取扱説明書(PDF 688KB)

取扱説明書(PDF 688KB)
東芝CCDカラーカメラ
取扱説明書
保証書付
形名
IK-647
IK-647NP
このたびは東芝C C D カラーカメラをお買いあげいただきまして、まことにありが
とうございます。
お求めのカメラを安全に正しく使っていただくために、お使いになる前にこの「取
扱説明書」をよくお読みください。お読みになった後はいつでも手元においてご使
用ください。
ホームページに最新の商品や周辺機器情報などを掲載しておりますので、
ご参照ください。
■ http://www.toshiba.co.jp/g_camera/
上記アドレスは予告なく変更される場合があります。
このような場合はお手数ですが、
東芝総合ホームページ
(http://www.toshiba.co.jp/)
をご参照ください。
目 次
安全上のご注意 ...................................................................................................................................... 3
1.使用・設置上のお願い ................................................................................................................. 7
2.構成 .................................................................................................................................................. 7
3.各部の名前と働き ......................................................................................................................... 8
4.カメラの接続及び操作のしかた ................................................................................................. 12
5.レンズ調整のしかた ..................................................................................................................... 12
6.DAY/NIGHT(デイナイト)機能 ................................................................................ 14
7.WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能 ............................................................................ 14
8.ホワイトバランス ......................................................................................................................... 15
9.音声出力 .......................................................................................................................................... 15
10.外部同期制御 .............................................................................................................................. 16
11.RS−232C端子 ................................................................................................................. 17
12.外部制御端子 .............................................................................................................................. 17
13.画面表示によるモード設定(OSDメニューの操作方法)............................................. 18
14.スペシャルメニューによる設定 ............................................................................................ 37
15.最大ケーブル長(IK−647NP).................................................................................. 46
16.故障かな?!と思われたとき ................................................................................................. 48
17.保証とアフターサービス ......................................................................................................... 49
18.仕様 .............................................................................................................................................. 50
19.CHARA文字テーブル一覧表 ............................................................................................ 51
20.外観図 .......................................................................................................................................... 53
– 2 –
安全上のご注意
ご使用の前に、この安全上のご注意をよくお読みのうえ、正しくお使いください。
この取扱説明書には、お使いになるかたや他の人への危害と財産の損害を未然に防ぎ、安全に
正しくお使いいただくために、重要な内容を記載しています。
次の内容(表示、図記号)をよく理解してから本文をお読みになり、記載事項をお守りください。
[表示の説明]
表 示
表 示 の 意 味
*1
警告
“取り扱いを誤った場合、使用者が死亡、または重傷を負うことが想定され
ること”を示します。
*2
注意
“取り扱いを誤った場合、使用者が傷害を負うことが想定されるか、または
*3
物的損害の発生が想定されること”を示します。
* 1 : 重傷とは、失明やけが、やけど(高温・低温)、感電、骨折、中毒などで、後遺症
が残るもの、および治療に入院・長期の通院を要するものをさします。
* 2 : 傷害とは、治療に入院や長期の通院を要さない、けが・やけど・感電などをさし
ます。
* 3 : 物的損害とは、家屋・家財および家畜・ペットなどにかかわる拡大損害をさします。
[図記号の説明]
図 記 号
禁 止
指 示
図 記 号 の 意 味
“ ”は、禁止(してはいけないこと)を示します。
具体的な禁止内容は、図記号の中や近くに絵や文章で示します。
“ ”は、指示する行為の強制(必ずすること)を示します。
具体的な指示内容は、図記号の中や近くに絵や文章で示します。
– 3 –
警 告
電源プラグ
を抜け
■ 異常や故障のときは、すぐ使用をやめること
煙が出る、こげくさい、落として破損した、内部に水や異物が入ったな
どの、異常状態で使用すると、火災・感電の原因となります。すぐに電
源プラグをコンセントから抜き、販売店にご連絡ください。
■ 風呂、シャワー室には置かないこと
水場禁止
火災・感電の原因となります。
■ 水がかかる場所で使用しないこと
水ぬれ禁止
火災・感電の原因となります。
■ 修理・分解・改造はしないこと
分解禁止
火災・感電の原因となります。
内部の修理・点検・清掃は販売店にご依頼ください。
■ 指定された電源を使用すること
指 示
指定された電源以外では、火災・感電の原因となります。4項「カメラ
の接続及び操作のしかた」を参照してください。
■ 本機の上に物を置かないこと
禁 止
金属類や液体など、異物が内部に入った場合、火災・感電の原因となり
ます。
■ 不安定な場所、傾いた所、振動のある所に置かないこと
禁 止
落ちたり倒れたりして、けがの原因となります。
■ 電源コードは、
禁 止
・傷つけたり、延長するなど加工したり、加熱したりしないこと
・引っ張ったり、重い物を載せたり、はさんだりしないこと
・無理に曲げたり、ねじったり、束ねたりしないこと
守らないと、電源コードが破損し、火災・感電の原因となります。
もし、電源コードが傷んだ場合は、お買い上げの販売店に交換をご依頼
ください。
指 示
■ 電源プラグの刃や刃の取り付け面にゴミやほこりが付着している場合
は、電源プラグを抜きゴミやほこりをとること
電源プラグの絶縁低下により、火災の原因となります。
■ 雷が鳴り出したら、カメラ、電源プラグ、接続コードに触れないこと
接触禁止
感電の原因となります。
– 4 –
注 意
■ 設置の際は次のことを守ること
指 示
・逆さま、あおむけ、横倒しにしない
・テーブルクロスなどを掛けない
・じゅうたんや布団などの上に置かない
・熱のこもりやすい狭い場所に押し込まない
内部に熱がこもり、火災の原因となることがあります。
■ 直射日光の当たる場所や温度の高い場所に置かないこと
禁 止
内部の温度が上がり、火災の原因となることがあります。
■ 湿気・油煙・湯気・ほこりの多い場所に置かないこと
禁 止
禁 止
火災・感電の原因となることがあります。
■ レンズで太陽を見ないこと
レンズを太陽光など強い光が当たる場所に置かないこと
光が焦点に集まり、目を痛めたり、火災の原因となることがあります。
■ 濡れた手で電源プラグを抜き差ししないこと
濡れ手禁止
指 示
感電の原因となることがあります。
■ 定期的(おおむね5年に1度)に点検・内部清掃を販売店にご依頼くだ
さい
内部にほこりがたまると、火災・故障の原因となることがあります。
点検・清掃費用については販売店にお尋ねください。
– 5 –
免責事項について
● 地震、火災、第三者による行為、その他事故、お客様の故意または過失、誤用、その他異常
な条件下での使用により生じた損害に関して、当社は一切責任を負いません。
● 本製品の使用または使用不能から生ずる付随的な損害(事業利益の損失・事業の中断・記憶
内容の変化・消失など)に関して、当社は一切責任を負いません。
● 取扱説明書の記載内容を守らないことにより生じた損害に関しては、当社は一切責任を負い
ません。
● 当社が関与しない接続機器、ソフトウエアとの組み合わせによる誤動作等から生じた損害に
関して、当社は一切責任を負いません。
● お客様ご自身又は権限のない第三者が修理・改造を行った場合に生じた損害に関して、当社
は一切責任を負いません。
● 本製品に関し、いかなる場合も当社の費用負担は本製品の個品価格以内とします。
著作権についてのご注意
お客様が監視カメラで記録した画像を権利者に無断で使用、開示、頒布または展示等を行うと
著作権法等に抵触する場合があります。なお、実演や興行、展示物などの中には、監視などの
目的であっても、撮影を制限している場合がありますのでご注意ください。また、著作権の対
象となっている画像やファイルの伝送は、著作権法で許容された範囲内でのご使用に限られま
すのでご注意ください。
– 6 –
1. 使用・設置上のお願い
● 取扱はていねいに
落下させたり強い衝撃や振動を与えないでください。故障の原因になります。また、接続ケー
ブルは乱暴に取り扱わないでください。ケーブル断線の恐れがあります。
● 強い光を撮らないで
*1
*2
画面の一部分にスポット光のような強い光があたるとブルーミング、スミアを生じることが
ありますのでさけてください。強い光が入った場合、画面に縦縞が現れることがありますが
故障ではありません。また、被写体の近くに強い光があった場合にゴーストが発生すること
があります。このような場合は撮影の角度をかえてください。
● 画面ノイズの入らない場所に
カメラ設置、ケーブル類の配線に際し、電灯線やテレビ受像器、PC 関連機器が近くにある
場合、画面ノイズが入ることがあります。そのときは位置や配線をかえてください。また、
携帯電話などの電波を発信する機器を接近させたり、
それらの機器の中継アンテナ付近に設
置すると画面にノイズが入ることがあります。
● モアレの発生
細かい縞模様を撮ると実際にはない縞模様(モアレ)が干渉ジマとして現れることがありま
すが、故障ではありません。
● 使用周囲温度・湿度は
使用周囲温度範囲は− 10℃∼+ 50℃、湿度は 30%∼ 90%です。この範囲外でのご使用は、
画質の低下や内部の部品に悪い影響を与えます。このような場所でのご使用は、さけてくだ
さい。
● 高温多湿な場所での使用には十分ご注意ください。高温で長時間連続使用すると部品の劣化
により寿命が短くなります。40℃以下の温度条件でご使用することをお薦めします。
● 屋外使用は保温カメラケースへ実装
屋外使用の場合は必ずカメラケースへ実装し、ヒータ等を用いて保温を実施ください。ヒータ
容量は設置場所に応じて決定されます。
(目安として寒冷地以外は約40W程度でサーモスタッ
トによる温度コントロールを設置してください)詳細は最寄りの販売店へご相談ください。
● 長時間ご使用にならないときは
安全のために電源の供給を停止しておいてください。
● お手入れの際は
電源を切って乾いた布で拭いてください。ほこりがとれにくいときは、うすめた中性洗剤を
布に染み込ませて軽く拭いてください。シンナー、ベンジンおよび殺虫剤など揮発性の物を
かけないでください。塗装や表示がはげたり、変質することがあります。レンズの清掃は、
レンズクリーニングペーパーなどで行ってください。
* 1 : ブルーミングとは、強い光の周辺がにじむ現象です。
* 2 : スミアとは、強い光の上下に縦縞が発生する現象です。
2. 構 成
(1)カメラ本体 ........................................................................... 1
(2)付属品
(a)取扱説明書 ...................................................................... 1
– 7 –
3. 各部の名前と働き
[前面]
1 撮像部
2 内蔵マイク
POWER ランプ 3
[背面]
4 LEFT ボタン
VIDEO
U
VIDEO 端子 Å
EXT. SYNC 端子 Ç
(IK-647)
モニタ端子
(IK-647NP)
MENU
SETUP
L
DAY/NIGHT
R
IRIS
D
EE
DC
IN
6 UP ボタン
8 CENTER ボタン
5 RIGHT ボタン
7 DOWN ボタン
9 アイリススイッチ
GND
RS232C
外部制御端子 Ä
電源コード r
(IK-647)
É RS-232C 端子
– 8 –
① 撮像部
撮像素子が取り付けてあります。ゴミ、ほこり、指紋などがつかな
いようにご注意ください。
② 内蔵マイク
無指向性マイクが内蔵されています。
③ POWER ランプ
電源が正しく供給されているときに点灯します。
④ LEFT ボタン
メニューのカーソルを左へ移動します。
⑤ RIGHT ボタン
メニューのカーソルを右へ移動します。
⑥ UP ボタン
メニューのカーソルを上へ移動します。
⑦ DOWN ボタン
メニューのカーソルを下へ移動します。
⑧ CENTER ボタン
メニューの開始、終了をします。
メニューの項目およびデータの決定をします。
⑨ アイリススイッチ
使用するレンズ(DC/EE)に合わせて切換えます。
⑩ 外部制御端子
DAY/NIGHT(デイナイト)制御を外部から行うときに接続します。
⑪ VIDEO 端子
・ 映像の出力端子でビデオモニタや VTR 等の映像入力端子に接続
します。
(IK-647)
・ NP 電源アダプタに接続します。電源が入力されると同時に映像
が出力されます。(IK-647NP)
⑫ EXT.SYNC 端子
外部から同期をかけるときに接続します。
(IK-647)
モニタ端子
映像の出力端子です。ビデオモニタ等に接続します。
(配線工事用)
(IK-647NP)
⑬ RS-232C 端子
RS-232C により機能の制御を行うときに使用します。
RS-232C をご使用になる場合は、最寄りの販売店にご相談くだ
さい。
⑭ 電源コード
電源 AC100V を接続します。(IK-647)
– 9 –
[上面]
t バックフォーカス調整リング
y 調整リング固定用ネジ
u レンズマウント
i ストッパ穴、三脚取付穴
[側面]
CCD COLOR CAMERA
Digital
DAY NIGHT
IRIS
IRIS 端子 (4P) o
[底面]
; ストッパ穴、
三脚取付穴
– 10 –
⑮ バックフォーカス
調整リング
レンズのバックフォーカスを調整します。
⑯ 調整リング
固定用ネジ
バックフォーカス調整リングを固定します。
⑰ レンズマウント
CS マウントレンズを取り付けます。
⑱ ストッパ穴 ,
三脚取付穴
カメラの上面を三脚に固定する時に使用します。
⑲ IRIS 端子
自動絞りレンズを使用する時に接続します。
⑳ ストッパ穴 ,
三脚取付穴
カメラの底面を三脚に固定する時に使用します。
お願い
・ カメラを三脚に固定する際は、三脚のストッパとカメラのストッパ穴がずれない
ように固定してください。
・ 三脚ネジは、カメラ内部に入る寸法が 6mm 以下のものをお使いください。
– 11 –
4. カメラの接続及び操作のしかた
ビデオモニタ
IK-647NP
VIDEO端子
カメラ本体
レンズ
75Ω同軸
ケーブル
専用電源装置
(18項参照)
VIDEO端子
75Ω同軸
ケーブル
AC100V
ビデオモニタ
IK-647
VIDEO端子
カメラ本体
レンズ
75Ω同軸
ケーブル
AC100V
AC100V
お願い
・ 取り付け工事の際、必ず各機器の電源プラグは抜いておいてください。
・ ビデオモニタ等との接続には 75 Ωの同軸ケーブルが必要です。
(1) カメラ本体にレンズを取り付けます。使用可能なレンズは5項の「レンズ調整のしか
た」をご参照ください。
(2)・ VIDEO 端子から同軸ケーブルでビデオモニタ等の映像入力端子に接続します。
(IK-647)
・ VIDEO端子から専用電源装置を介して同軸ケーブルでビデオモニタ等の映像入力
端子に接続します。ケーブルの最大延長距離は、5C-2V ケーブル使用時で最大
250m(デイナイト機能を使わない場合は 400m)です。複数台のカメラを接続で
きるマルチプレクサの場合は、そのトータルケーブル長を 15 項の「最大ケーブル
長(IK-647NP)
」に従ってご使用ください。
(3) 各機器を接続してカメラの電源(IK-647)又は、各機器の電源(IK-647NP)を入れ
ます。
(4) 5 項を参照してレンズを調整し、最良の画像が得られるようにします。
・ IK-647NPは配線工事時にモニタ端子よりビデオモニタ等で直接画像の確認ができ
ます。
5. レンズ調整のしかた
5.1 使用可能なレンズ
CSマウントレンズは、マウント座面からの突出寸法が
4 mm以下のものをご使用ください。
CSマウント
4mm 以下
お願い
・ ズームレンズ等、400g 以上のレンズを使用する場合は荷重負担による破損を防
止するために、カメラ本体のみでなくレンズ側でも保持してください。
・ 別売の CS-C 変換アダプター(JK-ADP-CS)を付けることによりCマウントレ
ンズを使用することもできます。
(この場合、画角が変わります。
)
– 12 –
5.2 アイリス調整のしかた
5.2.1 自動絞りレンズ
アイリスアンプ無しレンズ(DC)及びアイリスアンプ内蔵レンズ(EE)/(VIDEO)を使
用する場合は、カメラ本体側面の 4P 端子にレンズの 4P アイリスコネクタ(中央無線製:
E4-191J-100)を接続して、レンズに合わせてカメラ本体の背面にあるアイリススイッチ
を切換えます。
(出荷時:DC)
DC レンズの場合は適正な露出(画面の明るさ)が得られるように OSD メニューの ALC の
設定を調整します。操作方法は13項の「画面表示によるモード設定」を参照してください。
EE(VIDEO)レンズの場合はレンズ側で調整します。
VIDEO
U
MENU
SETUP
L
R
EXT. SYNC
DAY/NIGHT
IRIS
D
EE
DC
IN
GND
RS232C
AC 100V
アイリス
スイッチ
接続
1
3
2
4
レンズ側
E E レンズ
D C レンズ
E E 用電源
+ 9 V(最大5 0 m A )
制動
(−)
2
NC
制動
(+)
3
E E 用駆動信号
駆動
(+)
4
GND
駆動
(−)
1
お願い
・ アイリススイッチの切換やアイリスコネクタの接続を誤りますと、カメラ内部で
発熱し、誤動作や故障の原因となりますのでご注意ください。
・ 自動絞りレンズを使用する時には、誤動作の原因になりますので「AES」設定で
使わないでください。
(13 項の「画面表示によるモード設定」を参照してくださ
い)
・ 自動絞りレンズの絞り調整は被写体の光量が十分な環境下で一度開放状態にして
から行ってください。光量が不十分な場合、誤動作の原因になります。
5.2.2 固定絞りレンズ
OSD メニューの SENS の設定を「AES」にすると、固定絞りレンズを使用した時に被写体の
光量に合わせ最速で1/100000sまで自動的に電子シャッタが働き、露出を自動的に合わせ
ることができます。メニューの操作方法は 13 項の「画面表示によるモード設定」を参照し
てください。
お願い
・ 「AES」で使用する場合、蛍光灯等の放電灯照明のもとではフリッカ(ちらつき)
が大きくなる場合があります。
・ 屋外のような明るいところでは、自動絞りレンズのご使用をお薦めします。
– 13 –
5.3 バックフォーカス及び画角の調整のしかた
出荷時には標準のバックフォーカス位置に調整されて
いますが、ズームレンズの種類により若干の再調整を
必要とする場合があります。バックフォーカスの調整
は、レンズを正しく取り付けた状態で被写体の距離と
レンズのフォーカス位置が正しく合うようにカメラ上
部のバックフォーカス調整リングで調整します。
調整は固定用ネジをゆるめてから行い、終了後にしめ
てください。
調整リング
固定用ネジ
6. DAY/NIGHT(デイナイト)機能
本カメラには、被写体の明るさを自動的に判断して、カラーモード/白黒モードを切り替える
「DAY/NIGHT(デイナイト)機能」が搭載されています。たとえば屋外の被写体を監視してい
る場合には、昼間は普通のカラーカメラとして動作しますが、夜間等十分な光量が得られない
場合、カメラを自動的に白黒モードに切り替えることができます。また、カメラの背面にある
外部制御端子から手動で制御することもできます。白黒モードでは近赤外領域での感度がアッ
プしますので、市販されている近赤外ランプを使用されると、
白黒の映像で暗闇の被写体をはっ
きり捕らえることができます。
本機能は OSD メニューで設定することができます。13 項の「画面表示によるモード設定」を
参照してください。(出荷設定:カラーモード固定)
お願い
・ カラーモードと白黒モードでフォーカスがずれる場合があります。
このような時は近赤外光に対応したレンズをご使用ください。
ポイント
・ DAY/NIGHT 機能を AUTO(自動)でご使用の場合は、夜明けのように時間とと
もにだんだんと明るくなってくるような被写体では、いったん切り替った白黒
モードからカラーモードへの移行に時間がかかることがあり、結果として朝方の
映像が白黒になっている場合がありえますが、故障ではありません。
7. WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能
本カメラには、ダイナミックレンジを拡大する WDR(ワイドダイナミックレンジ)機能が搭載
されています。本機能は、窓際に立つ人物を室内から写した場合に、人物に合わせて明るさを
設定すると窓の外は白くつぶれてしまい、明るい窓の外(屋外)に合わせて明るさを設定する
と人物が暗くなるような逆光状態の場合に効果があります。
本機能は OSD メニューで設定することができます。13 項の「画面表示によるモード設定」を
参照してください。(出荷設定:OFF)
WDRをONに設定するとカメラが明るさを自動的に判断してWDR機能が動作します。AGCが
動作するような暗い被写体ではWDR機能は動作せず、普通のカメラとして動作します。この場
合はコマ数、垂直解像度は低下しません。
ポイント
・ この機能はシャッタ速度の異なるフィールドの映像を合成することによりダイナ
ミックレンジを拡大しています。そのため、この機能が動作すると 1 秒間に撮影
できるコマ数、垂直解像度は約半分に低下しますが故障ではありません。
・ コマ数、垂直解像度の低下が問題となる場合は WDR を OFF に設定して、BLC
(逆光補正)でエリアを設定してご使用ください。ただし、この場合は WDR 機能
は動作しません。13 項の「画面表示によるモード設定」を参照してください。
– 14 –
8. ホワイトバランス
正しい色調の映像を得るためには、ホワイトバランスの調整が必要です。本カメラは自動
(AUTO)/マニュアル(MANU)/固定(INDOOR1、INDOOR2、OUTDOOR)のいずれかの
動作モードの選択が可能です。
「AUTO」を選択するとカメラが自動的にホワイトバランスを合
わせます。
AUTO の動作色温度範囲は約 2500K から 7000K です。ほとんどの状況では AUTO で合わせる
ことができますが、暗い被写体、白っぽいものがない被写体では上手く合わせることができな
い場合があります。このような場合は固定またはマニュアルモードで合わせてください。
動作
特徴
備考
AUTO
設定モード
カメラが自動的に色温度
を測定し、ホワイトバラ
ンスを合わせます。
色温度の変化に自動追尾
してカメラがホワイトバ
ランスを合わせます。
動作色温度範囲は約
2500Kから7000Kです。
MANU
白い被写体を写しながら
R(赤)
、B(青)のレベル
を手動で調整します。
被写体に合わせて人為的
に設定するため精度が高
い。色温度の変化の少な
い環境では有効です。
モニタまたはベクトルス
コープで確認しながら調
整を行います。
INDOOR1
白熱電球下の室内でホワ
イトバランスを最適に合
わせます。
照明の条件が一定の環境
で有効です。
色温度が約 3000K で最
適なホワイトバランスと
なります。
INDOOR2
蛍光灯下の室内でホワイ
トバランスを最適に合わ
せます。
照明の条件が一定の環境
で有効です。
色温度が約 4000K で最
適なホワイトバランスと
なります。
OUTDOOR
屋外の環境でホワイトバ
ランスを最適に合わせま
す。
屋外でのみ使用する場合
に有効です。
色温度が約 5200K で最
適なホワイトバランスと
なります。
ポイント
・ ナトリウム灯下ではAUTOモードで最適なホワイトバランスが得られない場合が
あります。そのような場合はAUTOモードの動作色温度範囲のリミッタを解除す
るか(スペシャルメニューの「AWB-FRM」を WIDE にする)、マニュアルモー
ドで設定してください。
設定方法については 13 項の「画面表示によるモード設定」、14 項の「スペシャ
ルメニューによる設定」を参照してください。
9. 音声出力
本カメラは OSD メニューの設定により、映像信号に音声信号の多重を ON/OFF することがで
きます。(出荷時:OFF)
音声を多重してご使用される場合には、OSD メニューの「AUDIO」の設定を ON にしてくださ
い。操作方法は 13 項の「画面表示によるモード設定」を参照してください。
お願い
・ 音声を出力する場合は、専用システムが必要になりますので販売店にご相談くだ
さい。専用システムを使用せずに音声多重を ON しますと、画面の色が変化した
りビートがでる場合があります。
– 15 –
10. 外部同期制御
本カメラを外部同期で使用する方法を下記に示します。同期の切換えは自動です。
IK-647NP の場合
専用システムから映像出力に同期信号 (VD)を多重します。
IK-647NP の同期信号の多重は専用電源装置のスイッチ切換で行うことができます。
詳しくは、専用電源装置の取扱説明書をご覧ください。
外部同期信号入力条件
VD
VD 部
4.0 ± 0.1V
IK-647 の場合
カメラの背面の端子 「EXT.SYNC」 に複合映像 (VBS) 信号を入力します。
他の
映像機器
75Ω
映像出力
(ビデオモニタへ)
分配器
ビデオモニタへ
カメラ本体
EXT.SYNC端子
75Ω C-VIDEO入力
外部同期入力
(C-VIDEO)
[EXT. SYNC 端子]
アース
外部同期信号入力条件
EXT.SYNC
(75 Ω不平衡)
SYNC 部
バースト部
0.3 ± 0.1V
0.3 ± 0.1V
外部同期引込周波数範囲
NTSC 標準周波数に対して ± 50 ppm 以内
(水平周波数 15733.5 Hz ∼ 15735.0 Hz)
必要に応じて、H(水平)位相と SC(サブキャリア)位相を調整します。
10.1 H(水平)位相合わせ(IK-647)
外部同期信号と本カメラの映像出力の波形を
2現象オシロスコープで観測し、H位相が合う
ように O S D メニューの「S Y N C 」の「H PHASE」を調整します。
外部
同期信号
位相を
合わせる
カメラ
映像出力
10.2 SC(サブキャリア)位相合わせ(IK-647)
OSD メニューの「SYNC」の「SC-PHASE」で、0°, 90°, 180°, 270°の粗調整を行
い、
「SC-FINE」で微調整を行います。ベクトルスコープで位相調整をすると、より精度が
高くなります。
– 16 –
11. RS−232C端子
RS-232C 端子からカメラを遠隔操作(制御)することができます。
11.1 通信プロトコル
● RS-232C 準拠
● 調歩同期式ビットシリアル通信
● 転送速度
:9600 b/s
● スタートビット:1 bit
●
●
●
データ長
:8 bit(LSB ファースト)
パリティ
:1 bit(ODD)
ストップビット:1 bit
11.2 接続
D-SUB 9 ピンコネクタの CONTROLLER(パソコン)とカメラの接続を下記に示します。
●
●
Pin
CONTROLLER
カメラ RS-232C 端子
1
2
3
(NC)
RXD
TXD
(NC)
TXD
RXD
4
5
6
DTR
GND
DSR
DSR
GND
DTR
7
8
9
RTS
CTS
(NC)
CTS
RTS
(NC)
RS-232C 端子 pin 配列
5 4
3 2 1
9 8
7 6
DSR/DTR,RTS/CTS はカメラ内で接続しています。
CONTROLLER(パソコン)との接続には、D-SUB 9 ピンストレートケーブルをお使い
ください。
お願い
・ 制御項目やコマンドなどについては販売店にご相談ください。
12. 外部制御端子
デイナイト機能を外部から制御する端子です。
端子の説明を下記に示します。
IN
: デイナイト機能の制御入力(カメラ内部で3.3Vにプルアップされています。ドライ
ブ電流は最大 0.4mA です。)
GND: GND 端子
外部制御を有効にするには、OSD メニューの設定で「D/N」を「EXT」に設定してください。
操作方法については 13 項の「画面表示によるモード設定」を参照してください。
[制御方法]
VIDEO
U
カラーモード : 端子オープン
白黒モード : IN と GND をショート
MENU
SETUP
L
DAY/NIGHT
R
IRIS
D
EE
DC
IN
– 17 –
IN
GND
GND
RS232C
13. 画面表示によるモード設定(OSDメニューの操作方法)
本カメラは、ビデオモニタ上に表示される画面メニュー(OSD メニュー)を見ながら、各種の
設定を行うことができます。画面メニューにはメインメニュー(オプションメニューを含む)と
スペシャルメニューの2種類あります。通常はメインメニューで多くの機能を設定できます。映
像、機能の細かい設定を行いたい場合はスペシャルメニューで行います。スペシャルメニュー
の操作方法は 14 項の「スペシャルメニューによる設定」を参照してください。
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
感度(電子高感度、電子シャッタ)の設定(19 ページ参照)
逆光補正の設定(20 ページ参照)
ホワイトバランスの設定(21 ページ参照)
WDRの設定(24 ページ参照)
蛍光灯フリッカー補正の設定(25 ページ参照)
文字表示および文字入力の設定(25 ページ参照)
明るさの調整(29 ページ参照)
AGC の最大ゲイン(上限値)の設定(30 ページ参照)
外部同期の位相合わせ(IK-647)(30 ページ参照)
デイナイトの設定(31 ページ参照)
感度表示機能の設定(33 ページ参照)
ホワイトバランスのオフセット調整(33 ページ参照)
逆光補正の補正量の調整(34 ページ参照)
音声機能の設定(35 ページ参照)
画面メニューの初期化(35 ページ参照)
画面メニューの終了(36 ページ参照)
画面メニュー(メインメニュー)を表示するには、CENTER
ボタンを約2秒間押します。すると右図に示すメニューが表
示され、現在の設定状態を示します。UP/DOWN/LEFT/
RIGHT ボタンでカーソルを上下左右に動かし、設定したい
項目(データ)に合わせ、UP/DOWN ボタンで設定を変更
し CENTER ボタンで決定します。LEFT ボタンを押すと変
更したデータに更新されず古いデータに戻ります。
終了するときは END にカーソルを合わせて、CENTERボタ
ンを押して画面メニューを終了します。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
UPボタン
カーソルを上へ動かします。
また、データを大きくします。
RIGHTボタン
カーソルを右へ動かします。
CENTERボタン
画面メニューの表示、終了および
項目、データの決定をします。
DOWNボタン
カーソルを下へ動かします。
また、データを小さくします。
LEFTボタン
カーソルを左へ動かします。
お願い
・ 画面メニューにて設定を変更したときは、必ず E N D にカーソルを合わせ、
CENTERボタンを押して画面メニューを消してください。
その時点で設定された
内容がカメラに記憶されます。
画面メニューが表示されている状態でカメラへの電源の供給を止めると、表示さ
れていた内容は記憶されず、前回設定したデータのままとなります。
– 18 –
13.1 SENS(感度の設定)
SENS は、電子高感度、電子シャッタの設定を行います。
(1)メインメニューのSENSにカーソルを合わせます。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
(2)R I G H T ボタンを押します。するとカーソルは、
AUTO(あるいは MANU、AES)に移動し、SENS
で設定できる項目 AUTO × 、MANU × 、AES
× が表示されます。
(3)AUTO、MANU、AESの設定したいモードにUPボ
タン、DOWN ボタンでカーソルを合わせます。
(4)RIGHT ボタンを押します。するとカーソルは×
(右図では× 8)に移動します。この状態で、UP ボ
タン、DOWN ボタンを押して希望のデータに合わ
せます。
(5)C E N T E R ボタンを押してデータを決定します。
カーソルは、AUTO に戻ります。
ここでCENTERボタンを押すと、AUTOに決定し、
カーソルは SENS に戻ります。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
MANU X1
WB
AES X1
WDR
FLICKER
CHARA
OPTION>
INIT
END
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
MANU X1
WB
AES X1
WDR
FLICKER
CHARA
OPTION>
INIT
END
① SENS AUTO について
SENS AUTO × を選択すると感度は× 1 ∼× の間で、カメラが明るさを検知し、AGC、
電子高感度、デイナイトを組み合わせて自動的に最適な映像レベルに保ちます。この場合
SENS AUTO のデータ× は自動感度設定の上限値を選ぶことになります。
設定できるデータは× 1、× 2、× 4、× 6、× 8、× 10、× 12、× 14、× 16、× 32、
× 64、× 128 です。
② SENS MANU について
SENS MANU は、カメラの電子シャッタあるいは、電子高感度の倍率を設定します。
カメラは、設定された電子シャッタあるいは電子高感度の状態でAGCにより自動的に映像
レベルを保ちます。
設定できるデータは、1/10000、1/4000、1/2000、1/1000、1/500、1/250、1/100、
× 1、× 2、× 4、× 6、× 8、× 10、× 12、× 14、× 16、× 32、× 64、× 128 です。
– 19 –
③ SENS AES について
SENS AES × は、カメラが明るさを検知し、電子シャッタ、AGC、電子高感度、デイナ
イトを組み合わせて自動的に最適な映像レベルに保ちます。この場合 SENS AES のデータ
× は自動感度設定の上限値を選ぶことになります。このモードは固定絞りレンズ、手動絞
りレンズを使用する場合に使用します。SENS AES モードで自動絞りレンズを使用した場
合は、レンズ絞りは開放状態となります。
設定できるデータは× 1、× 2、× 4、× 6、× 8、× 10、× 12、× 14、× 16、× 32、
× 64、× 128 です。
お願い
・ SENS AUTO、MANU モードで、屋外等の AGC が動作しないような明るい状態
で最適な映像レベルを保つには、自動絞りレンズをご使用ください。
・ AGC がOFF の状態でSENS AUTO、SENS AESのデータを× 2以上に設定した
場合は、AGC は自動的に 18dB の設定となります。
・ SENS MANU モードでは、デイナイトの AUTO モード、および WDR 機能は動作
しません。
13.2 BLC(逆光補正の設定)
BLC は、逆光補正のエリアの設定を行います。
(1)BLC にカーソルを合わせます。
(2)RIGHTボタンを押します。するとBLCで選択でき
るデータ OFF、UPPER 2/3、LOWER 2/3、CENTER 1/3、CENTER 1/6、SIDE 1/6、AUTO が
表示され、現在選ばれているデータのところに
カーソルが移動します。
(3)UP ボタン、DOWN ボタンでカーソルを移動し希
望のデータにカーソルを合わせます。
(4)CENTER ボタンを押し、データを決定します。
カーソルは BLC に戻ります。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
--MAIN MENU-SENS
BLC
OFF
WB
UPPER2/3
WDR
LOWER2/3
FLICKER CENTER1/3
CHARA
CENTER1/6
OPTION> SIDE1/6
INIT
AUTO
END
逆光補正とは、選択したエリア内の明るさを最適な映像レベルにする機能です。
見たい部分以外に強い光が入り、
自動絞りレンズの絞りが閉じぎみで動作することにより見
たい部分が暗くなって見えにくくなる場合に有効です。そのような場合、見たい部分が選択
エリアの中に入るようにエリアを設定してください。
補正量を調整したい場合は、13.14 BLC-DAT (逆光補正の補正量の調整)を参照してく
ださい。
– 20 –
エリアの大きさはほぼ次の通りです。
(塗りつぶしてある部分の映像レベルを適正に保ちます。
)
BLC OFF のときは逆光補正を行いません。
① OFF
② UPPER 2/3
③ LOWER 2/3
1
3 V
2
3 V
2
3 V
1
3 V
④ CENTER 1/3
1
3 H
1
3 H
⑤ CENTER1/6
1
3 H
⑥ SIDE 1/6
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
3 V
1
4 H
1
2 H
1
4 H
1
4 H
1
2 H
1
4 H
⑦ AUTO
被写体の状況によって①∼⑥のエリアを組み合わせて制御します。
お願い
・ AUTOモードは画面の暗い部分をカメラが自動的に判断し、その部分の明るさが
最適となるように制御します。そのため、明るい部分の映像の一部が白飛びする
ことがあります。
13.3 WB(ホワイトバランスの設定)
WB は、ホワイトバランスの設定を行います。
(1)WB にカーソルを合わせます。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
– 21 –
(2)RIGHT ボタンを押します。すると WB で選択でき
る項目、AUTO、MANU、INDOOR1、INDOOR2、
OUTDOOR が表示され、現在選択されている項目
にカーソルが移動します。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
AUTO
WDR
MANU RG -25
FLICKER
BG -10
CHARA
INDOOR1
OPTION> INDOOR2
INIT
OUTDOOR
END
① AUTO を選択するとき
WB AUTOはカメラが自動的に色温度をはかり、ホワイトバランスを合わせます。このWB
AUTO が選ばれているとき、オプションメニューのホワイトバランスのオフセット調整で
白の収束点を R 方向あるいは B 方向にずらすオフセット機能を働かせることができます。
(13.13 WB-OFST(ホワイトバランスのオフセット調整)を参照してください。
)
(1)AUTO にカーソルを合わせ、CENTER ボタンを押します。
(2)するとカーソルは WB に戻り AUTO が選択されます。
② MANU のとき
WB MANU は、手動(MANUAL)で R ゲイン、B ゲインを操作してホワイトバランスを合
わせるモードです。
(1)WB の MANU にカーソルを合わせます。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
AUTO
WDR
MANU RG -25
FLICKER BG -10
CHARA
INDOOR1
OPTION> INDOOR2
INIT
OUTDOOR
END
(2)RIGHT ボタンを押します。
カーソルが RGに移動します。RGはR ゲイン、BG
は B ゲインを示します。RG と BG の合わせたいほ
うに、UPボタン、DOWNボタンを使ってカーソル
を合わせます。
– 22 –
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
AUTO
WDR
MANU RG -25
FLICKER
BG -10
CHARA
INDOOR1
OPTION> INDOOR2
INIT
OUTDOOR
END
(3)RIGHT ボタンを押します。
カーソルは RG(あるいは BG)のデータに移動し
ます。ここで UP ボタン、DOWN ボタンを使って
データを変えてホワイトバランスを合わせます。
RG:R ゲインの設定(-99 ∼ 99)
BG:B ゲインの設定(-99 ∼ 99)
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
AUTO
WDR
MANU RG -25
FLICKER
BG -10
CHARA
INDOOR1
OPTION> INDOOR2
INIT
OUTDOOR
END
(4)CENTER ボタンを押してデータを決定します。カーソルは RG(あるいはBG)へ戻り
ます。
(5)RG、BG の設定が終ったらカーソルが RG(あるいは BG)にある状態で LEFT ボタン
を押します。
(6)するとカーソルは MANU に戻ります。
ここで CENTER ボタンを押すとカーソルは WB に戻り MANU が選択されます。
③ INDOOR1/INDOOR2/OUTDOOR を選択するとき
ホワイトバランスを特定の条件に固定するモードです。
(1)INDOOR1またはINDOOR2、OUTDOORにカーソ
ルを合わせ、CENTER ボタンを押します。
(2)するとカーソルは WB に戻り選択したモードに設
定されます。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
AUTO
WDR
MANU RG
FLICKER
BG
CHARA
INDOOR1
OPTION> INDOOR2
INIT
OUTDOOR
END
00
00
ホワイトバランスについての説明は 8 項の「ホワイトバランス」を参照してください。
お願い
・ 十分な照明が得られず被写体が暗い状態では、AUTOモードが誤動作する場合が
あります。そのような時はカメラの感度設定(AGC、電子高感度)を大きくする
か、WB の固定モードでお使いください。
・ 蛍光灯の種類によってはINDOOR2でホワイトバランスが最適にならない場合が
あります。その場合は他の設定に変更してみてください。
– 23 –
13.4 WDR(WDR の設定)
WDR は、ワイドダイナミックレンジ機能の設定を行います。
(1)WDR にカーソルを合わせます。
(2)RIGHT ボタンを押します。すると WDR で選択で
きるデータ OFF、ON:L、ON:M、ON:H が表示
され、現在選ばれているデータのところにカーソ
ルが移動します。
この機能をお使いになるときは、ON:L で使用す
ることをお薦めします。
(3)UP ボタン、DOWN ボタンでカーソルを移動し希
望のデータにカーソルを合わせます。
(4)CENTER ボタンを押し、データを決定します。
カーソルは WDR に戻ります。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
OFF
FLICKER ON:L
CHARA
ON:M
OPTION> ON:H
INIT
END
WDR は効果を ON:L、ON:M、ON:H の三種類から選択できます。ON:L、ON:M、ON:
H の順でダイナミックレンジを拡大する効果が大きくなります。
WDR の効果、画質は 14 項の「スペシャルメニューによる設定」で細かく設定できます。
ワイドダイナミックレンジ機能についての説明は 7 項の「WDR(ワイドダイナミックレン
ジ)機能」を参照してください。
お願い
・ AGC、電子高感度が動作するような暗い被写体では WDR 機能は動作しません。
・ SENS MANU モードでは WDR 機能は動作しません。
・ EE(VIDEO)タイプの自動絞りレンズは明るさの設定をレンズ側で行うため、そ
の設定によってはワイドダイナミックレンジ機能が上手く動作しないことがあり
ます。その場合はレンズの設定を明るめに調整してください。
・ 被写体の条件によって映像レベルが最適となるようにオプションメニューのALC
で明るさを調整することをお薦めします。操作方法は「13.8 ALC(明るさの調
整)」を参照してください。
・ 画面の中で見たい部分(エリア)が決まっている場合は逆光補正機能を設定する
と、より効果的です。
・ ON:M、ON:H はダイナミックレンジを拡大する効果が大きくなりますが、被
写体の状態によっては映像が不自然に見える場合があります。その場合はON:L
でご使用ください。
– 24 –
13.5 FLICKER(蛍光灯フリッカー補正の設定)
FLICKER は、50Hz 地域で発生する蛍光灯フリッカーを補正する機能です。ONにすると電
子シャッタが 1/100s 固定となり蛍光灯フリッカーを除去します。
(1)メインメニューで FLICKER にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。
(3)UP ボタン、DOWN ボタンで ON(あるいは OFF)
にカーソルを合わせます。
(4)CENTER ボタンを押し決定します。
カーソルは FLICKER に戻り ON(あるいは OFF)
が選択されます。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER OFF
CHARA
ON
OPTION>
INIT
END
お願い
・ FLICKER の設定は SENS AES、SENS MANU では機能しません。また、SENS
AUTO の場合でも、電子高感度が動作した状態では機能しません。
・ WDR 機能が動作すると、被写体の条件によってはフリッカーが発生する場合が
あります。
13.6 CHARA(文字表示および文字入力の設定)
CHARA は、文字表示の設定および表示文字の入力を行う機能です。
英数字、かたかな、記号、漢字の合計 253 文字から、最大 20 文字まで表示ができます。
(1)メインメニューのCHARAにカーソルを合わせます。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
– 25 –
(2)R I G H T ボタンを押します。すると O F F 、O N 、
SET>、PLACE> の項目が表示され、カーソルが
OFF(あるいは ON)に移動します。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OFF
OPTION> ON
INIT
SET>
END
PLACE>
①表示文字の入力方法
(1)カーソルを SET> に合わせます。
(2)RIGHT ボタンを押します。
(3)文字入力画面に切換わります。入力できる文字は、
項目をエイスウジ、カナ、カンジ 1、カンジ 2 と切
換えると右側に入力できる文字テーブルが表示さ
れます。
--CHARA SET MENU-0123456789
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ
.,:?
<EXIT +- /&<>()
SPACE
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
••••••••••••••••••••
••••••••••••••••••••
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
この 4 枚の画面の文字テー
ブルが入力できるすべての
文字です。
詳しくは、19項の「CHARA
文字テーブル一覧表」を参
照してください。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OFF
OPTION> ON
INIT
SET>
END
PLACE>
--CHARA SET MENU--
<EXIT
維右雨浦駅煙央火河架海外害館
管関監缶岸器御供橋境局金下系
形計月原玄合国空後交高坑口港
溝号谷砂左差災作山視市持自時
事室車取受終出処所除小上信森
SPACE
--CHARA SET MENU--
--CHARA SET MENU--
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
<EXIT
アイウエオカキクケコサシス
セソタチツテトナニヌネノハ
ヒフヘホマミムメモヤユヨラ
リルレロワヲンャュョッァィ
ェォ゛゜
<EXIT
水制正西設雪川前送操大峠地池
中駐貯町張沈通底堤点田電土統
塔棟東島同道沢内南入年場日排
倍発盤備部分変歩放方防北本坂
務面木門野屋理裏流料量炉路湾
SPACE
SPACE
••••••••••••••••••••
••••••••••••••••••••
(4)UP ボタン、DOWN ボタンで入力したい文字のあ
る項目(エイスウジ/カナ/カンジ 1 /カンジ 2)
にカーソルを合わせます。
(5)例としてエイスウジの入力画面で説明します。エ
イスウジにカーソルがある状態でRIGHTボタンを
押します。
(6)カーソルは「0」へ移動します。
ここで UP、DOWN、LEFT、RIGHT の 4 つのボタ
ンを操作して入力したい文字にカーソルを合わせ、
CENTER ボタンを押します。
– 26 –
--CHARA SET MENU-0123456789
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ
.,:?
<EXIT +- /&<>()
SPACE
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
••••••••••••••••••••
(7)決定された文字は画面下の 20 個の「●」のうち
カーソルのある部分に入力されます。
文字は 20 文字入力できます。画面下の「●」は何
も入力されていない(すなわちスペース)を意味し
ます。
--CHARA SET MENU-0123456789
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ
.,:?
<EXIT +- /&<>()
SPACE
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
DE1G••••••••••••••••
(8)文字を入力するに従って画面下のカーソルは右に
移動します。画面下の入力された文字を表示して
いる部分のカーソルを移動したいときは、DOWN
ボタンを押して、画面下の入力文字表示位置に
カーソルを移しLEFTボタン、RIGHTボタンでカー
ソルを移動します。
--CHARA SET MENU-0123456789
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ
.,:?
<EXIT +- /&<>()
SPACE
エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
DE1G••••••••••••••••
(9)文字の入力が終了したら <EXIT へカーソルを合わ
せ LEFT ボタンを押します。
メインメニューに戻り、カーソルはSET>の位置に
あります。
--CHARA SET MENU-エイスウジ
カナ
カンジ1
カンジ2
<EXIT
水制正西設雪川前送操大峠地池
中駐貯町張沈通底堤点田電土統
塔棟東島同道沢内南入年場日排
倍発盤備部分変歩放方防北本坂
務面木門野屋理裏流料量炉路湾
SPACE
DE1G水西アイ••••••••••••
②表示文字の位置の選択
(1)カーソルをPLACE>に合わせRIGHTボタンを押し
ます。
– 27 –
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OFF
OPTION> ON
INIT
SET>
END
PLACE>
(2)入力された文字が表示されます。ここで、U P 、
DOWN、LEFT、RIGHT のボタンを使い表示文字
を移動します。表示可能位置は、縦に 12 ポジショ
ン横 24 ポジションの中から選べます。
ただし、表示文字の最後の文字が画面の一番右の
位置にくると、それ以上右へ動かすことはできま
せん。
位置が決まったら CENTER ボタンを押します。
DE1G水西アイ
24ポジション
12ポジション
お願い
・ 表示文字が入力されていないと PLACE>にカーソルがある状態でRIGHT ボタン
を押しても表示位置設定の画面にはなりません。
③表示文字の ON/OFF
(1)入力した文字を表示するには CHARA のメニュー
の ON にカーソルを合わせ CENTER のボタンを押
します。
表示したくない場合は OFF を選択します。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OFF
OPTION> ON
INIT
SET>
END
PLACE>
13.7 OPTION(オプションメニュー)
オプションメニューでは、次の項目が設定できます。
● 明るさの調整
● AGC の上限値
● 外部同期の位相合わせ(IK-647)
● デイナイト
● ホワイトバランスのオフセット
● 逆光補正量
● 音声機能
● 感度表示
(1)オプションメニューに入るには、メインメニュー
で OPTION> にカーソルを合わせ RIGHT ボタンを
押します。
– 28 –
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
(2)オプションメニューからメインメニューに戻るに
は、オプションメニューで <EXIT にカーソルを合
わせ LEFT ボタンを押します。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
13.8 ALC(明るさの調整)
ALC は、映像の明るさを調整する項目です。カメラが自動で制御する明るさのレベルを調
整します。被写体の条件によって映像レベルが最適となるように調整してください。
(1)オプションメニューで ALC にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。
UP ボタン、DOWN ボタンでデータを設定します。
データを大きくすると映像は明るくなり、小さく
すると映像は暗くなります。
データは -99 から 99 の範囲で調整できます。
(3)希望のデータで CENTER ボタンを押して決定し
ます。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
SYNC
D/N
S-DISP
WB-OFST
BLC-DAT
AUDIO
<EXIT
お願い
・ ALC は、DC タイプの自動絞りレンズ、AES、AGC、電子高感度で自動的に制御
する明るさのレベルを調整します。
・ EE(VIDEO)タイプの自動絞りレンズを使用する場合は、レンズ絞りで制御する
明るさの領域はレンズ側で調整してください。この場合の ALC は、AGC、電子
高感度の明るさを設定することになります。
– 29 –
13.9 AGC(AGC の最大ゲインの設定)
AGC は、オートゲインコントロール回路の動作ゲインの最大値(上限値)を設定する項目
です。工場出荷時は24dBに設定していますが、被写体が暗くてカメラの感度が不足する場
合はこの設定を大きくします。
データを大きくすると、カメラの感度は大きくなりますが、最大ゲイン付近ではノイズも増
加します。良い画質を得るためには照明を使用することをお勧めします。
(1)オプションメニューで AGC にカーソルを合わせ
ます。
※ dB は、画面表示メニューにおいては“DB”と表示
します。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。UPボタン、DOWNボタンにてデータを設定
します。設定できるデータは OFF、18dB、24dB、
30dB です。
(3)希望のデータに設定したら CENTER ボタンを押
してデータを決定します。カーソルは AGC に戻
ります。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
OFF
SYNC
18DB
D/N
24DB
S-DISP 30DB
WB-OFST
BLC-DAT
AUDIO
<EXIT
お願い
・ SENS AUTO、SENS AES のデータを× 2 以上に設定した場合は、AGC は OFF
に設定できません。
・ AGCを設定しても感度が不足する場合は、電子高感度、デイナイト機能を設定す
るとさらに感度アップすることができます。電子高感度は「13.1 SENS(感度の
設定)」を、デイナイト機能は「13.11 D/N(デイナイトの設定)」を参照してく
ださい。
13.10 SYNC(外部同期の位相合わせ)
IK-647NP: SYNC は現在の同期モードを表示します。位相調整はできません。
内部同期モードの時は INT、外部同期モードの時は EXT・VR と表示します。
VR 同期モードの位相調整は行えません。
IK-647
: 外部同期モードの時に水平位相、サブキャリア位相を調整する項目です。
内部同期モードの時は INT と表示します。外部同期モードの時は EXT・VBS
と表示し、位相調整を行えます。
– 30 –
(1)オプションメニューでSYNCにカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHT ボタンを押し設定できる項目(H-PHASE、
SC-PHASE、SC-FINE)を表示させます。
H-PHASE : H(水平)位相合わせ
0 ∼ 99
SC-PHASE : SC(サブキャリア)粗調整
0, 90, 180, 270
SC-FINE
: SC(サブキャリア)微調整
0 ∼ 99
(3)UP、DOWN ボタンで設定したい項目(H-PHASE、
SC-PHASE、SC-FINE)にカーソルを合わせ、ボ
タンを押すとデータが表示されます。UP、DOWN
ボタンでデータを設定し CENTER ボタンを押し
データを決定します。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
EXT VBS
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
H-PHASE 50
D/N
SC-PHASE 0
S-DISP SC-FINE 50
WB-OFST
BLC-DAT
AUDIO
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
H-PHASE 50
D/N
SC-PHASE
S-DISP SC-FINE
WB-OFST
BLC-DAT
AUDIO
<EXIT
外部同期についての説明は 10 項の「外部同期制御」を参照してください。
お願い
・ 内部同期時(SYNC INT と表示されているとき)は、SYNC の設定項目(HPHASE、SC-PHASE、SC-FINE)を設定することはできません。
13.11 D/N(デイナイトの設定)
D/N は、デイナイト機能を設定する項目です。
カメラを白黒モードに切り替えて感度アップさせることができます。工場出荷時はカラー
モードに設定されています。
(1)オプションメニューで D/N にカーソルを合わせ
ます。
– 31 –
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。
UP ボタン、DOWN ボタンでデータを設定します。
設定できる機能はCOLOR、BW、AUTO、EXTです。
(3)希望の設定でCENTERボタンを押して決定します。
カーソルは D/N に移動します。
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
D/N
COLOR
S-DISP BW
WB-OFST AUTO
BLC-DAT EXT
AUDIO
<EXIT
① COLOR について
デイナイト機能は動作しません。カメラはカラーモード固定で、カラー映像を出力します。
② BW について
カメラは白黒モード固定で、白黒映像を出力します。
③ AUTO について
被写体の明るさを自動的に判断して、カラーモードと白黒モードを自動的に切り替えます。
暗い場合は白黒モードに、明るい場合はカラーモードになります。
④ EXT について
カメラ背面にある外部制御端子から白黒モードとカラーモードの切り替えを制御します。
端子間をショートすると白黒モードになります。外部制御端子については 12 項の「外部制
御端子」を参照してください。
デイナイト機能についての説明は 6 項の「DAY/NIGHT(デイナイト)機能」を参照してく
ださい。
お願い
・ カラーと白黒が切り替わる時に、映像にノイズが出る場合があります。また、音
声機能をお使いの場合はフィルタ切り替えのモータ音が聞こえますが故障ではあ
りません。
・ 白黒とカラーに切り替える明るさのレベル、時間を変更したい場合は、スペシャ
ルメニューで設定してください。設定方法については 14 項の「スペシャルメ
ニューによる設定」を参照してください。
・ 電子高感度モードをデイナイト機能より優先して動作させる場合は、スペシャル
メニューで優先順位を変更してください。工場出荷時はデイナイト機能が優先し
て動作する設定にしてあります。設定方法については 14 項の「スペシャルメ
ニューによる設定」を参照してください。
ポイント
・ 近赤外ランプを使用した場合、カラー映像と白黒映像で明るさが極端に変わるた
め、制御が誤動作することがあります。そのような場合にはスペシャルメニュー
で「INF-DET」を ON に設定してください。設定方法は 14 項の「スペシャルメ
ニューによる設定」を参照してください。
– 32 –
13.12 S-DISP(感度表示機能の設定)
S-DISP は、カメラの現在の感度(電子高感度の倍率)を画面に表示させる機能です。
表示位置は画面の 4 隅のいずれかに設定できます。表示は 3 桁の数字で行います。
(例:× 002)
(1)オプションメニューでS-DISPにカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。
UPボタン、DOWNボタンで表示方法を設定します。
設定できる機能は OFF、ON:UL(画面の左上)、
ON:UR(画面の右上)
、ON:DL(画面の左下)
、
ON:DR(画面の右下)です。
(3)希望の設定でCENTERボタンを押して決定します。
カーソルは S-DISP に移動します。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
D/N
S-DISP OFF
WB-OFST ON:UL
BLC-DAT ON:UR
AUDIO
ON:DL
<EXIT
ON:DR
お願い
・ 電子シャッタが 1/60(1 倍)以下の場合は× 001 と表示します。
・ 表示文字(CHARA)の表示位置とS-DISPの表示位置が重なった場合は、S-DISP
の表示が優先されます。その場合は重ならないように設定してください。
・ OSD メニューを表示中のときは感度の表示を行いません。
・ 映像の表示範囲の狭いモニタでは、
感度の表示文字が一部欠ける場合があります。
13.13 WB-OFST(ホワイトバランスのオフセット調整)
WB-OFST は、ホワイトバランスのオフセットを設定する項目です。
ホワイトバランスが AUTO モードの場合、ホワイトバランスの収束点を赤方向あるいは青
方向にオフセットをつけ、好みの色調を得ることができます。
ホワイトバランスの設定は、
「13.3 WB(ホワイトバランスの設定)
」を参照してください。
(1)オプションメニューで WB-OFST にカーソルを合
わせます。
– 33 –
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。UPボタン、DOWNボタンにてデータを設定
します。ホワイトバランスの収束点は、データをプ
ラス方向に設定すると赤側に、データをマイナス
方向に設定すると青側にシフトします。
データは -20 から 20 の範囲で調整できます。
(3)希望のデータに設定したらCENTERボタンを押し
てデータを決定します。カーソルは WB-OFST に
移動します。
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
D/N
S-DISP
WB-OFST 00
BLC-DAT
AUDIO
<EXIT
13.14 BLC-DAT(逆光補正の補正量の調整)
BLC-DAT は逆光補正処理の補正量を調整する項目です。
逆光補正のエリアを選択してある場合、
補正量を変えることによって画面の明るさを調整す
ることができます。
逆光補正の設定は、「13.2 BLC(逆光補正の設定)」を参照してください。
(1)オプションメニューで BLC-DAT にカーソルを合
わせます。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。UPボタン、DOWNボタンにてデータを設定
します。カメラが逆光状態と判断している場合は、
データを大きくすると画面が明るくなり、小さく
すると暗くなります。
データは -20 から 20 の範囲で調整できます。
(3)希望のデータに設定したらCENTERボタンを押し
てデータを決定します。カーソルBLC-DATに戻り
ます。
※
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
D/N
S-DISP
WB-OFST
BLC-DAT 00
AUDIO
<EXIT
逆光補正(BLC)のエリアを選択してある場合でも、カメラが逆光状態と判断してい
ない場合は、データを変えても明るさは変わりません。その場合はメインメニューの
ALCで明るさを調整してください。逆光状態とは選択したエリアの外に強い光が入っ
た場合等、エリアの外と中の明るさの差が大きい状態です。
– 34 –
13.15 AUDIO(音声機能の設定)
AUDIO は、映像信号に音声信号を多重して出力する音声機能を設定する項目です。
ON にすると音声信号を多重して出力します。
(1)オプションメニューでAUDIOにカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押すとカーソルはデータに移動し
ます。
(3)UP ボタン、DOWN ボタンで OFF あるいは ON に
カーソルを合わせます。
(4)CENTER ボタンを押して決定します。
カーソルは AUDIO に戻ります。
--OPTION MENU-ALC
00
AGC
24DB
SYNC
INT
D/N
COLOR
S-DISP OFF
WB-OFST 00
BLC-DAT 00
AUDIO
OFF
<EXIT
--OPTION MENU-ALC
AGC
SYNC
D/N
S-DISP
WB-OFST
BLC-DAT
AUDIO
OFF
<EXIT
ON
お願い
・ 音声を出力する場合は、専用システムが必要になりますので販売店にご相談くだ
さい。専用システムを使用せずに音声機能を ON しますと、画面の色が変化した
りビートがでる場合があります。
13.16 INIT(画面メニューの初期化)
INIT は画面メニューの設定内容を工場出荷状態に初期化する機能です。
スペシャルメニューの設定内容も初期化されます。
(1)メインメニューにてINITにカーソルを合わせます。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
– 35 –
(2)RIGHT ボタンを押します。
NO にカーソルが移動します。
(3)初期化しない場合はNOに、初期化する場合はYES
にカーソルを合わせ CENTER ボタンを押します。
--MAIN MENU-SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OPTION>
INIT
NO
END
YES
工場出荷時の設定内容(INIT で初期化を実行すると下記の内容になります)
SENS
BLC
WB
WDR
FLICKER
CHARA
OPTION
ALC
AGC
SYNC
AUTO・× 8(MANU は× 1、AES は× 8 になります)
AUTO
AUTO
(MANU のデータは RG-25, BG-10 となります)
OFF
ON
OFF
(入力した文字はすべてクリアされます)
00
24DB
EXT・VBS ______ H-PHASE
SC-PHASE
SC-FINE
D/N
COLOR
S-DISP
OFF
WB-OFST
00
BLC-DAT
00
AUDIO
OFF
(
50
0
50
)
13.17 END(画面メニューの終了)
画面のメニューを終了させます。
(1)画面メニューを終了させるには、メインメニュー
でENDにカーソルを合わせCENTERボタンを押し
て終了します。
--MAIN MENU-SENS
AUTO X8
BLC
OFF
WB
AUTO
WDR
OFF
FLICKER ON
CHARA
OFF
OPTION>
INIT
END
お願い
・ 設定データをカメラに記憶させるには、必ず END で画面メニューを終了してく
ださい。その時点でカメラが設定したデータを記憶します。
・ 画面メニューが表示されている状態でカメラへの電源の供給を止めると表示された
設定内容は記憶されず前回設定したデータのままとなりますのでご注意ください。
– 36 –
14. スペシャルメニューによる設定
本カメラは、スペシャルメニューで映像、機能の細かい設定を行えます。通常はメインメニュー
から基本的な設定は行えますが、使用条件によってカメラの設定を微調整したい場合には、本メ
ニューで設定してください。スペシャルメニューで設定できる内容を下記に示します。
● 輪郭補正の設定(37 ページ参照)
● ノイズリダクションの設定(38 ページ参照)
● 色カットの設定(38 ページ参照)
● 白キズ補正の設定(39 ページ参照)
● オートホワイトバランスの制御範囲の設定(39 ページ参照)
● 明るさ制御の細かい設定(40 ページ参照)
● WDR 機能の細かい設定(41 ページ参照)
● デイナイト機能の細かい設定(43 ページ参照)
● 画面メニューの終了(46 ページ参照)
スペシャルメニューを表示するには、RIGHTボタンとLEFT
ボタンを同時に約 2 秒間押します。すると右図に示すメ
ニューが表示され、現在の設定状態を示します。操作方法は
メインメニューと同様です。
(18ページ参照)画面メニュー
を終了するときには END にカーソルを合わせて、CENTER
ボタンを押してください。
工場出荷状態に戻す場合は、
メインメニューの初期化を実行
してください。操作方法は「13.16 INIT(画面メニューの初
期化)」を参照してください。
--SPECIAL MENU-DETAIL STANDARD
DNR
NORMAL
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM NORMAL
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
14.1 DETAIL(輪郭補正の設定)
DETAIL は、画像の輪郭補正を設定する項目です。SHARP、STANDARD、SOFT から選ぶ
ことができます。輪郭をもっとくっきりさせたい場合はSHARPを、もっとやわらかくさせ
たい場合は SOFT を選びます。
(1)スペシャルメニューの DETAIL にカーソルを合わ
せます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
– 37 –
--SPECIAL MENU-DETAIL SHARP
DNR
STANDARD
COL-CUT SOFT
D-CORR
AWB-FRM
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
14.2 DNR(ノイズリダクションの設定)
ノイズリダクションの効果を設定する項目です。LOW、NORMAL、HIGHから選択できます。
LOW、NORMAL、HIGH の順でノイズ低減の効果が大きくなります。
通常は NORMAL でご使用ください。
(1)スペシャルメニューの DNR にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--SPECIAL MENU-DETAIL
DNR
HIGH
COL-CUT NORMAL
D-CORR LOW
AWB-FRM
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
お願い
・ DNR を HIGH にすると、ノイズ低減の効果は大きくなりますが、動きのある被写
体を写した場合に残像が目立つことがあります。
14.3 COL-CUT(色カットの設定)
映像出力に色信号をつけるかつけないかを設定する項目です。白黒映像にしたい場合はON
に設定してください。
ON : 映像信号の色信号がカットされて白黒映像を出力します。
ただし、バースト信号は出力されます。
OFF: 通常のカラー映像を出力します。
(1)スペシャルメニューの COL-CUT にカーソルを合
わせます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--SPECIAL MENU-DETAIL
DNR
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
お願い
・ D/N 機能の白黒モードとは異なり、感度はアップしません。
– 38 –
14.4 D-CORR(白キズ補正の設定)
撮像素子(CCD)固有の高輝度な固定パターンノイズを補正する機能を設定する項目です。
通常は ON でご使用ください。
ON : 補正を行います。
OFF: 補正を行いません。
(1)スペシャルメニューのD-CORRにカーソルを合わ
せます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--SPECIAL MENU-DETAIL
DNR
COL-CUT
D-CORR OFF
AWB-FRM ON
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
お願い
・ 白キズ補正は電子高感度が動作すると機能します。補正処理が動作すると水平解
像度が若干劣化する場合があります。
14.5 AWB-FRM(オートホワイトバランスの制御範囲の設定)
ホワイトバランス AUTO モードの制御範囲を設定する項目です。通常は NORMAL でご使
用ください。
NORMAL: AUTO の動作色温度範囲は 2500K から 7000K です。
WIDE
: AUTO の動作色温度範囲を広くします。
(1)スペシャルメニューのAWB-FRMにカーソルを合
わせます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--SPECIAL MENU-DETAIL
DNR
COL-CUT
D-CORR
AWB-FRM NORMAL
AE-SET> WIDE
WD-SET>
DN-SET>
END
お願い
・ AWB-FRM の設定をWIDEにして引き込み動作を行った後にNORMALに切り換
えた場合は、ホワイトバランスが正常に動作しなくなる場合があります。その場
合には、カメラの電源を入れ直してください。
・ WIDE の設定は色の付いた物を白くなるように引き込み易くなるため、結果とし
て映像信号の色合いが不自然になる場合があります。
– 39 –
14.6 AE-SET >(明るさ制御の細かい設定)
AE-SET メニューは明るさ制御の細かい設定を行うメニューです。
次の項目が設定できます。
● デイナイト機能と電子高感度機能の動作優先順位の設定(40 ページ参照)
● 明るさ制御のピークと平均の比率調整(41 ページ参照)
(1)A E - S E T メニューに入るには、スペシャルメ
ニューでAE-SET>にカーソルを合わせ、RIGHTボ
タンを押します。
(2)スペシャルメニューに戻る場合には、AE-SET メ
ニューで <EXIT にカーソルを合わせて LEFT ボタ
ンを押します。
--SPECIAL MENU-DETAIL STANDARD
DNR
NORMAL
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM NORMAL
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
14.7 PRIOR(デイナイト機能と電子高感度機能の動作優先順位の設定)
被写体が暗くなり感度アップが必要になった場合、
デイナイト機能の白黒モードと電子高感
度機能のどちらを先に動作させるか設定する項目です。
暗い状況で被写体の動きを正確にとらえたい場合はデイナイト機能を先に動作させてくださ
い。(設定を DN にしてください)
SENS: 電子高感度機能が先に動作します。
DN : デイナイト機能が先に動作します。
(1)AE-SET メニューの PRIOR にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--AE-SET MENU-PRIOR
DN
PK/AVE SENS
<EXIT
お願い
・ 優先順位の設定はカラーから白黒に変わる場合に有効です。
– 40 –
14.8 PK/AVE(明るさ制御のピークと平均の比率調整)
明るさ制御を画面全体のピーク値と平均値のどちらで制御するかを設定する項目です。
その
比率を 10/00 から 00/10 の 10 段階で調整できます。数字はピークと平均の比率(比)を
表します。通常は 00/10 でご使用ください。
10/00:画面のピーク値によって明るさを制御します。
00/10:画面全体の平均値によって明るさを制御します。
(1)AE-SET メニューの PK/AVE にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの比
率に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--AE-SET MENU-PRIOR
PK/AVE 00/10
<EXIT
明るさの平均値とは、画面全体の明るさを平均化した値になります。
ピーク値とは画面全体の中で最も明るい部分の明るさの値になります。
画面の中の最も明る
い部分の明るさを最適にしたい場合はピークの比率が大きくなるように設定してください。
お願い
・ メインメニューの「BLC」でエリアを指定した場合、あるいは「WDR」を ON
(ON:L、ON:M、ON:H)に設定した場合は、PK/AVE の設定にかかわらず、
ピーク値による制御は行いません。
・ EE(VIDEO)タイプの自動絞りレンズを使用する場合は、レンズ側のピーク / 平
均の設定を平均値が最大となるようにして、PK/AVE を設定してください。ある
いは、レンズ側のピーク / 平均の設定を使用する場合は、PK/AVE は 00/10 に
設定してください。
14.9 WD-SET >(WDR 機能の細かい設定)
WD-SET メニューは WDR 機能の細かい設定を行うメニューです。
次の項目が設定できます。
● WDR の動作モード設定(42 ページ参照)
● 高輝度部分の明るさ調整(42 ページ参照)
● 高輝度部分の色ゲインの設定(43 ページ参照)
(1)W D - S E T メニューに入るには、スペシャルメ
ニューで WD-SET> にカーソルを合わせ、RIGHT
ボタンを押します。
(2)スペシャルメニューに戻る場合には、WD-SET メ
ニューで <EXIT にカーソルを合わせて LEFT ボタ
ンを押します。
– 41 –
--SPECIAL MENU-DETAIL STANDARD
DNR
NORMAL
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM NORMAL
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
14.10 WD-MODE(WDR の動作モード設定)
WDR の動作モードを設定する項目です。通常は AUTO でご使用ください。
AUTO : 被写体の明るさにより最適なダイナミックレンジに自動制御します。
MANU: ダイナミックレンジを所定の値に固定にします。メインメニューの「SENS」
が AUTO・× 1 の場合にのみ動作します。
効果の設定は 00 から 20 の範囲で行えます。明るい部分の映像を取り込む電
子シャッタの速度は 1/100s から 1/50000s まで変化します。
(1)WD-SETメニューのWD-MODEにカーソルを合わ
せます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。決定する場合は CENTER ボタン
を押します。
(3)MANUのダイナミックレンジの設定を変更する場
合は、カーソルが MANU の状態で RIGHT ボタン
を押して、カーソルを設定データに移動させ、UP
ボタン、DOWN ボタンで好みのダイナミックレン
ジに設定します。
(4)CENTER ボタンを押して決定します。
--WD-SET MENU-WD-MODE AUTO
H-LEVEL MANU 00
H-CGAIN
<EXIT
--WD-SET MENU-WD-MODE AUTO
H-LEVEL MANU 05
H-CGAIN
<EXIT
お願い
・ WD-MODE の設定は、
「WDR」の設定が ON(ON:L、ON:M、ON:H)の場合
に有効となります。
14.11 H-LEVEL(高輝度部分の明るさ調整)
WDR 機能が動作している時の、高輝度部分の明るさレベルを調整する項目です。
データは -30 から 30 の間で調整できます。データを大きくすると明るくなり、小さくする
と暗くなります。
被写体の状態によって明るい部分の映像が見やすくなるように調整してください。
(1)WD-SET メニューの H-LEVEL にカーソルを合わ
せます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
– 42 –
--WD-SET MENU-WD-MODE
H-LEVEL 00
H-CGAIN
<EXIT
お願い
・ WD-MODE が MANU の設定の場合は機能しません。
14.12 H-CGAIN(高輝度部分の色ゲインの設定)
WDR 機能が動作している時の、高輝度部分の色ゲインを設定する項目です。
設定は LOW、NORMAL、HIGH から選択できます。LOW、NORMAL、HIGH の順で色のレ
ベルが大きくなります。
被写体の状態によって明るい部分の画質がよく見えるように設定し
てください。通常は NORMAL でご使用ください。
(1)WD-SET メニューの H-CGAIN にカーソルを合わ
せます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--WD-SET MENU-WD-MODE
H-LEVEL
H-CGAIN HIGH
<EXIT
NORMAL
LOW
14.13 DN-SET >(デイナイト機能の細かい設定)
DN-SET メニューはデイナイト機能の細かい設定を行うメニューです。
次の項目が設定できます。
● 近赤外光の検出設定(44 ページ参照)
● 切り替え制御の明るさ設定(44 ページ参照)
● 切り替え制御の時間設定(45 ページ参照)
● 白黒モードの解像度設定(45 ページ参照)
(1)D N - S E T メニューに入るには、スペシャルメ
ニューで DN-SET> にカーソルを合わせ、RIGHT
ボタンを押します。
(2)スペシャルメニューに戻る場合には、DN-SET メ
ニューで <EXIT にカーソルを合わせて LEFT ボタ
ンを押します。
– 43 –
--SPECIAL MENU-DETAIL STANDARD
DNR
NORMAL
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM NORMAL
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
14.14 INF-DET(近赤外光の検出設定)
デイナイト機能の AUTO モードで動作している時に、近赤外光を簡易的に検出して白黒か
らカラーに切り替わる誤動作を防止する機能を設定する項目です。
夜間に近赤外ランプを使用した場合は、
カラー映像と白黒映像で明るさが極端に変わるため
デイナイトの AUTO モードの制御が誤動作することがあります。そのような場合はこの設
定を ON にしてください。OFF にすると機能しません。
(1)DN-SET メニューの INF-DET にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--DN-SET MENU-INF-DET OFF
LEVEL
ON
TIME
BW-HRS
<EXIT
お願い
・ 近赤外ランプの光の波長は 800nm 以上のものをご使用ください。
・ 近赤外光は撮像素子(CCD)の色情報から簡易的に検出しています。そのため被
写体の条件によっては誤動作する場合があります。
14.15 LEVEL(切り替え制御の明るさ設定)
デイナイトの AUTO モードで、カラー映像から白黒映像に切り替わる明るさのレベルを設
定する項目です。設定は LOW、NORMAL、HIGH から選択できます。LOW、NORMAL、
HIGH の順でカラー映像から白黒映像に切り替わる時の明るさのレベルが大きくなります。
(1)DN-SET メニューの LEVEL にカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
– 44 –
--DN-SET MENU-INF-DET
LEVEL
HIGH
TIME
NORMAL
BW-HRS LOW
<EXIT
14.16 TIME(切り替え制御の時間設定)
デイナイトの AUTO モードで、カラー映像から白黒映像へ、白黒映像からカラー映像へ切
り替わる時間を設定する項目です。設定は 10S、20S、30S、1M、5M(S:秒、M:分)
から選択できます。設定時間を大きくすると、切り替わる条件を満たしてから実際に切り替
わるまでの時間が長くなります。
(1)DN-SETメニューのTIMEにカーソルを合わせます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--DN-SET MENU-INF-DET
LEVEL
TIME
10S
BW-HRS 20S
<EXIT
30S
1M
5M
14.17 BW-HRS(白黒モードの解像度設定)
デイナイト機能の白黒モードの水平解像度を設定する項目です。
ON : 水平解像度がアップします。
(約 570 本)
OFF: 通常の解像度です。(約 480 本)
(1)DN-SETメニューのBW-HRSにカーソルを合わせ
ます。
(2)RIGHTボタンを押してカーソルを設定データに移
動させます。UPボタン、DOWNボタンで好みの設
定に合わせます。
(3)CENTER ボタンを押して決定します。
--DN-SET MENU-INF-DET
LEVEL
TIME
BW-HRS OFF
<EXIT
ON
お願い
・ 白黒モードで BW-HRS を ON の設定にした場合、被写体の条件によって画面に
横スジ状のノイズが見える場合があります。
– 45 –
14.18 END(画面メニューの終了)
画面のメニューを終了させます。
(1)画面メニューを終了させるには、スペシャルメ
ニューでENDにカーソルを合わせCENTERボタン
を押して終了します。
--SPECIAL MENU-DETAIL STANDARD
DNR
NORMAL
COL-CUT OFF
D-CORR ON
AWB-FRM NORMAL
AE-SET>
WD-SET>
DN-SET>
END
お願い
・ 設定データをカメラに記憶させるには、必ず END で画面メニューを終了してく
ださい。その時点でカメラが設定したデータを記憶します。
・ 画面メニューが表示されている状態でカメラへの電源の供給を止めると表示された
設定内容は記憶されず前回設定したデータのままとなりますのでご注意ください。
15. 最大ケーブル長(IK−647NP)
本機を専用電源装置に接続した場合の最大接続数およびケーブルの最大延長距離は、専用電源
装置のケーブル補償機能を使用した場合で下表の長さになります。
専用電源装置
同軸ケーブルの
種類
本機1台の最大ケーブル長
デイナイト機能を
使用する場合
デイナイト機能を
使用しない場合
3C-2V
100m
160m
5C-2V
250m
400m
7C-2V
380m
600m
JK-FS08N
3C-2V
各 100m
各 160m
JK-V43
5C-2V
各 250m
各 400m
JK-N42W
7C-2V
各 380m
各 600m
JK-N42W +
3C-2V
各 100m
各 160m
JK-N42C
5C-2V
各 250m
各 400m
7C-2V
各 380m
各 600m
3C-2V
各 100m
各 160m
5C-2V
各 250m
各 400m
7C-2V
各 380m
各 600m
JK-V12
JK-FS09V
– 46 –
専用電源装置
同軸ケーブルの
種類
本機を複数台接続した時のケーブル長
デイナイト機能を
使用する場合
デイナイト機能を
使用しない場合
3C-2V
――
――
5C-2V
――
――
7C-2V
――
――
JK-FS08N
3C-2V
各 100m
各 160m
JK-V43
5C-2V
各 250m
各 400m
JK-N42W
7C-2V
各 380m
JK-N42W +
3C-2V
5 台まで:各 100m
6台
:トータルケーブル長
500m
7台
:トータルケーブル長
400m
8台
:接続不可
8 台まで :各 160m
5C-2V
5 台まで:各 250m
6台
:トータルケーブル長
1300m
7台
:トータルケーブル長
1000m
8台
:接続不可
8 台まで :各 400m
7C-2V
5 台まで:各 380m
6台
:トータルケーブル長
2000m
7台
:トータルケーブル長
1500m
8台
:接続不可
8 台まで :各 600m
3C-2V
5 台まで:各 100m
6台
:トータルケーブル長
500m
7台
:トータルケーブル長
400m
8台
:接続不可
9台
:接続不可
8 台まで :各 160m
9台
:トータルケーブル長
1200m
5C-2V
5 台まで:各 250m
6台
:トータルケーブル長
1300m
7台
:トータルケーブル長
1000m
8台
:接続不可
9台
:接続不可
8 台まで :各 400m
9台
:トータルケーブル長
3000m
7C-2V
5 台まで:各 380m
6台
:トータルケーブル長
2000m
7台
:トータルケーブル長
1500m
8台
:接続不可
9台
:接続不可
8 台まで :各 600m
9台
:トータルケーブル長
4500m
JK-V12
JK-N42C
JK-FS09V
各 600m
トータルケーブル長とは、本機を複数台接続した時のそれぞれのケーブル長の合計で、この長
さを超えて使用することはできません。
– 47 –
16. 故障かな?!と思われたとき
症 状
調 べ る と こ ろ
映像がでない
●レンズ に合わせてアイリススイッチが正しく設定されていますか?
●レンズの絞りは正しく調節されていますか?
●ケーブル類は正しく接続されていますか?
●周辺機器やカメラ本体の電源プラグがコンセントに確実に差し込ま
れていますか?
●ビデオモニタの入力が正しく選択されていますか?
色が正しくでない
●ビデオモニタが正しく調節されていますか?
●照明が暗くありませんか?
色がつかない
●DAY/NIGHT 機能を AUTO でご使用の場合は、被写体が暗いと白
黒の映像になります。
●DAY/NIGHT 機能を BW の設定にしますと白黒の映像になります。
●OSD メニューの COL-CUT(色のカット)を ON にしますと白黒の
映像になります。
音声がでない
●カメラの AUDIO の設定がONになっていますか?
●スピーカー等は正しく接続されていますか?
長年ご使用のCCDカメラの点検をぜひ!!
ご使用の際、このような症状はありませんか
●電源を入れても映像が出ない。
●電源プラグ、コードが異常に熱い。
●変な臭いや音がする。
●水や異物が入った。
●煙が出たりする。
●その他の異常や故障がある。
<ご使用中止>
このような場合、故障や事故防止のため、電
源を切り、コンセントから差込みプラグを抜
いて、必ずお求めの販売店に点検・修理をご
相談ください。
ご自分での修理は危険ですので、絶対にしな
いでください。
– 48 –
17. 保証とアフターサービス
● 保証書について
保証書は販売店からお渡しいたします。必ず「販売店名・購入日」等の記入をお確かめにな
り、保証内容をよくお読みのうえ大切に保存してください。
保証期間:お求めの日から一年間です
● 保証期間中に修理を依頼されるとき
「使用・設置上のお願い」をはじめ、取扱説明書の内容をもう一度ご覧いただきなお異常のあ
るときは必ず電源の供給を停止してから、お求めの販売店にご連絡ください。保証書の記載
内容により、販売店が修理いたします。アフターサービスについてご不明な点はお求めの販
売店にお問い合わせください。
● <ご連絡していただきたい内容>
・ご住所
・ご氏名 ・電話番号 ・製品名 ・形 名
・ご購入日(保証書をご覧ください)
・故障内容
・異常の状況(できるだけ詳しく)
● 保証期間経過後、修理を依頼されるとき
お求めの販売店に、まずご相談ください。修理により製品の機能が維持できる場合には、ご
要望により有料で修理いたします。
● 補修用性能部品について
補修用性能部品とは製品の機能を維持するために必要な部品です。
修理のため取り外した部品は、特段のお申し出がない場合は弊社にて引き取らさせていただ
きます。
修理の際、弊社の品質基準に適合した再利用部品を使用することがあります。
– 49 –
18. 仕 様
電
源
消
費
撮
像
有 効
撮
像
走
査
走 査
同
期
解
最 低 被
電
素
画 素
面
方
周 波
方
像
写 体 照
力
子
数
積
式
数
式
度
度
S
/
N
映
像
出
力
外 部 同 期 入 力
ホワイトバランス
A
G
C
電 子 高 感 度
自 動 感 度 切 換
電 子 シ ャ ッ タ
ワイドダイナミックレンジ機能
デ イ ナ イ ト 機 能
音
声
出
力
レ ン ズ マ ウ ン ト
レ
ン
ズ
ア イ リ ス 切 換
ア イ リ ス 調 整
逆
光
補
正
文 字 表 示 機 能
遠
隔
操
作
動作周囲温度/湿度
外
形
寸
法
質
量
IK-647
IK-647NP
AC100V ± 10%
専用コントローラより
50Hz または 60Hz
DC 電源を供給
6.3W(アイリス負荷なし)
5.0W(DC22V 時、アイリス負荷なし)
1/3 インチ CCD イメージセンサー
水平 768 垂直 494
水平 4.88mm 垂直 3.66mm
2:1 インターレース
水平 15.734kHz 垂直 59.94Hz
内部/外部(自動切換)
水平 480TV 本/垂直 350TV 本
0.2lx (F0.8、3000K、AGC 30dB、標準感度、FLICKER OFF、カラーモード) *1
0.02lx (F0.8、3000K、AGC 30dB、標準感度、FLICKER OFF、白黒モード)
0.002lx(F0.8、3000K、AGC 30dB、高感度×128倍、カラーモード)
50 dB(標準感度、AGC OFF、WDR OFF、BLC OFF)
VBS 1.0V(p-p) NTSC 方式準拠 75 Ω不平衡
VBS 1.0V(p-p) BNC
VD 4.0V(p-p) ビデオ多重
位相調整機能あり
(専用コントローラより供給)
AUTO / MANU / INDOOR1 / INDOOR2 / OUTDOOR
OFF / 18dB / 24dB / 30dB(上限値)
標準感度の 2, 4, 6, 8, 10, 12, 14, 16, 32, 64, 128 倍(AUTO/MANU 設定)
上記電子高感度の倍率の上限値設定により可能
AES(自動)/ 1/100s, 1/250s, 1/500s, 1/1000s, 1/2000s, 1/4000s, 1/10000s
あり
あり
11.2 MHz FM 変調(ビデオ多重 出荷時:OFF)
CS マウント
なし
DC/EE 背面 SW 切換(出荷時:DC)
あり(OSD メニュー設定)
OFF /画面上 2/3 /画面下 2/3 /画面中央 1/3 /画面中央 1/6 /
画面両側 1/6 / AUTO(自動)
最大 20 文字表示可能(英数字、カタカナ、記号、漢字)
RS-232C 端子より可能
− 10℃∼+ 50℃(推奨:0℃∼ 40℃)/ 30% ∼ 90%
幅 70 mm 高さ 62 mm 奥行 135mm(突起部除く)
約 500g
約 450g
* 1:3000K のハロゲンランプにての測定値です。
別売品
品
名
・
形
IK-647NP 専用電源装置
1 局用 NP 電源アダプタ
JK-V12 (音声機能有り)
JK-N42W(音声機能無し)/ JK-V43 (音声機能有り)
4 局用 NP 電源アダプタ
8 局用マルチプレクサ
JK-FS08N(音声機能有り)
名 (4 局 NP 電源内蔵)
9 局用マルチプレクサ
JK-FS09V(音声機能有り)
(9 局 NP 電源内蔵)
● 意匠、仕様等は改良のため予告なく変更することがあります。
– 50 –
19. CHARA文字テーブル一覧表
エイスウジ
0123456789
ABCDEFGHIJKLM
NOPQRSTUVWXYZ
.,:?
+- /&<>()
カナ
アイウエオカキクケコサシス
セソタチツテトナニヌネノハ
ヒフヘホマミムメモヤユヨラ
リルレロワヲンャュョッァィ
ェォ゛゜
– 51 –
カンジ 1
維右雨浦駅煙央火河架海外害館
管関監缶岸器御供橋境局金下系
形計月原玄合国空後交高坑口港
溝号谷砂左差災作山視市持自時
事室車取受終出処所除小上信森
カンジ 2
水制正西設雪川前送操大峠地池
中駐貯町張沈通底堤点田電土統
塔棟東島同道沢内南入年場日排
倍発盤備部分変歩放方防北本坂
務面木門野屋理裏流料量炉路湾
– 52 –
Digital
[左側面]
CCD COLOR CAMERA
IRIS
DAY NIGHT
62
LED
[正面]
70
MIC
– 53 –
[底面]
47.3
DAY NIGHT
φ5穴
[右側面]
[上面]
47.3
φ5穴
10
14
79.3
10
Digital
1/4-20UNC
1/4-20UNC
CCD COLOR CAMERA
14
135
定格ラベル
[背面]
CDラベル
VIDEO
EXT. SYNC
GND
AC電源
Center
AC 100V
IN
DAY/NIGHT
L
D
U
RS232C
2
20.2
DC
EE
IRIS
R
MENU
SETUP
20. 外観図
IK-647
単位 mm
Digital
[左側面]
CCD COLOR CAMERA
IRIS
DAY NIGHT
62
LED
[正面]
70
MIC
– 54 –
[底面]
47.3
DAY NIGHT
φ5穴
[右側面]
[上面]
47.3
φ5穴
10
14
79.3
10
Digital
1/4-20UNC
1/4-20UNC
CCD COLOR CAMERA
14
135
(5.5)
定格ラベル
[背面]
CDラベル
VIDEO
MONITOR
GND
AC 100V
IN
DAY/NIGHT
L
D
U
RS232C
2
20.2
DC
EE
IRIS
R
MENU
SETUP
IK-647NP
単位 mm
この裏に保証書があります。
修理を依頼される時は、お買い上げの販売店にご連絡ください。
1. 保証期間内でも次の場合には有料修理になります。
(イ)使用上の誤りおよび不当な修理や改造による故障および損傷。
(ロ)お買い上げ後の落下、輸送等による故障および損傷。
(ハ)火災、天災地変(地震、風水害、落雷等)
、塩害、ガス害、異常電圧による故障および損傷。
(ニ)本書の指示がない場合。
(ホ)本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記入のない場合あるいは字句が書替えられた場合。
(ヘ)各部の点検または定期保守に要する費用。
(ト)車両、船舶に備品として搭載した特殊使用の場合に生じる故障および損傷。
(チ)本製品以外に故障原因がある場合、または改造を要する場合。
2. 離島および離島に準ずる遠隔地への出張修理を行った場合には出張に要する実費を申し受けます。
3. 修理のため取り外した部品は、特段のお申し出がない場合は弊社にて引き取らさせていただきます。
4. 本書は日本国内においてのみ有効です。
東芝映像機器保証書
形 名
お
★ 名
お 前
客
様
IK-647/IK-647NP
ふりがな
様
ご
住
所
電 市外
話
保
証
期
間
本
体
市内
1年
★ 住所・店名
ご
販
売
店
番号
呼
★お買い上げ日
年
月
日から
電話
映像ネットワーク事業部
〒105-8001 東京都港区芝浦1丁目1番1号
本書は、取扱説明書の注意書による正常なご使用で、保証期間中に故障した場合に、本書記載内容にて無料修
理をさせていただくことをお約束するものです。
保証期間中に事故が発生した時には、本書と商品をご持参のうえ、お買い上げの販売店に修理をご依頼ください。
修理の際、弊社の品質基準に適合した再利用部品を使用することがあります。
★印欄に記入のない場合は有効とはなりませんから、必ず記入の有無をご確認ください。本書は再発行いたしま
せんので、紛失しないよう大切に保管してください。
* この保証書は、本書に明示した期間、条件のもとにおいて無料修理を約束するもの
です。したがってこの保証書によって、お客様の法律上の権利を制限するものでは
ありませんので、保証期間経過後の修理についてご不明の場合は、お買い上げの販
売店にお問合せください。
デジタルメディアネットワーク社
映像ネットワーク事業部 映像システム部
〒105−8001 東京都港区芝浦1丁目1番1号
電話(03)3457−8404
*住所電話番号は変更になることがありますのでご了承ください。
V1.0
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement