橡 MAS838取扱説明書

橡 MAS838取扱説明書

M A S 8 3 8 温度計付デジタルマルチメーター取扱説明書

はじめに

このメーターは、DC/AC 電圧、DC 電流、抵抗、ダイオード、トラン

ジスタ、温度の測定、及び導通検査が可能な、バッテリー駆動の携

帯用 3・1/2 デジタルマルチメーターです。

安全の注意

このマルチメーターは、可電圧カテゴリー(CAT Ⅱ)、およぴ汚染度2

を持つ電子測定機器に対して定められた、IEC-1010 基準に基づいて

デザインされています。メーターを安全に、かつ良い状態でお使い

頂くためにも、全ての安全上・操作上の注意に従⊃て下さい。また、

必ず付属のテストリードのみをこ使用になり、必要に応じて、この

マニュアルに記載されたタイプのもののみと交換して下さい。

安全マーク

△ 安全に関する重要な注意を意味します。操作マニュアルをご参照

下さい。

△ 危険性のある電圧が存在します。

↓ アース

□ 二重絶縁(保護クラスⅡ)

△ マニュアルにある規格と同じヒューズと交換して下さい。

メンテナンス

・ケースを開く際は、あらかじめ全てのテストリードを取り外して

おいて下さい。

・火災の発生を防ぐため、ヒューズ交換には、必ず指定された規格

のものをお使い下さい。F200mA/250V(即断ヒューズ)

・裏のカバーが定位置にあり、完全に閉まっていることを確認して

からご使用下さい。

・掃除する場合は、溶剤や研磨剤を使わず、やわらかい布とマイル

ドな洗剤のみをご使用下さい。

使用中には

・各測定レンジの仕様に定められた保護限界値を超えないよう、ご

注意下さい。

・メーターが測定回路に接続されている時は、使用されていない端

子には手を触れないで下さい。

・カテゴリーⅡインストレーションのアースグラウンド600V を超え

る電圧の測定はお止め下さい。

・測定する目盛値かあらかじめ分かっていない時は、レンジセレク

タを最高値に設定しておいて下さい。

・ファンクションを替える際は、レンジセレクタを廻す前にテスト

中の回路からテストリードを取り 外しておいて下さい。

・TV やスイッチング電源回路を測定する際は、テストポイントにメ

ーターを破損し得る高いアンプ電圧パルスが存在する可能性があ

りますので、十分にご注意下さい。

・60VDC、及び30VAC rms を超える電圧を扱う場合は、常に注意を払

って下さい。測定中は、指をプローブバリアの後ろに置いて下さ

い。

・トランジスタを挿入してテストする揚合は、テストリードが全て

の測定回路から取り外されていることを事前に確認して下さい。

・テストリードを使って電圧測定を行う際は、トランジスタを hFE

ソケットに接続しないで下さい。

・動作中の回路の抵抗測定は絶対にお止め下さい。

フロントパネル

フロントパネル

①ディスプレイ

3・1/2 桁(1999 表示)、7 セグメント、LCD 高さ 15mm

②ロータリースイッチ

ファンクションやこ希望のレンジの選択、及び電源のオン・オフ

に便われます。

③“VΩmA”ジャック

電圧、抵抗、及び電流(1OA 以外)にはコネクタを赤(+)のテストリ

ードに差し、温度測定には

“K”タイプの熱電対の赤プラクを差し込んで下さい。

④“COM”ジャック

コネクタを黒(−)のテストリードに差し込むか、温度測定には“ K”

タイプの熱電対の黒プラグを

差し込んで下さい。

⑤“1OA”ジャック

1OA の測定の際には、コネクタを、赤のテストリードに差し込んで

下さい。

⑥HOLD(ホールド)ボタン

このボタンが押されると、ディスプレイは最後に行った読取りを

表示し、再度ボタンが押される

まで LCD に“H”マークが表示されます。

仕様書

確度は目盛調整後1 年間、18∼28℃(64∼82°F)で、相対湿度80%の

時のものです。

一般仕様書

端子とアース間の最高電圧:CATⅡ600V

ヒューズプロテクション :F200mA/250V

電源 :9V バッテリー、O06P または6F22

ティスプレイ :LCD,1999 カウント、毎秒2-3 回最新化

測定方法 :2 重積分型 A/D コンバータ

オーバーレンジ表示 :ティスプレイに"1"のみを表示

極性表示 :マイナス時は"−"をティスプレイに表示

動作環境 :0∼40℃

保管温度 :-10℃∼50℃

低バッテリー表示 : ディスプしイに表示

サイズ :138mmX69mmX31mm

重量 :約 170g

アクセサリ

・操作マニュアル

・テストリード一式

・ギフトボックス

・9V バッテリー(NEDA1604 6F22 006P タイプ)

・“K”タイプ熱電対

・ホルスター

D C 電圧

レンジ 分解能 確度

200mV

2V

20V

200V

100μV

1mV

10mV

100mV

読み取り値の O.5%±2 デジット

読み取り値の O.5%±2 デジット

読み取り値の O.5%±2 デジット

読み取り値の O.5%±2 デジット

600V 1V 読み取り値の O.8%±2 デジット

過負荷保護:200mV レンジは250Vrms その他のレンジは、600V DC,ACrms

D C 電流

レンジ 分解能 確度

2mA

20mA

200mA

1μA

10μA

100μA

読み取り値の 1%±2 デジット

読み取り値の 1%±2 デジット

読み取り値の 1.5%±2 デジット

10A 10mA 読み取り値の 3%±2 デジット

過負荷保護:F200mA/250V ヒューズ(10A レンジはヒューズ無し)

A C 電圧

レンジ 分解能 確度

200V

600V

100mV

1V

ダイオード&導通検査

レンジ

読み取り値の 1.2%±10 デジット

読み取り値の 1.2%±10 デジット

過負荷保護:全レンジに対して 600VDC、ACrms

波数レンジ:40Hz∼400Hz

レスポンス:平均レスポンス、正弦波の rms に目盛調整

説明

導通(約 1.5kΩ以下)の時内臓ブザーが鳴ります

ダイオードの大まかな順方向電圧を示します

過負荷保護:250VDC、Acrms

トランジスタ h F E テスト( 0 - 1 0 0 0 )

レンジ テストレンジ テスト電流

NPN&PNP

抵抗

レンジ

0-1000

分解能 ib=10μA

確度

テスト電圧

Vce=3V

200Ω

2kΩ

20kΩ

0.1Ω

10Ω

読み取り値の O.8%±3 デジット

読み取り値の O.8%±2 デジット

読み取り値の O.8%±2 デジット

200kΩ

2MΩ

最大開路電圧:3.2V

過負荷保護:全レンジに対して 250VDC、Acrms

温度

レンジ

100Ω

1kΩ

分解能

読み取り値の O.8%±2 デジット

読み取り値の 1.0%±2 デジット

テストレンジ 確度

℃ 1℃ -20℃∼0℃

-0℃∼400℃

400℃∼1000℃

読み取り値の10%±

2 デジット

読み取り値の 1.0%

±3 デジット

読み取り値の 2.0%

操作の手引き

D C 電圧測定

黒を接続して下さい。

2.ロータリースイッチをお好みの DCV 位置にセットして下さい。あ

らかじめ測定する電圧が分かっていない時は、レンジスイッチを

最高値にセットし、的確な分解能が得られるまで徐々に減らして

下さい。

3.測定するソース、または負荷にテストリードを接続して下さい。

4.赤のリード接続の極性と共に、LCD ディスプレイの電圧値を読み取

って下さい。

D C 電流測定

黒を接続して下さい。

(200mA∼1OA の測定の際は、赤のリードを“10A”ジャックに移動

させて下さい。)

2.ロータリースイッチをお好みの DCA 位置にセットして下さい。

3.測定する電流の回路を開き、回路と直列にテストリードを接続し

て下さい。

4.赤のリード接続の極性と共に、LCD ディスプレイの電流値を読み取

って下さい。

A C 電圧測定

を接続して下さい。

2.ロータリースイッチをお好みの ACV 位置にセットして下さい。

3.測定するソースまたは負荷に、テストリードを接続して下さい、。

4.LCD ディスプレイの電圧値を読み取って下さい。

ダイオードテスト

を接続して下さい。

(赤リードの極性は“+”です)

2.ロータリースイッチを” ”の位置にセットして下さい。

3.テストするダイオードのアノードに赤のテストリードを、ダイオ

ードのカソードに黒の

テストリードを接続して下さい。ダイオードの大まかな順電圧電

圧が表示されます。

この接続を逆にすると、“1”のみが表示されます。

トランジスタテスト

1.ロータリースイッチを“hFE”位置にセットして下さい。

2.テストするトランジスタが NPN か PNP かを判断してエミッタ、べ

一ス、そしてコレクタリードをセットして下さい。リードをフロ

ントパネルの hFE ソケットの正しい穴に差し込んで下さい。

3.ベース電流 10μA とVce3V のテストコンディションの時の大まか

な hFE 値を読み取って下さい。

△注意:感電を避ける為、トランジスタをテストする前に測定回路からテ

ストリードを外しておいて下さい。

抵抗測定

を接続して下さい。

(赤リードの極性は“+”です。)

2.ロータリースイッチをお好みの“Ω”レンジ位置にセットして下

さい。

3.テストリードを、測定する抵抗に接続し、LCD ディスプレイを読み

取って下さい。

4.測定する抵抗が回路に接続されている場合は、あらかじめ電源を

切り、テストプローブを接続する前にコンデンサを放電しておい

て下さい。

導通検査

を接続して下さい。

2.レンジスイッチを の位置にセットして下さい。

3.テストリードを、テストする回路の 2 つのポイントに接続して下

さい。導通が確認された揚合、内蔵のブザーが鳴ります。

温度測定

1.ロータリースイッチを℃位置にセットして下さい。LCD ディスプレ

イに内部温度センサーの

温度が表示されます。

イプ熱電対の黒リードを

“COM”ジャックに接続して下さい。測定する媒体と熱電対プロー

ブを接触させて下さい。

3.LCD ディスプレイの温度値を読み取って下さい。

△注意:感電を避ける為、他の機能測定に移る前に熱電対を取り外して下

さい。

バッテリー& ヒューズの交換

ディスプレイに が現れたら、バッテリー交換が必要です。ヒュ

ーズの交換はごく稀で、大方はユーザーのエラーによってブローし

ます。バッテリー&ヒューズ(200mA/250V)を交換するには、ケース

の底の 2 つのネジを取り外し、新しいものを古いものと交換して下

さい。その際、バッテリーの極性にご注意下さい。

△注意:ケースを開ける前に、テストリードを必ず測定回路から取り外し

ておいて下さい。感電を避ける為に、メーターをご使用になる際は必ずケ

ースを閉じ、ネジが完全に締まっていることをご確認下さい。

Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement