ZSX

ZSX
取扱説明書
赤外線式VOCガス測定器
形式 : ZSX
INZ-TN1ZSXa
はじめに
このたびは、赤外線式 VOC ガス測定器(形式:ZSX)をお買い上げいただき、まことにありがとうござい
ます。
・この取扱説明書をよくお読みいただき、十分に理解した上でガス分析計の設置,運転,保守を行っ
てください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐れがあります。
・本装置の仕様は、製品改良のため予告なく変更することがあります。
・無断で、本装置を改造することは、固く禁止致します。無断で改造したことにより生じた事故につ
いては、一切責任を負いません。
・この取扱説明書は、実際に本装置をお使いになる方が保管してください。
・お読みになった後は、お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してください。
・この取扱説明書は、必ず最終需要家まで渡るように配慮してください。
製
造
形
者:富士電機株式会社
式:本体銘板に記す
製造年月日:本体銘板に記す
製
造
国:日本
製品についてのお問い合わせは、担当営業または計測機器技術相談窓口へお
願いいたします。
計測機器技術相談窓口
TEL 042-584-1506
FAX 042-584-1513
受付時間 AM9:00~12:00 PM1:00~5:00
月~金曜日(祝日を除く)、FAX での受信は
常時行っております。
お願い
・本書の内容の一部、または全部を無断で記載することは禁止されて
います。
・本書の内容に関しましては、将来予告なしに変更することがありま
す。
・本書の中の分かりにくい箇所、記述の誤り、記載もれなどお気づき
の点がございましたら、巻末のマニュアルコメント用紙にご記入の
うえ、担当営業員にお渡しください。
-i-
©富士電機株式会社
2006
発
行
2006-03
改
訂
2011-04
本機器を安全にご使用いただくために
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上、正しくご使用ください。
・ここに示した注意事項は、安全に関する重大な内容を記載していますので、必ず守ってください。安全事項
のランクを「危険」
,「注意」,
「禁止」と区分してあります。
取扱いを誤った場合に、危険な状況が起こりえて、死亡または重傷を受ける可
能性が想定される場合。
取扱いを誤った場合に、危険な状況が起こりえて、中程度の障害や軽傷を受け
る可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される場合。
禁止(行ってはいけないこと)を示します。
ガス分析計の設置、運搬上、保管上の注意
・ 本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。
爆発、火災などの重大な事故の原因になります。
・ 設置は、安全かつ質量に耐える場所を選んでください。不完全な設置は、転倒事故、
感電、火災、けがなどの原因になります。
・ 本装置を持ち上げるときには、必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをする
恐れがあります。
・ 本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を
超えた場所での使用は、感電、火災、誤動作の原因になります。
・ 保守の際、製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災、故障、誤動
作の原因になります。
配管上の注意事項
◎ 配管は、下記の注意事項を守って行ってください。誤った配管接続はガス漏れの原因
になります。
漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合、重大な事故につながる恐れがあります。ま
た、可燃性ガスが含まれる場合は、爆発、火災などを引き起こす可能性があります。
! 配管接続は、取扱説明書に従い正しく行ってください。
! 排出ガスは、屋内にこもらないように屋外に排出してください。
! 排出ガスは、大気開放として不要な圧力がかからないように注意してください。本
装置の内部配管が外れ、ガス漏れの原因になることがあります。
! 配管は、油脂類の付着がないパイプ、圧力調整器をご使用ください。油脂類の付着
があると、火災などを引き起こす可能性があります。
−ii−
配線上の注意
! 配線を行うときは、必ず全ての電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあ
ります。
! アース線は、D 種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠ると、感電
や故障の原因になります。
! 配線材は、機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格に耐えない配線
材の使用は、感電や火災の原因になります。
! 定格に合った電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると火災の原因に
なります。
使用上の注意事項
・ 異臭、異音が発生したときは、本装置を直ちに停止してください。放電すると火災の
原因になることがあります。
・ 長期間休止させたり、またその再立上げは、通常の運転・休止とは異なりますので、
取扱説明書の指示に従ってください。十分な性能が発揮されないばかりか、事故やけ
がの原因になります。
・ 本装置のカバーを開けたまま長期間運転しないでください。粉塵、埃などが装置内部
に付着し、故障の原因になります。
・ 電源コネクタ、入出力コネクタを金属、指などで触らないでください。故障、感電、
けがの恐れがあります。
・ 本装置の周辺で喫煙など、火気を使用しないでください。火災の原因になることがあ
ります。
保守、点検上の注意
・ 校正ガスなどの標準ガスを取扱うときは、標準ガスの取扱説明書を熟読して正しく使
用してください。特に危険性ガスは注意が必要で、中毒などの事故につながる恐れが
あります。
・ 保守点検時には、必ず本装置内と内部配管をゼロガスで置換してから作業してくださ
い。ガス漏れによる中毒の恐れがあります。
・ ヒューズが溶断したときは、その原因を確認の上、必ず同容量、同形式のものと交換
してください。感電や事故の原因となります。
・ 交換部品は、メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されない
ばかりか事故や故障の原因になります。
・ 保守部品などの交換部品は、不燃物として処理ください。地域のルールに従って廃棄
ください。
◎ 感電、けがを避け、安全に作業するために以下のことを必ず守ってください。
・ 時計などの金属物を外して作業してください。
・ 濡れた手で計器に触れないでください。
その他
・ 取扱説明書を見ても判断できない故障の場合、必ず販売店または当社の調整技術員に
連絡ください。不用意に分解すると感電、けがの恐れがあります。
−iii−
梱包内容の確認
・納入品として、以下①、②、(③,④はオプション指定で購入した場合)に示すものが全て揃っていること
を確認してください。
①装置本体
②標準付属品(表 1 を参照ください)
No
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
電源コード
管ヒューズ
アース線
テフロンチューブ
トアロンチューブ
ラインフィルタ
VOC/CO2 コンバータ用継手
酸化触媒 A,B
ハロゲンスクラバー
ポンプ交換部品
11
取扱説明書
品名
表 1 標準付属品
数量
備考
1本
AC100V 用 コード長さ 2.5m
定格容量 AC250V/3.15A
2個
線長さ 5m
1本
外径 Φ6/内径 Φ4×長さ 2m
1本
外径 Φ9/内径 Φ5×長さ 0.3m
1本
2個
バイトン
2個
各 1 袋 PE 袋入り
1袋
PE 袋入り
ダイアフラム 1 ケ、シール弁 1 ケ、
1式
ダイアフラムパッキン 1 ケ、
PTFE パッキン 1 ケ
1冊
③プリンタ一式(オプション指定品 表 2 を参照ください)
No
1
2
3
4
品名
サーマルプリンタ PRINTYⅡ
AC アダプタ
ケーブル
感熱紙
表 2 プリンタ一式
数量
備考
色:ライトグレー、感熱紙 1 巻付
1台
入力:AC100V、出力:DC6V,1,5A
1本
1本
Dsub9pin メス−Dsub25pin オス
クロスタイプ,ケーブル長さ 1.5m
10 巻
④ボンベ一式(オプション指定品 表 3 を参照ください)
No
1
2
3
品名
ゼロガスボンベ
スパンガスボンベ
圧力調整器
表 3 ボンベ一式
数量
備考
高純度空気、3.4L
1本
プロパン 800∼1000ppmC(残 air)、3.4L
1本
ナイロンパッキン 3 ケ付
1台
−iv−
目次
はじめに ................................................................................................................................................. i
本機器を安全にご使用いただくために ................................................................................................. ii
梱包内容の確認 .................................................................................................................................... iv
目次 ....................................................................................................................................................... v
1. 概要 ..................................................................................................................................................1
1.1 外形図 ............................................................................................................................................... 2
1.1.1 本体外形図 ............................................................................................................................................2
1.1.2 電源ケーブル外形図..............................................................................................................................3
1.1.3 プリンタ外形図(オプション品)........................................................................................................3
1.1.4 ボンベ、圧力調整器外形図(オプション品)......................................................................................3
1.2 各部の名称と説明 ............................................................................................................................. 4
2. お使いになる前に.............................................................................................................................5
2.1 設置................................................................................................................................................... 5
2.2 配管................................................................................................................................................... 6
2.2.1 サンプリングバッグ測定の場合 ...........................................................................................................6
2.2.2 連続測定の場合(参考) ......................................................................................................................7
2.2.3 校正の場合 ............................................................................................................................................7
2.3 配線................................................................................................................................................... 8
2.3.1 供給電源................................................................................................................................................8
2.3.2 外部接続................................................................................................................................................9
3. 装置操作の概要 ..............................................................................................................................10
3.1 操作パネルの名称と説明................................................................................................................. 10
3.2 表示画面の概要 ............................................................................................................................... 10
3.3 表示画面の構成 ................................................................................................................................11
3.4 暖機運転.......................................................................................................................................... 12
4. 装置操作の詳細 ..............................................................................................................................13
4.1 測定条件の設定 ............................................................................................................................... 13
4.1.1 サンプル名の入力 ...............................................................................................................................13
4.1.2 測定方式の選択...................................................................................................................................14
4.1.3 測定回数の設定(バッグ測定時)......................................................................................................15
4.1.4 ベース CO2 測定周期の設定(連続測定時) ......................................................................................16
4.1.5 測定レンジの設定 ...............................................................................................................................17
4.1.6 ベース VOC 濃度の設定 .....................................................................................................................18
4.2 測定開始・終了 ............................................................................................................................... 20
4.2.1 バッグ測定 ..........................................................................................................................................20
4.2.2 連続測定..............................................................................................................................................23
4.3 ゼロ点/スパン校正........................................................................................................................ 26
4.3.1 校正条件の設定...................................................................................................................................26
4.3.2 校正の実施 ..........................................................................................................................................29
4.4 配管クリーニング ........................................................................................................................... 34
4.4.1 配管クリーニング条件の設定 .............................................................................................................34
−v−
4.4.2 配管クリーニングの実施.................................................................................................................... 36
4.5 データ一覧・プリンタ出力・削除 ...................................................................................................38
4.5.1 バッグ測定データ表示数の設定......................................................................................................... 38
4.5.2 バッグ測定データ一覧・プリンタ出力 .............................................................................................. 39
4.5.3 バッグ測定データ一覧・削除 ............................................................................................................ 40
4.5.4 連続測定データ一覧(前回)・プリンタ出力..................................................................................... 41
4.5.5 校正データ一覧・プリンタ出力......................................................................................................... 42
5. 装置の設定......................................................................................................................................43
5.1 装置設定モード画面での設定 ..........................................................................................................43
5.1.1 日付・時間の設定............................................................................................................................... 43
5.1.2 表示消灯時間の設定 ........................................................................................................................... 44
5.1.3 キーロックの設定............................................................................................................................... 45
5.1.4 通信機器の設定 .................................................................................................................................. 46
5.1.5 スキップ設定(連続測定時) ............................................................................................................ 47
5.1.6 メンテナンスメニュー パスワード入力 ............................................................................................ 48
5.2 メンテナンスメニュー画面での設定 ...............................................................................................49
5.2.1 アナログ出力調整............................................................................................................................... 49
5.2.2 応答時間の設定 .................................................................................................................................. 51
5.2.3 伝送ステーション No.の設定 ............................................................................................................. 52
5.2.4 CO2 センサ校正の設定・実施 ............................................................................................................. 52
5.2.5 メンテナンスメニューのパスワード設定 .......................................................................................... 53
5.2.6 ファクトリーメニュー ....................................................................................................................... 53
6. 点検・保守......................................................................................................................................54
6.1 日常点検 ..........................................................................................................................................54
6.2 定期点検・保守................................................................................................................................54
6.3 保守要綱詳細 ...................................................................................................................................55
6.3.1 装置内部構成と保守部品.................................................................................................................... 55
6.3.2 電源ヒューズ...................................................................................................................................... 55
6.3.3 ラインフィルタ .................................................................................................................................. 56
6.3.4 VOC/CO2 コンバータ.......................................................................................................................... 57
6.3.5 ハロゲンスクラバー ........................................................................................................................... 58
6.3.6 ポンプ................................................................................................................................................. 59
6.3.7 CO2 センサの測定セル ........................................................................................................................ 61
6.4 気密試験 ..........................................................................................................................................63
6.5 CO2 センサ校正の設定・実施...........................................................................................................64
7. 予備品.............................................................................................................................................72
8. トラブルシュート...........................................................................................................................73
9. 仕様 ................................................................................................................................................75
9.1 仕様 .................................................................................................................................................75
9.2 形式指定 ..........................................................................................................................................77
−vi−
1. 概要
揮発性有機化合物(Volatile Organic Compounds)は、大気汚染の要因となる浮遊粒子状物質や光化学オキ
シダントの原因物質の一つであり、環境へ影響を及ぼすことが指摘されています。
環境省では、VOC 排出量を 2010 年までに 30%削減(2000 年比)を目標として、2005 年 6 月に大気汚染
防止法を改正し、VOC 排出規制に係わる規定注)は 2006 年 4 月より施行されることになりました。
大気汚染防止法で規定されている VOC 測定方式(公定法)は、FID 方式(水素炎イオン化法)と NDIR 方
式(触媒燃焼−非分散形赤外線吸収法)があり、NDIR 方式は VOC の化学種に拠らず一定の感度を有し、水
素ガス等のユーティリティガスが不要である特長を有しています。
本装置は、公定法に準拠した NDIR 方式の VOC 測定器です。
装置構成の主要部は、VOC/CO2 コンバータ部と CO2 センサ部であり、VOC/CO2 コンバータ部は、試料ガ
ス中の VOC を CO2 に効率良く変換する酸化触媒を採用し、CO2 センサ部はメンテナンス性に優れたシングル
ビーム方式を採用しています。その他に、VOC/CO2 コンバータで生成するハロゲン化合物を除去するハロゲ
ンスクラバー、水分を除去して装置を保護するドレインセパレータ、耐薬品性に優れた電磁弁を内蔵していま
す。
次に、VOC 測定原理を説明します。試料ガスをポンプで吸引し、先ず VOC/CO2 コンバータを回避する流路
でベース CO2 濃度を測定します。次に VOC/CO2 コンバータを通過する流路に切換え、VOC を CO2 に変換し
てトータル CO2 濃度を測定します。トータル CO2 濃度からベース CO2 濃度を差引き、VOC 濃度を算出します。
CO2 センサの信号は A/D 変換と演算処理が行われた後、デジタル表示するとともにアナログ信号、デジタル信
号として出力します。
注) VOC 排出規制対象施設としては、塗装施設,接着剤使用施設,印刷施設,化学製品製造施設,機械部
品洗浄施設,VOC 貯蔵施設等です。
パージガス入口
試料ガス入口
(校正ガス共用)
流量調整弁
ライン
フィルタ
電磁弁
CO2
センサ
電磁弁
吸引ポンプ
VOC/CO2 ハロゲン
コンバータ スクラバー
表示/出力
ライン
フィルタ
演算/制御
ドイレン
セパレータ
A/D変換
排気口
流量計
ドレン口
アンプ
電磁弁
−1−
1.1 外形図(単位 mm)
1.1.1 本体外形図
225
215
<側面図>
471
取手
485
<上面図>
365
<正面図>
<背面図>
操作部
表示部
通信用コネクタ
アナログ出力端子(M3)
INFRARED
VOC ANALYZER
Made in Japan
UP
VOC GAS ANALYZER
TYPE VOC 0∼1000/5000ppmc
OUTPUT DC
POWER AC 100V 50/60Hz VA
SER.NO.
MFD
Fuji Electric Systems Co.,Ltd.
DOWN
MODE
ENT
ESC
アース
RS232C
MEAS
1
6
5
9
POWR INLET
V AC
U SE
F
FUSE
100V T 2A
+ −
OUT PUT
流量調整弁
電源スイッチ
流量調整弁
温調アラームLED
温調アラーム
INLET
OUTLET
DRAIN
PURGE
ゴム足
パージガス入口 φ6 ホースエンド
ドレイン口 φ6ホースエンド
試料ガス,校正ガス出口 φ6ホースエンド
試料ガス,校正ガス入口 φ6 SWEGELOK
−2−
ヒューズ
電源ソケット
1.1.2 電源ケーブル外形図
(2500)
1.1.3 プリンタ外形図(オプション品)
ACアダプタ接続口
134
51
25
180
専用プリンタケーブル
2.1
58
接続口
約50
1.1.4 ボンベ、圧力調整器外形図(オプション品)
キャップ
圧力調整器接続口
低圧側調整器カバー
高圧側調整器カバー
入口側圧力計
出口側圧力計
ストップバルブ
ハンドル
110
425
圧力調整ハンドル
W22-14山
右ネジ
IN
Rc 1/4
ボンベパッキン
(ダイフロン)
OUT
104
82
163
φ140
〈ガスボンベ外形図〉
173
調整器本体
高圧側安全弁
〈圧力調整器外形図〉
−3−
低圧側安全弁
1.2 各部の名称と説明
①
③
④
②
⑤
⑥
⑦
⑧
⑨
⑩
⑯
⑮
⑭
名 称
①取手
②電源スイッチ
③表示・操作ユニット
④流量計
⑤流量調整弁
⑥温調アラーム LED
⑦試料ガス・校正ガス入口
⑧排気口
⑨ドレイン出口
⑩パージガス入口
⑪電源ソケット
⑫アース端子
⑬ヒューズホルダ
⑭アナログ出力端子
⑮通信用コネクタ
⑯仕様銘板
⑪
⑬
⑫
説 明
移動時に使用します。
電源を ON/OFF します。
液晶表示器と各種設定キーです。
ガス流量を確認します。
ガス流量を調整します。
VOC/CO2 コンバータの制御温度が設定温度を外れると点灯します。
サンプリングバッグ、校正ガスボンベを配管します。
排気ラインへ配管します。
ドレインを排水します。
パージガスを配管します。
電源ケーブルを接続します。
アースへ接続します。
定格容量(AC250V/3.15A)のヒューズが格納されています。
記録計等を接続します。
プリンタや PC を接続します。
機番・測定成分などが表記されています。
−4−
2. お使いになる前に
・本製品は、防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発火災などの
重大な事故の原因となります。
・不完全な設置は、転倒事故,感電,火災,けがの原因となります。
・本製品は、「取扱説明書」記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超えた場所での使
用は、感電,火災,誤動作,けがの原因となります。
2.1 設置
・本装置の質量に耐え、水平で安定した場所に設置してください。
・直射日光,風雨,高温物質からの輻射熱が当たらない場所に設置してください。
これらの影響が避けられない場合には、影響を防ぐために屋根やカバーを設置してください。
・振動がある場所は避けてください。
・雰囲気の清浄な場所を選んでください。
・排気ガスは、安全な場所へ排気し、装置に圧力が掛からないように大気開放としてください。
・付属ケーブルや配管が届く範囲に本装置を設置してください(1m 以下)
。
−5−
2.2 配管
◎誤った配管接続は、ガス漏れの原因となります。漏れたガスに有毒ガスが含まれる場合は、重大な
事故につながる恐れがあります。また可燃性ガスが含まれる場合は、爆発や火災などを引き起こす
可能性があります。
・排出ガスは、屋内にこもらないように、屋外に排出してください。
・排出ガス口は、大気開放として不要な圧力が掛からないように注意してください。本装置内部配管
が外れ、ガス漏れの原因になります。
2.2.1 サンプリングバッグ測定の場合
配管上の注意
・配管で使用する継手は、「SUS316」または「テフロン製」を使用してください。
・規格外のチューブ,継手は使用しないでください。
・トアロンチューブの接ガス部が、極力少なくなるように接続してください。
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm×1m
(標準付属品)
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm×40mm
(標準付属品)
サンプルバッグ
本体INLETの
SWEGELOKへ接続
トアロンチューブ
Φ9/Φ5mm×30mm
(標準付属品)
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm×1m
(標準付属品)
サンプルバッグ
接続口
−6−
トアロンチューブ
Φ9/Φ5mm×30mm
(標準付属品)
2.2.2 連続測定の場合(参考)
配管上の注意
・連続測定時の配管は、試料ガス性状により異なりますので、別途、販売店または当社の調整技術員
にご連絡ください。
フィルタ
採取管
ドレインポット
2.2.3 校正の場合
配管上の注意
・圧力調整器の出口側圧力は 30kPa 以上としないでください。装置の破損の原因となります。
圧力調整器
(オプション品)
校正ガス
(オプション品)
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm
(標準付属品)
圧力調整器
継手接続部
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm×40mm
(標準付属品)
シールテープ
継手
(オプション品)
トアロンチューブ
Φ9/Φ5mm×40mm
(標準付属品)
テフロンチューブ
Φ6/Φ4mm
(標準付属品)
−7−
本体INLETの
SWEGELOKへ接続
トアロンチューブ
Φ9/Φ5mm×30mm
(標準付属品)
2.3 配線
電源および出力コネクタは本体背面にあります。
! 配線を行うときは,必ず全ての電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあります。
! アース線は,D 種接地工事を必ず実施してください。規定の接地工事を怠ると,感電や故障の原因
になります。
! 配線材は,機器の定格に従って適切なものを使用してください。定格と異なる電源と配線材の使用
は,感電や火災の原因になります。
2.3.1 供給電源
①電源ケーブルのメス側を本体背面の電源ソケットに接続し、オス側を定格に合ったコンセントに差し込
みます。
②電源ケーブル用アースが使用できない場合は、アース端子に付属アース線を接続してください。
通信用
コネクタ
アナログ
出力端子
電源ソケット
アース端子
ノイズ発生源が近くにあるときは
! 電源ノイズを発生する電気的装置の近くにこの計器を設置しない
でください(高周波炉、電気溶接機など)。このような装置の近
くで計器を使用する場合は、ノイズを避けるため電源ラインを分
バリスタまたは、
スパークキラー
近接配置接続
離してください。
! 電源からノイズが入る場合は、ノイズ発生源にバリスタ(例えば
ENA 211-2 富士電機)あるいはスパークキラー(例えば S1201
OKAYA)を右図のように付けてください。ノイズ発生源から離
して付けると効果がありませんから注意してください。
−8−
ノイズ発生源
2.3.2 外部接続
(1) アナログ出力端子
出力信号: DC4∼20mA または DC0∼1V
(形式指定による) リニア
許容負荷: DC4∼20mA
DC0∼1V
出力
信号
非絶縁
+
550Ω 以下
-
100kΩ 以下
+
OUT PUT
(2) 通信用コネクタ
出力信号:RS-232C Modbus 対応です。PC を接続する場合は、別冊「通信機能説明書」を参照の上、プ
ログラミングする必要があります。ケーブル(Dsub9 ピンメス)は、市販品をご使用ください。
プリンタ(オプション品)の接続する場合は、付属専用ケーブル(Dsub9 ピンメス−Dsub25 ピンオス、
クロスケーブルタイプ)をご使用ください。
RS232C
1
5
6
9
ピン番号
1
2
3
4
5
−9−
説明
NC
TXD
RXD
NC
GND
ピン番号
6
7
8
9
説明
NC
NC
NC
NC
3. 装置操作の概要
3.1 操作パネルの名称と説明
⑦ バックライト UP キー
表示画面
⑧ バックライト DOWN キー
① MODE キー
名 称
①MODE キー
②下キー
③横キー
④ENT キー
② 下キー
③ 横キー
説 明
測定モード、校正モード、データ
一覧モード、装置設定モードの画
面切り替えに使用します。
選択項目の変更(カーソル移動)
設定数値の変更に使用します。
設定値の桁変更、プリンタ出力、
データ削除に使用します。
選択項目や変更数値の決定に使用
します。
装置動作の実行にも使用します。
④ ENT キー
⑤ ESC キー
⑥ MEAS キー
名 称
⑤ESC キー
説 明
前画面に戻るときや、設定を中止
する場合に使用します。
⑥MEAS キー
測定モード画面から測定を開始す
るときに使用します。
表示部のバックライトを明るくし
ます。
表示部のバックライトを暗くしま
す。
⑦バックライト
UP キー
⑧バックライト
DOWN キー
3.2 表示画面の概要
表示画面には、キー操作の説明や注記が表示されているため、対話形式で装置操作を容易に行うことができ
ます。
画面名称
キー操作の説明
選択項目
注記
時間
装置状態
−10−
3.3 表示画面の構成
本装置の表示画面は下図のように、『測定モード』、『校正モード』、『データ一覧モード』、『装置設定モー
ド』の 4 つのモードの『メイン画面群』と、それらのモードの下位階層である『サブ画面群』で構成されてい
ます。
4 つの「メイン画面」は、
キーを押すと順番に切り替わります。「メイン画面」からその下位の「サブ画
面」に移動する、あるいは「サブ画面」からその下位の「サブ画面」に移動するには、画面上のキー操作の説
明に従い操作してください。「サブ画面」からその上位の「サブ画面」や「メイン画面」に戻るには
押してください。
メイン画面群
サブ画面群(例)
MEAS
ESC
ESC
MODE
ENT
ENT
ESC
ESC
MODE
ENT
ESC
MODE
ENT
ENT
ESC
MODE
ESC
−11−
キーを
3.4 暖機運転
電源を ON しますと、暖機運転状態になります。
暖機中の注意
・暖機運転の動作時間(30 分間)の設定は、お客様ではできません。
・暖機運転中は、測定、校正、配管クリーニングの実施はできません。ただし、その他の設定値の入
力や変更をすることは可能です。
・止むを得ない場合を除き、暖機運転を強制終了することは避けてください。測定データの保証はで
きません。
・一度電源を OFF しますと、再度暖機運転が始まります。
・暖機運転中は、正面パネルの「温度アラーム LED」が点灯します。暖気運転が終了しても点灯して
いる場合は、必ず販売店または当社の調整技術員にご連絡ください。
暖機運転中の表示画面例
点滅表示
暖機残り時間をカウントダウンします。
暖機運転の強制終了
『測定モード』、
『校正モード』
、『データ一覧モード』
、
『装置設定モード』の 4 つのモードのメイン画面
で、
キーと
キーを同時に、数秒間押し続けてください。暖機運転が終了します。
−12−
4. 装置操作の詳細
4.1 測定条件の設定
4.1.1 サンプル名の入力
測定サンプルと測定データが混同しないように、測定データに名称を付けます。サンプル名を入力しない
場合は、同一サンプル名でデータは個別に保存されます。
設定範囲
初期値
前 4 桁:英小字(a∼z)とスペース
『smpl01』
後 2 桁:数字(0∼9)
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<1. サンプル名>に合わせて、
を押します。
カーソルが入力可能位置に移動します。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
例: smpl01 から smpl02 に変更
以上で、設定は終了です。
−13−
キー
4.1.2 測定方式の選択
サンプルバッグの試料ガスを測定する場合は『バッグ測定』を、ダクト等から試料ガスを直接かつ連続的
に測定する場合は『連続測定』を選択してください。
使用上の注意
・バッグ測定時は、内部メモリーにサンプルバッグ 40 ケ分のデータを保存します。
(内部メモリーの容量をオーバーした場合は、最も古いデータを自動削除します。)
・連続測定時は、最新の 40 回分のデータを保存します。
(連続測定を開始すると、前回の全連続測定データが削除されます。)
・連続測定時の全データを保存する場合は、アナログ出力信号を記録計等に、またデジタル出力信号
をプリンタや PC に接続して記録してください。
選択項目
『バッグ測定』または『連続測定』
初期値
『バッグ測定』
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<2. 測定方式>に合わせて、
押します。
カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、測定方式を選択します。
キーで、データを登録します。
例: バッグ測定から連続測定に変更
以上で、設定は終了です。
−14−
キーを
4.1.3 測定回数の設定(バッグ測定時)
サンプルバッグの試料ガスを測定する場合に、測定回数を設定します。設定された測定回数の VOC 測定
を実施した後、自動的に測定終了します。下図にアナログ出力の例を記載します。
測定開始
測定終了(自動)
1回目測定
2回目測定
3回目測定
キーでプリント指令
1V
(20mA)
アナログ出力
(VOC濃度)
アナログ出力
0V
(4mA)
ベースCO2測定時間
(固定)
①
VOC測定時間
(固定)
時間
設定範囲
初期値
『1∼9』回
『3』回
キーで、<測定モード>画面に移動します。
<2. 測定方式>を『バッグ測定』に設定します。
(4.1.2 項を参照してください。
)
②
キーで、カーソルを<3. 測定回数>に合わせて、
押します。
カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
例: 3 回から 9 回に変更
以上で、設定は終了です。
−15−
キーを
4.1.4 ベース CO2 測定周期の設定(連続測定時)
連続測定時のべース CO2 濃度を測定する周期を設定します。下図にアナログ出力の例を記載します。
1V
(20mA)
測定開始
アナログ出力
0V
(4mA)
ベースCO2測定時間
(固定)
①
測定終了(手動)
アナログ出力
(VOC濃度)
ベースCO2
測定周期
(15∼99設定可)
時間
設定範囲
初期値
『15∼99』min
『15』min
キーで、<測定モード>画面に移動します。
<2. 測定方式>を『連続測定』に設定します。
(4.1.2 項を参照してください。
)
②
キーで、カーソルを<3. ベース CO2 測定周期>に合わせて、
キーを押します。
カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
例: 15min から 60min に変更
以上で、設定は終了です。
−16−
4.1.5 測定レンジの設定
測定レンジを設定します。
選択項目
初期値
『1000ppmC』『5000ppmC』『オート』
『1000ppmC』
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<4. 測定レンジ>に合わせて、
を押します。
カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、測定レンジを選択します。
キーで、データを登録します。
例: 1000ppmC からオートに変更
以上で、設定は終了です。
−17−
キー
4.1.6 ベース VOC 濃度の設定
使用上の注意
・VOC 排出規制の定義で除外されている VOC(後述参照)の濃度があらかじめ測定して分かっている
場合、本装置でベース VOC 濃度として設定し、その値を測定した VOC 濃度から加減算して出力し
ます。
・例: ベース VOC 濃度を+50ppmC と設定した場合、測定値の VOC 濃度が 0ppmC であったとして
も、測定結果(出力)は、50ppmC となります。
選択項目
『–50∼+50』ppmC
初期値
『+00』ppmC
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<5. ベース VOC 濃度>に合わせて、
キーを押します。
カーソルが入力可能位置に移動します。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
例: +00ppmC から–30ppmC に変更
以上で、設定は終了です。
−18−
・浮遊粒子状物質及び光化学オキシダントの生成原因物質とならない物質として、VOC の定義から除外す
る物質は以下の通りです。
①メタン
②クロロジフルオロメタン(HCFC-22)
③2−クロロ−1,1,1,2−テトラフルオロエタン(HCFC-124)
④1−ジクロロ−1−フルオロエタン(HCFC-141b)
⑤1−クロロ−1,1−ジフルオロエタン(HCFC-142b)
⑥3,3−ジクロロ−1,1,1,2,2−ペンタフルオロプロパン(HCFC-225ca)
⑦1,3−ジクロロ−1,1,2,2,3−ペンタフルオロプロパン(HCFC-225cb)
⑧1,1,1,2,3,4,4,5,5,5−デカフルオロぺンタン(HFC-43-10mee)
−19−
4.2 測定開始・終了
サンプルバッグの試料ガスを測定する場合は、『4.2.1 項
バッグ測定』を、ダクト等からの試料ガスを直接
かつ連続的に測定する場合は、『4.2.2 項 連続測定』を参照してください。
4.2.1 バッグ測定
バッグ測定では、ベース CO2 測定→VOC 測定のセットを設定回数繰返した後、自動終了します。
(1) バッグ測定の開始
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
<2. 測定方式>が、『バッグ測定』の設定になっていることを確
認してください。『バッグ測定』になっていない場合は、4.1 項に
従い、必要な設定を行ってください。
サンプルバッグを INLET に正しく接続してください。
温調アラームの LED が消灯していることを確認してください。
②
キーを押すと、画面が切り替わり、ベース CO2 測定を開始し、
測定中 カウントダウンが点滅表示されます。
ベース CO2 測定画面
③ベース CO2 測定後、VOC 濃度の表示がされ、VOC 測定をします。
キーで、測定条件を確認することができます。
(測定条件の確認画面は、数秒で元の画面に戻ります。)
キーで、測定画面表示を切り替えることができます。
キーを押すと、強制終了することができます。
(強制終了する場合は、画面の指示に従ってください。)
測定画面
測定条件確認画面
測定画面(切り替えの場合)
−20−
(2) バッグ測定の終了
①測定は自動終了します。(バッグ測定終了、クリーニング待機と表示されます。
)
左下画面で終了した場合は、サンプル名、測定回数、設定レンジ、ベース CO2 濃度値(平均値)、VOC
濃度値(平均値)を表示します。
右下画面で終了した場合は、サンプル名、測定レンジ、各回のベース CO2 濃度値と VOC 濃度値、およ
び平均値を表示します。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
②サンプルバッグを INLET から外してください。
測定終了後は、配管クリーニングを『実行する』か『実行しない』か選択します。
キーで、配管クリーニングを実行します。
キーで、実行せずに終了します。
装置を長くご使用いただくために、配管クリーニングの実行をお勧めします。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
③配管クリーニングは自動終了し、クリーニング中の点滅表示が消えます。
キーを押すと、プリンタに結果を印字します。
(プリンタの印字様式は、(3)項に記載しておりますので、ご参照ください。)
キーを押すと、測定待機状態に戻ります。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
−21−
(3) バッグ測定データの印字様式
プリンタの印字様式は、以下の通りです。
測定日時
測定回/設定回
測定レンジ
***VOC MEASUREMENT DATA***
Date:2006/02/06 13:47
Sample Name:smpl01
Condition
Range
:1000 ppmC
Base VOC: 0 ppmC
Data
1/3 L Base CO2:402 ppm
VOC :118 ppmC
2/3 L Base CO2:405 ppm
VOC :110 ppmC
3/3 L Base CO2:408 ppm
VOC :115 ppmC
Result(average)
Base CO2:405 ppm
VOC :114 ppmC
Fuji Electric Systems Co.,Ltd
以上で、『バッグ測定』は終了です。
−22−
サンプル名
設定レンジ
ベースVOC濃度設定値
ベースCO2濃度値
VOC濃度値
(各測定回の測定値)
ベースCO2濃度値
VOC濃度値
(平均値)
4.2.2 連続測定
連続測定は、ベース CO2 測定→トータル CO2 測定のセットを繰返し、手動で終了します。
(1) 連続測定の開始
①
キーで、<測定モード>画面に移動します。
<2. 測定方式>が、『連続測定』の設定になっていることを確認
してください。『連続測定』になっていない場合は、4.1 項に従い、
必要な設定を行ってください。
②
キーを押すと、画面が切り替わり、ベース CO2 測定を開始し、
測定の開始 年月日 時間が表示されます。
ベース CO2 測定画面
③ベース CO2 測定後、VOC 濃度の表示がされます。
キーで、測定条件を確認することができます。
(測定条件の確認画面は、数秒で元の画面に戻ります。)
キーで、測定画面表示を切り替えることができます。
キーを押すと、終了することができます。
(強制終了する場合は、画面の指示に従ってください。)
測定画面
測定画面(切り替えの場合)
測定条件確認画面
−23−
(2) 連続測定の終了
①
キーを押すことで、測定は終了します。
左下画面で終了した場合は、サンプル名、測定レンジ、最新のベース CO2 濃度瞬時値と VOC 濃度瞬時
値を表示します。
右下画面で終了した場合は、サンプル名、設定レンジ、測定時間、各回のベース CO2 濃度値と VOC 濃
度値を表示します。
キーを押すと、連続した前の測定データを表示します。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
②INLET を大気開放にしてください。
測定終了後は、配管クリーニングを『実行する』か『実行しない』か選択します。
キーで、配管クリーニングを実行します。
キーで、実行せずに終了します。
装置を長くご使用いただくために、配管クリーニングの実行をお勧めします。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
③配管クリーニングは自動終了し、クリーニング中の点滅表示が消えます。
キーを押すと、プリンタに結果を印字します。
(プリンタの印字様式は、(3)項に記載しておりますので、ご参照ください)
キーを押すと、測定待機状態に戻ります。
右下画面で
キーを押すと、次ページ(2 ページ目の画面)の測定データを表示します。
キーを押すと、左下画面⇔右下画面と表示が切り替わります。
−24−
(3) 連続測定データの印字様式
プリンタの印字様式は、以下の通りです。
プリンタ印字,データ格納のタイミングについては、5.1.5 項を参照してください。
測定日時
***VOC MEASUREMENT DATA***
Date:2006/02/06 11:59
Sample Name:smpl01
Condition
Range
:1000 ppmC
Base VOC: 0 ppmC
Data
02/06 12:14
Range
: L
Base CO2 : 415 ppm
VOC
: 85 ppmC
02/06 12:29
Range
: L
Base CO2 : 413 ppm
VOC
: 80 ppmC
02/06 12:44
Range
: L
Base CO2 : 425 ppm
VOC
: 83 ppmC
02/06 12:59
Range
: L
Base CO2 : 409 ppm
VOC
: 84 ppmC
02/06 13:14
Range
: L
Base CO2 : 418 ppm
VOC
: 78 ppmC
02/06 13:29
Range
: L
Base CO2 : 417 ppm
VOC
: 80 ppmC
Fuji Electric Systems Co.,Ltd
以上で、『連続測定』は終了です。
−25−
測定開始日時
サンプル名
設定レンジ
ベースVOC濃度設定値
測定レンジ
ベースCO2濃度測定値
VOC濃度測定値
4.3 ゼロ点/スパン校正
4.3.1 校正条件の設定
校正方法の設定、スパンガス濃度値の設定を行います。
使用上の注意
・校正方法は、
『連動』と『非連動』方式があります。
・『連動』方式は、L レンジのスパンガスで、L レンジと H レンジのスパン校正をします。
スパンガス濃度値は、L レンジのガス濃度値のみを入力します。
・『非連動』方式は、各レンジのスパンガスで、それぞれのレンジのスパン校正します。
スパンガス濃度値は、L レンジと H レンジのガス濃度値を入力します。
(1) 校正方法の設定
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<1. ゼロ点/スパン校正の設定・実施>
キーを押すと、画面が切り替わります。
に合わせて、
②
キーで、カーソルを<1. 校正方法の設定>に合わせて、
キーを押すと、カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、『連動』か『非連動』を選択します。
選択項目
初期値
『連動』『非連動』
『連動』
「連動」方式
キーで、データを登録します。
「非連動」方式
以上で、校正方法の設定は終了です。
『連動』方式のスパンガス濃度値の設定は、(2)(a)項に進んでください。
『非連動』方式のスパンガス濃度値の設定は、(2)(b)項に進んでください。
−26−
(2) スパンガス濃度値の設定
(a) 連動方式の場合
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<1. ゼロ点/スパン校正の設定・実施>
に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『連動』になっていることを確認して
ください。
キーで、カーソルを<2. スパンガス濃度値の設定>に合わせ
て、
キーを押すと、画面が切り替わり、カーソルが移動し、
入力可能位置になります。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。(前画面に戻ります。
)
キーで、前画面に戻ります。
以上で、連動方式の場合のスパンガス濃度値の設定は終了です。
『連動』方式でのゼロ点/スパン校正の実施は、4.3.2(1)に進んでください。
−27−
(b) 非連動方式の場合
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<1. ゼロ点/スパン校正の設定・実施>
に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『非連動』になっていることを確認し
てください。
キーで、カーソルを<2. スパンガス濃度値の設定>に合わせ
て、
キーを押すと、画面が切り替わり、カーソルが移動し、
L レンジが選択されます。
③
キーで、入力可能位置にカーソルが移動します。
④
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
⑤
キーで、H レンジを選択し、手順③、④と同様に、H レンジ
のスパンガス濃度値を設定してください。
キーで、前画面に戻ります。
以上で、非連動方式の場合のスパンガス濃度値の設定は終了です。
『非連動』方式でのゼロ点/スパン校正の実施は、4.3.2(2)に進んでください。
−28−
4.3.2 校正の実施
装置のゼロ点/スパン校正を行います。
使用上の注意
・校正方法(『連動』と『非連動』
)により、校正手順が変わります。
・『連動』方式 : ゼロ点校正→スパン校正→終了となります。
・『非連動』方式: ゼロ点校正→L レンジのスパン校正→H レンジのスパン校正→終了となります。
ここで、L レンジのスパン校正は、スキップすることができます。
(1) 連動方式の場合
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<1. ゼロ点/スパン校正の設定・実施>
に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『連動』になっていることを確認して
ください。
キーで、カーソルを<3. ゼロ点/スパン校正の実施>に合わ
せて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③ゼロ点校正待機が点滅します。
INLET にゼロガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃度表
示を開始し、ゼロ点校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
−29−
④表示が安定したら、
キーを押してください。
ゼロ点校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑤次に、スパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
⑥スパン校正待機が点滅します。
INLET にスパンガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃度
表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
⑦表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
以上で、連動方式の場合のゼロ点/スパン校正は終了です。
−30−
(2) 非連動方式の場合
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<1. ゼロ点/スパン校正の設定・実施>
に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『非連動』になっていることを確認し
てください。
キーで、カーソルを<3. ゼロ点/スパン校正の実施>に合わ
せて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③ゼロ点校正待機が点滅します。
INLET にゼロガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃度表
示を開始し、ゼロ点校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
④表示が安定したら、
キーを押してください。
ゼロ点校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑤次に、L レンジのスパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
−31−
⑥スパン校正待機が点滅します。
キーを押すと、L レンジの校正をスキップし、0 項の表示に
なります。
INLET に L レンジのスパンガスボンベを接続して、
キーを
押すと、濃度表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点
滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
⑦表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑧次に、H レンジのスパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
⑨スパン校正待機が点滅します。
INLET に H レンジのスパンガスボンベを接続して、
キーを
押すと、濃度表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点
滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
−32−
⑩表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
以上で、非連動方式の場合のゼロ点/スパン校正は終了です。
−33−
4.4 配管クリーニング
4.4.1 配管クリーニング条件の設定
装置の保守のため、大気で配管をクリーニングする動作時間を設定します。
使用上の注意
・配管クリーニングとは、2 つの動作を表しています。
ひとつは、ドレインセパレータのドレインを排水する動作(ドレイン排水)で、もうひとつは装置
配管内を大気に置換する動作(配管パージ)です。
・配管クリーニング条件の設定で、それぞれの動作時間を設定します。
・本設定は、測定後に実施する配管クリーニング条件に反映されます。
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<2. 配管クリーニングの設定・実施>に
合わせて、
③
キーで、カーソルを<1. ドレイン排水時間の設定>に合わせ
て、
④
キーを押すと、画面が切り替わります。
キーを押すと、カーソルが選択可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録して、前画面に戻ります。
キーで、データを登録しないで、前画面に戻ります。
設定範囲
初期値
『00∼99』sec
『10』sec
−34−
⑤
キーで、カーソルを<2. 配管パージ時間の設定>に合わせて、
キーを押すと、カーソルが選択可能位置に移動します。
⑥
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録して、前画面に戻ります。
キーで、データを登録しないで、前画面に戻ります。
設定範囲
初期値
『00∼99』sec
『20』sec
以上で、設定は終了です。
−35−
4.4.2 配管クリーニングの実施
装置の保守のため、大気で配管をクリーニングします。
使用上の注意
・配管クリーニングを実施する場合は、ドレイン口、排気口に圧力が掛からないようにしてくださ
い。
・配管クリーニングの排水・排気ガスは触れないように、配管を確認してください。
①
キーで、<校正モード>画面に移動します。
②
キーで、カーソルを<2. 配管クリーニングの設定・実施>に
合わせて、
③
キーを押すと、画面が切り替わります。
キーで、カーソルを<3. 配管クリーニングの実施>に合わせ
て、
キーを押すと、画面が切り替わります。
④INLET を大気開放にします。
キーを押すと、配管クリーニングを開始します。
−36−
⑤ドレイン排水が実行され、カウントダウンします。
ドレイン排水が終了したら、配管パージが実行され、カウントダ
ウンします。
配管パージが終了したら、
キーで、前画面に戻ります。
使用上の注意
・ドレイン排水中あるいは配管パージ中に、強制終了するこ
とも可能です。強制終了する場合は、画面のキー操作説明
に従ってください。
以上で、配管クリーニングの実行は終了です。
−37−
4.5 データ一覧・プリンタ出力・削除
装置の内部メモリーに格納しているデータを表示し、プリンタ出力や削除を行います。
4.5.1 バッグ測定データ表示数の設定
内部メモリーに格納しているバッグ測定データの中で、最新のデータを 1 番目として、表示するデータ数
を設定します。バッグ測定データは最大でサンプルバッグ 40 ケ分のデータがあるので、表示数を設定する
ことで、スクロールする手間が省けます。
使用上の注意
・バッグ測定時は、内部メモリーにサンプルバッグ 40 ケ分のデータを保存します。
(内部メモリーの容量をオーバーしている場合は、最も古いデータが自動削除されています。
)
①
設定範囲
初期値
『01∼40』
『10』
キーで、カーソルを<1. バッグ測定データ表示数の設定>に
合わせて、
キーを押します。
カーソルが入力可能位置に移動します。
②
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録して、前画面に戻ります。
以上で、設定は終了です。
−38−
4.5.2 バッグ測定データ一覧・プリンタ出力
内部メモリーに格納しているデータの中で、4.5.1 項で設定した数のバッグ測定データを表示し、選択し
たデータをプリンタ出力ができます。
使用上の注意
・機器設定モードの通信機器設定でプリンタが選択されており、プリンタが本体に正しく接続されて
いる場合にのみ、プリンタ出力が可能です。
・プリンタ出力は、以下の様式で印字されます。
測定日時
測定回/設定回
測定レンジ
***VOC MEASUREMENT DATA***
Date:2006/02/06 13:47
Sample Name:smpl01
Condition
Range
:1000 ppmC
Base VOC: 0 ppmC
Data
1/3 L Base CO2:402 ppm
VOC :118 ppmC
2/3 L Base CO2:405 ppm
VOC :110 ppmC
3/3 L Base CO2:408 ppm
VOC :115 ppmC
Result(average)
Base CO2:405 ppm
VOC :114 ppmC
Fuji Electric Systems Co.,Ltd
①
キーで、カーソルを<2. バッグ測定データ一覧・プリンタ出
力>に合わせて、
キーを押します。
画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルが移動します。
キーで、データの選択・解除ができます。
(選択すると、日時とサンプル名が右表示のようになります。)
キーで、選択したデータをプリントします。
以上で、実行は終了です。
−39−
サンプル名
設定レンジ
ベースVOC濃度設定値
ベースCO2濃度値
VOC濃度値
(各測定回の測定値)
ベースCO2濃度値
VOC濃度値
(平均値)
4.5.3 バッグ測定データ一覧・削除
内部メモリーに格納しているデータの中で、4.5.1 項で設定した数のバッグ測定データを表示し、選択し
たデータを削除します。
使用上の注意
・一度削除したデータは、元に戻りません。
①
キーで、カーソルを<3. バッグ測定データ一覧・削除>に合
わせて、
キーを押します。
画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルが移動します。
キーで、データの選択・解除ができます。
(選択すると、日時とサンプル名が右表示のようになります。)
キーで、選択したデータを削除します。
以上で、実行は終了です。
−40−
4.5.4 連続測定データ一覧(前回)・プリンタ出力
内部メモリーに格納している連続測定データをプリンタ出力ができます。
使用上の注意
・機器設定モードの通信機器設定でプリンタが選択されており、プリンタが本体に正しく接続されて
いる場合にのみ、プリンタ出力が可能です。
・プリンタ出力は、以下の様式で印字されます。
測定開始日時
測定日時
***VOC MEASUREMENT DATA***
Date:2006/02/06 11:59
Sample Name:smpl01
Condition
Range
:1000 ppmC
Base VOC: 0 ppmC
Data
02/06 12:14
Range
: L
Base CO2 : 415 ppm
VOC
: 85 ppmC
02/06 12:29
Range
: L
Base CO2 : 413 ppm
VOC
: 80 ppmC
02/06 12:44
Range
: L
Base CO2 : 425 ppm
VOC
: 83 ppmC
02/06 12:59
Range
: L
Base CO2 : 409 ppm
VOC
: 84 ppmC
02/06 13:14
Range
: L
Base CO2 : 418 ppm
VOC
: 78 ppmC
02/06 13:29
Range
: L
Base CO2 : 417 ppm
VOC
: 80 ppmC
Fuji Electric Systems Co.,Ltd
①
キーで、カーソルを<4. 連続測定データ(前回)・プリンタ
出力>に合わせて、
キーを押します。
画面が切り替わります。
②
キーで、次ページのデータを表示します。
キーで、全データをプリントします。
以上で、実行は終了です。
−41−
サンプル名
設定レンジ
ベースVOC濃度設定値
測定レンジ
ベースCO2濃度測定値
VOC濃度測定値
4.5.5 校正データ一覧・プリンタ出力
内部メモリーに格納しているデータの中で、校正データを表示し、選択したデータをプリンタ出力ができ
ます。
使用上の注意
・機器設定モードの通信機器設定でプリンタが選択されており、プリンタが本体に正しく接続されて
いる場合にのみ、プリンタ出力が可能です。
・プリンタ出力は、以下の様式で印字されます。
***CALIBRATION DATA***
Date:2006/02/06 11:45
Range
:1000/5000ppmC
Cal Gas Concentration
1)L−Span: 843 ppmC(C3H8)
2)H−Span: 4710 ppmC(C3H8)
Result
1)Zero
:Normal Ending
2)L−Span:Normal Ending
C.E 98%
2)H−Span:Normal Ending
C.E 97%
Fuji Electric Systems Co.,Ltd
①
キーで、カーソルを<5. 校正データ一覧・プリンタ出力>に
合わせて、
キーを押します。
画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルが移動します。
キーで、データの選択・解除ができます。
(選択すると、日時とサンプル名が右表示のようになります。)
キーで、選択したデータをプリントします。
以上で、実行は終了です。
−42−
校正日時
校正レンジ(連動,非連動)
校正ガス濃度
校正結果
変換効率
5. 装置の設定
5.1 装置設定モード画面での設定
本項で設定する内容は以下の通りです。
装置設定モード画面での設定内容
1. 日付・時間の設定
: 現在の年,月,日,時,分を設定します。
2. 表示消灯時間の設定 : 表示バックライトを自動消灯する時間を設定します。
3. キーロックの設定
: キー操作を無効に設定します。
4. 通信機器の設定
: RS-232C で接続する通信機器(プリンタまたは PC)を設定します。
5. スキップ設定(連続測定時)
: 連続測定時に、設定されたデータ毎にデータ格納やプリンタ印字します。
6. メンテナンスメニュー パスワード入力
: メンテナンスメニュー画面に入るためパスワードを入力します。
5.1.1 日付・時間の設定
測定開始日時等を記録するために使用します。
使用上の注意
・設定日時は、バッテリーでバックアップされますが、7 日以上電源を入れないと時計が停止します。
この場合は再入力が必要です。
設定範囲
・年『2000∼2099』 ・月『01∼12』
・時『00∼23』
①
・日『01∼31』
・分『00∼59』
キ キ で 、 <装装装装モ キ モ >画画に 移移し し し。
キーで、カーソルを<1. 日付・時間の設定>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は終了です。
−43−
5.1.2 表示消灯時間の設定
表示バックライトの自動消灯を設定します。
使用上の注意
・自動消灯時間設定が『00』min の場合、表示バックライトは自動消灯しません。
・消灯条件: 自動消灯時間設定が『01∼99』min で、いずれかのキーを最後に押してから設定時間に
達した場合、自動消灯します。
・点灯条件: 消灯中にいずれかのキーを押した場合、自動点灯します。
①
設定範囲
初期値
『00∼99』
『00』
キーで、<装置設定モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<2. 表示消灯時間の設定>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は終了です。
−44−
5.1.3 キーロックの設定
第三者による操作を防止するために設定します。
使用上の注意
・キーロックが ON の設定でも、以下①∼⑥の操作は実行できます。その他の設定を行う場合は、
キーロックを OFF に設定してください。
①測定の実行
②校正の実行
③配管クリーニングの実行
④エラーキャンセルの実行
⑤キーロックの ON/OFF 設定
⑥輝度調整
設定内容
初期値
ON :キーロック実行
OFF
OFF :キーロック解除
①
キーで、<装置設定モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<3. キーロックの設定>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動したら、
キーで、ON/OFF を
切り替えます。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は終了です。
−45−
5.1.4 通信機器の設定
RS-232C によるデジタル出力の通信機器(プリンタまたは PC)を設定します。
使用上の注意
・PC に設定する場合は、別冊「通信機能 取扱説明書」を参照して、別途プログラミングの上ご使用
ください。
①
設定内容
初期値
『プリンタ』
『PC』
『プリンタ』
キーで、<装置設定モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<4. 通信機器の設定>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが、入力可能位置に移動したら、
キーで、プリンタ
/PC を切り替えます。
キーで、設定します。
以上で、設定は終了です。
−46−
5.1.5 スキップ設定(連続測定時)
連続測定時のデータのスキップ間隔を設定します。連続測定時のアナログ出力例とプリンタ印字、データ
格納のタイミングを下図に示します。
測定開始
1V
(20mA)
アナログ出力
0V
(4mA)
ベースCO2測定時間
(固定)
測定終了(手動)
アナログ出力
(VOC濃度)
例1 データスキップ設定
:0の場合
ベースCO2
測定周期
(15∼99設定可)
時間
開始日時,測定条件
日時,ベースCO2濃度
VOC濃度,測定レンジ
例2 データスキップ設定
:2の場合
開始日時,測定条件
日時,ベースCO2濃度
VOC濃度,測定レンジ
データスキップ
注記.
データスキップ
は、プリンタ印字のタイミングを示します。
は、メモリ格納のタイミングを示します。
使用上の注意
・スキップしたデータは、内部メモリーに格納されません。データを保存する場合は、リアルタイム
に、アナログ出力またはデジタル出力でデータを記録してください。
①
設定範囲
初期値
『00∼99』
『00』
キーで、<装置設定モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<5. スキップ設定(連続測定時)>に合
わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動したら、
び、
キーで、入力桁を選
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は終了です。
−47−
5.1.6 メンテナンスメニュー パスワード入力
メンテナンスメニュー画面に入るために、パスワードを入力します。
使用上の注意
・パスワードの変更は、<装置設定モード/メンテナンスメニュー/5. メンテナンスメニューのパス
ワード設定>画面で行ってください。
・変更したパスワードは忘れないように、必ず記録、保管してください。
①
設定範囲
初期値
『0000∼9999』
『0000』
キーで、<装置設定モード>画面に移動します。
キーで、カーソルを<6. メンテナンスメニュー パスワード
入力>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動したら、
び、
キーで、入力桁を選
キーで、パスワードを入力します。
キーを押すと、メンテナンスメニュー画面が表示されます。
以上で、終了です。
−48−
5.2 メンテナンスメニュー画面での設定
本項で設定する内容は以下の通りです。
メンテナンスメニュー画面での設定内容
1. アナログ出力調整
: アナログ出力信号のゼロ値、スパン値の調整を行います。
2. 応答時間の設定
: 内部演算に使用する定数を設定します。
3. 伝送ステーション No.の設定
: Modbus 通信のステーション No.を設定します。
4. CO2 センサ校正の設定・実施 : メンテナンスを実行した場合の CO2 センサの校正をします。
5. メンテナンスメニューのパスワード設定
: メンテナンスメニュー画面に入るためのパスワードを設定します。
6. ファクトリーメニュー パスワード入力
: ファクトリーメニュー画面に入るためのパスワードを入力します。
5.2.1 アナログ出力調整
アナログ出力信号のゼロ値、スパン値の調整を行います。
基本的には、出荷時にアナログ出力調整を行っております。
調整前の準備
・本装置背面の仕様銘板で、アナログ出力の種類(0∼1V または 4∼20mA)を確認してください。
・アナログ出力端子に、電流計または電圧計を接続します。
調整時の注意
・電流計または電圧計で確認しながら、設
出力規格値
・DC4-20mA 出力の場合
定可変数値(内部演算値)で、アナログ
出力ゼロ :4±0.05mA
出力調整を行ってください。
出力スパン:20±0.05mA
・DC0-1V 出力の場合
出力ゼロ :0±0.005V
出力スパン:1±0.005V
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<1. アナログ出力調整>に合わせて、
すと、画面が切り替わります。
−49−
キーを押
②
キーを押すと、カーソルが移動します。
<出力ゼロ>に合わせて、
キーを押すと、カーソルが入力可
能位置に移動します。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
このとき、電流計または電圧計で出力を確認しながら、出力規格
値に調整します。
キーで、データを登録します。
これで、ゼロ出力調整は終了です。
④同様に、スパン出力調整を行います。
以上で、アナログ出力調整は終了です。
−50−
5.2.2 応答時間の設定
内部演算(移動平均)に使用する応答時間を設定します。
使用上の注意
・応答時間は、目安となる数値です。
・一般的に、応答時間を長くした場合は、応答速度が遅くなりますが、指示のふらつきは少なくなり
ます。
設定範囲
初期値
『01∼60』sec
『03』sec
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<2. 応答時間のの設定>に合わせて、
キーを押
します。
②カーソルが入力可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は終了です。
−51−
5.2.3 伝送ステーション No.の設定
Modbus 通信のステーション No.を設定します。
使用上の注意
・通信用プログラムは、別冊「通信機能 取扱説明書」を参照して、別途プログラミングのうえご使用
ください。
設定範囲
初期値
『01∼31』
『01』
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<3. 伝送ステーション No の設定>に合わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、データを登録します。
以上で、設定は完了です。
5.2.4 CO2 センサ校正の設定・実施
6.5 項を参照ください。
−52−
5.2.5 メンテナンスメニューのパスワード設定
<装置設定モードメイン画面>から、<メンテナンスメニュー画面>に移行するためのパスワードを設定
します。
使用上の注意
・変更したパスワードは忘れないように、必ず記録、保管してください。
設定範囲
初期値
『0000∼9999』
『0000』
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<5. メンテナンスメニューのパスワード設定>に合
わせて、
キーを押します。
②カーソルが入力可能位置に移動します。
キーで、入力桁を選び、
キーで、数値を変更します。
キーで、パスワードを登録します。
以上で、設定は終了です。
5.2.6 ファクトリーメニュー
本メニューは、工場調整・設定メニューです。お客様が調整・設定を行う必要はありません。
−53−
6. 点検・保守
6.1 日常点検(毎日行ってください)
・日常点検を、下表を参照して行ってください。
No
1
部品名
流量計
流量調整弁
点検内容
流量
判定基準
規定流量であること
400±100mL/min
2
温調アラーム LED
温度アラーム
LED の動作
測定時は、常時消灯
していること。
(暖機中は、点灯あ
るいは点滅します。
)
3
表示ユニット
表示画面
画面に乱れが無いな
いこと。
不良時の対応
配管気密不良の可能性がありま
す。
6.4 項の気密試験を行ってくださ
い。
直ちに電源を OFF して、販売店、
当社の調整技術員に連絡してくだ
さい。
VOC/CO2 コンバータに関係する不
具合(ヒータ断線、熱電対断線、
温度調整器故障、LED 駆動電圧異
常等)
装置近傍にノイズ源がある場合
は、遠ざけて使用してください。
または、2.3 項を参照してくださ
い。
6.2 定期点検・保守
・日常点検に加え、定期点検、保守(下表を参照してください)を行ってください。
なお、点検に際して行う本装置のカバーの脱着は、6.3 項(保守要綱詳細)を参照してください。
No
1
保守・点検項目
ゼロ・スパン校正
(触媒の変換効率)
保守・点検要綱
ゼロ点/スパン校正(4.3 項)を実施してください。
ゼロ点/スパン校正が終了したときに、
①「VOC/CO2 コンバータのメンテナンスの推奨」が表示
点検周期
(目安)
5 日間毎
された場合、6.3.4 項,6.3.5 項に従い、VOC/CO2 コン
バータのメンテナンスを実施してください。
②「CO2 センサのメンテナス・校正の推奨」が表示された
場合、6.3.7 項、6.4 項、6.5 項に従い、CO2 センサのメ
ンテナンス、校正を実施してください。
2
3
4
5
6
VOC/CO2 コ ン バ ー タ
の温度確認
ラインフィルタ
VOC/CO2 コ ン バ ー タ
用継手
VOC/CO2 コ ン バ ー タ
用酸化触媒
ポンプ
温度が 440±10℃であることを確認してください。
6 ケ月間毎
12 ケ月を目安に交換してください。
12 ケ月を目安に交換してください。
12 ケ月間毎
12 ケ月間毎
12 ケ月を目安に交換してください。
12 ケ月間毎
12 ケ月を目安に、ポンプ付属品に交換してください。
24 ケ月を目安に、ポンプを交換してください。
12 ケ月間毎
24 ケ月間毎
−54−
6.3 保守要綱詳細
6.3.1 装置内部構成と保守部品
カバーを開け、装置内部構成と保守部品を確認してください。
・作業する場合は、必ず耐熱手袋をしてください。素手,軍手での作業は火傷の原因になります。
・作業は必ず電源スイッチを OFF し、電源ケーブルを本体から外して行ってください。けがや故障の原
因となります。
①本体背面(3 箇所)および本体側面(4 箇所)のネジを外してください。
②カバーを背面側に引き抜いてください。
③カバーを上面側に持ち上げるように外してください。
背面
ハロゲン
スクラバー
②
CO2センサ
③
VOC/CO2
コンバータ
ライン
フィルタ
ポンプ
ネジ
ネジ
前面
6.3.2 電源ヒューズ
交換上の注意
・作業は、電源ケーブルを抜いて行ってください。
・作業前に、ヒューズ溶断原因の修理を行ってください。
①電源スイッチを OFF にします。
②背面の電源ケーブルをソケットから抜きます。
③ヒューズホルダのキャップを反時計方向に回して手前に抜き
開
ます。
④ヒューズを取り出し、新しいヒューズと交換します。
(AC250V 3.15A スローブロータイプ)
抜く
⑤キャップをヒューズホルダに挿し、時計方向に回します。
⑥電源ケーブルを差し込んで、正面の電源スイッチを ON にし
ます。
正常動作を確認しましたら、作業は終了です。
−55−
閉
6.3.3 ラインフィルタ
交換上の注意
・ラインフィルタ(2 箇所)は、1 年を目安に交換してください。
・ラインフィルタには、IN/OUT の方向性があります。取付けに注意してください。
①測定ガスを止めてください。
②電源スイッチを切ってください。
③カバーを開けてください(6.3.1 項を参照してください)。
④ラインフィルタの継手のナットを緩めて、フィルタを取り外してください。
⑤新しいラインフィルタを用意し、①∼④を逆の手順で装置に取り付けてください。
注記: ラインフィルタは方向性があります。写真のように取り付けてください。
以上で、ラインフィルタの交換は終了です。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
背面
ナット
OUT
IN
ナット
OUT
IN
前面
−56−
6.3.4 VOC/CO2 コンバータ
・電源スイッチを OFF しても、しばらくは VOC/CO2 コンバータ本体が高温のため、火傷の恐れがあり
ます。十分注意してください。
・酸化触媒は、手で直接触れないよう、注意して扱ってください。
・酸化触媒は 2 種類あります。方向に注意してください。
(1) VOC/CO2 コンバータ用継手と酸化触媒の交換
背面
①測定ガスを止めてください。
②電源スイッチを切ってください。
注記: VOC/CO2 コンバータが十分冷えるまで、
ナット
以下の作業は行わないでください。
③VOC/CO2 コンバータに接続されている継手 A,B
継手B
のナットを外し、配管を抜いてください。
④ヒータ配線と熱電対配線のコネクタを外してくだ
さい。
⑤VOC/CO2 コンバータを本体に固定しているネジ
(4 箇所)を外してください。
ナット
継手A
⑥VOC/CO2 コンバータを本体から、取り出してくだ
さい。
前面
⑦VOC/CO2 コンバータ用継手のホースバンド大(2
箇所)を外してください。
(ラジオペンチ等を使用
してください。)
⑧VOC/CO2 コンバータ用継手の OUTLET 側(1
3
ケ)を外し、触媒固定バネ(1 本)を引き抜いて
6
ください。
INLET
5
3
⑨セラミックヒータから、使用済みの触媒(粒状)
を廃棄してください。
(産業廃棄物として、処理し
1
2
1
てください。
)
⑩VOC/CO2 コンバータ用継手の INLET 側(1 ケ)
OUTLET
を外してください。
⑪新しい VOC/CO2 コンバータ用継手(1 ケ)を用
4
意して、INLET 側に設置してください。
2
1 コンバータ用継手
2 ホースバンド大
⑫新しい触媒 A,B を用意してください。
⑬セラミックヒータに、先ず酸化触媒 A を入れ
3 触媒固定バネ
4 コネクタ
(INLET 側)
、次に酸化触媒 B を入れてください。
5 酸化触媒A
注記: このときセラミックヒータを垂直に立てた
6 酸化触媒B
状態で触媒 A,B を入れてください。
⑭前記③∼⑧を逆の手順で、VOC/CO2 コンバータを組立て、本体に取り付けてください。
以上で、VOC/CO2 コンバータ用継手と酸化触媒の交換は終了です。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
−57−
6.3.5 ハロゲンスクラバー
交換上の注意
・酸化触媒を交換したときには、必ずハロゲンスクラバーを交換してください。
・ハロゲンスクラバーは、手で直接触れないよう、注意して扱ってください。
①測定ガスを止めてください。
②電源スイッチを切ってください。
③カバーを開け(6.3.1 項を参照してください)、ハロゲンスクラバーホルダを固定しているコーチングク
リップを曲げ、継手を外して、ハロゲンスクラバーホルダを取り出してください。
④HS ホルダ A(HS パッキン付)を HS ホルダ B から取り外してください。
⑤ネットを取り出してください。
⑥使用済みのハロゲンスクラバーを廃棄してください。
注記: 産業廃棄物として処理してください。
⑦新しいハロゲンスクラバーを用意し、①∼⑤を逆の手順で装置に取り付けてください。
(新しいハロゲンスクラバーが HS ホルダ B に入りきれない場合は、残りは廃棄してください。)
以上で、ハロゲンスクラバーの交換は終了です。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
HSホルダA
HSパッキン
HSホルダB
HSパッキン
HSネット
HSネット
HSホルダA
ハロゲンスクラバー(粒子状)
HS:ハロゲンスクラバーの略
−58−
6.3.6 ポンプ
(1) ポンプ付属品の交換
交換上の注意
・ポンプの付属品は、1 年を目安にして交換してください。
・付属品は、ダイアフラム 1 ケ、シート弁 1 ケ、ダイアフラムパッキン 2 ケ、PTFE パッキン 1 ケで
す。
・付属品に交換したポンプは、1 年を目安に使用し、その後はポンプを交換してください。
(1 度付属品を交換したポンプは、再度交換することはできません。)
①測定ガスを止めてください。
ビス
押し上げ用ネジ穴
②電源スイッチを切ってください。
ポンプヘッドA
③カバーを開け(6.3.1 項を参照してください)
、
ポンプに接続されている配管(3 箇所)を外し
シート弁
てください。
④ポンプの配線(2 本)を端子台から外してくだ
さい。
ポンプヘッドB
ダイアフラム固定ネジ
⑤ポンプを、ポンプ台から外して(2 箇所ネジ止
PTFEパッキン
め)ください。
⑥ポンプの IN,OUT 側の継手を外してください。
(OUT 側から先に外してください。)
ダイアフラム押え板
ダイアフラム
ダイアフラムパッキン
⑦ビス 4 本を外し、ポンプヘッド A、シート弁、
ポンプヘッド B を外してください。
(外れにく
い場合は、押し上げ用ネジ穴にネジを挿入して
ポンプ
ください。)
⑧ダイアフラム固定ネジと PTFE パッキンを外
してください。
⑨ダイアフラム押え板、ダイアフラム、ダイアフラムパッキンを取り外してください。
⑩新しいダイアフラム(1 ケ)、シート弁(1 ケ)、PTFE パッキン(1 ケ)、ダイアフラムパッキン(2
ケ)を用意してください。
⑪ダイフラムパッキンの外周の突起を上にして、ダイアフラムパッキン 2 ケをダイアフラムの上下に置き、
ダイアフラム押え板、PTFE パッキン、ダイヤフラム固定ネジを取り付けて(締付けトルク0.46N・m)
ください。
注記: 過剰なトルクはネジ穴の破損の原因になります。)
⑫ポンプヘッド B にシート弁を取り付けてください。
注記: シート弁の穴をポンプヘッド B の穴に合わせてください。シート弁に表裏はありません。
⑬先に取り付けたダイアフラムとポンプヘッド B の中心を揃え、ポンプヘッド A のピンと位置を合わせ
て重ね、ビス 4 本で固定(締付けトルク 0.55N・m)します。
注記: ビス 4 本は、8 の字順に均等に締め付けてください。ビスの片締めは、リークの原因になりま
す。)
⑭⑥項で外した継手にシールテープを巻き(2.5∼3 回)、外した前と同じ向きになるようにねじ込み、取
り付けてください。
⑮ポンプをポンプ台に取り付けて(2 箇所ネジ止め)ください。
⑯ポンプの配線(2 本)を、端子台に取り付けてください。
−59−
⑰ポンプ配管をして、カバーを取り付けてください。
⑱電源を入れて、ポンプが正常に動作することを確認してください。
以上で、ポンプ付属品の交換は終了です。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
(2) ポンプ交換
交換上の注意
・ポンプは、2 年を目安に交換してください。
①測定ガスを止めてください。
②電源スイッチを切ってください。
③カバーを開け(6.3.1 項を参照してください)、ポンプに接続されている配管(3 箇所)を外してくださ
い。
④ポンプの配線(2 本)を、端子台から外してください。
⑤ポンプを、ポンプ台から外して(2 箇所ネジ止め)ください。
⑥ポンプの IN 側,OUT 側の継手を外してください。
(OUT 側を先に外してください。)
⑦外した継手にシールテープを巻き(2.5∼3 回)、交換前と同じ向きになるように新しいポンプにねじ込
み、取り付けてください。
⑧新しいポンプを①∼⑤を逆の手順で装置に取り付けてください。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
ネジ
ネジ
−60−
6.3.7 CO2 センサの測定セル
測定セル内に、ダストや水滴が入るとドリフトを起こす場合があります。汚れている場合は清掃が必要で
す。同時にフィルタの交換が必要です。測定セルの清掃手順は以下の通りです。
①測定ガスを止めてください。
②電源スイッチを切ってください。
③測定セルに接続されている配管を外してください。
④検出器のコネクタをプリント板から外してください。
⑤赤外線光源ユニットに取り付けている 2 本のねじ(測定セル分解図の No.9)を外してください。
(測定セルは、検出器と一体となって外れます。)
⑥測定セルを固定している 2 本のねじ(測定セル分解図の No.5)を緩め、セルを外してください。
測定セルの一方の窓は、検出器と測定セルの間に挟まっているだけで固定されていません。
落とさないように、検出器を上にして外してください。
⑦測定セルの内面や固定されている窓の清掃には、最初は柔らかいブラシなどで大きなダストを取り除き、
次に柔らかい布で軽く拭いてください。決して硬い布なので拭かないでください。
注意
・窓は割れ易いものですので、取扱いには十分に注意してください。また強くこすって傷をつけない
ように注意してください。
⑧窓や測定セル内の汚れがひどい場合は、柔らかい布に無水エタノールを付けて汚れを落としてください。
⑨万一、窓が腐食した場合は、軽度のときは柔らかい布に酸化クロム粉末を付けて軽く擦れば取れますが、
著しいときは窓を取り換える必要があります。
⑩組立ては、③∼⑥項を逆の手順で行ってください。
注記: 気密試験(6.4 項)を必ず実施してください。
注意
・O リングは窓と測定セルの間に入れます。位置を間違えないように注意してください。
・検出器出力コードのコネクタをプリント板に差し込む時には、CN11 に取り付けてください。
−61−
No
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
名称
ねじ
ねじ(ベース固定用)
ベース板
赤外線光源ユニット
ねじ(ブロックセル固定用)
ブロックセル
窓
O リング
ねじ(検出器固定用)
チョッパモータ用コネクタ
検出器
9
5
11
1
7
8
6
2
4
10
3
測定セル分解図
−62−
6.4 気密試験
・保守を行った場合は、以下の要綱で必ず気密試験を行ってください。
試験上の注意
・標準ガスを高圧(30kPa 以上)で印加しないでください。装置の破損の原因となります。
(1) 気密試験方法
①電源を OFF してください。
②排気ガス口(OUTLET)を塞いでください。
③試料・校正ガス入口(INLET)に、圧力調整器付き標準ガス(N2 ボンベまたは Air ボンベ)を接続し
てください。
④標準ガスボンベの元栓を開け、ストップバルブハンドルも開けてください。
圧力調整器の出口側圧力計の圧力が 30kPa になるように圧力調整ハンドルで合わせてください。
⑤標準ガスボンベの元栓を閉じてください。
⑥圧力調整ハンドルを、反時計回りに 30kPa に設定したときと同じくらい戻してください。
⑦1 分間保持して、出口側圧力計の圧力に変化が無いことを確認してください。
以上で、気密試験は終了です。
注記: 出口側圧力計の圧力の低下を確認(リークが発生)した場合は、装置内部配管の各接続部にせっけ
ん水を少量付け、対策してください。
(2) 圧力調整器の標準ガスボンベへの取付けと操作(参考)
①ガスボンベの元栓が、時計回りで閉まっていることを確認してください。
②ボンベ口金部分を清掃し、パッキンを挿入してください(ゴミ等が入るとガス漏れの原因となります)。
③サイズの合ったスパナで、ボンベ取付けナットをガスボンベに確実に締め付けてください。
④圧力調整ハンドルを反時計回りで緩めた後、ストップバルブハンドルを時計回りで締めてください。
⑤ガスボンベの元栓を時計回りで開いてください。圧力調整器の入口側圧力計にガスボンベ圧力が指示さ
れます。
⑥圧力調整ハンドルを時計回りに回し、出口側圧力を上げます。圧力調整器の出口側圧力計の指示を見な
がら 30kPa に調整してください。
⑦ストップバルブハンドルを開けるとガスが流れます。
元栓
出口側圧力計
入口側圧力計 圧力調整ハンドル
ボンベ取付
ナット
口金
パッキン
圧力調整器
ガスボンベ
R1/4継手
ストップバルブハンドル
−63−
6.5 CO2 センサ校正の設定・実施
保守を行った場合は、以下の要領で必ず CO2 センサの校正を行ってください。
使用上の注意
・校正方法は、
『連動』と『非連動』方式があります。
・『連動』方式は、L レンジのスパンガスで、L レンジと H レンジのスパン校正をします。
スパンガス濃度値は、L レンジのガス濃度値のみを入力します。
・『非連動』方式は、各レンジのスパンガスで、それぞれのレンジのスパン校正します。
スパンガス濃度値は、L レンジと H レンジのガス濃度値を入力します。
(1) 校正方法の設定
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<4. CO2 センサ校正の設定・実施>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルを<1. 校正方法の設定>に合わせて、
キーを押すと、カーソルが選択可能位置に移動します。
③
キーで、『連動』か『非連動』を選択します。
キーで、データを登録します。
例: 連動方式から非連動方式に変更
選択項目
初期値
『連動』『非連動』
『連動』
以上で、CO2 センサの校正方法の設定は終了です。
−64−
(2) スパンガス濃度値の設定
(a) 連動方式の場合
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<4. CO2 センサ校正の設定・実施>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルを<2. スパンガス濃度の設定>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
キーで、前画面に戻ります。
以上で、連動方式の場合のスパンガス濃度値の設定は終了です。
−65−
(b) 非連動方式の場合
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<4. CO2 センサ校正の設定・実施>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②
キーで、カーソルを<2. スパンガス濃度の設定>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③
キーで、カーソルを移動させ、
キーで、入力するレンジ
を選択します。
④
キーで、入力桁を選び、
キーで、値を変更します。
キーで、データを登録します。
キーで、前画面に戻ります。
以上で、連動方式の場合のスパンガス濃度値の設定は終了です。
−66−
(3) CO2 センサ校正の実施
使用上の注意
・校正方法(『連動』と『非連動』
)により、校正手順が変わります。
・『連動』方式 : ゼロ点校正→スパン校正→終了となります。
・『非連動』方式: ゼロ点校正→L レンジのスパン校正→H レンジのスパン校正→終了となります。
ここで、L レンジのスパン校正は、スキップすることができます。
(a) 連動方式の場合
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<4. CO2 センサ校正の設定・実施>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『連動』になっていることを確認して
ください。
キーで、カーソルを<3. ゼロ点/スパン校正の実施>に合わ
せて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③ゼロ点校正待機が点滅します。
INLET にゼロガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃度表
示を開始し、ゼロ点校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
−67−
④表示が安定したら、
キーを押してください。
ゼロ点校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑤次に、スパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
⑥スパン校正待機が点滅します。
INLET にスパンガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃
度表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
⑦表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
以上で、連動方式の場合の CO2 センサのゼロ点/スパン校正は終了です。
−68−
(b) 非連動方式の場合
①<装置設定モード>画面のからパスワードを入力して、<メンテ
ナンスメニュー>画面に入ります。
キーで、<4. CO2 センサ校正の設定・実施>に合わせて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
②<1. 校正方法の設定>が、『非連動』になっていることを確認し
てください。
キーで、カーソルを<3. ゼロ点/スパン校正の実施>に合わ
せて、
キーを押すと、画面が切り替わります。
③ゼロ点校正待機が点滅します。
INLET にゼロガスボンベを接続して、
キーを押すと、濃度表
示を開始し、ゼロ点校正中 カウントアップが点滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
④表示が安定したら、
キーを押してください。
ゼロ点校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑤次に、L レンジのスパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
−69−
⑥スパン校正待機が点滅します。
キーを押すと、L レンジの校正をスキップし、⑨項の表示に
なります。
INLET に L レンジのスパンガスボンベを接続して、
キーを
押すと、濃度表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点
滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
⑦表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
⑧次に、H レンジのスパン校正を行います。
キーを押すと、画面が切り替わります。
⑨スパン校正待機が点滅します。
INLET に H レンジのスパンガスボンベを接続して、
キーを
押すと、濃度表示を開始し、スパン校正中 カウントアップが点
滅します。
注: 流量は、400mL/min に合わせてください。
校正を中止する場合は、
キーを押して、画面上の指示に
従ってください。
−70−
⑩表示が安定したら、
キーを押してください。
スパン校正値を決定し、カウントアップが終わります。
以上で、非連動方式の場合の CO2 センサのゼロ点/スパン校正は終了です。
−71−
7. 予備品
・交換部品は、メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか、事故や
故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は、不燃物として処理してください。
(1) 予備品形式
一括手配する場合は、予備品形式でご用命ください。
ZBN
4
5
6
1
S
X
7
8
1
9
–
桁 仕様
7
ポンプ無
ポンプ有
9
プリンタ用感熱紙無
プリンタ用感熱紙有
0
1
0
1
(2) 予備品一覧
個別手配する場合は、下表の部品番号でご用命ください。
No.
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
品
名
ラインフィルタ
VOC/CO2 コンバータ用継手
酸化触媒 A,B
触媒固定バネ
ハロゲンスクラバー
ハロゲンスクラバー用ネット
ハロゲンスクラバー用パッキン
CO2 センサセル用 O リング
ポンプ
交換用ダイアフラム, 
交換用シート弁等 含む
プリンタ用感熱紙
数量
2個
2個
各1袋
2個
1袋
2個
2個
1個
1式
部品番号
TK7M7846P1
TK7M7846P2
TK7M7846P3
TK7M7846P6
TK7M7846P7
TK7M7846P8
TK7M7846P9
TK7M7846P10
TK7M7846P12
交換周期(目安)
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
12 ヶ月
24 ヶ月
バイトン
バイトン
予備品形式 7 桁目 1
10 巻
TK7M7846P14
−
予備品形式 9 桁目 1
注) 予備品の交換周期は、測定ガス条件、装置使用頻度によって異なります。
−72−
備考
バイトン
PE 袋入り
PE 袋入り
8. トラブルシュート
・取扱説明書を読んでも判断できない故障の場合は、必ず販売店または当社の調整技術員にご連絡くださ
い。不用意に分解すると、事故や故障の原因になります。
(1) エラーメッセージ
下表の内容で、エラーが発生します。
エラー表示
Error No.1
エラー内容
モータ回転検出信号不良
Error No.4
Error No.5
ゼロ校正が校正範囲外
ゼロ校正量(表示している値)
がフルスケールの 50%以上
スパン校正が校正範囲外
スパン校正量(表示している
値)がフルスケールの 50%以上
Error No.6
Error No.7
Error No.8
ゼロ・スパン校正時の測定値の
変動が大きい
考えられる要因
・CO2 センサ部のモータの回転不良または停止。
・モータ回転検出回路の不良。
・ゼロガスが流れていない。
・CO2 センサ部の測定セルの汚れ。
・検出器の不良。
・スパンガスが流れていない。
・スパン校正ガスの濃度設定が、ボンベガスと一致
していない。
・ゼロ校正を正常に行っていない。
・CO2 センサ部の測定セルの汚れ。
・検出器の不良。
・校正ガスが流れていない。
・校正ガスを流す時間が短い。
(2) エラー発生時の画面表示および操作
①各エラーは、<測定モード>画面、<校正モード>画面、<装置設定モード/装置設定メンテナンスメ
ニュー/4. CO2 センサ校正の設定・実施/CO2 センサ校正>画面に「Error No.∗」と表示されます。
)
(∗は、1,4,5,6,7,8 のいずれかを表します。
この画面で、
キーを押すと、画面が切り替わり、「エラー内容表示」画面になります。
キーを押すと前画面に戻ります。
(例)
−73−
②Error No.1 の場合
測定中に発生した場合は、測定を中止し、前画面(測定モード画面)に切り替わり、「Error No.1」を
表示します。
また、校正中に発生した場合は、校正を中止し、校正前の画面(ゼロ点/スパン校正画面または CO2 セ
ンサ校正画面)に切り替わり、「Error No.1」を表示します。
注 1)バック測定中での発生では、<データ一覧モード バック測定データ一覧>に「Err 1」と記録が
残ります。
注 2)連続測定中での発生では、<データ一覧モード 連続測定データ(前回)>に「エラー発生時
間」と「Err 1」と記録が残ります。
また、プリンタを使用の場合は、
「エラー発生時間」と「ERROR 1」と印字されます。
③Error No.4,5,6,7,8 の場合(校正中のみ生じるエラー)
校正を中止し、校正前の画面(ゼロ点/スパン校正画面または CO2 センサ校正画面)に切り替わり、
「Error No.∗」を表示します。
(3) エラーのクリア
<校正モード>画面で、<3. エラー表示クリア>を
キーで選択して、
キーを押すと、画面が切り
替わります。
キーを押すと、エラー表示をクリアします。
注 1)「Error No.1」の場合、エラー発生要因が取り除かれていなければ、再びエラーが表示されます。
注 2)「Error No.4,5,6,7,8」の場合、エラー要因を取り除かないで、再び校正を実施するとエ
ラーとなります。
−74−
9. 仕様
本装置は、防爆仕様ではありません。危険ガスの取扱い時には十分注意してください。
9.1 仕様
本製品は,VOC(注)排出施設から排出される排出ガス中の
VOC濃度を測定する可搬式の赤外線式VOCガス測定器です。
本製品の主要部はVOC/CO2コンバータ部とガス分析部で構成
しています。
VOC/CO2コンバータ部には,サンプルガス中のVOCをCO2へ
効率よく変換する酸化触媒,ガス分析部には安定性に優れた
シングルビーム式赤外線ガス分析計を採用しています。
塗装施設,接着剤使用施設,印刷施設,化学製品製造施設,
VOC貯蔵施設などのVOCを排出する施設でご使用いただけま
す。
(注)VOCとは,浮遊粒子状物質・オキシダントの生成原因と
なる揮発性有機化合物を表します。
2005年5月に大気汚染防止法が改正され、6月1日から施行。
2006年4月より、50トン/年レベルを排出する工場や事業所な
ど
(塗装関係、接着関係、印刷関係、化学製品製造関係、工業
用洗浄関係、VOC貯蔵関係などの施設)にて測定の義務づけ
や,排出量の規制が施行されます。
特 長
1.優れた安定性と高い信頼性
• 検出器は,長年の実績のあるシングルビーム式赤外線ガ
ス分析計を採用
• 校正時に算出するプロパンガス変換効率から,メンテナ
ンス要否を診断
• VOC酸化分解生成物の配管内残留を防止する配管ク
リーニング機能付
2.データ管理が容易
• 測定条件と測定結果を,最大40データ分を内部メモリ
へ保存
• RS232C通信(MODBUS)によりパソコンやプリンタで
データ処理が容易に可能
3.豊富な機能
• 公定法で規定された捕集バック測定の他に,連続測定も
可能
• 自動レンジ測定,固定レンジ測定の選択が可能
• 同一試料ガスに対して最大9回の測定が可能で,平均値
演算機能付
• ベースVOC濃度加減演算補正機能付
• サンプル名称入力機能付
4.大形液晶表示でわかり易い操作
仕 様
標準仕様
•測
•測
定
定
方
成
•測
定
範
式:触媒燃焼式非分散形赤外線吸収法
分:VOC(揮発性有機化合物:トルエン,酢
酸エチル,メチルエチルケトン,クロロ
メタン,クロロベンゼン,2-プロパノー
ル等)
囲:第1レンジ 0∼1000 vol ppmC
第2レンジ 0∼5000 vol ppmC
−75−
• アナログ出力信号:
DC4∼20mAまたはDC0∼1V(非絶縁,
リニア出力)
許容負荷抵抗:550Ω以下
(DC4∼20mA
出力時)
出力抵抗:100kΩ以上
(DC0∼1V時)
• 通 信 機 能:RS232C(MODBUSプロトコル)
測定日時,測定回数,サンプル名,設定
レンジ,測定レンジ,VOC濃度値,ベー
スCO2濃度
• 表 示 部:バックライト付LCD(自動消灯機能付)
測定値表示:ディジタル表示(VOC濃度
値,ベースCO2濃度値)
測 定 条 件:サンプル名,測定回数,測定
レンジ,ベースVOC設定値
• 電 源 電 圧:AC100V 50/60Hz
• 消 費 電 力:最大200VA
• 暖 機 時 間:30分以上
• 周 囲 温 度:0∼40℃
• 周 囲 湿 度:90%RH以下
(結露なきこと)
• 保 管 条 件:−20∼60℃,95%RH以下
(結露なきこと)
• 外形寸法(H×W×D)
:225×365×485mm
• 質 量:約12kg
• 塗 装 色:オフホワイト
(10Y7.5/0.5相当)
• 外 被 形 式:鋼板製ケース,室内形
• 接 ガ ス 部 材 質:ガス出入口;SUS316
ラインフィルタ;PVDF,フッ化炭化水
素樹脂
流量調整弁;SUS304,SUS303,パー
フロゴム
ポンプ;SUS303,フッ素ゴム,PTFE
VOC/CO2コンバータ;アルミナ,フッ素
ゴム,白金系触媒,SUS316
ドレインセパレータ;テフロン,SUS316
電磁弁;テフロン,パーフロゴム
流量計;パーフロゴム,パイレックス,
SUS304
測定セル;SUS304,フッ素ゴム,フッ
化カルシウム
内部配管,継手;テフロン,SUS316
• ガス出入口,パージ口:
試料ガス,校正ガス入口;
SUS316 SWEGELOK
排気ガス出口,ドレイン出口,パージガ
ス入口;
SUS316 φ6/φ4ホース口
(必要により行う)
• パージガスの流量:1.0±0.5 L/min
性 能
• 繰 返 し 性:±2.0% FS以内
• 指 示 誤 差:±2.0% FS以内
• ド リ フ ト:ゼロ点±2.0%FS/24時間
スパン点±2.0%FS/24時間
• 応答速度(90%応答):
120秒以内
• 無機炭素の影響:±6.0% FS以内
• 酸 化 効 率:95%以上
(メタン)
• 感 度:90%以上(トルエン,酢酸エチル,メチ
ルエチレンケトン,2-プロパノール,ジ
クロロメタン,クロロベンゼン)
• 最 小 検 出 限 界:1%以下
• 試料ガス流量変化に対する安定性:
±2%FS以下
• 電源電圧に対する安定性:
±2%FS以下
標準測定ガス条件
•
•
•
•
•
•
•
•
•
流 量: 0.4L/min
温 度: 0∼40℃
C O 2 濃 度 :0∼1500ppm
ダ ス ト 径:0.3μm以下の粒度
ダ ス ト 量:Max. 100μg/Nm3
ミ ス ト:無きこと
水 分:結露なきこと
(30℃露点)
腐 食 性 成 分:HCL 1ppm以下
校 正 用 ガ ス:
ゼ ロ ガ ス ;高純度空気、または高純度窒素
スパンガス ;① Lレンジ;900∼1000ppmCプロパン
(残:Air)
② Hレンジ;4500∼5000ppmCプロパン
(残:Air)
注)スパンガスは、JIS K0007に規定するもの、または
JIS K0055の4.校正用ガスa,b項に規定する方法で
調整されたものとする。
使用条件
・直射日光,高温物体からのふく射が当らない場所を選ぶこ
と。
・振動のある場所は避けること。雰囲気の清浄な場所を選ぶ
こと。
・屋外使用の場合は風雨に直接さらされないように適切なカ
バー・ケースを用意すること。
標準機能
測定方式選択
捕集バック測定または連続測定を選択できます。
自動レンジ切換え
第1レンジから第2レンジへ(またはその逆),自動的にレンジを切換えます。
固定レンジ測定の設定も可能です。
平均値演算
同一サンプルに対して最大9回の測定が可能で,VOC濃度の平均値を出力します。
機器チェック
ゼロ・スパン校正を行った時に触媒の酸化効率をチェックします。
クリーニング
試料ガスやその酸化分解生成物であるH2O,HCI等が,配管内に滞留することを防止します。
サンプル名入力
試料ガスのサンプル名称を入力可能です(前4桁:英小文字またはスペース,後2桁:数字)
表示自動消灯
設定時間以上キー操作を行なわない場合に,表示バックライトが自動消灯します。
メモリ
測定条件と測定結果を最大40データ分,校正データを最大10データ分保存できます。
通 信
RS232C通信(MODBUS)により,PCまたはプリンタの接続が可能で,
メモリ内データ,測定終了時のデータ,校正終了時のデータの通信出力が可能です。
−76−
9.2 形式指定
形式指定
ZSX
桁 仕様
4 〈測定成分〉
VOC
5 〈測定レンジ〉
1000ppmC/5000ppmC
6 〈アナログ出力信号〉
DC0∼1V(非絶縁)
DC4∼20mA(非絶縁)
7 〈電源電圧〉
AC100V 50/60Gz
8 改良No.
9 〈プリンタ一式〉
なし
あり
10 〈ボンベ一式〉
なし
あり
4
5
1
1
6
7
8
1
1
9
10
–
注
1
1
1
2
1
1
0
1
0
1
納入範囲
予備品内訳
①本体
②標準付属
個別に手配する場合は,部品番号でご用命ください。
No. 品名
1 電源コード
品 名
No.
数量 備考
1本 AC100V用 コード長さ2.5m
1 ラインフィルタ
数量
部品番号
交換周期
(目安)
2個
TK7M7846P1
12ヶ月
2個
TK7M7846P2
12ヶ月
バイトン
各1袋 TK7M7846P3
12ヶ月
PE袋入り
2
3
管ヒューズ
アース線
2個 3.15A
1本 線長さ5m
2
VOC/CO2コンバータ用継手
3
酸化触媒A,B
4
5
テフロンチューブ
1本 外径φ6/内径φ4×長さ2m
1本 外径φ9/内径φ5×長さ0.3m
4
触媒固定バネ
2個
TK7M7846P6
12ヶ月
5
ハロゲンスクラバー
1袋
TK7M7846P7
12ヶ月
2個
6
ハロゲンスクラバー用ネット
2袋
TK7M7846P8
12ヶ月
6
7
8
9
トアロンチューブ
ラインフィルタ
VOC/CO2コンバータ用継手 2個 バイトン
酸化触媒A,B
各1袋 PE袋入り
ハロゲンスクラバー
10 ポンプ交換部品
1袋 PE袋入り
1式 ダイアフラム1ヶ、シール弁1ヶ、
ダイアフラムパッキン1ヶ
PTFEパッキン1ヶ
1冊
11 取扱説明書
③プリンタ一式(オプション)
プリンタ本体,ACアダプタ,ケーブル(1.5m),
感熱ロール紙(10個)
④ボンベ一式(オプション)
ゼロガス(3.4L),スパンガス(3.4L)
圧力調整器(1台),継手(1ヶ)
予備品の形式指定
ZBN
ポンプ無
ポンプ有
9
プリンタ用感熱紙無
プリンタ用感熱紙有
PE袋入り
7
ハロゲンスクラバー用パッキン 2個
TK7M7846P9
12ヶ月
バイトン
8
CO2センサセル用Oリング
1個
TK7M7846P10
12ヶ月
バイトン
9
ポンプ
交換用ダイアフラム,
交換用シート弁等 含む
1式
TK7M7846P12
24ヶ月 予備品形式
7桁目 1
10巻
TK7M7846P14
予備品形式
9桁目 1
(
10 プリンタ用感熱紙
)
注)予備品の交換周期は,測定ガス条件,装置使用頻度によって異なります。
別項目手配品
4
5
6
1
S
X
7
8
1
9
–
桁 仕様
7
備 考
0
1
0
1
• 捕集バック採集の場合:
VOC排ガス採取装置
• 品 名:VOCサンプリングセット
• 形 式:VOC−1型(柴田科学(株)製)
• 内 訳:試料採取管,フィルタ,フィルタホルダ,
ドレンポット,固定台座,三脚,
捕集用気密容器,自動ポンプ,
手動ポンプ,継手,テフロンチューブ,
捕集バック(20L用)
−77−
★
マニュアルコメント用紙
★
お客様へ
マニュアルに関するご意見,ご要望,その他お気付きの点,または内容の不明確な部分がございましたら,この
用紙に具体的にご記入のうえ,担当営業員にお渡しください。
マ ニ ュ ア ル № INZ-TN1ZSXa
ご 提 出 日
年
社名
マニュアル名称 赤外線式 VOC ガス測定器 取扱説明書
ご提出者 所属
氏名
ページ
行
内
容
意見,要望,内容不明確(まちがい,説明不足,用語不統一,誤字脱字,その他)
…………いずれかに○印
出版元記入欄
担当
受付
年
月
日
受付番号
月
日
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement