、データを登録します。
画面が出力信号選択に戻ります。
④ 同様に他のゼロ、スパン出力信号を設定します。
,
以上で設定は終了です。
— 35 —
,
ENT
,
設定終了
4. 3. 3 応答速度
内部演算(移動平均)による応答速度時間を設定します。
使用上の注意
・設定時間は目安となる値です。
・本設定の応答時間は、ガス流通、置換時間は含まれません。
・一般に応答速度時間を長く設定した場合、応答時間は遅くなりますが指示のフラツキは少なくな
ります。
設定範囲
初期値
『01秒∼60秒』
,
① 『03秒』
キーでカーソルを<3.応答速度>に合わせ
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ,
ENT
,ENT
ESC
キーを押すと、カーソルが入力値へ移動します。
キーで桁を選び、
ENT
ESC
キーで設定する成分へカーソルを移動します。
,
③ ENT
,
キーで数値を変更します。
キーでデータを登録します。
前画面に戻ります。
以上で設定は終了です。
,
— 36 —
,
ENT
,
設定終了
4. 3. 4 マイナス表示
ゼロ以下の測定値を『0』にする機能です。
設定内容
・ON :ゼロ以下を出力します。(マイナス出力します。)
・OFF :ゼロ以下を「0」にします。(マイナス出力しません。)
※濃度値表示も同様です。
初期値
『OFF』
,
① ENT
キーでカーソルを<4.マイナス表示>に合わせ
キーを押します。
画面が切り換わります。
,
② 再度
ENT
,ENT
ESC
ENT
ESC
キーを押します。
カーソルが入力値へ移動します。
③ ,
キーで設定値を変更し、
ENT
キーを押します。
前画面に戻ります。
以上で設定は終了です。
,
— 37 —
ENT
,
設定終了
4. 3. 5 パスワード設定
<メニューモード>から<メンテナンスモード>に移行するためのパスワードを設定します。
設定上の注意
・変更したパスワードを忘れないように、必ず記録・保管してください。
設定範囲
初期値
『0000∼9999』
『0000』
共通パスワード
設定値を忘れた場合は共通パスワード“1961”を入力してください。
,
① せ
ENT
キーでカーソルを<5.パスワード設定>に合わ
キーを押します。
画面が切り換わります。
,
② 再度
ENT
,ENT
ESC
ENT
ESC
キーを押します。
カーソルが入力値へ移動します。
キーで桁を選び、
③ ENT
,
キーで数値を変更します。
キーでデータを登録します。
前画面に戻ります。
以上で設定は終了です。
,
— 38 —
,
ENT
,
設定終了
4. 3. 6 センサー入力値
センサー入力信号の A/D 変換値を表示します。
画面の説明
・センサー:成分を表示します。
・入力値 :A/D変換直後の値を表示します。
値はカウント値で表示されます。
入力値
センサー
操作上の注意
・本モードは入力値を表示する機能です。
キー入力は行えません。
① ,
せ
ENT
キーでカーソルを<6.センサー入力値>に合わ
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ESC
,
キーで前画面に戻ります。
— 39 —
,ENT
ESC
4. 3. 7 係数確認
『オフセット値』と『ゼロ、スパン校正値』の内部演算係数を確認するモードです。
操作上の注意
・本モードは係数を確認するモードです。
キー入力は行えません。
,
① キーでカーソルを<7.係数
確認>に合わせ
ENT
キーを押します。
画面が切り換わります。
② ,
,
,ENT
ESC
,
,ENT
ESC
キーでカーソルを確認する項
目に合わせ
ENT
キーを押します。
モード内に入ります。
<オフセット画面>
③ ESC
<校正係数画面>
キーを押すと、
前画面に戻ります。
または
ESC
ESC
— 40 —
4. 3. 8 ファクトリーモード
本モードは工場調整モード(ファクトリーモード)への切り換えです。
お客さまが調整、設定を行う必要はありません。
画面の説明
・ファクトリーモード内のデータを変更すると、計器が正常に動作しなくなる場合があります。
操作はご遠慮ください。
・設定値を変更される場合は、サービス部門へお問い合せください。
・ファクトリーモ−ドの説明は別冊「サービスマニュアル」を参照ください。
— 41 —
5.点検・保守
5. 1 日常点検
(1) ゼロ校正およびスパン校正
① ゼロ校正を行ってください。校正方法は「4.1.1 ゼロ校正」項を参照ください。
② ゼロ校正が終了しましたらスパン校正を行ってください。校正方法は「4.1.2 スパン校正」項を参照くだ
さい。
③ ゼロ、スパン校正は、1週間に1回必要に応じて行ってください。
(2) 流量の点検
① 試料ガス流量・パージガス流量は、それぞれ下記のようになります。
・試料ガス流量 :0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min です。
・パージガス流量:約 1L/min です。
・校正ガス流量 :0.5L/min ± 0.2L/min または 1.0L/min±0.5L/min です。
② 点検保守は、1日に1回必要に応じて行ってください。
5. 2 日常点検保守要領
表5-1 保守点検表
点検箇所
指示値
現 象
指示誤差
原 因
毎日点検する所
① 試料セルの中にダスト
が混入してしまった。
① 試料セルの掃除,同時に
サンプリング機器,特に
ガスフィルタを点検
② サンプリング配管の途
中で空気を吸引してい
る。
② サンプリングラインの漏
れを検出して修理
流量計のニードル弁などで調
整
試料ガス流量
標準流量は0.5L/minであ
(器内パージを行って ること。
いる場合はパージガス (パージ流量は1L/min)
の流量を含む)
監視フィルタ(メンブ 汚れ確認
レンフィルタ)の交換
一週間ごとに
点検する所
ガス分析計のゼロ点
対 象
一次フィルタの破損など
ゼロ点のずれ
① 一次フィルタの交換
② フィルタ(ろ紙)の交換
ゼロ点調整
一年ごとに
点検する所
ガス分析計のスパン点 標準からのずれ
スパン調整
監視フィルタ(メンブ 現象のいずれかにかかわ
レンフィルタ)の交換 らず
フィルタ(ろ紙)の交換
ガス分析計
現象のいずれかにかかわ
らず
オーバホール
ガス分析計出力
オーバホール後
器差試験
— 42 —
5. 3 保守要領詳細
5. 3. 1 内部構成
内部構成および修理パーツの交換や調整は別冊『サービスマニュアル』を参照ください。 5. 3. 2 電源ヒューズの交換
交換上の注意
・作業は供給電源をOFFにしてから行ってください。
・作業前にヒューズ溶断原因の修理を行ってください。
ヒューズホルダは背面に設置されています。
① 正面の電源スイッチを OFF してから供給電源を OFF にして
ください。
② 背面の電源端子に接続されている配線を外します。
③ヒューズホルダのキャップを反時計方向に回し、手前に抜き
ます。
④ ヒューズを取り外し、新しいヒューズと交換してください。
(AC250V/1A スローブロータイプ)
⑤ キャップをヒューズホルダに挿入し、時計方向に回します。
⑥ 背面の電源端子に配線を接続した後供給電源を入れ、正面の
電源スイッチを投入します。
電源端子
ヒューズホルダ
図5-1 背画面
正常動作することを確認して作業は終了です。
— 43 —
5. 3. 3 測定セルの清掃
清掃上の注意
測定セルの清掃に伴う分解組立は、当社の調整技術員にご相談のうえ、作業を行ってください。
誤った作業を行うと、計器が正常に動作しません。
測定セル内にダストや水滴が入ると内部の汚れによるドリフトを起こす場合があります。
汚れている場合は清掃が必要です。
同時にフィルターを点検し、ダスト、ミストなどによるセル内流入を防止してください。
測定セルはセル長:4mm、8mm、16mm、32mm(ブロックセル)の4種類があります。
ブロックセルの清掃(図5-2参照)
① 測定ガスを止めます。有毒なガスが含まれているときは、ゼロガスで測定セル内を十分パージしてくだ
さい。
② 電源スイッチを切ってください。
③ 測定セルに接続されている配管を外します。
④ 検出器のコネクタをプリント板から外します。
二成分計の場合は,第二成分用検出器(図5−2の No.13)もコネクタをプリント板から外します。第二
成分用検出器取付けねじ2本(図5−2の No.14)を緩めて,第二成分用検出器を外します。
⑤ 第一成分用検出器を赤外線光源ユニットに取付けている2本のねじ(図5−2の No.10)を外します。セ
ルは検出器と一体になって外れます。
⑥ セルを固定している2本のねじ(図5−2の No.6)を緩め、セルを外してください。ブロックセルの一
方の窓は、検出器とブロックセルの間に挟まっているだけで固定されていません。落とさないように検
出器を上にして外してください。
⑦ セル内面や赤外線透過窓の掃除は、最初に柔わらかいブラシなどで大きなダストを取り除き、次に柔わ
らかい布で軽くふいてください。
決して硬い布などは用いないでください。
注 意
窓は割れ易いものですから取扱いには十分注意してください。
また、強くこすって傷をつけないよう注意してください。
⑧ 窓やセル内の汚れがひどい場合、柔わらかい布に無水エタノールを付けて汚れを落としてください。
⑨ 万一、窓が腐食した場合は、軽度のときは柔らかい布に酸化クロム粉末を付けて軽くこすれば取れますが、
はなはだしく腐食した場合は取り換える必要があります。
⑩ 組立ては③~⑥項を逆の手順で行ってください。
注 意
Oリングは窓ホルダーとセルの間に入れます。Oリングの位置を間違えないように注意してください。
二成分計の場合は、最後に第二成分用検出器を取り付けますが、このとき第一成分用検出器との間に隙
間ができないように注意してください。
また、検出器出力コードのコネクタをプリント板に差し込むとき、第一成分用と第二成分用の取り付け
を間違えないように注意してください。第一成分用はCN11、第二成分用はCN1に取り付けてください。
— 44 —
No.
1
(2)
(上部)
(14)
(13)
名 称
ねじ(光源ユニット固定用)
フィルタ
3
サラM4ネジ(ベース板固定用)
4
ベース板(検出器放熱板)
5
赤外線光源ユニット
6
ねじ(ブロックセル固定用)
7
ブロックセル
8
窓
9
Oリング
10
ねじ(検出器固定用)
11
チョッパモータ用コネクタ
12
検出器
(13)
検出器:二成分計の場合
(14)
ねじ:第二成分検出器取付け用
10
12
(2)
8
9
4
7
3
6
1
5
(下部)
11
図5-2 測定部の構成(ブロックセル)
— 45 —
5. 4 気密試験
測定セルの清掃後、必ず気密試験を行ってください。
以下の要領で気密試験を行ってください。
電源スイッチを OFF します。
5. 4. 1 気密試験
① 試料ガス出口(OUTLET)を塞ぎます。
② 試料ガス入口側に圧力調整器付き標準ガス(N2 または
Air ボンベ)を接続します。
③ 標準ガスの弁を開け、圧力調整器の圧力調整ハンドル
で低圧側圧力を 30kPa に合わせます。
④ 出口側ハンドルを全開にして、標準ガスボンベの元栓
を閉め、圧力調整器の圧力調整ハンドルを開放します。
⑤ 1 分間保持し、圧力調整器の低圧側圧力計に変化がな
いことを確認します。
⑥ 以上で気密試験は終了です。
リークが発生した場合は、ケース内部の各接続部に
せっけん水を少量付け、漏れ原因を対策してください。
②試料ガス入口
圧力
調整器
標準ガス
ボンベ
①試料ガス出口
封止
図5-3 気密試験
試験上の注意
・標準ガスを高圧(100kPa以上)で印加しないで
ください。
光学系破損の原因となります。
— 46 —
5. 5 熱処理炉向け調整について
・熱処理炉向け調整とは
実際に測定するプラントガス中に、水素(H2)のように窒素(N2)に比べて分子量が小さい場合、また、アルゴ
ン(Ar)のように窒素(N2)に比べて分子量が大きいガスが多く含まれている場合、ガス分析計の検量線(ガス
濃度に対する出力特性)に影響を与えることがわかっています(プレッシャーブロードニング)。
この場合、あらかじめプラントガス組成に近いガスで調整します。
(目盛ガスによる調整)また同時に、N2 バラ
ンスのガスを流した場合の検量線データも採り(チェックガスによる検量線)、製品にその検量線を記入したグラ
フを添付して出荷します。
熱処理炉におけるプラントの測定ガスはこの様な組成が多いため、熱処理炉向け調整を行います。
実際の使用状態で、この検量線のズレを補正し、正確な測定を行うには、下記のスパン校正方法を行ってください。
それぞれの場合に使用するスパン校正用標準ガスと、その方法について以下に例を上げて説明します。ゼロ点に
は影響を与えないため、ゼロ校正用標準ガスはどちらの場合も N2 または Air を使用します。
<例> 赤外線ガス分析計が 0-1%CO2 計で、プラントガス中の CO2 を測定する場合。
プラントガス組成が 0.5%CO2,25%CO,30%H2,0.2%CH4,44.3%N2 の場合、スパン校正用標準ガスとし
て次のいずれかを使用します。
標準ガスのタイプ
標準ガスの組成
スパン調整の方法
1
プラントガスと同じ組成の標準 0.9% ~ 1%CO2,25%CO,
30%H2,残り N2 ※
ガス(目盛ガス)
直接スパン校正を行います。
2
チェックガス
間接的な方法によりスパン校正
を行います。
0.9% ~ 1%CO
残り N2
※ 0.2%CH4 のような少量で影響の少ないガスは混合しません。
(1)プラントガスと同じ組成の標準ガスによるスパン校正の方法
1 のプラントガスと同じ組成の標準ガスを使用する場合は、検量線の誤差を生じず、そのまま校正できます。
① 校正濃度設定値のスパン校正濃度に、校正ガスに表示されている CO2 濃度を設定します。
② 操作キーでスパン校正を実施します。
— 47 —
(2)チェックガスによるスパン校正の方法
2 のチェックガスを使用する場合のスパン校正方法について説明します。
(検量線に誤差が生じるため、製品添
付の検量線グラフより読みとった校正値をあらかじめ設定することで、間接的に校正します。)
① 製品に添付される試験成績表には下図のような検量線グラフがついています。
このグラフには、目盛ガス(プラントガス組成に近いガスで本分析計の目盛を決めるガス)による検量
線(濃度と出力の特性曲線)と、目盛ガスで調整した場合のチェックガス(分析計のチェックが容易に
行えるよう N2 バランスガスを使用)での検量線が記入されています。
1.0V
目盛ガス組成検量線
(プラントガス組成)
0.9
0.89V
0.8
チェックガス組成
検量線
(N2バランスガス)
*目盛ガス組成で調整
した計器 にチェック
ガスを流した場合 の
値
0.7
出 力
0.6
0.5
0.4
0.3
0.2
0.1
0
0
0.1
0.2
0.3
0.4
0.5
0.6
測定ガス濃度
0.7
0.8
0.89%CO2
0.9
1%CO2
0.95%CO2
製品添付検量線グラフ
② 校正ガスとして 0.95%CO2 残 N2(チェックガス)を使用した場合、上のグラフで、X 軸の 0.95% の点を
上に伸ばしていき、チェックガス検量線との交点から、Y 軸方向へ向かって線を引き、目盛ガス組成の
検量線との交点から 0.89% 相当の値を求めることができます。
③ この値(0.89%)を、校正濃度設定値のスパン校正濃度に設定します。
④ 0.95% のチェックガスを流してスパン校正します。その時 0.89% に校正されます。
これにより、検量線の誤差分を補正した形で実際のプラントに合わせた測定が可能となります。
— 48 —
6.トラブルシュート
注意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず販売店または当社の調整技術員に連絡くだ
さい。不用意に分解すると感電,けがの恐れがあります。
6. 1 不具合の現象と対策
現 象
対象項目
バックライトの自動消灯
指示値が大き
く異なる
「4.2.5」項による。
液晶表示器の修理、交換 サービス部門へ問合せ
電源不良
供給電圧を確認
配線の確認と修理
ヒューズ不良
ヒューズの確認と交換
「5.3.2」項による。
ガス、スパン校正
校正を実施する
「4.1」項による。
気密不良
ガス漏れの確認
「5.4」項による。
流量不良
流量計で確認
「3.2.3」項による。
表示コネクター不良
サンプリング機器不良
応答が遅い
処理方法
キーを押してください。
バックライトの寿命
表示されない
点検事項
サービス部門へ問合せ
ゼロ、スパン校正
校正を実施する
「4.1」項による。
気密
ガス漏れの確認
「5.4」項による。
流量不良
流量計で確認
「3.2.3」項による。
— 49 —
6. 2 エラーメッセージと対策
下記内容でエラーが発生します。
エラー表示
エラー内容
考えられる要因
Error No.1
光学系信号不良
・赤外線光源の不良
・セクターモータの回転不良または停止
・セクターモータ回転検出回路の不良
・検出器の不良。但し,第二成分検出器は検知されま
せん。
Error No.3
A/D変換信号不良
・過大アナログ入力
・回路故障
Error No.4
ゼロ校正が校正可能範囲外
Error No.5
ゼロ校正量(表示している値)
がフルスケールの50%以上
・ゼロガスが流れていない
・セルの汚れなどでゼロ点が大きくずれた
・検出器不良
・アナログ信号不良
Error No.6
スパン校正が校正可能範囲外
Error No.7
スパン校正量(表示している値と
校正濃度値の差)がフルスケール
の50%以上
・スパンガスが流れていない
・校正濃度設定がボンベガス濃度にあっていない
・ゼロ校正を正常に行っていない
・セルの汚れなどでスパンが大きくずれた
・検出器感度の低下
<エラー発生時の画面表示および操作>
1) Error No.1, No.6 の場合
測定画面
エラー内容表示
ENT
ESC
・エラーキャンセル実行後、エラー発生
要因が取り除かれていなければ、再び
エラー表示します。
ESC キーを押すとエラー表示は消えま
・ ・複数のエラーが発生している場合は
キーで他のエラー内容表示にな
ります。
す。
— 50 —
2) Error No.4 の場合
測定画面
エラー内容表示
ENT
ESC
・複数のエラーが発生している場合は
・エラーキャンセル実行後、エラー発生
要因が取り除かれていなければ、再び
エラー表示します。
キーで他のエラー内容表示にな
ります。
ESC キーを押すとエラー表示は消えま
・ す。
3) Error No.5, No7 の場合
ENT
ENT
ESC
校正動作を続けます。他の校正エラー
が発生しなければ校正を実行、終了し
て測定画面に戻ります。
— 51 —
7.仕 様
本製品は防爆仕様ではありません。危険ガス取扱い時には十分に注意してください。
7. 1 仕様
標準仕様
・測 定 原 理:非分散型赤外線吸収法
単光源単光束(シングルビーム方式)
・測定成分および測定範囲:
CO2
CO
CH4
最小レンジ
0 ∼ 0.5%
0 ∼ 0.5%
0 ∼ 1%
最大レンジ
0 ∼ 100vol%
0 ∼ 100vol%
0 ∼ 10%
・最大 2 成分まで測定可能。
・2 レンジ切換え
・測定レンジ比≦最大1:5
・測 定 値 表 示:デジタル 4 桁表示
(バックライト付き液晶パネル、自動消
灯機能付き)
・各成分瞬時値表示
・CP 演算結果表示(オプション )
表示言語:日本語または英語
・バックライト寿命:
50,000 時間(連続点灯時間)
(バックライト交換時は表示部ごと交換
します。LCD 消灯機能をご使用の場合
は消灯している時間分寿命が延びます)
・アナログ出力信号:
DC4 ~ 20mA または DC0 ~ 1V、DC0
~ 100mV、DC0 ~ 10mV のいずれか。
非絶縁出力
アナログ出力は測定値表示に対して 1
対 1 で出力
・許容 負 荷 抵 抗 :DC4 ~ 20mA550Ω 以下
DC0 ~ 1V,DC0 ~ 100mV, DC0 ~
10mV100k Ω以上
・接 点 出 力:1a リレー接点(接点容量 AC250V/2A
抵抗負荷)
計器異常 ( 標準 )、レンジ識別信号 ( オ
プション )
接点相互および内部回路とはリレー絶縁
・接 点 入 力:無電圧接点(ON/0V, OFF/DC5V, ON
(オプション) 時電流 5mA)
リモートレンジ切換入力、リモートホー
ルド入力
内部回路とはフォトカプラ絶縁、接点入
力間は非絶縁
・供 給 電 源:定格電圧 AC100V ~ AC240V
使用電圧 AC85V ~ AC264V
定格周波数 50/60Hz
最大定格電力 70VA
・動 作 条 件:周囲温度 - 5℃~ 45℃
周囲湿度 95% RH 以下(結露なきこと)
・保 管 条 件:周囲温度 - 20℃~ 60℃
周囲湿度 95% RH 以下(結露なきこと)
・外形寸法(H × W × D):211 × 218 × 257mm
・取 付 け 方 法:パネル埋め込み式
(パネル面に垂直に取付け)
— 52 —
・質 量:約 5kg
・塗 装 色:オフホワイト
(マンセル 10Y7.5/0.5 相当)
・外 被 形 式:鋼板製ケース、屋内形
・接 ガ ス 部 材 質 :ガス出入口:SUS304、 試料セル:SUS304 /ネオプレンゴム、
赤外線透過窓:CaF2、
内部配管:トアロン
・ガ ス 出 入 口:Rc1/4 または NPT1/4 めねじ
(指定による)
・パージガス流量:1L/min(必要に応じて行う)
・外 部 端 子:電源端子 M4 ねじ,その他 M3.5 ねじ
性 能
・繰 り 返 し 性:± 0.5% FS 以内
・直 線 性:± 1% FS 以内ただし , レンジ比 1:4,
1:5 は± 2% FS 以内
・ゼ ロ ド リ フ ト:± 2% FS/week 以内
・スパンドリフト:± 2% FS/week 以内
・応答時間(90% FS 応答):10 秒以内
・他 ガ ス の 干 渉:± 2% 以内
・暖 機 時 間:30 分
機能説明
・自動消灯機能(標準):
消灯時間設定後,いずれのキーも操作し
ない時に表示用バックライトが自動消灯
します。
復帰は,いずれかのキーを押せば点灯し
ます。
・出力信号ホールド(標準):
ホールド設定 ON により手動校正中のア
ナログ出力信号を校正直前の値でホール
ドします。
(オプション)
・計器異常接点出力 ( 標準 ):
分析計本体異常時に接点信号を出力します。
・CP 演算
:CO2 測定値をベースに、炉温度(固定
入力値)と CO 濃度値(固定値または実
測値)より浸炭炉や変成炉のカーボンポ
テンシャルを演算します。
CPS × (PCO)2
CP =
演算式;
K1 × PCO2
CPS
t
PCO
PCO2
K1
T
; 飽和炭素濃度(分圧)
0.0028t - 1.30(800℃≦ t < 850℃)
0.0030t - 1.47(850℃≦ t < 950℃)
0.0034t - 1.85(950℃≦ t < 1000℃)
;炉温(℃)
;CO 濃度値(分圧)
;CO2 濃度値(分圧)
;定数 K1 = 10(9.06 - 15966 / T)
;ランキン温度(t × 9 / 5 + 32 + 460)
・リモート出力ホールド(オプション):
リモート出力ホールド入力端子を短絡す
ることにより、アナログ出力信号はその
直前の値をホールドします。
(短絡して
いる間ホールド)
表示値はホールドされません。
・リモートレンジ切換え(オプション):
リモートレンジ切換接点入力信号により
レンジを切換えます。
切換えはリモートレンジ設定が ON の時
のみ有効。この場合、手動によるレンジ
切換えはできません。
各成分の接点入力端子を短絡で第 1 レ
ンジ、開放で第 2 レンジとなります。
・レ ン ジ 識 別 信 号 (オプション):
現在の測定レンジの識別を接点信号で出
力します。
各成分の接点出力端子が第 1 レンジで
閉、第 2 レンジで開となります。
標準測定ガス条件
・流 量:0.5L/min± 0.2L/min
または 1L/min± 0.5L/min
・温 度:0 ~ 40℃
・圧 力:5kPa 以下(ガス出口側は大気圧開放の
こと)
・ダ ス ト:0.3 μ m 以下
・ミ ス ト:なきこと
・水 分:室温飽和以下(結露なきこと)
・腐 食 性 成 分:HCL1ppm 以下
・校正用標準ガス:
ゼ ロ ガ ス;ドライ N2 または除湿大気 (Air)
スパンガス;各測定対象成分のレンジに対して 90%
~ 100%の濃度(推奨)
100%を超える濃度は使用できません。
設置条件
・直射日光,風雨,高温物質からの輻射熱が当たらない場
所でご使用ください。
これらの影響が避けられない場合には、影響を防ぐため
に屋根やカバーをご用意ください。
・振動がある場所はさけてください。
・雰囲気の清浄な場所を選んで使用ください。
・排気ガスは安全な場所へ大気開放してください。
・防爆エリアでは使用しないでください。
— 53 —
基本ガスサンプリングシステム
流量計
P
清浄空気
ポンプ
コック
P
測定ガス
入口
フィルタ
フィルタ
排気口
分析計
メンブレン
フィルタ
ポット
調節計
ゼロガス
記録計
スパンガス
注)測定ガスに水分を含まないサンプリング例です。
赤外線式測定原理図(CO, CO2, CH4)
測定セルで吸収された赤外線量をマスフローセンサで検出します。
赤外線光源
ガス入口
ガス出口
検出器
モータ
チョッパ
表示
測定セル
信号処理
演算部
1mm□
マスフロー
センサ
マスフローセンサ
(熱線風速検出素子)
プリアンプ
出力
— 54 —
調節弁へ
7. 2 形式指定
4 5 6 7 8
桁
4 標準
5 測定成分
6 ガス出入口接続
7 出力信号
仕 様
第1成分 第2成分
CO
なし
CO2
なし
CH4
なし
CO2
CO
CO
CH4
CO2
CH4
Rc1/4
NPT1/4
DC4∼20mA
DC0∼1V
DC0∼100mV
DC0∼10mV
ZFG F
1
9 10 11 12 13
14 15 16
Y
ま
F
B
D
E
G
H
J
1
2
1
2
3
4
1
8 改良No
H
9 第1成分,第1レンジ
0∼0.5%
J
(5ページより選定してください) 0∼1%
K
0∼2%
Q
0∼3%
L
0∼5%
M
0∼10%
N
0∼20%
V
0∼25%
W
0∼40%
P
0∼50%
X
0∼70%
R
0∼100%
Z
その他
10 第1成分,第2レンジ
なし
Y
(5ページより選定してください) 0∼1%
J
0∼2%
K
0∼3%
Q
0∼5%
L
0∼10%
M
0∼20%
N
0∼25%
V
0∼40%
W
0∼50%
P
0∼70%
X
0∼100%
R
その他
Z
11 第2成分,第1レンジ
なし
Y
(6ページより選定してください) 0∼0.5%
H
0∼1%
J
0∼2%
K
0∼3%
Q
0∼5%
L
0∼10%
M
0∼20%
N
0∼25%
V
0∼40%
W
0∼50%
P
0∼70%
X
0∼100%
R
その他
Z
12 第2成分,第2レンジ
なし
Y
(6ページより選定してください) 0∼1%
J
0∼2%
K
0∼3%
Q
0∼5%
L
0∼10%
M
0∼20%
N
0∼25%
V
0∼40%
W
0∼50%
P
0∼70%
X
0∼100%
R
その他
Z
13 表示言語
日本語
1
英語
2
14 オプション
Y
なし
A
CP演算値出力付き
B
接点入出力付き
C
接点入出力付き+CP演算値出力付き
15 ─
─
Y
16 調整
標準
熱処理炉用
転炉用
その他
(注)
測定レンジ製作可能範囲は56∼58ページによります
(表1∼表3:1成分計,表4∼表6:2成分計)
。
— 55 —
A
B
C
Z
測定レンジ製作可能範囲対応表
表 1:1 成分計< CO2 >
第 2 レンジ Y
J
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
なし 0 ~ 1 % 0 ~ 2 % 0 ~ 3 % 0 ~ 5 %0 ~ 10% 0 ~ 20% 0 ~ 25% 0 ~ 40% 0 ~ 50% 0 ~ 70% 0 ~ 100%
第 1 レンジ
H
J
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
0 ~ 0.5%
0~1%
0~2%
0~3%
0~5%
0 ~ 10%
0 ~ 20%
0 ~ 25%
0 ~ 40%
0 ~ 50%
0 ~ 70%
0 ~ 100%
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
○
-
表 2:1 成分計< CO >
第 2 レンジ Y
J
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
なし
0
~
1
%
0
~
2
%
0
~
3
%
0
~
5
%0
~
10%
0
~
20%
0
~
25%
0
~
40%
0
~
50%
0
~
70%
0
~
100%
第 1 レンジ
H
J
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
0 ~ 0.5%
0~1%
0~2%
0~3%
0~5%
0 ~ 10%
0 ~ 20%
0 ~ 25%
0 ~ 40%
0 ~ 50%
0 ~ 70%
0 ~ 100%
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
表 3:1 成分計< CH4 >
第 2 レンジ Y
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
なし 0 ~ 2% 0 ~ 3 % 0 ~ 5 %0 ~ 10% 0 ~ 20% 0 ~ 25% 0 ~ 40% 0 ~ 50% 0 ~ 70% 0 ~ 100%
第 1 レンジ
J
K
Q
L
M
N
V
W
P
X
R
0~1%
0~2%
0~3%
0~5%
0 ~ 10%
0 ~ 20%
0 ~ 25%
0 ~ 40%
0 ~ 50%
0 ~ 70%
0 ~ 100%
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
-
-
-
-
-
-
— 56 —
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
○
○
○
○
○
-
測定レンジ製作可能範囲対応表
表 4:2 成分計< CO2 / CO >
第 1 成分< CO2 >
第 1 レンジ/
0 ~ 0.5
第 2 レンジ
/1%
コード HJ
0 ~ 0.5/1% HJ
○
0 ~ 1/2%
JK
○
0 ~ 1/3%
JQ
○
0 ~ 2/3%
KQ
○
0 ~ 2/5%
KL
○
0 ~ 3/5%
QL
○
0 ~ 5/10% LM
-
0 ~ 10/20% MN
-
0 ~ 10/25% MV
-
0 ~ 20/25% NV
-
0 ~ 20/40% NW
-
0 ~ 20/50% NP
-
0 ~ 25/40% VW
-
0 ~ 25/50% VP
-
0 ~ 40/50% WP
-
0 ~ 40/70% WX
-
0 ~ 50/70% PX
-
0 ~ 50/100% PR
-
0 ~ 70/100% XR
-
0 ~ 100%/ なし RY
-
0~1
/2%
JK
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0~1
/3%
JQ
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
0~2
/3%
KQ
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
0~2
/5%
KL
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
第 2 成 分 <CO >
第 1 レンジ/第 2 レンジ
0 ~ 3 0 ~ 5 0 ~ 10 0 ~ 10 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 25 0 ~ 25 0 ~ 40 0 ~ 40 0 ~ 50 0 ~ 50 0 ~ 70 0 ~ 100%
/5% /10% /20% /25% /25% /40% /50% /40% /50% /50% /70% /70% /100% /100% / なし
QL LM
MN
MV
NV
NW
NP
VW
VP
WP
WX
PX
PR
XR
RY
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
表 5:2 成分計< CO2 / CH4 >
第 1 成分< CO2 >
第 1 レンジ/
第 2 レンジ
0 ~ 1/2%
0 ~ 1/3%
0 ~ 2/3%
0 ~ 2/5%
0 ~ 3/5%
0 ~ 5/10%
0 ~ 10/20%
0 ~ 10/25%
0 ~ 20/25%
0 ~ 20/40%
0 ~ 20/50%
0 ~ 25/40%
0 ~ 25/50%
0 ~ 40/50%
0 ~ 40/70%
0 ~ 50/70%
0 ~ 50/100%
0 ~ 70/100%
0 ~ 100%/ なし
コード
JK
JQ
KQ
KL
QL
LM
MN
MV
NV
NW
NP
VW
VP
WP
WX
PX
PR
XR
RY
第 2 成分< CH4 >
第 1 レンジ/第 2 レンジ
0 ~ 2 0 ~ 2 0 ~ 3 0 ~ 5 0 ~ 10 0 ~ 10 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 25 0 ~ 25 0 ~ 40 0 ~ 40 0 ~ 50 0 ~ 50 0 ~ 70 0 ~ 100%
/ なし
/3% /5% /5% /10% /20% /25% /25% /40% /50% /40% /50% /50% /70% /70% /100% /100%
KQ
KL QL LM
MN
MV
NV
NW
NP
VW
VP
WP
WX
PX
PR
XR
RY
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
-
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
— 57 —
表 6:2 成分計< CH4 / CO >
第 1 成分< CH4 >
第 1 レンジ/
第 2 レンジ
0 ~ 1/2%
0 ~ 1/3%
0 ~ 2/3%
0 ~ 2/5%
0 ~ 3/5%
0 ~ 5/10%
0 ~ 10/20%
0 ~ 10/25%
0 ~ 20/25%
0 ~ 20/40%
0 ~ 20/50%
0 ~ 25/40%
0 ~ 25/50%
0 ~ 40/50%
0 ~ 40/70%
0 ~ 50/70%
0 ~ 50/100%
0 ~ 70/100%
0 ~ 100%/ なし
コード
JK
JQ
KQ
KL
QL
LM
MN
MV
NV
NW
NP
VW
VP
WP
WX
PX
PR
XR
RY
第 2 成 分 <CO >
0~1 0~1 0~2 0~2
/2% /3% /3% /5%
JK
JQ
KQ
KL
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
-
-
○
○
0~3
/5%
QL
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
第 1 レンジ/第 2 レンジ
0 ~ 5 0 ~ 10 0 ~ 10 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 20 0 ~ 25 0 ~ 25 0 ~ 40 0 ~ 40 0 ~ 50 0 ~ 50 0 ~ 70 0 ~ 100%
/10% /20% /25% /25% /40% /50% /40% /50% /50% /70% /70% /100% /100% / なし
LM
MN
MV
NV
NW
NP
VW
VP
WP
WX
PX
PR
XR
RY
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
○
— 58 —
★ マ ニ ュ ア ル コ メ ン ト 用 紙 ★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございまし
たら,この用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マニュアルNo.
ご 提 出 日 年 月 日
INZ−TN1ZFGd
社名
熱処理炉向けガス分析計
マニュアル名称
ご提出者 所属
取扱説明書
形式:ZFG
ページ
行
氏名
内 容
意見,要望,内容不明確‥‥‥‥‥いずれかに○印
出版元記入欄 担当
受付
年 月 日 受付番号
本社 〒141-0032 東京都品川区大崎一丁目11番2号(ゲートシティ大崎イーストタワー)
http://www.fujielectric.co.jp
計測機器の技術相談窓口
(042)584-1506
FAX(042)584-1513
受付時間 AM9:00 ∼12 :00 PM1:00 ∼5:00
[月∼金曜日(祝日を除く)、FAXでの受信は常時行っています]
計測機器のホームページ http://www.fujielectric.co.jp/products/instruments/
営業拠点
関東地区 TEL
(03)
5435-7041
中部地区 TEL
(052)
746-1014
関西地区 TEL
(06)
6455-6790
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement