低VOC塗装・工事セミナー ~建築塗装におけるVOC対策

低VOC塗装・工事セミナー ~建築塗装におけるVOC対策
低VOC塗装・工事セミナー
~建築塗装におけるVOC対策~
2013年 9月13日 角筈区民ホール
日本建築仕上材工業会 井上照郷
2013年10月31日 都庁都民ホール
(一社)日本塗装工業会 竹内金吾
建築塗装の改定の概要
(第Ⅰ部 第1章~第2章)
第2章 建築塗装(塗料仕上げ)
(H25年JASS18改定に伴い見直し)
金属系素地面塗装(鉄鋼面)
金属系素地面塗装(亜鉛めっき鋼面)
セメント系素地面塗装
第3章 仕上塗材仕上げ(変更なし)
塗料と仕上塗材の比較
塗
料
仕上塗材
塗り厚
数十ミクロン
数mm~約10mm
材料の品質
JIS K XXXX
(化学)
JIS A 6909
(建築)
日本標準産業分
類の製造業区分
F-製造業
1754 塗料製造業
F-製造業
3299 その他製造業
建築学会 標準工 JASS 18 塗装工事
事仕様書の区分
JASS 15 左官工事
JASS 23 吹付け工事
国交省 標準工事 塗装工事
仕様書の区分
左官工事
(仕上塗材仕上げ)
汎用的な仕上塗材仕上げの例 (1)
薄塗材E:樹脂リシン
薄塗材E:マスチックA
複層塗材CE:マスチックC
汎用的な仕上塗材仕上げの例 (2)
複層塗材:吹付けタイル
厚塗材:スタッコ
複層塗材:吹付けタイル
厚塗材:スタッコ
特殊な仕上塗材意匠仕上げの例 (1)
特殊な仕上塗材意匠仕上げの例 (2)
特殊な仕上塗材意匠仕上げの例 (3)
陶磁器質タイル調
石材調
東京都VOC対策ガイドにおける
建築塗装の基本事項
Ⅰ-1
【目的】
塗装工事の発注者などがVOC排出抑制のための仕
様選択を支援
【適用範囲】
特定の屋外塗装工事に適用するのではなく技術的
な参考資料として活用
【対象仕様】
JASS18(塗装工事:日本建築学会)
公共建築(改修)工事標準仕様書
Ⅰ-2,Ⅰ-4
【対象素地】
金属素地(鉄鋼面、亜鉛めっき面)、セメント系素地
【VOC量】
塗装系(下塗り~上塗り)のVOC量(g/m2)
※希釈するシンナーも含む
【耐久性ランク】
Ⅰ(汎用品レベル)~Ⅴ(優れている)でランク
※JASS18付録による
【材工費ランク】
A(安価)~E(高価)
※JASS18付録による
塗装仕様の工程表とVOC
Ⅰ-5~Ⅰ-8
【塗装仕様】
工程、塗料、塗付量、希釈、塗り回数、塗装方法、
工程間隔
【VOC量】
工程ごとのVOC量と合計量(シンナー含む)
【VOC削減率】
比較対象仕様に対するVOC削減割合(%)
【留意事項】
材料、施工、適用部位などの補足
塗装仕様の改定ポイント
Ⅰ-2
①金属系素地面(鉄鋼面、亜鉛めっき面)およびセメン
ト系素地面にシリコン系、ふっ素系の仕様を弱溶剤
系耐候性塗料塗りとして追加
平成18年版(弱溶剤系2液形ポリウレタン)
⇓
平成25年版(弱溶剤系耐候性塗料)
1)弱溶剤系2液形ポリウレタン系
2)弱溶剤系2液形シリコン系
3)弱溶剤系2液形ふっ素系
②合成樹脂調合ペイント塗りの素地を亜鉛めっき鋼面
から鉄鋼面に変更(JASS18改定、標仕は存続)
塗装仕様の改定ポイント(一覧表)
Ⅰ-2
JASS18-2013 改定概要
JASS18(塗装工事) 第7版(2006年)改定時
○ 環境保全と健康安全に配慮
○ 水系塗料・非水分散形塗料の採用
○ 弱溶剤形塗料の採用
○ 室内濃度の測定
JASS18(塗装工事) 第8版(2013年)
○ 建築用塗料関連JIS改廃に伴う見直し
JASS18改定の基本方針
① 設計者・施工管理者・専門工事業団体・
材料製造者団体に対するアンケート
↓
建築塗装仕様としての必要可否を検討
採用する塗装仕様の選定
② JIS廃止の塗装仕様は原則削除
ただし、複数製造所によって生産されている
建築塗装として不可欠なものは、日本建築学
会材料規格を制定し存続
JASS18の改定概要 (1)
※朱筆部分はVOCガイドの対象
Ⅰ-2
1.金属系素地面塗装(ワニス塗りを除く)
① 合成樹脂調合ペイント塗り(SOP)存続
鉄鋼面の仕様のみ存続。亜鉛めっき鋼面は削除
② アルミニウムペイント塗り(AlP)廃止
③ フタル酸樹脂エナメル塗り(FE)存続
鉄鋼面の仕様のみ存続。亜鉛めっき鋼面は削除
④ アクリル樹脂エナメル塗り(AE)廃止
⑤ 2液形エポキシ樹脂エナメル塗り(2-XE)廃止
⑥ 2液形ポリウレタンエナメル塗り(2-UE)存続
Ⅰ-2
1.金属系素地面塗装(ワニス塗りを除く)
⑦ 弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル塗り
(LS2-UE)存続 ⇒ 耐候性塗料
⑧ アクリルシリコン樹脂エナメル塗り(2-ASE)存続
⑨ 弱溶剤系アクリルシリコン樹脂エナメル塗り
(LS2-ASE)新規追加 ⇒ 耐候性塗料
⑩ 常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り(2-FUE)存続
⑪ 弱溶剤系常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り
(LS2-FUE)新規追加 ⇒ 耐候性塗料
⑫ 多彩模様塗料塗り(EP-M)廃止
⑬ つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
(EP-G)存続
JASS18の改定概要 (2)
Ⅰ-2
2.セメント系素地面塗装(ワニス塗りを除く)
① 塩化ビニル樹脂エナメル塗り(VE)廃止
② アクリル樹脂エナメル塗り(AE)廃止
③ アクリル樹脂系非水分散形塗料塗り(NADE)存続
④ 2液形ポリウレタンエナメル塗り(2-UE)存続
⑤ 弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル塗り
(LS2-UE)存続 ⇒ 耐候性塗料
⑥ アクリルシリコン樹脂エナメル塗り(2-ASE)存続
⑦ 弱溶剤系アクリルシリコン樹脂エナメル塗り
(LS2-ASE)新規追加 ⇒ 耐候性塗料
Ⅰ-2
2.セメント系素地面塗装(ワニス塗りを除く)
⑧ 常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り(2-FUE)存続
⑨ 弱溶剤系常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り
(LS2-FUE)新規追加 ⇒ 耐候性塗料
⑩ 2液形エポキシ樹脂エナメル塗り(2-XE)廃止
⑪ 合成樹脂エマルションペイント塗り(EP)存続
⑫ つや有合成樹脂エマルションペイント塗り
(EP-G)存続
⑬ ポリウレタンエマルションペイント塗り(UEP)存続
⑭ 合成樹脂エマルション模様塗料塗り(EP-T)廃止
⑮ 多彩模様塗料塗り(EP-M)存続
Ⅰ-5
JASS18改定内容とVOCガイドとの係り
1.金属系素地(鉄鋼面)
(1)つや有合成樹脂エマルションペイント塗り(EP-G)
① 下塗りに水系の鉛・クロムフリーさび止めペイント
を追加
② 下塗りの水系さび止めペイントは存続
⇓
VOCガイドで推奨する下塗り
① 鉛・クロムフリーさび止めペイント(JIS K 5674 2種)
② 水系さび止めペイント(JASS18M-111)
Ⅰ-5
(2)合成樹脂調合ペイント塗り(SOP)
① 適用範囲から亜鉛めっき鋼面を削除
屋外の鉄鋼面のみに限定
② 下塗りの鉛・クロム系さび止めペイントの廃止
③ 下塗りに変性エポキシ樹脂プライマーを追加
④ 下塗りの鉛・クロムフリーさび止めペイントは存続
⇓
VOCガイドで推奨する下塗り
① 鉛・クロムフリーさび止めペイント(JIS K 5674)の
1種(溶剤系)のうち弱溶剤系
Ⅰ-6
(3)弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル塗り(LS2-UE)
① 材料規格の見直し
中塗り
弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル用中塗り
(JASS18M-403)
上塗り
弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル
(JASS18M-406)
⇓
弱溶剤系建築用耐候性上塗り塗料(JIS K 5658)
ただし、VOCガイドでは「公共建築工事標準仕様書」を準用し、
中塗り・上塗りは、鋼構造物用耐候性塗料(JIS K 5659)の弱溶
剤系を例示している。
Ⅰ-6
(4)弱溶剤系アクリルシリコン樹脂エナメル塗り
(LS2-ASE)
(5)弱溶剤系常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り
(LS2-FUE)
⇓
弱溶剤系建築用耐候性上塗り塗料
(JIS K 5658)による仕様
ただし、VOCガイドでは「公共建築工事標準仕様書」を準
用し、鋼構造物用耐候性塗料(JIS K 5659)の弱溶剤系
による仕様を例示している。
Ⅰ-6
2.金属系素地(亜鉛めっき鋼面)
(1)弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル塗り(LS2-UE)
(2)弱溶剤系アクリルシリコン樹脂エナメル塗り
(LS2-ASE)
(3)弱溶剤系常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り
(LS2-FUE)
⇓
弱溶剤系建築用耐候性上塗り塗料
(JIS K 5658)による仕様
ただし、VOCガイドでは「公共建築工事標準仕様書」を準
用し、鋼構造物用耐候性塗料(JIS K 5659)の弱溶剤系
による仕様を例示している。
Ⅰ-7
3.セメント系素地
(1)つや有合成樹脂エマルションペイント塗り(EP-G)
JASS18、VOCガイドともに重要な変更なし
(2)アクリル樹脂系非水分散形塗料塗り(NADE)
①JASS18は重要な変更なし
②平成18年版VOCガイドでは、弱溶剤系アクリル樹脂
エナメル塗りとしていたが、塗装仕様の名称を変更
③近年の塗装仕様に準じてVOCガイドの工程表を改定
下塗りの塗付量 0.08 ⇒ 0.10 kg/m2
シンナー希釈率
下塗り25%
中・上塗り15%
VOC量
下塗り68 g/m2
2
⇒
55g/m
中・上塗り75g/m2
⇒ 10%
Ⅰ-8
(3)ポリウレタンエマルションペイント塗り(UEP)
JASS18、VOCガイドともに重要な変更なし
(4)弱溶剤系2液形ポリウレタンエナメル塗り(LS2-UE)
(5)弱溶剤系アクリルシリコン樹脂エナメル塗り
(LS2-ASE)
(6)弱溶剤系常温乾燥形ふっ素樹脂エナメル塗り
(LS2-FUE)
⇓
VOCガイドでは(4)~(6)の弱溶剤系建築用耐候性上
塗り塗料(JIS K 5658)による仕様を、弱溶剤系耐候性
塗料塗りとして掲載
その他VOCガイドでの解説
参考資料1
1.1 溶剤系塗装仕様と低VOC・環境配慮形塗装仕様
の対応(VOC比較) 参-1
1.2 VOCの算出方法 参-2~参-3
参考資料4(施工現場での対策) 参-18~参-20
4.1 塗料の保管・貯蔵管理
4.2 塗装方法の種類と特性
4.3 塗膜のはく離工法
4.4 塗着効率の向上
付表Ⅰ-1(詳細) 建築塗装のVOC算出DB
付表Ⅰ-2(詳細) 仕上塗材仕上げのVOC算出DB
参考資料1(付表1-1)
参-1
鉄鋼面「合成樹脂調合ペイント塗り」の比較例
溶剤系 VOC量 VOC量 環境配慮 削減率
塗装仕様 (g/m2) (g/m2) 塗装仕様 (%)
合成樹脂調
合ペイント
(シアナミド
鉛さび止め
ペイント)
21
つや有合
成樹脂エマ
ルションペ
イント
84
128
合成樹脂
調合ペイン
ト(鉛・クロ
ムフリー)
0
128
※ 数値算出の詳細は「付表1-1(詳細)」参照
参-2~参-3
参考資料1(付表1-4~6)
VOC量は「塗付量」と「含有率または希釈率」から算出
塗料中のVOC量は付表1-4~付表1-6による
塗 料
VOC
含有率
塗料の名称
%
(例)
シアナミド鉛さび止
めペイント(2種)
(例)
25%
算出資料
JISの加熱残分
製造所資料
参考文献
(例)
JIS加熱残分
75以上
参-18
参考資料4(施工現場での対策)
4.1 塗料の保管・貯蔵管理
4.1.1 現場搬入後の保管
(1)直射日光を避け、通気の良い場所に保管
(2)容器の破損などによる塗料や溶剤の漏れに注意
(3)塗料や溶剤を小分けした場合は容器の密閉に注意
4.1.2 調合・かくはん
(1)調合は、はかりを使用して取扱説明書に準じる
(2)2液形(反応硬化形)の塗料は可使時間に注意
(3)缶上部を切って開封した場合はシートなどで密閉
参-18~参-19
4.1.3 交換・洗浄
(1)洗浄用の溶剤は一時に大量に使用せず、少量ずつ
回数を多くして使用する(溶剤使用量の低減)
4.2 塗装方法の種類と特性
(1)塗装方法の種類
はけ塗り、ローラー塗り、吹付け(スプレー)
(2)吹付けに比べはけ塗り・ローラー塗りは作業中の飛
散がなく、塗料のロスも少ない
VOCの排出抑制に有効
4.3 塗膜のはく離工法
(1)塗膜はく離剤の選定と使用量の適正な管理
(2)シート状はく離剤の活用(VOC飛散・廃棄物対策)
参-19
エアースプレー(仕上塗材仕上げ)
(自重式)
ジュラクガン
スタッコガン
コンプレッサー
リシンクガン
タイルガン
エアレススプレー(塗料)
エアレス式
エアレスポンプ式
参-19
参-19
ローラー塗り(ハンドルの種類)
レギュラータイプ
ワンタッチタイプ
参-19
ローラー塗り(ローラーブラシの種類)
レギュラー
ミドル
スモール
中毛
砂骨
コーナー
ローラー
ローラー
ローラー
仕上塗材仕上げの概要
(第Ⅰ部 第3章)
(1)仕上塗材は吹付材と言われていた
最初のJISは昭和45年(1970年)制定
(2)施工方法が吹付けばかりではなくローラー
塗りも普及してきたことから、JISの名称が
昭和58年(1983年)から仕上塗材に改称
(3)仕上塗材の層構成は、主材と下塗材・上塗
材の組み合わせによる
薄付け仕上塗材(リシン等)の層構成(例)
厚付け仕上塗材(スタッコ等)の層構成(例)
複層仕上塗材(吹付けタイル等)の層構成(例)
仕上塗材とVOC
(1)仕上塗材の下塗材・主材・上塗材の生産量
合計のうち約5%(平成24年)が溶剤系
(2)そのうち溶剤を使用している塗材の多くは
上塗材で、主材のほとんどは水系
(3)上塗材の水系化は年々進んでおり、平成15
年(2003年)以降は、水系の上塗材が溶剤
系の上塗材より多く生産されている
平成24年(2012年)の水系上塗材と溶剤
系上塗材の比率は、約75:25
80
70
水系上塗材の割合(%)
溶剤系上塗材の割合(%)
60
50
(%)
40
30
20
10
0
1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 2003 2004 2005 2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012
年
水系および溶剤系上塗材の生産量割合(%)
VOCガイドにおけるVOC削減の考え方
上塗材と下塗材を溶剤系から水系に変える
⇓
下塗り~上塗りまでが水系システムの資料を
pp.Ⅰ-9~Ⅰ-14に掲載
⇓
例)p.Ⅰ-12
外壁で最も多い複層塗材Eの場合(3.7)
溶剤系の下塗材および上塗材を水系に変えると
VOCの削減率は95%
用
語
弱溶剤系塗料
労働安全衛生法に基づく有機溶剤中毒予防規
則に区分される第3種有機溶剤等を溶媒の主
成分とした塗料
塗付け量
被塗装面単位面積あたりの塗装材料(希釈す
る前)の付着質量
所要量
被塗装面単位面積あたりの塗装材料(希釈す
る前)の使用質量
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement