SG400 ダイオキシン類発生防止対策用CO/O2ガス分析装置

SG400 ダイオキシン類発生防止対策用CO/O2ガス分析装置
SG400
ダイオキシン類発生防止対策用
CO/O2ガス分析装置
IM 11G4G2-01
IM 11G4G2-01
2 版(YK)
はじめに
「SG400 ダイオキシン類発生防止対策用CO/O2 ガス分析装置」は,非分散形赤
外線式COセンサおよびジルコニア式酸素センサを搭載し,ダイオキシン類の排出
規制に対応して,塵芥焼却炉燃焼排出ガス中のCO,O2 を測定します。
「ゴミ処理に係わるダイオキシン類発生防止等ガイドライン(新ガイドライ
ン)」(平成9年1月厚生省通達)に基づくCO 濃度の監視に最適です。
これらの機器の性能を十分に発揮させるため,使用する前に取扱説明書を十分
にお読みになってください。取扱いに際して特に留意したい事柄は,その重要度
に応じて,取扱説明書中に「警告」,注意」といった形で明示してあります。
安全や機器の損害防止の点から,これらの記載事項を厳守してください。なお,
製品にも明示してある「警告」などの場合は,次のようにアラートシンボルマー
クをつけて記載します。
製品にも記載されている「警告」の表示例
警 告
●仕様の確認
機器がお手元に届いたら,丁重に開梱し,輸送時の損傷がないことを点検くだ
さい。また,本器は,指定された仕様になっています。念のため,ご指定通り
の仕様であること,付属品に不足のないことを確認してください。仕様の確認
は,ネームプレートに記載されている形名コードで行います。形名コードは,
1章仕様をご参照ください。
●本取扱説明書の内容
この取扱説明書には,「SG400 CO/O 2ガス分析装置」の設置方法,配管・配線
方法,点検・保守方法など,取扱いに関する事柄が説明してあります。
したがって,本取扱説明書は,装置設計者・配管および配管工事担当者・運転
管理者・保守担当者など,本器と技術的な係わりを持つ全ての人々がお読みに
なることをお勧めいたします。
●6打点記録計付きを選択された場合,記録計に関しては,記録計の取扱説明書
(IM 4D5B1-01)をご参照ください。
Media No. IM 11G4G2-01
2nd Edition : Apl. 2003(YK)
All rights reserved. Copyright © 2001 Yokogawa Electric Corporation
IM 11G4G2-01
i
・この取扱説明書をよくお読みいただき,十分に理解した上でガス分析装置の据
付け,運転,整備をしてください。取扱いを誤ると事故や傷害を発生させる恐
れがあります。
・このガス分析装置の仕様は,製品改良のため予告なく変更することがありま す。
・無断で,このガス分析装置を改造することは,固く禁止いたします。無断で改
造したことにより生じた事故については,一切責任を負いません。
・この取扱説明書は,実際にガス分析装置をお使いになる方が保管してくださ い。
・お読みになった後は,お使いになる方がいつでも見られる所に必ず保管してく
ださい。
お願い
・本書の内容の一部,または全部を無断で記載することは禁止されています。
・本書の内容に関しましては,将来予告なしに変更することがあります。
安全上のご注意
ご使用の前にこの『安全上のご注意』をよくお読みの上,正しくご使用くださ
い。
・ここに示した注意事項は,安全に関する重大な内容を記載していますので,必
ず守ってください。安全事項のランクを「危険」,「注意」,「禁止」と区分
してあります。
警 告
取り扱いを誤った場合に,危険な状況が起こる場合があり,死亡または重症を受ける可能性
が想定される場合。
注 意
取り扱いを誤った場合に,危険な状況が起こる場合があり,中程度の障害や軽傷を受ける
可能性が想定される場合および物的損害のみの発生が想定される。
ガス分析装置の設置,再設置,保管上の注意
警 告
本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,
火災などの重大な事故の原因になります。
ii
IM 11G4G2-01
注 意
・設置,移動,再設置は,十分ご注意ください。不完全な据付けは,転倒事故,感電,
火災
けがなどの原因になります。
・ガス分析装置は重量物です。十分に注意して据付けてください。転倒,落下などにより,
事故やけがの恐れがあります。
・ガス分析装置を持ち上げる時には必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをする
恐れがあります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超
えた場所での使用は,感電,火災,誤動作の原因になります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤
動作の原因になります。
・排気ガスの放出は,人気のない位置まで配管し,人体に影響を与えないようにしてください。
配線上の注意
注 意
◎ 感電,火災,けがの要因を除去するために,次のことを必ず守ってください。
・配線工事を行うときは,必ず元の電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあ
ります。
・配線工事は,間違いのないようにご注意ください。配線工事に不備があると,感電,
ケガ,
誤動作の原因になります。
・接地線は,600V-IV線,線径2mm2 以上の絶縁耐力のあるものを使用してください。誤
った接地線材の使用は,感電,誤動作の原因となります。
・定格にあった電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると,火災の原因に
なります。
・電源は,高周波加熱炉,電気溶接機など,電源波形を著しく乱すものの付近およびこれ
らと同系統の電源使用は避けてください。
・入出力配線には,
ガス分析装置の定格電流で電線径を選定してください。定格に耐え
ない配線材の使用は,火災の原因になります。
・入力,出力端子台への接続は必ず圧着端子を使用してください。
・出力線の分岐には端子台を使用してください。
・入出力配線は,床,壁面などに必ず固定し,電線に保護具を使用してください。
・アースにはD種接地工事が必要です。規定の接地種別での接地工事を行わない場合
は,感電や誤動作の原因となることがあります。
使用上の注意事項
警 告
・異臭,異音が発生した時は,装置をすぐに停止してください。放電すると火災の原因に
なることがあります。
・ファン
(天井部,電子冷却器)
に棒,指を差し込まないでください。回転しているファンで
けがをする恐れがあります。
・装置内部の入力端子部を金属,指などで触れないでください。感電,けがの恐れがあ
ります。
・ガス分析装置周辺で喫煙など,火気を使用しないでください。火災の原因になることが
あります。
・ガス分析装置に水の浸入原因になることをしないでください。感電,装置内部の火災の
原因になることがあります。
IM 11G4G2-01
iii
注 意
・長期間休止させたり,
またその再立上げは,通常の運転・休止とは異なりますので,各
取扱説明書の指示に従ってください。十分な性能が発揮されないばかりか,事故やけ
がの原因になります。
・分析装置のドアを開けたまま長期間運転しないでください。粉塵,埃などが内部に付着
し,故障の原因になります。
保守,点検上の注意
警 告
・校正ガスなどの標準ガスを取り扱う時は,標準ガスの取扱説明書を熟読して正しく使用し
てください。特にCOガスなどの危険ガスの場合は注意が必要で,中毒などの事故につな
がる恐れがあります。
・保守点検時には,必ず分析装置内の換気扇を“ON”にしてください。ガスが漏れている
場合,中毒の恐れがあります。
・ガス分析装置ガスフィルタの交換や洗浄器の保守を実施するときには,校正ガスのバルブ
を閉めてください。また,サンプルガス吸引口にバルブがある場合は,このバルブを閉めて
作業してください。中毒や事故の原因になります。
注 意
・ヒューズが溶断したときにはその原因を確認の上,必ず同容量,同形式のものと交換し
てください。感電や事故の原因となります。
・ドアは必ず施錠し,鍵は関係者以外が持ち出せぬように管理してください。不用意に触
れると感電,故障の原因となります。
◎感電,けがを避け,安全に作業するために以下のことを必ず守ってください。
・時計などの金属物を外して作業してください。
・濡れた手で装置に触れないでください。
その他
注 意
・取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,必ず当社の営業もしくはサービスマンに
連絡ください。不用意に分解すると,感電,けがの恐れがあります。
・交換部品は,
メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないば
かりか事故や故障の原因になります。
iv
IM 11G4G2-01
目 次
はじめに ..............................................................................................................................................i
1.
仕 様 ........................................................................................................................................ 1-1
1.1
標準仕様 .......................................................................................................................................... 1-1
1.2
形名およびコード .......................................................................................................................... 1-6
1.3
サンプリング系統図 ...................................................................................................................... 1-7
1.4
外形寸法図 ...................................................................................................................................... 1-8
1.5
外部接続図 .................................................................................................................................... 1-10
2.
構 成 ..................................................................................................................................... 2-1
3.
設 置 ..................................................................................................................................... 3-1
3.1 分析装置の設置場所選定 ................................................................................................................ 3-1
3.2 フィルタプローブの設置場所選定 ............................................................................................... 3-2
3.3 分析装置の設置 ................................................................................................................................ 3-3
3.4 フィルタプローブの設置 ................................................................................................................ 3-4
4.
配 管 ..................................................................................................................................... 4-1
4.1 配管要領図 ........................................................................................................................................ 4-1
4.2 分析装置ロッカの配管 .................................................................................................................... 4-2
4.3 フィルタプローブの配管 ............................................................................................................ 4-4
4.4 加熱導管の端末処理 ........................................................................................................................ 4-5
4.4.1 概 要 .......................................................................................................................................... 4-5
4.4.2 端末処理方法 .............................................................................................................................. 4-6
4.4.3 配管後のチェック ...................................................................................................................... 4-9
4.4.4 クランプポート .......................................................................................................................... 4-9
4.4.5 チューブトレースの構造 ......................................................................................................... 4-9
5. 配 線 ...................................................................................................................................... 5-1
5.1 配線要領図 ........................................................................................................................................ 5-1
5.2 配 線 ................................................................................................................................................ 5-5
6. 運転準備と運転 ......................................................................................................................... 6-1
6.1 清浄水の注入 .................................................................................................................................... 6-1
6.2 配線の確認 ........................................................................................................................................ 6-2
6.3 ガスサンプル配管,排気配管などの確認 ................................................................................... 6-2
6.4 ロッカ内温度の設定 ........................................................................................................................ 6-2
6.5 暖機運転と運転 ................................................................................................................................ 6-3
7. 表示・操作パネルの説明 ......................................................................................................... 7-1
7.1 操作パネルの名称と説明 ................................................................................................................ 7-1
7.2 表示・操作パネルの概要 ................................................................................................................ 7-2
7.3 操作上のアドバイス ........................................................................................................................ 7-3
7.4 一般操作 ............................................................................................................................................ 7-4
IM 11G4G2-01
v
8. 設定および校正 ....................................................................................................................... 8-1
8.1 レンジ切り換え ................................................................................................................................ 8-1
8.2 校正設定 ............................................................................................................................................ 8-3
8.2.1 校正濃度の設定 ........................................................................................................................ 8-3
8.2.2 手動ゼロ校正動作の設定 ........................................................................................................ 8-6
8.2.3 校正レンジ動作の設定 ............................................................................................................ 8-9
8.2.4 自動校正成分の設定 .............................................................................................................. 8-12
8.3 アラーム設定 .................................................................................................................................. 8-15
8.3.1 アラーム値の設定 .................................................................................................................. 8-15
8.3.2 ヒステリシスの設定 .............................................................................................................. 8-18
8.4 自動校正の設定 .............................................................................................................................. 8-20
8.4.1 自動校正 .................................................................................................................................. 8-20
8.4.2 自動校正の強制中止 .............................................................................................................. 8-23
8.5 ピークアラーム設定 ...................................................................................................................... 8-25
8.6 パラメータの設定 .......................................................................................................................... 8-28
8.7 メンテナンスモード ...................................................................................................................... 8-33
8.8 校 正 .............................................................................................................................................. 8-35
8.8.1 ゼロ校正 .................................................................................................................................. 8-35
8.8.2 スパン校正 .............................................................................................................................. 8-37
9. 保 守 ...................................................................................................................................... 9-1
9.1 日常点検 ............................................................................................................................................ 9-2
9.2 定期点検 ............................................................................................................................................ 9-3
9.3 サンプリング機器の保守要領 ....................................................................................................... 9-4
9.3.1 電気加熱式フィルタプローブの金網フィルタの交換方法 ............................................... 9-4
9.3.2 電気加熱式フィルタプローブの金網フィルタの清掃方法 ............................................... 9-5
9.3.3 ガスコンディショナフィルタの交換方法 ........................................................................... 9-5
9.3.4 サンプリングモジュールのメンブレンフィルタの交換方法 ........................................... 9-6
9.3.5 ポンプの弁,ダイヤフラムの交換方法 ............................................................................... 9-7
9.3.6 電子式ガス冷却器の交換方法 ............................................................................................... 9-8
9.3.7 電源ヒューズの交換方法 ........................................................................................................ 9-9
9.3.8 固定絞りの交換 ........................................................................................................................ 9-9
9.4 分析計の保守要領 .......................................................................................................................... 9-10
9.4.1 測定セルの清掃 ...................................................................................................................... 9-10
9.4.2 ヒューズの交換方法 .............................................................................................................. 9-12
9.5 ジルコニア酸素センサの保守要領 ............................................................................................. 9-14
9.6 標準ガスボンベ圧力調整器の取付方法 ..................................................................................... 9-15
9.7 気密試験 .......................................................................................................................................... 9-16
10. トラブルシュート ............................................................................................................... 10-1
10.1 装置のトラブルシュート ............................................................................................................ 10-2
10.2 分析計のトラブルシュート ....................................................................................................... 10-3
11. 標準付属品,予備品/消耗品 ............................................................................................. 11-1
11.1 標準付属品 .................................................................................................................................... 11-2
11.2 1年分予備品 .................................................................................................................................. 11-3
◆ 取扱説明書
vi
改版履歴 ............................................................................................................... 1
IM 11G4G2-01
1.仕 様
1.
仕様
1.1
標準仕様
測定原理:CO;非分散赤外線式(NDIR)
O2 ;ジルコニア式
測定成分および測定範囲:CO; 0∼200/500ppm,0∼200/1000ppm,
0∼500/1000ppm,0∼500/2000ppm O2 ; 0∼25vol % 暖機時間:電源投入後4時間以内
出力信号:各4-20mA DC;CO瞬時値, O2 瞬時値, O2 換算CO瞬時値,
O2 換算CO 1時間移動平均値,
O2 換算CO 4時間移動平均値(平均時間可変)
(非絶縁,または絶縁は形名コードから指定)
時間設定;1∼59分(1分単位)または1∼4時間(1時間単位)
許容負荷抵抗;550Ω以下
接点出力:1a無電圧接点(接点容量250V AC 2A,30V DC 3A)
ピークカウントアラーム,CO瞬時値上限アラーム,
自動校正中および保守中,校正異常,分析部異常,レンジ識別
接点入力:無電圧接点(ON/0V,OFF/5V DC,ON時電流 5mA)
自動校正リモートスタート(1.5秒幅以上),リモートレンジ切換
リモート平均値リセット(1.5秒幅以上)
表示 :バックライト付LCD表示;CO瞬時値,O2瞬時値,O2換算CO瞬時値
O2換算CO平均値(1時間および4時間(平均
時間可変)平均値),ピークカウント値,
パラメータ設定表示(カタカナ表示)
記録計(形名コードから指定)
:100mm幅6打点記録計(当社品形式 μR1000)取付可能
GS 4D5B1参照
フィルタプローブ:電気加熱式(フィルタ内蔵)
・20μm-SUS304金網フィルタ
・SUS316(長さ300,400,600,700mm)
・フランジ JIS 5K-80(SUS304)
・質量 約11kg
・電源電圧;100V±10V AC
・消費電力;300VA
IM 11G4G2-01
1-1
1.仕 様
サンプリングガス導管:
・φ10/φ8 テフロン管または加熱導管(最大30m)
・電源電圧;100±10V AC
・消費電力;25VA/m
機能 :(1)O2換算演算
COの測定ガス濃度を,基準O2濃度時の値に換算する。
換算式:C=
CS (21-ON)
21-OS
C :換算CO濃度値
CS :COガスの測定濃度値
OS :O2測定濃度値(%)
ON :基準O2濃度(焼却炉は12%)
(2)自動校正
・自動校正周期設定範囲; 1∼99時間(1時間単位)または1∼40日(1日単位)
・自動校正ガス導入時間設定範囲;
60∼599秒(1秒単位)
・自動,手動校正異常接点出力;
校正量が50%FSを超えた場合
・自動校正中および保守中接点出力;
校正ガス流通中+置換時間中に出力,保守中も出力
・自動校正リモートスタート接点入力:
接点入力の短絡(1.5秒以上)後,開放で校正開始
(3)出力ホールド機能
自動校正中および保守中に出力信号をホールド
(4)アラーム
① CO瞬時値上限アラーム
② CO瞬時値ピークカウント
CO瞬時値が上限設定値を設定回数オーバした場合
アラーム発信表示する。(設定回数:1∼99,設定値範
囲:0∼1000ppm)
(5)その他の機能
・リモートレンジ切換入力;
接点入力の短絡で低レンジ選択,開放で高レンジ選択
・平均値リセット入力;
接点入力の短絡(1.5秒以上)後,開放でO2換算CO平均値
出力と表示をリセット
・レンジ識別接点出力;接点閉で低レンジ
・分析部異常接点出力
・温度入力信号;
K熱電対入力×2(記録計用入力)
1-2
IM 11G4G2-01
1.仕 様
・定格動作条件 ・周囲温度;−5∼+40℃
・周囲湿度;90%RH以下(結露しないこと)
・電源電圧;100V±10V AC
・電源周波数;50または60Hz±0.5Hz
・消費電力;最大400VA(フィルタプローブ
含まず)
・外形寸法 :屋内形 1550×600×650mm
(H×W×D) 屋外形 1640×615×765mm(ガスコンディショナ
含まず)
・質量 :約140kg(標準ガスを除く)
・ロッカー塗装色:マンセル 5Y7/1 半ツヤ
・その他 :標準ガス(3.4l)3本収納可
〈特 性〉 繰り返し性 :±0.5%FS
ゼロドリフト :CO;±2.0%FS以下/週
O2 ;±2.0%FS以下/月
スパンドリフト:±2.0%FS以下/週
直線性 :±1.0%FS以内
測定ガス採取量:約2l/min
応答速度 :装置入口より90%応答90秒以下
〈干渉ガス〉
干渉ガス影響:
干渉ガスと濃度
CO計
±2.5%FS以下
15% CO2
H2O (露点2℃)
±2.5%FS以下
5%CH4 ±1%FS以下
T01.EPS
また,上記以外の干渉成分についてはご相談ください。
〈 設置条件〉
(1)直射日光・高温物体からの幅射が当たらない場所
これらの影響が避けられない場合,直射日光・幅射の影響を防ぐために屋 根,カバーをご用意ください。
(2)振動がある場所は避けること。
(3)雰囲気の清浄な場所。
IM 11G4G2-01
1-3
1.仕 様
〈測定ガス条件〉
温度 :60∼700℃
ダスト :100mg/Nm3 以下
圧力 :−3∼+3kPa
成分 :SO2 500ppm以下
NOX
1000ppm以下
CO2
15vol %以下
CO
0∼2000ppm
O2
0∼21vol %
H2O
0∼20vol %
残N2
(制限条項)
測定上の制約として以下のアプリケーションおよびサンプルガス条件では, 標準システムが適用できません。当社にご相談ください。
・HCl,Cl2,Na2SO4 等の腐食性成分を含む場合。
・100mg/Nm3 を超えるダストを含むサンプルガス。
〈納入条件〉
・ガス分析装置一式
・指定の外部ドレンセパレータ
・指定のフィルタプローブ一式
・指定のガス導管一式
・指定の記録計はロッカへ収納
・標準付属品一式
標準付属品
No
品 名
部品番号
×数 量
1
メンブレンフィルタ用ろ紙/予備用
K9219BA
2枚
2
メンブレンフィルタ用ろ紙/予備用
K9219BB
2枚
3
ヒューズ (2A)/予備用
K9350VN
2個
4
ヒューズ (3.2A)/予備用
K9350VP
2個
5
標準ガス用継手 R1/4 - φ6
K9219BC
6
標準ガスボンベ固定用ホースバンド
K9350XE
7
標準ガス接続用トアロンチューブ 0.3mφ9/φ5
K9219BE
1本
8
標準ガス接続用ポリエチレンチューブ 5m φ6/φ4
K9219BF
9
標準ガス用固定絞り 30 kPa 0.6 l/min
K9219BR
1本
3個
(標準ガス2本の場合は2個)
10
ロッカ据付用アンカーボルト
K9350ZA
4本
11
ガスコンディショナ注水用水入れびん
12
取扱説明書
3個
(標準ガス2本の場合は2個)
18個
(標準ガス2本の場合は12個)
K9219BG
1個
IM 11G4G2-01
1冊
T03.EPS
1-4
IM 11G4G2-01
1.仕 様
1年分予備品
部品番号:K9219CA(フィルタプローブなしの場合)
部品番号:K9219CB(フィルタプローブ使用の場合)
内訳
・メンブレンフィルタ用ろ紙/予備用0.5μm 25枚入×1
・メンブレンフィルタ用ろ紙/予備用0.1μm ×2
・メンブレンフィルタOリング(P49)×2
・メンブレンフィルタOリング(P3)×2
・ヒューズ(2A)×3
・ヒューズ(3.2A)×4
・ガスコンディショナ用フィルタ×2
・ガスコンディショナ用Oリング(G65)×2
・ポンプ用ダイヤフラム×1
・ポンプ用弁×1
φ
・固定絞り( 1)×1
・固定絞り(φ1.4)×1
・フィルタプローブ用Oリング(G80)×1 K9219CBの
・フィルタプローブ用Oリング(P48) ×1 場合のみ
・フィルタプローブ用金網フィルタ ×1
}
IM 11G4G2-01
1-5
1.仕 様
1.2
形名およびコード
形 名
基本仕様コード
SG400
測定レンジ
仕 様
CO/O2ガス分析装置
-A
-B
-C
-D
電源
0-200/500 ppmCO 0-25%O2
0-200/1000 ppmCO 0-25%O2
0-500/1000 ppmCO 0-25%O2
0-500/2000 ppmCO 0-25%O2
5
6
ロッカ構造
100V AC, 50Hz
100V AC, 60Hz
A
B
C
D
サンプリング点
ガス圧力
屋内形
屋外形
屋内形設置場所-5℃以下(-10℃まで)
屋外形設置場所-5℃以下(-10℃まで)
-2
外部
ドレンセパレータ
-3 ∼ +3kPa(注1)
N
A
記録計(注5)
なし
付(注2)
-NN
-C1
-C2
絶縁出力
なし
6打点記録計,記録計別途手配(出力項目:注5)
6打点記録計,記録計別途手配(出力項目:注5)
0
1
計量法検定
非絶縁出力
絶縁出力
N
1
標準ガス
(3.4 ᐉ)(注6)
なし
あり
3.4ᐉボンベ3本(Air,O2/N2,CO/N2)客先用意,内蔵スペースあり
3.4ᐉボンベ2本(O2/N2,CO/N2)客先用意,内蔵スペースあり
検定なしの場合のみ選択可能( 注3)
-1
-2
フィルタプローブ
プローブ挿入長
N
A
なし(注4)
電気加熱式フィルタプローブ
N
A
B
C
D
フィルタプローブなし
300mm
400mm
600mm
700mm
N
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
ガス導管種類
なし
φ10/φ8テフロンチューブ 5m
φ10/φ8テフロンチューブ 10m
φ10/φ8テフロンチューブ 15m
φ10/φ8テフロンチューブ 20m
φ10/φ8テフロンチューブ 25m
φ10/φ8テフロンチューブ 30m
加熱導管 10m 導管周囲
加熱導管 15m 温度-5℃以下
加熱導管 20m の場合指定(-10℃まで)
加熱導管 25m
加熱導管 30m
T02.EPS
(注1)・サンプリング点ガス圧が−3∼+3kPaの範囲を超える場合,当社へご連絡ください。
(注2)・ガスサンプリング点と本体ガス入口までのガス導管の傾斜が,下方へ15°未満の場合に指定してください。
(注3)・ゼロガスに大気エアを使用する場合ご指定ください。
(注4)・電気加熱式フィルタプローブ(フィルタメッシュ20μm)をお持ちの場合のみ,ご指定ください。
(注5)・6打点記録計(μR100形名4360 06)は,営業にて手配してください。工場では,下表内容にて配線して出荷
いたします。仕様に応じC1,C2のいずれかを選定ください。
出力項目
C1
C2
O2換算CO
瞬時値
CO瞬時値
O2瞬時値
1ch
2ch
3ch
1ch
2ch
3ch
O2換算CO
4時間平均値
燃焼温度
集塵器室温度
4ch
×
5ch
6ch
×
4ch
5ch
6ch
O2換算CO
1時間平均値
(注6)・納入時,検定なしをご利用でも将来的に検定をご計画の場合はゼロガスとしてAirボンベが必要となりますので,
「-1」をご指定ください。
1-6
IM 11G4G2-01
1.仕 様
1.3
サンプリング系統図
電気加熱式
フィルタプローブ
サンプリングモジュール
メンブレン
フィルタ
15°以上
ガス導管
CO
電磁弁
ポンプ
測定ガス
導入口
φ10/φ8継手
(Rc3/8)
流量計
赤外線ガス
分析計
(注1)
電子式
ガス冷却器
O2
ジルコニア
O2センサ
電磁弁
ガスコンディショナ
ゼロ
スパン1 スパン2
(注3)
減圧弁
排気
Air
外部ドレンセパレータ
ドレン
CO
/N2
O2
/N2
標準ガス(3.4l)
(注2)
注1 ゼロガス大気Air用電磁弁
注2 ゼロガス大気Air使用のときは不要
注3 ガスボンベを接続する場合,“ゼロ”にAirボンベ,“スパン1”にCO/N2ボンベおよび“スパン2”に
O2/N2ボンベを取付けてください。
F01.EPS
〈各機器の役割〉
・電気加熱式フィルタプローブ:ステンレスフィルタ付き,フィルタ径は標準 20μm
・外部ドレンセパレータ:
・サンプルガス中のドレンを自動排出します。安全トラップ機能付です
ので,サンプリングラインが閉塞しても濃度計本体へ流れ込みがあり
ません。
・ガス導管の傾斜が15°未満の場合にご指定ください。
・ガスコンディショナ:ドレンの分離および2次フィルタ,ドレン吸上げ防止,定
圧バブラの複合動作を行います。
・ポンプ :サンプルガス吸引用(サンプルガス流量約2l/分)
・サンプリングモジュール:電子式ガス冷却器,電磁弁,メンブレンフィルタ,
流量計が内蔵されています。
・電子式ガス冷却器:サンプルガス中の水分を露点約2℃に除湿します。
・電磁弁:校正ガス導入用に使用します。
・メンブレンフィルタ:ガラス繊維およびPTFEフィルタにより微細ダス
トを除去するとともに,ダストの付着している状態が本体の前面から
監視できます。
・流量計:サンプルガスの流量を調整,監視します。
・標準ガス:分析計のゼロ,スパンを校正する基準ガス。
仕様によりAir,COスパン,O2ゼロの3本,またはCOスパン,O2ゼ
ロの2本を使用します。
・ジルコニアO2センサ:ジルコニア式酸素センサです。ガス中の酸素濃度(0∼
25%)を測定します。
・大気Air用電磁弁:Ari標準ガスのかわりに大気Airを使用する際,内蔵されま
す。
IM 11G4G2-01
1-7
1.仕 様
1.4
外形寸法図
(単位:mm)
試料ガス導入口
Rc3/8
排気ファンカバー
屋内形の場合に取付
屋外形の場合
615(屋外用)
30
765 (屋外用)
70 70
80
ドレン,排気
Rc1/4
1640 (屋外用)
1100
1550
3-配線口
φ34グロメット
4-φ15穴
610
420
650
( 135 )
600
分析装置正面図
分析装置左側面図
アンカープラン・ドア開閉図
420
アンカーボルト
(4-M12×160×50)
裏面側
610
32 35
正面側
約700
ドア
1-8
IM 11G4G2-01
1.仕 様
1.電気加熱式フィルタプローブ
電源電圧:AC 100V
消費電力:約300W
フィルタエレメント:SUS304 20μm
約270
挿入長
約220
(フィルタメンテ
ナンススペース)
(14)
プローブ
(SUS304)
取り付けフランジ
JIS 5K-80(SUS304)
名称
挿入長
mm
300
400
600
700
電気配線口(G 1/2)
電気加熱式フィルタプローブ
部品番号
質量
K9219EA
K9219EB
K9219EC
K9219ED
約7kg
約8kg
約10kg
約11kg
使用温度範囲
酸露点∼700℃
プローブ材質
SUS304
フィルタ
SUS304 (20μm)
フィルタ位置
煙道外
フィルタ
エレメント
K9718RX
2. 外部ドレンセパレータ
(基本コードA指定)K9351AA
サンプル入口
φ10/φ8
テフロン導管用継手
サンプル出口
φ10/φ8
テフロン導管用継手
フィルタ加熱方式 電気,約300VA
フランジ (材質)
JIS 5K-80 (SUS304)
T04.EPS
ドレン出口
φ10/φ8
テフロン導管用継手
IM 11G4G2-01
1-9
1.仕 様
1.5
外部接続図
AC100V 主
電
源
アース
フィルタプローブ用
電源
加熱導管用
電源
温度入力1(記録計
指定時のみ有効)
温度入力2(記録計
指定時のみ有効)
+
−
+
*端子台1
〈TN1〉
出力
*TB2(絶縁出力・記録計指定時のみ)
*TB1
アース端子
1
1
−
2
2
3
3
+
−
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
10
10
11
(M4ねじ)
−
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値 +
−
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値 +
(平均時間可変)−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値 +
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値
+
(平均時間可変)
−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値
+
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
(M3.5ねじ)
12
−
(M4ねじ)
*端子台2
〈TN2〉
−
アナログ入力
( O2センサー)
+
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
(M3.5ねじ)
*端子台3
〈TN3〉
−
+
−
平均値リセット接点入力
(
接点出力
Air電磁弁接点出力
)
接点入力
自動校正リモートスタート
接点出力
レンジ識別信号(CO)
(保守中出力ホールド)
(内部接続用)
+
−
+
−
+
−
+
内部接続用
接点入力リモートレンジ(CO)
接点出力
上限アラーム(CO)
接点出力
COピークカウントアラーム
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
接点出力
分析計異常
接点出力
校正異常
接点出力
( ポンプON/OFF
)
注1)
( )
は接続済です。
注2)内部接続用端子には接続
しないでくざさい。 接点出力
自動校正中、保守中
(M3.5ねじ)
F02.EPS
1-10
IM 11G4G2-01
1.仕 様
IM 11G4G2-01
1-11
2. 構 成
2.
構 成
各ユニットの名称と説明
(1)電気加熱式
フィルタプローブ
(2)
ガス導管
⑥ インターフェースモジュール
④ 赤外線ガス分析計(CO計) (3)
分
③ サンプリングモジュール
析
装
置
⑤ ジルコニア酸素センサ
① ガスコンディショナ
② ポンプ
⑦ 標準ガス
分析装置
図2.1
ユニット名 名 称
(1) 電気加熱式
フィルタプローブ
ヒータ
フィルタ
フィルタの目詰まりを防止します。
ゴミを除去します。
フィルタプローブから分析装置へサンプルガスを送る導管
です。
(2) ガス導管
テフロン管
標準はφ10/φ8 テフロン管です。
加熱導管
寒冷地などでドレンが凍結する恐れのある場合,加熱導管
を使用ください。
サンプルガスを取り込み,CO/O2 のガス濃度を測定して
電気信号を出力します。
(3) 分析装置
① ガスコンディショナ
IM 11G4G2-01
説 明
サンプルガスを効率良く採取します。
(ヒータ,
フィルタが
内蔵されています)。
サンプルガスの水分とフィルタプローブのフィルタで除去
できなかったドレンを除去します。
② ポンプ
サンプルガスをフィルタプローブから吸引,排出します。
③ サンプリングモジュール
ガスの露点,流量を一定にし微細なダストを取り除きます。
また,校正ガスの切り換えを行います(電子式ガス冷却器,
流量計,
メンブレンフィルタ,電磁弁を内蔵)。
④ 赤外線ガス分析計
(CO計)
CO濃度を測定表示し,インターフェースモジュールへデー
タを送ります。
⑤ ジルコニア酸素センサ
(O2計)
O2濃度を測定し分析計で表示させ,インターフェースモ
ジュールへデータを送ります。
⑥ インターフェースモジュール
測定されたデータを外部に出力します。
⑦ 標準ガス
ゼロ/スパン校正用のガスボンベ
2-1
各ユニット内の名称と説明
(1)
イ
ン
タ
①端子部
ー
フ
②スイッチ部
ェ
ー
③保守中/測定中切替スイッチ ス
モ
④サービスコンセント
ジ
ュ
ー
ル
(2)
赤
⑥表示部
外
線
ガ ⑤電源スイッチ
ス
分
⑦操作部
析
計
(3)
サ
ン
⑧流量計
プ
リ
⑫自動校正標準ガス入口
ン
グ
⑬記録計(オプション)
モ
ジ
⑪サンプルガス出口
ュ
ー
⑩サンプルガス入口
ル
⑨メンブレンフィルタ
図2.2
ユニット名
(1)インターフェース
モジュール
(2)赤外線ガス
分析計
名 称
説 明
① 端子部
電源端子,外部入出力端子
② スイッチ部
主電源:各機器用ブレーカ
フィルタプローブ(採取器):フィルタプローブ用ブレーカ
加熱導管:加熱導管(オプション)用ブレーカ
ポンプ(吸引器):ポンプ用電源スイッチ
換気扇:換気扇用電源スイッチ
蛍光灯コンセント:蛍光灯コンセント用電源スイッチ
サンプリングモジュール:ガスサンプリングモジュール
駆動用電源スイッチおよび記
録計(オプション)用電源ス
イッチ
O2計:O2計用電源スイッチ
外部ヒータ:ガスコンディショナ用ヒータ電源スイッチ
スペースヒータ:ヒータ用電源スイッチ(オプション)
③ 保守中/測定中切替
スイッチ
保守中に切替えますと出力信号をホールドします
④ サービスコンセント
AC100V,50/60Hz,2A
⑤ 電源スイッチ
⑥ 表示部
⑦ 操作部
(3)サンプリング
モジュール
⑧ 流量計
⑨ メンブレンフィルタ
⑩ サンプルガス入口
⑪ サンプルガス出口
⑫ 自動校正標準ガス入口
⑬ 記録計
オプション
2-2
IM 11G4G02-01
3. 設 置
3.
設 置
警 告
本製品は防爆仕様ではありません。爆発性ガスの雰囲気では使用しないでください。爆発,
火災などの重大な事故の原因になります。
注 意
・設置,移動,再設置は,十分ご注意ください。不完全な据付けは,転倒事故,感電,
火災
けがなどの原因になります。
・ガス分析装置は重量物です。十分に注意して据付けてください。転倒,落下などにより,
事故やけがの恐れがあります。
・ガス分析装置を持ち上げる時には必ず手袋を着用してください。素手の場合けがをする
恐れがあります。
・本製品を「取扱説明書」に記載の条件に合った場所に設置してください。設置条件を超
えた場所での使用は,感電,火災,誤動作の原因になります。
・据付け工事の際,製品内部に電線くずなどの異物を入れないでください。火災,故障,誤
動作の原因になります。
・排気ガスの放出は,人気のない位置まで配管し,人体に影響を与えないようにしてください。
3.1 分析装置の設置場所選定
分析装置の設置場所としては,できるだけ次の条件を満足する場所を選定してく
ださい。
(1)ガス採取場所に近い場所(最大30m)
(2)直射日光,高温物体からの輻射熱が当らない場所,屋内形の場合は雨,水滴
のかからない場所
(3)雰囲気のよい(塵埃,腐食性ガスのない)場所
(4)振動の少ない場所
(5)1日の周囲温度変化が少ない場所
IM 12G04A01-01
3-1
3.2 フィルタプローブの設置場所選定
測定ガスを採取する場所(フィルタプローブ取付場所)としては,次の条件をで
きるだけ満足する場所を選定してください。
特にダクトの屈曲部分,断面形状の急激に変化する場所,ダストの堆積や落下の
激しい場所は避けてください。
(1)標準測定ガスの条件:温度60∼700℃,ダスト100mg/Nm3以下,
圧力 −3∼+3kPa ,
成分 SO 2 500ppm 以下,NOX 1000ppm 以下,
CO
2 15vol% 以下,CO 0 ∼2000ppm ,
O 2 0∼21vol% ,H2O 0 ∼20vol% ,残 N2
(2)煙道内が常にガスで充満し,淀みなく流れている場所
(3)保守・点検が容易に行える場所
(4)圧力・温度などの変動が少ない場所
(5)煙道の天井から垂直に,または側壁から横に挿入する取付けができる場所
3-2
IM 12G04A01-01
3. 設 置
3.3 分析装置の設置
(1)外形寸法 単位:mm
分析装置ロッカの外形寸法は,次のようになります。
試料ガス導入口
Rc3/8
排気ファンカバー
屋内形の場合に取付
屋外形の場合
615(屋外用)
30
765 (屋外用)
70 70
80
1550
1100
ドレン,排気
Rc1/4
1640 (屋外用)
3-配線口
φ34グロメット
4-φ15穴
610
420
650
( 135 )
600
分析装置正面図
分析装置左側面図
図3.1
(2)アンカーボルト取付寸法
分析装置ロッカを固定するアンカーボルト取付寸法は,次のようになりま す。
420
32
35
610
裏面側
正面側
アンカーボルト
(4-M12×160×50)
ドア
単位:mm
図3.2
3)保守スペース
分析装置ロッカの保守エリアは,次の寸法を確保してください。
300
600
扉
単位:mm
(4)防振対策
振動の多い場所へ設置する場合は,防振ゴムによってロッカを浮かせてく ださい。
IM 12G04A01-01
3-3
3.4 フィルタプローブの設置
フィルタプローブの取付
フィルタプローブは次の条件を守り,取付けてください。
[1]採取ガス温度が所定の温度範囲の場所(最大700℃)
[2]フィルタプローブの挿入角度制限に合う,相フランジ,保護管加工,
取付工事を事前に実施しておいてください。
・標準のフィルタプローブフランジ(JIS 5K80AFF)
・挿入角度制限:90°∼0°(図3.4参照)
90°
0°
煙道
採取器
炉壁
炉壁
採取器
地面
地面
図3.4
[3]フィルタプローブ先端が煙道の中央(少なくとも炉壁より300mm以上
離す)にあるように取付け(漏えい空気の吸い込み防止)てください。
(図3.5参照)
炉壁
採取器
300mm以上
煙道
図3.5フィルタプローブの位置
3-4
IM 12G04A01-01
4. 配 管
4.
配 管
4.1 配管要領図
煙道
300以上
フィルタプローブ
注)垂直∼
300
水平取付け
フィルタ点検,交換のために300mmのスペースが必要
ガス出口
ターミネーションキット
(注5)
または
ヒータ線の絶縁処理後シリコン接着剤などでコーティング処理
(屋内設置の場合)
*フィルタプローブ取付用
相フランジ
JIS 5K-80-FF
フィルタプローブ
電源 AC100V
50/60Hz
*支線
・ガス導管
テフロン管Φ10/Φ8またはチューブトレース
(加熱導管)
15°
以上の勾配
(注2)
*サポート
(注1)
約2m 剥ぐ
(加熱導管内
Φ10/Φ8テフロンチューブ)
配線口
インプットパワーキット
(注3)
ガスコンディショナ
詳細図
ガス導管
Rc 3/8
ガスコンディショナ
フィルタ
(注4)排気
ガス分析装置
*チーズ継手
*ドレンポット
(注6)
ドレン
正面図
*印は供給外
図4.1
(注1)加熱導管を2m剥ぎ,測定ガスを空冷させます。(4.4 加熱導管端末処理
参照)
(注2)ガス導管は,停電時等にドレンが滞留しないよう,15°以上の傾斜を付け
ます。
(注3)インプットパワーキットは,加熱導管を使用する場合に使用します。
(4.4 加熱導管端末処理参照)
(注4)排気ガスは人体に影響を与えないように,配管出口を適切な場所へ設置し
てください。
(注5)ターミネーションキットは,加熱導管を使用する場合に使用します。
(4.4 加熱導管端末処理参照)
(注6)冬場,凍結の恐れのある場合は,保温処理を行ってください。
IM 11G4G2-01
4-1
4.2 分析装置ロッカの配管
(1)サンプルガスの配管
ガスコンディショナ上部のガス導管入口にフィルタプローブからのガス導管
を接続します。
ガス導管(φ10mm/φ8mmチューブ継手付
直接引き込み)
ガスコンディショナ
図4.2
(2)排気,ドレンの配管
ガスコンディショナ側に排気,ドレン用の配管口があります。
排気,ドレンの処理は上下に分岐し,排気とドレンを分離させてください。
(配管内径φ8以上)
(注1)排気,ドレンをそのまま,まとめて処理されると,配管のとりまわ
しによって,ドレンが逆流する可能性があります。
(注2)冬場,ドレン配管の凍結の恐れがある場合は,保温処理および不凍
液をご使用ください。
排気
ドレン
排気・ドレン
配管が上にいくと
ドレンが逆流する。
図4.3
4-2
IM 11G4G2-01
4. 配 管
(3)標準ガスボンベの取付と配管
①標準ガスボンベを分析装置ロッカの下部に設置します。(自動校正でゼロ
ガス大気仕様の場合はガスボンベを2本設置,自動校正でゼロガス大気仕様
なしの場合はガスボンベを3本設置)
②サンプリングモジュールの自動校正標準ガス入口にポリエチレンチューブ
(φ6/φ4)を接続します。
ポリエチレンチューブはスペースヒータ(オプション)に接触しないよう
適当な長さに切断し,配管してください。
③設置したガスボンベに圧力調整器の取付けを行います。
(注)詳細は,9.6 標準ガスボンベ圧力調整器の取付方法を参照してくださ
い。
高圧圧力計
低圧圧力計
調整器本体
IN ガスボンベ
出口側ハンドル
Rc1/4
ボンベ取付ナット
R1/4継手
ボンベ取付継手
圧力調整ハンドル
ホースバンド
安全弁
トアロンチューブ
ホースバンド
固定絞り 30kPa/0.6 (緑色)
ホースバンド
トアロンチューブ
ホースバンド
ポリエチレンチューブ(φ6mm/φ4mm)
トアロンチューブ
サンプリングモジュールの
校正用標準ガス入口へ
ホースバンド
図4.4
IM 11G4G2-01
4-3
4.3 フィルタプローブの配管 (1)サンプリング配管
[1]配管材料は,サンプルガスの組成に変化を与えず,耐食性であることが必
要です。推奨材料は,テフロンチューブです。
[2]SUS管:SGP管などの配管をする場合,別途配管継手(Rc1/2)をご用意く
ださい。
[3]フィルタプローブからの配管は,凝縮水が流れるように15°以上の下り傾
斜をつけてください。
特にフィルタプローブ出口の傾斜に注意してください。(図4.5参照)。
採取器出口の傾斜に注意
配管
15°以上
フィルタプローブ
フィルタプローブ
配管
ガス分析装置
ガス分析装置
地面
地面
図4.5
[4]加熱導管を使用の場合,フィルタプローブ出口で凝縮が生じないように,
ヒーティング工事をしてください。(図4.6 参照)4.4 加熱導管端末処理を
参照してください。
配管のヒーティング工事 フィルタプローブ
ガス分析装置
地面
図4.6
4-4
IM 11G4G2-01
4. 配 管
4.4 加熱導管の端末処理
4.4.1 概 要
(1)構 成
供給電源 AC100V 50/60Hz
インプットパワーキット
ターミネーションキット
加熱導管
約2000
約500
F4101.EPS
図4.7
(2)加熱導管配管時の注意事項
①各クランプサポート間隔は,水平方向で約1.2m,垂直方向で約3mとしてく
ださい。
②曲げ配管を行う場合は,最小曲げ半径300mm以上の余裕のある曲げを行っ
てください。
クランプサポート
R300以上
F4102.EPS
図4.8
(3)接続図
絶縁した2本の母線の廻りに発熱線を巻き付け,これを300mm間隔で交互に
母線と接触させています。(発熱単位)
ヒータ表面
発熱部
の構造
供給電源
ニクロム線
300
300
グリッド
300
発熱線
300
300
300
F4103.EPS
IM 11G4G2-01
4-5
4.4.2 端末処理方法
(1)インプットパワー・キット側
1
2
3
4
7
8
9 10 11
5
6
1. PVCカバー,保温材を外します。
外す長さ:(200+L)mm
L=インプットパワー・キットから
プロセス管接続部までの距離
プロセス管およびヒータ線を傷付けないよう
カッターである程度切込を入れ, 手でむしり
取るようにして下さい
3. ヒータ線の自由端から導線を約50mm剥き出し
にして, コールド・リード・ワイヤー等の電源
供給電線と圧着スリーブで接続します。
その際, 圧着スリーブ周辺およびヒータニクロム
線の端部を耐熱テープで絶縁して下さい。
2. 均熱テープを外し,ヒータ線をPVCカバー
端から約120mmの長さでカットします。
4. グランドナット(1), シーリング・ブッ シュ
(2)をバンドルに通します。
4-6
IM 11G4G2-01
4. 配 管
5. バンドル端部から水分や腐食性ガス等の
進入を防ぐためにエンド・シーラントを
塗ります。
完全に乾燥するまで24時間掛りますの
で, 塗布後はこの部分を激しく動かさな
いようにして下さい。
8. シーリングテープを巻いたプロセス管側の
コネクター・ボディ(8),シーリング・
ブッシュ(9),ワッシャー(10)および
ナット(11)を通し,バンドル側のグランド
ナットと共に確実に締め付けます。
6. コネクター・ボディ (3) , レデューサ( 7 )
それぞれにシールテープを巻いて, コネ
クションボックス ( 4 ) にねじ込みます
9. ガスケット(5)およびカバー(6)を
取付けます。
7. プロセス管,電源供給電線を先に通して
から,バンドルをコネクションボックス
に挿入します。電源供給電線はボックス
内で折り返すことになりますが, ヒータ
導線との接続部が折れないようにして下
さい。
10. カバーをビスでしっかりと固定して完成
です。
IM 11G4G2-01
4-7
(2)ターミネーション・キット側
1
2
3
4
7
8
9 10 11
5
6
1. PVCカバー、保温材を外します。
外す長さ:(200+L)mm
L=インプットパワー・キットからプロセス
管接続部までの距離
3. グランドナット(1), シーリング・ブッシュ
(2)をバンドルに通したあと、バンドル端部保護
のためにエンド・シーラントを塗ります。
2. 均熱テープを外し, ヒータ線をPVCカバー端から
約80mmの長さでカットした後, ヒータ線を圧
着スリーブで短絡し, 耐熱テープで絶縁してくだ
さい。
4. プロセス管, バンドルの順にをコネクション
ボックス(4)に挿入します。
5. バンドル側およびプロセス管側の締め金
具(1)∼(3), (7)∼(11)を取付けて、ガスケット
(5)およびカバー(6)をビスで取付けて
完成です。
4-8
IM 11G4G2-01
4. 配 管
4.4.3 配管後のチェック
①加熱導管がクランプ等により,過度につぶれていないか確認してください。
②曲げ部分等は,余裕のある曲げを行っているか確認してください。
③電気結線が,確実に行われているかを確認してください。
④ヒータ線の端末(母線)を短絡していないかを確認してください。
(絶対に短絡しないでください。)
⑤コネクションキット(シーリングコネクタ)等に付属している全ての部品を
使用したかを確認してください。
⑥コネクションキット,(シーリングコネクタ)等のネジ部は,完全に締めら
れているかを確認してください。
4.4.4 クランプポート
クランプは,電線管用のクランプを用いてください。チューブトレースの加熱
導管外形は,次項を参照してください。
クランプを行う場合,加熱導管が過度につぶれないように締めつけてくださ い。
図4.14
4.4.5 チューブトレースの構造
1
仕上外径
チューブ
外径
4
ヒーターケーブル
PFA テフロン
3
2
5
①ヒータケーブル(パワーリミティングケーブル)
②プロセスチューブ
③アルミテープ
④ファイバーグラス保温材
⑤PVCジャケット
図4.15
IM 11G4G2-01
4-9
5. 配 線
5. 配 線
5.1 配線要領図
フィルタプローブ
フィルタプローブヒータ電源
ケーブルはフィルタプローブ内部の
バンドヒータ端子に接続します。
出力
*TB2(絶縁出力・記録計指定時のみ)
*TB1
アース端子
AC100V 主
電
源
アース
フィルタプローブ用
電源
加熱導管用
電源
温度入力1(記録計
指定時のみ有効)
温度入力2(記録計
指定時のみ有効)
+
−
+
1
1
−
2
2
3
3
+
−
4
4
5
5
6
6
7
7
8
8
9
9
10
10
11
(M4ねじ)
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値
+
(平均時間可変)
−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値
+
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
*端子台1
〈TN1〉
−
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値 +
−
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値 +
(平均時間可変)−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値 +
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
(M3.5ねじ)
12
−
(M4ねじ)
*端子台2
〈TN2〉
−
アナログ入力
( O2センサー)
+
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
*端子台3
〈TN3〉
1
11
−
2
12
3
13
+
−
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
平均値リセット接点入力
接点出力
( Air電磁弁接点出力 )
接点入力
自動校正リモートスタート
接点出力
レンジ識別信号(CO)
(保守中出力ホールド)
(内部接続用)
+
−
+
−
+
−
+
内部接続用
接点出力
上限アラーム(CO)
接点入力リモートレンジ(CO)
接点出力
COピークカウントアラーム
(M3.5ねじ)
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
接点出力
分析計異常
接点出力
校正異常
接点出力
( ポンプON/OFF
)
注1)
( )
は接続済です。
注2)内部接続用端子には接続
しないでくざさい。 接点出力
自動校正中、保守中
(M3.5ねじ)
F02.EPS
図5.1 配線要領図
*端子台の詳細は次ページ以降を参照ください。 IM 11G4G2-01
5-1
TB1
AC100V 主
電
源
アース
1
端子台〈TB1〉
2
1−2間 :主電源入力用端子台
3
3 :アース用端子台
4
フィルタプローブ用
電源
指定時のみ有効)
温度入力2(記録計
指定時のみ有効)
5−6間 :フィルタプローブ電源用端子台
6
7−8間 :加熱導管電源用端子台
7
加熱導管用
電源
温度入力1(記録計
5
9−10間 :温度入力1(注)
8
+
−
+
11−12間 :温度入力2(注)
10
(注)形名で「記録計」を指定時のみ有効。
11
当社にて,記録計と端子台(TB1)間の
12
−
9
配線を行い出荷します。
(M4ねじ)
出力
TB2(絶縁出力・記録計指定時のみ)
1
−
2
+
−
3
4
5
6
7
8
9
10
端子台〈TB2〉オプション
本端子台は絶縁出力および記録計内蔵
のときのみ,付加されます。
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値
1−2間 :O2換算CO 1時間平均値
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値
+
(平均時間可変)
−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値
+
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
3−4間 :O2換算CO 4時間平均値
(平均時間可変)
5−6間 :O2換算瞬時値
7−8間 :O2瞬時値
9−10間 :CO瞬時値
*記録計付(非絶縁)のときは,それぞれの
(M4ねじ)
端子間に連結鈑が接続されています。
出力を取り出すときは連結鈑を外してくだ
さい。
端子台1
〈TN1〉
−
アナログ出力
O2換算CO 1時間平均値 +
−
アナログ出力
O2換算CO 4時間平均値 +
(平均時間可変)−
アナログ出力
O2換算CO瞬時値 +
−
アナログ出力
O2瞬時値
+
−
アナログ出力
CO瞬時値
+
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
(M3.5ねじ)
5-2
内部接続用
内部接続用
内部接続用
端子台1〈TN1〉
アナログ出力端子4−20mA DCです。
1−2間 :O2換算CO 1時間平均値
3−4間 :O2換算CO 4時間平均値
(平均時間可変)
5−6間 :O2換算瞬時値
内部接続用
7−8間 :O2瞬時値
9−10間 :CO瞬時値
内部接続用
11−12間 :内部接続用です。配線はし
ないでください。(中継用
として使用しないでください)
IM 11G4G2-01
5. 配 線
*端子台2
〈TN2〉
−
アナログ入力
O2センサー +
(
)
内部接続用
内部接続用
内部接続用
内部接続用
1
11
−
2
12
3
13
+
−
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
+
−
平均値リセット接点入力
接点入力
自動校正リモートスタート
(保守中出力ホールド)
+
−
+
−
内部接続用
接点入力リモートレンジ
(CO)
+
(M3.5ねじ)
端子台2〈TN2〉
O2センサ入力および接点入力の端子台です。
1−2間 :O2センサ入力です。
15−16間 :ホールド入力です。
(すでに配線されています)
(すでに配線されています)
3−10間 :内部接続用です。 19−20間 :リモートレンジ入力です。
17−18間 配線しないでください。 CO瞬時値,O2換算CO瞬時値,
O2換算CO1時間および4時間
11−12間 :平均値リセットです。
(平均時間可変)平均のレン
O2換算CO 1時間および4時
ジが同時に切替ります。
間(平均時間可変)平均を
開放でHighレンジ
同時にリセットします。
端子11−12間を1.5秒以上
短絡でLowレンジ
短絡することで(短絡後,
が選択されす。
開放することで)リセット
します。
リモートレンジがONの設定の
13−14間 :自動校正リモートスタート
入力です。
端子13−14間を1.5秒以上
短絡することで(短絡後,
開放することで)自動校正
の設定のON/OFFにかかわ
らず,自動校正がスタート
します。
IM 11G4G2-01
ときだけ入力が有効となります。
(8.6項 パラメータの設定)参照
5-3
*端子台3
〈TN3〉
(
接点出力
Air電磁弁接点出力
)
接点出力
レンジ識別信号(CO)
(内部接続用)
接点出力
上限アラーム(CO)
接点出力
COピークカウントアラーム
1
11
2
12
3
13
4
14
5
15
6
16
7
17
8
18
9
19
10
20
接点出力
分析計異常
接点出力
校正異常
接点出力
( ポンプON/OFF
)
接点出力
自動校正中,
保守中
(M3.5ねじ)
端子台3〈TN3〉
接点出力用端子台です。
1−2間 :大気Air電磁弁用接点出力です。
(ゼロガスに大気Airをご使用に
なる場合はすでに配線されて
います。それ以外の場合は配線
しないでください。)
13−14間 :分析計異常接点出力です。分析
計異常エラーが発生した場合,
導通します。正常時は開放です。
(10.2 分析計のトラブルシュート)
を参照してください。
3−4間 :レンジ識別信号接点出力です。
Lowレンジで導通
Highレンジで開放
となります。
15−16間 :校正異常接点出力です。ゼロ,
スパン校正時にエラーが発生し
た場合,導通します。正常時は
開放です。
(10.2 分析計のトラブルシュート)
を参照してください。
5−6間 :内部接続用です。配線しないで
11−12間 ください。
17−18間 :ポンプON/OFF接点出力です。
(ポンプのON/OFFに使用します。
7−8間 :上限アラーム(CO)接点出力
すでに配線されています。配線
です。CO瞬時値の上限アラーム しないでください。)
出力です。上限値を測定値が
上まわると導通します。
19−20間 :自動校正中,保守中接点出力です。
それ以外は開放です。設定その 自動校正中および保守中スイッチ
他の動作は(8.3 アラーム設定) がONのとき導通,それ以外のとき
を参照してください。
は開放となります。
9−10間 :ピークカウントアラーム接点出
力です。ピークカウントの設定
回数を上まわると導通します。
それ以外は開放です。設定その
他の動作は(8.5 ピークアラーム
設定)を参照してください。
5-4
IM 11G4G2-01
5. 配 線
5.2 配 線
注 意
◎ 感電,火災,けがの要因を除去するために,次のことを必ず守ってください。
・配線工事を行うときは,必ず元の電源を落としてから行ってください。感電の恐れがあ
ります。
・配線工事は,間違いのないようにご注意ください。配線工事に不備があると,感電,
ケガ,
誤動作の原因になります。
・接地線は,600V-IV線,線径2mm2 以上の絶縁耐力のあるものを使用してください。誤
った接地線材の使用は,感電,誤動作の原因となります。
・定格にあった電源を接続してください。定格と異なる電源を接続すると,火災の原因に
なります。
・電源は,高周波加熱炉,電気溶接機など,電源波形を著しく乱すものの付近およびこれ
らと同系統の電源使用は避けてください。
・入出力配線には,
ガス分析装置の定格電流で電線径を選定してください。定格に耐え
ない配線材の使用は,火災の原因になります。
・入力,出力端子台への接続は必ず圧着端子を使用してください。
・出力線の分岐には端子台を使用してください。
・入出力配線は,床,壁面などに必ず固定し,電線に保護具を使用してください。
・アースにはD種接地工事が必要です。規定の接地種別での接地工事を行わない場合
は,感電や誤動作の原因となることがあります。
(1)ケーブルの線材
IM 11G4G2-01
電源ライン
600−IV 線 線径 2mm2∼5.5mm2
信号ライン
600−IV 線 線径 0.5mm2∼0.9mm2
アースライン
600−IV 線 線径 2mm2∼5.5mm2
5-5
(2)電気加熱式フィルタプローブの配線方法
①カバー取付ネジ(M4)を2箇所外し,カバーを取り除きます。
②ヒータ用電源を配線口から入れ,接続ターミナルに接続します。電源には
耐熱電線*を使用し,圧着端子はM4の耐熱性のものかあるいは裸端子を使
用してください。
*:ヒータ用電源の配線には,JIS C3323-KGB線相当の耐熱性を持つ配線材
料を使用してください。。
③配線終了後は,元通りカバーをかぶせ,取付ネジで固定します。
カバー
G
F0503.EPS
図5.2
(3)屋外設置時の配線
屋外設置の場合,分析装置の配線引込み口に防水グランドを取付けて,防水
処理を施してください。
図5.3のように*防水グランドにケーブルを通して,締め付けてください。
ガスケット
ゴムパッキング
ケーブル
穴
信号用
主電源用
フィルタプローブ, 加熱導管電源用
5-6
防水グランド
図5.3 *:供給外
IM 11G4G2-01
6. 運転準備と運転
6. 運転準備と運転
6.1 清浄水の注入
下図のようにガスコンディショナの空気吸入管より付属の注入容器を使用して水
道水を注入してください。
水道水の量は,図9.1のA部,B部まで注入してください。
(注1)入れすぎますと排気,ドレン口より排出されます。
(注2)寒冷地の場合は水道水の代わりに不凍液を使用いただくことをお薦めしま
す。
空気吸入管
水道水
ガスコンディショナ
図6.1
IM 11G4G2-01
6-1
6.2 配線の確認
正しく配線されているか,もう一度確認してください(5. 配線参照)。
6.3 ガスサンプル配管,排気配管などの確認
フィルタプローブの出口と分析装置,ガスコンディショナ入口および排気/ドレ
ンの配管接続部の配管継手の絞まり具合を充分にチェックしてください。
6.4 ロッカ内温度の設定
外気温に応じ,スペースヒータ(ロッカ構造C,Dの場合)または換気扇に電源を
供給してください。
6-2
IM 11G4G2-01
6. 運転準備と運転
6.5 暖機運転と運転
各機器の電源を投入し暖機運転を行いますと,運転が開始されます。
(1)運転手順
主電源
採取器
加熱導管
SW1 SW2 SW3 SW4 SW5 SW6 SW7
保守中
蛍光灯 サンプリング
吸引器 換気扇 コンセント モヂュール O2計 外部ヒータ スペースヒータ
ON
ON
2.0A
ON
2.0A
3.2A
3.2A
3.2A
2.0A
3.2A
ON
測定中
OFF
AC100V
MAX.2A
運転手順(各スイッチを“ON”)
図6.2
①インターフェースモジュールの主電源スイッチを“ON”にします。
②インターフェースモジュールのフィルタプローブ(採取器)電源スイッチを
“ON”にします。
③インターフェースモジュールの加熱導管電源スイッチを“ON”にします。
(加熱導管がない場合,ブレーカは取付けられていません。)
④インターフェースモジュールの各スイッチを全て“ON”にします。ただしポ
ンプ(吸引器)のスイッチはOFFのままにします。(スペースヒータは,周
囲温度に合わせて“ON”にしてください。)
⑤赤外線ガス分析計の左側にある電源スイッチを“ON”にします。
⑥各機器の暖機運転が開始されます。
各機器の暖機時間は下記のとおりです。
赤外線ガス分析計
約4時間(約1時間で正常値表示)
フィルタプローブ
約1時間
電子式ガス冷却器
約10分以上
加熱導管
約1時間以上
⑦暖機運転後,インターフェースモジュールのポンプ(吸引器)のスイッチを
“ON”にします。運転が開始されます。
⑧流量計のボール位置が0.5l/minになっているか確認してください。合っていな
い場合は,ニードル弁を回して合わせてください。
IM 11G4G2-01
6-3
⑨ガスコンディショナの下部から,バブリングがあるか確認してください。
0.5 /min
0.8
0.6
0.4
0.2
ニードル弁
0.1
図6.3 流量計
(2)ゼロ,スパン校正の実施
通常運転開始前に必ずCO,O2計のゼロ,スパン校正を行ってください。
(校正方法は「8.8 校正」を参照してください。)
6-4
IM 11G4G2-01
7. 表示・操作パネルの説明
7. 表示・操作パネルの説明
赤外線ガス分析計の各表示画面と操作パネルの名称説明と操作について,次に示
します。
7.1 操作パネルの名称と説明
表示部
電源スイッチ
操作部
MODE
ESC
ZERO
ENT
SPAN
・表示部:測定画面の表示や,各設定項目を表示します。
・操作部:下図のような構成になっています。
⑤エスケープキー
⑦ZEROキー
③上キー
①MODEキー
MODE
ESC
ZERO
ENT
②横キー
SPAN
⑧SPANキー
⑥エントリーキー
④下キー
図7.1
名 称
説 明
名 称
説 明
① MODEキー
モードを切り換えるために使用します。
⑤ エスケープ
キー
前画面に戻りたいときや,設定を途
中で止めるときに使用します。
② 横キー
選択項目の変更(カーソルの移動),数
値の桁を変更するために使用します。
⑥ エントリー
キー
選択項目の決定や数値の決定に使用
します。また校正の実行にも使用します。
③ 上キー
選択項目の変更(カーソルの移動),数
値を増加するために使用します。
⑦ ZEROキー
ゼロ校正をするときに使用します。
④ 下キー
選択項目の変更(カーソルの移動),数
値を減少するために使用します。
⑧ SPANキー
スパン校正をするときに使用します。
IM 11G4G2-01
7-1
7.2 表示・操作パネルの概要
・測定モード
表示モード1
MODE
ESC
・測定モード
表示モード2
ZERO
ゼロ校正
MODE
ESC
スパン校正
SPAN
・測定モード
表示モード3
MODE
ESC
・測定モード
表示モード4
MODE
ESC
MODE
・メニューモード
ESC
ESC
ESC
・メニューモード
1.レンジ切り換え
2.校正設定
3.アラーム設定
4.自動校正設定
5.ピークアラーム設定
6.パラメータ設定
ESC
ESC
ESC
ESC
・レンジ
キリカエ
・コウセイ
セッテイ
・アラーム
セッテイ
・ジドウコウセイ
セッテイ
・ピークアラーム
セッテイ
・パラメータ
セッテイ
・項目選択
コウセイノウド
ゼロコウセイドウサ
コウセイレンジドウサ
ジドウコウセイセイブン
・項目選択
スタートジカン
サイクル
リュウツウジカン
ジドウコウセイ ON/OFF
ジドウコウセイチュウシ
・項目選択
ピークアラーム ON/OFF
ピークノウド
ピークカウント
ヒステリシス
・項目選択
ジコク
:現在時間設定
キーロック
:キーロックON/OFF
リモートレンジ
:リモートレンジON/OFF
ホールド
:ON/OFF
オウトウソクドCO :応答時間(フィルタ)
オウトウソクドO2 :応答時間(フィルタ)
サンソカンサンキジュンチ :酸素換算基準値設定
イドウヘイキンジカン :移動平均時間設定
ヘイキンチリセット :平均値リセット実行
メンテナンスモード
:メンテナンスモード(パスワード入力)
センサ入力
エラーログファイル
パスワード設定
ファクトリーモード
図7.2
7-2
IM 11G4G2-01
7. 表示・操作パネルの説明
7.3 操作上のアドバイス
測定画面には4種類あり,表示モード1はCO,O2,表示モード2はCO,O2,ピーク
カウント,表示モード3はCO,O 2,換算CO,換算CO平均(時間可変),ピーク
カウント,表示モード4はCO,O2,換算CO,換算CO1時間平均,ピークカウント
をそれぞれ表示します。
①
①
②
②
CH
CH
1
00
.
CO
0-200
1
CH
ppm
2
CH
3
CH
2
.
000
O2
0-25
CH
4
vol%
①
00
.
000
.
00
.
00
.
CO
0-200
O2
0-25
換算CO
0-200
換算CO平均
0-200 4h
④
⑤
(表示モード1)
⑥
O2
2
0-25
CH
換算CO
3
ppm
0-200
CH
換算CO平均
0-200 1h
4
ppm
⑦ ⑧
③
0-200
CH
vol%
00
.
000
.
00
.
00
.
CO
1
ppm
PEAK COUNTER
CO 500 ppm
0 times/h
③
②
CH
ppm
vol%
ppm
ppm
PEAK COUNTER
CO 500 ppm
0 times/h
④
⑤
(表示モード3)
⑥
③
⑦ ⑧
④
(表示モード4)
図7.3
番号
名 称
①
成分表示
②
濃度表示
③
④
機 能
CO,O2,換算CO,換算CO平均の
成分表示
番号
名 称
機 能
⑤
ピークアラーム成分表示
ピークアラーム成分表示
測定濃度値の表示
⑥
ピークアラーム濃度表示
ピーク値(上限設定値)の濃度の表示
レンジ表示
レンジ値の表示
⑦
ピークアラーム回数
ピーク値をオーバした回数の表示
単位表示
ppm,vol %の表示
⑧
ピークアラーム単位表示
ピークアラームの単位 times/h の表示
各設定,選定画面について
各設定,選択画面は下図のような構成になっています。
・ステータス表示領域では現在のステータスが表示されます。
・メッセージ表示領域では操作に関する案内が表示されます。
・設定項目,選択項目領域では設定する項目や数値が必要に応じて表示されま す。カーソルを上下キーや横キーで移動し,各項目にあった操作を行ってくだ
さい。
・LCD画面
メッセージ表示領域
ステータス表示領域
設定項目、選択項目
表示領域
カーソル
図7.4 IM 11G4G2-01
7-3
7.4 一般操作
・表示モード1
CO瞬時値
O2瞬時値
の表示です。
CH
1
CH
2
CO
0-200
O2
0-25
CH
1
CH
2
・メニューモード
レンジキリカエ
コウセイセッテイ
アラームセッテイ
ジドウコウセイセッテイ
ピークアラームセッテイ
パラメータセッテイ
の表示です。
vol%
.
000
.
O2
0-25
ppm
vol%
ZERO
PEAK COUNTER
CO 500 ppm
0 times/h
CH
1
CH
2
CH
3
CH
4
ゼロ校正
(8.8.1)参照
MODE
CO
0-200
O2
0-25
換算CO
0-200
換算CO平均
0-200 4h
00
.
000
.
00
.
00
.
スパン校正
ppm
(8.8.2)参照
vol%
SPAN
ppm
ppm
PEAK COUNTER
CO 500 ppm
0 times/h
MODE
ESC
・表示モード4
CO瞬時値
O2瞬時値
O2換算CO瞬時値
O2換算CO 1時間平均値
ピークカウント
の表示です。
000
.
00
CO
0-200
ESC
・表示モード3
CO瞬時値
O2瞬時値
O2換算CO瞬時値
O2換算CO 4時間平均値
ピークカウント
の表示です。
ppm
MODE
ESC
・表示モード2
CO瞬時値
O2瞬時値
ピークカウント
の表示です。
00
.
CH
1
CO
0-200
CH
2
O2
0-25
CH
3
CH
4
換算CO
0-200
換算CO平均
0-200 1h
00
.
000
.
00
.
00
.
ppm
vol%
ppm
ppm
PEAK COUNTER
CO 500 ppm
0 times/h
MODE
ESC
メニューモード
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
設定内容については,(8. 設定および
校正)を参照ください。
7-4
ESC
MODE
表示モード1
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8. 設定および校正
8.1 レンジ切り換え
測定成分のレンジを切り換える場合に使用します。
①測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示します。
②レンジキリカエにカーソルを合わせて ENT キーを押してください。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
ENT
③チャンネル選択画面が表示されましたら,
キーを押して,CH(成分)
を選択してください。
④選択後, ENT キーを押してください。
(注)O 2換算瞬時値,O 2換算CO1 時間および4時間平均値のレンジは,CH1
CO のレンジを切り換えると自動的に切り換わります。
レンジキリカエ
チャネルヲセンタクシテクダサイ
C H 1
C O
C H 2
O
2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
IM 11G4G2-01
(
0-200
0-1000
0-25
ppm
ppm
vol%
) ENT
8-1
⑤レンジ設定画面が表示されましたら
キーを押し,カーソルを移動してレ
ンジを選択します。( の印のあるレンジが現在選択されているレンジで す。)
⑥選択後, ENT キーを押してください。
⑦選択されたレンジで測定が行われす。
この時,レンジ識別信号(CO)は,Lowレンジ(レンジ1)で導通,Highレ
ンジ(レンジ2)で開放となります。
(注)リモートレンジがONに設定されている場合は画面によるレンジ切り換
えはできません。
レンジヲセンタクシテクダサイ
ENTキーヲオストレンジガキリカワリマス
レンジキリカエ
CH1 CO
C H 1
C O
C H 2
O
2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
(
0-200
0-1000
0-25
ppm
ppm
vol%
) ENT
レンジ切り換え終了
終了する場合
レンジ切り換え操作を終了させる場合や
ESC
操作を途中で中止させる場合は キー
を押してください。一つ前の画面に戻り
ます。
8-2
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.2 校正設定
校正時の濃度や動作を設定する場合に使用します。項目は,校正濃度,ゼロ校正
動作,校正レンジ動作,自動校正成分の4つです。
8.2.1 校正濃度の設定
校正時に使用する各CHの標準ガス(ゼロ,スパン)の濃度を設定します。
①測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでコウセイセッテイにカーソルを合わせ ENT キーを押してくださ ②
い。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
) ENT
(
③校正設定項目画面が表示されましたら,
キーでコウセイノウドにカーソ
ルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
セッテイスルコウモクヲセンタクシテクダサイ
コ ウ セ イ ノ ウ ド
ゼ ロ コ ウ セ イ ド ウ サ
コ ウ セ イ レ ン ジ ド ウ サ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ イ ブ ン
IM 11G4G2-01
(
) ENT
8-3
④校正濃度CH選択画面が表示されましたら,
キーで設定したいCHにカー
ソルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
コウセイノウド
コウセイノウドヲセッテイスルチャネルヲ
センタクシテクダサイ
C H 1
C O
C H 2
O
2
(
) ENT
⑤校正濃度選択画面が表示されましたら,
キーを押して,設定したい濃度
項目を選択します。
(注)CH1 CO のゼロガスはゼロで固定です。スパンガスだけ設定してくだ
さい。
コウセイセッテイ
コウセイノウド
C H 1 C O セッテイ
セッテイスルコウモクヲセンタクシテクダサイ
ゼロガス
レンジ 1
0−200
ppm
0000.0
0198.0
レンジ 2
0−1000
ppm
00000
00980
8-4
スパンガス
(
) ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
⑥校正濃度数値設定画面が表示されましたら,校正ガス濃度値(ゼロ,スパ キーで1桁分の数値の増減を行
ン)を入力してください。数値の入力は
い,
キーで桁移動を行います。設定後,
ENT
キーを押しますと記憶されま
す。記憶された値は,次回校正時より有効となります。
(注)それぞれのレンジに対応する設定値を入力してください。O 2計の濃度
は,ゼロガスに大気エア(空気)を使用する場合,21.00 ,ボンベエア
を使用する場合はボンベに表記されている濃度を設定してください。
数値設定カーソル
コウセイセッテイ
コウセイノウド
C H 1 C O セッテイ
スウチヲセッテイシテクダサイ
ゼロガス
スパンガス
レンジ 1
0−200
ppm
0000.0
0198.0
レンジ 2
0−1000
ppm
00000
00980
ENT
校正濃度の設定終了
終了する場合
校正濃度の数値設定を終了させる場合や
ESC
操作を途中で中止させる場合は, キー
を押してください。一つ前の画面に戻り
ます。
数値の設定範囲
CO計
ゼロガス:0固定
スパンガス:80∼100%FS
(低いレンジの80%FS∼高いレンジの100%FS)
O 2計
ゼロガス:5∼25vol%
スパンガス:0.01∼5vol%
上記の範囲外の値は設定できません。
IM 11G4G2-01
8-5
8.2.2 手動ゼロ校正動作の設定
手動でゼロ校正を行うとき,CO,O2 の2つの成分を同時に校正するか,選択しな
がら各々校正するかを設定します。
①測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでコウセイセッテイにカーソルを合わせて ENT キーを押してくださ
②
い。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
(
) ENT
③校正設定項目画面が表示されましたら,
キーでゼロコウセイドウサに カーソルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
セッテイスルコウモクヲセッテイシテクダサイ
コ ウ セ イ ノ ウ ド
ゼ ロ コ ウ セ イ ド ウ サ
コ ウ セ イ レ ン ジ ド ウ サ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ イ ブ ン
8-6
(
) ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
④手動校正CH選択画面が表示されましたら,
キーで設定したいCHにカー
ソルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
ゼロコウセイドウサ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
チャネルヲセンタクシテクダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm イッカツ
vol%
イッカツ
(
) ENT
⑤手動校正動作選択画面が表示されましたら,
キーでセンタクかイッカツ
を選択します。
・イッカツと設定した場合は,設定されたCH(成分)全てが同時にゼロ校正
ができます。
・センタクと設定した場合は,それぞれのCH(成分)を選択してからゼロ校
正ができます。
設定後, ENT キーを押しますと指定された校正動作が行われます。
コウセイセッテイ
ゼロコウセイヲイッカツデスルカ, センタク
シュドウコウセイセンタク デスルカ, ケッテイシテクダサイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
センタク
vol%
(
センタク
) ENT
手動校正の設定終了
終了する場合
手動校正の設定を終了させる場合や操作
ESC
を途中で中止させる場合は, キーを
押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
IM 11G4G2-01
8-7
例
センタク,イッカツの設定はCH1(CO)とCH2(O 2 )は連動して切り換わります。
CH1(CO):センタク
CH2(O 2 ):センタク
の場合
手動のゼロ校正時,CH(成分)を選択してからゼロ校正することになります。
CH1(CO):イッカツ
CH2(O 2 ):イッカツ
の場合
手動のゼロ校正時,CH1,CH2同時にゼロ校正することができます。
※ゼロガスとしてボンベAir,大気Airを使用の場合はイッカツを設定してください。
手動校正時の画面
・センタクと設定の場合
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
・イッカツと設定の場合
カーソルセイブンヲゼロコウセイシマス
ENTキーヲオストコウセイヲジッコウシマス
チュウシスルバアイハESCキーヲオシテ
クダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
000.0
vol%
00.0
カーソルは1つだけ出現します
8-8
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
カーソルセイブンヲゼロコウセイシマス
ENTキーヲオストコウセイヲジッコウシマス
チュウシスルバアイハESCキーヲオシテ
クダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
000.0
vol%
00.0
カーソルは2成分共に出現します
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.2.3 校正レンジ動作の設定
校正時(手動校正,自動校正),各C H (成分)のレンジを表示レンジ単独で校
正,または,2レンジ連動させて校正を行なうか設定します。
①測定状態で MODE キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでコウセイセッテイにカーソルを合わせて
②
ENT
キーを押してくださ
い。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
(
) ENT
③校正設定項目画面が表示されましたら
カーソルを合わせて
コウセイセッテイ
ENT
キーでコウセイレンジドウサに キーを押してください。
セッテイスルコウモクヲセッテイシテクダサイ
コ ウ セ イ ノ ウ ド
ゼ ロ コ ウ セ イ ド ウ サ
コ ウ セ イ レ ン ジ ド ウ サ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ イ ブ ン
IM 11G4G2-01
(
) ENT
8-9
④校正レンジ動作CH選択画面が表示されましたら,
にカーソルを合わせて
コウセイセッテイ
コウセイレンジドウサ
C H 1
C O
C H 2
O 2
ENT
キーで設定したいCH
キーを押してください。
チャネルヲセンタクシテクダサイ
0−200
0−1000
0−25
レンジ1
レンジ2
レンジ1
ppm
p p m レンジレンドウ
vol%
ヒョウジレンジ
) ENT
(
⑤校正動作選択画面が表示されましたら,
キーでレンジレンドウかヒョウ
ジレンジを選択します。
・レンジレンドウと設定した場合は,設定されたCHのレンジ1とレンジ2を連
動させて校正します。
・ヒョウジレンジと設定した場合は,設定されたCHの校正時に表示されてい
るレンジのみを校正します。
コウセイセッテイ
コウセイレンジドウサ
C H 1
C O
C H 2
O 2
コウセイヲ,ヒョウジレンジデジッコウス
ルカ,レンジヲレンドウシテジッコウスルカ
センタクシテクダサイ
レンジ1
レンジ2
レンジ1
0−200
0−1000
0−25
ppm
p p m レンジレンドウ
vol%
ヒョウジレンジ
(
) ENT
手動校正の設定終了
終了する場合
校正レンジ動作の設定を終了させる場合
ESC
や操作を途中で中止させる場合は キ
ーを押してください。一つ前の画面に戻
ります。
8-10
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
例
CH1
CO
CH2
O2
レンジ1 0−200
ppm
レンジレンドウ
レンジ2 0−1000 ppm
レンジ1 0−25
Vol%
ヒョウジレンジ
CH1はレンジ1,2を連動させて校正します。
CH2はヒョウジレンジだけの校正を実行します。
※CH2,O 2 計は1レンジなので連動動作の設定はできません。
注意
レンジレンドウで校正する場合は,スパンガスの設定を両レンジとも同じ値を設定して
ください。
手動校正時の画面
・レンジレンドウに設定の場合
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
カーソルセイブンヲゼロコウセイシマス
ENTキーヲオストコウセイヲジッコウシマス
チュウシスルバアイハESCキーヲオシテ
クダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
000.0
vol%
00.0
カーソルは2レンジ共出現します
IM 11G4G2-01
8-11
8.2.4 自動校正成分の設定
自動校正時,校正を行なうCH(成分)を設定します。
①測定状態で
MODE
キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでコウセイセッテイにカーソルを合わせて
②
ENT
キーを押してくださ
い。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
) ENT
(
③校正設定項目画面が表示されましたら,
キーでジドウコウセイセイブン
にカーソルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
セッテイスルコウモクヲセンタクシテクダサイ
コ ウ セ イ ノ ウ ド
ゼ ロ コ ウ セ イ ド ウ サ
コ ウ セ イ レ ン ジ ド ウ サ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ イ ブ ン
8-12
(
) ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
④自動校正成分選択画面が表示されましたら,
キーで設定したいCHにカー
ソルを合わせて ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
ジドウコウセイセイブン
C H 1
C O
C H 2
O 2
チャネルヲセンタクシテクダサイ
0−200
0−1000
0−25
レンジ1
レンジ2
レンジ1
(
ppm
ppm
vol%
ス ル
シ ナ イ
) ENT
⑤自動校正動作選択画面が表示されましたら,
キーでスルかシナイを選択
します。設定後, ENT キーを押してください。
コウセイセッテイ
ジドウコウセイセイブン
C H 1
C O
C H 2
O 2
ジドウコウセイヲスルカシナイカ
センタクシテクダサイ
レンジ1
レンジ2
レンジ1
0−200
0−1000
0−25
(
ppm
ppm
vol%
ス ル
シ ナ イ
) ENT
手動校正の設定終了
終了する場合
自動校正成分の設定を終了させる場合や
ESC
操作を途中で中止させる場合は, キー
を押してください。一つ前の画面に戻り
ます。
IM 11G4G2-01
8-13
例
各設定により下記のような順番で自動校正が行われます。
1.CH1:スル,CH2:スルの場合
・自動校正時CH1(CO)CH2(O 2 )ゼロ校正−CH1スパン校正−CH2スパン校正
2.CH1:スル,CH2:シナイの場合
・CH1(CO)ゼロ校正−CH1スパン校正
3.CH1:シナイ,CH2:スルの場合
・CH2(O 2 )ゼロ校正−CH2スパン校正
4.CH1:シナイ,CH2:シナイの場合
・自動校正しません
注意
CH1:スル,CH2:スルと設定した場合,自動校正ではゼロ校正の動作は,ゼロ校正
動作の設定(8.2.2項)に関わらず一括(CH1,CH2同時に)して行われます。
8-14
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.3 アラーム設定
8.3.1 アラーム値の設定
測定中,警報を出力するため,上限値の設定を行ないます。
(上限値警報接点出力はCO瞬時値に対してのみ有効です)
①測定状態で
MODE
キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでアラームセッテイにカーソルを合わせて ENT キーを押してくださ
②
い。
③アラーム設定CH選択画面が表示されましたら,そのまま(CH選択) ENT キーを押してください
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
(
) ENT
④アラーム項目選択画面が表示されましたら,アラーム設定を行なうか行なわ
ないか設定します。
ENT キーを押しますと,ON,OFFの設定が行なえます。
キーで切り換
えてください。
アラームセッテイ
チャネルヲセンタクシテクダサイ
マタハヒステリシスヲセンタクシテクダサイ
C H 1
C O
ヒステリシス
切り換え後,
IM 11G4G2-01
ENT
0 0 % F S
ENT
キーを押して設定し,ONの場合は,上限値の数値を入力する 8-15
ため
キーで数値入力の項目にカーソルを合わせて ENT キーを押してくださ い。数値が入力できる状態になります。
数値入力は,
キーで1桁分の数値の増減を行ない,
キーで桁移動を行な います。
アラームセッテイ
CH1 CO セッテイ
スウチマタハON/ OFFヲセッテイシテ
クダサイ
ジ ョ ウ ゲ ン チ
O F F
C H 1
C O
) ENT
(
設定後, ENT キーを押しますとアラームの設定は終了です。このとき接点動作
は,上限値をCOの瞬時値が超えた場合は導通,超えない場合は開放となります。
数値設定カーソル
アラームセッテイ
CH1 CO セッテイ
スウチマタハON/ OFFヲセッテイシテ
クダサイ
ジ ョ ウ ゲ ン チ
O N
C H 1
C O
0000
8-16
アラーム設定の終了
ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
アラーム発生時の画面
CH1 COに"High alarm"の
メッセージが点灯します。
CH High alarm
CO
1
0-200
00
.
ppm
000
.
vol%
*電源投入後,10分間はア
ラーム判定を行いません。
IM 11G4G2-01
CH
2
O2
0-25
8-17
8.3.2 ヒステリシスの設定
アラーム設定付近での警報出力のチャタリングを防ぐため,ヒステリシスの設定
値を設定します。
①アラーム設定CH選択画面を表示させて,
ルを合わせて
ENT
キーでヒステリシスにカーソ
キーを押してください。
アラームセッテイ
C H 1
C O
ヒステリシス
0 0 % F S
(
) ENT
②ヒステリシス値設定画面が表示されましたら,ヒステリシス値を入力してく
ださい。数値入力は
キーで1桁分の数値の増減を行ない,
キーで桁移
動します。設定後, ENT キーを押しますとヒステリシスが実行されます。
アラームセッテイ
C H 1
ヒステリシスヲセッテイシテクダサイ
セッテイチハ0∼20%FSデス
C O
ヒステリシス
0 0 % F S
ヒステリシスの設定終了
ENT
終了する場合
ヒステリシスの設定を終了させる場合や
ESC
操作を途中で中止させる場合は, を
押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
8-18
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
設定範囲
0∼20%FS
(各レンジの幅がフルスケールとなります。)
ヒステリシスの動作
図のように上限値を超えるとアラーム警報出力がONになります。一旦アラーム警
報出力がON になると,上限値より設定のヒステリシス幅分指示が下がらないと
OFFになりません。OFF→ONになるのは上限値を超えたときです。
上限値
ヒステリシス幅
ON(導通)
アラーム
IM 11G4G2-01
OFF(開放)
8-19
8.4 自動校正の設定
8.4.1 自動校正
ゼロ点およびスパン点の校正を設定した時間で自動的に実行します。
①測定モードで
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでジドウコウセイセッテイにカーソルを合わせて
ENT
キーを押して
ください。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
(
) ENT
③自動校正項目選択画面が表示されましたら,
キーで設定したい項目に カーソルを合わせて ENT キーを押してください。
④自動校正パラメータ設定画面が表示されましたら,数値入力および設定を行
なってください。
数値入力および設定方法は,
キーで数値入力および設定変更,
キーで
カーソルを右へ移動させます。
ジドウコウセイセッテイ
コウモクヲセンタクシテクダサイ
スタートジカン
サイクル
リュウツウジカン
ON/ OFF
SUN
99
599
ON
12:00
ジカン
s
ジドウコウセイチュウシ
8-20
(
) ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
設定後,
ENT
キーを押しますと入力した設定値で自動校正が行われます。 ジドウコウセイセッテイ
スタートジカンヲセッテイシテクダサイ
SUN
スタートジカン
07
サイクル
リュウツウジカン 1 8 0
ON
ON/ OFF
12:00
サイクルはジカ
ニチ
ンとニチを交互
s
に表示し設定。
ジカン
ニチ
キー
ジドウコウセイチュウシ
ENT
自動校正の設定終了
設定項目の説明
・スタートジカン
・サイクル
:最初の校正のスタート曜日,
時,
分の設定
:スタートジカンから次の校正までの周期
(単位は時間/日)
・リュウツウジカン :セル内を校正ガスで置換えを行う時間
・ジドウコウセイドウサ:自動校正のON/OFF設定
終了する場合
自動校正の設定を終了させる場合や操作
ESC
の途中で中止させる場合は, キーを
押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
IM 11G4G2-01
8-21
接点動作は,自動校正中,保守中接点出力が自動校正中は導通,それ以外は
開放となります。また,ホールドがONに設定されている場合は,ホールド中
も導通状態となります。
例
スタートジカン
サイクル
リュウツウジカン
ジドウコウセイドウサ
SUN 12:00
1 ニチ
60 s
ON
上記の設定で自動校正を行った場合
日曜日
12:00
月曜日
12:00
サイクル
火曜日
12:00
:自動校正中
CH2
CHI
ゼロ校正 スパン校正 スパン校正
60秒
60秒
60秒
リュウツウジカン
(8.2.4項の自動校正成分の設定で CH1:スル,CH2:スル と設定した場合の例です。)
設定範囲
サイクル
リュウツウジカン
:
:
1∼99
60∼599
ジカン
s
または
1∼40
ニチ (初期値 7ニチ)
(初期値 180s)
注意
自動校正中は,自動校正の強制中止(8.4.2項参照)以外の操作はできなくなります。
キーロックがONのときは,“ジドウコウセイチュウシ”もできなくなりますので,自
動校正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFしてからジドウコウセイチュウシ
を実行してください。
リモートスタートについて
ジドウコウセイドウサのON/OFFにかかわらずリモートスタート入力を短絡(1.5
秒以上)することで自動校正が行えます。
短絡(1.5秒以上保持してください)
リモートスタート入力
8-22
DC0V
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.4.2 自動校正の強制中止
自動校正を強制的に止める場合に使用します。
キーでジドウコウセイセッテイにカーソル
①メニューモードを表示させて
を合わせて
ENT
メニューモード
キーを押してください。
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ セ ッ テ イ
(
) ENT
②自動校正項目選択画面が表示されましたら,
キーでジドウコウセイチュ
ウシにカーソルを合わせて ENT キーを押してください。
ジドウコウセイセッテイ
コウモクヲセンタクシテクダサイ
スタートジカン
サイクル
リュウツウジカン
ON/ OFF
SUN
7
180
OFF
12:00
ニチ
s
ジドウコウセイチュウシ
(
) ENT
③ジドウコウセイチュウシが反転表示され自動校正を中止するか,続けて行う
か確認のメッセージが表示されます。ここで
す。
IM 11G4G2-01
ENT
キーを入力すると中止しま
ESC キーを入力すると自動校正は中止されません。
8-23
ジドウコウセイセッテイ
ジドウコウセイヲチュウシシマスカ?
チュウシスルバアイハENTヲ、
ツヅケテコウセイスルバアイハESCヲ
オシテクダサイ
スタートジカン
サイクル
リュウツウジカン
ON/ OFF
SUN
7
180
ON
12:00
ニチ
s
ジドウコウセイチュウシ
終了する場合
自動校正の中止を終了させる場合や操作
ESC
の途中で取り止める場合は, キーを
押してください。一つ前の画面に戻りま
す。
自動校正時の画面
例. 自動校正成分(8.2.4項)をCH1:スル,CH2:スルと設定した場合
・ゼロ校正
CH1,CH2に"ゼロコウセイ"の
メッセージが点滅します。
CH
1
CH
2
ゼロコウセイ
CO
0-200
00
.
ppm
ゼロコウセイ
O2
0-25
000
.
vol%
・CH1スパン校正
CH1,に"スパンコウセイ"の
CH
1
スパンコウセイ
CO
0-200
00
.
ppm
000
.
vol%
メッセージが点滅します。
CH
2
O2
0-25
・CH2スパン校正
CH2,に"スパンコウセイ"の
メッセージが点滅します。
CH
1
CH
2
CO
0-200
スパンコウセイ
O2
0-25
00
.
ppm
000
.
vol%
注意
自動校正中は,キーロックON/OFF,ジドウコウセイチュウシ以外のキー操作はできな
くなります。
キーロックがONのときは,ジドウコウセイチュウシもできなくなりますので,自動校
正を強制的に中止する場合は,キーロックをOFFにしてからジドウコウセイチュウシを
実行してください。
8-24
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.5 ピークアラーム設定
測定中,CO測定濃度が上限値を超えたピーク回数が設定回数以上になった場合に
警報を出力します。本項では,そのピーク回数の各種設定を行ないます。
①測定モードで
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでピークアラームセッテイにカーソルを合わせて
ENT
キーを押して
ください。
メニューモード
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ
) ENT
(
③ピークアラーム設定項目選択画面が表示されましたら,
い項目にカーソルを合わせて
ENT
キーで設定した
キーを押してください。
④ピークアラーム設定画面が表示されましたら,数値入力および設定を行って
ください。
ピークアラームセッテイ
ピークアラーム
ピークノウド
ピークカウント
ヒステリシス
コウモクヲセンタクシテクダサイ
ON
0500 ppm
カイ
05
%
20
IM 11G4G2-01
(
) ENT
8-25
数値入力および設定方法は,
キーで行います。
設定後, ENT キーを押しますと入力した設定値が記憶されます。
ピークアラームセッテイ
ピークアラームノONマタハOFFヲ
セッテイシテクダサイ
ピークアラーム
ピークノウド
ピークカウント
ヒステリシス
ON
0500 ppm
カイ
05
%
20
(
) ENT
ピークアラームの設定終了
設定項目の説明
・ピークアラーム :ピークアラームのON/OFF設定
・ピークノウド :ここで設定したピーク濃度値を超える
と1回カウント
・ピークカウント :ここで設定した回数を超えるピークが
発生した場合,
ピークカウントアラーム
を出力する
・ヒステリシス :チャタリングしないよう1回のピークが
ピーク濃度を超えたらヒステリシス幅
分の余裕でカウントする
8-26
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
設定範囲
・ピークノウド
:0∼1000ppm→5ppmステップ (初期値 500ppm)
・ピークカウント
:1∼99回
(初期値 5回)
・ヒステリシス
:0∼20%FS
(初期値 0%FS)
ピークアラームの動作例
①5回/時間となったのでピーク
カウントアラーム導通
②4回/時間となったのでピーク
カウントアラーム開放
ピークノウド
測定値
3時間前
2時間前
1時間前
現在時間
ピークカウント
アラーム
CO瞬時値がピークノウドを超えた場合,カウントアップを行います。そのピーク
数が1 時間当たり設定回数以上出現した場合,ピークカウントアラームが導通
(O N )状態となります。そして1 時間当たり設定回数未満となったときに開放
(OFF )状態となります。
上の図で①
部分が1時間で5回ピークが出現したのでピークカウントアラー
ムがONとなります。①∼②
までの時間は,ピークが1時間当たり5回以上
なのでONのままです。②の部分で1時間当たり4回となりOFFとなります。
ヒステリシスの動作は,アラーム設定のヒステリシスに同様で,ピークノウド付
近で測定対象ガスがふらついたときのチャタリングを防ぎます。
*電源投入後,10分間は,ピークアラームカウントを行いません。
ピークアラームの解除
ピークアラームを解除したい場合は一度ピークアラームの設定をOFFにしてくだ
さい。
IM 11G4G2-01
8-27
8.6 パラメータの設定
パラメータの設定は,時刻,キーロックなどの必要に応じて行うものです。
ここで設定する項目は次の通りです。
設定項目の説明
・ジコク
・キーロック
:現在の曜日,
時,
分の設定
:キーロックOFFにするキー操作以外の操作をできなくするON/OFF設定
・リモートレンジ
・ホールド
・サンソカンサンキジュンチ
・イドウヘイキンジカン
・イドウヘイキンチリセット
:外部入力によるレンジ切り換えを有効にするか無効にするかのON/OFF設定
:校正時出力をホールドするかしないか設定
:酸素換算基準値を設定します
:移動平均時間を設定します
:移動平均値をリセットします
・メンテナンスモード
:メンテナンスモードに入るためのパスワードを入力します
*メンテナンスモードについては,次項(8.7項)を参照してください。
①測定モードで
②
MODE
キーを押してメニューモードを表示させます。
キーでパラメータにカーソルを合わせて
メニューモード
ENT
キーを押してください。
MODE
コウモクヲセンタクシテクダサイ
レ ン ジ キ リ カ エ
コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ア ラ ー ム セ ッ テ イ
ジ ド ウ コ ウ セ イ セ ッ テ イ
ピ ー ク ア ラ ー ム セ ッ テ イ
パ ラ メ ー タ
8-28
(
) ENT
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
③パラメータ設定画面が表示されましたら,
ルを合わせて
ENT
キーで設定したい項目にカーソ
キーを押してください。
パラメータ画面1
パラメータセッテイ
コウモクヲセンタクシテクダサイ
ジコク
キーロック
リモートレンジ
ホールド
オウトウソクドCO
オウトウソクドO2
サンソカンサンキジュンチ
ツギページ
SUN 12:00
OFF
OFF
OFF
10
s
10
s
1 2 %O2
(
) ENT
④パラメータ設定画面は2画面で構成されています。画面1から2へ移動するに は”ツギページ”にカーソルを移動し キーを押してください。
画面2から1へ移動するには”マエページ”にカーソルを移動し キーを押し
てください。
パラメータ画面2
パラメータセッテイ
コウモクヲセンタクシテクダサイ
4
イドウヘイキンジカン
ジカン
ヘイキンチリセット リ セ ッ ト
メンテナンスモード 0 0 0 0
マエページ
IM 11G4G2-01
8-29
⑤パラメータ設定画面が表示されましたら,数値入力および設定を行ってくだ
さい。
数値入力および設定方法は
キーで,カーソルを右へ移動させる場合は,
キーで行ってください。
設定後,
ENT
キーを押しますと入力した設定値で実行されます。
パラメータセッテイ
ヨウビヲセッテイシテクダサイ
ジコク
キーロック
リモートレンジ
ホールド
オウトウソクドCO
オウトウソクドO2
サンソカンサンキジュンチ
ツギページ
SUN 12:00
OFF
OFF
OFF
10
s
10
s
1 2 % O2
ENT
パラメータの設定終了
終了する場合
パラメータの設定を終了させる場合や操
ESC
作の途中で取り止める場合は, キー
を押してください。一つ前の画面に戻り
ます。
設定範囲
・オウトウソクド
CO : 1∼30 s
: 1∼30 s
・オウトウソクド
O2
・サンソカンサンキジュンチ : 1∼19%
(初期値 10s)
(初期値 10s)
(初期値 12%O2)
・イドウヘイキンジカン
: 1∼59フンまたは1∼4ジカン (初期値 4時間)
単位をフンに設定した場合1∼59,
時間に設定した場合1∼4 ・メンテナンスモード
: 0000∼9999
(0000)
リモートレンジ動作
リモーレンジをONに設定することで,外部入力によるレンジの切り換えができま
す。(CO瞬時値,O 2換算CO瞬時値,O2換算1時間および4時間平均値が連動して
切り換わります。)
OFFに設定した場合は,外部入力は無効になります。
入力は,短絡でLowレンジ,開放でHighレンジとなります。
端子入力については,「5.配線」章を参照してください。
また,リモートレンジがONの場合,画面操作によるレンジ切り換えはできなくな
ります。
8-30
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
ホールド動作
ホールドをONに設定すると校正中(手動校正,自動校正共),およびガス流通時
間分(「8.4 自動校正の設定」項参照)各チャンネルの出力信号がホールドされ
ます。また,ホールドのON/OFFの設定にかかわらず外部入力により出力信号を
ホールドすることも可能です。
1. 手動校正時の動作
ZERO
or
ENT
キーでガスが流れ
SPAN
ENT
その後 キーで校正実行
校正動作
ホールド延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間
(「8.4 自動校正の設定」項参照)
2. 自動校正時の動作
自動校正開始
自動校正終了
校正動作
ホールド延長時間
出力ホールド
ガス流通時間で設定した時間
3. 外部ホールド
短絡
リモートホールド
開放
出力ホールド
外部ホールド入力があると,自動校正中・保守中接点は導通します。
4. 動作中の画面表示
測定画面で“ホールドチュウ”のメッセージが点滅します。
手動校正動作中は,校正動作の画面表示をしますのでホールドしていても “ホールドチュウ”は表示されず,ホールド延長時間で表示されることにな
ります。
5. 手動,自動を問わず校正ガスを流通した後に校正動作を中止した場合もホー
ルド延長時間の出力ホールドを行います。
IM 11G4G2-01
8-31
オウトウソクド
電気系の応答時間を変えることができます。CO計,O2計別々に設定が可能です。
ここで設定できる秒は,あくまでも目安となるもので正確な値ではありません。
お客様の必要に応じて値を設定してください。
サンソカンザンキジュンチ
ここで設定される値は,次のような式でO2換算を求めるために用いられます。
O 2 換算後濃度=
21− 設定値
21− O 2 濃度
× CO濃度
最大値は4倍までとなります。
イドウヘイキンジカン
O2換算平均値の移動平均時間の設定ができます。
1∼59分(1分ステップ)または1∼4時間(1時間ステップ)の平均時間が設定でき
ます。
設定を変えるとO2換算平均値はリセットされます。
ヘイキンチリセット
O2換算1時間および4時間平均値をリセットし,平均をはじめます。
リセット入力時点で表示値および出力値は0ppm相当となります。
短絡(1.5秒以上保持してください)
開放
リセット入力
短絡の間リセットが続きます。
短絡から開放に変化したとき平均動作を開始します。
メンテナンスモード
メンテナンスモードに入るためのパスワードを入力するために用います。パス
ワード入力後
ENT
キーを押すことによりメンテナンスモードに入ります。このパ
スワードはメンテナンスモードのパスワードセッテイで設定できます。
工場出荷時のパスワードは“0000”となっていますので,この値でメンテナンス
モードに入ることができます。
8-32
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.7 メンテナンスモード
センサー入力値の確認,エラーログファイルの表示,パスワードの設定を行いま
す。本項は,最初にパスワードを設定し,次回から設定されたパスワードが必要
となります。本項は,「8.6 パラメータの設定」でメンテナンスモードを選択す
ることにより表示されます。
①パラメータ項目選択画面で,メンテナンスモードを選びますと,パスワード
入力画面が表示されます。
②パスワードを入力しますと,メンテナンスモード項目選択画面が表示されま
す。
キーで選択したい項目にカーソルを合わせて
ENT
キーを押してくだ
さい。
③次に各メンテナンスの画面を表示します。
(注)ファクトリーモードは当社サービスマン用ですので,お客様の使用は
できません。
メンテナンスモード
コウモクヲセンタクシテクダサイ
1.センサーニュウリョクチ
2.エラーログファイル
3.パスワードセッテイ
4.ファクトリーモード
IM 11G4G2-01
(
) ENT
各メンテナンスの画面
8-33
・センサ入力値画面
センサー入力値画面の説明
・温度
・CO
・O 2
・基準値
: 温度センサーの入力値です
: COセンサーの入力値です
: O 2センサーの入力値です
: 基準電圧の入力値です
メンテナンスモード
センサーニュウリョクチ
センサー
オンド
CO
O2(mV)
キジュンチ
ニュウリョクチ
20000
20000
27.6
20000
センサー
ニュウリョクチ
・エラーログファイル画面
エラーログファイル画面の説明
エラーの履歴です。
エラー番号,発生した日時(曜日,時間),チャネル
エラーログファイル
マエノガメンニモドル:ESC
エラーログクリアセンタク:ENT
Error No.7 FRI 4:20 CO
Error No.5 FRI 4: 4 O2
エラーログクリア
・パスワード設定画面
パスワード設定画面の説明
パラメータセッテイからメンテナンスモードに
入るときに使用するパスワードが設定できます。
(注)ここで設定したパスワードは,忘れないように管理してください。パス ワードがわからなくなるとメンテナンスモードに入れなくなります。
8-34
パスワードセッテイ:0 0 0 0
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.8 校 正
8.8.1 ゼロ校正
ゼロ点の調整を行う場合に使用します。通常,CO計,O2計のゼロ校正用ガスとし
てエア(ボンベまたは大気)を使用してください。
①測定画面で
ZERO
キーを押して手動ゼロ校正画面を表示させます。
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
セイブンヲキリカエルトキハウエキーカシタ
キーヲオシテクダサイ
コウセイスルバアイハENTキーヲオスト
コウセイガスガナガレマス
0−200
0−1000
0−25
②
ZERO
ppm
ppm
vol%
(
000.0
00.00
)
キーを押して,校正するCH(成分)を選択します。選択後, ENT キー
を押しますとゼロガスが流れます。
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
セイブンヲキリカエルトキハウエキーカシタ
キーヲオシテクダサイ
コウセイヲスルバアイハENTキーヲオスト
コウセイガスガナガレマス
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
vol%
000.0
00.00
ENT
注 意
校正設定モードの「ゼロコウセイドウサ」
でイッカツと設定されているCH(成分)
は,同時にゼロ校正が行われます。
IM 11G4G2-01
8-35
③ゼロガスを流した状態で指示が安定するのを待ちます。指示安定後, ENT キーを押しますとカーソルで選択されているレンジのゼロ校正が行われま す。
シュドウゼロコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
カーソルセイブンヲゼロコウセイシマス
ENTキーヲオストコウセイヲジッコウシマス
チュウシスルバアイハESCキーヲオシテ
クダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
vol%
000.0
00.00
ENT
手動ゼロ校正の実行後測定画面へ
終了する場合
操作を途中で中止させる場合は,ESC
キ
ーを押してください。測定画面に戻りま
す。
8-36
IM 11G4G2-01
8. 設定および校正
8.8.2 スパン校正
スパン点の調整を行う場合に使用します。スパン値として設定されている濃度の
校正ガスを流し,スパン校正を行います。CO計のスパン校正用ガスとしては,レ
ンジ値の80%以上の濃度の標準ガスを使用してください。O2計のスパン校正用ガ
スとしては,1vol%前後の標準ガスを使用してください。
①測定画面で
SPAN
キーを押して手動スパン校正画面を表示させます。
シュドウスパンコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
セイブンヲキリカエルトキハウエキーカシタ
キーヲオシテクダサイ
コウセイヲスルバアイハENTキーヲオスト
コウセイガスガナガレマス
0−200
0−1000
0−25
②
SPAN
ppm
ppm
vol%
(
000.0
00.00
)
キーを押して,校正するCH(成分)を選択します。選択後
ENT
キーを
押しますと校正ガスが流れます。
シュドウスパンコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
セイブンヲキリカエルトキハウエキーカシタ
キーヲオシテクダサイ
コウセイヲスルバアイハENTキーヲオスト
コウセイガスガナガレマス
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
vol%
000.0
00.00
ENT
注 意
校正設定モードの「コウセイレンジドウサ」で
レンジレンドウと設定されている場合は,
2レンジ同時にスパン校正が行われます。
IM 11G4G2-01
8-37
③校正ガスを流した状態で指示が安定するのを待ちます。指示安定後,
ENT
キーを押しますとカーソルで選択されているレンジのスパン校正が行われま
す。
シュドウスパンコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
レンジ1
レンジ2
レンジ1
カーソルセイブンヲスパンコウセイシマス
ENTキーヲオストコウセイヲジッコウシマス
チュウシスルバアイハESCキーヲオシテ
クダサイ
0−200
0−1000
0−25
ppm
ppm
vol%
000.0
00.00
ENT
手動スパン校正の実行後測定画面へ
終了する場合
ESC
操作を途中で中止させる場合は, キ
ーを押してください。測定画面に戻りま
す。
8-38
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9. 保 守
コンディショナフィルタ
締付ナット
Oリング(G65)
蝶ボルト
サンプルガス
分
析
計
注水
ガス吸引器
フィルタ
上部室
流量計
A部
空
気
吸
引
管
電子式ガス
冷却器
サンプルガス
H1 (負圧度)
サンプリングモジュール
バイパス
H2
固定絞り
(茶色)
固定絞り
(黄色)
分析後の排気
B部
下部室
ドレン,
排気
少量バブリング
1. H2が50mm以上なら良好
2. H2が50mm以下のとき …フィルタプローブおよび配管の点検が必要
図9.1 保守要領図
IM 11G4G2-01
9-1
9.1 日常点検
以下の点検項目は必ず毎日行なってください。
保守・点検項目
サンプル流量の点検
保守・点検要領
1.サンプリングモジュールの流量計が規定量0.5l/分,およびガスコンディショナ下部
で少量のバブリングがあるときは良好
2.サンプリングモジュールの流量計が0.5l/分でないとき
→流量計のニードル弁で0.5l/分に調整できるか点検
3.0.5l/分以下でニードル弁の調整ができないとき
(1)バブリングがないとき
→・ポンプの異常を点検
(10.1項参照)
・ガスコンディショナのフィルタの詰りを点検
・電子式ガス冷却器の異常を点検
・固定絞り(黄色い配管)の詰りを点検
(10.1項参照)
(10.1項参照)
(10.1項参照)
(2)バブリングがあるとき
→流量計(ニードル弁)での詰りを点検
(10.1項参照)
4.0.5l/分でバブリングが多い
→・固定絞り(茶色い配管)の詰りを点検
・ガスコンディショナの水位を点検
ガスコンディショナ空気
吸引管の水位の点検
(10.1項参照)
(少ない場合は水の補充)
1.H2が50mm以上なら良好
2.H2が50mm以下のとき
(1)フィルタプローブの金網フィルタが詰っている場合
→・ガス導管の詰りを点検
(10.1項参照)
→・フィルタプローブ接続部の詰りを点検
(接続部を外して詰りを除去する)
メンブレンフィルタの点検
1.サンプリングモジュールのメンブレンフィルタが汚れているか目視で確認する
(1)メンブレンフィルタが汚れている場合
(10.1項参照)
→・汚れが急激なときは,フィルタプローブ,金網フィルタ,
ガスコンディショナフィルタなどの前段フィルタを点検 (10.1項参照)
ジルコニアO2センサの
出口配管の点検
1.センサ温度が800±5℃になっているか,またはサンプルガス中のSO2濃度が高い
などの場合は,出口配管が結晶の析出で詰っていないか点検
2.サンプル出口は高温(50℃)になっているので注意
記録計の指示の点検
(アナログ出力)
指示低下の場合
(1)試料セルの中にダストが混入してしまった場合
→・試料セルの掃除,同時にサンプリング機器,とくにガスフィルタを点検
(2)サンプリング配管の途中で空気を吸引している場合
→・サンプリングラインの漏れを見出して修理
9-2
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9.2 定期点検
以下の点検項目は定期的に行なってください。
保守・点検項目
目安周期
保守・点検要領
分析計の手動校正の場合
1.ゼロ,スパン校正の実施(8.8項参照)
標準ガス充填圧力の点検
(3.4 l ボンベの場合)
1.圧力調整器の1次圧ゲージ(右側)が0Pa以下のときは,標準ガス
ボンベの交換(9.6項参照)。
標準ガス保証期間の点検
2.製造年月日から1年以上のときは,標準ガスボンベの交換(9.5項参照)。
1回/週
ガス種類
濃度範囲
保証期限
CO / N2
100ppm以上,15%未満
1年
O2 / N 2
0.9%以上,25%未満
1年
空 気
なし
注1)残圧が3MPaになりましたら,発注をお願いします。
注2)標準ガス濃度は経験的には1年以上経過しても精度内ですが,
トレーサビリティを重要視する場合は,ガスメーカの保証期
限(上表)で交換してください。
ガスコンディショナの
水位を点検
メンブレンフィルタろ紙
の交換
1回/月
1回/2ヶ月
1.ガスコンディショナのA部およびB部まで水位がない場合は,付属
の水入れビンにて水を注入(6.1項参照)。
PRIMARY側フィルタろ紙を新しいろ紙と交換する(9.3.4項参照)。
FINE側は,6ヶ月に1回の交換。
1.ガスコンディショナフィルタが黒くなったとき,または1回/6ヶ月の
ガスコンディショナフィルタ,
周期で交換(9.3.3項参照)。
Oリングの点検
1回/6ヶ月
2.ガスコンディショナのOリングにひび割れなどがあったとき,または
1回/6ヶ月の周期で交換(9.3.3項参照)。
固定絞りの点検
1.詰っている場合は,固定絞りの交換(9.3.8項参照)。
ポンプの点検
1.ダイヤフラムに異物が付着しているときは水で洗浄する,またはダイ
ヤフラムの交換(9.3.5項参照)。
2.弁が汚れているときは,弁を90°回転させて使用,または1度使用し
た弁は交換(9.3.5項参照)。
圧力調整器のリーク点検
1.標準ガスボンベと圧力調整器の接続口に石鹸液等を塗布し,リークし
ているときは,接続部を増し締め,またはパッキンの交換(9.6項参照)。
電気加熱式フィルタプロ
ーブの金網フィルタ,
Oリングの点検
1.フィルタプローブのOリングにひび割れなどがあったとき,または
1回/年の周期で交換(9.3.1項参照)。
2.フィルタプローブの金網フィルタが汚れているときは清掃(9.3.2項
参照),
またはフィルタの交換(9.3.1項参照)。
フィルタプローブのフラ
ンジ部点検
1回/年
1.フランジ部でリークしているときは,フランジ部の増し締め,または
交換。
配管系の汚れ,リーク点検
1.配管の洗浄,または交換。
ガスコンディショナの水
の点検
1.ガスコンディショナの水が汚れていたら交換。
分析計
1.現象のいずれかにかかわらず,オーバーホール。
2.オーバーホール後,器差試験。
IM 11G4G2-01
9-3
9.3 サンプリング機器の保守要領
9.3.1 電気加熱式フィルタプローブの金網フィルタの交換方法
警 告
・作業する場合は,必ず耐熱手袋をしてください。素手,
軍手での作業は,
火傷の原因に
なります。
・煙道内圧が正圧の場合は,煙道ガスの噴出に注意してください。ケガ,火傷の原因に
なります。
①フィルタプローブ(採取器)への電源を“OFF”にしてください。
②ガス分析装置のポンプを“OFF”にしてください。
③フィルタプローブの温度が十分に下がったことを確認した上で,配管接続コネ
クタからテフロン配管を外します。
④フィルタASSY取付ボルトを緩め,フィルタASSYを引き抜きます。このとき Oリングを落とさないように注意してください。
⑤フィルタASSY先端のロックナット,フィルタ締め付けナットを外し,押さえ 板,金網フィルタをガイド棒から引き抜きます。(ロックナットと締め付け ナットは同じものです。)
⑥金網フィルタを取り付けるときは上記と逆の手順で取り付けてください。
なお,取り付けの際,Oリングにひび割れなどの劣化が認められる場合は,交
換してください。(Oリング部品番号:G9303TQ)
電気加熱式フィルタプローブ
フィルタASSY取付ボルト
(4本)
配管接続コネクタ
Oリング
フィルタASSY
フィルタ締め付けナット
押さえ板
金網フィルタ
ガイド棒
ベース金具
ロックナット
図9-2.EPS
図9.2
9-4
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9.3.2 電気加熱式フィルタプローブの金網フィルタの清掃方法
①加熱した状態で水に付け,付着ダストを剥離させます。
②圧縮空気,加圧水をフィルタ表面,内面より流し洗浄します。
9.3.3 ガスコンディショナフィルタの交換方法
①蝶ボルトを緩め,頭部を容器から抜き出します。
②抜き出したら,締め付けナットを緩め,汚れたコンディショナフィルタを取 り外します。
③新しいコンディショナフィルタ,Oリングと交換し,上記と逆の手順で組み
立ててください。
Oリング
;;;
;;;
締め付けナット
蝶ボルト
コンディショナフィルタ
図9.3
IM 11G4G2-01
9-5
9.3.4 サンプリングモジュールのメンブレンフィルタの交換方法
①インターフェイスモジュールのポンプ(吸引器)スイッチを“OFF”にしてく
ださい。
②サンプリングモジュールの正面にあるメンブレンフィルタのねじ(4個)を取り
外してください。
③フタを取り外したら,内部のOリング(P49 2個)を外してフィルタを交換して
ください。
* メンブレンフィルタには次の2種類があります。
PRIMARY :ガラスろ過フィルタ フィルタ径 0.5μm
FINE :PTFEフィルタ フィルタ径 0.1μm(網目のある
薄いフィルタ)
④きれいな布でケース内側に付着したダストを拭き取ってください。そのとき,
ガス入口側にダストが入り込まないように十分注意してください。
⑤フィルタ交換後,上記と逆の手順で組み立ててください。小さい方のOリング
(P3)も忘れずに装着してください。
⑥Oリングは,6ヶ月に1回程度真空グリースを塗布してください。
⑦取り付けの際は,表面パネルに書いてあるPRIMARY側にガラスろ紙,FINE側
にPTFEフィルタとなるように取り付けてください。
⑧メンブレンフィルタ取り付けねじは,マイナスドライバーなどを用い,十分締
め付けてください。不十分な締め付けはガス漏れの原因になります。
Oリング
(P49)
PRIMARY
FINE
メンブレン
フィルタ
(PRIMARY)
メンブレン
フィルタ
(FINE)
Oリング
(P3)
ねじ
(4本)
図9.4 メンブレンファイルの交換
9-6
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9.3.5 ポンプの弁,ダイヤフラムの交換方法
①インタフェースモジュールのポンプ(吸引器)電源を“OFF ”にし,ポンプに
接続している入口,出口の配管を外してください。
②六角穴付ボルト4本を外すと,キャップAとキャップBが分かれて,弁が外れま
す。
③ダイヤフラムを手で反時計方向に回転させて外してください。
④新しいダイヤフラムを時計方向に止まるまで回転させ,取り付けてください。
(注)取り付けの際,ダイヤフラムがアームロットのねじ部に完全に噛み合っ
ていることを確認してください。
万一噛み合っていないまま使用しますと,不具合発生の原因となります
ので注意してください。 ⑤キャップBに弁を90 °回転させて乗せ,キャップAとキャップBの合いマークの
向きが合っていることを確認してから,六角穴付ボルト4本で締め付けてくださ
い。
(注)複合バルブシートを採用していますので,取り付け時は弁下面のピンを
最初に差し込まれていた穴から,他方の穴に差し替えます。
⑥インタフェースモジュールのポンプ(吸引器)電源を“ON”にするとポンプは
動作します。このとき,異常音がなく,弁が正常に動作している(空気をIN 側から吸い込み,OUT側から吐き出している)ことを手で確認してください。
異常がある場合は,最初から同じ手順でやり直してください。
⑦ポンプが正常に動作することを確認したならば,インタフェースモジュールの
ポンプ(吸引器)電源を“OFF ”にし,配管を元に戻して作業は終了です。
(注)配管を元に戻す時,Rc1/8 ねじ部に急激な力を加えないでください。
六角穴付ボルト
キャップA
RC1/8
弁
キャップB
ダイヤフラム
アームロット
図9.5
IM 11G4G2-01
9-7
9.3.6 電子式ガス冷却器の交換方法
①インタフェースモジュールのポンプ(吸引器)スイッチを“OFF”にしてくだ
さい。
②インタフェースモジュールのサンプリングモジュールスイッチを“OFF”にし
てください。
③サンプリングモジュールの正面の取り付けねじ(4個)を外し,本体を引き出し
てください。
④電子冷却器のコネクタ(2個)と圧着端子を外してください。
⑤電子冷却器の配管,ガス入口,出口(φ6/φ3トアロンチューブ)およびサンプ
リングモジュール下のドレン配管を外してください。
⑥取り付けねじ(4個)を外すと電子冷却器が取り外せます。
⑦取り付けは上記の逆の作業で行なってください。
ガス出入口の配管,ファン用と冷却素子用コネクタの差し間違いに注意してく
ださい。
冷却素子用コネクタ
CN11
ファン用コネクタ
CN10
取付ねじ
(4個)
温調計
電子冷却器
圧着端子
出口配管
入口配管
図9.6
9-8
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9.3.7 電源ヒューズの交換方法
各電源のヒューズが切れた場合は,切れた電源スイッチを“OFF”にし下図のよ
うに交換してください。(ヒューズの形式は,「11.1 標準付属品」項を参照)
保守中
SW7
SW5 SW6
SW3 SW4
SW1 SW2
ヒータ スペースヒータ
グ
蛍光灯 サンプリン
扇 コンセント モヂュール
吸引器 換気
2.0A
2.0A
3.2A
3.2A
O2計 外部
3.2A
2.0A
3.2A
測定中
ON
OFF
ヒューズ
図9.7
9.3.8 固定絞りの交換
①本装置には以下の固定絞りを2種類使用しています。
φ1.0×200mm(茶色) :ポンプ出口からガスコンディショナまで。
φ1.4×750mm(黄色) :サンプリングモジュール電子冷却器ドレン口から
ガスコンディショナまで。
②いずれもトアロンチューブにホースバンドにて固定されていますので,ホース
バンドを外し,固定絞りを交換してください。
ホースバンド
固定絞り
(黄色)
トアロンチューブ
固定絞り
(黄色)
固定絞り
(茶色)
トアロンチューブ
ホースバンド
図9.8
IM 11G4G2-01
9-9
9.4 分析計の保守要領
9.4.1 測定セルの清掃
測定セル内にダストや水滴が入ると,測定セルの内部が汚れてドリフトを起こす
場合があります。汚れているときは清掃が必要です。同時にサンプリング機器,
特にフィルタを点検し,ダスト,ミストなどによりセル内が汚れないようにして
ください。
測定セルの分解組立の方法(図9.9参照)
①測定ガスを止めます。有害なガスが含まれているときは,ゼロガスで測定セル
内を十分パージしてください。
②分析計の電源スイッチを“OFF”にしてください。
③分析計前面パネル右側に接続されている配管を外し,分析部を引き出し,分析
部の上部カバーを外してください。
④測定セルに接続されている配管を測定セルから外します。
⑤赤外線光源ユニット(図9.9のNo.5)を,ベース板に固定されているねじ(図 9.9のNo.1)を緩めてずらし,パイプセル(図9.9のNo.12)との間にすき間を作
ります。
⑥パイプセルを固定しているセル押さえ(図9.9のNo.11)のねじ(図9.9のNo.7)
を緩め外します。
⑦セルを測定部ユニットから取り外し両側の窓(図9.9のNo.14)を回して外して
ください。窓は右ねじになっています。
⑧窓のフッ化カルシウム板は窓ホルダーに,セル内の反射板はセルに接着されて
おり外れません。
⑨組み立ては分解の逆の順序で行なってください。赤外線光源ユニットとセル,
セルと検出器の間は0.5mm程度のすき間を空けて組み立ててください。
9-10
IM 11G4G2-01
9. 保 守
16
7
11
(18)
15
7
(17)
(9)
11
13
14
1
12
10
3
5
10
2
6
8
4
6
図9.9 測定部の構成
名
称
No.
1
ねじ(光源ユニット固定用)
10
支え
2
ねじ(検出器固定用)
11
セル押え
3
ねじ(ベース板固定用)
12
パイプセル
4
ベース板
13
O−リング
5
光源ユニット
14
窓
6
ねじ(支え固定用) 15
検出器
7
ねじ(セル押え固定用)
16
ブリッジ用プリント基板
8
チョッパモータ用コネクタ
(9) フィルタ(0-500/1000ppm COの場合)
IM 11G4G2-01
No.
名
称
(17) ガスフィルタ((9)以外のレンジの場合)
(18) ねじ
9-11
9.4.2 ヒューズの交換方法
(注)ヒューズ交換前に必ず,ヒューズ溶断の原因を修理してから交換を行なっ
てください。
①電源スイッチを切ってください。
②分析部取り付けねじ4箇所を外し,分析部を手前に引き出してください。
③上部カバー取り付けねじを2箇所外してください。
上部カバー取付ねじ(2箇所)
分析部取付ねじ
(4箇所)
INFR
ARED
GAS
ANALYZE
R
POWER
MOD
E
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
電源スイッチ
④上部カバーを後ろ方向にスライドさせてから上方向へ上部カバーを外して
ください。
上部カバー
ARED
GAS
ANALYZE
INFR
R
POWER
MOD
E
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
9-12
IM 11G4G2-01
9. 保 守
⑤ヒューズは,正面から見て手前左隅にあります。
ヒューズホルダのキャップを反時計方向に回転させながら上に引くと キャップとヒューズが外れます。
⑥ヒューズを引き出し,新しいものと交換してください。(ヒューズ: AC250V/0.5A IEC T 遅延タイプ)
⑦ヒューズホルダのキャップを締め,上部カバーを取り外しと逆の手順で 取り付けてください。
⑧分析部をロッカーに入れるときは,レールのロック金具を内側に押して
収納してください。
キャップ
測定部
ヒューズ
INFR
ARED
GAS
ANALYZ
ER
POWER
MODE
ESC
ZER
O
ENT
SPAN
ヒューズ
ホルダ
IM 11G4G2-01
ロック金具
9-13
9.5 ジルコニア酸素センサの保守要領
ソリッドステートリレー
(SSR)
ソリッドステートリレー
+
5
−
1
3
O2計
4
1
2
4
+
5
−
7
8
温度調整器
+1
3
−1
4
O2計
−
5
+
6
大気用電磁弁
(オプション)
温度調整器
ポンプ電源
温度調整器 O2計
6 5
7 8
1 2 3 4 5 6 7
9 10
図9.11
ジルコニア式O2計の交換方法
①インターフェースモジュールのポンプ(吸引器)スイッチを“OFF”にしてく
ださい。
②インターフェースモジュールのO2計スイッチを“OFF”にしてください。
③ジルコニアO2計の配管とポンプの下にある端子台の6,7(電源),9,10(信号 +,−)の端子を外してください。
④O 2計,温度調整器,ソリッドステートリレーのユニットごと取り外してくださ
い。
⑤取り付けは,上記の逆の作業で行ってください。
配線の取り付け間違いにご注意ください。
9-14
IM 11G4G2-01
9. 保 守
9.6 標準ガスボンベ圧力調整器の取付方法
①ガスボンベに取り付けの際はボンベの口金部分の清掃を完全に行ってくださ い。圧力調整器内にゴミなどが入りますとガス漏れの原因になります。
②ボンベ取り付けナット内のパッキンが挿入されていなかったり,傷んでいると
きは付属の予備パッキンと交換してください。
③サイズの合ったスパナを使用し,ボンベ取り付けナットをガスボンベに確実に
締め付けてください。また,出口側には付属の継手を取り付け,「1.3 サンプ
リング系統図」の通り配管してください。
④圧力調整ハンドルを緩めたあと,出口側ハンドルを締めてください。
⑤ガスボンベのバルブを開きますと,圧力調整器内にガスが流れ,高圧側圧力計
にガスボンベの圧力が指示されます。
⑥次に圧力調整ハンドルを時計回りに回し,2次圧を上げます。低圧側圧力計を 見ながら30kPaに調整してください。
⑦出口側ハンドルを開けるとガスが放出されます。
口金
高圧側圧力計
低圧側圧力計
圧力調整ハンドル
パッキン
ボンベ取付ナット
圧力調整器
ガスボンベ
R1/4継手
出口側ハンドル
図9.12 IM 11G4G2-01
9-15
9.7 気密試験
長時間経って運転を再開する場合は,次の要領で気密試験を行ってください。
(1)盤内配管
①ガスコンディショナのドレン口を封止します。
②標準ガスをガスコンディショナのサンプルガス入口に接続します。
③ガスコンディショナ空気吸引管のビニールチューブを垂直にし,水位(図
9.13)を確認します。
④標準ガスを徐々に流し,約2kPa加圧後,圧力調整器のニードル弁を閉じま
す。
⑤ビニールチューブの水位を確認し,水位が約2kPa上昇(図9.14)している
か確認します。
入口
空気吸入管
加圧時
加圧
空気吸入管
約2kPa(約200mm)
排気・
ドレン出口封止
排気・
ドレン出口封止
図9.13 図9.14
⑥1分間そのままで保持し,水位に変化がないことを確認してください。
⑦リーク部の特定の際には,接続部の石鹸水によるチェックを実施してくだ
さい。
(2)盤外配管
配管継手の絞まり具合を十分にチェックしてください。必要に応じてフィル
タプローブ出口側より圧力をかけ,上記「(1)盤内配管」と同様にガスコン
ディショナ空気吸引管の水位を確認してください。
(注)気密不良であれば,各部ごとにテストを行って不良箇所を見つけ,気
密を完全にしてください。気密不良箇所がポンプ前の場合は,ガス導
管中に空気が入り込み指示低下の原因となります。
9-16
IM 11G4G2-01
10. トラブルシュート
10. トラブルシュート
注 意
取扱説明書を見ても判断できない故障の場合,
必ず当社営業もしくはサービスマンに連絡
ください。不用意に分解すると,
感電,
ケガの恐れがあります。
IM 11G4G2-01
10-1
10.1 装置のトラブルシュート
現 象
対象項目
点検事項
処理方法
フィルタ
試料ガス流量
の低下
フィルタプローブのフィルタ
ガスコンディショナフィルタ
メンブレンフィルタ
各フィルタに詰りが生じていないか フィルタの清掃または交換
ポンプ
ポンプが正常に吸引しているか
清掃またはダイヤフラム,弁など
の部品交換
異常音,異常振動の有無
ねじの締め付けまたはポンプ交換
冷却器の動作は正常か
交換
電子式ガス冷却器
冷却部温度,ガス流路の詰り
バブリング
流量の増加
指示値が異常
に異なる
指示値が予想
と異なる
指示が振れ
ない
10-2
ガスコンディショナ
コンディショナ下部の水位が減水
していないか
注水,固定絞りの点検
ガス漏れ
ポンプ以後の導管途中,継手部品
のガス漏れの有無
増締め,部品交換
流量計
流量計にドレンやダストの付着が
ないか,ニードル弁調整
調整
導管,固定絞り
導管途中の折れ,詰りの有無
交換
固定絞り
固定絞りの詰り
交換
導管
継手部の外れ
正規に接続
ガス漏れ
ガスコンディショナフィルタ,
導管,
継手
など、
ポンプ以前のガス漏れの有無
増締め,部品交換
ポンプ
ポンプが正常に動作し,試料ガス
流量が設定流量,流れているか
ガスコンディショナ
水量が規定通りあるか
水補給
空気吸引はないか
フィルタプローブのフィルタ点検
ガスの溶解
導管途中にドレンが溜まっていな
いか
清掃またはドレンが溜まらないよ
う傾斜配管をする
ガス漏れ
ポンプ以前のガス漏れの有無
増締め,部品交換
測定レンジ
正しいレンジが選択されているか
正しいレンジに切り換える
ゼロ,スパン
標準ガスによりゼロ,スパンを調
べる
正しくゼロ,スパンを調整する
セル窓
くもりはないか
清掃
電源,ヒューズ
電源電圧およびヒューズを点検
ヒューズ交換
・ポンプの清掃またはダイヤフラム,
弁などの部品交換
・試料ガス流量の調整
IM 11G4G2-01
10. トラブルシュート
10.2 分析計のトラブルシュート
分析計エラーメッセージ
下記の内容で分析部のエラーが発生します。
エラー表示
エラー内容
考えられる要因
Error No.1
ガス濃度検出信号が出ていない
・赤外線光源の不良
・セクターモータの回転不良または停止
・アンプ回路の故障
Error No.2
検出器不良
・検出器電源の不良
・検出器の故障
・アンプ回路の故障
Error No.3
A/D変換信号不良
・A/D変換およびディジタル部回路の故障
Error No.4
ゼロ校正が校正可能範囲外
Error No.5
ゼロ校正量(表示している値)
がフルスケールの50%以上
・ゼロガスが流れていない
・セルの汚れなどでゼロ点が大きくずれた
・検出器感度の低下
Error No.6
スパン校正が校正可能範囲外
Error No.7
スパン校正量(表示している値と
校正濃度値の差)がフルスケール
の50%以上
・スパンガスが流れていない
・校正濃度設定がボンベガス濃度にあっていない
・ゼロ校正を正常に行っていない
・セルの汚れなどでスパンが大きくずれた
・検出器感度の低下
Error No.8
ゼロ,スパン校正時測定値の変動
が大きすぎる
・校正ガスが流れていない
・校正ガスを流す時間が短い
Error No.9
自動校正中,校正異常
・自動校正中にError No.4∼No.8に相当するエラー
が発生した
Error No.10
出力線結線不良
・分析計−インターフェースモジュール間の配線が
外れている
・分析計−インターフェースモジュール間の配線の
断線
Error No.1∼No.3 が発生した場合,計器異常出力接点が閉となります。
Error No.4∼No.9 が発生した場合,校正異常出力接点が閉となります。
<エラー発生時の画面表示および操作>
Error No.1∼No.4,No.6,No.8∼No.10 の場合
測定画面
CH
1
CH
2
エラー内容表示
Error No.2
CO
0-200
O2
0-25
Error No.2
0.3
ppm
21.00
vol%
ケンシュツキフリョウ
ソクテイガメンニモドル.ESC
ENT
ESC
ヨウイン
・ケンシュツキデンゲンノフリョウ
・ケンシュツキノコショウ
ESC
・ キーを押すとエラー表示は
・アンプカイロノコショウ
消えます。複数のエラーが発生
したときは1つずつ消えます。
ESC
・ キーを押してもエラー発生
要因が取り除かれていなければ
再びエラー表示します。
IM 11G4G2-01
・複数のエラーが発生している場合は, キーで
他のエラー内容表示になります。
10-3
Error No.5,No.7 の場合
シュドウコウセイ
C H 1
C O
C H 2
O 2
セイブンヲキリカエルトキハウエキーカシタ
キーヲオシテクダサイ
コウセイスルバアイハENTキーヲオスト
コウセイガスガナガレマス
Error No.5
ENT
Error No.5
ゼロコウセイ コウセイカノウハンイガイ
コウセイヲツヅケル ENT
コウセイチュウシシソクテイガメン
ニモドル ESC
ヨウイン
・ケンシュツキデンゲンノフリョウ
・ケンシュツキノコショウ
・アンプカイロノコショウ
ESC
・ キーを押すとエラー表示は消えます。
ESC
ENT
校正動作を続けます。他の校正エラーに
かからなければ校正を実行,終了し測定
画面に戻ります。
CH
1
CH
2
CO
0-200
O2
0-25
0.0
ppm
0.00
vol%
エラーログファイル
エラーが発生するとエラーログファイルにその履歴を残します。エラーログファ
イルはメンテナンスモードの中にあります。
<エラーログ画面>
エラー発生曜日および時間
エラーログ
マエノガメンニモドル :ESC
[エラーログノクリア] :ENT
エラー発生対象成分
Error No.5
THR 16 : 36
Error No.3
THR 11 : 21
CO
新しい
発生エラー
古い
エラーログクリア
*エラー履歴は最大8ヶまで残ります。それ以上の場合,新しいエラーが1つ発生
すると古いエラーを1つ消します。
*エラーログの内容は電源を切っても保存されます。
<エラー履歴の消去>
上記画面で ENT キーを押し「エラーログクリア」を反転させ,更にキーを押すと
エラー履歴は消去されます。
10-4
IM 11G4G2-01
11. 標準付属品,予備品/消耗品
11. 標準付属品,予備品/消耗品
注 意
・交換部品は,
メーカ指定品以外は使用しないでください。性能が十分に発揮されないばかりか,
事故や故障の原因になります。
・保守部品などの交換部品は,
不燃物として処理してください。
IM 11G4G2-01
11-1
11.1 標準付属品
数 量
NO.
品 名
形式または
部品番号
1
メンブレンフィルタろ紙
K9219BA
2
2
FINE
0.1µm
2
メンブレンフィルタろ紙
K9219BB
2
2
PRIMARY
0.5µm
3
ヒューズ(装置スイッチ用)
K9350VN
2
2
2A
4
ヒューズ(装置スイッチ用)
K9350VP
2
2
3.2A
5
継手
K9219BC
3
2
R1/4-φ6
6
ホースバンド
K9350XE
18
12
7
トアロンチューブ
K9219BE
1
1
0.3m φ9/ φ5
8
ポリエチレンチューブ
K9219BF
1
1
5m φ6/ φ4
9
固定絞り
K9219BR
3
2
30kPa 0.6 l/min
10
アンカーボルト
K9350ZA
4
4
ロッカ据付用
11
水入れびん
K9219BG
1
1
ガスコンディショナ用
12
取扱説明書
IM 11G4G2-01
1
1
11-2
標準ガス 標準ガス
3本使用 2本使用
備 考
用 途
サンプリングモジュール用
インターフェースモジュール用
標準ガスボンベ用
和文
IM 11G4G2-01
11. 標準付属品,予備品/消耗品
11.2 1年分予備品
形式:K9219CA(フィルタプローブなしの場合)
K9219CB(フィルタプローブ使用の場合)
形式または
部品番号
数 量
NO.
品 名
1
メンブレンフィルタろ紙
K9219BJ
1
1
2
メンブレンフィルタろ紙
K9219BA
2
2
0.1μm
サンプリングモジュール用
3
メンブレンフィルタ用Oリング
K9350MG
2
2
P49
サンプリングモジュール用
4
メンブレンフィルタ用Oリング
K9219BK
2
2
P3
サンプリングモジュール用
5
ヒューズ
K9350VN
3
3
2A
インターフェースモジュール用
6
ヒューズ
K9350VP
4
4
3.2A
インターフェースモジュール用
7
ガスコンディショナ用フィルタ
K9350MH
2
2
8
ガスコンディショナ用Oリング
K9350MF
2
2
9
ポンプ用ダイヤフラム
K9350GE
1
1
ポンプ用
10 ポンプ用弁
K9350GF
1
1
ポンプ用
11 固定絞り
K9219BM
1
1
φ1
サンプリング配管用
12 固定絞り
K9219BN
1
1
φ1.4
サンプリング配管用
13 フィルタプローブ用Oリング
G9303EM
1
G80
フィルタプローブ用
14 フィルタプローブ用Oリング
G9303TQ
2
P48
フィルタプローブ用
15 フィルタプローブ用金鋼フィルタ
K9718RX
1
フィルタ
フィルタ
プローブ無 プローブ付
備 考
用 途
0.5μm,25枚入 サンプリングモジュール用
ガスコンディショナ用
G65
ガスコンディショナ用
フィルタプローブ用
IM 11G4G2-01
11-3
◆ 取扱説明書
改版履歴
資料名称:SG400 ダイオキシン類発生防止対策用 CO/O2ガス分析装置
資料番号:IM 11G4G2-01
版
初版
2版
改版日付
1998年5月
2003年4月
変更箇所
新規発行
全面見直し
User's
Manual
補 遺 票
SG400
ダイオキシン類発生防止対策用
CO/O2ガス分析装置
この度は,「SG400 ダイオキシン類発生防止対策用 CO/O2ガス分析装置」をご採用いただき,誠にありがとうございます。
製品に添付いたしました取扱説明書(IM 11G4G2-01 2版)の一部に誤りがありましたので,訂正された内容を,下記に示します。訂
正された下記ページをお差し換えの上,ご使用頂きたくお願い申し上げます。
<記>
ページと内容(※☆,★:補遺票4版以前に記載,○:補遺票5版に記載,◎:補遺票6版に記載)
☆ page 1-1本文,およびpage 1-6 MSコードの(注5
記録計␮R1000販売終了にともなって,関連記述の変更
★ page 4-8
「(2)ターミネーション・キット側」の2項を一部変更(次ページ参照)
★ page 11-2
11.2 標準付属品
No.5の品名・部品番号・備考,およびNo.6の品名・部品番号を変更(下表を参照)
○ page 11-2
11.2 標準付属品
No.6の数量を変更
◎page 11-2
11.2 標準付属品
No.9 品名「固定絞り」を削除
数 量
NO.
品 名
形式または
部品番号
1
メンブレンフィルタろ紙
K9219BA
2
2
FINE
0.1␮m
2
メンブレンフィルタろ紙
K9219BB
2
2
PRIMARY
0.5␮m
3
ヒューズ(装置スイッチ用)
K9350VN
2
2
2A
4
ヒューズ(装置スイッチ用)
K9350VP
2
2
3.2A
5
継手(接続ガス用)
K9219LA
3
2
R1/4-φ7
6
ホースバンド
(標準ガスボンベ固定用)
K9219LB
12
8
7
トアロンチューブ
K9219BE
1
1
0.3m φ9/ φ5
8
ポリエチレンチューブ
K9219BF
1
1
5m φ6/ φ4
10
アンカーボルト
K9350ZA
4
4
ロッカ据付用
11
水入れびん
K9219BG
1
1
ガスコンディショナ用
12
取扱説明書
IM 11G4G2-01
1
1
標準ガス 標準ガス
3本使用 2本使用
備 考
用 途
サンプリングモジュール用
インターフェースモジュール用
標準ガスボンベ用
和文
© Copyright 2004. 6th Editon : Mar.13, 2008 (YK)
IM 11G4G2-01
2 版
(2)ターミネーションキット側
1
2
3
4
7
8 9 10 11
5
6
Wire treat p46-1.eps
1. PVCカバー,保温材を外します。
※外す長さ:(200+L)mm
L=インプットパワー・キットから
プロセス管接続部までの距離
3. グランドナット(1),シーリング・ブッシュ
(2)をバンドルに通した後、バンドル端部保護
のためにエンド・シーラントを塗ります。
Wire treat p46-2.eps
2. 均熱テープを外し、ヒータ線をPVCカバー
端から約80mmの長さでカットした後、
ヒータ線を圧着.スリーブで端末処理し、
ヒータ線間、および接地.間を耐熱テープで
絶縁してください。
4. プロセス管,バンドルの順にをコネクション
ボックス(4)に挿入します。
Wire treat p46-3eps
Wire treat p46-4.eps
5. バンドル側およびプロセス管側の締め金具(1)∼(3),
(7)∼(11)を取付けて、ガスケット(5)および
カバー(6)をビスで取付けて完成です。
IM 11G4G2-01 2/2
2 版
© Copyright 2004. 6th Editon : Mar. 13, 2008 (YK)
1.仕 様
1.
仕様
1.1
標準仕様
測定原理:CO;非分散赤外線式(NDIR)
O2 ;ジルコニア式
測定成分および測定範囲:CO; 0∼200/500ppm,0∼200/1000ppm,
0∼500/1000ppm,0∼500/2000ppm O2 ; 0∼25vol % 暖機時間:電源投入後4時間以内
出力信号:各4-20mA DC;CO瞬時値, O2 瞬時値, O2 換算CO瞬時値,
O2 換算CO 1時間移動平均値,
O2 換算CO 4時間移動平均値(平均時間可変)
(非絶縁,または絶縁は形名コードから指定)
時間設定;1∼59分(1分単位)または1∼4時間(1時間単位)
許容負荷抵抗;550Ω以下
接点出力:1a無電圧接点(接点容量250V AC 2A,30V DC 3A)
ピークカウントアラーム,CO瞬時値上限アラーム,
自動校正中および保守中,校正異常,分析部異常,レンジ識別
接点入力:無電圧接点(ON/0V,OFF/5V DC,ON時電流 5mA)
自動校正リモートスタート(1.5秒幅以上),リモートレンジ切換
リモート平均値リセット(1.5秒幅以上)
表示 :バックライト付LCD表示;CO瞬時値,O2瞬時値,O2換算CO瞬時値
O2換算CO平均値(1時間および4時間(平均
時間可変)平均値),ピークカウント値,
パラメータ設定表示(カタカナ表示)
記録計(形名コードから指定)
:100mm幅6打点記録計(当社品形式 μR10000)取付可能
GS 04P01B01-01参照
フィルタプローブ:電気加熱式(フィルタ内蔵)
・20μm-SUS304金網フィルタ
・SUS316(長さ300,400,600,700mm)
・フランジ JIS 5K-80(SUS304)
・質量 約11kg
・電源電圧;100V±10V AC
・消費電力;300VA
IM 11G4G2-01
1-1
1.仕 様
1.2
形名およびコード
形 名
基本仕様コード
SG400
測定レンジ
仕 様
CO/O2ガス分析装置
-A
-B
-C
-D
電源
0-200/500 ppmCO 0-25%O2
0-200/1000 ppmCO 0-25%O2
0-500/1000 ppmCO 0-25%O2
0-500/2000 ppmCO 0-25%O2
5
6
ロッカ構造
100V AC, 50Hz
100V AC, 60Hz
A
B
C
D
サンプリング点
ガス圧力
屋内形
屋外形
屋内形設置場所-5℃以下(-10℃まで)
屋外形設置場所-5℃以下(-10℃まで)
-2
外部
ドレンセパレータ
-3 ∼ +3kPa(注1)
N
A
記録計(注5)
なし
付(注2)
-NN
-C1
-C2
絶縁出力
なし
6打点記録計,記録計別途手配(出力項目:注5)
6打点記録計,記録計別途手配(出力項目:注5)
0
1
計量法検定
非絶縁出力
絶縁出力
N
1
標準ガス
(3.4 ᐉ)(注6)
なし
あり
3.4ᐉボンベ3本(Air,O2/N2,CO/N2)客先用意,内蔵スペースあり
3.4ᐉボンベ2本(O2/N2,CO/N2)客先用意,内蔵スペースあり
検定なしの場合のみ選択可能( 注3)
-1
-2
フィルタプローブ
プローブ挿入長
N
A
なし(注4)
電気加熱式フィルタプローブ
N
A
B
C
D
フィルタプローブなし
300mm
400mm
600mm
700mm
N
A
B
C
D
E
F
G
H
J
K
L
ガス導管種類
なし
φ10/φ8テフロンチューブ 5m
φ10/φ8テフロンチューブ 10m
φ10/φ8テフロンチューブ 15m
φ10/φ8テフロンチューブ 20m
φ10/φ8テフロンチューブ 25m
φ10/φ8テフロンチューブ 30m
加熱導管 10m 導管周囲
加熱導管 15m 温度-5℃以下
加熱導管 20m の場合指定(-10℃まで)
加熱導管 25m
加熱導管 30m
(注1)・サンプリング点ガス圧が−3∼+3kPaの範囲を超える場合,当社へご連絡ください。
(注2)・ガスサンプリング点と本体ガス入口までのガス導管の傾斜が,下方へ15°未満の場合に指定してください。
(注3)・ゼロガスに大気エアを使用する場合ご指定ください。
(注4)・電気加熱式フィルタプローブ(フィルタメッシュ20μm)をお持ちの場合のみ,ご指定ください。
(注5)・6打点記録計(μR10000形名4361 06)は,営業にて手配してください。工場では,下表内容にて配線して出荷
いたします。仕様に応じC1,C2のいずれかを選定ください。
出力項目
C1
C2
O2換算CO
瞬時値
CO瞬時値
O2瞬時値
1ch
2ch
3ch
1ch
2ch
3ch
O2換算CO
4時間平均値
燃焼温度
集塵器室温度
4ch
×
5ch
6ch
×
4ch
5ch
6ch
O2換算CO
1時間平均値
(注6)・納入時,検定なしをご利用でも将来的に検定をご計画の場合はゼロガスとしてAirボンベが必要となりますので,
T02-2.EPS
「-1」をご指定ください。
1-6
IM 11G4G2-01
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement